議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 22年  9月 予算特別委員会 09月14日−01号




平成 22年  9月 予算特別委員会 − 09月14日−01号







平成 22年  9月 予算特別委員会





平成22年9月14日(火曜日) 第1日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (34名)
  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則
  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男
  5番   加 賀 山     茂         6番   小  野  由  夫
  7番   加  藤  鑛  一         8番   関        徹
  9番   三  浦  幸  雄        10番   加  藤  太  一
 11番   中  沢     洋        12番   秋  葉     雄
 13番   富  樫  正  毅        14番   吉  田  義  彦
 15番   齋  藤     久        16番   今  野  良  和
 17番   神  尾     幸        18番   五 十 嵐  庄  一
 19番   山  中  昭  男        20番   安  野  良  明
 21番   佐  藤  博  幸        22番   小 野 寺  佳  克
 23番   佐  藤     聡        24番   本  間  新 兵 衛
 25番   寒 河 江  俊  一        26番   岡  村  正  博
 27番   佐  藤  文  一        28番   上  野  多 一 郎
 29番   野  村  廣  登        30番   佐  藤  信  雄
 31番   佐  藤  征  勝        32番   加  藤  義  勝
 33番   渋  谷  耕  一        34番   川  村  正  志


  欠 席 委 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  榎 本 政 規         副  市  長  山 本 益 生
 総 務 部 長  加 藤 淳 一         総 務 部 次 長  秋 庭 一 生
 職 員 課 長  川 畑   仁         企 画 部 長  小 林   貢

 市 民 部 長  秋 野 友 樹         市  民  部  工 藤 照 治
                          危 機 管 理 監

 健 康 福祉部長  山 木 知 也         農 林 水産部長  菅 原 一 司
 環 境 部 長  大 滝 匡 生         商 工 観光部長  石 塚 治 人
 建 設 部 長  志 田   忠         病院事業管理者  黒 井 秀 治

 荘 内 病 院  堀     誠         水 道 部 長  三 浦 義 廣
 事 務 部 長

 消  防  長  板 垣   博         会 計 管 理 者  大 川 慶 輝
 教  育  長  難 波 信 昭         教 育 次 長  森   博 子
 監 査 委 員  板 垣 隆 一         監 査 委 員  神 尾   幸

 監 査 委 員  柴 田 昌 明
 事 務 局 長

            出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  齋 藤 和 也         事 務 局 次 長  佐 藤 秀 雄
 議 事 主 査  渋 谷   清         調 査 主 査  佐 藤 正 哉
 調 査 係 長  木 村 健 夫         議事係調整主任  大 宮 将 義

             付議事件名

議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号)                  
議第74号 平成22年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)              
議第75号 平成22年度鶴岡市休日夜間診療所特別会計補正予算(第1号)           
議第76号 平成22年度鶴岡市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)            
議第77号 平成22年度鶴岡市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)            
議第78号 平成22年度鶴岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)           







△開会 (午前11時01分)





○委員長(安野良明委員) ただいまから予算特別委員会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。本日の欠席届出者はありません。出席委員は定足数に達しております。

  お諮りします。本委員会の議事運営については、本会議に準じて行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(安野良明委員) 異議なしと認めます。

  よって、本会議に準じて議事を運営することに決しました。





△議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号) 外5件





○委員長(安野良明委員) 本予算特別委員会に付託されました議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号)から議第78号 平成22年度鶴岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までの議案6件を一括議題とします。

  提案者の説明を求めます。

   (総務部長 加藤淳一 登壇)



◎総務部長(加藤淳一) 議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

  第1条で予算総額に歳入歳出それぞれ15億6,954万2,000円を追加し、予算の総額を612億8,223万1,000円とするものであります。

  第2条で債務負担行為の補正を、第3条で地方債の補正をいたしておりますが、それぞれ第2表、第3表で御説明申し上げます。

  初めに、歳出について御説明申し上げますので、14ページをお開きください。3の歳出でありますが、2款1項7目地域振興費1,394万8,000円の補正は、加茂水族館改築に向けた地質調査及び基本設計等に係る経費として1,174万8,000円及び緑の分権改革調査事業の採択を受け、国からの委託により実施する月山あさひ博物村及び六十里越街道等の活用調査に係る事業経費として220万円を計上いたしたものであり、10目情報化推進費653万9,000円は温海地域のテレビ共聴組合が国の補助を受け、地上デジタル化対応を行う経費に対する補助金の計上であります。

  3款2項3目児童福祉施設費7,439万7,000円は、県の安心こども基金からの補助金を財源とした庄内教会保育園の施設整備事業費に対する追加補助金1,671万4,000円及び保育所等の機能強化や感染症対策に係る備品購入等に要する経費として5,768万3,000円を計上いたしたものであります。

  16ページをお開き願います。6款1項1目農業委員会費382万6,000円は、今年度から実施されております農地制度実施円滑化事業について、国の制度内容の確定に伴い、農地利用状況調査等に係る事業経費を310万1,000円増額計上いたしたものであり、また担い手育成支援事業では、耕作放棄地再生に係る実施面積の見込み増による補助金の増額を計上いたしたものであります。

  4目農業生産流通促進費7,363万3,000円は、県補助金を財源として、堆肥散布機の購入に対し3分の1の163万3,000円を補助するものであり、また庄内たがわ農協が建設する共同育苗施設の整備に対し、国の強い農業づくり交付金を活用し、7,200万円を補助するものであります。

  次の18ページ、7目農地費200万円は、羽黒地域上野新田3期地区農業用排水施設等の整備に係る県営ため池等整備事業負担金について、県の施工箇所の追加により増額するものであります。

  6款2項2目林業振興費550万4,000円は、雪害林に係る間伐事業に対し、事業者の負担軽減を図るため、従来の補助割合に上乗せし、増額するものであり、5目林業基盤整備事業費1,800万円は、県の補助内示による温海地域における連絡作業道の開設に係る測量設計委託料等の計上であります。

  7款1項2目商工業振興費771万5,000円は、県の雇用対策に係る補助金、基金補助を活用し、地域課題への速やかな対応を図るため、ふるさと雇用再生特別基金事業として272万7,000円、緊急雇用創出事業として498万8,000円を計上いたしたものであります。

  20ページをお開き願います。8款2項5目橋梁新設改良費2,000万円は、三千刈成沢線、黒川橋の改良工事費を増額計上いたしたものであす。

  9款1項5目災害対策費220万円は、国庫補助内示による加茂地区ほか16地区628カ所に係る土砂災害ハザードマップ作成経費の計上であります。

  10款1項2目事務局費275万1,000円は、教育相談所青少年育成センターのマリカ東館への移転に伴う共益費負担金等であります。

  10款3項3目学校建設費6億5,362万9,000円は、羽黒中学校改築に係る工事請負費等の計上であり、校舎、屋内体育館の整備経費及び既存施設の一部解体経費であります。

  22ページをお開き願います。11款1項1目農地農業用施設災害復旧費540万円は、七五三掛地区農業用施設の災害復旧につきまして、補助採択に向けた調査経費及びため池用水路整備に係る実施設計経費を追加いたしたものであります。

  12款1項1目元金6億8,000万円は、市債の繰上償還に係る元金を追加いたしたものであり、平成10年度以前に起債した地域総合整備事業債の一部を繰り上げて償還いたすものであります。

  次に、5ページにお戻り願います。5ページの第2表、債務負担行為補正でありますが、加茂水族館改築基本設計委託契約並びに羽黒中学校改築に係る3件は、いずれも事業期間が2カ年にわたる見込みでありますことから、それぞれ起債の限度額として債務負担行為を設定させていただくものであります。

  6ページの第3表、地方債補正でありますが、最初に追加の海洋展示学習施設整備事業につきましては、加茂水族館改築事業に係る財源として300万円を追加するものであり、以下限度額の変更といたしまして、児童福祉事業は民間保育園改修費補助事業費に係る520万円の増額、農業農村整備事業費は県営ため池等整備事業費に係る180万円の増額、道路橋梁整備事業は橋梁新設改良費の財源として1,900万円の増額、中学校整備事業は羽黒中学校改築事業に係る4億2,000万円の増額であります。

  次に、10ページをお開き願います。2の歳入でありますが、14款2項5目1節道路橋梁費補助金120万円は、土砂災害ハザードマップの作成経費に対して、追加交付される社会資本整備総合交付金であり、6目2節中学校費補助金2億1,150万7,000円は、羽黒中学校の改築工事に対する安心・安全な学校づくり交付金であり、7目1節総務管理費補助金653万9,000円は、温海地域の共聴組合が実施する地上デジタル化対応経費に対する補助金であります。

  14款3項1目1節総務管理費委託金220万円は、緑の分権改革調査事業として、国からの委託により実施する月山あさひ博物村及び六十里越街道等の活用調査に係るものであり、事業に要する経費の全額が措置されるものであります。

  15款2項2目2節児童福祉費補助金6,882万6,000円は、県の安心こども基金を財源とする庄内教会保育園の施設整備事業費に対する補助金1,114万3,000円及び保育所等の機能強化や感染症対策経費に対する補助金5,768万3,000円であります。

  4目1節農業費補助金7,673万4,000円は、堆肥散布機の購入整備に対する補助金163万3,000円、庄内たがわ農協が建設する共同育苗施設の整備に対する強い農業づくり交付金7,200万円、農地制度実施円滑化事業費に対する補助金310万1,000円であり、2節林業費補助金1,800万円は、温海地域における連絡作業道の開設に対する補助金であります。

  5目1節商工費補助金771万5,000円は、県の雇用対策に係る基金を財源とするふるさと雇用再生特別基金事業補助金及び緊急雇用創出臨時特例基金事業補助金であります。

  12ページをお開き願います。18款2項12目1節羽黒中学校整備基金繰入金2,212万2,000円は、羽黒中学校改築事業費の財源として取り崩すものであります。

  19款1項1目1節前年度繰越金7億569万9,000円は、前年度の繰越額が確定いたしましたことから、その一部を今回の補正の一般財源として追加させていただくものであります。

  21款1項市債につきましては、第3表、地方債補正で御説明申し上げました内容によりまして計上させていただいたものであります。

  以上のとおりでございますので、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

   (健康福祉部長 山木知也 登壇)



◎健康福祉部長(山木知也) 議第74号 平成22年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

  このたびの補正は、平成21年度分の介護給付費負担金及び地域支援事業交付金の精算による国庫への返還金につきまして補正させていただくものでございます。

  予算書の1ページをごらんください。第1条で予算総額に歳入歳出それぞれ2,196万3,000円を追加し、歳入歳出予算総額を123億973万6,000円とするものでございます。

  最初に、歳出から御説明し、その後に歳入でその財源について御説明を申し上げます。

  5ページをお開き願います。3の歳出でございます。7款1項2目償還金2,196万3,000円の補正につきましては、平成21年度に概算交付されていた介護給付費負担金及び地域支援事業交付金について、今年度会計で精算することとされておりますことから、21年度の介護給付費負担金等が確定したことに伴い、超過交付分について国庫に返還するものでございます。

  次に、歳入について御説明を申し上げます。2の歳入でございます。9款1項1目繰越金2,196万3,000円の補正につきましては、歳出で御説明いたしました7款1項2目償還金に係る繰越金の補正でございます。

  続きまして、議第75号 平成22年度鶴岡市休日夜間診療所特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

  このたびの補正は、本市の平日夜間の応急医療提供体制の強化を図るため、鶴岡市休日夜間診療所で行う平日夜間診療実施に伴う事業費の追加を行うものであります。

  これは、本市にある救急医療提供医療機関のうち、中核病院である荘内病院への患者の集中が見られ、入院を必要としない軽症患者が大部分を占めるなどの状況にあることから、新たに整備した休日夜間診療所を活用して実施することとし、地区医師会、薬剤師会など、関係機関の協力を得て実施するものであります。

  また、山形県保健医療計画でも平日夜間の応急医療体制の整備を進めることとしており、平日夜間診療開始から3年間は県による平日夜間救急医療体制整備推進事業費補助金がありますことから、これを活用するものであります。

  予算書の1ページをごらんください。第1条で予算総額に歳入歳出それぞれ989万7,000円を追加し、歳入歳出総額を5,527万6,000円とするものでございます。

  最初に、歳出から御説明し、その後に歳入でその財源について御説明を申し上げます。

  7ページをお開き願います。3の歳出でございます。1款1項1目総務管理費989万7,000円の補正につきましては、平日夜間診療の開始に伴う管理運営委託料と診療交付金の増額であります。

  次に、歳入について御説明申し上げます。5ページをお開き願います。2の歳入でありますが、1款1項1目診療施設使用料440万4,000円は平日夜間診療の診療報酬、2款1項1目繰越金438万3,000円は前年度繰越金、4款1項1目111万円は県からの平日夜間救急医療体制整備推進事業費補助金であります。

  以上のとおりでございますので、よろしく御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。

   (市民部長 秋野友樹 登壇)



◎市民部長(秋野友樹) 議第76号 平成22年度鶴岡市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。

  このたびの補正は、平成21年度の医療給付費等の確定に伴う精算により支払基金交付金及び国庫負担金に超過交付が生じ、返還する必要がありますことから、予算の補正をいたすものでございます。

  初めに、補正予算書の1ページをお開き願います。第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ467万6,000円を追加いたしまして、予算の総額をそれぞれ1,727万5,000円とするものであります。

  次に、5ページをお開き願います。2の歳入でございますが、5款1項1目繰越金467万6,000円につきましては、償還金の増額に伴い、その財源として計上するものであります。

  次に、3の歳出、3款1項1目償還金467万6,000円につきましては、さきに申し上げましたとおり、医療給付費分等にかかわります21年度の支払基金交付金及び国庫負担金の確定に伴う超過交付額を返還する必要がありますことから、不足額を増額計上するものでございます。

  以上でございますので、よろしく御審議の上、御可決賜りますようにお願いを申し上げます。

   (建設部長 志田 忠 登壇)



◎建設部長(志田忠) 議第77号及び議第78号の特別会計補正予算について御説明いたします。

  初めに、議第77号 平成22年度鶴岡市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、このたびの補正は市道渡前荒俣線の歩道整備事業に伴う受託工事によりまして、施設管理費を追加するものでございます。

  第1条において、歳入歳出それぞれ460万円を追加し、総額を9億5,853万1,000円とするものでございます。

  次に、歳入について御説明いたします。5ページをお開き願います。5款2項1目雑入460万円の補正は、歩道整備事業による受託工事収入を計上するものであります。

  3の歳出についてでございますが、1款1項2目施設管理費460万円の補正は、農業集落排水処理施設である渡前地区浄化センターの施設用地のうち、幅2.8メートル、長さ105メートル、面積288.86平方メートルが市道渡前荒俣線の歩道整備にかかりますことから、歩道予定地上にある門扉等工作物、立木、受電柱の移転工事を行うものであります。

  続きまして、議第78号 平成22年度鶴岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

  このたびの補正は、管渠管理費及び温海公共下水道事業費を追加するものであります。

  第1条において、歳入歳出それぞれ1億5,500万円を追加し、総額を63億4,231万1,000円とするものであります。

  第2条で地方債の補正をお願いしておりますが、第2表、地方債補正で御説明いたします。

  3ページをお開き願います。第2表、地方債補正、変更につきましては補正前の限度額8億5,910万円を470万円増額いたしまして、8億6,380万円に変更するものであります。

  次に、歳入について御説明いたします。6ページをお開き願います。6款1項1目繰越金につきましては、事業費の増額に伴い、前年度からの繰越金として30万円を追加するものであります。

  7款2項1目雑入1億5,000万円の補正は、国道112号、鶴岡北改良事業に伴う国からの受託工事収入を計上するものであります。

  8款1項1目市債470万円の補正は、下水道事業費の増額に伴い、事業の特定財源として追加するものであります。

  次に、3の歳出についてでございますが、8ページをお開き願います。1款1項4目管渠管理費1億5,000万円の補正は、国道112号、鶴岡北改良工事の進捗に伴いまして国土交通省から、市道2中前線に埋設されております延長420メートルの下水道管管渠及びマンホールの移設依頼がございまして、受託工事として移設工事費を追加するものであります。

  2款1項2目温海公共下水道事業費500万円の補正は、温海地内の温海第1汚水ポンプ場及び温海川横断管渠の経年劣化が著しく、維持管理業務に支障を来しておりますことから、施設の改修にかかわる実施設計委託料を追加するものであります。

  以上でございますので、よろしく御審議の上、御可決いただきますようお願い申し上げます。



○委員長(安野良明委員) お諮りします。この際、議事の進行上、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(安野良明委員) 異議なしと認めます。

  よって、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することに決しました。

  本予算特別委員会に付託されました議案の全部をさきにお手元に配付してあります予算特別委員会分科会議案付託表に記載のとおり各分科会に分割付託します。

  なお、本委員会は各分科会における審査の終了を待って、来る9月28日に再開します。





△散会





○委員長(安野良明委員) 本日はこれで散会します。



   (午前11時25分 散 会)