議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 22年  6月 定例会 06月24日−05号




平成 22年  6月 定例会 − 06月24日−05号







平成 22年  6月 定例会





平成22年6月24日(木曜日) 本会議 第5日

             出欠席議員氏名

  出 席 議 員 (34名)
  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則
  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男
  5番   加 賀 山     茂         6番   小  野  由  夫
  7番   加  藤  鑛  一         8番   関        徹
  9番   三  浦  幸  雄        10番   加  藤  太  一
 11番   中  沢     洋        12番   秋  葉     雄
 13番   富  樫  正  毅        14番   吉  田  義  彦
 15番   齋  藤     久        16番   今  野  良  和
 17番   神  尾     幸        18番   五 十 嵐  庄  一
 19番   山  中  昭  男        20番   安  野  良  明
 21番   佐  藤  博  幸        22番   小 野 寺  佳  克
 23番   佐  藤     聡        24番   本  間  新 兵 衛
 25番   寒 河 江  俊  一        26番   岡  村  正  博
 27番   佐  藤  文  一        28番   上  野  多 一 郎
 29番   野  村  廣  登        30番   佐  藤  信  雄
 31番   佐  藤  征  勝        32番   加  藤  義  勝
 33番   渋  谷  耕  一        34番   川  村  正  志


  欠 席 議 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  榎 本 政 規         副  市  長  山 本 益 生
 総 務 部 長  加 藤 淳 一         総 務 部 次 長  秋 庭 一 生
 財 政 課 長  富 樫   泰         職 員 課 長  川 畑   仁
 企 画 部 長  小 林   貢         市 民 部 長  秋 野 友 樹

 市  民  部  工 藤 照 治         健 康 福祉部長  山 木 知 也
 危 機 管 理 監

 農 林 水産部長  菅 原 一 司         環 境 部 長  大 滝 匡 生
 商 工 観光部長  石 塚 治 人         建 設 部 長  志 田   忠
 病院事業管理者  黒 井 秀 治         荘 内 病院院長  三 科   武

 荘 内 病 院  堀     誠         水 道 部 長  三 浦 義 廣
 事 務 部 長

 消  防  長  板 垣   博         会 計 管 理 者  大 川 慶 輝

 教 育 委 員 会  武 山   育         教  育  長  難 波 信 昭
 委  員  長

 教 育 次 長  森   博 子         監 査 委 員  板 垣 隆 一
 監 査 委 員  神 尾   幸         農業委員会会長  三 浦 伸 一

 選挙管理委員会  河 野 重 樹
 委     員

             出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  齋 藤 和 也         事 務 局 次 長  佐 藤 秀 雄
 議 事 主 査  佐 藤 正 哉         庶 務 係 長  渡 部   仁
 議事係調整主任  大 宮 将 義

             議事日程

議事日程第5号
    平成22年6月24日(木曜日)
第 1  請願第3号 主食用米の緊急政府買い入れ等需給調整対策の実施について意見書提出を求め
           る請願                                
              (産業建設常任委員長報告)                   
第 2  請願第4号 口蹄疫にかかる万全の危機管理と適切な対応について意見書提出を求める請願
              (産業建設常任委員長報告)                   
第 3  請願第5号 米戸別所得補償モデル事業を実効のあるものにし、再生産できる米価の実現を
           求める意見書の提出を求める請願                    
              (産業建設常任委員長報告)                   

             本日の会議に付した事件

(議事日程のとおり)







△開議 (午前10時00分)





○議長(川村正志議員) 本日は、去る14日の会議において休会とすることに議決されておりましたが、議事の都合により特に会議を開くことにしました。

  ただいまから本日の会議を開きます。

  本日の欠席届出者はありません。出席議員は定足数に達しております。

  本日の議事は、議事日程第5号によって進めます。





△日程第1 請願第3号 主食用米の緊急政府買い入れ等需給調整対策の実施について意見書提出を求める請願 外1件





○議長(川村正志議員) 日程第1 請願第3号 主食用米の緊急政府買い入れ等需給調整対策の実施について意見書提出を求める請願及び日程第2 請願第4号 口蹄疫にかかる万全の危機管理と適切な対応について意見書提出を求める請願の請願2件を一括議題とします。

  この際、産業建設常任委員会における審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。18番五十嵐庄一産業建設常任委員長。

   (産業建設常任委員長 五十嵐庄一議員     登壇)



◎産業建設常任委員長(五十嵐庄一議員) 請願第3号 主食用米の緊急政府買い入れ等需給調整対策の実施について意見書提出を求める請願及び請願第4号 口蹄疫にかかる万全の危機管理と適切な対応について意見書提出を求める請願について、去る6月18日に委員会を開催し、審査の上、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  初めに、請願第3号 主食用米の緊急政府買い入れ等需給調整対策の実施について意見書提出を求める請願は、稲作農家は今年度導入された戸別所得補償モデル対策での米に対する新たなメリット措置により、水田農業の経営安定と所得の増大を期待している。

  しかしながら、米消費が減少し、21年産米の契約、販売進度が大幅におくれており、こうした状況が続けば、22年産米生産数量目標が達成されても23年産米の生産数量目標の大幅削減が懸念されるなど、稲作農家の不安が一層高まっている。

  生産者が引き続き希望と誇りを持って営農に励み、経営の安定と食料自給率向上につながる農政展開であることを切に希望し、次の3項目を内容とする意見書を国に提出するよう求めるというものであります。

  ?政府米買い入れ枠の拡大及び棚上げ備蓄の早期実施等、過剰米を市場から隔離する対策を早期に講じること。

  ?戸別所得補償制度の本格実施に当たっては、地域裁量に基づく特産作物加算などが可能な仕組みや産地化形成を支援する制度を創設すること。

  ?新規需要米、加工用米等が適切に使用され、主食用米とならないよう監視体制を徹底すること。

  請願文朗読の後、質疑に入り、21年産米の販売促進度が過去最悪となっている中で、政府は備蓄米を確保するのは当然ではないかとの紹介議員に対する質疑に対して、米の需要量が減少したのは、昨年の4月と10月に輸入小麦が大幅に値下げとなり、パンなどの生産量が増え、米の消費が減ったことが大きな原因と考えられる。政府は、その辺の見通しが甘かったと言わざるを得ない。日本の米の生産量は、北海道、東北、新潟で全国の3分の1ほどを生産しており、今在庫を抱えているのは、これら主産県である。このまま在庫処理をしないと、結局来年度産米の生産数量目標を減らさなければならないことから、今の在庫を政府で買い上げてもらい、備蓄すべきであると考える旨の答弁がありました。

  質疑を終結し、討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、採決の結果、全員賛成で採択すべきものと決しました。

  次に、請願第4号 口蹄疫にかかる万全の危機管理と適切な対応について意見書提出を求める請願は、宮崎県内において4月20日、口蹄疫の疑似患畜が確認されて以降、いまだ終息しない非常事態となっている。

  感染の拡大いかんによっては、我が国畜産の存亡にかかわる極めて深刻な問題であり、また国民生活にも甚大な影響を及ぼすものであることから、?感染をこれ以上拡大させないために、防疫対策の徹底と防疫措置に対する万全な財源の確保。?宮崎県以外での家畜の異常発生時には、迅速、適切な初動態勢をとること。?人への非感染や食肉の安全性について、周知徹底するとともに、風評被害の防止に努めること。以上、3項目の実現に向けて意見書を国に提出するよう求めるというものであります。

  請願文朗読の後、質疑に入りましたが、質疑なく、質疑を終結し、討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、採決の結果、全員賛成で採択すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○議長(川村正志議員) これから質疑に入ります。

  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  これで質疑を終結します。

  これから討論に入ります。

  初めに、反対の討論を許します。

  次に、賛成の討論を許します。

  これで討論を終結します。

  これから請願第3号及び請願第4号の請願2件について一括して採決します。ただいま議題となっております請願2件について委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   (全 員 起 立)



○議長(川村正志議員) 起立全員であります。

  よって、請願第3号及び請願第4号の請願2件については採択することに決しました。





△日程第3 請願第5号 米戸別所得補償モデル事業を実効のあるものにし、再生産できる米価の実現を求める意見書の提出を求める請願





○議長(川村正志議員) 日程第3 請願第5号 米戸別所得補償モデル事業を実効のあるものにし、再生産できる米価の実現を求める意見書の提出を求める請願を議題とします。

  この際、産業建設常任委員会における審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。18番五十嵐庄一産業建設常任委員長。

   (産業建設常任委員長 五十嵐庄一議員     登壇)



◎産業建設常任委員長(五十嵐庄一議員) 請願第5号 米戸別所得補償モデル事業を実効のあるものにし、再生産できる米価の実現を求める意見書の提出を求める請願について、去る6月18日に委員会を開催し、審査の上、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  この請願は、政府は来年度以降の戸別所得補償政策に先立つ米戸別所得補償モデル事業、水田利活用自給力向上事業を開始したが、これらは市場原理一辺倒の農政の転換や、強制減反の見直しという点で、これまでの農政に一定の修正をもたらす面がある。

  しかし、戸別所得補償の補償水準は極めて不十分と言わざるを得ず、またモデル事業の実施に伴い、買いたたきへの懸念やEPA、FTAによる米輸入自由化による価格下落への不安も広がっている。

  米価の下落に歯どめをかけ、価格と需給を安定させることは、政府が進める米戸別所得補償モデル事業の成否を左右するものであり、次の3項目を内容とする意見書を国に提出するよう求めるというものである。

  ?国産米100万トンの棚上げ備蓄に見合う量を生産費を賄う価格水準で買い入れること。

  ?米戸別所得補償モデル事業の補償単価を2008年産米の1俵当たりの全算入生産費である1万6,497円相当に引き上げること。

  ?ミニマムアクセス米や主食用のSBSの輸入を削減すること。

  以上であります。

  請願文朗読の後、質疑に入り、これまでも同様の請願が出されてきたが、輸入米に対しての表現が「廃止」から「削減」という表現に変わったのはなぜかとの紹介議員に対する質疑に対して、ミニマムアクセス米77万トンのうち、約10万トン程度のSBS米は、実際にブレンド米として消費者の口に入っている。これらの輸入米が米過剰をつくり出しているのではないかと考えている。米の輸入はすべて廃止してほしいが、現実にはさまざまな流通形態で使われていることから、現実的な対応として削減を求めるものである旨の答弁がありました。

  次に、委員より、本請願については、さきに採択された請願第3号と同趣旨の内容であるので、みなし採択とする動議が出され、その旨を諮ったところ、全員賛成で採択とみなすべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○議長(川村正志議員) これから質疑に入ります。

  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  これで質疑を終結します。

  お諮りします。本請願については、さきに採択されました請願第3号と同趣旨でありますので、委員長報告のとおり採択とみなすことにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(川村正志議員) 異議なしと認めます。

  よって、請願第5号についてはみなし採択と決しました。





△散会





○議長(川村正志議員) 本日はこれで散会します。



   (午前10時12分 散 会)