議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 22年  6月 予算特別委員会 06月24日−02号




平成 22年  6月 予算特別委員会 − 06月24日−02号







平成 22年  6月 予算特別委員会





平成22年6月24日(木曜日) 第2日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (34名)
  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則
  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男
  5番   加 賀 山     茂         6番   小  野  由  夫
  7番   加  藤  鑛  一         8番   関        徹
  9番   三  浦  幸  雄        10番   加  藤  太  一
 11番   中  沢     洋        12番   秋  葉     雄
 13番   富  樫  正  毅        14番   吉  田  義  彦
 15番   齋  藤     久        16番   今  野  良  和
 17番   神  尾     幸        18番   五 十 嵐  庄  一
 19番   山  中  昭  男        20番   安  野  良  明
 21番   佐  藤  博  幸        22番   小 野 寺  佳  克
 23番   佐  藤     聡        24番   本  間  新 兵 衛
 25番   寒 河 江  俊  一        26番   岡  村  正  博
 27番   佐  藤  文  一        28番   上  野  多 一 郎
 29番   野  村  廣  登        30番   佐  藤  信  雄
 31番   佐  藤  征  勝        32番   加  藤  義  勝
 33番   渋  谷  耕  一        34番   川  村  正  志


  欠 席 委 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  榎 本 政 規         副  市  長  山 本 益 生
 総 務 部 長  加 藤 淳 一         総 務 部 次 長  秋 庭 一 生
 財 政 課 長  富 樫   泰         職 員 課 長  川 畑   仁
 企 画 部 長  小 林   貢         市 民 部 長  秋 野 友 樹

 市  民  部  工 藤 照 治         健 康 福祉部長  山 木 知 也
 危 機 管 理 監

 農 林 水産部長  菅 原 一 司         環 境 部 長  大 滝 匡 生
 商 工 観光部長  石 塚 治 人         建 設 部 長  志 田   忠

 病院事業管理者  黒 井 秀 治         荘 内 病 院  堀     誠
                          事 務 部 長

 水 道 部 長  三 浦 義 廣         消  防  長  板 垣   博
 会 計 管 理 者  大 川 慶 輝         教  育  長  難 波 信 昭
 教 育 次 長  森   博 子         監 査 委 員  板 垣 隆 一
 監 査 委 員  神 尾   幸

             出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  齋 藤 和 也         事 務 局 次 長  佐 藤 秀 雄
 議 事 主 査  佐 藤 正 哉         調 査 係 長  木 村 健 夫
 議事係調整主任  大 宮 将 義

             付議事件名

議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)の専決処分の承認について    
議第57号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)                  







△開議 (午前10時15分)





○委員長(安野良明委員) ただいまから予算特別委員会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の欠席届出者はありません。出席委員は定足数に達しております。





△議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)専決処分の承認について 外1件





○委員長(安野良明委員) 本予算特別委員会に付託されました議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)の専決処分の承認について及び議第57号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)の予算議案2件を一括議題とします。

  この際、各分科会における審査の経過と結果について各委員長の報告を求めます。

  最初に、総務分科会委員長の報告を求めます。16番今野良和総務分科会委員長。

   (総務分科会委員長 今野良和委員 登壇)



◎総務分科会委員長(今野良和委員) 総務分科会に付託されました予算議案について、去る15日に分科会を開催し、審査の上結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、議案付託表記載の2件でありますが、分科会では説明を省略をして直ちに質疑に入りましたが、質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたけれども、討論者なく、討論を終結して2件を一括して採決の結果、全員賛成で原案のとおり承認及び可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) 次に、厚生文教分科会委員長の報告を求めます。28番上野多一郎厚生文教分科会委員長。

   (厚生文教分科会委員長 上野多一郎委員    登壇)



◎厚生文教分科会委員長(上野多一郎委員) 厚生文教分科会に付託されました予算議案について、去る17日に分科会を開催して審査を行い、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、議案付託表記載のとおり1件でありますが、分科会では説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計歳出、3款民生費、1項社会福祉費では、新たな地域福祉計画について、これまでの成果を踏まえ、どのような考え方で策定するのか。また、県内でも老老介護に起因する事件や児童虐待などの深刻な事態が生じており、こうした問題を視野に入れて検討していく考えはないのかとの質疑に対して、地域福祉計画は合併前は旧鶴岡市で策定していたが、合併後の新たな計画策定までのものとして、平成19年3月に鶴岡地域福祉ビジョン06を策定した。その際には、住民座談会等を開催し、各地域の課題を拾い上げ、以前の計画の見直しを行ったものである。今後の新計画の検討に当たっては、地域の状況に新たな課題などを把握し、策定に取り組んでまいりたい。また、地域地域福祉計画は児童、障害、高齢、介護といった各分野の諸計画を地域福祉の視点から横断して、施策の方向性やシステムの構築を図るものであり、健康福祉部や関連する分野の職員がさまざまな課題を議論しながら取りまとめていきたい旨の答弁がありました。

  次に、今回の補正により、介護施設へのスプリンクラーの整備はどの程度進む見込みかとの質疑に対し、平成18年に群馬県で発生した火災事故を背景に、設置基準の見直しが行われ、市が管轄する地域密着型施設のうち、新たに15カ所、スプリンクラーの設置が義務づけられたところである。昨年度までに6カ所が設置済みであり、今年度は5カ所、来年度は残り4カ所を予定している旨の答弁がありました。

  次に、3款2項児童福祉費では、認可外保育所事業について、対象施設数の現状と補助要件の改定内容はどうかとの質疑に対し、この事業は施設の運営にかかる補助対象経費のうち、県と市町村が4分の1ずつ、設置主体が2分の1を負担するというものである。補助要件の改定は、10人以上の利用者のうち、ゼロ歳児が3人以上とされていたものが1人以上に改められた。現在市内にある8施設のうち、他の補助制度の適用のない4施設が対象となるものである旨の答弁がありました。

  次に、母子寡婦等福祉事業について、対象者への周知はどう行っているのか。また、年度途中からの制度利用は可能かとの質疑に対して、この事業は母子家庭の母親が看護師や介護福祉士、保育士などの資格を取得するために専門学校等に入学する場合、一定の補助を行うもので、平成20年度から制度化され、児童扶養手当の受給申請や、毎年の現状届けに合わせて周知をしてきたところである。なお、専門学校等への入学があることから、この制度の利用は年度当初からになるものである旨の答弁がありました。

  次に、4款衛生費、1項保健衛生費では、日本脳炎のワクチン接種が再開されるのはどんな理由か。また、ワクチン接種を広げるよう国の措置として求めていく考えはないかとの質疑に対して、従来製法によるワクチンが重症の副作用を生ずることが判明し、国は平成17年5月30日からワクチン接種の勧奨を控えるように勧告していたところである。その後、別の製法によるワクチン製造をされ、有効性が確認されたことから、本年4月1日に積極的勧奨を再開する通知が出されたものである。また、予防接種法に定める定期接種は市町村の義務となっているが、任意接種についても有効性がわかってきたものが多くなっており、それらへの手だてとして、国への要望等は行ってまいりたい旨の答弁がありました。

  次に、10款教育費では質疑なく、質疑を終結し、討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) 最後に、産業建設分科会委員長の報告を求めます。18番五十嵐庄一産業建設分科会委員長。

   (産業建設分科会委員長 五十嵐庄一委員    登壇)



◎産業建設分科会委員長(五十嵐庄一委員) 産業建設分科会に付託されました予算議案について、去る18日に分科会を開催して審査を行い、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、議案付託表記載のとおり1件でありますが、分科会では説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計歳出、6款農林水産業費、1項農業費では、農地利用集積円滑化事業はどれくらいの面積で取り組まれ、貸し手と借り手には10アール当たり、それぞれ幾ら交付されるのか、また株式会社もこの事業に参加できるのかとの質疑に対して、昨年の予算要求の段階では160ヘクタールの集積が見込まれるものとして要求したが、実際は260ヘクタールほどになりそうである。交付金額については、今年度は全額国庫からの支出で、10アール当たり2万円となる。この金額から事務費1割を引いて、貸し手、借り手ともに9,000円が交付される。また、この事業への株式会社の参加については、農地の集積面積等の関係で、担い手として認められるかどうかという問題があり、今直ちに認められるということではない旨の答弁がありました。

  次に、3項水産業費では質疑なく、7款商工費に入り、TMO事業のことしの取り組みの内容と、追加予算は何に充てられるのかとの質疑に対して、鶴岡TMO事業の今年度の取り組みは情報発信事業、商店や商店街のレベルアップ事業、空き店舗に対するチャレンジショップ事業、イベントの支援、商店街の文化交流事業などで、昨年とほぼ同様の内容である。追加予算の200万円は、県の補助が直接事業者に対する補助から、市町村を通しての補助に変更となり、財源の追加になったもので、事業費の追加になったものではない旨の答弁がありました。

  次に、8款土木費では質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) これから質疑に入ります。

  ただいまの各分科会委員長の報告に対する質疑を行います。

  これで質疑を終結します。

  これから討論に入ります。

  初めに、反対の討論を許します。

  次に、賛成の討論を許します。

  これで討論を終結します。

  これから議第56号及び議第57号の予算議案2件について一括して採決します。ただいま議題となっております予算議案2件についての各分科会委員長の報告は承認及び可決であります。各分科会委員長の報告のとおり決することに賛成の委員の起立を求めます。

   (全 員 起 立)



○委員長(安野良明委員) 起立全員であります。

  よって、議第56号及び議第57号の予算議案2件については、原案のとおり承認及び可決されました。





△散会





○委員長(安野良明委員) 以上で本予算特別委員会に付託されました議案の審議はすべて議了しました。

  これで予算特別委員会を散会します。



   (午前10時30分 散 会)