議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 22年  6月 予算特別委員会 06月08日−01号




平成 22年  6月 予算特別委員会 − 06月08日−01号







平成 22年  6月 予算特別委員会





平成22年6月8日(火曜日) 第1日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (34名)
  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則
  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男
  5番   加 賀 山     茂         6番   小  野  由  夫
  7番   加  藤  鑛  一         8番   関        徹
  9番   三  浦  幸  雄        10番   加  藤  太  一
 11番   中  沢     洋        12番   秋  葉     雄
 13番   富  樫  正  毅        14番   吉  田  義  彦
 15番   齋  藤     久        16番   今  野  良  和
 17番   神  尾     幸        18番   五 十 嵐  庄  一
 19番   山  中  昭  男        20番   安  野  良  明
 21番   佐  藤  博  幸        22番   小 野 寺  佳  克
 23番   佐  藤     聡        24番   本  間  新 兵 衛
 25番   寒 河 江  俊  一        26番   岡  村  正  博
 27番   佐  藤  文  一        28番   上  野  多 一 郎
 29番   野  村  廣  登        30番   佐  藤  信  雄
 31番   佐  藤  征  勝        32番   加  藤  義  勝
 33番   渋  谷  耕  一        34番   川  村  正  志


  欠 席 委 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  榎 本 政 規         副  市  長  山 本 益 生
 総 務 部 長  加 藤 淳 一         総 務 部 次 長  秋 庭 一 生
 財 政 課 長  富 樫   泰         職 員 課 長  川 畑   仁
 企 画 部 長  小 林   貢         市 民 部 長  秋 野 友 樹

 市  民  部  工 藤 照 治         健 康 福祉部長  山 木 知 也
 危 機 管 理 監

 農 林 水産部長  菅 原 一 司         環 境 部 長  大 滝 匡 生
 商 工 観光部長  石 塚 治 人         建 設 部 長  志 田   忠

 病院事業管理者  黒 井 秀 治         荘 内 病 院  堀     誠
                          事 務 部 長

 水 道 部 長  三 浦 義 廣         消  防  長  板 垣   博
 会 計 管 理 者  大 川 慶 輝         教  育  長  難 波 信 昭
 教 育 次 長  森   博 子         監 査 委 員  板 垣 隆 一
 監 査 委 員  神 尾   幸                         

             出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  齋 藤 和 也         事 務 局 次 長  佐 藤 秀 雄
 議 事 主 査  佐 藤 正 哉         調 査 係 長  木 村 健 夫
 議事係調整主任  大 宮 将 義

             付議事件名

議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)の専決処分の承認について    
議第57号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)                  







△開会 (午後 2時03分)





○委員長(安野良明委員) ただいまから予算特別委員会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。本日の欠席届出者はありません。出席委員は定足数に達しております。

  お諮りします。委員会の議事運営については、本会議に準じて行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(安野良明委員) 異議なしと認めます。

  よって、本会議に準じて議事を運営することに決しました。

  ただいま傍聴の申し出があります。神明町6―51、日下部康男さんより傍聴の申し出がありますので、これを許可いたしたいと思います。

  お諮りします。傍聴の方を御入場することに決したいと思いますけども、よろしいでしょうか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(安野良明委員) 異議なしと認めます。





△議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)の専決処分の承認について 外1件





○委員長(安野良明委員) 本予算特別委員会に付託されました議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)の専決処分の承認についてから議第57号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)までの議案2件を一括議題とします。

  提案者の説明を求めます。

  総務部長。

   (総務部長 加藤淳一 登壇)



◎総務部長(加藤淳一) 議第56号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(専決第4号)の専決処分の承認につきまして御説明申し上げます。

  議案書は、繰越計算書の次のページになりますので、お開き願います。このたびの補正は、起債対象となる事業費の確定が年度末となりましたことから、最終起債額による予算の補正を専決書のとおり去る3月31日をもちまして措置させていただいたものであり、地方自治法第179条第3項の規定により御報告を申し上げ、御承認を賜りたいものでございます。

  予算書の1ページでありますが、第1条で歳入予算の補正、第2条で地方債の補正を行っておりますが、それぞれ第1表及び第2表で御説明申し上げます。

  2ページ目をお開きください。第1表、歳入予算補正につきましては、最終起債額の確定により、21款1項市債を15億1,880万円減額補正いたしまして、それに見合う財源措置として2款1項地方揮発油譲与税及び4項地方道路譲与税を合わせた516万8,000円を増額計上するとともに、10款1項地方交付税を6億8,241万7,000円並びに国の平成21年度第1次補正予算で措置された地域活性化・公共投資臨時交付金の交付決定により、14款2項国庫補助金8億3,121万5,000円を増額する補正をさせていただいたものであります。

  3ページ、第2表、地方債補正でありますが、20件の変更でありまして、起債の目的欄の事業ごとに起債額を増減したものであります。このうち起債額を増額いたしたものが8件、1億1,410万円、減額いたしたものが12件、16億3,290万円で、差し引き15億1,880万円の減額とさせていただいたものであります。

  起債額を増額いたした8件について申し上げますと、児童福祉事業1,270万円、鶴岡市総合保健福祉センター整備事業2,930万円、農業農村整備事業460万円、水産業事業150万円、表中段、除雪対策事業490万円、港湾整備事業20万円及び表下段、社会教育施設整備事業1,170万円の増額は一般財源からの振りかえによるものであり、表中段にお戻りをいただき、都市計画事業4,920万円の増額は、地方拠点都市地域整備事業等においてまちづくり交付金からの財源振りかえによるものであります。

  起債額を減額いたした12件につきましては、総務管理事業3億8,450万円のほか、林道整備事業3,390万円、道路橋梁整備事業4,960万円及び小学校整備事業4億9,100万円の減額は、地域活性化・公共投資臨時交付金の交付決定により国庫補助金の増額等に伴う財源振りかえによるものであり、表下段、財政融資資金借換債の1億8,040万円、旧簡易生命保険資金借換債4億2,490万円の減額は、保証金免除繰上償還制度に係る借換債でありますが、将来負担軽減の観点から、一般財源への振りかえにより起債の全部を取りやめたものであります。また、臨時財政対策債の160万円の減額は実発行額に合わせるものであり、このほか河川整備事業、消防施設整備事業、中学校整備事業、公共土木施設及び農林水産業施設災害復旧事業は、いずれも事業費の確定に伴い減額させていただいたものであります。

  次に、6ページをお開き願います。6ページ、2の歳入でありますが、2款地方譲与税につきましては、平成21年度の地方税制改正による道路特定財源の一般財源化に伴い、地方道路譲与税から名称を改め1項1目地方揮発油譲与税に計上いたしたものでありますが、事務手続上改正前に課税されたものが引き続き地方道路譲与税として交付されましたことから、4項1目に項目を新たに計上するとともに、それぞれ交付確定額により補正し、2目を合わせて予算額を上回りました516万8,000円を今回の補正における一般財源振りかえ分として増額させていただいたものであります。

  10款1項1目地方交付税6億8,241万7,000円は、普通交付税及び特別交付税の交付額が予算額を上回りましたことから、2款と同様に今回の補正における一般財源振りかえ分として増額させていただいたものであり、14款2項7目総務費国庫補助金8億3,121万5,000円は、地域活性化・公共投資臨時交付金の交付額及び充当事業の決定を受け、市債からの財源振りかえ分として増額させていただいたものであります。

  21款1項市債につきましては、第2表、地方債補正で申し上げました内容によりまして補正をさせていただいたものであります。

  次に、14ページをお開き願います。3の歳出につきましては、14ページから23ページまですべて歳入の補正に伴う財源調整でございます。

  以上、議第56号の説明とさせていただきます。

  続きまして、議第57号について説明させていただきます。予算書の1ページでございます。第1条で予算総額に歳入歳出それぞれ2億9,620万9,000円を追加し、予算の総額を597億1,268万9,000円とするものであります。第2条で地方債の補正をいたしておりますが、第2表で御説明申し上げます。

  初めに、歳出について御説明申し上げますので、12ページをお開き願いたいと存じます。3の歳出でありますが、2款1項6目企画費540万円は、本市の歴史と風土によってはぐくまれた独特のすぐれた食文化を次代に継承し、食文化産業が有するさまざまな可能性を最大限に発揮させるため、食文化産業形成調査研究業務委託料等を計上し、ユネスコ創造都市ネットワークへの加盟認定に向けた調査事業を実施するものであります。

  3款1項1目社会福祉総務費500万円は、財団法人宝くじ協会からの長寿社会づくりソフト事業交付金を財源といたしまして、平成19年3月に策定された鶴岡地域福祉ビジョン06が平成22年度で計画期間が終了することから、新たな地域福祉計画の策定経費を計上いたしたものであります。

  5目老人福祉費5,578万3,000円は、介護予防拠点施設の整備経費及び小規模多機能型居宅介護事業所におけるスプリンクラーの設置経費に対する補助金並びに社会福祉施設開設準備経費に対する補助金が3,346万円、次の15ページでありますが、認知症高齢者グループホーム5事業所におけるスプリンクラー等の設置経費に対して補助金2,232万3,000円を交付するものであります。

  3款2項1目児童福祉総務費105万3,000円は、国の病児・病後児保育事業実施要綱の改正による補助単価の引き上げに伴う委託料等の増額であります。

  2目保育所運営費358万3,000円は、県の認可外保育施設乳児受け入れ支援事業の補助要件及び補助単価の改定による運営費補助金の増額であります。

  5目母子福祉費451万2,000円は、母子家庭の母が看護師などの資格取得のために就学する期間の生活費を扶助する高等技能訓練促進費制度の給付対象者が、当初予算では2名を見込んでおりましたが、5名となったことから扶助費を増額するものであります。

  4款1項2目予防費1,990万3,000円は、国の通達により日本脳炎予防接種が平成17年から休止されておりましたが、本年度より予防接種が再開されたことから、本市においては3歳児を対象に積極的な勧奨を行うものであり、ワクチン代、予防接種委託料等を計上いたしたものであります。

  16ページをお開き願います。6款1項1目農業委員会費2,409万2,000円は、今年度の農地利用集積面積の見込み増による農地利用集積交付金の増額及び事業費全額が国庫補助事業として実施されることによる一般財源の減額を計上いたしたものでございます。

  4目農業生産流通促進費7,896万1,000円は、県の新たな補助制度による園芸作物用ハウス、機械整備等に対する補助金及びサクランボの長期被覆施設設備整備に対する補助金を合わせて4,248万8,000円、またつるおか農林水産業創意工夫プロジェクト支援事業として、本市の団体、個人が実施する事業の採択決定による各種プロジェクトへの補助金3,647万3,000円の計上であります。

  6目畜産業費199万3,000円は、県補助金を財源として自走式ロールベーラー等の購入経費の3分の1を補助するものであります。

  6款3項2目水産業振興費1,166万9,000円は、山形県漁業協同組合が実施する鼠ヶ関市場荷捌き施設等の改修事業につきまして、平成22年度、23年度の2カ年の事業計画でありましたが、水産庁との協議により平成22年度の単年度事業として実施することとなったことから補助金を1,091万9,000円増額するものであり、また国の漁村地域力向上事業の採択を前提とした鼠ヶ関、由良地域における漁業、漁村の活性化を推進するための取り組みを支援する補助金の計上であります。

  18ページをお開き願います。7款1項2目商工業振興費200万円は、県の補助制度の変更により鶴岡TMO事業に対する中心市街地活性化連携基盤支援事業費補助金が市を経由することとなったことから、補助金の増額をいたすものであります。

  8款2項6目除雪対策費3,553万2,000円は、国庫補助内示により除雪機械購入費を追加するものであり、7目道路公共事業費3,700万円は、国庫補助内示により市道坂ノ下玉川線ほか5路線の市道整備事業費を増額するものであります。

  また、8款3項3目河川改良費600万円は、国庫補助内示により準用河川湯尻川河川改良事業費を増額するものであります。

  10款6項1目保健体育総務費372万8,000円は、独立行政法人日本スポーツ振興センターのスポーツ振興くじ助成金を活用して総合型スポーツクラブの活動を支援する補助金を追加するものであります。

  戻りまして4ページをお開きください。4ページの第2表、地方債補正の変更3件につきましては、市道坂ノ下玉川線ほか5路線の市道整備事業に係る道路橋梁整備事業の起債を1,380万円、準用河川湯尻川河川改良事業に係る河川整備事業の起債を280万円及び除雪機械整備事業に係る除雪対策事業債を1,080万円増額するものであります。

  8ページをお開き願います。2の歳入でありますが、14款2項1目1節社会福祉費補助金2,232万3,000円は、認知症高齢者グループホームの整備事業に対する国庫補助金であり、5目1節道路橋梁費補助金4,710万4,000円は、市道整備事業、河川改良事業及び除雪機械整備事業に対する社会資本整備総合交付金であります。

  15款2項2目1節社会福祉費補助金3,346万円は、介護拠点施設整備事業及び社会福祉施設開設準備経費に対する県補助金であり、2節児童福祉費補助金607万5,000円は、国の病児・病後児保育事業実施要綱及び県の認可外保育施設乳児受け入れ支援事業の補助単価及び補助要件等の改定による補助金の増額及び高等技能訓練促進費制度の給付対象者の増加による補助金の増額であります。

  4目1節農業費補助金9,953万7,000円は、園芸特産物の生産振興を支援する補助金2件のほか畜産業機械の導入事業に係る補助金、担い手育成支援事業に係る農地利用集積交付金、農林水産業創意工夫プロジェクト支援事業に係る補助金であります。

  なお、農地利用集積事業に係る推進員設置費補助金については、交付要件の確定に伴い減額計上をいたしております。

  5目1節商工費補助金200万円は、中心市街地活性化連携基盤支援事業による鶴岡TMO事業への補助金であります。

  19款1項1目1節前年度繰越金4,958万2,000円は、平成21年度決算において繰越金が見込まれますことから、今回の補正に係る一般財源として増額させていただくものであります。

  10ページをお開き願います。20款5項3目3節雑入872万8,000円は、財団法人宝くじ協会からの長寿社会づくりソフト事業費交付金及び独立行政法人日本スポーツ振興センターからのスポーツ振興くじ助成金であります。

  21款市債につきましては、第2表、地方債補正で御説明申し上げました内容によりまして計上させていただいたものでございます。

  以上のとおりでございますので、よろしく御審議の上、御承認及び御可決賜りますようお願い申し上げます。



○委員長(安野良明委員) お諮りします。この際、議事の進行上、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(安野良明委員) 異議なしと認めます。

  よって、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することに決しました。

  本予算特別委員会に付託されました議案全部をさきにお手元に配付してあります予算特別委員会分科会議案付託表に記載のとおり各分科会に分割付託します。

  なお、本委員会は各分科会における審査の終了を待って、来る6月24日に再開します。





△散会





○委員長(安野良明委員) 本日はこれで散会します。



   (午後 2時20分 散 会)