議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 22年  3月 定例会 03月23日−06号




平成 22年  3月 定例会 − 03月23日−06号







平成 22年  3月 定例会





平成22年3月23日(火曜日) 本会議 第6日

             出欠席議員氏名

  出 席 議 員 (33名)
  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則
  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男
  5番   加 賀 山     茂         6番   小  野  由  夫
  7番   加  藤  鑛  一         8番   関        徹
  9番   三  浦  幸  雄        10番   加  藤  太  一
 11番   中  沢     洋        12番   秋  葉     雄
 13番   富  樫  正  毅        14番   吉  田  義  彦
 15番   齋  藤     久        16番   今  野  良  和
 17番   神  尾     幸        18番   五 十 嵐  庄  一
 20番   安  野  良  明        21番   佐  藤  博  幸
 22番   小 野 寺  佳  克        23番   佐  藤     聡
 24番   本  間  新 兵 衛        25番   寒 河 江  俊  一
 26番   岡  村  正  博        27番   佐  藤  文  一
 28番   上  野  多 一 郎        29番   野  村  廣  登
 30番   佐  藤  信  雄        31番   佐  藤  征  勝
 32番   加  藤  義  勝        33番   渋  谷  耕  一
 34番   川  村  正  志                        


  欠 席 議 員 (1名)
 19番   山  中  昭  男

             出席議事説明員職氏名

 市     長  榎 本 政 規         副  市  長  山 本 益 生
 総 務 部 長  加 藤 淳 一         総 務 課 長  秋 庭 一 生
 財 政 課 長  富 樫   泰         職 員 課 長  石 塚 治 人
 企 画 部 長  小 林   貢         市 民 部 長  秋 野 友 樹

 市  民  部  工 藤 照 治         健 康 福祉部長  山 木 知 也
 危 機 管 理 監

 農 林 水産部長  菅 原 一 司         環 境 部 長  大 滝 匡 生
 商 工 観光部長  村 田 久 忠         建 設 部 長  志 田   忠

 荘 内 病院院長  松 原 要 一         荘 内 病 院  黒 井 秀 治
                          事 務 部 長

 水 道 部 長  三 浦 義 廣         消  防  長  板 垣   博

 会 計 管 理 者  進 藤   昇         教 育 委 員 会  武 山   育
                          委  員  長

 教  育  長  齋 藤 英 雄         教 育 次 長  森   博 子
 監 査 委 員  板 垣 隆 一         監 査 委 員  神 尾   幸

 農業委員会会長  三 浦 伸 一         選挙管理委員会  芳 賀 里栄子
                          委  員  長


             出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  齋 藤 和 也         事 務 局 次 長  佐 藤 秀 雄
 議 事 主 査  渡 部   功         調 査 主 査  佐 藤 正 哉
 庶 務 係 長  齋 藤   匠         議事係調整主任  大 宮 将 義

             議事日程

議事日程第6号
    平成22年3月23日(火曜日)
第 1  請願第13号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書提出を求める請願
              (総務常任委員長報告)             

             本日の会議に付した事件

(議事日程のとおり)







△開議 (午前10時00分)





○議長(川村正志議員) 本日は、去る9日の会議において休会とすることに議決されておりましたが、議事の都合により特に会議を開くことにしました。

  ただいまから本日の会議を開きます。

  本日の欠席届出者は19番山中昭男議員であります。出席議員は定足数に達しております。

  本日の議事は、議事日程第6号によって進めます。





△日程第1 請願第13号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書提出を求める請願





○議長(川村正志議員) 日程第1 請願第13号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書提出を求める請願を議題とします。

  この際、総務常任委員会における審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。16番今野良和総務常任委員長。

   (総務常任委員長 今野良和議員 登壇)



◎総務常任委員長(今野良和議員) 総務常任委員会に付託をされました請願第13号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める意見書提出を求める請願は、昨年12月10日の委員会で継続審査となっていたものであり、3月10日に再度委員会を開催し、審査の上、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告をいたします。

  この請願は、核兵器の廃絶と恒久平和の実現のため、2010年に開かれる核拡散防止条約、NPT再検討会議に向けて、実効ある核兵器廃絶の合意がなされるべく、核軍縮、不拡散外交に強力に取り組むよう国に意見書を提出してほしいというものであります。

  昨年12月10日の委員会では、請願文書朗読の後、質疑に入り、国の外交や防衛についての請願は地方議会になじまないという考え方があるもので、国会議員に請願してもらうことも考えられるのではないか、また政権がかわって請願や意見書の提出についても混乱があると思える状況にあって、提出先がはっきりしてから出すのも一つの方法ではないかとの紹介議員に対する質疑がありました。これに対して、日本人個々の安全、安心にかかわるという意味では、WTO交渉に関する請願と同等という認識である。鶴岡市の市民自身が軍縮に対してどういう気持ちであるかということの表明であるので、理解を得たい。提出先は今までどおり変わらないと思っている旨の答弁がありました。

  その後、委員からなお慎重に審査を行う必要があるとして、閉会中の継続審査とすべき動議が出され、この動議を諮ったところ、全員異議なく、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

  3月10日の委員会では、請願文書朗読の後、再度審査に入り、地方議会にこのような請願がなじむのかという疑問はあるが、昨年6月議会において同趣旨の意見書を可決、提出しているものであり、選挙を経て議員もかわっているものの、議会として本請願も採択すべきと考える。なお、広島、長崎市長からさらに同趣旨の意見書の決議を願う文書が届いているもので、提出する意見書についてはこれも参考にして作成していただきたいとの発言があったものであります。

  質疑を終結し、討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、採決の結果、全員賛成で採択すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○議長(川村正志議員) これから質疑に入ります。ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  これで質疑を終結します。

  これから討論に入ります。

  初めに、反対の討論を許します。

  次に、賛成の討論を許します。

  これで討論を終結します。

  これから請願第13号について採決します。ただいま議題となっております請願第13号についての委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   (全 員 起 立)



○議長(川村正志議員) 起立全員であります。

  よって、請願第13号については採択することに決しました。





△散会





○議長(川村正志議員) 本日はこれで散会します。



   (午前10時05分 散 会)