議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 13年  9月 予算特別委員会(旧鶴岡市) 09月13日−01号




平成 13年  9月 予算特別委員会(旧鶴岡市) − 09月13日−01号







平成 13年  9月 予算特別委員会(旧鶴岡市)




平成13年9月13日(木曜日) 第1日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (32名)
  1番   草  島  進  一         2番   石  川  一  郎
  3番   長 谷 川  雅  一         4番   加 賀 山     茂
  5番   伊  藤  おの 一         6番   菅  原     健
  7番   佐 々 木  俊  司         8番   加  藤  太  一
  9番   三  浦  幸  雄        10番   水  尾  京  子
 11番   阿  部     茂        12番   小  林  達  夫
 13番   保  科  直  士        14番   斎  藤  助  夫
 15番   榎  本  政  規        16番   五 十 嵐  昭 市 郎
 17番   佐  藤  慶  子        18番   吉  田  義  彦
 19番   川  上     隆        20番   芳  賀     誠
 21番   佐  藤  信  雄        22番   神  尾     幸
 23番   川  村  正  志        24番   野  村  廣  登
 25番   阿  部  一  也        26番   富  樫  正  毅
 27番   佐  藤  峯  男        28番   高  橋  一  夫
 29番   中  沢     洋        30番   五 十 嵐  武  矢
 31番   菅  原  信  喜        32番   本  城  昭  一

  欠 席 委 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  富 塚 陽 一         助     役  伊 藤   清
 収  入  役  中 村 雄 一         総 務 部 長  芳 賀   肇
 総務部調整監   阿 部 恒 彦         庶 務 課 長  林   由美子
 企画調整課長   小 林   貢         人 事 課 長  菅 原 一 司
 財 政 課 長  長谷川 貞 義         市 民 部 長  五十嵐   鎮
 環境衛生部長   芳 賀 一 弥         健康福祉部長   恩 田 隆 嗣
 産 業 部 長  佐 藤 智 志         建 設 部 長  鈴 木   勉
 会 計 課 長  大 川 慶 輝         水 道 部 長  鈴 木 文 雄
 荘 内 病 院
          伊 藤   博         消 防 参 事  佐 藤   弘
 事 務 部 長
 教  育  長  本 間 重 二         教 育 次 長  青 木   博
 監 査 委 員  鈴 木 壽 和         監 査 委 員  保 科 直 士
 監 査 委 員
          諏 訪   浩
 事 務 局 長

             出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  奥 山 眞 弘         事 務 局 次 長  山 口   朗
 調 査 主 査 兼                  議 事 主 査 兼
          大 滝 匡 生                  菅 原   淳
 調 査 係 長                  議 事 係 長
 庶 務 係 長  山 本 りゑ子         議事係調整主任  小 林 雅 人

             付議事件名

議第77号 平成13年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)                  
議第78号 平成13年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)              
議第79号 平成13年度鶴岡市病院事業会計補正予算(第1号)                
議第80号 平成13年度鶴岡市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)             








△開会 (午前10時51分)





○委員長(吉田義彦委員) ただいまから予算特別委員会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。本日の欠席届出者はありません。出席委員は定足数に達しております。

  お諮りします。委員会の議事運営については、本会議に準じて行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(吉田義彦委員) 異議なしと認めます。

  よって、本会議に準じて議事を運営することに決しました。





△議第77号 平成13年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号) 外3件





○委員長(吉田義彦委員) 本予算特別委員会に付託されました議第77号 平成13年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)から議第80号 平成13年度鶴岡市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)までの議案4件を一括議題とします。

  提案者の説明を求めます。

   (総務部長 芳賀 肇 登壇)



◎総務部長(芳賀肇) 議第77号 平成13年度鶴岡市一般会計補正予算について御説明申し上げます。

  第1条で 歳入歳出予算総額にそれぞれ1億1,190万3,000円を追加し、予算の総額を341億3,633万7,000円とするものであります。

  第2条では、地方債の補正をいたしておりますが、第2表で御説明申し上げます。

  11ページをお開き願います。初めに、歳出について御説明申し上げます。2款1項3目財政管理費331万3,000円につきましては、集落排水事業の増に伴い、事業費の4%を減債基金に積み立てるものであります。15目国際交流費372万4,000円につきましては、友好都市ニューブランズウィック市に実際は昨年に当たりますが、盟約40周年を記念し、7日間の日程で市民訪問団を派遣する経費を計上するものであります。

  3款1項1目社会福祉総務費197万4,000円につきましては、ひとり暮らし老人等を対象とした愛の福祉電話運営事業の緊急通報装置について、新規利用者の増加への対応と故障機器の取りかえのために20台分の経費を計上するものであります。

  13ページをお開き願います。3款2項2目保育所運営費281万2,000円につきましては、認可外保育所に対し県の補助を受けて実施する乳児室整備の経費について、経費の4分の3を補助するものであります。

  4款1項1目保健衛生総務費45万3,000円の補正につきましては、民間公衆浴場に対し、県の補助を受けて実施します、ろ過設備の更新について、経費の3分の2を補助するものであります。

  5款1項1目労働諸費450万5,000円につきましては、地域における産業構造の変化と就労構造の変化等について、調査分析する経費を計上するものであります。

  15ページをお開き願います。6款1項3目農業振興費179万1,000円につきましては、大豆生産組合やライスセンター利用組合等が実施する機械施設の購入、設備、整備に対する補助金の追加であります。

  8目農村整備事業費314万4,000円につきましては、田川地区農業集落排水事業費の追加により増額することから、集落排水事業特別会計への繰出金を追加するものであります。

  6款2項6目林道開設事業費430万1,000円につきましては、林道船見台線開設事業において、土どめ補強工事を追加するに当たり計上するものであります。

  6款3項1目水産業総務費525万7,000円の減額につきましては、由良地区漁業集落排水事業の起債充当率が増額したことにより、一般財源が減額になったことから、集落排水事業特別会計への繰出金を減額するものであります。

  17ページをお開き願います。7款1項2目商工業振興費96万4,000円につきましては、日吉町商店街振興組合が実施する空き店舗を高齢者のための休憩所として活用する事業に対して、改装費等の対象経費の3分の2を補助するものであります。

  3目企業開発費300万円につきましては、コンピューターや情報ネットワークを活用し、情報化を図る中小企業に対して支援する中小企業情報化支援事業を増額、新事業費を増額するものであります。8款5項6目開発対策費4,920万円につきましては、緑地売り払いによる収入を緑地整備基金に積み立てるものであります。

  9款1項2目非常備消防費201万7,000円につきましては、山形県消防補償等組合の退職報償金の掛金額が引き上げられたことから、その増額分を計上するものであります。

  19ページをお開き願います。10款5項1目社会教育総務費45万6,000円につきましては、市内全小学校を会場に、就学前児童を持つ保護者を対象とした子育て講座を開設する経費を計上するものであります。

  10款6項3目学校給食センター費3,550万6,000円につきましては、現在使用しております給食用食器が使用年限の5年を経過することから、更新を行うものであります。

  次に、地方補正債について御説明申し上げます。4ページをお開き願います。第2表、地方債補正の1件でありますが、一般公共事業130万円の増額につきましては、林道船見台線開設事業430万1,000円の追加に伴うものであります。

  7ページをお開き願います。2の歳入についてでありますが、14款2項2目1節社会福祉費補助金148万円の増額につきましては、介護予防・生活支援事業に対する補助金の計上であります。

  2目2節児童福祉費補助金25万円の増額につきましては、認可外保育所の実施する乳児室整備に対する補助金の計上であります。

  3目1節保健衛生費補助金22万6,000円につきましては、民間公衆浴場の整備に対する補助金であります。

  4目1節農業費補助金179万1,000円につきましては、経営構造対策事業の高生産性農業用機械施設整備等に対する補助金であります。4目2節林業費補助金292万4,000円につきましては、林道船見台線開設事業に対する補助金であります。4目4節農林水産事業費県総合交付金331万3,000円につきましては、集落排水事業費の増額に伴い、事業費の4%を減債基金に積み立てるものであります。

  5目1節商工費補助金48万2,000円につきましては、商店街空き店舗活用支援事業に係る県補助金で、補助対象額の3分の1を計上しております。

  7目3節社会教育費補助金45万6,000円につきましては、家庭教育推進事業に係る県の市町村子育て学習の全県展開事業費補助金であります。

  15款2項1目1節土地建物売払収入4,920万円につきましては、緑地整備基金の土地売り払い見込みに基づきまして、計上するものであります。

  18款1項1目1節前年度繰越金につきましては、平成12年度決算に係る繰越金の中から5,048万1,000円を追加計上させていただくものであります。

  20款1項3目2節林業費130万円につきましては、先ほど第2表、地方債補正で申し上げました内容によりまして、計上させていただくものであります。

  以上のとおりでありますので、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願いを申し上げます。

   (健康福祉部長 恩田隆嗣 登壇)



◎健康福祉部長(恩田隆嗣) それでは、議第78号平成13年度鶴岡市介護保険特別会計予算について御説明を申し上げます。

  一般会計の次の20ページの後の1ページでございます。第1条で、予算の総額に歳入歳出それぞれ7,030万1,000円を追加いたしまして、予算の総額を46億732万3,000円とするものであります。

  第1条第2項につきましては、第1表で御説明をいたします。

  2ページをお開き願います。歳入につきましては、8款1項の繰越金に7,030万1,000円を追加し、9,030万1,000円に、歳出につきましては4款1項基金積立金に1,455万1,000円を追加し、1,469万9,000円に、6款1項償還金及び還付加算金に5,575万円を追加し、7,003万3,000円とし、歳入歳出合計をそれぞれ46億732万3,000円とするものであります。

  平成12年度の介護保険特別会計収支決算につきましては、歳入歳出差引残額9,278万6,333円となったものでありますが、繰越金として平成13年度当初予算に計上してあります2,000万円、繰越明許等の247万9,000円を除いた残額7,030万1,000円については、平成13年度介護保険特別会計に補正計上するものであります。

  歳入について御説明申し上げます。5ページをお開き願います。8款1項1目の繰越金につきましては、7,030万1,000円を追加し、9,030万1,000円とするものであります。

  歳出について御説明をいたします。7ページをお開き願います。4款1項1目介護給付費準備基金積立金1,455万1,000円の増額につきましては、平成12年度介護保険料の精算による繰り越し分の積み立てを行うものであります。6款1項2目償還金の5,575万円の増額につきましては、平成12年度介護給付費の確定に伴い、介護給付費国庫負担金、社会保険診療報酬支払基金の介護給付費交付金をそれぞれ精算しまして、返還するものであります。

  以上でございますので、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願いいたします。

   (荘内病院事務部長 伊藤 博 登壇)



◎荘内病院事務部長(伊藤博) 議第79号 平成13年度鶴岡市病院事業会計補正予算につきまして、その概要を御説明いたします。

  このたびの補正は、国の平成12年度第1次補正予算に医療分野の情報化の促進に伴う整備事業に対する補助が盛り込まれまして、厚生労働省の病院内情報システム整備促進事業として、電子カルテシステム等の整備に補助が認められました。これに伴いまして、当院も県に対して13年度繰り越し事業として要望をいたしておりましたが、このたび交付決定の内示がありましたので、新病院において当初から導入を予定いたしておりました情報システムの一部を前倒しで今年度に整備を図るためのものであります。整備内容といたしましては、13年度中に現病院で整備をし、運用可能であり、なおかつ新病院に移行可能なシステムであることが前提となることから、医用画像管理システムと看護患者認証システムの整備を行うものであります。

  議案の第2条で、病院事業業務予定量のうち、(4)、建設改良事業に1億2,800万円を追加し、39億3,394万円に改めるものであります。

  第3条で、予算の第4条に定めておりました資本的収入及び支出の予算額を改めるもので、収入では第1項企業債に3,340万円を追加し34億3,900万円に、第3項補助金に9,455万5,000円を追加して、4億8,117万2,000円に改め、支出では第1項建設改良費に1億2,800万円を追加して、39億3,394万円に改めるものであります。

  2ページをお開きください。第4条で予算第5条に定めました債務負担行為の表、鶴岡市立荘内病院医療機器整備請負契約について、医用画像管理システムをこのたび前倒しで整備をいたしますことから、その項中の期間、15年までを14年度までに改め、限度額7億4,000万円を6億4,000万円に改めるものであります。

  第5条で、予算第6条に定めました企業債の表、鶴岡市立荘内病院整備拡充事業の項の中の限度額28億8,830万円を29億2,170万円に改めるものであります。

  3ページ以降の資金計画ほかにつきましては、説明を省略させていただきます。

  以上、よろしく御審議の上、御可決くださいますようお願いをいたします。

   (産業部長 佐藤智志 登壇)



◎産業部長(佐藤智志) それでは、議第80号 平成13年度鶴岡市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

  第1条で歳入歳出それぞれ9,482万円を追加し、歳入歳出予算の総額を7億7,706万8,000円といたすものございます。

  第2条で地方債の補正をいたしておりますが、第2表、地方債補正で御説明申し上げます。

  4ページをお開き願います。第2表、地方債補正でありますが、変更が2件でございます。農業集落排水施設整備事業につきましては、3,640万円を増額いたしまして、表記載のとおり、補正後の限度額を1億4,520万円といたすものでございます。漁業集落排水施設整備事業につきましても、530万円増額いたしまして、補正後の限度額を1億4,160万円といたすものでございます。

  2の歳入について御説明申し上げますので、7ページをお開き願います。1款1項1目農業集落排水事業分担金389万5,000円の補正は、田川地区の事業費の増額に伴う分担金の追加をお願いいたすものでございます。

  3款1項1目農業集落排水事業費県補助金4,583万8,000円につきましても、田川地区の事業費増額にかかわる県補助金の増額で、補助率は事業費分が55.4%、事務費分が50%でございます。

  4款1項1目一般会計繰入金211万3,000円の減額につきましては、1節農業集落排水事業費繰入金といたしまして、事業費の増額に伴う主要財源の314万4,000円の増額をお願いいたしますほか、2節の漁業集落排水事業費繰入金におきまして、起債の増額に伴いまして525万7,000円の減額をお願いいたすものでございます。

  6款1項1目雑入550万円の増額は、田川地区農業集落排水事業における水道管の埋設工事の共同施工に伴う水道事業会計からの負担金収入でございます。

  9ページをお開き願います。7款1項1目起債につきましては、第2表、地方債補正で御説明申し上げました内容により計上したものでございます。

  次に、3の歳出について御説明を申し上げます。11ページをお開き願います。1款1項1目一般管理費650万円の補正は、大広地内における県道三瀬水沢線の改良工事に伴います、管渠の移設工事費を追加させていただくものでございます。

  2款1項1目田川処理区農業集落排水事業費8,832万円の増額補正につきましては、補助事業費といたしまして8,282万円を追加し、処理場への幹線ルートとなる幹線管渠の布設工事、延長約1,000メートルの整備費のほか、これに伴う設計委託費、補償費及び水道管埋設工事の単独事業費といたしまして550万円を追加させていただくものでございます。処理場の建設を来年に控えまして、事業の推進に努めるものでございます。

  13ページをお開き願います。2款2項1目由良処理区漁業集落排水事業費の補正につきましては、財源の補正をお願いいたすものでございます。

  以上でございますので、よろしく御審議の上、御可決を賜りますようお願い申し上げます。



○委員長(吉田義彦委員) お諮りいたします。この際、議事の進行上質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(吉田義彦委員) 異議なしと認めます。

  よって、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することに決しました。

  本予算特別委員会に付託されました議案については、さきに配付してあります予算特別分科会議案付託表に記載のとおり、各分科会に分割付託します。

  なお、本委員会は各分科会における審査の終了を待って、来る9月26日に再開します。





△散会





○委員長(吉田義彦委員) 本日はこれで散会します。



   (午前11時14分 散 会)