議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 21年  9月 予算特別委員会 09月04日−01号




平成 21年  9月 予算特別委員会 − 09月04日−01号







平成 21年  9月 予算特別委員会





平成21年9月4日(金曜日) 第1日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (36名)
  1番   佐  藤  博  幸         2番   佐  藤     聡
  3番   本  間  新 兵 衛         4番   安  野  良  明
  5番   五 十 嵐  庄  一         6番   山  中  昭  男
  7番   上  野  多 一 郎         8番   野  村  廣  登
  9番   渋  谷  耕  一        10番   佐  藤  征  勝
 11番   高  橋  徳  雄        12番   加  藤  義  勝
 13番   吉  田  義  彦        15番   本  城  昭  一
 16番   川  村  正  志        17番   今  野  良  和
 18番   佐  藤  信  雄        19番   菅  原  幸 一 郎
 20番   本  間  信  一        21番   佐  藤  文  一
 22番   寒 河 江  俊  一        23番   岡  村  正  博
 24番   石  井  清  則        25番   押  井  喜  一
 26番   佐  藤  峯  男        27番   加 賀 山     茂
 28番   三  浦  幸  雄        29番   加  藤  太  一
 30番   関        徹        31番   草  島  進  一
 32番   秋  葉     雄        33番   富  樫  正  毅
 35番   川  上     隆        36番   中  沢     洋
 37番   齋  藤     久        38番   神  尾     幸


  欠 席 委 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  富 塚 陽 一         副  市  長  佐 藤 智 志
 副  市  長  佐 藤 正 明         総 務 部 長  加 藤 淳 一
 総 務 課 長  秋 庭 一 生         財 政 課 長  富 樫   泰
 職 員 課 長  石 塚 治 人         企 画 部 長  小 林   貢

 市 民 部 長  齋 藤 和 也         市  民  部  工 藤 照 治
                          危 機 管 理 監

 健康福祉 部 長  山 木 知 也         環 境 部 長  秋 野 友 樹

 農林水産 部 長  山 本 益 生         農 林 水 産 部  菅 原 一 司
                          調  整  監

 商工観光 部 長  村 田 久 忠         建 設 部 長  志 田   忠

 会 計 管 理 者  進 藤   昇         荘 内 病 院  黒 井 秀 治
                          事 務 部 長

 水 道 部 長  三 浦 義 廣         消  防  長  板 垣   博
 教  育  長  齋 藤 英 雄         教 育 次 長  森   博 子
 監 査 委 員  奥 山 眞 弘         監 査 委 員  本 城 昭 一

 監 査 委 員  大 川 慶 輝
 事 務 局 長


            出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  板 垣 隆 一         事 務 局 次 長  大 滝 匡 生
 議 事 主 査  渡 部   功         調 査 主 査  佐 藤 正 哉
 庶 務 係 長  齋 藤   匠         議事係調整主任  大 宮 将 義

             付議事件名

議第83号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第4号)             
議第84号 平成21年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第3号)         
議第85号 平成21年度鶴岡市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)       
議第86号 平成21年度鶴岡市病院事業会計補正予算(第1号)           









△開会 (午前10時48分)





○委員長(今野良和委員) ただいまから予算特別委員会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。本日の欠席届出者はございません。出席委員は定足数に達しております。

  お諮りします。本委員会の議事運営につきましては、本会議に準じて行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(今野良和委員) 異議なしと認めます。

  よって、本会議に準じて議事を運営することに決しました。





△議第83号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第4号) 外3件





○委員長(今野良和委員) 本予算特別委員会に付託されました議第83号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第4号)から議第86号 平成21年度鶴岡市病院事業会計補正予算(第1号)までの議案4件を一括議題とします。

  提案者の説明を求めます。

   (総務部長 加藤淳一 登壇)



◎総務部長(加藤淳一) 議第83号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。

  議案書の3枚目からになります。第1条で予算総額に歳入歳出それぞれ21億5,325万9,000円を追加し、予算の総額を630億358万5,000円とするものでありますが、本年度における前回までの補正と同様に、経済対策に係る追加予算が中心であり、国の補正予算に伴う分が約17億8,000万円となっております。

  続きまして、第2条で債務負担行為の補正、第3条で地方債の補正をいたしておりますが、それぞれ第2表及び第3表で御説明申し上げます。

  初めに、歳出から御説明申し上げますので、17ページをお開き願いいたします。17ページ、3の歳出でありますが、2款1項7目地域振興費280万円は、過疎集落での安心・安定した暮らしの維持を目的とする国のモデル事業として田麦俣地区における基礎的サービスの確保と地域産業の育成に向けた構想を策定するものであります。

  10目情報化推進費6億9,827万円は、光ブロードバンドサービスが未提供である温海地域及び旧鶴岡の一部地域に国の補助を受けて光ファイバー網を整備し、公共ネットワーク環境の構築及び地上デジタル放送への対応を進めるものであります。

  13目コミュニティ対策費1,703万5,000円は、コミュニティセンターの地上デジタル化対応経費といたしまして、対応テレビの購入費等1,447万5,000円と財団法人自治総合センターからの宝くじ助成金を活用したコミュニティセンター施設の改修工事費等256万円の計上であります。

  19ページをお願いいたします。15目国際交流費368万1,000円は、出羽庄内国際村のホールの調光盤等が故障し、早急に修繕する必要が生じましたことから、改修工事費を計上させていただいたものであります。

  2款2項1目税務総務費228万1,000円は、個人市民税の課税上、加入が必要となる全国的な地方税電子システムeLTAXへの加入経費でございます。

  3款1項1目社会福祉総務費563万1,000円は、離職により家賃が払えず、住宅を喪失している者、または喪失するおそれのある者に対して、6カ月を限度として住宅手当を支給するものであります。

  6目自立支援費6,852万1,000円は、昨年度の国の第2次補正予算による障害者自立支援対策臨時特例交付金で、県に設置された基金からの補助をもとに、障害者自立支援法に基づく新制度への移行に伴う経過措置として事業所の運営支援等を行うものであります。

  21ページをお願いいたします。3款2項5目母子福祉費2,176万4,000円は、児童扶養手当の支給対象者の増加に伴う支給費の追加であります。

  3款4項1目災害救助費2,014万円は、七五三掛地区の地すべり災害被災者に対する住居等の復旧助成金の計上であります。

  4款1項1目保健衛生総務費3,500万円は、昨年度より工事を進めております総合保健福祉センターの新築工事におきまして建築材料の鋼材類を購入した昨年度上半期に鋼材価格が通常想定される変動幅を大きく上回って高騰いたしましたことから、建設工事請負契約約款の規定に基づき、上回った分を工事代金に追加するものであります。

  6目環境保全対策費130万円は、自治総合センターからの助成金を活用した環境保全対策に係る研修会の開催経費であります。

  23ページをお願いします。4款4項1目病院費8,581万7,000円は、地域活性化経済危機対策臨時交付金を活用して救急センターの拡張工事費等、荘内病院における施設設備の改修経費に係る財源を病院事業会計へ繰り出すものでございます。

  6款1項3目農業振興費1,390万9,000円は、農業生産施設の改修経費を支援する長寿命化整備支援事業費であり、3月及び6月に補正いただいておりますが、その需要に基づき、再度追加させていただくものであります。

  4目農業生産流通促進費103万円は、農作物の残留農薬の減量に向けた防除暦作成事業への補助金であります。

  7目農地費1,922万円は、県の実施事業内示に伴う上郷地区及び湯田川地区における水田畑地化基盤強化対策費1,286万5,000円と国の補助を受けて土地改良区等が行う施設改修に対する本市としてのかさ上げ補助分635万5,000円であります。

  8目農村整備事業費4,542万7,000円は、農地・水・環境保全向上対策共同活動支援事業について、面積に係る地域裁量の適用を県が見直す方針であることから、それに伴う単価変更による協議会負担金の追加であります。

  6款2項2目林業振興費1,550万9,000円は、国の補正予算による間伐実施事業補助金の追加であり、5目林業基盤整備事業費9,559万3,000円は、同じく国の補正予算により林道三瀬矢引線開設事業費の追加5,340万円と、新たに林道大清水線改良事業4,219万3,000円を計上いたしたものであります。

  25ページをお願いします。6款3項2目水産業振興費62万5,000円は、藻場保全など、水産資源保全活動を実施する漁業者団体への支援負担金等であります。

  27ページをお願いします。7款1項5目観光施設費961万4,000円は、長沼温泉ぽっぽの湯のオゾン発生装置の修繕費や地上デジタル化対応経費に係る分が456万7,000円、やまぶし温泉ゆぽか、くしびき温泉ゆーTown及びかたくり温泉ぼんぼの地上デジタル化対応経費が合わせて189万7,000円、羽黒山スキー場のリフト設備の修繕費が315万円の計上でございます。

  8款2項3目道路新設改良費1億1,800万円は、経済対策として道路改良事業費を追加いたしたものであります。

  29ページをお願いいたします。5目橋梁新設改良費3,400万円及び7目道路公共事業費2億500万円は、それぞれにおいて国の内示に伴う補助事業及び経済対策としての本市単独事業に係る事業費を追加させていただいたものであります。

  8款3項2目河川維持費81万6,000円は、朝日地域のノコトぶな公園上流にある砂防堰堤に豪雨により大量の土砂が堆積しており、このまま放置すると、公園内のブナ林や水路が埋没するおそれがありますことから、土砂の撤去費用を計上させていただいたものであります。

  31ページをお願いします。10款1項2目事務局費3億6,673万5,000円は、国の補正予算により小中学校、幼稚園、地域公民館にあるテレビの地上デジタル化を推進するとともに、小中学校における教師用パソコンを1人1台配備する経費等の計上であります。

  10款2項2目教育振興費1,411万3,000円は、学習指導要領の改定に伴い、小学校で新たに必要となる理科教材備品等の購入費であります。

  3目学校建設費1億6,147万7,000円は、大山小学校東校舎の耐震補強に向けた設計調査委託料750万円と温海小学校の耐震改築工事費等1億5,397万7,000円であります。

  33ページをお願いします。10款3項2目教育振興費1,187万3,000円は、小学校区と同様に中学校の理科教材備品等の購入費であります。

  10款5項4目文化費2,474万2,000円は、無形民俗文化財の公演施設の整備事業といたしまして、黒川能及び山五十川歌舞伎の公演伝承施設の改修に係る補助金や工事費等1,901万3,000円と、時代のニーズに対応した致道博物館の今後の整備構想策定に対する補助金等572万9,000円の計上であります。

  5目文化施設費2,550万1,000円は、地域活性化経済危機対策臨時交付金を活用した施設設備の改修、修繕経費でありまして、文化会館が556万9,000円、旧致道館が861万3,000円、視聴覚センターのプラネタリウムのオーバーホールが1,131万9,000円であります。

  6目地域社会教育振興費600万円は、自治公民館の施設整備事業への補助金の追加であります。

  35ページをお願いします。11款1項1目農地農業用施設災害復旧費2,183万5,000円は、7月18日の豪雨により被災した温海地域の農業用施設の復旧工事費等であります。

  次に、5ページへお戻り願います。5ページの第2表、債務負担行為補正でありますが、最初に公民館類似施設建築資金融資あっせん利子補給金の期間を変更するもので、今年度新たに坂ノ下公民館が対象となりますことから、その利子補給期間に合わせ、平成25年度までとしていた期間を平成31年度までとするものであります。

  その下、温海小学校屋体の耐震改築工事の工事請負契約及び工事管理業務委託契約に係る債務負担行為の廃止につきましては、先ほど歳出で御説明申し上げたとおり、当該工事を今回前倒しして予算化させていただきますことによるものであります。

  第3表、地方債補正でありますが、最初に光ファイバー網を整備する地域情報通信基盤整備事業に係る起債5億150万円を追加するものであり、以下、限度額の変更といたしまして、総合保健福祉センター整備事業費は、材料費の高騰に伴う追加工事費の財源として3,320万円の増額、林道整備事業は三瀬矢引線や大清水線の整備事業等に係る4,620万円の増額、道路橋梁整備事業は橋梁新設改良費及び道路公共事業費の財源として1億70万円の増額、小学校整備事業は大山小学校及び温海小学校の耐震補強事業に係る1億1,380万円の増額、農林水産業施設災害復旧事業は今回の災害復旧費の財源として510万円の増額であります。

  次に、9ページをお願いいたします。9ページの2の歳入でありますが、12款1項2目1節農林水産業施設災害復旧費分担金125万円は、温海地域の農業用施設の災害復旧に係る地元分担金であります。

  14款1項1目2節児童福祉費負担金725万4,000円は、児童扶養手当支給費の追加に係る国庫負担金であります。

  14款2項1目1節社会福祉費補助金563万1,000円は、住宅手当支給に係る国庫補助金であり、支給費及び事務費の全額が補助対象となるものであります。

  3目2節林業費補助金3,207万4,000円は、国の補正予算による間伐実施推進事業及び林道大清水線改良事業に対する国庫補助金であり、4目1節道路橋梁費補助金1億1,900万円のうち、地域活力基盤創造交付金9,900万円は、橋梁新設改良費及び道路公共事業費の財源として追加交付されるもので、地域連携推進事業補助金2,000万円は道路公共事業費の財源として国の補正予算により新たに交付されるものでございます。

  6目1節小学校費補助金5,376万5,000円は、理科教育教材の購入に対する補助金が705万6,000円、温海小学校の耐震改築工事費に対する安心・安全な学校づくり交付金が4,670万9,000円であり、2節中学校費補助金593万6,000円は理科教育教材の購入に対する補助金で、5節教育総務費補助金1億7,690万3,000円は教育施設の地上デジタル対応経費や学校へのパソコン配備経費に対する補助金でありまして、いずれも国の補正予算により措置されるものでございます。

  11ページをお願いします。7目1節総務管理費補助金6億5,465万6,000円は、国の補正予算による地域活性化・経済危機対策臨時交付金が4億6,385万6,000円、光ファイバー網整備事業に対する地域情報通信基盤整備推進交付金が1億8,800万円、田麦俣地区における過疎集落の安心・安定の暮らし維持構想策定事業補助金が280万円となっております。

  15款2項2目1節社会福祉費補助金5,159万9,000円は、障害者自立支援法に対応する心身障害者地域福祉対策促進事業に係る県補助金であります。

  4目1節農業費補助金1,493万9,000円は、園芸用ハウス施設等の補修経費等を支援する長寿命化緊急対策補助金1,390万9,000円と、残留農薬対策としての防除暦作成に対する交付金103万円であり、2節林業費補助金2,744万5,000円は、林道三瀬矢引線開設事業に対する県補助金で、3節水産業費補助金15万円は、水産資源保全活動支援事業に係る事務費補助金でございます。

  9目1節農林水産業施設災害復旧費補助金 1,142万2,000円は、今回計上した災害復旧費に対する県補助金であります。

  18款2項5目1節月山ダム周辺環境整備基金繰入金81万6,000円は、ノコトぶな公園上流の砂防堰堤に堆積した土砂の撤去費用に充当するものであります。

  13ページをお願いします。13目1節総合交流促進施設等整備基金繰入金342万6,000円は、長沼温泉ぽっぽの湯のオゾン発生装置の修繕費等に充当するものであり、19目1節まちづくり基金繰入金3,200万円は、昨年度の国の第2次補正予算に交付された地域活性化生活対策臨時交付金のうち、同基金に積み立てておりました3億円の一部を今回道路新設改良事業の財源として取り崩すものであります。

  19款1項1目1節前年度繰越金1億5,069万3,000円は、前年度繰越額が確定いたしましたことから、その一部を今回の補正の一般財源として追加させていただくものであります。

  20款5項3目3節雑入380万円は、コミュニティセンターの施設整備事業費及び環境対策研修会の開催経費に対する自治総合センターからの助成金でございます。

  21款1項市債につきましては、第3表、地方債補正で御説明申し上げました内容により計上させていただいたものであります。

  以上でございますので、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

   (健康福祉部長 山木知也 登壇)



◎健康福祉部長(山木知也) 議第84号 平成21年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

  このたびの補正は、平成20年度分の介護給付費負担金や地域支援事業費交付金の精算による国庫及び社会保険診療報酬支払基金への返還金などについて補正させていただくものでございます。

  予算書の1ページをごらんをいただきます。第1条で予算総額に歳入歳出それぞれ4,344万4,000円を追加し、補正後予算総額を117億8,694万1,000円とするものでございます。

  最初に、歳出から御説明を申し上げ、その後に歳入でその財源について御説明申し上げます。

  5ページをお開きを願います。3の歳出でございます。7款1項1目第1号被保険者保険料還付金136万3,000円の補正につきましては、平成20年度分の第1号被保険者保険料還付金でございますが、年度中、被保険者の死亡などにより納付済みの保険料に返還の事由が生じたものについて還付の手続を行うものでございます。

  7款1項2目償還金4,208万1,000円の補正につきましては、平成20年度に概算交付されていた介護給付費負担金や地域支援事業交付金について、今年度会計で精算することとされておりますことから、20年度の介護給付費負担金等が確定したことに伴い、超過交付分について国庫及び社会保険診療報酬支払基金に返還するものでございます。

  次に、歳入について御説明申し上げます。上段2の歳入でございます。9款1項1目繰越金4,344万4,000円の補正につきましては、歳出で御説明いたしました7款1項1目第1号被保険者保険料還付金、2目償還金に係る繰越金の補正でございます。

  以上のとおりでございますので、よろしく御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。

   (市民部長 齋藤和也 登壇)



◎市民部長(齋藤和也) 議第85号 平成21年度鶴岡市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。

  このたびの補正は、平成20年度の医療給付費等の支払い実績に対し支払基金交付金の精算により超過交付が生じ、返還する必要がありますことから、予算の補正をいたすものでございます。

  初めに、補正予算書1ページをお開き願います。第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ803万円を追加いたしまして、予算総額をそれぞれ1億5,421万円といたすものでございます。

  次に、5ページをお開き願います。2の歳入、1款1項2目審査支払手数料2万6,000円につきましては、21年度に入ってからの追加交付となります20年度分の交付金を計上いたすものでございます。

  同じく2款1項1目医療費国庫負担金につきましても、21年度に入ってからの追加交付になります20年度分の国庫負担金のうち、800万4,000円を特定財源として計上いたすものでございます。

  次に、3の歳出、3款1項1目償還金につきましては、さきに説明のとおり、医療費分にかかわります20年度の支払基金交付金の精算により超過交付となったため、返還金として803万円を計上いたすものでございます。

  以上でございますので、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

   (荘内病院事務部長 黒井秀治 登壇)



◎荘内病院事務部長(黒井秀治) それでは、議第86号 平成21年度鶴岡市病院事業会計補正予算(第1号)につきましてその概要を御説明申し上げます。

  このたびの資本的収入及び支出の補正措置につきましては、国から交付されます地域活性化・経済危機対策臨時交付金を財源として荘内病院の施設設備の改修工事を行うものでございます。

  事業の内容といたしましては、故障やトラブルの発生から電子カルテ等の影響を未然に防止するため、院内ネットワーク及び中央監視室の更新工事を行いますほか、24時間365日フル稼働状態にございます電子サーバー室の空調設備について予備機器等の増設工事を実施するものでございます。

  また、休日、夜間の救急患者の増加に伴い、救急搬送時等における十分な対応を図るため、救急センターの拡張工事を行うものでございます。

  第2条におきまして建設改良事業の業務予定量に今回の施設整備にかかわる事業費8,581万7,000円を追加し、3億2,006万円とするものでございます。

  第3条では、予算の補正額を示してございますが、資本的収入の第2項出資金に8,581万7,000円を追加し、6億4,338万6,000円とし、資本的支出の第1項建設改良費に収入と同額を追加して3億2,006万円とし、総額で11億6,378万3,000円にそれぞれ改めるものでございます。

  2ページの実施計画以降につきましては、説明を省略させていただきます。

  以上でございます。よろしく御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。



○委員長(今野良和委員) お諮りします。この際、議事の進行上、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(今野良和委員) 異議なしと認めます。

  よって、質疑を省略して、直ちに分科会に分割付託の上、審査することに決しました。

  本予算特別委員会に付託されました議案の全部をさきにお手元に配付してあります予算特別委員会分科会議案付託表に記載のとおり各分科会に分割付託いたします。

  なお、本委員会は各分科会における審査の終了を待って、来る9月17日に再開をいたします。





△散会





○委員長(今野良和委員) 本日はこれで散会をいたします。



   (午前11時15分 散 会)