議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 21年  6月 予算特別委員会 06月24日−02号




平成 21年  6月 予算特別委員会 − 06月24日−02号







平成 21年  6月 予算特別委員会





平成21年6月24日(水曜日) 第2日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (38名)
  1番   佐  藤  博  幸         2番   佐  藤     聡
  3番   本  間  新 兵 衛         4番   安  野  良  明
  5番   五 十 嵐  庄  一         6番   山  中  昭  男
  7番   上  野  多 一 郎         8番   野  村  廣  登
  9番   渋  谷  耕  一        10番   佐  藤  征  勝
 11番   高  橋  徳  雄        12番   加  藤  義  勝
 13番   吉  田  義  彦        14番   榎  本  政  規
 15番   本  城  昭  一        16番   川  村  正  志
 17番   今  野  良  和        18番   佐  藤  信  雄
 19番   菅  原  幸 一 郎        20番   本  間  信  一
 21番   佐  藤  文  一        22番   寒 河 江  俊  一
 23番   岡  村  正  博        24番   石  井  清  則
 25番   押  井  喜  一        26番   佐  藤  峯  男
 27番   加 賀 山     茂        28番   三  浦  幸  雄
 29番   加  藤  太  一        30番   関        徹
 31番   草  島  進  一        32番   秋  葉     雄
 33番   富  樫  正  毅        34番   芳  賀     誠
 35番   川  上     隆        36番   中  沢     洋
 37番   齋  藤     久        38番   神  尾     幸


  欠 席 委 員 (なし)

             出席議事説明員職氏名

 市     長  富 塚 陽 一         副  市  長  佐 藤 智 志
 副  市  長  佐 藤 正 明         総 務 部 長  加 藤 淳 一
 総 務 課 長  秋 庭 一 生         財 政 課 長  富 樫   泰
 職 員 課 長  石 塚 治 人         企 画 部 長  小 林   貢

 市 民 部 長  齋 藤 和 也         市  民  部  工 藤 照 治
                          危 機 管 理 監

 健 康 福祉部長  山 木 知 也         環 境 部 長  秋 野 友 樹

 農 林 水産部長  山 本 益 生         農 林 水 産 部  菅 原 一 司
                          調  整  監

 商 工 観光部長  村 田 久 忠         建 設 部 長  志 田   忠

 会 計 管 理 者  進 藤   昇         荘 内 病 院  黒 井 秀 治
                          事 務 部 長

 水 道 部 長  三 浦 義 廣         消  防  長  板 垣   博
 教  育  長  齋 藤 英 雄         教 育 次 長  森   博 子
 監 査 委 員  奥 山 眞 弘         監 査 委 員  本 城 昭 一

             出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  板 垣 隆 一         事 務 局 次 長  大 滝 匡 生
 議 事 主 査  渡 部   功         調 査 主 査  佐 藤 正 哉
 庶 務 係 長  齋 藤   匠         議事係調整主任  大 宮 将 義

             付議事件名

議第61号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)
議第62号 平成21年度鶴岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
議第63号 平成21年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)









△開議 (午前10時24分)





○委員長(今野良和委員) ただいまから予算特別委員会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。本日の欠席届け出者はありません。出席委員は定足数に達しております。





△議第61号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)外2件





○委員長(今野良和委員) 本予算特別委員会に付託されました議第61号 平成21年度鶴岡市一般会計補正予算(第2号)から議第63号 平成21年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)までの予算議案3件を一括議題とします。

  この際、各分科会における審査の経過と結果について各委員長の報告を求めます。

  最初に、総務分科会委員長の報告を求めます。12番加藤義勝総務分科会委員長。

   (総務分科会委員長 加藤義勝委員 登壇)



◎総務分科会委員長(加藤義勝委員) 総務分科会に付託されました予算議案について、去る16日に分科会を開催し、審査の上結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、議案付託表記載の1件でありますが、分科会では説明を省略して直ちに質疑に入りましたが、質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結して採決の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(今野良和委員) 次に、市民生活分科会委員長の報告を求めます。6番山中昭男市民生活分科会委員長。

   (市民生活分科会委員長 山中昭男委員登壇)



◎市民生活分科会委員長(山中昭男委員) 市民生活分科会に付託されました予算議案について、去る17日に分科会を開催し、審査の上結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、予算特別委員会分科会議案付託表記載の2件でありますが、分科会では当該2議案を一括議題とし、説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、その主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計補正予算について、歳出2款1項総務管理費では、消費生活センターの相談事業について、その現状と今後の相談員の養成についてどのように考えているかとの質疑に対し、消費生活センターで対応している相談は昨年度620件の相談件数があり、その中でも特にクーリングオフ等の相談が多い状況であった。相談体制の機能強化を図るために相談員の養成、資質向上が必要と考えており、今年度国等で実施する年6回の研修会等へ参加することになっている旨の答弁がありました。

  次に、コミュニティ対策費について、日本宝くじ協会から助成金を受けたいと思う団体は数多くいると思うが、どのような基準により交付申請しているのか、またその助成金の周知方法についてどのような対応をしているかとの質疑に対し、今年度本市では11の団体から申請があり、そのうち8件が交付決定となった。申請件数が多い場合は、各団体から要望のあった内容を精査するとともに、近年助成対象となっていない団体を優先的に考え、申請している。また、周知方法については、鶴岡地域では21のコミュニティセンターへ案内しており、各地域では各庁舎の総務課から各住民自治組織へ周知を図るなど対応している旨の答弁ありました。

  続いて、3款1項社会福祉費では質疑なく、3款4項災害救助費に入り、昨日七五三掛地区の地すべり現場を視察したが、1カ月前よりもさらに進行しており、大変な状況だと改めて認識したが、これまでの職員体制についてどのように対応してきたのかとの質疑に対し、職員体制については現地の朝日庁舎職員を中心にしながら、本所の危機管理課、農林水産部や建設部といった全庁的な連携、協力体制をとって対応に当たっている。現地本部の要員配置が難しくなった4月中旬からは、さらに櫛引庁舎職員が、そして4月下旬からは本所を含めたすべての部、庁舎、行政委員会の職員が現地の監視体制に当たってきた。また、5月末にかけては、朝日庁舎総務課に災害事務経験のある市職員OBや臨時職員など配置し、事務軽減を図ってきたところである。今後は、国、県の緊急対策や恒久対策が大きく進捗する見込みであるため、今まで以上に関係住民、国、県の関係者と連絡を密にし、十分な連携、協力体制をとっていきたい。さらに、朝日庁舎を中心とした災害対策のための体制を整える必要があると考え、準備を急いでいる旨の答弁がありました。

  次に、地域住民への説明会では具体的にどのような意見、要望が出されているのか、また七五三掛地区の防犯、防火対策についてどのように対応しているかとの質疑に対し、地域住民との説明会では地すべりはいつ終息するのかという声が多く、ほかには生活支援や営農関係の要望が多い。現在避難がいつまで続くのか、いつ地すべりがおさまるのかという見通しが立たない状況であるため、住民の意向を確認しながら市としてどのような支援が可能か、中長期的な視点に立ったきめ細かな対応を心がけている。また、防犯、防火対策については、日中に関しては市職員を初め、国、県の関係者や工事関係者がいるためさほど問題にはならないが、夜間については地域住民が2世帯のみという状況であるので、消防団の方面隊から夕方のパトロールをお願いするとともに、警察へ夜間のパトロールを要請している旨の答弁がありました。

  次に、このたびの自然災害は相当の時間がかかるため、これからの対応は非常に難しいと考えるが、地域住民の意思は十分に酌み取っているのか、また広報活動が不足していると思うが、今後の取り組みについてどう考えているかとの質疑に対し、被災者に対する支援策について住民の意見を聞きながらきめ細かな対応をすることはもちろんのこと、短期的、長期的な視点に立ち、課題を明らかにする必要があると考えている。なお、現在社会児童課が窓口となり、義援金の活動を実施しており、その活動とあわせて市民への周知を図るとともに、市ホームページへの掲載や地域審議会等において状況を説明するなど、周知に努めている旨の答弁がありました。

  次に、現地視察において集落が陥没しているという印象を受けたが、地質学的にどのような調査結果が出ているのかとの質疑に対し、5月末から国土交通省の調査機関である独立行政法人土木研究所の専門家チームが入り、現在調査研究中である旨の答弁がありました。

  最後に、国民健康保険特別会計に移りましたが、質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結して2件を一括して採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決するべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(今野良和委員) 次に、厚生文教分科会委員長の報告を求めます。20番本間信一厚生文教分科会委員長。

   (厚生文教分科会委員長 本間信一委員登壇)



◎厚生文教分科会委員長(本間信一委員) 厚生文教分科会に付託されました予算議案について、去る18日に分科会を開催し、審査の上結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、議案付託表記載の2件でありますが、分科会では当該議案の説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、その主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計であります。歳出3款民生費では、認知症高齢者グループホームへのスプリンクラーの整備状況と今後の整備計画について伺いたいとの質疑があり、これは消防法施行令の改正に伴い、スプリンクラーの設置が義務化された施設に対して整備を進めていくものであり、市が管轄する15施設のうち設置済みの施設、施行令の面積要件に満たない施設を除く13施設が対象となるものである。今回このうち4施設について整備を進めるものであるが、他の施設については消防署との協議や設置内容などの検討を進めており、期限である平成24年3月までに順次整備していく。また、県が管轄する施設はおおむね市内に30施設ほどあるが、こちらも平成24年3月まで順次整備が進められるようである旨の答弁がありました。

  4款衛生費では、湯野浜上区公衆浴場の建てかえ事業に関して、その具体的内容や今後のスケジュールについて伺いたいとの質疑があり、湯野浜上区公衆浴場の現在の建物は建築後50年が経過し、老朽化している。改築後の建物規模や管理運営方法等について、地元との協議を経て改築に着手するものである。改築後は、利用料金制での運営が可能なような料金設定とし、また施設については現在の施設設備を踏襲した建物との地元からの意見をいただき、これまでどおり源泉かけ流しとなるものである旨の答弁がありました。

  また、湯野浜上区公衆浴場の施設の利用実態、また利用料金の設定についてどのように検討しているか伺いたいとの質疑があり、この施設は市民福祉の増進、公衆衛生の向上を目的とした公衆浴場であり、年間約5万人が利用している。このうち地元利用が約3割、海水浴客等の外部の方の利用が約7割となっている。利用料金については、利用料金制での運営となることから、地元と協議を進めていくこととしている旨の答弁がありました。

  続いて、10款教育費に入り、栄養教諭の配置状況や今後の配置計画、またその指導方法、職務内容について伺いたいとの質疑があり、栄養教諭は学校指導要領の改訂に伴い、食育の推進を目的に県から配置されるものであり、今年度鶴岡市には1名が配置されているが、今後県全体での増員を検討しているようである。教育委員会に食育検討推進委員会、その下部組織に食育指導部と地域連携推進部を設置し、それぞれに栄養教諭が所属して食育の推進を図るものである。平成19年度に策定された市食育推進計画に基づき、例えば学校の食育計画の作成、授業づくりや田畑等の栽培活動、地域の方々の専門的指導を受けるなどの食に関する地域の機関や団体とのネットワークを進めていくものである。給食センターに勤務し、食育の全体計画づくりや各学校を回り、栄養指導を行うこととなる旨の答弁がありました。

  また、教育研修所の改築に関し、整備内容等の予定はどのようになっているのか、また現在の教育研修所についての活用方法について伺いたいとの質疑があり、現在の教育研修所は文園町に設置しているが、施設が狭隘なため、櫛引庁舎の議場を改修し、教育研修室、教科書展示室、教育図書資料室兼図書作業室等を設置するものである。現在の教育研修所には、不登校児童のための適応教室や理科センター、教育相談室等の機能もあるが、これらについては現状の場所で引き続き行う。老朽化した建物であるため、存続する機能については今後適切な場所があれば移動を考えたい旨の答弁がありました。

  また、スクールバスの利用に関してであるが、家計負担を伴う地域があるが、今後そうした地域の見直しについての予定などはあるのか伺いたいとの質疑があり、スクールバスは小学校では4キロ、中学校では6キロを基準として適用しているものであるが、スクールバスのほかに路線バスを利用している児童生徒もいる。路線バスを利用している児童生徒の一部には、路線バスの助成等を行っているものであるが、現在のところこれらの見直しは予定していない旨の答弁がありました。

  続いて、介護保険特別会計では質疑なく、質疑を終結し、討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結して採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(今野良和委員) 最後に、産業建設分科会委員長の報告を求めます。9番渋谷耕一産業建設分科会委員長。

   (産業建設分科会委員長 渋谷耕一委員登壇)



◎産業建設分科会委員長(渋谷耕一委員) 産業建設分科会に付託されました予算議案について、去る19日に分科会を開催して審査を行い、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、議案付託表記載のとおり1件でありますが、分科会では説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計歳出、6款農林水産業費、1項農業費では、以前から要望のあったライスセンター、カントリーエレベーターの機械設備改修、更新に対する補助事業が計上されているが、今回の対象施設と事業終了後の対応はどうかとの質疑に対して、全体で32カ所の施設のうち昨年度と今回の補正予算により各8カ所、合計16カ所の施設が対象となる。市域内では、ライスセンターからカントリーエレベーターへ改修した際にあわせて改修、更新したところもあり、他地域に比べて計画的に行われており、今回で一定の改修、更新が整うものと考えている。ただし、対象外の施設にも経年劣化が著しいものがあり、今回の事業終了後も要望などを取りまとめ、補助が受けれるよう要請していきたい考えの旨の答弁がありました。

  次に、2項林業費では質疑がなく、7款商工費に入り、日本海きらきら羽越観光圏で市が特に力を入れて取り組む事業はどのようなものかとの質疑に対して、鶴岡市と村上市が連携して鶴岡の4温泉と村上の瀬波温泉に連続して2泊していただいた方にそれぞれの特産品をプレゼントする事業を行うこととしている。また、鶴岡市と酒田市の連携事業では、鶴岡、酒田の観光施設共通券を新たに作成することとしている。さらに、旅のコンシェルジェ設置事業として旅館業法の特例を受け、旅館、ホテルなどで地元商品を販売できるよう取り組んでいく旨の答弁がありました。

  次に、産直施設を観光面で活用できないかとの質疑に対して、4月末に鶴岡市の見どころ案内所を発足させたが、産直施設を見どころとして位置づけ、市の主要なパンフレットなどを備えつけるようにしている。また、広域観光圏の事業の一つとして観光圏共通パスポートを発行することとしており、その中に産直施設を加えることができるか今後検討していきたい旨の答弁がありました。

  次に、11項災害復旧費、1項農林水産業施設災害復旧費では、七五三掛地区の営農活動をどのように支援していくかとの質疑に対して、七五三掛集落の北側にある農業用のため池は地すべり対策工事に影響があることから、水を貯留することを断念していただいた。その結果、収穫ができないこととなったが、年度当初は地元農業者の生活設計を考慮し、地元の方々の希望に沿って作付をしていただいたところである。来年度以降については、七五三掛地区の農業者から委託を受けて生産活動している営農組合もあることから、地元の方々と話し合いを進め、生活再建も含めた支援のあり方を検討していく旨の答弁がありました。

  次に、今回の地すべりによって営農継続が危ぶまれる場合、農作業の受委託契約の継続はどうなるか、また農機具購入に際し、融資を受けている受託者への支援策はどうかとの質疑に対して、一般的には災害により作付が不可能となれば契約を解消することとなると思われる。七五三掛地区の場合、国、県の地すべり対策工事とその後の農道、農地の復旧工事の見通しが立たない現段階では判断できないが、今後農業者と地主、双方の話し合いによって決めていくこととなる。また、今回の地すべりで約3分の1の農地が被害を受けた。受託者である営農組合に対しては、資金面も含めた経営計画の見直しを話し合い、その中で具体的な融資制度の検討をしていきたい旨の答弁がありました。

  次に、2項公共土木施設災害復旧費では、委託作業はどんな内容かとの質疑に対して、七五三掛地区の地すべり災害に伴い、市道の代替道路の舗装、砂利敷き、浸水防止対策のシート張り、舗装の亀裂や段差への鉄板敷きなど、小規模な工事のための作業である旨の答弁がありました。

  質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、採決の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(今野良和委員) これから質疑に入ります。ただいまの各分科会委員長の報告に対する質疑を行います。

  これで質疑を終結します。

  これから討論に入ります。

  初めに、反対の討論を許します。

  次に、賛成の討論を許します。

  これで討論を終結します。

  これから議第61号から議第63号までの予算議案3件について一括して採決します。ただいま議題となっております予算議案3件についての各分科会委員長の報告は可決であります。各分科会委員長の報告のとおり決することに賛成の委員の起立を求めます。

   (全 員 起 立)



○委員長(今野良和委員) 起立全員であります。

  よって、議第61号から議第63号までの予算議案3件につきましては、原案のとおり可決されました。





△散会





○委員長(今野良和委員) 以上で本予算特別委員会に付託されました議案の審議はすべて議了しました。

  これで予算特別委員会を散会いたします。



   (午前10時46分 散 会)