議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 山形市

平成17年予算委員会( 9月26日)




平成17年予算委員会( 9月26日)





 
平成17年9月26日(月曜日)


〇出席委員(37名)


       斉 藤 栄 治 君    遠 藤 吉 久 君


       渡 辺   元 君    折 原 政 信 君


       小 野   仁 君    遠 藤 和 典 君


       丸 子 善 弘 君    長谷川 幸 司 君


       今 野 誠 一 君    阿 部 典 子 君


       石 沢 秀 夫 君    鑓 水 一 美 君


       菊 池 文 昭 君    斎 藤 淳 一 君


       後 藤 誠 一 君    須 貝 太 郎 君


       五十嵐 吉 信 君    斎 藤 武 弘 君


       渡 辺 ゆり子 君    高 橋 啓 介 君


       豊 川 和 弘 君    佐 藤 義 久 君


       高 橋   博 君    加 藤 賢 一 君


       鈴 木 善太郎 君    渡 辺 弥寿雄 君


       長 瀬 洋 男 君    峯 田 豊太郎 君


       高 橋 嘉一郎 君    酒 井 靖 悦 君


       枝 松 昭 雄 君    佐 藤   稔 君


       高 橋 伸 行 君    小野寺   建 君


       尾 形 源 二 君    宝 沢 啓 輝 君


       加 藤   孝 君


〇委員外議員(1名)


       阿 部 喜之助 君


 ――――――――――――――――――――


〇説明のため出席した者


  市長      市 川 昭 男 君  助役      池 野 勇 男 君


  収入役     横 倉 明 雄 君


  総務部長    芳 賀 賢 二 君  財政部長    荒 井   満 君


  企画調整部長  瀧 井   潤 君  市民生活部長  鈴 木 正 人 君


  環境部長    安 達 重 晴 君  健康福祉部長  佐 藤   武 君


  商工観光部長  会 田 幸 雄 君  農林部長    榎 森 正 志 君


  建設部長    渡 辺   肇 君  都市開発部長  浅 沼 義 明 君


  下水道部長   飯 野 典 男 君  消防長     市 山 孝 弘 君


  済生館事務局長 富 田   博 君  水道事業管理者 岡 崎 教 雄 君


  水道部長    小 関 幸 一 君  教育長     大 場   登 君


  教育部長    城戸口 庄 悦 君  選管委事務局長 駒 谷 修 二 君


  監査委事務局長 高 橋 保 雄 君  農業委事務局長 小 林 喜四郎 君


 ――――――――――――――――――――





◎午後2時03分 開会





○須貝太郎委員長  ただいまから,予算委員会を開きます。


 それでは,議事に入ります。議第64号の補正予算1件,及び,報第7号の報告1件を一括議題といたします。


 ――――――――――――――――――――





◎分科会委員長報告





○須貝太郎委員長  これらの案件については,各分科会に分割付託の上,審査をお願いしておりますので,その経過と結果について,各分科会委員長の報告を求めます。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





◎総務分科会委員長報告





○須貝太郎委員長  遠藤総務分科会委員長。


○遠藤吉久総務分科会委員長  総務分科会における審査の経過と結果について,ご報告いたします。


 議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算の付託部分について申し上げます。


 委員から,アスベスト含有調査事業についてどこに委託したのか,との質疑があり,当局から,県の通知による石綿分析機関一覧中,山形市競争入札参加資格者名簿への登録業者が,東北緑化環境保全株式会社酒田支社のみであり同社に委託した,との答弁がありました。


 次に,消防団員安全装備品整備等事業について,アスベスト対策防塵マスクの配布は,火災の際,人命に関わる問題であること及び共用による衛生上の点も踏まえ,消防団各班4個というのは不十分であり,団員全員に配布すべきではないか,との質疑があり,当局から,消防団の出動体制は1ポンプ車に5名が原則であり,うち車両に待機する機関員を除く4名が,実際の消火活動にあたるため,各班に4個あれば実働上問題はないと判断した。今後については,団員の意見を聞き消防職員への配備について既決予算で対応済みであることとの兼ね合いを踏まえて検討したい,との答弁がありました。


 大要以上の後,議第64号の付託部分については,全員異議なく可決すべきものと決定しました。


 最後に,報第7号平成17年度山形市一般会計補正予算に係る専決処分の承認については,当局の説明を了承し,全員異議なく承認すべきものと決定しました。


 以上で報告を終わります。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





◎厚生分科会委員長報告





○須貝太郎委員長  五十嵐厚生分科会委員長。


○五十嵐吉信厚生分科会委員長  厚生分科会における審査の経過と結果について,ご報告申し上げます。


 議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算の付託部分についての主な質疑を申し上げます。


 まず,委員から,国,県からの民間立保育所施設整備への補助金の制度が交付金制度になったが,これまでの補助金に見合った金額となっているのか,との質疑があり,当局から,今年度の国の交付金の算定については,特別事業の実施や待機児童の現状,施設の老朽度などを加算するポイント制となっている。キンダー保育園の事業に関しては,従来補助金と認めていたところは,年度が変わり単価が下がっていることを除けば,おおよそ同じくらいのレベルで受けられるものと考えている。このポイント制度の内容など,今後どのようになるのか先行きが見えない状況である,との答弁がありました。


 さらに,委員から,保育所整備に係る財源が交付税化され,県からの直接的な補助はなくなった。今後,保育所整備などに対する県の関与はどのようになるのか,との質疑があり,当局から,今のところ県は交付金申請時に意見を述べるなど,ソフト面での支援となる。県と国に対し,財源の確実な措置を求めるとともに,市の補助制度についても庁内で検討していきたい,との答弁がありました。


 次に,委員から,今後の保育所の整備や配置の計画などはどうなっているのか,との質疑があり,当局から,次世代育成支援地域行動計画の中で,民間活力の導入を基本とした保育所の新設による定数の増を計画している。また,市立保育所の老朽化した施設の改築や再編などを含め,市としての保育所の配置計画を現在検討中である,との答弁がありました。


 大要以上の後,議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算の付託部分については,全員異議なく可決すべきものと決定しました。


 以上で報告を終わります。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





◎産業文教分科会委員長報告





○須貝太郎委員長  斉藤産業文教分科会委員長。


○斉藤栄治産業文教分科会委員長  産業文教分科会における審査の経過と結果について,ご報告申し上げます。


 議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算の付託部分について申し上げます。


 まず,第7款商工費第1項商工費の部分については,委員から,民間で行う外国語表記の案内板整備に対し,市が100万円もの補助を出すことには疑問がある。外国人観光客を迎える際にはトラブルも多く発生しており,そうした先進地の事例などは研究しているのか,との質疑があり,蔵王は本市でも最大の観光拠点の一つであり,これまでも,スキー場開発などに関しては地元と半分ずつ出し合って整備してきた。蔵王の索道協会が行う案内板の設置には,索道自体の案内板と,スキー場の案内板とがあるが,スキー場に係るものについては公共的な要素もあり,市としてもかかわるべきと考えている。先進地のケースについては,問い合わせた中では特にトラブルなどはなく,もし発生したとしても来客を拒否するのではなく,友好的に迎える中で対応を考えたいとのことであった,との答弁がありました。


 また,委員から,今回の案内板設置には全体としていくらかかっているのか,との質疑があり,当局から,全体としては245枚の案内板があり,今回はそのうち急を要する65枚の書き換えなどを行う。総額522万円に対し100万円を支援しようとするもので,県も同額支援することで話が進んでいる,との答弁がありました。


 次に,第10款教育費第1項の部分について申し上げます。


 委員から,アスベスト含有調査はどういう業者がどのように行うのか,との質疑があり,当局から,小・中学校では旧ボイラー室の天井,壁などに吹き付けされており,委託業者が現場で10?角程度を採取して成分分析する機関に送る。委託先は,本市の指名競争入札に登録している,東北緑化環境保全株式会社酒田支社に,市有施設全般の調査をお願いしている,との答弁がありました。


 次に,委員から,対象となる44施設はどうやって特定したのか。吹き付けだけでなくボードなどの建材についても調査したのか,との質疑があり,当局から,建設当時の図面と現場での確認により,入っているであろうという場所を特定した。今回の調査は現場施工による部分だけであり,工場生産による建材については国でも対象としていない,との答弁がありました。


 次に,委員から,調査結果を踏まえ,今後はどうしていくのか,との質疑があり,当局から,教育施設に関しては文部科学省,県教育委員会などの指導も踏まえながら,市有施設全般の中で検討したい,との答弁がありました。


 さらに,委員から,含有量が何%ならどうするといった指導はあるのか。また,除去した場合,何かそれに代わる物を使う必要が生じると思うが方針はあるか,との質疑があり,当局から,吹き付けのアスベストの含有量に関する基準については,厚生労働省,文部科学省はじめ,重量比で1%を超えるものが対象とされている。除去した際の代替物については,建築基準法上に定めのある耐火目的の部分であれば,アスベストを含んでいないものを探して対処したいが,吸音目的の部分であれば,塗装だけでそのまま使えると考えている,との答弁がありました。


 次に,第10款教育費第6項の部分については,当局の説明を了承しました。


 大要以上の後,議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算については,全員異議なく可決すべきものと決定しました。


 以上で産業文教分科会の報告を終わります。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





◎建設分科会委員長報告





○須貝太郎委員長  高橋建設分科会委員長。


○高橋博建設分科会委員長  建設分科会における審査の経過と結果について,ご報告申し上げます。


 議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算の付託部分における主な質疑を申し上げます。


 委員から,道路橋りょう費における補正額は9,500万円であるが,実際に財政当局へ要求した予算額はいくらだったのか,との質疑があり,当局から,1億3,000万円であり3,500万円削減された。側溝工事など10カ所程度,削減が見込まれているが,市民生活への影響が出ないよう配慮していきたい,との答弁がありました。


 また,各委員から,市民からの要望の多い側溝,水路改修等は市民生活に直結したものであり,環境先進都市を目指している中,不便・不快・危険を感じるような状況では問題があり,ぜひ,新年度予算で道路橋りょう費が要求どおり得られるよう,最大限努力してほしいとの意見がありました。


 次に,委員から,今回の補正を行うことによって諏訪町七日町線の進ちょく率はどの程度になるのか,との質疑があり,当局から,6%増の24%となる,との答弁がありました。


 大要以上の後,議第64号平成17年度山形市一般会計補正予算の付託部分については,全員異議なく可決すべきものと決定しました。


 以上で報告を終わります。


○須貝太郎委員長  以上で,各分科会委員長の報告は終わりました。


 ――――――――――――――――――――





◎質疑





○須貝太郎委員長  これより,質疑に入ります。


 ただいまの委員長報告に対し,ご質疑ありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○須貝太郎委員長  ご質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終結します。


 ――――――――――――――――――――





◎採決





○須貝太郎委員長  これより採決します。


 議第64号の補正予算1件,及び,報第7号の報告1件を一括して採決します。


 お諮りします。ただいまの補正予算1件,及び,報告1件を各分科会委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○須貝太郎委員長  ご異議なしと認めます。


 したがって,議第64号の補正予算1件,及び,報第7号の報告1件については,いずれも原案のとおり可決及び承認すべきものと決定しました。


 以上で付託案件の審査は全部終了しました。


 ――――――――――――――――――――





◎閉会





○須貝太郎委員長  これをもって,予算委員会を閉会します。


    午後2時16分 閉 会








     予算委員長 須 貝  太 郎