議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 山形市

平成17年総務委員会( 6月20日)




平成17年総務委員会( 6月20日)





総務委員会





 
日   時   6月20日(月) 14時11分〜16時16分


場   所   第2委員会室


出席委員    遠藤吉久,丸子善弘,渡辺 元,後藤誠一,豊川和弘,佐藤義久,


        高橋嘉一郎,高橋伸行,宝沢啓輝


欠席委員    なし


委員長席    遠藤吉久


協議事項    1.郵政事業の民営化に反対する意見書の提出について


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


1.郵政事業の民営化に反対する意見書の提出について


 持ち越しとなっていたみだしの件について,各委員から次のような発言があった。


○委員   郵政事業の民営化には反対なので,意見書の提出には賛成する。


○委員   同意見である。


○委員   意見書の提出に賛成である。


○委員   郵政事業は町や村などどこでも公平にサービスを受けられることが基本なので,その崩壊につながる民営化に対しては,反対の声を届けるべきである。


○委員   現在国で審議中であり,いい時期なので民営化反対の意見書を提出すべきである。


○委員   会派内では検討する時間がなかった。自民党内でも民営化を疑問視する声と郵政事業と言えども民営化はやむなしとの声に分かれており,見極めが必要である。ただ,前回と同じ趣旨の意見書であれば,今回は出す必要はないと考える。


○委員   会派内の数名から意見を聞いた。昨年9月には郵政民営化の中身がまだ見えていなかったので意見書を提出したが,現段階ではもう法案が上程され,過疎地でもサービス低下とならないよう自民党内でも議論中である。このことは,意見書の内容がある程度受け入れられたと理解されるので,改めて意見書を出す必要はない。


○委員   一度提出しており,内容が同じであれば再度提出する必要はない。


 協議の結果,今回の提出時期を逃せば国会の法案審議が終わってしまうことも懸念されるため,意見書提出の議会案を出すかどうかについて今日の委員会で判断することとなり,採決の結果,賛成多数で可決された。


 ここで,意見書の案文を準備するため,休憩に入った。


               休 憩  14時26分


               再 開  16時08分


 再開後,案文を配布し審査の結果,了承された。なお,3委員からは議会案の提出者から外れる旨の発言があった。また,提案理由の説明は,提出者を代表して渡辺(元)委員が行うこととなった。