議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 山形市

平成17年総務委員会( 6月15日 総務分科会・予算)




平成17年総務委員会( 6月15日 総務分科会・予算)





総務委員会


総務分科会(予算)





 
日   時   6月15日(水) 10時00分〜10時25分


場   所   第2委員会室


出席委員    遠藤吉久,丸子善弘,渡辺 元,後藤誠一,豊川和弘,佐藤義久,


        高橋嘉一郎,高橋伸行,宝沢啓輝


欠席委員    なし


当局出席者   総務部長,財政部長,企画調整部長,消防長,関係課長等


委員長席    遠藤吉久


審査事項    1.議第45号  平成17年度山形市一般会計補正予算


        2.報第1号  専決処分の承認について(平成16年度山形市一


                般会計補正予算)


        3.報第3号  専決処分の承認について(平成16年度山形市一


                般会計補正予算)


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◎議第45号  平成17年度山形市一般会計補正予算


 〇第1条一般会計歳入


 〇第1条一般会計歳出 第2款総務費


  関係課長から説明を受けた後,質疑に入った。その主な内容は次のとおり。


○委員   職員厚生会補助金について,このたびの減額補正までの経緯はどうだったのか。


○職員課長   予算編成時は,これまでの公費負担割合を見直し,1対1に減額して予算計上した。そして3月議会で元気回復券についての質疑があり,その後も市民からの問い合わせ等が続いていた。そこで4月に入って,厚生会の方で検討を重ねた結果,17年度の補助は辞退するとの申し出があったものである。


○委員   3月の予算計上時に,厚生会として今後の方向性を示すべきだったと思う。この補助金は雇用する側としては当然あるべきものであり,法的にも問題ない。来年度の補助の有無について,方向性はどうか。


○職員課長   市民の理解を得られる事業内容となるよう再度精査し,厚生会として必要な補助金は,市に対して申請されるものであると考えている。


 大要以上の後,議第45号の付託部分については,全員異議なく可決すべきものと決定した。


◎報第1号  専決処分の承認について(平成16年度山形市一般会計補正予算)


◎報第3号  専決処分の承認について(平成16年度山形市一般会計補正予算)


 財政課長の説明を了承し,いずれも全員異議なく承認すべきものと決定した。