議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 山形県

平成 5年  9月 定例会(第269号) 10月05日−04号




平成 5年  9月 定例会(第269号) − 10月05日−04号







平成 5年  9月 定例会(第269号)



  平成五年十月五日(火曜日)午前十時三十二分 開議



議事日程第四号

  平成五年十月五日(火曜日)午前十時開議

第一   議第百三十六号 平成五年度山形県一般会計補正予算(第三号)

第二   議第百三十七号 平成五年度山形県中小企業近代化資金特別会計補正予算(第一号)

第三   議第百三十八号 平成五年度山形県土地取得事業特別会計補正予算(第一号)

第四   議第百三十九号 平成五年度山形県農業改良資金特別会計補正予算(第一号)

第五   議第百四十号 平成五年度山形県沿岸漁業改善資金特別会計補正予算(第一号)

第六   議第百四十一号 平成五年度山形県林業改善資金特別会計補正予算(第一号)

第七   議第百四十二号 平成五年度山形県流域下水道事業特別会計補正予算(第二号)

第八   議第百四十三号 平成五年度山形県港湾整備事業特別会計補正予算(第一号)

第九   議第百四十四号 平成五年度山形県物品調達費特別会計補正予算(第一号)

第十   議第百四十五号 平成五年度山形県病院事業会計補正予算(第二号)

第十一  議第百四十六号 平成五年度山形県電気事業会計補正予算(第一号)

第十二  議第百四十七号 平成五年度山形県工業用水道事業会計補正予算(第一号)

第十三  議第百四十八号 平成五年度山形県ガス事業会計補正予算(第一号)

第十四  議第百四十九号 平成五年度山形県公営企業資産運用事業会計補正予算(第二号)

第十五  議第百五十号 平成五年度山形県水道用水供給事業会計補正予算(第三号)

第十六  議第百五十一号 平成五年度山形県駐車場事業会計補正予算(第一号)

第十七  議第百五十二号 山形県介護福祉士及び社会福祉士修学資金貸与条例の設定について

第十八  議第百五十三号 山形県看護職員修学資金貸与条例の一部を改正する条例の制定について

第十九  議第百五十四号 山形県ふるさと農村地域活性化基金条例の設定について

第二十  議第百五十五号 国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例の制定について

第二十一 議第百五十六号 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例の一部を改正する条例の制定について

第二十二 議第百五十七号 東村山郡山辺町と同郡中山町との境界変更について

第二十三 議第百五十八号 かんがい排水事業等に要する費用の一部負担について

第二十四 議第百五十九号 中山間地域農村活性化総合整備事業等に要する費用の一部負担について

第二十五 議第百六十号 水環境整備事業等に要する費用の一部負担について

第二十六 議第百六十一号 林道事業に要する費用の一部負担について

第二十七 議第百六十二号 都市計画街路事業に要する費用の一部負担について

第二十八 議第百六十三号 流域下水道の建設事業に要する費用の一部負担について

第二十九 議第百六十四号 港湾事業に要する費用の一部負担について

第三十  議第百六十五号 漁港事業に要する費用の一部負担について

第三十一 議第百六十六号 急傾斜地崩壊対策事業に要する費用の一部負担について

第三十二 議第百六十七号 災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業に要する費用の一部負担について

第三十三 議第百六十八号 精神薄弱者更生施設山形県立吹浦荘改築(建築)工事請負契約の一部変更について

第三十四 議第百六十九号 山形県高度技術研究開発センター(仮称)新築(建築)工事請負契約の一部変更について

第三十五 議第百七十号 山形県高度技術研究開発センター(仮称)新築(空調設備)工事請負契約の一部変更について

第三十六 議第百七十一号 山形県高度技術研究開発センター(仮称)新築(電気設備)工事請負契約の一部変更について

第三十七 議第百七十二号 山形県高度技術研究開発センター(仮称)新築(衛生設備)工事請負契約の一部変更について

第三十八 議第百七十三号 村山東部二期地区広域営農団地農道整備事業トンネル工事請負契約の一部変更について

第三十九 議第百七十四号 山形県総合運動公園整備事業レクリエーションプール新設工事請負契約の一部変更について

第四十  議第百七十五号 山形県総合運動公園整備事業クラブハウス棟その他新築(建築)工事請負契約の一部変更について

第四十一 議第百七十六号 最上川流域下水道置賜浄化センター建設工事委託に関する基本協定の一部変更について

第四十二 議第百七十七号 光電子分光分析装置の取得について

第四十三 議第百七十八号 液体クロマトグラフ・ガスクロマトグラフ質量分析計の取得について

第四十四 議第百七十九号 万能三次元測定機の取得について

第四十五 議第百八十号 集束イオンビーム装置の取得について

第四十六 議第百八十一号 山形県立米沢工業高等学校学校用地の取得について

第四十七 議第百八十二号 医療事故に係る損害賠償の和解について

第四十八 議第百八十三号 県道路線の認定及び廃止について

第四十九 請願

第五十  発議第十号 異常気象災害対策について



本日の会議に付した事件

 議事日程第四号に同じ。



出席議員(四十六名)

    一番 前田利一君

    二番 井上俊一君

    三番 渡部秀勝君

    四番 平 弘造君

    五番 渋谷耕治君

    六番 阿部信矢君

    七番 土屋健吾君

    八番 竹田重栄君

    九番 菅井源三郎君

    十番 神谷 弘君

   十一番 奥山静枝君

   十二番 伊藤 孜君

   十三番 湖山寛一君

   十四番 土田広志君

   十五番 山本昭雄君

   十六番 松浦安雄君

   十七番 高木 尚君

   十八番 野村研三君

   十九番 新関善久君

   二十番 松野久八君

  二十一番 山科朝雄君

  二十二番 伊藤定夫君

  二十三番 五十嵐利夫君

  二十四番 三沢英一君

  二十五番 飯野栄儒君

  二十六番 関口 修君

  二十七番 大内孝一君

  二十八番 斎藤辰夫君

  二十九番 三井啓光君

   三十番 石垣 潔君

  三十一番 木村莞爾君

  三十二番 高橋源吉君

  三十三番 斎藤道雄君

  三十四番 松沢洋一君

  三十七番 小竹輝弥君

  三十八番 橋本喜久夫君

  三十九番 和田広弥君

   四十番 守谷吉男君

  四十二番 後藤 源君

  四十三番 荒井 進君

  四十四番 佐藤正光君

  四十五番 新目視悦君

  四十六番 竹谷義一君

  四十七番 伊藤耕治郎君

  四十八番 後藤昭市郎君

  四十九番 沼沢善栄君

欠席議員(二名)

  三十五番 木村久助君

  三十六番 土田 啓君

欠員(一名)



説明のため出席した者

 知事           高橋和雄君

 副知事          原田克弘君

 出納長          山口寿男君

 企業管理者        柳澤 正君

 総務部長         清水 治君

 企画調整部長       佐野忠史君

 生活福祉部長       大森 擴君

 環境保健部長       丸子正司君

 商工労働開発部長     山口睦美君

 農林水産部長       工藤正幸君

 土木部長         宮下 武君

 財政課長         北崎秀一君

 教育委員会委員長     三宅高子君

 教育長          佐藤 進君

 公安委員会委員      酒井忠明君

 警察本部長        小林武仁君

 代表監査委員       清野章次君

 人事委員会委員長     古澤茂堂君

 人事委員会事務局長    井上 勤君

 地方労働委員会事務局長  阿部敏市君



      午前十時三十二分 開議



○副議長(荒井進君) 議長所用のため、私が議長の職務を行います。

 これより本日の会議を開きます。





△山形県名誉県民故板垣清一郎前知事の追悼について



○副議長(荒井進君) 日程に先立ち、去る十月二日御逝去されました山形県名誉県民板垣清一郎前知事の御冥福を祈り黙祷をささげたいと思います。

 全員御起立願います。

      〔全員起立〕



○副議長(荒井進君) 黙祷を始めます。

      〔黙祷〕



○副議長(荒井進君) 黙祷を終わります。

 御着席を願います。

      〔全員着席〕





△日程第一議第百三十六号議案から日程第四十九請願まで(各常任委員長報告)



○副議長(荒井進君) これより日程に入ります。

 日程第一議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号から、日程第四十九請願までの四十九案件を一括議題に供します。

 これら案件に対する審査の経過と結果について、各常任委員長より報告を求めます。

 報告の順は私から指名いたします。文教公安常任委員長山科朝雄君。



◆文教公安常任委員長(山科朝雄君) 文教公安常任委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号中本委員会所管分、議第百五十六号風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例の一部を改正する条例の制定について及び議第百八十一号山形県立米沢工業高等学校用地の取得についての三議案と請願四件であります。

 これら案件の審査に当たりましては、教育長及び警察本部長から議案の概要について、関係部課長からは内容の詳細について説明を聴取し、審査の徹底を期したのであります。

 審査の過程におきましては、付託議案はもとより所管行政の各般にわたり終始活発な質疑・質問がなされたのであります。

 以下、その主な事項について申し上げますと、「不登校及びいじめ防止を図るため生徒指導にどのように取り組んでいるのか」「運転代行社車両の迷惑駐車が目立つが、今後どのように指導取り締まりを行っていくのか」「新庄市明倫中学校における事件についてどのように反省し、また、今後の教育現場にどのように生かしていくのか」「学校週五日制の実施状況とその効果はどうか。また、より充実したものとするため県の博物館等を第二土曜日に小・中学生に無料開放してはどうか」「新庄市明倫中学校における事件の審判結果を踏まえて今後の少年事件の捜査方法についての見解はどうか」「県校長会が行った学力診断テストの実施状況はどうか。また、この結果を進路指導にどのように生かしていくのか」「中学生の進路指導に当たっては、生徒の自主性をより尊重したものとすべきと考えるがどうか」「将来生徒数の大幅な減少が予測される中で、農業高校及び工業高校の将来のあるべき姿を考える場合学校配置計画など思い切った取り組みも必要と考えるがどうか」「本県の産業構造からして将来とも技術者の養成は重要であると考えるが、産業教育のあり方についてどのように考えるのか」「県指定史跡である飯豊山の穴堰の現況調査結果と今後の保存対策について」など、各般にわたり質疑・質問及び意見の開陳がなされたのであります。

 以上の経過をもって採決の結果、本委員会に付託されました三議案につきましては、全員異議なくいずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願の審査結果について申し上げます。

 本委員会に付託されました請願四件を審査した結果、請願一〇一号については願意妥当と認め採択すべきものと、請願九六号、九七号及び九八号についてはなお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものと決定いたしました。

 次に、さきの定例会より継続審査に付されておりました請願五件の審査結果について申し上げます。

 請願二七号、六二号、六六号、七五号及び八五号の五件についてはいずれもなお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものと決定いたしました。

 以上をもって文教公安常任委員会における審査の経過と結果についての報告を終わります。



○副議長(荒井進君) 厚生常任委員長渡部秀勝君。



◆厚生常任委員長(渡部秀勝君) 厚生常任委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託になりました案件は、議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号中本委員会所管分、議第百四十五号平成五年度山形県病院事業会計補正予算第二号、議第百五十二号山形県介護福祉士及び社会福祉士修学資金貸与条例の設定について、議第百五十三号山形県看護職員修学資金貸与条例の一部を改正する条例の制定について、議第百六十八号精神薄弱者更生施設山形県立吹浦荘改築建築工事請負契約の一部変更について及び議第百八十二号医療事故に係る損害賠償の和解についての六議案と請願八件であります。

 これら案件の審査に当たりましては、生活福祉部農及び環境保健部長から議案の概要について、関係課長からは内容の詳細について説明を聴取し、審査の徹底を期したのであります。

 審査の過程におきましては、付託議案はもとより所管行政の各般にわたり終始活発な質疑・質問がなされたのであります。

 以下、その主な事項について申し上げますと、「最終末医療ホスピスについて今後推進を検討していくべきではないか」「言語障害者のリハビリテーションの対応の現状はどうか」「合成洗剤の使用自粛運動が進められているが、公的施設でのその実施状況はどうか」「MRSAの病院内での発生を事前にくいとめるため、手指消毒器を病院にも設置してはどうか」「県の鳥オシドリの生息実態について」「異常気象による被害農家の救済が問題となっているが、本委員会関係部局での取り組み状況と具体的対応策はどうか。また、各種救済制度の周知徹底を図るべきではないか」「高齢者保健福祉十カ年戦略の進捗状況について」「病院での給食及び室料が保険の適用外になる動きがあり、患者の負担増が懸念されるがどう認識しているのか」「PCBの管理の状況はどうか。また、それを踏まえた対策を進めるべきと考えるがどうか」「地震発生時における情報伝達体制を早急に整備すべきと考えるがどうか。また、防災消防ヘリコプターの導入に向けての取り組み状況はどうか」など、各般にわたり質疑・質問及び意見の開陳がなされたのであります。

 以上の経過をもって採決の結果、本委員会に付託になりました六議案については、全員異議なくいずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願の審査結果について申し上げます。

 本委員会に付託になりました請願八九号から九五号まで及び九九号の八件を審査した結果、なお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものと決定いたしました。

 次に、さきの定例会より継続審査に付されておりました請願十件の審査結果について申し上げます。

 請願一五号、一六号、三〇号、三二号から三七号まで及び七九号についてはいずれもなお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものと決定いたしました。

 以上をもって厚生常任委員会における審査の経過と結果についての報告を終わります。



○副議長(荒井進君) 農林水産常任委員長松浦安雄君。



◆農林水産常任委員長(松浦安雄君) 農林水産常任委昇会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号中本委員会所管分、議第百三十九号平成五年度山形県農業改良資金特別会計補正予算第一号、議第百四十号平成五年度山形県沿岸漁業改善資金特別会計補正予算第一号、議第百四十一号平成五年度山形県林業改善資金特別会計補正予算第一号、議第百五十四号山形県ふるさと農村地域活性化基金条例の設定について、議第百五十五号国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例の制定について、議第百五十八号かんがい排水事業等に要する費用の一部負担について、議第百五十九号中山間地域農村活性化総合整備事業等に要する費用の一部負担について、議第百六十号水環境整備事業等に要する費用の一部負担について、議第百六十一号林道事業に要する費用の一部負担について及び議第百七十三号村山東部二期地区広域営農団地農道整備事業トンネル工事請負契約の一部変更についての十一議案と請願一件であります。

 これら案件の審査に当たりましては、農林水産部長から議案の概要について、関係課長からは内容の詳細について説明を聴取し、審査の徹底を期したのであります。

 審査の過程におきましては、付託議案はもとより所管行政の各般にわたり終始活発な質疑・質問がなされたのであります。

 以下、その主な事項について申し上げますと、「九月十五日現在における本県の米の作況指数は八四と戦後最悪の深刻な事態だが、地域別の被害実態、農家救済の事業及び今後の技術指導はどうか」「青立ち稲を一刻も早く刈り取ることができるよう水稲損害評価手続の見直しや青立ち稲の刈り取りへの助成が必要と思うがどうか」「米の需給が逼迫する中で他用途利用米を主食米に転換する必要があると思うがどうか」「冷害の深刻な地域では青立ちのまま放置され今後耕作放棄あるいは農業離れにつながるおそれがあることから、こうした地域における農地の流動化を含めた抜本的な農業振興策が必要と思うがどうか」「今後大量のやみ米が出ると予想されるがその対策はどうか」「農業収入が少ない中、土地改良賦課金が重くのしかかっているが、繰り延べ償還や利子補給を検討してはどうか」「救農土木事業の中でスーパー農道の工事の迅速化など目に見える事業をしてはどうか」「政府は米を緊急輸入する方針だが、輸入自由化につながるおそれがありこれに反対する意見書を提出してはどうか」「本県の減反緩和面積の予測はどうか。また、復田可能な面積やその経費はどうか」など、各般にわたり質疑・質問及び意見の開陳がなされたのであります。

 以上の経過をもって採決の結果、本委員会に付託されました十一議案については全員異議なくいずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願の審査結果について申し上げます。

 本委員会に付託されました請願八八号については、審査の結果願意妥当と認め採択すべきものと決定いたしました。

 以上をもって農林水産常任委員会における審査の経過と結果についての報告を終わります。



○副議長(荒井進君) 商工労働開発常任委員長前田利一君。



◆商工労働開発常任委員長(前田利一君) 商工労働開発常任委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託になりました案件は、議第百三十六号平成五年度山形県表会計補正予算第三号中本委員会所管分、議第百三十七号平成五年度山形県中小企業近代化資金特別会計補正予算第一号、議第百三十八号平成五年度山形県土地取得事業特別会計補正予算第一号、議第百六十九号山形県高度技術研究開発センター仮称新築建築工事請負契約の一部変更について、議第百七十号山形県高度技術研究開発センター仮称新築空調設備工事請負契約の一部変更について、議第百七十一号山形県高度技術研究開発センター仮称新築電気設備工事請負契約の一部変更について、議第百七十二号山形県高度技術研究開発センター仮称新築衛生設備工事請負契約の一部変更について、議第百七十七号光電子分光分析装置の取得について、議第百七十八号液体クロマトグラフ・ガスクロマトグラフ質量分析計の取得について、議第百七十九号万能三次元測定機の取得について及び議第百八十号集束イオンビーム装置の取得についての十一議案であります。

 これら案件の審査に当たりましては、商工労動開発部長及び地域労働委員会事務局長から議案の概要について、関係課長からは内容の詳細についてそれぞれ説明を聴取し、審査の徹底を期したのであります。

 審査の過程におきましては、付託議案はもとより所管行政の各般にわたり終始活発な質疑・質問がなされたのであります。

 以下、その主な事項について申し上げますと、「大企業のリストラによる県内企業への影響及び今後の景気見通しはどうか」「今年度の商工業振興資金の貸し付け状況はどうか。また、公定歩合引き下げの効果を県の融資制度にも早期に反映すべきと考えるがどうか」「下請企業の受注状況及び受注開拓のための広域商談会等の実施状況について」「県内企業の受注減に伴うパート雇用への影響はないか」「本県経済は農業経済に連動している部分が大きいことから、県では県内景気浮揚のための横断的な取り組みが必要と考えるがどうか」「円高が続く中新しい型の企業誘致や育成にも取り組むべきと考えるがどうか」「本県の特色を出した長期的な商工業振興策が必要と考えるがどうか」「高等技術専門校に愛称をつけるなど同校のより一層のイメージアップを図るべきと考えるがどうか」「県内企業と黒龍江省との交易の現状はどうか」「本県独自の環日本海圏経済交流を進めるべきと考えるがどうか」「本県における今年の観光客の入り込み状況及び今後の誘客方策について」「鳥海山周辺の観光開発について広域的な視点から積極的に取り組むべきと考えるがどうか」など、各般にわたり質疑・質問及び意見の開陳がなされたのであります。

 以上の経過をもって採決の結果、本委員会に付託になりました十一議案については、全員異議なくいずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、さきの定例会より継続審査に付されておりました請願の審査結果について申し上げます。

 請願八七号については、なお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものと決定いたしました。

 以上をもって商工労働開発常任委員会における審査の経過と結果についての報告を終わります。



○副議長(荒井進君) 建設常任委員長高木尚君。



◆建設常任委員長(高木尚君) 建設常任委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託になりました案件は、議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号中本委員会所管分、議第百四十二号平成五年度山形県流域下水道事業特別会計補正予算第二号、議第百四十三号平成五年度山形県港湾整備事業特別会計補正予算第一号、議第百四十六号平成五年度山形県電気事業会計補正予算第一号、議第百四十七号平成五年度山形県工業用水道事業会計補正予算第一号、議第百四十八号平成五年度山形県ガス事業会計補正予算第一号、議第百四十九号平成五年度山形県公営企業資産運用事業会計補正予算第二号、議第百五十号平成五年度山形県水道用水供給事業会計補正予算第三号、議第百五十一号平成五年度山形県駐車場事業会計補正予算第一号、議第百六十二号都市計画街路事業に要する費用の一部負担について、議第百六十三号流域下水道の建設事業に要する費用の一部負担について、議第百六十四号港湾事業に要する費用の一部負担について、議第百六十五号漁港事業に要する費用の一部負担について、議第百六十六号急傾斜地崩壊対策事業に要する費用の一部負担について、議第百六十七号災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業に要する費用の一部負担について、議第百七十四号山形県総合運動公園整備事業レクリエーションプール新設工事請負契約の一部変更について、議第百七十五号山形県総合運動公園整備事業クラブハウス棟その他新築建築工事請負契約の一部変更について、議第百七十六号最上川流域下水道置賜浄化センター建設工事委託に関する基本協定の一部変更について、議第百八十三号県道路線の認定及び廃止についての十九議案であります。

 これら案件の審査に当たりましては、土木部長及び企業局長から議案の概要について、関係課長からは内容の詳細についてそれぞれ説明を聴取し、審査の徹底を期したのであけます。

 審査の過程におきましては、付託議案はもとより所管行政の各般にわたり終始活発な質疑・質問が行われたのであります。

 以下、その主なるものを申し上げますと、「山形空港機能充実調査事業の調査内容について」「河川の維持管理にもっと力を入れる必要があると考えるがどうか」「道路を中心とした公共事業予算の大幅増額について」「庄内地域発展のため国道七号バイパスの早期完成、また、混雑解消のため新しい橋をかける必要があると考えるがどうか」「入札をチェックする機関を新たに設置すべきと考えるがどうか」「入札制度についてどのように検討しているか」「公共土木事業の発注状況について」「建築工事に係り大幅な変更がないよう設計段階で綿密な計画を立てるべきと考えるがどうか」「救農土木事業による雇用の確保について」「指名停止期間が異なる理由について」「指名停止期間の理由が明確にわかるよう公表すべきと考えるがどうか」「工事を受注した建設会社が指名停止を受けた場合、その会社が行っている工事は工事保証人にさせるべきと考えるがどうか」など、各般にわたり質疑・質問と意見の開陳がなされたのであります。

 以上の経過をもって採決の結果、付託されました十九議案については、全員異議なくいずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもって建設常任委員会における審査の経過と結果の報告を終わります。



○副議長(荒井進君) 総務常任委員長五十嵐利夫君。



◆総務常任委員長(五十嵐利夫君) 総務常任委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会に付託になりました案件は、議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号中本委員会所管分、議第百四十四号平成五年度山形県物品調達費特別会計補正予算第一号及び議第百五十七号東村山郡山辺町と同郡中山町との境界変更についての三議案と請願一件であります。

 これら案件の審査に当たりましては、総務部長並びに企画調整部長から議案の概要について、関係課長からは内容の詳細について説明を聴取し、審査の徹底を期したのであります。

 審査の過程におきましては、付託議案はもとより所管行政の各般にわたり終始熱心な質疑・質問がなされたのであります。

 以下、その主な事項について申し上げますと、「今後中国黒龍江省と友好交流を進めていくに当たり帰国を希望する中国残留者の受け入れについてはどうか」「日本・アルカディア・ネットワーク株式会社の事業内容について」「ブラジル山形県人会の県人会館は老朽化してきていると聞くが、これに対する県の考えはどうか」「異常気象災害対策について」「入札制度の適正運用を図っていくための全庁的な検討状況はどうか」など、各般にわたり質疑・質問と意見の開陳がなされたのであります。

 以上の経過をもって採決の結果、本委員会に付託になりました三議案については、全員異議なくいずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願の審査結果について申し上げます。

 本委員会に付託になりました請願一〇〇号については、なお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものと決定いたしました。

 次に、さきの定例会より継続審査に付されておりました請願四件の審査結果について申し上げます。

 請願八六号については採択すべきものと、請願一〇号、一四号及び七八号の三件についてはいずれもなお調査検討の要ありと認め継続審査に付すべきものとそれぞれ決定いたしました。

 以上をもって総務常任委員会における審査の経過と結果についての報告を終わります。



○副議長(荒井進君) 以上をもって各常任委員長の報告は終わりました。

 この場合、審査の徹底を期するため、議第百三十六号平成五年度山形県一般会計補正予算第三号から、議第百八十三号県道路線の認定及び廃止についてまでの四十八案件を一括予算特別委員会に付託し、総合審査を行うことにいたします。





△日程第五十発議第十号の意見書案一件



○副議長(荒井進君) 次に、日程第五十発議第十号異常気象災害対策についての意見書案を議題に供します。



〔参照〕



△(資料)発議第10号





○副議長(荒井進君) お諮りいたします。発議第十号については、異常気象災害対策特別委員会において十分検討の上提出された案件でありますので、この場合所定の手続を省略、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(荒井進君) 御異議なしと認めます。よって、所定の手続を省略、直ちに採決することに決定いたしました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております発議第十号については、原案のとおり決するに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(荒井進君) 御異議なしと認めます。よって、発議第十号は原案のとおり可決されました。





△諸般の報告



○副議長(荒井進君) この場合報告があります。

 お手元に配付のとおり、農作物等の異常気象災害に関する対策についての要望書を提出することになりましたので御了承願います。



〔参照〕



△(資料)要望書 農作物等の異常気象災害に関する対策について





○副議長(荒井進君) 以上をもって本日の日程は終わりました。

 明六日及び七日の二日間は委員会審査のため休会とし、八日定刻本会議を開き予算特別委員長より審査の経過と結果について報告を求めます。

 本日はこれをもって散会いたします。

      午前十一時九分 散会