議事ロックス -地方議会議事録検索-


秋田県 仙北市

平成23年  9月 定例会 09月12日−02号




平成23年  9月 定例会 − 09月12日−02号







平成23年  9月 定例会



          平成23年第6回仙北市議会定例会会議録

議事日程(第2号)

                 平成23年9月12日(月曜日)午前10時開議

第1 一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(21名)

      1番 高橋 豪君       2番 熊谷一夫君

      3番 門脇民夫君       5番 狐崎捷琅君

      6番 田口寿宜君       7番 阿部則比古君

      8番 佐藤直樹君       9番 黒沢龍己君

     10番 小田嶋 忠君     11番 荒木田俊一君

     12番 安藤 武君      13番 小林幸悦君

     14番 伊藤邦彦君      15番 青柳宗五郎君

     16番 八柳良太郎君     17番 田口喜義君

     18番 藤原助一君      19番 高久昭二君

     20番 稲田 修君      21番 佐々木 章君

     22番 佐藤峯夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

      4番 平岡裕子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長      門脇光浩君     副市長     石山 修君

  教育長     熊谷 徹君     総務部長    倉橋典夫君

  市民生活部長  高橋俊一君     福祉保健部長  高田紀市君

  観光商工部長  太田和彦君     農林部長    高田秀市君

                    会計管理者兼

  建設部長    佐藤秋夫君             黒沢隆悦君

                    会計課長

  教育部長    橋本 勲君     医療局長    佐藤秀夫君

                    総合産業

  企業局長    下総芳則君             高橋新子君

                    研究所長

  監査委員会             選挙管理委員会

          布谷毅久雄君            熊谷直人君

  事務局長              事務局長

  農業委員会             所得税還付等

          藤原一良君             佐々木幹男君

  事務局長              調査局長

  総務部次長兼            総務部次長兼

          田中宣男君             伊藤 寛君

  財政課長              政策推進課長

  市民生活部次長

          羽川茂幸君     税務課長    加藤隆政君

  兼市民課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  議会事務局長  藤村好正君     書記      三浦清人君

  書記      藤岡 純君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(佐藤峯夫君) ただいまの出席議員は20名で会議の定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 欠席届は4番、平岡裕子さんであります。

 広報及び報道関係者の撮影を許可いたします。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(佐藤峯夫君) 日程第1、一般質問を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△高橋豪君



○議長(佐藤峯夫君) 通告により発言を許します。

 1番、高橋豪君。



◆1番(高橋豪君) おはようございます。

 1番、新星会、高橋豪でございます。

 9月定例会、一般質問のトップを務めさせていただきまして、まことにありがとうございます。通告してあるとおり質問をさせていただきますが、質問は1問1答で進めてまいりたいというふうに考えていますので、最初の質問のあとは、自席のほうからやらせていただきますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。

 さて、先日まで行われました角館でのお祭りも、比較的好天に恵まれまして大変すばらしい祭典になりました。終わったばかりで、まだ興奮冷めやらないといった感がありますますけれども、ことしも地震とかいろいろあったにもかかわらず、地元の人はもちろんですけれども、他県の地元出身者、こうした方々も多くがひき山に参加して、大いに盛り上がったということは、大変すばらしいことだなというふうに感じております。そして、こうした伝統行事というのは、必ず後世に引き次いでいきたいものだなと、改めて実感した次第であります。

 さて、お祭りにこう毎年なりますと、故郷を離れて暮らしているたくさんの人たちが、お盆や正月よりもお祭りを優先し、わざわざ仕事の休みをとって、角館に帰ってくるわけであります。山の前では、「おっ、久しぶりよく来たな」という感じで楽しい会話が、久しぶりに交わされるというのが、毎年の光景であります。こうした方々の中には、できれば地元で仕事をしながら暮らしたいと思っているものの、やむを得ず東京、または神奈川とかそうした関東のほうとか、そういう他県で仕事をせざるを得ない人が大勢いるということであります。仕事の休みが取れなくて本当に悔しい思いをする人、それから、さらにはお祭りに休みが取れなくて仕事をやめてしまうという人、こういう人をたくさんこれまで見てきました。しかしながら、私も先輩からよく言われたことでありますけれども、お祭りでは、まんま食えない。仕事もしっかりやって、ふだんの生活があってのお祭りです、というふうによく先輩から教えられました。これは、全くそのとおりであります。お祭りではまんま食えない。若い衆が地元に残ってお祭りにかかわっていくためには、地元で仕事をして、地元で生活をしていくしかないわけであります。

 しかしながら、現状を見ますと、先ほどの例ではありませんけれども、多くの若い人達が県外に流出しているということではないでしょうか。高校や大学を卒業しても、なかなか地元での就職が難しい。親も地元に帰ってきても仕事がないから、仕方ないから帰ってこなくてもいいよという、こうしたこの何とも悲しい状態に対して、本当にこれでいいのかな、日々、私は思っているわけであります。未来のある若者がいなくなった町には、未来はないわけでありまして、どんどん進んでいく高齢化社会を支えるのは間違いなく若い衆でありますから、ですから、行政は若い衆の声を、本気になって聞いていかなければ困るわけであります。

 そこで、きょうのテーマでありますけれども、一番最初の質問になりますが、こうしたように、若い人たちが相変わらずこの町を離れていくと、こういう現状をどのように見ておられるのかと、まずその点について最初に伺いたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

 あとは自席から行います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) おはようございます。

 高橋議員の一般質問にお答えいたします。

 お祭りの話で、去年、実はキャンパス誘致の窓口になっていただいている東京都内のある大学の先生をお迎えして、お祭りを見ていただきました。そのときに、先生はびっくりしていました。こんなに若い方々がいる町なのかと、これだったら、キャンパスはすぐできるという話をしてくださいましたけれども、実は、先ほど高橋議員がお話ししたとおり、盆とか正月に帰って来なくてもお祭りに帰ってくる若い方々がたくさんいるんだという話をした記憶があります。そのとき先生は、仮にそうであっても、これだけの若い方々の気持ちを一つにするイベント、行事がある町は、必ず必ず生き返る。それを信じて頑張ろうという話をしていただいたことを、一言、先にお話ししたいと思います。

 高校や大学等を卒業した後、夢をかなえるために県外で暮らす若い皆さんの思いは、大変とうといと思いますし、応援したい気持ちでいっぱいです。そのような方々のほかに、地元に就職を望む若者が、その意思に反して地元を離れなければならない。そのような状況については、とても残念で申しわけないと思っています。県、市、民間企業の連携などで何とか改善したい最優先の課題と考えています。ちなみに、昨年3月の高校卒業者の市内への就職状況を調査しましたら、市在住の卒業生で就職した人が63人、そのうち市内就職者が13人とのことでした。やはり、都会での就職志向や就職に対するミスマッチが、要因となっていると考えています。先ほどお話ししたとおり、大変残念で申しわけない気持ちでいっぱいであります。

 私からは以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) 市長も、私と同じように大変残念な状況であるというような認識、わかりました。それで、ただその状況を黙って見ているわけにはいかないということでありますけれども、秋田県は高齢化率が全国1位、30.2%ですか。仙北市は33%程度です。これが2035年ぐらいになると、4割を超えてくるんです。そうすると、このまま進むと、町全体が限界集落というふうになるという可能性も出てくるわけであります。今後、高齢者の方々に対するさまざまな支援が必要とされている中でありますけれども、高齢化による労働人口の減少とか、それから経済の停滞による税収の落ち込みというのは、市の財政をさらに悪化させて、こうした高齢者の方々のケアもままならない状況になってしまうことが危惧されております。こうした高齢化社会というのをこの先支えていくのは、紛れもなく今の10代、20代とか、30代とかこうした若者という世代でありまして、将来にわたりこの町を残していくためにも、若い人の、先ほど言いましたけれども、若い人の声に本気で耳を傾けて、若者に対する思い切った政策を打ち出していく必要があると思いますが、その点についての、市長の見解を伺いたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 初めに、「昨年」と申し上げました卒業生の状況は、「昨年度」の誤りですので訂正いたします。

 それから、今の御質問ですが、本気で若い方々の声に耳を傾けなければいけないという高橋議員の御指摘は、そのとおりであります。私は、持論として若い方々の言っていることが正しいと思っています。なぜならば、その若い方々が次の時代をつくるからです。次の時代の担い手の声を、耳を傾けない、そういう行政はあってはならないというふうに思っています。それを前提にお話をさせていただきます。

 以前、定住の法則というお話をさせていただきましたけれども、やはり循環が始まる最初の一歩は、議員のおっしゃるとおり雇用対策だと思います。雇用対策は、地域の存続にもかかわる重要課題で、当初から一刻も早い対策が必要と考え、雇用を創出するための施策として企業誘致や新たに企業を起こす方の支援、コミュニティビジネスの温床として地域運営体の活動などに力を入れてきました。企業誘致については、なかなか企業側の希望と当市の状況が合致せずに、実現までには至っていないこともあります。ただ、企業に対する支援については、昨年から現在まで小売店舗の拡張1件、訪問清掃とマッサージ店の新規開業2件の申請があって、今後の見込みもあります。

 本定例会に提案している仙北市産業振興基本条例は、市の産業振興に関する基本的なスタンスを定め、掲げた基本的な施策を総合的に実施することで地域経済を活性化させ、雇用を創出し、市民生活の向上や地域の永続を目的としたもので、条例が制定された後は、より明確な目標に向けて産業振興が図られることを期待しています。

 市内の雇用状況についてお話ししますけれども、平成21年4月リーマンショックによる世界経済の急激な冷え込みで、有効求人倍率は0.18倍と非常に厳しい雇用環境となっています。仙北市は、国・県、関連機関と連携して、平成21年6月に仙北市雇用創造推進協議会を設立し、平成21年12月から平成24年3月までに地域求職者の受講者510名、就職者102名を目標にスキルアップセミナーを開催しています。平成21年、平成22年度実績は、セミナー受講者429名、うち就職者97名となっています。さらに、平成22年4月には、地域雇用の確保と地域振興を目的に、市内企業を対象とした仙北市企業等連絡協議会を発足し、雇用創造推進事業との連携を推進しています。雇用対策としては、さる9月2日角館交流センターを会場に、市内企業12社、緊急雇用11事業の合同就職面接会を開催しています。当日は、71名の求職者が参加し、各企業を面談。企業内定者2名、再面接者12名、緊急雇用は13名の実績ですが、仙北市には男子型企業が少ないこと。また、女性就業希望者の多くが受付、会計等の事務職を希望していて、企業とのミスマッチが生じていることも明らかになっています。

 また、新卒者への対応としては、6月下旬に開催した仙北市事業所訪問、来る10月7日には仙北地域振興局、ハローワーク、大仙市、美郷町と連携し、仙北地域新規高卒者就職面接会を開催します。そのほか、雇用環境が著しく悪化している現状下の緊急措置として、平成22年1月から一定要件を満たして新規労働者を雇用した事業所に対し、雇用機会に拡大を図ることを目的に、仙北市緊急雇用助成金を交付しています。平成22年度実績は、15社31名に630万円。平成23年度8月末現在で、13社18名に435万円の交付をしております。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) いろんな、例えば、雇用対策でもいろんなことをおやりになっていると。それから、定住についても定住の循環というお話もまたありましたけれども、ただ、どこでもこうしたことというのはおやりになられていると思うんです。それで、やっぱりよそに移らないためには、仙北市は仙北市のやり方があるんじゃないかなというふうに思うわけです。要するに、仙北市はこれでいくんだと、そういうやり方をしなければ、なかなかほかと比べられた場合に変わらないというか、逆に、ほかのほうがよかったりとか、そういう場合も出て来ると思うんですが。これから、市独自のオリジナルのそうした政策、もし今あるものが、それから、今考えているものがあれば、それを教えていただきたくお願いいたします。これから考えるのであれば、その点についてもよろしくお願いします。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 市独自のものも、いろいろ実はしておりますけれども、今現在、既に着手しているもの、それから今後着手しなければいけないもの、これを整理しなければいけません。というのは、東日本大震災の後に、また経済状況が大きく変わって、これまでのスキルではなかなか対応できないという場面も見えております。現状が変わっているという状況がありますので、整理が必要だというふうに考えています。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) それで、雇用のほうなんですが、これは若い人たちに限ったことじゃないんですけれども、市長の公約の中に所得を10%上げましょうと。これをメーン公約に掲げておられるというふうに思いますけれども、ちょうど、門脇市政も2年ぐらいということで、この間どのように雇用がふえて、どのようにどの程度、所得がアップしたか、それをどのように分析されているか、そこだけひとつお願いします。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 今、この現在というところで申し上げられることは、所得を上げるために多くの施策を同時展開している状況ということです。最近の動きとしては、福祉介護系の事業所や宿泊施設の新設や増設が相次いでおりまして、新規雇用の場がふえている場面も見えてきました。観光振興と福祉政策の充実が雇用力を生んでいるというふうに考えています。同時にこれは、所得の向上にも一部分ですが、つながっているものと思っています。さきの震災や現在の円高など、刻一刻と変化する状況に、段階的では実績の検証、現段階では実績の検証まで至っていないということを申し上げなければいけません。就任から2年が経過するので、ことし12月を一つの区切りとして、マニフェスト全体の検証を行う予定です。その際に、所得と雇用についても検証をすることにしています。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) はい、わかりました。

 それで、次の質問にいきたいと思いますけれども、今お話ししているとおり若い人がいない、高齢化が進んでいく。世の中では少子高齢化が問題だと言われております。ただ、若い人たちに、子供をどんどんふやせよと、よく先輩たちおっしゃられますけれども、市長なんかそういう経験が本当におありでよくおわかりだと思うんですが、ふやせふやせと言われても、本当に大変なことだと思うわけです。世の中ではいろいろ婚活とか出会い系のイベントとかが、本当にたくさん開催されまして、これで何とか少子化を食いとめようじゃないか、こういう動きがありますけれども、それはそれで本当にいいことだなと思っておりますが、その後のことを考え場合、果たしてどうかと。例えば、夫婦2人で子供が2人、これでちょうど2人から2人なので人口はプラスマイナスゼロになるわけで、ふやしていくとなるとこれ3人、4人子供をふやさなければいけない。非常に大変なことであります。子育てには実際問題として、もちろんお金もかかるし手間暇かかるということで、何とかこうして3人、4人と子供がいて頑張っている家庭を応援、支援することが、行政にとって第一に求められることではないかなというふうに思います。こうした頑張っている方々を、まず支援、応援していくおつもりはあるのかないのかと、これどちらかということをまずお伺いします。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 高橋議員、御存じのとおり、私のうちには子供が4人おりまして、家内や家族、地域には、経済的にも精神的にも多くの苦労をかけて育てています。家内には大変感謝をしております。この質問自体に大変共鳴しています。重要な課題を克服するために最善を尽くさなければならないというふうに思っています。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) まず、応援していく気が十二分にあるということで、そのように察しました。一応、ないなんて言うはずないなと思ってきましたけれども、ないときのためのないバージョンの質問も用意していたんですが、あるバージョンのほうでいきたいと思います。

 それで、ちょっとこれも細かいことで大変恐縮ですが、ちょっとお伺いしますけれども、仙北市内で例えば高校生以下の子供が1人の世帯が何世帯、2人いる世帯が何世帯、3人、または4人いる世帯がそれぞれ何世帯か、こういった数字というのを市長、把握されていますか。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 申しわけありません。私、今、それを承知しておりません。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) これ例えば、今日中にわかりますかといっても、恐らくわからないんです、これ。実は、私はこのことを担当の課というか、連絡をして聞いたことがあるんですが、わかりませんという答えでした。どうしたことかなと思って、いろいろ聞いてみたんですが、なかなかすぐには出てこないというようなお話でしたが、私はこれは非常に大事なことじゃないかなと思うんです。こういう基本的なことを把握していないということは、これどういうことかなと。これ、おかしいなと思いましたけれども、おかしいと思いませんか。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) すみません。私が承知していないだけだったようであります。18歳までの子供がいる世帯調べというのが、福祉保健部で、調査が平成23年6月23日現在で行っています。ちょっと、世帯数、人数等を御紹介したいと思いますが、就学前児童の世帯数は1,031世帯、それから子供の数でいくと1,408人であります。小学校1年から6年までの区分でいきますと世帯数が1,065世帯、子供の人数が1,345人であります。中学校1年から3年までの世帯が683世帯、子供の数は747人であります。高校1年から3年までの区分では世帯数が692世帯、子供の数は742人。18歳まで全体でトータルを取りますと、世帯数は2,436世帯、子供の数は4,242人という調べがありました。

 大変失礼しました。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) それはいいんじゃないですか。

 私が聞いているのは、この中で、例えば3人いる世帯とか、1世帯で4人子供がいる世帯とか、それを把握しているかどうかというお話で、この数字はあるんです。子供は小学生何人いるとか、そういうことはまずこれは大事なことですけれども、それ以外に、1つの家庭で3人子供がいる、4人子供がいる、こういう世帯を把握しているかどうかというようなという問いに対しては、多分、今すぐ出てこないはずです。これも大事なことなので、こちらも速やかに調べて、把握しておく必要があるんじゃないかなと思うわけであります。それで、今、聞いたところでした。この後もちろん、調べて把握して教えていただいけるのかなと思いますけれども。それで、こうした、たくさん子供を育てているという世帯に対しては、具体的にどういった支援をしていこうと、そういうことを、もし考えているのであればお知らせを願います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 1世帯で子供が何人いる、その積み上げの区分ということで、調査が行われていないようですので、その点についてはこの後、調査をどのような形でできるか検討させていただきたいと思います。

 それから、その子供の人数いかんでどうだということではなくて、その少子化対策についての私どもの考え方を、少しお話させていただきたいというふうに思いますが、少子化対策というのは、これは国家の日本国の大問題だというふうにとらえています。ただ、国に任せていればよいということでは決してなくて、仙北市は女性の社会進出を支えながら、共働きや核家族化が進む中で、子育てを支援する環境づくりを推進するために、平成22年3月に作成した次世代育成支援行動計画、後期計画に基づいて国・県から助成をいただいて、多くのメニューを展開しています。保育園の時間延長保育であったり、一時保育であったり、要支援児童保育などを初め、母子保健について母性及び乳幼児等の健康確保に向け、妊婦さんの保健指導、栄養指導から育児不安の軽減のための新生児訪問や保健指導、また、各種予防接種等について正しい知識の普及と安全な受け方など、説明会や座談会など子育てを応援している状況であります。先ごろ、仙北市安全・安心メールの運用を開始いたしました。これは、子育て情報の発信体制を整えることができたということで、この後、たくさんの情報を皆様にお届けできるものというふうに考えています。

 また、今回初めて、市商工会と連携してプレミアムつき商品券に、さらに子育て支援分を上乗せして販売をしました。売上結果については、今、分析の途中ですけれども、子育て世帯の消費先が、市内から市外の商業施設へシフトしている現状が浮き彫りになっていて、その対応について商工会と連携していくことを話し合っています。子育ては、ともすれば社会との接触が薄れて、孤独感にさいなまれる若いお母さん方の話も聞きます。子供が、お母さんと向き合う時間、これが実は人生の宝物だということを感じてもらえるように、手が回らない部分については家族や地域の協力関係を築くことができるよう、行政は政策の充実を進めていく必要があると考えています。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) それで、ちょっと例えば他県の例になるんですが、石川県の場合、3人以上子供がいる家庭にプレミアムパスポートというのを発行して、これをお店に行ったときに出すと割引が受けられるというのが、石川県ではやっているようです。秋田県もこれと似たようなものがありまして、子育て触れ合いカードというのがあるんですけれども、これは子供1人から協賛企業の特典が受けられる、こういうカードであります。この配布というのは、市町村にゆだねられているということでありますけれども、なかなか認知度的には低いような感じがするわけであります。この辺、市役所としては、これをどういうふうに配布しているのかお伺いしたいと思います。それから、また、これに例えば、市独自で子供3人以上とかの家庭にはさらに特典をつけるだとか、この間の、今お話ありましたプレミアム商品券の子育て支援分というのは、大変好評だったと思うわけですが、こうしたことは喜ばれることではないかなと思うんですが、その辺のお考えもお伺いいたしたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 実は、県議会でお世話になっていたときに、子育て推進の特別委員会に参画をしておりまして、石川県の事例を研究した経験があります。その例を県に持ち込んだのが、子育て触れ合いカードだったわけであります。ただ、秋田県の場合は、石川県のように広がりができていません。今回、実は、商工会と連動して行ったプレミアムつき商品券のご相談として、市内の商店の方々に、この子育て触れ合いカードの協賛店になっていただきたいというお話をして、現実的に今回プレミアムつき商品券を発売するお店の中で数店舗ふえております。この後、実は12月まで、また商工会と、これは青年部のほうなんですけれども、一緒になってその子育て触れ合いカードの取り扱いをしていただけるお店をふやそうということで、今回のプレミアムつき商品券は、実は販売額はそんなに多くなかったんですけれども、そういう側面で大変大きな成果があったというふうに考えています。

 また、1人だけでなくて、2人、3人と子供さんが多い家庭については、それなりの経済負担が増してきますので、段階的にどのような応援ができるか、目下、検討を重ねている状況であります。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) そうですね、検討していただきたいと思います。

 それから、ことしの3月31日で、知らない間にチャイルドシートを買うと補助が出る、これが知らない間になくなっていたんです。市長、御存じでしたか。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) すみません。私、認知しておりませんでした。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) 大変不評です、正直に申し上げて。

 役目は終わったと、この助成制度の役割は終えた。チャイルドシートは、広く普及したというのが終わった理由のようでありますけれども、これから、先ほど来、市長が応援していくんだと、この状況を何とかしていかなければならないというものであれば、やっぱりここは、こういうものでも、一踏ん張りしなといけないんじゃないかと思うわけであります。これから、どんどん新しい子供がふえれば、もちろんチャイルドシートをつけなければ道路交通法の違反になるわけですから、子供をちゃんと乗せないといけないわけですから、みんな買うわけですよ。それに少しでも手助けをすると。やっぱり、それは知らないうちにやめられちゃったりしていると、3月31日まで、昨年度まであったのに何でないんですかと。特に、説明もされたわけではないでしょうし、ですから、そこはやっぱりもう一踏ん張りするべきじゃなかったかなと思うんですが、市長、その辺どうですか。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 今、どのような経緯でその制度がなくなっていったのかについて、私、勉強不足でしたので少しお時間いただきたいと思います。

 それから、制度が、もちろん助成金の制度、あることにはありがたい話でありますけれども、実はこんなことも考えているということも、少しお話をさせていただきたいと思います。例えば、先ほど話をした携帯メールでの子育て情報の発信であったり、不用となった衣類とか、子育て用品の使い回しができるガレージセールの定期開催であったり、先輩お母さんたちの子育て応援団や絵本など読み聞かせ団体の育成など、特に、多額の費用は要さないけれども、子育て世代には大変うれしい、ありがたい応援の仕方もあるのではないかというふうに考えております。先ほどのチャイルドシート、実はうちにも2台くらいあって、多分、今の基準と違わないと思いますけれども、不用になっているものがあったりしますので、そういう先輩世代の方々から後輩世代の子育て世代へ、うまく循環できるような制度というのも、これは考えるべきではないかというふうに思います。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) そのとおりだと思います。

 自分で買わなくても、使わなくなった物をいただければと思うんですが、だれが持っているのか、そういうのもわからないし、こういうのがシステム化されれば、大変ありがたがられるんじゃないかなと思います。これは、チャイルドシートだけじゃなくて、ベビーベッドだとかいろいろ、その大きくなるともうすぐ使わなくなる物、これたくさんあると思いますので、これはいいことだなというふうに思います。

 そうすると、時間の都合上、次の質問にいきますけれども、またこれも子育てに関連することですが、待機児童の問題について御質問をさせていただきます。子供を育てながら、共働きで働いている親が多いわけです。ずっと、これまで議会の中でもこの待機児童問題というのは、私だけじゃなくてたくさんの方々が言ってまいりましたし、議論になってきました。保育所の待機児童なんですけれども、7月の段階でゼロ歳から2歳児までが、これほとんどなんですが、全体で32名いらっしゃいます。ことしの本年度の、市長の施政方針では、待機児童をとにかく解消するんだということで、市長、述べられております。ただ、現状を見ると人数的にも昨年度と全く変わりない、一向に変わらないという状態ですが、このことをどうとらえているかについて伺います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 今も、全くその気持ちに変わりはなく、むしろ強まっているわけでありますけれども、待機児童問題では私は3つの課題を解決しなければいけないというふうに思っています。1つはハード面での施設整備、1つはソフト面での保育士の確保、さらに残る1つは、御要望の家庭の協力意識だと思います。

 初めに、入園者数について議員もお話ししましたので、私のほうでも少しお話ししたいと思いますが、入園者数については、市の保育の実施基準運用要綱に基づいて、年度当初は定員の15%増し、年度途中の前半にあっては定員の25%増しまで受け入れるということにしています。本年度4月1日時点の保育園全体での入園率は、定員数715人に対し768人で、107.4%。9月1日時点では、815人で114.0%ととなっています。8保育園のうち、白岩小百合保育園と中川保育園は、80%台の入園数で推移をしています。待機児童数については、本年度4月1日時点で20人、4月1日以降8月末までの申込数が34人、合わせて54人の申込者のうち21人が入園し、2人が取り下げとなっていて、9月1日時点での待機児童者数が31人という状況です。これは、昨年と数字的には同じ水準でありますけれども、出入りがあっての現状ということを、御理解いただきたいと思います。

 ただ、議員が御指摘のとおり、特徴的なことは、待機児童31人がすべて未満児だという状況です。ゼロ歳児が14人、1歳児が8人、2歳児が9人となっています。現有の保育施設が、建設当時に現在のような需要を予測できなかったことが、原因ではないかと思います。

 このことから、1つ目のハード面の改善を図ることが、未満児の待機児童を解消できる要件となるため、特に建築年度の古い白岩小百合、角館西、中川保育園に対し、乳児室等の増改築ができないか検討をしています。次の課題として上げたことが、ソフト面でありまして、保育士の確保であります。申し込みが集中している角館保育園が、保育士の不足で受け入れが困難な状況になった8月から、中川保育園で採用していた非常勤職員を角館保育園のほうに異動させるという対策を講じています。非常勤の職員の皆さんには、本当に不安定な就労環境の中で御努力をいただいていることに対し、感謝とおわびを申し上げたいと思います。夢と情熱を持って仙北市の保育業務に携われる環境づくりを進めることが、今、業務に当たっている皆さん、これから勤務を希望する皆さんにとって最重要と認識しています。改善策をまとめるまで、少しの間お待ちをいただきたいと思います。ということで、この現状の中では、保育士が仙北市での勤務を希望しないことから、慢性的な保育士不足の悪循環が続いているように感じています。

 私からは以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) いろいろ聞きましたけれども、それで、長いある程度の期間をみなければ、なかなか解決しないこともあるんですが、少しの間お待ちくださいというお話は前も聞いております。それで、今現在、待機されている方をどうするか。これは、本当に今すぐにでも、何とかしなければいけないんじゃないかと思うわけです。これ、例を挙げると、一応待機ではないんですけれども、こういうのを隠れ待機というんですが、希望の保育園に入れない人。例えば、本来であれば、今の本当の例ですけれども、神代の方で本来であれば神代の保育園に入るべきところを、今、子供2人、桧内の保育園まで行っているわけです。朝、片道20分ぐらいかけて奥さんが送り迎えしていると。だんなさんは、もちろん朝早く仕事に出る。奥さんは、毎日毎日送り迎えしているんですが、実は今、来月ですか、もう一人子供が生まれる。そうすると、今度送れないわけです。家にはおじいちゃんがいるんですが、おじいちゃんも働きに行っているから、だれも見る人もいないし送る人もいない。じゃ、どうしたらいいですか。もう、しょうがないですねという話ではないわけです、これ。送ってくれる人を頼むといっても、なかなか見つからないし、本当に困っている人が、いろいろ個別のケースがありますけれども、実際の問題としてたくさんいるわけで、ですから、今しばらくお待ちくださいとか、そういったことでは通用しないじゃないかなというふうに思います。

 そこで、例えば民間のボランティアの方々、これはもちろん市長も御存じだと思いますけれども、在宅で面倒を見てくれるとか、それから、保育園までの送迎をしてくれる、こういう人たちに相当助けられている場合があるわけです。これも1日、2日とか、こういう単発の利用であればいいんですが、例えば、先ほどお話しした人のケースのように、子供が生まれる前とそれから生まれた後と、例えば2カ月、3カ月こういうふうに頼んだときに、普通の保育所を利用した場合と、3倍以上、月10何万円とかそういう金額を、その人たちにもボランティアの人たちにも支払わなければいけない、負担しなければいけないというふうになるわけです。本来であれば、だれでも公平にこうした保育のサービスを受けられるべきところでありますが、事情によって、それは役所のほうの受け入れられないような事情によって、このサービスを受けられない人たちというのは、ものすごく大きい負担が、経済的にも大きな負担を強いられるということになるわけで、例えば、ほかの自治体なんかを見ると、在宅保育とかボランティアのそういうサービスとか、それから認可外の保育園の利用に対して月額1万円から4万円ぐらい補助をしていると、こういう自治体もあるわけです。本当にそうであれば、そういうボランティア団体を使おうと思ったときにも使いやすいだろうし、こうした経済的な課題というか、その点についてはどのように考えているのか、ひとつその点をお知らせしてください。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 例えば、お父さんとかお母さんの勤務地の関係であったり、兄弟の在園状況などであきがない保育園を要望し続けて、結局これが保留児童にカウントされている。先ほど、高橋議員は、隠れ待機児童とおっしゃっていましたけれども、私どもは、これを保留児童というふうな考え方をしております。その待機児童があることは、間違いない事実であります。ただ、もう一方では、周辺にはあきがある施設もあるわけであります。これをうまくマッチングすれば、待機児童は大きく改善する可能性があると考えています。そこで、通常保育、一時保育事業に対して、送迎の支援等を検討しています。実施時期や方法等については、この後、9月中に第1回の開催を予定している保育園、幼稚園のあり方検討委員会の議論の中で、お話し合いがなされるものと思います。

 それから、現在休園をしている、上桧木内へき地保育園を、乳幼児受け入れ可能な施設に移行できないか、法的な論拠も含めて検討をしています。これは、上桧木内だと遠いから意味がないじゃないかということではなくて、本来は、上桧木内保育園で、例えば乳幼児が受け入れることが可能であれば、ところてん方式に桧木内、にこにこ、神代というように、影響をその地域内で地域の方々の面倒を見ていただいて、パワーを確保できるという可能性が高いということで、今、有力な考え方ではないかという思いもしております。

 それから、昨年、実は、事業所内保育ということで、わらび座の事業所保育にお願いをした経緯があります。あのときには、相手方のスケジュールや繁忙期等で、受け入れ困難な時期があって、また、わらび座の中でも保育士さんが不足していたという現状がありまして、具体化することができなかったということがあります。現状も、実は同様とお聞きしていますけれども、お互いに民間も行政も持ち寄れるものがあればということで話し合いを継続していきたいというふうに考えています。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) 今、送迎という話ありました。ちょうど、私、これから言おうと思っていました。例えば、これは首都圏の民間の保育の例ですけれども、駅前が込んでいてそれ以外はあいていると、でも駅前に預けたい人が多い。これは、じゃ、一たん駅前に連れて来てください、そこから、こちらで送りますから。あいているところに送りますからということで、帰りも駅前に戻しますから駅前に迎えに来てください、そういうやり方をしているところがあるんで。これ、ですから、桧木内は空があるけれども、神代はあきがないとかそういう状態のときでも、まずは神代に送ってきてください。こちらで送りますから、それでいいんじゃないかなと思うわけであります。ですから、ただいまお話がありました送迎という考え方については、大変賛同するものであります。

 あとそれ以外、今、子育てタクシーというのが、秋田県で10月1日より始まるということで、これ仙北市内でもタクシー業者さん1社が導入すると、始めるという予定であります。この子育てタクシーって何ですかというと、例えば保育園、学校とかこういうところに子供が通うときに、保護者のかわりに送迎してくれる。または、親が出産するときとか、親がけがをしちゃったりとか、病気になったとき、これで、このときに子供と一緒に病院まで行ってくれる。子供の面倒も見ながら連れて行ってくれると、こういう便利なサービスであります。もちろん、研修を受けたドライバーの方が丁寧にやってくれるということで、他県でもこの辺だと山形県がたくさん導入されているようですが、大変好評のようであります。ただ、ネックになるのが利用料金です。これは、サービス料はかからないんですが、普通のタクシーと同じ料金がかかるわけでありまして、私も最初聞いたとき、これはいい制度だなと思ったんですが、実際は結構お金がかかるというわけで、利用者側はやっぱり利用料金がネックだよねと、そういう課題もあるわけであります。

 これはよく考えると、行政のなかなか手の届かないところに民間の力をかりて、そこの部分を埋めていただけると、こういう制度でもあるのかなと思うわけなので、こういったことは、ある意味の公的なサービスじゃないかなととらえて、利用する方がより利用しやすい環境をつくるべきではないかなと、そのために支援を行うべきじゃないかなというふうに考えますけれども、その点についてはどのようにお考えですか。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 以前から、子育てボランティア団体の方々が、実は送迎ボランティアもやっていただいていた実績もあるんですけれども、その方々といつもの話になるんですけれども、事故等があった場合の責任の所在ということで、大変悩んでいるという状況があって、何らかの形で、やはり行政が何らかの責任を負担できるような制度ではない状況だと、踏み込むことが難しいと。これはその団体だけではなくて、ほかの子育て支援を考えているグループの方々も同様の話でありました。今回の子育てタクシーに関しては、そのような事故等に対するさまざまな制度も、確か構築できたというふうに伺っております。9月16日に秋田市内で、子育てタクシーの関係の意見交換会が行われるということになっておりまして、少しその辺の状況も見聞きしたいというふうに思いますし、大変有効な手立てになるのかなという期待もしております。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) はい、わかりました。

 それでは、時間も時間なんで、次の質問に移ります。

 これも、前から何度も何度も言ってまいりましたけれども、子供の医療費の助成を拡大しよう。せめて小学校6年ぐらいまで、卒業までは無料にしたらどうかというお話を、前からさせていただきました。これは、大仙市はそういうふうになっていて、どうして仙北市は小学校に入る前に医療費の助成が終わっちゃうのかなという話を、若い人の間で多く出ているわけです。やっぱり、そういうサービスの差によっても、人口の移動がおきてしまうということでありますし、やっぱり別に足並みそろえるというわけじぁないですけれども、私からすれば、それよりも飛び越えてもっと独自の思い切ったことをやっていくべきじゃないかなと。そうじゃなければ、なかなか若い人も、ただでさえ残らないのに、なおさら残らないよということになってしまうと思うんです。そこで、昨年度から一般質問、それから委員会等でも再三にわたってお話し申し上げてきましたけれども、その際には市長のほうからもそういう現状を考えれば、検討する必要があるというようなお話をちょうだいしているので、検討した結果ですね、できるのかできないのかと、はっきりしたことをきょうはお伺いしようと思ってまいりました。実現の可能性はあるかないかということについて、答弁をお願いいたします。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) まず、仙北市の福祉医療制度の中で、子供に対する助成は、ゼロ歳から小学校入学前までの子供を対象とした乳幼児福祉医療制度と、母子、父子家庭の子供を対象とした母子福祉医療制度があって、乳幼児福祉医療制度はゼロ歳から1歳の誕生日の月末までの乳児の自己負担は無料。1歳から小学校入学前までは、所得割課税世帯のお子さんは医療機関ごとに月額で1,000円までを上限として負担することになっていて、同非課税世帯のお子さんの自己負担はないという状況であります。母子福祉医療制度は、親または扶養義務者の所得制限はありますが、ゼロ歳から18歳まで自己負担が無料となっています。議員、御指摘の福祉医療の小学校卒業までの助成対象の拡充は、少子化対策や定住政策の重要な施策の一つと確信をしています。

 子育て世代への経済支援や、子供を健やかに育成する環境づくりという観点から、助成範囲の拡充に向けて、県内ほか市町村の実施状況等の調査や、実施に向けた財政負担の試算を今まで行ってきました。県内では、現在小学校卒業まで助成を行っているのは大仙市、所得制限があります。にかほ市。それから、小学校3年生まで助成を行っているのが由利本庄市。ここは、小学校4年生から6年生までは入院時助成をしています。財政負担については、既に小学校卒業までの助成を行っている大仙市の昨年度の福祉医療費実績をもとに、現在の仙北市の制度の中で、小学校卒業まで助成の範囲を拡充した場合で試算したところ、対象者が約1,120人増加し、市が負担する医療費は約2,200万円程度と推計がされます。現在のところ小学生以上への医療費助成は、市の単独事業となっていますけれども、7月29日に開催された市町村共同政策会議の中で、佐竹秋田県知事が県の子育て支援策を見直す方針であり、基本的な部分は全県足並みをそろえて実施したいので、市町村において検討をお願いするという旨の発言がありました。これを受けて、8月26日には県長寿社会課から、福祉医療制度の見直しに関する意向調査の依頼をいただいております。

 また、8月29日には県長寿社会課の福祉医療担当職員が、調査の説明に来庁をしていただいております。この調査は、県が現行の未就学児童を対象とした福祉医療助成の見直しを実施するに当たり、拡充の対象範囲、所得制限の基準、自己負担の有無等について県内市町村の意向を反映させるためのものであって、市町村の意向を調整した上で年内に改正案を提示し、来年8月1日からの新制度実施を目指しているとの説明をいただいています。この際の、根底、基本となっている補助率というのは、助成対象額2分の1であります。助成の見直しの詳細については、県内市町村の意向を取りまとめてから決定されることになりますが、私としては、やっと県が動き始めたというふうに思っています。

 県の助成対象の拡充は、それを補完する市単独事業の財源圧縮につながることから、仙北市としては県の補助事業の助成対象拡充を強く望む立場で、今回の意向調査では、助成対象を現行の未就学児童から最低限小学校卒業まで拡大すること。2つ目としては、所得制限基準を県の基準より緩和し児童手当の基準とすること。3つ目は、制度の安定的な継続と経済支援という観点から、自己負担制度は存続させることの3点を要望することにしています。

 仙北市としては、少子化の歯止め対策や保護者の財政負担の軽減を図るため、助成対象を小学校卒業まで拡充することが必要と考え、やっとテーブルに着いた県の助成制度の拡充状況を十分見きわめながら、福祉医療制度の見直しを進めることにしています。最低限小学校卒業までは拡大してほしいという旨を県に要望します。その際、持ち出し分は、この制度が全県的になされれば、これまで検討してきた一般財源の半分で行えるということがあります。ただ、こうなると、今度は子供たちの多い、要するに人口が集中している都市部、市部にあっては財政負担が伴うために、さまざまな意見等が出てくることも予想されます。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 1番。



◆1番(高橋豪君) 前向きなお話が出まして、よかったなと思います。それで、知事から足並みをそろえてというお話があったということで、市の意向はこうだということでしたけれども、今の、例えば秋田市なんかの例だと思うんですが、子供がたくさんいるというところでは、いや、やめようよという話になった場合、これまた困るわけで、やっぱりこれはどこまでも小学校6年までという主張は通してもらいたいなというふうに思っていますけれども、その点よろしくお願いしまして質問を終わります。



○議長(佐藤峯夫君) 以上をもって1番、高橋豪君の一般質問を終わります。

 11時10分まで休憩いたします。

                             (午前10時58分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                             (午前11時11分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△訂正発言



○議長(佐藤峯夫君) 先ほど、1番議員の質問に対する答弁の訂正がありますので、発言を許可いたします。

 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 高橋議員の先ほどの質問に対して、訂正をしたい部分がありますのでお願い申し上げます。

 先ほど、高橋議員のチャイルドシートの助成制度が、3月いっぱいでなくなっているということを知っていたかということに対して、私は承知していなかったという話をしましたけれども、実は、先ほどちょっと話をまとめたところ、今年度の予算要求があったということで、当初のチャイルドシートの導入という機運を高めるという目標は達成できたという観点でその予算を切ったという状況があったということで、私の失念でありました。認知していないということは、大変な間違いの答弁であったことを訂正したいと思います。

 また、議員の方々、皆様にも、その点を皆様に報告しなければいけなかったと思いますし、その際、その助成制度が仮になくなった後に、安全性を確保するための必要な新しい取り組みというものも、当然考えなければいけなかったというふうに思っております。先ほど、話をした使い回し等のことも関連すると思いますので、答弁を訂正させていただきたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) よろしいですか。

         (「はい」と言う人あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△稲田修君



○議長(佐藤峯夫君) 通告により発言を許します。

 20番、稲田修君。



◆20番(稲田修君) 通告により質問させていただきます。

 個人的に午後からちょっと所用がありまして、門脇議員には順番で都合をつけていただきまして2番手ということで、質問させていただきます。

 私は、門脇市政の基本姿勢を再度問うというようなことで、前回もいつかはやったことがありますが、今回はいわゆる行財政改革の2次、あるいは市民の方々がいろいろ要望するインフラ、そして、いわゆる市民サービスには何が必要だか。そして、1番の高橋議員にも質問がありました、仙北市の人口減少に歯どめをかけるには何が必要だかということをいろいろまぜ合わせながら質問させていただきますので、市長には、イエス・ノーかで結構です。私は、数字的なことは余り要りませんので、これは大したいいことだからやると、そういうことの結論で結構でございます。

 それでは、質問に入らせていただきます。

 門脇市制にも折り返し時期に当たり、私はあえて表題を通告し、マニフェストのアクションプランの年度別の推進計画、第2次仙北市の行財政改革大綱と、それから、幹部の方が常に熟読しております仙北市の実施計画、平成22年から平成24年、それから平成23年から平成25年のこの3つの部の整合性を点検して、問題点を提起し、公約の先送りや市民の要望を計画的に割り込むことができないものか、ということで市長の見解をただしたいと思います。

 私も、今の市政の内情も重々理解しているものであるが、あえて問うものである。国の方針が定まらない中で、3月11日の東日本大震災とも重なり合わせる中で、当市の全部の業種が不況といっても過言では、私はないと思います。私ども議会人としても、その対応に苦慮しながら、地域市民の皆様の要望を、どうすれば市政に届けることができるのか、議会としても経費削減に力を入れなければならないということを思っております。けれども、市民の要望は、1番の高橋議員の要望にもあったように、日に日に要望が大きくなっております。門脇市長は、必ずや仙北市を大きく躍動させてくれるのではないかというようなことで、大いに期待していると思われます。

 そこで、私は今回数字を見るときに、自主財源の落ち込みが大きくて、門脇市長にはその手腕が一向にされない。市民の不満は、右肩上がりの傾向にあるということを、私は推定します。一般会計では、収入未済額が5億5,000万円、不納欠損額が330万円という、こういう状況下の中では、ただ市長が公約実現に走り続けて、一般的な市の地域づくりの基本が見えない気がするのは私だけではないでしょう。合併時の話では、合併特例債等を利用することで、仙北市はバラ色自治体となり、利便性がよくなるものと思っておりました。地域と地域を結ぶ道路が整備され、合併効果があらわれるものと思っておりました。私は、市民も同じ考えであるものと思われます。

 例を挙げます。神代の院内から西木の袖野、池ノ沢線ということであるそうであります。これは、合併前に西木も田沢湖も地域と地域を結ぶ人口交流できる場として、これは合併時の一つの宿題というか、どういうふうになっておるんですか、これは大いにやるべきではないかということです。

 今日では、上桧木内地域の方々と田沢湖を結ぶ直線道路。これは、上桧木内の方々に、今回の選挙であの地域に行ったら、やはり角館に出るよりは田沢湖に出ていろんな用事を足すほうが非常に地域としては利便性があると、そういう声がありましたので、あえて、市長には十二分にそのことは頭に入れておいてもらいたいということで。この2つのインフラ整備というのは、ところでもう一回質問するんですが、そういうことを市長に申し上げておきます。

 それから、水害のたびに通行どめとなる46号線の改良と、また上下水の整備、地域からまだまだの要望があると思う。

 そこで、質問の第1点は、仙北市の財政状況を推移するときに、平成22年度の決算では自主財源が3,600万円の落ち込みであるし、交付税が5億5,000万円伸びております。前段で話したように不納欠損額が5億円近くあるので、今の段階では交付税の伸びが市政にそう影響しておるのではないかというふうに判断しております。そういうところで、やはり自主財源の減額、不納欠損、これもやや同じぐらいの金額であるというのも一時的なものかなと思っております。

 ただ、投資的経費、地域がよくなるための経費が、前年対比で6,500万円という伸びでは、私はこの仙北市が、市長が掲げているようなバラ色の仙北市にはならない。やはり、いたずらに公債費比率に言及する余り、事業をストップすることが地域を衰退させる要素になるんではないかというようなことであります。投資的経費が10億円前後で、市民の地域づくりの負託にこたえることが、私は皆無であるというようなことを申し上げたいと思います。

 私が若干調べた関係では、後で雇用の関係の話もしますけれども、仙北市の公共事業の推移というのは平成20年度から平成22年度に13億円あったのが7億3,000万円ぐらいの金額。それに伴って、平成20年度の建設業の関係で750人の雇用があったのが、ずっと落ち込んでおるというような現況であります。そういう観点からすれば、私は市民が働く場を手っ取り早く確保するには、やはり公共事業が一般的には悪だとかいいとか言われておりますが、やっぱりそれによって市に活性化を生むということも、私は十二分に必要ではないかというようなことであります。私は、そこで公債比率を余り気にしないで、積極果敢に攻めの地域づくりを期待するということで私は思っておりますが、市長の見解はどうなのか。

 また、私は、仙北市の行財政改革大綱を見させていただきました。そこで、第1次と第2次の違いは何なのか。1次で総括されたものが、第2次に盛ったものなのかということが質問の第2点目であります。また、市長の公約実現のために行財政改革、第2次の中で挙げたものは何であるか。私の所見では、休会中に1次、2次あるいは前の22、23、24、25、あるいはいろいろな資料のマニフェストに掲げてあるものを見ましたけれども、余り変化がないというような感じがしております。行政運営の観点から、国でも小さな政府を目指し進もうとしております。市でも私は、市政運営は効率的に小さな市政運営で、この難局に立ち向かうことが必要ではないかと思っております。けれども、第2次行財政改革の中には、全くその項が見当たりません。やっぱり私は、現実として自主財源が、私は来年はもっと落ちると思います。そういう中で、やはり小さな市政運営でこの難局を乗り切ると、そういうことが、私は市長の市政の中で全面的に表面に出てきても、私は市民には理解を得られると、そういうふうに判断しております。

 私は、現段階まで市長が公約実現のために、間口をいたずらに広げ過ぎてはいないのかということを非常に危惧しております。サポートセンターや各研究所等、またいろいろな委員会、市長の諮問委員会等があります。私は、やっぱりこの委員会よりも優秀な部課長がおりますので、私はこの人方に一つの事をなし遂げていただいて、それに向かうのが市長の一つのあり方ではないかなと思っております。市民から余りにも広く意見を聞き過ぎれば、私、その決断に非常にやっぱり市長は選挙を受ける人間として、なかなか自分の思う方向には行けなくて、やはり市民の皆さんから声を聞く。そういうことになれば、そこで私、この機構の中で今までの前の段階で可能ではないかと思っておりますが、このいろいろな委員会をつくったり、研究所をつくったり、サポートセンターをつくったりして、二重構造になっておらないかということが一番心配なんです。農林部でできることは農林部、商工部でできることは商工部、そういうことでやっぱり一つの今までの課の中でそれをやることが、私は非常に大事ではないかというようなことで、この辺が質問の第3点目であります。

 私は通告にありますように、社会資本整備、いわゆるインフラについてであります。前段で申し上げましたように、全業種が不況下であります。今こそ、市が将来像の青写真を作成しながら、いろいろな事業を実施することにより、自主財源を確保するというようなことも私は必要だと思います。くどくなりますけれども、公債費比率を下げる余りに、やっぱり事業が何にもできなければ、仙北市はもっともっと元気にはならないのではないかと思います。

 私にところに、市民の方々から封書をもらいました。いずれ地方財政は危機であるので、大変な世の中になりますよというようなことです。ただ、全国の市町村の実質公債比率ワーストランキングというようなところを見ました。北海道が圧倒的に公債費比率も高いし、自治体が倒産した夕張市なんか36.8%というような、これは私は前の資料でありますので、ちょっと異常だなと思いますが、仙北市の場合はこれよりも下がっておりますが、全国で110番目。公債費比率の段階で20.4%という数字になっております。私はやっぱり今一度、こういう時世でありますので、公債費比率は余り気にしないで何とか仙北市を元気にしていただきたいと、そういうことで市長に質問をし、公共事業をふやしながら雇用の場の確保をつくり上げる、これが手っ取り早い方法ではないかと思っております。

 私は、市においても、これは建設部長がかわって1年目でありますので、全部把握しているかはわかりませんが、現段階でインフラ整備、さっき私申し上げましたように、市の道路整備の関係はどのような形の中で指示され、私は田沢湖の議員をやっていたときにもやはり、県あるいはほかの町村ではやれないものを、田沢湖はそれを受け取って仕事をしたというようなことを覚えております。そのためには、建設部長、仙北市をこういうふうにつくり上げるということで、道路整備なりいろいろなものを青写真を作って、常にそういうふうに国から来るものに対応する必要がある。これが、私は建設部長の仕事だと思っております。そういうことでなければ、仙北市の大いなる発展はないというようなことであります。私は、去年の道路工事の決算書を見ましたけれども、ほとんど何百万円単位。維持工事が主ではないかなと思っております。これで、市民の皆さん方に、仙北市はこう変わるという青写真で市民を納得させる、あるいは順序にこうやって、市は、それぞれつくり上げていくというようなことでは、私はだめだというようなことで、あえて市長の頭の中に社会資本整備というようなことを、市長のコンピューターに入れておかなければならないというようなことで、あえて質問をし、見解を伺いたいと思います。これが、4点目になるのかな。

 それから、市民サービス。人口減少というようなことで、さっき、高橋豪議員も人口減少対応の話をしております。私は、市民サービスについて、毎度毎度話をしております。市の職員の異動が余りにも激しくて、市民が顔を覚える前にかわってしまう。職員もその中身を把握しておらないというのが、私は現状ではないかと思っております。ここに来ておられます方々も、ほとんど1年目の部長でありますので、その部長さん方も優秀でありますので、私はそんなことはないと思いますけれども、やはり市のいろんな担当する部署を把握するためには最低2年ぐらい、そして3年目に初めていろいろな青写真を描いて市長にそのことを提言すると。そういうことにならなければ、職員と一体となった市長の実力発揮、手腕の発揮ということはできないのではないかなと思っております。やはり、3年ぐらい勤務させながらこたえるというようなことであります。

 私は、前回も申し上げました。部長さんを初めとした課長方を集めて、いろんなセクションの進みぐあい、課長を中心にした係長、課員の職員を集めた、それをさらに浸透させると。そういうことがなければ、市政は常に停滞の一途ではないかなと思っております。私は、いつも言っております。末端の職員の人方は、サポートセンターではないんですが、やはり自分方の担当する部署の現況を覚えなければ、やっぱり市民の負託にこたえることができない。私も、いろいろ議員活動の中でいろいろな部署を回って、うるさいのが来たなと思われておるかもしれませんが、私は、やっぱり市民の要望を市政に届けるのが私の任務だと思っておりますので、何とかその辺のあたりは、余り煙たがらずに今後ともよろしくお願い申し上げたいと思います。

 それで、現実的に市長が話をすることか、副市長が答弁するのかわからないんですが、現状として部長を集めて、課長方がそのセクションの打ち合わせをして、そういうことを一つ一つ副市長に報告に来るのか。課の現況は、係長、課とあれしながら、部長に報告されているのが現況なのか。何へんと役所に来て、8時半に来て机の前に座って、きょうは何やったらいいかと。そういうような形の中に、現実があるとすれば、私は非常に市政は衰退の一途だし、市長の優秀な行動力をもって市政を躍動させることはできないというふうに認識しております。そういうことで、市民サービスで、実際にこういうことが行われているかというようなこと。私は、役所が挙げているような、職員が「おはよう」のあいさつとか、これは当たり前のことなんです。職員に教えることではないんです。小学校1年生から6年生の間に徹底されてきております。あいさつ運動なんかいいので、何とかいろんな形のものを、現場と接する職員が数多く出れば、私は可能だと思います。

 前回の質問の中で、倉橋総務部長が部落連絡員を通しながら、地域とあれすることは再考するというような話をされておりました。そのことは、現実的にはどうなっているのか。私は、シルバー人材センターを悪く言うつもりはありません。やはり市の職員が初めて、市の各部落に足を踏み入れていろいろな事情を聞くことも、私は、市民と職員が一つのコミュニュケーションを取る、大事な場であると思います。私は、サポートセンターをつくり上げて、やはり職員は御用聞きなどに回って、そしてそれを取り上げてやっていく。私はそうでなく、やっぱり自然体の中で職員と市民、あるいは議員と部長方が、こうして本音で話し合うことこそが、私は非常に大事ではないかなと思っております。

 終わりに、人口の減少対応というようなことで、いろいろマスコミ報道の中には限界集落というようなことで、報道をされております。非常に先を真剣に考えたときは、寂しい限りです。けれども、そういうところに住む人方は、どうしても離れることができない。一人でも住んでいたいという現況で、これは市長としても非常に苦しい立場ではないかなと思っております。そういうことを思うのは私だけではないんです。

 ただ、今さら市長に急激に人口をふやせとか企業誘致をしていろんなことをやれというようなことを、私はあえて要望しません。若者の定住増加も将来に向かっては対応していると思いますけれども、1番議員に答弁しておりますが、市長の答弁は何にも変わっておりません。進展されておらないということが現況だと思います。それに反論あれば、大いに私はお聞きしたいと思います。

 そこで、私はひとつ、今回この質問に当たりまして、市長のいろんなことの勉強、行財政改革とか3年ごとの変わり目とか、いろんなことを勉強しました。そこで、非常に市長も1番議員に答弁しておりましたキャンパスの開講促進というようなことで、秋田大学も非常に関心あって感触がいいというようなことを、市長がそこに書いております。私は、これこそ積極的に展開するべきではないかと思っております。平成22年度のパンフレットを刷るのに53万円、平成23年度は講師謝礼とかパンフレットをつくるとかというようなことで、これも結構つけた70何万円とかいう予算がのっております。私は、この市長の指標というのは、平成25年度までに仙北市にキャンパス開講を新規実行する。私はこれこそ、やっぱり実現していただきたいというふうに思っております。各種学校もかかわっております。私はそこで、今さらパンフレットとか講師を呼んで物を聞くのではなく、市長の頭の中で、やはりこれぐらいの土地があってこれぐらいの物をやるんだから、場所はここだと。黒沢野とか田沢湖のあれだとか、いろいろなことが展開的に私は可能だと思います。市長がいつだか言っております、市長でなかったかな。清眺苑の田沢湖の共栄パレスの後ろにできた清眺苑、大した景色がよくていいところだというような話をされておりました。私は、ああいう場所を提供することによって、環境を売り物にできるのではないか。だから、積極的に青写真を描いて、これをやることが市長の何よりも公約の実現、あるいは仙北市の躍動、人口減少に歯どめをかける雇用の場ができる、そういうことにも、私はなるのではないかなと思っております。そういうことで、どういうふうに今後推進されるかというようなことであります。

 ただ、私の見た資料が古いせいなのか、教育委員会と連携を組んでというようなことを、教育長わかっていますか。そういうことを、話が、各所にもありました。現実的に、このことをなし遂げるというのは大変なことだと思いますが、これこそが、きょう若い人方が議会の傍聴に来ていただいておりますが、やはりここに、地元に就職できるというようなことになり得るんじゃないかと思っております。そういうことで、教育長にはやっぱりこういうことを、お互いに連動されながら物事をあれしていると思いますので、何とか教育長は教育長の考えがあろうかと思いますが、私も積極的に市長の公約の実現のためには頑張りたいと、そういうことを一言、本定例会でお話をしていただければさらに進むのではないかなと思っております。再質問については自席でやりますので、よろしくお願い申し上げます。

 この席では終わります。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 稲田議員の一般質問にお答えをいたします。

 初めに、たくさんの質問をいただいておりますので、取り落とし等あると思います。どうか御指摘をお願いしたいと思います。

 最初にお話をいただいたマニフェスト達成に向けて、私の基本的な姿勢を問われた部分がございました。マニフェストは、決して仙北市のバラ色の設計図ではないということを、もう一度、皆様にはお話をしたいと思います。市創成初期の段階で着手していなければいけないと思われた8つの政策、40のアクションプランをお示しさせていただいて、その後にその進捗状況によって、必要なものは中長期ビジョンで、もう一度皆様に問いかけなければいけないと。その編成作業にも当たるというようにお話をしております。さらに、このマニフェストの中では、行財政改革を進めるためには、この後は地域主権、地方分権をきっちりと受けることができる行政体へ変質していかなければいけないというお話をしております。

 そこが、なかなか実は皆様に御理解いただけなかった部分ということで、私も反省している部分もありますけれども、人口が減少しているという日本の国でありまして、とりもなおさず仙北市もその状況にあるということになっていて、推計でいくと、2035年には仙北市の人口は2万人を割り込むということが言われています。これまでのような拡大傾向の日本国家像、もしくは地方自治の像を描くことができないという状況が、現実として目の前にあるということになります。この中では、行政運営は県や国が進めているとほぼ同じ状況になりますけれども、社会のあり方を根本的に見直す作業が必要になってくる。そこで考えられるのが、地方分権や地域主権社会をどれだけ充実できるかと、これが市民の皆さんの幸福度に直接かかわってくることではないかという考え方で、マニフェストをつくらせていただいたという中身であります。

 それで、2つ目に滞納が余りにも多いと。これは、稲田議員の本当の前からの御指摘のとおりで、財政を悪化させる、要するに政策的な予算を小さくしていく要因になっているじゃないかという御指摘であります。全くそのとおりであります。市の収入確保は、この後も多分、この状況が続くとますます厳しさを増していくというふうに想定をしております。ですけれども、自主財源の確保や税負担の公平性の観点からも、滞納処分の適正な執行を行う必要はあります。これらのことから、預金等財産調査を実施し滞納者の納付能力の確認や生活状況の確認後において、積極的な差し押さえを実施しなければいけない。そういう場面にもぶち当たると思います。もちろん、秋田県の滞納整理機構への引き継ぎを実施して、収納率の確保も図りたいとは思っています。ですが、やっていても議員がお話のとおりの状況で、これは新たな展開を考えなければいけないというふうにも思っております。

 その次に、議員は実質公債費比率に余りこだわることなく建設事業を導入し、それをもって地域の経済力の活性化、また雇用力の確保に資するべきだというお話をいただいております。平成22年度では、まだ確定数値というわけではありませんけれども、実質公債比率は19.2%です。この水準は、実は起債を発行する許可が必要な水準域、18%を超えております。今でも危険な水域に達しているという状況にあります。ちなみに、早期健全化基準は25%、財政再建基準は35%と、これは先ほど議員が話したとおりであります。今も決して潤沢な状況ではない。それは、3町村が合併してできた仙北市ですから、この3町村いずれも財政力が強い団体ではありませんでしたので、3つが集まっても裕福になるはずがない。そこで、国のほうでは合併のときにあめ玉ということで、合併特例債の発行を認めたわけですけれども、合併特例債も基本的には地方債でありますから、この公債費の関係、またはその後の償還の関係、もちろん有利でありますけれども、発生してくるということになります。やはり、これは計画的な運用が必要ではないかというふうに考えています。

 私は、建設事業については否定的考えを持っておりません。むしろ、建設事業はこれまで日本を支えてきた大変有力な産業体であったと思っております。ただ、この後は、この産業体がどのような形でこの後大きくなれるか、また、自分自身たちをどうするかということに対しては、時代の流れからいくと、今までの状況ではいかないということは、各経営の方々も、それからスタッフの方々も異口同音にお話をしていることです。なので、異業種への転換ということも、積極的に市のほうは応援をさせていただきながら、皆様、雇用の確保をできるだけ、その確保力を減退させないように努力しているという状況があるということも、どうか御理解いただきたいというふうに思います。

 続きまして、行財政改革について。じゃ、前の行財政改革の大綱と今と何が違うんだという御指摘もいただいております。この辺も、少しお話をしたいと思います。市では、平成18年度に市民ニーズの多様化、高度化に柔軟に対応していく行財政運営を目指して、徹底した行政のスリム化、市民と行政の協働による地域運営を改革テーマと定めて、仙北市行政改革大綱を策定して、改革項目46項目のうち40項目、これは比率でいきますと87%のさまざまな行政改革に取り組んできました。取り組みでは一定の成果を挙げた項目もありますけれども、例えば、公有財産の有効活用、受益と負担の見直し、財務4表の作成、市民と行政の役割分担の見直し、電子入札制度の導入等の項目については、十分な取り組みに至らなかったこともあって、反省点や実施に向けた課題等が残されていました。近年、地方分権のさらなる進展、人口減少、少子高齢化、不況や環境問題に対する関心の高まりによる社会情勢の変革などで、本市の行財政を取り巻く環境は、さらに難しい基調が続くというふうに想定しています。行政サービスへの期待や安全・安心に対する関心の高さ、市民ニーズの多様化、複雑化に対し、スピード感ある行政経営を行いたいし、そのためのシステムの構築が急がれています。私が、決して先ほどお話したとおり、建築事業をないがしろにしているということではなくて、仙北市にとって今必要なのは、その改革のシステムを定着させることではないかという思いが強くあるということは事実であります。

 戻ります。そのため、職員一人一人が市民ニーズを的確にとらえ、行政運営の公平性の確保や透明性を高め、市民に対する説明責任を果たしながら、行政は知恵を出し、市民から知恵をかり、市民と行政が協働によるまちづくりを推進することが、何よりも大切だと考えております。そこで、これまでの行政改革の経緯を踏まえ、引き続き、行財政運営の継続的な見直しを進めるための姿勢を堅持しながら、さらに、これまで取り組みに至らなかった項目を少し挙げたいと思いますが、財政指標等の維持改善、これは実質公債費比率の改善、地方債現在高の抑制、それから地域住民組織の育成、これはまちづくりの基本条例の制定であったり、地域運営体の育成であったり、地域職員の配備であったり、NPO及びボランティア団体、その他、各地域活動家の育成強化であります。また、補完性の原理に基づく協働の推進、これは地域施設等の積極的な共同管理の推進、それから機動的な組織体制の確立、先ほど議員が御指摘をいただいた市民サポートセンターの設置、係制を廃止したスタッフ制の検討、それから、公平、公正な人事評価制度の構築などを考えておりました。これらを盛り込み、市民との協働による効率的な市政運営を念頭に、平成23年度を初年度とする第2次仙北市行政改革大綱と実施計画書を策定いたしました。

 3つの基本方針をお話ししたいと思います。1つは、持続可能な行財政運営であります。1つは、質の高い行政サービスの提供であります。1つは、市民協働のまちづくりであります。この3つに基づき5つの重点項目を掲げております。健全な財政運営の推進、効率的な事務事業の推進、効果的な組織機構編成と定員適正化、4つ目は、職員の能力開発と人事管理、5つ目に、市民協働の行政経営の推進というふうにしております。改革の実効性を高める工夫を重ねながら、市民、職員の御理解をいただきながら、行政改革に力強く取り組んでいきたいというふうに考えております。

 先ほど、その中で御指摘があった職員の人事の関係でありますが、私の耳にも余りにも急激な多数の行政組織の変革であったり、人事異動であったりということで、職員はもちろんですけれども、市民の方々に大変御迷惑をおかけしているというお話を聞いております。これは、私、大変身勝手なお話でということを承知してお話ししますけれども、私は今2年目を迎えておりまして、まもなく折り返しという時点であります。当初から、前期2年で、できるだけ多くの方々に、新しい環境でしがらみにとらわれることのない、自分たちが本当にしなければいけない仕事、市民の方々から要求された仕事に従順に取り組む職員、この姿勢を堅持して、また育成していただきたいという思いがありまして、できるだけ多くの方々の人事ということを考えさせていただきました。ところが、議員御指摘のとおり、行政のサービスの低下、仕事のスピードの低下、さまざまなところでさまざまな弊害が起きております。これについては、大変申しわけないと思っております。この後の人事異動については、もちろん今までもそうですけれども、十分に検討を重ねて、大きくない、そして、先ほど議員が御指摘していただきましたように、定着し、職務内容を理解した上で創造的に仕事をする職員という育成の観点からも、ある程度の一定の期間の職場での活躍というものも、当然これからは考えていかなければいけないというふうに考えております。御指摘には、全く異論はございません。

 関連しておりますので、社会資本整備、インフラ整備についてもお話ししたいと思います。社会資本といわれる道路、上下水道、公営住宅、病院、学校などの整備は、産業振興や市民が安心・安全に暮らすための大切な生活基盤で、若者の定住や新たに定住先として本市を考える場合の、重要なポイントになると考えています。また、これらの整備を進めることによる地域経済への好影響など、先ほどお話のとおり、決して見逃すことのできないパーツであります。仙北市が進めるまちづくり関連の事業は、合併以前の3ケ町村による法定合併協議会で、多くの時間と真剣な議論の中で策定された新市建設計画が基本となっています。この計画における主要事業は、企業会計を含みおおむね74項目の事業があり、これらは、合併後に策定された仙北市総合計画に継承をされました。当時の法定合併協議会において、新しいまちづくりの議論に参画された委員の方々や多くの市民は、合併後にどのようなまちづくりが進むのか、現在においても関心をお持ちだと思いますし、この議論に協議会の委員として参画されていた稲田議員にとっては、特にその思いは大きいものがあるというふうに私も理解をしています。

 さて、仙北市総合計画にある社会資本整備についてですが、主にハード事業として、おおよそ大項目で73項目の事業という話は先ほどしました。そのうち、計画が策定された平成18年度から今年度に事業の完了が見込まれるものまで31事業。事業が継続されているものが40事業。平成24年度以降の取り組みが2事業となっています。このうち、継続事業の多くは、主に交通基盤整備である道路事業ほか、河川整備事業、上下水道事業、市営住宅の整備などになりますが、事業規模からしても、あらかじめ長期の年次計画に基づき進められています。これらの事業の実施に当たって、毎年行う実施計画のローリングを行う中で、緊急性、公平性、公益性を考慮し、その中で財政事情なども踏まえた事業実施計画について、議会の皆様にも御提示をしながら御理解をいただいているというふうに理解しています。引き続き、これまでの経緯や理念を大切にしながら、一方では、時代時代の課題に適切に対応したいと考えています。

 先ほど議員が、その例としてお話をしていただいた池ノ沢線、これは、田沢湖院内から袖野に抜ける路線であります。それから、上桧木内から田沢湖に抜ける路線の話もいただきました。私の記憶では、池ノ沢線については調査を行っておりまして、これは計画にも確か上がっていたというふうに思っておりまして、この計画に沿った形の中で、果たして、事業として道路計画なのかそれとも林道という形で行うのか、さまざまな考え方があるかと思いますけれども、今、その方向性を見きわめているという中にあります。決して、忘れていたということではないということを御理解いただきたいと思います。

 それと、その次の点ということで、御指摘をいただいております内容についてお話しいたします。市民サービス、また人口減少について、何と考えているかというお話でありましたけれども、先ほどもお話ししましたけれども、人口減少というのは国家の大問題だというふうに認識をしています。高齢化の進行とともに生産人口の減少で、支える人が少なくなって、支えられる人が多くなるという現象が、この後、続くことになります。多くの人で支えることを前提としていたさまざまな保険制度、年金、介護などは、さまざまな互助、扶助の仕組みが成り立たなくなることは、私でも容易に想像できることであります。行政サービスは、人口構成を基本として組み立てられていますけれども、極端な言い方をすれば、人口増加に伴う収入の増加を前提として、初めて行政サービス拡大の予測が可能となります。行政サービスは無償ではなく、その原資は、市民の皆さんからいただいた税金であることを改めて認識する必要があります。人口減少社会で対応できる市民の皆さんのニーズに合致した持続可能な行政サービスを提供するためには、行政サービスの質や量はもちろんですが、効果や効率などのコスト、ひいては市民のみなさんに納得していただける税金の使い方なのかどうか、抜本的に見直す時期に来ていると思います。

 仙北市では、子供を生み育てる若い世代の流出、そして、高齢化の進行や少子化等による人口減少が著しくなると予測され、産業や教育、地域活動などさまざまな分野に影響を及ぼし、社会活力の低下が懸念されます。こうした人口減少、少子高齢化社会において、将来にわたり市民サービスの水準を維持し、市民の暮らしを守っていくためには、これからの仙北市を支える若者世代が、定住の地として選択できる環境づくりや地域産業の活性化などに積極的に取り組み、安定した自治体運営を支える財源の確保に努めることが、最大重要課題と考えています。現在、定住人口の増加を図るため、幅広く各種施策を展開していますが、高校を卒業した若者の多くが都会に進学し、そのまま就職をし、県外で生活基盤をつくり、帰って来ないというのが実態であります。

 少子化の要因の一つに晩婚化、未婚化も挙げられますが、4月より秋田県、県内市町村、その他団体が構成員となり、秋田結婚支援センターでさまざまなサポートもしています。仙北市においても、サポーターとして7名の方々が登録をしています。制度を利用して、企業や団体との連携も通じてさまざまな出会いの創出もできればと考えています。

 このような状況だからこそ、自分自身でビジネスを起こすという気概に燃えた若者の育成も必要です。そこまで支援をするのかと言われるくらい思い切った政策を打ち出せればと考えています。多彩な業種、職種、ビジネスを小さく生んで大きく育てる、そんな環境の整った仙北市になりたいと思います。一方では、これまで以上に若者に市内企業への関心を高めてもらえるよう事業所の説明会とか、情報交換をしていきたいというふうに考えています。

 先ほど、議員が私のほうに大変指摘としては厳しい指摘をいただいております。市民の方々に意見を聞くことよりも、優秀な職員の方々、市幹部の方々、この方々の意見を大切にしろという御意見でありました。私は、それもまた正解だと思います。私の政治姿勢としては、広く市民の方々から意見を聞き、その意見を役所、職場、議会に持ち寄り、そこで、またよりよい方策を探るという手法を私の政治姿勢としております。その根幹は、今お話ししたとおり、市民の方々の声を聞くというこの姿勢が私の政治家としての姿勢であります。この姿勢をなくすことは、私の政治生命を投げ捨てることだというふうに考えています。私の政治姿勢の中での一つの理念は、真実は市民の声の中にあるというふうな思いがあります。市民の声の中から真実を紡ぎ出し、それを先ほど話したとおり行政の中に持ち寄り、議会の方々に御相談をし、議論を深め、よりよい政策をつくることが、私の政治スタイルだということを御理解いただきたいというふうに思います。

 それと、部長等、課長等との意思疎通はしっかりしているのかという、これも大変厳しい御指摘であります。私はそのような認識をしておりますけれども、職員の方々からすると、決してその状況ではないというふうに思われる、そういう意見も聞いております。実際は、毎週月曜日の9時に部長会を開催し、基本的にです。部長方から各課長の方々に内容の報告いただき、そこで議論をし、意見交換をし、また、職員の方々にも同様のことをしております。これは、市の役所の中に、ネットとして整備されているディスクネッツというコンピューターを使ったシステムで、この部長会の会議の内容も、すべての職員の方々にお知らせをすることができている状況があります。できるだけたくさんの職員の方々から、御意見をいただきたいという気持ちがありますけれども、さまざまな事情により皆様方の要求にこたえていないという自分がいることも、反省もしておりますし、先ほどの議員の御指摘は大変厳しいものでありましたけれども、身につまされる思いで聞いておりました。

 私から、この場からは以上であります。



○議長(佐藤峯夫君) 20番。



◆20番(稲田修君) いいです。教育長、建設部長もいいです、副市長もいいです、時間なので。

 私は、市長の気持ちは重々わかります。ただ、どんどん自主財源が落ち込んでいくときに、どこかで手法を切りかえなければ、仙北市が持たなくなるのではないかというようなことを心配しておるわけなんです。だからやっぱり、小さな市政運営をあれして、優秀な部長方がおりますので、積極的に声を聞いて、即決をしながら動かなければ、私は非常に何というのか、その辺のあたりが、遅い遅いというようなことになるのではということなんです。

 それから市長。私はあえて言いますけれども、平成22年度から平成24年、それから平成23年度から平成25年、シルバー人材センターへの仕事の市の発注は、ふえておるわけなんです。けれども、補助金が減っているんです。だから、私はいつかも話題を提供しましたけれども、現実的には中身が悪くなっているわけです。忙しくなったけれども、職員は5人なら5人でフル回転、いわゆる本部ですよ。たくさんの人方がそれに使われているんですが。やっぱり中身的には契約はいつだか4月から11月まででしょうが、いわゆるシルバーの方々が働きというのは、やっぱり予算が補助金が落とされているものだから、事務局でもどこかであれしなければだめでしょう。だから、11月まで働く者を10月いっぱいでやめてとかという、そういういろんな内部事情があるからです。やっぱり私は、総務部長が言ったように、市でできることは市の職員がやって、市民サービスにつなげたほうがよいのではないかということが、私の意見であります。だから、やっぱりそういう市民と直結するものを市役所職員がつくることによって、新しい機構をつくらなくとも自然体の中で市民に入っていけるのではないかというのが、私の思いなわけです。財政的にもいろんなことで、市長は頭がいっぱいだし、気持ちは重々わかりますが、けれども、市民の声を伝える必要は私ども議員にはあるので、あえてお話し申し上げました。答弁は要りませんが、何とか、きょう私がいろいろなことを提言した形の中で、市長を初め部課長方が一生懸命やっていただくことをお願いして、私の質問を終わります。

 ありがとうございました。



○議長(佐藤峯夫君) 20番、稲田修君の一般質問を終わります。

 13時10分まで休憩いたします。

                              (午後0時08分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後1時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△小林幸悦君



○議長(佐藤峯夫君) 通告により発言を許します。

 13番、小林幸悦君。



◆13番(小林幸悦君) それでは、通告書に従い質問をいたします。

 初めに、統合高校について伺います。県立角館高校、同じく県立角館南高校の統合問題については、昨年度の7月に、「仙北市明日の県立高校を考える市民会議」が終了後、市が要望ということで、さる9月1日に市長から報告がありましたように、県教育長から両高校の統合に向けた基本構想、整備計画が示され、新聞等でも報道されております。

 この事業は、県の事業でありますが、地域にとっても将来を託す大変大きな事業であると考えます。市民の方々も2つの高校が統合した後に、どういう新しい高校がつくられるのか、大変関心を持っているようであります。今から90年ほど前と聞いておりますが、先人たちが苦労を重ねて創立した両校への思いを引き継ぐとともに、昨年6回にわたり開催された市民会議の報告書にもありますように、仙北市全体の将来に大きくかかわるものとして、今後も不断に市民間の議論、対話は交わされていかなければならないなど、地域の支援、連携性の必要性を望んでおります。こうした観点からしても、基本構想、整備計画が示された今、さらに充実した統合高校への構想づくりと、市と市民が一体となりこの事業に参加協力していく必要があるというふうに考えます。さらに、現在構想されている統合高校の開校が平成26年度であるとすれば、時間的余裕もなく早急に取り組む課題ではないかというふうに思います。こうしたことも踏まえて質問をいたします。

 最初にですが、市民会議の報告書の中にもありますけれども、地域に根差した特色ある学校にしていくために、県教育委員会に市としてどのような要望をしてきたのか、さらに要望をしてきたとすれば、今回の基本構想にこれが反映されているかということをお聞きしたいと思います。それと、両校の同窓会やPTAに対して、新高校についての話し合いなどはしているのか。しているとすれば、どのような意見があったのかを伺いたいというふうに思います。

 次に、市として、新高校をより充実した望ましい高校にするための支援を考えているのかということであります。考えているとすれば、どのようなことを考えているのかお聞きしたいというふうに思います。

 次に、新高校について、過去数回にわたり校舎プランやさまざまの施設について、説明がなされていると聞いておりますが、それが、市ではどのような要望をして、それが今回の整備計画に示されているのかをお伺いしたいと思います。

 次に、この問題は、市の中学校、小学校にとっても大きな問題であります。市教育委員会では、この問題について何か話し合いなどされているのかお聞きしたいと思います。また、教育長の思いでもあれば、お聞かせいただきたいというふうに思います。

 それと、定時制独立校舎の設置及び大曲養護学校の分教室の併設については、どのような御要望をしてきたのかもお聞きしたいと思います。

 また、これは通告書にちょっと書いていませんでしたけれども、報道等によれば、全日制の生徒は校舎完成まで1年間ほど現南高校の校舎を使うとしておりますが、2校の生徒が学べるだけの教室というか、そういうスペースがあるのかということであります。トイレ等の設置などが必要なのかもしれませんけれども、と思いますけれども、仮設の校舎で、増設しなくても現南校の校舎だけで足りるのかということを、ちょっとお聞きしたいというふうに思います。

 次に、この高校問題最後の質問になりますが、両校の同窓会からも、統合に関して市と市民が一体になった参加・協力していく協議会の設置を求める要請があるようですが、これに対して市の対応はどういうふうにするのかという質問であります。県が示している平成26年度開校、平成27年度利用開始ということになれば、基本構想及び整備計画の内容について、市民の声を聞くということも必要ではないかなというふうに思いますし、また、新高校の例えば名称ですとか、校章、校歌、制服などいろいろなことを、これから決めていくことになると思いますが、それらを決定するまでには、決して時間的な余裕はないのではないかというふうに考えるところであります。本来であれば、もっと早く設置し、要望活動などは市と一緒になって進めていくべきだったかと思いますけれども、基本計画が示された今、市民会議といかなくても、協議会なりを設置して物事を進めていくというのが急がれると思いますが、その辺の考えをお聞かせいただきたいというふうに思います。

 次に、市立角館総合病院の改築についてお伺いします。

 市では、市立角館総合病院の平成26年10月ごろの開院に向けて、建設地を決めるために用地選定委員会を設置して検討をされてきました。その委員会の方向性を取りまとめた答申書が、きょう出されたわけであります。これにつきましては、今後、用地決定などは、所管の委員会である教育民生常任委員会で検討されることと思いますけれども、病院の開院が平成26年の10月ごろだとすれば、これから用地の取得、建設地の造成などを含め、建設に着手するまで設計や多くの事務作業もあると思います。時間的に大変厳しいように思われますが、予定の開院というのは可能なのかなというふうなことを、ちょっと伺いたいと思います。時間的に無理があるとすれば、余り無理をせず延ばしても仕方がないのではないかというふうに思うわけでありますけれども、一つ頭に入れていただきたいことなんですが、例えば、事務作業の遅れや各許認可の遅れ等で、着工が遅れた場合でも最終工期は変えないという場合が、私も若干ですが関係の仕事をしているもので、そうした事例が仙北市ということではありませんけれども、時々見受けられます。もちろん、工事期間が短縮されたからといって施工業者が手を抜くとか、ごまかすとかということはあり得ないわけでありますけれども、完成した建物が、すべてではありませんけれども、そういう建物すべてではありませんけれども、全体的に雑な感じがすることも見受けられます。1つの建物をつくり上げるには、それなりの時間が必要であります。より完成度の高い建物にするためには、発注者である行政側の協力も必要ではないかというふうに思いますが、そこら辺どうでしょうか。

 最後の質問になります。

 ことしの桧木内川堤の桜は、野鳥「ウソ」による被害が大分でました。花の下を通っている分には余り気にならなかったかもしれませんが、遠くから全体を見たとき、とても写真に撮れるような花ではなかったというふうに思います。猟友会の方に聞いたんですが、ここ3年ほど有害による駆除はしていないとのことで、このままでは、来年はもっともっと被害が大きくなるのではないかと心配しておりました。野鳥の本能だと思いますが、一緒にいる仲間が犠牲になったり痛い目に遭ったりすると、そこには近づかなくなるということであります。音だけで追い払っても命に危険がないとわかれば、すぐに戻ってくるという学習能力のようなものを持ち合わせているのではないかと思うくらいの行動を取るということでありました。仙北市の観光のメーンでもある桜ですが、一番楽しみにしているのはやっぱり市民でありまして、ことしはどんな花を見せてくれるだろうと開花を心待ちにしていますが、ことしのような桜ではとても残念でなりません。市民が、ことしはいい桜が咲いてくれたと喜ぶ花を、観光客に見てもらうのが最高のサービスでもあるというふうに思います。この桜の「ウソ」の被害による対策をお聞きいたします。

 以上、この場での質問を終わります。この後は自席で伺います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 小林議員の一般質問にお答えをいたします。

 まず初めに、角館高校、角館南高校の統合関連の質問でありますが、1点目の地域に根差した学校にしていくために、県教育委員会にどのような要望をしたのかという件につきましては、平成22年8月に角館地区県立高等学校についての要望書を、県知事並びに県教育長に提出をしています。要望の概要は、1、角館地区統合高校は定時制独立校舎を有する1校2校舎の形態による設置。2、全日制課程は1学年普通科7学級とし、進学コースやビジネス、ものづくり、語学、観光、芸能芸術など多様なコースを設定の上、高度な専門性を履修できる複数の専攻科の設置。3、定時制課程は引きこもりや不登校生徒への対応が可能なフリースクール的空間を備えた昼夜2部制とし、単位制で語学を履修するコースや社会人履修コースの設定がある独立校舎の設置。4、定時制独立校舎に特別支援教育として県立大曲養護学校の小学部、中学部の分教室併設。5、可能な限り早期に、安全・安心な快適な充実した教育環境が確保できる場所としての整備。6、両校校舎の老朽化の改善対策や新たな施設整備については、再編整備のスケジュールとは切り離して早急な対策を講じること。などが大まかな要望内容でありました。

 2点目の両校のPTAや同窓会に対して、新高校について話し合いはできているのかという件の質問でありますが、仙北市として明日の県立高校を考える市民会議に両校の同窓会や教育委員長、教育長、校長会から委員に就任していただき、意見を伺っています。また、県高校教育課では、先月両校のPTA並びに同窓会に対し、角館地区統合高等学校整備計画基本構想案を説明し、理解を得られたと聞いています。

 なお、同窓会、PTAでは、定期的に統合高校の開校に向けての話し合いを行っていると伺っています。ここで、校名、校章、校歌などについて意見交換を行っているとのことでありました。市では現在、関係者による協議会の設立の準備を進めています。

 3点目として、新高校をより充実した、望ましい高校にするための支援をどのように考えているかという質問でありますけれども、例えば地域の歴史や文化など、その道に精通した人材の紹介や、その方を教師、講師として教壇に立たせてもらう地域教師的な制度、生徒と地域の方々が一緒になっての地域活動や、コース別に仙北市独自の研究を行う研修制度等、お話をさせていただいております。県立高校でありますので、財政規律での面で支援に関しては、県と協議する必要があると伺っています。今後は、県教育庁や統合高校側と話し合いを行い、制度上の問題点をクリアしながら、できる限りの支援を行っていきたいと考えています。

 4点目の新高校について、数回にわたり校舎プラン等さまざまな施設について説明がされていると聞いているけれども、市ではどのような要望をしているのかという点、それから6点目の定時制特別校舎の設置及び養護学校分教室併設についてどのような要望をしているのかというのは、関連がありますので、一緒に答弁をさせていただきたいと思います。

 去る8月30日に、県教育庁から角館地区統合高等学校並びに大曲養護学校仙北地区分教室の整備計画案の説明をいただきました。整備計画案によると、統合高校は、全日制1学年6学級とし、4年制大学や看護、医療系大学進学のためのクラスのほか、情報ビジネス系、家庭系、芸術美術系クラス等、多様なコースが設置される予定です。定時制課程については、普通科、昼夜2部制の2クラスとする予定と聞いています。全日制課程の校舎は、現角館高等学校の校舎を平成25年から26年度にかけて耐震改修工事とともに、一部増築工事を行い、平成27年4月に使用を開始する予定です。定時制課程と大曲養護学校仙北地区分教室については、平成27年度に現角館南高等学校の校舎の耐震改修工事を行い、平成28年4月から使用する予定となっています。現角館高等学校の校舎改修工事に伴う騒音や工事車両の往来等が生徒の勉強に支障を来すことから、平成26年4月には、現角館南高等学校に統合高校を開校し、両校生徒が同じ校舎で勉強するとお聞きしています。また、大曲養護学校仙北地区分教室については、大曲養護学校の児童生徒が、通学のため長時間を費やしている現状を早急に解消するため、新校舎ができる平成25年度から27年度までの間、角館児童館を暫定分教室として使用する予定で進めています。

 なお、昨年8月に県知事並びに県教育長に要望した事項については、おおむね受け入れられたと考えておりますけれども、差異があった部分もあります。これを少し説明をしたいと思います。

 市の要望として、学校施設のあり方について、定時制独立校舎を有する1校2校舎の形態による設置としてほしいということに対して、これは要望どおりとなっております。それから、市の要望として、全日制課程における学校整備ということで、1学年普通科7学級とするというところが、県の構想では6学級となっております。それから、国公立大学、難関私立大学や看護系学校への進学、ビジネス、ものづくり、語学、観光、芸能、芸術など多様なコースを設定の上、より高度な専門性を履修できる複数の専攻科の設置に関しましては、県の構想では、国公立大学、難関私立大学や看護系学校への進学コース4クラス、情報、ビジネス系、家庭系、芸術、美術系コース2クラスとなっていて、専攻科の設置については触れていない状況にあります。それから、定時制課程における学校整備について、引きこもりや不登校生徒のためのフリースクール的空間を備えた2部制、午後の部と夜間の部ですけれども、単位制で語学を履修できるコースや社会人履修コースの設定がある独立校舎の設置、また特別支援教育の大曲4学校の児童生徒が通学のために長時間を費やしている現状を解消するために、小学部、中学部の分教室を設置してほしいという市の要望に対し、県の構想案では、普通科、昼夜2部制とし、社会人も履修可能なコースの設定ということで上がっております。また、定時制課程の校舎に大曲4学校の仙北地区分教室を併設するということがあります。しかしながら、要望していたフリースクールには触れておりません。

 それから、校舎設置の場所について、可能な限り早期に安心・安全で快適、充実した教育環境が確保できる場所での整備に対して、平成27年度全日制課程の校舎、平成28年度定時制課程の校舎が使用を開始するということで、これは現状では要望どおりという形になっております。それから、既存校舎の安全性の確保ということについては、先ほどもお話ししたとおり、仮に統合校の実現がかなり先の話になったという場合を想定してのことだったのですけれども、そうなったときには、その統合のスケジュールに関係なく危険な校舎はきちんと改修してほしいという要望でありましたけれども、今回かなり前倒しの状況で校舎の改修が行われるということで、これは意図的なことではなくて、現状としては要望どおりという形になったものというふうに理解をしております。それから、さきに議員から御質問のあった南高校で授業をするとなると、教室は間に合うのかというお話でありましたけれども、この前30日の説明の中では、最初の年26年には、南高校の校舎、敷地に仮設校舎の増築も考えるというお話をいただいております。以上であります。

 それから、5点目の市教育委員会では、この問題について話し合い等をしているのかという質問に対しましては、この件について教育委員会に確認をしております。県教育庁から示された第6次秋田県高等学校総合整備計画など、この件についての資料、情報等を入手の都度、市教育委員会で説明、話題としているそうであります。このほか、県教育庁の説明会等に市教育委員会への出席要請があった場合や、教育委員長、教育長、校長会の代表者が委員として参加をしている「明日の県立高校を考える市民会議」に出席の上、その概要等について教育委員会で説明をしています。

 7点目の統合に関して、市と市民が一体となって参加、協力していく協議会の設置はという点でございますけれども、整備計画案の説明を聞いた段階では、仙北市として要望した内容は先ほどお話ししたとおり、大まかには受け入れていただいたと認識をしております。しかし、学級数、語学系専攻コース、フリースクール等の要望が通っていないことや、細部についても、今後、地域や同窓会からさまざまな要望等出てくることが予想されることから、両校の同窓会や地域、市が連携し、仙北市として統一した意見や要望をまとめて県にお聞きいただく体制を整備したいと考えています。現在、その準備を進めていますけれども、10月3日に角館地区統合高等学校推進協議会(仮称)であります、の設立会議を予定しております。両高校の同窓会、PTAを初め、校長会、小、中のPTAの代表等に参加をいただく予定であります。

 なお、先ほど話をしていた県教育庁の角館地区等統合高等学校並びに大曲養護学校仙北地区分教室の整備計画案については、9月13日開催予定の議会、議員全員協議会のほうで配付をさせていただきたいというふうに考えておりますので、よろしくお察しをお願い申し上げたいと思います。

 それと、2点目の角館総合病院の改築についてでありますが、市立角館総合病院の改築について、予定の26年10月に開院が可能かどうかという質問です。御指摘のとおり、用地取得に伴う事業認定を初め、建築場所によっては都市計画関連の事務作業や税法上の手続きなど、諸般の事情による若干のおくれはあり得るかもしれません。しかし、あくまで26年10月の開院を目指して鋭意努力をしていきたいと思っています。

 なお、本日、市立角館総合病院建設整備用地選定検討委員会の答申書を配付しておりますので、御参照をお願いします。

 議会の皆様には、今後あらゆる機会で御指導賜りますことになりますけれども、本計画が順調に推移できますよう、特段の御協力をお願い申し上げたいと思います。

 私からは、以上であります。



○議長(佐藤峯夫君) 教育長。



◎教育長(熊谷徹君) 小林議員からありました「ウソ」の被害につきまして、答弁させていただきます。

 議員御指摘のとおり、今年の桧木内川堤の桜の上部につきましては、「ウソ」の食害と思われる状況で、非常に花が薄い状況でございました。以前は、猟友会の協力のもとに、駆除を行っておりましたけれども、自然保護熱の高まりの観点、それから市街地内の安全ということから、有害捕獲の実施が困難になってきておりまして、現在は猟銃による駆除は行っておりません。それはなぜかと言いますと、誤って民地とか道路に落ちた場合には、検挙される場合もあり得ると、そういうことでございました。

 当市だけでなく、近隣の桜の名所、例えば横手とか八峰町それから二ツ井、それから弘前市も「ウソ」の食害には大変苦慮をしております。温暖化によって冬期間南下してえさ場を確保していた群れが、そうやって確保していたそうなんですが、この温暖化のために当地にとどまっているということが原因の一つと考えられているということでございました。

 ことしは、温暖化それから積雪の関係で、例年は2月から3月上旬までの飛来なんですが、ことしは1月下旬から3月中旬までであったと、それで「ウソ」というのは繁殖期が5月から8月、12月から3月ごろの冬の間は山里におりて、桜などの芽を食べるというように言われているのだそうでございます。

 その「ウソ」の追い払いですが、猟銃による捕獲が一番効果のある手段だというふうには言われておりますが、先ほどのように市街地での発砲が危険だ、それから騒音が伴う、それから自然保護団体からの抗議ということで、自粛して状況いるであります。以前は「ウソ」の忌避剤、ベフラン塗装剤というのだそうですが、それが農薬登録されておりまして、今現在は製造されておりません。したがいまして、農薬による防除というのも、これも不可能な状況でございます。

 よって、今のところ主に桧木内川堤の巡回をして、原始的ではございますが棒とかロケット花火による追い払い、そういうふうな人海戦術に頼らざるを得ないという現状でございます。本年の2月22日に、弘前城築城400年記念弘前公園桜フォーラムというフォーラムがございました。その場で八峰町は800本の桜があるとお聞きしておりますが、ここの質問がございまして、弘前市では「ウソ」の食害にどんな対処法をしているかという質問がありました。それに対して、担当者、弘前公園ですが、多少の被害は弘前公園ではあきらめていると、そして花芽の数をふやすように施肥や剪定、土壌改良等で対処しているんだというふうな、担当者からの回答がございました。

 本市におきましても、今、桜アドバイザーとして委嘱しております樹木医の御意見をお聞きしながら、ただいまのような方法を取り入れるとともに、人や車に踏み固められた踏圧被害の桜につきましては、土壌改良時に盛り土や柵の設置などのほかに、ドレーンパイプ、それから敷設U字溝を埋設いたしまして、樹木にとって大切な根の伸長を促進させ、加えて通気管も複数設置して、樹勢回復の措置も行っておるところでございます。

 当市におきましても、先進地の弘前市と同様に、花芽をふやしていくことに重点を置きながら、関係機関とも協議しながら、より効果的な対処方法をとっていきたいと考えておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(佐藤峯夫君) 13番、あれですか、高校統合に伴う教育長の答弁はどうされますか。

 再質問してください。



◆13番(小林幸悦君) あれば、思いなど聞かせていただきたいと……



○議長(佐藤峯夫君) 教育長。



◎教育長(熊谷徹君) 私も市長を初め、皆様も非常に角館高校の同窓生の皆様が多いことと思いますが、やはり先ほど議員がおっしゃりましたとおりに、県の事業であります。県の高校教育課の事業でありますので、私ども教育委員会というのは主に幼、小、中と義務教育のほうを担っているものでありますから、必ずしも直截に物を言える立場ではございませんけれども、やはり市民の本当に大切な学校であり、若杉精神、よく進取の気性とか言われますけれども、志を高くした若杉精神、それから清く美しい駒草精神ですか、そういうものを継承した、後はこれからの国際社会、地域社会に貢献するような人材育成の高校ができますように、私どももいろんな形でかかわっていきたいと。

 先ほど市長から大変詳しい、具体的な御説明ございましたけれども、あとは進学コースのみならず、いろんな形で多様な子供たちのニーズに応じることができるようなコースの設置、それから、これも市長からございましたが、やっぱり専攻科、それを何とか語学系等いろいろあるところでありますが、そのような専攻科の設置も含めて、本当に地域密着をした、市民の皆様にも統合してよかったと思われるような高校の設置を目指して、市長並びに議会の皆様、関係者の皆様と協力しながら、いい高校をつくってまいりたいと思っているところでございます。

 以上であります。



○議長(佐藤峯夫君) 教育長、13番は高校統合に伴って、小中学校の教育のあり方等について尋ねている。

 教育長。



◎教育長(熊谷徹君) 小中学校でありますが、現在も、私は仙北市の小中学校は非常に頑張っていると思っております。今後、統合高校ができるに当たって、また子供たちもいろんな選択が、例えば先ほど言いましたように、中にそのまま進学関係のそういうふうなコース以外にも非常に多様なコースを設置していただく、または専攻科を設置していただくことによって、非常に子供たちにも励みになるといいましょうか、僕は角館高校に行ってこういう勉強をしたいとか、いろんな面で励みになるのではないかと、また、先生方もそのような高校に進学させることで、進学指導の面でも頑張っていけるのではないかということで、どういうふうに現場の先生方がおとらえになって、どのような進学指導をなされるかはわからないんですけれども、いずれこれまで以上にキャリア教育も含めまして、意欲のある小中学校運営というのができていくのではないかと、私は期待しているところであります。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 13番。



◆13番(小林幸悦君) いろいろ詳しく説明をいただいたところでありますが、ちょっと確認ということも含めまして、自分が一番ここで言いたかったのは、協議会の設置をぜひ早目にやっていただきたい。さっき稲田議員の質問のところでも、市長の政治姿勢だというそういう協議会とか、そういうのをつくって多様な意見を聞くのは市長の政治姿勢だということでありましたので、私はもっともっと、早くからそういう協議会なりを市長は立ち上げるのではないかなというふうに思っていましたけれども、今、基本計画が示されたわけでありますので、協議会を設置して、いろんな意見を聞いて、先ほどの説明ではおおむねの要望はかなえられているということでありますが、大きな、多様なコースの設置とか、専攻科の設置とかというのを、今後、協議会とともに、一緒に県のほうに要望していくということだと思ってもいいわけですか。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 今の御質問でありますけれども、まず、ちょっと時系列的にお話をさせていただきますと、当初、この両校統合のスケジュールというのは明らかになっておりませんで、聞くところに及ぶという話しかできないんですが、28年度ではないかというような話を聞いたような状況があった中で、先ほど議員が御指摘のとおり、協議会的なものを仙北市というか、同窓会の方々を中心に学校関係者の方々や小中学校の、この後高校に進学していく親御さん方と一緒になって、市で意見を県教育委員会にぶつけていくんだという、そういう気持ちだったんですけれども、そういう塊を幾らでも早くつくりたいという気持ちがありました。で、県の、私のほうから要望を提出させていただいて、きちんとした形で県のほうで計画が出てきたのは今回初めてでありまして、それが出てきた後に協議会をつくっても、その後もう何年もあると、実はちょっとたかをくくっていたところでありましたけれども、非常に速いスケジュールで県立高校を実現したいという県の思いがあったことで、後ろのほうの時間が何もなくなってしまったということで、大変御難儀をかけなければならない状況になっているという現実的な話でありまして、申しわけないと思っております。先ほどお話のとおり、協議会、ぜひつくらせていただきたい、10月につくる予定ですけれども、そこでたくさんの意見をいただきたいと思います。

 その際に、仙北市からもまだ要望として吸い上げていただけていない、例えば今6クラスという状況ですけれども、私ども最初から7クラスということを言っていますし、それから専攻科の設置、それからフリースクール的な空間はぜひとも必要だという話、さらに言うと、屋内運動場の増設、これは今回の計画に一部盛り込まれております。それから部活動というのは青春時代、子供たちにとってはこれもやはり大変重要な時間ですので、部活動を充実させたいということで、仙北地域に歴史と文化を背景としたさまざまなものがありますので、これをぜひ部活動として認めていただきたいというような要望とか、いろいろな、実は、要望もこの協議会の中で皆さんと一緒に議論していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 13番。



◆13番(小林幸悦君) 協議会を設置して、いろいろ要望活動をされていくということでありますので、何とか協議会の方たちと一緒になって、この仙北市にふさわしい高校ができることに力を注いでいただきたいというふうに思いまして、統合問題の話も終わらせていただきます。

 それと、病院の改築についてなんですが、建設用地の取得が決まれば、開院に向けたタイムスケジュールというのが出せると思いますので、市民の方々は26年の秋ごろには新しい病院ができるんだということを思っている方が大勢いらっしゃいますので、もし変わるようなことでもあれば、早目に知らせておいたほうがよろしいのではないかというふうに思います。

 また、これは要望とか意見ではありませんけれども、市内の建設関係の業者からの声なんですが、せっかくのこの大きい工事が、公共工事の施工期間が重なってしまって残念だという声も聞こえてきます。もちろん、県工事と市の工事でありますので、偶然重なってしまったということなんですけれども、今後、仙北市ではこれだけの大きな公共の建築工事というのはなかなかないのではないかなというふうに思います。ご存じのとおり、建設業界も大変厳しい状況にあるわけであります。業者として施工期間が重ならなければ両方の仕事を続けてしていけるのだという期待も確かにあったと思いますけれども、地元業者として仕事ができるというふうに思っていたところだというふうに思います。

 ただ、これは建設業関係の方の思いでありまして、当然1日も早く新しい病院ができてほしいという方もおられますので、既にこのことで答弁を求めることではありませんけれども、そんな声もあるということもちょっとお伝えしておきたいというふうに思います。

 それと、桜の「ウソ」の被害なんですが、猟友会の方にちょっと伺ったことなんですけれども、警察でも決してこの有害の許可を出さないということではないというようなことを言われたんですけれども、いろんな手続等を順序よく踏んでいけば、出るのではないかなということでありました。本当にそうだとすれば、もう一度猟友会の方たちと打ち合わせとかしながら、本当に銃で撃つというのは、やっぱり先ほど教育長が言われたとおりいろんな危険性もなきにしもあらずということであります。ただ、猟友会の人も、そこには本当に大変な細心の注意を払って、今までやってきたようですので、もし許可が取れるようなら、協力も猟友会でもしていきたいというふうなことを言っていましたので、できましたら一度話し合いなどしてみて、これから何とか、来年桜がある程度の被害はしようがないわけですけれども、きれいな桜でみんなが喜べるような桜を咲かせるような対策、何とかお願いしたいなということであります。

 答弁なければよろしいですが、一応、何かありますか。

 もしなければ、私の質問終わりますけれども……



○議長(佐藤峯夫君) 熊谷教育長。



◎教育長(熊谷徹君) わかりました。議員、そこのところ私たちもちょっと詳しく把握してございませんでしたので、早速、猟友会、警察、関係者等いろいろ情報収集いたしまして、何とかよりいい方法を探ってまいりたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。



○議長(佐藤峯夫君) 13番、小林幸悦君の一般質問を以上をもって終わります。

 14時10分まで休憩いたします。

                              (午後1時55分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後2時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△黒沢龍己君



○議長(佐藤峯夫君) 通告により発言を許します。

 9番、黒沢龍己君。



◆9番(黒沢龍己君) それでは、本日最後の一般質問になります。

 今回、私は2点について通告をしておりますので、その2点について順次質問をさせていただきます。

 第1点目として、種苗交換会についてということで通告しております。

 私は、実はこの種苗交換会についてというのは、今回で3回目になります。平成18年に初めてこの議場に立たせていただいて1回目、そして21年に再度、また3年後に行っておる質問で、今回がこれで私の交換会については最後の質問だと思いますので、どうかひとつ市長にはいい答弁を期待しておりますので、よろしくお願いします。

 私としては、本当に18年の前のことをちょっと話をすれば、前市長の石黒市長のときに、何としても合併して仙北市になって、農業の最大のイベントである種苗交換会をぜひ仙北市で開催できないものかということで、第1回目を行いました。そのときの前市長の答弁によりますと、あの当時まだ127回目のときだったと思います。今回、県南の横手市で134回目の種苗交換会が10月の末に開催することになっております。当然、横手市では準備に入っていると思います。そのときの市長の答弁では、7年後の県南の開催の大曲ブロックには、もしかしてチャンス、開催誘致が可能ではないかという答弁をいただいております。そして、その後21年に再度3年の間にどういう、仙北市で交換会を主催するとすれば、課題、どういうような問題点、費用、もろもろの質問をしながら、どういう結果に至っているかということも2回目に質問をしております。そのときは、前石黒市長は、今、検討の時期に入っているし、そしてまた7年後の開催に向けては、いわゆる大曲、この交換会というのは、市長もわかっていると思うし、県南、県北、中央と分けて開催していて、そして地区としては10地区になっております。それで、県南、県北、それと中央のことは私もよく、すぱっとわからないので、県南については、雄勝湯沢が1ブロック、そして横手、羽後町、六郷含めて横手が1ブロック、そして大曲、仙北ということで、大仙市と今の仙北市、そして美郷町で3ブロック目になっております。それで、開催に当たっては、この3ブロックの協議が成立しない限り、仙北の主催は成立しないということになっております。

 そうした中で、石黒前市長のときは、先ほども言いましたように、25年が、もし3地区の首長方の話し合いによっては可能であるということと、それとあとは、もし25年にできなければ、あのときの答弁では協賛みたいな感じで、一部は仙北市、一部はやはり大仙市で行うような形の、余り気の乗らないような、これは私自身も質問しながら、余りやる気ないのかなと判断をしました。そして、ことし23年目で、いよいよこれ本当に実現になれば、もう23年も後半、あとは4、5といいところ2年しかないので、そこら辺含めて、私が質問した2回の中で、今回どうしても25年のチャンスを逃すと、あとはこのブロックの計算で行くと18年から19年来ません。これは確実にそういう、今度は恐らく大仙市が必ず手を挙げてくると思いますし、その辺は、今やらないと仙北市の、私はチャンスがないと思って今取り上げたところですので、どうか市長もわかっている範囲内では、詳しい答弁をよろしくお願いいたします。

 それで、中身としては私が今言ったように、現在の市としての進捗の取り組み状況ということで、どういう、今進捗しているのかというのを第1点、それからあとはこの交換会を開催するに当たって、いろいろな課題があります。これは仙北市の職員並びに我々一人一人の、本当に農業者初め商工業、そしてまた施設によっては教育委員会もかなり力を入れないと、この大イベントをやることはできません。昔、何回か行ったことのある人方は、小中学校、高校ある地域は高校を使って、しかも1週間のイベントで設営がらみで10日から2週間ぐらい学校を休んでまで、各会場でやった記憶もあるし、私自身も見に行った記憶もありますので、今、大分各自治体が文化会館とか市民会館とかいろんな会館があって、大きい市役所では余り施設の準備が難儀していないようだけれども、もしこの仙北市でやるとすれば、私は本当に市民の方々から協力をもらわないと、このイベントはやることはできないと思っております。特に、出品物の展示等については、会場は足りないのかなと自分なりの、または1番の問題は、自分も毎年言っているように、農機具場の展示、物産フェアとか、ああいうのは1町歩とか1町5反歩の面積ではとてもできるような、規模によってそれはできるかと思います。しかしながら、仙北市ではそういうのを見れば、市長は頭に入っていると思うんですが、角館周辺でも今のサッカー場の隣あたり、大威徳山とか、そういう意味ではやれないことはないなと思っております。どうかひとつ、そういう意味で課題解消に向けてもいくらか進んでいるものだかについてお願いします。

 そして、3つ目にさっき言った大仙、美郷の首長同士の話し合いが進まないと、仙北市で幾らやりたいと思ってもこれ、できるものではありません。栗林市長、松田町長からの協力があって初めて仙北市の開催ができることであって、この3首長の話し合いも、市長としてそういう場を設けているのかいないのかの点についてもよろしくご答弁お願いします。

 それと、最後のJA秋田中央会会長、おばこ組合長との話し合いはとも書いております。そして、この主催は、秋田県中央会、いわゆる全中の協力なくして、全中の主催が力になって進めているところです。134回の回数の中で。そしてまた、地元ではJAの秋田おばこの協力がなければ、この開催は到底無理なことですので、この中央会の会長またはおばこの組合長との話し合い等も行われたことがあるのか、またはこれからなのか、その点についてもよろしく答弁お願いいたします。

 以上、まず今、種苗交換会についての質問にさせていただきますが、後はまた自席に入って市長の答弁を聞きながら、質問したいと思いますのでよろしくお願いします。

 次に、2点目に、中川保育所の今後についてということで質問させていただく、ちょっと私自身も地元の議員としてももう少し視野を広げた質問にすればよかったけれども、まず中川保育所のことについて、詳しく聞きたいなということの観点から質問させていただきます。

 今現在、中川保育園は昭和48年に合併前の角館町立中川へき地保育所として、中川小学校の1室を借りて開設しております。そして49年の3月に新築され、そして児童館に移転し、旧町立中川保育園となっております。その後、昭和58年の4月に、きょう保育園のことで、1番議員さんも質問しておりましたが、58年の4月に園舎を現在地に移転し、児童福祉施設として認可され、今現在は仙北市中川保育園と名称を変更し、現在に至っていることであります。定員は、おおむね45名であります。そうした中で、市長も何回か中川保育園に行ったこともあろうかと思いますが、いずれ今の、現在の中川保育園は、小学校と当時隣接しておりました。非常にお互いに連携をとりながら、小学校と保育園と、そしてまた児童館としておりましたが、あそこの跡地に芝浦電子さんという誘致企業が来られてからは、中川保育園と新しく建てていただいた中川小学校との距離が非常に離れていて、しかも保育園に通う園児、または父さん、母さん方の送り迎え、それから19番の高久議員さんは、よく中川小学校のことを覚えていて、大した助かったことを、本当に標識なども見えなくて、中川保育園ってどこにあるんだろうと、来客者見ても本当に位置がわからない状態になっております、現在も。ただ、今余り大きくないんだけれども、看板は立ててもらっておりますが、何せ皆さんご存じのように、県道日三市線というのはああいうような細い道で、中央線のない道で、特に冬期間は非常に不便な、そして事故も結構あります。それは今言ったように、芝浦電子さんの従業員が百数十名も一気に通勤に来るし、そしてまた今言ったようにこの中川保育園の園児、または父さん、母さん方の送りの、歩いていく園児もありますが、ほとんどやはり車で通っておりますので、この中川保育園の、私は一番に建てかえとは書いておりますが、建てかえというよりも、この中川保育園を今児童数が先ほどおおむね45と言いましたが、今現在は38名であります。そして、地元の人が34名かな、白岩から1人、西長野から1名、角館から2名来ております。そうした中で、やはり今後、中川小学校の子供も今は50人おりますが、前回の一般質問で荒木田議員が小学校の生徒数の減少をどうあれしているのかということの質問で、ここ10年で中川小学校も40名ぐらいまで減少する予定だそうです。それは前、教育長からも答弁でいただきました。今、先ほど1番議員が質問したように、待機児童もまだ何十人もいる中で、中川保育園を今後どのような形で考えているのか。例えば、今38人がこのまま中川保育園が老朽化して、築28年になっております。58年から現在まで。そうした中で今後、どのような計画を持っているのかについて、お伺いしたいと思います。

 それと、あとは3つ目の統合や廃園等の考え方、いわゆる生徒数が少なくなって、今回市長の市政報告の中には、民営化等も考える特別委員会を設置すると、そういう検討に入ると、9月には第1回目の話し合いを設けるという市政報告も中にはありました。そういうのも含めて、中川保育園の位置づけをどう考えているのかについてお答え願いたいと思います。

 また、未満児についての受け入れで、先ほど市長の答弁で、未満児の待機児童が一番多いということを答弁の中で話をしておりましたが、中川保育園もこの未満児を受け入れてはおりません。先ほど白岩と言ったかな、それで、中川地域の方々の母さん方の話では、やはりゼロ歳児の保育も中川保育園で必要だし、今の経済状況からいって、やはりゼロから預けてもらえないのかという声が多々あります。そういう中で、今未満児を受け入れない理由というのは、いろいろ条件があると思います。何かの器具が足りないとか、何か必要だとか、そこら辺についてもし中川保育園でもそれが可能なのか可能でないのか、もうあと中川保育園はゼロ歳児は受け入れる要件は全然どういう形になってもできるのかできないのか、その点についての答弁をお願いしたいと思います。

 以上、まずこの席での質問は終わりまして、自席に入って答弁を聞きながらまた再質問をさせていただきたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 門脇市長。



◎市長(門脇光浩君) 黒澤議員の一般質問にお答えをいたします。

 最初の種苗交換会の開催についてですが、東日本大震災後の東北農業のあり方、秋田県農業の現状、仙北市経済の状況、さらに自信を失いかけている仙北市民、職員にとって、秋田県最大の農業の祭典、秋田県種苗交換会を開催するということは、さまざまな視点から大変意義のあることだと感じています。そういう思いを抱きながら、今回答弁をさせていただきます。

 一番目の、現在、市としての取り組みの状況ということでありますけれども、秋田県種苗交換会を仙北市で開催できる可能性や開催する課題等も含め、開催の概要について主催者のJA秋田中央会への聞き取り、また過去の開催地、にかほ市、北秋田市での調査を行っています。まず、平成22年6月3日にはJA秋田中央会へ出向き、開催までの概要及び留意すべき点等について伺っています。開催地の決定は、平成の合併前は県内9市を中心に、中央、県北、県南の持ち回りで9年に1回という、9年ごとの順番が回ってくる仕組みとなっていまして、各市の事情により順番を変更することがありますが、最終的には前年の種苗交換会会期中に、JA秋田中央会の理事会で決定をするということになっているようであります。

 仙北市での開催の可能性としては、開催地の順番が平成25年には県南地区、大仙、仙北の開催地となることから、この時期の開催の可能性を検討しています。開催に当たっては、何より大仙市との調整が重要と認識をしております。

 次に、本年7月28日には、本市で開催する場合の会場の規模及び選定並びに初期段階の準備等について、事前の情報収集のため過去の開催地を視察、調査しています。この報告の内容を少しお話ししたいと思いますが、視察調査地は平成20年に合併した後、開催経験がなく初めて開催したにかほ市と、施設の規模がほぼ同等で、昨年開催の北秋田市を訪ね、当時担当した事務局と会場跡地を視察調査し、さまざまな助言をいただいてきました。

 その結果、特に初めて開催する場合、?開催会場の選定で、集中型、分散型の決定を含めた会場選定が難しいこと、?協賛会の運営方式の検討、これは例えば協賛会の組織、運営方式を予算、経理会計、職員配置を含めた実行委員会方式とするか、あるいは市を中心とした事務局方式で行うか、今後の、これは検討課題ということとなると思います。

 これらのようにJA秋田中央会の助言や、にかほ市、北秋田市の情報をもとに、仙北市での種苗交換会開催に向けた準備作業の1つとして、会場の規模、候補地を検討をしています。課題の解消等についてでありますけれども、今後、仙北市で種苗交換会の開催に対する課題というのは、まず1つには大仙市との調整後、開催の意思を表示すること、2つ目としては、開催会場の候補地の選定、3つ目には、協賛会の運営方式の検討、決定などが考えられます。仙北市開催の意思表示は、大仙市と調整後、今年度横手市で開催される種苗交換会終了から、年度中にはJA秋田おばこへ意思表示しなければいけないと思っています。

 また、開催場所の選定、JA秋田中央会から示された会場規模並びににかほ市、北秋田市で開催された規模を参考に、市内の候補地選定をしています。協賛会の運営方式は、今回開催の横手市の場合、横手市協賛会事業実行委員会が運営をしています。過去の開催地、にかほ市、北秋田市は、市を中心とした事務局方式で運営していますので、運営方式をどのようにするのか、今後具体的な検討に入らなければいけません。

 大仙市長、美郷町長との意見の話し合い等の状況はという質問でありますけれども、現在、大仙市長、美郷町長には、仙北市で開催できたらありがたいという旨のお話にとどめています。会場等、さまざまな開催条件の見込みがつかないままでの御相談では、無責任にもなりかねません。これらを見きわめた上で、仙北市での開催について理解をいただきますよう、この後丁寧に協議をしていきたいと思います。

 JA秋田中央会、それからおばこ組合長との話し合いはという質問でありますが、JA秋田中央会には種苗交換会開催の可能性について、出向いた上で相談をしていて、大仙市等との調整が必要で、地域の熱意が一番の条件だという説明を受けていますので、市の開催意向は伝わっているものととらえています。また、JA秋田おばこの組合長とは、種苗交換会開催に向けた仙北市の意向を伝えてあります。JA秋田おばこの組合員の皆様からも御理解をいただき、仙北市で開催できるよう積極的に取り組みたいと思います。

 次の点の御質問であります。

 中川保育園の今後についてということですけれども、老朽化の進んでいる保育所の建てかえの計画は、という御質問です。市立保育園の中で、建設年時の古い保育園は3カ所、まず、白岩小百合保育園、ここは昭和55年の建設で築後30年が経過しています。次に古いのが、角館西保育園、ここは昭和56年度建設で築後29年の経過です。中川保育園は3つ目に古い保育園で、昭和58年度建設で築後27年を経過した状況となっています。御指摘のとおり、3保育園とも老朽化が進んでいることは事実であります。設備の不備や子供たちの安全面、生活の快適さなどを考えると、早い時期での建物の改修等を実施しなければいけないと認識をしています。保育園の建てかえ、また統合や廃園等の考え方の見直し計画についてですけれども、現在、市立保育園、幼稚園のあり方検討会の設置を進めていて、この委員会の第1回検討委員会を9月中に予定をしていて、本年度内に委員会の報告書を取りまとめいただきたいというふうに考えています。平成24年度には市としての方針を明確にできると考えています。

 今後の園児数は、どのような推移かとの質問でありますけれども、中川保育園の園児数は、本年度4月当初は37人、9月1日現在は38人となっています。過去5年間の園児数の状況を見ると、平成18年度から平成22年度まで、ほぼ41人で推移しています。これは定員45人に対し、平均約92%の入所率です。今後の入園数の見通しは、現在の園児数のうち、保育園地域内は25人、地域外からは13人の入園で、現在の住民登録から見ると、地域内での本年上半期の申請児は3人、地域のゼロ歳から3歳児が非常に少ない状況です。地域外からの入園等を考慮しても、将来の園児数は現在よりも下回った数で推移せざるを得ないと考えています。

 この先、統合や廃園等の考え方、見直しはどうなのかという質問でありますけれども、さっきの質問でもお答えしたとおりであります。市立保育園、幼稚園のあり方検討会の設置後に、委員会から報告を取りまとめいただき、24年度に市としての方針を明確にします。

 未満児を受け入れるに当たっての条件等はという質問でありますけれども、未満児というのは、ゼロ歳児、1歳児、2歳児です、2歳児までを入所させて保育するには、これは午前の高橋議員の質問でもありましたけれども、ハード面の整備、これは保育園の施設整備の基準があります。それにソフト面の整備、これは従事する保育士数の確保であります、これらが不可欠であります。施設基準ですけれども、ゼロ歳、1歳児を入所させる場合は、乳児室、匍匐室、医務室、調理室、便所と哺乳瓶の滅菌をする場所が義務づけられています。あと、面積要件もあります。乳児室は、1人当たり1.65平方メートル以上、匍匐室は1人当たり3.3平方メートル以上となっています。また、2歳児を入所させる基準は、保育室、遊戯室、屋外遊戯場、調理室、便所などがあり、保育室、遊戯室の面積は、1人当たり1.98平方メートル以上、屋外遊戯場は1人当たり3.3平方メートル以上と義務づけられています。保育士数は、乳児はおおむね3人につき1人以上、1歳、2歳児はおおむね6人につき1人以上となっています。障害のある子供を預かる場合は、程度にもよりますけれども、子供1人に対し保育士1人の場合もあります。

 中川保育園は、建設当初から乳児室が設けられていませんでした。むろん、哺乳瓶の滅菌する場所も設置されていないことから、ゼロ歳児の受け入れができない状況であります。これは、角館西保育園も同じ状況です。しかしながら、待機児童数から見ても、入所希望の多い未満児の受け入れ対策は、若い世代の経済的自立支援、子育て支援に欠くことのできない必要性を喫緊の課題と十二分に理解をしております。これを実際のものとできるよう、保育士確保につながる身分安定のための施策をどうするのか、保育園、運営手法をどうするのか、決断に必要な議論は、先ほどお話をした保育園、幼稚園のあり方検討会、十分議論いただき、24年度には指し示しをさせていただきたいというふうに思っております。

 この場からのご答弁は、以上であります。



○議長(佐藤峯夫君) 9番。



◆9番(黒沢龍己君) 二、三、再質問させていただきます。

 まず、種苗交換会については、前回の質問よりもずっと前進しているなという感じはしました。今、市長が申したように、一番課題については、協賛会、運営の方法が一番の課題であるということと、あとは大仙の首長、美郷の首長には具体的にならないと余り早くお願いしてもまずいのではないかという話であります。そのとおりだと思います。形が決まらないうちにお願いだけして、最後できません、実はということは、それこそ仙北市としても手法として余りよい手法ではないと思います。確かにそのとおりと思います。

 ただ、この中央会との話し合いも6月にやっているし、おばこの組合長とも話をしているということで、ただこれ、私としては急がなければならないと思います。そういう気持があると。なぜだかというと、25年というのは、あと来年1年しかないので、本当に会場とかいろんな、それから協力してもらう人方の気持ちを考えると、もう既に今年度中といえば来年の3月31日になるので、その前に私はもっとスピード感を持ってやらないと、このイベントはいわゆる学校関係も当然協力をもらわないとできないと思うし、それとあとは、いろんなというか市長はどう考えているのかわからないけれども、私は一番さっき言ったところで気にしているのは、もし落合球場周辺を広くあいているところを使うとなれば、今の玉川河川に、国のほうで桧木内の橋が建てかえなっている計画です。これは建設部長はよく知っていると思いますが、用地もある程度整理ついて、国が二十四、五年あたりから動くんではないかと、私もこれは確実にしたものではありません。もし、そういうときにあそこの会場が頭に入っていると思えば、橋の改修と一緒になることによって、会場が狭まるとか、いろいろと障害が出るのではないかという点も、私自身はっきりとしたことはわかっていませんが、その辺についてまず市長または建設部長でもわかっていたら、ここ二、三年で、桧木内の河川が改修……

         (発言する人あり)



◆9番(黒沢龍己君) ごめんごめん、桧木内ではない、すみません玉川です。処理場に行く手前のあの橋のことです。あそこがそういう、もし国のほうの計画になっていれば、県の計画になっていれば、もしそれがかち合うとなれば非常に障害が出るのではないかということも、私たち懸念をしております。その点、もし建設部長でも市長でもわかっていわば、その点について。それは何も問題がないとかということであれば、それでいいと思いますが、そのことについてもひとつ御答弁お願いしたいと思います。

 今言った、市長からはスピード感をもっと持ってやってもらいたいということを、もう一度市長、答弁お願いしたいと思います。まず、とりあえず。



○議長(佐藤峯夫君) 市長。



◎市長(門脇光浩君) 開催した場合の会場の確保は大変重要な課題で、仮に25年に開催するとなると、24年には既にイメージづくりをしていなければいけませんし、例えば学校施設を使うとなると、例えば県教育委員会の所管であれば、県のほうにあらかじめ1年前以上にお話をしなければいけないことですし、市の教育施設でも同様であります。学校行事等についても勘案していかなければいけませんので、先ほど答弁したとおり、ことしの種苗交換会が終わるぐらいからは、かなりスピードを上げていかなければいけないというふうに思っています。

 実は、スピードを上げてほしいという話もしていて、職員の方々も実は、一生懸命情報収集しているんですけれども、今この状況でどれぐらい動いていいのかという、実はそういう、何というか動き方に若干の戸惑いがあるというのも正直なところであります。というのは、内容を先ほど話したとおり、運営方式等決まっていない状況で、ほかの、手のつけやすいというか、部分だけ先に調査が始まると、当然、仙北市では、今もう既に関係団体は仙北市で行いたいという旨の内容は知っていますので、どこまで仙北市が、今それを準備するのかということを見ている状況がありまして、動き方については、相当周到な準備をして動かないと、たくさんの方々に御迷惑をおかけするという場面もあり得るということで、できるだけ早い時期にきちんとした準備運営というか、開催に向けての準備の専門的なセクションを設けたいと思っておりますけれども、そのタイミングをいつにするのかというところは、今考えているところであります。

 それから、先ほど話を聞いた大威徳橋の改修のスケジュールについては、私、今手元に資料等なくて、明確にお答えすることができないので、もし建設部長が御答弁できるのであれば、御答弁お願いしたいというふうに思います。



○議長(佐藤峯夫君) 建設部長。



◎建設部長(佐藤秋夫君) 大威徳橋の改修についてお答えをいたします。

 当初、大威徳橋のかけかえについては、平成25年を予定しておりました。ですけれども、その後、用地の関係で共有地があるということで、買収が進んでございません。具体的な日程については、買収に困難を来しているというところまでは、我々のほうに情報提供いただいておりますけれども、具体的な日程については、まだ御相談を受けておりませんので、今回のこの交換会の会場に使うということについては、支障はないのではないかなと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 9番。



◆9番(黒沢龍己君) 今、建設部長の答弁はわかりました。25年にはかち合わないような用地買収も、それは納得しました。あとは、市長が今言ったように、スピード感を持ってこれをやらなければ、全くそのとおりです。もし、こっちの段取り割りしてだめだなんて、全くほかの各自治体も応援しようとしている時期に、最後やっぱりだめだったなんて、そういうことではうまくないと思いますので、どうかひとつその点、私自身も先ほど前段で話したように、この種苗交換会はこれが最大のチャンスだと思います。これを逃してしまえば、あとは我々ここにいる立場ではないかなと、私も本当に思っているので、今、3回目の質問で、あとは一切しませんのでよろしくお願いします。

 それと、あと保育園のことについて、一番心配しているのは、中川の親の人方が、小学校も今減少していて、何とか特別検討委員会の意見だけをのんで、民営化とかまたは廃校とかというのも、どういう検討委員会が答えを出してくれるということが、年度内でなければわからないということでしたが、まず父兄方または保育園の園長先生とも、私ちょっと話をしました。保育園の子供方または親の人方は、民営化についても非常にそういう話が先に進んで、親とも先生方とも話がないがしろになった状態で前にばかり進んでは、これから仙北市の子供にとってもいい結果であればいけれども、本当に慎重を期してくださいということも私自身、父兄の方々、地域の方々に言われておりますので、まず私、きょうここで質問して、検討委員会ということも市長の答弁に出てきておりますので、それ以上突っ込んでもいけないかなと思いますので、どうかひとつ検討委員会だけでなく、やはり父兄の方々、そしてまた保育園の先生方が、本当に納得のいくまで話をして進めるように強く要望したいと思います。

 ちょっと、また元に戻ってあれだけれども、本当に私も種苗交換会はあれです、イベントでは今、市長もあれしているけれども、16年に大仙市でやっているんです、大曲で。その後ずっと来て、私の一番大事というか、水引いているのはなぜかというと、県南で行われている場合、100万近い観客が1週間で来ています。この統計を見れば、一番観客が少ないのは、やっぱり北秋田市、大館であったり、能代だったり、この前の北秋田市は71万人、それで大仙なんていうのは、前回16年は105万人来ています。だからすごい、1週間の動員で、そして宿泊施設は満員、それからいわゆる商売している方々にも、一時的なものだけれども、今の仙北市の状況を見ると、農業であり、農業以外の商工業に勤めている人であれ、いわゆる所得が下がっている現状の中で、これは本当に市長が今、残された折り返しに入るかもしれないけれども、これが市長が頑張ってやることによってまた、市長にも励みになると思いますので、どうかひとつその点考慮しながら、市長のある力を十分に発揮していただければ幸いと思います。

 私の質問は、これで終わります。



○議長(佐藤峯夫君) 9番、黒沢龍己君の一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(佐藤峯夫君) 本日の日程は以上をもって全部終了いたしました。

 よって、本日はこれをもって散会をいたします。

                              (午後2時53分)