議事ロックス -地方議会議事録検索-


秋田県 仙北市

平成20年  2月 定例会 03月19日−06号




平成20年  2月 定例会 − 03月19日−06号







平成20年  2月 定例会



          平成20年第1回仙北市議会定例会会議録

議事日程(第6号)

                 平成20年3月19日(水曜日)午前10時開議

第1 議案第1号 専決処分の承認について

第2 議案第2号 仙北市と大仙市の一般廃棄物の処理に係る事務の委託の廃止について

第3 議案第3号 仙北市西長野交流センター条例制定について

第4 議案第4号 仙北市後期高齢者医療に関する条例制定について

第5 議案第5号 仙北市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に係る固定資産税の課税免除に関する条例制定について

第6 議案第6号 仙北市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例制定について

第7 議案第7号 仙北市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例制定について

第8 議案第8号 仙北市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について

第9 議案第9号 仙北市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について

第10 議案第10号 仙北市教育委員会教育長の給与及び旅費並びに勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例制定について

第11 議案第11号 仙北市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

第12 議案第12号 仙北市基金条例の一部を改正する条例制定について

第13 議案第13号 仙北市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例制定について

第14 議案第14号 仙北市産業振興条例の一部を改正する条例制定について

第15 議案第15号 仙北市営住宅条例の一部を改正する条例制定について

第16 議案第16号 仙北市西木町移動通信用鉄塔条例の一部を改正する条例制定について

第17 議案第17号 仙北市学校林に関する条例の一部を改正する条例制定について

第18 議案第19号 仙北市病院事業使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例制定について

第19 議案第20号 西木村過疎地域自立促進のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例制定について

第20 議案第21号 平成20年度仙北市下水道事業特別会計への繰入れについて

第21 議案第22号 平成20年度仙北市集落排水事業特別会計への繰入れについて

第22 議案第23号 平成20年度仙北市浄化槽事業特別会計への繰入れについて

第23 議案第24号 平成20年度仙北市簡易水道事業特別会計への繰入れについて

第24 議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算

第25 議案第26号 平成20年度仙北市集中管理特別会計予算

第26 議案第27号 平成20年度仙北市下水道事業特別会計予算

第27 議案第28号 平成20年度仙北市集落排水事業特別会計予算

第28 議案第29号 平成20年度仙北市浄化槽事業特別会計予算

第29 議案第30号 平成20年度仙北市国民健康保険特別会計予算

第30 議案第31号 平成20年度仙北市老人保健医療特別会計予算

第31 議案第32号 平成20年度仙北市後期高齢者医療特別会計予算

第32 議案第33号 平成20年度仙北市介護保険特別会計予算

第33 議案第34号 平成20年度仙北市生保内財産区特別会計予算

第34 議案第35号 平成20年度仙北市田沢財産区特別会計予算

第35 議案第36号 平成20年度仙北市雲沢財産区特別会計予算

第36 議案第37号 平成20年度仙北市簡易水道事業特別会計予算

第37 議案第38号 平成20年度仙北市病院事業会計予算

第38 議案第39号 平成20年度仙北市温泉事業会計予算

第39 議案第40号 平成20年度仙北市水道事業会計予算

第40 議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)

第41 議案第42号 平成19年度仙北市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

第42 議案第43号 平成19年度仙北市集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

第43 議案第44号 平成19年度仙北市浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)

第44 議案第45号 平成19年度仙北市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

第45 議案第46号 平成19年度仙北市老人保健医療特別会計補正予算(第3号)

第46 議案第47号 平成19年度仙北市介護保険特別会計補正予算(第3号)

第47 議案第48号 平成19年度仙北市生保内財産区特別会計補正予算(第3号)

第48 議案第49号 平成19年度仙北市田沢財産区特別会計補正予算(第2号)

第49 議案第50号 平成19年度仙北市雲沢財産区特別会計補正予算(第1号)

第50 議案第51号 平成19年度仙北市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

第51 議案第52号 平成19年度仙北市病院事業会計補正予算(第3号)

第52 議案第53号 市道の変更認定について

第53 議案第54号 市道の認定について

第54 議案第55号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について

第55 議案第56号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について

第56 議案第57号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について

第57 議案第58号 桧木内地区中山間地域総合整備事業計画の変更について

第58 議案第59号 仙北市公民館条例の一部を改正する条例制定について

第59 平成19年陳情第27号 秋田内陸縦貫鉄道存続に関する陳情書

第60 陳情第2号 地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める陳情

第61 閉会中の継続調査について

第62 閉会中の継続審査について

第63 後期高齢者医療広域連合議会議員補欠選挙

追加日程

第1 議案第60号 仙北市副市長の選任につき同意を求めることについて

第2 議員提出議案第1号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について

第3 議員提出議案第2号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について

第4 議員提出議案第3号 意見書の提出について(一級河川の権限委譲に関する意見書)

第5 議員提出議案第4号 意見書の提出について(道路特定財源の確保に関する意見書)

第6 議員提出議案第5号 意見書の提出について(地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める意見書)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

      1番 田口寿宜君       2番 佐藤直樹君

      3番 黒沢龍己君       4番 小田嶋 忠君

      5番 大石温基君       6番 安藤 武君

      7番 門脇健郎君       8番 浦山敏雄君

      9番 小林幸悦君      10番 青柳宗五郎君

     11番 八柳良太郎君     12番 真崎寿浩君

     13番 田口喜義君      14番 藤原助一君

     15番 澤田信男君      16番 浅利則夫君

     17番 佐藤宗善君      18番 高久昭二君

     19番 藤原万正君      20番 田口勝次君

     21番 佐々木 章君     22番 平岡 均君

     23番 戸澤 清君      24番 佐藤峯夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長      石黒直次君     副市長     東海林文和君

  教育委員長   佐久間健一君    教育長     小林一雄君

  総務部長    大澤 隆君     市民福祉部長  中村清三郎君

                    田沢湖地域

  産業観光部長  野中秀人君             田口威徳君

                    センター長

  角館地域              西木地域

          藤川 実君             門脇主彦君

  センター長             センター長

  田沢湖病院             角館総合病院

          高田光一君             佐藤秀夫君

  事務長               事務長

  企業局長    雲雀芳幸君     教育次長    大楽 進君

  総務部次長兼            総務部次長兼

          高橋正市君             倉橋典夫君

  総務課長              企画政策課長

  財政課長    黒沢隆悦君     建設課長    佐藤秋夫君

  代表監査委員  三浦一平君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  議会事務局長  大山 誠君     係長      三浦清人君

  書記      高橋精一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(佐藤峯夫君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は24名で、会議の定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 田口建設部長は所要のため欠席であります。代理として、佐藤建設課長の出席を求めております。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号〜陳情第2号の一括上程、委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(佐藤峯夫君) 日程第1、議案第1号 専決処分の承認についてから日程第60、陳情第2号 地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める陳情まで、以上の各案を一括議題といたします。

 各委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長。

 12番。



◆12番(真崎寿浩君) おはようございます。

 総務常任委員会の審査の経過と結果について、朗読をもって御報告をいたします。

 ちょっと虫歯のあんばいが悪くて発音が悪くて大変申しわけなく、聞き取りにくいかと思いますが、御容赦ください。

 平成20年3月10日月曜日、総務常任委員会に付託になりました議案及び継続審査しております陳情につきまして、平成20年3月11日から13日まで仙北市田沢湖庁舎3階第1会議室において委員会を開催しましたので、その審査の経過と結果についてを御報告いたします。

 出席委員は、3月11、12、13日とも8名全員出席でありました。

 説明のため参与として出席を求めた者は、東海林副市長、大澤総務部長、高橋総務部次長兼総務課長、倉橋総務部次長兼企画政策課長、羽川総務課参事、藤村企画政策課参事、重点プロジェクト推進室田口参事、伊藤参事、水平総合情報センター館長、黒沢財政課長、新山税務課長、伊藤管財課長、大石国体事務局長、田口田沢湖地域センター長、柴田総合窓口課長、藤川角館地域センター長、門脇西木地域センター長、成田監査委員事務局長、安杖選挙管理委員会事務局長ほか関係する職員の方々であります。

 会議の書記は、高橋議会事務局主査を任命いたしました。

 案件は、本会議において付託されました議案21件と継続審査中の陳情2件で計23件であります。

 それでは、各案件ごとに御報告をいたします。

 最初に、議案第3号 仙北市西長野交流センター条例制定についての報告です。

 関係課長の詳細な説明を受けました。主な質疑は次のとおりであります。

 条例の中に、福祉向上に資するためとあるが、将来福祉的な面も考慮に入れると理解をしてよいのかという質問が出されました。それにつきましては、福祉関係については、利活用の議論の中でも養護学校の誘致、老人福祉関係の施設転用も話題に上がった。今時点では具体的に話が進んでいるわけではないが、今後検討していきたいとの答弁が出されました。

 公民館的要素としての利活用だけでなく、農業体験の宿泊施設など観光的な面も含めて検討はしなかったのか。維持管理、また収支について、費用をかけてもそれ以上入ってくる形で考えていかなければならないのではないかとの質問に、福祉的な面の活用と体験宿泊施設で活用されないか議論されている。転用した場合、施設の改修、宿泊関係の施設とした場合には、受け皿となる組織づくりが必要になってくることが課題となり、なかなか結論が出ない状況であった。平成20年度から、子ども農山漁村交流プロジェクトがスタートする。その農林水産省補助事業のメニューの中に、廃校舎を宿泊施設に転用することもあるので、今すぐはできないかもしれないが、このことも視野に入れてさらに検討をしたい。田沢、上桧木内とも条例はつくっているが、具体的な利活用がなされていない状態で、維持管理費はかかっている状態である。他の施設に転用するにしても、収益が上がる利用方法について、少なくともプラスマイナスゼロとなるような仕組みにするか考えていきたいという答弁がなされました。

 補助金を返還しなくてよいという理由のために、そのまま何らかの形で利用しなければならない施設は、今後も出てくると思われるが、実際問題として管理費は何百万とかかる。その施設で何をするか考えていかなければ、財政的にますます厳しくなる。建物を建てる場合、何年後どうするか把握した中で建設していかなければならない。このような状況になってしまうので、これからはデータをもって取りかかってもらわなければ、厳しい状態下になるのではないかとの質問には、市においては、学校施設ばかりでなく、遊休施設、遊休土地がある。これについては、平成20年度に(仮称)推進室の中でそれぞれ個別に調査し、処分なり公売なりを考えていく予定でいる。施設の建設については、裏づけが伴わないものは建設できないものと理解している。今後も将来的見通しを持って施設の維持管理、利活用を考えていきたいという答弁がなされました。

 この議案に対する討論としては、経費節減をする立場から、一日も早く指定管理者に移行するよう努力するようにという意見を述べて賛成するという賛成討論が出されておりました。

 また、宿泊施設など観光面で寄与できる形を今後考えて使っていっていただきたいという要望を含み賛成するという、この2つの賛成討論が出されたところであります。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第7号 仙北市移動通信用鉄塔施設整備事業分担金徴収条例制定について、議案につきましては詳細な説明を受けたところであります。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第8号 仙北市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 詳細な説明の後、主な質疑は次のとおりであります。

 労働基準法から8時間以内の労働勤務の場合には、午前と午後に15分ずつの休憩を与えなければならないのではないかとの質問に、6時間を超える場合、少なくとも45分の休憩をとあるので、労働基準法には合致しないという答弁でありました。

 賛成討論として、休憩時間は定められていないが、職場のルールの範囲内で休憩をとり、サービス低下を引き起こさないように、市民に対する接遇、礼儀的なあいさつを注意するよう望み賛成する。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第9号 仙北市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について、関連する議案が第10号 仙北市教育委員会教育長の給与及び旅費並びに勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを報告します。

 2つの議案につきましては、関係課長の詳細な説明を受けました。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で両議案とも原案を可と決定をいたしました。

 議案第11号 仙北市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、主な質疑は次のとおりです。

 管理職はその課内で行われた1日の仕事を把握するのが本来の役割と思われるが、聞こえてくる話は、管理職が早く帰り、そのほかの人は遅くまで頑張っているというようなことが聞こえてくる。実際業務の内容については把握されているのかと確認の意味の質問が出されました。時間外をする場合は、どういう仕事の用務で何時までするのか事前に申請させている。管理職がその場にいるかいないかでなく、職員の信頼を得ていれば、指示によって目的に向かって働く仕組みがつくられると思われるという答弁がなされました。

 意見としては、管理職としての任務をしっかりと発揮をしていただきたいという意見が出されました。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第12号 仙北市基金条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、議案につきましては、詳細な説明を受けた後、主な質疑は次のとおりであります。

 積み立ての原資として市の一般財源を充てるということだが、今後の考え方として、駐車場の収入を充てる方向にいかなければ市の財政が非常に厳しく先細りしていく中で、基金の積み増しが大変難儀と思われる。そのことについて質問がなされました。答弁として、平成19年度補正予算には500万円計上しているが、20年度当初予算には計上はしていない。今後20年度の財政状況を勘案しながら、できる限り積み増しはしたいと思っているという答弁でありました。

 武家屋敷を後世に残すべきものとして、関連する似たような質問でしたが、桜並木駐車場の何%かを積み立てるとか、散策する場合寄附をいただくとか、地域の景観を保持するためお願いすることを含め、財源を確保する手法、方法は何かあるのかと、そういう質問でありました。答弁としては、全国的に知名度があるので、ふるさと納税の受け皿というような考え方でアピールしていきたいという答弁がなされておりました。

 次の質問が、限定した形ではなく、広く網羅する形の基金として創設してはどうかという質問が出されました。そのことにつきましては、伝統的建造物群保存地域に指定を受けた69ヘクタール全体の景観が損なわれることを危惧して、この特定した基金としたという答弁でありました。

 次が、観光税の考え方についての質問が出されました。観光税はお客様から、訪れた観光客からと事業者からと考えられる。旧角館町時代に検討したことがあったが、負担が大きくなるのでやらなかったと認識している。これからそのことも含めながら議論を深めていきたいという答弁がなされました。

 この条例では、取得と限定されているが、借りるケースも出てくると思われるが、その場合の対処の仕方はという質問です。借地などが生じた場合には、この基金ではなく一般予算化することで使用料、賃借料で対応する。この基金については、あくまでも相続でなどで第三者に渡って商業的行為に使われるおそれのある場合を想定し、このような行為を防ぐことを目的に積み立てているものであるという答弁でした。

 意見として、教育委員会の文化財課と十分に協議され、伝統的建造物群保存地区の興廃を防ぐべく、できる限りの対応を要望する。

 もう一つが、市のほかの文化財についても、形はどうあれ、しっかりとした対応を望むものであるという意見が出されたところであります。

 賛成討論としては、1億円積み立てるとなると、500万円ずつにしても20年かかる計算となる。何らかの形で市民と観光客を対象にした募金を前向きに検討すること、空き家及び後継者が県外にいて手放す危険性を伴う屋敷については、しっかりと調査をすること、相手と誠意を持って話し合い、物事を煮詰める努力を、そのようなことを要望し賛成する。

 観光に関する何か一部分使わなければ続かないものと思われる。今後、500万円以上積み立てしなければならないので、何らかのものから何かしらの形で何%とか、早期に具体化をし、対応することを望み、本案に賛成するという討論でありました。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 続きまして、議案第16号 仙北市西木町移動通信用鉄塔条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 議案につきましては、詳細な説明を受けた後の主な質疑は次のとおりであります。

 質疑は省略です。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 続きまして、議案第20号 西木村過疎地域自立促進のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 質疑の内容ですが、この条例をつくられた目的は、企業立地促進法絡みの企業誘致のためのものかという質問が出されました。答弁としては、過疎地域自立促進特別措置法の適用を受ける市町村において、一律に施行した条例である。過疎法の範囲において、企業誘致促進のための条例であるという答弁でありました。

 この条例改正は、なぜ今の時期なのか、理由があって今この時期に出してきたのか、もっと前に改正できなかったのかという質問が出されました。答弁としては、今回期の改正は、総務省令により一部字句の改正があったことによるもので、過疎法が平成22年3月31日までの法律であるので、その時点でなくなるとの理解のもとに、暫定施行の形で条例を残しておいたものである。今回、たまたま総務省令の改正、市の産業振興条例との整合性のために、条例の名前も変えての一部改正であるという答弁が出されました。

 企業立地促進法と過疎地域自立促進法、どちらかに適用させるには市で決めるものなのか、企業との話し合いで決めるものなのかという質問が出されました。条例の趣旨が違うので、進出してきた企業の形態によってどちらの条例を適用するか、市で判断しなければならないと思っているという答弁でありました。

 過疎法は、22年の年度末にこの法律はなくなる。企業立地促進法だけでやっていくことになるのかとの質問に、企業立地促進法、過疎法の対象にならないものについては、産業振興条例の適用になる。

 産業振興条例と過疎条例の一本化はできないのかとの質問に対しては、産業振興条例は、市独自の企業誘致促進の奨励措置、過疎地域と企業立地促進法は国の法律に基づいた条例なので、一本化はできないという答弁でありました。

 本件につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 続きまして、議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算についてであります。

 議案につきましては、関係課長の詳細な説明を受けました。

 まず、最初に歳入について。

 債務負担行為は、昨年に比べ少ないが、あわせて実質公債費比率も高くなっているので、これは県の指導並びに許可をいただくことの、そのことの影響によるものなのかという質問が出されました。答弁としては、債務負担行為で係る経費も実質公債費比率でカウントされるものもあるが、それで債務負担を減らしたということではない。が、極力公債費比率に算入されるような債務負担は、今後も発行しないように努めていきたい。実質公債費比率18%は超えているので、起債を借りる場合は許可制となっているという答弁でありました。

 債務負担行為は今年度はたまたま3件だが、これからの考え方は、今後の考え方はという質問でした。答弁としては、これまでかなりの件数がカウントされている。過去には土地開発公社を使用した件数が非常に多いので、かなり圧迫している現状と見られるが、合併してから発行していないので、年々減っていく状態にあると思っているという答弁でありました。

 公債費のどれくらいの残債があるのかという質問に、一般会計での借り上げ、これが起債見込み額は24億9,860万円、償還元金は約28億9,000万円、現在高見込み額は271億3万7,000円となっている。起債償還元金より起債借り入れ額が少なくなっている状況である。19年度見込みより約3億9,000万円残高が少なくなっている。合併以来、順次少なくなってきているという説明でありました。

 企業会計を省く全会計の残高見込みは391億4,350万5,000円、19年度末見込みが396億8,433万6,000円で、比較すると20年度末は5億4,083万1,000円ほど減ることになる、そういう答弁がなされております。

 1款1項の市税関係についてであります。

 固定資産税、都市計画税の滞納繰越分の予算額がふえている、その理由についての質問が出されました。滞納繰越分につきましては、これで満足するものではないが、この一、二年の状況を見ておおよそ10%から12%程度で計上したものである。今の状況からして、現年度分の徴収率を確保したいということから、このような数字になったという答弁でありました。

 固定資産税、都市計画税、入湯税の滞納額は幾らかとの質問には、固定資産税は2億3,135万8,677円、入湯税につきましては384万8,400円、都市計画税につきましては190万7,790円となっているという説明を受けました。

 昨年から徴収について専用の車を購入し、徴収業務を行っているが、費用対効果はという質問が出されました。今年度の税金徴収の予算は、昨年の実績を踏まえた数字になっているのかとあわせて質問され、答弁としては、昨年8月からことしの2月までの期間では約600万円ほど徴収している。それを踏まえ平成20年度も続けて頑張っていきたい。納税する環境が厳しいので、これからどのような体制でやるか調査、検証していきたいという答弁がなされました。

 市税の落ち込みの原因は何によるものなのかという質問が出されました。答弁としては、住民税の課税所得について3%減、所得構成については、給与所得者が全体の84%を占めており、そのトータルでは6億1,000万円ほどの減、農業所得その他で1億3,000万円の減、合わせて7億4,000万円の減と見込んでいるとの説明でありました。また、市民税の法人の部分については、大手企業が上向いてはいる認識を持っているが、多数を占める市内の法人については引き続き厳しい状況であり、ほぼ同額と見込んでいる。固定資産税は主に宅地の価格下落修正によるものであるという答弁でありました。

 質問として、宅地の下落の修正はわかるが、所得の落ち込みについてももっと具体的に詳細に原因の調査はするべきではないのかとの質問に、給料所得者については伸びがない現状である。農業所得については、収支決算のその内容に基づくと経費のほうが多い状態である。商業関係についても、知名度のある大規模商店は幾らかの伸びはあるが、小規模商店ではほとんど赤字となっており、かなり低迷している状況にあるという報告でありました。

 たばこ税につきまして、その計算根拠と額について。その質問につきましては、市に納付となる額は1本当たり3.3円である。昨年に比べ5%減を見込んでいる。この原因につきましては、喫煙者の減少、皆様わかるとおりのそういう内容の答弁でありました。

 次に、入湯税に関連して、まず最初に東風の湯の利用状況の質問が出されました。答弁では、説明では、利用者数は平成16年度をピークに減少状態が続いている。利用者数は平成19年度当初見込みとほぼ同じと見込み、予算措置をしたところである。102万9,943人掛ける150円の入湯税、そういう計算をしたということです。入湯税を適正にいただく手法について、何か考えはあるのかという質問に対し、昨年に引き続き、ある程度の件数につき実態調査をしている。今年度は3カ所について実態調査を予定している。その場においては、指導並びに状況調査を行う予定でいるという答弁でありました。

 入湯税の使い道について、排湯処理などについてですが、排湯路などの整備や観光施設の整備などの関連する事業に振り向けたらどうなのかという質問が出されました。そのことにつきましては、入湯税は目的税といいながら、財政で使用する場合は一般財源扱いがなされる。環境整備関係、消防に使うことはよしとなっている。温泉水を排水するには、事業者が2つの法律を守って良好な状態にして排水することが基本となっているが、排湯路が必要で市がお手伝いする部分があるとすれば、過去に旧田沢湖町でやっていた事業、そのような事業を実施した経緯があるので、現地を調査して対応しなければならないと思う。入湯税の使い道ということにはこだわらずに、そのような事業は進めていきたいという答弁がなされました。

 次に、12款1項1目の使用料及び手数料、この項に関連して、市民バスの運行について、路線変更が示されているが、今後市民の要望で変更もあるのかという質問がなされました。平成20年度で向生保内線の一部延長、下延八割線でも延長を計画している。また、利用の少ないところには乗り入れを廃止したいところもある。現在運行している路線のほかに別の路線を走らせる計画は、今のところはないという答弁でありました。

 次、駐車場の使用料の中身についてはとの質問が出されました。桜並木駐車場分で普通車が3万3,000台、中型車1,500台、大型車7,500台分を見込んでの予算措置であるという答弁がなされました。

 次に、14款2項2目民生費県補助金、この項に電源立地地域対策交付金がありますが、そのことについての質問。水力発電所に関連づけたところの整備に使われないものなのかの質問が出されております。答弁としては、平成16年度ごろまでは水力発電施設周辺地域交付金という名目であり、それに関連する事業ということで制約があり、水力発電に関連した事業を行っていた。その後、今の電源立地という形で一本化され、使い道が幅広くできるようになった。国としては、できるだけ1つの事業に充当するようにとの指導があり、今のような形になっているという答弁がなされました。

 15款1項2目財産貸付収入利子及び配当金、ここに関連することですが、財政調整基金利子が403万2,000円となっている。昨年19年度は存置項目だったが、この理由はという質問が出されました。答弁としては、本来基金利子は当初に見込んで歳出で積み立てすることが基本だが、合併した際、かなり基金の額が多く把握できず補正対応した経緯がある。20年度については、額にもよるが、利息0.35から0.4%で見込んで計上したものであるという答弁がなされました。

 次に、15款2項1目不動産売払収入、土地について、平成20年度中に調査した上で資料をまとめることだったが、いつごろまでまとめるのかという質問が出されました。答弁としては、予算段階では土地、建物など確実に売り払いが確定していなかったので、存置に予算としている。4月以降、行政改革推進室(仮称)において遊休地、遊休施設を精査し、処分できるものは処分したい計画でいるという答弁でした。

 次に、15款3項1目生保内財産区特別会計繰入金、選挙費用として繰り入れがなされておりますが、財産区管理委員の選挙は何年に1回行われるかという質問が出されました。答弁として、昭和30年代の合併から選挙で選ばれていたが、平成元年度から議会の承認を得て、時の町長からの任命制となった。平成17年に条例改正があり、20年度末から選挙による選出となる。任期は4年である。

 質問として、任命制から選挙に戻ったことについてその理由は何なのか、何か問題があったのかというような質問が出されました。答弁としては、適正な管理をしてきたが、さらに適正な財産管理運営をするため、選挙に戻したものと認識しているという答弁がなされました。関連することは、財産区の予算並びに補正予算のところでも出てきますので、そちらも後ほど報告します。

 次に、19款3項4目農林水産業費貸付金元利収入、この項について。

 株式会社アロマ田沢湖の経営状況ということの質問がなされました。説明では、昨年度よりは経営はかなり改善されている。その理由として、1つだけの施設でなく運営していることから、人件費等において効率的な運営ができているからと思っているという説明でありました。11月末が決算となっており、2月に株主総会が行われている。3月中には決算報告が出されると思う。議会のほうにも速やかに提出したい。11月末の段階で500万円台の黒字となっている報告を受けている。今年度19年度から東風の湯、アルパこまくさの指定管理者となっているが、管理委託料が年度分収入として入っているためと思われるという説明がなされました。

 次に、住宅債、菅沢団地、桜木の里などの市営住宅について、火災報知器設置義務のための予算措置と説明を受けたが、ほかの市営住宅には火災報知器は必要ないのかという質問が出されました。答弁としては、建設年度により2011年度まで義務づけられているものであるが、交付金の対象になるのが今年度はこの3カ所となっているためであるという答弁でありました。

 今度は歳出です。

 2款1項1目の一般管理費、今の厳しい状況を理解するため、民間企業に年何日かでも派遣をするとか、そういう形で研修はできないものかという質問がなされました。答弁としては、平成19年度から県の職員と合同で研修を行ったりしている。今後も資質向上、専門的知識を植えつけることなどを目的に積極的に派遣はしていきたいと思っているとの答弁がなさました。同じような関連する質問がもう一つで、介護関係、福祉関係、それぞれの施設など、短期間でもよいので派遣をし、研修させたらどうかというような質問でした。より多くの職員を研修のため派遣したいと思っているが、スケジュールなど合わなく、思うとおりにはできないが、一人でも多く研修を重ねていただきたいと思っているという答弁でありました。

 次に、文書広報費2款1項2目、県の広報、秋田市の広報などを見ると、広告を載せているものがある。広告料をいただいて経費削減をする考えはないのかという質問がなさました。そのことにつきましては、答弁は、事例を調査し、実施する方向で考えていきたいとの答弁がなされました。

 次に、2款1項6目企画費、地域審議会で答申されたものがどういう形で今後生かされるものか、基本的な考えはとの質問に、答弁としては、合併して第1期の委員はこの答申をもって終了したが、委員の要望で集まってもらい、今回の答申について意見交換をし、答申書を整理、吟味し、施策の中に生かしたい、そのように思っている。

 空き家情報で定住した人がいると聞くが、そのことの確認、またその内容についてとの質問がなされました。答弁としては、問い合わせはたくさんあり、現地を見られた方々もいる。そういう状況の中で、すぐ入れる空き家と手を加えなければ入れない空き家がある。なかなかそう簡単にはいかない状況であるとの答弁でありました。

 問い合わせをする方々についてどういう条件を望んでいるかということについて、もっと詳しく調べる必要があるのではないかという質問が出され、実際問題、望んでいることを把握しないと、空き家の提供だけではうまくいかないものと実感をしてわかった。単に永住してくださいというだけではなく、招致的な感覚で来ていただくとか、短期的な部分、中継的にとかという意味合いでも、場所を提供するとか、多様な形での暮らす場所を設定しないと、なかなかうまくいかないものである、そう思っているという答弁でありました。

 次に、2款1項7目支所及び出張所費、4月から宿日直が廃止されるが、住民サービスに対して低下につながらないものなのか。サービス低下にならないような具体的な方策はとの質問がなされました。答弁としては、説明で平成18年度日直として利用された事務の件数は、田沢では3件、神代では19件と件数が少ない状況であった。そういうことを踏まえて今回決めたことであるが、神代と田沢に全戸配布で、例えば斎場が仮予約できるとかの内容のチラシを配布をした。対応は十分に行っていきたいという答弁がなされました。

 関連して、土日の窓口サービスについては、そのようなサービスをするつもりはないのかという質問が出されました。たまたま今の時期の確定申告は土日も行っている。また、印鑑証明発行については、情報センターで土日行っているという答弁がなされたところであります。

 2款1項9目の交通政策費、デマンド型乗合タクシー、このことについての質問が出されております。料金収入と経費の支出について、その内容についての質問がなされました。平成20年4月から本格運行となるものだが、予算としてかかる経費を397万5,000円とし、直接タクシー会社に入る運賃収入72万円を引いた325万5,000円を補助金の形でタクシー業者に支出する予定でいる。そのうち県の補助金のうちの、この事業、デマンド型乗合タクシーの運行分としては126万6,000円と見ている。運行実績により、額は多少は前後するものと考えているという答弁でありました。

 普通のバスとこのデマンド型乗合タクシーの違いについての質問も出されました。デマンド型タクシーは予約がなければ運行はしない。普通のバスはお客さんがいてもいなくても停留所を定時に回る。デマンド型タクシーは、予約のある場所に決められた時間に行く、それだけなので、決められたルートを走らなくてもよいという利点がある。そのような説明を受けました。

 試験運行の実績についての質問も出されました。10月からの運行ですので、10月420人、11月492人、12月683人、1月689人、2月809人と冬場の利用が伸びた。地域の方々も利用の方法がわかってきたものと認識している。利用の形態なども分析し、本格運行に備えたいという答弁でありました。

 次が内陸線について。考え方として、これから内陸線が生かされていく考え方はという質問がなされました。そのことについての答弁は、存続の考え方については、事務レベルで発言できる部分を超えてしまっているというふうに感じている。昨年7月から内陸線研究会を県が主導で8回行っている。メリット、デメリットなどいろいろなケースで試算したりしている。今の段階でどういう方向になっていくかは出せない段階だ。今年度決算見込みでは、乗車人員が昨年度50万人台だったものが40万人台と厳しい状況にある。収支については、2億6,250万円の損失が2億5,800万円台と若干改善の見込みであるという報告がなされているという答弁がありました。

 次に、2款1項10目総合情報施設費です。総合情報センターは、建設してから年数が経過しているが、小破修理、機器の交換などあるのか、また今後の見通しはという質問がなされました。答弁としては、今のところは小破修理だけで大規模修理の予定はない。今後、屋根の塗装と冷暖房の清掃メンテナンスを考えている。機器のメンテナンスは十分になされているものと認識しているという答弁でありました。

 2款1項12目の諸費、質問としては、訴訟関係の弁護士に対する単価、ここに予算計上されておりますそのことについて具体的な部分の話でしたが、1時間1万円となっている。他の町村の料金を照らし合わせての予算措置であるという説明でありました。具体的な例としては、他町村では、大きな市という表現でありましたが、顧問弁護士を置いているところもある。聞くところによると、高いところでは年間に60万円ほど支出をしているような事例があるという答弁がありました。

 2款2項1目税務総務費のことであります。

 納税奨励費の額の推移について、そのことについての各納税組合長さん方の意見はどのようなものがあったのかという質問がなされました。答弁としては、従前であれば、納めた金額で交付していたが、現在は事務費として組合員数、世帯数を基本に交付している。組合の役員と会議を設け、いかにして予算の中で収納率を高めるために、どういう交付方法がよいか何回か検討はしている。その中では、収納率のパーセンテージで交付率をカットしていくというようなことも検討されている。少ない納税奨励費の中で対応しているのが実情であるという答弁がなされました。

 次に、2款4項5目生保内財産区管理会委員選挙費、これは先ほどの歳入のところでもありましたけれども、任命制からどのような理由で選挙を行うことになったのかとの質問。答弁としては、それぞれの地区の住民の意見は反映はされてはきているが、選挙で選ばれることにより、住民の意見がより深く反映されて、さらに適正な財産管理運営をするため選挙に戻したという認識でいるという説明がありました。

 意見としては、非常に民主的でよいことであると評価するものであると、そのような意見が出されました。

 次に、2款5項2目統計調査費、国の統計資料などについて、市では全く転用できないものなのか、その資料について有効利用はできないものなのか。早い時期に手に入れることにより、そのような質問がなされました。答弁としては、国の指定調査は、調査票を基本的なチェックをするが、内容の集計は市では行わない。県の検収を受け、さらに国へ、若干期間を置いて調査結果が送られてくるというシステムとなっている。国勢調査を例に挙げますと、基本的なところが1年後、さらに詳細な分析結果が二、三年後に送られてくると、そのような内容であるという答弁でありました。

 討論として、生保内財産区の選挙がしっかりとした形で執行をされること、予算査定の際のしっかりとした確認、説明のもと査定することなど要望し、本案には賛成する。

 次が、後期高齢者医療制度は問題を含んだ制度であり、国の制度であっても自治体としても大変な負担と重荷になることが目に見えている。高齢者の経済的負担が大変な状態になる。この制度は廃止すべきで、関連する予算が計上されているので、本案には反対する。

 定住対策を積極的に推進すべきである。北東北の観光拠点都市を目指すテーマを確実に実行するため、統計調査など各資料をしっかりと把握しながらやっていただきたいという要望を付して、本案には賛成するというような討論がなされました。

 本案につきましては、採決の結果、賛成多数により原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第26号 平成20年度仙北市集中管理特別会計予算についてであります。

 詳細な説明を受け、その後の質疑は次のとおりでありますが、石油原油の高騰で物価が上昇しているので、光熱水費も上がるのではないのかなというふうに懸念されるところであるが、どのような基準で予算計上したのかという質問がなされました。答弁としては、各会計に計上された光熱水費を勘案して予算計上した。現在のところは、この予算で年間を通じて間に合うという見込みで予算化をしているという答弁でありました。

 次の質問が、効率的で経済的なことを考慮しながら、抑え込んでいく部分は抑え込まないと、そのようなことが必要となってくるのではないのかという質問でした。その質問に対して、全職員に徹底し、節約に努めたいという答弁がなされました。

 討論としては、原油が高騰し、必要経費がかさむと思われる。そういう中、財政事情を考えれば、どういうところをどのように節減するか、しっかりと見きわめ、その努力を怠ることなくすることを願い、賛成するという賛成討論が出されました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第34号 平成20年度仙北市生保内財産区特別会計予算について。

 詳細な説明を受けました。

 ここの中での賛成討論、財産区管理委員の選挙があるが、区域の方々の民意ができるだけ反映され、民主的に実施され、今後の財産区の運営に寄与されることを要望し、賛成する。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第35号 平成20年度仙北市田沢財産区特別会計予算について。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第36号 平成20年度仙北市雲沢財産区特別会計予算について。

 本案につきましても、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)についてであります。

 最初に歳入、総務使用料のところ、市民バスの利用者の増減について、内容についての質問がなされました。答弁としては、今回の補正は、当初予算の積算に過大な誤差があった。少なく見積もっていたということでした。今後、当初予算の段階で精査をしたい。その誤差の部分、プラスになった部分、向生保内線が累計1万820人で358人の増、中川線累計1万3,148人で627人の増、下延八割線は1万7,361人で1,050人の減となっていると、このような内容であったと。あわせて、試験運行のデマンド型乗合タクシーは3,093人が利用してくださったと、そのような答弁がなされました。

 次に、12款1項5目の商工使用料のところについての桜並木駐車場の使用料の額の推移についての質問でした。平成19年度は3,379万6,000円、平成18年度、前の年は3,791万3,000円、411万円ほど減となっている。このことの理由としては、ちょうどゴールデンウィーク時の桜の開花時期との関係、ずれが生じると、おのずと利用台数も減っていたというような、そのように推測しているという答弁でありました。

 次に、歳出、2款1項6目企画費、システム管理についてということで質問がなされました。現在のシステム、ボリュームも含めての管理体制はどのようになっているのか、今後の見通しというような質問でありました。システム関係については、年々増加をしている。仙北市に限ったことではなく、全国の各自治体市町村とも共通の課題となっている。合併当時、5年ということで契約しているものなので、あと2年半後に更新時期を迎える。年々それぞれのシステムの技術は進歩しているので、それに伴い、経費は下げることができるものと考えている。

 次に、新庁舎整備調査については、調査は終わったのかという質問がなされました。答弁として、平成19年度に中間報告ということで調査の内容を市長に報告している。平成20年度は、調査結果をもとにさらに突っ込んだ検討を行っていくという答弁がなされております。

 監査委員費、監査の手法について、今までとの違いはというような質問がなされました。答弁としては、事務局を設置しない町村のあり方については、合併する前のあり方、監査委員が自分で判断され、みずから監査する実働型監査事務であった。それに書記が補助をする、そのようなスタイル。現在の監査は、事務局を設置して事務局長、書記を置く規定がある。事務局長は、監査委員の命を受け、監査の事務を行う際、書記に命じて事務の補助をさせる、そのようなスタイルとなっている。事務局以下職員は、監査委員の命に基づいて監査事務を行い、監査の内容を復命し、監査委員がその内容を判断し、監査委員が必要と認めるものは現地に出向き、帳簿などを見ることもある。内容的には、実働型から判断型になったものと認識していると、そのような答弁がなされました。

 この議案について討論がなされておりますが、1つ目、後期高齢者医療制度はやるべきではない、中止すべきと、そういう立場でいるので、今回のこの補正予算にも含まれているので反対をする。

 もう一つが、一般会計補正予算としては十分吟味されているものであるので、賛成するという2つの相反する討論がなされました。

 本案につきましては、採決の結果、賛成多数により原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第48号 平成19年度仙北市生保内財産区特別会計補正予算(第3号)について。

 主な質疑は次のとおりであります。

 選挙費、直接はここの補正予算では出てきませんが、財産区という部分で、ここでも質問が出されております。

 任命制で選ばれた委員の任期について、選挙をする時点で任期が満了していない委員がいた場合はどうなるのか、問題はないものなのかという質問がなされました。その質問に対し、答弁としては、現在の管理委員7名のうち6名が平成21年3月24日に満了となる。1名が時期がずれていて平成21年9月までの任期となる。このことを受け、今後事例を参考に対応をしていきたいと思っているという答弁がなされました。

 質問として、裏づけとなる条例が整っていない段階で当初予算は組めないのではないかという質問がなされました。1人の任期が違っていることは事実であるが、条例を見ると、仮に6人でも選挙する必要がある。暫定条例が選挙をするということになっているという説明でした。今後、条例関係を整備することにしているという答弁がなされました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第49号 平成19年度仙北市田沢財産区特別会計補正予算(第2号)について。

 議案につきましては、詳細な説明を受けたところであります。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 議案第50号 平成19年度仙北市雲沢財産区特別会計補正予算(第1号)について報告です。

 議案につきましては、詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第55号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について。

 詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第56号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について報告いたしますが、こちらにつきましても、本案については、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、議案第57号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について、こちらにつきましても、本案については、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定をいたしました。

 次に、陳情についての御報告です。

 1つ目、平成19年陳情第17号 地籍調査錯誤の修正方についてという陳情であります。

 審査の過程で出された意見を申し述べます。

 赤道は、普通6尺、9尺であると思われる。国土調査時、間違いではないが、不十分な形で行われた気がする。直すとすれば、隣接する者同士で決めるべきものと判断する。両者で話し合って進めるべきである。利用者の利用の部分に配慮し、争いの部分は隣同士のことと思われる。

 調停で不調で終わり、納得しない場合は法的に訴えるしかないと思われる。委員会でよしあしの判断はかなり厳しいものがある。もう一度調査したほうがよい。結論を出せないと思う。

 議会のルールでは、よいか悪いかしかない中で、この陳情については判断しにくい。当局の対応の推移を見守りたいと思うなどの意見が出されました。

 一方の当事者である市としての考え方についての質問が出されたところでありました。それに対し、題名が地籍調査錯誤の修正となっている。そうでなければ市としては民事なので介入すべきではない。市は調査するのはやぶさかではないが、隣接する人が譲らなければお金をかけても成果が上がるとは思えないので困っている。予算の工面がつき次第、弁護士に相談してみたいという答弁がなされました。

 そのようなことを受け、さらに調査が必要なため、慎重審査の結果、継続審査と決定をしたところであります。

 次に、平成19年陳情第27号 秋田内陸縦貫鉄道存続に関する陳情書についてであります。

 意見として出されたものをそのまま述べます。

 長年先輩たちが努力し、培ってきた鉄道を観光資源として活用していただきたい切なる願望であるので、存続の問題も絡むが、県の考え方については、ことしの秋あたり−−その前かもしれませんが−−はっきりしてくると思う。地元の意識としては、北秋田市とは温度差はあるのは十分わかるが、あくまで市民運動に発展するよう働きかけをしてもらいたい陳情なので、採択したから存続しなければならないと縛るものでもない。市民運動としての一環として、やるべきことはできる限りやってみる必要があると考えるので、この陳情については採択すべきである。

 次が、県の対応が出るのを待ってからでもよいのではないか。

 次が、仙北市の財政からすると、非常に厳しいくらいの大きな負担額がかかってくるものと思われる。秋田県知事の決断も6月ごろ出るように聞くが、観光面でも見通しが不透明で、金額もかかってくると思われるので−−金額もかかってくるというのは経費がかさむという意味です−−もう少し先を見ながらやっていけばよいと思う。

 次が、存続できるものであれば存続してもらいたい。ただ、現状、県の対応を考えたとき、また市単独でできるようなものでもない。市議会としての対応も含まれてくることから、継続審査とすべきだという意見でした。

 次、財政効果、費用対効果の関係、県の関係からすれば、存続が非常に厳しいとは思う。しかし、廃止になった場合、桧木内並びに上桧木内地区など、さらにさびれていくことが懸念される、心配される。財政的な負担を抜きにして考えた場合は採択して、さらに最終的に県議会、県の常任委員会、知事、また県の当局の判断を見きわめながらやっていくべきと思う。

 次、北秋田地区と仙北地区では考え方は違うと思われるが、この種の陳情が出てきたからには、結果はどうあろうと存続を基本に考えていくほうがよいと思う。内陸線の費用がどうのこうのでなく、関連した施設への効果なども考慮し、採択すべきであるなどの意見が出されました。

 このような意見を踏まえまして、この陳情につきましては、採決の結果、賛成多数で採択することと決定をいたしたところであります。

 以上で報告を終わります。



○議長(佐藤峯夫君) これで総務常任委員長の報告を終わりました。

 11時25分まで休憩いたします。

                             (午前11時14分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                             (午前11時26分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 総務常任委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

 13番。



◆13番(田口喜義君) 議案第25号について、20年度の一般会計予算についてですけれども、入湯税1億5,450万円ですけれども、委員長の報告では排湯処理や、また観光整備に向けたらというような報告でしたけれども、実際そこのあたりがどのようになっているのか、1つ目と。

 それから、2つ目が電源立地地域対策交付金4,760万円ですけれども、前年度より200万円増になっておりますけれども、この増になっている算定の仕方。また、前は水力発電施設周辺整備交付金から電源立地に変わっております。それで、委員長の報告では、電源立地のほうに変わってから幅広く使ってもらうために、また国の考えでは、1つの事業に充当するというような報告でありましたけれども、では実際、この電源立地はどのような、どこに使途されているのかということが2つ目です。

 3つ目は、生保内財産区、歳入歳出、生保内財産区特別会計のほうから報告があったわけですけれども、いずれ7人の委員が任期が6人と、それから1人が9月までということでした。これで委員長の報告では、6人でも選挙するということでして、当局のほうからは、事例を参考にして対応するということと、条例関係の整備をするという報告でありましたけれども、この一括といいますか、1回で選挙をする方法等、委員会の審査の段階で審査されましたら伺いたいと思います。

 以上、3点です。



○議長(佐藤峯夫君) 総務常任委員長。



◆12番(真崎寿浩君) 13番議員の質問に対するお答えを申し上げます。

 まず最初に、入湯税につきまして、使い道につきまして、委員会の審査の中で出た意見は先ほど述べましたとおりでしたが、現状がどの項目にどれだけというような色はついていないと認識をしておりました。どの部分にどれだけ使われているというような具体的な部分、そういう認識はなく、まず一般財源化になっていると、そういう認識で審査を進めていったところであります。

 次に、電源立地のことについてであります。

 このことにつきましても、前は水力発電という項目での交付になっておりました。説明の中では、電源立地という名称が変わる前はある程度制約があったと。それが水力発電に限定しない電源立地、これ、原発も含めてというようなその法の中では、その扱いが、先ほども述べましたとおり緩やかになったということで、どこでどう使われているかということにつきましては、先ほど述べました、具体的に言うと、だしのこ園の保母さんの給料だというような説明で、14款2項2目の民生費県補助金のところの項目で出てきておりますので、そのような形で使われているという説明を受けたところであります。その額のふえた理由、算定基準という部分につきましては、その部分までは審査をしておりませんでした。

 3つ目の財産区の選挙につきまして、このことにつきましては、それぞれの議案、生保内財産区というものが出てくるたびにいろいろ議論というか、質問などが出されたところでありました。ざっくばらんに言いますと、裏づけがないような形での選挙ってできるのかなというような話が始まりだったように記憶しております。というのは、あくまでも任期が6人の方は一緒、残りの1人が9月までという、ずれている場合のこと、そのことを踏まえて、まず最初に予算査定の段階で、そこも確認していたのかというような部分も話が出たところでありました。ただ、平成17年、旧田沢湖の議会の中で……

         (「1回でできるかという」と言う人あり)



◆12番(真崎寿浩君) その部分につきましては、はっきりとしたものがないので、1回でできるとは断定はできないと。その部分についての何らかの手法、まさか任期の違う方にやめれとは言えない、任期があることですので、そういうことはできないので、そういう部分についての何かしらの事例、参考にして対応していきたいという説明があり、委員の中からは、いや、おかしいんでないのかなという意見、先ほども述べましたけれども、裏づけとなるような条例改正とともにその選挙費繰出金とか、選挙費とか出てくればよかったのかなという部分では、いろんな意見が、厳しい意見が出されたところでありました。ただ、17年の旧田沢湖での条例改正のときに決まった暫定条例の中身においては、その時期に選挙を行うという条例となっておりました。具体的に附則もなく、その任期が違う方の部分については、附則とかでも何も書いていませんでした。

 よって、まだその条例が生きているという状況の中では、3月から4月、年度をまたぎますので、まず今年度、20年度の予算にその選挙費を計上すると、1回になるか2回になるかという質問に対しては、明確な答弁はできない状況でありますけれども、そういう形で必ず選挙はまず1回は、20年度の予算の中では1回は行われると、そういう状況であるという説明をもらったところであります。



○議長(佐藤峯夫君) 13番。



◆13番(田口喜義君) 私質問したのは、7人の委員の任期が違うということで、そうすれば、選挙となれば2回やらなければならないような状況になりはしないかと。1回でできるような委員会の意見とかはなかったですかということです。



○議長(佐藤峯夫君) 総務常任委員長。



◆12番(真崎寿浩君) 質問者が言われたとおり、2年も続けて500万円ずつ使うのもばかくさいなというような意見も出され、何かしらの手法で1回に済ませるようなこと、済ませるという言い方はちょっとあれですけれども、選挙を行うという手法で取り組んでいただきたいという要望は出されたところであります。



◆13番(田口喜義君) 終わります。



○議長(佐藤峯夫君) 他にありませんか。

 16番。



◆16番(浅利則夫君) 議案第25号の説明のところで、市民の足の確保のデマンドバスや内陸線の状況等報告はいただけましたけれども、路線バスについて、ちょっと議論はされたのかという点についてお伺いしたいと思います。

 先般、NHKの特集みたいなところで路線バス、秋田県の路線バス支援の補助、これを改正するというようなことで、それによると、仙北市内の路線バス、赤字補てんされている、県も補助してるそのバス12路線のうち10路線も廃止の憂き目に遭うんではないかということで、住民の声まで含めたテレビ報道がされました。ということで、そこら辺、今の県の状況等、市が把握している状況等、審議の中でどういう説明があったのか、今後の方針がどのようなのか、そこら辺、審議状況、審議の内容をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 総務常任委員長。



◆12番(真崎寿浩君) 16番さんにお答えをいたします。

 今、16番さん言われたとおり、そのことにつきましては、当局からの説明ではなく、委員の中からの質問という形で、実際そのNHKの番組の内容についてのことでのことが話題になりました、審査の過程で。そのことについては、当局からは具体的な答弁はいただいておりませんでした。ただ、その中では、話題になったのは事実であります。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 22番。



◆22番(平岡均君) 委員長、歳入の問題で、米価の問題です。予算を立てるためには、国が県がどうであろうと、市は市なりの計算を見込んで立てると思うんだよな。そうでしょう。そういうことが話題になりましたか。



○議長(佐藤峯夫君) 総務常任委員長。



◆12番(真崎寿浩君) 22番さんにお答えをいたします。

 直接的に米価の問題ということでは話題にはなりませんでしたが、税収の部分で農家のまず収入の落ち込みという部分では、その米価の落ち込みという部分も踏まえての説明を受けたところでありました。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 質疑なしと認め、総務常任委員長の報告を終わります。

 次に、教育民生常任委員長の報告を求めます。

 8番。



◆8番(浦山敏雄君) それでは、教育民生常任委員会審査の経過と結果の報告をいたします。

 内容に入らせていただきます。

 平成20年3月10日、教育民生常任委員会に付託となりました議案につきまして、平成20年3月11日から13日の3日間、仙北市田沢湖保健センター2階会議室において委員会を開催しましたので、その審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 出席委員は3日とも8名全員であります。

 説明のため、参与として出席を求めた者は、石黒市長、東海林副市長、小林教育長、大澤総務部長、中村市民福祉部長、大楽教育次長、高田田沢湖病院事務長、佐藤角館総合病院事務長、加藤市民福祉部次長兼環境保全センター所長、下総市民福祉部次長兼福祉事務所長、藤井市民課長、熊谷環境防災課長、橋本保健課長、田口福祉事務所・社会福祉課長、それから高橋福祉事務所・長寿子育て課長、伊藤包括支援センター所長、佐々木教育総務課長、浅利学校教育課長、茂木生涯学習課長、太田文化財課長、高藤田沢湖病院管理総務課長、小玉環境保全センター参事、藤村健康管理センター副所長、三浦たざわこ清眺苑施設長、高橋角館寿楽荘施設長、渡部かくのだて桜苑施設長、佐藤にしき園事務長、熊谷神代診療所事務長、佐藤生涯学習課参事、黒坂文化財課参事、黒沢田沢湖公民館長、小林市民会館長、難波田沢湖図書館長、安杖イベント交流館・学習資料館長、米澤平福記念美術館長、佐藤田沢湖給食センター所長ほか関係職員等であります。

 会議の書記は、議会事務局の能美主査を任命いたしました。

 案件は、本会議において付託された議案18件であります。

 それでは、案件ごとに報告をいたします。

 最初に、議案第1号 専決処分の承認について報告いたします。

 議案については、関係所長等の詳細な説明を受けたところでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案のとおり承認することと決定いたしました。

 次に、議案第2号 仙北市と大仙市の一般廃棄物の処理に係る事務の委託の廃止について報告いたします。

 議案については、関係部課長の詳細な説明を受けたところでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第4号 仙北市後期高齢者医療に関する条例制定について報告いたします。

 議案については、関係部長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 減免できる要件はどのようなものか、また制度が対象者に十分説明されているのかの質問に、減免については基本的には国保と同じである。制度の説明については、ナビ、広報への掲載、老人クラブ等へのPRも行ってきた。また、対象者にはダイレクトメールも発送した。3月末にも再度周知したいと考えているとの答弁があったところでございます。

 本案につきましては、採決の結果、賛成多数で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第13号 仙北市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例制定について報告いたします。

 議案については、関係部長等の詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第17号 仙北市学校林に関する条例の一部を改正する条例制定について報告いたします。

 議案については、関係次長等の詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第19号 仙北市病院事業使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例制定について報告いたします。

 議案については、関係事務長の詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算のうち、教育民生常任委員会関係について御報告を申し上げます。

 議案については、関係部長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 3款民生費については、入浴券を廃止するかわりに、有効な手だてをとると以前に回答をもらっているが、今回の予算に盛り込まれているのかとの質問に、いろいろメニューを検討したが、今回には盛り込めなかった。平成21年度に向け、新たな施策を検討していきたいとの答弁がありました。

 4款衛生費については、東風の湯の19年度の経営状況と指定管理者の委託料は1,200万円で妥当かとの質問に、3月までの見込みで単年度は若干の黒字になるということでございます。委託料については、昨年度までの持ち出し分を基準にしているが、前年までは職員が経営にかかわっていたので、人件費やほかの目に見えない部分で削減になっていると考えているとの答弁がありました。

 また、大腸がん予防事業の内訳はどんなものかとの質問に、大腸がんの内視鏡検査を行うための薬品代等で市から持ち出す部分はその一部である。残りの分は国から研究費として別に出ることになっている。担当の先生が4月末には来て詳しい計画を立てるので、その後に実際に動きが始まることになるとの答弁がありました。

 それから、10款教育費について、不登校に対してどのような対策がとられているのか、また特別支援教育支援員について、どんな人たちが支援員となっているのかとの質問に、不登校の問題については年々多くなってきている。対応については、各学校、教育委員会、地教連によって3つの取り組みがあります。学校はスクールカウンセラーと連携している。市としては、さくら教室という相談室を勤少で開催している。大曲仙北全体ではフレッシュ広場というものを大曲交流センターで実施している。さくら教室からは、2人が学校へ復帰している。支援員については、昨年までは生活サポートといっていましたが、市では11人をお願いする予定だと。教育免許を所有している方、それから幼稚園の教諭、保育士の資格を有して、過去に指導に当たったことのある人にお願いしたいと思っているとの答弁があったところでございます。

 それから、東地区公民館の管理体制についてどう考えているのかとの質問に、現在公民館には職員が2人いる。小野崎家については人事異動か平福記念館で管理するか検討していきたい。また、東地区公民館については、勤少にも1人職員を配置しているので、そこを含め早急に検討したいと思っている。また、人的に足りない場合は教育委員会の職員が交代で行って手伝いしていく。それでも足りなかった場合はパートで考えるということの答弁があったところでございます。

 学校給食費については、地産地消、食育教育、農家との関連はどのように考えているのか、また給食費の口座振替について、他の市町村では口座振替によって滞納額がふえる傾向にあるのに、なぜその方式を取り入れたのか。手続上、しっかりと手順を踏んだのかとの質問に、地産地消、食育教育等については、地元産農産物を積極的に使ったり、給食を生産者と一緒に食べるなどの活動も行っている。現在、地元産の野菜は26%から28%の使用率なので、30%以上を確保する目標に近づけたいということでございます。今後は、生産者団体と協議を持って、年間の野菜の供給について量的な問題、農薬の問題、サイズ、味、安全性の問題にどれだけ対応できるか等、話し合っていかなければならないと考えている。

 それから、給食費の口座振替については、滞納額についてふえる傾向にあることは認識している。ほかの公共料金もほとんど口座振替になっております。集金人方式については、かなり以前から引き受ける人がいないなどの問題もあった。今後も滞納がふえないように努力してまいりたい。手続の手順については、昨年度の給食運営委員会に諮り、了承を得たと考えて進めたが、今後は十分連携をさらに強めて進めたいとの答弁があったところでございます。

 本案については、採決の結果、賛成多数で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第30号 平成20年度仙北市国民健康保険特別会計予算について報告申し上げます。

 議案については、関係部長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 後期高齢者医療制度との関係で、今年度は現行の税率でいくのかとの質問に、平成20年度に国保から75歳以上の方々3,700人から3,800人ほどのようですが、後期高齢者に移行する。その世帯の構成もいろいろでございますので、正確な算出はできないという答弁でございますが、人数は約1万493人との答弁があったところでございます。

 本案については、採決の結果、賛成多数で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第31号 平成20年度仙北市老人保健医療特別会計予算について御報告申し上げます。

 議案については、関係部長等の詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第32号 平成20年度仙北市後期高齢者医療特別会計予算について御報告申し上げます。

 議案については、関係部長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 特別徴収と普通徴収の割合について、予算編成時と実際つかんでいる数字に大きな差異があるが、実態に合わせてやれなかったのかとの質問がありました。予算編成時の割合については、8対2、現在仮徴収の対象者は3,972人となっているところでございますが、8対2ということで、県の広域連合から指示されたもので、それに従ったものであるとの答弁がありました。

 本案につきましては、採決の結果、賛成多数で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第33号 平成20年度仙北市介護保険特別会計予算について報告申し上げます。

 議案については、関係所長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 施設の入所待機者が100人以上いるということで、今後の市の対応についてどう考えているのかという質問がございました。また、施設整備との関係はどうなっているかということでございますが、老人福祉施設整備計画にうたってあるが、市の施設数は今のまま推移していくと思っている。これからは、民間の施設がふえてきているので、民間の協力もお願いしていきたいと考えている。また、老人人口は2020年にピークを迎える予想となっております。ただし、人口は減っていくが、老人世帯、ひとり暮らしの世帯の増加で、施設入所を希望する人が多くなってくると考えられます。今後は、在宅看護の必要性が高くなると思うので、その部分を充実させる施策が非常に重要だと思っているとの答弁があったところでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第38号 平成20年度仙北市病院事業会計予算について御報告申し上げます。

 議案については、関係事務長の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 繰上償還について、さらに低利な起債を起こすのか。前の利率、新たな利率はどれくらいかとの質問がありました。今回の繰上償還については、平成4年5月31日以前に5%以上で借りた起債が対象で、市中の金融機関から借りて繰上償還するものである。平成元年に6.2%、平成2年には6.6%で、当時の大蔵省から借りたものである。来年3月に各金融機関から見積もりをとる予定であり、利率を2.5%に想定しているが、現在2%を切る状態なので、4%以上の差が出てくると思われる。約1億9,200万円くらいのお金が浮いてくるものと思っているとの答弁があったところでございます。

 総務省から医療改革の見直しが出されているが、田沢湖病院の60床中40床の予定なら、70%の入床率が欠けてしまう。医師3名になったので、これをクリアできるのかとの質問に、総務省の改革プランでは、70床を恒常的に切る病院が3年以内に経営の効率化を図り、5年以内に経営形態の見直しを図ることになっている。予算措置後に新しいドクターの配置が決まったので、42床以上は確実にできると思っているとの答弁があったところでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)のうち、教育民生常任委員会関係について報告申し上げます。

 議案については、関係部課長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりです。

 9款消防費について、大曲仙北広域市町村圏組合の負担金の内訳はということの質問に、大曲西分署の建設に伴う負担金が広域に対する仙北市の負担割合に応じて支出するものであるとの答弁があったとございます。

 10款教育費の角館伝統的建造物群保存基金積立金について、条例と予算の計上の仕方について問題はないか。なぜ、条例を制定してから新年度で予算措置できなかったのかとの質問に、今回の条例については、ほかの基金も入っていたため、基金を所管する総務委員会に付託されたものである。通常は、同じ委員会に条例と予算が付託されるものだが、同時に提案しても特に問題はない。また、伝建群のために使ってほしいと4月に寄附を受け、教育委員会内でいろいろ使い道について検討してきて、今の時期になっている。同一会計年度で処理しなければならなかったので、今回予算措置せざるを得なかったとの答弁かありました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第45号 平成19年度仙北市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について報告申し上げます。

 議案については、関係部長等の詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第46号 平成19年度仙北市老人保健医療特別会計補正予算(第3号)について御報告申し上げます。

 議案については、関係課長等の詳細な説明を受けました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第47号 平成19年度仙北市介護保険特別会計補正予算(第3号)について御報告申し上げます。

 議案については、関係所長等の詳細な説明を受け、主な質疑の内容は次のとおりであります。

 給食の委託については、管理栄養士等が業者をしっかり監督、チェックしているのか。業者への指導をしたり、改めてもらったりしているのかとの質問に、チェック体制については、各施設の管理栄養士がメニューを作成し、業者はそれに従って行っている。納入状況等にも栄養士も立ち会っている。業者の現場の指導については、SVスーパーバイザーという方でございますが、巡回しているということでございます。また、2カ月に1回、給食会議を開いて意見を出しているとの答弁がありました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第52号 平成19年度仙北市病院事業会計補正予算(第3号)について御報告申し上げます。

 議案については、関係事務長の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりです。

 角館病院で新病院の検討委員会を立ち上げたと前に聞いたが、どこまで話が進んでいるのか、組合病院の建設計画の話もあるが、今後の位置づけも含めてどんな考えでいるのかとの質問に、検討委員会の中で病院の規模、診療科目、病床数、将来の人口動態、医師の充足率、医療圏の設定等大枠を考え、それにもとに診療部門、管理部門と分けて2つの部会を立ち上げ、検討している。最終的には7月いっぱいごろまで検討委員会へ上げてもらうことになっている。それを糧にマスタープランを作成したいとの答弁がありました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 次に、議案第59号 仙北市公民館条例の一部を改正する条例制定について報告いたします。

 議案については、関係次長等の詳細な説明に続き、主な質疑の内容は次のとおりです。

 平成12年に公民館の位置を一度変更しているのに、補助金の返還を伴う施設ということがわからなかっただけでは済まされないのではないのかとの質問に、目先の公民館の利活用を進めることを重視して、補助金の残がある施設の認識がなかった。責任は十分に感じているとの答弁がありました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可と決定いたしました。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会の御報告を終わります。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長の報告に対する質疑に入ります。

 18番。



◆18番(高久昭二君) ちょっと四、五点、質問させていただきます。

 なるべく簡潔に質問しますので、もし審議なさらなかったらなさらなかったで結構ですので、よろしくお願いします。

 初めに、議案第4号 後期高齢者医療制度に関する条例制定につきまして、先ほどの委員長の御報告では、減免は原則として国保と同じ規則でやっていくんだというふうなことの御報告でございましたが、そうすれば、この減免の規定については、今回の条例でなく、今後の規則を制定してなさるのか、その規則はいつ制定なさるのか。4月1日からこの制度が開始するということになっておりますので、その点についての市当局からの説明なり、または各委員の皆様からの御質問、御意見等があったのかなかったのかも、あわせて答弁をよろしくお願いしたいと思います。

 それから、仙北市の学校林につきまして、議案第17号、今回は統合小学校におけるための措置ではございますけれども、現在の学校林の管理なり、保育体制がどのようになっているのかの意見や当局からの御説明はあったのかなかったのか、御質問したいと思います。

 次に、議案第25号、今回の入浴券廃止に伴う、委員の方から、今回の廃止に伴って新たな施策はどのようになっているのかというふうな御質問に対しての答弁は、今回は盛り込めなかったが、21年度に向けて新たな施策を検討されるということでありましたけれども、そうすれば20年度は全く何もないというふうなことになりかねないというふうなことで、市民の方々の入浴券の廃止に非常にがっかりなさっている方々も結構聞こえてきますので、何らかの20年度に検討なさるというふうなことは、全く当局ではないのかということを、ひとつ確認したいと思います。

 次に、教育費の関係で、さくら教室3名の方々が利用されており、勤労青少年ホームをお使いになっているということも私も知っておりますけれども、例えば西木地区、田沢湖地区等における対象生徒さん方がおられた場合は、なるべくその地域に近いところのほうが、より不登校の生徒さん方、父兄の方々も助かるのではないかなと思いますが、そういうふうな議論はあったのかなかったのか、お知らせ願いたいと思います。

 次に、議案第30号の平成20年度国保特別会計に関連いたしまして、後期高齢者の制度に伴い、国保から抜けることによる、国保を支えている人数が大幅に減少する見込みであります。そのためには、今後いろいろな点で国保財政が厳しさが予想されますので、今後国保税の引き上げを市当局のほうで今検討、20年度ですね、なさっているのかということの質問や、また当局から御説明があったのかという点についてお知らせ願いたいと思います。

 それから、もう一つは、平成20年度の一般会計予算の中での議案第25号での10款教育費1項5目スクールバスの管理費関係で616万9,000円の予算について、この備品購入はどのようになさるのか、そして西長野地域の児童・生徒さんを搬送するため、何かその点の説明なり、委員の各位からの御質問があったのかなかったのか、その点についてお聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長。



◆8番(浦山敏雄君) まず最初に、議案第4号でございますが、国保と制度が同じなのかということで、減免とかということでございますが、これは減免の規則については、秋田県の後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例というのがございまして、それにいわゆる徴収猶予だとか、あるいは保険料の減免だとかということでなっておりますので、この条例に従って進めているということでございますので、今、新しい規則をつくるのかということについては、議論になっておりません。

 それから、仙北市学校林のことですが、これについても、当局から管理状況、あるいはそういうものについても説明がございませんでした。

 それから、議案第25号でございましたが、入浴券の発行でございますが、これは当局からの説明は、20年度は廃止をもちろんするということでございますが、21年度に向けた施策といいますか、そういう考え方を20年度で詰めていくということでございますし、あるいはそれにかわって福祉だとか保健だとか、そういうものについての全体についても、そういうものにかわるものについて検討してまいって、21年度には上げていきたいということでございました。

 それから、さくら教室で勤労少年の西木、田沢湖ということでございますが、これは議論になっておりません。

 それから、国保特別会計でございますが、国保の率でございますが、これについては、いろいろ当局から答弁もいただいたところですが、率を上げるとか、あるいは下げるとかということになれば、まだ数字的には具体的になっておらないということもつかみにくいということもありますが、そういう関係で率を上げるとか下げるとかという議論にはなっておりません。

 それから、10款の備品購入ですけれども、これについては、私ども一つ一つ議論したわけですけれども、これについては特に説明も受けなかったし、ありませんでした。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 18番。



◆18番(高久昭二君) 時間も回っていますので、手短に言います。

 今回の後期高齢者医療制度に関する条例制定に係る秋田県後期高齢者医療連合の条例規則等に基づいて進めていくというふうなことであれば、当然当該委員会にはその点の後期高齢者の、秋田県のですよ、後期高齢者医療連合の条例規則等を提示しまして、その説明なり、または御意見を求めていくということが、本来はあってしかるべきではないかと。特に新制度でありますので、そういうことが当該委員会でなされなかったのかどうか、その点についてお尋ねしたいと思います。

 それから、入浴券の廃止については、私は本会議、また別の会議等で聞いたときは、それにかわる新たな施策をやりたいというふうなことが、たびたび当局から答弁されておりましたので、20年度が全くないということで、それを再度確認したいと思います。

 それから、議案第30号の平成20年度国保特別会計の関係では、国保からのかなりの人数の世帯が抜けるということでは、国保財政がかなり厳しくなるのではないかなということを、私も予測されますが、そういうふうな質問なり御意見なり、または当局からの説明はあったのかなかったのか、その点だけもう一回確認したいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長。



◆8番(浦山敏雄君) 入浴券の関係でございますが、これについては、それにかわるものが出てくるのではないのかなというふうに我々も思ってあれしたんだけれども、それについては先ほど申し上げたとおり、20年度はそれにかわるものということはないと。ただ、いわゆる保健なり福祉なり、そういうものの全体の中で、これを20年度でいろんな施策を考えてそれを進めていくと、21年度からは実施したいという答弁があったところでございますので、そのようにお願いしたいと思います。

 それから、後期高齢者の関係ですが、これについては、全員入るようになっていると思いますけれども、委員の方々に。後期高齢者の医療に関する条例ということで、秋田県の条例に従って進めているということでございますので、保険料の減免、これは17条ですね。18条にも載ってますし、そういうことで、これについて進めているということでしたので、これからまた規則等がもし出てくるとすれば、それはいつごろ出るとかという議論にはなっておりませんので、よろしくお願いしたいと思います。

 それから、もう1点は、国保の率が変わるのか、高くなるか安くなるかと、簡単に言えばそういうことだと思いますけれども、それについては、まだ人数が確定しておりませんので、それは委員会の中に報告はできません、出ておらないということでございました。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 6番。



◆6番(安藤武君) 議案第25号、統合小学校での件については、いろいろ話が出たと思うんですけど、その中でバス通学の件についてのお話もなかったんですよ。そういう現場の混乱ぶりをちょっと文書がありますので、これを紹介して質問させていただきます。

 これは、東小学校の校長先生から出ているんですけれども、3月13日、統合小学校バス通学を予定している児童の保護者の皆さまへと。バス通学希望者の実態についてのお知らせとお願いということでありますが、「いよいよあした最終日になります。本日新小学校への安全な登校のためにバスで通う子供さんについて、一堂に集めて乗車マナー等について指導しました。その際、家庭からの通学方法調査の結果に踏まえて、乗る可能性のある子供たち全員を集めたところ、50人ばかり集合しました。これに新入生を合わせると60人ぐらいになりそうです。(朝だけとか、天候ぐあいを見てという家庭もあります)。一方、西宮家に尋ねてバスの乗車定員などを確かめたところ、大人の人数で29人定員だということがわかりました。現在のところ、この60人くらいの子供が毎日利用するとは限らないことでありますけれども、もしかしたら、朝には全員乗れないということもあるのではないかと危惧しています。教育委員会にもこの実態をお知らせしましたが、バスの関係の方と相談してみますとのことでした。そして、この状況をお考えくださって、徒歩が可能な子供さんについては、できるだけ……



○議長(佐藤峯夫君) 6番、質問の趣旨だけお話しください。



◆6番(安藤武君) はい、すぐ入ります。

 バスの関係者の方と相談してみますということでした。そしてこの状況を考えてくださって、徒歩が可能な子供さんについては、できるだけ徒歩をお願いするようにと指示を受けましたので、本日その取り急ぎお知らせをします」という文書であります。

 次のことについて審査をしたのかということを伺うものであります。ちょっと長くなりまして申しわけないです。

 通学手段については、やはり保護者の通知、案内、連絡等は教育委員会が責任持って出すべきではないかなというふうな観点から、こういうことを審査したのかということでありますし、2番目は、この文書でいって、問い合わせはどこで受け付けるのか。学校では困っているという様子がよくわかるんですけれども、こういうあれが審査の対象になったのか。

 それから3番目は、教育委員会が入学児童、あるいはバス通学の児童について把握していなかったのではないかというふうに、これから何か思われるわけでありますが、やはりその任務を怠っているのではないかということと、もう一つは、最後ですけれども、基本設計のなかったのをやっぱり裏づけているその文書でないかなと、現場で非常に困っているというような内容を理解できるんですけれども、こういう形の中で審査したのかということであります。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長。



◆8番(浦山敏雄君) お答えします。

 今、私もその陳情の文書の内容は聞きましたけれども、その内容について委員会でそれを承知しながら検討した、議論したことはございません。そういうことで、教育委員会としては、やはり前からもお話ししたとおり、通学児童、あるいは父兄、学校、そういうものが一体となって進めていくように、それは前の委員会、ずっと流れてきておりますので、そういう配慮はするはずですし、またすると思います。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 22番。



◆22番(平岡均君) 最近、例の後期医療の文書が役所からそれぞれの対象者に送付されました。ちょっと教えてください。

 その文書なんですが、18万円以下の人の分です。ここに、年金から天引きされない人は、年金から天引きできない人は18万円以下です、普通徴収をすると、こう書いてあります。いいですか。だれが普通徴収をするのかということが話題になったのか。保証人をとることを話題にしたのか。人のお金ですからね。同意書をとることを話題にしたのか。それから、人のお金ですから、判こをとることを話題にしたのか。

 それから、75歳以上の人を、市民ですからね、市長の判こが欲しいのか、こんなことです。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長。



◆8番(浦山敏雄君) お答えします。

 保険料の納め方については、御指摘のとおり、年額が18万円以上の方は年金から差し引かれるということでございます。それが特別徴収ということでございますし、それから納付書やそれ以外の納付の仕方は、納付書など口座振替とかそういうことで徴収になりますし、それは市町村に納めることになります。

 ということで、それからあと後段のいわゆる判こをもらうとか、そういう事務手続については、委員会ではそこまで深くは検討しておりません。



○議長(佐藤峯夫君) 13番。



◆13番(田口喜義君) 議案第25号についてですけれども、議案質疑でも質問しておりましたけれども、給食費の滞納についてです。

 大楽教育次長が答弁で滞納額は636万円、内訳は角館154万円、西木73万円、田沢湖は41万円で、これが集計しますと田沢湖が409万円になるわけですけれども、聞くところによると、西木が7万3,000円で田沢湖で12万円で、角館が585万円で、計605万円の滞納額だっていうようなことでありますけれども、実際は幾らだったのかということと、もう一つ、平成20年度の仙北市の給食費の納入方法は、口座振替を行うという委員長の報告でありましたけれども、それは、口座振替にする理由については、他も口座振替がふえているということと、集金人のなり手がないということと、それから給食運営協議会の了解を得ているという委員長の報告でありましたけれども、それでは委員会では、この滞納額がふえていることについて、また滞納額の処理をどのようにするのか、徴収方法についても審査いたしましたら伺いたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長。



◆8番(浦山敏雄君) 先ほどのいわゆる収入未済額といいますか、滞納ですね。これは私ども数字的なあれはある程度いただいておりましたので、角館の過年度分は141件の562万4,010円、過年度分ですね。ちなみに19年度はまだ決まっておりませんけれども、3月に今の調定するそうですので、それが312万8,200円になっています。18年度は調定したのが81万9,625円になってます。

 それから、収入未済額、これを合計しますと、田沢湖、西木とありますけれども、581万7,995円です。今回の3月の調定がありますので、それが743万9,475円になっていますので1,300万円ぐらいになりますね。3月分がどのくらい入ってくるのか、それはちょっとまだわかりませんけれども。そういうことでございます、金額的には。

 それから、いろいろ延滞になっている方々については、督促はどうしているかということでございますが、平成20年5月からは口座振替するということに決めているようですし、ただやはり委員会で聞いたところによれば、教育委員会の担当課のほうでそれをお願いしにいくということでございました。

         (「委員長、私の質問は委員会でどのような審査をしたかということです。当局のあれはわかるから」と言う人あり)



◆8番(浦山敏雄君) それを受け、委員会としては、これは放置しておけないから、とにかく今までどおり職員がお願いしたということでございますし、そういうことで強力にチームでもつくって、とにかくこれを進めていかなければいけないという委員会の意見にもなってます。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 13番。



◆13番(田口喜義君) 私は、その口座振替、あるいは銀行振込にして、それで滞納額が増加しないのかという、そういうのを委員会で、大丈夫なのかという審査をしたかということです。

 それと、滞納額の合計が888万円だかというような話、何だか足して本当に合うのかどうかということ。

 それから、もう一つ、委員会がチームをつくって徴収というんですか、滞納処理に当たるということですけれども、それは平成20年度からそうするということですか。



○議長(佐藤峯夫君) 教育民生常任委員長。



◆8番(浦山敏雄君) そうするという決定したものではございませんけれども、委員会としては、そういうふうにして徴収していかないとだめじゃないかなというふうに結論をしておりますし、議論しております。

 それから、もう一つは金額ですけれども、これは私は受けた金額は、今申し上げたとおり収入未済額は581万7,000円だということです。そういうことで変わっておりません。

 それから、ふえているかふえてないのかというお話でございましたけれども、それはふえています。ふえていくんでないかなということもあるし、ふえているというお話をいただきましたので、それで委員会としては、こういう振替の制度が各機関で検討してもらった結果、そういうことで進めたいということでしたので、委員会もそれについては、振替やむを得ないのではないのかなというふうに判断しております。



○議長(佐藤峯夫君) お諮りいたします。

 ただいま13番議員の中で、滞納金の金額、あるいは滞納期間、そのものについての数字の相違が見られますので、暫時休憩をして、改めて教育民生常任委員長から報告をさせたいと思いますが、いかがですか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) よろしゅうございますか。

 それでは、13時30分まで休憩いたします。

                              (午後0時26分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後1時31分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 8番、教育民生常任委員長より答弁を求めます。



◆8番(浦山敏雄君) 先ほどの13番さんの質問に対してお答え申し上げます。

 給食費の滞納、未収額は、2月末現在の額でございますが、18年度まで合計が581万7,995円、それから19年度、2月までですけれども、162万2,570円、総合計しますと744万565円ということになります。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 旧町村ごとの別は出てないの。



◆8番(浦山敏雄君) もし町村ごとだとすれば、角館の給食センターが562万4,010円、18年度までです、これは。田沢湖が12万80円、西木が7万3,905円、それから19年度の2月末までが角館給食センターが59万275円、それから田沢湖が59万75円、西木が44万2,220円、これが19年2月末まででございまして、合計が162万2,570円ということになります。



○議長(佐藤峯夫君) 他にありませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 質疑なしと認めます。

 教育民生常任委員長の報告を終わります。

 次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。

 7番。



◆7番(門脇健郎君) 恒例で委員の任期は2年ということになっておりますので、その例によればこれが最後の委員長としての報告になると思いますので、ひとつよろしくお願いをいたします。

 産業建設常任委員会審査の経過と結果の報告をいたします。

 平成20年3月10日、産業建設常任委員会に付託になりました議案及び陳情につきまして、平成20年3月11、12、13日の3日間、田沢湖総合開発センター大集会室において委員会を開催いたしましたので、その審査の経過と結果について報告申し上げます。

 委員は全員出席いたしております。

 説明のため参与として出席を求めた者は、東海林副市長、野中産業観光部長、田口農村整備課長、布谷農政課長、佐藤観光課長、花脇商工課長、田口建設部長、佐藤建設課長、草なぎ都市整備課長、高田下水道課長、雲雀企業局長、高田業務課長、高村工務課長、武藤農業委員会事務局長ほか関係職員であります。議案の中で、市長にも一時参与していただきました。

 会議の書記には、田口議会事務局主査を任命いたしました。

 案件は、本会議において付託された議案23件、陳情2件、意見書についての審査2件、合わせて27件であります。

 それでは、案件ごとに報告をいたします。

 議案第5号 仙北市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に係る固定資産税の課税免除に関する条例制定について。

 関係当局の詳細な説明を受けましたが、もう少しかみ砕いた説明を委員から求められ、このことについては、次の説明がありました。

 木材関連産業集積に係る基本計画に基づく固定資産税の減免措置を定めるための条例制定である。これを受けることによって、優遇措置として交付税の算入、減価償却の特例、保険の適用、農地転用手続の迅速化等がある。交付税との関係は、対象企業が10年間固定資産税が免除される最初の3年間は企業立地促進法で対応すれば、その3年間の固定資産税の75%が普通交付税で算入されるということであります。

 企業進出の可能性に期待しているのは、バイオマス関係、断熱材関係であるということであります。

 集積区域については、仙北市全体が区域指定となっております。仙北市に進出した企業が要件を満たした場合、条例を適用するというものであるという説明でありました。

 働く場所の確保が求められている。条例制定を機に企業進出が実現されるよう、強力に取り組んでほしいという委員からの発言がございました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第6号 仙北市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例制定についてであります。

 本案につきましては、規模拡大に伴って圃場が分散しがちな実態に対応して、担い手に農地をまとまった形で団地化して集積するための支援事業であるということで、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 それから、議案第14号 仙北市産業振興条例の一部を改正する条例制定について。

 本条例により指定した奨励事業所に対して課すべき固定資産税が、他の条例の規定により免除の対象となる場合においては、その免除をもって本条例による固定資産税相当額の奨励金の交付がなされたものとみなすということを規定したものを追加するものでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第15号 仙北市営住宅条例の一部を改正する条例制定について。

 この条例は、市営住宅の入居に関し、暴力団の排除に係る措置を新たに条例で規定するための改正でございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 それから、議案第21号、22号、23号、24号は、いずれも特別会計への繰り入れについてということでございますので、4案とも慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算。

 議案については、関係当局の詳細な説明をいただきました。

 農業所得の向上のための冬期間の振興対策についての質問に対し、旧田沢湖、西木地区では、特定農山村基金事業で冬期農業として冬の冷気を利用した寒じめホウレンソウ、タラの芽、アスパラ、ミツバ等の栽培の経緯がございます。最近では夢プランや林業関係の補助事業を活用した菌床シイタケの栽培農家が好調である。農業所得の減少は、特に米価の下落によるものが大きな原因と分析され、冬期の農業所得を以前と比較した場合、寒じめホウレンソウ等の栽培により、比較的よくなっていると考える。地域振興局では、米以外の作物を推進しており、仙北市でも補助事業を活用した稲作単一経営からの脱却を目指したいと考えているということでございます。

 最近の冬場の農家の傾向として、大規模農家に見られる農外収入追求農家、それから小規模農家でも園芸関係では青色申告などの経理を充実しながら夏場の準備に備える農家、冬場も農業に取り組みたいという農家の3パターンに大別される。特に西木地区では1戸の畜産農家の飼育頭数がふえ、年間所得向上につながってきている。延べで100頭近く飼育できる状況になり、後継者も生まれてきている。また、種菌キノコ栽培については、昨年林業関係の事業導入で、現在冬場8万個の種菌を栽培農家に出荷している。種菌代だけでも約1,800万円となり、市場価格で計算すると約1億円近い金額の種菌を地域に供給していることになる。また、来年度には夢プランの補助事業を活用し、玄米パン製造希望者もあり、農家の意向は多様化している。こうした積極的に取り組む意欲ある農業者の好みに合った施策を少しずつでも実施していきたいという説明がございました。

 森林整備地域活動支援交付金事業の内容についての質問には、個々の所有者が森林を整備するための作業に対する補助金ではなく、林齢(45年生以下)に応じた間伐等の作業をする計画を策定するための補助だということであります。面積的には30ヘクタール以上の森林施業計画の作成ということで、この計画を策定するための交付金だということであります。平成19年から平成23年までの事業で、平成20年は約5,760ヘクタールを予定しているということでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第27号 平成20年度仙北市下水道事業特別会計予算。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第28号 平成20年度仙北市集落排水事業特別会計予算。

 主な質疑として、田沢地区においては、平成19年は処理場の地下に埋まる処理槽部分、平成20年では処理槽の上に立つ上屋の完成、事業期間は平成21年までで処理場と管渠整備を行い、平成22年4月供用開始を目的とするという説明がございました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第29号 平成20年度仙北市浄化槽事業特別会計予算。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべものと決定をいたしました。

 議案第37号 平成20年度仙北市簡易水道事業特別会計予算。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第39号 平成20年度仙北市温泉事業会計予算。

 関係当局の詳細な説明があり、委員から排湯処理計画についての質問がありました。自然から出た温泉を自然に返すということは問題ございませんが、その温泉を使用することによっていろいろな法律に抵触してくる。例えば、公衆浴場で体を洗ったり石けんを使ったりした場合、当然その施設で浄化の上で処理するという形をとらなければならない。温泉は流れているので自然のごみ等も入ってくる。それがたまった状態で非常に不衛生で見た目も悪い。それを側溝整備で整備してきたが、新市になってからは事業は行われていない。昨年、アルパを整備したときに、高原の温泉街に上から一気に水が来るということで、その対処として建設部で側溝を整備し、その際に下の道路にたまった汚染水を処理し、升をつけて流した経緯がある。

 現在、観光施設整備として行われていない。排湯処理においては、お客様に快適に過ごしてもらうため、建設、企業、観光内で今後の対応について検討し、提案して進めていくということでございました。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第40号 平成20年度仙北市水道事業会計予算。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)。

 議案については、関係当局の詳細な説明に続き、主な質疑は次のとおりであります。

 8款土木費、地方道路整備臨時交付金事業の組み替えについての質疑には、次のような答弁がありました。この事業で実施していた田沢湖橋耐震補強工事は、JRとの事前協議において、仙北市の整備で進めることとなっていたが、JR秋田支店から近接工事であるためJRの事業となったということで、JRの受託事業として平成21年度でなければ実施できないことになったため、検討した結果、この事業費を同じ枠の中で実施する栃木六本杉線の事業費に組み替えするもの。主な使途は移転補費等であるということでございます。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第42号 平成19年度仙北市下水道事業特別会計補正予算(第3号)。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第43号 平成19年度仙北市集落排水事業特別会計補正予算(第3号)。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第44号 平成19年度仙北市浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第51号 平成19年度仙北市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第53号 市道の変更認定について。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第54号 市道の認定について。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 議案第58号 桧木内地区中山間地域総合整備事業計画の変更について。

 本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。

 陳情第1号 住宅地内の前川水路一部改修の陳情。

 本案につきましては、現地を確認したが、さらに調査が必要のため、継続審査とすべきものといたしました。

 陳情第2号 地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める陳情でございますが、本案につきましては、慎重審査の結果、全会一致で採択すべきものと決定をいたしました。議員提出議案として本会議に提出することにいたしました。

 次に、当局提案の一級河川の権限委譲に関する意見書提出についてでございますが、慎重審査の結果、全会一致で関係省庁に意見書を提出すべきものとし、議員提出議案として本会議に提出することにいたしました。

 要望書、道路特定財源の確保に関する意見書提出について。

 このことについては、慎重審査の結果、全会一致で関係省庁に意見書を提出すべきものとし、議員提出議案として本会議に提出することにいたしました。

 以上が産業建設常任委員会に付託された議案に対する審査報告であります。委員会から次の意見を付して終わりたいと思います。

 1つには、工業団地の造成についてでございます。

 県による企業誘致のための大規模工業団地の候補地については、採択にならなかったようですが、県内の16カ所の候補地の中で2番目という高い評価を受けた。仙北市は今、農林業の低迷や相次ぐ企業の倒産で市民生活は困窮している。企業誘致は緊急の課題であり、工業団地の造成を急ぎ、企業の進出に備えるべきである。

 次に、古城山の賃借料について。

 これは賃借料が高い、あるいは借地の有効利用がなされてないというようなことで、いろんな意見が出たわけでございますが、このことについては、平成19年度から委員会で活発な議論が展開され、予算案に意見を付した経緯がある。賃借料についての契約内容と経緯の検証、整備計画の明確な方針を確立すべきである。

 3つ目、田沢湖高原の観光について。

 というよりも、これは冬期観光ということを考えたわけですが、農家所得が低迷する中、仙北市の活性化を考えた場合、スキー場の閉鎖が続く田沢湖高原地区の冬期観光のあり方について着目すべきと考える。活性化計画及び活性化に向けた財源について配慮すべきである。

 以上で報告を終わります。



○議長(佐藤峯夫君) 産業建設常任委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 18番。



◆18番(高久昭二君) ちょっと5点ほど簡単にお聞きしたいと思いますので、もし委員会で審査なさらなかったらなさらなかったで結構でございますので、ひとつよろしくお願いいたします。

 まず初めに、議案第15号の仙北市営住宅条例の一部を改正する条例制定につきましては、委員長報告されましたとおり、いろいろ暴力団の問題等が全国的にも発生してございますので、当然必要な条例だということも私は認識するものではございますけれども、この際に、警察署並びに公安委員会等から、そういうふうな個人情報ですね、そういうふうなことを担当課なり部署で収集するものなのかどうか。はっきり暴力団であるということを決めつけるからには、やっぱりはっきりした証拠といいますか、市が裏づけが当然必要かと私は思いますので、その点は、もし当局からの御説明なり、または審査等、委員の方々からの御質問、御意見はあったのかなかったのか、お知らせ願いたいと思います。

 2つ目には、議案第25号の8款土木費2目道路維持費、今回は9,325万5,000円でございますけれども、これは報告には触れてございませんでしたが、平成19年度が1,454万6,000円で、若干下がっておるわけでございますが、これについて道路補修等がかなり維持補修が必要箇所が多数見受けられますし、逆に予算が非常に厳しいということも一方では聞こえてきますが、その予算的な面で道路補修等で御意見や御質問なり、当局からのお話があったのかなかったのか、ひとつお知らせ願いたいと思います。

 それから次に、議案第28号の平成20年度集落排水事業特別会計予算でございますが、先ほど田沢地区の事業について詳しく御説明いただきましたが、やはりなかなか利用者が非常に少ないと。これは田沢地区に限らず、旧角館、西木もそうだと思いますが、利用者促進に向けたお話し合い等、御意見等がもし出たのであれば、ひとつお示し願いたいと思います。

 4番目には、議案第40号の平成20年度仙北市水道事業会計予算でございますが、たしかお話によれば、20年度から旧田沢湖、角館、西木地区の水道料金の統一化を図るというようなことを前々から伺っておりましたが、その話があったのかなかったのか、またはアンケートも以前、旧角館地区ではとられたようですが、その報告なりお話に触れておらなかったのかどうか、ひとつ教えていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 産業建設常任委員長。



◆7番(門脇健郎君) 15号については、おっしゃるとおり、暴力団であるかどうかということを確認するには、大変難しい面があるんですが、暴力団の見きわめについては警察との連携により判断したいと。プライバシーの関係で問題はあるが、暴力団が一般の方々に迷惑をかけないよう、反社会的行為の対策についての明確な方針を打ち出して、公営住宅から排除していくという目的であるということでございます。

 具体的なことについては、今後の対応になるんですけれども、行政の中でいろいろまだ検討していかなければならないという話でございました。

 それから、道路維持費……、何ページなんでしたか、道路維持費は……。

         (「61ページです」と言う人あり)



◆7番(門脇健郎君) これは道路維持費の補修費関係ですが、作業員の賃金、あるいは機械の借上料、地下道の排水ポンプの電気料だとか、保守管理の委託料、補修修繕工事費等の予算でございますけれども、これは修繕料維持費補修ですから、今から予想できないものも当然あり得るわけですから、その局面に達したときはそれなりに対処していくということであります。

 この28号については、利用者は西木で事業をしたときも、事業はするけれども、なかなか最終的には加入者が伸びないという悩みの点がございましたし、今もそういう点で苦労しているはずでございます。このことは、特別中核に入った議論はしませんでしたけれども、努力していただくことを期待いたしたいと思います。

 それから、40号については議論がございませんでした。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 18番、よろしいですか。

         (「はい」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 質疑を終わります。

 産業建設常任委員長の報告を以上をもって終わります。

 これより討論を行います。

 日程第1、議案第1号 専決処分の承認についてから、日程第3、議案第3号 仙北市西長野交流センター条例制定についてまで一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第4、議案第4号 仙北市後期高齢者医療に関する条例制定についての討論を行います。

 通告より発言を許します。

 18番、高久昭二君。



◆18番(高久昭二君) 議案第4号につきまして、反対の立場から一言発言させていただきます。

 仙北市後期高齢者医療に関する条例制定につきましては、今回の条例が4月1日から開始するための制度に合わせた仙北市としての条例の制定でございますけれども、一番のこの国のねらいは、これまで被扶養者、つまり会社勤めの方、サラリーマンの方々が会社で負担していた分をすべてその世帯、具体的には高齢者本人に払わせると、その仕組みの1つとして特別徴収、つまり年金から天引きすると、そういうふうな制度を行う中での問題でございます。

 これにはかなり広く多くの市民の方々が不安とそして困惑、さらには反発がかなり出てまいっております。これを実施すれば、必ず大きな社会問題になりかねないと思うわけでございますので、市としてもいろいろ立場があろうかとは思いますけれども、この条例制定につきましては、取りやめるべきだというふうな立場から、私は反対の討論をさせていただきます。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 以上で通告による討論は終わります。

 日程第5、議案第5号 仙北市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に係る固定資産税の課税免除に関する条例制定についてから、日程第23、議案第24号 平成20年度仙北市簡易水道事業特別会計の繰入れについてまで一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第24、議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算の討論を行います。

 通告により発言を許します。

 22番、平岡均君。



◆22番(平岡均君) 25号について、反対の立場で討論に参加をしたいと思います。

 ここは農林業が基幹産業の市であります。私は、教育との関係がまことに薄いのではないかというふうに考える者の一人であります。八十数%を超える山林を持つ、山と湖と温泉というのは、旧田沢湖町のキャッチフレーズでありました。ところが、営林署が廃止をされ、何十本とある河川の手入れもほとんどされない、これで本当に農業は続けられるんでしょうか。学校の現場では、わざわざ農業が基幹産業という、幼児教育から小、中に至るまで、わざわざ勤労体験学習というものをやる。どこか私は矛盾を感じる者の一人であります。都会から来る子供たちが、生き生きとして農林業にいそしむというのが実態であります。どうかこういう恵まれた条件にあるものを有効に活用しながら、これから進めていきたい、いってもらいたいという立場で反対せざるを得ないというものであります。



○議長(佐藤峯夫君) 22番、平岡均君の討論を終わります。

 次に、13番、田口喜義君。



◆13番(田口喜義君) 議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算に対して、賛成の立場から討論をさせていただきます。

 平成20年度の歳入は、市債を除くこの3年間で一番低い歳入になっております。これは、市税の落ち込みによるもの、特に所得が昨年より7億4,000万円の減、子育てをしながら家庭を支えている給与所得が6億1,000万円と著しく減少をしております。今の仙北市は、負担が大きく所得が少ない、極めて危機的状況にあります。速やかに重点プロジェクト事業による所得アップを図るための事業展開が重要であります。また、民間でできるものは民間への方針は、どのような形で進めるのか。慎重かつスピーディーに行わなければならないわけですが、進めるに当たっては、市民にわかりやすく理解を得ることが重要であります。さらに、コンパクトで効率的な市役所、充実した市役所を実現して、財政危機を脱却するためにも、今以上の職員にやる気を持たせること、職員一丸となった取り組みが重要であり、そのためにも市長が先頭に立ってトップダウンで臨むことであります。

 安全、安心の中にあって市民の所得の向上、そして魅力と活力あふれる仙北市の実現を申し上げまして、賛成の討論といたします。



○議長(佐藤峯夫君) 13番、田口喜義君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 日程第25、議案第26号 平成20年度仙北市集中管理特別会計予算及び日程第26、議案第27号 平成20年度仙北市下水道事業特別会計予算を一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第27、議案第28号 平成20年度仙北市集落排水事業特別会計予算の討論を行います。

 通告により発言を許します。

 15番、澤田信男君。



◆15番(澤田信男君) 議案第28号 仙北市集落排水事業特別会計予算に対して、賛成の立場で討論をいたします。

 生活排水処理は、汚水の処理、トイレの水洗化といった生活環境の改善はもとより、河川などの水質改善や資源循環型社会の構築に不可欠な社会資本であり、早急な整備が求められていると思います。この生活排水処理には、公共下水道、農業集落排水、合併浄化槽等の方法があるわけですけれども、仙北市ではこれまでこの3つを組み合わせて快適な生活環境の整備をしてきました。仙北市に限らず、どこの地方自治体においても財源が厳しいと言われておりますけれども、この厳しい財政の中にあっては、この生活排水処理の仕方の組み合わせを考えなくてはならないというふうに思います。

 農業集落排水での1戸当たりの投下財源は、500万円から600万円ほどだそうであります。一方、合併浄化槽ですと、7人槽で予算案では105万円、19年度の入札実績では94万円ほどであります。農業集落排水の5分の1から6分の1の財源でできることになります。加入率が芳しくないと言われております農集排に対しまして、合併浄化槽の加入率は100%になるわけであります。来年度以降の予算編成時には予算のローリングシステムを活用いたしまして、新しい計画の生活排水処理方法を農業集落排水から合併浄化槽方式に見直すように強く要望いたしまして、議案第28号 平成20年度仙北市集落排水事業特別会計予算に賛成をいたします。



○議長(佐藤峯夫君) 15番、澤田信男君の討論を終わります。

 日程第28、議案第29号 平成20年度仙北市浄化槽事業特別会計予算の討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第29、議案第30号 平成20年度仙北市国民健康保険特別会計から日程第32、議案第33号 平成20年度仙北市介護保険特別会計予算まで一括して討論を行います。

 通告により発言を許します。

 22番、平岡均君。4件続けて討論を行ってください。



◆22番(平岡均君) はい、了解。

 30号の国保の会計です。

 これは御承知のとおり、大変な今負担になっております。今、介護保険の令書と一緒の紙が来ますね。あれは徴収率を上げるための1つの方法だと思うんですが、大変な負担になっています。実は、介護保険のときもそうだったんですが、被保険者の同意もとらない、判こもとらないだったんですよ。当然、それを私は反対を当時もしました。今回も反対します。

 続いて、31号です。

 これも同じなんですが、今度後期高齢者の問題が登場してまいりました。これも、30号と関係がありますから言うんですが、甚大な影響を与えると思うんですよ。今、全国の医師会の皆さんが、思想信条政党政派を問わず、この会計事業に対して大変な危惧の念を抱いて問題にしております。私は、この場で仙北市の皆さん、特に国保で治療を受けていらっしゃる、あるいは入院をしていらっしゃる皆さんのために反対せざるを得ないということであります。

 32号、後期高齢者の問題です。

 先ほど申し上げたんですが、これ市が出した文書なんですね。読んでもなかなかわからないんですよ。いわゆる18万円未満の人のことです。これ、だれが書いたかわかりませんが、普通徴収というところがあります、括弧内にね。だれが納めるかわからない。保証人はもちろん書いてませんよ、保証人と。同意書をとるとも言ってない。年金から天引きするとは書いてます。介護保険料をまず取るわけでしょう。今度、後期高齢者、これも年金から天引きでしょう。取られない人いると思うんですよ。もちろん判こもとらない。当該市町村の市長いらっしゃいますが、市長は市民の代表さんですからね。行政責任を問われる。これ、どうするんでしょうね、私はわかりません、これ。生活保護ということも考えることもあるかもしれません、それは。中には嫌な人もいるんですね、そういうことは。ここのところ何回読んでもわからない。

 そして、納め方にこう書いてありますよ。市役所から送られてくる納付書で、納期内に指定された金融機関で納めます、こう書いているんですよ。これも何の意味かわからない。くどくど言いません。

 以上、反対であります。

 続けて、今度は介護保険、これも相変わらず介護保険、どんどん進んできました。今、介護認定度1、2、3とかあります。60歳で国民年金を受けてしまった方は、例えばグループホームへ入る人がどれくらい負担されているか、皆さん御承知だと思うんですが、大変な負担になっています。まず10万円は下りませんね。24時間見てもらいますからね、心配ないんですが。ただ、2人そろって入っている人いるんですよ。そうすると、20万円超すわけでしょう。とても払えたもんじゃない。片方が出るんですよ、払えないわけ。うちに帰されるといいますか、うちに帰ってみんな働けないわけですから、だれかが職場をやめて介護する。うちにいて介護する。収入がなくなる。そういう、私流に言うと悲惨な悲劇が始まっておる。みんな国保の問題と介護保険料と後期高齢者医療制度は、皆3点セットなんです。

 今度は、皆さん御承知だと思うんですが、この4月1日から始まるわけでしょう。

 ここに見本というのがあるんですよ。薄くて見えないんですがね。こういう小さい、国保のカード1人ずつ持たせられてますね。被保険者1人1枚。あれに磁気で入れ込みするんですよ。年金と介護保険料と後期高齢者と、もう一つ何かあるんですよ。どれか1つ欠けると医療機関にかかれません。受け付けしません。

 そして、もう一つ大事なのは、例えば私なら私が医者にかかる。月に50万円なら50万円という医療枠が設けられるんですよ。医療枠。その枠を超すと、例えば入院なんかすると医療枠がたちまちなくなっちゃうんですよ。そうすると病院は経営できない、歓迎する患者さんでありませんから。あとは退院させられます。そういうものを4月1日、法律化になりましたからね。決まったんです。4月1日施行されますよ。今、準備してますよ。ところが、あんまり知られてない。そういうことで、私はこのことに反対をしているわけです。



○議長(佐藤峯夫君) 22番、平岡均君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 日程第33、議案第34号 平成20年度仙北市生保内財産区特別会計予算から日程第36、議案第37号 平成20年度仙北市簡易水道事業特別会計予算まで一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第37、議案第38号 平成20年度仙北市病院事業会計予算の討論を行います。

 通告により発言を許します。

 22番、平岡均君。



◆22番(平岡均君) 久々に賛成討論をします。

 この問題は、当市立の2つの病院医療機関にとっては大変な今、環境的にも内容的にも大きい問題がずっと横たわっているわけで、市民の、市外の患者さんも来てくれるわけなんですが、ぜひとも市民の健康を、市民外の人たちの健康を守るためにも、病院の事業を本当によくしてもらって、安心して市民生活が送れるように、頑張ってみんなで応援しながらいい市立病院をつくっていきたい、そういう立場で大賛成の討論であります。



○議長(佐藤峯夫君) 22番、平岡均君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 日程第38、議案第39号 平成20年度仙北市温泉事業会計予算及び日程第39、議案第40号 平成20年度仙北市水道事業会計予算を一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第40、議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)の討論を行います。

 通告により発言を許します。

 18番、高久昭二君。



◆18番(高久昭二君) 議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)につきまして、反対の立場から討論させていただきます。

 歳入13款、今回の補正につきましては、国庫予算の関係から歳入940万8,000円が後期高齢者の医療制度に対する創設準備事業の補助金として今回予算措置されてございますけれども、これは国が制度を4月から実施するために、国から出された補助に基づいた予算が組まれておるわけでございます。一番問題なのは、現在に至るまでも仙北市としての高齢者関係市民に対する説明会すら開かれておらず、単なる最近の広報なりで発行したのみで、全く市民の方々に不安を与えてございます。そういう説明責任を果たしてないという意味合いも含めまして、今回の平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)については、反対をするものでございます。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 18番、高久昭二君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 日程第41、議案第42号 平成19年度仙北市下水道事業特別会計補正予算(第3号)から日程第43、議案第44号 平成19年度仙北市浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)まで一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 日程第44、議案第45号 平成19年度仙北市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の討論を行います。

 通告により発言を許します。

 18番、高久昭二君。



◆18番(高久昭二君) 議案第45号 平成19年度仙北市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)につきまして、反対の立場から一言討論させていただきます。

 特に、歳出10款1項1目予備費3,733万8,000円につきましては、平成19年度当初、2,865万6,000円から、さらに3,733万8,000円と大幅に増額されてございます。厳しい国保財政事情であるとか、そういう中で、国保税が高齢者を含む農家、自営業者と負担が重くのしかかり、また滞納額も高額となっている現在、このうちの2,000万円でも2,500万円でも減額をして、予備費から流用して少しでも税率の引き下げに回すべきではないかと考えるものでございますので、そういうことも実施されてございませんので、本議案には反対をいたします。

 以上です。



○議長(佐藤峯夫君) 18番、高久昭二君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 日程第45、議案第46号 仙北市老人保健医療特別会計補正予算(第3号)から日程第58、議案第59号 仙北市公民館条例の一部を改正する条例制定についてまで一括して討論を行いますが、通告がありませんので、これで討論を終わります。

 14時45分まで休憩いたします。

                              (午後2時32分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後2時46分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 日程第59、平成19年陳情第27号 秋田内陸縦貫鉄道存続に関する陳情書の討論を行いますが、討論ありませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) これで討論を終わります。

 日程第60、陳情第2号 地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める陳情の討論を行いますが、討論ありませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これですべての討論を終わりました。

 これより採決を行います。

 日程第1、議案第1号 専決処分の承認についてから日程第3、議案第3号 仙北市西長野交流センター条例制定についてまでの各案を一括して採決いたします。

 以上の各案は各常任委員長報告のとおり原案のとおり承認及び決することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の各案は原案のとおり承認及び可決されました。

 日程第4、議案第4号 仙北市後期高齢者医療に関する条例制定についてを採決いたします。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第5、議案第5号 仙北市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に係る固定資産税の課税免除に関する条例制定についてから日程第23、議案第24号 平成20年度仙北市簡易水道事業特別会計への繰入れについてまでの各案を一括して採決いたします。

 以上の各案は各常任委員長の報告のとおり原案のとおり決することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の各案は原案のとおり可決されました。

 日程第24、議案第25号 平成20年度仙北市一般会計予算の採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第25、議案第26号 平成20年度仙北市集中管理特別会計予算から日程第28、議案第29号 平成20年度仙北市浄化槽事業特別会計予算を一括して採決いたします。

 以上の各案は各常任委員長の報告のとおり原案のとおり決することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第29、議案第30号 平成20年度仙北市国民健康保険特別会計予算の採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第30、議案第31号 平成20年度仙北市老人保健医療特別会計予算の採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第31、議案第32号 平成20年度仙北市後期高齢者医療特別会計予算の採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第32、議案第33号 平成20年度仙北市介護保険特別会計予算の採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第33、議案第34号 平成20年度仙北市生保内財産区特別会計予算から日程第39、議案第40号 平成20年度仙北市水道事業会計予算を一括して採決を行います。

 以上の各案は各常任委員長の報告のとおり原案のとおり決するに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の各案は原案のとおり可決されました。

 日程第40、議案第41号 平成19年度仙北市一般会計補正予算(第7号)の採決を行います。

 本案は委員長の報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第41、議案第42号 平成19年度仙北市下水道事業特別会計補正予算(第3号)から日程第43、議案第44号 平成19年度仙北市浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)までの各案を一括して採決いたします。

 以上の各案は各常任委員長の報告のとおり原案のとおり決することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の各案は原案のとおり可決されました。

 日程第44、議案第45号 平成19年度仙北市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり原案に賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 日程第45、議案第46号 仙北市老人保健医療特別会計補正予算(第3号)から日程第58、議案第59号 仙北市公民館条例の一部を改正する条例制定についてまでの各案を一括して採決いたします。

 以上の各案は各常任委員長報告のとおり原案のとおり決することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認め、以上の各案は原案のとおり可決されました。

 日程第59、平成19年陳情第27号 秋田内陸縦貫鉄道存続に関する陳情書の採決を行います。

 採決は起立により行います。

 平成19年陳情第27号は委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、平成19年陳情第27号は採択と決定いたしました。

 日程第60、陳情第2号 地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める陳情の採決を行います。

 採決は起立により行います。

 陳情第2号は委員長報告のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、陳情第2号は採択と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査について



○議長(佐藤峯夫君) 次に、日程第61、閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 議会運営委員長からお手元に配付いたしております調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査について



○議長(佐藤峯夫君) 次に、日程第62、閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 各委員長からお手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△後期高齢者医療広域連合議会議員補欠選挙



○議長(佐藤峯夫君) 日程第63、これより平成20年2月1日告示、仙北市議会における秋田県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙、市議会議員の区分の投開票を行います。

 暫時休憩いたします。

                              (午後2時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後2時58分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 議場の閉鎖を命じます。

         (議場閉鎖)



○議長(佐藤峯夫君) ただいまの出席議員は24名であります。

 次に、立会人の指名をいたします。会議規則第32条第2項の規定により、15番、澤田信男君、16番、浅利則夫君を指名いたします。

 投票箱を改めます。立会人。

         (投票箱点検)



○議長(佐藤峯夫君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 点呼に応じて順次名簿対照の上、投票用紙の交付を受け、投票用紙に氏名を記載の上、投票願います。

 なお、投票用紙の配付漏れは、名簿対照により確認いたします。

 点呼を命じます。

         (職員が氏名を点呼、投票)



○議長(佐藤峯夫君) 投票漏れはありませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 立会人の方、御協力願います。

         (開票)



○議長(佐藤峯夫君) それでは、選挙の結果を発表いたします。

 投票総数24票。

 内      有効投票   24票

        無効投票    0票

 有効投票中  加賀屋千鶴子  8票

        大阪義徳   16票

 以上のとおりであります。

 広域連合議会議員選挙につきましては、投開票結果の報告までとなります。

 なお、当選人は、選挙を管理する広域連合事務局で全市町村議会の選挙における投票数を集計し、決定することと相なります。

 これをもちまして、秋田県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙、市議会議員の区分の投開票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

         (議場開鎖)



○議長(佐藤峯夫君) 追加日程協議のため、議会運営委員会開催のため暫時休憩いたします。

                              (午後3時09分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後4時34分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(佐藤峯夫君) 会議時間の延長を行います。18時まで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(佐藤峯夫君) 議会運営委員長の報告を求めます。

 20番。



◆20番(田口勝次君) 議会運営委員会の経過と結果について御報告を申し上げます。

 4時28分から会議を行いました。

 出席議員は全員であります。

 当局から石黒市長、東海林副市長、大澤総務部長、さらには高橋総務部次長兼総務課長、それから倉橋総務部次長兼企画政策課長が参与として出席しております。

 今回の運営委員会は、追加提案ということで、議案第60号 仙北市副市長の選任につき同意を求めることについて、それから2つ目は、議員提出議案第1号として、仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、これが2つの案が出されております。1号、2号という形であります。

 それから、先ほど本会議において産業建設常任委員長から御報告もありました議員提出議案第3号として、意見書の提出についてということで、一級河川の権限委譲に関する意見書並びに意見書の提出についてということで、道路特定財源の確保に関する意見書、それからもう一つが採択になりました陳情に関する議案であります。

 以上が追加で提案をされるということであります。

 運営委員会としては、6つの案件について直ちに追加して審議をするということに決定をいたしたところであります。

 なお、議会事務局長からの説明でありますが、議員提出議案第1号、2号、いわゆる報酬審議に関する2つの案については、1号、2号ということになっていますけれども、これについて提案理由の説明を伺い、そして質疑を行い、さらに討論、採決ということに入っていきますけれども、例えば1号議案が採決をして可決をされた場合は、1号がそうなった場合は、2号については議決不要という取り扱いになるということでありますので、御承知願いたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) お諮りいたします。

 ただいま議会運営委員長報告のとおり、当局からの議案1件、議員提出議案5件を本日の日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 議案配付のため暫時休憩いたします。

                              (午後4時38分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後4時41分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第60号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(佐藤峯夫君) 追加日程1第1、議案第60号 仙北市副市長の選任につき同意を求めることについてを上程し、議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 石黒市長。



◎市長(石黒直次君) 議案第60号 仙北市副市長の選任につき同意を求めることについて、次の者を仙北市副市長に選任したいので、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めるものであります。

 御提案をいたしました選任案としては、お手元の資料にありますように、住所が仙北市田沢湖田沢字蟹沢口23番地1の浦山清悦氏であります。生年月日は昭和20年11月17日、現在62歳の方であります。

 浦山氏は、昭和47年に田沢湖町役場に奉職をされまして、農林課長、また主幹兼企画振興課長、そして合併後は田沢湖地域センター長として要職を歴任され、平成18年3月に定年退職をされた方であります。退職後、地域の活性化のためにNPOたざわ村を興し、その副会長として地域活性化に積極的に取り組んでおられますし、また現在も仙北市のプロジェクトであります定住対策懇談会の座長として、定住促進にも御尽力をいただいております。さらには、仙北市の第三セクターでありますアロマ田沢湖の取締役としてもお力をいただいておりまして、業績改善に御尽力をいただいておる方であります。さらに調停委員として、最高裁判所からの任命になりますけれども、調停委員を引き受けておられまして、地域のさまざまな相談事、調停について活躍しているというふうに伺っておりますが、いずれにしても司法の選任を受けるということは、物の見方として公平、公正なそういう判断を下せる方であるというふうに思っております。

 今までの町職員、そして地域の活動を通して培ってこられた経験を発揮していただき、今本市が取り組んでおります行政改革や産業振興、観光産業の振興、そしてまちづくり等の市政を推進する上で最適任者と考えますので、地方自治法の規定によりまして議会の同意を求めるものであります。

 何とぞ皆様の御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(佐藤峯夫君) これより質疑に入りますが、質疑ございますか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 質疑なしと認めます。

 よって、これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第60号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略し、討論を打ち切りたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会の付託を省略し、討論を打ち切ることにいたしました。

 これより議案第60号を採決いたします。

 本案採決は第73条第1項の規定により投票によって採決いたします。

 暫時休憩いたします。

                              (午後4時46分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後4時47分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 議場の閉鎖を命じます。

         (議場閉鎖)



○議長(佐藤峯夫君) ただいまの出席議員は議長を除き23名であります。

 次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定により、15番、澤田信男君、16番、浅利則夫君の2名を指名いたします。

 立会人の方、投票箱を改めますので点検を願います。

         (投票箱点検)



○議長(佐藤峯夫君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。本案を可とする方は賛成、否とする方は反対と記載してください。

 なお、重ねて申し上げます。

 投票中賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第75条第2項の規定により否とみなします。

 投票用紙の配付漏れは、名簿対照により確認いたします。

 点呼を命じます。

         (職員が氏名を点呼、投票)



○議長(佐藤峯夫君) 投票漏れはありませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 投票漏れはなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 これより開票を行います。

 立会人の方、お願いいたします。

         (開票)



○議長(佐藤峯夫君) それでは、投票の結果を発表いたします。

 投票総数23票。

 内      有効投票   22票

        無効投票    1票

        賛成     17票

        反対      5票

 以上のとおり、賛成が多数であります。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

 議場の閉鎖を解きます。

         (議場開鎖)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第1号及び議員提出議案第2号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(佐藤峯夫君) 次に、追加日程第2、議員提出議案第1号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について及び追加日程第3、議員提出議案2号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを上程し、議題といたします。

 提案理由の説明を求めて、引き続き質疑を行います。

 議員提出議案第1号について、9番、小林幸悦君、提案理由の説明を願います。



◆9番(小林幸悦君) それでは、議員提出議案第1号について提案理由の説明をさせていただきます。

 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例(平成17年仙北市条例32号)の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものであります。

 提出者、賛成者は記載されている11名であります。

 平成17年仙北市条例32号の第1条中、「月額40万8,000円」を「月額37万5,000円」に、これは議長であります。「月額35万7,000円」を「月額32万8,000円」に、これは副議長であります。「月額34万円」を「月額31万2,000円」に、これが議員の分であり、改めるものであります。

 附則として、この条例は平成20年4月1日から施行するということであります。

 金額の根拠についての説明をさせていただきます。

 平成20年度の当初予算を審議し、仙北市の財政は依然として危機的状況にあるということであり、基金を取り崩さなければ予算編成ができないことが常態化しております。また、市民にも補助金や事業費など理解と協力を求めております。そのような状況をがんがみ、議会費、とりわけ報酬を8%削減におき検討した結果、報酬、手当等の削減額は約1,110万円であります。したがいまして、記載の報酬及び費用弁償等に関する条例改正を提案するものであります。

 以上であります。



○議長(佐藤峯夫君) これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 6番。



◆6番(安藤武君) 議会の総意によって行政改革特別委員会が設置されて、長い間時間をかけて、報酬については5%を削減された案が委員会で決定されて、そしてその会派の代表者会議においても、これを了承されたというふうに認識をしておるんです。

 今、これを変えようとすることは、行革委員会、あるいは代表者会議の存在を無視するのではないかということで、非常に危惧しているものであります。やはり議会の秩序を大きく乱す、そういうルールづくりが、決して完全なものになっておらないというふうに認識しておるんですけれども、そういう一連の流れからきておる、そのことについてはどう今後対応するのかということを伺っておきます。



○議長(佐藤峯夫君) 小林幸悦君。



◆9番(小林幸悦君) このことについては、代表者会議でも大分議論をしてきたつもりであります。行政改革特別委員会で決定した額については、各議員で微妙にちょっととらえ方が違うのではないかというのを感じたところであります。行革の委員会で出された金額というのは、1つのたたき台として、それを持ち寄って全員協議会で協議するものだというふうな認識をしている議員の方もおられます。私もそういうことであります。

 ほかの特別委員会の今までのあり方であれば、委員会で決定されたことは本会議で可決されて初めてその効力というものが発揮するものだというふうに認識してきました。

 また、会派制に移行する前に全員協議会の中で、特別委員会で出された5%ではまずいのではという意見があり、その後また行革の委員会で検討されたと思いますが、その結果を全員協議会で議論するというふうにとらえているところでありまして、決して行革委員会の出した案を尊重しないということではありませんので、御理解していただきたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 19番。



◆19番(藤原万正君) 私のほうからも質問させていただきます。

 私も行革の特別委員であります。今、安藤さんのほうからもお話あったように、行革で5%ということを大体まとめ上げたと、私はこのように認識しておりました。それも、大分時間をかけて練り上げたんじゃないかなと、こういうふうに私は記憶しております。それが、私にとっては突然のように代表者会議で、こういうふうなほかの案が出てきたのでありますけれども、本当に私も行革の中であれだけ議論されて、そういったものを無視したような案が今出てきて、これで納得するほうがおかしいんじゃないか、このように思いますけれども、そこら辺はどうでしょうか。そして、もし議論があるならば、まず今回は行革の案を取り上げて、そして今後そういう議論をすべきが手順じゃないか、このように思いますけれども、そこら辺はどうでしょうか。今、安藤さんが言われたように、私も特別委員会の存在というものを本当に無視されたような、そういう感じであります。そこら辺はどういうふうに答弁されますか。



○議長(佐藤峯夫君) 小林幸悦君。



◆9番(小林幸悦君) ただいまの安藤議員から言われたことと同じような内容だと。

 決して行革の出された結果を無視するというつもりは毛頭ございません。それをもとに代表者会議で議論して、その結果をその都度、私の場合は会派のほうにも報告しております。

 それで、行革の委員11人ですよね。その11人で特別委員会で決めたことがそれがすべてだということであれば、これからの特別委員会の意味というのは、そんなに大きいものなのかということも一度議論していかなければいけないと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 19番。



◆19番(藤原万正君) それでは、特別委員会の存在というのはどういうものですか。その特別委員会のあり方、そういったものをここではっきりしていただきたい。



○議長(佐藤峯夫君) 小林幸悦君。



◆9番(小林幸悦君) そのことについて、私見を述べるものではないと思います。それは、特別委員会のあり方というのは、議会全体で決めていかなければいけないものだというふうに私は認識しております。



○議長(佐藤峯夫君) 19番。



◆19番(藤原万正君) そうすれば、特別委員会のあり方というのは、そのくらいのものですか。だって、特別委員会であれだけ時間をかけて議論したんです。それを特別委員会では、全然介さないで、代表者会議で決まったから、あとこれでオーケー、これでいいんですか。そういう議会なんですか、ここは。



○議長(佐藤峯夫君) 小林幸悦君。



◆9番(小林幸悦君) 大分おしかりを受けていますけれども、決して特別委員会を、何回も言っているように尊重しないということではありませんけれども、特別委員会から受けたことをそのまま通すということでもないんではないですか。常任委員会からきたやつに本会議で可決されて、初めてそれが効力を発揮すると思いますので、特別委員会で出したものがすべてということではないので……



○議長(佐藤峯夫君) 8番、ありますか、意見。

 8番。



◆8番(浦山敏雄君) 私も特別委員会の一員でございます。前に行政改革特別委員会でやはりそういういろんな隣接市町村、あるいは全国的なそういう資料もとりながら状況を慎重に審議してきたわけです。5%を減じて条例化を図りたいというのは、これはルールでありまして、その後にまた当然ついてくるのは定数の見直しとか報酬とか、そういうのがございますが、これは切り離してもいいとするとすれば、それをやっていくことになるんだけれども、全くルールというものの手順を踏んでない。藤原議員からも話したとおり、そうすればこの特別委員会を全く形骸化した、そういう存在になってしまうということがございます。

 そういうことで進めてまいりますけれども、会派の代表者もその案を数回検討してきたわけです。ですから、力対力で決するということじゃなく、やはりこれは何回検討してもいいし、やはり特別委員会に一度返して、そしてそこでまた検討して出してくるというのは道筋じゃないかというふうに私は考えていますが、その辺の特別委員会に対する、もう一度、何回でもいいですから、こういうものだということをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(佐藤峯夫君) 小林幸悦君。



◆9番(小林幸悦君) 先ほどから決して特別委員会の意見を尊重しないということではないというのは、再三申し上げているつもりであります。

 ちょっと私の考えを言わせてもらえば、我々5%、去年、一昨年ですか、おととしの6月のあれで今の報酬額を決めてまず5%削減ということで、約2年近くなりますけれども、市の財政状況というのは全然よくはなっていかないと。市長の行政報告の中にも仙北市の財政は危機的状況にあるという説明もありました。そういう財政状況が年々厳しくなっているし、先ほど説明しましたけれども、市民の方々も増税感というのが重くのしかかっております。健康保険税も負担が増になっております。それと、今回の定例会の質問にありましたけれども、仙北市の所得が7億4,000万円も下がっているという……

         (「議長、それは私に対する答弁になってないよ」と言う人あり)



◆9番(小林幸悦君) でありますので……



○議長(佐藤峯夫君) 答弁、簡潔にしてください。



◆9番(小林幸悦君) 今後、行政改革を進めていく上では、やはりいろいろ負担も出てくると思いますので、市民に対する負担もあると思いますので、やはり今議員として我々ができることというのをやらなければいけないという思いがあります。決して、何回も言うように特別委員会の意見を尊重しないということではなく、それをもとにして我々は意見を出させていただいたものであります。



○議長(佐藤峯夫君) 暫時休憩します。

                              (午後5時13分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                              (午後5時14分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤峯夫君) 皆さん、この議案は何回も今質疑で行われているように、行革委員会とか、あるいはたび重なる代表者会議で論じられてきたところです、御承知のとおり。本議会は、2年前から会派制をとるということも議運で正式に決定しているところなんです。ですから、これはそしてまたみずからの問題ですから、議員個々のみずからの問題ですから、この議案は。ですから、討論で議員各自の意見を述べていただいて、質疑は余り何というか、あれなところまで突っ込まないで、討論によって、その上で各自がみずからの結果責任を持って採決に臨んでいただきたいと思いますが、いかがですか。

         (「議長、1つあります」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 8番。1つだけ。



◆8番(浦山敏雄君) 質問の中で1つお聞きしたいことがあります。

 これはいろいろな試算はされておると思いますけれども、隣接市町村、あるいは県内の状況、そういうものは調査してありますか。あったら公表してください。



○議長(佐藤峯夫君) 小林幸悦君。



◆9番(小林幸悦君) 特に隣接市町村と比べるということは、あえてしておりません。



○議長(佐藤峯夫君) これで質疑を終わります。

 次に、議員提出議案第2号について、提案理由の説明を求めます。

 6番、安藤武君。



◆6番(安藤武君) それでは、議員提出議案第2号を御説明申し上げます。

 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとします。

 平成20年3月19日、提出者、賛成者、記載のとおりであります。

 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例であります。

 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する。

 第1条中「月額40万8,000円」を「月額38万8,000円」に、これは議長であります。「月額35万7,000円」を「月額33万9,000円」にというのは副議長であります。「月額34万円」を「月額32万3,000円」にというのは議員であります。に改めるものであります。

 附則、この条例は、平成20年4月1日から施行するというものであります。

 基本になるものは、先ほど私が質問した等の各行革委員会、あるいは代表者会議等における一連のそうした中で出された、それを代表者会議で承認されたものとして、私どもはその案を支持するということで、今回この案を提出したものであります。

 5%削減ということではありますけれども、しかし私ども削減幅については、今後定数とあわせて、やはりスピードのあるそうした改革に向けて進まなければならないということは頭の中にあります。当面、今その一連のそういう流れの中でのこの作業がされてきた、このことを支持するということの内容からこういう条例になっております。よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤峯夫君) これより質疑を行いますが、質疑ありませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) なしと認めます。

 これより討論を行います。

 追加日程第2、議員提出議案第1号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についての討論を行います。議員提出議案第1号の討論でございます。

 8番。登壇。



◆8番(浦山敏雄君) 討論を行います。反対討論でございます。

 この議案については、行政改革特別委員会で県内の隣接市町村の状況も考慮しながら慎重審議をしてきた。そして、5%を減じて条例化を図りたいということの考えを我々は持っていましたけれども、そういうルールに乗らないで、その後の代表者会議でも、これでよしとしたものであったが、そういう変更が出されております。そういうことで、当然これには定数の関係の見直しとか報酬とか、そういうものも論じるものでありますし、全くルールを無視したものであり、その後、会派代表で数回重ねてきた質疑なり、あるいはそういうものについても力で押し切ろうとする暴挙であります。賛成できませんので反対します。



○議長(佐藤峯夫君) 賛成討論はございませんか。

 20番。



◆20番(田口勝次君) 賛成討論をいたします。

 私は、今話題になっている行政改革特別委員長であります。行政改革特別委員会がなぜ自分たちの報酬を特別委員会の中で議論しているかということについては、皆さん御案内のとおり、議長から直々に命じられて行政改革特別委員会を開催しました。

 先ほどからお話ありますように、何度もいろんな形で、あるいは近隣市町村の例なんかも参考にしながら詰めてきたところであります。最終的には5%、それ以上の減額はだめだという形になって、最終的にそういうまとめをしました。しかし、全員協議会に諮ったときに、10%くらいはやらなければならないのではないかという声がありました。

 それはどういうことかといいますと、我々暫定期間2年間、5%の削減をしているわけです。それが現行報酬です。その現行報酬に対して、地域の市民、あるいはいろんな方々から高過ぎるのではないかという議論がなされているわけです。それにこたえようということで、減額する意向を固めて特別委員会の中で議論をしてきたところであります。5%というと、現行支給額そのものであります。これで、もし地域の人方にお話ししていく場合に、どういう形になるかということを考えれば、やっぱり最低でも10%、あるいは8%、こういう5%を超える値下げをしなければ市民説明はできないというようなことが代表者会議の中で、あるいは全員協議会の中でも出ている意見なんです。

 皆さん御案内のとおり、にかほ市の議会報酬審議については、御案内のとおりであります。今、やっぱりその例の中にも仙北市の例も出されています。今、仙北市は報酬引き下げの検討をしている、それを我々は見ている、今見守っているところである。我々が、もし今ここで現行どおり5%削減、現行の支給額ということで市民に議会広報を通じて、あるいは我々が議会報告でしていく場合に、どうとらえられるでしょうかということです。それがだめなので、良識として会派代表者会議で全会一致の形でどうにか詰められないか。10%を提唱した人たちは7.5%、あるいは7%でもしようがない、それでも2%値下げになる。一方では、5%、それは絶対譲れないということになって、こういう形になったということについては、皆さん御案内のとおりであります。

 今、我々は市民に報酬を引き下げするのですか、それとも現行ですかと問われたときに、結果として5%削減というのは、当然現行どおりですから引き下げにはなっておりません。胸を張って言えますかということです。そういうことを。

         (「言える」と言う人あり)



◆20番(田口勝次君) 言えないですよ。私は言えない。だから、8%という数字を出す……

         (発言する人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 不規則発言は禁止いたします。



◆20番(田口勝次君) 特別委員長であろうが何であろうが、時間的にだめなものはだめなんですよ。だめなものはだめなんですよ。まとめたけれども、それができなかったでしょう。

         (「委員長がまとめたんだ、これは」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 不規則発言を禁止いたします。



◆20番(田口勝次君) だから、まとめたとしても、それが実践できなかったときは、次に移っていくでしょう。やめろと言うならいつでもやめますよ。

         (発言する人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 不規則発言は慎んでください。

         (「討論者は自分の討論しなさい。人のことはしゃべらないで、自分の討論しなさい」と言う人あり)



◆20番(田口勝次君) だから、私が言っているのは、現行でいったら報酬の引き下げにはなりませんよということです。そのことを我々が報告なりでできるかということです。できる人もいるということですから、その人はその人でやるでしょうけれども。

 だから、私は5%以上の削減ということで、本案に賛成をいたすものであります。



○議長(佐藤峯夫君) 19番。

 余り興奮しないで、落ち着いてやってください。



◆19番(藤原万正君) 私は先ほどの質疑のときと同じような討論になるわけでありますけれども、私も行革の一員でありました。いろんな資料を求めて私も自分なりにいろいろ研究させていただきました。

 それで、5%くらいではいいんじゃないかと、こういうふうな私自身の結論でありました。それで行革特別委員会でも大体それでまとまったなと、こういうふうなとらえ方を私はしておりました。

 しかし、ごく最近になってから、その案に賛成できないというような、そういう声が聞こえてきました。全く議会のルールを無視したようなことじゃないかなと、私はそういうふうな気持ちで受けとめました。もし、先ほど委員長が言いましたように、議論しなければならないのであれば、また次の段階で議論したらいいんじゃないですか。私はそう思います。それが順序じゃないかと、ルールじゃないかと思うんです。私はそう思います。

 そういったルールを無視されるような特別委員会であるならば、皆さん、それこそ委員長初め行革の特別委員の人方いるわけですよ。自分がその場でどういう行動をとったか、自分自身に恥じなければならないんじゃないですか。



○議長(佐藤峯夫君) 簡潔に討論してください。



◆19番(藤原万正君) ということで、私は反対いたします。



○議長(佐藤峯夫君) 賛成。はい。



◆13番(田口喜義君) 賛成の立場から討論を申し上げます。

 先ほどの行政改革特別委員会という話がありましたけれども、いずれ特別委員会が設置されて1年になろうとしていますけれども、両2つの特別委員会からは委員長報告がまだなされておりません。昨年12月ですか、中間報告というのはなされておりますけれども、それもいわば書面によっての中間報告、果たしてその中間報告に対して、議員全員がそこで議論する場があったのかどうか。私は、これは中間報告が書面で行われたものだというふうに判断しておりました。

 それから、仙北市議会も会派制度が導入になっております。いずれ代表者会議が行われておりまして、今回のこの報酬の改定にも代表者会議が本当に頻繁に行われて汗をかいたと思います。その中で結論が出ればよかったんですけれども、やはり今の現状、私も一般質問、あるいは議案質疑で、当局にいわば食ってかかっています、大変だということで。そういう中で、やはり議員はみずから改めるべきところは改めて頑張っていかなければならないというようなことで、賛成討論といたします。



○議長(佐藤峯夫君) これで討論を終わります。

 追加日程第3、議員提出議案第2号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についての討論を行います。

 討論ございませんか。

         (「なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) なしと認めます。

 これより採決を行います。

 追加日程第2、議員提出議案第1号 仙北市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

 採決は起立により行います。

 本案に賛成の方の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 賛成は12名であります。

 議員提出議案第1号は賛成多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議員提出議案第1号が可決されましたので、議員提出議案第2号は議決不要となりました。そういうことでございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第3号の上程、採決



○議長(佐藤峯夫君) 次に、追加日程第4、議員提出議案第3号 意見書の提出について(一級河川の権限委譲に関する意見書)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案は、委員会において陳情に基づき発議されたものであり、直ちに採決したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 したがって、直ちに採決することに決定いたしました。

 本案は原案のとおり決するに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第4号の上程、採決



○議長(佐藤峯夫君) 次に、追加日程第5、議員提出議案第4号 意見書の提出について(道路特定財源の確保に関する意見書)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案は、全国市議会議長会からの要望により、産業建設常任委員会委員全員が発議されたものであり、直ちに採決いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認め、直ちに採決することに決しました。

 本案は原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。意見書提出について賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第5号の上程、採決



○議長(佐藤峯夫君) 追加日程第6、議員提出議案第5号 意見書の提出について(地域別最低賃金の引き上げと最低賃金制度の改正を求める意見書)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案は当局からの依頼により、産業建設常任委員会委員全員が発議されたものであります。

 直ちに採決いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う人あり)



○議長(佐藤峯夫君) 御異議なしと認め、直ちに採決することに決しました。

 本案は原案のとおり賛成の諸君の起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(佐藤峯夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(佐藤峯夫君) 石黒市長の発言要請がありますので、これを許可いたします。

 石黒市長。



◎市長(石黒直次君) 2月26日に開会いたしました第1回仙北市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会に提案をさせていただきました平成20年度予算、条例案等多数の議案につきまして、活発かつ慎重な御審議を賜り、提案いたしましたすべての議案につきまして御可決、御承認いただきましたこと、まことにありがとうございました。

 また、追加提案をいたしました副市長選任案についても御同意を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 なお、新副市長の任期は平成20年4月1日から平成24年3月31日までの4年となります。

 当初提案をいたしました議案の中で、精査不足により1件の取り下げがありましたことに関しまして、改めて深くおわびを申し上げます。今後はチェック体制の充実に努めるとともに、職員個々の意識の向上を図りまして、二度とこのようなことのないよう細心の注意を払ってまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 なお、開会後の主な事項について御報告を申し上げたいと思います。

 皆さんのお手元に配付をさせていただきましたけれども、仙北市の観光施策を進める上での道しるべとして策定を進めておりました観光振興計画が完成をいたしました。この計画は、序論のところにも書いてありますように、本市の観光を取り巻く現状と課題を踏まえ、これらを解決する方策、将来を見据えた観光施策の方向を示すものであります。これをもとに、具体的な施策の策定、そして実施をしてまいりたいと思っております。

 また、平成18年7月1日付で助役に就任をされ、その後副市長として、この地域の活性化のために御尽力を賜ってまいりました東海林副市長が、3月31日付で県のほうへ帰任されます。仙北市の発展のために御尽力を賜りましたこと、この席をかりまして心から御礼を申し上げますとともに、今後県へ帰られましても仙北市の課題等についてお力添えを賜りたいものだというふうに思っております。

 終わりになりますが、平成20年度は新体制のもとで総合計画の推進や行財政改革等、さまざまな重要課題に取り組み、職員と力を合わせ、活力ある仙北市の実現に努めてまいりますので、議員並びに市民の皆様方の一層の御理解と御協力をお願い申し上げ、閉会のあいさつとさせていただきます。

 本定例会、長期間にわたり、大変御苦労さまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(佐藤峯夫君) 東海林副市長、大澤総務部長、高田病院事務長、門脇西木センター長、数々の御指導、心から感謝申し上げ、平成20年第1回仙北市議会定例会を閉会といたします。御苦労さまでした。

                              (午後5時39分)

 以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

   平成  年  月  日

          仙北市議会議長

          仙北市議会副議長

          仙北市議会議員

          仙北市議会議員