議事ロックス -地方議会議事録検索-


秋田県 鹿角市

平成20年第1回臨時会(第1号 1月16日)




平成20年第1回臨時会(第1号 1月16日)





 
 平成20年1月16日(水)午前10時開会


 開会


 開議


 議長報告


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案の上程


    議案第1号


     説明、質疑、討論、採決


 閉会


─────────────────────────────────────────────


本日の会議に付した事件


 1 会議録署名議員の指名


 2 会期の決定


 3 議案の上程


    議案第1号 平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第8号)


─────────────────────────────────────────────


出席議員(19名)


      1番  中 西 日出男 君     2番  倉 岡   誠 君


      3番  吉 村 ア イ 君     4番  浅 石 昌 敏 君


      5番  海 沼 信 義 君     6番  宮 野 和 秀 君


      7番  福 島 壽 榮 君     8番  ? 舘 一 郎 君


      9番  阿 部 博 文 君    10番  石 川   徹 君


     11番  黒 澤 一 夫 君    12番  ? 杉 正 美 君


     13番  田 村 富 男 君    15番  勝 又 幹 雄 君


     17番  石 川 幸 美 君    18番  米 田 健 一 君


     19番  村 木 繁 夫 君    20番  児 玉 政 芳 君


     21番  大 里 恭 司 君


─────────────────────────────────────────────


欠席議員(1名)


     16番  阿 部 佐太郎 君


─────────────────────────────────────────────


説明のため出席した者の職氏名


市長        児 玉   一 君    副市長       大 野 佑 司 君


教育長       吉 成 博 雄 君    総務部長      松 岡   昇 君


市民部長      ? 田 幸 良 君    産業建設部長    二ツ森   要 君


教育次長      小田島 秀 夫 君    総務部次長     鎌 田 邦 夫 君


市民部次長     中 山 一 男 君    産業建設部次長   小田嶋 義 幸 君


産業建設部次長   関   道 男 君    農業委員会事務局長 内 藤 庸 夫 君


総務部付次長待遇  田 中 孝 夫 君    会計管理者     佐 藤 隆 夫 君


財政課長      安 保 一 雄 君    監査委員事務局長  菅 原 祐 次 君


選挙管理委員会事務局長


          中 村 成 男 君


─────────────────────────────────────────────


事務局出席職員


事務局長      廣 林   剛 君    次長        菅 原   勤 君


主査        大 里 宏 昭 君    主任        田 原 智 明 君


主事        木 村 幸 樹 君





    午前10時00分 開会


○議長(中西日出男君) ただいまから平成20年第1回鹿角市議会臨時会を開会いたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    開議


○議長(中西日出男君) 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の会議は、お手元に配付いたしております議事日程第1号により進めてまいります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    議長報告


○議長(中西日出男君) これより議長報告をいたします。


 初めに、監査委員より地方自治法第235条の2第3項の規定による例月出納検査書が提出されております。


 次に、平成19年第6回鹿角市議会定例会において、議員発議により提案、可決されました意見書2件につきましては、関係行政庁に提出をいたしておりますので、ご了承願います。


 以上で議長報告を終わります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第1 会議録署名議員の指名


○議長(中西日出男君) 次に、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により4番浅石昌敏君、5番海沼信義君を指名いたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第2 会期の決定


○議長(中西日出男君) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。本臨時会の会期については、お配りしております会期議事日程表のとおり、本日1日と決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、会期は、本日1日と決定いたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第3 議案の上程


○議長(中西日出男君) 次に、日程第3、議案の上程を行います。


 お諮りいたします。本日上程されます議案につきましては、委員会付託を省略し、本会議において決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 議案第1号平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第8号)についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。総務部長。


○総務部長(松岡 昇君) 議案書の1ページをお願いします。


 議案第1号、平成19年度鹿角市の一般会計補正予算(第8号)は、次に定めるところによる。


 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,967万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ174億5,180万3,000円とする。


 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 平成20年1月16日提出。鹿角市長。


 今回の補正は、原油価格の高騰による市民生活への影響を軽減するために、低所得者世帯に対しまして暖房費用の助成を行うためのものでございます。


 7ページをお願いします。


 2の歳入でございます。


 9款1項1目1節の地方交付税でございますが、補正財源として1,967万6,000円を計上してございます。これは、政府は昨年の12月25日に関係閣僚会議で灯油代の補助につきまして、所要一般財源の2分の1を特別交付税措置を講ずることとしておりますので、所要財源の2分の1は特別交付税を充当し、残る2分の1の財源については普通交付税を充当するということで措置しております。それぞれ983万8,000円でございます。県も去る11日に灯油購入費の緊急助成事業を実施することとしておりますけれども、具体的な連絡がありましたら財源の振り替え等をいたしたいと考えておりますので、その節はよろしくお願いしたいと思います。


 充当後の普通交付税の予算計上額でございますけれども、54億7,037万7,000円になります。また特別交付税は6億円を予算計上しておりますけれども、今回を加えまして6億983万8,000円となります。なお、特別交付税の決定はまだ確定しておりませんで、3月中旬ごろになるものと思われます。


 次のページをお願いします。


 3の歳出でございます。


 3款民生費1項1目社会福祉総務費でございますけれども、この目に事業費を計上いたしました。


 事業の概要でございますけれども、これは低所得者世帯に対しまして暖房費用の助成としまして1世帯7,000円を給付するものでございます。対象世帯でございますけれども、平成19年度の市民税が非課税世帯で、その中で一つは高齢者世帯、これは2,180世帯でございます。それから障害者世帯、これは49世帯、それから母子・寡婦世帯、これが273世帯、それから生活保護世帯、これが258世帯、合わせまして2,760世帯を対象といたします。それから給付額は7,000円。


 それから、助成の実施方法でございますけれども、予算を議決いただきました後に、広報等で周知すると。該当になると思われる方から申請書を出していただきまして、その課税状況等を確認の上、決定通知を送付し、指定した金融機関等に振り込むと、こういう手順になります。その事務費等も加えました予算をここに計上してございます。


 11節の需用費でございますけれども、15万6,000円でございますが、これは消耗品費は申請交付事務にかかわる消耗品でございます。それから、印刷製本費は通知用の封筒等の印刷3万9,000円でございます。それから、12節の役務費でございますが、これは決定通知書等の郵送料20万円でございます。それから、20節の扶助費でございますけれども、1,932万円でございますが、福祉暖房費助成金ということで、これは7,000円掛ける対象見込世帯2,760世帯、これでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を受けます。質疑ございませんか。?舘一郎君。


○8番(?舘一郎君) 一つお伺いいたします。


 ただいまのご説明を伺いますと、この予算措置は全額が普通交付税と特別交付税で賄われると。したがって、もし国のこういった措置がなければ鹿角市ではこういった助成はしなかった、あるいは一般会計には一切影響を及ぼさなかったと、そのように解釈してよろしゅうございますか。


○議長(中西日出男君) 総務部長。


○総務部長(松岡 昇君) 国のそういう交付税措置がなければやらなかったのかと、こういうことでしょうと思いますけれども、やはりきっかけはそれでございますし、また、北海道等ではそういうお話があったわけですけれども、県内の動向等を見ながら今回対応したということで、ご理解いただきたいと思います。


○議長(中西日出男君) ?舘一郎君。


○8番(?舘一郎君) 私の質問がちょっと舌足らずであったのかなと思いますが、私が言っているのは、もしこの措置がなければ、鹿角市の平成19年度の一般会計予算には一切関係なかった……、いわゆる数字の上下はなかったのですかと、こういうことです。いわゆるこの全額が一般交付税と普通交付税で措置すると。もしこれをやらなければ特別交付税も普通交付税も来ないわけですよね。そのように解釈してよろしいのですかと、こういうことです。


○議長(中西日出男君) 市長。


○市長(児玉 一君) これは、先ほど部長も申し上げましたように、県内の動向を見ながら決定したわけですが、特別交付税が来る来ないはかかわらずやらなければいけないということで始めたものです。後で国の方から来るのがわかったものですからこのような予算措置をしました。これが決まらなくても普通交付税からの繰り出しという形で計画は立てておりました。


○議長(中西日出男君) ?舘一郎君。


○8番(?舘一郎君) ありがとうございました。


 実は私がお聞きしたかったのはそこなのです。国が決めたから、県が決めたから、しようがない鹿角市もやるんだというのであれば、ありがたみがないわけですね。ですからやはりこういった政策は、国の政策が決まる前に必要だとしたならば、小さい自治体であろうと何だろうと国・県に先んじてやるのが必要かなと思っていました。その点では敬意を表したいと思います。今後ともそのような政策を望んでおりますので、よろしくどうぞお願い申し上げたいと思います。


○議長(中西日出男君) 市長。


○市長(児玉 一君) 実は、12月の末になりますけれども、この暖房費の助成をやろうということで考えておりました。本当は専決処分でやろうかなという話は出ましたけれども、やはり議員の皆さんに臨時議会を開いていただいて、それからやっても遅くないということで今回このように上程しましたので、よろしくご理解いただきたいと思います。


○議長(中西日出男君) ほかにございませんか。吉村アイ君。


○3番(吉村アイ君) 1月12日の秋田魁新聞に県内の補助の金額が出ていますけれども、鹿角市はその中でも7,000円という大変……、大概5,000円のところが多いのですけれども、7,000円ということで、大変高く見積もっていただいてありがたいと思うのですけれども、この7,000円の根拠をお知らせいただきたいと思います。


○議長(中西日出男君) 市民部長。


○市民部長(高田幸良君) 7,000円の世帯の根拠につきましては、これまで財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センターの灯油消費実態調査によりますと、北海道に次いで消費量の多いのが青森、秋田、山形になっております。秋田県の1世帯当たりの1年間の家庭灯油消費量が約1,470リットルになっております。この年間消費量のうち10月から3月までの下半期は約1,130リットルで、年間の約77%の消費割合の実態になります。この下半期の消費量をもとに平成18年度、19年度の11月から3月までの冬期間の各月の灯油の店頭販売価格を乗じた消費額の差、いわゆる灯油価格の高騰による影響額を試算した結果、1万4,600円になりますので、影響額と考えられるこの額の半額を補助するということにしております。


○議長(中西日出男君) ほかにございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。これより採決いたします。


 議案第1号について、原案のとおり可決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第1号平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第8号)については、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日予定いたしました議事はすべて終了しました。


 ただいまの時刻をもって平成20年第1回鹿角市議会臨時会を閉会いたします。


    午前10時13分 閉会








      議  長     中 西 日出男








      署名議員     浅 石 昌 敏








      署名議員     海 沼 信 義