議事ロックス -地方議会議事録検索-


秋田県 鹿角市

平成19年第2回臨時会(第1号 4月17日)




平成19年第2回臨時会(第1号 4月17日)





 
 平成19年4月17日(火)午前10時開会


 開会


 開議


 議長報告


第1 会議録署名議員の指名


第2 議会運営委員長報告


第3 会期の決定


第4 鹿角広域行政組合議会議員の補欠選挙


第5 常任委員の選任


第6 議会運営委員の選任


第7 議案の上程


    議案第53号 説明、質疑、討論、採決


    議案第54号及び議案第55号


    説明、質疑、採決


    議案第56号から議案第59号まで


    説明、質疑、採決 散会


─────────────────────────────────────────────


本日の会議に付した事件


 1 会議録署名議員の指名


 2 議会運営委員長報告


 3 会期の決定


 4 議長辞職の件


 5 議長の選挙


 6 副議長辞職の件


 7 副議長の選挙


 8 鹿角広域行政組合議会議員の補欠選挙


 9 常任委員の選任


10 議会運営委員の選任


11 議案の上程


    議案第53号 固定資産評価員の選任について


    議案第54号 専決処分の承認を求めることについて(鹿角市市税条例の一部を


           改正する条例)


    議案第55号 専決処分の承認を求めることについて(鹿角市過疎地域自立促進


           のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条


           例)


    議案第56号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度鹿角市一般


           会計補正予算(第9号))


    議案第57号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度鹿角市介護


           保険事業特別会計補正予算(第6号))


    議案第58号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度鹿角市下水


           道事業特別会計補正予算(第5号))


    議案第59号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度鹿角市上水


           道事業会計補正予算(第5号))


    議案第60号 平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第1号)


─────────────────────────────────────────────


出席議員(20名)


      1番  倉 岡   誠 君     2番  吉 村 ア イ 君


      3番  浅 石 昌 敏 君     4番  海 沼 信 義 君


      5番  中 西 日出男 君     6番  宮 野 和 秀 君


      7番  福 島 壽 榮 君     8番  阿 部 博 文 君


      9番  石 川   徹 君    10番  黒 澤 一 夫 君


     11番  ? 舘 一 郎 君    12番  ? 杉 正 美 君


     13番  田 村 富 男 君    15番  勝 又 幹 雄 君


     16番  阿 部 佐太郎 君    17番  石 川 幸 美 君


     18番  米 田 健 一 君    19番  村 木 繁 夫 君


     20番  児 玉 政 芳 君    21番  大 里 恭 司 君


─────────────────────────────────────────────


欠席議員(なし)


─────────────────────────────────────────────


説明のため出席した者の職氏名


市長           児 玉   一 君 副市長          大 野 佑 司 君


教育長          吉 成 博 雄 君 代表監査委員       田 中 正 美 君


総務部長         松 岡   昇 君 市民部長         高 田 幸 良 君


産業建設部長       二ツ森   要 君 教育次長         小田島 秀 夫 君


総務部次長        鎌 田 邦 夫 君 市民部次長        中 山 一 男 君


産業建設部次長      小田嶋 義 幸 君 産業建設部次長      関   道 男 君


農業委員会事務局長    内 藤 庸 夫 君 総務部付次長待遇     田 中 孝 夫 君


会計管理者長       佐 藤 隆 夫 君 財政課長         安 保 一 雄 君


選挙管理委員会事務局長  中 村 成 男 君


─────────────────────────────────────────────


事務局出席職員


事務局長         廣 林   剛 君 次長           菅 原   勤 君


主査           大 里 宏 昭 君 主任           田 原 智 明 君


主事           木 村 幸 樹 君





    午前10時17分 開会


○議長(中西日出男君) これより平成19年第2回鹿角市議会臨時会を開会いたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    開議


○議長(中西日出男君) 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の会議は、お手元に配付しております議事日程第1号により進めてまいりますが、議長報告の前に、本会議における出席職員に異動がありますので、自己紹介をお願いいたします。


○議長(中西日出男君) 総務部次長。


○総務部次長(鎌田邦夫君) 総務部次長兼総務課長の鎌田邦夫です。


 よろしくお願いいたします。


○議長(中西日出男君) 市民部次長。


○市民部次長(中山一男君) 市民部次長兼福祉保健センター所長を兼ねております中山です。


 よろしくお願いします。


○議長(中西日出男君) 産業建設部次長。


○産業建設部次長(小田嶋義幸君) 産業建設部次長を拝命しました小田嶋です。


 よろしくお願いいたします。


○産業建設部次長(関 道男君) 同じく産業建設部次長関 道男です。


 よろしくお願いします。


○議長(中西日出男君) 財政課長。


○財政課長(安保一雄君) 財政課長の安保一雄です。


 よろしくお願いいたします。


○議長(中西日出男君) 教育長。


○教育長(吉成博雄君) 先月3月22日に定例議会最終日におきまして、教育委員の任命にご同意いただきました。まことにありがとうございます。4月1日の教育委員会会議におきまして、教育長に選任されました吉成博雄でございます。


 どうかよろしくお願い申し上げます。


○議長(中西日出男君) 教育次長。


○教育次長(小田島秀夫君) 教育次長を拝命いたしました小田島秀夫です。


 よろしくお願いします。


○議長(中西日出男君) 総務部付次長待遇。


○総務部付次長待遇(田中孝夫君) 総務部付次長待遇を拝命いたしました田中孝夫です。


 よろしくお願いします。


○議長(中西日出男君) 会計管理者。


○会計管理者(佐藤隆夫君) 会計管理者兼会計課長を拝命しました佐藤隆夫です。


 よろしくお願いいたします。


○議長(中西日出男君) 農業委員会事務局長。


○農業委員会事務局長(内藤庸夫君) 農業委員会事務局長内藤庸夫です。


 よろしくお願いします。


○議長(中西日出男君) 議会事務局長。


○議会事務局長(廣林 剛君) 議会事務局長廣林 剛です。


 よろしくお願いします。


○議長(中西日出男君) 議会事務局次長。


○議会事務局次長(菅原 勤君) 議会事務局次長の菅原 勤です。


 よろしくお願いいたします。


○議長(中西日出男君) 以上で、職員の自己紹介を終わります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    議長報告


○議長(中西日出男君) これより議長報告をいたします。


 監査委員より例月出納検査書が地方自治法第235条の2第3項の規定により、提出されております。


 また、平成19年第1回市議会定例会において、議員発議により提案、可決されました意見書4件につきましては、関係行政庁に提出いたしておりますので、ご了承願います。


 以上で、議長報告を終わります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第1 会議録署名議員の指名


○議長(中西日出男君) 次に、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により13番田村富男君、15番勝又幹雄君を指名いたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第2 議会運営委員長報告


○議長(中西日出男君) 次に、日程第2、議会運営委員長の報告を受けます。


 本臨時会の会期及び議事日程の作成に当たり、4月10日及び本日、議会運営委員会が開催されておりますので、その結果について議会運営委員長の報告を求めます。議会運営委員長、米田健一君。


    (議会運営委員長 米田健一君 登壇)


○議会運営委員長(米田健一君) 私から、第2回鹿角市議会臨時会にかかわる議会運営委員会を去る4月10日及び本日、議会開会前に開催しておりますので、その結果についてご報告申し上げます。


 本日上程されますのは、鹿角広域行政組合議会議員の補欠選挙、常任委員、議会運営委員の選任及び議案7件、並びに追加提案されました議案1件でございます。


 したがいまして、会期は本日1日といたしております。


 議事日程につきましては、お手元にお配りしてありますとおりですので、何分のご協力のほどお願い申し上げまして報告を終わります。


○議長(中西日出男君) ただいまの報告に対し質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。よって、議会運営委員長の報告を終わります。


    (議会運営委員長 米田健一君 降壇)


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第3 会期の決定


○議長(中西日出男君) 次に、日程第3、会期の決定を行います。


 お諮りいたします。本臨時会の会期は、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本日1日と決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたします。


 暫時休憩いたします。


    午前10時24分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午前10時36分 再開


○副議長(児玉政芳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 議長に事故がありましたので、副議長の私から議事をとらせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程追加 議長辞職の件


○副議長(児玉政芳君) 議長中西日出男君から、議長の辞職願いが提出されております。


 お諮りします。議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題にすることにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(児玉政芳君) ご異議ないものと認めます。よって、議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題とします。


 お諮りします。中西日出男君の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(児玉政芳君) ご異議ないものと認めます。よって、中西日出男君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。


 暫時休憩いたします。


    午前10時37分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午前10時38分 再開


    (中西議員議場に入場、議席5番に着く)


○副議長(児玉政芳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程追加 議長の選挙


○副議長(児玉政芳君) ただいま議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(児玉政芳君) ご異議ないものと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、これより鹿角市議会議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。議長の選挙は投票により行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(児玉政芳君) ご異議ないものと認めます。よって、議長の選挙は投票により行うことに決しました。


 投票の準備がありますので、暫時休憩いたします。(「議長、その前にちょっと」の声あり)


 宮野議員。


○6番(宮野和秀君) これから議長選挙ということですが、派内のちょっと意思の確認がありますので、休憩かけてもらいたいんですが。


○副議長(児玉政芳君) わかりました。休憩を宣しておりますので、ひとつその中で準備もありますし、それでは各派の関係で話し合いがあろうかと思いますので、暫時休憩いたします。


    午前10時39分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午前10時48分 再開


○副議長(児玉政芳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより投票を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


    (議場の閉鎖)


○副議長(児玉政芳君) ただいまの出席議員数は20名でございます。


 投票用紙を配付いたします。


    (投票用紙配付)


○副議長(児玉政芳君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(児玉政芳君) 配付漏れはなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


    (投票箱点検)


○副議長(児玉政芳君) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員から順次投票願います。


    (投 票)


○副議長(児玉政芳君) 投票漏れはございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(児玉政芳君) 投票漏れなしと認めます。よって、投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


    (議場閉鎖解除)


○副議長(児玉政芳君) これより開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人として?杉正美君、阿部博文君、福島壽榮君を指名いたします。開票立会人は直ちに立ち会いをお願いいたします。


    (開 票)


○副議長(児玉政芳君) ただいまの選挙の結果を事務局長より報告させます。


○議会事務局長(廣林 剛君) ただいまの選挙の結果をご報告いたします。


 投票総数   20票


 無効投票    0票


 有効投票中


  中西日出男議員   12票


  大里 恭司議員    8票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は5票であります。


 報告を終わります。


○副議長(児玉政芳君) ただいまの報告のとおりでございます。よって、中西日出男君が議長に当選されました。 ただいま議長に当選されました中西日出男君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をいたします。


 議長に当選されました中西日出男君の議長当選承諾及びあいさつがございます。演壇へお願いします。


    (議長 中西日出男君 登壇)


○議長(中西日出男君) 一言、議長就任のごあいさつを申し上げます。


 このたび、議長改選に当たり、不肖私が再度選任されましたこと、光栄に思っています。と同時に、その責任の重さを感じている次第であります。ここに皆様の推挙を受けました上は、身を挺して、そのご厚情に対しお報いするよう覚悟を新たにしているところであります。今後も言論の府として市議会が円満に運営されますよう誠心誠意努力する所存であります。議員各位におかれましては、より一層ご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


 現在、地方分権の推進で社会構造が大きく変化する中、行財政運営の充実が一層不可欠でありますが、市民のニーズにこたえるために執行機関と議会が一体となって本市の発展と、住民福祉の向上を目指し、職責を全うする覚悟でありますので、重ねて皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)


○副議長(児玉政芳君) 中西日出男議長、議長席にお着きねがいます。


 これまでの議事進行に対する議員各位のご協力に感謝申し上げ、新議長とかわります。ご協力ありがとうございました。


    (新議長 議長席に着席)


○議長(中西日出男君) これより議事をとらせていただきます。よろしくご協力のほどお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


    午前11時01分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午前11時11分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程追加 副議長辞職の件


○議長(中西日出男君) 副議長児玉政芳君から副議長の辞職願いが提出されております。


 お諮りいたします。副議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題とします。


 お諮りします。児玉政芳君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、児玉政芳君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。


 暫時休憩いたします。


    午前11時12分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午前11時32分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程追加 副議長の選挙


○議長(中西日出男君) ただいま副議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、これより鹿角市議会副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。副議長の選挙は投票により行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、副議長の選挙は投票により行うことに決しました。


 暫時休憩いたします。


    午前11時33分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午前11時33分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより投票を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


    (議場の閉鎖)


○議長(中西日出男君) ただいまの出席議員数は20名でございます。


 投票用紙を配付いたします。


    (投票用紙配付)


○議長(中西日出男君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) 配付漏れはなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


    (投票箱点検)


○議長(中西日出男君) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番から順次投票願います。


    (投 票)


○議長(中西日出男君) 投票漏れはございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) 投票漏れはなしと認めます。よって、投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


    (議場閉鎖解除)


○議長(中西日出男君) これより開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人として?杉正美君、阿部博文君、福島壽榮君を指名いたします。開票立会人は直ちに立ち会いをお願いいたします。


    (開 票)


○議長(中西日出男君) ただいまの選挙の結果を事務局長より報告させます。


○議会事務局長(廣林 剛君) ただいまの選挙の結果をご報告いたします。


 投票総数   20票


 無効投票数   2票


 有効投票中


  勝又幹雄議員   13票


  児玉政芳議員    5票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は5票であります。


 報告を終わります。


○議長(中西日出男君) ただいまの報告のとおりでございます。よって、勝又幹雄君が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました勝又幹雄君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をいたします。


 副議長に当選されました勝又幹雄君の副議長当選承諾及びあいさつがございます。演壇へお願いいたします。


    (副議長 勝又幹雄君 登壇)


○副議長(勝又幹雄君) ただいま皆様のご推挙によりまして、副議長の任を全うさせていただきたいと思っております。大変ありがとうございます。


 微力でございますけれども、議長を補佐し、円満な議会運営、そして市民に開かれたわかりやすい議会になるよう全力で頑張ってまいりたいと思いますので、皆様のご協力をお願い申し上げたいと思います。大変ありがとうございます。(拍手)


○議長(中西日出男君) 副議長のあいさつを終わります。


 昼食のため午後1時まで休憩いたします。


    午前11時44分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午後 2時36分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第4 鹿角広域行政組合議会議員の補欠選挙


○議長(中西日出男君) 次に、日程第4、鹿角広域行政組合議会議員の補欠選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、指名推選により行うことに決します。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議長において指名することに決しました。


 鹿角広域行政組合議会議員として、児玉政芳君、?杉正美君、海沼信義君、黒澤一夫君、宮野和秀君、?舘一郎君、以上6名を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま指名いたしました6名の方々を鹿角広域行政組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の方々は鹿角広域行政組合議会議員に当選されました。


 当選されました6名の方々が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。


 当選人におかれましてもご異議ないようでありますので、受諾したものと認めます。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第5 常任委員の選任


○議長(中西日出男君) 次に、日程第5、常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、次のとおり指名いたします。


 各常任委員会所属の議員名を事務局長をして朗読させます。


○議会事務局長(廣林 剛君) 朗読いたします。


 初めに、総務財政常任委員会でございますが、村木繁夫議員、?杉正美議員、海沼信義議員、石川 徹議員、倉岡 誠議員、?舘一郎議員、以上6名でございます。


 次に、教育民生常任委員でございますが、米田健一議員、浅石昌敏議員、黒澤一夫議員、石川幸美議員、宮野和秀議員、勝又幹雄議員、阿部佐太郎議員、以上7名でございます。


 次に、産業建設常任委員でございますが、大里恭司議員、児玉政芳議員、田村富男議員、阿部博文議員、福島壽榮議員、中西日出男議員、吉村アイ議員、以上7名でございます。


 終わります。


○議長(中西日出男君) ただいま朗読のとおり常任委員を指名いたします。


 次に、各常任委員会において委員会条例第7条第2項の規定により、正副委員長の互選をしていただきます。


 総務財政常任委員会は第1委員会室、教育民生常任委員会は第2委員会室、産業建設常任委員会は第3委員会室において、それぞれ互選をお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


    午後2時40分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午後3時00分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 休憩中に開かれました各常任委員会において次のとおり委員長、副委員長が互選されておりますので、ご報告いたします。


 総務財政常任委員長に石川 徹君、同じく副委員長に海沼信義君。


 教育民生常任委員長に宮野和秀君、同じく副委員長に黒澤一夫君。


 産業建設常任委員長に福島壽榮君、同じく副委員長に吉村アイ君。


 以上のとおりであります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第6 議会運営委員の選任


○議長(中西日出男君) 次に、日程第6、議会運営委員の選任を行います。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、次のとおり指名いたします。


 委員会所属の議員名を事務局長をして朗読させます。


○議会事務局長(廣林 剛君) 朗読いたします。


 議会運営委員に、米田健一議員、田村富男議員、浅石昌敏議員、石川幸美議員、阿部博文議員、倉岡 誠議員、吉村アイ議員、以上7名でございます。


 終わります。


○議長(中西日出男君) ただいま朗読のとおり議会運営委員を指名いたします。


 これより委員会条例第7条第2項の規定により、正副委員長の互選をしていただきます。


 議会運営委員の方々は、直ちに全員協議会室にて互選をお願いします。


 この際、暫時休憩いたします。


    午後3時02分 休憩


──────────────────────〇 ─────────────────────


    午後3時13分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 休憩中に開かれました議会運営委員会において、議会運営委員長に阿部博文君、同じく副委員長に倉岡 誠君が互選されましたので、報告いたします。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第7 議案の上程


○議長(中西日出男君) 日程第7、議案を上程いたします。


 お諮りいたします。本日上程されます議案につきましては、委員会付託を省略し、本会議において決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 初めに、議案第53号固定資産評価員の選任についてを議題とします。


 提案者の説明を求めます。市長。


○市長(児玉 一君) 議案第53号について提案理由をご説明申し上げます。


 固定資産評価員の選任についてでありますが、これまで同評価員は前助役の松浦春男氏でありましたが、同氏の退職と同時に欠員となっておりましたので、副市長の大野祐司氏を選任いたしたいと考え、地方税法第404条第2項及び固定資産評価員の設置等に関する条例第3条第1項の規定により、同意を得たくご提案申し上げる次第でございます。


 何とぞご同意のほどをよろしくお願い申し上げまして、提案の説明といたします。


○議長(中西日出男君) 提案者の説明を終わります。


 これより質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 これより討論を省略し、採決いたします。


 議案第53号固定資産評価員の選任について原案に同意するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、議案第53号固定資産評価員の選任については、原案に同意することに決しました。 次に、議案第54号、議案第55号の2件について、いずれも専決処分の承認を求めることについてでありますが、一括して議題といたします。


 それでは、議案第54号、議案第55号の2件について、順次提案理由の説明を求めます。総務部長。


○総務部長(松岡 昇君) 議案第54号専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 次のページをお願いします。


 専決処分書


 鹿角市市税条例の一部を改正する条例について、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分する。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 理由でございますが、地方税法の一部を改正する法律及び所得税法等の一部を改正する法律がそれぞれ公布されたことに伴い、条例を改正するものであります。


 説明に入りますが、主な改正内容を申し上げます。


 市税関係では、金融証券税制の関連で3点ほどの改正が行われております。


 一つ目は、上場株式等の譲渡益、配当等にかかわる軽減税率の適用期限の延長であります。


 二つ目は、ベンチャー企業の育成を支援するため、税制の適用期限を延長されております。


 三つ目は、所得税法等の改正を受けて、法人課税信託を受託した個人は会社と見なすなど、管理規定を準用し、個人住民税を課税することとしております。


 固定資産税関係ですが、高齢者等が居住するバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置が新たに規定されたほか、鉄道施設と商業施設の混在化、重層化の進展に伴いまして、鉄軌道用地の評価方法を見直しを行っております。


 それから、市たばこ税関係では、附則に規定しておりました特例税率を本則に規定する改正を行っております。


 この改正による増減はないものであります。


 それで、主な事項、議案資料の新旧対照表により説明申し上げます。


 議案資料の1ページをお願いします。


 1ページ目の第10条は、信託整理の抜本的な見直しにより、一定の信託に対して信託段階で法人割額による課税を行うこととした改正であります。


 それから、14条ですが、今の10条の改正に伴い、字句を整理したものであります。


 次のページ、2ページお願いします。


 第71条は、附則に規定しておりましたたばこ税の特例税率、これを本則に規定したものであります。


 それから、98条ですが、これは省令の一部改正による条項の繰り上げで、字句を整理したものでございます。


 それから、3ページの方ですが、附則関係の改正事項でありますけれども、第7条の2は、新たに高齢者や障害者等が居住する住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置が創設されています。その手続について規定しております。


 次のページ、4ページをお願いします。


 附則第8条の3の改正要旨は、鉄道施設と商業等施設が混在化していることから、評価方法を見直すこととしたものであります。


 附則第11条の2については、条例第71条の改正で申し上げたたばこの関係ですけれども、ただ、旧3級品紙巻たばこについては、従前どおり附則に特例規定しております。


 5ページの方ですけれども、附則第12条の2ですが、これは租税特例措置法の改正に伴う条文の整理であります。


 それから、附則第14条の2は、証券取引法が金融商品取引法に改正されたことなどに伴う条文の整理であります。


 それから、その下の附則第14条の3は、上場株式投資に係る配当、譲渡益に対する課税の軽減措置を1年間延長することとした改正であります。


 6ページをお願いします。


 附則第15条は、ベンチャー企業への投資に係る株式譲渡益の税負担の2分の1とする金融措置を2年間延長することとしたものであります。


 それから、附則第15条の4は、配当課税の改正に伴うものでありまして、また附則第15条の5は、これは日仏租税条約改正に伴うものであります。


 それから、議案の条例本文の方の附則の部分をごらんいただきたいと思います。


 附則の施行期日でございますけれども、第1条の施行期日は、この条例は、平成19年4月1日から施行するとあります。ただし書きがありまして、各号に掲げる規定は、各号に定める日から施行するとしておりまして、施行期日が細かに決められております。


 次のページお願いします。


 第2条は市民税、第3条は固定資産税に関する経過措置を定めております。


 以上で説明を終わります。


 続きまして、議案第55号の説明をさせていただきます。


 議案第55号専決処分の承認を求めることについて。


 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 次のページをお願いします。


 専決処分書


 鹿角市過疎地域自立促進のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例について、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分する。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 理由でございますけれども、過疎地域自立促進特別措置法第31条の地方税の課税免除又は不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の一部が改正されたことに伴い、条例を改正するものであります。


 次のページをお願いします。


 議案資料は8ページでございます。あわせてごらんいただきたいと思います。


 鹿角市過疎地域自立促進のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例でございます。


 この条例によりまして、固定資産、土地や建物、それから償却資産の課税を免除しておるものでございますが、第2条は、この課税免除の要件等について規定しておりますが、改正の本旨は、適用期限、これを平成21年3月31日まで2年間延長するという趣旨のものでございます。ほかは関連法律の一部改正による字句の整理であります。


 附則でございますが、この条例は、平成19年4月1日から施行するとしております。


 以上で説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 提案理由の説明を終わります。


 これより順次質疑を受けます。


 まず、議案第54号について質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に、議案第55号について質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 これより議案第54号、議案第55号の2件について順次採決をいたします。


 初めに、議案第54号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第54号について原案のとおり承認するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第54号専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。


 次に、議案第55号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第55号について原案のとおり承認するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第55号専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。


 次に、議案第56号から議案第59号の4件について、いずれも専決処分の承認を求めることについてでありますが、一括して議題といたします。


 それでは、議案第56号から議案第59号の4件について、順次提案理由の説明を求めます。総務部長。


○総務部長(松岡 昇君) 議案第56号専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 予算書でご説明申し上げます。


 専決処分書


 平成18年度鹿角市一般会計補正予算(第9号)について、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分する。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 予算書の1ページをお願いします。


 平成18年度鹿角市の一般会計補正予算(第9号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億470万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ154億6,850万7,000円とする。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 第2条 債務負担行為の変更は、「第2表 債務負担行為補正」による。


 第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 5ページをお願いします。


 第2表の債務負担行為補正です。


 変更でございます。平成18年度農業経営基盤強化資金利子助成費補助金でございますけれども、これは当初予算では借入れ総額3,000万円、それから償還期間は25年ということで債務負担を設定しておりましたが、借入れ総額、それから償還期間それぞれ決定しましたので、利子補給についても、実際に必要な限度額として限度額と期間を変更したものであります。


 それから、次の第3表地方債補正の変更ですけれども、これは平成18年度市債の借入れ額の決定に伴いまして、予算計上額の変更が必要なものについて補正したもので、最初の母子家庭及び寡婦家庭住宅資金貸付事業、これは貸付件数が2件から1件に減ったもので、減額しております。


 それから、ため池等の整備事業、これは水沢地区です。それから道路整備事業、これは新川線にかかわるものですけれども、この二つは起債の充当率が引き上げになりまして、限度額をふやしております。


 それから、小学校建設事業ですけれども、これは花輪小学校の体育館部分ですが、国庫支出金がふえましたので、市債を減らし、限度額を減らしております。


 10ページをお願いします。


 2の歳入でございますが、2款地方譲与税から7款自動車所得税交付金まで、それから10款交通安全対策特別交付金につきまして、これは年数回に分けて交付されておりますが、最終交付の3月交付を受けまして、平成18年度の交付額が決定しましたので、これに合わせました予算計上でございます。調整したものでございます。


 次のページをお願いします。


 9款地方交付税でございます。


 これは平成18年度の交付決定額の予算の未計上額について予算措置をしております。普通交付税につきまして、除雪に備える、または緊急財政需要に備えるということで、保留しておったものを計上しました。


 それから、特別交付税につきまして、3月末に交付額が決定しましたので、その予算未計上額分を予算化したものでありまして、合わせて3億9,434万6,000円でございます。


 次のページをお願いします。


 13款国庫支出金2項5目教育費国庫補助金でございますが、2節小学校費補助金の安全・安心な学校づくり交付金、これは花輪小学校改築の体育館分でございますけれども、補助単価の引き上げによる追加3,426万7,000円でございます。


 それから、14款県支出金の2項9目教育費県負担金、その節の保健体育費補助金ですけれども、これはスキー協議会関係の経費、これが決算に基づきまして県からの補助金が減になっております。


 次のページをお願いします。


 17款繰入金でございますけれども、それぞれの企業立地促進基金繰入金、それから教育施設整備基金繰入金でございますけれども、これはそれぞれの基金を取り崩して事業に充当する予定でしたが、年度末に財源調整の結果、不用だということで減額させていただいております。


 それから、市債につきまして、地方債補正で説明したとおりでございます。


 20ページをお願いします。


 3の歳出でございます。


 2款総務費1項4目財政管理費の25節積立金でございます。


 これは財政調整基金の積立金でございますけれども、将来の財政需要に備えるということで積み立てするわけですけれども、これを積み立てることによりまして、平成18年度末の残高が14億5,504万6,000円になります。


 それから、その下の企画費の中の積立金、まちづくり基金積立金、これも今後計画しておる事業が財源として活用するために積み立てするわけですけれども、平成18年度末の残高が12億2,353万9,000円になります。


 それから、3款民生費1項1目社会福祉総務費の28節繰出金でございます。


 これは介護保険事業特別会計繰出金でございますけれども、介護の特別会計内の歳入が減ったために一般会計から繰出金を追加するというものでございます。


 22ページをお願いします。


 8款土木費2項3目除雪対策費でございますが、ことしは暖冬ですので、平成17年度に比べまして半分ぐらいに降雪量も出動日数も少なくなっております。そういうことで、この目で1億6,105万6,000円減額するという趣旨のものでございます。


 それから、その下の4項4目下水道費ですけれども、下水道事業特別会計繰出金ですが、下水道会計の歳入が少し減ったということで、一般会計から繰出金を追加するものでございます。


 次のページをお願いします。


 10款教育費6項5目国民体育大会推進費でございます。


 これは歳入でも申し上げましたが、冬季スキー大会の経費ですが、これが決算見込みによりまして減ったということで、負担金を減らしております。854万3,000円の減額でございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 市民部長。


○市民部長(高田幸良君) 議案第57号専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 補正予算書で説明いたします。


 専決処分書、平成18年度鹿角市介護保険事業特別会計補正予算(第6号)について、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分する。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 1ページをお開き願います。


 平成18年度鹿角市の介護保険事業特別会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正、第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 地方債の補正、第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 6ページをお開き願います。


 第2表 地方債補正、保険事業勘定における1.変更の起債、介護保険財政安定化対策につきましては、年度内の歳入不足を基金からの貸付金で補うこととしておりましたが、財源を確保できる見込みがたちましたので、とりやめるものであります。


 11ページをお開き願います。


 2歳入、3款国庫支出金につきましては、2段目の2項国庫補助金1目調整交付金が確定いたしましたので、追加補正しております。


 このほか、1項の国庫負担金、4款支払基金交付金、及び7款繰入金につきましては、歳出の給付実績見込み額などによりそれぞれ財源調整を含めて補正しております。


 13ページをお開き願います。


 3歳出につきましては、各項において追加補正は行わず、財源調整を行う補正の内容となっております。


 20ページをお開き願います。


 介護サービス事業勘定における2歳入、1款サービス収入1項1目介護予防サービス費収入につきましては、利用実績件数の減により減額補正し、2款1項一般会計繰入金の追加補正により


調整いたしております。このため、次の22ページの3歳出では、財源内訳の欄において一般財源がプラスマイナスゼロの調整となっております。


 以上で説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 産業建設部長。


○産業建設部長(二ツ森 要君) 議案第58号専決処分の承認を求めることについて。


 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 補正予算書の方をごらんいただきたいと思います。


 専決処分書、平成18年度鹿角市下水道事業特別会計補正予算(第5号)について、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分する。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 1ページをお開き願います。


 平成18年度鹿角市の下水道事業特別会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正、第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 地方債の補正、第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 4ページをお願いいたします。


 第2表の地方債補正ですが、下水道整備事業の限度額を変更するものであります。これは事業費の確定に伴いまして、起債の限度額を130万円減額し、2億7,940万円とするものであります。


 9ページをお願いいたします。


 2の歳入ですが、事業費の確定によりまして7款1項市債の下水道債を減額したことに伴いまして、財源調整のため一般会計からの繰り入れをするものであります。


 次のページをお願いいたします。


 3の歳出ですが、補正予算額はゼロとなっておりますが、事業費の確定によりまして、財源の内訳を調整したものであります。


 以上で議案第58号の説明を終わります。


 次に、議案第59号専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 補正予算書をごらんいただきたいと思います。


 専決処分書、平成18年度鹿角市上水道事業会計補正予算(第5号)について、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分する。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 1ページをお願いいたします。


 平成18年度鹿角市上水道事業会計補正予算(第5号)、第1条ですが、平成18年度鹿角市上水道事業会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。


 債務負担行為の補正、第2条 平成18年度鹿角市上水道事業会計予算第5条に定めた債務負担行為を次のように改める。廃止、この表の事項、期間、限度額につきまして、平成18年度当初予算で第5条に、平成18年度水道給水装置等設備資金利子補給補助金及び損失補償が債務負担行為を定めておりましたけれども、本年度の借入者がなかったことにより廃止するものであります。


 平成19年3月30日。鹿角市長。


 以上で議案第59号の説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 提案理由の説明を終わります。


 これより順次質疑を受けます。


 初めに、議案第56号について質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に、議案第57号について質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に、議案第58号について質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に、議案第59号について質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 これより議案第56号から議案第59号までの4件について順次採決をいたします。


 初めに、議案第56号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第56号について原案のとおり承認するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第56号専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。


 次に、議案第57号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第57号について原案のとおり承認するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第57号専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。


 次に、議案第58号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第58号について原案のとおり承認するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第58号専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。


 次に、議案第59号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第59号について原案のとおり承認するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第59号専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。


──────────────────────〇 ─────────────────────


     日程追加 議案の上程


○議長(中西日出男君) ただいま議案1件が追加提案されました。


 お諮りいたします。ただいま追加提案されました議案1件を本日の日程に追加し、直ちに議題にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、ただいま追加提案されました議案1件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたします。


 次に、お諮りいたします。ただいま追加提案されました議案につきましては、委員会付託を省略し、本会議において決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定します。


 議案第60号平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第1号)について議題とします。


 提案理由の説明を求めます。総務部長。


○総務部長(松岡 昇君) 補正予算書をお願いします。


 議案第60号平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第1号)でございますけれども、平成19年度鹿角市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,961万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ161億2,344万円とする。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。


 平成19年4月17日提出。鹿角市長。


 4ページをお願いします。


 第2表の地方債補正でございます。


 変更でございます。消防施設整備事業でございますけれども、これは広域行政組合では化学消防ポンプ自動車、それから高規格救急自動車、これを購入予定でございますけれども、これは市と町で負担金を支出するわけでございますけれども、市の負担金4,961万9,000円に対しまして4,400万円の市債を借入れするために地方債の変更をするものでございます。


 9ページをお願いします。


 2の歳入でございますが、9款1項1目1節地方交付税でございますけれども561万9,000円を追加してございますが、これは起債残を交付税で計上したものでございます。


 20款市債の中の5目消防債でございます。


 節では消防施設整備債ですが4,400万円、これは消防施設整備事業債4,400万円追加ということでございます。


 次のページをお願いします。


 3の歳出でございますけれども、9款消防費1項1目常備消防費の負担金、補助及び交付金ですけれども、これは広域行政組合への負担金でございます。4,961万9,000円、これを計上してございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に、議案第60号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第60号について原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第60号平成19年度鹿角市一般会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 以上で本日予定いたしました議事日程はすべて終了いたしました。


 ただいまの時刻をもって平成19年第2回鹿角市議会臨時会を閉会いたします。


    午後3時53分 閉会








      議  長     中 西 日出男








      副議長      児 玉 政 芳








      署名議員     田 村 富 男








      署名議員     勝 又 幹 雄