議事ロックス -地方議会議事録検索-


秋田県 鹿角市

平成17年第4回定例会(第4号 6月22日)




平成17年第4回定例会(第4号 6月22日)





 
 平成17年6月22日(水)午前10時開議


 開議


第1 各常任委員会審査報告


    質疑


第2 報告事件の審議


    討論、採決


 閉会


─────────────────────────────────────────────


本日の会議に付した事件


 1 各常任委員会審査報告


    総務財政常任委員会


    教育民生常任委員会


    産業建設常任委員会


 2 報告事件の審議


    議案第73号


    議案第74号


    議案第75号


    議案第76号


    議案第77号


    議案第78号


    17請願第 2号


    17請願第 3号


    17請願第 4号


    17請願第 5号


    17陳情第 8号


    17陳情第 9号


    17陳情第10号


    17陳情第11号


    17陳情第12号


 3 日程追加


    議案の上程


     発議第 9号 地方の公務員賃金の大幅引き下げに反対し、地域経済等の活性


            化を求める意見書の提出について


     発議第10号 社会保障制度の抜本改革を求める意見書の提出について


     発議第11号 定率減税の縮小・廃止を中止することを求める意見書の提出に


            ついて


     発議第12号 「乳幼児医療費無料制度」に自己負担を導入せず現行制度の継


            続を求める意見書の提出について


 4 日程追加


    議案の上程


     議案第79号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正につ


            いて


     議案第80号 特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部改


            正について


     議案第81号 教育委員会の教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部


            改正について


     議案第82号 鹿角市職員等の旅費に関する条例の一部改正について


     議案第83号 平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第3号)


 5 日程追加


    議員派遣の件について


 6 日程追加


    閉会中審査事件の付託


 7 日程追加


    鹿角市長職務代理者の退職承認について


─────────────────────────────────────────────


出席議員(21名)


      1番  倉 岡   誠 君     2番  吉 村 ア イ 君


      3番  浅 石 昌 敏 君     4番  海 沼 信 義 君


      5番  中 西 日出男 君     6番  宮 野 和 秀 君


      7番  福 島 壽 榮 君     8番  阿 部 博 文 君


      9番  石 川   徹 君    10番  黒 澤 一 夫 君


     11番  ? 舘 一 郎 君    12番  ? 杉 正 美 君


     13番  田 村 富 男 君    14番  豊 田 重 美 君


     15番  勝 又 幹 雄 君    16番  阿 部 佐太郎 君


     17番  石 川 幸 美 君    18番  米 田 健 一 君


     19番  村 木 繁 夫 君    20番  児 玉 政 芳 君


     21番  大 里 恭 司 君


─────────────────────────────────────────────


欠席議員(なし)


─────────────────────────────────────────────


事務局出席職員


局長    奈 良 勝 哉 君    班長  今 泉   修 君


主査    大 里 宏 昭 君    主任  田 原 智 明 君


主事    本 舘   匠 君


─────────────────────────────────────────────


説明のため出席した者の職氏名


助役           児 玉   一 君 教育長       織 田 育 生 君


総務部長         高 田 幸 良 君 市民部長      金 澤 文 好 君


産業建設部長       二ツ森   要 君 教育次長      米 田 公 正 君


国体準備事務局長     馬 淵 晴 彦 君 市民部次長     小田島 秀 夫 君


産業建設部次長      松 岡   昇 君 農業委員会事務局長 佐 藤 光 正 君


総務部付次長待遇     齊 藤 寛 樹 君 総務企画課長    鎌 田 邦 夫 君


財政課長         中 山 一 男 君 監査委員事務局長  内 藤 庸 夫 君


選挙管理委員会事務局長  中 村 成 男 君





    午前10時02分 開議


○議長(中西日出男君) 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の会議は、議事日程第4号により進めてまいります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    議長報告


○議長(中西日出男君) 初めに、議長報告をいたします。


 お手元に配付しておりますとおり、監査委員より地方自治法第235条の2第3項の規定による例月出納検査書が、また、市長職務代理者より地方自治法第243条の3第2項の規定による公社等の経営状況説明書がそれぞれ提出されておりますので、報告いたします。


 以上で議長報告を終わります。


──────────────────────〇 ─────────────────────


    日程第1 各常任委員会審査報告


○議長(中西日出男君) これより、日程第1、各常任委員会の審査報告を行います。


 去る6月6日及び14日の本会議において、各常任委員会に付託いたしました議案第73号から議案第78号までの6件及び請願、陳情9件について、それぞれの委員会の審査報告を受けます。


 初めに、総務財政常任委員会付託事件の審査結果について、委員長の報告を受けます。総務財政常任委員長、黒澤一夫君。


    (総務財政常任委員長 黒澤一夫君 登壇)


○総務財政常任委員長(黒澤一夫君) 私から、去る6月6日の本会議において、当総務財政常任委員会に付託されました議案1件、請願2件、陳情3件について、その審査の経過と結果をご報告申し上げます。


 まず、議案第73号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)中、条文、歳入全款、歳出1款議会費、2款総務費、13款諸支出金について報告いたします。


 今回の補正は、当初予算の編成時において確定できなかった事業及び国・県の補助事業の確定に伴う事業の追加調整並びに人事異動に伴う人件費の調整などを主な内容としており、条文第1条、歳入歳出予算の補正では、歳入歳出それぞれ2億260万3,000円を追加し、一般会計の総額を歳入歳出それぞれ154億1,138万2,000円とするものであります。


 以下、本予算案の審査に当たり、各委員より出されました質疑、意見、要望等の主な内容について申し上げます。


 まず、条文及び歳入についてでありますが、14款県支出金の局所防災事業補助金の内訳、割合についてただしております。


 このことに対し、去る4月7日から8日にかけての異常融雪で発生した小規模のり面崩落の復旧事業費の補助金で、災害箇所は小枝指地区と松山地区の2カ所、災害延長と事業費は小枝指地区が15メートルで約170万円、松山地区が10メートルで約600万円で、補助率は8割であるとの答弁を得ております。


 次に、19款諸収入の自主防災組織育成事業費助成金に関し、現在要望を出して待機している自治会はあるのかただしております。


 このことに対し、この助成金は自治総合センターから受けて市から補助金として交付するものであり、今年度は毛馬内南地区自主防災会へ防災機材購入費として150万円を助成するものである。現在、市内の自主防災会は16団体あり、そのうち8団体は既に助成を受けており、今後は、結成の早い順に働きかけ協議を進めることとしており、来年度は3団体が該当するため、1カ所に調整する必要があるとの回答を得ております。


 また、同じく諸収入のコミュニティ推進事業費助成金の実績、内容についてただしております。


 このことに対し、この助成金についても自治総合センターからのものであり、今年度は松山自治会の有線放送設備へ250万円を助成するものである。このコミュニティ助成金には、一般、緑化推進、自主防災、青少年健全育成、コミュニティセンター助成の五つのメニューがあり、そのメニューごとに限度額がある。県に配分があり、その配分の中で決定されるため、毎年助成を受けられるものではないが、昨年度は一般コミュニティ助成の250万円とコミュニティセンター助成の1,500万円の2件の実績があったとの答弁を受けております。


 委員からは、今後においては助成制度の周知徹底についてきめ細かく行ってほしいとの要望が出されております。


 次に、歳出についてでありますが、2款総務費の企画費日本語語学指導員海外派遣支援事業費補助金について、その内容をただしております。


 このことに対し、語学指導員の海外派遣については、平成9年よりこれまで3人派遣しているが、現在派遣中の指導員が任期を終え8月に帰国することから、9月からの次期語学指導員の派遣にかかわる助成金である。当初この事業は、今期限りで終了の予定であったが、ショプロン市からの派遣継続について強い要請があったことから、後任を選任し派遣するものとしたとの答弁を得ております。


 次に、6目財産管理費の遊具等撤去工事費の内容についてただしております。


 このことに対し、現在、誘致企業「シーティーイー」が入っている旧大里保育園の遊具及びフェンスの撤去、立木の伐採費用で、現在も近隣の子どもたちが遊びに来て危険であることから撤去してほしいとの要請を受けたものであるとの答弁を得ております。


 以上の審査の結果、議案第73号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)中、当常任委員会所管の予算につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、今定例会において付託されました請願及び陳情についてご報告いたします。


 まず、請願についてでありますが、17請願第2号地方の公務員賃金の大幅引き下げに反対し、地域経済等の活性化を求める意見書採択に関する請願及び17請願第5号定率減税の縮小・廃止の中止を求める意見書採択に関する請願については、願意妥当と認め採択すべきものと決定しております。


 次に、陳情3件についてでありますが、まず、17陳情第8号確実な税源移譲、交付税の拡充による自治体財政の確立、公務・公共業務を後退させる「市場化テスト」反対、地域経済等に悪影響を及ぼす「給与見直し」に反対することを求める陳情及び17陳情第10号国土調査事業の県内業者育成に関する陳情及び17陳情第11号「骨太方針2005」において住民本位の地方財政確立に向けた意見書採択を求める陳情については、さらに精査を要することから、継続審査すべきものと決定しております。


 以上をもちまして、当総務財政常任委員会の審査報告を終わります。


○議長(中西日出男君) ただいまの報告に対し質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。よって、総務財政常任委員会の審査報告を終わります。


    (総務財政常任委員長 黒澤一夫君 降壇)


○議長(中西日出男君) 次に、教育民生常任委員会付託事件の審査結果について、委員長の報告を受けます。教育民生常任委員長、阿部博文君。


    (教育民生常任委員長 阿部博文君 登壇)


○教育民生常任委員長(阿部博文君) 私から、去る6月6日及び14日の本会議において、当教育民生常任委員会に付託されました議案3件、請願1件及び陳情1件について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。


 まず、議案第73号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)中、歳出3款民生費、4款衛生費、9款消防費、10款教育費について報告いたします。


 今回の補正予算は、定期人事異動に伴う人件費の調整のほか、平成16年度の豪雪により被害を受けた福祉施設及び教育施設の修繕料、また7月9日に国立劇場で開催される民俗芸能公演会への出演依頼を受けた大日堂舞楽保存会に対する出演事業費補助金等が主なものとして計上されております。


 本案の審査に当たり委員から出されました質疑、意見等の主なる内容について申し上げます。


 まず、3款2項5目児童福祉施設費に関連して、今後の保育園施設にかかわる計画についてただしております。


 これに対し、現在計画にあるのは、老朽化している合ノ野保育園等の改築案などがあり、第5次総合計画後期基本計画や実施計画の中で進め、実現できるよう努めていきたいとの答弁がなされております。


 次に、4款1項1目保健衛生総務費の健康運動指導士養成講習会に参加することとした経緯についてただしております。


 これに対し、職員が資格を有することで健康づくりや予防介護について、運動機器を使った訓練を随時行うほか、これまでの40歳以上は健康づくり、65歳以上は介護予防事業という区分なく一体的に行っていくために、グループの促進や団体を育成し、健康づくりの推進を図ってまいりたいとの答弁がなされております。


 次に、10款5項2目文化財保護費の民俗芸能公演会出演事業費補助金について、大日堂舞楽保存会が東京の国立劇場で公演を行うようだが、「秋田県鹿角市」という名称をPRするため、市の職員は同行するのかただしております。


 これに対し、今回の公演は、国立劇場からの要請により保存会の方々が行く予定で、市の職員が同行する予定は今のところ考えていないとの答弁がなされております。


 委員からは、民俗芸能をPRし観光に結びつけているところは全国各地に存在していることから、この公演に満足せず、知名度を上げることができるようお願いしたいとの意見が述べられております。


 次に、同じく5項4目市民センター費に関連して、生涯学習や社会教育などについて、上部団体と協議する際の配慮は考慮されているのかただしております。


 これに対し、これまでも生涯学習推進本部は市長が本部長となっており、教育委員会部局と市長部局の間でやりとりがあったことは事実であるが、一般行政においても部署が多様にあることから、何ら問題なく事務を遂行できるものと考えているとの答弁がなされております。


 このことについてさらに、鹿角市は先駆的な立場で市民センターを教育委員会から移し、共動を進めていくのだが、このことを市民の理解を得る前に進めるようであれば反発を抱くことになる。今後行われる地区懇談会では、段階的には時間のかかる地区もあるのだということで説明する必要があると感じているが、これについてどのように考えているのかただしております。


 これに対し、地域の方々の力を結集し、ようような行事を企画し実施している例があることからも、ある程度時間を要する地区もあると思うが、十分地域の方々の意見を伺いながら進めていきたいとの答弁がなされております。


 委員からは、市民センターの職員の引き上げを急がず、ある程度運営が軌道に乗るまでセンター長や職員がアドバイザーとして事務を円滑にできるよう、スムーズな移行をお願いしたいとの意見が述べられております。


 以上の審査により、議案第73号中、当常任委員会の所管の予算につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、議案第74号平成17年度鹿角市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、議案第75号平成17年度鹿角市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案の審査に当たり、平成18年度からの第3期介護保険事業計画においては、65歳以上の方の介護保険料に月額310円程度上乗せする必要があるということだが、この金額で県の介護保険財政安定化基金より借り入れをしていた分を返済することができるのかただしております。


 これに対し、借り入れ分を返済するには310円を上乗せすることで対応することができると見込んでいるが、平成18年度以降、介護認定者等の増加により、上乗せが必要であることも考えられるが、サービスの需要等を十分考慮しながら、次期介護保険計画の策定を進めていきたいとの答弁がなされております。


 以上の審査により、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、17請願第4号社会保障制度の抜本改革を求める意見書採択に関する請願についてでありますが、本請願については、すべての社会保障を含めて見直すことを求めるもので、現在、年金の見直し等については国会でも論議されていることから、さらなる精査を要するため、継続審査とする意見がある一方、制度が景気に左右され、先行きが見えない中で次々に改正されるなど、内容が空洞化されている。国民に対し抜本的に示す必要があることから、採択すべきとの意見もあり、意見が分かれましたので、採決を行った結果、賛成多数であったことから、本請願については、採択とすべきものと決定いたしております。


 次に、17陳情第12号「乳幼児医療費無料制度」に自己負担を導入せず現行制度の継続を求める意見書の提出についてでありますが、本陳情については、この制度が施行された場合に想定される市の負担額などの説明を市当局から求め、慎重なる審査を行った結果、秋田県が行う子育てに関する経済的支援策の見通しから、市の負担がふえることが見込まれていることや、制度改正によりすぐに効果が上がるということも言いがたく、さらなる精査を要するため継続審査とする意見がある一方、市の負担が増すことにはなるが、少子化の歯どめ策としてとらえ、願意妥当として採択すべきとの意見もあり、意見が分かれましたので採決を行った結果、賛成多数であったことから、本陳情については、採択とすべきものと決定いたしております。


 以上で、当教育民生常任委員会の結果報告を終わります。


○議長(中西日出男君) ただいまの報告に対し質疑を受けます。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。よって、教育民生常任委員会の審査報告を終わります。


    (教育民生常任委員長 阿部博文君 降壇)


○議長(中西日出男君) 次に、産業建設常任委員会付託事件の審査結果について、委員長の報告を受けます。産業建設常任委員長、?舘一郎君。


    (産業建設常任委員長 ?舘一郎君 登壇)


○産業建設常任委員長(?舘一郎君) 私から去る6月6日及び14日の本会議において、当産業建設常任委員会に付託されました議案4件及び請願・陳情それぞれ1件について、その審査の経過と結果をご報告いたします。


 まず、議案第73号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)中、当常任委員会所管の予算であります歳出5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費、11款災害復旧費について、各委員から出されました質疑、意見の主なる内容について申し上げます。


 まず、5款1項2目勤労者福祉施設費に関連して、サンスポーツランドのプール利用率についてただしております。


 これに対して、昨年、テニスコートの利用者は増加傾向にあるものの、プールについては減少傾向にあり、アルパスで実施している水泳教室について、以前は大人の水泳教室をサンスポーツランドで実施していたものの、参加者の減少に伴い現在は実施していない。子どもの水泳教室は実施しているが、水深の関係で湯瀬ホテルで実施しているとの答弁がなされております。


 これについて、委員からは、横の連絡を密にして利用率を高めてほしいとの意見が出されております。


 次に、7款2項3目観光施設費に関連して、あんとらあの指定管理者への移行の可能性についてただしております。


 これに対して、あんとらあの場合は県有部分と市有部分が一体になっているため、県と協議をして適切に進めていきたいとの答弁がなされております。


 次に、8款2項2目道路橋りょう維持費及び3項1目河川総務費に関連し、融雪災害への対応についてただしております。


 これに対して、この春の融雪により被害を受けた件数は、全部で79カ所ありますが、そのうち7月の災害査定を受けるものが河川で15カ所、道路5カ所の計29カ所でありますが、その他の部分については、今回の補正予算で対応できるとの答弁がなされております。


 次に、8款2項4目交通安全施設費、新川線踏切拡幅工事委託料に関連し、花輪北小前の道路拡幅工事にかかわる歩道整備についてただしております。


 これに対して、花輪北小前の歩道を整備するということで、国道から市役所東町線までの1,458メートルについて実施され、踏切の拡幅工事については、現在2.4メートルの幅が9メートルまで拡幅され、対面交通が確保されるとの答弁がなされております。


 このことについて、委員からは、街灯について防犯などの面からも電柱の設置に当たっては水銀灯で対応してほしいとの要望が出されております。


 次に、11款1項3目林業施設災害復旧費に関連し、林道長嶺・熊沢線の災害への対応についてただしております。


 これに対し、標高が高いことによる気象条件と地質の問題の2点が作用しており災害につながっておりますが、通常、国の補助が65%、市の負担が35%でありますが、国からの災害復旧事業としての承認を得ているため、国の補助が80%、市の負担が20%の補助体系となっております。


 なお、地域住民の要望により、供用開始を早めた経緯がありますが、現在の利用状況としては、緊急間伐事業では全関係集落が取り組んでおり、交付金事業では5集落が取り組んでいることから、本林道は地域にとっては重要な路線であるとの答弁がなされております。


 以上の審査により、議案第73号中、当委員会所管の予算につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、議案第76号平成17年度鹿角市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は金利負担軽減を図るため、下水道債の平成元年度と2年度に6.3%と6.7%で総額1億2,300万円を借用しておりましたが、その残額9,457万3,000円の借りかえにより、高金利から低い金利変更にするため補正するものであります。本案に関連して、水道事業においても低い金利に借りかえをする対応をしているかただしております。


 これに対し、現在は実施していないが、当てはまる制度があれば対応していきたいとの答弁がなされております。


 以上の審査により、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、議案第77号平成17年度鹿角市上水道事業会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は定期人事異動に伴う人件費の調整と他事業関連配水管移設工事等による追加であります。本案に関連して、石綿管更新事業の進捗状況についてただしております。


 これに対して、現在も更新中であり、平成15年度末実績で49キロメートルほど残っており、国の補助で進めているが、補助がなくなったとしても全部解消しなければならないとの答弁がなされております。


 以上の審査により、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。


 次に、議案第78号鹿角市下水道事業特別会計への繰入れの変更についてでありますが、原案のとおり可決することに決定いたしております。


 次に、17請願第3号パートタイム労働者及び有期契約労働者の適正な労働条件の整備均等待遇を確保する法律の制定を求める意見書採択に関する請願についてでありますが、本請願については、おおむね趣旨は理解できるとの意見があった一方、不明な点も多々あり、さらなる精査を要するとの意見もあり、意見が分かれたことから採決を行った結果、継続審査すべきものと決定いたしております。


 次に、17陳情第9号郊外型大型店出店反対についての陳情についてでありますが、本陳情については、中心市街地活性化計画の取り組みや都市マスタープラン、街路計画で中心市街地を活性化させようと取り組んでいる最中でもあり、出店に不確定なところがあり継続審査という意見もありましたが、採決を行った結果、本陳情については、採択すべきものと決定いたしております。


 以上で、当産業建設常任委員会の審査報告を終わります。


○議長(中西日出男君) ただいまの報告に対し質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。よって、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。


    (産業建設常任委員長 ?舘一郎君 降壇)


○議長(中西日出男君) 以上で、各常任委員会に付託いたしました事件の審査報告を終結いたします。


─────────────────────〇 ───────────────────────


    日程第2 報告事件の審議


○議長(中西日出男君) 次に、日程第2、これより採決いたします。


 初めに、議案第73号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)について、委員長の報告は原案可決であります。


 本案について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第73号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第73号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第74号平成17年度鹿角市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について、委員長の報告は原案可決であります。


 本案について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第74号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第74号平成17年度鹿角市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第75号平成17年度鹿角市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について、委員長の報告は原案可決であります。


 本案について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第75号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第75号平成17年度鹿角市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第76号平成17年度鹿角市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、委員長の報告は原案可決であります。


 本案について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第76号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第76号平成17年度鹿角市下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第77号平成17年度鹿角市上水道事業会計補正予算について、委員長の報告は原案可決であります。


 本案について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第77号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第77号平成17年度鹿角市上水道事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第78号鹿角市下水道事業特別会計への繰入れの変更について、委員長の報告は原案可決であります。


 本案について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 議案第78号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第78号鹿角市下水道事業特別会計への繰入れの変更については、原案のとおり可決されました。


 次に、17請願第2号地方の公務員賃金の大幅引き下げに反対し、地域経済等の活性化を求める意見書採択に関する請願につきましては、先ほどの委員長の報告は採択であります。


 17請願第2号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17請願第2号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17請願第2号地方の公務員賃金の大幅引き下げに反対し、地域経済等の活性化を求める意見書採択に関する請願につきましては、採択と決定いたしました。


 次に、17請願第3号パートタイム労働者及び有期契約労働者の適正な労働条件の整備均等待遇を確保する法律の制定を求める意見書採択に関する請願につきましては、先ほどの委員長の報告は継続審査であります。


 17請願第3号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17請願第3号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17請願第3号パートタイム労働者及び有期契約労働者の適正な労働条件の整備均等待遇を確保する法律の制定を求める意見書採択に関する請願につきましては、継続審査と決定いたしました。


 次に、17請願第4号社会保障制度の抜本改革を求める意見書採択に関する請願につきましては、先ほどの委員長の報告は採択であります。


 17請願第4号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17請願第4号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17請願第4号社会保障制度の抜本改革を求める意見書採択に関する請願につきましては、採択と決定いたしました。


 次に、17請願第5号定率減税の縮小・廃止の中止を求める意見書採択に関する請願につきましては、先ほどの委員長の報告は採択であります。


 17請願第5号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17請願第5号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17請願第5号定率減税の縮小・廃止の中止を求める意見書採択に関する請願につきましては、採択と決定いたしました。


 次に、17陳情第8号確実な税源移譲、交付税の拡充による自治体財政の確立、公務・公共業務を後退させる「市場化テスト」反対、地域経済等に悪影響を及ぼす「給与見直し」に反対することを求める陳情につきましては、先ほどの委員長の報告は継続審査であります。


 17陳情第8号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17陳情第8号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17陳情第8号確実な税源移譲、交付税の拡充による自治体財政の確立、公務・公共業務を後退させる「市場化テスト」反対、地域経済等に悪影響を及ぼす「給与見直し」に反対することを求める陳情につきましては、継続審査と決定いたしました。


 次に、17陳情第9号郊外型大型店出店反対についての陳情につきましては、先ほどの委員長の報告は採択であります。


 17陳情第9号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17陳情第9号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17陳情第9号郊外型大型店出店反対についての陳情につきましては、採択と決定いたしました。


 次に、17陳情第10号国土調査事業の県内業者育成に関する陳情につきましては、先ほどの委員長の報告は継続審査であります。


 17陳情第10号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17陳情第10号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17陳情第10号国土調査事業の県内業者育成に関する陳情につきましては、継続審査と決定いたしました。


 次に、17陳情第11号「骨太方針2005」において住民本位の地方財政確立に向けた意見書採択を求める陳情につきましては、先ほどの委員長の報告は継続審査であります。


 17陳情第11号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17陳情第11号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17陳情第11号「骨太方針2005」において住民本位の地方財政確立に向けた意見書採択を求める陳情につきましては、継続審査と決定いたしました。


 次に、17陳情第12号「乳幼児医療費無料制度」に自己負担を導入せず現行制度の継続を求める陳情につきましては、先ほどの委員長の報告は採択であります。


 17陳情第12号について討論ございませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。よって、これより採決いたします。


 17陳情第12号について、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、17陳情第12号「乳幼児医療費無料制度」に自己負担を導入せず現行制度の継続を求める陳情につきましては、採択と決定いたしました。


 ここで暫時休憩いたします。


    午前10時50分 休憩


─────────────────────────────────────────────


    午前11時16分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


─────────────────────────────────────────────


    日程追加 議案の上程


○議長(中西日出男君) ただいま米田健一君ほか6名の方々より、発議4件が提案されました。これを本日の日程に追加し、直ちに議題にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、ただいま提案されました発議4件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 提案者の説明を求めます。米田健一君。


    (18番 米田健一君 登壇)


○18番(米田健一君) 私から、発議第9号から発議第12号までの4件について、提案理由をご説明申し上げます。


 まず、発議第9号地方の公務員賃金の大幅引き下げに反対し、地域経済等の活性化を求める意見書の提出についてでありますが、公務員賃金の見直しについては、十分な労使協議を行うことや、雇用の安定と格差解消のために積極的施策を講ずることを求めて意見書を提出するものであります。


 次に、発議第10号社会保障制度の抜本改革を求める意見書の提出についてでありますが、基礎年金制度の改革を初め、各種年金の一元化問題を含む社会保障制度全般の一体的見直しを行い、早急に抜本改革を実施することを求めて意見書を提出するものであります。


 次に、発議第11号定率減税の縮小・廃止を中止することを求める意見書の提出についてでありますが、勤労者世帯にさらなる負担を押しつけ、経済社会の二極化を加速、拡大する懸念のある「定率減税の縮小・廃止」を中止するよう求めて意見書を提出するものであります。


 次に、発議第12号「乳幼児医療費無料制度」に自己負担を導入せず現行制度の継続を求める意見書の提出についてでありますが、乳幼児医療費無料制度は全国でも誇れる制度となっており、これからの地域を担う若い子育て世帯支援のためにも、無料制度継続を求めて意見書を提出するものであります。


 以上ご提案申し上げましたが、何どぞ満場一致でご可決くださるようお願いいたしまして、提案説明といたします。


○議長(中西日出男君) 提案者の説明を終わります。


 これより質疑を受けます。質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


    (18番 米田健一君 降壇)


○議長(中西日出男君) これより採決いたします。


 発議第9号、発議第10号、発議第11号、発議第12号について、原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、発議第9号地方の公務員賃金の大幅引き下げに反対し、地域経済等の活性化を求める意見書の提出について、発議第10号社会保障制度の抜本改革を求める意見書の提出について、発議第11号定率減税の縮小・廃止を中止することを求める意見書の提出について、発議第12号「乳幼児医療費無料制度」に自己負担を導入せず現行制度の継続を求める意見書の提出については、原案のとおり可決されました。


─────────────────────〇 ───────────────────────


    日程追加 議案の上程


○議長(中西日出男君) 次に、ただいま議案5件が提出されました。


 お諮りいたします。


 ただいま提出されました議案を本日の日程に追加し、直ちに議題にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、ただいま提出されました議案5件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 ただいま提出されました議案5件につきましては、委員会付託を省略し、本会議において決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決します。


 議案第79号から83号までの5件について一括して提案理由の説明を求めます。総務部長。


○総務部長(高田幸良君) 議案第79号。議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について。議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。平成17年6月22日提出。鹿角市長職務代理者、鹿角市助役。


 提案理由は、大館市、比内町及び田代町の合併に伴い、条例を改正するものであります。


 次のページをお開き願います。


 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する。


 資料の1ページの新旧対照表をあわせてごらんください。


 別表第2の備考第3項中「、北秋田郡比内町内」を「(旧田代町内を除く。)」に改め、同表備考第4項中「北秋田郡田代町内」を「大館市の旧田代町内」に改める。


 附則、この条例は、公布の日から施行し、平成17年6月20日から適用するものであります。


 議員には費用弁償として旅費を支給することを定めておりますが、旅費の支給対象地域となっていた田代町が、6月20日大館市との合併に伴い、地域の名称が変更となりましたので、関係する部分の改正をすることになったものであります。


 次のページをお開き願います。


 議案第80号特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部改正について。次の、議案第81号教育委員会の教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正について。次の、議案第82号鹿角市職員等の旅費に関する条例の一部改正についての3件も同様の提案理由にありますので、説明は省略させていただきます。


 以上で説明を終わります。


 次に、議案第83号、予算書をお開き願います。


 平成17年度鹿角市の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,500万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ155億9,638万2,000円とする。


 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 地方債の補正。第2条、地方債の追加は、「第2表 地方債補正」による。


 平成17年6月22日提出。鹿角市長職務代理者、鹿角市助役。


 4ページをお開き願います。


 第2表 地方債補正。


 1の追加ですが、老人福祉施設等環境整備事業につきましては、市債借入額の限度額を1億8,500万円と定めるものであります。


 次に、9ページ、10ページをお開き願います。


 2、歳入については、歳出予算の財源に市債を充てることとしており、20款市債1目1節老人福祉施設等環境整備事業債は、全額過疎債の借り入れを見込んでおります。


 次のページをお開き願います。


 3、歳出、3款民生費1項社会福祉費3目19節老人福祉施設等環境整備事業費補助金につきましては、社会福祉法人愛生会が行う特別養護老人ホーム「ケアホームおおゆ」の30床増築事業費に対する補助金であります。補助金額は、建設事業費約5億8,000万円のうち、独立行政法人社会福祉医療機構から資金を借り入れするに当たって、基準事業費と見なす3億7,000万円の2分の1となっております。


 追加提案となりましたのは、建設に対する県の補助金が6月議会に提案されたこと、また、事業者においては県と協議を進めておりますが、県の補助内示を受けた後、7月中に工事着手の計画にあることから、市の予算措置についても県の予算に合わせ事業着手前が適当であると判断したためであります。


 以上で説明を終わります。


○議長(中西日出男君) 提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を受けます。


 議案第79号について質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 次に、議案第80号について質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 次に、議案第81号について質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 次に、議案第82号について質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 次に、議案第83号について質疑ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。


 次に、議案第79号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 よって、これより採決いたします。


 議案第79号について、原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第79号議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


 議案第80号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 よって、これより採決いたします。


 議案第80号について、原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第80号特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


 議案第81号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 よって、これより採決いたします。


 議案第81号について、原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第81号教育委員会の教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


 議案第82号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 よって、これより採決いたします。


 議案第82号について、原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第82号鹿角市職員等の旅費に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。


 議案第83号について討論ございませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ないものと認めます。


 よって、これより採決いたします。


 議案第83号について、原案のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、議案第83号平成17年度鹿角市一般会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決されました。


─────────────────────〇 ───────────────────────


    日程追加 議員派遣の件について


○議長(中西日出男君) 次に、お諮りいたします。地方自治法第100条第12項及び鹿角市議会会議規則第159条の規定による議員の派遣について、これを本日の日程に追加し、直ちに議題にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 お諮りいたします。議員派遣の件について、お手元に配付いたしております議員派遣一覧表のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


─────────────────────〇 ───────────────────────


    日程追加 閉会中審査事件の付託


○議長(中西日出男君) 次に、お諮りいたします。各常任委員長及び議会運営委員長より、会議規則第104条の規定による閉会中審査事件の申し出があります。この際、これを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 お諮りいたします。各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中審査事件について、お手元に配付いたしております閉会中審査事件付託表のとおり決するにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 次に、地域おこし特別委員長から、会議規則第104条の規定により、地域おこしにかかわる事項の審査が終了するまで、閉会中においてもなお継続して審査いたしたいとの申し出があります。この際、これを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 お諮りいたします。地域おこし特別委員長からの申し出のとおり、地域おこしにかかわる事項の審査が終了するまで、閉会中も継続して審査することにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 ここで暫時休憩いたします。


    午前11時34分 休憩


─────────────────────────────────────────────


    午前11時58分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


─────────────────────────────────────────────


    日程追加 鹿角市長職務代理者の退職承認について


○議長(中西日出男君) ただいま鹿角市長職務代理者鹿角市助役児玉 一君から一身上の都合により、平成17年6月23日をもって退職したい旨の申し出が、地方自治法第165条の規定によりありました。これを本日の日程に追加し、直ちに議題にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたします。


 お諮りいたします。本件について、これを承認することにご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、鹿角市長職務代理者鹿角市助役児玉 一君の退職申し出については、承認することに決定いたしました。


 昼食のため、午後1時まで休憩いたします。


    午後0時00分 休憩


─────────────────────────────────────────────


    午後2時10分 再開


○議長(中西日出男君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 次に、お諮りいたします。去る6日の本会議において、本定例会の議事運営にかかわる議会運営委員会の審議結果の報告中、関連して委員会審議のあり方についての質疑がございました。


 この件につきまして、その後、確認のために議会運営委員会が開催されておりますので、その審議の結果について報告いたしたい旨、議会運営委員長より発言の申し出がありますので、この際これを許可したいと思いますが、ご異議ございませんか。


    (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中西日出男君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決します。


 議会運営委員長、米田健一君。


    (議会運営委員長 米田健一君 登壇)


○議会運営委員長(米田健一君) 去る6日の本会議における本定例会にかかわる会期並びに議事日程に関する議会運営委員会の審議の結果の報告中、阿部佐太郎議員より、本市議会と小坂町議会における連絡協議会において、本市議会から当面の休止を申し入れた件に関連して、議会運営委員会としてのその決定のあり方について質疑がございました。この件に関しまして、議会運営委員会の審議における決定の経緯につきましては、6日の本会議において、委員全員の一致で決定したものであるとの答弁申し上げたとおりでございますが、確認のため、この件について議会運営委員会を開催いたしておりますので、その結果についてご報告申し上げます。


 議会運営委員会といたしましても、私が答弁いたしましたとおり、委員の話し合いにより決して多数決ではなく、全委員の一致をもって決定したことであるとの確認がなされておりますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(中西日出男君) 阿部佐太郎君。


○16番(阿部佐太郎君) 発言してよろしいですか。


○議長(中西日出男君) はい、どうぞ。


○16番(阿部佐太郎君) もともと私ども少なくても継続すべきという意見があったものですから、6日ああいう答弁をいたしました。その後、継続すべしという意見もあったけれども、最終的には全会一致であのように決定になったということは、私も議会運営委員会の要点記録を読ませていただいて了解しました。


 さて、それはそれとして、さて、その要点記録を読ませていくうちに、非常に私運営委員会の答弁というか、審査の中身において、「議運だからできるだけ満場一致ということでやってきたが、何々さんから継続という話もあるが、最近はおかしくなってきていると。合併ということで、鹿角市は相当尽くしてきている。いろんな交流をしているが、だまし討ちにあっている。去年終わった後もそのとおり、すっと帰ってしまった。そうなると、廃止するほかないと思うが、廃止というよりも休止ということで」という意見が出されておりますが、委員長にお尋ねしますが、だまし討ちにあったという事例はどういうお話の中から出てきた言葉でありましょうか。まずお尋ねしたいと思います。


○議会運営委員長(米田健一君) どういう形であったかということをお尋ねされてあっても、私はそのことについては答えしかねるのかなというふうに思います。


○議長(中西日出男君) 阿部君。


○16番(阿部佐太郎君) 私は非常によくない表現だなと思ってあえてお聞きしましたし、このことについて後でどういう方法でこのことを何というか、真意を調査するか考えてみたいと思いますが、もう1点お尋ねしたいと思います。


 もう1点、2点になります。つまりこういう、たったこの議論で小坂町との協議は休止すべきということに運営委員会の要点を見ればそうなっていますね。これに全員が賛成したことになるんですよ、私見れば。そうすると、余りに大人げない議論で鹿角市議会が休止を申し入れたことになるんじゃないかなという気がして、非常に私は大人げないことをしたなと思っております。そして、中西議長の小坂町に文書で鹿角地域市町議会連絡協議会の開催の休止についてという申し入れがなされておりますが、この中身を見ますと、地域経済が低迷しておると、したがって行財政運営をそれぞれ考えていかなければならない。鹿角市議会としても議会費の削減などで対応していると。そういう観点から、貴町議会との間で行われてきた連絡協議会を休止したいという申し入れになっておりますが、議会運営委員会ではそういった、つまり地域経済が低迷であるためにとか、議会の経費を削減してまでやる必要がないとかという議論は一切ないのにかかわらず、こういう文書で出ていっているということは、この文書の作成は運営委員会全体一致でつくった文書でありましょうか。議会運営委員会で決めたということは、私どもも同意して決めたことになるわけですね。


○議長(中西日出男君) 休憩いたします。


    午後2時18分 休憩


─────────────────────────────────────────────


    午後2時18分 再開


○議長(中西日出男君) 会議を再開いたします。


○議会運営委員長(米田健一君) お答えします。


 今の答えですけれども、運営委員会としては議長に一任をするという形で話し合いがなされております。


○議長(中西日出男君) 阿部君。


○16番(阿部佐太郎君) あとこれで終わりにしますが、そうすると、運営委員会ではこの文言の作成については議長に一任するということで、これは議長の裁量で出された文書と、こういうふうに受けとめざるを得ないわけですが、それに相違ございませんか。


○議会運営委員長(米田健一君) そのようであると、今議長から確認していただきました。


○16番(阿部佐太郎君) はい、わかりました。


○議長(中西日出男君) 以上で議会運営委員長の報告を終わります。


    (議会運営委員長 米田健一君 降壇)


○議長(中西日出男君) 以上をもちまして、第4回鹿角市議会定例会、(「議長、15番、よろしいですか、発言しても」の声あり)


 ちょっと休憩いたします。


    午後2時20分 休憩


─────────────────────────────────────────────


    午後2時26分 再開


○議長(中西日出男君) 会議を再開いたします。


 以上をもちまして、第4回鹿角市議会定例会の議事日程はすべて終了いたしました。


 本定例会は、去る6月6日から本日までの17日間にわたりましたが、会期中における議員各位並びに市長職務代理者初め、関係理事者のご精励とご労苦に対し深く敬意を表するとともに、議長に寄せられましたご協力に衷心より感謝申し上げます。


 当局におかれましては、審議の過程で出されました議会の意見等を十分に尊重され、効率的な行財政運営に当たられますよう切望いたしまして、第4回鹿角市議会定例会を閉会いたします。


    午後2時27分 閉会








         議員派遣一覧


1.JR東日本花輪線整備促進期成同盟会


  (1)派遣の目的 JR東日本花輪線整備促進期成同盟会総会へ出席のため


  (2)派遣期間  平成17年6月29日(1日間)


  (3)派遣地   盛岡市


  (4)派遣議員  児玉政芳議員(副議長)





2.ショプロンにおけるEUと日本の出会い


  (1)派遣の目的 「ショプロンにおけるEUと日本の出会い」行政訪問団へ参加のため


  (2)派遣期間  平成17年7月4日〜7月11日(8日間)


  (3)派遣地   東京都・ハンガリー共和国ショプロン市


  (4)派遣議員  ?舘一郎議員





3.一般国道103号改築促進期成同盟会


  (1)派遣の目的 一般国道103号改築促進期成同盟会総会へ出席のため


  (2)派遣期間  平成17年7月6日(1日間)


  (3)派遣地   大館市


  (4)派遣議員  児玉政芳議員(副議長)








         平成17年 第4回鹿角市議会定例会


         閉会中審査事件付託表





                            (平成17年6月22日提出)


┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


┃委員会名 │      付託内容                         ┃


┠─────┼───────────────────────────────────┨


┃総務財政 │ 17陳情第8号 確実な税源移譲、交付税の拡充による自治体財政の確立、公┃


┃常任委員会│        務・公共業務を後退させる「市場化テスト」反対、地域経済┃


┃     │        等に悪影響を及ぼす「給与見直し」に反対することを求める┃


┃     │        陳情                         ┃


┃     │ 17陳情第10号 国土調査事業の県内業者育成に関する陳情        ┃


┃     │ 17陳情第11号 「骨太方針2005」において住民本位の地方財政確立に向けた┃


┃     │        意見書採択を求める陳情                ┃


┃     │ 市総合計画の推進について                      ┃


┠─────┼───────────────────────────────────┨


┃教育民生 │ 所管施設の管理運営状況並びに教育行政及び福祉施策の推進について   ┃


┃常任委員会│                                   ┃


┠─────┼───────────────────────────────────┨


┃産業建設 │ 17請願第3号 パートタイム労働者及び有期契約労働者の適正な労働条件の┃


┃常任委員会│        整備均等待遇を確保する法律の制定を求める意見書採択に関┃


┃     │        する請願                       ┃


┃     │ 農林業及び観光・商工業の振興について                ┃


┃     │ 都市施設の整備について                       ┃


┠─────┼───────────────────────────────────┨


┃議会運営 │ 地方自治法第109条の2第3項に規定する事項及び議会の歳出見積に関する ┃


┃委員会  │ 事項、全員協議会に関する事項、その他議会の組織構成及び運営に関する事項┃


┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








         閉会中審査事件付託表





                            (平成17年6月22日提出)


┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


┃委員会名 │      付託内容                         ┃


┠─────┼───────────────────────────────────┨


┃地域おこし│ 地域おこしに関わる事項について                   ┃


┃特別委員会│                                   ┃


┗━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








      議  長     中 西 日出男








      署名議員     宮 野 和 秀








      署名議員     福 島 壽 榮