議事ロックス -地方議会議事録検索-


秋田県 能代市

平成24年  6月 定例会 06月06日−01号




平成24年  6月 定例会 − 06月06日−01号







平成24年  6月 定例会



          平成24年6月能代市議会定例会会議録

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成24年6月6日(水曜日)

◯議事日程第7号

                     平成24年6月6日(水曜日)

                     午前10時 開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 諸般の報告

 日程第4 議会運営委員の選任

 日程第5 常任委員の選任

 日程第6 庁舎整備特別委員の選任

 日程第7 表彰状の伝達

 日程第8 能代山本広域市町村圏組合議会議員の選挙(4名)

 日程第9 提出議案に対する市長説明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程第1から議事日程第3までは議事日程のとおり

 日程第4 議長の辞職

 日程第5 議長の選挙

 日程第6 副議長の辞職

 日程第7 副議長の選挙

 議事日程第8は議事日程第4に同じ

 日程第9 議席の変更

 議事日程第10から議事日程第14は議事日程第5から議事日程第9に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(25名)

     1番  松谷福三        2番  後藤 健

     3番  信太和子        5番  針金勝彦

     6番  渡辺優子        7番  菅原隆文

     8番  伊藤洋文        9番  穴山和雄

    10番  菊地時子       11番  小林秀彦

    12番  藤原良範       13番  武田正廣

    14番  庄司絋八       15番  田中翼郎

    16番  安岡明雄       17番  畠 貞一郎

    18番  中田 満       19番  高橋孝夫

    20番  竹内 宏       21番  薩摩 博

    22番  山谷公一       23番  藤田克美

    24番  渡辺芳勝       25番  畠山一男

    26番  柳谷 渉

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

  市長        齊藤滋宣   副市長       鈴木一眞

  監査委員      佐々木 充  総務部長      小野正博

  企画部長      小林一彦   市民福祉部長    小松 敬

  環境産業部長    岸部朋毅   環境産業部主幹   渡部信之

  都市整備部長    石出文司   二ツ井地域局長   池内鉄弘

  総務部主幹     泉  篤   総務部次長     秋田武英

  財政課長      野呂田成功  教育長       須藤幸紀

  教育部長      三杉祐造

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

  事務局長      佐藤喜美   事務次長      吉岡康隆

  庶務係長      進藤 香   主査        加賀政樹

  主査        大越孝生   主査        山谷幸誠

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        午前10時01分 開会



○議長(武田正廣君) ただいまより平成24年6月能代市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の出席議員は25名であります。

 本日の議事日程は、日程表第7号のとおり定めました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(武田正廣君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、1番菅原隆文君、2番伊藤洋文君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(武田正廣君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月21日までの16日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武田正廣君) 御異議なしと認めます。よって、会期は16日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(武田正廣君) 日程第3、諸般の報告はお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     (議長 武田正廣君 退場、副議長 薩摩 博君 議長席に着く)



△議長の辞職



○副議長(薩摩博君) この際、御報告いたします。議長武田正廣君から議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(薩摩博君) 御異議なしと認めます。よってこの際、議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。まず、その辞職願を職員に朗読させます。

     (職員 武田正廣君の辞職願を朗読)



○副議長(薩摩博君) お諮りいたします。武田正廣君の議長の辞職を許可することに、御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(薩摩博君) 御異議なしと認めます。よって、武田正廣君の議長の辞職を許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     (3番 武田正廣君 入場)



△議長の選挙



○副議長(薩摩博君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(薩摩博君) 御異議なしと認めます。よってこの際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○副議長(薩摩博君) ただいまの出席議員数は、25名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○副議長(薩摩博君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(薩摩博君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○副議長(薩摩博君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて議長席に向かって左の方から登壇し、順次投票した後、右の方から降壇願います。なお、投票の正確を期するため申し上げます。同姓の議員がございますので、氏名をはっきりとお書き願います。

 点呼を命じます。

     (職員、氏名点呼 投票)



○副議長(薩摩博君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(薩摩博君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。

 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番菅原隆文君、10番針金勝彦君、13番畠 貞一郎君、16番藤田克美君を指名いたします。よって、以上の方々の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○副議長(薩摩博君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数25票、これは出席議員数と符合いたします。うち、有効投票24票、無効投票1票、これは白票であります。有効投票中、後藤 健君15票、畠 貞一郎君9票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、後藤 健君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました後藤 健君は出席されておりますので、先ほどの議長報告をもって、会議規則第32条第2項の告知といたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○副議長(薩摩博君) この際、ただいま議長に当選されました後藤 健君から就任のごあいさつをお願いいたします。11番後藤 健君。

     (11番 後藤 健君 登壇)



◆11番(後藤健君) ただいま、皆様の御推挙により、議長職につくことに相なりました。光栄至極に感じるとともに、その責任の重さを今ひしひしと受けとめておるところであります。もとより、浅学非才の身であることは、私自身が一番認識をいたしておるところであります。市政の発展と円滑な議会運営に努めるべく、誠心誠意努力いたす所存でございます。何とぞ、今後とも皆様の御協力をお願いいたすものであります。

 私はこれまで議員定数削減を含むところの議会改革に取り組んできたつもりであります。これらは待ったなしに取り組むべき事案ととらえておりますが、さきの3月議会での私の定数削減に対する他の会派の方々の質疑でもありましたとおり、議会基本条例の制定、あるいはシステム化づくりが先、もしくは同時進行で進めるべきという質疑があったとおり、この議会改革に対する考えは多様であります。少数意見をむげに扱うのではなく、速やかにさまざまな角度から検証し、改革のスピードを上げたいと考えております。

 議会と他の団体を比較することは、比べること自体おこがましいことではありますが、私は長らく能代市野球協会を初め、複数の組織・団体のトップとして今日に至っております。これらの組織・団体は毎年のように新たな事業展開に取り組んでおりますが、その取り組みに対しての基本的な考えは、そのことが児童生徒の健全なる育成に寄与するか、そのことが本当にみんなのためになることなのかどうか、そのことが能代市民の幸福につながるのかどうか、ひいては能代市の発展につながるのか。これらのことに資する事業であるならば、たとえ前例がなくとも勇猛果敢に積極的に取り組むべきであるという姿勢で、その運営に当たってまいりました。

 長という役職を拝命したその瞬間から、そのポストにきゅうきゅうとしがみつくことなく、その職責に恋々とすることなく、いつでも何か事が起きた場合には、長である私自身がすべての責任を負うという覚悟に立って、その瞬間から胸に辞表を持ち、今日に至っております。今まさに、この瞬間から新たに、しかも大変重い貴重な辞表を一枚、また胸に持ち歩くことになりますが、覚悟はいつでもできております。能代市民の安心・安全を守り、幸せを実感できる市政運営のため、能代市の発展のために、能代市議会を上げて諸課題の解決に向け、おのれの欲を捨てて、みんなで力を合わせて真剣に全力で取り組もうではありませんか。覚悟はできております。よろしくお願いをいたします。(拍手)



○副議長(薩摩博君) これをもって議長の選挙は終わりました。後藤議長、議長席にお着き願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     (議長 後藤 健君 議長席に着く)

     (「議事進行」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 10番針金勝彦君。



◆10番(針金勝彦君) 会派で協議したいことがありますので、休憩をお願いいたします。



○議長(後藤健君) この際、暫時休憩いたします。

                        午前10時29分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        午前10時43分 開議

     (19番 薩摩 博君 退場)



△副議長の辞職



○議長(後藤健君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、御報告いたします。副議長薩摩 博君から副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よってこの際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。まず、その辞職願を職員に朗読させます。

     (職員 薩摩 博君の辞職願を朗読)



○議長(後藤健君) お諮りいたします。薩摩 博君の副議長の辞職を許可することに、御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よって、薩摩 博君の副議長の辞職を許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     (19番 薩摩 博君 入場)



△副議長の選挙



○議長(後藤健君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よってこの際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(後藤健君) ただいまの出席議員数は、25名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○議長(後藤健君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○議長(後藤健君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて議長席に向かって左の方から登壇し、順次投票した後、右の方から降壇願います。なお、投票の正確を期するため申し上げます。同姓の議員がございますので、氏名をはっきりとお書き願います。

 点呼を命じます。

     (職員、氏名点呼 投票)



○議長(後藤健君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。

 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番菅原隆文君、10番針金勝彦君、13番畠 貞一郎君、16番藤田克美君を指名いたします。よって、以上の方々の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○議長(後藤健君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数25票、これは出席議員数と符合いたします。うち、有効投票25票、有効投票中、薩摩 博君15票、安岡明雄君10票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、薩摩 博君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました薩摩 博君は出席されておりますので、先ほどの議長報告をもって、会議規則第32条第2項の告知といたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(後藤健君) この際、ただいま副議長に当選されました薩摩 博君から就任のごあいさつをお願いいたします。19番薩摩 博君。

     (19番 薩摩 博君 登壇)



◆19番(薩摩博君) 一言ごあいさつ申し上げます。ただいま議員各位の御推挙をいただきまして、副議長に選ばれましたことは、まことに光栄と存じますとともに、改めて責任の重大さを痛感しているところであります。

 この上は、副議長として議長を補佐し、議会が公正、円滑に運営されますよう、及ばずながら一生懸命努めさせていただく所存であります。どうか皆様方の絶大なる御支援、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、副議長就任のあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(後藤健君) これをもって副議長の選挙は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議会運営委員の選任



○議長(後藤健君) 日程第4、議会運営委員の選任を行います。議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において、1番菅原隆文君、2番伊藤洋文君、4番信太和子さん、12番藤原良範君、15番安岡明雄君、20番松谷福三君、以上の6名を指名いたします。

 この際、議会運営委員会開催のため、暫時休憩いたします。

                        午前11時02分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        午前11時51分 開議



○議長(後藤健君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、御報告いたします。委員会条例第9条第2項の規定により、議会運営委員会において委員長及び副委員長互選の結果、委員長に藤原良範君、副委員長に菅原隆文君が選任されましたので御報告いたします。

 この際、休憩いたします。午後1時会議を再開いたします。

                        午前11時52分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後1時00分 開議



○議長(後藤健君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、議会運営委員会開催のため、暫時休憩いたします。

                         午後1時00分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後1時46分 開議



△議席の変更



○議長(後藤健君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 お諮りいたします。この際、議席の変更についてを日程に追加いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よってこの際、議席の変更についてを日程に追加し、議席の変更を行います。議席を会議規則第4条第3項の規定により、議長において、ただいま配付いたしました議席表のとおり変更いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 変更後の議席は次のとおり

     1番  松谷福三        2番  後藤 健

     3番  信太和子        5番  針金勝彦

     6番  渡辺優子        7番  菅原隆文

     8番  伊藤洋文        9番  穴山和雄

    10番  菊地時子       11番  小林秀彦

    12番  藤原良範       13番  武田正廣

    14番  庄司絋八       15番  田中翼郎

    16番  安岡明雄       17番  畠 貞一郎

    18番  中田 満       19番  高橋孝夫

    20番  竹内 宏       21番  薩摩 博

    22番  山谷公一       23番  藤田克美

    24番  渡辺芳勝       25番  畠山一男

    26番  柳谷 渉

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 常任委員の選任



○議長(後藤健君) 日程第5、常任委員の選任を行います。

 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において、総務企画委員に松谷福三君、菅原隆文君、田中翼郎君、安岡明雄君、畠 貞一郎君、中田 満君、高橋孝夫君、文教民生委員に針金勝彦君、伊藤洋文君、菊地時子さん、竹内 宏君、山谷公一君、柳谷 渉君、環境産業委員に信太和子さん、渡辺優子さん、穴山和雄君、武田正廣君、薩摩 博君、藤田克美君、建設委員に後藤 健、小林秀彦君、藤原良範君、庄司絋八君、渡辺芳勝君、畠山一男君、以上それぞれ指名いたします。

 この際、各常任委員会の委員長及び副委員長互選のため、暫時休憩いたします。

                         午後1時49分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後2時19分 開議



○議長(後藤健君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、御報告いたします。委員会条例第9条第2項の規定により、各常任委員会において委員長及び副委員長互選の結果、総務企画委員会の委員長に高橋孝夫君、副委員長に安岡明雄君、文教民生委員会の委員長に針金勝彦君、副委員長に伊藤洋文君、環境産業委員会の委員長に穴山和雄君、副委員長に渡辺優子さん、建設委員会の委員長に小林秀彦君、副委員長に庄司絋八君、以上それぞれ選任されましたので御報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 庁舎整備特別委員の選任



○議長(後藤健君) 日程第6、庁舎整備特別委員の選任を行います。

 昨日、針金勝彦君から都合により庁舎整備特別委員を辞任したい旨の願い出があり、委員会条例第14条の規定により、同日、議長において許可いたしました。これに伴い、欠員となっている庁舎整備特別委員には、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において、1番松谷福三君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 表彰状の伝達



○議長(後藤健君) 日程第7、表彰状の伝達を行います。去る5月23日、東京都で開催されました全国市議会議長会定期総会において、表彰状の贈呈が行われ、本市関係では、議員25年以上の在職表彰として松谷福三君、武田正廣君、渡辺芳勝君に表彰状が贈呈されました。これより、表彰状の伝達を行います。

     (職員 受賞者松谷福三君を呼ぶ)



○議長(後藤健君) 「表彰状 能代市 松谷福三殿 あなたは市議会議員として25年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第88回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします 平成24年5月23日 全国市議会議長会 会長 関谷 博」(拍手)

     (職員 受賞者武田正廣君を呼ぶ)



○議長(後藤健君) 「表彰状 能代市 武田正廣殿 以下同文」(拍手)

     (職員 受賞者渡辺芳勝君を呼ぶ)



○議長(後藤健君) 「表彰状 能代市 渡辺芳勝殿 以下同文」(拍手)

     (議長 後藤 健君 議長席に着く)



○議長(後藤健君) これをもって、表彰状の伝達を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 能代山本広域市町村圏組合議会議員の選挙(4名)



○議長(後藤健君) 日程第8、能代山本広域市町村圏組合議会議員4名の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。能代山本広域市町村圏組合議会議員に松谷福三君、菅原隆文君、竹内 宏君、柳谷 渉君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました松谷福三君、菅原隆文君、竹内 宏君、柳谷 渉君を当選人と定めることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(後藤健君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました松谷福三君、菅原隆文君、竹内 宏君、柳谷 渉君が能代山本広域市町村圏組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました方々は出席されておりますので、先ほどの議長報告をもって会議規則第32条第2項の告知といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 提出議案に対する市長の説明



○議長(後藤健君) 日程第9、提出議案に対する市長の説明を求めます。市長。

     (市長 齊藤滋宣君 登壇)



◎市長(齊藤滋宣君) 平成24年6月能代市議会定例会の開会に当たり、提出議案の説明に先立ち、その後の市政及び諸般の動きなど、その大要を御報告いたします。

 初めに、4月3日、4日の暴風による市内の被害状況についてでありますが、建物被害では、屋根トタン剥離等住家の一部破損16棟、非住家の全壊10棟となっております。農業被害では、パイプハウス277棟、機械格納小屋2棟、農作物等では、ホウレンソウとナシに被害があり、被害総額は3991万3000円となっております。市では、県の農業生産施設復旧支援事業に対するかさ上げ助成や被覆資材のみの被害復旧、廃プラスチックの処理に対する助成を行うとともに農業者等の再生産を支援するため、暴風被害復旧支援資金の借り入れに対し、県と協調して利子補給を行うこととしております。市の施設においても、小中学校グラウンド防球ネットや能代市総合体育館の屋根等に被害があり、緊急に修繕等を行っております。これらの被害については、予算の専決処分を行い対応しております。

 次に、庁舎整備の検討状況についてでありますが、5月21日に開催された庁舎整備特別委員会で庁舎整備基本計画の素案を示し、今後、これをたたき台として基本計画案に仕上げていきたい旨を説明しました。その際、議員控室の考え方や駐車場規模、議事堂の扱い等について意見がありましたので、これらを整理した上で、9月定例会に基本計画案を提示し、10月にはパブリックコメント及び市民説明会を開催したいと考えております。庁舎整備スケジュールに大きくかかわる国の合併特例債の活用期限延長に関する法案は、今通常国会における成立が不透明な状況であることから、現段階としては平成27年度中の事業完了を目指すスケジュールで作業を進めたいと考えております。

 なお、現議事堂に関する市長への手紙がこれまでに3通寄せられ、将来負担等を考慮し議事堂は解体すべきとの意見が2通、建物を残し市民が手軽に活用できる文化の場として、たまには開放してほしいとの意見が1通であります。また、市内の音楽関係4団体の代表者で組織する、議事堂を愛し存続を願う会及び能代市民合唱団から、議事堂を音楽ホール等の芸術文化施設として残してほしいとの要望書をいただいているほか、能代市役所新庁舎建設の是非を考える市民の会からも保存を求める文書が届けられております。今後、議会の意見等も伺った上で要望に対する市の対応方針を示したいと考えております。

 道の駅整備構想についてでありますが、本年3月末に能代商工会議所との連携のもと、関係団体等からなる能代市道の駅整備構想研究会を立ち上げ、これまで4回開催しております。この研究会は、市による施設整備と民間による運営を想定しながら、広く施設のあり方等について意見交換を行い、行政と民間が共同で研究することを目的としております。研究会での議論は、今後策定する道の駅整備に係る市の基本的な方針等に生かしてまいりたいと考えております。

 バスケの街づくりについてでありますが、平成24年度から能代市バスケの街づくり推進計画がスタートし、計画を推進する拠点として5月1日に能代バスケミュージアムを開設しました。能代カップ期間中はあいにくの天候にもかかわらず、県内外の方々から来館していただき、多くのマスコミにも取り上げられました。また、能代工業高校バスケットボール部に対する地元産玄米の進呈、工業高校体育館開放による小学生バスケ体験事業への支援を行っております。今後、推進組織の設置や市民チャレンジ事業補助金の創設により、バスケの街づくりをさらに推進してまいりたいと考えております。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)能代ロケット実験場開設50周年記念事業及び銀河連邦交流25周年記念事業についてでありますが、9月8日、9日の2日間にわたる記念イベントの実施に向け、現在、市とJAXAが中心となって準備を進めているところであります。事業としては、50周年記念式典・祝賀会の開催を初め、宇宙科学研究所教授による特別講演、能代ロケット実験場の特別公開、銀河連邦交流25周年を記念した子ども大使の招待や銀河連邦各共和国の物産展示販売、リニューアルオープン予定の子ども館での宇宙関連展示等を行う予定であります。日本の宇宙推進エンジンの研究開発に重要な役割を果たしてきた能代ロケット実験場の功績に触れていただき、多くの皆様と一緒に50周年をお祝いしたいと考えております。本市の特色あるまちづくりの一つとして、「宇宙のまち能代」を広く市内外にPRしてまいります。

 次に、国民健康保険事業についてでありますが、加入者の所得状況や医療費の動向、平成23年度の決算の状況等を踏まえ、今後3カ年の収支見通しを試算し、運営について検討しました。それにより、国民健康保険税を軽減することができると判断し、税率の改定を行うこととしました。改定内容につきましては、のしろの国保やホームページ、納税通知書の送付の際のチラシ等により周知に努めてまいります。今後も健全な運営ができるよう、引き続き特定健診等の保健事業の推進等による医療費の伸びの抑制や国民健康保険税の収納率向上、国、県の交付金等の歳入確保に努めてまいります。

 次に、(仮称)イオン新能代ショッピングセンターについてでありますが、先日、イオングループのディベロッパー部門の責任者から市に対して、2015年の開店を目途に、現在、関係機関と着工に向けた諸手続の事前協議に入っているとの報告がありました。

 中心市街地活性化についてでありますが、市営住吉町住宅が完成し、4月1日から入居者268人の方々が順次町中での新生活を始めているほか、風の松原陸上競技場も供用が開始されております。また、能代駅前から畠町大通りにかけて、観光案内所、市民プラザ、のしろ木工品市場、チャレンジショップ、畠町新拠点、能代バスケミュージアムの各施設等や、各種団体の皆様が連携し、集客交流が図られております。今後も、ソフト事業及びハード事業への取り組みにより、定住人口、交流人口の拡大を図りながら、中心市街地活性化ビジョンで掲げた将来像「元気実感 のしろ 街ぐらし」の実現に努めてまいります。

 再生可能エネルギーの導入促進についてでありますが、5月31日、能代市新エネルギービジョン及び再生可能エネルギー導入促進基本方針に基づき、東北電力株式会社が募集する自治体風力に向けた公募を開始したところであります。地元の企業等が主体となって行う再生可能エネルギー事業への取り組みは本市の最重要課題であり、出資、助成金等による支援策について検討してまいりたいと考えております。

 観光振興についてでありますが、特定非営利活動法人能代観光協会では、4月23日、JR能代駅前に観光案内所を開設しました。今後、能代周辺や白神山地を訪れる観光客等に、地域の魅力や観光資源を発信する新たな拠点となることを期待しております。また、市では来たるべきデスティネーションキャンペーン等に向け、能代観光協会、二ツ井町観光協会及びJR等と連携し、風の松原、きみまち阪、旧金勇等の観光資源を生かした体験型及び着地型旅行の企画等への取り組みも始めております。県内外から多くの方々に能代市へ来訪していただけるよう努めてまいります。

 第135回秋田県種苗交換会についてでありますが、10月31日から11月6日までの7日間の日程で開催されることとなりました。5月18日には能代市協賛会が設立され、能代市総合体育館を主会場として農産物出品展示等を行い、協賛第1会場となる総合体育館前の駐車場では能代山本地域PRブースの設置や農工商フェア、協賛第2会場となるアリナス駐車場周辺では物産販売展、農業機械化ショー等を開催することなどが承認されました。さらに、旧金勇を中心とした中心市街地を協賛第3会場と位置づけ、市街地の賑わい創出イベントや夜間のイベント等を企画して、種苗交換会に来場される大勢の方々を中心市街地へ誘客する取り組みにも努めることとしております。市としましても、協賛会と連携の上、多くの方々が本市を訪れるこの機会をとらえ、能代山本の魅力を積極的にPRするとともに、地域農業の発展と中心市街地のにぎわい創出につながる取り組みを進めてまいります。

 次に、市営松山町・万町住宅建替事業についてでありますが、平成23年度に建てかえ基本計画策定及び事業手法検討調査を実施し検討したところ、松山町住宅については、松原ホームの敷地を含む現在地に直接建設方式で木造30戸を整備することとしました。24年度に既存住宅の解体、基本設計等、25年度は実施設計を行い、26年度には工事着手したいと考えております。また、万町住宅については、現在、県で実施している地震被害想定調査の結果いかんでは、再度、構造及び階数について検討しなければならないと考えております。

 次に、市道ふたつい白神郷土の森線の通行どめについてでありますが、当該道路は冬期間全面通行どめにしており、例年4月下旬に除雪作業を行って解除しております。ことしの除雪作業において、起点から約5.5キロメートル付近で2カ所の路肩決壊と落石が見つかり、危険なことから引き続き通行どめとすることとしました。今後、測量等の調査結果を踏まえ、復旧方法等について検討してまいります。

 次に、単行議案の主なものを御説明いたします。能代市印鑑条例及び能代市手数料条例の一部改正は、住民基本台帳法の一部改正等に伴い、関係条文を整備しようとするものであります。

 能代市へき地保育所条例の一部改正は、竹生保育所、常盤保育所及び福田保育所を廃止しようとするものであります。

 能代市国民健康保険税条例の一部改正は、税率を改定するとともに、地方税法等の一部改正に伴い、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例を規定しようとするものであります。

 能代市立学校条例の一部改正は、能代市立能代商業高等学校を廃止しようとするものであります。

 能代市公民館条例等の一部改正並びに能代市技術開発センター条例及び能代市木の学校条例の一部改正は、施設の管理を指定管理者に行わせることができるようにしようとするものであります。

 このほか、字の区域の変更、秋田県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更並びに市道路線の認定及び廃止について提出しております。

 次に、平成24年度能代市一般会計補正予算案の概要を御説明いたします。このたびの補正予算は、これまでに国、県から内示等を受けた事業について所要額を計上したほか、市単独事業については、当面緊急を要するものについて補正しております。

 まず、歳入の主なものとしては、社会資本整備総合交付金、保育所整備等特別対策事業費補助金、マツ林健全化整備事業費補助金、公共施設再生可能エネルギー等導入推進事業費補助金、財政調整基金繰入金、コミュニティ助成事業助成金、市営住宅建替事業債の追加等であります。

 次に、歳出の主なものについて御説明いたします。総務費においては、コミュニティ助成事業費1500万円、二ツ井町庁舎管理費2961万1000円等を計上しております。

 民生費においては、保育所等施設整備費補助金2671万8000円等を計上しております。

 農林水産業費においては、あきたを元気に!農業夢プラン実現事業費補助金918万8000円等を計上しております。

 商工費においては、公共施設再生可能エネルギー等導入推進事業費7984万2000円を計上しております。

 土木費においては、市営松山町住宅建替事業費3655万1000円等を計上しております。

 消防費においては、簡易水道消火栓移設事業費121万8000円を計上しております。

 教育費においては、いのちの教育あったかエリア事業費119万9000円等を計上しております。

 以上、一般会計補正予算案の概要を申し上げましたが、補正額は2億3280万円となり、これを既定予算に加えますと一般会計の総額は247億2616万円となります。

 このほか、平成24年度各特別会計補正予算案につきましては、提案の際、詳細に説明いたしますので省略させていただきます。

 また、承認案件として、専決処分した平成23年度能代市下水道事業特別会計補正予算、平成23年度能代市一般会計補正予算及び平成23年度介護保険特別会計補正予算並びに専決処分した能代市市税条例の一部改正及び平成24年度一般会計補正予算2件を提出しております。

 なお、物品の取得及び常盤財産区管理委員の選任については、後日追加提案させていただく予定であります。

 以上、よろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(後藤健君) 本日はこれをもって散会いたします。明7日から10日までは休会とし、11日定刻午前10時より本会議を再開いたします。

                         午後2時46分 散会