議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 川崎町

平成25年度第9回定例会(第2日) 本文




2013年12月06日:平成25年度第9回定例会(第2日) 本文

                 午前10時00分開会
◯議長(見月 勧君) ただいまより本日の会議を開きます。
       ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名


◯議長(見月 勧君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員は、中村議員、伊藤議員を指名いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第2.議会運営委員会所管事務調査報告


◯議長(見月 勧君) 日程第2、議会運営委員会所管事務調査報告を議題といたします。
 議会運営委員会調査結果の報告を求めます。有田議員。


◯議会運営委員長(有田 浩二君) おはようございます。議会運営委員長の有田でございます。昨日、12月5日の議会運営委員会におきまして、審議した結果を報告いたします。
 まず、本日の議題といたしまして、日程第4、発議第2号が議員提出議案として提出されていますが、これについては本日の本会議にて審査といたします。
 続きまして、日程第5号から日程第11、議案31号から37号までにつきましては、各委員会に付託された議案の審査結果報告と採決でございます。
 次に、12月11日の一般質問でございますが、6名の方が通告書を提出されています。発言順番は、1番、中村議員、2番、瓜野議員、3番、谷口議員、4番、櫻井議員、5番、千葉議員、6番、樋口議員。以上のとおり決定いたしました。
 また、今回12月定例議会の最終日、来週12日の本会議終了後に全員協議会を議長に開催していただきますので、あらかじめ報告いたします。
 以上、議会運営委員会の調査報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告は以上のとおりであります。質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 以上をもって議会運営委員会所管事務調査報告を終わります。
       ────────────・────・────────────
  日程第3.日程の通告


◯議長(見月 勧君) 日程第3、日程については配付のプリントをもって通告にかえます。
       ────────────・────・────────────
  日程第4.発議第2号


◯議長(見月 勧君) 日程第4、発議第2号容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書の提出についてを議題といたします。
 書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 発議第2号について、発議文のみ朗読いたします。
 発議第2号、平成25年12月5日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議員掛橋要一、賛成者、川崎町議会議員北代俊雄、賛成者、川崎町議会議員繁永英樹、賛成者、川崎町議会議員奈木野康徳。
 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書の提出について。上記議案を別紙のとおり会議規則第10条第1項及び第2項の規定により提出します。
 提出の理由、容器包装のリサイクル費用について、そのほとんどを自治体が負担しており、これによって大量の使い捨てが発生しています。今後も自治体の負担は増加する傾向にあり、その対策として、事業者や使用者がリサイクル費用を負担するようにするため、リサイクル費用を製品価格に内部化する等の法制化を求めるものです。
 既に川崎町議会では、平成22年6月に「拡大生産者責任」「デポジット制度」の導入で循環型社会の再構築を求める意見書を国会及び関係大臣に対し提出したところですが、平成23年8月に、容器包装リサイクル法の見直しを求める請願が国会で採択され、本年9月には、容器包装の3R(リデュース:発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再資源化)推進に関する政府の小委員会が審議を始めたことを受けて、このたび別紙の意見書を提出するものです。
 以上でございます。


◯議長(見月 勧君) 提出者の趣旨説明を求めます。掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) それでは、発議第2号容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書の提出について、提出者の趣旨説明を申し上げます。
 容器包装リサイクル法では、リサイクルのための分別収集や選別保管を税金で行うこととなっております。循環型社会形成推進基本法や、川崎町一般廃棄物処理基本計画では、3R運動の推進、つまりリデュース、発生の抑制、リユース、再使用、リサイクル、再資源化の基本方針が掲げられています。しかし、現状ではリサイクル優先に偏った状況で、環境に良いリユース容器が減少し、リサイクルに適さない容器包装が増加しています。
 この根本的な問題は、リサイクルが廃棄物処理と位置づけられ、その責任を自治体が負い費用の約85%を負担していることです。したがって大量の使い捨てが発生してる状況で、今後も自治体の負担は増加する傾向にあります。
 そこで、このたび事業者や使用者にリサイクル費用を負担していただく目的でリサイクル費用を製品価格に内部化するため、容器包装リサイクル法の改正を求める意見書を国会および担当大臣に対して提出するものです。
 なお、今回の意見書提出については、過去において、平成22年6月に拡大生産者責任デポジット制度の導入で循環型社会の再構築を求める意見書を提出したときと同様に、福岡県町村議会議長会の議決を得て、県下の町村議会が一斉に提案するものです。
 以上、提案の趣旨を御理解いただき、御賛同いただきますようお願いいたします。


◯議長(見月 勧君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。


◯議長(見月 勧君) お諮りします。ただいま議題となっております発議第2号については、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、委員会付託を省略いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発議第2号を採決いたします。
 お諮りします。発議第2号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって発議第2号容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書の提出については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第5.議案第31号


◯議長(見月 勧君) 日程第5、議案第31号川崎町耐震改修促進計画についてを議題といたします。
 総務委員会審査結果の報告を求めます。北代委員長。


◯総務常任委員長(北代 俊雄君) おはようございます。総務委員長の北代です。総務委員会付託事件審査の報告をいたします。
 平成25年度第9回川崎町議会(12月定例会議)の初日において、当委員会に付託された議案第31号川崎町耐震改修促進計画について、12月4日に委員会を開催し、審査しましたので報告をいたします。
 耐震改修の促進は地震による被害を半減させるため、最重要課題が建築物の耐震化であるとして、建築物の耐震改修の促進に関する法律が改正をされました。この改正を受けて国は住宅及び一定規模以上の建築物の耐震化を、平成18年から10年後の平成27年に現状の75%から90%にすることを目標に掲げましたが、このような経過をたどり、いま時点の全国的な耐震改修計画の策定状況は、都道府県には計画の策定が義務付けられていますが、市町村は努力事項となっていくこともあり、川崎町を含む福岡県の市町村の策定状況は、沖縄県に次いで進んでないということであります。
 そこで、このたび福岡県では県下市町村に対して計画の策定に積極的に取り組むことを要請し、川崎町も策定することになったということでございます。
 委員会の質疑では、国の基本方針が平成27年に耐震化を90%にするとしている。しかし、川崎町では計画策定が遅れたため、平成34年になっている。これについて県は承認しているとのことであるが、そもそも耐震化を進めるために公共施設等の改修工事に対する財政支援はあるのかという質問に対し、いま時点は、大規模改修に対する措置はあるが、これ以外の改修工事、いわゆる部分的な改修でございます。個人の所有する建築物を含め、財源措置は未定であるとの説明でありました。したがって、計画は今後の法律の改正等を踏まえ、随時見直しをしていくとの答弁でありました。
 また、個人の所有する建築物については、1件につき3,000円で耐震診断をすることができ、このことは広報に問い合わせ先等を掲載し、仮に業者が個別に自宅に訪問するようなことがあった場合、そのようなことはないと、注意を呼び起こすという説明でありました。
 以上、総務委員会に付託された議案第31号川崎町耐震改修促進計画について、審査した概要でありますが。大変重要な計画であり、今後も法律の改正や耐震診断の結果と諸般の事情を踏まえた見直しを加えながら、さらに充実した計画につくり上げていくことを要望し、当委員会といたしましては原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 以上、総務常任委員会審査結果の報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告に対し質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。議案第31号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第31号を採決いたします。
 お諮りします。議案第31号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって議案第31号川崎町耐震改修促進計画については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第6.議案第32号
  日程第7.議案第33号
  日程第8.議案第34号
  日程第9.議案第35号
  日程第10.議案第36号


◯議長(見月 勧君) お諮りします。日程第6、議案第32号川崎町子ども・子育て会議条例の制定についてから日程第10、議案第36号川崎町水道事業給水条例の一部を改正する条例についてまでを一括議題といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって日程第6、議案第32号から日程第10、議案第36号までを一括議題といたします。
 民生文教委員会審査結果の報告を求めます。繁永委員長。


◯民生文教常任委員長(繁永 英樹君) 皆さんおはようございます。民生文教委員長の繁永です。本会議初日に委員会に付託されました議案第32号から議案第35号までの審査結果の報告をいたします。
 まず、議案第32号川崎町子ども・子育て会議条例の制定についてでありますが。平成24年8月に成立した子育て関連3法中の子ども・子育て支援法第77条1項の規定により定めるもので、27年度からスタートする新制度の中で設立される特定教育保育施設や特定地域型保育所事業の利用定数を定めたり、26年度中においても市町村子ども・子育て支援事業計画を策定するときに、意見を述べるなどが主な役割となるものであります。
 審議の中で、その委員選考基準に学識経験者との項目がありますが、学識経験者としてほかの部署に選任されている中には疑問の残る人もいるので、適材の人事になるよう要望しますなどの注文を出した上で、地域密着型の子育て支援を目指すことが特に重要視される川崎町において、ぜひとも必要な政策だと認識し、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 引き続き、議案第33号生活館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてですが。建設設置時の地番において条例化されているこの施設が、手の浦生活館、昭和63年建築、豊前生活館、昭和49年建築、東中央生活館、昭和56年建築の3カ所ございます。この施設が国土調査や分筆によって地番が変更されており、それに伴う条例地番の変更をするものであります。いずれも原因発生から20年から30年を経過しており、担当する2つの部署が見落としてきたものを今回するものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第34号川崎町児童遊園の設置及び管理に関する条例の制定についてですが。米田児童遊園の遊具などが危険な状態であったため撤去して、残地については普通財産化していたものと同じような状況で、以前撤去していた丸山児童遊園を、現在児童が増えて児童が道路で遊ぶなどの危険な状態にあるので、地区からの要望により、さびにくい遊具を設置して児童遊園化するものであります。審査の結果、地域の情勢やニーズに応えるものであり、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第35号川崎町学童クラブ施設の設置及び管理運営に関する条例の制定ですが。新設した川崎町学童クラブの運営にあたるもので、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第36号川崎町水道事業給水条例の一部を改正する条例についてですが。政府の決定による来年4月から消費税増税に伴い、水道料金の同月から加算消費税率の改正をしようとするもので、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、審査結果の報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告に対し質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。議案第32号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第32号を採決いたします。
 お諮りします。議案第32号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。
 したがって、議案第32号川崎町子ども・子育て会議条例の制定については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第33号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第33号を採決いたします。
 お諮りします。議案第33号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって議案第33号生活館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第34号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第34号を採決いたします。
 お諮りします。議案第34号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって議案第34号川崎町児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第35号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第35号を採決いたします。
 お諮りします。議案第35号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって議案第35号川崎町学童クラブ施設の設置及び管理運営に関する条例の制定については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第36号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第36号を採決いたします。
 お諮りします。議案第36号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって議案第36号川崎町水道事業給水条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第11.議案第37号


◯議長(見月 勧君) 日程第11、議案第37号川崎町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 建設産業委員会審査結果の報告を求めます。奈木野委員長。


◯建設産業常任委員長(奈木野 康徳君) 皆さん、おはようございます。建設産業委員会に付託されました議案第37号川崎町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例についての審議結果を報告いたします。
 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律が改正され、今までDV被害者を配偶者からによるものと限定していたものを、生活をともにする交際相手からによるものを追加するようになりました。川崎町においても、この法律に該当する被害者を町営住宅の入居資格者としているため、同じように条例の改正をして、対象範囲を拡大するものであります。
 また、一部改正に伴い法律名が一部改正されているため、条例中の法律名を改正しています。
 今回の改正の背景には、近年、交際相手からの暴力が社会的に問題となっており、被害者やその家族が殺害されるという痛ましい事件も生じている中で、同居する交際相手からの暴力の防止や被害者の救済を求める声が高まってきたことがあるようでございます。
 委員会といたしましては、町営住宅におけるDV被害者を一人でも多く保護、救済するためにも条例の改正は必要だと判断し、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長報告に対し質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。議案第37号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第37号を採決いたします。
 お諮りします。議案第37号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。したがって議案第37号川崎町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────


◯議長(見月 勧君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 なお、次回の本会議は来週、12月11日水曜日、一般質問となっておりますので報告いたします。
 どなたも御苦労さまでございました。本日はこれにて散会いたします。
                 午前10時24分散会
       ──────────────────────────────