議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 川崎町

平成24年度第9回定例会(第4日) 本文




2013年03月18日:平成24年度第9回定例会(第4日) 本文

                 午前10時00分開会
◯議長(見月 勧君) どなたもおはようございます。ただいまより本日の会議を開きます。
       ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名


◯議長(見月 勧君) 日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。
 本日の会議録署名議員は、中村議員、奈木野議員を指名いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第2.日程の通告


◯議長(見月 勧君) 日程第2、日程については、配付のプリントをもって通告にかえます。
       ────────────・────・────────────
  日程第3.議案第44号
  日程第4.議案第45号
  日程第5.議案第46号


◯議長(見月 勧君) お諮りします。日程第3、議案第44号平成24年度川崎町一般会計補正予算(第7号)についてから日程第5、議案第46号平成24年度川崎町水道事業会計補正予算(第4号)についてまでを一括議題といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君)御異議ございませんので、日程第3、議案第44号から日程第5、議案第46号までを一括議題といたします。
 平成24年度3月補正予算特別委員会審査結果の報告を求めます。委員長。


◯補正予算特別委員長(谷口 武雄君) 補正予算特別委員会報告をいたします。皆さんおはようございます。平成24年度3月補正予算特別委員会委員長の谷口でございます。
 去る3月12日に委員会を開催し、当委員会に付託された議案第44号平成24年度川崎町一般会計補正予算(第7号)、議案第45号平成24年度川崎町国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第4号)、議案第46号平成24年度川崎町水道事業会計補正予算(第4号)、以上3件の議案の審査結果について、一括して報告をいたします。
 まず、議案第44号平成24年度川崎町一般会計補正予算(第7号)についてですが、3億5,056万9,000円を増額し、歳入歳出それぞれ107億2,644万3,000円にするものであります。
 増額となった主な内容は、野菜レストランの建設に要する経費として1億2,579万7,000円の増、上豊州団地の改善に要する経費として2億7,580万円の増、上真崎団地の建て替えに要する経費として1億2,626万円の増でありますが、この3つの事業は、今年度の災害復旧事業とあわせて平成25年への繰越事業となります。当委員会では、計上された補正額及び事業内容について慎重に審議を行い、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 次に、議案45号平成24年度川崎町国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第4号)についてでありますが、4,358万4,000円を追加し、歳入歳出それぞれ28億8,311万9,000円にするものであります。
 増額となった主な内容は、高額療養費の負担金が1,000万円の増、国庫補助金の返還に3,358万4,000円の増であります。当委員会としましては、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 次に、議案第46号平成24年度川崎町水道事業会計補正予算(第4号)についてですが、収益的支出において水道管路管理システムの導入を、翌年度に見送ったために240万3,000円を減額するものであります。当委員会としましては、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 以上、平成24年度3月補正予算特別委員会審査結果の報告を終わります。以上です。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。議案第44号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第44号を採決いたします。
 お諮りします。議案第44号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第44号平成24年度川崎町一般会計補正予算(第7号)については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第45号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第45号を採決いたします。
 お諮りします。議案第45号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第45号平成24年度川崎町国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第4号)については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第46号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第46号を採決いたします。
 お諮りします。議案第46号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第46号平成24年度川崎町水道事業会計補正予算(第4号)については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第6.議案第47号


◯議長(見月 勧君) 日程第6、議案第47号平成25年度川崎町一般会計予算についてを議題といたします。
 予算特別委員会審査結果の報告を求めます。委員長。


◯予算特別委員長(有田 浩二君) みなさんおはようございます。予算特別委員会委員長の有田でございます。
 平成25年度予算特別委員会を3月13日に開催いたしました。議案第47号平成25年度川崎町一般会計予算について、審査結果の報告いたします。
 歳入歳出予算の総額をそれぞれ97億5,121万1,000円にするものです。昨年度の当初予算額と比較して8億2,414万3,000円の増額となります。
 委員会での審議では、同和保育所の建て替え、新ごみ処理施設の建設、老朽化した町営住宅の建て替え等について、質疑がなされました。その後、討論採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、議案第47号について、審査結果の報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長報告に対し、質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 私は、原案に反対の立場で討論をいたします。
 廃棄物処理法第6条に規定する川崎町の一般廃棄物処理計画は、住民はもとより議会にさえ、いまだに公表されておらず。事業費30-40億とも言われる計画の全容は、一部の担当者の頭の中にあるだけでございます。そんな状況の中で、新たな焼却場とリサイクル施設が、本町単独で真崎の宮前、1等田地に建設されようとしております。
 本町は、平成22年6月8日付で全国に先駆けて議会基本条例を制定いたしました。これは大きなニュースとなり、現在も議会の視察が絶えません。なぜでしょうか、何が評価されているのでありましょうか。本条例は、わざわざ前文を設けて、条例の理念を力強くうたっております。その中には政策決定の民意の反映というのがありますが、住民から選ばれた議員の採決結果のみが民意の反映ではないと思っております。
 焼却場建設に向けて、執行部が大変御苦労されてるのはよくわかっております。しかし一方で、去る13日下真崎行政区長名で出された要望書にあるように、真崎の1等田地に建設してもらいたくない住民もおります。何ゆえ、川崎町議会はこの人々の気持ちも酌まずに、唯々諾々と建設に突き進ませるのか、理解に苦しみます。誘致派の意見を聞き、慎重派に耳を貸さぬは不公平、これは差別的な状況と言わざるを得ません。
 ここにきて田川市も本気で建設候補地を白鳥工業団地に的を絞りました。けがの功名で共同建設の環境が整いつつあります。焼却場建設に一刻の猶予もないというのは詭弁であります。
 議会基本条例の第16条は、3年以上の計画は議決を要するとしております。予算執行が先行し、計画議決をしないとか、後回しとかの条例無視は、議会の自殺行為であります。
 法律違反、条例違反を侵す焼却場建設、用地購入費を計上した一般会計当初予算案を受け入れることはできません。よって、私は反対をいたします。
 以上です。


◯議長(見月 勧君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) 賛成の立場から討論いたします。
 25年度3月議会に計上された一般会計約97億5,000万円の中身について精査したところ、老朽化した公営住宅の建て替えや戸山原古墳公園の整備、同和保育所の建て替え、中でも反対意見が出ている新ごみ処理施設の建設を行うための環境調査費など、どれも町民の安心、安全の生活確保に必要不可欠な予算であるという結論に達しました。
 ごみ処理施設について明確な対案もなく、反対ばかり言う方を見ていると、私自身子どもの頃、おもちゃを買ってもらえず駄々をこね、親を困らせた記憶がよみがえって仕方がありません。
 以上の理由により、原案に賛成です。


◯議長(見月 勧君) 次に、原案に反対者の意見。樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 焼却場施設に反対、つまり予算に関しては、その焼却場の部分ということに限ってですが、反対という意見を述べさせてもらいます。
 内容の詳細に関しては、先ほど櫻井議員が言ったことですが、1点だけ強調させていただきたいと思います。
 私たちが確かに納めている貴重な税金、財政ですが、この7億から8億、最悪で10億円ほどが、20年間にかけて、トータルとして町民の負担が増えるというふうに私どもは試算をいたしました。
 白鳥団地の方向性が、今実現に向けて踏み出しておるということであれば、私たちのこの川崎町もそっちの方向に舵を切る、あるいは舵を切るのを止まってでも一旦そこに止まって様子を見るということは、この町民の負担、先ほど言いましたように7億、8億あるいは10億ともいえる税金の無駄を避けるための、大変重要な時期に来ているのではないかということであります。
 止まってもう一度その方向を考えていただきたい、町民全体で、そしてこの議会で、行政執行部も含めて、しっかりと考えていただきたいための時間的余裕が欲しいということで、今回の補正予算に、一般会計に関しては反対の意思を表明いたします。


◯議長(見月 勧君) 次に、賛成者の発言を許します。繁永議員。


◯議員(12番 繁永 英樹君) 私は、賛成の立場で意見を述べさせていただきます。
 前日の委員会の中でも申し述べましたが、本25年度の予算は、環境福祉や住民の生活を守るための盛りだくさんの要素が含まれており、また、反対の意見を述べている方々の中には、伊藤市長が選挙公約で掲げて、白鳥工業団地内で焼却場を建設しないという反対運動を起こしているときにも、白鳥では建設反対だということで参加していたメンバーが入っています。
 このような背景から照らし合わせて考えますと、この方たちは反対のための反対だけで、後付けで理由をつけて、議会や施行部を困らせているだけじゃないかという認識でおります。
 このような理由から、私は原案に賛成で意見を述べさせていただきました。


◯議長(見月 勧君) ほかに。
 これで討論を終わります。
 これより議案第47号を採決いたします。この採決は起立によって行います。
 議案第47号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕


◯議長(見月 勧君) 起立多数です。したがって議案第47号平成25年度川崎町一般会計予算については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第7.議案第48号
  日程第8.議案第49号
  日程第9.議案第50号
  日程第10.議案第51号
  日程第11.議案第52号


◯議長(見月 勧君) お諮りします。日程第7、議案第48号平成25年度川崎町学校給食センター特別会計予算についてから日程第11、議案第52号平成25年度川崎町水道事業会計予算についてまでを一括議題といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、日程第7、議案第48号から日程第11、議案第52号までを一括議題といたします。
 予算特別委員会審査結果の報告を求めます。委員長。


◯予算特別委員長(有田 浩二君) 当委員会に付託されました第48号から第52号までの5件の議題について、一括審査報告をいたします。
 まず、議案第48号平成25年度川崎町学校給食センター特別会計予算についてですが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億2,334万9,000円にするものです。昨年度の当初予算と比較して589万5,000円の増額となりました。
 当委員会といたしましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第49号平成25年度川崎町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算についてですが、歳入歳出の予算をそれぞれ2,739万6,000円にするものです。昨年度当初予算と比較しまして102万9,000円の減額となりました。
 審議の主な内容は、当会計が多額の累積赤字を計上しており、これに対する具体的な対応が迫られていることを指摘しました。
 当委員会といたしましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第50号平成25年度川崎町国民健康保険事業勘定特別会計予算についてですが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ21億1,594万7,000円にするものです。昨年度予算と比較しまして1,019万8,000円の減額となりました。
 当委員会といたしましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 続きまして、議案第51号平成25年度川崎町後期高齢者医療特別会計予算についてですが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億2,165万7,000円にするものです。昨年度の当初予算と比較しまして183万4,000円の減額となりました。
 当委員会といたしましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第52号平成25年度川崎町水道事業会計予算についてですが、収益的収入の予算額を4億3,150万2,000円に、収益的支出の予算額を4億2,636万1,000円に、資本的収入の予算額を8,311万4,000円に、資本的支出の予算額を1億6,941万3,000円とするものです。
 主な内容は、資本的支出において、川崎浄水場の改修工事に伴う用地の購入費6,050万円が計上されております。
 水道事業会計は、これから施設の老朽化による修繕の増額が見込まれ、さらに給水人口の減少に伴う収益の減少が確実に予測されております。一段と経営状況が厳しくなりつつあることを踏まえ、一層の努力を期待することとしたうえで、当委員会といたしましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、審査結果の報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告に対し質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。議案第48号について、討論はありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第48号を採決いたします。
 お諮りします。議案第48号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第48号平成25年度川崎町学校給食センター特別会計予算については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第49号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第49号を採決いたします。
 お諮りします。議案第49号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第49号平成25年度川崎町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第50号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第50号を採決いたします。
 お諮りします。議案第50号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第50号平成25年度川崎町国民健康保険事業勘定特別会計予算については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第51号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第51号を採決いたします。
 お諮りします。議案第51号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第51号平成25年度川崎町後期高齢者医療特別会計予算については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、議案第52号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第52号を採決いたします。
 お諮りします。議案第52号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第52号平成25年度川崎町水道事業会計予算については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第12.各種委員会等委員の指名について


◯議長(見月 勧君) 日程第12、各種委員会等委員の指名についてを議題といたします。
 書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 各種委員会等委員の指名について朗読いたします。
 各種委員会等委員の指名、委員会等名、川崎町地域農業再生協議会、指名する人数2名。委員会等名、川崎町地域経済活力推進検討委員会、指名する人数2名。
 上記各種委員会等の委員を指名するものとする。平成25年3月18日提出、川崎町議会議長。
 以上であります。


◯議長(見月 勧君) お諮りします。委員等の選出については、議長において指名いたしたいが御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、これより指名をいたします。
 川崎町地域農業再生協議会については、西山議員、千住議員を指名し、川崎町地域経済活力推進検討委員会については、中村議員、掛橋議員を指名いたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、そのように決定いたします。
       ────────────・────・────────────


◯議長(見月 勧君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 これをもって、平成24年度第9回川崎町議会定例会(3月会議)に付議された案件は、全部終了いたしました。
 お諮りします。平成24年度川崎町議会定例会は、あす3月15日から会期末の3月31日まで、13日間を休会といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、平成24年度川崎町議会定例会は、あす3月19日から3月31日までの13日間を休会といたします。
 本日はこれにて散会いたします。どなたも御苦労さまでした。
                   10時26分散会
       ──────────────────────────────