議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 川崎町

平成24年度第8回定例会(第1日) 本文




2013年02月12日:平成24年度第8回定例会(第1日) 本文

                 午前10時00分開会
◯議長(見月 勧君) どなたもおはようございます。本日2月12日は休会の日ですが、議事の都合により会議を再開いたします。
 ただいまから平成24年度第8回川崎町議会定例会を開きます。
 直ちに本日の会議を開きます。
       ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名


◯議長(見月 勧君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員は、樋口議員、千住議員を指名いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第2.議会運営委員会所管事務調査報告


◯議長(見月 勧君) 日程第2、議会運営委員会所管事務調査報告を議題といたします。
 議会運営委員会調査結果の報告を求めます。委員長。


◯議会運営委員長(伊藤 英明君) 議運委員長の伊藤でございます。議会運営委員会の所管事務調査報告を行います。
 本年1月21日に議会運営委員会を開催をいたしました。案件は、研修視察の受け入れについてであります。1月の24日徳島県の勝浦町議会10名が視察にみえました。それから2月7日福岡県大木町議会13名が視察に来たいという申し入れがありまして、この受入対応、それから役割分担等について打ち合わせを行ったところであります。
 2点目は、地方自治法の改正がありました。24年9月5日付で地方自治法の一部改正がありましたが、これに伴う川崎町議会の条例及び規則等の改廃について、非常に多岐にわたってるもんですから具体的な案はありませんけれども、この案について検討する委員会の議題といたしました。
 今回の改正に伴う措置について概要説明をしましたが、川崎町議会の場合は議会基本条例の制定や通年議会等の導入など、早期に改革に取り組んできておりましたので、例えば通年議会を通年の会期というふうに表現を変えるなど、文言の修正等が主で、内容的に大きく条例等を改正すると、そういうものではありませんでした。しかしながら、全般的に会期の問題、招集の問題、議会運営面での一部修正など、議会関係の条例規則等の改正、廃止や、一部新規制定をも必要だということで検討をいたしました。
 それから別に町執行部からも議案があるということでございまして、改めて2月5日の議運で具体的に説明をいただき、2月12日、本日でありますが、第8回の定例会を開催することと決したところであります。
 次に2月5日の議会運営委員会でありますが、きょう2月12日の第8回川崎町議会定例会の運営について審議をしたところであります。執行部提出議案についてでありますが、議案第1号から第26号まで条例改正等多岐にわたっておりますが、第1号だけは今回の自治法の改正に伴うものでありますが、その他は文言あるいは表現等を、この際修正、統一しようとするような内容のものでありまして、内容の大きな変更があるとか、そういうものではないというふうな説明でありました。
 議案の処理についてでありますが、執行部議案の第1号から第26号までを本会議審査として一括提案、そして一括採決をするということで委員会として決したところであります。
 2点目の議会運営委員会提出議案についてでありますが、平成24年9月5日付けで総務大臣名により、地方自治法の一部を改正する法律の公布及び施行について通知がありました。この改正は、地方分権化の進展に伴いまして、全国の地方議会において議会改革の取り組みが進み、議会の会期制度や議会運営等について、そういった地方議会の動向を踏まえて、国がいわば追認する形での内容となっておりました。我が川崎町議会の場合は、早くから議会改革、基本条例の制定あるいは通年議会等を導入しておりますので、内容的には大きな改正がないと、文言、表現の修正などでありますけれども、しかしながら議会関係の条例多岐にわたっておりまして、一部修正等で条例の改正、改廃、一部新規の制定が必要だということで、これらを検討して本日の本会議に議会運営委員会提案として提起をするということに決したところであります。具体的には後ほど別途御提案を申し上げます。
 なお議案の処理についてでありますが、議会運営委員会提出議案、お手元に資料があると思いますけども、発委第4号から第8号まで川崎町議会の会期等に関する条例の制定とか、その他改正、廃止を含めて5件の案件があります。これらを後ほど一括提案をさせていただき、採決については逐条採決ということに決したところであります。
 会期の日程でありますが、平成25年2月12日、本日1日間であります。なお申し添えますが、本件については議員全般に関わることでありまして、去る2月5日の議運のあと午後、全員協議会において、この度の議案についての協議を行い議員の意識統一を図ったところであります。
 なお、本日の議会、先ほど町長がご病気のために欠席となりましたけれども、執行部の提案内容が先ほど申し上げましたようなことでありますので、きょうの本会議は、町長、副町長、教育長、総務課長のみが出席をするということで申し入れがあり、議会としても了知をしていたところであります。
 以上、議会運営委員会の報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告は、以上のとおりであります。質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 以上をもって、議会運営委員会所管事務調査報告を終わります。
       ────────────・────・────────────
  日程第3.議案の報告


◯議長(見月 勧君) 日程第3、町長より送付の議案を報告いたします。
 書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 平成25年2月5日、川崎町議会議長見月勧殿、川崎町長小田幸男。議案の送付について、平成24年度第8回川崎町議会定例会議案を別紙のとおり送付します。
 平成24年度第8回定例議会案件、議案第1号証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第2号川崎町情報公開条例の一部を改正する条例について、議案第3号川崎町個人情報保護条例の一部を改正する条例について、議案第4号川崎町政治倫理条例の一部を改正する条例について、議案第5号川崎町男女共同参画推進条例の一部を改正する条例について、議案第6号川崎町監査委員条例の一部を改正する条例について、議案第7号川崎町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第8号単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、議案第9号川崎町一般職の職員等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、議案第10号川崎町旅費支給条例の一部を改正する条例について、議案第11号川崎町過疎地域自立促進特別事業基金条例の一部を改正する条例について、議案第12号川崎町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第13号川崎町育英資金貸与条例の一部を改正する条例について、議案第14号川崎町若年者専修学校等技能習得資金の返還債務の免除に関する条例の一部を改正する条例について、議案第15号川崎町コミュニティーセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第16号川崎町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第17号川崎町人命救助行為による死亡弔慰金の支給に関する条例の一部を改正する条例について、議案第18号川崎町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について、議案第19号川崎町ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について、議案第20号川崎町立愛光園老人ホーム設置条例の一部を改正する条例について、議案第21号川崎町重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について、議案第22号川崎町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第23号自然にやさしい地域づくりのための川崎町環境保全条例の一部を改正する条例について、議案第24号川崎町火入れに関する条例の一部を改正する条例について、議案第25号川崎町水道事業給水条例の一部を改正する条例について、議案第26号川崎町消防団員の定員、任免、服務等に関する条例の一部を改正する条例について。
 以上でございます。
       ────────────・────・────────────
  日程第4.日程の通告


◯議長(見月 勧君) 日程第4、日程については配付のプリントをもって通告にかえます。
       ────────────・────・────────────
  日程第5.発委第4号
  日程第6.発委第5号
  日程第7.発委第6号
  日程第8.発委第7号
  日程第9.発委第8号


◯議長(見月 勧君) お諮りします。日程第5、発委第4号川崎町議会の会期等に関する条例の制定についてから、日程第9、発委第8号川崎町議会定例会条例を廃止する条例についてまでを一括議題といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、日程第5、発委第4号から日程第9、発委第8号までを一括議題といたします。
 書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 発委第4号から発委第8号まで発委文のみ朗読いたします。
 発委第4号、平成25年2月12日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議会運営委員会委員長伊藤英明。
 川崎町議会の会期等に関する条例の制定について、上記議案を別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。
 提出の理由。
 川崎町議会では、平成23年6月より通年議会を施行しており、今期定例会は、会期を平成24年4月2日から平成25年3月31日と議決している。
 このたび、地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布され、定例会及び臨時会とせず通年の会期とすることができることになり、例えば会期を毎年4月1日から翌年3月31日と条例に規定することによって、毎年4月1日に町長が議会を招集したものとみなされ、これまでのように会期初日に本会議を招集いただき、会期を議決する必要がなくなった。
 そこで、今回改正された通年の会期は、本町議会が改正前の地方自治法の規定を適用して運用している通年議会と趣旨を同じくするものであり、このたび平成25年4月1日より通年の会期を採用するため、その根拠規定として川崎町議会の会議等に関する条例案を提出するものである。
 続いて、発委第5号を朗読いたします。発委第5号、平成25年2月12日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議会運営委員会委員長伊藤英明。
 川崎町議会基本条例の一部を改正する条例について、上記議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。
 提出の理由。
 地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたことに伴い、通年議会を通年の会期に改め、委員会のみならず本会議においても公聴会及び参考人制度を導入し、一部条文の表記を改めるため、川崎町議会基本条例の一部を改正するものである。
 続いて、発委第6号を朗読いたします。発議第6号、平成25年2月12日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議会運営委員会委員長伊藤英明。
 川崎町議会委員会条例の一部を改正する条例について、上記議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。
 提出の理由。
 地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたことに伴い、議会の会期を通年の会期とすることによって常に会期中となり、閉会の期間がなくなるため条文中の閉会中の規定を削除する。また、委員会の委員の選任方法等については、地方自治法に規定せず条例に委任することになったが、本町議会はこれまでどおり議会において選任することとし、慣例として議長が常任委員会に所属しないことをこのたび追加する。
 また、目次を付して条文を整えるため川崎町議会委員会条例の一部を改正するものである。
 続きまして、発議第7号を朗読いたします。発議第7号、平成25年2月12日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議会運営委員会委員長伊藤英明。
 川崎町議会会議規則の一部を改正する規則について、上記議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。
 提出の理由。
 地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布されたことに伴い、議会の会期を通年の会期とすることによって常に会期中となり閉会の期間がなくなるため、条文中の閉会中に関する規定を削除し、本会議においても公聴会及び参考人制度の活用が可能となったため運用規定を追加する。
 また、目次を付して条文を整えるため川崎町議会会議規則の一部を改正するものである。
 続きまして、発委第8号を朗読いたします。発委第8号、平成25年2月12日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議会運営委員会委員長伊藤英明。
 川崎町議会定例会条例を廃止する条例について、上記議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。
 提出の理由。
 地方自治法の一部を改正する法律が平成24年9月5日に公布され、議会の会期を定例会及び臨時会とせず通年の会期とすることに伴い、川崎町議会定例会条例を廃止するものである。
 以上でございます。


◯議長(見月 勧君) 提出者の趣旨説明を求めます。委員長。


◯議会運営委員長(伊藤 英明君) それでは議会運営委員会提案ということで、今回の昨年9月5日付の自治法改正に伴う、川崎町議会の条例改正等について御提案を申し上げます。
 配付資料に川崎町議会に係る条例改正に関する資料というのがお手元にあると思います。それに基づいて概略説明を申し上げます。ページは、1ページから6ページにかけてであります。
 これがいわゆる今回の総務大臣による9月5日付の自治法の改正公布、そして施行の内容でありますが、第1項から第7項まで長くなっておりますけれども、川崎町議会としましては先ほど御説明もあっておりますように、既に先行実施した分もありまして、直接かかわり合いがあるものは、その資料の四角い枠で囲んでる部分、この部分が該当するということであります。具体的には第1の議会制度の見直しに関する事項、その中の1の議会の会期制度(1)から(4)まであります。内容は会期の問題、それから定例日を定める、あるいは町長の招集が事実上必要でなくなる、そういった内容であります。
 それから3の議会運営について、これも(1)から(4)までありますが、これは委員会の委員の選任とか、本会議での公聴会、参考人等の聴取が、これまで委員会だけだったのが本会議でも必要に応じ可能だということになりまして、これらの問題。
 それから通年の会期になったものの執行部の出席について、いろんな業務に支障とかそういったことも考慮しなきゃいかんというようなこと、そういった内容の議会運営でありまして、これらが直接該当するということであります。
 具体的な面で川崎町議会に係る条例改正等の趣旨、7ページから8ページに喚起をしております。通年の会期の採用による改正、今回の法改正で議会の会期を定例会、臨時会とせずに、通年の会期とするということができることになりました。本町議会は、昨年の6月より改正前の地方自治法の規定を運用して通年議会として運用しておりますが、このたび通年の会期を採用することによって、以下条例の改正等を提案をいたします。数年の会期とした場合、条例で会期を4月1日から翌年3月31日と定めることによって、毎年4月1日に町長が議会を招集したものとみなされまして、会期の初めに議場に参集して会期を翌年3月31日にまでにしますよということを議決する必要がなくなります。町長に議会を招集いただくのは、いわば選挙のあった年、選挙後の最初の議会ということになります。
 また、予見可能性のある議会運営を図るには、定期的に会議を開く定例日を条例で定めることになりますが、本町では既に6月、9月、12月及び3月の定例月の初日は、第1火曜日ということで事実上運用しておりますので、これを条例に規定するということにいたします。
 下にありますように、これに伴って川崎町議会の会期等に関する条例の制定が2つ。それから改正が川崎町議会基本条例、川崎町議会会議規則。廃止になるものが、川崎町議会定例会条例等3つの条例が廃止ということになります。
 次に、委員会の常任委員の選任方法の改正についてでありますけれども、今回の法改正に伴いまして、議会の会期を通年の会期とすることによって、常に会期中ということになり閉会の期間がなくなるため、閉会中の規定をしているものを削除するということになります。
 また委員会の委員の選任方法、あるいは任期等につきましては、地方自治法に規定せずに条例に委任するということになりましたが、本町議会はこれまでどおり委員の選任方法については慣例に従い、議長が会議に諮って指名するということとし、常任委員及び議会運営委員の任期は2年とするということであります。また、議長が常任委員会に所属しないことを事実上慣例としておりますので、このことも併せて川崎町議会委員会条例に規定をすることといたします。そういう意味で川崎町議会委員会条例を改正をいたします。
 3点目、本会議での公聴会の開催、参考人の招致が可能になりました。今まで委員会のみでありましたけれども、今回本会議においても必要に応じ公聴会を開催したり参考人を招致すると、そういう制度の活用が可能になりました。従いまして、川崎町議会基本条例の一部を改正をし、川崎町議会会議規則に本会議での公聴会及び参考人制度の規定を追加をするということになりまして、川崎町議会基本条例及び川崎町議会会議規則を改正ということであります。
 それから、4点目にあります議会報告会実施要綱の改正、このたびの過去5年間、実はこれ直接改正と関係ありませんけど、議会報告会を実施をしてきましたが、その結果を踏まえて、今後この実施方法を検討して、川崎町議会報告会実施要綱を改正することにします。内容は、議会報告会を地域大字4地区に分けて、必ずするような、あるいは1会場にするような、そういう分け方でありますけれども、そういう4会場、4班に分けるとかそういうことにこだわらず必要に応じ運用ができるように、この際この議会報告会の実施要綱を改正しようとするものであります。
 条例改正等の施行日でありますが、川崎町議会委員会条例が政令で定める日から施行して、これ以外については25年4月1日から施行するということになります。政令により3月からを予定しております。
 そういったことで改正等の手続としては、本日5件上げております川崎町議会の会期等に関する条例の制定、川崎町議会基本条例の一部を改正する条例、川崎町議会委員会条例の一部を改正する条例、川崎町議会会議規則の一部を改正する規則、それから川崎町議会定例会条例を廃止する条例。以上5件の案件を議会運営委員会提案として提起をいたします。上記の議案が可決されたのちに下記4件の、つまり川崎町議会の会期等に関する条例に係る実施要綱、それから川崎町議会報告会実施要綱、それから川崎町議会定例会の招集時期を定める規則、これを廃止、川崎町議会通年議会実施要綱を廃止をするという段取りで進めてまいります。
 提案理由は、先ほど朗読で説明したとおりでありまして、このような内容で10ページ以降に制定する条例等として具体的に提起しておりますが、提案理由でもありましたのでご覧をいただくということでお願いをしたいというふうに、新たに制定する条例、それから12ページには改正をする条例等の、これは新旧対照表でお示しをしております。そして最後は廃止する条例を定めておりますので、お手元の資料でご覧いただければというふうに思います。
 以上、議会運営委員会の提案といたします。


◯議長(見月 勧君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております発委第4号から発委第8号については、会議規則第39条第2項の規定により委員会付託を省略することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、委員会付託を省略いたします。
  これより討論に入ります。発委第4号について討論はありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発委第4号を採決いたします。
 お諮りします。発委第4号は原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、発委第4号川崎町議会の会期等に関する条例の制定については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、発委第5号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発委第5号を採決いたします。
 お諮りします発委第5号は前案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、発委第5号川崎町議会基本条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、発委第6号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発委第6号を採決いたします。
 お諮りします。発議第6号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、発委第6号川崎町議会委員会条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、発委第7号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発委第7号を採決いたします。
 お諮りします。発委第7号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、発委第7号川崎町議会会議規則の一部を改正する規則については、原案のとおり可決と決定いたします。
 次に、発委第8号について討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発委第8号を採決いたします。
 お諮りします。発委第8号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、発委第8号川崎町議会定例会条例を廃止する条例については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第10.議案第1号
  日程第11.議案第2号
  日程第12.議案第3号
  日程第13.議案第4号
  日程第14.議案第5号
  日程第15.議案第6号
  日程第16.議案第7号
  日程第17.議案第8号
  日程第18.議案第9号
  日程第19.議案第10号
  日程第20.議案第11号
  日程第21.議案第12号
  日程第22.議案第13号
  日程第23.議案第14号
  日程第24.議案第15号
  日程第25.議案第16号
  日程第26.議案第17号
  日程第27.議案第18号
  日程第28.議案第19号
  日程第29.議案第20号
  日程第30.議案第21号
  日程第31.議案第22号
  日程第32.議案第23号
  日程第33.議案第24号
  日程第34.議案第25号
  日程第35.議案第26号


◯議長(見月 勧君) お諮りします。日程第10、議案第1号証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例についてから、日程第35、議案第26号川崎町消防団員の定員、任免、服務等に関する条例の一部を改正する条例についてまでを一括議題といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、日程第10、議案第1号から日程第35、議案第26号までを一括議題といたします。
 朗読を省略させていただきます。
 提案理由の説明を求めます。副町長。


◯副町長(井塚 誠君) 皆さん改めましておはようございます。本日は大変お忙しい中、本会議に御参集いただきまして心から御礼を申し上げます。
 それでは議案第1号について提案理由の説明を申し上げます。この議案は、証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例についてであります。
 地方自治法の改正に伴い、公聴会や参考人制度の活用が委員会のみならず本会議においても可能になったことにより、条例の一部を改正しようとするものであります。
 続きまして、議案第2号川崎町情報公開条例の一部を改正する条例についてから議案第26号川崎町消防団員の定員、任免、服務等に関する条例の一部を改正する条例についてまで、提案理由の説明を申し上げます。これらの議案については、例規総合管理システムの導入によるチェックによりまして、既存の条例等の中で内容は変わりはございませんが表記の正しくない箇所があるため、その箇所を正しく改めようとするものであります。
 御審議の上、御賛同くださるようよろしくお願いを申し上げます。


◯議長(見月 勧君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 議案第24号の火入れに関する条例の改正の中で、こうした形で提案されないと条例1個1個関心持つ議員もないわけでして。参考までに、この条例の所管課と野焼きの事例等がありましたらお示しをいただきたいと思うんですけど。


◯議長(見月 勧君) 副町長。


◯副町長(井塚 誠君) ただいまの御質問でございますが、所管課は防災管財の消防担当が所管になります。それで事例としましては、数日前ですか、安真木のほうで火入れの申し入れがあっております。
 以上でございます。


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第1号から議案第26号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、委員会付託を省略いたします。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第1号証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例から議案第26号川崎町消防団員の定員、任免、服務等に関する条例の一部を改正する条例までの26件を一括採決いたします。
 お諮りします。議案第1号から議案第26号については、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第1号から議案第26号については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────


◯議長(見月 勧君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 これをもって平成24年度第8回川崎町議会定例会に付議された案件は全部終了いたしました。
 お諮りします。平成24年度川崎町議会定例会は、あす2月13日から次回の会議再開の日まで休会といたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、平成24年度川崎町議会定例会は、あす2月13日から次回の会議再開の日まで休会といたします。
 本日はこれにて散会いたします。どなたも御苦労さまでした。
                 10時39分散会
       ────────────・────・────────────