議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 川崎町

平成24年度第6回定例会(第1日) 本文




2012年11月20日:平成24年度第6回定例会(第1日) 本文

                 午前10時00分開会
◯議長(見月 勧君) どなたもおはようございます。本日11月20日は休会の日ですが、議事の都合により会議を再開いたします。
 ただいまから平成24年度第6回川崎町議会定例会を開きます。
 直ちに、本日の会議を開きます。
       ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名


◯議長(見月 勧君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員は、繁永議員、北代議員を指名いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第2.議会運営委員会所管事務調査報告


◯議長(見月 勧君) 日程第2、議会運営委員会所管事務調査報告を議題といたします。
 議会運営委員会調査結果の報告を求めます。委員長。


◯議会運営委員会副委員長(大谷 春清君) 皆さん、おはようございます。本日は議会運営委員会委員長の伊藤議員が欠席されておりますので、副委員長の大谷より議会運営委員会所管事務調査の結果を報告いたします。
 去る11月15日に議会運営委員会を開催して、本日第6回定例会の議会運営とその他の事項について審議いたしました。
 まず、発委第3号、議会運営委員会の提出議案といたしまして、ごみ処理施設に関する調査特別委員会の設置決議でございます。
 次に、執行部提出議案は1件でございます。議案第45号として、田川地区清掃施設組合を組織する団体数の減少と規約の変更でございます。いずれも本会議において審査といたします。
 それから、有田議員を紹介者といたしまして、請願が1件提出されております。
 会議の日程は、本日11月20日、1日間でございます。
 続きまして、その他といたしまして3件の事項について審議いたしました。
 まず、去る10月22日から26日までの日程で行いました議会報告会の結果についてでございます。15日の議会運営委員会で記録を担当していました瓜野議員と千葉議員より、報告会の記録の提出を受けました。これについては、後日全員協議会を開催していただき、総括と今後の対策等を協議していただきたいと思います。
 次に、先日の全員協議会で、繁永議員より審査の要請がありましたスマートフォンへの議会映像の配信についてでございますが、本年10月より福岡県議会がスマートフォンへの録画映像の配信を開始いたしましたので、状況を調査して本町議会と比較検討した結果、画像の管理状況と運用経費の面から、いましばらく状況を見ることといたしました。
 次は、10月の本会議で清掃施設の現地視察の予算が可決されましたが、議会運営委員会では、現地視察は議員全員を対象として、来年1月中旬以降に視察を予定することにいたしました。
 最後に、研修視察の受け入れについてでございます。今月の13日に北海道より後志町村議会議長会の19の町村の議長と事務局長併せて40名の方々が訪れ、本町議会といたしましては収容面積の都合上、コミュニティーセンターを借用して議員全員で対応いたしました。意見交換では、お互いの議会活動に関する有意義な意見が交わされ充実した研修会となりました。
 以上、議会運営委員会所管事務調査の報告を終わります。


◯議長(見月 勧君) 委員長の報告は、以上のとおりでございます。質疑はありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 以上をもって議会運営委員会所管事務調査報告を終わります。
       ────────────・────・────────────
  日程第3.議案の報告


◯議長(見月 勧君) 日程第3、町長より送付の議案を報告いたします。
 書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 平成24年11月15日、川崎町議会議長見月勧殿、川崎町長小田幸男。議案の送付について、平成24年度第6回川崎町議会定例会議案を別紙のとおり送付します。
 平成24年度第6回川崎町議会定例会案件、議案第45号田川地区清掃施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び田川地区清掃施設組合規約の変更について。
 以上でございます。
       ────────────・────・────────────
  日程第4.日程の報告


◯議長(見月 勧君) 日程第4、日程については配付のプリントをもって通告にかえます。
       ────────────・────・────────────
  日程第5.発委第3号


◯議長(見月 勧君) 日程第5、発委第3号ごみ処理施設に関する調査特別委員会設置決議についてを議題といたします。
 書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 発委第3号、平成24年11月20日、川崎町議会議長見月勧殿、提出者、川崎町議会議会運営委員会副委員長大谷春清。ごみ処理施設に関する調査特別委員会設置決議について。
 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。
 提出の理由、川崎町が建設を予定しているごみ焼却場及び最終処分場については、早期に完成させるべき事業であるが、議会として慎重に調査研究を進めることが必要であり、合理的、能率的かつ集中的に審議する目的で、このたび特別委員会を設置するものである。
 ごみ処理施設に関する調査特別委員会設置決議。次のとおりごみ処理施設に関する調査特別委員会を設置するものとする。記。1.名称、ごみ処理施設に関する調査特別委員会。2.設置の根拠、地方自治法第110条及び委員会条例第5条。3.目的、川崎町が建設を予定しているゴミ焼却場及び最終処分場に関する調査。4.委員の定数、各常任委員会から2名を選出した計6名。5.調査期間、調査終了まで。
 以上でございます。


◯議長(見月 勧君) 提出者の趣旨説明を求めます。大谷議員。


◯議会運営委員会副委員長(大谷 春清君) 議会運営委員会副委員長の大谷でございます。本日は委員長が欠席でございますので、副委員長の立場で発委第3号、ごみ処理施設に関する調査特別委員会設置決議についての趣旨説明を行います。
 去る9月14日の本会議において、本町が単独でごみ処理施設を建設するための関連予算として、一般廃棄物地域計画の策定に要する経費を計上した補正予算案が可決されました。
 その後、広報かわさき10月号では、現在の太田地区の焼却場が既に耐用年数を経過しており、平成20年には有害物質を出す事故があり、現在補修工事を行っていますが、この老朽化した施設で、さらに焼却処理を続けることは安全性の面から限界があり、早急に新しい施設を建設する必要がある。しかし、建設候補地が決定され、その後地元説明に入るというこれまでの手法では、常に強い反対が繰り返されており、このような経緯を踏まえ、焼却施設の建設に理解を示していただける地域を探したところ、上真崎行政区だけが理解を示していただけるということで、今後は地域住民に施設建設を了承していただけるよう、説明、協議を続けてまいりますという記事が掲載されました。
 そこで、このような重大な施策がスタートした事態を受けて、本町議会といたしましては、川崎町が単独でするごみ焼却場及び最終処分場、いわゆるごみ処理施設の建設については、早期に完成させるべき事業であるが、慎重に調査研究を進める必要があり、議会の総力を結集して、合理的、能率的な調査で集中して審議する目的で特別委員会を設置すべきとして、このたび議会運営委員会より決議案を提出するものでございます。
 なお、この特別委員会は各常任委員会から2名の計6名の構成とし、議長に指名していただくことを決定いたしました。
 以上で趣旨説明を終わります。


◯議長(見月 勧君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 提出者の説明の中で、本町では上真崎地区のみが受け入れを了としたと、今説明がありましたけども、これ上真崎地区の総意というふうに受け止めてよろしんですか。その辺いかがですか。私はもっと他にも候補地がある気がしますけれども、どんなふうですか。


◯議会運営委員会副委員長(大谷 春清君) 私たちはそういうぐあいに聞いております。上真崎地区の住民の方々がここで作っていただければという話を聞いて、そのほうに進んでおると思いますが。


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより発委第3号を採決いたします。
 お諮りします。発委第3号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、発委第3号ごみ処理施設に関する調査特別委員会設置決議については、原案のとおり可決と決定いたします。
 お諮りします。ただいま設置されましたごみ処理施設に関する調査特別委員会の委員の選出については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議なしと認めます。従いまして議長において指名をいたします。
 総務委員会から千住議員、中村議員、民生文教委員会から伊藤議員、掛橋議員、建設産業常任委員会から有田議員、小松議員。
 以上6名を指名いたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、そのように決定いたします。
 委員長、副委員長互選のため暫時休憩いたします。委員の皆さんは第1委員会室に参集願います。
                 10時12分休憩
       ………………………………………………………………………………
                 10時16分再開


◯議長(見月 勧君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 委員長、副委員長互選の結果の届出がありましたので報告いたします。委員長に掛橋議員、副委員長に有田議員。
 以上のとおりであります。これで報告を終わります。
       ────────────・────・────────────
  日程第6.議案第45号


◯議長(見月 勧君) 日程第6、議案第45号田川地区清掃施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び田川地区清掃施設組合規約の変更についてを議題といたします。
 朗読を省略させていただきます。
 提案理由の説明を求めます。町長。


◯町長(小田 幸男君) 皆さんおはようございます。平成24年度第6回川崎町議会定例会、開催をいたしましたところ、議員の皆さん方には万障繰り合わせの上ご出席いただきました。まずお礼を申し上げたいと思います。
 それでは、議案第45号の提案理由の説明を申し上げます。
 この議案は、田川地区清掃施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び田川地区清掃施設組合規約の変更についてであります。
 田川郡糸田町及び同郡福智町が田川地区清掃施設組合から脱退し、清掃事務にかかる一部事務組合を設立することに伴う田川地区清掃施設組合規約の変更に関して、田川市と協議の上定めることについて、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 なお、詳細につきましては環境保全課長が説明いたしますので、御審議の上、御賛同くださるようよろしくお願いいたします。


◯議長(見月 勧君) 担当課長。


◯環境保全課長(荒木 敬司君) おはようございます。環境保全課の荒木です。
 議案第45号田川地区清掃施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び田川地区清掃施設組合規約の変更について、御説明を申し上げます。
 今回の規約の一部改正ですが、まず第2条の中の「田川市、川崎町、糸田町、福智町」を「田川市及び川崎町」に改めます。
 次に、第3条の「次表右欄に掲げる市町にかかる同表左欄の」を「次に掲げる」に改め、同条の表を削り、同条に次の各号を加えるものです。(1)清掃事業の総合連絡調整に関すること。(2)田川市川崎町清掃センターの管理及び運営に関すること。(3)乙女環境センターの管理及び運営に関することです。
 第5条の組合議員の議員定数ですが、「20人」を「12人」に改め、「川崎町5人、糸田町2人、福智町6人」を「川崎町5人」に改める。
 第9条の執行機関の組織についてですが、「組合長1人、副組合長3人、参与1人及び副参与3人」を「組合長、副組合長、参与及び、副参与各1人」に改めるとしてあります。
 12条の別表についてですが、改正した3条の1号から3号に関する表の号の変更でございます。
 以上簡単ですが、説明を終わります。


◯議長(見月 勧君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) この規約の改正でございますけども、例規集42300ページのこの別表ですかね。この別表を全面的に改めると。その中で焼却場の建設に関しては、完全にもう削除してしまうという理解でいいんですね。
 それから、当然この規約は相手が、今田川市と協議の上と、町長からも説明がありましたけども。この内容で田川市が了承して、田川市も同様な改正を進めていくということですね。
 この2点ちょっと確認させてください。


◯議長(見月 勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 今言われたように、糸田町、福智町が既に議会において脱退の議決をいたしました。それを受けて今回の改正になるわけでありますので、川崎町それから田川市については、今議員が言われたような形で、川崎町はきょうですけど、田川市では12月議会において議決がされるものと思っております。


◯議長(見月 勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 再度確認ですけども、一番ポイントは焼却場建設に係る号を完全に削除してしまうということで、これが認められますと共同建設というのはもう全くなくなるということですね。田川市もこれで承知したということを、改めて確認したいと思います。


◯議長(見月 勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) そのとおりだと思います。


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第45号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、委員会付託を省略いたします。
 これより討論に入ります。議案第45号について、討論はありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 討論なしと認めます。
 これより議案第45号を採決いたします。
 お諮りします。議案第45号は、原案のとおり決定することに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、議案第45号田川地区清掃施設組合を組織する地方公共団体の数の減少及び田川地区清掃施設組合規約の変更については、原案のとおり可決と決定いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第7.請願第3号


◯議長(見月 勧君) 日程第7、請願についてを議題といたします。
 請願文書表を書記をもって朗読させます。


◯書記(伊藤 修二君) 平成24年度第6回川崎町議会定例会請願文書表、請願、平成24年度第3号。受理番号、平成24年度第2号。件名、拉致問題意見書決議に関する請願書。請願者の住所及び氏名、福岡市博多区博多駅前4-33-1KMビル1階、北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会、代表辻幸男。紹介議員氏名、有田浩二。付託委員会、総務常任委員会。
 以上でございます。


◯議長(見月 勧君) 請願第3号について、紹介議員の趣旨説明を求めます。有田議員。


◯議員(3番 有田 浩二君) どうも皆さんお忙しいところすいません。
 拉致問題は、無辜の人生を狂わせた人権侵害問題です。それとともに、我が国に対する主権侵害。この2つを北朝鮮はやっております。これについて1日でも早く同胞の救出を求める決議文でございます。
 内容文については、皆さん読み上げませんので見てください。よろしくお願いいたします。
 以上です。


◯議長(見月 勧君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) これをもって質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております請願第3号については、請願文書表のとおり所管の委員会に付託し、休会中の調査事項といたします。
       ────────────・────・────────────


◯議長(見月 勧君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 これをもって、平成24年度第6回川崎町議会定例会に付議された案件は全部終了いたしました。
 お諮りします。平成24年度川崎町議会定例会は、明日11月21日から来年3月31日までの間、休会いたしたいが、御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(見月 勧君) 御異議ございませんので、平成24年度川崎町議会定例会は、明日11月21日より来年3月31日まで休会といたします。
 本日はこれにて散会いたします。どなたも御苦労さまでございます。
                 午前10時26分散会
       ──────────────────────────────