議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 川崎町

平成23年度第6回定例会(第3日) 本文




2012年03月16日:平成23年度第6回定例会(第3日) 本文

                 午後1時00分開議
◯議長(見月  勧君) どなたもこんにちは。ただいまより本日の会議を開きます。
       ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名


◯議長(見月  勧君) 日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。
 本日の会議録署名議員は、樋口議員、千住議員を指名いたします。
       ────────────・────・────────────
  日程第2.日程の通告


◯議長(見月  勧君) 日程第2、日程については配付のプリントをもって通告にかえます。
       ────────────・────・────────────
  日程第3.一般質問


◯議長(見月  勧君) 日程第3、これより一般質問を行います。
 質問は、質問通告一覧表の順番で行います。質問に入る前に、質問者の方にお願いをいたします。前質問者と重複する問題は避けてください。質問、答弁はできるだけ簡明にお願いいたします。質問は、1人30分以内といたします。
 質問通告書を提出している議員は、9名であります。
 これより質問に入ります。
 初めに、千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 皆さん、こんにちは。5番議員の千葉加代子でございます。ただいまから一般質問をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 まず、最初の質問です。
 その前に、昨日ときょうと中学校、小学校の卒業式に参列させていただき、とてもすばらしい体験をさせていただきました。特に、きょうの東小学校は、子供たちが真摯に向き合ってる姿とすばらしいハーモニーで涙が出ました。
 最初は、子供についての質問です。子ども手当についてです。
 子ども手当は、昨年10月から受給要件が変更され、以前から受給していた人も新たに居住先の市町村に申請する必要があります。未申請の人の中には、受給要件の変更を知らず申請手続を行っていない人が多く含まれている可能性があったそうです。
 厚生労働省は、全国20の自治体で申請状況に関する抽出調査を実施したところ、勤務先の役所に受給申請を行うとされている公務員を除いて調査したところ、未申請の割合は最大19%にのぼり、同省は全国平均で11%を推計しております。
 現時点で未申請の人が3月末までに申請すれば、昨年10月にさかのぼって半年分の子ども手当が受給できることになっております。川崎町の対象者の数と手続未済の方がいましたら、その数を教えてください。


◯町長(小田 幸男君) 子ども手当の受給についての御質問でございます。
 昨日のニュースでも、子ども手当自身がいわゆる自公の分のそれに戻っていくという3党の合意がなされているようであります。今、児童手当の受給対象の世帯数は1,408件、そのうち本日現在で未手続といいますか、手続が済んでない世帯については9件、0.64%でありますし、これも3月いっぱいが申請の期限になっておりますので、町のほうから戸別に訪問をして、全件申請が終わるようにやっていきたいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 手厚い手続をしていただきましてありがとうございます。広報には載っていたのですが、広報を見られてない方もおられると思いますので、質問させていただきました。
 次に、放射能に対する線量計についてです。
 これは外部被曝ですね、外部被曝をはかるのは10万ぐらいで、私は福島にいるときお借りしたんですが、それで外部のものははかれるんですが、内部被曝については、特に食品についてはそういう安いものでははかれないというようなデータが出ております。人間の大人1人は、60兆個の細胞でできていると聞いています。それに比べ、母親のおなかの中にいる胎児は、たった1つの細胞だった受精卵が活発に細胞分裂していきます。放射線に被曝すると、遺伝情報に傷がつき、傷ついたものが細胞分裂して複製され、被害が拡大されていくそうです。
 1シーベルトの被曝をした人が1万人集まれば、合計の被曝量は1万人シーベルトになるという考え方の、1万人シーベルト当たりのがん死数では、30歳が3,891人亡くなるというのが、全年齢の平均した危険度だそうです。55歳でがんで亡くなるのは49名ですが、ゼロ歳では1万5,152人にもなります。なんと310倍です。50歳以上は、生命体としては活力を失われ、細胞分裂しないので被曝してもがんで死ぬ可能性が少なくなると言われています。
 京大原子炉実験所の小出裕章先生は、「放射能に汚染された食べ物が店で出回る。高齢者は何の影響もないので、被災地支援のためにどんどん食べていただきたい。子供は多大な影響があるので、絶対に食べさせてはいけない。基準値より下でも安全ではない。放射線でどこまで安全ということはない」と強調されております。
 食品の放射能を数ベクトル、数十ベクトル、キログラムの単位で測定するには、100万円以上する高価な測定器が必要です。現在、放射線セシウムに汚染された牛肉の問題では、1キロ当たり4,350ベクレルの肉などが販売され、多くの人が気づかずに食べてしまいました。現在でも暫定基準値500ベクレルキログラムを超える食べ物が市場に出回り、後から慌てて出荷停止されている状況です。
 福岡市では、数台の線量計を購入する動きがあり、予防のためのヨウ素剤を25万人分用意していると聞いています。町長のお考えをお聞かせください。


◯町長(小田 幸男君) 御質問の趣旨は、線量計を購入してはかったらどうかということでしょうか。今、福岡におきましては、太宰府市にある福岡県保健環境研究所、ここで放射能の測定をやっております。現在のところ震災前と比べて、今のところは変化がない、こういう結果が出ております。
 一番心配なのは、子供たちの生活に大きくかかわりのある学校給食センターの食材が心配でありますけど、これも福岡県に学校給食会から国の基準に合致した基準以内の食材であるという検査結果が出ておりますので、今のところ川崎町が使っている学校給食センターの食材については異常がないと、そういうことがありますので、今のところ独自に線量計を買って検査するという予定はありません。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 福島県では、昨年4月1日時点で18歳以下の子供を全員対象にして、甲状腺の検査を県立医大病院で始め、約36万人を生涯にわたってチェックするという、世界的に例のない規模の調査をすることになっています。
 私も2月にこの県立医大病院に行きましたが、果たしてすべての子供たちがきちんと生涯測定を受けられるのかというのは、とても疑問があります。
 放射能を体内に取り込んでしまった場合は、もう間隔とか遮断とか遮へいとかができないので、すべて内部にたまってしまいます。そのたまる場所というのがいろいろありまして、ストロンチウムとかは骨にしみついて36年間はずっと放射線を出し続けるというデータが出ています。
 福島に行ったときも、子供たちには福島県産のものは一切食べさせたくないという話が出ました。年配の方とかは、福島でできたものを食べているんですが、子供たちには将来があるからということだったんですね。産地偽装とかがかなり言われて、本当にそこの県でとれたのかどうかということがわからないような状況がかなり出てきています。福岡県の場合は、私もまだ今のところは大丈夫だなと思うんですが、もし玄海原発が事故があったときは、早急に対応しないと間に合わないのじゃないかなというのがちょっと危惧されまして、質問させていただきました。
 将来的にもし予算範囲が許すことがありましたら、直方の近くのほうで、何かかなり数値が出たとかいう話を聞きましたので、もしできましたら、給食センターに1基ぐらい買っていただいたらなという、これは要望でございます。
 続いて、平和を守る町についてです。
 実は、今回これについては、議会に請願を出したいというお話だったんですが、3月議会でもあり、時間的に厳しいかなということもありまして、今回は町長のお考えをお尋ねしたいと思いまして、ここに出しました。
 人にとって一番大切なものは命だと思いますが、町長はどう思われますか。


◯町長(小田 幸男君) そのとおりです。命が一番大事であります。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 町長の基本政策にも、命を守るということがきちんと上げられております。
 では、その命を一番危険にさらすのは何でしょうか。わかりきったことですが、私は戦争だと思います。日本には、世界に誇る「平和憲法」があります。戦後六十数年間、私たちは他国の人々の命を奪うこともなく、また、侵略され命を奪われることもありませんでした。確かに、北朝鮮を初め、中国、ロシア等、仮想敵国を考えれば切りがありません。でも、一度戦争が起これば、子供たち、障がい者、高齢者等々、弱い立場の人々が真っ先に被害を受けます。
 この請願は憲法を順守し、人と人が殺し合う戦争のない平和な未来を子供たちに残してほしいという趣旨のものでした。町長のお考えをお聞かせください。


◯町長(小田 幸男君) ちょっとわかりにくかったんですが、いわゆる今日本国憲法の中で、9条の問題だと思いますが、これをどう考えていくかということでよろしいんでしょうか。
 思想信条については、いろいろ千葉さんと私とでは随分違うと思います。そういう意味で、子供たちが平和で暮らせるのは、これ大事なことです。でも、他国の侵略がある可能性があるなら、やはり自分たちの手で日本をきちんと守っていく、これも大事なことなんですね。
 そういう意味で、もう私は憲法を改正しなさいとは言いませんが、そういう意味で守っていくということを、子供の命を守るなら、他国の侵略からも守っていくと、こういうことが大事と思いますので、私個人的な見解で言えば、もうはっきり今自衛隊あります。中途半端な形で軍隊じゃないという話ししてますけど、実際は軍隊なんです。そういう意味では、これはっきりしたほうがいいと思います。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 済いません、お答えにくい問題だったと思いますが、ありがとうございました。
 次に、普通自動車免許の取得のための助成金についてです。
 今教習所に通うのは、30万以上のお金が必要です。家庭の事情から18歳過ぎても、免許をとりたくても教習所に行けない方がおられます。就職するために普通自動車免許は必要になっています。私は保護司をしておりますが、せっかく罪をつぐなって出てきても、川崎町に働く場所が少なく、免許をとるために一生懸命お金をためてても給料が少なく、その途中でやっぱりもう一度犯罪を起こして悪の道に入るっていう方もおられます。
 町として自動車免許取得のための基金みたいなのをつくっていただいて、希望者の方に貸し付けていただき、その方が仕事について後に、給料から少しずつ返還するシステムができたら、その働いた方の払う税金も町に入ってくると思いますし、若者にやる気が出てくると思います。町の活性化にもつながると思いますが、いかがでしょうか。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員、先ほどの質問の中で300万というようなあれ、30万の間違いじゃないですかね。


◯議員(5番 千葉加代子君) 申しわけありません。30万です。


◯議長(見月  勧君) 訂正してようございますか。


◯議員(5番 千葉加代子君) はい、よろしくお願いします。


◯議長(見月  勧君) 訂正させておきます。町長。


◯町長(小田 幸男君) これも大変難しい問題で、いわゆる更生のために免許を。


◯議員(5番 千葉加代子君) それだけじゃなく。


◯町長(小田 幸男君) 犯罪にかかわらず、就職のためには免許が必要であると。それに町が貸付金をしたらどうかということであります。
 ただ、今までとった人もたくさんいるんですね。これは自分のお金でとってますし、例えば同和関係の制度の中に、そういうとこにいってる人もいます。そういう中で、今までとった人には何もないで、町が貸し出しをするっていうことになると、やはり回収資金の二の舞になる。家を建てるためにそういう国の制度があって、町が貸し出しをやってきたんですね。その今残りが6億とか、そういう形で残ってますよね。そういうことについては、やはりやりにくいんじゃないかと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 犯罪を起こした方だけでなくて、高校を卒業して免許をとりたいと思っても、今の経済状況で自動車学校に行けないという方が何人もおられます。同和資金のほうからも貸し付けがあるかと思いますが、できたら前向きに検討していただけたらと思います。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 検討はいたしますけど、極めて難しいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 次は、新ごみ処理施設についてです。
 新しい施設ができる予定なんです。今いろいろもめて、場所のことでなかな前に進んでいませんが、その施設について太陽光発電を取り入れることについてどう思われるでしょうか。


◯町長(小田 幸男君) 新ごみ施設をつくるときに、多分施設内の電気等を利用するために、太陽光発電を採用したらどうかという、そういう趣旨でよろしいんでしょうか。


◯議員(5番 千葉加代子君) はい。


◯町長(小田 幸男君) 今新しい新ごみ施設につきましては、基本的には24時間連続して焼く。その熱源を、例えば発電に利用したり、それからハウス栽培等のお湯に利用したり、場所によっては地域の対策のために温泉施設をつくったりプールをつくったり、いろんな活用がされております。そういう意味で、これがきちんとされないと、いわゆる国の補助金の対象になっていかないと、こういうことがありますので、当然熱源を利用した発電が、この新しい施設には行われます。そういう意味で、場合によってはその施設だけ、もしくはその周辺を含めた電源があるわけでありますので、そのときには太陽光自体が不必要になりますよね。そこ自体が電気できますので、そういうことを含めて今後計画はされますので、熱源利用については積極的に図っていきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 次の質問がそのことだったんですが、ごみ燃焼時に発生するエネルギーの利用についてです。
 廃棄物エネルギーは、バイオマスエネルギー、未利用エネルギーとともに新エネルギーの一つとされています。廃棄物を処理することは、廃棄物を燃やすだけでなく、エネルギーを利用し、資源化、地域への還元という機能があります。
 熊本市には2つのごみ焼却施設があり、家庭ごみの約8割を占める燃やすごみや可燃性の大型ごみ、事業所などからの可燃物を焼却処理しています。これらの施設は、ごみを適正に処理する施設であるとともに、ごみを燃料として発電を行っている火力発電所でもあります。
 このように、ごみを燃やすときの熱エネルギーを利用することを、サーマルリカバリー(熱回収)と呼び、電気、お湯として有効に利用しています。西部環境工場では、発電した電力によって施設内で利用する電力を賄っていて、余った電力は電力会社に売電しております。また、お湯を施設内で利用する等、工場周辺にあるハウス園芸等の設備としても利用しています。
 今お答えいただきましたが、新しい焼却場についてもサーマルリカバリーを取り入れていただくことは可能でしょうか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 結論から言いますと、可能だと思います。


◯議長(見月  勧君) 千葉議員。


◯議員(5番 千葉加代子君) 多額の投資で建設するのですから、ぜひ実現させていただきたいと思います。
 これで私の一般質問を終わります。ありがとうございました。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 次に、櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 9番議員の櫻井英夫でございます。久しぶりに2番クジになりまして、そうしたところが一般質問が午後からというところで、また同じような時間になりましたけど、ちょっと眠いんですけどね、しっかりと聞いていただいて、時には課長に直接お尋ねする場合もありますので、聞いておいていただきたいと思います。
 昨年の3月11日、本町では中学校の卒業式が一斉に挙行され、議会では午後、補正予算審議が行われました。まさにその最中、東日本では歴史に残る巨大地震が発生し、その後の津波により、2万人余りの人々が犠牲になりました。
 あれから1年、この3月11日には国を挙げて慰霊祭が挙行され、天皇皇后両陛下初め、国民同胞深い悲しみを新たにしたところでございます。改めて心からのお悔やみ、お見舞いを申し上げます。
 また、手術後間もない陛下に対しまして、重ねてお見舞いを申し上げます。
 さて、3月6日から川崎町議会が開催されておりますが、開催日の翌朝、森元前議長より電話がありました。もちろん、夢の中の話でございます。何を会話したかは全く覚えておりませんけれども、彼の無念さを思うと熱いものが込み上げてまいります。本当に不思議な使命を感じている次第でございます。
 それでは、通告の質問に入らさせていただきます。
 まず、産業振興施策について見解をお尋ねしてまいります。
 本町では、福祉分野の計画は数多く策定をしております。つくること自体が仕事みたいな計画もあります。そのいい例が地域福祉計画。これは、たまたま瓜野議員、大谷議員、そして私も公募委員となり、約1年間かけて計画書を策定いたしましたが、選挙によって執行部が変わったということで、あえなくお蔵入りをしている次第でございます。全額補助金だったとはいえ、500万ほどの税金は結局無駄遣いとなっております。
 福祉の計画などなくてもルーティンワーク、定例の定型の事務事業で事足りると、むしろ産業振興計画を策定すべきであると考えております。なぜこの分野に重点を置かないのか、全く不思議でなりません。
 本町の産業振興計画と言えるものは、昭和60年代の安真木地区を舞台にした、いわゆる安真木観光開発計画、この中では、安宅の梅、干し柿の特産品開発、観光りんご園、戸谷キャンプ場開設が行われております。ところが、特産品開発は絶ち消え、観光施設は活性化せず持て余しぎみでございます。失業対策の制度事業があったころは、土木事業が町民の雇用の受け皿であり、産業振興にさほど力を入れなくても何ら不都合はなかったかもしれませんが、もうそういう状況ではございません。
 特産品開発にしろ、施設整備にしろ、観光PRにしろ、その都度その都度のひらめき予算ではなく、現在執行をしている事業を含め、施策と事業費、そしてその財源を整備するための計画書をまとめる必要があると考えますが、その計画書策定の必要性について見解をお尋ねします。
 そしてまた、国はTPPを推進しようとしておりますけれども、主に本町としては、農業に打撃が加わってくるというふうに考えられておりますけれども、本町独自の農業保護対策をどのようにするのかということについて、見解を尋ねます。
 次に、直売所「De・愛」、好調に運営されておりますけれども、これの施設拡充と機能強化は必要ないかどうか、見解をお尋ねします。
 また、地場産業、地場企業育成への対策はどのようなことを考えているのか、お尋ねします。
 最後に、企業誘致、ここ3カ年の実績とその分析、傾向と対策はどのようにされているのか、まずこの産業振興に関する5点の質問に対して御答弁をお願いします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 櫻井議員は産業振興についてのお尋ねであります。
 第1点目の計画策定必要性の見解ということでありますので、櫻井議員も地域福祉計画の策定、これは時間とお金をかけてむだであったという理解をしておるんだと思います。そういう意味で、川崎町には川崎町総合計画、過疎計画、辺地計画等々があり、要は計画だけをつくって何もしないんじゃなくて、今ある計画をきちんと実行する、これが大事だと思いますので、したがって、新たな計画をつくる必要はないと考えております。
 2点目のTPPについてでありますが、やっと日本はTPPのテーブルについた、こういう段階でありますので、TPPの交渉がきちんとなされた後、国が何をすべきか、我々市町村が何をすべきか、きちんと分けて農業振興、産業振興を含めてきちんとやっていきたいと思っております。
 それから、直売所「De・愛」の施設拡充と機能強化についてでありますが、いわゆる福岡県の産炭センターが平成24年度で解散をする予定をしてます。今そこに若干のお金が残ってるんです。そういう中で、De・愛のことについて今計画中ですが、何かDe・愛に人を呼ぶような仕掛けをやっていこうという計画をしてますが、まだ予算がはっきり決まっておりませんので、決まった段階では議会の皆さん方には示していきたいと、そういう意味でDe・愛の強化をしたいし、またDe・愛の管理の方法についても、来年の3月31日で指定管理者が切れますので、そういうことを含めて計画を進めていきたいと思っております。
 それから、第4点目は、地場産業の育成でありますが、地場産業の育成がやっぱり最も大事だと考えております。今県、それから中小機構、それから地元商業団体と連携をとりながら、中小企業に対する情報の提供、それから企業間の関連促進のための町が橋渡し的な役目を果たしながら、相互にそれぞれの企業が強固できるように、そういう施策を考えているところであります。
 それから、誘致企業ですかね、それが3年間の誘致企業の実績と分析はということで今言われましたが、昨年以前といいますか、まだ1年しかたっておりませんので、昨年以前は4年間は1件もありません。企業誘致されたのは1件もありません。私が5月に就任して、東田原工業団地内に資材会社の誘致をしました。それから、まだ誘致決まっておりませんけど、既に工場用地を購入してる川崎工業に赴きまして、川崎工業の親会社であるトヨタ自動車、この本店に訪問しまして、トヨタからの進出を促してくれと、こういう働き方をしました。
 川崎工業自体は、今トヨタ九州の部品製作部門の進出について考えていると、そういうことでありますので、今後とも川崎工業、トヨタ自動車等はたらきかけをしていきたいと。
 それと、昨今でありますけど、大型量販店のパワーコメリの進出が決まりました。多分この4月から建設が始まると思いますし、川崎町民の中から80名の雇用をしてくれると、こういう企業でありますので、私たち全力を挙げてこの取り組みをやっていきたいと。秋には開店をしたいと、こういう強い希望がありますので、支援をしていきたいと思っております。
 それから、あともう一件は、やはり量販店の引き合いがあります。倉庫であったり、店舗であったり、それから社員住宅であったり、こういうことをやっていきたいということでありますので、これについても協議を続けながら、実現するように頑張っていきたいと思ってます。
 あと一件は、今地場にある企業が、倉庫として少し不足なので、町有地を購入して来たいと、そういう話もありますし、そこでも新たな雇用が生まれますので、そういうことを含めて頑張っていきたいと思っているところであります。
 それから、今その分析でありますけど、企業誘致については、はっきり言って役場におって新聞を見てたって企業は来ないんです。やはり自分からどんどん名古屋であれ、大阪であれ、東京であり、福岡であり、北九州であり、出て行って、やっぱり説明なりお願いするなりしていかないと、企業誘致はままなりません。そういう意味で、今度ともやっぱりトップセールスでしっかり頑張っていきたいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 一番最初にお尋ねをした計画書の策定の必要性について、見解をお尋ねしたわけですけども、私は地域福祉計画が無駄だというふうには思ってないんですよ。むしろそれをきちっと実施していただきたいというスタンスでおりますので、なぜお蔵入りになったのかというの逆に不思議に思ってるぐらいですから、それは無駄というふうに私は思ってませんのでね。
 それと、産業振興に関して新たな計画をつくらにゃ、恐らくこれ勘違いされたんじゃないですかね。いろんなその福祉計画を含めて、計画、計画をつくっていくことが無駄というふうに逆に町長は感じたと思うんですけども、産業振興計画については、今本町持ってないでしょ、一個も。ですから、その産業振興という観点から、計画書が要るんではないですかというお尋ねなんですけど、これは福祉計画でほかの長寿命計画だったら計画たくさんありますよ。しかし、その産業振興に関してそういう視点での計画っていうのは、今まで重点を置いて策定したことがないというんですね。とりあえず、──とりあえずというか、1回そういうものをつくってみたらいかがでしょうかというお尋ねだったんですけども、いかがですか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 先ほど言いましたように、川崎町の総合計画の中には、産業振興というのがあります。それから、過疎、辺地は特にやっぱり現実に即した産業計画なんです。やっぱり税源の関係で、その都度過疎計画の議決をお願いしたり、それから辺地の計画をお願いしますね。これはやっぱり財源が相当有利であるという観点から、総合計画の中でも過疎、辺地に入れてるわけでありますので、ただ今言われるように、今から川崎町にとって農業を含めた産業の振興というのは、重要な課題です。そういう意味では、今は実施する段階でありますので、産業振興計画といいますか、そういうこともする必要があるんだと思ってますので、そういう意味では検討する余地を議員に伝えたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) ようやくかみ合ったですね。そのようにぜひ検討しつつ、精密なものでなくてもいいですよ。やはり町長の思いのこもった産業振興をどうするかと。そして、特に5番目でお尋ねした企業誘致につきまして、ほんとこれまでにない具体的な答弁が返ってきておりますので、その辺は大変評価をし、期待をしておりますので、頑張っていただきたいと思います。
 TPPに関しては、ちょっと抽象的でよくわかりにくかったんですけども、国の出方次第ということで、まだその段階ではないという状況はあろうかと思いますけれども、先駆けてやはり農業者に対して、もうこういうふうにしたい。その一つの手として、私はDe・愛の機能拡充とか、そういうのを上げたんですけども、建産委員会でも例えば第2De・愛をつくったらとか、そういうことも申し上げました。これは一つの例ですよ。ですから、何かアクションを起こしていくというようなもので、やっぱり国のTPP対策に先手、先手で策を講じていくと、そういう姿勢を見せていただくという思いから、お尋ねしておるんですけども、町長の見解をお尋ねします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 今TPPのお話でありますので、やっと今テーブルについたばかりで、例えば自動車産業とか、そういう輸出産業はどうなのか。輸入が見込まれる農業政策についてはどうなるのかと。具体的なことは決まっておりません。基本的には今政府は農業については、基本的には反対しますと、そういう意向を示してますので、全体の様子が見えた中で、きちんと町としてどうするのかということを決めたいと先ほど申しました。
 それから、De・愛については、今のままでは田川だけでも多くの物産館があるんです。多くの人間が来てます。その中で、今のままではこの川崎のDe・愛は取り残されます。そういう意味で機能強化というのは、いろいろ今考えていきたいと思いますので、それには議員の皆様方の御協力も要りますので、よそに負けないDe・愛として強化していきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 大分かつてに比べて前向きな答弁になっておりますので、もうこれ以上質問いたしません。
 次に移ります。教育委員会の運営と課題についてということで質問をさせていただきます。
 東日本は大地震に揺れ、その最中に日本列島は統一地方選挙に揺れ、本町は駅前「ゆらり」に揺れた1年でございました。
 結局、何がだめで都合が悪く廃止に至ったのか、廃止の議案が町長部局より提案され、議会が可決した事実は残ったものの、ほかの3回の一般質問の答弁からは、教育委員会のスタンス、真意が全く不明、謎だらけでございます。すなわち、過疎計画で「ゆらり」の充実をうたい、社会教育委員会の社会教育事業の存続廃止に関する諮問の中間答申では、「ゆらり」の存続が言及され、それが23年度の教育施策の点検評価報告書における「ゆらり」の事業が充実しているとの高い評価につながったと思われます。
 「ゆらり」の存続廃止が選挙の争点になったのは、私も承知をしております。しかしながら、町長とて教育行政には簡単には介入できない法律がございます。すなわち、社会教育施策の創設廃止は、教育委員会が正式な手続を踏み、決定を下して初めて成立するのであって、教育委員長や教育長は、まず法にのっとり、教育委員会を運営せねばならないわけでございます。
 たとえ町長から任命された委員長や教育長といえども、町長の政治判断を甘受してはならない仕組みになっているはずでございます。教育への政治介入を排除する、これがよかれあしかれ、戦後憲法の精神ではないですか。
 再度教育委員会にお尋ねをいたします。社会教育委員会の最終答申はいつ出され、その結果はどうだったのか、答弁をお願いいたします。


◯議長(見月  勧君) 担当課長。


◯社会教育課長(上條 一君) 「ゆらり」の件でお尋ねですが、その前に「ゆらり」の件で教育委員長の出席依頼をいたしましたが、本日は所用のため出席できないということでございます。
 お尋ねの「ゆらり」の件ですが、この問題については、櫻井議員から過去何回も同じような御質問がありました。答弁が同じ答弁になるのが本当に恐縮ですが、お答えしたいと思います。
 昨年の6月議会で、この廃止条例が可決されたのは、執行部もここにおられる議員さんもみんな御承知だと思います。その後の事務検査特別委員会が行われる中で、「ゆらり」の管理運営業務の委託契約の問題、あるいは「ゆらり」内の物品販売等の問題点が指摘をされています。そういうことで、これは9月議会において特別委員長のほうから報告されています。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 議長、答弁中ですけどね、経緯はわかってるんです。今私が尋ねたのは、いいですか、社会教育委員会の最終答申はいつ出されるという。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員、最後まで答弁聞いてやってください。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) ですからいいですか。


◯議長(見月  勧君) いやいや、かけてください。どうぞ。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) その経緯は全部わかっとるんですよ。


◯議長(見月  勧君) 続けてください。


◯社会教育課長(上條 一君) 社会教育委員会の中では、「ゆらり」については、既に社会教育施設のあり方について諮問をしてるところでしたけども、「ゆらり」については、もう既に廃止をされていますので、その点については一切の論議はありませんでした。
 以上です。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) そういうごたごたしてるときに、中間答申があったと思います。そして、最終答申はいつ出されて、どんな対応になっているのかっていうのが、今私が聞いてることなんですよ。


◯議長(見月  勧君) 担当課長。


◯社会教育課長(上條 一君) 中間答申はありませんでした。ただ、社会教育委員に諮問をして、社会教育委員がそれぞれの施設を視察に行ったということはありましたけども、中間答申というのはありませんでした。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 最終答申は。いいですか。最終答申がいつ出されて、その答申の結果はどうだったんですかと。


◯議長(見月  勧君) 課長。


◯社会教育課長(上條 一君) 最終答申はですね、ちょっと日にちを覚えてないんですが、前回の社会教育委員会の中で、日にちはちょっと今覚えてませんけど。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 何月です。


◯社会教育課長(上條 一君) 最終答申というよりも、その場でなされたのは、社会教育委員長の個人的な見解を出されて、その点については、今後の社会教育委員会の中でもう少し答申の中身について、委員長の見解の中身について論議をするということで、具体的な最終答申というのはなされていません。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 諮問に対する最終答申は出ていないと。それは、「ゆらり」に関することだけじゃないでしょ。いわゆる社会教育施策に関して諮問されたことについて、まだ終結してないということですか。答申はなしと。いいですか、続けて。
 教育委員会の独立性をおもんばかって、私は6月、9月、12月議会で過去5回、樋口議員、千葉議員も、そして私と「ゆらり」関連の一般質問を重ねてまいりました。
 また、議会は「ゆらり」の調査特別委員会を設置し、吉田委員長、讃井前教育長が参考人として委員会に呼ばれております。
 6月以降、月例の教育委員会が10回は開催されていると思いますけれども、そのたびにどんな議論がなされたのかを説明をしていただきたいと思います。
 「ゆらり」開設の際、議案の提案に責任を持っていた教育委員長と教育長、「ゆらり」を文化連盟の拠点とし、その時点で会長を兼務した教育委員長、その責任論はどの程度議論されたのか。あるいは、全く議論されていないのか、その総括を答弁をお願いします。


◯議長(見月  勧君) 担当課長。


◯社会教育課長(上條 一君) 「ゆらり」が開設された時点、私いなかったのでわかりませんが、当初商店街の活性化ということで、農商観光のほうで予算がつけられたと思います。たまたま委託先を文化連盟ということで教育委員会に来たものと思います。その時点は、教育委員長が文化連盟の会長ということで、文化連盟の会長と教育長との要するに委託契約があったわけです。これ非常におかしいんじゃないかということで、皆さんから御指摘があり、当時の吉田委員長は文化連盟の会長をやめてます。それ以降、「ゆらり」が廃止になって特別委員会ができた中でも問題になったのは、いろんな事務的なふぐあいですね、言うほどじゃありませんが、ふぐあいがあったことは事実です。そういうことで、今後教育委員会の社会教育施設であろうと、いろんな施設であろうと、業務委託契約をする場合は、「ゆらり」のいわゆる今後の教訓を生かして、細心の注意を払い、事務処理を行っていきたいと、そういうことで教育委員会の中では、そういう総括をしているところでございます。
 以上です。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員、この件に関しましては、もう半年間に及んで9回からの特別委員会を開催しております。議会の中で委員さん皆さん採決までして決定した事項です。まだこれが引き続きあるというなら、また特別委員会に申し入れをするということでしていただきませんと、課長もかわった課長です。前任者と違いますからね、今の答弁が精いっぱいだと思いますので、この件に関しては、後日特別委員会に申し入れして、話を個人的に聞くなり何なりしていただけませんか。これ決定した事項ですよ。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) いいですか。


◯議長(見月  勧君) はい、どうぞ。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 私は、その「ゆらり」の瑕疵についてお尋ねしてるわけじゃないんですよ。教育委員会がどういう議論をしましたかと、教育委員会がどういう一般質問とか、こういう特別調査委員会をもって、この「ゆらり」の事務事業について議会は疑義を抱いているわけです。その都度その都度教育委員会としては、どんな持ち帰ってですね、どんな議論をされたんですかということをお尋ねしてるんです。
 そしてまた、提案して議会が可決して、議会がまた廃止の可決もしましたけども、その中で同一人物が、委員長が開設の提案もし、閉鎖の提案もして、それでいろんなそういう責任論が出なかったのかというのが、それが関心事なわけですよ。教育委員会の中では、果たしてどういう議論が行われたかというのを、お尋ねしてるんです。
 いいですか、それで続けますけれども、その議論の過程を非常に重視してるっていうか、そういうことで前回も教育委員会の会議録を資料として出していただくようにお願いしました。その際、情報公開で出してくれということだったですけど、私は議長にお願いして、議会の調査権という形で会議録の開示ですから、何ら問題ないですよ。そういう形で出していただきたいと。閲覧すれば、それを読めばわかるわけです、どういう議論がされたかというの。それがないから、こうして一つ一つお尋ねしてるんであって、そのようにしていただけませんか。会議録を出していただいて、閲覧させていただければ。


◯議長(見月  勧君) 教務課長。


◯教務課長(石原 秀樹君) 今申しました情報の開示でございますけれども、前回答弁をさせていただきましたように、情報公開制度、これはあくまでも教育委員会が管理する情報でございますので、そういった制度に基づいて会議録の申請をしていただきたいということは申し上げました。今日まで出されておりませんので、提出をしておりません。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 私は議員の調査権として、しかも議会の会議録と一緒ですよ。教育委員会の会議録も、別に悪い事項でも何もないです。情報公開の対象外でしょう、そもそもが。情報公開っていう形じゃなくて、もう当然どなたが見てもいいように、会議が終わった後は編纂をして、どなたにでも見せるような、そういうシステムにもっていかなきゃいけないんじゃないですか。


◯議長(見月  勧君) 課長。


◯教務課長(石原 秀樹君) 一般質問でそういう提出の要望がありましたけども、あくまでもこれは個人的な要望として議会の中で。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 議会でこの公の場で言ってるんですよ。


◯教務課長(石原 秀樹君) 議長にも確認しましたけども、議事録に私のほうで確認させていただきましたけども、提出するといった返答はいずれもしておりませんので、あくまでも個人の要望として受けとめておりますので、そういう制度にのっとってやってもらいたいということです。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 私は議長にお願いします。この教育委員会の会議録は、情報公開で一々請求をしなきゃならない、しかも一般質問の公の場で要請をしてるわけですから、これはもう当たり前の公開文書として出してもらう、あるいは議会で要求すれば、当然それが閲覧できるというような形にしていただきたいと思うんですけど。


◯議長(見月  勧君) 後日「ゆらり」対策の検討委員会と、それから課長を交えて協議をしてみます。今私は、私が個人的にそういう許可を出すこともできませんから、そういうことでようございますか。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) はい。


◯議長(見月  勧君) はい、櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 私は、その教育委員会の会議録は、情報公開によってしか議員もですね、閲覧できないというのは、これその根拠を知りたいと思うんですけどね、その根拠を示してください。


◯教務課長(石原 秀樹君) ですから、私どもの受けとめ方としては、あくまでも個人の要望として受けとめてるという。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) いや、個人じゃない、議員が公の場ですから。


◯教務課長(石原 秀樹君) ですから、議員であれ、それは個人の要望と受けとめておりますので、そういうことでお断りいたします。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) いいですか。その辺が、議員を個人という、しかもこの一般質問の公の場で、議員の調査権の中で出してくださいと。それはほかの資料もそうです、予算関係も。それできるわけです。ところが、どうしてその会議録については、その資料を全部くれと言いよるわけじゃない、閲覧させてくださいという話ですから。


◯教務課長(石原 秀樹君) 前回の答弁でも申し上げましたように、議会を通じて、あるいはそういう情報公開制度にのっとりという答弁をさせていただいております。ですから、議会を通じてということであれば、そういうふうな形で申請をお願いしたいと思います。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 非公開とすべきっていう規定はどこにあるんですか。(「非公開じゃないでしょ」と呼ぶ者あり)公開でしょ。だから、議会のこのやりとりの調査の中の、質問の中の要請として、その閲覧を要求してるわけですから、先ほど議長も言ってくれましたね、検討しますっていうことで、そういう形で情報公開とか言わないで、議会に出してもらいたいと。できれば、会議録は2部つくってもらって、議会に図書コーナーに置いてもらいたいぐらいですよ。その辺も含めて今後また改めて要請していきます。
 次に、高校中退の現状と対応につきましてお尋ねをいたします。
 公立高校、私立高校問わず、この田川市郡の高校進学した者の中で、中退生が何人か発生しておるようでございます。本町の場合はどういう状況になっているのか、その現状とその後の進路指導の体制どのようになっているのか、中退の原因等をどういうふうに掌握してるのか、その点をお尋ねします。


◯議長(見月  勧君) 教育長。


◯教育長(松本 安正君) 高校中退の件に関してお答えいたします。
 教育委員会は、高校中退者については高校から報告がなされてないので、把握はできておりません。ただ、各中学校には中退者について報告がされているようですけども、すべてについての報告ではございません。それで、各中学においても正確な数は把握できてない状況です。
 ただ、その報告の内容等により、各中学校では場合によっては、家庭訪問や助言等を含めた進路相談に応じているようではあります。
 もちろん、教育委員会は個別、あるいは学校から相談があれば、窓口での相談を受け付けるようにしております。
 また、川崎町同和教育中長期プランの第2次中長期プラン、2011年から2017年ですけども、進路保障部会の取り組みの中で、高校中長期との連携として、中途退学防止を挙げておりまして、平成24年度から町内中学校出身者の高校中退状況を把握するように計画しているようでございます。
 以上でございます。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) これは、高等教育の問題ですから、むしろ県行政に所管になりますから、無理からない答弁ですけども、県と連携をして、青少年の健全育成ということで、川崎町に住居を置くわけですから、その辺も県と連携をして、本町出身者にそういう落伍者が発生していかないような、そういう環境をつくっていただきたいと。
 まずは、状況を把握することを行っていただいて、そしてその公務負担に当たっていただきたいと思っております。
 続いて、スポーツ基本法の関連でお尋ねします。
 この法律が施行されまして、「体育指導員」の名称が「スポーツ指導員」に変わった、この間も議案に出ておりました、既に。そのほか、この法律によって、本町の体育振興策はどのように変わっていくのか、変えていくのか。ただ法律が変わるだけで、指導員の名称を変えただけで、それで終わってしまうのか、どのようにこのスポーツ基本法を生かそうとしているのか、その姿勢をお尋ねします。


◯議長(見月  勧君) 教育長。


◯教育長(松本 安正君) 平成23年6月24日に公布されたスポーツ基本法ですけども、先ほど議員さんがおっしゃられたように、この議会で非常勤職員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例が可決されたところでございます。
 このスポーツ基本法が、これまでのスポーツ振興法と最も異なるところは、スポーツ立国の実現を目指し、国家戦略としてスポーツに関する施策を総合的かつ計画的に推進するという点であります。スポーツの国際的な交流や貢献が、我が国の国際的地位の向上にも極めて重要な役割を果たすものであるという考えからなるものでございます。
 川崎町教育委員会といたしましても、国が指し示す理念にのっとって、国との連携を図りながら、現在ある体育協会を中心とした各種スポーツ団体の推進、スポーツ推進委員を中心としたスポーツ行事や教室に取り組んでいきたいと思います。
 また、障がいのある方でも積極的に参加できるようなスポーツ行事の取り組みについても、今後検討していきたいと、そう考えております。
 以上でございます。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 国と連携を図って、このスポーツ基本法の理念を追求したいという話でございますけども、障がい者のスポーツ振興について1つ例が出ましたけども、いきなり町が国にとぶっていうことは考えにくいわけですけども、そこには県もあります。県や国と具体的にどのような連携が想定されるか、その辺をお聞かせいただけませんか。


◯議長(見月  勧君) 担当課長。


◯社会教育課長(上條 一君) 先ほど教育長がスポーツ基本法について述べましたけども、これはまだ県からの具体的な指導っていうのはありません。国から先にスポーツ推進委員というふうに名前が変わりましたが、スポーツ推進委員がスポーツのあらゆるこの計画というか、そういうところまで踏み込んだところで立てていく中で、スポーツの何ていうか、幅広い推進を図っていこうというものでありまして、これから先県や国と連携をしていきたいということで、まだ具体的にはできていません。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) スポーツ基本法の全条文はもう研究されましたですかね。(「はい」と呼ぶ者あり)
 それで、また一つ提案ですけどもね、基本法、基本条例流行りでございますので、ここはひとつ本町もスポーツ基本条例なるものをつくりながら、あるいは検討しながら、どう県や国と連携できるかというのを、検討してみてください。


◯議長(見月  勧君) 担当課長。


◯社会教育課長(上條 一君) それは、教育委員会の中で十分検討していきたいというように考えてます。


◯議長(見月  勧君) 櫻井議員。


◯議員(9番 櫻井 英夫君) 私も体協の役員の一人でございますのでね、一緒にぜひ議論をしてまいりましょう。
 以上で、私の質問を終わります。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 次に、掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) 11番議員の掛橋です。よろしくお願いいたします。
 ごみ処理施設について、新聞報道にもありましたが、本町のみならず田川全域の長年の懸案事項であり、町民の関心も高い新ごみ処理施設の経過及び現状、また町長御自身の考えについて、そして関連して税についてお伺いいたします。
 先月2月10日の新聞記事に、建設予定地でありました岩鼻伊加利地区の候補地断念、また組合長であります伊藤田川市長の組合長辞任表明という記事が載っていました。
 また、2月17日の新聞では、組合長の辞任に対し抗議するため、運営協議会の会長であります梅林田川市議会議員と副会長であります本町の北代議員が辞任し、記者会見を行っております。
 2月25日の新聞では、協定の見直しが提案される動きがあるといった報道もなされております。この新ごみ処理施設を建設するには、莫大な何百億という税金が使われるわけでありますので、町民は新聞報道で知らされるだけでは済まないと思います。
 そこで、まず1つ目、建設候補地が岩鼻伊加利地区に至った経緯について、だれが、斎場横に隣接する用地、岩鼻伊加利地区を推薦したのか。また、私の聞くところによると、組合議会はもちろんのこと、親議会にも相談がなく、突然組合執行部から清掃組合議会に候補予定地を示されたそうですが、どういった経緯だったのか、町長のわかる範囲で構いませんのでお答えください。


◯町長(小田 幸男君) 今、岩鼻伊加利地区の推薦といいますか、候補地が決まった経緯といいますか、これは前清掃施設組合の副組合長である手嶋前町長、それから組合長である伊藤田川市長が通り谷の関係地域の住民を川崎町のコミュニティーセンターに集めて、通り谷の断念について住民の前で宣言をしております。二度とこの通り谷にはやらないと、大変御迷惑をおかけして申しわけないと、こういう発言をしてます。
 組合議会でも、その後これが報告されて、親議会にも同じようなことが報告されたんであると思います。それを受けて、ちょっと私が不在でしたので、正確な年月日はわかりませんが、田川市から旧三井セメント跡地、川崎町からいわゆる岩鼻地区として推薦がなされております。その岩鼻地区につきましては、90%以上が田川市の地内であるということがありまして、岩鼻伊加利地区と、こういうふうに名称が変わっております。
 その後、去年の7月の議会だったと思いますが、組合長が来月から岩鼻の地元に説明会に入ると、こういう発言がありました。ところが、説明会がなかなかなされないで、去年の暮れ、それからことしになって地元住民の代表が市役所に来て、反対の申し入れをしてます。1回だけ組合の事務局と組合長が伊加利地区に出かけて行って、話し合いをしようとしたんですが、地元が耳も貸さないと、そういう状況であったようであります。
 それで、実はことしの2月7日でした。私は教育長とB&G財団の会議に参加している中で、午後6時ぐらいに事務局から電話があり、実は2月9日に正副組合長会議をしたいと、そういう連絡がありました。どういう要件で政府組合長会議を開くんだと聞いたら、伊加利地区の断念をした模様であると。それから、その責任をとって組合長は辞任の表明をすると、そういうことがあって、2月9日の1時半からでしたが、田川市役所に赴きました。そのときは、田川市長と私と糸田の町長の3名でした。福智の町長は東京に出張中で来ておりませんでした。
 その中で、岩鼻断念に至った経緯、それから本人から組合長辞任のお話もありました。ただ、その中で私が発言したのは、ひとつこの会議の終了後、記者会見をするという話が出ましたので、それはおかしいんじゃないですかと、4人がそろった中できちんと表明していただいて、それから組合議会の議員にもきちんと説明し、またそれぞれの親議会に説明した後、2月24日が組合議会の予定でしたので、それが終わった後に記者会見をすべきじゃないかという進言をしましたけど、「いや、やるんだ」ということで強行されました。
 私も糸田の町長も福智の町長も同席しておりませんし、組合議会の中でも聞かれましたけど、組合長は組合長の立場として記者会見をしたのか、田川市長として記者会見をしたのか、そういう問いもありましたけど、私自身は同席もしておりませんし、わからないという答えをしております。
 そういう中、3月31日までの、組合長がもう辞任をしたわけでありますので、今後については4首長で話し合いをするわけでありますので、一応新聞報道の経緯については、こういう段階であります。


◯議長(見月  勧君) 掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) 3月31日まで任期があるということで、本人確認的の辞任表明をしたというようにとらえてもいいのかなと思いますけど、次に、組合の中の運営協議会の役割と組合長の辞任に対し、抗議するため運営協議会の会長であります梅林田川市議会議員、副会長であります本町の北代議員が辞任すると新聞報道がありました。その経緯について御説明をお願いいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 運営協議会が2月16日でしたか、乙女で開催がされました。その中で、組合長が岩鼻伊加利地区の断念と組合長の辞任の表明をしました。今議員が言われるように、運営協議会の会長である梅林会長と北代副会長が、組合長に抗議をしてやめると、こういうお話ししました。
 ただ、運営協議会というのは、あくまで議会ではなくて、平成13年に組合が合併したときに、それぞれが焼却場とし尿処理場を持っていたんです。そういう意味で、新しく焼却場、し尿処理場を全部合併するまでは、2つの会計をもちましょうと。そして、それはそれぞれの会計がお金も出しますし、それぞれの会計については介入をしないという約束がなされました。
 当然、組合長がやめれば、議長は郡部からなる。田川川崎の運営協議会から言えば、議長が田川市なら、運営協議会がもしあるとすれば、会長は川崎町、副会長は田川市、こういう取り決めがあるんです。だから、私には本来の運営協議会は新ごみ施設の議論をする場所じゃないんです。田川と川崎の今ある施設、これについての議論をしましょうというのが、この運営協議会の当初設立されたときの趣旨なんです。それで、組合長に抗議するっていうのは、私自身は本来新ごみ施設の議論をしとるんですから、これもまずおかしいし、これにまた抗議する議員自体も、私自身は理解ができません。


◯議長(見月  勧君) 掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) 新聞報道によりますと、2月25日の報道では、組合議会において一部の議員から合併時に取り決めた協定を見直すべきだという発言が出ているようですが、組合議会だけでこういうことを審議し、決定できるのか、お伺いいたします。


◯町長(小田 幸男君) いわゆる協定は、平成13年に組合が田川川崎の組合と下田川の組合が合併するときの協定なんです。これは、施設組合の協定じゃなくて、それぞれの町間の協定なんです。この協定は、それぞれの町が議会の議決を経て町長名、市長名でいわゆる締結を結んでます。
 この中には、文書化されたのは、「焼却場については田川・川崎の地内、最終処分場については下田川の地内」それだけが記入されてます。そのほかに一緒に合意されたのは、焼却方式については、ガス化溶融ですよ。場所については、下田川、田川、川崎の地内だけど、いわゆる白鳥K区画ですよと、こういうことが合意されたんです。
 ところが、この合意自体が既にもう壊れてるんです。白鳥はもう早く断念されましたし、この4年間の議事録を読んでみたら、ガス化もいつのまにかなくなって、ストーカプラス灰溶融炉というふうに変わってます。場所も次から次から変わってます。
 だから、協定の見直しは、施設組合の議会でするんじゃなくて、それぞれの町間、町と町の協定なんです。そこを何か組合議会の人たちははき違えてですね、そういうことで町の議会で議論をして、そしてその町としてはどうするんかと、そういうことを決めるべきところを、今組合議会の特に下田川、田川市の議員から協定の見直しの話、やり直しと。
 特にその場所について、焼却場については田川、川崎の地内じゃなくて、全体でやんなさいというようなことも議論されてますけど、当然川崎町については、川崎町議会の中できちんとした議論をして、川崎町としてはどうするんだということに臨んでいきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) 今町長のほうから、現在検討されております処理方式等もちょっと説明があったんですが、町長自身今後もし処理方式を見直すのであれば、どういったものがふさわしいのか、ちょっとお伺いしたいと思いますが。


◯町長(小田 幸男君) 具体的にはまだ考えてないんですが、基本的には今ガス化とか、灰溶融炉が全国で事故を起こしてます。爆発事故ですね。それから、その灰溶融炉をプラスしたら、焼却炉自体が大変な高額になります。そういう意味を含めると、確かに再処分場は多く要りますが、ストーカ方式が有効ではないかと、このように思ってます。


◯議長(見月  勧君) 掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) これまでのことについては、大体わかりました。しかし、候補地がないからといって、また住民の賛同が得られないから建てなくてよいと済む問題でもないわけであります。必ず乗り越えなければならない問題です。今後の新ごみ処理施設に向けた町長の考えをお聞かせください。


◯町長(小田 幸男君) 新ごみ施設でありますけど、まだ伊藤組合長が辞任の表明をされて、3月31日まで任期があります。まだ4首長でこの議会が終わり次第会うようにしてるんですが、それが決まって新体制ができれば、私自身、議会の皆さん方もあと3年しかないんです、任期がですね。だから、基本的にはこの3年間のうちに場所を決めたり、環境アセスメントをやったり、少なくともそういうところまでは片づけていきたい。
 ただ、場所についてはある程度地元の理解ができる、理解を得ることができる場所を探し出す必要があると思いますし、今まではそうじゃないんです。組合で勝手に決めて、そしてそこに当たる。だから、地元が反対する、できない、こういうことの繰り返しです。合併されてから9年、それから田川・川崎の時代から今11年、何も言わないまま過ごしてきたんですね。だから、やはり地元がある程度理解できる、そういう場所を選定し、決定していきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) よくわかりました。最後の質問です。
 関連になりますが、最初に述べましたように、新ごみ処理施設建設には、莫大な何百億という税金が使われます。当然、税金の使い方が問われていくわけですが、ちょうど昨日までが確定申告の納付日で、町民の方々にも納付のお願いをしているところだと思います。私たち議員も、率先して納付には協力すべきだと思います。
 過去に、税金を使った同和事業などによる雇用、地場産業育成のため建設された施設、例えば例を上げますと、郵便局横の陶芸窯もその施設の1つだと思われます。
 そのような目的で施設建設のために借り入れたお金があると思うんですが、その返済はどのようになっているのか、また、まさかとは思いますが、議員の中で去年分までで結構ですので、滞納者がおられるのか、この2点お尋ねします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 確かに、同和事業について、今のいわゆる美廣窯の跡地については、起債の償還年限は例えば30年とかぐらいと思いますけど、あと2年くらいで償還が終わると思います。
 議員に滞納者のことでしょうか、滞納があるかどうかっていうことは、きのうの委員会でもちょっと出ましたけど、町としてはプライバシー等も問題もありますので、こちらから申すことはできません。


◯議長(見月  勧君) 掛橋議員。


◯議員(11番 掛橋 要一君) はっきり申せられないということで、大体の推測はつくのですが、私たちの議員歳費は税金からいただいてます。議長にお願いします。模範になるべき議員のことですし、議長からももしそういう方がおられるんであれば、注意、指導を徹底するように議長に対して要望いたします。
 これで私の質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。


◯議長(見月  勧君) その件につきましては、後ほど調査をいたしまして、答弁いたします。ようございますか。


◯議員(11番 掛橋 要一君) はい。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 次に、樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) それでは、一般質問に入りますが、きょうは2点に分けての質問でございます。1点目は、施政方針より厳しい財政状況に対する認識と、それに伴ういろんな諸事業に対する考え方を問うわけであります。
 2点目は、本町商店街活性化に3つの提案をさせていただきたいと。
 それで、最初の施政方針による町長の中より、厳しい財政状況の認識を問うということに関しても、最初と最後に2つに分けて、町長の答弁をいただきたいと思いますが、まず最初に、施政方針本文中に、「本町を取り巻く経済状態が厳しい」というふうに2回にわたって表記がありました。ところが、町の財政状況が厳しいというふうな書き方はしておりませんでした。
 本町の財政状況を、財政用語にある標準財政規模だとか、その他もろもろの指数を改めて調べてまいりましたが、まず標準財政規模に関しましては、現在の21年度の川崎の指数は、50億2,400万というふうな数字が出ておりまして、これに1.5倍を仮に例えば過疎、辺地、産炭、同和、その他の諸特殊性をくわえても、1.5倍ぐらいが上限と言われているのに、実際は今89億円程度の年間予算を組んでいるということで、これはもうかなり無理をした、背伸びした予算であります。
 それから、経常収支比率に関しては、本来これは財政構造の弾力性を判断する指標ですが、90%を超えると硬直化の範囲に入り、93%を超えると赤字再建団体等の危険性があると一般的には言われておりますが、平成21年度、つまり昨年の決算時では、まだこの数字が出ておりませんでしたので、21年度の数値を今ここにあらわしておりますけれども、96.8、かなりの硬直化を示していると。
 一般財源比率も、これもこの数年は98%ぐらいで、100の度合いが高ければ、一般財源に余裕があるのですが、98ぐらい、さほど余裕がある数字だとは思われない。財政力指数も全国でもワースト20に入ると言われるような数字が続いております。
 このような2年前の数字は、今この1年ほどで好転するわけがない。町長に最初の質問をいたしますが、施政方針の中に、「本町の財政状況が厳しい」というふうに認識がまずあるのかどうか。これは、今は厳しいと私は思ってます。今が厳しい。そして、これからも厳しいぞというふうに思っておりますが、先日予算委員会などでお聞きしたところ、国のほうの機関が本町の財政は優良だというふうな町長表現をされましたけども、とてもそんなふうには思えない。今が厳しい、これからも厳しいぞというふうに、どう考えても数字があらわしている中で、町長は今のことしの施政方針演説の中に、本町の財政状況が厳しいということに触れていない。そのことについて、まず最初存念をお聞かせいただきたいと思います。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 樋口議員が施政方針をよく聞いていなかったんだと思いますが、私は何度も国の財政状況と、川崎町のいわゆる国の経済状況と、川崎町の財政状況も極めて厳しいと、こういう発言を何回かやってます。これは文章には多分なかったと思いますけど、私自身が感じていますので、町の財政状況はその中で説明してます。特に樋口議員は聞いてなかったんでしょうかね。
 今、実質公債費比率は、川崎町は12.0%なんです。25%を超すと危ないですよというのが、基本的な、(発言する者あり)収支比率は年、年で歳入、歳出の関係ですから、多く使うときも使わないときもあります。移動性が極めて強い指数であって、収支比率が96%だからだめっていうことでなくて、今借金の比率が川崎町はレッドラインといいますか、そういうとこから比べて半分以下なんです。だから、国の財務支局は、川崎町の財政全体については、いわゆる健全であると、こういう見解を示してます。ただ、川崎町自体が100億ぐらいの予算でやってますので、いつ悪くなるかというのはあるんですね。そういうことを含めて、樋口議員がいろいろ長寿命化であるとか、同和保育所の建てかえ問題であるとか、いろいろありますが、極めて財政が有利な方法で建てかえをやろうと。
 例えば、同和保育所は4億ぐらいかかるんですが、いわゆる補助金があります。それから、過疎があります。そうすると、合わせたら13%ぐらいでできるんです。だから、知恵を絞り、頭を使えば、たくさんの予算も町は負担をしなくていいと、こういうことがありますので、最初昨年の施政方針でも述べましたように、川崎町の財政力に見合った中でこういう事業をやっていきたいと、そういうふうに申しました。
 だから、施政方針の皆さん方にお配りした中に入ってなかったのかもしれませんが、私はその中で何度も言いました。川崎町の財政状況は厳しいですよ。だから、そんなに楽観視はしてないし、緊張感がないと書かれてますけど、緊張感を持ってやっていきたいと思います。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 何だか一方では厳しいというふうに認識しているが、一方では優良だというふうに施策を運べることができるという、ちょっと矛盾したような言い方をされて、いずれにしても町長は最終的には厳しい状況にあるということは、十分認識されているということが、まずはわかりました。
 それでは、個々の施策についてですが、まず同和保育所の民営化白紙撤回、この施政方針によりますと、同和保育所の民営化を白紙に戻して、町立での存続とし、老朽化した園舎の建てかえを着手する。平成15年ごろ、これは小田町長がまだ町長時代に、行政改革大綱というやつを取りまとめられております。
 これは、町長が多分主導されて、当時の課長さんたち、執行部がかなりの中身、時間を費やしてつくったようにありますが、その中でこの同和保育所に関しては、改革の緊急な課題であり、民営化をする方向で手続をするというふうな書き方をされております。
 これに関して昨年、あるいは一昨年も含めまして、地元の解放団体、つまり同和そういう団体などと協議をして、協議の中身は今ここでは述べませんが、最終的には公設民営、いいですかね、公設だけども民営でやるというふうな方向性を示しているというふうに聞き及んでおります。
 ということは、ここに書いておる町立での存続ということとは、言葉が違うわけですよね。それで、公設民営でするということならばわかります。つまり、最終的には民営化の形は白紙には戻さないというふうな考え方が聞こえるのでありますが、町長、この公設民営なのか、公設でしかも公営なのか、こういうところの同和保育所に関する最終的な判断をお聞きしたい。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 公設民営化というのは公設なんです。公設なら町立とかです。そうでしょう。
 私自身が今思うのは、例えば子供の教育とかそういうのは民営化にはなじまない、民営化で一律やるんじゃなくて、やっぱり行政が責任を持って子供の保育であったり教育であったり、そういうことはやるべきだとそういうに今思ってますので、同和保育所については前手嶋町長は民営化するからということを打ち出しましたね。
 それについては私自身が反対ですし、町立で存続させて老朽化した園舎については建てかえたいと、今なら有利な財源で建てかえることができますので、やっていきたいというものであります。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 有利な財源について確認をしますけども、民営の保育所であれば国県の補助率はとても高い。だけども、公営であれば国での補助金はなしで独自財源で建設するような条例だと思いますが、しかし有利な展開といってもそれは結局起債でやるわけでしょ、その財源に関しては。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) いわゆる事業債とか鉱害とか、いわゆる事業債と過疎で充てただけでも全体の13%ぐらいで収まるんですね。ほかのまた予算も入れればもっともっと少なくなります。例えば4億かかっても4,000万5,000万ぐらいで、町の負担としてはできると。
 今、現実的には保育所あるんですから、それに今単費をかけて何千万もかけるよりも、かえって建てかえたほうが安上がりなんです。今子供たちを1回樋口議員見てください。保育所の子供たちをですね。劣悪なところで今保育がされております。給食室も穴だらけです。そういうのを見れば、だれもやめようとかそういう気持ちにはならないと思います。
 逆に言えば、民間の保育所はその補助金をもらって丸々で建てるんです。そして、毎月毎月、何ていいますか措置費をもらって努力がないんです。ただ、特定の人が、やめろやめろていう人もおりますよ。
 同和保育所は、210名の定数でずっと運営してたんです。ところが今130です。減らしてきました。少子化にあわせて減らしてきました。民間どうしました。何もやってないんです。やはり民間も子供たちの数に合わせて定数の削減をやるべきじゃないですか。町が措置するから何も努力しないである程度入ってくる。そういうことあわせて議論をしてかないと、多分樋口議員が特定の民間保育所を擁護するために言っとるんでしょうけどね。
 それじゃおかしい、子供たちはみんな一緒なんですよ。同和地区であろうと同和地区でなかろうと、みんな子供たちの教育はきちんとやらないかん。そういう意味で、やはり民間でもずっと今まで建てかえてきたんです。国の補助金で。やはり同和保育所も同じじゃないですか。劣悪な環境であれば当然やりかえないかん。定数を増やすわけじゃないんです。だから、今あるやつをきちんと建てかえて、子供たちにきちんとした保育をしたいとこういうことなんです。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 同和保育所のありように関しては実は予算員会の中でやりましたから、最終日で詳細に関しては述べるつもりでおりましたので、きょうはその財政状況の厳しい中でというのと、民営化、行革大綱と方向と逆行してないかというところだけに限ってと思ってましたけども、今町長のほうから保育所のありようなど、それから民間保育所などの話も出てきましたので、少しだけ触れさせてもらいたいんですが、私は民間保育所を擁護する立場にあります。
 それは、今特定ではありません。特定では。本来、まず民間保育所があって、そしてその民間保育所だけでは十分にやっていけないと。それで公の予算で保育所をつくる、いったんですね。
 そうなると、民間保育所のほうで逆に定員割れがしてきたような、前段にですよ、今課長が保育園の中で苦慮してるわけです。そうなると、公立保育所の一つの役目は果たしたと僕は思ってる。
 だけど、同和保育所というのは別の教育の意味合いがありました。同和行政、同和教育をどう幼児教育の中で取り組んでいこうかというところで大きな役目を果たしてきた。それは私も十分わかってるわけですよ。
 だけども、もう既に同和の教育が一般保育所にも、それから例えば学校教育分野でも社会教育分野でも、そして例えば町立幼稚園にしろ浸透してきて、既に川崎町全体で同和教育に対する取り組みはできていると。そこにもってきて、この公営の保育所の役目はもう一たん区切りをつけてもいいんじゃないかという判断は僕は持ってる、私は持ってるわけですよ。
 その上で、お金がないときに新たにかなりの財を投入してすることに対して懸念を示す、つまりきょうのこの一般質問の内容は財政状態が厳しいぞという中で、長寿命化計画も含めて、それからちょっと触れておりますけども、町立病院の独立法人化というのもこれも行政改革の一考で、つまり財政の負担を軽くしようという中で行われてきたことですから、そういったこれまでの取り組み、行政改革大綱にのっとった取り組みと逆行するようなことを次々と打ち出してくるから、私は財政状態の厳しい認識に対して認識が足らないのではないかというきょう質問をさせてもらいましたが、そのことに関しては先ほどの町長の答弁である程度の認識は私も持ち直しましたので、そういうことであります。
 一応、町長の答弁はお聞きいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 今町立病院の独立行政法人化の話がありました。前任者は多分ね、今町立病院が赤字だから独法にしなきゃいかんという中で、多分議会の皆さん方は承認をしたんだと思います。
 いいですか。去年の4月から独立行政法人になりました。町からの助成金は約2億です。出資債は4億です。病院に出したお金とは別にですね。23年度の予定は2億の黒字を予定してます。独法は。2億出して2億黒字なんですよ。
 議員御案内のとおり、今連結決算になりました。町は2億円の金を町立病院に出して、決算には乗らないんです、ことしから。わかりますか。2億、町全体としては決算悪くなるんです。これ行政改革ですか。自分たち、内部だけの理事をつくる、病院の職員ばっかりですよ理事が。理事長は月額20万円もらってます。理事長手当。これが行革ですか。
 行政も議会も我々執行部も、議会も何も町立病院に対して口を出せない。予算審議もしません。おかしいでしょう。これだけの金を、町民の税金を使ってるんです。だから、私は選挙中から言ってきたのは、やはり町立に戻さなきゃおかしいよ、きちんと議会とかがコントロールしないとおかしいよと言ってきたんです。
 樋口議員が大きな勘違いしとるのは、独立行政法人にしたら行革ができる、行革じゃありませんこれは。患者もどんどんどんどん減ってます。だから、やっぱり議会の議員の皆さん方の御理解を得て、早く元に戻していかないと病院はつぶれてしまいます。それが行革じゃないですか。できるだけ町民の大事な税金ですから、有意義に使うのが私たちの役目なんです。そこを理解していただきたいと思います。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 大変大きな、私個人にしても町立病院の問題に関しては研究課題になろうかと思いますが、ただ町長がかわっただけで多分課長さんたちかわってないんですよ、この数年の間ですね。課長さん幾らか入れかわりましたけども、行政の執行部の主な人たちかわってない。議員もそう大きな入れかわりはない。
 その方たちが、慎重に審議して行革にのっとった町立病院の独法化を決定したわけですから、それが町長がかわった途端にそういう評価になるということは、よほど当時の評価、評価じゃねえや計画ですね。それと違った結果が出てるというふうに考えれられるて考えていいわけですか。
 当時は、多分それがベストだろうと思ったから議会も行政の人たちも、あるいはここにおられる皆さんもそれをやろうというふうに心構えしたはずです。ところが、今町長は去年1年間やってみたら全くその期間で、つまり計画と結果が大きくずれたというふうな認識なんですか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 樋口議員ね、去年の決算は独法になる前の決算です。ですね、町立病院の決算最後入れました。その決算でも1億数千万の黒字なんですよ、違いますか。ずっと町立病院は黒字なんです。意味わかりますか。
 その中で、前町長は病院が赤字赤字赤字てことでたきつけて、皆さん方はっきり言ってだましたと思ってます。だから、私言ったでしょう、病院経営がわからないからそういうことになったんでしょったらみんな笑いましたよね。現実そうなんですよ、去年も黒字ことしも黒字なんです。だから認識の違いじゃなくて、現実そうじゃないですか。今の状況は、病院として単独でも十分にやっていけるこういう状態なんです。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 議長、正直言ってこれちょっと本筋から外れてますのでここは切りますが、最後にそのある一首長は、だますことによってこれだけの多くの人間がだまされたというふうに町長は認識されとるわけですよね。
 わかりました。それはその、そこら辺のいきさつに関してはちょっと私もう一度検証しなおして、別の機会にやりたいというふうに思っております。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。ほかの議員さんは発言できないんですね。あなたに、質問時間帯はあなたに全部預けとるんやから。議員さんの中の名誉を守るためにも私から一言言わせていただきます。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) お願いします。


◯議長(見月  勧君) 町立病院に関しては、反対者がかなりおりました。先ほど言われたように、赤字がこのくらい、毎年1億6,000万まで持ち出しがあるからこれを民間にしたいと。
 もし民間にしたときに、したときにですよ、民間にしたときにその民間がやれなくなったらどうするんですったら、前町長の答弁はそんときは川崎町が引き受けなならんでしょうち言ったけ。そういうね、なら私でもできますよちゅう反対者もおったちゅうことだけ理解してください。そうせんと議会の皆さん名誉守れませんよ。皆さん賛同したちゅうあなたの発言やったらですね。そういうことで理解してください。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) はい。町長も施政方針の中での厳しい財政状況と、今後の市政に関しては一応の意見伺いましたので、この件に関してはここで締めたいと思います。
 それでは、2点目の本町商店街活性化についての3つの提案。昨年、そしてことしと花火大会、盆踊り大会などであそこの商店街に関していろんな施策をしているということですが、私は年間通じての何か、あの商店街に人を寄せるそういう考え方で何か提案をしたいわけですが、それに関しては当然町営でやるということに関しては難しい部分もありますので、あそこの商店街の振興組合などなど含めて新たなチームをつくってでもいいですが、いろんなことをやっていくと。その中で、町行政の支援をどういうふうに考えていただけるかということで質問いたします。
 3つの提案というのは、朝市の会場を空き店舗を利用して少し手を加えれば、電源と壁に何かこう汚れを感じさせないようなものさえ工事をして、中を空間にすれば朝市会場というのができる。これはDe・愛の経営を圧迫するのではないというふうに考えております。
 なぜならば、少し距離が離れているということと、逆にDe・愛に出している人たちのもう一方の、もう一つの販売の拠点になる可能性もありますので、私の建築的な立場からすると100万程度で今の空き店舗の改装はできるような気がします。
 それから、いろんな方が自分のつくったもの、あるいは民間を、プロも含めて展示のスペースがあれば、例えば焼物の趣味を持ってる人たちが数人集まって、2週間なり10日間なり展示をしながら見ていただく、あるいは展示即売ができるといったようなこと。
 それから3番目は、その展示スペースの近くにやはりイベントができるようなコーナーがあればいいなあと。そこでは、芸術的な発表会、音楽、ミニコンサート、あるいはそれこそ落語の発表会などなどができる、この3つの空き店舗を利用してのスペース設置、これはそれぞれ100万程度でできる、そんなに豪華なお金をかけたスペースでなくてもいいので、そういう考え方を既に二、三の仲間としております。
 これに関して、町行政のほうで何か支援の考えがあれば、支援をしていただきたいというのは当然将来出てくるわけですから、それに対して町長の今お考えを聞いておきたいなと。これ3つとも常設的な設備スペースとしておきたいなと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 本町にそういう常設のイベントとか展示とかそういう場所をということでありますけど、基本的には民間がそういう意欲があれば町としては支援をするべきだと思ってますが、現実的には空き店舗いっぱいです。
 去年は、川崎まつりをやりましたですね。約1,000人の人があの狭い本町地区に訪れて、みんなが楽しんで、みんな意見聞いてみたら、30年40年ぶりにこの川崎本町に人が集まったということがあります。そういう意味で、ちょっと樋口議員の趣旨からしたら財政厳しいからその財政支出をするなという言い方に反すると思いますけどね。民間のそういうふうに活力出すなら、町として最大限支援をしていきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 樋口議員。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) この3番目の商店街の件に関しては、今町長が言われた、確かに民間のほうできちんとしたプランを、たたき台を持って上がらないと何せ先に話が進みませんので、その段階で改めてお願いするということで、きょうはこれにて質問を終わらせていただきます。


◯町長(小田 幸男君) 議長、反問権を。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 樋口議員が大変川崎町の財政について心配をされております。これは私自身も同じなんです。
 今、川崎町は全体約100億の予算のうち30%弱がいわゆる自主財源、税であったり家賃であったり、それから改修資金の返還であったりそういうことで、あとの7割が交付税、交付金、補助金、そういうことでなっております。
 一番、今町の悩みは滞納が多くてあらゆる会計に滞納が多く、特に国民健康保険については毎年1億の赤字を出そうとしてます。そういう中で、やっぱりきちんと我々も含めて、議員の皆さん方も税金はきちんと払っていただく、これがないと町の行財政の運営はできません。
 そういう意味で少し質問ですが、きのうの予算委員会から少し出ましたよね。議員が滞納がないか、そういうことを含めてきのうは答えられなかったんですが、樋口議員自体はそういう滞納がありますか。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 今答えますか。


◯町長(小田 幸男君) いいや、答えにくかったら答えんでいいです。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) いや、あります。


◯町長(小田 幸男君) あります。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) あります。(「財政のこと言われんよ」と呼ぶ者あり)


◯町長(小田 幸男君) いや、あるならやはりきちんと払っていただかないと、町民には数年前は年金をもらってるおばあちゃん、月額10万円もらってたんですよ。その全額をこの川崎町は差し押さえたんですよ、3年ぐらい前。手嶋さん時代。そういうことまでやっておるのに、我々やっぱり住民の先頭に立つべき職員とか議員さんが滞納するということは行財政が成り立たない。
 そういう意味で、きのうからちょうど予算委員会の中でも出ましたので、ぜひ滞納なんかはきちんとしていただきたいと思ってます。何かありましたら。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) いや、いいです。いいですか。議長いい。


◯議長(見月  勧君) はい、どうぞ。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) ことしの固定資産税に関して少し滞納がありますので、当然年度が変わる前には税務課とも話をしておりまして、1年、この数カ月分ですから何とかしておきたいなというふうに思っております。


◯町長(小田 幸男君) ほかにないですか。ほかに。(笑声)


◯議員(6番 樋口 秀隆君) ほかにはないですよ。


◯町長(小田 幸男君) ほかの会計にあるんだと思いますので、ちょっと議員さんが調べてください。連帯保証とかですね、含めて。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) 保証人の分ですね。


◯町長(小田 幸男君) ええ。保証人でも本人亡くなってますので、当然もう樋口さんしか払う義務者いませんので、それを含めてよろしくお願いします。


◯議員(6番 樋口 秀隆君) はい。以上、終わります。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 次に、北代議員。


◯議員(13番 北代 俊雄君) 13番議席の北代です。昨年の11月8日、9日総務常任委員会で鳥取県の、大山ち書いて「だいせん」ていいます。大山町へ地域活性化支援事業についての空き家、空き地情報についての取り組みの視察をいたしました。
 大山町は、地域活性化支援事業交付金で地域の活性化に取り組んでいます。その中には、ハード事業とソフト事業をセットで集落に住んでいる皆さんが集落の誇り、問題、課題について解決方法を考えていくことを集落の健康診断と言っております。これを町に提出し、町の企画情報課で評価をして集落に交付金を交付し、活性化を図っています。
 また、空き家、空き地情報については、空き家、空き地の所有者が町にあらかじめ登録をしておきます。そして、利用者の登録をされておるわけです。それに沿って町が情報を提供することにより、若者の定着やUターンの促進とともに安定化を図っています。
 そこで、私の本日の質問は、本町における地域活性化支援の取り組みについてですが、地域のさまざまな行事を支援することにより、地域住民の自主性を誘起し推進を図るべきと思うが、地域活性化に対する具体的な方策を問うものであります。
 その1として、地域における生活環境の美化、緑化推進、資源リサイクルなどの取り組みへの支援、その2として、地域における防犯、防災の安全対策などの取り組みへの支援、その3として、地域における伝統行事などの取り組みへの支援。
 その1の生活環境の美化、緑化推進、資源リサイクルについては、地区内の草刈り、溝掃除、花いっぱい運動、空き缶、古紙などいわゆる廃品回収などであります。
 その2の防犯、防災の安全対策については、地区内での年末年始における夜回り、災害時における避難場所の確保、うちの集落としては町が、例えば学校の体育館なんか避難場所に指定していると思います。高齢者が多いから学校まで行けんと思いますよね。地区内でうちの村では高台に、御存じのように奈木野建設は立派な鉄筋のコンクリートの事務所を建ててます。そこにうちの区のほうでいわゆる避難場所にお願いすると思いますよね。そういうことなんです。
 その3の伝統行事については、地区内における子ども相撲大会、鬼火、亥の子、各種レクリエーションなどであります。
 このような地域においての取り組みに、町として財政支援を図るべきと思いますが、町長いかがですか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 北代議員が地域活性化に対する町の支援てことでお話がありました。現在の町づくり活動支援助成金という制度でいろんな制度をやってます。もう1点は、人づくり推進事業補助金交付要領がありまして、それによってもていろんな形の助成をやってます。
 文化の振興とかスポーツの振興、それから人材育成については農業研修の派遣であったり、女性海外派遣、地域リーダーの育成、それからボランティア活動にはホタルの養殖であったり小学校の木工教室、多岐に渡ってそういう助成、地域づくりについての助成やっております。
 今議員が言われたように、地域地域で祭りであったりいろんな伝統、芸能とかですね、それ自身がこの4月から川崎町の観光協会が発足しますし、田川8カ市町村の観光協会も成立する予定でありますので、そういうことを含めて当然地域の活性化のためには、町は積極的に支援をして一緒になってやっていきたいと思いますので、御理解をいただきたいと思います。


◯議長(見月  勧君) 北代議員。


◯議員(13番 北代 俊雄君) いわゆるそのような取り組みをすることによって、少子高齢化の現在、村おこしまたは地域住民のコミュニケーションの場となり、町が支援することにより地域は永続すると思います。
 そのために、町としてぜひとも支援するべきと申し上げ、町長、財政的な支援お願いします。副町長、ちょっとお願いがあります。
 町長今返事したからね、あなた町長より体力的にこまいから、町長の背中を押すとには力弱いと思うから、そこのお三方、総務課長、財政企業立地課長、企画情報課長、3人も一緒になって町長の背中押してください。
 終わります。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) ここでトイレ休憩をとりたいと思います。3時10分に再開いたします。
                 午後3時00分休憩
       ………………………………………………………………………………
                 午後3時10分再開


◯議長(見月  勧君) 会議を再開いたします。
 次に、瓜野議員。


◯議員(14番 瓜野かをり君) 14番議員、瓜野かをりでございます。ただいまより一般質問させていただきます。
 報告により2問質問させていただきます。
 まず初めに、支援学級員の追加配置について質問いたします。平成19年3月川崎町障害者福祉基本計画第3節の1に、早期教育、育成の推進の方策の方向で、町教育委員会、学校現場の連帯と保護者の協力を得ながら特別支援教育を推進する。また2には、学校教育の推進の基本的な考え方として、障がい児の教育は児童生徒がその障がいを克服して必要な知識、技能及び生活習慣を養い、積極的に社会参加していく能力を養成することが大きな目的であり、それには教育環境の整備と児童生徒の障がい程度に応じた教育の実践が必要です。このため、本町では特別支援学級を設置し、障がいがある児童生徒に適応した教育を行うとあります。障がい児を持つ親にとっては、どれほど心強く思ったかしれません。
 さて、本題に入りますが、先日発達障がいで多動性のある子供を持つ保護者の方が悩んでいるとの話を聞きました。ことし1年生に入学する我が子に対し、例え我が子に障がいがあろうとも近所の子供たちと同じ小学校に通わせてやりたいと思い、入学時より支援員の配置をしてほしいと教育委員会に相談に行ったそうです。
 しかし、委員会は、現状の予算で取り組んでおり対応することが難しいと言われ、またどうしても心配であれば特別支援学校に行くように勧められたと言っていました。しかし、現在障がいを持っている姉も小学校2年生に在学させてもらっているそうです。親としては、地域の障がいのない子供たちと机を並べ学習することで子供の状態も少しずつ改善されていくのではないか、発達障がいによる多動性の特徴は低学年の間に多く、この時期に適切な指導をしてもらえれば学年が進むにつれて落ち着きも出てきて、障がいのない級友たちとの交わり方もうまくなるのではないか、親として子供の将来のためにあらゆる可能性と希望に向け全力で努力するものです。
 この時期の選択が、子供の将来にどれほど大きく左右されることになるか、親の身勝手であると思われますか。もし、私の子供や孫が同じ状況であったらと考えると心が痛みます。
 冒頭に申し上げましたように、本町には障害者福祉基本計画の中で障がい児への充実した指導ができるように、教職員の配置と専門スタッフの配置を要望すると上げています。
 大変厳しい財政状況ではありますが、福祉、ボランティアや経験のある親の協力を得るなど、町長の前向きな見解をお尋ねいたします。まず教育委員会のほう、教育長よろしくお願いいたします。


◯議長(見月  勧君) 教育長。


◯教育長(松本 安正君) 教育委員会の今までの取り組みを御説明いたします。
 児童生徒が新入学や進級する際、発達障がい含めた心身に不安のある児童等については、教育委員会で児童等の心身の状況を把握するとともに、保護者との就学相談を踏まえ障がいの状態もさまざまありますので、当該児童生徒の望ましい進路を審議する就学指導委員会で審議した内容等を伝えながら、保護者とのさらなる就学相談を実施し、専門資格を有する教員が配置された特別支援学校も視野に入れた当該児童等の望ましい進路を決定してきています。
 特別支援学級の担任につきましては、本来県の教職員の定数枠により配置、1学級8人に1人、されるものですけども、学校によっては1人1人に対して個別指導ができないなど、その運営が非常に厳しい状況がありますので、町独自で講師等の雇用をお願いし、こういった状況の緩和に努めております。
 議員の言われる1人に対して1人の教職員、支援員を配置することは、県の定数枠、町雇用となるすべての児童生徒に対応しなくてはならず、極めて困難な状況ですので、今後教育委員会といたしましては特別支援学級の児童生徒たちに手厚い指導がなされるよう、県の教育委員会に対し定数枠緩和の要望をしていくつもりですので、議員各位も御協力御支援くださるようよろしくお願いいたします。
 以上でございます。


◯議長(見月  勧君) 瓜野議員。


◯議員(14番 瓜野かをり君) ありがとうございました。
 次に、町長の御見解をお伺いしたいと思います。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 今教育長から答弁がありましたけど、基本的には子供たちの施策については教育委員会で決定すべきだと思いますが、ただ今議員が言われたように、予算がないというだけでそういう人たちを排除するといいますか、こういうことについては私自身もどうかと思いますので、やはりそういう子供たちもきちんと教育が受けられるような施策について教育委員会とも十分協議をして、そういう措置ができるように頑張っていきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 瓜野議員。


◯議員(14番 瓜野かをり君) 大変前向きな御答弁ありがとうございます。ちなみに、田川市では2007年5月に発達障がい児支援のふきのとうが、教育行政に対して支援員の適切かつ手厚い配置について要望を行いました。結果、教育行政の迅速な対応もあり、2007年度より小学校9名、中学校3名の計12名の特別支援教育支援員が配置されました。
 このことにより、多くの学校現場でも子供たちに対してより手厚く丁重な支援が行われていると聞いております。本町においても、発達障がいを持っていて幼稚園の入園を拒否されたにもかかわらず、大学へ進学した子も私の身近におられます。このように、子供にはそれぞれ計り知れない未知の可能性を秘めております。
 発達障がい児であっても、幼児期からの手厚い教育をすることによって立派な社会人となっていくので、これからも現場においてのきちっとしたそういう手当をしていただきたいと思います。
 次に、もう1問は介護予防教室の有効活用について質問いたします。
 本町においては、地域生活への支援策として、社会参加できる共生社会を実現するため、スポーツやレクリエーション活動、文化活動などに参加することは、機能回復の効果だけではなく健康の保持、増強、自立意欲の促進など福祉サービスを進めてきました。高齢者の方が、いつまでも健康で日常生活に生きがいを感じて生活することが重要であります。
 特に、介護予防は最も重要と考えています。パワーフィットネス・イーズ池尻において、23年9月より実施している川崎町介護予防教室は、専門の運動指導者による指導のもと運動プログラムを実施してもらえるなど、介護予防や健康増進になると利用者は喜んでいます。
 しかし、自動車もなく公共バスの時間も本数も少なく不便なので、利用可能な時間に合わせて福祉バスを活用してほしいとの多くの声を聞きますが、町長のお考えをお尋ねいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 今議員が言われるように、西鉄バスの運行も縮小されて今川崎町内は大変不便です。そういう意味で、以前は町バス、福祉バスの運行を無料でやっておりました。
 これが、平成21年9月より国土交通省の補助を受けながらの今有料運行をやってます。これが1つの阻害ていいますか障害になって、なかなかバス運行の変更とか増便ができにくくなったと、こういうことが1つあるんです。
 だからといって、じゃあ困った人を放ったらかすわけにいきませんので、やはり介護予防であったり、それから生活習慣病の予防であったり、そういう教室に行く人たちは全部が健康ではないんですねやっぱり。
 その人たちのやっぱり利便性を考えて、そういう運行の便宜を図りたいと思っておりますので、バス協議会とか国土交通省の部局とかそういうとこと協議をしながら、最優先はやっぱり利用者の利便性ですから、そういうことを含めて前向きにやってきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 瓜野議員。


◯議員(14番 瓜野かをり君) 大変前向きな答弁をいただきまして、これで私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 次に、谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) 2番議員の谷口武雄でございます。きょうは、健康政策の3本柱、胃がん撲滅、検診向上、精神疾患の取り組みについてお尋ねをいたします。
 最初に、胃がん撲滅について一つずつ質問したいと思いますので、答弁のほうよろしくお願いをします。
 胃がん対策についてお尋ねをいたします。現在、全国で胃がんで5万人の方が亡くなっております。毎年11万人の方が発症しています。この40年間、日本の胃がん死亡数は横ばいであります。この結果から、日本の胃がん対策は功を奏していないと思います。
 現在、各自治体が実施している胃がんバリウム検診は、早期胃がん検診能力は低いと専門家は言っております。胃がん予防対策を前進させるには、発想の転換が求められます。
 そこで、小田町長に質問をいたしますが、胃がん撲滅のためピロリ菌の検診、血液検査等1,500円から2,500円程度かかりますが、町として胃がん予防がピロリ菌検査によって予防できると思いますので、町長の胃がん検診のピロリ菌についての見解をお尋ねいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 谷口議員から第1点目に、胃がん撲滅についての質問がありました。この胃がんにつきましては、毎年全国で11万から12万人の人が発症しております。そのうち、今言われましたように、約5万人の人がこの胃がんで命を落としてるとこういう状況にあります。
 その胃がん患者のほぼ100%が、今言われたピロリ菌に感染をしていると言われております。現在、日本人の約40%が感染し、年齢が高くなるにつれて感染率も高く、50歳超したら60から70%の人が感染に及ぶ。感染者の7%から8%が胃がんになるという調査結果もあります。
 このようなことから、議員お尋ねのピロリ菌検査を町の総合検診に加えたらどうかということでありますが、抗生剤でそのピロリ菌が約90%ぐらいは除菌できるという研究成果も出ておりますので、今この4月から検診であったり予防接種であったりが完全無料化を予定してますので、ぜひその中にそういうピロリ菌に対する検診ができないか、各種国の指針とか県の指針等を合わせながら、前向きに検討していきたいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) ぜひとも、このピロリ菌検査については川崎町が実現できるように町長にお願いをしときます。
 それでは、次の質問に入らせていただきます。2点目は、特定健診向上についてお尋ねをいたします。
 国の医療費は、毎年1兆円増加しております。厚生労働省は、医療費の抑制のため各保険者に対して24年までに健診率を70%にするように目標を決めております。しかし、特定健診の健診率は他の保険者に比べて極めて低い達成率であります。平成20年福岡県全体では34%、全国35位であります。胃がん検診26.6%、肺がん17.4%、大腸がん26.6%、乳がん27.6%、子宮がん29.8%という状況であります。
 本町の医療に対する意識革命が必要と思われます。治療重視の医療から、予防重視の医療に転換を図る必要があると思います。そこで、町長の考えをお尋ねをいたします。
 1つ、本町の医療費の過去5年間の推移と今後の予測についてお尋ねをいたします。2点目に、健診率が目標に達成しない場合、国からの罰則がありますか。また、交付金の削減はありますか。あれば交付金の削減額は幾らなのかお答えをいただきたいと思います。3点目に、本町で国保の健診率が上がらない理由は何なのか。4点目に、健診率を上げるために具体的に何をすべきとお考えなのか、町長の見解を求めます。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 国民健康保険の特定健診についての御質問でありますが、学校5年間の医療費の推移でありますが、平成19年度の17億7,000万円、平成22年度は約16億円であります。年々医療費は減少傾向にあります。
 この原因としましては、被保険者の減少、人口がどんどん減ってるということもあります。それから、医療費適正化の取り組みによるもの。ところが、一方では人工透析、心臓のバイパス手術等で、高度医療であったり高額医療、こういう患者さんも増加傾向にあります。
 したがって、いわゆる生活習慣病に対する予防対策の強化が医療費削減の重要なかぎになってくると思っております。今後とも、保健指導などによりきめ細かい予防対策を講じていきたいと思ってます。
 2番目は、受診率が、いわゆる国は平成24年度の特定健診の目標実施率を65%と定めております。これに達しない保険者については、平成25年度の後期高齢者支援金拠出金を最大で10%の範囲内で加算、達した保険者には最大10%の範囲で減額するとしております。
 ただ、平成22年度の実施率は全国平均で32%、福岡県の平均は26.5%、川崎町は25.9%となっており、最大10%の加算があると試算をしますと年間で約2,300円の拠出増加となります。
 全国的に実施率が低いところは、ペナルティを課すことへの不合理さから私たち全国町村会も反対しており、国の検討会の中でも制度の見直しの意見が強いことから、実施についてはいまだ不透明だと言わざるを得ません。


◯議員(2番 谷口 武雄君) 町長、いいですか。議長、いいですか。今、今の答弁の中でちょっといいですか。2,300円て言いましたけどそこ間違いじゃないですか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 最大で約2,300万円の拠出増加となります。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) 平成25年から今答弁聞きますと、目標65%達しない場合はそういう10%の削減というような形の今答弁されましたけれども、現在川崎町のこの健診率ちゅうのはさっき聞いておりましたけれども(発言する者あり)はい、25.9%ということですが、これかなりやっぱり国のかなり差がありますけれども、将来的にはどういう形で、この中にも書いてますが具体的にこう健診の推進をしていこうというふうに町長は考えておりますか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 確かに、健診率が随分低いというのは、特にこの地域が全体に低いんです。そういう意味で、平成24年度から健康診断については無料化になりますので、ぜひ町民の皆様方には受けていただく。早期発見が病気の予防にもなります。それから、国民健康保険の赤字の解消にもなります。
 そういう意味で、実施するだけでなくて町民の皆さんに対する啓発活動を通じて、また保健師さんもこの4月から1名増加されますので、そういう訪問等によって健診率向上に努めていきたいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) やはり予防が、国保の会計見てもわかるようにだんだん、数年前5億が6億7億8億ちゅう形で毎年1億ずつ医療の国保会計がどんどんふえてるわけですが、そういう面からすれば、やはり予防対策に今後力入れていったほうが私はいいと思いますので、その点についてそういうふうに町長に申し上げたいと思います。
 それで、戻りますが最初の胃がん撲滅についてのこのピロリ菌検査というのを私が聞き、はっきり、聞き間違いかもしれませんけどこの検査を実施するという考えでいいんですか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 平成24年度のいわゆる胃がん検診の中に、ピロリ菌までの検査を予定は今しておりません。この3月の現時点ですから、そういう検討がなされてやるとなるとまた補正予算等の必要もございますので、そういう段階になったら議員の皆さん方に御相談申し上げたいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) これは、するせんにしても執行部の提案が一番重要性があります。町長の権限だと思いますが、これは執行部の担当課長等とはまだ話はされてないんですか。私が聞いた答弁とちょっと違うような感じがしますけど。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 国保の担当課長とは具体的なまだ議論はしておりませんが、一般質問の中で検討会の中ではこの問題も当然出てますので、前向きにやるということは言ってます。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) それでは、前向きにするということは、近い将来こういう検査を取り入れるということで、そういう認識でいいですか町長。答弁お願いします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) そういう認識で結構だと思います。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) それでは、3点目の精神疾患の取り組みについてお尋ねをいたします。
 精神疾患、うつ病、認知症、高校生等の引きこもりなどの不登校対策について特にお尋ねをしたいと思います。
 厚生労働省は、医療対策として今まで重点的に取り組んできましたがん、脳卒中、糖尿病、心臓病の4大疾病に、新たに精神疾患を追加して5大疾病とする方針を決めました。
 4大疾病は、1は患者数が多い、2番目が死亡率が高い、3番目が極めてきめ細やかな対策が急がれる。2006年の医療法改正で、医療計画に明示された重点的に取り組まれたものであります。
 この国の実態調査2008年によると、4大疾病の患者数は糖尿病が237万人、がんが152万人、脳卒中が134万人、心臓病が81万人の順に多いようであります。これに対し、うつ病や高齢者による認知症など精神疾患の患者は323万人と、4大疾病の患者数を大きく上回っております。
 厚生省が、今回、精神疾患を加えて5大疾病とする方針を決めたのは、こうした患者数の増加とともに、自殺も高止まり、高い止める傾向など、状況が深刻化していることや、対策の強化が必要と判断されたためであります。実際に、自殺者は、13年連続で3万人を超えております。2011年版、動機はうつ病からの健康問題が最多で、1万5,802人に達しております。自殺予防強化の観点からも、精神疾患対策は緊急課題と言えます。
 福岡県では、高校生のひきこもりなどの不登校対策として、高校生不登校対策事業を実施しております。訪問指導の相談員は、県立高等学校の13通学区域に、訪問指導員を1名配置しているようです。23年、訪問相談員は、精神対話士4人、少年サポートセンター等相談員さん、心理カウンセラー2人、心理学を学んでいる大学院生3名、教員のOBが配置されているようであります。22年度、不登校生徒は、1,472人と、全体の2%であります。
 そこで、町長に何点かお尋ねしますが、1点目は、本町の精神疾患の患者数を把握をしているかということであります。
 2点目は、精神疾患は早期発見が難しい病気とされますが、発見が早ければ早いほど、治療期間も短いと言われております。早期発見対策を、川崎町は考えておりますか。それとも、対策はありますか。
 3点目に、保健センターに、精神対話士や、住民からの希望に応じて訪問相談を受ける制度をつくるべきと、私は思いますけど、この3点について、町長の考えをお願いいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 精神疾患についての取り組みの御質問です。
 今、議員が言われたように、心臓病、がん、脳卒中、糖尿病、それに加えて、今精神疾患の患者さんが大変ふえてます。こういう意味で、川崎町でいいますと、精神保健福祉法における精神保健福祉手帳を所持している数しか把握ができませんが、ことしの2月末現在で、その数は191名です。それと同時に、手帳を持っていないで、自分でいろんな病院に通院をされている方も多くいると思います。そういう意味で1,400人の患者さんがいるんだと考えています。
 それから、2点目の早期発見についてでありますが、極めて発見が難しい、気づきにくい、こういう疾病でありますので、本人自体が気づくのが一番いいんですが、早く病気を見つければ早く治る、こういう病気でもありますので、国自体が、幾つかの地域を限定して、早期発見・早期治療の、いわゆるシステムづくりを、今、やっているところであります。そういう形ができれば、川崎町としても、そういうシステムを取り入れたいと思っています。
 それと、その病気が発症するまでに、いろんな症状が出てくるようであります。それは睡眠障害であったり、肩凝りであったり、身体症状として、こういうことがあらわれてきます。それを本人、それから家族、友人などが常時いるんですから早く気づいてあげる、そういうことも大事だと思いますんで、早期発見・早期治療に努めていきたいと思ってます。


◯議員(2番 谷口 武雄君) 最後に、保健センターに……。


◯町長(小田 幸男君) 保健センターに、今、精神対話士をっていうことでありますが、現在、保健センター内で、相談窓口を開設しております。保健師を中心として、対応しております。で、訪問相談も、必要に応じて実施しているところであります。また、田川保健福祉事務所や、福岡県の精神保健福祉センターなど、さまざまな機関において電話相談も行っております。専門の精神対話士の配置等については、事業量を勘案しながら、今後、検討させていただきますが、家庭訪問による保健師、健康奨励や健康相談など、地域保健活動の充実・強化を図るために、ことしの4月から、保健師さんを1名増員して当たりたいと思っております。いずれにしましても、市政方針でも述べましたように、今後とも、町民の皆さんの健康管理や健康づくりを推進し、町民の皆さん方の健康と命を守っていくという方針を、全力で実行していきたいと思ってます。


◯議長(見月  勧君) 谷口議員。


◯議員(2番 谷口 武雄君) 町長の、保健センターに対する考え方、よくわかりました。
 それでひとつ、まあ、相談窓口があるということですので、できましたら早急に、やはり、こういう精神的な、そういう対話士のそういう相談が受けられるような、そういう保健センター、カウンセラー等置かれるような、そういう保健センターの対応をしていただいて、そういうことをしないと、将来的にはさらに、こういう精神的疾患というのは、今でも300万人以上おるわけですから、さらに川崎町においても増大する、それよりも早く、先にそういうことについて、やはり、対策を講ずるべきと、私は思いますので、そういうふうに町長にお願いをしたいと思います。
 それで、最終的には、私の3点の質問は終わりましたが、最後に。
 町長は、施政演説の中に、このように4つの約束を言っております。これは要望で、お願いでありますので、答弁要りません。1つは暮らしを守る、2つ目は命を守る、3つ目は福祉・教育をさらに充実する、4つ目は役場の改革。この4つの約束に沿った、町民のための町政を、今後、さらに充実させて、川崎町民の、よりよい暮らしができるような、そういう推進をしていただくことを町長にお願いしまして、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 次に、繁永議員。


◯議員(12番 繁永 英樹君) 12番議員の繁永です。今日は、行政区についての質問をいたします。
 まず、町長にお尋ねします。以前から、疑問に思ってはいたんですが、行政区とは、執行部、総務課担当の出先機関で間違いないでしょうか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 行政区といいますと、任意の団体です。


◯議長(見月  勧君) 繁永議員。


◯議員(12番 繁永 英樹君) 管轄として、総務課で担当しているのではないでしょうか。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) まあ、行政区長さんなどのお世話について、総務課でやってます。これは、町長事務の、まあ、一部、例えば、広報「かわさき」を配っていただくとか、そういうことの委嘱をやっている関係上、総務課が行政区への担当事務をやっております。


◯議長(見月  勧君) 繁永議員。


◯議員(12番 繁永 英樹君) それでは、現場の実態が重要になってきますので、担当の総務課長に伺います。
 各行政区において、独自の規約を設けて区の運営を行っていますが、住民は、区の規約イコールお役所のお墨つきのルールとして、それを守り、従っています。住民にとって一番近く、密接した地域モラルや、条例のような役目をして、環境の美化や防犯、防災、文化の継承、児童の育成など、大きな役を担っているわけですが、ほぼ全員に近い区長さんは評判もよく、自分の身を削る思いで地域に貢献しているのですが、同じ行政の区長として、手当や報酬をもらってはいるものの、そうではない人もいまして、法に関しても誤った解釈をして、世帯数を虚偽報告して、補助を余分にもらうなど、苦情の対象になる案件が寄せられています。
 何度か町に相談したという話も伺っていますが、担当課の方で、区の運営や規約に関しては、基本方針を打ち出して、その実施状況のチェックや指導を行っているのでしょうか。説明をお願いします。


◯議長(見月  勧君) 総務課長。


◯総務課長(坂田 修一君) 各行政区につきましては、総務課のほうで担当をしておりますが、今、議員が言われましたように、それぞれの行政区の、まあ、活動とか、そういうふうな内容については、本庁のほうではチェックはしておりません。
 ただ、いろんな問題の中で、例えば、相談事とか困ったことがあった場合については、相談に乗ったり、まあ、アドバイスをしたりっていうのはやっております。


◯議長(見月  勧君) 繁永議員。


◯議員(12番 繁永 英樹君) 今、総務課のほうで関与をしていないという、簡単に言いますと、関与していないという答弁をいただきましたが、区の行事の中で、草刈りや空き缶拾いなどがございます。これは、町の環境美化等をベースに、区のほうも計画を立てて行っているようですが、区の規約のベース自体が、炭鉱の時代から近隣がしっかり連携をとっていた古きよき時代のものからが多く、昔、僕の祖父に当たる方も、その役についていたのですが、1枚のタオルの配給を、隣組6人で切断して分配したというような時代もあったそうです。
 しかし、現在の川崎町のように、違う区域の団地から、一斉に、ほかの団地へ転居があったり、耐震強度や払い下げなどの事情で、生まれ育った区から違う区への転居があったり、労働の背景も多種多様になり、以前とは異なり複雑なものになっていて、高齢化と就職問題などから核家族化が進み、1軒当たり少人数で、相談相手のいない生活をする家が多く見られます。
 この背景の中で、問題になっている案件を検証の上、数件準備してきたのですが、まず、草刈り、ごみ拾いの不参加罰則者に対し、罰金を高額に定めて、区民平等に全員参加を促している地区が多くあります。区の規約としては、非常に、評価できるすばらしいことなのですが、ある行政区で、23歳の青年が、交通事故療養中に区の草刈りが行われ、当然、本人は参加できずに自宅療養をしていたわけですが、区長の代理人を名乗る人が、罰金の集金に来たそうです。事故での療養状況を説明しても、みんな、来ない人は同じだから、きちんと払うように言われ、仕方なく罰金を払い、休職中でお金もなくなり寂しい思いをしたと話していました。
 また、同じ問題で、違う行政区なんですが、入退院を繰り返している単身95歳の自宅療養中のおばあちゃんに、約10年間にわたり、入院または自宅療養中の草刈り不参加の罰金を取り続けている非人道的なところがありました。
 これが行政のシステムで、区長に委任をして、黙認をしているのであれば、我が身に置きかえて再検討いただきたいと思います。
 関係する課にも、川崎在住の職員がいて、親族に高齢のお年寄りがおられると思いますが、その親族が、重病であったり病弱であったり高齢である場合に、同じ義務を課して、ほかの住民との平等を図らせたりできるのでしょうか。また、担当の職員も、行政区長も、自分が病気になったり、同じような高齢になったときにも、責任を持って各作業に参加して、できないときは、そこに居住している限り、罰金を払い続けるのでしょうか。現在、この状況に対しての判断と、今後の担当課の見解をお聞かせください。


◯議長(見月  勧君) 担当課長。


◯総務課長(坂田 修一君) 今、議員さんが言われよった状況というのは、私自身も、町としては、まあ、そういうふうな、ある──お金を取るとかいうことについては、あるということも聞いておりますし、また、そうでないところもあるとかいうことで、それぞれまちまちであるというふうに聞いております。
 ただ、今の段階では、町のほうがその内容について関与して、ここがどうだという形には、なかなか難しい部分があると思いますので、今後、そういう形の分が、どのような形がいいのかということについては、また、検討しながら、していきたいかなというふうに思っております。


◯議長(見月  勧君) 繁永議員。


◯議員(12番 繁永 英樹君) 区の住民にとっては、区の規約とかルールとかいうものは、あくまで役場から下ってきたものという認識が多くあると思うんですよ。この点を踏まえて、役所のほうも、ある一定基準を設けて、区のほうに下げていくような処置を講じることをお願いします。
 ただ、行政区につきましては、莫大な財産や金銭を抱えていて、旅行や各種行事を随時開催できる区があるのに、対照的に区費以外の収入がなく、財政難で何もできない区があったり、平等であるはずの住民サービスに大きな格差があるのも事実です。
 そのほかにも、好き嫌いが激しく、嫌いな人からは一切要望を聞かない、要望書に捺印しない、また、捺印に応じても、できない理由ばかり説明されて却下されるなど、独裁的なところもありました。
 また、ほかには、区長の方針に反対して、区長選挙に出ようとしても、区長が側近で固めた役員で、新しい規約を行使して、対抗できない環境をつくり込んでいるところもあるようです。
 小田町長が就任されて、福祉や住民サービスの徹底を図られ、行動力と実現力を発揮して、目に見える多くの転換がなされている中で、前段で説明のように、執行部の管理する機関が、一部の人間ではありますが、このように人権に配慮が欠けたり、町からの委任業務を間違えて行使していると、町に対しての悪印象の原因にもなりかねませんので、住みよいまちづくり、入りやすい隣組制度を確立するためにも、検討時期のリミットを感じております。早急な対応をお願いします。
 以上、要望の上、質問を終わります。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 最後に、千住議員。


◯議員(7番 千住 幹雄君) 7番議員の千住でございます。もうしばらく、おつき合いをお願いしたいと思います。
 私は、2つのことを質問させていただきます。
 まず初めに、愛光園老人ホームの建てかえ計画と、今後の方向性ということで、お尋ねをいたします。
 私は、長年、愛光園老人ホームで勤務をさせていただきました。非常に、愛光園老人ホームに愛着を持っております。愛光園老人ホームは、町立養老院として、昭和26年5月に川崎町鷹の巣に開設をされました。弱者救済の養護老人ホームであり、昭和37年4月に、愛光園老人ホームと名称が変わりました。その後、昭和55年に、現在の場所である朝倉団地に建設・移転され、早くも30年以上が経過をしようとしております。
 この間、多くのお年寄りが、町内外を問わず入園をいたしまして、また、去っていきました。入園者にとって、この愛光園は永住の地であり、ここでの生活が励みとなって、心身ともに充実した日々を送っている人を何人も見てまいりました。園の定数は50名ですが、現在は半数以下、20人ちょっと、強というところであります。
 年々、入園者の数も減っておりますが、減少の要因はいろいろあります。一つは、近年、多くの老人施設が建設をされたことと、それから、ひとり暮らしの老人が、最後まで自分の家で暮らしたいという願望からであります。一人で生活できなくなると、特別養護老人ホームやグループホーム、それに、病気になりますと病院に入院されるので、養護に入院される人が少なくなってきております。また、施設も30年以上たっておりますので、長年にわたる雨漏り等で、老朽化が進んでいると思われます。
 そこで、町長にお尋ねしますが、愛光園老人ホームの建てかえ計画があるのか、また、今後、愛光園の今後の方向性を、お尋ねをいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 今、議員から御指摘を受けましたけど、まあ、愛光園は、現在の位置に昭和55年に建設されて、既に32年がたってます。そして、私も時々行くんですが、まあ、極めて劣悪な環境にあります。居住スペースだけじゃなくて、給食であるとかおふろであるとか、そういうところがかなり傷んでおりますし、数年前は、シロアリ等が入って床が抜けたと、こういうこともありました。
 まあ、そういう中で、今、議員が言われましたように、定数50名ですけど、多分、今、21名が入所をしておりまして、町民の方が11名、それから町外から10名と、約半分が町外であることも事実であります。
 で、今、だんだん少なくなった原因は、やはり、老朽化しているがゆえに入らないということもありますので、今後は、今建てかえ計画を上げておりませんが、愛光園の建てかえ等、それから、経営のあり方っていいますか、そういうことを含めて検討しながら、いわゆるできるだけ早く、劣悪な環境を取り除いていくべきであると考えております。


◯議長(見月  勧君) 千住議員。


◯議員(7番 千住 幹雄君) 町長も長年町の職員でおられまして、愛光園のことは、確かに、詳しく、いつも見ていると思っております。今の町長の答弁で、やはり、入園者が、非常に安堵しとるんじゃないか、また建てかえ計画あれば、町内外を問わず、やはり、新しくなれば入園者もまたふえるんじゃないかと、私は思っておりますので、建てかえの計画とか、よろしくお願いをいたしまして、次の質問に入らしていただきます。
 川崎町の農地の基盤整備についてでありますが、川崎町の農地の基盤整備は、いまだ未整備のところが多くあります。農地の耕作者は年々高齢化になり、多くの田畑が休耕田となっております。この休耕田をできるだけなくし、将来、若い者が農業を継いでいく上でも、早急に基盤整備が必要だと思われますが、町長のお考えをお願いいたします。


◯議長(見月  勧君) 町長。


◯町長(小田 幸男君) 基盤整備の関係ですけど、川崎町の、いわゆる農地面積は約491ヘクタールあります。で、平成23年度までに、区画整理の施工率が64%ぐらいです。で、私もよく記憶してるんですけど、安宅であったり、それから上真崎であったり、それから田原もそうでした、木城もそうです、ずっと圃場整備がされてまいりました。
 で、その中で、今、残っているところの問題点は、一つは、農地が中山間部にある、それと同時に、耕作者が大変多い。で、それによって、大区画として圃場整備をされることが難しいところが、一つ残っております。
 そういうことを含めて、今後、農業が主体の町になることは間違いありませんので、圃場整備については、事業の採択要件が整えば、当然、補助等もありますので、ぜひ、考えていきたいと思いますし、当然耕作者の側の受益負担も出てまいりますので、そういうことを、地元との協議をしながら進めてまいりたいと思っております。


◯議長(見月  勧君) 千住議員。


◯議員(7番 千住 幹雄君) 今、町長おっしゃられたとおり、安宅、上真崎、それから荒平、去年まで木城が圃場整備したわけでございますけど、もう、木城あたりは、今までの農地と、もう全然、生まれ変わって、立派な農地になっております。私が、いつも、役場に来るとき、目につくのが、古屋敷からこっちの、旧油須原線の両側なんですけど、そこのところが、まあ、鉱害で、少しは、一部は埋まっとるんですけど、大きな基盤整備はしておりません。
 まあ、そういうところの休耕田が、かなり目につきますので、早急に、やはり、基盤整備をしてもらいたいと。基盤整備するには、耕作者の、やはり、反対があれば、これはもう絶対できないわけでございますので、そんなときには、私たちも協力をいたしまして、耕作者に説得に行きたいというふうに思っておりますので、ぜひとも、よろしくお願いを申し上げまして、一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。
       ………………………………………………………………………………


◯議長(見月  勧君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 昨日から、皆様方にお願いをしておりました延長の分は、皆さんの協力によりまして、何とか時間内におさまることができました。御協力ありがとうございました。
 本日はこれにて散会いたします。次回の本会議は、来週19日月曜日となっておりますので御報告します。どなた様も、お疲れさんでございました。
                 午後4時07分散会
       ──────────────────────────────