議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年予算審査特別委員会(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2012年3月14日(水):平成24年予算審査特別委員会(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯委員長 おはようございます。
 これから予算審査特別委員会4日目の会議を開きます。
 前回に引き続き、議案第27号の審査を行います。
 説明及び質疑のときは、ページ数を言ってから行うようお願いいたします。
 説明員にお願いいたします。質疑の時間を多くとりたいと思いますので、詳細説明は簡潔にお願いいたします。
 なお、説明及び質疑のときは、ページ数を言ってから行うようお願いいたします。
 次に、歳出第10款教育費並びにこれに関連する歳入についての詳細説明を求めます。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) おはようございます。
 それでは、教育総務課所管の24年度予算の詳細説明を申し上げます。
 要点のみ説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 初めに、歳入でございますが、24ページ、25ページをお開きいただきたいと思います。
 教育費負担金につきましては、柴田町から36名、村田町から10名の児童・生徒を予定しての予算でございます。
 32ページ、33ページに移らせていただきます。
 国庫補助金の特別支援教育奨励費補助金、就学援助費補助金につきましては、ほぼ昨年度と同額となっております。
 38ページ、39ページをお開きいただきたいと思います。
 ここで昨年、教育費補助金でありました学力向上パワーアップ支援事業補助金、これが22年度、23年度の2カ年事業のために終了しております。
 42ページ、43ページをお開きいただきたいと思います。
 ここの教育費委託金のところにおきましては、昨年まで伝統文化教育実践研究を行っておりました。これも22年度、23年度の2カ年度事業のため終了しておりますが、大河原小学校では引き続きこの事業を実施したいということで県のほうに申し入れを行っております。協議が整いましたら、今後、補正対応させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
 52ページ、53ページをお開きいただきたいと思います。(「議長、節ぐらい言ってもらわないと」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 申しわけありません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 節のほうまでお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 52ページ、53ページをお開きいただきたいと思います。
 一番上の学校給食費実費負担金でございます。1段目、小学校、中学校の分でございますが、昨年度より175万円多い予算となっておりますが、3月補正をさせていただいたところではございますが、児童・生徒数の増を見込んだものでございます。
 続きまして、歳出に移らせていただきます。
 158ページ、159ページをお開きください。
 1目の教育委員会費につきましては、ほぼ例年どおりとなっております。
 次のページに移らせていただきます。
 2目の事務局費の11節需用費の印刷製本費につきましては、昨年より130万円ほどの増となっておりますが、これは5年ごとに作成しております3、4年生で使用いたします社会科副読本の印刷製本費分の増額分となっております。
 162ページ、163ページをお開きいただきたいと思います。
 委託料の上から3段目、外国語指導助手の委託料でございますが、これは2月議会で債務負担行為をとらせていただきました業務委託でありまして、小学校、中学校の新学習指導要領に対応するために外国語指導助手を1名増員するための増となっております。
 18節備品購入費のデジタルカメラ購入に係る費用に関しましては、工事に関する写真、また各学校、地域の活動状況の記録をするためのデジタルカメラを購入いたしたく予算化させていただいたものでございます。
 3目の就学指導費につきましては、ほぼ例年どおりの予算となっております。
 次のページに移らせていただきます。
 学力充実事業費がなくなっておりますが、これは歳入のほうでもご説明申し上げましたが、22年度、23年度の2カ年事業でしたので24年度は目としては予算ございません。ただ、学力充実を目指しました学習プリントのデータベースシステム使用は引き続き実施していきたいと考えておりまして、各学校の使用料及び賃借料で国語、算数、中学校は数学ですけれども、理科の3教科分の予算化をさせていただいております。
 続きまして、小学校の大河原小学校管理費でございます。
 11節需用費の修繕料でございますが、24年度はプールろ過装置の修繕を予定しておりますので増となっております。
 次のページに移らせていただきます。
 13節委託料の中の上から3段目、パソコン端末変更委託料でございますが、21年度で整備させていただきました校務用パソコンでありますけれども、教師の異動に伴いまして設定変更をする必要があります。そのために委託料を各小・中学校5校に予算化させていただいたものでございます。
 その下の体育館内装等改修工事設計委託料につきましては、小学校の体育館の内壁に老朽化によりますひびですとか、それから壁が欠落している部分等がございますので、そちらの改修の設計委託料を予算化させていただきました。
 15節の工事請負費につきましては、校舎北側の自転車置き場にフェンスを設置したいと思いまして工事費を予定させていただいております。それと遊具の改修工事、そちらも予定させていただいております。
 次のページに移らせていただきます。
 2目大河原小学校教育振興費でありますが、こちらの分に関しましては、伝統文化教育実践研究関係の予算が減となっております。
 11節の消耗品、需用費の中の消耗品でございますが、160万円ほど減となっております。これは23年度で小学校の教科書改訂がございました。そのために教師用の教科書、指導書の購入を行ったために24年度はその分が減となっておるものでございまして、小学校3校とも同様となっております。
 14節の問題集システム賃借料に関しましては、先ほど歳入で説明させていただきましたように、補助はなくなりましたが、引き続き学力充実向上を目指しまして国語、算数、理科の問題集のデータベースシステムの賃借をさせていただきたいと思い予算化させていただいているものでございます。これは小学校、中学校5校に関しまして同様の予算措置をさせていただくものでございます。
 次に、大河原南小学校管理費に移らせていただきます。170ページ、171ページをお開きいただきたいと思います。
 上から3段目の修繕料ですが、体育館の暗幕修繕、防球ネットの修繕、そのほかに触れ合いの丘の環境整備などを予定したものでございます。
 次のページに移りまして15節工事請負費でございますが、外周フェンスの一部の改修を行う予定としております。
 174ページ、175ページをお開きいただきたいと思います。
 金ヶ瀬小学校管理費の11節需用費の修繕料です。放送室の放送設備の改修、それから高架水槽の遮光塗装修繕などを行う予算でございます。
 次のページに移りまして、15節工事請負費でございますが、遊具の改修を予定しての予算となっております。
 180ページ、181ページをお開きいただきたいと思います。
 大河原中学校管理費の11節需用費の修繕料では、理科実験台の天板交換等を行う予定としての予算となっております。
 14節シュレッター賃借料につきましては、以前借りておりましたシュレッターをシュレッター再リースを重ねておりましたが、調子が悪くなってきたために新たに借りるものでございます。
 次のページに移りまして15節工事請負費につきましては、特別支援学級可動間仕切設置工事及び体育館ステージの吊りバトン改修工事を行うものでございます。
 2目の振興費の11節消耗品費につきましては、24年度、中学校の教科書改訂となりますことから、教師用の教科書、指導書の購入分の増額となっております。これは金ヶ瀬中学校も同様となっております。
 14節使用料及び賃借料でございますが、昨年7月から情報用パソコンの契約更新に伴いまして金額が下がっているものでございます。これは金ヶ瀬中学校も同様となっております。
 次のページに移りまして、上から1段目、図書購入費でございますが、大河原中学校の図書の充足率がまだ低い状況なもんですから昨年より増額して図書購入費を予定させていただいております。
 金ヶ瀬中学校の管理費に移ります。186ページ、187ページをお開きいただきたいと思います。
 上から2段目の暖房機点検委託料ですが、3年ごとの検査となってございます。
 15節工事請負費につきましては、音楽室の床改修工事、それとLL教室の床改修工事を行う予定となっております。
 208ページ、209ページをお開きいただきたいと思います。
 学校給食センター費でございます。こちらの賄い材料費、消耗品費が増額となっておりますが、これは児童・生徒数の増を見込んだ賄い材料費及びクリーンウエットの増、それと食器の補充分の予算の増となっております。修繕料につきましては厨房用品の修繕で、釜、さいの目切り器、食器洗浄器などの修繕を予定しております。
 次のページに移らせていただきます。
 上から3段目の調理業務、210ページ、211ページです。上から3段目の調理業務の委託料は、昨年8月で契約更新となりまして契約金額が減となったものでございます。
 14節使用料及び賃借料の消毒保管庫賃借料、マイコンスライサー賃借料につきましては、厨房機の点検によりまして不良箇所があったために新たに借りるものでございます。
 15節工事請負費では、地下タンク工事、厨房室の内ドアの取りつけ、それから高圧受変電設備の設置工事を行うものでございます。
 18節備品購入費につきましては、高速度のミキサー、シンクなどの購入を予定しての予算となっております。
 以上で教育総務課所管分の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 続きまして、生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) それでは、生涯学習課所管の部分についてご説明を申し上げます。
 まず、歳入でございます。26ページ、27ページをお開き願います。
 上段のほうに5目の教育使用料ということでありますが、2節の社会教育施設使用料で20万円、3節で保健体育施設使用料で10万円、23年度の実績によりましてそれぞれ増額をしたところでございます。
 あとは、昨年同様の内容等でありますので、省略をいたします。
 次に、42ページ、43ページをお開き願います
 下のほうに7目教育費委託金であります。その中で1節の教育費委託金でありますが、昨年までは補助金ということでの歳入であったわけですけれども、宮城県が震災の影響も受けたことによりまして放課後子供教室及び協働教育プラットホーム推進事業として381万円ほど事業費としていただく予定でございます。
 次に、歳出に移らせていただきます。188、189ページ、お開き願います
 社会教育費でございます。社会教育費につきましては、昨年同様の事業等の内容でありますが、1の報酬で社会教育指導員1名増員に伴いまして169万円ほど、また委託事業に伴って放課後子供教室などで増額支出となってございます。
 次に、中央公民館費であります。194、195ページをお開き願います
 真ん中あたりに13委託料でありますが、冷暖房の機能が低下に伴いまして23年度において設計委託をする予定でございましたが、設計金額が大分かけ離れておりましたので12月に補正減額をしたわけでございます。そして、新たに24年度において空調設備改修工事実施設計委託料として462万計上したものでございます。
 次に、金ヶ瀬公民館費であります。198ページ、199ページをお開き願います
 ほぼ前年並みでありますが、中ほどに15工事請負費でございますが、来客に伴いまして駐車場不足もあり、今年度、駐車スペースを10数台確保するため整備するものでございます。
 次に200、201ページであります。図書館費でございます。昨年度より約200万円ほど減額になっております。情報システムの更新、さらには駅前図書館の維持管理負担金等の減額によるものでございます。
 次にいきます。202、203ページの文化財保護費でございます。昨年度より344万円ほど減額となっております。昨年、民俗資料収蔵室の屋根の修繕工事と備品でカーテンを設置するというふうなことで、そういった分が減額になったものでございます。
 次に、204、205ページをお開き願います。
 保健体育総務費でございます。23年度につきましては、町民体育祭りを実施したわけですけれども、それに伴う予算計上でありましたが、今年度はありませんので、その分の約300万円を一応減額したものでございます。あとは昨年同様の内容等でありますので省略いたします。
 次に、206、207ページをお開き願います。
 体育施設費であります。真ん中より下に15工事請負費として新たに四つの工事を実施する予定でありまして642万円ほど計上させていただいたところでございます。
 またその下の18備品購入費でトレーニング室用の備品といたしましてランニングマシンを1台購入するもので計上いたしたところでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、これから質疑を行います。質疑ありませんか。庄司委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯庄司 充委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯庄司 充委員 203ページの社会教育費の中の全般的に民俗資料収蔵室につきまして、私も二度ほど一般質問をしたんですが、震災後、その後の復旧状況と今後の活動目標とか管理をしていく場合の今後の何というんですかね、心構えというんですか、状況ですね、その辺を詳しくお知らせください。
 それから、211ページの学校給食センターの全般的にわたってなんですが、強いていえば調理業務に当てはまるんでしょうか、昨年の福島原発事故による放射能による食材に対する影響、これで心配はないか。また、これは検査などは綿密に行っているということを聞いておりますけれども、どんなところに気をつけているか、また業者との話し合いでの対策などをお聞きしたいと思います。この2点、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 1点の民俗資料収蔵室の今後の状況ということでございましたけども、大変民俗資料室も今回の震災でダメージを受けたわけですけども、今後ですけども、大分外壁関係の傷みがあるということで、今後、モルタルの外壁が落下したところ、そういったものをカラー鋼板等で覆いまして3月中に一応工事をしていきたいなというふうに思っているところです。
 また、一部雨漏りなどもありまして、その屋根の補修工事も一緒にあわせて実施をする予定でございます。
 あと、管理についてはというようなご質疑でございますが、やはり収蔵室、大変中に多くの収蔵品があるということで、今後もやはりあの収蔵室を利用しながら管理をしていくことになるかというふうに思います。新たなですね、一応施設というふうなことも考えているわけですけども、いろいろ長期総合計画の中で位置づけられておりますので、少しでも早くそういった面で実現をするよう努力をしていきたいというふうなことでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 続きまして、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 学校給食センターの調理業務一般ということで、まず食材に対する影響はなかったのかというご質疑でございますが、食材に対する影響は特にないものと考えております。
 で、心配はないのかというご質疑でございますが、まず食材そのものに関しましても、県でも、それから町でも、また3月から給食センターの食材独自に関しましても検査を行いまして、もともと心配は、流通されているものは心配ないという基本にはあるんですけれども、なお、それでも詳しく検査をして安心して食べていただくために努力しているところでございます。
 どんなところに気をつけているのかというご質問でございますが、まず野菜食材に関しましては、産地などを注意して見ているところでございます。あと、町内産のものに関しましても、今後は町で検査できるようになりますので、検査をしながら使用していきたいと考えているところです。
 牛乳に関しましては、県のほうで定期的に検査をしておりますので、そちらのほうの数字を参考にさせていただいて給食に使用させていただいているところです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 庄司委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯庄司 充委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯庄司 充委員 はい。収蔵室のほうなんですが、課長にお伺いしますけれども、前に一般質問のときお約束した、余りにも膨大な数の同じ種類のものがいっぱいある中から、今度は展示しやすいようにピックアップしてという展示するんだということですけれども、それはその後、行っているでしょうか。
 また、これは要望なんですが、一般の客が入りやすいように、あそこは玄関が入って裏側からみたいなあるんで、あそこの玄関に看板でも立ててさらに入口をきれいにしてほしいんですね。そうすると、一般のお客さん入りやすいと思います。その同種の膨大な数の資料のピックアップの件だけお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) ただいまの質疑でございます。議員ご指摘のように、大変膨大な収蔵品があるわけですけれども、今回災害に伴いまして大変多くの収蔵品も壊れたのもあるし、倒れてちょっと使えなくなったというのも大分ございます。そういった中でそういったものを含めて、あと農機具類なども倒れて一部壊れたというようなこともございまして、今回、特にその辺を重点的に少し展示スペースなども確保できるような状況にしていきたいというのがうちのほうの考えでありまして、そういった中で処分をするものは処分するというようなことで、ある程度、展示をするスペースなども今後、していきたいというふうに考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。(「ありがとうございました」の声あり)
 ほかに質疑ございませんか。堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 163ページの教育総務費の中の使用料及び賃借料、上のほうですね、事務局費の中の使用料です。この中で教育学齢簿システム賃借料、これ24万5,000円ほど増になっているんですけれども、ちょっと私、聞き逃したのかどうなのか、この増の理由をお聞かせをいただきたいと思います。
 それから、私立幼稚園、その下の負担金補助ですけども、私立幼稚園の就学奨励費補助金、これが273万7,000円ほどふえているんですが、子供がこんなにふえたのかどうなのか、子供が少なくなっているような感じはするんですけれども。
 それとあわせて169ページですが、大河原小学校教育費、これ全体の学校にかかわってくると思うんですけども、この報償費の中の、大河原小学校を見れば、報償費の中の卒業記念品、入学記念品、これを見ますと、金額だけを見ますと、去年と比べると卒業の記念品が高くなってで入学記念品が減となっているんですね。全体的に見て小学校、中学校の子供の数のふえているのか、減っているのか、その辺の分野をちょっとお知らせ願いたいと思うんです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) まず、163ページの教育学齢簿システム機器賃借料でございますけれども、23年度から教育学齢簿システムの機器を賃借しております。23年度、補正対応でちょっと不足分がございまして増額させていただいております。今回はその分も含めた当初予算という形の予算をとらせていただきましたので、当初よりは若干ふえているという形になっております。
 それから、同じく163ページの私立幼稚園就園奨励費補助金なんですけれども、こちらに関しましては、申しわけございませんが、子ども家庭課の管轄になりますのでちょっと私のほうでは把握していないところでございます。
 それから、169ページの卒業記念品、入学記念品に関しての全体的な人数としてのご質疑でございますが、確かに卒業記念品、人数で、入学記念品に関しましても人数で単価掛けておりますので増減が出てきております。全体的な傾向といたしましては、やはりその学年によりまして多い年、少ない年がございます。入学用品は昨年よりは少ないという形になっているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 引き続きまして、子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯子ども家庭課長(倉繁正弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(倉繁正弘君) あの163ページの私立幼稚園奨励費補助金なんですけれども、273万7,000円ほど増額になっております。内容につきましては、一つは国の補助単価が全面的に変わった、毎年変わるんですけども24年度に向けて変わったということと、人数が5人ほどふえております。去年は当初194名ほどで予算化させていただいたところなんですけども、今年度中、23年度中にふえまして、それで199名ほどの人数で予算化させていただいたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 学年によって多い年と少ない年があると、169ページの卒業記念品関係なんですが、全体的に見て歳入のほうで給食費の実費のあれで子供の数がふえているというふうな形で増額になったというふうに説明あったわけですけども、ここから見た場合に、これを見ると、卒業記念品だから来年の3月なのかとなってくるとまた違ってくるのかなという気はするんですが、全体的に、例えば小学校で去年と比べて何人ぐらい増減あるのか、また、中学校については全体的に比べてどのくらい増減あるのか、もしわかればお知らせを願いたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) はい、給食費の関係で給食費実費負担金の関係で児童数がふえているというご説明を申し上げました。23年度におきまして被災されてきて大河原に来られた児童・生徒の方がいらっしゃいます。その分等で給食費のほうの実費負担金、賄い材料費のほうに増額させていただく原因が出てきたものでございます。全体的に見ますと、えっとですね、大河原小学校で若干の減、南小学校では若干の増、それから金ヶ瀬小学校では、ごめんなさい、反対ですね。大河原小学校では3名の増、南小学校では9名の減、金ヶ瀬小学校では10名の増、それから大河原中学校ですと14名ほどの減、それから金ヶ瀬中学校で6名の減という形になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 計算すっと合わないんでないすか。減が9と14と6、29人減に対して増が13、ちょっと合わないような気するんですが。
 それと、被災地の児童がふえてきて実費負担金が増額になったというふうなあれなんですけども、答えなんですけども、この被災された子供というのは、何といいますか、就学免除といいますか、準要保護といいますか、そういうふうな扱いにはならないんでしょうか。その辺のお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 被災して来られたお子さんの就学援助という形ですが、全員に申請書をお送りしまして認定させていただいておりますが、大河原に被災して来られている児童・生徒のお子さんの中でも、従前の住所地で認定になってそちらで援助を受けるという方もございますので、こちらでとらえている限りは全員の方に申請を出していただいているという形になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。はい、枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 ページの27の教育使用料の節の2の社会教育施設使用料の自動販売機設置施設使用料とあるんですが、前にもいろいろ一般質問等でさせてもらっていた経緯があったんですけども、今度、入れかえすっときに、なるべくなら災害対策型の自動販売機を設置していくというような話も以前からいただいておったんですが、前、金ヶ瀬公民館に1台あって、その後、それを売り上げが少ないというので取っ払ってしまったというような経緯があって、今回今年度はどういうふうなというか、そういった自動販売機にかえている施設があるのかどうか聞かせてください。
 あと、どの学校にも言えるんですが、節の20の扶助費の中で就学援助費ですけども、大河原小学校だけが減ってですね、ほかの学校ふえて、前年度の当初予算に比べてふえているようなんですけども、これはやっぱり福島とか、そういったところからの、被災地からの避難者の家庭がふえて就学援助費がふえたのかどうか教えてください。
 あと、ページの207の体育施設費の節の15の工事請負費の中でスケートパーク場整備工事とあるんですが、どこにどういった施設をつくるのかお聞かせください。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。すみません。生涯学習課長、失礼しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 自動販売機関係のご質疑でございます。一応自動販売機につきましては、体育館で5台、あと中央公民館に1台というようなことでございます。それで、災害型に対応する自動販売機というようなことであるかというふうに思いますけども、現在のところ、継続ということで災害型の自動販売機ではないわけでございまして、実際この辺については災害型に、やはり今後ですね、切りかえをしていきたいというふうに申してはいるところでございます。
 あとは207ページですね。15のスケートパーク関係の工事ということでございます。場所につきましては尾形橋の下に平成10何年かにつくったスケートパーク場ということですけども、それが台風によりまして水没とか、あそこは桜祭りとか、そういったもので通行車両などの重量関係で大分損傷もありまして、一部かなりの段差もあるというようなこともありまして、今回の地震なんかも若干関係があるかというふうに思いますけども、そういったことで地盤沈下もあって今回その辺の工事をするものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 169ページ、大河原小学校の扶助費関係でございます。こちらに関しましては、23年度当初、78名の就学援助対象者ということで児童数を見込んでおりました。実際には71名認定ということでございまして、3月の補正で110万円ほど減額させていただいております。そちらも加味して24年度予算を立てさせていただいて、昨年よりは減額になっているということでございまして、この扶助費の中には被災されてきたお子さんの分の支出分も含まれているものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 自動販売機については、ここずっとしばらく何年前からも言っていることですので、ぜひ入れかえの際は業者さんと交渉していただいて、設置料なんか取んなくてもいいからそういうなのをやってもらえればなというふうに思いますので、よろしくお願いします。
 あと、このスケートパーク場なんですが、久々に名前聞いてすっかり忘れていたったんですけど、今、やっている方々ってどれぐらいいるんだか、やっぱりやっている人たちから要望が出てきてこういったことをしているのか、その辺、お聞かせください。
 あと、今、扶助費につきまして、なんかちょっと余り説明がぴんと来なかったんですけども、23年度当初、78名で、途中71名に減額補正させてもらったとかと言うんですけど、平成24年は何名からスタートしているのかと、あと被災された方で何名程度、この中に含まれているのかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 1点目は生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) スケートパーク関係のご質疑でございます。一応利用者は現在、5歳から70歳までということで大変広範囲に利用されているということでございます。特に会員が、やはり今、35名ほどおりましていろいろ日曜日あるいは土曜日で活用されているということですけども、なかなかこのスケートパークにつきましては、ある程度、尾形町の区長さんとか、2区の区長さんですけども、愛好会の代表者の方ということから、一応スケートパークの現状関係で先ほどいろいろお話ししたことについてご指摘などもあったんですけども、やはりそういったことでできるだけあそこ、使えるように修正というか、してほしいというような要望等ございまして、今回工事を計上させていただいたというところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) ちょっと説明不足だったかと思いますのでもう一度お話しさせていただきます。
 まず、23年度当初で78名を予定したというのは、12月段階で予算をつくるものですから23年度の認定者が何名になるか、まだわからない状況ですので、予定として78名で予算をつくらせていただきました。実質認定したのは71名でしたので、その人数の差額分といいますか、差の分を3月補正で減額させていただいたものでございます。
 24年度の予算に関しましては70名で予算を組ませていただいております。この中に被災児童は何名いるのかというご質疑ですが、被災児童で全体では23年度、延べ人数で33名となっております。その中で転出されて戻られた方もいらっしゃるもんですから、実際には大河原小学校ですと、この中には18名含むという形になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 スケートパーク、需要があれば、別にこういいんですが、ただ久々に出てきた言葉だったものですから、ただやっぱり高齢者の話、聞くと、高齢者の方々もいるようですから、ぜひ安全な施設をつくっていただければと思いますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 要望でよろしいですね。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑ございませんか。はい、佐々木委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 52、53ページの給食費実費負担金、一つは、この学校給食の今出しているのは1週間5食、5回だけ、それは今、どのようにして決められているのか一つ。それに関連して単価、その決め方です。
 二つ目は、例えば角田市だと5回、1週に5回、全部米食というふうに言われていますが、大河原ではそうでないように聞いております。そこら辺の決めたところの根拠ですね。
 それから、もう一つ、3点目は、単価の決定、給食の単価の決定、それはここの総額の計算と合わせて総額はどのようにして何食幾らで、回収率どのくらいということも含めて単価の決め方、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 給食センターの所長のほうから答えていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯学校給食センター参事兼所長(一條 正君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯学校給食センター参事兼所長(一條 正君) 単価の決め方というご質疑ですが、単価の決め方については、給食会のほうから御飯とパンと牛乳の単価が示されてまいります。それを除いた食材については、栄養士さんとも相談しながら1食単価を決めておるんですが、それについてはおかずとか見積りなんかも当然取り寄せまして、前年度において上下するものもございますが、その辺を加味して決めております。
 それから、角田の米飯5回ということで、大河原の決めた根拠ですか、それは大河原町米飯3.5回という計算になっております。というのは、水曜日と金曜日がパンでございましたが、水曜日を隔週御飯にしたわけでございます。それは運営審議会において御飯を日本人ですのでふやしたらどうか、または日本食のほうが子供たちにいいのではないかということもありまして、あと中学生なんかは運動なんかもしますのでパンでは幾らかもたないということもあったようです。
 それから、実費負担金の回収率ですか、それについては現在、滞納分については約10%の回収を行っているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 佐々木委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 飛び飛びの回答のような気がするんですけども、この学校給食の基本方針というのは、学校給食審議会が決めているんですか、それとも町長の意向というのは十分反映しているかどうか、町長の施政方針なのか、そこら辺、そこをちょっと聞きたかったんですけど。(「マイク」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 佐々木委員、もう一度お願いします。すいません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 学校給食の形ですね、それは角田市の場合は、なんか角田市長の施政方針で5食全部米飯にするというのが昔から伝統、はっきり言いますと、そこに赴任した校長も含めてその線に従っているということなんですけども、大河原はそういうところでは町長の米を食えと、食えというか、米を多く生産者が苦労しているんだから食べましょうという方針なんかないのかあるのか。私も給食審議委員をやったときは給食審議委員会の諮問案として出されたのが3回で、米が3回で、その後、ふやせという話の中で3.5回になった経緯というのを知っているもんですから、非常に今、米の輸入、輸出、そういうので苦しんでいる中でもう少し農家の意向というのは酌んだのかなと思ったもんだから、町長の施政方針が入っていないのかということを聞きたかったわけなんですけども、ことしというのは、平成24年度は学校給食審議会は開かれてこの方向、決まったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 じゃ、答えていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 これが一つですね。
 あと、二つ目は回答なかったような……、あったのかな。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 もう一度お願いします。その点。聞いていない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 議長、議長って委員長、私の質問したの伝えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 単価の決定はまだ言っていないですね。じゃ、もう一度答弁、お願いいたします。もう一度答えてもらいます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、お願いします。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) それでは、教育に関する基本方針ということのご質疑でございます。大河原町の場合は、給食運営審議会において決定いただいているところでございます。
 あと、先ほどの質問に関しましては、再度、所長のほうより回答いたします。(「町長方針が入っているかどうかというのを聞きたい」の声あり)申しわけございません。町長の方針ということではなくて、運営審議会において審議をいただいて決定をいただいているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 次、お願いします。課長のほうから言ってね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 先ほどのご質疑に関する答弁に関してもう一度所長のほうより回答いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、ここで10分間休憩いたします。
     午前10時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時09分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開いたします。
 答弁から行います。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 先ほどの佐々木委員さんの質疑にお答えいたします。
 まず、町長の施政方針に沿って諮問を学校給食運営審議会のほうにいたします。そちらで答申をいただきまして決定という形をとっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに。はい、佐々木委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 一つ、1問目、二つ目ですね、価格の決定、多分なんか見積りしてやって単価決めて1年の給食代というのを決定する、それはわかります。ところで、町、委員長なのか、給食センターの所長なのか、総務教育課長決めるのか、単価決めるとき、あれははっきり言うと、安ければいいというふうにして決めるんですかね。昔、昔って、埼玉県の昭和町で学校給食やらないという問題が起きて、その後、埼玉県では安ければよいという単価の決めじゃなくてうまいものを食わそうという、食わそうというか、出そうということで、その当時、単価、給食で1食につき5円上げたんですね。5円上げると非常にうまいものというか、より今までよりよりうまいものってなりますね。例えばヨーグルトのようなのだと安いのと高いのというのはいろいろあるんですけれども、そういうので安いものじゃなくてうまいものを出そうという考え方は持つんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 単価の決定、価格の決定の仕方というご質疑でございます。当然、児童・生徒のほうにはおいしい給食を食べてもらいたいという意向を持ちまして、行事等、たまにいろいろな何ですか、イベントあるようなときにはデザート等を考えたりですとか、そういうふうなことを含めましておいしい給食を目指して、安さだけを求めての価格の決定はしていないところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。3回目になっていますので、3回です。この次もう一回、最初からやってください。万波委員。(「3回でなんだ書いてた」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 27ページ、27ページの先ほど出ました社会教育施設使用料の中の自販機に対してですけれども、今後、被災用自販機に切りかえていくということですけれども、ちょっと被災用自販機というのはどういうものなのか、ちょっと私、わからないので少し教えていただきたい。ちょっとお聞きしておきたいと思います。
 それから、33ページ、33ページの真ん中の特別支援教育奨励費に関することですけれども、この就学援助制度というのは、大河原町では、いわゆる支給の中身というのは、自治体によって若干違うような部分があるんですけども、全く国の決められている基準に沿ってですか、それ横出しというのは、町独自でしているんでしょうか。それを伺いたいなというのが2点です。
 それから、203ページ、203ページの文化財に関することですけれども、24年度、今後以降、佐藤屋さん、佐藤屋さんの歴史あるあれですけれども、今後、文化財として位置づけて保管していくとかっていう、もちろん今回は予算にはありませんけど、そういうなんか有志の人たちの動きがあるんですけども、そういう位置づけで予算化していくとか、そういう方向とかは今後、出てくるのかどうか、それを。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 その3点ですね。はい、生涯学習課長、自販機のこと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 自販機についてのご質問でございます。どのように一応切りかえるということでありますけども、(「違うでしょう」の声あり)ああ、すいません。
 それでは、金ヶ瀬公民館にありましたので館長よりお答えしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯金ヶ瀬公民参事兼館長(岸 俊和君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯金ヶ瀬公民参事兼館長(岸 俊和君) それでは、お答え申し上げます。
 実は先ほど枡委員さんのほうからもちょっとお話しあったんですが、平成19年から20年まで2年間、金ヶ瀬公民館に置いてありました。それで、売り上げが伸びないということで撤去されたんですけども、災害用の自販機というのは、災害があった際にスイッチ一つ切りかえれば、お金を入れなくてもその飲み物が出てくるという自販機なんですね。そのほかに、ペットボトルの水を、ちょっと本数忘れましたけど、20本とか30本、常にその施設に常備に、それもサービスで持ってきていただけるという、そういったのが災害用の自販機でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 わかりましたね。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 佐藤屋さん関係のご質疑でございます。プロジェクトが昨年でしたか、出たばかりでありましてそういった動きがあるわけですけども、町といたしましてもね、今後、いろいろ検討をしながら活用というふうなことも含めて考えていく必要があるというふうには思うわけですけれども、現在のところ、予算化というものはしていない状況でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) ページ33ページ、就学援助関係のご質疑でございますが、支給の中身ということでございましたが、支給の中身に関しましては、国の基準に沿った支給をしているところでございます。横出しということもございましたが、町独自に補助を追加しているというようなことは現在、しておりません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 最初の自販機、なぜ私、聞いたかって言いますと、実は自販機、この27ページ、実は母子福祉会でも設置してるんですね。母子寡婦福祉法という法がありまして、福祉団体に要請があったときはということで実はお願いして設置しているんですよ。だから、今後、こういうふうに切りかえという方法であれば、こちらで業者のほうにということもありましたのでちょっとあえて伺いました。それで、今、切りかえというのはどこの自治体でもこういう流れにはなっているんですか、ひとつわかればちょっと伺っておきます。
 それから、2点目の就学援助については、国に準じてやっているということですが、今回、年少扶養控除が廃止された。所得税なんですけども、なったためにですね、非課税だった世帯が課税になったという傾向が出てきているんですね。我が町の場合の就学援助の基準というのはこのそういう基準は設けていたったでしょうか。あくまでも学校の先生並びに民生委員の方が生活実態を調査して、そして、この方は就学援助に該当するという基準だったでしょうかね、その辺、非課税というのはなっていたのかどうか、あわせて伺いたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 2点ですね。はい、では自販機の件につきましては副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯副町長(目黒敏明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(目黒敏明君) 災害用の自販機ということで、役場にある、玄関先にあるのはそのような対応をした自販機でございます。実際に町といたしましても、交換を要請をしておるわけですけれども、業者の方がやはり商売としておりますので、機械を買いかえるということにもなりますので、なかなかその辺が思ったように交換してもらっていないということです。ぜひ更新関係では中央公民館、入っておりますけれども、そちらのほうも一応申し出を業者の方にして要請をしておるところでございますけれどもね、どう対応してもらえるかはわかりません、これは。だから、一応そういう状況にあります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 2点目は教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 就学援助に係ります認定の基準といいますか、なんですけれども、大河原町の認定の仕方は非課税世帯というような認定の仕方ではございませんで、生活保護基準の1.2倍の世帯までを認定するという形をとっております。そのときの計算の方法に関しましても、所得金額により算出をしているところです。今回の年少扶養控除がなくなったということに関しましては、影響が出てこないものと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。安藤委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯安藤征夫委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯安藤征夫委員 まず一つね、委員長にお願いしたいのは、それもお願い言うと、3回まで権利あるわけだ。そんとき、「ほかに」と言われると、ほかにでなくて、その人に言ってその人がやめたらほかにとなっていいんでないかと思う。何かね、1回目、ほかにと言われるとほかの人と思いますんで、(「はい、わかりました。訂正いたします」の声あり)ちょっと違和感があるのでそこを考えてください。
 それでは、いきます。
 195ページ、公民館、中央公民館のことですけども、下から、下からって、18節の折り畳みテーブルですけれども48万3,000円、これ何個なのか、単価幾らなのかお願いいたします。
 それから、かねてっていうか、公民館で前、佐藤屋パーキングの駐車場あったんですけども今なくなっちゃってなかなかいろんな行事やってもいろいろ問題はあるんですけども、真ん中にとめたりしていろいろ怒ったりなんかしてるんですけども、近所で駐車場、ぜひ貸したいというとこがあるんで何とか考えていただけないかというのが要望一つと質問一つと。
 それから、203ページ、先ほどあった民俗資料ですけども、佐藤屋プロジェクトというのがあって町内のお宝みたいのを展示したんですけども、3日間で800人という想像を、みんなで50人ぐらいとか30ぐらいがなんていう予測してたんですけども、800人というすごい数、来てみんなびっくりしたんですけども、それで、町内のお宝、いっぱいあるんですけども、みんな、どうしていいかわがんなぐなってるんですね。
 というのは、蔵が壊れて、例えば高忠なんかにもおれ、呼ばれて行ったんですけども、蔵に巻物というか、このくらいの数、二つか三つくらいあるんですね。蔵に一つ入っていたやつ、投げるに投げられないし、取っておくつたって蔵はないんで、壊すんでどうしようもないと言うんですね。ほれ見ろったって見だんです、何書いているか、そいづわかんない。多分紅花の契約書とか、100年ぐらい前のやつなんですけども、大学では物すごく貴重なもんだと。貴重なもんなんだけど高忠でははっきり言って要らないんだ、邪魔になるんだおんと。投げるに投げられないし、取っておくに取っておけないし、判断取っておいたんですけども、それも半分、いいのか悪いのかもわがんないんだね。どかっとあけて見るわげにもいがないんで、町で、ここにも書いてあるんですけども、町長施政方針の28ページの真ん中にも書いてあるんですけども、無形文化財の云々とありますけど、これ、大学でそういうのを専門に調べてくれるところがあんですね、東北大に。それで、そこに委託すると、これはいいもんだから取っておがいんよとか、これは証拠の、証拠っていうか、何百年前の何とか契約したんだどがっていうんで山形の何とか、そんなのは東北大と寄付するどか、そういうふうなんで、言うなれば手際よく処分するというと悪いけども、そういうの、やっぱりね、あるんですよね。それは声かけて、おれのほうで声かけでいいんですけども、この間、お宝集めっときに、みんな、蔵壊れた山家幸内さんとか、あと竹川さんとか、いろんなのから集めたんです、お宝ね。まず今度もやる予定なんですけども、皆投げてしまわないで何かうまく保存できるものでしたら保存して、あれ全部寄附するったって困っから、それこそ庄司 充さんの話でないけども、同じもの、だっとたくさんなったりするど、まず処分に困るんで、ぜひいいやづと悪いやづ、精査してやっていただきたいと思います。よくお宝鑑定団みだいのがあって何ぼとつくのも中にはあるらしいんですけども、売ったり買ったりするような貴重なというか、お金なんかつくようなものはないみたいなんだね、よくわがんないんだけどもね。
 そこで、蛇足だげど、この間出た「春高楼の花の宴」みたいな掛け軸みだいなやづ、だれだっけ、あれ書いたの。(「土井晩翆」の声あり)土井晩翆のやづね、あったの。本物か偽物か、みんなすったもんだしたんですけども、偽物買ったら、だめだべっと言ったんだげど、再製したんですね、いろいろね。だがら、本物か偽物かもよくわがんないし、だから、みんな見て、これ大したもんだねって言ってっけど、おれは心の中では笑ってるわげ、何だべやと思ってさ。そういうのもあるんで、ぜひ収納、いいやつこう、その点、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) それでは、第1点については、中央公民館の館長さんよりお答えをさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯中央公民参事兼館長(齋  忍君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯中央公民参事兼館長(齋  忍君) はい、195ページの備品購入費でございますけど、今回48万円ほど計上させでいただぎましたけど、これは大ホールにあります白い机、100台あるわげなんですけど、これを全部更新したいというふうな全体計画の中で、今年度はまず初年度というふうな形でこのぐらいの金額でございます。
 これで買われる内容なんでございますけど、まずあそこで前回、ステージでいろいろフォーラムをやった際に、幕ありテーブルというんですか、前を隠すやつ、あれがないというふうな形で、あれが今、一番必要性があるというふうな形で、幕ありのやつを5台、そしてまた普通のやつ、10台から20台ぐらい、まず購入したいというふうな考えで、いずれはあれ全部更新したいというふうな考えでございます。
 あともう1点、要望でしたけど、駐車場というふうな件なんですけども、中央公民館、我々の利用者を考えると、本当に駐車場が少ないという形で近いところにそういうふうなスペース等あれば、一応考えていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 町内のお宝というようなことでございます。まあ、いいかどうかというようなことで、我々もその辺、わからないわけなんですけども、ある程度、いろいろ古文書関係なども大変多いのかなというふうに思っております。うちのほうの文化財保護委員という方々がいるわけですけども、中にはそういったものに詳しい方などもおりますので、一度見せていただければよいのかなというふうに思っております。特にいいものであれば、うちのほうで活用させていただきたいというふうに思っているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 安藤委員、いいですか。(「了解です」の声あり)
 ほかに質疑ございませんか。松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 それでは、161ページ、事務局費の中の11節需用費、先ほどの説明では5年に1回つくる副読本の印刷代ということでしたが、対象科目は社会科でしたか、対象科目と、それから編集はどなたがなさっているんでしたっけか。これまでもずっとありましたが、編集する方について伺ったことないんですが、そこのところと。何冊印刷するということで予算化したものかということが1点。
 それから、その下の13節委託料です。町内小学校陸上競技大会審判委託料、これは委託先についてまず伺います。あの、予想はできるんですけど確認かたがたということで。
 それから、その次のページ、163ページ、13節の一番下の外国語指導助手業務委託ということで今年度は1人ふやして対応するということですが、この方の選び方ですね、ほかのところでは外国語指導助手やそれから英語の先生の選び方として、米国と限らず、米英国に限らず英語圏の先生を選んで、そこでの英語の学習とともにそこの国のいろんな生活の仕方だとかもさまざま学ぶ機会にしているということが報道されてもいたんですが、当町ではどういう国の方を採用する考えなのか伺いたいです。以上3点です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) まず、161ページの需用費の印刷製本費の件に関してでございます。これの対象科目といたしましては社会科の副読本になっております。町内の様子を多く取り入れた社会科の副読本を作成する予定でおります。
 それで、編集はだれが行っているのかというご質疑でございますが、教育総務課の学校教育専門監を中心としまして各小学校の先生方に入っていただいて編集をやっているところでございます。
 それから、何冊かということでございますが、600冊を印刷する予定としております。
 それから、13節陸上競技大会の審判謝礼ということですが、町の陸協さんのほうにお願いしておりまして、すいません。ちょっと頭から抜け落ちてしまいました。大河原町陸上競技協会のほうに委託をいたしまして、そちらから審判の方を15名ほど出していただいております。そこらに対します委託料となっております。
 それから、163ページ、ALTの選び方ということでございますが、どこそこの国という指定はいたしませんで英語圏ということでの選び方をする予定でございます。はい、松井委員さんがおっしゃられましたように、その国の文化等も含めて子供たちに教えていただきたいと考えているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 副読本についてですけれども、つい今年度から放射能に対する副読本が採用されるということになっていますが、その編集機関が私たちの、編集が私たちのかかわらないところで編集されているという、それで内容的にもちょっと何というか、疑問を持つ点が含まれているということなどもありまして伺ったわけでけれども、町内の歴史やそういうところを中心に編集するということの内容はわかりました。担当する方もわかりましたが、5年という長い、いわば子供の教育にとっては長い期間、使われる内容ですので、やっぱりそこには先見的な目で見た、そういう中身も含ませてほしいというふうに思います。そこのところを希望しながらお答えをいただきたいです。
 それから、審判についてですが、15名ということですけれども、そうすると、登録者は何人いて競技ごとに15名というのを選ぶのか、それとも常時、その15名がいろんなところに当たるのか、結構たくさん審判をする方、いらっしゃるんじゃないかと思いましたので伺ったわけですが、その競技ごとに違う人が順番で担当するのか、そこのところをお聞きしたいです。それから、というのは、審判というのは。
 それでは、163ページの英語の外国語の指導助手についてはわかりましたけれども、教育の中身としては、英語をきちんと学ばせるということに主眼を置いているんではないというような、そういうことも含めて文化的な面も理解しながら国際的な感覚を養っていくという、そういう目標を持って英語の外国語の指導助手を雇うということが言われていましたので、そういう点では今回は一歩違う方向で検討されたなというふうに私は評価したいと思います。それについてはお答えはいただかなくてもいいです。前の2点についてお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、2点お願いします。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 社会科副読本に関しますご質疑でございますが、5年間使うのだから先見の目を持って編集していただきたいということでございましたが、こちらも5年間使うことを想定してそういうふうな形で編集していきたいと考えているところでございます。
 それから、町陸上競技大会の審判謝礼に関してのご質疑でございますが、大河原町の陸協のほうの登録者の人数はちょっとわからないので、申しわけございません。後で生涯学習課長のほうから答弁させていただきます。当日の審判の当たり方なんですけれども、町の陸協の方だけではなくて、教育総務課、それから生涯学習課、それぞれ職員総出で審判に当たりまして、あと学校の教員ですね、学校の教員も審判に当たりまして、その年その年で何の種目は何人張りつけるという形でこちらで配置をしているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 大河原町陸上競技協会の登録者ということの人数ですけども、ちょっと詳しくはわからないわけですけども、30数名というふうに記憶をしてございます。特に協会の方はそれぞれ公認の審判員ということでございまして、中には町外の方もおりますので、この15名ということは町内の方で審判をお願いをしているというような状況でございます。以上です。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかにございませんか。丸山委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 167ページの委託料のパソコン端末設定変更委託料、先ほど教師の異動に伴う変更となっていたんですけども、これもう少し中身詳しく、これ委託しないとできないものなのかどうかも含めてお伺いしたいのと。
 あと203ページの文化財保護関係なんですけども、毎年出てくるやつなんですけども、有形指定文化財管理者謝礼という中身と無形文化財指定補助金、こちら何団体でどのくらいずつ支払われているのか。
 また、今回震災で文化財の被害あったのか、またその保護に関してもお伺いしたいのと、あと町長の施政方針で無形文化財、無形民俗文化財の継承保護や後継者育成について支援や助成を行っていくのに関して、予算組みでどの程度反映されたのかお尋ねします。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。違う。失礼しました。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) それでは、担当の佐藤係長のほうより回答いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯教育総務課技術主幹兼施設管理係長兼学校教育係長(佐藤勝弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課技術主幹兼施設管理係長兼学校教育係長(佐藤勝弘君) はい、先ほど質問ありましたパソコン端末設定変更委託料につきまして回答させていただきます。今回初めてパソコンの端末委託料を予算化させていただきまして、平成21年度に各学校の情報処理のために備品購入をしておりまして、それから2年、3年目に入っているという状況でありまして、各学校のほうからも要望があったことなんですけども、新年度、あと年度末、学校のほうの人事異動等がありまして基本的には先生方も机の配置等がすべて変わったりしまして、設定の方法が基本的にはすべて入れかえしたりする作業が出てくるということがありまして、今までは1年目につきましては東芝情報機器さんのほうで備品を入れていただいたのでそこで保守管理ということだったんですけども、備品購入ということで保証期間も過ぎたということからこの委託料を予算化させていただきました。基本的には年度末の先生の入れかえ時期に再度設定し直すということが作業となります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 203ページの文化財関係でございます。有形指定文化財管理謝礼というような中身であります。有形指定文化財については、一応国の指定と町の指定ということがあるわけですけども、一つ目の大高山神社ですけども、これは国指定の一応鰐口ということでございます。
 二つ目は、東のお寺、繁昌院ですけども、これは町指定であります。これは阿弥陀如来像ですか、あとは三つ目は香林寺ということですけども、これも町指定の薬師堂の板碑群というような中身でございます。それで、1万5,000円というような金額ですけども大変少なくて申しわけなかったわけですけども、管理の御礼ということで5,000円掛ける3団体というような状況でございます。
 あとは、今回の震災関係での被害というふうなこともあったわけですけども、これについては何とかなかったような状況でございます。
 それと、そのほかにその下の19の負担金補助及び交付金、この中に無形文化財指定補助金というようなことがあるわけですけども、これ小山田やすとこの保存会ですね、それとあと堤神楽というようなことで、それぞれ大変これも少ない状況ですけども3万8,000円ずつ保存会の運営補助というようなことで予算を計上させていただいているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか、丸山委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 そうすっと、この最初の167ページのパソコン端末変更、今までは業者がやってくれていたということなんですかね。新たに保守点検の、最初買ってもう3年になるんで今度は予算組みで変更するという形でよろしいんですかね。
 あと、さっき文化財関係についてはわかったんですけども、町長の施政方針がどの程度、反映されたかだけお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 その1点、お願いします。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 施政方針にどのように反映されたかということですね、今回特に民俗収蔵室、あの辺は大変被害も大きかったわけですけども、それらに若干予算を計上しながら今、いろいろ作業関係に取り組んでいただいているわけでございまして、データバンク……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 もう一回言ってもらえば。ちょっと、今質疑が違ったようなので、もう一度、丸山委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 24年度の町長施政方針に、無形民俗文化財の伝承保護や後継者育成について支援や助成という形がのっているので、それが予算にどの程度反映されたかという質問。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 もう一度、生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 失礼しました。予算関係については、一応先ほどお話をいたしました無形文化財の指定補助金というようなこと、(「1万5,000円で」の声あり)大変少ない金額でありますけれども、そんな状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 いいですね。(「はい」の声あり)
 ほかにございませんか。堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 169ページのことしなくなった、歳入のほうでお話しあったんですけど伝統文化の関係ですけども、ことしはなくなって補正のほうで何とか対応したいということで県のほうと協議しているというふうなことなんですけども、やっぱり伝統文化関係というのは、子供たちにとって非常に私は必要だと思うんですね。補助は2年だっけ、中であいずが終わったということでも金額的にもさほどかかるわけでもないのでね、補助が終わったから事業終えるということじゃなくて、もちろん、事業内容は精査する必要はありますけども、必要なものは大したお金かかんないんだったら、やっぱり町独自でも継続していくべきではないのかなというふうには思います。ぜひ補正で、県の補助が対象ならなくてもやはりとっていただくよう、これは要望しておきたいと思います。
 それから、191ページです。社会教育費の中の報償費、コーディネーター謝金と学習アドバイザー謝金とか、まだ講師謝金、安全指導員謝金、それから下に講師謝金、講師謝金同じ二つあるんですね。同じ項目の中に何で講師謝金と同じような名称二つあるのかということと、それから各内容ですね、どういうふうな、新しく出た部分ありますので、どういうふうなことをする業務なのか、それに対する謝金なのか、それをお答え願いたいと思います。
 それから、同じく12節の役務費もそうなんですけども、保険料、保険料と二つあるんですね。傷害賠償、傷害賠償と。多分損害補償関係とボランティア関係の部分でないかなと思うんですけども、何か同じ項目の中に同じものを二つ入れるというやり方は、もうちょっと説明不足でないのかなと。一本にまとめるか、さもなければ、例えば損害保険料だったら損害賠償で総合補償ですよとか、例えばその下についてはこれは損害補償賠償分についてはボランティアの分ですよとかというふうな区切りを私はつけるべきだと思うんですけど、上の講師謝礼だって何の講師謝礼用だかわかりませんので、この辺、ちょっとお答え願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、生涯学習課長、2点ですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) まず、報償費でございます。いろいろ同じような名称などもあるわけでございますけども、一つは189ページの下のほうにコーディネーターの謝金というなのがあるわけですけども、これは放課後子供教室関係のコーディネーターという謝金でございます。特にこれについては教室の運営のために教育委員会と学校、参加者の保護者との連絡調整を行っていただいているというのがコーディネーターの役目でございます。
 それと、その下に学習アドバイザーというふうなことがあるわけでございますけども、これも放課後子供教室関係の子供たちの学習を一応サポートしていただいているというようなことでございます。
 それと190ページ、191ページにも安全指導員の謝金というふうなことでございます。これについても放課後子供教室関係の子供たちの安全管理を図っていただいているというふうなことで、地域の方々とか、あと大学生にお願いをしているところでございます。
 あと、地域コーディネーター活動謝金ということで下のほうにあるわけですけれども、これについては学校とボランティアの連絡調整を行いまして円滑に支援活動関係を行えるようにということで、地域のコーディネーターということで、これは学校支援関係の中身でございます。
 あとは役務費の中ごろ、191ページの中ごろの保険料、傷害賠償保険料、傷害賠償と下にもあるわけですけども、これについては、上のほうについては放課後子供教室の参加者といろいろ今お話ししましたスタッフの一応保険料ということでございます。あと下の関係の保険でありますけども、これは学校支援本部事業に伴うボランティアの方々に掛ける保険でございます。大変いろいろ複雑に同じ項目があるわけですけども、今後、このようにないように一応していきたいというふうに思っております。以上です。(「講師謝金」の声あり)
 大変失礼しました。講師謝金関係ですけども、放課後子供教室関係、それとあと生涯学習関係と家庭教育関係の中身でございます。あと下の講師謝金については、今度、共同教育プラットホーム関係の事業の一応講師の謝金というふうなことで計上させていただいたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 注文ですけども、やはり予算書関係はだれが見てもわかるような内容での説明にしていただきたいなと思います。どういうふうに受け取ったらいいのか全然わからないような記載の仕方でなくて、やはりいろいろ事業ごととかいろいろあるんだろうけども、もっとわかりやすくね、こういうことですよという形での、特にここで言うと講師謝金とか保険料とか、その部分のところの明記をお願いします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかにございませんか。枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 えーとですね、177ページの金ヶ瀬小学校の、大河原小学校とかほかにも出てくるんですが、修学旅行など見学料ということで、小学校は多分会津若松だと思うんですけども、ことしの会津若松、福島に行かれたのかと、ことしというか、23年度ですね。24年度はどこに行く予定なのかというのをお聞かせ願いたいことと。
 去年の平成23年度の中に、今回予算にないんですけども、原材料費の中に節の16、例えば去年のやつでいきますと、竪穴式住居の補修材ということで10万円、多分予算化されていたと思うんですが、ことし、それがちょっと抜けていてなぜ抜けているのかということと、ちょっとこいつは教育長に聞きたかったんですが、例えば竪穴式住居自体、今後、学校教育の一環として残していったほうがいいものかどうか、ちょっと親の人たちがずっと管理してきているんですけども、大河原町の教育委員会の考えとしてその辺の考えをお聞かせください。
 あと、もう一つなんですが、金ヶ瀬中学校関係で修繕料、11節需用費修繕料があるんですが、前にも一般質問させていただいておったんですけども、例えば体育館のバレーボールの支柱の立てるとこのやつとか、あと消火栓の壁に出ている消火栓の金属の箱のあそこのガードというか、角に何かプロテクターみたいなものと言ったんですが、今回それがこの内容に反映されているのかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 12時になりますので、答弁は昼食後、午後からやりますので、昼食のため。
     午前11時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開いたします。
 枡委員の答弁より行います。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) はい、それでは、午前中の枡委員さんのご質疑に関しまして答弁させていただきます。
 初めに、ページ177ページの修学旅行見学料に関してでございますが、23年度の修学旅行、小学校3校とも会津若松のほうに行っております。会津若松ということで保護者の方が心配されるということもあったんですが、現地の放射能の状況を確認し、それを保護者のほうにお伝えしながら修学旅行を実施させていただいたところでございます。
 24年度に関しましても、同じく会津若松を予定しているところでございます。
 それから、同じページの16原材料費でございますが、23年度の原材料費で枡委員さんがおっしゃられるとおり、竪穴式住居のカヤぶき屋根の修繕を予定しておりましたが、こちらに関しましてもカヤぶき屋根にするためのカヤの放射能の汚染が心配されましたために、23年度中止しているところでございます。今後の竪穴式住居の考え方につきましては、後ほど教育長のほうより回答させていただきたいと思います。
 それから、金ヶ瀬中学校の体育館のバレーボールの支柱、それから消火栓に関しまして修繕料の中に含まれているのかとのご質疑でございますが、このお話を枡委員さんからいただいたのが12月の定例会の席だったと記憶しております。12月の定例会の席ですと、当初予算がほぼでき上がっている状況です。バレーボールの支柱に関しましては、学校のほうからもお話がありましたので、24年度の、どんな修繕が出てくるかわからないのでもろもろの修繕費ということで予定している予算がございますので、その中でバレーボールの支柱の改修を対応させていただきたいと考えております。
 それから、消火栓の改修に関しましては、学校のほうからはお話し合いの中では上がってこなかったのですが、今後、検討してまいりたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) それでは、私のほうから、枡委員さんのほうから金小の竪穴住居の位置づけをどう考えているかという質疑でございますが、これにつきましては、新教育課程が24年度から、小学校は23年度からですか、なっていますが、その中では特に伝統文化、先ほど来、出ていますが、日本の伝統文化の継承を含め意義づけ、教育、重要だとうたわれております。そういう意味からすれば、この金小の竪穴住居の教育環境というのは非常に重要でないかなという認識はしております。しかし、教育委員会としては、これがどうしても何が何でも教育上、必要だからそれを管理しろという教育的な位置づけを強調しているところではございません。あくまでもこういうものにつきましては理解しながらも、地域の実情ですね、置かれた学校現場の実情に合わせて対応すべきではないかと。許されることであれば、それは結構なことでありますが、そういう状況を勘案の上、学校教育計画の上で校長の教育計画の方針のもとに、そしてまた地域の方々、特にこの場合には金ヶ瀬小の地域の方々、大分お世話になっているといいますか、そういうことと聞いております。そういうことからして大変なこともあろうかと思いますので、その辺は地域の事情によって学校の教育方針をあわせて検討していくべきではないかなと思っております。とにもかくにも教育委員会としてそのことを特に維持しようという方針にはございません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 修学旅行なんですが、会津若松、多分大河原より線量低いと思うんですけども、それで、ただ、けさの新聞見たら、仙台市内の小・中学校が福島の修学旅行を敬遠しているという話があったもんですから、当町、どうだったのかなというふうに思って質問させていただきました。先ほど保護者の方からいろいろお話が出て、線量の説明をしながら納得して行ってもらったということだったんですが、各学校3校、全部保護者の方からそういったもの、苦情というか、心配なお話が出たのか、その辺お伺いしたいのと。
 あと、バレーボールの支柱、わかりましたが、結局体育館の中でどうしても壁と、この間もお話ししたんですけども、コート、バスケットするにしても、バレーボールするにしろ、幅がないもんですから、そしてそこに出るような感じで消火栓のボックスがあるんですね、金属製の。それにプロテクター、ぜひ早急に検討して設置していただきたいなと思っているところでございます。
 あと、竪穴式住居につきましては、ここ何十年というか、結構の期間、町の方々が、先輩、PTAの方々がいろいろ維持、メンテしてきたったんですけども、今、町の教育委員会がどうのこうのということではないと言うんですけども、やっぱりカヤをふく職人というのはなかなかいないんですね。多分金ヶ瀬でもいないのかなと、そういった話、ちょっと聞こえたもんですから、あと先ほどおっしゃった放射能の問題でカヤ刈りに行ってどっから仕入れたらいいかわからないというような話も聞こえてきますので、多分、金銭的な何というか、そういった経費的な面も多分後から出てくるのかどうかわかりませんが、ぜひとも金小学校のPTAとか、学校のほうから相談があれば、相談に乗っていただけないかなというのが一つでございます。その辺、よろしくお願いします。答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 修学旅行に関して、各学校3校とも保護者から声が上がっていたのかというご質疑でございますが、大河原小学校では確かにそういうふうな心配される声があったということを記憶しております。南小学校もあったやに聞いております。金ヶ瀬小学校はちょっと記憶に残っておりませんで、大変申しわけございません。
 それから、消火栓のプロテクターというお話ですが、今後、学校と協議をさせていただきながら検討してまいりたいと思います。
 それから、竪穴式住居の修繕という形でございますが、これまでもPTAを中心として竪穴式住居の改修等を行っていただいております。学校のほうから相談があれば、相談に乗っていきたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに、岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 164ページの上の段の学力充実支援事業なんですが、去年、ことし、2年度で終わられたということなんですが、これは非常に子供さんの学力向上にはすごい成果を上げた事業だったと思います。学習とか、そういうプリントとかで先生方、やるんですけれども、本当にこれは今、収入の差が学力の差になっているということが全国的に傾向として見られまして、今後、やっぱり学力の底上げというか、さらなるやりがいになって子供たち、楽しみな授業であり、成果を結んで町独自に今後、どのように取り組んでいただけるのかということをお聞きしたいのが1点と。
 枡委員の金ヶ瀬小学校と同じで、大小体育館の167ページの13節委託料、上から4番目の体育館内壁等改修工事についてですが、これも前々から屋内であそこ、サーカー、バレーボールもいろいろやっているんですけど、何というんですか、防犯ベルというんですが、非常ベル鳴らすところなんかに高飛び用のマットを当てたりとかして当たらないようにしてずっと前からやっていたんで、そこも防護さく、そういうものも含めて対応していただかないとまずいのと、ちょっとピアノも邪魔なんですよね。本当にあれ、コートから近くていつ事故起きてもおかしくないところにああいうかたいものがあるので、本当に間もなく卒業式ですが、私らもシュートとかしてピアノに当たって本当に申しわけなかったり思ったりしているので、その改善も含めてそういう改修の見込みがあるのかお願いしたいのが1点と。
 あと173ページ、南小学校の工事請負費の外周フェンスなんですが、どの部分やるのか、ちょっと詳しく教えていただきたいのと、お気づきであれば、体育館に行く方もグラウンドに行く方も、使用する方は校門入ってすぐ右のほうに行って金網沿い通って体育館のほうに行くんですけども、あそこ通るとき、ちょっと危ないんで、あわせてその辺の改修もしていただけないかどうかというのと。
 あとちょっと私、聞き漏らしたんですけど、触れ合いの丘の項目、ちょっと見つけられなかったんで、あそこも上のほう、ひび割れして危ない箇所あったのでどのようなことをしていただけるのかということと。
 あと、207ページの下から4番目、備品購入費ですが、10款5項2目の18節の、これ町長さんに去年、聞いていたんですけども、はねっこなんかで体育館施設、業者さん、もし町内で扱っているところがあれば、そっちが優先でということで、こちらもそのような対応いただけるのかというのを生涯学習課長、お聞きしたいというの、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 申しわけありません。1番目の学力向上に関する今後の取り組みということでございますが、2カ年度で事業は終わってございますが、申しわけありません。ページ数が165ページです。学力向上事業終わっておりますが、22年、23年度の2カ年度で終了しておりますが、今後の取り組みということでございますが、問題集システムというのがございまして問題集を取り出せるようなシステム、それを24年度以降も各学校とも国語、算数、理科、3教科分を今度は学校のほうに予算化させていただきまして、それで利用していきたいと考えております。
 それから、167ページの体育館の内壁等改修ということでございますが、ひび割れですとか壁の落下等もございますので、防護さくというお話を今いただいたところでございますが、防護さくが必要なのかどうなのかも含めまして、今回設計委託を行いますのでその辺をしっかり見ていただいて設計のほうに取り入れていきたいと思っております。
 あと、ピアノが邪魔になるというか、運動するときには障害物になってしまうというお話もございましたので、その辺もちょっと検討させていただきたいと思います。
 それから、南小学校の触れ合いの丘が出てこなかったということでございますが、(「私が聞き逃したんで」の声あり)ああ、そうでしたか。171ページの南小学校の修繕料の中に触れ合いの丘の、岡崎議員さんおっしゃられるとおり、ひびが入ってきてて、崩れるまではいかないんですけれどもひびが入ってきているのが見えている状態がございますので、そちらの環境整備を修繕料の中で実施していきたいと考えているところでございます。以上です。
 すいません。それから、南小学校の外周フェンスの改修工事、どの部分かというお話でございましたが、南小学校のグラウンドの角田側といいますか、物を入れる外に倉庫あるんですけれども、倉庫の奥のほうの外周フェンスなんですが、そこのところをちょうどがけのほうに出入りができるような管理上、なっているんですが、そこのフェンスが非常に傷んでおりまして出入り口のドアですとかも非常に傷んでいる状況です。それから、少年野球をやっていらっしゃる方々からも、野球をやっている少年がボールを打ったときにそこのフェンスからがけ下のほうにボールが落っこってしまって取りに行くのも危険なので、あそこのフェンスの改修をしていただきたいという要望等もございまして、その部分の改修をさせていただくものでございます。
 あと、駐車場から校庭内に入っていくときのフェンス、入りやすいようにというお話でございましたが、今後、検討させていただきたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 207ページの備品関係でございます。トレーニング関係の備品ということで、体育館のほうに設置するトレーニング関係、これランニングマシーンというようなものでございますけども、町内を優先させるのかというようなご質疑でございます。一応見積りなどは町内の業者からとっているわけでございまして、指名願いが一応それが出ていれば、町内を優先をしていきたいと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 これ10款1項1目、165ページに関しては、学校独自には参加してやっていただけるというのは、今までどおり教務主任の先生とかが同じように対応していただけるというように受けとめてよろしいのかというのが1点と。
 大小体育館、167ページについては、ピアノの収納するスペースをぜひ前向きに検討していただきたいというのと。
 あと173ページの外周フェンス、確かにあそこ危なくてですね、出入りもできるような構造になっているんですが、もう一つお願いしたいのは、外周フェンス沿いにあそこ、側溝あるんですよ、ずっと。あの側溝、結構雨降っても流れてなくて、私、はかったら線量高かったので、工事するついでと言ってはおかしいんですけども、側溝のほうもちょっとさらっていただくとか何かしていただくとか、あとあけ閉めできるところからあったとこの下のところもボール拾いに子供たち入っているの、私ら見ているんです。でも、あそこの草とかも線量高いとごとかあったので、草刈りとかもできれば要望しておきます。
 あと、ランニングマシーンの件、207ページについては、昨年以降、町内で対応できる業者さんには指名願いのほう、出していただくように指導するということで私、去年、お約束いただいていたように受けとめていたんですけども、当然、出ているとは思いますのでぜひその方向でお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 165ページ、学習プリントのデータベースシステムなんですけれども、これに関しましては、従来と同様に使えるような予算を各学校につけてございます。
 それから、大河原小学校の体育館のピアノの収納スペースということでございましたが、計画の中でどこまで組み込めるか、ちょっと今即答はできかねるところではありますが、協議の中にその部分も入れてできるかできないかもあると思いますが、検討していきたいと思います。
 それから、外周フェンスに沿った側溝、それと周りの草刈りということでございますが、工事にかかわらず南小の学校業務員の方が側溝清掃ですとか、草刈りもやっていただいておりますので、その辺は引き続きやっていただくようにお願いしてまいりたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。ほかに、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 ページ169、ここに各学校に18備品購入費、図書の購入でありますけれども、この前、一般質問でも放射線の副読本について質問させていただきましたけれども、その際、参考資料、参考の本ということで教育長にお渡しもしました。それで、新年度予算を今審議しているわけですけれども、今後の24年度の図書の購入に当たってですね、ぜひ検討していただきたいということですが、その点では、この前の一般質問の中では何か前向きなような姿勢を示していただきましたのであえて今後の中で検討できるのかどうか、再度、ここで伺いたいというのが1点であります。
 それから、ページ201です。あわせて図書館の、18に備品購入費として、これは図書館の設備関連ということで31万5,000円ですけど、この中に図書というのは入っているのかどうか、ちょっとそれもあわせて伺いながら、なお図書館には結構利用者が多いのでそれも一緒に検討していただけないかということです。
 それから、ページ203ページです。文化財に関することですけれども、先ほど丸山委員からも出ましたけど、無形文化財、ごめんなさい、19の負担金補助及び交付金の無形文化財です。3万8,000円ということで同じになってますけど、これは実情に合った金額の設定なんでしょうか。以前にも私、取り上げさせていただきましたけども、特にこの衣装というか、衣装を身につけるんですよね。当然、衣装はクリーニングというのも出てきましてかなり高いんですよね。そんなことで毎年とは言いませんけれども、あるいは毎年になればいいんですけど、その辺の状況を把握しての補助金なのか、わかっているんだけどこれ以上、上げられないのか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 図書購入費に関してでございますが、教育長のほうより答弁させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) 万波委員のほうからの図書購入に関することで、過日の議会での図書情報提供に対する今後の、ないしは今の様子ということでございますが、過日いただきました情報につきましては、早速拝見させてもらいました。で、教育上の使用としては当然生かすものでもあろうかと思いますし、そのよしあしの判断については、やっぱり学校側に判断を任せるべきだろうと思います。そういう意味で、当然、資料としてはお預かりしましたので、その情報提供の準備はしてあります。今後、こういう図書購入費の中に含むかどうかは学校の判断をしてもらいながら、させながら必要な情報にあっては購入の段階に入るのではないかと思っております。そういう段階でありますので、以上、報告かたがた、答弁としたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 201ページの下のほうの18の備品購入費ということでございます。図書関係の備品については一般図書と児童書ですか、また子供たちがメーンですけれども紙芝居とか、あと絵本ですね。そういった部類と、あと若干の視聴覚関係のビデオ、CDなどの購入ということで450万円ほど計上させていただいているところでございます。この図書館設備関連については館内の電話機のシステムの更新という内容でございます。そんな状況でございます。
 それと、203ページの文化財関係の負担金でございます。大変経費がかかっているというのは大変実情はわかっているわけですけども、わかっているのが現状でございます。(「わかっているの」の声あり)実情に合った金額ということですけれども、その辺は大変経費が少ないということは重々知っているわけですけども、そういったことで現状は知っているものの、経費は上がっていないというのが現状でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 最初、教育長からそういうお話しありましたので、ぜひその点では進めて今の教育に本当に生かせればいいなと。正しい情報を伝達できればいいなというので、なお学校側によろしくお願いしたいというのが1点です。
 それから、図書館についてはですね、201ページ、図書の視聴覚関係ということで450万円の中に図書の購入も入っているということですが、担当課長にこの前の参考になる本、お見せしていないのでできたら教育委員会のほう、教育長のほうにもお渡ししていますのでぜひ見ていただいて、図書のこれからの購入するに当たってですね、ぜひ設置をしていただければいいなというふうに思います。それで、放射能については確かに両極端ですけども、大したことないと言うのと、いや、そんなことないと言うのと、二通り、やっぱりあるんですね。それで、町はそういう点では何というんでしょうか、できるんならば両方、それは設置されたらいいとは思うんですね。読む方がどれを、両方読んで自分なりに受け取るのはその方の自由なんですけども、ぜひ放射能に関する図書の購入も私が教育長にお渡ししたのを参考にしながら置いていただきたいということをお願いしたいなというふうに思います。
 それから、無形文化財についてはですけども、重々知っているけどもこの金額だということですが、もう少し、恐らく補助金はこれは口座振替ではないんですか、補助金というのは。恐らく現金を直接ということはないんで、口座だと思うんですが、その辺もちょっと伺いながら、口座ですと、何というんでしょうか、団体といろんなお話を聞くとか、そういうことというのはあるんですか。ちょっとそのことをまずお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 203ページの文化財関係ですけども、口座の振替をしてございます。あと、団体については、当課の3階のほうに団体の方なども上がってきていただいていろいろお話はしているところなんですけども、経費については重々足りないんだというお話などもあったわけですけども、こういった金額で我慢してもらっているというのが状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 担当課長に、とにかく図書のことはまずお願いしたいということと、今の文化財については、とにかく無形文化をこれからもずっと伝承し、守っていくということは、とても大きな町にとったら財産ですので、少ないというのは重々わかっているのであれば、これは副町長にも今後の中で検討していただくのと同時に、やっぱり検討する上できちんとした状況把握をしていただいて、特に先ほど言いましたけど衣装というのはクリーニング、物すごくかかるんです。だから、そういう点ではもう少し引き上げをして町でもそういう点では育成していくという観点からも大事ではないかと思いますので、副町長にお願いしてお答えいただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、よろしいですか、副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯副町長(目黒敏明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(目黒敏明君) はい、万波委員は、その団体から事情を十分聞いているのかどうかわかりませんけれども、町のほうでは当然、年間の収支を出してもらってここの補助がどのように使われているのかというのを十分チェックをして、そして補助を出しているわけでございます。実際に活動の中では収入というものも当然あるんですよね。その中で運営をして、今担当課長が足んないのもあるという話、していましたけれども、そういう話があれば、当然、町のほうに不足があるということであれば、協議をさせてもらって増額ということも当然考えられますけれども、現在のところ、そういう話はないんです。だから、そういう状況を考えますと、いきなり今言われたから上げますということは考えられないというふうに思うところです。
 あと、もう1点、クリーニングは当然かかるかと思いますけれども、衣装更新するとか、太鼓を更新するとか、そういう場合もありますね。それは2分の1、町のほうで出すというふうに決まっていますので、そういう意味合いでも、要するにその団体からの要望、そういうものが出てきて初めて町で対応、検討するということになりますので、よろしくお願いします。(「十分わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 163ページ、13節のALTの業務委託、コストの抑制、人材の安定確保のために業務委託を選択されたのか。
 それと、167ページの工事請負費、備品の耐震対策は予算化されておりませんが、備品等は対処済みで安全ということなのか。
 次、198ページの図書館費の駅前図書館、手狭になっているので1階まで駅前図書館を拡張する計画に変更はないのか、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 初めに、163ページ、外国語指導助手の業務委託に関しまして、今回は外国語指導助手の方を新たに1名、お願いする予定での予算を組ませていただいておりますが、今、ALTをお願いしているJETであると、こちらの要望、日本語のわかる方とかというような要望がなかなか通らないということもありますので業務委託という方法で考えてみたところでございます。大河原町といたしましては、外国語指導助手の業務委託、初めてでございますので、とりあえず1年間やってみて、いいところ、悪いところ、出てくるとは思うんですけれども、事前にある程度、調査もしたところではございますが、実際にやってみてどうなのかの検証をしながら25年度につなげていきたいと考えているところでございます。
 それから、167ページの工事請負費の備品の安全対策ということでよろしかったでしょうか。(「備品の安全耐震対策」の声あり)備品の安全耐震対策…。(「予算がないけど、もう安全だということですか」の声あり)はい、各学校の備品に関しましての安全対策ということでは、まだ実施はされておりません。今後、検討していかなければいけない課題であろうと考えているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 図書館の拡張関係というふうに思うわけですけども、図書館の拡張関係の事業ということで、第五次の長期総合計画を作成に当たりましては、以前から課題でありました、あるいはまた今回、教育部会のコラボ委員の方々より、いろいろ学習スペース、さらに閲覧スペースの確保は必要だという提言をいただいたわけですけども、そういった拡張事業としましては、経営計画に位置づけをしたところであります。当時、オーガの1階の空きスペースを確保できる予定であったわけですけれども、急遽、ハローワークがオーガに移転するということが決まりましたので断念したところでございます。経営計画にはきちんと位置づけをしてございますので、年度、さらに拡張の工事の金額については、計画の中では一応調整中ということで掲載をしているわけですけども、今後についてはオーガの空き状況などをみて対処していきたいというふうに考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 1年間、まず業務委託ですけど、1年間の試行ということですけど、もちろん、担当課長、よくご存じでしょうが、日本人教師は業務委託のALTと授業中、会話をしてはいけません。事前事後の指示も打ち合わせもできません。つまり、情報交換とか授業改善がリアルタイムではありません。ですから、現場の意見を十分に取り入れた結果の選択なのか教えてください。
 それと、学校備品の耐震の安全対策ですが、今、今後、対処するとのことですが、ぜひこの転倒防止に関してもけがの防止ばっかりじゃなくて避難経路の確保とか、図書館の図書とか、とにかく至るところ、どういう状況で子供たちがいるかわかりませんので、至るところをチェックしていただいてぜひ予算化して対策を講じていただきたいと思います。
 それと、駅前図書館ですけど、ということは、2階部分に拡張する可能性が強くなると思いますけど、当初の計画どおりの図書館機能は十分にそれでも発揮できると認識してよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 今回の外国語指導助手業務委託契約について、現場の意見を取り入れているのかとのご質疑でございますが、全員の先生方のご意見を取り入れるということはまずやっておりませんが、一部の先生方のご意見は伺っているところでございます。
 それから、備品関係、先ほど私の頭の中でも書架という形での安全対策はまだとっておりませんというお話をさせていただいたところでございますが、備品の中でもテレビですとか、パソコンですとか、一部に関しましては地震対策はとっているところでございます。地震対策をとっていない一部のもの、書架ですとか、そのほかの地震対策をとっていないものに関しましては、今後、検討をしていきたいと思っているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 十分発揮できるかというような、2階ですけどね、本当に1階がいいスペースがあったわけですけども、そういったことでハローワークが来るということで断念をしたところでございますが、図書館については、やはり今、オーガでありますので、やはりオーガの中にということが前提でございます。特に今後ですね、2階、今のところ、大分埋まっているわけですけども、そういった空き状況がどうなのかということ、今後、長期的に見ていかなければならないのかななんていうふうに思っているところです。十分発揮できるかというふうなことについては、空きスペースによるものかなというふうに思っているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 業務委託だけなんですけど、先生ってもう指示も打ち合わせもできませんよね。授業改善したいときは業務委託先にその件を申し上げて、業務委託から今度、それが戻ってきて初めて打ち合わせですよね。つまりもう直接先生たちは打ち合わせできないわけですから、教育委員会は、学校と同じように教育委員会経由でそういうところに、業務委託先に改善内容を申し上げてその後、いただくということもできるんですか、学校側だけじゃなくて。じゃ、今でも業務委託、1年間、やると決めた以上はそのシステムでやるしかありませんので、少しでもその授業改善が短縮するようにぜひ教育委員会ともども頑張ってください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 要望でよろしいですか。(「いや、答え。いかがでしょうか」の声あり)では、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 業務委託となりますと、直接指示なりができないということはありまして、事前に細かな日程表、スケジュール表といいますか、そういうものの取り交わしを行いながら内容の調整をしていくようになるかと思っております。学校から直接会社のほうにということとか、あと教育委員会から直接会社のほうにということは可能ですので、そういうふうな取り扱いでやってみたいと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかにございませんか。松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 173ページ、これは小学校費の南小学校管理費に入ります。14節使用料及び賃借料の一番下の除細動器賃借料、南小学校だけが6万1,000円で、ほかの小学校、中学校合わせて4校は5万7,000円というふうな予算計上ですけれども、なぜこう違ってきているのか。というのは、器械そのものが違うのか、それとも新しい、古いによって違ってくるのか、理解できないのでこのところ、説明をお願いいたします。
 それと、小中学校5校に関する図書購入費についてですが、先ほど詳細説明のところで大河原中学校では充足率が足りないので、充足率が低いので今年度の予算は前年度に比べて15万円多い70万円を予算化したということがありました。ほかの学校の充足率については、今年度、平成24年度はどの程度まで引き上げようとしているのか、大中も含めてですね。それで、減らしているところ、大河原小学校は半額、それから南小学校も10万円、金ヶ瀬小学校は20万円ふやしています。金ヶ瀬中学校は30万円と減らしているんですが、充足率の関係でこの予算化はどうなのかというのをお聞きしたいということです。
 それと、駅前図書館について伺います。201ページですけれども、14節使用料及び賃借料、その中のオーガ施設賃借料ということで絵本の部屋の賃借料、床の賃借だと思いますが、これもずっと借りていることになっています。先ほど貴久委員からも出ましたが、読書のスペースを確保するという方向性が出されている中で、やっぱり賃借でいくような結果になるのかどうかということですね。絵本の部屋もずっとこのまんま、床の賃借で進めていくのか、24年度の予算化のときにどういう話し合いになったのか、ご説明をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 松井委員さんからのご質疑でございますが、初めに、173ページ、南小学校の14節使用料及び賃借料の一番下の除細動器賃借料でございます。これに関しましては、ほかの小・中学校と同タイプというか、同じ器械を借りているものでございます。ただ、ほかの学校と金額が違いますのは、ほかの学校が23年の5月1日契約更新ということで64カ月、5年4カ月分の契約をしております。南小学校は9月1日更新というか、9月1日から新たに南小学校で除細動器を借り始めたんですけれども、それで借りる期間が5年間という形で借りる期間が短いために単価が若干上がっているというのが実情でございます。
 それから、図書の充足率と24年度の充足率をどこまで引き上げるつもりなのかという、引き上げたいのかというご質疑でございますが、確かに学校ごとに図書購入の増減をさせていただいたところでございますが、23年度の学校図書の充足率、大河原小学校で95.3%、それから南小学校で107.6%、金ヶ瀬小学校で83.3%、それから大河原中学校では78.4%、それから金ヶ瀬中学校では97.8%という形で、南小学校は充足率に達したということで、それから金ヶ瀬中学校と大河原小学校に関しましては90%を超しているということで、金ヶ瀬小学校は83.3%ではあるんですが1人当たりの冊数が26冊いっております。ほかの学校ですと、十七、八冊というところかと思われるので、その辺も見させていただいての予算編成をさせていただいたところでございます。
 どこまで充足率を上げたいかということで、1年では100%になかなか学校を持っていけませんので、徐々に100%を目指す予定での予算計上をさせていただいております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 201ページの使用料及び賃借料の主な施設の賃借料というようなことでございまして、絵本の部屋につきましては、大河原商業開発株式会社、OSKという名称ですけども、より床を借りている状況でございます。これ平成26年度で10年間ということになるわけですけども、引き続きテナントとして使用になるというふうなことで、テナントの床を買うことも難しいというようなこともございまして、当分の間はこういった内容で賃借をしながら使っていきたいというふうに考えているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 終わりました、いいですか。はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 まず、一番初めの除細動器賃借料についての差額が出た理由はわかりました。理解できました。
 それから、町内の小・中学校の図書の充足率を含めたことですけれども、毎年、努力しながら図書の更新と新しい図書を入れているわけですけども、これに加えてですね、県の図書館との何というの、図書の借り入れ、借りる方法、そういうことなども取り入れて充足率の足らないところ、補えるという方法はあると思うんですが、十分になるまでそういう方法もあり得ると思うんですが、そういうことはお考えにならなかったのかどうかということ。
 201ページの駅前図書についてですが、絵本の部屋はずっと26年度までこのまま借り続けるということですね。そして、そのお答えがなかった分ですが、読書のスペースを広げるという場合に、やっぱり床を借り上げるという、そういう方法をとることになるのか、そこのとこの検討などを含めてどういう方向性なのかお聞きしたんですが、それについてのお答えありませんでしたのでお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) はい、県の図書館との連携というか、そういうことはとれなかったのかというご質疑でございますが、現在は県の図書館との連携はとれていない状況でございます。駅前図書館等であれば、県の図書館と連携はとれることかと思いますが学校とは連携はとれていない状況でございます。
 そちらのほうも利用して充足率をというお話ではありましたが、今現在、大河原町といたしましては、各学校の図書室の増冊数ということでの充足率の100%に近づけることを目指しております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 先ほど26年というような回答だったわけですけども、25年度までというような誤りでございます。大変失礼しました。
 それで、読書のスペースの確保ということですけども、いろいろこれ、金額的なものなども含んでまいりますので、回答ということではこの場でお答えはできない状況でございますので、ご理解願いたいというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに、岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 貴久議員からもあったんですけど、163ページの外国語指導助手業務委託についてですが、目の前にいる方とはるか遠くの方と糸電話みたいなことで返ししか、改善できない方向であれば、1年を目安に大きくさらによい方向の選択を大きく視野に入れた方向でも、ことしからおいでいただいたほうがいいのかなというふうに思いますのでご答弁をいただきたいのと。
 あと、毎年、聞いていることなんですが、205ページ、10款5項1目12節の地区体育指導協力員の保険料、これについて保険の内訳と、体育協力員の活動の内訳日数等々がわかればと。
 あと、その三つ下の19負担金補助及び交付金ということで、まん中のスポーツ少年団補助金、これ毎年、なぜ7万4,000円なのかということで、毎年聞きますがよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 今回外国語指導助手の業務委託という形で考えたのは、宮城県のほうのALTも業務委託契約で実施しております。また、この近隣でも結構業務委託契約でALTの方を雇っているという市町村があるものですから、まあ、確かに直接指示命令ができないというところも含めてやり方が多々あるのかなということでの、その辺の検討も含めての業務委託契約をさせていただきたいという形で考えたものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 205ページの12の役務費の保険料ですけども、地区体育指導協力員関係の保険の内訳というふうなことでございますけども、これはスポーツ生涯保険ということで1年間、適用になるわけですけども、1,850円ということで、現在、地区から大体60人ほど委嘱をしてございます。そういったとこで1,850円ということでございます。
 活動内容につきましては、一応、これは地区の区長さん方から信頼のおける方ということで推薦を受けまして教育委員会が委嘱をしているわけでございます。それで、活動関係については、年度初めに町におけるいろいろ事業関係があるわけですけども、そういった説明会なども開き、さらに開いているわけでございます。あとは地区でのお世話というのが一番じゃないかなというふうに思っているわけですけども、いろいろ大会等なども町で主催するものが大変多いということから、地区からの参加を依頼したりお願いしたりということと、あと23年度、町民体育祭りがあったわけですけども、そういった中での地区の参加をしていただきたいということと、あと、やはり区長さん方、選手集めなども大変なものですから、そういった選手集めとか、あとクロスカントリー大会などでは審判をしていただくなど運営補助などとしてお手伝いをしていただいているところでございます。特に町としましては、地区へのニュースポーツの普及というふうなことが一応定期的に地区の協力員の方を対象に開催をしているわけでございます。それとあと、体力測定会の開催ということで、去年は震災などもあってできなかったわけですけども、さらに地区の指導ということで地区の要望に応じてそういったニュースポーツなどは出前の研修などもしている状況でございます。
 それと、負担金補助及び交付金、スポーツ少年団の補助金7万4,000円ということで、一般質問の中でもあったわけですけども、補助金につきましてはスポーツ少年団の補助金ばりでなくて、各種町ではいろんな体育関係ばりでなくていろいろな補助金があるわけですけども、一つはふやすということになると、いろいろな面で波及が出てくるというふうなこともございまして、24年度も7万4,000円ということでなりましたので、一応ご理解をいただければというふうに思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 外国指導助手の業務委託に関しては、柴田町がやっているからいいというか、そういう発想ではないと思いますけども、先ほど貴久さんに言われたように、教育委員会と風通しのいい、そういう体制にできるようにご期待します。答弁は要りません。
 まず、スポーツを通してやっぱり町民のスポーツ振興、これ生涯スポーツ、当町スポーツの中で非常に重要なことだと思いますし、私もスポ少等々、コーチとか監督とか、人生かけて子供たちの指導にあった人がちょっとけがとかした場合にどうなのかとかということで去年も担当課に行って聞いたことはあったんですけども、言うのもおかしいのは、区から地区体育指導協力員は委嘱を受けたからという立場と、サッカー協会とかバストの協会とか通して子供たちをするコーチたちがどれほど格差があるのかといったときに、せめて2月の25日なんですけども、私の後輩がちょっとスポ少の指導中に大雪降ったんで朝9時から10時まで雪かきしました、グラウンドの。いざ始まってすぐに倒れてその場で急性心筋梗塞で亡くなったんですけども、まずスポ少のコーチとして20年ぐらい頑張ってきた彼は、そのとき、何もないんですね。個人的にはありましたけども、スポ少のコーチには何もない。体育協力指導員に関してはそういう保険等、掛かっているわけですが、そういうところも通して、例えばこれからあと卒業の時期とかよく来るんですけども、スポ少には子供たち、小学生の卒業した以降19歳までの子供たちも来るときに、この子たちけがしたらどうすんのかなとか、いろいろな不安がつきまとうんですね。町のほうで一貫して、そうやって来る方はスポ少のほうで登録してもらって、19歳まではスポーツ少年団員として認められているわけですから、そういうとき、何かあったとき等々、補助も含めて体育協力指導員の方にこういうことがあるんであれば、定員はあってしかりだと思いますし、グラウンドにおいても破格の値段で貸していただいているの、重々補助として私らも受けとめますが、ぜひですね、この点は前向きに考えていただきたいというとこあるんですけど、どうですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 一応サッカーのコーチの方、お亡くなりになったということで、我々もそれを聞きましてすぐ東部グランドのほうに駆けつけたところでございます。
 それで、施設、東部の体育施設で亡くなったわけですけども、町の施設に一応欠陥があった場合、そのためにけがをしたという場合については町もいろいろ保険対応するわけですけども、町では町民体育祭りとか、宮城ヘルシーとか、そういった町が出場を依頼する大会については町でいろいろ保険を掛けている状況でありますが、町のスポーツ振興のほかにですね、やはり町の文化の振興とか、さらには町の発展等に携わっている方もいろいろ多くいるというふうなことで、その辺の兼ね合いなども今後、考えていく必要があるのかななんて思っているところです。そういったことを踏まえると、私どもの考えというか、では、ちょっと結論は出ないわけですけども、出ないということで一応ご理解いただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 地域のコミュニティーが崩壊しつつあると言われて危惧される中で、コーチと子供たちの交流と小学生と中学生、中学生と高校生、最近は大学生で教師を目指す方なんかもスポ少のほうに来ていただいたり、私、子供、バスケットとかサッカーやっていますけど、隣で少年野球やっていたりとか幅広くそういうことを見ている中で、この世代間の交流、それこそ非常に重要だと叫ばれている中で、ぜひともこれは今までどおりではなくて、彼の遺言ではありませんが、何とかしてけろや、先輩とよく言われるもんですから、ぜひともその点について、課長では結論出ないでしょうけど、副町長、心からの答弁はいただければと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 いいですか、副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯副町長(目黒敏明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(目黒敏明君) 非常に補助をする関係は例年、凍結期を脱出できないことが続いています。しかし、この弊害というのはあるんでないかというのが多分岡崎委員の質疑の内容でないかと思います。実際にここのところ、ずっとそのような状況が続いてきております。そろそろこの点もですね、文化関係も当然、体育関係も検討しなくてならない時期に来たんではないかというふうに思うところでございます。これから当然、財政とも協議をしていかなければならない。せっかくここまで抑えてきたのにどうして上げるんですかというような話が多分出てくるかと思いますけれど、やはり町の活性化をねらうと、本当に生き生きした町民の活動をやはり手助けするということになれば、それなりの結果がついて来るんでないかというふうに私も思うところでございます。今後、協議をしてどのような結果になるかわかりませんけれど、十分に検討をさせてもらいたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに何人おりますか。2名ですね。
 休憩いたします。
 10分間休憩。
     午後2時08分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時19分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開いたします。
 質疑からお願いします。はい、枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 119ページの金ヶ瀬公民館費の15節工事請負費なんですが、さきほど十数台の駐車スペースを確保するためということでございますが、位置的にどの辺だか教えていただきたいのと。
 あと、18節の備品購入費、大集会室、必要ということでホールに置く扇風機なのか、そして台数、何台なのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 金ヶ瀬公民館の館長よりお答え申し上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯金ヶ瀬公民参事兼館長(岸 俊和君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯金ヶ瀬公民参事兼館長(岸 俊和君) それでは、お答え申し上げます。金ヶ瀬公民館の駐車場、今回の整備につきましては、恐らく枡委員もご存じだと思うんですが、玄関前のゲートボール場ですね、あそこが広表1号公園が完成したことによりまして広表1号公園の多機能運動施設、あそこでゲートボールをやるようになったんですね。それで、あそこは練習だと4面ぐらいとれますし、大会で2面とれるんです。それで、公民館の敷地内はもう使わないということで愛好会の了解を得ましたので、たまたまその駐車場がやっぱり、現在32台はとまるんですけども、やっぱりかなり人寄りがあったときは必要になるので、有効活用ということで今回駐車場整備ということで予算計上させていただきました。
 それから、大集会室の扇風機なんですが、できれば空調設備で欲しいということなんですがなかなかそれも厳しいもんですから、せめて扇風機ということで4台ほど購入する予定でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 そこの場所なんですが、あの辺の区長さんから持ち上がっていた防災資機材置くような倉庫置く場所はそこではなかったんですか。
 あと、扇風機、本当に暑いんですよね、いつも。汗だくだくなりながらみんなのやつ、見てるんですけども、副町長さん、予算ねえと言うんだべがらしょうがないんですけども、できるんであれば、もう少しきちっとした強力な扇風機をぜひともお願いしたいなと思います。
 駐車場の区長さんたちの防災資機材置く倉庫を置きたいという話もあったもんですから、そこどダブっているのかどうか、その辺、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯生涯学習課長(佐々木寿信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐々木寿信君) 金ヶ瀬公民館の館長よりお答え申し上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯金ヶ瀬公民参事兼館長(岸 俊和君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯金ヶ瀬公民参事兼館長(岸 俊和君) それでは、今の件なんですが、実はまだ私ども、正式には聞いていないです。この間、一回ぐらいだと思いますが、5区の区長さんがおいでになりまして、いや、実は館長にまだ話はしていないんですけども総務課のほうに要望してきたんだということはお伺いしました。それで、その場所につきましては、あそこの今回、ほら駐車場として整備する隣に陶芸室ありますけども、陶芸式と変電設備、キュービクルの間に、あそこ十五、六坪あるんですけども、そこにその金ヶ瀬5区の区長さんは建てたいんだというような話はありました。ただ、その結果については、総務課のほうでどのような回答になるのか、ちょっといまだ私のほうではつかんでおりません。以上です。
 すいません。あと空調の関係なんですが、実は長期総合計画の中では検討中ということになっているんですね、その空調設備。ですから、ちょっとその辺、私のほうでは今のところ、何ともお答えできないです。(「強力な扇風機だけお願いします」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。ほかに。松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 学校給食センター費についてです。それで、ページは211ページ、委託費の中ですが、下から2行目の調理業務委託料、これが昨年8月に更新した結果、更新時に料金が減って今年度の予算化ということの説明でしたけれども、調理業務に当たる労働者の労働条件には変更はなかったのか伺います。
 それと、前に戻りまして53ページです。53ページの上の2節給食費実費負担金に絡んで伺います。教育総務課長の話では、給食会で示された米飯とかパンの単価によって決まってくるんだというふうに給食費についてありましたが、一つ、私は県の学校給食会の直接的なかかわりは給食の段階でどこまでかかわってくるのか、牛乳についても、たしか学校給食会で差配して決まるというようなことを以前に伺っておりましたので、その点について伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、2点ですね。(「はい」の声あり)生涯学習課長。教育総務課長、失礼しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) ページ211ページの委託料、調理業務委託料、昨年の8月から契約更新という形で新たな契約に変わったわけですけども、そのときに人件費、個々の人件費、パートの方の人件費というものでは把握しておりませんが、人件費全体としてしましては、昨年より若干だけ上がっていたと記憶しております。この部分で下がったのかということでございますが、管理費とか、そちらのほうで下がっていたと記憶しております。手元にちょっと資料がなくて詳しくお話しできなくて申しわけございません。
 あと、学校給食費実費負担金関係で県の学校給食会とのかかわりということでございますが、給食センターの所長のほうより回答いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯給食センター参事兼所長(一條 正君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯給食センター参事兼所長(一條 正君)県の給食会とのかかわりなんですが、県の給食会とは毎日の御飯とかパンとか牛乳、また物資、一般物資も扱っておりますのでそういうかかわりがございます。
 あとは、給食の物資の選定もあわせて委員がおりまして、その委員に給食の物資、新たなる物資を選定していただいております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 211ページについては、それでは人件費では労働者にとっての影響というのはないというふうに受けとめていいんですね。
 53ページの給食会についてですけれども、県の学校給食会には町からも委員が出ていると思います、構成員として。そういう中で全体の食材にかかわって給食会がいろんなところで決めたりしているということなんですね。結果として大河原町の小・中学校の給食単価は今年度は変更はないんですか。昨年は小学校で1食275円、中学校で320円ということでしたが、この単価は変更はないのかどうか、確認。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 調理業務の委託料に関しまして、人件費、変わりないのかということでございますが、よかったですか、すみません。人件費全体に関しましては、設計内訳書で6万円ぐらい今回のほうが多くなっておりますが、それの中身、事細かな中身についてまでは把握しておりませんのでご容赦ください。
 それから、給食単価につきましては、昨年度と変更なしとなっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか、はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 211ページですけれども、委託の更新のときにはきちっとした書類で取り交わして委託をするということになっていますね。はい、わかりました。それじゃ、初めのほうの53ページはわかりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 いいですね。
 ほかに。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、質疑なしと認めます。
 これで歳出10款教育費並びにこれに関連する歳入についての質疑を終わります。
 説明員の入れかえしますので、そのままお待ちください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開します。
 次に、議案第28号平成24年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算の審査を行います。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) はい、それでは、議案第28号平成24年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出の詳細説明を申し上げます。
 初めに、歳入でございますが、229、230ページをお開きいただきたいと思います。
 1款1項1目特別徴収保険料と2目普通徴収保険料につきましては、前年度までの実績をもとに算定をいたし、計上したところでございます。収納率につきましては、特別会計で100%、普通徴収では98.5%、滞納繰越分では60%を見込んで計上いたしました。
 3款1項1目一般会計繰入金では1節の保険基盤安定繰入金につきましては、軽減分の繰り入れで昨年度より6.4%増の3,984万7,000円を見てございます。
 次に、歳出でありますが、233、234ページをお開き願います。
 1款総務費1項1目一般管理費で対前年度332万2,000円の増でありますが、新規では13節委託料の後期高齢者医療システム改修委託料の234万4,000円と、同じく14節使用料及び賃借料で、これらは後期高齢者医療システム、新しい後期高齢者医療システムの賃借料として122万1,000円でございます。これらは22年度に新、失礼いたしました。22年度に広域連合のシステム変更が実施されますことから、新たに変更が必要となり、増となるものでございます。
 235、236ページをお開き願います。
 1款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、保険料及び基盤安定負担金等で広域連合への納付金となります。
 以上、簡単ですが詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ではこれから質疑を行います。質疑はありませんか。万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 これに関してもしわかれば教えていただきたいんですが、対象者はこの前もこれでいろいろと説明もあったのでわかるんですけども、医療費の増大というのとか、それから若い人の人口がどんどん減っているので、そういう関係から、そういうことっていうのは後期高齢者の、何というんでしょうか、保険料とかにはね返ってくるのかなと実は思っているんです。ごめんなさい、この前、説明あったのは介護でした、失礼しました。後期じゃなくて。そういう点では、医療費の増大というのはどのくらいか見ているんですか、大河原町では。これは後期なんで、もしわかれば教えていただきたいということです。
 それから、これは広域でやっているからこれまたわかればいいんですけど、国の負担というのは全体的にどうなんですが、前年と比べると減っているやに、減っているというよりも、減れば保険料というのは高くなってくるんですけども、現在、県では保険料というのはどういうふうになっているんですか、前年度と比べて。上がっているんですか、同じなんですか、下がっているんですか、その辺、ちょっと大河原は一部分しかやっていないので全体がなかなか私たちには見えないところ、あるんですけど、以上、その点、伺いたいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) それでは、医療費の関係と国の負担の関係についてご説明を申し上げたいと思いますけれども、医療費につきましては、社会一般に言われるように、毎年上がっているというふうな状況です。医療費の推移を見て広域連合のほうで保険料負担割合等を指示されるわけですけれども、20年度から始まって22年度、今、第2回目というふうなことの見直しがされていまして、24年度には新しい保険料率が決められるというふうなことになってますけれども、今のところ、24年の保険料も若干の値上げというような方向で検討されているようです。
 実際に大河原町の医療費がどのくらいでということではなくて、宮城県全体の後期高齢者の加入者の医療費の状況が情報としては必要なわけでして、大河原町としましては、そこまで把握しておりませんので、詳細はよくわかりません。
 国の負担の関係ですけれども、国の負担割合というのは、直接的には保険財政基盤安定負担金というふうなところでしか出てこないわけですけれども、ここの負担割合につきましては、23年度と24年度に変更はございません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 後期高齢者の私、傍聴に行っていないからあれなんですけど、若干これ、全国的にはどうも上がるようですけども、若干、これはいつわかることなんですか、保険料というのは。それが一つと。
 それから、229、230に関しての1の保険基盤安定繰入金、この今、基金というのはどのくらい、これは関係ないんだっけ、基金というのは県で、保険安定基金というのは宮城県のほうでたしか基金があるんですよね。わかっていませんか。もしわかれば教えて。
 それから、もう1点、2の節の2、その他一般会計繰入金の事務費繰入金が前年度の当初と比べると大幅にふえていますが、この要因は何でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 少々お待ちください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ちょっとお待ちください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 引き続き佐藤補佐に答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 基金についてのご質問、ご質疑と、繰入金についてのご質疑でありますけれども、基金というのは、私、ちょっと聞いたことがありませんのでちょっと存在自体があるかどうかも含めてわかりません。町の関係としましては、基金はありませんのでお答えするというふうな部分がありませんということでよろしいでしょうか。
 それから、繰入金につきましては、保険料の納入の関係で前年度、前年度といいますか、例えば平成23年度の保険料の収納、23年度の収納なんですけれども、翌年の4月、5月、出納閉鎖期間中に収納になった分は次の年に納入と、広域連合の次の24年度の会計で納入というふうなことになりますね。その年度の徴収時期と納入時期の関係で一たん繰越金になった部分を次の年にさらに繰り入れて納入するという形になりますから、その分の金額が平成23年度の場合は大きくなる見通しだというふうなことでご理解をお願いします。
 事務費的にはほとんどプラス・マイナス・ゼロぐらいの状況でありますので、その辺のところでよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 一つ抜けていたんですが、私がちょっと言い方が悪かったのかな。保険料はこれいつ。(「失礼しました」の声あり)それだけ、若干というお話だったので、もう確定しているではないかと思ったんですけど、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 保険料の案は示されているんですけれども、恐らくまだ決まっていなかったんじゃないかと思います。後期高齢の保険料の賦課決定時期が7月になるもんですから、その前には正式に決定されるというふうに思います。(「はい、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。安藤委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯安藤征夫委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯安藤征夫委員 えっとですね、200円くらい上がるような気してたんだけど、ちょっとおれも。うんと、大河原でね、この保険料ですね、保険料、減免とかしないで普通にやった場合、年金幾らぐらいまでだと普通の料金になるんですかね。
 それからあと、相当高く払っている人もいるんですね。結局後期高齢75歳以上になって所得がいっぱいあるということだと思うんですけども、特殊な人、特殊な人でも、おれ、ある人から電話あって、おれ、毎月3万払っていんだけどって、3万でない、限度額が32万でしたか、ちょっと忘れた、その限度額ぐらい払っている人、何人ぐらいいるんですかね。わかればお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 引き続き佐藤補佐に答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 多分軽減の対象になるかならないかというふうな部分のご質問と、あとは限度額に達している人がどのくらいいるかというご質問だと思うんですけども、軽減の部分はですね、年金の額で120万円未満、ごめんなさい、120万円以上の方になりますね、年金の額で120万円以上の方が軽減にひっかからない対象の方というふうなことになります。細かく言いますと、そこから33万円というふうなところがあるんですけれども、とりあえずは120万円というふうなところでご理解いただいて構わないと思います。その方が所得割がなしで均等割の4万円、年額ですね、年額4万円というふうなことになります。月額3,000円ちょっというふうなことになります。最高額がたしか50万円だったと思うんですけども、50万円、後期高齢者の加入者の大体4%ぐらいというふうにご理解いただいてよろしいのではないかというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。では、ほかに。松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 230ページ、後期高齢者医療保険料の普通徴収保険料の2節滞納繰越分として59万1,000円の計上です。平成22年度、この予算を組むときに滞納者の人数はどのくらいで計上したのかということですね。
 それと、繰入金の中の一般会計繰入金の中の保険基盤安定繰入金、そのうちの基盤安定負担金、これは軽減分ですという説明ですが、当町の該当人数、概数でいいのでお願いしたいと思います。9割、8.5割、5割、2割の軽減人数についておわかりでしたらぜひ、おわかりだと思いますのでぜひお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、2点ね。町民生活課長。ちょっと今、お待ちください。では、町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) まず滞納の関係ですけれども、滞納繰越分の予算59万1,000円、22年度の当初の滞納者の数というふうにお伺いしたと思ったんですけども、約20名です。現在残っている方が8名、23年度の滞納繰越の部分につきましては、現在、あの鋭意徴収努力中でございますんで、最終的な数はまだはっきり確定はしておりません。
 それから、基盤安定繰入金の軽減者の該当の方の人数というふうなことなんですけども、ちょっと資料が多くて探せませんので、後で申し上げたいと思いますので、よろしくお願いしたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 この一番初めの普通徴収保険料の滞納繰越分ですけれども、大河原町の事業、後期高齢者医療保険制度での大河原町の役割は、保険料を徴収して納めるということが大きな役割なわけですね。滞納者の状況が一番おわかりになるのが大河原町の窓口だと思うのです。それで、この8人という現在の滞納者の状況については把握されているのか、どういう状況でなかなか保険料を納められないというふうになっているのか、つかんでいたらそこをお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 当然ながら人数も8人ですので一人一人かかわっております。100%でないにしても80%ぐらいはどういうふうな状況で滞納になっているかというのはわかっているつもりでおります。ただ、全額で59万1,000円、そのうちの60%ぐらいが徴収しておりますので、しますんで、残りが大体25万円ぐらいというふうなことなんですけども、1人年額で4万円とか、そんなもんなんですね。ですので、何とか頑張って納めていただくようにというふうなことで分納というふうな方法でやらせていただいています。1回当たり2,000円とか3,000円とか、そういった本当に金額、少ない金額でかかわりを持ちながら、当然年金生活とか、そういった方が多いんですけども、御飯食べるのと一緒でお医者さんにもかかりますし、そういった部分では少しでも滞納なくしましょうねというふうなかかわり方をして徴収努力をさせていただいております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 今の説明から、そうすると、資格証の発行というのはされていないというふうに受け取っていいですか、その点だけです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 当然ながら資格証を発行しておりません。短期証も発行しておりません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 231ページですが、去年、たしかゲートボール大会参加賞あったような気したんですが、3万円ほど、ことしはないというのは、このゲートボール大会、老人クラブの何の大会だったかちょっと忘れたんですけども、それが計上されていないということはゲートボール大会、ことし、ないのかどうなのか。
 それから、健康増進事業委託料、委託料の中の5万円、これ新しく出たようなんですけども、後期高齢者医療システム改修委託料も新たに出たんですけども、健康増進事業委託料って何なのか、具体的に示してほしいということと、その下の使用料及び賃借料のシステム関係なんですが、広域連合関係の負担金みたいなやつだというみたいな形で受け取ったんですけども、後期高齢者医療システム賃借料48万6,000円、そしてこれは前年度83万2,000円でしたよね。これが今度、新後期高齢者医療システム賃借料122万1,000円というふうな形になったんですけども、この後期高齢者医療システム賃借料は何カ月間ぐらいで終わって、今度、新後期高齢者医療システムに変わる分なのか、別々なもんなのか、この辺、ちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 大変失礼をいたしました。前年度まで計上いたしておりました3万円につきましては、委員ご指摘のとおり、234ページの委託料、健康増進事業委託料に組み込まれてございます。事業の内容といたしましては同じでございまして、広域連合のほうから参ったお金で事業を実施するというふうなことでここに含まれてございます。
 また、その下の使用料及び賃借料につきましては、年度途中で広域連合の今のシステムが切りかわるということで、前年ほどのシステム賃借料が必要とならないということで前年度よりここが大幅に減っておるというふうなことです。新たに新後期高齢者医療システム賃借料がこれからの5カ年のための賃借料といいますか、システム改修に伴って出てきた数字になるわけでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 それじゃ、健康増進事業委託料なんですが、ゲートボール大会参加料の3万円がなくなってその分、こちらのほうに振りかわったということですけども、そうすると、基本的に2万円ふえたということの解釈なのか、その辺だけ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 昨年の、23年度のゲートボール大会参加賞ということで3万円計上したんですけども、全部一般会計からの持ち出しの分で対応させていただいておりました。広域連合の健康増進事業の補助要項を見ますとですね、どうもかかわり方によっては補助の対象になるということがわかりまして、平成24年度につきましては健康増進事業の委託というふうな形でかかわらせていただくということで、金額の若干の増額も含めて対応するというふうな方針にしたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 ゲートボールに出すというのが悪いということじゃないんですが、今はグラウンドゴルフのほうが人口が、相当数競技人口がふえていると思うんですね。そして、グラウンドゴルフの場合、ゲートボールと違っていがみ合いがないもんですから、そいな面からしても心の健康には大変いいんではないかということで、少しその辺のところの検討も今後、させていただきたいと思うんですけども、いかがなもんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 長い間のかかわりもございますけれども、そういったことでございますれば、検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 質疑なしと認めます。
 これで議案第28号平成24年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算の質疑を終わります。
 続けて行います。
 これより議案第29号平成24年度大河原町国民健康保険特別会計予算の審査を行います。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。
 前回の答弁から、町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) ただいまのご質疑につきましては佐藤補佐から答弁をさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) すいません。先ほど、松井委員のご質疑に、基盤安定負担金の関係の対象人数というふうなことでありましたけれども、平成23年10月20日現在の試算ということでご報告を申し上げたいと思います。
 7割軽減該当者数981名、5割軽減が87名、2割軽減が207名、旧社会保険被扶養者が270名、ちょっと合計しておりませんけれども約3分の1ぐらいの方が軽減の該当になっております。以上です。(「初めの人数、聞き取れません」の声あり)7割軽減が981名、5割軽減が87名、2割軽減が207名、それから、社会保険の旧被扶養者が270名、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、詳細説明をお願いします。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 続きまして、議案第29号平成24年度大河原町国民健康保険特別会計歳入歳出の詳細説明を申し上げます。
 それでは、事項名明細書により説明をさせていただきます。
 まず、歳入でございますが、246、247ページをお開きいただきたいと思います。
 1款1項1目一般被保険者国民健康保険税につきましては、対前年度で657万1,000円増の4億5,244万9,000円を、2目退職被保険者等国民健康保険税では、対前年度で782万5,000円減の6,932万1,000円の予算計上をしてございます。
 248、249ページをお開き願います。
 3款1項1目療養給付費等負担金は、前年度より794万7,000円の減となっておりますが、1節現年度分で後期高齢者支援金負担金と介護納付金負担金では増となっておりますが、療養給付費負担金が前年度より大きく下回ったことにより減となっておるものでございます。
 2目高額療養費共同事業負担金は、歳出の第7款高額医療費共同事業拠出金の4分の1の負担割合で計上してございます。
 3目特定健康審査等負担金に関しましては、補助基準額の3分の1の負担割合となっております。
 250、251ページをお開き願います。
 2項1目財政調整交付金は、23年度の実績をもとに計上をさせていただきました。
 4款療養給付費等交付金につきましては、歳出で保険給付費の増が見込まれますことから、歳入につきましても増額をしております。
 5款前期高齢者交付金につきましては、過去の実績をもとに予算計上をさせていただきました。
 6款1項2目財政調整交付金につきましても国庫支出金と同様に計上してございます。
 252、253ページをお開き願います。
 2項1目高額療養費共同事業負担金では、国庫補助金と同様に歳出額の4分の1を計上しております。
 7款共同事業交付金につきましては、過去の実績をもとに額の算定をいたし、増額としてございます。
 9款1項1目一般会計繰入金1節保険基盤安定繰入金につきましては、今年度の実績をもとに算定し、7,970万円を計上しております。
 254、255ページをお開き願います。
 4節国保財政安定化支援事業繰入金では、連合会からの通知をもとに計上してございます。
 2項基金繰入金では、現在の基金残高1億3,000万円のうち、6,000万円を取り崩し計上いたすものでございます。
 次に、歳出でありますが、260、261ページをお開き願います。
 1款1項1目一般管理費では、対前年度で73万9,000円の減となっておりますが、主なものといたしましては、昨年度計上しておりました臨時職員賃金の減と13節委託料の窓口システム機器保守委託料分の減となっております。
 また、14節使用料及び賃借料では45万7,000円の増となっておりますが、これは前年度途中にカスタマイズを実行したことによるものでございます。
 2項1目賦課徴収費につきましても、13節計算センター委託料が減の主なものとなっております。
 262、263ページをお開き願います。
 2款1項1目一般被保険者療養給付費では、前年度の診療分をもとに算定し、1,700万円余りを減額してございます。
 次ページ、264、266ページをお開き願います。
 2目退職被保険者療養給付費から4目退職被保険者療養費につきましても、前年度分をもとに算定し、それぞれ増額をしてございます。
 また、2項高額療養費につきましても、同様に増額を見込み、計上いたしました。
 268、269ページをお開き願います。
 3款1項1目後期高齢者支援金では2,973万5,000円の増となっておりますが、これは22年度の精算分と24年度の支援金見込みにより算出した金額であります。
 270、271ページに移らさせていただきます。
 6款介護納付金につきましても22年度分の精算分と24年度分の見込みにより算出した金額となっております。
 7款1項1目共同事業拠出金と2目保険財政共同安定化事業拠出金に関しましては、過去4年間をもとに算出をいたしたもので、それぞれ増額となっております。
 272、273ページをお開き願います。
 8款1項1目特定健康診査等事業につきましては、今年度と同様の事業を見込んで計上をさせていただきました。
 以上、簡単ですが、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 これから質疑を行います。
 質疑ありますか。2名ですので、10分間、休憩いたします。
     午後3時06分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時16分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開いたします。
 これから質疑を行います。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 247ページの国保税国民健康保険税なんですけども、町民生活課長説明したからなのか、非常に簡単でさっと流さったような感じになったんですけども、税のほうですけども、医療費、医療給付費、現年度課税分とか、ふえているわけですね。減っているのは4節の医療費給付分の滞納繰越分、それから介護納付金滞納繰越分、この部分だけが減っていてあとは全部ふえているわけですけども、ふえている要因についてちょっと説明いただきたいと思います。
 それから、249ページの3款国庫支出金の国庫負担金の1の医療療養給付金等負担金、これも説明では後期高齢者支援金と介護納付金がふえて療養給付金が減ったから794万7,000円の減になったということなんですけども、後期高齢者支援金が610万3,000円、介護納付金が287万1,000円増、療養給付費等負担金が1,688万7,000円の減というふうになっているわけだと思うんですけども、なぜ減った要因についてお知らせ、考えられる要因について教えていただきたいと思います。
 それから、273ページから274、275にかけての部分ですけども、疾病予防費なんですが、レセプト点検専門員ということで184万1,000円が計上されています。昨年は9月までだということで92万1,000円とってあって、さらに10月以降についてはレセプト点検の業務に当たっては委託をするんだという業務委託みたいにやるんだというふうに言われたのが、なんかまた前に戻ったのかなという感じするんですけども、その辺についてちょっと教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。失礼しました。税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯税務課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(安孫子裕司君) 246、247ページの国民健康保険税の一般被保険者の増と退職被保険者の減の主な要因でございますけども、一般被保険者の増につきましては、雇用形態が多様化しているということでアルバイトあるいは厚生年金未加入の被用者の加入などがふえております。それから、団塊の世代の方々が、そのような状況からでございます。それから団塊の世代の方々が退職被保険者から一般被保険者のほうに移っているというような、そういうような要因でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 大変失礼いたしました。248、249ページの国庫支出金関係で、療養給付費等負担金の説明、少し足りなくて大変申しわけございませんでした。
 後期高齢者支援金負担金につきましては、前年度、8,099万7,000円、ここは610万3,000円ほどふえてございます。この後期高齢者支援金の計算につきましては、24年度概算支援金から22年度の精算金を引いて、さらにそこから退職者に係る後期高齢者支援金を引いたものの100分の34ということで積算をさせていただいてこの数字になったわけでございます。
 同じように、療養給付費等負担金につきましても、前年度、2億6,808万7,000円より1,688万7,000円減額になってございますが、これも21年度と22年度の実績負担金をもとに計算をいたしまして算出をさせていただいております。
 同じように、介護納付金負担金につきましても、前年度、4,062万9,000円に本年度は287万1,000円増の4,350万円となってございますが、これにつきましても24年度の概算支援金から22年度の精算金を引いたものから負担金、退職に係る負担金を引いて、失礼しました。退職者に係る後期高齢者支援金を引いたものの100分の34を掛け合わせたもので4,350万円というふうなことで見てございます。
 あとさらに、レセプト点検につきましては、新年度のときには年度途中で委託に切りかえるというふうなことでの予算をお認めいただいておりましたけれども、震災の影響で予定しておりました会社が被災を受けて全面的に営業ができなくなったというようなことで、急遽年度途中ではありましたが、現在、働いていただいているレセプト点検員を引き続きお願いしたといいうふうなことで、その委託先がいまだに決まっていないということもございましたので、新年度におきましてもレセプト点検員によるレセプト点検を実施したいということで予算を出させていただきました。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか、(「はい」の声あり)。ほかに。万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 24年度の税率改正がないということで、そのまま据え置かれているというふうになるわけですけども、この予算を決めるに当たって、24年度は1人当たりの医療費というのはどのくらいになっているんですか、もしわかれば教えていただきたい。決算が23年度、ちょっとないので、前年度に比較してどれぐらいのあたりになっているのか。医療費はふえていますので恐らくふえているんだろうなというふうに思います。わかれば教えていただきたい。1世帯当たりと1人当たり。
 それから、国庫支出金、それから県の支出金の割合というのは、割合なんですけどもね、これは前年度と比べると若干国庫支出金が減っているように私の試算からは出てきたんですけども、どうなっているのか、変わらないのか、算定基準がありますけれどもどうなっているのか伺います。
 あわせて、それがわかれば当然、一般会計からも何ぼと、全体100%とした場合にどういう割合になっているのか、この予算の組み立てが。それを伺います。
 それから、この時点で短期保険証というのはどのぐらいいらっしゃるんですか。
 それから、よく前にも副町長さんにほかの団体と一緒に行って確認はしていますが、手元に保険証が届いていない、送っても戻ってくるとかというのはあると思うんですけども、心配するようなとめ置きというのはないのかどうか、それも当初の段階で確認させていただきます。
 それから、254ページの基金ですけども、今回6,000万円を基金から繰り入れますが、残りはそうしますと7,000万円ちょうどということでいいんでしょうか。
 以上、伺います。はい、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ちょっとお待ちくださいね。税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯税務課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(安孫子裕司君) 1人当たりの医療費、それから1世帯当たりの医療費でございますけども、ちょっと県のホームページに載っている20年度の資料になりますけども、1人当たりの医療費につきましては26万1,004円というような統計になっております。
 あと、1世帯当たりにつきましては、(「ごめんなさい、私、間違いました。医療費じゃなくて1世帯の保険料、保険料でした、大変失礼しました」の声あり)
 1人当たりの調定額につきましては9万9,066円でございます。あと、世帯についてはですね、ちょっと詳細な資料を持ち合わせなかったんですけども、13万円ぐらい、すいません。大体言うのは失礼なので、後で調べてお知らせしたいと思います。(「はい、いいです。わかるところだけでいいです」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 国庫補助金につきましては、先ほど堀江委員にもお答えしましたとおり、単年度の数字で出してくるということじゃなく、前年、あるいは前々年度をもとに算出いたしますので、一概にふえたかなんかというのは、ちょっと私のほうでは判断をしかねているところでございます。
 それから、短期につきましては、23年度当初、619人でございました。現在は548人、世帯数では現在の世帯数が268世帯となってございます。ちなみに18歳以下の人数につきましては、当初125人、現在は110名となってございます。
 あと、基金の取り崩し分ですけども、昨年、お認めをいただきました額でちょうど1億3,000万円になってございました。そのうちの6,000万円を今回取り崩させていただくということでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯税務課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(安孫子裕司君) はい、すいません。先ほどの補足説明といいますか、お答えできなかった分についてお答えさせていただきますけども、最新の1人当たりの国保税、24年の1月末現在では9万1,683円でございます。それから、1世帯当たりにつきましては、これは21年度の数字になりますけども11万8,869円ということでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 ちょっと早くて聞き取れなかったんですけども、ことしの1月31日現在とおっしゃったんですか、今。(「はい」の声あり)9万幾らですか。(「9万1,683円」の声あり)はい、わかりました。
 そうしますとですね、これは税率は改正しておりませんけれどもほかの自治体と比べると高い、一概に加入の人数がどのくらいかとかにもよりますので一概にはそう言えないですけども、他町に比べると、大河原町はどの辺の位置にあるのか、もしわかればいいです。
 それから、短期の中でかなり担当課、物すごく努力されたのは私も手にとるようにわかっておりますが、18歳未満の世帯というのはどのくらいあるんですか、この短期の中で。それと私みたいな母子家庭の方もいるんでしょうか、その辺の状況を教えていただきたいというのが再度になります。
 それと、確認ですけども、国庫の支出金、それから県の負担の割合というのは、それぞれの自治体が違うということではないと思うんですけど、何%は国の補助というのはあると思うんですよね。例えば前は医療費増額の何ぼだったっけかな、たしか45%を国が出すという、今はたしか38.7だったと思うんですけど、そういうふうに国では割合があるんですが、当町は、さっきの話だと単年度でなくてまたがっているからというお話でしたけども、負担割合というのは、今はどうなっているんですか、国で示している負担割合というのは基準があると思うんですけど変わっていないんですか、変わりあるんですか、その辺、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯税務課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(安孫子裕司君) 国保税の1人当たりの金額が県内で……(「県内じゃなくて仙南」の声あり)えっ。(「県内、わかれば教えてください。どんな位置にあるのか教えてください」の声あり)すいません。県内での資料を持っているのでちょっとそれでお答えさせていただきたいんですけども、これも県のほうの統計になっておりまして、最近の統計資料って、まだ20年度のしか出ていないんですよ。それでそれによりますと、36市町村、このとき、あったんですけども、13番目になっています、大河原町につきましては。はい。(「下から」の声あり)すいません。上からです。高いほうから13番目です。(「上からだと思いました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 療養給付費負担金につきましては、100分の34が国の負担割合となってございます。
 18歳未満の短期給付世帯につきましては、現在、60世帯となってございます。その中には母子家庭も含まれてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 この短期なんですけれども、60世帯ということで、18歳というと高校3年生ですね。かなり窓口に相談来られていろいろ面接をされて十分な把握はされていると思うんですけども、今後も分納という形でいくんですよね。心配なご家庭というのはないんですか、なんか十分応じられる方ばかりなんでしょうかね。その辺、現状でいいのでお伺い。母子と父子家庭の方もいらっしゃいますか、あわせてお願いします。心配な方がなくて、とにかく毎月、少しずつ払うような努力を皆さん、されているということでいいんでしょうか。特にこういう方がいて困っているということがないのかどうか、その状況をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) その件につきましては、佐藤補佐から答弁をいたさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長補佐兼保険給付係長兼国民年金係長(佐藤秀悦君) 困っているというふうなことなんですけれども、困っているというのは生活に困っているというふうなことですかね、生活には多分困っているんだろうと思います。もちろん、父子家庭もいらっしゃいます。それでもなお、やっぱり自分の子供が、あるいは自分が病院に行くんだからと理解を示していただいて納税の誠意を果たしてもらうというのが原則です。無理やり今、何ぼあるんだというような取り方は絶対しておりません。逆に生活に余裕があるように見えるんですけれども、うちは貧乏だからというようなことで支払わない人もいらっしゃいます。そういうふうな状況を一つ一つ見ていきながら対応させていただいている。基本的に短期保険者証ですから保険証の役割を果たしているわけですね。聞くところによりますと、隣のM町あるいはZ町では資格証明書を発行しているそうです。毅然とした態度でやっているというふうなことで、短期保険者証でなく医療機関の窓口で10割負担させているというような状況もあります。そういうふうな意味では、大河原町では徴収努力、あるいは本人の納税誠意、そういった部分を果たしてもらうというふうなことで取り組んでおります。当初、619人から548人に減っていってきています。約70名の方が通常保険証に切りかえているわけですね。こういった部分もやっぱり滞納者の方々も努力しているんだというふうなことを評価していただきたいなというふうに思います。(「わかりました。一つ抜けていたので、とめ置きの件」の声あり)
 それは全くございません。(「はい、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですね。
 ほかに質疑ございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、なしと認めます。
 これで、議案第29号平成24年度大河原町国民健康保険特別会計予算の質疑を終わります。
 説明員の入れかえをしますのでお待ちください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 すいません。もうちょっとお待ちください。
 これより議案第30号平成24年度大河原町介護保険特別会計予算の審査を行います。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) はい、それでは、平成24年度の介護保険特別会計につきまして詳細に説明を申し上げたいと思います。
 本年度の予算につきましては、町長の提案理由にもありましたとおり、第5期の介護保険事業計画を受けて編成を行ったものであり、改定保険料につきましても議案第16号で介護保険条例の一部改正におきまして信任を受け可決していただいております。
 なお、当初予算に係る歳出2款、後でご説明申し上げますけれども、保険給付費、全部で6項目ありますけれども、その総額はこれまでと同様、介護保険事業計画の額ということに示しておりまして、3カ年のうち平成24年度の額というような形にしてございますのでご理解を願いたいと思います。
 それでは、事項名明細書の中で説明をいたします。
 歳入から説明いたしますが、まず説明する前に本年度の計画上の保険給付額でございますけれども、先ほど保険給付費6項目というお話をしました。そのすべての総計が11億9,383万4,000円になります。この額と介護予防事業並びに包括支援センターの事業費である、4款になりますけども、地域支援事業費を考慮いたしまして国、県、支払い基金、一般会計の負担率で予算を計上するものでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それでは、歳入になりますが、287、288ページをお開きください。
 まず、1款保険料の1目第1号被保険者料2億3,885万6,000円につきましては、基本的に先ほど申しました保険給付費に対する負担割合が21%となるもので、昨年度に比べ3,320万6,000円ほど増額となっておりますが、要因につきましてはこの負担率が23年度は20%でございました。24年度は1%アップの21%になります。さらには、今回保険料の改定もしていただいたということで、そういった要因で増というふうな形になったものと考えております。
 また、節のほうの特別徴収、普通徴収につきましては、あくまでも人員、人数の構成割合を考慮し、一定の率で試算したものでございますので、御理解願いたいと思います。
 それから、同じページの3款国庫支出金1目の介護給付費負担金2億897万4,000円につきましても、介護給付費に係る国庫負担金でありまして、詳しくは施設利用分で15%、それから居宅利用分で20%、そういった試算の合計で2億897万4,000円と、昨年度とほぼ同額としたものでございます。
 それから、同じ国庫支出金2項の国庫補助金につきましても、昨年度とほぼ同額の計上となっておりますが、1目の調整交付金としましては負担率が5%になります。
 それから、2目の地域支援事業に係る交付金につきましては、これは介護予防で25%、包括的事業で39.5%というふうな率になっておりまして、これらを足しますと、合計しますと6,717万5,000円ということで昨年度とほぼ同額の額を計上させていただきました。
 次に、289、290ページ、次のページをお開き願います。
 4款支払い基金交付金、第2号被保険者ということで40歳から64歳までの方になりますけども、3億4,874万8,000円を計上いたしました。昨年度に比べますと、1,181万5,000円ほど減額になってございますが、これにつきましては、第1号被保険者の負担割合と逆でございまして、昨年度は30%でございました。本年度は1%ダウンの29%ということになりまして、そういった要因で1,100万円の減ということになるかと思います。
 それから、その下の5款県支出金の県負担金、合計で1億8,276万円につきましては、県の負担率として保険給付費の施設利用分で17.5%、居宅利用分で12.5%となるものでございまして、昨年度とほぼ同額を計上しております。
 同じく、2項の県補助金介護保険財政安定化基金交付金700万円につきましては、本年度のみに適用されるものでございまして、県から既に交付額706万1,731円が通知されてございます。これに基づきまして700万円を計上させていただいたものでございます。
 次に、291、292ページ、次のページをお開き願います。
 7款の繰入金になりますけれども、一般会計繰入金といたしまして1目で介護保険給付費1億4,923万円、これは法ルールに基づく一般会計の負担率12.5%として試算したものでございます。
 2目の地域支援事業繰入金374万1,000円についても、法ルールに基づく一般会計の負担率として試算したものでございます。
 それから、3目のその他一般会計繰入金2,780万2,000円につきましては、法ルールには基づかない繰入金でございまして、この金額につきましては歳出の一般管理費、それから賦課徴収費、介護認定費、この事業に充当をされるものでございます。
 それから、2項の基金繰入金でございますが、1目の介護給付費準備基金繰入金1,000万円を計上したものでございます。計画では3年間で4,000万円ということで、平成20年度に1,000万円、25、26で1,500万円ということで計画しているものでございまして、その計画に基づきまして1,000万円を計上いたしたものでございます。
 次に、歳出に移ります。295、296ページをお開き願います。
 1款の総務費1目の一般管理費でございますが、昨年度とさほど変わってございません。節のほうで申し上げますと、13節委託料261万5,000円、昨年度と比べますと、約300万円ほど下がっております。これにつきましては23年度で高齢者福祉の計画、それから介護事業の保険計画、これが終了したことに伴いまして300万円の減をしたものでございますが、新たに介護保険システム改修委託料といたしまして144万円を計上させていただきました。これにつきましては住民基本台帳法の改正による外国人登録の必要性がございまして、これに伴ってシステムを改正するものでございます。
 それから、その下の14節使用料及び賃借料につきましても221万7,000円ですけれども、現在使用中の介護保険システムがもう昨年度に再リースをしてございまして既に6年を経過しているような状況になってございます。平成24年度に制度改正等もありますから、新たな5年間の更新とするようなことをさせていただきました。サーバー1台、それからクライアント4台という形でリースをすることで対前年比200万円ほど増額をさせていただいたものでございます。
 次に、297、298ページをお開きください。
 3項の介護認定費につきましては、これも昨年度と同様でございますが、19節の負担金補助及び交付金仙南地域広域行政事務組合の負担金でございますが、758万5,000円ということで既に組合のほうから出された数字でございます。要因につきましては、65歳以上の高齢者の人口割合で試算されるということになってございますので、そういった増加に伴う増額というふうに考えているところでございます。
 次に、2款の保険給付費でございます。1目の介護サービス等給付費につきましては、施設サービス費で説明のところにありますように、5億3,946万3,000円と対前年比1,500万円ほどアップを見ております。これにつきましては高齢者の増加に伴う施設を利用する方の増等を見込んだものでございまして、介護保険事業計画にこの数字を出させていただいております。
 それから、同じ1目でございますが、次のページ、299、300ページをお開きください。
 居宅サービス給付費4億9,329万2,000円ではございますけれども、これにつきましてもこれまでの訪問介護等の実績を考慮いたしましてこの数字を計上させていただきました。これも計画の中の数字となるものでございます。
 次に、2項の介護予防サービス等給付費でございますけれども、介護認定支援、介護認定要支援か、1、2の方に対する給付費でございます。これまでのデイ・サービス等の利用を考慮いたしまして昨年と200万円ほど減額になってございますが、7,724万5,000円とさせていただいたものでございます。
 それでは、次のページ、301、302ページをお開きください。
 一番上の4項の特定入所者介護サービス等費5,640万円でございますが、今議会の補正予算でも減額してございます。23年度の実績等を考慮するものでございまして、同じくその下の第5項高額医療合算介護サービス等につきましても240万円を計上させていただきましたけれども、いずれも介護保険事業計画の中で示している数字となるものでございます。
 今申し上げました給付費、2項の6項までを含めますと、冒頭申し上げました11億9,383万4,000円ということで総給付費になるものでございます。
 それでは、303、304ページ、次のページをお開きください。
 4款の地域支援事業費ということで2,652万1,000円を計上させていただきました。この事業につきましては町の正職員1名を含む事業費でございまして、ほぼ昨年度と同額とさせていただきました。
 内訳を申し上げますけれども、予防事業で980万8,000円、それから包括的事業で1,344万5,000円、それから任意事業で326万8,000円、合わせまして2,652万1,000円とするものでございます。中でも次のページになります305、306になりますけれども、委託料337万円ほど合計で計上させていただきましたけども、その委託料の節の一番下の地域包括支援システム保守委託料55万2,000円でございますけれども、それからその下の14節の使用料及び賃借料、中ほどの地域包括支援システム賃借料72万円、実はこの包括支援センターのシステムでも再リースという形の中で経営化しておりまして、24年度から新たにサーバー1台とパソコン6台を更新するというような形にしてございまして5年のリースを組んだところでございますが、ちょっと委託料と賃借料の入り組みが混在いたしまして、これにつきましては今後の補正の中でですね、数字を訂正といいますか、正確な数字をお示ししたいというふうに思っております。極端に申し上げますと、保守料がもう少し安くなって賃借料が高くなるということでございます。
 それから、19節の負担金及び補助金でございますけれども、社会福祉協議会補助金1,052万9,000円につきましては、社会福祉協議会からの2名の派遣職員、介護支援専門員に係る人件費となるものでございます。昇給に伴う増額というような形になってございます。
 以下、5款、6款につきましては、昨年度と同様の額を計上しております。これらの結果、平成24年度の予算につきましては歳入歳出それぞれ12億4,429万6,000円となるものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきました。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、これから質疑を行います。質疑はありますか。はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 304ページ、介護支援事業費の8節報償費、事業、報償費ですので中身は謝礼と書いてありますので外部からの人が関係するものだというふうに思います。それで、この事業の中身、どういうことで謝礼を出さなきゃいけないのか、ここを教えてください。ご説明願います。
 それと、306ページです。同じ支援事業費の中ですけれども、13節委託料、その中の下から2行目の基本チェックリスト集計委託料、これは委託先を説明いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 2点お願いします。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) まず、304ページの8節報償費、約104万3,000万円ほど計上させていただきましたけれども、委員さん言われましたように、各講師等に対する謝礼でございまして、実はいっぱい事業が企画してございましてたくさん謝礼を支払うような状況にあります。例えばドクターであるとか、大学教授なんかも講師としてお呼びすることにもなってございますし、それから介護事業所、定期的に連絡協議をやっていましてその中でもいろいろ講師をお願いするような場面もございます。そういったことを含めまして介護予防事業関係謝礼として11万円、包括的支援ということで34万円、2事業で58万6,000円を計上させていただいたところでございます。
 それから、次のページの306ページの基本チェックリスト集計委託料でございますが、これにつきましては常盤福祉会、成人病予防協会ですね、特定健診のときにアセスメントといいますか、問診表みたいなのを皆さんに配るんですね。それに回答していただいたものを成人病協会のほうで集計をいたしまして、次のステップが必要な人は町の2次予防教室に来るという委託の内容でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 すると、304ページの報償費ですけれども、謝礼に関することは、介護予防事業関係でもいろいろ、包括支援事業関係でもいろいろ、任意事業関係でもいろいろの事業を予定しておいて、予定していて、それに関係する方々への謝礼ということですね。(「そのとおりです」の声あり)ただ、本当は事業内容をご説明いただきたいところです。
 それから、306ページですが、基本チェックリスト集計委託についてですが、このチェックリストの集計によっては一番上の2次予防高齢者になるかどうかという、そういうことになりますが、1号被保険者のおよそ5%ぐらい要介護になる可能性の人がいらっしゃるので、介護サービスを受けなくてもいいようにするための事業と委託中身ですね。予防協会でこれはいつの時点でアンケートみたいなのをとる予定なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 2点ね、はい、では事業の中身ですね。それでは、健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) まず、初めの304ページの報償費の事業の内訳ということになるかと思いますけれども、一つは、例えば介護予防の講演会、これは1回に限らず複数の先生を呼んで企画したいというふうに思ってます。それから、先ほど説明しました事業所連絡会の講師の謝礼ですね、毎月、介護事業所が集まって勉強会みたいなことをします。それから、地域ケア会議でのドクター等に対する謝礼ですね。それから、介護予防情報交換会、そしてまた虐待防止のネットワークの謝礼という形で一応当初の中では考えているところでございます。
 それから、306ページの基本チェックリスト、問診表という話をしましたけれども、その件につきましては高齢者福祉係長から説明をさせますので、佐藤係長です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯健康福祉課主幹兼高齢者福祉係長(佐藤京子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課主幹兼高齢者福祉係長(佐藤京子君) それでは、私のほうから基本チェックリスト集計委託料に関しまして、どのような時期にチェックリストの発行を行うのかというご質問ですけれども、2次予防高齢者を把握する手段としましては、基本チェックリストのみで判断するということに簡素化されております。そういった中で、まずは後期高齢者75歳以上の方が健診を受けます。それが6月から8月で町の健診が行われております。そのときに受診表とともに基本チェックリストを送付いたしまして医療機関のほうで回収させていただいております。
 あと、国民健康保険特定健診を受診する方々、8月末から9月にかかって保健センター及び金ヶ瀬等で健診を受ける際には、そのときも国保に加入している方々は受診表とともに基本チェックリストを送付いたしまして受付のほうで基本チェックリストを回収しております。そこに該当しない社会保険の方々は、個別に郵送で基本チェックリストをお送りしまして、返信用封筒を入れてやりましてそれで回収しております。その回収した結果が9月末で集計されまして、そこから2次予防教室につながる対象者を把握しております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。(「はい」の声あり)はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 304ページについてです。この地域支援事業は今年度からますます重要性が高まっているわけですけれども、いろいろなところの協力を受けながら事業を進めていくという内容かなというふうに、それで十分に被保険者に対して十分に、あっこれは違うか、職員の中でのあれですか、報償費にかかわってくることは職員の中での研修の色合いが強いということになりますか、どうも説明いただいたんですが、そういう中で充実したサービスを被保険者に受けていただこうということになるのかどうか。
 次の306ページは理解できました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 では、1点ね、健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) その対象がだれなのかということになるのかなというふうに思いますけれども、基本的には、先ほど申しました介護予防につきましては、すべての町民の中でお知らせすることはできなかったんですけれども町民の方を対象に考えているものでございます。それから、連絡所協議会につきましては、先ほど来、申し上げています介護事業所の職員の皆さんですね。それから、2事業の中には成年後見制度も実は去年、私のほうでも1人の方、制度を利用している方がおりまして、後見人に対する謝礼も含まれているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかにございませんか。万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 私は、289ページの県の支出金2項県補助金、これは前年度なくて本年度のみですけども、この新たに出て本年度になった、その何というんでしょうか、なぜ来たのかというですね、本年度限りなのはなぜなのかも含めて教えていただきたいのが1点です。
 それから、この24年度からですね、今、よく新聞でも言われているように、在宅の生活援助、これが例えば今、在宅でヘルパーさん、来られますと、現在、35分から60分未満で何ぼと、こうなっているんですけどね、今度は20分以上から45分未満というふうに縮小なるんですよね。それで、そういうことが今言われているのに、この予算の中ではですね、在宅といいますと、施設利用と在宅、300ページですね。居宅サービス給付等とこれが、これだけで一概にこうだとは言い切れないと思うんですけど、前年度の5億431万5,000円からかなり減っていますけど、そういうことも含めてこのぐらいになるだろうという、今私が実例を挙げましたけど、そのことも十分含まれてのこういう中身になっているのかですね。全部でなくてもどのぐらいがそれを見込んでの予算計上になっているのか。以上2点を伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 答弁していただきます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 初めに、歳入の291ページ、違う。289ページ、すいません。県補助金の財政安定化基金交付金の700万円のことですよね。(「そうです」の声あり)説明の中でも申し上げました本年度限りということで、実は昨年まで介護従事者処遇改善基金というのがございまして、それが今度は介護報酬の中に多分溶け込むような形になってございます。一つは、報酬額を抑えるような形の基金の取り崩しというような形になってございまして、そんな形で県が基金を各市町村に交付するというような状況でございまして、基本的には報酬のアップを防ぐというような評価もされているところでございます。
 それから、もう一つはですね、居宅サービスのその報酬改定分が見込んでいるのかなということをお聞きになるかと思うんですけれども、詳しいことはですね、なかなか申し上げられませんけれども、報酬が改定される前からこの介護保険の保険料算定については既に取りかかっていたような状況でございまして、ある程度、国のフォーマットに基づいて私のほうでも入力をしながら保険料を算定したことになってございまして、そんなことを考えますと、国でも当然、そういった報酬の改定、1.2%ぐらいになりますけれども、見込んでのシステムになっているのかなというふうには思っているところでございます。直接に30分で幾らとかという計算は特にはしてございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 要するに予算計上は早いのでその後に出てきたんだろうと思いますが、間違いなくそれはなるので、今後の中でどういうふうにこれがあらわれてくるのかということでちょっと私は心配もしながら、今後、推移を見させていただきたいなというふうに思います。
 それから、この介護の、今言われたように、そうなんですよね。処遇のあれがなくなって介護報酬に今度入る、イコールそれが正直言って介護保険料にもはね返ってきているというのが事実あります。それで、大河原町の場合、700万円というのは、これはどういう積算で来ているか、課長、ご存じなんでしょうか。それだけ教えていただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 その700万円の積算、お願いします。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 289ページの県補助金介護保険財政安定化基金交付金700万円でございますが、説明の中でも申し上げました基金の額につきましては、もう既に交付の通知が来てございまして、この額につきましては県がある程度、残高を今保持していますね。そこから今回の貸付金額を引いて、引いた残額が交付される原資というふうな形になるみたいです。その交付の割合については、各町が拠出している割合があるんですね。大河原町は0.00……、そういった拠出の割合に基づいて各町を全部試算しているような状況になってございます。そんな形で大河原町は706万1,731円となっているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですね。
 ほかに。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 質疑なしと認めます。
 これで議案第30号平成24年度大河原町介護保険特別会計予算の審議を終わります。
 説明員の入れかえをいたしますので。すぐしますか。(「はい」の声あり)時間だからすぐしますので。
 続けます。これより議案第31号平成24年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算の審査を行います。
 詳細説明を求めます。産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは、312ページをお開き願います。
 議案第31号の平成24年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算につきまして説明をさせていただきます。
 平成24年度の歳入歳出の総額につきましては、397万7,000円といたすものであります。
 それでは、事項別明細書で説明させていただきますので、318、319ページをお開き願います。
 まず、歳入についてでございますが、1款1項1目市場使用料の卸売業者使用料につきましては、卸売業者の取扱高を前年度より4,000万円少ない6億8,000万円と見込みまして340万円を計上いたしてございます。
 また、県南青果商業協同組合土地使用料につきましては、前年度と同額でございます。
 続きまして、2款繰越金は22万1,000円を計上してございます。
 次に、320ページ、321ページをお開き願います。
 歳出でございますが、1款1項の市場総務費の主な支出でございます。1節の報酬でございますが、市場運営協議会委員の異動研修会を計上させていただきましたので4万円5,000円の増額となっております。
 続きまして、13節委託料でございます。これにつきましては、アスベスト飛散調査委託料ということで、毎年、定期的に調査を実施しておるところですが、来年度は2回の調査を実施するものでありまして若干予算を多く計上してございます。なお、これまで飛散は見受けられないというふうになってございます。
 28節繰出金につきましては240万円を計上してございます。
 戻りまして、46、47ページをお開き願います。
 18款1項4目地方卸売市場事業特別会計繰入金ということで240万円を計上してございます。
 簡単ですが、以上で説明とさせていただきます。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 これから質疑を行います。
 質疑はありませんか。万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 1点だけですけど、321、今の課長の説明でちょっとあれっと思ったのは、アスベストで今まで6万9,000円でしたね。それが11万円になったと。それが今まで出なかったと。それでいて2回にふやすというのはどういうふうに理解したらいいんでしょうか。ちょっと心配だから1回が2回になったというのはわかるんですけれども、これまでがなかったのに2回になったというのは、何か理由があるんでしょうかね。そこだけ理解できなかったのでお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 今まで1回というふなことで安全・安心というふうには考えておりましたが、やはり今後も老朽化もだんだん進む傾向もございますので、年2回ですね、春とそれから冬ですか、調査して安全・安心ということで示していきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 そうしましたら、アスベスト飛散調査委託というんじゃなくて、アスベスト飛散等調査委託料のほうがいいんではないかと実は思ったところです。いや、違いますか。調査だけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) あくまでもアスベストだけの調査ということでありますので、「等」と入れますと。(「老朽化とおっしゃったので、そうか」の声あり)ほかにするなというふうになりますので、アスベストとしたということでお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 319ページです。市場使用料で卸業者、この時点でどのくらいの業者がいらっしゃるのかお聞きいたします。合併したので、3市場が合併して現在に至っていますので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 その1点ね。(「はい」の声あり)産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 卸売業者は仙南青果1社というふうになっておりますので。(「あっ、合併して1社ですか」の声あり)(「1社ですよ」の声あり)(「卸売会社は1社に」の声あり)(「統合したから」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 質疑の仕方がまずかったです。卸売業者は株式会社仙南青果で、その中でかかわっている、何というの、出荷というか、そういう人たちは何人ぐらいいるんでしょうか、生産者の、違った、それぞれの買いに来る人、仕入れに来る人。ごめんなさい。すみません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 購入者ね。産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 要するに市場に買いつけに来る方という方でよろしいでしょうか。(「そのとおりです」の声あり)その方につきましては106名というふうになっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。(「わかりました、ありがとうございます」の声あり)
 ほかに。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 質疑なしと認めます。
 これで議案第31号平成24年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算の質疑を終わります。
 本日はこれで終了いたします。
 3月15日は10時からです。10時から再開いたします。よろしくお願いいたします。
     午後4時21分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定に準じ、ここに署名する。
  平成24年3月14日

     委 員 長

---------------------------------------------------------------------------------------------------