議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年予算審査特別委員会(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2012年3月13日(火):平成24年予算審査特別委員会(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯委員長 皆さん、おはようございます。
 これから予算審議特別委員会3日目の会議を開きます。
 前回に引き続き議案第27号の審査を行います。
 説明及び質疑のときは、ページ数を言ってから行うようお願いいたします。
 これより歳出5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費、11款災害復旧費並びにこれに関連する歳入についての詳細説明を求めます。産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは、皆様方、改めましておはようございます。
 それでは、平成24年度産業振興課にかかわる予算をご説明させていただきます。
 それでは、歳入に最初から入ります。
 それでは、38、39ページをお開き願います。
 12款2項4目労働費県補助金でございますが、これは国の緊急雇用創出事業にかかわります補助金でございます。なおですね、平成24年度から震災緊急雇用対応事業と名称が変更されましたので、ここで改めましてご紹介させていただきます。また、昨年度までふるさと雇用再生特別交付金事業がありましたが、3年で終了いたしましたので、24年度からはこれはなくなったというふうになってございます。
 それでは、5目農林水産業費補助金についてでありますが、返済額が少なくなったためですね、これは24万5,000円ほど減となっています。この少なくなったのは基盤強化資金利子が返済により少なくなったということになります。それから、6目の商工費県補助金につきましては、前年度と同額であります。
 40、41ページをお開き願います。
 15款3項4目農林水産業費委託金につきましては、イノシシ捕獲許可等で15万円ほど増となってございます。
 続きまして42、43ページをお開き願います。
 5目商工費委託金につきましては、平成23年3月に予定しておりました立入調査がですね、震災によりまして実施できなくなったことによりまして、58万1,000円ほどの減額となってございます。
 続きまして44、45ページをお開き願います。
 16款1項1目財産貸付収入の上から3番目の大谷末広土地貸付収入で73万3,000円ほどありますが、その中のうちの66万円が桜まつりのバス駐車場料金収入となってございます。
 続きまして50、51ページをお開き願います。
 20款3項1目中小企業融資資金貸付元金利子収入は、振興資金貸付に要する資源でありまして、前年度と同額というふうになってございます。
 それから52、53ページをお開き願います。
 20款5項5目3節雑収入の下からですね、1、2、3、4、5、6番目の労働保険料被保険者負担金につきましては、震災等緊急雇用関係でございます。
 それから21款1項1目1節の農業基盤整備事業債の2,810万円は、仙南広域農道整備事業にかかわるものでございまして、これは今年度で完了というふうに完成いたしますので、今年度で終わるというふうになってございます。
 それでは、申しわけございませんが9ページのほうにちょっとお戻り願いたいと思います。
 9ページの2表の債務負担行為でありますが、この2表の下から2番目と、それから一番下、これにつきましては中小企業振興資金融資制度、それから小企業小口融資制度によります宮城県信用保証協会に対する損失補償にかかわります債務負担行為を設定したものでございます。で、3表の地方債につきましても仙南広域農道整備事業ということで設定してございます。
 続きまして126、127ページをお開き願います。
 それでは、歳出に入らせていただきます。
 5款労働費につきましては、主なものだけご説明させていただきます。
 1目労働諸費でありますが、19節負担金補助及び交付金につきましては、ほとんど前年度と変わってございません。それから2目の緊急雇用対策事業費であります。この事業費につきましては、国の緊急雇用対策事業費として失業者の雇用支援を行う事業でございます。
 そして次に128、129ページをお開き願います。
 13節委託料につきましては、商工会や民間企業等に委託するもので昨年度まで重点分野雇用創出事業と言っておりましたが、今年度から震災等緊急雇用対策事業と名称が変更となってございます。地域人材育成事業につきましては1事業で、それからここに先ほども申しましたがふるさと雇用創出事業は終了となっております。それから委託料以外は町が直接雇用するもので、9課31名の雇用を見込んでおります。それから14節の使用料及び賃借料でありますが、これにつきまして78万円の増額となっておりますが、これは車1台分の増額というふうになります。
 続きまして6款農林水産業費の歳出についてご説明をさせていただきます。
 1目農業委員会費でありますが、その中の13節委託料であります。昨年まで計算センター委託料がありましたが、住民基本台帳のシステムが変更になりましたことから、計算が直接できるということでシステムが不要になったもので、予算を削ってございます。
 続きまして、130、131ページをお開き願います。
 3目農業振興費であります。
 14節の使用料及び賃借料のバス賃借料5万円につきましては、生活研究グループの移動研修ということで予算措置してございます。
 132、133ページをお開き願います。
 19節農業振興費の負担金補助欄の下から4番目の農業経営基盤強化資金利子補給金が49万円の減額となっておりますが、昨年度までの、でおります。また昨年度まで環境税ということで野生鳥獣対策と70万とっておりますが、今年度はすべて地域整備課のLEGに回してございます。次に4目転作推進費、対策費及び畜産業費につきましては昨年度とほぼ同額でございます。次に6目農地費であります。
 134、135ページをお開き願います。
 一番上の13節、一番上になるんですけども、13節の委託料でありますが、農業用施設測量設計業務委託料ということで200万円ほど新たに計上しております。これにつきましては上谷地区内の中の倉用排水路が白石川に直接排水となりますが、ほとんどほかの地区は全部整備されたところでありまして、土側溝というのはここだけというふうになっておりますことから、今回整備、そしてまた地区からの要望ありましたことから、今回設計をし整備していくというふうに考えております。
 15節工事請負費であります。これにつきましては農業用施設等補修工事であります。災害によりまして、昨年23年度に工事予定ができなかったものですから、それを24年度に繰り越して施工するということで150万円の増額となってございます。それから水路工事それから農道工事につきましては、お手元の地図で示されている場所というふうになってございます。それから担い手等農業経営体対策工事につきましては、西地区水路補修工事ということで図面に明記してございます。
 続きまして19節の負担金補助及び交付金の一番上なんですけども、仙南広域農道整備事業負担金でありますが、24年度で金ヶ瀬さくら大橋の上部工と、それから舗装工事が終了しまして、全部終了というふうになります。事業費は4億円の予定でございます。
 次に負担金の下から2番目でありますが、黒沢用水路施設機能診断事業負担金60万円とございます。これにつきましては、今後黒沢尻用水の施設が壊れたりするためにどうするかということで機能診断をいたしまして、今後、それに伴いましてストックマネジメントという事業で整備をしていくというふうなことで、その機能診断のためには、関係する市町村が3割負担事業、この事業費の3割負担というふうになっておりますことから、今のところ村田と大河原ということで、それぞれ120万円ほどかかるんで60万円が町負担、大河原町と村田で負担するというふうになりますが、これにつきましても蔵王町も若干かかわってくるかというふうになりますから、この部分は減る可能性はあるというふうなことになります。
 それから136、137ページをお開き願います。
 2項1目林業費でありますが、この14節の使用料及び賃借料のバス10万円につきましては、緑化推進委員会の移動研修ということで2台分を計画してございます。
 以上で農林水産業費の説明を終了とさせていただきます。
 続きまして、7款商工費に入ります。
 それでは1項1目23節償還金利子及び割引料97万3,000円につきましては、22年度の実績によりますもので、これは震災により調査できなかったというふうなことで、この分を返すというふうになります。
 それから138、139ページをお開き願います。
 2目13節委託料の2,500万円につきましては、川根工業団地整備計画策定委託料ということで、これは道路設計、そして地質調査、それから交通量調査なりもろもろの事業の費用というふうになります。それから19節負担金補助及び交付金の復興支援商工振興事業補助金の1,000万円につきましては、歳入の18款2項8目の震災復興基金を活用いたしまして割増商品券を発行する計画でございます。これにつきましては、7月ごろから発行、7月ごろからというふうに計画しておりますが、なお、これにつきましては商工会と打ち合わせをしながら実施してまいりたいというふうに考えております。
 3目11節需用費の医薬材料費の6万1,000円につきましては、アメリカシロヒトリの駆除の薬剤費というふうになってございます。それから19節負担金補助及び交付金の上から3番目の大河原町観光物産協会関係補助金で、昨年より250万円ほど増額となっております。これにつきましては、一つ目は仙台・宮城観光春のキャンペーンということで、駅前からイルミネーションを土手まで行うというふうなことであります。二つ目は大河原グルメ開発や各種イベントということで、それぞれ計上しております。
 次に、一番下の仙台・宮城キャンペーン推進会議負担金30万円の増額につきましては、平成25年度に仙台・宮城デスティネーションキャンペーンが開催されますことから、負担金が増額というふうになってございます。
 次に、140、141ページをお開き願います。
 4目の消費者行政費の11節需用費で消耗品30万円の減額につきましては、放射測定機の維持費といいますか、そのところに13節のほうに30万円をそれぞれ配分しておりますことから減っておりますが、合わせて121万7,000円というふうになってございますので、金額的には昨年と同様というふうになってございます。
 簡単ではございますが、以上で説明とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい。ではこれから質疑を行います。質疑はありませんか。はい、佐々木委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 守伸です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 佐々木守伸委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 ページ134、135の19のところの仙南広域農道整備事業負担金、これ、ことしが最終とさっき聞いたんですけども、工事費総額と大河原の分担金の総額だけ教えて。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、では産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。これにつきましては1期、2期とございまして、1期、2期合わせてよろしいでしょうか。一応ですね、事業費が105億円ほどかかってます。そして、大河原町の負担が7億8,600万円ほどというふうになるかと思いますが、また、これは最終的にもう一度ですね、調整があるらしいんですけども、これが確定というふうなことではございませんので、とりあえず今現在、このくらいの予算かかかっていたというふうなことになるかと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 現在の予定というか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) そうですね、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯佐々木守伸委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐々木守伸委員 は、確定は後ですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) そうですね、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかにございませんか。はい、枡 和也委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 137ページの、うんと一番上の、この嘱託職員、去年何か観光事業推進のためにおいて、聞いたんですけど、このちょっと詳しくもう一回聞きたいのと、あとは、どっちだっけ、あとはですね、すいません、うんとね、生活センター関連の135万というやつあったんですけども、何ページだっけな、ああここです、133ページの生活センター維持費補助金ということで、多分、ことしから一元というふうになると思うんですが、去年と同額なもんですから、その辺の、どうして同額なのか教えてください。
 あとは……、その二つで。あ、もう1個あった。うんとね、さっきのですね、139ページ、うんと、19負担金補助及び交付金の中で、上から三つ目の物産協会関連補助金ということで仙台・宮城春のキャンペーンという、イルミネーションというのがあったんですが、このイルミネーションもいいんですけども、常におれ、昔からこう思ってるんですが、商店街とか尾形橋から、こうかけて栄町商店街あたりの街路灯のがわというか、何かしなびた温泉街みたいな、いつまでもプラスチックのがわね、あいづはこう、もう少し違うのに変えたほうがいいんではないのかなって前々から思ったったんですけども、そういったことも、ここの中でできないんだかどうだか、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、では産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) まず初めに、137ページの嘱託職員というふうなことでございますが、これにつきましては観光物産協会の、できるだけ独立の方向というふうなことと、それからいかにして大河原町の特産品なりをつくるかというふうなことで、嘱託職員ということで派遣しまして、嘱託職員として大河原町の観光物産の今後のあり方を検討していくというふうなことでございます。
 それから、二つ目の生活センターの金額が一つ減ったのに同じ金額というふうなことでございますが、当初どうなるかわかりませんので、とりあえずは8カ所という、8施設というふうに考えてございますが、なお、これにつきましても最終的に予算的に余れば補正減というふうにさせていただきます。
 それから139ページのキャンペーン関係のところで、イルミネーションなんですけども、これは春、今までは冬場のイルミネーションだったんですけども、今度は桜まつりに、と同時に今度は駅前から桜まつり会場へ誘導するような形で、駅前から土手までのイルミネーションを考えてございます。
 それから街路灯につきましては、これにつきましては地域整備課になるのかなというふうには考えておりますので、その辺、地域整備課とも話し合いながら進めていかなければならないのかなというふうには考えてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、枡 和也委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 はい。ぜひ、先ほどの嘱託職員さんの件もあったんですが、例えば地場産品とか、今後の観光事業の今後のあり方とかっていうふうに、引き続きですね、有効に、こう動いていただいて、先ほど言ったこの、町の景観というか、そういうなのもしっかりとですね、今後考えいくべきだなっていうふうに思うんですけども、やっぱり入ってきて、駅前入ってきて回って、何回も言うようになるんですけども、どうしてもプラスチックの黄色い、多分黄色だったかな、どっかの青根温泉だか遠刈田温泉だかわかんないですけど、そういった、今遠刈田温泉だってね、立派な、あちらになってるもんですから、その辺、少し開けた、町のメーンですからね、商店街の、そういうものも、ぜひともこの、職員さんにもいろいろこう検討いただいてですね、よりよい方向に向けていただければと思いますので、よろしくお願いします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 要望でよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい。ほかにございませんか。はい、堀江一男委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 はい、129ページの労働費の中の使用料及び賃借料、自動車賃借料ですけども、昨年210万で、ことしが288万、これなぜこんなにふえたのか、何台分の賃借料なのか教えていただきたいと思います。
 それから、133ページですが、農業振興費の中の負担金補助及び交付金、下から2番目の一般青果物価格保証事業負担金3,000円ですが、これことし新たに出たような気するんですけども、間違ってればあれなんで、ちょっと教えていただきたいと思います。
 それからですね、135ページ、農業費の中の工事請負費ですけども、先ほどの説明ですと担い手等農業経営対策工事、昨年の説明だと、昨年もこれあって西地区の水路工事というふうな説明があったような気してるんですけども、ことしもおんなじなのかどうなのか、その辺ちょっと確認させていただきたいと思います。以上3件。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい。産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) まず初めに129ページの農業賃借料の自動車なんですけども、これにつきましては昨年度まで3台……、これにつきましては、24年度が5台で、昨年までは4台というふうなことで1台増というふうになってございます。
 それから133ページの負担金補助及び交付金の中の一般青果物価格保証事業負担金でございますが、これにつきましてはJAを通して市場等に出荷した作物、全部で多分24品目個ほどあるんですけども、その価格の中で一般的に価格が低下するのはニンニクというふうになってございます。それが価格が低下したというふうなことで、この3,000円分を補てん、負担するというふうなことになってございます。
 それから135ページの工事請負費の担い手、西地区でございますが、これにつきましても昨年と同様ですね、継続的な事業ということで、これも県の補助を受けながら、一部県の補助を受けながら実施していくというふうなことになってございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、堀江一男委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 二つわかったです。一つだけ。一般青果物の価格保証、ニンニク分を負担するということなんですけども、なぜ負担しなきゃねえのか、ちょっとその辺、ニンニク分だけ、それちょっとわかんないですけども。野菜とか何とか、こう、ほかの24種目のうち価格が減額、下落すれば全部それを負担するんでしょうか、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 大変申しわけございませんでした。先ほど、対象品目24品目と申しましたけども34品目でございました。それで、これは野菜が、その34品目のうちの野菜、農協を通して出荷する野菜の価格ということでありますが、主に今回はニンニク、そしてあとソラマメとかがありましたら、それも保証の対象というふうなことであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、堀江一男委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 ニンニクとソラマメというふうな話も後から出たんですけど、34品目全部が対象になるんですか。それともニンニクとソラマメだけが対象になるんですか、その辺ちょっと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 34品目が対象というふうになって、その中での下落した部分の保証というふうになると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、万波孝子委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 えっと、今、133ページですけども、堀江委員が今おっしゃったページですが、これは価格保証は私はそれはそれで大事なことなので全く異論ないんですけど、これは何かこう協定書みたい、協定ちゅうか要綱とか規則、そういうのはもちろんあるんですよね。どういう中身になってるのか、再度教えていただきたいというのが1点です。
 それから、ページ135ページですけども、19負担金補助及び交付金の仙南広域農道に関することです。まあ現在のところということで、先ほど事業費の総額、そして我が町の説明いただきましたけども、私が議員になったときこれ出たので、私よく覚えてるんですが、当初のですね、計画からすると、どういうふうに変動があったんですか。何かかなりふえてるのかなって気がするんですけども。その企画、わかれば教えていただきたいということです。
 それから、ページですね、131ページの一番下、負担金補助及び交付金の中の大河原町農作物有害鳥獣対策ですけれども、今、イノシシがですね、の被害というのがかなり多くなってますが、町の、これは次のページですけども、131ページもつながってますけど、去年は野生の鳥獣対策補助金ていうのが70万ほどあったんですけど、今回ないですよね。それで、この協議会は全く同じなんですけども、町では今年度はその、まあイノシシ対策については特別のあれはないんですか。全国的に非常に大きな問題になってますので、24年度はどういうふうにされるのか。何か予算上、ちょっとそういうのが見受けられないので伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。価格保証につきましては負担割合がございまして、下落した場合生産者、農協が40%、全農みやぎが、生産者、農協、JA仙南が40%、JA全農みやぎが10%、そして市町村が20%、そして県が30%それぞれ負担するというふうになってございます。
 それから、広域農道の当初からというふうなことなんですけども、広域農道は当初、多分、8年計画でいたのかなというふうには考えております。平成12年だったでしょうか、ちょっと私も記憶にはございません、余りないんですけども、それが設計……、実際は高架でいくわけだったんですね、あの向こう、大谷地区は。要するに、今土盛りしてますけども、当初あそこは高架でいくというふうな計画だったんです。ところが、地元の地権者の方から、高架じゃなくて盛土してくれと、そうでないとだめだというふうなことで、また設計変更なりました。そういうふうなことで設計変更が繰り返される中で、それぞれ国の施策も若干、補助金も、1回につける補助金も少なくなったことから、24年間の歳月を要して今日に至ったというふうになってございます。
 それからイノシシ対策ですけども、昨年は70万、県の補助がありましたけども、今回は、昨年ほとんど、昨年のものは補助金は個人で電さくとかをする場合、2分の1町が補助しますよというふうに計画したんですけども、ところが、その分、申し込みが1件もございませんでしたので、そちらはしないで、今度国の補助の関係がありまして、3人以上でイノシシ用の電気さくを設置すれば、その分で4分の1の負担でいいですよというふうな事業がございましたので、そちらのほうが結構ございまして、そちらのほうで2カ所ですね、設置しております。ま、それは3,000メートルと、それから750メートルの2カ所を設置して、で、あとイノシシの対策といいましても、有害鳥獣対策協議会のほうでですね、これはイノシシ、そしてカラスとか、有害駆除に関するものでありまして、そちらのほうでも直接国のほうからも補助金がこちらの団体のほうに来てございますので、そちらで対応してきたというふうなこともございます。なお、今回も、一応電気さくについても予算化は……してないな、予算化してないな。一応そのように対策を講じているというふうなことです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、万波孝子委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 最初の、この一般青果物ですけど、これはあの、当初の中で3,000円ですけど、今後補正でずっと出てくるということは十分あるのかなと今思ってたんですけど、今回、3,000円だけをしたという、何かニンニクのみということでしたけれども、ほかは、しなくてもいいような状況だというふうに素直に受けとめていいんですか。それとも今後、当初ではニンニクしたけど、今後は出てくるというような、なんていうんでしょうか、方向性はどうなってるのか、伺っておきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。これにつきましては、前年度の実績というふうなことでとらえていただいて、前年度の実績に伴ってのものという、助成というふうになってございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、平間孝士委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯平間孝士委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯平間孝士委員 ページ137ページ、15節の工事請負費、遊歩道補修整備工事、あと、その135ページの遊歩道管理委託料。8月、9月ごろになると、遊歩道は大分最近伐採もされて、風通しも日当たりも大分よくなってきたんですけれども、堤のほうに行くと、北石のほうに行くと毎年ですけどもヤブカの、ヤブカ、大群におそわれるんですけどね。そうすると、遊歩道は確かにいい場所なんですけれども、ヤブカが大量に発生ということで、まず気軽に、こう遊歩道に、こう行きたくても行けない。最初からほっかむりして行かなきゃんない。ヤブカにおそわれる。大群ですから。家族連れ、子供連れなんかは見ないですね。こういうふうに毎年私行っているんですけども、全く同じなんですね。だからヤブカの対策で、もう少し幅広く伐採してほしい。大分よくなってるんです。里見展望台から、かがやきの広場とか、あの辺は大分刈り込まれていて、あの辺では蚊は来ないですよ。そうすると、もう少し堤の北石、あの辺の歩道の右側の杉林の奥から、あそこは真っ暗なんですよね。あそこから出てくっと思うんですけども、その辺の対策はどのように考えてることなのかお聞かせ願いたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。それでは137ページの工事請負費なんでございますが、これにつきましては敷き砂利といいますかね、道がぬかったりした場合、敷き砂利とかやります。そしてまた、一昨年、里見展望台の手すりがちょっと落下したこともございまして、それを直してございますので、主に今の段階ですと敷き砂利をするのが工事請負費ということで考えてございます。
 それから2番目の管理費でございますが、135ページですか、これの委託料ですね、委託料につきましては、これは主に倒木、風とかで倒れる木が結構多いんですね。それでもって一応処理をするというふうなこともございます。それから、駐車場に、各2カ所の駐車場に藤棚があるんですね。その藤棚の剪定とかもお願いしているというふうなことであります。ただ、23年度はですね、これにつきましては緊急雇用とかの方々を利用いたしましたので、この分は余り使ってはなかったんですけど、なお、これにつきましても予算で、とりあえず予算化をしておいて、今後補正減とする可能性は出てくるというふうに思います。
 それからヤブカ対策というふうなことなんです、これにつきましても、やっぱり杉林ですと、なかなか下刈りする場所を広げるといっても、なかなか難しいんですけども、ただ、今の段階ではある程度の幅を、広い幅を下刈りしてヤブカができるだけ来ないようにはしてるんですけども、なお今後、その辺現場を確認してですね、もっと下刈りの幅を広げられるんであれば、そのように実施していきたいというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、平間孝士委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯平間孝士委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯平間孝士委員 まあヤブカなんですけれども、杉林はね、特にこれぐらいの間隔で、こう埋まってて密度が濃いんですよね。だから、日中行ったってあそこ真っ暗なんです。して、そんなにあとそんなに木も大きくないんで、あそこはやっぱり間引きして、お願いして、間引きなどしてね、風通しをよくして、思い切ったあの辺、消毒したぐれえでは出てこねえ、やっぱり風通しと日当たり、これを、この環境をよくすれば出てこなくなんのかなと思うんで、少し思い切ってあの辺整備していただきたいんですけれども、どんなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) まあ、伐採するのはいいとは思うんですけど、ただ、あくまでも個人所有の山でございまして、その方に了承を得られるか、そしてまたその木を切った場合、どのように処分するかというのが、今後、もし切った場合問題になるのかなというふうには考えておりますので、なお、これにつきましては所有者の方と一部でありますがお話をして、ある程度理解いただければ、まあ、その中の二、三メートルぐらい、間伐ぐらいというふうにはできるのかなというふうには考えておりますが、まあ、直接は所有者の方の了承を得ていくと思いますけども、費用もかかりますので、まあ、緊急雇用で対応できるんであれば、その中での対応というふうになるかと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 平間孝士委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯平間孝士委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯平間孝士委員 はい。せっかくの遊歩道ですので、家族連れで安心して行けると、そのような遊歩道をぜひお願いしたいと思いますので、要望しておきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、松井美子委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 はい。126、127、労働諸費についてです。今年度も労働諸費の大半の予算が、国からの仕事、震災を受けての仕事、雇用するという、そういう予算が多いわけですけれども、町のですね、この労働に関する基本的な考え方、労働に関する基本的な政策について伺いたいのです。ほとんど同じ、労働諸費というのは額としては変わりない状況ですので……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 松井美子委員、今は予算なので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 ですから、話し合われたのかどうか。労働者をふやすとかそういうことについて、予算を決めるときに話し合われたのかどうかというのを伺います。
 それとですね、132、133、5目の畜産業費についてです。
 これも、基本的には毎年度同じ予算の取り方なんですが、今年度は3,000円を減らしています。具体的な振興策というのはどういうふうに考えたんでしょうか。共進会に出品するという費用だけの予算化ということですが、大河原町の農業収入の大方を、この畜産業で賄われているという、そういう状況がある中で、この予算の取り方というのは課の中で話し合われたのかどうか、そこを伺いたいと思います。
 それから同じページですが、ちょっと順序が違いましたが、上の農業振興費の中の負担金補助及び交付金の、あ、違いました、23節の償還金利子及び割引料、5万円の有害鳥獣駆除捕獲許可等事務返還金についてです。えっと、昨年度は返還金というのがなかったんですが、今年度はどういう事情でこの返還金を予算化しなきゃいけなかったのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 126、127ページの労働費の関係なんですけども、この話し合いといいますと、ちょっと……、話し合いというのは、その辺はしてないんですけども、ただ、労働につきましては、下の2項の緊急雇用対策事業ということで、これに伴って労働者の創造とか、それを見出すというふうなことで、多くはこの緊急雇用対策事業に力を入れてる現状でございますので、ほかの企業さんとのお話ということは今のところはしてございません。
 それから、132、133、畜産の件なんですけども、まあ、確かにこの畜産業につきましては共進会ですか、だけの費用というふうにはなってございますが、それぞれですね、まあ畜産農家の方々には、それぞれその組合なりからの助成なりが来ているのかなと思いますけども、そしてまた、畜産業の方々からも、このような施策をしてくれとかというふうな要望もございませんので、今のところ放射能の対策しかやってないというふうなことでございます。
 それから、その23の償還金、有害鳥獣駆除の償還金ですけども、これは22年度の実績ということで、事務手続が予定した交付された金額よりも少なかったということでの、その分の償還というふうになります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、松井美子委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 はい。そうしますと、労働諸費についてです、126、127。
 特別、それでは町ではこの労働に関しての政策を用いていないというふうに考えていいんでしょうか。で、その労働諸費の中でも負担金補助及び交付金が、その内容ですのでね、そこのところをちょっと確認させていただきます。
 そして132、133です。畜産業費についてですが、畜産農家からの要望など特別ないと。関係団体から云々というふうなお話がありましたが、24年度には大河原町のいろんなブランドをつくるとかね、それは商工のほうで言われていますけども、豚で言えばもち豚だとか、それから牛で言えば何とかだとかっていうふうなことで、ブランド化を目指すなら畜産業費でもあり得るんじゃないかというふうに思ったりしています。
 そして、農業生産費の大方が、この畜産業に頼っている現状ですので、具体的にやっぱり、要望がないとしても町として方向性を示すような政策が必要じゃないかと思ったのでお聞きしましたが、その点は予算化のときに何も出なかったのか伺います。もう一度。
 そして、償還金、上のほうの23節償還金補助及び利子及び割引料ですが、22年度の実績に基づいて24年度もあり得るということで予算化したということですか。平成23年度の予算はなかったんですね。平成23年度の予算です、にはなかったと思いましたので、実績で5万円の返還ということで。そしてこれは、補助金から出ているものだから返還しなくちゃいけないということだったのか。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。それでは労働関係なんですけども、一応、町といたしましては、各企業に、町長とかそれからハローワークの方々と一緒に雇用の関係で大きい企業さんには回ってございます。で、そのような努力はしてますけども、係だけではしてないというふうなことでございます。
 それから畜産でございますが、畜産につきましても、ま、今回はヒルズさんが震災等で大被害がこうむりまして、その分の補助関係につきましても、補助手続とかそれぞれの畜産業さんに関する手続、そしてまた大きい畜産、飼育というか子牛を育てている、まあ1,000頭ほど子牛がいるところにつきましても、それぞれの融資策なども、まあ、3年ほど前に相談があり、そっちの融資も手がけておりまして、それぞれ相談していただいて、そしてまたこちらからも声をかけているところですが、余りそういうふうな、こう、補助関係とか、そういうふうな施策のほうにはかかわってこないお話だというふうに受けとめているところでございます。
 それから、償還金のほうなんですけど、これは県の移譲事務でございまして、あくまでも実績、一応前もってこのくらい、じゃあ大河原町、この有害鳥獣であれば10万円かかるんでしょうから10万やりますよと前もって寄こされます。ところが、実際やったところ、実績がそんな5万円で済みましたよというようなことで、5万円を返還するというふうなことになるのでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。丸山勝利委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 133ページの、去年の、あった野生鳥獣対策補助金、ことしはLED化に回したということだったんですけども、70万円ですね。これ町としてイノシシ対策で去年度にはもうけたと思うんですけれども、これでイノシシ対策として、ことし24年度は十分て考えてるんですかね。これ、電気さくの補助を2分の1補助ということで、申し込みがほとんどなかったということだったんですけども、これ、やっぱり2分の1補助といえども、やっぱり多いようで、青果物の価格も安いですし、全然合わない状況で半分も出してまでつくるという、何かそこまで行ってないような状況もあるんですね。
 それで、まあ、そのさくをつくっても結局隣の畑が荒らされるだけであって、全然対策にはなってないような状況だと思うんですけども、駆除にもう少し力を入れるべきじゃないかと思うんですけど、その辺の予算繰りというのが全然見えてこないというのが一つと、ま、ちょっと細かい部分なんですけども、139ページの桜樹保護委託料の委託の中身と、この微妙にふえた理由ちゅうのを教えてほしいんだけれども、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。イノシシにつきましては、農政の遠藤補佐のほうから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯産業振興課長補佐(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長補佐(遠藤和彦君) はい、それでは、有害鳥獣対策の関係ですけども、23年度に総合対策事業交付金ということで箱おりのほうを6基、60万購入してございます。整備事業としまして、先ほども……、(「聞こえない。もう一回、マイク」「近くでお願いします」「もう一度お願いします」の声あり)
 はい。有害鳥獣対策関係ですけども、23年度の予算としまして県の鳥獣被害防止総合対策事業交付金ということで、推進事業費で60万、これは箱おりを6基購入してございます。整備事業としまして、上大谷地区に電さく、2段で3,000メーター、あと鷺沼地区に同じく電さくで750メーター、2段ほど張ってございます。それらのことから、24年度につきましては例年どおりの予算ということでございます。また、個人でわなをですね、設置する場合の取得免許ですかね、それの補助ということで、1件5,000円ですけども、それらを含めて24年度の対策としていきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは、委託料ですかね、桜樹保護委託料関係なんですけども、これにつきましてはアメリカシロヒトリ、去年、そして一昨年と大発生いたしました。それで2回ですね、それぞれ駆除をしてございます。これにつきましては発生時期がですね、まちまちなので、なかなか駆除するものも、いつというのも大変なんですけども、それぞれ発生時期に合わせて委託してございます。
 それからテングス病につきましては企業の方に委託してございます。そして、一部ですね、柴田農林高等学校のほうにテングス病ということの撤去ということでもお願いしてるところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに。はい、丸山勝利委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 はい。今年度、まあ、前年23年度、おり6基ってことだったんですけども、あとあと電気さく2段で3,000メートルと750メーターですね。ま、ただ、見る限りイノシシはどんどんふえていっているような、うちの近くでも結局、今年度というかことし入ってからも結構3頭、4頭とってますし、とれるのは小さいイノシシが多くて、結局、はっきり言ってふえてるっていうような状況で、まあ、イノシシも結局親になると警戒心強いんでなかなかかからない。で、子供だけがとれてるというような状況が続いているような状況なんで、もう少しここの対策として、おりをもう少しふやしたり、また免許5,000円じゃなくてもう少し上げていただいて、もう対策というのをもう少し充実していただきたいなと思うんですけども、その辺、充実するっちゅう考え、今の状況でいくっていうような考え方なんですかね、町としては、予算としては。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。今のところですね、まあ、おりは10基で今のところいきますけども、ただ免許取得も要望がなかなか来てないんですね。で、一昨年とった方はお一人なんですよ。で、なぜかと言いますと、免許をとりますね。免許とりますと、保険を掛けなくちゃならないそうなんですよ。免許、万が一人が、そのおりでもってけがした場合。で、保険を掛けるんですけども、ただ保険を掛けるには猟友会に所属しなければならない。個人では掛けられない。保険は掛けられない。猟友会に入んなければならないんですね。
 ただ猟友会に入りますと、またそれで負担金かかります。で、今度は猟友会に入りますと、今度は国のほうの、その上部団体にも加入しなきゃないですね。そうしますとまた負担金がかかる。で、1年ごとにそれぞれ更新するんで、それぞれの個人負担もかなりかかるというふうなこともございまして、なかなか人がふえない、その免許をとる方が多くならない、ふえないのかなというふうに。ですから、そのシステムを国なりで考えていただくとなおいいのかなというふうには思うんですけども、ただ保険が一番心配、まあ、万が一のことを考えると、やっぱり保険が心配だというふうなことになってございますので、なかなかおり用の免許を取得するだけでは難しいのかなというふうには考えてるところです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、丸山勝利委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 はい。まあ、今聞いただけでも大分、まあ、個人で、もう免許とってもかなり厳しいなというのはわかるんですけども、それであれば、国の法制化、いろいろ保護を見直さなければならない部分が多いと思うんですけども、それまでの間、結局毎年ふえてくるわけなんで、結局免許費用と保険料とか、町で負担するような考えはないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) なお今後ですね、それにつきましても検討してまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。
 10分間休憩いたします。
     午前11時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開します。質疑ございませんか。はい、堀江一男委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 135ページですか、この農業費の中の負担金補助及び交付金なんですけども、わかんないのでちょっと教えていただきたいんですが、上から4行目の県営かんがい排水事業大河原地区負担金、これが前年度比121万円の減。その下が県営排水対策事業、これが136万9,000円の減、団体かんがい排水千塚、これは12万1,000円の減、あと小規模排水の山崎、福田地区が前年同額、そして去年まであった小沼地区の負担金、これは130万4,000円、これことしないんですけども、この減になった理由と、この負担金というの毎年、何ちゅうか一つの事業が終わるまで出していくのか、毎年それとも同じ金額を出していくのかね、その小規模の場合は。して、あと何ぼぐらいずつ出さなきゃないのか、もしわかれば教えていただきたいと思います。
 それから、137ページなんですが、償還金利子及び割引料、これの中のこの電気用品からこの4品目ですか、これが合わせると97万3,000円、説明によりますと22年度の実績で震災により調査ができなかったと。22年度、震災は22年度だけんども、確かに23年の3月11日ですよね。震災により調査ができなかったということは、3月にすべき調査をする予定でいたのか、3月11日以降にですね、その辺をちょっとお聞かせ願いたいなと思います。
 それからですね、139ページの商工振興費の中の13委託料なんですが、川根工業団地整備計画策定委託料、道路とか地質調査とか、とか云々とかとこう言ってたんですけども、あそこに企業が進出するというふうな話はいろいろこう、当初の町長の所信表明やらいろんなことで聞こえてるんですが、どの企業が来るのか、その辺教えられないのかどうなのか、その辺ちょっとお聞かせ願いたいと思います。以上3点。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは、135ページのですね、それぞれの負担金でございますが、これにつきましては償還が、すべてなんですけども平成30年度で終了する予定でございます。そしてまた、償還額もそれぞれ年度ごとに減っていくものですから、毎年この償還額が減少していくというふうに考えていただければというふうに思います。
 それから137ページの償還金の、電気とかの家庭用品の検査というふうなことですけども、本来ですと3月の末ころに行うというのは余りなかったんですけども、昨年、若干遅くなって3月の半ばごろというふうなことで計画してたもんですから、それに伴って3月11日の震災に遭ったというふうなことで、実施ができなくなったもので、2月になりしとけばよかったんですけども、段取りの関係上3月、その中旬ごろというふうに計画してたもんですから、この実施ができなかったというふうになってございます。
 それから139ページの川根工業団地の設計委託でございますが、これにつきましては、先ほど言いましたように現況の交通量の把握とか、それから将来の交通量の推計、それから交通量配分、交通動線とか、それから道路つくるための公安局との協議とか、それぞれの設計も、それぞれの関係もその中には入ってございます。そして、どこの企業というふうなことですけども、これにつきましては食品、今の現段階では食品会社というふうなことでご理解をお願いしたいというふうに考えてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 ええっとですね、135ページのことは大体わかったんですけど、そうすっと小沼地区についてはもう償還が終わったっていうふうな考え方でよろしいんですね。この辺のことです。
 それから、2点目の3月半ばごろに予定していたけどもできなかった。普通、これは3月に普通やるんでしょうかね。もうちょっと早くやるんでないかと思うんですけども、その段取りについて、ちょっとまずかったんでないかと思うんですけども、いかがなもんなんでしょうか。
 それから、この商工振興費の中の委託料ですけども、食品会社ということで会社の名前は言わないようですけども、このくらいの金額をかけて町でやるわけですから、きちっと内諾をとってると思うんですね。それを言えないというのはどういうわけなのか、議会のこの場で言えないっていうことはね、どういうことなのかね。んでねこったらどこの企業が来るのかさっぱりわけわかんないでこういうふうな工事しろって言われても、我々賛成しかねますので、その辺のところしっかり教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、それでは産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは、135ページの小沼地区につきましては償還が昨年度で終了というふうになってございます。
 それから137ページの償還金につきましては、本来ですと2月の末、2月の半ば過ぎごろに実施しているところですが、委員ご指摘のとおりですね、段取りが悪かったということで3月半ばにずれ込んだというふうなことでございます。
 それから139ページの委託料の企業というふうなことですけども、これにつきましては、この場で私のほうから言えばいいのかどうかはわかりませんけども……。一応、あえて企業さんのほうから名前はまだ伏せといてくださいというふうな意見が、お話があったもんですから、今のところ皆様のところではお話ししてないというのが現状でございますので、何とかご理解のほどをお願いしたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 最後のね、その川根団地のようですけども、もしこれが失敗したったら、来なかったというふうな形になったらば、副町長、町長、副町長が責任とってこれやるんですか。その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 工事費も含めですよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯副町長(目黒敏明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(目黒敏明君) 実際、企業誘致ということになるかと思うんですけれども、そうならないように当然我々としては努力をしていきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに。万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 139ページ。今の堀江議員に続いてちょっと伺いますけども、町長は、たしかこれに関して説明したときに、こういうふうに言いましたね、私の記憶では。
 皆さんもよくご存じだと思うんですがという、こういう言い方をしました。それで、これはですね、確認ですけども、企業が来ることになったからなんですか。なったからこの委託料になったということですか。そこら辺、ちょっと確認です。これが1点です。
 それから、その下の負担金補助及び交付金、復興支援商工振興事業補助金のことですけれども、昨年は、まあ、空き店舗有効活用ということで事業がありまして、ことしはこの割増、町長の施政方針でもありましたけれども、1,000万円、もう少しこう、詳しく中身を教えていただきたいということです。前にも、こういう名前はこうではありません、震災支援ではありませんでしたけども、町で割増の商品券の、町でというか商工会でやってますので、それとの関連で同じようなものなのか、それとも1,000万円ですのでね、もう少し詳しく伺いたいということです。
 それから、ページ戻ります。133ページですけども、133ページの上から2段目ですね、町の認定農業者、これ毎年15万円ずつ協議会に補助金出してますけど、24年度では、今何軒農業者づうか何人いるんでしょうかね。それと、24年、今後、その見込みというか、ふえるのか減る見通しなのか伺います。
 あわせてですね、認定農業者の方は大規模でやってらっしゃると思いますけども、この所得補償制度が今ずっとやられてますけど、これでどれぐらいの、一般質問にもあったようなんですけど、所得つうのはどのぐらいになってるのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは139ページの川根工業団地の委託料の件ですけども、これは工場が来なくとも実施するものかというふうなお話ですけども、これにつきましては、やっぱり経営計画にもございますように、工業団地の整備というふうなことでうたってますので、この道路整備につきましては実施を考えてございましたので、それでやるというふうなことでございます。
 それから復興支援ということで、復興支援の商品券関係ですけども、これにつきましては、一応事務費ということで商工会さんの、まあ、商品券の印刷とか、それぞれかりますので、その辺は100万円を事務費として900万円を割増商品券というふうなことで考えております。そしてその中身なんですけども、今までは、これもまだ決定ではありませんけど、商工会ともお話しして詰めていくわけですけども、商工会、そして商店の方々ですけど、今までは商工会に加盟しておる方で大規模店舗は除いてました。そして今度は商工会に加盟しているバイパス店でも半分、その、半分といいますかどこでも買える券と、それからバイパス外でも買える券と2種類をある程度つくって、商工会加盟店をふやすとともに、今回は復興ですから消費者の方もということで、バイパスでも商工会に加盟してる店は参加させましょうというふうな方向では考えてるんです。ですから、これはこれから商工会等々と協議を重ねまして、7月の発行に進めてまいりたいというふうに考えておるところです。
 それから、133ページなんですけども、認定農業者の件ですけども、認定農業者につきましては、今現在15経営体というふうになってまして、5年に1遍更新、認定するかどうかを更新します。で、今年度は11の経営体の更新がございました。今後ふえるのかどうかにつきましては、今の段階ではふえる様子は今のところないのかなというふうには考えておりますけども、現状維持をできるだけ努めていきたいと、言いますのは、要するに高齢化が進んでおりまして、後継者もいないところもございますので、できるだけこのまま現状維持をしていきたいというふうには考えておるところですが、農業経営プランも来年度ですか、作成しますので、その中でもいろいろ盛り込んでいきたいなというふうに考えております。
 そして、認定農業者の所得につきましては、一応、あくまで平成18年ころは800万というふうに設定してましたが、それではちょっと厳しいというふうなことで400万に落としまして、目標、あくまでも目標ですんで、それを定めました。ただ、今の認定農業者の所得につきましては、そこまでいくかというとなかなか難しい、厳しい現状というふうになってございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 最初の川根ですけれども、要するに、これは確かに町長のあれにありましたし、今課長がおっしゃったように企業が来る来ないにかかわらず、これは整備をするということですね。それで、2,500万ですが、これはどこに委託するんですか。それだけちょっと。いろんな業者っつのありますけれども、どこに委託するのか、ひとつ伺いたいというのが1点。それから、この復興支援ですけれども、これ期日ちゅうのは。いつまでこれ使える、今のところですね、これからいろいろ煮詰めていくんでしょうけど、現時点では期日がいつまで使えるのかということと、バイパスに商工会に加盟している方、あの方かな、あの方かなと私の頭であるんですけど、何件くらいあるんですか。そして商工会にやっぱり加盟をしてほしいうという、それはそれで大変目指す大事なことなので、どれぐらいの目標を掲げてやるのか伺います。
 それからですね、こっちに戻りまして、認定、要するに最初は、これつくったときは24ぐらいあったのかしらね。どんどんどんどんやっぱし、なかなかこういう協議会をつくったもの大変な現状なんだな、今後も11ぐらいになっていくっちゅう点では。これに関連してですけれども、認定農家の方はかなり大規模にやってますが、大河原で今広表ももはや1,000平米だったかな、残って、あとはもう全部完売しているわけですけども、最後のダッシュに入っていますが、大河原町の24年度の審査に当たりですね、水田面積は今どのぐらいあるんですか。昨年と比較して、どのぐらい今なってるのか、それだけ伺って終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) それでは、139ページの委託先ということなんで、これは指名競争入札で実施してまいりたいというふうに考えております。
 それから復興支援の関係ですけども、これにつきましては7月から12月、半年間を見てございます。そしてまた加盟店、バイパスの加盟店ということですけども、今のところ10店舗ほどというふうなことでありますが、今後ですね、その商工会に加盟をしていただくように、この機会を得て商工会加盟の推進というふうにしていただければいいなというふうに考えております。
 それから、133ページの認定農業者に関係しますところの大河原町の水田面積なんですけども、今現在469ヘクタールほどになってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 ちょっと今答弁、はい、いいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 ごめんなさいね。そうしますと、昨年と比較してこれどのぐらい、まあ生産調整毎年やってますので、どのぐらい減ったんですか。もし今わかればじゃあ。わからなければ後でも構いません。わかれば、はい、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 水田面積は同じで、生産調整の面積だけが変動したというふうなことであります。要するに水田面積に対して生産調整の割り当てが来るんです。ですから、面積は変わらないというふうなことであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 あ、そうでうすか。はい、わかりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 それでは、130ページの農業振興費にかかわって伺います。
 24年度は地域農業マスタープランを作成するというふうになっておりますが、その作成の計画の予算というのは要らないんですか。というのは、載ってないものですから、どういうところでどういう相談をしながら計画を進めるのかなって、予算上わからないので、その点を伺います。
 そしてですね、あと140、141の消費者行政、商工費の中の消費者行政費、13節の委託料ですが、放射性物質検査機器保守点検委託料、これは機器の買ったところに委託するものなのか、委託先がよくわかりません。これは今年度1年間の委託料ということで、今後、補正など必要な状況というのが生まれる可能性はないのかどうか、そこのところ伺います。2点です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。この来年度マスタープランの作成につきましては、大河原町の農業推進協議会の中で作成しまして、予算関係につきましてはございません。
 それから141ページの委託料の放射能の物質検査機器の点検ですけども、これにつきましては消費者庁の、前回までありました121万7,000円の予算の中で、これは22、23、24、3年間あるんですけども、これでもって購入先、まあ放射能の購入先から保守点検にお願いするということで、すべて国の予算で実施されます。ただこれは3年間で終わりますので、今後、町単独で25年度からは出てくる可能性があるかと思います。
 それから、済みません、マスタープランにつきまして、今後ですね、補正を行う可能性があるということですので、大変申しわけございませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 はい。今の農業振興費にかかわって、私マスタープランの作成のところを伺いましたが、前者の万波議員も聞きました平成24年度の水田面積が469ヘクタールということで、認定農業者は11、現在更新したのは、経営体ということですね。マスタープランには、国の方向どおり平地土のところでは20から30ヘクタール、そして中山間地では10から20ヘクタールの集積を行って大河原町の農業経営を担うというような、そういう方向性は、これは変わらない状況でつくる予定なんですか。というのは、大河原町の全部の水田やったとしても、20ヘクタールから30で割ると数人の経営農業者しか要らなくなるのでね、どうなるのかなということ。町の労働条件にもかかわってくることなので、そういう方向性は曲げないでするという方向なのか、この補正予算が関係してくる上でも、やっぱり知りたいので、ご説明お願いします。
 そして、141につきましてはわかりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。一応、マスタープランにつきましてはですね、今後5年間で農家をやめるというふうな方々が出てくる可能性が大きいというふうなことで、それを担い手の方にお願いして区画を大きくしたり、それから区画を集積し、そしてまた連担、続き、連担というか道路挟んでもいいよというふうなことで、作業効率のいいようにですね、やるプランでありまして、今後の農業でも生産がとれるような、採算がとれるような農業にするためのプランでありますので、区画は多分、借りましたらば、クロをそれを取り払って大きな区画にして作業効率のいい土地にするというふうなことになろうかと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 この件に関して3回目です。そうしますと、先ほど説明があったように所得の目標は400万ということに下げているということですが、それを引き上げるという計画の変更などもあり得るわけですね。そこだけちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。所得の計画の変更につきましては、そこまで所得を上げるとかなりの経営体になるかなと思いますので、要するに農機具の購入にしても1台コンバインとか買えば600万とか、そのくらいしますんで、そういうふうなことからすれば、所得を基準を上げるというのは難しいのかなというふうなことで現状維持で考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 はい。まず45ページ、1節末広土地貸付収入で、子育て支援施設が建設されれば駐車場は役場やグラウンドになります。そのときも利用料はいただくんですか。
 それと、138ページ、商工振興費、本仲活性化の空き店舗対策の一環としまして、コミュニケーションサロンを商工会事業費で予算化できませんか。支え合い、触れ合いの場としても1日利用料500円でマージャンサロンを開設してはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、では産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。45ページの末広の桜まつりのときの土地につきまして、一応子育て支援が建設されましたならば、ある一定の部分だけ駐車スペースがある、バスが入れるスペースがあれば、その部分だけは産業振興課のほうで借りて、またやりたいなと思いますので、あとは学校、そして役場、合同庁舎等のほうで一般のお客さんはそっちのほうなんですけど、ただ大型バスで来られる観光客の方につきましては、やっぱり限定されるのかなと思いますので、今後、その子育て支援が建設されましたならば、そこを借りることはちょっと難しいのかなというふうには今のところ考えております。
 それから、138ページの件なんですけども、本仲の商店街、空き店舗活用なんですけども、これにつきましては、今のところばばちゃん、おにばばはうすというふうなところを開設しまして、週1回ですかね、野菜等を販売してございます。あと今後、商工会と協議をしながら、その予算、これも予算も関係しますので、今後そういうふうなサロンができるかどうかも商工会と協議して検討してまいりたいと考えております。以上です。(「あと利用料。お金とるか、駐車場」の声あり)駐車場の利用料につきましては、バス1台2,000円ということで……。役場の駐車場は無料で、役場、それから小学校、そして合同庁舎については無料というふうにさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 はい。もう観光促進の一環で、25年度から建設されてるの決定してるんですから、24年度から無料サービスにしてはいかがでしょうか。
 それと138ページですけど、男女を問わずお年寄りの方のね、マージャン人口ってびっくりするくらい多いんですよ。ある自治体ではマージャンサロンが活況を呈して、その結果、既存商店の活性化に見事につながっております。ぜひ前向きに検討してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 末広駐車場につきましては、一応観光客の方が来てもですね、その桜の土手から眺めるのが結構多いんですね。そしてあとトイレ休憩してすぐ、まあ30分もしないで帰る場面も結構多いんですよ。そうしますと、なかなか物産とか観物の売店とか、それから出店のところに足を運ばない面もありますので、できればやっぱり大河原町としては、どこでも、このバスの料金はとってございますので、今後、今24年度につきましてもバスの駐車場の料金はいただくというふうに考えてございます。
 それからマージャンサロン、これにつきましては、やっぱりお年寄りの脳の活性化ということで大変知られているところでございますけども、これにつきましても、先ほど申しましたように、商工会なりと、それから予算もかかわりますので検討してまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 しつこいようですが、45が最初のページだっけね、25年度から大型バスの駐車料はとれないんですよ。だったら1年前から先倒しして観光促進で、むしろそっちのサービスを、こうPR活動したほうが僕はいいと思うんですが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 実は、あそこ結構整備するのもかかってるんですね。要するに、水たまりとか結構ありますので、それに砕石とか、それから水たまりますと職員……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 ちょっと、僕質問してるのは末広収入です。河川敷言ってません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。末広も、バス駐車場は結構水たまって砕石とかもひいてありますので、やはり今年度は使用料は徴収していくというふうに考えてございます。やはり、あくまでも見にこられても、やっぱり負担はある、駐車場は負担するんだよということで、観光会社にですね、もうそれは含まれている現状かと考えておりますので、それはそのままバス駐車場料金はいただくというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 139ページの商工費ですけども、商工振興費ですが、負担金補助及び交付金ですが、復興支援商工振興事業補助金、割増商品券というふうなことで7月ごろからやりたいということなんですけども、前回やったときの実績をもちろん見ての割増商品券だと思うんですけども、前回の場合ですと、どの職種あたりに使われているのか。私からするとあんまりこう、町中で使われているような気配は見えなかったんですけども、この辺の、また割増商品券という、こう大河原町の商工会、町、本仲商店街なんか見てると、とてもじゃないけども、ああいうような買うような人たちの姿が見受けられないんですけども、その辺の件について、どの辺の職種が一番使われたのか、それをお聞かせ願いたい。
 それからですね、去年空き店舗有効活用支援事業補助金ということで700万がありました。ことしはありません。空き店舗はもう既に、空き店舗の支援事業についてはもう十分だというふうな形で思われているのか。それで今までいろいろこう空き店舗支援への補助金があったわけですけども、補助金の成果についてはどのように考えているのか、これについてお答え願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 139ページの割増商品券の主に使われたところというふうなことでございますが、聞いたところによりますと主に飲食店とか、それから酒屋さんですかね、のほうが結構多かったというふうに聞き及んでおります。
 それから、空き店舗有効活用ですけども、これは梅小町ということで考えて設置して、これは緊急雇用も絡んでですね、やってたわけなんですけども、これにつきましてオーガにハローワークが今度24年度からオーガに移るというふうなことで、その空き店舗の部分を移動しまして、今度は緊急雇用の中でも商業活性化事業ということで、その中で空き店舗といいますか名称は変わりますけど、そのまま梅小町はデマンドと隣り合わせで実施していくというふうなことでございまして、成果につきましては、やはり地元の方は、お年寄りの方は結構利用されたということですけども、ただその隣にあるお店だと余り喜ばしくないというふうな意見もありましたので、ちょっと検討、今後どうしていくかも検討してまいりますが、一応、空き店舗活用といいますか、その分はまた継続していくというふうなことです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 空き店舗なんですけどね、このオーガが空いてっからオーガのところに持ってった、それが空き店舗政策なのかね、本仲とかそういうふうなね、尾形丁だとか、そういう空き店舗がガタガタあってね、挙げ句の果てにはもう駐車場ばっかりの商店街、その辺のね、空き店舗対策というふうなことについては、この商工の振興というふうなことから考えた場合に、町としてはどういうふうに考えてるんですか。本仲あたりの商店街のあの状況を見てて、それを何とかするっていうふうな考え方っていうのはないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。大変難しいご質疑でございますが、現在、昔は商店街は面的な配置でありまして、徐々に面的なものから線的なものになりまして、今度は点、点というふうな、今度は点的なことになっている現状でございます。で、これにつきましては、アンケート調査、農商工連携関係でアンケート調査をしておりますが、やはり後継者がいないというのが第1点、それから品ぞろえが、いい品ぞろえもできないというふうなこともございます。そして店構えもですね、どのようにすればいいのか。そしてまた店構えを新しい店構えをしたとしても、それで採算がとれるかどうかというふうなこともございまして、今後ですね、商店街の商店主の方々ともいろいろ協議しながら、町中の商店街活性化の取り組みですね、を協議しつつ進めていかなければちょっと難しいのかなというふうに考えているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 あのね、さっきの佐藤委員の桜の問題も駐車場の問題もそうですけども、結局、大河原町としての商業の活性化とか観光とかというものを、全体的な問題としてとらえないで、個々の面だけで私はとらえているんだと思うんです。だから結果的にこういうふうな状況に私はなるんでないかというふうな、やはり今ね、商店街の人と協議するって言うけども、商店街の人も体力ありませんよわ。そういった中で、商店街さ金出せっつったってね、金出せない、だってさっき言ったように後釜がいないんですから。後釜いないのに投資しますかったらしないでしょう、だれだって。こういうふうなまちづくりをどうやってやるかというのを、もうちょっと振興課だけじゃなくてね、町全体としてね、もう何回ももう商店街の問題、スワンだ何だかんだってもういろんなとこ計画立ててるわけでしょ、今までにね。そしていろんなところ視察して来てるわけでしょ、何のための視察行ってんだかわかりませんけども。そういったものが生かされないで、ただ個々的になってる。だからもう少し、本仲を初めとするいろんな商店街をね、やっぱり活性させるためにはどうしたらいいかというものを、もう課を超えてね、協議をしていくべきだと思います。そして補助があるからとか補助がないからとか、そういう問題でなくて、町としてどういうふうに必要なのかというふうなことつくり上げていくのかということを、私は考えるべきだと思うんですけども、副町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 副町長、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯副町長(目黒敏明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(目黒敏明君) 全くそのとおりだと思います。実際に、まあ担当課だけに、任せているというのが現状でありますけれども、やはり町、役場全体でやはりそういう点をですね、考えて、大河原町、やはり元気な町という町長のキャッチフレーズもありますんで、それに見合うようなまちづくりを、やはり多くの方と、やはり計画書だけでなくてね、実際にやるにはどうしたらいいか。例えば、その空き地になってるものをどう活用するとか、やはり多くの方の意見をちょうだいをして、そして実行できる計画をね、ぜひ今後つくるように努力をしていきたいと思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 135ページです。林業費の中の13節委託料です。保全松林緊急保護整備事業委託料110万円についてですが、大河原町の森林の多くは私有地ということで、毎年この松くい虫防除に対する事業が組まれていますけども、私有地ということなんですが、この所有者の話し合いでどうかならないものなのでしょうか。依然として松くい虫被害があちこちに見られて、伐採されないで立ち枯れになっているところも相当数見受けられるんです、歩いてみると。林の所有者との話し合いはどんなふうになってんのか。成果説明の中でも、ちょっと国県補助と一般財源で賄われているのでね、そこのところを今年度の予算組むに当たって進められたのか、そこのところを伺います。
 それとですね、139ページ、観光費の中にあります桜樹についてですが、全体かかわりますけど、私以前に桜樹を植えかえたり補植したりするというようなときに合わせて、時期の、咲く時期の違う桜を植えていったらどうなのかと。そうすることによって、観桜期間ていうのが長くなるんじゃないかというふうに思うのです。もちろん土手のほうはソメイヨシノ一色でいいわけですけども、そのほかの補植の場合、しだれ桜にするとか、あとは八重桜にするとか、大高山神社のところなんかにもそういうふうに品種の違うものを植えて、長期間、期間の長い間観光客を誘導できるような、そういうことを検討すべきだというふうに思うんですが、検討されたような状況は見受けられないので、そこのところを伺います。
 そうして、観光客の回遊、商店街の回遊も兼ねれば、もう少し観桜時期に観桜客が町をめぐるという結果になるんじゃないかというふうに思うんですが、観点が、そういう観点はなかったのでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、では産業振興課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) はい。135ページの松くい虫関係でございますが、これにつきましては、一応地権者とお話し合いをしながらですね、ことしは松くい虫が発生しますんで町で駆除したいんでということではお話ししてまして、そこで補助はこの場合出ますので、よろしくお願いしますというふうなことでお話はしているところでございます。
 それから139ページの桜樹保護、桜樹関係ですけども、一応確かに咲く時期が違うと大変いいのかなとは思いますが、それなりに町としてもそれぞれ計画してございます。一つは金ヶ瀬、柴農のほうから金ヶ瀬に行くところで、運転免許センターから、運転免許センターあたりが八重桜だったんです、あの辺から。そういうふうに、一応やってございます。そしてまた、大高山神社につきましても、一応神社は私有地なもんですから、それなりにしだれなんかもいいんでしょうけども、それなりに検討しながらしていくというふうなことではやってございますので、その旨ご理解をいただきたいと思います。そしてまた観光客は、やはりソメイヨシノが一斉に咲いてるところが見たいというのが本音かなというふうに考えておるところでございますので、その委員さんのおっしゃるご意見も取り入れながら、それぞれ検討してまいりたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 135ページの松くい虫のところですけれども、地権者とお話し合いをして、地権者はすべて町にほとんどお任せということですか。して町が委託するところは仙南森林組合ということで、これの、もちろん全国的な松くい虫の発生状況なので、なかなか効果的な対応策というのはないようで、伐採、燻蒸ということが大方の方法のようですけども、毎年こういうふうに予算を組んでいるので、地権者は自分の持っている森林についてはどういう考えでいらしたんですか。このまんまでいいと、毎年やっていただくから、順番が来てやっていただくからいいということなのか、それともほかに私たちはこういう方法もとりたいとか、そういう要望というのはないのか、そこのところを伺います。
 もう一つは、観桜客の回遊を助けるということですが、一斉に咲くという、それは白石川の土手の桜であって、大河原町内に長い期間観光客を引き寄せるという点では別な桜も植えて、そして梅の、春の春先の梅の……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 その件は、先ほど検討いたしますということで産業振興課長のほうから答弁がありましたので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 ぜひ積極的な検討をお願いして、今後、この大河原町の商工観光課じゃない、観光課の、観光の梅を独立させるということもあるので、そういうのを見通してやってほしいというふうに思いますが、もう一度お願いします、考え方。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 産業振興課長。簡単でいいですから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯産業振興課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業振興課長(鈴木 勉君) 私有地に、松くい虫の私有地で所有者の方につきましては、余り松くい虫の関心あんまりないようなんですね。ですから、町がやんないとどうしてもだめだというふうなことで、要するに山にお金をかけても収入はないと、松に関してはないというふうな判断かなというふうに考えております。
 それから、桜の木につきましては先ほど答弁いたしましたように、今後検討してまいりたいというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 ほかに質疑ございませんか。(「なし」の声あり)
 あと1名ですので……。(「午後からやったらいいんじゃないの」の声あり)
 短いんですか。じゃあ今、終わります、じゃあやってください。岡崎委員、ね、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 先ほどから聞いてたんですけど、商工振興にかかわることなんですけども、要は割増商品券とかいろいろやってですね、先ほど堀江議員もおっしゃったように、空き店舗対策とかそういうものに関して所信表明を見ると9行しか書いてないんですね、商業活性化については。ちょっとトーンダウンは否めない形で、町長答弁にも個々の商店の魅力が落ちてるから、やっぱり購買意欲がわかない中で商店が衰退していってるということなんですけども、課長さん方の答弁の中でも最近ね、デマンドやるがら、デマンドやるからってそこに結びつけたって、そこにデマンド始まるまでにどうするか。やっぱりほんとに魅力あったらタクシー乗って出てって買いにきますよ。それもできないところにデマンドやったから来ます、こういうことでは絶対うまくいかないですから。すべてが関連してうまくいかなくなりますし、ぜひ、そこの活性化を図るんであれば、堀江さん言われたように企画財政課なり、そういうところ課を超えて、どういうふうにして人材育成も含めてなるかというところをしっかりやっていただきたいというのが、私、要望としての、デマンド、デマンドで逃げないで、しっかりやるべきことを見てやっていただきたいというのが非常に不安でなりませんので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、要望ですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしくお願いします。ほかに質疑ございませんか。(「なし」の声あり)
 はい。これで歳出5款労働費、第6款農林水産業費及び第7款商工費、第11款災害復旧費並びにこれに関連する歳入についての質疑を終わります。
 昼食のため1時間……休……。舌回んない。休…。
 どうも失礼いたしました。
     午後0時04分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 再開いたします。
 これより歳出第8款土木費、第11款災害復旧費並びにこれに関連する歳入についての詳細説明を求めます。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) それでは8款土木費関係の地域整備課関係の主なものにつきましてご説明をいたします。
 まず歳入ですけれども、27ページをお開き願います。
 土木使用料関係でございますが、道路使用料、公共物使用料、住宅使用料、都市計画使用料で309万6,000円ほどの減になっておりますが、これにつきましては住宅使用料での収納率が幾らか落ちたということでございます。
 次に32ページ、33ページをお開き願います。
 土木費国庫補助金、道路整備事業費補助金の社会整備総合交付金につきましては、前年度比1,463万円の減でございますが、広表1号公園と3号公園、この分が平成23年度で完了しますので、今回は町道金ヶ瀬中東線の残工事分に対する補助金でございますので、大幅減となっております。金ヶ瀬中東線につきましては、今年度完了予定でございます。
 次に歳出に入ります。
 142ページ、143ページをお開き願います。
 土木総務費の14節使用料及び賃借料の中の自動車賃借料につきましては、2トンダンプトラックを平成23年度からリース化しましたことにより増となるものでございます。その下の道路橋梁総務費13節委託料につきましては、道路台帳整備委託料で、先日議決をいただきました戸ノ内7号線、錦町8号線ほか過年度で工事を行った路線の道路台帳の変更等の整備を行うものでございます。
 続きまして145ページをお開き願います。
 13節委託料の街路樹剪定等委託料につきましては、2年に1度剪定作業を実施しておりまして、24年度がこの実施の年になっておるものでございます。
 3目道路新設改良費15節の工事請負費につきましては、新開五瀬線と金ヶ瀬中東線の道路改良工事分でございます。今年度で金ヶ瀬中東線は完了する予定でございまして、新開五瀬線につきましては道路用地の寄付がありましたことから、拡幅工事を実施するものでございます。
 次に148ページ、149ページになります。
 2目公園整備費につきましては、13節委託料で遊具の安全確認のため遊具点検業務委託料85万円を計上いたしております。15節の工事請負費でも、今年度は施設改修工事費と遊具改修工事費を計上いたしまして、安全で安心して遊べる公園づくりを目指してまいります。
 次は150ページ、151ページをお開き願います。
 4目都市整備費関係につきましては、駅前駐輪駐車場、これは再開発ビルオーガの維持管理費関係でございます。駅前立体駐車場の精算機のリース化に伴い、賃借料を新たに計上いたしております。
 154ページ、155ページになります。
 2目の上谷団地費15節工事請負費のアナログテレビ共同受信施設撤去工事につきましては、平成23年度で撤去予定でございましたが、宮城県内のアナログ放送が平成24年3月31日まで延長されましたことから、平成24年度で施設を撤去するため計上いたしたものでございます。
 最後に212ページ、213ページになります。
 11款災害復旧費1目の道路橋梁災害復旧費3,400万円につきましては、平成24年度分での工事を予定しております。4件7路線でございます。なお、工事関係の予定箇所につきましては、お配りいたしました資料のとおりでございます。
 以上、土木費関係の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、これから質疑を行います。質疑はありませんか。はい、庄司委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯庄司 充委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯庄司 充委員 145ページの土木の歳出の委託料なんですが、除雪委託料、ここで聞くのは何だと思うんですけれども、ことしは例年になく雪が多い年でございました。んで、災害のほうにも随分何か借り出されて、業者の車が行って、そういう車とか行ってたという話聞くんですが、満遍なくこう、雪がはけたのか、町民からの苦情はなかったかどうか、その辺だけちょっとお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、では地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい、ことしの降雪の関係ですけれども、何回もこう大雪といいますかね、こういう降り方がありまして、苦情は何件かございました。山の上のほうの機械が上れにくいような路線、こういったところでも除雪が、機械が対応できないというような路線もありましたし、あとは自転車が通行しにくいとか、わきに雪が寄せらっていて走りにくいというような、そういったような苦情がございました、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。はい、ほかに質疑ございませんか。はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 同じ145ページの除雪ですけれども、今の状況でわかりましたが、この、要するに雪が降りますと、いわゆる除雪車が出動するというのは基準がありますね。その地点が今も前と同じように変わらないのかどうか。その辺、まず伺います。
 それから、ページ141ですが、これちょっと途中で補正があったのかどうかちょっとわかりませんけど、141ページのですね、土木総務費の、この給与、職員が、23年度の当初では1,730万で一般職1,255万、これは職員が減ったんではないけど、どうしてこんなに減ったのかお伺いします。とりあえずですね、その2点、私は伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では最初に145ページの除雪関係でございます。
 除雪の出動の基準につきましては、毎年除雪計画書を作成しておりまして、その基準では10センチを超えた段階での出動ということになっております。
 次に141ページの土木総務費の給料の関係ですが、これにつきましては職員が1名減ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 最初に除雪ですけども、この地点はどこ、要するに中心部と、ちょっとした山沿いというか、山沿いと違うと思うので、地点がどうなっているのかということと、町内全部が10センチということになっているわけなんですね。なぜかというと、今回雪随分多うございまして、やっぱり中心部で10センチちゅうと、ちょっと奥に入りますと15センチぐらいになってるんですよね。ですからその点で、地点がどうなってるのかということと、やっぱりその全体ではやっぱり違うのかなと、町全体見たときにね。その点が伺ってるので、ま、今後のこともありますので改善をできればなという思いで、今質疑をしています。
 それから、一般職が1名分減ったという、これは理由はなんですか。それとあともう一つ、もう1点はですね、149ページ、え、おかしい質疑なのかな、もしそうだったら。149ページの遊具のことでちょっと。13の委託料、遊具点検の、それから遊具の改修工事、これあわせて安全・安心、これはこれで非常に大事な委託料であり改修だと思いますが、どういうふうにこの点検をされるのか。通常と違うのかどうかですね。あと、遊具の改修工事はどこなのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) では最初に145ページ、除雪関係でございます。
 この基準、どの辺、場所かということでございますけれども、勤務時間中につきましては役場から見える範囲ということになります。また夜間等職員が自宅にいる場合は、その周辺というようなことで見ておりまして、10センチぐらいになったときに、もう業者のほうに連絡をするという体制をとっております。
 それから149ページの公園関係の遊具の点検業務等でございますが、これにつきましては業者に委託しまして遊具の破損状態あるいは腐食状態といったものを点検していただくということでございます。15節の工事請負関係、施設の改修等につきましては、中島公園のすべり台を撤去しまして新しいものに交換するという内容の工事になっております。
 それから141ページの、ま人件費関係で職員の減の理由は、ちょっと私はその辺お答えするにはちょっと難しいので、副町長にお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、んじゃあ副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯副町長(目黒敏明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(目黒敏明君) はい。土木関係の係がなくなって、一人が減ったとか、こういうことではございません。実際に役場全体の人事異動の関係でやむを得ず減としたものでございまして、実際に昨年は地震災害がございまして、非常に地域整備課にはご迷惑をかけたというふうに執行部でも思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに。はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 はい。最初除雪ですけれども、これ業者は現在何社あるでしょうか。何か去年のとき大分少なくなっているように記憶しているんですが。業者だけで間に合う状況になっているのかどうかということと、今後、業者だけで足りないときは、やっぱし住民の協力というのは本当必要なのかなっていつも思ってますので、その辺どういうふうに考えてるのか。
 それから、今さっきの、さっき課長の話ですと、まず役場をどのぐらいあるか。それと職員が夜間ということですけど、私がさっき2回目のとき質疑した町内全体では、中心部と奥では違うということからいいますとね、やはり何というのかな、一斉に10センチで出動っていうわけにはいかないような気するんですよね。特に山場はかなり早いんですよね。早いっちゅうか、10センチになるのは中心部と違って。そういう点で非常に不便を感じてる実態が、課長のとこにも苦情は行っていると思う、あるので、その点で、今後24年度ですので、改善することは考えているのか。ぜひしていだたきたいという思いから今質問しています。
 それから、2点目の遊具ですけども、これは業者というのは町内の業者ですか。こういう何か遊具の点検をする、何かいろいろ研修を受けてる業者というの、あるんではないかと思うんですけど、どういう業者にこれ依頼するのか。町内なのか町外なのか。それで今言ったような観点での業者なのかどうかですね、お伺いしたい。
 それから、職員についてはですけど、すいません、当初に比べるとね、当初というのは去年の3月ですけど、地震起きたのは3月11日で、既にこれができたときはもう、予算はその前にもうつくられているので、震災で途中職員のいろんなのはあったにせよ、当初から比べるとこのくらい、1名ですか、減ったということなので、何ら担当職員、数ではね、現在の業務量からして何ら支障はない、であれば、それはそれでいいんですけども、その点は十分こう協議された上で減らされてると思うんですけど、何ら問題はないということでいいんですか。特に、どこにいた部署が減ったんでしょうか。それをお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では最初に除雪の関係でございますけれども、業者につきましては機械による除雪の業者が5社でございます。それから、人による融雪剤の散布作業、これに当たっていただく業者が3社でございます。なお、あと10センチの積雪の判断ですね、これにつきましては町内の場所によっては積雪深が変わる、違うというようなことでございますので、そこら辺は降雪時におけるパトロールですね、道路パトロール等をするというようなことで、対応していきたいなというふうには考えております。
 続きまして遊具関係の点検でございますけれども、これにつきましては遊具の専門メーカーがありまして、こういった業者に点検業務を委託するということで考えております。
 それから人件費関係でございます。職員1名減になっての支障なかったのかということでございますが、23年度は災害復旧事業関係もありましたので、全く問題はなかったというふうには言い切れないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 149ページのですね、ごめんなさい141ページ、済みません141ページの土木総務費12節の中のですね、公用車点検手数料、これは町所有の車の車検整備料ということでいいのかということと、あとは149ページの公園整備費の8報償費、公園管理報償費というの、これ何カ所分で、その例えば何カ所あるんであれば、面積割でその金額を決めてるのかどうか、その辺をお聞かせください。
 あと、その下の12役務費の中の、これに含まれるかどうかわからないんですが、以前にも一般質問させていただいたことあるんですけども、大河原公園のケヤキの木伐採したやつ、1本が結局チェーンソーアートということで、多分、削ってるようではないかと思うんですが、その後の残された木っつうのは今後どういうふうにしてくのか、その辺お答えください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。141ページの役務費関係でございますけれども、これにつきましてはトラック1台分の点検整備料ということで計上いたしております。
 続きまして149ページの報償費関係でございますが、これにつきましては35の公園で26団体にお願いをしております。それから公園、児童公園遊具ですね、それも含みまして、これにつきましては9公園で8団体にお願いをいたしております。
 それから大河原公園のケヤキ伐採し、チェーンアートですか、その後の状況なんですが、あの後は手を加えてるようなことはないよね。はい。現在ですね、作業される方の都合で、おくれているというような状況のようでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 最初のこれ、車検整備代って考えている、例えば予算書の中で公用点検手数料というのは結構各所、ここだけでなく出てくるんですが、町内自動車整備工場多々あると思うんですが、ここに整備振興会の支部長いるから言うわけじゃないんですけど、満遍なく整備工場にですね、こう発注していただいてるのか、その辺お伺いしたいのと、あと先ほどのこの報償費、これ団体数はわかったんですが面積割でこの金額を出してるのか、その辺お聞かせいただきたいのと、あと公園樹木伐採処分手数料、先ほどのケヤキの木なんですが、できるんであればチェーンソーアートはあの1本だけにして、そのまままた伸ばしたほうがいいんではないかなと、もし伸びるんであれば、と思うんですが。やっぱり生き物ですから、根っこを生やしたままチェーンソーアートっつうのも。いやそのチェーンソーアートを否定しているわけでないですよ、大変すばらしいものだと思うんですけども、その辺、まあ、あそこほれ日陰ってなる部分が少ないもんですから、できるんであれば、ほんとはあんなに切ってほしくはなかったんですけど、ただ枝払って例えば落ち葉とか、そういったものを少なくすれば済んだのかなと思うんですが、あそこまでこう切ってしまって、まあ今後生きるかどうかわかんないんですけども、その辺、そういった判断も今後していかなくちゃないのかなというふうに思うんですがいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では141ページの役務費関係でございますが、これにつきましては車検整備料でございます。で、町内の整備工場にお願いをしているということでございます。
 それから149ページの公園整備関係で、報償費関係でございますが、これにつきましては面積割でお支払いをするということでございます。
 それから149ページ同じく役務費関係でございます。ケヤキの何本か残していただきたいというような委員さんのご意見でございますけれども、これにつきましては、切った経緯が近所の、苦情によるということでございましたので、今後伸ばすにしましても、近所の方に一応はお話をしまして、その後で、検討したいというふうには思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、枡委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 まあ、先ほどの副町長にもお願いしておきますが、例えばやっぱり車検整備なんかは偏りなくですね、やっぱり整備工場ガッとこうやっていただければいいのかなと思いますので、その辺をよろしくお願いしたいなと思います。
 あと面積割って先ほど言ったんですが、大体1平米どれぐらいで、これはボランティアみたいなもんでしょうけども、大体参考まで、面積割ということですから1平米どれぐらいでやってるのか。
 あと、公園樹木の伸びる速度ってそんなに早ぐないがら、あそこまで落としてしまえば、例えば屋根のとよにね落ち葉詰まるとか何とかっていうのはないぐなると思うんですけども、結局、例えば、もしあそこまで、ドリルなんかであそこまでもし切るんであれば、ほんとはお金かかってもいいからそんなの手伝ってやってね、落ち葉なんか処分した方が、多分1軒のためでねえのすか、そいづ。おれ思うんだけども。その辺も、やっぱりああやって何十年とかけて育ててきた町のいわゆる財産ですね、ケヤキだって。前も一般質問したけども、買うとなれば何百万とする、あのぐらいになったら。そいづをただばっさり切ってしまって、おれそれはねえんでねえか。だから、もし生きるんであれば、もう一回再生っていうか、していただきたいいうふうに思います。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では最初に公園の関係ですね。この報償費関係でございますが、1平米当たりの単価を設定してのお支払いということではありませんで、おおむねその作業に当たっていただくような人数とか、あるいは一定の、広さの基準ですね、1,000平米、2,000平米というようなばらつきがありますので、その辺のことで交付のほうをしているというような状況でございます。
 それから、ケヤキの件でございますが、これにつきましては検討はしてまいりたいと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯枡 和也委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯枡 和也委員 はい、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、堀江一男委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 145ページの13の委託料ですけども、街路樹の剪定委託料、これ2年に1度ということで説明あったわけですけども、22年度は30万でしたね。これが今度が120万ということで90万ほどふえたんですけども、このふえた理由は何なのか。それと、実は23年度街路樹の害虫駆除委託料40万ほどとってたんですけども、ことしは街路駆除行わないのかどうなのかです。
 それから3点目ですが、3目の道路新設改良費ですけども、金ヶ瀬中東線の道路改良工事これで、ことしで終わるということのようですけども、これ工事費総額で幾らかかったか教えていただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。145ページの13節委託料街路樹剪定等委託料でございますが、これにつきましては24年度が剪定の年ということでございまして、剪定業務の委託料に街路樹の今度は害虫駆除ですね、これの分も剪定と合わせて実施するということで80万円ほど増額をいたしております。
 その下15節の工事請負費関係で金ヶ瀬中東線の道路改良工事のこれまでの事業費でございますが、総額、用地買収、補償費、そういったもの一切含めまして1億8,000万円ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい。堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 えっとそうすると、13節の委託料の街路樹関係なんですが、24年度は剪定の年という説明でしたけども、街路樹の害虫駆除委託料もこれの中に80万入ってるということ、何で去年こう別々に書いたの。ちょっとこの辺の意味がわかんないんですけども。そうすっと、実質的には街路樹の剪定料が40万ということなんでしょうか。駆除が80万という話がさっき出たようなんですけども、その辺のこと1点お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) それでは、ただいまの害虫駆除等につきましては日下補佐のほうからお答え申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯地域整備課長補佐(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長補佐(日下正信君) それではただいまのご質疑についてご答弁を申し上げます。
 前年度害虫駆除につきましては40万円を計上させていただきましたが、前年度実績としまして駅前大通り線、中部幹線等々の街路樹につきまして、害虫の発生が少なかったということでございましたので、一応今年度につきましては一応害虫の駆除を落としております。それで一応剪定の中でも十分対応し切れるというような考え方をしておりますので、実質前年度40万でございますけども、街路樹剪定の中で駆除を対応していくと。ほんで予算的につきましては前年度の実績の中で、アブラムシみたいなやつ、それを1回程度駆除した程度でございますので、予算的にはそんなにかからないということでございますので、一括で計上させていただいてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 いいですか。ほかに。堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 その80万というのはなかったっていいんですか。さっきの課長の答弁での80万井が害虫駆除みてえな話出たもんですから、だから結局、この120万の中には剪定がやってて、その中でカイガラムシとか何か知りませんけども、その分もやるんだというふうな考え方でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。堀江委員おっしゃるとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかに質疑ございませんか。はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 はい。151ページです。街路事業費の中の13節委託料、駅前広場池清掃業務委託料、これについての詳しい説明をお願いします。
 14節使用料及び賃借料、駅前立体駐車場精算機賃借料、リース化するということですが、今までの精算機はどういうふうなぐあいになってるのかということ。
 次の公共下水道費ということで28節繰出金、昨年度に比べますと、昨年度当初に比べますと大分ふえているわけですけど、理由について説明お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい、まず151ページの13節委託料、駅前広場池清掃業務委託料ですが、これにつきましては清掃等していなかったという関係もございまして、今年度、24年度で実施するものでございます。
 その下の14節使用料及び賃借料の駅前立体駐車場精算機賃借料、これにつきましては現在の精算機が購入して設置した精算機でございます。設置から12年経過しておりまして、故障も多くなってきていると。して故障した際の部品がなかなか、もう製造がされていないということもありまして、修理がなかなかできにくいというようなことにもなっておりますので、24年度からこれをリース化して、メーカーに修繕あるいはメンテナンスを任せるというふうにしたいということでございます。
 それからその下、28節の繰出金ですが、公共下水道特別会計繰出金、これにつきましては下水道会計からの要求額でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、松井委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 上のほうの委託料、駅前広場の池なんですが、いつぞやは町の財政難ということで水の流れをストップしたこともあります。あそこの池の構造というのは複雑だなというふうに思います。噴水のようになっているところから滝のようなほうに行って水の循環が行われているわけですけども、その汚れ、いわば枯れ葉だとか何だとか、ごみも一緒に、あそこはすのこがあるので直接的には流れるような構造にはなってないようですけども、清掃のときも大変困難を期すようなつくりじゃないのかなというふうに思っていますけれどもね、今まで計上してなかったということで、今年度から計上ということで受けとめていいですか。そしてどなたがこの清掃に当たるんでしょうね。そこのところ。
 それから、その下の都市整備費の中の使用料及び賃借料の立体駐車場精算機賃借料、これまでもたびたび私も動かなくなったところに遭遇したことありますが、それじゃ管理の面も含めてリースにして整備もそちらのほうでお願いしてということで、年間経費として201万8,000円と。すべて込みでということですね。1年間の、何年契約でするものなんでしょう、私、リースというとあれですけど、何年契約、リース契約をして今年度はこれだけの予算ということになっているのか、そこんとこですね。
 それから、次の公共下水道、公共下水道会計から要求されてっていう、そういうのは、要求がなぜふえたのかよくわからないんですけど。(「いや、そうじゃなく」の声あり)それ説明していただきましたかしら、私、聞き逃したんですか。(「説明しましたよ」の声あり)ごめん。(「災害復旧で事業費が大幅になったことが震災の影響です」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯松井美子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯松井美子委員 震災の。はい、別なほうからの説明いただきましたので、ここは除きます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では151ページの13節委託料でございます。これにつきましては、これまで職員が作業を行っておりましたけれども、24年度から業者のほうに委託して作業を行うということにしたものでございます。
 それから14節の駅前精算機の関係でございますけれども、これにつきましては初年度分といたしまして8カ月分、21万3,300円、1カ月当たりなんですが、これの8カ月分を計上したものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 よろしいですか。(「はい」の声あり)はい。ほかに。万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 147ページの13委託料、河川敷除草委託料ですけれども、これは毎年同じところですけれども、変わりないんですか。変わりないですかっていうか、除草の範囲といいますか。現地を確認して、これやっているんでしょうか。その点まず1点伺います。
 それから、駅前のオーガの駐車場の料金ですから、これは歳入の使用料、使用ですね、27ページに上がってくる問題だと思うんですけど、ことしから何だっけ、ハローワークが今度入居するようになっておりますけれども、あそこは何と言うんでしょう1時間無料ですよね、たしか。2時間目からですけど、これはかなり混雑ちゅうか、かなり利用される方が多いので、同じ考えでいるんですか。あそこを利用される方も。町の規定に沿っておんなじくなるのか、それとも何か減ていうか、結構案外1時間というのはあっと言う間なので、正直言って今入所されてる方で1時間たつと移動してね、できるだけ駐車料金かからないように、そこまで達しないとなかなか生活で大変だというののあらわれなんでしょうけど。変わりはないですか。その辺、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、2点ですね。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では147ページの河川総務費の中の13節委託料の河川除草委託料でございますが、これにつきましては前年度と同規模での除草を見ております。委託先はシルバー人材センターということになりまして、範囲につきましては延べ25.8ヘクタールということでございます。
 それから、使用料金の関係ですね。27ページの立体駐車場使用料、これにつきましての関連するご質疑でございますが、ま、ハローワークが入居した後にですね、まあ1時間現在無料なんですが、これを、2時間に無料にするとか、あるいはハローワークのほうで来客に対して無料券を交付するかというようなことで、いずれかの方法をとるかどうか、その辺は現在検討しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 この河川については、毎年556万ちゅうことで延べ、そういうことすが、担当課はですね、これは実際は国から、国じゃない県からの補助でやっているんですが、立ち会いというか、やってるんですか。毎年、「はい」って言って「お願いします」ってなってるのか、現地を確認して、なぜそれを言うかといいますと、実は、あの場所何ていうかな、今、4車線化が進んで味噌醤油、味噌醤油ありますね、あそこからずっと土手に抜ける道路があるんですが、あそこで実はけがをされた方いるんですね。けがをされた方。それで私もちょっと現場を見てきたら、要するにずっと草刈り、法面のとこやるんですけど、途中こう、飛ばしてこうまた行ってるんですね。だから、ただお願いじゃなくて、やっぱり現状等変わってますので、そういうとこ確認をしてね、委託されているのかなと思ったんです。そこだけじゃなく、その辺が町として委任されてやってるんですけど、立ち会いのもとに、こう何ていうんでしょうかね、現地確認しながらしているのかどうか。ぜひ、今言った箇所、ちょっと危険なので、もう少し法面のとこしていただくと、非常に散策される方にとっても景観もよろしいし、感じましたので、あえてここで質疑させていただきました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では、ただいまの河川敷の除草関係につきましては、日下補佐のほうからお答えいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯地域整備課長補佐(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長補佐(日下正信君) ただいまの河川除草についてご回答申し上げます。
 ただいまの場所でございますけども、今回言われてる場所につきましては広域農道で橋梁で工事してる範囲の部分、そこの部分を抜いているかというご質問なのかなと思いますけども、場所的には違いますか。そのような形で、一応一部広域農道の工事の関係につきまして堤防を占有している部分がございますので、その部分につきましては一応除草の区域から当然抜かせていただいております。
 それで、検査につきましてはシルバー人材センターと協議をしまして、河川の除草区域の打ち合わせをしまして、それで各年度ごとの実績の支払いをさせていただいておりますので、各月につきましては、各月の精査につきましては一応写真管理、書類管理というような形の対応をさせていただいております。
 それで、味噌醤油の部分につきましては、今後ちょっと確認不足なところがちょっとございますので、今年度につきましては確認をさせていただきたいということで考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、万波委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 ぜひ確認をしていただきたい。ちょっと私の言い方が悪いですね。こちらから来て、白石に向かって味噌醤油にこう曲がりますね。もと議員さんの、何つったっけ、あの方平間議員さんのお宅とずっと。突き当たりってずっと行くとその土手に出るんですよ。そこの土手の入り口、要するに法面の部分なんですが、私も見てきたんですけど、その近くまでがきちんとね、草刈りというか、されてるんですよね。そこの上り口っていうかね、そこの部分があしっていうんですか、あのあの、あしじゃね、かの、かや、かやっていうんですかね、ぶわあっと伸びる、あれが物すごく繁茂されてて、そこの入り口のところでけがをされてるんですね。だから、そこは通路になってるので、そういう点で、この、最後に確認しながら、ぜひ今年度の予算の中でしていただきたいのとあわせて、25.8ヘクタールというのは、実際どこからどこまでになってるんですか。そこだけちょっと、もう一度確認かたがたお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯万波孝子委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯万波孝子委員 どっからどこまでなのかということですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。ではただいまのご質疑について日下補佐のほうからお答えいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯地域整備課長補佐(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長補佐(日下正信君) ただいまの除草委託料の距離についてお答えを申し上げます。
 箇所数につきましては、まず白石川の左岸、右岸、あとは荒川の右岸というような形になります。それで、ヘクタールで表示してございますので、一部今回の除草につきましては住宅が張りついている部分、そこにつきましては2回除草をやってございます。また川表、川側に面した部分につきましては、一部1回の除草の部分、あと白石川の河川敷、花火大会等々もございますので、一部3回の除草を実施しているところというようなところでございますので、距離数じゃなくて一応平米数で実際除草をした面積で精算をしてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ほかにございませんか。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 147ページからいってみます。ちょっと教えていただきたい、河川総務費なんですが、ちょっと私記憶がないんです。需用費の中の光熱水費130万、去年と同額なんですけども、130万て何に使うのかちょっと私忘れたもので教えていただきたいと思います。
 それからね、13節の委託料、この河川敷の、除草委託料なんですが、これは前のページの道路側溝管理委託料とか舗装関係とも関係あるんですけども、放射能が出た場合の対応ですね、何だ、刈ってじゃない集めてだめだとか何とかってのも去年聞いたような気もするんですけども、その放射能、あとほら側溝の清掃したときも、この投げる場所もね、なかなか制約されてきてるし、さらには舗装工事でへっぺがした舗装、例えば桜だごったら、あるところに1カ所にこうまとめてボカーンと置かれているんですけども、あれらの放射能をちょっとあれしないんでわかりませんけども、それらの放射能に対する対策はどういうふうにするのかお聞かせ願いたいと思います。
 それからですね、二つ言ったね、三つ目は149ページの公園整備費なんですが、これの需用費、修繕料、これは333万てなってますけども、昨年から比べると305万8,000円ほど減になっおります。公園の中でも結構修繕する場所があるんじゃないかと思うんですが、約半額に減った原因は何なのか、この辺お聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい、147ページ河川総務費の11節需用費の中の光熱水費、これにつきましては稗田前、広表、丑越、青木堀地区に設置しております排水ポンプの電気料でございます。
 それから145ページの側溝清掃委託料の関係でございまして、まあ放射能対策ということでございますが、これにつきましては側溝清掃等廃棄物が出る作業につきましては、事前に測定を行っておりまして、これが最終処分場で受け入れられない数値であると、業者のほうも最終処分できませんので、側溝清掃もできないというような状況になりますので、今回、平成23年度で側溝清掃を予定いたしましたが、そこの汚泥から8,000ベクレルを超える放射性物質が出ておりましたので、その作業は23年度では中止ということにいたしております。
 それから149ページの公園整備費の11節修繕料、これの……、修繕料、これが大幅に減額にですね、半額、300万ほど減額ということになっておりますけども、これにつきましては大河原公園あるいは稗田前公園等の遊具の修繕が完了しておりますので、その点で減額になったということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 はい。排水ポンプかなと私も思ったんですけども、それにしても月に直すと10万8,000円というと結構いい金額になんのかなというふうな気はしたんですけども。一つのポンプ場当たり2万くらいかかってるのかなと思うんですけども、ちょっとその辺がわかんなかったですね。
 あと、修繕料減にしたのは、149ページの公園の、整備したのはいいんですけども、結構フェンスとか何かは壊れたりなんだりしてっとこもありますので、できるだけ見回っていただいて、修繕をしていただければというふうにお願いします。
 ただし、光熱水費だけもう一回、ちょっと答え。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。まず147ページの、ポンプの電気料関係でございますが、これにつきましては稗田前とかですね、何カ所かのポンプが常時運転してるような状況でございますので、まあ電気料がかかっているということでございます。
 それから149ページの公園の修繕関係でございますが、これにつきましては堀江委員のおっしゃるようにパトロール等を強化しまして補修に努めたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。はい、丸山委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 ちょっと2点ほど、149ページの公園整備費の13節の委託料の遊具点検業務委託料なんですけども、これ、頻度どの程度の頻度で何年に一遍か、また毎年やるのか教えていただきたいのと、あと153ページ、19節なんですけども、このスクールゾーン内危険ブロック塀等除去事業補助金ですね、こちら去年度も30万ほど、30万ほどの予算だったんですけども、これ、今現在どの程度危険箇所あるのかと、まあ去年度の実績というか、どの程度改善されたのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、2点ですね。はい、地域整備課長。
 いいですよ、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では149ページの委託料関係でございますね。遊具の点検業務委託料の関係でございますが、これにつきましては、専門業者による遊具点検の実施ということございまして、これは専門メーカーに委託するということでございます。で、危険な遊具関係の確認と修繕、こういったことを目的に実施するものでございまして、今年度、新規に計上しておりまして、次年度以降も、できればこういったことで点検業務を継続してまいりたいというふうには考えております。
 それから153ページ関係ですね。危険ブロックの関係でございますが、現在、町内残っているのは6カ所ということになってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、丸山委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 こちらの遊具点検、ま、今後やっていくということなんですが、これ、全部の遊具なんですかね、何カ所分なのかと、このスクールゾーン6カ所、今年度で改修できる見込みなのか、それともまだスクールゾーンの危険個所っちゅうのは、どの程度で改修できる予定なのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。149ページの、まず、失礼しました。149ページの13節委託料、遊具点検につきましては、これまでは職員が公園を回りまして点検をしていた部分もございます。で、今年度からですね、専門の点検の資格等を有するメーカーのほうに委託するほうが、より危険箇所の発見に至りやすい、発見していただけるというふうなことで、24年度から委託ということで計上したものでございます。
 それから、ブロック塀につきましては、あくまでも危険ブロックの所有者の方が撤去しなければならないことになっておりまして、それの撤去費用に対する町からの補助という形で支払うものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、丸山委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯丸山勝利委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯丸山勝利委員 と、遊具点検のほうは専門家に任せるということなんですけども、これは、うんと、町内にある全部の遊具を業者へ委託するということなんだね。
 あと、じゃあスクールゾーンの危険個所の6カ所なんですけども、これは町としても、その個人なんで、個人の家なんでしょうけども、それには改善するようには言ってあるんですかね。そのように。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、その2点ね。はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。スクールゾーン内危険ブロック塀の除却事業関係でございますが、これにつきましては、残っている危険なブロックの所有者の方には撤去をお願いを毎年、まあしているわけでございます。が、なかなか費用の面等で応じていただけないというのが実情でございます。(「遊具」の声あり)
 あと、遊具の関係でございますが、全公園を対象に年1回点検を行うということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい。ほかに質疑ございませんか。あと一人なので続けます、二人ですか、二人ですので続けます。はい、岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 枡議員からご指名いただきましたので、141ページの公用車点検手数料ですか、役務費の中で、これ去年も私質問してるんですけども、保険料は強制加入の自賠責なのか、それとも任意保険のか。で、去年は2台分なんですかね、ことしの23万2,000円に対して46万4,000円という金額が計上されてたんですけども、これは保険料入れての整備代金なのか。去年私お願いしてる部分では、必ずですね、点検、車検とか出す場合には、これは業者の努めとして概算の見積書を出して、大体このぐらいかかりますよというのが、相手が行政であれ個人であれ、業者さんは告げなければいけません。それでですね、大きな手直し等々、そのときの概算の見積もりで見つからなかった部分については、逐次担当課なり総務課なり、電話をしてですね、こういう点検がふえましたのでこうですよということで、で、了解を得て納品に至ってという形の車両の管理が適正な税金の使われ方として役場行わなければならないのですが、昨年度、そういうものを開示してくれと言ったときに、後でお見せしますって、私、1年間見せてもらってないんですね、そういうものに関して。副町長からたしか答弁いただいたと思うんですけども。去年も同じ質問ここでしてるんですけども、この、例えば1台に対して23万2,000円というものがどういうものなのか。特に全国的に見ますと、車の整備業界は、事行政に関してはカウンターですしを食べていただいているような、至れり尽くせりの点検整備をしてる傾向が多く見られてますので、そんなところ、どういう形でやられているのかというのを、もう一度お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、その1点ね。はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。141ページの土木総務費12節の役務費の中の保険料でございますが、これにつきましては自賠責保険と任意保険を掛けておりまして、自賠責につきましてはトラック1台分、任意保険につきましてはユニック車と2トンダンプと、あとはパトロール車ということでございます。
 それから公用車点検手数料につきましては、トラック1台分を計上いたしておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 毎年ね、1台当たり23万2,000円ていう金額がどうなのかというのは、これもやっぱり変動してしかりだと思いますし、耐久年数が古くなればなるほど、かかるのはしようがないんです。ただ、毎年同じっていうのは、これはちょっと余りにもざっくり過ぎるので、その辺の数字の計上も含めて精査した数字を上げていただきたい。これは幅も持たなくちゃ当然いけませんけども、大体、車が、対応してくのにかかった経費ていうのは大体読めるわけですから。ちょっと最初で聞くの忘れたんですけども、145ページの除雪委託料について、ちょっと聞き漏れてたんですけども、これたまたま私、雪降る日、週末ちょっと用事あって役場さんに行ったときにですね、ちょっと書類書いてもらうのにかなり時間かかって、2時間ぐらい、そこの当直室にいたときに、いろいろ除雪に関する問い合わせやら苦情なり来てるところを見さしてもらったんですけども、これ、業者5社、機械での除雪に回ったとありますが、これ、ほんとに満遍なく五つの会社がしっかり動いてくれてたんでしょうかね。私、ちょっと見てる中では、ちょっと全部の五つの会社さんが動いてるようには、ちょっと見えなかったんですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長、その2点お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) 最初に141ページの公用車点検の関係でございますが、これにつきましては、やっぱりですね、安全な整備点検をしていただくということがありますけれども、費用の面も安いような方向でやっていただけるような業者、依頼するような方向で考えたいと思います。
 それから、除雪関係につきましては日下補佐のほうからお答えいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯地域整備課長補佐(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長補佐(日下正信君) ただいまの除雪についてご回答を申し上げます。
 除雪、5社につきましては一応機械等々の確認をさせていただいております。なお、本年度、23年度につきまして備品購入といたしまして除雪機械、人力で操作するものでございますけども、一応それを町で買いまして、それを業者のほうに貸し付けをしております。それで歩道等の除雪につきましては、そういう機械等々のですね、貸し出しをしながら、今年度につきましては施工してございますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、岡崎委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯岡崎 隆委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯岡崎 隆委員 はい。ま、141ページの関係に関しては、安かろう悪かろうでは役場の車でしっかり整備点検は大事なんですけども、ざっくりした数字だったので、毎年毎年ちょっと聞いただけなんですけども。除雪についてはですね、ほんとにすごい雪降ったとき、職員は総出で堤方面も担当課とか職員の方、ほんとに山のてっぺんの1軒しかないとこまで道路の雪かき来たの、ほんとに頭下がる思いで私らも見てましたけども、実際にこれだけ降られると、雪かきは町民からしたら全然足りてなくて、ほんとに町民生活には大きな影響を及ぼしたのは事実なんですね。去年も、長期予報の中で悪いということで、雪は多いとかそういうこと出てますし、ことしもこの雪見たら、もう予算食う前の段階で、組んでからこうやって雪降ったんですけども、長期的にミニ氷河期と言われる中で、ぜひですね、ことしはこうであっても来年あたりはそういう長期的な展望の中で、除雪というものに関してはですね、もう予報が出たらもう業者さんにはその時点でもう待機してもらって、もういつでも行ける体制整えてもらうとか、降ってから動くとか、そういうことではなくて、迅速な対応をしてもらって、町民の生命財産というのは交通事故からも十分考えられることですので、ぜひその点前向きに、次年度から改善に向けてお運びいただきますよう、要望として言っときます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、ありがとうございました。
 次、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 151ページの都市整備費の中の19負担金補助及び交付金なんですが、駅前再開発ビル管理費負担金、これが前年比より70万ほど減額になっているんですけども、まあ減額の理由、これあとハローワークなどが入った場合、この辺の負担金が減ってくるのかどうなのか。その辺のところを教えていただきたいと思います。
 それから、次のページの住宅管理費の中の13節委託料、この中の町営住宅敷地除草委託料、これが新たにこう43万7,000円ほど出てきたんですけども、確かに草ぼうぼうというときも結構見られたんですけども、これはシルバーあたりに委託するのかどうなのか。して年何回ぐらい除草する予定なのか。内訳をお願いしたいと思います。
 それから、その下の14節の使用料及び賃借料ですけども、この中のパソコン賃借料です。これ、22年度あって23年度ないんですね。してまた24年度にまた出てきたんですけども、これはどういうふうになる、して、23年度は住宅管理システム賃借料32万8,000円とあったんですけども、これがなくなったというのも、この前の何と言いますか、システムの変更か何か、いろんなこと役場でやった関係の中でなくなったのかどうなのか。この辺、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。
 はい、いいですよ、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。151ページの負担金関係でございますけれども、これにつきましては、面積割での応分の負担をするものでございまして、まちづくり、オーガへの管理負担金ということで電波障害の防除設備撤去作業ということで計上いたし……、今年度完了しておりますので、その分、差の減額ということで計上いたしております。
 それから153ページの住宅費関係でございますが、この住宅除草委託につきましては年2回を予定しておりまして、シルバー人材センターに委託を考えております。
 同じく使用料の関係でございますが、これにつきましてはパソコン賃借料として計上しておりますが、システムの変更によりましてパソコン賃借料という名称での計上となったものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 まず最初のこの駅前再開発ビルの負担金の関係ですけども、電波障害の関係の工事がなくなったから減ったと。これ、ハローワークがね、もし入れば負担金は当然減額になるというふうな見方をしてよろしいんでしょうかというふうな質問をしたんですけども、この辺をお聞かせください。
 それからね、そのさっきの使用料及び賃借料のシステム変更によってのあれだって言うんですけども、ちょっと意味がわかんないですけども、パソコン、いいですか、パソコン賃借料が22年度あって23年度がないんですよ。そして今年度出てきたということは、22年度で一たんパソコンは返したということなのか、そして新たに23年度、24年度にシステム変更をしたパソコンを借りてから、23年度にあった住宅管理システム賃借料がなくなったというふうに解するんですか。その辺のところをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、地域整備課長。担当者にやってください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。では、最初に駅前再開発ビル管理費の負担金関係でございますが、これにつきましては保有床面積での負担になりますので、ハローワークが入居いたしましても、この支払い負担金については変わりはないということでございます。
 それからパソコンの関係でございますが、これにつきましては半沢係長のほうからお答えいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯整備課技術主幹兼管理係長兼建築係長(半沢政昭君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯整備課技術主幹兼管理係長兼建築係長(半沢政昭君) それでは153ページの14節のパソコン賃借料につきましてのご質疑でございますけども、パソコンの賃借料が前年度なかったということなんですけども、その23年から、システムとパソコンの両方を借りてやってきおりまして、24年でも計上したものでございますので、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、堀江委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯堀江一男委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯堀江一男委員 いうことは、ということは23年度は住宅管理システム賃借料32万8,000円、これがことしはパソコン賃借料というふうな名前になったということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、その1点ですね。はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 149ページの大河原公園維持管理、はい、アクアギャラリーに対する修繕費用は……、地声だけで済みませんです。はい、修繕費用は幾ら含まれているのかと、あと24年度の修繕内容。それと、153の19節スクールゾーン、以前、除去した所有者との数字での整合性から軽減の判断に苦慮していると思われますが、この震災の時代の流れに即応して、安全管理、危機管理の観点から個人負担分を軽減する、この絶好の機会ではないしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、その2点ですね。はい、地域整備課長。
 今、調べています。ちょっとお待ちください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) はい。149ページの13節委託料の大河原公園維持管理委託料の関係でございますが、これにつきましては、アクアギャラリーの点検等の作業も含まれております。
 次は153ページ、19節負担金及び交付金のスクールゾーン内危険ブロック、これにつきましの補助金の関係でございますが、これは町独自の補助金制度でございますので、町のほうで増額ということは可能でございますので、今後検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 佐藤貴久委員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯佐藤貴久委員
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯佐藤貴久委員 アクアギャラリーは、ことしの予算付けが何ぼで、その仕事の内容、修繕、仕事の内容はってお尋ねしました。
 あと、後ろは、スクールゾーンは、そうです、おっしゃるとおりで、このままでは形骸化してしまいますから、町長の施政方針でも触れてるんですから、もう絶対、絶好の機会ですから、そのように改善してください。だから、答えはアクアだけで結構です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、1件ね。はい、地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯地域整備課長(木村 肇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(木村 肇君) それでは、大河原公園の関係につきましては小原係長からお答えいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯地域整備課主幹兼都市計画係長兼区画整理係長(小原元紀君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課主幹兼都市計画係長兼区画整理係長(小原元紀君) はい。それでは、大河原公園の修繕について回答いたします。
 ことしの分につきましては、ギャラリー電気の修繕等々ちょっと予定してたんですけれども、今ちょっと業者との調整中で、できるだけ年度内に完了するように努めたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯委員長
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯委員長 はい、よろしいですか。はい。ほかに質疑ありませんか。(「なし」の声あり)
 これで歳出8款土木費、第11款災復旧費並びにこれに関連する歳入についての質疑を終わります。
 本日はこれで終了いたします。
 あすは3月14日、午前10時から再開いたします。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
     午後2時20分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定に準じ、ここに署名する。
  平成24年3月13日
     委 員 長

---------------------------------------------------------------------------------------------------