議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年第2回定例会(8月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2012年8月29日(水):平成24年第2回定例会(8月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(佐藤 巖君) おはようございます。
 本日8月29日は休会の日ですが、議事の都合により特に第2回定例会8月会議を再開いたします。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、安藤征夫君、平間孝士君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職・氏名は配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     行政報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 行政報告申し上げます。
 台風と2件の火災による被害が発生しておりますので、報告いたします。
 まず、6月19日から20日にかけて激しい雨をもたらした台風4号の影響による被害の状況についてご報告いたします。
 台風は6月19日の朝から翌20日にかけて、県内で150ミリを超える大雨となりました。特に20日未明から明け方にかけて、1時間に30ミリを超える激しい雨を観測し、町内各所に被害をもたらしました。
 この大雨により町内で床上浸水が4件、床下浸水が13件、道路のり面崩壊や土砂の流出等が5カ所、農道・水路のり面崩壊等10カ所の被害が発生しております。また、稗田前地区では床上・床下浸水した5世帯8名の方が集会所に自主避難しております。
 この台風4号に伴い、大河原消防署、消防団、町職員が対応に当たり、冠水箇所のポンプアップ、バリケードによる通行どめ、自動車等の誘導、河川の警戒に当たりました。
 次に、2件の火災についてご報告いたします。
 1件目の火災は、6月29日午前6時25分ごろ、大河原町大谷字町向113番地において、住宅用エアコンの室外機1機と住宅の壁0.26平方メートルを焼損する火災が発生しております。午前6時35分に鎮火いたしました。出火原因につきましては、放火の疑いによるものとなっております。この火災に際して、消防署よりポンプ車1台、署員3名、消防団から団員3名が出動しております。
 2件目の火災は、7月14日午前5時55分ごろ、大河原町字新東92番地18において住宅1棟が半焼する火災が発生しております。午前6時57分に鎮火いたしました。出火原因につきましては現在、警察と消防にて調査中でございます。この火災に際して、消防署よりポンプ車4台、指揮車1台、水槽車1台、署員14名、消防団からポンプ車1台、小型動力ポンプ4台、団員33名が出動しております。
 以上、台風と火災による被害の状況についての報告といたします。
 次に、2件の公用車使用中の交通事故が発生いたしておりますので、報告いたします。
 1件目は、平成24年7月18日午前9時5分ごろ、大河原町小山田字小林83番地6付近の町道小山田幹線において、農政課職員が公務で公用車を使用しカーブを曲がろうとしたところ、対向してきた東京都足立区在住の羽田義信氏が運転する普通乗用車の前方バンパーと公用車の左前バンパーとが衝突したものです。双方とも物損だけで、人的被害はありませんでした。
 2件目は、平成24年8月14日午前9時50分ごろ、大河原町字西桜町18番地6付近の交差点において、介護認定調査員として健康福祉課所属の臨時職員が公用車で介護認定の調査訪問宅に向かう途中、西桜5号線を県道亘理・大河原・川崎線方面に向かって走行してきた大河原町字西桜町23番地7に居住する三浦正明氏運転の乗用車と衝突したものです。
 被害については、物損として双方の自動車の損傷及び交差点付近の大河原町字西桜町18番地6半澤敏美氏宅のフェンスの一部に損傷を与えたものであります。また、この事故により町臨時職員が救急車にて病院に搬送されるとともに、三浦氏も午後に病院で診療を受けております。
 なお、この2件の示談が成立いたしましたら、内容等について再度ご報告をいたします。
 職員の自動車等の運転につきましては、これまでも安全運転に努めるよう指導しておるところでございますが、今後より一層交通安全に努めるよう指導してまいる所存でございます。
 以上、行政報告といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 会期決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第2、日程決定の件を議題とします。
 お諮りします。8月会議は本日1日にしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、日程は本日1日と決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第45号 大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意
                 思を問う住民投票条例について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第3、議案第45号大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。また、地方自治法第74条第3項に規定する普通地方公共団体の長の意見についても、あわせて説明を願います。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議案第45号の提案理由を申し上げます。
 本議案は、住民の直接請求による「大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例」の制定請求書が、町民3,010名の署名を添えて、請求代表者目黒 弘氏ほか2名の方から提出されたことによるものであります。
 この「大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例」制定の直接請求は、本町に道の駅を設置することについての町民の意思を確認し、もって民意を反映した選択に基づくべきとして実施されたものと受けとめているところでございます。
 道の駅設置の是非の議論の前に、本町のまちづくりについて述べさせていただきます。
 まず、本町を取り巻く地理的、社会経済的情勢についてでありますが、本町は仙南地域において文化、行政、医療、商業といった機能が集積し、交通の利便性も高く、いち早くインフラも整備されてきた町でございます。さらに、今年度中に国道4号金ケ瀬拡幅や仙南広域農道にかかる金ケ瀬さくら大橋が完成することで、本町の持つポテンシャルが一層高まることへの期待が膨らんでいるところでございます。
 そしてまた、仙南あるいは県南地域全体としての広域的視点に立った産業振興のあり方や防災あるいは災害時の安全・安心の拠点づくりの必要性などについても議論を深めながら、本町らしい「先進のまちづくり」につながる事業展開を図ることが求められているところでございます。
 道の駅のあり方等についても、こういった状況を踏まえた上で議論されるべきものと受けとめております。
 道の駅は、国道沿線における「休憩機能」「情報発信機能」「地域の連携機能」の三つの機能をあわせ持つ施設でございます。また、地産地消の浸透や食の安全・安心への関心の高まりを背景に、地場産の農林水産物や加工品などを取り扱う直売所や、地域活性化を図るさまざまな商品を生み出す加工場、地場産の食材を提供するレストラン等を備え、地域内外の人々が集う交流あるいは出会いの場や地域の新たな起業の場としての役割も果たすものと考えております。
 さらに、大規模災害時に地域住民の一時避難所や被災地へ向けた支援物資の供給基地としての機能も果たすなど、災害時における地域の防災拠点としての機能にも期待が高まっております。
 今後、本町のみならず仙南地域の経済の活性化につながる産業振興のあり方や広域的な防災上の課題などを含め、今、地域づくりに何が必要か十分検討すべきであり、また、道の駅設置はあくまでまちづくりの一つの手段であり、決して目的ではないことを理解すべきと考えます。
 大河原町議会では、平成22年3月議会には「道の駅整備事業の撤回を求める請願」が採択され、平成24年3月議会において「国道4号金ケ瀬に道の駅設置に関する請願」が採択されたところであります。
 このように道の駅設置については住民の皆様もさまざまな意見を持っておりますことは十分承知しておりますが、本町の将来にとりまして極めて重要な課題であり、産業振興、雇用、生きがいづくり、防災対策など幅広い観点から責任のある議論と住民説明が必要ととらえており、総合的かつ長期的な視点から判断すべきものと考えております。
 このようなことから、道の駅設置の是非については、住民に対するきめ細かな情報提供と説明を重ね、ご意見を伺った上で、町議会において十分な審議を行い、その結果を踏まえて、議会制民主主義の基本原則にのっとり、議会で議決されるべきものと考えます。
 したがいまして、議論を尽くさず、道の駅設置の是か非かの判断のみを町民に問うこととなる本条例は「制定する必要はない」とするのが私の意見でございます。
 なお、今回の条例制定の直接請求につきましては、大河原町の将来を思う町民の方々の貴重な運動の結果であり、その熱い思いを真摯に受け取りますことを申し添えさせていただき、議会に付議するものであります。
 詳細につきましては総務課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、意見を添え、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) それでは、議案第45号大河原町に道の駅を設置することの是非についての町民の意思を問う住民投票条例についての詳細説明を申し上げます。
 本件につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたとおり、住民の直接請求によります条例でございまして、これは地方自治法第74条第1項で、普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者は、その総数の50分の1以上の署名をもって、その代表者から普通地方公共団体の長に対して、条例の制定または改廃の請求をすることができるとの規定に基づくものでございまして、本町での有効署名数につきましては384名でありまして、これを超える署名により本条例の請求がなされましたので、提案をさせていただいたところでございます。
 直接請求によります条例につきましては、請求代表者がみずから作成した条例を修正せずに町長の意見を付して議会に提案することとなっておりますことから、請求代表者から提出された条例案をそのまま提案させていただいたところでございます。
 2ページをお開きいただきたいと思います。
 条例の条文でございまして、第1条で目的、第2条で住民投票の実施をすると、第3条で投票の執行につきましては町選挙管理委員会が行うこと、第4条は条例の施行の日から60日以内に執行すること、第7条につきましては投票方法を定めたものでございまして、投票は賛成か反対欄に丸印を記載する方式とすることなどとなっておりまして、そのほかにつきましては通常の選挙とほぼ同じ内容での投票が行われるような条例となっているところでございます。
 附則で、施行は公布の日からすると。
 また、本条例につきましては投票の翌日から90日を経過した日に効力を失うというふうな条例でございます。
 4ページをお開き願います。
 4ページ、5ページにつきましては、直接請求による場合は、先ほどもお話しさせていただきましたけれども、町長の意見を付して議会に上程することになっておりますことから、その意見書を添付したものでございまして、内容につきましてはただいま町長の提案理由で申し述べたとおりでございます。
 6ページをお開き願います。
 資料といたしまして、条例制定請求書の写しを添付しております。請求代表者3名の方より8月10日に町長に対しまして請求を受けたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) この際、お諮りします。
 議案第45号については、地方自治法第74条第4項の規定により、同法第74条第1項の代表者に意見を述べる機会を与えなければならないとともに、同法施行令第98条の2第2項により、意見を求める請求代表者の数を定めることとなっております。本案件における請求代表者は3名であります。よって、請求代表者の意見陳述は1名とし、本日午前10時30分、意見陳述時間30分以内で本議場において意見を述べる機会を与えたいと思いますが、異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、本日午前10時30分、本議場において請求代表者1名の方の意見陳述とすることに決定しました。
 なお、この件に関し、議長において請求代表者に通知するとともに、告示などの手続をいたします。
 この間、暫時休憩いたします。10時30分再開いたします。
     午前10時20分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前10時30分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 再開いたします。
 引き続き、会議を行います。
 これより請求代表者の意見陳述を行います。
 代表として永窪 威さんが意見陳述を行うこととなりました。
 永窪 威さん、議場にお入りください。
     〔請求代表者 永窪 威君入場 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯請求代表者(永窪 威君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯請求代表者(永窪 威君) 皆さん、おはようございます。永窪 威でございます。
 昔懐かしいこの議場で意見を述べる機会を与えていただき、議員各位に感謝を申し上げる次第でございます。
 さて、本日は、道の駅の是非を問う住民投票条例の制定の直接請求の当事者として意見を述べるわけでありますが、議員各位の町政発展のための議論の参考になることであれば光栄の至りでございます。
 では、早速、意見を申し上げます。
 初めに、道の駅を論ずる上で避けて通ることができないのは、収支計画と採算性という経営計画であります。昨年制定されました長期総合計画には、タイトルが「大河原町経営計画」とありますが、「経営」という言葉を使用していながら、先ほど申し上げた収支計画と採算性という重要な部分が欠落しており、これを見る限りにおいては到底経営が成功するとは考えられないのであります。
 なぜなら、一般的な社会通念上、会社の経営ということになれば事業を立ち上げる場合には、何度も繰り返しますが、収支計画と採算性を見きわめて、利益が見込まれるのであればゴーサインが出せるし、見込めないということであれば当然ながら断念するのは企業経営者の責任ではないでしょうか。採算がとれないのに何とかなるだろうという安易な判断で事業を強行して失敗すれば、民間の社長の経営責任は自己破産や夜逃げという惨めな実態を、私は数多く見てまいりました。だから、行政の社長たる町長はよく考えて判断しなければならないのであります。
 大事なのは、これからの話であります。
 自治体は公金を使って箱物をつくって失敗しても、採算がとれなくても町長は責任を負わないということが重要なポイントであります。責任はだれが負うのですか。町長でも議員でもないんですよ。一人一人の大河原町民がその責任を負わなければならないのです。したがって、多くの町民の方々がその行方を心配して、この議会を傍聴していることをよく認識してほしいと思います。
 傍聴しておられる町民の皆様、本当にご苦労さんでございます。
 安易に「経営」とうたっておりますが、町長も議員も最終的な責任を免れるのであります。長期総合計画では、このことを町民に断った上で「経営」という言葉を使うべきでした。当然町民にも経営方針に関する発言権を与えるべきでした。町長だから思うように何でもできるんだということであれば、それは独裁政治というものであり、断じて許すわけにはまいりません。
 齋町長は就任時、「かっては会社の経営者なので、経営感覚を持って行政運営に当たりたい」と豊富を私に語っておりました。今の現状は、いつの間にか独裁的になってるとお見受けいたしますが、これは多くの町民が感じていることも事実であります。その豹変は何が原因があったのでしょうか。自分を見失っているのではないでしょうか。
 道の駅で町が関与する部分は、商業施設であり、商業施設に税金を投入すること自体が税金のむだであると同時に、道の駅は失敗すると考えるから、多くの町民が反対しているのでございます。5,275名の署名を添えた「道の駅の撤回を求める請願」を否定する行動に出た町長と与党派の議員は、経営の共同責任者である町民の経営者としての発言権を剥奪したのでございます。町民に責任だけを負わせて経営には口を挟むなというのは、町民の経営参加への道を閉ざすことであり、こんなまがいものの経営だから、町長のいう「経営方針」は言葉の遊びだということを町民は感じております。
 道の駅を強行して町民に責任を負わせることは理にかなっておりません。町民の声に耳を傾けてこそ、真の経営を語る資格というものではないでしょうか。
 次に、経営計画で重要な部分を占めるのは、先ほどから申し上げている収支計画であります。道の駅の自治体が担当する地域振興施設部分、一般的に主たるものはいわゆる直売所とレストランで、(仮称)「道の駅のおおがわら」もそのようなものが計画されておるようですが、それらをどのような収支計画のもとで設置するのでしょうか。
 平成21年12月に発行された基本計画書には、いわゆる箱物の設計や建設費については詳しく書かれていますが、肝心の収支計画に関する記述は1行も書かれておりません。収支計画のない基本計画書が、町の経営計画を進める上でかなめとなる町長のもとで作成されたのかと思うと、いささか経営センスを疑わざるを得ません。これがいわゆる箱物行政といわれるゆえんなのではないでしょうか。
 世間一般の経営計画は収支計画を伴うものです。そして、事業内容と設備の規模が収支見通しを左右する重要な要素なのです。ところが、道の駅の基本計画には収支計画もなければ事業内容、つまり何を売るのかも書かれておりません。設備の規模、すなわち箱の部分だけが突出して詳しく書かれております。経営計画としては致命的な欠陥と言わざるを得ません。ゆえに、(仮称)道の駅おおがわら基本計画は、世間一般に通用する経営計画とはほど遠いものであります。まともな経営者なら1,286万円もの金をつぎ込んで、こんな計画書をつくることはしないでしょう。まさにフライングと言わざるを得ません。事業の中身や収支計画が決まらないのにこんなことをするのは。
 ところで、次に申し上げる町民の発言を直接聞いた証人がおります。その発言とは、「実態のないことの是非は問えない」というものでございます。この発言は詭弁であることは明白であります。コンサルタントを雇い1,286万円の町税を使って基本計画書まで策定済みの案件を、「実態がない」とは一体どういうことなんでしょうか。
 町長は先ほど、条例の制定の必要はないと意見を述べておられました。まだ収支計画がないから実態がない。だから、実態のないことの是非は問えないとでも言いたかったのでしょうか。実態は、事業内容、つまり計画の中身がないのに箱物をつくろうとしていることに町民が大いに危惧してるということなのです。これこそが道の駅問題の実態であり、肝心な部分でございます。私たちの住民運動がなければ、事業計画や収支計画のないまま、つまりフライングのまま、今ごろは道の駅という箱物設置というゴール目前に迫っていたことでしょう。ゴールを過ぎてしまえば赤字補てんが待ち受け、奈落の底まで一直線であります。道の駅の収支計画がないからまだ実態がないと言うのなら、実態のないものになぜ町税1,286万円もの税金を使って基本計画書を策定したのでしょうか。収支計画が一切ない段階で、つまりどのような事業をやるのかの見通しがない段階で、町税1,286万円も使って経営計画書を策定したこと自体が町税のむだではないでしょうか。
 次に、その事業内容に関して意見を述べます。
 地域振興施設の最大部分を占めるのが物産コーナーですが、道の駅をとってつけたように産業振興に結びつけようと考えた町長ゆえに、物産コーナーはいわゆる地場産品の直売所と考えていいのでしょう。直売部分がうまくいかないのか、つまり事業計画の肝心な部分の収支計画をどのように立てるかが最大の課題であります。最大の課題の検討すらしないまま、よくぞ基本計画書を発行しましたね。検討できなかったというのが本当のところではないでしょうか。このことは次の話からよくおわかりいただけると思います。
 先般、本年3月議会で、道の駅の設置を求める請願が採択されましたが、請願者の代表者は、私たちの代表幹事にこんなことを述べております。道の駅でなくともよい。土地が売れればよい。ほかのものでもよいので相談したいと、こういう話が寄せられております。面食らう発言でしたが。
 土地を売りたい気持ちは十分わかります。畑作従事者が高齢化し、後継者もなく、土地を遊ばせても仕方がない。道の駅ができれば土地を高く買ってもらえるという期待を、町長は道の駅の予定地の地主の皆さんに与えてしまったんでございます。この面食らった発言ですが、全般的な傾向として、農業従事者が少なくなるというのに地場産品を売る道の駅をつくるのは矛盾してるということから考えると、土地が売れればよいということは、まさに総論ではないでしょうか。
 道の駅の物産コーナーで売るものをつくる人は少なくなることから、道の駅をつくってもうまく行くはずがないことは、農家の皆さんが一番おわかりだということであります。農家の方々がどのくらいの量の物産をどんな価格で道の駅に納入できるのか。また、4号線の車両通行車のデータからどのくらいの人数の顧客が見込めるのか。正気でやる気があるならば、調査すべきであります。調査すれば、収支計画は簡単に立てられるはずでございます。これを怠ってきたのは、収支計画をまず初めにつくろうとすれば、余りにも売るべき地場産品が少なく、収支の見通しが立たず、道の駅は失敗すると感じておられるからではないでしょうか。町長はこれを怠っておいて、あるいは避けておいて、十分な審議をしていない。実態がないことの是非は問えない、だから、住民投票の条例の制定は必要はないとおっしゃるのなら、これは詭弁であります。
 賢明なる議員各位におかれましては、私たちの直接請求を実態のないことの是非を問うことだと、単なる空騒ぎだなどと、よもや曲がって理解されることはないものと信じております。
 収支計画を立てれば、道の駅の計画は一歩も進められないという実態を直視しようではありませんか。農業振興については別の角度からアプローチすべきであります。
 次に、道の駅の是非を問う住民投票の条例制定を求めて私たちが集めた署名は合計3,307名でした。そのうち、自分自身の生年月日の記載ミスあるいは署名の日付のないものが無効となりました。しかし、有効署名数は3,010名に上ります。これは有権者の約6人に1人の割合であります。法律の制約があるため署名期間がわずか1カ月しかないにもかかわらず、これだけの署名を集めるのは大変な労力を要します。私たちが町民のご自宅を1軒1軒訪問し、署名を求める理由を語った場合、ほとんどのすべての方から署名をいただくことができました。本当に感謝にたえない次第でございます。署名収集人が署名を集めながら得た町民の声の一端をご紹介いたします。
 初めは、「道の駅があればにぎやかになっていいと思いますよ」という町民も、収集人が「道の駅の計画書には町税約5億円、町民1人当たり2万円を負担することになっており、例えば5人家族であれば10万円の負担になるんですよ」と説明すると、「税金でつくることを知らなかった」「税金を使って商店やレストランの妨害となる道の駅をつくるなんてことは許せない」「議会は道の駅の撤回の請願を採択しておきながら、趣旨が正反対の道の駅の建設の請願を採択することは何事か」「住民投票で決着をつけるしかない」と、怒りを込めてご署名をいただきました。
 このことから、道の駅は町の税金でつくられる事実をご存じない方もまだおられますが、この事実が周知徹底されればほとんどの町民が道の駅に反対であることはわかりました。時間と署名活動家がたくさんいれば、大多数の町民が署名されることは確実であります。
 撤回と推進、二つの相反する請願が裁決されたことから、町長にどちらでも選べる状況をつくってしまいました。民意と議会の間には乖離が生じております。町民の声を町政に届け、町政に反映させるということが議員の重要な役割と私は承知しております。その役割の第一歩は町民の声を聞くことにある、私はそう思っております。道の駅撤回と推進、二つの相反する請願を採択したことは理解に苦しみます。
 議会では、震災時の避難場所として道の駅が有益だったとの事実から道の駅必要論が浮上したというふうに聞いておりますが、このような筋違いのことを理由に道の駅を建設しなければならないということにどうしてこうなるのでしょうか。全く理にかなっておりません。震災時の避難場所は考えれば方法はいろいろ、金は使わなくてもあるはずであります。町長の言われた、道の駅は町議会で議論を尽くしてから、議会制民主主義の基本原則に諮り、町議会で議決すべきというのを待っていれば、いつ道の駅が実現するかわからず、実現しないかもしれず、防災拠点づくりをそれまで待つことになります。防災は防災として、道の駅から切り離して議論すべきであると思っております。
 話はそれますが、相反する二つの請願を採択した議会、町民の声を十分聞かず、町民の代表としての役割を十分果たしていないと言わざるを得ない議会に、議会制民主主義を語る資格があるとは思えないと、私はそう思っております。だからこそ、法律で認められている直接請求、つまり住民投票という直接民主主義に町民が訴えたのであります。
 つけ加えて申し上げますと、道の駅の撤回と推進、二つの請願の間のこの2年間に、道の駅に関する判断を変える大きな変化は何もありませんでした。判断を変えることができるとすれば唯一、道の駅の設置を求める請願に5,275名に匹敵するくらいの署名を添えるべきではなかったのでしょうか。それが実現できるまでは継続審査という判断をするのが議会の常識ではなかったのではないでしょうか。なぜ継続審査にしなかったのか。大きな疑問であります。それどころか、わずか1回の議会であっさり採決に持ち込み、採択されました。こんな力尽くの政治で、皆さん、いいんでしょうか。これほどの重要な案件を町民の声を十分に確かめることなく、議員の考え一つで政策を180度転換することはあっていいんでしょうか。町民の声を無視した決定をしたことに対し、多くの町民から、議員のリコールまたは議会解散のリコールを求める声も上がりました。しかし、これでは政争の町になりかねないと判断し、穏便な形で住民投票による決着を求めようと考え、今回の直接請求に至ったわけであります。
 また、昨年3月9日の一般質問への答弁の中で町長は、「自分が提案した道の駅は否決されていない。はたまた国が求める道の駅はとめない」などという白々しい詭弁と虚偽を並び立てておりますが、国が求め自分が提案した道の駅という実態があるにもかかわらず、それでも「実態がないことの是非は問えない」と言うのでしょうか。
 良識ある議員各位におかれましては、このような町長の詭弁に呼応することなく、私たちの請求を認めていただき条例案を可決されますよう、何とぞよろしく申し上げる次第でございます。
 ところで、住民投票になれば何か困ることがあるとでも言うのでしょうか。住民投票になれば、道の駅の反対者が多いことは議員各位もよくおわかりのことと存じます。だから、住民投票の結果に従えばいいだけの話ではないでしょうか。その結果、道の駅は中止することになると思います。それで何か困るというのでしょうか。反対に、賛成者が多いなら収支計画や事業の中身がなくとも正々堂々とスタートを切るのでしょうか。道の駅に関しては、延べ約3年間議会特別委員会で検討されたという経過があります。議員各位は各地の道の駅の視察旅行などもされたことでしょう。これも税金がかかっています。これ以上の検討は町税のむだであります。ここは住民のご判断により方向性を出すことが最善の方法かと存じます。
 (仮称)道の駅おおがわら協議計画によると、道の駅の建設は町民に総額4億7,610万円、町民1人当たり約2万円という巨額の税金負担を強いるものであります。また、町が開業する地域振興施設は公共性に乏しい商業施設であり、商業施設の建設に町税を投入することは不当であります。また、周辺の商業者を圧迫し、地域全体にとって産業振興に結びつかないという実態にあります。税金は公共性の高い事業に優先配分されるべきであります。
 最後に、二つの相反する請願を採択するという異常事態を解決し、大河原町に道の駅を設置することの是非について民意が正しく反映されるため、また税金の使い方、公共事業のあり方や優先順序について、主権者である町民が議論し意思表示をする重要な機会として、ぜひ住民投票が実施されるよう本条例案を可決されますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。
 以上で意見陳述を終わります。議員各位、皆様方、ご静聴ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 以上で意見陳述を終わります。
 永窪 威さん、本日はご苦労さまでございました。ご退場をお願いいたしました。
     〔請求代表者 永窪 威君 退場〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) それでは、10分間休憩します。
     午前11時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 再開します。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、若干質疑をさせていただきます。
 私は、一つは、先ほど来からも出てもおりますけれども、道の駅の撤回を求める請願と、それから設置を求める請願のこの二つがですね、同一議会で、そして同一議員メンバー、ふて同じ案件がですよ、こういう事態の中でもはや道の駅の是非については住民投票しかないと、こういうふに私も思っております。
 町長は設定する必要はないというふに意見書で述べておりますけれども、私も正直言って、これを見たとき、率直言って驚きました。それで、今、町民の中にかなり怒りが広がっています。それは道の駅については、当然ものごとには反対、賛成いろいろあるんですよ、それは。しかしながら、今の大河原町の議会の現状考えましたら、住民投票以外に選択肢はあるんでしょうか。私はないちゅうふに思っています。
 それで、住民投票そのものを否定するように私は受けとめているんですが、そういうふうに受けとめて間違っていませんか。私はそういうふに、否定されているというふに思っています。その点で町長にお伺いします。
 そいで、この道の駅の住民投票というのは、まさに私はこの判断こそですね、正論であるというふに思います。町長の考え方をもう一度確認かたがた伺いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、万波議員のご質問にお答えをさせていただきます。
 まずですね、この道の駅にかかわる予算執行につきましては、トータルで1,280万円ほどのお金が使われておりますけれども、私が勝手に予算執行したわけではございませんで、19年度、さらには20年度、繰り越しましたんで21年度という年度において、議会がその予算執行を認めてくださったことに基づくものでございます。
 そして、その道の駅基本設計にかかわる、つまり基本計画がまとまったのが平成21年の12月でございまして、その後、道の駅設置にかかわる反対の請願が出されて、翌3月に議会が7対7、議長裁決で可決をしたという状況が生まれたわけでございます。その時に、私もいろんなことを真剣に慎重に考えさせていただいたわけでございますが、この結果を真摯に受けとめるということを申し上げまして、その後、計画立てあるいは予算措置について議会に求めてきた事実はないわけでございます。つまり、道の駅は一般質問等で取り上げられた状況はございましたが、町が提案したことに基づく具体的な議論をしていないというのが事実でございます。
 収支計画がないというお話がございましたけれども、公設民営が前提でございますので、民間が運営する、つまりその民間の母体がどういう組み立てであったらいいのか、これは当然非常に議論を要する点であろうというふうに私自身も考えておりましたし、そういったことをあいまいにして収支だけ先に挙げるというわけにはいかなかったということでございます。
 それと……はい、これで終わりにします。冒頭1点目はこれでご理解をいただくとして、二つ目でございますが、私は住民の皆さんとともに、平成23年度からスタートする長期総合計画「大河原町経営計画」を策定してまいりました。コラボ会議が持たれ、その中で議論された過程につきましては、議員各位、十分ご存じのことと思います。その中で、住民自治基本条例の必要性について当然議論をし、また私自身も必要だというふうに考えてきたところでございまして、そのことの中身を決めるのがまさに議会の皆さんでございます。これが議会制民主主義に基づくという大事な観点でございますので、私自身が住民投票そのものをすべて否定しているというふうに受け取られることにつきましては極めて心外でございます。逆に、議会制民主主義を否定することのないように、大いに議会で議論を賜りたいというのが私の姿勢でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと前段が長かったので、私のちょっと意図することの答弁でなかったので、今ちょっと先ほど挙手をしたところでありますが、いずれにしても今町長は、すべてを否定しているわけではないとおっしゃいましたけれども、しかしながら、今、目の前にですよ、この議案が住民投票条例の制定を今請求の条例ですよね、今。これを今目の前にあるにもかかわらず、町長の言葉でここにありますように「制定する必要はない」と。「ない」というのはすべてを否定しているんじゃないですか。そういうふに私は、しかし、今、これしかないと思うんですよ。
 先ほどから言ってますけれども、二つがされた以上、今後、何か町長はいろいろ説明をして最終的には議会で最後のこと述べてますね、「町議会において十分な審議を行い、その結果を踏まえて議会制民主主義の基本原則にのっとり、議会で議決するべきものと考えている」と。しかしながら、これまで大河原町の議会は二つをね、とにかく両方をこのメンバーで同じものをね、ここで可決してるちゅう異常事態なんですよ。私もそう思っています。それを思ったら、今は住民投票で住民の意思で決める。で、その結果を尊重するというのが、もうこれ以外に道は、道の駅についてはないちゅうふに思います。
 あえて長期総合計画の中でも、道の駅5,275名の撤回を求める請願が出された後ですね、長期総合計画出ましたけれども、それからも実は姿を消しているんですよ。そういうことから考えますと、でも、それでもなおかつ出てきたんですよね。推進。ですから、町民の間には、今なおやっぱし賛成、反対あるいはどういうふうに考えているかわからない、さまざまな意見があって当然です。しかし、そういう状況の中で今住民投票で決めていく。これしか私は、この件についてですよ、賛否を問うのはこの方法しかない。ほかに選択肢はないということで、今回のこの道の駅住民投票の制定にはやはり議会はですね、これは可決すべきだというふうに実は思っています。
 以上、私の意見を述べました。町長に何か答えることがあればですね、お答えして終わります。お答えしていただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 賛成討論のようなご指摘をいただきましたけれども、要するに、町としてこの道の駅設置にかかわる具体的な議案を提出し、議会で議論をしていただいたという事実はないわけでございます。ご理解いただけますか。つまり、収支計画書がない、あるいはいろんないろんなご指摘がございましたけれども、そういったことをまさに疑問に思うのであれば、議会において議論すべきというふうに私は思うわけでございまして、その中で住民の皆さんに、それと並行してということでもいいと思いますが、道の駅にかかわるさまざまなあり方、あるいは実際の運用、そういうものを町民の皆さんにもしっかりとお伝えをして、その上で結論を導き出すと。それがまた本当に両方、五分五分の状況が生まれるようなことであれば、それはまた違った判断につながるというふうに私は考えているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) 道の駅の18年の予算ですか、あのときは3町合併のさなかでございまして、申請は23年6月にするということで、それは合併なってから申請するんだということで、合併が破綻したという時点では、大河原だけこの道の駅を背負う必要はなかったんでないかと思うんですけども、まず町長の見解、それが一つです。
 それから、もう一つはですね、よく町長が出したプランというかね、あれ2冊1,200万、1,300万という金額出してやったんですけども、あれでは一応8億9,000万の事業費というふうに書かれております。正確に町長に伺いますけれども、あれは町民負担が幾らで、補助金というのかね、あれ、国、県全部負担してどのくらいの補助金があって、町民負担が、てか町負担がどのくらいなのか。これ、事務局でわかるんでしょうけれども、それ一つ教えてもらいたい。
 それから、三つ目はですね、当時町長も経営者探していた。それから、二つは、第三セクターにはしないということでしたんだけども、現実的に経営する人が見つかっていたのか何か、そこいら辺伺います。
 第4はですね、この議案に見ると、投票条例設置したいというふうになってますが、町長は設定の必要はないというふうにも言ってます。そうすると、議員としては設置してもらいたいことには賛成だが、設置しないということ、要するに制定する必要はないということにも、どっちになったかわかんないんだけども、ただ議案第45号で出してるんで、町長の提案者ということで第45号は賛成するというふうに書くものなのかなと思うんですけど、何か全体でこのところは何か非常に意味不明なところあります。
 それから、審議を尽くしてないと、五つ目でね、審議を尽くしてないと言うんですけども、ちゃんと議会にはかかっておりまして、それから特別委員会も設置して、それで審議して審議して議会にかかって可決して、だから、町長が言うその中身がないような話言われると、非常に議会軽視というか、議会を侮辱されたという感じは私は受けます。ですから、これは審議尽くして出したものというふうな理解はもらえないものかと思うんですが、やっぱり町長は十分審議されていないからというふうなこの提案理由なのか。その五つについてお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) まず、合併があるなしにかかわるお話でございますけれども、地域づくりの中で、道の駅を議論を囲む、例えば産業振興とか観光事業とか雇用のあり方とか生きがいづくりとか、そういったものにかかわることについて議論をしていくという上では、合併のあるなしは関係ないというふうに私自身は受けとめているところでございます。
 それと、財政シミュレーション、計画書とまとまりました、あるいは構想としてまとまりました財政シミュレーションについての数字でございますが、これはご説明申し上げたときに、実態ではなくて、あくまで財政シミュレーションでございますので、一人歩きすることを心配しているという旨ご説明した経緯もございました。一番最初の事業費、構想の中のシミュレーションの中の総事業費は8億9,200万ということで示してございました。
 しかし、その後の基本計画としてまとめたものにつきましては、より交付率、その財政措置の面でのシミュレーションをさらに加えて書き上げておりまして、この中で示された数字につきましては、基本的に国と一体型で進めていきますので、国が持つ分は当然大きく存在します。少なければ4割、多ければ5割程度というふうに考えていますが、残りの産業振興施設についてどういう支援あるいは組み立てが可能になるかというのが議論でございます、財政面での。
 つまり、その中で基本計画を立てたときに示しておりますシミュレーション、シミュレーションにさらに(案)と書いてあるんですけれども、この中では3分の1程度が起債を含めた町の、町が用意するお金と、3分の1程度というふうに示しているものでございます。
 具体的には、今まで何もその具体的な調整や国への働きかけ等々含めた具体的なものを皆さんには示していないわけでございます。何度も申し上げますが、請願、道の駅設置反対の請願が可決された折、私は計画の上程と予算措置はずっとしてきていないわけでございますので、つまりそのことについて具体的な議論がなされた経緯はないというふうに申し上げているわけでございます。今、お話ししたようなことを町民の皆さんに正しくお伝えをして、そしてまた社会的に、お金の問題だけじゃなくて、道の駅が果たしていく役割というものを説明させていただき、うちの町らしいまちづくりにつなげる議論、これもさらに加えてというふうに考えているところでございますので、少し長くなりましたが、ぜひご理解を願う次第でございます。
 3番目については、ちょっと中身、私、理解し得なかったところでござい……経営者がございましたね。すいません。経営者につきましては、何度も申し上げておりますように、民間の想定が成り立たなければやれないというふうに、冒頭から申し上げてきたつもりでございます。具体的な組み立ては、これはさまざまに想定されるわけでございまして、また今、道の駅が改めて復活をし出す、本当に厳しかった道の駅が復活をし出す、あるいは社会的役割を認められて赤字でも頑張れという、あるいは必要だという声が広がっている、こういう事実があるわけでございまして、うちの町の環境を考えれば例えば、例えばですが、観光物産協会を民営化にしていくという話をたびたびさせていただいておりますけれども、そういった延長線上に経営母体が組み立てられるということもあるのではないかというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) 先ほどの佐々木議員の質疑の中で、町長が提案してるので町長は賛成でないのかというふうなご質疑だったかと思われますけれども、これにつきましては、提案理由等でも説明させていただきましたとおり、これにつきましては住民の直接請求によりまして町長は議会に提出するというふな法的なことがございまして提案したところでございまして、提案したイコール町長が賛成というふなことではございませんので、ご理解をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。(聴取不能の声あり)五つ目。五つ目。町長。五つ目の。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議会にかかわる話につきましては、先ほど申し上げましたとおり、議会を、議会の議論を軽視するというようなことでは決してございませんので、正しいご理解を願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) 道の駅について、そういえば、町長が道の駅必要だっていうのは、正式な議会ではきょうが初めてでないかと思います。そのように記憶して、だから、今後議論するということが今出されてもちょっと困るんだけれども、やっぱり議論がなのかというところです。
 それで、一応ね、議会では専門委員会、専門委員会というか常任委員会にかけて、それで決議をとり議会でというふうですから、一応町長が不足で、審議未了というか審議不足と言っても、議会では通してるんですね。ですから、そこいら辺は、もしこの状態であれば、今後審議を続けるから、この条例についてはどのように考えてるんですか。町長、これがきょうは決議をとるわけですね。だけども、町長は議論が足りないと、だから今後どうするんだかという考えを聞かせてもらいたい。それが一つ。
 それから、今、町長、聞きますと、要するに「受ける」っていうか、経営をするところがなければ道の駅の話はなくなるというふに解釈したわけなんですけども、町長は前には第三セクターではやらないと言ったこと、そいから、今経営者を捜すといったことも私も聞いてます。ですから、今度つくるに当たって、何ていうか、経営を任せる人が出なければだめだということと理解していいわけですね。
 私も今度の質問するに当たって新聞見たんですけども、新聞で「道の駅は役立った」、例えば「上品の郷は非常に効果があった」と言ってるんですけど、その中の議論では「道の駅は必要だった」という理論はないです。理論の展開なくて、どっちかというと、道の駅とかそういう店舗でも上水道とか下水道とか電気とかガスとかっていう、そういうほのをきちっと耐震のものにしてもらいたいという要望はいっぱい載ってたけども、道の駅が必要だというのはないです。だから、そこら辺は町長と私の考え違うんですが、そこのほう、突然町長は道の駅つくんなくないという理論の展開をちょっともう一度確認したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) すいません。先ほどから申し上げておりますとおり、提案理由で申し上げたことがすべてでございます。私としては、当然町民の皆さんの意向を踏まえる、そのためにも議会で問題となる点あるいは不安に思う点があるのであれば、大いに議論をしていただくという場づくりを当然考えたいというふうに思っております。その状況の中で、相変わらず本当に意見相反する、半分ずつというような状況になるのであれば、それは改めて民意を問うという選択が生まれることを否定するものではないということでございます。
 それから、何でしたっけ……経営者につきましては、これはですね、もともとですね、私が町長に就任させていただいた当初は、公設民営は国と一体型の道の駅整備にならなかったんです。しかし、国の受けとめが変わりまして、民間の運営であっても、公設民営であっても、国と一体型の道の駅整備がかなうということになったところから、この道の駅の議論が始まっているわけでございます。しかし、その時以来、私は町、役場が経営する、あるいは第三セクターのような経営母体にするということしか選択肢がないのであればやらないというふうに言ってきたわけでございまして、当然大きな役割を担っていくためにも運営は民間でなければならないと。これが姿勢でございます。
 よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) お伺いしたいんですけど、第4条ですね、「この条例は施行の日から60日以内に」ということを書いてあります。「60日以内」というと、これ、町長選挙に完全にぶつかるわけでして、今、8月末ですから、9月、10月いっぱいとなりますね、大体。そうしますと、極端に言うと、同じ日にやるということになると思うんですけども、それがひとつ懸念されるのと、それから、12条、ここではですね、住民投票に関する投票運動ですね、これ「自由とする」と書いてあります。当然ですね、道の駅の反対のほうからも立候補者がいるみたいな話でありますし、町長選挙になりますね。そうすると、町長選挙、賛成、反対と賛成と戦う、あるいは現職と新人が戦う、その中で公職選挙法の選挙法がある。それから、この住民投票条例のこの選挙法がある。これは、こっちは比較的自由なんですね。例えば戸別訪問もオッケーだろうと思うんです、これは。大いにやってくれと。こうなりますと、この兼ね合いですね、これはどういうふうに考えたらいいのかとか、どういうふうになるんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これは総務課長か。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) ただいまの第4条の60日の関係と12条の関係にあわせまして、町長選との選挙運動の関係かと思われますけども、今、議員がおっしゃれましたとおり、この条例が制定されることに伴いまして、60日としませば、例えば9月初めに告示したとしまして10月中には実施しなければならなくなるというふなことで、この辺は十分、例えば町長選に立候補される方々につきましては十分に選挙違反にならないような活動で、投票は投票での住民投票での活動というふなことでやっていただかなければならないというふには思いますけども、非常に難しいかとは思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 構図が全く同じ構図だと思うんですね。予想されるわけですが、まだ立候補はしてないんですけれども。そういった中で、これは非常にね、公職選挙法との兼ね合いが難しくなってくるんじゃないかと思うんですね。ですから、今までのこともあるわけですけども、事前運動とられる場合もあるやに聞いておりますから、そういう意味では、非常にこの判断が難しい。そして、12条との兼ね合いですね。それから、期日の問題。ほぼ今で行くと、これ、町長選挙の投票日あたりにですね、これが一緒になってしまう。言うなれば、3,010名のですね、署名、非常に重いというよりも随分頑張って集めたなという気はするんですけれども。このタイミングが非常によくない。これが町長選挙と関係ない時期だったらね、まだいいと思うんですけども、この時期にこれっていうのは非常に微妙で、しかも難しい判断になるというふうに思うんです。例えば、「道の駅賛成でお願いします」と。片や反対で「待った」というときに、当然町長選挙がその下に絡んでくると思うんですね。微妙な判断っていうけども、これ、微妙どころじゃないんです。完全に一体化してしまうと思うんです。その辺のところ、どういうふうに考えているのかですね。もう一回お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) この条例につきましては、最初から説明させていただいておりますとおり、請求者のほうからの条例案をそのまま議会に提出すると。議会のほうで決定していただくというふなことになっておりますので、町といたしましてはこのままつうふなことで、後は、実際のほうの町長選とこの住民投票条例がもし可決されましたらその関係の流れの中で、警察、県の選管等といろいろと協議をさせていただきながら、双方とも選挙違反のないような形で執行せざるを得ないというふには思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この条例制定に関しては、私は賛成の立場です。しかし、これまでどういう態度でこの道の駅に臨んできたかということをお話ししながら、傍聴者並びに町民の方にも含めて考えていただきたいという思いで意見を、意見を述べながら、町長のお考えをお聞きしたいと思います。
 一つは、この道の駅問題が出たときに、町民の間では税金の使い方についての非常な疑問が出ました。なぜならば、目の前にあるあの駅前のオーガの実態を見ている町民からです、多くは。そして、先ほども出されましたけれども、あの建物を建てて現状は、1階は改修中ですが、現状に至る経過を見てる町民からは、「責任は一体だれがとるのか」ということが出されてきました。確かにその時点での町長並びにあの事業を推進ということで議決をした議員、だれ一人責任はとってないわけです。最終的に責任をとったのは、町民が税金を納めるという形です。こうならないようにという町民の希望が多くありましたので、先ほど町長が言われましたが、公設民営だと、民設民営などというふうに言いますが、音頭をとっているのは確かに町ではないかということで、あのようになったときに音頭をとった町としてどういう責任の取り方があるのか、そこのところを非常に心配するわけです。この点について町長のお考えをもう一度お伺いしたいと思います。
 それから、意見書にもありますが、産業振興を図るためにということで、仙南の中心に位置する大河原町だから仙南、つまり県南広域的な視点から考えて、道の駅という言葉は使ってませんけども、拠点にしたいんだというふうな中身だったと思います。しかし、現在、県南を見てみますと、隣町、村田、角田、それから白石、蔵王含めて産業振興、特にこの地域では農業、畜産を中心にした産業になろうかと思います。商業を中心としてるところは、昔から商業の地域だという大河原町を中心としたところになってくるかと思いますが、そういう中でそれぞれの自治体でそれぞれの地域の生産者がみずからの努力で産業振興を担っていると。直売所の経営を初め、それから1年中を通しての農産物の生産など、それを組織して、そして振興につなげているという現実があろうかと思います。そういう中で、仙南の中心だから、大河原町にものも人も全部集まってきて、構想にあるような振興につながるのかという、そこのところが大いに私は心配であり疑問です。この点について町長にも、意見書の中にありますので、お答えいただきたいと思います。
 三つ目には、防災、災害時の防災の拠点にすると。そして、最近ではヘリポートの役割もというふうな発言も町長のほうからありましたので、これはどうなのかというふうに思います。私はむしろ役場の中に、この大河原町役場は免震構造の建築物であり、最近、3・11のあの事件のときにも建物そのものに大きな被害を生じることはなかったそういう建物です。そういうところに地震計もすぐそばに設置されてますし、いざ何かあると緊急に国の情報も得られるようなそういう設備も備えています。それに比べて構想の中にある道の駅を建てるような場所というのは高圧電線が通っています。ああいうところにヘリポートをつくるなどということは、素人の私でさえも異常だと、非常識だというふうに思います。そういうところで、あの地点を防災、災害対応の防災拠点にするということは無謀な話ではないかというふうに思います。そこの点について町長にお考えを伺いたいと思います。
 もう一つは、私、これは町長への考えではありません。議会議員として、同じ議員で構成する議会で正反対の請願を可決していくというのはどういうことかということ、これは議会の常識が問われるような結果だったというふうに思います。議会は請願を通したらば、その請願先に対して請願内容を誠実に実行するように働きかけて実行させるのが議会ではないかというふうに思います。反対と推進の請願を通した場合、一体議会はどういう責任を持ってその請願者にこたえるのかという、そこのところが非常に欠けているなというふうに思います。今回のこういう事態になったのも、議会のそういう自覚というのが非常に薄かったせいだと、その結果だというふうに反省もしながら、今後の議会活動のあり方についてもきちんと判断を誤らないようにしなきゃいけないというふうに思っています。この件については町長のご回答は要りませんけれども、前の三つ、3点についてはしっかりとお答えをいただければというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、3点、私に問われました質問についてお答えをさせていただきます。
 まず、オーガの実態、駅前ですね、駅前オーガの実態についてのご質問でございますが、再開発事業で進められたものでございまして、当然町も駅前に対する基本的な考え方を持って事業を進めてきたものというふうに、私自身は理解をしております。私、就任前の事業でございますので、すべてわかっているということではありませんが、基本的にはそのように理解しております。そして、町が運営する部分、町が使っている部分につきましては区分所有でございまして、オーガ全体がデベロッパーがいて、経営、オーガ全体の経営されていく中で生まれる赤字に町が税金を投入して補てんしているというような事実はございません。議会にも報告させていただいておりますとおり、町が所有している部分の運用につきましては、駐車場初めですね、黒字でございますので、ぜひ町の建物ではない、そしてまた、町が赤字補てんをしているような事実はないということを、ぜひ正しくご理解いただきたいというふうに思うところでございます。しかし、長い間テナントが撤退して埋まっていなかった事情を考え、そしてまた、駅は町の顔という視点もございましたので、今回オーガにハローワークの移転ということが決定されたところにつながったということでございますので、ぜひ正しいご理解を願いたいと思います。
 それから、何でもかんでも大河原に集めて、中心だから大河原がよくなっていけばということで考えているようなご指摘も一部ございましたけれども、私はですね、大河原は震災後400人ほどの人口増加に現在なっております。しかし、仙南全体を見れば大変な勢いで人口減少が生まれているという事実がございます。人口が減るということは生産年齢人口も減るわけでございまして、お金を稼いで消費をして税金を払ってくれる人の数がどんどん減っていく。産業振興の観点から考えれば、もっとわかりやすく言えば、ものを売るという立場から物事を考えれば買う人が減るわけでございますので、同じ努力では売り上げは維持できないという厳しい環境がさらに進んでいくということがございます。そして、経済はどう見ても右肩上がりで推移するという予測はできない状況にあるわけでございますので、規模や量の経済を想定するのではなくて、循環の経済を想定していかなければならないというふうに基本的には私は考えております。そういう意味では、人が集まりものが動く、そして、お互いがつながっていくという地域づくりこそが大切だという考え方でございまして、本来、沿岸部の今の厳しい状況を踏まえてもっと長くお話をさせていただきたいところですが、(「それはいいから」の声あり)ご理解いただきたいと。はい。ご理解いただきたいと思います。
 そして、3点目のヘリポートでございますが、必ずヘリポートということにこだわっているわけではございません。しかし、環境的に、実際には中核病院のあの狭いスペースに高圧電線を避げて2カ所、震災時ヘリコプターがおりました。そういうことを考えれば、金ケ瀬は水が絶えませんでした、震災でも。水が供給できます。そして、すべての電気を賄うことにはならなくても、新しい施設に自然エネルギーを得るための工夫をすれば、蓄電してそれが使えるという状況はございます。それにあわせてヘリポートということも、道の駅にヘリポートという考え方は国土交通省にもあるようでございますので、そういった観点を加えて議論することができないだろうかという指摘でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。松井美子さん。(「すいません」の声あり)松井美子さん。質疑なので、意見はなるべくね、謹んでもらうと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) はい。そいで、今回、これからちょっと短め、駅前オーガの件について言えば、これは町が主導的に動いて駅前再開発事業ということで取り組んだもので、当初は30億円規模の事業だったわけです。それに町が10億円投資しているという事実があります。この点をもう一回明らかにしたいと思います。
 もう一つは、産業振興ということですが、大河原町は、ほかの自治体もそうですけれども、農業に関して言えば非常に都市化された中で、農業ということからすれば水稲からすれば3分の1以上の減反が続いているし、高齢化も、先ほど言われたように高齢化も進んでます。後継者も、今の農業では食っていけないということで後継者も生まれていません。こういう当町の産業の実態を道の駅ということを考えて、ほかの道の駅を見ると非常に1年中、村田を見てもそうですが、農家の方の努力が非常に生かされるようなそういう熱意でもって継続されているわけですね。ところが、大河原町の農家の方は元気をなくしていて、何とか生産高を上げたいとかそういう気力を失うような町の農政があるのではないかというふうに思います。予算の中でも非常にふえない、いつも低迷の予算であるということを踏まえて、どういうところで町長は振興を図る計画を持っているのか。これからなのか、そこのところをお答えいただきたいということです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 何だか……まず、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 道の駅と直接関係ないお話というか、質問のようにも受けとめたところでございますが、本町の農業を想定して、例えば道の駅の産直売り場を想定したら大変寂しいものになると思います。しかし、ものはつながって循環して動かしていくということができるわけでございますので、大河原の道の駅というよりは、地域全体の道の駅が大河原にあると。そこに人々が集まってきて交流が生まれ、そして消費が生まれるというふうに考えていただければ、新たな農業の切り口も見出せる可能性は広がるのではないかというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯2番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(丸山勝利君) 1点だけなんですけども、これ、住民投票行われた場合、経費っていうか予算、どのぐらいかかんのかと財源お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) そこまでの資料は準備してなかったところでございますけども、通常の選挙として多分800万かそこらぐらいにはなるんでないかと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。(「財源」の声あり)丸山さん、まだありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯2番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(丸山勝利君) 財源は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 財源。はい、総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) 財源は一般財源となります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 私も3年半前ですか、ちょっと町長さん、余りにも町民のご意見には耳を傾ける姿勢が甘かったので立候補してこの場におる一議員でございますが、町長、再三、私、言っておりますが、この道の駅にしても何にしても、住民の皆様と説得と納得のプロセスが全然ボタンのかけ違え始まってこういうことになってるんですね。まして事ここに至って3,000名を超える署名ですよ、期限付きで1カ月の。どのような皆さん苦労して汗を流されたか考えたら、この中に「制定する必要はない」この字句を載せるということは、私、本当に町長さんとしての資質を疑います。今でも遅くありません。町長、どうでしょう。この場で制定する必要があるということで撤回なされてはどうでしょうか。ぜひお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 私も町民の皆さんを相手に、十分に検討した結果を意見として述べさせていただいたわけでございますので、これを変えるつもりはないということでご理解を願う次第です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 私も力不足で、この3年半、町長さんの姿勢には私の耳に傾けてもらうこともありましたし、何でもかんでも、私、反対してきたわけでもございません。このような住民の皆様が、議会には任しておけないということでこれだけのご努力をなさったんですから、そのことをこの直接請求につきまして、将来を思う町民の方々の貴重な運動の結果で、その思いを真摯に受けとめておりますことを申し添えさせていただきます。これだけの文章でね、町長、終わらせんのはね、本当に町民を侮辱しますよ。きょうの採決の結果も当然、町長、おわかりなんでしょう。本当に恥ずかしいですよ、私も議会人として。でも、これは町長に対しての意見だから、これ、ぜひ撤回してですね、最後です、もう詭弁のお答えしか返ってこないのわかりますけども、撤回してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 町民の思いを大切にしたいということで熟慮の結果、意見を述べさせていただいたつもりでございます。変わることはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 詭弁ですよ。そのようなお答えしか返ってこないのは私も予想しておりましたから、招集日の2日目に私の一般質問は、唯一この1点について町長の真意を再度確かめたいと思いますので、よろしくお願いします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 今、岡崎議員からも質問あって、「撤回しない」という言葉が出ました。これはやはりこれまでの議会、そして町長に対する不信感から生まれた住民運動ではないのかなというふうにとってるところでございます。それを考えても、今、「制定する必要はない」という言葉を撤回しないということですから、その辺十分、何ていうか、町民の声が反映されない町政なんだなということがこの場でわかったことと、揚げ足をとるわけでございませんが、先ほど佐々木議員の質問の中で町長の回答で、赤字でもいいから頑張れという声が出ているというような答弁ございましたが、どういう方からそういったこと出ているのかと。赤字負担、そういった頑張れという声をいただいてる方が赤字を負担するのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 我が町を想定してお話ししたわけではございませんで、全国道の駅、1,000ほどの道の駅があるわけですけれども、そういった中には非常に財政的に厳しい状況に置かれていた、しかし、さまざまな見直しがなされて、その必要性が、必要性も住民の皆さんに理解されるようになって、住民の皆さんの手が加わって、それは赤字でもいいという話ではないわけですけれども、赤字でも社会的な役割を担いながら、もちろんそれは黒字に向かって努力をしていく、そういう姿が全国で生まれてきているというのは事実でございますので、そのことを申し上げたつもりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) やっぱり赤字が出ればですね、町民が負担、今いろいろ消費税の問題やらですね、町民の負担がふえていく中でやっぱりそういったことでは少しでも避けるべきではないのかなということの考えから出たことでございます。やっぱりその辺しっかりとですね、考えていただきたいものだなと。このやっぱり言葉の端々で勘違いされること、かなり町長、今までの中のいろんな会合の中で言ってきてるもんですから、そういったこと、やっぱり首長として発言に対してですね、しっかりと責任を持てる発言をしたらいいのかなというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで質疑を終わります。
 昼食のため休憩します。午後1時から再開します。
     午後0時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 再開します。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 ちょっと訂正させて……その前に、執行部のほうから、さっきの丸山議員の質疑に対して答弁違いがありましたんで、答弁訂正のあれをしたいと、こういう申し入れがありましたんで許します。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) 大変申しわけございませんです。
 午前中の丸山議員からの質疑の中で、経費関係の質疑の中で800万円ほどというふなことでお話しさせていただきましたけれども、これは通常の選挙等に関する経費というふなことで、私、話させていただきました。住民投票になりますと看板等の設置がないとか、あと選挙公報関係の枚数も少なくなるというふなことから、今積算してますのは670万円ほどになるんではないかというふなことで計画しておるところでございますので、訂正をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) それでは、今度は討論を行います。討論はありませんか。はい。
 それでは、まず原案にですね、反対者の発言を先にしたいと思います。安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 13番安藤征夫であります。
 議案第45号大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例について反対の立場で討論いたします。
 まず第一に、議会では道の駅の本格的議論がまだ一度もなされてないこと。
 そして、2番目に、道の駅反対グループの一方的な宣伝、情報しか流れていないこと。
 さらに、3番目には、道の駅設置は3月議会で8対6で可決されているということであります。
 我が大河原町は仙南の交通の要衝であり、毎日3万5,000台の国道を走るドライバー、これはいずれお客様というふうに考えてもいいかと思いますけれども、これが素通りしているのが現状であります。このドライバーのオアシスとしてトイレ休憩、湯茶のサービス、地図や道路情報の提供、さらに緊急時の避難所、ヘリポート、大災害時には自衛隊等の救助基地にもなります。さらに、地域の情報発信機能としての役割、地場産品、特産物の販売、レストラン事業などを行えば、そこに雇用が生まれ活性化につながり大きな効果が期待されます。
 現在、国道4号線には、北は大崎市三本木、南は福島県安達まで120キロの間道の駅はありません。大河原町はちょうどこの中間地点にあり、設置位置としては最適な場所であります。
 以上の点から、私は道の駅設置をぜひ進めるべきとの考えですので、本条例に反対いたします。議員各位のご賛同をお願いいたします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに原案に反対者の。(「賛成」の声あり)山崎 剛君。(「反対、賛成、反対じゃねえのか」の声あり)反対だけを先やりますから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) 6番山崎 剛です。
 議案第45号大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例の制定請求が提出されましたが、私は住民投票条例反対の立場で討論いたします。
 道の駅は東日本大震災直後、多くの道の駅が避難者を受け入れ、食料や電源、トイレを無償提供し、支援拠点となったことは事実です。流通網が寸断される中、地元生産者と結びついた道の駅は食糧供給で威力を発揮したところでもあります。今までの道の駅は防災施設の面で毛布などの備蓄がなかった事例が報告されており、今後防災機能向上に加え、災害時に住民の日常の回復を後押しする支援機能も持たせ、災害時は被災者の飲食、休憩、排せつへの支援が欠かせず、道の駅の役割は大きいと思います。
 道の駅は新たな経営のあり方を本気で考える時期に来ていると思います。政策は政策で、お互い公正公平な立場で議会で協議、慎重審議を行い、議論を尽くすべきであり、今回提出された住民投票条例の制定請求の時期は時期尚早でありますことから、申し添え、反対討論といたします。議員各位のご賛同を賜り、心よりお願いを申し上げます。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。
 議案第45号大河原町道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例について賛成の立場で討論を行います。
 道の駅設置については、賛成の人も反対の人もそれぞれさまざまな考え方、意見があるのは当然のことであります。
 道の駅設置について大河原町議会では平成22年3月議会において、道の駅おおがわら整備事業の撤回を求める町民の会から5,275名の署名を添えて提出された「道の駅撤回を求める請願」を採択しております。この結果を受けて、平成23年から32年までの第五次長期総合計画からも道の駅事業は姿を消しました。よって、この時点で大多数の町民は、道の駅問題はなくなった、終わったと受けとめていました。当然、議員の私も同じように受けとめていました。
 ところが、ことしの3月議会に突然、大河原町の未来を考える会から16名の連名で「道の駅設置に関する請願」が提出され、即日採択されるという異例の事態が起きました。同一事件が同一構成議員による同一議会で、道の駅撤回と設置の両方が可決されるというこの事態に、大河原町議会は一体何を考えているのかという議会に対する厳しい批判と不信がわき起こりました。
 こうした議会に、住民投票条例提案に署名した3,010名の町民の思いというのは、道の駅の設置の是非についての最終判断は、住民の意思に基づいて決める住民投票しかないと判断したものと考えます。このことは的確な判断であり、まさに正論です。町民の意思を最も根本から問う住民投票で決めるしかありません。住民投票条例は制定する必要はないという町長の態度は言語道断であり、町民の大きな今怒りとなっています。住民投票による直接の民主主義こそ、何よりも町民の意思を正しく反映するものであり、大道です。
 結びに、昨年の大震災から1年と5カ月たちましたが、今、行政が取り組む課題は、大震災から被災者を守ること、福島原発の放射能汚染から住民をいかに守るか、TPP問題、それから安心・安全のさらなる強化等々、山積みしています。一方、町民の生活はかつてなく厳しい現実に置かれております。だからこそ、道の駅に莫大な投資をする箱物行政を進めるのではなく、暮らし応援、町民の利益を大事にし、福祉を優先するまちづくりを、町民参加を大事にして進めていくべきではないでしょうか。住民自治、すなわち町民の意思に基づく町民が主人公のまちづくり、民意が正しく届くまちづくりの実践を町長に強く求め、議員各位のご賛同を心からお願いして討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) 10番佐々木守伸です。
 私は、議案第45号大河原町に道の駅を設置することの是非について町民の意思を問う住民投票条例について賛成の立場から、賛成の立場から討論いたします。
 地方公共団体における直接民主制の一方式として、憲法及び地方自治法によって認められた制度であります。憲法前文には、「日本国民は正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」として代表民主制を宣言しておりますが、憲法第39条では、「地方公共団体においても原則的にこの制度によって住民自治の要請に応ずること」としており、住民は議会の議員や長の選挙を通して間接に地方行政に参加しています。
 しかしながら、代表民主制による地方行政の運営が住民の意思に反して独断に陥った場合、今回のように5,275票ですか、5人の道の駅の反対と、ことし6月の16人による設置の賛成というように、非常に偏った議会そのものの独断に陥った場合、あるいは非常に重要な事項について、それが現在または将来の住民に直接重大な利害関係を有することになる場合には、住民に直接その意思を表明する機会を与えることが民主主義の原則にかなうであろうという見地から、住民投票が選ばれ運用されているわけであります。
 もともと第五次長期総合計画では、平成23年から平成33年の3月までの10年間の計画ですが、道の駅構想は一字一句も存在しておりません。ですから、10年間は道の駅というのは、10年間の長期総合計画にはない、そういうことでございます。今後、このことで町長当局っていうか、町長はその方針に沿って遵守していくべきだと思っております。
 特に今回の場合は、憲法と地方自治法で住民投票が認められている。それに3,000票てか、3,000人の署名をつけて請願されてるということから言うと、町長は憲法を守り地方自治法を守り、この投票を実現するように努力すべきであると思っております。
 そういうわけで、私はこの議案第45号の住民投票条例については賛成ということで討論いたします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 1番岡崎 隆です。
 本議案に賛成の立場で討論させていただきます。
 まず、冒頭の永窪氏の陳述にもあったとおり、財政のシミュレーションがなされないまま「やらないよ」と言ってることを、これは事実上推し進めて、「実態のない」、そういう詭弁を言いながら意見書を添えられ、私ども議会はそれをしっかり、町長が進む道が違うのであればノー、そのような良識のある議会の第一歩をこれからの採決で決まると思います。
 どうぞ、前回、ご意見の変わった2名の議員さんも、あしたから私たちと良識ある議会の第一歩を歩むべく、今回私どもにご賛同いただきたいと思います。それ以前に道の駅に賛成だった議員の皆様も、議員の数だけお考えがあるのも十分わかりますが、事ここに至っては本当に良識がどこにあるのか、いま一度お考えになって、私どもに賛同願いたいと思います。
 以上で賛成討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) 議案第45号に賛成の立場で討論させていただきたいと思います。
 町長の意見書の中にもいろいろ記載をされてるわけでございますけども、この「道の駅整備の撤回を求める請願」が22年3月議会において5,275名の署名のもとに採択されたわけです。その後、わずか16名の人による「国道4号金ケ瀬に道の駅設置に関する請願」が同じ議会で同じメンバーの中で採択されたと。このことによって議会は非常に混乱をしたわけでございますけども、結果的にその町民の皆さんにおいては、町執行部に対し、またさらには我々議会に対して大きな不信感を抱いたものと私は思っております。
 そういった中で、町長は先ほどの質疑の中で、町民の皆様を相手に結論を出した、町民の民意を大切にしたいというふうな答弁もございました。しかし、一方では、建設予定地とされる道の駅の付近の道路は高度化、非常に立派な道路ができ、さらには、そこにつくられた信号機も非常に立派な信号機がついているのが事実であります。このことは、もちろん4号線に伴う道の駅の、4号線に伴うその出入りの関係の中での一部はあるかと思いますけども、それにしても何か既成事実をつくっているような気がしてなりません。そういったその状況を多分町民の皆様が町に対して、さらには議会に対してどうすることができないという形の中で、最終的には地方自治法第74条にのっとって直接の請求をしたものと私は思っております。
 わずか1カ月で3,010名の署名が集まったわけでございます。町長は22年1月の広報に、地域主権、そして住民主体のまちづくりというふうなことで記載をしております。住民の皆様、今後の町政運営をしていく上で、住民主体に基づくものが非常に大切だというふうに言われているわけでございます。それからいたしますと5,725名の署名、さらには今回の3,010名の署名を私は大切にすべきではないだろうか。そのことによって、堂々と道の駅を設置することの是非についての住民投票を私はやって、結論を、町民の意思をしっかりと私は受けとめるべきだと思います。
 よって、私は議案第45号を賛成の立場で討論といたしますので、どうか議員の皆さん、これ以上町民から飽きられるような議会でないようにしたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで討論を終わります。
 これから、議案第45号を採決します。
 この際、申し上げます。この表決は起立によって行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立少数です。よって、議案第45号は否決されました。
 これで、本日の日程は全部終了しました。
 議長より念のため申しあげます。あす8月30日から9月4日までの間は休会となっておりますので、ご承知願います。
 本日はこれをもって散会いたします。
 ご苦労さんでございました。
     午後1時21分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
  平成24年8月29日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------