議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成29年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2017年3月9日(木):平成29年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
  これから本日の会議を開きます。
  安藤征夫君より遅参の届けがありましたので、報告いたします。
  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
  会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、須藤 慎君、大沼忠弘君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     行政報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長から行政報告の申し出がありました。
  これを許します。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。それでは、行政報告させていただきます。
  火災が発生しておりますのでご報告申し上げます。
  昨日3月8日午後5時10分ごろ大河原町大谷字町向192番地メンバーズタウン I101号室において、建物外壁4.89平方メートルを部分焼する火災が発生しております。
  同日午後6時16分に鎮火いたしました。
  なお、出火原因につきましては、現在、警察と消防にて調査中でございます。
  この火災に際しまして、消防署より指揮車1台、ポンプ車2台、署員10名、消防団からポンプ車1台、積載車4台、団員24名が出動しております。
  なお、放火のおそれもありますことから、消防団において当分の間パトロールを強化していくことといたしております。
  以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
  これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き一般質問を行います。
 初めに、昨日の須藤議員の一般質問答弁の中に、発言について教育長より訂正の申し出がありましたので、これを許可します。教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 昨日、須藤 慎議員の学校給食センターについての一般質問の中で私が発言を求め、「給食センターの中でねじの紛失があったが必死で探して見つけました」との説明を行いました。しかし、正しくは「調理作業中にねじ、いわゆるナットとワッシャーが近くの床に落ちているのを発見し、その落ちた箇所を探した」ということでございます。その結果、調味料を運搬するワゴンの天板の裏側で脚部をとめるボルトのナットとワッシャーが緩んで落下したものであるということを確認したというものであります。これを訂正してご報告させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) それでは、本日の一般質問を行います。
 岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 5番岡崎 隆です。議長の許しが出たので、大綱1点について一般質問をいたします。
 再度公約の一端を問う。
 昨年の12月の議会一般質問では、持ち時間の都合で一部の公約に対してただすことができなかったので以下質問いたします。
 (1)命を守る、暮らしを守る施策の中で一部治水事業にしか触れられておりませんでした。見出しには、「災害に強い安全なまちづくりの推進」とあるにもかかわらず危機管理、防災、減災は明記されておりませんでした。我が町は現在、コミュニティーも崩れかけた問題のある行政区もあり、今後自助、共助についても課題はあると考えます。先進自治体では、各行政区に防災士を配置するための取り組みも既に行われております。我が町は今後どのような取り組みを考えるのか伺います。
 (2)絵本の部屋について、具体的に今どのように進んでいるのか。先日、総務文教常任委員会において廃止後の機能分散された3施設の実態調査をしたところ、意外にも課長の説明ではまた元の場所で家賃交渉、工事時期についてもかなり煮詰まっているような説明を受けました。行政執行に係る重要な事項については、早い段階での議会の報告・情報を提供すべきであると考えるので伺います。
 (3)子ども・子育て支援について、ゼロから2歳児の待機児童の解消について具体的にどのような取り組みをするのか伺います。その他どのような支援を取り組みするのかもあわせてお伺いします。
 以上、答弁によっては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、災害に強い安全なまちづくりの推進についてのご質問でございます。
 まず、災害対策につきましては、大雨等の水害に限るものではなく、地震災害や被害を最小限にとどめる減災対策、避難弱者と捉えられる要配慮者への対策等についても取り組みが必要であると認識しているところでございます。このような中で、本町の地域における防災・減災への取り組みといたしましては、宮城県と連携しながら宮城県防災指導員養成講習会を開催し、各地域の自主防災組織におけるリーダーの育成に努めているところでございます。また、自主防災組織における防災資機材の整備や防災訓練の実施に対し補助金の交付も行っているところでございます。先進事例としてご紹介いただいた防災士につきましては、家庭・職場・地域のさまざまな場で多様な活躍が期待されていると認識しており、今後においては地域の防災活動を担う自主防災組織や消防団員等に対し認定研修の受講を呼びかけてまいりたいと考えております。
 次に、絵本の部屋の具体的な進行状況についてのご質問でございます。
 絵本の部屋につきましては、平成28年12月の議会一般質問でも回答いたしましたとおり、図書館機能の充実を図り、学習スペースを考慮した絵本の部屋を早期に復活させたいと回答しているものでございます。平成29年1月24日開催されました総務文教常任委員会の状況を生涯学習課長から報告を受けております。その結果、委員から絵本の部屋の現在の進行状況についてご質問があったことに対し、課長は、現在、想定される場所での交渉中であること、また、工事期間についても検討中であること、あわせて詳細については全員協議会で説明を行うこととするとの報告がございました。しかし、この件につきましては、いまだ行政執行は行っていない協議中のことでありますので、この時点での概要についてのご説明をさせていただいたものでございます。ご理解を賜りたいと存じます。
 次に、待機児童解消への取り組み、その他の支援と取り組みについてでございますが、保育士不足を少しでも解消できるよう有効な解決策について各保育施設の皆さんからご意見をいただきながら検討を進めたいと考えております。また、その他の子育て支援に関する新しい取り組みといたしましては、29年度からファミリーサポートセンター事業を開始し、子育ての相互援助活動を進めるほか、世代交流いきいきプラザに保育士職を配置し、子育て支援センターや放課後児童クラブなどの一体的な運営を目指してまいる所存でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 今、答弁いただきました(3)については、きのうも幾多の議員から質問がありましたので再質問はいたしません。
 あと、(2)についてですけども、一歩先行くまちづくりということでいろんな施策を今から進めていく中で、例えば絵本の部屋はないよりあったほうがいいんだけども、総合的な図書館とかを考えてほしいという案を私前回の一般質問等々でも述べさせていただいているんですが、選挙のときに公約として自分が掲げたから必ずそのことをつくることが正しいというのではなくて、しっかりとこの町の将来を見据えて財政を考えたときに、私はあの場所に絵本の部屋をつくるということは拙速であり、今の中央公民館や今の給食センターの話もありましたけども、起債及び単独の財源でできても、いずれ起債を起こすような大きな事業が迫っているわけですから、800万円およそかかるという話で12年間やれば1億円のお金がかかるわけなんですよ、そういう意味で幾ら公約とはいえ、選挙に有利な状況に自分が向くからといってそういう施設をやるとかっていうのは今後私は好ましくないという意見を町長に述べたんですけども、答弁も変わらないと思いますがあえてその点について町長答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 公約の件につきましては、昨日の須藤 慎議員の質問にもお答えさせていただいたところでございますが、私の掲げました公約は、町民の皆さんとの対話あるいは地元企業の方々との意見交換の結果、積み上げてつくり上げたものでございまして、絵本の部屋の復活につきましては大変大きなご要望の一つとして挙げられたというふうに受けとめているところでございます。署名活動までなされ、なおかつ議会は9対4という圧倒的多数でその請願を可決したという大変重い事実もございます。そういったことに対する私の理解とあわせて、私のかつての在任期間中に絵本の部屋が果たしてきたボランティア意識の高揚や優しい町民意識、そういったものに対する受けとめ、費用対効果だけでは語れない大切なものがそこに込められているという思いもあわせてですね、ご説明させていただいたところでございました。特段のご理解を願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) (1)について深く質問したいもんですから、冒頭(2)からの質問をしたんですけども、町長、例えば絵本の部屋を廃止した前町長と今からそれをなくそうと、復活させるために一生懸命努力なされた町民の方もいると思う、署名活動とかもした方、そうすれば当然現町長ではないほうの支持に回るわけなので、例えば私の耳に絵本の部屋の復活が大きく聞こえたというのは、それは町民の声ではなくて自分を支持する人間の声だということと錯覚してほしくないんですね。大方の町民は本当に平等に町民の声を聞いたということと、私に多くの声が寄せられたということは本当の町民の声なのか、果たして偏った支持者の声なのかということが非常に今後重要になってきますが、再度そこだけ1点確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 町民の皆さんからいただいたご意見と町長選にかかわる投票行動を一緒にしてしまうことにつきましては、いかがなものかという認識を持つところでございます。岡崎議員も長く議員をされている状況があるわけですので、私の主張につきましてもですね、決してそういった支持・不支持にかかわる問題ではなくて、町民の皆さんの求めを政策につなげて実行していく、そういう観点でのものでございますので、これもあわせてご理解賜りますようにお願いを申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この点については、今後、全協等々でお話し合いをしていくことにしましょう。
 では、(1)の再質問に入ります。
 施政方針では、新たな災害対応の取り組みはちょっと読み取ることができなかったんですけども、これまでの対応で当分はよいと考えているのか、また、総合防災訓練と自主防災組織の積極的な支援、また、自分の命は自分で守る自助、町民の防災意識の高揚を図るとは具体的に何なんですかね。また、町が今取り組んでいる宮城県防災指導員養成講習会を開催し自主防災組織におけるリーダーの育成に努めている。実際、何名ぐらいもうこのリーダーさんが誕生しているんですかね、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まずですね、その宮城県の防災指導員養成講座でございますけれども、26、27年度部分のお話をさせていただきたいと思います。これはですね、蔵王町と共同で大河原町の大会議室で開催した経過がございます。26年度は、両町で36名、大河原町の方は12名、それから27年度につきましては、同じく蔵王町と共同で35名、大河原町の方が17名というような形になってございます。昨年度は、ちょっといろいろ選挙等もございまして開催することができませんでしたけれども、29年度も引き続きですね、この宮城県の主催する指導員講座をですね、開催したいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 課長は受けたことないと思うんですけどね、中身についてどんなことを学ぶのでしょうか。もしわかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 私、実際に講習を受けたことはございませんけれども、26年度にご挨拶をさせていただいた経緯がございます。県のほうもですね、ちょっと業者の名前は忘れましたけれども、ほかの業者にNTTという何かついた業者だと思いますけれども、そこに委託をしてその方が市町村の講習会を担当しているかと思います。一日かけてですね、ワークショップみたいな形でやっている状況は目にしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 一日間の開催で、それもまた後で養成講座の教本等々あれば見せていただきたいと思いますので、何回も質問しますが、我が町を襲う自然災害というのは課長主にどんな自然災害だと考えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 本町で一番そのリスクを感じなければならないのは、やはり水害だというふうには思っております。これまでもその台風、あるいは大雪というふうな形はありましたけれども、やはり本町を流れる白石川の氾濫といいますか、そういったリスクを一番先に考えなければならないのかなというふうには考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ここ2年、特に耳になれないような気象用語等々聞きます。私もここ2年、大きな大雨そして台風の被害というのを目にしてきたわけですが、例えば2015年、16年連続してちょっと大きな災害ありましたけども、課長記憶にあればご紹介ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 平成27年、28年ですかね。これにつきましては、もう既に議会の中でも行政報告というような形の中で対応させていただいております。27年につきましてはですね、白石川が氾濫、危険水位でしたかね、そんな形にもなった記憶がございました。大雨特別警報ですかね、そういった情報も発信されまして、大河原町につきましてもですね、なかなかその発信するような状況はなかったんですけれども夜中の3時過ぎでしたかね、住民の方にそういった情報が出ているんだけれども白石川の水位は下がってますよという、少し安心のような状況の中で対応させていただきました。この台風の教訓といたしまして、やはりその情報の発信の際にですね、タイムリーなところを感じたところでございます。そんなことから、昨年、台風7、9、10ですかね、三つの台風が短い期間で襲いました。台風10号が比較的大規模だということでですね、町としましても前日から自主避難所の確保でありますとか、そういった対応をしてきたところでございます。この台風10号につきましては、避難準備情報、これをですね、早目に発信させていただきました。ただし、それは自主避難所のところにというような形でございましたけれども、情報の発信の難しさとですね、適切な部分での対応を痛切に感じたところでございまして、今後につきましてもですね、空振りでも発信というような指導もございますので、そういった対応が必要であるというふうには考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 例えば、じゃあ今空振りでも出せばよかったというタイミングは、例えばどのタイミングだったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 昨年、28年度ですね、台風10号につきましては、大河原町は比較的遅い段階で避難準備情報を発信したというふうに記憶があります。ほかの町はですね、非常に何回にもわたって発信した状況がございました。私のほうでも避難となればですね、今度は避難所の運営までやはり確保しなければならないというふうに状況があるかと思います。自主避難所の開設等ともに職員2名等々を張りつけたような記録はございましたけれども、それで済まないような状況もあるかと思います。今後、避難運営のマニュアルも素案はあるんですけれども、少し煮詰めながらですね、避難所の対応にあわせて、その準備情報の発信に努めていきたいというふうには考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 本当に私も時系列を追う中で、他の町村は結構出しているのに大河原さんがちょっと少ないなと。もうちょっとここを取り組んでほしいという中で質問しているわけですけども、特にその時系列の中で二つの大きな去年、おととしのその検証というのを防災の担当で実際にやってきたわけですから、危険な目に遭いましたよね、そういうところで検証というものは町としてされているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 例えば、職員が集まってですね、検証ということの具体的なものはございませんけれども、先ほども申しました例えば27年の台風の状況を検証いたしまして、昨年度台風10号につきましては前日から自主避難所の開設であるとかですね、そういった準備をさせていただいているところでございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 本当に大きな災害がもう身近なところをかすった状態で行っている状態なので、要は対応は私は先手先手ではなく、ちょっと後手に回っている感が多いのでこの質問をしているんですけれども、避難所開設しても人間というのは正常性バイアスというのが、これご存じですか、わかんないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ちょっと把握しておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 別名、正常化の偏見、楽観的バイアスとも言われるんですけども、人間というのは生まれもって、今は大丈夫だ、ここは大丈夫、今回は大丈夫って思いたがる生き物だそうです。自分にとって悪い情報を過小評価するということが先天的にある生き物だということなんですね。例えば、消防団で私が出てて、川の水があふれてきて、ちょっとお父さん動き悪いからちょっとあったかくしておいて外さ出るような準備しててお母さんって、例えば電話入れても、大丈夫だからってうちのお母さん言うんですね。本当に身に迫る危険を目で見て知らせても、そういうことで正常性バイアスっていうのが働くので避難所開設してもどうしたら避難してもらえるか、そこも考えていただきたいんです。例えば、タイムラインというのは聞いたことありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) タイムラインにつきましては、たしかアメリカのハリケーンとかああいうとこから多分生まれたというふうに思っておりまして、基本的にその情報の発信からその災害を受けるまでに避難ができるようなことだというふうには理解しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そうなんです。例えば、防犯とか防火というのは細心の注意払えばゼロにできるんですね。防災、自然を相手にしたら人間は努力をもって被害を少なくすることだけしかできません。だから、減災・防災ということを認識していただきたいと考えますが、今おっしゃられたようにタイムラインは世界的に注目浴びたのは、アメリカに2012年の10月29日にニュージャージー州に上陸したハリケーンサンディ、死者132名、数十万人の避難指示、結局被災地全体で4兆円の損失がもたらされましたが、上陸120時間前から準備体制に入って、上陸が見込まれるゼロ分前まで避難の準備、市道交通機関の停止等完全に終わらせ、ニュージャージー州のタイムラインに沿って36時間前に避難勧告、12時間前には緊急避難を呼びかけ、2メートル以上の高潮が襲ったんですけども、4,000世帯が全半壊状態になった地域でも死傷者はゼロだったということで評価を得たことです。いつ、何が、何を、誰がするということを明確に示し、進路が予想される台風等の対応に用いられるんですが、我が国は先ほど何かたたき台、このようなもののたたき台ができているような答弁、課長おっしゃっていたと思うんですけども、そのタイムラインのような事前の避難準備行動以外の計画書なんですかね。何か先ほどちょっとそういうマニュアルもたたき台できているというふうにおっしゃっていたんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほどマニュアルと申し上げましたのは、避難所収容の運営マニュアルということで、長期的な場合とかですね、そういった場合の対応というような形のマニュアルということでお話を申し上げたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) じゃあ、例えば先ほど言った宮城県防災指導員養成講座講習会を受講した方というのは、いざ震災とかそういうとき起きたときに何をしてくれるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 講習を受ける方につきましては、自主的に申し込まれる方。それから、私のほうでもですね、自主防災組織に呼びかけをいたしまして、区長さんであったりですね、そういった方に参加してもらっている経緯はございます。つまり、その自主防災組織の委員の方がですね、こういったリーダー研修な形に参加している状況もございますので、そういった有事の際に自主防災組織の中で、少なくとも減災につながるような対応をしていただける人材には育っているのかなというふうには思っております。具体的にはちょっと私のほうでも確認はしておりませんけれども、そういった方が受講されております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 一人でも多くの町民が助けられる人から助ける人になってほしいというのは非常にいいことだと思いますが、我が町で大雨のときとか災害対応でよく庁舎の2階に私もカッパ来て顔を出すんですけども、課長と副町長ら消防団幹部とテレビ等との情報とにらめっこしてですね、パトロールの情報を吸い上げて対応しているような情報なんですけども、あれではちょっと知恵袋が私小さいような気もするんですね。アンテナが低いんじゃないのかなというふうに痛切に感じてるので、その今言った講習会を受けた方が地域のリーダーになれるかどうかは今後の努力次第だと思うんですけども、我が国では平成14年に防災士制度というのが生まれ、さっき言ったように助けられる人から助ける人へということで、阪神大震災の教訓と伝承を民間の力の結集による地域防災力強化というものを目指してですね、現在全国で11万人防災士が誕生しております。民間の資格ではあるんですけども、社会はその必要性を今あり余るほどもう認めている状況になっております。答弁書のほうには、さまざまな団体と書かれてありましたけども、特に郵便局さん、局長さんなんかは必ず受けているのかなというふうに考えていますけども、我が町でも既に消防関係の方たち、あと社内防災士ということで配置しているとこもあるようですが、我が町に限っては民間でね、活躍される方は数えるほどだと思うんですけども、私はこの県の講座を受けることも大切ですけども、防災士というものを町で養成していくことも大切と考えるんですけども、この点町長いかが考えますかね。予算もかかることなので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいまの総務課長と議員のやりとりの中でですね、しっかり自覚して対応しなければならないことがたくさんあるというふうに受けとめたところでございます。また、情報につきましても日々改善されている状況というのが実はございまして、先般、気象庁がその情報の伝達にかかわる、あるいはその受け渡しを誰と誰がやるのかという具体的な対応についても新しい取り組みのご紹介を来庁いただいてですね、していただいたところでございました。そういったさまざまな新たな取り組みも含めてですね、またその中で議員ご指摘の防災士にかかわる対応も検討してまいる必須項目にしたいというふうに思ったところでございますので、ぜひ今後ともご指導をよろしくお願いを申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 東北でも宮古市が先駆けなのかな、いて、県内では石巻市とお隣角田市、全国で308の自治体がこの防災士ということで養成をもう補助を行って防災士を養成しています。角田市では平成26年から28年の3年間で156名の防災士を誕生させました。一行政区一防災士を合言葉に東北福祉大と災害支援協定を生かして市役所の庁舎内を会場に講習、研修が実施されました。大体、普通に受けると6万円かかるんですけども、角田市の場合はそういったいろいろなもろもろの強みから4万円程度で資格取得まで費用を抑えられたということでありますが、本当にその講師の皆さんもすばらしい講義をしてくれてですね、そこの地形、そこの町の強み弱みとかをしっかりと指摘していただいて、町にかかわる防災・減災についてしっかり学ぶ機会になる資格取得なんですね。A4の350ページ程度の添削を約1カ月間やります。講習当日に持っていって約2日間講習を受けて、最後に防災士資格試験というものを受けて、さらに最後にそれを防災士機構のほうに申請登録して防災士というものが誕生するんですけども、角田市は行政区長さん93行政区あるそうです。全ての行政区長さんにお願いしたんですけども、なかなか年齢の高齢化やいろいろなその煩雑さで全ての行政区には置けなかったんですけども、既にもうそのような取り組みが行われているということを町長はどう考えますか。すぐお隣なんですけども、そういう危機感を持ってもう対応している自治体が隣にあるんですけどもどうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 身近なところに手本があるというご紹介でございますので、直接角田市に学べるようにですね、対応してまいりたいというふうに考えるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) あと、問題点はさっき言った高齢化とですね、一部行政区も角田においてはやはり住宅地が大きく広がってですね、やはり今の区割りということの中でその防災士を置いても顔の見えないそのような地域も出てきているので、そのようなところでも大変苦慮して防災士をなっていただく方の人選にはかなり時間がかかったというふうにお聞きしましたけども、一部行政区ではこの冒頭にも言いましたけれどもコミュニティーがもう崩れたとは言わないんですけども、広くなり過ぎて区割りというのも私もこれから大きな課題の一つと考えますけども、抜本的に防災を見直したときに私は大河原町はこの行政区の区割りの改変というのも当然セットで考えなくちゃならないと痛切に感じたところであります。消防団員の若手、PTA育成会等若手の人材へのこの防災士養成のアプローチというものが今後我が町の防災力の強化、防災・減災につながることが私は間違いないと思うんですけども、課長どうですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、その行政区の再編といいますか、以前にも岡崎議員のほうからはですね、見直しというような意見もあったというふうに記憶してございます。確かに、600の世帯あるいは500世帯というような多い世帯を持っている行政区もございますし、それからバイパスを越えてですね、同じような行政区になっているという状況もあるかと思います。区長さんにとっても大変ですし、班長さんにとってもですね、なかなかその大変なんていう話も区長さんのほうからはお伺いしているとこでございます。以前にも見直しというような話はあったと思いますけれども、いずれかの時点でですね、そういったことも考えなければならないのかなというふうに思っております。そういった中で、いろいろな方がですね、こういった災害に対する危機管理を持っていただくようなことにつながって、みずからですね、災害時のリーダー役になるような研修を受けていただければというふうに思っております。それから、この県の防災養成講座でございますけれども、学校の先生もですね、みずから学校単位で募集している状況もございます。そういった形の中で学校、それから地域もこの減災というような取り組みを今後もする必要があるかというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 地域の防災力を上げようと頑張っても、やっぱり機能しにくい地域性とか区割りがあれば、やっぱそれは問題となりますので、西日本特に大きな災害に襲われる危険性の高い地域はきっちり川とか大きな道路で行政区は分かれてます。町では白石川と、白石川は自動的にもう行政区割りの対象になっていますから川をまたいだ行政区はないんですけども、国道4号であるということが障害になっているというのは今の答弁からすると認識があるということですか。答弁の中ででも、いずれとか検討とかっていっつもなんですよね。もう20年、30年遅いんですよ。もうバイパスできたころから考えてほしいなというのもあるんですけども、そういう認識はちゃんとあるんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど申しましたけれども、区長さんのほうからもですね、いろいろな意見をいただいておりますし、いずれということはなかなかそのはっきりした期間は申し上げられませんけれども、やはり地域住民のいろいろな安全・安心の確保のためにも再編というようなことも考える必要はあるかというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 地下道何本かバイパスの下くぐってますけれども、9行政区ぐらいは国道またいであるのかな、金ケ瀬もこまいところ入れればあるかと思うんですけども、特に桜3区、新田町、本1、本2、中町、上町2区、上町1区ということで、丑越区、金ケ瀬6区だと数件、金ケ瀬と今言ったとこなんですけども、平屋にお住まいの方、避難要配慮者等が垂直避難ができないという状況に置かれるケースも出てくるんですね。そういうふうな認識というのはございますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 平成26年度から新たな地域防災計画を策定いたしました。それにつきましては、指定避難所が10カ所だったんですね。今回の計画の見直しにおきまして、新たに5カ所から6カ所つけ加えまして指定避難所を16カ所、それから緊急避難場所、これにつきましても災害対策基本法で定めなければならないという状況がありました。これをですね、指定避難所も含めて50カ所を新たに設定させていただきました。つまり、身近なところで一時避難を確保するようなことで町としても考えさせていただいているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 一時避難所とかって公園じゃないんですか。そこ安全ですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的にそのいろいろな災害があるかと思いますけれども、地震の場合であったらですね、やはり何もないというところの中で公園というのは一つ有効な部分ではないかというふうには思っておりますし、一つにその1カ所に集まることで我々職員もですね、確認しやすい状況もあるのかなというふうには思っているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 要は、2年前には線状降水帯というのが繰り返し繰り返し発生して、今まで大河原にとって通り過ぎる雲の被害だったんです、台風とかのね。それが南風がどんどん湿った空気と入ってきて何回も何回も集中豪雨をもたらすような雨が入ってくるようなことが現実にもう起きていますよね。そん中で、公園とかに人を集めるとか、例えば集会所に行くとかっていっても2階建ての集会所とかないですから、例えば、堀江議員も以前に荒川水系の点で堤防のことでも質問されているので、例えば、小島とか桜3区の方とかにですね、フォルテとか消防署とかに垂直避難をするような事前の申し合わせとか、新東、新南の方はそのマンションなり2階建ての例えばブックオフとかそういうところに、地下道はもう冠水しているわけですから、事前に避難をするような申し合わせとか、新南地区はカラオケ屋さんとか、例えば広表地区だったらグリーンホテルさんと事前に申し合わせをするとか、そのような転ばぬ先の杖をもうきちっと考えていただかないと時既に遅いって私言っているんですけども、そのような対応は考えていただけませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ゲリラ豪雨とかですね、そういった状況で町内に冠水が見られて、それが自分の家まで浸水ということになる可能性はあるかと思います。具体的にそういった施設にですね、直接お願いは今まだしておりませんけれども、先ほどタイムラインという話がありました。基本的に行政ばかりではなくて、周りのいろいろな関係機関もですね、ご協力いただかないと減災につながらないというふうに思っております。そういった状況を踏まえましてですね、できる限りのことをですね、お願いレベルになるかもしれませんけれども今後検討をしてまいりたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 事前に申し合わせしておけばいいじゃないですか。そこの施設の人がわかっていれば、ああ雨降ったから逃げてきたんだなってそういうことを言うのは簡単だと思うんです、電話1本でもできると思いますし、足を運んでお願いをするのも、これも防災・減災の一つなんです、命を守ることなんですから真剣にその辺は素早い取り組みを期待したいんですけども、例えばですね、行政区についても具体的に言えば、この8年間私もずっと言ってきたんですけども、なかなか進展していないのが現状なんですけども、例えば、バイパスをまたいだ行政区となっている桜3区、新田町、本1、本2、中町、上町、特に上町地区は先ほども言ったように広大な広表地域が追加されているんですけども、一例ですけども、幸、中島とか同じ行政区の中で集会所使っているとことかは合区をするとか、空き家とかも目立っている字町地区、この辺の商店街近くですかね、本町とか商店街とか上町にかけても住んでる人もそんなにふえてないですし、減ってく一方な部分もありますから、その辺を町長ドラスティックにね、やっぱり見直していって、バイパスの向こうはバイパスの向こうでさらに新たな行政区割りというのを本格的に検討してもらいたいんですけども、こういう位置、私思っているんですけれどもこのバイパス境に、こっち側で合区するとこは合区していいんですよ。例えばふえてくるところはもっと細分化して行政区にすればいい。43にこだわらなくても、ふえても減ってもいいんですけど、顔が見えるそういう区割りというのは必要なんですけども、再度しつこいようなんですけども町長どう思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 行政区がバイパスによって二つになっている状況の中で、防災・減災を考えればもっと実質的に人の命を守るということにつながるような対応をすべきだという議員のご指摘につきましては、十分理解したところでございます。しかし、行政区のあり方を考えるということになりますと、当然区長の皆さん方のご意見あるいはその主体的な議論の場、あるいはその区民の皆さんとの意見交換等々、やはりさまざまな段取りが必要なってくるというふうに私自身は考えているものでございまして、残念ながら今この防災・減災の観点から全て行政区の割り方を変えてしまうということは困難なことになるのではないかなというふうに思うところでございます。行政区がバイパスで分かれているようなそういった区につきましては、多分これまでもさまざまな議論はされてきているのだというふうにも思います。私としてもそういった情報あるいは意向、ご意見を改めて聞かせていただきながら、また役場としては何を視点に行政区割りを決めていくのかということも含めてですね、真剣な議論をさせていただく、大変申しわけありませんがこれからそういった段取りを進めていければというふうに受けとめたところでございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 特にね、PTAとかのお母さんたちなんですけども、私は区はわかるんだけど何班でしたっけってわかんないお母さんたちはかなりいますよ。そんなに若くないというか30、40代ぐらいでもそういうとこ等の認識がない方もいますし、そういった意味では希薄になっている部分が大変今後の自助・共助を高めていく中で私は懸念しているんです。防災士の取り組みもそうなんですけども、公助って大変莫大なお金かかるんですね。例えば町長、津波被害をゼロにしようとして青森から福島まで20メートルの防潮堤建設したら物すごいお金かかりますよね。ただ、私は公助の一端として、その防災士の配置というのは自助・共助を極めて高め、例えば100名養成するのに600万だとして、各行政区に2名こういう方がいるということは大変強みになると考えるんですね。その災害サイクルから言うと、私は今大変重要な準備の期間にあると思うんです。災害が来たときにはまず初動をして避難、それから復興をして大切な準備の期間ってあるんですけども、まさに今その準備の大切な期間を無駄に過ごしているというのは非常にもったいないんですよ。そういった意味で課長、一昨年の線状降水帯からなりますけれども、数カ月前に38度8分東経142度0分、965ヘクトパスカル、最大瞬間風速が35メートル、北西220キロ南東110キロの広範囲の暴風域を伴う台風が岩手に実際上陸してますよね。20人の死者が出てるんです。避難準備情報が出ていたんですけども、岩手のある施設は9名のとうとい命が奪われたんですけども、避難準備情報という言葉は最近消えています。これは避難の準備してくださいってみんな勘違いをしているわけ。その施設は実は高齢者は既に避難しなくちゃいけないということをわからなかった。なので、今は避難準備・高齢者等避難開始というほうに明記の方法変わっているんですけども、やはり一般の町民がそういうことを知らないので私は地域に防災のリーダーが必要だということを強く言ってるんですね。本当にそういうことで知識がないばかりに命を奪われた、そこでお勤めになっていた職員の方の心中本当にお察しするところなんですけれども、岩泉町だけでも危機的な状況でした。確かにその上陸する前ですか、24時間前台風進路を見ていた課長、いわきのほう大体行くなとか、もうちょっとしたら宮城県のほう向かってくるなというふうに危機を感じていましたよね。まさにあのときはまだ避難が間に合う時期で、確かに来てたら我が町もああいうことになってたという自覚はないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 28年度台風10号の件ですよね。確かにですね、非常にこの蛇行をしてですね、何か戻ったり上陸したりということで、ちょっと私のほうでも気象情報を確認していた経緯がございます。直接ということは実際ないのかなというふうには思っておりました。それがですね、岩手県に上陸して大変な被害をもたらしたということを後で知らされたということでございます。それにしましても、先ほど申しましたけれども、前年度の台風の評価といいますか対応を考慮いたしまして、台風10号につきましては前日からこんなことをしましょうねということで、警戒配備の職員がメーンだったんですけれども自主避難所の設置とかですね、そういった対応をさせていただいたところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 本当に天気だけはわかりませんよ。たまたまあの気圧配置だから、北に直前にこうぐっとそれただけで、まともに来てたら大河原もあんなような状況になっていたということは、だから私もこの質問の最初に検証をちゃんとやってくださいよ、ああいう豪雨が来たときどうなるか、例えば学校の先生も防災士の資格取っている方はたくさんいるって言いましたけれども、介護施設も必要だろうし、そのようなことでも命を守るための行政の、そんな防潮堤つくるんじゃなくてその数万円で取れる、そういう人間を育成することによって命を守れる後押しっていうのができるんですから、やはりこれはもう、すぐに動いてもらわないと私もこの質問をした意味がないんですけども、再度本当にたまたま来なかっただけで、あの危険範囲が長時間、台風ってあの進行方向の右側大変危険な半円で、ちょっと船とかは通れなくなるというふうになる危険領域なんですけども、その領域が既に来て1951年に気象庁が統計を取り始めて初めて東北の太平洋側に上陸した台風がもう数カ月前に来ているわけですから、繰り返し何度でも起こる可能性がありますので、いま一度町長自覚のほどをお願いしていいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 東日本大震災から6年たちますけれども、大震災が示してくれた教訓の中に公助の限界というのがやはりあったというふうに私自身は強く認識しているところでございます。そういった中で、共助あるいは自助ということについても、どうかみ合わせていくのかというのは極めて大切な議論だと思います。そういう観点で自主防災組織を含めた見直しですね、そういったものについては十分議員ご指摘のように進めていかなければならないというふうに感じたところでございます。また、台風も当然西側東側にその経路の中で位置するかで、被害状況はがらっと変わると。その進行状況を絶えず確認できるということは困難なわけでございますので、先ほど申し上げた気象庁の対応は少しこれまでと違う具体的な細かなものになって大変ありがたいというふうに受けとめましたけれども、そういったことがあるので避難情報あるいは避難にかかわるその段階的な町民への伝達につきましては、やはりもう一度どういう時点でどういう情報を出すのかということについて検証していく必要があるというふうにも考えたところでございます。命を守るという観点から、例えばそういったことを踏まえた上での行政区の見直しも、これは拒否をしているわけではございませんので、その他の要因あるいは実情、住民のご意見等も踏まえながらトータルで議論させていただければというふうに受けとめさせていただきました。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 何かやるのかやらないのかわからないような答弁に私は聞こえますね。きのうの上大谷の道路もそうなんですけども、ただ、私はですね、実際にはあの台風10号、ライオンロックですか、あれのときは実は避難させるタイミングを逃したと思います。あれはもう12時間前の時点で町民を逃がしておかなくちゃ私は絶対にいけなかったというふうに深く反省しています。たまたま進路がそれて胸をなでおろしたんですけども、直撃ということになれば私はあの時点で逃がしておかなければ、町民の方の避難をしておかなければならなかったんじゃないかなというふうに強く思うからきょう質問に、このような質問をやっているわけなんですけども、防災士の約束として次のようなものがあるんですね。疑わしいときは行動せよ、最悪の事態を想定して行動せよ、空振りは許されるが見逃しは許されない、このような災害プロアクティブの原則で行動するということになっているんですね。災害が迫ったらまず初動復興準備という形で動くんですけども、一昨日小中学生を対象に登校時の避難訓練、あれ地震を想定した避難訓練なんですかね。公園に集めたんですけども、実際に今いる位置から家に帰るのと公園で、公園に来るのが果たしていいのか。やっぱりその安全が守られているのか、やること自体私ももし家が近かったら、親が家にいるんだったら公園に無理して来ないで家に戻っていいんだよって、そしてけがしている人いたら周りの大人に声をかけて助けを呼ぶんだよというふうに添えてお家に帰しましたよ。そこで上町2区の区長さんがご挨拶で言っていたんですけども、自助・共助にプラスご近所というのが非常に大事だということ、2区の区長さんもそのときおっしゃっていたんですけども、子供たちあの訓練でどのような、教育長なのかな、大変すばらしいです、150人ぐらい役場の前に集まりましたけども、私、私的にちょっとわからないでただここに行けということで行ったんですけども、どのようなあれは趣旨で子供たちが何カ所の公園かに集まったようなんですけども、おとといの話です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 大河原中学校学区の小中学生が初めて地震を想定した防災訓練を行いました。正確な数は今申し上げられませんが、かなりの多くの一時避難場所に中学生を中心とした集団で避難をいたしました。第1回目ということではございましたが、地区行政区の区長さん初め地域の皆様方に大変親切なお世話をいただきまして、第1回目にしては大きな成果が得られたかなというふうに感じております。ただ、今後の課題といたしましては議員ご指摘のように、果たしてそこの場所がよかったのか、あるいは中学生が下学年に、小学生の世話をしっかり見ることができたのか、あるいは一人一人の名前の確認を確実にできたのか、そういったところにつきましてはまだまだ多くの課題があるものというふうに思いますが、しかしこのことによりまして地区の皆様そして児童生徒の防災意識は確実に向上したものと思っております。したがいまして、次年度以降もこの反省に基づいて実施してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そういう意向だったら、例えば大雨とかも想定した中の訓練であるとか、年に1回と言わず2回、3回と私はやったほうがいいと思うんですけどいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 確かに言われるとおりでございますが、各学校の事情等も考慮しながら検討してまいりたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 町長、防災士の話に戻ります。最後になりますけどね。多様な人材が活躍しているというのは先生、警察関係とか郵便局関係もあったんですけども、私被災地の熊本に2回ほど行きました。2回目行ったときにですね、若い男の子がいたんで専門的に消防の方たちとお手伝いしていたのでお話したら何と高校生でした。高校生も防災士になれんです。私直接防災士の資格取るときに防災士機構の方に聞いたら、年齢の上限・下限はないそうです。要は救命講習普通1、2を受ければ取れるんで、胸骨圧迫の5、6センチの胸骨圧迫をできて、多少期末テストぐらいの勉強ですかね、やれば取れるはずなので、ぜひこのような取り組みもやっているところあります。まず県によっては高校生、高知県は県ぐるみで高校生に防災士を取得させています。50名ずつ募集しているんですけども毎回200名ほど来て頭を抱えている状態というふうに聞きます。震災のとき中学生、高校生のマンパワーは大変私頼りになったものがありました。その意味でも防災士というところで我が町も中学生に防災士の資格を、まずこういうこともできるんだよということで学校教育の中に私は取り入れていただきたいなと思って今提言するんですけども、教育長はどのようなお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 現在、大河原町では普通救急救命講習修了証Iというものを取る講習を行っております。それは、金ケ瀬中学校2年生生徒全員を対象、そして大河原中学校におきましては防災委員会の生徒、20名から30名の生徒を中心にこの救急救命講習修了証Iを取るために講習を行っておりますが、なお、防災士等については今後検討させていただきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 本当に防災士になるための第一歩がこの救命講習なので、33講習  必修の2項目、33のうち31は講習でやるんですけど、その2項目は救命講習ということになっているので、これが最低条件ということなんですね。ということで、多様な人材がこの町で防災・減災に活躍していただけるということを行政区についてもしっかりと考えていただけるということを、いずれではなくてしっかりと頑張って取り組むということで、例えば行政区を分割するというのは力要ると思うんです。なぜかというと、今区で持っているお金をどうするかとか、いろんな意味でいろんな大変さも出てくると思うんですけども、ぜひもうその第一歩をやっていただいて防災力向上ということで、町長に最後にそのご決意のほどをいただいて終わりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 防災・減災の必要性を改めてしっかり考えていただくという上においても、議員の提案はこれから生かしていかなきゃいけないというふうに受けとめたところでございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。佐藤 巖君の発言を許します。佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 佐藤 巖です。通告をしておりました私は2項の一般質問をさせていただきます。
 まず最初に、東部地区の議員の一人として最近特に思っておりますけれども、けさも鷺沼地区のあの大河原衛生センター周辺を車で通って見に行きまして、やはり今は廃炉といいますか正式には4月1日からでしょうけれども、仙南クリーンセンターが稼働するんでしょうけれども今はあの大河原衛生センター、稼働もせずに立入禁止という鎖が張ってありました。その隣には、かつての汚泥が積まれておりましてシートがかかっておりまして、そしてその後ろにはかつて大河原のたった一つの老人憩いの家、あの憩いの家が解体もされずに危険な状態の中で建っております。非常に過疎化が進み、私は一つの東部地区の議員の一人として今この地方創生を叫ばれている中で、何とかこの地方創生の国の力も引き出しながら、あの辺の周辺整備がならないものか、こうつくづく感じている一人であります。あの道路を通ってみますと、9メーターの立派な道路なんですね。今はどこに行くための道路になっているのかと。横断歩道もつきまして、本来ですとあの周辺に、当時はねクリーンセンター、大河原衛生センターは大分危険なりなんなりの問題であの辺には住宅も恐らく張りつかなかったんではないかなと。しかし今は、そういうことはありませんし、あの辺のやっぱり土地整備は大いに考えなければいけないんではないかと、こうつくづく思う一人であります。町長もこのパンフレットには大河原生まれの大河原育ちという一つの中で、特に町長の地元ですからと、こうは言いませんけども、一つの齋町長も今度が3期目になります。そういう一つの中で、政治は、町政は、行政恩恵は大河原の全地区にあるはずであります。そういう中で、東部地区は非常に沈滞化するといいますか、人のにぎわいも、何も見るところが非常に少ないと、こういう中で一つのあれを考えてもらう。あるいはできないものか何かということについて、まず一つはですね、現状過疎化が進行する鷺沼地区。仙南地域広域行政事務組合は衛生センター建物の何かに利用するという計画はあるのかどうかと。また、解体をするという計画はあるのかどうか。旧老人憩いの家「さぎ沼荘」もいまだに解体されず非常に危険な状態にあります。解体し、東部地区発展のためにも土地利用を考えるべきと考えるが、町長の考え方をまず最初にお聞かせをいただきたいなと、こう思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、佐藤 巖議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、大河原衛生センターの利用に関するご質問でございます。
 大河原衛生センターは、(仮称)仙南クリーンセンターの試運転に伴い昨年11月をもって受け入れをとめ、平成29年1月で稼働も停止し、現在閉鎖されている状況でございます。今後の施設の利用計画及び解体につきまして、所有者である仙南地域広域行政事務組合に確認をいたしましたところ、現在利用及び解体の計画はないということでございます。また、仮に解体を行う場合は解体に係る負担金を利用していた大河原町と柴田町の2町で負担することとなり、非常に高額になると伺っているものでございます。
 次に、旧老人憩いの家「さぎ沼荘」の解体土地利用に関するご質問でございます。
 現在、さぎ沼荘を解体する予定はございません。町の倉庫として今後も活用していく予定でございます。管理につきましては、大河原衛生センター敷地入り口部分の門扉を施錠し、一般の方が立ち入らないよう安全に配慮しているところでございます。また、今後の利用計画につきましては、現状のままでの利用を当面考えているものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 今、町長のね答弁をいただきましたけれども、仙南広域でも今の大河原クリーンセンターの解体は確かに経費もかかりますし、大河原町と柴田町との負担ということで、それも私自身もわかっております。しかし、そういう中でやはりどういうふうにはならないのかと、というのは私町長はこのかつてのさぎ沼荘の町で倉庫として使っているんだから、今のところあそこをあのままぶん投げておくんだと、ぶん投げてではないでしょう。倉庫に使っているんでしょう。私はね、旧さぎ沼荘の裏のほうに荒れた、田んぼなりもつくれないような原野といいますか、あれもありますし、ああいうところを利用しながらですね、何とか開発をしながら、例えばグラウンドゴルフのとか、あるいは極端に言いますとそういう、あるいは一つのパターゴルフとかそういうものとかもあの辺につくってはどうだろうかなと、こう思っている一人なんですよ。そして、せっかくあの道路を、近辺をですね、やっぱり住宅が張りつくような、民家が張りつくような、そういう一つのあれをつくってやるべきではないかと思うんです。町長が一つの河川敷のあれの中で、須藤議員の質問に河川敷を整備する、人がにぎわいのある一つのあれにしたいと、私も大賛成です。しかし、東部地区の向こうのほうも、あの道路を、健康ロードとか幸せロードというか何かそういうようなあれの中で、民家の人たちも必然的に張りつく、本当はいい住宅地なんですよあの辺は。そういう中で、私はそういう一つの考えを、この地方創生が叫ばれる今ですね、そういうものをあれする中で国の助成なりつくようなそういうものを模索しながらね、つくっていくべきである。そして、東部地区にも、あの辺の地区にも行政の恩恵を受ける、与えるような行動を起こしてほしい。ところが、町長の答弁ではあそこの解体も、あの道路は役場の荷物を入れておく倉庫として使うんだと、そうは極端に言わないですけども実際はそう言っているのと同じなんですね。今のままの現状のままで、私はそういうものを考えるような一つのきっかけになる、そして町民の期待を担った齋町政であってほしい。こう願うんですけれども、町長の答弁は、いやそうじゃないんだと、答弁したとおりそういう気持ちはさらさらないと、こう言うんであればもう一度はっきり答弁を聞かせていただきたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 東部地区の住民の皆さんから具体的にですね、旧大河原衛生センター周辺の土地利用について具体的な要望を私自身聞かせていただいてはいない状況でございます。ただ、もちろんその将来検討すべき課題ということで、とりわけ佐藤 巖議員には、いずれ解体しなければならない施設でございますので、そういった活用はどうなのかというご指摘は何度か伺ったところでございました。東部地区の皆さんにとりましては、訓練校跡地の土地の取得からですね、屋内運動場そしてグラウンド、これは本当に使い勝手のいい状況に広げられてはいませんけれども、第二光の子幼稚園の整備とあわせてですね、進めたところでございまして、東部運動公園の奥にお不動さんがございますけれども、あの周辺の開発の可能性ということについては、これはまだまだ私の頭の中の話、あるいは一部住民の皆さんの要望がある程度の状況でございますけれども、検討するということのほうが現実的ではないのかなというふうに考えているところでございます。よって、先ほどのようにですね、新たな土地利用について具体的な考えは持っていないということに集約させて答弁したところでございました。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 町長はね、あそこよりもお不動さん周辺のあの、要するに第一光の子の移動した場所のあそこに運動場つくったんじゃないかと、野球、確かにあれも東部地区で私のまさに地元であります。私も当時賛成した予算なりの議員の一人であります。重々わかっております。ただ、いろいろあれしてみますと、いや失敗したなというのは、せっかくつくってもらって、あのグラウンドが野球には使えない。ソフトボールにも使えないと、そういう中でほとんどのにぎわいはないんですね。あのとき、なぜもう少し大きな、あの下まで外してもらってと、そう言わなかったのかなと。確かに今、後悔してる一人ですけれども、本当にせっかくつくっていただいて私も大賛成をして、ところがにぎわいがない。利用客が少ないと。片や反面ですね、第一光の子の幼稚園は非常に反対も議会であったんですね、あんなところに交通便が悪いとか。ところが、あの第一光の子幼稚園、非常に喜ばれてというのが現実なんですね。だから場所、私はあのさぎ沼荘のあそこが、こっちにつくれば道路から何からいろいろあのお不動さん、こっちは道路も立派にあるんでないですかと。あれは仙南広域できっとつくった道路ではなかったかなと。私今の仙南広域の議員もしましたし、しますんで、当時仙南広域、仙南クリーンセンターが向こうに建てる時、大河原にも一つの迷惑料と言っては困りますけれども、何か恩恵があっていいんではないかと。角田だけがなぜ角田地区だからって5億4,000万も負担をする、大河原には何もないのかというのを当時の広域議員の庄司 充議員とですね、いろいろ議会で質問したことがありましたけれども、そのときの答弁は大河原の町長から何もそういう要求は今のところないという答弁は聞いていますよ。ただ、あるのは白石大河原線の道の拡幅を各首長さんたちと一緒に県のほうに要請をしていたと、そういうものをお願いがありますと、こういう答弁をですか、それから聞いています。もありますし、事実その控えも私持っております。だからそういう中で、町長ね、きょう今ここでは一つの提案、何とかなりませんかとお聞きしますけれども、一つ十分考えていただきまして何かの方法を考えてほしいなと、こう思っております。それでは、この1項はね、これで終わります。
 それから次にですね、移ります。2項に移ります。
 町長公約の白石川河川敷活用スポーツ施設の設置計画についてお伺いいたします。
 齋町長は、一目千本桜の保護と河川敷にスポーツ施設の設置に大胆な予算措置を公約として掲げております。考えているスポーツ施設は何なのかと。また、昨日須藤議員の一般質問にも答えていましたけれども、白石川河川敷利用検討応募委託につきまして、金ヶ瀬さくら大橋から大河原大橋までの未整備区間と既存の桜堤及び河川敷並びに対岸の大河原公園及び白石川河川公園等との一体的な土地利用を検討しているところでございますと、検討している。この検討結果を取りまとめて、町民皆様のご意見を聞きながら具体的な整備をしてまいりますと、こういうふうな答弁の中で、ここに必要なものは人のにぎわいだと、こうさっきも言いましたけれども、言っていますけれども、こういうものをするのにも一つの関係機関に土地利用の河川敷を許可を得ているのか何か、そういうものの打診も全部始まっているのか何か。ただ、大河原だけでやりますというわけにはいかないはず。それと、もう一つはパークゴルフをあそこに設置してはどうでしょうかと、大河原町にはね、町長が言うここに公約にありますけれども、公約ばかりを何とか言うばかりではありませんけれども、ひと・もの、仙南における求心性、拠点性、利便性を生かして物・金・情報が集まる町全体の吸引力を高める、吸収力を高めるとこうなっている。しかしね、他町村に大河原のこのくらいいろいろな利便性のある、大河原の持っているみんなが集まる、あるいはこれなんですと、これですよと誇れるというか示せる、そういうものないんですね。町長は、確かに町長の言うとおり、いろいろな役所関係もあると、裁判所もあると、交通機関も全てここに入っている。しかし、人が。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) たびたびですので、佐藤議員、通告以外のほうに行っているようでございますので、訂正してください。(「通告で言ってもらって座って後で再質問」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) そういうことなんで、まず今言ったように示せるものは何なのかというものを示して、その答えをお聞きした上でもう一回再質疑をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、佐藤 巖議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 私の選挙公約であります白石川河川敷の活用について、スポーツの拠点施設としてパークゴルフ場を設置してはどうかとのご質問でございます。
 白石川の河川敷活用につきましては、須藤 慎議員からのご質問にもお答えしましたとおり、現在、右岸河川敷の未整備区間及び既存の整備済み区間の一体的な土地利用について、さまざまな整備の可能性を検討しているところでございます。パークゴルフ場につきましても選択肢の一つと考えておりますが、まずは河川敷の現況の確認及び河川管理者との協議、県ですね、県土木事務所との協議を実施し、町民の皆さんのご要望も集約させていただきながら、今後整備内容を決定していくと考えているところでございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 私が言うパークゴルフ場なんかはどうですかと、こう提起をさせていただいた中で、それも選択肢の一つであるかもしれませんという答弁でしたけれども、考えているという。ただ、私ね、見て非常にあれしたのは、今調査段階だからだろうと思いますよ、それが町長の言う思い切った予算措置、思い切ったというのは100万だの200万で思い切った予算措置じゃないと思うんですね。今の状況から言ってですよ、いろいろ財政もいろいろあります。柴田町、一つのあれ、柴田町はきのうの何回もいろいろ聞いています、給食センターもこれはちょっと違いますけれども、個人でやるのは今の財政繰りでは無理だというような話があって、大河原だけどそれはそれでいいんですけれど、それはそれ別問題ですから。しかし、びしっと花にかける、花のまち柴田ですよと、花にかける、工事はね。桜の小道、今も一生懸命やっていますし、看板、花のまち柴田町と大きい看板も、ネオン舘山下の、そして、あの鉄道をまたぐ橋をつくった7億4,000万もかけてつくった橋の生かし方をね、やってるんですね。今度の柴田町と大河原町であれは、ライトアップなんかは入って、あのパンフレット、あの桜の小道でやるのか、別のあれなはずですから。あれも、あれだって大金かかるんですね。かかってると思いますよ。そういう中で、大河原町もね、ぜひ財政でですね、思い切った予算措置というから私も、この当初予算案の主な項目というものの中で見させていただいた。どこに思い切った予算があるのかなと思っている。ところが、答弁では今関係あれと調査をしていますと、調査段階だからというのかなと、それで一応了解はしましたけれども、そういう中で白石川関連事業に道路、この拡充として650万というのが一番多くなったという、184万というのが28年、29年は650万という。つけていますけれども、これがそのままそれではないはずなんで、その辺の中でひとつぜひね、せっかくここまできたんですから今度のあれにおいては、補正でも何でも今度は調査事項ができ上がりましたら、いろいろ考えておりますっていうのは誰でも言う話で、何か考えているからこの河川敷に利用するんだと。ただ、たしかその中でパークゴルフも選択ありの一つかもしれませんとこう言っていますから、それも入っているでしょうけれども、そういうものも早急に具体化をして町民に示せる、一つのそのつくってもらうこと、つまり確約をしてもらって私の一般質問を終わりたいと思うんですけれども、町長の意気込みをひとつ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 私の公約にかかわる点で幾つかのご指摘があったわけでございますけれども、東北観光復興対策交付金事業は28年、29年、30年、28年度、29年度、30年度の3カ年にわたる事業というふうに位置づけられているものでございまして、今年度期間は短かったので額は1,000万に満たない額になりました。しかし、29年度の申請につきましては、最終的な補助も含めてですね、今年度措置される補助額も含めて3,700万ほどの要求をしております。トータルでいきますと、補助率最終的に100%になるわけです。補助率100%のお金を5,000万いただけるような状況をつくっていくべく、担当課努力をしているところでございます。かつてそういったお金が、今回はインバウンド中心のものでございますけれども、桜の木周辺、一目千本桜ブランド化事業というふうに位置づけている事業でございますので、桜周辺でお金をつけてきた経緯はないわけでございます。また、私は28年度あるいは29年度に大胆な予算をつけると申し上げているわけではなくてですね、河川敷活用等々を含めて、あるいは点で存在するものを線にして、あるいは面につなげていくということを考えていく上で、にぎわいという言葉にある意味集約はさせていただきましたけれども、大胆な予算措置をしていくというふうに掲げたものでございます。
 白石川河川敷活用につきましては、当然管理者は県でございますので、県とのすり合わせがなければ前へ進めない。そのことにつきましては、私の考える方向について大いに賛同できますというお話をいただいた中で進んできたところでございます。よって、雑木の伐採とかですね、中洲の撤去ということについても今後具体的に対応していただける状況が明確になってくる。これは私の受けとめとしては、県もはっきりやりますと。県南サミットの折には、知事は満額回答ということで約束をしてくださいましたので、その流れに乗っかって進めていきたい。
 河川敷活用につきましては、国への要望ということについてもしっかり目を向けてですね、頑張ってまいりたいと。地方創生がらみのお金ということになると、いつまで続くのかということが問題に今後なってくると思います。ですから、地方創生がらみでの補助獲得ということだけではなくてですね、もっと広い観点で国への働きかけを進めながら町民の皆さんの目に映るような、そのにぎわいの創出が目に映るような環境をつくっていくということがトータルの位置づけでございますので、具体的にどういうものをつくっていくかの議論に入る時期が来ます。そのときには、パークゴルフを除くことはないと、検討の材料としてですね、パークゴルフ場を除くことはないということで現段階においてはご理解いただければと思う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) いや、何かね、町長の答弁で大胆な予算と言ったら河川敷のあれにだけ大胆な予算って言ったんだね。ところがそういうふうに取りますし、それで地方創生もあれでしょう、やっぱり県と国との結びつきを特に強調する齋町長でありますから、その3期目の力をですね、そういうものでぜひ、誰でも口だけ言うなら誰でもやれるんですから、そういうものをきちっと出してもらって町民に見せられるね、これが仙南の中心地大河原町でやった一つの事業なんですよと、人の集まりもどうですかと、にぎわうあれでしょう、そういうものの見せられる一つのあれになっていただきたいと思うし、最後にね、先般道の駅問題、町長、地方創生どうだと言ったら、ほかの町村がこうなんてみんなあっちこっちでやってるよと言いましたら、地方創生の一つだろうと、活性化の。どうですか大河原町はって言ったら、私もそれは必要だと思いますと、こういう答弁をもらったと私は記憶しております。ひとつね、道の駅なんかもそういうものもいろいろあるでしょうから、ひとつ大河原町のにぎわいづくりに仙南の中心地という一つのあれを忘れないようにして、頑張っていただきたい。こう思いまして私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐久間克明君の発言を許します。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 1番佐久間克明です。議長のお許しを得ましたので、通告に従い一般質問をさせていただきます。
 1つ、これまでの提言に対する取り組み状況について。齋町長体制になり、新年度を間近に控えている現在、既に各施策や予算、優先重点分野などの選定も進んでいるかと思いますので、これまで4年間この場にて質問をさせていただいた点の中から現在の状況、またその考え方について以下質問をさせていただきます。
 (1)平成27年6月に一般質問しております「職員採用について」であります。
 1)番、定数削減が勧められている現状で、職員一人に対する負担が大きくなっていることにどのように対応を考えているか。例えば、ワーキングホリデーを年齢の都合で終了した人材などは外国語を話せたり、技術を持っていると感じますが、そのような分野に優先的に臨時の職員として求人があるようなことを伝える手段を検討したりと、町は具体的な動きを持っているのか。
 2)職員の年代別に見た場合のバランスはとれているか。また、職場体質として不変と普遍をどのように感じているか。
 3)1フロアに住民が主に利用する課が仕切りなく配置されている、氷見市役所の紹介をさせていただきました。例えば、来月からの桜祭り、おおがわら夏祭り、オータムフェスティバルのイベント時など職員は時間外勤務をされております。また、子供行事などにおいても同様の時間外勤務があると認識しておりますが、代休をとれる現状ではないと考えています。町民が直接利用する窓口業務について課間での応援ができたり、1階にて行われている一部支払窓口業務委託のような体制の強化なども考えられると思います。解消のためにもハード面を同時に検討する必要があると考えます。
 (2)平成26年12月に一般質問をしております「大河原町の観光PRについて」です。
 1)大河原町のゆるキャラ「さくらっきー」は、今なお大河原町を発信するのに絶大な効果があると考えております。さくらっきーと握手できた、写真を撮った、などの声も多数あるさくら祭りを間近に控えて、顔出し看板やご当地ナンバーについて改めて必要性を検討していただきたいです。
 (3)平成27年3月に一般質問をしております「放課後児童クラブのような施設で高齢者と交流を持てる時間を」を質問しております。人口減少が取り沙汰されている中で、高齢者が自宅から外に出るきっかけ、行政区内のコミュニケーションの必要を考え質問をさせていただきました。常時活用の無い集会所を行政区ごとに活用できたら初期費用も少ないと考えます。幾つかの行政区においては、ボランティア友の会などが動き出している区もあることから改めて質問をさせていただきます。
 1)各行政区においてこのような取り組みを理解してもらうよう町としては考えているか。
 2)茶菓子代などを含め、町はどのような支援ができるのか、質問をさせていただきます。答弁により再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、佐久間克明議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、一番目のご質問につきましては、職員に対する業務負担及び人員確保のご質問と理解をさせていただきましてお答えをさせていただきます。
 まず、業務に対する職員の負担につきましては、住民生活の多様化や県などからの権限移譲の関係で、以前に比べれば重い状況にあると考えております。しかしながら、時代の変化に合わせた柔軟な対応が求められており、そのためにもさらに職員の確保を図るとともに、働きやすい職場環境づくりに努め、あわせて研修等での職員の能力向上に努めることも必要であると考えているところでございます。また、人材確保とする職員の確保につきましては、継続的な採用募集を行っており、今後におきましても専門職の確保や豊富な経験と能力を持った職員の確保に努めるとともに、臨時職員や有資格者の嘱託職員等の任用についても検討しながら適材適所に配置したいと考えているところでございます。
 次に、職員の年齢構成バランスのご質問でございます。
 平成27年6月議会でお答えしましたとおり、本庁職員の年齢構成は理想と言われております各年齢層が均衡した寸胴型に比べますとバランスがとれていない状況にあると考えております。今後、しばらくは継続して多くの職員が定年を迎える事態が想定されますことから、組織力の維持や業績等に心配な面が生まれることも考えられますが、職員の人材育成や能力向上を図る取り組み等により、不変的、これは変わらないことの意のほうの不変的でございますけれども、不変的にマイナスの影響を及ぼすことになるとは考えていないところでございます。重ねて申し上げますれば、職員一人一人が行政の果たす役割を理解している状況を普遍的な、これは全てに共通している意の普遍的でございますけれども、普遍的なものであると捉えており、今後も適正な人員の確保並びに民間活力等の導入、さらにはボランティアの活用等の対応を行い、これまでと同様な住民サービスの維持向上に努めてまいる所存でございます。
 次に、3)のご質問につきましては、役場の組織化についてのご質問と理解をさせていただいて答弁を行わせていただきます。
 現在、本庁においては役場組織がチームとして機能し成果を生み出す働きやすい職場づくりのため、平成27年度から現行組織の体制業務等についての課題改善を目的に各課での現状確認と改善案を検討してきたところでございます。今後も引き続き新たな組織体制づくりを検討し、平成30年度からを目標に新たな組織体制整備を目指しているところでございます。
 次に、大河原町観光PRキャラクターさくらっきーを活用した町の情報発信についてのご質問でございます。
 さくらっきーの顔出し看板につきましては、来年度の東北観光復興対策交付金事業の要望として観光PR用看板等の作成費用を計上しておりますので、ほかの案と比較しながら検討してまいりたいと考えております。
 次に、ご当地ナンバーにつきましても引き続き検討させていただきます。
 次に、高齢者が自宅から外に出るきっかけづくりや行政区内でのコミュニケーションづくりのご質問でございます。
 まず、本町の現状として、ふれあい・いきいきサロンや健康教室などが行われており、既に各地区におきまして地域の方々が交流できる仕組みや居場所づくりが実現できている実情があると考えるところでございます。今後におきましても、既存事業の参加者の増加や新たな交流が生まれてくることを期待いたしますが、町としてもできるだけの支援を行ってまいりたいと考えるものでございます。
 また、来年度から委託事業として生活支援体制整備事業に取り組む予定であり、高齢者の支援ニーズ把握や集いの場などの地域資源の発掘、地域にある支援組織との連携などを行ってまいります。その中で、サロンに限らず地域で行われている高齢者への支援活動についての把握に努め、町民の皆さんに対する情報提供を行ってまいる所存でございます。
 次に、茶菓子代などを含めて町はどのような支援ができるのかとのご質問でございます。
 食料費的な支援は考えておりませんが、人的支援としてコミュニティーの重要性やさまざまな情報提供を初め、介護予防や健康に関する研修会を企画するなどの支援を行ってまいりたいと考えているものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時より再開します。
     午前11時56分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) それでは、(1)番の再質問に入らせていただきます。
 1)から3)まで多分共通するかとは思うんですが、何でしょう、町長の施政方針の30ページにも書いてあるとおりなんですが、今後5年間で退職者が40名を超えるということで、その庁舎内にももちろんその職員提案制度であったり人材育成とか資質向上というのはもちろん努めていくものだと思っております。そういう中で、民間委託というんですかね、民間活力等々の導入も今後なおさら図られていくようなことになれば、役場職員の方々の働き方自体が今後こう大きく変わっていくと思いますが、その辺についてはどうお考えになりますか。何ていうんでしょう、その度合いにもよると思うんですけれど、その民間に委託するなりのボリュームにもよるとは思うんですが、今後本当にその働き方が変わったときのそういう方向転換をしなくちゃならないような、徐々にですけどかじ取りみたいなのを庁舎内ではそういう中で、人材育成なりする中で検討というのはされているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今後5年間で40名を超えるという退職者の推移がございます。なかなかですね、再任用制度もあるんですけれども本庁のその利用が思わしくないといいますか少ない状況でございまして、ちょっと心配はしておりますけれどもこれから退職する職員にとって、そういった制度もぜひ活用していただきたいというふうに思っております。それから、公共サービス全てがやはり行政が担うということにはならないと思います。全ての行政が得意ということには思ってませんので、民間の力をどうしてもやはりお借りするというような形になるかと思います。そういった中で本庁については指定管理者制度も導入しておりますけれども、アウトソーシングがですね、うまくできるようなことを今後も考えていかなければならないというふうには思っているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 私ごとではございますが、家業においてもやっぱり本当の現場にいるスタッフという方々というのは、どういう立場であっても本当に信頼できる人たちですし、そういう人たちがこう育ててどうこう仕事が苦痛なものじゃなくて楽しいものだっていう前向きにさせるかって、本当に上に立つ人って大変だとは思うんですが、とてもそこは重要だと考えています。齋町長の答弁にもあったんですけれども、その職員一人一人が果たす役割というのをしっかりと理解しているということで、実際私も見ていてそう思います。まだまだそういう今からなおさらのこと負担がかかると思うので、そういうこう何ていうんでしょう、体制であったり課の同士の組織編成とかそういうのもいずれ出てくるかとは思うんですが、私もいろんな団体に入らせていただいている中で、正直もちろん議員になる随分前の話ですけど、自分さえよければいいなっていう時期がありました。特に会社員だったころは、人の生活なんかどうでもいいですし、そういう周りって見えてなかったんですけど、いろんなこう団体に属させていただいたり、こういう立場にならせていただいて周りを視界を広げることっていうのは大事だなっていうのを考えるようになったんですが、そんな中でよくPDCAっていうサイクルの話があるかと思うんですが、ここ1年2年くらいだとPDCAでその計画から実行までいって、そして検証して改善までいきますよね、その改善の後にその地域なり土地がらみ、20年後、30年後本当にそれで役に立つのかというもう一個のこう対応というか、そういうのがPDCAプラス対応というのが最近ふえてきている動きがあるので、そういう中でもこのやっぱり役場っていうのは何言っても町の顔でもありますし、町民のこの意識が集まる場所でもあるので、なおのことそういう部分で職員の方々には負担になりつつも前向きにスライドうまくできるような格好になると、本当にいずれ間違いなく広域的な連携も必要でしょうし、そういう視野の広さというのが大切になると思うので、もちろん民間主導で進める部分は進めるで必要なんですが、どうしても音頭とりだったりかじ取りっていうのは、いい意味でその町がピエロにならなくちゃならないときってあると思うんです、その人が喜んでもらえるものをこう見て、知っておく必要があると思うので、そういう部分でまだまだ大変になると思うので、本当にこういろんな研修であったり、あとは行政区に対する出前講座なんかもいろいろメニューあると思うんですが、そういうふうにして町民の人とかかわる時間というんですか、役場職員の方一人一人が人前に出る時間というか、そういう対応力も必要に今後なってくるかと思うので、顔の見えるという部分では本当にそういう信頼関係が大事だと思うので、なお一層この部分に関してはいろんな選択肢が本当あると思うので、検討を進めていただければと思います。
 (2)番のほうの質問に移らせていただきます。飛び飛びでごめんなさい。
 さくらっきーの顔出し看板っていうんですかね、それはもちろんインバウンド絡みでもちろん効果が大きいと思いますし、あと前回も多分質問をしたと思うんですが、そういう顔出し看板があるところを狙って旅行を続けるはやりごとというか、そういうのもあるようですし、ぜひご検討をいただけないかと思うんですがいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) さくらっきーの顔出し看板につきましては、先日の全員協議会でも説明させていただきましたとおり、29年度の観光復興対策交付金事業の中にですね、海外からの旅行者向けというくくりがありますので、そこがちょっと気になるところなんですけれども、そのためのプロモーション活動事業としてゆるキャラを使ったそのプロモーション用品の作成ですとか、もう一つは白石川のですね、大きなパネルをつくってその前に擬木なんかを置いて、年中いつでも白石川の一目千本桜の風景の前で写真が撮れるというような用品もつくってみたいというようなことで要望をしておりますので、それらの中でですね、必要性も踏まえてですね、顔出し看板のほうもできるかどうかということを十分に検討させていただきたいと考えております。ただ、一つ問題なのがさくらっきーのほうが非常に顔が大きい妖精でございますので、そのところから顔を出すとですね、なかなかちょっと似合わないんじゃないかということがありますので、どこからその看板をつくるということも含めてですね、検討させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ありがとうございます。確かに、さくらっきーのどこか穴開けてちょっと顔を出すのは、お腹であっても顔であってもやっぱりちょっとイメージが崩れちゃうので、さくらっきーと何かみたいなこう、の部分でも含めて検討していただければと思います。そうすると、それがもしあちこちになれば、例えば歩きたくなる町というか健康関係のところでスタンプラリー的なこともいろいろまた広げられると思うので、うまくインバウンドと関連づけて進めていただきたいなと思います。
 そして、ご当地ナンバーについてなんですが、前回もお話がいただきまして、そのマグネットとかにしたほうが車とかにも張れていいんじゃないかというお話、ご回答いただいていたんですが、やっぱりこう大河原町というか郷土愛という部分を育むためにもまずは、例えばもちろん対象は郵便局さんの原付バイクであったり、あとは金融団さんが持っているあの渉外用のバイクであったり、高校生とか原付バイクに限られてしまうとは思うんですが、そういうところからつくって、もちろん普通ナンバーの今までの在庫もあるかと思うので、その両方を選択できるような状況も踏まえながら、例えばその何ていうんでしょう、交付式みたいなのを桜祭りが終わった後、夏祭りも終わって何もイベントがない時期に何か一つの催し物として企画できるとか、そういうふうな形で開催すれば注目度も集まるでしょうし、と思うんですがその辺ご検討を再度いただけないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 軽自動車等のご当地ナンバーにつきましては、佐久間議員からご提案いただいておりまして、その際、現在の在庫状況を確認しながら検討させていただくとお答えしております。現在、50cc以下原付バイクと農耕用のナンバーが30年途中には在庫が切れるというような状況でございますので、その在庫が切れる際に、ただいまご提案いただいたことも含めまして検討を続けさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひ、よろしくお願いいたします。あと、同時になんですが、きょう新聞、河北新報の東北版のところに載っていたんですかね、由利高原駅の電車に秋田県のホログラムというかそういうのを張って、観光PRをしながら秋田県とめぐるなんとかかんとかってたしか載ってたと思うんですが、そういうような形で例えばマグネットでっていう前回お話がありましたので、JRさんもたしか観光物産協会入られていらっしゃいますし、そういう外部的な協力をいただいて、何ていうんでしょう車両にマッピングはちょっと金額がかかり過ぎると思うので、そういう部分でこう、仙台からこっちに引っ張ってくる、福島のほうから引っ張ってくるというような、車両よりもというか、ごめんなさい、四輪の自動車よりも電車を使って会場に、大河原に来ていただくような交通手段のPRみたいなのも含めて、そういうご検討というか協議というのは可能なんでしょうか。お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) ただいまのご提案いただきました件については、ちょっと今からJRのほうに問い合わせてみないとはっきりしたお返事はできませんけれども、そのようなことも含めてですね、いろいろご提案をいただきながらできるところから対応していきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ありがとうございます。ぜひ、よろしくお願いいたします。
 そして、最後の(3)番のほうに移らせていただきます。
 多分これもいろんな形のその組織編成とかスタイルが本当にあるかと思うんですが、何ていうんでしょう、こういういろんな行政区ごとに活動している中で、例えば先ほど言ったような出前講座の活用はもちろんあると思うんですが、もちろん推進されているかと思うんですが、そういうさらにこう周知、メニューの内容の周知であったりそういうのを広げて、少しでも負担を軽くしながら本当にみんな集えるような場所というか活気があふれるようになると、どんどん場所も展開広がっていくと思うので、ぜひそういうのをご検討いただきたいなという部分と、あとはこのどうしても、何ていうんでしょう、職員の方だけでは必ずしも対応できるとは限らないと思うんです。人数の部分もそうでしょうし、雇用体制の部分もあるかと思いますし、先日から過日より多数の議員さんより、その賃金の部分であったりそういう話も出ているかと思うんですが、何て言えばいいんだろう、雇用するときに臨時職員と嘱託職員とという採用方法があるかと思うんですが、賃金を上げる、下げるとかではなく、雇用期間を何とかしてこううまく、もうちょっと年数を延ばしたい、例えば今だと3カ月とかなんですかね、それをこう1年とか2年に延ばされてたりするかと思うんですが、毎年更新ではなく、何ていうんでしょう、ある程度こう生活の計画を立てられるような、例えば5年くらいを短期で5回更新できるとかそういうふうにというふうにするには、町だけの独断ではできるものなのか、できないものなのかお聞きしてもよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 臨時職員、それから嘱託職員の任用といいますか、そういった件についてということでお話をさせていただきたいと思いますけれども、臨時職員につきましてはですね、地方公務員法で基本的に6カ月と、さらに1回の更新で1年というような規定がございます。やはり、それはやっぱり遵守しなければならないと思っていますし、基本的にはそういった事務的な方を対象にするというような形になるかと思います。ただ、育児休業等々につきましてはですね、別な法律がありまして1年というふうな形の中で対応することになります。それから、嘱託職員につきましては要綱がございましてですね、最高で多分3年だったと思うんですけれども、ただ、週29時間とかですね、そういった条件はあります。その際もですね、雇用される方の希望も聞いた中で、そんな対応も幾つかはとっているということでございます。必ずしもフルタイムでという話もないものですから、そんな形の中で嘱託職員についても、少し長期にはなりますけれども、どちらかというと技術をお持ちの方になりますけれども、要綱でもって対応している状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 多分こう、地域からボランティアの人たちを募りながら運営していく部分と、そういうふうに臨時であったり嘱託であったり委託等々お願いして採用する部分とっていうのが、多分うまくバランスをとらないとだめなんじゃないかなという気もしますので、何ていうんでしょう、ボランティアの方だけでやったところにやっぱりこう管理をする方というのはどうしても町職員の方って多分なるような気がするんですね。どうしてもどこかではその責任者というか、必要になると思うので、そういう部分で例えば、言い方ちょっと語弊があるかもしれないんですが、どうしても公務員というと安定しているという感覚というのがやっぱりあると思うので、そういう部分で金銭面ではなくその採用年数っていうんですか、任用年数の部分でうまくこう調整をしたりとか、そういう優遇が特に若い世代であれば図られるようなという制度をなんかこううまく推していただくなり推進していっていただくと、もっとこう働く人も集まりやすかったりするのかなというふうに考えたりもするので、そういう部分もぜひ検討していただければと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 本庁においては、例えば職員採用のお話をさせていただきますと、上の年齢を引き上げたような状況を2年間続けさせていただきました。それにつきましては、やはり社会経験のある方も募集に応募していただくということも考えたところでございまして、必ずしも大卒、高卒ということではなくてですね、社会人の経験のある方もそういった社会のその経験を生かした中で行政のほうに携わっていただきたいということも踏まえまして、35歳あたりまでですかね、たしか引き上げを図ったところでございます。ほかの町は多分やっていないと思いますけれども、そういった形の中で、社会人って枠までにはいきませんけれども少し対応している状況はあるところでございますので、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 以上で一般質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって、一般質問を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 同意第1号 副町長の選任について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、同意第1号副町長の選任について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第1号副町長の選任について同意を求める件を採決します。
 人事案件は先例集120により、投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場の閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は13人であります。
 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に枡 和也君及び佐藤貴久君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点  呼〕
     〔投  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。枡 和也君及び佐藤貴久君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
 投票総数 13票
  有効投票 13票
  無効投票  0票です。
 有効投票のうち
  賛成 13票
  反対  0票でございます。
 以上のとおり、賛成多数です。よって、同意第1号は副町長の選任について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場の開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、諮問第1号人権擁護委員の候補者の推薦についての意見を求めることについてを議題とします。
 これから、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて採決します。
 人事案件は先例集120により、投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場の閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員数は13人です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に庄司 充君及び万波孝子さんを指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本諮問の賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点  呼〕
     〔投  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票をお願いします。庄司 充君及び万波孝子さん、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
 投票総数 13票
  有効投票 13票
  無効投票  0票です。
 有効投票のうち
  賛成  8票
  反対  5票
  うち白票 0です。
 以上のとおり、賛成多数です。よって、諮問第1号は、適任と答申することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場の開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 報告第1号 専決処分の報告(損害賠償の額及び和解)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、報告第1号専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)についてを議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) これは、相手方の損害額7万9,618円ということですけれども、これは町の車の損害額と損害状況ってどのくらいだったのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) 町の損害額につきましては1万6,500円、そして相手方につきましては7万9,618円でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、町の1万6,500円の損害額のこの修理割合、過失割合ってどうなったのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) 過失割合につきましては、町が6割、相手方が4割となってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうするとこの1万6,500円に対しても町の6割、相手方4割という考え方でよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) はい、そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第4号 大河原町総合計画審議会条例の全部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第4号大河原町総合計画審議会条例の全部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) それでは、議案第4号大河原町総合計画審議会条例の全部改正についての詳細説明を申し上げます。
 条例のほうちょっと開いていただければと思います。今回の大河原町総合計画審議会条例の全部改正につきましては、町長の提案理由にもありますように、現在の条例につきましては町長からの諮問を受けて、その内容について答申するのみというふうな形になってございます。今回の改正では、答申にとどまらず計画の評価をする機能を付与いたしまして、計画の着実な推進と進捗管理を行う機関とするための改正でございます。あわせまして、条例名も大河原町まちづくり審議会条例とするものでございます。参考資料のほうでご説明をさせていただきますので、条例の後ろのほうにですね、参考資料ということで新旧対照表が載ってございます。こちらの改正後のほうでちょっとご説明させていただきますのでよろしくお願いしたいと思います。
 まず初めに、第1条設置ということで、大河原町まちづくり審議会条例の設置根拠等を書かせていただいてございます。第2条所掌事務ということで、改正前の条例につきましてはこの部分がなかったわけですけれども、今回ここに載せさせていただきました。
 まず1番目といたしまして、第1項総合計画(基本構想及び基本計画に限る部分の策定に関すること)
 第2号総合計画に基づく施策等の取り組み状況及び成果の検証に関することということで、この部分が新しく追加になったものでございます。
 (3)その他まちづくりを推進するため町長が必要と認める事項、この部分についても新たになったものでございます。
 続きまして、第3条、組織についてでございます。前の条例につきましては、委員20名で組織するとさせていただいておりましたが、今回は委員15名以内というふうな形でございます。
 第2項で委員の構成ということで、新しい条例では学識経験者、公募による町民、その他町長が必要と認める者というふうな形でございます。改正前の条例につきましては、町会議員というふうな形で載せさせていただいてございますが、今回この部分について除かせていただいてございます。この理由につきましては、計画等々につきましては議会のほうで審議していただくというふうな関係上、町会議員につきましては今回除かせていただいたということでご理解をいただければと思います。
 第4条委員の任期。これにつきましては、2年とさせていただいているところでございます。
 第5条、これにつきましては、会長及び副会長の規定を設けさせていただいております。
 次ページ目のほうにいきまして、第6条会議ということで、会議の内容について書かせていただいてございます。2項におきましては、審議会の会議は委員の3分の2以上が出席しなければ開くことができないという規定でございます。また、議事の過半数で決するというふうな文言を入れさせていただいてございます。
 第7条は庶務、第8条は委員規程というふうな形でさせていただいてございます。
 戻っていただきまして、改正条例の附則のほうを見ていただければと思います。
 まず、施行期日といたしまして、この条例は公布の日から施行するというふうな形にさせていただいております。また、あわせまして特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正をあわせて行わせていただきます。それで、現在、総合計画審議会委員の日額報酬につきましては5,600円となってございます。今回、このまちづくり審議会委員ということで学識経験者を新たに選任するということで、ここの部分につきましては1万円、その他委員につきましては5,600円というふうな形で改めさせていただきたいと思います。あわせまして、まちづくり推進委員という項がございます。この項につきましてはですね、まちづくりに必要な事項等を審議する機関ということで位置づけをしてございましたが、この部分につきましては、このまちづくり審議会条例のほうに包含させていただくということで、今回削除させていただくというような形でございます。
 以上、簡単ではございますが詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、質疑を行います。質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 一つだけです。組織について委員の構成する方々はいいんですが、この委員を20名から15名にしたということで、今までの実績で20名では多いというようなことで判断して15名にしたのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 20名から15名というふうな形でございます。これにつきましては、今大河原町まち・ひと・しごと創生会議の中でも15名というふうな形で審議させていただいてございます。それで、幅広く町民の意見を聞くということで、この計画等をつくる際にはですね、住民懇談会等々を開きます。その中のものを吸い上げながらここでもんでいくということで、15名程度が適任ではないかというふうに考えて15名というふうな形にさせていただいたところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今まで20名で、例えば今まで総合計画審議会って開いてきたんでしょうけども、その構成メンバーで結局13人だったから15人にしたとか、そういった人数というかそういった実績をもとに決めたわけではない、ただ20名が多いから15名にしただけなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 多いからというふうな形ではなくて、あくまでもその住民等の意見もいろいろ聞ける機会がございます。その中で、いろいろ意見を吸い上げていくのであれば15名程度でも十分間に合うのでないかというふうな判断に基づいたということで、ご理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 幅広く吸い上げるんであれば、もっと多くしたほうがいいと思うんですけども、この実際に大河原町総合計画審議会の段階での委員の実績は何名だったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) この大河原町総合計画審議会条例、これは長期総合計画を策定する際に開催をしてございました。ということで、10年前または20年前ということで、ちょっと私そのころいなくてあれだったんですけれども、10年前もですね、コラボ会議ということでありまして、この審議会自体は開催してなかったかと思います。そちらのほうでもんで諮問したというふうな形になっていたかと思いますので、多分20年くらい前のときにやったんではないかと思います。以上でございます。(「はい、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この第3条、同じ第3条の部分なんですけれども、学識経験者そして公募による町民、その他町長が必要と認める者の中で15人以内ということなんですが、大体枠としては何人ぐらいずつぐらいを検討してるのか。それから、学識経験者って言うんですけども、これ非常に難しいんですが、どのような方々を学識経験者として一応頭の中でイメージしているのか教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、学識経験者ということでございますが、一応まちづくり等々を専門にやってございます大学の教授または准教授等々を考えてございます。それで、この構成の内容でございますが、一応幅広くということでまず商工関係、あとは教育関係、農業関係、あと地域の代表、福祉関係、文化関係、あとは観光関係、あとNPO等で活動しているそういう団体の皆様、あとは青年代表等々をちょっと考えてございます。そのほかに公募の住民というふうな形でちょっと考えさせていただいてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私も同じ第3条の今、堀江議員に関連してですけれども、どういう分野の方ということで今詳しくありましたけれども、女性の割合というのはどうなっているんですか。非常にやっぱり女性の力というのは、またその女性の視点からね、とても大事なのでどんなふうに、なんか女性代表って出てこなかったのであえて伺います。割合をぜひ多くしていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 女性の参画割合というふうなことでございます。今考えておりますのは、最低でも4人は入れたいと、もし可能であればそれ以上というふうな形で考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それとですね、学識経験者は大学教授ということでここに住んでいる方じゃなくて、どこの大学だかわかりませんけども、要するに町外から何人なんですか、この学識経験者。それから、15人以内なので今のところ町はこの以内ですけれども、何人を考えているんですか。今さっき詳しくそれぞれの分野をしただけで9人、10ぐらいなんですけど、15人ということなんですか。そうでないと、例えばこれ商工関係はお一人ぐらいの割合しかならないと思うんですけども、その辺はどういうふうな配分というか、人数になっているのか、ちょっとこまいですけど、あえて伺います。それと、住民懇談会もやるので多くの皆さんの意見も反映できるのかなとは思っているんですけどもね、あえてその今言った前段での質問をさせていただきました。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、15名は必ず入れたいというふうに考えてございます。学識経験者につきましては、仙台からの大学のほうからちょっとお呼びしたいというふうに今のところ考えてございます。まだ正式には決まってございませんけれども、そちらのほうとやりたいなというふうにちょっと思っているところでございます。構成的にですね、商工関係とか今教育関係とかと申し上げました。これ枠的には1名ずつというふうな形で考えてございまして、公募のほうを4名というふうな形でちょっとしていきたいというふうに思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 15人を必ずとなりますと、当然それぞれの分野からはお一人ずつってこれなっちゃいますよね。しかしどうなんでしょうね、私はそうすると人数15人以内じゃなくてもう少しふやしてね、非常にまちづくりの審議なので、非常にまちづくりですから幅が町全体のことなんですよね。例えば農業なら農業の分野とか、商工なら商工の分野だけのではないので、できたらその二人ずつぐらいはっていう検討はされなかったんですか。そうなりますと、当然この委員のここも変わってくる、それだけお金はかかるわけですけども、その点では協議っていうのはなかったんですか。最初から1名という感じでこれ当たったのかどうか。ぜひですね、私はやっぱり二人ぐらいずつは必要かなと、それぞれのだって考え方っていうのはやっぱり違いますよね。例えば商業でも、商業分野お一人出てもやはり何ていうんでしょうかね、二人のほうがより商業なら商業の分野での意見というのは、より何ていうんでしょうかね、反映されるのかなという観点からできなかったのかどうか町長に伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) まずですね、この改正をやるに当たって私と企画財政課中心に意見交換をしっかりとさせていただきました。私の思いとしては、やはり発言していただけるということが非常に大事だろうと、同じ分野から二人でもお一方しか発言しないというような方であっては、いわゆるその人選といいますかお願いをした意味がなくなってくるわけでございますので、意見をしっかり出していただける状況につながる方、そして例えば女性、私は女性をたくさん入れてほしいということを申しております。やはり人数が少ないと声を出しにくい、発言をしにくいという状況がありますので、女性もふやして闊達にご意見いただけるような状況をつくりたいと。そういうふうに考えていくと、分野一人でもですね、審議をしていただくに当たって15名であれば不都合はないんではないかと、女性の比率は4名以上ということでございますけれども、できるだけ多くしたいというのが私の思いでございます。(「2回ですか、私、終わり。3回したんですね。3回終わったんですね、はいわかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今のに関連して第3条の件なんですけれども、さまざまな分野の方が集まっていいかと思うんですけれども、その中にスポーツが入っていないんですけども、この辺スポーツを入れていただける余地はないのかちょっとお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 確かにスポーツというふうなことは申し上げませんでしたけれども、青年代表という部分、または文化関係というふうな部分、そういうところでちょっとくくりの中でですね、考えさせていただければと思いますのでご了解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 町長の政策ビジョンの中にもスポーツに力を入れるという言葉があるので、青年と文化とスポーツは全く違うもので、やっぱりスポーツとしてやっぱり入れていただきたいと思いますけれども、町長再度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 具体的な人選あるいはその公募でどういう方が手を挙げてくださるかまだわかりませんので、くくりとして必ずスポーツを入れるということは課長としては言えなかったのかもしれませんが、スポーツ界を代表される方という位置づけ、その方が例えばほかの分野にもまたがった活動をしているようなケースも当然あるわけでございますので、そういった方でスポーツをされている方、あるいは関心をお持ち、または実績のある方ということで人選させていただく用意はあるということでご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第4号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第5号 職員の給与に関する条例等の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第5号職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第5号職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につきまして説明をさせていただきたいと思います。
 この件につきましてはですね、3月2日の全員協議会におきまして改正理由と今回の7級制導入を含めた改正内容を説明させていただきましたけれども、本日もですね、改めまして本庁の給与の現状と7級制導入に向けた本議案の改正内容についてご説明をさせていただきたいと思います。
 まず、本庁の給与につきましては議員もご承知のとおり、人事院勧告の内容を完全準拠したものになっております。その中でも、平成17年の勧告は給与構造を抜本的に見直す内容となっておりまして、平成18年4月からの給料額を全体で4.8%の引き下げが行われております。中でも若年層は現状維持があるものの、中高年齢層は7%の引き下げを実施しておりまして、こういったことが現状にも続いております。その後も若年層への改善が行われる中でも、中高年層につきましては引き続く減額勧告を実施しております。特に、平成22年の勧告では55歳以上の6級在級者、つまり管理職になりますけれども月額給料をさらに1.5%減額する、つまり98.5%の支給率なんですけれども、そういったことが現在も継続している状況にあります。最近では、平成26年の勧告によりまして、これまた給与制度の見直しとして平均で2%の減額、50歳以上の職員については最高で4%の減額となっておりまして、この減額に対しましては27年の3月に支給されていた月額を保障するというような現給保障制度も行われておりますけれども、平成29年度で終了ということになります。一方、退職手当につきましてもですね、定年者につきましては平成20年度の退職者に比べると、今年度以降になりますけれども10カ月弱減額というような形になっております。こういった中で、町長の提案理由にも申し上げましたけれども、職員の職務に対する意欲、つまり公務員としての使命感であったり、やる気などのモチベーションの向上を図りたい、そして複雑化・多様化する住民への管理職としての責任とそれから業務の遂行、さらには現実の問題としてその級の最高号俸に達している職員、つまり昇給ができない職員がいるんですね、こういったことなどを含めまして、これらの問題に対処するためにも新たな昇格できるような級、7級を導入したいとするものでございます。というような形で、現状の給料の内容を話させていただきました。
 それでは、ちょっと議案書をごらんになっていただきたいと思います。議案書1ページでございます。
 今回の議案の改正につきましては、1条、2条というような二条立てになってございます。この1条につきましては、通常の条例の本則の部分を改正するものでございます。
 まず、17条の関係でございます。これにつきましては、全員協議会の中でもお話しましたけれども、1時間当たりの給与額の算式に係る改正を行うものでございます。これまで国家公務員の算出に準じて計算をしておりましたけれども、地方公務員は労働基準法に該当するということで、この算出方式を労働基準法で定める算式に改めるものでございます。具体的に申しますと、分母が少し変わるんですね。つまり、1時間当たりの単価がですね、少しアップするというふうに考えているとこでございます。
 それから、附則20項中6項6級を6級以上に改めるということにつきましては、先ほど55歳以上の6級在級者については1.5%の減という話をさせていただきました。この制度をですね、引き続くということで、6級及び7級者にも該当するということで6級以上というような形にさせていただいたものでございます。それから、別表第1を次のように改めるということで、別表給料月額表ですね、これを全部改正するわけでございますけれども、新たに7級の職務の級を設けて表の全部を改正するものでございます。
 ページ、5ページをお開き願いたいと思います。
 別表第2としての、これはですね、別表第2としての表でございますけれども、これは地方公務員法で定める職務の級の原則に基づきまして、新たに1級から7級の職務を明確にしたものでございます。それからその下のですね、第2条職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正ということで、これにつきましては平成27年の3月にお認めいただきました条例の一部改正の改正附則をですね、さらに改正するものでございます。内容につきましては、先ほど附則20項のほうで申し上げました55歳以上6級の職員に対する1.5%の減を7級まで適用させるということで、現行の6級を6級以上とするものでございます。
 なお、この条例につきましては、附則にありますけれども平成29年4月1日新年度から対応するということで考えているものでございます。
 簡単でございますけれども、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほども総務課長から言われたように、職員の意識の向上そしてやる気、使命感にも燃えたモチベーションを上げるということで、非常にそういう点ではこういう提案になってよかったなと実は思っていると同時に期待をしております。そこで伺いたいんですが、5ページのこの7級にすることによってですね、ここにこの会計管理者の職務、これは会計管理者はお一人しかいませんけども、その他ですね相当高度の知識云々ということで、課長の職ということでこう書いてありますが、全課長がこれ、会計管理課長そして全課長がこれ対象ということで理解していいのかどうか。それから、今回7級まで引き上げることによって全員がその職員、全職員が全部この一段上がるというわけではないという説明ありましたけれども、今回の改正によって職員全体の何割がこれ、例えばわかんないけど全体的に何割が該当というか上がるんですか。そのことを伺います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず5ページのですね、級別職務分類表、これにつきましては先ほど申しましたように地方公務員法の24条で原則というような形になってございます。この7級の会計管理者につきましては、あえてこんな形になっていますけれども現行も6級のその職務級とは同じような形になっているんですね。これはですね、やはり地方自治法で会計管理者を置かなければならないと、さらには会計管理者の権限も法的な部分もありますので、ほかの自治体にもそうでございまして本庁にもこんな形で7級と同時に設定をさせていただきました。それから、及びから規則で定める職という形で一気に全課長ということにはならないものと思っております。しかしながら、ここにありますように相当高度の知識、あるいはその複雑困難及び責任の度というような形の中で、いずれ昇格することはあり得るのかなというふうに思っております。つまり、対象とすれば管理職6級の職員がですね、7級に昇格する可能性はあるというふうに思っているところでございます。以上でございます。(「全職員の」の声あり)割合はですね、基本的にはここにありますように規則で定める、この規則も今作成しておりますけれども、町長が定めるそして任命機関が認めるというような形になりますので、少し運用的なことになるかもしれませんけれども、やはり全員がなるということではなくて、昇格するべき者が昇格するということになるかと思います。したがいまして、割合的にはですね、ちょっと難しいということでご理解していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、この条例は間もなく新年度の4月1日から施行ということですけども、この7級に関しては27年度では今の課長さん、いずれは皆さん、いずれはというお話ありましたけど、29年度は何人が7級になるんですか。これは要するに町長が、こういうこと聞いていいのか、町長がこれは決定するんですか。例えば全職員、例えば課長が20人いたとしたら、そのうちね、29年度の4月から該当する7級の方は、例えば3人だとか4人だとか、例えばなったとしたら、それは町長の判断でそうなるんですかということを聞きたいんです。私は7級だから課長さん全員がここね、該当するのかなと実は一人でそう理解してたので、あえてお伺いしたら課長がさっきそういうような、一挙ではない、一気にはできないけどもいずれというお話したので、あえて29年度は何人が該当するのかなということでお伺いいたしました。答えられる範囲で結構ですのでお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この職務の級ですので、あくまでも昇格ということでの上位の級になります。したがいまして、6級の職員が全て7級の制度を導入したから全員が7級になるものではございません。ここにありますように、まず4月に会計管理者の任命があるかと思います。その職員については7級の該当になるかと思います。それから、相当高度等々とありますけれども、これにつきましては町長の昇格というような形の中で7級の該当者であればそういった行為が出てくるというふうに思っております。何回も申し上げますけれども、全員が7級ではないということでご理解をしていただきたいと思います。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 1点だけ。前人者と一緒なんですが、意欲の向上につながればですね、住民サービスの向上にもつながると思うんですけれども、例えばこの給与体制にした場合、先ほど1時間当たりの算出方法も変わるんだよというようなことが言われましたけれども、そうした場合に年間、今までのベースでいったのとこのやり方にした場合にどれぐらいの、わかる範囲内で結構ですから大体これぐらいアップしますよぐらいな、わかれば教えていただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まずその7級をその適用になると、例えば会計管理者が7級になったとしますと、実際はその今、先ほどその27年の3月31の給料の現給保障ということで、例えばここの3ページちょっとごらんになっていただきたいと思いますけれども、右から二つ目に40万9,400円、これは6級の85、最高号俸なんですね。これを超えることはできない。本来ならば27年の3月31日まででもらっていた給料額が42万2,000円ぐらいです。今、その差額を支給されています。この者がたとえ昇格したとしても、43万ぐらいです。つまり、6,000円とか7,000円ぐらいしかアップにならないんですね。それを年間通すれば何十万という形になるかもしれませんけれども、先ほど申しました人数も少ないという状況の中で、財政的にはそんなに大きな影響はならないというふうに思っています。ただし、1時間当たりの算定額ですね、これは時間外を計算するときに使います。そうしますと、やはり、当初予算のほうにでも私のほうでお話しておりますけれども、年間500、600万、800万ぐらいの増にはなるのではないかというような試算をしているところでございます。以上でございます。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 万波委員とちょっと重なるんですけれども、その7級になる人が存在をして、例えば何名か存在をして、その中でなれる人となれない人がいるという認識でいいですか、ちょっと確認です。その町長の判断、もしくはその副町長、総務課長の中のその話し合いの中でなれる人と、例えばですよ、例えば二人なれる方がいらっしゃって、一人が7号給になって、一人はそのままという状態もあり得るということでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 例えば、全体の数が3人だったとしますよね、3人の中でまず会計管理者は7級になります。つまり、お一人なるんですね。残りの二人、この二人が、一人は昇格するかもしれませんけれども、一人はそのままかもしれません。あるいは、二人その者が6級だという可能性もあるということです。その判断は昇格ということになりますし、個々の職務の内容にもありますように相当程度の知識とかというような形の中で区分されるものだというふうに理解しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。その、なることが反対ではないんですけれども、その職員の意欲の向上とか頑張りにつながると思うので、片方だけ上がって片方が上がらなければ、片方の人は当然おもしろくないんでしょうから、その辺の配慮もぜひしていただけたらなというふうに思いましての発言です。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第5号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第5号は原案どおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午後2時11分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時20分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き議案審議を行います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第6号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する
                条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第6号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) それでは、議案第6号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 新旧対照表によりご説明申し上げます。
 今回の一部改正につきましては、条例の別表で定めております報酬額のうち、福祉委員の報酬額を年額7万5,600円から3,600円引き上げて7万9,200円にいたすものでございます。福祉委員につきましては、町民のいろいろな相談、また高齢者世帯、障害者世帯、生活保護受給者世帯等の困難事例も最近には多く対応していただくこともあり、町と連携しながら重要な役割を果たしていただいているところでございます。今回、任務の重要性に鑑み福祉委員の報酬を改正いたすものでございます。なお、施行月日につきましては平成29年4月1日でございます。
 簡単ですが詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) アップには私も賛成ですが、3,600円にしたというこの根拠はどこから3,600円ってきてるんですか。その点を伺います。何かをもとにしてこういう金額が恐らくなったんだろうと思うんですがね。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 福祉委員の手当につきまして、見直しに当たりましてどれをもって根拠にするかということでちょっと悩んでおりますけども、全体的な業務量に見合ったことで改正すればいいんですけども、それの算定ということでちょっと根拠的には難しいということがありまして、現在の7万5,600円に5%というような形で3,600円ということで引き上げを検討いたしたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) はい、いいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) この福祉委員のですね、人数を教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 福祉委員の人数は54人でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この報酬なんですが、先ほど万波議員も言われましたけども、5%のその根拠って言ってもなかなか難しいんでしょうけども、非常に今、民生委員の業務っていうのが多くなってるんですね。上げてもらうのはいいんですけども、もう少し色つけてもらったほうがえがったかなというふうな感じもします。それと、これ年額ってなっていますけども、例えば去年の12月改正ですよね。12月、1月、2月、3月というふうな、極端に言えばですよ、そういうような形で年額報酬を払うようにはならないと思うんです。多分、月額何ぼで割るだと思うんですけども、途中で退任したりなんだりしたりする場合のあれを考えた場合は、年額じゃなくて月額っていうふうな、月額6,600円なら6,600円としたほうがわかりやすいんじゃないかと思うんです。今回、これで出したんだからこれでいいと思いますけども、この辺検討する余地はございませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 福祉委員の改正でございますが、前回3年前に4,000円という形で挙げさせていただきました。3年前の以前は16年間引き上げてなかったということで、今回3年後でございますが3,600円という形で引き上げさせていただきました。今後につきましても、定期的というか3年ごとぐらいには検討というような形でさせていただきたいと思います。また、年額ということが月額のほうがいいということもございますので、それについてはちょっと検討させていただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第6号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第7号 大河原町個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部改正
                について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第7号大河原町個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第7号個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部改正につきまして説明をさせていただきたいと思います。
 まず、マイナンバー法の施行に伴いまして、これまでの本町の条例整備について簡単にお話をさせていただきたいと思います。
 マイナンバー法の施行に伴いまして、まず平成27年9月議会において個人情報保護条例を改正した個人番号を含む特定個人情報等々の内容の改正をさせていただきました。その中に行政機関同士で情報提供ネットワークシステムを利用した連携が可能となるというような改正も行っているところでございます。そして同年12月には、町独自でこの連携できるような事務内容を定めた条例も議会にお諮りしてお認めしていただいております。心身障害者医療費の助成に関する事務、それから母子父子家庭医療費の助成に関する事務、それから子ども医療費の助成に関する事務、この三つにつきましては町独自の条例で特定個人情報等々の利用ができるというふうな形にしました。今回はですね、この27年9月に可決していただいた改正条例を再度改正することになっております。それが条例、議案の裏面にありますけれども、第3条の中身ということでございます。具体的にはですね、この行政機関同士での情報提供ネットワークシステムの利用が政令の交付によりまして、平成29年5月30日から可能ということになりました。これを受けてですね、この27年の9月にお認めいただいた条例を再度改正するものでございますけれども、2条、それから33条ということでありますが、基本的にそのネットワーク利用の関しまして、紹介者であったり提供者がいるわけなんですけれども、そういったものも条例の部分で町の条例では定めた三つの部分も該当しますというような中身の内容になっております。なお、実際の運用につきましては、そのシステムの運用が7月1日というようなお話もあるようでございますので、法的なものについては5月30かもしれませんけれども、実際の運用となりますともう少し時間がかかり7月1日以降の運用になるというふうに思っているところでございます。
 以上、簡単でございましたけれども、個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例ということでご説明をさせていただきました。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第7号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第8号 大河原町道路占用料条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第8号大河原町道路占用料条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) それでは、議案第8号大河原町道路占用料条例の一部の改正について詳細説明を申し上げます。
 今回の条例の一部改正につきましては、道路法施行令の一部改正に伴うものでございます。占用料の条例の別表の占用料の額を改正するものが主な要件でございます。
 まず、占用料につきましては一般的な土地利用における賃借料相当額を徴収するという考えから、平成27年度の国の固定資産税の見直しにより地価に対する賃借料の水準の変動を踏まえた改正を行っているものでございます。この改正につきましては、全国を五つの級地区分に分けてございまして、市街地と地方部の格差の是正を行っております。大河原町につきましては三等地ということで、近隣におきましては柴田町、名取市、岩沼市が3級地になってございます。
 それでは、初めに改正前、改正後の本文条例をご説明させていただきます。まず、本文の見直しにつきましては、第1条、第2条第1項、次のページをお開き願います。第3条第1項、第4条第1項、これにつきまして国の推進する無電柱化に伴う電線共同溝の整備に関する特別措置法ということで字句の追加をしているものでございます。
 次のページをお開き願います。
 第2条第2項第1号でございます。これにつきましては、平成20年度の4月に施行されておりました神戸淡路大震災によりまして、道路の区域内における応急仮設住宅を設置する場合については無償とするというような状況で字句の改正を行うものでございます。
 続きまして、資料4ページをお願いします。
 これにつきましては、別表2ということでございまして、ここからが料金の改正になるものでございます。道路の占用につきましては、東北電力、NTTということで電柱、電話柱が主なものになります。それで、法第32条第1項1号に掲げる工作物の一番上にございます1種電柱に見ますと、改正前が430円、改正後につきましては1本440円と10円程度の上昇となっているものでございます。それで、現在道路占用に係る電柱、電話の総本数につきましては、5,000本を下るものということで4,700本程度を考えてございますが、10円上がるということでございますけども、10円上がることによって占用料につきましては5万円弱というような形になるものでございます。ただし、この中で4ページの一番下にもございますように広告塔等逆に下がっているものもございますので、全体的な占用料の増減については余りないものという理解をしているものでございます。
 大変簡単でございますけども詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第8号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第9号 大河原町公共物管理条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第9号大河原町公共物管理条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) それでは、議案第9号大河原町公共物管理条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、公共物管理条例の別表の料金の改定というような形になってございます。それで、料金につきましては先ほど議案第8号でご説明を申し上げました道路占用条例をですね、そのまま参酌しているような状況でございます。現在公共物につきましては、電力柱が179本ということで占用額につきましてはおおむね57万程度ということで、これにつきましても大きな増減はないものと理解してございます。
 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第9号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第10号 大河原町都市公園条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第10号大河原町都市公園条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) それでは、議案第10号大河原町都市公園条例の一部改正についてご説明を申し上げます。
 これにつきましても、議案第8号道路占用条例の料金を参酌するというような形になってございます。それで、占用料の別表の改正というような形でございます。公園につきましては、電力柱が18本程度、年間の占用料につきましては2万8,000円程度ということになってございます。
 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第10号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第11号 町道路線の認定及び廃止について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第11号町道路線の認定及び廃止についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 続きまして、議案第11号町道路線の認定及び廃止について詳細説明を申し上げます。
 道路法第8条第2項及び第10条第3項の規定によりまして、道路を一括廃止・一括認定をするものでございます。
 次のページをお開き願います。
 今回の一括廃止・一括認定につきましての主なものにつきましては、川根工業団地造成によりまして二つの路線を廃止をし、終点部の廃止をし売買をすることに伴うものでございます。また、従来の道路台帳につきましては、昭和55年に作成した台帳を更新を続けておったものでございますが、平成25年度緊急雇用創出事業臨時交付金等々の活用をいたしまして道路台帳の更新を行ったものでございます。これに伴いまして、今まで従来の図面に落とし込みをしておりましたが、県事業、国の事業、堤防事業ということで起終点のですね、道路そのものが拡幅しているところがございますので、それらの精査を行うものということで12の路線を更新をするものでございます。
 それではですね、まず3ページをお開き願います。
 3ページにつきましては、まず左側の図面でございます。廃止、これが8─448番。右側につきまして起点側の延長をするということでございます。始点側ですね。それでこれにつきましては、前にその、今現在大昭倉庫ということで、随分昔に病院関連というような形の民間の開発がございました。その開発の中で道路の部分を帰属するというようなものがございましたが、それが帰属されていなかったということで今回改めて始点側を延ばすものでございます。
 続きまして、4ページをお開き願います。
 まず、8-348、8-349でございます。これにつきましては、終点側を短くするということで8-348につきましては用途廃止して売買をするものでございますが、面積的には348平米。3-349につきましては、296平米を売買をするものでございます。
 あと、あわせましてちょっと表示はしてございませんが、8-348これにつきましては、アイリスオーヤマさんの後ろの町道部分でございますが、国の国道4号の拡幅ということで道路区域がかぶるということでございますんで、終点側を短くするものでございます。
 あとは、8-247につきましては、現況を確認しましたけども上大谷地区でございますけども、ため池までのその道路はあるものの、それ以降につきましては道路がないような状況ということで終点側を短くするものでございます。
 続きまして、5ページでございます。
 7-13、これにつきましては1級町道でございますが、県道側の拡幅をしてございます。それで終点部分を変更するものでございます。
 続きまして、下におりまして6-7、8-73。6-7につきましては、1級町道ということで、1級町道の認定要件につきましては、県道をタッチする部分、終点が県道に接続するというものでございますけども、従前の図面につきましては8-73が県道接続ということでございますんで、今回改めて6-7ということで県道の接続部分の起点側を変更をするものでございます。あわせまして8-527、これにつきましては、県道の拡幅が済んでるということで始点側の修正をするものでございます。
 次のページをお開き願います。
 これらにつきましては、8-272、8-221、8-222、これらにつきましては県の白石川の堤防の築堤が完了してございます。それで、一部道路の区域が堤防の中に入ったということで終点側の調整をしているものでございます。
 7ページにつきましては、8-509、これにつきましては現況が隣接する部分につきましては、まず蔵王町の町村境ということでございますけども、ちょっと町村境まで入り込んだ形で区域の認定をしておったということで、それを現況に合ったような形で修正をするものでございます。
 今回の一括廃止・一括認定ということでございますが、これに伴いまして変更線の延長でございますけれども、6,905.2メーターこれにつきまして、変更後につきましては6,381メーターということで約524.2メーターを減少というような形になります。
 簡単でございますけども、詳細説明させていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第11号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 議長より念のため申し述べます。あす3月10日の会議は町内中学校の卒業式のため、午後1時から開会しますのでご承知願います。
 本日は、これで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後2時45分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成29年3月9日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------