議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成29年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2017年3月8日(水):平成29年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、安藤征夫君、山崎 剛君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は既に配付してあります通告書の順によって行います。
 高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) おはようございます。
 東日本大震災より、約3日で6年がたちますけれども、亡くなった方々に哀悼の意を表したいと思います。
 まず、一般通告書に従いまして、一般質問させていただきます。
 まず初めに、「無電柱化の防災・安全の視点で加速をせよ」であります。
 無電柱化推進法が平成28年の12月2日に衆議院国家交通委員会において全会一致で成立いたしました。
 過去の災害の教訓を踏まえ、地震や台風に弱いとされている電柱の削減を進めたいとの電線の地下埋設などの計画作成を国に義務づける無電柱化が国会で成立いたしました。
 計画には、電柱の新設抑制や撤去に向けた目標を盛り込むことと、政府に対して税制上の措置を求めていることが法律の柱です。
 我が国には、3,500万本を超える電柱があります。毎日約7万本のペースでふえ続けている。また、ロンドンやパリ、香港では、100%の無電柱化が実現している反面、日本の無電柱化率は最も整備が進む東京でも5%弱とおくれが目立ちます。
 法整備を機に予算確保や政策推進で対策を加速させ、電柱や電線は大規模災害時、避難や救助、復旧に支障を来す、東日本大震災では5万6,000本以上が倒壊し、被災者や救急車両の通行を妨げ、台風や竜巻が列島を襲うたびに被害が発生し、大規模な停電も頻発しております。
 一方、8,000本以上の電柱が倒壊した阪神・淡路大震災では、激しい揺れに見舞われた神戸地区において、地中の電話回線の被害が電柱などにかかるケーブル線の約80分の1だったとの報告があります。
 無電柱化が防災上大きな意義を持つことは明白で、歩道の拡幅による交通事故の防止や、バリアフリー化の推進、景観の改善の面でもメリットが大きいと思います。
 推進法では、電柱の規制強化が狙いで、道路の建設や改修時に電力会社などの事業者が既存の電柱・電線を撤去するとともに、電柱・電線が新設しないよう求めています。さらに、国のほか、都道府県や市区町村に無電柱化に向けた推進計画の策定を求めており、全国規模で取り組みを加速化させ、一方で課題もある無電柱化で、電線や地中に埋めるコストが電柱新設よりも約10倍から20倍かかる点で埋設にかかる費用は国や自治体、電力会社などが負担することになるが、推進ではコスト圧縮に向け、電線を小型化の箱に収納して埋設する方法などの普及を進めながら、官民連携で技術開発を促進し、政府には必要な財政・税制上の措置を求めることとし、無電柱化の推進に対する地方自治体の関心は高いと思います。
 全国282の自治首長が参加する無電柱化推進市区町村会の吉田信解会長、埼玉県本庄市長は、「無電柱化を考える市区町村にとっては推進法成立は何よりも朗報でございます。今後、全国各地で無電柱化が流れを加速していくことを心から願っている」と歓迎。また、同会の大城一郎副会長は、愛知県八幡浜市では、「災害に強い、安全・安心なまちづくりが進む」と防災対策の向上を期待を込めております。例えば、石川県金沢市では、電線を建物の軒下に設置する方法など、効率的な手法を採用し、成果を上げています。こうしたモデルケースを広げてはということで、当町も緊急輸送道路や災害拠点病院に面する道路などの最優先度を設けつつ、電柱のない町を目指した取り組みについて、町長にお伺いいたします。
 回答によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、無電柱化の推進に関する法律に伴い、電柱のない町を目指した取り組みについてのご質問でございます。
 無電柱化は、災害防止、安全、円滑な交通の確保、良好な景観形成を図るため重要であるものと理解をしております。
 国土交通省の無電柱化に係るガイドラインにおきましては、市街地の幹線道路や安全で快適な通行空間の確保、良好な景観・住環境の形成、災害の防止、歴史的街並みの保全等の箇所を対象に選定しているようでございます。
 本町における無電柱化の取り組みにつきましては、地区住民のご理解や関心を深める必要がありますことや、電線を地下に埋設する簡便な方法及び費用の縮減を図るための技術開発、さらには関係事業者との連携協力が不可欠でありますことから、今後、県の動向も注視しながら検討してまいりたいと考えるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再質問させていただきます。
 これにつきましては、長期的な将来に向け、無電柱化するというふうなことは、やっぱり防災とか安全面とか、我が中核病院がありますので、やっぱり命を守ると、命をつなぐというふうな幹線道路については、やはりそういうふうなこと必要じゃないかというふうなことで、今回取り上げさせていただきました。
 また、これにつきまして、東北電力さんのところにもちょっとお話させていただいたんですけれども、その中におかれまして、一応、今後は国交省において有識者から幅広く意見を聞いた上で推進計画を策定していくこととなりましょうというふうな話でございました。ましてや費用負担なども結構難しいところもございますけれども、そういうふうなことについても、官民一体で技術開発を進めながら、やっぱりコスト面もかかるもんですから、やっぱり命を守るという観点から、こういうふうなことで今後は長期的に考えれば無電柱化が進むんじゃないかというふうなことで取り上げさせていただきましたので、当町におかれましても、今後そういう推進していかれることと同時に、期待を込めまして再度質問させていただいた次第でございます。どうぞよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいま申し上げましたように、無電柱化を進めていくということにつきましては、さまざまな観点から大変重要なことであるというふうに認識するところではございますが、ただいま議員もさまざまにご指摘されたように、町単独ですぐこの対応に当たるということはなかなか難しいものというふうに考えております。問題提起をいただいたと、また、このことについて共通認識を持つということで、しっかり受けとめさせていただきたいと思う次第でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) ご答弁ありがとうございます。
 これについては、やっぱり費用負担がかかりますので、我が党といたしましても、やはり国にこういうふうな負担を自治体にかけないというふうなので、やっぱり国としてもやっぱり防災関係は進めていかなければならないというふうなことで、国家予算とかそういうふうな自治体に負担をかけないような方向で進めていきたいというふうなことで、あえて取り上げさせていただきましたので、ここご了承のほういただければと思います。
 次、2番目の問題について質問させていただきます。
 2番目の質問は、母子手帳の電子化普及についてでございます。
 日本産婦人科医会では、電子母子健康手帳の全国への普及と海外支援を図るため、「電子母子健康手帳標準化委員会」を設立いたしました。
 母子健康手帳を電子化することで、災害時に医療情報消失を防ぐとともに、電子母子手帳に記録する内容やデータの記録法を統一化し、自治体や医療機関などで医療データとして利活用できるようよう、仕組みの実現を目指しております。
 原量宏委員長(香川大学特任教授)は、24日の設立会見で、「胎児新生児の健康データを電子化に記録・保存し、国民全体の健康管理が行えるようにしたい」と語っております。
 また、母子健康手帳は、1942年に妊産婦手帳から始まり、1965年の制定で、母子保健法によって普及が進んだ。妊娠期から乳幼児期までの健康に関する情報が一つの手帳で記録・参照・活用できる特徴がございます。
 今回の委員会設立には、内閣官房・厚生労働省母子健康課・総務省情報流通高度推進室が賛同し、日本産婦人科医会を初め、日本栄養士会など団体、インテルや日本マイクロソフトなどの企業、多くの医療機関が参加・支援をいたしました。
 「電子母子手帳」は、妊産婦と子供の健康データをサイト上で一元管理できることは、さまざまな役立つ知識や情報を、スマートフォン、タブレット、パソコンでいつでもどこでも簡単に閲覧できます。
 家族が持つスマートフォンなどで閲覧できるため、父親の育児参加を促すきっかけや、祖父母とのコミュニケーションにも役立ち、妊婦、出産・育児に奮闘する母親たちの身近な力強い味方となってくれます。子育てできる環境づくりの一助を担っています。当町も取り組むべきと考えますが、町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 母子健康手帳の電子化普及についてのご質問でございます。
 平成28年3月議会におきまして、議員の一般質問にお答えをさせていただいているところでございますが、母子健康手帳の内容を一部電子化する「電子母子健康手帳」につきましては、現時点で、記録する内容や記録方法について、統一された方式が採用されていないところでございます。
 このことから、転出や里帰りの際に、他の自治体や医療機関でも引き続き利用できるよう記録情報の標準化を目指して、日本産婦人科医会が中心となり平成26年1月24日に「電子母子健康手帳標準化委員会」が設立されましたことは、承知しているところでございます。
 さらには、日本産婦人科医会より、「利用者の個人情報の漏えい」や「医療機関での診療用電子機器との連携」などの問題が指摘されておりますことから、本町といたしましては、引き続き、標準化委員会や国の動向について注視してまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これを取り上げたのはですね、情報漏えいというふうなことで重々おわかりになるんですけれども、今のお母さんたちを見ていますと、やっぱり若い方が赤子を抱きながら、スマートフォンを見ながらこういうやっていることが多々、多くて、ペーパー化でなかなか見るというふうなのがなかなか難しい部分がございますので、やっぱり長期的なスパンとか、そういう現代に合わせたことで進んでいっていただきたいなというふうなことを一助を申し上げまして、この問題を取り上げさせていただきました。
 これについては、もう一度、再度、町長お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 子育てしやすい環境をつくっていく、お母さんの助けになって、母親のですね、助けになっていくという視点では、当然父親の育児参加、あるいは祖父母を含めた家族の支援、あるいはコミュニケーションがしっかりとれている、そういう状況はやはり大事なことというふうに思います。データを一元化された中で、さまざまな、スマートフォン、タブレット、パソコン等々を活用しながら、手助けをしていく、助けとなるようにしていくことについては、当然意義のあることだというふうに受けとめさせていただいているところでございます。
 いずれ、これにつきましても、我が町単独でというわけにいかない問題でございますので、先ほど申し上げましたように、平成26年1月に設置されました標準化委員会の動向、さらには国の今後の取り組み等について、関心を持って見てまいりたいというふうに思うところでございます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) ご答弁ありがとうございました。
 これについても、行く行くは、今後、ますますこういうふうなことが進んでいくんじゃないかなというふうに見られますし、日本全国の47都道府県でもそういう方向に進んでいきますので、いつ、いかなるときにも当町としても取り組まれる方向で、予算とか何かあれば、そういうふうな補助等をして、少しずつ進めて行く方向性もありますので、ひとつお願いいたしまして、第3番目のほうの質問させていただきます。
 第3番目の質問については、子育て支援切れ目なく、母親の健康と子供の健やかな成長を目指し進めてきた妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援についてで、厚生労働省は2017年度から新たな事業を実施する。産後うつ予防などの観点からも、出産後間もない産婦の検診費用を助成するほか、先天性の聴覚障がいの早期発見に向けた新生児聴覚検査の推進体制を整備する。いずれも2017年度の予算案に必要経費が盛り込まれました。
 出産後の母親が育児への不安や重圧などによって精神的に不安定になる産後うつは、新生児への虐待を招く恐れもあり、こうした事態を防ぐには、産後2週間や1カ月などの時期に産婦健診を行い、母体の回復や授乳の状況、精神状態を把握して、適切な対応を行うことが重要視されています。
 新たな助成事業は、「産後ケア事業」を行う市区町村が対象で、健診1回当たり5,000円を上限に、2回分まで助成する。助成にかかる費用は、助成事業を導入する地区町村と国が半分ずつ負担をする。
 産後ケアは、助産師ら専門家による母体・乳児のケアや育児相談・指導などを受けられるサービス。施設への宿泊や日帰り利用、自宅訪問型などの形態があり、2016年度は全国で1,741市区町村のうち180ほどの自治体が実施し、2017年度の予算案では、これを240自治体へと広げるため予算が計上されています。
 一方、新生児聴覚検査の推進体制整備では、都道府県が同検査について関係機関による協議会を設けたり、研修会の実施や普及啓発に取り組んだ場合、国が経費の半分を負担する。
 新生児の聴覚障がいは1,000人に1人から2人の割合でいるとされているが、早期発見と適切な支援により影響を最小限に抑えることができます。しかし、検査の実施主体である市区町村のうち、検査結果を把握できるのは2015年度で68.8%、初回検査の公費負担を実施しているのは6.8%に過ぎず、地域間の格差の解消が喫緊の課題となっております。このため厚労省は、今回の事業を通して都道府県や市区町村の取り組みを支援することで、地域内の全体の底上げにつながるためにも、当町としても取り組むべきと考えるが、町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 産後間もない産婦の健診と新生児聴覚検査への取り組みについてのご質問でございます。
 初めに、産後間もない産婦の健診でありますが、産後の心身の不調や産後うつを防ぐための母子の心身のケアや育児サポート等を実施する産後ケア事業につきましては、把握しているところでございます。
 この産後ケア事業の実施に当たりましては、保健師、助産師、ケア専門家などの多くの人材や宿泊型やデイケアの事業が実施可能な事業者などの社会資源を必要としますことから、県内で実施している自治体は、2市、二つの市にとどまっているところでございます。
 本町での産後の母親のケアにつきましては、赤ちゃんの1カ月健診時に合わせまして、産婦健診に加えて、保健師・助産師が家庭訪問して相談を受けます「新生児訪問事業」により、それぞれに応じた継続支援を行っている状況でございます。
 次に、新生児聴覚検査につきましては、平成28年6月議会において議員の一般質問にもお答えさせていただいているところでございます。
 現在、新生児訪問記録の様式の見直しを図り、検査受診の有無の把握に努めているところであり、また、医療機関における検査機器の設置状況や難聴児の早期療育の受け皿の把握、親への配慮など、今後の事業展開を考慮しながら情報の収集に努めているところでございます。
 産婦健診・新生児聴覚検査のいずれにつきましても、県の体制整備の動向に注視してまいりたいと考えるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) やはりこれについては、これからの子供、お子さん、ご婦人の方がこの町に住んでよかったなというふうなことでございますので、国といたしましてもやはりこういう方について、これから助成していこうというふうなことで、日本の国は女性が進出していただかないと、どんな家庭でも女性がいると強いもんですから、男性1人じゃちょっと弱い部分がありますので、こういうふうなことで一応、今後こういうことも検討していただいて、こういうせっかく助成とかそういうふうなのがなされるもんですから、県とかそういうふうなのとは連携をとりながら、こういう取り組んでいかれる方向性を見出していただければと思いますので、再度町長のご意見を伺いまして、私の一般質問を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 産後うつの問題、あるいは新生児の聴覚障がい等々につきましてご指摘をいただきました。今回の3点にわたる高橋芳男議員の一般質問につきましては、当然今後大変重要になる問題という受けとめをさせていただいておりますので、何とか、町単独では進まない事情はありますけれども、全体像としてどの自治体もこの問題に取り組む、その必要性は多分認めているところだと思います。国・県の支援が必要な点もございますけれども、真剣に考えてまいりたいということで答弁にさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 先ほど町長からご意見いただきましたので、これで私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。11番万波孝子です。
 通告順に従って3項目について町長並びに教育長に一般質問を行います。
 1点目は、保育所・児童クラブの待機児童の解消と保育士の確保についてであります。
 当町は、県内でも出生率が高く、子育てしながら働く共働き家庭やひとり親家庭が増加しております。社会的な、今、状況になっております。その一方で、安心して働くことができるための受け皿である保育所や児童クラブを申し込んでも利用できない深刻な状況があります。
 保育所や児童クラブを必要とする児童が全員利用できるためには、施設の整備とあわせて、何としても保育士の確保は欠かせません。
 保育行政にとって急務な課題と位置づけて対応するべきであると考えます。
 そこで、以下の点について伺います。
 (1)29年度の認可保育所(4施設と小規模2施設)と、それから児童クラブそれぞれの申し込み状況と待機児童の状況についてです。
 (2)待機児童に対する対応策は、当面と今後の見通しについても伺います。
 (3)町内の保育専門の関係者から保育士の確保が今までにましてかなり厳しくなり、保育運営にも大きな支障を来しかねないと窮状を訴える文書が届きました。担当課もこの情報を把握していると思いますが、その内容は宮城県内保育士養成校との懇談会の中で保育士を目指す多くの学生が奨学金等の借入を行っているため、学校としても就職の相談に際して初任給の額の高いところを中心に紹介せざるを得ないなどということでありました。
 1)この内容をどう受けとめていますか。
 2)町内の認可保育所4施設と小規模2施設の保育士の確保は十分なのか。現状について伺います。
 3)国は29年度から保育士1人当たり6,000円アップするようでありますが、町としても独自に保育士助成制度を設けて、保育士の待遇改善を図る。そして保育士確保に全力を挙げて当たっていく考えはないでしょうか。
 それから、(4)児童クラブ開館時間、午後の6時15分までとなっておりますが、4つの保育所の最終時間には違いがありますけれども、今後指導員をふやし、保育所とほぼ同じ時間まで利用時間を延長できないか伺います。
 最後です。桜保育所の改築計画はどの程度議論されているのでしょうか。
 以上、町長の答弁を伺ってから再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 まず、平成29年度の保育所及び放課後児童クラブのそれぞれの申し込み状況等についてお答えをさせていただきます。
 保育所につきましては、町立桜保育所が申請者127人、内定者111人、保留が16人、第一光の子保育園が、申請者219人、内定者187人、保留が32人、第二光の子保育園が申請者156人、内定者138人、保留が18人、金ヶ瀬カトリック保育園が申請者77人、内定者73人、保留が4人、小規模保育施設はモンテッソーリこどもの家・ぽこぽこ・おおがわらが申請者7人、内定者6人、保留が1人、キッズフィールドおおがわら園が申請者11人、内定者11人、保留は0人でございます。
 以上、保育施設合計では、申請者597人、内定者526人、保留が71人という状況でございます。
 次に、放課後児童クラブの申し込み状況についてお答えをいたします。
 大河原児童センター児童クラブが申請者67人、登録承認49人、一時利用登録13人、保留が5人、いきいきプラザ内児童クラブは、申請者97人、登録承認90人、一時利用登録0、保留7人、上谷児童館児童クラブは、申請者51人、登録承認41人、一時利用登録10人、保留0、金ヶ瀬児童クラブは2カ所の合計で、申請者63人、登録承認59人、一時利用登録4人、保留は0でござざいます。
 以上、合計で申請者278人、登録239人、一時利用登録27人、保留12人という状況でございます。
 次に、待機児童に対する対応策についてでございますが、保育所につきましては、当面は待機児童の中でも保育の必要性が高い児童を中心に、各保育所との協議を続け、できる限りの入所実現をさせてまいりたいと考えるところでございます。
 保育士確保につきましても、各施設のご意見を伺いながら、長期的な安定確保策について検討してまいりたいと考えるものでございます。
 また、放課後児童クラブにつきましては、引き続き指導員の確保に努め、今後も児童数の推移を見ながら、放課後児童の受け皿について検討してまいりたいと考えるものでございます。
 次に、町内の保育所の関係者から町議会議員に送付されている文書についてのご質問でございますが、この文書につきましては、町宛てには届いておりませんが、情報として把握しているところでございます。
 まず、この内容をどう受けとめているかというご質問につきましては、国レベルでの保育士不足、さらに都市部と地方との格差の拡大がさらに広がり、特に地方の民間保育所の保育士確保が大変厳しい状況でありますことは、私としても認識しているところでございます。
 次に、町内の認可保育所の保育士の確保の現状についてでありますが、各保育所とも保育士の確保に大変なご努力をされており、定員を超えた児童の受け入れをお願いしている保育所もございますが、定員まで受け入れできていない保育所もございます。いずれの施設につきましても、保育士がさらに確保できれば入所児童をふやしたり、保育士の勤務状況が改善されることにつながるものと考えているところでございます。
 次に、保育士の待遇改善についてでございます。
 厚生労働省が示している保育士の処遇改善策といたしましては、平成29年度におきまして、全職員に対し2%、月額6,000円程度の加算、副主任保育士や専門リーダーに月額4万円の加算、職務別リーダーに月額5,000円の加算がされることが発表されております。
 町独自の待遇改善につきましては、平成29年度の国の加算状況を見ながら、効果的な施策について検討してまいりたいと考えるものでございます。
 次に、放課後児童クラブの開館時間の延長についてでございますが、現状では指導員をすぐに増員することは難しい状況でございます。勤務時間を延長することにより、さらに指導員の確保が難しくなってしまうのではと心配されてるところでもございます。
 なお、平成29年度にファミリー・サポートセンター事業の開始を予定しております。相互援助活動が始まれば、保護者の迎えが遅くなる場合などに、協力会員による児童のお迎えや、一時的な託児ができるようになりますことから、仕事と子育てが両立できる生活環境づくりにもつながるものと考えているところでございます。
 最後に、桜保育所の改築計画の議論についてでありますが、平成29年度には建設予定地の協議に取り組んでまいりたいと考えるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、再質問をいたします。
 全体的な答弁から受ける印象なんですが、この保育に対する責任というのは町にありますよね。町立は1つです。認可の保育所ありますよね、小規模を含めてですけれども、今ですね、この施設を整備することとあわせて、保育士をどういうふうに確保するかというのは、これは我が町にとっても喫緊の課題だと私は感じているんです。先ほど各施設のどういう状況なのかということで、保留ということで、全部で71ですか、保育所に関して、これ、保留になっている方、これどうなさるんですか。町では放っておくんですか。それだけ、その施設を整備することとあわせて、保育士の確保というのは喫緊の課題だという、その認識がまずどうなのかと。本当にそれを深刻に受けとめることが私はまずもってこの問題を考えるとき大事だと思うんですけど、もう一度その辺を伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 改めて議員にご指摘いただくまでもなく、当然、大変大きな課題だというふうに受けとめているところでございます。しかし、我が町だけがよければいいという問題ではないということも、当然ございます。周辺自治体、あるいは県内、全国全て今こういう状況にあるということでございますので、長期的に見て安定確保の対策が立てれるのかどうかということをやっぱりしっかり見据えて対応していかなければならないというふうに感じております。危機意識は持っているつもりでございますので、ご理解をお願いしたいと思います。(「課長もあるんですか、あればちょっと」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) この児童の現在保留数71ということで申し上げておりますが、この保留の内訳ということをご説明させていただきますが、4月、今回入所の内定につきましては、4月から6月までの入所希望者に対して内定を出しております。保留になっております71名につきましては、まず保護者が求職中、仕事を探している最中の方というのが38名ございます。さらに、7月以降に入所を希望されている育休が明けてからというような方とか、仕事が見つかってからというような方もありますが、そのような方が21名ございますので、それを除きますと、現在いわゆる待機というお子さんにつきましては12名という内訳になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 社会的な問題と捉えるのと、現実問題として我が町で認可保育所3つありますよね。特に小規模は大丈夫なのかなと思ったんですけど、これは町が不動保育所だったものをやめて、民間に統合したわけですよ。200という大きな、大規模の保育所を、これつくったんです。それで、町は認可保育所を守る責任があるんですよね。それで、現状なんですけれども、実は保育所の園長先生とも話しましたけれども、大きく分けて、宮城県の場合は仙台と仙台以外というふうに2つに地域が分かれるんですよね。全国的には都市部と郡部と、こういうふうになるんでしょうけれども、その中でですね、111から120人までの定員の場合は、仙台の場合は乳児1人当たりってあるんですが、1歳と2歳児も同じですが、15万7,450円なんですね。それから、仙台以外ですから、大河原の場合は15万160円です。それから、大河原町該当するのはここ200ですから、170人以上というのあるんですね。それを見ますと、仙台は15万4,260円、それから、大河原は14万7,140円、こういうふうに差があるわけですよ。7,290円と7,120円の差があるんです。恐らく金ヶ瀬のカトリックも調べたんですが、51から60人までの定員ですよね、17万4,170円です、仙台は。カトリックさんは16万6,070円と、こういうふうにここで8,100円の差があるんですよ。これに子供の人数を掛けて、そして1カ月何ぼ、それを12カ月ってしますと、大変な金額なんですね。それで、こういう現状があるということです。
 現在、採算をも度外視して民間はやらざるを得ないと。この深刻な状況なんですよ。それで、例えば1人でも2人でもね、保育士を確保しますと、受け入れる枠が広がるんですよね。細かいところでやっぱし現状を見て、そして対応していくということが、私は今回のこの文書を見て、そして直接資料も基づいてお伺いしましたけど、非常に深刻です。何とかこの仙台市との格差を解消してほしいということを、これ切なる願いでした。そのためには、私は財政支援しかないと思っているんですが、今後という、何かこの喫緊の課題だという思いがちょっと伝わってこなかったんですけど、今の私がお話したの聞いて、町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 施設への支援、あるいはその保育士の給料を上げる対応、東京都は2万円上げるということであるようですけれども、この我々の地域におきまして、うちだけ単独で大きな支援をするということになると、うちの町は集まりやすい環境につながるということが言えると思いますけれども、しかし、近隣どの自治体も同様な状況を抱えているというのが現実でございますので、先ほど課長から説明がありましたように、保留は71人ですけれども、仕事の都合で、要するに保育に欠ける子になっていない状況の中で、仕事が見つかるのを待っている方が38人いて、また、今後、育休明けなどという理由で、7月とか8月にとお考えになっている方が21人いて、全体の待機は12人だって決して小さいとは申しませんけれども、こういう現実であるということも正しくご認識いただいて、そして町として今、近隣ともさまざまにある意味連携をしながらですね、この問題の解決策を立てていくということが求められている。お金をつけるということで解決させるということは、それだけ考えれば決して困難なことではないかもしれませんけれども、しかし、安易にそういう状況を想定して支援するということだけでいいのかということも、ぜひ考えていかなければならないというふうに私は思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっともう一度、大事なことを確認したいんですが、民間保育所ありますけども、町は委託しているんですよね。それで、なぜ民間の認可がふえているかというと、平成17年度に、国は補助制度から一般財源化したんですよ。それで今町の桜保育所、運営費は来ていないんです。一般財源化されているんですよ。17年度前までは補助金として町立保育所の運営費来ていたんです。一般財源化なっているんですよ。だから、全国ほとんどとはちょっとあれですけれども、公立を建てる保育所というのないんです。全て民間の保育所に委託しているんです。認可保育所をつくっているわけですよ。それで、大河原町もその流れで、結局財政難だということが大きくあったと思うんですけど、一般財源化イコールやっぱり民間に力を入れてきたんですよ。民間って言うけど町で委託してるんですから、町がしていると私は同じだと思うんですね。そこをしっかりとやっぱり担当課も含めてわかってほしいと思うんですね。だから私は、非常に今深刻な状況だということなんです。
 仮にですよ、全国でありますよね、民間やったけれどもできないと。手を挙げて、また公立に戻ったところもあるんですよ。この近辺でも実はあります。だから、そんなことをさせてられないと私は思うんですね。だから、先ほど我が町だけって言いましたけれども、町長は一歩先行くとよく言っています。私もこれにはね、非常に期待をしている1人です。
 それで、お話聞きますと、亘理では検討に入るそうです、亘理町では、独自にですよ。保育所を守るために、独自の協議をもう始めるということも伺いました。それで、やはり現状ですね、もう少し詳しく町長も、それから担当課も、保育所に出向いて、一体どういう状況になっているのか、そして保育士を確保することによって、今の待機児童が解消されるということを、もっと直に、現場主義、まさに町長が言う現場主義ですよ、運んで真剣になって向き合って、現状把握に努めて、そして町でできることを最大限やるということが、今すごく私は求められていると思います。
 どうでしょうか、その点、担当課と町長にもう一度お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 保育士バンクが県にありますけれども、保育士バンクのようなものを町でつくれないかというような提案があったりもします。また、議員ご指摘のように、この問題を解決、つまり保育士を確保していくという問題に絞ればですね、処遇改善、あるいは施設への支援、こういった形しかないのかもしれません。我が町が先導的に進めて、そして皆さんがよくなれるなら、まさに先進の取り組みということになると思いますけれども、うちの町だけが単に処遇改善されるということだけで、地域全体の課題としては解決していかないという視点があるということを申し上げているわけでございまして、もちろん、取り組む道は具体的にこれを一歩踏み出して取り組むとすれば、非常に限られた視点での取り組みということにならざるを得ないのは重々承知しているところでございます。
 それで、今、我が町の状況を踏まえながら、保育所とさらにきめ細かな調整を図りながら、何とか待機を解消していくという努力を現状しているわけでございます。これがどうにもならない問題ということに、あるいはさらに厳しい状況につながっていくということであれば、いずれ具体的な施策を考える、それは当然のことだというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 民間保育所との連絡協議でございますが、大河原町におきましては、やはり全国的な少子化はございますが、ここ数年、何年間かは保育所のニーズというのは、すぐに落ちるということはないというふうに考えております。それで、29年度もですね、このような待機が出る状況というのがございましたので、民間の保育所の施設長には先月、皆さんお集まりいただきまして、29年度の対応、さらには今後のご要望等お聞きする会議を開催しているところでございます。今後ともこのような施設長との会議を続けまして、要望等、あるいは保育士確保に向けて町ができること等を一緒に協議していきたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしくお願いしたいというふうに思います。
 先ほども金額をちょっと仙台市とそれ以外の地域ということでお示ししましたけれども、保育所というのは、これ不思議なもんで、小さい保育所ほど単価高いんですよね。大きくなればなるほど安いというね。しかしながら、大きい保育所ほど大変なんですよ。そうですよね。200人と、例えば60人では違いますよね。それで、今も保育所、いろんな事情でおやめになる方も出てきています。具体的にいろいろ伺いましたけれども、結構やっぱし異動というのあるんですよね。だから、保育園にとってはやはり経営者として子供たちを本当にいい保育をしたい、そして待機者をなくすためにどうしたらいいかということで、さっき採算も度外視してやっているという、私、言葉聞いたときに、本当に深刻な状況であるということを改めて私も感じたので、つい声が大になってしまいましたけれども、しかし、そういう厳しい状況にあるという、これは町だけじゃないんですよね、国の施策が悪いんですよ。だから、今後国に対していろいろ町長も要望したりするときは、ぜひこの社会保障、そして保育士の確保のために、待遇の改善に国がもっともっとお金を出すということをあわせて要求していただきたいのと同時に、町ができることはやっぱししていかなくちゃいけない。これはですね、もう一度伺いますが、お金が、町長、財政が豊かな町だったら、これ支援をするという考えになるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 今、課長が申しましたように、町内の4つの保育施設の方々のアンケートに対する集計がなされていまして、私もしっかりと全て見させていただきました。この中で、やはり近隣の市・町の保育所、これ民間も含めてですね、さまざまな情報交換がなされていて、そして、保育士の異動等についてもかなり具体的にいろいろ調整が図られているという現実があるということに気づかせていただきました。
 つまり、やはり地域全体で現状を、厳しいんですけれども、支えているということがあるわけでございまして、そういう視点に立ったお話をさせていただいたものでございます。
 国への要望等につきましては、当然、我が町単独ではなくてですね、町村会もございますし、2市7町のさまざまな首長の集まる会議等もございます。しっかりと協調しながら要望していく、それは当然必要なことだというふうに考えているものでございます。
 答弁漏れございましたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにせよ、どこの自治体でも抱えている問題というふうに片づけるのではなくて、現状を見て、そこにどう財政支援をするなりして、とにかく保育士確保、これは高ければ来るそうです、保育料は。ねえ、本当に。だから、それはその辺ももう少し、やっぱし現場の先生の話を聞くなりして、町長、ぜひそれは実施していただきたいと、していただきたい。
 先ほど課長からもありましたので、町長も一緒にしていただきたいと思います。
 この項のもう1点はですね、学童クラブですけれども、先ほど今度できるファミリー・サポートセンターがあるので、そちらでその分は解消できるというお話ありましたけど、これは間違いなくそんなふうに受けとめていいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 放課後児童クラブの定員から超えた分とか、なかなか受け入れできなかった分全てをファミリー・サポートセンターでということではございませんが、ファミリー・サポートセンター、29年度開始予定としておりますが、そちらの利用をすることによって、どうしても帰りが遅くなるとかですね、そういうときに利用ができるということでお答えしたものでございます。
 子育て支援に関しまして、全て児童クラブとか保育所ということではなくですね、さまざまな社会資源を活用して、多様な受け皿というものを整備していって、ニーズに応えていきたいということで、今回ファミリー・サポートセンター事業を開始を決めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回、私は、保育所終わって子供たちが入学すると、保育所の時間と同じ時間で皆さん勤務しているわけなので、またそこで早目にとなってくると、保護者にとっては大変だという声も私のところにも寄せられているので、ちょっと私なりに調査して、今回取り上げました。
 ぜひですね、これは指導員をするのは難しいということですけど、探してもこれ見つからないということなんですか。もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 放課後児童クラブ、1つのクラブに3人は必ず指導員いるようにしておりますが、実際、現状では、やめたいという方がいるとかわりの方を探すのは難しいですし、4月時点で現状の人数を確保するというのは難しい状況でございます。時間的にも午後から夕方にかけて、6時半とかまでの勤務なので、なかなかその時間を勤めるという方は探すのは難しいのは現状がございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひ、最後までというかね、長時間の声がありますので、一度調査をして、そして職員もすぐにと言っても、これはすぐには見つからないと思うんですよ。やっぱりある程度の猶予期間必要なので、そこは時間をたっぷりとって調査をして、対応していただきたい。そのことをぜひ私希望します。そのお答えをいただいて次の質問に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 実際、時間今より長くなっても大丈夫でしょうかとお聞きすれば、それだと大変だという声は実際働いている方からは聞こえるところでございます。なお、今後ですね、保育士確保もそうですが、こちらの指導員につきましても、確保できるように努力してまいりたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、期待をして2点目に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩いたします。
     午前11時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、2点目に入ります。
 学校給食費の無償化に向けてでございます。
 学校給食は、子供の健康や成長に直接かかわる食を担う大切な教育の場である制度です。
 少子化の背景には子育てにお金がかかり過ぎることや、所得の低下、非正規雇用の拡大などの雇用不安があり、若い子育て世代の経済的負担が重くのしかかっていることがあると考えます。近年、義務教育の家計負担の軽減を図るため、学校給食費を無償化したり、半額助成または第2子、第3子から無料にするなど、条件をつけて助成する自治体がふえています。
 当町では、子ども医療費は18歳まで所得制限なしで無料化にするなど、子育て支援策は充実されてきておりますが、さらに子育てしやすいまちづくりに向け、憲法26条「義務教育は無償とする」理念に立ち、教育の食育をなす学校給食の無償化の実現について以下、伺います。
 (1)憲法26条では「義務教育はこれを無償とする」としています。この食育教育の場の理念に立てば、そもそも学校給食は本来無料にするべきではないかと思いますが、どうでしょうか。
 (2)学校給食法第11条「経費の負担」をもとに、当町では給食費を徴収しておりますが、憲法の理念を優先すべきと思いますが、どうなんでしょうか。
 (3)これまで給食費の助成について検討したことはあったのでしょうか。学校給食を無償にしている自治体は、全国55市町村、宮城県は七ヶ宿町にも広がっています。免除または補助の内容も全児童・生徒を無料や、半額、第2子、第3子から対象にするなどさまざまであります。当町も無償化に向けて取り組んでいく考えはないでしょうか。
 (4)学校給食費の無償化など教育や子育て支援のためにその財源としてふるさと納税を活用する自治体がふえています。町長の見解を改めて伺っておきたいと思います。
 あわせて、産業振興に効果があるふるさと納税に対する考え方も伺います。
 以上です。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、万波孝子議員の一般質問にお応えをさせていただきます。
 憲法の理念に立って、学校給食を無料にするべきではとのご質問でございますが、(1)、(2)は関連いたしますので、一括してお答えをさせていただきます。
 ご承知のように、憲法第26条は教育を受ける権利と受けさせる義務を定めております。この中で、すべての国民は法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負い、義務教育はこれを無償とすると定めております。この義務教育無償の範囲につきましては、授業料の無償を意味するという判例があり、学用品、その他教育に必要な一切の費用を無償にするとは定めていないものでございます。
 したがいまして、学校給食を実施する立場といたしましては、学校給食法第11条に規定されている保護者が負担すべき経費、いわゆる食材代としての給食費につきましては、引き続き負担していただきたいと考えているものでございます。
 次に、これまで給食費の助成について検討したことはあったのかとのご質問でございます。朝日新聞が「給食無償化が全国55市町村で行われている」と報道したのが昨年12月19日でしたけれども、記事では、給食費を全額補助して無償にしているのは4市28町23村。人口1万人未満の市町村が4分の3を占めております。宮城県内では七ヶ宿町だけが27年度半額、28年度総額73名の児童・生徒の給食費を全額補助しているところでございます。
 ただし、無償化には補助を行うための財源が必要となります。本町での年間約1億1,000万円の給食費の一部、あるいは全額を補助するためには、それ相当の税金を投入することになりますので、無償化につきましては、現状では難しいと考えるものでございます。
 次に、学校給食にふるさと納税を活用した無償化についてのご質問でありますが、本町のふるさと納税の使途としましては、教育関連の項目もございます。この項目は、教育事業におけるソフト・ハード両面事業に広く充当されるべき財源であり、給食費に限らず活用できるものと考えておりますことから、教育事業の優先度や今後取り組みを行っていく子供の貧困対策の施策などを考慮しつつ対応してまいりたいと考えているものでございます。
 また、産業振興に効果があるふるさと納税に対する考え方につきましては、平成28年12月議会におきまして岡崎 隆議員の質問にご回答させていただきましたとおり、地場産業のPRと農商工連携などによる新たな商品開発や販路開拓の手段と考えているものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 子育て支援にはいろいろありまして、我が町は医療費は18歳までということで、大変町民からも本当に喜ばれております。恐らくこれからですね、この給食費の補助、一部補助とかがどんどん広がってくるのではないかというふうに思います。この時点、取り上げたときは55だったんですが、その後、また北海道、千葉、山梨、群馬、兵庫、沖縄ということで、どんどん今広がっているのがあります。例えば、今言った5つの道・県では、342市町村あるんですが、そのうちの47%が既に独自に補助を全額のところもあれば、それから一部、それから第3子以降とかですね、第2子以降、半額とか3分の2とか、そんなふうに出てきています。我が町は、確かに私は1億1,000万、給食費の賄い費全部やれとは言っていないんです。ただ、流れとして、今こういうふうな、広がっていると。この現状を教育長さん、いかがに受け取っていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 確かに、議員言われるとおり、全国的にですね、そのような動きがあるということは承知しております。
 ただ、今すぐ我が町においてこの問題について検討することが必要かということについては、考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今すぐは難しくとも、今後の中でこういう方向で検討して、町に合った財政も見ながらですね、考えていくという方向は全くないわけではないですね。あるということを受けとめてよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 財政につきまして私、存じ上げないところでございます。町の財政当局と相談しながら、そのことにつきましては検討してまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 財政の問題になりますと町長なので、町長にも伺っておきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 先ほどの答弁の中でもご説明申し上げましたけれども、現状、宮城県におきましては七ヶ宿町のみこの問題に対応しているということでございまして、これはさまざまに子育て支援にかかわる支援の観点があるわけですけれども、全て同じようにですね、また、支援していく、これは医療費もそうですし、先ほどの保育士確保もそうですけれども、みんな先に自分のところだけがという形で、うちのような町が進めていくということになりますと、やっぱり地域全体として、実際に近隣の首長さん方からはいろいろとご意見を聞かせていただく機会もあるわけでございまして、七ヶ宿町だから、今こういう取り組みが求められているという視点、そういったものについても目を向ける必要があるのではないかというふうに考えているところでございます。
 よって、答弁にもありましたように、現状、食材費についていただいているということでございますので、現状を変える検討はしないものでございます。
 つまり、財政の持ち出しは考えていないということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今はできないのはわかりました。今じゃなくて、これから、こういう動きがどんどん広がってきたときに、我が町も検討をするときが私は来ると思うんです。それで、自治体によってはね、消費税が8%になったときに、賄い材料費に加算している上がったところもあるんです。でも、私調べたら、我が町はしていないですよね。その分を負担させていないんですよね。そういう点では、そういう努力もされている。それで、今第3子、今度町長も第3子以降、お子さん、これは県の事業なんでしょうかね。小学校入学祝い金、1人3万円とかですね、前町長のときも第3子以降出生世帯に対して、幾らだったかな、10万円だかね、おあげするとか、第3子ってよく出てくるんですね、今ね。だから、保育、これは給食費についても、第2子、第3子、あるいは幼稚園でも保育所でも、第2子は保育所は半額ですよね。基準がありますけど。3番目の子は無料。幼稚園もあるんですよ、就園奨励金だったかな、あるんです。だから、そういうことを考えると、私は学校のこの給食にもあってもおかしくないし、全国もこういうふうにしてどんどん広がってきています。無償化だから、私は本来無償化だとは思っていたんですけど、教育長からああいう答弁あったので、そういう判例というの、私初めてわかったんですけど、これはもう一度その辺詳しく聞きたいのと、流れとしてそういう方向に来ているのでね、やはり検討する余地は今後あるということのお答えを前向きにいただきたいというのが私の町長に対するもう一度の質問です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 先に判例の話を再度させていただきたいと思いますけれども、義務教育無償の範囲については、授業料の無償を意味するという判例があるということを先ほど答弁させていただいたところでございます。
 私、別にですね、子育て支援の観点から、給食費の無料を語ってはならないとか、あるいは、考えてはならないということを申し上げているつもりはございません。しかし、我が町が単独でそういったことについて議論をすることは、今求められていないというふうに申し上げたところでございまして、例えば、国や県の支援が、理解が深まってと申しますか、変わってと申しますか、国や県の支援が生まれてくるような状況については、大いに歓迎すべきことだと思いますし、また、住民の皆さんの求め、これも決してないとは私は申し上げているところではございませんで、一部私にも給食費無料にしたらというお話をいただくケースもございます。ただ、トータルで受けとめて、さまざまなことを勘案しながら、これから先ですね、検討する課題になることまでは否定しないということでご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 町長のね、お話聞いてますと、我が町が単独でってさっきも言いましたけれども、町長の一歩先行くというのはどういうことなんですか。一歩先行くというのは、私はそこに非常に期待をしているんですよね。それで、要するに、先ほど第3子以降の話しましたけれども、これは県からだから、やればお金来るんですよね。これ、補助があるものはやる、それが一歩先行くなんですか。町単独のは一歩先行くというのは、これは我が町だけでは単独でということで難色を、そうなんですか。何かちょっとその辺もう一度明確なご答弁をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 地方創生もそうですけれども、これからやっぱり広域連携をしっかりやっていかなきゃいけない、あるいはそれぞれの持つ地域の特徴をどうやって生かしていくかという議論を、さまざまにしていかなければならない。つまり、自治体間の結びつきもこれから非常に変わっていくというふうに、私自身は受けとめておりまして、うちの町が先にやって、それから、後で続いてくださる方がいて、結果がよくなるのであれば、それは先に取り組んで、一歩先行くになると思います。しかし、うちの町だけがやって、周辺の自治体に課題が生まれるような状況が想定されるものについては、極端に突出しないことが逆に一歩先行く考え方になるのではないかというふうに私自身は思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 地方自治法には、そこに住む住民の福祉向上なんですよね。それは、広域連携というか、例えば今仙南広域でやっている、一緒にするものはね、消防とかいろいろありますよね。だから、ごみとか、そういうものは一緒にやれば効果的。しかしながら、基本はですよ、やっぱり地方自治はそこに住む住民のために、福祉向上にやるんですよ。だから、町長は大河原町の町民のことを考えてやるわけでしょう。そうなってきたら、何か広域連携になったときに、我が町だけな何か突出してやるのはというのは、何かちょっと私は予想外の答えなんですけども、それは、必要なときは、それはそういうふうに広域で進むものもあれば、ものによってはあるんでしょうけれども、でも基本は、大河原町の町民がこの町に住んでよかった、子育てが本当に充実してよかったと、心から言える町政をしていくのがやっぱし、そのトップに行くのは町長だと思うんですね。だから、その何かさっきの町長の答弁だと、私ちょっと理解に苦しむんですが、もう少し、じゃあ、もう一回お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 例えばですね、地域医療を考えるときに、人の命を守る手だてということになるわけですけれども、うちの町だけがよければいい。多分そういう話は通用しない現実がたくさんあるというふうに認識しておりますけれども、地域全体を考えるということが、どうしても必要になるというふうに思うわけですよ。私たちの住むこの地域、この二次医療圏においても、例えば、中核病院と刈田病院の今後の医療機能の分化や集約化がどう進んでいくのかということが、地域全体の人の命を守ることにつながっている。つまり、うちの町のことだけ考えて、あるいは、うちの町に垣根を高くして囲い込んでも、実は答えは出ない。こういうことがたくさん隠されているというふうに地域課題の中にですね、私は考えているところでございまして、保育士の問題、医療費の拡大の問題、給食費の問題、本来は、例えば七ヶ宿、七ヶ宿例えて大変失礼になるかもしれませんけれども、どうしてもここで子供を産んでほしい、ここで子育てをしてほしいと思う施策として、つまり子育て支援施策として取り組んでいく、しかし、すぐ隣の町が同様のことをやったら、その受けとめ、そのことに対する住民の受けとめはまた違ったものになってしまうという現実は間違いなくあるわけでございまして、首長間でいろいろ意見交換するときにも、そういったことに対する、簡単に答えは出ないわけですけれども、うちの町で、大河原町でやってしまわれると困るんだよねという、わかりやすく言いますと、そういう施策もあると。万波議員ご指摘のように、私は大河原町長ですので、町民の皆さんの、当然ことを考えるわけですけれども、しかしそれだけで片づかない課題が実は非常に多くなってきているということもぜひご理解賜りたいというふうに思う次第でございます。
 済みません、長い答弁になりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 医療については私も町長と同じです。医療の分野についてはね、やはり仙南全体でどういうふうにしていくかと、それはそうなんですが、私が今回取り上げているのは、学校給食費のことなので、これはね、町が独自にやったと、おかしくない。それは、お金があればの話ですけれども、全然おかしくない。だから、今はできなくとも、今後の中で、くどいようですけれども、そういう方向も今後は検討するときが来るだろうと私は思うんです。今できなくともですよ。だから、進んでる、これからどんどん広がっていきます、もう。医療費はもう決して終わったわけじゃないですけど、全国的にはまだまだおくれているところありますね。我が町は先端行っていますけれども、しかしながら、それが終われば、私は、次はこの学校給食なのかなと、実は思って、現状を見てもやはり第3子とか、もう少し現状を見ながら、できるところからね、財政にゆとりが出たら、その方向で進めていただきたいと、検討していただきたいと、そのことを強くお願いしているわけです。
 教育長さんにもう一度、この件伺って、次に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 私の口から検討しますということはなかなか申し上げづらいところでございますが、国全体として給食費を無料にするという動きは確かにございますので、いつかそのような時期が来るのではないかというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 町長にもですね、今回こういう問題を取り上げましたので、恐らく初めてです、私がこの問題取り上げたのは。これからもほかの議員からも出てくるかどうかわかりませんけれども、ぜひ一つのこういう要求もあったということで、庁舎内で検討をしていただきたい。いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 新たな取り組みが生まれていることについても、当然十分承知しているところでございますし、万波議員からのご指摘につきましては、真摯に受けとめさせていただくということで、答弁にさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 次に入ります。
 最後です、就学援助制度の拡充をについてです。
 全国的に小・中学生の児童・生徒のいる家庭に支給される就学援助費を申請する世帯がふえています。当町でも増加の傾向にあります。認定されますと、学用品、それから新入学児童・生徒学用品、これは入学準備金ですけども、それから、修学旅行費などが支給されます。
 政府は29年度から要保護世帯の就学援助費のうち、新入学児童・生徒の入学準備費用の国の補助単価を現行小学校2万470円、中学校2万3,550円をそれぞれ2倍に引き上げることになりました。この動きを受けて、就学援助制度の拡充について伺います。
 (1)この制度の周知については、広報や学校でされておりますが、十分なされているんでそうか。年度途中の申請はこれまで何件あったんでしょうか。
 (2)入学準備金は入学後の支給ではなく、支給時期を前倒しして、12月から3月までに支給するよう改善していく考えはないでしょうか。最近、これ前倒しする自治体がふえております。
 (3)国の補助単価の引き上げは、要保護世帯だけです。今後、町独自で準要保護世帯にも適用を広げていくことはできないでしょうか。
 最後です。就学援助費の認定基準は、生活保護基準の1.2倍となっております。1.3倍まで引き上げて、対象者を広げていく考えはないかどうか伺います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、万波孝子議員からの就学援助制度の周知と、年度途中の申請件数についてのご質問にお答えいたします。
 まず、制度の周知につきましては、各小中学校の一日入学のときに制度の説明をし、案内要綱を配布いたします。また、それ以外の全ての保護者に対し、2月中に案内要綱を配布し、就学援助制度の周知について必要な努力は行っていると考えております。
 なお、年度途中の申請件数は、平成27年度14件、平成28年度14件でございます。
 次に、入学準備金を12月から3月までの支給するよう改善していく考えはないかとのご質問であります。
 まず、会計年度が4月から始まる中で、申請に基づいて4月1日現在の認定者を新入学用品費支給対象としております。年度末、年度初めの異動時期に、4月1日時点の住民登録が確定しない状況で、前倒しして支給することはできないものと考えております。
 次に、要保護世帯の入学準備費用の補助単価を準要保護世帯にも適用を広げていくことができないかとのご質問でございます。
 国では、昨年の「特別支援就学奨励費の修学旅行費用」に続いて、今回、「就学援助費新入学児童生徒用品費」の補助単価を増額いたしました。大河原町では、その都度、その金額に合わせるために、予算の範囲内で増額に努めており、今回につきましても、平成29年度当初から準要保護世帯にも適用を広げていくという改定をする予定であります。
 最後に、認定基準の引き上げについてのご質問でございますが、就学援助対象範囲の拡大については、社会の経済状況や財源確保の問題、近隣市町の動向などを総合的に判断すべき事項ですので、慎重に見きわめてまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 初めに、年度途中ですけど、これは学校の紹介でなんですか、それともみずから気づいて申請なんですか。その経路を伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 年度途中の申請につきましては、学校からの紹介というところが多いかと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、周知はかなりされている、まあ、私も資料をいただきましたけれども、今のような状況でこれからも周知は変わらないということですか。例えば、もう少しこういうふうにして徹底するという考えありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 周知につきましては、それぞれの学校ごとにそれぞれの状況もございますので、不足というふうな感じがある場合につきましては、充実させるということに努めてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 学校で説明するというのは、これは先生がするんですか、職員が行ってするんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 先生がその保護者に対して行っているというふうに捉えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、引き続き周知徹底に力を入れていただきたい。というのは、私のところにもわからなくて来て、申請している人が何人かおりましたので、お願いいたします。
 それからですね、この支給日なんですが、これは異動云々言っていますけど、これは考える考えはないんですか。やっぱしその相手の立場に立って。どうなんでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 入学準備金の支給を前倒しでということに関しましては、現時点で県内においてはそれを行っているところはございませんが、柴田町が平成29年度予算にその分を計上し、30年度の対象となる方々について29年度、いわゆる30年の年度末までに支給をする準備をしているという情報はこちらで得ております。そういったことについてどのような方法で行うかとか、そういったことについては、まだ検討の途中だというお話を伺っておりますので、こちらといたしましては、そういった状況をある程度当然踏まえながら、状況を見てまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほどの答弁で、(2)ですけども、前倒しで支給することはできないというふうに断定しているんですけども、これは、全国的に今広がっているんですよ、入学前にするということで。だから、やっている自治体があるということは、できないというふうに断言するんでなくて、やっぱしその相手の立場に立ってですよ、お金がないから入学の準備もできないっていうこと絶対つくっちゃだめだと思うんですよ。だから、柴田もそういう方向でするということなので、ぜひこれは前向きに検討していただきたいと思いますが、どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 近隣の市町等々も含めて検討してまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 近隣等々っていうことで、どうしてそのよその町してないからするとか、してるからするとか、こういうふうな判断なんですか。ちょっともう一度、しつこいようですけど、その辺もう一回お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) やはり総合的に状況を判断しながらということを考えていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今は情報が結構入りますので、隣町とか、うんと狭いんじゃなくて、もっと全国的な立場で情報をやっぱり入手して、本気になってその状況を把握して、いい方向に持っていくというのがやはり努力は、これに限らず必要なことだと思いますけど、町長、どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 現実に実施しているところがあるということでございますので、現状のままではできないということを答弁させていただいたというふうに理解しておりますけれども、先例といいますか、今取り組んでいるところを少し勉強させていただいて、どうやったらできるのかということについては考えてみたいというふうに答弁させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 町長は、町民の目線でということをよく言いますが、町民の目線、例えばこの就学だったら、それにかかわる相手がいるわけですから、その人の目線というか、生活の実態にちゃんと視点を合わせるということだと思うんですね。そういう点では、ぜひこれに限らず、庁舎全体がそういう立場で業務に当たっていただきたいなということを改めてお願いしておきたいというふうに思います。
 それから、生活保護の1.2倍を私今回1.3倍で対象者をということですが、ふやしてほしいということですが、1.2倍で今現在どのぐらいの生活水準のになるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 生活保護基準の1.2倍をもって認定の基準としておりますが、この生活保護基準の額につきましては、その申請の世帯の、まず年齢による需要額というもの、1カ月当たり幾らその生活にかかるかというような需要額というものをその世帯の人数で積算いたしました、そういった額に対して1.2倍を掛けた金額をもって判断するということになっておりますので、基準自体はその世帯によって変わってくるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 自治体によっては、1.3、1.5、それ以上はどうもないようなんですが、そこまで引き上げているとか、もともと、もっと高くしているところあるんですけどもね、今後、そういう検討というのは、もう少し今、子供の貧困ということで、今度町も調査をね、いろいろするようですが、やっぱしそこに見合って、今子供の貧困は親の経済力云々だけじゃなくて、非常に深刻化してますよね。だから、そういう調査をして、そこに見合ったように今後はその辺も含めて対応していくということをぜひお願いしたいんですが、町長にお願いして私の質問は終わりたいと思いますが、どうでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ご指摘につきましては、十分検討してまいりたいというふうに答弁させていただきます。(「どうぞよろしくお願いします。終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 10番、庄司 充であります。議長から指名をいただきましたので、通告順に従って一般質問を行います。
 私の一般質問は、1項でありまして、追跡課題県道白石柴田線の改善についてであります。
 私は、平成21年第4回定例議会と平成25年第3回定例議会、さらに平成27年第4回定例議会において、「安心安全なまちづくりは道路から」という事項で元町長、前町長、現町長三代にわたる町長に一般質問を行ってきました。以来、一部改善・改良はしたものの、根本的な道路拡幅が一向に進展をしないまま、現在に至っております。
 我が町の上下水道完備と道路整備の完成度は、県内でも上位クラスであります。町民も児童たちも、安心して安全な道路を歩けるということは大変ありがたいことであります。しかし、通学路の安全対策はこれで満足というものではありません。歩行者や自動車の運転者も、万全の注意を払っておりますけれども、車社会の現在では、道路を考えずに問題解決にはなりません。そこで、以下、町長に質問いたします。
 1.車両の交通量が年々増加している中で県道白石柴田線、いわゆる上大谷地区の道路の幅員は、昭和30年代から何ら変わることなく、非常に狭く、行き交う自動車や自転車は難儀をしております。
 まして、歩いている人にとっては恐怖さえ感じております。
 この依然として改良されていない現状を町長はどのように見ておられますか。
 2.用水路はコンクリートでできており、歩行者が転落でもしたら大事に至ります。
 道路幅員が狭く、行き交う人と自動車が接触でもしたら、用水路に転落するような箇所は随所に見られます。
 現在、危険防止策はどのように行っておりますか。
 3.上大谷地区の通学路は、現在どこですか。特に、冬季の雪道はこの上ない危険箇所になりますが、上大谷地区の児童の通学対策と、学校の通学指導は、どうしておられますか。
 4.かつて、上大谷地区選出の先輩議員が、いわゆる庄子孝太郎大先輩ですけれども、30年来この問題に取り組んできた上大谷地区県道白石柴田線の拡幅は、地元住民の長年の念願であります。この問題が何十年もの間、実現はおろか、進展すらしなかった理由はどこにあったのでしょうか。
 5.上大谷地区住民の皆さんが訴え続け、私が三代にわたる町長へ投げかけてきたこの課題こそ、現町長に真剣に取り組んでいただきたいが、その考えはありますか。
 以上、私の質問でありますが、町長の答弁によっては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 県道白石柴田線の改良への取り組みについてのご質問でございます。
 議員ご承知のとおり、県道白石柴田線は宮城県が道路管理者でございます。この路線は、道路幅員が狭く、危険が多いことは十分承知しており、これまでも数年にわたり改善要望を行ってまいりました。しかしながら、県としても、予算の関係や費用対効果を検討した優先順位を決定した上での事業実施としていることから、改善に至っていないものと受けとめております。
 なお、今回、議長発議により議員の皆さん全員のご同意を得て、ことし1月に大河原町議会議長とともに宮城県大河原土木事務所長に要望を改めてさせていただいたところでございます。
 次に、用水路の危険防止策についてのご質問でありますが、現在、安全対策として転落防止等のガードレール及びネットフェンスが設置されている状況にございます。
 次に、通学路と児童の通学対策、通学指導はどのようにしているかとのご質問でございます。
 県道白石大河原線は、現在も通学路として指定しているところでございます。
 しかしながら、対象となる上大谷地区の児童につきましては、自家用車での送迎通学になっていると伺っております。
 また、学校におきましては、交通安全指導として、通学時などの安全確保指導を行っているものと考えております。
 なお、この路線の冬季間対応につきましては、宮城県土木事務所に融雪剤の散布を実施していただいているところでございます。以上でございます。(「町長、ちょっと飛んだ。4.5」の声あり)済みません、失礼しました。大変申しわけございません。
 最後に、道路拡幅が進まなかった理由と、私の取り組みについてのご質問でありますが、一括してお答えいたします。
 1点目でもお答えしておりますが、道路改良は県の予算であり、相当な事業費がかかるため、短期間で実施できるものではなく、中・長期的な事業化のための計画が必要であると理解しているところでございます。
 なお、今回の要望におきましては、土木事務所からは、道路幅員が狭く危険な区間について車の相互通行ができるよう改良を計画しているとの前向きな回答をいただいております。
 今後、町議会・県議会・地域住民の皆さん等、より多くの皆様のご協力を得ながら、継続的に要望してまいる所存でございます。
 失礼申し上げました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ご答弁ありがとうございました。
 大河原町議会では、議員が一般質問した事項について、その課題が実施される場合、その後の進み具合、または結果を質問した議員本人に、または議会だよりなどで知らせる方法をとっているのだが、私はこの課題は過去多回にわたり3町長に訴えかけているのに、1回も報告、あるいはお知らせなどなかったが、これはどういう理由なのかお答えください。
 ひょっとすると、私だけ8年間も無視されてきたのか、あるいは、この大事な問題に、上谷地区の大事な問題に町は無関心で来たのか、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 先ほどの町長の答弁にもございました議員さんからの度重なる質問でも回答しておりますように、議会の中で答弁をいただき、それを受けて町としましても県事業ということを鑑みまして、町でできるものにつきましては要望というような形をとらざるを得ないというところを理解してございます。それで、そのたびに、要望を継続的に進めておるということでご理解をいただきたいと思います。
 当然、今回につきましても、議長さん発議ということで、議員の皆さんからの要望活動もしてございます。それは要望活動という一つの行為というような形で捉えておりますので、大変申しわけございません、改めて議員さんにこういう活動というような報告をしなかったものにつきましては、お詫びを申し上げるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 一部、コンクリートの用水路のネットを張った改善はしておられるようですけれども、齋町長は前々回の現職時代、この問題について私から一般質問されているのを覚えておられるでしょうか。
 その当時の答弁の中で、東北本線と白石川堤防の間の広い道路があります。あの道路を利用すれば安全に通れますよとお答えになっておられますが、今でもそう思っておられますか。
 あの道路は、いわゆる工事用の車とか、便宜上大河原から北白河に行く車が行きかう道路だと私は認識しているんです。それで、あの自動車を仮に通学路として考えた場合、利用した場合、途中、子供たちは2回にわたって踏切を越えなければなりません。大変危険な箇所であります。地元の人たちに聞くと、あれは上大谷の人たちが通行する道だとは思っておりませんよと言っておられます。また、地元の人たちは、あれは視野に入れていないんですね。その点、町長はどう捉えておられますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) かつて、私ももう本当にたびたびこの件につきましては土木事務所、あるいは県に要望させていただいてきたところでございますけれども、現状、どうしても広げることのできない箇所というのが誰の目にも明らかだと思います。そのことが解決できないという状況の中で、新たな道路を県道としてつけかえるというその可能性について、当時、お話をさせていただいたものと思います。当然これ、そのことにつきましては、上大谷の住民の皆さん方からもそういったお話があったのは事実でございまして、結果として結論に至ることにはつながらなかったということでございます。
 今回、できるところからやりますよという、実はお話の中で、先ほどの答弁になったわけでございますけれども、地域住民の皆さんの力もかりながら、あるいは土地取得にとっては、土地持っている方の理解が当然なければ進まないわけでございますので、大河原高倉線で実施したコラボ事業、拡幅、道路を広げる工事を私の以前の任期のときにさせていただきましたけれども、ああいった形での取り組みも含めてですね、広くお話をいただいているところでございまして、私としては何としても早く、できる箇所から進めていただくということで、重ねて要望を続けているところでございます。
 今回の議長発議、そしてまた議会の皆さんのご同意につきましては、大変力強いというふうに受けとめているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ありがとうございます。
 私は、上大谷地区に用足しに行く機会がよくあります。今回の一般質問のこともあって、改めてあの道路を数回にわたって車で走ってみました。上大谷、高橋さん宅を過ぎるとすぐ左側に杉山を見て、その前の道路ですね、極めて細い道路に入ります。あれはもう何十年も前からあのまんまでございまして、案の定、対向車が3台、こちらから私の車の後ろにトラックが1台、お互いにしばらく見つめ合いながら、にらめっこして対向車3台が下がってくれました。
 そんな状態がいまだに続いております。これはたまたま私が遭遇したことですけれども、多分、日に何回となくそんなことがあるのではないかなと思っております。
 さて、ちょっと視点を変えまして、平成27年度からの文部省、国土交通省、警察署からの通達に基づき、新たに大河原町通学路など安全対策推進会議を立ち上げました。それは以前に教育長からお話がございました。この会議のメンバーは、どのような人たちで構成されているのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) まず、宮城県大河原土木事務所関係の委員の方、それから、大河原警察署の交通課の課長さん等々ですね、それから、交通安全指導隊の隊長さん、あと民生児童委員連絡協議会の会長さん、そして学校関係からも校長会の会長等々ですね、そして、役場関係では総務課長、地域整備課長、それから教育総務課長、そして会長は教育長が務めております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この会はですね、年に何回かわかりませんが、どのくらいの期間で会議を持たれているのでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 年に1回のペースで、現在開催をいたしております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時より再開します。
     午後0時06分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩中に安藤征夫君より早退届が出ております。なお、安藤征夫君の早退によって、会議録署名議員が1名欠員となりましたので、会議規則第117条の規定により、佐久間克明君を追加指名します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この会議なんですが、主にどのような内容の会議を話し合われるのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 大河原町交通安全対策推進会議、ことし1月16日に開催をしておりますが、その内容につきましては、まず報告事項といたしまして、大河原町通学路交通安全プログラムについて、それから、通学路の改善状況についてというテーマで報告をし、説明をしております。
 それから、協議事項といたしまして、各学校からの通学路等の状況と要望等についてということで、各小学校、中学校の学区内の要望事項等について、その内容を検討いたしまして、合同点検等を行う計画等について協議しております。
 なお、さらに県道の要望箇所についての検討も行ったところであります。
 それから、重点箇所というところを幾つか決めておりますが、その箇所の確認及びその対策についての取りまとめを行いまして、その改善実現に向けた要望等、それから具体的な進め方等について協議をしているところであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この会議で話され、まとめた事項は、どの部署で解決または実施するゴーサインを出すのは誰なんでしょうかっていうとおかしいんですが、でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 通学路の関係が主なものでございますので、教育委員会のほうでこの会議等は進めさせていただいておりますが、実際に道路管理者であります町、いわゆる地域整備課がその改善内容等に合わせた事業計画等を作成すべく、この後対策を講じていくということになっていくかと思います。
 なお、県道につきましては、あくまで県のほうの事業ということになりますので、県に対しての働きかけ、要望等を続けていくということになったところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 町内各所の通学路コースの中で、特に心配されるコース、または危険だなと問題にされている地区は、この会議では話されたんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) この会議におきましては、南小学区、それから金ヶ瀬小学校学区において特に重点的に対策が必要であるというところを協議をいたしました。大河原小学区につきましては、次回に重点的な検討を行うことになりますが、南小学校区においては、当然県道でありますけれども、白石柴田線の関係についての協議も行われました。
 それから、新墓、いわゆる原前霊園前の変則交差点の安全確保についての協議が行われております。
 それから、金ヶ瀬小学校区におきましては、土手下地内の町道の深い側溝がありますけれども、側溝のふたがけについての検討を行ったところであります。
 さらには、金ヶ瀬小学校の近くにあります見通しの悪い丁字路といいますか、その道路の安全確保のための方策についての協議を行っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この会議にですね、上大谷地区の通学路のことは問題視されなかったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) この会議において県道白石柴田線、いわゆる通学路となっているということを踏まえまして、その改善が必要ということを協議したところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 平成27年第4回定例会で私がいたしました同一般質問の中で、当時の地域整備課長がこのように言っておられます。「平成25年の庄司議員の一般質問を受けまして、町としましては10月に大河原土木事務所のほうに早速要望いたしてございますが、そのとき、土木事務所のほうの回答でございますけれども、震災復興と重なっている大変な時期であるということでありますので、今後の県の課題といたします」このように答弁されておりますけれども、以後、以後というのは、当時からの以降ですね、県と何回折衝をし、どのような成果が得られたのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ただいまの質問でございますけれども、平成25年度に要望した時点では、一応そのような状況でございました。それで、ただいまの議員質問がございますように、交通安全対策推進協議会にちょっと触れさせていただきたいと思います。
 これにつきましては、平成24年、25年ということですね、全国的に歩道における小学生の交通事故が多発したというような経緯がございます。新聞紙面でも取り上げられたとおりでございます。具体的に言えば、奈良県で歩道を走行中の小学生が車にはねられるという事件がございまして、それを受けまして、まず学校管理者、道路管理者、警察ということで、3省の緊急の合同パトロールを実施しているところでございます。それで、そういうもろもろを踏まえまして、3省の中で推進協議会をまず設立してくださいというような話になってございます。その後、それらを踏まえまして、推進協議会の中で重点事項ということで、そういうさまざまな危険箇所が当然見受けられますけれども、その中で重点箇所をですね、協議しなさいよというような形で、その後継続的に、先ほど回答ございましたように、1年に1回ずつの推進会議を開催しています。
 それで、その推進の中で、重点事項というような路線につきましては、当然3省の中で協議をして、安全対策を施工しなさいというような道筋になってございます。具体的に言いますと、平成26年に大河原小学校の裏側のですね、ガードレールの設置、それは道路管理者が設置してございます。あと、中学校の前の信号機の歩道の設置、それについては警察がそれぞれ設置をしているということで、推進協議会の中でまず優先順位で重点箇所を位置づけなさいというのがまずございまして、それを踏まえまして、安全プログラムというような計画を作成するものでございます。それで、その安全プログラムの中に盛り込まれたものについては、各省、各管理者が優先的な順位を勘案しまして施工するというような運びになってございます。それで、先ほど議員さんからの質問でございますけれども、25年度以降につきましても、土木事務所の要望、あとは町村会等の要望も書面で行っているものでございます。それを踏まえて、今回の推進協議会の中でもですね、重点的な位置づけをしていただいたと。それらは当然今までの経過として継続的な要望を踏まえ、そういう重点プログラムの中に織り込みをされることによって、その路線の重点事項がランクアップされていくというような認識をしてございます。
 それで、先ほど町長が回答しましたように、今回の要望につきましては、前向きな検討をいただいているということで、町の事業じゃなくて県の事業だということも考えまして、我々にできるものにつきましては、やっぱりその要望活動が必要でございますし、そういう他省庁との協議を踏まえて、そういう重点箇所をランクアップしていくというようなものが必要になるものと理解してございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 先ほど町長からの答弁の中で、議長発議により議員全員の同意を得て土木事務所に要望したと。これは本当に、まさに一歩前進でございますけれども、これはですね、この県のほうから回答というか、返答といいますか、そういうのはいつごろになるんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今回の要望につきましては、議長、町長同席をしていただきまして、土木事務所長のほうに要望をしてございます。
 それで、先ほど町長の答弁にもございましたけども、道路改良にはさまざまな事業がございます。今回、県のほうで考えているものにつきましては、コラボ事業ということで、おおむね予算、たしか3,000万、それで2カ年程度で一応その最危険箇所、具体的に言えば一車線区間を改良するような、前向きな回答をいただいているということで理解してございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) したがいまして、庄司 充議員が長年要望されておりましたこの県道柴田白石線につきましては、何らかの改善が見られるものというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ありがとうございました。
 いずれにせよ、どのような経路でも、方法でも、この問題が県に届いたということは、遅まきながら一歩前進であります。これからが大変だと思います。これからが大変だと言ったのは、県道白石柴田線の改善、道路拡幅に向けてやっとスタート地点に立ったんだなという認識をしております。たとえ国や県の仕事であっても、町民の利便性が上がるのであれば、町がやろうという気構えで取り組むべきであることは町長も十分にご承知だと思います。上谷地区、地元は、この上谷地区の問題は、地元が生んだ齋町長だからこそ、この仕事はあなたが実現することによって意義があると、私はそう思っております。どうぞ誇りを持って取り組んでいただきたい。そして、早急にこの課題を解決、実現していただきたいと思います。
 それで私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番堀江一男でございます。
 私の一般質問は2項でございます。
 1項目の保育士不足について、これは万波議員とほぼ同じような内容の質問ということになりましたけれども、通告してございますので、通告に従ってお尋ねをしたいと思います。
 ことしの1月下旬に町内の私立保育園から保育士不足の厳しい現状を訴える書状が届きました。これは、私だけでなく全議員や町にも届いているものと思われます。町の保育所や児童館における保育士の確保も厳しい状況の中、私立保育園における状況はより厳しい現状にあります。町長は、「一歩先行く元気なまちに」をスローガンに「子ども子育て支援と教育の充実」を公約の一つとして掲げていますが、このような現状を踏まえ町長に伺います。
 (1)町内の私立保育園に入園している児童数から見て、本来必要な正規保育士は何人で、何人が不足しているのか各保育園ごとに示していただきたい。
 (2)待機児童がいる中で、保育士不足で受け入れが困難な保育園はあるのか。あるとすればどこの保育園で、児童数にすれば何人になるのか。
 (3)町立保育所の保育士と私立保育園の保育士の給与の格差はどのようになっているのか。初任給の給与と5年、10年、20年勤務した場合の格差を示してほしい。また、県内の市町村で私立保育園に市町村独自に助成金を出しているところもあると聞いているが、その内容を把握しているなら示してほしい。
 (4)町で保育士を募集しても応募者が少ないと聞くが、町より厳しい私立保育園への応募は大変厳しいものがあると思われるが、町としてどのように対応しているのか。
 (5)町長公約の「子ども・子育て支援と教育の充実」の中で、0歳から2歳児の待機児童の解消とありますが、具体的にどのように解消させようとしているのか。
 (6)前町長は看護師、保育士、介護士等の人材確保のため、町独自の奨学金制度を検討されていたが、町長はどのように考えているのか。
 以上、答弁によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 まず、万波議員にもお答えしましたが、町内の私立保育園から全議員の皆様宛てに送付された書状につきましては、町宛てには届いておりませんが、情報としては入手しているところでございます。
 それでは、初めに、町内の私立保育園の児童数と必要な保育士数についてのご質問でございます。
 私立保育所の中で、定員を超えて児童の受け入れをお願いしている保育所が2カ所ございますが、いずれの保育所につきましても、保育士数に合わせての入所児童数となっており、現状より余裕のある保育のためには、あと2人ないし3人の保育士増が望ましいところでございます。
 また、定員に満たない児童数にとどまっている保育所が1カ所ございますが、まず定員までの児童の入所を目指したいところでございまして、そのためには、あと3名以上の保育士増が必要なところでございます。
 次に、保育士不足で受け入れが困難な保育園があるかとのご質問でございますが、第一光の子保育園は、現在のところ定員までは11人入所できていない状況でございます。
 次に、町立保育所と私立保育園の給与の格差と市町村独自の助成金についてのご質問でございます。
 平成28年度についてでありますが、初任給が、町立は短大卒で月額約16万2,000円、年収で250万円程度、私立は、施設により違いはありますが、月額で15、6万円から18万円ぐらい、年収で200万円から260万円程度となっております。
 5年勤務では、町立は月額約20万円、年収で330万円程度、私立は月額で18万から20万円ぐらい、年収で280万から300万円程度となっております。
 10年勤続では、町立が月額約22万円、年収で360万円程度、私立は月額で22万から23万円、年収で340万から370万円程度となっております。
 20年勤務では、町立で月額約30万円、年収で520万円程度、私立は月額で20万円から26万円ぐらいで、年収は350万円から400万円程度となっているようでございます。
 また、民間保育所への市町村独自の助成状況につきましては、県内全市町村の資料はありませんが、仙南で唯一民間の認可保育所がある白石市は、運営費補助として1施設当たり年間約50万円を助成しているようでございます。
 また、情報といたしまして、大崎市や亘理町が児童数に応じて運営費補助金を助成しているようでございます。
 次に、私立保育園の保育士募集に対しての町の対応に係るご質問でございます。
 現在までのところ、町としまして特別な手だては行っていない状況でございますが、2月に各施設長にお集まりをいただき、平成29年度の入所受け入れや、今後の対応についてご意見を伺ったところでございます。
 次に、ゼロ歳から2歳児の待機児童の解消についての質問でございます。
 待機児童を常時ゼロにすることは大変困難なところではございますが、まずは保育士不足を解消できるよう、国の処遇改善策の活用など、各保育施設との協議を継続しながら、対応施策を検討してまいりたいと考えております。
 次に、看護師、保育士、介護士等、人材確保のための町独自の奨学金制度についてでありますが、町独自で奨学金制度を運営することは財源面、運用面、債権の管理など課題が多く、実現は難しいものと考えているところでございます。
 なお、保育士資格の取得を目指すための奨学金につきましては、宮城県社会福祉協議会が「保育士修学資金貸付事業」を平成28年度から実施しており、この奨学金は、卒業後に宮城県内の保育所等で5年間就業した場合は、返還が免除される制度となっており、各保育士養成校を通じて、学生の皆さんに周知されているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 内容が似たようなので、こっちに飛んだり、こっちに飛んだりするかもしれませんが、よろしくお願いをしたいと思います。
 まず、保育士が不足しているということは、町長も認識されているということで、これはわかったわけです。それで、現在よりあと2、3名の保育士が望ましいということもわかりましたけども、ただ、残念なのは、この保育士をじゃあどうしたらふやせるのかという回答がないんですね。町立でさえなかなか応募者が少ないというふうに聞いておりますが、私立になればもっと厳しいものと思います。まして、(3)で聞きましたように、給与の格差が、初任給は大体町の基準に合わせているように私は聞いておりますけれども、それが年々、年々、結局町職員ですと3号俸から4号俸ぐらいずつ1年で上がっていくわけですけども、民間保育士の場合は、1号俸か2号俸ぐらいでとどまっていると。そうすると、年数がたつにつれて、だんだん、だんだんそこに格差が出てくる。そうしますと、結局、給料が安い、そういったことでなかなか就職してくれる人がいないというふうに聞いているわけでございます。
 そういった中で、やはり保育園の子供というのは、万波議員もおっしゃいましたけれども、町が責任を持ってやっぱりやっていかなきゃならないということだと思うわけです。そういった場合に、やはり同じような待遇で、できれば町とまるっきり同じというわけにはいかないでしょうけども、同じような待遇でやはり働いていただくためには、町独自としてのね、やはり補助金が私は必要なんでないかと思うんですけども、残念ながらこの答弁にあるようなんですけども、対応施策を検討してまいりたいということなんですけども、20年前にですね、約20年前に、逆な現象あったんですよ。保育所に保育児童が少なくて、そして、先生をやめさせるかどうかというふうな問題まであったんですよ。それとも職員の給料をカットするかどうかって。そのときに民間の保育所から要望がありまして、1人から2人分の1年間の人件費を補助したことがあるはずです。多分その要綱がまだ民間保育所運営費補助金要綱だったと思いますけども、あるかと思うんですけども、このようなことを積極的に考える考えはないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 万波議員の際の答弁もさせていただいたところでございますが、現実的には保育士の処遇改善、あるいは施設への支援補助金ということを除くと、解決の道はなかなか厳しいという認識は当然私も持っているところでございますが、例えば、仙台から保育所を新たに引くことができる環境をつくるために、仙台と同じにしても多分それは難しい、仙台よりもやっぱり高くしないと来ないというぐらいの現実があるんだと思います。
 先ほども申し上げましたように、保育施設の所長のご意見等も踏まえて考えると、近隣市・町の中で保育士が動いているというのが現実でございますので、なかなかうちの町だけ上げて対応するというところに踏み切れないというのが現実でございます。よって、個別にどういった待機解消のための手だてが立てられるのかということを議論させていただきながら、これから立てる方策を検討するということになるものというふうに理解しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 先の万波議員のときの答弁の中に、同じように我が町だけがよいという問題ではないというふうな、広域連合の問題やら、さらには近隣のことも考えなければならないというふうに言われたわけですけども、自治体というのは、町独自でいろんな政策を打ち出していくのが自治体なわけで、確かに地域連合としてやっていかなければならない部門もあるかと思います。しかし、それはあくまでも首長たる町長が、自分はこの町をどういうふうにしたいんだというふうな方向で進むのが私は当然のことだと思うんですよ。前、総務省の発表がありましたけれども、消滅都市問題が騒がれたことがあります。そのときに、仙南で残るのは大河原と柴田町だけなんですよ、あそこで出ていたのは。そうすると、大河原町と村田町とか、あとほかの町とか、川崎町とか、おんなじことやっていたらば、大河原町の発展ってないと思うんですよ。やはり町独自でこういうふうな施策をすっから、町民になってください、大河原町に来てくださいというのが、私は町長の姿勢だと思うんです。それは、その町長によっては、福祉のほうに力を入れる町長もいれば、商業のほうに力を入れる町長もいれば、農業に力を入れる町長もいるかと思います。ただ、基本的に私考えるのは、我が町だけでいいという問題、それから、町だけ単独で補助するのはどうなのかという考え方については、私はちょっと、それでは町の発展というのがなくなるんじゃないか、魅力がなくなるんじゃないかと思うんですけども、町長いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 我が町の対応が著しくおくれているというような状況はもちろん、決して許してはならないというふうに、まず思うところでございます。そしてまた、うちの町が、先ほども申し上げましたように、先導的に政策を進めて、そして近隣も含めてみんながやっぱり喜んでいただけるというのが理想であることは間違いないというふうに思うわけです。
 もちろん、我が町の現状をどう改善していくかということを考えなくていいという話をしているわけではございませんで、考えながらも、しかし全体を見るということが、我が町の果たしていく役割の一つでもあるのではないかというふうに私は考えております。
 そういう観点から、協調して進めていく、あるいは視点を広げて広域全体、2市7町全体で考えていくという視点に立った課題解決策、そういうことも議論していくべきではないかというふうに思うところです。どうしてもこの課題にまず真っ先に取り組まなきゃならないという状況になれば、それは当然議会にもご相談させていただいて、新たな施策立てをする、そういう事例もたくさん、もちろん生まれてくるところでございまして、今回、議論になっているこの保育士の問題につきましては、地域全体として相当根深い課題を抱えているというのが私の認識でありますので、ぜひご理解を願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 町長も毎日テレビを見ているかと思うんですけども、今テレビで毎日のようにこの保育園落ちたという問題で報道されています。全国的に、とにかく全国的に保育士が不足していると。保育所も不足していると思いますけども、基本的に保育士が不足しているというふうな部分だと思うんですよね。そうしたらば、むしろ大河原町でもさきの答弁でもありましたけれども、今現在で71人、4月1日現在でですか、71人の待機というか保留が出てきていると。それが7月以降になると随分減るというふうなこと、答弁ありましたけれども、それでもってもね、やはり待機児童が出るくらい、12人いれば、例えば光の子ですか、2、3人の保母さんがいればクリアできるという、極端に言えば。だこったらば、もう少しその保育士をね、町独自でやっぱり確保していくような努力というのは、私は必要でないかと思うんですよ。ですから、保育の現場のいろんな話を聞きますと、まあ町長もわかってっかと思いますけども、1歳、2歳児の場合は何人、保母さんつかなければならない、人数によって違いますよね。5歳児になれば30人に1人とか、3歳児だこったら20人に1人の保育士をつけなきゃならんと。ゼロ歳児なら3人に1人とかというふうな形で決まってるわけで、その年、その年によって保育所は入る子供の年齢によって物すごく右往左往されるわけですよ、その単価によって。ですから、その単価によって、非常に不安定な経営をしているのが今の民間保育所だと思うんです。その辺を解消するための手だてとして、町としてやはり考えていく必要があるんじゃないかと私は思うんですけどもいかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) いや、これまでの議論のほかにですね、さらに今堀江議員からも関連指摘がございましたけれども、未満児への対応がふえている、なおかつ障がい児のほかに発達障害が疑われるようなお子さんも増加しているという現実がございます。それ一つ一つ対応していくと、町の保育所であっても臨時の保育士さんのほうが多くなるぐらいの現実が生まれていて、その先に、この課題を解決していく道はなかなか厳しいと、町の保育所であってもですね、現実があるわけでございまして、ご指摘のとおり私立の保育所、保育園につきましては、さらに重なる苦労があることも当然理解しているところでございます。私、まだつぶさにですね、アンケート結果は見ておりますけれども、現実の状況について、さらに確認をさせていただく時間が必要だというふうにも考えておりますので、決してかたくなに、支援の手を拒否するということではもちろんございませんので、現状をもう一度確認させていただき、また、待機は71人ではないんですね。保育に欠ける子になれば、保育に入る状況にある人が38人いて、さらに今後、育休明けのような形で子供をという方が21人いる、つまり、おっしゃいましたように、12人ということでございますので、基本的にはこの12人を何とか待機にしないための努力は当然具体的に検討していくというふうに思っているところでございます。
 逆にですね、議員各位の知恵、具体的なその方策にかかわる知恵をですね、与えていただければ大変ありがたいというふうにも考えるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 町長の公約にですね、若者の定住と人口減少対策ってありますよね。これは非常に私は大切だと思うんですよ。ただ、その若者を定住させるためには、やはり子育ての環境というものをきちっとしていかないと定住はしないと思うんですよ。ですから、ほかの町がどうのこうのということじゃなくて、大河原町としてどう考えていくのかということを私はやっていただきたいと思うんですよ。例えばですね、町長の施政方針の中に、胃がん検診の無料化というものをうたいました。私は非常にいいなと思いました。あれだって県内でほだにやってっとこないでしょう。だったら、それとおんなじようにですね、今働きたくても働けない、子供がいるから働けないというお母さんがいるわけですから、現実問題として。ですから、その若い人たちを働いていただいて、保育園できちっと受け取ってもらうというための、やはり施策というものを真剣になって私は考えていくべきだと思うんですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ご指摘のとおり、保育環境を考えていく上では、雇用があって、その多様な働き方が生まれてくるということが解決策にやっぱり大変大きな問題という認識は持っております。複合的に考えていく必要が当然あるわけでございまして、政策として具体的に進めていく上では、まだまだ吟味が必要だというふうに考えているところでございます。
 あれ、もう一つございましたね。答弁漏れありませんか。よろしいですか。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでですね、長期的な問題として、やはり保育士とか看護師、中核だって看護師いなくて困っているわけですよね。そして、例えば桜寿苑とかそういうようなところについては介護士がいないと、大変だというふうな状況にあると思うんですよ。そうしたらば、確かに社会福祉協議会やなんかで補助金の奨学金制度とか何とかをやっていますけども、例えば大河原町独自で上積みをして、大河原町に例えば民間であろうが、公立であろうがの、保育所なり、病院なり、老人ホームなり、そういうなところで、その資格を持って働くということであれば、そういう人たちのために、例えば5年間町内で働いてくださいよと。そうした場合には、奨学金は免除しますというふうなような、人材の育成というものをしていかないと、結局は仙台だら仙台にばっかり行くとか、東京だら東京にばっかり行くというふうな結果になってしまうので、やはり人づくりをね、大河原町独自でやっぱり人づくりをしていかないと、なかなか私は難しいんではないかと思うんですけども、この考えはどうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 重ねてご指摘のとおりと理解するところでございます。東京はこれからますますブラックホールのように働く人を吸い寄せる、介護需要もそうです、保育も待機児童がふえ続けている現実もあります。2万円、東京は保育所の給料を上げるということで、またそういった流れが加速される状況に日本全体があるわけでございまして、そういったことを考えれば、もちろん我が町として今できることをどう立てるのかという議論はもちろん必要だと思いますし、やぶさかではないわけですけれども、これをやっぱり地域全体の問題として解決する、もう何度も繰り返しになりますけれども、そういう視点も持ちながら、少しお時間をいただいて、現実的な対応がどういう形でとれるのか、担当課とも絶えず議論を今し続けているところでございます。残念ながら検討する、考えるぐらいの状況で、一歩も前に進まないという現実はありますけれども、しかし、このままでいいという認識では、何度も申し上げますが、ないわけでございますので、ぜひですね、議員各位のお力添えもいただきながら、改善策を立てていきたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) なんか私が言わんとしているのと、町長とちょっと食い違う部分があるんですが、町長、一歩先行くまちづくりでしょう。一歩先行くんでしょう。ほしたらば、確かにいろんな医療関係とか何とかの地域連携というのは、それは必要だと思うんですよ。ただ、やはり町長として大河原町を住みよくする、みんなに大河原町に住んでいただきたい、そういうふうな気持ちがあるならば、ほかの町とおんなじことやったって集まってこないと思うんですよ。やはり大河原町だら大河原町独自で、大河原町はこいなことやってますから、子育てのお母さん方、大河原町に住んでくださいとかって、そういう考えがなければ、どこさ行ったって同じ。やはり、大河原町としてやっぱり独自の政策を打ち出していくということが、私は一歩先行くまちづくりじゃないんじゃないかと思うんですよ。それをね、ほかの町、近隣の市町村どうのこうのっていうふうなことを言ってだったら、近隣の市町村とおんなじように廃れていきますよ。ですから、やはり大河原は大河原としてどうやって生き残るかということを真剣に考えていかなければ、私はならないと思うんです。そのための施策を町独自として打ち出していくべきじゃないですかと私は言っているんですけども、私の考え間違ってますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 間違ってるというお話ではもちろんないわけですけれども、我が町の持っている特徴を生かして、そして仙南全体の中でも中心にある我が町の役割をさらに果たしていくということを申し上げているところでございます。ですから、決して議論がかみ合ってないということではないと思います。うちの町に住んでいただくために、例えば教育がブランド化されていく、子供たちが優秀だと、これ誇れることでございますし、住む場所としての位置づけをいただけるかもしれない。医療機能が高まって、その高い医療機能を身近に享受できる、そのことも住まう大きな選択の要因になっていく、そういう我が町が持っている特徴は当然一生懸命生かしていく、そしてまたそれが仙南全体に波及して、先導的な効果を発揮する、これが私は先進のまちだと申し上げているところでございます。具体的にこの問題に、例えば1施設何万円の補助をするとかですね、あるいは保育士当たり幾らのお金を上積みする、それは決してできないことではないんです。でも、そこにたどり着くにしても、議論しなければならないこと、あるいは検証しなければならないこと、あるいは実際に運営している施設の皆さんとさらに議論を深める必要があるというのが現状認識でございまして、この現状認識に立って答弁をさせていただいているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大河原町のこういう今の現状、これは先代の人たちらが築いてきたものだと私は思っております。結局、町に、大河原町にですね、郡役所をつくり、さらには合同庁舎まで持ってくる、町の土地を提供しながらもそいなぐやって裁判所や何かつくってきたわけですよね。そして、近ごろでは中核病院を誘致して、大河原町にやってきたというふうなのも、先代の人たちらが培ってきて、今のこの町があるわけですよね。ですから、その町をよりよくするためには、町長として全部とは言いませんよ、この何もかにも全部やれ、先進してやれったって、財政があるわけですから、それは無理だと思うんですけども、町長が公約でうたっている限りの中においてね、子供たち、若者が定住する、そういったもの、それから、女性や高齢者の雇用に対する支援と、こういうふうに打ち出してる部分について、自分がこいなことをやりたいということで公約したわけですから、その部分に対しては積極的にやはり進めて行くべきだと思うんですよ。だから、そういう意味で、その金の問題も私は大切だと思うんです。民間からすると非常に。それと、例えばですね、民間のほうで聞くと、人材バンクっていうんですか、ハローワークでなくて、東京にある人材バンクあたりに学生がそっと登録するらしいんですね。そして、その人材バンクから派遣される。そうすると、10%から20%手数料とられるらしいんです。臨時のほら、職員を、保母さんを採用すっときですね。そうすっと、ぐっと安くなってしまう。例えば、カトリック保育園では、臨時の保母さんは900円だそうです、時給。それが10%、20%引かれるようになったんでは、来なくなっから、人材バンクを通すんじゃなくて、ハローワークを通してくださいっていうことを頼んでるっていうわけです。だから、時給900円ですよ。
 総務課長、今の保育園の保育士の時給は、大河原町は幾らですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 29年度の処遇改善といいますか、臨時職員の最低賃金が引き上げされたことに伴いまして、ほとんどの職種を見直しにかけてございます。基本的に臨時職員については、一般職ですと880円で、技術職ですと多分千幾らだったと思います。さらに、嘱託につきましても、今回それなりに勘案させていただきまして、引き上げを図っているところでございます。以上でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ですからね、今現在、多分980円くらいですよね。来年、29年からは1030円。ですから、民間では900円でお願いしているんですよ、臨時職員を。町の場合は980円なんです。ですから、こういうふうに差が出てくるんですよね。そうすると、同じ保育園で働きながら、やはり町と比較するのはどうかって言われるかもしれませんけども、やはりその部分も含めて、前向きに検討していただきたいなと。特に補助については前向きに検討していただきたいということと、それから、胃がん検診のように、先進的にやるんだったら、大河原町でも先進的にいろんなことをやっていただきたいなということをあえて要望しますけども、よろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 12月議会でも申し上げさせていただいたところでございますけれども、私の考え方、公約にかかわるご指摘もございました。その掲げた内容につきましては、私が直に町民の皆さんとお会いし、また、地元企業の方々とお話をさせていただく中で、実感したものを政策としてやるということで掲げたものでございます。ですから、そのことに目をつむるつもりは全くございません。しっかりと町民の皆さんのご理解も得ながら、そしてまた、繰り返し万波議員からもご指摘ございましたけれども、町民の皆さんの目線というものも大事にしながら、具体的な対応は立てていくということにさせていただく覚悟をしております。しかし、全て同時にスタートを切れるという状況でない問題も中にはございます。今回、より具体的な議論としてこの保育所の問題が取り上げられておりますので、ここで前向きに、あるいはそうやるよう努めますというお話は決して難しいことではないんですけれども、もう少し実態を見させていただいて、そしてまた、打てる手だて、あるいは地域全体の課題として取り上げたときにどんな新たな視点が生まれるのか、そういったものを全てですね、もう一度確認をさせていただいて、その上で具体的な対応について答えを出していく、そういう意味での検討をする、考えるということでございますので、ぜひご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) あと、この項の最後になりますけども、おっきな事業所というのはあんまり大河原はないんですけども、大きい事業所等については、事業所内保育所、その辺の推進をぜひお願いしたいなというふうに思います。そうすることによって、事業所内の保育所ができれば、そっちに入る子供たちもいますので、そうすっといくばくか楽になってくるのかなというふうに思いますので、その辺もお願いをしておきたいと思います。
 それでは、次の項に移ります。
 金ヶ瀬地区への児童館建設について。
 金ヶ瀬地区への児童館建設については、以前、私が金ヶ瀬カトリック保育園と金ヶ瀬小学の間の土地、田んぼですけども、を町が買い取り、児童館を建設して、その運営をカトリック保育園に委託してはどうかとの提案を行ってきましたが、昨年、子ども家庭課より説明を受け、金ヶ瀬カトリック保育園の改修、新築とともに、児童館、児童館じゃなくて児童クラブのようだったんですけども、を建設して委託する方向で検討しているとのことでしたが、その進捗状況について伺いたいと思います。
 (1)金ヶ瀬カトリック園側との協議はどの程度進んでいるのかお伺いします。
 (2)児童館の、児童クラブですか、児童館の建設は保育園で行うとのことだったが、なぜ町として建設しないのか、問題はないのか。
 (3)保育園側は、保育園舎の建設と児童館の建設で多大な費用負担が生じることとなるが、町としてどのように支援していくのか。光の子児童福祉会の保育園2つの保育園の建設に当たっては、町有地の無償貸与や、町独自の補助があったが、光の子児童福祉会への町の対応と金ヶ瀬カトリック保育園に対する対応と格差が生じないようにすべきであると思うが、町長の見解はどうか。
 まあ、町長の施政方針や、それから予算書を見ますと、若干、若干じゃないね、結構な金額も組まれているようでございますけども、この見解についてお伺いします。
 それから、児童館建設と保育園庁舎建設については、震災後、建築費用が1.5倍くらいに上がったと聞いております。また、保育園隣の土地は埋め立てが必要だと思いますが、この経費も大きいものと思われるが、町としての手助けをどう考えているのか。
 (5)児童館運営を保育園に委託するようであるが、その内容はどのように考えているのか。特に、職員体制と給与体系はどのように考えているのかお伺いしたいと思います。
 答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、堀江議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 まず、金ヶ瀬カトリック保育園との協議のご質問につきましては、園庭の造成や園舎の建設、資金計画などについて町と法人とで協議を継続している状況でございます。
 次に、放課後児童クラブの建設を保育園で行うことについてのご質問でありますが、児童クラブ室は、保育園舎と一体的に建設していただき、児童クラブ室の建設費は町で補助金として園に助成することで保育園と合意しており、その経費を平成29年度予算に計上したところでございます。
 教室を園の持ち物とすることで、児童クラブの利用がない時間の教室の活用が園で自由にできることとなり、今後子育て支援センターのような事業の実施も可能になるものと考えているものでございます。
 また、放課後児童クラブ室の建設は、法人であっても国の補助の対象となり、特に問題はないものでございます。
 次に、保育園建設に対しての町の支援についてでありますが、平成29年度予算で保育所整備事業費補助金として約1億7,400万円を計上しております。その内訳は、国からの法定補助が約1億円、町の法定補助が約1,200万円、また、町独自の助成として、児童クラブ室建設分として約2,500万円、園庭の造成費用として約3,700万円となっております。
 町の助成といたしましては、これまでの保育所建設と同等の支援と考えているところでございます。
 次に、建設費用の値上がり、土地の埋め立てについての手助けについてのご質問でございますが、園舎の建設費につきましては、国の補助基準に基づいて、町から補助金を交付することで対応しているところでございます。
 また、土地の埋め立て費用につきましては、擁壁工事を含め、造成に係る経費のほとんどを、町から助成する考えで計算計上しております。また、盛り土に必要な土につきましては、町や国の工事に係る公共残土を無償で利用できるよう、関係機関と調整しているところでございます。
 最後に、児童クラブの運営委託の内容のご質問でございます。
 平成30年度から、放課後児童クラブ1クラス分、40人から45人の運営をお願いしたいとの内容で、協議を進めているところでございます。なお、現在のところ、園舎建設工事関係の協議が主なものとなっており、児童クラブの具体的な内容の協議はこれからの予定となっているものでございます。基本的には現在の町の児童クラブの運営体制と同等の体制をお願いし、運営に必要な経費を委託費としてお支払いしたいと考えているものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩します。
     午後2時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 金ヶ瀬カトリックの児童館でなくて、児童クラブというふうな形のようになったわけでございますけども、私だったらば児童館建ててほしかったなと思うんですけども、まあ児童クラブでも半歩前進なのかなというような考えでございます。
 それでですね、園舎と一体として使うというふうなこと、それはそれでカトリック保育園側としては非常にいいかと思うし、補助についてもわかりました。
 ただね、1クラス40人から45人というふうなことですけど、これ何クラスつくるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 金ヶ瀬カトリック保育園にお願いする分については、1クラス分、40人、45人をお願いしたいと考えているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 先ほどね、万波議員の質問の中で、金ヶ瀬で2カ所ですか、2カ所あって、今度の状況だと、63人の申し込みがあって59人というふうな形のようですけども、受け入れるのが。あと、一時利用が4人ということになれば、金ヶ瀬カトリックさいるだけでも足らないというふうになるわけですけども、まして今後、広表地区の子供たちがふえてくるんでないかなというふうな気はするんですけども、そういった場合に、金ヶ瀬カトリックのほかに別にまた児童クラブというのをもう一つ設けるということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 現在は、金ヶ瀬小学校に1クラブと、民家を借用してやっておりますが、その民家の分につきましては、カトリック保育園にお願いしたいということで、現在金ヶ瀬にさらにという部分までは、現在のところは考えていないものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうすると2カ所でやるというふうな考え方でいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) はい、しばらくは2カ所ということで、児童数の推移を見ながらまた検討したいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでですね、金ヶ瀬カトリック保育園に今度そのような児童クラブができるとなった場合、金ヶ瀬カトリック保育園と、それから金ヶ瀬小学校までの香林寺の前の道路ですね、あそこの道路なんですが、香林寺がお葬式あったり、さらにはあとあそこの施設のデイサービスの送り迎え、特に送りですか、の時間帯が重なったりすると、結構あそこ狭いと思うんですよ。それでもって、子供たちの安全確保のためにもう少し田んぼ側をね、もうちょっと道路に拡幅できないものなのか、そういう考えはないのかどうなのかお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 確かに児童クラブになりまして、児童が歩行する状況が生まれてきますと、施設、さらにお寺の利用等で状況が変わるものかとは思っております。どのような対応が必要であるかということにつきまして、効果的な対応ということで、現状を今後見ながら、検討する考えはございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) あそこの道路幅6.5メートルなんですよね。ですから、もう少し幅を広げて、子供たちがせめて歩かれる歩道があればなお結構なのかなというふうに思いますので、その辺前向きに検討していただきたいというふうに思います。
 それとですね、保育園の建てかえとか、そういったあそこの造成といいますか、そういうことについては、住民の周知というのはどうなってるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 現在のところ、造成工事に関して契約業者さんが決まったところかと思われます。今後、造成工事に入ることになりますので、現在、町から特に近隣への周知ということは行ってはいませんが、造成工事に関して今月末にも、末でもないですけれども、間もなく保育園と協議する日程決まってございますので、造成工事の業者さんも含めまして、その中で工事の前には周知するように協議いたしたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 地元の人たちもね、大分不安がっていると思うんで、こういうふうなものをこういうなぐ建てます、こういうふうに造成しますっていうものをね、町でもいいし、金ヶ瀬カトリックとでもいいし、合同でもいいから、地元の人たちにやはりきちっと周知をしていただきたいと思いますけども、それはできますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 3月14日に業者さんを交えて保育所側と会議の機会を設けてございますので、その際に地元への周知についても協議したいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) できるだけいい施設で、いい環境の中で子供たちが育まれるように祈っていたいというふうに思います。ぜひ、町としてもいろいろご指導のほどをやっていただければ幸いと思います。
 以上で一般質問終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2番須藤 慎です。
 議長のお許しを得ましたので、通告に従い一般質問をいたします。
 まず、冒頭、先日の柴田町で発生しました傷害事件、結果的には自作自演という形に終わったわけですけども、教育長初め担当課の方々、学校の先生方に早急に対応していただき、臨時休校までして子供たちにけががなかったことに感謝と敬意を表したいと思います。お疲れさまでした。
 それでは、私は大綱1点です。政策ビジョンと平成29年度予算編成について。
 齋町長が就任して、今回が初めての予算編成となりましたが、29年度予算と書いてますが、予算編成等について以下伺います。
 (1)施政方針でも述べられてはいるが、一般質問通告の提出の際には施政方針、予算書が届いていないためです、29年度予算編成に当たっての町長の思いを伺います。
 (2)町長選挙で掲げた政策ビジョンの以下の項目は、29年度予算においてどの程度反映されたのか伺います。
 1)食の産業振興と企業誘致について。
 2)24時間訪問介護事業への支援と充実について。
 3)町の介護認定率に係る見直しについて。
 4)2世代、3世代を対象とした住宅リフォームについて。
 5)民間企業と連携した空き家バンクの実施について。
 6)ゼロから2歳児の待機児童の解消について。
 7)白石川の河川敷活用による新しい拠点整備(観光スポットやスポーツ施設の設置)について。
 (3)2月18日日曜日、上川原集会所で行政懇談会が行われました。その際に町長は、中央公民館に生涯学習課の職員の配置についての発言がありました。
 1)29年度に実施するとということか。その目的と理由を伺います。
 2)エレベーターやエスカレーター等の設置や中央公民館の改修についての発言もありました。今後、大規模改修するという考えなのか伺います。
 3)今後、総合体育館への職員配置も必要と考えるがどうか伺います。
 (4)学校給食センター建設に向けて、29年度予算には措置されているのか伺います。また、今後どのような方向性で進めていく考えなのか、見解を伺います。
 (5)今後、大河原公園多目的広場の改修も必要と考えますが、29年度予算において調査等は行わないのか。今後の見通しと改修の必要性を認識しているんだかもあわせて見解を伺います。
 中身、大分全協で話された、説明受けた部分もありますけども、答弁お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えさせていただきます。
 初めに、平成29年度予算編成に当たっての私の思いについてのご質問でございますが、まず、「子ども子育て支援と教育の充実」であります。平成29年度は保育環境の充実に向けて、金ヶ瀬カトリック保育園の園舎改築に対し、国からの支援に加えて、町独自の補助金を交付することにより、民間保育施設の充実に向けた取り組みを行ってまいる所存でございます。
 また、世代交流いきいきプラザにファミリー・サポートセンターを開設し、子育て世代のサポートの充実を図るとともに、第3子以降の子供が小学校に入学する際にお祝い金を支給して経済面での支援を行うこととしております。
 さらに、子供の貧困対策として子供の生活実態調査を行い、更なる子育て環境の整備に向けた施策の立案に取り組んでまいります。
 教育環境の充実につきましては、駅前図書館に仮称でありますが、「絵本と学びのへや」を設置し、図書館機能の充実に努めてまいります。
 また、「命を守る。暮らしを守る。」取り組みとして、平成29年度から胃がん検診を無料化し、受診率の向上と早期発見、早期治療につなげてまいります。
 次に、「農業を守り、育てる」取り組みにつきましては、平成29年度から農地中間管理事業マネージャーを設置し、農業者からの相談業務の強化、農地利用集積率の向上を図り、担い手農業者への支援、耕作放棄地防止に努めるとともに、イノシシによる農作物被害対策につきましても、大河原町農作物有害鳥獣対策協議会への負担金を増額し、対策強化に取り組んでまいる所存でございます。
 このほかにも、予算には計上しておりませんが、喫緊の課題である大河原町給食センター改築へ向けて、早期の道筋づくりの取り組みや、みやぎ県南中核病院と公立刈田綜合病院との連携強化による医療環境の整備にも取り組んでまいります。
 以上、予算編成に当たり、5年先、10年先を見据えたまちづくりが私の思いであり、日ごろから申し上げております「認め合い、支えあい、活かしあう、一歩先行く元気なまち」実現の予算編成といたしたところでございます。
 続きまして、私が選挙時に掲げた政策ビジョンの新年度予算への反映についてのご質問でございます。
 最初に、食の産業振興と企業誘致についての予算の反映でございます。
 まず、食の産業振興につきましては、もち豚を中心とした地場産品を利用し、町内飲食店が新メニューづくりに着手するための予算を、観光物産協会補助金に加えたところでございます。
 企業の誘致につきましては、川根工業団地におきまして、昨年10月に「宮城ニコンプレシジョン社」が既に操業を開始しております。
 これに続き、「アイリスオーヤマ社」では、現在整備を急いでおります工業用地を4月早々に町より取得し、現在製造している携帯カイロを増産するための新工場の建設にすぐに着手したいとの申し出をいただいております。そして、ことし秋にも操業開始を目指すようでございます。
 なお、この土地譲渡により、工業用地造成特別会計は、29年度内に閉鎖するよう予定しているものでございます。
 また、既に町より土地を取得いただいております「コイワイ社」からも、新しい工場建設等の事業計画をいただいておりますことから、川根工業団地への企業誘致は、順調に一段落するものと考えております。
 また、一般会計においては、これらの企業の事業展開に伴う、町条例に基づく奨励金等を計上しているものでございます。
 次に、24時間訪問介護への支援と充実についてのご質問でございます。
 平成28年12月議会で大沼忠弘議員にお答えをさせていただきましたが、在宅医療・訪問介護は、今後ますます大切になってくるものと思われます。この事業に限らず、市町村における必要な介護サービスの見込み量はその自治体の介護保険事業計画に盛り込む必要がありますが、現在遂行中の第6期介護保険事業計画には、地域密着型サービスである24時間訪問介護事業については盛り込んでおらず、平成29年度予算には計上していないところでございます。
 今後、利用者のニーズや事業に取り組もうとする事業者の有無などを踏まえながら、第7期介護保険事業計画策定をする中で検討してまいりたいと考えるものでございます。
 次に、町の介護認定率に係る見直しについてのご質問でございます。
 町におきましては、長年介護予防に取り組んできており、各地区においても自主的に介護予防につながる活動も盛んに行われているところでございます。
 また、町民の健康意識が非常に高く、後期高齢者の「健康診査受診率」は県内トップとなっており、生活習慣病保有者の割合も県下2番目に低い状況となっております。健康寿命における不健康な期間につきましても、男女ともに県内で一番低いという統計結果が出ているものでございます。
 このような状況から、本町の介護認定率を低くする状況も生まれてきているものと感じているところであり、今後とも介護予防ににつながる事業を展開するとともに、高齢者の相談に対して親身にお話をお聞きしながら、適切な対応に努めてまいりたいと考えているところでございます。なお、新年度予算につきましては、給付実績、さらに事業の進展の予想等を勘案し、調整いたしたものでございます。
 次に、2世代、3世代を対象とした住宅リフォームのご質問でありますが、平成28年12月議会において万波孝子議員の一般質問にお答えをしましたとおり、平成29年度に制度設計を検討いたしてまいりますことから、予算措置は29年度は行っていないものでございます。
 次に、民間企業との連携による空き家バンクのご質問でありますが、平成29年度は、空き家対策協議会における空き家対策及び民間企業との連携調整を行う予定であります。また、空き家バンクにつきましては、町ホームページでの情報発信を行うこととしておりますので、特段の予算措置まで必要としないことから、計上は行っていないものでございます。
 次に、待機児童の解消についての予算につきましては、特に待機児童対策として予算に組み込んだ事業はございませんが、民間の保育施設への給付費に、保育士確保対策として保育士処遇改善加算を含んでいるところでございます。
 これらの加算につきましては、平成29年度の公定価格の改定など、詳細が通知され次第、補正予算で対応してまいりたいと考えております。
 次に、白石川の河川敷活用についてでありますが、現在は、平成29年1月の補正予算でお認めをいただきました「白石川河川敷土地利用検討業務委託」におきまして、金ヶ瀬さくら大橋から大河原大橋までの未整備区間と、既存の桜堤及び河川敷及び、さらに対岸の大河原公園、さらには白石川河川公園等の一体的な土地利用を検討しているところでございます。この検討結果を取りまとめた上で、町民の皆さんのご意見もお聞きしながら、具体的な整備内容を決定してまいりたいと考えております。
 中央公民館に生涯学習課の職員の配置について、平成29年度に実施するのか、その目的と理由、中央公民館の改修について今後大規模改修をするのかとのご質問については、あわせてお答えをさせていただきます。
 まず、中公民館につきましては、公共施設等総合管理計画により、老朽化の進んでいる施設については、施設の質の保全、長寿命化を図るとの方針が示され、平成27年度から検討をしている、行政組織機構再編の検討の中での利用者重視の考えから、中央公民館と生涯学習課を事務所統合し、より住民と接しやすく利用しやすい施設を目指すため、中央公民館のリニューアル案を庁舎内で選択したところでございます。
 平成29年度予算分につきましては、中央公民館事務室及び隣接する第1会議室を改造し、あわせて新事務所に、また、ロビーと団体室を合わせ、新たに2つの会議室を整備する先行実施事業を予定しております。
 今後は、財政状況を勘案しながら、エレベーター設置を含む中央公民館全面リニューアルを目指す計画となっております。
 体育館への職員配置も必要と考えるがどうかとのご質問でございますが、総合体育館につきましては、現在、指定管理者としてNPO法人大河原スポーツ振興アカデミーにお願いをしている状況でありますことから、今後、大河原町のスポーツ振興のあり方につきましても含めて、改めて検討してまいりたいと考えているところでございます。
 次に、学校給食センター建設に向けて、29年度予算措置と今後の方向性についてのご質問でございます。
 新しい学校給食センターの建設につきましては、平成28年度に基本計画を策定し、引き続き大規模事業評価委員会での審議に向けた手続を進めている状況にありますことから、平成29年度当初予算への計上は行っていないところでございます。
 今後は、老朽化の進んだ現施設からできるだけ早く学校給食事業の継承を行うために、建設用地の確保、施設の建設などの事業を鋭意進めてまいりたいと考えているところでございます。
 最後に、大河原公園多目的広場の改修についてのご質問でございます。
 白石川の河川敷活用でのご質問にお答えしましたが、大河原公園につきましては、現在活用を検討しております白石川右岸河川敷や周辺施設との一体的な土地利用が不可欠であると考えております。公園内の既存施設の老朽化等も見られますことから、現在実施しております業務の検討結果並びに利用状況や皆様方の要望等も集約しながら、計画的に改修を進めてまいりたいと考えるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございました。
 それでは、再質問をさせていただきます。
 まず、町長の施政方針は、施政方針というか思いはわかりましたので、ありがとうございます。
 それで、最初に企業誘致のことですけれども、3社が企業誘致されたということで、これは齋町長も評価しているといいますか、ということでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これまでの取り組み、それがさらに展開されていくということでございますので、大変評価しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それで、今後なんですけど、今3社が決まっているということで、これからさらに企業を誘致していくという考えは、今齋町長の中にあるのか、ちょっとその辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 川根地区の工場誘致につきましては、基本的にひと段落ということで受けとめているところでございます。今後、町内に工場誘致可能な土地等が、実際に町道は狭いので、限られた形になりますけれども、検討していく気持ちは当然あるものでございまして、とりわけうちの金ヶ瀬用水場の伏流水の水質が非常にいいということもありますので、何らかの形で食の産業誘致につながっていけばいいのかなというふうに、私の思いの中でですね、今、画策しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、これからもその水を活用した企業なのか、その辺はこれからなんでしょうけれども、もっともっと、さらに企業を誘致していただいて、雇用も生み、そして定住も図っていただきたいということを強く申し上げたいと思います。
 それで、次に移りますが、介護認定率について。これについてですが、12月議会で私質問、若干触れたときに、町長の答弁では、現状把握と調査を進め、説明のあり方も含めて対応していきたいという答弁をいただいたんですけども、まず、その答弁にもありましたけれども、その調査はもう終わったと認識してよろしいんでしょうか。どの程度までの進捗なのか、その辺、町長の認識をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 現状について、これは客観的な事実として認められたことについては先ほど申し上げたところでございます。おおむね28年度、本年度の推移が11%、認定率11%ぐらいになるのではないかというような予測でございます。今後、これはしっかり確定した状況を踏まえて、さらに検討すべきことございますので、加えた中で6月ぐらいに、前後するかもしれませんけれども、説明責任が果たせる状況をつくれればというふうに今考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) このことについては、町長の耳にも数多くの意見が入っているかと思うんですけども、私の勘違いでなければ、町長に就任されて、担当課といろいろ意見交換をして、その町民から聞いた話と、今の頭の中が若干変わってきた感があるのか、それとも町民の方の意見を聞いた感じなのか、その辺の今の町長の率直な思いお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これ全てを、うちの町における現状、全て私が把握しているということには、残念ながらならないということが前提でございますけれども、私、就任させていただいて4カ月余りがたちましたが、4年間さまざまな方のご意見を聞かせていただいてきた状況からすると、町長に就任させていただいて、さらにそういった要望がどんどん高まってくるのだろうという予測をしていたところでございます。しかし、年明け以降ですね、私のところにそういったご要望や苦情が1件も届いていないというのが現実でございまして、どういう状況がその結果を生んでいるのかということについての考察は必要だと思いますが、少し状況が変わってきているところもあるのではないかと思い始めたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私も情報提供してくれる方、町長もわかっていると思うんですけれども、の直近の話だと、やっぱり変わってないんだという話もあるので、そこは、そこも頭に入れていただいて、もう少し調査していただきたいと思いますし、と思います。よろしくお願いします。
 じゃあ次に移ります。
 ちょっと飛び飛びになるかもしれませんが、済みません。空き家バンクのことですけれども、現在この空き家対策協議会、これはどの程度話し合いが行われていて、どのような内容で検討されているのかちょっと教えてください。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 空き家対策協議会ですけれども、今年度2回ほど開催しております。1回目につきましては、町内における空き家調査の実態というような形の中でお話をさせていただきました。2回目は、1月だったと思いますけれども、新たに会長が町長ということになりますので、開催をさせていただきました。その中で、計画の策定を行うというようなお話をさせていただいて、素案的なものをですね、お示ししたところでございます。まだまだちょっと煮詰まっていない状況でございますけれども、その中で町の取り組みであるいろいろな施策を考えてみたいと。その中に空き家バンクも入ってくるというふうな形で考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 確認ですけど、この空き家バンクはまだ創設されていないということでいいのかということと、ある程度いつぐらいを目安にされているのか。大体で教えていただければというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 現在、空き家バンクの要項等々につきまして、内部で調整中でございます。現実的に動き出すのが10月後半というふうな感じで思っていただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今回の施政方針の中に、耐震化工事と同時に行うリフォーム工事補助金を上乗せ加算、耐震改修促進助成事業というのが入っているんですけども、今後なんですけど、その空き家バンクができて、そこでリフォームをしたいという方がいたときに、そういったものも今後補助の対象として考えていくのも一つの手かなと思うんですけども、その辺、町長なのか、担当課長なのか、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ただいま質問ごさいました耐震化、今回従来の30万、リフォームを含むものにつきましては40万ということでございますが、ただ、これにつきましては、昭和56年度以前のですね、住宅で、耐震診断を受けたものについてという条項がございます。従来その避難弱者と特定ということで、縛りはかかっておりましたが、それはなくすという方針ではございますが、一番スタート台につきましては、耐震化診断を受けて、耐震化が必要なものについてというものがございますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 27年度ですね、大河原町まち・ひと・しごと創生の総合戦略の中に、空き家リフォームの支援制度の創設というふうなことがございます。それも今後検討の中で移住者またはリフォームされる方についての検討をちょっとしていきたいというふうに考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 最近町内を歩くようになりまして、もともと歩いているんですけども、最近頻繁に歩くようになりまして、空き家が大分多く目立ってきたので、多いなという実感がわいてきましたので、ぜひその辺も定住の一つの手当てになると思いますので、ぜひ町内でも検討していただければなというふうに思います。
 それでは、次に移ります。駆け足で済みません。
 6)の待機児童の解消についてです。
 万波議員と堀江議員、質問ありましたけど、話がかぶってしまいますけれども、私も平成26年の3月議会のときに、保育士に独自の処遇改善をするべきだということで一般質問をさせていただきました。万波議員と町長のやりとり、そして堀江議員と町長のやりとりを聞いていると、私もストンとちょっと町長の答弁がおりなくてですね、再度質問を、重複すると思うんですけども、させていただきたいと思います。
 先ほど町長答弁の中で、実態を見て確認すると言っていましたけども、もう就任されて4カ月たって、もうその確認は終わっているかと思うんですよね。もう事実は保育士が足りないんだという事実はもうまさにあって、ここを何とかしなければ、待機児童は減らないんだという事実は、もうここにわかっていることですよね、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 全て確認できたというふうにはやっぱり申し上げられないと思いますけれども、現実のといいますか、現在の状況については、大変厳しい状況にあるということは十分理解させていただいたところでございます。しかし、具体的にじゃあどういう対応の道があるのかということについては、先ほども申し上げましたように、保育士の処遇改善をするとか、施設への支援をするとかという道以外に、なかなか見つからないような状況。しかし、それは地域全体の抱える課題ですので、何度も申し上げましたように、全体を見るという視点も持ちながら、今具体的に施設の皆さんが考えておられること、あるいは今すぐにしていただきたいこと、あるいは安定的な保育士確保につながる道についてのご意見等々、やっぱりさまざまに列記されております。それを直接ですね、深くお話をお伺いした上で、まだまだ役場の中でも考えていく、あるいは検討していく余地はあるのではないかというふうに考えているところでございまして、決して具体的な対応をしないとかですね、する必要がないとかというふうに考えているものではないことは、ぜひご理解願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それはわかりました。
 それで、先ほど町長の答弁の中に、我が町だけがするといけないんだというか、ほかとつり合いを合わせなきゃいけないんだという、私は聞こえたんです。というのは、保育士というのは、私の姉も保育士やっているんですけど、仙台で。私の友人でも保育士やっている人いますけど、どちらかというと大河原で保育士をしたがらないですよ。その理由はさまざま、多々あると思うんですけど、給料の問題等々。だって、大河原町と、例えばですよ、例えば例を挙げれば、角田市の保育所、それは民間じゃなくて公立でいきますよ、話は、公立の保育所でいくと、大河原町と角田市の保育士の給料、これどっちが給料高いでしょうか。まあ当然角田市ですよ、市ですよ。大河原町と仙台市、仙台市のほうが高い。先ほど仙台市の話、町長出されてましたけど、仙台市の給料にすればいいかという問題もありますけれども。そうやって、結局、極端に言えば大河原管内の中で、2市7町の中で保育士さんが入れかわったり、取り合ったりしているという状況の中で、私はですよ、町長とは逆で、まず大河原が保育士の給料を上げて、そして他町村もそれに合わせて上げる、そうすると、保育士全体の給料も段々に上がっていくという、私は考えなんですよ。そうすれば、仙台に行っている保育士さんも、仙南の2市7町の地域に保育士が集まってくる起爆剤にもなるんではないのかなと、私は思ってるんです。そういう考えなんですね、私は。町長、それをどう思いますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 短期的に見た場合と、やっぱり少し先を見て、どういうことで若干異なってくるというふうに考えますけれども、先ほど申し上げましたように、全て議論の余地がないということではございませんので、近隣の首長さん方から、私も実は、私も申し上げておりますが、さまざまなご意見を頂戴しているところでございまして、そういったこともやっぱり踏まえていく課題だというのが私の入り口の議論になっているものでございます。議員のご指摘が正しいということも、当然考え得ることでございますので、何度も申し上げているように、もう一度受けとめさせていただいてですね、どういった対応がかなうのか、そしてまた、みんなが喜べる環境がどのぐらいの先を目標にですね、スタートさせていくことができるのか、考えさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 多分議論がかみ合っていないと思うんですけど、私はかみ合っていないと思うんですが、町長はどっちかと言えば、周りの首長の意見もあると。それもわかるんですけども、でも、まずは、まずはその12人ですか、待機児童の、その数をゼロにすることは困難だって町長言いましたけど、そこをゼロにする努力をやっぱりしないと、困難では何ももうお手上げですよね。そこをゼロにする努力をやっぱり自分の町でやらないことには、私は何も始まらないと思うんです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 例えばですね、保育士さんの待遇を東京都並み、2万円上げるという状況になったときに、多分近隣からうちの町にという状況が生まれることは間違いのないことだと思います。つまり、その時点においては非常にやっぱり大きな問題を近隣の自治体が抱える可能性があるというのが、誰でも多分ご理解できることですね。それが5年先、10年先には実際に先導的な役割を果たしたことになるんだという根拠がしっかり持てれば、それは方法としてうちの町が先行して上げていく議論もそこで初めてできるのかなというのが、私の思いでございまして、まだそれを申し上げる時点ではないと。言ってしましたけれども、というふうに今考えているところでございます。何か、地域全体で、県にはありますけれども、地域全体で保育士バンクのようなものをですね、組み立てて、それも、でもなかなかやっぱりエントリーというか、登録してくださる方が生まれない、登録した方でもやっぱり奪い合いになる。我が町だけでつくって、果たして実効性のあるものができるのかと、いろいろ考慮しなきゃならないことがある、まだあるというふうに思ってます。しかし、もちろん、例えば保育士バンクをつくることはやってみる価値のないことだというふうに申し上げているわけではございませんで、そういったことも含めて、短期的にもう余り大きな弊害がなく、長期的に見てうまくいく形につながることをやっぱり今模索すべきではないかというふうに考えるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 平行線のままだと思うんですけども、ちょっとお聞きしたいんですが、公立の保育士さんの給料というのは、これ中級職になるんですか、上級職になるんですか。その辺ちょっと、私ちょっとわからないので教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 採用試験の区分がございます。保育士につきましては、中級職という区分の中で採用してございます。初任給につきましてはですね、たしか1級10号というようなランクづけになります。これは、短大卒での位置づけでございまして、これに4大卒であれば修学学歴調整ですか、2年、1年4号俸という形になりますので、8号俸が加算されるという仕組みで、今初任給の格づけはしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちょっとその辺専門家でないのでわからないんですけども、学校の先生は当然大卒の方なので、上級の給料、初任給が上級というか、そこです。大学院に行けばまたちょっと上がるんでしょうけども。私、これもちょっと疑問に思うんですけど、短大とか出てるから保育士は中級だというのはまあわかるんですけども、学校の先生方も震災の前後からどんどん、どんどん、給料が減らされて、削減され、それは県でですよ、県でですから、校長先生たちもどんどん、どんどん、給料が削減されていく中で、やっぱりこれ、教育に携わる、学校の先生は県ですけど、保育士さんもやっぱり、この上級職並みの初任給をつけられないものなのか。私はね、やっぱりね、あの仕事の内容、仕事量を見てて、当然学校の先生もそうです、役場の職員の方もそうですけども、仕事量、持ち帰る仕事の量、そして人の子供の命を預かる責任、これを考えたときに、果たして中級職の初任給でいいのかって、常々思ってるんですけど、その辺はどうでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) うちに限らずですね、多分人事院勧告等々を参考にしながら、ほかの自治体も中級職という位置づけはしてるかと思います。先ほど申しましたけれども、基本的には2年で短大を卒業するという区分もあるかと思います。ただし、先ほど申しましたように、4年の大学をすれば、プラス2年間分の修学学歴調整をするわけでございますので、そうしますと、もう上級職とほとんど変わらないというような状況には、現実でもなっておりますので、そこら辺をご理解していただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちなみにですよ、ちなみに、仮に、町独自で公立の保育士さんの初任給を大卒並みに上げるということは、これは可能なんですか。条例的にというか、法律的に、上乗せ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的には、たしか初任給昇格に関する規則というような形の中で規定してございまして、基本的に中級は、先ほど申しました1の15という規定をしております。それは何に基づくかといいますと、もうちょっと先ほど申しましたけれども、やはり国家公務員等々の人勧等に基づくものだというふうに思っておりますけれども、短大2年のものをですね、4大扱いになるとなると、では今度上級職でですね、さらにというようなことにもなってしまうのではないかというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) その、さらにになってほしいから言っているんですけど、今の場合、その公立の保育士さんのことを挙げてますけども、今まで話になっている、多分民間の、私立の保育士さんの給料のこと、もし万が一それで公立の保育士さんの給料が上がれば、民間との給料の格差がさらに広がるということになるんですけども、当然ね、その民間の保育所の中でも、給料を上げる努力は必要だと思うんですね。赤字かどうかはまた別問題として。だから、そこにやっぱり町としてさらに、この答弁の中で言った処遇改善は、これは国の補助金ですよね、国で一律にやる補助金、これは全国、全部の保育士さんが給料もらって、全員が若干給料が上がるというだけで、だからそれに町独自のという話をさっきからそれぞれの議員がしてると思うんですけども、そして、それは公立の保育士さんも、民間の保育士さんも、やっぱり給料をもう少し町独自で私は上げてあげるべきだということを強く思っています。答弁は求めませんけども、これは今後、やっぱり町内でぜひ議論をしていただきたいというふうに思いますので、町長もうなずいておられますので、前向きに議論していただきたいというふうに思います。
 それと、ちょっとお聞きしたいんですけど、けさの河北新報に、大学病院で保育所を建設すると、仙台の。そして、そこに普通の、基本的には看護師さんとか職員のための保育所なんですけども、そこに一般のお子さんも入れられるようなことで検討していきたいというような記事が載ってたんですけれども、今、中核病院に保育所はある、院内保育所はあると思うんですけど、それは基本的に職員の方専用ということでよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 中核病院の事業所内保育所は職員だけの受け入れで、受け入れはやっておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちなみにそこに、職員以外のお子さんを入れることは難しいんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 事業所内保育所も一般の受け入れは可能でございます。そのように事業所のほうで取り決めまして、町のほうでも認めれば、町からも保育所並みにお金が行くようにはなります。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 例えばですよ、例えば今、先ほどの答弁で、12名の待機児童がいらっしゃるということを言ってましたけど、例えばそのうちの何人かをそこの保育所に一時的にお願いするということはできないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 現行ではできません。事業所内の保育だけをやるということの保育所ですので、現在すぐにはできない状況です。
 済みません、職員でなければだめだということです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 確認ですよ、そのキャパというか、その受け入れる容量はあると、ありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 面積と職員数になるとは思いますが、それと、その事業所の考え方によると思いますが、面積、それから保育士数は当然現在の職員の子供を預かるのができる状況になってると思いますので、現状でさらに一般のお子さんの受け入れというのは、多分難しいものだと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これ町長、もし可能であれば、一時的にでも、どういう契約になっているのかわからないんですけども、その辺可能にならないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 中核病院の保育所につきましては、負担割合があります。開設者側、つまり自治体、1市3町が負担する分、そして病院が負担する分、その比率を保育所支援という形で、もちろん病院経営の状況もあわせ、勘案しながらですけれども、29年度予算で負担割合を、自治体負担割合を高めております。つまり、これ全体協議が必要でですね、ここで、大河原町としてそういう意思を持っていますという話が通ってしまうことにはならないところでございます。ただ、今後ですね、地域全体の課題を解決していくために存在するものを活用していくという視点はですね、やっぱり民間の方々には多分にあることだと思います。どういうことが可能で、何をすれば可能になるのか。あるいはもちろん不可能ということもありますけれども、負担割合を29年度変えてスタートしますので、そういった状況の中で改めて考えさせていただく時間を頂戴できればと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私もその大学病院の保育所についてはちょっと勉強したいなと思っていたので、調べてみたいと思いますし、この12人のうちの1人でも2人でも待機児童が減ればそれに越したことはないので、ぜひその辺検討していただきたいというふうに思います。お願いいたします。
 それでは次に移ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩します。
     午後3時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時13分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 冒頭に言えばよかったんでしょうけど、予算委員会の中で話すべきことも中には入っているかと思うんですけども、なるべく入らないように全体像として話をしているつもりなので、お許しをいただきたいと思います。
 次に、7番に行きたいと思います。
 白石川の河川敷活用による新しい拠点整備、観光スポットやスポーツ施設の設置。答弁によりますと、白石川河川敷土地利用検討業務委託ということで、これいつぐらいまでにまとまりそうなのかお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 1月の補正でお認めをいただきまして、実際作業を進めているところです。それで、この作業につきましては、今後の28年度の一般会計補正予算の中で繰り越しのご承認をいただきたいということで考えてございます。そういうことで、まず今回の作業内容につきましては、土地利用ということでございますんで、どういう利用が可能なのかという、可能の判断をしていきたいと。例えば、一目千本桜がございますんで、上大谷に新たに植栽した桜がございます。あとは大河原公園、これも運動スポーツ拠点という位置づけ、全ての施設をですね、どのような形でよりよく、効率的に利用できるかということを今回の土地利用の中で広く検討していきたいと。最初からこれをしますよということじゃなくて、ある程度の可能性を探りながら、最終的には町民の皆様の民意を反映しながら決定をさせていただきたいということで考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 河川敷を活用した施設はすごく私もいいことだと思うんですけども、ただ、町長の頭の中にイメージはあると思うんですけど、私にはまだイメージがあんまり伝わってこないんですが、町長の今現在考えるイメージをちょっとご説明お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 鮮明なイメージを持っているわけではございませんけれども、いずれ河川敷活用に当たっては、構造物はつくれないわけでございますので、ややフラットな状況の中でどんなことができるのかと。これは、私の思いとしては、やっぱりにぎわいをつくっていく、本当に人が集まってこれるような環境をつくっていきたいというふうに考えておりますので、当然観光スポット、あるいはスポーツ施設ということも強くイメージできるものでございます。なお、県の計画等でも景観条例やなんかをあわせて、阿武隈川、白石川流域ということになるんだと思いますけど、そういったものもつくっていくということで、来年度県の予算措置がされる、今盛んにやっていますけれども、そんなお話も伺っておりますので、もろもろ今回の土地利用検討業務委託が上がった時点でですね、さらに吟味しながら、また、何度も繰り返し申し上げますように、町民の皆さんのご要望、ご意見等も踏まえてまいりたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。
 先日、全員協議会でスケートパークの移転の話がありましたけれども、これは新年度予算なので予算委員会の中でちょっと議論をさせていただきたいと思いますので避けますが、河川敷じゃなくて、大河原公園多目的広場の話になりますけども、あそこは公園という名前ですけども、公園というと普通は用具がたくさんあって、そして親子が遊んで、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に遊んでというイメージが私の中の公園。まあ、いろいろ公園はあると思うんですけども、仙台市にも宮城野原総合運動公園というのが前ありましたけども、あそこはスポーツの施設の集合体なんです。という感じなんですけれども、町長は公園というとどういうイメージですか。公園のイメージ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 何と言いますか、公園とスポーツ公園と、やっぱり違う、当然イメージを持つわけですけれども、私のこの基本的なここに列記した書き込みからしますと、いずれいろんな目的で使っていくことが提案されてくると思います。それが実施できることを前提にしているわけですけれども、点を線にして、やっぱり線を面でつないでいく。つまり、ここで掲げているものについては、相互連携が生まれるような、あるいは広域的利用なんていうこともあるかもしれません。さらには、発展して白石川全体の連携、広域連携につながっていく、そんな視点も必要なのかなと。場合によってはさらに空港を利用される方にかかわるアプローチとかですね、そういったことまで含めて、当初議論させていただいていいのかなというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 済みません、私はそこまで壮大なイメージがなかったんですけども、ちょっとまず話を多目的大河原公園にちょっと絞ってお話をさせていただくと、あそこは、私のイメージではグラウンドなんです。名前は公園、多目的広場なんですけど、私にとっては多目的グラウンドなんですけども、町長も何度も足を運ばれているかとは思うんですがね、大河原に屋外スポーツができるところというのは、学校のグラウンド、大中のグラウンド、大小のグラウンド、金小、金中のグラウンド、あとは東部運動場のあそこのグラウンド。そこは教育、あそこは教育財産じゃないっていう、私、話も聞いたんですけども、その辺ちょっとあとまた一般質問します、それは。
 それで、本当にスポーツができる、屋外スポーツができる広さが確保されているのは、唯一多目的広場なんですよ。東部の運動場は、あそこは大会は何もできなんですね、ソフトボールも大会できない、多分少年野球はぎりぎりなのかな、できないのかな。野球もできない、サッカーも多分できないです。大会が唯一できるとしたら、ほとんど学校のグラウンドを借りるしかないというのが現状で、そうすると学校の部活も中総体前だと練習したい、練習試合したい。その折衝が今、施設利用の会議で調整してもらって、何とかやらせてもらってるんですけど、ほとんどのスポーツは、ほとんどと言ったら語弊がありますけど、野球、ソフトボール、少年野球、サッカーはまあ別ですけど、あとグラウンドゴルフが多目的広場を使わせていただいているということなんですね。ですので、私、何が言いたいかというと、あそこの広場をレフト側の山、あそこを全部もう取っ払いまして、そして全部フラットにして、そして野球もできる、サッカーもできる、少年野球もできる、グラウンドゴルフもできる、ゲートボールもできる、それこそ多目的広場がいいっていう、私の考えと、あとそういう話もたくさん聞こえてきてるんですけども、町長の耳にはそういうのはまだ入ってないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ご要望としてはさまざまにあるだろうなということが当然受けとめれるわけでございますけれども、大規模に変えていくとなると、また意匠権の問題とかですね、いろいろ具体的な課題が出てまいります。河川敷活用やなんかは具体的に進められていく中で、その利用目的をより明確にしていくということは、可能なのかなというふうにも思います。確かに夜間照明のある施設もございませんし、広いスペースを持ったスポーツ公園は学校施設を除くとない状況ということも十分できると思います。これは、これから進めていく政策立ての中で、課題を解決していくという観点で拾い上げていければ、なお皆さんのご要望に応えることになるのかなというふうにも思います。河川敷はかなり広いスペースでございまして、サッカーでも、グラウンドゴルフでも、パークゴルフでも、何でも創造することができるわけでございますので、いずれ、何度も繰り返しになりますけれども、今後の課題として受けとめさせていただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今、パークゴルフの話も出たんですけども、今、パークゴルフの人口もかなりふえてきて、今度大河原にもパークゴルフの協会をつくろうという動きが出てまして、大河原にパークゴルフ場をという話も聞こえてきてます。仙南には何か少ない、仙北にはたくさん、加美町とか大衡とかにはあるそうなんですけども、仙南には少ないので、ぜひ大河原でつくってほしいんだという声も上がってきています。町長にももしかして行っているかもしれませんが、堤の山とかね、そういう話も出てきてるんですけども、その辺も今後出てくるかと思います。
 それで、ちょっと聞きたいんですけど、意匠権の問題、著作権の問題、この公園っていう名前を、グラウンドという名前に変更は可能なのかということと、私はいずれあそこもしグラウンドにするんであれば、もう生涯学習課の担当にして管轄したほうがいいと思っているんですけど、その辺は可能なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) まず、意匠権、具体的には著作権というような形になろうかと思います。それで、その著作権については、コンペの中でそういう条件をして帰属をするものとしてございますが、設計者との話を今ちょっと進めておりまして、当然その公園の自治体の、自治体公園だということを理解していただきまして、著作権を余り前に出すんじゃなくて、皆さんの民意を反映するような考え方をしていただいて、それに伴ってレイアウトなり、こういう利用をしていきたいというものをですね、まとめてあげてですね、それを変更していくことについては、柔軟な考えをしていただいているという理解はしてございます。
 あと、もう一つ、その名称でございますけども、基本的にあの公園につきましては、都市計画の決定をしていると。当然、公園という決定を位置づけているものでございます。それで、その利用の中で、運動施設というような位置づけをすることについては問題ないというような考え方をしているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) じゃあ、ぜひ大河原公園多目的グラウンドという名前でお願いしたいと。まさかに名前つけ方はあるでしょうけども、いずれにせよ、今後改修を進めていく中で、さまざまな団体からぜひ意見を聞いてほしいなというふうに思いますので、それをお願いしたいと思います。
 それでは、次に移りたいと思います。
 中央公民館について、これについても全員協議会で説明がありました。10年間で3億8,000万をかけてリニューアルをしていくという話なんですけれども、私はそれにはちょっとそうじゃないやり方のほうがいいんじゃないかなという思いは、私にはあるんですけども、それはそれでわかりましたけども、その中央公民館についての町長の今の考えを少しだけ簡単にお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 我が町の特徴の話を先ほども若干させていただきましたけれども、文化活動においても盛んな町ということが言えるという認識を持っております。なぜ、例えば、文化協会加盟団体の数なんかも大変多いわけですけれども、なぜそういう状況になっているかという問いかけを町民の皆さんにしますと、中央公民館があそこにあって、あそこの利用がかなうからというお話がやっぱりかなり多いのかなというふうに受けとめさせていただきました。
 あそこを利用しなければ、新しくつくるということになるわけですけれども、それでその利便性やなんか、あるいは町民の皆さんの受けとめる利点みたいなものが損なわれることになってはならないというふうに受けとめましたので、多額、改修費用はかかるわけですけれども、現状において大規模改修をしていくということがいいのかなというふうに今考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) この間の全協の説明だと、大規模改修までは行かないんだという説明だったんですけども、そこ辺は言葉の違いで、認識の違いで、まあいいと思うんですけど、結局公民館に10年間で約4億近いお金をかけると。そして、さらに給食センターもつくらなきゃいけない。さらには桜保育所も建てかえをしなきゃいけないということを考えると、これから大変なのかなというふうには思うんですけど、私は一体的な施設が一番いいかなという、私の個人的な考えではいるんですが、これは今後また議論をさせていただきたいというふうに思います。
 それで、今、給食センターの話しましたけれども、これも全員協議会で説明ありました。29年度に用地取得等、30年度、31年度で実施設計、建設工事、31年度に施設完成、調理業務開始という予定でいると。これなんですけど、全員協議会の中で質問が出ましたが、これ柴田町と共同でという話は、庁内でなかったのか、町長のあれでなかったのか、認識がなかったのか、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ちょっと関係ない話ですけど、昨日、東北観光復興対策交付金事業の柴田町といっしょに立ち上げる協議会の設立総会がございました。それは、スタートは就任挨拶に柴田町にお伺いしたときに、呼ばれたのが東北観光復興対策交付金のスタートでございました。今、実は、そのときにもう一つ私のほうから申し上げたことが、給食センター一緒にできませんかという問いかけでございました。事前に、実はいろいろお話もさせていただいたところで、私としては答えを聞くつもりぐらいの思いでしたけれども、柴田町はさまざまな財政需要があって、残念ながら今決断をしなきゃいけないとなると、その大河原の考える進行状況に合致する組み立てはできないということで、私としては極めて残念で遺憾な思いですけれども、柴田町との共同事業は断念せざるを得ないというふうに考えたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) そのようですよね。体育館も、柴田町、38億ぐらいかけてつくるという話も聞いてますし、今の段階でその給食センターまでは、そこまでは手が回らないんだという話も、私も聞きましたけども、これ、給食センター、確かに老朽化して、1日も早く改築しなきゃいけないというのはわかるんですけども、もう少し待って、柴田町と共同でという考えはないということで、もう完全に単独で行くという認識でよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 滝口町長の思いといいますか、考え方としては、いつならできるということがはっきりしないと。要するに、いつならやるよというふうに言えないという状況でもありましたので、それ以上私としてはお話を申し上げることができなかった。結果、共同で実施することについてはかなわないもの。前段、議員ご指摘のように、私の認識としては、最も急がなければならない公共施設が学校給食センターだろうというふうに受けとめているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ここ1週間の間に、給食センターの中でねじの紛失、あるいはレンコンのさびによる変色等々発生しております。これが頻々としてこういった小さいものが発生しておりまして、さらには何カ月か前にボイラーのトラブルもございました。ボイラーのトラブルといいますのは、一旦発生しますと命にかかわるものでございます。したがいまして、一刻の猶予も許されない状況にあるということは、ご理解いただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。
 ちょっと今のことに質問したいんですけども、ねじ紛失は見つかったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 必死で探して見つけました。ねじ1個でもですね、紛失したならば給食ストップせざるを得ないんですね。ストップしないで済みました。ワゴン車の裏側のねじが劣化によって落ちたんですね。それを発見するまで時間かかったんですが、大事に至らないで済んだところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それはよかったでした。
 そういう状況だということも含めて、このような話になっているかと思うんですが、理想は2町で共同でやって、コストを少しでも削減してというのが理想だったんですけども、今の話を聞くと、やむを得ないのかなという感じがいたします。
 終わりにしますけれども、これからやっぱりそうやって、町長も言っていますけども、広域で連携もしていかなきゃいけないと。ただ、町でやらなきゃいけないことも当然保育所の保育士の問題にしてもあると思いますので、ぜひその辺は首長同士の意見を優先するのではなく、当然それはそうなんでしょうけども、ぜひ町民の目線に立ってこれからも町政運営をしていただきたいということを要望いたしまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番、大沼忠弘でございます。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 まず、最初の質問でございます。文化財保護の考えについてでございます。
 平成28年12月議会補正予算におきまして、文化財保護費の支出が計上されたところでございます。当該案件は、民有地内にあった河川堤防桜植記念碑移設工事にかかわる工事請負費に関するものでございました。文化財として残すことがしかるべきとの判断により、移設がなされたものと議案説明により理解しているところでございますが、移設予算の歳入は篤志家の方による寄附で賄われたものでございました。指定外の文化財ということで、寄附を充当という形になったものでありました。幸いに寄附が寄せられたために予算の手当てがついたが、なかった場合は果たしてどのような対策がなされていったのか、今後同様の事例が発生した場合のことも念頭に置き、対応策を以下伺います。
 (1)現在指定対象となっている文化財の数はどれぐらいあるのか、また、主なものとしてどういったものが数えられているか。
 (2)指定文化財の保護状況はどうなっているか、改修や修繕の必要性、無形文化財伝承の後継に心配はないか。
 (3)指定はされていないものの、質問要旨で述べたような保護に値すると思われる対象はどの程度潜在していると思われるか。
 答弁の後に再質問させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 現在、指定文化財については、有形指定文化財として3件ございます。国指定重要文化財の大高山神社「鰐口」、町指定重要文化財の繁昌院「阿弥陀如来坐像」と香林寺「金ヶ瀬薬師堂板碑群」となっております。また、無形指定文化財として2件がございまして、「堤神楽」及び「小山田やすとこ」となっております。
 次に、指定文化財の保護状況はどのようになっているのか、また、改修や改善の必要性、無形文化財伝承の後継について心配はないかとのご質問でございます。
 現在、有形指定文化財については、それぞれの所有者が良好な状態で保存していただいているところでございます。
 無形指定文化財については、ともに、保存会により伝承活動をしていただいているところでございますが、保存会員の高齢化とともに後継者減少問題があり、保存会の考え方を尊重しつつ、長期的な視点に立った対策が必要と考えており、町としても今後何ができるのか議論を深めてまいりたいと考えております。
 指定はされていないものの、保護に値すると思われる対象はどの程度潜在しているかとのご質問でございます。
 現在、国指定の登録有形文化財の指定を受けるべく、申請中のものがございまして、正式には後日、国から回答がまいりますが、中央公民館隣の「佐藤家住宅」が内定している状況でございます。
 なお、保護に値するとは、指定に準ずるものと理解するならば、現在のところ、すぐに保護が必要なものは見当たらない状況でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問させていただきます。
 1点、まず昨年の12月に補正計上された文化財に相当するといった記念碑だったんですけども、これやはり毎年予算上では、これ主に遺跡発掘に関する重機の予算、10万何がしだったと思うんですけど、これやはり文化財に相当しないものだからこの予算は使えなかったという考えでよろしかったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、お答えいたします。
 今の重機の予算の関係なんですけども、それにつきましては、埋蔵文化財、いわゆる地下にある何か工事なんかするときに、かならず掘って調べるわけなんですけども、その予算でございます。なので、先ほどの文化財については、指定の文化財になっておらないということなので、残念ながら使えないということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今回はたまたま篤志家の方があらわれて、その費用を充当させていただいたということだったんですけど、もし仮にですね、この篤志家の方があらわれなくて、今度歳入がなかった場合は、どのような対応をとったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 寄附がなかった場合ですけれども、なかなかそのまま現状のままになってしまったのかなというところがございます。文化財保護委員会の中でも、いろいろ議論がございまして、もう一度申しますと、指定文化財については、補助事業の要項がございまして、施行規則がございまして、補助金等活用できるんですけれども、そのほかのものについては、なかなか補助金の活用ができない、今の定め方になってるんですね。町のほうで補助できるのは、例えば標柱とかですね、それから表示板とか、そういうものについては町のほうでお知らせをするというか、保護をする観点から、表示等をしてるんですけども、補助金を使えないということで、なかなかそのままになってしまったのかなという状況だと思われます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 例えばなんですけども、今後こういった事例が発生した場合のために、何か使えるようなために、基金とかを設置するということはできないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) そのようなお考えもあるとは思いますけれども、以前もお話、多分、たしかしたと思うんですけど、文化財という規定というか、対象物が非常に多うございます。その中で、どのようなものを保護していくのかというのは、基本的には個人の方の持ち物だったりとかするのがほとんどでございます。それを町のほうで非常に重要だとふうに認めるのが指定の文化財でございますので、なかなか難しい状態にあります。予算のこともありますけれども、保護委員会さんのご意見等聞きながらですね、町としても今後対応していきたいなと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まず、指定されている文化財、3件なんですけれども、こちら当然保険のほうも掛けられていると思うんですけれども、その内容についてちょっと確認させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 今、保険のほうのご質問がございましたけれども、保険のほうは町としては掛けてございません。基本的には今の有形文化財のほうは3つでございますので、それぞれ町のほうでいわゆる助成金というか、補助金として、少ないんですけれども年間5,000円ずつ、1件5,000円ずつ差し上げまして、管理費の若干の、本当のお気持ちで大変少なくてあれなんですけども、5,000円をお上げしていると。そして管理をしていただいているという形で、それぞれに管理をしていただいております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 有形のものはそれぞれ所有者があって、それぞれの方で厳重に管理していただいておるということで、了解をしたところであります。
 それから、あと、無形文化財についてなんですけれども、こちらのほう、堤神楽と小山田やすとこ、どちらとも、堤神楽は金ヶ瀬の小学校さんのほうで伝統的にいろいろ継承というのがされていると思うんですけども、やすとこさんのほうですね、こちらのほうも今いろいろ伺っておるところですと、やっぱりメンバーの皆さんの高齢化ですとか、あと今までお囃子うたっていただいた方がやはり亡くなってしまったりとか、やはりどうしても絶やしてはいけないものだと思うんですけども、これいろいろ携わっている方もいるんですけれども、本当に人が直接かかわっていることですから、当該の団体の皆さんと協議をしながら、しっかりと保存していくということが大切だと思うんですけども、町として金銭面的な補助のほかにですね、どういったことが考えられますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) どのような補助というか、協力ということになるんだと思うんですけれども、まず、先ほど議員さんがおっしゃいましたように、高齢化とともにですね、後継者問題、大変後継者が減少していて、大変というお話については伺っております。町のほうでも回答にもありましたように、どのような協力ができるか、今いろいろ検討をこれから対策を立てなくてないなというところでございます。なおですね、今補助金というお話が出ましたので、無形文化財のお二つの、先ほどの堤神楽さんと、小山田やすとこさんについては、一応補助金という形で年3万8,000円ずつ町のほうから補助金を出させていただいているという状況でございます。そのほかの金銭的なものについては、まだ今のところは検討していないところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 答弁のほうでも今後何ができるか議論を深めてまいりたいといただいておりますので、さらに深めていただきたいということをお願いしておきたいと思います。
 あとは、(3)佐藤家さんが今申請中ということですけれども、今こちらの佐藤家プロジェクトさんとかがいろいろ佐藤家さんの保存でいろいろ、いろんなイベントとか一生懸命やっていただいているところであるところは認知しているところでございます。こちらのほう、申請中なんですけれども、正式には後日回答がまいりますということの回答でしたが、感触としてはいかがなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、佐藤家さんといいますか、正式には佐藤家住宅というふうな名前になっているようでございますけれども、こちらについては、国のほうから登録有形文化財いかがでしょうかということで、逆にお話があったものでございます。佐藤家さんの後継者の方につきましても、申請をしたいということで、町が間に入りまして、申請をして、今実は内定状態になっておりまして、国がこれからいろんなテレビとか、インターネットとかですね、新聞等で発表するのは、実はこの先でございまして、町のほうでは先走ってお話しすることはございませんが、間違いなくというか、内定決定のお話は受けておりますので、近々、あと1週間ぐらいで発表されることの中に入ってくるのかなというところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 国から声がかかったということで、恐らく内定もとれているということで、指定になるんではないのかなと、非常にいいお話を聞かせていただいたなと今思ったところでございます。当然、指定を受ければ何らかのやはり国からの補助というものがあると思うので、具体的にどういった補助がおりるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、メリットと言うとあれですけども、もしこの国指定の登録有形文化財になりますと、建造物ですので、建物の部分の固定資産が2分の1にすることができると。それは、町村のほうで決めるものなんですけれども、うちの町でも調べたところ、運用でできるということでありますので、固定資産の土地の部分ではなくて、建造物です。建物、例えば、10カ所実は今回あるんですけれども、例えば、門とかですね、建物そのもの、中庭とか、それから、中庭、そうですね、母屋とかですね、娯楽室、一つ一つ実は区切りがございまして、店蔵とかですね、延命蔵とか、いろんな名称ついているんですけど、一つ一つのその固定資産の分が2分の1になるというメリットがございます。
 あと、同じように、先ほどちょっとお話しました管理費、少ないですけども、町から5,000円の管理費を補助を出させていただくということになろうかと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ただいま課長が申し上げました金銭的なメリットもそうでございますが、それ以上にですね、文化的価値が向上すると。国指定の登録有形文化財が大河原町に誕生するという文化的価値の向上が最も大きいのではないかと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ただいま教育長から答弁いただいたように、文化的価値、これがまさしく大河原のブランド力を高める一助になるのではないのかなと思いますので、非常に期待をしておるところでございます。
 それでは、次の質問に進みたいと思います。
 2番目の質問でございます。
 オストメイト対応トイレの設置推進についてでございます。
 オストメイトとは、病気や事故により消化管や尿管が損なわれるなどして、人工肛門や人工膀胱といったストーマと呼ばれる装具を利用されておられる方のことを申します。国内では約20万人の方々がこうした装具の利用をされているとも言われております。オストメイト対応トイレは、社会の理解を得ながら、公共交通機関の施設構内や、社会福祉施設、官公庁施設、商業施設、高速道路、パーキングエリア等に設置が進んでおります。宮城県を見てみますと、仙台市内には設置箇所が公共施設を主に見受けられますが、仙南エリアを見渡す限りでは、まだ設置が進んでいるとは言い切れない状況にございます。間もなく始まる桜まつりにも毎年20万人を越える来場者があり、使用を望む来場者がいる可能性も十分考えられます。
 桜まつりに限定されることなく、仙南圏をインバウンド等も含めた来訪者が安心して訪れることができ、なおかつ災害時等でも常設箇所があることで安心感を与えられるオストメイト対応トイレの設置を推進すべきであると考えることから、以下お伺いをいたします。
 (1)オストメイト対応型トイレの設置は必要と考えるか。必要と考えた場合の設置場所候補はどこを想定するか。
 (2)災害発生時、オストメイト対応可能な避難場所は設定してあるか。またストーマ装具の備蓄、確保の体制は整っているか。
 以上質問いたします。答弁によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、オストメイト対応型トイレの設置についてのご質問でございます。
 現在、町内に設置されておりますオストメイト対応型トイレにつきましては、保科公園など6カ所の公園のトイレに設置されているものでございまして、桜まつり来場者のオストメイトの方々にもご利用いただけるものと考えております。
 今後、公共施設への設置につきましても、検討してまいる所存でございます。
 次に、災害発生時のオストメイト対応可能な避難所についてのご質問でございます。
 災害発生時の福祉避難所に限ってみれば、特別養護老人ホーム「桜寿苑」、介護老人保健施設「さくらの杜」、生活介護施設「さくらの風」の3カ所となっております。3カ所ともオストメイト対応トイレは設置されておりませんが、障がい者用のトイレで交換ができると伺っているところでございます。
 また、ストーマ装具の備蓄、確保体制につきましては、確かに災害発生時はストーマ装具の入手が困難になりますが、現在は災害時の担当病院体制が構築されており、災害発生時には宮城県ストーマケア災害対策委員会から災害時担当病院へストーマ装具が供給される体制が整っているものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間はあらかじめ延長いたします。
 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問いたしますが、ちょっと確認でございます。オストメイト対応型トイレ、保科公園など6カ所の町内公園に設置されているということですが、これ、オストメイト対応で間違いございませんでしょうか。多目的トイレではなくて、オストメイトです。私の調べ方が間違ってたんでしょうか。私の調べですと、大河原町内には合同庁舎、ここ1カ所のみなんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) まず、設置箇所でございますけれども、広表1号、2号、3号、山崎公園、保科、あとは中部1号というような形になってございます。
 それで、一応基本的にはオストメイト対応という形で間違いないと思います。オストメイトの設置につきましては、用具が洗えるような状況の、深い洗面台等の設置ということでございますので、設置の段階ではオストメイトというような指定をしてございますので、間違いないということで理解してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい、私のちょっと調べ方が悪かったのと思います。ちょっと現場を見て確認させていただきたいと思います。
 私もですね、ちょっとネットのほうで調べたところだった、まあ現場ももちろんこれ見てるんですけれども、私の調べる限りでは合庁だけだったんですね。なおかつ、やっぱり閉庁時は使用不可ということだったので、これは当然設置を推進すべきということで、今回質問だったんですけれども、では、これは公園トイレということで、常に使用は可能ということでよろしいんでしょうか。冬季はやはり夜間は閉鎖とか、そういったところはあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 一部、冬季間の閉鎖しているところもございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 恐らくですね、夜間はそんなに緊急的にそういったところを使用する方はいないと思うんですけれども、今回質問要旨でも述べましたとおり、桜まつり等で来場される方、使用を望まれる方ももしやいらっしゃるのではないかと思います。そうした方が安心して桜まつり来れるように、そういったところの案内もですね、どこどこの公園には対応型のトイレありますというようなアナウンスも必要かなと思うんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 今後のマップづくり等で活用させていただきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 先ほどの質疑の中でもですね、中央公民館の改修というような話もあったんですけれども、私、いろんな、あと大河原の利便性とか、そういったものを考えた上で、やはり中央公民館あたりの設置というのも、非常に便がいいのかなというふうに考えたところでございます。今回、改修恐らくされるということで、それにあわせてですね、できればそういったところの設置も進めていただければなおよろしいのかなと思うんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) ただいまご質問ありましたように、おっしゃるとおりかと思います。そのような施設を一緒に中に組み込んで、改築のときにやるように検討していきたいなと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ぜひよろしくお願いしたいと思います。
 なおかつですね、こういったものに対しては、私もちょっと調べ切れなかったんですけれども、国、あるいは県といったところの補助、あるやもしれませんので、できるだけそういったものは活用した設置の方向で進んでいただければというふうに思いますので、あわせて要望ということで申し上げさせていただきます。
 ストーマ装具の備蓄については、答弁いただきましたとおり、しっかり体制とれているのかなというふうに感じましたので、いざ災害等発生した際はですね、こういった利用者の方に不自由を感じさせないような、そういった背景のほうしていただければなというふうに思います。
 それでは、速足なんですけども、3番目の質問に進みたいと思います。
 これまでに一般質問した事項の追跡についてでございます。
 今定例会をもちまして、現議員任期中最後の一般質問を迎えるに当たり、これまで行いました質問事項について以後の経過、現在の状況を再確認のため以下お伺いをいたします。
 (1)白石川河川両岸の雑木及び堆積土の撤去について、韮神堰の周辺の中州並びにさくら大橋より下流右岸の雑木伐採が大分進みましたが、まだ完全ではございません。県との協議ではどういった要望をしているのか、また、どの程度今後の方針が決まっているのか。
 (2)桜まつりについて、昨年から会場に無料Wi-Fiを設置し、非常に好評だったようでございます。ことしも設置されることとは思いますが、設置箇所の増設は予定されているのか。また、宮城県では県内を訪れる観光客の利便性を高め、誘客促進を図るため、日本人、外国人を問わず誰でも無料で利用で利用できる公衆無線LANサービス「みやぎ Free Wi-Fi」の提供を開始したところでございます。賛同する民間事業者等とも連携し、平成30年度までに県内2,000カ所を目標に拡大を図るとのことでございます。本町ではこうした県の取り組みを積極的に活用し、桜まつりのときだけでなく、常時接続可能なWi-Fiスポットを設ける考えはあるのか。また、期間中、祭り会場付近の集会所をお休み処として開放してはどうかとの意見も多数お寄せいただいております。この際、町としての考え、見解をお伺いいたします。
 (3)正しい日本地図の活用について、平成26年6月定例会におきまして質疑を行いました。その際、回答としては町内全校に掲示とはなりませんでしたが、ほどなくして宮城県議会一般質問におきまして正しい日本地図普及を目指す同志により提言がなされ、宮城県教育委員会として県内全校に配布が決定した経緯がございます。
 質問当時は教育指導要領の解説書改定において、中学社会科と高校の歴史・公民で「竹島と尖閣諸島をわが国固有の領土」と教科書に明記するものであり、特に尖閣については「領土の問題は存在しないを理解させる」発表でありました。現在の我が国を取り巻く状況を踏まえ、文部科学省がこのたび公表した中学校社会科の新学習指導要領に、竹島、尖閣諸島を我が国固有の領土として初めて明記した方針を固めたことが明らかになりました。法的拘束力がなく、指導要領を補足する解説書への明記ではなく、今回は法的拘束力のある学習指導要領に記載することで領土教育の徹底を図るとのことであります。こうした国が進める領土・領海教育を浸透させる意味でも有効な正しい日本地図活用について以下お伺いをいたします。
 1)県から配布された日本地図の現在各学校での掲示状況はどうなっているのか。
 2)学校以外の掲示施設はあるのか。
 3)日焼けや破損のために張りかえが必要になった場合、県教育委員会へ要望すれば新しい地図は提供してもらえるのか。
 以上お伺いをいたします。答弁によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、白石川の雑木及び堆積土の撤去に関する県への要望及び今後の方針についてのご質問でございます。
 白石川の河川管理者であります県への要望につきましては、宮城県土木部河川課及び大河原土木事務所に対しまして、河川環境整備として雑木の伐採及び堆積土砂の撤去について継続的に要望の実施を行ってまいりました。平成28年度は金ヶ瀬さくら大橋から大河原橋までの右岸河川敷の雑木伐採に着手していただき、来年度以降も継続して実施していただくとの回答をいただいております。あわせて、中洲の整地につきましてもご理解をいただいており、今後実施するとの回答をいただいているところでございます。
 次に、桜まつりに関しましては、Wi-Fiの設置と桜まつり期間中の集会所の開放についてでございました。
 初めに、Wi-Fiについて一括してお答えをいたします。
 桜まつり期間中につきましては、昨年同様、まつり会場に臨時でWi-Fiを設置する予定であります。
 また、観光物産協会事業として、駅前広場に通年Wi-Fiの設置を完了しているところでございます。
 さらに、平成29年度東北観光復興対策交付金におきまして、桜まつり会場と韮神堰に通年Wi-Fiを、加えて韮神堰には定点カメラの設置について要望をしている状況でございます。
 なお、「みやぎFree Wi-Fi」への参加につきましては、そのメリット、デメリットを踏まえ、これらの事業にあわせて検討してまいる所存でございます。
 次に、お休み処としての集会所の開放についてでありますが、桜まつり実行委員会等で借用し、開放することは可能と考えますが、無料開放とはいえ、清掃などさまざまな管理上の問題がありますので、対応する「係員」がつかなければならないと思われます。しかしながら、現在の人員体制では、そこまでの対応は非常に難しい状況であると考えております。
 実施のためには、地域の皆様のボランティアによる協力なども期待したいところでありますが、来年度のインバウンド事業、平成29年度東北観光復興対策交付金事業のボランティアガイド育成事業等とあわせて、今後検討してまいりたいと考えるものでございます。
 最後の正しい日本地図の活用につきましては、教育長より答弁いたさせますので、ご理解を願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、大沼忠弘議員のご質問にお答えいたします。
 正しい日本地図の活用について、まず県から配布された日本地図の各学校での掲示状況はどうなっているのかとのご質問でございます。県では、平成28年ごろに県内の各小中学校等に1校1枚配布したようであります。これを受け取った各学校では、掲示する場所等を検討し、それぞれ対応したようでございますが、大河原小学校では、5年生の前学級分をそろえて、現在教室に張り出しております。南小学校では、5年生の教室に張りましたが、色落ちしたため現在は張っていない状況であります。金ヶ瀬小学校も4年生の教室に張っておりましたが、現在は張っていない状況でございます。大河原中学校、金ヶ瀬中学校にうちては、現在張ってないということでございます。
 次に、学校以外の掲示施設はあるかとのご質問でございます。教育委員会におきましては、議員の一般質問後に入手した地図を役場庁舎3階の廊下壁面に張り出しております。
 最後に、日焼けや破損のために張りかえが必要になった場合、県教育委員会へ要望すれば新しい地図は提供してもらえるのかとのご質問ですが、県教育委員会に確認しましたところ、配布はできないとのことでございました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問いたします。
 河川敷の有効活用に関連、つながることなので、雑木の伐採、これは県のほうからも来年度以降も継続して実施していくと回答をいただいているということでございますが、どの程度進むのか、すっかり大河原橋のほうまで行くのか、それとも段階を追いながらやっていくのか、その辺確認とれているかどうかだけお伺いさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 支障木の伐採については、29年度も予算化しているというお話はいただいてございます。ただ、中洲の撤去でございますけども、これは今後、継続というような形で、今後の予算化を見るということで回答をいただいております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 中州もそうなんですけど、特に桜まつりのメーン会場の対岸の中州がですね、やはりもう、もともと昔はなかったものなんですけど、いつの間にかやっぱり面積も広くなってきまして、高さも大分、最近ちょっと見ると相当な高さになってきましたので、この辺もぜひですね、景観をやっぱり守るという意味でも、進めていただきたいなというふうに思います。
 それで、先ほど金ヶ瀬カトリックさんの田んぼのところを埋めるというところで、土の利用ということもあったんですけど、例えばですね、これでとった中洲の土をそちらのほうに持っていって、田んぼを埋めるということに活用したりということはできたりするんですかね。これは、県のほうの仕事になると思うんですけど、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 中州の残土処理というような形なのかなということで考えておりますが、それにつきまして、県のほうの考え方だと思います。基本的には、具体的に残土捨て場を指定とするか、自由処分とするかという考え方によるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これは本当に県のほうの考え方によると思いますので、その辺はどうなることか、ちょっと推移のほう見守らせていただきたいというふうに思います。
 Wi-Fiについての質問に移ります。
 駅前広場に通年のWi-Fiの設置を完了しておりますというような答弁をいただきました。もう既に使えるというような理解だと思うんですけども、これもう使えますよというような案内の看板みたいな、そういったアナウンス的なものはどうなってるかちょっとお答えをいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 駅前広場についての通年Wi-Fiの設置につきましては、本当に議員からいただいた一般質問とスケジュールの一致でございまして、実は先日ですね、機器の設備を終わりまして、きょう、本当に最終の回線の調整で、今ごろもしかすると終了したという状態でございますので、今後、急ぎそのWi-Fi使えますというような周知とPRのほうには努めていきたいと思いますので、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、答弁を聞きまして、何てタイムリーな質問だったのかなと、私もちょっとびっくりしたんですけども、案内のほうもですね、いろんな言語表示もあるかと思うんですけれども、私前に言ったかと思うんですけど、どんな国からどんな言語を使用している方が来ても一目でわかるアイコン的な、もう例えばこういった非常口といったような、図でものを掲示していただければなおよろしいのかなと思いますので、そちらのほうの検討もあわせて進めていただければいうふうに存じます。
 次は、集会所の開設については、これもいろいろ前々からいろんなお話があったところだと思うんですけど、答弁いただいたとおり、あけたらあけたでやはり、そこに人の張りつけも必要だということで、当然ながら、ただでさえお祭りということ、役場の皆さん本当に総出でご苦労されているのは重々承知なので、さらに負担がふえるというとなると厳しいのかなというのはわかりますが、答弁によりますと、来年度ですね、またこの事業にあわせて検討していただけるということなので、こちらも継続的な検討をお願いしたいというふうに思います。
 桜まつりに関してはですね、ちょうどけさの河北新報の朝刊に大河原・柴田両町での一目千本桜ブランド化に向けた設置推進協議会の記事が出ておったところでございます。その紙面によりますと、町長からは、「観光客に町の境は関係ない」と、「そういった連携の意義は非常に大きい」と、そして柴田の滝口町長からは「観光は広域連携を進めないと成り立たない」との発言内容が書かれてございました。まさにそのとおりだと私のほうも認識しているところでございます。今回は柴田町と大河原町との連携ということであるんですけれども、柴田町に限らず、やっぱり仙南全体、エリアとして捉えたときに、やはりですね、これは町全体、仙南全体のブランド化という視点におきましては、極めて重要な考え方かと思います。先ほど来、質問の中でも大河原だけ突出して予算、保育士のために予算を計上してというようなお話もありましたけれども、やはりですね、もう仙南エリアを大きなパイとして考えて、その中で大河原だけではなく、もうちょっと大きな器で考えた、やっぱり取り組みが必要なのかな。そうした中で、大河原がやる旗振りが「一歩先行くまちづくり」の町長の考えなのかなと、私は認識しておるんですけれども、そういった考えを再度町長に確認させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 一言で申せば、議員ご指摘のようなことになるというふうに思っております。いずれ、町全体のブランド化につきましても、簡単にできることではございません。課題解決ということだけでまちづくりが前進するということでもありませんので、さまざまな知恵を拝借しながら、また、町民の皆さんのご意見も十分踏まえながら、そしてまた説明責任も果たしながら、今後の行政運営進めてまいりたいというふうに思う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、日本地図のほうの質問に移ります。
 現在、全ての教室に張り出されているわけではない。ただ、大河原小学校では5年生の全学級分、あとは南小学校では5年生の教室に張り出しはしましたけれども、現在は色落ちしたため張ってないというようなことでございます。今回ですね、教育指導要領が改定されて、私が申し上げたとおり、しっかりと記載されているということで、この辺はですね、再度徹底して、また掲示、目で見る情報としてしっかりとしたそういった教育というものが必要かと思うんですけども、教育長のお考えをお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のように、学習指導要領が改定されます。その中でしっかりと日本固有の領土が明記されておりますことから、改めて校長会の中で各学校の配当予算の中でこの地図を購入するように、お話をしてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 小学校もそうなんですけれども、中学校、金ヶ瀬中学校については、現在張っていないということですので、小学校もそうですけど、まさに今、中学校、地理、そういった社会の教育の中で本当に必要なものかと思います。いろいろ学校の中は掲示物ありますので、ずっと張っておくというのもなかなか厳しい状況もあるかと思うんですけれども、やはりですね、こういったところをしっかりと、張れるものは張って、まず張れないときはちょっとはがしてもいいと思うんですけど、こういう継続的に使えるものですので、張れるときに張る、ほかの必要なものを張るときはちょっと外して、またすぐ準備できるというような状況をつくっていくことも大事だと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それぞれの学校、あるいはそれぞれの学級の教室経営、学校経営の考え方があろうかと思いますので、それはその学校の方針に従ってよろしいというふうには思っておりますが、必要に応じて必要なものを掲示するよう指導してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 県のほうの対応としては、今現在はもう配布はできないということでありますので、再度県のほうに、県でも一度進めた事業ですから、再度こういったものが欲しいという要望をしていただく、あるいは、しっかりと必要なものだということで、町のほうでも予算化していただいて、しっかりと備えていただきたいというふうに思うんですけれども、最後、これだけお伺いさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それぞれの学校に教材費が配当されておりますので、その範囲内で購入することが十分可能でございますので、そのようにお話をしたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 決して高いものではございません、本当に国でも進める本当に大切な教育の一環かと思いますので、その辺の周知をお願いさせていただきまして、私の一般質問を終わりたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問はこれをもって終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時18分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成29年3月8日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------