議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第4回定例会(1月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2017年1月18日(水):平成28年第4回定例会(1月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) 平成29年度初議会に当たり、皆さま、明けましておめでとうございます。
 本年もよろしく議会運営に対し議員各位のご協力を心からよろしくお願いを申し上げます。
 なお、本日1月18日は休会の日ですが、議事の都合により平成28年第4回大河原町議会定例会1月会議を再開します。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、佐藤貴久君、庄司 充君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職・氏名は、配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 日程決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、日程決定の件を議題にします。
 お諮りします。1月会議は本日1日にしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、日程は本日1日と決定いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第1号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案第1号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 本件に提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。ことしもどうぞよろしくお願いを申し上げます。
 それでは、議案第1号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、昨年の国会で民間や国家公務員に係る妊娠から育児期並びに家族の介護が必要な時期に男女とも離職することなく働くことができるように、仕事と家庭生活の両立を目指した育児に係る制度及び介護に係る制度の関係法律の改正が行われました。これを受けて、本町においても要介護者を介護する職員の介護時間及び時間外勤務の免除について定めるとともに、所要の改正を行うものでございます。
 詳細につきましては総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第1号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきまして詳細説明を申し上げます。
 今ほど町長のほうからお話ありましたけども、今回の改正に至った経緯につきましては昨年の192国会におきまして地方公務員の育児休業等に関する法律及び育児休業・介護休暇等育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律が12月2日に公布されまして、1月1日から施行する状況になっております。主な内容につきましては、育児休業等の対象となる子供の範囲であるとか介護休暇等の取得についての改善であります。
 これらを受けまして、条例を改正するものでございます。それでは、改正条例についてご説明をさせていただきたいと思います。新旧対照表1ページをごらんになっていただきたいと思います。
 まず、第8条の2といたしましてこの見出しにありますように育児または介護を行う職員の早出・遅出勤務についてについて規定するものでございます。第1項になりますけれども、子供を対象とするものでありまして、その子供につきましては法律上の親子関係にある実子、あるいは養子とするものでございます。今回の改正につきましては、現行の内容にさらに特別養子縁組による養親子関係、さらに児童福祉法の改正による養子縁組里親の規定を追加するものでございます。なお、特別養子縁組につきましては子供とその実親との法律上の親族関係を消滅させて、養子縁組関係を別な方に家庭裁判所が成立させる制度でございます。こういった取り組みの子供も対象にするということでございます。また、養子縁組里親制度につきましても児童福祉法の改正により法定化されたものでございまして、この改正の内容につきましては町の職員が実子・養子、そして特別養子等の親としてその子供の育児を行うために通常の勤務から早出・遅出の勤務を請求できるというような形を整備をするものでございます。
 続きまして、ページ、2ページをお開き願いたいと思います。第2項の改正になりますけれども、今回につきましては現行の日常生活を営むのに支障があるもの、こういった規定を要介護者というような形で改めております。つまり、要介護者につきましても要介護をする職員についても同様に早出・遅出の勤務を請求できる仕組みを整備するものでございます。なお、内容につきましては第1項で申し上げた内容を読みかえて規定するような形にしておるところでございます。
 それでは、ページ、3ページになります。第8条の3でございますけれども、見出しは2ページにありますが、育児または介護を行う職員の深夜及び時間外勤務の制限でございます。この8条の3につきましては、今回4項を改正いたしますけれども、1項から3項までは小学校就学前の子供であるとか3歳までの子供を養育する職員に対する深夜であったり時間外勤務の制限規定でございます。今回、4項の改正につきましては要介護者の介護をする職員につきましても同様に深夜及び時間外の制限を行うというような改正をするものでございます。内容につきましては、前3項の内容を読みかえて行うような形の改正内容になっているものでございます。
 それでは、ページ、4ページ、次のページをお開き願いたいと思います。第11条休暇の種類ということで、今回新たに介護時間を新設、追加するような形になります。なお、この介護時間の規定につきましては次ページになりますけども、15条の2の中で規定をするものでございます。第15条介護休暇でございます。今回の改正につきましては、概要を申し上げますと分割取得を可能とする改正を行うものでございます。2週間以上にわたる介護を必要とする要介護者に対しまして、これまでは連続する6月の期間内で1回の休暇が認められておりました。今回、改正によりましてその介護を必要とする1の連続する状態ごとに3回を超えないで、かつ通算6月を超えない範囲で取得するということで、つまり3回に分けて分割することが可能となり、その期間は6カ月とするような改正を行うものでございます。
 5ページになります。15条の2ということで、先ほど介護時間の追加をお話しさせていただきましたけれども、今回15条の2の中で規定をするものでございます。まず、第1項につきましては取得の要件ということで、連続する介護状態が3年間の期間において1日の勤務時間内において一部において勤務しないことが認められる休暇とするというようなものでございます。2項につきましては、取得の時間ということの規定でございまして、1日につき2時間を超えない範囲というような規定をするものでございます。3項につきましては、給与の減額ということになりますけども、介護時間休暇を取得した場合についてはその時間の分、給与を減額するというような状況になります。第16条につきましては申請ということで、これまで追加されたものをあわせて改正をするものでございます。
 附則につきましては、公布の日からするものでございます。つまり、今月中に適用されるというふうに考えてございます。なお、法律は1月1日ということになってございます。当町においてはこういった制度を利用するような状況に現在なっておりませんし、そういったことを考えまして1月の公布ということにさせていただきましたので、ご理解のほどをお願いしたいと思います。なお、2項の経過措置等につきましては施行日等の関係で以前から取得した場合等の経過を規定したものでございます。
 以上、簡単でございますが詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 1個だけお伺いします。これに該当する職員がこれを行った場合、報酬とか役職の変化とか影響はあるのかどうかお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 取得は職員であれば誰でもできるというふうに思っておりますし、それが役職であれ主事であれ、みんな平等な権利だというふうに思っておりますし、役職の職員がこういった制度を利用したからといって役職から外れることはないということでございます。(「はい、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回の改正で育児についてはこれまでも育児休暇で代替の職員を採用したり、随分ありますけれども、介護については今課長がおっしゃったように利用状況にはなっていないとこういうお話でしたけれども、現にこの介護を我が町は認定率が低いというふうにありますけど、全国的にはどんどんこれふえているわけですよね。そういう中で、正直言ってこれからというか介護の休暇を必要とする方が出てくるんだろうというふうに思うんですよね。それで、核家族でありますけれどもやはり両親とかそういうふうな人たちがもう当然対象にもなっておりますので、これまでがなかったというのはこれは取りにくかったとかという何かそういう環境の問題というような影響なかったのかどうかですよね。例えば、育児については前もってわかることで、それなりに職員の補充っつうのはするんですが、介護はもしかすると突然起こるっていうかそういうものもあるわけですよね。そう考えたときに、取りにくい環境づくりというの私は必要だと思うんですけど、その点ではいかがだったのかなと。あと、今後についても育児と同じように仮に職員が介護の休暇も取りやすくするための職員の体制っていうかそこもやはり根っこにはきちんと受け皿としてしておかないと取りにくいのかなと。その点ではどういうふうにこれまで、あるいは今後受けやすいふうにするための町としての考えはいかがに考えているのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 介護の休暇ということになるかと思いますけれども、今回改正条例、4ページのところにもありますけれども、実際に介護休暇というのは現存します。ただし、なかなか取得にはなっていない状況は確かにあるというふうに思っております。特別休暇の一つというふうに考えてございますし、制度としてあるわけですから、利用する状態になれば当然利用していただきたいというふうに思ってます。積極的なPRといいますか、制度の周知はこれまでしていないような状況でございますけれども、いろいろな休暇の種類がありますのでこういったことを職員にも周知するようなことで検討してまいりたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今後周知徹底するということですけれども、やはり高齢化社会でとにかく介護というのはどこの家庭にも起こり得る、既に起こっているわけなので、やはり休暇を取りやすい環境づくりというのが私はとても大事だというふうに思いますので、そういう点で周知とあわせて受け皿づくりも、人員の配置、なぜかというと定員適正化ということでどんどん正職員が減ってきているじゃないですか。今そういう点では非常に公務員も厳しい状況にあるんですよ。臨時とか嘱託職員で賄っているわけでしょう。そういうこと考えると非常に職員も自分の部署があるわけですよね、それで役割。そうすると、受け皿がないとなかなか取りにくいというそういうのも現実に介護に限らずあるやに私なりに見ておりますので、ぜひその点では内部で検討して、町長、休暇を取りやすい、そういう環境づくりは絶対必要なので町長からもよろしく庁舎内で検討していただきたいと思いますが、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 万波議員のご指摘については十分私も理解するところでございます。今後、人事配置の面でどんなことができるのか、現状を把握するということにも努めながら適切に対処してまいりたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 1点だけ。5ページになるんですけども、第15条の2の3ですか。介護時間については給与にかかわらず条例第13条の規定にかかわらずその期間の勤務しない1時間につき同条第17条に規定する勤務時間1時間当たりの給与現額を給与額を減額するとなっていますけども、給与減額、これは減額率というのは満額ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 給与の減額につきましては、まず1時間当たりの給与単価で減額されます。それも翌月の給与からその分を、前月休んだ時間分を減額というような形で、月額給料1時間に戻してその単価で減額されるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 満額ですね、そうすっと。結局、その人の給料を月額の給料を時間で割るでしょ。すっと、1時間につき例えば1,000円とか2,000円とかってなるとした場合、仮に2,000円になった場合は2,000円丸々減額するっていう意味なんですかという質問でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ご指摘のとおりでございまして、満額減額されるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第2号 職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第2号職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 本案件について、提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議案第2号職員の育児休業等に関する条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、議案第1号と同様に、関係法令の改正が行われたことから本町においても育児休業の対象となる子の範囲を拡大するとともに、非常勤職員に係る育児休業の取得要件を緩和するほか、所要の改正を行うものでございます。
 詳細につきましては総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第2号の職員の育児休業等に関する条例の一部改正をする条例につきまして、詳細説明をさせていただきたいと思います。
 本条例につきましても、先ほど申しました法律の改正によります経緯につきましては第1号で申し上げました内容でございます。育児休業の対象となる職員につきましては、町職員はもちろんでございますけれども、任用期間が1年を超えるような非常勤職員も対象とするものでございます。
 それでは、まず第2条の改正につきまして説明をさせていただきたいと思います。新旧対照表1ページをごらんになっていただきたいと思います。
 まず見出しにありますように、育児休業をすることができない職員というような内容になっているものでございます。例えば、育児休業の代替とする任期付き職員であったり臨時職員であったり、あるいは1年未満の任用期間の非常勤職員が基本的には非該当ということになるものでございます。今回、第3号のアの項、イというような形で改正するものでございますけれども、あくまでも列記内容以外の非常勤職員を非該当とするというような形になってございまして、中身につきましては育児休業法の規定を引用し、明らかに養育する子の1歳に達する日から1歳6カ月までに任用期間が満了することが明らかでない場合、つまり1歳6カ月を過ぎても任用されている場合は適用されるんですね。ここで言うのは、これ以外の方が対象以外というふうに、対象であるというふうに言っていますので、非常に言い回しが難しいんですけれども、法律の規定を引用させていただいたところでございます。
 それから、イの項の改正につきましては新たに第2条の2を、後ほど説明いたしますけれども、追加することで繰り下がるというような中と必要な条項の改正を行うものでございます。
 それでは、2ページをごらんになっていただきたいと思います。第2条の2ということで、新たに追加する規定でございまして、育児休業法第2条第1項の条例で定めるものになります。内容につきましては、育児休業の対象とする子について対象が拡大されまして、児童福祉法の規定による養育里親に委託される要保護児童も対象とするような整備を行うものでございます。それから、次の第2条の3の改正及びページ3ページの第2条の4につきましては条の繰り下げによるものの改正でございます。
 それでは3ページ、第3条の改正になりますけども、育児休業の承認について承認の場合の内容を規定するものでございまして、現行は1号の中に効力を失うというものと、承認が取り消されたというような形になってございますけれども、これを新たに改正いたしましてそれぞれに効力を失う内容規定と承認が取り消された事情の規定に号立てにして規定をするものでございます。まず第1号につきましては、効力を失う規定でございます。第1子で育児休業というような取得をするわけでございますけれども、例えば第2子の誕生によりその第1子の分で承認された育児休業の効力が失われます。新たな育児休業の承認等が必要になりますけれども、例えば第2子の子供が何らかの事情により、次のページになりますけれども、4ページになりますけども、アとイがありますけれども、アというような死亡になった場合は第1子で承認された育児休業の期間が継続されるというような改正とするものでございます。イにつきましては養子縁組等により職員との離別というような形の中の規定でございます。それから第2号につきましても承認の取り消し後の規定でございます。第1号同様に、第2子等の出産によりまして新たな育児休業手続が承認された場合は育児休業は取り消されるということになりますけれども、先ほど申しましたいろいろな事情によりまして前回の部分が継続されるというような内容にするものでございます。
 3号から7号は、8号までにつきましては条の繰り下げというような形でございます。
 それでは、5ページの第10条の改正について申し上げたいと思います。見出しにつきましては4ページのほうに、下のほうにありますけれども、育児短時間勤務の終了の日の翌日から起算して1年を経過しない場合に育児短時間勤務をすることができる場合の特別な事情ということで、非常に長い見出しになってございますけれども、まずその育児短時間勤務につきましては小学校就学の始期に達するまでの子を養育するために常勤職員のままで幾つかある勤務の形態から選択して希望する日、あるいはその時間帯に勤務することができる制度でございます。今回の改正につきましては、先ほど説明いたしました第3条の改正と同様に、効力を失う規定と承認が取り消された後の規定を同様な改正をするものでございます。内容につきましては省略をさせていただきたいと思います。
 5ページの第18条、部分休業の承認についての改正でございます。第1号議案で勤務時間、休暇等に関する条例の中で介護時間を追加していただきました。この部分休業についてもこういった介護時間を今回追加するものでございます。2項につきましては、これまで1歳未満の特別休暇による1日2時間の育児休暇、これに加えまして2時間を超える介護時間についても部分休業の取得となります。しかしながら、この2項につきましては給与の減額の規定もございまして、6ページになりますけれども、育児時間とともに介護時間の承認を受けている部分についても時間を減額をするというような形になります。それから第3項につきましては、非常勤職員に対する部分休業内容を改正するものでございまして、これも同様に、育児時間に加えまして介護を要する時間について承認があった場合については、第2項の減じる措置と同様に部分休業時間から減ずる改正を行うものでございます。
 なお、この条例につきましては公布の日から施行するというような形で附則を設けているところでございます。
 簡単でございますけれども、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第2号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第3号 平成28年度大河原町一般会計補正予算(第5号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第3号平成28年度大河原町一般会計補正予算(第5号)を議題とします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議案第3号平成28年度大河原町一般会計補正予算(第5号)の提案理由を申し上げます。
 初めに歳出につきまして主なものを申し上げます。まず総務費では交通安全推進費において高齢者ドライバーの免許証自主返納者の増加による運転免許自主返納支援報償費15万円の増額、歩きたくなるまち創造事業において謝礼等の実績、事業変更に伴う報償費の組み替え、農林水産業費では機構集積支援事業における農地台帳システム改修及び事務費として64万円の増額、商工費では柴田町と共同で東北観光復興対策交付金を生かした白石川堤「一目千本桜」ブランド化事業費887万5,000円を計上、土木費では白石川堤「一目千本桜」ブランド化事業にあわせた白石川河川敷土地利用検討業務委託料450万円を計上したところであります。
 次に、歳入の主なものでありますが、国庫支出金では東北観光復興対策交付金710万円を計上、県支出金では機構集積支援事業に伴う補助金37万円を計上、繰越金では694万5,000円の増額をしております。
 これらの結果、本年度の予算総額を歳入歳出それぞれ1,441万5,000円増額し、77億3,234万7,000円とするものであります。詳細につきましては企画財政課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第3号平成28年度大河原町一般会計補正予算(第5号)の詳細説明をさせていただきます。
 町長の提案理由にもありますとおり、今回の補正につきましては歳入歳出それぞれ1,441万5,000円を追加いたしまして、予算総額を77億3,234万7,000円といたすものでございます。事項別明細書によりご説明をいたしますので、6、7ページをお開き願いたいと思います。
 まず歳入について申し上げます。14款2項6目1節の商工費補助金710万円、東北観光復興対策交付金、これにつきましては柴田町と共同で行います一目千本桜ブランド化事業の一環として海外からの観光客の受け入れ体制の整備及びPR事業等を行う費用に対し約8割の補助があるということでございます。また、残りの2割につきましては今のところ震災復興特別交付税で措置される見込みとなってございます。次に、15款2項4目2節の農業振興費補助金37万円、機構集積支援事業費補助金、これにつきましては2つの事業となってございます。まず1つが、農家台帳システム改修費用ということで、2分の1の補助ということで27万円、もう1つは農地の集積に伴う意向調査を行うということで10万円、これは10割の補助というふうな形でございます。19款1項1目1節の繰越金694万5,000円につきましては、今回の補正財源ということで充当させていただいてございます。
 続きまして、8、9ページをお開き願いたいと思います。歳出のほうに移らせていただきたいと思います。まず、2款1項7目8節報償費でございます。これにつきましては、歩きたくなるまち事業のオープニングイベントを3月25日に予定してございます。その際に、仙台大学の学生の皆様にご協力をいただくというふうな形になってございます。その謝礼といたしましてこの報償費の一番下のところでございますが、オープニングイベント協力者謝礼ということで4万5,000円、15名の方、1人3,000円ですね、御礼を差し上げたいということで計上させていただきました。上から2つ目の運動指導士謝礼ということで、これもオープニングイベントの際の運動指導士の謝礼ということで1万円を計上させていただいてございます。そのほか、減額になってございますのは実績に基づき減額をさせていただいてございます。続きまして、10目の交通安全対策費8節報償費の15万円、運転免許自主返納支援報償費ということで10人分計上させていただいてございます。当初15人分、22万5,000円を計上してございますが、既にもう支出済みというふうな形で、今後予想されるだろうということで10人分確保させていただいてございます。
 続きまして、6款1項1目13節委託料54万円、農家台帳システム改修委託料、これにつきましては農地台帳情報を全国の農地ナビへ連携するためデータの変換または移行のシステム改修費用というふうな形で行うものでございます。2分の1の補助ということでございます。続きまして、3目農業振興費の11節需用費1万6,000円、12節役務費で8万4,000円、これにつきましては農地の集積に伴う農家への意向調査費用ということで計上させていただきました。10割補助となってございます。
 続きまして、7款商工費1項商工費3目観光費につきましては町長の提案理由にもありますとおり、柴田町と共同で行います白石川堤一目千本桜のブランド化事業を行う費用を計上させていただいてございます。まず11節需用費の印刷製本費75万円、これにつきましては毎年柴田町と共同で作成しております2町共同の桜のパンフレット、これに英文を加えたものの作成費用というような形でございます。13節委託料650万円、白石川堤一目千本桜ブランド化事業委託ということで、これにつきましてはまず観光の実態調査を行いたいということでの費用約150万円、観光ガイド写真集ということでこれ5カ国語対応というふうな形で148万5,000円を計上してございます。あと、英文の観光ガイドをつくりたいということでこれも121万5,000円を計上してございます。このような内容でこの後やっていきたいというところでございます。14節使用料及び賃借料7万5,000円、会場使用料ということでございます。これにつきましては柴田町、大河原町でつくってまいります観光連携協議会の設立をするという形になってございますが、これに伴います会議等の会場使用料ということで計上させていただきました。18節備品購入費150万円、ライトアップ用照明器具ということで、これにつきましては夜桜のライトアップの照明器具6基を購入する費用でございます。
 10、11ページをお開き願いたいと思います。8款4項2目13節委託料450万円、白石川河川敷土地利用検討業務委託ということで、上大谷から大河原橋までの右岸の部分の河川敷の活用を検討するということで、今回450万円を計上させていただいてございます。続きまして、8款5項2目15節工事請負費25万円、無線共聴施設電柱共架移設工事ということで、これにつきましては東北電力さんの電柱に無線共聴施設を共架してございます。この電柱の移設に伴いましてこの無線共聴施設を移設する必要がございますことから、その工事費として計上させていただいたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますのでよろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) お伺いをします。9ページです。2款1項7目8節報償費のところで説明があったんですけども、3月25日にイベントを開くという話でしたけれども、どこでどのようなイベントなのかちょっとお聞きをしたいということと、それと仙台大の学生さんにやってもらうということでどのようなことをやってもらうのか教えてください。
 次に一番下、18節、9ページです。備品購入費、ライトアップ照明器具と。全協でも説明あったかと思うんですけども、確認ですけども、ライトアップされる桜がふえるということでいいのか教えてください。
 続いてその次のページの13節委託料、白石川河川敷土地利用検討業務委託料、これどのようなところに委託しようとしているのか。会社なのか、その辺ちょっと教えてください。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、9ページのオープニングイベントの内容、または仙台大学の学生にどのようなということでございます。3月25日に総合体育館のほうで行うというふうな形になってございます。それで、内容的には歩数計に登録していただく方、300人を一応予定してございますが、その方々にお集まりをいただき歩数計の登録の仕方とかをまずは説明させていただく。それと、歩くに際してこのような歩き方が一番効果的ですよとかということで、健康運動指導士とかにやっていただく。または、歩く方の健康状態、健康状態というかその体力の内容というんですかね、仙台大学のほうでかなり高性能の体組成計みたいなものがあるということで、それを持ち込んでいただきましてそれで1人ずつ筋力、または脂肪状況等々をそこではかっていただきながらお知らせしていきたいというふうな形でございます。その体力測定関係について仙台大学の学生さんのほうに協力をいただくというふうなことで考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) ご質問いただきました柴田町との連携事業につきまして、ちょっと概要について最初説明させていただきたいと思います。12月7日の全員協議会で説明申し上げたところですけども、現状の進捗状況といたしましては昨日柴田町のほうで柴田町分のこの補正予算のほうの議決をいただいたという連絡をいただいております。この交付金につきましては、1月に何とか内示が出るという感触を得ております。それからほどなくすぐ交付決定はすると思いますけれども、そういう意味で当初予定したより事業期間が1カ月ほどもしかすると短くなるということで、皆さんにご承知いただきたいのはその中で国のほうからもこの許可は下りたということなんですけども、桜まつりまでに間に合わせなくてもいい事業ですね。例えば、先ほど企画財政課長のほうから説明のありました実態調査等々については来年度への繰り越しの可能性があるということをひとつご承知おきいただきたいのと、あと今ご質問いただきましたライトアップ用の照明器具等につきましても、今内容について最終調整が入っております。そちらのほうでもしかするとその数量とか内容について許可、交付される金額が若干の変更が出るかもしれないということで、そちらの繰り越し及びその内容の変更につきましては3月の補正で新たにご承認いただきたいというふうに考えておりますので、それを事前にご承知いただきたいと思います。
 この備品購入費につきましては、企画財政課長のほうから25万円で6台という説明をさせていただきました。これは申請時でそのようにやったんですけども、その後調整でこれは足つきのところの照明器具の購入だと大体25万円ぐらいかかるだろうということで、地面に直にぽんと置いて照明するようなのだったら10万円ぐらいでいけるんじゃないかということで、その用途に応じましてその買い分けをしたいと、台数の変更があるということで考えてございます。その照明でライトアップされるところがふえるのかというようなことでのご質問でしたけれども、今現在その申請でお願いしているのは柴田町との町境のところから堰の、韮神堰のところを何とかライトアップしたいという計画で申請しております。といいますのは、今まであったところで柴田町と離れたところに使いますよというと、なかなか交付税のほうの目的としてもそぐわなくなるということですので、申請内容としましては柴田町との町境のところをずっと連続して韮神堰のところあたりをライトアップしたいということで申請してございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 11ページ、13節委託料。委託につきましては設計コンサルのほうを考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。1点目のイベントなんですけれども、300名対象という話でしたけども、それだけの対象なのか。ほかにも声をかける予定なのか。その辺、教えていただきたいことと、あとライトアップなんですけれども、柴田町との町境のあたりと考えているということですけども、それはそれとしていいんでしょうけど、今後ですね、町長。町長も含めてもう少しライトアップの、なんていうんですかね、する部分を拡大していくような考えは町として持ってないのか。その辺、ちょっと町長の考えをお聞かせください。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、イベントの際の参加というふうな形でございますが、基本は歩数計を持っていただく方というふうな形で考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 夜桜見物ということになるわけでございまして、途中で切れることのないようにやはりつなげていくということが求められるのではないかというふうに考えておりまして、議員ご指摘のように、もっと喜んでいただけるような環境づくりに努めてまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 同じ商工費の今出ている一目千本桜のブランド化に関してであります。1つは、外国人向けということでインバウンドの増加ということで今回この事業が来ていますけれども、いわゆる通訳のボランティアっていうの、有償と無償って柴田町はもう既にそういう方もボランティアで詳しくはわかりませんけども育成して対応既にしているんですよね。我が町はどのようにこれ考えているのか。ことしも4月間もなく来ますので、できたら早目にことしから対応できればいいなと思っているんですが、どのように考えているのか伺います。
 それからライトアップに関してですけれども、私も前者と同じです。町で考えてこの夜桜ってのは時間帯はいつが夜桜なんですか、いつまでが。今始まったことじゃないんですが、結構夜桜っていうと夜型になってますので結構なんかあれもう真っ暗というのが何時なんですか、今は。9時なんですか。までなってるんですか。その辺、柴田町との先ほどこれは共同でやるので町境からというでその意味はわかるんですが、私も拡大する意味では白石川とあそこだけじゃなくてもっと尾形丁のあの公園、あそこからせめて保料のもう少し範囲を拡大するのと時間帯もぜひあわせて長くやっぱし夜桜ってのは9時までになってるかどうかは結構早いような気するんですね。そういう点で住民からもこれは今始まったことじゃないですけど声が見物客からも出てますので、あわせてお伺いしたい。
 それからこの前も全協で町長に言いましたけれども、やはり観光物産がこの今3階にありますけど、やはりPR、町の顔である駅前のいわゆるオーガの中にやはり工夫して観光物産もあわせてこの一目千本桜のこのブランド化が一層実るためにもですよ、やっぱその顔である物産協会のなんつうんでしょう、町の顔をきちんと示していくことはあわせて重要だというふうに今も改めて思いましたので、ぜひ早急にご検討していただきたいということです。これは町長に伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) まず、外国語ガイドの件についてでございます。本格的なボランティアの育成等々の事業につきましては、来年度、29年度のほうの同じ事業で申請して取り組むという計画でおります。今年の桜まつりにつきましては、昨年度ご協力いただきましたシルバー人材センターの中にも1人、英語ができる方がいらっしゃいますし、あと尾形丁の地元にそういう意味でボランティアガイドでお手伝いいただいた方もいらっしゃいます。そういう方に再びお願いするとともに、ことしの場合は有償になるかと思いますけれども、そういう意味でガイドができる方をメーンのまつりの日にでもお願いしようかなということで予算措置といいますか、委託するように考えているところでございます。
 あともう一つ、夜桜のほうでございますけれども、余り答弁にふさわしくないかもしれませんけれども、この事業があくまでも外国人向けで2町合同の事業というものを前提にしておりますので、先ほどの答弁のように柴田町と連携したところの堰とか町境をライトアップするんだということで申請しているということでございまして、機材は残るわけでございますので、その後は照明するところを場所の移動というものも十分考えられるということでご理解いただければと思います。時間のほうにつきましては、たしかちょっと今9時か9時半ごろまでの照明ということになっておりますけれども、何せ町の中で住宅地という関係もございますので、その辺のところも含めて配慮しながらその時間設定等々を行っていきたいということでご理解いただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、万波議員のご質問にお答えさせていただきます。先の全員協議会でも少しお話をさせていただいて、ご質問いただいたところでございますけれども、国県とのやりとりの中で改めて大河原町はやっぱり一目千本桜だよねというお話をたくさんいただくような状況になっております。そういった中で、今後観光物産協会のありようにつきましては法人化ということも一つ大きなテーマにしているところでございます。あわせて、ご指摘のありましたロケーション、どこに置くかということについても現状でよしとはやはりできないという私の認識もございますので、今後さまざまなご意見を聞かせていただきながらしっかりと検討してまいりたいというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしく、町長、お願いしたいというふうに思います。
 それからこの、今回今提案されているのはあくまでも柴田町との2町で、いわゆる東北観光復興対策交付金事業ということで今回計上されてありますけれども、要するに、もっと夜桜の範囲を広めるとかそういうことについては町独自になると思うんですよ。基準は基準で交付金の場合各基準はある。それはわかるんです。その範囲はその範囲内で精いっぱいやればいいんであって、その横出しとしてやっぱし私はなんつったって観光の資源というのはもう一番はこの桜なので、もっとそういう点では町独自で例えばライトアップの範囲を広げるとか、時間もするとかっていうのはこれは町独自の経費で私は予算をきちんと組んで対応していくべきじゃないかというふうな立場で実は質問したわけです。その点でまだまだもっと白石川のこの堤を守る、あるいは桜まつりを守るっていう観点からするともっともっと予算は私は増額してしていくべきじゃないかなという考えを持っています。町長、そのことも含めて今後検討していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 今回は補正というくくりの中でのご説明でございます。今後、来年度予算の編成ももちろんございますし、その先につながるものをしっかり見据えていかなければならないというふうに思っております。私の公約の中にも桜の保護、あるいは河川敷の活用等々さまざまに産業振興なんかにもつながる手立てをこれからいろいろ考えてまいりたいというふうに思っているところでございますので、特段のご理解をお願いする次第でございます。前向きに頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 9ページの企画費と交通安全対策費ですけれども、まず企画費なんですが、小学生の報償費ですね。小学生の絵の募集記念品代ということで減額になっているんですが、記念品として何を、何名ぐらいの応募があってどのぐらいの記念品を出したのか。これ、聞きたいのはほかのもそうですけども、税の作文だとか絵の作文だ、そのほかいろいろなあると思うんですけども、意外と大河原というの少ないんですね、応募者が。これどういうふうな働きかけしてるのか。この辺なども踏まえてちょっと教えていただきたいということと、それからオープニングイベント協力者謝礼なんですけども、これ当初6月の補正で15万円とって、12月に30万円ですか。そして今度4万5,000円。49万5,000円と非常にはね上がったんですけども、当初この15万円とったときにどんなこと考えてたんだか。これが何でこんな金額が途中から変更になったって言えばあれなんですけども、12月に30万円補正してますね。そしてまた4万5,000円ていうのはこの辺の考え方教えていただきたい。
 それからその下の交通安全対策費の中の報償費ですが、運転免許の自主返納報償費、これ1人1万5,000円のたしかデマンドの券だっけ。だと思うんですけども、去年から比べっとことしは非常に多くなってるんですが、この自主返納のなんと言いますかした人に対してデマンドの券っていうの悪いわけじゃないんですけども、なんかこうもうちょっと使ったら終わりつうんじゃなくて活用できるっていうか、何かもうちょっと考えられないもんなのかどうなのか。その辺、どういうふうに考えているかお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) それでは9ページの企画費の報償費、オープニングイベント協力者、その前に小学生の絵の応募記念品代ということで2万5,000円減額させていただいてございます。それで、まず働きかけにつきましては各小学校のほうへ、夏休みにこういう形で絵を描いていただけませんでしょうかということで働きかけを行ってございます。対象につきましては小学校4年生から6年生というふうな形でございます。実際応募いただいたのが173点ということでございます。それで、その中のその記念品の内容でございますが、まず町長賞、議長賞、教育長賞ということでまず3つの賞を設けまして、まず3人の方に3,000円の図書カードと、あとさくらっきーのグッズ、これはストラップになりますけれども、これを贈らせていただきました。あと、入賞ということで13人の方を選ばせていただきまして、この方につきましては3,000円の図書カードのみというふうな形でございます。残りの応募された皆様につきましては、さくらっきーグッズということでクリアファイルと缶バッチ、これを贈らせていただいたというところでございます。
 それと、オープニングイベントの協力者謝礼がふえているんではないかということでございますが、確かにご指摘のとおり計画より少しずつふえているというふうなことがございます。ただ、内容を精査していく中で仙台大学のほうでもこのような協力ができるとかいろいろなご協力の申し出を受けましたことから、それに対応させていただく、協力していただくことは大変うれしく思ってございますので、それにちょっと対応させていただくという部分もございますので、ご理解をいただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 9ページの交通安全対策費の報償費、運転免許自主返納報奨金15万円でございます。ご指摘のとおり、デマンドの利用券を自主返納の方に交付しているような形でございまして、当初15人でございましたけれども、先月ですか、満額支払いまして、今回お願いしたところでございます。実は当初も25人ぐらいにふやしているような状況でございまして、最近テレビでも高齢者の事故っての非常に多いような報道がなされています。そういった状況も踏まえまして、自主的に返納される方が多くなってるのかなというふうに思っております。町としましてもデマンドが発足して5年ぐらいにはなるんですかね。当初の段階からこういった制度を設けてきました。増加の傾向にありますので、さらにこの制度は生かしてみたいというふうに思ってるところでございますけれども、交通手段がなくなってしまうような状況もありますから、何らかの付加価値なんかも考えてみたいというふうに思っておりますので、ご理解のほどお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 企画費のほうはわかりましたけれども、交通安全のほうなんですが、大河原町には地下鉄とか町営バスとかってのがないもんですからあれですけども、あるところについてはその免許証を見せるとただで乗れるとか何とかっていうところもあるような感じもしてるし、いろんな店で買い物してもなんか恩典があるとかっていうふうなこともあるようなんで、なんかもうちょっと確かに高齢者の事故がふえてるんで、私もこの前も逆さに走ってる車もちょっと見かけたりもしたんですけども、大河原町内でね。だから、もう少し自主返納を本人は大丈夫だと思って運転してると思うんですけども、ちょっと危ない部分もあるんで、そうした返納した際に何らかもうちょっと、一時的にそれで終わりということでなくて何かずっと恩恵があるようなものがあればいいなと思うんで、その辺考えていただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁はよろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 1点のみ。8、9ページ、7款商工費の13節委託料でございます。先ほど詳細説明受けまして、調査ですとか写真集作成、英文の観光ガイド作成ということで内容がちょっと多岐にわたっているような説明受けました。その中で、これは1社が全てのこういったものを請け負っての委託なのか、それともそれぞれの例えば調査なら調査委託、写真集なら写真集の委託というような委託の形態なのか。その辺についてだけ1点のみお伺いさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 先ほど申し上げましたように、非常に限られた期間の中で今まで用いた写真とかデータとかを使用して対応するということでございますので、1社でデザインから発注までお願いしたいということで委託料1本にまとめさせていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第3号を採決します。
 お諮りします。原案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 議長より、念のため申し述べておきます。あす1月19日から3月1日までの間は休会となっておりますのでご承知願います。
 本日はこれで散開します。
 ご苦労さまでした。
     午前11時04分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成29年1月18日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------