議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2016年12月15日(木):平成28年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから諸般の報告をします。
 休会中の委員会活動予定は配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     行政報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。
 行政報告、申し上げます。平成28年12月9日に、大水工28-10小島地区配水管布設替工事の入札を執行しましたので、その状況についてご報告申し上げます。
 この入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりです。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。
 質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 報告第13号 専決処分の報告について(和解)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、報告第13号専決処分の報告について(和解)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑、ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 報告第14号 専決処分の報告について(和解)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、報告第14号専決処分の報告について(和解)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑、ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 質疑というよりもお願いをしたいということです。事故の概要をここに記載されているとおりなんですが、お話によりますと、ヤクルトの事故があった駐車場になぜ公用車があったのかということで、ちょっと私、よくわからなかったので担当課に聞きましたら、託児所があって、それで担当課が仕事のためにそこに訪れた。その際、起きたということなんですよね。それは聞いてわかったんですけれども、通常公用車がここの会社にどうして行っていたのかなというのが正直言って素朴な疑問として私わからなかったので、担当課に確認したらそういうことでした。子ども家庭課では認可保育所だけじゃなくて、そうでない託児所も業務の、仕事の範囲に入っているということだったので、これだけちょっと説明されるとどうしてここに公用車とちょっと私だけなのかどうかわかりませんけれども、ここに記載されてなくとも説明するときに若干つけ加えていただけるとより理解できたのではないかと思いましたので、今後のためにそのような配慮をお願いしたいということでございます。総務課長、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 公務の内容といいますか、そういった点まで概要のほうに示すような形で対応させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑、ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第57号 職員の給与に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第57号職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第57号職員の給与に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
  本議案の改正につきましては、平成28年の人事院勧告に伴いまして国家公務員、いわゆる一般職の給与の法律が先月16日ですかね、可決をされました。これを受けまして、本町の職員の給与条例に関する内容につきましても人事院勧告に完全準拠するような形で対応するものでございます。
 主な内容につきましては3つほどございます。1つは、勤勉手当支給月の引き上げ、それから2つ目は扶養手当の見直し改正、それから3つ目につきましては給料月額、俸給表、給料表の改正というような形になるものでございます。
 それでは、改正議案及び新旧対照表の資料でもってご説明をさせていただきたいと思います。1ページをごらんになっていただきたいと思います。まず、先ほど3つ目のお話しました給料月額表をご説明申し上げます。別表第1ということで、1級から6級までの全ての級におきまして、全部改正をしております。人事院勧告に伴います平均0.2%の引き上げとなってございます。中でも新規採用職員、1級、2級の号俸になるわけでございますけれども、初任給の手当といいますか初任給額ですね、これにつきましては1,500円ほどのアップとなっております。その他の職員につきましては、400円から900円のアップというような形になるものでございます。
 それでは、新旧対照表になりますけれども、8ページをごらんになっていただきたいと思います。主な内容の1つ目として、勤勉手当の支給率の改正と申し上げました。第20条勤勉手当ということで、現行の100分の80を100分の85、つまり0.05月引き上げるものでございます。これにつきましては、人事院勧告で民間との差が0.1月分あるということで、今回対応するものでございます。ご案内のとおり、勤勉手当につきましては6月期、それから12月期あるわけでございまして、それぞれ0.05引き上げることで合わせて0.1月というふうな形になるものでございます。2号目の100分の37.5を100分の40に改めることにつきましては、再任用職員の勤勉手当の引き上げを図るものでございます。その下の附則、25項ということで今回新たに追加をするわけでございますけれども、12月に支給する勤勉手当の特例ということになります。先ほど民間と比べて0.1月分の格差があるということで、今回改正をするわけでございますけれども、12月分、基本的には今年度の中でその0.1月分を引き上げを図ろうということで、100分の85を90というふうな形になっていますけれども、現行から比べれば80を90、つまり0.1引き上げるというような改正になるものでございます。
 それでは、次のページ、9ページになります。第10条扶養手当でございます。今回大きな改正といたしまして配偶者の扶養手当、現行1万3,000円でございますけれども、これを半分の6,500円にいたします。その削減した財源でもって、今度は子供の部分に係る手当を引き上げる。現行6,500円ですけれども、将来は1万円というような形にするものでございます。今申し上げたのが3項にアンダーラインがありますけれども、今申し上げた内容でございます。なお、特例措置がありますけれども、それについては後で申し上げたいというふうに思います。
 それでは、ちょっと戻っていただいて、5ページ、附則を説明をさせていただきたいと思います。施行月日等ということで、1項、2項ございます。いろいろ書いてございますけれども、1項の第2条の規定、これは扶養手当の改正でございまして、扶養手当の見直しの改正につきましては29年4月1日からということで、新年度から対応するものでございます。それから2項目につきましては別表、給料表の改定ですね。これは4月1日にさかのぼる。それから附則第25項につきましては、先ほど申しました12月1日分として適用するということでございます。その下の3項については、給料表が4月にさかのぼることでこれまで支給された分については新しい給料額の内払いというような形の中の対応をするものでございます。
 次のページ、6ページをごらんになっていただきたいと思います。4項目に扶養手当に関する特例ということでございます。先ほど扶養手当の改正につきましては新年度からということで、1万3,000円が6,500円という形になるわけでございますけれども、この4項にありますように、平成29年度4月1日から30年度3月31まで、つまり29年度については特例措置を設けるということでございます。これまで受給している状況もありまして、軽減といいますかそういう形を考えたところでございまして、いろいろ書いてありますけれども、29年度は扶養手当を8,000円、そして違います、1万円でした。1万3,000円が現行、そして29年度は1万円、30年度に6,500円、それから子供につきましては6,500円が現行ですけれども、29年度は8,000円、そして30年度が1万円というような形の中で、29年度の特例措置を第4項として改正附則の中でしたものでございます。それから2号から4号につきましては、読み替え規定でございますので省略をさせていただきたいと思います。
 以上、簡単でございますけれども、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑、ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 今回の人勧で0.2%の引き上げという本俸のほうでございますけれども、これ見てもらうとわかるんですけれども、6級ですが、3ページ。6級の85号で40万9,400円、これが最高の給与月額というふうになるわけですが、この金額は県で言うと40歳代といいますか、の給与になると思うんですね。同じ公務員でありながら給与が非常に差がある。前にも一般質問で7級制にしていただけないかというふうな話をしていただいたわけですけれども、やはりいい人材を確保するためにはやはりそれなりの処遇といいますか待遇といいますか、それが私は必要ではないかというふうに思うんですけれども、前の7級制にしてほしいというふうな一般質問では検討したいというふうなことでの答弁があったわけですけれども、やはりいい人材を確保していくというためにはそれなりのやはり給与保証というのが私は必要ではないかと思うんですけれども、この7級制も含めて町長の考えをお聞きしたいんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 堀江議員の一般質問につきましては、私も拝見させていただいておりまして、そのときの町の答弁も聞かせていただいておりました。今職員組合のほうからも要望が上がっているようでございまして、できるだけ早い時期にしっかり答えを出していくということで、私も議員の指摘の点については理解できるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第57号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第58号 大河原町少人数学級編成の実施に係る任期付教職員の採用
                 等に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第58号大河原町少人数学級編成の実施に係る任期付教職員の採用等に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 本案件について、提案理由の説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第58号大河原町少人数学級編成の実施に係る任期付教職員の採用等に関する条例の一部改正について、詳細を説明を申し上げます。
 これにつきましても、先ほど57号でお認めいただいたわけでございますけれども、人事院勧告に基づく改正を行うものでございます。職員の給与の改正に伴いまして、少人数学級の先生に対しても改正を行うということでございます。基本的には現在の給料表を全て改めるということでございます。900円から1,800円ぐらいの引き上げ幅というふうになっておるものでございます。施行日につきましては、同様に4月にさかのぼって支給するような形で対応するものでございます。
 以上、簡単でございますけれども詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑、ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 1点、お聞きしたいんですけれども、以前説明あったら申しわけございません。この講師の扱いなんですけれども、6・6講師という認識でよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 1年契約ということで励行しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ということは、複数年の継続が可能という認識でいいのかということと、今までの講師された先生の、その何て言うんですかね、1年単年度で終わっている先生が多いのか、それとも継続してやられている先生が多いのか、その辺ちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 勤務の期間ですけれども、初年度に採用されたお二人の講師の方のお一人は3年目を現在迎えております。もう1人については1年、その次の年も新たな講師の方に交代して、ことし途中にまた交代しているというような状況がありまして、そういった形で今勤務していただいております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。できれば継続してやってほしいんですけれども、共済の関係とか、あとはその他の関係で入れかわることもあるんでしょうけれども、了解しました。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑、ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 給料に関しての今回条例のあれですけれども、関連ですけれども、今須藤議員からも出たのでちょっと関連すると思うんですけれども、この事業というのは非常に現場では大変喜ばれているということで、先生方、非常に評価していますよね。そういう点では今の採用の状況ですけれども、スタートしてからもう3年目に入っている先生お一人で、あとは1年ということでおやめになって交代しているということですか。これはこれからも続けていくんでしょうけれども、確保の点では何も心配ないんですか。職員を確保するという点では。それは1年ですからね。実際必要だということは本来であれば正職員の先生をちゃんとして、町として配置するのが状況によっては必要になってくるのではないかなといつも思っていたんですけれども、今の職員の状況から見るとそういう方向も今後は検討しているのかどうか、あえて伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 職員の確保につきましては、心配しているのかということでございますが、心配していないということでもないということで、やや不安なところもなきにしもあらずでございます。ただ、教育事務所とも連携をとりながら、事務所からの支援をいただきながら講師を探しているところでございますが、現在3年目を迎える講師につきましては、大変喜んで仕事をしていただいている状況にございます。なお、若い講師というよりは、できれば大河原町に在住する年配の方を希望しているわけですが、なかなかそういう方が見つからない現状にございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) やはり心配はある面ではぬぐえないという面もあるという、何か正直な今お答えを教育長からいただきましたけれども、特に大河原の場合はこの事業というのは前町長がいわゆる実施したわけで、私も大変評価していた一人ですけれども、大河原中学校というのは県内でもマンモス校ですよね。そういう点では大きな学校ほどやはり先生の加配というのは非常に重要な課題なのかなと思っています。今後のこともありますので、齋町長になってからもこの件については教育長、あるいは教育委員会とも学校の現場とも連携とりながら、きちんと子供たちがゆとりある教育がマンモスの中でもできるように気配りをこれからもしていただきたいということで、町長にもお願いしておきたいと思いますがいかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ご指摘の趣旨、十分理解できるところでございまして、しっかりと対応してまいりたいと思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっとつかないことをお聞きするんですけれども、この給料表なんですが、県直接で採用される任期付職員といいますか臨時職員といいますか、講師の先生ですね。これとの給料の差と言うのはどのぐらいになっているんでしょうか。わかれば教えていただきたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 細かな数字等はちょっと申し上げられませんが、いわゆる地域手当相当分を上乗せした形でこの給料表は最初につくらせていただいております。県の講師の方々と違う点として、大河原町の任期付教職員として採用になった部分については、県の教員、講師の履歴というものに加算されないというようなところもあるものですから、そういったところを配慮する意味で加算させていただいた給料表をつくって、差額を多少上乗せをしたりつくっているという状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何か説明がちょっと聞き取れなかったんですけれども、その地域手当分を云々というのがちょっとよく聞き取れなかったんですが、その辺ちょっともう一度。済みません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。マイクをつけてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 県の講師の方々と、まずはベースは同じ給料の表といいますか等級と同じに作成しましたが、それに地域手当相当分の上乗せを行って大河原町の給料表を作成し、大河原町の任期付教職員として採用になった部分が県のほうの職員としての履歴に加算されないというようなところを穴埋めする意味合いでその辺を上乗せした形で給料表をつくっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうすると、簡単に言えば県のベースにプラス地域手当分を上乗せしているというふうなことの理解でよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 申しわけございません。そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今の件でちょっと2回目なんですけれども、大丈夫ですか。だめなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤君は……。
 ほかに質疑ございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第58号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第59号 大河原町職員の配偶者同行休業に関する条例の一部改正に
                 ついて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第59号大河原町職員の配偶者同行休業に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第59号大河原町職員の配偶者同行休業に関する条例の一部改正について、詳細説明を申し上げます。
 改正議案の裏面の新旧対照表のところをごらんになっていただきたいと思います。この条例につきましては、平成27年3月に上程をいたしましてお認めいただいた条例でございます。外国で勤務する配偶者と一緒に生活ができるような、そういった制度でもってつくったものでございます。その中で延長が1回しかできないというような内容でございました。しかし、今回法律が変わりまして、再度の延長ができるというようなことになりました。その内容につきましては、条例で規定しなさいということで今回この第6条の2ということで新たにその再延長ができる規定を設けるものでございます。いろいろ書いてございますけれども、引き続き外国での勤務がある場合ということになるものでございます。
 以上、簡単でございますけれども詳細説明とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑、ありませんか。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) ただいま説明の中で外国という文言が出ましたけれども、実際本町では外国に行った職員がいるのかいないのか、お聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 本町の事例では、今のところございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑、ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第59号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第60号 大河原町町税条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第60号大河原町町税条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) それでは、議案第60号大河原町町税条例の一部を改正する条例の詳細説明を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、町長提案理由で申し上げましたとおり、多様な納税手法といたしまして本年度より開始いたしましたコンビニ納付でございます。これのコンビニ納付につきましては、督促状発送後コンビニ納税を利用の際、金額ができませんため、督促手数料をできないこととなり、銀行等の金融機関で納税された方との不均衡が生ずることとなりますことから、この不均衡の解消と事務の合理化を図る観点から町税条例第21条を督促手数料の規定から督促手続に関する規定に改正し、督促手数料を徴さないことと改正するものでございます。
 それでは、新旧対照表をごらんいただきたいと思います。改正前は督促手数料という21条表題で100円を徴するというような規定でございましたのを、督促に改めまして、この督促状の発送の手続を定めたものでございます。次に、附則の改正でございますが、日本台湾民間租税取り決めの取り結びにより、日本台湾間の二重課税の回避を図るため、所得税法の一部が改正されたことに伴いまして、附則第20条の2を追加いたしまして、並びに20条の2を20条の3に繰り下げ、これらに伴う字句の整理を行うものでございます。
 次に附則でございますが、13ページをごらんいただきたいと思います。第1条施行期日につきましては、日本台湾間の関係につきましては平成29年1月1日から施行し、督促手数料関係に関するものについては4月1日から施行するとしたものでございます。附則第2条につきましては、経過措置につきまして平成29年3月30日以前に発した督促状につきましては従前の例により100円を徴するものとしたものでございます。附則第3条につきましては、日本台湾民間租税取り決めにより平成29年1月1日以降に受ける利子配当等を対象とする規定でございます。第4条から第7条につきましては、町税条例第21条の改正により督促手数料を徴さないこととする場合に、影響の生じる関係条例との整理を図るものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第60号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第61号 大河原町国民健康保険税条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第61号大河原町国民健康保険税条例の一部を改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) それでは、議案第61号大河原町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の詳細説明を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、議案第60号で申し上げましたとおり、日本台湾民間租税取り決めの取り結びによりまして日本台湾間の二重課税の回避を図るため、所得税法の一部が改正されたことに伴いまして附則第9項の次に第10項並びに第11項を追加し、附則第11項を附則第13項に、附則第10項を附則第12項に繰り下げるものでございます。
 内容につきましては、町民税で分離課税される第10項特例適用利子および第11項特例適用配当等の額を国民健康保険税の所得割額の算定及び軽減判定に用いる総所得金額に含めるものとしたものでございます。
 附則につきましては、平成29年1月1日から施行するものとしたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案60号の中でも先ほど日本と台湾間の民間租税云々というお話ありましたけれども、今度の今議案61号の中でもまた日本と台湾間の云々と出てきましたけれども、これはどうしてこの日本と台湾のが出てきたのか。何かここに来てもちょっと疑問があったのでもう少し詳しくなぜ日本と台湾なのか。日本と外国とすればいろいろな国があるので、あえて台湾というふうに出てきたのはどうしてなのか。国からいろいろ通達来ているでしょうから、わかりやすく課長からご説明いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 本来ですと、国と国との税の取り決めにつきましては租税条約という条約に基づきまして国と国との取り決めがなされるということでございます。現在、日本につきましては台湾を国として認めていない、地域として認めているという立場でございますので、租税条約を結べないということとなりますので、これを日本と台湾の民間窓口機関であります日本側の公益財団法人交流協会と台湾側の亜東関係協会という窓口、民間の窓口同士の協議が調いましたことに伴いまして、このような民間の取り決めの取り結びを国税として承認するというような形になったものでございます。その所得税で認めたものでございますので、影響のある住民税並びに国民健康保険税に影響がありますので、今回の条例改正をお願いするものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今質疑してよかったなと思いました。初めて実はわかったんですけれども、できるんでしたら提案理由の中に少しその点もご説明いただけるとよかったかなと私個人の意見です。考えるところがあれば、今後検討していただければと思います。わかりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第61号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第62号 大河原町給水条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第62号大河原町給水条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯上下水道課長(佐藤 淳君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(佐藤 淳君) それでは、議案第62号大河原町給水条例の一部を改正する条例について、詳細説明を申し上げます。
 今回の給水条例の一部改正につきましては、先ほど町税条例の一部改正でも申し上げましたとおり、本年4月1日より開始いたしましたコンビニ収納におきまして、督促状発送後コンビニで納入すると金額の訂正がきかないことから、銀行等での金融機関で納入された方との不均衡が生じております。不均衡の解消と事務の合理化を図る観点から、給水条例32条第2項を削除し督促手数料を徴さないことと改正するものでございます。期日につきましては29年度4月1日より施行いたします。
 なお、29年3月31日以前に発した督促手数料につきましては、従前のとおりでございます。以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第62号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第63号 平成28年度大河原町一般会計補正予算(第4号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第63号平成28年度大河原町一般会計補正予算(第4号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) それでは、議案第63号平成28年度大河原町一般会計補正予算(第4号)の詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にもありますとおり、歳入歳出それぞれ1億4,989万8,000円を減額し、歳入歳出総額をそれぞれ77億1,793万2,000円といたすものでございます。
 あわせまして、債務負担行為の補正を行ってございます。
 それでは、4ページをお開き願いたいと思います。
 まず初めに、第2表債務負担行為の補正といたしまして、デマンド交通システム機器及びシステム賃借料といたしまして760万円の追加を行ってございます。これにつきましては、今年度でこの機器の賃借が切れるということで、新たに設定をさせていただいているところでございます。
 続きまして、事項別明細書によりご説明いたしますので、8、9ページをお開き願いたいと思います。
 まず初めに歳入でございます。12款1項2目1節の老人福祉費負担金軽度生活援助事業利用者負担金11万6,000円の増額につきましては、利用人数が6人程度増加しておるということからの増というふうな形でございます。続きまして、14款1項1目1節障害者福祉費負担金、上の障害者自立支援給付費負担金158万円の増額につきましては、補装具等の買いかえがありますことから今回増額をさせていただきました。その下、障害児入所給付費等負担金222万1,000円の増額につきましては、施設の利用者の増または利用日数の増によるものでございます。5節地域型保育給付費負担金125万7,000円の増額につきましては、小規模保育事業所における公定価格単価等の改正によるものでございます。続きまして15款1項1目民生費県負担金の1節障害者福祉費負担金または6節地域型保育給付費負担金の増額につきましては、先ほど申し上げました国庫支出金のほうと同様の理由ということでご理解をいただければと思います。続きまして、2項県補助金の2節民生費県補助金、3節老人福祉費補助金1億4,183万9,000円の減額につきましては、地域密着型の特別養護老人ホームの補助関係でございますが、事業者は決定してございますが、本年度事業が行われないことから今回減額をいたすものでございます。4節児童福祉費補助金29万4,000円の減額につきましては、対象児童の入所がなかったことから今回減額をさせていただくものでございます。
 10、11ページをお開き願いたいと思います。2項3目衛生費県補助金の6節ドクターヘリ離発着場環境整備事業補助金23万2,000円、これにつきましてはランデブーポイント、離発着場ですね、ここ6カ所に看板を設置する補助としていただくものでございます。続きまして4目の2節農業振興費補助金238万2,000円の減額でございます。まず初めに豊かなふるさと保全整備事業補助金164万円の増額につきましては、堤地区の排水路改修工事が県の補助対象となったことから今回増額をさせていただきました。その下の多面的機能支払い補助金402万2,000円の減額につきましては、新たな地区での事業開始を見込んでおりましたがなかったことに伴う減額ということでございます。
 17款1項2目1節の社会教育費寄附金10万円、これにつきましては桜の植樹記念碑が民有地の中にありますことから、それを移設する費用として寄附を受けたものでございます。18款2項3目1節の長寿社会対策基金繰入金4,270万円の減額につきましては、地域密着型の特別養護老人ホームが今年度行われないことから減額をいたすものでございます。19款1項1目1節の繰越金2,803万4,000円につきましては、今回の補正の財源ということで繰り入れをさせていただきました。
 12、13ページをお開き願いたいと思います。20款5項5目1節の給食費実費負担金70万円の増額につきましては、実績に基づき増額をさせていただいたということでございます。2節雑入、まず初めに公営住宅防火施設整備補助金ということで49万4,000円、これにつきましては公営住宅の火災警報器の交換に要する費用に対する助成ということでいただいてございます。その下、むつみ学園事業費負担金精算金ということで5万5,000円、これは27年度の精算で戻ってくる分ということでございます。
 続きまして、14、15ページをお開き願いたいと思います。歳出のほうに移らせていただきたいと思います。
 まず初めに、各款にわたりまして今回の職員の給与改定に伴う増または人事異動による増減も行ってございますので、ご了解をいただければと思います。2款1項2目文書広報費の12節役務費55万円、通信運搬費で増額をさせていただいてございます。これにつきましては、郵送件数の増があったことから今回増額をさせていただきました。5目11節需用費印刷製本費で2万7,000円の増でございますが、これにつきましては源泉徴収票等を郵送する封筒等が残り少なくなったことから今回新規で計上させていただいてございます。7目の15工事請負費地域イントラネット移設等工事で150万円でございます。の増額でございますが、これにつきましては各施設等を地域イントラネットということで回線で結んでございますが、東北電力様の電力柱に共架をさせてその配線をしてございますが、その電力柱が移設されることに伴いそのイントラネットの回線も移設する必要がありますことから、その工事費ということで計上をさせていただいてございます。2款2項1目税務総務費の、まず18節備品購入費92万1,000円ということでレジスターで61万1,000円、電動契印機で31万円を計上してございます。これにつきましては税の証明に関するものでございますが、今税の証明は税務課で証明を行いまして証明手数料を町民生活課のほうで支払ってございます。それを利用者の利便性を向上をはかるということで、1カ所で証明から手数料納付までできるというふうな形を29年の4月から行いたいということでの機械整備というふうな形でございます。続きまして、2目賦課徴収費の13節委託料、この中でまず上から3つ目、路線価情報化集約化業務委託料ということで22万円増額してございます。これにつきましては平成27年度分の集約と今回28年度分も集約しなければならないということから増額をさせていただいてございます。同じく下から3つ目のところに申告支援保守委託料18万3,000円、これ全額今回減額をさせていただいてございます。これにつきましては企画財政課の予算のほうでこの保守のほうを行うということで、今回全額減額させていただきました。その一番下のコンビニエンスストア収納代行業務委託料8万円の増額につきましては、利用者が多かったことから今回増額というふうな形です。そのほかの減額につきましては、請負差額というふうな形で減額にさせていただいてございます。
 16、17ページをお開き願いたいと思います。3項1目の11節消耗品で20万6,000円増額してございます。これにつきましては証明件数等が多かったことからプリンター等の消耗品を購入したいということでございます。13節委託料住民基本台帳システム改修委託料で61万6,000円減額してございます。これも全額減額というふうな形になってございますが、閲覧台帳を行政区ごとの班ごとにするという改修を行う予定でございましたが、これを職員が表計算ソフトを使って加工できるというふうな形になったものでございますから、今回減額をさせていただくものでございます。
 続きまして、3款1項3目ですね。障害福祉費の20節扶助費補装具等ということで316万円増額計上してございます。これにつきましては補装具の買いかえというふうな形でございます。その下の23節償還金及び利子割引料につきましては、27年度の精算に伴う金額というふうな形になってございます。4目老人保護措置費の20節扶助費養護老人ホーム措置ということで79万3,000円増額してございますが、新たに利用者が1人いたことからの増額というふうな形でございます。5目老人福祉費の13節委託料軽度生活援助事業委託料、これにつきましては6人程度の利用増があるということでございます。その下の19節負担金補助及び交付金の1億8,453万9,000円の減額につきましては、先ほどから申し上げております地域密着型の特別養護老人ホームの事業が今年度行わなくなったことから全額を減額するものでございます。
 18、19ページをお開き願いたいと思います。一番上の28節操出金363万9,000円介護保険特別会計操出金につきましては、平成30年度から始まります高齢者福祉計画及び第7期の介護保険計画の策定費用として計上してございます。続きまして、2項の3目障がい児福祉費の扶助費444万2,000円障がい児施設給付費ということで、これは施設の利用者の増または利用日数の増というふうな形でございます。5目保育所運営費の19節負担金補助及び交付金のまず一番上、地域型保育事業費として260万円増額してございます。これは小規模保育事業においての公定価格等の改定ということでございます。その下の障害児保育事業補助金58万8,000円の減額につきましては対象となる児童の入所がなかったことによるものでございます。
 20、21ページをお開き願いたいと思います。まず6目桜保育所費で共済費または賃金で増額してございます。これにつきましては職員の病気休暇等に伴うものまたは未満児受け入れの増に伴う臨時職員の雇用に関するものでございます。8目児童センター費の1節報酬で139万2,000円または4節共済費の社会保険料21万5,000円の減額につきましては、再任用職員を配置したことによる減額というふうな形になってございます。
 4款1項1目の15節工事請負費で、まず2つ目の保健センター鋼製建具修繕工事ということで、保健センターのドアですね、ドアクローザーが15カ所ほど壊れておりますことから今回修繕を行うものでございます。その下のドクターヘリ離発着上看板設置工事ということで23万2,000円、これにつきましては大河原南小学校、大河原中学校、金ケ瀬中学校、大河原公園、東部グラウンド、頼母山霊園ですね、この6カ所のほうに設置するというふうな形でございます。そのほかにつきましては請負差額というふうな形での減額でございます。
 22、23ページをお開き願いたいと思います。6款1項1目の農業委員会費の需用費で消耗品28万6,000円増額してございます。これにつきましては新たに選出される農業委員と農地最適化推進委員への作業服等のものというふうな形になってございます。3目農業振興費の19節負担金補助及び交付金で、大河原町農作物有害鳥獣対策協議会負担金55万2,000円の増額につきましては、イノシシの捕獲頭数がふえていることから40頭分を追加するものまたはワイヤーメッシュの設置に対する補助というふうな形になってございます。6目農地費の、まず7節賃金55万円の増額につきましては、予算を当初計上する際に少なく予算を計上してしまったと、少ない単価で計上してしまったということでの今回増額となってございます。今後十分注意いたしますので、よろしくお願いをしたいと思います。続きまして、8節報償費の140万円農業用施設管理費報償費ということで、これは多面的機能支払い事業を行う地区が1カ所しか今回なかったということでの減額をさせていただいているものでございます。15節工事請負費のまず上の農業用施設補修等改修工事、これにつきましては堤地区の水路改修工事が県の補助になったことから、まずこちらを減額いたしまして豊かなふるさと保全整備工事のほうで450万円、組み替えというふうな形になってございます。その下の19節負担金補助及び交付金536万1,000円の減額につきましては、多面的機能支払いのする事業が地区がなかったことから今回減額をさせていただいてございます。
 7款1項2目の商工振興費15節工事請負費で100万円増額してございます。これにつきましては川根工業団地の拡幅に伴います給水管の取り出し等によるものでございます。
 24、25ページをお開き願いたいと思います。22節補償補填及び賠償金の100万円の減額につきましては、移転補償等の合意があり、その残額を減額するものでございます。
 8款2項1目の道路橋梁総務費の賃金で32万6,000円増額してございます。これにつきましても支給単価を予算計上、ちょっと少なくしておりましたことから今回増額をさせていただくものでございます。これにつきましても今後十分注意させていただきたいと思います。4項4目都市整備費の11節需用費で修繕料395万円計上してございます。これにつきましては駅前自由通路の外壁の一部張り直しと塗装関係を行う費用として今回計上させていただきました。5目の28節操出金1,177万3,000円につきましては、鷺沼排水区雨水排水事業等の増により今回繰り出すものでございます。
 26、27ページをお開き願いたいと思います。10款2項1目の大河原小学校管理費の11節需用費修繕料35万円、これにつきましては給食配膳室の雨漏れまたは暖房機の修理というふうな形でございます。その下の南小学校管理費の18節備品購入29万円、これにつきましては家庭科室の給湯器が故障しておりますことから買いかえを行うものでございます。3項中学校費の大河原中学校費11節需用費で修繕料40万円、これにつきましては防犯カメラの修理2台分と、あと蛍光灯等の修理があることから今回増額をさせていただきました。
 28、29ページをお開き願いたいと思います。4項の1目社会教育総務費の8節報償費町民学園商品券代ということで30万円を増額してございます。これは交付実績に基づき不足することから今回増額をさせていただきました。2目中央公民館費の共済費または賃金で増額してございます。これにつきましては、現在産前産後休暇中の職員が育児休暇をとるということでの増額でございます。5目文化財保護費の工事請負費10万円、河川堤防桜植樹記念碑移設工事ということで民有地にある記念碑を上町集会所の脇の土手のところに移設する工事代というふうな形でございます。
 30、31ページをお開き願いたいと思います。3目学校給食センター費の11節需用費、まず光熱水費で70万円増額してございます。これは洗浄に伴う水道使用量が増加していることから増額でございます。また、賄い材料につきましては実績により増額させていただきました。13節委託料で8万1,000円、煙突アスベスト点検業務委託料、これにつきましては文部科学省より点検の通知がありましたことから今回計上をさせていただきました。18節備品購入費電気温水器につきましては手洗い消毒のために今までボイラーのほうから給湯を行ってございましたが、なかなか給湯が難しいというふうな形になってきておりますことから、今回電気温水器を使いまして消毒関係を徹底していきたいということで計上をさせていただいてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩します。
     午前10時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 企画財政課長からの訂正の申し出がありましたので、これを許します。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ただいま詳細説明を申し上げました一般会計補正予算につきまして、22、23ページ目のところの6款1項6目農地費の8節報償費140万円減額と申し上げました。正しくは140万円増額ということで訂正し、おわびを申し上げたいと思います。よろしくお願いいたしたいと思います。
 済みません。大変申しわけございませんでした。増額の理由につきましては、多面的機能支払い事業を行う地区がなかったことから、報償費のほうで措置をさせていただくということでございます。19節負担金のほうで多面的機能支払い事業補助金536万1,000円減額してございます。これで江払いなり何なりをしていただければいいんですけれども、そちらのほうで行っていただく地区がなかったことから報償費のほうでこの140万円増額させていただいて、措置させていただいたということでご理解をいただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ページは9ページです。それに関連して19ページ歳出にも出てきますけれども、14款1項1目の中の5節地域型保育給付機負担金125万7,000円、これは先ほどの説明で公定価格の改正によるということで公定価格が上がったということですけれども、これが歳出の19ページに260万円ということで歳出に出てきていますけれども、これによって町内には2カ所の小規模がありますけれども、運営の面で大分改善されるというふうに理解していいのかどうかですね。ちなみにどれぐらいの価格が引き上げられたのか。これは初めてですよね、違いますか。小規模が始まってからこれは初めての公定価格の改定というふうに理解していいのかどうか、ひとつ。あとは、その現状が今2カ所は定員に満たされて順調に保育園の運営がなされているのかも伺います。
 それからもう1点は、一番最後のページです。31ページの学校給食センター費の13委託料、煙突アスベスト点検業務委託料、これは先ほどの説明で文科省の点検の通知があったというふうにありましたけれども、これは初めてのセンター開設されてから始めてのこれは委託じゃないかと思うんですけれども、ここに来てこういう委託料が出てきた理由、文科省からのどういう通達でのことなのか詳しく教えていただきたい、以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 地域型保育給付費の件でございますが、19ページの歳出のほうで増額ということで、それに伴いまして国庫それから県の負担金を増額しているものでございますが、公定価格につきましては毎年改定されているものでございまして、今回も4月にさかのぼって改定されております。特に人件費等保育士さんの処遇の改善というような部分で毎年改定されているものではございます。今回小規模だけではなく民間だけではなくほかの認可の保育所も改定されているんですが、今回は地域型のほうがそういう部分で支払いの必要が出たために12月の補正となったものでございまして、ほかの民間の保育所についても精査して3月にはまた補正になるものと思っております。そういうことで、公定価格は毎年改定されておるものです。
 現状でございますが、2つの小規模保育所、どちらも定員いっぱいに今入っているところでございます。運営につきましては、春先ちょっと定員に満たない時期がございましたが、すぐに定員にいっぱいになりましたので、公定価格といいますかこちらの町からの給付によって運営できているものと思っているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 給食センターの煙突アスベスト点検業務委託の関係でございますが、本年国内でアスベストが飛散することで給食がとまるという事案が発生したことに伴いまして、文科省のほうで全国的にそういった可能性の有無についての調査をするよう通知が来たことから、大河原町において給食センターの煙突に形成物ということで固い形で張りつけてある部材がアスベストを含有しているかどうかについてを確認するための調査を依頼するものであります。目視だけではできないというところがあるものですから、専門の業者に委託をいたしまして、その含有するアスベストなのか否かというようなところをまず調べるところから今回の委託によって行うものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の地域型保育所の公定価格に関することですけれども、定員いっぱいということで、今は順調に運営されているということですよね。保育士の不足が言われておりますけれども、認可保育所でも恐らく今保育士は今でも不足しているという現状があるようですけれども、地域型については今のところ補充しなくとも十分やっていける体制になっているのか、もう1点だけ伺います。
 それからアスベストに関してですけれども、国内で飛散があったというそういう被害があったと今初めてわかったんですけれども、これはいつどこなんですか、国内でということで、アスベスト。そういうこと、もう少しちょっと詳しく。それからこの委託料というのはこれは専門業者でないとだめ、どこに委託するんでしょうかね。そうすると、これは全国一斉に給食センターで行われるということなんでしょうね。以上、その辺を伺います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 地域型保育所、小規模保育所の保育士ですが、先ほど申しましたように、定員いっぱいまで入所が可能な状況ということですので、その点に関しては定員までに関しては現状では保育士さんは足りているものと考えております。退職等がもしあった場合、その際の補充あるいは新たな人材の雇用というところで苦労はあるのは同じかなとは思っているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 給食の関係でございますが、まず札幌市の小中学校の給食関連の施設に石綿建材が使用されており、それらがアスベストが含むものであるということの建材が見つかったため、同市の教育委員会が文部科学省に不十分な報告をしていたことも表面化し、北海道教育委員会が再調査をする事態になったという、これによって給食1万人分が調理中止になったという報道が本年11月1日に行われております。これを受けて、文部科学省大臣官房文教施設企画部施設企画課のほうから11月1日付で全国の都道府県教育委員会等々に学校施設等における石綿含有保温材等の使用状況調査特定調査の再確認等についての依頼というものが発せられ、これが県を通して本町にも参ったものであります。
 これの調査について、実際にその状況について調査をして平成28年12月、済みません、調査については今後早い段階で行わなければいけないわけですけれども、その調査を今回行うというものであります。以上です。
 業者につきましては、まだ決めてはおりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) アスベストに関してですけれども、委託、決めていないというよりもこれは国そして県からこういうふうな通達来たということは、恐らくわかんないですけど、県内どっか1カ所でこういう業者に委託するという方法ではないんですか。それぞれの自治体でこれは恐らく専門的な分野なので、業者もある程度決まってくるのではないかなと思っているんですけど、わかりました。何事もないことを願っております。
 追加、その点、もう一度だけお知らせください。委託業者について。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 委託業者、まだ決まってはおりませんと申し上げましたが、一応見積もりはいただいてこの金額を算出しておりまして、仙台市にありますNS環境株式会社東北支社のほうに今回の調査についての見積もり依頼をしております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでは、歳入も言うとごちゃごちゃになりますから歳出一本でやっていきたいと思います。
 まず16、17の障がい福祉費の民生費の社会福祉総務費の障がい福祉費でございますけれども、扶助費。これの補装具なんですけれども、450万円当初とって316万円、766万円。27年度決算では180万円ぐらいしか使っていないんですよね。それが何でこんなに多くなったのか。交付人数が幾らぐらいで交付のが何人ぐらい増になったのか、また修理のほうは何人ぐらい見込んでこのぐらいの金額になったのか。この補正の金額の内訳について教えていただきたいと思います。
 それからすぐその下の償還金利子及び割引料ですけれども、当初予算では養育手帳申請事務等委託返還金ということで1万円、今回は国県負担金等精算返還金、この中身を教えていただきたいと思います。
 それから18、19ページ、児童福祉費の中の3節の3目の障がい児童福祉費ですが、これも444万2,000円の増となって合わせると1,644万2,000円。利用者の増、それから日数の増というふうになっておりますが、27年度実績では児童発達支援が30人、延べ30人で170万円とか、あと施設デイサービスで890万円とかいろいろありますけれども、その補正後の給付の大体延べ人数、児童発達支援のほうが何人で放課後等デイサービスが何人、それから障がい児相談の支援が何人ぐらいで幾らぐらいになるのか、その辺の内訳を教えていただきたいと思います。
 それから20、21ページの4款衛生費の中の保健衛生費の中、一番下の備品購入費ですけれども、27万円の減という形になっておりますが、当初75万6,000円、27万減って随分大幅に減になったんですけれども、これ見積もりどういうふうな見積もりでこういうふうに金額が3分の2ぐらいに減額になるのか。この辺の見積もりのとり方の見積もりの差ではないかと思うんですけども、ちょっと余りにも差が大き過ぎるんではないかと思うんで、その辺の見解をお聞かせ願いたいと思います。
 それから22、23ページ、農業費の農地費の負担金補助及び交付金でございます。この多面的機能支払い事業補助金、これが536万1,000円減となりました。新たな地区がなかったためということなんですけども、予算とるときにどの地区が該当するということでもって予算をとるんではないんでしょうか。ただむやみやたらにこの辺っていうふうな形にとるのか、予算を上げる限りにはこの地区が該当してきちっとなるというふうなことでの予算のとり方ではないかと思うんですけども、新たな地区がなかったためっていうのはどういうふうな理由なのかお聞かせ願いたいと思います。
 それから24、25、商工費の補償補填及び賠償金でございます。構築物移転等補償、これ当初290万円とってましたけども、これが100万円減になったわけですけども、減になんのはいいんですけども、290万円という金額を計上した根拠というものはどういうふうなとこから出てるのか、その辺をお願いをしたいと思います。
 それから26、27ページ、10款の教育費の2項小学校費の3の南小学校管理費の備品購入費ですが、備品購入費、これ一般管理備品費机、児童机、これ予算と同じなんですね。何だ、途中までしかよく聞こえなかったんですけども、家庭課教室云々かんぬんということですけど、中身がわかっているなら具体的にここに記載すべきじゃないかと思うんですけども、その辺の見解をお伺いしたいと思います。
 それから28、29ページの文化財保護費で社会教育費の中の文化財保護費のこの河川堤防櫻植樹記念移設工事費なんですけども、民有地から上町集会所へということなんですけども、民有地というのは大庭さんとこなのかどこなのか、ちょっとその辺ちょっとわからないんでその場所を教えていただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 初めに16、17ページ、3款1項3目障がい福祉費の中の扶助費補装具費でございます。詳しい資料についてはちょっと持ち合わせないんでございますけども、この補装具費、修理修繕、経年劣化によって交換、新規新設ということでありまして、なかなか見込みが見込ないところでございまして、11月だけで171万円ほど支出した事例がございます。これについては座位保持装置、そちらの修繕あるいは新規取得ということで、これらがありまして今後不足が生じるということで増額させていただいたものでございます。
 続きまして19ページの障がい児福祉費の扶助費、障がい児施設給付費でございます。こちらにつきましてもちょっと詳しい資料を持ち合わせてないんですけども、放課後デイサービスのほうの利用者数、また利用日数がふえてきたということで442万円を補正させていただいたものでございます。
 続きまして21ページの4款1項1目18節備品購入費27万円の減、エアコンということでございました。見積もりより実際の施工がかなり安くなったということでございまして、今後見積もり徴収する際には十分注意したいと思います。よろしくお願いいたします。
 失礼しました。1カ所抜けました。17ページの障がい児福祉費の国県負担金等精算返還金でございます。こちらにつきましては、27年度障害者自立支援給付費また障害者医療費、この医療費につきましては育成医療、更正医療、養育介護でございます。また、障がい児入所給付費の負担金でございます。これらの実績により精算により返還いたすものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) ページ、23ページになります多面的機能支払い事業補助金でございますけど、可能な限り見込んで、見込みをつかんでの計上というぐあいにはやっておりますが、何分その事業開始といいますかそれが3月までの決定ではなく、新規スタートは6月ごろというんでもいいですよというぐあいになっている関係上、なかなかその見込みの地区面積がつかめておりませんので、こういった今回は大幅な減額となってしまったものであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 24ページ、25ページの商工費の補償補填及び賠償金の構築物移転補償の減額でございますけども、この補償につきましては道路拡幅に伴うアイリスさんの南門のコンクリートの門と、あとシャッターのほうの補償でございます。こちらのほうで取り壊しと、あと移転のほうの、移転というか新設のほうの費用まで見たところで予算計上させていただいただいたんですけども、その後、アイリスさんと協議いたしまして取り壊し費用だけでいいというところで話し合いがつきました。実は取り壊し費用のほうが54万円でいいという話で今のところ協議が調っておりますので、この100万円のほかにもう少し減額、実はできるんですけども、今回まだ事業の途中ですので、今回前のページで計上させていただいた工事分で少し増額になった分だけをこちらのほうで減額させていただいて、あとの精算については事業が終わり次第3月あたりに補正させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 26、27ページの南小学校管理費備品購入費の内容につきましては、一般管理備品費といたしまして家庭科室の給湯器が故障したための買いかえの費用として計上させていただいたものであります。なお、この説明の内容につきましては今後検討させていただきます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) ページ数で29ページ、10款の4項の5目文化財保護費の工事請負費の質問でございます。こちらについては、どこの場所かということで民有地ということですけども、河川沿いの土手沿いの高橋、現在は正彦さんとおっしゃる方の家の庭にあるものでございます。こちらにつきましては、詳細説明の中で企画財政課長がお話をしましたけれども河川堤防、現在の河川堤防が大正12年と昭和2年でしたかね、桜の桜樹を植えたときに桜の木を植えたときに工事をした方がこのおじいさんに当たる方みたいなんですが、高橋熊吉さんという方、この方が町会議員もやられておりまして、記念でここに建てた記念碑なんだそうです。そちらが実は移動するというか家をちょっと手放すということになりまして、町のほうに処分してもいいかというお話がありました。町のほうでは見さしてもらったところ、非常に貴重な記念碑でございまして、桜の記念碑とか町誌にも載っている貴重なものだということがわかりましたので、そちらのほうを何とか保護したいなという思いでございましたが、なかなか指定文化財以外についての支出は難しいというか今までの流れでございましたもので、寄附をいただいてそちらで工事請負費で同じ上町集会所の近くにある土手沿いのところに移動して記念碑を建てるということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 16、17の障がい福祉費の補装具なんですけども、資料持ち合せてないということなんですが、見込めない、今後不足が生じるということで、これ出すときに当然資料というの持ってくべきじゃないんですか、ここに。どうなんでしょうか。ここの予算って、ただささささと流さってうんで終わりなのかというふうなことなのか、こういう普通私が課長だったらこの中身は全部議場に持ってきます。中身がどういうなこと聞かれてもいいように私なら持ってきます。普通どこの課長さんもそうではないかと思うんですけども、資料がないとかとあれっていうのはちょっと私としては納得できかねるんですけども、後でこの扶助費等についての具体的な中身を後でいいですから私にいただきたいと思います。
 それから18、19ページの障がい児福祉費でございますけども、これも放課後等デイサービスの利用が増というふうなことでのあれはわかったんですけども、中身的なこと私は聞いたんですよ。27年度の成果説明書に書いてありますよね。児童発達支援が延べ30人とか、それから放課後等デイサービスが96人、障がい児相談支援が13人、合計139人で1,088万2,279円というふうな形、こういうふうな数字を積み重ねて補正予算っていうの組むのではないでしょうか。ただどんぶり勘定でやるんでは私はないと思うんで、その辺の数字についてもなんかこうわからないような話ではちょっと私としては納得しかねるんで、持ってきてないと言われればそれまでなんで、これも後でいただきたいと思います。
 それから22、23ページの多面的機能支払い事業、これなんですけども、何かつかみ切れてないというような普通こういった補助金を出すっていうときにはどこどこがこういな事業やるからそれでもってこの予算ととりますっていうの予算のとり方ではないんじゃないんでしょうか。それがその補助金ですからね、これ。出すっていうの決まって予算出すわけですから、その辺の考え方についてお聞かせ願いたいと思います。
 あと、最後の28、29ページの民有地ですね。高橋正彦さん宅の庭にあるということらしいんですけども、私高橋正彦さんってどこだかわかないんです。場所が大体どの辺なのかっていうのを教えてほしいということなんで、その辺のところを再度お願いします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 先ほどの障がい児の施設給付費、またその関係2件のご質問でございます。その件について資料後ほど議員さんのほうにお渡ししたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) ページ23ページの多面的の事業補助金でございます。もちろん国県の補助も入るもんですから、そういった見込みということで出しながら、一方ではこれまでの農家組織といいますかそういった方にお話し申し上げて進めているんですけども、そういった何分やるよという決定については農家組合さんとかそういった方なもんですから、それもなかなか3月までに決めればいいんだべとか、いや新年度6月スタートでもというぐあいになるものですから、なかなかここの地区が実施するので計上というぐあいにもなかなかいかないところでございます。ご理解をお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 大変失礼をいたしました。場所なんですけれども上町集会所、裁判所の前の上町集会所のところを真っすぐ土手に行く道路がありますよね。その突き当たったところを左、そうすると玉松さんの通りがありますけども、左に曲がってたしか2軒目か3軒目ぐらい、すぐのとこにありまして、先ほど言いましたように土手沿いにあるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 2つです。ページ15ページの2款総務費1項7目企画費15節の工事請負費、電力柱に共架ということなんですが、150万円で何カ所分なのか教えてほしいのと、同じページの2款総務費2項1目18節の備品購入費、レジスターはわかるんですけども、電動契印機ということで多分プリンター、特殊加工された町のあれを押す機械なのかどうなのかということと、あと今の納税証明書とった場合に文章、前は滞納なしというような言葉遣いをしていたようなんですけども、今もなおそのままなのかその辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 15ページの企画費の15節工事請負費150万円につきましては、4本ございます。それと、1本町で独自に立てた柱がありまして、それを抜く費用も入っているということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 備品購入費でございます。自動契印機につきましては、証明が複葉にわたる場合、2枚、3枚となった場合、町の契印と穴を押す機械でございます。滞納のない証明の文言につきましてはこれ1本のみで、推移を呼ぶとちょっと高どまりになろうかと思いまして、ほかのプログラム改修の際にあわせて見積もりをとりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 自動契印機はわかります。証明の今の言葉遣い、何て使っているかって聞いたったんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 未納なしというような前の予算委員会で枡議員からご指摘を受けたところと同じでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 滞納なしと、前も言っているんですけども、しばらく前ですよね。多分言ってるのは。(「3月の予算委員会です」の声あり)滞納なしで、例えば県税とかは未納の税額がありませんというような言葉遣いしてるんですよね。滞納なしっていうと、何か上から目線で言うようなふうに感じるんですけども、どう思いますでしょうか。例えば国税でもそういった滞納なしなんていうような言葉遣いはしてないです。消費税の納税証明書とったって。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 国県、その他自治体、事例しっかり見させていただいて、うちの町だけ特例みたいな話で残っているとすれば是正してまいりたいと思っている次第でございます。(「よろしくおねがいします」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 22、23ページ、前と一緒なんですけども、多面的機能支払い交付金補助金ですね。こちらのほう、ことし去年あたりからアプローチはかけてると思うんですけども、その地区で堤地区、橋本地区等をなかなかまとめるの大変だと思うんですけども、結局新たな今農家組合と新たな別な組織をつくらなかないということで、その兼ね合い等々でその地区でいろいろ苦慮しているとは思うんですけども、こちら結局アプローチは昨年度あたりからかけてるんですけども、そのなんでしょう、その地区が多面的事業に入り切れない障がいになっているというものをどのようなものがあってできないのか。その立ち上げがおくれているっていうかできないで足踏みしているのか、その地区ごと、地区二、三カ所あると思うんですけども、その一番の要因っていうのが何かわかれば教えていただきたいのと、あとは30、31ページ、学校給食センター費の11需用費の賄い材料費ですね。こちら70万円増額なったとしますけども、これは実績でっていうことでしたけども、これは給食がふえたのか、それとも金額がふえたのか、そちらわかればお願いしたいです。その2点です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 23ページの多面的事業のところでありますけれども、なかなか各地区取り組みができない理由としましては、やはり出る人、そういった作業に従事する人といいますかそういった方が少なくなってきている。あと高齢化しているというようなことが一番だと思います。そういった点に関しては、現状ではいろいろな農業機械なんかもございますので、そういう機械出してもらえばそういったところもまだといいますか出してもらった分の損料といいますか、そういうのもこの新事業でできるもんですから、そういったところをPRしながらはやってはいるんです。ですけども、理由としては、あとほかにも現状いろいろな工夫してそれぞれの地域やってるもんですから、農家組合さんだけでなくて区の行事としてやっているところもまだございますし、一概にその地区その地区理由いろいろございます。あとは欠席した場合のじゃあ、ペナルティーみたいなほういったお金とってる、そういったところもありまして、この決まりきったこの事業といいますかね、それに乗っけるのがなかなか難しいという点もございます。そういったところかと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 給食センターの賄い材料費の件でございますが、これはいわゆる12、13ページにあります歳入の雑入になっております給食費実費負担金70万円の増、これが年度当初の当初予算に対して11月末現在の調定歳入見込みの額が70万円ほど増となったため、それを充当する先として賄い材料費を70万円増としているものであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 多面的のほう、結局報償費でやってることは大体似たようなことでやってるんで、町の負担で結局補助金がもらえないような状況になりますので、その辺大変ですけども、ちょっと頑張ってやっていただければその地区でもいろいろと事業ができていいのかなと思いますので、その辺お願いしたいと思います。
 あとは31ページの賄い材料費ですけども、歳入もわかるんですけど、その中身としてふえた中身ですね。給食費、給食の数がふえたのか、それとも材料費で金額がふえたのか。その辺を聞きたかったんですけども。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 失礼しました。中身的には児童生徒の関係は若干少なくなりますが、教職員、臨時講師等、それから試食会、さらには給食センター関係職員等々の負担金、いわゆる給食費の関係が増加し70万円の増というふうな格好になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 25ページです。8款4項1目4節共済費、ああ失礼しました、その下の需用費の修繕料、先ほど説明駅通路という話あったんですけども、この辺少し詳しく教えてください。
 続きまして、27ページ10款2項1目11節修繕料、配膳室の雨漏りという話だったんですけども、どの程度の雨漏りなのか教えてください。
 その次、29ページ10款5目一番下工事請負費、先ほど話ありまして課長の話ですと指定文化財以外の支出は難しいという話があったという話なんですけど、その辺ちょっとわからなかったのでもう少し詳しく教えてください。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) それでは、初めに25ページ、需用費修繕料でございます。これにつきましては駅の自由通路西側部分でございます。階段上り口センターの踊り場の天井から雨漏りがしてございます。それで、これにつきましては当初自由通路の修繕費といたしまして219万円計上しておりました。その中で雨漏り対策としましては100万5,000円というような形で計上しております。それで、それにつきましては天井のトップライトの部分の雨漏りということで片面、1面だけに足場を組みまして1面だけの修理を当初見ておりましたが、当然西側の通路の上り口の階段部分からも雨漏りがしていると。あとホーム側につきましても一部雨漏りがしておりますので、当初1面を計画しておりましたが3面を今回一回にやっていきたいということでございます。当然当初の予算の計上につきましてはその見積もりが甘かったということでございますんで、今後十分注意したいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 26ページの大河原小学校管理費の修繕料の中で、配膳室雨漏り修繕ということでお願いをしたところでありますが、いわゆる校舎北側に給食車が給食を運び込むための配膳室があります。その配膳室の壁に雨漏りが見られる。その量はそう多くはないということかと思いますが、やはり建物上部に浸入する何らかの原因があるというふうに推測されるところから、そういったところを修繕する内容の修繕になっております。雨漏りの量についてはさほど大きくはないというふうには思っておりますが、場所が場所だけに早急に対処したいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 指定文化財のご質問がございました。指定文化財といいますのは、町で指定しているもの、例えばその前にあれですね、国が指定しているもの、国の大高山神社の鰐口とか、あと町で指定しているものとしては阿弥陀如来坐像ですかね、東の寺のね。それから金ケ瀬の板碑とかそういうものを指定文化財と言われるものなんですけども、結局町の考え方として文化財の考え方なんですけども、いわゆる時代がちょっと古くなれば全部何でも文化財の枠に入るのかなと思います。その中での保護が大変重要だし難しいところでもあるわけなんです。そこで、町の方針としては指定文化財を中心に保護費のほうをいろいろ活用したりとかしてるわけです。いろいろな町の中には史跡とか遺跡、石碑とかもたくさんございます。どこまで守れるのかということもございますので、なかなか指定文化財以外のたくさんのものについてっていう線引きが難しいところがありますので、そちらについては例えば標柱をしたりとか立てたりとか説明板を立てたりとかそういう形で文化財の保護のほうの支援をしてるところでございます。そういう意味で、今回は町のほうで支出が難しかったものですから、特定個人の方の寄附がございまして、ぜひこういうものに使ってほしいという寄附がありましたもんで、財源の一部にさせていただきまして工事請負で移設をするということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。駅通路なんですけれども、大分老朽化が進んでるかと思うんですけど、今後どの程度といいますか今後の見通し、どの辺の部分が修理しなきゃいけないのか、その辺あるのか、ちょっと教えてください。
 あと、配膳室の雨漏りなんですけれども、課長がおっしゃるとおり、場所が場所なので確かに給食はコンテナに積んであるんですが、くれぐれもほかのところもないのかどうか検証していただきたいなというふうに思いますけど、いかがでしょうか。
 あと最後、その文化財の件なんですけれども、指定文化財じゃないから寄附になったというそのとり方でいいですかね。その辺、ちょっとわからないのでもう一回最後お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今後の見通しでございますけども、自由通路につきましてはJRの上を通る跨線橋ということで、今現在国が進めておりますストック事業の中でその他の橋梁というような位置づけをしていきたいと思います。その位置づけによりまして点検、まず一番最初に点検のほうをするような形になるのかなということで考えてございます。その点検の中でどれだけのボリュームが発生するかは今後の点検次第ということで考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 雨漏りの件につきましては、給食の関係する施設、あるいはそれ以外も含め、そして大河原小学校だけにとどまらず全ての学校において点検等は常に行っていただいておるものと思います。それらを教育総務課として適切に対処するようにしてまいりたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 指定文化財ではないということで、現実には指定文化財ではない遺跡でございました。ということで、あえて先ほどお話ししましたように、ある程度の線引きがございますので、思い悩んでおりました。人力で私たち職員でやろうかとも考えてたんです。なかなか深い掘り、掘るのが深かったりとか重かったり大変なもんで思い悩んでたところ、寄附をしたいという方がおりまして、寄附をいただいてありがたくいただいてその中で移設をするということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第63号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。
 昼食のため、1時より再開します。
     午後0時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第64号 平成28年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算
                  (第3号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第64号平成28年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) 議案第64号平成28年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正は、提案理由にもありますとおり、歳入歳出予算総額に1,215万6,000円を追加し、予算総額を26億2,207万7,000円といたすものであります。
 事項別明細書によりご説明をいたします。6ページ、7ページをお開き願います。
 まず歳入でございますが、3款1項1目1節現年度分149万4,000円につきましては、後期高齢者支援金の確定により658万円減額いたします。療養給付費等負担金では療養給付費を増額したことにより1,673万9,000円増額になりました。介護納付金が確定したことにより866万5,000円減額いたします。2目1節高額医療費共同事業負担金につきましては、拠出金が増額したことにより負担金190万円の増額でございます。3款2項1目1節普通調整交付金470万8,000円につきましては療養給付費、高額療養費を増額したことによる増額でございます。5款1項1目1節現年度分1,475万1,000円につきましては、社会保険料診療報酬支払基金からの額の確定により増額するものであります。この交付金は65歳から74歳までのそれぞれの健康保険の加入率により交付金が交付されるものであり、平成26年度の確定額及び平成28年度の概算額により決定されております。6款1項2目1節1号交付金470万8,000円につきましては療養給付費、高額療養費を増額したことによるものでございます。
 8ページ、9ページをお開きください。6款2項1目1節高額医療費共同事業負担金190万円につきましては、拠出金を増額したことによるものでございます。9款2項1目1節財政調整基金繰入金1,730万5,000円を減額しております。このことにより、財政調整基金の残額は2億6,843万3,000円となります。
 次に、歳出について御説明をいたします。10ページ、11ページをお開きください。2款1項1目19節負担金補助及び交付金では現在までの実績と今後の動向を推計し、一般被保険者の療養給付費で2,731万円を増額するものであります。2款2項1目19節負担金補助及び交付金につきましても今後の動向を推計し、一般被保険者高額療養費で2,500万円を増額するものであります。3款1項1目19節負担金補助及び交付金につきましては、医療費支援金確定により2,056万円減額いたします。
 12ページ、13ページをお開き願います。4款1項1目19節負担金補助及び交付金11万7,000円の減額につきましては、前期高齢者納付金で11万5,000円、病床転換支援金で2,000円を確定により減額いたします。6款1項1目19節負担金補助及び交付金で2,707万7,000円を確定により減額いたします。7款1項1目19節負担金補助及び交付金で760万円につきましては宮城県国保連合会からの概算通知により増額するものであります。11款1項5目23節償還金利子及び割引料につきましては細々節を誤って計上したためによるものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点だけ伺います。今は12月も議会で今年度も来年の3月末ということで押し迫っておりますけども、国から26年度から各保険者、各自治体に課長にもちょっと資料おあげしましたけど、1,700億円を国が保険者の支援金としてよこしてるんですね。それが県の資料ですと12月の14日で現在の資料、課長の手元にもお渡ししましたけれども、4,250万3,000円、これはもう既に我が町には交付されているんでしょうか。まずその点、伺います。それで、これは26年度から国が1,700億円ずつ特にこの支援金というのは低所得者に対する支援というふうに私がいろいろ勉強した中でそういうふうな位置づけになっております。7、5、2というのはこれは随分前から軽減ということで国がやっておりますよね。だから、それに上積みというか低所得者ですからそういう人たちも含めてさらにこのお金よこしてるんですけども、これの運用というのは今後、なんつうんでしょうか、そのために活用される考えでいるのかどうか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) まず第1点目の交付されているのかということにつきましては、今月末に入ってくる予定でございます。予算措置としまして、国保会計で9款1項1目1節で1億1,600万円予算を計上しているところでございます。うち、保険者支援分ということで4,250万3,215円、これにつきましては国が2分の1、県が4分の1、町が4分の1ということで、保険者支援分ですので低所得者に応じて保険税額の一定割合に基づいて交付されるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 既に先ほど言いましたように、26年度ではこっから始まったんです。1,528万9,000円来ているんですね。それで、そうですね、27年度では4,187万1,000円なんです。これはもう既に来ているものです。それで今課長からも終わったように、4,250万3,000円についてはこれから来ると。それで、既にトータルしますとかなりのお金来てるんですが、これは一般会計の中に来ているというふうに聞いてるんですか。財政の課長さん、そのことはわかってたでしょうか。それで、要は自治体どこにもこれお金それぞれ来てるんですね。宮城県では47億円来てるんですね、これ。47億8,899万2,000円ということで、これは28年度これから各自治体に配分されるようでありますけれども、今後このお金をやはり国が言うように低所得者のためにぜひ活用していただきたい。既に27年度までのには税を引き下げてる自治体もあるんです。また、そのまま何か積立金にっていうところもいろいろあるんですけれども、目的はくどいようですけど低所得者の支援分として寄こしてるということです。ぜひ、今国保税もね、高くて今どういう状況に皆さんスムーズにお支払いしてるのかどうかわかりませんけど、いずれにせよ滞納額もかなりありますので、ぜひ町長も含めて、あるいは企画財政課長、必ずこれお金これからきますし、過去にももう2年連続で来てますので、ぜひ内部で検討してその方法で活用していただきたいことをぜひまずお願いしておきたいと思います。ご答弁お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) これにつきましては、平成30年度から都道府県化に向けてということで各市町村の財政基盤をきちんとするという意味もございまして来てございますので、来年の2月か3月にはこの国保運営方針素案が出ますので、それらを見ながら今後考えていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 国保会計への繰り出し関係となるかと思います。一般会計のほうにまいりまして、一般会計から国保会計の一般会計繰入金の保健基盤安定というふうな中に多分行っているのかと思ってございます。保険基盤安定繰入金ということで国保のほうで受け入れをしている、国保会計のほうで一般会計から受け入れをしているものと思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ということで、課長さんにお願いあるんですけど、7、5、2というのは、これは26年から始まっているんじゃなくて随分最初7、5だったのか、その後にたしか2割が法定でこれ加わって、長い間軽減されているんですよね。措置がされてそのお金ってのはずっと今まで来ているんですよ。そういう状況に加えて26年度から今課長も申し上げましたように30年度から都道府県化してしまうというそういう動きの中で、これは国が国保の支援金として打ち出したものなんですよ。だから、それに加えてこれ来てるということなので、ぜひ軽減のために活用していただきたいってことを強くお願いしておきたいと思います。よろしく、課長、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 要望でよろしいんですね。ほかに質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっとわかんないんで教えていただきたいんですけども、12ページと13ページの12ページの一番上の前期高齢者納付金の中の負担金補助及び交付金、これ病床転換支援金、これ昨年なくてことしこのあれが出たんですけども、病院から施設への事務費ということで2,000円計上されてたんですが、今回ゼロになったと。このことについてちょっと説明がちょっと理解できなかったんでこの辺減額した理由についてお聞かせ願いたいと思います。
 それから一番下の11款の諸支出金の償還金ですけども、同じ13ページです。細々節を誤って記載したことによるということなんですけども、これは療養費給付等交付金精算返還金から療養給付費等負担金っていう字が抜けてたということの解釈でよろしいのかどうなのか、この辺お聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) まず、病床転換支援金でございますが、これ、1件見込んでおりましたけども事務費ということで予算計上しておりました。これは老人保健施設等への転換、あるいはケアハウス、有料老人ホームとかですかね。それを進めるための事務費ということで、これがなかったということで2,000円減額してございます。
 あと、23款の償還金利子及び割引料につきましては、細々節が誤ってということで、この名称自体も。細々節が誤っていたということで変更するということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 病床転換金はわかったんですけども、細々節を誤ったって、細々節、ここさないわけですのであれなんですけども、これから見ると字が1字違ったのかなというふうな感じしか私には見えないんですけども、この下の欄の給付費、費が入ったのと上が入ってない、この辺の字の間違いかなと思ったんですけども、細々節はここんとこ余り説明さ関係ないんじゃないかと思うんですけども、その辺のところもう一度。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) 大変失礼しました。財務会計上、名称が誤ったということでこのような名称に変えるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第64号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第65号 平成28年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2
                  号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第65号平成28年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) それでは、議案第65号平成28年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2号)について詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由にもありますとおり、歳入歳出予算総額から389万8,000円を増額し、予算総額を15億7,074万2,000円といたすものであります。また、あわせて債務負担行為の補正を行っております。
 初めに3ページでございますが、第2表債務負担行為の補正といたしまして高齢者福祉計画第7期介護保険事業計画策定業務委託ということについて債務負担行為を設定してございます。
 続きまして、事項別明細書によりご説明申し上げます。7ページ、8ページをお開き願います。
 初めに歳入でございますが、1款1項1目第1号被保険者保険料また3款2項2目地域支援事業交付金、5款1項2目地域支援事業交付金、7款1項2目地域支援事業繰入金につきましては、歳出にあります地域支援事業費に係る負担割合でございます。次の3目その他一般会計繰入金1節の事務費繰入金357万8,000円につきましては、歳出にございます第7期介護保険事業計画策定事業委託料と地域支援事業費の補助対象外経費に係る一般会計からの繰入金でございます。
 続きまして、歳出に移ります。9ページ、10ページをお開き願います。1款1項1目13節委託料の第7期介護保険事業計画策定業務委託料につきましては、平成30年度から3年間を計画期間とします事業計画策定に係るものでございまして、ニーズ調査等の実施内容につきまして県の説明会が10月31日にあったものでございます。今回国からは介護予防日常生活圏ニーズ調査と在宅介護実態調査の2種類のアンケートを実施することとされておりました。これらアンケートに実施に係る関係費用355万円を計上いたしたものでございます。次に4款1項1目2節給与費3節職員手当等19節の職員手当組合負担金につきましては、給与改定による補正でございます。19節の中の諸会議負担金につきましては、負担を要する各種研修会受講回数がふえたことから1万5,000円を追加計上いたしたものでございます。20節扶助費の家族介護用品支給につきましては支給件数がふえており、約39件分の増の19万3,000円を追加計上いたしたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 10ページです。委託料、第7期ということで355万円、今課長の説明でニーズ調査ということで日常生活、それから在宅というお話がありましたけれども、今これからの計画をするに当たって大河原町で大きな、私は深刻な状況だと思ってるんですけど、要するに介護の認定率が非常に低いとこういうことは内部で検討するということで町長も検証するというその姿勢だけはよくわかるんですけれども、その思いだけではなかなか具体的に進めていく、じゃその具体的進めていく上においてね、今回の第7期のこの業務、これ策定業務を委託するわけですけど、今我が町で課題なってることもこういう中できちんとしてほしいというのが私の考えです。そういう考えっていうのは課長、あるいは町長、担当課にあるんでしょうか。そのことをまずどうなのか伺います。
 それから4款の20の扶助費、家族介護用品支給。支給39件ということで大変これふえててよかったなと実は私も議会でずっと取り上げてよかったなと思ってるんですが、この39件っていうのはこれはその家族の方から申請なんですか。それとも介護事業所の方とか、あるいは町の担当っつうかかかわる職員が懇切丁寧にそういう相談にも乗る中でこういう39件になったのか。その状況ね、この際伺っておきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 初めに、介護保険事業計画7期の関係でございますけども、町の課題とかそういったものもございます。今回のニーズ調査にそういった課題を拾うようなアンケートに入れられるかどうかも含めまして、ちょっと検討していきたいと思います。
 家族介護用品支給につきましては、広報等を見て来たという方でふえた場合、また家族からの申請ということでふえたものでございまして、あといろいろ相談受ける中でもこちらのおむつ券支給につなげた例もございまして、それでふえたような状況でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今課長から介護の認定率の低いその現状も我が町の課題だということで位置づけて、この中に今後網羅していくというお話でしたので、ぜひこれは本気になってこの業務を委託するに当たってまさにこれがなぜなのかということが明らかになって、そして町民が納得できる、あるいは事業所の方も納得できるようなやっぱし状況に持っていくということが非常に大事なそういう点ではこの委託料だなと改めて思いましたので、町長も担当課に任せることなく町長の公約の中にも見直しありますのでね。ぜひ一緒になってやっていただきたい。
 それからもう1つですけれども、今第6期ですけども、介護保険の中でこの認定率が非常に低いということはこの会議の中では話題になってるんですか。そのことだけあわせて伺っておきたいと思います。
 それから扶助費ですけれども、この家族用品、これは私も一般質問で言ったことあんですけど、家族介護ですからおむつをしている人にやってるんでなくて、その面倒見ている家族にお世話をしている家族にこれやってるという意味なんですよね、我が町は。角田は1,000万円なんですよ、年間予算。それは家族じゃなくておむつをしている人を対象にやってるんです。だから300何人なんですよね。だからそれは我が町の条例が家族にやるっていうのと利用してる人にやるんでは全然これ違うんですが、今後ですよ、来年の予算編成にわたってこの見直しというのは考えたことあるんですか。このままいく予定なんですか。その辺、ちょっと考え方を伺わせていただきたいと思います。町長はこれはもしおわかりでしたら町長の見解もお伺いしたいと思います。我が町はちなみに100万円です。以下です。この予算が。角田は1,000万円です。要するにおむつをしている人は1日中外せない人は全員対象としてる。我が町は違うんですよね。たくさんいるんだけども、1人で尿意とかそういうものを排便を言えない人、そういうっていうふうに物すごく狭いんですよ、この対象がね。だからこういう大きなほかの自治体との差があるのかなと思うんですけども、この際ですので伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) まず初めに、第6期介護保険事業計画の中で認定率低いのが話されたかということにつきましては、介護保険等運営委員会においてその議題が話題になったことも前回その議題が話題になってこともございます。認定につきましても正しくやってるのかどうかというのも話題になりましたけども、認定についてはうちのほうは正しくやってるので、ということで先生のほうからもちゃんとやってるようだということではご意見をいただいておるところでございます。
 家族介護支給用品でございますけども、うちの町は家族に対して支給用品ということでございまして、全国的にでも多分うちの町と同じような事例でやってるところが多いと思います。角田市は特別本人に対してということでございまして、1,000万円というような状況でございますけども、予算とかの絡みもございますので来年度につきましては現状どおり進めさせていただきたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 第7期の介護保険事業計画策定に当たって、議員ご指摘のように、この認定率の低さについて簡単に原因のつかめないことが大変多いというふうに私自身今のところ感じておりまして、例えば機能のエヴァシーヴァの中でも我が町の健康とか平均寿命とことにかかわる評価が非常に、評点といいますか偏差値が大分高いんですよね。そういうことがどんな形で影響してるのか、あるいは新しい総合事業への取り組みが既に我が町は進められている、つまり介護予防の進展ですけれども、そういったものが進んでいることがどの程度影響しているのか。なかなかすぐに検証できないこともあるわけですけれども、都度今の段階でこのようなことが確認されてますというような報告はやはりしていかなければならないというふうに思っておりますので、最終的にこれが全ての原因でしたっていうふうにはなかなかいかないところもあろうかと思いますけれども、都度説明責任は果たしていきたいというふうに思っているところでございます。
 それから家族介護支援の対象者の拡大ですけれども、少し勉強させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 町長はまた就任されたばかりですので、この家族用品については過去に8年も町長をされたのでいろいろ理解はしてると思うんですが、確かにさっき課長がおっしゃったように、おむつを使用している方に支給しているのは角田だけなんです。角田は2,000円と4,000円に分かれてて、軽い要支援、例えば1、2の方は1カ月2,000円、それ以上の例えば3、4、5だったと思いますけど、そういう方は4,000円なんですよ。だから360何人だったと思いますけど、それぐらいの人対象で1,000万円前後です。今は越してると思います。そういう方でおむつを使用する方が多いので、ところが我が町は違うんですよね。さっき言ったように家族、しかも自分で介助されながらそしてポータブルでできる人はだめなんです。物すごく厳しいんです、私から言わせると。そこまでなぜ厳しくしなきゃいけないのかという点では、今町長から前向きのお答えいただきましたので、ぜひこれも内部で検討していただきたいということで、改善を求めて町長によろしくお願いして終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 同じくその10ページの委託料の第7期介護保険計画の策定委託料ですけども、先ほど万波議員の答弁で町長は話されましたけども、まさにそのようにあってほしいなというふうに思ってます。いろいろ9月議会、そして決算議会、そして今回の議会の中でもその認定が厳しいというふうに言われてるわけですけども、先ほどの課長の答弁によりますと先生からはきちんとやってるというふうなことの評価を受けてるわけですけども、問題は別にその認定をうんとやわくしてやってくださいと、認定率をふやしてくださいということじゃなくて、私個人的にはどうやったらばその保険が認定が受けられるか、適用されるようになるかというふうな、結局受ける受けられるためにはどうしたらいいかっつうとちょっと語弊ありますけども、その基準がありますからその前向きに捉えるかそれともできるだけ認定を受けないようにさせるかということによってもやっぱり随分違うと思うんですよね。その辺でもって先ほど言われましたように確かに大河原町の認定率は非常に低いです。ですけども、一般質問にもありましたけども、それが先ほど町長言われたように大河原がいろいろな別な政策施策でもっていろいろなことをやってて、健康な人がお年寄りが多くてその認定が低いのか。その辺のところもできるだけこの計画の中ではいろいろなニーズを調べていく中で明らかにしてってほしいなというふうに私は思うんですけども、町長いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 一方で、先ほどの私のお話の一方で、現実に認定率が低いことにかかわる相談、あるいは本当に厳しい悲鳴のようなものが寄せられているということも事実でございますので、その辺も客観的に見て、完全に客観的に見て説明し切るということはできないわけですけれども、しかしできるだけ客観性を持たせて皆さんのご理解が得られるような形で、つまり根拠を持って説明させていただけるようにこれから調査させていただきたいというふうに重ねて答弁させていただきます。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 今の10ページの堀江議員と同じ委託料についてなんですけども、認定率が低いというほかにそもそもうちは4ぐらいもらってもいいんだけど2なんだとか、他町村だったらもうちょっと重くみられんじゃないのかなというようなそういうような相談もあわせて担当課のほうにはいかれてるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 他町の方と比べてっていう、そういう相談はございません。認定が更新とかで変わった場合、ちょっとこれはということで相談に来て、認定された内容を開示しまして、それでご説明してるケースはございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これも一律根拠を持ってしっかりやられてるとは思うんですけども、我が家の一例を挙げますと、うちの父親当初要介護度4だったんですね。ストレッチとか物すごい私も協力しまして2になりました。前回直近の認定で3になったんですけども、非常にがっかりしました。もうちょっと頑張って自分でそういう認定が重くならないように頑張りたいということで、さらにそういう自分で励むこと、そういうことに頑張っております。ただ、家族はこんなに重い人を見てるんだということで重く見られることに要望とかそういうことあると思うんですけども、しっかり根拠を持った認定でやっているという判断は担当課にきちんとあるんですか。再度お尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 担当課といたしましては、きちんと認定をいたしてるつもりでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そういう介護に関してもそういう心で頑張って、私もこのことをいろいろな人に伝えてしっかりピンピンコロリ、本当に誰でも願うんですね。山寺なんかに観光なんかで私もお客さん連れていくとコロリ本尊ってあるんです。皆さん素通りしません。それ必ず拝んでいきます。そういうような形で健康寿命の延伸ということで励んでいただきたいと思います。以上です。終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 要望でよろしいんですか。ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第65号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第66号 平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                  (第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第66号平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯上下水道課長(佐藤 淳君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(佐藤 淳君) それでは、議案第66号平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の詳細説明についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由でも申し上げましたが、歳入歳出それぞれ3億9,776万2,000円を増額し歳入歳出の予算総額を17億6,652万3,000円といたすものでございます。
 それでは、3ページをごらんいただきます。第2表地方債につきましては、国の第2次補正予算における鷺沼排水区雨水整備事業への補助金交付金の増額等に伴い、1億8,360万円を増額となりますことから起債の限度額を増額いたすものでございます。
 それでは、事項別明細書によりご説明いたしますので7ページ、8ページをごらんいただきます。まず、3款1項1目の公共下水道事業費補助金につきまして予算額3億1,322万6,000円中、鷺沼排水区雨水特別事業負担金分2億8,922万6,000円に対し当初9,541万5,000円と33%の内示額しか示されておりませんでしたが、国の経済関連対策第2次補正予算により追加補正3億9,620万円が認められたことにより4億9,161万5,000円が本年度鷺沼排水区雨水事業整備事業負担金の補助金となりましたことから、2億238万9,000円を増額補正いたすものでございます。
 次に、4款1項1目一般会計繰入金につきましては資本費平準化債及び特別措置分の借りいれ金額の確定及び今回の第2次補正に伴う単独事業費等により1,177万3,000円増額補正いたすものでございます。7款1項1目公共下水道事業債につきましては、3款1項1目の補助金の増額補正と理由は同じく鷺沼排水区への補助金交付額が増額されたことと工事請負費の単独事業の精算により公共下水道事業費で1億9,490万円増額し、資本費平準化債では27年度の企業借り入れ金の確定により28年度に借り入れることができる金額が当初予算比1,130万円の減となりましたので、合わせて1億8,360万円増額補正いたすものでございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げますので、9ページ、10ページをごらんいただきます。1款総務費及び2款下水道事業費の人件費関係につきましては、人事院勧告の給与勧告に伴い2節の給与及び3節の職員手当におきまして1款、2款合わせて18万4,000円を増額いたすものでございます。1款1項13節委託料につきましては、下水道事業の公営企業法適用の準備として固定資産台帳の作成のために業務委託を考えておりましたが、工事台帳や決算書、成果説明書をもとに職員でつくるということになりましたので500万円減額させていただきました。次に2款1項15節の工事請負費につきましては、12月以降の事業費の精査により800万円減額、19節負担金及び交付金の鷺沼排水区事業の柴田町への負担金につきましては、歳入の下水道補助金、公共下水道事業債の増額補正でもご説明申し上げましたが、国の補助金の交付額の増額により4億977万8,000円を増額いたすものでございます。最後に、3款1項1目23節償還金及び利子割引料につきましては、前年度借り入れました資本平準化債の借換債分につきまして、通常は3年間の据え置きがございますが借り換え分については据え置き期間がございませんことから、本年度償還金の80万円が未計上となっておりましたので償還金80万円を増額いたすものでございます。このことについては今後十分気をつけていきたいと思います。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださるようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 鷺沼排水の国の経済対策でね、第2次で予算がついて本当によかったなと改めて思ってるんですが、この前全協でも12月の7日にいろいろ説明がありましたけども、この進捗ですけども、全体のこれをすることによってどれぐらいになるということだったでしょうか、進捗率、全体のですね。ここまできて。これ平成18年に委託をして私ここに資料昔のあるんですけど、これ始まったのが委託が18なんです。平成18年、あれから10年たって今ここまで来てるわけですけれども、進捗率がどのぐらいなのかひとつ聞きたいのと、それから関係するあの辺に住んでる住民にこういうの、説明というか工事してんのはわかるんですけど、今こういうとこまできてこうなんだということをちゃんと説明するっていうのは私は必要でないかと思うんですけど、そういうことはこれからされるんですか。考えていればいいんですけれども、どうなんでしょうか、その辺。ぜひしていただきたい立場から今質疑をさせていただいております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯上下水道課長(佐藤 淳君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(佐藤 淳君) 進捗率についてのご質問でございますが、進捗率につきましては5つある調整池のうち早くて平成30年度で第1個目が完成する。一番大きなやつが完成するということで、面積っていうか許容のキャパから見れば25%、4分の1ぐらい程度かなと考えております。また、周りに対してのご説明の質問ですけども、関係の行政区の区長さんについてはお集まり願って、役場のほうで説明はしております。あと、現在今工事しておるところが全部柴田町なもんですから、柴田町については随時柴田町とか住民に地区公民館等で説明はしておりますし、うちらほうも同席させていただいております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 担当課はそれなりに区長さん初め何でもそうですけど、工事するときは近隣の住民に丁寧な場所も設けて説明しているっていうのはこれは今までもやられていることですけども、特に鷺沼排水については事業期間が39年までの16年間ということで、かなり長期にわたって相当な70億円近くですか、これかかってやるわけですよね。ですから、そういう点では必要に応じてやはり区長さんだけじゃなくて地域の方にやっぱし説明をしていくっていうことは安心イコール毎年毎年要するに豪雨とか最近ゲリラでもそうですけど異常気象で思わぬ豪雨に見舞われたりすることがただありますので、そんなことで説明ってのは非常に大事だなと今改めて思ってますので、質疑させていただきました。課長、もう一度いただいてよろしくお願いしたいと思いますが、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯上下水道課長(佐藤 淳君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(佐藤 淳君) 来年度からは大河原町の高砂町の公園の分についても水路というか入ることから、地区住民に対して説明会をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第66号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議案第67号 平成28年度大河原町水道事業会計補正予算(第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議案第67号平成28年度大河原町水道事業会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯上下水道課長(佐藤 淳君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(佐藤 淳君) それでは、議案第67号平成28年度大河原町水道事業会計補正予算(第2号)の詳細説明についてご説明申し上げます。
 補正予算説明書よりご説明申し上げますので、8ページをごらんください。収益的収入支出につきましては、今回は支出のみの補正となっており、提案理由でも申し上げましたとおり一般会計同様人事院勧告実施に伴う職員の給与に関する条例の一部改正により収益的支出4目の総掛かり費の人件費関係から給与から退職金におきまして、退職給与金におきまして35万5,000円、同じく消耗品におきまして10万3,000円の増額補正をいたすものでございます。次に資本的収入につきましては、1目国庫支出金におきまして金ケ瀬揚排水場に対する補助金の確定により646万1,000円を減額し、資本的支出2目排水施設拡張費の人件費につきましては収益的支出同様に人事院勧告実施に伴う職員の給与費に関する条例の一部改正により給与から退職給与金合わせて3万7,000円を増額補正いたすものでございます。
 なお、補正後の資本的収入が資本的支出額に不足する分4億4,528万7,000円につきましては、当年度分消費税資本的収支調整額4,796万2,000円、当年度分損益勘定留保資金1億3,940万3,000円、建設改良積立金2億5,792万2,000円で補填させていただくものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第67号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第67号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 委発第5号 有害鳥獣(イノシシ)駆除対策に対する補助の増額及び広
                 域連携の制度化を求める意見書案

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、委発第5号有害鳥獣(イノシシ)駆除対策に対する補助の増額及び広域連携の制度化を求める意見書案を議題とします。
 朗読及び趣旨説明は議会先例集69の2の規定により省略します。
 提出者、産業建設常任委員長高橋芳男君、質問席へ着席願います。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 提出者は自席へお戻りください。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから委発第5号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、委発第5号は原案のとおり可決されました。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。今定例会はあす12月16日から3月1日まで76日間休会としたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、今定例会はあす12月16日から3月1日まで76日間を休会とします。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後1時53分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年12月15日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------