議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2016年12月14日(水):平成28年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き一般質問を行います。
 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) おはようございます。そして、大河原小学校6年1組の皆さん、おはようございます。議長のお許しを得たので通告順に従い一般質問いたしますが、本日傍聴に来ていただいてる小学6年生の皆様方にも関連ある事業の質問を最初のころしますので、お聞きいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、今回の一般質問は1項でございます。
 1、新町長に公約と継続すべき政策について問う。
 10月の町長選挙において返り咲きを果たし、町長に就任され、まだ1カ月ちょっとでありますが、投票日翌日10月17日の河北新報に、町長選の解説が載っており、村井知事が現職以外の候補に複数回応援に入るのは異例、齋氏は県との太いパイプをアピールできた、齋氏は町長を2期経験した、超即戦力だけにスタートダッシュに期待したいと書かれておりました。
 マスコミにも高評価を受けています齋町長に、選挙戦に挙げた公約と前町長が実施してきた事業、また現在の当町の喫緊の課題について、来年の予算編成の時期に来ていることもあり、以下質問いたします。
 (1)平成27年12月会議の議案第55号、全会一致で可決されておりますが、大河原町経営計画第5次長期総合計画の後期基本計画の変更の中にも盛り込まれております、これまで段階的に拡充してきた子ども医療費の18歳までの無料化(本年度より所得制限を撤廃)についてどう思うか。今後も引き続き継続させていく事業と考えるが、どうか。また、27年度から実施している第3子以降出生世帯への子育て応援出生祝い金の支給事業についても同様と考えるが、どうか。
 (2)第6期介護保険事業計画にもあり、前町長が取り組んできた地域密着型特別養護老人ホームについて、事業者が決定しているのか。今現在、どこまでどのように進んでいるのか。町民にとっても必要な施設と考えるが、新町長の考え方次第で計画がなくなることもあり得るのか。町長がこの政策に対してどう思っているのか。
 (3)絵本のへや復活については公約に挙げ当選されたのですから、進めていかなくてはならないと思うが、その手法として絵本のへやの機能を絵本のコーナーということで、駅前図書館、中央公民館、金ケ瀬公民館、世代交流いきいきプラザの4カ所に分散させてきた経緯があるが、今後どうするのか。また、年間600万以上も賃借料を払い、改修費用もかけてまた同じ場所に同規模の設置を考えているのか。
 (4)先日、全員協議会でも説明があった汚染廃棄物処理について、村井知事は放射能濃度が基準以下となった25市町村の3万4,007トンの廃棄物を、市町村や広域行政事務組合の15焼却施設で灰が基準値を上回ることのないよう、一般ごみとまぜて焼却し、灰は最終処分場に埋め立てる方針を示した。ご存じのように、我が町には取り上げられている汚染廃棄物はゼロであり、焼却しようとしているクリーンセンターの所在地は角田市であっても、住宅地は大河原のほうが多く、住宅の数も比べ物にならないくらい多い。何でもない一般廃棄物を焼却するにしても、ダイオキシンなどの問題でモニタリングポスト設置の要望などが出ているのに、幾ら基準値以下とはいえ、放射性物質が含まれる廃棄物を近くで焼却されるとなれば、町民からは反対の声も上がると思うし、できれば燃やしてほしくないと考える町民が多いと思うが、そうなった場合、町民の目線で調整を進めた場合、選挙であれだけお世話になったというか、応援していただいた知事に対し反対と言えるのか。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、枡 和也議員の私の公約と継続すべき政策についての一般質問にお答えをいたします。
 初めに、子ども医療費の18歳までの無料化についてのご質問であります。
 今のところ今後も当面継続させていきたいと考えているところでございます。また、子育て応援出生祝い金につきましては、宮城県の少子化対策支援交付金を活用し、平成27年度から開始した事業であります。平成27年度につきましては、町からの祝い金1人10万円につき2分の1に当たる5万円が交付されておりましたが、28年度の交付金は5,000円に減額となっております。このようなことから、今後の効果的な少子化対策推進の上で検討が必要な事業の一つと思うところですが、当面は継続していく考えでございます。
 次に、高齢者福祉計画第6期介護保険事業計画に係る地域密着型特別養護老人ホームについての御質問でございます。
 地域密着型特別養護老人ホーム整備事業の進捗状況について、まず説明申し上げます。
 この施設の整備予定事業者については、これまで5回の公募を行ってきたところでありますが、ことし7月を期限とするこの5回目の公募で、応募のあった仙台市の社会福祉法人虹の会を整備予定事業者として決定しております。しかし、建設期間などの関係もあり、年度内整備が難しいことから、今回関連予算を補正、予算で減額計上させていただきました。
 現在、当該事業者におきまして、建設計画策定や事業用地の確保等を行っている状況であり、具体的な内容につきましては、これらが決まってから協議をする予定としているところでございます。また、町長の考え次第で計画がなくなることもあり得るのかという点につきましては、特別養護老人ホーム入所待機者が50人を超える現状があることを踏まえますと、本町にとっても必要な施設と考えておりますので、今後とも継続して施設が進むよう取り組んでまいりたいと考えているところでございます。
 次に、絵本のへや復活についてのご質問でございます。
 現在ある絵本コーナーにつきましては、丸山勝利議員にもお答えをさせていただきましたが、世代交流いきいきプラザ及び中央公民館につきましては、絵本コーナーを設置してまだ日が浅いということもあり、また金ケ瀬公民館については当初より児童図書館の位置づけの中での絵本コーナーがございました。駅前図書館についても従来から絵本コーナーを設置していたものでありますことから、当面は現状を維持しながら、今後の状況により判断してまいりたいと考えているところでございます。
 絵本のへやについては、丸山議員、岡崎議員にもお答えしておりますが、未来を担う子供たちへの投資と考えるとともに、読み聞かせなど町民ボランティア意識を高めたり、人に対する優しさや道徳的な町民意識を育む重要な場であり、費用対効果にはあらわせないものであると認識しているところでございます。絵本のへやについては、ぜひ早期に復活したいと考えております。なお、改修費用も含め図書館機能の充実を図れるように、場所や規模についても早急に検討してまいりたいと考えているところでございます。
 次に、汚染廃棄物の焼却処理についてのご質問であります。
 昨日、万波議員の一般質問にも回答させていただきましたが、県下一斉に処理するという今回の方針につきまして、町内から焼却処理に対する不安や心配のご意見が出されているということは、重々存じ上げております。しかし、本町が反対することで、県全体の処理が滞ってしまう状況を鑑みますと、最終判断ではございませんが、県の方針に同調するというのが現段階での私の考えでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まず、(1)番からですか、よかったなという感想でございます。この例えば子ども医療費の18歳までの無料化ということと、出生時祝い金なんですが、これは齋町長の認識の中では少子化対策にもなる事業と捉えてるということでよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) はい、基本的にはそのように考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それで確認なんですが、当面継続させていくという考えということはわかりました。今までどおり所得制限を撤廃しながらの継続ということで、よろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 当面はそのように考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それで、昨日も同僚議員の一般質問の中でどこでもやっているような、というような表現をされたんですけれども、18歳までの医療費無料化と出生時祝い金については、やはりどこでもやっているから逆にしなくてはないのかなと。そして、今県の中で何でしたっけね、こないだも県内35、これは7月の新聞だったんですけども、県内35市町村の中で18歳まで所得制限全廃で無料化してるというのが、1、2、3、4、5、6、7、8、9でありました。この間も県が少し拡充するということで、東松島も18歳まで引き上げということで1つふえるわけでございます。そうした中で、やっぱり継続していく大切な事業ではないかというふうに捉えてるんですけども、私の頭の中では、まあ予算のお金の問題もあるんですが、町長の頭ん中では継続していくということなんですけども、どの辺つうか、優先的順位でいくとどの辺で位置づけされているのか、その辺ちょこっと確認させていただきたいなというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 重ねてのご質問ですけれども、子育て支援のあり方を考えていく上で、各世代に公平な政策ということを私自身は強く念頭に置いているところでございます。所得制限なし、それもあるよりないほうがいいというご意見は当然あることと思いますけれども、しかし一方で、低所得者の方々への配慮ということが本当にしっかりなされているのか。そういうことも含めて、当面というお話をさせていただいているところでございまして、今後優先順位のお話もありましたけれども、今後さらに各世代に公平な支援のあり方、あるいは低所得者への配慮といったようなことも含めた観点から、少し広く議論し、また考えさせていただきたいという思いがあるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 28年度当初予算で1億を超える、1億800万というような予算計上がされておりますが、今第3四半期まで終わろうとしておりますが、この予算の内で大体おさまるような推移というか、支出なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) はい、この予算内でおさまる見込みでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それとですね、第3子以降出生時祝い金なんですが、補助が5万円から5,000円に下がったということで、随分下がったんだなという認識ではおります。27年の成果説明で見ますと、24世帯に対してということで、今回当初予算で360万ということは36世帯という考えだったんですが、今現在どれぐらいの申請があるのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 平成28年度につきましては、11月までの実績で20人の申請となっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) これもですね、私も平成25年と26年に2回ほど一般質問をさせていただきました。そのときに結局役場の執行部の考えは、一時的な経済支援よりも継続的な支援が重要と思われることから、2回とも蹴っ飛ばされた経緯がございまして、27年からたまたま補助があったからなったんでしょうけども、ぜひとも今なかなか3人以上つくるという世帯も少なくなっていますことから、お金もらえるからつくるという人はいないんでしょうけども、応援の意味を込めて、何とか少しでも長く継続させていただきたいなというふうに思うんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 子育て支援に限らずですね、財源の問題ということが必ず絡んでまいります。先ほどの医療費無料化に伴う件につきましては、県の補助が大分おくれていたという私も認識でおりますけれども、未就学児童までということで3歳伸びました。でまた、国も医療費の増加を招くという観点からペナルティーを科していたところでございますが、ペナルティーを科すべきでないという多くの声に応えて、その協議を始めたという新聞記事、最近見たところでございます。
 そういった少し動いていく、我が町にとっての財源にかかわる問題も含めてですね、議員ご指摘の点については十分私も理解できるところでございますので、どういった対応がいいのか、まずは全体枠の中で、あるいは国、県の動きを確認しながら検討させていただくということでご理解をお願いする次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) いろいろ理解いただいてありがとうございます。きょう傍聴に来ている小学生の皆さんなんですが、12歳でこの事業の真っただ中で対象になっている方たちでございます。ぜひおうちに帰ったらお父さんお母さんに、しばらくの間は継続すると町長さんが言ってたというようなことをですね、ご報告いただくのと、そういった事業を、医療費を無料にするということで、1億円以上のお金が皆さんの税金から払われてるんだということを再認識していただければなというふうに思うところであります。
 それでは(2)番に行きます。老健施設ということで今協議しているということなんですが、継続的に必要な施設と齋町長もお考えのようで、継続的に取り組んでまいるということであります。それで、一つだけ確認なんですけども、具体的な内容についてはまだ決まってから協議するということでございますが、第6期の介護保険事業計画の中の地域密着型老人施設の予定では、29年度からというになっておりますが、これは大体今のところ見込みでどれぐらい後ろにずれるというように町のほうでは見込んでいるのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 見込みといたしましては、今虹の会と協議しておりまして、来年度整備ということで1年間ずれ込むことを予定しております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まあ今まで答弁にあるとおり5回の応募があってずっと延びてきたというようなこともございますので、ぜひ早く協議等々調えていただいて、実現していただければと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 続きまして、3です。絵本のコーナーということで、一つ言い忘れたんですけど、ぜひともここにも出てきますけども、未来を担う子供たちへの投資ということもありますが、その投資先をつくる政策として前の18歳医療費無料化も大切と思いますので、その辺よろしくお願いしたいなというふうに思います。
 きのうから絵本のへやについては大分いろんな方、質問されております。6月の齋教育長の答弁、丸山議員に対する答弁にもありましたが、今それぞれの絵本のコーナーで、個人の方がそれぞれ読み聞かせボランティアを行ってもらってたりですね、また、駅前図書館については月に一度の第2土曜日午前にそういったことを実施している、イベントなども実施している。また、あといきいきプラザについては現在4人の方がそれぞれ月に一度、絵本コーナーや子育て支援室において読み聞かせを行っているというような状況、立ち上げてそんなに日がたっていなくてですね、こういった方々もあらわれてるんで、この答弁の中にもですね、何だっけ、現状を維持しながらというふうにあるんで、しっかりとそういった方々の推移を見ながら対応していただきたいと考え、まあ移行してしまったもんですから、まだそいづを拙速になくしたり整理してしまうと、なかなか大変なのもあるし、今までかけてきた、そんなにお金はかかってないんですけども、そういった経費もかけてきておりますもんですから、その辺きちっと推移を、ボランティアとかそういった携わってる方たちの推移、あと利用者の推移を見ながら対応していただきたいと思うんですが、町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 先ほど答弁させていただきましたように、また議員ご指摘のように、現状をしっかり見ながら、確認をして今後の対応を決めてまいりたいと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そういったのもそうしていただくというふうで、よろしくお願いします。あとまたいろいろ絵本のへやの復活ということで、署名活動、そういった方々からのこういった施設をつくっていただきたいと、復活させる場合、こういった施設の形態とか、そういった広さとか、そういった分については要望か何かあったのかどうか、その辺お聞かせください。仕様というか、広さというか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 私のところにさまざまな思いが寄せられたのは、やはり読み聞かせをやってきた人たち、あるいは読み聞かせをやってきた人たちが住んでる地域でまた新たに生まれたボランティア、そういうことにかかわる、私としてはこれは町民意識につながる大切な思いだというふうに、ボランティア意識を位置づけたところでございまして、そういったところで私自身も強く共感を覚えたところでございました。よって、復活というお話にさせていただいたところでございますが、具体的なスペース等について、私のところにたくさんの声が寄せられたということはなかったということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 駅前図書館につきましての要望につきましては、特に学習をしたいという学生さん方から、なぜ大河原町が学習スペースがないのかと、ぜひつくってほしいという声はたくさんいただいております。そのほかのご要望につきましては、今のところ届いていない状況でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) きのうの答弁の中にも、図書館機能の学習スペースも一緒に考えるというような話でありました。ぜひ何というか、先ほどもお話ししましたけども、4カ所に機能を移したやつが4カ所あるんですけども、やっぱりそういったことも勘案しながら、この広さとか大きさとか、ボランティアの方々がというか、読み聞かせをするのにどれぐらいスペースが必要なのかというのは、費用対効果の面でなくて、やはり経営感覚でいけばそういった経費とか費用を最小限に抑えなくてはいけないというふうに思うんですが、その辺町長の考えいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 先ほど私の答弁は、絵本のへやの中のお話でしたので、学習スペースの要望があることをお話しできなかったんですが、教育長加えていただいたんで、十分ご理解いただいたというふうに思います。広さや活用のあり方については、これから絵本のへやを復活させていくということでございます。また、来年度予算計上をさせていただきたいというふうに考えているところでございますので、まだ町民の皆さんのご意見を伺う機会は、機会といいますか、時間はあるというふうに受けとめております。広くお話を聞かせていただけるように、私も議員ご指摘のような点を踏まえて取り組んでまいりたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ絵本のへやを復活させてはだめだと言ってるんではなくて、やっぱりもしやるんであれば、やっぱり経費も削減できるところはして復活させる。例えば、賃借料を払うんであれば、少し交渉して安くしてもらうとか、そういったやっぱり努力も必要ではないのかなという意味での費用の削減ということを提案させていただいたわけでございますので、その辺ご認識いただければなというふうに思います。
 続きまして、絵本のへやについてはその辺で。
 続きまして、汚染廃棄物の話であります。
 それこそ今この問題については、結局初めて私たちが目にしたのは、多分この10月24日の宮城県一斉焼却処理へということの、河北さんの1面に載ったときが初めてわかったのかなというふうに思います。それから、11、まだ2カ月もたってないような時期なのは皆さんも同じ認識ではないのかと。そこから、いろいろ新聞報道とかバーッと毎週のようにこれまで新聞などで掲載されておるんですけれども、町長が言わんとしていることはわかります。ただ、本町が反対することで県全体の処理が滞ってしまう状況をということで、最終判断ではないが、現段階での私の考えということを言われたんですけども、現段階では町長の考えということは町の考えということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 基本的な私の考え方についてはご理解いただけたということでございますので、詳しく触れることはしませんが、18日に2カ所でこれから住民説明会を開催させていただきます。町としても当然説明の中で考え方が問われることになると思います。国、県においても、私はバグフィルターの機能をよくお話ししていただきたいというふうに考えておりますけど、詳細に説明をしてくださるというふうに伺っているところでございます。
 さらに、21日でしたかな、仙南広域行政事務組合の、最初は市町長会議で開催するということですけれども、さらに最終の意見交換と議論をするということになっております。同じ方向に収束されれば、理事会に切りかえて議決をするということになるものと私は理解しているところでございまして、そういうこれから踏んでいくステップがありますので、最終判断ではないということを、そういう意味で申し上げたところでございます。ご理解よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何だっけ、21日って今月の21日ですか。そうすっと、そんなにもう時間もないことで、そこでもう判断するということでよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) はい。判断が求められて仙南広域行政事務組合、2市7町ですね、2市7町で同じ結論を出していくということになると理解しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えばですね、この間の新聞なんかにも書かれてましたけども、角田の大友市長が試験焼却は今試運転やってると。4月から移行になるというようなことも新聞では掲載されてたこともありました。ということは、例えばですよ、大河原町で18日1日だけ2カ所の説明会で十分なのかと思うことと、例えばですよ、齋町長が当選されてから言われております町民の目線に立ったということを考えれば、もう少し説明会の日数、回数、場所をふやしてから判断しても遅くはないんでないのかなというふうに思うんですが、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) まず、仙南クリーンセンターでの焼却でございますので、現在試験運転されている、これは性能テストのようなものというふうに受けとめていただければと思いますが、その試験焼却が今なされている、これは民間企業のもとで実施されているところでございまして、正式に仙南広域行政事務組合のものになるのは、2市7町のものになるのは4月1日以降ということでございます。
 そのことを踏まえて、仙南2市7町では、県があるいは知事がお話しされてきた1月末あるいは2月初めに焼却をするということにはならない。仙南2市7町については、4月1日以降にということにならざるを得ないということに、共通認識が得られているというふうに私自身は受けとめております。ですから、2月以降一斉にではないということを、まずご理解いただきたいというふうに思います。
 それと何でしたかな、もう一つ、説明会ですね。失礼しました。説明会につきましては、いずれ12月の今まだ日時が決定されてないので、本当に暮れが押し迫ってからになるのかと思いますけれども、県の市町村長会議が持たれるということがあらかじめ示されております。日程決まりませんけれども。ですから、それに合わせて決断といいますか、結論を出していくということに、今2市7町で流れているのはこれはもうやむを得ない事情というふうに思っております。結果として先に延びる状況があって、なおかつ住民説明会でさまざまな意見が出ることになるんだと思います。そのことに対する対応、例えばモニタリングポストの設置をどういう形で、どういう場所に誰がやるのかみたいなことも含めて、説明する必要が生まれてくる可能性は十分私も感じております。全ての住民説明をこれで終えるということにはならない可能性は当然生まれてくるのではないかというふうに思います。しかし、判断は今の状況だと、宮城県市町村長会議に合わせてしていくということになるのかなという理解でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 丁寧な答弁というか、ちょっとぐるっと回ってここさ来たようでなかなかあれなんですけども、何となく、何となくもう燃やすんだよと決めながら、そいづに向かって動いてる。というような答弁に、町長のやつは私に聞こえるんです。だから、その方向を決める前に、もう少し町民の話を、意見を聞く場を設けたほうがいいんでないのかなというふうに、先ほど期間ないって、だって12月2日の河北新聞の中で、大崎市なんかは来年の2月末まで各所で説明会を開くというようなことを言ってるわけであるんだから、最終的な判断は仙南広域の理事会云々というわけには、私もそこまでいかないんですけども、最終的な仙南広域の判断も4月の試運転までの間で、いろんな人の話を聞いてそこで最終的な方向づけをする期間があるんでないのかなというふうに思うんですけども、その辺がちょっとまだ町長との考えのずれがあるんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 結局ですね、県としてこの仙南2市7町の今の状況、つまりクリーンセンターで焼却するとすれば4月1日以降になるという事情を、まだ正式に申し上げていないわけですね。11月3日の段階で、角田の市長さんが若干触れてお話しされましたけれども、まだ仙南2市7町としてどう対応するかを正式に議会決しておりません。そして、その問題について県がどう判断するのかがわからない。だから、私としては12月末の市町村長会議で決定できない可能性というのも、ひょっとしたらあるのかなと。これはわずかな可能性かもしれませんけれども、そういう受けとめをしているところでございます。先送りになって、後追いになりますけれども、説明が求められれば当然説明機会をつくるということになると思いますけれども、現状この、私10月28日に仕事を始めたばかりでございまして、この間の庁舎内のさまざまな課題に対する議論等も含めると、やはり庁舎内で結論を出した12月18日の2カ所でやるというのが、ぎりぎりの状況、セットできるぎりぎりの状況だったのかなというふうに今受けとめているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 後から説明というんではなくて、やっぱりいろんな幅広く話を聞いて、最終的な判断をすべきではないのか。だから、理事会、町長も理事会に出るんでしょうから、その全体の中でですね、4月まで少し皆さんに説明する期間、例えば角田のもとある焼却場で燃やすとなったときに、憶測で物を言ってはどうだかわかんないですけども、やっぱり角田ではもっと騒ぎになっと思うんですよね。町ん中ですから。大河原は角田のへりの、角田は山だかもわかんないんですけども、大河原はさっきも言ったとおり住宅地に近いどこなわけっしゃ。そこと一緒に考えてしまうと、まあちょっと住民の目線の考えでねえのかなというふうに捉えてしまえるんではないのかなと思いますので、ぜひとももう少し回数をふやして住民説明を聞いて、あと大河原の町民の温度というか雰囲気を見てからの判断でもおかしくはないのかな。もちろん世間体と言ったらおかしいけども、大河原が1町反対すれば全部がだめになる。
 そういった考えも、もちろんわかるんです。わかるんですけども、やはり一番何を考えなくてないかというと、町民がどいなく思ってんのかということを考えて行動するのが首長ではないのかなというふうに思うんです。だから、ここで反対とか賛成じゃないんですよ。やはりもう少し幅広く皆さんの声を聞いて、それから判断しても遅くはないんでないのかなというふうに思うんですけども、再度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 枡議員の指摘も当然私、重々理解できるところでございます。時間的な余裕があって、そしてこの今の県が進めている流れに乗っていくことを前提に、いろいろ苦慮しているわけでございまして、枡議員にもその点はご理解いただいているものと思います。いずれ日曜日に開催する、あるいは土曜日に開催するという予定でたくさんの方に参加してほしい旨、日程の調整をしたところでございます。年末、12月18日がぎりぎりで、その次はクリスマスイブを過ぎるあたりになるわけでございまして、なかなか町民の皆さんに集まっていただける日程にならなかったという事情も、残念ながらあるということもあわせてご理解をいただきたいというふうに思います。
 きょうの新聞もですね、栗原市長の焼却に対する消極的な姿勢あるいは登米市議会が全会一致をもって焼却に反対する決議をしたというような記事もございますので、こういった状況を踏まえて、県がどういうふうに考えていくのかということも当然私には問題な点として、今生じてきているところでございます。ですが、この流れで物を決めていくということには、2市7町全てが乗っかって、前回の市町長会議も議論したところでございまして、今のところ私としては12月末に結論を出すとする県の考え、知事の考えに沿った形で結論を出していくということに、最終的になったところでございます。苦しい事情をぜひご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) もちろん立場的にもわかります、そいづは。ただ、何ていうか、大河原町の事情で、まだ説明が皆さんに行き渡ってないので、もう少し延ばすことできませんかというような、そういった交渉の仕方もあるんではないのかなというふうに思うんですけども、そいづは県の首長会議の場になるのか、仙南広域の理事会の場になるのかわかりませんが、そういった姿勢というか、そういうのをもう少し町長に出してほしいなというふうに思うんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これ堂々めぐりになるかもしれませんけれども、今回行われるのは、一般ごみとというか、普通のごみと混合して焼却をする試験焼却でございます。当然心配な点が試験焼却の中で生まれてくるようであれば、これは待ったなしにとめるといいますか、反対する、その思いは私も議員も同じ。私も強い気持ちでですね、例えばモニタリングポストが何カ所かに設置されて、その数字の動きに異常な点が見られた。つまりバグフィルターを越えて放射性物質が飛散したというような状況が生まれるとすればですね、それはもう絶対反対で物を申していかなきゃいけないと思います。
 しかし、バグフィルターの機能についても環境省は99%、99.9%という指摘もあるようですけれども、放射性物質をそこで捕集できるということで説明されています。焼却の仕方についても、通常のレベル、平均で1キロ当たり400ベクレルぐらいの放射能濃度は出てるわけです、現在でも。そこから800ベクレルを足した以上にはならない焼却の仕方を進めていくということで、試験焼却のあり方としても慎重に安全に進めていきますよということが示されているわけですね。ですから、私といたしましても、そこひょっとしたら99.9じゃなくて60%とか70%じゃないのかという不安は、やっぱり実は持たないところでございます。ですから、町民の皆さんの不安や不満や懸念を解消していただくための説明というのが、やっぱり非常に重要になって、18日ですね、くるんだろうというふうに受けとめているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そう、そういうことなんです。だから、町長が今私に説明したような説明を、18日の2回だけでいいんですかというのが、私なの。だから、そういったことを説明して、みんなに安心させてから、んでいいよって言ったほうが、何となく町長の町民目線に立ってたいうような考えそのものでないのかなと、そこなんです、言ってんのは。だから、その辺でもう少しこう勇気を持ってというか、もう少し時間くださいって言ったっていいと思うんです。だから、その辺の、町長わかるんだよ、町長のその立場も重々わかります。やっぱり太いパイプ持っておけばさ、きのう出た県道でないですけども、そいなのを有利に進められるというような場合もありますけども、だからそういったことで、そういった逆に間柄であるんであれば、その辺も仙南広域なり県にお話しして理解していただいてはどうなのかなというふうな提案をさせていただいてるんですけども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 近隣の状況を全て把握しているわけではございませんが、例えばたくさん放射性廃棄物を抱えている丸森町なんかでは、実は焼却にかかわる説明会は開催されないんですね。柴田も村田も蔵王も川崎も、多分説明機会はつくらないということに多分なると思います。そういうやるという話は聞いていないので。白石、角田、大河原が説明機会をつくるということでございまして、昨日万波議員にもお話ししましたけれども、うちの町にはないとはいっても、仙南には3万6,000トンのうちの25%が民地に今そのまま放り出されているような状況で存在しているわけです。この状態こそ私は非常に問題な状態だというふうに受けとめているところでございまして、しっかりと燃焼方法も示されて、試験焼却という位置づけでなされる今回のこの取り組みについては、私はこの限られた時間の中で、先ほど申し上げましたように、12月末に結論が出されるということで、どうするのかを求められれば、18日の住民説明会の機会、そして21日の市町長会議の状況を経て、最終決断をするということでやむを得ないのではないかというふうに思っているわけでございます。
 もう重ねて、相当詳しくお話ししたつもりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そういったことを私でなくて多くの町民にわかるような機会を設けたほうがいいんじゃないかなということが、私の主張であって、結局丸森とかって仙南クリーンセンターで燃やせば、距離かなりあるわけだよね。俺、そこを言ってんです。そこを。だから、別に丸森でしようがしまいが俺は関係なくて、やっぱり大河原、近いから、やっぱりもう少し住民の人に説明してやったほうが親切ではないのかということから出た。
 まあ、ちょっと話変わるんですけども、やっぱり前も私一般質問で、町に甲状腺の検診を求める請願ということで、4,000何がしの署名を集めてですね、伊勢町長に出した経緯があります。その中で、結局やはり心配だからそれぐらいの署名が集まるんですよね。放射能に対して。結局町は、町独自では甲状腺検診はしないと。ただ、場所は提供しますということで、3回、世代交流いきいきプラザと保健センターを提供していただいて、いずみというような団体で無償でやってもらった経緯があります。その3回開いた中でも、結局191世帯ですよ、安全だと言われてても、もちろんホールボディカウンターの検査も町ではしたんですけども、そうやって安全だと言われててもやっぱり不安に思う人が191世帯、で、309名の方が甲状腺検査を受けたったんですよ。
 だから、そういった不安を持ってる人が町内にも隠れてやっぱりいるわけなんです。だから、そういった人たちにきちっと説明してからでも遅くはないのかなというふうに、何回も言うようですけども思うんですけども、もう一度。だから、その説明機会を少し期間を延ばしていただいて、説明をする時間を、説明会さ、人集まっか集まんないかもわかんないんですよ。ただ、そういったことをする必要があるんでねえのかなというふうなこと、何回もまあ堂々めぐりになりますけども、ぜひその辺検討していただきたいんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) いずれ18日に国、県も来ていただいて、なおかつ広域、クリーンセンター、建設業者も来ていただいて、しっかり説明をさせていただくという機会がございますので、そのときに生まれてくる町民の皆さんの思いあるいは反応、そういうものも確認できると思います。そのことが全く説明し切れないという状況が、説明する側、国、県、町も含めてですね、生まれるのであれば、それは当然今後の対応として考えていかなきゃいけないことになるんだろうと思います。
 ただし、あらかじめそういうことで不安があるという印象を与えて、町のほうからも与えて住民説明会を開催するということについて、私の気持ちの中では考慮すべき点も若干あったんではないかというふうに考えているところでございます。さまざまな思いを込めてですね、最終判断ではないというお話をきょうここでさせていただいているわけでございますので、ぜひご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) もちろん不安をあおるとかじゃなくて、きのう万波議員も出ましたが、宮古とか遠野ですかね、例に挙げて出したのが。ただ、仙台市ではもう焼却してるわけですから、自分とこのやつは。そこに対しては、何の影響もないというような資料もあるわけです。だから、そういったことも説明して安心させたほうがいいのかなって、そういった機会をもっと多く設けたほうがいいというようなことを言わせていただきました。
 やっぱり町民第一に考えれば、やっぱりそういったことも必要で、広域の議会に理事会に言ってもらって、おらほうの町こいなんだから、もう少しというような、やっぱり発言力を持ったというか、そういったきちっと我が町の状況を言えるようなことで臨んでほしいというふうに思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これも何度も申し上げておりますけれども、基本的な県の考え方あるいはこの進め方に、私自身は同調できるというふうに考えております。ですから、そういった基本的な私の考え方あるいはその理解に基づいて、もう本当に限られた日程の中で18日2回やるということを決めたわけでございますので、その説明会を踏まえて、そして21日の広域の市町長会議として始まる会議を経てですね、経てって、その時点で広域全体の意見が集約されることになると思いますので、そこまでたどり着くまで、本当にわずかな時間ですけれども、議員のご指摘については心にとどめさせていただきたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そのわずかな時間、もちろんその日程に合わせれば、合わせればわずかな時間なんですけど、別にそんなのずらしたっていいんでねえかというふうに思うんで、やはり少し周りのというか、もう少し町民の方々の意見を聞いて、最終判断していただくことを希望して、一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2番須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、一般質問をいたします。太田委員長、よろしくお願いいたします。なお、私の一般質問は大綱2点です。
 1点目が、今回の町長選挙の投票率についてでございます。
 きょう小学生が傍聴に来ておりますけれども、小学生も18歳になれば投票権が与えられますので、ぜひ18歳になりましたら投票に行くようにしてください。お願いを申し上げます。
 それでは、私の質問を始めさせていただきます。
 今回の町長選挙の投票率は57.45%と、前回を2.72ポイント下回り、町長選挙では過去最低の投票率となったことから、以下伺います。
 今回のこの投票率を町としてどのように受けとめているのか、伺います。
 (2)期日前投票を各投票所の投票率に入れた場合の投票所ごとの投票率を伺います。
 (3)前回の参議院選挙から投票所の再編が行われましたが、結果的に投票率の向上には必ずしも結びついていないと考えますが、いかがでしょうか。
 (4)今後、さらに高齢化が進むことや、若い方々の選挙離れを食いとめること等を考えると、ますます投票率の低下していくことが懸念されます。やはり歩いていける投票所ということを大前提にした投票所を再度検討すべきと考えますが、いかがでしょうか。
 (5)今回の選挙の18歳、19歳の投票率を伺います。
 (6)来年4月に町議会議員選挙が行われますが、4年に一度とはいえ、桜まつり期間と選挙が重なる状態であります。これを避ける選挙日程の設定を行うべきと考えますが、いかがでしょうか。
 以上、答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 選挙管理委員会委員長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯選挙管理委員会委員長(太田良喜君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯選挙管理委員会委員長(太田良喜君) 選挙管理委員会の太田と申します。答弁に入ります前に、一言ご挨拶させていただきます。
 日ごろは議員各位の皆様には、選挙に対する深いご理解と温かい言葉や高い関心を寄せていただき、またご助言等をいただき、本席をおかりいたしまして心より敬意と感謝を申し上げます。私ども選挙をあずかる者といたしましては、大変心強く思っているところでございます。今後とも明るく正しい選挙の推進、投票率の向上等、鋭意専心努力してまいる所存でありますので、何とぞ変わらぬご指導とご鞭撻のほどをよろしくお願いをいたします。
 それでは、須藤 慎議員のご質問にお答えいたします。
 (1)まず、今回の大河原町長選挙の投票率をどう受けとめておるのか、このご質問でありますが、投票率が前回町長選挙より2.72ポイント下回ったことにつきましては、選挙管理委員会委員一同、大変憂慮し、まことに残念な結果と受けとめております。そこで、今回の投票率の低下要因は何であるかということはいろいろ考えられますが、中でも新有権者、特に18歳、19歳の投票率が期待より伸び悩んだこと、さらにこれは一般的な傾向ではございますが、若年層の選挙離れが要因と考えております。
 選挙はもともと投票という住民の意思を反映する一つの手段でありまして、町政運営にもかかわる貴重な機会であることを考えますと、今回の投票率の低下はまことに残念な結果と思っております。また、投票率向上に向けた取り組みの重要性を感じているところでもあり、明るい選挙推進協議会とも連携をいたしまして、今後も常時啓発になお一層力を入れて取り組んでまいる所存であります。どうぞご理解とご協力を切にお願いを申し上げます。
 次に、期日前投票を各投票所の投票率に加えた場合の、投票所ごとの投票率についてのご質問にお答えいたします。
 期日前投票所につきましては、各投票所すなわち町内12カ所の投票所と同様の取り扱いになっております。このことから、選挙期日までは投票所の開票はできない状況となります。したがいまして、期日前投票所における投票者を各投票区ごとに振り分け、投票区ごとの投票者を集計することは行っておりませんので、どうぞご理解をお願いいたします。
 次に、投票区の再編が結果的に投票率向上に結びついていないのではないかとのご質問にお答えをいたします。
 投票区の再編は、これまでの投票区における問題等を解決する施策として行ったものであります。したがって、これが必ずしも投票区の再編が投票率低下の原因とは考えておりませんので、ご理解をお願いします。今回の町長選挙におきましては、期日前投票所における投票者数が2,791人と過去最高となりました。投票者総数の約25%を占める結果となっております。
 この期日前制度が設けられましてから10数年になりますが、これまでの町長選挙や町議会議員選挙といった町の大切な選挙の中では、最高の投票者数となっております。これは午後8時までの投票時間や、土曜日、日曜日等住民生活の多様化に合わせた制度として、大分浸透している状況でもあるものと考えられます。こうしたことが投票日当日の投票率低下につながったものと捉えており、投票区の再編による投票所の位置で直接的に低投票に影響したものではないと分析をいたしております。
 次に、歩いていける投票所を前提にした投票区の再編についてのご質問にお答えをいたします。
 投票区の再編につきましては、現在のところ再度変更する考えは持っておりません。現在のところ各選挙ごとに、選挙委員会が投票所を変えるということにつきましては、選挙管理委員会の法に基づく決定制度でありますので、投票所の設置に当たりましては一定の広さや駐車スペースの確保といった、投票事務の正確性あるいは選挙人の利便性や地域性を第一に考えまして、設置を行ってきているところでありますので、今後におきましても特に高齢者や障がい者など社会的弱者に配慮した投票施設の選定、改善は行ってまいる所存であります。
 なお、ご参考までに申し上げますと、本町における投票所の数につきましては、投票区の面積及び有権者数を近隣町と比較した場合において、決して少ない状況ではないことをご理解願います。
 次に、町長選挙における18歳、19歳の投票率についてのご質問でありますが、今回の町長選挙における18歳の投票率は44.53%であります。また、19歳の投票率は45.51%となっております。もう一度申し上げます。18歳が44.53%、19歳が45.51%となっております。この結果が示すとおり、新有権者の半数以上が投票していない何らかの状況があり、大きな課題であると考えております。
 今後、何がこの新有権者に有効な手段となるか、その方法と投票率向上に向けた取り組みを考えてまいりたいと思っております。ご理解をお願いいたします。
 最後に、平成29年4月30日、任期満了となります大河原町議会議員一般選挙の選挙期日についてのご質問でありますが、選挙期日につきましてはご案内のとおり既に今月12月2日に開催いたしました第14回大河原町選挙管理委員会におきまして、来春の平成29年4月16日に決定したところでございます。
 選挙期日は、公職選挙法の規定に基づきまして、任期満了前30日以内に定めなければならないと決められております。さらに、選挙終了後の初議会の日程等を考慮いたしますと、桜まつり期間中の執行は避けて通れない状況にありますことを、何とぞご理解をお願いいたします。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。
 それでは、再質問をさせていただきます。順番が多少ちょっと入れかわりますけれども、まず選挙日程について再質問をさせていただきます。
 先日、新聞報道でもありましたし、今の答弁にもありましたけれども、全員協議会でも総務課長から説明がございました。4月11日告示、16日投票日と決定したということです。ちなみに来年度の桜まつりの期間はいつぐらいになると、今のところ予定しているでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 来年の桜まつりにつきましては、まだ実行委員会等開催されておりませんので、まだ未定ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。ちなみにことしは4月7日から21日という桜まつりの期間でしたけれども、これでいくと、もう桜まつり期間と完全にぶつかるということが4年に1回、毎回これから続いていくと。確かに温暖化によって桜が早まる時期が早まってという可能性もあるでしょうし、そのときによって咲くのが遅くなるというときも当然出てくると思うんですけれども、今回インバウンドということで補助金を使って外国人を桜の観光客として呼ぶということも始まります。
 さらに今後、桜まつりにお客さんを全国から呼ぼうという意識で、町長よろしいですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいまの選挙管理委員長の答弁のとおり、なかなかこの課題をクリア、ご指摘のある課題をクリアできる状況にないというふうに受けとめましたけれども、東北観光復興対策交付金の事業につきましては、当然しっかり進めていくということで、変更の余地はないものと思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) いや、私が聞きたいのは違うんです。町長の思いとして、桜まつりをこれからも力を入れてやっていくんですよねということを確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 当然でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) であればですよ、であれば、これはいずれやっぱり変えなきゃいけないと思いませんか。私は絶対変えるべきだと思うんですけども、今の答弁にあると任期満了日前30日以内に定められなければならず、選挙後の町議会の日程などを考慮いたしますとこの期間でなければならない。町議会の日程を考慮するということは、ちょっとどういうことか、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回12月2日に選挙管理委員会で、議員さんの選挙の日程を決定させていただきました。ご案内のとおり、4月30日満期ということでございまして、それから30日となりますと3月29日から4月29日までの間で選挙を行わなければならない。で、そうしますと日曜日と考えたときに、4月ですと2日、9日、16、23、この4つがあります。こういったとこからいろいろ考えさせていただきました。
 議会の日程につきましては、これまでですと5月1日に議会というような設定をしてございます。そうなりますと、23日の選挙執行の中で1週間の中で議会の運営も大変ではないのかなというふうに、一つ判断をさせていただきました。したがいまして、23日は消去、残る2日、9日、16ですけれども、2日については職員の異動等もありますし、なかなか時期的に難しい。つまり残るのは9日と16。昨年、一昨年の桜の状況を見ますと、満開が10日とか7日ごろなんですね。ですから、少し時期を考慮させていただきまして、4月の16というような選定をさせていただきました。この期間については、満期の関係で今のところどうしようもないことになる。さらには、桜まつりとどうしてもやはりかち合う期間は、これは逃れないというふうに判断をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今の総務課長のお話ですと、若干桜まつりとはずれているという認識なんですけれども、我々、我々というか私は4年前に選挙、3年半前に選挙をしたときに、非常に選挙カーを走らせるのが忍びないんですよ。観光客がいて、土手にいっぱい人がいて、観光客に耳塞がれて、でも通んないわけにいかないんであすこを通ると。かといって、選挙の最終日の土曜日は通んないようにとか、あとなるべく人混みが込んでるときは通らないようにという配慮はしますけども、でもこの狭い町なんで、大河原橋、尾形橋、末広橋を通らないと川向こうには行けないですし、必ずあそこを通らなきゃいけない。
 しかも議員定数15人で、最低15台の選挙カーが1日に何回も何回も観光客の前を通る。これを考えたときに、確かに議会の話も大切だと思うんですけど、やっぱりそこを何とかして観光客のために桜まつりのためにということにはならないものなんでしょうか。ちょっとその辺、お聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) これまでも当然に大河原町の町議会議員の選挙につきましては、桜とかち合ってきたというような状況があります。今回もそういうことは頭にあったわけでございまして、全てを変えるということはなかなか難しい状況であるというふうに思っております。これをそういった状況の中で、議員さんの活動もしていただくことしかないのかなというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちなみに柴田町は3月に選挙、柴田町3月21日告示、26日投票日と、ちょうど桜まつりの前でダブらないという。これは話に聞くと、槻木と船岡が合併したときから、この時期なんだと。桜まつりのためにこの時期に移動したわけではないんだという話なんですけれども、幸い柴田町はかからないということです。
 今後、町長のお話にもあったとおり、柴田町と一緒に桜まつりについて力を入れて今後取り組んでいくんだという中もあって、これ町長もどういう気持ちを持ちますか。トップとして。その辺ちょっとお聞かせください。町長にどうしてくれとは言わないです。町長の気持ちとして、どういう気持ちですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 須藤議員の忍びないという表現がございましたけれども、そういった思いについては十分理解するところでございますが、決定権を持つのは選挙管理委員会でございますので、答弁はこの程度に控えさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 例えばですよ、総務課長、選挙管理委員長の4月前半に一旦してですよ、例えばですよ、そしてそこからまたさらに1週間前にして早めるという、そういう変更の仕方はできないんですか。例えば、今回来年の4月は11日告示、16日投票ですよね。それを次の4年後は桜まつりをずらして4月の頭にして、そしてその4年後にまた3月にもっていくということは、これはできないんでしょうか。ちょっとその辺。私もちょっとわからない部分なんで、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 委員長のほうでも答弁させていただきましたけれども、公選法で任期満了30日以内にしなければならない。先ほど申しましたように、3月29日から4月の29の間で選挙の期日を決定しなければなりません。したがいまして、大河原町においては現在のところ3月中には執行はできないというような形に考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それはわかりました。例えは悪いんですけれども、この間の大震災のときに県議選が延期になりました。それはあれはまあ災害ですから、やむを得ないし、いたし方ないし、当然の判断だと思うんですけれども、この大河原町の特徴を考えたときに、まして桜まつりという町の一番のイベントのときに、その選挙があるというところを何とか、何とかその町として、選挙管理委員会として、そこを何とかしてずらすその気持ちがないのか。そこなんです、私が言いたいのは。このまんま仕方ないから、ほうか、選挙、満了日がこれだからしゃあないんですじゃなくて、そこの桜まつりの期間、町一丸となって桜まつりに取り組めるというような雰囲気をつくるためにも、何とかずらせないものかという私の相談です。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど議員さんのほうから心苦しいというお話も聞かせていただきまして、私たちもですね、やはり桜まつりとかち合う中で、皆さんの活動も非常に苦しい状況というのは理解はしているつもりでございます。しかしながら法的なこともありまして、現在のところはどうしてもかち合う期間の中での設定ということにしかならないのかなというふうに思っているところでございますので、ご理解のほどをお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) いや、我々の選挙活動が大変なのはいいんです。一番は観光客の方に申しわけないっていうことなので、そこをどうしようもない、法があるからどうしようもないって答えられると、まあ堂々めぐりになるんですけど、その法をうまく活用して移動はできないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 本町だけのための法の改正といいますかですね、運用というのは、なかなか難しいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) そうですか、わかりました。そこを行政のプロなので何とかしてほしいという思いがあって、この質問をしてるんです。もうできないのは重々承知してますし、だめだというのもわかった上での、何とかならないかという、それでもならないという意見なのか、最後それだけもう一回聞かせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) これまでも申し上げましたけれども、法に従ったような形の中で取り組むべきだというふうに考えているところでございますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 何か余り歯切れがよくないように感じるんですけれども、柴田町の場合は、まあ比べても他町のことなのでしようがないんですけど、3月選挙の場合は2月に議会をやって、そして予算編成も前倒しでやっててという、それが4年に1回のペースでずっと回ってきてて、職員としても大変だけども仕方ないんだという意識と、あとはある職員から言わせれば、やっぱり年度内に選挙が終わったほうが職員も楽だという話もされておりました。まあ、これが一生続くのかということを考えると、ちょっと忍びないし、寂しい思いもするんですけども、今後機会あるごとに検討していただければなというふうに思いますけども、選挙管理委員長、何か一言だけあればお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 選挙管理委員会委員長。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 毎年ですね、毎年ですか、4年に1回こういうことは必ずやっぱり出てくるかというふうに思います。委員長のほうでも答弁させていただきましたけれども、5月の議会ということも考えた中で今回は設定をさせていただきました。もし例えば5月の議会がもう少しずれ込むようなことであればですね、最終日に、最終の日曜日あたりに選挙をすることは可能だということには思われます。そこら辺については、議会の運営という形もありますので、まあ議会のほうで少し検討していただければ、私のほうでもそれに沿ったような形で対応できる可能性はあるというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ということは、今の話ですと、どちらかというと前よりも後ろというイメージですかね。そうなると4月の最終週で、ゴールデンウイークとも少し重なるということもあり得るということなんですけれども、議長、これ少し議会の中でもぜひ話をしたいと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) それについては、議運にかけて話し合いをします。
 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございました。
 それでは、次の再質問に行きたいと思います。それで、太田委員長の答弁の中に、投票所の数についての答弁がありました。近隣市町村と比べると、そんなに変わりないんだということで理解しました。それで、中央公民館、今回投票率39.60%、そして総合体育館36.97%、東部運動場39.27%と、これは期日前投票を入れないでの数字で、ここの3カ所が非常に投票率が低い状態と、このデータからは見れるんですね。
 ただ、私が言いたいのは、期日前投票の投票のものを各投票所には入れてないんだと。それは入れられないのか、入れてないのか、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 期日前投票所につきましては、一つの投票所ということになります。入れられないということではありません。つまり選挙人名簿から一人一人拾えば可能性は、可能、できるんですけれども、そこまではちょっと今行っていないということで答弁をさせていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ということは、やればやれるということで、大変な作業はわかるんです。ただ、それをしないと、投票所ごとの投票率が実際出てきてないですよね。これは。その期日前投票を一つの投票所として見れば見るんですよ。見ますけど、期日前投票に行ってる人たちも、期日前投票がなければ各投票所に行ってやるわけですよ。なければの仮定の話ですけど。だから、その期日前投票に行ってる方々の本当は行かなければならない投票所の、素朴なその投票所の投票率、これのデータがないと、一概にこれでは話ができないんですよ。確かに今しましたよ。投票率がここ低いですよと。でも、期日前投票の人を入れれば、もしかするとこの数字は少し上がってくるんでしょうけど、でもこのデータを見るとこうなるということなんです。私はそのデータをぜひ知りたいということなんですが、ちょっと大変な作業なので、そこまでは求めませんけども、今回の結果を見て、この中央公民館、総合体育館、東部運動場が極端に低いんですよ。30%台。ほかは橋本で46.7%、オーガで46.04%、上大谷62.96%、上谷50%、金ケ瀬48.28、堤65.14、新寺49.28、丑越48.69ということで、30%台がこの3カ所だということなんです。
 ちなみに、この3カ所の有権者数をちょっと教えてください。中央公民館の有権者数、あと総合体育館の有権者数、東部運動場の有権者数、わかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは申し上げたいと思います。当日有権者数になりますけれども、中央公民館3,785、総合体育館3,806、東部運動場2,832でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。ちなみに橋本とオーガ、金ケ瀬公民館もちょっと教えてください。済みません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、橋本交流センター535、オーガ1,238、金ケ瀬公民館2,390でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。本当は全部聞きたいんですけども、調べれば、後で聞けばわかることなのでここまでにしておきますけども、ということはやっぱりこの中央公民館、総合体育館、東部運動場、あとは金ケ瀬公民館、ここの有権者数が非常に多いということが読み取れると思うんです。ですよね。そして、イコールその範囲も非常に広い。例えば金ケ瀬ですけれども、東新町の方、多分投票所に一番近いのは丑越集会所だと思うんです。んだけども、金ケ瀬公民館まで行かなきゃいけないですよね。例えば上川原の南原町の人たち、この方たちは丑越集会所に歩いて行くと二、三分で行けるんですけど、中央公民館まで行かなきゃいけない。というのが実際はあるんですね。
 これちょっとご相談なんですけど、自分の一番投票所に近いところに行けるような体制はとれないものなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 投票区の区域割りを法的にしなければなりません。例えば中央公民館ですと、今ご指摘いただいた上川原区ですね、それから上町、上町の1、2区ですね、それから中町、本町1、2区というような形の中で、まずは投票区を決めて、その中でじゃどっかの場所の投票所を決定しますということになってます。つまり、上川原の人は中央公民館までは遠いかもしれませんけれども、逆に投票所を移すことで本町1区の方が今度は逆に遠くなってしまうというような状況も生まれてくるような状況になるというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私が言いたいのは、例えば上川原に住んでる人が、自分の近いところ、丑越集会所に行ったほうが近いんだよと、歩いて二、三分で行けるよというんであれば、本当は中央公民館でやんなきゃいけないんですけども、丑越集会所に行って投票できるようなそのシステムはつくれないもんなんでしょうかという趣旨の質問です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に投票区の中での投票しかできません。つまり、選挙管理名簿はその投票区ごとに行ってますので、例えば上川原の人半分を中央公民館、それから丑越ということにはならないということでご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) じゃ、ちょっと話変えますけど、期日前投票の場合は投票するときに職員はパソコンで処理してますかということと、あと選挙当日は台帳というんですかね、それと選挙権を照らし合わせて確認をしてやっているかと思うんですけども、その辺ちょっと教えてください。どのようにやってるのか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 投票者の名簿照合という形になるかと思いますけれども、実はその期日前投票も最終的には台帳に全部手で判こを押すような形にしてます。パソコン管理は、その日の集計であったり、そういう形の対応してまして、最終的には投票所に来ると同じような処理を期日前投票の方にも実際行っているということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私、ちょっと行政のことはよくわからないんですが、選挙人名簿、台帳というんですかね、それはどこの市町村もやっぱりその台帳を使って今でも選挙をしてるのか。それとも、今この時代で情報処理がこれだけ発達してる中で、そういうふうにやってる自治体はないのか、ちょっとわかればでいいんですけど、実際台帳を使わなきゃできないものなのか、その辺ちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 以前の話になるかもしれませんけれども、白石市で電子投票というようなことが行われました。現在は多分それは利用されてないということで、やっぱり何らかの問題があるということになるかと思っております。ちょっと詳しくは調べておりませんけれども、やはり紙ベースでの処理ということが多いのではないかというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 白石の電子投票はわかるんですけど、これからやっぱり、投票率がどんどんこれから下がっていくことが懸念されるというときに、やっぱり投票する人が行きやすいところ、そして投票しやすい場所、これが最低条件だと思うんです。この間、参議院選挙終わってのちょっとあるコメントを見ると、各自治体でいろんな取り組みやってますよね。そうすると、自分で住んでいる地域に関係なく投票できる共通投票所を準備できる自治体がふえれば、投票率の向上につながる部分があると思う。これは参議院選挙で大きなくくりなんですけども、また別では、これはちょっと何ですかね、山の市なのかちょっとわかんないですけども、島根県の浜田市では今回初めてワゴン車に投票箱を積んで、市内各地を巡回する移動期日前投票所が導入されました。これをやれとは言いません。例えばです。さらに、下校時間に合わせて高校の前に行くとか、スポーツイベントに合わせて投票所のほうから有権者のいる場所に行くといったこともできますと。これは今の選挙法でもできるということなので、こうした取り組みができると投票率もこれから上がっていくんじゃないかなという、こういう見方も一理あるということです。
 私が言いたいのは、台帳で管理しなきゃいけない。チェックしなきゃいけないというのはわかるんですけども、そこをうまくできないものなのかなと。投票区を最初枠組みから入っているじゃないですか。そこを撤廃して、撤廃してですよ、そして自分の行きたい場所で投票してください。これができないものなのかなと。台帳はそれぞれに置くんでしょうけど、例えば丑越集会所だったら丑越の方の台帳を置いて、そこに町内全部とは言いませんけども、その辺を融通きかせてできないのかなと。例えば東新町の人が丑越集会所に来ても投票できる、上川原の丑越集会所に近い人が行って投票できるというような体制を、何とかこれつくれないものなのかなという、そこらご相談です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 自分で投票所を選べるというような形になるかと思いますけれども、だからこそ期日前投票がそういった制度に近いのかなというふうに思っております。今回、先ほど委員長も申しましたけれども、町内の選挙では最高の2,700というような数字をいただきました。逆にこういった制度を伸ばすことも一つ必要ではないかというふうに思っております。どなたが来ても、この期日前投票が利用できるということをもっともっとPRすることで、投票率の向上にもつながるものではないかというふうに思っておりまして、期日前投票をもっと来ていただくような形で呼びかけることも、一つの手法だというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) そこはちょっと認識のずれなんですけど、であれば、期日前投票所、例えばオーガでできますか。もう1カ所ふやして。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 柴田町は多分船岡と、船岡っていうか、役場と槻木というような形になってるかと思いますので、複数設置することは可能だというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) であれば、ちょっと話変えますけれども、それ後で話そうと思ったんですが、電車で通勤する方も結構おられるので、期日前投票をぜひオーガの中で、仕事を終わってきてできるというような状況もぜひあっていいのかな。確かに人を配置しなきゃいけない。人件費がかかる。そこはしようがない人件費なので、そこを考慮してぜひできないものなのかなという、ちょっとご相談です。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ことしですかね、駅にもそういった投票ができるような話がありましたけれども、地理的に考えますと、オーガと役場はそんなに距離がないのかなというふうに思っております。ただ、電車の通勤通学というような形の中で考えた場合には、一つ候補地として考えられるものかというふうに思っておりますけれども、ほかにもっともっと考えることが必要な部分はあるものというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 来年4月の選挙でやってくれとは言いませんので、ぜひこれ期日前投票を進めるんであれば、もう1カ所ぐらいやっぱりふやしてほしいなという思いでおると同時に、やっぱり大河原総合体育館、あとは中央公民館、金ケ瀬公民館もそうですし、東部もそうですし、余りにもちょっと範囲が広過ぎるので、そこをもう少し、近隣市町村と数が一緒なのはわかるんですけども、桜1区の人が総合体育館まで行って、新田町の学校の裏の方たちが総合体育館まで行って、今まで大河原小学校でできたのにという状況。今度新しく西原集会所もできたわけですし、あと来年度稗田前集会所もできることですし、その辺もう少し、やっぱり今12カ所ですか、12カ所ですけど、もう少しきめ細かに、この人数も考えてですよ。面積も当然あるんでしょうけど、有権者数を考えれば、せめて桜町にもう1カ所、桜町の中にとか、金ケ瀬をもう1カ所ふやすとか、2カ所ぐらいでやるとか、ここはやっぱりやってほしいんですけど、ちょっといかがでしょうか。
 考えていないっていう答弁がありましたけども、今後いずれです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 投票所の数につきましては、村田が13ですね、柴田が17、こういった形で、大河原町の12もそんなに小さくはないという話をしたところでございますけれども、投票区の見直しにつきましては、ご指摘いただいた分もありますので、今後検討してみたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひ期待しております。ちなみに18歳の選挙投票率、びっくりしたのは19歳の投票率が意外と高かったのかなと。太田委員長の話ですと、若干低いという話もありましたけども、前回の参議院選挙の全国の投票率18歳が51.17%、19歳が39.66%、10代で45.45%だったんですけれども、これと比べるわけにもいきませんけれども、この大河原の44.53と44.51、これを低いと捉える部分もありますし、これだけの方も行ってくれたのかなとある意味そういう評価もできるんですけども、でも実際、全体の投票率が57%なので、それを考えればやむを得ないのかな。高いにこしたことはないんでしょうけども、この点については今後とも選挙管理委員会、推進委員会でぜひ力を入れていただければなというふうに思います。
 時間なくなりますので、あと最後に、町長選挙の開票の仕方についてちょっと若干触れたいと思うんですけど、あのときの開票なんですけど、8時から開票始まって1回目の発表9時だったと思います。ちょっと確認しながらですね。このとき開票率ゼロ%で、ゼロ、ゼロなんですよ。そしてその次、9時半、9時半で出てくるかなと思ったら、9時半でなかなか出てこなかったと思うんです。これ何時に出したのかっていうことのちょっと確認と、この9時半に出ないで延ばして延ばして最後100%でボンと出てきた、という今回の出し方なんですね。
 余り私、こういう出し方見たことないんですけど、私が選挙知らないだけかもしれませんが、ちなみにですよ、白石の場合、同じ8時から開票始まって、1回目8時半、開票率5.61%で500、500。2回目9時、開票率78.60%で7,000、7,000。そして9時半に開票率100%で確定という。こういう出し方なんですよ。今回の町長選挙の開票の出し方は、少し私ね、えっと思ったんです。9時半にボコッと出ればよかったですよ。9時半に出ないで、そして延ばして延ばして、最後ボコッと100%出てきた。こういう出し方は、いろいろ出し方はあるんでしょうけど、その辺ちょっと、総務課長どうでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 開票における速報という形になるかというふうに思っております。ちょっと私も記憶がちょっと忘れてしまった部分もあるんですけれども、確かに9時ではゼロだったですよね。ただ、最終も9時半ちょっと過ぎでなかったですかね。選挙会開いたのが9時半ちょっと過ぎだというふうに記憶しておりまして、予定では9時あるいは9時半というような形の中でスケジュールを組んだところでございました。その予定どおりに報告できなかったということについては、おわびを申し上げたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 悪いと言ってるんじゃなくて、おわびを求めてるんではないんですけど、出すんであれば9時に出して、9時半にも出してというのをぜひやってほしかったなという、ただ思いで言わせていただきました。ということで、ほかにもいろいろ言いたいことあるんですけども、この辺にしたいと思います。
 それでは、次の質問に入りたいと思います。
 2、町長の目指すまちづくりについて。認め合い、支え合い、生かし合う、一歩先行く元気な町にというスローガンを掲げて当選された齋町長におかれましては、大河原町発展のため、さらには町民の福祉向上のため、町のトップリーダーとして働いていただくことになったわけでありますけれども、今後4年間どのようなまちづくりを行っていくのか、以下伺います。
 (1)町長が掲げたスローガン、認め合い、支え合い、一歩先行く元気な町を掲げた理由と、この意味について伺います。
 (2)町長は、1)町全体のブランド化、2)命を守る、暮らしを守る、3)子ども子育て支援と教育の充実、4)経済の活性化と地元企業支援、5)若者定住と人口減少対策、6)桜保全と河川敷の活用、7)農業を守り育てる、8)障がい者の就業と定着への支援、9)絵本のへやの復活と図書館の機能の充実を政策ビジョンとして掲げましたが、今後4年間でどのようなまちづくりを行っていく考えなのか、伺います。
 以上、答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、引き続き須藤 慎議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 まず、スローガンとして掲げている「認め合い、支え合い、生かし合う、一歩先行く元気な町に」を掲げた理由と、その意味についてのご質問でございます。
 「認め合い、支え合い、生かし合う」は、第5次長期総合計画の基本理念に掲げたものでございまして、人と人、人と自然、人と地域、地域と地域、そして住民と行政など、互いに尊重し、よりよい関係をつくりながら、まちづくりを進めることを指しているものでございます。平成23年度に策定した総合計画のまちづくりに対する姿勢が変わらないことから、今回も掲げ、5年先、10年先を見据えたまちづくりの視点を重視しながら、町民が生き生きと暮らせるように一歩先行く元気な町を掲げさせていただいたものでございます。
 次に、私の政策ビジョンに掲げたことを踏まえ、今後4年間どのようなまちづくりを行っていくのかとのご質問でございます。
 この政策ビジョンは、日々重ねてきた町民の皆さんとの対話や、地元企業の訪問を通して得られた具体的な思いをもとにまとめたものでございます。内容につきましては、丸山議員初め各議員らの一般質問の答弁の中で説明をさせていただきましたが、先ほどお答えしたスローガンの趣旨にありますように、これからの人口減少、少子高齢化の課題が直面する中、5年先、10年先を見据えたまちづくりを町民の皆様、議員の皆様、町職員と切磋琢磨しながら、現場主義という姿勢を大切にして進めてまいりたいと考えるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それでは、再質問させていただきます。
 昨日からさまざま話出ておりますので、なるべく重ならないようにしたいと思うんですけども、多少ダブりますのでお願いいたします。
 まず、待機児童の問題なんですけれども、ゼロ歳から2歳児の児童待機の解消とありますけれども、これきのうも話出てましたけれども、町長の具体的なこのやり方を再度お聞きいたします。これを解消するためにどのようにするのか、ちょっとお聞かせください。待機児童です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 新しくというか、何年前からですかね、民間の施設もできてきて、おおむねその需要に応えられる状況がつくられたというふうに認識しておりましたが、働き方の問題等も含めて、保育に欠ける子にならないと入所できない事情、実際にはそういったものも含めると、潜在的に入れたいんだけど入れれないという方はいらっしゃるというふうに認識しているところでございます。これは町がというわけにはいきませんので、今後その民間の部分についてはですね、町がというふうにはいきませんが、定員まで受け入れていない施設もあるようでございますので、そういったところが働き方の問題をクリアして、保育に欠ける子がきちっと入所できる、そういう体制ができればいいというふうに当面考えているところでございます。
 それでも、民間の施設等でのカバーができないということになれば、もっと抜本的に町でできることを考えていく必要があると受けとめているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。それで、現在の状況を見ますと、課長にお願いしたいんですけど、キャパはあるんだけど実際は保育士が足りていないというのが現状で、という認識でよろしいですか。あと、今の待機児童の人数もあわせて伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) まず、現在の待機の状況ということでございますが、ことしの4月1日現在では待機児童として報告しております15人となっております。4月1日では15人ということで、現在、入所したいということで申請書を出しているが、入所してないという状況の方は44人ということでございます。各施設定員に満たないところ、それから定員を超えて入所しているところございます。法的には定員の115%、あるいは120%までは面積的にクリアしていれば入所は可能ということでございますが、実態としては定員に満たないところも含めまして、やはり保育士さんの不足ということで、あるいは年齢ごとの偏り等で全ての希望にお応えできないという状況にはなっております。
 新規の施設開設ということは大変困難な問題で、簡単なことではございませんので、やはり今後はまずは定員に満たない状況、定員まで入れていない状況、あるいは定員を超えて入れてもいいんですが、対応できていない状況を考えますと、やはり保育士さんを何らかの形で確保するということが一番重要な問題というふうに認識しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 町長、ここなんですよ。保育士が足りないんです。それは大河原町だけじゃなくて、全国的に、宮城県内もそうですし、全国的にも。ですから、きのうの昨日の朝刊の河北新報に県の記事、保育士志望の学生には月5万円上限に2年間、資格を取得した後に県内の保育所で5年間働けば返済を免除すると、こういう制度が出てきているので、こうなると宮城県の中で保育士の取り合いになると。結局保育士の方は条件がいいところで働きたいということになって、なかなかその条件の悪いところには働けない。そっちはますます保育士が足りなくなるということになるので、ここ町長ぜひね、大河原町も独自にこの保育士を何とか確保する手だてを今後考えていかないと、条件のいいところはもっともっといっぱいありますから。町よりも市がいい。市の中でも仙台市が一番いい。こういうふうになってしまうので、ここ町長ぜひね、考えてほしいと思うんですけど、我々も私も考えたいと思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議員ご指摘のように、現状もそうですし、将来を考えればもっと厳しい環境が生まれると想定することもできますので、具体的にどんな形での保育士確保がかなうのか、しっかり対応してまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) やり方はいろいろあると思うので、この奨学金にさらに上乗せして、大河原町の保育所で働けば、さらにそれも免除しますよとか、いろんなやり方はあると思いますので、ぜひこれ庁舎挙げて検討していただきたいなというふうに強く思うところです。
 次に、介護認定率についてです。
 昨日も話出ましたけれども、これ私9月議会で万波議員も質問してますが、前町長と二瓶課長から、介護認定率が低いということを重点的に検証していくという答弁をいただきました。その進捗状況をちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 今の認定率の件でございますけれども、認定率につきまして、介護予防の状況でどのように下がっているのか、あるいはその認定に関する申請の関係でどのようになっているのか、そのところちょっと詳しく見ないとわからないので、過去につきましてはちょっと資料もないものですから、過去についてはちょっと調べられない部分もございますけども、今の介護率認定の低さにつきまして、その要因についてさまざまな方面から調査する予定でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 町長も多分これ同じ認識でいると思うんですけれども、別にきのう岡崎議員からも話あったんですけれども、介護認定率に係る見直しとなってるんですけれども、これは別に制度を見直すというわけではないということで理解しました、きのうは。ですので、このところぜひですね、町長も町民から聞いてると思うので、声を。これは今後ぜひ検証していただいて、なるべく早急に対応していただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 昨日も重ねて答弁させていただきましたけれども、町民の皆さんに対する説明責任があるというふうに私自身も受けとめておりますので、課長答弁にありましたように調査も進めながら、そしてまた現状把握に私も努めながら、今後の対応あるいはその説明のあり方も含めてですね、しっかり対応してまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひお願いいたします。お昼過ぎて長くなってすいませんけれども、最後1点です。
 桜の保全と河川敷の活用の中で、これを最後にします、スポーツ施設の設置とありますが、これは具体的にどのような設置なのかをお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) さまざまな可能性があると思っております。河川敷ですので、構築物というか構造物をつくるというわけにはいかないわけでございますが、平らになった状況を想定すれば、あらゆることが、現在やられているゲートボールも、グラウンドゴルフも、あるいはサッカー場もあるかもしれませんし、いろんなものが可能性としてはあると思います。河川敷活用がかなう状況になれば、改めて町民の皆さんのご意見も踏まえながら、検討してまいりたいというふうに思いますけれども、うちの町の人だけではなく、周辺からも来ていただけるような、そしてまた町民の皆さんにとっては少しそこで憩いの場になるような環境、そういったものも創造しながら、あるいはその歩きたくなる健康都市にかかわる事業がもっと進化していくために、さらにいい方向に行くためにですね、活用できる視点、さまざまな視点を持って検討してまいりたいというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。ぜひそれもこの4年間でなし遂げてほしいなというふうに強く思いますし、丑越の多目的広場、あそこもぜひその頭の片隅に入れていただいて、あそこを改修するとそれが多分一気に解消される可能性もありますので、意匠権の問題もありますけれども、その辺もぜひですね、頭に入れていてほしいなというふうに思いますし、もし新しい河川敷に施設を建てる場合、建てる場合というかつくる場合、設置する場合、多目的をするにしても、ぜひ各スポーツ団体のその代表者の方を集めて、検討委員会をつくるなり、どういう方向性の施設がいいのかというのを、ぜひ町民の話をぜひ聞いていただきたいんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいま申し上げましたとおり、そしてまたご指摘にありましたように、町民の皆さんのご意見をしっかり聞くということはお約束をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 多目の改修については、町長今の段階でどういうふうに考えてますか。多目的広場の改修について、どのように考えてますか。町長の今の考えでいいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 先ほど話の中でありましたように、意匠権、あとは著作権という考え方がございます。これにつきましては、近々その設計者と一応いろいろな方面で協議をさせていきたいということで考えてございます。公園の利用につきましては、アクアリウムの利用が大きな問題でございますので、今月中にその辺もですね、検討を進めていきたいということで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長、補足。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 意匠権の問題って、ずっと私が8年間、以前にですね、町長の仕事をさせていただいているときにも、さまざまにそれが障害になって前に進めないという状況がございました。しかし、少しずつその相手方の受けとめも変わってきているやに伺っておりますので、これもまたどういった形で変えていくのがいいのか、たくさんの方々の、つまり町民の皆さんのご意見を伺いながら進めてまいりたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、町長もこの4年間でさらにいいまちづくりを目指していただきたいですし、我々、私もしっかり頑張りたいと思いますし、みんなそれぞれ強い思いを持ってまちづくり、いいまちづくりにしたいと思ってますので、よろしくお願い申し上げ、私の一般質問を終わります。
 長い時間ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時より再開いたします。
     午後0時15分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘でございます。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 まず、最初の質問からでございます。
 東洋経済新報社が毎年公表しております住みよさランキングというものがございます。2016年6月20日現在、813都市、全国790市と東京23区を対象に公表している同ランキングでは、公的統計をもとに、安心度、利便度、快適度、富裕度、住居水準充実度の5つの観点に分類し、そのうち採用15指標についてそれぞれ平均値を50とする偏差値を算出し、その単純平均を総合評価としてランキングしたものでございます。
 同ランキングでは、千葉県印西市がことしで5年連続1位を記録してございます。このランキングでは町村は対象とされていないため、当町の偏差値及びランキングを知ることはできませんが、公的統計をもとに住みよさを推しはかる上では大変興味深いものとなっております。
 また、偏差値とは別に、政府統計、省庁公開、自治体公開のオープンデータを収集し、環境、経済、社会の視点で地域特性を指標化、見える化した、富士通研究所が公表しているエヴァシーヴァというサイトがございます。地域の課題解決には、さまざまな自治体の成功事例を参考にすることが多々あると思われますが、地域ごとに特性が異なるため、そのまま適用してもうまくいくとは限りません。つまり、施策立案する際には、データに基づいて特性が類似する自治体を参考にすると、より効果的であると考えます。
 同サイトでは、各自治体の特性をレーダーチャートで示されるので、自治体の強み、弱みが一目で把握でき、近隣自治体との比較対照、申しわけございません、こちら私の書いた原稿、対照のショウ、照らすほうの「対照」ですね、ちょっと誤字、変換ミスがございました。おわびして訂正を申し上げます。対照も重ね合わせて見ることができます。こうしたデータに基づいて、強み、弱みを数値として把握することは、町の施策に反映させる上で必要と考えます。
 偏差値による評価がよければ、当然のことながら移住あるいはついの住みかとして居を構えることを考える際の重要な判断基準となり、定住者にとっては大変喜ばしく誇らしいことであるのは言うまでもございません。また、経済活動面から見ましても、住みやすく人が集まる地域であるということであれば、出店、企業進出、労働力、雇用の場の確保がしやすい状況であるとも言えます。
 また、隣接する自治体間でそれぞれの強みを生かし、弱みを把握した上で、相互に補完し合いながら、一つの自治体のみで完結することなく、エリアとして相乗効果を発揮しながら地域全体のポテンシャルを向上させていくことが、今まさに地方創生で求められていることだと考えます。
 今般の町長選挙で町長がかわり、齋町長は選挙の際に、町全体のブランド化を政策として掲げておりました。町のブランド化とは、固有の商品やサービスといった特定の物事だけではなく、町の強みを生かし、弱みを改善していくことにより、課題ごとの取り組みで町全体の拠点性、利便性、認知度が上がることで、町の引力、吸引力が高まることであり、人、物、お金、情報、メディア等がおのずと集まってくる状態が、つまりはブランド化された状態であると考えます。
 町長を初め執行部で町全体のブランド化について、現状の認識、考え方、取り組むべき課題と問うべき各課題について、以下お伺いをいたします。
 (1)住みよさランキングの指標に準じ、ある程度の当町における偏差値を算出することは可能か。
 (2)エヴァシーヴァやそのほか現在把握しているデータ、知見により、当町の強み、弱みはどういったことだと認識しているか、見解を示してほしい。
 (3)取り組むべきとして問う各課題に対する見解。現状認識と取り組みを示してほしい。
 1)我が町が誇る一目千本桜の保全とあわせ、河川敷の活用について。また、これを柱として交流人口その他に結びつけることについて。
 2)災害対策並びに医療、福祉、介護等の町民のみならず地域の人々の生命と暮らしを守る体制について。
 3)子育て、教育環境の整備、絵本のへや並びに駅前図書館の整備について。
 4)農業も含めた地域経済の活性化と支援体制について。
 5)若い世代の移住、定住促進と人口減少に対する取り組みについて。
 6)障がい者、その家族が働きながら安心して暮らせることへの支援体制について。
 以上、答弁によりまして再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、住みよさランキングの指標に準じ、本町の偏差値を算出することについてのご質問でございます。議員ご発言のとおり、住みよさランキングは全国の市及び区について、東洋経済新報社が病床数や出生数、新設住宅着工戸数など15の指標を、それぞれについて平均値を50とする偏差値を算出しているものでございます。算出は、町村の平均値が出ておりませんと、偏差値を算出することはできません。このことから、この平均値がない現状では無理でありますので、ご理解を願う次第でございます。
 次に、本町の強み、弱みをどのように認識しているのかとのご質問でございます。
 本町の強みといたしましては、仙南の中心に位置し、交通の要衝であり、行政、医療、商業などの生活の拠点環境が整っていることだと考えております。弱みといたしましては、先ほど申し上げました中心性、拠点性、利便性を十分生かし切れていない状況で、雇用や産業振興が図られていないのではないかと考えているところでございます。これらの課題を広域的視点に立って、経営資源である人、物、金、情報が集まる吸引力を高めながら、本町のブランド力を高めていきたいと考えているものでございます。
 次に、各課題に対する見解についてでございます。
 初めに、一目千本桜の保全と河川敷の活用による交流人口の増加策についてのご質問でございます。
 さきの岡崎議員、堀江議員への答弁と重なりますが、一目千本桜の保全につきましては、桜の老木化への対応が急務であり、既に枝支えなどの措置を指示するとともに、来年度も継続してできるよう予算措置を考えているところでございます。また、河川敷の活用につきましても、金ヶ瀬さくら大橋下流の右岸河川敷の整備が実現すれば、町中の河川敷広場や対岸の大河原河川公園とのネットワーク形成などにより、通年の観光スポットとして期待できるものと考えております。
 なお、先日の全員協議会で概要説明をさせていただきましたとおり、柴田町との連携事業で白石川堤一目千本桜ブランド化事業を、今年度の東北観光復興対策交付金事業の追加募集に11月に仮申請をしているところでございます。これは主にインバウンド、海外からの観光客でございますが、誘致の強化を目的としておりますが、国内からの観光客の増加、すなわち交流人口の増加にもつながる効果が期待できると考えているところでございます。
 次に、災害対策並びに地域の人々の命と暮らしを守る体制についてのご質問でございます。
 私の公約として、「命を守る、暮らしを守る」を政策ビジョンに掲げさせていただきました。その内容につきましては、堀江一男議員のご質問にもお答えしておりますとおり、まず災害対策の現状と取り組みについては、平成23年3月の東日本大震災により本町でも大きな被害はあったものの、その後は本町の地理的、地形的な条件により、地震や台風、大雨などによる大きな被害は発生していない状況にあると認識しております。
 しかしながら、近年の大雨やゲリラ豪雨などの影響により、町民の不安は一層募るばかりと受けとめているところでございます。安全安心な町の確保と町民不安の解消を図るため、水害対策の強化促進とともに、情報化時代の中での避難情報等の適切で正確な発信にも努める必要があるものと考えております。
 次に、町民の命を守る医療につきましては、町民のみならず仙南地域の住民が一次、二次、三次の必要な医療を二次医療圏内で受けることができるよう、取り組みを充実させてまいります。それに関しては、宮城県南中核病院の救命救急センターや、がん診療連携拠点病院などの高度な医療機能を最大限に生かすため、公立刈田綜合病院や民間病院との役割分担を明確にし、仙南地域全体の医療機能の分化と集約化に努めてまいります。
 さらには、平成20年度からの胃がん検診等の無料化について、実施に向け検討しているところでございます。また、福祉、介護の関係では、医療と連携しながら、地域包括ケアシステムの構築の推進を図ることから、本町の在宅医療や介護の将来を見据えれば、施設介護ばかりではなく、24時間訪問介護への対応が大きな課題となり、民間による在宅介護の体制整備への支援が重要であると考えるものでございます。広域的には、医療と介護の連携として、現在、柴田郡4町により地域の医療介護の資源の活用を目指し、協議を進めているところでございます。
 次に、子育て教育環境の整備及び絵本のへや並びに駅前図書館の整備についてのご質問でございます。
 まず、本町の子育ての環境につきましては、保育所の定員、放課後児童クラブの定員ともに周辺市町と比較しても多いほうであり、児童館や児童センター、世代交流いきいきプラザなど子育て関連の施設もございます。しかし、子育てに関するニーズは多様化しており、保育所の待機児童も依然としておりますことから、今後とも各施設の有効活用や計画的な老朽化対策、さらにさまざまな子育て支援施策を展開し、子育て世代に優しいまちづくりを目指してまいりたいと考えるものでございます。
 教育環境につきましては、本町はこれまで一貫して教育に力を入れてきているところでございます。近隣市町と比較しても、先進的な取り組みをさまざまに行っており、学力の点でも高い成果が上がっていると認識しております。特に、平成28年度の全国学力学習状況調査の結果におきましては、小学校国語A問題において、全国1位である石川県より大河原町として0.8ポイントではありますが上回ることができ、教育のブランド化に近づけたものと考えているところでございます。
 絵本のへやの整備につきましては、丸山勝利議員、岡崎 隆議員、枡 和也議員、須藤 慎議員にお答えしておりますが、本町の特色ある事業の一つとして捉えております。未就学児、小中学校の児童生徒とその家族のために、まさに大河原らしさが出た家庭教育事業実施であり、ぜひ整備を進めてまいりたいと考えているものでございます。あわせて絵本のへやに学習スペース等を新たに設置し、さらなる機能の充実を図り、図書館運営を行ってまいりたいと考えているところでございます。
 次に、農業も含めた地域経済の活性化と支援体制についてのご質問であります。
 農業が果たす地域経済の活性化につきましては、地場産品を使って加工品をつくり、その販売規模が大きくなれば、生産、加工、販売の各分野において雇用の拡大にまでつながることになります。また、農業もさまざまな可能性を秘めていることは、農商工連携や6次産業化など全国の取り組み事例も多く生まれていることは十分承知しているところでございます。
 そこで本町の農業の現状でありますが、個々の取り組みがなされてはいるものの、地域全体の取り組みとはなっておらず、大きな成果につながっていないと捉えております。今こそ自分たちの地域の将来を考える話し合いが必要なのではないかと感じているところでございます。具体的に生産物が売れるとなれば、それなりの量が必要でありますし、個々の努力だけでは限界がございます。地域で、あるいは協働してアイデアを出し合いながら、全体として生産を持続可能なものにしていくことが必要となります。
 そしてまた、ブランドと呼ばれるようになるためには、生産者の意欲と熱意というものが必要でありますが、生産自体を支援する体制も重要なことであると考えております。一方で、先ほどの農商工連携や6次産業化などの農業以外の他業種と接点を探ることなどの支援につきましては、国や県の制度活用や働きかけも含め、行政の役割であるとも認識しているところでございます。
 農業に関係する組織が新しく再編されている状況ではありますが、今後とも関係機関それぞれが実践的に協力し合うことで、本町の農業全体の支援につなげていく所存でございます。ご理解を願う次第でございます。
 次に、若い世代の移住、定住促進と人口減少社会への取り組みについてのご質問でございます。
 これも堀江一男議員を初め各議員への回答で説明をさせていただきましたとおり、子育て支援や雇用の確保など、さまざまな取り組みをしながら、空き家バンク制度や住宅リフォーム支援を創設し、若い世代から住みたくなる町に選ばれる施策を進めてまいりたいと考えております。
 最後に、障がい者の就労並びに家族への支援体制についてのご質問であります。
 このことにつきましては、平成28年6月議会において佐久間克明議員の一般質問の中でお答えをしているようでございます。次期障害者計画、障害福祉計画策定の際に実施するアンケートの意見なども踏まえて、今後の支援のあり方について考えてまいりたいと思っているところでございます。また、家族への支援体制につきましては、障がい者の方に障害者総合支援法及び介護保険法等に定めるサービスをご利用していただくことで、適切な支援を行ってまいりたいと考えているものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問をさせていただきます。
 まず、住みよさランキングの偏差値なんですけれども、これは総務課長か企画財政課長にお答えいただければと思いますが、自己評価で結構ですので大体大河原町、偏差値つけるとどれぐらいだというふうにお考えられているでしょうか。ちなみにですね、全国1位の印西市は59.48ですね。宮城県で一番高いのが名取市で、全体の8位になっております。これが56.60というような偏差値になっておりますが、当町はどれくらいの偏差値というふうに自己評価されますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) その偏差値で幾らかというふうな、ちょっと数字的なものはなかなかこの場で私自身としてもわかりかねる部分がありますので、ご回答はなかなかできませんが、議員からご指摘いただきましたエヴァシーヴァの中のレーダーチャート等々を見ますと、大体おおむね平均のところに大河原町が位置しているのではないかというふうな感じをしているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この資料のとおり、住みよさが日本一、しかもなおかつ5年連続となれば、私どもこういった仕事をさせていただいてる側とすれば大変興味が湧きまして、どういう状況なのかと。もちろん視察の対象ということに最優先になってまいります。つまりはそういったところには向こうから人がどんどん集まってくる状態、ブランド化された状態というふうに言えるというふうに考えます。
 当町もこうした視察の絶えない町にしていくことが必要と考えておるところでございます。公的統計の平均値を上げていくことは当然ですけれども、その中にも当町の、先ほど来ずっと答弁いただいているように、当町の強みを生かした、ある程度のどっかボッとぬきんでた項目、指標があると、全体の平均値も上がるのかなというふうに考えておりますが、当町の強みを生かした部分で平均をもっとどんどん偏差値を上げていく可能性のある部分というのは、これからもっと伸ばしていくべき部分というのは、どういうところだというふうに今お考えでしょうか。お答えを求めます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいまの議員の質問の点につきましても、先ほど答弁させていただいたところでございますが、まさに我が町は仙南の中心にあって、幹線道路がたくさん入った交通の要衝でございます。そしてまた、国、県の出先が集中し、これは自然に備わったものではなくて、長年の先人の努力がそういったことをなしてきたというふうに私自身は理解しておりますけれども、そういったもの、さらには医療機能、宮城県南中核病院はもはや1市3町の病院ではなくて、仙南全体の命を守る病院というふうに医療機能を高めてきているというふうに思っております。
 さらには、仙南に存在する商圏は、県の示すところでありますけれども、大河原商圏のみということでございますので、商業の中心ということも言えるものと思います。そのほかさまざまに、先ほど述べさせていただきましたように、中心性、拠点性、さらには利便性につながる要素がさまざまに我が町に存在するといいますか、持っているということが、やはり強みであろうというふうに考えております。もちろんぜひ町民性といったものも、あるいはずっと今回絵本のへやで議論させていただいてきたボランティア意識、こういったものも議員ご指摘のブランド化につながっていけば、すばらしいなというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 昨日、堀江議員のブランド化に対する質疑の際、町長の答弁で例として挙げられた、役場の接遇がすばらしいことで視察がふえれば、それもブランド化、吸引力の高まりだというふうなご回答がございました。私も全く同感でございます。前町長にそうした接遇を含め職員の皆さんの意識向上を目的として、企業ですとか、一部の自治体でも導入をしている、仕事をする上での信条、行動指針を記入したクレドカード、こういうクレドカードっていうのがあるんですが、これを提案したことがあったんですけれども、私の伝え方が悪かったせいか、クレドっていうのはロボット公務員、ロボット職員のもとだというふうに一蹴をされてしまいました。
 ですけれども、クレドはロボットどころか信条をもとにみずから考え、率先して行動に移すための指針であります。ビジネスの世界で業績を上げている会社等企業、導入の実績が多数ございます。齋町長に改めて、このクレドカードの導入についてご意見を伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 大変申しわけありません。私、そのクレドカードなるものを十分勉強しておりませんでした。しかし、先ほど議員のお話にありましたように、信条を示すものというご指摘もございました。そして、指針となるものというお話もございましたので、早速勉強させていただきたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ここに一つ見本がございます。これはよく私、引き合いに出させていただいております山形県の朝日町というところで実際に使われているカードでございますので、これは一般質問の後に町長のほうにこれを差し上げたいと思いますので、ぜひこれをご参考にしていただければというふうに存じます。
 ついては、エヴァシーヴァのほうに移ります。エヴァシーヴァについては、もしかしたらもう既にご承知だったか、あるいは今回通告したことでこのサイトのほうを拝見していただいたというふうに存じておりますが、私もこのように仙南の2市9町を比較したものをこういったプリントアウトをしてみたところでございます。とてもですね、比較しやすいんですけれども、余りにもちょっと多くの自治体がありますと、ちょっと逆に見づらいというとこも出てくるんですけれども、これを見ていた、やっていたところの、先ほど企画財政課長からは少しコメントをいただいたとこだったんですけれども、総務課長、これを見ていただいて何か使えるなとか、そういうような感想はお持ちになられましたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 事前にちょっと拝見することは申しわけなかったがしませんでしたけれども、今こういった大河原部分の見させていただきました。先ほどですね、企画財政課長が申しましたけれども、国勢調査のデータを見ても今回大河原町と柴田が伸びている。ほかの市町村については減少しているという状況を見てもですね、住みやすいという評価はいただいているのかなというふうに思っておりまして、50というような偏差値の話もさせていただいたところでございますけれども、そういった部分で大河原町もやはり住みよい町のランクには位置づけされているのかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これ一覧表で出してみますと、大体仙南については似たような形をしているのかなというふうに見受けられるんですけれども、その中でもやっぱり突出した部分だけは非常にちょっとぬきんでているんで、非常にわかりやすいんですね。具体的な自治体名は伏せますけれども、仙南の中のある町の健康偏差値というのが非常に高くてですね、67.65、対象の1,590自治体の中24位ということで、全国的にも上位にランクされております。そして、ちなみにということで、この町の要介護認定率を調べてみましたら、ことしの3月31日現在で15%ということで、県平均よりも低いんではありますけれども、こういう資料に基づいて健康偏差値が極めて高いということで、健康で過ごされている方が非常に多く、認定率に反映されて低いということであれば、ああなるほどなというふうな納得がいくわけで、ちなみに大河原町を見てみますと、意外とと言ったら何ですけれども、1,591自治体中337位で、仙南の中では意外と高い位置に偏差値づけられています。
 というところで今いろいろと各議員が問題提起されております認定率、こういったところとどういったような関連がされるのかというのも、このエヴァシーヴァというものでちょっと見えてくるものもあるのかなと思いますので、今例挙げました仙南地域の中で非常に24位という高い自治体、後で見てもらえばわかると思いますので、そこではどういった取り組みされているんだとか、そういったところを反映させていただければ、いい方向にまた変わっていくのかなというふうに思いますので、こちらのほうも参考にまちづくりのほうを進めていっていただきたいというふうに存じます。
 次の質問に進みます。桜ですね。
 桜についても各議員いろいろもう質問されてたので、同じ質問にならないようにしたいというふうに思いますけれども、河川敷については多数の町民の方から、柴田みたいにいろんな土手の部分にお花の植栽とか、花見の時期にあわせて何か咲くような花、桜だけじゃなくてそういった目を楽しませてくれるものを植栽してはどうかなという声が大分寄せられてたり、ご相談を受けたりするんですけれども、そういった活用方法は今のところどのようなお考えを今お持ちでしょうか。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 私から答弁させていただきます。先ほど申し上げました柴田町との連携事業になります東北観光復興対策交付金の、寒い時期、今年度分はもう年明け1、2、3しかない寒い時期になりますので、植栽等の対応はもう少し後になると思いますけれども、具体的に例えば水仙のようなものを候補に挙げながら、うちの町でも植栽を、あるいは球根を植えるとかですね、そういうことをさせていただきたいというふうなことで準備を進めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 今の町長の答弁と重なりますけれども、柴田のほうでは特に河川側じゃなくて線路側のほうにレンギョウという黄色い枝木の花木を植えてございます。ただ、大河原のほうになりますと、どうしても河川のほうに植えざるを得ないということがありますので、今町長からお話があったとおり、球根で余り草刈りなどで影響を受けないような水仙とか、そういうようなものを選んで、来年度中に実施したいということで計画の中に入れております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 答弁いただいた中に、柴田町の連携事業で白石川堤の一目千本桜ブランド化事業というのが、いろんなところで全協の中でも説明受けてたんですけれども、例えばですね、この一目千本桜、柴田町と共同での商標登録みたいなことはお考えにはなったりはしませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) ほかの、実際ちょっと今関連したことで調べてるんですけれども、商品名につきまして、お酒とかみそ、しょうゆとかお菓子とかで、民間の企業さんが一目千本桜という商標登録をされております。そのことについて、町として商標登録が必要ではないのかということで、数年前検討したことがあるんですけども、こういうような通常的にも皆さんが知っているようなことについては、特に町で商標登録という手法をとらなくても、その権利というのは守られるんで、まず大丈夫だというような話を受けたことがございますんで、ただ今後そういうことで共同事業等々展開していく上で、そういうことが必要かどうかというものも含めて、再度検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 確認で、じゃ既に一目千本桜という登録商標されている物があるんですけれども、それに対して我々が通常これまで使ってきた言葉であるから、使うことに対して何らそちらの商標権を有しているところから何らクレームとかと、そういうのを言われる心配はないということでいいんすね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 今申し上げましたのは、まずお酒で一目千本桜というのを登録されている個人業者さんがあります。そちらのほうですので、お酒の商品化をするときに一目千本桜ということで使うんであれば、その登録されている方の許可が必要と。ほかにお菓子で一目千本桜、あとみそ、しょうゆで一目千本桜という登録をされている方がいますんで、その分類で同じ商品化するときに一目千本桜ということを使うんであれば、まずその方の許可を得る必要があるということでございます。
 ただ、一般的に町でポスターとかPRするときに、一目千本桜ということを使うのであれば、そちらのほうの使用については問題ないというふうに認識してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 課長から今そういうふうに問題ないというふうに認識されているということで答弁受けましたけれども、認識だけじゃなくて、それは確実に大丈夫なんでしょうか。本当に向こうからここはうちの商標の言葉だから使っちゃいけないだとか、そういう法律的に後でもめたりということはないでしょうか。大丈夫でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 今申し上げました商品についての名称では問題ないかと思いますけれども、先ほども申し上げましたとおり、その辺も含めてですね、再度確認させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次に進みます。医療体制ですね。
 こちらのほうも答弁の中にも24時間、訪問介護体制、これは本当にこれから需要も高まっていくことだと思いますし、早い段階で整備が本当に必要、確立が必要だというふうに感じているところでございます。町長が役場に戻って本当に間もないんですけれども、進捗といいますか、これは本当に早い段階で体制を確立しなくちゃいけないというふうに感じているところでございますが、どれぐらいのスピード感を持つべき事業だというふうにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 今後の動向としては、間違いなく訪問介護、在宅医療や在宅介護にかかわる訪問医療、訪問介護というのが大切になってくることは間違いないというふうに私自身は考えておりますが、現状で差し迫って求められているということにはどうもなっていないようでございます。例えばですね、東京近郊の大きなマンション、マンション1棟分、その住んでらっしゃる方への対応として24時間訪問介護体制が整備されている、そういう先進地事例はあるようでございます。
 しかし、時代の要求からすれば、必ず求められることになるというふうにも議員ご指摘のように考えておりますので、今後どういうスケジュールで、あるいはどんな、これは役場でできる仕事ではありませんので、民間の方々への支援が具体的に必要なのか、研究してまいりたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この事業については、本当に民間の力に頼ることが非常に大きい事業であるということで、私も認識しておりますので、しっかりそうしたところに協力できるような体制の整備をできるように、努めていただきたいというふうに存じます。
 続きまして、絵本のへやのほうに移りますね。
 きのうの丸山議員の質疑の中で、ちょっと処分になるという本のお話あったんで、ちょっと確認したいことができたんですけども、処分になった本はどういった処分方法で処理されてるんでしょうか。ちょっと確認でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 今絵本のへやといいますか、図書館のほうの本ですね、そちらのほうの処分のお話でございますけれども、きのう申し上げましたのは、例えば5年間一度も貸し出しのない本とかというものとかを整理するものなんですけれども、そういうものをイベントございます、夏の絵本まつりというか、あと1月のときと、1月と8月やってるんですけれども、そういうときに無料でお分けしてご希望の方は持っていっていただいている、リサイクルといいますかですね、ご利用していただいております。
 あとどうしても余ったものについては、処分という形になっております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) その余ったものの処分というのは、やっぱりその廃棄ということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。残ったものについては、そのような形になります。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 私もごく最近知ったことがあったんですけども、ブックバトンプロジェクトというのがあるそうでございます。簡単に要約して申し上げますと、要らなくなった本やCD、DVDなどを買い取り業者さんに送るんだそうです。5冊以上だと業者さんの負担で引き取ってくれるということらしいんですけども、それ買い取り業者による買い取り価格が国際NGOルーム・トゥ・リードというところに送られまして、アジア、アフリカの図書館や学校の設立、現地語書籍の出版、女子教育支援、子供の教育に充てられるというような仕組みになっているそうでございます。捨てられる本もそうした役に立つ道があるんであるならば、ただただ処分するよりも社会貢献という形で、そういった方向に回してはいかがかなというふうに思うんですけれども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 今、実は初めてお聞きしたお話だったものですから、ぜひ利用されるものであれば、今おっしゃるようにぜひいいことに使うものであれば、そのようにしていきたいなと思いますので、ちょっと調べさせていただきまして、ちょっと検討させて、前向きにというか、はい、検討させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長、何かございますか。教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ただいま初めて、そういう処分の仕方があるということがわかったわけでございます。大変結構な方法だと思いますので、今課長が申し上げましたように、詳細を調べて対応させていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ぜひそのようにお願いしたいと思います。
 次に進みます。農業のほうですけれども、農業もブランド化ということで、これも前町長のときにちょっと私提案したことあるんですけれども、山形県の河北町では河北イタリア野菜研究会というところが、イタリア野菜の生産や復旧に努力されて、今非常に成果を上げております。もともとイタリアンのシェフの方が質のよい新鮮なイタリア野菜を求めているんだけれども、なかなかそれが手に入らないということで、だったらつくってしまえばということで始まったということが背景のようでございますが、ここ宮城県は歴史的にイタリア、ローマ県との交流が非常に強くて、宮城県でも質のよいイタリア野菜を全国に発信する取り組みを続けているということでございます。
 宮城県ですと、仙台という大きな台所、マーケットもございますので、そういった市場があるにもかかわらず、なかなか供給することがない。市場的にはまだイタリア野菜をつくってるとこ少ないので、競合が少ないということもありますので、そういう段階に大河原町でぜひ生産をしてみてはどうかという提案を、前町長のときにも私ちょっと行ったんですけれども、なかなかちょっといい返事いただけなかったということもあります。町長かわりましたので、これも改めてちょっと齋町長に、こういう取り組みはどうかということでお伺いをさせていただきたいと思います。
 農業を守り育てるということで、しっかり売れるものをつくれる仕組みさえつくっておけば、後継者の問題もしっかりとそれで商売になるということであれば、育てることができるというふうに感じます。この取り組み、一つの例として、別にイタリア野菜にこだわってるわけじゃないんですけれども、こういった取り組みはどうかということで、町長のお考えをお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 先ほど申し上げましたように、今こそ農家の皆さん初め関係する方々全てが、今後の取り組みについて具体的な議論、検討をやっぱり進めていくべき、そういうときになっているというふうに私自身は強く感じております。そういったことを踏まえれば、具体的に商品を、うちの町に当てはめてみて、既に使われているものであっても、イタリア野菜ならイタリア野菜でももちろん結構ですけれども、当てはめてみて、どういうことがこの地にあって、生産も含めてですね検討できるのか、現実には給食センターの食材の供給も全て町内で賄うことは到底不可能な状況でございますので、売れればもちろんいろいろな可能性が広がっていく。また、そういう広がりが生まれてくれば意欲も高まるという善循環に入ることができるんだと思います。そういうきっかけをやはり本当に実践的に進めていかなければならないと、強く考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 農業のほうも本当に我が町の産業振興の上では、上だけではない、ほかにもあるんだよと、やっぱり地方創生ですが、新たなものを創造していかなくてはいけないというところもありますので、そういった取り組みもぜひ力を入れていただきたいというふうに存じます。
 それでは、移住、定住のほうに移ります。
 一昨年だったでしょうか、私どもの会派のほうの視察でですね、徳島県の神山町というところにお伺いさせていただきまして、いろんな空き店舗の誘致といったところの事例を伺ってきたんですけれども、一例を申し上げますと、例えばこの地域にあったパン屋さんがなくなっちゃったと。パン屋さんが欲しくなったので、その店舗がパン屋さんのお店でちゃんとしっかり物が整ってますよということで、パン屋さんを逆指名して誘致を行うといったような取り組みをしておりました。現在、神山町というところはですね、企業誘致等で本当に町ブランド、認知されまして、そういったところが認知されているからこそ成り立つ手法なのかもしれませんけれども、当町もブランド力が高まれば決して不可能ではないことだと思います。先進的に我が町がモデルケースになるくらいのことができればいいのかなというふうに考えておりますけれども、こうした逆指名というような誘致に関しては、町長いかがお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) さまざまなアイデアを今聞かせていただいて、大変ありがたいなというふうに受けとめているところでございますけれども、これもまた可能性を広げていく、先ほど申し上げた、うちの町に備わっている強みあるいは特徴、しかしそれが生かし切れていないという指摘が、さまざまに私には聞こえてくるわけでございまして、そういった観点から現状をもう一回見直してですね、そしてまた町の垣根を下げて、さまざまな人、物、金、情報だけじゃない、ありとあらゆるものが町の中に入ってくる、そういう状況を想定しながら、可能性を検討していければいいのかなというふうに感じたところでございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 私もそう思ってます。大河原町の持ってるポテンシャルを生かし切れていないというふうに、本当に今思ってます。例えば、堤のほうの山からですね、町の中を見る夜景というのも、非常に何かこう、あ、これが大河原町の風景かというのが、ちょっとなかなかこう、行かないとわからないような風景だったりですね、堤、小山田、橋本、福田というところだと、やっぱり田畑があって本当にロケーションも非常に、夏場になると蛍とかも出ますし、それでなおかつちょっと車で走ればすぐ町中で買い物なんかもしやすいし、JRも通ってて非常に便がよい。仙台までもう電車に乗ると30数分というようなところで、本当に地の利もよいというところなんですけれども、なかなかそれを生かし切れていないというか、余り知られていないということがありますので、それをもっとセールスポイントとしてやっぱり売り込み、PRしていくべきだと思うんですけども、そういった取り組みはもっともっとやっていくべきだと思うんですけども、その辺のお考えについてお尋ねさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これも重ねて申し上げてまいりましたけれども、私のこの任期の中で、具体的に目指していくその何といいますか、原点の一つになり得るもの、それが我が町の特徴を生かし切れていないということになると、私自身は受けとめております。ぜひ果敢に挑戦させていただきたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そういったところをやっぱりどんどんどんどんPRしていくにも、やっぱりいろんな手法があると思います。12月7日の全協の中でもちょっと触れたんですけれども、PR度が、今もうネット社会ですので、これのネットの持つ影響力というのも非常に大きいというふうに思います。全協の中で触れた一例として挙げました蔵王キツネ村、ここはあれやっぱりキツネと触れ合う様子が、やっぱり外国人の目にとまって、非常にその方たちが目的を持ってあそこに行ってるということで、白石のやっぱりそういった交通機関関係の方も、やっぱりそういった外国人の方を非常にそこまで運んでいくということで、潤っているというようなお話も聞いております。
 同じ仙南圏の大河原の近隣の地にそういったインバウンドでうまくいってるというようなところがありますので、それをやっぱりうまく相乗効果をもって引き入れない手はないというふうに思いますので、大河原町もそういったPR度が、やっぱり動画共有サイトに情報発信としてアップしてみてはどうかなというふうに考えております。特別予算をそんなに莫大にかけなくても、今このご時世ですので、ある程度パソコンのスキルがある方だと、ちょちょっと簡単にいろんな静止画とか集めて動画風にアレンジとかできますので、そういったことをコンペ的に募って、一般の方から募って腕前を披露してもらうというのも一つの手ではないのかなというふうに考えておりますけれども、このPR動画についてはどのような取り組みを考えておりますでしょうか。お聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議員ご指摘のようにですね、キツネ村、実は大変私も行ったことがないんですけれども、町内の方、近隣の方々も行っていらっしゃるのかもしれませんが、実際に今外国からおいでになってる、そのどこから来てるかというと、アメリカの方、アメリカ人が最も多いというお話を聞かせていただきました。つまりですね、ここにいて、身近にいて知らないことってたくさんあるんですね。その課題を解決していくのに、やっぱりPRのあり方ということも当然あるんだろうというふうに受けとめております。具体的にどういうやり方があるのか、あるいは潜在的に売り込めるものがどこにどれだけあるのかというのは、もう議員の皆さん方にもさまざまにご指導いただいて、また議論をして掘り起こしていかなければならないと思いますけれども、研究していくべき重要な課題だというふうに感じさせていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これもよく検討のほうをお願いしたいというふうに存じます。
 あと移住についてなんですけれども、やはり移住を考える方は、やっぱり1回住んでみないとわからない、我々もやっぱり物買うときに試してみたり、試食してみないとわからないということもあるんですけれども、町として移住を考える方とか、例えばあるいはサテライト型のオフィスを構えたいと考えている方に対して、お試し移住用の家屋ですとか、ワーキングスペースといったものを設けて、1週間なら1週間という期間で格安で、ちょっとお試し移住的なことをしていただけるような検討はできないものでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 地方創生総合戦略の中で移住というふうな形で、移住者に対するリフォーム支援とかと、いろいろなメニューを掲げさせていただいてございます。そういう中で、このお試し移住ができるかどうか、ちょっと中身でちょっと検討させていただければと思いますので、ご了解いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 質問第1項については以上お尋ねをしました。どんなにいい商品、すばらしい商品であっても、やっぱりそれをユーザー、消費者に知っていただかなくては購買には決してつながらないということがございます。大河原町のみならずですね、仙南エリアが持っているポテンシャル、まずはもっともっと知っていただかなければならないというふうに感じておりますので、もっとさらなる取り組みをお願いを申し上げて、次の質問に移りたいと存じます。
 第2項でございます。認知症対策についてであります。
 高齢者ドライバーによる人身を含む事故が、立て続けに発生している報道が続いておりました。中には小1の児童が巻き込まれる、大変不幸な事案も発生していたところでございます。ドライバーは認知症の疑いもあるという報道でございました。また、過去にさかのぼれば、認知症を患う高齢者が徘回中に線路へ入り込み電車にひかれて、賠償請求や家族の監督責任が問われる事案も発生しております。
 相対的に高齢者人口の割合が高くなってきているこのご時世、高齢者は身内だけではなく、そうした高齢者が生活する地域の課題として、地域全体で策を講じる必要があると考えます。とりわけ当町では認知症に対する取り組みが早く、全国的に見ても先んじて認知症サポーター養成講座を開催するなど、体制の強化に努めていることは把握するところでございます。
 政府では、認知症施策推進総合戦略、新オレンジプランを策定し、認知症の人の意見が尊重され、できる限り住みなれた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指すとしております。
 平成26年6月の定例会においては、同僚議員により旧オレンジプランについての質疑もあったところでございます。また、11月21日の総務文教委員会の所管事務調査でも、介護保険制度改革の動向を調査する中で、認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員への対応の説明を担当課より受けたところでございます。
 認知症は同居の家族がいれば気づくことも、対応も早いですが、独居となると気づくのが遅くなる場合もございます。地域全体でフォローすることで、新オレンジプランが示す社会の実現を目指すため、以下お伺いをいたします。
 (1)当町の認知症またはその疑いがあると認められる人数はどのくらいか。
 (2)認知症に関連する相談件数はどれくらいあるのか。また、相談内容はどういったことか。
 (3)認知症の方を受け入れられる施設はどれくらいあるのか。
 (4)認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員の体制と活動状況は。
 (5)認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員は、地域包括支援センターに設置されると聞きましたが、現在の人員配置で十分か。
 以上、答弁によりまして再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き大沼忠弘議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、本町において認知症またはその疑いがあると認められる人数はどのくらいかとのご質問でございます。
 高齢者の中に認知症またはその疑いがあると認められる人がどれだけいるかの全体的把握につきましては、大変難しいところでございます。ただ、介護申請された方につきましては、介護認定調査項目に認知度の判定基準として、認知症高齢者の日常生活自立度がございますので、その内容から集計した結果、要介護認定者766人中認知症またはその疑いがあると認められる人数は439人ということでございました。
 次に、認知症に関連する相談件数とその内容についてのご質問でございます。
 本年度は、健康福祉課窓口において24件の認知症に関する相談を受けております。その内容といたしましては、ご本人やご家族がどうしたらよいかわからないという不安やストレスを抱えていることについての相談が一番多かったものでございます。
 次に、認知症の方を受け入れられる施設はどのくらいあるのかとのご質問でございます。受け入れ施設といたしましては、認知症の方を主たる対象とした認知症グループホームが3カ所、そのほか認知症の方だけにとらわれない入所施設として、特別養護老人ホーム及び介護老人保健施設が各1カ所ございます。また、有料老人ホームが7カ所、通所の介護事業所が12カ所あり、入所施設や通所事業所合わせると24カ所であり、これらの施設などを認知症の方が利用されているものでございます。
 次に、4と5は関連いたしますので一括してお答えをさせていただきます。
 認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員の体制と活動状況でありますが、この事業は地域包括ケアシステム構築実現のため、認知症の人及びその家族への効果的な支援体制の強化を図ることを目的として実施されるものでございます。まず、認知症初期集中支援チームにつきましては、本人、家族などからの相談に基づき、複数の専門員で認知症が疑われる人、または認知症の人とその家族を訪問し、話を伺いながら状況を調査し、認知症サポート医の指導、助言を踏まえまして、本人や家族に対して初期の支援を包括的、集中的に行い、自立支援のサポートをするものでございます。
 チーム構成といたしましては、医療系、介護系の専門職2名と、専門的見地から助言などをいただく認知症サポート医の医師1名でございます。また、認知症地域支援推進員につきましては、医療機関や介護サービス事業所など、地域の支援機関をつなぐ連携支援とともに、認知症の人やその家族を支援する相談業務を行うものでございます。推進員となるには、専門研修の受講が必要であり、地域包括支援センター職員5名が既にこれを受講しているものでございます。活動状況につきましては、認知症地域支援事業として認知症カフェの開設支援や、認知症相談会などを行っているところでございます。
 なお、認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員とも、現在体制整備を進めている状況で、来年度から本格的に活動してまいります。この認知症施策に係る業務量につきましては、不透明なところでございますが、現在の地域包括支援センターの人員配置の中で業務分担の見直しを図り、対応してまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、第2項の再質問を行います。
 まず、11月30日の河北の朝刊で、岩沼で開催された認知症セミナーの記事が出ておりました。そこの記事によりますと、講師の先生が「認知症というのは病気というよりも、なるのが当たり前。誰でも発症するものだと捉えてほしい」というようなことが書いてありました。でありますから、人数を把握するのは答弁のとおり難しいものだと思います。
 であるがゆえに、認知症の対策は避けて通れないものだということを申し上げておきます。
 それで、今回この質問に至ったには実はこういう案件がありまして、あるお店で常連の方がよくいらっしゃる高齢の方がいるそうなんですけれども、何か急にお釣り渡したのに、「あら、お釣りは」とか、帰ってから電話かかってきて、「あれ品物ないんだけど、どうしたべかや」とかって言われて、丁寧に「冷蔵庫の中見てみてください、下駄箱の中見てください」とかって言うと、「ああ、ありました」と。やっぱりお店の方は、ふだんお付き合いしてるお店の方は、やっぱり何かそういうことがあるとおかしいなとすぐ気づいて、わかるんですけれども、その方は独居らしいんですよ。ご家族とか同居の方がいる場合は、すぐ何か異変に気づくんでしょうけども、独居の方の場合ですと、ああこれどうしたもんかと、そのお店の方いわく、火事とか、そういう何かあったときに火事起こす心配ですとか、ちょっと不安なんですけれども、どうしたらいいのか、誰に言ったらいいのかなと思って、その方ちょっと機転がきいて、そのとき包括支援のほうに、「そういった案件があるんですけど」というお話をしたっていうことを伺ったんですね。
 実際こういう事案があった場合は、窓口は包括支援センターのほうでいいんでしょうか。ええと、これは課長でよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 認知症の例も含めまして、高齢者の相談については包括支援センターで受けるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これ本当に一つの実例なんですけれども、出てくるもの、いろんなこれからこういった案件が出てくると思うんですね。ただ、そういったものをわかったときに、どこに相談したらいいのかなと、実際わかんない人のほうが余計だと思うんですよ。たまたまその方の場合は、ちょっといろんな知識があったんで、すぐ包括支援のほうに連絡することができて、包括支援のほうでもしっかり対応していただいて、わかりましたというようなことで、その方が暮らす地域の民生委員さんとかに連絡がついたっていうんですけども、そうでない場合が多数だと思います。
 ですから、そういったこと、こういった場合が、案件があった場合は、こちらに連絡してくださいっていう、しっかりPRとかアナウンスをする必要があると思うんですけれども、その辺はどのような体制を考えていますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 今までも広報等、包括支援センターだよりにて広報に努めてまいりましたけども、さらに広報に努めてまいりたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 広報っていうのもですね、本当に難しいんですね。今までどおりやってても、やっぱりこのとおりなので、やっぱりちょっといろんな手段を変えてみるとかしないと、なかなか伝わるものも伝わらない。ブランド化じゃないですけど、やっぱりせっかくいいものがあっても認知されないと、それはなかなかやっぱり伝わっていきませんので、その辺の工夫をもうちょっとお願いしたいというふうに存じます。
 もう時間も時間ですので、最後、包括支援のスタッフ、人員配置の件なんですけども、答弁の中では、人員配置の中で業務分担の見直しを図り対応するという考えだということを答弁いただいたんですけども、課長、これ今の人員の中の業務分担の見直しで大丈夫でしょうか。本当に人員の増員とかは要りませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) この事業につきましては、来年度本格稼働ということで、まだどのぐらいの事務量があるかということで不透明でございます。来年度の事業の内容を見ながら、人員の増が必要であれば、それについても検討いたしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでなくても、今包括支援の仕事の量っていうのはボリュームっていうのは、もう非常に多いっていうふうに考えてます。それでなおかつこういった仕事がふえるということで、できればですね、やはりこのオーバーワークになってしまうと、やっぱり丁寧な仕事ができなくなってしまうんですね。私もサラリーマンの経験上、そうでした。余りにも仕事、次から次と、これやんなくちゃいけないっていうこと、本当に丁寧な、一人一人に対して一人の、1件のお客さんに対して丁寧な応対っていうのできなくなってきますんで、やはり少しある程度余裕を持った応対、丁寧な応対ができるように、人員の増員というのもしっかりと、年度変わる前ですから踏まえて取り組んでいただきたいと思いますけれども、最後に答弁を求めて終わりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 人員の増員につきましては、総務課との関係もございますので、それに向けてちょっと今後の課題、検討ということでよろしくお願いいたしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) こちらの事情ではなくてですね、本当に町民の目線に立った、町民ファーストの視点で取り組みをしていただきたいということを申し上げまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐藤 巖君の発言を許します。佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 佐藤 巖です。しばらくぶりの一般質問ですが、齋町長が初日、通算3期目の就任挨拶で、今回11人の議員の一般質問が出ておりますと。丁重に説明をし答弁をさせていただきますとの発言を聞かせていただき、安心して通告に沿って一般質問をいたします。
 私の一般質問は、地方創生が叫ばれる今、未来のまちづくりを目指すと言い切っている大河原町の地域活性化策の町長の考えを問う、1項であります。
 まず、今後、大河原町が取り組む地域活性化政策をお伺いいたします。町長の選挙中の公約では、具体的な活性化策が非常に見つかりにくかったということで、この辺をまずお伺いしたいと思います。
 次にですね、いやしばらくぶりなんでもう忘れてしまってね、次に、最近です、マスコミで各地で道の駅の整備を進める報道がされております。けさの河北新聞にも、白石の山田市長が初めての所信表明で、道の駅を国道4号線にと、大きく報道されました。宮城県では、そのほか山元町、美里町、福島県では飯舘村、浪江町、国見町、また先般の角田市長選挙では道の駅を公約に掲げた現市長の再選と、そして白石では先ほど説明しましたが、道の駅整備を公約とした新人が初当選をされました。
 この流れを町長はどう感じておられるでしょうか。お伺いいたします。
 また、3番目に、大河原町も平成21年12月議会に、当時の齋町長は69ページからなる(仮称)道の駅大河原基本計画表を作成し、全員協議会でも説明を行って、再選なされた今、我が町への道の駅構想に対しての考えを改めてお伺いいたします。
 4番目に、平成24年3月、齋町政の道の駅構想に、仙南広域連携と地域の発展を願い賛同した方々により、町議会に道の駅設置に関する請願書が提出され、その後、同年5月に大河原町の未来を考える会が結成されており、今日になっております。その間、平成28年6月24日の大河原町の未来を考える会の総会まで、毎回町長は来賓として出席、会員の皆様に希望を与える祝辞を述べております。
 私自身、町内各地を歩いての声は、人が常に集える道の駅を望む声を多く聞きます。税金を使う事業には、必ず摩擦が起きるのは当然です。当然町民が納得できるような説明でなり得るのが事業であるはずなので、その事例は柴田町の千桜橋が示しております。町長の考えをこの辺のお伺いをしたいと思います。答弁を聞きまして、一問一問、私も丁寧に再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、佐藤 巖議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、今後取り組むべき地域活性化策につきましてのご質問でございます。
 本町は、仙南における中心性、拠点性、利便性がありますことから、町全体での吸引力を高める必要があるものと考えているところでございます。その一例としては、起業や新規事業を奨励し、地元企業の雇用の拡大や若者が住みやすく子育てがしやすい環境整備、または観光資源である一目千本桜の保護と活用、河川敷の活用など、多岐にわたる施策の展開が必要であると考えているところでございます。
 今後、このような施策を展開し、大河原町に住んでよかったと思えるまちづくりを推進する考えでございます。
 次に、2つ目から4つ目までにつきましては、各地での道の駅整備及び本町の道の駅構想についてのご質問でございますので、一括してお答えをさせていただきます。
 道の駅の整備につきましては、周辺市町村におきましてさまざまな動きがありますこと、また、全国的にも道の駅の登録数は年々増加していることは承知しているところでございます。これは道の駅が有する休憩機能、情報発信機能、地域連携機能、防災機能などを活用した各市町村の地域活性化の施策であるものと受けとめているところでございます。
 以前の本町における道の駅の検討につきましては、仙南地域のほぼ中心に位置し、行政、商業機能が集中し、また交通の利便性の高い本町の拠点性を発揮できるまちづくりの議論が出発点でございました。豊富な地域資源を生かし、厳しい地域産業の活性化を促進する拠点づくりが原点であったわけでございます。
 今回の再選に当たりましては、具体的な施設として道の駅の整備については触れてはおりません。しかしながら、本町の中心性、拠点性、利便性を十分に生かす必要は強く感じているところでございます。そのためには、より一層まちづくりの議論を深め、住民の皆さんの意見や理解をいただくとともに、議員の皆様のご意見もお聞きしたいと考えているところでございます。佐藤 巖議員ご指摘のとおり、町の事業につきましては幅広くさまざまな意見を聞くことにより、対立ではなく対話を重視し、説明責任と透明性を確保することにより、住民と行政の信頼関係を醸成していくことが大切だというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) それでは、再質問させていただきます。
 その前に、この地方創生に関してのあれでありますが、ちょっとこれに関連してお聞きしたいことがあります。きのうの佐藤貴久議員の一般質問の中でですね、さくらカードについてですね、の件について、大河原町民学園の件についてですね、質問がありました。その中で、ポイント、町で決めたポイントの問題で、出る人だけが出て、何回ももらったりして、出ない人には不公平ではないかと。そして、こういうのには違和感を感じませんかと、こういう質疑がありました。このさくらポイントをくれる原点というのは、当時私も前町長に議員みんなで聞いたんですけども、要するに健康づくりもしかりですけれども、町内の零細業者、小さい店のポイントカードでお客さんにサービス図り、何とか経営を維持していこうと、そういう効果もあると。そういう中でポイントを景品として使いたいと、こういう説明があったと私は認識しています。
 そういう中で、きのうの佐藤貴久議員の質疑、町長は違和感を感じますと、こういう答弁をした。片や教育長もですね、違和感を感じますと、こういう答弁をしてるんですね。私は、この提案のときに、商業関係ですから地元の小さい店も残っていただくための手法としてこれを選んでもらったんだと、これも地元の地方創生の一端の一部になるんではないかと、残り得る。ところが、だんだんだんだんポイントカードの店も廃業、こういう時代ですから減っていく中での一つのあれですけど、ただ言ってるのは、町もですね、ポイントカードに商工会を通して、毎年助成金を50万ずつ、齋町長時代から通してですね、助成金を出している。だんだんだんだんとその助成金をせっかくもらった人たちが、大型店志向のため耐え切れなくなって、だんだん店もなくなっていく、売り上げも低迷していく中で、そういう中での話なんで、私はこのさっきね、大沼議員がこんな話をしてましたけども、文書に書いてましたけども、相乗効果を発揮しながら地域全体のポテンシャルを向上させたいと、こういうなかなかいい言葉を使うなと思ったんですけれども、こういう中で違和感を。そして、その後なおかつ、やめる気はありませんかというようなあれが、質疑があったと。そしたら、町長は検証してやめることもあり得るというような発言をした。
 そういう現実で、企画課長にもお伺いしたいんですけど、そういう気持ちもあって、議会に提出したんですか。このポイントの問題。景品の。そして、議会はですね、賛成多数でこの大河原町民学園の予算をですね、承認してるんですね。ところが、きのうの答弁を聞いて、全く当時の執行部の一員でもある教育長も、違和感を感じますと。当局はまたその後の質問でも、検証してやめることも考えると。その辺ね、私はおかしいんではないかと。その辺を、答えはなくてもおっしゃるべきですよ。んだけども、私はそれが非常におかしい問題ではないかなとこう思うので、企画課長にもそういうことをわかって議会に提出したのか、違和感を感じるんだけどもと、ここら辺1回お聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 企画財政課長というお話もありましたけれども、以前は前町長がこのポイント制、町民学園の発案をしたところでございます。実際の事業化になれば、生涯学習課という形にはなってるんですけれども、今回の町長の答弁でも申し上げましたけれども、今まで自宅でなかなか外に出なかった人を何とかですね、外に出向くようなきっかけづくりをしようという形の中で、ポイント制を考えたところでございます。なかなか多種にわたって事業が膨れまして、参加もできないような状況もあります。そういった中で、今回は検証しながら新しい町長のもとで今後の継続等々について再度検討させていただくということでございます。当面、発足した当時は、家から外に出るような活力の生まれるような健康寿命を伸ばすような施策として捉えたものでございますので、ご理解のほどをお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 今ね、総務課長から新しい町長になったので再度検討したいと、こういう答弁ですから、やり直しをね、これをやり直しするような考えになってるのか何かわかりませんけど、そうしか私にはとれないんですけれども、私は議会の当時の説明の中で議会はその予算を承諾してあれした中で、今度は町長が新しくなったから、こういうふうになるのはあれなんではないかな。そして、ここに貴久議員の質疑の中にも書いてんですけども、当該事業は町民の自主的活動、主体的にまちづくりに協働参加し、意欲を高める方向にはいかないと、こういうふうな問題に対して町長は検証すると。そして、私はね、さっき大沼議員の文章を引用させていただきましたけども、やっぱり例えばですよ、老人会などボランティアで地区の公園整備をやりますと。確かに老人会全員が出てくるわけではない、半分出てきて、そのボランティア活動に参加の事業の行事をやる。その人たちにポイントカードを確かに押してあれしたら、出てきた人にだから、確かに言うようにみんなに行かないという面があるかもしれません。しかし、そういうものの中で向上意欲、参加意欲あるいは健康づくりにも役に立つんだということのポイントなんで、その辺はですね、もう少し考える余地が、これをもう少しよくしていくというか、そういうあれはあるんではないかと思うんですけども、その辺を私はね非常に、提案した執行部側の、教育長まで違和感はありますとこう言うんであれば、なかなか難しいのかなと、こう思うんですね。
 それで、ここに言ってんですけども、意欲は高まらないと、こんなことしてもと、いうのに対してはそういう答弁です。その辺もう一回よく聞かせてほしいんですね。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 町民学園のさくらカード利用につながるポイントの件なのか、あるいは歩きたくなる健康都市にかかわる事業はこれからスタートする事業でございまして、両方共通しているのは、当時のというか、想定としてポイントがさくらカードに変わっていく。つまりさくらカードの利用が促進されないようになることについて、問題意識を持たれているということでよろしいんでしょうか。まず。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) さくらカードを健康づくりも兼ねながら、出てきた人にご褒美ではないんですけども、ポイントを押してそれをためてもらって、そして普通のさくらカード加盟店、小さい店屋さんに、そして使っていただくと。そうすると、その店屋さんも売り上げにも補助する。効果があると。こういうことで狙ったのがポイントカードのあれであって、新しい事業に言ってるんでないんですよ。(「町民学園なんですね」の声あり)うん。それを町長は違和感があると、こう言ってるんですから、私もよくその辺の、それとことしの6月あたりから始まったんだと思うんです、この件はね。6月事業化に10万円とか、6月、7月、9月、10月、11月、全部で60万円、さくらカード、ポイント、カード買ってるんですね、これ。始まったばかりですからでしょうけども、それでも60万円がながポイントカードを取り扱ってる、お店で。使われてる。こういうのも事実なんですね。
 さくらカード会は、このポイントを買っていただいたからといって一銭ももうかるわけではないんですよ。同じ、手数料なしですから。もうかるわけではないけども、町の厚意としてこういうふうにしてもらって、既存店のそういう小さい店屋の繁盛を願って、何ぼでも活性化をつくっていくと、そういうことでやったんだと思うんで、このあいづに対してはもう少し積極的な答弁があってもいいんではないかなとこう思ったんで、この問題を取り上げた。まず言わせてもらう、こういうことです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 町民学園のポイントにかかわることということで受けとめさせていただきましたので、答弁をさせていただきますが、もちろん波及して経済効果につながるということは願うところでございます。町としても当然願うところでございます。しかしですね、地元企業あるいは地元商店の皆さんに対する支援がどうあったらいいのかという議論は当然必要なわけでございまして、予算規模、最初秋から、10月からスタートしたんですかね。半年で100万の予算が50万、スタート当初ですから予算規模小さくなっても云々ではありませんけれども、次の翌年の予算規模、予算計上が200万でしたでしょうか、それはさらにまた減額されてという状況になっている。つまり実質商工業者の皆さん、とりわけ商業者ですね、商業者の皆さんの恩恵につながってる部分としては、決して大きくないということは誰でもご理解いただけることだと思います。
 私は、店舗のリフォームの制度設計の要求等もこの一般質問でいただきました。何が今の商業者の皆さんの支援として喜んでいただけるのか、またそれが町民の喜ぶことにつながっていくのかということを、当然広い視野で考えていかなければならないというふうに思っているところでございます。とりわけその恩恵がさくらカードになってることを否としたものでは決してございませんで、もっと商業者の皆さんを支援できる方法がないかということを逆に考えている立場でございます。ご理解願います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) いや、まあ町長の話は大きな視野になって、あくまでもさくらポイント、さくらカード会のカードは、加盟店は小さい店で大した効果ではないと、こう言い切りますけども、もともと消費者志向も変わったんですから、そういうところで町内で一生懸命店を出して頑張ってる人たちのさくらカード加盟店で、また町民のためにもそれがなって、一つのまちづくりができるんではないかなと思うんで、その辺をあれしました。
 いつまでもこれだけあれで、ただあんまり町長の話が大きくて、この件についての正確な答えにはなってないような気がしたんですけども、それはそれで聞いて次に質問させていただきます。
 私は、大河原資力とは桜と道の駅と、今も思っております。町長が税金を使ってですよ、建設計画これをつくってるんです。ここにきちんといろんなことが、コンサル頼み、自分の意向も十分入ってるんだと思います。そして、町長がなぜこれを途中でやめて、道の駅の問題には触れないできた。私は町民に対する説明不足が一つの大きな問題ではなかったかなと。町長が言ってました。4年間私は町民に教えられたことは、説明責任を果たすことだったと。きのうも答弁で答えてるんですね。知ってるんですね。4年間いろいろ教えてもらった。私は町長がね、人間学、人生大学を4年間受けたんだなと、こう思って期待をしてますよ。
 んだけども、こういうのに対してはやっぱり信念一路と、議会で私のあれは信念一路だと、一途だと、こう言ってるんですから、これも金ケ瀬の人たちのところに行って、考える会に行ってお話をしたりなんだりしてる中で、きちっと町民に説明責任をしながら、角田の市長さん見なさい、1回議会で騒がれて予算を落とした、そして説明責任を果たしてやりますと、果たしてまた今も事実道の駅が始まってるんですから。それと、柴田の千桜橋、私は船岡役場に行って聞いてきましたよ。全部で8億7,370万かかってるんですね。その中で町の財源持ち出しは1億3,750万円、これが新聞にも上がりましたけど、なかなか国の補助金、補助事業を引っ張り出し、柴田の町長ということで河北新聞にちょっと上がったことありますけども、こういう中で説明して説明して、あそこの千桜橋、私も随分通りますけども、人っ子一人通ってないんですね。そして、町の中でも、議会の中でも、あそこもかなり反対の声が出たんです。しかし、きっちり諦めないで説明をして、説明をして、議会の納得を得て、町民の納得を得て、あの橋が。
 そして、町長は初めて向こうと連携を組んで、観光復興をあれでやるんだと。ところが、あそこの柴田町の千桜橋の館山にあるところに、ネオンで桜の町柴田と、きれいなあれがあるね。そして、なおかつ今度の復興、一緒にやる交付金の中でライトアップ、何をライトアップする、肉づけに千桜橋にライトアップをするんだと。こういう、やっぱり私はポリシーというか信念、これやっぱりよく説明をして、自分のあいづを通していくというのが、町長に一つだけお伺いします。やっぱり道の駅は町長が4年間歩いて、いやつくらねほうがいいと、やめたほうがいいという人が多かったと感じながら、その辺も明快に教えていただきたいと。私はそうではないと、こう思ってますから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) この4年間の私の感じたところにつきましては、何度もこの議会の中で述べさせていただいて、それをこれからの町政に生かしていく、これはもうどこまでもそうし続けたいというふうに信念を持っているところでございますけれども、道の駅にかかわる町民の受けとめにつきましては、もちろん何で道の駅が悪者になったんですか、何で道の駅をつくることにならなかったんですかという問い、あるいはやっぱり道の駅はあったほうがいいですねという声、それはもちろんさまざまにいただきました。
 しかし一方でですね、やっぱり道の駅にお金を使ってほしくなかったと、あるいはうちの町に道の駅がある必要はないと考えるという方も、やっぱりいらっしゃるんですね。つまりどうなんでしょうか、感覚的には相半ばするぐらい町民の皆さんのご意見、お気持ちは分かれているんだと思います。前回の選挙は、まさに道の駅選挙というふうに言われた選挙でございまして、私はその選挙の中で落選をした。当然落選をするさまざまな理由はあったというふうに、私自身受けとめておりますけれども、それが今回の選挙で再び争点になることはなかったわけでございまして、逆にですね、町民の皆さんがどう考えるのかという民意がどんどん盛り上がってくる、あるいは議員の皆さんももう議員構成変わっておりますけれども、一旦は請願を可決してるわけでございます、議会で。
 で、議員さん方がじゃあどう考えるのか。どうまちづくりにつなげていったらいいのかという議論を、あるいはやっぱりやらないほうがいいという議論も含めてですね、大いにやっぱりやっていただきたいというふうに私は思っているところでございまして、私のほうからこれまでの経緯、あるいはこの4年間の町民の皆さんのお声を聞く中で、はっきりと道の駅をつくるというようなことを申し上げる状況にない。また、審判を前回いただいた状況の中で、争点にしなかったわけですから、私がまた当選後、声高に道の駅云々ということをお話しするという状況にはないというふうに、私自身は受けとめているところでございます。
 ただしですね、先ほどの答弁でも申し上げましたけれども、うちの町の持っている特徴を生かしていく、またうちの町の弱みは、この特徴を生かし切れていないということで申し上げましたけれども、やはり産業振興と雇用だと思うんですね。産業振興をどう前に進めていくか。そして、それにつながる雇用をどう生み出していくか。これがしっかりできれば、人口の減少ということについても答えを出していくことになるんではないかという思いは強く持っています。しかし、その議論を道の駅をつくるということから始めるべきかどうかということについて、私は今そうではないのではないだろうかというふうに受けとめているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 町長の答弁を聞きますとね、自分で当時つくって、結果的に道の駅で騒がれて、引っ込めて、これつくった後に道の駅関連の予算を提出して、それが騒がれたと、騒いでどうも通らないようだというので引っ込めて、それからあれして、そうやって道の駅で負けたというような話をしますけど、私はね、さっきも言ったように、町長の税金まで使ってこんなものつくって、そしてその信念で、やっぱり説明不足って言って、そのときもそうです。こう返事をしてますから、それはそれでいい。ただ、今度はそれを一遍あれにして、また考え直す、そして皆さんの声を聞いて、また取り組みたいというように私はとれたんだけども、ただこの岡崎議員のお話の中でも、新規事業を奨励、地元企業の雇用拡大に対する支援、食の産業振興、例えば道の駅のような施設を検討してるのかというこいづに対しては、道の駅とは限定しないと、こういうふうに道の駅を捨てた、諦めたような話なんですけども、んだげっとも、私はね、そういうなのは少し弱いんではないかなと、こうも思います。
 だから、では金ケ瀬の人ばかりではないでしょうけども、町長が言うように、私はあの人たちが考えたあの場所といいますか、町長が言う幹線、仙南の幹線が全て入ってる、何本も入ってる。そして、国道4号線、あの車両通行と、そして仙南のイニシアチブ、リーダーシップをとれるような一つの道の駅が国見に出ようが、白石もやる、角田もやる、でも私はやっぱり大河原だというあれができるんではないかなと。道の駅の裏には、町長が新しい事業にもかけると、橋にも、整備をしながら、あそこで運動施設、グラウンド、ゲートボールか何かわかりませんけども、今から考えるという。そういうものを目的に、そしてあの遊歩道、桜を見ながら、私もあそこ2回ばかり歩いてみましたけど、まさに大高山から入ってくる、あれは整備さえすればすばらしい遊歩道になるんですね。企画課長が歩きたくなるのはどこだと言ったら、今から考えると企画課長言った、答弁で一言だけ。今考えてどこになったんだか、まだ聞きませんけども、少なくともそういうものに対してやっぱりもう少し地元の、町民の声も聞かなければならない。そして、私は今でも選挙は負けたのは道の駅じゃないと。私個人ですよ。町民税の減税と、それから町立老人ホーム、それが大きく物を言い、町長の全くの説明不足で、ここに町民1人多く入れて5万円ずつの出資金を募ろうという会社、そこを運営する会社づくりのあいづも書いてんですけど、これが選挙時の、選挙時には5,000万集めて1口5万円にして、その会社をつくって、というここに書いてある、それが多くの町民に間違って、5万円ずつ取られんだよと、それは町長の当時の本気になって説明をする、その説明不足でなかったか、こう思います。
 まあ、今後ですね、町長に再度復帰したんですから、ひとつ十分に大河原にも地方創生で、こういう人の集う、和む、そういうところがあるんだよというものの施策、できますことを期待して、余りあれでもあれなんでやめますけれども、私も一般質問でしばらくぶりでやったもんですから、少し興奮した面もありますが、その辺は丁重におわびをしながら、よろしくお願いをして、私の一般質問を終わらせていただきます。
 終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐久間克明君の発言を許します。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 1番佐久間克明です。通告に従って一般質問させていただきます。
 1番、町民が誇れる地元PRを目指したい。私が議員になってからも、各議員から大河原町の観光のあり方について数多く提言がなされていると考えております。私自身も以前、河川活用について一般質問を行っておりますが、より具体的に再度質問させていただきます。
 何と言っても当町一番の観光資源は、桜並木を有する白石川であると考えることから、今後について以下質問します。
 (1)番、例年白石川右岸を会場とする桜まつりは、国内外問わず多くの観光客でにぎわいます。当町河川敷は、町保有でないことから、柴田町のように桜の開花に合わせた開会の微調整が難しいと考えます。関係諸団体との兼ね合いもあると思いますが、例えば占用期間を早目に設定しておき、開会予定日より早まったときには対応できるようにするなどの対応を、どのように考えているか。
 (2)私自身、例年駅前広場の観光案内所にて週末案内をさせていただくことがあります。地元の外国語通訳ボランティアの方が1名来てくれて、本当に必要性を感じました。特に、アジア圏では、観光雑誌に白石川河川敷の桜、船岡城址公園の観音様が掲載されているそうです。何となくではなく、ピンポイントでこの地を訪れています。今後どのように広げていくのか。
 (3)さきに町長にもお渡ししておりますが、柴田町では地方創生先行型交付金事業を活用し、平成27年度インバウンド推進事業として、PR雑誌、DVDの作成を行っております。さらには、国内版DMOとして、地元で趣味として手芸を行っている方の作品を活用し、1袋のセットにしております。この地方創生型の交付金は、近隣市町村と連携し、民間活力の導入により受けやすくなると聞いております。当町も参考に作成し、1年を通し、例えばほか市町村からの視察時の資料等、さまざまな場面で活用できるのではないでしょうか。
 (4)このDVDはドローンを使用して空撮されております。今さまざまな場面でドローンの利用価値が話題になっており、日々進化しております。災害や環境調査を含め、ドローンの活用が必要だと考えます。飛行には航空法があるため、町保有か地元測量会社等に保有及び管理を委託するとか、方法が多数あると思うが、検討できないでしょうか。
 (5)河川活用に関して、花見期間に限らず通年利用を考えられる景観を考慮した施設の設置は可能でしょうか。右岸河川敷では、ふだんから仲間で集まれるスケートボートの資材が置いてあります。町民みずからが率先して利用、活用できるスペースはとても大切だと考えています。例えば、桜まつり会場付近や大河原公園付近の河川敷を利用したバーベキューや芋煮会会場の設置などできれば、近隣町で秋の紅葉を楽しんだ観光客が大河原町に移動し、蔵王を眺めながら外で外食できるスペースが大々的に設置されていると、なお好ましいと考えますが、いかがでしょうか。
 以上について質問させていただきます。答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、佐久間克明議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、桜まつりの開催時期についてのご質問でございます。
 佐久間議員もご承知のとおり、桜まつり開催期間や内容などは、桜まつり実行委員会で決定いたします。桜まつりの開始時期につきましては、河川占用などの許可申請に加え、会場設営の業者さんの調整などもあり、大変難しい面がございますが、なるべく桜の開花とまつりの開始日を合わせれるよう、実行委員会の調整に期待をしているところでございます。
 特に、失礼しました、2から4の設問でございますけれども、特に海外からのお客様、インバウンドへの対応とDVDなどの観光PR用ツールの作成、そしてドローンの活用についてのご質問でございますので、一括して答弁をさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。
 さきの岡崎議員、堀江議員、大沼議員への答弁と重なりますが、柴田町との連携事業で、白石川一目千本桜ブランド化事業を今年度の東北観光復興対策交付金事業に申請しているところでございます。この事業で、海外からのお客様向けのボランティアガイドの養成や、観光PR用ツールの作成を予定しているところでございます。このPR用ツールを冊子にするか、DVDにするか等については、今後検討させていただきたいと考えております。また、この事業ではドローンを活用した動画の撮影を計画しているところでございます。
 なお、28年度事業は残り3カ月と短い期間のため、来年4月の桜まつりまでに完成しない事業も多くあります。これらの事業につきましては、29年、30年度に継続申請するよう予定しておりますので、ご了承いただきたくお願い申し上げるところでございます。
 次に、河川敷の活用についてのご質問であります。
 河川敷の活用につきましては、岡崎議員初めご質問をいただいた議員の皆さんへの答弁と全て重なりますが、今後河川管理者である宮城県大河原土木事務所と協議をしてまいりたいと考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時05分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時14分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 済みません、再質問させていただきます。
 (1)番についてです。もちろん実行委員会であったり、いろいろな商工会、観物等々ございますのも承知した上でなんですが、柴田町であれば例えばメーンの会場になる城址公園というのが柴田町なので、容易にずらせると思うんですけど、大河原町の場合、河川敷は国交省ですね。なので、例えばなんですけど、4月の何日から開会するというふうにポスター等でうたっていたとしても、業者さんだったり、申請に関しては4月1日から何日というような流動的にして、しかもそれを業者さんに伝えておけば、業者さんも占用日数というのは使用期間というのももちろん延びるでしょうし、また出店業者さんは早まれば営業日数延びるので、もちろん身軽に動いてくれるでしょうし、そういう部分を町としても、そういうほうがいいよということを実行委員会に伝えるとか、そういう方向の前向きな姿勢というのが逆に町全体で桜まつりを、何ていうんでしょう、本当に広げていきたいというPRというか、やる気にもつながるんじゃないかなと考えるんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 佐久間議員ご指摘のとおりだと考えております。開花に合わせてまつりがスタートすることで、迷惑をこうむる人は誰もいないんですね。ですから、皆さんに喜んでいただけることの大変大きな課題だろうというふうに思います。来年また桜の開花がいつになるのか予測はできないわけですけれども、事前にできることで対応可能なものについては、やっぱりきちっとご指摘のとおり検討して、申請なり進めていくということで対応すべきだというふうに改めて強く感じたところでございますので、ご理解願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひよろしくお願いします。
 次、(2)番なんですが、この外国語ボランティアの部分だったですけど、私も入っている違うほうの団体で、ことしの桜まつりでも行わせていただいたんですが、東北学院大学さんの留学生をお招きをして、通訳をしてもらいながら観光案内を兼ねて外国人に対してですね、河川敷を一緒に歩きながら、通訳を会話をしてもらいながら歩くということをやってみたんです。それっていうのは、ほかの議員からもたくさん出ていましたし、齋町長からもありましたが、今DMOがはやっていて、観光地域づくりというのを考えたときに、どうしても当町の人、ふだん生活している人というのはあって当たり前だったり、見てて当たり前のものを、やっぱり外から来た人というのは新鮮に感じたりとか、例えば私らだと常に柴田町の観音様なんかは毎日見てますが、海外のアジア圏の人からすれば、仏像、仏像じゃないですね、観音様が金色ではなく白いということ自体が、もう神聖なすばらしいものということで、わざわざこの地にピンポイントで桜の時期と合わせて来てくれるということで、観光雑誌に載っていたりするそうなんです。
 そういうのも含めて、そういう国際交流的なことっていうのもある程度含めた形で、町としてもボランティアだったり、そういうときに他団体の人との協力関係という体制というつくることは、例えば今からでも今度の春には間に合うでしょうし、そういう部分というのは変な話、言い方おかしいんですけど、お金かかんない本当のボランティアでしょうし、そういうところの模索というか、広げていただくことというのは可能でしょうか。お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 今お話しいただいたとおり、ボランティアで今度の春までですね、どの程度その連携とか協力体制がとれるか、ちょっと確約はできませんけれども、この事業を進める中でですね、その最終段階に至る前の準備として、できる限りの努力はさせていただきたいと思いますので、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひお願いします。
 続いて、(3)番なんですが、先日ご紹介でお渡しさせていただいた一式の袋の中に、多分風呂敷が入っていたと思うんですけども、それがちょうど趣味として柴田町の何ていうんでしょう、大河原町でも多分あると思うんですけど、手芸教室だったり、ボランティアの会の人たちがいろいろな手編みの物であったり、そういういろんな趣味でつくっている物があると思うんですが、そういう物を今度町が価値をつけて、町から外から来た人に対してプレゼントする、そういう資料の中に、値段をつけて買い取ってプレゼントの一つに活用したりということを今、この地方創生の交付金を使った資金の中でやっているそうなんです。今までだと、海外からだけのインバウンドだったんですけど、地域内インバウンドで、それこそつながるんですけど、DMOって考えたときに、広域的な仙南圏として見た場合ですかね、県南なり仙南として見たときに、その一連の観光客がぐるっと大河原だけ、柴田だけ、蔵王の紅葉だけというんではなく、一連として仙南地域としてめぐってもらえるようにするための冊子を含め、動き出していると思うんですが、そういう部分で大河原町も次の3項目の大綱3つ目のところにもつながってくる質問にはなるんですが、高齢の方自体がそういう趣味の教室に通って、趣味でやったものが生かされて値段つくなり、そういうプレゼントする商品になれば、生きがいでもありますし、65歳以上の高齢者と言われる方、まだまだ実際元気なので、そういう部分で高齢者の方が忙しい、忙しいというふうに動き回れるような環境をつくってあげるきっかけというのも、町から提供できるんじゃないかなと思うんですが、それについていかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) うちの町の一目千本桜もそうだと思いますけれども、この町に住んでいる人が本当に誇れるものとして意識することが、私は極めて大事なことだというふうに思っております。趣味で作成された物がボランティア意識を高めたり、あるいはもてなしの心につながったり、そういうプラスの面をたくさん生んでいくという、そういう相乗効果ってやっぱりこれからいっぱい想定していかなければならないというふうに思っているわけでございまして、そこに町も、あるいは観光物産協会も商工会も、率先してかかわっていく、あるいはそういうことを大事にしていくという姿勢を、やっぱり示していかなければならないというふうに考えているところでございます。
 大変価値を高めるといういい言葉をいただいたと思いますけれども、その価値を高めるために、そしてまた潜在的にすばらしいものだと改めて町民が見直してくれることにつなげるためにも、今後十分吟味をして検討させていただければと思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひ町が何も一から十まで全部町がというのではなく、本当に一か二くらいの初期投資になるかもしれないですけど、そういうところまでが町がきっかけづくりを投げてあげて、あと町民が自立してやれるような環境がとても大事だと思うので、ぜひよろしくお願いします。
 次、4番目なんですが、ドローンの件です。
 ガイドをつくるための動画撮影は、ドローンを使ってやる計画をしているということだったんですが、済みません、ここの中にもあるんですが、町保有か、例えば測量会社であったり、あとは農業法人でやられている団体の方に、そういうドローンの保有をしてもらって、町で何かあったとき、何かあったときというのはもちろん災害かもしれないですけど、災害であったり、そういう商工業に関するような観光系の撮影するときですかね、例えば夏まつり、桜まつりだったりというときに、逆に撮影を委託するような形で導入を検討していただくことというのはできないかなと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 先日の全員協議会でご説明申し上げましたとおり、ドローンによる空撮につきましては、平成30年度で予定しておりましたけれども、来年の事業で繰り上げられるかどうかというところで、今後柴田町と協議させていただきたいということです。
 あとドローンの所有についてなんですけれども、こちらのほうはやはりその専門業者さんのほうに委託するという形で進めるようになるかと思います。ちなみにですね、現在、大河原町の桜の空撮のドローンを使った空撮も結構、二、三ございますので、そちらの映像のほうをちょっと今借用等整備しておりまして、公開できるものについては町のホームページ等で公開できるようにしていきたいということで考えておりますので、ひとつご理解のほどをよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 一番最初のスタート、取っかかりなので、既存のものであったり、外注ももちろんいいと思うんですけど、今後考えた場合に、調べてきたやつなんですけど、今後今多分ドローンがどっかに突っ込んでしまったとか、墜落したりとか、そういう周波数の問題があって、さまざま議論があるようなんですが、今後その周波数、使用できる周波数が2バントですかね、2つくらいに制限されて、今度、今もそうですが、半径5キロ以上飛ばすとき、または上空150メートル以上まで飛ぶときは、今後、第3種特殊無線技師の国家試験が操縦するのに必要になる方向で今進んでいるようなことがネットにも載っていたんですが、そういうことも含め、だんだん特殊になってくるので、今のうちから例えば町のかかわるところで保有をしておくと、農業関係のIT化とかにももちろんつながるので、農業の方どうだろうという質問をつけ加えたんですが、これも載っているんですが、ドローン自体を受け入れるのが導入するのが、農業がIT化することが一番の目的ではなくて、若者の選択肢を広げるために何ていうんでしょう、就職するときのイメージで、農業って手作業で雨の日も風の日も土をいじっているというイメージから脱却するために、ハイテクでそういうドローンとか機械化でおもしろい分野だから、入ってみようかなという入り方の間口を広げるためにも、ということで結構取り上げられ始め、国外では大分ふえてきているそうなんですが、日本でもだんだん取り入れられるような事例が出てきているというのが記事に載っていました。
 農林水産航空協会などもそういう基準策定などを進め始めているとのことだったので、ぜひせっかくドローンを使うんであれば、今後そういう向こう五、六年を考えた取り組みというのがあってもいいんじゃないかなと思いますが、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯商工観光課長(木村淳一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(木村淳一君) 商工観光的にドローンを使用するということで、その場合は当面委託ということで、私のほうからの答弁じゃないかもしれませんけれども、ドローンの活用術につきましては農業とかそちらのほうのほかに、あと宅配で山の上のほうに行くのに、軽い物だったら送れるんじゃないか等々の検討がなされているというようなことも聞いておりますので、その辺も含め、産業の振興の面でのほうも踏まえてですね、活用を考えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひよろしくお願いします。
 (5)番に関しては、ぜひ本当にほかの同僚議員たちからも多々質問もございましたし、やっぱり広域的に見たときに、川崎町なんかでも今、川遊びですかね、亘理の方が主催して川遊びなんかを企画したりとか、川崎なんかで取り入れてたと思ったんですが、泊まるのは秋保温泉に泊まっていただいて、遊びに来るのは川崎町に遊びに来てもらうというような、一日の流れでのセットというんですか、そういうのはやっぱりこの柴田郡内プラス白石蔵王をまぜたところだけでももちろんできますし、それだと春の残雪だったり、秋の紅葉だったりというのを蔵王を絡めたこともできると思うので、ぜひ検討を1セットとして、一くくりとして検討していただけないかと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これは正式な話ではございませんけれども、例えば白石川にかかわる自治体、幾つもあるわけですね。七ヶ宿から始まって白石、蔵王、大河原、柴田、もっと南は亘理も入るかもしれませんけど、阿武隈川ですが、そういうつながりで広域連携した観光事業、あるいは関連する事業というものを検討していくべきじゃないかという話が出ておりますし、私も今盛んにですね、この広域連携のくくりの中で進めていけないか、問いかけをしているところでございます。
 仙南地域で1日遊んでいただくということが、なかなかやっぱりできていないという認識を私も持っています。白石インターでおりて、仙南で遊んで、村田インターから帰るみたいな、そういうことが日常できるような環境になったら、本当にすばらしいんじゃないかなというふうに思います。宿泊施設も蔵王にはたくさんあるわけでございまして、そういったものもある意味地域の資源として、広く見てつなげていくということが、これからはますます求められると思います。そういうところに創生資金、関連資金ですね、そういったものもこれからついてくるのかなというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひよろしくお願いいたします。
 次の質問に移らせていただきます。
 2番、障がいを持つ児童たちへ今後の町の対応方針は。
 6月にも一般質問しておりますが、障がい児の就学就労支援のあり方、そして重度の障がい者は65歳を迎えれば、就労施設で働けず、勤務できず、介護施設へ入所というのが今の現状かと思います。なので、入所金額の問題や障がい者を見守る家族の高齢化など、早急な対応が求められておりますが、どのように考えられておられるかお伺いします。
 答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き佐久間克明議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 重度の障がい児の就業就労支援等についてのご質問でございます。
 このことにつきましては、平成28年、今年ですね、6月議会の一般質問においてお答えしているとのことでございますけれども、次期障害者計画、障害福祉計画の策定の際に実施するアンケートの意見なども踏まえながら、今後の支援について考えていきたいと思っているところでございます。
 また、障がい者並びに家族の高齢化に伴う問題につきましては、障がい者の方に障害者総合支援法、介護保険法等に定めるサービスをご利用いただくことで、適切な支援を行ってまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひお願いします。ごめんなさい、再質問なかったです。すいません。
 続いての質問に移らせていただきます。
 3、町の介護保険事業のあり方について。
 介護保険制度に関して、他市町より認定率が低いとされる問題があります。当町は支援や施設もあることから、いい意味での認定率が低いのかもしれません。しかしながら、手続において時間を要したりする部分で、行政が考える益と、町民当事者であったり、あと介護家族が捉える益という部分で差があると感じております。
 制度改正や人員問題など町として努力していることは承知しておりますが、金額や労働面で両者負担がふえるだけで、ごめんなさい、この両者は行政側と介護家族側の両者負担がふえるだけで、根本的な解決にはまだまだ時間を要すると思いますが、打開策は見えているか伺います。答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き佐久間議員の一般質問にお答えをさせていただきます。
 最後に、本町の介護保険事業のあり方についてのご質問でございます。
 行政が考える益と、町民が考える益に差があるのではないかということにつきましては、利用者の方の立場としては、少しでも早く介護認定をもらって、サービスを使いたいと思われるのは当然のことと考えるところでございます。これに対し、町としては介護保険を自立して生活するための手だてとして、公平公正な手続をし、必要な方が必要なサービスを受けられるよう運営を行っているところでございます。
 このため、要介護認定調査を受けてから、介護度や認定期間が出るまでに時間がかかることにつきましては、町で行う一次審査の後に、仙南地域広域行政事務組合の介護認定審査会で行われる二次審査によって判定が決まるもので、町といたしましてでき得る限り迅速な対応を心がけておりますが、結果としてある程度の時間を要することになりますこと、ご理解願う次第でございます。以上でございます。
 あ、済みません、もう一つありましたね。失礼しました。また、要介護認定率についてでございますけれども、岡崎議員に回答いたしましたとおり、できるだけ早く調査の上、説明責任を果たしたいと考えるところでございます。
 以上でございます。失礼申し上げました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 再質問させていただきます。
 順番ちょっと後ろのほうからになってしまうんですが、この認定率の低さというところについてだったんですけれども、職員の方にお伺いをしました。申請に来られた方で断ってる方はいらっしゃらないというお話をお伺いしてました。私も蔵王町と柴田町ですか、あと村田町と比較してみたんですが、状況、大河原町と考えたときに、大河原って意外と単身の高齢者が、独居の高齢者の方が実際多いんですよね。で、65歳以上を高齢者としているので、当然役場の中の職員の方に65歳以上の方、もちろん正職員で働いている方はいないと思うんですが、現に私ら議員の中にも65歳でもこういうふうに元気に仕事をされてる方も実際たくさんいらっしゃいますし、大河原町ってやっぱり仙南の中心ということもあって、外から来られる方もいっぱいいらっしゃいますし、本当に元気な高齢者の方が本当に多くて、いいことなのかなとも思いますし、そういう認定率の低さというところにつながる部分も少なからずあるかと思うので、やっぱり時間かかるかと思うんですが、できるだけ早急に調査をしていただければと思います。
 あとは、町のほうで考える益と、町民の方が考える益の部分なんですが、町民の方のほうの益というのは、どちらかというと介護される家族の方のほうの、申請に来られた場合、高齢者自身よりも、その高齢者と一緒に同居している家族のほうが、どちらかというとこういうことに関心が高いかと思うんですが、どうしても家族が働きに出たい、週末どこかに行きたいとなったときに、やっぱり時間を割かれたり、そういう一緒にいる時間があれば弱い部分も当然見えてくるので心配になってきて、どちらかというと本人よりも介護を必要とする方なり、同居している家族の方々が心配になって、ぎりぎりで問い合わせに来たりしてるんじゃないかなと思うんですね。
 ですので、先日大河原町の老人クラブの女性部長の方とお話をする機会がありました。高齢者の方はもう朝から勝手にテレビを見て、手遊びの体操だったり、いろんな体操とか健康番組というのは、指導されなくても勝手に自分で見ているので、町で何かの教室を開いてもらうときは、どちらかというとそういう方に対する何とか教室というよりも、その家族に対しての早期の予防策だったり、対応策とか、そういう講師セミナーみたいなのをぜひ開催してもらえたほうが、認定率がどうのこうのというより、その申請の期間ですよね、期間がどうしても時間が当然かかるでしょうし、そういう部分に前もって対応できるのではないかというお話をいただきましたが、その辺どのように、そういう対応ってしていただけるかどうかお伺いしてもよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 家族への予防策の対応ということでどういったことということでございまして、その辺につきましては、例えばですね、出前講座で私どものほうに申し込んでいただければ、それに対応して出向いてご案内差し上げるようにいたします。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひお伝えするようにしますので、ぜひそういう発信する部分でもぜひお願いしたいなと思います。ちなみになんですけれども、その老人クラブさんの大河原を開催地とした宮城県の大会が来年11月、大河原で県大会も開催されますし、そういう部分でなお一層来年は大河原町が注目を浴びるというか、宮城県の中心になる年になるので、ぜひそういうときに合わせた出前講座だったりとか、そういう講座のようなものを開催していただければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
 最後になりますが、大河原は、町長もおっしゃられるように、やっぱり県南の中核でもありますし、どちらかというと近隣町村に比べて生活環境が豊かだと思うんです。不便さを感じることが実際少ないと思いますし、不便さはもちろんあっても、その不便と思う部分というのが甘さがあると実際思うんです。なので、本当に過疎地であれば町、町民全員がやらなくちゃならないとか、一気に進めるかと思うんですが、もちろん職員の方含め、私ら議員含め、本当に町民一人一人が前向きになんないと、やっぱりいろんな事案というのが進まないと思うので、ぜひリーダーシップを発揮していただいて頑張っていただきたいと思いますが、改めて一言お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ご指摘のとおりだというふうに思います。また、そういったことを私も考えているところで、「認め合い、支え合い、生かし合う先進のまちづくり」というのを掲げているわけでございまして、これは私だけのものじゃなくて町民の皆さんにもご理解いただいて、また議員の皆様方にもご理解をいただいて、一体となって進めていくというところに多分大きな成果が生まれてくるんだろうというふうに考えているところでございます。
 どうぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 以上で私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで一般質問を終わります。
 本日の会議時間はあらかじめ延長いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 同意第7号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、同意第7号固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第7号固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決いたします。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に須藤 慎君及び大沼忠弘君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 須藤 慎君及び大沼忠弘君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成多数です。よって、同意第7号は固定資産評価審査委員会委員の選任について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 同意第8号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、同意第8号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第8号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に高橋芳男君及び岡崎 隆君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 高橋芳男君及び岡崎 隆君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第8号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 同意第9号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、同意第9号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第9号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14名です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に丸山勝利君及び堀江一男君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 丸山勝利君及び堀江一男君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第9号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 同意第10号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、同意第10号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第10号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14名です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に枡 和也君及び佐藤貴久君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 枡 和也君及び佐藤貴久君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成多数です。よって、同意第10号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 同意第11号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、同意第11号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第11号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14名です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に庄司 充君及び万波孝子さんを指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 庄司 充君及び万波孝子さん、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成多数です。よって、同意第11号は農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 同意第12号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、同意第12号農業委員会の委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第12号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決します。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14名です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に佐藤 巖君及び安藤征夫君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 佐藤 巖君及び安藤征夫君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第12号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 同意第13号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、同意第13号農業委員会の委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第13号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に山崎 剛君及び佐久間克明君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票を願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 山崎 剛君及び佐久間克明君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第13号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 同意第14号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、同意第14号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第14号農業委員会委員の任命についての同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に須藤 慎君及び大沼忠弘君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否を明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 須藤 慎君及び大沼忠弘君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  13票
     反対   1票。
 以上のとおり賛成多数です。よって、同意第14号は農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 同意第15号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、同意第15号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第15号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に高橋芳男君及び岡崎 隆君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 高橋芳男君及び岡崎 隆君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第15号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 同意第16号 農業委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、同意第16号農業委員会委員の任命について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第16号農業委員会委員の任命について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14名です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に丸山勝利君及び堀江一男君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 丸山勝利君及び堀江一男君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
    投票総数14票
     有効投票14票
     無効投票 0票です。
    有効投票のうち
     賛成  14票
     反対   0票です。
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第16号農業委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。ご苦労さまでした。
     午後4時37分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年12月14日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------