議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年第2回定例会(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2012年6月14日(木):平成24年第2回定例会(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯副議長(平間孝士君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 佐藤 巖君より欠席の届け出がありましたので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、万波孝子さん、秋山 昇君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 同意第1号 監査委員の選任について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第2、同意第1号監査委員の選任について同意を求める件を議題といたします。
 これから、同意第1号監査委員の選任について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により、投票により表決を行います。
 お諮りします。投票は無記名により行うことに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。よって、無記名投票により行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ただいまの出席議員は13人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に岡崎 隆君及び丸山勝利君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 岡崎 隆君及び丸山勝利君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 投票の結果を報告します。
    投票総数13票
    有効投票12票
    無効投票 1票、白票1票です。
    賛成12票
 以上のとおり賛成が多数です。よって、同意第1号監査委員の選任について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第3、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。
 これから、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決します。
 人事案件は、先例集120により、投票により表決を行います。
 お諮りします。投票は無記名により行うことに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。よって、無記名投票により行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ただいまの出席議員は13人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に堀江一男及び枡 和也君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 念のため申し上げます。本諮問に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点呼〕
     〔投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 投票漏れはありませんか。(「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 堀江一男君及び枡 和也君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 投票の結果を報告します。
    投票総数13票
    有効投票13票
    無効投票 0票
 有効投票のうち
    賛成11票
    反対 2票
 以上のとおり賛成が多数です。よって、諮問第1号は適任と答申することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 報告第5号 繰越明許費繰越計算書の報告について(一般会計)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第4、報告第5号繰越明許費繰越計算書の報告について(一般会計)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 報告第6号 繰越明許費繰越計算書の報告について(公共下水道事業特別
                会計)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第5、報告第6号繰越明許費繰越計算書の報告について(公共下水道事業特別会計)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 報告第7号 専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第6、報告第7号専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第41号 出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づ
                 き日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法
                 の一部を改正する等の法律の施行に伴う宮城県後期高齢者
                 医療広域連合規約の変更について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第7、議案第41号出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律の施行に伴う宮城県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 議案第41号出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律の施行に伴う宮城県後期高齢者医療広域連合規約の変更についての詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、出入国管理及び難民認定法等の一部改正により、外国人登録法が廃止されますことに伴い、広域連合の規約を改正いたすものです。
 改正の内容につきましては、裏面別紙にありますように、広域連合規約の別表第2の備考1からは「及び外国人登録原票人口(外国人登録法(昭和27年法律第125号)に基づき、外国人登録原票に登録されている者の数をいう。以下同じ。)」を、同じく備考2からは「外国人登録原票人口の合計」の字句を削除いたすものです。
 施行期日につきましては、協議の整った日からとなるものでございます。
 なお、この規定につきましては平成25年度からの市町村の負担金の額の算定から適用となりますが、平成24年度に係る負担金の額の算定につきましては従前の例によるものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この際ですのでお伺いしておきたいんですが、外国人登録法が廃止されて、今回こういう形で今提案されておりますが、町内にはその外国人ちゅうのは今何人ぐらいいらっしゃるんですか。もしわかったら教えていただきたいのと、それから、その中で後期高齢者に関することですので、何人ぐらいいらっしゃるんでしょうか。参考までに伺いたいちゅうふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 後期高齢者の該当する方の数については資料持ち合わせございませんが、5月7日現在で、外国人登録されてる方は町内に91名いらっしゃいます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 以前よりもちょっと何かふえているなあというふうに思いました。それは国際化なので、大いに歓迎するところでありますが、主にですね、外国名というのは、韓国の方が多いなとはよく聞いてるんですけど、我が町もそうなんでしょうかね。よく町歩きますといろんな方とよくすれ違って、本当にうれしい限りなんですが、参考までに教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 万波議員おっしゃるとおり、中国人の方と韓国人の方が大半を占めてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この規約を変更することによって、具体的には後期高齢者医療に係る負担額っていうか、町側の事務的に取り扱う金額がふえるということになるのですか。そうではないのですか。よく説明のほどをもう一度お願いします。
 これはどういう町にとっては影響が生じるのか、具体的にご説明お願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 今までですと、外国人の方は手続といたしまして入国管理事務所で手続、さらには各市町村において外国人登録という二通りの手続をしておったわけですけれども、今回の外国人登録法が廃止されますことによって、入国される際は在留カードの交付のみで済むということで、外国人の方につきましては日本国民と同じように住民登録の手続だけで済むということでございます。
 それで、後期高齢関係ですけれども、外国人登録今までされてた方につきましても、今後住民基本台帳法に基づいて日本人と同じように住民登録をすることによりまして、手続は日本人と同じで済むようになるわけでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) これまでは後期高齢者医療制度に関係する該当者というのは把握してないということですけれども、91人現在大河原町に在住しているわけですね。そういう中で高齢者、65歳以上に達する人もふえているんですか。そういうこともちょっとご説明いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 把握はしてございませんですので、後、調べてご回答させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 外国人登録をされて町内に住まわれている方っていうのは、多くは外国からのいわば花嫁として来られた方、あるいは、そういう人とは別にいろいろな仕事とか活動などで大河原町に住まわれてる方だと思いますけれども、そういう花嫁として来られた方のような方についてはですね、いろいろな負担があるわけですね、日本人と同じように。そういう方で生活に困窮している場合の、こういう後期高齢者医療の保険料の支払いなど困難な状態が生じているということはないのかどうか。この登録の仕方、簡単になったといいますか、今までのような状況ではなくなっているということで、よりそういう点で詳しい事情についてわかるようになってくるのかと思いますので、そこのところはどうなっているのか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) その辺の資料はちょっと本日持ち合わせてございませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 討論なしと認めます。
 これから議案第41号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第41号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第42号 外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例に
                 ついて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第8、議案第42号外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 議案第42号外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例の詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、外国人登録法の廃止に伴い、現在、外国人登録を行っている方や新たに中長期在留する方に対し、7月9日から改正住民基本台帳法が施行となりますことから、関係条例の整理を行うものです。
 それでは、1ページをお開き願います。
 第1条の大河原町課設置条例の一部改正でありますが、外国人登録法の廃止に伴い、第2条1項1号から「外国人登録」の字句を削除するものです。
 次に、第2条大河原町印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正ですが、第2条1項1号と2号は、外国人住民の住民基本台帳法適用対象追加及び外国人登録法の廃止に伴い削除し、1項本文中で規定することとしております。
 2ページに移りまして、第4条2項は字句の改正と削除をしてございます。
 第5条1項1号と次ページの2号では、外国人住民の通称を用いた印鑑の登録を可能としております。第2項追加をしておりますが、これは非漢字圏の外国人住民について住民票の備考欄に記載されている氏名がカタカナ表記、またはその一部を組み合わせたものであらわされている場合、印鑑の登録が可能とするものでございます。
 第7条1項4号は、字句の改正となります。
 新たに追加いたします第8号は、外国人住民の非漢字圏の外国人住民の氏名のカタカナ表記を印鑑登録原票に登録することとしたものでございます。
 4ページに移りまして、第2項は字句の削除となります。
 第13条1項5号は字句の改正を、第6号は追加となりますが、「法第30条の45の表上欄に掲げる者」とありますのは、中長期在留者のことを言っております。
 5ページをお開き願います。
 新たに19条を追加しておりますが、これは外国人登録法に基づき既に印鑑の登録を受けていた印鑑の取り扱いであります。
 第1項では、印鑑の登録を受けることのできない外国人住民の印鑑の登録は、職権で抹消するというものです。この場合において、速やかに登録を受けていた方にその旨の通知をすることとしております。
 第2項は、6ページにかかりますが、住民票が作成されたことに伴い印鑑登録原票に登録すべき事項に変更が生じた場合は、職権で原票の修正をするものとしております。
 次に、第3条大河原町乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正の第3条1項1号及び2号、次ページをお開き願います。
 第4条元気な大河原っ子医療費助成に関する条例の一部改正の第3条1項1号及び2号、次の第5条大河原町心身障害者医療費の助成に関する条例の一部改正の第3条1項、次ページになりますが、1号及び2号、次の第6条大河原町母子・父子家庭医療費助成に関する条例の一部改正の第3条につきましては、それぞれ助成対象者について明記しているものでございますが、これらは法の改正と施行に伴い、外国人登録関係の字句を削除いたすものでございます。
 なお、この改正により助成対象者に変更が生じるものではございません。
 9ページをお開き願います。
 第7条大河原町敬老金支給条例の一部改正でありますが、第3条1項は認定要件となっております。前条と同様に、法の改正と施行に伴い削除いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) わかる範囲内で構いませんけれども、今回の、今この条例について課長から詳しくお話いただいて、なお感じたのはですね、印鑑今度登録が、先ほどの第41号でも出ましたように住民登録だけ今度は済むことになったと、こう非常に簡素化されたわけですね。そして、この今の議案第42号が出てきてるわけですけれども、その関連から言いますと、住民登録が可能になったり、あるいは登録の通知をしたりですね、この業務上外国人に対するその町職員の対応が、外国人だけに日本語で通じる方とまたそうでない方もいるので、その辺で英語に精通してる方とか何人いるか私わかりませんけども、その辺の対応というのは今後出て何も心配ないんですか。これまでにも随分、七、八十人、90人いらっしゃいますけども、何ら不便はなかったのかどうかですね。改めて伺わせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 現在登録されている方につきましては仮住民票の確認ということでご通知申し上げまして、ほとんどの方からご回答いただいております。ということは、日本語がある程度ご理解いただけているのかなというようなことで感じております。ただ、英語圏の方以外に、中国、韓国系の方もいらっしゃいますが、そのほかにもパンフレット、本人にわかりやすいような母国語での説明のパンフレットが来ておりますので、それらで当面対応させていただきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうすっと、今のところは何ら私が心配してることはないちゅうことですけれども、現にですね、何事もなければそれでいいんですけども、職員の中にこの英語でご精通な方というのは何人いらっしゃるんですか。特別そういうような配慮での採用というのはないのかどうかですね。何ら支障がなければいいんですけども、これからもどんどん、ある面で国際化もどんどんこう急ピッチで進んでおりますので、グローバル化の中で職員の採用については何か特段のそういう、近年にも増してですねそういう状況があるだけに、何かそういう配慮をしながらの採用というのはあるのかどうか、あわせて町長に伺っておきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) これまでの状況からしますと、英語が話せることを条件にしたような状況はございませんが、やはり経歴等を見まして面接時の質問の中にですね、英語がどの程度話せるのかということを質問するケースはあったというふうに記憶しているところでございます。今後につきましては、そうですね、状況を見ながら対応するということで、頭の中には入れておくべきなのかもしれませんと感じたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 1ページのところの大河原町課設置条例の改正のところですが、2条の1項ですね、そこで印鑑登録事務に関する戸籍、住民基本台帳及び印鑑登録に関することっていうことで、外国人登録の事務がなくなったわけですけれども、先ほど説明ありましたが、外国人登録としては出入国管理事務所で行う登録で済むということなのかどうかということですね。その確認は、これとともに確認はどのようにするのかよくわかりません。登録の確認ということで。ますます交流が進んで中長期滞在の外国人もふえるとすれば、その方がどういう人なのかということを含めて、登録の有無についての確認というのはどういうふうになるのかということです。そこのところがわからなければ、次のいろいろな、例えば元気な大河原っ子医療費助成に関する条例の適用などもどういうふうにして、「町内に住所を有する児童等」とこうありますが、そういうことの確認についてもどんなふうにしてされるのか、よく理解できないので、そこのところを説明をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 確かに外国人登録の事務はなくなるわけですけれども、先ほど申し上げましたように、入国の際に入管において在留カードの交付を受けます。そこにその方のデータが入ってございます。その方が各市町村において日本人と同じように住民登録を行うことによってその方のデータがわかるわけですので、国保とか国民年金、それらの手続が日本人と同じように進むというようなことでございますので、確認につきましては今まで外国人登録をしてからということじゃなくて、入ってきたことによって住民登録ということですので、今までよりも簡素化されるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) その点はわかりました。在留カードというので、そこに詳しく書かれている。それを持ってご本人が訪れ、町民としての登録をするということになるわけですね。そうすれば必然的に、後ろの方に続いている印鑑登録についても、それから乳幼児医療費の助成に関しても、該当するというふうな確認はできるということですね。はい、理解しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) 確認なんですけども、住民登録、外国人登録する場合、日本人が転入転出する場合に本籍地のほうに住所あれしますね。住所変わった場合は。通知いたしますね。これは外国人の場合は出入国管理事務所のほうに通知をするようになるのか。この辺、ちょっと教えていただきたいと思います。
 それから、1年に1回か2年に1回だか、たしか確認というか登録のし直しをしなきゃならないといいますか、窓口に来て確認をするというか、ああいうふうな行為はなくなるというふうな考え方でいいのか。この2点について、ちょっと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 外国人の方につきましては、その在留カードを持って移動しますので、転入転出につきましては、その転入転出先の市町村間で確認をするというようなことになります。
 あと、2点目の年1回の確認、これらの事務はなくなります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 討論なしと認めます。
 これから議案第42号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第43号 大河原町教育振興基本計画策定委員会条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第9、議案第43号大河原町教育振興基本計画策定委員会条例の制定についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 議案第43号大河原町教育振興基本計画策定委員会条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 平成18年に教育基本法が改正され、同法第17条第2項で、地方公共団体においては教育振興基本計画の策定について、国の計画を参酌しながら地域の実情に応じて定めるよう努めることが規定されました。この教育基本法の理念を踏まえ大河原町では、大河原町教育振興基本計画策定委員会を設置して、本計画策定のための調査、審議を行うための条例制定でございます。
 条例の内容につきましては、次のページをお開きいただきたいと思います。
 まず、第1条につきましては、設置について、今ご説明したとおりの大河原町教育振興基本計画を策定するためにこの委員会を設置するものでございます。
 第2条で所掌事務を定めて、第3条におきまして、委員の人数を10名以内と定めております。
 第4条で、委員の任期を審議が終わるまでと定めております。
 第5条で委員長、副委員長について、第6条におきまして会議についての規定をしております。
 次のページに移らせていただきます。
 第7条では委員の報酬の支給について定めておりまして、第8条で必要に応じて関係各団体等からも意見を求めることが可能な規定としております。
 第9条で庶務を教育総務課で処理することを規定しておりまして、第10条は委任規定となっております。
 附則でございますが、第1項で、施行期日につきましては施行の日から。第2項で、特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正により、支給する規定といたしまして、学識関係者が1万円の報酬、委員が5,600円、旅費については町長の旅費区分で支給するところとしているところです。
 以上、詳細説明とさせていただきます。ご審議をよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点は、わかれば教えていただきたいのが、この日本の教育基本法というのは非常にすばらしいというふうに言われておりますが、ここに来てですね、この教育基本計画を策定するというその背後にはどんな動きがあるんでしょうかね。国からこういうものをつくってくれという方針ですけども、その国がこれをつくるその背後が必ずあると思うんですけども、どんな通達が来てこういう計画を、立てることはいいんですけども、理由があると思うので、通達の中身を一つはお聞きしたいと。
 それから、地域の実情に応じてということで、これは地域によっていろいろですけども、大河原町の場合は、これ地域の実情に応じてということでどんな方向での策定に、策定の中身ですね、協議していくわけですけども、その辺、頭の中に今ある描いているものというか、そうですね、あればちょっと簡単でいいのでお示ししていただきたいと。
 それから、第4条……学識経験者というのがありますけれども、非常に大河原町は学校の先生退職された方も多くの方たくさんいらっしゃいますけども、当然そういう方がなるのかどうかですね、何人ぐらい考えているのかと。
 それから、第4条に、この諮問にかかる審議が終了するまでとありますけども、何年ぐらいこれ見ているんですか。
 以上の点について伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) それでは、私の方から二つ、前の前段二つの分だけお話し申し上げます。後半については、学識経験者その他については課長のほうからお話し申し上げますが。
 この通達関係でありますが、先ほど課長申し上げましたように、18年の教育基本法60年ぶりの改正がありまして、その中で第16条の中にですね、3項のところに、地方公共団体はその地域における教育の振興を図るため、その実情に応じた教育に関する施策を策定し実施しなければならないということで、先ほど話申し上げました中身なんですが、これによって、とにかく地域、宮城県、県とか都道府県ですね、国のその方針、もちろん基本計画があるんですが、それに従って定めて、さらにそれを今度おろして地域の地方教育委員会の方でもそれをしなさいという努力事項なんですね。それで、必ずしもということではないんでありますが、私らほうでは、町の姿勢としてやはり一歩先行くという姿勢がありますからね、それで定めた方がいいのではないかということで、この方向になったわけであります。で、それで、努力事項と言いながらも、その中身については町の事情によってという先ほど話がありましたように、町の教育方針については町の行政の方針に従って教育を取り組むべきであろうというふうな考えがありまして、定めたほうがいいだろうというふうな方向になったわけでございます。
 事情によってというのは、特に今話したように特別なものではなくて、町の行政によったといいますか、町の地域の方々の教育に対する関心度などを勘案しながら教育の方向を定めていくべきであろうというふうに思っていますんで、特にこれからの教育につきましては、地域の方々のご支援を賜らなければ運営ができないような方向になっていきますので、特にそういうところを定めながら、いわゆる地域の私たちのほうの事情を勘案しながら考えていこうというふうなもとに始まったわけであります。そういう意味ですので、ひとつ、ご理解いただきたいと思っております。いずれにしろ、一歩先行くといいますか、前向きな姿勢で取り組んでいきたいというような思いでやっております。
 参考までに、私の情報としましては管内では川崎が1カ所ね、私たちより先に定まってしまってるんですが、そういうふうな情報を持ってます。したがって、私らは第二歩目になりますが、まあとにかく早目にというふうな思いで、一歩先は行けなかったんですが、そういう意味で何とか頑張ってみたいとこう思ってるわけです。ご理解ください。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 学識経験者についてのご質疑でございますが、今のところ、大学の教授をされてた方、前大学教授の方1名を予定しているところでございます。
 で、第4条に関しまして、審議が終了するまでということで何年間かということでございますが、日程に関しましては、今後会議等を重ねまして、途中でパブリックコメントを実施しながら、25年の1月に教育委員会のほうに答申を出したいと考えております。で、25年の4月からこの計画に沿って実施できるような計画でいたいと思っておりますので、24年度中の委員の委嘱という形になろうかと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 教育長のお話、お話というか、ご回答よくわかりましたし、この一歩先行くというところに非常に私も、教育の面でもね、そういう姿勢があるということでは大変期待をしておきたいと同時に、すべての面でやっぱし一歩先行くなんですよね、町長。ええ。そのことも改めて確認をさせていただくと同時に、その大学教授、どちらの大学なのか、それだけ教えていただければ。女性なのか男性なのか、そのこともお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 以前仙台大学で教授をされてた男性教授の方です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) まず、この基本計画なんですが、何年間というふうなめどがあるのかどうなのかね。その後、そのまた町の計画じゃないですけども、10年スパンとか、片っぽうは5年スパンとかあって、そういうものがあるのかどうなのか。さらには、基本計画というふうな形になってますので、その後実施計画みたいなのつくるのかつくらないのか。その辺、ちょっとお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 何年間かというご質疑でございますが、国のほうは10年間でつくっております。宮城県のほうも10年間でつくっておりますが、それぞれつくった年数がちょっとずれ込んできておりますので、国、県、それらを参酌しながら町の計画をつくるのに当たりまして、今回5年間という計画を計画期間として持っております。で、その後、また見直しをかけていきたいと考えているところでございます。
 実施計画についてでございますが、今のところは基本計画ということで、これの計画のみという形で考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 今度この委員会条例でつくられる委員会というのは、教育委員会の諮問を受けて答申をするという、そういう仕事の中身だというふうに思うんですが、諮問内容というのはあくまでも教育委員会の中だけで決めるのか。というのは、教育委員会の諮問機関ということになりますのでね。そうなのかどうか。違う。町の基本計画をつくる委員会ですけど、中身は教育委員会の提案に基づいてそれに答申をするという、そういう委員会の機能ということになるんだと思うんです。そうすると、諮問内容というのは直接的に大河原町が行政としてかかわらないかもしれないけども、諮問内容はあくまでも教育委員の限られた中でつくるということになるのかどうかということです。
 そして、会議というふうになってきますと、諮問があったときに開き、諮問内容について十分に話し合われなかったと、不十分だということも含めて、諮問内容について続けて会議をするということになるのかなというふうに思うんですが、大事なのは諮問内容をどこでどういうふうに煮詰めて提案されるのか。そこのところをお聞きしたいんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 大河原町の教育振興基本計画に関しましては、学校教育、それから家庭教育、それから生涯学習、スポーツ、文化、芸術、教育に関することすべてにおいての基本計画を策定する考えでおりまして、その諮問の内容どこで決めるのかというご質疑でございますが、教育委員会のほうで、諮問内容としましては今お話ししましたもろもろの教育にかかわる部分に関する諮問という形で行いたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) とすると、教育全般ということで、非常に広い範囲での討議を重ねながらこの計画策定委員会に諮問をするということになりますけれども、限られた、教育委員は5人でしたっけ、その中で統括するのが教育長ということに、教育委員長ということになって、そいで町の行政としては教育長ということになるわけですね。そうすると、町は、教育長は全くこの諮問内容についてはかかわらないというふうにとらえていいのですか。行政としてはかかわらないということです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) 私も教育委員の一人になっているのではないかと思うんで、一応そういうとこにかかわっていきたいと思っております。
 一応、教育委員会の中でのそういう全体的な話の中でもちろん教育全般の中身の諮問を申し上げまして、10人の中での検討をお願いする。もちろん10人の委員の方々は、先ほど話があった中での人数の中でのメンバーはそれぞれの分野の方々にお願いしてるわけですが、そういう広い範囲の方々での委員会ということになりますんで、ご理解いただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 諮問のことについてはわかりましたけれども、次のところの費用弁償に関してでは、小中学校の校長先生とか社会教育関係者というふうになっているこの方たちは除かれるということですか。一般的な、いわば教育委員会が適当と認める者ということが主たる、保護者並びに3条の2の(4)のところの人が主に該当するということになるわけですか。もちろん退職……ごめんなさい。退職された学識経験者並びに保護者、それから(4)の適当と認める者が、この費用弁償の対象者ということでいいのですか。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 第3条になります……ごめんなさい。報酬関係でございますが、まず、学識関係者、それから町立学校の保護者、それから社会教育関係者のほうにも報酬は出ます。あと、そのほか教育委員会が適当と認める者という形で報酬を考えております。学校の校長先生に関しては、職務の一環ということもございましてご遠慮いただくことになるかと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) この教育振興基本計画については、私はですね、個人的にですが、地方分権には丸っきり逆行した流れだと思います。18年の教育基本法の改正に伴ったものでしょうが、全国的に文科省のコントロールが強化されてですね、それに自治体が従うということは、地域の実情を踏まえた教育というのはなかなかかないにくいように思うんですね。特に、新設される家庭教育と幼児期の教育というものは、生涯を通した教育行政というの家庭に携わりますので、これ要望でいいんですが、地域の望む教育の実現に向けて、ぜひとも女性の視点とかそういったものを生かした形で、拙速に決めずに、2番目でも3番目でも結構ですから、じっくり見据えてこのことは進めていただきたいというふうに要望しておきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 討論なしと認めます。
 これから議案第43号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩いたします。
     午前11時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時14分  再 開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第44号 平成24年度大河原町一般会計補正予算(第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第10、議案第44号平成24年度大河原町一般会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯企画財政課長(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(加藤正明君) それでは、議案第44号平成24年度大河原町一般会計補正予算(第1号)の詳細について申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ7,773万円を追加し、あわせて地方債の補正を行うものであります。
 歳入歳出予算の内容について、事項別明細書により申し上げますので、8ページ、9ページのほうをお開き願います。
 まず、歳入でありますが、14款1項1目3節の子ども手当負担金と5節の児童手当負担金の増減につきましては、児童手当法の一部改正に伴う措置となっております。
 その下の2項3目2節の道路整備事業費補助金1,375万円につきましては、町道西幹線、これは広域農道になりますが、町道西幹線の橋本地区から中核病院までのアクセス道路として整備します、仮称でありますが、中核病院西線の設計委託に係る補助金で、補助率は55%となっているものであります。
 15款1項1目3節の子ども手当負担金と6節の児童手当負担金の増減につきましても、国庫負担金と同様の措置でございます。
 その下、2項3目9節の被災者健康支援事業補助金331万円につきましては、青年期健康診査に係る受診者の自己負担相当分が補助金として交付されるものであります。
 10ページ、11ページに移りまして、一番上になりますが、4目1節の緊急雇用創出事業臨時特例交付金560万円につきましては、震災等緊急雇用対策事業の拡充によるもので、4名を新規に雇用するものであります。
 その下の5目4節転作推進対策費補助金174万5,000円につきましては、補助金の交付が水田協議会への直接交付から町を経由するということになったことに伴うものでございます。
 その下の8目1節学力向上パワーアップ事業補助金35万円につきましては、前年度に引き続き交付されるもので、補助率は2分の1となってございます。
 次に、3項7目1節の伝統文化教育実践研究委託金21万8,000円につきましても、昨年度に引き続き交付されるもので、補助率は100%。その下の学び支援コーディネーター等配置事業委託金232万7,000円につきましては、これは新規で採択されたもので、補助率は100%となってございます。
 その下の17款1項3目1節の東日本大震災復興寄附金10万円につきましては、小学校への図書購入費用としての指定寄附でございます。
 一番下になりますが、18款2項1目1節の財政調整基金からの繰り入れにつきましては、今回の補正におけます歳入歳出における不足分として4,235万8,000円を取り崩すもので、この結果、現時点での現在高につきましては、24年度当初予算での取り崩し及び23年度での決算剰余金の積立額を差し引きいたしますと、現在高といたしましては12億6,727万4,000円となるものであります。
 12ページ、13ページのほうをお開き願います。
 20款5項5目3節の雑入でありますが、まず財団法人自治総合センターコミュニティ助成金680万円につきましては四つの行政区に対するもので、その下の長寿社会づくりソフト事業費交付金144万2,000円につきましては、健康増進計画策定に係る財団法人地域社会振興財団からの交付金となってございます。
 21款の町債でありますが、1項3目1節の道路整備事業債1,010万円につきましては、仮称でありますが、中核病院西線整備の設計業務に係るもので、充当率につきましては90%となってございます。
 歳出に移りますので、14、15ページをお開き願います。
 2款1項1目4節の労働保険料7万1,000円につきましては、緊急雇用の臨時職員に係るものであります。
 6目13節の旧不動保育所監視カメラシステム器材及び警備システム器材の撤去につきましては、15節のほうに計上してございます旧不動保育所の解体工事に伴うものであります。
 また、13節委託料に役場庁舎から出るごみの収集経費として、一般廃棄物収集運搬業務委託料21万円を計上してございますが、これは同様に、3款民生費の保育所や10款教育費の小中学校及び学校給食センターにも、一般廃棄物収集運搬業務委託料を計上してございます。このことにつきましては、これまで町民生活課の緊急雇用において直接収集運搬を行ってきてございますが、臨時職員がごみ収集の専用車でない車での収集運搬には実際に難しい作業となっておりますことから、7月のごみ有料化にあわせまして専門業者に委託するものであります。
 それから、町有地測量委託料といたしまして80万円を計上してございますが、払い下げの要望がございます金ケ瀬、川根地区で2カ所、それから五百地丁で1カ所に係る分として計上したものでございます。
 次に、7目14節のイントラネットサーバー賃借料774万6,000円についてでございますが、これにつきましては本来当初予算に計上すべき賃借料を計上していなかったということでございまして、これにつきましては大変申しわけなく、ここにおわびを申し上げる次第でございます。
 その下のパソコン賃借料68万8,000円につきましては、緊急雇用等の臨時職員も含め、職員の増加に対応するもので15台分となってございます。
 次に、19節のコミュニティ補助金680万円につきましては、記載してます四つの行政区における会議用のテーブル、それからイス、イスの収納台といったことに対します、購入に対する補助金となってございます。
 16、17ページのほうをお開き願います。
 下から四つ目になりますが、4款1項1目4節の社会保険料21万5,000円と7節の臨時職員賃金139万5,000円につきましては、職員の産休代がえに係るものであります。
 その下の2目予防費における7節から、次の18、19ページのほうに移りまして、13節の健康増進計画策定推進調査委託料50万円までにつきましては、健康増進計画策定に係る経費でありまして、これは全額が補助対象となっているものでございます。
 また、同じ13節に、青年期健康診査委託料として184万8,000円を計上しておりますが、歳入のほうで申し上げましたとおり、被災者特別健康診査事業として今年度に限り受診者の自己負担相当分が県からの補助となったものでございます。
 次に、5款1項2目の緊急雇用対策事業費につきましては、4節から14節までの合計で555万円を計上しておりますが、震災等の緊急雇用対応事業の拡充によりまして4名を雇用するのもので、これも全額が県からの補助となるものでございます。
 その下になりますが、6款1項4目19節の戸別所得補償制度推進事業事務費補助金174万5,000円につきましては、水田協議会に対する補助で、これにつきましても全額が県からの補助となっているものであります。
 20ページ、21ページのほうをお開き願います。
 8款2項3目13節の(仮称)中核病院西線整備工事設計委託料2,550万円につきましては、歳入で申し上げましたとおり、町道西幹線、広域農道になりますが、この町道西幹線の橋本地区から中核病院に至る町道の整備改良を行うもので、これにつきましては平成27年度の完成を目指すものでございます。
 次に、10款1項4目の学び支援員配置事業費として8節から、22、23ページに移りまして、12節までの合計で232万8,000円を計上してございますが、本事業は今回新規に採択されたもので、コーディネーター1人と相談員10人を配置しまして、児童生徒の基本の学びを定着させ、学力の全体的な向上を図るものということで、全額が県からの補助となってございます。
 その下の5目学力充実支援事業費の8節と11節で合計で35万円を計上してございますが、これは昨年度に引き続き実施するものであります。
 次に、2項2目大河原小学校教育振興費におきましては、県からの委託金21万8,000円を活用いたしまして伝統文化の教育を昨年度に引き続き実施するものであります。
 その下、3目15節の工事請負費142万6,000円につきましては、南小学校の校舎2階部分の壁の亀裂について夏休みの期間を利用して改修するものでございます。
 24、25ページのほうをお開き願います。
 4項2目の中央公民館費におきまして11節から、26、27ページになりますが、16節までの合計で62万円を計上してございますが、これは公民館利用者の利便性の向上のために、近隣の民有地約600平方メートル、これを借り上げまして24台収容の第2駐車場として整備するものであります。
 次に、5項2目体育施設費の11節修繕料104万5,000円につきましては総合体育館における男子トイレ5カ所の修繕費用でありまして、その下の18節グラウンドレーキの購入につきましては、これは東部グラウンドに使用するものでございます。
 最後は、11款2項1目13節の凍上災害復旧事業査定測量設計業務委託料400万円についてでございますが、これは町道西幹線、広域農道になりますが、それから小山田堤線を対象とした設計の委託となってございます。
 以上で詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、ページは8ページ、9ページです。
 1の民生費国庫負担金の子ども手当、それから児童手当に関することですけども、国のその法のですね、一部改正に伴うもので、子ども手当についてはここにあります2億5,784万1,000円が減になって、新たに今度は児童手当になったわけですけど、これが大体同額の2億3,837万2,000円になっておりますけれども、これはですね、手続が必要なんですけれども、何かちょっと国の資料を見たときに、2月末現在で全国で約50万人の方がですね、申請していないというのをちょっと見たんですが、我が町ではこれ漏れなく申請されているんでしょうか。たしか6月、この申請をたしか6月も過ぎ、今6月ですね、この今月にこの現況届をしないと6月以降か受けられないというふうに、ちょっと私が知り得た情報ではそういうふうになっておりますけど、我が町は大丈夫なのかどうかですね、その辺の状況も含めて伺いたいというのが1点です。
 それから、その下の3の衛生費県補助金ですけれども、この被災者健康支援事業補助金、結構なことですけども、これ後で歳出に全額出てきますが、この被災者健康支援事業で青年期分というふうになっているというのは理由は何なんですか。被災者で健康を支援するとすれば、子供さんからお年寄りまでいるんですけど、この青年期になっているということがちょっとよくわからないので、こういうふうに特定されている理由を教えていただきたいというのが2点です。
 それから、次のページ、労働費県補助金ですけれども、4名ほど今回追加で緊急雇用でなっておりますけれども、労働分野ですけども、どんな仕事に携わる臨時職員、緊急雇用の職員なのかですね、伺います。
 それから、その節の4転作推進対策費補助金ですけれども、これは今まで直接から、今度は町を経由することになっておりますけれども、その理由は何なんでしょうか。教えていただきたい。
 それからですね、ページ飛びまして14、15です。
 財産管理費の中の委託料の一般廃棄物収集運搬、これは7月からのごみの有料化にあわせて各保育所とかいろいろ出てきておりますけれども、この業者はですね、今町で業者かわりましたけれども、その業者なんですか。そこに委託するんでしょうか。そのことですね。
 それから、15の工事請負費の1,000万円、いよいよ障がい者の施設に向けての動きが具体的に出てきているわけですけども、これは1,000万円というと、あそこ全部解体するということだと思うんですけれども、当初は増改築とか何かいろいろあったんですけども、これはいよいよ全部これ解体というふうに受けとめていいんですか。そうしますと、大分今後の動きも具体的になってるのかなと、現時点でどの辺まで進んでるのかですね、解体していつから工事着工になるのか、その辺も、今の時点での状況を伺います。
 それから、20ページ、21ページのですね、8、節の8報償費の中の新規で学び支援員配置事業費というのが出てきました。これは教育基本法の今度の策定とはこれまた違ってなんですけど、この関連があるのかどうかというのと、それから、この報償費の中に学び相談員謝礼100万円ということで、100万ですね、これ、かなり、謝礼もそうですけれども、コーディネーター、この辺のもう少しこういうふうに予算化した内訳について教えていただきたい。
 それから、26、27の社会教育費ですけども、先ほども説明ありました14使用料及び賃借料のこの駐車場、結構なことですけれども、これは1年契約ですか。その契約の内容と坪単価、これ幾らでなっているのか。これ、3.3で割ればいいんですけど、ちょっと計算してないのであえて教えていただきたい。というのは、あの辺でもあれば貸したいという方も、全く近くではありませんけど、あるので参考までに教えていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯子ども家庭課長(倉繁正弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(倉繁正弘君) 子ども手当関連のご質疑なんですけども、一つは手続をどのようにするかということなんですけども、子ども手当法から児童手当法に変わりましたので、今回新たに現況届というものを実施、今現在しております。それで、先ほどお話に出ました2月時点で50万人の未手続者ということなんですけども、これは前段の子ども手当の特別措置法の段階での未手続者であると思います。それで、特別措置法関連での当町におきまして、この2月ころにおきましては3名ほど手続をしていない方がおりました。以後、この3名の方が手続きしたかどうか把握してませんので、後で万波議員のほうにお知らせしたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 同じ8ページ、9ページの3項の民生費県補助金の被災者健康支援事業補助金でございますが、これにつきましては今回あの東日本大震災に係る災害救助法の適用を受けた被災地の被災者の方に対する宮城県の事業でございまして、その事業の中身にですね、18歳以上39歳以下の県民に対して事業の支援を行うということになってございます。当町におきましては、青年期健康診査ということで毎年ですね、20歳から39歳の方を対象に行っております。で、県の方に確認しましたところ、これまでのその通常の健診にでもですね、対象になるということをいただきましたので、人数にしますと630人なんですけれども、予定の630人の健診委託料という形の中で331万円を見込んだところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 10ページ、11ページの4目の労働費県補助金でありますが、どのような職種というふうなことなんですけども、これにつきましては一般事務的な補助ということで2名、それから公共用環境整備事業という、現場系になりますけども1名、それから児童センター1名というふうなことになっております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯農政課長(八島幸男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(八島幸男君) 同じく10ページ、11ページの転作推進対策費補助金の補助金交付ルートの変更でございますが、政府行政刷新会議からのご指摘により、都道府県から直接、協議会に直接補助金を交付することはできないというご指摘がありましたので、これにのっとって交付ルートが変更になったものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 14、15ページの財産管理費委託料の中の廃棄物運搬委託料につきましては、現在お願いしておる業者にということではなくて、新たに入札で決めたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 15節の工事請負費、不動保育所解体工事1,000万円について、私のほうからちょっとお話をさせていただきたいと思います。
 解体につきましては、建物をすべて解体するということになってございます。これまで一部利用というお話もさせていただいたところでございますが、構造的に難しいということで、業者のほうも県土木と相談に行ったこともございまして、県のほうから難しいという判断がございました。そんな形で、施設についてはすべてを解体して、新たに施設を建てるというふうな形になってございます。
 ご存じのとおり、この敷地につきましては文化財が埋蔵されている可能性がございます。で、今回の解体工事と合わせしまして、敷地といいますか、そんな形で対応することも考えてございます。出なければ、すぐに埋め戻して次のステップに踏むということになりますが、仮に本格的な発掘になりますと2カ月ぐらいというふうな県のお話もいただいてるとこでございます。
 今後のスケジュールにつきましては、基本的に補助の絡みもございまして、ことしの12月ごろまでにはですね、その民間の事業者になりますけれども、県との協議を行いたい。そこで多分内示みたいな形が出るかというふうに思ってますんで、9月ごろまでにはですね、解体作業のすべてをですね、終わるようなことができればなというふうには思ってるとこでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 20ページ、21ページの学び支援員配置事業に関してでございます。先ほどの大河原町教育振興基本計画と関連があるのかというご質問ですが、関連はございません。
 この学び支援コーディネーター等配置事業に関しましては、被災地に対する100%の事業ということで当初大河原町では申請をしておりませんでしたが、2次募集がございまして、そちらのほうに申請をさせていただいているものでございます。で、予算化の内訳についてということでございますが、まず、学び支援コーディネーターという方を1名考えております。7月から3月までの9カ月の謝礼としての予算を載せさせていただきました。それから、学び相談員の謝礼といたしましては、10名を予定しておりまして、1週間に2回学校に2人ずつ行っていただくという計画で考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯生涯学習課長(高橋 弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(高橋 弘君) 26ページ、27ページの公民館のですね、第2駐車場の件でございますけれども、坪単価ということでございますけれども、土地の賃借の算定の考え方といたしましてですね、財産の効果、譲渡、無償に関する条例ということの第8条の別表によりましてですね、一応土地の評価額の4%に相当する金額ということで、実際に使える使用面積が600平方メートルということでございますので、中央公民館のですね、駐車場といたしまして1カ月間ですね、1平方メートル当たりですね、64円25銭、坪当たりに換算しますとですね、212円となってございます。それに600平米を掛けますとですね、月額として3万8,550円の9カ月分、7月1日から3月31日までということの契約となってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、最初の子ども手当ですけれども、先ほど課長も言いましたけども、ことしの3月までは特別措置法で子ども手当が支給されてたけど、この4月からこの児童手当に変わったわけですね。それで、2月のこれは時点で、今度は子ども手当のですけども、3名いるということで、この3名の方がきちんとすれば我が町は何も心配ないということでいいんですね。安心しました。
 それからですね、青年期のこの健康ですけども、これもわかりました。それで、630人ということで、加えて新たに今回国のほうで331万なので、大いにこの制度を活用して健康維持されてほしいなと願っているんですけど、この青年期の、何ていうんでしょうか、受診率ちゅうのはどうなんですか。これでかなりアップされればいいなと思ってるんですけども、その辺、現状とあわせてどんなふうに、通知、どんな通知されるのかわかりませんけれども、やっぱ多くの方にこの事業で健康増進図っていただきたいという観点から、今再度伺っております。
 それからですね、何かちょっとさっき転作の、ごめん、課長さん、早くてちょっとよく理解できなかったので、ちょっともう一度、交付ルート云々というふうにあったんですけど、ごめんなさい、ちょっと聞き逃したので、再度もう一度その点をお願いします。
 それからですね、14、15のこの一般廃棄物ですけど、これは業者が今委託してる先と違って新たにということですけど、何社考えているんですか。そうすっと、これはことしの分ですよね。来年になるとまた入札でというふうに考えていいのかどうか。
 それとあわせてですね、この一般廃棄物といいますか、今町内で集積所で業者が回収してますが、業者が変わったことによって、これ関連になりますけども、時間帯がちょっと大分、例えば私本町1区に住んでますが、8時半までなんですね、今。8時半になるとピタッと来るんですよね。ところが今若干区内の中でも時間がずれていて、「えっ、どうしてなんだろう」ということで、業者が変わったからだけではちょっと何か納得できないような状況あるので、その辺、業者が変わることによって回収の、違う、収集の時間も大分変わったのかどうか、関連してちょっとお伺いしておきたいちゅうふうに思います。
 それからですね、20、21についてですけれども、報償費の内容わかりました。それで、どんな方が、メンバーはどういう方がなるんですか。町内の方なんですか。これはこれでとても被災地にということで大変いい事業で、私も大いに期待をしてるところですが、メンバーについてどんなふうな人選されるのか、教えていただきたいちゅうふうに思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 8ページ、9ページの被災者健康支援事業でございますけれども、通常、毎年ですね、青年期の健康診査ということでとり行ってございます。で、受診率につきましては非常に、何といいますか、対象者は3,000幾らに、何人かはいるんですけれども、基本的に各家庭に「受診しますか、しませんか」というふうな形の中で問い合わせをしているとこでございますが、なかなか回答もいただけない状況がございまして、本年度の当初の状況を見ますと約900人ぐらいの方にですね、受診して、100%の場合ですね、いただけるのかなというふうに見込んだところでございますが、ところが、やはり受診率からいきますとそれも難しいであろうということで、一応500人というふうな形の中で当初予算は設定させていただきました。
 で、今回この事業が無料で受けられることになりますので、ある程度申し込みもふえるということで、冒頭申し上げました130人をプラスした630というふうな形の中で、その他の経費も合わせまして331万円ということで算定したものでございまして、ぜひとも受診の増加につながっていただきたいと思っておりますし、6月の15日のお知らせ版にもですね、受診お願いするような形で掲載することにしてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯農政課長(八島幸男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(八島幸男君) 11ページの転作推進対策費補助金の補助金交付ルートについての再度のご質問でございますが、政府行政刷新会議におきまして、都道府県から地域協議会に直接補助金を交付することは望ましくないという指摘がございまして、それにのりまして農水省からのご回答というか通知がございましたので、それにのっとってやっているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 15ページの収集運搬業務委託料ですけれども、これにつきましては、町内に登録してございます5業者によって新たに入札ということで考えてございます。で、来年度におきましてもその際入札というふうに考えております。
 また、収集時間が変わったということでございますけれども、原則8時半までにごみを出していただきまして、その前の業者と今度の業者は車庫の位置が違うと思いますので、その業者によって収集ルートを策定してございますので、若干といいますか、時間の誤差は出てきてるものと考えてございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 学び支援員の報償費に係る再度のご質疑でございますが、まず、学び支援コーディネーターといたしまして、まだ人選は決定はしてないわけでございますけれども、できれば学校の先生をやめられた方をコーディネーターとして配置させていただきまして、学び相談員に関しましては大学生等の学生を配置したいと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 青年期の健康支援事業でありますけれども、これ6月15日のお知らせ版ということで間もなくですが、これはお知らせ版だけなんですが、それぞれ対象者に通知もあわせてするんですよね。その辺。せっかくですから、見落としたってならないようにしてほしいので、周知は十分ということで個別にも通知していただければなと私は思ってるんですけど、その辺は考えていますか。
 それからですね、一般の廃棄物の収集についてですが、区長会もあると思うので、できたらその辺の周知もですね、今何か車庫の位置とか、それから収集のルートも若干とありましたけれども、その辺で区長会でもお話をされているのかどうか。やっぱ周知をしていただけると住民も理解するのかなと。何かやっぱり若干でも違うと、「あれ、どうしてなんだろう」ということで、いい解釈はしないんですよね。それで実情がわかれば、またそれなりに行政区によっては集積所に当番制でね、輪番制でこうやってるとこもありますし、かなり地域によっては違いますけれども、周知の徹底をしていただければというふうに思いますが、その辺考えているのかどうかですね。
 それから、最後に、支援員の配置の事業ですけれども、これは学び相談員、これ10名ですから、割ってお一人これからの期間10万円ということなんですか。そういうふうにお一人なるというふうに素直に理解していいのかどうかですね。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 青年期の健康診査の個別通知の件でございますが、ちょっと確認をさせていただいて、後で答弁させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 初めのころは確かに問い合わせもありました。その都度ご説明をさせていただいて、最近では大分少なくなってはございますが、おっしゃられますように、区長さん等を通じまして、さらに再度皆さんにお知らせするようにしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 1人10万円になるのかというご質疑でございますが、この事業に関しまして、学び支援コーディネーターの単価、それから学び相談員の単価というものが県のほうから示されております。で、学び支援コーディネーターの単価といたしましては1時間当たり1,480円、相談員に関しましては1時間当たり1,000円という単価が示されておりますので、それに沿って予算を計上させていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 8、9ページです。
 民生費国庫負担金の歳入についてですけども、子ども手当から児童手当になって、今度は所得制限が入ってきました。夫婦と児童2人世帯で960万円までが対象ということで、それ以上の世帯は当分の間特別給付として5,000円、月5,000円ということになります。で、特別給付に該当する人は、この補正予算の時点でどのくらいいらっしゃるのかということですね。今度は金額も一律1万3,000円から、3歳未満は1万5,000円、3歳から小学校終わるまでは1万円、それは第1子、第2子、第3子以降は1万5,000円、中学生は1万円というふうに、減額する部分と少々、2,000円増額になる家庭とがあるわけですけども、960万円以上の所得のある特別給付対象者はどのくらいになってるのか。
 そして、児童手当負担金の全部2億3,837万のこの人数は何人ぐらいで予算の国庫負担金として入ってくるのか、説明いただきたいと思います。
 それから、教育費の中ですけれども、一般廃棄物収集運搬業務委託料、これは7月からの有料化に伴って特別こういうふうに予算を組まれるようになったんだと思いますが、これまではどういうふうに扱われていたのかということ、もう一度お聞きいたします。
 それとですね、20ページの土木費ですが、中核病院西線整備工事設計委託料、こういうふうになって補正予算組まれていますが、この説明資料を出していただいたらよりよかったなということで、資料を提供していただくわけにいかないのかどうかというのをお聞きしたいと思います。
 以上、3点です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯子ども家庭課長(倉繁正弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(倉繁正弘君) 児童手当の所得制限のされる世帯といいますか、数ということなんですけども、保護者の数で23名という形になっております。
 それから、今回の支給の総人数なんですけども、延べ人数なんですけども、3万2,275人という形になっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 一般廃棄物の収集業務につきましては、現在、役場等含めまして町内の各施設、緊急雇用の職員が収集してございます。詳細説明でもありましたように、専用車でないもので集めておりますので、作業が非常に困難なことや、その作業そのものが危険なことということですので、7月からは業者に委託して収集をお願いしたいということで考えておったわけでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 中核病院西線の設計の説明資料ということでございますけども、今の段階でまだ概略の資料ということでございます。今年度実施設計ということを踏まえまして、今後その地権者等々の説明会、各部落の説明会をいたしまして、あわせて県のほうの交通安全のほうも協議もするということでございますので、概略というような形での資料につきましてはお手元にありますので、後で資料のほうの開始はさせていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 昼食のため、休憩します。午後1時から再開します。
     午後 0時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 9ページです。
 先ほど担当課長の説明で、所得が960万円以上の世帯の親御さんは23人ということですが、子どもの数にして一体何人になるんでしょうかね。というのは、税金の関係もありますけれども、人数ちょっと知りたいと思います。
 それから、17ページです。
 一般廃棄物収集運搬業務委託なんですが、これまで臨時職員が運んでいたということですが、今まで委託していたごみ収集業者ですね、今年度じゃなくて昨年度までです。その業者がこれまではこの収集を行っていたのとは違うんですか。一般廃棄物ですので大河原衛生センターに持ち込むごみだと思うんですけれども、それを含めての前年度までの業者やっていたのではなかったんですか。初めて、私も認識不足ですけれども、臨時職員が運んでいたというのは非常に意外でしたので、その点ですね。そして、今年度から有料化になることを前に、特別新たに業者に委託をするということになって、説明ではなっているようなので、そこのところもう一度詳しい説明をお願いしたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯子ども家庭課長(倉繁正弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(倉繁正弘君) 所得制限の子供さんの数ということなんですけども、これも延べ人数で申しわけありませんけども、260名になっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 一般廃棄物につきましては、家庭から出ます家庭系ごみと、あと事業所から出る事業系ごみというのございますが、今まで収集業務に携わっていた業者の方は、大分前ですけども、直営で町が集めていたときから業者の方に委託するその移行の際に、家庭ごみと一緒に役場なんかのごみもご厚意で集めていただいてたようでした。ただ、業者がかわりまして本来の姿に戻すってことだったわけですけども、急なこともございましたので、暫時緊急雇用の方に4月から回収をお願いしていたと。本来、私のほうでお願いしてます緊急雇用の方につきましては、町営墓地の維持管理とか集積所の環境美化についてやっていただいたり、さらには不法投棄の防止パトロールなんかを主にお願いする予定でしたけども、暫定的にその方たちに収集をお願いしてるというようなことで、昨年までは前の業者の方のご厚意でもって集めていただいたというようなことでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 初めの子供の人数については260人ということで理解いたしましたが、17ページの一般廃棄物の収集運搬業務委託料ですが、説明の中身はわかりました。ところで、この例えば桜保育所の29万、児童館の6万、児童センターの3万などという金額なんですが、ごみの量としてはどのくらいあってこの料金に、委託料になったのか。そこのところをご説明いただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 5月、6月に各施設から出ますごみの量から案分いたしまして、このような数字でもって計上させていただいておりました。で、給食センターの場合ですと燃えるごみ、野菜の残渣等が主なわけですけれども、燃えるごみにつきましては火曜日と金曜日に回収してございますが、給食センターだけに限って言いましても1日大体600キロから700キロくらいのごみが出ておりました。で、当然大河原小学校、大河原中学校も多いということはそれだけ規模が多いってことで、このような数字になってるわけでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 万波議員の補正予算にかかわる再答弁をしたいとの申し出がありましたので、これを許します。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) ページ、8ページ、9ページでございます、被災者健康支援事業に係る本町の青年健康診査につきまして、個別通知の質問がございました。その件とですね、それからあわせまして、答弁した内容に一部訂正をしていただきたいことがありますので、あわせてお話をさせていただきたいと思います。
 まず、個別通知にいたしましては既にもう900人の申し込みが本年度はあるんですね。でして、その方については8月に受診票みたいなものを送付する予定でございます。したがいまして、3,000人ぐらいの対象人数はおりますけれども、申し込みされてない方につきましては、お知らせ版で確認をしていただきたいということでございます。
 それから、お知らせ版につきまして、周知6月15日と申し上げましたけれども、7月1日にですね、掲載することになってましたので、訂正させていただきたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) ページ、15ページですが、財産管理費の中の旧不動保育所監視カメラシステム器材撤去委託料4万2,000円になってるんですけども、これ、つけてまだ間もないと思うんですけども、再利用というのを考えてるんだかどうなのか、まず第1点。
 それから、第2点は、その下の町有地の測量委託料80万ですが、川根と五百地丁というふうなことなんですけども、それぞれ何平米なのか、教えていただきたいと思います。
 それから、21ページの土木費の中の道路新設改良費、これ、ちょっと町長にお聞きしたいんですが、(仮称)中核病院西線整備工事設計委託料2,550万、これは前に聞いたところ何かほの救急車等が入るのに農道っていうかあっちを通って来たほうがこっちのほうが早いから整備するんだみたいなようなちょっと話を聞いたことあるんですけども、もちろん社会資本整備総合交付金などの国庫のあれはあるんですけども、この構成市町の負担というのはこれ、ないのかどうなのかね。中核病院のために使うということであるならば、その辺の整備の負担額というのは何ぼかあってもいいんじゃないかなと思うんですけども、この辺お聞きしたいと思います。
 それから、27ページの社会教育費の使用料及び賃借料ですが、これですね、600平米、24台はわかったんですが、場所はどこでだれから借りるのか、その辺を教えていただきたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯企画財政課長(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(加藤正明君) 15ページのですね、旧不動保育所の監視カメラにつきましては、まだまだ使えるということでございますんで、一応ですね、仮称ではありますが、世代交流プラザのほうに再利用させていただきたいというふうに考えております。
 それから、町有地の測量でございますけども、川根につきましては雑種地で330平米、それからもう一つがですね、赤道で112平米。それから、五百地丁は雑種地で73平米となってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいまの(仮称)中核病院西線整備工事にかかわるご質問でございますけれども、中核病院が地域医療再生基金を活用して、地域救命救急センターにつながる三次救急を進めていくということが決まり、今工事が始まってるわけでございますが、その件がはっきりした段階で、県に対しまして救急搬送のための直接入れる道路の整備を強く要請していたところでございました。県は即座に「その件については理解できますので、実施します」という返答でございましたが、震災の関係で実は1年このような措置がおくれたところでございます。で、整備されます道路は町道になるというふうに理解しておりますので、救急搬送のために非常に大きな役割を果たす道路ではあるわけですが、一部町の負担が生まれることについてはやむを得ないのではないかというふうに、私自身は考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯生涯学習課長(高橋 弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(高橋 弘君) ただいまのですね、中央公民館の第2駐車場の場所ということでございますけれども、旧柴田印刷さんの跡でございます。現在の所有はですね、町内にあります長谷歯科さんの所有となってございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) 柴田印刷所の跡っていうことになると、結構遠いんじゃないすか。利用する利用者の利便のためと言っても、確かに駐車場狭いのはわかるんですけども、その駐車場を確保するのはいいんですが、少し遠いんではないかと思うんですよね。例えば、旧鈴由さん跡ですか、跡地だと結構広いし、桜まつりとかそういうふうなときなんかは、逆にあそこを駐車場として解放できるんでないのかなと思うんですけども、何でほんな遠いとこさ、つくったんだか、その辺のところをちょっとお知らせしていただきたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯生涯学習課長(高橋 弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(高橋 弘君) (聴取不能の声あり)確かにですね、歩いてですね、二、三分のところでございますので、ちょっと付近を考えたんで、ご了解をいただきたいというふうに思ってます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) 私が言いたいのはね、同じく借りるんだったらもうちょっと有効活用ができるような場所のほうがいいんじゃないかと。して、近くがいいんじゃないかということなんですよ。1分って後ろの方で言ってますけども、1分だっとこったら同じく鈴由の跡だって1分で行けるんでないかと思うんです。だから、ただ同じく使うんだったらば町の駐車場としてもね、使えるように、商店街の駐車場としても使えるような形で持ってったほうが、私は利便性があるんではないかというふうに思ってるんですけども、その点もう一度。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯生涯学習課長(高橋 弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(高橋 弘君) 確かにいろいろ考えたわけでございますけれども、ちょうどその場所がですねあいておりましたので、こちらのほうでそれで判断させていただいたということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 15ページのですね、2款総務費の企画費の中のですね、19節の負担金補助及び交付金の中で、今回4行政区ということで、ずっと以前からやってますから大体そろそろ行き渡ってるんではないのかなと思うんですが、あと残り何行政区ぐらいあるのかと、前回、予算委員会の中か何かで質問させてもらったんですが、例えばこの補助金がなくなっても残りは一般財源でやるっていうような話、企画財政課長のほうからいただいたと思うんですが、その変わりはないのか、その辺ご確認と、あと、21ページの土木費の中で先ほどの中核病院関係の道路なんですが、これは改良延長約どれぐらいあるのか、それだけ教えてください。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯企画財政課長(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(加藤正明君) 15ページのコミュニティ補助金の関係でございますが、現在のところですね、生活センター入れて残り六つの施設になってございます。
 したがいまして、もしですね、このまま順調、順調というとあれですけども、2年なり3年以内では該当していただければ非常にありがたいと思ってますが、万が一その補助金に該当しないような場合がありましたら、一般財源のほうで対応させていただきたいということにつきましては変わりはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) (仮称)中核病院西線の改良延長でございますけども、約1.1キロほどございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) コミュニティ補助金ですね、今まで申請あったときからずっと順繰り順繰りやってきたと思うんですが、この今の順番、ここに来てどうのこうのって言いたくないんですけども、またうちのほうの行政区来てなかったもんですから、どういった順番でやってきたのかなと思って、その辺、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯企画財政課長(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(加藤正明君) これにつきましては、毎年行政区長さんのほうにご案内を差し上げて、その区長さんの中から申請のあった順番にということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 小さいことなんですが、ページ、27ページ、教育費の中の18備品購入費グラウンドレーキ、これは東部グラウンドだとお聞きしましたが、何台買うのか。これ、ちょっと足りてるのじゃないのかなというふうに思ったんですが、詳しく説明してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯生涯学習課長(高橋 弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(高橋 弘君) 今回のですねグラウンドレーキの関係でございますけれども、結構ちょっと大型なものでですね、車でも引ける形のような形のほうでですね考えてございます。それで、つめなんかもついてほぐしてですね、均等にする形で、ブラシで仕上げるというような形のようでございますので、重量については60キログラムでですね、幅がですね、85センチの作業幅が1.6メートル、高さが30センチのものでございまして、大変有効であるというふうに考えてございましたので、計上させていただきました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) じゃ、それは係の方が専用の車で引っ張るものということに受けとめてよろしいのか。それとも勝手に、こちらのほうでもグラウンドを使って、後でこういうもの使いたいとなれば車とかすれば使えるように受けとめていいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯生涯学習課長(高橋 弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(高橋 弘君) こちらのほうでですね、そのグラウンド状態を把握をいたしましてですね、見ながらですね、職員のほうでですね、かけていきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) わかりました。
 最後に、要望1点なんですが、東部グラウンド等々山の方からは一切、私ずっと見てるんですが、山の方からは一切蛇は来てません。最近、用水堀からほぼ、さぎ沼用水通じて蛇がいっぱい来てますんで、今月の30日も落成式あると思うんですが、しっかりとこちらの、どっち側、東側というのかな、あの斜面の草刈りをきちっとやってもらっていただければ非常にいいのかなと思うんです。本当に山のほうから来ると思ったら、全部用水堀のほうから100%来てるので、できれば、私つかんで処理してるもんですから、蛇をつかむようなものも用意していただければ非常に助かりますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 討論なしと認めます。
 これから議案第44号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 放射線から住民を守る特別委員会中間報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第11、放射線から住民を守る特別委員会に付託中の調査について、特別委員会中間報告の件を議題とします。
 放射線から住民を守る特別委員会から、中間報告をしたいとの申し出があります。
 お諮りします。本件は、申し出のとおり報告を受けることにしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、放射線から住民を守る特別委員会の中間報告を受けることに決定しました。
 放射線から住民を守る特別委員会委員長の発言を許します。
 委員長半澤敏美君、登壇してください。
     〔放射線から住民を守る特別委員会委員長半澤敏美君 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯放射線から住民を守る特別委員会委員長(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯放射線から住民を守る特別委員会委員長(半澤敏美君) 放射線から住民を守る特別委員会の中間報告を行います。
 昨年3月に起きました東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、平成24年3月15日の本会議におきまして、放射線から住民の健康と生活環境を守るために大変重要だとし、当委員会に審査を付託されました。
 委員会設置当日、第1回目の委員会を開き、委員長には私、半澤敏美が、副委員長には山崎 剛議員が選任されました。
 2回目は3月19日に放射能対策室での対応と対策について、第3回目は4月11日に大河原町除染実施計画について、4回目は5月25日に住民説明会の様子について、各執行部の関係職員をお呼びし、説明を受けたところであります。
 調査の結果、当委員会では、1、高圧洗浄機を町で購入し、町民に貸し出してはどうか。2、除染に携わる行政区に補助金の交付を検討すべきではないか。3、飛散による内部被曝が心配である。子供たちにマスクの着用を義務づけてはどうか。4、土壌調査の徹底をすべきではないか。5、汚染状況の線量マップを一目でわかるようにカラー化できないか。6、学校給食食材の事前検査と全品検査を実施してはどうか。7、側溝の線量調査はどのようにするのか。民間委託にすることについて考えがあるかどうか。8、住民への除染説明会に町長、副町長が参加すべきではないか。9、土壌の放射線の値が高い場合の処理の指導をどのように考えているのか。除染した土壌の仮置き場でできる時期を示してほしい。11、子供たちの健康調査について町の方向性を再度示してほしい。12、畜産の飼料が基準を超えた場合、補助等について町独自の考えを示してほしい。13、住民説明会での資料は大きな字体でわかりやすく作成してほしい。14、除染土壌の仮置き場の対象となる地区住民に対する十分な説明を実施してほしい。15、空間線量の測定については地表の値を公表できないか。
 以上の15項目を二度にわたり文書で町長へ申し入れを行って来ているところでございます。今後も引き続き、調査を継続し、住民が安心して日常生活が送られることが大切でありますことから、議会としての意見が執行部に反映されるよう強く提言を行ってまいりたいと考えております。
 以上、申し上げ、調査結果の委員長中間報告といたします。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) ただいま、委員長より中間報告がありました。
 委員長報告に対する質疑については、議会先例集88の規定により省略します。
 これより討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 委員長は自分の席へお戻りください。
 これより採決を行います。
 この採決は起立によって行います。
 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 起立多数です。
 よって、委員長報告のとおり可決することに決定しました。
 ただいま決定した放射線から住民を守る特別委員会中間報告は、議長より町長に送付いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議発第1号 生活再建に至らない東日本大震災被災者の医療費自己負担
                 免除の継続を求める意見書

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第12、議発第1号生活再建に至らない東日本大震災被災者の医療費自己負担免除の継続を求める意見書を議題とします。
 本件について趣旨の説明を求めます。提出者万波孝子さん。
     〔11番 万波孝子君 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 万波孝子です。
 では、生活再建に至らない東日本大震災被災者の医療費自己負担免除の継続を求める意見書の趣旨を申し上げます。
 東日本大震災により大きな被害を受けた被災者に対する医療費一部負担金、医療機関での窓口負担免除の扱いは、延長されたとはいえ、2012年9月30日が期限とされております。福島原発事故の避難者は、2013年2月28日が期限になっております。被災地においては、雇用の確保、生活再建が進まない中で体調不良や持病悪化などが慢性化しております。自己負担免除期間が区切られている状態では安心して医者にかかれません。未曾有の大災害からの復興には長い時間がかかるとともに、被災者の不自由な仮設住宅での生活、将来不安などにより、一層の健康悪化が心配されております。
 つきましては、国の特別な措置として生活再建に至らない被災者の医療費一部負担免除を継続することを求めるものであります。
 内容については、先ほど申し上げましたように、生活再建に至らない東日本大震災被災者の医療費一部負担金免除期間を9月末日で区切らず、継続することであります。
 以上、申し上げて趣旨説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 質疑なしと認めます。
 提出者は議席にお戻りください。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、議発第1号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     就任のあいさつ

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 代表監査委員永井昌利君より、就任に当たりあいさつをしたい旨の申し出がありましたので、先例集35の規定によりこれを許可します。代表監査委員永井昌利君。
     〔代表監査委員永井昌利君 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯代表監査委員(永井昌利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯代表監査委員(永井昌利君) どうも、永井でございます。
 何か初めましてというわけにもまいりません。前、今までの4年に続きまして、このたびまた町長のご推薦いただきまして、また皆様方にご信任いただいたそうで、ありがとうございますというわけにもまいりませんが、いただいたそうでございます。
 で、もとより信任ですから1票1票にもですね、もとより私は聖人君子でもなく、またある意味では町長が所管する行政が、特に財務の処理においてそれが十分に町民の負託にこたえ、そしてまた仮にも批判を受けるようなことのないように、堀江監査委員あるいはその前の安藤監査委員時代の方と、この4年間尽くしてきたとは思っております。そういう意味においては、ある意味で町長の味方であります。しかしながら、ですから、聖人君子でもなければ、そういう立場でもありますから、同じ信任の1票についてもですね、まあ49ぐらいはだめだけど残り51ぐらいいいかということで、だから今回ご信任いただきましたその皆様方の総意の中にもですね、半分ぐらいは批判が入ってるんだということを承知した上で、お引き受けしたいと思っております。で、しかしながら、一たん任命を受けますと、これ以上はもう従来どおり、地方自治法に基づきまして公平公正にやっていきたいと思っております。
 ところで、ごあいさつということでございますので、現在の気持ちというか、笑わないで聞いてほしいんですが、実は秦の始皇帝なんていうとお笑いになるかもしれませんが、実は大まじめな話でございます。で、たまたま本を読んでおりますと、やっぱり監査委員やってたもんですから、どうしてもそういうところに目が行くようになります。前は、秦の始皇帝というとこう7か6カ国滅ぼして統一した極悪人というふうに言われてたそうですが、今改めましてある本を読み直してみますとですね、実はこの世界で一番早く律令国家、つまり法治の国家をつくった方であるわけですね。で、その方はですね、三公、三つの公、その組織として、一つはいわゆる丞相、今で言えば総理大臣でしょうか。それから太尉というのは軍隊ですね、軍隊というか警察というか、軍務をつかさどる人。それから、もう一つの親玉はですね、大史夫っていうんですね。これ、中国には伝来的なものだそうですが、そう書いてあるんです、本に。私が言うのではありません。
 で、それは行政の監察官ですね。弾劾するところです。その軍隊であろうと行政であろうと、つまり悪い官僚がいたらそれを皇帝に、あのころは皇帝ですから「あれはだめだ」と、こういうふうに進言するとこなんですね。つまり最も早くこの世界にできたその官僚、要するに統治組織の中で、そっから初めっから、もういわゆる今の何か監査みたいなものあったんだそうですね。実は、今まではただ流して読んでたのがですね、やっぱりこの監査の仕事を受けてからそういうのに目がとまるようになってしまいまして、そいでですね、実はその秦の始皇帝というと紀元前220年ですから、できたのが、そうっすね、春秋戦国時代を経て紀元前220年。で、今からちょうど2,200ぐらい前に、その始皇帝でしたですね。実はその時代にその大史夫という監査の始まりみたいなものができて、そして今になってなお続いていると。今ここにある大河原町に続いているという意味ではありません。これはある、その作者は言うのにはですね、それは中国の話なんですが、現に今でも台湾の中華民国というんでしょうか、あそこには司法・立法・行政ともう一つ並んで、今は監察院ていうんですか、何かあるんだそうです。中国では伝統的。で、2,000年も続いて、なおかつなくちゃならない組織で、そのようなものなんだそうでございます。書いてあるところを見ると。
 何でそんなものが必要なのかなというと、笑わないで聞いていただきたいんですが、やっぱり行政の官僚、ここにいる方じゃないですよ、中国のその話ですから、中国というともう秦の始皇帝時代、最初っからできたときからですね、要するに官僚は悪いことをする素質があると、官僚のね、原罪、アダムとイブの原罪のようになって、もう役人、官僚になったら、もうそういうのは持って生まれたもんだからという、ついてくるんだ、必ず、そう気をつけなくちゃいけないというふうに言ってるわけですね。そんなような何かこう歴史のある仕事なんですね。そういうわけでございます。
 それで、したがって、その時代にどういうことをやれたかというと、何かね、「万金あれども一銖を使うこと能わず」と、そういうふうな行政になりなさいというふうにいうことわざがあるんですね。多分これは韓非子という人が書いたんだと思いますが、始皇帝はそれを教えられたわけです。「万金」、億万長者だけれども、そのうちの100円でも1,000円でも使うことができないと、金あっても。どこに使うことができないかと。行政に賄賂を送って送ることができないと、だれも受けとらんということですね。そういうふうなガードのかたい官僚組織でなければならないというふうに当時からことわざがあったんだそうです。
 幸いにもこの4年間、私、監査委員に就任しましてからこれまでは何事もありませんでした。今後4年間、体力の続く限り頑張っていきたいと思いますが、従来にも増して、そういうことのないような期間を全うしたいと考えております。そういう意味において、どうぞよろしくお願いいたします。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。今定例会は、あす6月15日から平成24年9月4日まで82日間休会といたします。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 異議なしと認めます。
 よって、今定例会は、あす6月15日から平成24年9月4日まで82日間休会とします。
 本日はこれで散会といたします。
     午後 1時39分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
  平成24年6月14日

         副議長

         署名議員

         署名議員



---------------------------------------------------------------------------------------------------