議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年第1回定例会(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2012年3月1日(木):平成24年第1回定例会(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(佐藤 巖君) おはようございます。
 ただいまから平成24年第1回大河原町議会定例会を開会します。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、半澤敏美君、松井美子さんを指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職・氏名は配付したとおりであります。
 「議会及び議長の動向について」及び「一部事務組合議会について」、配付のとおり報告します。
 議員を派遣しております。派遣議員から「議員派遣結果報告書」が提出されておりますので、配付します。
 各常任委員会より、「所管事務調査報告書」が提出されておりますので、配付します。
 産業建設常任委員会より「請願審査結果報告書」が提出されておりますので、配付します。
 監査委員より、「監査結果報告書」が提出されておりますので、配付します。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     行政報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。
 行政報告申し上げます。
 平成24年2月23日に23災第10861号一級町道中島東線道路災害復旧工事外3件の入札を執行しましたので、その状況についてご報告申し上げます。
 この入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりであります。以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君)これから、発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 会期決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第2、会期決定の件を議題にします。
 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付している日程により、本日から6月5日までの97日間にしたいと思います。異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月5日までの97日間に決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 施政方針及び提案理由の説明

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第3、平成24年度町長施政方針及び報告第2号から議案第33号までの提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 本日、ここに平成24年第1回大河原町議会定例会が開催され、平成24年度一般会計予算案を初めとする提出議案をご審議いただくに当たりまして、第5次長期総合計画としての「大河原町経営計画」の2年度目における行政経営の考え方と予算についての概要をご説明申し上げ、議員各位並びに町民の皆様のご理解とご協力をお願いするものであります。
 さて、ほぼ1年前になります3月11日、東日本大震災が発生いたしました。この災害は、福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故も重なり、予想だにしない大規模かつ広範な地域に被害をもたらしました。ここに改めて、亡くなられた方々や今なお避難されている方々に心からの哀悼の意とお見舞いを申し上げますとともに、復旧・復興に懸命に努力されている皆様に対しまして敬意を表するものであります。
 本町では幸いにして公共施設等の復旧も軌道に乗り、本年度も引き続き復旧・復興を最優先に取り組む一方で、放射能の除染につきましても組織としての体制を整えましたことから、着実にその対策を講じてまいる所存であります。
 こうした深刻な打撃を受けた状況下で、国における平成24年度の経済見通しを見ますと、昨年の12月22日の閣議において了解されました「平成24年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」の中では、「政府は累次の補正予算を編成し、復興への支援を図りつつ、景気の下方リスクに先手を打って対処してきている」として、「平成24年度の日本経済は、本格的な復興施策の集中的な推進によって着実な需要の発現と雇用の創出が見込まれ、国内需要が成長を主導する。こうしたことから、我が国の景気は緩やかに回復していくことが見込まれる」としております。
 しかし一方では、「欧州政府債務危機の深刻化等を背景とした海外経済のさらなる下振れ、円高の進行やそれに伴う国内空洞化の加速、電力供給の制限等」を先行きのリスクとしても上げており、さらに「社会保障と税の一体改革」の動向なども踏まえますと、不安定要素がさらに積み増しされている状況にあるのではないかと感じているところであります。
 次に、本町の財政の状況についてでありますが、昨年の9月議会でご報告申し上げましたとおり、平成22年度決算に基づく健全化判断比率としての実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率につきましては、平成21年度数値よりもさらに改善してはおりますが、経常収支比率は85.9%と依然として適正ラインを超えた状態にあり、また災害対応への財政負担もありますことから、引き続き財政の健全化に向けた取り組みを図ってまいりたいと考えております。
 それでは、平成24年度に取り組む主な施策の内容につきまして、六つの分野におけるまちづくりの基本方針に沿ってご説明申し上げます。
 第1に、環境、安全、おつきあい、身近を大切にする住民自治のまちづくりであります。
 まず、地域コミュニティーと行政区の運営の充実についてであります。地域コミュニティーの活動拠点としての集会所と生活センターにつきましては、災害時においても重要な役割を果たしておりますことから、引き続き適正な維持管理に努めるとともに、仮称ではありますが、西地区交流センターの整備に向けて測量等の調査事業に着手するほか、各行政区の運営につきましても「協働のまちづくり事業交付金」により支援してまいります。
 また、本年度も地域におけるさまざまな課題等につきましては、地域とのパイプ役を果たす地域担当職員制度を活用しながら、さらに平成22年度から各地区主催で開催しております「住民懇談会」も充実してきておりますので、それぞれの地域課題の情報を共有しながら、協働のまちづくりの実践の中でその課題解決に取り組んでまいりたいと考えております。
 次に、環境とごみ処理についてであります。環境保全の啓発と衛生的な環境づくりにつきましては、環境基本条例に基づき策定した「環境基本計画」に則しまして、廃棄物の削減と資源の再利用、省エネルギー、公害防止、地球温暖化の抑制、身近な自然資源の活用など、町の生活環境のさらなる質の向上を図りながら、本町らしい美しいまちづくりを目指してまいります。
 また、これまでもごみの減量化に取り組んできましたが、本年度も引き続きごみ分別の推進や環境保全に関する啓発など、町民及び事業所等との連携を深めながら意識の高揚を図るとともに、さらなるごみの減量化とリサイクル化を進める施策といたしまして、容器包装プラスチックの資源化と家庭ごみの有料化について広域的に取り組み、循環型社会の実現に向けた施策を展開してまいります。
 なお、放射能除染対策につきましては、国の汚染状況重点調査地域の指定を受け、除染の実施計画策定を進めておりますが、本年度は計画的にそして効果的な除染作業を実施し、町民が安心して暮らせる環境づくりを推進してまいります。
 次に、交通安全対策についてでありますが、昨年の本町での交通事故における人身事故件数及び負傷者数は一昨年を下回りましたが、死者数は上半期において3名増の4名となりましたことから、10月には交通死亡事故多発非常事態を宣言し、交通事故抑止に努めたところであります。
 本年度につきましても、昨年度策定しました「第9次大河原町交通安全計画」に基づきまして、引き続き交通安全指導隊や警察など関係機関との連携を図りながら、交通死亡事故ゼロと人身事故件数、負傷者数及び物損事故件数の減少に向けた取り組みを進めてまいります。
 また、デマンド型乗合タクシーの運行開始にあわせ、運転免許自主返納者への支援事業を実施してまいります。
 交通安全施設につきましても、引き続き現有施設の安全点検を実施するほか、道路照明灯のLED化や事故の多い交差点箇所にカラー表示を行うなどの事故防止策を講じるとともに、「駅東線」の歩道改修を行い、歩行者の安全確保を図ってまいります。
 次に、防犯対策についてであります。本町における犯罪全体の発生件数は昨年に引き続き減少傾向にあるものの、他の地域と比較すると自転車盗難や非侵入窃盗及び器物損壊の件数が目立ちますことから、本町の治安は決して楽観することができない状況にあると認識しております。このような状況に対しまして、防犯協会並びに防犯指導隊を中心に地域が一体となって犯罪防止に努めているところではありますが、さらに各地区の自主防犯ボランティア組織や警察署等関係機関との連携を密にして、安全で安心して暮らせるまちづくりを推進してまいります。
 次に、消防防災と地震対策についてであります。まず、昨年の東日本大震災を教訓に、本町の防災体制として、特に行政区長や避難所との情報伝達について強化する必要がありますことから、防災行政デジタル無線設備を整備し、情報伝達手段を確立してまいります。
 また、今回の大震災により自主防災組織の重要性が改めて見直されました。大規模災害が発生した場合には、やはり「自助・共助」といった地域コミュニティーの中での助け合いや支え合いが非常に大切でありますことから、自主防災組織の結成や育成に対しまして積極的に支援するとともに、防災資機材の購入に係る補助金や自主防災組織を中心とした総合防災訓練を通じて地域防災力の向上を図るなど、住民参画による「防災協働社会」の実現を目指してまいります。
 さらに、地域防災力の核となっている消防団の充実強化につきましても極めて重要な視点でありますが、消防団員数は全国的にも年々減少してきている状況にあります。本町におきましても、現在286名と300名の定数を下回る団員数が継続し、地域の安全を確保する上でも大変憂慮される事態となっておりますことから、消防団員が活動しやすい環境整備や装備品等の充実を図るとともに、各行政区や消防団協力事業所とも連携を図りながら団員の確保に努めてまいります。
 なお、予防消防の観点から見ますと、全国的に住宅火災で亡くなった方の半数以上が65歳以上の高齢者でありますことから、本年度におきましても引き続き消防署や消防団、婦人防火クラブとの連携協力のもとに、春、秋の火災予防運動期間を重点として、特に高齢者世帯への広報活動を展開するとともに、すべての住宅に義務づけられている住宅用火災警報器につきましても設置促進を図ってまいります。
 また、地震対策といたしましては、引き続き木造住宅の「耐震診断助成事業」や高齢者と障害者の住宅被害の軽減を図る「避難弱者耐震改修事業」と、一般の方にも避難通路確保を目的とした「特定地域耐震改修事業」のほか、町独自に「スクールゾーン内危険ブロック塀等除去」に対しての補助を行ってまいります。さらに、震災により被災した住宅等の修繕費の一部を助成する町独自の「住宅災害復旧事業補助金交付制度」も引き続き実施しまして、被災住宅等の早期復旧を支援してまいります。
 次に、情報共有についてであります。まずICT(情報通信技術)の活用についてでありますが、町のホームページの充実に努め、町民にとってより使いやすく便利で迅速な行政情報を提供するとともに、地域情報につきましてもメール配信の内容や電子申請手続きの拡充などによりまして、さらなるサービスの向上を目指してまいります。
 また、広報・広聴活動につきましては、引き続き「広報おおがわら」と「おしらせばん」によりまして町の情報を積極的に発信するとともに、内容の充実に努めまして、読みやすくそして親しみやすい紙面づくりに取り組んでまいります。
 さらに、各地区主催の住民懇談会のほか「職員・住民出前情報交換会」の開催なども通じまして、町の将来像の実現に向けた情報の共有化をしっかりと進めてまいります。
 次に、住民参加と自治についてであります。「大河原町経営計画」の基本構想の中で「、住民自治の確立に向けて~みんなで自治基本条例つくる~」とうたいましたとおり、地域主権の時代における自治基本条例の制定に向けまして、本町らしい推進体制を構築してまいります。
 また、地域におけるグループ活動を支援するための「元気なまちづくり活動支援制度」事業につきましては、これまで5年間継続して実施してまいりましたが、本年度は震災復興のまちづくり活動も対象に含め、事業を拡大いたします。
 次に、国際交流による人材づくりでありますが、学校教育における外国語指導助手招致事業(JET)により英語教育を充実するほか、在日留学生等を招き、町内小学校の児童を対象に国際理解を深める教育を引き続き実施してまいります。
 第2は、みんなで拓き、つなぎ合う、支え合いの健康福祉づくりであります。
 まず健康づくりについてでありますが、健康は万民の願いであり、また社会全体の願いでもありますことから、だれもが健康で楽しい生活を営むことができるよう、引き続き健康づくり計画に基づくさまざまな事業を展開してまいります。
 また、本年度は、平成26年度スタート予定としております次期「健康増進計画」の策定準備に取りかかってまいります。
 なお、本年度の健康づくり事業につきましては、「妊婦一般健康審査」の助成回数の維持、に対する全戸戸別訪問や休日におけるがん検診及び各種健康診査事業などを継続して実施するほか、地域における健康づくりにつきましても、各地区の保健協力員や食生活改善推進委員と協力しながら積極的に取り組んでまいります。
 また、予防接種等の感染症予防事業につきましては、国の動向にも左右されることがありますので、的確な情報を入手し、摂取率の向上に努めてまいります。
 次に、医療体制の充実でありますが、本年度は宮城県南中核病院の財政健全化につながる運営と医療機能の強化が本格化いたします。
 まず、運営面では地方公営企業法を全部適用し、新たな事業管理者である企業長のもとで機動性や柔軟性がより発揮されるとともに、経営責任の所在が明らかになることで、より一層病院を経営するという意識の向上が図られるものと期待しているところであります。
 また、医療機能の強化につきましては、がん治療を行う「腫瘍センター」と3次救急医療機能を備えた「救命救急センター」の工事が本格化いたしますので、広域的な高度医療サービスの提供と信頼と安心のできる地域完結型医療のセンター病院を目指してまいります。
 次は、乳幼児等の医療費助成についてでありますが、小学校就学前までの医療費相当額を全額助成するとともに、引き続き中学生までの児童・生徒にかかる入院時医療費の一部を助成する「元気な大河原っ子医療費助成事業」を実施し、適正な医療機会の確保と子育て家庭における経済的負担の軽減を図ってまいります。
 次は、児童の健全育成についてでありますが、引き続き次世代を担う子どもたちが健やかにはぐくまれていくことのできる環境づくりに努めてまいります。
 まず、保育所関連につきましては、保護者のニーズに合わせた延長保育や一時預かり等の保育サービスをこれまで同様に実施するとともに、待機児童の解消を図ってまいります。
 なお、不動保育所の今後につきましては、開園が平成24年6月1日にずれ込みはいたしましたが、現在移転新築中の私立保育園と統合することで、廃止するものであります。
 また、子育て支援機能の充実強化につきましては、新たに旧町立大河原病院跡地を活用して、質の高い相談機能を備えた子育て支援センターと、さらに児童クラブや世代間の交流にも利用できる多機能型複合施設として平成25年度整備を予定して進めてまいりますが、本年度は測量及び地質の調査と地域住民によるワークショップを経た上での施設設計を実施いたします。
 放課後健全育成事業としての「放課後児童クラブ」につきましては、町内4児童クラブの土曜保育を拠点方式により継続実施するなどで事業の拡充を図ってまいります。失礼いたしました。事業の充実を図ってまいります。
 次に、高齢者福祉についてであります。本町の高齢化率は平成22年度末で22.2%と超高齢化社会へ入り、さらに、ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯の増加などで、行政からの支援だけでは対応できない状況が十分に考えられます。このような状況下で、今年度を初年度とする「高齢者福祉計画」がスタートいたしましたが、社会福祉協議会など福祉関係機関との連携強化を図りながら、地域の支え合いが生まれ、そして高齢者が住みなれた地域で安心して暮らしていけるような事業を展開し、「地域福祉計画」の策定につなげてまいります。
 介護保険事業につきましては、高齢者福祉計画と一体となる「第5期介護保険事業計画」もスタートする中で、新たに介護保険料が改定されますことから、保険料の公正・公平性を確保するとともに、介護サービス利用者が安心して適切なサービスの提供が受けられる体制づくりに努めてまいります。
 また、地域ケアの拠点である「地域包括支援センター」につきましては、総合相談を初め、介護予防事業の継続、強化を図りながら、相談者や予防事業参加者の不安が解消されるよう適切なアドバイスに努めてまいります。
 次に、障がい者福祉についてであります。障がい者福祉につきましても、高齢者福祉と同様に本年度を初年度とする「第2次障害者計画及び第3期障害福祉計画」に基づく事業を展開するほか、生活介護施設と日中一時支援施設を併設した障がい者支援施設の誘致につきましても積極的に進めてまいります。
 なお、障がい者にかかる事業につきましては、関連法の改正並びに障害者自立支援法にかわる(仮称)障害者総合福祉法の制定など、今後国の動向を注視する必要がありますが、現行制度の把握と適切なサービス利用や給付に努めてまいります。
 また、大震災を教訓として、ひとり暮らしなどの高齢者も含めた災害時における支援体制の強化を図り、安心安全の確保にも努めてまいります。
 次は、国民健康保険事業であります。国保会計におきましても依然として厳しい財政状況が続いておりますが、引き続き特定健診の際に全員に心電図検査を実施し、受診率の向上を図るとともに、生活習慣病の発症と病気の重症化の予防に努めてまいります。
 後期高齢者医療につきましても、広域連合との連携を図りながら収納率の向上を目指し、制度の円滑な運用に努めてまいります。
 また、国民年金事業につきましては、国民年金被保険者情報照会端末の機能の向上によりまして、さらなる情報活用を進めるとともに、年金事務所との連携を図りながら適切な事務の執行に努めてまいります。
 第3は、にぎわいのまちなかと快適な都市基盤の整備でひとが行き交うまちづくりであります。
 まず、都市計画と土地利用についてでありますが、宮城県が策定する「県南部地区都市計画」と整合性を図りながら、自然と調和のとれた土地利用を推進いたします。
 なお、広表土地区画整理事業につきましては、平成26年度の事業完了を目指して事業を進めておりますが、引き続き換地の確定作業等についての支援を行ってまいります。
 また、公園整備と維持管理につきましては、住民参加による公園管理と運営を進めながら、遊具の改善などを行い、住民の安らぎの場として活用されるように努めてまいります。
 次に、道路の整備についてであります。「国道4号金ケ瀬拡幅」事業につきましては、現在、大高山神社交差点付近まで工事が進んでおり、本年度は北白川橋交差点付近までの整備が予定されているところであります。なお、国道拡幅にあわせた町道「金ケ瀬中東線」につきましては、本年度完成といたすものであります。
 また、県道の整備につきましては、新開・新寺地区の「蔵王・大河原線」の用地取得が本年度から着手予定となっておりまして、国道4号もあわせ早期に事業が完了するよう関係機関への働きかけを行ってまいります。
 町道の維持補修につきましても、路面の老朽化が進んでいる路線の舗装・補修等を計画的に実施するとともに、道路・側溝の維持管理につきましては引き続き民間業者に依託することで、住民からの要望に迅速に対応してまいります。
 なお、震災により被災した町道の復旧工事でありますが、下水道復旧工事との調整を図りながら、早期の完了を目指してまいります。
 次に、公共交通対策についてでありますが、本年7月より新しい公共交通として「デマンド型乗合タクシー」の運行を開始いたします。この運行により、いわゆる交通弱者の方々の通院や買い物のための移動を支援してまいりますが、今後、町中の再生や高齢者福祉サービスの創出など、さらにニーズを把握しながらサービス機能の向上に努めてまいります。
 次は、上水道及び下水道についてであります。
 まず、上水道事業につきましては、引き続き安全で良質な水道水の安定供給のため、水道施設の維持管理に努めるとともに、計画的かつ継続的に漏水調査を行い、さらなる有収率の向上を図ってまいります。
 また、施設整備につきましては、老朽管の布設がえと未配管路線の解消を進めるとともに、水道管の耐震化を図ってまいります。
 下水道事業につきましても、引き続き安全で確実な汚水処理サービスの向上に努め、計画的な点検と清掃を行い、施設を適切に維持管理してまいります。
 また、施設整備につきましては、未整備地区の早期供用開始を目指しまして、効果的な整備を実施するとともに、鷺沼排水区公共下水道雨水事業を柴田町と共同で実施してまいります。
 なお、下水管渠等の災害復旧につきましては、年次計画により迅速な復旧を行ってまいります。
 次に、町営住宅につきましては、長寿命化計画に基づき効率的な維持管理に努めるとともに、上谷団地の一部老朽化した建物の解体に向けまして、引き続き県と協議を進めてまいります。
 第4は、桜(はな)のある景観や地域の資源を結びつけ、元気を生み出す産業づくりであります。
 初めに、農林業と畜産業についてであります。世界人口の増加や異常気象などにより、世界の穀物供給が逼迫していく中にあって、国内の生産力を確保していくことはますます重要な課題になってきております。また、昨年の東日本大震災による大津波によりまして、沿岸部の農地は壊滅的な被害を受けており、さらには原発事故に伴う放射能汚染による農畜産物の風評被害等の終息につきましても、いまだに目途が立っていないところであります。
 こうした状況において、国は、昨年10月に「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」をまとめ、食料自給率の向上(供給熱量ベースで50%、生産額ベースで70%)を初め、食料・農業・農村基本計画等に定める目標の達成を目指しております。
 さらに、貿易自由化を目指す経済的枠組みである環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉への我が国の参加をめぐってアメリカとの事前協議も始まり、国における農業政策が今後大きく転換することも予想されますが、本町といたしましては引き続き各種の支援を行いながら、効率的かつ安定的な農業経営の支援に努めてまいります。
 そこで、まず水田・畑作農業についてでありますが、引き続き戸別所得補償制度に基づき農地の有効活用による食料自給率の向上と米の生産調整を着実に推進するとともに、自給率向上が必要な麦、大豆、飼料作物等の生産拡大や、新たな食料として米粉の普及促進等を図るため、各種研修や情報の提供など営農指導を強化してまいります。
 また、地産地消の推進のため、農産物等の放射能測定を多種にわたり行うほか、学校給食への安全で安心な野菜の供給など、食育の普及にも努めてまいります。
 次に、農業生産基盤の整備につきましては、既存農道・用排水路・ため池の維持管理と補修を実施し、安全性の確保に努めてまいります。
 なお、広域農道仙南東部2期地区につきましては、本年度金ケ瀬さくら大橋が完成となり、平成元年度から実に24年の歳月を要しました広域営農団地農道整備事業仙南東部地区が全線開通となりますことから、本町の持つポテンシャルはさらに高まることになるものであります。
 次に、畜産の振興についてであります。特に対応が急がれた臭気対策につきましては、国の補助制度を活用した対策を講じましたことから、今後、徐々に改善が見込まれるところではありますが、口蹄疫、鳥インフルエンザ等、家畜伝染病の脅威や飼料価格の高騰、さらには給餌への放射能被害も懸念されるなどのほか、食の安全確保や飼料自給率の向上等のさまざまな課題にも直面しており、畜産農家を取り巻く環境は厳しさを増しております。
 こうした課題に対応するため、引き続き経営の安定化と合理化を推進するとともに、循環型農業の観点から有機質肥料の活用促進にも努めてまいります。
 また、近年農作物への被害が拡大しております「イノシシ」対策につきましては、「鳥獣被害防止計画」に基づきまして、農作物有害鳥獣対策協議会と協力しながら対策を講じてまいります。
 次に、森林環境の保全についてでありますが、地球温暖化の防止や水源の涵養など、多用な機能を有する森林の整備と保全を総合的に推進するとともに、松くい虫の被害拡大防止にも努めてまいります。
 また、大高山・天狗森山遊歩道につきましても、森林環境保全に配慮しつつ、町民の憩いと安らぎの場や自然に親しむことのできる散歩道として引き続き整備してまいります。
 次に、商工業についてであります。
 まず、既存商店街の活性化対策につきましては、高齢化による後継者問題や景気低迷による事業者の廃業に伴う空き店舗の増加のほか、被災した建物の解体による空き地が目立つなど、既存商店街の環境は一層厳しさを増しておりますが、引き続き各商店会や商工会等と連携を図りながら、イベントの開催や地域特産品の販売、割増商品券事業、さらにはデマンド型乗合タクシー事業とも連携しながら、商店街の活性化に向けて取り組んでまいります。
 次に、工業の振興でありますが、企業進出の推進を図るため、金ケ瀬川根地区内の整備計画を策定し、工業団地の道路整備に取り組んでまいります。
 また、観光物産の振興につきましては、本町が全国に誇れる桜の名所である「一目千本桜」を中心に、「また来たくなる魅力ある観光地」を目指し、もてなしの心で事業展開するとともに、平成25年春の「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(DC)」が決定しましたことから、ことしの春におきましてもプレDCとして、さまざまなイベントや観光PRなどのキャンペーン事業を実施してまいります。
 桜の保護活動につきましても、引き続きさまざまな方々のご協力をいただきながら、桜並木の樹勢や美観の保護に努めてまいります。
 また、本町産業の活性化を推進するために、農商工連携による商品開発や地域ブランドの開発、そして販路拡大に向けた事業にも積極的に取り組んでまいります。
 次に、就労環境づくりでありますが、東日本大震災の影響や円高などにより依然として厳しい経済や雇用情勢が続く中、国は復興関連施策を実施し、商工業の復興と雇用対策として「緊急雇用創出事業」や「新卒者の就職支援」等の基金を積み増しするなど、企業の雇用維持への支援などを進める施策が新たに盛り込まれております。
 こうしたことを受けまして、県や大河原公共職業安定所など関係機関と連携を図りながら、引き続き地元企業の経営支援や雇用対策に取り組んでまいります。
 また、町単独事業といたしまして、就職先が決まっていない新卒高校生を対象に、前年度同様町臨時職員として採用してまいります。
 なお、大河原公共職業安定所につきましては、駅前ビルオーガ1階に本年中の移転が正式に決まりましたことから、利用者の利便性と町中再生との相乗効果につきましても大いに期待しているところであります。
 第5は、活かし合い、磨き合い、響き合う、新たな時代の担い手づくりであります。
 まず、学校教育についてでありますが、新学習指導要領の改訂に伴い小学校では平成23年度から、中学校では本年度から全面実施となりますが、その中では児童・生徒の「生きる力」をはぐくむ手だてとして、基礎的・基本的な知識の習得や、思考力、確かな判断力、豊かな表現力、そして健やかな体をはぐくむことが重要であるとうたわれております。
 本町におきましても、この新学習指導要領の精神に沿った学校教育を推進するために、豊かな人間性をはぐくみ、あすの社会を担う人材を育てるための教育環境づくりに努めるとともに、本年度は、改正教育基本法の理念に即して、平成25年度からの5年間にわたる本町の目指すべき教育全般についてのビジョンを明らかにするために、「大河原町教育振興基本計画」を策定いたします。
 また、「生きる力」をさらにはぐくむため、みずから学びみずから考える力の育成や、基礎的・基本的内容の定着と学力の向上を図るとともに、将来、社会人としてよりよい生き方を求めさせる教育も推進してまいります。
 さらに、教師の専門的な資質・能力につきましても、町教職員研修、校内研修、初任者及び経験者研修等に積極的に参加させ、さらなる資質・能力の向上に努めてまいります。
 また、子どもたちのいじめ問題や非行、規範意識の低下による問題行動等の現状を踏まえまして、命を大切にする心や他を思いやる心、正義感、倫理観、社会生活上のルールやモラルなど、豊かな心とみずから考え行動できる力の育成にも努めてまいります。
 これらの施策の具体策といたしましては、本年度も学校教育の充実を図る指導主事としての専門職を配置するほか、引き続き「教育相談事業」や「外国語指導助手招致事業」「教員補助者設置事業」「特別支援教育推進事業」「生徒指導推進協力員活用事業」「学校安全対策事業」及び「学校図書司書補助員配置事業」を実施してまいります。
 特に、教育基本法に基づく特別支援教育の充実につきましては大変重要でありますことから、障がいのある児童・生徒への教育環境の向上と特別支援教育のニーズにこたえる教育施設といたしまして、平成24年度当初予算を前倒しする中でバリアフリー対策事業を実施してまいります。
 さらに、小学校での英語教科の必修化や中学校での英語授業時数の増加などに伴いまして、外国語指導助手を増員するほか、小学校低学年や特別な支援を要する子供を支援するために教員補助者も増員し、教育環境の充実を図るとともに、自然災害等の危機に際してみずからの命を守るためにみずから行動できる防災教育につきましても進めてまいります。
 学校給食につきましても、食材の検査等も実施しながら安全で安心な給食の安定供給を行うとともに、健全な食生活や食に関する正しい知識を習得させ、豊かな心とたくましい体をはぐくむ学校給食の円滑な実施と効率的な運営に努めてまいります。
 次は、生涯学習と社会教育についてであります。生涯にわたり学習することは、一人一人が充実した人生を送るとともに、心の豊かさや生きがいのある生活につながるものでありますので、引き続き住民の自主的な活動を支援してまいります。
 また、公民館を中心として図書館、総合体育館、仙南芸術文化センターなどの社会教育施設を拠点として、多様化する生涯学習のニーズにこたえるための学習機会と情報の提供に努めてまいります。
 具体的な事業といたしましては、家庭・地域・学校が協働して地域全体で子供を育てるための「協働教育プラットホーム事業」を進めるとともに、放課後子ども教室につきましても地域の協力を得ながら、子供たちがのびのびとはぐくまれる居場所づくり活動を推進してまいります。
 地域文化財の保護と活用につきましては、各学校への民俗資料の貸し出しと公民館等での企画展や文化財講演会の開催などのほか、無形民俗文化財の伝承保護や後継者育成につきましても支援や助成を行ってまいります。
 また、被害を受けた民俗資料収蔵室につきましても、資料の整理作業を行うとともに、既存台帳をもとに確認作業を行ってまいります。
 次は、体育振興についてであります。町民が生涯にわたり健康的に過ごしていけるように、気軽に参加でき、そして楽しめる軽スポーツなどの教室や各種スポーツ大会を引き続き開催するとともに、各地区でのスポーツレクリエーション活動がより多くの地区で実施されるよう支援してまいります。
 また、体育施設の管理運営業務につきましても、指定管理者である「NPO法人大河原町スポーツ振興アカデミー」との連携を密にして、効果的で効率的な事業を展開してまいります。そのほか、全町民を対象とするスポーツの振興事業につきましては、引き続き体育協会を初め関係団体との連携を図りながら、推進してまいります。
 また、駅前図書館につきましては、いつでもだれもが気楽に立ち寄れ、学習意欲にこたえられる図書館として、多様な図書やオーディオビジュアル資料を充実させ、人々の学びの施設になるよう努めてまいります。
 第6は、経営感覚を大切にした一歩先行く役場づくりであります。
 最初に、窓口サービスの充実についてでありますが、本年度は住民基本台帳法等の改正による外国人住民に係る住民基本台帳制度への移行により、届け出手続の利便性と各種証明書の交付の迅速化を図ってまいります。
 また、年度末・年度初めの休日窓口の開庁と毎週水曜日の一部業務における夜間窓口を引き続き実施するとともに、昨年度に導入しました新住民情報システムと戸籍総合システム及び住民基本台帳ネットワークシステムを活用し、より一層満足度の高い住民サービスに努めてまいります。
 次に、適正な財政運営と自主財源の確保についてであります。
 まず、国における「新地方公会計制度の整備」に基づき作成する「貸借対照表」「行政コスト計算書」「純資産変動計算書」及び「資金収支計算書」の財務書類4表によりまして、本町が所有するすべての資産と負債状況や行政サービスに要したコストを把握することができますことから、今後、行政コストと住民負担との関係や財政健全度などをわかりやすく公表するとともに、長期的な財政計画や行政経営全体に反映させてまいります。
 また、自主財源として歳入の根幹である町税につきましては、東日本大震災の影響も加わり、先行きは極めて不透明で、税収の確保は引き続き厳しい状況にはありますが、日銀の景気観測では海外経済の減速や円高の影響を受けながらも、新興国の成長や震災復興需要の顕在化により、緩やかな回復路線に復していくとの見通しも示されております。
 そこで、まず町民税についてでありますが、法人町民税では震災復興事業により建設業など一部の業種で増収を見込み、また個人町民税でも扶養控除の見直しに伴う増収を見込んでおります。固定資産税につきましては、土地において路線価格が依然として下落しており、家屋におきましても震災の影響により前年を下回ることは確実で、前年の課税額を確保できない状況となっております。
 また、滞納対策につきましては、滞納者への電話督促、訪問徴収、納税相談等による徴収率の向上に取り組んでおりますが、震災の影響もあり、依然として厳しい状況が続いております。
 こうした状況ではありますが、税負担の公平性の確保からも収納業務の管理を徹底するとともに、滞納処分の効率化を図り、また仙南地域広域行政事務組合で共同処理しております滞納整理の促進とあわせながら、収納率の向上を目指してまいります。
 さらに、引き続き口座振替制度による納税の推進や夜間窓口開設による納税者の利便性の向上にも努めてまいります。
 最後は、経営計画の進行管理と組織機構についてであります。
 まず、PDCAサイクル(計画、実施、評価、改善)の中で、常に行政評価や事務事業評価を行い、行財政改革につなげてまいります。
 また、役場組織としても政策課題に柔軟に対応するために、一部において課の再編を行うほか、引き続き職員の人材育成と能力向上に向けての人事評価や政策課題をつないでいく政策連結能力の向上に努めてまいります。
 以上、大河原町経営計画の六つの分野における施策を中心として、本年度各会計における予算概要について申し述べさせていただきました。
 なお、分野ごとの詳細につきましては、別冊の「当初予算案の主な項目」をご参照いただければと思います。
 その結果、平成24年度当初予算の規模は、一般会計では対前年度比1.4%減の71億2,740万2,000円で、全会計の合計では対前年度比2.8%増の127億7,193万3,000円となったところであります。
 なお、一般会計の主な財源を申し上げますと、町税で25億5,976万9,000円、また国の地方財政計画を受けて、地方交付税は17億2,000万円、臨時財政対策債は4億1,000万円を計上したほか、財政調整基金からは3億7,090万円の繰り入れをしたところであります。
 最後に、冒頭申し上げましたとおり、予想だにしない大規模かつ広範な地域に被害をもたらした東日本大震災からの、特に沿岸部自治体における本格的な復興はこれからになりますが、本町では人口増加傾向に加え、宮城県南中核病院における「腫瘍センター」と「救命救急センター」の整備、また金ケ瀬さくら大橋の完成に伴う広域農道仙南東部地区の全線開通、さらには大河原公共職業安定所の駅前オーガへの移転などが実現することで、行政・経済・流通・医療といった本町ならではの広域的な視点での役割を今後より一層果たしていくことが求められ、そしてこうした役割を果たすことが沿岸部自治体における本格的な復興への支援にもつながるものと考えております。
 したがいまして、広域的な視点を踏まえた上で、「大河原町経営計画」の基本理念に掲げ、さらに今回の大震災で改めて確認されました「認め合い、支え合い、活かし合い」ながら「開かれた先進のまち、おおがわら」を目指しまして、引き続き職員とともに全力で町政経営に当たる覚悟でありますので、何とぞ議員各位並びに町民の皆様のなお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、施政方針といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 10分間休憩します。
     午前10時56分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後11時06分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 再開します。
 休憩前に引き続き、提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、提案理由の説明を申し上げます。
 報告第2号「宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会共同設置規約の変更について」の専決処分につきまして報告いたします。
 本件につきましては、大河原町外1市2町保健医療組合が平成24年4月1日から、地方公営企業法の全部を適用することにより、名称を「みやぎ県南中核病院企業団」に変更することに伴う、宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会共同設置規約の変更が必要になったものであります。
 このことにより、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同法第2項により報告いたします。
 報告第3号「宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会共同設置規約の変更について」の専決処分につきまして報告いたします。
 本件につきましても、大河原町外1市2町保健医療組合が平成24年4月1日から、地方公営企業法の全部を適用することにより、名称を「みやぎ県南中核病院企業団」に変更することに伴う、宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会共同設置規約の変更が必要になったものであります。
 このことにより、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同法第2項により報告いたします。
 報告第4号「宮城県市町村職員退職手当組合規約の変更について」の専決処分につきまして報告いたします。
 本件につきましても、大河原町外1市2町保健医療組合が平成24年4月1日から、地方公営企業法の全部を適用することにより、名称を「みやぎ県南中核病院企業団」に変更することに伴う、宮城県市町村職員退職手当組合規約の変更が必要になったものであります。
 このことにより、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同法第2項により報告いたします。
 議案第8号工事請負変更契約の締結についての提案理由を申し上げます。
 この工事は、大道改23-2広表1・3号公園整備工事であります。変更の内容は、防災機能を付加するため、一時避難場所の太陽光発電による避難誘導等5基を設置するものであります。
 このことにより、変更後の金額が5,000万円を超えることになりますので、議会の議決を求めるものであります。
 なお、工期を3月21日から3月26日まで延長するものであります。
 議案第9号「大河原町課設置条例等の一部改正について」の提案理由を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、農政関係と商工観光の業務を産業振興課で行ってきておりましたが、「大河原町企業立地促進条例」を昨年の9月に制定したことや、宮城県と34市町村が申請した民間投資促進特区などに対応し、企業の立地促進を図り産業の振興と雇用の拡大を推し進めるため、産業振興課を「農政課」と「商工観光課」に再編するため、関係する条例の改正を行うものであります。
 再編時期につきましては、平成24年4月1日からとするものであります。
 議案第10号「大河原町デマンド型乗合タクシー運行条例の制定について」の提案理由を申し上げます。
 大河原町における新しい地域公共交通システムにつきましては、「大河原町地域公共交通協議会」の中で協議を重ねてきました結果、デマンド型乗合タクシーによるシステムを構築することで、また全体の運営業務を担う運営業者としては大河原町商工会に、乗合タクシーの運行を担う運行事業者としては町内のタクシー事業者2社に委託することで協議を整えたところであります。
 今回の条例制定につきましては、そうした運行の方法のほか、協議会で確認されました運行区域や利用者の範囲、さらには利用料金や利用における制限など、本年7月の運行開始に向けまして運行に伴い必要となる条件等について整備するものであります。
 議案第11号「大河原町土地開発基金条例の一部改正について」の提案理由を申し上げます。
 本町におきましては、昨年の9月に「大河原町企業立地促進条例」を制定し、産業の振興と雇用の拡大を図るために、企業立地の促進に取り組んでおりますが、今回、金ケ瀬川根地区の醤油醸造組合工場跡地及び味噌醤油工業協同組合グラウンド用地並びに周辺の用地を取得し、工業用地として整備するものであります。
 したがいまして、取得するための原資として現在の土地開発基金の額を3億円に引き上げるための条例の一部改正を行うものであります。
 議案第12号「大河原町東日本大震災復興基金条例の制定について」の提案理由を申し上げます。
 今回の条例の制定につきましては、東日本大震災からの復興資金として国の第2次補正予算に盛り込まれた特別交付税の中から、大河原町分として県を通じて交付されました交付金7,349万円を原資といたしまして、被災者支援等に活用すべく、地方自治法第241条第1項の規定に基づき、「大河原町東日本大震災復興基金条例」を制定するものであります。
 なお、基金に積み立てる額は予算で定める額の範囲内としておりますが、一般財源を651万円追加して、合計では8,000万円を予定しているところであります。
 議案第13号「大河原町町税条例の一部改正について」の提案理由を申し上げます。
 本条例の一部改正につきましては、第179回国会において「地方税法の一部を改正する法律」などが可決され公布されましたため、「大河原町町税条例」の一部を改正する必要が生じたことによるものであります。
 主な改正内容でありますが、県たばこ税の一部を町たばこ税へ移譲する改正、退職所得に係る個人住民税の税額控除の廃止、個人住民税の均等割に500円を加算する特例、さらに東日本大震災による雑損控除の損失額の計算における災害関連支出に係る対象期間の延長の特例等であります。
 議案第14号「大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正について」の提案理由を申し上げます。
 今回の条例の一部改正につきましては、これまで金ケ瀬4区・5区・6区での共同所有として管理してきておりました「金ケ瀬新町生活センター」につきまして、地区より町の集会所に移行してほしい旨の要望が出されましたことから、地区民の意向を尊重するとともに、名称を「金ケ瀬新町集会所」に改めまして、別表に追加するものであります。
 議案第15号「大河原町保育所条例の一部を改正する条例」の提案理由を申し上げます。
 今回の条例改正につきましては、民間活力導入計画により進めてまいりました、町立不動保育所の民営化について、現在、移転新築中の私立保育園の規模を拡大することにより、不動保育所を統合し廃止することとしましたことから、条例の一部を改正し、平成24年4月1日から施行するものです。
 議案第16号「大河原町介護保険条例の一部を改正する条例」の提案理由を申し上げます。
 本議案につきましては、平成24年度を初年度とする第5期介護保険事業計画に基づき、新たに平成24年度から平成26年度までの介護保険料を設定いたしますことから、条例を改正するものであります。
 改訂保険料につきましては、現行の保険料より基準保険料では月額600円、各段階では月額300円から900円の幅でアップになりますが、その要因については高齢者の増加に伴う介護給付サービス費の増額を見込むとともに、制度変更による第1号被保険者の負担割合の増加並びに介護報酬の改定に伴う部分が大きいことによるものであります。
 なお、これまで第4段階に特例措置を設けておりますが、さらに平成24年度からは第3段階にも特例措置を設け、保険料の負担にきめ細かく対応するものでございます。
 議案第17号「損失補償契約に係る回収納付金を受ける……失礼しました。回収納付金を受け取る権利の放棄に関する条例」の提案理由を申し上げます。
 この条例の制定につきましては、大河原町中小企業振興資金融資制度において、本町と宮城県信用保証協会が締結している損失補償契約では、保証協会が求償権を放棄または譲渡する場合には、本町も回収金を受け取る権利を放棄することとなるため、地方自治法第96条第1項第10号により、法令に特別の定めがある場合を除き議会の議決が求められるものであります。
 しかし、被災中小企業者等の一刻も早い再生のためには当該権利の放棄を迅速に進める必要があることから、公的機関の支援による再生・再建計画に基づいて、中小企業者等が事業の再生に資すると認めるときは、速やかに回収金を受け取る権利の全部または一部を放棄することができるよう新たに条例を制定するものであります。
 議案第18号「大河原町都市公園条例の一部を改正する条例」の提案理由を申し上げます。
 今回の改正は、大河原町広表土地区画整理地内に整備を進めております「広表3号公園」につきまして、本条例に追加をし、大河原町都市公園として位置づけをするものでございます。
 なお、今回の改正により、大河原町都市公園条例に定める街区公園は36カ所になるものであります。
 議案第19号「大河原町営住宅条例の一部を改正する条例」の提案理由を申し上げます。
 今回の改正は、地方分権改革推進計画に基づく分権一括法の制定により、公営住宅法が改正されたことに伴い、入居資格の一部要件「同居親族要件、入居収入基準」を事業主体が条件で規定するとされたことにより改正するものであります。
 改正の内容は、公営住宅法23条で廃止となる同居親族要件、入居収入基準額要件について条例第6条に規定し、入居資格の特例「単身者の入居」要件を第7条に規定するものであります。
 議案第20号「町道路線の認定について」の提案理由を申し上げます。
 今回の認定は、民間開発により新たに造成された道路を、大河原町町道認定の基準に関する要綱に基づき、所有者からの寄附により認定を行うものであります。
 以上のことから、認定2路線を道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。
 議案第21号「平成23年度大河原町一般会計補正予算(第12号)」の提案理由を申し上げます。
 最初に、歳出につきまして主なものを申し上げます。
 まず人件費についてでありますが、職員の異動等に伴う給料及び手当等で、総額では1,463万2,000円の減となっております。
 次に、増額補正の主なものを申し上げますと、総務費では東日本大震災復興基金の積み立てで8,000万円、農林水産業費では農業生産復旧緊急対策事業補助金で222万1,000円、土木費では土地開発基金への繰り出しで2億円、消防費では仙南地域広域行政事務組合負担金5,309万6,000円、教育費では金ヶ瀬小学校バリアフリー対策事業の3,400万円などであります。
 また、減額補正につきましては、各事業の請差及び精査等によるものであります。
 次に歳入でありますが、町税では町民税で1,200万円の増、固定資産税では1,500万円の減、地方交付税では特別交付税で3億9,200万円の増、国庫支出金では子ども手当負担金で6,921万7,000円の減、学校施設環境改善交付金979万5,000円の増、そのほか災害復旧事業の精査などのより補助金の減額をしております。
 県支出金では、国民健康保険基金安定負担金で315万4,000円の減、東日本大震災復興基金交付金で7,349万円の増、繰入金では財政調整基金で2億7,661万5,000円の減、繰越金で5,129万8,000円の増、諸収入では各種団体などから寄せられた東日本大震災の支援金として2,943万円の増、町債では金ヶ瀬小学校バリアフリー対策事業で1,740万円の増、災害復旧工事……失礼しました。災害復旧事業費などで2億4,600万円の減額となっております。
 これらの結果、本年度の予算総額は歳入歳出それぞれ1億6,773万円を減額し、86億3,486万3,000円とするものであります。
 さらに、繰越明許費の追加、債務負担行為の追加と地方債の追加、廃止及び変更をあわせて行うものであります。
 議案第22号「平成23年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳入について申し上げますと、保険料では賦課額がほぼ確定いたしますことから512万4,000円を増額いたすものであります。
 繰入金では、広域連合納付金として432万3,000円を増額する一方、基盤安定負担金は額の確定により225万2,000円を減額するものであります。
 また、繰越金では平成22年度分の後期高齢者医療特別会計予算の繰越金として620万4,000円を増額し、諸収入では後期高齢者医療制度円滑運営臨時特例事業補助金等の収入により22万3,000円を増額いたすものです。
 次に、歳出について申し上げます。
 広域連合納付金につきましては、保険料収入がほぼ確定いたしますことから741万8,000円を、諸支出金では一般会計への操出金として620万4,000円をそれぞれ増額いたすものです。
 これらの結果、補正後の予算総額は歳入歳出それぞれ1,362万2,000円を追加し、2億697万2,000円とするものであります。
 議案第23号「平成23年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」の提案理由を申し上げます。
 初めに歳入について申し上げますと、国民健康保険税につきましては一般被保険者分で700万円増額し、退職者分では1,000万円を減額するものであります。
 国庫支出金の療養給付費交付金及び県支出金につきましては、療養給付費の変動に伴い変更内容に応じてそれぞれ補正を行うものでございます。
 また、共同事業交付金につきましては、国保連合会からの決定通知に基づき2,076万1,000円を増額いたすものです。
 さらに、一般会計繰入金では、額の確定により678万7,000円を減額し、繰越金では平成22年度実績に基づき2,000万円増額いたすものであります。
 次に、歳出について申し上げます。
 総務費につきましては、義務的経費の増に伴い委託料及び連合会負担金を増額いたすものです。
 保険給付費では、12月診療分までの医療費の実績と今後の動向を推計し、一般被保険者療養給付費では減となるものの他の費目で増となることから、1,346万3,000円を増額するものであります。
 また、共同事業拠出金につきましては、国保連合会の決定通知に基づき794万9,000円を減額し、保険事業費でも人間ドック及び特定健診の委託料の確定に基づき減額するものであります。
 さらに、諸支出金では、平成22年度療養給付費等負担金の額の確定により1,453万円を増額いたすものです。
 これらの結果、補正後の予算総額は歳入歳出それぞれ1,436万1,000円を追加し、歳入歳出それぞれ21億7,473万1,000円とするものであります。
 議案第24号「平成23年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第3号)」の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、東日本大震災の被災者に対する保険料等の減免措置の追加費用を計上するとともに、介護給付費等の実績により国・県等の交付金が当初より減額になることから、歳入歳出の関係項目について補正するものであります。
 まず、歳入につきましては、保険料で962万5,000円、国・県支出金では5,847万円をそれぞれ減額し、あわせて繰入金の準備金で1,500万円の減、一般会計からの繰入額を2,213万8,000円減額するものであります。
 なお、平成21年度に設置しました介護従事者処遇改善基金については今月でもって廃止することになりますので、清算処理を行っているものであります。
 歳出につきましては、被災者に対する保険料の減免をことし9月まで延長するためのシステム改修費として68万4,000円の増額、介護給付費等の実績により保険給付費で1億6,124万円、地域支援事業費で204万7,000円をそれぞれ減額するものであります。
 この結果、歳入歳出それぞれ1億6,323万円を減額し、予算総額を11億3,290万7,000円といたすものであります。
 議案第25号「平成23年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第3号)」の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算は、歳入歳出予算をそれぞれ35万円減額し、歳入歳出予算の総額を1,018万6,000円とするものであります。
 歳入につきましては青果物等の取扱金額の減少に伴う卸売業者使用料の減額、歳出につきましては工事完了に伴う清算によるものでございます。
 議案第26号「平成23年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第6号)」の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、まず東日本大震災に係る災害復旧工事に係る繰越明許費を設定しております。
 次に、歳入歳出における補正といたしましては、通常下水工事分、阿武隈川下流流域下水道受益負担金及び維持管理負担金等の確定等に伴う補正であります。
 その内容といたしまして、歳入では分担金及び負担金で167万2,000円を増額し、国庫補助金、一般会計繰入金、企業債で1,722万5,000円減額するものであります。
 また歳出につきましては、総務管理費、下水道事業費、災害復旧費で1,553万3,000円増額するものであります。
 この結果、補正後の予算総額は歳入歳出それぞれ13億5,048万1,000円とするものであります。
 議案第27号「平成24年度大河原町一般会計予算」の提案理由を申し上げます。
 それでは、歳出予算から新規事業を主とした内容で申し上げます。
 まず総務費では、(仮称)西地区コミュニティセンターの土地測量、地質調査事業で450万円、デマンド型乗合タクシー運営委託料ほか新公共交通システム導入事業で2,360万4,000円、街路灯LED化工事並びにLED照明灯設置工事で944万円、民生費では新子育て支援施設建築設計委託料で2,129万3,000円、衛生費では中核病院における腫瘍センターと救命救急センター整備費用を含め、大河原町外1市2町保健医療組合負担金として5億2,453万3,000円を計上したほか、仙南地域広域行政事務組合における(仮称)仙南クリーンセンター整備に係る負担金として913万5,000円を計上しております。
 次に労働費でありますが、震災等緊急雇用対応事業委託料で7,310万円、農林水産業費では仙南広域農道整備事業負担金で3,126万5,000円、商工費では川根工業団地整備計画策定委託料で2,500万円、復興支援商工振興事業補助金で1,000万円、土木費では新開五瀬線道路改良工事で800万円、金ケ瀬中東線道路改良工事で340万円、公共下水道事業への繰り出しで2億4,328万1,000円、さらに上谷・見城前団地のアナログTV共同受信施設撤去工事として400万円を計上いたしました。
 また消防費では、自主防災組織育成事業補助金として125万円、教育費では小学校3校における遊具改修工事など合わせて507万2,000円、大河原中学校の特別支援学級稼働間仕切り設置工事及び金ケ瀬中学校の音楽室床改修工事などで680万3,000円、中央公民館空調設備改修工事実施設計委託料で462万円、金ヶ瀬公民館駐車場整備工事で240万円、総合体育館非常階段補修工事等で642万1,000円のほか、給食センター高圧受変電設備工事等で791万3,000円を計上しております。
 次に、財源としての歳入の主なものでありますが、町税では前年度比プラス0.9%の25億5,976万9,000円を計上いたしました。
 次に、地方交付税と臨時財政対策債についてでありますが、国における平成24年度地方財政計画から地方交付税を17億2,000万円、臨時財政対策債は4億1,000万円と試算して計上したところであります。
 また、国庫支出金ではまだ新たな制度がはっきりしておりませんが、子ども手当に伴う負担金として3億1,175万3,000円、放射線量低減対策事業の補助金として4,926万円、道路橋梁災害復旧事業等補助金として2,193万8,000円、県支出金では災害等緊急雇用対応事業として1億2,930万円、町債では、臨時財政対策債のほか仙南広域農道整備事業で2,810万円を計上したところであります。
 なお、繰入金では、新公共交通システム整備基金から500万円、震災復興基金から3,400万円、財政調整基金からは3億7,090万円を繰り入れたところであります。
 これらの結果、平成24年度当初予算の総額は歳入歳出それぞれ71億2,740万2,000円となるものであります。
 議案第28号「平成24年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算」の提案理由を申し上げます。
 後期高齢者医療制度も5年目を迎え、この制度に対する被保険者への周知や理解は浸透しているものと感じております。現在、政府では新たな高齢者医療制度を創設するとし法案の取りまとめが行われておりますが、高齢者の医療の確保の観点から、引き続き宮城県後期高齢者医療広域連合との連携を図りながら、後期高齢者医療制度の運営に努めてまいりたいと考えております。
 このような中、平成24年度の歳入歳出総額は2億291万6,000円で、前年度比4.9%の増となっております。
 議案第29号「平成24年度大河原町国民健康保険特別会計予算」の提案理由を申し上げます。
 初めに歳入について申し上げますと、国民健康保険税につきましては被保険者数の減少により全体では若干の減額予算とするものであります。
 国庫支出金につきましては、療養給付費等負担金及び特定健康診査等補助金を減額して計上いたすものです。
 療養給付費等交付金及び共同事業交付金につきましては、被保険者の医療費の増が見込まれますことから、増額し計上いたすものです。
 次に、歳出について申し上げます。
 保険給付費では、前年度の実績に基づき1,488万5,000円の増額を見込んだところでございます。
 また、後期高齢者拠出金及び介護納付金は22年度の精算と23年度の見込みにより、それぞれ増額して計上いたすものであります。
 さらに、保険事業費につきましては前年度の実績等に基づき減額になってはおりますが、実施計画に基づく目標達成に向け、受診率の向上に取り組んでまいりたいと考えております。
 これらの結果、平成24年度の歳入歳出の総額は21億9,782万8,000円で、前年度当初予算より8,996万1,000円の増額予算となっております。平成24年度におきましても、国保財政の運営はかなり厳しい状況が見込まれます。町民の皆様のご協力を得ながら医療費の適正化を図り、健全な事業運営に向けより一層努力してまいりたいと考えております。
 議案第30号「平成24年度大河原町介護保険特別会計予算」の提案理由を申し上げます。
 本年度の予算につきましては、本年度から新たにスタートいたします平成26年度までの第5期介護保険事業計画にのっとり編成を行ったものであります。計画につきましては、さきの全員協議会で素案として内容をお示ししており、また保険料の改訂につきましても設定までの経過説明をさせていただいております。
 それでは、主な内容について申し上げます。
 まず歳入でありますが、65歳以上の第1号被保険者保険料につきましては保険料の改訂に伴い約3,300万円増の2億3,885万6,000円とするものであり、県支出金につきましては本年度限りの介護保険財政安定化基金交付金700万円を計上いたしました。
 また、繰入金につきましては介護給付費準備基金を確保することから最小限の1,000万円を計上いたしております。
 歳出につきましては、高齢者の増加に伴う要介護認定患者や介護サービス利用者の増を見込み、保険給付費を11億9,393万9,000円、介護予防としての地域支援事業費で2,652万1,000円を計上いたすものであります。
 これらの結果、本年度の歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ12億4,429万6,000円となるものであります。
 なお、本年度から「高齢者福祉計画」及び「第5期介護保険計画」がスタートすることになりますが、現在、計画の基本理念として検討している「みんなの力で支え合い元気に暮らせる高齢社会」に向け、元気に安心して暮らせる事業の展開と適切なサービスの提供が受けられる体制づくりに努めてまいります。
 議案第31号「平成24年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算」の提案理由を申し上げます。
 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ397万7,000円といたしました。
 歳入につきましては、本年度の市場売上見込額を6億8,000万円とし、これに対する市場使用料等として375万6,000円、繰越金が22万1,000円であります。
 歳出につきましては、施設維持管理費並びに市場運営協議会開催経費等で117万7,000円、一般会計への操出金が240万円、予備費として40万円であります。
 議案第32号「平成24年度大河原町公共下水道事業特別会計予算」について提案理由を申し上げます。
 昨年の東日本大震災により被災した下水道管渠施設等の速やかな復旧を行うため、通常の下水道事業を必用最低限に抑え、災害復旧関連工事を年次計画により行ってまいります。
 これらの事業実施のために平成24年度の歳入歳出予算総額は11億9,334万7,000円で、前年度に比べ3億5,784万1,000円の増額となるものであります。
 前年度に比べ歳入の主なものについては、国庫補助金を2億8,630万円、一般会計繰入金を7,917万3,000円増額し、負担金を153万2,000円、町債を610万円減額するものであります。
 歳出の主なものについては、通常の事業を抑えた関係で、総務費では工事請負費で300万円、負担金補助及び交付金を206万7,000円減額するものであります。
 次に、下水道事業費では鷺沼排水区雨水整備実施設計業務委託により負担金補助及び交付金を1,934万6,000円増額し、工事請負費の補助事業分を1,740万円減額するものであります。
 さらに、災害復旧費では設計等委託料で1,700万円、工事請負費では3億7,123万4,000円、合計3億9,473万4,000円を計上するものであります。
 議案第33号「平成24年度大河原町水道事業会計予算」の提案理由を申し上げます。
 本年度は、業務量として給水戸数1万戸として推定試算をしております。年間総給水量274万5,000立法メートルを予定し、1日平均給水量は7,500立法メートルといたしました。
 次に、予算の収支について申し上げます。
 第3条の収益的収支でありますが、収入につきましては前年度比759万9,000円減の6億2,600万円とし、支出につきましては前年度比248万9,000円減の5億8,713万4,000円として、収支差引消費税抜きで2,698万7,000円の純利益を予定計上しております。
 第4条の資本的収支でありますが、収入につきましては借入企業債5,000万円、下水道工事に伴う移設補償金600万円の5,600万円とし、支出につきましては営業設備費や工事請負費の減、企業債償還元金の増により、前年度比77万6,000円増の2億1,503万3,000円とし、資本的収入額が資本的支出に対し不足する額1億5,903万3,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額558万6,000円、当年度分損益勘定留保資金1億1,772万4,000円及び建設改良積立金3,572万3,000円で補てんするものであります。
 主な建設改良事業といたしましては、前年度に引き続き桜町地区の布設がえ工事等を予定しております。
 以上、報告3件、議案26件の提案理由を申し上げましたが、詳細につきましては担当課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これをもって、施政方針及び提案理由の説明は終わりました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さんでございました。
     午前11時47分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
  平成24年3月1日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------