議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2016年9月13日(火):平成28年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は、既に配付してあります通告の順序によって行います。
 庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) おはようございます。10番庄司 充であります。議長の許可をいただきましたので、一般質問をいたします。
 私の一般質問は1項であります。「子供の未来に夢を-ケアハウス心ひとつに」ということでございます。
 ことし4月から2020年までの5年間、子供への福祉と教育の発達として始まった我が町の「おおがわら子供の心のケアハウス」を、8月23日町議会総務文教常任委員会の所管事務調査として現地調査を行いました。
 この事業は、子供たちがさまざまな影響により精神的に不安定な心に陥ったり、毎日の学習に耐えられなくなったり、学校に通う気力がなくなったり、心に傷を負った児童に対し温かい手を差し伸べ、児童たちが元気で明るい自分を取り戻すことができるような支援策として開所されたと理解しております。実施期間の5年間、1市町村当たり最大1億2,000万円の補助が見込まれると聞いております。
 今回の総務文教常任委員会の調査・現地視察を見た上で、参加委員がそれぞれの疑問点、改善策を見出しました。とはいえ、まだ開始したばかりの事業をあれこれ論ずることは時期尚早だと思われますが、現時点での現状を踏まえ、次のことを質問します。
 1、一番の悩みは不登校といじめの問題だと思います。このことが今回の支援事業に取り組んだきっかけと聞いておりますが、今回、実際に不登校の児童、いじめに遭われている児童と向き合い、どのような実情を見、どのようなケアをしなければならないと思われましたか。
 2、ケアハウスに望みを託し利用している児童及び家庭のプライベートと人権教育にどのように対処しておられますか。
 3、ケアハウスに通う児童たちの心の支えとともに、学習・学力のおくれ、衰え、また、心の病気、健康、子育てなどの支援指導はどのように行っていますか。
 4、この事業を実施して約5カ月、学校・町・運営委員会などの横の連携、実務に即した会議を持たれていますか。いるとすれば、どのくらいの周期で行われ、どのような主題を討議されているか、伺います。
 5、事業を立ち上げる際、ケアハウスの場所において、議会、委員会で賛否両論のうちに現在のオーガ内1階と定め始まったのだが、使ってみてどうですか。子供たちは学習態度、相談面接などに満足しておりますか。
 6、現在、ケアハウスの業務に当たっている職員の数と役職名と実務の内容を具体的に教えてください。また、それぞれの勤務時間を教えてください。
 7、始まって月日も浅いこの業務ですが、以前思ってもいなかった児童の意外な面、驚くべきことなどがあったら教えてください。
 結びに、今後の相対的な指導・支援方法などを伺って、終わります。
 答弁によっては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、心のケアハウス事業を開始し、不登校の児童生徒の実情を見て、どのようなケアをしなければならないと思ったのかとのご質問でございます。
 不登校になり、「おおがわら子供の心のケアハウス」に通所している児童生徒については、学校生活での人間関係、友達や担任との不和や無気力、情緒不安、ゲーム中毒による昼夜逆転などであり、要因も複雑になっております。
 したがいまして、家庭の問題も抱えている児童生徒も多く、児童生徒の心に寄り添うことはもちろんですが、家庭を支えることも必要だと思っております。
 次に、ケアハウスを利用している児童及び家庭のプライベートと人権教育にどのように対処しているかとのご質問でございます。
 児童生徒及び家族のプライバシーを守るために行っていることは、職員が守秘義務を徹底して守ることを心がけていることと、児童生徒が通所しているときには外部の方々には入所をお断りしていることであります。また、その他の児童生徒や保護者に対しても、通所している児童生徒が人から知られることがないよう、裏口から出入りすることで誰にも会わずに教室に入れるよう配慮しております。
 また、人権教育にどのように対処しているかとのご質問ですが、ケアハウスのスタッフが基本的人権、子供の権利を念頭に置いた対応をとることで、人権の保護を進めていきたいと考えております。
 次に、ケアハウスに通う児童への学習面、健康面等の支援指導はどのように行っているかとのご質問です。
 まず、学習面の支援は、児童生徒が通所した際に1時間から1時間30分の学習活動を支援しております。
 次に、家庭への支援については、およそ週1回の頻度で家庭訪問を行っております。
 また、医療機関に通院している児童生徒もおり、ケアハウスの立場で家庭、学校、医療機関との連携を図っております。
 次に、学校・町・運営委員会等の横の連携と実務に即した会議の開催について、その周期と検討する主題の内容についてのご質問でございます。
 まず、町内の各施設や学校との連携を図るために、教育委員会、ケアハウス職員、各小中学校の校長と担当者による連絡会議を年2回、教育委員会、ケアハウス職員、各小学校の教頭と担当者による運営委員会を年4回開催いたします。また、定期的な学校訪問を年3回予定するとともに、大河原中学校の不登校と別室登校者について協議する教育相談部会を週1回行っております。
 主な主題としては、現状とその対策が中心となり、細かく分析し、それに基づいた細かな対策を協議しております。
 次に、ケアハウスとして使用している場所についての評価と、子供たちが学習・相談機能に満足しているかとのご質問でございます。
 不登校の児童生徒にとっては、駐車場から職員用階段を使うことができるために、オーガで働いている人以外と会うことなく通所できることが大きなメリットとなり、児童生徒のプライバシーを守るためにもケアハウスの場所は大変有効であると考えております。
 また、土曜学習会と夏休み学習会に参加した児童生徒にとっては、町の中央で通所に便利な場所であること、夏の暑いときでもエアコンがあり、快適な環境で学習することに適していると言えると思われます。そして何より、わからないところは親切に教えてもらえることから、今のところ不満の声は聞かれず、おおむね満足しているものと理解しております。
 次に、ケアハウスの職員数と役職ごとの業務内容、勤務時間についてのご質問でございます。
 まず、この事業の監督管理担当者となる「スーパーバイザー」が1名で、関係機関との連絡調整、ケース会議への出席、通所者への心のケア、早期学校復帰支援及び学習支援、電話や家庭訪問による教育相談、土曜学習会への対応などの業務があります。
 次に、不登校児童生徒への家庭訪問による心のケア及び早期学校復帰支援と学習支援を担当する「心サポートコーディネーター」1名、通所者の学習支援と心のケア及び早期学校復帰支援を担当する「学習サポートコーディネーター」1名、そして、通所者の心のケア及び早期学校復帰支援と学習支援を担当する「適応サポートコーディネーター」がそれぞれ1名で、いずれも町内中学校の別室登校者への学習支援と心のケア及び早期学級復帰支援を行っております。
 次に、ケアハウス事業の事務処理と管理を行う「事務局職員」が1名。合計5名となっております。ここまでの5名は週4日勤務で、午前8時15分から午後4時30分までの勤務を基本としております。
 また、週2日8時15分から午後3時15分までの勤務で、小中学校の別室登校者への心のケア及び早期学級復帰支援と学習支援を行う「サポーター」を2名配置しております。
 最後に、ケアハウス業務を始めてから気づいた意外な面などについてのご質問でございます。
 まず、不登校になっている理由に家庭が抱える問題、特に経済的な問題がある場合があり、家庭の立て直しを図るために、町の健康福祉課、子ども家庭課、そして県の児童相談所などとの連携が大切になっております。
 また、不登校児童生徒の多くに学力低下の問題があり、ケアハウスで行っている土曜学習会や夏休み学習会を行っていくことで、学力低下を原因とする不登校の未然防止に役立つものと思われます。
 意外な面としては、土曜学習会は1学期に10回行いました。集まった生徒は小中合計193名です。夏休み学習会への参加が合計延べ638名と大変多かったため、お断りするかどうか苦慮しましたが、何とか全員を受け入れ乗り切ることができました。今後の指導・支援方法も、児童生徒の心に寄り添いながら、課題を解決していくためのさまざまな支援を粘り強く行っていくことが必要と考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 再質問をさせていただきます。
 ただいまの教育長先生の答弁でほぼ、始まったばかりですけれども、ほぼスムーズに教育に当たられている、支援事業に当たられているということで、安心いたしました。
 不登校、いじめ問題ですが、これは昔からあったが、現代では非常に複雑化していると思われます。いじめが原因の不登校や自殺や虐待死などの悲惨な事件が絶えない。我が町ではそれらが原因で児童が死に至るまでの大事は起きていないものの、いつ何時それが事実としてあらわれるかもしれない。これらの問題や事件が過去全国で頻繁に表面化し後を絶たないのはなぜか。よくテレビの報道や新聞で目にするけれども、その事件が起こった学校や団体の責任者が謝罪する場面を、私も教育長も何百回と見てきたと思います。
 そこで謝罪する責任者が決まってこう言うんですね。「私どもの目の届かないところでこのような大事が行われていたことに驚きの念を禁じ得ません。今後このような不祥事が二度と起きないように云々」。私は「ふざけるんじゃない」と言いたい。被害者・加害者ともども子供たちの心の痛みに何ら触れることなく、自分たちの責任逃避だけであります。このようなシーンの連続のもとは、いじめや不登校を学校側で伏せてきた結果でありますが、こんなことが後を絶たない現状を憂えるばかりであります。
 大河原管内での小中学校では、このような事実が過去になかったかどうか。事件や事故が起きた場合表面化する恐れに、教育者はどんな気持ちでどんな対処をしなければならないと思うか。教育長にお伺いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のように、いじめによる自死の事件が全国各地で発生しておりまして、大変残念なことだと考えております。なぜこのような事故が起きるのかということにつきましては、それぞれ原因が違うものと思いますが、報道されているほとんどの例といたしまして「気づかなかった」ということが言われておりますが、議員ご指摘のように「気づかないとはどういうことだ」と、「言語道断だ」と言われるのは当然だと思います。
 我が町におきましては、そういうことのないようにしっかりとアンケート調査あるいは児童の観察をして、そういうことがないように努めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 今後も学校側と連絡を密にしてですね、このようなことが起こらないように、また起こった場合に、すぐさま教育長なり町長なりのご意見、指導を仰ぐような方法をとっていただきたいと思います。
 実施期間の5年間に触れたいと思いますが、始まったばかりで先の先まで心配するのも変な話ですが、視察の際も先生方からこんな言葉をいただきました。「事業開始当初は何かと不安だったり、どうすれば子供たちのためになれるだろうか思いながら当たってきました。次第にこちらの思いや誠意が子供たちに伝わり、よい雰囲気の中で各分野とも大いに期待の持てる活動を行っています」ということで、私ども視察したところ、先生方の指導、相談よろしきを得て、順調に進んでいるようであります。
 ならばなおさらのこと、この事業は次の世代の悩める児童たちのためにも5年間などと区切らず継続すべきものだと推奨したいのですが、教育長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 私も5年と限らないで長く続けたいものと思いますが、何せこの予算がほぼ10割県の補助をいただいておるところでございます。年間2,000万、5年間でおよそ1億の補助をいただいてる事業でございますので、この裏づけが大河原町でできるのであれば、このような大規模な事業でなくとも形を変えた形でも、ぜひこのすばらしい事業は継続していきたいものだと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 確かにこの事業を継続するに当たってかなりのお金がかかると思われますが、この問題、町長はいかにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 質問をお聞きしまして、庄司議員のご指摘、なるほどと思って聞いておりました。で、5年後以降をどうするかという問題でありますけども、できる限りこの事業をしなくてもいいような方向に持っていきたいと。要は問題を解決したいというふうに思ってまして、ただそうはいかない場合は、今教育長さんがお答えしたとおりですね、何らかの形で継続はしていきたいというふうに考えております。
 また、議員ご承知のとおり、大河原町では午後9時以降のルールというのを決めました。ゲームやスマホは9時以降にしてはならないということをですね、これを徹底するだけでもいじめ対策、いじめの大きな原因の1つとしてSNSを用いたいろんな、難癖をつけるとかですね、そういったことがあるというふうに聞いておりますので、それをやめるだけでもいじめの件数も減ると思われますし、また午後9時以降はですね、そういったことなければ夜もしっかり勉強できるということで、いじめ対策にも学力向上対策にもなるということで、これはすばらしいルールを決めていただいたと思っておりますので、これをこの5年の間に徹底して進めてまいりたいと、このように考えておるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ぜひ継続していただきたいなと思います。
 次の再質問に移ります。
 私は今回の一般質問に取り組むに当たり、二度ほどケアハウスを見せてもらいました。その後に、質問冒頭でも言いましたが、総務文教常任委員会でも委員の皆さんと一緒に視察をしました。ケアハウスをのぞいた当初感じたことは「意外と狭いところで行っているんだな」という印象でした。全体的なスペースですが、相談室、学習室、事務関係など含めて手狭ではありませんか。私は何かそんな印象を受けたんですが、教育長、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 面積にしますとおよそ300平米ございます。1教室分ございまして、その中には相談するコーナーが区切られておりまして、外から見えないような形になっております。相談室と事務室、学習室、大きく3つに分かれているんですが、学習室と事務室が一体となった形になっております。それでやや手狭に一見見えますが、しかし、教室1つ分もありますので、今のところ狭いという印象は持っていないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) さらに委員会での視察の際、委員諸君から出た感想は、前にあそこを見せてもらったときに私が思っていたと全く同じこと、同じ感想が委員の皆さんから出ました。それは、机、椅子が正面に向かって縦並びに並んでいる。何か学校の授業を受けているのと同じだと。「学校の延長かな」と言う委員の方もおりました。全く私も同感でございました。
 あの方法は、先生にとっても児童にとっても一番やりやすい方法なのか。あれがベストならそれでいいんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ごらんいただいたのは土曜学習会と夏休み学習会の学習場面だと思います。学習する環境としては、やはり指導者と指導される側とが向き合った形で学習するのがより効率的でありますので、あの形が適当かなと考えておりますが、しかし、それ以外の相談の場面につきましては別なスペースで行っておりますので、またその相談の場合は環境を変えるというような形をとっておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 次にですね、私はケアハウスの現在の場所オーガ1階を見て、先ほど教育長もおっしゃられますが、悪くはないなと感じました。議会や委員会で心配していたほどではないのかなと思っております。交通の便もいいし、思ったよりも明るいし、プライバシーもほどほど守られているようだし。
 しかし、何か足りない。しかし、何か足りないなと感じました。むしろ完璧すぎるのかなという考えてると、あることに気づきました。それは、先生方も児童も一息ついたとき緑が見たいなと思わないのかなと。それから、青い空を眺めたいと思わないのかな。のびのびした空気が欲しいなと。休憩時間にですね、無意識のうちにこんな時間に触れたくないかなと思ったんです。
 そのときとっさに頭に浮かんだのは、金ケ瀬の放課後児童クラブのあの民間借家教室でした。少し疲れたり、休憩時間に庭に出て外の空気に当たっている、一部屋一部屋を子供たちが自由に使いやすいように、リラックスして勉強ができるような雰囲気につくってあります。あれがケアハウスにそっくり利用できるのかな、活用できるのかなと思うのはどうだと思いますけれども、将来ケアハウスもあのような一軒家を民間から借り受け利用したらと思ったのですが、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 緑がない、青空がない、ご指摘のとおりでございます。しかし、子供たちが体育をしたい、運動したいというときには東部屋内運動場に移動しまして、緑が見えるところ青空が見えるところで、必要に応じて場所を変えて指導しております。ただ、確かにオーガには緑はございませんが、そこのところにつきましては議員のご指摘を参考にさせいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) けさのテレビでも空き家利用の番組をやっておりまして、東京都内の保育園が民間借家を利用しているようでございます。これも空き家対策の1つにもつながるのではないかなと思ったので、今後考えていただきたいなと思います。
 子供の心の奥深く潜んでいる本当の自分は、幼い子供たちにはなかなか自分では見出せないものがあります。そういうことを引き出してくれる、正しい方向に導いてくれる、心のケアコーディネーター、適応ケアコーディネーター、学びのケアコーディネーターの先生方のサポート指導は、児童にとっては何物にもかえがたい子供たちの道しるべであります。
 そこで、さっきちょっとお伺いしたら、それぞれのパートといいますか、が1人、1人、1人で当たられているということですけれども、利用しているというと失礼なんですが、利用している児童数にこの1人、1人で十分間に合うんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 日常のケアハウスの事業につきましては、答弁で答えましたとおり、小学生が毎日通所している児童が1名、中学生が3名程度ということでございますので、あの場所につきましては適当な場所ではないかなと。ただし、夏休み学習会あるいは土曜学習会になりますと非常に希望者が多うございますので、だんだん場所が狭くなってくるのは感じておりますが、それ以外の日常の相談活動につきましては十分対応できてるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 5カ月やってきてですね、子供たちのお父さんお母さん、家庭っていいますか、家庭の反応はいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まず、通所している児童の家庭でございますが、当初はなかなか通所できませんでした。しかし、通所しているうちに、やはり子供たちは学習ができることに喜びを感じているようでございます。これまで学校に時々不登校ということで保健室登校などをしていたときよりも、学習ができるようになってきております。したがいまして、保護者も徐々にこのケアハウスのよさを理解していただきまして、大変喜んでいただいているところでございます。
 また、ケアハウスに来れない子供、家庭訪問をしている子供の親御さんにとっては、一進一退の毎日が続いておるところでございます。しかし、全く学校に来れなかった子供がケアハウスに来れたということがありまして、たった1回でも来れるということは親にとっては本当にありがたいということで、感謝の言葉をいただいているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それから、医療関係との連携なんですけれども(「はい」の声あり)医療関係。(「はいはい」の声あり)お医者さんですね。具体的に子供たちがお医者さんにかかるっていいますか、医療関係、どういった面で医療関係の協力をいただいているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 具体的に医療関係者がケアハウスに来て相談するというところまでには行っておりません。子供が通院している医療機関と連携をとる、あるいは名取にあります子どもセンターの医療機関と相談をする、そういった形での相談でございますので、何といいますか、ケアハウスに医療機関の方をお招きするところまでにはまだ至っておりません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 以上、これらの問題を改善し、いじめ、不登校のない社会をつくるために、ケアハウスの先生方が真剣に取り組んで努力している姿を今回しっかりと見せていただきました。なお一層、根本的な原因を見据えた上で支援・指導に励んでいただきたいと思いますけれども、この事業が継続しやすい環境づくりも大切だと思いますが、その点を町長に力を注いでくれますようにお願いをいたしたいんですが、総体的にこの問題を町長のご意見を伺いたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど来、質問、答弁お聞きしておりまして、大変すばらしい視点が多々あったというふうに思っておりまして、この事業についての重要性を改めて認識させていただきました。先ほど申し上げましたとおり、こういった問題を解決することが一番の課題でありまして、その課題を探りながら、より新たな時代に向けてのですね、対応をしっかりと打ち立てていくということが我々に課せられた大きな任務ではないかというふうに聞いておりましたので、そういった決意でこれからもこの問題に真剣に取り組んでまいりたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ありがとうございました。これで私の一般質問を終わります。どうもありがとうございました。(「ありがとうございました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。通告順に従い、一般質問を行います。
 1点目は、介護保険事業の現状と改善についてであります。
 介護保険制度は、介護の社会化を理念として平成12年4月に施行されました。現在、第6期介護保険事業計画に基づき、事業が進められております。介護を必要とする町民がふえる中、「保険あって介護なし」にならないためには、何よりも介護を必要とする町民が安心して十分なサービスが受けられる条件整備が必要であると考えます。
 今回は、直営の地域包括支援センターの現状と課題、改善策について、以下伺います。
 1、厚労省が公開しております介護保険事業状況報告をもとに集計した平成25年度のデータによりますと、当町の65歳以上の第1号被保険者に対する要介護認定率、これは7段階でありますけれども、要支援から要介護5、全国平均や宮城県平均をかなり下回った認定率13.21%になっております。
 この認識は町ではどのように認識しているんでしょうか、この結果について。この現実を、そしてどのように受けとめていますか。要介護認定率が低いということは、要介護を必要とする町民が少ないと判断していいのでしょうか。だとすれば、その具体的要因について伺います。
 (2)要介護認定に対して当町は厳しいといった声を耳にしますが、こうした声は担当課に届いているのでしょうか。
 3、介護の申請がありますと、訪問調査員が自宅を訪問して調査することになっておりますが、1、調査時間の基準というのはあるのでしょうか。それから、家族の同席はこれは必ず求めていると思うんですが、その辺はどういうふうになっているのか伺います。
 3、訪問調査員として心がけていること、苦慮していること、課題になっていることは何なのか伺います。
 (4)身分が臨時職員だった訪問調査員は、嘱託職員に待遇が改善されております。この点は評価いたしますが、調査員の確保については募集しても容易ではなく苦慮している話を聞きます。今後、看護師やケアマネージャー等の資格を有する場合は、給与加算するとか正社員にして持続できるよう、さらなる処遇改善に努めていくべきではないかと考えます。いかがでしょうか。
 (5)平成26年7月から、要介護認定訪問調査の一部を他町の居宅介護支援事業所に委託しております。現在も継続している理由は何か。町内でなく町外に委託した経緯について、直営の地域包括支援センターが町外に委託するのは、私は改めるべきではないかと思いますので、伺います。
 (6)最近、介護サービスを受けている町民、お母さんと息子さんの2人暮らし、または屋敷にはもう一人の息子さんも住んでいるようでありますが、と事業所との間でトラブルが生じ、相談を受けた地域包括支援センターは、解決のために自宅に警察官を呼ぶまでの事態に及んだと聞いております。
 1)暴力を振るう、危害を与えるようなトラブルだったのか、実態について伺います。
 2、警察署に通報する判断は誰がしたのでしょうか。
 3、あくまで私は話し合いで解決していくべきではなかったのかと。また、そういうことが十分可能であったと考えますので、見解を伺います。
 以上で終わりますが、答弁により再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町の要介護認定率についてのご質問であります。
 万波議員のご指摘とおり、本町の要介護認定率については、県や全国の数値と比較して低い状況にあることは認識しております。このことが直ちに介護を必要とする町民が少ないということに結びつくものではないかもしれませんが、平成26年8月に第6期介護事業計画策定のために行った高齢者等アンケートの一般回収率を見ると、通常のアンケートでは3割程度なのに対して65%強と、介護や健康に関する関心の高さがうかがえます。また、町で行う介護予防教室等が、少しずつではありますが浸透してきている効果もあるのではないかと考えております。
 また、国の資料では、平成27年3月の都道府県ごとの要介護認定率は、一番低い埼玉県が14.1%、一番高い和歌山県が22.1%と8%の開きがある結果となっており、国では、地域の実情により差が生じているものと考えられるとしているところであります。
 次に、本町の要介護認定が厳しいとの声が担当課に届いているかというご質問であります。
 事業を行う健康福祉課においてはさまざまなご意見が寄せられており、その1つとして把握しているものであります。訪問調査につきましては全国共通の調査票に基づき行われており、全て国の指針にのっとって行われているものでありますことから、ことさら本町の判定が厳格であるとは考えていないところであります。
 次に、訪問調査の実際についてのご質問であります。
 1点目から3点目まで関連いたしますので、一括してお答えいたします。
 調査時間については基準はありません。お一人おおむね1時間程度を目安としておりますが、調査対象者の方の状態によって変わるものであります。ご家族の同席については、新規申請の方は必ず立ち会っていただくようお願いし、更新申請の方についてもできるだけ立ち会いをお願いしておりますが、既に施設等に入所されている場合はその施設の方からお話を聞くことができますので、無理にお願いしない場合もございます。
 調査員としての心がけ等については、調査対象者やご家族の気持ちに寄り添うことはもちろん、その上で公平・公正な立場を堅持し、調査対象者の方が介護保険の理念である「介護が必要になっても、残された能力を生かしてできる限り自立し、尊厳を持って生活できる」ようを念頭に置いて、調査のみならず高齢者の支援に努めているところであります。
 次に、訪問調査員の処遇改善についてのご質問であります。
 万波議員のご指摘のとおり、将来にわたって人材を確保するためには、資格等による給与加算や正職員採用などの処遇改善は有効だと認識しております。本町の職員数定員管理計画等ともあわせて課題として考えております。
 次に、要介護認定訪問調査を他町の居宅介護支援事業所に委託している理由と経過についてのご質問であります。
 健康福祉課には1名、訪問調査員として嘱託職員が配置されているほか、地域包括支援センター職員の介護支援専門員も訪問調査を行っております。要介護認定申請数の増加によりそれだけでは足りず、申請者に不便をかけることになりかねないため、平成26年6月から柴田町の居宅介護支援事業所に訪問調査を委託いたしました。
 法により新規申請については町が行うこととされておりますが、更新申請については外部に委託可能であることから、この部分のみの委託となっております。更新申請される方は新規申請の方と比較して多く、速やかな調査結果を得るためにも今後も継続して委託してまいりたいと考えております。
 また、町外の居宅介護支援事業所に委託した経緯につきましては、当該事業所が、あわせて訪問介護や通所介護などの業務に関係しておらず、居宅介護支援事業所としてケアプランの作成を行うのみの事業所であるため、公平・公正が確保できると考えられること、また、町内には同種の事業所は存在しないことから、当該事業所に委託したものであります。
 なお、当該事業所への業務委託については、地域包括支援センターではなく、町が直接行っております。
 次に、町民と事業所間でのトラブル等に関してのご質問であります。
 1点目から3点目まで関連いたしますので、一括してお答えいたします。
 当日は、町民と事業所間でのトラブルの件とは全く関係がなく、対象高齢者の方について、老人福祉法に基づく「やむを得ない事由による措置」を実施するために、町及び地域包括支援センター職員が自宅を訪問いたしたものであります。
 措置実施に当たり、安全確保のため、法に基づいて事前に警察署長へ周辺待機での援助要請をいたしており、通報したということではありません。個人情報があることから、今回の案件について詳しく述べることはできませんが、話し合いでの解決が難しいことで、最終的に「やむを得ない事由による措置」の実施となったものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、再質問させていただきます。
 今の(1)ですけれども、答弁の中で、県やあるいは全国と比較して低い状況にあるということは認識しているという回答でした。今回、私もこの質問を取り上げるに当たって、担当課に厚労省の資料をもとにつくった資料をですね、お上げしてあります。きょうでしたけども、前課長と町長にも見ていただきたいんですけども、実はですね、私もこんなに低いとはわからなかったんですけど、今回こういう位置にあるのかということがわかりました。
 それで、これは要するにうんと健康なね、介護を必要としない町民が多ければ、それは認定率は低いんですよね。でも、逆に、介護を必要とする人がふえればふえるほどそれは認定率が高くなるんだと、私は思っているんですね。
 それで、宮城県の、ちょっと町長にも見てください。35市町村の中で大河原は、これ25年のデータですけども、5,732人、65歳以上の方がいるんですよね。それで、757人が要介護、要支援1から介護5です。その率が13.21なんですよね。で、一番この認定率が高いところは七ヶ宿町です。22.48です。それで、65歳以上から、ですから80歳以上までこれ4段階に、65から69とか、60から70、70から74、75から80、84とこう4段階に分けて見たときにですね、柴田町と仙台市というのはと比べて我が町はほぼ同じなんですよ、この率が。65歳から69歳の何%、69から70、70から74、今4段階言いましたね、同じなんですよ。それでいて柴田町は14.35なんです。仙台は17.91%です。
 そうすると、これをどう考えるかなんですけれども、やはり私は今回非常に大河原町は厳しいという声が聞こえてきてるんですね。他町からもあります。これとの因果関係ていうのはどういうふうに考えればいいのかなというふうに思っているんですけれども、課長にもう一度確認させていただきたいと思います。どのように考えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 確かに今議員さんのおっしゃられるとおり、大河原町は仙南で一番低くて、県南でも一番低い状態になってございます。認定率ということでございまして、また、申請者数とはまた違いまして、申請者におきましては認定を申請しても軽いということで認定にならなかった方もございます。大体その方については年間30人程度でございます。申請については皆さんの体の状況によって必ず受け付けるというようなことで、認定者について今お話ししたような現状というようになってます。
 これの要因といたしましては、地域性とか複雑な要因があると思いますけども、認定については国の指針に基づいてきちんとやってる状態ではございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 全国一律同じ基準でやってるんです、それは。我が町もやっています。それで、これは25年度の、今申し上げましたけど、26年度はね、12.5%、まだ低いんです。27年11.3という状況なんですよ。それで、28年度から要支援、要2の方は総合事業ちゅことでこれ国の方針、どんどん改悪されて、介護保険から適用外なりましたね。それだから、もちろん要支援、要2は少なくなったんだけれども、しかしながら、大河原は11.0になりました、このことしの5月現在で。だけれども、さっき言った仙台とか柴田はそうじゃないんです。横ばいの同じなんですよ。これをどう考えるかですね。
 ちなみに、町長にも資料上げましたけど、全国平均は、これは要介護認定率の推移比較というのを出してるんですけどね、全国平均は18.2、宮城県は18.5、上がっています。23年、24年、5年がね、上がるんですよ、全国平均よりも。大河原は13.7です。そいで、先ほど私が言いました全国平均を100にすると、宮城県は101.9、上がっています。大河原は75.1です。この数字から、どうしてなんだろうなって、公平・公正に行われているんですけど。
 私はですね、実はきょう朝ラジオでこういうことを言ってたんですね。たまたまです。今、厚生労働省がある県を指導してるんですって。それは市町村と、その包括支援センターつのは社会福祉協議会ってとかそういうとこに委託してるんですかね、ほとんどが。それで、市町村との情報共有がなってないちゅことなんですよ。これに対して厚労省が指導するちゅこと、けさのニュース、たまたまです。ラッキーでした、私、その話聞いて。
 で、大河原町は直営なんですね。直営なんだから町の職員もそこに行って、町の職員も、所長が課長ですか、次長は係長の方、町の正職員ですよね。あとは社協から3人、そして嘱託職員なんですよ、あとは。そういう中で、本当にこの情報の共有とか、町として直営なんだけど十分機能は果たされてるのかなというふうに私は感じました。
 そういう点で、地域包括支援センターについて、課長、10年過ぎましたけれども、18年からですから、これ、始まったのが。ですから、もう10年経過してるんです。今までこの大河原町の地域包括支援センターのあり方、この低いものもあわせてですね、検証っていうの、職員の配置とかあり方ですよ、センターの、これでいいのかということ検証されたことあるんでしょうか。私はそういう時期に来ているというふうに考えています。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 地域包括支援センターの職員につきましては、先ほど万波議員さんがおっしゃいました、社会福祉協議会から3名の職員を派遣しているとこでございまして、そういったことが長年続いておりまして、やはり1つの課題にあるのかなというふうには思っているところでございます。先ほど町長のほうにも、定員の管理計画等ということで答弁させていただいておりますけれども、直営という方針であればですね、正職というな形も十分に考えていく必要があるというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) センターの今ありようを、私今回お伺いしてますけれども、社協から3人、超ベテランですよね、派遣されてるんです。で、社協の事業報告見ましたらね、全く、その地域包括支援センターに1,600万、大体1,700万近くでしょうかね、お金が町から行ってるわけですよ。だけど、お金が行ってるだけで、身分は社会福祉協議会の職員として我が包括支援センターに来てるんです。で、社協の事業は地域福祉事業、それから受託事業ちゅことで合わせて17事業なんですけど、全くこの事業の中にね、地域包括支援センターの事業が入ってない。ただお金だけですよ。こんな状態でいいんでしょうか。
 それでやってるのは、介護保険というのは十何億ですよね、1年間動くの。それで、保険給付が全体の91.2%ですよ。このぐらい、27年度で、このぐらいの介護保険給付を占めて全体が十二、三億をかけてるこの事業の、かなめというか窓口になってる地域包括支援センターがですよ、そういう職員体制でいいんでしょうかね。
 それで、さっき私は、今後いろいろ給与の加算を、資格も有する人するとか正職員にて言いましたね。それはね、絶対すべき、直営でしたら。そして、嘱託職員ちゅのは9時から4時でしょ、1週間何時間て決まってるわけですから、遅く来ても早く帰るわけで、これ当然ですよね、嘱託ですから。
 でも、一方では社協の職員は、派遣されてる人はこれ毎年毎年更新だちゅこともわかったんですね。それで、全く町の職員と同じ仕事じゃないですか。重要な責務を担ってやってるんですよ。そいで、町の職員は、課長は兼ねてますけど、係長だって、係長じゃない、次長さんだって、町の職員つのは結構異動ありますよね。3年に一遍。いつまでもそこにいないんですよ。で、そういうことから考えると、やはりこう、何つうでしょうか、みんな同じ身分で、そしてこの大事な仕事をですね、きちんと情報も共有していくためにも、私は遠慮なくそういう仕事できると思うの。ともするとですよ、社協の職員はベテランですけど、やっぱし町の事業ですから、やっぱ町の職員にもいろいろ相談したり、でも町の職員は異動があるから、ともするとなかなかやっぱし経験持った人にはかなわないと思うんですよ。
 そういうようなこともね、私は今回のこの問題を取り上げるについて、改めて検証してどうあるべきか、この地域包括支援センターが、正職も含めて、ぜひ本気になってね、取り組んでいただきたい。そのこと、課長は以前福祉課課長としておりましたので十分その点はおわかりだと思うんです。町長にもいかがでしょうか。突然こういう質問をさせていただきましたけども、ご回答お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 介護認定をめぐってのご質問でありますけども、私は基本的には適正に行われているものと思っております。数字は確かに他県あるいは宮城県と比べて低いということでありますけれども、これはあくまで国の法律、基準にのっとって認定してるわけでありますので、そこに何らかの問題があるとすれば大変ゆゆしき問題でありますけども、実態がこうであるということを私は素直に受けとめたいと思っております。
 それから、人員の配置の仕方でありますけども、これもですね、やはり正職員であろうと派遣職員であろうとその他の職員であろうとですね、この国の基準に従ってやっている以上ですね、判定が狂ってはおかしな話でありまして、確かに地域包括支援センターの職員のあり方については検討はしなければいけないかもわかりませんけども、この介護認定をめぐってどうのこうのという議論は私は差し控えるべきだと思っておりまして、あくまで国の基準にのっとってやってるということを信じたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 認定率の低さを実は指摘させてなぜなのかということで今質問させていただいておりますが、資料のある方わかるんですけど、25年だけじゃないんですね。13年から始まってるんです、この実績っていうのは。平成12年から介護始まりましたから、実績出てくるの13年。13年、14年、15年あたりまではですね、県と国と同じぐらいのレベルなんですよ、この認定率が。特に15年あたりからずっとこう来て、グタグタっと下がってこうなんですよね。だから、今始まってることじゃないということです。
 それで、課長にですね、既にお伺いしました。介護に関するその相談窓口どのぐらい件数あるんですか。そのうち、その窓口で電話あるいは直接家族が来られたときに必要ないということで、昔は事実でしたけど、今は「非該当」っていうんですよね、「非該当」。そういう人何人いるんですかって聞いたら、そういうデータはとってないちゅことなんですよね。ただ相談は260件です。
 それで、例えば電話で「認知がかかってるようなのでぜひ受けたい」と言うと、もう例えばこれ具体的な話です。「まず精神科に行ってください」というお話をされているということで、行くのにもう何カ月もかかると。それでそれ以上進んでないという人もいてます。
 それから、これ実はですけど、車椅子で息子さん、お母さんが、親かな、車椅子で息子さんと2人暮らしです。要介護2です。車椅子で本当に手助けしないとできない方が、実際2で全額使って1万、約2万ちょっと弱だそうです。足りなくて自費で払って4万円を超してる方も実際おります。
 それで、やっぱしね、厳しいのかなと。それ厳しいと同時に、何ていうんでしょうか、窓口で結局相談、要支援とかになる人だったらどんどん認定率が高くなるんですけど、ないということはそこで「非該当」が私は多いんでないかと思うんですね。そこがね、ちょっとほかの町と違うのかなと実は思うんですけど、課長、その認識、私間違ってますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 窓口で相談にいらっしゃった方につきまして、介護認定ということで介護認定を受けたいということであれば申請を受け付けいたします。それで、先ほど申したとおり、審査会にかけましてその結果「非該当」となった方が年間大体30人ぐらいいらっしゃるということで、相談に応じまして介護にならないような方、お話聞きまして軽い方、認定しても該当にならない方につきましては、別な事業、町の事業とかありますので、そちらをご紹介とかもしてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにしてもですね、高齢者の高齢化率つのはどんどんほかの町もふえています。27年度で25.5%ですよね。これはどこの自治体でもふえてるんですけど、それに伴って認定率も私はふえていくのかなと実は思っているんですけど、その辺ももう少し内部でですね、検討して、やっぱし情報の共有ってのがお互いにできてるのかな。現に嘱託職員で1年とか2年の人が二、三人、あと3年ぐらいの人がお一人、十何年もいる超ベテランの人がお一人とかって、何か入れかわりも多いんですよね。そういう中で、やっぱし意思の疎通とか本当に重要な役目を果たすここがどうなのかっていうことが、物すごく浮き彫りになったと私は思ってますので、ぜひ今後力を入れてですね、町長、課長、総務課長さん、ええ、あと担当課、ええ、ぜひ職員とですね、早急にこれ対策をとって改善していただきたいということを強くお願いしておきたいちゅふうに思います。それから、それは正職員も当然含めてですよ。
 それからですね、この柴田町に、(5)ですけど、委託してるという問題です。町がしてるということですが、大河原にも事業所がいっぱいいてケアマネージャーだってたくさんいるじゃないですか。ただ、その今大河原町が柴田に委託してるところは、それをケアプランを主にということですけど、そうでなくともこれ私、ある事業所に何人か聞いてみました。驚いていました。何で大河原町の介護保険の事業を隣の町まで委託しなきゃいけないのか。おかしいですよ、課長、私の考え間違ってでしょうか。町内に公募をして、いなかったちゅならしょうがないです。公募したけどできるというところが手挙げたら、そこにできないんですか。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 町長の答弁で申したとおり、柴田町の事業所についてはケアプラン作成それのみしか行ってない事業所でございまして、町内にある事業所につきましてはケアプランとまた通所介護とか訪問介護とかの事業を行ってますので、そちらのほうに任せた場合ですね、介護度をつけてそちらの事業所というか、有利になるようなちょっとそんな形も全国的にはあるものですから、公平・公正ということで、そのケアプラン作成しか行ってない柴田町の事業所に委託してるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そのケアプランちゅのは、要支援1・2、要介護5、どこの部分ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 要介護1から5まででございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 要介護1から5でしょ。だから、一度ですね、課長、広報してください。公募して、そして、事業所が名乗り出てできるつうなら、そこはだめなんですか。そういう方法は考えられないんですか。もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) ただいま話したとおり、公正・公平にできるのは単独でケアプラン作成、居宅介護支援事業しかしてないということで、それでそちらのほうに頼んでるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、大河原にある事業所に頼めば公平・公正を欠くということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) その可能性はあると思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いや、ぜひですね、ちょっと検討してみてください。私も専門家でありませんので。
 ただ私が考えてる上では、町の介護保険の事業を町内のいっぱいある事業所に公募をして、そして、できるとこがあったらそこにお願いするつうことができないかということです。ご検討をお願いします。
 それから、最後に、いろいろトラブルの件ですけれども、私はいろんな事情があったと思います。しかしながら、その「援助を要請いたしており」って書いてありますね。「法に基づいて」「待機」、確かに待機だったようです。ただ本人は納得いかず、自分でも交番に電話をして警察官来たようですね、お二人ね。
 でも、いずれにせよね、教育は、教育でいろいろ問題あるときは教育力で解決しますよね。介護、これ福祉ですよ。福祉の心で相手に心の中に入ってゆっくり向かい合ったら、私は警察まで援助の要請しなくとも十分できるというふうに考えています。今後、こういう世の中ですからいろんな方もいらっしゃる。いろんな問題、どうしたらいいか悩むこともいっぱい出てくると思います。しかしながら、介護のこういう何か問題が起きたときに、警察に通報して援助を要請するつうのは、誰が見ても命にかかわる、もう危害が、もうこのままではっていう本当に危機があったときはそれはやむを得ないと思いますが、そういう状態ではなかったように私は考えています。今後慎重に対応していただきたいということで、よろしいでしょうか。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども述べましたとおり、個人情報もございますので余り詳しくは申し上げられませんけれども、私なりに事情を把握しております。やはり心の福祉だけでは十分ではないというな案件に該当するんではないかと思いましたので、「やむを得ない措置」ということで、私もそれにのっとった措置をとらせていただいたということでご理解賜りたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしくお願いすると同時に、とにかく介護を必要とする人が安心して介護が受けられる。介護を受けても本当に心から大河原町住んでよかったと言える介護の事業、そういう事業になってほしいということを願ってですね、次の質問に入ります。
 2点目は、高すぎる国保税の引き下げについてであります。
 国保税は高すぎるという町民の声に応え、国保税の引き下げを求めて、以下伺います。
 当町の国保会計は黒字が続いており、良好な状況下にあると考えますが、いかがでしょうか。平成26年度の国民健康保険財政調整基金残高は2億7,972万9,000円となっております。平成23年度の1億3,005万9,000円と比較すると2倍に膨れ上がっております。これは国保税の取り過ぎと言えないでしょうか。
 その一方で、未納金は1億7,020万7,393円で、加入者にとっての国保税は依然として高く、払いたくても高すぎて払えない状況にあると思いますが、いかがでしょうか。
 (2)政府は国民健康保険の財政運営の責任主体を、2018年度から都道府県単位化する計画で進めております。これとの関連で、2015年は低所得者対策として保険者支援制度の拡充約1,700億円、28年度以降はさらに国費を毎年1,700億円支援するとしております。当町にも支援金が配分されているので、活用して国保税の引き下げに取り組み、町民の高すぎる国保税を引き下げてほしいの声にしっかりと応えていくべきではないかと考えますが、いかがでしょうか。
 都道府県化になりますと国保税が高くなることが今懸念されております。この事業により自治体単独で基金を準備する必要がなくなるので、これまで積み上げてきた基金を原資として、国保税の引き下げに活用するこうしたことも考えながら、ぜひ高すぎる国保税に引き下げをということで、心から町民を代表して切望して、町長の前向きのご答弁いただきたいと思います。
 答弁後、再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、国民健康保険財政調整基金に関するご質問でありますが、この基金につきましては、高齢化率の上昇や医療の高度化、インフルエンザ等の大流行など、医療給付費の急激な増加による財源不足などに備えるため保有しておく必要があります。
 基金残高を見ますと比較的安定はしている状況にありますが、しかしながら、黒字の理由は医療費の減少ではなく、いわゆる「社会保障と税の一体改革」の断行による国・県の補助金、交付金の増額によるものが大きく、今後も安定的に措置されることを期待するものの保障されたものではないこと、並びに医療費は依然として増加傾向にあり、今後も推移を見守る必要があります。こういった基金の状況から、国保税につきましては適正な水準であると考えているところでございます。
 また、収納率につきましては、一般現年度分で90.6%となっておりますことから、払いたくても払えない状況であるとは考えていないところでございます。
 最後に、国保税の引き下げへの取り組みに関するご質問でありますが、現在のところ、直接町民の方から「高すぎる国保税を引き下げてほしい」との声は伺っていないところであります。また、景気回復が言われておりますが、地域においては経済・雇用情勢が依然として厳しい状況の中、財政基盤の安定確保は非常に難しい状況にありますことから、国保税の引き下げについては考えていないところでございます。
 市町村国保財政運営等の都道府県化につきましては、平成30年度からの実施に向けて、国・県の主導のもと制度やシステム等さまざま協議が行われているところであり、懸念されております「国保税が高くなる」ということにつきましては、基金が保険税引き上げの抑制に使えるかどうか等を含め、引き続き今後の協議の動向を確認しながら対応していきたいと考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと残念なご回答でしたけれども、まず最初に、黒字は続いてますよね、課長。健全だと私は思うんです。まず、その点はどうですか。不安なんですか、健全なんですか。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) 決算状況を見ますと健全ということでございますが、実質、中身的にはですね、国・県の補助金、交付金の増額によるものが大きいというふうに判断してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 国民健康保険は皆保険ちゅうて、誰でも保険に入ることができるんですよね。それで社会保障なんですよ。だから国がお金を寄こすのは当たり前なんです。で、国保が財政が厳しくなってて、今は全国ほとんどのところが黒字だそうです。ほして、国保会計ってのは企業会計じゃはないので、黒字はもちろん利益で大変私は喜ばしいことだと思うんです。実際我が町もそうですね。
 私ももう一回ずっと調べてみましたら、27年度で歳入歳出差し引き1億5,600万ですよ。最終、入って出ていくので残ったのが1億5,600万。それから、26年度1億3,800万、25年度1億6,700万、24年に1億5,800万ていうふうに、とにかく1億五、六千万もですよ、歳入歳出でそれぐらいの差額なんですよ。そのうち半分は基金に積み立てて、そして翌年度でしょう。企業会計じゃなのに、こんなに利益、どう考えます。私は余りにも健全化過ぎて、何でこんなに、あと、基金残高もすごいですよね。これをどう考えますか。基金残高27年度3億です。これは絶対取り過ぎ。
 何で、確かに窓口に、何、「高いから下げてけろ」って誰も言わないっていう話ありましたけども、滞納額どんどんふえてるじゃないですか。職員が一生懸命、ね、説明をして、ほいで分割にして、一生懸命努力してる。これ、ここだけじゃないんです、全国的なんですよ。ということは、みんなから集めた、被保険者から集めたお金、それは国とか県当たり前っていますよ、これは。社会保障なんですから。それでも国は1984年からどんどん減らしてるんです、この国庫負担率を。そのために急激に1984年からですよ、ガーッと上がったんです、国保税は。そういう流れの中で現在もこういうふうに健全でいるわけですよ。ですから、私は取り過ぎだから国保税を引き下げる。
 で、いろんな自治体でこのお金、支援金として1,700億円、宮城県は約30億来ております。大河原町もですね、課長も資料持ってますけども、2,658万2,000円来ています、27年度です。こういうお金を全部使って引き下げに使ってる自治体あります。国でも「それは町の判断でできます」ということで国会で、私たち共産党の国会議員がこの問題追及してますが、はっきりと答えています。ですから、自由に使える、町の判断で使えるって言ってるんですよ。検討できないでしょうか。町長、課長、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) これにつきましては、先ほどの答弁にございますとおり、平成30年度からですね、都道府県化に向けて今検討をしているところでございます。で、この基金関係につきましてもですね、この基金がですね、国保税の抑制にですね、果たして使っていくべきものなのかどうかですね、これらも含めてですね、今現在検討を行っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども述べましたけれども、まず、医療費が極めて急ピッチで増額しております。一般療養給付費とそれから高度医療給付費合わせまして、27年度決算で私の記憶では5,000万ぐらいですかね、6,000万でしたかね、年によって5,000万から1億円ぐらい医療給付がふえるんです。
 こういったことをまず前提に考えるならば、また、国の社会保障と税の一体改革で若干ここは息をついてるわけでありますけども、今後ともそれが本当に、万波議員ご指摘のとおり国がですね、社会保障をこのままずっと充実するかどうか、これはまだ予断を許さないと私は判断をせざるを得ないと思っておりまして、期待はしておりますけども、そういった流れになるように我々も自治体もですね、力を合わせて国に対して意見を具申していきたいと思っておりますけれども、それが約束された保障されたものではないということに鑑みるならば、やはりここは基金もある程度は積んでおかなきゃいけないし、安定的な黒字を続けていかなきゃいけない。今後の高齢化率の上昇に備えながらですね、しっかりと先を見据えながら、ここは税を下げるということではなくて少し様子を見ていきたいというふうに思ってるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにせよですね、例えば生活保護受けてる方いますよね。で、生活保護のボーダーラインちょっと上にいる人は、これは払わなきゃいけないんですね、国民健康保険税。そうしますと、生活保護を受けてる人よりも生活が困難になってる実態あるんです。1,000円、2,000円多かっても受けられないんですよ、あの生活保護っていうのは。だけど、医療費も何も払わなきゃいけないんじゃないですか。そういうね、こまく分析しますと大変な人たくさんいると思うんですけど、その認識は、課長、ありますよね。
 27年度では1億7,394万8,000円ですよ、滞納額。去年も同じ1億7,000万まで、25年では1億9,000万ですよ。これぐらいの払えない人がいるんですよ。これから何がうかがえますか。「高くて払えないから何とかしてけろ」っていう言葉でなくとも、それは窓口で対応してたらわかると思います。私もいろんな相談で窓口に行きなさいということを言ってますけれども、課長、こういうことから本当に高くて困っている人が多いという認識はありますよね。ご回答をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯町民生活課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(遠藤和彦君) 所得基準に応じてですね、国保税もかかりますので、やはりその中で例えば7割5割2割軽減とそういったものを利用していただいてですね、極力負担がかからないようですね、今後も進めて行きたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 確かに7・5・2あるんですよ。しかしながら、それがあってもですよ、こういう、前は6・4だっと思います。それが7・5・2になりましたね。減額が。これでも、これぐらいのある。一方では基金が先ほど私が言ったように3億もある一方で、滞納額が1億7,400万ですよ。
 そして、町長は医療費医療費と言いますけれども、医療費で大河原の国保会計どっと使ったこと、私の記憶では全くないです。長いことさせてありますけど。ほいで、予備費っていうの50万ありますよね。そんなら、予備費をもう少しふやしておいて、もっと基金はね、とにかく保険者としての支援分として国が寄こしてるんですよ、これ27年度。これからも来るんですよ。そして、引き下げに、それは町の判断でできるって言ってるんですから、なぜここをもっと重視してできないんですか。町長の決断ひとつだと思います。お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども述べましたとおり、今後の国の社会保障と税の一体改革の行方を見守りたいし、また、高齢化率の上昇に伴いまして医療費がかさむということも考えておかなければいけないということが基本であります。立場上、私も税を下げれば喜ばれると思いますけども、ただ国保の安定的な運営を考えるとそうはいかないという状況にあるということを私は認識してるということでございまして、そのことはぜひご理解をいただきたいと思っております。
 また、今ボーダーラインのところで大変厳しくて高くて払えないということがありますけども、下げるときは、下げるにしてもやはり公平に下げなきゃいけませんので、全体的に公平に下げたところで果たしてどこまでその払えない人が救済されるかというのもやっぱり考えていかなきゃいけませんので、そういった費用対効果も総合的に考えながらですね、下げる場合は考えなきゃいけないと思っておりますので、全く今の段階ではしないと、引き下げはしないということでありまして、将来的にはやらないということを言っているわけでありませんので、ぜひ今後の推移を見守りながらどのような方法があるのか探ってまいりたいと思いますので、お時間を貸していただきたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 町長の姿勢に期待したいと思います。
 そいで、とにかく生活困窮者どんどん今ふえてますね。大変ですよ、年金は減る、ね。給料は非正規とか。もう本当大変ですよ。そこを本当に考えたら、やっぱり住民の命を暮らし守るそのために、一番税で高いのは国保です。ぜひ引き下げのためにご検討していただくことを切にお願いして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 一般質問の通告書によりまして質問させていただきます。
 まず初めに、議長から質問のお許しをいただきましたので、一般質問させていただきます。
 まず初めにですけれども、ドクターヘリのランデブーポイントについてであります。
 宮城県では、現在、ドクターヘリのランデブーポイント(離着場)の選定を県内約400カ所を目指して進めています。ランデブーポイントはドクターヘリと救急車が合流(ランデブー)する場所のことでございますけれども、空き地や駐車場、学校のグラウンドなどの候補地となっております。ただ、この場所が砂場の場合とかドクターヘリが着陸する際に砂ぼこりが巻き上がってしまうため、ヘリが離着する前に消防ポンプ車による散水が必要となります。一分一秒を争う救急医療では、この散水による時間的なロスが命取りとなるおそれもあります。
 そこで、県は、平成28年度の予算に砂ぼこりを舞うようなランデブーポイントを舗装したりするための予算計上をしました。1億円ほどですけれども、これは市町村がランデブーポイントの改良工事を行う場合に、県が1カ所当たり500万円の上限助成するものでございます。改良方法としては、アスファルト舗装や芝生化、さらに周辺住民に周知するための看板の設置などを考えられます。
 なお、ランデブーポイントの候補地については各地の消防本部が選定し、県に推薦する仕組みになっています。県は今後、地域住民から候補地の推薦があった場合は市町村を通じて受け付けるとの方針も示しております。
 それに従いまして、(1)番、今秋から宮城県でもいよいよドクターヘリが運航します。我が町では、ドクターヘリが着陸、救急車と合流するランデブーポイントは何カ所予定しているのか。県民が管理する場合も含めて教えていただきたい。
 2番目には、ランデブーポイントの候補地について、現在は消防機関が選んで県に推薦する仕組みになっているが、できるだけ多くのポイントを設置するため、今後、町内会などの地域住民からの推薦も受け付けてはどうでしょうか。
 3番目には、ランデブーポイントは数だけでなく質も注意する必要があります。砂ぼこりで舞うような場所の場合、ドクターヘリが着陸する場合に消防ポンプ車による散水が必要であります。時間的なロスが発生するそのようなランデブーポイントは、舗装したり芝生化するべきと考えるが、砂ぼこり対策についてはどのように考えているのか。
 4番目、県は平成28年度予算にドクターヘリのランデブーポイントの整備費用を盛り込んでいます。これは市町村がランデブーポイントの改良工事を行う際には、1カ所当たり500万円を上限にして助成するものと聞いておりますが、我が町でもこの予算を活用してランデブーポイントの整備を進めてはどうか。
 5番目には、他県では全てのランデブーポイントに看板を設置している自治体もあります。住民にランデブーポイントの場所を周知するとともに、ドクターヘリの活動について理解を深めるため、設置を検討してはどうか。
 6番目には、ランデブーポイントの安全確保について、原則消防職員が担当することになっているが、消防職員が対応できない場合、かわりに自治体職員や民間人が安全確保に協力している例もあります。ランデブーポイントの安全確保の協力体制についてもどう考えているか、お話ししていただきたいと思います。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、10月28日から運用が予定されているドクターヘリのランデブーポイントについてのご質問でございます。
 本町のランデブーポイントの箇所数についてのご質問でありますが、本町のランデブーポイントは、仙南広域行政事務組合消防本部より県が推薦を受けた8カ所であり、民間が管理する場所はないところであります。
 次に、ランデブーポイントを設置するための地域住民等からの推薦についてのご質問であります。
 ランデブーポイントの候補地は、まず、消防本部が利用可能と判断した場合に県に推薦することになっているため、地域住民から町に推薦があった際には、消防本部と相談してまいります。
 次に、本町のランデブーポイント整備に係るご質問でありますが、3と4は関連がありますので、一括でお答えいたします。
 本町のランデブーポイントは、大河原公園を初め、学校の校庭など比較的住宅密集地から離れている状況やドクターヘリの運航はあくまでも緊急的なものであることから、砂ぼこり対策あるいは現状を改良する必要がないものと考えております。
 次に、ランデブーポイントの周知についてのご質問であります。
 本町におけるランデブーポイントの設置については、「おしらせばん」等の広報誌や町ホームページで広く町民の方に周知したいと考えており、看板設置につきましては近隣市町の動向を見守りたいと考えております。
 次に、ランデブーポイントの協力体制についてのご質問であります。
 消防本部から応援依頼等があれば対応いたしたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) では、総括に再質問させていただきます。
 大河原町は県南の中心であり、大規模災害の中核病院と、あと仙南広域の消防の防災の機能考えますと、町内にもう一カ所ヘリポートがあったほうがプラスになると考えております。また、天然芝でも対象ってなると思いますけれども、学校グラウンドとか強風ですね、砂塵によっての苦情等がありますんで、そういうふうなこともあわせて対応はどうかというふうなことでございますけど、ご答弁をよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 今のところランデブーポイント8カ所ということでございます。それによりますと、学校で言いますと金ケ瀬中学校グラウンドあるいは南小学校グラウンド、大河原中学校グラウンド、東部グラウンドということになってございます。学校についてはそういった使用用途とかありますので、それの改良とかなかなか難しいものがあると考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 各学校においてですね、町内会の約砂塵とかそういうふうなものクレームがありますんで、せっかくこういうふうなものが県としての補助を出すというふうなことでますので、やっぱり大河原町の中核というふうなことでございますんで、そういう利用したことについてももう一度再検討いただければと思いますので、町長のほうから再答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどお答えいたしまたとおりでありますけれども、緊急的なものでございますので、例えば学校校庭を舗装するとなると、学校の運動場としては似つかわしくないと、こういったことになりますので、それはやはりそういったことを考えながら対応していかざるを得ないのではないかと思っておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、次は2項のほうに移っていきたいと思います。
 2項目についてですけども、2項目は、食品ロスについて向けての取り組み推進についてでございます。
 食べられる状態なのに捨てられると、食品ロスは家庭やスーパー、ホテルやレストランなどで、あらゆるところで見受けられます。農林水産省によると、日本では年間2,797万トンの食品廃棄物が発生しており、このうち4割近い632万トンの食品ロスと推計されております。既に先進的な自治体ではさまざまな食品ロス対策が行われてきております。長野県の松本市は、宴会の食べ残しを減らすため、乾杯後の30分と終了後の10分は自席で食事を楽しむ「30・10運動」を進めております。また、NPOの活動としては、消費期限が迫った食品を引き取り生活困窮者への無償提供するフードバンクが有名でございますけれども、国連は2030年度までに世界全体の1人当たりの食品廃棄物を半減させる目標を採択しております。
 (1)そこで、本町においても、まず学校や幼稚園、保育所など教育施設における学校給食や食育、環境教育などを通して、食品ロス削減のために啓蒙を進めるべきであると思うが、どうでしょうか。
 2番目、また、家庭における食品在庫の適正管理や食材の有効活用の取り組みを初め、飲食店等における「飲食店で残さず食べる運動」や「持ち帰り運動」の展開など、町民、事業者が一体となった食品ロス削減に向けての取り組みを進めることが重要であると考えるが、どうか。
 3番目、さらに、本町の災害備蓄食品については、これまで賞味期限後の廃棄してきたと思われるが、今後は未利用備蓄食品の有効活用の観点から、例えば消費期限6カ月前などにフードバンク等への寄付等の検討してはどうか。
 答弁によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、食品ロス削減に向けた啓発についてであります。
 食品ロスは、まだ食べられるのに捨ててしまうといった消費者の過度な鮮度志向に原因があると言われております。議員ご指摘のとおり、学校や保育所、幼稚園などの教育施設におきまして食品ロス削減の啓発活動を行うことは、子供たちの成長過程において食べ物の大切さを学ぶと同時に、ごみの減量化にもつながると考えておりますので、今後、積極的に啓発してまいりたいと考えております。
 次に、一般家庭や飲食店等で取り組む食品ロスの削減についてであります。
 現在、町では食品ロス削減に向けた計画や事業はございません。議員ご指摘のとおり、この問題は町民と事業者の意識が第一であります。行政からの関与は食品衛生との関連など難しい点もございますので、政策目的や事業効果も考慮しながら検討してまいります。
 次に、災害備蓄食品の有効活用としてのフードバンク等への寄附等の検討についてのご質問であります。
 本町におきましては、災害時の非常備蓄食品として、非常用飲料水、アルファ米、バランス栄養食等を備蓄しております。消費期限を考慮した活用は既に実施しており、総合防災訓練や自主防災組織が行う訓練時に活用しておりますので、フードバンク等への寄付等については今のところ考えておりません。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) では、再質問させていただきます。
 食品ロスについては、当町も地域的に近隣町村よりも飲食店がかなり多いと考えられます。そこにおいて、当町もですね、先駆けとなるようなこの問題に取り組むべきではないかというふうな御用でございますけど、再度答弁のほうよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この食品ロスに関して何か新しい先駆けになるような事業ということでございますけども、それについては今後引き続き継続して検討してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、3項めのほうの質問に入っていきます。
 3番目の質問は、被災者台帳の被災者支援システムの導入・運営についてであります。
 被災者台帳とは、災害が発生した場合、被災者の援護を総括的に総合的にかつ効果的に実施するための基礎となる台帳であります。災害対策基本法では、第90条の3第1項において、市町村の長が作成することとされております。被災者台帳を導入することによって、被災者の状況を的確に把握し、迅速な対応が可能になるほか、被災者が何度も申請を行わずに済むと被災者の負担軽減が期待されております。このため近年、東日本大震災や広島の土砂災害、熊本の地震等の大規模災害のみならず、災害が多発する中、被災者の台帳の作成への認識が高まりつつありますが、その作成は必ずしも進んではいません。こうした実態を踏まえて、内閣府(防災担当)においては、平成26年度被災者台帳調査事務報告書を取りまとめ、地方自治体に対する先進事例の導入支援実証報告及びチェックリストを提示しています。
 このシステムの最大の特徴は、家屋の被害ではなく、被災者を中心に据えている点でございます。住民基本台帳運用についてでありますが、データをベースに被災者台帳を作成し、これをもとに罹災者証明の発行、支援金・義援金の交付、救護物資の管理、仮設住宅の入退去など、被災者の支援に必要な情報を一元化の管理します。これによって被災者の支援業務の効率化はもとより、被災者支援業務の正確性及び公平性を図ることができます。
 システムの導入に当たっては、「厳しい財政状況の中システムの経費まで捻出できない」「いつ起こるかわからないことがお金も労力もかけられない」または「SEのようなコンピュータに精通した職員がいない」等の消極的な意見が聞かれます。しかし、被災者支援システムは、阪神淡路大震災のさなか職員が被災住民のため開発したのは、必ずしも高いIT能力のある職員がいなければできないわけではありません。
 また、導入に当たっては、地方自治体からの求めに応じて被災者の支援システムを全国サポートセンターから講師派遣することも可能です。仮に民間企業に導入支援を委託したとしても、20万から約50万円弱程度しかかかりません。平成23年度当初埼玉の桶川市約21万、福井県の敦賀市は約46万円。新たな整備は特に必要はなく、既存のパソコンがあれば十分対応できます。システム導入の自治体の1つである奈良県の平群町では、2015年6月19日付の新聞で紹介されたとおり、世界銀行が視察に訪れております。世界からも注目される取り組みとなっております。
 他方、昨年の広島土砂災害の今般の熊本地震においても、システムが導入されていたにもかかわらず、導入後の運用が適切になされていなかったため、いざというときに十分に使えなかった事例も発生しています。現在、広島においてはサポートセンターの支援のもと適切に運用されいますが、当町も導入、運用すべきと考えますが、町長に伺います。
 答弁によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 最後のご質問は、被災者台帳作成に係る被災者支援システムの導入、運用についてのご質問であります。
 本町におきましては、被災者台帳にかわるものとして、東日本大震災発災時における罹災届提出者を取りまとめた管理台帳がございます。現在、罹災証明書の再発行や義援金の追加給付などに利用しており、迅速な対応ができる状況になっております。
 こうしたことを踏まえ、被災者支援システムの導入に当たりましては、東日本大震災における被災者支援業務の検証を行いながら、現在の管理台帳の充実を図りますとともに、システムの内容について調査してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) では、再質問させていただきます。
 当町において、過去にやっぱ被災された分とか被災されたデータのは担当課の方が持ってらっしゃると思いますけれども、やっぱり全体的に統一した項目別、例えば行政区まいに、あと過去の被災者のリストや床下・床上浸水の家屋、浸水域の地域のデータ、または最新のデータを作成して、個人情報に抵触しない範囲での区長等の区、地区の共有する考えはございますかどうかと、あとは、それからここ数年、毎年10名前後の退職される職員とか採用される職員が続いておりますけれども、10年で大体全体の3分の1程度職員が入れかわるということになります。その対策の一環としてはデータとして役立つと思いますが、それについてのご答弁いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど町長のほうでお答えさせていただきましたけれども、現在、その管理台帳がございまして、迅速な対応を図ってるところでございます。この台帳の内容につきましては、罹災の状況であったり建物の損壊の状況であったり、そういったものを全て把握してございます。こういったものをですね、行政区長さんに提供することに関しては、個人情報の提供もございますので、ちょっと難しい状況にあるかと思います。
 なお、町長の答弁にも申し上げましたとおり、この管理台帳のさらなる充実ということで、ご指摘にありました救急の物質の状況であったりとかです、そういったものを今後検討してまいりたいというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 最後に、総括的にこれについての10年後3分の1程度に人が入ってくというふうなことがありますので、十分加味されて物事進めていっていただきたいと思いますので、これをもちまして、私の一般質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時より再開します。
     午後0時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番堀江一男でございます。議長にお許しを得ましたので、一般質問を行います。私の一般質問は2項にわたるものです。
 まず、第1項、子ども・子育て支援計画について。
 平成27年3月に、27年度から31年度までの5カ年計画である「大河原町子ども・子育て支援事業計画」が作成をされました。まだ27年度の成果説明がこの時点では、通告する時点では届いていないということと、計画初年度からまだ1年しか経過していないので、進捗状況について成果を公表できることは難しいと思われますが、第6章子ども・子育て支援事業の各施策の展開についてを中心に、現在の状況について伺いたいと思います。
 まず、第1、第1節多様な教育・保育サービスの充実したまちについて。
 1)教育・保育の事業量及び施策の確保で、「待機児童の解消で、保育士人材バンクの活用や地域の人的資源との連携方策を検討する」とあるが、どのように検討されたのか。
 2点目、地域型保育給付事業の推進で「事業所内保育所について、事業所との連携により人材育成や施設の充実を支援し、保育環境の充実を図る」とあるが、どのように図ったのか。
 (2)第2節まち全体で子育てを支えるまちづくりについて。
 1)地域ネットワークづくりの推進で、子育てネットワークの充実の「子供への声かけ運動など、地域住民の積極的なかかわり運動を展開する」とあるが、どのように展開したのか。
 2)同項の子育てサークル活動への支援で、「子育ての情報交換や仲間づくりなど自主サークル活動の場の確保や活動の支援に努める」とあるが、どのように支援したか。
 3)子育てサポーター活動の支援で、「講座修了者に対して活動の場として、子育てニーズの多様化に対応できる体制整備を検討する」とあるが、どのように検討したのか。
 4)地域の子育て活動の支援で「子供会活動など地域における支援活動に対し積極的な支援を行い、さらに異年齢、世代交流が進むよう住民の参加を促します」とあるが、どのように促したのか。
 (3)第3節子供の育ちと子育て家庭を支えるまちについて。
 要支援家庭等への支援で、ひとり親家庭の生活安定と自立の支援を行うため、母子福祉資金の貸し付けや云々ということを実施しますとありますが、母子福祉資金の27年度の実績はどうだったのか。
 2)見守りサポート事業で、「虐待を受けた児童の精神的不安の軽減や虐待児童の保護、支援の充実を図るとともに、虐待した親などへの指導及び支援の充実を図ります」とあるが、ここ近年の実績はどうなっているのか。
 3)子供たちに配慮した公園・道路の整備の中で、ニーズ調査で「子連れでも出かけやすく楽しめる場所をふやしてほしい」と回答された方が多かったとあるが、どのような場所を想定しているのか。
 4)ユニバーサルな公園づくりの推進で、「都市公園などや公園施設、遊具などを整備し地域の子供たちが安全に楽しく遊べる空間をつくります」とありますが、楽しく遊べる空間とは具体的に説明してほしい。また、公園施設の計画的管理の中で、「計画的な公園施設の安全点検と効果的な修繕や更新を行うことにより公園施設の安全性を高め、利用者ニーズに応じた魅力ある公園づくりに努めます」とあるが、具体的に説明してほしい。
 以上、1点目の質問といたします。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、待機児童の解消として、保育士バンクの活用や地域の人的資源との連携方策の検討についてのご質問ですが、待機児童の解消につきましては、平成27年度で小規模保育施設を新たに2カ所開設することができ、それにより0・1・2歳児の定員が27名増加しております。
 また、保育士については、各保育所ごとに正規職員、臨時職員それぞれ違いはありますが、退職者の補充等で苦慮している状況がありますので、宮城県保育士バンクの活用や町の臨時職員登録制度の広報など、保育士確保の方策をさまざま検討しているところでございますが、現在も保育士を十分に確保できていない状況にございます。
 次に、事業所内保育所についてのご質問ですが、現在、町内には3カ所の事業所内保育施設がございますが、いずれの施設も従業員のお子さんのみを受け入れており、一般のお子さんの受け入れは実施しておりません。
 子ども・子育て支援新制度が施行されてから、町内で事業所内保育所の解説要望は出ておりませんが、事業所内保育所が開設されることにより、事業所の従業員のお子さんの受け入れだけではなく、地域のお子さんの受け入れまで可能となり、町の待機児童解消につながることから、事業所の要望があれば町としても支援していく考えてございます。
 次に、子供への声がけ運動など地域住民の積極的なかかわり運動についてのご質問ですが、現在、各学校や各地区の子供会、親子会で実践されているあいさつ運動を今後とも継続し、さらに拡大したいと考えております。
 次に、自主サークル活動の場の確保や活動の支援についてのご質問ですが、現在、町内には子育てサークルが2団体あり、児童センターや児童館で活動しておりますが、それぞれの施設や子育て支援センターで、サークル運営や活動の相談に乗っております。
 また、リーダー研修の受講や、団体の代表の方には子育て支援センター運営委員会の委員に入っていただき、町の子育て支援施策に参画していただいているところでございます。
 次に、子育てサポーター講座修了者に対しての活動の場として、子育てニーズの多様化に対応できる体制整備の検討についてのご質問ですが、現在、講座を修了した方には子育て支援団体への参加をご案内し、団体の自主活動のほか、町の協働教育事業や子育て支援センターの活動にご協力をいただいているところであります。今後は、現在検討を進めております「ファミリー・サポートセンターの協力会員として、習得した知識や技能を発揮していただけるよう、体制整備を行っていきたいと考えているところでございます。
 次に、子供会活動など地域における子育て支援活動への支援と、異年齢・世代間交流についてのご質問ですが、地域の子供会活動については保護者の理解を深める活動や研修等を実施し、今後とも活動が活発になるよう支援を継続してまいりたいと思っております。
 また、異年齢・世代間交流のの1つとして、平成27年度から幼児や児童、その保護者が参加し交流できるイベントの開催を、地域住民で組織された子育て支援団体に委託し実施しているところであり、27年度は「子どもアートフェスティバル」などイベントを2回開催し、300人以上の来場者があったものであります。
 次に、母子福祉資金貸し付けの平成27年度の実績についてのご質問でありますが。母子福祉資金の貸し付けは宮城県の所管事務であり、町としては実績を把握しておりませんので、ご了解いただきたいと思います。
 次に、虐待を受けた児童に関しての近年の実績についてのご質問でございますが、平成27年度の児童家庭相談のうち、虐待に関する受付件数は、学校や警察署、児童相談所経由の案件も含め14件でございます。
 ケースに応じて町から助言や支援を行っておりますが、対応が困難なケースは町要保護児童対策地域協議会のケースとして受理し、児童相談所や警察署、所属する学校等と連携を図りながら、支援方策等を決定しているところでございます。
 次に、ニーズ調査の中の「子連れでも出かけやすく楽しめる場所」の想定ですが、駐車場や遊具等が整備された公園や、雨の日でも子供が体を動かして遊ぶことができる屋内施設などの要望が多かったと把握しているところでございます。
 次に、地域の子供たちが安全に楽しく遊べる空間、利用者ニーズに応じた魅力ある公園についてのご質問ですが、まず、安全に楽しく遊べる空間については、公園施設や遊具が整備され、安全に使用できる状態であることが必要と考えます。公園の点検と管理につきましては、現在でも定期的な遊具の点検と必要に応じた修繕等を行っているところでありますが、今後とも地域住民の協力を得ながら、公園の適正な維持管理に努めてまいりたいと思っているところでございます。
 なお、平成28年度の「歩きたくなるまち創造事業」の一環として、ウオーキングモデルコースの周辺の公園に、子供用ではありませんが、健康遊具の設置を検討しているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでは、再質問させていただきます。
 まず第1点目ですけども、この保育士の問題ですが、保育士の処遇改善、これは国のほうでも言ってるところですけども、これをどのように改善しようというふうにしているのか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 保育士の処遇改善につきましては、現在、国のほうで保育士処遇改善加算ということで、各民間の保育所に月々の委託料にですね、保育士の数とか経験年数等を加味して毎月の支払いに加算して支払っている状況でございます。施設のほうでは、それは保育士の方にそれぞれ配分していただいているという現在の状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この辺どのようにチェックしてるんだかわかりませんけども、あれ老人ホームなどの介護職員の改善などがあった場合、これが介護士に直接行かなくて、施設のほうの管理運営のほうに回さったというふうな経験もあるようですけども、このような状況は大河原町にはないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 加算については金額がですね、その加算分毎月別枠でなっておりますので、指導としても施設のほうに必ず保育士に行くようにというふうに指導しているところでございます。
 なおですね、今後、間違いなく職員には渡ってるんですが、さらにそれが職員の採用とかですね、にも結びつくように、基本給であるとか時給であるとかそのようなところに行くようにという今後の指導をですね、国のほうの指導も強まるものと思っておりますし、町からもそのようにご協力をお願いしたいと考えているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) くれぐれも老人ホームの二の舞を踏まないでいただきたいというふうに思っているところでございます
 それからですね、成果説明書の77ページの中に、認可保育所の入所状況の中で、「本町でもここ数年来保育児の担い手である保育士の確保が課題となっているが、今年度は年度当初から前年度を上回る保育士数の確保が可能となったため、前年度以上の児童を受け入れることができた」ということでありますけども、答弁にもありますけども、これでは答弁では「現在も保育士を十分に確保できていない状況」というふうなことでの答弁ですけども、公立保育所だけでなく民間保育所はどういうふうになっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 町立の保育所は正職員の応募に関してはある程度応募がございますが、やはり町立でも、民間でも同じですが、年度途中で退職等があるとその補充というのは絶えず苦慮してる状況でございます。
 さらに、民間につきましては、正職員の補充等もなかなか難しいという施設もございまして、定員まで受け入れできてない保育所も現在あるという状況でございます。
 なお、保育所のほうとは協議続けておりまして、何とか保育士の確保をご協力お願いしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) つまりですね、公立保育所には応募者はあるけども、民間にはなかなか集まらない。つまりこれは保育士の処遇だと思うんですよね。私も以前調べたことあるんですけども、民間とそれから公立保育所に勤務する保育士の賃金、平均しますと幾らぐらい差ありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 手元に現在比較した資料はございませんが、町立、公立は保育士でも職員として昇給するわけですが、民間に関しましては公立のように昇給が年齢とともに進むという状況ではないということは、問題として私のほうでも考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 保育所の数、保育所の定員ていいますか、それも足んないのもわかるんですけども、結局、一番は保育士がいかに確保できるかどうかだというふうに思うわけです。それで、後で調べていただくとわかるんですけども、例えば勤務年数10年、勤務年数20年の民間の保育士と大河原町立の公立の保育所の賃金ではどれくらい差があるか。うん十万になるはずです。同じ保育所に勤務していながら、同じていう、同じ保育の業務をしながら賃金の格差がこのくらい出てくるというふうなことになりますと、やはり民間にはなかなか行かないってのが現状だと思います。
 それで、その前に、各保育所の必要な保育士数というのは把握してるんでしょうか。そのときそのときの入所状況によって、年齢の構成によって違うとは思うんですけども、大ざっぱでいいですから、わかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) ただいまの保育士の必要数ということで、手元に集計したものはございませんが、現状としてですね、保育士数ですが、第一光の子保育所で正規・非正規含めて32名、これ昨年の状況ですが。第二光で25名、金ケ瀬カトリックで14名ということでございます。桜保育所では正規・非正規合わせて26名でございますが、それぞれ定員、それから各年齢ごとの受け入れ数がございますので、なかなか比較はできない状況でございますが。現在受け入れできている子供の数というのが、現在いる保育士さんで見られる限度の数ということでございますので、その中で受け入れしていただいておりますので、当然定員に満たないところというのは保育士さんが足りてないというところ、あるいは定員から幾分は多めに見ていただいてもそれ以上は受け入れ難しいというのは、やはり保育士さんが足りないという実情があるということを考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何か声がちょっと小さくてちょっと聞き取れない部分もあるんですけども、ただね、この待機児童の問題で「保育士の処遇改善を努めるとともに、必要数保育士、有資格者の必要数の確保に努めます」ということであればですよ、最低、そのときの年齢によって違いますけども、この保育所だこったら何人ぐらいの正規な職員が必要なのだというのは、担当課として把握しておきゃならないんじゃないでしょうか。んでなかったら、こんな計画つくれないんじゃないですか。
 ただ、それはその年によって5歳児がふえれば保育士少なく済むし、未満児がふえれば保育士が多くなるというのはわかりますけども、大体最低限の普通ここ何カ年当たりの平均をデータをとって、ここの保育所だこったら未満児だこったら何名入る、3歳児だの何歳児何人入る、5歳児、4歳児、5歳児ら何ぼ入るっての大体の把握して、あとそりゃ未満児が多くなれば臨時の職員を採用するとか何とかていう手だてはあると思うんですけども、最低限でもね、ここの保育所だこったら何人ぐらいの保育士さんが正式な保育士さんは必要なのかっていうのは、担当課としてこいな計画立てるんだったら必要なんじゃないでしょうか。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。マイクを近づけてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 議員さんおっしゃるとおり、その保育所施設の定員、それから年齢ごとの人数にあわせてですね、こちらとして町として必要な保育士数を計算して、データというものを今後とるようにしていきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それからですね、成果説明書の73ページで、「町で施策策定した大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づき、少子化対策として地方創生に係る先行型交付金を活用した子育て施設整備拡充事業を実施し、町内の公立・私立各保育園や幼稚園、児童厚生施設、放課後児童クラブを対象に、児童の情操教育の向上に資する遊具や備品、教材の整備を行った」というふうにありますけども、具体的に成果説明書には載ってないんですよね。ただ決算書を見ると、児童福祉費の備品費で356万7,520円を支出、残金がね、29万2,480円となっているんですよね。
 まず、この施設にこういうな整備をやった、これ26年からの明許繰り越しになってるんですけども、どこにどういうなのやったぐらい成果説明書に載せるべきなんではないのかなと思うのと、それから、29万2,800円も、29万2,480円、これ残したっていうのは、保育所ではもう要らないっていうことなんですか、備品は。その辺についてお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) こちらのまち・ひと・しごとの総合戦略のですね、整備拡充ということの備品ですが、確かに成果説明に文字だけでその各施設ごとの備品等を載せなかったということで、申しわけなく思います。載せるべきだったと思っております。
 それから、ちょっと29万2,480円につきましてはですね、ちょっと今手元で資料がございません。なぜ残金になったのかということで。後ほど調べて回答させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 2)に移ります。事業所内保育所3カ所ということなんですが、もし差し支えなければどこどこなのか教えていただきたいというふうに思います。
 それから、今現在3カ所ということなんですけども、町内の事業所で事業所内保育所が必要と思われる企業はこのほかに、町としてですよ、ここにあったほうがいいんじゃないかと思われる企業があと何カ所かあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 現在町内にある事業所内保育施設につきましては、みやぎ県南中核病院に1カ所、それから老人保健施設のさくらの杜ですね、それから福島ヤクルト販売にございます。
 それで、今後必要、あったほうがいい企業ということですが、こちらでそこまではまだですね、検討なりリストアップということはしていないのが現状でございます。その子育て世代が多い大きな企業であれば、その従業員の方にもメリットがございますので、そのような施設を中心に進めていただければありがたいと思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 今のね、町長の答弁にね、「事業所の従業員のお子さんが受け入れていただければ、地域のお子さんの受け入れまで可能となりながら、町の待機児童解消につながることから、事業所の要望があれば町としても支援していく考えであります」というふうな答弁があるわけですよね。そしたらば、大体この事業所にあったほうがいいんでないかっていうのは町で把握しておくべきじゃないでしょうか。全然そういうなことは考えてないんですか。ただ単に、出てくんの待ってるっていうことだけなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 確かに町としても把握しておく必要があるものと思っております。計画27年度からということで、まず27年度について小規模保育施設等の拡充ということで進んだわけですが、今後ですね、事業所の状況等も聞き取り等しながら、可能な事業所内保育の開設可能性などを探っていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) じゃ、次の(2)の第2節のほうに入らせていただきます。
 成果説明書の78ページと79ページなんですが、上谷児童館事業の活動利用状況では子育て支援活動として、「地域の乳幼児親子に児童館を開放して遊ぶ機会を設けたり、職員が年齢に応じた活動を提供し、必要に応じた子育て相談に応じ」とあるが、年間の利用状況を見ますと、自由来館、これ幼児が対前年比146人減の119人、大人143人減の108人、登録親子対象数502人減の856人となっています。この現状はどのように捉えているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 成果説明の26年度、27年度で、児童館の自由来館利用者数減ってるということで、確かに保育所等がふえてるので幾分減るのかなと思いますが、こちらの差ですね、大きい部分もございますので、ちょっとこちらの理由までは把握していない状況でございます。
 なお、集計等詳しく見て、どうしてこのような状況になったのか原因を把握したいと考えます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) お聞きしますけども、課長は、自分の所轄管轄の施設、これ月何回行ってますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 保育所、児童館、児童センター、月に一度ぐらいは実際足を運んでおりますのと、あと、施設長の会議をいきいきプラザで月一度やっております。それから、いきいきプラザにつきましては館長も兼務ということで、毎週1回は行くようにしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 現場から聞いた声と大分違うんですけども、児童センターも同じことなんですけども、児童センターもそうなんですが、これね、職員に聞いたらすぐわかったんですよ。幼稚園で3歳児の受け入れを多くしたんだと。つまりカトリック幼稚園、熊野幼稚園などが3歳児の子供たちの受け入れを1クラスずつふやしたと。そのために3歳児の子供たちが、結局親子が来なくなったんだと。そのための減なんだって現場では言ってるんです。そういうふなことは聞いてないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 把握しておりませんでした。申しわけなく思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) あのね、現場を持つってのは大変だと思うんですけども、やはり毎月にね、きちっと行って、お茶飲みでもいいんです、行って現場の声を聞いて、今どういうふうな状況にあるのか、この辺の把握をね、きちっとしていただきたいなというふうに思います。
 時間なくなるんで、次行きます。3)の子育てサポーターの関係なんですけども、成果説明書のページ187ページに、「成人教育に子育てサポーター養成講座年6回開催し、参加人数が38人」とあります。26年度は66人なので、28人減となっておりますが、子育てサポーター「笑」の存在は私は知っておりますが、現在の構成員は何名で、具体的にはどのような活動がなされているのかお知らせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、堀江議員さんのご質問にお答えいたします。
 質問は、子育てサポーター「笑」さんの中身でございます。現在、会員数は11名いらっしゃいます。ただそのほかにですね、ボランティア会員さんが6名いらっしゃいます。合計17名の団体でございます。
 「笑」さんの活動についてですけども、託児ボランティアを主にやってらっしゃいます。町のサポーター養成講座とか、それから県のサポーター養成講座とかにも参加していただきまして、主に家庭教育支援ということで活動をなさっております。就学時健診時の講師をやっていただいたりとか金ケ瀬公民館の事業「子育てリトミック」とかの事業ですかね、手づくり絵本教室、子育ての相談、救急救命士とかの連携をしながら、そのような形で子育てのサポーターを一生懸命やっていただいてる団体でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) わかりました。それでですね、「笑」さんのことについてはわかりましたけども、子育てサポーター講座、ことし、27年度は38人、26年度は66人つことは、約100人ぐらいこの2カ年で受けたというふうになって思うんですけども、この方々は、この「笑」に入っていないほかはどのようなことをしているのか。また、講座を受講する方々の目的はどのように把握していて、もしわかれば受講者の年齢層が、もし大ざっぱでもいいんでわかれば教えていただきたいと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) どちらですか。子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 子育てサポーター養成講座受けた方で「笑」に入ってない方もいるということでございますが、申しわけございません。その方がふだんということまでは、申しわけないですが、把握してない状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 聞こえなかったね。堀江一男君。マイク近づけて。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私、耳悪いようなんで、少し聞こえないんで、大きな声で答弁をお願いしたいと思います。
 ここにですね、子育ての多様化に対応できる、講座修了者に対しては体制整備を検討するというふうにあるわけですから、その辺の子育ての人たちの状況を、講座を受けた人たちの状況を把握しないで対応できるんでしょうか。どうなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 体制整備につきまして、回答のほうでもさせていただきましたが、来年度ファミリー・サポートセンターを立ち上げたいということで現在検討を進めておりますが、間もなく詳細について詰めていきたいと思います。その際、ファミリー・サポートセンターでき上がって活動するためには、協力会員という方々かなり必要になりますので、今後詳細を詰める際に、この子育てサポーター養成講座の修了者の方あるいはサークルに加入している方いろいろ実態のお話をお伺いして、ぜひ協力いただけるような形に進めていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何てかせっかく講座受けた人たちは、やっぱり熱くなってるもんです、受けっと。その受けたときにうまくサポートをしてやらないと離れていってしまうんですよ。だから、行政だけで全てやれるわけじゃありませんので、こういったせっかくこういった志で受けた人たちをどのように、言葉悪いんですけども、使っていくかということがね、やっぱり担当課の手腕でないかなと思うんですけども、その辺、ファミリー・サポートセンターが出るということなんですけども、これについて期待をしておきたいというふうに思います。
 時間がないので4)に移ります。子供会活動関係ですけども、子供会活動も地域によってばらつきがあるように私は思います。特に近ごろは地区子供会へ入らない家庭がふえてきていると聞いております。このような状況をどのように捉え、どのような対策を講じていくつもりなのか、お聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、お答えいたします。
 ただいまの質問は子供会の活動に関することということで受けとめまして、まず、子供会の各地区の育成会でございますけども、子供会と親子会合わせて40行政区、40地区ですかね、ございます。その中で、議員さん今おっしゃいましたように、いろいろうちのほうに子供会のほうの担当の係がございますけれども、子供会の数的には40は変わらないんですけれども、その会の中の数がかなり減って、減りぎみだということでございます。
 さらに、お話のようにですね、各地区によってかなり温度差があるようでございます。一生懸命やられてる地区ももちろんいらっしゃいますし、そんなに積極でない方も地区もいらっしゃるという話も聞いております。それから、保護者の理解がなかなか少ないんだということはお話を聞いております。なかなか保護者の方も仕事を持っておったりとかでしてですね、忙しいという状況もありまして、なかなか子供と一緒に活動とか積極的になれない事情もあるようでございます。
 そのようなことも含めまして、今後とも方策をちょっと今いろいろ練ってるわけなんですけれども、その会の中でいろいろ協議して、さらによりよい方向に行けるようにですね、進めていきたいなという認識でおります。よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 子供会育成会につきましては、町といたしまして年1回研修会を持っております。さらに、県の研修会もございまして、その研修会に参加していただくことによりまして、各地区の子供会育成会の活性化を図ろうとしておりますが、今課長答弁のように、かなり地区によって温度差がございます。そういったその課題を抱えながら、研修会の中で各地区の発表を大事にしながら、より活性化するためにどのようにしたらいいのか、今頭を悩めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 子供は学校だけでなくて、やっぱり地域でも育てていかなければならないと思っております。そういった中で、何か昔は親子会って言ったんですけども、今は子供会と育成会の二本立てになってるわけなんですけども、うまくいっているところはうまくかみ合ってやってるんですが、どうしても子供会のほうがいろんな形で入会者が少なくなって、入会者が減ってきてるっていうか、そういうなことになっておりますので、ぜひこの辺については今後いい案を出していただきながら指導していただければというふうに思います。時間がないな。
 では、(3)3節の問題に入ります。
 これ、母子福祉貸付資金、名称が変わって、母子福祉寡婦福祉資金というふうになったそうでございますけども、これには12種類というふうなことになっておりますが、この貸し付け状況について、「県の所管でありますので町としては把握しておりません」というのは、こいつは責任感がないんじゃないですか。ここに書いてあるんでしょう。「要支援家庭への支援で、ひとり親家庭生活安定と自立の支援を行うために母子福祉資金の貸し付けや云々何をします」って。これは子ども計画に書かってあるんですよ。書いてて、私はわかりませんというの、おかしいと思うんですよ。この辺どうでしょうか。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 堀江議員のご指摘のとおり、県の所管ということで済ますことは私はできないと思いますので、後刻県に問い合わせるなり、しっかりとしたお答えができるように検討さしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでは、当然社会福祉協議会で行ってる生活福祉資金とか生活安定資金、これについてはわからないっちゅことですね。調べてないちゅことですね。わかりました。
 それから、2)見守りサポーターの関係でございます。計画では、ページ83ページの計画では、虐待受けた児童の精神的不安云々かんぬんというふうな形で充実を図りますというふうにあるわけですけども、成果説明書の76ページを見ますと、児童虐待の相談が対前年比13件増の14件、大幅に増加した要因にどのように見ているのでしょうか。これらの対応策をどのように考え、また実行してるのか。虐待相談の内容、差し支えなければ教えていただきたいと思います。先ほどの説明にもちょっとあったんですけども、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 家庭相談の虐待の件数で1件から14件ということでふえております。実際、通報機関に町等も入ったことで、あと社会的にもそのような認知がされて、何かあったら通報するというような流れが一般的になって通報の件数がふえているものと思います。
 ただし、この1件と14件につきましては、今回14件については、町に直接ではなくても警察あるいは児童相談所、学校等から相談とかですね、報告、情報共有があったものもカウントしてるんですが、その前年の1件というのはちょっとその分がカウントが少し少なくってるのかなとも思うところでございます。いずれにしても件数は印象としてもふえているというものは持っているものでございます。
 14件の内訳ということですが、その虐待の種類でいきますと、身体的虐待、性的虐待はともに4件、1件、それから心理的虐待が3件、ネグレクトが6件ということで、近年、この実際体に何か危害を及ぼすよりもネグレクト、きちんと育てていないという状況が多くなっている印象は受けております。
 また、虐待する方につきましては、父親が4件、14件の内訳でいきますと、実父が4件、実母が8件、その他養父、義父等が2件ということになっております。
 また、年齢別には0歳から中学生ぐらいまでですね、ほぼ同数で4人から3人というところで相談受けているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この中でですね、児相に送られたケースてあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 虐待で児相という、送致というケースはこのところないと思っております。ないです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 次、3)の公園関係、4)も関係しますので、一緒に再質問させていただきます。
 ちょっとお聞きしたいんですけど、ユニバーサルな公園とはどのようにイメージしたらいいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ユニバーサル公園の位置づけでございますけども、近年、少子高齢化ということでございます。当然公園につきましては住民の憩いの場所という捉え方はしておりますけども、やっぱりその0歳児から高齢者まで一括して一緒に遊べるような憩いの場所としての利用ができる公園という理解をしてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何かわかったようなわかんないような。
 子連れでも出かけやすく楽しめる場所とは、私がイメージするのは、芝生が植えられて木陰があって若干の遊具と水遊びができる広い場所と考えています。新しい公園をつくることは土地代、維持費などを考えると大変厳しいものがあると思います。しかし、町民の憩いの場としての公園は必要と考えています。大河原は土地が狭いので厳しいとは思いますが、例えば南三陸町歌津にある平成の森のようなものがつくれないものか。平成の森は、東日本大震災での仮設住宅にもなりました。気象状況が不安定な中、いつ大河原町も大きな災害に遭うかもしれない状況であり、非常時には仮設住宅が学校の校庭でなくてこういった公園などに整備できるようにするのがいいんではないかと思うんですけども、町長の見解は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ユニバーサルな公園、ユニバーサルは「普遍的な」という意味でございますので、誰にでも利用できる、また大きな広い価値を、あるいは機能を有すると、そういった公園かと思います。
 今ご指摘の、本町においては大変狭い場所だけれどももっと立派な公園をつくれということでありますけども、今後のまちづくりとしては私は公園ていうのは極めて大事だと思っておりまして、健康の増進の観点からもですね、また人々が交流し集えるような楽しい、また居心地のいいような空間をつくることがこれからのまちづくりにおいて大変大事だということで、まずは今始めております「歩きたくなるまち」、これを整備しながらまちの景観をよくする、そういった一環として公園の整備についても総合的に検討してまいりたいというふうに思ってるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 答弁ではですね、駐車場や遊具などが整備された公園や雨の中でも遊ぶ、体を動かす屋内施設などがあると言うんですけども、例えば総合体育館ですね、あそこを週1回ぐらいこう何かうまい方法で開放をできないものなんなのかどうなのか。これは検討する余地はありませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、総合体育館のほうの活用のお話でございますが、議員さんおっしゃるように、いろんな活用方法ございます。もちろんそれも含めて検討できる内容でございますので、検討していきたいなというふうに思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何か大河原の公園、大河原町内の公園見ますと、何か皆全部中途半端なようなね、公園にしか私には映らないんですよ。それで、普通学校が夏休みとか何とかの日はまだいいんですけど、休み以外ですと公園でグラウンドゴルフやってたりなんだりっていうのをやってんですけど、夏休みになりますと、やっぱりこの何曜日ここでグラウンドゴルフやるとか何とかとこうお年寄りの人が決めますよね。そうすっと子供たちが遊びに行けない。だから、その辺のこの考え方、誰のための公園なのか。グラウンドゴルフのための公園でもあるかもしれませんけども、やはり子供を優先にするような公園、それから大河原町でも事故があったんでなかなかあれなんですけども、キャッチボールもできない公園。やはりその辺のところをやはり今後いろいろと検討してみる必要があると思うんですけども、いかがでしょうか。課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今おっしゃられたようにキャッチボールもできないような具体的に今公園ということでございます。管理瑕疵にも問われた案件ではありますが、今後さまざまなありようできるように、それで先ほども言いましたように0歳児から高齢者まで、近年につきましてはスプリング遊具等々の設置もしておりまして、小さい0歳児から3歳児までのお子さんがですね、遊べるような状況にもなってるところもございます。
 あと、新しい公園につきましては複合遊具というな設置もしてるところでございまして、結構その新しい遊具につきましては随分利用者があるということでございますが、既存からの公園につきましてはまだまだ整備する必要性は残ってるものと理解してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 小島、それから広表地区ですか、あそこは結構いい遊具もそろっております。特に広表あたりは駐車場も広くて、金ケ瀬公民館の向かいですけども、あの辺あたりこういうふうな公園がありますよというの、やはり町内で知らない人が結構いるんでないかっと思うんですよね。あそこにできれば水遊びができるような場所があればいいなっていうふうに、特に夏なんですけども、思うんですけども、その辺の考え方はないでしょうか。公園の広報ですね。ここにこういうな公園ありますということと、できれば水遊びできる場所。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 公園、複合遊具がありますよというようなものにつきましては、ホームページ等々でですね、お知らせは可能なのかなということで考えてございます。
 それで、水遊びですけども、具体的にまだ検討してるところではございませんので、今後どういう利用がいいのかですね、具体的には水飲み場という利用の仕方はありますけども、水遊びというと広いスペースが必要となりますので、検討をさせていただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それじゃ時間がありませんので、次に移ります。
 2項めの「午後5時以降ゲーム・携帯・スマホ禁止」大河原ルールについてです。
 昨年12月に、大河原町内の児童生徒のゲームや携帯、スマホの使用は午後9時までという大河原ルールを決めました。しかし、この決まりはあくまでも町として大枠のルールで、細かいルールは各学校や各家庭で決めることになっております。その実効性に若干の不安を感じているので、伺いたいと思います。
 (1)このルールは大変すばらしいと思いますけども、このルール決定後の対応について。
 1)このルールの決定について児童生徒の反応はどうだったのか。
 2)このルールについて守られているか否か調査したのか。しないとすれば調査する考えはあるか。
 3)現在、ポケモンが流行してるが、子供たちへの影響をどのように感じているのか。若干新聞にも、この後出した後新聞にもちょっと載ったんですけども、この辺について答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、この大河原ルールの決定について児童生徒の反応はどうだったのかとのご質問でございます。
 大河原ルールについては、児童生徒が2年をかけてみずからその決定プロセスにかかわっていることから、おおむね納得して守ろうという意識を持っているものと思います。
 大河原小学校では独自に、児童会で午後7時30分以降にゲームやスマホを使用しないというルールを決めたところでございます。これは大河原小学校が決めたものをポスターにあらわしたものでございます。で、これを各地区にあるいは各地域に掲示しまして、意識の高揚を図っているところでございます。で、そのときに町でも9時ルールを決めたことで、児童や保護者には一層学校のルールを守ろうという意識が強くなったと思っております。
 また、金ヶ瀬小学校では、児童会が自分たちで町のルールをもとに「金ヶ瀬小什の掟」を決めました。ゲームやスマホは夜8時まで、2、平日のゲームは1日1時間まで、3、毎週木曜日はノーゲームデー、4、ゲームは宿題や勉強をしてから、5、ゲームだけではなく、外で元気に体を動かそう、6、家族で約束を決めて守ろうなどの独自ルールをポスターにして家庭に配布し、進んで守ろうとしております。
 大河原中学校では、多くの生徒が前向きに捉え、ルールを守って学習に取り組もうとしている一方で、ネット依存傾向の強い一部の生徒はルールを守るという意識は低いようでございます。それでも、生徒会、生活委員会等で声がけをするなど、守っていこうという具体的な取り組みも見られております。
 次に、このルールが守られているか調査をしたのかとのご質問でございます。
 まず、大河原小学校では、児童会で毎週木曜日に学校のルールが守られているのか調査を行っております。その結果、98%以上の児童がルールを守って生活しているようでございます。
 南小学校では、8月31日の朝会で守られているのかどうか調査したところ、9割以上の児童が守られていると回答しております。
 金ヶ瀬小学校では、保護者には家庭で守られているかを4月と7月の授業参観後の懇談会で調査を行い、ほぼ9割が守っているという結果になっております。また、児童に対しても担任が朝の会、帰りの会及び学級活動等で聞き取り調査などを行い、そのつど指導を行っております。
 大河原中学校では、毎日アンケート調査を実施しております。これは生徒会で行っております。学校全体として6割の遵守率となっており、1年生8割、2年生6割、3年生残念ながら4割となっております。2学期は家庭との連携や学級での声がけを強化し、10割を目指していくとのことでございます。
 金ヶ瀬中学校では、1学期末に調査を実施したところ、所持している生徒の約7割が守っていたとのことでございます。
 なお、昨年4月に全国学力学習調査として中学生を対象にゲーム時間についての調査を行った際には、県と全国の数値よりかなり多い数値が出ました。しかし、大河原ルールを定めた後、ことしの4月の調査の結果では、県、全国と同じレベルに少なくなっているという結果が出ております。
 このグラフがそうでございます。青い濃いところが、2時間以上ゲーム・携帯・スマホをするというところでございますが、この赤いラインによりまして、昨年よりも大分中学生がゲーム・携帯・スマホを2時間以上するという生徒が減っておりまして、およそ3割の生徒がそれでも2時間以上まだやっているわけですが、このようにゲーム・携帯・スマホをやっているという現実がございます。
 最後に、現在、ポケモンが流行しておりますが、子供たちの影響をどのように感じているのかとのご質問でございます。
 児童や保護者、教職員から、「ポケモンGO」によるトラブル等の話は今のところ聞いておりませんが、今後も注意深く見守りながら、実態を把握して家庭と連携した指導が大切であると感じております。
 ただ、その後ですね、調査をしましたところ、完全不登校であった中学生が「ポケモンGO」を親が与えたことをきっかけに自宅から外に出られるようになり、家庭から喜びの連絡が届いたということでございます。
 ただ、今後はその「ポケモンGO」によりましてエスカレートすることが心配になっておりますので、注意深く指導してまいりたいと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) このルールは子供たちが決めたっていうことにとって私は非常に意義があんのかなというふうに思っております。こういった今の答弁を見てみますと、子供たちが決めたので、大人からやるなと言うことよりも、自分たちが決めたことによってある程度の自制がきいてるのかなというふうに思いますが、大中では1年生8割、2年生6割、3年生が4割というふうな形で、少し2年3年になってくると残念な値が出てくるのかなと。これも今後ぜひ生徒会などを通じて子供たち、学校で何だ校長が言うより教育長が言うより、子供たちが子供たちで決めたほうがかえって聞くと思いますので、この辺の指導をぜひ強めていっていただければと。指導てのは、生徒会でやれるような指導をしていただければというふうにお願いをしておきたいと思います。
 それから、ポケモンなんですが、先ほどの庄司 充議員の一般質問の中で、心のケアハウスのゲーム中毒により夜間昼夜逆転してる子供もいるってふうなことも聞いておりますが、それをやることによってまだうちの引きこもりが出てきた、外に出るようになった、いいんだか悪いんだかちょっとわかりませんけども、何しろこの前の前の大分前のやつから、ポケモンが出たころのテレビを見てみますと、東京では夜の夜中親子でそのポケモンゲームをやって警察官に注意されるというふうな、ちょっと考えられない非常識な親もいるのかなというふうに思ってるんですけども、大河原町にはそういう親はいないということで信頼してよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 恐らくいるのではないかという懐疑心を持ってですね、いや、懐疑心を持って何度も学校に問い合わせました。しかし、学校ではそういう問題今のところ出てないと何回も回答するので、信頼したいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 最後ですが、ポケモンゲーム、携帯持ってる子供たちの中でポケモンゲームをやってるというふうな調査ってのはしたことはあるでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 大きな問題が発生していないことから、今のところ調査はしていないんですが、しかし、今後調査する必要が出てくるなというふうに感じておりますが、しかし、調査をすることによってポケモンを広げる結果にならないよう、十分気をつけながら調査をしたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) よろしくその辺お願いしまして、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時08分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時20分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番枡 和也です。議長のお許しを得ましたので、通告順に従い一般質問をいたします。
 今回の一般質問は大綱1項であります。空き家対策について。
 これまで空き家対策として、空き家などの適正管理に関する条例の制定の提案など、平成25年度12月会議(定例会)を皮切りに、4名の同僚議員が、一般質問によりこれまでの対策の進捗も含め質問を行ってきたところであります。
 昨年平成27年度の定例会9月会議において、その年の5月に空き家など対策の推進に関する特措法が全面施行されたこともあり、大河原町空き家などの適正に関する条例も議会に上程し、可決されました。また、それに関する協議会委員の報酬、実態調査の委託費として45万8,000円の補正予算を組み、本年28年度の当初予算でも関連予算が計上されております。
 条例制定から間もなく1年が経過しようとしていますが、これまで私のところに町民の方から空き家に対する相談は余りありませんでしたが、このごろ季節的にも草木の植物などが生い茂る時期とも重なり、管理もしないで放っておく空き家に対する相談を受けるようになりました。以下、質問いたします。
 (1)これまでの議会の答弁では、各行政区の区長さんに協力をいただき、目視による空き家調査結果が205件であり、その後、そのデータをもとに再調査をするということであったが、その再調査結果はどうだったのか。
 (2)当町及び近隣市町の空き家率の状況はどうなっているのか。
 (3)空き家対策協議会の開催、空き家対策計画について、今現在どのように進んでいる状況なのか。
 (4)空き家などの適正に管理する条例16条、実態調査及び立ち入り調査、また17条、特定空き家などの認定条項があるが、これまで、条項に該当し特定空き家となり得る物件、また、もう既に特定空き家に認定された物件などあるのか。
 (5)空き家対策とまち・ひと・しごと創生総合戦略の中の定住促進にも絡んでくると思いますが、空き家バンクの整備活用、国の移住ナビとの連携強化の進捗状況、また、移住者の空き家リフォーム支援をどの程度考えて検討しているのか。
 以下、答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、枡 和也議員の空き家対策についての一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町における空き家の調査結果による件数についてお答えいたします。
 件数につきましては、平成26年の行政区長の協力による調査結果として205件、平成27年に実施した民間業者による調査結果として、区長からの情報を含めて347件となっています。
 なお、調査方法については、いずれも目視調査となっております。また、これらの調査結果を受け、職員による現地再調査確認として写真撮影を行うとともに、建物の構造状況や所有者等の調査を行い、データ管理に努めているところであります。
 次に、本町における空き家率についてでありますが、平成27年における本町の木造住宅総数1万1,968に対して347件、2.89%になっております。
 なお、近隣市町の状況については把握してない状況にあります。
 次に、空き家対策協議会及び空き家対策計画のご質問でありますが、空き家対策協議会につきましてはこれまで2回開催しており、制定条例の説明を初め、本町における空き家対策等の基本方針並びに空き家対策計画策定に係る意見交換等を行っているところであります。
 今後、基本方針の決定に基づき、対策計画の具体的な作成に取り組むこととしている状況にあります。
 次に、特定空き家の物件に関するご質問につきましては、目視調査の結果を受け、写真による確認の結果として、特定空き家と思われる物件は数件あると考えておりますが、特定空き家の認定につきましてはある程度の基準に基づき認定することとしておりますので、今後さらなる確認と認定基準の制定を行い、対処したいと考えております。
 最期に、空き家対策として、まち・ひと・しごと創生総合戦略の取り組み施策として掲げました空き家バンク制度の整備、移住ナビとの連携強化、空き家リフォーム支援のご質問でありますが、これらの施策につきましてはこれから事業を進める段階であり、空き家対策計画との整合性を図りながら進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まず初めにですね、この質問、一般質問提出してからの公報おおがわらですっかりこの答弁書出てきたような感じになってるんですけども。で、たまたまそうなってしまったんですけども、1つだけ、1つっていうか、この347件のこの空き家の内訳、というのは、例えば4分類、分類で幾つの分類に分けてるんですか。例えば2次的住宅も入ってるのか、あと、賃貸用も入ってるのか、売却用も入っているのか。それとも、例えば亡くなってもう誰も住んでいないその他の空き家というような分類の仕方もあるんですが、その4つの分類したやつのこの347件の内訳というのをどうつかんでいるのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 347件の分類といいますか、内訳でございますけれども、基本的にこのうち205件につきましては区長さんの目視による調査、これに区長さんのやはり調査の結果では、やっぱり賃貸物件等は多分含まれていないというふうに思っております。で、民間の業者にも昨年委託調査をしたところでございますが、基本的にはその賃貸物件等々は除いてというお話をさせていただいております。
 したがいまして、基本的に本当に水道のメーターがとまってみたり電気のメーターがとまってみたり、そういった状況を確認した中での空き家というふうに考えておりまして、詳細な分類まで絞った中での調査にはなってないことをご理解していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすっと、205件は区長さん、で、業者に委託しましたよね。その業者の委託分について、この205件は全然業者は調査してないということなんですか。(「違います」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 205件も委託業者は確認をしている状況でございます。ただし、私のほうでも区長さんからのデータがあるというお話をさせていただいてるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) わかりました。この分類をしていないということなんですけども、多分の347件は全て人がもう住んでなくてというような空き家の定義にあるんですけども、それに該当する。
 それで、この間のこの大河原の広報の中で、「そのうち、18戸の建物が危険、衛生上問題などと思われる特定空き家に該当するのではないかと考えています」ということなんですけども、今回の答弁は、これ、ないんですけども、この辺の整合性というか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、この347件、これはあくまでも区長さん並びにその業者からの調査結果として出てきた数字でございます。実はこの前の対策協議会の2回目の中でもお話はしたんですけれども、よく写真にも撮ったりですね、確認をしてみますと、ちょっと管理がなされてるような空き家もあるようでございます。したがいまして、もう少し精査をするとこの数字は少なくなるというようなお話もさせていただいているところでございます。したがいまして、今全ての写真は撮ってございますけれども、再度どんな管理がなされてるか確認をしたいというふうに思っているところでございます。
 それから、そのうち、広報につきましては18戸の危険と思われるというお話をさせていただきました。先ほど町長の答弁、数件ということでございますけども、同じというふうにご理解していただければというふうに思ってます。(「18件」の声あり)はい、そうです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それで、その347戸とあとの18件については、持ち主、管理者、これは特定されているのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど町長の答弁にもありましたけれども、写真を撮りながらですね、建物の構造、それから住所を大体わかりますので、これにつきましては税務課のご協力をいただきまして、所有者あるいは納税管理人そこまで調査をしている状況にあります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 調査をした結果、全員特定されているのかいないのかを聞いたんです。だから、このわからない物件があるのかどうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) そういったデータを私のほうで管理したわけでございますけども、それに基づいてですね、まだちょっとアクションはおこしていないところでございます。あくまでも税務課のデータを今私のほうで集計をしている状況にありまして、今後その方がどういった状況にあるのかは今から確認をさせていただきたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 以前の執行部の答弁で、所有者が明らかになっていない空き家の数は、固定資産税の関係から町からの連絡がつかない件数は1件というような答弁してるんですけども、確認してるんでないのすか。で、終わったからこういった答弁してるんでない。違うんですか。前のこの議事録見てね、ちょっと拾ったんですけども、そういった答弁してだったんですよね。空き家についての所有者を確認してんのかというようなことを質問したら、例えば固定資産税のほの郵送とかそういったやりとりの中で1件、連絡がつかない件数は1件というような執行部からの答弁があったと思うんですけども、そうすると、例えばこの347戸のうち346件は持ち主とかそういうなのをもう特定できてるっていうことでよろしいんですかと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回347件のそのデータ管理につきましては、ことしに入ってから調査をさせていただきました。つまり、条例制定後にこういった形で税務課のほうにいろいろご協力をいただきました。で、その1件のその答弁といいますか、お答えにつきましては、多分それ以前の話だったんではないかと思います。つまり、その時点ではまだ我々も庁舎内の固定資産税のデータを利用することができない状況の中で、1件の方だけは理解していたのかなというふうに思っていたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 条例制定されてから1年、もう1年という表現がいいのか、まだ1年という表現がいいのかわかりませんけども、例えばほの調査が終わっていてね、ほの番地もわかんのに、ほの持ち主を今の時点で特定してなかったら、今後進んでいかねえでねえすか、この空き家対策、どうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に対策協議会、それから対策計画ですね、こういったことをまず先に進めなければならないのかなというふうに思っております。条例につきましてはいろいろ規制する部分がございますけれども、空き家のデータ管理につきましても所有者等を確認してございますので、緊急を要する部分があればですね、そういった部分を優先的に対応することも可能だというふうに思っておりますけども、まずは、その町の基本方針として住民の責任もございますので、そこら辺をしっかり進めてまいりたいというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) なるべく早く特定してですね、前に進むようにしていただきたいと思うのと、あと、この特定空き家のですね、指定というか基準ていうのはまだ全然、どういうなくなったら特定空き家てこう、俺、例えばこの私が町ん中歩いてみて、家ん中にまで草生えてっとかっしゃ、そういうのは特定空き家ではないのすか。どこが例えばどういうなくなったら特定空き家、屋根が落ちてっとかそういうなくなんないと特定空き家というような指定にはないないのかどうか、その辺のほの今までこう話し合われてきたの中で、基準、わかる基準があればですね、ちょっとお示ししてほしいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 特定空き家、今のところ18戸ぐらいあるというふうに思ってるところでございますけれども、今回この広報誌にも掲載をさせていただきました特定空き家の定義ということで、4つのその基準があるのかなというふうに思っております。その1つに、そのまま放置すれば倒壊等の著しく保安上危険となるおそれのある状態、それから2つ目は著しく衛生上有害となるおそれのある状態というな形で、こう4つの区分があるというふうに思ってます。
 で、実は、この4つに基づいて、国土交通省が特定空き家のその基準として参考になるようなガイドラインを示してございます。で、その1つ、例えばそのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれがある状態、これにつきましては、例えば建築物の倒壊のおそれということで、例えば著しい傾斜、部材の損傷や不同沈下等による傾斜、ほの角度が何%とかわかりませんけれども。それから、構造耐力上の重要な部分の損傷、つまり基礎の大きな亀裂であったり多数のひび割れであったり、そういった基準に基づいてですね、国でガイドラインを示してございます。
 で、この特定空き家の認定につきましては、町長が認定するような形になります。したがいまして、こういった基準を参考にしながら、大河原町としての基準を今後制定をしなければならないのかなというふうに思っております。内容的につきましては国交省のガイドラインとほぼ同様になると思いますけれども、これらにつきましても対策協議会の中でご理解をしていただきながら、大河原町の基準としてつくりたいというふうに思っております。国交省のガイドラインに準ずるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすると、町執行部でチェックシートか何かなるんかわかんないですけども、そういったものをつくって、それを対策協議会にかけて意見を聞くと、そして、その特定空き家のここのチェック項目何個以上であれば特定空き家というような感じになるのか。それでいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) チェックシートというのをつくるかどうか、ちょっと今から検討したいと思いますけれども、1つは、委員の皆様が全員認定できるような形の中でできるような評価シートみたいをつくってみたいというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まだデータを整理してる最中ということなんですけども、ほの写真こう見た感じで、特定空き家予備軍と思われるようなこうやっぱり建物って結構ありますかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この特定空き家、先ほど18というお話をさせていただきましたけれども、ほとんどその草木に覆われてる部分もありますし、当然人が住めないというような状況にあることは確認、写真上ですけども確認してございますし、それから、それ以外でもあっても、やはりその窓が壊れていたりですね、とても住めるような状況ではないというふうに思ってる部分はたくさんあります。ただし、逆に、先ほどちょっと申しましたけれども、空き家対策の部分からは外れる部分もあるというふうな状況もありますので、これからしっかり確認をしていきたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) こいつ、言ってどう、答弁でいいかどうかわかんないんですけど、例えばほの特定空き家と思われる18戸あるとすれば、そういったとこって固定資産税とかってきちっと納入にはなってるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) まず、1戸につきましては、納税にはなっておらないものがあると。残りのその18戸の特定空き家になろうと思われるという物件をこちらのほうで把握しておりませんので、その納税状況についてはどうなってるのか、確認のしようが今のところはございません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今、1戸って言ったよね。1戸だけ。んっ、さっき数つかんでなかったって。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 先ほどの1戸というのはですね、前に空き家の調査の結果でこちらのほうで調査しましたうち、相続放棄をされた建物が1戸あると。それが所有者が不明であるというような形になってございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今データ整理中つうことで、どこまで答えてもらえっかわかんないんですけども、例えばですね、これまで町として、例えば苦情とか来て所有者に対してこう例えば指導とか要請をしてきたと思うんですけども、この改善されないこの理由って、今言うと固定資産税も納められてるようだし、改善されない理由つうのは、経済的なこともあるんだか、例えばほの近隣とのあれがいろいろ問題があるんだか、その辺を含めて町ではほの理由は何というふうに、あと、つかんでますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 最近の事例でちょっと申し上げたいと思いますけれども、やはりその非常に空き家がですね、危険な状態があるということで、近隣の方から町の方に連絡がありまして、町がちょっと動かせていただきました。で、所有者の方も町内に住んでおりましてですね、直接電話をした経緯もございます。で、いろいろお話をしたところでございますが、まずその解体する費用がないということで、そこからもう全然話が進まないような状況でございます。
 町とすればですね、昨年につきましては、そういった状況の中でも解体費とそれから売却、そういった相殺みたいな形になりますけども、そういった話の対応もさせていただいて、所有者の方に何となく、何らかの手段をとっていただきたいというお話もしているところでございます。私のほうでもいろいろお話をさせていただいているところでございますが、まずその解体費用が捻出できないというようなことで、前に進めない状況は多々あるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 解体費用がないということなんですけども、例えば何て言うか、そういった空き家も、町ん中にあって周りにこう家があるそういった特定空き家のような空き家と、周りに家がないこうそういった物件があるとすれば、やはりこの町ん中にあるそういったものに対しては何かこう対応、行政で何でもかんでもやってけるっていうのはだめなんだかもわかんないけども、この費用どが、その人だけでなくて周りがこう迷惑をこうむるものですから、解体費用の一部を負担してやっとかなんていうのも、僕は例えばこの間新聞にも載ってたけっどもどっかの町でもやってる、あったんだよな、こいつか、広島県の呉市どかって危険な建物の撤去費用30万円まで補助なんていうのもあるんでしょうけども、何が何でもこう補助を出せばいいっていうんではなくて、例えばどうしてもできないんであれば、その人ばっかりでなくて周りがやっぱり迷惑をこうむるわけですから、その辺やっぱり行政として何かの方策っていうのを考えなくちゃいけないと思うんですが、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今後空き家対策協議会においてもいろいろと検討するという段階でございますので、今のご指摘を踏まえてですね、検討していきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何て言うか、時間がたてばたつほど、さっき言ったんじゃないですけども、特定空き家予備軍というのがこの特定空き家にこうなってしまって後から例えば、次の質問でしたんですけども空き家バンク、空き家バンクを活用するったって、ほんな古くはなってはですね、誰も何ぼリフォームしたってちょっと難しいのかなと。そうすっと解体せざるを得なくなったりそういったことになるんで、やっぱり早ぐ対応していかなくちゃいけないと思います。
 それで、例えば今までだとね、空き家、さっき言った答弁が1つだと思うんだけども、空き家の周りの人から苦情っていうのもあるんですが、例えば遠くに、さっき言った遠くに住んでて、「この空き家どいなくしたらいいべかな」というような相談っていうのはこう寄せられ、さっき1つ例挙げたようなんですけども、そのほかにこう寄せられているっていう相談なんてあるんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に相談は総務課のほうで今受けてるところでございます。で、今回の基本方針並びにその対策計画においても、やはり窓口といいますかですね、相談できる窓口をやはりつくるというようなことも考えておりまして、これはちょっと庁舎内でちょっと検討さしていただきたいと思います。
 で、遠い方の、その所有者が遠い方の相談ですね、今の私の記憶の中では先ほどちょっとお話をさせていただきましたその解体と相殺、その方はですね、町内に住んでおられない方で、たしか東京だかに住んでる方でですね、その方からご相談があって対応した経緯が1件ございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やはり何ていうか、町役場の中で相談窓口はどこだかっていうの、空き家対策の相談窓口は、この間も質問したんたったけど、「ほんで、どこでやんの」というようなことになって、きちっと相談窓口はここですよというようなことを今後設置する必要があると思うんですが、総務課長、どう思いますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今申し上げましたように、町の基本方針、それから対策計画の中でも、町としてですね、相談窓口をしっかり設けるというような考えでございます。いろいろどの課になるかはわかりませんけれども、しっかりとした対応をしてまいりたいと考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすね、ぜひ相談窓口を早く設けてもらったほうがいいのかなと思いますので、その辺よろしくお願いいたします。
 あと、この間の議案書の中でも、特定空き家認定と代執行までのフローどかというようなこうこの載せてましたけども、これって例えば空き家などの情報調査こっからこの、結局、何ていうか、そこの空き家ってその周りの人っていうのは何ぼでも早く何とかしてもらいたいっていうんだと思うんです。その中で、別に代執行まで行けっとは言わないんですけども、途中で改善されればこれにこしたことはないんですけども、このフローのフロー最初っから最後まで行くのに、ねっ、よくテレビなんかでごみ屋敷の行政代執行なんて見ますけども、例えばそう、そこまで本当は行かないほうがいいんでしょうけども、そこまで行った場合のこの期間って大体どれぐらいと考えておられるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的には、最終的には行政の代執行ということにつながっていくわけですけれども、例えば勧告も1回でいいのか2回でいいのかという問題もありますし、さらには命令につきましてもですね、1回の命令で従わなかったら代執行ということには多分ならない。で、国のほうでも特措法にも言ってますけど、やっぱり相当の期間がかかるだろうというふうには言っております。当然持ち主の権利をいろいろするわけでございますので、半年はかかるのではないかというふうには今思ったところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 多分5年ぐらいかかるんでないかと思うんですけど、それで、例えばそうやって期間がかかるんですけども、その期間、長い期間かかるのはわかるんです。そんで、ほの解決するまでの長い時間してかかるんで、その空き家の周りの方やっぱり迷惑してる。で、その期間の中での町役場の対応つったらどいなこと考えられますかね。
 例えばこの間も見さいったけども、道路まで木どか草が生えてる、そうしたら道路維持管理の分でこう草刈ってくれ、そのぐらいは、やっぱ隣近所で虫とかそういうなのやっぱりうんと迷惑してるんだよね。だから、そういったことでさっきも言ったけど、行政が何でもかんでもって言われっかもわかんないけど、だって対応ってそこしかないし、んで周りの人が実費で出してっていうのもなかなかね、で、道路にはみ出た分ぐらね、町のほうで何とか、今までだと、ほれ、崩れかけてっとこにバリケードしたりとかなんどかという答弁もあったようだけども、緊急措置っていうことで、そういったことほの期間の中で町のほうで、何ぼ言っても、んだって改善されないとこやっぱり何かしてやらねえと、ねえ、その辺どう、どこまでって言わんないんでしょうけども、どういったことこう考えてるのかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 空き家のですね、状態によっては道路あるいはその環境的な部分ということで、役場の中でも多課に渡る部分が出てくるかと思います。1つに、道路を阻害するんであれば地域整備課の担当ということになるだろうし、環境的な部分であれば町民生活課の部分になるかと思います。そういった形の中で、庁舎内の中でも綿密な連携を取るようなですね、対応を今後さらなる強化をしなければならないというふうに思ってますし、以前空き家対策の勉強会なんかも担当課集めてした経緯もございますけれども、そういったものを少し強化図るような中で、庁舎内の連携をとりながら近隣住民のその対応にですね、できるような形で考えてまいりたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えばほの空き家条例も自己責任で管理するというのがもちろんなんでしょうけども、あと、当事者間で解決しなさいっていうのが原則ていうような書かれ方もしております。やっぱり当事者間で解決されないからそのままこうやって、やっぱりどうしてもこういった条例に頼らざるを得ないということで、この条例を早く進めていかなくてはないと思うんですけども、こうやっぱりもう少しこうスピード上げてやっていくためには、何てちゅうか、こう人手不足だかなんだかわかんないですけども、その辺も、課長、どうなんですかね。だって、いつまでもこう投げっ放ししとくと、いや課長の家は空き家ねえからいいんです、周りは。やっぱりある人にとったら、やっぱりそいつは何ぼでも早くしてもらいてえなっていうのが心情だと思うんですけども、そういった組織的に力入れて進めていくっていうような方向性考えてほしいんですけども、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 枡議員のご指摘のとおり、スピード感を持ってやりたいとは思っております。ただこれは人手不足と、役場職員の人手不足というよりも、例えば行政代執行まで持っていくということになりますと法的な手続等で大変時間がかかると。半年という回答がさっきありましたけども、なかなか半年では難しいような問題も、3年5年かかる場合もあるということでありますけども、ただ、その中でも少しでも早く地域住民のですね、迷惑を軽減するためにスピード感を持っていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 行政代執行までスピードを上げてやるっていうんでなくて、やっぱりほの例えば特定空き家の認定とか立ち入り調査、やっぱり助言、指導ぐらいまでを早ぐやんないとますます悪くなっていくし、ほかにも特定空き家のようなものがふえてしまうのかなというのがあってスピードを上げてほしいというようなことですので、別に行政代執行をね、別にそこまでやれというんじゃなくて、そこまで持っていかないで何とか早く解決できればそれにこしたことはないので、スピード上げてやっていただければなというふうに思っております。
 あと、最後の5項目めなんですけども、今、整合性を図りながらということで、例えば川崎とか村田とか、村田はもう27年、川崎は25年あたりからこうやってるということなんですけども、多分両町は、空き家対策も兼ねてるんですけども、定住促進、人口減少がやっぱり進んでるところでもありますし、定住促進に力を入れてやってると思うんですけども、例えば補助金について川崎町のメニューなんか見るとですね、ただ引っ越しの資金とかリフォームの資金等々、あと賃貸であれば上限1万円でやるよというようなのもあるんですけども、ただ、んでも、結構ね、川崎の実績見っと、きのうもあれだたけども、25、26は定住・移住者ゼロだったんですけど、27年度に6世帯15人うち3人が未成年とあって、28年今まで5世帯11人が28年度は、このうち何だっけ、未成年者4人ということで、結構来てるんですけども、そういった、今協議の途中だって言ってるものの多分、多分課長は危機感を持ってないからそうゆっくりやってるんだと思うんですよね。じゃなくて、総務課長じゃねえ、企画財政課長。やっぱり人口少なくなってってる職員というのは危機感を持ちながら、きのうもちょっと川崎町の職員と電話でやりとりさせてもらったんですけども、やっぱりちょっとやっぱ違うんだよね、こう一生懸命やってんのが電話口からでもこう伝わるんですけども、そういった早ぐ補助金とか、例えば今どの辺までこう協議されてるのか。協議の段階なんでしょうけども、出てる意見などがあればお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ただいまですね、空き家バンクまたは空き家リフォームの関係の支援要項について作成をいたしてございます。その中で、どのような形で助成をしていったらいいか、どのくらい助成をしていったらいいかというふうなところをちょっと今課内で煮詰めている段階でございまして、できれば来年あたりからこの部分についてやっていきたいというふうには考えてございますが、まだ協議中というふうな形ですのでご理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 計画では30年に少しこう、30年からというような計画だと思うので、やっぱり前倒ししてやれば結局空き家の対策にもなるし、これは一緒にこう進めていかないと、空き家対策と一緒に進めていかないとだめな事業だと思うんです。
 んで、やっぱり川崎の方に聞いたら、物件数がふえたことによってマッチングが多くできるようになったので、物件数をこう集うにはやっぱいろんなこう広告とかFMラジオとかっしゃあ、新聞広告とか専門誌、専用ポータルサイトとか、あとアニメーション自分でつくってホームページ載せてるんですよね。そういったことで結構反響多くてみんなが来てくれるんだというようなことがあるんですけども、やっぱそういったことも大河原町でも、先進事例ていうかどうかわかんないんですけども、参考にしてやっていただければいいのかなと思います。
 あと、やっぱり待っててはだめだと思う。空き家登録するのも、ほの特措法が施行されたことによって固定資産台帳も使われるようになったんで、川崎だとそういったことを利用して、その空き家の持ち主に対して「空き家バンク登録どうですか」っていうような案内文も出してる。あと、納税証明書、納税のあの切符すかね、通知書の裏にもそういった「空き家バンクに制度があるのでぜひとも登録してください」というような広告載せ、そういった取り組みもしてるというようなんで、こういったことも参考にしてですね、今後大河原町でもそういったことも検討の材料にしてはいかがと思うんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 空き家の空き家バンク制度等々につきましては、先進事例いろいろございます。私も川崎町のちょっとホームページを見させていただきまして、成約物件が何件か結構出てるというふうな状態でございますので、いろんなPR方法等も考えながらですね、今後進めていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ早く空き家対策の体制を整えてもらうのと、空き家バンクですか、同時進行でしていただくのをお願いいたしまして、一般質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘でございます。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 まず最初の1番、スポーツ環境整備についてでございます。
 本町においても総合型地域スポーツクラブ創設に向け着手する発言が、以前教育長からあり、具体的検討に入るための委員会を立ち上げる旨の回答を、本年3月の予算審査特別委員会の中でいただいたところでございます。
 県内でもほとんどの自治体で設立が進む中、仙南地域はややおくれているのが実情であります。また、県内の設立済みクラブの設立までの過程を参照しても、設立に向け検討や準備委員会発足が始まってから大多数が数年を要しており、即座に設立は困難であります。実質的なスタートを切るまでには十分な協議が必要とされます。
 設立に当たっては、行政主導型や既存団体から発展するタイプあるいは住民主体のタイプなど一様ではなく、どのような形で設立させるかによってもスキームの組み方、設立後の運営にも大きくかかわるものと思われます。当然ながら既存の各団体との連携やすみ分けも十分考慮されるべきであることから、現在の進捗状況、考え方についてお伺いをいたします。
 また、宮城県で顕著化している児童の肥満や体力低下に、運動離れが起因していることも一端であると考察されます。少子化に伴い比例して団員数が減少傾向にあることは否めませんが、スポーツ少年団団員減少の要因の1つとして、保護者の負担も上げられます。送迎や団内でのおつき合いあるいは経済的負担などなど、児童がやりたいと思っても保護者の事情がそれを許さないといった声も少なくございません。さらには、スポーツ少年団規約改正に伴う縛りによる指導者の負担も増してきており、団の存続にも影響が及ぶようになってきております。
 そうした中、今夏、大河原中学校サッカー部が中総体で東北大会へ駒を進める快挙をなし遂げました。2013年には同じく大中柔道部が団体戦で全国大会へ出場、いずれもほとんどの選手がスポーツ少年団出身であり、各団での成果がそのまま部活動で発揮されたものと言えます。
 こうしたスポーツ少年団の育成に注力しながら、総合型地域スポーツクラブ創設に当たり、既存の団体との連携と共存を図り、補完体制をとることが望まれることから、以下お伺いをいたします。
 (1)番、総合型地域スポーツクラブ設立について。
 1)設立に向けた委員会は立ち上がったのか。
 2)設立に際し、主体はどこが担うタイプが本町では望ましいと考えているのか。
 (2)スポーツ少年団育成について。近隣初め、ほとんどの自治体では行政職員がスポ少の担当事務を行っております。当町では長らく行政の手から離れておりますが、事務局を町で担当する考えはないのか。
 2)施設使用について使用料の減免は受けておりますが、免除あるいはさらなる負担軽減はできないものか。
 3)団員1名当たり毎年登録料を国、県、町に対し負担しなくてはなりません。兄弟、姉妹でスポ少に入ればその負担もふえます。こうした負担を町でどう捉えているか。
 以上お伺いをいたします。答弁によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、総合型地域スポーツクラブ設立についてのご質問でございますが、平成27年12月議会において、教育長回答の中で、創設に向けて着手する旨のお答えをさせていただいております。
 現在の状況ですが、現状の把握、情報収集、検討委員会構成メンバー等検討を行っております。ただ、核となると思われるNPO法人の役員が7月に交代したこともあったことから、現在は事務打ち合わせ等の準備段階となっている状況でございます。
 総合型地域スポーツクラブ設立については、これまでのスポーツに対する考え方や取り組み方を根底から変える大きな課題ですので、検討期間については相応の時間が必要と考えております。
 設立に際して、主体の望ましいタイプのご質問でございます。
 継続的、発展的な総合型地域スポーツクラブを目指すための理想としては、住民主体のタイプが上げられます。また、クラブマネージャー的な方が存在する場合には、既存団体発展タイプやNPO法人主導タイプが考えられますが、これまでの状況から勘案しますと、立ち上げのためには行政主導支援型が必要になるのではないかと考えております。
 次に、スポーツ少年団の事務局についてのご質問でございます。
 平成19年度から大河原町では指定管理者制度を導入し、NPO法人に大河原町のスポーツ関連事業を委託しております。官から民への大きな流れの中で、自主的な運営及びスポーツ振興の促進が期待できる指定管理者に、今後とも事務局をお願いしたいと考えております。
 また、使用料の減免についてのご質問でございます。
 現在においても、行政や福祉関係を除くと最大8割減免となります。したがいまして、利用する皆様は2割負担でスポーツを楽しんでいただいており、さらなる負担軽減については今のところ考えていないところでございます。
 団員1名当たり登録料の兄弟、姉妹での負担をどう捉えているのかというご質問についてでございます。
 何事にも通じますが、みずからの習い事やスポーツ活動のためには、ある程度の利用者負担は必要であると考えます。したがいまして、兄弟、姉妹であっても同じように受益者負担についてはやむを得ないものと考えておりますので、ご理解を願います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問をさせていただきます。
 まず、設立について相応の時間が必要と考えておりますというご答弁いただきました。確かにそのとおり、結構な設立については時間がかかるんですけども、でもそれにしても大体ある程度ロードマップとして、どれぐらいの設立というのを見据えて考えてできるのか、もしそういった何年度ぐらいを目安にしてるという目標設定があれば、お示しをいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、大沼議員さんのご質問にお答えさせていただきます。
 総合型地域スポーツクラブの期間のご質問でございます。教育長お話ししましたとおり、また、大沼議員さんお話の中でありましたとおり、数年相応の期間がかかるのが総合型地域スポーツクラブの設立と考えております。
 ただしですね、期間についてはある程度のイメージは持ってるんですけれども、今まで、これまで10年以上も設立できなかったことを考えますと、なかなか難しいものだということは多分ご認識いただいてるのかなというふうに思います。でも、町といたしてもそのままでは当然うまくないわけですから、今取りかかりの準備の事前の会議等を内々といいますか、NPOさんとちょっと打ち合わせを重ねているところでございます。
 議員さん、おわかりのとおりですね、総合型地域スポーツクラブこれについては、まず中心となるクラブマネージャーていうんですかね、人、そして組織が必要でございます。さらに、講師、指導者が必要でございます。さらに、具体的な場所、時間が必要でございます。さらにお金ですね、会費とか、それから町の補助金等も非常に重要になってきます。このようないろんな面がございます。それから、その考え方とかその進む方向、指針もございますので、非常に多様なことがございますので、そのための準備、今勉強段階ということで、これからどんどん準備組織を立ち上げて勉強してまいりたいなという状況でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今年度というか、設立に向けて準備委員会を立ち上げるというようなお話が前あって、今回質問させていただいたわけなんですけども、答弁にありましたけども、委員会の構成メンバーを検討中ということなんですけども、今検討している段階でどういった方々、そしてどれぐらいのメンバーをこの委員会として構成を考えているか。そういったもの、フレーム的なものをお示しいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、構成のメンバーのイメージということでのご質問でございました。
 これはあくまで教育委員会内部の検討と捉えていただきたいところですけれども、まずは当然生涯学習課、それからスポーツ振興アカデミー、NPOさんですね、それからスポーツ推進委員、そうですね、それから体育協会、それから当然スポーツ少年団ぐらいの、まず構成のイメージ。それにですね、そのほか参考としてスポーツ団体、それから行政区の区長さん方、中学校とかの学校の関係者、教員の皆さんが加われれば一番いいんですけども、参考までになるのかもしれません。長い期間ですね、会議を招集して目指すためには、ご意見としては伺うようになるかと思いますけども、主力は今の生涯学習課、スポーツアカデミー、スポーツ推進委員、体育協会、スポーツ少年団を一応イメージして原案としては持ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 確認になりますが、その検討委員会は28年度中、今年度中に設立はできるものと考えてよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) そのような準備で今進めております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) スポーツクラブということなんですけれども、総合型地域スポーツクラブ、前、私これに関して質問したときもお話しさせてもらったんですけども、スポーツに限定しない文化活動もこういうものに含めていいよということなんですけども、これから具体的に委員会の中で検討されることになると思うんですけども、そういった文化活動はこういった中に組み合わせていくような考えは今のところございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 今、大沼議員さんおっしゃったように、スポーツに限らず、いろいろな文化活動も楽しみの1つでございます。当然それらも含めて総合的に、それこそ総合的に含めたものが一番いいなというふうに事務局のほうでは考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次の設立に際して主体はどこかという質問に移りますけれども、今、答弁見ますと、行政主導型が必要になるのではないかと考えているということなんですけども、どこが主体になるにしても専任の担当者こういったものが、例えばマネージャー的な方こういった方が、どうしても中心的役割を果たす方が必要になってくると思うんですけども、その辺の今のところのお考えというものをお聞かせいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 議員さんおっしゃるとおり、そのとおり、中心となる方がいらっしゃらないと事は進まないというふうに考えております。ただ、これまでの経過がやっぱ10年ぐらいございますので、なかなかそういう形が難しいということがあります。
 それで、今言いましたように、先ほどの構成メンバーですかね、その辺のところの準備組織を立ち上げましたら、その辺のところにお話をしていただきまして、ぜひ熱い気持ちを持ってる方にですね、担当していただけるような形でうちのほうで説明を申し上げて、町も最大限の協力をしていきたいなというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 行政主導支援型ということでありますと、ある程度、こういった県で出しているスポ少の、スポ少でない、ごめんなさい、総合型スポーツクラブのいろんな成り立ちについて事細かに書いた資料も出してございます。そうした中で、どういった団体がこう設立の母体になっているかといったものも載っているんですけども、そうした中である程度、じゃ大河原町はどのタイプに近いかなということで視察とかそういったことはもう考えてる場所は、ここをモデルにしようとかそういったところは、今んとこ構想の中にありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 大沼議員さん、ご質問のようにですね、いろいろ考えてございます。まず、一番地元仙南地域から行かないとだめなんもんですから、角田市とか、まだアポイントとってませんけども角田市とか、川崎、村田、柴田も当然お隣、1年2年ぐらい早めに立ち上がりました。それから、仙北の地域、今度課長会議のほうでちょっと行くんですけども、利府とか多賀城とかその辺の視察をしながら、それから、今の準備組織ができましたらその近隣はまずは回りたいなと思っております。で、今、資料の勉強、準備中でございます。よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、(2)のほうに移ります。
 今のところはですね、事務局、指定管理先でありますNPOさんのほうが主体的な業務のほうは行っていただいてるわけなんですけども、私も長らくスポ少にかかわってきている中で今感じているところとして、やっぱりしっかりした現状把握をした上で、スポ少とやっぱり町側がコミットを図っていくというためには、やっぱりある程度の部門を行政で担当してもらうのが最適ではないのかなというふうな今考えを持っております。
 県の窓口ですとか近隣自治体、少年団とのつながりという点で、やっぱり効果的、合理性があるのではないのかなというふうな考えでおります。そうした部分で、どうしてもやはり行政では事務局、事務担当窓口というのはなかなかできないものなんでしょうか。難しいんでしょうか。お答えを求めたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、今度はスポーツ少年団育成についてのご質問でございます。
 大沼議員さんのご質問の内容ですと、少年団の事務局は行政のほうでやったらいかがかというご質問かと思います。
 確かにですね、10年ぐらい前、10年以上ですかね、前については少年団の事務局は全部行政のほうでやっておりました。しかしですね、うちの町も平成19年から指定管理者制度を導入、この年はテストでしたけども、導入したときにNPO法人である今の大河原スポーツ振興アカデミーのほうに委託をした形の中でやっております。
 そういうな形で、教育長答弁の中にもありましたように、流れは官から民へなんですね。ということは、行政が全てを何でもするんではなくて、やっぱり住民みずからその立ち上げて、みずからやることが一番今後につながる一番いい方法、方策なのかなということ、私もそのように思いますし、各、実は質問ではほとんどの自治体が近隣、2市7町のことをおっしゃってるのかなと思いますけども、やってるというお話ですけど、今は逆にですね、行政以外のほうが多いです。というふうに方向はもう転進してますというか、変わっております。事実、お隣の町ていいますか、あれですけども、今度は、これは予定ですけども、体育協会のほうに移すという考えもあるようでございます。それから、その近隣の町のほうにも聞きましたら、やはり行政から手を離れてNPOさんとかそういう団体にやる方向でいますというお話も聞いております。
 いずれにしましても、そういう方向的にはやはり行政ではなくて、住民の皆様というか、そういう民の力を借りて自主的にやる、それがひいては総合型地域スポーツクラブにつながるものの1つと考えもできるのではないかなというふうに思いますので、そのような方向でいくのが一番よろしいのかなという考えを持っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 確かにそういった官から民へというような、民間活力導入という考え方も十分理解はできます。ただですね、全てが全て全部行政のほうで請け負ってくれということでなくて、やっぱ、この後のやっぱり登録料の部分にも関わってくるんで、ちょっと順番、話前後しますけれども、行政側である程度やっぱりこう事務担当しないまでもいろんな会議、職員の方がいろいろフィクスしてもらって、その中でいろいろお話、実情見てもらうことで、やはりこういった今スポーツやるにもいろんな金銭的な負担だとか経済的な負担重い、物すごい、あと、指導者に対してもそういったいろんな負担がふえてるんだよっていう実情がよく見えてくると思うんですね。そういったものを逆にもう知っていただきたいという部分があるので、これからいろんな部分でそういったとこで積極的に職員の方にもコミットしていただきたいと思うんですけれども、その辺はいかが対応していただけますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 今、スポーツ少年団を初め、行政からの支援というお話じゃないかなと思うんですけれども、おっしゃるとおりかと思います。できる限りの支援は必要かなということはございます。
 しかしながら、それもありながらですね、やはり教育長の回答の中にもありましたように、習い事ですから、それは1つのスポーツにしてもそうなのかなという、そういう意識がないとやはり前に進んでいかないのではないかなという考え方もあります。
 総合型スポーツが、また戻りますけども、進まなかったというのは、こういうふうなスポーツにお金をかけるという認識がないと総合型スポーツは成り立たないものなんですね。と、私は思ってるんですけども。そういうな形で習い事、スポーツかちゅうと何でもそうですけども、お金も会費といいますかね、出しまして活動することによって、何ていうんでしょうかね、体も健康になるしまちづくりにもつながっていくという形が一番いいのかなと思います。
 なので、町から当然支援は最大限必要かなというふうにも思っていますし、また、皆様方っていいますかね、ご理解もいただけるように、これから町としてもいろいろ広報も含めていろいろ研修とかも含めて進めていきたいなというふうに考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 次の施設使用料の部分も含めてお話しさせていただきますけれども、やはり当然ながら受益者負担というのは当然だと思うんですね。ただその中でやはり少年スポーツという部分そこに関して、我々成人であれば幾らでも自分のやりたいことに対して負担するのは当然だと思うんですけども、例えば兄弟3人いたら3倍かかっちゃうわけなんですね。今保護者の方もいろんな送迎ですとか、我々の時代はもう自分で練習するとこまで自転車こいで行って勝手に帰ってくるということもあったんですけども、なかなか今はそういった周りの環境、交通事情だとかなかなかそういうのも許さないというのもありまして、親の経済的負担というのもいろんな時間的な制限されるっていう部分も大きいものがあります。
 で、町からはですね、今スポ少のほうに助成金として毎年7万4,000円の助成受けております。その中でも大体もう使い道って決まっちゃってるんですね。そうした中で、これからスポ少の中では指導者研修、これどうしても各団必ず認定を受けた指導者2名以上置きなさいと。置かない限りはもう団としての登録を認めませんという大変厳しいハードルができておりますので、そのために今年度からスポ少のほうではスポ少として助成を出すと。本当に限られた財源なんですけれども、その中で出すという方向に決定をしてありますので、そうしたとこでもう一歩踏み込んだ助成というのはいただけないんでしょうか。これ、町長にお聞きしてもよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) スポ少の維持をするのが大変難しくなってきてるという状況は認識しております。その中で資格を取ったりするその試験を受ける費用とかですね、そういったことも聞いておりますので、それについては前向きに検討したいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ぜひそういったところで前向きにご協力いただければ、本当にこれから少年スポーツ、本当にもっと中学校上がってからもいろんな成果にあらわれてくるんではないのかなというふうに思います。本当に、いいですね、86円、水道料金、金額値下げが5%減税より効果が大きいというんであれば、200円の例えばスポ少の町に対する、町スポ少に対する負担金1人200円かかってます。この200円というのは相当効果があるはずだというふうに思いますので、ぜひともご支援、スポ少に対するご支援のほうをお願いできればというふうに申し上げます。
 それでは、次の2番の質問に移ります。2、町長公約特養ホームについてでございます。
 平成24年10月の町長選挙の際、町長は、看板公約の1つとして町立での特養ホーム建設を掲げ、現職につかれました。町立でなおかつ100人規模のホームとなれば、老後の不安を抱く多くの町民も実現を強く望んで期待をして投票したであろうことが推察されます。
 しかしながら、実情は町立による特養施設は現実性が低く、社会福祉法人による29床整備の募集に方向転換されました。現状と進捗を確認のために、以下お伺いをいたします。
 1、認知症対応グループホームとショートステイ併設の特別養護老人ホームの国、県、町からの補助金を示してほしい。
 2、グループホームの1カ月の標準的な入居料は幾らぐらいになるか。
 3、特別養護老人ホームと有料老人ホームの主な相違点とは何か。
 4、特養ホーム募集に手を挙げていた亘理町の社会福祉法人が辞退した理由は何か。
 5、29人規模の特養ホーム建設は、町長任期中に実現できるのか。
 以上、お伺いをいたします。答弁によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えします。
 特養ホームの民間事業者による整備についての私の考えにつきましては、第1回大河原町議会定例会(3月会議)の佐藤貴久議員の一般質問で詳しくお答えしているところで、実現に向け努力を続けているところであります。
 まず、認知症グループホームとショートステイ併設の特別養護老人ホームへの補助金についてのご質問であります。
 双方とも、国3分の2、県3分の1の負担により、県に創設された地域医療介護確保基金からの県補助金として、町を通じて交付されるものであります。
 認知症グループホームの補助金につきましては、施設整備として1施設当たり3,200万円、開設準備経費として定員1名当たり62万1,000円であります。
 また、本町で予定している地域密着型特別養護老人ホームの補助につきましては、施設整備として1床当たり427万円で、29床の場合ですと1億2,383万円となるものです。開設準備経費の補助基準は認知症グループホームと同様であり、特養に併設するショートステイの補助につきましては、国・県の補助制度がないことから、町が20床までについて1床当たり213万5,000円の補助をいたすものであります。
 次に、認知症グループホームの1カ月の標準的な入居料金についてのご質問であります。
 認知症グループホームの場合、介護給付対象外の居住費、食材料費、光熱水費等の費用と、介護保険サービス費の1割または2割の一部負担金とを合計した額が入居料金となります。施設により入居保証金の有無や介護給付対象外の費用に相違がありますが、要支援2で介護保険サービス費の1割自己負担の方の場合で見ますと、合計で13万円程度のようであります。
 次に、特別養護老人ホームと有料老人ホームの主な相違点についてのご質問であります。
 特養ホームは、社会福祉法人または地方公共団体が設置・運営でき、原則、要介護3以上の方が入所できる施設です。施設整備には公的補助があり、主に社会福祉法人が運営する介護保険サービス施設であることから、比較的低料金で利用できます。
 これに対し、住宅型有料老人ホームは、営利法人、医療法人または社会福祉法人が設置・運営でき、食事等のサービスがついた健康な方も入居できる施設で、介護が必要な方は訪問介護等の外部からの介護サービスを受けることができます。また、施設整備に公的補助はなく、主に営利法人が運営することもあって、利用料金は特養ホームと比べて高めになることが覆いようであります。
 なお、有料老人ホームの携帯には住宅型のほか、介護付と健康型の2種類があります。
 次に、特養ホーム募集に関して、亘理町の社会福祉法人が辞退した理由についてのご質問であります。
 本年2月に亘理町の社会福祉法人に公募内容についてご説明し、法人において応募について検討されておりました。5月に入り、事業に従事するスタッフの確保等について見通しが立たないとのことで、応募することが難しいとのご連絡をいただいております。
 最後に、町長任期中に特養ホームが実現できるのかというご質問であります。
 地域密着型特別養護老人ホームの整備事業者については、これまで5回の募集を行ってきたところであります。4回の公募では、事業者から内容について問い合わせがあるものの、応募までには至りませんでしたが、現在、5回目公募で応募のあった非常に熱意があり、かつ実績のある県内の社会福祉法人との間で協議が行われているところであります。
 建設期間等の問題もあり、現任期中に完成することは大変難しい状況ですが、ぜひとも実現に向け努力を続けたいと考えているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問をいたします。
 まず、最初の認知症グループホームのショートステイの部分なんですけども、ショートステイの町独自の補助金は28年度までの債務負担行為が設定しておりますけれども、28年度中、本年度中に実行されない場合は、これは廃止になるんでしょうか。これ、課長のほうにお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 債務負担行為については、廃止または変更について検討いたしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ショートステイの町独自の補助金、全国的にも珍しく、県内では本町のみと強調されておりますけれども、裏を返せば、もしかしたらこの手立てがなければ社会福祉法人の応募が見込めないからではないのかということも考えられますが、これ町長にお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、第6期介護保険事業計画を策定するに当たりまして、町で調査を行いました。その結果、認知症高齢者が大変多いということでグループホームを、認知症対応型のグループホームをつくることと、それから、施設入居待機高齢者の数の実態からいたしまして、先ほどご指摘あった100床ということを私言った覚えないんですけども、その実態に合わせまして地域密着型のほうがよかろうということを判断いたしました。それは入所できる方が町内に限定されるということで、29床にいたしました。
 これに併設するショートステイにつきましては、国の補助、県の補助全くありません。30床以上の広域型については補助があるという大変矛盾した国の制度もありましたので、昨年の9月議会で、この議会でお願いをいたしまして、最大4,270万円の補助金をつけることを認めていただきました。その理由として、今議員のご指摘のとおりでありますけれども、29床という小規模の特別養護老人ホームではスケールメリットが出ないという事業者の状況もあります。そのためにショートステイを併設すればスケールメリットが少しでも出るということから、ショートステイの補助を町単独でやることになりました。
 それは、先ほど申し上げました第6期介護保険事業計画を策定するときの調査の中にですね、常に介護を必要とする方の約半数が基本的には在宅介護を希望しておられます。ただし、365日在宅介護はできないということで、10日なり最大2週間まで入居できるショートステイがあればいいということの判断で、地域密着型特養にこのショートステイを併設するのがよかろうという判断で募集をしているとこでありまして、現在、今交渉中の事業者があるということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ショートステイについて、この助成金についての確認ということになりますけれども、この4,720万円の助成金は長寿社会対策基金を取り崩して充当したものという考えでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 議員のおっしゃるとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 考え方はさまざまだと思うんですけども、前町長が苦労して積み上げてきた基金を取り崩すという考えになるわけで、今のところちょっと若干見通しが不透明な事業に充当するのは、基金を使い勝手のよいものとしているんではないのかなというふうに思うんですけども、一般財源、考え方としてやっぱこい一般財源から補填する考えがやっぱり正解ではなかったのかなと思うんですけども、これはやっぱり一般財源には、こっちからは充てられなかったんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 長寿社会基金が、長寿社会基金ですかね、そちらのほうの趣旨にのっとっておるということで、今回そちらのほうから充当させていただくというふうなことで対応させていただいておるものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 次に進みます。グループホームの1カ月の入居料金は、今答弁いただいたんでわかったんですが、これのほかに入居する際にかかる保証金、預かり金みたいなもの設定はいかほどに設定されているのか、もしこういうの設定あるんであればお示しをいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 町内に3つのグループホームありますけども、2カ所のグループホームでたしか10万円で設定しておると思います。1カ所はなしということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 再度確認になりますけども、要介護5、結構程度の重たい方の入居は可能なのか。可能な場合は、1カ月の入居料幾らぐらいなのかというのを確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 要介護5の重い方ですと、実際的には入居は難しいかもしれません。それはこの施設の性格上ですね、共同生活ということで居宅にいながら皆さんと一緒にわいわいする、そんな雰囲気での生活でございまして、実際要介護5ということで入居するのは大変難しいのかなと思いますけども、介護の低い段階、2とか3とかで入居しまして、それが次第に悪くなって5ということになって入居されてる方はいらっしゃるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 次に進みます。特養ホームと有料老人ホームの違い、これは本当に明らかにやっぱりこう違う部分があるんですけれども、町長に改めてお尋ねしたいと思います。
 答弁のほうでは、利用料金について特養ホームと比べると民間の有料老人ホームが大分高めになるというような答弁いただきましたけれども、答弁の中では大体要介護2で13万円かな。で、これが特養、社会福祉法人が運営する特養ホームだと大体幾らぐらいの、1カ月幾らぐらいの入居料だということで把握されてますでしょうか。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 特養の入居料の料金でしょうか。
 2種類、ユニット型個室の場合ですと要介護で大体13万円ということでございまして、多床室だと9万円から10万円ということでございます。それ以外に回りの生活費、身近なものの実費ということでかかるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 一応話整理しますと、やっぱり当然のことながら、特養のほうが有料よりも大分金額的には格安だということで間違いございませんね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) そのように考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) いろいろ町長が発行されてる町長町政レポート等々拝見しますとですね、認知症グループホームを公約の特養ホームに含む旨の発言をされてると私は受けとったんですけども、やっぱり入居料、この資料でも要介護2で13万円ということですけども、やはりこれ13万円を超えるやっぱり料金をですね、特養ホーム、格安な特養ホームと同列で扱うのはやっぱどうしても無理があるんではないのかなというふうに考えております。
 私もお話しされるんです。前回の選挙んときは町長がいろんな、「町長、町営の特養つくってくれるんで、私、うんと期待してたんだと。ところが、それ今どうなってんの」ていうふうなお話をされてですね、ちょっと私も返答にちょっと窮するというところがありました。すなわち、グループホームと特養ホームではやっぱり制度的にもやっぱり別枠で捉えるべきがやっぱり妥当であるというふうに考えます。やっぱり町長の考えとしてやっぱりこうこの認知症グループホームと特養をやっぱりこう同列で扱うようなふうに、やっぱり見解の相違ということではやっぱりこう看過できないというふうに思うんですけども、町長のお考えをちょっとお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私が公約に特養ホーム町立として掲げましたのは、過去長きにわたりまして待機老人がなかなか解消しないということで、民間に任せて待っているだけでは解決しないという思いから、町立で思い切ってやるべきだというふうに考えました。ただ、町の財政を考えると果たしてそれでよかったのかという問題がございますので、民間にお願いをすることも議会の指摘を受けながら、そういうふうに方針を変更したところでございます。
 その中身でありますけれども、グループホームと特養の入居の金額は入居料が違うということをご指摘されておりますけれども、ただやはり先ほども述べましたとおり、第6期介護保険事業計画を策定するに当たっての調査におきましてですね、認知症の方が相当ふえてるということで認知症に対応できるグループホームを必要だと。特に認知症の場合ですね、こんな言い方はどうかと思いますけども、プライバシーについては一般の方と認知症でない方と比べてさほど必要でない。私の母の経験からもそれを十分わかっておりましたので、グループホームでも十分やっていけるということで、認知症に対応できるグループホームをやはり必要ではないかという実態が明らかになりました。
 また、先ほど申しましたけども、常に介護を必要とする方の半数が、家族がですね、在宅介護を希望してるという実態がわかりました。また、待機老人の数もその当時2年前では67人と記憶しておりますけども、現在51人に下がってきておるわけでありますけども、その実態から考えまして、人数的にですね、グループホームが18床、地域密着型特養が29床、ショートステイが最大で20床があれば、待機老人の解決ができると。
 しかも、認知症の方が多い、あるいは在宅介護を希望してる方が多いということから考えますと、結果として、そういった3つのタイプのものがあれば本町の介護需要にふさわしい実態の、実態にふさわしい介護施設を計画、整備できるんではないかとこのように考えておりまして、で、質問の中にありますけども、町立で100ということを私は言った記憶ちょっとないんですけども、ちょっとそれは後で確認しますけども、いずれにしても待機老人の数にふさわしいベッド数が私は一番理想的だと思っておりますので、今の段階で100ということは全く考える必要はありませんし、今後ともその時々に応じて必要な介護施設の整備について今後とも継続的に努力をしてまいりたいと、このような方向で考えておることをご理解賜りたいと思います。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間はあらかじめ延長いたします。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 確かに認知症も、本当にそういったご家族を抱える人に対しては、本当にどうしても必要な施設で不可欠なものだと思います。しかしながら、やはりこの老人ホームという観点で考えた場合ですね、特養やっぱり10万円を切るような値段、価格で入居できるのとやはりこう13万円ぐらいかかる、やっぱり13万円という金額、なかなかやっぱり本当にこう裕福な方、本当に入りたくても裕福なやっぱりそういった事情が許す方じゃないと本当に限定されて入れないんじゃないのかなというふうに思うんですけども、その辺のお考えはいかがでしょうか。本当にこういった認知症は確かに必要なんですけども、何ていうのかな、公平性のある、公平性というか、誰でも入れる施設だとお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 13万円が高いというご指摘だと思いますけども、私は、さっき何度も繰り返しになりますけども、町の介護需要の実態に即した形でやるのが理想的だと思っておりまして、そのためには思い切って基金も使うことも必要だとこのように考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次に進みます。特養ホーム、最初の亘理町の法人が辞退した理由、答弁聞きますとやはりスタッフの確保にやっぱり苦慮したということなんですけども、最初の町長のお話、マンパワーの課題が解決すれば開所に踏み出すという見解をおっしゃっておられました。やはりこの答弁のとおり、やはりマンパワー不足が本当にここの最終的な亘理町の社会福祉法人さんが大河原に来れなかった理由だということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回、先ほど答弁の中で申し上げましたが、4回の応募に対しては全く応募がなかったということでありますけども、いろいろそのなかった中でですね、いろいろ事業者に問い合わせすると、やっぱり応募しない理由はマンパワー不足ということは共通しております。数件、数団体がですね、応募したくてもできないという話を承っておるところでございまして、また、今回第5回目の募集においてもですね、何社か募集が、応募をしようということで町としても複数の団体の方と協議をしておりますけども、今残っているのは1団体でありますけども、そのほか辞退されたのは全部マンパワー不足ということを理由に聞いております。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) マンパワー不足ということなんですけど、もしこれ私の聞き及んでる情報が間違いだったら本当に申しわけございませんなんですけども、その当該の亘理町の社会福祉法人さん、当町大河原への開所をしなかったんですけれども、結果、亘理町内に開所に及んだということも伺っておるんですけれども、当町の条件面より亘理町の開所条件のほうがメリットが大きかったということではないのかなと思ったんですけども、これは違いますか。これちょっと確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 正しくは担当課長からお答えするかと思いますけども、私の記憶では、同時並行的にですね、進めておられまして、たまたま1カ所しか、1カ所分のマンパワーしか確保できないということだというふうに私は理解しております。間違ったら、担当課長から説明願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 亘理町の法人の件でございますけども、亘理町の法人については、26年4月に2つ目の広域の特養をつくりまして、長期が60床、短期20床ということでございました。それで、最初スタッフ不足ということで30床で稼働したようでございます。その後、スタッフがそろって60床フル稼働ということで落ち着いてきたというお話を聞きまして、今度ですね、短期20床のほう、そっちのほうにスタッフを確保しなければならないため、そっちを解消するために、こちらのほうの公募を事態せざるを得ないということでお聞きしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 答弁いただいた中で、現在、5回目の公募で応募があった非常に熱意がある実績のある県内の社会福祉法人との間で協議が行われているところでありますというような回答をいただきました。ここの社会福祉法人さんとの実現性は何%ぐらいと見込んでおりますでしょうか。お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 何%ということで、ちょっと難しいことがございますけども、今地主さんと土地の確保交渉してるということでございまして、それがうまくいけば進んでいくのかなとはちょっと思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) いつもマンパワーということなんですけど、こちらの案件に関してマンパワーという部分で心配はございませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯健康福祉課長(二瓶武志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(二瓶武志君) 法人さんのほうからは、マンパワーは充足させるということでお話を聞いてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 確かに老人ホームというのはやっばりないよりはあったほうがいいということです。しかも、やはりこう特養のやはり多くの町民の方がやっぱり経済的負担も少なく格安で、そして入れて、して快適に過ごせるというのが理想であります。そうしたことでですね、前回の町長選挙において、今回の選挙は道の駅か町立特養ホームを選択する選挙であると、誰が考えても町立特養ホームのほうがいいに決まっていると町長は訴えられて当選を果たしたわけでございます。今方向転換というような話もありましたけども、やはり実際の公約の見直しの範疇を超えているんではないのかなというふうに思うんですが、いかがでしょうか、お答え願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 掲げた公約を100%できなかったことについては残念には思いますけれども、先ほどから何遍も繰り返しておりますけども、町の実態を勘案して、果たして100床の特別養護老人ホームをつくっておったら、今ごろ財政は大変厳しくなってると思います。そういったことからもですね、やはり実態に即して町民が1人でも多く満足できるような施設をつくりたいと思っておりますし、また、ないよりはあったほうがいいんではなくて、私は必ず必要だということで公約に掲げたわけでありますので、その実態に、町の実態にふさわしい施設を整備することが私の責務だということで、それをもって公約を果たしてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、答弁いただいたんですけども、やはり、でも、多くの投票行動を行った皆さんは、町立の特養ホームこれに大きな期待をかけてやはり投票行動に移った方も多いと思われます。そうした皆さんにしっかりと今の現状を説明して、そういった町民の皆さんはしっかりと納得されているとお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど来何度も何度も繰り返して申し上げております。第6期介護保険事業計画、平成26年度に策定作業をやったわけでありますけども、その結果に、方針につきましては逐一議会でも全員協議会の場でご報告しておりますので、そういったことで説明責任を果たしながら進めてまいっておりますので、議会に説明したということは町民に説明を申し上げたと同じでありますので、そのことをぜひ理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 実際のところですね、率直に申し上げれば一番の、一番というか、看板で掲げた公約がまだ実現されていなかったということでございます。そのことに関してはですね、率直に公約が守れず申しわけございませんでしたというような潔い姿勢を示すのも、リーダーとしての姿勢ではないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これは要望ですか。答弁要るんですか。(「答弁求めます」の声あり)答弁求めてるのね。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) さっき申し上げたとおりですね、公約をその表現したとおりにできなかったことは残念であるということで、反省の弁を述べたところでありますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これで私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時07分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年9月13日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------