議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文




大河原町議会会議録
2016年3月16日(水):平成28年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午後1時45分  開 議
◯議長(秋山 昇君) これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
 これから諸般の報告をします。
 休会中の委員会活動予定は配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 議案第24号 平成28年度大河原町一般会計予算
     日程第3 議案第25号 平成28年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
     日程第4 議案第26号 平成28年度大河原町国民健康保険特別会計予算
     日程第5 議案第27号 平成28年度大河原町介護保険特別会計予算
     日程第6 議案第28号 平成28年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別
                 会計予算
     日程第7 議案第29号 平成28年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
     日程第8 議案第30号 平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
     日程第9 議案第31号 平成28年度大河原町水道事業会計予算

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第24号から日程第9、議案第31号までの8件を一括議題とします。
 日程第2、議案第24号から日程第9、議案第31号までは、予算審査特別委員会に審査を付託しておりましたので、本案について委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長岡崎 隆君、登壇願います。
     〔予算審査特別委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯予算審査特別委員長(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯予算審査特別委員長(岡崎 隆君) 報告申し上げます。予算審査特別委員会委員長の報告をいたします。
 去る3月10日の本会議におきまして、予算審査特別委員会に審査を付託されました
 議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算
 議案第25号平成28年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
 議案第26号平成28年度大河原町国民健康保険特別会計予算
 議案第27号平成28年度大河原町介護保険特別会計予算
 議案第28号平成28年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計予算
 議案第29号平成28年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
 議案第30号平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
 議案第31号平成28年度大河原町水道事業会計予算
 の以上8件につきましては、3月10日予算審査特別委員会を開会し、16日までの5日間にわたり関係課長等の説明を聴取し、細部にわたり慎重に審査を行いました。
 審査の結果、議案第24号から議案第31号までの平成28年度大河原町各種会計予算8件は、いずれもこれを原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 少数意見の留保についてはございませんでした。
 なお、詳細につきましては配付のとおりですのでごらんいただければと思います。
 以上、報告といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第24号から議案第9号、議案第31号までの8件を一括議題とします。
 日程第2、議案第24号から日程第9、議案第31号までは、予算特別委員会に審査され、審査を付託しておりましたので、本案について、失礼しました。これは先ほどいただきましたので、とりけします。再度申し上げます。
 ただいま、議案第24号から議案第31号までの審査結果について、委員長より報告がありました。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも可決です。
 委員長報告に対する質疑は、議会先例集88の規定により省略します。
 これから討論を行います。討論は一括で行います。
 討論はありませんか。万波孝子さん。
 まず、報告に反対者の発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子でございます。
 議案第24号平成28年度一般会計大河原町、28年度大河原町一般会計予算に反対の立場で討論を行います。
 初めに、町民の暮らしを取り巻く情勢については、生活に直結する国政を抜きに語ることはできません。安倍内閣の経済政策の背後及び町民生活にどういう影響を及ぼしているのか見る必要があると考えます。安倍内閣が進めている経済政策、いわゆるアベノミクスは「大企業の儲けをふやせば。それが国民に滴り落ちて経済全体がよくなる」という政策ですが、国民の暮らしはよくならず、経済の好循環もつくれず、それどころか平成26年4月に消費税率8%への引き上げは、暮らしと経済に大打撃を与えております。
 安倍首相は「増税の悪影響は一時的なものであり、景気はすぐに回復する」と言っていましたが、現実はその見込みは全く外れているのではないでしょうか。消費税増税は社会保障のためと言いながら、実際には、小泉内閣を上回る規模で社会保障予算の削減を続けています。
 年金の支給額は平成25年度から3年連続引き下げ、3.4%も減りました。医療では、70から72歳の患者負担1割が2割に、入院給食費は月1万8,000円の値上げ、介護では一定所得以上の利用者負担は1割から2割に、生活保護費は生活扶助費、それから冬季加算、住宅加算も削減されています。28年度の国民年金保険料は前年度670円上がって、月額1万6,260円になります。一例を申し上げましたけれども、社会保障関連費が軒並みに削られていることがわかります。
 その一方、労働者の賃金は大企業を除いて上がっておりません。非正規労働者の増加、無職者や年金生活者がふえ続けています。国民生活基礎調査では、生活が苦しいという人が62.4%に達していることが発表されております。さらに追い打ちをかけて、29年の4月からは消費税率は10%に引き上げられることになっております。私たちに矢継ぎ早に次々と負担を押しつけている。大企業には減税。そして、軍事費は安倍政権が発足して以来4年連続で増額、史上初の5兆円を超えています。
 3月10日可決された27年度一般会計補正予算に、繰越明許費として年金生活者等支援臨時福祉給付金事業がありますが、この事業は低所得高齢者へ1人3万円給付するというものであります。暮らしが大変なとき給付することには賛成です。しかし、この事業の題目は「アベノミクスの果実の均てん」などと銘打って、あたかも安倍政権からの贈り物であるかのように言っておりますが、参議院選挙の時間に間に合わせて支給するという選挙目当て以外の何物でもないことは明らかであります。
 以上述べたように、安倍内閣のアベノミクスから町民の命と暮らしをしっかり守る防波堤として地方自治体の使命を果敢なく発揮することを、まず最初に、町当局に強く求めたいと思います。
 子育て支援の充実等々評価できる点は多々あります。しかし、私は、次の以下の点については指摘し、認めることができません。
 1点は、マイナンバー制度に関してであります。
 マイナンバーは、保険証や年金、銀行口座などバラバラについている番号を統一して、一人一人に個人番号をつけて国が一元的に管理するものです。国は今後個人番号を使って、医療や介護、年金などの社会保障や税に関する個人情報をつかみ、所得だけじゃなくて資産まで調べて税金や社会保証料をきちんと納めているかチェックして、社会保障費を減らすことを狙っていると言われております。
 今回の28年度の予算の中にも、マイナンバーに関する予算がたくさん出てきたところを見ても明らかであります。ことしの1月から個人番号カードの運用が始まっていますが、28年度の当初予算の中に、新たに番号本顔認証用ウエブカメラ、スキャナを6万円で購入することが計上されていることです。この目的は、担当課の説明によりますと、本人になりすましは目視できないので、交付確認のために使用するということがわかりました。職員2名体制でこの備品を使用して対応するということですが、町職員に新たな精神面での過大な負担をかけるだけでなく、国がここまで指導すること自体、いかにマイナンバーは情報の漏えいや犯罪の危険にさらされることを証明しているのではないでしょうか。さらに、個人番号で国民を管理するのは憲法13条個人の尊重に違反していることも、既に指摘されております。このように危険がいっぱいで問題だらけのマイナンバー制度は廃止しかないと考えます。町民や町職員を守るためにも、国にぜひ廃止を求めていくことを町長に強く要望いたします。
 2点目は、桜まつり駐車料金倍増に関する町の姿勢についてであります。
 おおがわら桜まつり実行委員会の一員で大会の会長でもあります町長も出席して、観光客がふえて警備にかかる費用もふえること等を理由に、今回河川敷駐車場の料金を2倍に引き上げることを決定したということです。
 一目千本桜は大河原町の観光のシンボルであり、町民の大切な財産でもあります。今回の河川敷駐車場の料金を2倍に引き上げることに関して、町民からは「なぜ値上げしなければならないのか」「観光客が減ってしまう」「おもてなしの心全くなし」等の当然ながら批判の声が飛び交っております。この声は町に対する批判の声となっています。
 町長は議会で、「観光客は駐車料金の多寡ではなく、大河原の桜の絶景を見にきている」と理解を求めましたが、町民感情と町長の認識には相当のずれがあるのではないでしょうか。私自身も、今回の料金値上げの理由に警備にかかる費用の増を上げておりますが、納得できません。値上げによる駐車料金の収入は昨年の690万に対し750万円になる見込んでいることも議会で明らかになりましたが、この金額についても納得できません。
 町として、今からでも遅くはありません、おおがわら桜まつり実行委員会に駐車料金の値上げについて再考を促し、あわせて財政的援助等も町として考えるべきであると思いますが、いかがでしょうか。
 3点は、駅前図書館の絵本コーナーに関してであります。
 現在、駅前図書館内にある絵本のコーナーの一角で、スペースが2畳ぐらいの狭い空間で、月1回の第2土曜日30分程度、4名から12名の参加で読み聞かせが行われております。事業の内容によっては、ござやマットを敷いてイベントホールを使用しているということですが、絵本のへやが存続していた以前と比べてスペースが狭いため、子供たちとゆったり楽しく絵本の世界へというところまで持っていくのが難しい、魅力に欠けるコーナーになっているのが現実ではないでしょうか。
 当時携わっていたベテランの読み聞かせボランティアの方は、現在は1名だけが参加、ほかは若いボランティアの人たちによって支えられています。絵本のへや開設のときから長きにわたり読み聞かせボランティアとして頑張ってきたスタッフが離れてしまったことは、子供たちや駅前図書館にとって大きな損失になりました。さらに、駅前図書館全体の機能や魅力は弱体化され、充実どころか後退してしまったと言えないでしょうか。
 こうした事態を招いた町長の責任は重大であると考えます。しかも、絵本のへやの存続を求める請願に背を向け民意を無視したことも許されず、少なからぬ町民に今なお町長に対して批判の声が消えずにいます。いかなる理由があるにせよ、民意が反映する町政運営を町民は今も強く求めております。改めるべきものは改める姿勢で町政運営に当たっていただくことを切望します。
 以上を述べまして、私の討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、報告に賛成者の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 議案第24号平成28年度一般会計予算案に賛成の立場から討論いたします。
 今年度の一般会計予算総額は、前年度比1億5,350万8,000円、1.9%減の78億1,399万4,000円の編成となっています。主な減額要因は、10款教育費での各学校における屋内運動場照明改修及び公共施設への太陽光発電設備設置の終了、4款衛生費での(仮称)仙南クリーンセンター整備事業の一部事務組合への負担金の減少などによるものでありました。
 歳入では、町税で前年当初比約4,800万円減の27億4,579万円、地方交付税については前年度当初比2億1,744万円減の16億2,156万円、財源不足のための調整資金である財調からの繰入金は前年当初比2,755万7,000円減の3億5,539万7,000円となったが、平成27年度の決算での積立金を考慮しないでも約16億円の残額となる見込みである。また、町債では前年当初比1億522万円減の5億3,796万円の計上となっていた。
 歳出予算の主なものは、高齢者福祉での地域密着型特別養護老人ホーム、併設するショートステイ整備に対する補助金、子供たちのための学校環境の整備事業として保健室にエアコンの設置、トイレの洋式化の改修、金ヶ瀬小学校の屋上防水工事など、また、ソフト面では新たに不登校・いじめ問題などの課題に対応するため心のケアハウス事業の実施、子育て世帯の応援施策として子ども医療費助成事業での所得制限の撤廃、また、第3子以降の出生時祝い金支給が引き続き実施されるなど、今回の内容を見ますと新しい取り組みも積極的に取り入れ、削減すべきところは削減し、また、成果が上がってきていると見る事業は継続または拡充といっためり張りのきいた予算編成となっており、一般会計は、予算審査特別委員会で3日間細部にわたり審査をした結果、予算の計上にも無理はなく、これといった異常がないと判断されますことから、議案第24号平成28年度一般会計予算案にご賛同いただきますよう議員各位にお願い申し上げ、賛成討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘です。
 議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算につきまして反対の立場で討論をいたします。
 昨年、27年度予算でも反対理由として述べましたのと同様に、本年度も職員提案制度に記念品を予算計上されております。本来業務の内容に含まれて当然である政策提言に記念品代として予算措置を行う考え方は改めるべきであり、廃止すべきであります。公務員が公務員に予算の中から物品を渡すことは、町民からは理解を得られるものではありません。しかしながら、提言制度そのものは好ましいものであり、27年度は11件の提案があったとの説明も受けたところであります。継続をする方向で職員研修にも必要な予算を計上しているので、こうした場で職員の意識改革をさらに促し、あるいは私が一般質問でも提言したクレドを活用するなどした意識改革を行い、さらなる提言につなげることが適正な考え方と言えます。
 また、27年度に、「Next大河原ゆめプラン」の7番目の重点施策として位置づけました地方創生にかかわる「大河原まち・ひと・しごと創生総合戦略」が策定されました。28年度が本格的に施策に沿って行動を起こすスタート元年であるにもかかわらず、新規あるいは拡充事業として着目すべきものが見受けられません。真剣に本気で取り組むことなくして、全国の自治体が一斉に始める地方創生事業の中で生き残り、ブランド力のある選ばれる自治体として存在していくことはあり得ません。厳しい財政状況を踏まえながらも、策定した戦略が形になるよう実行していく事業と予算の裏づけが必要です。
 さらに、毎年指摘を繰り返している町から委嘱を受け仕事をされている方々の報酬について、職種、内容もそれぞれ異なるのは当然でありますが、仕事量、拘束時間、責任の重さなどを配慮した格差是正が求められておりますが、いまだ前年度踏襲型の予算措置と是正の動きが見られないのは受け入れがたく、改善を求めます。
 また、大きく地元紙で取り上げられました我が町観光の目玉である桜まつりでの駐車場協力金の突然の倍額値上げは、観光客誘致、タウンセールスの観点からも逸脱していると言わざるを得ません。お客様に負担を強いることなく、桜まつり主催者として予算上でもおもてなしの精神でお迎えする態勢を整えることが、町としての姿勢ではないでしょうか。
 以上のことから、私の反対討論といたします。議員各位のご理解をいただきまして、ご賛同を願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算に賛成の立場で討論いたします。
 今定例会におきましては、町長施政方針に基づきまして、さまざま慎重審議行われましたが、子育て支援の強化や希望進路を実現するための学力と、本当に一隅を照らすような町長の配慮が見られた予算であると思います。
 また、歩きたくもなるまちの創造や、一部公約の変更とはなりましたが、地域密着型特別養護老人ホーム及びショートステイの整備等、今後の高齢化社会に向けたセーフティーネットを町長はゆめゆめお忘れではないと私は確信しております。
 また、広域的な再生可能エネルギー事業においても、コンビニ収納等先進的な取り組みも見られるとともにですね、公約以外にも実現に向けて動いたことを全て棚からぼた餅のように、そのような批判的な立場で物事を唱える議員の立場というのは、今後長らく、私よりも右側にいる議員は若い議員でありますから、今後の次代間の責任をある立場として、しっかり私も後々自分で後悔しないように、しっかりと私もみずからを律してですね、批判に明け暮れる批判の応酬はあるところでやめなければいけないのないかと私は強く考えております。
 また、お花見における駐車料金の値上げにつきましても、全会一致で1,000円に上げようということではなくて、るるお話があった中で、実際に六百数十万円の収入の中から細かい数字を拾ってみますと500万円以上の経費がかさむ中で、それでも警備員をまだふやさなければいけないような危険箇所があり、絞った中で予算の範囲の中で警備を行っているという危機的な状況もあることから、今年度に関しては警備員をふやすと、まず花見会場に来ていただくお客様の安全を何よりに考えた値上げというふうに、商工業者の一人としても私は受けとめております。
 ですから、決して観光客を粗末にするような考えからそのようなことに至ったのではなく、政争という観点から、このことを論争にすれば町長が悪者になる、そのような考えの始まりから批判をすることは決してやめていただきたい。しっかりとここの桜を今後財産として生かす中で、我々ともに力を合わせて頑張っていきたいと思いますので、その点を重々ご理解なされて、この平成24年度の一般会計予算には賛成の立場をともにとっていただきますようお願い申し上げまして、賛成討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算を反対の立場で討論します。
 まず、施政方針についてでありますが、町長選挙公約の目玉である5%個人住民税減税は2億円が必要になる施策でした。代がえ策とした水道料金の値下げは5,000万円に満たない額であり、そもそも住民税減税とは視点が全く異なるものです。さらに、1年限定の公約だったという町長の発言にはあきれてしまうばかりです。また、先月には町立特養老人ホームの建設断念を表明されましたが、目玉公約の相次ぐ撤回に町民からは不満の声が一斉に上がりました。町長は、撤回ではなく見直し、転換、代がえと弁解ばかりで、町長がモットーする「町民の声が届く町政」の看板が泣いています。
 次に、おおがわら町民学園に関してですが、27年度予算を2分の1に減額、また、28年度予算も前年比250万減額にもかかわらず、事業が軌道に乗っているとはどういう根拠なのか、私には理解できません。さらに、対象範囲を拡大することは、不公平を生むばかりでなく政治的意図のあるばらまきではないかという声が聞こえてきます。加えて、町民のボランティア意識、やさしい思い、助け合う意識の低下を危惧します。笛は吹けども踊らず。町民は賢明な判断をしています。事業は誤った方向に向かっていると言わざるを得ません。
 また、継続事業においても明確な改善策を示さない限り、前々年度、前年度の実績、成果に基づいた精査の上で予算計上をすべきと考えますが、事業によって予算措置の判断基準が不明瞭すぎるのではないでしょうか。
 さらに、産業像全般に関する項目ですが、予算項目の農業、商業、観光、地場産業についても、どこにも新たな予算計上につながる施策が見当たりません。残念ながら、「支援します」「努力します」「連帯を図ります」といった言葉ばかりが目につき、実効性のある予算とは言いがたい。また、まち・ひと・しごと創生戦略会議においても、当町らしさを感じさせる活力ある産業像がイメージできていないのではないか。具体的な戦略がなく経営感覚が乏しいかじ取りでは、厳しい将来が待っていると危惧されてなりません。
 最後に、今後の町長の目玉施策になるであろう環境先進都市を目指す中での再生可能水素関連の事業があります。町民への十分な説明がされないまま、既に2,014万円の税金が投入されております。町長の夢の実現のために税金が使われることがあってはなりません。当町の先進性をうたって取り組む必然性が全く感じられません。先人が長い間かけて築き上げてきたまちの誇りを大事にし、仙南の中核地として役割にこそ目を向けていくべきです。
 以上、反対討論とします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。
 議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算に反対の立場で討論いたします。
 今回の一般会計予算は、町長の1期4年最後の予算になります。しかし、3年5カ月前の町長選挙において町長が掲げた公約で、緊急1年以内、短期1年から2年、中期2年から4年と期間も区切り、県会議員を2期8年務められ、県の予算・決算審議もされてきて行政の財政に詳しい中で、詳細に掲げた公約の目玉政策でもある町立の介護特別養護老人ホームの建設の予算が計上されていません。
 道の駅おおがわら計画の撤回で、基本計画の予算相当額4億7,610万円を町立の老人ホーム建設費に充当すると言いながら、任期最後の予算にもかかわらず計上されていません。平成24年12月の私の一般質問で、「村井知事と直接お会いして、これまでと同じ1床当たり315万円、多床室で245万円の補助を考えていると示していただいた。実現できると思っている」と答弁しています。また、「補助がなくても、入所者待機を減らすことが大事なので民間に任せておけない。町立の老人ホームが必要。町内にたくさんつくりたいということで、全力で取り組んでいくことを基本姿勢に思っている」と答弁しております。
 町長の公約で目玉政策の町の事業の総点検を行い税金のむだをカット及び納税率の向上により必要な財源を捻出するとした町民税5%減税も就任後早々と撤回し、全く別物の政策であり、単に仙南仙塩広域水道の供給価格が下がったことで水道基本料金の引き下げを代がえ策と称し、事実上の白紙撤回をしました。
 目玉政策が任期最後の予算に反映されていないような予算に賛成することはできません。公約の白紙撤回を素直に認め、町民に対しおわびと納得いく説明を求め、議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算に対して反対いたします。議員各位のご賛同をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから採決を行います。
 議案第24号平成28年度大河原町一般会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第24号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第25号平成28年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第25号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第26号平成28年度大河原町国民健康保険特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第26号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第27号平成28年度大河原町介護保険特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第27号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第28号平成28年度大河原、失礼しました。仙南夜間初期急患センター事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、第28号は委員長のとおり可決されました。
 議案第29号平成28年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第29号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第30号平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第30号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第31号平成28年度大河原町水道事業会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案31号は委員長の報告のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第32号 土地の処分について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第32号土地の処分についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第32号土地(金ヶ瀬字川根105番地7外町有地1万1,610.77平米)の処分についての提案理由を申し上げます。
 この土地は、平成24年12月に町道川根工業団地線の整備並びに企業誘致を図るために、宮城県醤油醸造協同組合、宮城県味噌醤油工業協同組合より取得した土地の一部であります。
 昨年12月の議会全員協議会においてご報告申し上げましたとおり、これまで企業誘致の協議を重ねてまいりました。その結果、角田市に本社を置く株式会社とくら運送様と3月1日に売買仮契約を締結したところであります。とくら運送様では、取得した土地に貸工場を建設し、その全部を蔵王町に本社を置く株式会社宮城ニコンプレシジョン様が賃借し、同社では、液晶パネル製造機械の組立工場として、本年10月の操業開始を予定しております。
 詳細につきましては、商工観光課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) それでは、議案第32号土地の処分について詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由で申し上げましたとおりですが、この土地は川根工業団地として分譲した土地の一部となります。
 売却する土地の所在、種目及び地積につきましては、大河原町金ヶ瀬字川根105番7、宅地、8,057.72平方メートル。同じく、川根105番5、宅地、922.56平方メートル。同じく、川根106番14、雑種地、2,630.49平方メートル。地積計1万1,610.77平方メートルでございます。
 売却価格につきましては、1億798万円となっております。
 売却の相手方につきましては、宮城県角田市角田字老ケ崎105番地の1、株式会社とくら運送でございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第32号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第32号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第33号 土地の処分について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第33号土地の処分についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第33号土地(金ヶ瀬字川根105番地10)の処分についての提案理由をご説明いたします。
 この土地は、前に提案申し上げました土地と同じく、平成24年12月に町道川根工業団地線の整備並びに企業誘致を図るために、宮城県醤油醸造組合より取得した土地の一部であります。
 昨年12月の議会全員協議会においてご報告申し上げましたとおり、この用地の向かいで鋳造により自動車関連部品等の製造を行う株式会社コイワイ様(本社神奈川県小田原市)の工場増設用地として取得していただくこととなり、3月7日に売買仮契約を締結したところであります。コイワイ様では、自動車エンジン関連部品の増産を図るため、今年度に工場の建設計画等を作成、平成29年度に工場を建設し、平成30年4月の操業開始を予定されております。
 詳細につきましては、商工観光課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) それでは、議案第33号土地の処分について詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由で申し上げましたとおりでございますけども、この土地は川根工業団地として分譲した土地の一部となります。
 売却する土地の所在、種目及び地積につきましては、大河原町金ヶ瀬字川根105番10、宅地、7,734.93平方メートルでございます。
 売却価格につきましては、7,734万9,000円となっております。
 売却の相手方につきましては、神奈川県小田原市羽根尾244番地の6、株式会社コイワイでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 1点だけです。前の議案ときも質問すればよかったんですけども、この2つの工場新設ということで、前々から3社来た場合は150名の雇用ということなご説明あったんですが、この2社で大体どれぐらいの雇用を町のほうで見込んでるのか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) まず初めに、とくら運送分での売却した部分ですけども、ニコンさんが使うということなんですが、50名を計画してございます。と、コイワイさんにつきましてはまだ計画段階でございまして、今ある会社ぐらいの規模ということで約50名と考えているようでございます。以上です。(「いいです」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 前者と実は同じですけども、前から職員がどれぐらい雇用が創出されるのかということは、前から聞いてはおりましたけれども、ここに来て町の土地を買っていただくわけですから、とにかく大河原町民を優先ていう点では、これ口頭になるんですか。それとも、ひとつこう文書交わしてという点では、その辺は確固たるものにするためにどういうようなことになっているのかお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 雇用については大河原町の方を優先的にということで、今後お願いしていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第33号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第34号 おおがわら子どもの心のケアハウス設置条例の制定につ
                  いて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第34号おおがわら子どもの心のケアハウスの設置条例の制定についてを議題とします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第34号おおがわら子どもの心のケアハウス設置条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 不登校児童生徒に対する教育相談、生活指導、学習指導等により、これらの者の自立及び学校生活への自発的な復帰を促すことを目的として、おおがわら子どもの心のケアハウスを設置するために、設置、名称及び位置、対象児童生徒、事業など、必要な事項を定めるものであります。
 詳細につきましては、教育総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それでは、議案第34号おおがわら子どもの心のケアハウス設置条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由でも申し上げたとおり、町内の小中学校における不登校児童生徒に対して、自立及び学校生活への自発的な復帰を促すことを目的に設置するおおがわら子どもの心のケアハウスについて条例で定めるものでございます。
 まず、第1条では、心のケアハウスの設置について定めております。不登校児童生徒及びその保護者に対する教育相談、生活指導、学習指導等により、これらの者の自立及び学校生活への自発的な復帰を促すことを目的として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第30条の規定に基づき、教育機関と位置づけるものであります。
 第2条は、名称と位置について定めております。複合施設オーガ1階に設置することになります。
 第3条は、対象児童生徒の範囲を定め、大河原町内の小中学校に在学し、学校不適応等の理由により学校を長期にわたり欠席している児童生徒としております。
 第4条は、心のケアハウスの事業内容について、対象児童生徒とその保護者の教育相談、対象児童生徒の生活指導及び学習指導、不登校に係る情報収集及び提供を定めております。
 第5条は、教育委員会への委任について定めております。
 附則は、施行期日について平成28年4月1日からと定めております。
 この条例の制定により、おおがわら子どもの心のケアハウス事業を実施していくための体制を整備していくものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この件については説明も受けましたし、予算の中でもいろいろ出たわけですけど、確定してるのは、場所はオーガの中に決まったということですね。で、前にもちょっとお伺いしましたけれども、あえてまた伺います。このプライバシー、中心なので、あそこは、結構人の出入りが多いんですけども、この施設への出入りを考えたときにプライバシーへの配慮っていうのはどんなふうにされるんでしょうか。それが1点です。
 それから、これはこの事業は5年間の期間限定となりますけれども、改めて県が5年間に限定した理由をもう一度伺います。
 それから、5年仮にこの事業が順調に進んで、しかしながら、まだやはりこの事業の、何つうか、効果が出れば出るほど5年間じゃなくて引き続き延長したいと思ったときは、どんな受け皿を考えているんでしょうか。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) まず1点目の施設利用者、いわゆる児童生徒の施設利用に際してのプライバシーの関係ですが、オーガのあの施設の1階一番奥の場所に一応そのケアハウスは場所を借りて設置することになりますが、入り口は数カ所ありまして、職安といいますか、ハローワークの前のあたりは一番人の出入りが多いかと思います。そういった場所を避けることが可能なように北側の場所あるいは場合によっては裏側の通路等、場所等も子供たちにとって必要であればそちらから入ることもできるようにということを、あの場所を選定する際に考えてみているところであります。子供たちのデリケートなところについてできるだけ配慮をしながら運営していきたいと考えております。
 2つ目の県の事業として5年間の事業として設定された理由ということですが、通常ですと3年というような事業設定がこういった補助事業には多いわけですけれども、やはりその重要性やらあるいは効果について図る必要からも、まずは5年というような設定になっていると思っております。
 それから、効果が出た際のその後の受け皿については、まだ事業を実施する前の段階ということもありまして、その今後の実施を見ながら検討していくことになるかと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よりわかったわけですけども、いずれにせよ心というのはちょっと薬を飲んでね、病気が治るっていうのとちょっと、あるいはけがして治るっていうのと違って、宮城県は被災地なわけですから、被災地で心の病んでいる子供たちあるいは児童生徒、プラス今の社会が抱えているいろいろ心の病っていうのは結構深刻化してますよね。そういう点ではやはりその後の受け皿は、まだこれから始まるわけですから確かに先のことかもしれませんけれども、今からその受け皿というのはやっぱり考えておくべきだというふうに私は思います。そういう点で、今後検討されるんでしょうけども、ぜひですね、この事業が本当にしてよかったとやっぱ言えるような成果を私はとても期待をしております。そういう点で、もう一度ご回答いただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) この事業始まる4月からということになりますが、並行してその後のことについても考えていくということが、我々には課せられた使命だというふうに思っております。
 それから、あれっ何でしたっけ、はい、以上でよろしいでしょうか。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 済いません。1点だけお聞きしたいんですけども、ここに携わるスタッフの方、全協の中でも話出したんですけども、スタッフの方に対する、教育関係者、学校教員の退職者方なんでしょうけども、実際にこの子供たちと接するに当たってのその研修会みたいなことは考えてるのかどうかだけお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 現在、4月から事業始めるに当たって、そのスタッフについてはもうある程度当然こちらのほうでは考えてお願いをしてきているところでありますが、始まる前の段階に、まず事前に打合会、それから、現状と今後の進め方についての意思統一ですか、考え方の統一をまず図って、事業に臨んでいくというふうに体制は整えていきたいと考えております。その後の研修ということに関しても、県のほうでまだ示してきてるものはございませんが、町の教育委員会としてでき得る限り必要な情報を提供させていただきながら、より効果的な事業運営ができるように図ってまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 教育長も行ったことあるかと思うんですけども、白石のけやき学園、あそこには私も何度かお邪魔してるんですけど、何名かの子供が来て一生懸命一緒にみんなでこうアットホームな雰囲気で勉強してますので、ぜひですね、子供がいるときは難しいのかもしんないですけども、春休み中なので、その辺に行ってそこで携わってる方の話を聞くのもひとついいのかなという感じもしますので、その辺も、教育長、考えているのかどうか、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) けやきハウスにつきましては、何度も行って担当の先生とお話をして相談をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、1人でも多くの子供が学校に通うことができるように、家やいい施設になるようにしていただければというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁よろしいんですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 8月に応募する自治体が募集されて矢継ぎ早にこの4月のスタートまで大変慌ただしかったとは思うんですけども、その不登校の出現率は我が町は県の出現率よりも高いと、県は全国的にも出現率が高いというところで、危機感を持ってこの事業に手を挙げたんですが、私は教育、議員歴もそんな長くないのでわからないんですけども、ケアハウス設置条例とか、この設置の中で事業しかうたってないんですね。要は、ここの事業を進めるまでに目的等々は大変理解したところではありますけども、余りにも子供たちに救いの手を差し伸べるにはこう淡泊な条例なので、これ見たときちょっとびっくりしました。
 で、1つ要望したいことは、このように子供に対して光を当てて不登校、その予備軍に対しても予防策、例えば学校で少し嫌なことがあってもケアハウスによって相談をできたりとか、ソーシャルワーカーとかカウンセラーとかにはちょっと抵抗ある方が、例えば帰り道に寄って相談できたりとか信頼できる大人がいる場所だとすれば、議員からももちろん提案することも大丈夫だと思うんですけども、後から施策がついてくるように、しっかりと子供に対してこういう方針でいくという、本当に施策が鏡となるような条例の制定というのも私は必要だと思います。先進地ではもうそういうことで、子供をどういうふうに育てていくか地域で育むかということで、その施策の鏡となる条例というものをきちっと制定して事業に取り組んで進んでるというのが、ほぼそういうことなので、県の施策におんぶに抱っこでいくっていう形になったのはわかるんですけども、今からでも魂入れられますので、その点もお含みいただいてご答弁いただきたいんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 今回提案させていただきました条例につきましては、ごらんいただいたとおり、その設置の中心部分を定めるものであります。この事業を実施するに当たりましては、この事業の実施要項を定めて事業は実施いたします。その中にはより細かな運営について定めておるものです。そういったところについて準備して臨むことになっておりますので、ご理解いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 1つお聞きします。子供って何歳まで子供なんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 児童福祉法の場合18歳までと認識しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 国際的にも18歳までということは明らかであります。今回、児童生徒への取り組みではありますけども、万波議員申したとおりにですね、5年間で終わってしまう事業ですけども、そこを巣立っていった子たちもまた帰ってきて、後から今困ってる生徒へ、生徒、児童生徒へと助言等ができるようにですね、そういう子供たち、さらには大人になってからもですね、そういう経験した子が語らいの場になるようなそういうことも、5年後以降ですね、私は施策として進んでいっていただきたいと強く思いますので、そのことを要望して終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 済いません。実際、この設置の条例って今出てきたばっかりで、ちょっと私もよくわからないんですけど、ちょっと心配というか疑問な点が、第5条の「条例に定めるもののほか必要な事項は教育委員会が定める」とあるんですが、その今後詳細も決まっていくと思うんですけど、その課長というか町とのその連携というか関係性っていうのはどういう形になるのか、わかる範囲で教えていただきたいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) この条例の第5条では、教育委員会のほうにその細かい、これに定めない部分については定めるというふうになっています。要項がまさにそれになるというふうに考えております。そういったものをもとにこの事業は進めていきますが、実施する上での町との関係性というのは、緊密なものを保ちながら実施していきたいと考えてるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第34号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案34号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 委発第1号 議会の議員報酬及び費用弁償等の支給に関する条例の一部
                 改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、委発第1号議会の議員報酬及び費用弁償等の支給に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 本案について、趣旨説明を求めます。
 提出者、議会運営委員長枡 和也君、登壇してください。
     〔議会運営委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議会運営委員長(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議会運営委員長(枡 和也君) それでは、委発第1号議会の議員報酬及び費用弁償などの支給に関する条例の一部を改正する条例の趣旨説明を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、国の特別職の給与に関する法律の改正及び町長などの給与の改正状況、これまでの議会議員の報酬などの改定状況や実績などを総合的に判断し、期末手当について年間で0.2カ月分の引き上げを行うものであります。
 施行につきましては、平成28年4月1日からとするものであります。
 なお、この改正内容につきましては、去る2月22日、特別職報酬等審議会に諮問をし、今回の提案内容での答申をいただいてるものでございます。
 議員の皆様には趣旨をご理解いただきご賛同くださいますようお願い申し上げ、趣旨説明といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。提出者は議席へお戻りください。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから委員発第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、委員発第1号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 委発第2号 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意
                 見書案

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、委発第2号ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書案を議題とします。
 朗読及び趣旨説明は、議会先例集69の2の規定により省略します。
 提出者、総務文教常任委員長岡崎 隆君、質問席へ着席願います。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) この意見書はウイルス性肝硬変、肝がんに関するんですが、なぜこれに限定した意見書なんですか。要するに、肝病の、肝臓関係の難病はもっともっといっぱいあります。ですから、もっと広い範囲で救済を求める、支援を求めるならいいんですが、なぜここだけに限定してるのか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯総務文教常任委員長(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務文教常任委員長(岡崎 隆君) 何度かですね、こちらのウイルス性肝硬変や肝がんに係る医療費助成制度を創設するということで、この助成を拡充を求める案が何回か、三、四回もう同じ団体から来てまして、もっと幅広く肝臓に対する疾患に対してはお困りの方はいるかとは思うんですけども、そのような団体からはまだ我が議会のほうにアプローチというのはなく、私らが勉強してこちらからアプローチして、手を差し伸べて幅広く救済を求めればよろしかったんでしょうが、片手落ちでしょうか。(「ここに記入してあるでしょ」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ここに書いてある、要するに死の直前にしか認定されない。おっしゃるとおりなんです。おっしゃるとおり。だから、そういう人たちをまでを、肝臓病に関する支援を対策というので提案していただければ、もうもろ手を挙げて賛成しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯総務文教常任委員長(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務文教常任委員長(岡崎 隆君) 今度このような疾患については幅広い知見を持って取り組んでまいりますので、ご協力よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから委員発第2号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、委員発第2号は原案のとおり可決されました。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。今定例会は、あす3月17日から6月7日までの83日間を休会としたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、今定例会はあす3月17日から6月7日まで83日間休会とします。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後2時47分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年3月16日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------