議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年第2回定例会(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2012年6月13日(水):平成24年第2回定例会(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯副議長(平間孝士君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 佐藤 巖君欠席の届け出がありましたので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、庄司 充君、佐々木守伸君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 日程第2、前日に引き続き、一般質問を行います。
 岡崎 隆君の発言を許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 議長のお許しが出ましたので、3点について一般質問を行います。
 まず、桜まつりの総括と今後ということで、まず、質問に先んじて、桜まつりには多大な、消防、警察、また指導隊、商工会、町当局には大変ご労苦あられたことに、まずもって町民の一人として御礼を申し上げてから質問に入りたいと思います。
 それでは、平成24年度、震災復興元年の「おおかわら桜まつり」は、例年より開花が遅かったものの、その後の天候にも恵まれ、全国から訪れる観光客に誇れる近年にない可憐なピンクの一目千本桜でありました。
 平成17年35万人の入り込み客数を記録して以降、震災の起きた昨年以外は毎年25万人以上の観光客が訪れる町を挙げての一大イベント、最大の観光の目玉であるということは言うまでもありません。
 しかし、おもてなしをする心で、またオール大河原で観光客をお迎えする受け入れ側の体制はどうだったのか。次年度に向けての課題点も見受けられたので、以下、伺います。
 (1)訪れた観光客からどのような要望、苦情等が寄せられたか。
 (2)次年度に向け、新たにどのような対応が必要と考えるか。改善策が具体的に話し合われたのか。
 (3)今後、柴田町との取り組みをどう考えるか。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、岡崎議員の桜まつりの総括と今後についての一般質問にお答えをさせていただきます。
 議員からもございましたけれども、まず、ご質問にお答えする前に、「おおがわら桜まつり」に関しまして、桜まつり実行委員会を初め、町内各企業、交通関係機関、ボランティア団体、地域住民の皆さんのご尽力、ご協力のもと盛大に終えることができましたこと、深く感謝申し上げる次第でございます。2年ぶりに、一目千本桜の観光地として全国から多くのお客様を迎えることができ、大変喜ばしく感じているところでございます。
 それでは、初めに、訪れた観光客からの要望、苦情に関するご質問についてでございますが、主に道路事情や駐車場不足による交通渋滞が上げられます。土日の対応といたしましては、役場駐車場や合同庁舎駐車場など臨時駐車場にしているところでございますが、平日の駐車場確保が難しく、車で来られるお客様から駐車場不足の解消を指摘されることが多々ございました。
 次に、次年度に向けての対応についてのご質問でございますが、一番はやはり駐車場不足の解消と効果的な誘導、案内になりますが、祭り会場に近い場所の臨時駐車場のさらなる確保、及び車で来る観光客が駐車するに迷わないための道案内が必要であると考えるところでございます。
 改善策が具体的に話し合われたかということにつきましては、5月2日に桜まつり実行委員会主催で桜まつり反省会が開かれ、やはり駐車場不足、交通渋滞の指摘等も含め、意見交換がなされたところでございます。1日に何万人もの観光客が来る中で駐車場案内を効率よく行うための誘導看板をふやすことを求める意見などがありましたが、全体的にはスタッフが少な過ぎるのではという意見が上げられたところでございます。全体的な運営体制は桜まつり実行委員会での協議が必要となりますが、桜まつり駅前案内所のようにおもてなしの心で接していただく町民ボランティアの方々を募るなど、祭り全体の運営の中で住民参加、住民参画による対応が重要になってきているものと考えているところでございます。
 次に、今後柴田町との取り組みをどう考えるかについてのご質問でございますが、今回の桜まつりにおきましても、全体の祭りの持ち方や開花日、満開日の宣言など情報を交換しながら進めており、PRに関しましても二町合同の桜まつりパンフレットを作成しながら、観光対応を行っているところでございます。今後におきましても、情報交換を密にしながら協力し合って、ともに全国に誇れる桜の観光地づくりに努めてまいりたいと考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 私もちょっと桜まつり実行委員として関係はしてたんですけども、あくまでも実行委員会で決めるということではなくて、ここで質問してるということは、町側が主導的な立場でですね、次回の実行委員会も、そういう意味ではこういうたたき台を反映してやっていってほしいということで、私、質問してますので、その点踏まえてご答弁いただきたいと思います。
 では、私もできる限り時間を割いて、今回のお祭りということに関しては盛り上げようということで思いは強かったんですね、震災復興の元年ということだったんですけども。ぶざんさんで反省会ということで、今答弁にも触れられてましたけども、具体的にもうちょっと、中身的に担当課長の方からどういう意見が出たのかということに関してですね、ちょっとお伺いしたい。私、ちょっと、行ったんですけど、中座してしまったもので、ちょっとその点だけちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) それでは、5月2日に桜まつり反省会が開催されてございます。その中では反省といたしましては、第1点はやはり駐車場が不足しているというふなことと、それから、スタッフも少ない。と言いますのは、河川敷駐車場が大変混雑しまして、そうしますと中で誘導する職員が、スタッフが必要になってくるわけですね。そうしますと、なかなか車をうまく誘導できなくなりまして、会場入り口、そして大型バス、そして本町の方にというふうに渋滞しつつあるというふうな状況がございました。
 それから、もう一点は、土手を歩くお客様が結構多いもんですから、その際に道路の車の交差が危ないということで、その点の安全対策を改善してほしいというふうなことですけども、これにつきましては、桜並木の道路の通行どめ等々につきましては、これは地域住民の方のご協力がないと、ご協力、そしてご理解がないと難しいというふうなこともございますので、従来、今後もですけども、桜まつりの土手の車の通行どめにつきましても地域住民の方のご協力があってこそできるというふうに、町としても思っている、感謝しているところでございます。そのほかにつきましては、案内板等が若干少なかったのではないかというふなことでございます。
 悪い点を挙げればそのようになりますけども、よい点もありましたので、ここでちょっとご報告をさせていただきたいと思います。
 商工会婦人部で企画いたしました、山元町の被災者の方88名を招待いたしまして、大河原町のあの立派な桜をですね、見ていただきまして、心に大きく響いたといいますか、記憶に残ったのではないかというふうに感じてございます。
 それから、もう一点は、今回初めて佐藤屋プロジェクト、そしてほっとあい夢ステーションとですね、桜まつりがタイアップいたしまして、観光の幅が若干広がったというふうに考えております。この佐藤屋プロジェクト、そしてほっとあいの夢ステーションにつきましては、コーヒー、そして抹茶とかというものを振る舞っていただいたというふうなことになってございます。
 反省点、そして、よかった点ということで、以上、述べさせていただきました。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 具体的にですね、まず、人員が足りなかったということについて聞きたいんですが、この人員については役場の方ではどのような人員配置の体制をとっていたのか、ちょっとその対応について教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 町といたしましては、祭り開始から、病院駐車場跡地のバス専用駐車場に各課1名配置をお願いしまして、担当課はもちろんですけども、それから、緊急雇用の方々も動員いたしまして延べ6名体制でその対応を図ってきたというふうなことです。
 それから、ことしから、観光物産の直売所がございますが、そこに臨時職員、失礼しました、新人職員ですね、を研修の一環、要するにお客様の接遇というふうな意味合いもありますけども、そういうことで新人職員を土曜日曜各2名ないし3名を配置していただきまして、そこで対応していただいたというふうなことになってございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 桜まつりのお客様は、土日とかそういうことではなくて、やはりふだんからマスコミ関係ですか、報道関係を見てですね、満開ってなるとやっぱり、月曜日だろうが火曜日だろうが満開というところで来ますね。1日当たりの入り込み数が最高で3万人超える日が若干二、三日続くということで、かなりそん時は人手が足りなくなるのはこれ当然なんですけども、これ新人さんを土日対応に当たらせたということは、役場のことし入った方の新人さんをすべて対応させたというふうに承ってよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) これにつきましては一応担当課の方からお願いいたしまして、全新人の職員を担当に充てていただいたというふうなことになっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 新しい試みだと思います。そういうことで、もし4月の開花の平均日というのは、大河原4月13日なんですね。突然新人さんで1回も経験しないで商工観光課に配属になった場合ですね、たった13日でその仕事を覚えられるわけがないですし、そういう取り組みは、町長、恒久的にやっていただくとともにですね、新人だけじゃなくて、人手が足りないんであれば、満開日を見据えて2年生ぐらいも、2年目ぐらいの方も充てるということもちょっと考えていただきたいなというんですけども、その点いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 私が町長に就任させていただきましてから、職員がこの桜まつりの中で実質的な仕事に携わる機会を持つということにさせていただいてきたわけでございますが、いろんな意味で、やはりその受けとめも含めてですね、産業振興あるいは観光振興にかかわる受けとめも含めて、非常に効果は上がってきていたのではないかというふうに感じておりました。そういう中で、今回改めて新人の配置、担当課以外でもですね、実現できたこと、そしてまた、その満開の日に桜を見に来る方が当然ふえるという事情も議員ご指摘のとおりでございますので、今後その張りつけ方あるいはその研修と位置づける対応についても、さらに吟味してまいりたいというふうに考えるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 大変すばらしいことですんで、さらに満開日の人員の手当を厚くすることがやってほしいということで、これは桜まつりはちょっとずれるんですけども、ことしから産業振興課が農政課と商工観光課ということで分かれた中で、大変産業振興にかける町長の意気込み、私、伝わってくるんですけども、実際、商工観光課というのは、人員はこれは担当課の職員というのはふえているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 昨年度までは、産業振興課というふうなことでございましたが、4月からは商工観光課ということで、担当はそれぞれ、人数につきましては産業振興課のときの商工観光係と同人数というふうになってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 観物の独立とか、そういう現実味を帯びているもの、また、7月から新しい地域公共交通システム始まる中で、ここが起点となってですね、さまざまここは施策の展開とかっていう部分で責任は重くなっていくはずなので、町長、ぜひここもですね、見据えて人員を手厚くするということもお考えはないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 産業振興のあり方あるいは将来につながる施策等については、これまでも、町の政策として大切に位置づけていくということをお話しさせていただいてきたところでございます。なかなか人員の増強ということにつきましては厳しい側面もあるわけですけれども、状況の変化はさまざまに起こり得るわけでございますので、とりわけ大勢お集まりいただき、また知名度も上がった桜まつりを中心とした観光事業について、議員のお話もございました民営化に向けた方向付け、こういったものもしっかり進めてまいりたいというふうに考えているところでございます。直接的な職員の配置につきましては今後の課題ということで受けとめさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) わかりました。人員についてはこれまでとしまして、駐車場ですね、これ、全協の説明でもありましたが、来年度は使えると思うんですけども、その次の年あたりなんか町立病院跡地等々が使えなくなりますね。これ、対応早目にしておかないと、やはり駐車場が一番苦情出てますし、先ほど2年目の職員さんも配置した方がいいというのは、要は、今回もなんですけども、オーガに車を流すときに要所要所の角々に立つその人すらいなくて本当に担当課困ったわけで、安全に各所に誘導するということにおいて、平日の満開日というものも予想した中で、合庁、役場が使えない中でどういうふうに確保するかということ、もうちょっと具体性を持って煮詰めてた方がいいと思うんですけど、何かその辺でちょっと今後の案というか、そういう考えはないのか、ちょっと聞いて。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 確かに、来年度までにつきましては町立跡地の利用は可能なんですけども、その後は難しくなるというふうに考えてございます。今、課内で話してはございますが、一番、バス専用といたしましては大河原橋の上流の河川敷かなというふうには考えますが、それにつきましても渋滞は避けられない状況かというふうに考えております。そしてまた、ことしからオーガにハローワークが入ります。そうしますと、来年の4月花見のときにはオーガの駐車場はどこまで使えるのかというふうな点もございますので、商工会にもお話はしてるんですけども、各家庭の駐車場、そしてまた一般のお店の駐車場を解放していただいてですね、1台500円ぐらい取っていただいて、観光地どこでもそのようなことをやっているようですので、そのように住民の方々のご協力も得ながらですね、できるだけ駐車場の解消に努めていきたいなというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) これは絶対、満開日に絶対足りるような駐車場というのは確保できないのはわかってて私も質問してるんで、できれば商店会、商店の方の駐車場スペース、もしくは大きなイベントいつもあるとこですと周りの民家ですとか、そういうとこにもご協力いただけるような形で、花見祭り終わったばかりですけども、今一番総括にはいい時期なので、その辺も含めて、先々の対応ですが、心にとめていただきたいということで質問させていただきました。
 そいで、私も今回土手の下の方でいろいろとお客様の応対とかさせていただいたんですが、桜まつりの土手の会場のアスファルトの部分ありますよね、人が歩くスペース。桜の時期って必ず1回雨は降るんですけども、あそこがちょっと中途半端な幅なんですよ。荷物搬入する方もおられますし、観光客の方は好んでそういうとこやっぱり歩いてくる方多くて、ぬかるみは歩きませんから、もうちょっとですね、あそこの幅を広げてほしいという要望も今回聞こえてきたんですが、過去にそういうことにおいて「そこの幅ちょっと広くしてほしいな」とかという声はなかったんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) その点につきましては、もともとあそこはアスファルト一部してございましたが、一昨年、21年22年ですかね、2年間にわたりましてあそこ舗装をさせていただきました。舗装いたしましたのは商工会というふうなことでありますが、実は、幅もう少し、幅員を、幅を広くするとなりますとまた別の費用もかかりますけども、桜まつり実行委員会でですねあそこと、それからまだ未舗装のところもございますのでそれも視野に入れながら、商工会とその点についてお話ししながら、桜まつり実行委員会で考えていきたいなというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) というのはですね、3万人も入る日があるということは当然イベントの中でも飲食とかする中で高齢者の方も見えますんで、実際今回も2回ほど救急車の要請があって救急車も入ってますので、その時にちょっとですね、走破線の高い救急車来ればいいんですけども、いろんな救急車両もいろいろあると思いますので、その点、舗装路面をもうちょっと広い幅で取っておかれる方が安全面でもいいのかなということがありました。とりあえずその辺、3万人、3万2,400人というのが入り込み数の頂点だと思うんですけども、町長、そうなった場合ですね、救急車を呼んだ、呼ぶ機会が二度要請があったということで、私、これは具体的に私の方から提案したいんですけども、救急箱一つしか今本部にないような形なんですね。ぜひ入り込み数が多いときには、これ商工会さんとのお話になるでしょうけども、看護師さんとか、その救急車が来るまでの応急的な処置をする方の配置というものをご検討いただきたいんですけども、いかがですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 先ほどからご指摘のございました桜まつり会場の環境整備についても、当然今後改めて整備のあり方について協議をする必要があるものと考えていたところでございます。また、その緊急な場合の対応あるいは判断ですね、そういったことがしっかりできる対応ということも、やはり求められる状況にあることは間違いないというふうにも考えるところでございます。今後ですね、満開の時期に合わせてということになるかもしれませんが、できるだけの対応を危機管理の面でもさせていただきたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 今回も、その他いろいろなことでですね、再質問用意していたんですが、いろいろな話の中で対応いただくということ、これ余談なんですが、委員長の町長さんは毎日桜まつりの会場に顔を出して、次年度の課題点をということで言われたりしたんですが、私のこの質問の中でこういう対応をいただければ、来年の大河原の桜まつりはぜひとも仙南一の桜まつりになると思いますので、そういう点も踏まえて、柴田町の取り組みもパンフレットの方で見ましたし、お互いに認め合い支え合い生かし合うような形でやっていければと思います。
 それでは、2番目の2項目の質問に入りたいと思います。
 NIMBY(ニンビー)施設について。
 現在、当町にもさまざまなNIMBY施設は存在しております。既存の施設は別として、新たにつくられるもの、建設中のものに関して住民が反対という立場を取った場合、行政には説明責任は当然発生いたします。
 現在、放射能問題などで町民は不安の中で生活を強いられていますが、このことのみならず、役場に瑕疵はないということだけで行政運営をすることは好ましくないと考えます。住民には心ある説得と納得のプロセスを踏まえた対応が必要であると考えるので、以下、伺います。
 (1)現在までにこのような施設の設置、建設で住民から反対運動が起きた前例、苦情、要望が寄せられたことはあったか。
 (2)(1)に該当する事例があったとすれば、どのような解決策がとられたか。解決しなかった、していない事例等があったか、伺います。
 (3)今後一層、行政と議会は厳しい目で住民から見られていくことは明らかであります。このような施設の設置、建設に今まで以上に住民感情に配慮した対応が必要であると考えるが、役場にその認識はあるのか。
 以上、3点お伺いします。答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、岡崎議員の2項目の一般質問にお答えをさせていただきます。
 NIMBY施設についてでございますが、これまで反対運動や苦情、要望があったのかとのご質問でございます。
 一つ目、二つ目につきましては、公園のトイレ設置に関して苦情、要望が出されているところでございます。住民の方との話し合いを持ちながら、既に設置されたトイレの撤去、移転はできない状況でありますことから、他の解決策を検討しているところでございます。現在、トイレ周辺の植栽及び安全対策のためのフェンスを設置することでご理解をいただくべく、話し合いを進めているところでございます。
 次に、施設の設置建設の際の住民感情への配慮が必要だという認識はあるかとのご質問でございますが、改めて住民感情に配慮した対応が必要であるというふうに認識しているところでございます。今後はワークショップ等を開催し、直接住民の皆さんのご意見を設計等に取り入れる検討も行いながら工事説明会を開催してというふうに考えているところでございます。住民理解に配慮した対応を、今後しっかり進めてまいりたいと考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) トイレの件については、私どもの住まいの上町1区の広表3号公園の件なんですが、とりあえずですね、あの経過は、計画はあったと。その間にご自宅を建てられたと。それで、計画あっても、住んでる中で住んで家は建てたものの、その間にトイレが勝手にできてしまったということで、何も説明ないままにトイレができたということなんですけども、これ、トイレというものがですね、初動の動きが、非常にやりとりの中でちょっとこじれてしまったようなんですが、担当課に聞きたいんですが、このトイレというものをつくられるときに、住民は必ず喜ぶという判断なのか。どういう見解持っているのか、ちょっとお聞きしたいんですけども、よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) トイレの判断でございますけども、トイレにつきましては当然公園の一つの共益、便利施設というふうなとらえ方はしてございます。
 ただ、今回につきましては、トイレの建設につきまして地元の説明会等々の説明不足をあったのはうちの方でも確認してございますので、直接関係する皆様とは十分な話し合いを持っているものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) これ、NIMBY施設というと、火葬場とか霊園、墓地、ペット霊園、ごみ焼却設備、最終処分施設、軍事基地及び軍事施設、刑務所、更生施設、原子力関連施設、道路交通機関、食肉処理施設、精神科病院、知的障害者のグループホーム、発電所、ダム、石油備蓄基地、いろんな形で住民の方からNIMBY施設、これはもうWikipediaの方に載っていますので公の言葉だとは思うんですけども、説明不足があった。これ、公園の便所は青少年の犯罪の温床になり治安悪化を招くということで、住民の方、女性の方が反対運動を訴えるということでもう前例が千葉の香取市ではあったんですけども、そういう事例については担当課ではご存じだったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) そういう事例につきましては確認をしているものではございませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) まず、これも商工会ですとか周りの住民の方から、「公園トイレが欲しい」「欲しい、欲しい」という要望が大変あったとこなんですけども、市が設置を計画して着工したところ、地域の近くの住民のおばあさんが、説明が尽くされてないので説明会を開くように陳情を市長あてに出したんですが、観光地として発展途上の場所なのでぜひ欲しいということで、見切り発車の上で県の補助金等使用した中でちょっと拙速に進めてしまって、ちょっと住民とこじれたというのもあるんで、今回のトイレも県の補助事業も絡んでいるんですが、そういうことで期間的に拙速にこう焦ってやってしまったということだけはなかったのかだけ確認さしてもらってよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今回の整備でございますけども、ただいまおっしゃられましたように、県の交付金という事業の中で整備を進めたものでございます。それで、この事業につきましては2カ年で整備を進めてございます。
 それで、そのトイレの設置場所でございますけども、当公園の中につきましては下水道の取り入れ箇所が1カ所しかないというような実情もございます。当然そのトイレの下水道の設置場所が1カ所でございますので、必然的にトイレの設置する箇所が狭められたということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) その住民の方からも、A4版の紙1枚で何点か今後のことに対して町への要望というのも出されたと思いますし、今後の対応についても説明を尽くしてやっていかれたいと思います。
 私もここの文のくだりで出しましたけれども、本当に住民には心あるですね、説得と納得のプロセスを踏んでもらって、トイレをつくってやるんだとかそういうことじゃなくて、やっぱり説明を尽くすということ、そういうことが役場には今後必要であるということで、私もそういうことで議員活動というものはやっていきたいというふうに考えていますので、あわせて私も町長室でお話も聞いていただきましたし、住民の方から本当に直接意見を伺う中で、今回は非常に勉強になったと感じておりますので、そこを踏まえて今後進めていってもらいたいと思いますので、3項目の質問に入りたいと思います。
 竜巻、暴風、ゲリラ豪雨等の異常気象時の児童生徒の登下校時の安全対策は万全か。
 近年、地球温暖化の影響で局地的に気象状況の極端化傾向が顕著に出ています。特に、ことしの春先から全国的にゲリラ豪雨による水害、暴風による住宅、ハウスの倒壊、ひょうによる被害、関東北部では竜巻による甚大な災害が発生しました。
 当町も広い範囲でさまざまな被害が最近発生しておりますが、特に児童生徒の登下校時の安全の確保に向けた対策は急がなければならないと考えるので、以下、伺います。
 (1)気象状況の極端化により、今後どのような被害が当町で発生すると考えているか。
 (2)気象庁による警報も精密さを増す中で、町内小中学校は登下校時異常気象への対応はどうされているのか。
 (3)子ども110番の家だけにとどまらず、今後広く町民に協力を呼びかけ、児童生徒を守る対策が必要と考えるが、どうか。
 以上、3点お伺いして、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、岡崎議員の3項目の一般質問にお答えをさせていただきます。
 竜巻、暴風、ゲリラ豪雨等の異常気象時の児童生徒の安全対策についてでございます。
 まず、異常気象による被害の想定でありますが、議員の質問にもありますように、全国各地でゲリラ豪雨による水害、暴風や竜巻による住宅、農作物等への被害等が発生しているところでございまして、本町におきましても気象条件によっては発生する可能性はあるものと受けとめているところでございます。
 次に、小中学校での下校時の異常気象への対応でありますが、まず、最新の気象情報、暴風・大雨・洪水などの警報、注意報でありますけれども、を入手するとともに、教職員による学校周辺、通学路の校外巡視による情報収集を行い、児童生徒の登下校の安全確保に努めているところでございます。気象状況により下校まで時間が長くなる場合や保護者に引き渡しをする場合、さらには登校時間をおくらせる場合などは、緊急メールシステムや緊急電話連絡網を活用しているところでございます。
 次に、児童生徒の安全を守る対策についてでありますが、各学校とも民生児童委員や各団体で組織される見守り隊、さらには大河原町交通安全指導隊、防犯指導隊、自衛隊OBで組織する隊友会、ワンワンパトロール、スクールガードリーダーなどの皆様に、登下校時の交通指導や見守りを行っていただいているところでございます。また、中学校では事故、事件に遭遇した場合、生徒同士が協力しながら避難するよう、日ごろから指導を行っているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 全国的に、私もここの中でちょっと書いてからちょっと後悔したんですが、何ですかね、「気象庁による警報も精密さを増す中で」と書いたんですが、この(1)の中で、異常気象は今後極端にまたなるし、認識はあるということですが、やっぱ竜巻情報というのはちょっと精密さには欠くのは、これ、否めない事実なんですが、突然黒い雲が出たりとかひょうが降ってきたりとかというときに、町の方では認識があると言いますが、ここ、大河原でもこの前ひょうは降ったと思うんですが、そういうときに子供たちが今安全を守れる状態かどうかというのを、学校の方でも帰すか帰さないかとかいろんな判断あると思いますが、私は余りにも急変することが多いし、この前の突風、あの爆弾性低気圧のあれは、貴久議員の質問にもありましたが、前もって天気図とかわかった中である程度被害の予測はつくんですが、局地的なこの極端化って来たときにですね、やっぱり子供たちが急に身を寄せる場所、生徒同士でとかというのありますが、実際に、町長、ご自分小学生の立場で学校行き帰りするときにですね、ひょうが降ってきたらどのような対応しますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 実際に、私も長年生きておりますので、ひょうに見舞われたりすることがあったわけでございまして、当然それを避けるべく軒下に入るとかですね、知り合いのお宅が近くにあればそこに飛び込むとか、そういう判断をしたというふうに、今思い起こしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) すごい、いいお答えでした。本当に人情のある私らの世代は、本当に知り合いの家とかに気軽に入れました。ところがですね、これ、教育長もご存じだと思うんですけども、今の子供たちってなかなかこう入っていったり、そうやってするっていうことがですね、身についてないということもご認識はございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) 確かに、子供たちのいわゆるコミュニケーション能力ですね、その辺の不足さは言われているところでありますが、近隣の方々とのそういう接触というか、触れる機会も少ないという機会もありますんで、そういう意味では多少違いがあるかと思いますが、いざそういう緊急の場合には、また子供なりの能力を発揮してですね、臨機応変に対応するものと私は認識しておりますし、学校側でもそういう指導は、きのう佐藤議員の方からもご質問あったとおり、緊急時の避難対策マニュアル、個々の場面に応じてのその対策も練ってありますので、そういう指導は日ごろからしてありますので、そういう対応に子供が順応に反応するように記載しているところであります。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 総括した再質問になってますけども、(3)に関連してですね、子ども110番、これは大河原小学校学区で88軒、南小学校学区で24軒、金ケ瀬学区で28軒の子ども110番の家があると思うんですけども、なかなかそういうとこが張ってあっても、入りづらい、声をかけづらい、そういうところもあるということは、教育長、認識の中にございましょうか。全部の家がウエルカムですぐ入れるような状況になってるというふうに、今の現状を受けとめておられますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) その多くの110番の家の入りぐあいが悪いようなお話かと思ったんですが、子供たちとしてみれば、その辺は緊急の場合には対応ができるのではないかと思うんですが、ただ受け入れ側についての情報については確かなものを持ってませんが、一応その指定しているところについては、教育相談員の方からですね、今年度など新しい標識をつけ直ししたことでもあるし、改めてそこで「よろしくお願いします」というふうなお願いをしてありますので、その辺の対応は可能かと思っております。中には、例えば留守番、ね、いなかった場合とかあるかと思いますが、そういうことを除いては大丈夫かなと思ってんですが、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 表示を新しくされたのもいいんですけども、私から提案として、ことししは桜まつりで「ぼんやり~ぬ」等々著名な番組で「さくらっきー」は知名度上げたんですね。ぜひですね、何でもいいんです、ステッカーでも何でもいいんで、マスコット的なものをそういうお宅の前とかそういうとこに、ぜひ子ども110番の家だというふうにわかるようにですね、子供たちが見て認識しやすいような形で工夫していただきたい。そういう子ども110番、確かにわかりますけども、その見てすぐに行ける、ひょうが降ったら軒に逃げる、それはできますけども、次、雷が来るとか竜巻が来るとかそういう想定の中では、建物の中に入ってほしいわけですから、そういうとこに行ったら入れる。例えば子ども110番じゃなくても、役場はいつでも逃げ込めるですとか、社会保険事務所は大丈夫だとかスーパーは大丈夫とか、そういうところでご協力いただけるところで工夫をしていただきたい。その表示を新しくしても、ただ新しくなっただけで、もうちょっと子供たちに認識しやすいように変えてほしいというような私の要望あるんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) その辺は子供の様子をこう確認しながらですね、その標識で不足とあれば、そういうような工夫をする必要があるかと思います。今後、担当と話しながらその辺の、学校と話しながら、必要なことはあれば対応したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) また、今の質問でありましたけども、子ども110番の家ということで名簿等々あると思うんですが、これも見える形で地図の中に落とすとか、そういう形でわかりやすく対応というのはされているんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) お願いしてあるところの方のお名前、それから場所ですね、それから、地図上でもその位置づけをして、各学校にも確認しているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 私も、地図上での位置づけというのが一番災害時とか即戦力で役に立つと思いますし、活字ではなかなか機能しにくい部分もありますので、もう取り組みかかってるのを私も確認させていただきましたし、この前の南小学区の方でちょっと危ない道路があったときにも呼びかけるだけではなくてですね、実際その場に街頭に立っていただいて、連日通る車の台数等々の確認もしていただいたということで、非常にそういう面では万全かなということ受けとめますので、さらに、子供たちを取り巻く危険というのは想定外がないようにということでお願いしたいと思います。
 これで私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君の発言を許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) 7番半澤敏美です。議長のお許しをいただきましたので、一般質問いたします。
 1、通学路安全対策は。
 登下校中の児童生徒が交通事故に巻き込まれるのを防ぐために、文部科学省、国土交通省と警察庁でつくる対策会議が5月28日に初会合を開き、全国の公立小学校の通学路で緊急安全点検を実施することを決めた。近く、各教育委員会に通知し、公立の中学校にも同様の取り組みを要請するとのことです。4月以降、京都府亀岡市で登校中の児童の死傷事件が相次いだのを受けた対応であります。
 学校と道路管理者、警察の三者で通学路の危険箇所を洗い出し、ルート変更も考え、安全・安心して生徒が通える通学路が必要であります。
 そこで、お伺いいたします。
 1点目、小学校、中学校での通学路の点検は行っているのか。
 2点目、特に、中学生は部活などで帰りが遅くなるので、街路灯の設置はしているのか。
 3点目、生徒の自転車安全対策は。
 以上で一般質問を終わりますが、答弁によっては再質問いたします。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、半澤議員の通学路安全対策についての一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、小中学校での通学路点検についてのご質問でございます。各学校におきましては、新学期の前、縦割り遠足の前、校外学習の前などに、教職員で通学路の安全点検を行っております。また、PTAの地区巡視や地区会長、児童民生委員の方々など多くの方からの報告、関係機関からの情報などについて、安全指導担当教員が実際に現場を確認し、危険箇所の把握と改善策について検討を行い、さらには、通学路検討委員会において関係各機関を交えながら改善方法等の検討を行っているところでございます。
 次に、街路灯の設置はしているのかとのご質問についてお答えをさせていただきます。
 通学路検討委員会、区長及び地域住民からの要望があった危険箇所につきましては、随時設置しているところでございます。また、老朽化した街路灯につきましては、省エネルギー化の対策といたしまして、LED化の推進を図っているところでございます。
 次に、生徒の自転車安全対策についてのご質問でございますが、学校では年度当初に自転車点検と交通安全教室を実施し、大河原警察署交通課職員によります講話と実技指導を通して、生徒が交通事故の原因と防止に関心を持ち、より安全に気をつけて登下校しようとする意識を高めるよう、計画的な安全対策を進めているところでございます。
 年間を通した対策といたしましては、街頭指導と巡回指導を定期的に実施し、タイムリーな指導を心がけることで正しい交通ルールとマナーを身につけさせるよう配慮しているところでございます。
 また、道路管理者といたしましては、自転車専用の走行空間の整備について、所轄であります大河原警察署と事業実施可能な箇所について協議を行っているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) 今の通学路に対していろいろわかりましたが、ただ危険な場所、私としてあるのがちょっとありますので、ちょっとその点について、(1)点目についてお願いしたいと思います。
 末広橋ですね、歩道橋ありますよね、末広橋の歩道橋。あの西側から来て……失礼しました。東側から来て西側に来ますね。末広の方から来て新田町の方ですか、そこに来る歩道橋なんですけど、特に小学生はほとんど右に行くんですね。入ってきて右に。ところが、中学生は左に入ってあの細い道路、玉山食堂さんですか、あの前を行くんですよね。ところが、自転車もそのとおり左に寄んないで右側行くんですね。私もそういう朝の交通指導で立ってますけど、注意したときはおりていくんです。で、しばらくすっともう乗っていくんですね。見えなくなると。そういうことで、非常にここ危険なので、この道路幅も狭いんですよね。車が2台通るのがようやくな感じで、それ、中学校では通学路にしているかどうか。そういうことはわかりますかね、教育長さんか教育総務課長さん。通学、ちょっと危ないので、実際に、いろんな接触事故なんかもあったようですので、通学路を統一していただかないと、事故が起きてからでは遅いのですからね。その点、ちょっとわかれば。ええ。学校側はわかってると思うんですけど、その点お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 通学路にしていると認識しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) 指定しているんですか、あそこは。今、指定しているわけですね、あの細い道路。歩道もないし、県道ですね、結局、県道。末広橋からまっすぐ小山田に行きますよね。その道路なんです、今言っているのは。玉山さんの前の。あと、あさくらさんですか、そこが非常に危険なので、すごく接触事故なんかもあったようですので、統一されて、ただ小学生はもちろん遠くなりますので、そこ通りませんけどね。小学生はイズミヤさんの前を通って押しボタン式信号、中学生もほこ通ってんですけど、最近がこのこちらの方を通る生徒も多くなってるし、ただ今言ったような自転車、3点目でありますけど、そのときも言いますけど、自転車で通ってるんですね。すごくこう車の運転される方も危ないということをいろいろ注意されましたので、私も立ってるんですけど、そういう点でもう一度、もしわからなければ後で確認して結構でございますので、ただ学校側にもよくこの説明をしていただきまして、危険性が非常にあるので、その点ひとつよろしくお願いしたいと思います。その点。
 それからですね、今続けてこの1点目ですけど、校長先生が、今の校長先生は小学校は堀校長先生ですか、きょうもお会いしましたけど、7時から8時以後近くまで子供のために歩いてるんですよね。交通安全、今言った通学路に。それから、中学校の一盃森校長先生、そしたら、これ聞いたら、あれ学校側で自主性、校長先生の自主性で回ってるということなんですね。教育委員会で指示してるとかではないわけですね。きょうの話では自主性。それとあと、2年前には齋校長先生、今役場におられますけど、齋校長先生、3年前ですか、それから始まったんですよね。その後に今堀先生が今回っている状態で、非常に子供さんなんかもあいさつ運動ですか、やってるようで、非常にいいことだと思っております。はい。そういうことでございます。
 あと、それから、もう一度戻りますけど、末広の歩道橋なんですけど、あれ、非常に坂になってるんですよね。それで、実際にあそこ自転車では乗っては通れないんでしょ。歩道橋ですので。自転車はおりて通るわけではないんですか。その辺わかんないですけど。その点、まず1点と、それからね、特に高齢者、保料地区に畑、町で貸してますよね。そこで野菜なんかつけて自転車、ところがあそこ上れなくてね、普通の道路来るんです。ピーッとして「だめです」って言っても、「そこ上れないんで、こっち来たんだ」というようなこともあるので、この歩道橋の橋をどうにかしていただきたいという声もあるんですね。
 ということは、花見のとき、さっきも花見の話も出ましたけど、花見のね、団体客が来たんですね、バスで。して、私がちょっと立ってたもんですから、「あの歩道橋渡れんですか」っていうなね、言葉があったんです。我々見なれてるから通れるってわかるけど、結局、わきの方がさびてるし、ポールも本当にね、あれ、町長、見たことありますよね……(「ありますよ」の声あり)実際に我々ふだん見てるので余り気にしないんだけど、それ、他町村、他県ですね、から来た方が「随分ひどいですね」という声がね、言われたもんですから、そういうあれ、もちろん県の方なんですけど、それ、大分……あと、わきの方もさびてね、本当に見にくいんですよね。その点、県と交渉してどうにかしていただけないか、町長にお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 何年かおきぐらいには塗り直しがされているように受けとめておりますが、確かに現状さびが目立つような状況でございまして、町民の皆さんあるいは訪れる方々の受けとめとしては、明らかに見栄えが悪い、あるいは危険と感じる方もいないわけではないのかなというふうに、今議員ご指摘の点を伺って感じていたところでございまして、要望につきましては、それはいつでもできることでございますので、改めて県の方への働きかけ行ってまいりたいというふうに考えるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) その点、よろしくお願いいたします。
 あと、もう一点ですけど、柴農の前の県道大橋ですね、大河原橋っていうんですか、大橋で角田方面から旧4号線に入る場合ですね、先ほど、前に町長さんに話したこともあるけど、段差があったんですよね。あの角田線から入ってきて、県道ですね、大河原橋に渡るとき、段差が。舗装したんですね、こいつを、旧国道の方は。ところが、向こうしないもんで段差があって、車が左折するとき非常に困るし、もちろん歩行者も通るし、通学路にもなってると思いますので、それ、一応県の方にお話をして直していただきましたが、あと、それから、その歩道も狭いんですね。大橋の歩道。1カ所ですね、向こうから来ると右っ側ですか。その狭くて、結局自転車が通ると、歩行者がいる、歩行者が県道に出なくちゃないんですよね。すれ違わないないので。それで、これも前にもね、五、六年前か、一般質問したんですけど、「それ、どうにかしていただけないですか」つうと「検討します」という言葉だったんですけど、危ないんで、実際に。それで、全部直せなければ、中間にね、このよける場所、何カ所か。うん、その話もしたんだけどね、ええ、それが検討、何も答えが出てこないんでね、現在にも。そういうことですので、ええ。
 あとですね、もう一つ、ちょっと待ってください。もう一つ。欄干。あれ、仮欄干ですか。ちょっと見にくいんだけど。あれはあのまま継続してやるんですか、欄干。ちょっと仮欄干みたいなんで、本当にいつ直すのかと思ってたんですけど、その点、2点お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ただいまの大河原大橋についてお答えいたしたいと思います。
 大河原大橋につきましては、県道高倉線ということでございまして、大河原土木の管理の中でございます。それで、ただいまの歩道についてでございますけども、今の歩道につきましては幅員が75センチぐらいの大変狭いような状況であるということで、土木の方でも確認しておるものでございます。それで、今年度につきまして、歩道のですね、設計というふうな形で調査委託料が1,000万ほどついてございます。中身につきましては歩道の、現況の大橋の中に歩道を設置できるか、もしくは歩道を分離するかというふうな形の設計を今回するものでございます。
 もう一つにつきましては、欄干でございますけども大変、単管パイプでしてございます。これにつきましても、その歩道の設計が固まるまでの応急対応というな考え方をしてございますので、どうぞご理解をいただきたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) ありがとうございます。
 今、後ろの方で「県道だから」とかって言ったけど、やっぱり県道、国、県、町と他町村にかかわる橋もあるんですよね。だから、そのために私、話してるんですけど、これは荒川橋、わかりますね、あの東桜から。それも国、県、町、して、向こうが村田町。それもね、前、4年前、大野課長のときですね、いろいろ国土交通省岩沼にしたんですか、出張所。あ、ごめんなさい、出張所。そこに交渉しまして、もちろん村田役場にも行って。だから、これね、関連してあるんですね。だから、県がどうだ、国がどうだでなく、国、県、町も関係なので、町から要請すべきだと思うんですね。「これ、県だから県に聞け」とかっしゃ、「町だから」「国だから国に聞け」でなく、町から、町の町民が困りますので、そういう点で私はこの意見を、もちろん県道、国道、県は県とわかってますけど、ただそういう話がちょっと今後ろで聞こえたので、関連してますので話をしているんです。だから、そういうことをご理解いただきたいと思います。ええ。だから、そういうことで執行部の方からご意見、後ろの方は余りご意見言わないで、1回1回言わないで、執行部の方でひとつ対応していただきたいと思います。その件につきましては、今後町から県、県から国とかというふうに、どのような方向でやればよろしいですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 実は、これまでも大河原橋の抱える構造的な課題、交通安全にかかわる課題につきまして、重ねて要望してきたところでございます。主に土木事務所への要望ということでございましたが、そういう中で、仮設であっても大変低い欄干でございましたので、その上に安全対策が講じられた。そしてまた、今年度調査のための予算がつくということになったところでございまして、なかなか要望活動がすぐ結果につながるという状況にはなっていないところでございますけれども、今後とも危険箇所ということにつきましては重ねて要望してまいりたいというふうに考えるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) この通学路につきましてですけどね、もう一つ、今緑の帽子とジャンバー来てる方、総務課長から説明ありましたけど、尾形橋なんかに立ってるんですけど、ただ時間帯が10時とかね、2時とかに立ってんですよね。これ、県の方に問い合わせてみたら、県の警察管轄でやってるそうなんですね。ええ。それで、仙台市などでは朝にも出てもらってるということですので、これも県だから県に、町は余り関係ありませんつっても、町民がやっぱしね、そういう面で朝に出ていただけたらいいのかなと思うんです、通学路に。今言った、さっき言った自転車のルールとかそういうのに対して、そういうマナーとかね。それはできるのでしょうかね。町から県に要望、県だからそれはできないとかっていう話でなく、町民のためにそれできるかどうか、総務課長、いかがですか。交渉していただけませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) ただいまの件でありますけれども、一応通学路関係につきましては、交通指導隊の方々にお願いしながら、危険箇所というふなことで毎日こう見守りをしていただているというふな状況でございます。
 それで、ただいまの半澤議員がおっしゃいました件につきましては県の方の、宮城県警の方の事業としまして、防犯、交通安全等も含めた見守りというふなことで取り組んでいるようでございまして、大河原警察署管内の方には13名ほどの方が対応してるようなんですね。それで、大河原警察署管内ですけども、ほとんどが大河原町と柴田町、この13名の方というふなことでやっておるようでございまして、時間的にも午前7時半から6時までの間でこうチームを組んでというふなことで、その時間帯に何名が大河原のどこそこにいるというふな部分まではわからない状況でございますけれども、基本的にそういうふなことでやってきておりますので、あとは通学路の安全関係につきましては、一番最初にお話しさせていただいたとおり、一応交通指導隊の方というふうなことで、警察の方につきましては、全体の交通安全と防犯というふなことで取り組んでいるようでございますので、その辺をご理解いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 10分間休憩いたします。
     午前11時04分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時15分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 再開いたします。
 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) 1点、答弁漏れがございましたので、お伺いします。
 歩道橋は自転車で乗っていいか。それともだめか。その点、お願いします。歩道橋です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 末広の歩道橋でございますけども、基本的には自転車はですね、おりて渡るというような認識をしているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) 現在はほとんど乗って、全員、ほとんどですね、100%と言っていいくらい、丸っきり違うね、んじゃ。だから、そういうことを今この県の方でね、この指導されている交通、この交通指導隊とはまた別です。交通指導隊は通学路に立って、そこまで行きませんので、ね。そういうことでないんです。だから、今緑のジャンバーと帽子かぶってる人がそういうとこにきちんといてね、やっぱり注意なりルールを守らせるということはできないでしょうかって、さっきの……ええ、総務課長にお話をしたわけです。
 それで、10時ごろ立ったってね、だれもいないときだって、もうどんな、それと2時とか、よく堀校長先生も、きょう朝会ってちょっと話したんです。「あの10時ごろ立ってる人、何ですか」つったから、「私、きょう一般質問するから聞いてみます」ということで、そういうことで話してきたんです、本当で、けさ会いましたから。立ってて。あの校長先生もわかんです。ちょうど出張で10時ごろ出かけたそうなんです。その緑のジャンバーと帽子かぶって、甚だしいのはマスクしてるんだって。表情さっぱりわかんないから、「あの人たち何やってんですか」って。違う。マスクはだめなんです。表情が、帽子かぶってだよ、マスクして、だから、ちょっとそれはマスクを外してほしいという声もあんです。もちろん風邪とかね、放射能関係でそういうことがあるんで、ただ仕事ですので、ぜひその点も、その二つ、聞きますけど、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) ただいまの件につきましては十分わかりましたので、警察の方に要望させていただきます。(「はい、よろしくお願いします」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) あとですね、ちょっと信号機の件ですけど、風で大分歩行者用、歩道の方ですか、の信号と道路の信号がこうずれてるような感じのとこがあるということで、それ、早急に直していただきたいということでございますが、その点。その点、答えていただきましょう。ええ。(「どこの……」「場所どこの……」)信号機。ただそういう箇所の、町の方に来てませんかね、危ない場所とかっていうこと。もちろん要望ですけど、ただそれ、答えがあれば。はい、総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) ええ。信号機関係も警察でございますので、警察の方に話をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) はい、失礼しました。よろしくお願いいたします。
 もう一つね、通学路、先ほど言いました玉山さんから、前、我妻幼稚園さんございましたよね。あさくらさんの手前。そこの木が道路の方まで出て、毛虫とか虫が落ちてくるっていう、こう町民の声なんですけど、そういう場合は、もろちんあれも県道だから県の方でなく、町、ほとんど9割町の人が通るんですから、町で対応しないとだめだと思うんですね、そういうような場所は。その点、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 個人のお宅から出ている木につきましては、個人で伐採なり剪定していただくようにお願いをしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) あのね、実際にそこに今住んでないみたいなんですね。だから、それはだれが、本人も気づいてないと思うんですけど。今までは多分区長さんか、その周辺の方がお知らせしたと思うんですね。今、仙台に住んでると思いますけど。ただそういうの勝手に切れませんのでね、どのような。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) そこだけじゃなくて、実際住んでらっしゃらない方の土地から雑草とかそういった枝木出てるっていうこと、町内ございますので、そういった方につきましては、所有者の方または管理してる不動産会社等に連絡をして、対処をしてもらっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) その点、よろしくお願いいたします。
 それからですね、この(仮称)大河原町次世代交流センターから、今歩道橋に来るところに、町の道路ありますよね、町の土地です、道路、失礼しました。そこに土手の方に石がすごくね、あるということで、全協のときも山崎議員の方から出ましたけど、そのあれは片付ける、その石、どうにかしてほしいという要望があるんですけど、それはできるんですかね。その点、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯企画財政課長(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(加藤正明君) 今後ですね、片付ける予定としてございます。今しばらくお待ちいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) よろしくお願いします。
 では、2点目に入ります。
 この通学路ですけど、街灯ですね。街灯が太陽光線、特に今、太陽光ですね、大橋と踏切ありますね、あれ、高倉踏切ですか。その間の街灯ついてますよね、土手の下の方に。あれは……失礼しました。歩道の方に。あのようなことがほかにもできないものか。通学路、もちろん通学路に。あれは大分前につく……あれですね、そういうこの、町では今後そういうとこにできないものか。はい。それをお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 太陽光の街灯の設置についてお答え申し上げます。
 先ほど町長の方から答弁がございましたように、町といたしましては今現在LED化の照明灯の切りかえをしているものでございますので、太陽光等の発電につきましては避難所と、先ほど公園等にですね避難所というふうな場合につきましては、太陽光等の発電は検討しているものでございますけども、一般の街路灯につきましては今後LED化の推進を進めていきたいということで考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) はい、わかりました。
 じゃ、3点目に入ります。
 この生徒の自転車安全対策、これは前回丸山議員が一般質問してほとんどわかるんですけど、ただ今回専決処分の報告がありましたよね。12月6日の午後7時40分に地方道山崎町において、ロードサイクリング中側溝と車道の間に自転車が事故になったということで、過失割合が町が10割ということですので、この3月の時点ではこれまだ、この事故は起きてたんですよね。ただそういう報告は全然なかったわけですよね。丸山議員の一般質問の「自転車の安全に取り組む」ということで、そのときはまだわかんなかったんですかね。事故はもちろん12月、3カ月経過してますので。そういうのはね、随分時間かかるんですね。その点、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 山崎町の事故についてでございますけども、発生につきましては前年度の12月に発生したものでございます。それで、今の質問のとおり100:0というふうな形で対応したものでございますけども、ただいまおっしゃられましたその事故報告というものにつきましては、大変おくれたことにつきましてはおわびを申し上げたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) それでですね、この自転車道もそうです。通学路ですけど、やはり町自体でもそういう場所を担当課もしくは担当職員の方が行って現実に見ていただきたいということがまず1点。ただ地図で見るのでなく、実際に、月に一遍でもいいですけど、実際にその場を通ってみて、車道と歩道のそういう事故になるようなことがないかどうか。やっぱり議員の皆さんとか区長さん、また町民からの意見を、その注意があったとこに行くんでなく、町自体で前もって率先して安全のために確認をするということが私は大事だと思います。ただ机だけの、地図だけのあれじゃなく。
 それで、私も何カ所か気づいた点で、すぐ道路なんか通ると、よく穴が地震の関係でどうしても陥没されてっとこ二、三カ所ぐらい、ちょうどその場からすぐ電話して地域整備課に電話して、ところが、地域整備課は忙しいもんでね、だれもいないんだよね。したら、女性の方に言って、すぐ午後から補修をしていただいたという点もありまして、非常に早い行動で本当にいいと思います。ただそのなる前にやっぱり役場職員の方がやっぱし見て歩っていただいて、ただ国の場合は黄色い車でね、国道を点検してるけど、町の方はそういうことをやってるかどうか、それをお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 道路パトロールについてお答えをいたしたいと思います。
 今回のその震災につきまして、ただいま質問ございましたように、町の中におきましてクラック等ひび割れ等は多数発生しているのは確認をしてございます。それで、道路パトロールにつきましては1カ月に1回程度ということで、町の職員がやってございます。あわせて通常事業の中で道路の維持管理委託業務ということで、業者の方もパトロールをしながら道路の補修をしているものでございますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) なるべく回数ふやしてもいいので、町民の安全のためによろしくお願いしたいと思います。
 これで一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君の発言を許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 4番枡 和也でございます。議長のお許しが出ましたので、通告に従い一般質問をさせていただきます。
 質問事項1、金ケ瀬中学校体育館建てかえについてでございます。
 子供たちにとって一日の大半は学校です。また、1週間のうち最低5日間は学校で教育を受けます。子供たちには最高の現場環境で教育を受けさせてあげたい。子供を持つ親としては当然であると思います。また、学校は地域住民にとりましても最も身近なコミュニティの拠点でもあると思われます。
 また、この間、たまたま野球の練習試合を見学に行った、船岡中学校に観戦しに行ったら、まず目に入ったのが新築のすばらしい体育館でありました。一緒にいた父兄の方たちとの話の中で「金ケ瀬中学校体育館と雲泥の差があるね」「おらほの体育館何とかならないのかね」という生の声がありました。
 そういったことから、今回も子育て世代の声、そして子供たちの声を届けるため、昨年12月定例会に引き続き、金ケ瀬中学校体育館建てかえについて一般質問をさせていただきたいと思います。
 質問をしてから半年が過ぎ、これまででの間この件につきましてどのような検討をされてきたのか、以下、伺います。
 (1)確かに19年度に耐震工事をして構造上は今回の地震にも耐えたと思います。しかし、中の設備などは老朽化が進み、落下などがありました。12月の答弁の中で、調査設計業務を委託しているということでしたが、その結果はどうだったのか。
 (2)12月議会の答弁では、24年度で方向性の検討をしたいとのことでしたが、現時点でどのようなことがどこまで協議をされてきたのか。
 (3)12月議会において、当面の対策として上げておいた、体育館内の器具のふぐあい、また、危険箇所への対応についてどの程度まで進んだのか、確認いたします。
 (4)番、体育館の広さのことですが、町内の学校の体育館の中で一番広いのは昭和57年に建てられた南小学校の1,398平米で、一番狭いのが金ケ瀬中学校の716平米で約半分の広さなのですが、例えば、補助を受けるとき広さにある程度の基準があるのか。あれば、何を基準、例えば生徒数なのか、クラスの数などに広さが決まるのか。
 (5)番、財政調整基金の残高がふえてきております。明確な基準、線引きはないと思いますが、これまで町の財政を運営してきた実績から見て、町執行部の考える当町の標準財政規模であれば財政調整基金残高をどれぐらいに保っておかなければならないものなのか。それによっては、基金を取り崩して体育館新築の財源として充てる考えはないのか。
 以上、五つ。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、枡議員の金ケ瀬中学校体育館建てかえについての一般質問にお答えをさせていただきます。
 1点目と2点目につきましては関連いたしますので、一括でお答え申し上げます。
 ご承知のとおり、平成19年度に耐震補強工事を実施しておりますことから、東日本大震災の際にも構造体の耐震補強の成果があらわれ、大きな被害を避けることができたところでございます。
 しかしながら、建築後46年経過しておりますことから、当該施設の将来計画を検討する必要があると考え、昨年度に老朽度調査及び修繕計画の業務を委託したところでございます。その結果、補助対象事業となる構造上危険な状態にある建物とは認められず、修繕計画の実施により今後も体育館を使用することは可能との結果となりました。
 ただし、現在の体育館面積と基準面積を比較いたしますと面積不足であること、また避難所として指定しておりますことから、災害拠点施設としても体育館整備が求められているものと考えているところでございます。さらに、老朽化に対応しながら安全に利用していくためには、今後修繕費用がかさむことを考えますと、将来的には建てかえをしていくことが最善の方法であるものと受けとめているところでございます。
 次に、体育館内の器具のふぐあい、危険箇所への対応についてでありますが、生徒の安全のため、バスケットゴール、天井の欠損部、鉄骨のゆがみ等の修繕を行っており、現在も危険と思われる箇所については修繕を依頼しているところでございます。
 次に、体育館の広さは何を基準に決まるのかとのご質問でございますが、公立学校の施設整備をするため国の補助を受ける場合には、公立学校施設整備基準により学級数及び地域要件により体育館の必要基準面積が算定されます。金ケ瀬中学校の場合、1から9、失礼しました、1から7学級で寒冷地域という要件により、1,162平方メートルの必要面積と算定されるものでございます。
 5点目は、体育館の財源として財政調整基金の考え方についてであります。議員ご指摘のとおり、標準財政規模における財政調整基金残高の割合につきましては、特に決まった数値はないものでありますが、一般的には10%から15%が適正とされております。
 そこで、現時点での財政調整基金でありますが、本年度当初予算及び補正予算第1号での取り崩し分と、平成23年度決算剰余金の積立分を差し引きいたしますと、現在高は約12億6,000万円となっております。この額は標準財政規模の約25%に当たりますことから、適正範囲を超える状況になっておりますが、義務的経費の推移や中長期における財源調整という視点から見れば、できるだけ10億円を超える基金残高を維持していくことが健全財政につながるものと考えているところでございます。
 したがいまして、前段にも申し上げましたとおり、体育館の建てかえの必要性につきましては十分理解しているとこでありますので、補助事業としてのタイミングを見計らいながら、建てかえの財源として取り崩すことにしたいと考えるものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 今、答弁いただきまして、今答えられる範囲の中の、何つうか、最大限の答弁ではないのかなというふうに感じるところではございますが、少し質問させていただきます。
 例えば、今回調査した結果、先ほど補助対象とはならないような建物の状態であるということでございます。
 まず、確認なんですが、補助対象事業として町で考えている補助事業は、例えば学校施設環境改善交付金の中に多分二つあると思うんですが、不適格建築事業と危険改築事業の多分二つあるんではないのかなというふうに思われますが、このうちの今の補助を考えているのは、危険改築事業を検討した結果ということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) そのとおりでございます。危険建物の改築ということで、構造上危険な状態にある建物の改築、建てかえということでの検討をいたしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) それは危険改築事業の中で、耐力度調査というものがあるんですが、今回、答弁の中で先ほど言われました、老朽度調査と、このここの補助メニューの中で言っている耐力度調査ってあるんですが、これは同じような調査のことを指しているのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 老朽度調査とはまた耐力度調査違っておりまして、大学教授等の専門家の測定等によりまして、第三者の目でもって耐力度というものの調査をするものが耐力度調査となっております。で、耐力度調査そのものを正式にするためには200万ぐらいの費用もかかるということも聞いております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 町がやったの、調査っていうのは、ここの……こい、どっから……文部科学省からちょっともらったこの資料の中でいくと、耐力度調査をやったんじゃなく、老朽度調査をしたんだということの認識で、もう一回確認でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) はい。そのとおりでございます。現在、建築後45年経過している、ただ議員さんおっしゃるとおり、平成19年度で耐震補強の工事も行っている。で、今後の、傷んでいるところも多かったもんですから今後の修繕計画もあわせて、老朽度の調査と今後の修繕計画ということでの業務委託をしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) そうすると、ここの補助メニューの耐力度調査にある調査をしたんではなく、老朽度というような調査をしたということで、それで、例えばこの耐力度調査になると1万点満点というような基準でありまして、で、その耐力度が4,500点以下になれば構造上危険な状態にあるというような判定が下されて、多分補助対象になるんではないのかなというふうに思われてるんですけども、例えばですね、役場で試算した場合にこの点数が大体どれぐらい、正式にやれば、今先ほど課長の方から答弁あったように200万ぐらいの費用がかかるんだというような話がございましたが、従来から言われているとおり、役場の中でも建築士等々などの資格お持ちの方がいらっしゃるわけですから、その辺の中で、役場の中で検討した場合に、この耐力度、ここで言われている耐力度の点数というのはどれぐらいこう行っているのか、その辺、わかる範囲内で結構ですのでお答えいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 職員による点数付けというのは実際には行ってはおりません。ただ、昨年度、金ケ瀬中学校、震災によりまして体育館もひび割れ等の被害がございました。そのときに、国、県の職員の方にも査定に来ていただいて見ていただいております。で、そのときに若干こちらからも建物が古いというようなご相談も申し上げたところです。そのときには、「やはり耐震補強がもうしっかりされているので、危険な建物とは認められるのは難しいでしょう」という県の方の判断もいただいておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) そうすると、すいませんが、専門的なことばっかり聞いて。役場の方では、今んとこ、この1万点満点のうち何点だかというのは試算してないというような解釈でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 鉄筋コンクリートブロックづくりの4,500点ということなんですけれども、その4,500点は超すものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 多分19年度に耐震補強をしたのでですね、若干耐力度の点数も上がっているんではないのかなというふうに思われるんですが、多分それを勘案しても、何となく4,500点を上回ってるっていってもさほど上回ってるような状態ではないのかなというような感覚ではいるんですけども、この耐力度調査を、200万かけて耐力度調査をするまででもなく、補助対象にはならないというような判断でよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 現在のところ、ならないと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 今後の修繕計画を立てて修繕をしながらしていくということではございますが、例えば今回の結果がよかったのか、使用することが可能という結果となったということがよかったのか悪かったのか、ちょっとその辺判断に苦慮することではございますが、何となくこう耐力度からでだけ判断すると、本当に最低限の修繕だけしてって、その耐力度の点数を故意的に下げるっていったらあれなんでしょうけども、あんまり今度かけてしまうとまた耐力度が上がってしまって補助がおりないというような感じにはなると思うんですが、その辺、今後の、先ほどの町長の方からですね、将来は建てかえというふうなことが出たんですが、将来っつっても10年先なのか5年先なのか3年先なのか、その辺はちょっとなかなかわからないことででして、できるんであればなるべく早くやっていただきたいというのがございます。その中で、今後ほの、先ほども修繕をしながらということでございますが、その辺の修繕の度合いというのはどういった間隔でこうやっていく考えなのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 枡議員さんがおっしゃられましたとおり、徹底的に修繕を行っていけば、当然耐力度はまた増していくという形になっていきます。で、現在、修繕計画というものも業務の中に入っておりますので、こういうふうな修繕をした方がいいというような修繕計画も出てるところではございます。で、この中で必要と思われる箇所をやりながら、補助が見込める状態になる、補助の時期も見込みながら修繕をかけていかなければいけないのかなというのが、今の考えでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 構造上は本当にこの間の震災にも耐えたぐらいですから問題はないんですけども、ただ先ほども言ったとおり狭い。これだけはもうどうしようもないことですから、その辺もやっぱり補助の基準との兼ね合いというものを見据えながら、修繕関係をしていかなくちゃないのではないのかなというふうに思うんですが、この近い将来って、大体、町長、頭ん中では何年ぐらいをこうめどに考えているのか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 具体的に何年というふうに申し上げるのはなかなか現時点では難しいことは、議員もご理解いただけるものというふうに思いますけれども、私の思いといたしましては、武道にかかわる授業の導入等の問題もございますし、先ほども申し上げましたように、何しろ面積不足であり、かつ避難所として指定している場所だということを考えれば、改築に向けた判断は優先順位が高いというふうに考えているところでございまして、これまでも子供たちの通う学校のですね、環境整備につきましては、ハード面もソフト面も真剣に受けとめて対応するということを基本姿勢にしてきたつもりでございますので、具体的にその、補助メニューの問題も、補助事業としての実施の問題ももちろんあるわけですけれども、できるだけ早い時期に、目標この年次ということでというふうにお出しできればいいのかなというふうに考えているところでございます。10年先、5年先ではないという認識でおりますので、ご理解をお願いしたいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 再度確認しますが、建てかえということでよろしいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) はい。ご指摘のとおり、建てかえがベストだろうと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) あと、それもなるべくこう早くなるようにですね、担当課の方々大変苦労するとは思いますが、その辺の修繕の兼ね合いと耐力度の点数の兼ね合いもですね、しっかりと検討しながら進めていただければというふうに思いますので、その辺についてよろしくお願いしたいなというふうに思ってるところでございます。
 続きまして、こまい、軽微なことで大変申しわけなかったんですが、12月でも危険箇所三つぐらい指摘させていただいたというふうに思ってるところでございますが、今、直ってないところには修繕を依頼しているということでございましたが、消火栓のあのボックスのクッション材というか、あの角のやつ、防護については、その辺は今どういうふうな状態になってるのか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) そこの部分について、あと消火栓のほかに、ギャラリーに上がる階段の部分について、防護材ということでの修繕依頼を今しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 大体いつごろ完了の予定なのか、その辺、大体でいいですから、わかる範囲内で。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 近い段階で終了する予定でおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 早急にですね、危険なものですから対応していただければと思います。これやったからって耐力度上がるわけではございませんので、ぜひひとつ、よろしくお願いしたいなというふうに思います。
 続きまして、体育館の広さについての補助での縛りがあるのかということを質問させていただきました。金ケ瀬中学校だと1から7学級で1,162平米というような回答がありましたが、今の金ケ瀬中学校の校舎、昭和63年に建てられて大体24年ぐらいくれるんですが、あれは何学級まで対応できる校舎なのか、今わかりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯教育総務課長(小形裕子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(小形裕子君) 過去に2学級ずつあった時代もございますので、そのくらいの対応の校舎と考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 今の、例えば今後、今は多分1クラス、1年生から3年生まで1クラスなんでしょうけども、さっきの同僚議員からの一般質問にもありますとおり、行政区の見直しとか、そうなくなれば学区の見直しなんかも今後出てくるんではないのかなというふうに思ってるんですが、その辺を考えてですね、例えば防災機能も考えたときに、補助の基準では1,162平米というような基準があるんでしょうけどもそれより、今後の検討にもあるんでしょうけども、それよりも大きく建てるような考えっていうのは、今後の検討なんでしょうけども、そういったのを含めてどうなのか、防災機能とかそういったことも含めてどうなのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 現段階でどの程度の面積のものを想定するかというのも、これは実はなかなか難しいことだろうというふうに、今受けとめさせていただいたところでございます。将来の学区の問題等々ということも絡んでくるというふうに受けとめれば、当然教育委員会としての基本姿勢、議論、これを待たなければならないと思いますし、いずれ大きな役割を担っていく施設ということは、学校教育環境だけじゃなくてですね、地域にあってさまざまな役割を担っていく、そしてまた教育の面でも、地域の中で子供たちが育っていくということを大切に位置づける、そういう方向に向かっているというふうにも私自身認識しておりますので、その辺は大いに議会の皆さん方も含めて議論させていただければよろしいのかなというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) ありがとうございます。そうですね、今後の検討課題なんでしょうけども、どうせつくるんであれば中途半端なものじゃない、この平米数にこだわんないでですね、あと、それを超せば一般財源とかそういうなものから捻出すればいいんでしょうから、その辺はきちっとしたものをつくっていただけるようなですね、考えでいただきたいなというふうに思っております。よろしくお願いします。
 あと、最後の5番目なんですけども、財政調整基金のことで、例えば多分当町の、先ほど基準はないんですが、一般的に10から15%ぐらいではないのかなというふうなことの答弁をいただきました。そうすると、当町でいうと大体標準財政規模が48億から50億ぐらいで推移してるんではないのかなというふうに見受けるんですけども、そうすれば約5億から7億5,000万の推移で行けば、して、町長の先ほどの答弁で10億を下回らないよう、それはある程度安全率ちゅうか、を見ての答弁ではないのかなというふうに思うんですけれども、ただずっと……例えば、今県のホームページとかで財調の10年間の推移とかっていうのもこう大河原町とか出てくるんですけども、病院で大変厳しいといわれた年も5億4,000万とか5億7,000万、5億6,000万ぐらいの財調のこう積み立てで推移してきてる経緯があるんですけども、先ほどこの財調を取り崩して建てかえの方の補助のタイミング等を見計らってというような答弁いただきましたが、やっぱりただ積んでおくばっかりで守りの姿勢じゃなくですね、その辺の兼ね合いを見て、思い切ったたまには行動も必要なのではないのかなというふうに思ったので、今回質問させてもらったんですけども、やっぱり10億ぐらいないとだめなもんなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 10億ないとだめということでは決してないのかもしれませんが、ただやはり地方自治体を取り巻く環境を考えますと、国の財政状況ということがやはり非常に懸念されるところでございまして、今のような状況がすべて今後も約束されているというふうには、残念ながら受けとめることはできないというふうに私自身は感じているところでございます。
 万波議員の一般質問でもお答えをさせていただきましたが、継続的に取り組んでいく、政策としてですね、継続的に取り組んでいく事業等については大変やっぱり慎重にならざるを得ないということが、町の行政経営、運営の面でも当然大切な視点だというふうに受けとめておりますし、いつまでもためておくことだけを考えているわけではなくて、本当に必要なことがあれば、とりわけ1回出せば済むお金ということについては、今は基本的には対応できる状況にあるというふうに考えているところでございます。金ケ瀬中学校の建てかえにつきましては、当然補助事業としてやれるということがある意味議論の中心にもなりますので、全く町の単費でこの事業をなすというわけにはなかなかいかないという事情もご理解いただければ幸いでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 全額をという意味で言ったんではなくて、やっぱりいろんな、中学校ばっかりじゃなくてですね、事業にも積極的といったらあれでしょうけども、取り崩していくのも、やっぱり住民サービスの向上が図られるんであれば、それもいいのではないのかなというふうなことでちょっと質問させていただきましたが、こうやって見ると、先ほどの答弁の中でですね、義務的経費の推移とか、あと財源のでこぼこ、事務的経費の推移といっても、こうたまたま見てもそんなにでこぼこでなくて、多分28億から32億ぐらいのこの範囲内でこう10年間推移してきているんではないのかなと。今後新しい中核病院じゃないですけども、がん治療とか救急のが始まればですね、不安な点があるんでしょうけども、やっぱりそれを考えてでもですね、もう少し積極的にこういった体育館とか、今後新しいものばっかりでなくて、ほとんど老朽化なってきてるもんですから、そういったものにも使っていかなくてはいけないのかなというふうに考えているんですが、その辺、町長の考えを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 非常に先行きの見えない中で、就任当初、8年前になりますけれども、中核病院の負担にかかわる問題をどうクリアしていくのかということを非常に大きな課題として受けとめてきたところでございます。で、財政規模としてどのぐらいの財政調整基金が必要なのかということについても目標設定をして、当初から私は10億を超える程度の財政調整基金は持ちたいということを申し上げてきたところでございまして、この8年目でございますけれども、ハード事業にほとんど取り組んでいない、テープカットを全くやってこなかったという状況もございます。そういうことを踏まえて、何もつくってこなかったという指摘がないわけではないのかもしれませんが、しかし、将来を見据えて責任ある町政経営をやるということになれば、やはりその当初掲げた目標をしっかりとクリアして、で、その後求められることに町民の皆さん、議会の皆さんと真摯に議論を重ねながら、さらにその対応を煮詰めていくと。つまり慎重にこの財政経営を行ってきたということでございまして、そういう時期でなく、投資が求められる状況ということになれば、それは当然議論をさせていただいて、積極的な財政運営ということになっていくものでございます。固定してですねためておくことをよしとしているわけではございませんので、その点はご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) わかりました。
 それでですね、できるだけ早くですね、この中学校の体育館が実現できることをお願い申し上げまして、一般質問を終わらせていただきます。ご静聴ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 昼食のため、1時まで休憩いたします。
     午後 0時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 再開いたします。
 山崎 剛君の発言を許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) 6番山崎 剛です。議長からの質問の許可をいただきましたので、1項ですが、質問をいたします。
 私は、太陽光発電の導入促進についてであります。
 東日本大震災や福島第一原発事故の影響で、ことしの夏も節電を強いられる企業、一般家庭に不安や不便さが生じてくることが、マスコミ等で報じられています。
 太陽光発電システムの需要が拡大していることはご承知と思いますが、災害時の非常用電源対策として公共施設、一般家庭への太陽光発電設備の普及促進を進め、特に避難所となる小中学校、体育館、公民館等に設備の設置を願うものであります。
 太陽光発電は、文部科学省が中心に取り組む教育環境整備「スクール・ニューディール」でも、耐震改修や情報化とともに盛り込まれ、全国の公立小中学校の約3分の1に当たる1万2,000校への設置が見込まれ、環境対策と景気対策、そして教育改革の側面から注目されております。太陽光発電装置などの環境に配慮したシステム導入を図り、災害時でも電気が使える地域の実現を目指す考えはないか、お伺いをいたします。
 1目、国、県からの財政支援等の公表はどうなっているのか。
 2目、町の一般家庭用太陽光発電システム導入を支援する補助制度のお考えはあるのか、お伺いいたします。
 3目、先進地の職員研修視察の取り組み方はどうだったのか。
 以上、3目についてお伺いをいたします。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、山崎議員の太陽光発電の導入促進についての一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、国、県からの財政支援等の公表についてのご質問でございます。
 太陽光発電に対する国の補助といたしまして、「スクール・ニューディール」構想に盛り込まれております学校施設等への太陽光発電導入事業がございますが、これは補助率が2分の1となっております。
 県の補助金といたしましては、本年4月1日に、「再生可能エネルギー等導入補助金」が制定されております。この補助金は平成24年度から27年度までの事業を対象に、公共施設などの地域の防災拠点に不可欠な施設に太陽光発電などを導入する事業となっております。補助率が100%でありますことから、本町といたしましては、役場庁舎を初め、指定避難所である学校施設等も含めて導入を検討しているところでございます。
 次に、一般家庭太陽光発電システム導入等を支援する補助制度についてのご質問でございます。太陽光発電設置費補助金につきましては、現在、国と県で実施しております。本町といたしましては、自然エネルギーの利用促進を図り、地球温暖化防止と環境保全意識の高揚を図るという観点からも、今後総合的な検討が求められているものと考えているところでございます。
 次に、先進地への職員の視察研修の取り組みでございますが、職員の研修につきましては、今後の事業の推進にあわせて取り組んでまいりたいと考えているものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) この太陽光発電の導入促進についてでございますけども、実は、私、平成20年の12月一般質問を、このときにはですね、導入もかたがたCO2、要するに環境の問題について主に質問したわけでございますけども、そのときにですね、町長答弁の中で、この太陽光発電につきましては、国からの具体的な財政支援等が公表になりました場合において実施に向けて検討したいという回答をいただいておりましたので、その後、どういう財政支援があったのかということで質問をしたわけでございます。これらのことにつきましてもですね、大分国から、あるいは県もですね、こういうことでございますが、ちょっとお待ちくださいね、済みません。
 まず、東日本大震災発生時におきまして県内全域で電気、ガスなどのライフラインが被災した私たちの生活はですね、大変大きな影響をおよびたのはもちろんご承知と思います。また、原子力発電所の稼働停止、またはこれを踏まえたエネルギー確保が課題となっておるのは、これもご承知と思います。再生可能エネルギー導入の必要性は震災後より高まってきていることは、これは津波でですね、大変沿岸部の方々には大きな被害を受けたこととともに、新しいまちづくりをゼロから考えていくということが、国、県でも今取り組んでいるところでございますけども、私たち大河原町まちづくりのですね、新しいまちということじゃなくて、これからのまちづくりにとって、やはり暮らしやすい場所となるような工夫が必要かと私は常々思ってるわけでございます。本町もそんなに甘えというのか、意外と日照時間もたしか、詳しくは調べてなかったんですが、太陽光発電に適した地域であるんじゃないかなと思ってるところでございます。まさに再生可能エネルギーを活用したエコタウンの形成に向けた取り組みを、国でも県でも補助事業の対象としてやってることでございますので、これは大きなチャンスだと思っております。
 これ、ただいま町長答弁の中で、国が2分の1あるいは県から100%というようなね、補助対象になってるんであれば、やはり県の住宅用太陽光発電普及促進事業あるいは省エネルギーコスト削減実践支援事業、新エネルギー設備導入支援事業などを、家庭や事業者の方々のクリーンエネルギーに導入を支援しますとこうなってございますので、なるたけですね、早くこの町長がよく言われております「開かれた先進のまちおおがわら」あるいは「一歩先行くおおがわら」というキャッチフレーズの中で、この太陽光発電に関しましてやはり積極的な取り組み方をしていただきたいなと思うわけでございます。
 公表につきましては2目の方にもかかわってきますので、一般家庭太陽光発電システムにつきましてですね、今新規に新しく家を新築してるご家庭は、大体何%つっても、これもちょっとわからないんですけども、ただコスト面ではまだ高いんですね。その辺をどうお考えなされてるか、お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 一般家庭の太陽光発電システム導入にかかわる町の支援についてでございますが、先ほど申し上げましたように、今求められている観点から総合的な、総合的というのはいろんなエネルギー供給のスタイルがあるわけですけれども、太陽光発電が最も我が町の取り組みとして適しているということになればですね、基本的にはそうだと考えておりますけれども、国、県にあわせて本町独自の支援ということについてもやっぱり検討していくという状況になるだろうという想定は、私自身しているところでございます。しかしながら、どこまでできるかということ、国、県の支援があってでございますので、どこまですべきなのかということについては、例えば100%みたいな形にはもちろん到底ならないわけでございまして、今後その支援の程度については議論をしていかなければならないものというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) いや、まさに町民にとってはですね、何が大切かと言いますと、これから、町長もご存じのとおり、10年、20年先のやはりまちづくりを見据えてですね、確かにコストも高い面はあるでしょうけどもね、やはり家庭の太陽光発電導入に関しましてはですね、ご家庭はもちろんのことですけども、やはり事業所の方々にも取り組み方の中でですねいろいろ活性化事業になろうと思うんですよ。積極的にこのことについては前向きにとらえていただきたいなと思うわけでございます。
 今、先ほども質問の中にですね、教育長にもお聞きしたいわけですけども、この公立小中学校のですね、教育改革の側面、これ、たしかもう2年、3年ぐらい前かな、仙台のある小学校か中学校でこの太陽光の学校に取りつけましてね、そして授業の一環として子供たちにも教育してるということを伺ってるんですけども、その辺、ご承知でしょうか、お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯教育長(高橋宏一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(高橋宏一君) エネルギーに関する、いわゆる環境問題とかの教育については学校でも取り扱っているところでありまして、関連して、このような太陽光の発電関係についても情報としても入っているわけであります。で、教育にもこう生かしていくということで奨励もされてますが、そういう近辺のといいますか、学校教育においてその取り組んでいる様子についての情報は、るる把握してるところであります。私としても望ましいと思いは持っています。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) 今、教育長からも答弁の中で望ましいということなんですけども、やはり1目の中にも財政支援等の補助、大分大きく補助が出るということ、町長が答弁なされておりまして、役場庁舎あるいは、私が言いました小中学校、あるいはですね、金ケ瀬の貯水タンクといいますか、ありますよね、ああいうところに、あるいは防災倉庫あるいは公民館等々にですね、やはり積極的にですね、まちづくりの先進のまちづくりということで、やっぱり取り組み方をいつごろからとかというのは実際お聞きしたいんです。その辺いかがでしょうか、取り組み方は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 県からの支援でございます再生可能エネルギー導入補助金につきましては、24年度から27年度、町長答弁申し上げたとおりでございまして、町といたしましては、25年度に設計をいたして、25年度に設置をしたいというようなことで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) 町民課長、今、25年度にというふうなんだけども、その辺はどこに、どういう事業なのか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) この補助金につきましては、山崎議員おっしゃるとおり、東日本大震災に絡んで国の補正予算に基づきましてついた補助金でございます。で、これにつきまして、役場庁舎を初め、指定避難場所である学校等ということでございまして、現在、町で考えてございますのは、役場庁舎、総合体育館、両公民館、あと町内の小中学校と保健センター、子育て支援センターを考えてございますけれども、その施設によって設置不可能な場所がございます。防水工事とか多大な経費がかさむということもございますので、その辺も考慮しながらということでございますけれども、町の公共施設にはということで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) せっかくいただけるというのかね、補助対象になってるものに関してはですね、やはり積極的に取り組むことが必要だと思うんです。役場庁舎はもちろんのこと、総合体育館あるいは公民館、小中学校、保健センター、それから、仮称でございますけども、この間全協でも企画財政課長から説明がございましたけども、新しくそういう公共施設のできることに関しましては最初から、設計段階の中からもう取り組んでいくと。そして、補助対象になってるものは大いに活用していただいて、取り入れていくというような形をとっていただきたいと思うんですけども、もちろんね、役場あるいは総合体育館、いずれにおいても避難の地区の、あるいは避難場所としての活用がなるところでございますので、そういうところはやっぱり早急にですね、対処していただきたいなと思うんですけども、もう一度確認の意味でご回答いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) ただいま町民生活課長が答弁しましたように、特別に附帯工事あるいは大がかりな防水工事等が必要になるケースを除けば、それはもうすべて実施していく対象ということでとらえているところでございまして、具体的には先ほど課長が申し上げたとおりでございます。27年度までという、これは期限のついたものでございますので、その間にしっかりと進めてまいりたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) そういうふうな取り組み方がしておればですね、一般家庭の太陽光のことにつきましても、やはり町でもですね、考慮していただいて、やはり節電、節電もそうなんですけども、こういう災害があったときにですね、この活用ということは、前にも、前任者も、枡議員さんあるいは佐藤貴久議員さんも話しておりましたけども、半澤議員も話しておりましたけども、やはり自然のエネルギーを大いに活用していただくということが、これ、2回目の質問でございますので、十分に、検討検討ばっかりじゃなくて、やはり検討というものは前向きにとらえていただいて、この成果があるということがやっぱり各議員も望んでるんでございまして、その辺を早急にやっていただきたいなと思うわけでございます。この県あるいは国からの補助、確かに出ておりますので、27年というとすぐでございますので、やはり設計とかなれば時間もかかるでしょうけども、早急にこれお願いしたいと思います。
 また、3目の先進地の職員視察のことについてお伺いしますけども、実は、検討検討ということの回答があった中で、この取り組み方について先進地というのか、これは全然やってなかったんですか。これをお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) 近隣にこういったところが今まで少なかったもんですから、実際先進地視察ということはしてございませんでしたけれども、先日、先ほどの太陽光パネルとか蓄電池関係について、関係各課20名ほどですね、そういった初歩的なことではございましたけれども、その辺から勉強したというふうなことで、今後取り組んでまいりたいと考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) 実は、利府町では太陽光発電パネルをですね、力丸くんと称してですね、もう庁舎屋上に追尾式の太陽光発電パネルをもう設置してあるんですね。やっぱりこういうところをやはりね、視察研修しながらやっていただきたいなと思うんですけども、後手後手というのか、やっぱりこの町でさえ、利府でさえ、もうこれ随分前なんですわ、始まってるのが。これ、新聞なんですけども、「庁舎屋上に設置された太陽光発電パネルは追尾式22基と固定式1基、理化学器や産業機械の設計、製造……」これは会社のあれなんですが、こうやって設備をね、設置してるところがあるんですから、やはり積極的に出向いて調査研修していただきたいと思うんですけども、いかがなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 私も実は何カ所か先進地は見てきているところでございます。職員の研修につきましても、先ほど課長が申し上げましたように、初歩的なことから研修を始めているということで、今後、近隣の自治体でも先行して、先ほど利府町の紹介がございましたけれども、そういったところも生まれてくる状況にございますので、ぜひ直接見て、そこで感じるものをしっかり押さえてですね、町の取り組みに生かしていくということにさせていただきたいというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) ぜひともですね、利府町が早く導入したという経緯もございますので、コンタクト取って、恐らく役場ばっかりじゃないと思うんです、取り組み方は。利府町の場合。ほかにも公共施設の中にも恐らく取り入れていると思うんですよ。そういうとこをですね、十分視察研修して、把握していただきたいなと思うわけでございます。時間というのか、年もね、平成27年までというのは国県のお考えもあるようですから、これはですね、取り急ぎやっていただきたいなと思うんです。いかがですか、町民課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯町民生活課長(横尾重美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(横尾重美君) そのようにさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯6番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(山崎 剛君) よろしくご配慮いただきたいと思います。
 この太陽光発電につきましては環境の方にも十分いいずくめでございますので、できるだけ早く、早急にですね、取り組んでいただいて、この検討じゃなくて、成果をですね、ぜひとも出していただきたいと思います。各議員も恐らく太陽光に関しましては関心を持っていると思いますので、どうかお願いでございますので、聞くだけという一方通行にだけはならないように、ぜひとも聞いて実行、動いて働くということお願いして、質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さんの発言を許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 8番松井美子です。
 私は通告しておりました3項について一般質問いたします。
 初めに、町の事業に関する実施要綱や規則の見直しなどについて伺います。
 国の法や制度改定に関する条例改正はその都度行われます。今議会でも条例についての提案があります。しかし、要綱、規則の見直しは、議会にかかわりがなく行うことができるようになっていると思います。そこで伺います。
 (1)要綱や規則の見直しの条件はどうなっているのでしょうか。どこで見直しを決めるのでしょうか。
 (2)特に、介護に関する要綱、規則でここ一、二年の間に見直しされたものはありますか。見直しされた具体的理由について伺います。
 (3)社会保障と税の一体改革の先取りとも言える介護保険法改定により、既に4月から保険料の引き上げ、軽要介護度の人へのサービス削減などが始まっています。施設建設の抑制で、介護の施設から在宅への流れが強まって、さらなる在宅での老老介護などの増加が心配されます。在宅の高齢者への日常生活支援や援助の単位時間の短縮も、日常生活の不安を増大させています。
 1)重度要介護高齢者を常時介護している者に対する家族介護慰労金の支給に関し、必要な事項を定め、介護者の苦労をねぎらうことにより高齢者福祉の増進を図ることを目的とする大河原町家族介護慰労金支給要綱は、介護保険制度が本格的に始まった平成13年4月を前にして、平成13年3月に告示以来、見直しされてきていません。
 a.これまで見直しの必要はなかったと考えているのでしょうか。
 b.町が把握している要介護4または5に相当する在宅高齢者の人数と、そのうち1年間を通じて在宅給付を受けない人は、平均年間何人くらいになっていますか。
 c.要介護4または5で1年間を通じ在宅介護給付を受けない高齢者の実態を、町は把握していますか。また、その状況についてどう考えていますか。
 d.慰労金は申請し認定を受けて受給できます。現在、年額10万円、これは1人の人を介護している場合です。年額10万円支給されている介護者はいますか。これまで年間平均何人ぐらいに支給されていましたでしょうか。
 e.定義の2条の1項、重度要介護者や支給対象者の3条などの見直しが必要となっているのではないでしょうか。見直しの検討はしたことがありますか。
 f.重度要介護者を抱える個々の家庭のさまざまな申請に十分対応できる介護サービス提供が町には求められています。介護基盤の充実と利用料負担の軽減に力を注ぎ、在宅介護の労に報いるべきではないでしょうか。
 2)大河原町配食サービス事業実施要綱は、平成12年、これは介護保険制度が始まった年です、4月告示、平成15年、これは第1回の見直しされたときです、に見直され、現在に至っています。
 a.高齢者人口の増加に比べ、利用者がふえないことをどうとらえていますか。
 b.単身世帯、高齢者だけの世帯の増加の中で、原則1人週2回までの利用となっています。回数の見直しが求められているのではないでしょうか。配食サービス提供による食生活の質の確保、身体的・精神的負担の軽減は、生きることへの意欲と希望につながり、元気で長生きのまちづくりに直結するものと思います。事業のさらなる充実に向けて見直しを求めたいと思いますが、お考えを伺います。
 以上で第1項に関する質問を終わり、回答をいただいてから再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) それでは、松井議員の1項目の一般質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、要綱や規則の見直しの条件やどこで見直しを決めるのかとのご質問でございます。規則等の見直し条件につきましては、国や県の法令等の改正や制度の変更に伴うものと、町の政策にあわせての規則等の制定や改正について行っているものがございます。また、見直しをどこで決めるのかにつきましては、担当課において見直しが必要かどうかを検討し、その結果に基づき庁議等の場で判断いたしているところでございます。
 次に、特にここ一、二年における介護に関する見直しとその理由についてでございます。規則につきましては、東日本大震災に伴う国の特別法や厚生労働省からの通知に基づき、介護保険料等の減免規則の制定を平成23年5月に告示しており、また、要綱につきましては、平成23年度末に地域包括支援センターの体制強化を図った見直しを行っているところでございます。
 次に、3点目の家族介護慰労金支給要綱に係るご質問でございます。
 まず、この制度の見直しの件でありますが、本制度につきましては、国の指導等に基づき平成12年度に制定したものでありまして、全国の市町村において制定されている状況にございます。ご質問の制度見直しにつきましては、制定後に新たな国の指導等もございませんでしたので、特に見直しは行っていないものでございます。
 次に、要介護4及び5の方の人数等の把握のご質問でございます。平成23年度の状況を申し上げますと、介護4の方が83人、うち男性21人、女性62人、要介護5の方が50人、うち男性11人、女性39人となっておりまして、合計133人でございます。そのうち1年間介護給付を受けない重度の要介護者の方は合計で4人でございます。内訳は要介護4の方が3人、要介護5の方が1人となっております。
 次に、要介護4または5の方で1年間介護給付を受けない方の実態把握等のご質問でございます。実態といたしましては、医療機関に入院している状況もあり、居宅での家族介護の実態を把握することは難しい状況にあると考えておりますが、介護サービスとあわせて医療的な相談にも応じる機関として地域包括支援センターがありますので、今後もさらなる活用をしていただきたいと考えるものでございます。
 次に、慰労金の支給状況についてでございますが、実績といたしましてはこれまで1件もないものでございます。
 次に、要介護4の方や5の在宅高齢者等を定義する重度要介護者や支給対象者の見直しについてのご質問でありますが、最初のaの制度の見直しで回答させていただきましたとおり、国の指導に基づくものでありますので、現在まで特に行っていないものでございます。
 次に、在宅介護の労に報いるべきではないかとのご指摘につきましては、超高齢社会、そして、今後も増加する高齢者のことを考えますと要介護者は増加するものと推測しており、家族介護者にとっても重労働になりかねないことから、介護から生じるストレス等を心配するところでございます。町といたしましてもこのような状況を考慮し、今後環境の変化や時代のニーズへの対応、そして的確な情報提供や相談など、地域包括支援センターを中心に高齢者福祉や介護制度の充実を図ってまいる所存でございます。
 次に、配食サービス事業に係るご質問でございます。
 初めに、利用者がふえていない状況についてのご指摘でありますが、実績といたしましては、平成22年度末登録者が33名、平成23年度末登録者が40名、本年度、平成24年4月末現在では50名と増加している状況にございます。今後、高齢者の増加に伴い、ひとり暮らしや高齢者のみの世帯が増加することも予想されますことから、本制度のさらなる利用につながることを検討してまいりたいと考えております。
 次に、配食サービス回数の見直しについてのご質問であります。この事業は民間事業者に調理から配達まで一貫して委託しており、サービス利用者からはよい評価を得ているようでございます。なお、配食回数につきましては、議員ご指摘のとおり、1人週2回を限度としており、この設定につきましては介護サービスとの関係もあり、利用者の生活状況を考慮し、決定しているものでございます。したがいまして、配食回数の見直しにつきましては、委託事業者や利用者の介護保険サービスの利用状況等にも関係してまいりますので、慎重な検討すべきと考えるものでございます。
 最後に、本事業の全体的な見直しについてでありますが、さらなる利用者にとっての的確なサービス提供に努めるとともに、利用者が増加していることや健康で元気な高齢者の育成にもつながると考えられますので、ご指摘の回数の件も含めまして検討してまいりたいと考えるものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) それでは伺います。
 (3)から始まります。1)ですけれども、要綱によれば、必要はなかったと考えているということですが、これは国の指導がなかったのでしていなかったと。全国で行われているこういう事業であるということを言われました。先ほどの説明の中で、要介護4または5に相当する人で在宅者が相当数いらっしゃいますね。133人ということで、これは非常に多いかと思います。全体の要介護者というのは、これは平成23年度では677人、そのうちに在宅でいらっしゃる方が133人、合わせてね、ということは、非常に多い人が4、5の介護度の人で在宅にいらっしゃる。中身は入院とか、それから、入院などされているので介護状況はよくわからないと言われますが、相当な数だという認識はおありでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 3点目の家族介護慰労金制度でございますけれども、議員ご案内のとおり、介護保険が平成12年度にスタートいたしました。で、それまでは多分在宅での家族の介護が主だったいうふうには考えてございます。で、12年度に介護保険がスタートしたわけでございますが、その当時、その介護サービスの内容、つまり質であるとか量であるとかですね、そういったことがなかなか見込めないということで、あわせて継続的な家族の介護の慰労にもこういった制度を適用するということで、この制度がつくられたようでございます。
 で、現在のことを考えてみますと、先ほど、要介護度4と5の方が133人て町長の答弁でもお話ししましたけれども、要介護認定者は全部で600あるいは700人て形になってございます。その中で介護4と5の方はですね、ちょっとやっぱり重度の介護を必要とするということで、今の社会から言いますと、家族での介護よりは専門的な質の高い、あるいはさまざまなサービスの受けられる施設でのサービスの方が非常にお互いにですね、メリットのあることにつながってるのかなというふうに思ってるとこでございまして、この制度の見直しにつきましては、町長の答弁のとおり、国の指導ということもありまして、これまでそういった指導もなかったものですから、見直しについては特に行ってこなかったところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) そういう答えと同時に、先ほど実績はゼロという回答でした。ここに要綱の写しを持ってまいりましたけれども、私から求めているdのところでですね、dのところは、これまで実績がなかったと。ですから、ここはゼロですね、現在。
 そして、eのところで定義の2条の1項というのは、2条の1項重度要介護高齢者、こういうふうになって、「本町に住所を有し、介護保険法第7条第1項に規定する要介護状況区分が4または5に該当する在宅高齢者または町長が要介護4または5に相当すると認めた65歳以上の在宅高齢者」、こうあります。
 しかし、認知症の方ですと、認定のときに状況によっては非常に軽く認定されることがあります。そういう人はここには該当しないということになります。要介護4、5となると、常に人の手が必要か、あるいは人の手の必要度が高いと、助けが高いということが4、5の介護度を有する人だと思います。そういうことからすると、認知症の方はおおむね該当することが少ないと言わざるを得ないのです。ですから、ここの2条の1項というのは、現状に合っていないというふうに思うのですけれども、そういうふうにはお考えにはなりませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) まず、この制度なんですけれども、先ほど町長の方からはゼロというような利用状況をお話しさせていただきました。この制度はですね、申請してから、それから1年間介護サービスを受けない、そこで支給されるような状況になってまして、非常に制度的にはですね、1年経過後ということを考えますと、何ていいますか、なかなか使いにくい制度であるというふうには私は個人的に思っております。それから、そんな形で多分利用もされないような状況があったのかなというふうに思っております。
 それから、先ほど来、4と5の方の話にありますけれども、極端な話、介護の認定につきましては、認知症と、それからADLといいますか、日常生活の運動機能というふうな形の中で判断されるような形になってございまして、先ほど来申し上げておりますように、4と5の方につきましては非常に、例えば認知も重い、歩けないというふうな状況もございますので、家族での介護よりは施設で専門的な質の高いサービスを受けた方がいいということで、答弁をさせていただいた次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 私もですね、現状に合わないこの大河原町家族介護慰労金支給要綱ではないかというふうに思っています。該当者がゼロという、いわばつくってある制度というか、そのものが形骸、いわば形ばかりだと、本来ならばむしろ充実した介護を受けられるような条件をつくって利用していただくということが、本来の姿ではないかというふうに思います。そういう方からすれば、fで伺っておりますように、やっぱり介護の責任者としての町が十分な介護基盤を充実させて、必要な介護を受けられるというそういう条件づくりがむしろ大切なのではないかと思います。ほかの自治体でも伺いましたら、現在1名しか該当してないとか、ゼロだとか、そういう声が返ってきました。これは現状に合わないということで、自治体の方から国に対して指導を求めるというより、現状に合うように別なものできちんと介護者を保障するというか、慰労できるような方向を考えてもらうように国に言った方が近道なのかなと考えていますが、その点、担当課としてはそういう考えをお持ちなのか、そういう意識をもって当たるのか、そこのところ、決意のほどを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) この制度につきましては、形骸化という話も出ました。私も先ほど来、なかなか利用ができない状況なんて話をさせていただきましたけれども、自治体によってはですね、この形骸化で廃止をしてるというような状況もございます。私の方でも、実績がゼロ、そしてまた、何ていうんですかね、最近の家族の構成を見ますと、なかなか家族で介護できるような状況も非常に少ないのかなというふうには思っておりまして、一つは、その選択肢の中には廃止ということもあるのかなというふうには、個人的に思っております。
 で、その振りかえの事業といたしまして、例えば現物支給のおむつ支給でありますとか、そういったものを充実することでですね、家族の介護の方にそういった慰労することができるのかなというふうには思ってるとこでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この要綱については、今担当課長が言われましたように、廃止の方向も考えられると、そういう自治体もあるというお答えでしたので、ぜひ現状を見てそういう対応をしていただきたいというふうに思います。
 それと同時にですね、要介護4、5の人を自宅で見るという現状ですね、これは介護保険制度が始まった中で、本当にそういう状況にあっていいのかというふうに私は思うんです。むしろ、家族が一生懸命見るという機会も大事ですけど、それよりも介護の基盤をしっかりさせて自宅で見てもらったり、あるいは施設に入ったり、デイサービスを利用するとか、そういうふうにサービスを選択できることに町が力を入れていくべきでないかというふうに思うんですが、ふだんは課の中でどういう話し合いがなされているのか、その点も伺いたいと思います。4、5を家族でずっと、介護サービスも受けないで、1年間も介護を続けるということは、これは現在の制度のある中で異常な状況ではないかというふうに私は思っていますので、ぜひお考えをお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 要介護度4、それから5の方、先ほど来、非常にサービスが重いということでお話ししてございまして、基本的には先ほど来町長の答弁にありましたように、地域包括支援センターでですね、家族の方にいろいろな形でご相談をさせていただいております。具体的には例えばデイサービスの利用であるとかケアプランの作成とかですね、そういった形で民間の事業者等にもですね、いろいろな形で連携をとったような形になってございまして、そういった形が重度の介護者のサービスにもつながるというふうに思っておりまして、包括支援センターの中でさまざまな相談に応じているところでございますので、ご理解願いたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 地域包括支援センターは、本当に制度が変わって重要な役割をますます担うようになってきています。そういう中で、相談を受けながらその家庭に合ったような方向性を示しながら安心して介護を受けられるようにしているということですが、大河原町での特別養護老人ホーム待機者が依然として減っていないわけですよね。そういうことから考えれば、包括支援センターの頑張りがなかなか十分なものと言えない状況にあるのではないかというふうに思うんですが、そこのところはどこまで進んでいるのか。
 そして、デイサービスの利用といっても、現在の利用状況からすればなかなか利用料金の高額というか1割の利用料金がかかるという中で、所得の少ない方、この慰労金の支給対象の中にも出てきますが、家族で住民税非課税世帯だとかというそういうふうな条件がついている中で、本当に十分に利用できるというわけにいかない、そういう人の声を生かせるような対応について、さらに担当課も含めて、町長についてもぜひとも条件づくりを積極的に早急にやっていただきたいと思います。その点について町長の考えを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) すべては介護保険制度の充実をどう図っていくかということになってくるんだろうというふうに、種々のお話聞かせていただいたところでございます。当然、そのさまざまなサービスがある中で最もその方に合った選択がかなうということは、議員ご指摘のように大切な視点ということになるでしょうし、さまざまな利用にかかわるニーズが多様化しているという状況の中では、やはり情報をしっかりと、そのさまざまにある情報を利用者の方に伝えていく、伝え切るということも非常に大事なわけでございまして、あるいは親切な相談が受けられるということなども大事な視点になろうかと思います。そういう観点から、地域包括支援センターがさらに充実していくということを、町としてもですね、想定をしながら種々の課題解決に対応していかなければならないというふうに考えるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この要綱についてはですね、なかなか使い勝手が悪いという状況の中で、廃止をしている自治体もあるということですから、町もそういう立場からきちんと対応をしていただきたいと思います。
 それと、町長が今言われたように、サービスを必要とする人に適切なサービスが受けられるようなそういう基盤の整備を含めた対応を丁寧にやっていただきたいと、そういうことを求めます。
 そして、2)に入ります。
 先ほど町長の答弁では、平成24年度のあれでは月平均50人の登録者がいるというふうに言われました。ですから、ふえている。確かに23年度の月にして30人弱の利用状況からするとふえているわけです。初めにこの制度が、配食サービス事業が始まったときには、もっともっと多かったわけですよね。平成16年の月平均の登録者は65人、平成22年度には30人に減っています。ということは、この減ったということをどんなふうにとらえたらいいのかなというふうに思います。この間の高齢者人口というのは、平成16年には65歳以上の人が4,460人、平成23年度の3月末時点では5,188人、平成22年度はもとに戻って5,167人ですから、利用者の増は本当に出てないと。なぜなんだろうというふうに、先ほどきちんと聞こえなかったので、このaについてもう一度町長の方から答弁をいただけたらと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 今、松井議員の平成16年度と22年度の利用者数のお話をいただきました。確かに30人ぐらい減っているということでございまして、質問のbの方にも関係しますけれども、町長の答弁の中で、週2回という限度につきましては介護サービスとの関係もあり、そしてまた利用者の生活状況を考慮して決定してるというお話をさせていただいております。つまり、この配食サービスは、インフォーマルといいますか、介護保険サービス適用ではないんですね。町の単独事業でやってることでございます。で、週2回の設定につきましては、過剰なサービスはかえって高齢者の自立をですね、妨げるという判断にも立ってございます。そんな意味で週2回という設定をさせていただいておりまして、さらには介護保険サービスの中で訪問介護、つまり在宅で介護士さんが来て料理をつくったりするような状況もございます。そういったサービスと、それから、その利用する方の生活状況を踏まえてですね、いろんな形で設定をしてございます。そういった絡みもございまして、昔65人だったんでしょうけども、今のところは4月現在では50名ですけれども、利用者の減少は見られることにつながってるのかなというふうには分析をしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) しかし、この間ですね、1人で住んでる方、高齢者だけの世帯というのがどんどんふえているわけですね。平成16年は単身世帯508世帯、高齢者世帯578世帯。22年は単身者761世帯、高齢者だけの世帯735。23年度は単身者は794、高齢者だけ751世帯。このほかに高齢者を含む世帯というのが23年度は1,945世帯あるわけです。
 こういう中でも、例えば若い人と高齢者が住んでいても、現在の労働条件というのは非常に過酷なもので、朝行ったら夜中までとか、それから、2交代、3交代で働く人もいらっしゃるわけですね。そういう世帯が高齢者のために夕食をつくるということができない人も生まれています。そういうことを考えれば、単身者でなくても高齢者だけでなくても、ぜひとも給食サービスを受けたいという人がいるわけですよ。当然これまでよりも給食サービスを受けたいという人がふえて当たり前と、そんなふうに思わざるを得ないような家族状況なんです。それで、週2回ということですから、ある世帯では夕食配食を受けたら次の朝も食べるとか、そういう世帯も生まれている状況があります。
 ですから、次に、こういうことを多くやれば自立を妨げることになるとかそういうのではなくて、人間らしく生きる条件づくりをするという立場で配食サービス事業を続けていただけないか。サービスの過剰で高齢者の自立が妨げられるとか、そういうことは決してないんじゃないかと思います。むしろここでうたっているように、目的はですね、「在宅の虚弱な高齢者に対し配食サービスを実施することにより食生活における質の確保を図るとともに、身体的・精神的な負担の軽減を図ることを目的とする」と、こう書いてあります。このように本当に買い物にも出られないとかそういう人が生まれている中で、私は今度デマンドタクシーで回るようになって、そういう人もぜひ町ん中に出てきて、買い物をしてくださるように元気になってくれればいいなというふうに思ってるわけですけども、それでもそういう状況が整ったとしても、なおかつ買い物にも出られないとか自分で食事をつくるのもやっとやっととか、そういう人のためにぜひ回数をふやすとかで充実して、高齢者の生活を支え人間らしく生きることを支えていただけないかと思うんですが、担当者としては過剰なサービスだというふうに思うのでしょうか、回数をふやすことが。そこのところ大事な視点なので、もう一度詳しく伺いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 10分間休憩いたします。
     午後 2時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時14分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 再開いたします。
 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) 配食サービスの件でございますけれども、大河原町は桜花という事業所にですね、今回委託をしてございまして、実は民間でもセブンイレブンでありますとかワタミでですね、こういった配食サービスを制度化しておりまして、中にはそういった方も利用してる方もいるかと思います。そこら辺については把握はしてございません。
 それから、回数につきましては健常者の方も当然利用してございますし、それから介護サービスを受けてる方、訪問介護で、何つっかね、料理までつくってくれるサービスとプラスこれを利用してる方もおります。つまりは、その方にとってどれが一番最適なサービスになるかということで、先ほど町長の方でも答弁もありましたけども、そういったことをですね、包括の中でいろいろ相談しながら決めてるという状況にあります。決してすべてが過剰ということではなくて、利用者の方にとって一番最適なサービスを提供するということで努めておりますので、ご理解のほどお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この項に関して最後1点だけ伺います。
 要綱によりますと、11条で、利用者は食材料費に係る実費分を負担するものとする。これは300円ですね。ただし、町長が特に必要と認めるときは減免することができるというふうにあります。今まで利用者の中で減免されていた方はありましたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯健康福祉課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(藤田秀明君) ちょっと減免については、確かなちょっと調査をしてございません。記憶ではないというふうに思っておりますけれども、後日回答させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 1項終わりまして、2項に入ります。
 にぎわいのある町並みを取り戻すために。
 東日本大震災から1年2カ月が過ぎ、大河原中心部の商店街に大きな変化が出ています。被害を受けた趣のある蔵づくりの店舗や住居の取り壊し、更地化が進み、「商業のまち大河原」が姿を消しつつあります。
 そういう中で町並みを守り、元気を提供する商いを続けている経営者の努力は、地域経済の支えともなっていると思います。しかし、依然として手つかずのところも見られ、度重なる地震の影響が被害の拡大につながっていると思われます。そこで、町並みを守り、まちの活性化を考える上で、以下、伺います。
 (1)大河原町中央公民館隣の民家の現状について、持ち主から町への要望など届いていますか。
 (2)中で放射線量測定を行っている団体からの相談はありませんか。
 (3)町の文化財保護委員会からは建物の文化財的価値や値打ちや保存について意見が上がっているのではないでしょうか。
 (4)村田町では、被害を受けた個人の蔵の修復に公的資金を充てられるよう国に補助を申請中で、寄贈された町所有の蔵修復には1,200万円の予算を組んだとのことです。阪神大震災のときには、個人の財産には公的資金をつぎ込まないと言われましたが、その後度重なる地震被害を受けた国民の声で、今は個人の住宅復旧にも一定の資金投入ができるようになってきました。大河原町では、持ち主に対して村田町のような補助照会をしたことはありますか。
 (5)今後の町中心商店街維持と活性化への具体的対策について伺います。
 以上、伺いまして、答弁をいただきましたら再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、松井議員の2項目の一般質問にお答えをさせていただきます。
 中央公民館隣の民家の現状について、持ち主から町への要望があるかについてのご質問でございますが、所有者からの町への具体的な要望は、現在のところ届いていないのが現状でございます。なお、町内外の住民有志などにより、佐藤屋邸を利用して定期的に企画展が開催されていることは、町としても把握しているものでございます。
 次に、放射線量測定を行っている団体からの相談についてでありますが、今のところ、団体からのご相談は受けてございませんが、一般の方から団体についての問い合わせがあった場合は紹介をしているところでございます。
 次に、町の文化財保護委員から意見が上がっていないのかについてのご質問でございます。東日本大震災後、平成23年度は町文化財保護委員会を平成23年6月と24年3月の年2回開催したところですが、委員の方々から、建物の文化財的評価や保存について具体的にご意見をいただいている状況ではございません。
 次に、震災により被害を受けた個人所有の建物復旧に伴う補助金の照会についてでありますが、村田町の蔵補修に対する補助金につきましては、「蔵のまち」として観光資源、観光施設の再建・復旧を支援する「観光施設再生支援事業」によるものでございますことから、本町におきましては該当する施設がございませんので、照会はしていないものでございます。
 次に、今後の町中心商店街の維持・活性化についてのご質問でございますが、昨年の9月、本年3月のご質問の中でもお答えをしているところでございまして、商業の顔としてだけではなく、町の歴史、文化的価値としての利活用や桜堤、白石川による回遊性の創出などにより、活性化につなげる検討は今後ともしてまいりたいと考えるものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この建物を利用して、佐藤屋プロジェクトなどでは定期的な展示など行っているということは私も承知していますし、内容についても現地で見せていただいたりしております。これはあくまでも建物が存在するからできるという、そういうことではないかと思います。そこの点はどうなんでしょうか。建物そのものがなくなったときにできる事業だというふうにお考えですか。
 佐藤屋プロジェクトというところから申請があったかと思います。そして、町でもまちづくりの補助金を24年度に許可をしたということを聞いておりますが、あくまでもあそこの建物を使った事業として成り立つわけで、あの建物がなくなったとしたらば、そのことはできなくなるのではないかと思うんですが、そうなったときはどういうふうに町の補助金について、10万円というの決定されたというふうに伺ってましたので、県から10万円、町から10万円ということで補助を受けられるようになったというふうに聞いておりましたので、そうなったときにはどんなふうになるんですか。建物そのものがあって……(「そのとおりです」の声あり)そうだと思いますが、ええ。そこの……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 松井議員ご指摘のとおりでございまして、佐藤屋邸を活用させていただけるから事業が展開できるということでございます。ロケーションを失えば同様の事業展開はなかなか難しいものになるのではないかと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 文化財保護委員会からは、建物についての評価並びに保存についての意見は出てきていないというふうにお答えいただきましたけれども、町長としては町並みを考えて、町の活性化を考える場合に、あそこの建物自体の存在はそれほど意義のあるものでないというふうなお考えなんでしょうか。それとも、まちづくりとしてね、非常に重要な視点かなというふうに思うのです。あそこがなくなったときは、相当大きな空間ができるわけでね。その点をどういうふうにお考えなのかも伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 個人のお宅でございますので、私がとやかくこの場で申し上げるべきことではないというふうに考えるところでございますが、持ち主の方と、この実際の佐藤屋プロジェクトのような活用について意見を交換させていただいたりしている状況は当然あるわけでございます。文化財保護委員の方々と町並みということについて、お話し合いではありませんけれども、やはり意見交換させていただくような機会は当然あるわけでございまして、現状、具体的にといいますか、最終的にどういう形で利用させていただくことがいいのかということに答えが見出せない。一方的に町が出すわけではございませんので、こういうことでということで形が固まるのであれば、また違う段階の利活用、あるいはその文化財保護の観点からの町並み再生といった議論が、違う次元でできるようになるのではないかというふうには受けとめているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) ここのところ、引き続く地震の影響かと思われますが、相当表通りから見ても被害が拡大しているように見えます。私はあくまでもこの建物にすごく固執するというわけではありませんが、あそこがなくなった場合の中心の商店街のあり方というのが非常に描きにくいというふうに思うのですね。で、もう既に印刷屋だった店蔵というのはもうなくなってますしね。本当にもったいないなというふうに思って見ていましたけれども、とにかく地震発災から1年3カ月過ぎた中で、まちづくりの姿勢というのがここで本格的に問われるんだろうというふうに思うので、伺っているわけです。それと一緒に、大河原の中に文化的な香りのする場所というのはやっぱり必要なんじゃないかというふうに思うのでお聞きしているわけですけれども、まちづくりの基本ということからすれば、あの辺を歯が抜けたように更地になったようなところを見られますけど、今後どういうふうに対応していかれるというふうな考えなんですか。そこだけ伺います。(「よくわかんないけど」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 考え方として、にぎわいの町なか再生をどういうふうに進めていったらいいのかという広い議論と、その佐藤屋という建物から議論していける町並み再生のあり方と、ちょっと視点が異なってくるんだというふうに思います。で、今は、その可能性が両方の面において探られているということなんだというふうに考えているところでございまして、最終的にはもう少し広い視点で、桜堤あるいは白石川という具体的なお話もさせていただきましたけれども、町なか全体の魅力を、その町並みだけでなくてですね、どういう形で再生させていったらいいのかというまちづくりの議論、あるいはそういったことの議論にかかわれる人をどうふやしていけるか、つくり上げていけるか、というようなことが、やはり大事になってきているのではないかというふうに考えているところでございます。個人のお宅でございますので、これ以上の答弁は控えさせていただきたいと思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) この件に関してはですね、今後の大河原町のいわば農商工連携を兼ねて、町の商店街の活性化ということへの取り組みをぜひとも積極的に行っていただきたいと。現在はバイパス沿いに店舗の移動があって、買い物客の流れもそちらの方に移っている中で、本当に閑散とした中心商店街になっています。これをどうにかするというそういう点から、今後の政策の打ち出しを期待したいというふうに思います。
 次に、3項に入ります。
 町農業の放射能汚染の風評被害対策についてです。
 汚染状況重点調査地域指定を受け、ようやく高線量の南小学校や公園の除染に取りかかる段階に至っています。しかし、大河原町では、県の専門委員会の意向に沿って町民の健康調査は実施しないという姿勢です。
 これはまた別の問題でさらに今後とも求めていきたい問題ですが、(1)農業者の風評被害に対する声を拾い集める作業は進めていますか。町の農業委員会等の対応などはどうなっていますか。
 (2)原発の爆発がなければなかった農業者の被害は、金額の多少にかかわらず、すべて東京電力の責任に帰すものだと思います。しかし、東京電力は責任範囲を狭め、賠償額を抑えるような姿勢であります。JAなどと協力しながらも、農業者がみずからの被害を計算できるように、町として指導、援助が求められると考えますが、町の考えについて伺います。
 (3)町の風評被害額はどのようにして集めているのでしょうか。風評被害での損失は、農業者の納税額にも及ぶものと思います。自然災害は税や公共料金の、違いました、税や公共料金の減免対策についても伺います。
 回答をいただきましたら再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 引き続き、松井議員の3点目の一般質問にお答えをさせていただきます。
 農業者の風評被害に対する声を拾い集めているかについてのご質問でございます。農協や青果市場、直売所等、またそれらに出荷されている農業者より聞き取りを行ったほか、ことし2月に町内12カ所において開催いたしました米の生産調整集落説明会や農業推進委員会、農業振興会、水田農業推進協議会、農業委員会定例会等の会議におきましても、収集を行ってきたところでございます。
 次に、町としての指導、援助についてのご質問でございますが、賠償対象は宮城県におきましてはキノコ類、山菜の一部、牛肉、稲わら、牧草、水産物の一部となっているところでございます。賠償請求書につきましては当初難解な様式でありましたが、その後改善され、簡易な様式になったと伺っております。請求の内容といたしましては、請求書を作成するほか、被害を証明するための売上伝票等の書類添付が必要となります。それらは請求者が所属しております各生産者組合などが取りまとめ、賠償請求しているところでございます。生産者組合等に所属していない個人につきましては、農協等の関係機関と連携を図りながら対応しているものでございます。
 次に、風評被害額はどのように集めているかとのご質問でございますが、風評による農林水産物の買い控えや価格の下落などの被害額につきましては、青果市場でキノコや山菜等の売り上げ減少がしているとか、直売所、例えばもちぶた館とか木曜市等でございますが、での野菜等の売れ行きが悪いなどと聞いておりますが、いずれも被害額を算定するところまでには至っておりませんので、はっきりした被害額は現在のところ押さえていないものでございます。
 なお、税や公共料金の減免対策につきましては、現在特に考えていないものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) JAなどに組織されている農家の方は、その組織を通じて被害の申請だとか東京電力への請求ということにつながるわけですけども、組織されない個人の農家というのは、なかなかそういう点では声を届けにくいという状況がありますね。そういうところを自治体として丁寧に声を集めるということが大事だというふうに思いましたので、この質問をさせていただきました。
 生産調整の会議だとかそういうところで機会を得ながら町としての説明などされているということは、実態はよくわかりました。ただ、この放射能被害というのは昨年から今年度に続いてだけで終わるわけではないわけです。ましてや、汚染状況重点調査地域指定というこういうことになってきますと、風評被害も長引くかと思われます。そういう点ではことしに限らず、昨年からことしに限らず、さらに引き続き調査をしながら農家の影響について把握していく必要があると思いますが、今後の計画、その調査など、聞き取り調査などの計画はどのようになっているのか、お聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯農政課長(八島幸男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(八島幸男君) 今後の聞き取り等によりまして、農家が不安を感じる理由や求めている情報等のほか、放射能等の影響による風評に起因する損害の現状を正確に把握するなど、きめ細やかな情報収集に努めてまいりたいと考えております。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) ことしの春、今以上に、やっぱりきめ細かな町の対応というのがより必要になってくるというふうに思います。
 で、土壌調査ですけれども、発災から1年3カ月過ぎまして、川の底に沈殿している泥の中でも放射性物質がずっと深いところで測定されていると。しかも、高線量の泥が確認されているということですから、大河原町の水田や畑の土壌の調査も、さらに深いところでの調査というのが必要になってきているかと思いますが、今後土壌調査についてはどんなふうに考えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯農政課長(八島幸男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(八島幸男君) 今後もですね、ことしから来年、再来年、あと何年続くかわかりませんけど、引き続き定点観察というような感じでですね、行ってまいりたいと思います。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) 松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 幸いなことに昨年は大河原町の米で汚染で食べられないとか販売できないという、そういうお米がつくられなかったということは非常に幸いなことだったと思うんです。しかし、今言いましたように、重点調査地域ということですので、買う人にとってはそれだけでも一歩買い控えざるを得ないというお米だとかになるかと思うんですね。ですから、もちろん組織された農家の方も含めて、個人的な生産をされている方の対応というのはますます大事になってくると思うんです。自然災害は一過性で過ぎますけれども、津波についてはまた年数はかかることですが、台風や大水というのは一過性に過ぎますが、原発の爆発被害によるものは、最低でもセシウムのことを考えれば30年もかかるということですので、本当に農家の人の安心にこたえるようなそういう政策を積極的に打ち出してほしいと。汚染状況を調べることも含めて、それから、生産されたものの販売も含めて、それから、税の問題についてもきちっと対応していただきたいというふうに思います。そういう点から、今後の丁寧な町の対策を私も求めて、さらにその動向を見ていきたいと思っています。
 農家の人の本当の心配にこたえる農業政策をぜひお願いしまして、私はこの件について、簡単ですが、質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯副議長(平間孝士君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副議長(平間孝士君) これをもって一般質問を終わります。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
     午後 2時41分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
  平成24年6月13日

         副議長

         署名議員

         署名議員



---------------------------------------------------------------------------------------------------