議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2016年3月10日(木):平成28年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けが出ておりますので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 議案第10号 大河原町農業再生化会議条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第10号大河原町農業再生化会議条例の制定についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) おはようございます。それでは、議案第10号大河原町農業再生化会議条例の制定につきまして詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にもございましたが、農業の置かれた厳しい現状の中、農業の競争力を強化し産業として持続あるものにするとともに、農村を活性化させるためということで、この組織は、本町の農業・農村はどういう形がいいのか、どのような形を目指したらいいのかというこれからの方向性について検討いただき、これからの施策につなげていく、そういったことから設置することとしたものであります。
 それでは、条文に沿ってご説明をいたしますので、お開き願います。
 まず、第1条、目的につきましては、農政に関する施策等について調査、研究及び審議を行い、本町農業の活性化を図ることを目的としています。
 第2条、所掌事務につきましては、町長の諮問に応じ、各号に掲げる事項を調査、研究及び審議をし、町長に意見を述べることもできるとしており、範囲を絞らず広範囲に設定しているものでございます。
 第3条、組織等につきましては、この会議は委員15名以内で組織するということで、農業者以外の意見というのも大事ですので、生産者サイドに偏ることがないようにしたいと考えております。任期は2年間とさせていただいてございます。
 第4条につきましては、会長及び会長職務代理者を置くというふうな形で、互選により決めるというふうな規定でございます。
 第5条、会議は、会長が招集し、議長となるとしています。
 第6条、会議には関係者から説明や意見を聞くことができるとしており、考えておりますのは、役場の関係する課の職員などを想定してございます。
 第7条、庶務につきましては、農政課において処理するというふうな形でございます。
 施行期日につきましては、4月1日からと施行するとしております。
 そのほかに、特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正を行うというふうな形にさせていただいております。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 2点ほどです。この農業再生化会議は、近隣町村のほうでもこういったことに取り組んでいるのかということが1つと、あと、先ほど課長の説明の中で、私も同意見なんですが、農業者以外の意見、生産者寄りに偏らないような方を募集するということでしたけども、まさにそのとおりだと思うんで、固定概念にとらわれない意見がいっぱい出てくると活性化につながるんじゃないのかなというふうに思いますけども、あと、もう一つ、この委員の中で、例えば農業委員会の委員の中には多分女性の委員の方もいらっしゃるとは思いますけども、この15人以内で組織する委員の中にこの女性の委員というのは、これから考えるんでしょうけども、今考えている範囲の中でどれぐらい委員の中に入ってもらうようなお考えなのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) まず、第1点目の近隣でのこういった組織ということでございますが、仙南のほうでもいろんな農政審議会というような形での組織は持っているのが多いことであります。私どものはそういった組織がなかった、今回初めてという形になります。
 あと、2点目の委員のメンバーでございますけども、そういった農家以外の方、しかも女性、そういったところの人数でございますけども、今のところ、福祉関係者とか、あと流通関係、いろんな飲食店関係、さまざまな方が考えられます。ただ、まずもってこの会議やはりメンバーの人選というのが大事だろうというぐあいに考えてございます。そういったことから、そういった女性の方も当然入るべきと考えてはございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) もちろん会議の中には、これまでの大河原町の農業に携わってこられた方々、歴史を知ってる方々も大切だと思うんですけども、やっぱり新しい意見を取り入れていかなくちゃいけないと思います。それで、あと、年齢構成なんですけども、できるんであれば担い手の若い人とかそういった、ほかの異業種の方もですね、若い人の意見を取り入れるように若い方のこの委員に選んだほうがいいんではないのかなというふうに思うんですが、その辺のお考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) もちろん幅広い年代でと、次の担い手、次の担う方、そういった年代の方も含めてまいりたいと思ってます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 同じこの組織の関係なんですけども、ここで学識経験者っていうふうになってるわけですけども、学識経験者っていうのはどういう方を想定して、どういう肩書きっていうか経験者っていうか、そういう方を想定してるのかということと、それからですね、いろんなこういう会議があるんですけども、金太郎あめにね、同じようなメンバーの人らが多いんですね。ですから、こう何ていうのかな、新たにこうほかの委員とか役職とかはやってない方の考え方っていうのはないんでしょうか。この2点。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) まず、第1点目の学識経験者ということでございますが、普通一般的にはよく大学教授みたいなというふうになりますが、そういった方ではなくて、委員は例えば、ちょっと学校の先生といいますか、余りこうまだかたまってはいませんが、柴田農林高校という農業高校ございます。あと、名取なんかにも、そういった方、近い存在の方、そういった方を今ちょっと想定してるとこでございます。
 あと、2番目のメンバー、あと、新たなそういった方、もちろんこれからの新しい提案といいますか、新しい取り組み、そういった農家以外の方での考え、そういったことから、そういった新たなこのメンバー人選の方向で進めていきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 前任お二人の質問と同じなんですけども、もっと具体的にですね、会議のメンバーについて、何ていうんでしょう、農業以外の分野でもっていうのあるんですけど、六次産業化向けてですね、加工なり販売なり、攻めの農業ということで、町長も公約ん中で大きく申してるとおり、町長が特に必要と認めるメンバーですか、これについて町長から具体的にですね、どういうメンバーが望ましいのかというのをぜひともお聞きしたいんですけども、よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この会議の設立目的は、農業・農村の振興、それから、六次産業化あるいはブランド政策の今後のあり方、こういったことを検討するということが大変大事かと思っておりますので、その特にブランド政策などは本当に幅広くですね、ご意見を聴取しなきゃいけないということで、PRの仕方に詳しい人とかですね、流通関係者あるいは鉄道関係者とかそういった方々も含めながら、また、幅広くご意見聞きたいということで女性というご意見もありましたので消費者とかですね、また、福祉関係の農福連携という視点もあります、そういった意味で福祉の関係の方。それから、もう一つは高齢者の意見も聞きたいということで、例えば団塊の世代の中から1人選ぶとかですね、そういった世代別、それから、男女別、そういったことを総合的に勘案しながら人選をしていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 新たな加工ですとか商品ですとか新たな農作物にチャレンジですとか、あと、団塊の世代の方って今出たんですけども、本当に小ぢんまりとした畑やってても高い技術持ってる方とかたくさんおりますので、その点の意見も取り入れられるような人選をお願いして終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私も前者と同じ人選についてでありますが、この条例案もう28年の4月1日から施行ですからもうすぐですよね。そうしますと、私は、今TPPの問題でも非常に農業だけ、特に農業を取り巻く情勢っていうのはもう近年になく厳しいものになっておりますが、そういう中でこういう会議を条例化して設けるということは、非常に私も意義があるちゅうに思ってはおります。
 ただ、その人選は、4月1日からですから第1回目いつ開くのかわかりませんけれども、できたらですね、公募をしていただきたいなちゅふうに思います。というのは、関心やっぱある方がこういう委員になるちゅうことがとても大事ですよね。町長が委嘱をされて、もちろん専門、農業関係団体とか農業委員会の方というのはこれは専門なので、それは町長から町のほうから依頼されれば恐らく喜んでお引き受けすると思うんですが、一般町民の方でも家庭菜園をなさったり、日ごろから非常に農業っていうかそういうのに関心を持っておられる方も多いんではないかと私は思ってんですね。ところが、4月からですから公募といっても時間がないですけども、もし第1回目がもっと、5月、6月ごろであればですよ、今からぜひ公募をしていただきたいというのが私の希望です。そういう考えはないんでしょうか。そのことをまず伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) この会議4月1日施行でございますけども、いろいろ人選というところ、各業種といいますか、の方々とも相談しながら、その年度の中間あたりで、まず第1回目標といいますか、考えてございますのはそのあたりに1回目をまず開きたいと。
 あと、そういった公募というところももちろん考えてございますが、ちょっと今のところ会議は公開っていうような、傍聴もできるということで、何かそういった傍聴者の方から意見をもらう、そういう形でもとれますし、ちょっとそういったことで公募というんではなく、何とか決まった人員で、しかも会議のほうは公開するんで関心ある方は来て意見、意見といいますか、参考に話することもできる、そういった形で考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、傍聴もできるということですから、幅広く町民もある意味で参加できるのかなと思いました。しかしながら、傍聴者としての意見と、また委員としてのそれを受けてのさらにこう具体的に煮詰めていくっていうんでは、また違うのかなというふうに思います。特に農業は国の基幹産業、町にとっても基幹産業ですし、農業の問題っていうのは生産者だけの問題じゃないですよね。消費者にとっても大事な課題ですので、ぜひ私は、傍聴者云々だけじゃなくて、人選の中にぜひこれから公募して参加できるような状況をぜひつくっていただきたいと、そのことをお願いしたいんですが、検討できるでしょうか。
 それと、年にどれぐらい開くんですか、この会議は。その辺も、スケジュールがあれば示してください。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) その公募、公募といいますか、そういった形、これからちょっと、どういうそういった会議の持ち方がいいのかということで検討してまいりたいと思います。
 あと、回数としましては、今、予算計上的には15名で1回開催分のというぐあいで、まず当初予算計上してございます。その会議の進み方は、話の中ではやはりもう一回とか数回重ねてとかそういったこと、必要性が出ればまた補正でプラスとか、あと別件、例えばシンポジウムみたいなていうぐあいになれば、それもまた別に謝礼という形も必要になりますんで、そういったちょっと年度後半もしかするとそういった方向になるのかなと、今のところ、まだ当初段階では、そういったとこまではこう視野の中にはありますが予算計上まではしていなかったところでして、今のところ予算計上としては1回分のとしてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、課長の答弁の中で1回、これ私の聞き間違いでしょうか。1回だけなんですか、これ。こういう会議を持つっていうのは、私は年に、例えば2カ月に一遍とかですね、あるいは毎月とか、毎月でなくとも2カ月に一遍ぐらい持つのかなと思ったんですけど、1回でこの会議の本物の、こうただ形だけにはならないんですか。町長、どういうふうに考えてますか。
 非常に私は期待をしてんです、この会議に。そういうことから考えますと、1回、そんなことないでしょう。ええ。非常に重要な、これは先ほども言いましたように、基幹産業ですよ、これはね。決して生産者だけの問題ではない。農家の人だけの問題ではない。消費者にとっても、私たちの食につながる、で、しかも今地産地消でしょう。学校給食にも地産地消で、わずかではありますけれども食材として農家の方搬入してますけれども、これをさらに拡大したりする意味でも、物すごく私は大きな課題であり重要な会議だちゅふうに捉えてるんですけど、その点では、町長、いかが考えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、4名の方から建設的なご意見を拝聴いたしまして、人選につきましても慎重に幅広く検討したいということを先ほど申し上げたとおりでありますが、なお、公募につきましてはですね、このように私は考えております。秋ごろに第1回目の、年1回ということでありますけども、再生化会議を開催させていただく予定で進めてまいりたいと思っております。その中で、それに至るまでにですね、町民全体にこういう会議を設置するということをご案内申し上げ、皆さんのご意見をお聞きしたいというような、ご意見を聞く場所を1回つくってみたいというふうに考えておりまして、そこで集まってきた方の中から選ぶということであれば、公募という形はとりませんけども、公募に準ずる形がとれるんではないかと。
 要は、公募するしないというのは手法の問題でありますけども、幅広くご意見を聞くということで再生化会議の準備段階のときにですね、幅広く皆さんからご意見聞くために自由に参加できるような、ある会議といったらいいかそういった集会的なものも開いて、これは予算がありませんので自由参加というふうになりますけども、そういった形で幅広い町民に関心を持っていただくということで、そういったことをすることも前段で大変大事ではないかと思っております。
 それから、1回ということで、これは予算は1回でありますけれども、その中で方向性が定まってくればですね、2回3回、委員の会議の中で方向が出ましたら、ご意見が出ましたら、2回3回のやる必要は出てこようかと思っております。そんときに補正予算なり、あるいはシンポジウムをやるとかそういったこともなってくると思いますので、そんときはまた補正予算で対応したいと。まずは1回目をどうやってやるかということを大変大事だと思っておりますので、そういった方向で考えておるということをご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) この農業再生化会議ですね、非常に期待してるところなんですけども、先ほど聞かれた万波議員も聞かれたんですけどもね、年1回の予算づけしかしてないということで、ことしの秋、ちょっと余りにも少な過ぎるのかなと思いますし、きのう一般質問でも聞きましたけども、これ町長の肝いりで開催するもので、方向性を第1回目で決めるということなんですけども、本来は方向性、どういった方向性、きのう聞きましたけども、農業委員会の違い等どうなんだて、この再生会議でどのような方向性へ持ってくんだというのを聞いたんですけども、本来であれば方向性、こういった農業をつくんだという方向性決まってつくるべきもんだと思うんですけども、それが何か年1回で本当に顔合わせで終わってしまうような、ただ公約を守るためにつくったようなもんであっては困ると思うんですよね。そのために、ぜひともこの農業再生化会議がもう実のあるものにしていただきたいんですけども、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、実のあるものにするためにも前段の準備段階が大変大事だということで、今万波議員にもお答えしたとおり、幅広くご意見を聴取する場をつくりたいと。で、1回で方向性を決めるんではなくて、その前段でいろいろご意見が集まった、それから、第1回目の再生化会議でご意見出てきます。そこである程度の方向性がいろいろ出てくると思います。例えばさっきシンポジウムということを申し上げましたけども、そういったご意見を踏まえて今後どうしたらいいかということを幅広く深く突っ込んで研さんを深めるという場も必要だと思いますので、そのときにシンポジウムを開くということで、そういうことを順序立ててやっていきたいということで1回で終わるわけでは全くございません。大変大事な会議だと思いますので、くれぐれもしっかりと皆さんのご意見を踏まえながら回数を重ねていければいいというふうに思っておりますけれども、まずは準備段階ということで今回ご提案さしていただいて、その後については必要に応じて補正予算で対応さしていただくということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 今、町長もご存じのとおり、農業関係はもう待ったなしの状況にあるわけですよね。そうすっと第1回目が年度半ば過ぎ、秋ころでは本当に遅いような感じなんですよね。本来であればもっと早めに、もう春先でも開いていただいてそん中で方向性を決めていただいて、もうこの農業再生化会議の答申が、もうすぐにでも農業に関してキックバックできるような形の態勢をとっていただきたいんですけども、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 昨日の一般質問でもお答え申し上げましたけども、短期の公約であったんですけれども大分おくれたということで、大変お待たせをして申しわけないと思っておりますけれども、農業待ったなしということでありますけども、ずっと待ったなし待ったなしと言われてなかなかいい方向が決まらない。逆にそういったことから考えますと、じっくり時間をかけてですね、検討したいということもありましたんで、その辺はちょっとご理解をいただければというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ぜひともこの農業再生化会議、ただ会議をつくっただけじゃなくて、実のあるものにしていただきたいと望んで終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第10号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第10号は原案どおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第11号 大河原町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一
                 部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案第11号大河原町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部の改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第11号大河原町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正につきまして、詳細説明をさしていただきたいと思います。
 この条例の改正につきましては、平成26年4月にですね、地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部改正の法律がなされました。その中で地方公務員法の内容が改正されまして、そのことを受けて改正するものでございます。
 その26年の4月に地方公務員法で改正された主な内容を申し上げますと、1つは、任命権者は人事評価の権利を有するということで、法律上に「人事評価」という規定が追加されております。で、さらには、職員の任用、給与、分限、それらについても人事評価というようなことを根本基準にするというふうな規定になっております。
 で、もう一つはですね、職員が退職して再就職がするわけですけども、その職員が退職前に在職していた地方公共団体の職員に対して、営利を目的とするような契約等を働きかけすることは規制されるというな形の中で、退職者の管理というふうなことになるかもしれませんけれども、こういった内容が法律上で規定されておりました。
 このことを受けて条例の改正になるわけでございますけれども、改正内容をちょっとごらんになっていただきたいと思います。
 大河原町の人事行政の運営等の状況に関する条例につきましては、これも地方自治法の58条の2によりまして、毎年公表しなければならないというふうになっております。その中で、現在、9つの項目があります。今回、この9つの項目に、先ほど申しました離職者の契約等の関係で職員の退職管理の状況、さらには、1つ目で申し上げました職員の人事評価の状況、こういったものをつけ加えて公表しなければならないような状況になってございます。
 ちなみに、職員の任免、職員数に関する公表、そして、今回新たな人事評価、そして給与の状況等々ということで、今度は9項目から11項目にふえるような形になります。したがいまして、今回の条例改正につきましては、いろいろ手法として条項号の繰り下げを行いますけれども、新たに第7号として職員の退職管理の状況、そして、第2号として職員の人事評価の状況、これをつけ加えて、公表をしていくということになります。
 施行月日につきましては、平成28年4月1日から施行するものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の課長の説明でこの内容についてはよくわかりましたけれども、これ人事評価ですから、もちろん正職員だけの、これ対象ですよね。まず、その辺ちょっと確認させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 任用ということになりますので、町長の辞令の行為となりますから当然職員、それから、嘱託職員等なんかも入るのかなというふうには思っておるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、嘱託、嘱託は結構長く、採用期間っての長いですよね。ただ、今、臨時職員も結構多いですよね。最近の、ちょっと私ラジオを聞いてましたら、地方公務員も非常に非正規の職員が大体3人に1人の割合でふえているということを、ラジオでたまたま聞きました。本当にそうだなと、どんどん公務員は減っておりますので。そういう中で我が町もかなり、どれぐらいの割合今占めているかわかりませんけれども、嘱託あるいは臨時職員多い、どのぐらいの割合なんですか。そういう方についてはこの条例が、これどこまで適用されるんですか。かなり多いだけにですね、正職員だけだったらこれは別に質疑することないんですけど、そういう傾向がかなりありますので、どこまでこれがこの条例が適用するのか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、臨時職員につきましてはこういった条例の適用にはならないというふうに思っております。
 で、ちょっとここに昨年公表したデータがあるんですけれども、ここにはですね、嘱託職員もちょっと公表していない状況があるようでございます。ちょっとここら辺につきましてはもう一度ですね、確認をさしていただきたいと思います。基本的には正職員につきまして該当することは間違いないんですけれども、嘱託職員についてはもう一度ちょっと確認をさしていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ちょっと確認なんですが、職員の人事評価の状況ということは、こういう項目、いっぱい項目があって、どういった公表の仕方、簡単でいいのでちょっと教えてほしいのと、あと、第5条の中で「公表は次に挙げる方法で行う」とあるんですけども、今までどういった形で町は公表してきたのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、人事評価の制度でございますけれども、これにつきましては平成19年度から試行を繰り返しまして、今現在に至っております。1つは、町長との面談の目標管理をベースにですね、ブレークダウンというな形の中で職員がみずから目標を行うような形になります。で、その目標に関しまして能力評価、それから、成績評価というな形の中で点数をつけて自己評価、さらには、その上の上司の評価というな形で今進んでいるところでございます。本町に限らずどこの自治体もそうでしょうけれども、評価をすることを目的にするものではなくてですね、人を育てる、職員のモチベーションを上げるというなことに第一に目的を置いてるとこでございまして、今回新たにですね、人事評価の公表が入りました。で、新たに今度は平成28年度として公表することになりますけれども、例えばですね、相当優れてる部分、項目と普通の部分と目的がなかなか達成できなかった項目、そういった項目に分けて、職員が何名いるとかですね、そういった形の公表しかできないのかなというふうに思ったところでございます。
 公表につきましては、昨年ですと11月に掲示板に公表してございますし、ホームページでも掲載してる状況にあります。(「終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この条例の条文、これでこういうやり方で間違いはないとは思うんですけども、今例規集も加除もしない何もしない形の中で、せめてこれ要望ですけども、新旧対照表、簡単みたくてもいいからつけてもらえれば非常にありがたいなと思うんですけども、何も全部載せろとは言いませんので、関係条分の部分だけでも新旧対照表載せていただければ、非常に我々としては助かるというふうに思います。これ要望ですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) わかりやすくするような形の中で努めてまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) お答えできればでいいんですけども、これ職員に勤務成績による評定ということで自己評価と上司の評価というのが出てくるということで、ちょっと去年の9月の末あたりに、大阪なんかで橋下さんが職員基本条例に基づいて指導とかいろいろ行って、かなり能力不足の職員の方の指導に当たったりとかということもあったんですけど、ゆくゆくは、こういうことはないと思うんですけど、そういうことまで先々考えたりとかはなったりするんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回の法律の改正におきまして、この評価にもって例えば昇給の号俸がアップするとか、それから、成績率の関係で勤勉手当がアップするとか、そういう取り組みを徐々にしていかなければならないというふうに思っております、もう既にほかの自治体では取り組んでいる状況もありますけれども、そこら辺については大河原町についてはこれからだということで、こういった評価は非常にそういった基準になることから非常に重要な、さらには大切な基準なのかなというふうには思っておるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 当然アップもあるんでしたらダウンもあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ダウンは、一応国の人事院規則によりますと、ゼロ、例えば目的にはなかなか達成できなかったについては昇給しない。それから、すごい実力を発揮した方については当然、今4号俸なんですけれども倍の8号俸というような基準は、人事院規則の中で設定されてるようでございます。で、それに準ずるのかどうかは今からちょっと考えたいと思いますけれども、基本的にそういった基準はあるということで私らも理解しているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第11号を採決します。
 お諮りします。本案は原案どおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第12号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正につい
                 て

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第12号職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、引き続きまして、議案第12号職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正について詳細説明申し上げます。
 今回、題名ですけれども、3本の条例をですね、1つの条例で改正しております。したがいまして、条例等の一部改正ということで「等」をつけさせていただいたものでございます。
 これにつきましても地方公務員法の一部改正ですね、それから、以前に申し上げました行政不服審査法、全部を改正するような形になりましたけども、こういったことを受けまして文言の改正になるというものでございます。
 それでは、改正内容をごらんになっていただきたいと思いますけれども、まず、第1条におきまして、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正でございます。これにつきましては、第24条第6項、これは地方公務員法の規定を引用しているものでございます。ちなみにですね、この地方公務員法の24条につきましては、職員の給与、勤務時間等に関する基準でございます。この中で地方公務員法の改正により、6項あったものが1項削除されまして5項になりました。したがいまして、条例で引用してあります24条第6項を24条第5項というな形で、1項詰めたような形の改正をするものでございます。
 それから、第2条につきましては職員の給与に関する条例の一部改正でございまして、第1条の改正内容につきましては、今申し上げた内容と同じでございます。
 それから、第19条の3につきましては、これは期末手当の部分でございまして、一時差し止め処分等に対する審査基準というのを規定でございます。で、これらがですね、冒頭申し上げました行政不服審査法が全部改正になりましたことで法律番号の改正、さらには、適用条例の改正ということで、今回行政不服審査法(平成26年法律第68号)第18条第1項本文に改めるというな形にさせたものでございます。
 それから、第3条につきましては大河原町少人数学級編成の実施に係るということで、任期付教職員の関係でございますけども、この条例の内容にも地方公務員法で引用する第24条第6項の規定がございました。これを先ほど申しました1項削除になったことによりまして、5項というな形に改めるものでございます。
 施行期日につきましては、平成28年4月1日から施行するものでございます。
 以上、詳細説明とさしていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第12号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第13号 町長等の給与に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第13号町長等の給与に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第13号町長等の給与に関する条例の一部改正につきまして詳細説明を申し上げます。
 今回、町長、副町長におきましてですね、期末手当の支給率を改正するものでございます。昨年、国の特別職、いわゆる総理大臣等でございますけれども、そういった方の給与に関する法律の一部改正が行われました。その中で、期末手当の支給率がですね、100分の5、0.05の引き上げをされたところでございます。なお、給料も1,000円ほど上がってるような状況でございますけれども、そういったことを受けまして、町長等の給与に関して条例を改正するものでございます。
 改正内容を見ていただきますと、先ほど申し上げました国の0.05のアップに準じまして、6月に支給されます100分の147.5を100分の150に、それから、12月に支給されます100分の162.5を100分の165ということで、合わせまして0.05月の期末手当の支給率をアップするというような状況でございます。
 なお、2月の22日に特別職報酬等審議会を開催していただきまして、一応妥当であるというような答申はいただいているところでございます。平成28年度の給与から適用するということでございます。
 以上、詳細説明とさしていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第13号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第14号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の
                 一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第14号教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、引き続きまして、議案第14号教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、先ほどの町長等の給与の改正の内容と全く同じでございまして、教育長につきましても期末手当の支給率を年0.05アップするものでございます。
 施行期日については平成28年4月1日からということで、28年度分の給与から適用するものでございます。
 以上、詳細説明とさしていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第14号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第15号 大河原町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び
                 運営に関する基準を定める条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第15号大河原町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第15号大河原町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について詳細説明を申し上げます。
 今回の地域指定密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正につきましては、本年2月1日に厚生労働省令の改正が行われることで、省令の基準に準じて定めている本条についても改正が必要となることから、条例の一部改正を行うものでございます。
 改正の主な内容といたしましては、平成26年6月に介護保険法改正の中で示された小規模通所介護事業所が地域密着型通所介護に位置づけされることから、本条に地域密着型通所介護の基準について追加するものでございます。
 1ページをお開きください。
 改正後の欄の3章の2、地域密着型通所介護から、下線が引いてある第4款運営に関する基準までの追加であります。
 第1節基本方針は6条の2に、第2節人員に関する基準は6条の3と60条の4に、第3節基準に関する基準は第60条の5に、第4節運営に関する基準は第60条の6から第60条の2まで、5節指定療養通所介護の事務の基本方針並びに人員、設備及び運営に関する基準は第1款の第60条の21から第4款の6条の38までを、条文に追加しております。
 なお、その他字句の改正、削除でございます。
 この条例の施行は28年4月1日からでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議くださいますようよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第15号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第16号 大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、
                 設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係
                 る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定
                 める条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第16号大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第16号大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正について、詳細説明を申し上げます。
 今回の大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正につきましては、議案第15号と同様に、本年2月5日に厚生労働省令の改正が行われたことで条例の改正を行うものでございます。
 改正の主な内容といたしましては、ページ2ページ、第40条地域との連携等で、介護予防認知症対応型通所介護事業所に運営推進会議の設置を義務づけたものであります。それに伴い、ページ4ページの第63条の削除を行ったものでございます。
 この条例の施行は平成28年4月1日からでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議方よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案15号とこれは関連ということですけれども、この16号に関しては地域密着型のこの介護予防サービスに係る要支援ですよね、これは。要支援1・2。大河原は28年度から地域総合、新しいですね、国が方針として出している新しい総合事業に、これ28年度から移行するんですけれども、それのためのこの一部改正がここに出てるということの認識でいいんですか。まず、その辺確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それにつきましては、平成28年度からですね、総合事業に移行するということなんですけれども、これについてはですね、あくまでもですね、地域介護予防認知症の対応型通所介護事業所についてのですね、運営会議についてですね、定めたものでありまして、特段ですね、今回の総合事業がなるからというふうな形ではなくてですね、法的な改正というふうな形でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、先ほどの説明にもありましたけども、運営会議の設置を義務づけた、これからこの設置をしていくということですよね。そうしますと、どういう設置の仕方、どういうふうになるんですか、この条例に基づいて。これから具体的に出てくると思うんですけども、今時点考えている概要について伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この運営推進会議につきましては、町ではなくてですね、この先ほど言ったですね、指定介護予防認知症対応型の通所介護事業者の方がこの推進会議を開催するということで、その中にですね、町及びですね、地域包括支援センターでの職員がですね、そこに加わるというふうなことでございます。ですから、町で開催して開くということじゃなくて、個々の事業者がですね、その推進会議を設けなければならないというふうなことでございます。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第16号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午前10時55分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き会議を開きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第17号 平成27年度大河原町一般会計補正予算(第9号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第17号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第9号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第78号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第9号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ2,969万3,000円を減額いたしまして、歳入歳出総額を82億9,715万9,000円といたすものでございます。
 6、7ページをお開き願いたいと思います。
 まず、第2表繰越明許費ということで、2款総務費のほうで情報セキュリティ強化対策事業、3款民生費の中で年金生活者等支援臨時給付金事業、その下、子ども子育て支援システム改修の委託ということで、今年度中に事業が終わらないということで、次年度への繰り越しということで設定をさせていただいてございます。
 第3表債務負担行為、これにつきましては追加という形で、子どもの心のケアハウス施設賃貸ということで、28年度から施設を借りて運営するための債務負担行為ということで設定をさせていただいてございます。
 第4表地方債の補正、これにつきましては、各種の事業の実績に基づきまして起債の限度額の増額または減額というふうな形にさせていただいてございます。
 続きまして、事項別明細書によりご説明いたしますので、12、13ページをお開き願いたいと思います。
 まず、第1款の町税で、この中の滞納繰越分につきましては徴収見込みにより、町民税の個人または固定資産税ですね、あと法人税等につきまして、徴収見込みにより減額をさせていただいてございます。
 で、1款1項2目の法人税の1節現年課税分について1,517万4,000円を減額してございます。これにつきましては、税率の変更がまず1点と、申告の実績によりまた減額というふうな形でございます。
 2項固定資産税の1節現年課税分で2,620万6,000円を減額してございます。これにつきましては、家屋においてですね、伸びがなかったことから今回減額をさせていただいているというふうな状況でございます。
 14、15ページをお開き願いたいと思います。
 3項の軽自動車税で550万円を増額してございます。これにつきましては、当初の見込みより登録台数がふえたことによるものでございます。
 5項都市計画費の1節現年課税分につきましては、固定資産税と同様に家屋の伸びが当初見込みよりなかったということで397万円の減額とさせていただきました。
 次に、6項の入湯税、これにつきましては営業の再開が当初見込みよりおくれたということで180万円の減額でございます。
 2款1項1目の地方揮発油譲与税150万円の減額につきましては、収入見込みにより減額をさせていただいてございます。
 3款の利子割交付金または6款地方消費税交付金、7款のゴルフ場利用税交付金につきましては、収入見込みによりですね、100万円の減額または3,000万円の増額、100万円の減額というふうな形にさせていただいてございます。
 9款の地方特例交付金277万5,000円の増額につきましては、額の確定によるものでございます。
 10款地方交付税の1億1,791万8,000円を増額してございますが、内訳的には、普通交付税のほうで1億6,491万8,000円、これは額の確定というふうな形で、交付税全体では15億4,491万8,000円となってございます。特別交付税のほうで4,700万円を減額してございますのは、(仮称)仙南クリーンセンターまたは一般単独災害における震災特別復興の精算分がありますことから、今回4,700万円を減額させていただいたものでございます。
 18、19ページをお開き願いたいと思います。
 11款交通安全対策特別交付金50万円の減額につきましては、これは収入見込みというふうな形でございます。
 12款1項2目1節の老人福祉負担金17万1,000円の減額につきましては、当初見込みより利用者が少なくなったということでの減額でございます。その下の2節児童福祉費負担金279万8,000円の減額につきましては、徴収見込みにより減額というふうな形でございます。
 13款2項2目民生手数料の1節居宅介護支援手数料187万1,000円の減額につきましては、これも当初の見込みよりですね、サービス計画の作成数が少なくなったというふうな形での減額でございます。3目衛生手数料の1節し尿くみ取り手数料40万円の増額につきましては、収集量がふえたというふうな形での増額になってございます。
 14款1項1目1節の障害者福祉費負担金561万2,000円の増額、その内訳といたしましては、障害者医療費負担金で18万8,000円の減額、これにつきましては実績によるものという形での減額でございます。その下の障害者自立支援給付費負担金で580万円増額してございます。これにつきましては、事業者の利用区分の変更がありましたことから増額になってございます。その下の保険基盤安定負担金1,329万5,000円につきましては、国民健康保険への保険基盤安定というふうな形で追加の交付があったことから計上をさせていただいてございます。
 20、21ページをお開き願いたいと思います。
 3節の児童手当負担金144万1,000円の減額につきましては、12月補正で出生及び転入の伸びが見込まれるということで増額をしてございましたが、見込みより伸びなかったというふうな形での減額でございます。4節施設型給付費負担金1,096万4,000円の増額につきましては、公定価格の改正がありましてその分増額というふうな形でございます。5節地域型保育給付費負担金1,241万7,000円の減額につきましては、小規模保育事業所において当初見込みよりですね、入所児童数が減ったためというふうな形でございます。
 2目の1節母子保健衛生費負担金41万6,000円の減額につきましては、未熟児の出生が見込みより少なかったというふうな形での減額になってございます。
 2項1目の1節社会保障・税番号制度システム整備費補助金95万円の減額、これにつきましては、番号制度に伴う情報連携を行う中間サーバーの整備に要する補助というふうな形になります。で、これにつきましては実績により減額というふうな形でございます。3番、個人番号カード交付事業費補助金391万5,000円につきましては、交付の事務に対する追加の交付があるということから増額をさせていただきました。5節選挙人名簿システム改修費補助金24万5,000円の増額につきましては、選挙年齢が18歳に引き下げられてございます。これに伴いまして、18歳ということで就職や進学のために地元を離れていくという場合、転出する場合ですね、どこの市町村にも一定期間選挙人名簿に登録されないという事態が発生しますことから、それを解消するための法改正があり、それのためのシステム改修というふうな形でございます。
 2目1節の障害者福祉費補助金10万円の減額につきましては、これは補助の確定によるものでございます。2節児童福祉費補助金886万4,000円の増額につきましては、備考欄にございますように、まず、子育て世帯臨時特例給付金事業費補助金37万2,000円の減額につきましては、給付の実績により減額とさせていただきました。あと、地域子ども・子育て支援事業費補助金853万9,000円の増につきましては、延長保育事業または児童健全育成のほうで増額というふうな形になってございます。その下、子どものための教育・保育事業費補助金69万7,000円につきましては、保育所等の利用者負担の軽減を図るためのシステム改修のための補助でございます。2分の1の補助というふうな形になってございます。
 22、23ページをお開き願いたいと思います。
 まず、4節社会福祉費補助金の臨時福祉給付金事務費補助金、または同じく事業費補助金で減額してございますのは、これは給付の実績による減というふうな形になってございます。その下に、年金生活者等支援臨時福祉給付金事務費補助金334万円、同じく事業費補助金7,500万円、これにつきましては65歳以上の所得の少ない人を対象に1人3万円を支給する事業となってございます。それの関係費用という形で補助をされてございます。
 3目1節の循環型社会形成推進交付金53万7,000円の減額につきましては、これは浄化槽関係でございますが、6件の予算に対しまして申請が1件というふうな形での減額でございます。
 2目感染症予防事業費等国庫補助金8万4,000円の減につきましては、これはがん検診に伴うものでございます。事業実績によるものとなってございます。
 4目の1節住宅建築物安全ストック形成事業補助金28万円の減額につきましては、木造住宅耐震診断助成というふうな形でございますが、これも10件の予算に対して申請が6件というふうな形での補助金の減額にさせていただいてございます。2節の道路整備事業費補助金1,237万5,000円の減額につきましては、交付額の確定によるものでございます。
 5目2節の幼稚園就園奨励費補助金111万1,000円の増額につきましては、補助率の改正があったというふうな形での増額でございます。4節防災機能強化補助金927万2,000円の減額につきましては、備考欄に書いてございます各種事業の実績に伴う増額または減額というふうな形にさせていただいております。
 15款1項1目1節の障害者福祉費負担金、これにつきましては国庫負担金と同様にですね、まず、障害者医療費負担金で9万4,000円の減、うちこれを事業実績でございます。また、障害者自立支援給付費負担金で290万円の増額につきましては、利用者の利用区分の変更による増額というふうな形でございます。
 24、25ページをお開き願いたいと思います。
 2節の保険基盤安定負担金で918万8,000円を増額させていただいております。まず初めに、後期高齢者医療保険基盤安定制度負担金で83万円の減額、これは実績に基づくものでございます。あと、国民健康保険基盤安定負担金に1,011万8,000円、これは追加のほうがあるというふうな形です。3節災害援護資金貸付金170万円の減額につきましては、貸し付けがなかったというふうな形での減額でございます。4節児童手当負担金23万9,000円の減額につきましては、12月補正ですね、これも国庫支出金と同じように、出生や転入の伸びが見込めなかったというふうな形で今回減額をさせていただいてございます。5節施設型給付費負担金、これも国庫負担金と同様にですね、公定価格の改定によるものです。6節地域型保育給付費負担金620万8,000円の減額につきましても、小規模保育事業所における入所児童数が見込みより少なかったというふうな形でございます。
 次、2項1目の4節バス運行維持対策費補助金20万円の減額につきましては、これはデマンドタクシーに対する補助でございます。で、県の補助要項で算出額が20万円未満の場合は対象にならないということで、今回18万円の補助というふうな形でゼロというふうな形になってございます。
 2目の1節社会福祉費補助金、民生委員推薦会運営補助金につきましては、今年度新たにですね、推薦する民生委員がいなかったことから全て減額というふうな形でございます。2節の障害者福祉費補助金11万4,000円の減額につきましては、利用者の減または補助金の確定等によるものでございます。4節児童福祉費補助金の1,440万6,000円の減につきましては、まず上のほうに、延長保育促進事業で1,117万1,000円、放課後児童健全育成で1,177万4,000円が全額なくなりまして、そのかわり地域子ども・子育て支援事業費補助金のほうに入ったというふうな形になってございます。
 26、27ページをお開き願いたいと思います。
 3目の2節健康増進事業等補助金23万9,000円の減額につきましてはがん検診でございますが、事業の実績による減額でございます。5節再生可能エネルギー等導入補助金2,148万7,000円の減額につきましては、金ヶ瀬公民館、総合体育館、金ヶ瀬中学校体育館への太陽光発電設置の実績により減額をさせていただきました。6節の宮城県自殺対策緊急強化事業補助金50万円の減額と8節地域自殺対策強化交付金50万円の増額につきましては、補助の名称が変わったというふうな形での今回補正とさせていただいてございます。
 4目農林水産業費県補助金の、まず1節農業委員会補助金2万6,000円、これ追加の交付があるというふうな形で2万6,000円計上してございます。2節農業振興費補助金143万9,000円の減額のうち、まず、青年就農給付金事業補助金、これにつきましては給付要件の関係で申請がですね、28年度におくれるというふうな形で、1件の分減額というふうな形にさせていただきました。あと、その下の機構集積支援事業費補助金10万円につきましては、追加の交付があるというふうな形での増額でございます。農業経営基盤強化資金利子助成事業費補助金3万9,000円の減額につきましては、この資金を借りている方が繰上償還をしたというふうな形での利息の減になってございます。3節転作推進対策費補助金13万5,000円につきましては、事業の実績による減額でございます。4節林業費補助金の331万3,000円の減額につきましては、西原集会所の木質化、宮城県産材を使った場合のというふうな補助でございますが、これも実績により減額をさせていただきました。
 6目の1節木造住宅耐震診断助成事業、これも14万円の減額につきましては、10件の予算に対しまして6件の申請という形で減額でございます。その下の木造住宅耐震改修工事助成事業補助金15万円の減額につきましては、2件の予算に対しまして申請1件というふうな形での減額でございます。
 28、29ページをお開き願いたいと思います。
 3項1目総務費委託金の3節統計調査委託金48万6,000円につきましては、統計調査委託または各種統計調査委託金の実績に基づきまして減額をさせていただきました。5節選挙費委託金783万2,000円の減額につきましては、無投票になったことから減額というふうな形でございます。
 4目の1節農業費委託金、農地の賃貸借の解約等の許可委託金ということで、これは交付の通知があったことから今回増額をさせていただきました。
 16款1項2目の利子及び配当金につきましては、基金等の運用の利息分を今回計上させていただいてございますが、財政調整基金利子で176万8,000円多く伸びてございます。これにつきましては債券の運用によるものでございます。
 2項の3目出資金返還収入で8,512万円、これにつきましては仙南地域広域行政事務組合のふるさと市町村圏基金の出資金の一部が変換されることから、今回計上をさせていただいてございます。
 17款の1項1目一般寄附金のふるさと寄附金120万1,000円の増につきましては、7人の方からいただいたということでございます。また、一般寄附100万円につきましては、株式会社ヒルズ様よりいただいたものでございます。
 30、31ページをお開き願いたいと思います。
 18款の1項特別会計繰入金の4節地方卸売市場事業特別会計、5目の公共下水道事業特別会計繰入金につきましては、26年度の精算による繰り入れでございます。
 2項の基金繰入金、まず1目の財政調整基金繰入金につきましては、今回の歳入歳出の関係から1億9,715万2,000円を減額してございます。28年3月末の財政調整基金の残高につきましては20億3,666万7,000円となるものでございます。その下、8節のスポーツ振興基金繰入金25万5,000円につきましては、全国大会出場者への援助金として繰り入れるものでございます。
 19款繰越金につきましては、26年度の繰越金ということで4,858万6,000円を計上いたしてございます。
 32、33ページをお開き願いたいと思います。
 5項2目弁償金の1節弁償金で6万5,000円減額してございます。これにつきましては、公金横領というふうな形でございますが、遅延利息の計算の初日をですね、判決のあった日からに改めましたことから6万5,000円減額をさせていただきました。
 雑入の、まず宮城県後期高齢者医療連合返還金、これは26年度の精算で1,744万6,000円の増でございます。未熟児養育医療負担金、これにつきましては出生数の減というふうな形、あと、児童クラブ利用実費負担金につきましては、利用児童数が見込みより少なかったことによる減額でございます。
 21款町債の総務費債2目土木債、3目教育債、5目の災害復旧債、これらにつきましては事業の実績による減額または増額というふうな形にさせていただいてございますが、4目の臨時財政対策債で1億6,668万円を減額させていただいてございますが、当初、借りかえを行うというふうな形でかんがえてございましたが、資金的に余裕があるということから、今回借りかえをせずに償還をしてしまうというふうな形での減額になってございます。
 続きまして、歳出のほうに移らさせていただきますので、34、35ページをお開き願いたいと思います。
 まず初めに、各款にわたってですね、職員人件費の精査による減額または時間外手当において一部ですね、増額を行ってございます。時間外手当の増額につきましては、総務費、農林水産業費、商工費というふうな形になってございます。
 それ以外のことについてご説明をさせていただきたいと思いますが、まず、議会費の9節旅費につきましては実績の見込み、また、その下、委託料10万円の減額につきましても実績の見込みによる減額でございます。
 2款1項1目の1節報酬の80万8,000の減額につきましては、区長・区長代理の不在期間があったことから減額というふうな形でございます。9節旅費で20万円の減額、そのうち普通旅費につきましては不足することから今回10万円を増額、研修旅費につきましては実績により30万円を減額してございます。19節負担金補助及び交付金の協働のまちづくり事業交付金6万2,000円の減、区長会視察研修補助金9万円の減につきましては、実績によるものとなってございます。
 2目の文書広報費の14節使用料及び賃借料45万円の増額につきましては、これは電子複写機の賃借料というふうな形になってございますが、今までですね、業務用のパソコンから出力する際にプリンターを使っておったわけでございますが、コピー機のほうから出力するというふうな関係でそちらの分が多くなるというふうな形で今回増額をさせていただきました。
 4目の財政調整基金積立につきましては、実施分について積み立てをさせていただくというふうな形でございます。
 36、37ページをお開き願いたいと思います。
 6目財産管理費の13節委託料で200万円の減額、15節工事請負費で400万円の減額につきましては、西原集会所の工事の実績に基づくものというふうな形でございます。
 7目企画費の1節報酬18万4,000円、大規模事業評価委員という形でございますが、今回開催する案件がありませんでしたことから全額を減額させていただきました。13節委託料118万8,000円の減額につきましては、これは中間サーバーの利用整備委託というふうな形で、これも実績により減額というふうにさせていただきました。14節使用料及び賃借料7万6,000円の減額につきましても実績に基づくものでございます。
 19節負担金補助及び交付金で172万8,000円の減額につきましては、まず、元気なまちづくり活動事業支援補助金50万円の減額でございます。当初50万円をとっとりまして今回ゼロというふうな形になります。申請がなかったというふうな形です。次に、バス運行対策費補助金27万8,000円の減額につきましては、これは宮城交通ですかね、のミヤコーさんへの補助というふうな形で確定による補助というふうな形になります。その下、社会保障・税番号制度中間サーバー利用負担金、これに95万円の減額につきましても実績に基づくものでございます。
 10目の交通安全対策費1節報酬の交通安全指導員15万円の増額につきましては、出動回数が多かったというふうな形です。交通安全対策審議会委員で6万2,000円減額してございますのは、2回の予算をとっとりましたが1回の開催だったということでの減額。8節の報償費で10万5,000円または需用費のほうで207万円減額してございます。これは実績見込みによりまして、まず減額、あと、光熱水費も下がったということでの減額になってございます。
 38、39ページをお開き願いたいと思います。
 3項の戸籍住民基本台帳費の13節委託料及び14節使用料及び賃借料、18節備品購入費につきましては、実績により減額というふうな形でございます。19節負担金補助及び交付金395万1,000円の増額につきましては、これは個人番号カードの交付の事務を委託するというふうな形になってございまして、それに係る追加の交付金というふうな形で計上をさせていただいてございます。
 4項の1目13節委託料49万2,000円の増につきましては、選挙年齢の引き上げに伴う空白期間を解消するためのシステム改修ということで計上をさせていただきました。
 3目の宮城県議会議員選挙費につきましては、トータルで768万6,000円を減額してございます。これにつきましては無投票によるものとなってございます。
 40、41ページをお開き願いたいと思います。
 5項の統計調査費の2目統計調査費につきましては、国勢調査等の実績に伴いまして報酬から委託料まで減額をさせていただいております。
 42、43ページをお開き願いたいと思います。
 監査委員費の1節報酬で12万円減額してございます。これにつきましても実績により減額というふうな形でございます。
 3款1項1目の1節報酬、民生委員推薦会委員につきましては、新たに推薦する委員がいなかったことからの減額、また、28節繰出金につきましては、保険基盤安定負担金の国・県からの追加交付があることからの繰り出しというふうな形になってございます。
 3目障害福祉費の1節報酬1万1,000円の減額につきましては実績、または、8節報償費、12節の役務費につきましては、支出する事由が今回発生しなかったことから全額減額をいたしてございます。13節委託料の76万4,000円の増額につきましては、まず、日中一時支援事業委託料、これは150万増額してございますが、利用時間数の増があったことからの増額で、そのほかにつきましては実績により減額をさせていただいております。18節備品購入費3万2,000円、ロッカーでございますが、これはマイナンバー関連の書類を保管するため新たに鍵つきのロッカーを購入することでございます。
 20節扶助費の1,365万円の増額につきましては、44、45ページ目のほうを見ていただければと思います。まず、障害福祉費サービスで1,600万円増額してございます。これにつきましては利用者の利用区分変更に伴うものでございます。その他の増額または減額につきましては実績によるものというふうになってございます。
 5目の老人福祉費の1節報酬または4節の共済費で減額してございます。これにつきましては、当初4月から採用予定でしたが7月からの採用となったことからの減額でございます。13節委託料の52万6,000円の減額につきましても、当初見込みより利用者数が少なかったというふうな形になってございます。28節繰出金のほうで2,434万2,000円減額してございます。これにつきましても、まず、介護保険特別会計繰出、これは介護給付費の減少によるものでございます。その下の保険基盤安定繰出または後期高齢者医療特別会計繰出につきましても、実績による減というふうにさせていただきました。
 6目の世代交流振興費の7節賃金、11節事業費、13節委託料、次ページに行きまして、14節使用料及び賃借料の減額につきましては、実績によるものというふうな形でございます。
 7目の臨時福祉給付金事業、これにつきましては給付が終了しておりますことから、実績による減額でございます。
 8目年金生活者等支援臨時福祉給付費事業ということで、これは新たに出てまいりましたものでございますが、歳入のほうでも申し上げましたように、65歳以上の所得の低い方への給付金の支給に伴う経費というふうな形で、1人3万円の支給をするというふうな形での費用でございます。
 48、49ページをお開き願いたいと思います。
 まず、13節委託料で59万円減額してございます。で、その中では社会保障番号制度のシステム改修のほうで減額してございますが、子ども・子育て支援システム改修委託料で139万6,000円、これは歳入でも申し上げましたが、保育所等の事業者の負担の軽減の拡大を図るためシステム改修委託というふうになってございます。20節扶助費の20万円の減額につきましては見込みによるものでございます。
 その下の2目児童措置費の20節扶助費の192万円の減額につきましては、出生や転入を見込みまして12月補正をいたしましたが、伸びなかったことからの減額にさせていただきました。
 3目障害福祉費の扶助費で50万円の増額、これにつきましては利用人数の増加があったことからの増とさせていただきました。
 5目保育所運営費の19節負担金補助及び交付金2,710万7,000円の減額につきましては、まず、地域型保育給付費で1,990万8,000円の減額でございます。これにつきましては小規模保育所事業所における入所児童数の減に伴うものでございます。1つ下がって、施設型給付費で475万5,000円増額してございます。これにつきましては、認可保育所のほうになりますけれども、公定価格の改定に伴う増額、その下の延長保育促進事業補助金、これにつきましては国庫補助の基準額の変更に伴う減ということで1,195万7,000円を減額させていただきました。
 6目の桜保育所費の共済費、社会保険料25万円、賃金で120万円減額してございますのは、臨時職員の途中での退職がありなかなか確保できなかったというふうな形での減額というふうな形にさせていただきました。
 50、51ページをお開き願いたいと思います。
 まず、児童館費の4節共済費、社会保険料29万4,000円、7節賃金で182万2,000円の減額につきましては、再任用職員でここを対応させていただいたことからの減額でございます。8節児童センターの報酬で46万4,000円の減額、これにつきましても中途で退職された方がおりましたことから減額、または、4節共済費、7節賃金での減額につきましては緊急雇用で一部対応したことによる減額となってございます。
 52、53ページをお開き願いたいと思います。
 大きなところで申し上げますと、13節委託料で500万7,000円を減額してございます。500万7,000円ですね。これは母子保健健診指導委託料という形でございますが、利用者数の減または利用回数の減によるものとなってございます。20節扶助費で164万6,000円の減額につきましては、未熟児の出生が見込みより少なかったものでございます。28節繰出金で729万3,000円を増額してございます。これにつきましては仙南夜間初期急患センター事業特別会計繰出金で、診療収入の減少に伴う繰り出しというふうな形になります。
 あと、3目環境衛生費の13節委託料120万円の減、これにつきましては緊急雇用でこれも一部対応したことによる減額でございます。あと、19節負担金補助及び交付金で412万4,000円の減額につきましても、まず、スマートハウス補助金で100万円、これも実績というふうな形になってございます。あとは合併処理浄化槽の整備事業補助金ということで167万円減額してございます。これは6件の予算に対して申請が1件のみだったというふうな形でございます。
 あと、5目の病院運営費につきましては、負担金の確定に伴いまして188万5,000円を減額してございます。
 54、55ページをお開き願いたいと思います。
 まず、1目の塵芥処理費で13節委託料175万円を減額してございます。これにつきましては、今回側溝土砂の清掃がなかったことから全額を減額させていただいてございます。
 2目のし尿処理費につきましては、まず、12節役務費で3万円、13節委託料で40万円増額してございます。これにつきましては、収集量がふえたというふうな形でございます。
 6款1項3目の11節需用費で600万円減額してございます。これにつきましては、放射性物質の抑制剤、塩化カルシウムになりますけれども、これを散布する予定でございましたが、平成28年産米用としては行わないことにしたことによる減額でございます。19節負担金補助及び交付金の133万9,000円の減額のうち、青年就農給付金事業補助金、これにつきましては申請が28年度にずれ込むためのものでございます。また、生活センター維持補助金で23万9,000円増額してございますのは、修繕料がちょっと多くなったというふうな形での増額にさせていただきました。
 56、57ページのほうに移らさせていただきます。
 7款商工費の1目商工総務費で1節報酬で65万円の減額、4節で共済費で6万1,000円の減額につきましては、中途での退職というふうな形での減額になってございます。
 あと、2目の商工振興費の19節負担金補助及び交付金で195万円の増額につきましては、借り入れ申し込みがふえたことに伴い、この保証料の補給金のほうを増額させていただいたというふうな形でございます。
 58、59ページをお開き願いたいと思います。
 8款2項3目の道路新設改良費の工事請負費1,715万円の減額、または17節公有財産購入費で918万2,000円の減額につきましては、実績により減額をさせていただきました。
 60、61ページをお開き願いたいと思います。
 ここ、4目の都市整備費の19節負担金補助及び交付金で120万円、駅前再開発ビル管理負担金ということで減額してございます。これにつきましては、電気代等の減額に伴う減というふうな形でございます。
 5項の1目13節委託料で102万4,000円を減額してございます。まずは、一番上の町営住宅整備事業委託料、これは実績に基づき46万4,000円、その下の木造住宅耐震診断助成事業委託料に56万円の減額につきましては、10件の予算に対して6件の申請というふうな形です。19節負担金補助及び交付金の60万円の減額につきましても、まず、避難弱者につきましては2件の予算に対して1件の申請だけだったと。あと、スクールゾーン内危険ブロックにつきましても、2件の予算に対して、これは申請がなかったというふうな形でございます。
 62、63ページをお開き願いたいと思います。
 9款1項5目の19節負担金補助及び交付金で5万9,000円増額させていただいてございます。これにつきましては自主防災組織育成事業補助金ということで、補助申請がちょっと予算より超えているということで今回5万9,000円増額をさせていただきました。
 10款1項2目の19節負担金補助及び交付金で私立幼稚園就園奨励費補助金485万2,000円を減額してございます。これは入園児童数が見込みより少なかったことによるものでございます。
 10款2項1目大河原小学校費の11節需用費で45万円、光熱水費ということで増額してございます。これにつきましては、プールの水の入れかえがちょっと多かったことによるものでございます。
 64、65ページをお開き願いたいと思います。
 5目の金ヶ瀬小学校管理費の中で11節需用費20万円の増額、これにつきましてもプールの水の入れかえがちょっと多かったことによる増額となってございます。
 では、3項中学校費の3目金ケ瀬中学校管理費の11節需用費60万円光熱水費でふえてございます。これにつきましてもプールの水の入れかえがあったというふうな形での増額になってございます。その下の14節使用料及び賃借料につきましては、体育の授業を総合体育館で行っておるわけでございますが、それに伴う送迎がふえたというふうな形で29万円を増額させていただきました。
 66、67ページをお開き願いたいと思います。
 4項1目社会教育総務費の、まず8節報償費で100万円を減額してございます。これにつきましては、町民学園の商品券代ということで見込みにより減額でございます。その下の積立金8,512万1,000円につきましては、歳入のほうでも申し上げましたように、ふるさと市町村圏基金の返還金を文化振興基金のほうに積み立てるというふうな形で増額をさせていただいてございます。
 68、69ページをお開き願いたいと思います。
 4目図書館費の19節負担金補助及び交付金の120万円の減額につきましては、駅前オーガに関する部分でございますが、電気代等の減額によるものでございます。
 5項1目の19節負担金補助及び交付金で全国大会出場援助金ということで25万5,000円を増額させていただきました。そのほかにつきましては実績による減額というふうな形でございます。
 70、71ページをお開き願いたいと思います。
 こちらにつきましても、11款につきましても実績によるもの、または13款の170万円の減額につきましては、借り入れる方がいなかったことによる減額でございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
 質疑者に申し上げます。質疑するときはページ数を言ってから挙手願いたいと思います。ご協力お願いいたします。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ページ13ページの歳入の1款町税に関してなんですけども、大分今回説明書き書いていただいたんですけど、減額がちょっと多いので金額も多いので詳細説明を再度お願いします。
 あと、ページ19ページ、13款使用料及び手数料の2項手数料の民生手数料ですかね、の1節居宅介護支援手数料の減額のところなんですけども、ここの減額の何でしょう、利用者数の減なのか、利用のサービス内容の変更での減なのかを教えていただければと思います。
 以上、2点お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 歳入1款町税、各税目に渡りまして今回減額をさせていただいてございます。税目ごとにご説明申し上げます。
 まず、1款1項1目個人町民税滞納繰越分につきましては、調定額の減、見込みより滞納繰越に落ちた調定額が少なかったということでの減でございます。
 2項法人につきましては、税率が改正となっておりまして12.3%から9.7%への税率改正、これが事業年度が半分残っておりましてその分での所得割の収入見込みの減額、また、法人等により法人の再編等による均等割の減額ということで、法人町民税現年課税分1,517万4,000円を減額させていただいてございます。
 次に、滞納繰越分につきましても、最終調定見込みの減額によるものでございます。
 次、2項1目固定資産税でございます。固定資産税現年分につきましては2,620万6,000円の減額ということで、まず、土地につきましては評価がえに伴う時点修正等の誤りにより減額をいたすものでございます。家屋分につきましては、経年減点補正が約2%程度であろうということで予測してございましたが、これが物価上昇率に伴う再建築費の上昇に伴いましてこの経年減点補正の原価額を吸収すると見込んでおりましたが、その物価上昇率再建築費の増嵩がなかったために、建物については減額させていただくものでございます。
 2節滞納繰越分につきましては、個人町民税と同様に最終調定額が減額、少なくなったということでございます。
 次に、3項軽自動車税でございます。軽自動車税につきましては、当初見込みが9,800台程度と見込んでございましたが、これの登録が1万500台と約700台の登録増加があったということで、実績に基づき調定をふやしたための増額補正といたすものでございます。
 都市計画税につきましては、固定資産税でご説明した内容と同様でございます。
 次に、6項入湯税につきましては、企画財政課長の詳細説明でもございましたように、対象事業所の再開がおくれたということで、予定したた月数分が実績により少なくなったということで180万円を減額させていただいたものでございます。
 町税につきましては、そのようなことでよろしくお願いいたしたいと思います。また、固定資産税につきましては、当初見込みの積算が甘かったのではないのかなというふうにも判断しておりまして、その点についてはおわび申し上げるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) ページ19ページ、居宅介護支援の手数料なんですけれども、これにつきましては、まず1つについてはですね、26年度から比べますと件数については減っております。その理由といたしましては、今回187万1,000円というふうな金額なんですけども、件数にいたしますと約400件ほどの減となる。これについてはですね、1つは今まで要支援1・2の方についてはですね、介護プランというふうな形で立てたわけなんですけども、それがこの手数料に入ってくるわけなんですけども、これをですね、一般介護予防への移行したということで、この手数料が入ってこなくなったということで、このような形で減額になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ありがとうございます。町税のほうなんですけども、今、見込み甘かったというところがあったかもしれないという部分と、あと、予想のところが予想どおりにいかなかったということあったんですけど、そういう際のもうちょっとこう早い段階で修正というかそういうのは、時期を早めてっていうのはできないものなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 補正の時期につきまして、12月段階での補正も考えてございましたが、さきの固定資産税の課税誤りにより全員協議会でもお話しさせていただきましたように、それらの処理が一定程度終息してからということで、今回の3月の補正ということになったものでございます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。
 昼食のため、午後1時より再開します。
     午後0時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き、会議を行います。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、13ページお願いします。
 先ほども出ましたけれども、この町税、個人、法人についても説明ありましたけれども、この補正の第9号、ほぼ最終かなとは思うんですけれども、この時点でですね、特に滞納の方の件ですけども、当初で見込んでたのと比べて現在はどういう状況なんですか。当初よりも、減額だから減っているのかなと思うんですけども、滞納額あるいは滞納者の状況っていうのはこの時点でどういうふうになっているのか伺いたいのが1点であります。
 それから、ページは17です。6款の地方消費税交付金1項の1目の地方消費税交付金ですけれども、これは説明の中に社会保障分1,000万円ですけど、この積算根拠というのはどうなってるのか。国では、消費税導入が平成元年から導入されてずっと社会保障のためにということでずっと言ってきましたけども、今現在8%です。これ8%全部ではないように思うんですけど、何%分がこういうふうに1,000万ちゅ形で来ているのかですね、積算根拠を示していただきたい。それから、8%のうち何%この中に社会保障分として計上されてるのか伺います。
 それから、10款の地方交付税です。その下ですね。ここに来て大幅に増になっておりますけど、先ほどちょっと説明されたのかどうか、ちょっと私メモとらなかったんですけど、ここに来て大幅にふえている理由をもう一度お願いいたします。特交についてはわかりました。仙南クリーンセンターの関係ちゅうことですね。
 それから、ページ19です。下のですね、国庫支出金1目の民生費国庫負担金の1節障害者福祉費負担金の中の障害者自立支援給付費負担金、これは利用者の利用区分の変更という話がありましたけれども、どんなふうに区分が変更されたのか伺います。
 それからですね、ページは21です。国庫支出金の5節地域型じゃなくて、4施設型給付費負担金の1,096万4,000円、これ公定価格の改正というふうに先ほど説明ありましたけれども、この公定価格どのように改正されたんでしょうか。伺います。
 それから、一番下ですね、同じ国庫支出金の2項2目民生費国庫補助金の2節児童福祉費補助金。ここのですね、子育て、一番上ですね、世帯臨時特例給付事業費補助金、これ歳出にも当然出てきますけれども、これは該当者の方、37万2,000円減ですけど、全員に漏れなく給付されたのかどうかですね。
 それから、2番目の地域子ども・子育て支援事業、これについては新たに延長保育と、それから、児童育成が追加と、こんな説明ありましたけれども、も少し詳しくですね、この補助金の中身を、延長保育がうんとふえ、どのぐらいふえてるのか伺います。
 それから、その下の子どものための教育・保育事業費補助金、利用者負担軽減措置ということありましたけども、この中身もお伺いしたいのが21ページですね。
 それから、23ページの一番上です。4節の社会福祉費補助金、この臨時福祉給付金、これもそうですが、両方、2番目の事業費補助金288万6,000円減になってありますけども、これも全員が該当者が漏れなく支払われたのかどうか伺います。
 それから、その下、年金生活者等支援臨時福祉給付金、これ事務費と事業費になっておりますけれども、65歳以上所得の少ない方というふうな説明ですけれども、その低所得者とはどういう基準を示しているのかですね、お願いします。当町ではどれぐらいの方が該当になっているのか伺います。
 それから、2項の5目教育費国庫補助金の2節幼稚園の就園奨励費補助金、これも補助率の改定ということがありましたけども、この中身を説明お願いいたします。
 23、よろしいでしょうか。大丈夫です。はい。私は大丈夫、心配しなくても大丈夫。
 25ページですね。この県の支出金の1目総務費県補助金の4節バス運行維持対策費補助金、先ほどの説明ですけれども、デマンドタクシーに関することで20万未満に対象ってならないということですけど、これはデマンドタクシーを運行これさせてからこの補助というのはあったんでしょうか。ちょっともう少しこの中身、補助金の中身を説明していただきたい。これ恐らく県内どこでもやってますので、県内全部に受けている補助金だと思いますので伺います。
 それからですね、25の次は27ページ、県支出金の3目衛生費県補助金の4節、6節と、これ何だ、番号が違うね、6節と7ですね、節、これ宮城県自殺対策緊急強化事業補助金と、これ6、7ですね、8になってますけどあっ、ごめんなさい。失礼しまた。番号順だった。失礼しました。8ですね。これ名称が変わったということでなっておりますけれども、この事業費というか中身というのは、名称が変わっただけで変わらないんでしょうか。そこお願いします。
 それから、31ページです。18の繰入金2目の基金繰入金の8目スポーツ振興基金繰入金の1節スポーツ振興基金繰入金25万5,000円、これ全国大会出場、これ歳出にも出てきますけれども、この中身ですね、伺います。
 それから、35ですね、35ページの2款総務費1項総務管理費1目一般管理費の1節です。報償、報酬、この区長、そして区長代理、不在期間が長かったということでの80万8,000円ですけども、今40、43ですね、行政区の中でこの区長代理っていうのはどういう状況ですか。今区長のなり手もなかなか苦慮してるような現状ありますけれども、町はその状況つかんでるのか。この減額になっている観点から伺いたいちゅふうに思います。
 それから、43です。43の3款民生費1項社会福祉費の3目障害福祉費の中のですね、13節委託料です。その中の、先ほども説明ありましたけど、日中一時支援事業委託料、これは利用時間増ということでしたけれども、150万、ここに来て150万が出ているというのは、もう少し利用時間が増になっているその背景にあるの、どんなのがあるのかですね、伺いたいと思います。
 それから、45。45は、ごめんなさい、先ほど聞きましたのでパスです。47。ここも聞きましたね。済いません。前、聞きましたので、47もちょっとパスします。
 49の3款民生費の2項児童福祉費の6目桜保育所に関してです。この7節の賃金120万、臨時職員できなかったということでありますけれども、今、桜では要するに正職員以外に非正規雇用といったほうがいいのか、嘱託あるいは臨時のことですけれども、どんな状況になってますか。なかなかこの臨時職員を採用するっていうのはどこまで難儀してるようであります。そういう中で当町の現状はどうだったのか伺います。
 それから、51ページですね。済いません。51もちょっと関連なのでいいです。53ページの、これ最後です。4款の衛生費13節委託料母子保健健診指導委託料、これ利用者の回数の減とってますけど、なぜこんなに507万も減額になったのか伺います。
 以上です。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 13ページ、歳入町民税の税目全般にわたっての2節滞納繰越分でよろしいんですよね。(「はい」の声あり)はい。滞納繰越分は説明にもございますように、当初調定見込みが最終調定見込み額全て下回っております。これにつきましては、平成26年度中におきまして滞納整理の徴収努力の結果が今回の補正にあらわれておるものでございまして、滞納整理が非常に順調に進んだという結果のあらわれであるというふうに見込んでおります。
 また、滞納者の状況についてでございますが、滞納者の状況につきましては、その26年度の滞納者との面談等を通して、27年度におきましても当初予算のとおりに順調に推移しておるということでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 17ページの地方消費税交付金の社会保障分として1,000万円増額というふうな形でございます。これにつきましては、まず、消費税及び地方消費税合わせて8%でございます。で、このうち国の分ということで6.3%、地方分ということで1.7%というふうなまず割り振りになってございます。で、この1.7%のうち1%分が通常の一般財源分の地方消費税というふうな形になりまして、0.7%分が社会保障分というふうな形になります。で、この分で若干伸びがあるということで、今回1,000万円の増額補正をさせていただいたものでございます。
 同じく、地方消費税交付金のほうで普通交付税の方で1億6,491万8,000円を増額してございますが、普通交付税につきましては7月末あたりには額の決定がございます。で、その間に補正等の財源ということで留保している分がございます。で、今回一番最後というふうな形になりますことから、残っていた交付決定分について今回計上を差し上げたというふうな形でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 14款国庫支出金1項国庫負担金の民生費国庫負担金の1項目障害者福祉負担金の中の障害者自立支援給付負担金なんですけれども、580万、これにつきましてはですね、障害者自立支援につきましては約20項目の補助メニューがございます。その中で一番大きいものについては施設入所とかあるんですけども、あと就労支援ということであるんですけども、利用区分、先ほど企画財政課長のほうからですね、利用区分の変更というふうな形で説明があったわけなんです、したわけなんですけれども、あと、利用区分イコールで単価改正がありまして単価が上がったわけでございます。それによってですね、金額的に上がったというふうな形になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) ページ20、21ページの、まず14款国庫支出金1項国庫負担金の4節施設型給付費負担金で公定価格がどのように改正ということですが、公定価格がですね、4月にさかのぼりまして、人勧の関係なんですけれども、4月にさかのぼって1.0129%ということで月々の分が改定になって、それが4月にさかのぼったということで、支出のほうでも4月にさかのぼって支払うようになります。
 それから、同じく21、22ページの民生費国庫補助金の児童福祉費補助金、最初は、子育て世帯臨時特例給付事業費補助金ですが、実績により37万2,000円減額なっております。こちらにつきましては、昨年、児童手当の対象の世帯ということで3,000円ということで配ってるんですが、まず公務員の方についてはですね、児童手当は町で出してないもので、ただ臨時特例給付金は町で出しておるもので、なので公務員の方につきましては申請があった分がそのまま対象者という形になろうかと思います。それ以外の方につきましては、こちらでつかんでる対象者の方に通知さしあげてて、対象となるが未申請だった方は22人いたようでございます、結果的に。実績としては歳入歳出同じですが、124人当初の見込みより減になりまして、3,209人に支給している状況でございます。
 同じく、児童福祉費補助金の地域子ども・子育て支援事業費補助金の853万9,000円ですが、こちらはこの子ども・子育て支援事業補助金当初予算のときには、こちらにこの補助金に含まれている事業が、利用者支援相談事業、それから保育所の一時預かり、それから地域子育て支援拠点事業等だったんですが、その中にですね、保育所の延長保育、それから放課後児童クラブ関係の費用が補助の規定が改定になりまして、延長保育と放課後児童クラブもこちらの地域子ども・子育て支援事業費補助金のほうに含まれたということでございます。延長保育につきましては民間のほうに支出、歳出のほうにも出てくるんですが、そちらについても減になってるんですが、一部については公定価格のほうに含まれたということもございまして、歳出のほうでも補助金が減額になっております。
 続いて、その下の子どものための教育・保育事業費補助金で、こちら保育所の保護者負担金の軽減に関するシステム改修ということでございますが、こちらはですね、28年度から保育所の保護者負担金なんですけども、今までも多子減算という形で、同じ家庭から保育所にお二人、3人といた場合にお二人目は半額、3人目は無料というのがあったんですが、それが28年度からですね、あれですね、所得制限はあるんですが、その1番目2番目と数えるときの年齢制限がなくなるということで、例えば上の子が小学生でも2番目の子が保育所に入ればその子は第2子目ということで半額になると、そのような改正がございますので、それに伴うシステム改修でございます。改正の中身はそういうことでございます。
 それから、22、23ページの14款国庫支出金2項国庫補助金の5目教育費国庫補助金の2節幼稚園就園奨励費補助金の補助率の件でございますが、こちら補助率が(「12番」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 順番どおり行かないとだめだよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 1人いたんですね。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。順番どおりお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) ページ23ページ、4節の社会福祉費補助金の中の臨時福祉給付金事務費補助並びにですね、事業費補助金、あと、年金生活者等支援臨時福祉給付金の事務及び事業費のご説明を申し上げます。
 これにつきまししては、ページ47ページのですね、第3款民生費1項社会福祉費の7目と8目に関連しております。ですので、これのですね、まず、臨時福祉給付金事務のほうからご説明申し上げます。これにつきましては、支給人数が3,615人になっております。それで支給額が2,169万円になっております。これでですね、送付人数につきましては3,828名の方が該当しておりましたので、その方に送付しております。ですから、この約200人程度の方の開きがあるんですけども、この方についてはですね、不要もしくはですね、所得があった方ということで、私らほうでは来ない方についてはですね、再三ですね、通知を差し上げてるところでございます。
 あと、次のですね、年金生活者等支援臨時福祉給付事業なんですけども、これにつきましては、先ほどもご説明申し上げましたけれども、65歳以上の非課税の方、非課税の方で誰の扶養にも入っておられない方について1人3万円。それで、該当者はですね、約2,500人おります。で、金額が7,500万円ということになっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 同じく22、23ページの5目教育費国庫補助金の2節幼稚園就園奨励金補助金でございますが、こちらの補助率ということなんですが、こちらの補助金に関しましては、補助率といいますか、国の予算のほうで枠が決まってその中で配分される補助金の額が決まって配分されるということでございまして、ことしは少しずつその配分が上がって最終的に111万1,000円の補正ということになったものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 25ページの15款2項1目4節バス運行維持対策費補助金20万円の減額でございますが、先ほどもご説明申し上げましたように、デマンドタクシーに対する補助ということで、これは運行開始から多分出ておるものだと思います。で、例年21万円とか20万3,000円くらいの補助になってございましたが、県の要綱でこの算出額が20万円未満となった場合は交付がされないというふうな形で、今回計算をいたしましたところ18万円になったということで、交付対象外になったということでの減額というふうな形でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 27ページの6目宮城県自殺対策研究強化事業補助金と8目の地域自殺対策強化交付金ということで、これですね、事業名がこういうふうに変わりまして、内容的には前と同じということであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、18款繰入金、基金繰入金の18.2の8スポーツ振興基金繰入金のお答えを申し上げます。
 こちらにありますのは、大河原町でスポーツ振興基金という基金が別枠でございます。そちらのほうからこの収入のほうですね、25万5,000円を入れまして、歳出のほう69ページ、議員おっしゃったようにですね、69ページの10の5の1ですね、1の保健体育総務費ということで全国大会出場援助金ということで同じく同額25万5,000円となっているものですが、中身につきましてはお話のとおり全国大会に出場した方々への援助金ということで、さまざまな全国大会の種目がございますけれども、その種目と、それからその中のカテゴリーっていうかレベルによりまして5,000円から、オリンピックだと20万円上限なんですが、その辺のところの金額を定めておりまして、今年度につきましては24名の方に援助金を差し上げるというものでございます。ちなみに昨年度につきましては19名でございました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今度は歳出になります。ページ35ページ、2款総務課1目の一般管理費1節の報酬、区長・区長代理の80万と8,000円の減でございます。企画財政課長のほうから不在の期間があるというお話もさせていただいておりますし、残念ながら区長さんの退任によって新しい区長さんがまだ見つかってない行政区もありますし、同様にですね、区長代理さんも置いてない行政区もあるというふうに思っております。区長代理さんにつきましては、区長さんの推薦といいますか、そんな形でお願いしてるところでございますけれども、なかなかですね、なり手といいますか、スムーズにはいかないというようなお話は聞かせていただいております。今回の80万8,000円の減につきましては、そういった期間もありますし、あと、当初の段階でですね、区長さんの報酬については班がふえると報酬もふえるような状況になります。そういった増班といいますか、班をふやすような想定のもとで計上した部分もありまして、今回そういったものを精査させていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 43ページと13委託料、日中一時支援事業委託料でございますけれども、これにつきましては施設への預かりというふうな形になります。それで、平成、これは人数的には37名ほどで10カ所の施設があります。それで、平成26年度実績でいきますと460万ほどだったわけなんですけれども、今回ですね、27年度については約630万ほどになる見込みということで150万円ほど上げております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 48、49ページの6目桜保育所7節賃金でございますが、臨時職員の桜保育所の臨時職員の状況ということでございますが、臨時職員につきましては嘱託、それから賃金の臨時職員、それから短時間勤務の保育士等かなりの数いるわけでございますが、4月の段階では何とかぎりぎりですが必要な人数頑張って確保するわけなんですが、その方が中途で年度の途中で都合でやめられるというようなときには、本当に次の方を年度途中で見つけるというのは大変厳しい状況でございます。有資格者を希望しても見つからず、無資格の方、幼稚園教諭免許の方などで対応することもあるという状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 53ページ、13委託料の500万7,000円の減につきましては、母子保健健康診査の指導委託料ということで、これにつきましてはですね、母子手帳交付見込み者数の減ということで37名ほど少なくなっております。あと、それに伴いましてですね、妊婦健診、これの回数の減ということで、これも14回ほど少なくなるということでこのような形で減になっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) あと、17ページです。この消費税、地方消費税交付金、地方分が1.7、そのうちという1%と0.7に分けて0.7は社会保障。これはですね、町長、どんなふうに考えてるんでしょうかね。社会保障のために消費税は使うんだと、平成元年に私議員になったときなのでよく覚えてるんですが、3%導入したときからそういう言い方をずっとしていて、今27年、28年目ですよね、本当に何かこれは全く言ってることと実際こういうふうに地方のこう予算を見ると全然違うなと思って、非常に私は何ていうんでしょうか、批判をしている1人なんですけども、やはりこれこの状況を見るとやはり何ていうんでしょう、取ったら取ったで消費税はちゃんとみんなに還元するちゅう点では今後ですね、地方6団体の中で、これでいいのかということをぜひ議論していただいて、やはりそのために取った分はちゃんと還元するということでぜひ臨んでほしいなということで、あえてこの場で町長にお願いしたいというふうに思います。その答え、後でいただきます。
 それから、19ページです。この障害者の自立支援給付金のことですけれども、単価が上がったということで、これはこの支援ちゅうかサービスを受けている当事者にとっては、これはどうなんですか。利用料上がったんですか。その辺どうなのか伺います。施設にとってはどうなのか、利用者にとってはどういう影響になってるのか、伺います。
 それから、21ページです。節のこの2、一番下ですね、児童福祉費補助金、先ほどの説明ですと子育て世帯臨時特例、これは歳出にももちろん出てきておりますけど、課長の先ほどの答弁ではえっ、続けていいですか。(「はい」の声あり)未申請、要するに申請のなかった22人というお話ありましたけれども、この人たちは、何ていうんでしょうか、漏れてるのか、それとも、わかってても自主的に申請しなくともいいんだということなのかですね、その辺どんなふうにつかんでるんでしょうか。せっかくこういう臨時特例給付金なので徹底して一人残らず、要らないという人は別としてもですね、そこまできちんと町として詳細に状況つかんで今後もこれ対応するつもりなんですか。ぜひしてほしいんですが、その辺どういうふうに考えてるのか伺います。
 それから、23ページですね、年金生活者云々ですけれども、65歳で非課税世帯。そうしますと、やはりこれはこれでいろんな国の考えでこういうこと来るので、非常に町民は「いつ来るの」「いつこれ支給されるんですか」という待ってる方も事実いらっしゃるんですが、どうなんですか、非課税世帯で、これ漏れなく皆さんに給付にできるという、その事務をやっている担当課では十分そういう態勢できているんでしょうか。そのことをお願いします。
 それから、ページはですね、25ページ、先ほどの5節ですね、施設型給付金の負担金で、公定価格の変更はわかりました。この公定価格が上がったり下がったりというのは施設にとってはどういうふうになんですか。それと、そこで利用している利用者にとってはどういう影響が出るのか伺います。
 それから、31、このスポーツ振興基金、これもちろん69ページの歳出で出てるんですが、この全国大会の出場については前も他の議員からも、も少し、何ていうんでしょうかね、この出場するということは子供だけじゃなくて場合によったら家族もあるいは学校もこう、何ていう、随行していくんですけども、先生方の場合はある面で仕事で行きますので、どうなんですか、何ら個人負担というのはないと思うんですけど、この家族あるいはその距離にもよりますけれども、これは他町と比べて我が町の基準というのは高いんですか低いんですか。何かもう少しこれは充実してほしいなという思いがあるんですけれども、来年度も同じような基準でのこの全国大会への町が補助は変わらないのかですね、ぜひ私は見直してほしいんですけど、どういうふうに考えてるのか伺います。
 それから、35、報酬の区長の件です。班がふえると区長さんの報酬がふえるという話、これ初めて聞いたんですけども、私はですよ、ほかの議員さんはどうかわかりませんけど、どのくらいふえるんですか。それとですね、区長とか区長代理の、これは恐らく区長さんに払う報酬の基準があるんだと思うんですね。3つの段階しか私知らなかったんですけどもね、距離と面積と人口、それは知ってたんですけど、こういうのが加わったちゅうのは実は私初めてなので、今お伺いしています。
 ほいで区長さんあるいは区長さんの代理が置いてないというよりも、私が知る範囲内では、なかなか交渉するんですけどなかなかお引き受けにならない。それはいろんな事情があるんですよね。高齢だとか大変だとか。それで、区長さん、区の業務をかなり、私はふえてますので、なかなかそういう点では、これからも区長さんや区長代理を確保するっていうのは、高齢化、超高齢化の中で大変かなと思ってるので、も少しこう区の仕事を簡素化、簡素化っていうか何かそういうことは今後考えてるんですか。ここで伺います。
 それから、40これ最後ですね、49ページです。桜保育所の賃金ですけれども、途中で都合でいろんな事情でおやめになる方この臨時職員いますけれども、こういう中でやはり正職員が充足率私は足りないと思ってるんですね。先ほどの課長の話ですと、場合によったら資格のない方もその補助として対応せざるを得ないくらいこうぎりぎりのところに来てるように思いました。これは桜保育所なので、民間の場合もどうなってるか、恐らく深刻な状況あると思うんですけれども、どうなんですか、来年度に向けて正職員を補充するっていう考えはもってるんでしょうか。ぜひしていただきたいと思ってますので、以上、その辺を伺って、再質問をまず2回目を終わります。よろしくご回答をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 17ページでありますが、地方消費税交付金についての地方に対する配分が低いんではないかというご指摘であります。今年度の予算編成のときもお気づきだったと思いますけども、国のほうの手当として相当社会保障に厚く回ったというふうに私は認識しております。その消費税8%のうちでどの部分を地方に回すかどの部分で国で使うかっていうのは、これは国の問題だと思いますけども、これで少ないという印象は若干否めなくはないんですけれども、国と地方とのバランスもいろいろ考えた上でですね、町の場合は県の町村会に対して意見を言うべきときは言ってまいりたいというふうに考えておりますので、まずはちょっと国と町の、自治体のバランスもですね、やっぱり少し検討さしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 19ページの障害者自立支援の給付金の負担金なんですけども、おのずとですね、利用金額が変われば個人負担あと施設についてもですね、施設に入るお金についてもですね、ふえるというふうな形になります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 21ページの子育て世帯臨時特例給付事業費でございますが、町で対象として把握している方には当然一番最初に全員にご連絡さしあげておりまして、その後、申請されてない方には申請してくださいということでもう一度ご連絡さしあげて、最終的に22人の方が申請されなかったということで、年度も終わりましたので、たびたびのご案内でも申請されないので、今回は申請するつもりがないのかなと判断しておりまして、今後対応ということは今特に考えておりません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 23ページの臨時福祉給付金なんですけども、これにつきましてはですね、新しく年金、済いません。年金生活者等支援臨時福祉給付金につきましては、国が27年度予算で出てきたもんですので、それにつきましてはですね、繰り越しというふうな形でですね、28年度に支給するということで、支出の53ページの支出にも、済いません、47ページですか、47ページの支出のところにも書いておりますけれども、これについてもですね、やっぱりシステムちょっと構築しなきゃならないというふうな部分もありますので、早急に28年度にですね、対応できるような形でやりたいと。
 あと、態勢についてもですね、今年度につきましてはですね、臨時福祉給付金が交付しております。それの態勢に見習った形でですね、行っていきたいとこう思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、31ページのスポーツ振興基金の関係についてお答えを申し上げます。
 援助金のほうが少ないんではないかというご質問でございますが、近隣市町といいますか、知ってる範囲では基金を設けて、援助金のほうを出してない市町村もございますし、出してる市町村もございます。その中でもっと高額といいますか、高い助成金を出してる町村もあるようでございます。その辺のところも加味しながら基準というのは、難しいところですけども今後検討していかなければならないのかなと事務局のほうでは思っておりまして、実は大河原町にこのスポーツ振興基金のための運営の審議会がございます。審議会と申しましても町長をトップにしまして役場の中の部、それから、オブザーバーで体協さんを入っていただいたりとかしてる審議会ございますので、その辺のところとも検討しながら進めていきたいなというふうに思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) ページ戻りまして、申しわけございません。24、25ページでございます。25ページ、県支出金県負担金の6節、済いません、5節施設型給付費負担金で公定価格のお話でございましたが、公定価格上がったり下がったりというんですが、公定価格という考え方27年度から出たもので、今のところ下がるということはないと思っております。公定価格が上がりますと施設の給付費がふえるものですので、施設にとっては特にデメリットはないものと思っております。利用者にとっては、利用者負担金は公定価格にかかわらず一定でございますので、利用者負担がこれによって変わることはございません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ページ35ページでございまして、区長、区長代理の報酬でございます。まず、その積算につきましてはですね、あす予算委員会がございまして、その中で詳細に説明させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、その区長さんあるいは代理区長さんのなり手がいないということでは、町も重々把握しております。その原因の1つに、業務がふえているんではないかというようなお話もありましたけれども、実はかつて区長さんの充て職ってのはもっともっとあったと思います。そういったものを整理しようということで少し改善した経緯はございますし、今でもですね、全てを区長さんにお願いするというようなシステムは多分ないと思いますけれども、いろいろ行政との情報の伝達等々におきましてやはり区長さんにお願いしなければならないことは多々あるのかなと思っとります。いつまでも不在という行政区にもなってはなりませんと思っておりますし、庁舎内でですね、何かいい方法を考えてみたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 49ページの桜保育所の賃金。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 待って。あっち終わってからね。いいです。やり直ししてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) はい。正職員がそういう状況、保育所の条件がそういうことでございまして、民間はどうなのかということでございましたが、民間についても保育士の充足というのはなかなか大変な状況があるということは聞いておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町の保育における保育士の関係でございますけれども、4月に保育士3名新たに採用になります。昨年度、昨年度といいますか、昨年試験を行いまして、大河原町は比較的その募集もほかの町に比べるとあるのかなというふうに思ってました。今回も5人ぐらいの募集がありましたけれども、3人というふうな形で採用という形になります。保育基準に満たすような保育の確保に努めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1つだけ。あれっ、さっきのデマンドのは私言わなかったかな。(「言わなかった」の声あり)ちょっと待ってください。ちょっとデマンドのところ私ちょっと聞くの、デマンドで20万円以下ということで今回18万ということですけど、どういうあれが、中身どういうなんですか。18万というのはどんな中身が対象のこの事業、基準が20万円なのか伺います。
 それから、21ページのですね、子ども家庭課の課長さんの件です、じゃなくて、子ども・子育て臨時については未申請者が20人で、これはもうこれからしないということですけど、3月これはたしか31日までですか、今年度、今月までのこれ期限はそうでなかったでしょうかね。あえてちょっとそこだけ確認させてください。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、デマンドタクシー、バス運行補助金ということで、20万円以下で補助要項によりまず補助の対象にならないというふうな形で、計算をいたしますと18万円になったというふうな話でございます。で、計算の内容につきましてはかなりちょっとこまい状態になっておりますので、ここでちょっと説明し切れないと若干思います。それで、(「後で伺います」の声あり)ええ。それにつきましては後でご説明させていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 臨時特例給付金ですが、今月末期限というお話ですが、ちょっと申しわけございません、今手元に資料ございませんので、後ほど回答させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 歳入のほうは実績によるとか確定によるというなことでいろいろあるんですけども、歳入はさておきまして、歳出のほう行きます。
 まず、34、35ページだけじゃないんですけども、全体的な時間外手当のことについてお聞きしたいと思います。34、35では、時間外手当が250万12月にふやして、また3月に120万、これで当初700万だったのが1,070万になっとります。甚だしいのは、ページずれますけども、54、55ページの農業総務費であります。これについては130万当初ですね、そして9月で50万、12月で150万、3月で120万、450万という、このね、時間外ってのは、課長が果たして時間外命令簿をきちっと出してるのかどうなのか。職員のその勤務態勢のこの時間外で果たしていいのかどうなのか、この辺についてまずお答えをいただきたいと思います。
 それから、36、37ページでございます。これの企画費の中の報酬、大規模事業評価委員、これ18万とってありますけども、当初では3回分と説明を受けました。開催する案件がなかったっていうことで0回ですね。先ほどの農業の関係のやつだと1回だけしか見てないんですね。大体年次計画っていいますか実施計画から見れば、大体どのくらい回のものがあるのかっちゅうことからわかれば、ちょっとこれとり過ぎじゃなかったのかなっていうふうに思いますが、その辺の考え方。
 それから、19節の負担金補助及び交付金、元気なまちづくり事業活動補助金、これ50万に対して申請者がなかったっていうことで50万の減、来年度も50万出してるようですけども、この辺の見直しは必要ないのかどうのうかということです。
 それから、次のページの38、39です。戸籍住民基本台帳費でございますが、この中の委託料、本人確認書類追記プリンター保守点検委託料9万1,000円に対して7万3,000円減、1万8,000円しか使わない。それから、備品購入費の中の本人確認の書類の追記プリンター、これ9月に97万4,000円とって46万8,000円今回減、50万6,000円。これ実績っていうことなんですけども、プリンターは使ったくらい支払うっていうことなんでしょうけども、保守点検料っていうのは大体見積もりとるんではないかと思うんですけども、9万1,000円とってて1万8,000円しか使わなかったっていうのは、これ実績っていう言葉で表現、これでいいのかどうなのかちょっとお伺いしたいと思います。
 それから、42、43ページでございます。これの中の障害福祉費13節の委託料です。下の手話奉仕員等養成研修委託料、これ当初38万4,000円でございました。この33万6,000円減額して4万8,000円です、使ったのが。して、今年度から取り組むということで、一般町民対象の専門ボランティアを育成するんだっていうことなんですけども、4万8,000円でどのくらいの育成をされたのかお伺いをしたいと思います。
 それから、48、49ページでございます。5の保育所運営費、5目の保育所運営費の負担金補助及び交付金でございます。この中の地域保育型給付費、これについては1,990万8,000円ほど減になっておりまして、当初予算よりも2,600、当初予算が4,638万8,000円ですから実質は2,648万円ということになりますけども、先ほど、去年の、きのうの佐久間議員の一般質問の中にもありましたけども、例えばですね、小規模保育所が経営が大変だと。保育をしなければならない義務は町が負ってるわけですよね。それに対して民間に委託をすると。そうした場合に、民間ではそれだけの人員なり何なり確保しておかなきゃならないわけですよね、常に。何かあった場合、町で「頼みます」。「保育所の保育士がいないからだめです」っていうわけにはいかないと思うんですよ。
 そうした場合に、この民間に対してですね、町独自である程度の補助っていいますか運営費っていいますか、そういったものをやってやらないと、民間で受ける人いないと思いますよ。町立の保育所でさえ臨時の職員がつかめない状態なんですから。それを民間において保育士とかそういった保育補助に携わる人たちを何とか確保してくれっていうときに、「定員割れてっから、あんたほうこの分しかいないからだめですよ」ったら、受けとる人がいないと思うんです。この辺のところやはり、町長ね、もう少し私は考えていただきたいなと。佐久間議員がいろいろきのう説明、一般質問の中で私聞いてびっくりしましたんで、その辺のところはね、やはりもう少し前向きに、来年度からでもいいですから検討していただければと思います。
 それから、同じ19節なんですけども、延長保育事業費の補助金、これ1,900万ほど減になってますけども、国庫補助の減とか公定価格の改定とかって言いますけども、延長保育を受ける子供達の数が随分減ったっていうことなんでしょうか。それとも、施設のその保母さんっていいますか、そういう職員の態勢で受け入れられないっていうふうな形で減になってるのか、その辺をお聞かせ願いたいと思います。
 それから、52、53ページです。保健衛生費の中の保健総務費の中の扶助費ですが、養育医療費、これが164万6,000円ていう減額っていうことで半分以上減額したんですけども、これについては200グラム以下の未熟児の治療費というふうなことと理解してるんですけども、減るっていうことはそれだけ未熟児が少ないっていうことでよかったのかなというふうに思うんですけども、これ何人くらいこの対象になったのかお聞かせ願いたいと思います。
 それから、54、55、塵芥処理費の中の、清掃費の中の塵芥処理費委託料、側溝の清掃土砂収集委託料175万予算に対して175万まるっきり落としておりました。清掃がなかったっていうことなんですけども、放射能の関係もあるんでしょうけども、側溝は結構土砂たまっていると思うんですよね。置き場がないって言われればそれまでかもしれませんけども、何かこの辺、このせっかく175万とってて全然使わないで、側溝がきれいならいいんですけども側溝は詰まり放題詰まってるってな状態なんで、この辺のところの考え方お聞かせ願いたいと思います。
 それから、58、59ページ、土木費の道路橋梁費でございますが、この中の道路新設改良費ということで工事請負費、それから公有財産費で、1,715万、それから918万2,000円を減額してるわけですけども、説明では実績というふうな形になってるんですけども、使う金がこれだけだからということなんですけども、予算から見ると結構減額なんですよね。つまりその土地の交渉がうまくいかなかったからこの分しか工事できなかったっていう説明ならわかるんですけども、実績と言われますと、過大見積もりなんですかと私は言いたくなるんですけども、その辺の内容についてお聞かせ願いたいと思います。
 それから、60ページと61ページです。土木費の中の住宅費、住宅管理費の19節負担金補助及び交付金の中のスクールゾーン関係なんですけども、これが30万とってて30万減額、つまりなしと。2件を予定してるっていうことなんですけども、これ何かうまい方法、手立てを考えないと、このブロックの除去については私は難しいと思うんですよね。ですから、この辺の考え方ですね。このまままた来年度再来年度もやったって、やらないって言われればそのまま残すだけだと思うんですよ。やっぱり危険な箇所については除去するためにどうしたらいいかっていうことやはりもう少し考えていただきたいなと思うんですけども、それについてお答えを願いたいと思います。
 それから、金ヶ瀬小学校の管理費なんですが、64、65ページですが、これ、屋内運動場照明工事9月に80万7,000円補正増してるんですね。そして、今回100万減ていうことはこれどういう意味だったのか。9月補正しなくても済んだんではなかったかなと思うんですけども、この考え方と、それから、中学校費の金ヶ瀬中学校の管理費、これ太陽光発電の工事請負費ですけども、一番下、なぜこんなに900万も減になったのかお伺いをしたいと思います。
 あと、次の66、67の、これ全体的にも言えるんですけども、扶助費、教育振興費の扶助費、これ随分減ってるんですね。金ヶ瀬中学校にしても。これ何人、これ金ヶ瀬中学校教育振興費の場合の扶助費は6人ていうふうに当初では説明受けたんですけども、これ実質何人だったのかお伺いをしたいと思います。
 それから、68、69ページの5項の保健体育費の体育施設費なんですが、この修繕料なんですが、需用費の中の修繕料なんですが、当初81万3,000円ということで39万3,000円前年よりもふえて予算をとってたわけです。で、アリーナとかハロゲンランプ交換というふうな説明だったんですけども、結果は前年比よりも減となって61万3,000円ですか、実質。この内容がちょっと私わかんないんで、この中身についてお知らせを願いたいと思います。
 それで、最初と同じですけども、最後に町長にお聞きしたいんですけども、72ページですが、これの2番目の一般職の中のその下の職員手当の内訳でございます。これ中の時間外手当の分でございます。これ当初3,214万2,000円だったんですね。それが補正補正でやって、結果的には当初よりも876万6,000円の増というふうな形になっております。非常に時間外、職員の時間外がふえてるというこのことに対して、ちょっと職員が過重労働になってるんじゃないかっていうふうな考え方もあるわけですけども、この辺の町長の考え方をあとお聞かせ願えればというふうに思います。済いません。10分過ぎました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時10分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時21分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き会議を開きます。
 最初に、町長のほうから答弁をお願いいたします。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 堀江議員の最初と最後の質問でありますが、職員の時間外勤務手当のことについてお答えしたいと思います。
 ことしはですね、マイナンバー制度の導入とか、あるいはまち・ひと・しごと創生総合戦略の策定、また農政の転換期ということで、大変大きな課題がドンと来たという関係でですね、相当ふえる事情にあったんではないかというふうに思っておりまして、ある程度はやむを得ませんけれども、なるべく職員の負担を軽くするような方法を今後考えてまいりたいというふうに思っております。具体的には各課から説明をお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今、町長のほうで申し上げましたけれども、いろいろな特殊な事情があったというふうに思っております。特に一般管理費、それから農業総務費につきましては、12月にも増額補正をした中で、さらに今回もですね、増額というな形になったものでございます。なかなか先を見越すっていうのが難しいとこでございますが、前回も申し上げましたけれども、ノー残業デーの徹底とかですね、いろいろな職場内での業務の見直し、そんな形の中で職員の元気回復につながるような形の中で対応できればなというふうに思っております。
 農政委員会につきましては、課長のほうからお話をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) さきに時間外については事前命令、事前確認そういったことで事前に申し出を受けて、それで命令という形をきちんととってはございます。あと、こういった業務なんですけども、当然年間スケジュールなり、あと、業務、そういったところ見ながら分担、区分け、そういった具合にして効率よくやっておったつもりでありますけども、なかなかその相談業務とかそういった業務が予想以上といいますか、こうふえてきてございます。そういったことから、なかなかそういった職員の管理というところでは十分ではなかったなと考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 37ページの1節報酬の大規模事業評価委員、今回3回予定をしておりましたが0回だったということで、基本的には1億円以上の事業を評価していただくというふうなことになってございます。で、1回でこれが済むのかと言いますと、まず、その大規模事業の内容の説明を委員さん方のほうに行い、その後委員さんに評価をしていただきとりまとめというふうな形を考えてございまして、最低3回くらいは必要なのかなということで予算計上をさせていただきました。たまたま今回はそのような案件がなかったことから減額というふうな形でございます。
 次に、19節負担金補助及び交付金の中の元気なまちづくり活動事業支援補助金50万円、申請がゼロということで、27年度は2回ほど公募を行いましたが、その2回ともなかったというふうな形でございます。で、26年度につきましてはたしか3件だったかと思います。5件に対して3件ということで、なかなか利用しづらい部分が要項の中に若干ございますので、それにつきましては今後内部で検討させていただければと思っております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 続きまして、38、39ページ、2款総務費3項戸籍住民基本台帳費の1目戸籍住民基本台帳費の13委託料、本人確認書類追記プリンター保守委託料と18備品購入費、本人確認書類追記プリンターの件についてご説明いたします。
 これにつきましては、昨年10月から施行されましたマイナンバー制度に伴います通知カード、マイナンバーカードの住所変更した際の、その住所変更の追記のためのプリンターを購入しました。それで、予算計上の際の見積もりを徴収したときの金額で予算を計上させていただきましたけども、実際にその見積もり入札の結果によりこのような金額ということになりました。
 それで、保守委託料につきましては、予算9月補正させていただいたときには10月からの3カ月分ということで保守料を計上させていただきましたけども、実際は1月からということで、3カ月分の保守料になりましたので減額補正にさせていただいた状況でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 43ページ、13委託料の手話奉仕員等養成研修事業委託料なんですけども、これは当初なんですけども38万4,000円、これにつきましては単独でやった場合については38万4,000円ですけれども、2市6町がですね、まとまりまして、それで行う、白石市、会場が白石市になったんですけれども、そこの中で行ったわけなんです。それで、2市6町で38万4,000円を案分しまして1町当たり4万8,000円ということで、そのような形でこういう減額になった次第であります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 49ページ、5目保育所運営費の19節負担金補助及び交付金の1点目は地域型保育給付費の減でございますが、小規模保育事業所につきましては当初の予定では4月からということでしたが、1つの施設が10月からになったということと、定員も減ったということでこのように減になっております。小規模保育施設、非常に経営大変だということは町としても承知していることでございまして、入所児童がふえるように努力しているところでございます。今後の経営の安定につきましても検討していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 それから、同じ19節の延長保育促進事業補助金でございますが、子供の数が減ったのか受け入れの問題かということですが、こちらは補助の仕組みが変わったことによりまして、1つはですね、まず、保育の標準時間というものが今まで8時間だったのが11時間になりまして、その関係で保育所の給付費を計算している公定価格の中に、最初からこの3時間の増加分が含まれて公定価格が上がってるという部分がございます。それで、その11時間を超えてる部分が延長保育という形で、補助金ということで町から民間に出しておるところです。ですので、今回1,100万減らしておりますが、もともとは1,600万程度ございましたので、四百何十万かはその補助金としてまだ残っているものでございます。それで、その超えた分の補助金につきましては、今回出ております国・県の地域子ども・子育て支援事業補助金のほうで手当てされてるというな状況でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 保育所の運営に対して町として何らかの補助ができないかというご趣旨の質問というよりもご提言がございました。これにつきましてはですね、国の一億総活躍社会ということで、保育士などのマンパワーを確保できるようにするために、いろんな補助金の加算金も今国のほうで検討してるということでございます。ただそれで足りるかどうか私は若干疑問に思っておりますので、町独自のですね、何らかの形で施策は講じられないものかということで、町長就任後も庁議の場所でいろんな提言をして今検討をしてきたところでありますけども、また、ことしから子ども家庭課長かわりましので、課長にもいろんなことを検討してもらいたいという指示は出しております。
 で、きのうの佐久間議員の一般質問、また、堀江議員の今のご提言もありましたので、改めてですね、しっかりと町独自の方策、例えば民間も公立も両方にらんだですね、例えば奨学金制度町独自でできないかとかですね、これちょっと確保するには即効性がないんですけども、それを含めてですね、どのような対策が講じられるかについて真剣にこの際考えたいということを申し上げたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 53ページの扶助費の中のですね、164万6,000円のマイナス、養育医療費なんですけども、これにつきましてはですね、未熟児の出生者の減ということで、当初10名を見ておりました。それで、5名が減で今現在5名ということで、当初312万3,000円とっておりましたけれども、実際は147万7,000円ぐらいになるということであります。
 あと、先ほどですね、手話奉仕の関係で人員なんですけども、3名、大河原から3名ほど行っております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 54、55ページの4款衛生費2項の清掃費の1目塵芥処理費の13委託料の側溝清掃についてでございます。当初予算につきましては175万円ということで、この震災前の収集委託料と同額程度ということで予算は計上させていただきましたけれども、平成26年の12月に2回実施しております。それで、大分緩和されたということもありましたので、これでその処分費用につきましては800万円かかっております。処分の受け入れ業者とかその処分場の場所の関係とかですね、単年度ではちょっと難しいということを判断いたしまして、今回補正で減額させていただいております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 58ページ、59ページ、道路新設改良15節工事請負、中核病院西線道路改良工事でございます。これにつきましては、当初5,400万、補助申請のおおむね6割、60%の内示を想定しておりましたが、実際国からの内示枠につきましては40%ということでの内示になったために減額をしたものでございます。これにつきましては、当然その海側にやっぱりその交付金事業が流れるということで、20%減という形で割当て内示が減ったというな形でございます。
 続きまして、保料5号線道路改良工事260万でございます。これにつきましては、西原集会所に伴う道路の拡幅でございました。これにつきましては、西原集会所のほうに水道を入れたということで舗装の一部をですね、水道のほうで開削したということでございますんで、来年度水道のほうで全面舗装の復旧がえをするということで、今回舗装の復旧がえをうちのほうで見ておりましたが、来年度に水道課のほうで全面復旧をするというな形で落とさせていただきました。当然その同じ庁舎ということでございます。協議不足ということでございますんで、申しわけございません。
 続きまして、公有財産購入費でございます。918万2,000円でございます。これにつきましては、過年度から用地の交渉をしておりました病院の道路用地ということで。それで、その用地の交渉の段階で道路に必要な部分と残地の部分までということで、最大限ご協力いただくために残地の分の用地費までとっとりましたが、今回おかげさまをもちまして道路に必要な部分だけの用地の交渉でですね、合意をいただきましたので、残地補償分を今回落とさせていただいたものでございます。
 続きまして、60、61ページ、住宅費負担金補助及び交付金、スクールゾーン内危険ブロック除去でございます。これにつきましては、毎年その職員とですね、県の職員がですね、残4件ということでございます。毎年お願いに上がっててですね、ブロック塀の撤去についていろいろお話をさせていただき、ご協力をいただきたいということで回っております。今回もゼロというな形になりました。今後につきましては、やっぱりそのどのような形がいいのか、児童生徒の安全を確保するために行政側のほうで撤去することも1つの方法かなとはいうことで考えております。来年の予算といいますか、今後の検討課題にはなると考えてございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) ページ64、65ページ、10款教育費2款小学校費5目金ヶ瀬小学校管理費の15節工事請負費、屋内運動場照明改修工事になります。この工事につきましては、当初予算で850万を計上いたしましたが、この積算は補助申請のための積算ということで、予算要求段階でしておりましたが、実際に工事発注のための積算を改めてやり直したところ、不足高が生じるということがわかりまして80万7,000円を9月に補正させていただきました。その後、入札を行いまして730万4,040円で契約を行いました。それによりまして、不用額が生じてきたということから、今回減額をさせていただいているところでございます。
 それから、次に、10款教育費3項中学校費の3目金ヶ瀬中学校管理費の中の15節工事請負費、金ヶ瀬中学校屋内運動場太陽光発電電気設備設置工事の900万円の減額についてですが、この工事は金ヶ瀬中学校屋内運動場等の改修工事の1つとして、実際は一体になった形での施工を行っておるものでございます。そのため、実際に入札段階での契約金額といいますか、この分の工事費につきましては予算が3,213万円というところでしたが、契約は2,202万5,520円というようなことになったことから、その請け差ということで900万円を減額しているものであります。
 66、67ページ、中学校費の4目金ヶ瀬中学校教育振興費の中の20節扶助費、ほかの各学校の扶助費についても同様の傾向が今回はありますが、軒並み減額をさせていただいております。これは見込んでいた申請認定数が少なかったことによる減額ということになります。金ヶ瀬中学校の場合は当初6人を見込んでおりましたが、4名の生徒に対する扶助を行っているものであります。ちなみに、大河原小学校は55人、南小学校は36人、金ヶ瀬小学校が1人、大河原中学校は62名が、27年度の実績として就学援助を行っている人数でございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、69ページ、体育施設費の需用費、修繕料の20万円減の質問に対する回答でございます。
 議員ご指摘のように、当初予算では修繕料81万3,000円なっておりまして、20万減ですから61万3,000円の現在残になろうかと思うんですが、こちらの需用費の修繕枠につきましては、総合体育館と、それから東部屋内運動場、あと学校開放で使っている小中学校の体育館の修繕全ての合計でございます。そん中で実績を見ますと、大きかったのはですね、総合体育館天井ランプの交換、これが33万9,120円ということでなっておりまして、それから、金ヶ瀬小学校体育館のバレーボールの支柱の格納台という支柱を運んだりする台があるんですが、その修繕の4万3,000円、この2つと、あと小さなものはあるようでございます。あと、残り若干20万近く残ってるようでございますけども、こちらについては修繕費ということでまだ何があるかわからないということで、今現在残しておるというものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大体わかりました。1つ、1つじゃない、ちょっと漏れたのあったんで、追加で申しわけございませんが、歳入のほうの22、23ページの国庫支出金の国庫補助金の中の教育費国庫補助金、5目のですね、して、これの防災、4節の防災機能強化補助金、これですが、金ヶ瀬中学校屋内運動場防災機能強化ということで一番下なんですが、888万2,000円、これ減額になってますね。当初888万2,000円予算とってて888万2,000円減ていうことは、ゼロということになるんだと思いますが、このゼロになった理由を、ちょっと追加で済いませんがお聞かせ願いたいと思います。
 それから、時間外ですが、時間外の考え方もいろいろあるかと思うんですけども、確かにいろんな事業があったということですけども、毎年毎年必ずっていってくらいあると思うんですよ、いろんな事業というのは。何もないんだごったら大河原町も発展しませんし、そういった意味からすると、やはりその職員の量と仕事の量、この部分の見直しっていうのは私は必要なのではないのかなっていう、極端に言えばも少し職員をきちっと補充していかなければならないんではないだろうかというふうに思うんですけども、この辺について町長の見解を伺いたいと思います。
 それから、48、49ページの保育所関係の関係ですけども、先ほど地域型保育所給付費につきましては非常に前向きなお話をいただきましたので、ぜひ検討していただきたいと思います。私ごとですが、私が福祉の担当やってたときに一時、金ヶ瀬カトリック保育園と、それから大河原幼児園の子供が定数が割れまして、金ヶ瀬カトリックの先生方とかが、誰かやめなきゃならんとかこれから全員で給与下げっかとかいろいろもめたこともあったんですよ。大河原幼児園もそうだったんですけども、そのときに、このあと二、三年たつと何とかなるだろうという形の中で、町独自でね、助成できないもんだろうかということでいろいろ協議して、町長の許可をもらって何の枠組みを立てないで人件費1人分を3年間たしか補助したことがあるんです。ほれは何に使ったっていいと、そのかわりあんたたちも努力してください、町も努力しますっていう形の中で人員を確保してもらった。その後、保育所が子供がふえてもそのスムーズにやっていけたという過去の歴史もあるわけですね。
 ですから、その何も全額この補助金を出してくれとか何とかということじゃなくて、町の努力もいろいろ、新規の新しい未満児が来たらばほの小規模のほうに入れないかとか、そういうふうな町の努力と、あと、施設側としてもやっぱりそれなりに努力してもらうという、こう何ていいますか、お互い痛み分けっていいますか、助け合いっていいますか、そういうふうな形でうまくやっていければ幸いかなと思いますので、ぜひこの辺は検討していただきたいなということで、これはお願いをしておきたいと思います。
 それから、中核病院の関係なんですが、58、59ですが、中身は理解できました。そいで、用地関係も道路分の合意を得たということなんですけども、今後の見通し、もしわかればお聞かせ願いたいと思います。
 それから、60、61のスクールゾーン関係、これももう町としていろいろ検討していくということなので、できるだけ前向きに検討していただければ幸いというふうに思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 以上です、あっ、あと側溝あった、忘れてた。54、55。この側溝の清掃ですが、確かにこの前の一般質問の中でも処分費用が800万かかるということで単年度ではなかなか難しいっていうふうなこともあるわけですけども、これをですね、例えば川西、川東、金ヶ瀬とかっていうふうな3区分あたりにこう大ざっぱに分けてですね、やってもらえないだろうかなっていうな感じはするんですよ。側溝も結構たまってますからねわ。ですから、ちょっとした大雨が降るとすぐ側溝があふれるっていうふうな状況にもなってますので、これ年次計画みたいなのを立ててですね、きちっと側溝清掃を、一概に全部やれっていうと大変な金額になるでしょうから、その年度計画でやっていけないものなのかどうなのか、その点をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) ページ22、23ページの国庫支出金国庫補助金の5目教育費国庫補助金、その4節防災機能強化補助金の金ヶ瀬中学校屋内運動場防災機能強化の部分について888万2,000円を減額させていただいております。この防災機能強化補助金、その上には南小、金ヶ瀬小、大河原小・中学校とありますが、屋内運動場、体育館の照明設備をLED化するというのが上は3つなんですけれども、金ヶ瀬中学校の場合は新築とはいうものの、防災機能としていわゆる防災備蓄倉庫をこの防災機能強化の補助金として使えるものと当初予定しながら予算を組んだわけなんですが、その後、この防災機能に防災備蓄倉庫は該当しないということがわかったものですから、町単独でこれは一応行わなければならない。ただ武道場の関係についてはこれを補助金がついたということもあって、工事のほうはそのような形で進めてまいりました。で、今回この補正によりまして、補助金の部分となります888万2,000円も落とさせていただくということになったものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私からは、時間外勤務手当に関連いたしました質疑と申しますか、これまたご提言ということで受けとめておりますけども、役場の人、仕事の関係を見直したらどうかと、こういったご提言でございました。実は、ことしですね、新たに定員管理計画を策定しておりまして、向こう3年だったと思うんですけども、これからの人員配置を考えております。これまで相当人員を減らしておりますのでその辺配慮しながら、なるべく少ない定員を維持するような方向で今考えておりますので、詳しくは総務課長からお答えしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今、町長のほうが申し上げましたけれども、第5次のですね、定員管理計画を平成27年策定という形の中でつくり上げてきたところでございます。で、今の町長の話もありましたけれども、これまでは職員を削減するというような方針もあったかというふうに思っています。で、私も、今度の計画についてはそういったことではなくて、やはり適正な人数の配置ということで、必ずしも削減という方針ではないというお話をさせていただいたところでございました。そういったことを踏まえて、何とかほかの自治体と比べてもいろいろサービスの低下につながらないような人事配置を、先ほど町長3年て言いましたけれども、5年間、平成27年度から31年度、数字上になるかどうかはわかりませんけれども、そのときそのときの業務量であったりサービスであったりそういったものを考慮しながらですね、適正な配置に努めてまいりたいというふうに思っておるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 側溝清掃についてでございますけれども、庁舎内のほうでですね、十分検討させていただきまして、今後どのような計画で側溝清掃をやっていったらいいか検討していきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 中核病院西線道路改良工事、これにつきましてはその用地のほうも100%完了ということになりました。それで、今後の見通しでございますけども、国の予算配分なかなか厳しい状況でございます。用地が全て完了でも、予算内示のほうが40%というな状況でございますんで、平成28年度につきましては、用地全部完了でございますんで、現況田んぼのほうにですね、盛り土をしていきながら、28年度分は一部舗装も入れるというふうな形でございます。あと、29、30ということで2カ年、最終30年にですね、完了を目指しているところではございますが、今言ったようになかなか40%という厳しい枠の中でですね、及ぶという状況でございますんで、最終の完了年度につきましてはまだ不透明なところもございます。
 続きまして、次のページでございます。負担金補助及び交付金、スクールゾーンにつきましては、先ほども答弁しましたようにですね、何回も毎年毎年職員、あと県の土木事務所の職員ということでお願いしている状況ではございますが、なかなかさっぱりそのご理解をいただけないところはございます。当然その自分の財産、他人の財産というところもございますんで、その辺をどのようにクリアしていくか検討していきたいということで、前向きに検討していきたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 1点だけです。6ページの第3表債務負担行為補正ということで、子どもの心ケアハウス施設賃借ということで今回1,800万の計上されておるんですが、この間の全員協議会の説明で、今場所の検討してるんだという、再検討ということをしてるんだということだったんですが、大体決まったからここに上げてきたんだかどうだか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 子供の心のケアハウス事業の施設の関係なんですが、一応オーガの1階の場所について、今回のこの債務負担行為をお認めいただいた後に、お認めいただければ、その後に仮契約を一応結びたいと考えております。その上で、施設設置のための条例の件なんかについても、今回の中で提案させていただくというふうに考えているとこであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) この間の全員協議会なんかでもいろいろ質疑が出た中で、この契約はいいんですけども、5年間ずっと契約するのか、それとも、懸案という、も少しこう離れた静かな人目のつかないところがいいんじゃねえかなんていうような全員協議会の中でも出てたもんですから、契約期間をですね、5年間目いっぱいとるんじゃなくて、途中でこう方向変換できるようなフランクな契約にしておいたほうがいいんではないのかなというふうに思うんですが、その辺の考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 議員の皆様からはいろいろなありがたいご意見をいただきながら、こちらのほうもいろいろと検討は進めてきておるところではありますが、今回のオーガの1階をその施設として借り上げるに当たりまして、一応まずは途中で、3年間をまず1つの期間として、その後2年間を継続ないしは変更することが可能な契約を締結したいということを今考えているとこであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第17号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第18号 平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算
                  (第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第18号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 町民生活課長。詳細説明を求めます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) それでは、議案第18号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の詳細説明を申し上げます。
 6ページ、7ページをお開きください。
 初めに、歳入でございますが、1款後期高齢者医療保険料につきましては、賦課額の実績に基づき1目特別徴収保険料で750万円減額し1億1,971万9,000円、2目普通徴収保険料で50万円減額し6,522万3,000円とするものであります。
 3款繰入金1項1目一般会計繰入金の1節保険基盤安定繰入金につきましては、低所得者等の保険料軽減分を公費で負担することにより、市町村における後期高齢者医療財政の基盤安定に資するものとなるものでありますが、事業の確定に伴い、保険基盤負担金軽減分では595万円の減額、特別軽減分被扶養者分では151万円を減額いたしております。
 同じく3款の2節その他一般会計繰入金につきましては、事務費繰入分で82万1,000円を減額するものです。
 次に、歳出についてご説明いたします。8ページ、9ページをお開き願います。
 1款総務費1項1目の一般管理費につきましては、システム改修委託料で82万1,000円を減額しております。これは請け差に伴い減額するものであります。
 2款後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、保険料の収入精査及び保険基盤安定負担金額の確定により、910万6,000円を減額いたすものであります。
 これらの結果、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ992万7,000円を減額し、2億4,579万2,000円とするものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第18号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き会議を開きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第19号 平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算
                  (第3号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第19号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) それでは、議案第19号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正は、予算総額から歳入歳出それぞれ3,817万8,000円を減額し、26億2,795万8,000円とするものであります。
 それでは、事項別明細書に基づきご説明いたします。6ページ、7ページをお開きください。
 第1款の国民健康保険税につきましては、被保険者数の減少と保険税の5割軽減及び2割軽減の減額基準の所得算定の引き上げの影響により減額補正するものであります。
 第3款国庫支出金の国庫負担金の1目療養給付費等負担金でございます。今年度の医療費の見込み及び負担金の支払額によりそれぞれ国庫負担金が見込まれることから、増額、減額補正を行っております。
 2目の高額医療費共同事業負担金につきましては、歳出の高額医療費共同事業拠出金の4分の1が交付されますことから減額補正をいたしております。
 次に、8ページ、9ページをお開きください。
 次に、3款の国庫支出金の財政調整交付金1節普通調整交付金につきましては医療費等の見込額により交付されるものでありまして、これにつきましては減額し、2節特別調整交付金につきましてはその他特別の事情により交付されるもので、東日本大震災により医療費波及増加により交付される見込額により増額するものであります。
 2目の災害臨時特例補助金につきましては、東日本大震災による東京電力福島第一原発発電所の事故により保険税の減免及び療養給付費に係る一部負担金の減免の特例措置に係る負担金分の補助であります。
 4款療養給付費交付金につきましては退職者医療に係る分の交付金でありまして、社会保険診療報酬支払基金からの変更通知により3,400万円を減額するものであります。退職者被保険者数の減によるものであります。
 6款県支出金の1項3目1節の被災者健康支援事業補助金につきましては、特定健診時の尿酸、クレアチニン検査分の実費負担分の補助金であります。
 次に、10ページ、11ページをお開きください。
 7款の共同事業交付金の1目高額医療費共同事業交付金につきましては80万以上の高額医療費に対する交付金で、額の確定で764万2,000円の減額、2目の保険財政共同安定化事業交付金につきましては、今年度より80万円未満の全ての医療費が該当となりまして、額の確定により1,998万2,000円の減額となります。
 9款の繰入金でございますが、1目の一般会計繰入金の1節保険基盤安定繰入金でございますが、保険税の軽減、7割、5割、2割軽減した分に対する繰入金でございます。保険税軽減分と保険者支援分がありまして、保険税軽減分としては、平成27年度は5割、2割の軽減判定基準額の引き上げが行われたことにより軽減額が増額になりました。また、保険者支援分につきましては、平成27年度から2割軽減も対象になり、また、7割、5割に対する補助率が引き上がったことにより増額補正を行いました。
 2目の国庫財政安定化支援事業繰入金につきましては、額の確定により増額いたしております。
 2項1目の国民健康保険財政調整交付金、次ページです。失礼しました。次ページ、12、13ページの財政調整基金繰入金につきましては、800万円を減額いたしております。これによりまして、財政調整基金の残額は3億688万3,000円となる見込みでございます。
 次に、歳出についてご説明いたします。14、15ページをお開きください。
 2款保険給付につきましては、現在までの医療費の実績と今後の見込額によりそれぞれ増額、減額補正を行っております。
 次に、16、17ページをお開きください。
 4項1目の出産・育児一時金につきましては、今までの実績と今後の見込み額により3件分増額しております。
 3款後期高齢者拠出金、6款介護納付金につきましては、歳入の国庫負担金の確定見込みにより財源更正を行ったものです。
 7款共同事業拠出金でございますが、1目高額療養費共同拠出金は80万以上の医療費が対象、2目の保険財政共同安定化事業拠出金については80万未満の医療費が対象になっておりまして、それぞれ金額の確定により増額、減額を行っております。
 次に、18ページ、19ページをお開きください。
 8款保険事業費の1目特定健診等事業費につきましては、事業の実績見込みにより減額補正を行っております。
 2目の疾病予防費でございますが、2節の役務費と13節の委託料につきましては、ジェネリック差額通知が見込みより少なかったためにそれぞれ減額するものでございます。13委託料のコールセンター業務委託料につきましては、このジェネリック医薬品の差額通知の問い合わせを当初国保連合会に委託を予定しておりましたが、職員で対応したために減額いたしました。
 11款の償還金につきましては、平成26年度の国庫負担金の療養給付費等負担金の確定によります返還金であります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初にですが、8、9ページの3款2項1目の2節特別調整交付金、これは特別ですから普通交付税ともちろん違うわけですけども、その中に東日本関係のというありましたけども、ここでこれだけこれ増額になっているその理由をもう少し詳しく教えていただきたいのが1点であります。
 それから、10ページ、11ページの7款1項2目、この保険財政共同安定化事業交付金、これは先ほど課長の説明もありましたけれども、この1項は80万以上、その下っていうのは今までは80万以下でなくて、何ぼだったか、30万以下とかいろいろありましたね、今度は要するに80万以下っていうことは1円以上からここの交付金に該当するんですけども、これになることによって実は歳入で約2,000万これ減額ですよね。で、歳出見ますと、このページが16ページ、減額が1億920万これなっておりますけども、これはこの町の財政にとったら、80万以下になったっていうのは財政を、国保の財政を豊かにしたっていうことの解釈でいいんですか。
 それから、次はですね、7・5・2の、全体ですけど、軽減世帯の7・5・2。それで、この該当するのが、例えば10ページと11ページの9款1項1目の1節保険安定基盤、これは7・5・2ですけれども、課長の説明ですと5・2、7が該当にならないで、この5・2だけが軽減になってるっていうこの理由がどうして7が入らないのかと、それから、7・5・2で、今現在大河原町は当初よりもこの軽減世帯というのはどういうふうに推移してるんですか。見込みよりもふえているんでないかと私は思うんですけど、その辺も伺います。
 それから、最後に、最後なのかな、最後じゃないですね。12、13ページ、財調であります。3億688万3,000円、これまでの中で最高の財調にこの時点でなっておりますけど、この要因はなぜこうなったんですか。こんなにふえたというのは理由教えていただきたいと思います。これまで過去、一時は9カ月しか国保は当初から計上できないという異例の国保会計が昔あったんですね。それで本当に前代未聞の国保会計がある中で、今ここに来てもう3億円なんですけど、その要因は何なのか伺います。
 それから、19ページですね。8款1項1目の13節人間ドックであります。35万円減額ですけれども、結果的には何人が人間ドック受けられたんでしょうか。それと、人間ドックについていえば、28年度だったでしょうかね、対象年齢の引き上げをも検討したいというようなお答えが、議員の特別委員会での中でそういう意見も出たときそういうご答弁をされてましたけれども、28年度は年齢の引き上げは考えてるのかどうか。
 あと、もう一点です。国保のいわゆる被災者の医療費あるいは介護、国保の減免について、最近の新聞で県内では9市町村がこれまでどおり、県はもうやめますけれども9市町村が継続と。で、我が町は継続じゃなくて、今年度限りでその減免をやめるということですけれども、町長のこれまでのどこでの話だったか、ちょっと記憶ないんですが、新たなことを我が町は考えているというようなこともちょっと聞いておりますが、減免を今回でストップして、被災者に対する新たな代がえ策というかそういうのはどのように今考えてるのか伺います。(聴取不能の声あり)そういうふうに聞いてるから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) それでは、万波議員さんのご質問にお答えいたします。
 まず、最初はですね、特別調整、歳入の特別調整交付金のその他特別分ということでございます。これは東日本大震災のについてですね、いろんなストレスを抱えたりですね、その後に病気になる方が多くなるというような状況がありましたので、それで国のほうからですね、医療費の波及増相当分ということで、その特別事情分ということで交付されている交付金でございます。これにつきましては、震災後に交付されております。
 それから、次の7款、10ページ、11ページの7款のですね、保険財政共同安定化事業交付金につきましては、これにつきましても万波議員さんがお話しされたとおり、26年度までにつきましては30万以上80未満の医療費ということで交付されておりましたけども、27年度からは80万未満の全ての医療費ですね、1円以上の医療費についてこちら交付されております。で、歳入で共同事業交付金、それで歳出でも出てきておりますけれども、これは過去の医療費に、3年間の医療費をもとにでして国保連合会で計算いたしまして、ですから、保険的な役割をしている仕組みになっております。急激に医療費が伸びた場合に支払いが大変だということで、こちらのほうで国保連合会から交付されております。それで、多く支払った場合は翌年度に調整したり、あと、県の調整交付金でその差額の分については調整されているという仕組みになっております。
 それから、7割、5割、2割軽減につきましてはですね、7割、5割、2割というふうな3種類の軽減がありまして、27年度の5月の臨時議会で条例案のですね、提出させていただきましたけども、27年度につきましてその軽減分の5割軽減の所得がですね、5割軽減分と2割軽減分の所得が引き上げられました。26年度につきましては、その基礎控除33万円に対して24万5,000円掛ける加入者数でしたけれども、27年度につきましては、5割軽減につきましてはその24万5,000円から26万円ということで1万5,000円引き上げられております。2割軽減につきましては45万円から47万円ということで、先ほどの5割、2割というのは、その分が引き上げられた分が5割、2割。7割につきましては26年度と27年度につきましては変更がございませんでした。
 と、12、13ページのその財政調整交付金でございますけれども、先ほどのお話では一応3億というお話、3億688万3,000円がある見込みということでお話しさせていただきましたけれども、来年度の当初予算作成のときには、このうち1億7,000万円を取り崩して予算を作成しておりますので、やはり医療費の動向をですね、なかなか見るの難しいですので、この基金をそのままふえたっていうのは、やはりいろんなその特別調整交付金でですね、その東日本関係で特別調整交付金がふえたということも要因しておると思います。ただ今後ですね、28年度以降もこの特別調整交付金の特別分が交付されるという見込みはございませんですので、今後こういったことで国保税を現状のままていうかね、上げることなくやはり維持していくためには、この特別財政調整交付金につきましては決して多い金額ではないというふうに考えております。
 次に、19ページの人間ドックですけども、今年度につきましては中核病院に委託しておりまして132名の方でございました。それで、一応200名ということで枠はとっておりますけども、来年度につきましては、この年齢を一応69歳までというふうに引き上げたいというふうに考えております。それは28年度の予算委員会のときにも詳しく説明させていただきたいと思います。
 それから、国保税の減免、一部負担金の減免でございますけれども、一応これにつきましては、23年度分、23年からいろいろ減免しておりまして、当初は国のほうで23年、24年につきましては10割負担ということで行っておりましたけども、年々その負担割合が変更になりまして、28年度以降につきましては、後期高齢医療のほう等もですね、減免を一応とりやめるというようなことを決定しておりまして、また、社会保険につきましてもですね、ほかの健康保険につきましても24年9月30日で診療分までで一部負担金の減免はとりやめておりますことから、そういったことからもですね、本町におきましても国民健康保険税のその一部負担金につきましては27年度限りということで、28年度からにつきましては一応一部負担金の減免はやらないということにしてます。ただし、先ほどご説明いたしましたように、東日本に際し、東京電力の発電に伴うものにつきましては国のほうでも継続というふうになっておりますので、その分につきましては継続して行うということになっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長ですか。町長ですか。税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯税務課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(吉野健一君) 7割、5割、2割の軽減件数でございますけども、7割軽減の対象件数が1,309件、昨年度と比べて4件ふえておるということと、あと、5割軽減が1,026件ということで101件ふえてございます。2割軽減が1,015件ということで、26件ふえてございます。軽減件数については以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) お尋ねのことが被災者に関する新たな代がえ策ということを言ったということでありますけども、ちょっとそれ記憶にありませんので、後で調べてお答えしたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1つはですね、その財調が3億ですね、そいで1億7,000万、28年度に繰り入れるということで、これまた大きな繰り入れが必要になっておりますけれども、いずれにせよこの3億になったというのは東日本大震災との特交との関係、それから、医療費という、医療費は全体的にどうなんですか。当初よりも、どこの自治体でも伸びておりますけども、我が町もやはりその傾向なんでしょうか。例えば医療費が思ったよりも伸びなかったと。それで、これだけ3億に達したという私の解釈は全く当たらないのかどうか。
 それから、町長のその私がちょっと質問させていただいたのは、町長から直接聞いたわけでありません。ただ町がそういう考えでどうもいるというのがちょっと情報として入りましたので、何か代がえで本当に考えているんであればやむを得ないのかなと実は思ってた一人なので、あえて伺わせて、国保の会計で伺わせていただきました。
 なお、我が町はとにかく今年度限りでやめるということを今課長からも明確なご回答ありましたので、ぜひ代がえで被災者の方にもっと寄り添った対応が考えるんであれば、ぜひしていただきたいということを要望して終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 先ほど財政交付金が3億になったということで、やはり先ほどもご説明させていただきましたけども、その一番の要因はやはり特別調整分、特別調整交付金の特別分につきまして、東日本関係の分がなければですね、一応その年によりますけれども、何十万とか何百万円の単位になります。その震災後に今年度も5,299万円ということで増額させていただいてますけども、その分が一番大きい要因となってると思います。
 それから、医療費につきましては確かに被保険者は減少しておりますけれども、1人当たりの医療費につきましてはやはり伸びている傾向になっております。
 以上でございます。(「はい、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 1点だけお願いします。
 8ページ、9ページなんですけども、6款の県支出金の1項県補助金の3目特定健康診査補助金、これの中の被災者健康支援事業補助金、これことし初めて出てくる科目だと思うんですけども、来年度の予算を見ると来年度の予算にはこれがないようなんですけども、今回限りなのかということと、具体的に歳出ではどの項目にこれが入ってくるのか、この辺についてお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) ページ8、9ページの県支出金の特定健康診査補助金の被災者健康支援事業補助金でございますけれども、これは昨年度も決算に出てきてたはずです。これはですね、震災後に生活の変化に伴って町民の健康状態悪化を早期発見するために特定健診の追加健診ということで、特に尿酸とクレアチニンですね、腎臓とか腎臓機能検査を実施した場合に実費額ということで県より補助されております。これにつきましては、1,975人の方が該当しております。
 歳出につきましては、18、19ページ、8款の保険事業費の1目特定健康診査等事業費の説明の一番下ですけれども、受診率向上対策委託料ということでこちらについて歳出しております。これは尿酸、クレアチニンのほかに、大河原町としては特に心電図検査も行っておりますので、それ分がこちらに含まれております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第19号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第20号 平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第
                  4号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第20号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第20号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第4号)について詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億5,841万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ12億9,329万5,000円とするものでございます。これは、介護給付費の実績により国・県等の交付金が当初予算よりも減額になることから、歳入歳出の関係項目について補正を計上するものでございます。
 それでは、事項別明細書によりご説明いたしますので、6ページ、7ページをお開きください。
 歳入。第1款保険料第1項第1目第1節現年度分特別徴収保険料1,458万4,000円の減額につきましては、保険給付費と地域支援事業費に対する減額であります。この今からの歳入の金額につきましては、平成27年の10月時点の推計によりまして、国のほうにですね、出してる数字ですので、実際の3月時点のですね、実績とちょっと少しかけ離れるとこがありますので、よろしくお願いします。
 次に、第3款国庫支出金第1項第1目介護給付費負担金マイナスの2,727万円につきましては、これも保険給付費の減額に対しての金額でございます。
 次に、3款2項1目調整交付金マイナス961万1,000円についても、保険給付費の減額に対しての金額でございます。
 2目地域支援事業交付金マイナス47万円につきましては、地域支援事業の減額に対しての金額でございます。
 次に、第4款支払基金交付金第1項1目介護給付費交付金マイナス4,999万4,000円につきましては、保険給付の減額に対しての金額でございます。
 第2目地域支援事業支援交付金マイナス28万9,000円につきましては、地域支援事業の減額に対しての金額であります。
 次に、8ページ、9ページをお開きください。
 第5款県支出金第1項第1目介護保険給付費負担金マイナス2,363万6,000円は、保険給付の減額に対しての金額でございます。
 第2目地域支援事業交付金マイナス23万5,000円は、地域支援事業の減額に対しての金額でございます。
 次に、第6款財政収入第1項第1目利子及び配当金9万円は、介護保険費準備基金の利子でございます。
 次に、第7款繰入金第1項第1目介護給付費繰入金マイナス1,925万円、第2目地域支援事業繰入金マイナス23万5,000円、第3目その他一般会計繰入金マイナス293万円は、各項目ごとの事業費の減額により一般会計繰入金の現額の金額でございます。
 次に、第7款2項基金繰入金第1目介護給付費準備基金繰入金マイナス1,000万円でありますが、これは介護給付費の減額に伴いまして減額をする金額でございます。
 次に、10ページ、11ページをお開き願います。
 歳出。第1款総務費第1項第1目一般管理費につきましては、需用費30万円、これは介護保険制度改正の周知チラシ作成及びパンフレット購入を町の広報紙に2回掲載いたしましたので、その分の減額したものでございます。委託料につきましては、社会保険・税番号制度介護保険システム改修委託の請け差でございます。
 次に、第1款総務費第3項第1目介護認定費の委託料につきましては、当初156万9,000円を予算化しておりましたが、委託件数の減少による70万円減額であります。負担金補助及び交付金につきましては、仙南広域事務組合での事務費の削減による負担金14万円の減額でございます。
 次に、第2款保険給付費第1項第1目介護サービス等給付費マイナス1億1,000万円につきましては、施設サービス給付費、居宅サービス給付費とも昨年実績よりも伸びておりますが、思ったより伸びが伸びず、実績見込みによる減額でございます。
 次に、12ページ、13ページをお開き願います。
 次に、第2款保険給付費第2項第1目介護予防サービス給付費マイナス4,000万円につきましては、一般介護予防事業に移行したための減額になっております。
 次に、第2款第4項第1目特定入所者介護サービス費等マイナス400万円につきましては、昨年並みの実績見込みによる減額でございます。
 次に、第3款基金積立金第1項第1目基金積立金9万円につきましては、介護給付費準備基金利子積立金であります。
 次に、第4款地域支援事業費第1項第1目地域支援事業費1節報酬マイナス4万8,000円につきましては、介護予防講演会を職員で行ったための減額になっております。
 次に、14、15ページをお開き願います。
 7節賃金3万1,000円の減額につきましても、職員対応での減額であります。8節報償費18万5,000円の減額でありますが、成年後見人新規分の減額でございます。11節需用費につきましては公用車の燃料費の減、12節役務費10万4,000円の減につきましては成年後見人町長申し立ての減であります。13委託料90万3,000円の減につきましては、通所介護予防教室及び生活管理指導短期資格事業とも実績見込みによる減額でございます。14節使用料及び賃借料5万円のマイナスにつきましては、講演会場の使用料がかからなかったための減額であります。19節負担金補助及び交付金5万3,000円のマイナスにつきましては、受講料の減でございます。20節扶助費15万円のマイナスにつきましては、家族介護用品支給でありますが、昨年度よりも実績は伸びておりますが、今年度の実績見込みによる減額でございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議方よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 2点伺いたいと思います。
 1つはですね、6ページからずっと介護、国庫支出金、それから県支出金、それから支払基金交付金、2款、3款、4款と、3款、4款、それから5款、7款にですね、あるいは出てきます介護給付費に関連して伺いたいと思います。介護制度が変わって、その要支援は介護保険からもう実は通所と在宅はもう外される。それから、特老についても介護3以上でなければ原則的に入所できないとか制度が大分大幅に変わりましたけれども、その影響がこのそれぞれの減額にこれあらわれ、大きくあらわれていると解釈していいんでしょうか。その辺伺います。
 それからですね、例えばそれに関して言いますと、10ページ、11ページにも施設サービスが、これだけ6,000万ですか、あるいは居宅も5,000万というふうにありますけども、こういったものも含めて今の私の認識、捉え方でいいのかどうか確認をさせていただきます。
 それから、最後のですね、15ページ、20の扶助費の家族介護用品の支給であります。伸びているけれども実際はここに来て15万円を減額しているわけですけれども、この件については一般質問でおむつ支給について取り上げさせていただきましたけれども、伸びているというこのお話の中に周知徹底されて申請してる方がふえたのかどうか。それから、基準というのはこれまでと変わらないんですか。28年度では当初で90万円計上しておりますが、その辺どう、来年新年度を迎えるに当たって基準の見直し、もっと多くの方が利用できるようには検討されたのかどうかですね、そのことも伺います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まずですね、6ページからの歳入の減額についてですね、介護給付費の減によって生ずるということで、これについては法改正による影響かというふうなお話だと思いますけれども、まず、これは10ページ、11ページと開いていただきたいんですけれども、それのですね、2款の保険給付費、負担金及び交付金、これ施設サービス給付、居宅サービス給付費というふうな形でマイナス6,000万と5,000万というふうな形で今回載せて、合計1億1,000万というふうな形になっておりますけれども、実際ですね、施設につきましては平成26年度実績を申しますと4億8,400万ほどになっております。26。して、27年度、今年度の見込みとしましては5億1,100万ほど見込んでおります。で、この分でも伸びております。あと、居宅につきましてもですね、4億7,700万ほど26年度がかかっておりますけれども、27年度は予定なんですけれども5億1,500万を予定しております。実際にですね、伸びております。ただしですね、一応介護報酬の改定もございますし、それであっても伸びてるという現状であります。当初予算組んだときよりもですね、少ないんですけれども、実際的に伸びてるというのが現状であります。
 あと、もう一つですね、15ページの扶助費なんですけども、これについては家族介護用品支給というふうな形になるんですけれども、これおむつなるんですけれども、これにつきましてもですね、平成26年度は52万5,000円ほど出ております。それで平成27年度の予定としては75万を予定しております。人数にしますと5人ほど、平成26年度から比べると5人ほどふえてるということで、倍までは行かないんですけども、約22万ほどですね、27年度ではふえてると。基準はですね、変わっておりません。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間は改めて延長いたします。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) このおむつに関してですけれども、正直言って、議会で一般質問でこれ取り上げたとき以来、「該当になりました」という方から二、三、私がですね、具体的には2人でしたけれども、恐らくこの5人の中に入ってたと思います、その方。これ大変喜んでおりました。ほいで、一般質問でないので詳しくは言いませんけども、あのとき隣の角田では367人です。1,000万です。それは自分が尿意を伝えられるかどうかっていうのが町の判定の基準になってるようですが、お隣は違うんですね。飛び抜けてます、この角田のこの事業は。それで、要するに2,000円と4,000円で367人。とにかくおむつをしている方全員を対象にしてるんですね。
 それで、新年度でも90万ですけども、今後ですね、ぜひ、町長、子育て支援とあわせて高齢者の福祉、福祉といっても幅広いですけども、その中でもこのおむつを使用してる方は、ちょっと人数恐らく町では把握してると思うんですよね。これは支給を受けてる方じゃなくて、おむつを本当に利用してる方の調査は恐らくしてないかな。もししてないんであれば、ぜひ新年度で調査をしていただいて、やはり角田に近づくような検討も今後していただきたいちゅうことをこの際お願いして、回答いただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 調査してるの。
 調査をしてないということでありますので、調査を含めてこれから検討していきたいというふうに考えております。(「よろしくお願いします」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第20号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第21号 平成27年度仙南夜間初期急患センター事業特別会計
                  補正予算(第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第21号平成27年度仙南夜間初期急患センター事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 議案第21号平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター特別会計補正予算(第2号)について詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ50万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,736万7,000円とするものでございます。これは、介護の実績による診療報酬に係る見込み額を減額し、これに伴い一般会計からの繰入金を増額し、急患センター運営費での光熱水費の減額や備品購入費の増額を補正予算として計上いたすものでございます。
 それでは、事項別明細書によりご説明いたしますので、6ページ、7ページをお開き願います。
 歳入。第1款使用料及び手数料第1項第1目診療所使用料780万円につきましては、当初予算で患者数を1日当たり11人で見ており、9月で6人と変更しておりましたが、これまでの実績及び今後の患者数を考慮し、今回1日当たり3人としたものでございます。
 次に、第3款繰入金第1項第1目一般会計繰入金729万3,000円につきましては、第1目診療所使用料の金額を一般会計で繰り出すものでございます。
 次に、第5款繰越金第1項第1目繰越金7,000円につきましては、平成26年度の繰越金でございます。
 次に、8ページ、9ページをお開き願います。
 歳出。第1款夜間初期急患センター費第1項第1目夜間初期急患センター運営費第11節需用費、光熱水費マイナス55万円につきましては、今年度の実績を踏まえ減額するものでございます。
 次に、第18節備品購入ですが、レントゲン室の放射線量を測定するためのエックス線測量機であります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議方よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第21号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午後3時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後4時08分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き会議を開きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議案第22号 平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予
                  算(第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議案第22号平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) それでは、議案第22号平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算をそれぞれ78万7,000円増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ459万5,000円とするものでございます。
 それでは、事項別明細書でご説明を申し上げます6ページ、7ページをお開き願います。
 まず、歳入でございますが、2款1項1目平成26年度決算における繰越金の残額でございます。78万7,000円を増額するものでございます。
 8ページ、9ページをお開き願います。
 歳出でございます。1款1項1目11節需用費、修繕料を25万円増額、28節繰出金を53万7,000円増額とするものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤 巖議員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 1つだけお伺いします。(「はい、どうぞ」の声あり)
 この市場のね、青果市場の売上金も少ないんですから、しょうがないもんで、これね、この金額であると思うんですけども、ただ確認して聞きたいのは、前商工課長が、3町の青果市場合併をして、そして大河原に来たんだと。して、大河原も町が貸してるんだと。そういう中で何ぼか負担金として公益性があるということで貸してんだと思うんですね、それは。あの青果市場を。それで、「上がんないのかと、家賃を」とこう言ったら、「いや、なったばかりだから、1年間くらい様子を見て」と。これまでだと来年度予算、ことしの予算にも同じような金額が組まれているんですけども、この収入、大体同じか、悪くして売り上げが悪くなって下がるかどっちかになっと思うんですけども、その辺の中で、この上げる、ほかの地区ではもう角田なんかも昔前やったところは別なものに利用して、白石も同じなんだ。大河原だけが何だか請負があんまり合わねえんじゃねえかとこう思うんですけど、私極端ですけど、パチンコ屋に貸しただけでも小さなね、大変な量だ、地代が上がると、こうそのとき言ったんですけども、その辺のあれをどうなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) まだ合併して5年ということで、このままの事業でですね、進めていきたいと思います。今現在、黒字ですので、このままの事業で進めたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) まあ、5年間上がんないようにしてあれすんだという約束があったんですか。今、5年という話をしました。私はそれは聞かなかったからあれなんすけども、だから、ほかの、公益性があるということで大河原町の今の青果市場はあれしたっでしょ、始まって。それが向こうもやめてこっちも角田もやめて、して、向こうはちょっと別な利用価値があるして活用してると。大河原は相変わらず同じ金額で、もう少し活用法があってもいいんでねえかと聞くんですけども、ただ今5年間とこう言いましたけど、5年間という約束のもとにそういうふうにしたということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 5年間というのは、まだ合併して5年しかたってないということでございます。それで、このまま進めていきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) まあ、何だ、あんまり納得してないけど、まあ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。よろしいですか。(「オッケー」の声あり)ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第22号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 議案第23号 平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                  (第3号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、議案第23号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第23号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)の詳細についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由でも申し上げましたが、歳入歳出それぞれに2,614万8,000円を増額し、歳入歳出の予算総額を8億3,069万2,000円といたすものでございます。
 それでは、3ページをお開き願います。
 第2表繰越明許費の設定につきましては、新東新南地内の国道4号線下り歩道部の下水道管渠築造工事に際しまして、地下埋設物関係につきまして管理機関との工事においての施工協議に日数を要したということと、あと、道路使用許可条件等々により年度内竣工が困難になったため、未施工分の補助事業費分1,616万円と繰越事業の清算調整費としての単独事業費4万円、合わせて1,620万円の繰り越し手続を行うものでございます。
 また、第3表地方債の補正につきましては、事業費の確定に伴う補正となってございます。
 次に、事項別明細書によりご説明申し上げますので、7ページ、8ページをごらん願います。
 まず、歳入。1款1項1目公共下水道相互利用負担金につきましては、柴田町と村田町の汚水流入量に対する本町への負担金の確定により35万6,000円増額補正いたすものでございます。
 次に、2款2項1目の総務手数料につきましては、排水設備指定店の新規登録2件分、更新登録11件分、さらには、責任技術者の新規登録分として5件、更新登録として35件分の手数料、合わせて23万3,000円を追加補正いたすものでございます。
 次に、4款繰入金の一般会計繰入金につきましては、今回の補正による歳出総額と歳入総額の関係から、2,942万9,000円を減額補正するものでございます。
 次に、5款繰越金につきましては、平成26年度の決算による繰越金でございまして、6,568万8,000円を追加補正するものでございます。
 続きまして、7款町債の公共下水道事業債につきましては、単独事業費及び阿武隈川流域下水道の受益負担金の確定により合わせて1,070万円の減額補正をいたすものでございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げますので、9ページ、10ページをお開き願います。
 1款総務費の3節職員手当等から19節負担金補助及び交付金につきましては、支給額の確定あるいは見込み等によりそれぞれ減額補正するものでございます。28節繰出金の一般会計への繰出金につきましては、平成26年度の決算による繰越金6,568万8,000円を増額補正するものでございます。
 次に、2款3節、4節の職員手当等、共済費につきましては、1款の職員手当と同様、支払額の確定等による減額補正となってございます。
 次に、13節委託料につきましては、当初本年度において実施予定でございました阿武隈流域下水道の全体計画見直しが平成28年度に変更になりましたことから、予算化しておりました委託料520万円を減額するものでございます。
 続いて、15節工事請負費につきましては、単独事業費の確定により200万円減額するものでございます。
 19節負担金補助及び交付金につきましては、阿武隈川下流流域受益負担金の負担額の確定により259万円を減額し、鷺沼排水区雨水事業の柴田町への負担金につきましては、清算調整費として予算化しておりました単独事業費が不用となりましたことからその250万円を減額、合わせて509万円減額補正するものでございます。
 次に、3款公債費につきましては、今年度分の償還元金の支払い額の確定により260万円を減額します。
 11ページ、12ページをお開き願います。
 償還利子につきましても、支払い額の確定により660万円減額補正するものでございます。
 最後に、4款災害復旧につきましては、当初予算計上の際に想定してございました東日本大震災による災害復旧箇所以外での道路舗装面等の沈下あるいはマンホールぶたの高さの調整等、緊急を要する事案が発生いたしませんでしたので、工事費で1,000万、原材料費で5万円、合わせて1,005万円を減額補正するものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7ページと8ページの負担金ですけども、負担金及び、分担金及び負担金の中の負担金ですけども、この3節の公共下水道相互利用負担金35万6,000円ていうのはわかるんですが、予算書によりますと柴田町汚水流入負担金当初では567万2,000円、村田町が9万9,000円というふうな形になってますけども、この356万円の内訳っていうのは、35万6,000円ですか、これはどこに何ぼずつなのか。予算のときは説明が皆書いてあんで、その下の手数料もそうですけども、書いてあんですけど、ただ今回これには説明の欄がなくて、どこに何ぼ入ってるのかちょっとわかりませんので、ちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) お答え申し上げます。
 まず、柴田町の相互利用負担金につきましては、年間っていうか、こう暦年なってございまして、去年の1月から12月までの分っていうな格好になりまして、ことしの、この間の12月で排水量が確定してございまして、その排水量がですね、13万8,806立方メートル、これが年間になりまして、それに、(「35万の内訳」の声あり)はい、そうです。はい。35万の内訳につきましては、今申し上げましたとおり、柴田町が13万8,806立方メートルに単価43.3円、さらには村田町につきましては2,724立方メートル、これ年間になりますけども、同じく単価が43.3円。合わせましてですね、今回の確定した額が612万8,249円となりまして、当初予算では前年度の実績ということで、(「35万の予算をどういう配分してるんだ。」の声あり)
 あっ、済いません。この算出につきましてはですね、あくまでも当初予算と確定した金額からですね、差し引いた額で35万6,000円ということで、今ちょっと手持ちにですね、使用料、料金につきましてはですね、この補正の額につきましては、柴田町が33万8,000円、村田町が1万8,000円というな格好になってございます。失礼しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第23号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第16 議案第24号 平成28年度大河原町一般会計予算
     日程第17 議案第25号 平成28年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
     日程第18 議案第26号 平成28年度大河原町国民健康保険特別会計予算
     日程第19 議案第27号 平成28年度大河原町介護保険特別会計予算
     日程第20 議案第28号 平成28年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特
                  別会計予算
     日程第21 議案第29号 平成28年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
     日程第22 議案第30号 平成28年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
     日程第23 議案第31号 平成28年度大河原町水道事業会計予算

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第16、議案第24号から日程23、議案第31号までの8件は、会議規則第36条により一括議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号から議案第31号までは一括議題とします。
 本案の提案理由について3月2日に説明を受けております。これにより直ちに総括質疑を行います。
 質疑は、施政方針及び各予算の施策面を中心に行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。総括質疑をさせいただきます。
 1つ、町長の政治姿勢についてであります。
 町長は、28年度の施政方針の中で、「民間設備投資の伸び悩みや実質の所得の増加がない、または減少していることから、景気回復の実感は乏しいと考えています」と述べております。現実はまさにそのとおりであります。
 安倍内閣の経済政策、いわゆるアベノミクスは「大企業の儲けをふやせば国民に滴り落ちて、経済全体がよくなる」という政策でしたけれども、実際は大企業の利益は急増しましたが、私たち国民の暮らしは、よくなるどころか一層厳しく苦しいものになっているのが現状ではないでしょうか。
 昨年4月からの消費税率8%の引き上げは、暮らしと経済に深刻な打撃を与えております。国民生活基礎調査でも「生活が苦しい」という人が62.4%に達していることが報道されております。ふえ続ける非正規労働者、商売が成り立たない、年金だけでは生活できない等々、格差と貧困が拡大している中、町民の生活もかつてなく厳しい状況下に置かれていると思います。こうした現実を踏まえて、以下、伺います。
 (1)生活困窮者がふえております。より一層の町民の心に寄り添ったきめ細かな住民サービスや町政運営が求められていると考えます。町長の見解を最初に伺います。
 (2)町職員である公務員は、採用時に地方公務員法の目的に沿って町民に奉仕することを宣誓します。公務員としての使命を一層果たしていくことが今日ほど強く求められているときはないと考えますが、いかがでしょうか。そのための職場内の環境づくりにどのように取り組んでいくのか伺います。
 (3)各種の減免制度の周知をもっともっと徹底し、困窮者救済のために活用できるようにしていくべきではないかと考えます。見解を伺います。
 2.自衛官適齢者名簿についてであります。
 昨年、参議院で強行採決され成立した「平和安全保障関連法」は、憲法9条が禁じる国際紛争解決のための武力行使を可能とするもので、憲法違反であることは明らかであります。したがって、「平和安全」の名にかかわらず、その内容は紛れもなく戦争法であります。
 今、安倍政権のもとで、南スーダンPKO(国連平和維持活動)で活動する自衛隊部隊への戦争法発動が検討されており、大問題になっております。日本を「海外で戦争する国」にする危険な動きがあります。
 (1)このような緊迫した情勢の中、防衛省は自衛官募集をするために地方自治体に対し、自衛官適齢者名簿提出の協力要請をこれまでもしておりますけれども、最近になって、去年あたりから急に強化してると聞いております。当町の対応はどうなっているのでしょうか。これまでです。仮に情報を提供しているとすれば、いつからどういう基準で何人の情報を提供しているのか。直近の状況もあわせて伺います。
 3.町有地の活用についてです。
 福田地区内に所有する町有林の有効活用については、町民の意見を聞いて、町民の希望に沿った整備に向けて具体的に進めていく考えはないでしょうか。検討する協議会等の設置もあわせて検討できないか伺います。
 4.給食センター整備計画についてです。
 新たな給食センター整備について基本計画の策定に着手するとして、300万円の業務委託料を今回、28年度では計上しております。
 (1)現時点で考えている給食センター整備の構想について、設置場所、運営形態等々を現時点でいいので示していただきたいと思います。
 (2)接場所として川根工業団地内を候補地として検討しているのか。私はぜひと思っているんですが、伺います。
 5.公共交通対策についてです。
 導入して満4年を迎えるデマンド型乗合タクシーについては、改善及び充実を図っていくとしておりますが、28年度で考えている内容について伺います。28年度は利用者アンケート調査を実施して、改善や充実に生かしていくことはできないでしょうか。この点についても伺います。
 6.地域密着型特別養護老人ホーム整備についてです。
 (1)町長が公約に掲げていた町立特養ホーム建設を取り下げた真意はどこにあるのか。
 (2)地域密着型特別養護老人ホーム及び併設するショートステイについては公募しているということでありますが、状況について。28年度は整備助成事業補助金を計上しておりますが、実現の見通しはあるのか。既に実施している他の自治体の事例があれば示してほしいと思います。
 この質問については、実は一般質問等でも出ましたけれども、私、通告しておりましたので、私にもそれなりのご回答をいただきたいと思います。
 7.最後です。国保税の引き下げをについてです。
 政府は、平成27年度低所得者対策として保険者支援制度を拡充し、市町村に1,700億円の公債を投入しています。法定減額適用者の数に応じて配分されているようですが、当町に配分された額はどのくらいだったのか。28年度は1,664億円となっているようであります。27年度ではこの財源で国保税の引き下げを実施した自治体、あるA市では1人当たり1万円の引き下げをしております。当町が国保税の引き下げができなかった理由は何なのか、伺います。28年度で実施し、高くて払えないで困っている町民の声に応えて、引き下げをしていくべきではないかと考えております。
 以上、伺います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の総括質疑にお答えいたします。
 初めに、私の政治姿勢についてのご質疑であります。
 1点目は、生活困窮者が増加している中での住民サービスや町営運営のあり方等についてであります。
 3月2日の新聞報道に、昨年12月の全国の生活保護受給者世帯が過去最多となったとする記事がありました。まさに、格差社会として、雇用格差、所得格差などが拡大している状況にあると考えます。また、このことは教育への格差に連動し、子育て環境にも大きな影響を及ぼすものと考えております。
 格差社会の解消については、自治体独自の政策では難しい状況にありますが、生活相談の強化、本町がこれまで実施してきました雇用をふやすための企業誘致のさらなる強化、ワークライフバランス等の制度を活用した働き方支援など、働きやすい環境の整備を目指すとともに、「Next大河原ゆめプラン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げました各種事業を遂行することが、きめ細かな住民サービスや町民の皆さんと行政が一体となった協働のまちづくりにつながるものと考えております。
 また、働く人を大切にする社会の創造、働き方を変革して適正な賃金、適度な労働時間への改革は、出生率の向上にも寄与することから、格差是正のほかにも、少子化対策の観点から日本の重要課題と考えております。これまでもさまざまな機会に発言してきましたが、国の機関、県、諸団体の研究会等において今後も積極的に発言してまいります。
 次は、町職員が公務員としての使命を果たすことができる環境づくりについてであります。
 私はこれまで「役所は最大のThinkTankであり、DoTankである」と申し上げてまいりました。そして、この組織は多くの優秀な職員で構成されているものと考えております。
 また、施政方針の中でも申し上げておりますが、市町村の権限と責任が強化され、さらに、住民に一番身近な自治体としての住民サービスが求められる中で、きめ細かなサービス提供に限らず、さまざまな視点からの課題の発掘と課題解決に向けた政策提言などができる職員も必要であると考えます。
 そして、その環境づくりとしては、課内の良好なコミュニケーションを図ることはもちろんのこと、職員みずからの積極的な研修参加を期待するとともに、課題解決に向けたプロジェクトチーム等の設置など、自己能力開発ができる環境機会の確保や先進地視察研修への参加などを考えており、職員の人材育成と政策形成能力の向上を期待するものであります。
 また、最近、うれしいことがありました。若手職員の提案により、若手職員による政策提言プロジェクトチームを設置することになっております。
 次に、減免制度の周知徹底とその活用についてお答えいたします。
 町税等の減免制度の周知につきましては、各担当課において減免制度の周知徹底を図っているところであります。町税等において減免規定に基づき厳格に運用を行い、その結果として困窮なされている方々の救済に資するものと考えております。
 次に、自衛官適齢者名簿についてであります。
 本町での自衛官適齢者名簿の提供につきましては、住民基本台帳法第11条の規定に基づき、住民基本台帳の一部の写しの閲覧申請書を提出していただき、該当者名簿を閲覧していただいているのが現状であります。
 次に、福田地区の町有地の有効活用についてのご質疑にお答えいたします。
 平成13年度に策定しました「大河原町国土利用計画」では、町民の森林、失礼しました。町民の森整備事業といたしておりましたが、土地の形状やアクセスを考えますと大変難しいものと認識しております。
 つきましては、次期策定する国土利用計画の協議の中で、本町にとってどのような活用が最善なのか十分な協議を行うとともに、事業が具体化する際には、町民の皆様の意見を参考にしながら整備を行ってまいりたいと考えております。
 次に、給食センターに係るご質問であります。
 私としても、給食センター整備事業は優先度が高い事業と認識しており、平成28年度当初予算に着手経費を計上したところであります。また、整備に係る基本的な構想としては、第一に給食センターの意義として、児童・生徒の食の安全、食育が考えられますので、ハード面、ソート面からの環境整備が必要と思っております。
 なお、ご質疑の設置場所、運営形態でございますが、まず、給食センターは工場扱いであるため、設置場所が土地計画法の用途地域における工業地域または準工業地域に限られております。したがいまして、現在、それに見合った場所を検討しております。また、運営形態は、現在の公設民営のほかに経済性にすぐれた方法が複数ありますので、大河原町に合ったベストとの選択を検討してまいりたいと考えております。
 また、設置場所として川根工業団地内を候補地として検討しているかとのことですが、川根工業団地は用途指定が工業用地ですので、候補地としての要件を満たしており、検討の対象となっております。
 次に、公共交通対策についてのご質疑にお答えいたします。
 初めに、デマンド型乗合タクシーの回線及び充実につきましては、予約後にキャンセルされる件数が多く、利用される方に不便となっておりますことから、改善策について関係する皆様と協議を行い、利用の促進を図ってまいります。
 また、利用者アンケートにつきましては、利用者ニーズの把握は当然でありますので、平成28年度に実施をし、改善充実を図ってまいります。
 次に、町立特養ホーム建設については、常時介護が必要となった場合の半数以上が在宅介護を続けたいとのお考えであることや、今後、老朽施設の建てかえ等に莫大な財政需要が控えてることなども考慮いたした結果、町立を見直し、民間事業者による整備に方針を変更いたしたものであります。
 現在、実施しております地域密着型特別養護老人ホーム及び併設するショートステイの公募状況でございますが、現在のところ、1社会福祉法人から照会があり、公募内容の詳細についてご説明いたしておるところであります。
 整備助成事業補助金については、施設整備事業者が決定し、平成28年度内に建物が完成した時点で執行するものでありますから、既に実施している事例はないところであります。
 次に、国保税の引き下げをというご質疑について申し上げます。
 平成27年度から低所得者対策として保険基盤安定制度の拡充が行われ、本町への国からの負担金額は、平成26年度が764万4,533円、平成27年度が2,093万5,552円となっております。
 この拡充につきましては、国民健康保険法はほかの医療保険より高齢者や低所得者を多く抱えているため、医療費の変動、保険税の減少等が考えられ、財政基盤の安定確保は非常に難しい状況にありますことから、安定的な運営が可能となるように改正されたものであります。
 このようなことから、本町の国民健康保険の安定した運営を図っていくためには、平成27年度の国保税の引き下げは考えていないところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで総括質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第24号から議案第31号までについては、議会先例集109の規定により、議長を除く全員の委員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これらに付託し、会期中の審査とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号から議案第31号までについては、議長を除く全員の議員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託して会期中の審査とすることに決定しました。
 お諮りします。予算特別委員会に地方自治法第98条第1項の検閲検査権を委任したいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、予算審査特別委員会に検閲検査権を委任することに決定しました。
 本会議は、本日、あすから3月16日まで、予算審査特別委員会終了時まで休会とし、予算審査特別委員会終了後、会議を再開します。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、本会議は、ただいま、あすから予算特別委員会のため休会とすることに決定いたしました。
 本日はこれをもって散会します。ご苦労さまでした。
     午後4時45分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年3月10日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------