議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2016年3月9日(水):平成28年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届け出がありましたので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、大沼忠弘君、高橋芳男君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き一般質問を行います。
 丸山勝利君の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) おはようございます。
 6番丸山勝利です。通告に従い、一般質問いたします。
 私の質問は、1つ、町長の町政についてです。
 町長の町政については、平成24年12月と平成26年12月の2回一般質問しており、同じような内容の質問になりますが、再度質問いたします。
 町長に就任して3年以上が過ぎ、町内外において積極的に町長として公務に励まれていると思われます。また、人事、財政面でも独自のカラーを出し手腕を発揮しておりますが、3年5カ月前の町長選挙において、町長が掲げた公約、短期、中期、長期と期間も区切り、県会議員を2期8年務められ、県の予算、決算審議もされてきて行政の財政に詳しい中で、詳細に掲げた公約の総括として、先日、「大河原町にお住まいの皆様へ」と全戸配布された町政レポートで自己評価しておりましたが、公約の考え方と今後の町政について、どのように思われているのか、以下お伺いします。
 (1)緊急(1年以内)で個人町民税の一律5%減税は、就任して早々と撤回したが、公約に掲げるに至った経緯と早々と撤回に至った経緯、そして代替え策と称する水道基本料金の家庭用では月86.4円の引き下げの考え方について。
 (2)同じく緊急(1年以内)で高校卒業まで医療費無料化(入院・入院外とも、高校卒業または18歳未満まで医療費無料にします)が1年以内に実施できなかった理由と、28年4月からの完全無料化に対する財源と今後継続の見通しは。
 (3)同じく緊急(1年以内)で放射能対策の強化で二重丸の実現となっているが、いまだにシートが掛けられているだけの鷺沼入の残土処理はどうなっているのか。また、今後の側溝土砂等の処分は。
 (4)短期で攻めの農業とあるが、進捗状況と大河原町の農業の今後の展望を伺います。
 (5)中期(2年~4年)で町立の介護特別養護老人ホーム等の設立とあったが、13日の町政報告会で、町立老人ホーム設立を撤回したとありましたが、撤回に至った経緯と、緊急(1年以内)で「道の駅おおがわら」計画の撤回で、基本計画の予算相当額(4億7,610万円)は町立老人ホーム建設費に充当とあったが、町立老人ホーム建設の撤回で予算相当額の流用先は。
 (6)公約の今後の実効性と、代替えで実現と称するものはあるのか。
 以上、6点お伺いします。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、議員発言の公約の撤回につきまして、改めて申し上げたいと存じます。
 私としては、撤回ではなく公約の見直しとするものであり、さらに効果が期待できるような取り組みを選択したものと考えております。なお、平成26年12月議会では、撤回表現を使用した回答となっておりますけれども、ご質問の中に撤回という言葉がありましたので、その文言もそのまま使用したものであり、内容は見直しとするものでありましたので、ご理解願います。
 それでは、公約に掲げました町民税5%減税の関係についてお答えいたします。
 公約を掲げた経緯及び撤回、私としては見直しでありますけれども、平成26年12月議会でお答えしておりますとおり、町民の声をもとに必要な施策であると判断し掲げたものであり、見直しの経過についても、減税システムの改修費用並びに東日本大震災の復興財源とする復興特別税の増税措置があったことなど、復旧・復興の中での実施が適当ではない。さらには、低所得者への波及効果が少ないと判断したものとしてお答えしております。
 また、平成24年12月議会での岡崎 隆議員への一般質問での答弁並びに平成24年12月18日付町ホームページの町長メッセージ及び平成25年1月号「広報おおがわら」に記載したように、減税の見直しは代替え策の検討を抱き合わせで発表したものであります。その結果、代替え策として水道料金の引き下げを決断したものであります。水道料金の引き下げについては、平成27年9月議会の佐藤貴久議員等への一般質問でお答えしましたとおり、仙南・仙塩広域水道水の供給価格が引き下げられたことに伴い、年間約1,200万円を町民に還元することにより、広く町民が恩恵を受けることができるものと判断し、また、将来にわたって水道料金をもとに戻す計画はないことから、公約の減税よりも大きな効果があると考えたものであり、この取り組みを代替え策としたものであります。
 次に、子ども医療費についてのご質問であります。
 高校卒業までの医療費無料化を1年以内に実施できなかった理由といたしましては、就任直後の議会でのご質問にもお答えしておりますけれども、一番の理由は財政の理由でございます。東日本大震災の復興需要による建設資材、人件費等の値上がりは想像を絶するもので、一例を申し上げますと、世代交流いきいきプラザの建設費も、当初予算よりも膨らんだため、平成25年7月議会において当初予算より14%余り、7,750万円の増額補正を組んだことは、議員もご承知のとおりであります。
 誰よりも町財政を真剣に考えました。そのため、被災地及びその周辺では、建設事業費の増嵩による一般財源への圧迫の緩和を求めることを、宮城県町村会の国への要望書に盛り込んでもらい、さらには宮城県選出国会議員全員一人一人に対し要望活動も行いました。このような背景により、財政状況が思っていた以上に厳しいということでありましたので、当面は小学校卒業、そして平成26年4月から中学校卒業、平成27年10月1日からは18歳の誕生日の属する年度末までと財源を確保しながら段階的に年齢拡大をしてきたところであります。
 また、平成28年4月からの完全無料化に対しまして、一般財源が増額になりますが、次代を担う子育て世代の確保と育成、また適正な医療を受ける機会の保障、さらには子育て世代の経済的負担の軽減を図るためでありますので、今後も継続してまいりたいと考えております。なお、国・県に対しましては補助金の拡大、国民健康保険の国庫負担金の減額措置の撤廃等について要望しているところであります。
 次に、放射能対策の強化に関し、鷺沼入の残土処理及び今後の側溝土砂処理のご質問になります。
 まず、鷺沼入の残土につきましては、これまでもお答えしておりますが、仮置き場が決まるまでは現在のところで管理すると申し上げてまいりました。しかしながら、仮置き場の選定が非常に難しく、現在も鷺沼入で管理している状況であります。今後につきましても、仮置き場が決まるまでは厳重な管理を行いながら、現在の場所で管理しなければならないと考えております。
 また、側溝土砂につきましては、震災後約3年間清掃を実施しておりませんでしたが、側溝土砂の処分受け入れ可能業者が見つかったことで、平成26年12月に2回に分けて側溝清掃を実施し、大分緩和されたと認識しております。なお、処分に際し800万円ほどの経費がかかった状況にあります。
 今後の側溝清掃につきましては、処分受け入れ業者の関係や処分委託費の面から、単年度の実施は難しいと判断しております。なお、町独自の放射能対策の強化といたしまして、町としてのホールボディーカウンター検査の実施及び検査費用の助成並びに民間団体が行った甲状腺検査の支援など、町民の安全・安心の確保に努めてまいりました。
 次に、攻めの農業の進捗状況と今後の展望についてのご質問であります。
 初めに、これまで行ってきた事業費を申し上げます。
 小山田地区における多面的機能支払交付金事業、金ケ瀬梅組合における梅のブランド化に向けた話し合いや先進地視察研修、水田畑作農業の推進による大麦、大豆の作付面積の拡大と連作障害対策の研究、転作作物としての枝豆、ブルーベリー、スイートコーンなどの作付けの推進、離農者に対する農地中間管理機構を利用した農用地利用集積貸付促進、丁寧な農事相談体制の構築、新規就農支援対策の実践、県補助金を利用した園芸施設設置への補助の実施、認定農業者等の担い手農業支援など、数多くの事業の推進、実践を行ってきているところであります。
 今後の展望についてでありますが、水田農業を考えてみますと食用米、飼料用米、麦、大豆での輪作体系と施設園芸を組み合わせた法人による複合経営へ変わっていくだろうと考えられますが、農業を取り巻く情勢の変化もあり、数年先の経営体の姿がはっきりと見えてこないところであります。しかし、このような状況ではありますが、全国には数多くの成功事例が出ております。本町においても、さまざまな分野の方々等と触れ合いながら、また、平成28年度に設置する農業再生化会議において、本町農業の未来を描いてまいりたいと考えているところであります。
 次に、町立の介護特別養護老人ホーム設立の撤回に至った経緯と、道の駅の予算を町立老人ホームに充当する公約が、今回の撤回でどこに流用するかとのご質問であります。ここから少し答弁書を離れて申し上げます。
 このご質問の中に、2月13日の私の町政報告会で町立の老人ホームを撤回したとの表現があります。なぜそのような表現が使えるのか、私は疑問に思いましたので、その理由を2つ申し上げます。
 1つ、重要な政策転換を、そのような場所で発表するほどの非常識を私は持ち合わせておりません。その場で撤回した事実はないことを理解されたいと思います。
 2番目、まず平成26年に行った、高齢者に関する実態調査結果を踏まえて策定した平成27年3月に第6期介護保険事業計画を策定し、議会にも報告しております。ご記憶だと思いますけれども。また、平成27年9月議会でショートステイへの補助に関する補正予算が可決され、議員は反対されなかったと記憶しております。
 私としては、本町の実態にふさわしい高齢者介護福祉施設の整備の方向と確信しております。また、方向性について議会から承認されたと認識しております。それゆえ、老人ホームの設置に関する政策転換を撤回と言い換えた上で、今、この時点で撤回の経緯を質問する意図が理解しがたいということを申し上げたいと思います。
 それでは、答弁書に戻ります。
 初めに、町立の老人ホーム設立の撤回のことに関してですが、町立の老人ホーム設立を見直し、民間事業者による整備とする方針の転換であり、撤回ではないことをご理解願います。老人ホームの設立を町立から民間事業者に方針を転換した経緯でありますが、平成26年11月に策定しました新行財政改革大綱において、今後、公共施設の老朽化対策等に莫大な財政需要が控えているため、歳出の抑制が求められることや、民間委託等の推進が示されたことを重く受けとめ、また、議会での議論、つまり平成26年9月議会における堀江一男議員への答弁の中で、地域密着型の老人ホームを誘致、つまり民間による設置について有力な選択肢であるとお答えしたことなどを踏まえ、方針を転換したものであります。
 公約において、「道の駅おおがわら」計画撤回による予算相当額4億7,610万円を、町立の老人ホーム建設費に充当するとの内容がありましたが、町の予算は実施できるものを計上するものでありますので、「道の駅おおがわら」計画が撤回した時点で予算は発生しておらず、予算は年度ごと実施できる事業に配分しておりますことから、道の駅計画の予算を確保しているものではありません。つまり、道の駅計画の予算を確保したわけではないことから、流用先もありません。
 しかし、公約で示す老人ホーム設立を実現すべく、民間事業者による老人ホーム整備に対しまして、ショートステイの併設に対する補助金4,270万円を平成28年度に予算計上しております。この補助金は、私の公約でもある家族による在宅介護への支援を進めるものであり、平成27年3月に策定した大河原町高齢者福祉計画第6期介護保険事業計画を策定するに際して、平成26年に行った高齢者に関する実態調査から、常時介護が必要になった場合でも半数以上が在宅介護を希望するという現状に対応するものであります。また、認知症高齢者の急増に対応するため、認知症対応型グループホームを誘致したところ、本年4月からオープンする運びとなっております。
 老人ホーム設立と在宅介護支援の強化のためのショートステイの整備、あわせて認知症対応グループホームの整備により、総合的かつ本町の現実にふさわしい高齢者福祉の向上を目指すものであります。
 最後に、私の公約の今後の実効性と代替えとなるものがあるかとのご質問であります。
 公約の今後の実効性については、実現した施策はさらなる充実を目指し、取り組み中のものは政策形成を見据えた上で実現に近づけてまいりたいと考えております。現在のところ、公約の代替えとするものは想定しておりませんので、ご理解願います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。今、丁寧に言いわけのほうを聞いたわけなんですけども、この公約に掲げた町民税5%減税ですね、これは町民の声をもとに必要な施策を図ったと言うんですけども、町民の声は、結局は町民税5%の減税だったわけですよね、町民の声をもとにしてつくったのであれば。町民の声、水道料金値下げ、みんなに波及効果があるって言ってましたけども、つくった段階で町民の声を聞いたときには、5%減税だったわけですよね。その5%の減税、恩恵のある方々から聞いてつくったわけですよね。その辺どうなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は、町民の、幅広い町民の声を聞いて公約を策定したわけであります。その中で、町の料金、税金等の負担感が大変大きいということから考えたものでありまして、5%にするとか、町民税にするとかは、これは私が判断したものでありまして、その背景は、町民の税金、料金に対する負担感を軽減しようということでございましたので、ご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その計画の段階ですけども、町民の声を聞いて、トータル的に判断したっていう話ですけども、結局、5%の町民税の減税というと波及効果、これ薄いというのはもともとわかってたわけですよね。結局、今、この今回、何か代替え措置と称して水道料金下げたわけですけども、こっちのほうが減税効果、限定的なものよりは公約で5%削減って言ったものより波及効果が大きいということなんですけども、その波及効果って、町長の考えてる波及効果、どの辺の波及効果。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 波及効果という表現を使われましたけど、私は波及効果ということは言っておりません。効果という言葉は使っておりますけれども、減税5%の場合、約5,000万円の減税になります。水道料金は、1年間1,200万円で5年間で6,000万と、5年間続ければ、それよりも効果が大きいというふうに判断しました。また、所得階層によって、減税の場合メリットはない階層もたくさんいらっしゃるということで、等しく町民が恩恵をこうむるような、そのほうが町政にとってよろしいかと思ったもので、代替え策として水道料金の引き下げを決断したものであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 結局、5%減税、最初につくった公約ですね、そのときは、結局限定的になる、恩恵を受けられない人がいるというのを加味しなかったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。公約も少しずつ考えを改めながら、見直しながら、よりよいものにするというのは、私の義務だと思いましたので、減税よりも料金の引き下げのほうが効果が大きいと考えたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。この水道料金と、この5%減税というのは、まるっきり別物ですよね。基本的に、この水道料金値下げというのは、条例一部改正のときに反対立場でも言わせていただいたんですけども、結局、仙塩の仙広水の供給価格が下がった、それによって、結局捻出された財源であって、町長が掲げている、最初掲げた個人町民税一律5%減税の必要な財源は、あれですよね、町の事業の総点検を行って無駄をカットしたので、それで捻出するという話だったんですよね。この水道料金の値下げによって、財源は、この仙広水の値下げの分をそれに充てるという話ですよね。これ、まるっきり別な問題ですよね。結局、5%の削減というのは捻出するといった、その公約の部分と、この水道料金の値下げの財源は、まるっきり別なものですよね。その辺の考え方、どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 確かに、水道料金を下げる決断をした背景には、仙塩広水の価格が下がったということがありますけれども、財源をどこから持ってくるかということは、また別な問題でありまして、その機会に、仙塩広水の価格が下がったから、それを代替えとしたわけでありまして、もしも、減税をするということを見直して代替え策を考えると言わなければ、ほかの市町村が引き下げをしなかったわけでありますけれども、大河原町だけが水道料金の引き下げをしたわけです。それはなぜかというと、減税の代替え策を検討するということを申し上げておったので、それをタイミング、ちょうど仙広水の引き下げがあったので実施しました。
 で、もしなければどういう財源があるかというと、何の財源をここへ持ってくるということ、それはあり得ないわけですね。予算組むときに総合的に予算組むわけです。この財源をこっちに持ってくるとかという予算の組み方はしてませんので、例えば、税金等の滞納が、私、町長就任してから数億円あったということも、当然背景にありますけども、それを財源とすると考えてもいいわけです。どれを財源にするということはあり得ないわけでありまして、たまたま仙塩広水が下がったので、それをわかりやすく説明するために、それを代替え策としたということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ですから、水道料金下げて、結局、効果が大きいって、町民全体のためになるというのはわかるんです。ただ、この町民税5%減税のものと、この水道料金下げたものは、まるっきり別な政策じゃないですかと聞いているんですよね。だから、ですから本来であれば、この町民税5%減税、これは町の事業所総点検で無駄をカットして必要な財源を捻出する、わかるんですよ、予算の組み方として、結局、この予算どうのこうのというのはないというのはわかるんですけども、それは予算の積み立てであって、結局、ここでは今、公約の問題を話してるわけで、結局、これ町長が、誰が言ったわけでない、私が言ったわけじゃない、町長が言ったわけですよね。町長が公約として掲げたわけですよね、5%削減します。それ、結局それと、今度水道料金はまるっきり別なものじゃないかって聞いてるんですよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのとおりです。代替えと言った以上は、全く同じものではありません。減税にかわるものをやったわけでありますから、減税、5%減税と水道料金の引き下げは別の政策であります。そのとおりであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。これもうまるっきり別なものなんで、この代替えというの、これ代替えじゃないですよね。もう個人町民税減税はもう撤回して、また新たに恩恵がある、この水道料金値下げをしたということですよね。違うんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 減税の公約を見直す際に、代替え策を検討するということを申し上げました。そのことを申し上げてなければ、水道料金の引き下げも何もありません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。代替え策って、本来であれば個人住民税5%、一律5%、その恩恵を受ける方に対しての代替えですよね。これはまるっきり別で、町民みんなが、結局、水道の普及率99.何%ですから、ほとんどの方が恩恵を受けられる、これはまるっきり別ですよね、別な政策ですよね。代替えでも何でもないですよね。だから、新たな、今回町長が就任されて行ったものであって、この公約とはまるっきり別なもの。しかも、今回、水道料金供給の改正の主な考え方として、東日本大震災の教訓を踏まえて水道施設の強靱化、耐震化を推進するというのがあるんですけども、これはもう東日本大震災、この水道施設の、もう耐震化は、もうほとんど終わって、もう大丈夫だということ、あわせてよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、無駄を省いてやるとかおっしゃいましたけれども、さっき申し上げたとおり、滞納額を大幅に削減したということも1つの、財源確保したということでご理解賜りたいと思いますし、また、繰り返して全く別のものとおっしゃいましたけど、それはそのとおりであると、私、さっき申し上げたとおり、別の政策であります。ただ私としては、最大多数の最大幸福ということもうたっておりますので、そういった観点からですね、同じ見直すならば、もっとよりよいものという発想で考えたときに、多くの町民が恩恵を浴するようなものに代替え策を考えることは、私としては当然のことだったというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ですから、まあ結局、この公約は撤回して新たな事業であって、これは見直しでも何でもないですよね。結局、公約はできなかったんですよね。5%減税は。結局のところ。だから、この個人町民税の5%減税、これはもうできない。ただし、新たな町長の政策として、この水道料金を値下げした、こういう考え方だと思うんですけども、その辺、違うんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) もし撤回ということであれば、水道料金の引き下げを私はしなかったと思います。撤回ではなく、見直して、別の代替え策を検討するというように、はっきり明言したんです。ですから、撤回ではなく見直した結果の代替え策でありますから、たまたま、減税ではなく料金の引き下げだったんですけども、財源としては5,000万、それ以上のものを町民に還元できるということで、このほうが、より町民の恩恵が大きいものというふうに判断しましたので、こういうふうにやりましたので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。どこまでいっても平行線だと思うんですけれども、結局、この5%減税は、私は撤回だと思って、新たな政策として、その水道料金値下げをしたのかなって。だって、財源だって、結局無駄をカットして捻出するっちゅうのも、結局、この水道料金値下げはあくまでも仙広水が下がった部分を財源としているわけなんで、もうまるっきり全然、この、町長の公約とは、まるっきり別な次元の問題じゃないですか。結局、この5%減税と、もう内容が全然違いますよね。もう、まるっきり。だからこれを一回減税、個人町民税一律5%減税の公約は、もう破棄して、新たに水道水の値下げを断行したということなんですよね。全然違うんですか、その意味は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。政策の中身は別物ということは、先ほど来お答えをしております。また、これも繰り返しになりますけども、減税を撤回したという表現を、私はとっておりません。代替え策を抱き合わせで見直しをしたいというふうに申し上げましたので、撤回と見直しでは違うということをご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。もうこれは撤回以外の何物でもないと思うんですけども、また、同じく緊急1年以内で高校無料化ですね、こちらのほうですけども、1年以内にできなかった。やはり、世代交流いきいきプラザの資材高騰は、本当にこれは目を見張るほどのものがありまして、できない理由があるんですけども、しかしながら、結局公約で掲げた以上、それに向かって、やっぱりやれる努力、どのような努力をしたんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。努力をしようといたしましところ、先ほどお示ししました世代交流いきいきプラザの財源、7,750万円、補正予算でやりました。これは一例であります。今後、その当時復興需要による建設資材、人件費等高騰するということは目に見えておりましたので、財源をですね、確保できないという状況にありましたので、残念ながら、初年度では実施できなかったということについては、そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。この18歳までのやつで、結局、地域活性化緊急支援交付金も充ててますよね。結局、これがなかったらできなかったっつうことでよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) たまたま交付金があったので、それを活用しようということでありまして、町としては、それがなくてもやるということを決断した上での話でありますので、今後の財政見通しも考えながら進めておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。結局、この緊急交付金がなければ、もっとおくれてたということなんですか。財源の見通しとして、結局、前回の質問でもあれしましたけけども、結局、中学校卒業までの部分と高校卒業までで約9,000万でしたっけ、ぐらいの予算組みが必要だっていう話であったわけなんですけども、結局、これが緊急支援交付金がなければ、もっともっとおくれてたっていうことなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。この子ども医療費の引き下げ等につきましては、庁内でも十分議論を踏まえて、次は所得制限を撤廃しようということでありました。たまたま、国の補助金があるので、それを活用したということでありますので、町としては所得制限撤廃するということは既定路線上の決断でありましたので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。そうすると、この高校卒業までの18歳までの医療費無料化は、今後ともずっと継続するという考え方でよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) あと同じく、放射能対策の強化ですけども、これ二重丸ってついてますけども、鷺沼入の残土、これ見通しとしてどうなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。これもですね、どこか移転先があればいいんですけども、ほかの町でも受け入れてくれるわけではなく、また、町内で移動することもできないということで、町内で、今のままでは少し周辺への悪影響があるということで、コンクリートで遮蔽して、そういった形をとろうとしたんですけども、それすらも反対されたということでありますので、なかなか、これ以上の対策、今のところとれないということで、大変苦慮しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その後、前回の一般質問でもあれだったんですけども、3日間の説明会やって地域住民から反対されて、その後って、この話し合いってもたれてるんですかね。また、ほかの代替え施設の話で、どっか話を持ってってるっつうところはあるんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。候補になると思われるところについては、打診をいたしましたけども、やはり自分の近くに持ってきてもらっては困るということで、暗礁に乗り上げているという状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) すると、その後何もしてないということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町長の答弁でも申し上げてございますけれども、新たな仮置き場が見つからないということで、今のところですね、厳重なとこで、厳重な管理のもとで管理をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。あのシートが掛けてあるだけが厳重な管理とは、ちょっと思いがたい部分があるんですけども、また、前回の一般質問で言ったときに、私が結局、任期中に何とかできないのかっていう話をしましたら、任期中というお言葉ですけども、そんなに長くかけるつもりはございません。一生懸命努力したいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思いますという回答だったんですけども、任期あと6カ月少々なんですけども、その間には、結局できないってことなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 最大限の努力を引き続きやっておりますので、推移を見守っていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。現在、鷺沼で管理をしているところでございますけれども、平成26年に、一応、雨でですね、ゆがんだ部分もありましたので、囲いの部分、それから遮水シートをですね、新たに覆ったような形の中で対応してございますし、毎月、放射能測定も行っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。どうなんですかね。今、どのぐらいの線量あるのかと、また、結局、任期中、そんなに長くかけるつもりはございませんと言った、その、結局その中身っつうか、自分思ってたのが何でできなかったのか、その辺、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども述べましたとおり、移転先といいますか、移設先がなかなか決まらないということで、これ、どこでも苦慮している、自治体全て苦慮していると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。空間線量につきましては、毎月実施しておりまして、先月ですね、2月にも行いました。鷺沼の入り口付近ですと0.07ということで、河北にもこう、毎日出てますけれども、そんなに変わらない状況でございます。ただし袋から2メートルぐらいですと0.14ぐらいの空間線量はございます。さらにですね、ベクレルなんかも、今月になってちょっと測定した経緯がございます。コンクリートの部分の砂をちょっと寄せ集めてですね、測定したところ、そこら辺ではもう800ぐらいのベクレルしかないんですね。ただし、土にある部分をこう、集めて測定すると、約1,000とか2,000とか、ただし8,000までは近隣付近ではないというような状況になっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。前回の一般質問で言われたとき、任期中、そんなに長くかけるつもりはないって、非常に期待してたわけですけども、もう裏切られた気持ちでいっぱいなんですけども。また結局、8,000以下で結局、指定廃棄物にもならない、結局、ものなので、町で何とかしなきゃない部分ではあると思うんですけども、その中でやっぱり、今の状態、やっぱり説明会開いて、結局、今の状態でやってくよりは、少し囲いでも何でもして屋根でもかけたほうが安全なんだよというのを理解していただいて、何とかしないと、あのままではちょっと、余りにもひど過ぎるような感じなんですけども、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。実は、町としましてもですね、何とか残土を処理できないかということを思っているところでございます。実は昨年、環境省の除染チームが本町を訪れました。私のところでは、汚染状況重点調査地域というような指定を受けているところでございますけれども、本町とすれば、そういった除染対象の除去は終了してるということで、環境省としても、そういった地域から指定を外したいというようなお話もされました。その席の中で、大河原町として一番問題なのは、この鷺沼にある268袋の袋に入ったものだということでお話を申し上げてございます。さらには、湾岸の復興の中でですね、防潮堤といいますか、そういったところで、ぜひともこういった土を使っていただけないかというようなお話もしたところでございまして、了解するような回答はいただけませんでしたけれども、そんな対応もいろいろ考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。再度説明会をやってどうのというお話にお答え申し上げますけども、そうしますと、そこの設置場所で説明するとなると、まず反対は避けられませんので、今、開いたところでどうなるか、大変厳しい状況ということを想定しながら対応していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。どこでも厳しいのはわかるんですけども、やっぱり丁寧な説明しかないと、やっぱり町民の声を聞く町長にはならないと思いますので、その辺、十分考えていただければと思いますし、また、結局、施政方針でもあったんですけども、放射能対策について、学校や保育所、給食食材検査、公共施設の空間線量等の測定、継続して実施、安全性の確保に、そのほかの対策ってもう、放射能対策ってのはもう終わりって考えてよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。町長の答弁の中でも申し上げました町の独自の取り組みとしましては、25年、26年度に行いましたホールボディーカウンター、おかげさまでして99人の方に検査をしていただきましたけれども、全員皆さん異状なしということでございます。
 それからもう1つは、昨年度、甲状腺検査の支援ということでですね、いきいき世代交流プラザをですね、会場に、私のほうでいろいろな形で応援をさせていただきました。100人を超えるような受診者があったようでございまして、その受診者の方も全て異状がないということでございます。したがいまして、新たな取り組みは、新年度、新たな、人の体にかかるような検査は行いませんけれども、施政方針で申し上げました食品の部分、食材検査については、引き続き行ってまいるというような形になってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。すると、大河原町は、もう放射能安全な町っていう考え方でよろしいんですかね。あと、結局そうだとすると、この側溝処分ですけども、側溝等の泥上げですね、結局、2回で800万とかなりの金額が、ちょっとかかっちゃってるわけなんですけども、今後どうしていくのかが、全然ちょっとまだ見えないんですけども、今後の処理方法等、またその回数等、どのように考えているのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。側溝土砂ですね、従来ですと年2回、町民の方に一斉清掃の中でお願いしたところでございますけれども、残念ながら、ああいった事故の中で、そんなことができなくなってしまいました。しかしながら、町長の答弁でも申し上げました26年に12月に2回に分けて除去していただいたところでございますけれども、何しろ800万円という議員のご指摘もございましたし、かなりの経費がかかるということで、町長の答弁で申しました単年度の実施は難しいのかなというふうに思っております。
 しかしながら、各地域でですね、やはりみずから側溝土砂を上げている方もおられるようでございますので、そこら辺につきましては、今後ですね、ちょっと課内で、課内といいますか庁舎内で検討させていただきたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。すいません。側溝土砂もそうなんですけども、結局、今、こないだ、去年の秋のあれもあれなんですけども、集中豪雨によって、結局川の氾濫というのが頻発しているわけなんですよね。その中で、この川の土砂等の土砂上げっていうのも、なかなか進んでない状況もあるんですよね。この土砂上げたのも、結局、この処分できないっていう形で、今後、上げづらいっていうのも考えられると思うんですけども、その辺の考え方、どう考えてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) はい。河川といいますか排水路だと思うんですけども、そういったところについても、以前、そういった一部、西在方向でしたかね、そういった上げて、そこに置いて、あと何かで活用ということで、農業面のこういった排水路では問題なければとか、その場所が農家さんのエリアなもんですからね、そういったところでの理解はいただきながら、また、今年度もちょっと町内、小さい箇所ですけども、そういう排水路の土砂上げというのも、また計画しているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。西地区、田舎のほうは、結局そうやって上げて、あとは田んぼに入れたりっていう形で使えると思うんですけども、結局、町中だとそういうわけはいかないとこも多々あると思うんですよね。その中で、結局今度上げられなくて、結局水かさがふえたとかという災害的なものも発生してくると思うんですけども、結局その、やはり上げてどっか持ってくというような形で順次やってかないと、今後ますます処理費用がかかってくると思うんですけども、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。さっき総務課長が答弁申し上げたとおりですね、住民のほうが自主的に上げたものについては町で処理しております。これは、なぜそういったことを認められるかといいますと、ちょっとした雨が降って冠水するような、そういった地域は、やっぱり土砂上げ必要だと思いますので、全町ではちょっと無理にしても、そういった予防対策的にやりたいというような地域については、自主的にやっていただいております。その場合は、土砂を引き取りにいっていると、こういう状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。やっぱり結局大変だと思いますけども、結局、処理場は早急に探していただきたいと思いますので、その辺よろしくお願いしたいと思います。
 また、短期で攻めの農業という形で、今、やっぱりご承知のとおり農業を取り巻く環境は、本当に変わりに変わってっていいますか、先行きが見えない状況で、私が前、出させていただいた議会でもTPPに反対する決議は議会のほうで可決されたわけですけども、しかしながら、なかなか国のほうではTPP参加というのを進めているようですけども、そうなっていくとまた、農業に対してのかなりの影響があるのかなと思ってますし、また、今度農業再生化会議の設置条例案が出されているようですけども、この中身ってどういうふうなものを考えているのか、ちょっとお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) あす、ご審議いただく日程でございましたけども、そういった農家だけではなく、農家以外の方も交えた意見聞いたりとか、そういったところでみんなで考えていただこうという、ちょっと簡単に申し上げますと、そういったぐあいで考えているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうするとこれ、今、農業委員会とあるわけなんですけども、この農業委員会と何が違うんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 農業委員会のほうはですね、実際、例えば農地法に基づくそういった転用売買、使用収益権、そういったところでの審査、調査、あとは農家に対するいろいろな、今回ですと農地バンクとか、そういった農政でのいろいろな相談をして推進、そういった方向で実践をやっていただいているところですね。今回の農業会議のほうは、そうではなく、もうちょっとその、将来の方向性というんですか、これからどんなぐあいにやっていったらいいだろうというところを、ちょっとご審議いただくというぐあいに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。これも、町長の公約があって結局つくるものだと思いますし、その中で、結局今までも町長として、いろんな農家にかかわって、また大河原町の農業ブランド等見てきていると思うんですけども、やっぱりつくって、結局、大河原町に根づくような、そんな新たな、また6次産業化で、結局生産から販売までという形で進めてると思うんですけども、大河原町に何が一番合っていると思われますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大河原町に合っているというご質問ですけども、何が合っているかということをちょっとお伺いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ですから、町長から見てですね、大河原町で、結局、ブランド化したり6次産業化するものを、いろいろ町長として見ているわけですよね。その中で、大河原町に何が合ってるのか、どうお考えか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい、わかりました。作物が何が適しているかということでありますけども、これについては、今のところ、これということは想定しないで、どういうブランド化をしたらいいのかということを、この農業再生化会議で検討したいと。ブランド化の手法にもいろいろあります。対象もいろいろあるし、方策もいろいろあります。そういったことを検討して、もう1つは、それが1つとですね、農業再生化の目的は、農家の所得を上げることは基本でありますけども、幅広く町民が農業にかかわって、大勢の幅広く町民が農業に関心を持っていただいて、住みたくなる農村とか、農村風景、そういったものを今後大事になってくると思いますので、そういったことで、農村風景をよくすることによって地方創生に資するような、田舎暮らしをしたいというような、そういう魅力ある農村づくり、そういったことも展望しながら、多くの人が農業に携わる、また都会から人を呼ぶと、そういった幅広く農業を考えていきたいということで、短期でということが書いてありましたけども、1年目にできなかったことで大変お待たせをしたというふうに思っておりますけども、その間、いろいろ私なりに知見を積み上げることによって、農業再生化会議の方向性も、今、庁内でいろいろ検討しておりまして、時間をかけて再生化会議を設置するために、時間をかけて検討してきたところでありますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。やっぱり今後の農業のあり方っていうのは、非常に難しいですし、今後、やっぱり何だろう、これから会議で話し合うっていうことなんですよね。そうなってくると、あと何年かかるのっていう話になってきちゃうと思うんですけども、今、前回も言ったとおり、もう農業者人口なんていうと、もう70過ぎの、もう平均年齢だってかなり高齢化なんですよね。ここ5年、10年で、もう後継者なんて半分以下に減りそうな勢いで変わっていっている状況ですよね。その中で、これからこの、どうするのか、ブランド化どうすんのかって話し合ってるんでは遅いような気もするんですけども、その辺、どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私は、遅きに失することはないと思っております。というのは、農政大変厳しい状況で、ある政策を投入すれば即解決するようなものではないということは、議員もご承知のとおりだと思います。この農業再生化会議は、本当に長期的な展望をこれから考えていきたいということも1つのテーマでありますので、そういった意味で、農業再生化会議を設置する前にも、いろいろ事前に関係者とお話をしながら、シンポジウムをやることも考えておるところでございまして、幅広く農業に関心を持ってもらうということも大きな課題だと思っておりますので、ただ、農家さんだけではなくて町民全体の問題として捉えるということでもPRをしていきたいというような位置づけにもしていきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。ぜひともこの農業再生化会議において、よりよい議論がなされることを期待しているんですけども、くれぐれも会議だけ開いて中身は何もないというようなことにならないように、ぜひともお願いしたいと思います。
 また、町立介護特別老人ホームの設立、これは結局、町立では建てないということでいいんですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町立を見直して民間事業者にお願いするという方向転換をしたということで、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。またその方向転換がよくわからないんですけども、本来であれば、結局、老人ホーム、民間に任せてるというのが通例でやってきたわけですけども、町長が公約に掲げたのは、町立の老人ホーム等を新設するということですよね。それ間違いないですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども述べましたとおり、町長に就任する以前は、なかなか民間に任せておっては難しいというふうなことも思いましたので、また、就任後は財政状況が厳しいというようなことから、町立を見直して民間にお願いしようということで、また、第6期介護保健事業計画策定のときに実施しました平成26年度の調査に基づきまして、認知症グループホームをつくったりですね、それからショートステイをつくったり、そういった方向で、町の実態に合ったような形にやるべきだというふうに、結果として、時間をかけた結果、今の現状、たまたま特養で29名、それからショートステイが20名、それからグループホームが18、足して67です。これは、26年の調査の結果ですね、待機老人数が、もう2年前になりますけども、67名ぴったりですね。
 そういった意味で、規模的にもちょうどいいし、内容的にも在宅介護をやりたい人も半分以上いるということもわかりましたし、認知症も相当ふえているということもわかりましたので、そういった意味で、結果として、町の理想的といったらちょっと言い過ぎかもわかりませんけども、現状を考えたらふさわしい老人福祉政策になってるんじゃないかと、私は思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。結構、みんな期待したと思うんですよね、町立という形で。また、67名待機ということだったんですけども、今たしか、桜寿苑かな、桜寿苑あたりの申し込むと、重複してるんであれなんですけども、やっぱり300人待ちぐらいの話なんですよね。結局、それだけ入居させたい人もいますし、介護、なかなか厳しい状況で、特養に入れたい人も入れられない、また、自宅で見てても、結局、今あれなんですけども、介護度1だった人でも、もう次の介護認定受けるまでの間に、もう次受けてみると、もうすぐ4になってるというのが、これが現状として非常に多いわけなんですよね。結局、もう見てても見切れない状況に、すぐ陥りやすい。また、大体介護する人というと、嫁さんか娘さんという形になってくると、で、見るのはお父さんであったりしゅうとさん、そうなってくると、結局、力ないのに付き添いってトイレだったり風呂だったりってなかなか厳しい部分が多いんですけども、そういった現状を踏まえて、前回の質問したときには、待機老人がどんどんふえていく中で、これは民間に任せているだけでは解消していかないという、町長の答弁でしたよね。それが何で、そこから変わってしまったわけなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの答弁の中でも申し上げましたけども、最大の理由は、財政の理由だというふうにご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。老人ホームですけども、前回、話されたときにはあれですよね、詳細については計算してないと言いながら、財政の負担はかからない範囲で理想的な老人ホームつくりたいと考えてて、結局、試算の中で、村井知事等々と話した中で、結局、補助金等々で建設をしたいという形の話をしてたわけですけども、その中で、財政需要が、それを鑑みて財政需要が余りにもかかり過ぎるという判断なんですか。それとも、その県からの補助金とかは、もうなくなったからできないっつう話なんですかね、その辺どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。前回っていつなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 24年の12月、第4回定例会ですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。ちょっとその辺のところは記憶が定かではありませんけれども、いずれにしても、財政のかからないというのは、もうそれ鉄則でありますし、何をめぐって言ったのかわからない、ちょっと答えようがないんです、申しわけありません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。第4回の定例会の議事録見てもらうとわかるんですけども、そのときの答弁では「村井県政で3,000床の老人ホーム建設ということで、ほぼ今、完了したということで、次がどうなるかということで、多くの方々から終わったのかというふうに思っていますけども、実は、就任直後に挨拶の中で村井知事と直接お会いして、そのことに申し上げたら、ぜひ前向きに考えたいということで、金額についてまでも、これまた1床当たり315万円、それから多床室については245万円という補助を考えているところまで話ししていただいたという形で答弁されて、また、逆に補助金がなくても、これは入居待機者を減らすということで大事なので、ベット数の関係で少し減るかもしれませんけども、これは民間に任せているだけでは、これから待機老人がどんどんふえていきますので、これはやっぱり解決していくことで、町立の老人ホームが必要ではないかと、こういうふうな時代になっているのではないかというふうに認識している」という答弁だったんですね。結局、それは変わってしまったということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。何となく思い出しましたけども、いずれにしても、村井知事とお話しして、その結果、特養をつくるにしてもグループホームをつくるにしても、補助金が出ておりますので、その関係でどうということにはならないと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ていうことは、やっぱりこの町立の老人ホームはつくらない。この老人ホーム等の設立は撤回ということでよろしいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。先ほどもるる理由を申し上げましたとおり、諸般の事情により、町立ではなく民間に委託するような方向に政策を転換したのでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) では結局、町立の老人ホームはつくらない、新設しないということなんですね。結局、さっき言ったとおり、個人町民税一律5%減税、これも結局撤回でないけども方向転換という形で、要は撤回ですし、町立老人ホームの、これも撤回、結局、町長、あれですよね、公約掲げたときに町民に対して、私が町長になったら、この個人住民税一律5%をやりますし、町立老人ホームを建てます。だから私に1票入れてくださいということで町長になったんですよね。結局これは、町民との約束ですよね。約束したにもかかわらずできてないっていうことですよね。これって町長、町民に対しての詐欺じゃないですか。やるやる詐欺。それ以外の何物でもないんじゃないですか。その辺をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私としては、町政全般を考えながら町政運営をやっておりますので、必要に応じ、政策の転換をするということは当然のことでありまして、それぞれの場面、時点において重要な決断をしながら見直しを行ってきたところでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) はい。これ、やっぱり公約というのは町民との約束だと思うんですよね。これをやるから、私に1票入れてくださいっていうことで町長になったわけですよね。あと半年残ってるかもしれないですけども、その中で、ぜひともこの町民との約束、公約を守るような努力をしていただきたいと申し上げて、私の一般質問を終わりたいと思います。どうもありがとうございました。答弁要りません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。3番大沼忠弘でございます。議長の許可を得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 1項目、町長公約の実現についてであります。
 町長が発行している町政レポートに公約の進捗度合いを示す一覧が記載されておりました。5%個人住民税減税は、大方の町民が期待を寄せた公約でありましたが、就任後間もなく撤回された経緯がございます。一旦撤回しましたが、代替え策で実現したとも記載されております。昨年9月議会において、同僚議員が同様の質問を行った際には、仙南・仙塩広域水道水の供給価格が引き下げられたことに伴い、年間約1,200万円を町民に還元し、一般世帯の基本料金月額を86.4円引き下げたものであります。広く町民が恩恵を受けることができ、公約の減税よりも大きな効果があると考えたからとの答弁がございました。
 また、2月14日付の地元紙においても、公約で掲げた町立特養老人ホームを断念との記事が載ったところでございます。民間主導の地域密着型ホームの整備支援に方向性が転換しているのは周知しておりますが、記事によれば、昨秋以降3度にわたり事業者を募ったが応募がない状況が続いていると報じられております。近く4次募集を募るとも記事にはありましたが、もともと公約の町立とでは別物であることから、以下お伺いをいたします。
 (1)一旦就任直後に撤回した減税の公約が再度復活したという考え方は理解しがたいところがございます。公約の一貫性に欠けるのではないでしょうか。
 (2)公約の減税よりも大きな効果があると考えたと、以前に答弁されております。であるならば、代替え策ではなく、公約になかった事業と考えるべきではないでしょうか。
 (3)世帯月額100円に満たない86.4円水道料金引き下げは、町民は余り恩恵と実感していないのではないでしょうか。むしろ、今後予測される布設がえ等に備え、水道料金は据え置くほうが得策ではなかったのか。
 (4)町立特養老人ホームの構想をした時点で実現可能な見込みがあったから公約として掲げたのではなかったのでしょうか。その根拠、裏づけはどういったものか。
 (5)4度目の地域密着型ホーム事業者応募に参入の見込みはあるのか。
 (6)減税5%、町立特養老人ホーム、看板公約の2つが撤回、見直しという現状をどう受けとめておられるのか。
 以上、6点についてお伺いをいたします。答弁の内容によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、丸山勝利議員にも申し上げておりますが、ご質問の撤回につきましては、見直しとするものであることをご理解いただきたいと存じます。
 初めに、私が掲げた公約について、一貫性に欠けるのではないかとのご質問でありますが、丸山勝利議員にも申し上げましたが、減税の見直しは代替え策の検討と抱き合わせで発表したものであり、そもそも減税の公約を復活させたとの指摘は的を射ておりません。撤回したものを復活させたものではなく、代替え策について検討の結果、見直した公約を代替え策の形で実施したものであることをご理解願います。
 また、これまでも申し上げておりますが、公約に掲げた内容につきましては、私の政治姿勢として希望と誇りを持って暮らせる福祉のまち、町民の声が届く町政を掲げまちづくりを展開しているところであり、その実現に向けた取り組みが公約であると考えております。
 しかし、時代の変化を初め、さまざまな要因により、公約内容に関しては拡大あるいは縮小といった変更等、つまり見直しは、そのときの判断としてあるべき対応と考えております。したがいまして、公約内容等の見直しは一貫性に欠けるものではなく、そのときの最善の手段、事業の選択であると考えております。
 次に、水道料金の引き下げを代替え策としたことに関するご質問でありますが、1点目でお答えしておりますとおり、公約内容等の見直しはあり得るものであり、年間約1,200万円が町民に還元されることは、5%減税による還元よりも大きな効果が生じると判断したものであることから、代替え措置と考えたものであります。
 なお、代替え策、つまり減税に匹敵あるいは同等以上に効果のある最良の方策を検討することを約束しておりましたが、その約束を実現する形で水道料金を引き下げたものであります。もし、代替え策を約束していなければ、水道料金の引き下げは他の自治体に倣って行わなかったものであります。よって、まぎれもない代替え策であることをご理解願います。
 次に、引き下げを行った水道料金について、恩恵が余りなく、むしろ布設がえの財源として確保すべきではなかったかとのご質問の内容でありますが、料金引き下げは恩恵として考えることができると思われますし、また、料金の改正に関し、将来にわたり十分なシミュレーションを行っており、その際にも布設がえ経費を見込み改正が可能であると判断したものであります。
 次に、町立特養ホームについてのご質問であります。
 今後ますます高齢化する社会を迎えて、特養ホームの設置が必要であり、入所待機者も年々ふえることが予想されることから、問題解決は民間に任せるよりも町立で特別養護老人ホームの建設を進めたほうがよいと考えたもので、建設費については、道の駅建設費の町負担相当額を考えていたものであります。
 次に、地域密着型ホーム事業者応募についてのご質問であります。
 地域密着型特別養護老人ホームの整備事業者の4回目の公募については、2月15日から4月28日までを募集期間として、現在実施しているところであります。募集に対する問い合わせについては、先月に1社会福祉法人から公募の詳しい内容について照会があり、ご説明いたしたところで、現在、状況について見守っているところであります。また、このほかにも介護士などマンパワーを確保できれば検討するとの申し出を、ある社会福祉法人からいただいております。
 次に、公約の見直しの現状を、どう受けとめているかとのご質問であります。
 公約に関しては、財政需要や費用対効果を含めた政策形成を行う上で、世代交流いきいきプラザや金ケ瀬中学校体育館のように優先度の高い事業を進めながら、どの形が最適かを検討していくことが必要でありますので、公約の見直しがあったとしても、住民の生活や福祉などに貢献する方向性を重視し、代替えとなる施策を実施してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、再質問いたします。
 まず(1)の部分でございますけれども、たまたま今回の仙南・仙塩広域水道の供給価格が下がったので、代替えというような、町長言い方されてましたけども、これがもし、公共料金の引き下げがなければ、この代替え策もなかったままだったということだったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 仙塩広水の価格が下がったことによって、代替え策としたものでありますけども、これがなければ、代替え策を検討していると言っていましたので、別の形の代替え策を考えたいところでありました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは(2)のほうに移ります。
 まず、公約の減税よりも大きな効果が見込まれるということだったんですけども、公約の減税よりも大きな効果はありましたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。公約を掲げた理由につきましては、先ほど丸山議員にもお答えしたとおりでありまして、町民の重税感などを少しでも解消したいということがありました。そういった意味で、より多くの町民の方に恩恵が広く行き渡ったということで、効果は大きいものと私は考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。その効果への具体的な、こういう効果があったというものが何かございますか。具体的な何かこう、今、お答えしていただけるようなものは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。1世帯当たり毎月86円40銭下がったという効果でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。町長がですね、町税5%減税の町長公約、以前に書面でこう、選挙の際に配られたもの、あると思うんですけども、ここにもちょっと資料あるんですけども、その書面に記載されてた文面というか、文言は今、町長今、もし、覚えてますか。言えますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今、言えませんけれども、私は、きょうは、今、手帳がありませんけれども、手帳にいつもそれを掲げて、忘れないように心がけております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。このように書かれておりました。5%個人町民税減税について、個人町民税を一律5%減税します。町の事業の総点検を行い、税金の無駄のカット及び納税率の向上により必要な財源を捻出しますというような書かれ方をしておりました。
 以前の質疑でもそうなんですけども、この文章を読んで、1年限りの減税と、これには記載されてないんですね。少なくとも、私もそうなんですけども、私の周りからも、1年限りの減税で5,000万、4年で5,000万、約6,000万というような、先ほど答弁もありましたけども、この文面見ただけで、やはりそういうふうに読み取れませんで、やはり、1年間で5,000万の減税というふうに多くの町民の方は受け取ったと思うんですけども、いかがお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私は、緊急1年ということで1年間を考えておりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、(3)のほうに移ります。
 水道料金なんですけども、実際、月額100円にも満たないですね、今で言えばジュース1本も買えないような恩恵を、町民は実感しているのかなというふうに感じるところであります。この前、説明ありました大河原町公共施設等の総合管理計画で、それにはっきり示されておりましたけれども、特に、上下水道とも、今後、年平均値にして約3倍から5倍近くお金が膨れ上がるというようなことが書いてありました。逆にですね、月ジュース1本程度の、町民の方々にご負担をお願いすることで、将来的財政の確保、サービスの継続につながるということを町民にしっかりとご理解、納得をいただくことのほうが健全ではないのかなというふうに考えるんですけども、いかがでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私、先ほどから申し上げているとおり、町民の重税感などを少しでも緩和したいということであります。で、水道料金、100円に満たない、ジュース1本にもならないということでありますけども、1世帯当たりの月額、今ちょっと、6,000円ぐらいですか、(「6,000円か7,000円ぐらい」の声あり)6,000円ぐらい、水道料金だけで6,000円いくんですか。6,000円、6,000円が100円下がるわけですから、負担感は若干軽減されたと。しかも、それが今のところ見直しをするつもりありませんので、ずっと続くわけでありますから、長い目で見れば、相当の負担感の減少につながるというふうに、私は思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。将来的に、当然ながら人口減少が進んでいくわけなんですけども、それも視野に入れた上でですね、現状の税収で行政運営が十分に図られていくか、大丈夫かというふうにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) わずか100円とかジュース1本に満たないということでありますので、議員の立場からすると大した金額ではないということをおっしゃっておきながら、これからの町の財政がどうとおっしゃいますけども、私が町長就任してから、3億2,000万だと記憶しておりますけども、さっき引き合いに出されました私のチラシの中に、滞納額を削減した上で減税を実施したいということでありますので、それの何分の一かに過ぎない減税でありますけども、財源はそういったふうに確保しておりますので、町全体から考えれば、相当なふさわしい減税額ではないかと私は思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今、滞納整理で大分収納もあったというお話されたんですけども、そもそも滞納整理と水道料金の値下げは別物で、滞納されてた分は、もう当然、本来は入ってきて当然のものでありまして、整理が進んだのも、今回、いろんな町の職員さんの皆さんの努力があって、こういった整理が進んだものだというふうに理解しておりますので、それを同じ同列で考えるのは、ちょっとまた違うのかなと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 滞納整理につきましては、就任直後、私なりにもいろいろ手を打ちまして、縮減に努めるようにということで職員の方々にお願いした。その結果、職員が頑張って財源を確保してもらったということで、職員に感謝しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。前者の丸山議員と、ちょっと質問が再度お伺いすることになるかと思うんですけども、今回は水道料金、合計で5,000万円の減税、減税というか圧縮ということ、引き下げということなんですけども、仮に5,000万の減税を行ったとしたら、その分、収入が入ってこなくなるという考えになるんですけども、5,000万収入が入ってこなくなった分、その対処を当然しなくてはいけなかったわけで、その対処はどのようにお考えだったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 仮定の上での話は、なかなかお答えしづらいんですけども、対処するということは、当然、一般財源から財源を引っ張るしかないんですけども、これも何度も説明しておりますが、5,000万円の減税に対してシステム改修費、もとへ戻すのもあわせて1億円もかかるということでありますので、見直しをするということの1つのきっかけでありましたので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それではですね、4番は飛ばして5番のほうに移ります。
 地域密着型ホーム事業者、これは、今、先月1社、内容について照会があったということなんですけど、これは、進捗ぐあいとしてどうなんでしょうか。手応えはありそうなんでしょうか。実際、この今、手を挙げられた方が決まりそうなんでしょうか。可能性はありそうなんでしょうか、なさそうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 今の質問でありますけれども、1社、社会福祉法人の方がですね、事務長さんと理事長さんが来まして、名前はちょっと言えないんですけれども、一応ですね、前向きに検討するということで、持ち帰って検討するということなので、ちょっとその推移を見てるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これまで3度、実際応募があって、それでも手を挙げる業者さんがなかったということなんで、業者側も当然、事業として成り立つ見込みがなかったら手を挙げないわけで、これ、本当に事業として成り立つ見込みはありそうなんでしょうか。本当に今回、いろいろ3度これまで協議を繰り返してきた中で、どうなんでしょうか、本当に今回はいけそうな手応えはあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 4度目どうなるかということは心配でありますけれども、3度やって応募者なかった、この一番大きな理由は財政理由じゃありません。介護士のマンパワーの確保ができないということであります。県内のある自治体で募集して、一旦は応募して進めておった話が、やはりマンパワーを確保できないということを理由に断られたところもあるということぐらいで、大変、厳しい状況です。これについては、きのうの万波議員に申し上げましたとおり、国としてしっかりと介護士、看護師、保育士、こういった人材を確保できるような施策をこれからも引き続き求めていきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。やはり答弁にもありましたように、マンパワーというところが一番のこう、ネックというか、キーポイントになってくるのかなというふうに感じております。
 恐らく、今回応募されてきた業者さんも、マンパワーという部分で手当てがつきそうだという見込みがあってからこその、今回、応募だと思うんですけども、その業者さんは、実際マンパワーというところは十分いけそうな感じでしょうか。まだわかんないですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) こちらのほうに相談というか、来たときにはですね、一応、マンパワーとですね、あと今まで震災の関係上、建設費が高騰してたということで、ちょっと落ち着いてきたというふうなお話を言っておられました。それでですね、それもクリアしながらですね、考えてみたいと。この法人につきましてはですね、結構ですね、平成17年あたりから始まりまして、26年にも建設しているというところなので、期待してですね、待ってるというところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今、進捗ということを今伺ったので、まだ仮定の話になると思うんですけども、もし仮に決まった場合、建設予定地は大体どの辺を予定しているのか、もし、まだ。はい。じゃあ当然ながら、入居料とかも全然まだ。まだですね。はい。
 それでは、質問を2項目に移したいと思います。
 おおがわら町民学園の現状についてであります。
 2014年10月より、おおがわら町民学園がスタートいたしました。事業開始から1年が経過したもので、現状の制度や実情について、以下お伺いをいたします。
 (1)町民学園の対象事業は、現在どれぐらいあるのか。また、対象事業の選定、認定基準はどのようになっているのか。
 (2)27年度現在、何枚さくらカード商品券が発行されたのか。
 (3)集会所等で事業が行われた場合、スタンプを捺印するのはどこで誰が行うようになっているのか。また、捺印作業で、これまで業務に支障は出ていないのか。
 (4)対象が20歳以上となっているが、根拠は何か。また年齢制限の見直しの考えはないのか。
 (5)町民学園で健康で充実した生活を手に入れ、病院にかからないようになれば、医療費を減らすことができるとしておりますが、実際に医療費削減の効果は出始めているのか。
 以上、お伺いをいたします。答弁によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き大沼議員の一般質問にお答えいたします。
 町民学園の対象事業の数と選定、認定基準についてのご質問についてでありますが、町民学園の対象となっているのは、現在、生涯学習課、中央・金ケ瀬公民館、駅前図書館、総合体育館、保健福祉課、町民生活課、商工観光課、子ども家庭課、世代交流いきいきプラザ等の町で実施する事業及び社会福祉協議会、行政区で区長が認定する事業など、現在200を超える事業が対象となっております。
 事業の選定と基準につきましては、健康づくりや生きがいづくりの対象事業に参加することで、町民が健康でいきいきとした生活を送るために有効な事業としており、町が必要と判断した事業を対象としているものであります。
 次に、さくらカード商品券の発行枚数についてのご質問ですが、平成28年1月末現在、これまでに発行されました枚数は699枚、うち26年度、26枚、27年度、673枚となっております。また、今年度末までは、もう少し伸びが生じるものと想定しております。
 次に、集会所等で事業が行われた場合の捺印方法と、業務への支障についてのご質問です。
 集会所等の役場関係施設以外での事業が行われたものにつきましては、生涯学習課、中央・金ケ瀬公民館、健康福祉課、町民生活課、総合体育館、世代交流いきいきプラザ、社会福祉協議会に基本的には参加者が足を運んでいただき、事業内容を職員が確認の上、捺印をさせていただいております。
 また、捺印作業につきましては、その都度職員が対応しており、事業内容の確認や、まとめての申請など業務が集中する場合もありますが、捺印作業部署が分散していることから、業務には支障のない範囲と判断しております。
 次に、対象年齢の根拠と年齢制限の見直しについてのご質問でございます。
 まず、対象者を20歳、二十とした理由につきましては、一般的に社会的な責任が持てる年齢が成人であること。健康審査の対象が二十以上であること。また、目的の1つに成人病予防としたことなどを総合的に判断したものでありますので、ご理解賜りますようお願いいたします。また、年齢制限の見直しにつきましては、今のところ考えておりません。
 次に、町民学園による医療費の削減効果についての質問ですが、町民学園がスタートした平成26年度については、10月からの半年間、27年度については、まだ年度途中ということもあり、比較するデータが出てこない時期でもあります。加えて、医療費として比較検討するものが困難な状況にはありますが、今後はデータ比較の研究も検討してまいります。
 医療費の削減効果につきましては、町民学園対象事業の健診事業や健康教室等により、町民の健康に関する意識の向上も見られていることから、今後は総体的に医療費削減効果が徐々にあらわれてくるのではないかと想定しております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは町民学園について再質問をいたします。
 私が聞き及ぶところですと、数人の座談会というか、いわゆるお茶飲みとかでも判こ押しますよというようなこと言われたっていうのも聞くんですけども、それは本当なんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それではお答えいたします。
 議員さんが、多分おっしゃっているのは、各行政区でいろんな、お茶飲み会というお話でしたけれども、うちのほうに回収、回ってきた手帳を見ますと、健康に関する相談とか健康に関するお話し合いということで、健康に関する事業の区長さんの推薦がある、区長が認定する事業ということでポイントの対象になっているということで、町のほうでも判断をしまして、ポイントとして認めているという状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。じゃあ例えば、年度の途中から、これも新たな事業ですということで、どんどんどんどん、新規事業として組み込まれてくるような事業というのもあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。新しい事業があるかということなんですけれども、議員おっしゃるようにですね、対象事業の中身が区長等が推薦する団体等が任意に行う事業というのが当初から要綱のなかに盛り込まれておりまして、区長さんが、その行政区で判断したものにつきましては、随時追加といいますか、ふえておるというのが実情でございますので、ふえる事業はあり得ると考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、課長が答弁したとおりでありますけども、ふえてくるということでありますけど、これ、ふやしたいというふうに思っておりまして、私の知っている、ある区でも、去年町民学園の話を聞いて、これをきっかけに敬老会といいますか、高齢者のクラブをつくって活動を開始したというところもありますので、こういったことは全町的にやっていただきたいというふうに思っておるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今、あり得る、ふやしたいというような話だったんですけども、だとすれば、まず年当初予算で想定されていなかったものが、これからどんどん積み重なってふえていくというような考え方になると思うんですけれども、それでとすると、やはりどうしても、事業としては見切り発車ではないのかなというような考え方もできないではないのかなと思うんですけど、町長、いかがですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。見切り発車という表現は、少し当たらないかと思います。こういった事業はですね、時間をかけて普及促進を努めるということで、徐々にふえていくものと思っておりますので、その段階、段階で事業費を見込んで予算を立てていくということでございますので、何とぞご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。あと今月はですね、桜まつりも近いということで土手の一斉清掃、これもありまして、これも対象になってるんですよね。清掃時はですね、いつも、参加された皆さんに、何ていうんですか労をねぎらうという意味で、ペットボトルのお茶配ってたと思うんですけども、そもそも皆様やはりボランティア精神で、町をきれいにしようという思いで参加していただいているので、もちろん当然、皆さんは対価を求めてないっていうのが前提なんですけども、そこに、お茶というのはこちらからお疲れさまでしたということで、それ理解できるんですけども、そこにさらに判こっていうのは、何かまたちょっと過多のサービスじゃないのかなっていうふうに思うんですけども、どうでしょうか。過多のサービス強要というふうにはならないでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。町民学園の事業の中には、ボランティア活動ということを明記しております。そのボランティアをしていただく方をふやすということからも、これは必要な事業ではないかと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、(2)のさくらカードのほうに移ります。
 ちょっと私の印象では、対象事業の選定基準とかですね、いろいろ、年度の途中でもいろんな事業がふえてくるということで、何かちょっとまだ今いち明確でない部分があるのかなというふうに思うんですけども、商品券とはいえですね、金券ですので、私のところに、ばらまき施策ではないのかなという町民の声も承っているんですが、これはどうでしょうか、政策的にばらまきではないかという声が、私のほうには届いている部分もあるんですけども、どのようにお考えでしょうか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 費用対効果を考えた場合ですね、これもある場面で申し上げたと思いますけども、この事業、こういった類似の事業をやっているところで5年間継続したら、1人当たりのこういった事業に参加するグループとそうでないところを比べたら、10万円以上違っていると、医療費がですね。そういったこともありますので、これ、ばらまきに当たらないと私は思っておりますし、健康を増進すると、心身ともに健康な町をつくるということで、その1つの起爆剤になると、こういった発想からやっておりますので、ばらまきではないということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、(3)のほうに移ります。
 答弁はいただいたんですけども、ないとは思うんですけども、例えば参加、実際の実態がないものに、「いや、判こ押しとくからや」みたいな、そういうチェック体制というのは、きちんと働いているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。議員お話しの質問については、恐らく事業をやったときのスタンプの押印の確認だと思うんですけども、まずは一番今多いのが、行政区のほうで区長さんが認める事業ということで書かれてありまして、うちのほうでも、職員のほうも、まずスタンプの前にですね、行政区の区長さんまたはその代表者の方が確認を押します。そして事業名が書いてあります。その事業名がうちのほうに届けてあるものについては、すぐチェックできるんですけども、わからないものについては、そのスタンプを押す、その場所の担当の職員がですね、確認をしております。それによりまして、こんな事業だったんですねということで、確認をしまして押しておりますので、今のところ、そのような問題はなくですね、進んでいるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今、町民学園では、このような生徒手帳というものが、今、使われているんですけれども、特に高齢層の方から、「おれ、この年で生徒って言われても、何だか違和感感じるんだよな」という声も聞くんですけども、生徒、学生ということでなくて、例えば学園手帳とか、ちょっと名称の変更なんですけども、そういうことは、提案しますけどもいかがでしょうか、町長、名称変更。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今のところ、変更するつもりはございません。生徒ということを自覚していただいて若返ってもらいたいと、いつも思っておりますので、よろしく。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今のカードは、こういった形で、少し携行するには、ちょっとやっぱり大きめなんですね。通常ですと、いろんなカードだとやっぱり名刺サイズで、例えば二つ折りだったとか、財布にすっと入れていつでも持って歩けるようなのが、やはり一番こう、いいと思うんです。それで、やっぱりこれをですね、そういう形に、やっぱり変えていくっていうのは、実際こう、町民学園に参加される方も、やっぱりこう、そっちのほうが都合がいいんではないのかなと思うんですけども、そういう、こういうちっちゃい名刺サイズに変えていくというのはどうでしょうか、町長、これ、変更していく考えはないですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。これ、全世帯に1回目配ったわけですね。配るときに、こんなちっちゃいもので配ったら、なかなか紛失もありますし、また、印刷代考えますと折るだけで相当かかりますね。そのサイズを名刺版にするには、相当の費用もかかりますので、そういったことも考えて、今のところはそのままでやらせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは次に進みます。
 恐らくわかんないような気はするんですけども、さくらカードの発行で、年齢・階層別で、例えば20代とか30代とかに何枚発行されてるっていう、そういうデータの統計とかっていうのはわかるもんなんでしょうか。もし、もしわかるんであればで結構です、お示しいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。さくらカードの年代はどうなのかというご質問かと思うんですけれども、年代によってデータは、まずはとっておりません。が、対象事業が、議員ご存じのように高齢者の方が参加しやすいような事業といいますか、逆に言いますと、若い方が参加できる事業は意外と少ない状況でございますので、ポイントをもらって商品券に交換する方については、圧倒的に高齢の方が多いというのが実情でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今の回答でも、やはり40歳以下の若い層には、実際のところ発行も少ないと、効果も少ないというような、この事業の効果も少ないっていうふうに、ちょっと私は受け取ったんですけども、先ほどの最初の答弁では、対象年齢40歳以上に見直しっていうことは考えてないということなんですけども、年齢の、対象年齢の変更は考えてないっていうことなんですけども、やっぱり対象、やっぱり40歳以上とかですね、そういうふうに変更していく考えっていうのはないですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。先ほどの答弁の中でも申し上げましたが、目的の1つが成人病予防でございます。成人病予防を成人になってから始めたんでは遅いんです。できれば、その若い人もですね、こういった事業に参加してもらいたいという希望も、期待もしておりますので、二十で以上とさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今、これは継続中の事業ですので、実際、このポイントカードが10ポイントに満たない、今、潜在的な人も数多くいると思うんですけれども、今回、補正でも出てくるんですけども、当初の事業予算の、やはり2分の1のちょっと減額というような、今回上がってますね。それでやっぱり、この政策自体が、ちょっと実は今のところ、ちょっと効果がない政策なのかなというふうに思うんですけども、町長、いかがですかね、この町民学園の政策に対して。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。確かに予算、当初予算の半額ということで、私の期待が裏切られた形でありますけども、今後、しっかりと議員さん方のご協力を得ながら、この事業に多くの人が参加するように、皆さんとも協力しながら、事業の拡大を図ってまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、3項目に入ります。
 仙南夜間初期急患センターについてであります。
 平成27年3月、高次医療を担う中核病院や公立刈田綜合病院に集中する軽症者を受け入れ、医師や両病院の負担軽減、仙南地域の医療体制の充実のため、仙南夜間初期急患センターの運用が始まりました。開設より半年経過した時点で地元新聞記事でも取り上げられ、患者数が当初の見込みよりも少なく、予測を下回る実績に、報酬や事務経費の採算が見合わない状況になっていることと、町として同センターのPRを強化する方針であることも記事として報道されているところであります。開設より約1年が経過するに当たり、これまでの経過と、これからの見込み予測について、以下お伺いをいたします。
 (1)27年度の受診実績の経過について月ごとに明示してほしい。また、当初の見込みでは1日10人程度の受診者を想定していたはずであります。現状の受診者数とのギャップを埋める努力は、どういったことを行っているのか。
 (2)同センターの認知度不足、PR不足が否めないが、どういった改善に向けどういった取り組みを行っているのか。
 以上、質問いたします。答弁によりましては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き大沼議員の質問にお答えいたします。
 1と2のご質問の受診者実績の経過、当初受診者想定とのギャップを埋める努力及びPRにつきましては、関連いたしますので一括でお答えいたします。
 まず、27年度の月ごとの受診実績ですが、4月53名、5月52名、6月62名、7月66名、8月68名、9月58名、10月51名、11月45名、12月61名、1月58名、2月115名となっております。
 現状の受診者数と想定人数とのギャップを埋める努力及びPRにつきましては、地域住民に対し急患センターの周知を図るため仙南2市7町、仙南広域中核病院の広報誌等への掲載を行っております。仙南2市7町へのPR効果を高めるため、急患センターのポスターを作成し、仙南保健所管内の医療機関及び仙南薬剤師会の協力により調剤薬局に掲示をお願いしております。また、各種行事等を通じ、急患センターの周知に取り組んでまいりました。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩します。午後1時より再開します。
     午後 0時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは仙南夜間急患についての再質問をいたします。
 急患センターの利用実績について、数値出してもらったんですけども、1日10人という当初の見込みで、これも開設以前の急患で外来に来る人数の統計ですとか、あとはそういった根拠、裏づけがあっての、こう数値だったと思うんですけども、なぜ今、こういう状況になっているんだと思いますか。なぜ、こういう、今、状態を招いているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) はい。今の質問なんですけれども、当初ですね、この急患センター開院するときの計画なんですけども、これについてはですね、仙南地域における平日夜間初期急患外来にかかる検討委員会というのがですね、仙南保健所主催でやってたわけなんですけれども、それの報告書によりまして、仙南地域のですね、病院及び急患の医療機関のですね、準夜帯のですね、内科の診療人員、それをですね出しております。それによりまして、今、1日当たり34名ぐらいというふうな数値が出ております。それの3割程度が来るのではないかというふうな形でですね、予想して10人というふうな形で出しておったわけでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ちなみになんですけども、1日の患者数がゼロっていうのは、実際あると思うんですけど、どの程度あるんでしょうか。また、当町の利用者数というのは何%ぐらい占めるかというの、もしデータおありでしたらお示しをお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 4月から2月までのですね、診療日の期間中、19日となっております。ゼロという日は19日ということで、ええとですね、それで利用者のパーセント、当町のパーセントなんですけれども、2月末でですね、当町の利用者が223人ということで、全体から、全体の人数を占める割合といたしましては35.4%になっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。このセンターについては、当町が開設者ということになってますので、例えば町長、患者数がゼロのとき、担当医師とか看護師さんはどのように過ごされているかというのは、実情把握されてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。患者が来なくても待機しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。待機されてるということなんですけども、その間、お医者さんとか看護師さんのモチベーションというのも、ある程度やっぱりこう、常にこう、医療に対する前向きな気持ちというのを、やっぱり保ってなくちゃいけないと思うんですけども、「ああ、きょうも患者さん来なかった」とか、そういうことでモチベーションが下がっちゃったりとかということはないんでしょうかね。大丈夫なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。大丈夫だと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。仮にこのままの患者数実績が継続するとしたらですね、27年度はどの程度、やはりもう赤字というのはまぬがれないと思うんですけども、どの程度赤字を見込んでいるのか、そしてまた、当町の負担額はどの程度になると見込んでいるのか、データあればお示しをお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) はい。このままの患者数、実際先ほどですね、町長が回答いたしましたけれども、ちょうど4月からですと、大体50名から60名、月当たり患者さんがいるということで、2月になって115名ということで、倍ぐらいになっております。実質ですね、今回、風邪とかインフルエンザがですね、通常の時期よりも約1カ月ちょっと遅くなっているということで、本来であれば12月、12月だと61名、1月だと58名というふうな数字なんですけども、実際、12月、1月については、そういう患者さんがふえてる、本来であればふえてるというふうな予想だったんですけども、実際はですね、インフルエンザ、風邪等が、時期が通常よりも1カ月ちょっとおくれてるということで、2月になって115名というふうな形なんですけども、多分、3月もですね、この数字をいくのではないかなとは思いますけれども、2月現在から算出いたしますと、大体ですね、約2,000万ほどの赤字が見込まれます。それで、2月現在ですと、当町のですね、患者数が35.4%というふうな形になりますので、約700万程度の赤字が見込まれます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。では、(2)ほうに進みます。
 これ町長にお伺いしますけれども、去年の1月17日付で仙南2市7町の首長より、県に地域医療再生事業補助金について要望書を提出していると思います。赤字の補填と医療機器の更新に関しては、どこの自治体病院も認められていないはずだと思うんですけども、仙南夜間初期救急センターだけが補填されるというふうにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。自治体病院、大変厳しい経営ということは全般的に言えるかと思いますけれども、そんなことから、仙南夜間初期急患センターもですね、やはり県にお願いをして、少しでも補助金をもらいたいと。当然、仙南夜間初期急患センターだけというわけにはいきませんので、回答としては、ほかも同じ状況なので、財源的に厳しいので、補助は難しいという答弁をいただいているところであります。
 ただし、今まで中核病院に対する補助金が、ほかの、県内のほかの3次救急をやっているところが補助金があったんですけども、同じ機能をしながら、中核病院が補助金なかったんですけども、実は、その仙南夜間急患センターの補助をお願いしたときに、その理由で、ほかの自治体の病院についても補助してないから駄目だと言ったので、私はそのとき、すぐですね、切り返して、だったらほかの3次急患センターの役割をしている中核病院に対しても、ほかと同等の補助をしろと、こういう要望をしたら、そのことが今回実現するようでありますので、参考までに申し上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。関連しますけども、本当に地域医療には必要な場所だということで開設に至ったわけですけども、地域医療とは何かという、この命題に、町長は本当に誠心誠意取り組む意欲があるのかというのを、本当に疑問視するんだという声も届いております。その辺について、町長いかがお考えでしょうか。急患センターについての取り組みについて。この状況で、本当にいいわけはないんですけれども、今後、どのように取り組んでいくかという、町長のお考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) このままでいいとは思っておりませんし、真剣に取り組むつもりがないというご意見があれば、それは真摯に受けとめたいと思いますが、私なりに一生懸命やっておりまして、今後もPRに努めたいし、また、中核病院に対しましてですね、いわゆる選定療養費というのがありますけども、それを少し上げてもらうとか、そういったことをすれば、今、中核病院に流れてる内科の夜間の患者もこっちに来ると、こういったことで、いろんな手を考えていきたいというふうに思っておりますで、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) このセンターについてはですね、28年度の新年度予算案を見ますと、派遣医師の報酬が、27年度は計上されてたんですけど、28年度についてはついてないんで、これは、派遣医師からこれ、言葉はあれなんですけども見捨てられちゃったということなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) ええとですね、大変申しわけございませんでした。ええとですね、27年度予算とですね、28年度予算でちょっと違うのは、今までは医師の派遣というような形でやっておりましたけども、今度委託というふうな形でですね、そちらのほうに組みかえたという形になっておりますので、済みませんけれども、そのような形でお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。この急患センターはですね、中核病院が本来の2次医療に専念するということと、あと医師の負担軽減や地域医療の充実のためにつくったものであります。急患センターとして、今のところなぜか認知がまだ不十分なということが否めないと思います。そのために、今のところは、若干町の財政とか、そういうところ足引っ張る形になってしまっております、残念ながら。この今の現状の責任の所在は、今、どこに、誰にあるというふうに、町長、お考えになってますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民の健康、安全・安心を守るために必要なこととしてやっておりますので、確かに赤字が出たら、それは問題でありますけども、その赤字は町民で負担していただくということは、当然な、当然と言ったらいいですか、負担していただくことになろうかというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 答弁いただきましたようにですね、しっかりとまたPR等に努めていただきまして、周知を図っていただきまして、この利用率上がるように、また、重ねて努力していただくように、ことを申し上げまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。2番須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、通告に従い大綱2点について一般質問をいたします。
 まず冒頭、高等学校、これは地域の継続発展を支える人々を教育する意味において、地域からこれ以上高校を減らすことは一層の人口減少や加速化をもたらします。地域の状況により、高校の学級編成基準は35人以下にするなど、弾力的に運用できるよう配置することが求められています。少子化による児童・生徒の減少や校舎の老朽化などの理由による今回の統合は、大変残念であります。ということを申し上げさせていただきます。
 1、柴田農林高等学校と大河原商業高等学校統合について
 1月12日、宮城県教育委員会は柴田農林高等学校と大河原商業高等学校を統合し、2022年(平成34年)4月に新たな職業教育拠点の開校を目指すと発表。3月17日には、地域住民らを交えた「大河原地域における高校のあり方検討会議」の初会合が開催されることになっています。これには、伊勢町長や教育長、両校、地元中学校の関係者が農業、商業教育や進学化の方向性、魅力ある学校づくりなどの意見を集約し、2016年度末に決定する新県立高校将来構想第3次実施計画(17年~20年度)に新設校を盛り込むとの報道があったことから、以下伺います。
 (1)今回の統合について、地元の関係者からは一定の理解を示す声が聞かれたようでありますが、検討会議のメンバーにもなる町長及び教育長の所見と、検討会に臨む上での姿勢、さらに町としてどのような認識でいるのか伺います。
 (2)2022年4月開校に向けて検討会議等が今後どのように開催されることになっているのか。県からどのようなスケジュールが提示されているのか伺います。
 (3)新設校においては、商業や農業等、より高度な専門性を有する学科を設けるとともに、地域に貢献できる人材の育成に重点を置くことなどを検討会議で強く働きかけるべきと考えるがどうか。
 (4)新設校は、現在の柴田農林高等学校の場所に新たに校舎を新設するとの報道でありました。
 1)生徒の登下校の安全確保が必要であると考えますが、今後、町道の整備や歩道の確保なども必要になってくると考えますが、町としての考えを伺います。
 2)大河原大橋の歩道拡幅等の工事が、県によって着々と進められていますが、全長170メートルのこの歩道には、中ほどに街路灯が必要と思われるが、県の今回の事業には、それが入っていないとのことであります。防犯と安全歩行確保の観点から、町として防犯灯の設置が不可欠と考えますが、県と協議し設置を望みますが見解を伺います。
 3)柴田農林高等学校体育館西側の町道は、現在、車1台通行するのがやっとの状況にあります。安全確保の観点から、新校舎建設の際に県と協議し、道路の拡幅を望みますが見解を伺います。
 (5)柴田町部分も大分ありますが、統合後の大河原商業高等学校跡地利用について。
 1)現在、町として跡地活用等を県と協議する考えがあるのか。町で取得することも考え協議すべきと考えますが、見解を伺います。
 2)今後、町で取得し既存のナイター照明等を活用したグラウンド整備をするなど、跡地の有効活用を図るべきと考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁により再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、今回の統合について町長及び教育長の所見と検討会に臨む上での姿勢についてでありますが、私としては、このたびの高校再編は時代の要請と受けとめており、統合されることで新たな学校となりますが、それぞれの学校のこれまでの伝統を引き継ぎ、新たな学びやの中で人間性や創造性を養い、未来の社会を担う人材育成ができる学校環境となることを期待したいと考えております。
 検討会には、地元の町長として、新しい学校が学び、人材育成などの拠点となるように、実業高校としてのデュアルシステムを導入して、地元企業の協力も仰ぎながら職業訓練等をしっかり行い、さらに進学要請にも対応する機能を備えた学校になるよう、積極的に意見を述べてまいりたいと考えております。教育長も、私と同じ考えであります。また、町の認識といたしましても、新聞報道にもありましたが、一定の理解を示すものと思っております。
 次に、検討会議等の開催予定など、現在示されているスケジュールについてでありますが、3月17日、大河原合同庁舎において「大河原地域における高校のあり方会議」が開催される予定になっております。その後のスケジュールは、現時点ではまだ示されておりません。
 次に、新設校には商業や農業など、より高度な専門性を有する学科を設けるとともに、地域に貢献できる人材の育成に重点を置くことなどを検討会議で強く働きかけるべきとのご意見ですが、県教委の構想では、農業系、商業系とは別に、ものづくりや観光など、地域ニーズを取り入れた進学化を加え、地域産業を担う人材を育てるという計画ですので、それらについて強く希望してまいりたいと思います。
 次に(4)の1)、3)の町道の整備については、関連がございますので一括してお答えいたします。
 生徒及び地区住民の安全確保について、必要性は十分に認識いたしております。今後開催される大河原地域における高校のあり方検討会議の中で、生徒の安全対策等さまざまな協議がなされるものと考えております。また、町道改良が可能なのかについても、検討会の中で提案してまいります。
 次に、大河原大橋の防犯灯の設置については、歩行者の安全確保のため大河原土木事務所ではLEDのフット照明を設置する予定と聞いております。
 最後に、統合後の大河原商業学校跡地利用についてのご質問で、一括してお答えいたします。
 まず、大河原商業高校の住所は、大河原町大谷字西原前154番地6となっておりますが、テニスコートとソフトボールコートの一部だけが大河原町の区域で、それ以外の校舎、グラウンドは柴田町の清住町となっております。大河原商業高校の学校敷地面積約4万3,000平米のうち、大河原町は3,700平米で1割に満たない状況になっております。統合後の大河原商業高校跡地利用については、グラウンドや照明施設が利用可能な状況になるのであれば、広域的な連携により有効な活用が図られるよう、県への働きかけを行ってまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ありがとうございます。
 まずですね、平成17年に角田高校と角田女子高校が統合、平成22年に白石高校と白石女子高校が統合、そして今回の統合というふうになったわけですけども、冒頭にも申し上げましたけども、これは大変残念なことだということを、まずもってもう一度申し上げたいと思います。
 その中で、答弁、ある程度わかりました。それでちょっと飛びますけど、副町長にお聞きしたいんですが、柴田農林高校の生徒、通学の際、どこを通ってるかご存じですか。じゃあ町長でもいいです、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。わかっております。極めて危ないところを通っているという実態、存じあげております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私が聞いた話では、学校側は歩道橋を通って裁判所の前を通って、上町集会所のところを通って、土手沿いを通って、尾形橋を通って駅に向かうということは、学校で多分勧められてると思うんですけど、副町長、日下課長どうですか。ちょっとわかればお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) はい。学校側の指定のルートはそのとおりだと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ただ実際は、大河原大橋を通って、そして橋を渡ったら左に渡って九州屋さんのところを通って、旬菜の前を通って駅に行くと。というルートが、そういうそこを通っている生徒さんも多々おられます。で、そこが一番近いルートなんですね。多分、尾形橋通っていくのと大河原橋通っていくのでは、5分か10分ぐらい違う、そんなかかるんですか、5分、私も駅まで歩くときは、いつも大河原大橋を通るんですけど、そこが最短ルートであると。幸い、大河原大橋が歩道が拡幅されてて、問題はその信号を渡ってからが、通学にしては大変危険なのかなという認識でいるんですけども、その辺も、もしそうなった場合、まだ先の話ですけども、その辺も学校と協議して、歩道を確保するのはちょっと難しいのかもしれないですけども、そういう考えも持てないものかどうか、ちょっと、今の段階でいいですので、お考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。ちょっとすいません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) はい。今おっしゃるとおり、そのコースが最短コースではあろうかなということでは考えてございます。それで、今後ですね、大河原地域における高校のあり方検討会、当然、学校側として、どのルートが最適なのか、どこを通れば安全が最優先に確認されるのか、いろいろな話が提案されるものと思います。当然、これに関しましては県道分、町道分という施工区分も出てくると思います。おっしゃいますように、大河原大橋につきましては、歩道の整備がほぼ完了するというような想定の中で、町道の分の拡幅がもし必要になる可能性、学校側から要望というような形で要望が出てくると認識はしておるものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。私、高校通ったときは、もう行くルートが大体みんな一緒で、白石高校は左側を行って白石女子高は右側を行って、みんな歩くところが決まってるんですけども、高校の通学っていうのはそういうものじゃないかなって思うんですね。その人によって通るとこが違って、そしてまたや狭いところを通って交通事故になんて遭ったら大変ですので、ぜひともですね、この辺、検討会議の中になるのか、また別な場所になるのかわかりませんけども、その辺もぜひ検討していただきたいというふうに思います。
 私が知り得た情報では、検討会議、3月に1回開かれて、その後5月に第2回が開かれて、6月以降に3回目と。その中で、随時必要に応じて開催されるということで、11月をめどに検討会議の議論を踏まえ、県教委として再編素案を提示するという流れになってるようです。ですので、余り期間もないですので、ぜひとも、これ町で、庁内でどういう方向でいくのかというのを協議する場とかを設けるつもりがあるのかどうか、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。そのような検討の場所は必要だと思いますので、庁内でしっかりと検討してまいります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひですね、子供たちにとって、生徒にとってよりよい学校になるように、よりよい環境で学ぶことができるように、町として最大限努力していただきたいということを望みたいと思いますし、教育長、この辺についてちょっと、町長と同じ考えということもありますけども、新高校に対する思いというのをお聞かせ願えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。町長答弁でもありましたとおり、新しい時代にふさわしい高校になってほしいという願いがありますと同時に、進学だけを重点的に取り上げるのではなく、これまでどちらかといいますと学習についていけない子供たちも救っていただいていたところがあるんですが、そういった子供の行き場がなくなりますので、そういったレベルの子供たちを、どう救っていくのか、そんなところについても要望していきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひ、教育長も積極的に、よりよい学校になるようにお願い申し上げたいと思います。
 それで、日下課長、ちょっと話戻りますけども、戻るんじゃないですね、大河原大橋のことなんですが、電気がつくということで、大変よかったなと思うんですけども、大体、いつぐらいがめどとされているのか、わかればお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) はい。大河原大橋の歩道につきましては、ツースパン、これは28年度の予算の中で発注というような形で聞いております。ただし、繰り越しという形でですね、29年の完成を目指しているということです。その中でおきまして、歩行者の安全対策ということで、フット照明、手すりに設置するものですから、やっぱり歩道の分の全区間が完成ならないと、フット照明が完成にならないということなもんですから、多分、今の中では29年度の完成なのかなということでは、認識してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。高校生だけじゃなくて、あそこの地域の方も結構夜、夕方、朝方も通るので、照明がつくのは大変よかったんですけど、イメージ的にはどうですかね、柴田町の千桜橋の、あのライトのようなイメージでよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) はい。そのようなイメージになると思いますし、当然、歩行者の安全を確保するには、どれだけの明るさが必要なのか、その辺は当然、設置基準というものがございますので、それをもとにして歩行者の安全の確保はされるものということで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。わかりました。ありがとうございます。
 それで、飛んだりしてるんですけれども、続きまして上川原の町道に関してなんですけども、それに対しての答弁は、可能な限り検討会で提案していきますということなんですけれども、それはその道路も含めてということでよろしいのか、その辺、確認ちょっとお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 3番の回答でございます。車が1台通るのがやっということでございます。それもですね、学校の周辺環境の整備というような形で、どのような環境整備が可能なのか。あとは、具体的に今の校舎の配置がどのような形になるのか、それを見定めないと、なかなか具体的な道路法線等々も検討しづらいということで、大河原町における高校のあり方検討会の中で提案というような形でですね、先ほど町長も回答しておりますので、一緒の環境整備というような形での提案をしていきたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。それもぜひよろしくお願いしたいと思います。
 それで、(5)にいきますけれども、大河原商業高校の跡地の問題ですけども、答弁にもありましたとおり、大部分が柴田町の土地だということです。私も地図を見てわかったんですけども、柴田町にも並松運動場といいまして、仙台大学を右に見てずっと行くと、右側にグラウンドがあるんですね。角田市との境にあるグラウンドなんですよ。柴田町と角田市が一緒に、一緒にといいますか同じ土地の中に角田市と柴田町のグラウンドがそれぞれある、同じ敷地内に。そして話を聞いたところ、そこは別々につくって、柴田と角田市が別々につくって、管理も別々にしてるそうなんですけれども、そういうグラウンドも実際あるんですけど、この辺、柴田の町長、もしくは県も当然そうですけども、柴田町と協議して、ぜひいい方向に有効活用してほしいなというふうに思うんですけども、町長も答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今、ご提案ありましたとおり、柴田町とも協議をしながら、大河原町、この地域にふさわしい、町民の期待に添えるような施設を、ぜひ設置してもらえるように、県に働きかけていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これから会議が始まるということで、まだこれからの話なんですけれども、ぜひ前向きにやっていただきたいなというふうに申し上げておきます。
 それで、はい。統合については、ここまでとしますので、ぜひ、よりよい学校になるように、町長初め教育長、よろしくお願いしたいと思います。
 それでは次に移ります。
 2、地方創生に関連する交付金等について。
 地方創生、一億総活躍社会の実現に向けて、国ではさまざまな補助金や交付金が創設され、地方の取り組み方次第では、これらを大いに活用することが可能な状況にあります。当町も地方創生先行型交付金を活用し、子ども医療費無料化拡大、子育て施設への備品充実、総合戦略の策定等の取り組みを行ってきたのは、評価するところであります。国の27年度補正予算では、新規で地方創生加速化交付金、予算計上額1,000億円(補助率10分の10)。同じく国の28年度地方創生関連予算で、新型交付金(地方創生推進交付金)、予算額1,000億円、事業費ベース2,000億円、補助率2分の1の交付金があることから、以下伺います。
 (1)地方創生加速化交付金及び新型交付金(地方創生推進交付金)について、当町はどのような事業を申請したのか。また、これらが今後のまちづくりにどのように反映されていくのかも、あわせて伺います。
 (2)町長は、さまざまな場面で「歩きたくなるまち」という話をされています。
 1)これらの交付金を活用して行う事業なのか。
 2)今後、具体的にどのような環境整備(ハード、ソフト両面)を行っていくつもりでいるのか。現時点(申請段階)での想定される事業費や事業の仕組み、目的、先駆性等についてもあわせて伺います。
 3)申請していた事業が国に採択された場合、予算措置も含め、今後の進め方を伺います。
 4)逆に、採択されなかった事業や国に査定された内容(部分的にカットされた事業や項目等)に関しては、どのように対応するつもりなのか。
 5)平成28年度予算の中で、地方創生に関連するものはどのような事業があるのか、予算額とあわせて伺います。
 (3)我が町の観光の目玉でもある一目千本桜について。
 1)さらなる観光客の誘致のため、交付金活用の考えはないのか。また、これまでに交付金等の活用はなかったのか伺います。
 2)当町の全国さくらサミットの加盟状況を伺います。また、28年4月に柴田町で開催される全国さくらサミットには、当町としてどのようにかかわっていくのかあわせて伺います。さらに、これらに関連したイベント等を行う予定があるのか伺います。
 以上、答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、国の地方創生加速化交付金及び新型交付金に申請した事業について、また、今後のまちづくりにどのように反映していくかとのご質問であります。
 加速化交付金につきましては、自治体の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置づけられた先駆性、官民協働、政策間連携、地域間連携などの仕組みを備えた事業を交付対象とするものであり、本町では「歩きたくなるまち」事業による「健幸」なまちづくりを実施計画としてまとめて国に提出しており、現在、交付金の対象となるかの結果を待っているところであります。
 今後、「歩きたくなるまち」事業は健康寿命の延伸を進め、平均寿命の延伸による人口減少の緩和や医療費抑制などに反映し、健康で幸せが実感できるまちづくりとしていくものであります。
 また、新型交付金につきましては、地方再生法に位置づけられた地域再生計画を作成し、国に認定を受けた事業を交付対象とするもので、先駆性、官民協働、政策間連携、地域間連携などの仕組みに加え、新規性を重視する要件を備えていることが条件となっており、要件が厳しい状況であることから、現在、申請する事業は未定となっております。
 次に、「歩きたくなるまち」事業は、交付金を活用して行う事業かとのご質問でありますが、「歩きたくなるまち」事業は「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の重点事業に位置づけておりますことから、交付金がなくとも行う事業であります。国の補正予算が出てきたため、地方創生加速化交付金の対象事業として要望した次第であります。
 次に、現時点での事業内容についてのご質問であります。国に提出している実施計画では、「歩きたくなるまち」事業は、町民に歩数計を所持していただき、歩数を登録、データ化、健康情報を共有する健康管理システムを導入し、歩くことで健康増進を進めるものであります。その歩数によって健康ポイントを付与し、ポイントがたまると商品券等と交換する仕組みをつくります。ハード面では、ウオーキングコースへの誘導サインの設置や、公園内に健康遊具を設置するなどの想定をしております。事業費については、2,250万円としております。
 事業の仕組みは、歩く健康管理システムの導入、ウオーキングコースの環境整備を初め歩くことを主とする運動の啓発、健康第一の意識の普及などに関し、庁内関係部署や外部事業者等と連携し、町全体に歩くことを主とした運動普及の仕組みづくりのため、「歩きたくなるまち」事業プロジェクトを設置して進めます。
 目的は、初めの質問でお答えしているとおりで、健康寿命の延伸を実現し、生きがいを感じながら生活する健康な町をつくることであります。平均寿命の延伸と医療費の抑制を図ることで、個人と社会の双方にメリットをもたらす長寿健康社会を目指すことであります。また、先駆性としては、運動に消極的と言われる約7割の住民層に対して、歩くことを主とした運動を取り組んでもらえるきっかけと、その運動を継続してもらうためのメニューをセットで用意することにあります。また、本町独自の視点として、健康をキーワードに道路や公園など長期的な環境整備と景観づくりにも取り組み、大河原町に住めば健康な暮らしができることを意図しております。
 次に、国に採択された場合の予算措置を含めた進め方についてのご質問でありますが、本年3月中旬に、地方創生加速化交付金の対象事業の可否が決定しますので、採択された場合には、平成27年度補正予算として計上し、平成28年度に繰り越して、国に提出した実施計画の内容に基づき実施することになります。
 次に、国に採択されなかった場合、または査定された場合はどのように対応するのかとのご質問でありますが、町単費での実施となりますので、事業を複数年に分散し、単年度での予算を抑えて事業に取り組みたいと考えております。
 次に、平成28年度当初予算の地方創生関連の事業と予算額についてのご質問でありますが、主なものは子ども医療費無料化の年齢拡大及び所得制限撤廃で約3,000万円の増。第3子以降出生祝い金支給で360万円。子育て支援充実イベントの委託で50万円、老人短期入所施設整備事業補助金で4,270万円。川根工業団地整備で約1,200万円増。結婚促進事業で10万円のほか、既存事業の強化策として観光ボランティアガイドの養成、公共施設の土日開放、名物品の創出、健康増進や介護予防の意識啓発などがあります。
 次に、観光についてでありますけれども、初めに、観光客数のための地方創生交付金の活用についてお答えいたします。
 今回の交付金につきましては、その対象を現行事業への活用は認められず、計画策定やPR活動等のソフト事業を中心としながら、全国的に見ても先駆的な事業としていることに加え、DMO、デスティネーション・マネジメント・オーガニゼーション、通年観光等を実現するための企画実施を行う独立組織の設立などが推奨されております。
 さらには、交付金を活用した事業は次年度以降も継続することとされているものの、次年度以降の交付金等の見通しが不透明で、事業継続費用の町単費負担が見込まれるなど、現時点でさまざまな課題があることから、交付金の活用は断念いたしました。また、観光客数のための交付金や補助金等の活用につきましては、観光物産協会事業等での事例はありますが、直接町が受けて行った事業はございません。
 次に、全国さくらサミットに関連するご質問であります。全国さくらサミットは、出版社のぎょうせいが主催する事業で、桜を町のシンボルとし、地域振興の核として利用を図ろうとする25自治体で構成されております。宮城県内では、これまで柴田町のみ加入でありましたが、今回、本町のほか白石市、七ヶ宿町及び愛知県東浦町が新規加入したものであります。
 4月に柴田町で開催されるサミット会議、会合は、毎年加盟自治体の持ち回りで開催されているもので、会の総会的意味合いのほか、桜の保守育成や桜によるまちづくりに関するテーマが取り上げられ、講演会やパネルディスカッション、情報交換等が行われます。サミット会合の運営は、全て開催地自治体で行うようになっておりますが、特に観光客向けのイベント等は実施しないようであります。また、本町の役割としては、会合へ参加し、パネルディスカッションで町長がパネラーとして登壇することを予定しておりますが、町として関連イベントを行う予定はございません。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。丁寧な答弁ありがとうございました。
 それでですね、ちょっと順番を前後して再質問しますが、まず桜のことでちょっと質問したいんですけども、最初にお聞きしたいのが、町としてこれから、桜で観光客をふやそうという気持ちが、今現在あるのかどうか、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 桜のみならず、交流人口の増大には真剣に取り組んでまいりたいと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。それで、それがあるんであればいいんですけど、こないだ新聞報道でありましたが、駐車料金の値上げ、これはどう見ても観光客をふやそうというのと逆行してるんだと思うんですけど、倍ですよ倍、500円が1,000円、バスが4,000円、これ、こうなった経緯、商工観光課長、ちょっとお聞かせ願えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。これにつきましては、去る2月12日にですね、第1回の大河原桜まつり実行委員会がございまして、そのときにですね、提案をいたしまして、今回、駐車場料金をですね、500円から1,000円ということにご提案したところでございます。これにつきましては、大分警備などですね、必要な費用が年々ふえてるということもございまして、今回、倍でございますが1,000円ということに理事会のほうで諮ったところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これ確認ですけど、町から、この500円から1,000円にするということを提示した、町側から提示したっていう意識でよろしいんですか。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。これは町が提示したわけでございませんけども、この実行委員会の中で、この方向に進んだということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。我々一般庶民からすると、観光に行くのに、前の年来たときは500円だった、ことし行ったら1,000円になってた。「何だや」って普通の人は思わないですかね。一般の庶民はそう思うんですけど。バスだって倍、2,000円から4,000円ですか。これ、大変なことだと思うんですけど、この辺、私は据え置き、まして柴田町はそのまま据え置きですよね、500円。大河原町がこんだけ値上げして、この辺、町長、どう思いますか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私も実行委員会に出席して聞いておりましたけれども、その背景としては、やっぱり経費が相当かかってるということで、今回、見直そうということで金額を決定しました。確かに、倍に一気にするのはどうかというようなご意見もありましたけれども、結果として、皆さんの協議の中で決まったことだというふうに認識しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。バスは3,000円ですか、4,000円ですか。バスの確認、バスと屋形船、どれぐらい上がったのか、ちょっと教えてください。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。バスにつきましては2,000円から4,000円に上がってございます。あと屋形船につきましては、500円上げまして1,500円ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。もう既にホームページとかにも載せてるかと思うんですけど、それで問い合わせとか現状、観光物産協会のほうになると思うんですけど、問い合わせが数件あったという話もチラッと聞いていますけど、その辺、課長聞いてますかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。今の時点では、旅行会社のほうからですね、バスツアーで来る方ですけども、バスの駐車料金4,000円になりましたということで、高いという声は一部ありました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。高いという声があったということですけども、これは私はね、値上げすべきじゃないっていう派なんですけども、どう考えても。観光客をふやそうというんであれば。これ、一目瞭然ですよね。柴田町安かったら柴田町にとめますよね、みんな。そう単純に思わないですか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私は、観光するのはあくまで景色を見るということでありますので、景色を見たら大河原町のほうがいいんではないかと思っておりますので、駐車料金の多寡によって決まるよりも、景色を楽しみたいということのほうが大きいんではないかと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これ、幾ら実行委員会で決めたとはいえ、大河原町がそうしてるってことになるんですよね、結果的には。これは、私はもういかがなものかと思ってますし、不思議な気持ちでいますし、ぜひとも、今からでも、町から料金を据え置くべきだというふうに進言することはできないですか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。一旦決まっておりますので、ここで町からそういう提案をしたら、ちょっと混乱を生じると思いますので、ちょっと控えたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) であれば、その値上げする分、幾らを見込んでて、課長わかればいいんですけど、去年、駐車場代収入が幾らあって、で、値上げして幾ら収入が予定されてて、そしてその人件費とかにかかるという、どれぐらいかかるもんなのか、ちょっとその辺わかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。27年度の開催のときには、約駐車協力金ということで700万でございました。690万ですかね。今回はまだちょっと、750万ぐらいの見込みというかですね、そのように見込んでおります。人件費につきましては、天候次第ですけども、天候が続けば、やはり安全面で警備のほう、人数をふやして安全対策に努めていきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今の話だと、690万が750万になる。60万増っていうことだけでいいんですか。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 予算上の見込みでございまして、実際に開催した場合、どの程度になるかは、まだつかんでございません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 500円から1,000円にしたら、単純に倍になって予算も倍になるという考えではないんですか。ちょっと確認だけ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。利用者がそのまま利用すれば倍になるということもございますけども、それ以外の無料駐車場がございますので、そちらのほうを優先に入るのかなというふうにも、会場が混まないというふうなことも出てくるのかなというふうには考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) もう、駐車場にとめる車が少なくなるという前提の話なのか、観光客が減るという前提の話なのか、今の話ですと無料駐車場にとめる車がふえるという話のようですけども、明らかにこれは、柴田町にみんな私は行くと思いますし、現に去年も、柴田町の観光客数を下回っていると、大河原は。千桜橋ができた影響もありますけれども、ですから、大河原も、もっともっとこれ、桜に力を入れていかないとって私は言いたいんです、それを。それで、今回、柴田町から地方創生で補助金を使って桜の事業を一緒にやろうっていう話があったと思うんですけど、企画財政課長、町長でもいいですけど、その辺ちょっと、経緯とかどういう内容だったのか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。柴田町のほうからですね、何だ、加速化交付金を活用した観光関係の事業を一緒にやりませんかというふうな形でのお話がございました。で、答弁書にもありますように、この加速化交付金を使う場合に、いろいろな制約がございます。で、次年度以降の予算等々もございますし、大河原町ですと、桜だけの部分の中でどこまで対応できるのかが難しい部分もありまして、ちょっとできない部分があるというふうな形のことを柴田町とちょっと協議をさせていただいた中で、それでは柴田町、とりあえず単独で行いましょうというふうな形で経過したというふうなことでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 予算規模、これどれぐらいでしたでしょうか。私が聞いた範囲では5,000万、5,000万、1億ぐらいだって聞いたんですけど。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。共同で連携してやりましょうということだったんですけども、当初は柴田町の単独分で1,800万ほどで、大河原町は1,500万。で、共通の経費分で3,300万というふうなことの計画でございました。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これも、何で私、やんなかったのかなって不思議なんですね。これ、次の年、交付税措置されるっていう話も聞いたんですけど、それなかったですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。その辺につきましては、まだ情報的に私のほうにはございません。それと、この事業を行う上で、新たな組織を立ち上げなければならないというふうな形になります。で、この新たな組織自体が、独立採算的なものにもっていかなければならないというふうな組織でございます。で、現段階でそこまで、この大河原町で桜のみだけで、そこまでもっていけるかどうかという不安定な要素もございましたことから、今回はちょっと見送らさせていただくという部分もございました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。でも、現に柴田町では、多分単独で申し込みしたと思うんですけども、これも私、何で受けて一緒に、共同で何でやらなかったのかなという、忸怩たる思いなんですけど、柴田町の関係者からも、ぜひ一緒にやりたいんだと大河原町で。だけど、突然電話来て断られたんだという話も、その実情がどうか定かじゃないですけども、間違ってたらすいませんけども、大河原町から断られたと、大変がっかりしてたんです、柴田町の関係者も。そういう実情があることもわかりますけども、非常にもったいなかったなという意識でいます。
 ちょっと、こればっかりやってると時間がなくなるので、ぜひですね、これ、駐車場料金も含めて、もっとこれからやっぱりインバウンド、外国人をどんどん観光客として受け入れる態勢とか、やっぱりわが町はやっぱり桜がメーン、ほかにもメーンはありますけども、そこで観光客をふやすんだという、こうもっと強い、こう何ていうんですかね、メッセージも発信も必要ですし、取り組みも必要なんじゃないかなと。町長はそれだけじゃないと、確かにそのとおりですけども。いろんなところで、そういう町民からの声も聞こえてきます。「本当に大河原町、桜でやる気あんのかや」っていう声まで聞こえてきている状況なので、もう少し力を入れてやってほしいと最後に言いまして、町長の答弁、一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。いろんな経過から、やむなく柴田町に断ったということ、私も残念で思っております。ただ、今、企画財政課長が答えたとおり、新しい組織もつくんなきゃいけないということで、なかなか難しい課題がたくさんあったものですから、残念ながら諦めざるを得なかったということであります。ただ、桜初め交流人口をふやすという、観光全体についてですね、もう少し積極的に取り組むように、これから議員の提案も受けながら進めてまいりたいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後 2時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。次に、さくらサミットのことについてちょっと触れたいんですけれども、商工観光課長、日にちと、あと場所どこでやるのかちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい。日にちにつきましては、4月の14日にホテル原田、柴田町のほうですけども、事前会議を予定してございます。そして、4月15日に、同じくホテル原田でオープニングセレモニーということで予定してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。私の聞いた話だと、2日目は何か一般の方も入れるっていう話を聞いたんですけども、その辺、わかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) まだ、その辺までは確認してございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。柴田町の関係者に聞いたら、1日目は関係者だけで、2日目はオープンで、一般の方も入れるということなので、私もぜひ見てみたいなとは思ってるんですけども、もし広報の機会とかがあれば、どっかの場面で広報してもいいのかなと思いますので、その辺はお願いしたいと思います。いずれ、大河原町でもね、ぜひ、何年後かになるんでしょうけども、ぜひこう、積極的にやっていただけたらなと思いますので、その辺も町長、お願いしておきます。はい。
 それで、ちょっと戻りまして、「歩きたくなるまち」のほうにいきたいと思いますけども、今まで「歩きたくなるまち」、ちょっと漠然としてて、よくわからなかったんですが、きょうの答弁で何となく見えてきた感じがしますけども、それで、11月9日、あと10日、筑波大学で、一応研究会あって、多分町長も出席されたんだと思いますけれども、調べてみると首長22名、副首長5名、職員のみ17自治体、宮城県では大河原町と美里町と、この書類にはなってましたけれども、その辺の、この研究会に出席されての感想をちょっと、町長、短めに端的にお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今の研究会というのは、Smart Wellness City首長研究会、これは大河原町と加美町でございます。それはなんかの間違い、加美町ですね、はい。これは、2年ほど前から参加しておりまして、健康づくりをテーマにやっておりまして、そのテーマがですね、歩いて暮らせる町、いわゆるコンパクトシティーづくりということなんですけども、私はその研究会に参加するに当たって、健康づくりには歩くことが大事だということで、「歩きたくなるまち」ということを発想して取り組んできた次第でございます。感想はね、大変勉強になるすばらしい研究会だと思って参加しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。失礼しました。そうですね、加美町。この美里町というのは大河原の美里町ではないんですかね。その辺はいいですけども。それで、このとき職員も一緒に誰か行って話聞いたのか、その辺ちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。そのときは、たしか職員は行ってなかったんですけども、かつては井上補佐が何回か一緒に行った記憶があります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。この要綱を見ると、すごいこうボリュームがあって、私も行ってみたかったなって、こう見て思うんですけど、これも町長、ぜひ職員も一緒に、井上補佐も行ったことあるっていうんでしょうけども、毎回一緒に連れていくことはできないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私、いつも一緒に行くように、職員さんにお願いしておるんですけども、ちょっと業務の都合で行けなかったということで、次回からはしっかりと一緒に行きたいと思いますし、また、傍聴も多分できると思いますので、ぜひご参加いただければ、大変すばらしい会合でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。すごいいい、何ていうんですかね、講義がたくさん見られるので、ぜひ職員にも、町長と一緒に行くのは嫌だかもしれないですけども、ぜひ、連れていってください。
 それで、Smart Wellness Cityと、その「歩きたくなるまち」は、セットというふうなイメージでいいんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。セットという意味が、ちょっとピンとこないんですけども、そこに参加してる自治体は、全てが健康づくりをまちづくりの基本に据えているということで、「健幸」という健康の「健」に幸福の「幸」で「健幸」と書かせていただいておりますけども、そこが使ってたのを活用したということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) この中で見ると、健幸ポイントの制度の最新動向という講義があったんですけども、筑波大学の先生が、教授がやってる話題提供、これ、町長聞いたのかどうかと、あと、この辺の内容、もしわかれば、どんな内容だったのか、簡単にちょっと教えていただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。筑波大の久野教授のことだと思いますけども、毎回しゃべっておられますので、ごちゃごちゃになってると思いますけども、前回11月は、たしかビッグデータについてお話しされたと思うんですね。で、今回の答弁でもお答えしておりますけれども、一般質問にも答弁で答えておりますけども、データをとるということは極めて大事だというお話をされたというふうに私は記憶しておりまして、そういったことで、本町の「歩きたくなるまち」もですね、しっかりとデータをとりながら、データをとることによって、新たな方策も次々出てくるという話だったと思いますので、それを参考にしてデータをしっかりと見つめるということを、重要な柱にしていきたいというふうに考えておるところでございます。
 それから、さっきの観光とも関連するんですけども、「歩きたくなるまち」の1つの発想として、町民が、行政が歩け歩けというのは簡単なんですけども、ほとんど7割は動かないと。それをいかに動かすかということは、大変大事だということで、この59ぐらいの自治体なんですけども、それでいろいろ考えて、中には景観をよくすることが大事だということで、たしか大阪の南のほうの首長さんが言っておりましたけども、そういったことを参考にしながら、町民が、行政が健康のために歩けと言わなくても、自発的に歩けるような町並み景観をつくるということも大事でありますので、そういった意味で、これ観光の目的も達成しますし、町民の健康にもよいということで、大変すばらしい政策ではないかと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひですね、これ、事業費2,250万ということですので、よりよいものにしていただきたいなというふうに思います。私も、ニュースか何かで歩数計をカウントする機械がある市を見たような記憶するんですけども、この辺については、私ももっと調べて、また勉強させていただきたいと思いますが、いずれにせよ、交付金をしっかり活用して、大いに最大限活用していただいて、それぞれによい制度、よい取り組みをしてほしいなと思います。
 それでちょっと戻りますけど、大河原、地方創生先行型交付金、これは使わなかったんですかね。先行型交付金。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 先行型、何だっけかな。最初が先行型だったと思いました。それは、いろんなことで、たしか使わせていただいたかと思ってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 失礼しました。先行型交付金じゃありません。26年の国の補正で基礎交付1,400億円あって、そしてその後に上乗せ交付300億、これは、このことです済みません、これは、仙南では白石、柴田、蔵王、丸森、角田、七ヶ宿が、あと柴田町が申し込んで使ったみたいなんですけど、こないだ柴田の議会だより見たら、地方創生先行型交付金で5つの事業をやってるんですね。これは先行型交付金ですから別ですね。その辺の上乗せ交付、これなんで使わなかったのか、ちょっとその辺、お聞かせいだたければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。上乗せにつきましても、かなり厳しい部分がありまして、ハードにはほとんど使えないと。、ソフト事業だということ。それと、将来的にはやはり独立採算みたいな形の部分がありまして、ちょっとうちのほうの町の中で使える事業が、その当時なかったということで使わなかったというふうな形になってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。わかりました。いろんなハードルとかもあるんでしょうけども、その辺は企画財政課の方たちはプロですので、ぜひ、アンテナを高くしていただいて、有効に交付金を活用していただきたいというふうにお願いしたいと思います。
 それでですね、はい。私の質問はこれぐらいにしたいと思いますけども、ぜひ、さんざん言いましたけども、これからは広域連携も大事ですので、桜に関してやっぱり柴田町と積極的に協力して、よりよい観光スポットにしていただきたいし、もっともっと多くの方に、このすばらしい桜を見ていただきたいので、桜に限らず、その大河原商業高校の跡地利用も含めて、それ以外のことも含めてですね、ぜひ、広域連携を積極的に取り組んでいただきたいと思うんですが、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。地方創生総合戦略、本町は柱を5つにしておりまして、1つが広域連携ということでありまして、これから地方創生を進める上で、広域連携が極めて大事だということから、掲げさせていただいておりますので、今、ご指摘の観光にしても、柴田町と連携しろというご提案をいただきました。そういったことを踏まえてですね、今後、しっかりと取り組んでまいりたいというふうに決意を新たにしたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ありがとうございます。駐車場料金の値上げ撤回を求めまして、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐久間克明君の発言を許します。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。1番佐久間克明です。議長のお許しを得ましたので、通告に従い大綱3点、一般質問させていただきます。
 1、来年度の小規模保育事業所への入所状況は。
 来年度の保育所入所申し込み時期も過ぎたころだと思います。本年度よりスタートした小規模保育事業所ですが、まだまだ町民へ浸透していない現状を踏まえ質問いたします。
 1)次年度の保育所申し込み人数の把握はしているか。していれば、何名の申し込みがあり、また待機児童となった人数も伺います。
 2)小規模保育事業所は、民間活力を生かし、今後も見通したよい事業制度だと考えております。しかしながら、まだスタートしたばかりだからか、町民からの不安の声もお聞きします。事業所から入所人数が少ないという声も聞いております。待機児童となり小規模保育事業所へ入所する人数は、どれくらいいるのか。また、入所へ踏み切れない児童保護者の理由は聞いているのか。
 3)国として、一億総活躍社会を推進し始めています。また、女性の社会進出も含め、混沌とした状況から先を見いだすためにも、町民にはより多くの人と人の触れ合う時間をつくり出す状況を提供する必要があると考えております。町としても、事業所へ認定を出している以上、小規模保育事業所に入所を紹介するなど、どのような対策を講じているのか伺います。
 答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、佐久間克明議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、平成28年度の保育所の入所申し込みにつきましては、現在、569名の申し込みがあり、このうち4月、5月、6月からの入所が内定した人数は510名でございます。その他の方につきましては、7月以降に入所を希望されている方もおりますので、現時点で確認している待機児童は31名となっております。
 次に、小規模保育事業の入所人数につきましては、4月からの入所内定者は、2つの施設での合計でありますが19名でございます。7月以降に入所を希望されている方が1名ございますが、定員の合計が27名ですので、現時点では定員数まで充足していない状況でございます。
 小規模保育事業所への入所を希望されない方の理由につきましては、従来からある認可保育所のほうがいいという声を聞くことがございますが、その理由の1つとしましては、小規模保育事業所では2歳児までの保育であるため、3歳児以降の入所先に不安を持たれていることがあるのではないかと思っております。
 これらの解決策といたしましては、小規模保育所の終了児が優先的に認可保育所で受け入れが可能となるよう、小規模保育所と認可保育所の間で連携施設協定の締結を進めてまいりたいと考えております。
 次に、小規模保育事業所への紹介につきましては、町としても積極的に進めているところでございますが、今後とも小規模保育事業所の定員を充足させることを優先として、利用調整を進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。2)についてなんですけども、失礼しました、1)ですね、4月の時点で、ごめんなさい、7月で27人の小規模保育のほうの定員を満たすのが7月の予定となっているということなんですが、先日、子ども家庭課のほうにお願いをして、保育施設の利用定員についてという数字、資料をもらってきました。で、小規模保育事業所のA型のほうの施設、去年10月より稼働しているほうの施設なんですけども、そちらっていうのは、今現在、12名の定員にしているかと思うんですが、当初19名で、施設の箱であり、人数という部分でも19名で準備をしていたと思います。昨年からスタートして、実際開所したのが10月ですね。で、利用人数が年度途中だったので少ないがゆえに、児童1人単価の補助金が高い12人に利用定員を減らしたということを伺ってました。
 きのう、先日、その事業所のほうに確認をしたら、今現状でも、19名受け入れるだけのスタッフの数も確保しているし、もともと箱が19名の運営をするような形態でつくっているので、当然、赤字というか経営は不安定だということをお伺いしてきました。で、昨年12月の一般質問のときにもご回答いただいていたんですが、将来の少子化社会における町内の民間保育施設の安定経営を考慮した施設計画については、十分考慮いたしたいと考えているという町長の答弁をいただきました。その上で、小規模事業所も民間ですし、あとは町からの認可保育所ですか、今現在ある4つですかね、そちらももちろん認可をした以上、民間として事業をやっているかと思うので、ここの境っていうのも一緒にしてしまって、何ていうんでしょう、町から認可をしている施設というくくりで見てもらって、例えばなんですけど、認可保育所の3号認定ですか、1歳児、2歳児という子供たちを先に4月の時点で満杯になるように、小規模事業所のほうに入所をさせて紹介をして、7月までに途中から入所を希望している児童を認定保育所に入れるような形っていうのは、とったりはできないですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) はい。町内に小規模保育所2カ所と、それから民間では3カ所の保育所ございますが、町としては、どちらも民間として経営、安定的に経営していただくというのは、優先に考えているところでございます。実際、入所調整の際も、町立のほうは少し定員に充足しなくても民間のほうを先に充足させていきたいということで調整しているところでございます。
 今のお話で、小規模のほうをさきに優先的にというお話もございましたが、保護者の希望というのも、そこにございますので、こちらとしては保護者の希望も優先しながら、さらに認可保育所の定員の充足というのも同時に考えながら、調整の会議をもっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。この答弁いただいた、先ほど答弁いただいた中にもあるんですが、小規模保育事業のほうに踏み切れない保護者の声として、やっぱり2歳児までしかいれないというのが、大きいと思うんですね。で、3歳になれば、当然認可保育所のほうに転校というか進まなくちゃならないということがあると思うので、この実数、今の利用定員を見ていると、各認定保育所のところっていうのは、2号認定ですかね、3歳児、4歳児のところの利用定員の数というのは、3号認定の利用定員より少なくなってますよね、実情。現状じゃないですね、すいません、利用定員のところで。
 なので、1歳、2歳児が、いずれ3歳になったときには、この2号認定の3歳児の利用定員のところも上乗せというか、人数をふやせるようにしなくちゃなんないでしょうし、認可保育所のほうも。であれば、児童1人に対する、ごめんなさい、スタッフ1人に対する児童の何人というくくりの中で見れば、現在の認定保育所のほうには、逆に2号認定の3歳児、4歳児ですか、そちらのほうに力を入れていただいて、受け入れをしていただく準備も含めてですか、いうふうにして、で、小規模保育事業のほうは1、2歳児なので、ゼロ、1、2歳児ですか、なので、そちらを先に頑張ってもらうというような流れでやっていかないと、現に小規模保育事業所っていうのがなければ、大河原町の待機児童は解消しないと思いますし、もちろん、小規模保育事業所も商いだとは思うんですが、町からも当然お願いをしている兼ね合いというのがあるので、どちらか片っぽに負担を強いて、どちらか片っぽに、別に優遇ではないんですけど、始まったスタートした順番で、こう平均が保たれないというのはどうなのかなという部分も感じましたので、例えば、小規模保育事業所には3歳になって、卒業したら認可保育所に行くような、こう流れを町が締結をするような流れをつくってもらって、ということはできないですかね。手法の1つとして。進め方としてはあり得ないことなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) まず小規模保育所につきまして、回答の中で、現時点で7月からの入所含めて20名ということなんですが、その後、まだ申し込み等は随時受け付けている状況で、日々変わってるんですが、現在、既に4名ほどのお子さんが手続を進めているところでございます。そういうことで、小規模さんに関しましても、定員という意味では近々といいますか、定員に達するのではないかと考えているところでございます。
 それから、連携施設という話もさせていただいておりましたが、町が中に入りまして、小規模事業所を3棟、それから認可保育所を3棟の間の協定の締結というところは、町として調整をしていきたいと考えております。内容としては、やはり卒園後の受け皿を優先的に小規模さんから認可保育所へのというところが大きな役割ということと思っておりますが、そのような連携施設の協定というところで、町としても積極的にかかわってまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。今、答弁いただいた定員のところに間もなく問い合わせ等があって、達するという、その定員というのは、あくまで人数を減らしてる12人のほうですよね、19人のほうではないということですよね。であれば、そこの19人に達せられるように、何て言うんでしょう、今、12人減らしてる分を、事業所のほうにも19人に速やかにしていただいて、そうすると、もう2つの事業所とあわせると34名の受け入れになると思うんですけど。そうすると、正規の数に、定員に戻りますし、一番最初に答弁いただいてる31名ですか、待機児童が31名、現在確認している部分で31名というのも、待機児童がなくなるでしょうし、そういう部分でうまく調整を、町のほうからやる、考えというのはございますでしょうか。保護者に対しても案内文とかは出しているとは思うんですけど、その案内の仕方をもうちょっと強めにというか、浸透するような、前向きになれるような販促のとり方というか、というのはできないんでしょうか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) まず待機31名ということですが、待機ということでカウントはしていながらも、母親が実際は仕事を探している状況で、仕事してないという方もカウントしている状況。さらに、そのうちの3号認定に該当する、ゼロ、1、2歳児となりますと、実際、31の未満児での待機というのはない、31とかではないと考えております。1名とか、2名という、どうしてもその保育所がいいという方が未満児の待機という形になるかと思います。そのような状況でですね、小規模さんが本来の19人にもっていきたいというお話があるということなんですが、そこは、やはり現状の大河原町の保育所に希望するゼロ歳、1、2歳児の人数というのございますので、そして、そのほかの民間の保育所のほうの定員を下げるというのも、またちょっと簡単なことではございませんので、調整が必要と思っております。同じ民間として経営されておりますので、町としては、どちらも安定した経営を行っていただきたいという考えがございますので、難しいことだとは思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。どちらも実際、本当民間なので、間とるの本当に難しいかと思うんですけど、これを、何ていうんでしょう、町としてお願いして民間の活力をということであったりとか、あと、安定した経営を町としては補っていかなくちゃなんないと思うんですけど、そういう部分で、どういう、何ていうんでしょう、何て言えばいいだろう。安定経営に至る、そういうバランスであったりとかも、サポートの仕方っていうのは、現時点でどのように対応というか、施策をとっていこうとかっていう考えっていうのはありますか。すいません、おかしいですね、言い方。施策、そうですね、どういう方法で考えているかということだと思うんですけど、数カ月、7月までの間であろうと、片っぽは、何ていうんでしょう、最初に町と約束ごとというか契約を交わした19人の施設で運営を、体制を整えていて、人数が少なくて、今現状赤字続いてるわけですよね、手だしをしていて。それが7月までには解消されるというふうになったとしても、では、昨年開所してから7月までの赤字っていうふうなのは、どういうふうになるんだろうとか、何ていうんでしょう、もちろん町で補助を出す必要はないとは思うんですが、そこは経営なので、そういう負担はする必要はないと思うんですが、そのバランスよく認可保育所と小規模保育事業に保護者がうまくバランスよく分かれるための、町としての責任の部分での補い方というのは、どういう方法で周知とかも含めて考えられますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) はい。19人で準備されてたということだったんですが、実際、12人で、そのほうが、その判断は単価が高いということ。それとその時点で19、いっぱいになるかということの事業所さんの判断で12人にしたものと思っておりますが、町としてはですね、入所希望があった場合に、小規模保育所さんがこういうところありますよというPRは積極的にその都度行っているところでございます。開所からまだ半年ということで、やはり、認知度も上がっていないところもあるのかと思います。町としても、積極的にPRしながらですね、小規模さんは小規模さんなりのいいところがあるというようなところが、事業者さん含め、そういうところが伝われば、徐々に安定していけるのではないかと思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
473:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
474:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。実際、人がいないので、多分、利用定員も12人に減らしたというお話は聞いていました。なので、当初予定と大分、町との話をしたときの、その計画の人数と大分ずれているということで、人数を減らして12人までしたということもお聞きしていたので、幾らかでもこう、何ていうんでしょう、その事業所の負担にならないように、早急にこう、町でも手だてを考えて、経営する手助けという部分で補ってもらえればと思います。
 次の質問に移らせていただきます。
 2、放課後児童クラブのような施設で高齢者と交流を持てる時間を。
 前回一般質問させていただいた中で、確信をつくことができなかったため、再度質問いたします。
 前回の一般質問で、本町の人口減少スピードについてお聞きしました。その中で、高齢人口の増加が2050年ごろまでふえ続け、その後、人口減少へ転じるとの回答がありました。逆に言えば、児童や生産年齢人口の減少は始まっていると考えます。また、庁舎内役場職員数の削減に付随する1人当たりの負担も考慮していかなければならないと考えております。
 ヨーロッパなどの外国の話にはなってしまうんですが、高齢者が近所の学校帰りの児童を夕方の時間だけ一緒に過ごすという取り組みがあるのをテレビで見ました。その高齢の一般町民の方が、その時間帯だけ子供と一緒に預かっているとか遊んでいる、その時間帯だけ公務員になるという制度をとっていました。当町においても、集会所などの建てかえ検討が随時なされている時期だからこそ、こういう空間を確保しながら、同じ行政区内で高齢者と児童が交流することができたら、あらゆる可能性が見いだされて、高齢者の生きがいであったり健康状況の確認ですかね、顔を合わせるので健康状態の確認もできますし、また、個人負担の費用面ですか、児童クラブに預けるための費用面等々、あとは職員負担軽減など、多数の問題が解決されるのではないかと考えますが、いかがでしょうか。答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
475:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
476:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き佐久間克明議員の一般質問にお答えいたします。
 放課後児童クラブのような施設で高齢者と交流を持てる時間をつくれないかとのご質問でありますが、放課後児童クラブにつきましては、保護者が昼間に家庭にいない児童が放課後に小学校の余裕教室や児童館などで過ごすことができるようにする事業でございます。今年度から、子ども子育て支援新制度が始まり、対象年齢が拡大し、利用希望者が増加しております。また、職員や施設設備にも一定の基準があり、現在の制度の枠組みの中で恒常的に高齢者の方との触れ合いを取り入れることは困難であると考えております。
 しかしながら、児童館、児童センターの行事の中では、これまでも地域の方々や趣味のサークルの方々との交流の機会をつくっておりますので、今後もこのような児童と高齢者が交流できるようなプログラムを検討してまいりたいと考えております。
 また、今後検討いたしますファミリーサポートセンターは、用事があるときに子供を預けたいという利用会員と、子供を預かる側となる協力会員との調整をする事業でありますが、特に高齢者を対象とはしておりませんが、子供と高齢者が交流を持つことができる事業の1つとなるものと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
477:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
478:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。そうですね、実際、何ていうんでしょう、児童クラブの場合も、単純にこう、高齢者と交流を持てないかという質問の仕方をしてしまったんですが、当然、児童1人当たりに対する面積がどのくらいないと、施設面積がないと駄目だとか、あとは保育所や教員免許を持った立場の人がいないと駄目だとかというのは、もちろん承知はしているんですが、例えばなんですけど、児童クラブに来ている、その事業というか事業の中の一環として、例えば集会所に、どこかの集会所にこう、集団で遊びに行って、そこで交流を持ったりとか、そういう世代間交流を持つような事業であれば可能になるのかなというのも考えていました。
 今、答弁いただいたファミリーサポートセンターなんかも、こういうのができると、何ていうんでしょう、しっかりとした取り組みができていけるのかなと思うんですが、何て言えばいいんでしょうね、児童クラブが夕方の5時、6時くらいまで、今、開いていると思うんですが、特に大河原町、柴田町は母子家庭も、多分居住率が高いと思うんですが、そういう中で、どうしても放課後の児童クラブだけという部分で考えると、女性であればパートとしてしか働く時間に該当しないんですね。社員みたいに、正社員として長く働くことが不可能なのかなというふうに考えてました。
 なので、児童クラブを、例えばそういう民間の、こういう高齢者と言ってしまったんですが、そういう基準を満たした児童クラブの施設みたいなのを、例えば民間の協力を得てやることができれば、例えば夕方5時からは延長保育というか、そういう料金を加算したとしても、大人が、保護者が、こう社員として一般的社会で、パート扱いではなく正社員として働くことが可能になるんじゃないかなというふうに考えますし、そうすれば、より金額的にも安定した収入を保護者が得ることができるので、何ていうんでしょうね、根本的な解決になるんじゃないかなという、もちろん担当課が違うので、児童クラブであれば子ども家庭課になるでしょうし、働く人の部分であれば納税であったり、そういう部分にもつながってくるのかとは思うんですが、課は違うくなると思うんですが、根本的にこう、大河原に住んでいる方が働きやすい環境づくりの一環にもつながるんじゃないかなと思って、この質問をしたんですが、どうお考えになるでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
479:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
480:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。一般論でお答えいたします。
 働く方が働きやすいようにするには、延長保育も当然必要だというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
481:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
482:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。ぜひ、こういうこう、本当に子供を預ける環境っていうのが安心してできるように、町のほうでも進めていっていただきたいというふうに考えます。
 先月ですかね、ちょうど機会がありまして、宮城大学の卒業論文というか、卒業展にお邪魔する機会がありました。で、そこでメディアテークに行ったんですが、そこで空間デザイン課の生徒がつくってた卒業制作というのが発表があったんですが、町の施設に提案しますということで、学童保育っていうんですかね、小学校、中学校とかあと保育所とかがこう、ある施設の提案がプラモデルのようにあったんですが、児童ゾーンと、あとは保育ゾーンと、あと共有ゾーンということで校庭であったり体育館であったり、食堂であったり、あとはそこに近所の人、じいちゃんばあちゃんたちがこう、お茶飲みに来たり集まれるような、ちょっとした会議できるスペースがあるような共有スペースも設けてあった、そういう施設の提案がありました。
 で、今後、前回もほかの議員から、一般質問でもありましたけども、公共施設の建てかえとかそういう時期にも、更新時期にももちろんきていると思うので、今後、考えるときに、このファミリーサポートセンターのように、いろんな多目的なことが一カ所で集約できるような施設というのが必要になってくるんじゃないかなと考えるんですが、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
483:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
484:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。昨日の庄司 充議員にお答えいたしましたように、今後、中央公民館建てかえか大規模改修かわかりませんけれども、内容的に充実していきたいということの中で、その1つとして交流ゾーンなども、あるいは学習ゾーンとか、いろんな機能を満たせるように、複合的な施設にしたいというふうに思っておりますので、今、ご提案の点については、そういったところで具体化できればいいと思っておりますし、また、今現在、世代交流いきいきプラザがありますので、それを最大限有効することもしっかりと考えていかなきゃいけないというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
485:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
486:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。次の質問にもちょっとつながってしまうんですが、そういうこう、勉強している学生の協力を得ながら、町と一緒に連携していったりとか、そういうこう活用というか協力の仕方というか提携のやり方も、多分あると思うので、ぜひそういうのも一緒に検討の中の課題の1つとして取り入れていただければと思います。
 次の質問に移らせていただきます。
 3、現状職員の視察派遣などの研修状況は。
 私自身、議員として、または他団体においても先進地研修へ行く機会があります。現代は、SNSの発展により、ネットを通して簡単にその場所を検索して調べることは、とても簡単に行えるようになりました。しかしながら、現地の人と直接話す内容は、そこに至る経緯や心境も含まれることから、足を運ぶことの大切さを改めて思い知らされています。ソフト面を考えれば、方向性の確認や団結力の向上にも多大な影響を与えると思います。視察などの研修を、当町においてはどのように考え、位置づけしているか伺います。
 答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
487:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
488:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。引き続き佐久間克明議員の一般質問にお答えいたします。
 質問の内容は、職員の視察研修状況に関するご質問であります。
 私も、職員がさまざまなところで視察研修等に参加できる機会を確保したいと考えております。また、旅費等の予算化も徐々にふやしてきておるところであります。町政運営に当たり、基礎自治体としての政策提案や行政事務等を効率的に執行できる職員が必要と考えますし、そのためにも、職場外における視察研修等は、その研修内容を初めさまざまな関係者との意見交換、さらには懇親を深めるようなこともあり、職員の人材育成にもつながり、大変有意義なものであると考えます。
 研修によって学ぶ、築くなど、実際に経験することが職員の意識改革、能力や資質の向上、さらには組織力の向上につながるものであり、今後においても視察研修等に参加できるような環境整備の向上に努めてまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
489:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
490:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
491:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。今、ご答弁いただいたとおりだと、実際私も感じております。何て言うんでしょう、民間活力の導入という考え方であったり、あとは、例えばなんですけど、今までであれば行政の流れとして大規模企業の誘致であったりとか、そういう流れっていうのが時代の流れとしてあったかと思うんですが、今回のジェイデバイスの件もそうですが、大手さんであれば、それなりの人材確保というか、地元の人を採用してもらえるという部分で力強い部分ある反面、見切りというか、そういう部分も感情なくあっさりとこう、立ち退かれてしまうという部分も正直あるかと思うので、地元企業というか、地元の中小企業をこう、町でも大切にするような、で、職員の視察研修っていうのは、別に泊まりでなくてもいいとは思うんですが、そういう、本当に民間の人たちの、例えば民営化になった郵便局、郵政公社であったり、ああいうところのそういうノウハウも、ある程度参考にはなると思うんですね。まねする必要はないと思うんですが、だったり、何より職員同士の本当の横のつながりというか、懇親につながるかと思うので、本当にこう、いろいろな課が分かれている中で、こう、またいで動いていかなくちゃなんないときも、今後ふえるかと思うので、ぜひ、そういう部分でめりはりがあるかと思うんですが、その懇親の部分というのも含めて、横のつながりですかね、団結力という部分でも、強化していっていただきたいなと、職員の方々には、今後ますます負担がかかると思うので、そういう部分で懇親深められる場を、ぜひ提供していただきたいなと考えておりますが、改めていかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
492:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
493:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。視察研修は、極めて大事であります。1つは百聞は一見にしかずと言われているとおりですね、今、ネットでいろいろ情報を集められますけども、行って質問したり、その質疑応答の中で新たな知見を得ることも結構多いものでありますから、この視察研修は、これからもしっかりと、予算を確保しながら機会をふやしていきたいと思っておりますし、また、人脈づくりにも当然なりますし、また、職員同士の懇親も深まるということであります。
 なお、大変うれしいことにですね、地方創生総合戦略を策定する際に、若手職員に最初原案をつくっていただいたんですけども、それ一旦終わったんですけども、引き続きですね、実は若手職員からですね、政策提言チームをつくりたいということで、これはもう庁議で決定したわけでありますけども、そういったことで、若手職員がですね、一生懸命町の将来を考えてやっていくという姿に、私も感銘を受けたところでありまして、ぜひ、そういった政策提言プロジェクトチームにおかれましては、積極的に視察をやっていただけるような環境づくりを、これからもしっかりとつくってまいりたいと考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
494:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
495:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。ぜひ、何て言うんでしょう、今後10年後であったりとか、責任を持つ、本当に若い世代の職員の方々に、ぜひそういう機会を提供していただいて、で、きょうの質問全項にこうつながるんですが、こう、いろいろな考え方であったり、その手法であったり、さまざまなものの物事に導入の仕方があると思うので、ぜひ、そういうのをこう、本当の横のつながりを大切にして、今後もますます若い方に提供して、時間を提供していただければと思いますので、お願いして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
496:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後 3時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 3時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
497:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 佐藤貴久君の発言を許します。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
498:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。佐藤貴久です。議長のお許しが出ましたので、一般質問させていただきます。
 1、絵本コーナーの実績を問う。
 (1)絵本の部屋が廃止。機能分散という形態で中央公民館に絵本コーナーが設置された。効用の高い事業となっているのか。
 1)27年度の月別の貸し出し冊数と利用者実績を示してほしい。
 2)絵本コーナーは、機能分散の役割を十分に果たしているのか。
 以上でありますが、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
499:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
500:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、27年度の月別貸し出し冊数と利用者数のご質問であります。
 まず、貸し出し冊数ですが、4月に2冊、5月、4冊、12月に2冊の合計8冊、延べ4名でございます。また、絵本コーナーの利用者数については、常時職員がいない状況でありますことから、正確な数は把握できませんが、学校や塾の帰りの子供たちや催し物、各種サークルに親子で来館した子供たちが利用している状況にあります。
 次に、機能分散の役割を十分に果たしているかとのご質問であります。
 子供の読書活動の推進のためには、身近な場所に絵本を楽しむ施設があることが重要であり、そこに地域のコミュニティーも生まれてくるものであるため、機能の分散を図ったものであります。駅前図書館、中央公民館、金ケ瀬公民館、世代交流いきいきプラザに絵本のコーナーを設置につきましては、まだ満足いく段階には達していないものの、徐々に役割を果たしていくものと考えております。今後は、新刊をふやし絵本コーナーの充実を図りながら、多くの方に利用いただけるよう努力してまいりたいと考えております。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
501:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久議員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
502:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、再質問をします。
 年間で利用者がゼロ人という日は何%に及びますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
503:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
504:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。それではお答えいたします。
 先ほど教育長が申しましたように、ロビーという状況で、常時職員がおりませんので、実際、詳細なデータはありません。ありませんが、曜日によって来館者がいる日といない日があるんだということを聞いておりますので、大体、6割ぐらいが大体いらっしゃるとすると、大体4割ぐらいは利用者いない日があるのかなというふうに想定しております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
505:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
506:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それって絵本を読むのが目的じゃなくて、ただ単に時間潰しに利用しているだけじゃないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
507:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
508:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。利用される方については、さまざまだとは思われます。絵本コーナーとともに、机と椅子なんかもありますので、そちらのほうで何か勉強みたいなことをしたりする子供さんもいらっしゃるようです。あと、大人の方も、そちらに休んでたりしてるところを見かけておりますので、さまざまな利用があるという状況のようでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
509:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
510:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。イニシャルコストと管理運営の経費から見た坪効率と利用者効率は、27年度はどの程度になると算出したことはありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
511:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
512:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。今、イニシャルコストというご質問でございました。イニシャルコストという形では算出したことはございません。が、まずかかった費用としては、27年度にテーブルとじゅうたんと準備したのが大体10万円ぐらい。それから、新刊本の予算16万円、いろいろ消耗品等含めると30万円ぐらいがそこに、絵本コーナーの部分をつくるのにかかっているようでございます。
 それから、面積なんですけども、5.4掛ける3.6ぐらいということで、大体18平米ぐらいですかね、5坪から6坪、6坪ぐらいの面積になっているようでございます。その辺を考えますと、坪5万円ぐらいの金額になるんでしょうか。それで、経費というか、そういう状況になっているようでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
513:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
514:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 施政方針において、絵本コーナーのしつらえを工夫すると明記されている。しつらえの本来の意味とは何か。また、具体的な工夫の手法を示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
515:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
516:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。それではお答えいたします。
 町長の施政方針の中に、確かに絵本コーナーのしつらえという言葉がございました。私もちょっと勉強不足だったもので、しつらえをちょっと調べてみたところ、しつらえは「用意すること」とか、「飾りつけをする」と、そのような意味となっておりました。まさに飾りつけ、そういう形なのかなというふうに思います。
 それから、具体的な工夫というお話でしたけども、前段、きのうの庄司議員さんにもお話をしたところですけども、子供を呼び込むような催し物を中央公民館のほうでいろいろ考えておりまして、新たな事業等を考えておるようでございます。1つ、2つご紹介させていただきますと、今まで休んでいたアニメの映画会、これをDVDのほうで映写したり、そのほか夏休み工作教室を開催したり、それからスポーツチャンバラと書いてありますけども、そのようなもの、けん玉教室、そのような子供さんが喜ぶような催し物を28年度は考えているようでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
517:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
518:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。貸し出し冊数が合計8冊、延べ人数4人。利用実績が低すぎます。中央公民館の絵本コーナー設置は、その場しのぎの発想に過ぎなかったのか、教育長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
519:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
520:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。先ほど課長が申し上げましたように、実数は少のうございますけれども、今後ですね、始まったばっかりでございますので、今後利用者がふえていくものと期待しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
521:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
522:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。絵本の部屋廃止の主な理由は、教育長、費用対効果でしたよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
523:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
524:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 費用対効果もございますし、また、絵本に触れる機会あるいはそういった子供たちに本に親しませる機会をふやすということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
525:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
526:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 絵本の部屋は、費用対効果が低いので廃止。しかし、絵本コーナーは利用実績にもかかわらず存続、この明確な根拠を示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
527:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
528:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。明確に根拠を示すと言われると、なかなか厳しい面もございますが、今後、徐々に成果が上がってくるものと期待しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
529:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
530:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。教育と文化の成果は目に見えにくい。本来ならば、費用対効果で判断すべきではない領域です。しかし、絵本の部屋はその犠牲となってしまいました。行政側の論理展開からすれば、歳出の多少にかかわらず絵本コーナーにも同様の措置をとるべきです。教育長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
531:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
532:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。議員ご指摘のとおり、目に見えにくいものが多うございます。したがいまして、絵本のコーナーの成果につきましては、数値で上げられるもの、また目に見えにくいもの、そういったものを総合的に判断してまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
533:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
534:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。視点を変えます。お年寄りの方は、耳の遠い方が多いです。ついつい大声でお話ししがちになります。絵本コーナーは、本箱で仕切られているだけ。双方の利用者からの苦情等はありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
535:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
536:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。それではお答えいたします。
 絵本コーナーの現在の位置は、議員お話しのように、入り口入ってすぐ右側のコーナーでございます。そちらに絵本コーナーとともにテーブルと椅子のセットも2セットございますので、大人の方もそちらで休んでいたり、あと、子供たちも奥のほうで遊んでいたりと、オープンスペースですので、確かに間仕切りは特に低いですので、聞こえたりとかする状況にあることは確かだと思います。苦情等ですけれども、中央公民館のほうから聞いた範囲では、そういう、うるさいとかというような苦情はないというふうに聞いております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
537:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
538:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 狭いスペースで、お年寄りたちのサロンと子供たちの絵本コーナーの2つの事業をとり行っています。本来ならば、世代間交流などの相乗効果が生じてもいいのではないか。しかし現状では、少なくとも、私に届いている声では逆効果の要素が先行しています。このままでは、共倒れする可能性があります。そう感じているのは私だけでしょうか、教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
539:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
540:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。ご心配いただいていること、感謝申し上げます。ただ、今後徐々に利用者数がふえていくものというふうに考えております。子供たちあるいはお年寄りが一緒に過ごすことも、また1つの効果的な事業であるというふうにも考えておりますので、どうか、今後見守っていただければありがたいなというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
541:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
542:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。施策は、町民の方に喜んで受け入れられる事業であるべきです。選択と集中の観点から、絵本コーナーを廃止し従来のサロン事業の一元化を図るべきだと提案します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
543:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
544:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。そういう考えもあるかと思いますけれども、絵本コーナーを分散、絵本の部屋を分散したということにおいて、そのそれぞれの場所における効果を今後見きわめていく段階にございますので、今しばらく見守っていただければありがたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
545:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
546:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 続きまして町民学園事業の一端を問う。
 (1)おおがわら町民学園事業が、26年10月に開校し、28年度も継続することになる。事業展開に不具合は生じていないのか。町民の反応はいかがなものか。
 1)27年度対象人口に対し、さくらカードの発券者は何%に及ぶのか。また、さくらカードを取得した方は最大で何枚になるのか。さらに、コインと引きかえ補助券は何枚発行したのか。回収率はどうか。
 2)43行政区で対象事業を申請したのは何地区で、幾つの事業数になるのか。
 3)衣類など回収事業を、町民学園事業の対象としてからの参加者数と回収量実績の推移を示してほしい。
 以上でありますが、答弁によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
547:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
548:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 初めに、町民学園のさくらカードの発券者、取得最大枚数、引きかえ補助券についてのご質問にお答えいたします。
 平成28年1月末現在、町の人口2万3,678人に対し20歳以上の対象人口が1万9,254人、平成28年1月末現在での、さくらカード発券数は673枚。発券率は対象人口比3,5%となっております。さくらカードを取得した方については、家族単位での利用も含めて最大で5枚の方が5人おりました。ポイント引きかえ補助券は、健康審査、町民レクリエーション大会などで配布しておりますが、引きかえ券を1枚お持ちいただいた方に1個のスタンプを手帳に捺印しております。なお、回収率については、どの事業の補助券でどの程度捺印されているかという集計は困難でございますので、ご理解賜りますようお願いいたします。
 次に、43行政区で対象事業を申請した地区と事業数についてのご質問でございます。
 平成28年2月末現在、18行政区43事業となっております。
 次に、衣類等回収事業を、町民学園事業の対象としてからの参加者数と回収量実績の推移についてのご質問でございます。
 平成26年度は1回開催し、期日は11月22日土曜日で300人がご協力いただき、3,000キロの回収量となっております。平成27年度は2回開催し、期日は5月23日土曜日、300人で3,120キロ、11月28日土曜日は350人で3,830キロの回収量となっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
549:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
550:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。それでは再質問します。
 回収率のデータをとっていないとのことですが、半数以上、以下程度の判断はできませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
551:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
552:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。それではお答えいたします。
 回収率については、先ほど教育長申しましたように、特には調べておりませんが、健康まつりのときに補助券といいますか証明書ですね、あれを渡した状況からいきますと、やはり2割前後なのかなというように聞いておりますので、半数以下の実績になるのかなという感じはしております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
553:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
554:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) この事業は、町長一推しの事業です。職員の方の負担は増大しますが、補助券を発行している以上、ポイントにどの程度換算されているかチェックすることは、大切な作業ではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
555:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
556:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。議員おっしゃるように、大事な要素かなというふうに思います。でもなかなか、現実はですね、職員の者の、なかなかほかの事務も当然ございますし、費用対効果等考えてもですね、なかなか比較して回収率までとるのは難しいのかなという状況でございます。ご理解をお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
557:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
558:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 対象事業の認定基準は、要綱で規定されていますが、その中で、区長が認める事業という項目は線引きが不明瞭ではないのか。明確でなければ、恣意的な利用リスクが払拭されないのではありませんか。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
559:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
560:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) はい。今、区長さんが認める事業のお話がありました。先ほどもお話ししたものですけれども、対象事業について、実はその中に区長等が推薦する団体等が任意に行う事業という1項目が入ってございます。議員おっしゃるように、その区長さんたちのお考えによって、推薦する事業と推薦しない事業が現実的にありますので、一生懸命といっては何ですけども、積極的な方の区長さん、それから、そんなに関心をお持ちでない方も実際いらっしゃいますので、先ほど言いましたように43行政区のうち18行政区の区長さんが、いろんなものを認めて申請していただいてるという状況でございます。
 あとそれから、確かにいろんなリスクというのは生じるのかなというところは感じておりますが、その辺のところは、やはり、この事業を健康のためにやっているということですので、前向きにといいますか、いいように捉えまして、ある程度、これから事業の、何て言うんでしょうね、整理は必要かと思います。まだいろいろ曖昧な部分の事業もありましたので、その辺のところは、ちょっとこれから整理しながら、もう一度確認したいというふうに思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
561:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
562:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。さくらカードを取得している方は、ゼロ枚から5枚。この事業は不平等、不公平な事業。つまり、特定の方にしか恩恵が及ばない事業ではありませんか。教育長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
563:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
564:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。割合にすると、まだ若干足りないような気はいたします。鋭意ですね、この事業の普及に努めてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
565:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
566:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 各地区での健康教室でポイントを申請しているグループ内部でも、不具合が生じているのではありませんか。町では、顔を見せた程度でもポイントを付与してくださいと指導しています。しかし、運動をしている人と、ただグループに参加しただけの人を同等に評価するのは不自然ではありませんか。教育長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
567:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
568:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。それぞれの事業におきまして、さまざまな違いがございます。議員ご指摘のように、何だろうというふうに思われる事業も確かにございます。先ほど課長が申し上げましたようち、曖昧な点は多々ございますので、今後、そういったものにつきましては、町民の皆さんのご意見を伺いながら整理してまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
569:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
570:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 視点を変えます。
 上川原地区で20人が参加しているいきいきサロン「つどいの会」というグループがあります。また、会員数が36人の「小さな風の会」というボランティアグループもあります。町民学園の対象事業ですが、なぜ申請しないのか、教育長には理解できますか。コミュニケーションづくり、やりがいづくり、楽しみづくりが目的だからです。つまり、ポイントのおまけは要らないという選択です。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
571:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
572:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。みずから進んで生きがいづくりをされている大変すばらしい方だというふうに理解いたしました。町長が、この町民学園を推進するに当たりまして、この町民学園のポイントを得ることを契機として、健康づくりあるいは生きがいづくりに発展させたいという願いがございますので、必ずしも、全員がそこにご理解いただかない場合もありますけれども、できるだけご理解をいただけるように努めてまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
573:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
574:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。契機となる、おっしゃるとおりです。しかし現状では、行政区からの申請は18カ所、発券者数は対象者人口の3.5%に過ぎません。このことは、町民学園の関心の薄さ、町民目線でつくられた施策ではないあかしではありませんか。限られた財源を有効活用している事業とは認知されていない、そうではありませんか。教育長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
575:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
576:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のように、まだまだこの事業に参加していただける数は少のうございます。したがいまして、今後ですね、さまざまな機会を通して、この事業についての趣旨の説明をさせていただきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
577:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
578:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。質問続けます。
 参加者が300人から350人、回収量は3トンちょっと。古着リユース事業実績は、当初に比べ低下しています。町民学園の効果は少ないと実感しています。古着リユースは、私が提言して実現した事業ですが、事業の趣旨から逸脱しています。この事業は、ボランティア精神から成り立っています。ポイントを付与することとは別次元の事業ではありませんか。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
579:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
580:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) はい。この町民学園の事業の対象にいたしましたのは、環境改善の促進ということを大きく掲げておりまして、そのリサイクルの一環ということで、環境改善につながるということ、環境貢献に対するポイントという観点から対象事業にしております。当初につきましては、確かに議員さんのお話のとおり、当初は8,470キログラムということで、今まで衣類回収の実績がございませんでしたので、その分につきましては、皆さん当初ということで多かったと思いますけども、今後、年に2回ぐらいということで、衣がえの時期とかにですね、そういったことを定着していきたいと思いますので、ポイント対応したから量がふえた減ったということではなくて、あくまでも環境の改善ということでポイント対応しているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
581:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
582:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。町民学園事業は、町民の自主的活動、主体的にまちづくりに協働参加する意欲が高まる方向にはいかない施策ではないのか。つまり、町民の自主的、主体的活動意欲の増進が反映されない施策と断じざるを得ません。26年9月定例会で、私が発言しました。町長、当時の町長答弁を覚えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
583:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
584:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 覚えておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
585:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
586:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 見解の相違ですと答弁しました。ポイントを付与すれば、逆に自主的活動の意欲を増すと答弁しました。私たち町民がポイントというおまけを欲しがっていると判断する根拠はなんですか、町長にお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
587:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
588:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) このポイントを付与するということは、町民学園の目的であります健康、あるいはボランティア、また今、町民生活課長が申し上げたように環境貢献、こういったことにですね、幅広く町政を改善していくという観点から、名前も町民学園というふうに銘打ったわけでありまして、特に一番の大きなのは健康改善、健康増進、あるいは地域の交流、そういったものでありますけれども、そういったことをやりたいということで、それをやったからふえるという側面もあるというふうに思っておりますけれども、町といたしましては、健康増進のために、いろいろ施策をしても、なかなか参加してくれない人が約7割いるという統計もございます。そういった方々の参加を呼び込むためにも、1つのきっかけになるのではないかと、こういった発想から、ポイントを与えることによって、健康増進に少し前向きになってもらいたいという人を少しでも、一人でも多くふやしたいということから、こういった趣旨で、啓発を含めて事業を実施したということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
589:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
590:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 先ほど大沼議員が質問したとおり、若い人の利用実績が低過ぎます。町民学園では、きっかけづくりになりません。成年期診断、特定診断の受診率を上げることに本気で取り組んだほうが効果はあるのではないか。町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
591:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
592:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。健康診断の受診率を上げることは、この町民学園とは関係なく大事なことでありますので、いろんな手を考えながら受診率を上げたいというふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
593:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
594:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。施政方針に、事業は軌道に乗って来たと明記されております。しかし、当初予算は前年比2分の1、軌道に乗っているという判断基準は何ですか。町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
595:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
596:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。26年度と7年度比べて、ポイントカードの発行枚数がある程度急激にふえてきているということを鑑みて、軌道に乗ってきたということで、ただ、全体の水準はまだまだ低いんですけども、発足当初から比べると軌道に乗りつつあるのではないかというふうな判断をしたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
597:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
598:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 確かに、前年度は駆け込みですから数カ月、ことしは丸々1年ですよね。それくらい伸びたって当たり前ですよ。まして当初予算は4,000枚を、もう絶対そのくらい来るくらいの予算設定をしたんですよ。それが補正で2分の1減、で、今度当初予算も同じように減。この笛吹けども踊らずというのはこういうことです。生涯学習やボランティア活動にポイント付与はなじみません。介護予防、健康増進に特化した事業ならば、生活の質の向上に効果があるかもしれません。町民の理解を得るためには、学園の方向性をきっちりと見定め、さらに規定を明確にする、その上で取り組むべきと提言します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
599:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
600:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。先ほどもお答え申し上げましたとおり、この町民学園という名前をつけましたのは、単に一つのある事業だけではなくてですね、幅広く町民が町のいろんなことに関心を持ってもらうという啓発も含めまして、幅広い事業に対して町民学園の対象事業というふうに思っておりますので、そういう方向については正しいものと思っておりますので、そういう方向でこれからも進んでまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
601:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
602:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 健康増進に特化するということで、庁議で検討するということはあり得ませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
603:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
604:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今、申し上げましたとおり、庁議でそういう方向をやるということは、私自身が最初に提案した方向と違いますので、それは私はできかねます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
605:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
606:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私の提案って、検討にも値しない程度ということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
607:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
608:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。方向が大きく違いますので、同じような方向を向いておれば検討ということもありますけども、全く違う方向でありますので、検討するといったら、私の最初の提案がおかしいということになってしまいますので、それは避けたいということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
609:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
610:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。最後に、再び町政レポートの内容を問う。
 (1)木質バイオマス発電事業に関して、9月定例会に引き続き問う。
 1)1日100トンの間伐材で、1年間の発電量を一般家庭の消費電力に換算すると何世帯に供給することになるのか。また、発電所の石油量に換算すると何キロリットルに及ぶと試算しているのか。
 2)さらに、CO2削減量に換算すると何トンに及ぶのか。CO2削減量を吸収するための杉の木に換算すると何万本に相当するのか。
 3)イニシャルコストは誘致企業が負担するのか。林道整備、専門重機の購入、重機のドライバーの人件費など、数値を示してほしい。同様に、電力を送電線に接続するためのコストも示してほしい。また、当町に誘致した場合、用地取得を含めた負担分はどの程度になると算出しているのか。
 (2)町長は、3年前の選挙公約において、100人規模の町立特養ホームを設置すると公言している。それがいつの間にか町立から民間誘致と文言、手法がすりかえられている。
 1)ショートステイ併設の特別養護ホーム29床を誘致予定、事業内容と県・町からの補助金の内訳を簡潔に示してほしい。
 2)100人規模の町立特養ホームの町長公約は、実現不可能とわかっている上での公約だったのか。
 以上でありますが、答弁によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
611:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
612:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 初めは、木質バイオマス発電事業についてのご質問であります。
 現在想定しているプラントが出力3メガワット、間伐材69トン日量でありますけれども、試算しておりますので、3メガワットの出力を前提としましてお答えいたします。
 ガス化技術を保有する事業者によりますと、木質バイオマスのガス化発電による年間発電量は、およそ2,376万キロワットとなります。一般家庭における年間の電力消費量を1世帯当たり4,000キロワットといたしますと、町内全世帯数の3分の2に近い約6,000世帯への供給が可能であると考えられます。また、この年間発電量を発熱量をもとに石油量に換算いたしますと、約817キロリットルと推計することができます。
 次に、CO2削減量についてのご質問であります。
 当該発電プラントでは、年間8,691トンの二酸化炭素を削減できると試算しており、60年生の杉の木1本のCO2吸収量が年間13.9キログラムであることから、当該プラントのCO2削減量を杉の木に換算いたしますと、約62万5,000本の杉が年間に吸収する量に匹敵すると試算することができます。
 次に、費用負担についてのご質問でありますが、当該バイオマス発電及び水素製造事業につきましては、宮城県南水素エネルギープロジェクト協議会におきまして、本町をフィールドとした事業の可能性について協議しております。現状におきましては、本町は事業主体ではなく事業者側と原料供給側の橋渡し役として支援しているところであるため、本町の負担や接続負担につきましては、現在のところないものと考えております。
 次に、特別養護老人ホームの設置について誘致予定、事業内容等についてのご質問であります。
 特別擁護老人ホームの入所待機者を減少させる観点から、第6期介護保険事業計画の中に定員29人の地域密着型特別養護老人ホームについて盛り込まれているところで、事業計画の内容につきましては、平成27年3月4日の議会全員協議会でご説明を申し上げているところであります。
 特別擁護老人ホームの誘致予定でありますが、大沼忠弘議員の一般質問でお答えしているとおり、先月15日から4月28日まで公募により整備事業者の募集を行っているところであります。事業内容は、地域密着型特別擁護老人ホーム29床の整備で、あわせてショートステイを併設整備することも可能といたすものであります。補助金については、地域密着型特養が県補助金として1床当たり427万円、併設ショートステイが、町補助金として1床当たり213万5,000円であります。
 次に、町立特養ホームの私の公約についてのご質問であります。
 町立特養ホームの考えについても、大沼忠弘議員の一般質問でお答えしているとおり、入所待機者も年々ふえることが予想されることから、問題解決には民間に任せるよりも町立で特別養護老人ホーム建設を進めたほうがよいという考えでいたものであり、70床から100床規模を想定しておりました。現在の特養ホームを含めた高齢者施設の取り組みについての私の考えは、先月中旬に町のホームページ上に町長メッセージとして、また「広報おおがわら」、ことしの3月号にも町政覚書として掲載いたしているもので……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
613:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間は、あらかじめ延長いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
614:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) と、掲載いたしているもので、その掲載内容のとおりであります。
 認知症の高齢者の方がふえていること、また、常時介護が必要となった場合の半数以上の在宅介護を続けたいとのお考えであることや、今後、老朽施設の建てかえ等に莫大な財政需要が控えていることなども考慮いたしました結果、町立を見直し民間事業者、社会福祉法人による原則町民の方しか入所できない地域密着型特養ホームと併設ショートステイ整備に方針を変更いたしたものであります。
 同じく、増加する認知症の高齢者の方に対する支援として、介護保険事業計画に盛り込んでおります定員18人の認知症高齢者対応グループホームについては、公募により決定した民間事業者により、昨年の11月からことしにかけて施設整備がなされ、従事する介護職員等も確保されたことから、介護保険事業所の指定を受けて、来月から入所を必要とする認知症高齢者の方が施設を利用することができる状況となっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
615:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩いたします。
     午後 3時55分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 4時05分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
616:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
617:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。それでは再質問します。
 CO2削減量の算出、計算方法を示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
618:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
619:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 算出計算方法といいますと、CO2削減に換算すると何トンに及ぶかということの計算式でよろしかったでしょうか。済みません、もう一度お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
620:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ここに、CO2削減量が8,691トンと書いてありますよね。これの算出計算方法の根拠です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
621:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
622:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) はい。済みません、専門的な用語でございますので、こちらはですね、専門の企業のほうで提出しております資料のほうから抜粋しておりますので、その数字を使わせていただいておりますので、それによりますと、石油を使用しなければ、1年間に8,691……、石油を使用しなかった場合の計算式を算出しておりまして、8,691トンということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
623:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
624:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 8,691トンの計算方法は、日量59トンの間伐材を使います。そこに含まれている炭素の量、それが燃焼するといいますか、その結果、酸素とくっついてCO2が発生するという観点から計算したものと思いますので、Cの重さとOの重さが、ちょっとわかりませんので、そういう計算の方法でやっているというふうに私は推察しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
625:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
626:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) これはいろんな算出法ありますからね。僕が知ってるのは、キロワットアワー0.69キログラムとかね、それは別にして質問続けます。
 電力で売るのか、水素で売るのか、出口は決まっていないのか。2年前から協議しているにもかかわらず、方向性すら決まっていないのか、町長にお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
627:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
628:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。そもそもこのプラントメーカーの考えとしては、最初は水素を売るということを基本に考えておったようでありますけれども、数年前にFITという制度ができまして、水素で売るよりも電力で売ったほうが利益が出るということで、電力を売るという方向に切りかわっておりますけれども、この、また最近2年間、3年間の間にFITで売れる電力価格が下がってきてるということもありますので、今、最終的にどちらのほうにするかということは、検討中の段階でございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
629:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
630:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 確かに、電力で売る場合は送電利用に接続するコストは結構かかりますからね。もしも、はい、製造される水素エネルギーは燃料電池に活用するのか。その場合、数値量は何キロリットルになると試算しているのか。また、本町に誘致しても負担は一切ないということですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
631:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
632:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。プラント建設することに関しては、町としては負担は考えておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
633:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再度、質疑者、再度。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
634:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 燃料電池に活用するとなると。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
635:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
636:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。一番最初、失礼しました、FITで売るときも、数%は燃料電池向けの水素として、水素、バイオ水素というのは水素の含有率が大体50ないし60%ということで、燃料電池に利用する場合は99.999%の精度が必要ですので、それを生成して水素をつくるということで、400台の燃料電池車を動かせるだけの水素をつくる。そのためには、たしか5%ぐらいの水素の、水素全体、発生する全体量の5%ぐらいを、それに400台の燃料電池を走らせるというふうに試算しているようであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
637:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
638:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。国・県が推進しているのは水素ガスステーション。自治体単位で水素をつくってくれ、燃料電池をつくってくれとは要望していないはず。水素車が走っていない当該地域で水素をつくってどうするんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
639:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
640:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今のところは、水素燃料電池は走っておりませんので、プラントメーカーのほうも全量を電気で発電するか、あるいは水素の利用の仕方としては工業用水素もございますので、あるいは家庭用燃料電池の水素も利用できるということで、今後、出口についてはさまざまなパターンがありますので、検討する段階でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
641:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
642:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。国では、再生可能エネルギーに対する政策誘導が進んでいません。2011年の総務省のバイオマス政策評価で、8割の事業で効果がなかったと酷評しております。バイオマス産業社会ネットワークによりますと、未利用バイオマス発電の議論はもう終わっている。自治体がかかわる木質バイオマス発電計画は、数年後にはバタバタ潰れているだろうと予測しております。町長は、当該地域でなぜ成功すると確信しているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
643:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
644:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。この技術は、世界初めての技術であります。この成功するかどうか、もちろん心配な点はありますけれども、今後、我が国のエネルギー政策を考えた場合、再生可能エネルギーの割合をふやしていくということは、大変大事であるということから、自治体としても、できることはしっかりと対応していきたいということで、この事業を進めるに当たりまして、プラントメーカーと、それから仙南の森林組合との間の橋渡しをやっていくということで、県も水素社会をつくるということで、ことし村井知事が年頭の挨拶で言ったとおりですね、国のほうも水素社会をつくるということで大きく動いておりまして、で、町が加入しておりますプラチナ構想ネットワークというのがあります。その中で6つ、7つの部会がありますけども、水素部会があります。その水素部会で検討しておりましたのが、昨年までは水素ステーションの課題、ことしからは再生可能水素ということでございます。
 この部会を取り仕切っているのが、初代燃料電池推進室長の方でありまして、その方が、自分のライフワークということで水素社会をつくるということで、いまだに、経産省の、今、戦略交渉官という大変高い地位にある方でありますけども、その方が進めてるということは、国もそういった方向で、これからやっていくということは間違いないということで、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
645:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
646:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。環境クリーンエネルギーを否定するものではありません。しかし、町民の方々は、当町で再生可能水素をつくるべきとは考えておりません。現在、1,264万円の税金が投入されております。町長の夢を実現するために税金を投入するのはいかがなものか。PR効果を求めるならば、仙南の中核都市として当町にふさわしい事業を構築すべきではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
647:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
648:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。1,264万の予算を投入したというのは、ちょっと理解できないんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
649:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
650:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。前回の9月の議会で、町長が明言しております。こういうの見てください。1,264万って書いてありますから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
651:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 暫時休憩します。
     午後 4時12分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 4時16分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
652:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
653:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。1,260万円の内訳はですね、職員樋口さんの2年間の人件費等でございます。それは、予算を立てたわけではなく、その質問、お答えした質問はですね、そういった形での費用ということでありまして、この水素プラントを立地する、誘致するという観点で使って費用ではありませんので、全く違いますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
654:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
655:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。今の質問繰り返します。環境クリーンエネルギーを否定するものではありません。しかし、町民の方々は当町で再生可能水素をつくるべきとは考えておりません。現在、その2年間の人件費、家賃、さらには担当課の職員がエネルギー庁に行った視察、そして町長や議長等が陳情に行った視察、そういうの全て含めて1,264万、これは予算云々も、担当職員に関しては予算化されております。でも、結局は予算されようが、補正されようが、税金には変わりありません。ですから、1,264万円の税金が投入されておりますと言っております。だから、町長の夢を実現するために税金を投入するのはいかがなものかとお尋ねしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
656:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
657:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。樋口職員を派遣しておりますのは、水素を中心とする再生可能エネルギーを推進するためではなく、職員の研修ということで派遣しておりますので、全く目的が違いますので、1,264万円は、この水素プラントのために必要とする経費では全くございません。また、陳情なども行っておりますけれども、これに関してだけではなく、地方創生ということで陳情に行ったりしたことありますけども、水素だけで行った覚えはございませんので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
658:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
659:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私の記憶違いなのか、町長の思い違いなのか、去年の4月に3名で石破さんのところに、この件でもお邪魔したっておっしゃってましたよ。もう一度言います。引き返す勇気を持つべきです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
660:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
661:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。この再生可能エネルギーは、世界の潮流を見てみますと、2014年の電力設備投資の新規投資の約半数が、5割が再生可能エネルギーであります。そういったことで、各国の政府もですね、再生可能エネルギーに切りかえてきております。そういった方向で、日本も今後歩んでいくと思いますし、宮城県もそういう方向でございます。そういった意味で、本町が取り組みますのは、そういう先進的なことをやることによりまして、環境に優しい町をつくるということで、大河原町のブランド力の効果にもなると。地域ブランドをつくる上でも、1つの貢献できる事業だと思っております。また、地球温暖化という全人類が抱えておる問題に先進的に取り組むことによって、町民が誇りを持てるという効果もございます。そういったことから考えまして、これは必要な事業と思って、今申し上げましたとおり、予算を計上することなく進めている事業でございますので、大変、費用対効果を考えても大きな費用対効果ではないかと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
662:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
663:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。何か身勝手な理由を聞いているような気がしました。
 それでは、2項質問します。
 2月14日の上川原での町政懇談会で、町長は「民間誘致の課題は早急に解決します」と明言しております。早急とはいつを指すのか。また、特養老人ホームに応募があった場合、町政レポートでは三角印ですが、丸印に昇格する予定ですか。町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
664:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
665:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 特養の誘致の話でしょうか。そうですか、はい。特養については、鋭意、今努力しているところでございまして、先ほど申し上げましたとおり、1法人から引き合いがありましたし、また、マンパワーが確保できればやりたいという法人もあります。そういったことを期待しながら、これからも根強く誘致に向け頑張っていきたいという状況にございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
666:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
667:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。時期を明確にすることは……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
668:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
669:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。僕、2つ聞いたでしょ。いつを指すのか。要するに、町長は上川原の町政懇談会で、この老人ホームの民間の民間誘致を早急に実現しますとおっしゃってますよ。だから、その早急とはいつを指すのですかというのが1つ。もう1つは、現在の町政レポートで三角印ですが、応募があれば丸印に昇格するんですかって聞いたんですよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
670:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
671:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。早急に誘致をしたいということは申し上げました。また、三角から丸に、応募があった段階ではまだ印を変えるつもりはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
672:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
673:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) さらに、上川原での町政懇談会で、町長は80床の有料老人ホームに言及しました。単なる数合わせに過ぎません。入居料15万円以上の有料老人ホームと、七、八万円の特養ホームは別枠で議論すべきです。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
674:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
675:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。80床の民間の有料老人ホームについては、私は参考としてご紹介したまででありまして、これを町の政策とすりかえるつもりは全くございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
676:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
677:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。視点変えます。
 町税5%減見直しの理由として、川根工業団地の財政需要が高いこと、システム変更に1億円がかかること、それを見過ごしていたと答弁しております。これが全てを物語っております。町税5%減、町立特養ホーム、町長公約は当選することだけが目的の手段だったのではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
678:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
679:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。公約を考えた時点での、私の進むべき道をお示ししたということでございまして、その目的が当選するためだけではないということは申し上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
680:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
681:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 将来的財政需要を町長は把握していなかった。町長公約は、信憑性に欠如していると言わざるを得ません。いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
682:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
683:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。予測できないことも多々あったということで、先ほど丸山議員にもお答えしたとおり、財政需要が大変、震災復興需要で増嵩しておったり、いろんな状況は重なってまいりましたし、今後、新たに建てかえ需要とか大規模改修とか、大変な事業量が見込まれるということもわかりましたので、そういうふうな変更をさせていただいたわけであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
684:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
685:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。社会情勢の変化に適応することは、まちづくりのビジョンとして当然のことですし、私にも理解できます。しかし、3年半前の町長選挙において、今回の選挙は道の駅か老人ホームを選択する選挙だ。誰が考えても町立老人ホームがいいに決まっている。胸を張って公言しておりました。町立から民間に、100人規模から29人規模にすりかえたことを、町民はしっかりと理解し、しっかりと納得しているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
686:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
687:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。納得できるように、私もこれから説明責任をしっかりと果たしていきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
688:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
689:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。重ねて申し上げます。約束は守るためにあります。100人規模の町立特養ホームに賛同して投票行動に及んだ町民の方々に、謝罪すべきではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
690:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
691:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。現時点で、大河原町の高齢者介護福祉政策を考えた場合、100床は多過ぎるということもございますので、現実に見合った、ふさわしい政策だと思っておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
692:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
693:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。以上で一般質問を終了します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
694:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって、一般質問を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 同意第2号 固定資産評価審査委員の選任について同意を求める件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
695:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、同意第2号固定資産評価審査委員の選任について同意を求める件を議題とします。
 これから、同意第2号固定資産評価審査委員の選任について同意を求める件を採決します。
 人事案件は先例集120により、投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場の閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
696:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は12人です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に高橋芳男君及び岡崎 隆君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
697:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
698:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
699:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点  呼〕
     〔投  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
700:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
701:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。高橋芳男君及び岡崎 隆君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
702:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
 投票総数 12票
  有効投票 12票
  無効投票  0票
 有効投票のうち
  賛成 12票
  反対  0票です。
 以上のとおり、賛成多数です。よって、同意第2号固定資産評価審査委員の選任について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場の開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
703:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、諮問第1号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。
 これから、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを採決します。
 人事案件は先例集120により、投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場の閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
704:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員数は12名です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に丸山勝利君及び堀江一男君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
705:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。本諮問に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
706:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
707:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点  呼〕
     〔投  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
708:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
709:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。丸山勝利君及び堀江一男君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
710:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
 投票総数 12票
  有効投票 12票
  無効投票  0票です。
 有効投票のうち
  賛成 12票
  反対  0票です。
 以上のとおり、賛成多数です。よって、諮問第1号は、適任と答申することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場の開鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
711:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日は、これで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時40分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年3月9日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------