議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成28年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2016年3月8日(火):平成28年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けがありましたので、報告します。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、佐久間克明君、須藤 慎君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は既に配付してあります通告書の順によって行います。
 万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。
 それでは、11番、万波孝子です。通告順に従いまして一般質問を行います。
 私は、今回2点についてであります。
 その1つ、要介護認定者に係る「障がい者控除対象者認定」の交付についてであります。
 昨年の6月議会でこの件について取り上げたとき、介護保険要介護・要支援者に対して、要介護認定者に係る障がい者控除対象者認定についての通知の内容は、65歳以上で介護保険の要介護認定により要支援1・2、要介護1から5と認定された方も、身体の状況や認知症の症状が障がい者に準ずると認められた場合には、同様に障がい者控除を受けることができ、そして、障がい者控除対象者認定の申請を必要とする方は担当窓口で申請の手続きをしてくださいというものであります。
 判定の結果、認定書、この「証」と、済みません、これ「書」という字です。ちょっと訂正願います。認定書が交付されますと、所得税や町県民税等の申告を行う際に障がい者控除が受けられ、税等が安くなります。課税世帯から非課税世帯になる人も出てきます。昨年の6月の一般質問で、私は周知徹底について取り上げて以来、担当課のこの間の努力で大分改善されているようであります。しかしながら、まだまだ周知並びに改善する余地があると思いましたので、今回改めてさらなる改善を求めて質問させていただきました。
 1、要介護認定者、その家族に対する障がい者控除対象者認定についての周知で、この間、改善された内容について伺います。
 加えて、さらなる周知が必要と思いますが、その考えはあるのかどうか。ここ数年間の申請件数、前回もお伺いしましたけれども、詳しく認定書交付の状況を要介護ごとに示していただきたいと思います。非該当者がいれば、その理由について何なのか伺います。
 (2)要介護認定者が障がい者控除が該当しますと、所得税や住民税の控除額はそれぞれ幾らになりますか。示していただきたいと思います。
 3、28年度から次の点をぜひ実施、検討できないでしょうか。
 1つは、新たな要介護認定者には、障がい者控除対象者認定についての通知書と一緒に申請書の交付を。
 それから、2点目は、27年度までの要介護認定者で申請をしていない人には申請書の送付を。
 3番目には、要介護認定者、これ全員に、これ私の最終的な希望であります。全員に障がい者控除対象者認定書の送付をぜひ実施していただきたいというふうに、今回提案させていただきます。この件が検討できないかですね、回答によっては再質問させていただきます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、障がい者控除対象者認定についての周知及び認定書の交付状況についてのご質問であります。
 障がい者控除の周知に関して改善した内容でありますが、要介護の新規認定者には、認定結果通知に「障がい者控除対象者認定制度のお知らせ」も同封して本人宛て送付しておりますが、新たに要介護度に変更が生じた方につきましても同様の取り扱いとし、さらに、広報等を通じて周知を図ってきたところであります。
 申請件数については、年度別では、平成24年度以降12件、14件、16件、27年度は2月末現在で21件の発行件数となっており、合計いたしますと63件であります。63件の介護度別は、介護5が7人、4が10人、3が13人、2が6人、1が23人の合計で該当者は59人となります。
 非該当者は4人で、内訳は、判定基準の障がいまたは認知に関する日常生活自立度が基準以下であった要支援の方3人、また、既に認定書を受けていて重複申請者の1人であります。
 なお、認定書は、税の申告の際、提示するだけでよいことから、複数年利用できるものであります。
 周知方法改善後の電話、窓口での問い合わせもふえ、一定の効果があったと考えておりますが、引き続きわかりやすい内容での周知に努めるとともに、広報、会議の場などでも周知に努めてまいりたいと考えております。
 次に、税の申告における障がい者控除額についてのご質問であります。
 所得税の控除額については、本人の場合、特別障がい者40万円、障がい者27万円、扶養対象となる場合、同居特別障がい者75万円、そのほか特別障がい者40万円、普通障がい者27万円で、住民税の控除額については、本人の場合、特別障がい者30万円、障がい者26万円、扶養対象となる場合、同居特別障がい者53万円、そのほか特別障がい者30万円、普通障がい者26万円であります。
 次に、今後の障がい者認定に係る取り組みについてのご質問であります。
 1点目から3点目まで関連いたしますので、一括でお答えいたします。
 障がい者控除の対象につきましては、身体障がい者手帳等の交付を受けている方、身体障がい者に準ずる者等として町の認定を受けている方とされております。
 町では、税の申告等で障がい者認定を必要とする要介護認定者の方から申請をいただいた場合には、国から示されている判定基準をもとに町で定められている判定基準により、「要介護認定の調査情報」を資料として審査・判定しているところであります。
 新規の要介護認定者等への申請書送付については、定めている判定基準によりおのおのに審査・判定いたしているところですので、考えてはおりません。引き続き、周知等に努めてまいります。
 また、要介護認定者全員に認定書を送付することについては、要介護1から5までの方全員が障がい者認定に該当するわけではありませんし、認定に当たっては「要介護認定の調査情報」の内容を調査することについて本人の同意も必要なことから、認定書の送付については考えていないところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、再質問をいたします。
 この間確かに、先ほども申し上げましたけれども、周知にはかなり力を入れてきたということは評価したいというふうに思います。また、評価と同時に、十分周知するつったこれは当然、ある面で当然なことですよね。特別なことではないんですけれども、今、町長の答弁にもありましたけれども、この(2)障がい者控除が受けられますと、これはかなり大きな控除なんですよね。普通だと27万、特別ですと40万。さらに同居してますと重度の方は75万というふうに、住民税も若干安いですけれども大きな控除額があるわけです。ですから、知らないとほんとに損をするし、いかにみんなに周知を徹底して、そして該当する方は大いにこの制度を活用するということがですね、物すごく大事だというふに思っています。
 そこでですね、町で、先ほど数はわかりましたけれども、この数というのは少ないと思いますか。それとも妥当な数字なんでしょうか。私はもっと周知したらですね、今回申請書をぜひというふうに取り上げてますけど、もっとこれね、率が高まると思うんですけど、その辺はどのように考えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) おはようございます。
 この数につきましては、私ら、私ほうといたしましては、毎年ですね、昨年も同じなんですけれども、11月のですね、お知らせ版等によりまして申告時期の前にですね、町民の方々にですね、お知らせしてるということでですね、あれなんですけども、実体的についてはですね、ちょっと少ないかどうかという部分についてはですね、申請者がですね、このぐらいだということでですね、妥当といえば、あと少ないといえば少ないというふなちょっとそこら辺はですね、ちょっと統計的にもとっておりませんので、ちょっと答え以外になってないんですけども、済いませんども、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、ちょっと参考までに、私たちの共産党の議員がですね、これ埼玉県ですけど、実は調査をしたんですね。その資料によりますと、実はその申請書、1から5の方にですね、申請書を障がい者控除の通知文と一緒に申請書をしますと、したところと、全くしないで我が町のように窓口に申請書を取りに来ると、この2つに分類した場合ですね。埼玉県のこの加須市というとこなんですけど、2,327人の対象者にこれ郵送したんですけれども、何と864件あったそうです、申請書を送付して。それで、全体の37.1%の申請を発行してるということ。ところが、隣の戸田市というとこですけどね、ここは我が町と同じように申請書は希望があればしてるんですね。広報で周知しながら。同じです、我が町と。2,103人に対して64件、たったの3%です。
 で、我が町は、これは27年度の3月末現在、去年の3月、ちょうど1年前ですけれども、要介護1から5、520人ですよね。で、今回、町長の答弁ですと約60人、59人、10%。これはですね、私は、今回取り上げたちゅのはここにあるんです。やはり申請書を送付するっていうのは、お金、それは若干かかりますよね、郵送代。だけれども、お金に、そのわずかな郵送料で、しかも多くの方が申請書つきますとですよ、「あら、書かなきゃいけない」って普通思うんですよね。
 で、私もあちこちこう、今回、今確定申告の時期なので、「した」とか歩くんですよ。あと、去年教えた方は「したさ。したよぉ」って、「とっても助かった」って、「何でもっと早くわかんなかったかな」と、こういう声ですよ。それで、今も歩いてるんですけど、ある公務員の方でした、ご夫婦で。知りませんでした。介護4です。それで、「んで、急いでしたほうがいいよ」って教えましたけれども、結構ね、あるんですよね。520人の中には当然特別養護老人ホームに入ってる方は、ここに住所がありませんのでね、恐らくこれは、カウントされてますよね、町内ですから。でも、そういう方除いてもやはりかなりいるなと私は思っています。
 そういう点で、ぜひ申請書をですね、しないというご回答でしたよね。これからも広報や会議等で周知に努めていくという、そういう前向きな答弁はあったんですけれども、ぜひこれはね、していただきたい。いかがですか。決して難しいことではないと思うんです。本当にね、よかったって、助かった、税金が戻ってきたその喜びというのはですよ、ある方は75万でした。物すごくね、もし私だったら、私も大変うれしいですね。何で今まで知らなかったんだ。
 それで、町では一生懸命するんですけど、なかなか読んで理解をしてするっというまでには、まだまだいかない人がかなりいるんではないかなといふうに思います。いかがでしょうか。ぜひ申請書はしていただきたい。決して難しいことではありません。今こういう住民サービス、きめ細かな住民サービス、住民の立場に立った行政サービスが非常に求められているっていふうに思いますが、いかがでしょうか。課長と町長にお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 先ほども町長答弁でも申しましたとおりですね、申請書につきましては、申請時なり、または更新時、その時点でですね、先ほども言いましたとおりですね、パンフレット等をですね、お渡しし、その場合ですね、ご説明を申し上げております。それで、広報等にもですね、申告時期についてはですね、してるというふうな形ですので、今後ですね、そういうな形で進めていきたいと、こう思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 多分加須市だと思いますけども、加須市とそれから戸田市の比較、今実態をお示しいただきましてこんなに違うものかとわかりましたので、これはやはりちょっと庁内で検討して、できるかどうかしっかりと検討してまいりたいというふうに考えたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひですね、前向きに28年度からやっていただきたいというふに思います。よろしくお願いします。
 その際ですね、これは最大限5年間さかのぼることができるんです。ことし初めて気づいてあってもですね、この制度というの、制度なんですけれども、ちょっと読みますとですね、これ最大で5年間さかのぼって申請できる、この制度に、課長、ご存じですよね。ちょっと、まず課長に確認させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 5年前からできるというふうな話なんですけれども、その障がい者認定につきましては、まずですね、その方の現状を確認してそれで判定を出すということですので、仮に2年前3年前、先ほど言うように5年前というふうな形になると、5年前のですね、状況を把握しておりませんので、5年前にさかのぼってですね、認定を出すということはできません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 課長から今できないというお話ありましたけど、この制度はできるんです。できることになってるんです、この制度。それでですね、仮にですよ、5年さかのぼることがもし我が町で必要ないとすれば、その必要ないとですよ、すれば、皆さんに100人なら100人きちんと徹底して周知すれば、5年にさかのぼることは今後ないと思うんですよね。そういうふうに私は思うんですよ。その点、ちょっと課長、もう一度お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 私が言ったのは障がい者認定の件です。万波議員さん言ってんのは、税控除で5年間さかのぼれるということなんですけれども、私が言っているのは認定。認定の部分については、その時点で見てそこで障がい者かどうか判定するというふうな形ですので、5年前の部分のやつをその5年前は見ておりませんので、認定はできないというふうなお答えをしたともです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そのとおりです。税のね、例えば、今27年でやってますよね。で、26年でも既に介護例えば4の、そうですね、認定者控除がほんとは受けられると。だけども、自分はわかったのは27年からだとなったときに、その方の状況っていうのは町ではわかる人とわからない人がいますよね、その認定。例えば寝たっきりで3年も4年も同じような状態でいた方は同じ介護度だと思うんですよ、介護5。そうしますと、そういう方が、26年度もう過ぎてますけれども、あるいは25年度、さかのぼって、その税を納めてる家庭の方でしたら再度税の申告を、訂正ですか、修正ですか、それができるということなんですよ。ですから、私はそういう点でぜひ申請書をしていただきたいということで、町長の言葉を信じてそれは期待したいちゅふうに思います。
 それとですね、この間、判定、非判定の方というのは、先ほどの答弁の中見ますと、該当しなかったという点ではないんですね、基準に照らして。そういう方はいなかったというふうに受けとめてよろしいんでしょうか。もう一度お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まず、再度ですね、先ほどの質問のあれなんですけれども、まず、認定と税の控除の期間というのはまず別だということを、まず言っときます。認定についてはその時点で見たときからの認定と、税は、税自体はさかのぼれますけども、認定についてはさかのぼれないということなので、5年前まではさかのぼれないということです。まず、これが1つ。
 あとですね、先ほどの非該当者の基準外ということにつきましては、「認知症高齢者の日常生活自立制度判定基準」というのを厚労省で出しております。それに該当しなかったということであります。それに基づいてですね、私らほうで判定しておりますので、それに該当しなかったということで、該当外の方が3人おったということであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっとちなみにですね、この判定の基準、国が示してる基準をちょっとお示しいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) ちょっと細部の部分については持ってきておりませんけれども、まずですね、2つに分かれております。日常生活自立度ということで、まず障がい者、あともう一つは認知症高齢者というふうな形で、2つに分かれております。それで、その中で、先ほど言われたです、言いました「認知症高齢者の日常生活自立制度判定基準」、これに基づきましてですね、ランクがありまして、ランク2のAとか2のBとかという形でですね、そのランク度があります。それに基づいてですね、判定をしております。それに該当にならなかった方について、先ほど言った形で除外、除外というか該当外になるというふうな形になっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それからですね、ちょっともう一つお聞きしたかったのは、今後善処するという町長の答弁ありましたけれども、この申請をしてからですよ、これいつまで、日数ってどのぐらいかかるんですか。判定して、その方にその結果を通知するまでの期間ですね、この際ちょっとお伺いしておきたいちゅふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まず、申請を出していただきまして、それから、その方のですね、状況を確認しにいくということで、その方の都合のいい日を見ましてこちらで調査に行きます。調査に行って戻ってきてそれの判定をしてですので、10日前後、その方の調査に行く日程もありますので、申請出してあしたあさってにというふうな形で調査に行ければいいんですけれども、やっぱり10日ぐらいはかかるというふうな形になります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうですか。やはりかかるんですね、これ、申請出してから。そうしますと、今、ことしで言いますと3月15日まで確定申告ですよね。仮にきょうわかった方がこれから申請しますと、今のような課長の流れで10日間かかるとすればですよ、15日には間に合わないですよね。それは過ぎても直接税務署に行けばできないことはないですよね。できます。しかしながら、普通の人はやはり15日までだとすると、きょうも毎日車がいっぱいね、恐らく税の申告で来られてると思うんです。ということは、やはり15日まではしなきゃいけないというそういう思いが、皆さん納税者としての意識がやっぱし十分あるという証拠だと思うんですよね。
 それからしますと、やはり申請書をまずもって11月の広報も載せてますけど、そのころからですよ、申請書を発行して、そして、十分余裕を持って判定を受けて、それで、早めに認定された方は認定書が手元に届くというふうになりますよね。そういうことから考えると、やはり申請書のこの郵送してくというのはとっても効率的っていうか、住民にとったら本当に、何て言うんでしょうかね、必要な手立てではないかというふうに思います。
 町長、改めてお伺いすると同時に、この項の最後になりますが、実は、隣の山形市で27年度から全員に無条件で認定書、障がい者控除の認定書を郵送することになりました。これはいろいろ運動があったというふうに新聞報道では載ってましたけれども、運動があったから実ったということですけれども、運動がなくても、やはり行政の仕事というのは常に皆さん住民の立場で本当に献身的にお仕事をされていると思います。そういう中において、今回のこの障がい者の控除についてもですね、改めてそういうことが問われていると思うので、私は近い将来ぜひ大河原町も認定書のね、郵送を全員にほんとにしていただきたいということを強く感じているところです。町長の答弁をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどお答えいたしましたとおり、認定書を送れば相当の人数がふえたということでありますので、そういったことも参考にしながら本町の実態に合わせて対応をしていきたいと、先ほども検討するという答弁いたしましたとおり、検討をさせていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、2点目に入ります。2は保育行政についてであります。
 子ども・子育て支援策は、当町でも最優先課題として位置づけて取り組んでおります。28年度からは子ども医療費助成は18歳まで拡大し、所得制限を撤廃して実施することになっております。
 1、政府は、待機児童解消策として、2013年度から待機児童解消加速化プランを進め、2015年度ではこの補正予算で、2017年度末までの保育拡大量を40万人から50万人に引き上げ、前倒すとして認可保育所等の整備の補助に「安心こども基金」へ383億円の積み増しを行う方針でおります。待機児童解消加速化プランにおける当町の保育拡大量は35人となっておりますが、国の事業を積極的に活用した当町の保育整備事業について伺います。
 (2)認可保育所であります金ヶ瀬カトリック保育園の整備計画の動きがあるようでありますが、計画の内容について伺います。国の「安心こども基金」は金ヶ瀬カトリック保育園のこの整備事業には活用できるようになっているのかどうか、伺います。
 そして、あわせて町としての支援策、ぜひ私はしていただきたいと思いますが、その点はどのように考えているのか、伺います。
 3、桜保育所の建てかえの必要性については、第5次長期総合計画でも掲げられておりますが、計画の具体的な見通しについて伺います。
 (4)子ども・子育て支援新制度で、保育料の算定の基準が所得税から住民税に移りました。これにより保育料は上がったと言われておりますが、実際はどうなんでしょうか。事例で示せるんであれば示していただきたいと思います。町として保育料引き下げの支援策は考えているのか、伺います。
 (5)保育士不足が言われておりますが、当町の現状はどうなっているんでしょうか。保育士の確保のために町が考えている方策とは何でしょうか。
 以上、伺います。回答によって再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、国の事業を活用した本町の保育整備事業につきましては、今年度、国の「安心こども基金」の小規模保育設置促進事業を活用し、民間事業者による小規模保育事業所の設置に対して、町では施設の改修費及び賃借料を助成しております。
 次に、金ヶ瀬カトリック保育園の整備計画につきましては、まだ保育園において具体的な計画はできていない状況でございますが、整備の際は、国の「安心こども基金」等による保育所等緊急整備事業を活用するなど、町としてもできる限りの支援策を考えてまいります。
 また、桜保育所につきましては、開設から40年が経過しておりますので、建てかえの検討が必要な施設の1つであると認識しているところであります。今後、財政状況等を勘案しながら具体的な計画を検討してまいりたいと考えております。
 次に、保育料の算定方法につきましては、世帯の階層区分の決定は、平成26年度までは町民税課税世帯は前年分の所得税額を基準としておりましたが、平成27年度から市町村民税所得割を基準としております。
 新たな基準を作成する際は、例えば26年度基準で所得税3,000円以下の階層の世帯は、27年度基準では町民税所得割4万8,600円から5万2,000円の階層となり、3歳未満児の場合の保育料は2万100円で変わらないようにするなど、同一の所得の場合は同一の階層となるよう配慮して設定しているところであります。
 また、町の基準は全て国の基準を下回るよう設定されており、平成27年度の民間保育所の場合、国の負担金の算定基準で計算するとした場合、保護者負担金は約1億3,800万円となりますが、実際の町の基準による調定額は1億1,900万円で、約1,900万円下回っている状況でありますので、さらなる保育料の引き下げ等は考えていないところであります。
 また、保育士不足につきましては、町といたしましては、国の制度を活用し、保育士の処遇改善のための加算金を民間保育所に支出しており、各保育所においては職員の給与等の改善に活用し、保育士確保を目指しているところでありますが、現状としましては希望する人数に達していない施設もあり、対策に苦慮しているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、再質問をいたします。
 (1)でありますけれども、国の事業を活用して、我が町は小規模保育所2カ所今事業が進められておりますけれども、これをすることによって、これ県に35人という計画が、県の資料によりますと大河原町は35人、25年度から平成29年度までの待機児童解消加速化プランというのが、これ県で集約しているようでありますけれども、これによって既に満たされているということでいいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 35人につきましては、待機児童解消加速化計画の中でですね、町として26年度以降二、三度報告した中の積み上げの数字が35人ということになっておりまして、35人につきましては、小規模の保育所を2カ所認定して35人という計画、そのときの計画でございました。実際には、小規模保育所2カ所認定いたしまして、定員としては27人増加したということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、この事業はもう既に小規模で我が町はもう活用しておりますので、今後ほかにあるんですか。例えば金ヶ瀬カトリック保育園は具体的にはこれからということですけれども、仮に動き出すとすれば何か活用できる国の事業というのはあるんでしょうか。お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 現行の補助制度の中で保育所等緊急整備事業というのがございまして、これは恐らく28年度29年度も継続するものと考えております。その際、この待機児童加速化計画を出している市町村については、国の補助率が通常2分の1のところ3分の2まで加算されるということがございますので、ぜひ今後金ヶ瀬カトリック保育園さんが実際建設となった場合は、こちらの国の補助金ぜひ利用していきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実は、答弁の中でもこの保育所等の緊急整備事業活用するちゅふうに今答えはあったんですけども、これはこれ従来からあるこの事業ですよね、これは。ここ近年に出てきたんではなくて、随分前からあったこの事業ということで認識してよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 制度的には前からといいますか、ございましたが、中身的にですね、メニューがいろいろ追加されたり補助率が変わったりとかしている部分は一部あるものかと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) わかりました。この2番目のですね、金ヶ瀬カトリック保育園の整備計画についてでありますけども、まだ保育園において具体的な計画はできていないということですが、具体的な計画はできてない、要するに、具体的ではないけれどもそういう方向で検討しているということだと思いますが、時期とか大まかなところで何かお示ししていただきたいんですけれども。細かくはもちろん具体的になっていないのでご答弁は無理かと思いますが、わかる範囲内で結構です。概要とかを含めてお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 金ヶ瀬カトリック保育園さんの園長、それから、経営してる法人の方と一、二度お会いしておりますが、その中ではですね、28年度中に計画を具体化させて、29年度中に現在地に建設したいという考えは持っておるようでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) その際ですね、これもわかればで結構です。今定数たしか60ですけれども、今2万3,800で我が町は人口増になってますが、将来はどんどん減っていきますよね。そういうことから考えますと、この60人の定員でいくんですか。それとも、定員を拡大すると、量をふやすという考えっちゅうのは今の時点ではどうなっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 定員につきましては、現在の60名をそのまま維持する考えということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 維持するということであるということがわかりました。実はですね、建てかえるにしてもあそこの場所、町長も足を運んだことがあるとは思うんですが、保育所に行く、恐らくですよ、今後あそこで建てかえたときに、現に駐車場はないんですよね。で、香林寺さんのを現にお借りしているということです。で、香林寺さんのほうもいろいろ利用者がいっぱいいたときはどうしてるのかなと実は思っている一人なんですが、町道白坂線、台部白坂線、この8-379ていう老人ホームに面したあの道路がそういう町道ですけど、そこから入りますね。白坂線8-366、この道路もですね、現に物すごく狭いですよね。
 それで、お話、これは保護者の方も言ってましたけれども、あそこは行きますと、朝送迎のときはやっぱ子供の安全の面を考えて、警察署の公安が入って規制ではありませんが、一方で、通行で、そして右に曲がって、そしてまた台部白坂線の広い通りに出ると、そういうふうな状態で、非常にこれまでほんと事故がなかったので本当によかったでしたけど、今後建てかえになれば、当然そのことも町では支援策の1つとして考えていかなきゃいけないなというふうに思っています。そういう点では、担当課長にも、そういう計画が今後あるのかどうか、要望があればするのか、要望はなくともそういう計画があるのかどうか、1つ伺っておきたいちゅふうに思います。
 それと、支援でもう一つ言いますと、隣に田んぼがまだね、あって耕作してますが、人様のものなんでこちらがどうのこうのっちゅうことありませんけれども、いずれ駐車場についてのいろいろご要望があったとき、町はどういうふうに対応するんでしょうか。ぜひ第一・第二光の子はですね、たまたま町の土地がありましたので無償で貸与しております。これはたまたまそういうのあったわけですけどもね、金ヶ瀬のカトリック保育園の周りにはそういう町有地はないので、その辺も長い間第一光の子・第二と同じように町の大事な保育行政をしっかりと担ってきた大事な保育所なので、ぜひその辺も今後検討していただきたいと思うんですが、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 保育所周辺の道路整備ということでございます。今現在、具体的にですね、道路幅員を拡幅というな要望は来ておりません。また、今現在でも拡幅の要望はございませんが、先ほど町長が答弁しておるとおりですね、町としてもできる限りの支援を考えていくという観点からすれば、今後具体的なですね、道路の拡幅があれば前向きに対応していくような形になろうかと思います。ただ駐車場につきましては、ちょっと道路整備とはちょっと関連しがたいものではありますが、その辺も含めて町の支援というな形になろうかということで理解してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしく、町長、お願いいたします。
 それからですね、桜保育所についてですけども、まだ実施計画、第5次長期総合計画の実施計画の中にも、27年度から29年度までは全く予算化されておりませんが、これはどういうふうに今の時点では考えているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 桜保育所につきましては、今回金ヶ瀬カトリック保育園の建てかえということもございましたので、現在、桜保育所について、現在地にするか場所変えるかとかの検討はまだやってない状況でございますが、財政的な支出はやはり金ヶ瀬カトリックさんが終わった後と考えますので、それまでに検討を進めていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほど、金ヶ瀬のカトリック保育園さんは28年29年ということでしたので、これが終わるというと30年からということですか。いずれにしてもですね、私は、あそこの場所なのか、それともどこかに移転するのか、その辺は今の時点ではどうなんですか、町長。その場所ですか。それとも、どこか移転ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、大枠的なことをご理解いただきたいと思うんですけども、今現在、公共施設の、何だっけ、管理計画策定中であります。その方針に従って、今後具体的な建てかえ等の検討が始まるんですけども、桜保育所のみならずさまざまな老朽施設がございますんで、その辺の優先順序も総合的に考えなきゃいけないという段階でありますので、桜保育所に限って何年にどこの土地にするということは、今の段階では言えないという段階であることをご理解賜りたいと思っておるとこであります。
 それから、さっき金ヶ瀬カトリックのことについて、町長よろしくということでありましたけども、私のほうからもちょっとお答えしたいんですけども、私も二度ほど関係者とお会いしましていろいろ話をさしていただいております。道路が狭いとかいう問題についてはいろいろ保育園のほうでも考えてらっしゃるし、それに対して町としても協力したいというなことを考えておるところでございます。
 金ヶ瀬地域の保育行政全般に関して、町としてのいろんな考え方もありますので、そういったことをご相談させていただきながら、よりよい保育園になるように町としても全力を尽くしていきたいというふうに考えております。どういう方向かということは、相手もありますのでこの段階では控えさしていただきたいと思いますけども、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 桜保育所はもちろんこれからなんでしょうけれども、仮にですよ、現在を見てあそこでは無理だと、移転だと、そういうことは今の時点でもうはっきり言えないんですか。私は言えるんではないかと思うんですけど、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えしたとおり、これから老朽施設等の対応を総合的に考えていかなきゃいけないということで、そういう移転をするという選択肢は当然ありますけども、それを固定化することは今の段階ではちょっとできないということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私はあの場所はもう随分前に建てた、随分経過してますね、40年ぐらいでしょうかね。新しい場所をやっぱし探さなきゃいけない。そういう点では、限られてますからね、もう相手、例えば桜でしたら、もうごらんのようにもう密集してますけれども。今からでも遅くないと思うので、移転であれば、早急に場所の探しはやっぱりしとかなきゃいけないちゅふうに思いますので、よろしくおねがいしたいちゅふうに思います。
 それから、保育料については、変わったけれども我が町では何ら変わりないということで安心しております。今、町長も子育て支援に力入れておりますが、大分医療費はもうこれで、これ以上ないくらい充実させましたね。今後出てくるのは学校の給食、それから、この保育料なんですよ。そういう点では、どうなんですか、やはり負担を軽くしていくという考えは今後必要になってくると思いますが、その認識だけ伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 万波議員ご指摘のとおり、保育、子育て支援をしっかりとやってくということは大変大事だと思っておりまして、ほかの自治体も保育料を下げるとか無料にするとかいろいろやっております。そういったことを当然参考にしながらですね、保育行政、子育て支援行政全般を考えながら、どのようなことができるのかを幅広く検討していきたいというふうに考えておりますので、ここでは具体的に下げるとか下げないとかこういったことは、言及は控えさしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最後に、この保育士の問題です。この保育士というのはですね、県内でかなり保育を養成してる学校はあるんですが、なかなかこの充足っていうか、なかなか見つからないというのは、私はこの民間については処遇の改善で確かに予算化されておりますが、それではなかなか不十分だっていうふうに思います。そういう点では、町も苦慮しているというところでありますが、これは町だけの問題でないように思うんですね。で、以前、浅野知事時代に保専といわれる、向山にあったんでしょうかね、それを廃止してるんですね。そういうことも影響してるのかどうかわかりませんけど、ぜひ県や国にですね、この保育士、十分な処遇改善をして確保する。そして、宮城県での学校を卒業した保育士は地元で働いてもらうという特段のやっぱり取り組みが県内全体で、これは全国的ですけど、それは最初から大きいことを言っても実現不可能ですので、せめて町長、そして、議長もここにおりますのでね、大がかりで、これ、取り組みが必要だちゅふうに思いますけど、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 万波議員ご指摘のとおりでありまして、保育士不足の課題につきましては、これは全国的な問題ということで、町といたしましてもですね、機会あるごとに国に対して要望をしております。保育士のみならず、介護士、看護師、全てマンパワー不足の状況でありますので、こういったことを解決しない限り安倍総理の言ってる一億総活躍社会は不可能でありますので、そういった方向で今、具体的に言いますと県の町村会を通じて国に対して要望を出すとかそういったことを、町として大きな声を上げているとこでございますので、しっかりと今後とも取り組んでまいりたいと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、町長からそういう回答ありましたので、ぜひ期待したいちゅふうに思います。とにかく深刻なこの待機児童問題というのは大きな社会問題化になっており、やっぱり保育士を確保しない限りこの待機児童の問題というのは解決はしないですよね。セットですよね。もちろん保育士だけじゃなくて、今町長からもありましたように、看護師、医師、それから介護の職員です、本当にこの問題が今物すごくクローズアップされてますし、やはり県や国に要望するしかないのかなと思っています。そういう点でぜひ行動を起こしていただきたいということをですね、強く要望しまして、私の一般質問終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩いたします。
     午前10時55分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時05分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 議長のお許しをいただきましたので、一般質問に移らせていただきますに、前振りでしてね、今週の11日で東日本大震災から一応5年を迎えるというふうなことで、風化・風評という2つの風と闘い続けていることを忘れてはならないと。また、被害者が希望を持ち心の復興と人間復興をと、その日まで遂げるまで徹底して意を寄せていくというふうなことで、一般質問通告書に従いまして質問をさせていただきます。
 まず初めに、子供の成長をパソコンやスマートフォンで確認であります。
 前橋市では、総務省の委託を受けて「ICT(情報通信技術)しるくプロジェクト」の複数のモデル事業を2013年度から実施してきた。このプロジェクトは、マイナンバー制度の活用を想定したICTで住民の生活向上を図るというもので、前橋市が今月始める「母子健康情報サービス」のその1つ。同サービスは、妊娠届け提出時に受けとる母子手帳の内容の一部を電子化するもので、パソコンやスマホ、タブレット型端末、それを見ることができるようになると。
 具体的な内容は、子供が産まれてから就学するまで、1)番目では、幼児・児童の調査の項目(身長、体重、体格を判断すると、「カウプ指数」など)の結果。2)番には、予防接種の記録など。前橋市情報政策課では、出先で急に病気にかかった場合など、母子手帳がなくてもスマートフォンがあれば予防接種歴など医師に伝えることができるというもので、こうした利点に加え、同サービスは子供の成長記録を写真付きで書き込める日記や予防接種の予定日を登録する予定表としても利用できる。さらに、妊娠・出産・子育てに関する市からの情報、子供の月齢に応じた母子健康手帳にかかわるお役立ち情報の自動的得ることもできると。
 サービスを利用できるのは前橋市民で就学前の子供がいる父母。利用には事前に登録必要があります。パソコンから専用サイトにアクセスし、氏名・住所など登録、ICカードリーダーに個人番号カードを挿入することで本人確認を行う。IDとQRコードを読み取れば、母子健康情報サービスを利用することができるように、パソコンなどを持たない人については、健診・子どもの健康相談・パパママ教室などのイベント時に申込書、ICカードリーダー付パソコンを会場に用意していきたいと。今回は就学前の乳幼児が対象だが、徐々に年齢を拡大し、市民が生涯にわたって自分の健康情報を見られるようにし、健康管理に役立ててもらえるよう、当局も取り組みをすべきではないかと考えますが、町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、子供の成長をパソコンやスマートフォンで確認についてのご質問であります。
 妊娠届けにより交付される母子健康手帳の内容を一部電子化する「母子健康情報サービス」については、「母子電子健康手帳」として、現在、複数の企業や団体により開発されておりますが、それぞれ記録する内容や記録方法について統一された方式が採用されておりません。
 そのため、転出や里帰りの際に、他の自治体や医療機関でも統一して利用ができるよう、電子母子健康手帳の記録情報の標準化を目的に、平成26年1月に、日本産婦人科医会などが中心となり、電子母子健康手帳標準化委員会が設置されました。
 さらには、日本産婦人科医会より、利用者の個人情報の漏えい、医療機関での診療用電子機器との連携などの問題点が指摘されております。
 本町といたしましては、標準化委員会や国の動向を注視してまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再質問になりますけれども、健康管理の分野においては、小学校、幼稚園等においては一元化されてないという部分がありますので、それを一元化していくというふうなこともありますので、情報のスピード化、あどは行政関係の方のスピード化につながるんじゃないかというふうなことで、必要性を考えながら見据えてやってくというふうなことでございますけれども、はい。
 また、1点には、幼児や児童を持つ世帯の人たちが、ほら、過去の母子手帳とかそういうふうななかなかわからない、また予防センターとか、そういうふうなことがありますんで、一貫したものがね、統一的になれば、里帰りにできる、何ができるというふうなことで、これからは大河原町も、ICT化から情報化時代世の中なっていきますので、こういうモデルものがあれば近隣のところの行政と提携しながらそれを進めてはいかがというふうに考えますけれども、町長のご見解をお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご指摘は周辺の自治体との連携ということでありましたけども、それをやるにしてもですね、全国的に統一したものができない限りちょっとできませんので、その状況を踏まえながらなるべく早めにできればいいなというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 先ほど、こういうモデル地区っていうのは前橋市のほうで取り上げておりますので、そういうふうなものを十分参考していただければなというふうなことでご提案をさせていきます。
 続きまして、2番目の問題についてのご質問させていただきます。
 2番目は、国土強靱化地域計画の策定の取り組みについてであります。
 東日本大震災の教訓を機に、平成25年10月に交付・施行された国土強靱化基本法であり、その第4条において地方公共団体が責務を明記するとともに、その第13条においては、都道府県または市町村が国土強靱化地域計画を定めることができるものと明記されています。
 この国土強靱化地域計画については、今後どのような災害が起こっても、被害の大きさやそれ自体を小さくすることは期待できるものとともに、計画策定後は国土強靱化の係る各種の事業により効果的かつスムーズに進捗をすることが期待できると。
 国としては、平成27年1月に、「国土強靱化地域計画に基づき実施される取り組みに対する関係省庁の支援について」決定されております。具体的には、国土交通省所管の社会資本総合整備事業や防災・安全交付金、また、農林水産省所管の農山漁村地域整備交付金、さらには、消防庁所管の消防防災施設設備費補助金など緊急消防助隊整備費補助金などの32関係省庁関係間の交付金、補助金などにおいては支援が講じられるとともに、この交付の判断における一定度配慮されることになっています。
 しかし、この国土強靱化地域計画の策定状況については、平成28年1月7日現在の集計で、都道府県については計画策定済みが13都道府県、予定を含んだ計画策定中は32都道府県ありますが、市町村においては計画策定済みが9市区町であって、予定を含むとまだ計画策定中は24市町にとどまっており、いまだに多くの市町村はこの国土強靱化地域計画を策定できていない状況にあります。
 このような国土強靱化地域計画の策定については、今後も発生するであろう大規模自然災害から市・町・村の民の生命・財産を守ることが最大の目的として、そのための事前の備えを効率的かつ効果的に行うとの観点から、早急に策定・公表すべきであると考えます。
 そこで、当町においていつごろ目途に、この国土強靱化地域計画を策定しようと考えているのか。また、その内容等についてはどのようなものを検討されているか。町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりまして再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 次のご質問は、国土強靱化基本法に基づく国土強靱化地域計画の策定についてであります。
 国土強靱化基本法制定の背景は、日本の地理的及び自然的な特性から発生する大規模災害、さらには未曾有の被害をもたらした東日本大震災などの教訓を経て、国民生活及び国民経済を守る国の責務として、平成25年に制定されました。そして、この法律を実効あるものにするため、国の取り組みのほか、地方公共団体や民間事業者等が総力を挙げて、国と地方等が一体となった取り組みをすることの重要性を指摘しており、このようなことから、法律の題名を「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に関する国土強靱化基本法」とされたものと理解するところであります。
 本町においても、これまで数回にわたり職員対象の計画策定等の説明会に出席しておりますが、策定状況が宮城県を含めて全ての自治体で未整備であることから、県及び近隣市町の動向を注視しながら取り組みたいと考えております。
 なお、新年度から取り組みます次期総合計画策定のための国土利用調査や都市計画策定等との整合性を図る必要があると考えておりますし、また、昨年度策定いたしました地域防災計画との調整も必要と考えているところであります。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再質問させていきます。
 国土強靱化とは、いわば国の、地域のリスクマネジメントといいますか、でありまして、PDCサイクルを繰り返し取り組み推進をすると。大規模災害等において被害回避するための対策、施策の国土利用ばだけ、経済的システムの現状どこに問題点があるかを、脆弱性の評価を行うとともに、これを踏まえてこれらを何をすべきか、その対策を考え、重点、最優先順位をつけて行った上で推進することをプロセスに取り組んでいくというのが特徴でありますけれども、この再質問についての町長のご見解があればよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えいたしましたとおり、やらないと言ってるわけではございません。やることを前提に、大河原町でこれから計画しておりますいろんな計画の策定、それから、昨年策定いたしました地域防災計画、そういったことを勘案しながらやりますので、ことし来年すぐにはちょっと着手はちょっと難しいと思いますけども、なるべく急いでやりたいというふうに考えておるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) この国土強靱化というふうなこと、参考までにですけれども、これを取り組んでる県がですね、高知県でございますので、それを参考にしていただければと思いますので、それを申し上げて、所見があれば、大丈夫ですか。はいはい。
 では、次の3番目の質問にさせていただきます。
 3番目の質問ですけれども、3番目の質問はですね、振り込め詐欺の被害を防げであります。
 千葉県柏市の4月から施行を目指して、市区町村レベルで全国初となる「振り込め詐欺の被害の防止に関する条例」を制定に向けて準備を進めているところでございます。条例案では、振り込め詐欺の被害を未然に食いとめることを目的に、事業者に被害防止に協力するよう求めているほか、詐欺被害者への支援や警察との連携強化などを盛り込まれております。
 柏市の振り込め詐欺などで特殊詐欺被害件数は全国で最も高水準にある。2013年度には1人1万人当ての被害件数が全国平均の約2倍、1.89人だったほか、2014年度には被害額が過去最高の3億5,000万円に上がるなど、早急な対策が求められている。
 条例に基づく具体的な取り組みとしては、高齢者を定期預金などを解約したり、宅配業者やコンビニエンスストアの従業員が現金入りの荷物を扱う際は、事業者側から詐欺についての注意を促す声をかけてもらう。また、振り込め詐欺の被害と思われる動作を見かけた場合は、警察に通報する市民にも求めていると。このほか、詐欺被害の支援について総合窓口の設置や、複数回特殊詐欺に対するため、市長を本部長とする対策本部を立ち上げ、警察や事業者などで情報共有や犯罪被害の撲滅を目指し、さらに、市は来年度予算案に詐欺対策の電話機の購入補助などを盛り込む方針だという。振り込め詐欺の被害を食いとめるため、当町も条例制定に取り組むべきと考えますが、町長のご見解をお伺いします。
 回答によりましては再質問させていていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 ご質問は、振り込め詐欺の被害防止対策に関する条例制定の考えはないかとする内容であります。
 オレオレ詐欺、還付金等詐欺など、いわゆる振り込め詐欺は、高齢者を狙った悪質な犯罪であると認識しております。宮城県においても、昨年の特殊詐欺事件の認知件数は対前年比123件の増。しかも、被害総額は過去最高額の10億円を超える額となっております。また、大河原警察署管内においては、オレオレ詐欺3件を含めて合計6件発生しており、被害総額は約1,479万円となっております。なお、この6件のうち、本町はオレオレ詐欺1件の被害が発生している状況にあります。
 これらの犯罪に対する本町の防止対策として、大河原警察署との連携並びに情報の共有を図っておりますし、町防犯指導隊による定例パトロール及び町内金融機関での振り込め詐欺防止活動などを積極的に実施しております。
 また、防犯配信メール登録者に限られますが、宮城県警からの犯罪情報に基づきタイムリーな情報発信に努めているところであり、金融機関においても警察署との連携のもと、高齢者の現金引き出しに関し、金額によっては引き出しに係るアンケート調査を実施し、振り込め詐欺防止対策を講じていると伺っております。
 さらに、本町においては、こうした振り込め詐欺に関する相談に消費生活相談員が対応しており、注意喚起を図るため、各種詐欺等の基本的な対処法や相談連絡先を記載した「暮らしの安全・安心カレンダー」を全戸配布いたしております。今後においても、これまでの活動を継続・強化するとともに、金融機関等に対しましてもご協力をいただき、高齢者の振り込め詐欺による被害を少なくしたいと思っているところであり、新たな防止条例の制定については現在のところは考えておりませんのでご理解願います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) ご回答ありがとうございます。それではですね、再質問させていただきます。
 町の役割としては、振り込め詐欺の発注件数など町民や金融機関などの周知徹底を、防犯対策を信用していくというふうなことで、あと、詐欺被害者への心のケアもございますけれども、やっぱり被害の相談と。または、注文しない商品を送りつける詐欺というふうなものもございますし、など悪商法についても、あと運送業者を利用した悪徳商業もございますので、業者に対しての万全な注意を図っていくというふうなこともお願いいたしましてですね、再度、振り込め詐欺被害防止対策との条例制定についてのご所見あれば、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えいたしますとおり、今のところ、制定する考えはございません。
 あと、いろんな対策をこれから強化してまいりますので、強化する中で未然に、防止に努めてまいりたいと思っておりますし、また、その一環として例えば敬老会などの場面でですね、振り込め詐欺の防止を訴えるとか、いろんな活動をこれまでもやっておりますので、そういったことをさらに深く広めてまいりたいというふうに考えておるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再度言いますけれども、これは大河原町ではそういう救済みたいなそういうふうな条例がないですかというふうなときに、やっぱり執行部として、議員としても、やはりこういうふうなことをやっぱり条例を結んでおいて、町民のためにこういうふうな防止策というふうなを取り組んでいただきたいというふうなことで条例というのはできないでしょうかね、ええ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ほかの自治体の条例を見たわけではありませんからわかりませんが、救済措置もあるんでしょうか。ちょっと考えられないんですけども、救済措置については。未然防止を軸に町としては一生懸命取り組んでいきたいと思っておりますし、条例がなくてもそういう事件が起こらないような町にしていきたいというふうに思っておりますので、何とぞご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 救済というのはお金を出すという意味でなくて、やはり心のケアというふうなことでそういう注意喚起を促すというふうなことだと思うんですけれども、ええ。お金を出すとか何かするという救済ではございませんが、やっぱり心のケア、こういうふうになった方でないとなかなか難しいことがあるもんですから、ええ。そういうふうなことで、もし、ほか条例があれば、そういうことを織り込んで、地方自治体があればそういうことを参考にしていただいてやっていただければなと思いますので、この辺やってる条例は今度4月に施行されますので、パブリックコメントとかいうふうな議会のメンバーさんたちがいて、こういうふうのをつくり上げてっていうふうなこと参考がありますので、それを参考にして当町も取り組んではいかがでしょうかというふうなご提案ですので、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 心のケアにつきましては、これもまた条例がなくてもできる問題だと私は思っておりますので、そういったことで相談員が応じているというふうにさっきご答弁したとおりですね、そういったことも視野に入れながら取り組んでまいりたいと思っておりますので、今のところご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 前向きに検討していただくようにお願い申し上げまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番、枡 和也です。議長のお許しを得ましたので、通告順に従い一般質問をさせていただきます。
 今回の一般質問は、大項2項であります。
 まず初めに、一番目に、ジェイデバイス宮城工場(旧富士通宮城、村田町)の閉鎖の対応についてであります。
 去る1月21日河北新報の朝刊で知ることになりましたが、ジェイデバイスの宮城工場(村田町)と福島工場(会津若松市)の両工場が、2017年6月末までに両工場の業務を函館工場と福岡工場に移管完了させ閉鎖するとの記事が載りました。会社は、「競争激化に対応するため、業務を集約し、経営効率を改善させたい」とし、両工場の従業員850人(内訳は、宮城工場が520人、会津工場が330人、当日の記事によります)については、雇用維持を前提として勤務地を変更するとの方針を示しております。
 撤退方針については、立地町でもある村田町長、村田町商工会長がそれぞれ「地域経済に長く貢献してきた。影響は大きい」「雇用が減り、地元の商業活動にも影響する」。また、会津若松市長は、「本市経済への影響ははかり知れない。計画の見直し、従業員の雇用の維持を強く要望したい」と、それぞれ大変厳しい状況であることの見解を示しました。
 その後、新聞報道(1月23日)では、1月22日に、村田町町長、宮城県からはですね、村田町町長、あと、宮城県経済商工観光部長、福島県は会津若松市長と会津若松市議会議長、商工会議所会頭、福島県商工労働部長が、相次いでジェイデバイスの横浜本社を訪問。雇用と事業の継続、転勤できない人の再就職あっせん、閉鎖後の工場の活用などを要望した経緯になっております。
 この問題は、村田町だけではなく、柴田郡あるいは仙南2市7町に及ぼす経済への影響、そして、従業員家族に与える影響は大きいと考えます。以下、質問いたします。
 (1)会社側は、雇用維持を前提として勤務地を変更するとは言っているものの、転勤に対応できず大量の離職者が出ると考えられるが、この問題について我が町はどう考えているのか。対岸の火事と考えているのか。町長の見解を伺います。
 (2)従業員の大河原町在住者124名で、全従業員(出向者数を含めまして1月1日現在で543名がいるそうです)、その22.8%を占めております。また、柴田郡4町では294名で、実に54%を占めております。この数字を見ても、労働局ハローワークはもちろんのこと、各自治体、商工会、法人会、経営者協会、各種団体が連携して対応すべきと考えますが、どうか。
 (3)時期的なものもありますが、川根工業団地に製造業の立地・集積が予定されております3社で150人の雇用が見込まれると、以前より説明を受けておりますが、そういった進出企業にも積極的に今回の雇用の受け皿をお願いすることも考えられるが、どうか。
 以上、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 1、2、3につきましては関連がございますので、一括してお答えいたします。
 初めに、本年1月19日にジェイデバイス社から、村田町にあります宮城工場及び会津工場を閉鎖し、平成29年6月までに函館工場及び福岡工場へ業務集約(移管)を行うとの発表がございました。このニュースには大変驚き、すぐに村田町長と連絡をとったり、また、連合宮城仙南地域協議会の事務局長とお会いする予定にいたしております。今後、村田町及び連合宮城仙南地域協議会と連携してまいります。
 大河原町に居住されている方の雇用人数は、平成28年11月1日現在、ハローワーク調べによりますと、正社員76名、パート・派遣職員45名の計121人となっており、仙台市を含む村田町の近隣市町の中で最も多いことから、その影響につきましては大変懸念しているところでございます。
 同社では、3月に説明会及び従業員の個別面談を行い、本年12月から異動を開始すると発表しております。これを受け、県などでは、県内の大手企業等での大人数の雇用の情報や別企業への村田工場一括譲渡等も視野に入れて活動していると聞いております。
 そのようなことから、町といたしましては、同社の移管スケジュールと並行しながら、まずは、ハローワーク、県、周辺市町と連携し足並みをそろえながら、広範な対応策を検討し、実施に関する協力をしてまいりたいと考えております。その中で、必要に応じながら商工会などの町内関連団体からもご協力をいただきたいと考えております。
 また、川根工業団地に進出を予定している企業様にも雇用をお願いできないかとのご質問ですが、既にお知らせいたしましたとおり、現在、製造業3社の進出及び工場の新設・増設が予定されております。この企業への転職のあっせんということになるかと思いますが、何よりも、現在、ジェイデバイス社に勤められている方のご意向と、川根に進出いただく企業の操業時期、勤務条件、職種などとのマッチングが大事になります。そのため、簡単なこととは考えておりませんが、進出企業との今後の話し合いの機会などにお願いしてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 再度の確認なんですが、先ほど町長のほうから、ハローワークの調べで121人ということで、多分一番多い人数だと思うんですが、もちろんこれを、一番最初の質問にあるんですが、対岸の火事とは思ってなくて真剣に考えて、この問題については真剣に考えてるというような認識でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどのご答弁の中にもありましたが、このニュースには大変驚いたということで、対岸の火事であるなんてとんでもないことで、121人、もうその日のうちにすぐ人数を調べまして、大変な人数であるということで本当に事の重大性を鑑みてですね、町でできることはしっかりと取り組んでいきたいと決意をしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) もちろん立地町は村田町なんですけども、ちょっと例えば宮城とこの会津若松というのこの対応の早さが全然違うんですよね。たまたま会津での地方紙での情報収集しかないんですけども、結局、会津では例えば1月19日にこう発表されてからですね、1月22日の例えば地元新聞では、25日にですよ、1月の25日に雇用対策連絡会議の設置準備会を開いて、2月上旬にも会議を立ち上げるというような、早さが全然違うというか温度差がちょっと、真剣に考えてるにしては温度差があると思うんですけども、どこの首長が音頭をとるのかはまた別として、もちろんハローワーク、労働局ともいろいろこうしながらしていかなくちゃいけないんでしょうけども、こういった雇用対策連絡協議会みたいなのですね、早期にこう立ち上げなくてはならないというような、例えば柴田郡4首長の中で話し合ってるとか、そういった首長の中での連携というのは今の段階でどうなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 先ほどの会津若松のほうではですね、雇用対策協議会というふうなことで立ち上げてるようでございますけども、ジェイデバイスからしますと、従業員の不安をですね、あおることはやめてほしいというようなことの状況でございます。
 宮城県としましてはですね、県庁内に事業再編企業チームということで、2月1日にですね、設置をいたしまして、今後見込まれる離職者への再就職支援、そしてまた、承継企業のですね、開拓などに取り組むということで、今進めてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まさにそのとおりというか、別に社員の不安をあおるとかじゃなくて、そういったセーフティーネットを前もってきちっとしておけばですね、そのときになってこうバタバタしなくて済むというようなことを言わせてもらったんであって、もちろんたまたま宮城県議会の最終日にですね、一般質問された議員の先生がおりまして、そこの県の回答の中でも、事業再編企業支援チームを2月1日に立ち上げたと。そのほかに、公益財団法人産業雇用安定センターを通じた社員の移籍支援制度の活用を促すというような答弁も県ではされておるようなんですけども、そういった、別に不安をあおるじゃなくて、やっぱりこれは首長の考えだと思うんですけども、早期にどうしても首長とかが音頭をとらないとですね、なかなか立ち上がらないもんですから、どこの首長ではなくて、その辺少し声を上げて、本当に真剣に考えてるんだったら声を上げて、我が町でもしっかりとこういった、柴田郡4町のですね、首長を巻き込んだ中で、そういった対策協議会なんかをね、立ち上げたらいいんではないのかなというふうに思うんですが、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 一番大事なことは従業員の再就職先のあっせんかと思いますけれども、それを柴田4郡の首長で協議してということも大事でありますけども、やはり県とかハローワークが中心でなって、もちろん町としても個別の相談は受け付けたいと思いますけども、やはり主体をしっかりと、中心になる窓口をしっかりとしておかないとですね、混乱も起こるということもありますので、そういった県あるいはハローワークでしっかりと対応できるように、柴田郡4町の首長が集まって要請することはできますけども、対策委員会をつくることについては今のところ考えてないということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) こう、またこう、行政をこうまたがってのかなり大きいやつですから、ちょっと違うとは思うんですけども、例えば白石市なんですけども、平成19年に、何だこれは、メリヤス針の製造販売の工場がだめになったときに、66人が一気に解雇されたときがあったんですけども、そんどきは白石市は「白石市緊急雇用対策協議会」というのをすぐに立ち上げてですね、対応したというような経緯があるんですけども、そういった、難しいとこはあると思うんですけども、そしたらもちろん県が窓口になっていただいて、そういった早ぐ連絡協議会、連絡対策会議等を設けるような、先ほど陳情って言ったんですけども、そういったことをしていったらいいんではないのかなというふうに思うんですけども、その辺いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、まさに答えたのはその趣旨で答えておりまして、柴田郡4町の首長がそろって県にしっかりと対策協議会をつくるということを要望していきたいというふうに答えましたので、ご指摘のとおりに進めてまいりたいと思ってますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほどもあったんですけども、柴田郡4町で54%、294人ということですから、結局、1人頭2.5から3人にしたって1,000人規模の家族を含めてですね、そういった方々に影響があるというふうに考えたほうがいいと思うんですけども、だから、そういったことからもですね、そういったことを強くしていくのと、あともう一つが、例えば今後どうなっていくかわからない、推移を見ながらというやつですけども、先ほど言ったセーフティーネット、受け皿を早く設置しておくためにもですね、県のほうにすぐにそういった感じで町長のほうから動いていただいて、目に見えるような形で後をやっていただきたいというふうに思うのと、あと、大河原町では例えば離職者に対する相談窓口というのを、ハローワークと共同になるかどうかわからないんですけども、その辺町独自で設ける考えはあるのかどうか、その辺ちょっと確認だけ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えしたとおりですね、相談窓口はたくさんあっていいというものではないと思いますんで、中心になるところをしっかり決めてですね、大河原町民については個別の相談に応じるという形で、しっかりと全体で動けるようなそういう仕組みをつくることが大事だと思っておりますので、個別にも当然個別の相談があれば応じるということは当たり前のことだと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうですね。聞くところによると、離職者も出てるというような話ですので、ぜひ早めの対応をお願いしたいなというふうに思います。
 あと、また白石の話ばっかりで申しわけなかったんですけども、そのときと同時にですね、白石市では白石市再就職促進奨励金ということで、そういった離職者を受け入れられた企業に補助するというような制度を平成19年度からしてることがあります。今後ですね、町独自の支援策としてそういったことも考えていくのかどうか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 再就職先に勤めた企業への奨励支援金でありますけども、今んところはちょっと考えておりません。大変申しわけありませんけども、検討はしたいと思っておりますけども、今の段階では少し考えておりませんので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えばうぢの町のまち・ひと・しごと創生戦略の中にもですね、こういった例えば失業者に対するセーフティーネットなんて全然うたってなかったんですね、今回、俺、初めて気づいたんですけども。やっぱ白石市はその計画を見たら、白石独自ということでこういった離職者を、例えば中高年齢の早期再就職を図るためということで、当該離職者を雇い入れた事業主に対し再就職促進奨励金を支給しておりますというような、で、対象労働者は1カ月以内に10人以上の雇用変動のあった離職者でということで、だから、多分今回みたいなのがすぐ対応になって、白石なんかは動くんではないのかなというふうにあるんですけども、そういったことをですね、今検討するって言ったんですけども、何か前向きでない検討するというように感じられたんですけども、やっぱりこういったセーフティーネットもしっかりしておくことが必要ではないのかなと。
 何でかと言うと、結局、前もほれ、多分企画財政課長のほうから、大河原町ひと・まち・しごと創生戦略の説明の中にもあったんですけども、大河原町は工業用地も限られており、企業の誘致には限界があり、広い土地を有している地域に企業誘致を進めることにより、大河原町に住み就業地に通うことも期待してるということであったっていう、そういったことを考えられば、なおこういった今後、こういった今後のね、今回のようなケースにこう素早く対応するようなこの地域のセーフティーネットを整備していく必要がこういうことを考えてらんであれば、「こういったことを大河原でしてくれるんだな、んで、大河原住むんべ」というようなことも考えるんではないのかなと思うんですけども、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ちょっと理解できないとこがあったんですけども、大河原町に住んでる人に対する支援なのか、それとも、再就職を受け入れた企業に対する支援なのか、どちらの支援か。今おっしゃったのは、町民に対する支援ですから、企業に対する支援ではないというふうに受けとめました。最初のご質問では、再就職を受け入れた企業に対する支援ということであります。
 で、今回、先ほどの答弁で後ろ向きだというふうにありましたけども、今後ですね、雇用の問題大変大事な問題と思っておりますので、この案件にかかわらず、今後ですね、どういうセーフティーネットがつくれるどうか、それについては検討していきたいというふうに思っておりますので、お時間をいただきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ちょっと意味がわからないと言われたのがあいつなんですけども、結局、総合戦略の中で、工業用地つうのを大河原って限らってるというような話したじゃないですか。で、工業、企業誘致を広域連携でやって、広い土地にある町にこう企業を誘致して、そこの働いでる人たちを大河原に住んでもらえばいいなというような説明したっすよね。(「そうそう」の声あり)ね。
 そのことのそこに大河原に住んでもらえる人たちのためのセーフティーネットもしっかりして、この企業に対するセーフティーネットじゃないですよ、この企業に対する支援金だって。この受け入れ、離職した人が企業に入りやすくするための企業に対する支援金ですから、結局は、企業に入る人を助けることになるんですよね。わかりますか。別に企業を助けるわけでないんですよ。うん。だから、その辺の何て言うか、かみ合わないと言われればあいつなんですけども、結局、再就職奨励金というのは、ほの離職した人を受け入れた企業に、白石の場合は20万ですけども、をやるんども、20万やるんですよ。でも、結局、ほの20万もらえるから、こう離職した人を受け入れるために20万もらえるつうと、何ちゅうか、離職した人を受け入れやすくなっから離職した人のためにやってる、両方のためにやってることなんですよね、これは。違うんすかね、この、言ってる意味。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ちょっと議論を整理したいと思うんですけども、大河原町に住んでる人で他町、市町の企業に働いてる人、そこで再就職先として大河原町民を採用したというところの企業に支援するわけですね。企業に対する支援ですよね。(聴取不能の声あり)だから、うん、それはほかの町に住んでても、その対象となる人てのはその企業に働いてることが対象になって、どこに住んでようと対象になるわけですね。だから、大河原町でそういう制度をつくるのはちょっと難しいのではないかと。要するに、個人を対象にしたのではありませんので、企業に対する支援という意味でのセーフティーネットならば、今後検討していきたいと先ほどお答えしたとこであります。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 再就職奨励金は、もちろん大河原以外の企業に就職したときはその企業に出すんではなくて、白石市のやつは、白石市内の企業に就職したら白石市内の企業に20万やるというようなやつなんです。ですから、大河原でも検討してもらいたいのは、別に例えば大河原の住民がですね、やめたとかんで角田に就職したからといって角田の企業にやるんではなくて、まず、もちろん大河原の範囲内の企業に就職したらその大河原の範囲内の企業に、企業立地促進条例ではないんですけども、ああいったとこの何年間働かなくてねえというような縛りがあるんですから、こういった場合は緊急なことですので、就職したらその就職を受け入れた企業に対しても20万やれば、奨励金をやれば、20万ていうか、奨励金をやれば雇い入れやすくなるんではないのかなというような奨励金なんです、言ってんのは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) わかるんです。ただ、それは対象となる企業をどう絞るかということで大変大きく違ってます。白石の企業に対してやるということではあり得ないと思いますね。白石の企業に対して支援するということは、もう日本全国どこの企業に対しても支援すると……(聴取不能の声あり)そうなってきますよね。それではおかしいと思うんです。だから、本町に立地してる企業に対するセーフティーネットとしての支援システム、こういったことについては検討したいということでございます。(聴取不能の声あり)
 だから、企画財政課長が、その大河原町民でほかの企業に住んでる人だんを。ほかの市町村に働いてる人たちが住むのは大河原ということは言ったんですけども、それとこれがちょっと議論がかみ合わないんですね。そんなことでちょっと議論を整理したいと思って申し上げました。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) なんかかみ合わないんですけども。結局、この考えは、再就職奨励金は白石市同様白石市、例えば村田の企業に大河原在住で、で、村田の企業だめになってやめた場合に、で、大河原町にこの人が大河原町に就職しようとしたときに、この受け入れた企業に対して、大河原町のですよ、大河原町の受け入れた企業に対して奨励金をやるというような中身がこの白石の奨励金なんです。この企画財政課の課長が言ったほのひと・まち創生戦略の中の話は、結局、大河原町に住んでて例えば角田に就職してたと。で、結局、工業用地が大河原は少ないから、で、働くのは外に行っても住んでもらうのは大河原というような考えで多分企画財政課の課長は言ったと思うんです、私たちの説明に。そしたら、そういったセーフティーネットというか失業時のセーフティーネットをきちっとしとけば、「ああ、大河原町では町独自でこういうこともやってるんだな」というようなことの周知させることによって、大河原町に住む人もふえるんではないのかなという意味で私は言ったんですけども、企画財政課の課長のほうが多分いいと思いますけども、どうなんでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 多分大河原町は工業等の誘致がなかなかできないというふうな形で、住むのは大河原、働くのは町外で働いていただければいいのかなというふうな形で、まち・ひと・しごと創生の中で私が申し上げたかと思います。
 で、議員おっしゃるのは、そういう場合、他町に働いていてそこで離職した場合、ある程度の要件があるんでしょうけれども、離職した場合、で、大河原の企業に勤めてもらえればそのまま住んでいただけるというふうな形で奨励金を出したらどうでしょうかというふうなご提案だと思います。で、それにつきましては、ちょっと内容的に私もわかりかねる部分が若干ありますので、町長申し上げましたように、今後検討させていただきながら住みよいまちづくりにしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ひとつ少しそれたとこもあるんですけども、結局、このジェイデバイスの離職者に対して、もうやっぱり離職されてる方も中にはおられるというような情報も入ってきておりますもんですから、早くですね、こうなんか会津若松市のように早くそういった対策協議会を県に働きかけて設置してほしいということが今回の趣旨なんですけども、もう一回再度確認しますけども、ぜひともですね、本当に真剣にこのことを重大に考えてるんなら、そういったことを早くやるのが筋ではないのかなというふうに思うんですが、もう一度町長の見解をお聞きしてこの質問を終わらせたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その前のご質問でちょっとかみ合わないと申し上げましたけども、趣旨はわかっております。で、要は大河原町の企業がそういう救済措置を再就職先として選んだ場合に、その企業に対して奨励金を出すというようなことについてのご提案については受けとめておりまして、それについては今後検討していきたいということでご理解を賜りたいと思っております。会津若松に負けるなということでありますけども、しっかりとですね、負けないように対応していきたいというふうに、再度決意を申し上げましてご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、午後1時より再開します。
     午後0時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それでは、午前中に第1項終わりまして、第2項目に移らさせていただきたいと思います。2番目は、金ヶ瀬カトリック保育園建てかえに対する支援についてであります。
 金ヶ瀬カトリック保育園では、園舎の老朽化と東日本大震災による影響で建物自体が傷んだこともあり、これまで修繕などで対応してきたようでありますが、このたび保育園の園舎の建てかえと園庭の拡張を計画しているようであります。
 金ヶ瀬カトリック保育園は、昭和29年11月に学校教育法に基づく金ヶ瀬カトリック幼稚園として認可を受け、金ヶ瀬村大字平字41の地に開園。昭和33年10月に幼稚園を廃園し、同年11月に児童福祉法に基づく金ヶ瀬カトリック保育園として引き継ぎ開設し、昭和42年3月社会福祉法人カトリック児童福祉会金ヶ瀬カトリック保育園として法人認可を受け、昭和46年1月に現在地に園舎を新築し、これまで62年間、半世紀以上にわたり、ことしの3月末で、予定なんですが、2,043名の卒園児を送り出し、金ヶ瀬地区、そして大河原町の保育行政、子育て支援に歴代の園長先生、そして職員の方々にご尽力をいただいてきたところであります。
 今後も、先日策定した大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略を実行していくためにも、金ヶ瀬地区の福祉、そして、子育て支援の拠点となる重要な位置づけとなる社会福祉法人であり、子育て施設と考えることから、以下伺います。
 (1)番、これまで町は、民間認可保育所に対し、平成16年度に第二光の子、平成23年度から24年度にかけて第一光の子の整備などに対し町として支援してきたところであります。今回、計画段階であると思うが、金ヶ瀬カトリック保育園の整備事業に対し、どういった支援を検討しているのか。
 (2)これまで金ヶ瀬カトリック保育園のほうからの具体的な支援のお願いなどがあるのか。あればどういったことなのかを伺います。
 以上、答弁をもらい、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、枡 和也議員の金ヶ瀬カトリック保育園に関するご質問にお答えいたします。
 1と2は関連ございますので、一括してお答えいたします。
 金ヶ瀬カトリック保育園の建てかえ整備事業につきましては、これまで保育園側と何度か打ち合わせを行っており、昨年11月には法人の理事長及び事務局長にもお会いしてお話を伺っているところでございます。現段階では建設の基本的な計画ができていないこともあり、具体的な支援のお話までは至ってない状況ではございますが、基本的には国の安心こども基金等、保育所等整備交付金を活用し、町としても積極的にかかわっていく所存でございます。
 金ヶ瀬カトリック保育園につきましては、議員ご指摘のとおり、長い期間にわたり町及び金ヶ瀬地区の子育て支援の拠点としてご尽力いただいており、感謝いたしておるところでございます。今後も町にとって重要な施設となりますことから、引き続き保育園及び法人と連絡を密にとりながら、町としてできる限りの支援を検討してまいりたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほど万波議員も同じような質問をしてですね、大体こう内容が見えてきたったんですけども、園舎建てかえと園庭の拡張ということで、多分用地を広げるんではないのかなというふうに推測されるし、先ほど万波議員のほうからも前の田んぼ云々という話が出ておりますが、大体町でわかってる範囲で結構ですので、どれぐらい拡張されるのか、その辺、わかる範囲内でお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 園側と法人さんと打ち合わせた内容ですね、園側の希望としては、わかってる範囲では、現在の園の前の田んぼを購入したいということと現在の園庭の部分に園舎を建てたいということですね。それから、現在の園舎は解体して駐車場にしたいという意向があるようでございます。現段階では、まだどのぐらいの面積を購入するかはまだ決まってないというふうに聞いております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすると、例えば今後の、先ほどから前者にも答弁がありましたが、基本的に国の安心こども基金などの補助事業で対応していくということなんですが、町としてですね、こう具体的な計画に今なってないんですけども、応援、支援が考えられる項目として今考えていることがあればですね、町単独で、どういったことが考えられるのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 国の補助活用した場合にですね、実際の建設額があるんですが、補助の場合は国の補助基準額が出てきますので、それによって差額も出てくるというなこともあると思います。それで、補助の基準によりまして、市町村の法定の補助分、それから、事業者の持ち出し分というのも出てくるとは思うんですが、その補助の基準額と差が出ることもございますので、その部分では何らかの町としても法定部分プラス幾らかの上乗せというのは必要かなというふうには考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えば拡張する土地なんですが、先ほど園で購入というような話がありましたが、例えば第一・第二光の子のあれを出すわけじゃないんですけども、結局、土地は無償譲渡して貸してるというような状態で、あと、建物についても保育園開設準備金や避難誘導路工事費等々で町単独で出してる分があるんですけども、今後ですね、先ほど定員は60名を変わらないということで、弾力あっても少し余計に25%割り増しかどうかわかんないですけども、最低そこまで募集できるんでしょうけども、町として例えば先ほどどれぐらい広げるかわからないというような返答だったんですが、土地を買い上げてですね、造成までしっかりしてやって、どうぞと。今までのこの60何年というね、功績っていうか、そういったことを鑑みて、そういった考えはないのかその辺を、造成費用も含めてですね、町単独分ということで、その辺町長の見解を聞きたいですね。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの万波議員さん、そして、枡議員さんから同じご質問でございますけども、これまでの町のですね、こういった保育施設に対する補助などもございました。それらを参考にしながらですね、今、課長が申し上げた法定部分以上の分をどうするのか、土地の部分をどうするのか、その辺のことを総合的に、で、町としてもこれからの保育行政いろいろ考えてる点もございます。そういったことを実現するためにもご協力を得なければいけない面が多々あろうかと思っておりますので、そういったお願いをする以上、場合はですね、それに見合った形でのご支援をしていきたいということで、先ほど来お答えしておりますとおり、町としては最大限の努力をしていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えば、今あそこの、これ、地域整備課長わかっかどうかわかんないですけど、老人福祉施設との前の道路の幅員って今どれぐらいあるんでしたっけ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 現況の幅員については今ちょっと確認しておりませんので、後ほど回答させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えばほの園舎の園庭を広げてることにより、ある程度の面積をオーバーすれば進入路等の道路幅の縛りが多分出てくるんではないのかなというふうに思うんですけども、その辺どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 交差点等につきましては、5メーター以内に進入路につきましてはできないというような形がございます。その辺につきましては、やっぱり具体的なですね、図面ができ上がらないとどのようなその交通規制がかかってくるか、今の段階ではご答弁は控えさせていただきたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えば保育園にまで入っていく敷地に面した道路幅員がですね、6メーター以上ないとだめだとかってそういう多分そういった縛りが出てきて、それに満たなかった場合は、先ほど万波議員ときの答弁もあったんですけども、道路分については町で何とかしなくちゃいけないというような回答の認識でよろしいんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 先ほど来より町長が答弁してますようにですね、町としては最大限のですね、ご協力をしていくというような形でございます。ただその具体的にどのようなその幅員が妥当なのかどうなのか、今ちょっと判断できておりません。先ほどのその現況幅員につきましては、側線が引いてないということなので、多分測線を引く規格につきましては5.5メーターがあれば測線が引けるわけでございますけども、側線がないということであれば5メーター未満なのかなという理解はしております。
 それで、送迎に係る道路で必要な部分については、当然その側線ないしセンターラインが引けるような規格が必要になるのではないかとは考えておりますが、まだその具体的にどのような形になるかは、今の段階では今後お互い協議というな形になろうかと思います。当然保育所という観点から見れば、交通規制等々もいろいろな規制がかかる可能性もありますので、それにつきましては当然その警察署との協議等も発生する可能性もあるのかなという理解はしてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) いろいろ今後その広げる大きさにもよるんでしょうけども、町との協議、県との協議、例えば水利関係の協議なんか多分出てくると思うんで、そういったものについては町も積極的にですね、こういったことありますよというような教えるというか指導もしてほしいんですけども、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 保育の設置に係る基準というものについては、ちょっと私のほうでは掌握はしてございません。当然その道路管理者という立場からすればですね、道路の理想的な幅員等々のですね、ご指導等については可能なのかなということで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 保育云々ではなくて、開発行為の申請においてですね、やっぱりこの道路の幅が例えば6メーター必要というようになった場合のことについての、ほの申請関係とか協議関係をスムーズにいくように取りはからってやったらいいんではないのかなというようなことを言ったんですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 大変申しわけございません。開発行為につきましては、3,000平米を超える部分については県のほうの申請ということで、都市計画法の中で県のほうの申請がございますが、町としてアドバイスできる部分についてはアドバイスはさせていただきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) あと、いろいろあるんでしょうけども、例えば、どういうあいつだかわからないんですけども、結局、今、金ヶ瀬児童クラブ、今回教室が足りなくなって1つこう出てしまって、民家のちょっとどこを借りたかわかんないんでしょうけども、そういった例えば放課後児童クラブ関連のですね、そういったのもこう中途半端なことをしないで、もし、今後子供の数の推移もきちっと把握しながら進めていかなくちゃいけないと思うんですけども、そういったことも含めたこう何ていうか開発というか、そういったのも町のほうでこう考えてるというのはないんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(鈴木邦弘君) 金ヶ瀬の放課後児童クラブ等のことなんですが、現在、金ヶ瀬小学校の空き教室借りてる状況でございますが、法人さんとのお話の中でそのような話題はこちらからご相談申し上げていることはございます。それで、その内容については法人さんのほうで現在検討いただいている段階であるとは思っておりますが、そのようなご相談は申し上げているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 職員の体制とかも云々あるんでしょうけども、町のほうからだけね、お願いしますって言ったって、受け入れ態勢がしっかりできないんであれば無理なことでもあるでしょうし、なお多分、さっきも言ったんですけども、例えば金ヶ瀬地区の福祉、子育ての拠点にあの辺はなるんではないのかなというふうに思うんですね。高齢者福祉施設もあるし、小学校そば、今度保育園。もし例えば児童クラブもね、併設になるんだかどうだかわかんないですけども、そういったこともしてもらえるんであればね、やっぱり子育ての拠点となるというような考えからもですね、やはり町単独の支援、補助については少し手厚くってったらおかしいんでしょうけども、少子化対策の上でもですね、しっかりとこう取り組んでいかなくてはならない事業、民間なんでしょうけども、いかなくてはないというよう認識でいるんですけども、町長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど来お答えいたしておりますとおり、相手のあることでございます。私は抽象的な表現をとっておりますけども、課長から、今の枡 和也議員の児童クラブに関することも検討してるということでお話ありましたけども、まさに先ほど私申し上げたその町の保育行政全般を踏まえた形でのご相談をしてるということは、まさにそのことを指しておりまして、議員ご指摘のですね、金ヶ瀬地域の子育て支援の拠点というふうに考えております。
 また、広表地区ではまだ人口がふえてるという実態にございますので、その辺を踏まえてですね、規模もその60でいいのか、また、ふやしたらいいのか、そういったことを全体的に考えながら、先ほど来、積極的と、それからできる限り、再質問では最大限ということで答えておりますけども、まさに議員のご指摘のとおりですね、できる限りのことをして大河原町の保育行政をしっかりとやっていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 長いこう歴史の中で多分今、堀江議員が現職の役場職員のころもですね、多分児童数が少なくなってひっ迫した時期も多分あったんではないのか。そういったこともこう乗り越えてきてですね、だから、そういった将来を見据えた無理のないような施設をですね、ぜひともスムーズにこう進めていくようにですね、町のほうにもこうしっかりと指導していくことを望みまして、一般質問を終わらせていただきたいと思います。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 5番、岡崎 隆です。議長のお許しが出ましたので、通告に従って一項質問申し上げます。
 全ての子供の最善の利益を図る取り組みを。
 2015年11月初旬、宮城県教委は、2016年4月からの実施を目指す「みやぎ子どもの心のケアハウス運営支援事業(仮称)」の概要を取り急ぎ示しました。この事業は、震災の影響で心に深い傷を負ったり、学習継続が困難になったりした児童生徒を対象に、複合的な拠点整備に当たる市町村の支援策であり、期間は2016年から2020年までの5年間、実施期間中は1市町村当たり最大1億2,000万円の補助が見込まれ、「心」「適応」「学び」をサポートし、専門機関と連携し、児童生徒を取り巻く不登校やその傾向にある要因を早期に解消することを狙いとするものと理解しております。
 さて、世界191カ国で「子どもの権利条約」が採択されており、国連子どもの権利委員会において各国の取り組みが評価されておりますが、日本の取り組みは先進35カ国中ワースト9位であり、条約そのものや「権利の完全な主体としての子供」という根本的な考えが日本社会に浸透してないことが指摘されており、国内法にも優位し裁判所で直接適用されるこの子供の救済制度は、人権教育でも体系的に日本の教育では取り入れてられないのが現状であります。それは、自分を守る権利について十分な知識を持たないまま暴力や虐待や強いストレスにさらされている危険性が高いということです。
 また、個人的には、我が国は子供の福祉及び発達のための補助金や手当が一貫した方法で整備されておらず、地方自治体の予算において明確に子供のための予算割り当てが明確でないということに大きな問題があると考えます。
 この認識が国・県にあっての今回の支援事業化は不明確でありますが、「みやぎ子どもの心のケアハウス運営支援事業」には県内で8市町村、大河原町もこの支援策に手を挙げ支援が決定し、間もなく事業が始まるところであります。しかし、このように子供にとって大切な事業であるにもかかわらず、準備期間が余りにも短く、首長の附属機関ではなく、実施主体は教育委員会であるということも懸念材料であり、期間もわずか5年間と短く、とりわけ子供の人権に関する認識の薄いと言われる東北の地域性等を考慮いたしますと、事業を進める中でさまざまな工夫や改善、改革が同時進行で必要だと考えますので、以下、質問いたします。
 (1)県教委が8月に最初にこの事業のニーズ調査を行ったとの報道がありましたが、この時点から支援の要望に至るまでどのような話し合いがどこで行われたのか。
 (2)2月18日の全員協議会で、「みやぎ心のケアハウス運営支援事業」の説明がなされた際に、議員からはさまざまな意見、要望が出ました。4月のスタート時点の事業の中身について、2月の全協の説明時点よりも具体化されたものがあれば詳しくお示しいただきたいと思います。あわせて、議員の意見、要望など、当初の事業の取り組みに生かそうと取り入れたものがあれば、特にお伺いしておきます。
 (3)さらに、先月の全員協議会で大河原町の不登校の児童生徒数が示され、宮城県が全国的にもワースト上位であり、さらに我が町は宮城県の出現率が高いとの不登校についての報告がありました。このことが今回の県の支援事業に手を挙げるきっかけになったとの説明がされましたが、突然このような状況になったのではないと考えます。これまで各学校では、不登校をなくすため、いじめをなくす等のために、児童生徒にどのような対応をとってきたのか。例えばスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー等による解決、未解決の事例等があれば、お示ししていただきたいと思います。
 (4)この事業に手を挙げるに当たって、実施主体である教育委員会内部では、28年4月の運営開始に当たって新たな方針や斬新な改革・改善などが検討されたのか。
 (5)教育委員会は、年度ごと児童生徒のいじめや不登校、生徒の問題行動の実数を把握し、その実態を踏まえて点検・評価する機関である。近年の点検・評価はどのようなものだったのか。
 (6)今回は県からの事業の実施主体が教育委員会ということでの事業開始となるが、相談等を受け解決に導くまでこのような体制でうまく機能していかないことが懸念されるが、町側はどう考えているのでしょうか。
 (7)この質問を通告する以前から、この地域の子供に対して最善の利益が図られてきたとは言えないと感じておりました。子供への人権教育は子供の最善の利益を図るための大切なものの1つと考えます。これまで、我が町で児童生徒にそのように人権教育が進められてきたのかお伺いします。そして、人権教育は子供たちにどの程度浸透してるかもあわせてお伺いいたします。
 (8)特に教育に関する施策は、重層的で総合的で継続的でならなければならないと強く考えます。当然、今の時点では5年後以降については五里霧中という状況ではならないと私は考えます。今後、子供に優しいまちづくりを進め、真の子育て支援を、今回の事業をきっかけに地に足をつけて進めていくことが、地方創生にも必ず結びつくと強く考えますが、真摯な町側の見解をお示しいただきたいと思います。
 答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本事業の実施を希望した経緯について申し上げます。
 まず、昨年8月に、県教育委員会から本事業の実施希望調査がありました。これは、宮城県が不登校児童生徒の出現率で全国ワースト上位にある状況を改善するという喫緊の課題に対し、県の費用を使って市町村の対策を支援するものであります。そこで、本町も不登校対策をさらに進める必要があったことから、県からどのような支援がもらえるのか、町の負担がどのくらいなのか、どのような場所が適当なのか、そして、どのようなスタッフを集めることが可能なのかなど検討し、その上で町当局と相談し、県教育委員会に申請をしたという経緯でございます。
 次に、2月の全員協議会で説明した内容からの進展状況についてですが、現時点で大きな変化はございません。また、議員の意見・要望をどのように取り入れているのかということに関してでございますが、ケアハウスの場所やスタッフの年齢構成等について多くのご意見や要望をいただきましたことに対し、まず御礼を申し上げます。その中で特に、職員研修を充実させてほしいというご意見については、今後具現化していく方向で検討しているところでございます。
 次に、不登校やいじめへの対応についてですが、各学校において、学校教育全般を通して心の教育を充実させることで、いじめや不登校、問題行動などの未然防止に努めております。また、いじめや心の悩みを早期に発見するために生活アンケートを定期的に実施しております。
 続いて、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーによる解決、未解決の事例等についてですが、個人情報保護のために具体的なことは申し上げられませんが、解決した例としましては、いじめ問題や家庭内での虐待などを早期に発見できたことで解決に至った事案がございました。また、大きな改善が見られなかった例としては、保護者の協力が得られずに、懸念される家庭環境が改善されなかったケースなどがございます。
 次に、28年度4月の運営開始に新たな方針など検討されたかということでございます。現在、県教育委員会の指導を受けながら、運営方針や方法などについて詰めの作業を行っているところでございます。
 次に、いじめや不登校、問題行動などの実態を踏まえての点検・評価についてですが、いじめ、不登校等の実態把握は毎月実施しており、実態に応じた対策については1カ月に2回行われる対策会議の中で協議しております。
 近年の点検・評価ですが、不登校については依然高い水準ではあるものの、減少傾向にあります。問題行動、非行、暴力については、ここ5年間に若干増加したものの減少に転じているという状況にございます。これら学校からの報告をもとに、在学青少年教育相談員、スクールカウンセラー及びスクールソーシャルワーカーなどが学校訪問やケース会議を開催し、問題の解決を図っているものであります。
 次に、本事業の実施主体が教育委員会であることの体制上の懸念について、町側はどのように考えているのかというご質問でございます。教育委員会は、事業実施に向けて必要な準備を進めており、円滑に事業開始につなげるために鋭意努力しているところでございます。
 また、不登校児童生徒を支援し解消を目指す今回の心のケアハウス事業は、児童生徒とその家族、学校、そして地域社会に対しても大きく貢献できるものと考えておりますので、県子どもセンター、社会福祉事務所等の県の機関、そして、町内では役場各課及び各福祉施設など関係機関とも連携し、体制をつくっていきたいと考えております。
 また、今後の運営については、町長を会長とする大河原町教育総合会議の重要な課題として取り組んでまいりたいと思っております。
 次に、人権教育の推進状況についてでございます。まず、学校においては、各教科、道徳、特別活動及び教育活動全般において、人権を尊重する精神・態度などを育てる教育を行っております。また、法務局大河原支局、大河原人権擁護委員協議会などの関係機関と連携し、平成27年度は大河原小5年生、南小2年生、金ヶ瀬小4年生及び中学2年生を対象に行った人権教室と、全ての中学生が取り組んでいる人権作文コンクール、さらに、平成27年度は町内の小学生206名が参加した小学生人権イラストポスターコンクールなどを通して、人権尊重の大切さや基本的人権について子供たちの理解が深まっていると考えております。
 最後に、「真の子育ち支援を今回の事業をきっかけに地に足をつけて進めていくことが地方創生にも結びつく」という考えへの町としての見解を示してほしいというご質問でございます。
 今回の心のケアハウス事業は、子供たちが育つ過程で生じる教育、健康、子育て支援、就労などのさまざまな課題に対して行政が行うことのできる最良の支援の1つと考えております。その意味でも、財政状況が許せば継続していくことも検討する必要があるのではないかと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この手の質問、なかなか私も先生でもないので、もし間違ったようなことあったら、齋教育長、ただしてもらって結構ですので、あと、ちょっと聞きたいこと多いので早口になったときわかりにくいときは、もう一度言ってくれというな形で、何度でも説明しますので、では、ゆっくりやりましょう。
 では、1、2については研修とかを充実するということで迎えるということで、この研修については後ほどまた質問いたしますので、飛びましてもう3、4、5、6一括して再質問のほう、(3)から6までの再質問のほうに入っていきたいと思いますが、まず、平成26年度の点検・報告のスクールカウンセラーの配置ということで、その実績の中で約600件ほど相談件数があった中で、生徒とほぼ先生の相談件数が同数に近いような形で、結構先生からの相談多いなということをちょっと見受けられたんですけども、なぜ先生からそんなに相談が多かったのかという点について教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 相談があったこと自体、大変結構なことだというふうに考えております。ただなぜ多いのかということでございますが、先生方も自信を持って子供たちの指導に当たっているところではございますが、やはり専門的な見地から子供たちの行動についてやはり参考にして教育に当たるということで、自分ひとりの考えにこだわるということなく、スクールカウンセラーの考えを参考に教育に生かしていくという考えだというふうに理解しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 確認なんですが、これは児童じゃなくて生徒ということと書いてありましたので、中学校においての相談件数が多かったというふうに受けとめておりますが、2校しかないわけですけども、各学校に偏っているような情報も得ておりますので、その学校によって、このカウントのちょっと話しかけたことももうカウントの1つにされたりしてるのか、ある学校ではちゃんとお部屋に行って質問したことがその相談の1件になってるのか、そのカウントの仕方っていうのもあるのか。特に多感な時期の生徒さんに接するわけですから、余りにもカウンセラー頼みでは、ご自分の意志とかそういうここに個人がなくて何でもかんでも相談してるような先生では不安に保護者の立場として思いますので、確認のためにその辺だけちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 基本的に、スクールカウンセラーはカウンセラールームの中でカウンセリングをするのが基本でございますので、廊下や教室でカウンセリングをするということはありません。したがいまして、しっかりと生徒あるいは先生方とその部屋で対峙してカウンセリングしてるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先ほども言ったんですが、先生にね、相談が多いてなると、そんなに子供さんによって悩みが多くて現場で苦労して不安定な状態なのかなと思って危惧もされるんですけども、これ通告にないのでお答えできる範囲でお答えしていただいて構わないので、最近大河原にかかわらず全県的に学校の先生の不安定ということを見ますと、収入の不安定というのも言われておりまして、教師に採用されず講師のままで精神面でもなかなか安定できないでいるという報道も多々見られるようになってます。あくまでも県の施策が悪いということなので、このことは子供の最善の利益を考えた場合大変好ましくないなと私は個人的に考えているんですが、その点について、教育長は現場の先生の不安定という観点からどのようにお考えを持ってるか、もしお答えできない場合は結構ですので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 講師の先生の対応についてどのようにしているのかというふうに理解したのですが、よろしいでしょうか。ご指摘のように、長く講師をされておりまして、教員採用試験を受験しながらなかなか合格できないという講師の先生も多々見られます。その先生方につきましては、それぞれのご家庭もあることだし非常に心を痛めているところでございますが、研修あるいは校長・教頭の指導を受けながら、講師として力量が発揮できるように配慮しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 県の施策のことになるんですけども、この課題・問題点というのを共有できることも大変悪いことではないと思いますし、子供の最善の利益を図るということで、宮城県だけなんですよね、多分、先生になりたい、採用できる数となりたい数に大きな乖離が出てるということでこのような状況かと思うんですけども。東京とかあちらのほうに行くと本当に風通しよく採用がされてて、なりたい方と採用の枠というのが同等なので本当に恵まれた環境なんで、どうしてこう地域性がそんなに違うのかなという中で、例えば教師として十分この人資質があってすばらしい方だなって、スポーツとか芸術面とかで本当に実績等も十分持ち合わせていながら、他の先生よりも献身的に確かに生徒のために汗をしっかり毎日流してるにもかかわらず、結婚するとか家族を養うという点で、やっぱり給料面でなかなか行き詰まって転職も余儀なくされたりとかということで、例えば私も運転のプロなんですけども、普通免許持ってる人と二種免許持ってる人って見た目でわからないんですね。生徒にとっては、講師であっても教師であっても目の前で真剣に接してくれる大人というのが最高の利益にかなう人材なので、このような問題、町長も県議の時代もありましたけども、こうそういうことで大切なこう子供にとっての人材が流出していくというの私も目の当たりにしてるんですね。この何てすかね、私の隔靴掻痒というかじくじたる思いについて、町長、見解があればお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 宮城県の教職員の採用につきましては大変厳しいということは私も重々わかっておりました。で、教育を大切にする以上ですね、例えば今ご指摘のあった、何すか、臨時じゃなくて、講師ですか、講師あるいは任期付職員とか、そういう身分の不安定な先生というのはやっぱり本人にとっても気の毒だし、で、そういった講師とか任期付はですね、できれば一家の大黒柱ではなくてもう退職した人にやってもらうのが基本だと私は思っておりまして、若い先生で採用する限りはなるべく正職員で採用するのが私は当然だと思っておりますので、そういった方向で考えておりますので、また機会があれば宮城県のほうに話してみたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 最近、国会でも安倍総理大臣が突然「同一賃金同一労働」とかっていうことも言い始め、私もその変わりようには大変驚いてるんですけども、政権与党のトップがこのような発言をする中で、非正規労働というにも問題あると思うんですけども、先ほど学校で述べた学校の先生、教師の講師の汗に何ら違いはないので、本当にその辺はくみ取っていただいて、この格差というものに対して真剣に取り組んでほしいと思います。
 特に、我が町は18歳までの子供の医療費助成制度も35人学級制度というのも独自に援助を実現してるわけですから、ぜひとも先進的な視点でですね、学校現場に携わる人間の評価制度、独自の賃金の上乗せとは申しませんけども、講師の先生に限ってそういうことを設定することも難しいと思います。制度上無理だということも十分承知しておりますけども、よい人材はよい児童生徒を育てて、本当に将来の健全な納税者を育てるわけですから、その辺のこともしっかりお含みいただいて、教育長のほうからこの点について、やっぱり非常に残念なので、このようなことについての見解と、このようなこと教育委員会で議題に上がったことがあわせてあればお答えいただきたいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 任命権につきましては県の教育委員会が持っておりまして、私どもの市町村教育委員会のほうには任命権はございませんけれども、しかし、教員の採用につきましての要望ということにつきましては、こちらのほうから述べることができると思います。
 で、今、議員ご指摘の力量のある講師をどのように生かしていくのかという点につきましては、私も非常に頭を悩めているところでございます。県教育委員会のかつての採用のその要項の中に、例えばオリンピックに出た選手だとか、そういった大きな大会に出た選手については特例があったというふうに聞いております。で、今はどのようになっているかちょっとわかりませんけれども、そのように県教委でもかなり配慮はしていただいておるところでございますが、それ以下のといいますか、地方レベルの方で力を発揮した方についてはなかなか評価していただけないというのが現状でございますので、これについては県教委のほうに要望してまいりたいというふうに思っております。
 また、大河原町教育委員会でこのことについて協議したかということにつきましては、特に協議はしていないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) わかりました。ぜひこのようなことももし、教育委員会のほうで議題に上げてはいけないことではないと私は思いますので、まずその点の取り組みですね、教育委員会のほうからも風通しよくしていただくということで1点、私が1月の28日に京都の城陽市というところに行ってですね、教育委員会の改革ということで、これなぜ行ったかと言いますと、先進的な施策ということで調べて、かかった予算がたった60万円しかかかってないということで、どのような取り組みなのかということでよくよく調べてみたら、中身は大変すばらしいもんだったんですね。お金をかければいいということではなくて、これは教育委員会の改革についてです。
 開かれた教育委員会の実現を目指すということで、5点改革の柱を決めてですね、まず、自分たち教育委員会は形骸化という社会的批判を浴びてるのでそのことに対応しましょう。もう一つは、教育委員会の可視化ということの実現。で、3点目が、市民のその自治体の教育に対する意見の集約と活用。4点目が、市民参加、教育行政の具現化と生涯学習体系の実現。で、5点目、これも重要なんですけども、議会、市民との連携ということで、この5本を柱にしてですね、平成23年かな、に取り組みを始めて教育、具体的にはそこから絞って4項の取り組みを平成24年から始めてですね、教育委員会の評議会を新設したんです。
 教育委員会はどのようなものか評議をするということで評議委員会に評議をしていただくということを改革して、定例教育委員会の開催の広報、これを徹底するということが2点目。3点目が、教育委員会を公の公開にしようということで傍聴ということで取り組んで、4点目が、市議会議員との教育委員との交流会の開催ということで、これ全部の議員さんとお話しするのは大変なので、担当の福祉文教常任委員会の中から絞っていただいて5人の議員さんと密に教育の行政のことで情報交換を、あえて多分勇気のあることだったと思います。
 本当に議員さんとみずから情報交換しようなんていうことは本当に勇気のあることだということで、大変評価されると私も思って帰ってきたんですけども、それも27年には12月から実際に実現される形になって、教育長のほうにはこの資料お渡ししてありますので、重々中身についてはおわかりかと思うんですけども、これ全部説明しますとちょっと私時間も足りないですし、このことだけで1定例会の30分使い切ってしまいますので、これは市長が当選したときに教育長さんも新たに任命されて、「私も公約をこのように盛ったので、教育長さんも何か1つおやりになったらどうですか」という強い勧めでやるということで腹に決めてこの問題に取りかかって、風通しのいい教育委員会となって全国からも、お金も本当に予算もかからずにですね、子供たちにとっても最高の教育の現場を提供するという意味ではいい改革のお手本だと思いますので、ぜひともこのような取り組みがあったんですけども、教育長、ご感想が率直にあればお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 見せていただきまして、大変先進的な取り組みをされてるなというのが第一印象でございます。で、大津市(「城陽市」の声あり)城陽市ですね、失礼しました。大変すばらしい取り組みでございますが、我が町も実はたくさん新しい試みをやっておりまして、例えば本年、昨年度は「大河原の先人集」をつくらしていただきました。27年度は、間もなく完成いたしますが、暗唱読本を作成しておるところでございます。我が町で一番力を入れてるのは学力向上でございまして、着実に成果を上げているところでございます。
 で、そのような教育委員会としての狙い、目標等を理解していただくために、この今、議員ご指摘のこのようなその議員さん方との協議あるいはその広報ですね、こういったものについてはさらに追い風になるのかなというふうに考えておったところでございますが、ただ新しい事業が軒並み来ている中で、何ができるかということを精査しながら取り組んでまいりたいなというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 決してうるさい意見ばかりではなくて、本当に建設的な意見交換ができると私も思いますので、ぜひともすばらしい教育委員の方々とですね、中身の濃い意見交換ができれば、きっと子供たちにもいい結果が生まれると思いますのでその点も、あと、またこの点についてもう一度確認しますので、ええ、一応受けとめておきます。
 今回、質問通告した中であえて子供の権利という具体的には書かなかったんですけども、題目に「子供の最善の利益を図る取り組み」としたので、その子供の権利ということについて多少考えていただけたのかなと思いますけども、この人権教育という部分に見て、この小中学校の人権教育の中身を見ますと、相手に対してのこととか、何でしょう、特にですね、対外的なこととか集団のことですとかで、自分自身についての権利というのものには余り触れられていないので、子供の権利についてということでお聞きしてるんですけども、その点についてはどのようにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それぞれの学校におきまして人権教育を教育計画の中に位置づけておりまして、各教科及び道徳教育、特別活動、学校行事等の中で、いかに人権意識を高揚するのかということについて学習しているということでございます。
 あわせて、先ほども答弁の中で申し上げましたが、人権教室という事業に取り組んでおりまして、これは教育委員会だけではなく、関係の外部団体の方に学校に入っていただきまして、仙台法務局大河原支局さんが中心に人権教育を、こちら側から言いますとゲストティーチャーといたしまして「子供の権利はこのようにあるんだよ」ということで、小学校、そして中学校それぞれの学年においてやっているところでございます。
 さらに、人権作文コンクールにおきましては、法務局のほうからお褒めの言葉いただいたのですが、他市町に比べて圧倒的に、これは町長のほうからも支援をいただいたんですが、大河原中学校におきましては全生徒人権作文を書きました。そのことによって人権について改めて生徒自身に人権意識を植えつけさせる取り組みをしている、そういった取り組みをしているところでございますが、まだまだこれで完全だというふうには思っておりませんが、このような取り組みをしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) なかなか大人は子供の権利についてこの地域では口にすることが少ないということは明らかなんですね。余り子供がそういうこと助長してしまいますので。18歳未満の子供がつらい思いをしているときに、例えば国連子どもの権利委員会と個人通報制度に訴えて救済が受けられるとか、その他セーブ・ザ・チルドレンですとか、さまざまな学校、家庭、地域外にも子供の救済機関というのはあるということも、当然我が町の子供たち誰に聞いても知りませんでした。ええ。
 そういうときに手を差し伸べてくれるっていうことに対して、これは特に紛争地域だとか国が崩壊してその児童買春やら物すごい国が荒れたところの子供を救済するための制度だと、私も錯覚した部分もあるんですけども、今の日本のいじめや虐待の状況を見ますと、そのような救済を受けてもしかるべきという子供も、若干当てはまる子供たちも出てきてるのかなと思ったので、このような質問もしてるんですけども。これ、日本の高校生ですかね、1回高校生の制服を撤廃してほしいって訴え出たら「制服があるだけでもありがたい」ちゅうて「そんなこと訴えるところじゃありません」って却下された例もあって、本当に困ってる子供のために親身になる国際的な救済制度なんですね。昔、私の小さいころはなかったと思うんですけども。
 私の小さいころ考えれば、私が今、どっちかというと先生困らせたような子供だったので、このような立場で子供のための発言してるとは夢にも思ってなかったんですけども、それでも私なりにはそこそこ育ってきたつもりではおるんですけども、本当に地域に、学校に、親に育てていただきました。
 しかし、現在、多くの子供は、子供たちと私も多くの時間をともにする中で、「私ら小さいころとちょっと違うな」という部分が多いんです。特にですね、もう小っちゃいうちから、小学校のうちから、「自分だめなんだ」とか「俺、できねえから」とか「俺、だめなんだ」、本当に自己肯定感に薄い子供が多い。このことはさまざまな要因があると思うんですけども、ちょっとすごい心配なんですね。そのことについて、いろいろ教育の立場で現場で教育長も考えてきてると思うので、身近な子供から耳にすることがふえたということに本当に心配があるんですけど、教育長はその点どのようにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 毎年、全国学力学習状況調査の中で子供たちの自己肯定感についても調査しております。で、その調査結果を見ますと、今数字は持っておりませんけれども、残念ながら大河原町の子供の自己肯定感は決して高いとは言えません。議員ご指摘のとおりでございます。こんなに、手前褒めになりますが、こんなに成績がいいのに、こんなにいい子供たちなのに、なぜ自分のことを肯定できないのかということで、非常にこう私どもも何とかこの自己肯定感を上げることができないのかということで、今考えているところでございますが、なかなか謙虚だと言えばいいんですけども、全国に比べてもやはり我が町の子供たちの自己肯定感は若干低い数字があらわれております。非常に残念なことでございます。これにつきましては、学校とさらに協力をしながら、いわゆる道徳活動、道徳教育、特別活動等を含めて、この自己肯定感を高められるような指導を今後してまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 時代の流れとか環境の変化とかそういう軽い言葉では片づけられないと思うんですけども、複雑で私もいろいろと思いをめぐらせる中で、時代をさかのぼってですね、齋先生、齋教育長なら齋先生が先生になったのはいつごろなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 昭和50年でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) じゃ、ちょうど私が学校に入った、小学校に入る、2年生ぐらいのときだと思うんですけども。1975年ぐらいなんですかね、先生がぐらい。学校の教科書っていうのは1964年の4月から無料になったんですね。それまでは教科書代がなくてなかなか行けないとか、戦後の混乱期はもう終わったんでしょうけども、「兄弟の面倒見るから来れない」とかって言って学校に来れない子がいて、学校がちょっとぜいたくな場所だったと本には書いてありました。で、私が小学校入るころから学校を休む子供たちを、今は不登校と言うんですけど、当時はどのような、先生、呼び方してましたか、教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 不登校という呼び方は最近でございまして、その前は登校拒否、その前は長期欠席だと思います。ちょっと今、正確に思い出せません。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 最初は長欠児、その後、マスコミのほうから登校拒否とかという言葉、今、不登校になったんですけども。そのころ、先生が成り立てのころというのは、教室には生徒は、児童はどのぐらい、何人ぐらい生徒おられた。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 私は分校に赴任いたしましたので10人しかおりませんでしたが。ただ近隣の町は45人学級でございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私も大河原小学校が超マンモス化してたときにおりましたので、45人よりさらに多くいた時期もありましたし、今の35人学級というのを考えたときに、中学校の、どうでしょう。その分校から大きな学校にもし行った時期があったとしたら、35人と比べた場合に、隅々まで目が行き届いてたもんなんですかね、授業する中で。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 何人いようと全部見てたというつもりでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 返す刀で申しわけないんですが、私はその多い授業の中でも早弁したりとかできたので、目が行き届かなかったというか、つまりですね、ちょっと先生の目を盗めるぐらい居心地のいい教室だったんですね。「ここ大事だよ」って黒板パンパンて叩かれたときはちゃんと聞いて、メリハリのある教室だったというふうに私が勝手に思ってんですけども。
 本当に今の長欠児から登校拒否、いろいろ時代があって、1980年代ですかね。長欠児から登校拒否という表現するようになって、その後生徒間の暴力ですとか校内暴力というのが起きて、偏差値教育の弊害と騒がれ、あちこちの中学校にですね、警察の出動要請が行われたり、そういう悲しい時期もあって、その後、今のように生徒間でですね、目に見えないようなところでいじめが横行するような状況になって、そのことも原因となった長期間学校に登校しない子供を不登校と言うことになったんですけども、時代時代を震撼させることが起きましたね。
 学校だったり家庭だったり、何ですかね、いろいろなところに原因というのはあると思うんですけども、象徴する事件として、1980年ごろに家庭内暴力の象徴としては金属バット殺人事件ですとか、86年だと香川県の事件、お葬式ごっこ、これ先生もまじってやってたということで、教師と生徒も絡んだ中で、で、生徒間同士だと1993年に山形マット死事件とか大きな事件があったんですけど、ここ数年は10年に一度あるかないかというような、大津とか川崎とか岩手、仙台泉とかの児童生徒による子供の自殺、殺人とか頻繁に起きて、ある意味異常な事態だと私は捉えてるんですけども。
 ある自治体で行ったいじめに関する児童生徒の調査の一例を挙げますと、同市では、いじめを受けた小学生は12.6%、生徒の1割以上にいじめが存在し、その苦しさを「生きているのが嫌になるくらいの苦しみ」と回答した子供は21.7%、前回の調査時よりもふえているという深刻な結果が示され、そのときの対応としては「人に相談した」、人というのは母親であり学校の先生だったそうです。7割ぐらいが相談できたんですけど、残り3割は相談できずにどれほど悩んだかと思うと心がちょっと痛いんですけども、1992年にできた言葉で「どの子にも起こり得る」という言葉が出たと思うんですけども、大河原管内でもこの「どの子にも起こり得る」という期間というのはあるんですか。この不登校の状況とか見ながら、予備軍もふえているという中で、この心のケアハウス事業を進めるわけですけども、もう本当に特定の家庭ではなくて、「どの子にも起こり得る」という危機感というのは、もう以前から持たれてたということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そのとおりでございます。「どの子にも起こり得る」可能性があるということなので、どの学校において月1回いじめに、あるいは生活にかかわるアンケート調査を月1回行っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 「どの子にも起こり得る」というのは、最初は、最初の長欠児とか登校拒否のころは、裕福な家庭ですとか地域のリーダーだったりする方が、ストレスを抱えてそのままどこにも寄らず家に帰ってくるので、その家庭の中で、いろんな家庭の中でそのお父さんの持ってくる雰囲気というのがだんだん子供に伝わって、子供だけは親が仲がいいかどうかとかというのはしっかりわかりますから、そのような裕福な家庭とかそういうところで、まず家庭内暴力だったり長欠児、登校拒否というのが起きてたんですけども、社会的に非正規雇用等々いろんなことがふえてきてですね、だんだんとどの家庭でも「どの子にも起こり得る」となったのが1992年。
 これからそういうことになってもう20数年たってるわけなんですけども、今、2016年です。いじめの解決問題についてはどこの議会でも幾度となく言われてきたと思うですけども、いじめに関する不登校が全てではないと思うんですが、社会的にですね、不登校とかそれに伴う精神疾患、将来的生活保護、自殺、それによる社会的損失っていうのは、新聞報道で昨年9月厚労省から発表されたんですけども、2兆7,000億円という数字が出てるんですね。大変これ大きな数字だと思うんですけども。
 そのためにも私は、子供にですね、人権教育の中では子供の権利というのはなかなか教えてません、今。日本は1994年に、アメリカ以外の世界中の国がこれに批准してるんですけども、自己決定権を有しない子供がひとりの人間として尊重される権利(尊厳の確保)、子供期を待ち人ではなく今の自分を豊かに生きる権利(成長する権利)、自分らしく生き他人のことも考えられる大人になる権利(発達する権利)、これら3つの大切な権利を、子供らがみずからの力で達成するために不可欠な自分の願いや思いを自由に出し、それと向き合ってもらって成長・発達の場で出会う身近な大人と受容的な応答関係をつくる権利(意見表明権)、上記の子供の権利というのが、難しく言うと条文として子供の権利を認めてる日本の自治体では条例に盛り込んでるんですけども、簡単に言うと、食べる権利、寝る権利、遊ぶ権利、休む権利とか簡単なものなんですね。
 子供たちにこれ聞きましたら、「どういう権利欲しいの」と言ったら、「夫婦げんかをやめてもらう権利」「きょうお父さんにお酒を飲まないでもらう権利」「お父さんにいびきをかかないでもらう権利」とかさまざまな子供の率直な意見が出てきて、「毎日千円くれ」とか「夜遅くまでゲームをやらしてくれ」というなことは真剣に話す子供からは出なかったんですね。
 このような権利というもの、今言った条文の権利というのを、大人また学校側から言わせると、子供に権利を与える前に責任と義務を与えるべきだとか、子供の権利のせいで指導の権限が弱くなるとか、これ以上学校現場に負担を強いらないでほしいという意見も、多々先生とか親からは出てるんですけども、その点について教育長はどのようにお考えでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) やはり権利だけ教えるというのは片手落ちになるというふうに思っておりまして、権利につきものなのは義務ということで、あわせて教える必要があります。
 ただ議員ご指摘のように、権利意識というものは、先ほどの自己肯定感ではないんですが、若干低いように思われますので、その点は今後の課題として捉えていきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 2016年から2020年までの子どもの心のケアハウス事業を進める中でも、このことも大切に、教育委員会のこと含めて考えていただきたいんですけども、私もね、子育てにおける私の基本理念は「ならぬものはならぬ」です。それできちっと毅然として子供には自立に導くというのが私は思っておりますんで、余りにも権利行使するお犬様のような子供を擁護するということは好ましくないと私も考えております。
 まとめになるんですけども、どうでしょう、今、月に1回やってる生活アンケートというのがもう生徒の心を鏡のように映すという認識はもうおやめいただきたいんですね。そこをもっと踏み越えてしっかりと子供たちを、子供に対してですね、この教育の点検・評価にも書いてあるんですけども、高いアンテナを張ってやってほしいんです。学校が大きくなればなるほど死角も出てきますので、その辺、子供たちのアンケートなり、しっかり子供たちの現状を知らないから不登校とかそういうものがふえてると思うんですけども、この生活アンケート以外にしっかり調べるような手立てをお願いしたいんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 生活アンケートが全てだというふうには捉えておりません。子供たちの生活を捉えるごく一部だというふうに捉えております。したがいまして、アンケートあるいは子供との面談、保護者との面談、そして、さまざまな共通体験、そのようなものを総体的に捉えて子供の実態を捉えていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) さまざま先進事例を通し、私も研さんするに当たって、兵庫県の川西の子どもオンブズマンパーソン制度や川崎市の子ども夢パーク等足を運んで見てきましたけども、我が町には我が町のやり方があるんであって、先進地の事例が必ずしも正しいとはこれ限らないと思います。本当に勝負事ではないので、後出しじゃんけんでもいいので、我が町にとって一番いい施策は何なのか、議会、執行部がオンリーワンの我が町の施策というのを、保護者、住民と協働とあわせて研さんしていくことが大切だと思うんですけども、その点について町長はどのようにお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議論を聞いておりまして大変感銘を受けました。議員の幅広いすばらしい調査をもとに、また教育長もですね、真摯な答弁をされて、大変今後の大河原町の教育行政に当たりまして、すばらしい示唆を与えていただいたのではないかというふうに思ってます。
 私、教育現場詳しくありませんので一般論としてしか申し上げられませんけれども、一番気になったのはやっぱり子供の肯定感が低いということであります。それは日本人の日本文化にも根ざすもんがあろうかと思いますね。例えば謙虚さを大事にするとかですね、あるいは向上心をあおり立てるばっかりの場面もありますから、そういった意味で自信をなくしていく子供が多いんではないかと思っています。
 そういった意味でですね、町として即できることとしては、やっぱり子供たちに一人一人目を配るということが極めて大事だというふうに今の議論を聞いて感じておったところでございまして、また、その子供の権利ということでいろいろご質問あって、子どものケアハウスというのはあくまで対処療法なんですね。そうならないような社会をつくっていかなきゃいけないということで、町の教育行政の基本は希望の持てる進路、進路について希望の持てる学力向上、そういったことで自信を持っていただきたいと思っておりますけども、そういったことを進めると同時にですね、やはりその教育現場だけではなくて、社会全体の問題として取り組んでいく必要があるんではないかというふうに考えておりまして、心のケアハウス事業だけではですね、私は不十分だと思っております。
 近年、その人間関係の希薄化とかですね、隣近所のおつき合いが希薄化するとか、いわゆる地域社会が崩壊ということの現象が本町でも進展しているような気がいたします。このような社会になったということの根本原因をやっぱり見直すことによって、教育行政で見えてくるものもあろうかというふうに思っておりまして、地域で支えあう、簡単に言うと協働のまちづくりとか社会参加を推進するとかですね、そういった基本的なことをしっかりとやっていくということで、それから、地方創生についても議員触れられてますけども、地方創生に関しましては、1つの事業として小中学生に結婚観を植えつけるということでありますけども、私はそれと同時に、今この議論を聞いておりまして感じたのは、道徳教育、特に隣人愛に関する教育、こういったことがですね、大変私は大事だというふうに聞いておったところでございます。
 そういったこととあわせて、ケアハウスをより効果的なものにしていきたいというふうに考えておりまして、地方創生を念頭に置きながら教育行政にもしっかりと携わっていきたいというふうに思ってるところでございます。そんなことを感じましたので、ちょっと感想を述べさせていただいた次第であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先ほどの研修の話なんですけども、先進地に行って二、三時間お話聞いただけでは、私は町に生かそうとするのは余りにも拙速だと考えてます。視察に行った折には必ず「後からデータをください」「また連絡します」「また来ます」、何度も何度も行って、どのように我が町に生かしたらいいかということで、特に議員仲間と行ったときに、「ここに執行部も一緒に来てれば」なんてよく出口で口々すること多いんです。本当にそういう意味でも職員と一緒に研修することも今後取り組んでいただきたいことですし、もう一点、教育委員会の改革、これには予算かかりませんのでしっかり取り組んでいただきたいということ、それと、少子高齢化はとまらない中で本当に子供が弱者になっていきます。
 教育長、私の質問を受ける前と後で何かお気づきになったこととか思いがあれば最後にご答弁いただいて、一般質問を終わりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まず、先進地の視察をされて、大変新しい新鮮な情報をいただいたことに大変感謝しております。大河原町も気を引き締めてまた頑張っていかなければならないという気持ちを新たにしたところでございます。(「教育委員会改革」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 日々改革をしているつもりでございますが、なおですね、先進地を見ながら、改革の必要性を検討しながらですね、前に進んでまいりたいというふうに思っております。(「私の質問通告受ける前と終わった後で何かお考え変わったこと」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 時間です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そういう気持ちが高揚しているという変化がございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩します。
     午後2時15分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時25分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番、堀江一男でございます。議長のお許しを得ましたので、一般質問をさせていただきます。
 私の一般質問は1項でございます。事業執行と予算の流用についてでございます。
 予算は、款・項・目・節と分類されております。これらの分類のうち、款・項・目までは事業の目的別に分類されているから、誰が見てもどのような事業の経費を表示しているのかある程度までは見当がつきます。ところが、節は経費の性質別に分類しているので、初めて見た人にはわかりにくい用語が出てきております。これが予算をわかりにくくしていますが、この節の分類は、地方自治法施行規則第15条の規定によって地方公共団体が変更できないことになっております。
 予算は事業計画の金銭的見積もりであり、実際に事業を執行する段階になると、予算の見積もりと実際の執行額の間に差が出てくることがたびたびあります。その場合に、歳出予算は上限を定めたもので、それを超える場合には予算の流用という手続によって、予算を編成した財務部門の事前の承認を必要とすることにしておけば予算を議決した目的は確保されるわけでありますが、仮に予算では議会の説明しやすいよう編成しておいて、執行段階で予算の流用によって変更することができるとすれば、予算の議決は骨抜きになりかねません。事業目的が最小の費用で達成されるように、予算が効率的に執行されているのか、予算の流用には誰でも納得できる理由があるかなど、納税者の立場に立って監視していくのが議会であると認識をしております。
 しかし、流用がなされたかどうかは決算委員会でないと知ることができないし、決算委員会での執行部の説明には、どこからどこに幾ら流用したのか説明はほとんどありません。決算書を見て、1年間の全ての予算、そして補正をつぶさに記録して見比べなければ、私たちにはわかりません。議会側からの質問で初めて説明をする場合が多いのであります。今議会は予算議会でもあり、年度末になるため流用が多くなされる時期でもあります。流用行為は法的に認められているものの、安易に流用行為や予備費の充用が行われれば、予算の議決が骨抜きになるともなりかねないと思われるので、以下、伺います。
 (1)大河原町財務規則第23条に予算の流用について記載をされておりますが、流用について町長はどのように考えているのか。
 2点目、流用は企画財政課長を経て、町長の承認を得なければならないとなっておりますが、流用する内容を町長は担当課からきちっと説明を受けているのか。
 3)今後、決算委員会において流用について説明する考えはないか。
 (2)流用実績について、給料、職員手当、共済費は除くということで、1)26年度の流用金額総額は幾らか。会計別に示してほしい。
 2)26年度決算で、流用金額が一番多かったのはどこで幾らか。
 3)26年度決算で、予算金額の倍以上の金額を流用したところはないか。あったとすれば、予算金額と流用金額を示してほしい。
 7)27年度で今まで流用金額がわかれば示してほしい。
 5)年度末は流用が多い時期と思われる。特に、次年度の予算の絡みなどから執行残額を少なくするためと思われる流用が過去に見受けられたが、現在はどうなのか。現況はどうなのか。
 (3)決算書を見ると、需用費の消耗品費等で予算に対し予算どおりの執行額で残額ゼロのところが見られたが、千円単位の予算に対して流用もなく、消費税もあるのに残額ゼロという現象をどのように見ているのか。
 (4)事業を執行するため予算を組みますが、担当課で予算要求をする場合、どのような資料、例えば備品購入費の場合見積書などを提出させ、どのような査定を行っているのか。
 (5)町長や企画財政課として、決算ができたときに各課の予算執行状況をどの程度精査して、次の予算に反映させているのか。
 以上、質問をいたしまして、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、予算の流用についてどのように考えているかとのご質問ですが、予算の流用につきましては、大河原町財務規則第23条で「課長は、予算の定めるところにより各項の経費の金額を流用する必要があるときは、流用充当票を作成し、企画財政課長を経て町長の承認を得なければならない」と定めていることは議員ご指摘のとおりであります。
 予算流用の私の考えについてですが、地方自治法第220条第2項ただし書き及び予算の定めにより、同一款内の各項間での流用はできることとなっております。このことは、地方自治法第211条第2項並びに第216条により、議会の議決科目は款項であり、予算説明書にある目節については長の執行科目として、この間での流用は長の裁量の範囲であると理解しております。
 このことから、法令及び予算の定める範囲での予算の流用につきましては、事業遂行中に予期していなかった事案に対して柔軟な住民サービスを行っていく上で必要であり、何ら問題ないものと考えておりますし、議員が懸念されているような流用は平成26年度においては行われなかったと認識しているところであります。
 今後におきましても、議員が懸念されているような予算の流用が行われないよう、事前の財政担当との協議により、予算の流用で対応すべきなのか、補正予算で対応すべきなのかを見きわめながら、予算執行の健全性を維持していきたい考えであります。
 次に、流用について町長は説明を受けているかとのご質問でありますが、予算の流用に関する事務取扱については、事務決済規定第3条で、同一目内については課長の専決事項、同一款内の各項間の流用については副町長の専決事項となっております。500万円以上の流用や重要案件については説明・報告を受けておりますが、軽微な事案についての説明・報告は受けておりません。
 次に、決算委員会において流用の説明を行う考えはないかとのご質問についてですが、決算委員会での流用の説明につきましては、決算内容の説明及び質疑の中で必要に応じてこれまでどおり説明を行っていきたいと考えております。
 2番目、平成26年度の予算の流用状況についてのご質問でありますが、一般会計で997万750円、国民健康保険特別会計で9,061円、介護保険特別会計で7,660円、公共下水道事業特別会計で13万7,480円となっております。その他の会計では流用はありませんでした。
 次に、平成26年度決算で流用額が一番多かったところはどこで、幾らかとのご質問ですが、仙南夜間初期急患センター整備工事への流用で820万円となっております。なお、この流用については、仙南夜間初期急患センター整備事業内の委託料と備品購入費から行っております。
 次に、平成26年度で予算額の倍以上の金額の流用はなかったかとのご質問ですが、該当する流用は4件ございます。
 まず1件目は、防犯指導隊制服購入にかかるもの、こちらにつきましては年度途中で予定にない退職隊員があり、新任隊員の装備一式を購入する必要があったことから、予算額6万5,000円に対して不足分9万1,384円の流用を行い、対応したものです。
 2件目は、地域イントラネット光ケーブル撤去工事で、不要になった光ケーブルを通行の安全を確保するため撤去工事を行ったものです。こちらは当初予算措置をしていなかったため、5万4,000円を流用し対応しております。
 3件目は、町営住宅使用料の過誤納付金還付金で、当初は予算還付を想定していなかったため、600円を流用いたしております。
 4件目は、任期付教員に係る普通旅費で、予算額1万4,000円に対し5万2,9236円の流用を行っております。これにつきましては、平成26年度から学級編成弾力化事業が開始され、任期付教員を採用しましたが、任期付教員に係る経費については大河原中学校の予算とは別事業となっており、当初予算要求時には何学年に配置されるか確定しておらず、4月になり3学年に配置されることが決まったため、この任期付教員に係る修学旅行引率のための旅費が必要となり、流用で対応を行ったものであります。
 次に、平成27年度での予算の流用状況についてのご質問ですが、1月末現在、一般会計で15万3,047円、後期高齢者医療特別会計で1,200円、その他の会計におきましては流用はない状況です。
 次に、年度末における流用の状況についてのご質問でありますが、今議会に提出しております補正予算を編成するに当たり、予算の執行状況に応じた予算執行見込みの精査を徹底しておりますことから、予算消化のための支出はないものと考えております。
 次に、3番目、決算金額と予算金額が同額となっているものがあることについてのご質問でありますが、決算額につきましては年度内の支出の累計であり、その結果、予算額と同額になり残額ゼロ円になっても問題はないと考えております。
 4番目、予算要求時にどのような資料の提出を求めているかとのご質問についてでありますが、予算要求の際には、備品購入費に限らず、予算精算の根拠となる見積書などの資料の提出をさせております。この資料をもとに、積算の妥当性などの検証や事業執行の適時性等について担当課からのヒアリングを行い、査定を行っているところであります。
 次に、5番目、予算の執行状況をどの程度精査して次の予算に反映させているかとのご質問についてですが、予算査定の際には、これまでの予算の執行の状況や事業の取り組み状況や成果、現年度に予算執行状況や事業の現状や課題、さらに、次年度を含めたこれらの事業展開などのヒアリングを行っております。さらに、平成25年度からは、予算編成の前段として政策形成ヒアリングを行い、前年度までの決算状況や事業の進捗状況等を踏まえながら、次年度の予算要求に反映させているところであります。今後においても、これらの取り組みを行いながら、過大・過小のない予算編成に努めていく考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 答弁をいただきましたけども、なぜ私がこのような質問をしたかと言いますと、予算委員会でも決算委員会でも出てくるのは担当課のみでございます。そういった中でいろんな、特に決算の場合の説明を聞く場合に、その流用をこっからこうやって流用しましたということはほとんどないです。ごく一部だけですね。ですから、何でこの数字がここに出てくるんだろう、どっこから持ってくるんだろうっていうのがなっかなかわからないんです。
 通年議会をやってるわけですから、その予算が足んなければいつでも補正やってもいいんでないのかなと私は思うんですけども、それはまずそれといたしまして、実は、行政で出してる自治用語辞典というのがございます。この中に、この中でも出ましたけども、執行科目と議決科目、確かに執行科目と議決科目があることは私もわかってるところですが、ここで言う場合の執行科目、「執行科目は行政科目とも言い、予算科目のうち議決科目に対して用いられる用語である」と。「執行科目は、議会に対する関係では説明のための科目にしか過ぎない」、これは私もわかります。「説明のための科目に過ぎないものであるが、執行科目は予算の内容を定めた議決科目における金額の基礎となっており、この区分に従って歳入歳出予算を執行することとされていることから、みだりにこれらの科目相互間において流用などを行うべきではない」というふうにが、行政の自治用語辞典には記載をされています。
 私もこれには賛成なんです。一つ一つがかたまって予算というのが積み重なっていぐわけですから、その予算が当初予算の倍以上もですよ、流用するということは一体どういうことなんだろうかということなんですよ。ですから、その1,000円や2,000円ね、足んねくなったから流用しますって言うんだら、話はわかります。ただ、その流用の、この中でもありますけども、その答弁の中では、指導隊ですか、交通指導隊のあれで流用したっていうふうなこともあります。わからないことはないんですけども、退任することが決まって新任になるまで時間があるんではないかと思うんですよね。何かいろんな議会のときに、こいつ出さんないのかどうなのか。その辺がちょっとわからないということと、それからですね、中にはですよ、補正予算を、当初予算から流用しているのに残高が出るっていうふうな、そういうふうなことは私らんときは考えられなかったんですね。このくらい足んなきゃ、何百何十何円足んねえから、この流用するというんだったら話わかりますけども、それが、ほかの課のこと言ったってわかんねえから企画財政で言えば、印刷製本費、財産管理費の印刷製本費は当初はゼロ、執行額が6,984円ですか、とかね、あと、教育総務費か、教育費だね、教育費関係でも、流用して執行してるのに対して不用額が出てるっていうふうな、そういうふうなところがあるんですね。足んないからこのくらい持ってくるっていうのが流用だと思うんですよ。それを余計流用して持ってきて残額残すっていうのはちょっとおかしいとは思いませんか。財政課長さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 基本的に、議員おっしゃるとおり、流用については不足する分の円単位での流用というふうな形になってございますので、残額が出るというのは基本的に考えられないというふうには思います。ただ、ちょっと今議員おっしゃったところの中身ちょっと把握してないんであれなんですけれども、同じ款項目節の仮に消耗品の中に、企画財政で持っている部分と総務課で持っている消耗品が同じところに入っている部分が若干ございます。その場合、なかなか流用がきかないというふうな形でその企画財政部分について、仮にですね、その修繕料のほうから持ってきて企画財政の分はゼロになったんですが、総務課の分が残額が出たというふうな形で、結果的に残額が出るというふうな事象もなきにしもあらずなのかなとは思いますが、残額が出ないような形でですね、進めたいとは思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 普通一般的に見てね、ここの例えば需用費の中の消耗品は、何々の課に何ぼ入ってて何の課に何ぼ入って何の課の分が何ぼ入ってることは、我々はわからないわけですよ。言わないでしょ、そして、町のほうも。この需用費の中のこの部分の中のこの金額はどこまでということまで説明ないでしょ。流用する際もよっぽどでない限り、このくらいたしか、この指導隊の分は説明したったよね。言わない課が多いんです。あえてここ、みんないるから言うだけの話です。企画財政が担当、担当っていうか、ああ言ったから企画にもの、財政のほうにあえてこう言って申しわけないんですけども、皆さんに聞いていただきたいということであえて言ってるわけでございますので、そういうふうなものからした場合にですね、やはり予算の積み重ねっていうのが、小さいものの積み重ねが予算になってるわけですから、議決科目でないにしても、私はね、少しここんとここのくらいこっちから持ってき、1,000円やそこらだったらまだいいんですけども、当初予算のね、倍もってなりますと、何の予算とってるんでしゃというふうに私らは思うわけですよ。ですから、大きくね、流用した場合には説明があってもいいんではないのかなっていうふうに思うんですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 大きな流用、今回の場合、26年度で仙南夜間急患センターのほうで工事の費用請負のほうに820万円流用かけてございます。これら大きな部分につきましては当然報告、決算委員会の中で説明すべきものと考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それからですね、飛んであれですけども、不用額じゃないね、うん、不用額がゼロ、これはあり得る、あってもおかしくないということなんですけども、(3)のやつですけどね、決算額については年度内の支出の累計であり、その結果、予算額と同額になり残額ゼロ円になっても問題はないと考えていると。消費税入ってて残額ゼロっていうことはあるんですか。例えばですね、教育関係ですけども、これ特に学校関係が多いんですが、例えば需用費の中の、ある学校の管理費の中の需用費の中の消耗品費290万8,000円、それから、食糧費1万1,000円、医薬材料費10万6,000円。この需用費の中でこの3つがゼロなんですよ。流用もなされてないんですよ。流用しないでゼロっていうこと。千円単位の中でゼロっていうことは普通考えられますか。消費税ないんだったらわかります。この3科目1つの需用費の中の3つの細っこい部分がゼロっていうことは、ちょっと消費税考えた場合に厳しいんでねえのかなと思うんですけども、そういうふうなことに対してはどういうふうに感じますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) なかなかゼロにするのは難しい部分があるのかとは思いますが、基本的に答弁で申し上げましたように、累計していく中でたまたまゼロになるというふうな可能性もございますし、その事業執行上、仮に補助金とかの場合ですね、補助の枠内で使っていかなければならないということで、それをするために若干業者さんのご協力をいただきながら合わせていくというふうな部分もあろうかとは思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そういうやり方っていいんですか。業者さんに合わせてもらうっていうやり方。(「いや、そういう意味じゃなくて」の声あり)
 私はね、おかしいと思うんですよ。して、1つのね、需用費の中の3つもね、ゼロっていうことはね、それは予算の積み重ねだからそれはあるかと思います。ただ流用してね、半端の何十円流用してゼロになりましたっていうんだら話わかるんです。そうでなくて、当初の予算がまるっきりそのまんまゼロっていうことは、普通消費税考えた場合にあり得ないと私は思うんですけども、それでもあり得るということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 先ほど申し上げましたように、積み上げの中でゼロというのはあり得るかと思います。
 それと、私申し上げたのは、業者さんのご協力というのは、値引きなり何なりをしていただくという形で、業者さんにその数字を合わせてもらうという話ではございませんので、了解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ということは、さっき言ったことはどういう意味なんですか。この業者云々かんぬんと言ったのはどういうふうな意味。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 業者さんに合わせてもらうというのは、先ほど、今申し上げましたように、値引いてもらって、そのどうしても使わない部分、使わなければならない部分がありますので、それに合わせてもらうというふうな話でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) だから、値引いてもらうっていうことなんでしょ。そしたら、私から税金値引いてくださいって言ったら、値引きますか、役場で。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 税金は多分値引き、多分じゃない、値引きません。多分ではございません。申しわけございません。で、品物につきましては、売り値とあと仕入れ値というのがございますので、その中での調整というふうな、売り主さんとの中でですね、調整というような話になるかと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) いや、言うことわかる、わかんねえわけでねえんだけっども、何となくね、余りにもゼロが多いとちょっとおかしいんじゃないですかと。というのは、これがおかしいって言うんじゃなくて、使い方がおかしいんじゃないんですかと私は思ってるんですよ。
 だから、その使い方をね、どのように指導してるのかっていうことなん、特に出先だと思うんです。特に、私、こう決算書見たり、あと今度の補正やなんかも見たりなんかをしても、教育委員会には大変申しわけないんですけども、学校関係が非常に私は問題があると見てます。中身、予算の使い方の中身を見てても。だから、この辺、結局、事務官が大河原町の職員でないので、そういう部分で大河原の財務規則とかいろんな細こいことがなかなかわかりづらいっていうのはわかるんですけども、やはりもう少し教育委員会、教育総務課ですか、教育総務課なら教育総務課のほうで予算の執行のあり方、予算の取り方、その辺についての指導をね、ある程度、私はやってもらいたいなと思うんですよ。
 今度の補正にも出てくっかもどうかもわかんないんですけども、ちょっと予算だったか補正だったかちょっと忘れましたけども、結局、先ほどその予算を組むときに見積書いろいろとるって言うけども、備品費10万、例えばだよ、10万の備品費のあれを予算をとっておいて、5万しか使わなくて5万残してるとかさ、そういうなのはあるわけですよ。だから、わからないものは、例えば消耗品幾らぐらいかかるかっていうのはわからないのはわかります。ところが、見積書をとるようなものにおいて残額がね、大幅に残額が残るっていうのは一体どういうことなのかということ。ですよね。
 だから、いろんな委託料にしても何にしても見積書とると思うんです。その金額の差がね、だから、少々の差だったらそれはわかりますけども、非常に大きな差になってるっていうのは一体何のための見積もりなんですか、何のための予算なんですかと私は言いたいんですよ。ですから、その辺の、だからってほの全部使えってわけではないんですよ。その予算の組むときの考え方、それをもうちょっときちっと各課のほうにこう示してほしいっていうか、それが私の考え方なんですけども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 予算編成についてですね、積算方法または見積もり徴収をして、残額が、予算執行の段階で残額が出る、そういうのはどういうことかというふうなことでございますが、全くそのとおりだと思います。で、そのようなことのないようにですね、今後ともですね、予算編成、補正予算も含めまして精査していきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私の言いたいことはわかったと思いますので、別に企画財政課をいじめるつもりで話したわけではなくて、予算をとるときの予算の説明の仕方、それから、決算をするときの決算の説明の仕方、それは基本的に議決事項でないから説明しないで済むんだということではなくて、ほの私らなんてこの決算書見っと、皆なんでしょ、何月補正で何ぼやって何ぼやって何ぼやってって、全部この書いてます。ほんでも、「あれっ、これ、どっからこの金出てくんのかな」っと思うと、どの辺から今度ここに流用したのかなっていう、で、流用してふえてんのはわかりますけども、減になったところが、「あっ、このっけ皆使ったのか」って思うでしょ、どっから流用したかわかんないから。だから、そういうところがちょっと私としてはわからない部分があるのでできるだけ説明をしていただきたいということと、それから、予算の執行については十分注意していただきたいということをお願いして終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 10番、庄司 充であります。議長の許可をいただきましたので、一般質問をいたします。
 私の一般質問は1項で、大河原町中央公民館の今後の行方であります。
 文化の殿堂、町民憩いの場として親しまれ利用されてきた大河原町中央公民館は、昭和54年10月に新築着工し、昭和55年9月に完成しました。当時としては斬新的な外観デザイン、内部も多目的に使用される大ホールを初め、明るいロビー、会議室、和室、茶室、調理室などなど、冷暖房完備のすばらしい建物でした。鉄筋コンクリート地上2階、地下1階、建物面積は2.194平米で総工費は4億7,967万8,000円と記憶しております。鉄筋コンクリートの建物は、専門家の話によるとほぼ60年ぐらいもつと言われております。その間、36年経過したころに大規模改修が望ましいとのことであります。
 数年来、大河原町中央公民館の内部が著しく破損し、使用するに耐えがたいと聞いておりました。私は、昨年の総務文教常任委員会のときに中央公民館を視察したところ、大ホールから玄関フロア、各室ともひどい雨漏りでさんざんたる現状を見ました。
 そこで、中央公民館の現状を踏まえ、町長に、以下、伺います。
 1、町長は、大河原町中央公民館の現在の荒れ果てた内部を見てどのように感じておりますか。
 2、たひたびの公的な会合で、町長は中央公民館の今後を考えている発言をされていますが、公民館建てかえを視野に入れた計画はありますか。
 3、あるならば、将来の公民館建設の構想を聞かしてください。
 以上で終わりますけれども、町長の答弁によっては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、中央公民館の現在の内部を見てどのように感じているかとのご質問であります。
 ご指摘のように、中央公民館は開館以来35年が経過しており、老朽化が進み、雨漏りや冷暖房が十分機能しておらず、修繕費等の維持管理費用が年々ふえている現状にあります。また、エレベーター施設がないため、地下や2階への階段の上り下り等、特に高齢者の方には大変ご不便をおかけしている状況にあります。
 現在、職員を初め、文化協会、地域住民等のご協力を得ながら、安心安全な憩いの場の提供に努めておりますので、ご理解いただきたいと存じます。
 次に、2と3は関連がありますので、一括してお答えいたしたいと思います。
 現在、町では公共施設等総合管理計画の策定を行っているところであります。これは公共施設の現況を調査・把握するとともに、今後の適切な維持管理等、公共施設のあり方、基本方針、基本計画を作成するものでございます。その中で、築40年を超える桜保育所、築37年を経過した学校給食センター、築35年を経過した中央公民館も含めた公共施設の建てかえ検討の段階となっております。今後の人口動態や財政状況を踏まえ、総合的かつ長期的な視点に立って検討してまいりたいと考えております。
 さらに、将来の公民館建設の構想につきましては、中央公民館の建てかえ協議を進めていく中で、健康増進「歩きたくなる町」の中核拠点、休憩所、雨の日の子供が遊べる広場、郷土資料館の併設など町民総合センター的な構想や、民間活力を活用した運営方式も含めて検討してまいります。
 現在、関係部署で検討を始めたところですので、ご理解をいただきたいと存じます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 再質問させていただきます。
 ただいまのご答弁をいただき、私はますます、中央公民館の新築建てかえ、または大規模な改修リフォームの必要があるなと確信をいたしました。それを踏まえた上で、もう一度公民館の破損状況、状態、老朽状況を検証してみたいと思います。
 先日、私は二度にわたって現場をつぶさに見てきました。一度は職員の方の案内説明を聞きながら、もう一度はひとりで前回の見落とした点はなかったか、見てきました。見れば見るほど、ひどい。大変な状態であります。職員の皆さんはよくこの建物をカバーしていたわり、町民に使ってもらっているんだなと感心をいたしました。まず、建物全体雨漏りがひどく、全面、天井、壁の傷みが激しいのに驚きました。
 まず、全体的なことから伺います。最初の雨漏りに気づいたのは何年前、どのような状態でしたか。そして、雨漏りがひどくなって当初どのような補修をしましたか。その補修の費用は幾らだったのか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、お答え申し上げます。
 内情につきましては、まだ私も経験が浅いというか担当になったばかりですので、詳しくはわからない点がございますので、聞いていた範囲でのお答えになるかと思います。
 修繕が必要になったのは10年ぐらい前からということは聞いております。それで、年々やはり防水関係ですね、雨漏りがひどくなってまいりまして、主に雨漏り関係の部分的に修繕を行ってきたというのは知っております。そのほか、やっぱりエアコンがですね、冷暖房がかなり寿命も来ておりまして、暖かくならなかったりということで温度が上がらないとかそういうふうな状況も聞いております。それからですね、調理室等も昔、最初から冷暖房がございませんでしたので、そのような利用の方法等も、あんな使い勝手が悪いということでなかなか機能を発揮してないという話も聞いております。
 ちなみに、そういう改修費用等なんですけども、冷暖房等をもし直すんであれば1億円ぐらいの修繕費と聞いておりますし、防水関係につきましても1億円ぐらいの、全部完全に直すんであればそのような金額がかかるというふうなお話も聞いております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それでは、今答弁いただきましたような状態を、この間、案内説明していただいた職員の方から聞きましたけれども、大体そんなような状態でした。それでは、管内を部分的に一つ一つ見直してみたいと思います。
 まず、建物1階部分、玄関を入ってロビーですが、あの荒れ果てた建物をですね、きれいに掃除して整頓されており、入ってくる人に不快感を与えない環境をつくってくれました職員の方に感謝を申し上げます。
 左に事務室、右に絵本コーナーがあります。そこで伺います。事務室を見せていただいて感じたことは、今の事務室といいますか、にしては随分狭くなったなと思います。現在、あの事務室で仕事をしている職員は何人か。仕事をする上で不自由を感じていませんか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、お答えいたします。
 議員ご指摘のようにですね、事務室の中については現在、職員が今4名ですね。それと臨時さん、臨時職員さんがいらっしゃいまして、5名になるんですかね。それと、あっ、それで事務室内につきましては、やはりいろんなキャビネ等もございますので、かなり狭いような状況になっております。
 それから、ホールにつきましては、ただいま絵本コーナーということでコーナーを設けさせていただいておりまして、かなり子供さんたちが喜ばれるようないろんな仕組みをつくりまして、現在整えている状況になっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 絵本コーナーまでちょっと触れていただきましたけれども、今から質問します。
 次に絵本コーナーですが、9時から5時までの利用時間となっております。一日平均何人、何組ぐらい利用されているか。一番利用される曜日はいつか。そして、あそこに置かれている本ですね、本の内容、冊数に満足されておりますか。なんか大変失礼な話ですが、絵本コーナーとしての、なんか役目を果たしてないような感じなんですが、あのままでよいのか。どのように改善すればいいのか。その策があったら教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、お答えを申し上げたいと思います。
 まず、絵本コーナーのことについてなんですが、現在、絵本コーナーにつきまして絵本の数は350冊ございます。なお、これからどんどんふえる予定でございまして、新年度につきましては新刊の予算16万円を予定しております。それから、子供さんたちがどんどん親しんでいただけるようにですね、イベントをいろいろ考えておりまして、来年度につきましては映画の映写といいますか、DVDを使いましてそのような映画教室みたいなものを検討していたり、いろいろと子供さんたちが喜ぶ仕掛けをこれから考えていくということで、中央公民館のほうでも考えておるようでございます。以上でございます。(「あと、何組、何人ぐらい利用しているか」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) はい、いいです。そのまま。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) なかなか、今のご質問ですけども、絵本コーナーはロビーにございまして、職員の事務室のドアの前にありまして、なかなか人数の把握が難しいところもございます。ただですね、職員に話を聞いたところ、あそこの公民館の近くに塾がございまして、塾帰りの子供さん、それから学校帰りの子供さん等が夕方ですね、寄っているようだという話は聞いております。
 と、曜日によってもなかなか子供さんの集まりぐあいとかも違うようでございます。聞いていた曜日ではですね、月曜日とか木曜日が多いようでございます。そして、土曜日の事業のあるときとかが、公民館である事業なんですが、そのときに親御さんで来られたときの子供さんが多いと。そのほかの曜日は少ないと。だから、火とか金とか日曜日が少ないというお話は聞いております。人数については把握しておりませんので、申しわけありませんが、よろしくお願いいたします。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それでは、次はですね、事務所の隣に第1会議室というのがありますね。以前、あの部屋の雨漏りがあの館内の中で結構ひどいと聞いておりました。床、壁など張りかえはいつごろしましたか。この前行ったらなんかきれいになってたような感じがします。また、温度調整など空調関係はどうですか。以前によくあの会議室を利用したことがありますが、現在、あの会議室はどのぐらいの利用がありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、お答えいたします。
 事務室の隣の第1会議室のことのご質問でございました。私も以前行ったときに、会議室のほうに行ったことはあるんですけども、私の記憶なんですけども、2年ぐらい前になんか新しくちょっと直ったかなという感じでおりました状態ということを確認しております。それから、雨漏り等とかもあったということは聞いておりましたが、その後は、部分的に雨漏り等は修繕で直しておるということは聞いておりました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 次に、大ホールに向かって右側だったかな、右側ですかね、あの団体室つうのがありますね。あれはどんな団体がどのように利用しているのかを教えてください。よく見かけるんですけれども、ちょこちょこあの公民館に行ってですね、ほかの部屋よりもあの団体室が結構なんか使われているのかなという感じがしました。また、あの部屋の雨漏り、破損状態はどうでしょうか。冷暖房は快調に動いておりますか。教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) ただいま団体室のほうのご質問がございました。団体室は、議員お話のように、結構ご利用されてる方が多いようで、あそこは廊下通りますと話し声とかよく聞こえるんですけども、囲碁団体の方が使ってる方が多いという話を聞いております。
 それから、先ほど答弁漏れましたけども、第1会議室のほうの利用の状況でございますが、余り利用は多くないということで、なんかほかの例えば改造してできないものかとかいろいろ検討委員会の中でもお話が出ておりまして、そのような利用状況は余り多くないという話は聞いております、第1会議室のほうは。で、今の団体室のほうは結構使ってらっしゃるということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) あそこ、なんか冷暖房が時々きいたりきかなかったりして、て聞いたんですけども、冷暖房はどうなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) ちょうど今思い出したんですけども、あそこの冷暖房施設につきましてはですね、実はロビーと団体室が同じエアコンていいますか、同じ系列ていいますかね、になっておりまして、(聴取不能の声あり)そうなんです。同じ1つの切りかえ、コントロールスイッチで団体室とロビーが同じ切りかえ、コントロールになっておりますので、なかなかその上げ下げの問題等が難しいところがあるんだっていう話は聞いたことあります。
 さらに、冷暖房につきましては、先ほど言いましたように35年以上もたっておりますので、暖かくなるのがちょっと時間かかったりとかですね、で、増減が暖かく低くですか、がうまくいかなかったりということはあるようでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) すると、例えば団体室を使ってない場合、必要ないから、余り冷房にしろ暖房にしろ低くしてるというときはロビーも寒くなるんですか。はい、わかりました。はい。
 次に、茶室に行きます。あの建物ができたころは、我が町の公民館に茶室があるんだと、大変珍しく自慢げにしたもんでございます。実際あそこで茶道の会に参加したり、生け花を鑑賞したり日本舞踊などを見せてもらったり、よくあそこで楽しんだものです。今回改めて館内を見て一番がっかりしたのは、あの茶室でございました。結構日当たりのよい位置につくったんですけれども、今回見たら冷え冷えとして暗くじめじめとして、「なんか荒れたな」という感じでした。茶室の損傷の度合いはどうですか。それから、畳がえ、ふすま、障子の張りかえはいつごろしましたか。茶室は現在どのような団体もしくはグループ、個人に週どのくらい使われておるか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、聞いてる範囲なんですけども、茶室のほうのお話をさせていただきたいと思います。
 ご承知のように、茶室については北側って言うんでしょうかね、になっておりますので、なかなか明かり取りっていうか障子のほうあるんですけども、光が入ってこないという状況で、昔から冷暖房的にはちょっと寒いというな状況になっているようでございます。それで、畳等とか大幅に張りかえたというお話は聞いておりませんので、恐らく当初のままに近いのかなと思われます。
 それから、利用団体についてはやっぱり茶道の方々とか、あとちょっとした会議等に使用してるようでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 確かに聞きしに勝る、なんかひどさでありました。
 さて、次は2階部分を見たいと思います。第1研修室あるいは洋間。第2・第3研修室は和室ですけれども、この3部屋は現在何に使っておりますか。特に、和室のほうの雨漏りによる被害が大きいんだと職員の人に聞きましたけれども、現在どのような状態で町民の皆さんに使っていただいてるか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 今度は2階のほうのご質問なんですけども、研修室につきましてはいろんな団体の、ジュニア等も使ってるようですけども、会議とか等でも使っておるようでございます。和室につきましては、子ども会とかですね、そういう団体等が使っておるようでございます。1カ月ぐらい前に、なんかちょうど民間放送のテレビのほうでなんか生中継なんていうのもやってたようでございますが、そのときもなんかいろんな催し物っていいますかですね、出し物をしながら和室のほうを使っていたようでございます。
 それから、議員ご指摘のように雨漏りの状況はごらんになったとおりでございまして、上を見上げますと本当にブルーシートが、どこでも2階はブルーシートで補助的にっていいますか、張りつけでベタベタ張りつけてる状態でございまして、さらに、雨漏りがひどいもんですから、排水っていうかパイプをつなぎまして雨漏りのバケツを置くという状態がかなり多い状態で、おっしゃるとおり惨たんたる状態というところになってるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時24分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時35分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) どこまでやったか忘れた。続いて、2階のですね、調理実習室、創作室、この部屋をまとめて見てみますと、いずれも天井の一部また床が剥がれており、壁の汚れもひどかったんですが、あれは予算がないから直さないのか、利用者がいないから手をかけないのか、どちらなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) お答えいたします。
 2階の調理室、それから創作室でございますが、議員ご指摘のようにですね、ブルーシート、頭、天井見上げますとブルーシートでかなり補強といいますか、補強にならないとは思うんですが、している状態でございます。あと床とかも剥がれておりまして、聞いたらやはり雨漏りで剥がれてるようでございます。そういう状態で、なかなか修繕したいところなんですけども、大きな、ことしも去年もなんですけど、トップライトっていって1階のホール前ですか、あそこの明かり取りの大きなほうをやったもんですから、なかなかそちらのほうに回らなかったというのが実態でございまして、予算が若干やっぱり足りないというのも現状でございます。
 それから、1点訂正させていただきたいと思います。中央公民館館長に確認を今とりましたところ、1階の茶室、それから、2階の畳の部屋については畳がえ、障子がえを平成22年、23年にしているようでございます。大変申しわけございません。そういうことでよろしくお願いしたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それでは、次にパソコン室に行きたいと思います。あそこは昔図書室だったんですね。それを二分して、パソコンの教室化、あるいはもう一部屋は渡辺 徳様からいただいた貴重な昆虫標本を保管してるようですが、あの標本はですね、一般にどのように展示しているのか。また、標本に対する雨漏りの被害はなかったのかどうか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、2階のパソコン室と、それから、昆虫の保管室といいますか、あの件に関してでございますが、パソコン室につきましては今までお話ししましたように、やはりこれも2階の明かり取りっていいますか、ブルーシートでかなり補強といいますか、補強ですね、している状態になっております。
 それから、昆虫の管理室につきましては被害等はないようでございます。ただあの昆虫の部屋につきましては、常に暖冷房といいますか、温度を一定にしまして1年中ある一定の温度で保管をしておりまして、昆虫の中身的には全く影響とかないという状態で、良好な状態で保管をしてる状態になっております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 渡辺 徳様からいただいた昆虫がですね、課長も篤とご存じのように、ほかに例を見ない大変貴重なものです。今後これを生かす方針、方向を考えてください。そして、いつでも自由に誰もが見れる教材として活用するにはどうしたらいいか、なにか考えがあったら教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、昆虫の標本の生かし方のご質問かと思います。議員ご承知のように、毎年昆虫展というものを中央公民館のほうでやっていたり、あと、フォルテ、ショッピングセンターフォルテをお借りしてやっていたりとか、いろいろ場所を変えてですね、やったりしている経過がございます。毎年昆虫展のほうは夏休みの時期にやらさせていただいたりしております。それから、あれですね、オーガのほうでやられたときもありました。それから、昆虫教室等もやっておりまして、そちらのときにそういう昆虫標本を展示っていうか、紹介したりとかいうことで、いろんな利用をしております。はい、以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) さっき議長からもう少し詰めてですね、地下のほうに行かないようにつうて。地下のですね、視聴覚室がありますが、視聴覚室として的確に機能しているんでしょうか。また、地下に受水槽ポンプがあります。あれは消防用の自家発電だと聞いておりまして、あれも建設当時からの設備だと聞いております。きちっと機能しておりますか。もし故障なんかした場合、部品なんかあるんですかね、あれは。修理できるのかどうか。また、ポンプの取りかえは考えておりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) 地下の視聴覚室の問題でございますけれども、いろいろ点検をしておりまして、ピアノの点検等もしてたりとかですね、修理等しておりますので、使用についてはいろんなリハーサル等で利用活用はしてるようでございます。今後も何かありましたら修繕等するようになると思いますので、利用については問題ないのかなという状況であると思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) んで、はしょりまして、地下のほうはこれぐらいで。
 いよいよ大ホールであります。雨漏りの拠点といいますか、諸悪の根源はここにあるのではないかと思ってるんですが、雨漏りに始まり、東日本大震災なども含めて、大ホールの被害と老朽の状況を教えてください。また、空調、音響、それから備品などの痛みぐあいなどはありますか。何よりも以前にも増して大ホールの利用度がなんか少ないような気がするんですが、稼働率が減少している原因は何か。今、月間どのくらいの割合で大ホールが使われているか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯生涯学習課長(大槻文彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(大槻文彦君) それでは、まだまだ勉強不足でございまして、知ってる範囲で答えをさせていただきたいと思います。
 大ホールにつきましては、いろんな釣ものとか天幕ですかね、その辺のところのぐあいが、非常に長年経過しておりましてぐあいがよくないんだという話は聞いております。それから、大震災での被害等でございますが、大きな被害はなかったと聞いております。ドアとかですね、そういう関係で少し被害があったということで、大きな被害はなかったというふうに聞いております。
 それから、利用につきましては、議員ご指摘のように、やはり大分ここ数年ですね、利用のほうは減ってるというのは聞いております。原因といたしまして考えていたとこなんですけども、1つは10年ぐらい前にえずこホールができたっていうことで役割が、やはり新しくって大きなところに移動して大ホールの競合するわけですので利用が減ったということと、それから、ご承知のようにいきいきプラザのほうができました。そちらのほうでもご利用されてる方もいらっしゃるし、移動してる方もいるんだということも聞いております。大ホールは逆に言いますと大きなホールですのでなかなか使い、小さなところ、団体については使いづらいのかなというところもございまして、これから利用方法などいろいろ検討しまして、区切りとかいろいろやるとかいろいろ工夫をしながらちょっと検討していきたいなというふうに、中央公民館のほうとも検討してるところでございます。以上でございます。(「利用月間どのくらいの  なんですか」の声あり)
 利用の数についてはちょっと今データ持ち合わせてございませんので、また確認してお答えしたいなというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 大体館内ぐるっとはしょって実態を検証にしてみましたけれども、全館かなりのひどい痛みぐあい、これも町長もわかっていただいたと思います。質問の冒頭に私は、公民館新築建てかえの必要があるなと強く思ったんですが、今いろんな課長との一問一答の中で、まだまだ考えようによっては今の建物をもう数年もたせる手立てはあるんじゃないかなと思ってきました。財政がそんなに緩くない大河原町で優先順位でいくならば、公民館早期建てかえとは思っておりません。ならば、今あるものを直して大切に使っていこうという理論になるんですが、鉄筋コンクリートの建物は、さきに私がお話ししたように、築36年ごろ大規模改修が望ましいと専門家の方が言っております。公民館は今がほぼこの時期に当たるんですね。内部はかなりひどい痛みぐあいですけれども、建物そのものは鉄筋コンクリートで頑丈な建物ですから、あの頑丈な建物を生かして内部全体の大規模改修を今したならば、あと30年は使えるのではないかなと思うんですが、その点、町長、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、公民館のあり方につきましては、今の質疑応答の中でも利用度が大分下がってきているということで、私といたしましては魅力のあるいろんな機能を持ったですね、交流の場であり学習の場であり健康増進あるいは子育て、また展示場所、そういった総合的魅力のあるものをつくるということを基本に、もう一つはですね、公共施設等総合管理計画もありますので、その中で優先順位決まってくると思いますけれども、建てかえにするのか大規模改修にするのかにつきましてはしっかりと検討しながらですね、効率的な財政運用も図りながら魅力のあるものに変えていかなきゃいけないという認識は持っておりますので、そういったことで、皆さんのご意見を聞きながら進めてまいりたいと思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) そこでちょっとお尋ねしたいんですが、これはやってみなければわからないと思うんですけれども、今あのままの状態で内部をリフォームして大規模改修を行うとした場合、どのくらいの予算がかかるのか。専門課長でわかる人がいたらば、大体このくらいはかかるんじゃないかなというの、教えてください。企画財政課長なんかどうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ちょっと生涯学習課長が申し上げましたように、冷暖房のほうで1億円、あと防水とかのほうで1億円ということですので、あと中身の改造とか、あと給水関係とか、多分もろもろ全部直さなければならなくなるのかとは思います。そうなりますと5億円、もうちょっとかかるのかな、ひょっとすると10億までかかるかもしれないというふうにちょっと思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) いずれにしてもですね、公民館を利用している町民の皆さんに何とかもっと快適な公民館でいろんなことを楽しみたいと切に願っていると思います。建てかえにしろ大規模改修にしろ、もうそういう時期にもう来てるんですね。いずれかの良策をきちっと立てて実行・実現をしてほしいと町民とともに切望して、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問はこれをもって終わりました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時48分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年3月8日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------