議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第4回定例会(1月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2016年1月25日(月):平成27年第4回定例会(1月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) 皆さん、おはようございます。
 本年当初の会議であります。議長より、本年もよろしくお願いを申し上げます。
 本日1月25日は休会の日ですが、議事の都合により、平成27年第4回大河原町議会定例会1月会議を再開いたします。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、佐藤貴久君、庄司 充君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職・氏名は、配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。それでは、行政報告4件ございます。
 平成27年12月18日に、大水工27-9湯の沢線外舗装復旧工事の入札を執行しましたので、その状況についてご報告申し上げます。
 この入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりです。
 以上、ご報告申し上げます。
 続きまして、火災が発生しておりますので、行政報告をいたします。
 昨年12月27日日曜日に、大河原町金ヶ瀬字原82番地において住宅火災が発生し、木造2階建住宅の一部、約12.96平方メートルを焼損する火災が発生しております。午後5時には鎮火いたしましたが、1名が亡くなっております。出火原因につきましては放火と報告を受けているところであります。この火災に際して、消防署のポンプ車2台、署員7名、消防団小型動力ポンプ5台、団員35名が出動しております。
 以上、火災の報告を終わります。
 続きまして、本町における橋梁等の銘板盗難についてご報告申し上げます。
 このことについては、近県における銘板盗難の新聞報道を受けて、平成28年1月5日に宮城県より注意喚起の情報提供があり、翌1月6日に再度の情報提供があったため、本町でも1月7日に町内巡視を実施し確認したところ、金ヶ瀬さくら大橋、大谷こ線橋、毛萱トンネルの銘板が盗難に遭っていることを確認いたしました。毛萱トンネルは本町で管理しているため、被害届を作成し、大河原警察署に1月8日付で被害届を提出し、捜査を開始していただいているところであります。被害内訳は、金ヶ瀬さくら大橋、40センチ×15センチ×2センチ、4枚。大谷こ線橋、40センチ×15センチ×2センチ、4枚。毛萱トンネル、60センチ×40センチ×2センチ、2枚。計10枚となりますが、うち1枚分は角田市分であります。被害総額は52万2,800円相当に上り、うち本町分は39万5,800円相当になるものであります。
 なお、この報告を受け、1月8日に各施設の所管課長に再点検調査を命じましたが、被害はなかったものであります。
 次に、平成27年10月1日に行われた国勢調査の速報値が平成28年1月12日付で宮城県より公表されましたので、ご報告申し上げます。
 本町の人口につきましては、男性が1万1,641人、女性が1万2,159人、総人口では2万3,800人となり、平成22年の前回調査と比べ、男性では143人の増加、女性では127人の増加、総人口では270人の増加となり、増加率にして1.15%の増加となりました。人口の増加率順位は県内で8番目であり、仙南地域2市7町においては、本町が一番高い増加率となっております。世帯数につきましては9,101世帯で、前回と比べ460世帯の増加、増加率にして5.32%の増加となり、1世帯当たりの人員につきましては2.62人で、前回と比べ0.08人の減少となりました。
 なお、この速報値は宮城県が独自に取りまとめたものであり、今後、総務省統計局から発表される速報値や確定値とは異なる場合があることを申し添えます。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで質疑を終わります。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 日程決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、日程決定の件を議題にします。
 お諮りします。1月会議は本日1日にしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、日程は本日1日と決定いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 同意第1号 固定資産評価員の選任について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、同意第1号固定資産評価員の選任について同意を求める件を議題とします。
 本件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 同意第1号固定資産評価員の選任についての提案理由を申し上げます。
 本町の固定資産評価員につきましては、税務課長を選任いたしているところであり、このたびの人事異動により吉野健一税務課長を選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定により提案するものでございます。ぜひご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 これから、同意第1号固定資産評価員の選任について同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により、投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員は14人です。
 次に、立会人を指名します。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に須藤 慎君及び大沼忠弘君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため申し上げます。
 本件に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
     〔投票箱点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから、投票を行います。
 事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔局長点呼、投票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。
 須藤 慎君及び大沼忠弘君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開 票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
 投票総数   14票
  有効投票  14票
  無効投票   0票
 有効投票のうち
  賛  成  14票
  反  対   0票
 以上のとおり、賛成総意であります。よって、同意第1号固定資産評価員の選任について同意することに決定いたしました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第1号 工事請負契約の変更契約の締結について(大河原町立金ヶ瀬
                中学校屋内運動場改築外工事)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第1号工事請負契約の変更契約の締結について(大河原町立金ヶ瀬中学校屋内運動場改築外工事)を議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第1号工事請負契約の変更契約の締結について、提案理由を申し上げます。
 平成27年6月17日の第2回議会定例会6月会議において議決をいただき、株式会社八重樫工務店と契約をいたしました大河原町立金ヶ瀬中学校屋内運動場改築外工事の請負契約金額を5億8,104万円から5億8,755万1,320円に変更するものであります。
 変更の主な内容といたしましては、老朽化した敷地西側の格子フェンスを撤去し、新規に高さ1.5メートルのメッシュフェンス、長さ114メートルを設置する追加工事等により、現請負契約金額に対し651万1,320円の増額とし、変更契約するものであります。
 詳細につきましては教育総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それでは、議案第1号、大河原町立金ヶ瀬中学校屋内運動場改築外工事工事請負契約の変更契約の締結についての詳細説明を申し上げます。
 議案書の説明資料3、主な変更内容の表に沿ってご説明申し上げます。
 まず、1、建築工事の金属工事、ステンレス製メンテナンスタラップ設置でありますが、将来の屋根、雨どい、太陽光発電施設等のメンテナンスを考え、階段室南側外部壁面に1カ所設置するものであります。
 次に、2、電気設備工事、プール電源用幹線工事でありますが、工事着手前の調査で、プールの電源が既設体育館を経由して引き込まれていることを確認したことから、施設管理及び電気保安上、キュービクル、いわゆる変電室からプールまで電源配線路を地中埋設により設置する必要があるため、追加工事を行うものであります。
 次に、3、機械設備工事、排水設備工事でありますが、体育館東側の地下に埋設してあるプールの配水管が体育館改築工事に支障があるため、改築工事にあわせて敷設がえを計画いたしましたが、現地を確認したところ、プールの配水管が西側の公共下水道へ接続されていることを確認いたしましたので、既存配水管の撤去のみを行い、敷設がえ工事分を減額するものであります。
 次に、4、外構工事、フェンス設置工事であります。これは、体育館敷地西側の格子フェンスが経年劣化によるさびと一部破損状況にあり、安全確保のために、新たに高さ1.5メートルのメッシュフェンスを長さ114メートルと、プール付近に幅4.0メートルの両開き門扉フェンス1基を設置するものでございます。
 これらの変更により、工事請負契約金額5億8,104万円に変更額651万1,320円を増額し5億8,755万1,320円とする変更契約の締結について、ご承認をお願いするものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 教育総務課長にお伺いをいたします。この工事内容について、まだ工期が延びるというような可能性は出てくるんですか。いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 今のところ、工期内でおさまると考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 教育総務課長ね、思っているんじゃなくて、また現場サイドで再度確認しながらの回答なんですか。大丈夫ですか。伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 現場との打ち合わせの中で工期内に終わるというふうな確認は一応とっておるところでございます。(「はい」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これで討論を終わります。
 これから議案第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第2号 大河原町と宮城県との間の行政不服審査法第81条第1項に
                規定する機関の事務の委託に関する協議について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第2号大河原町と宮城県との間の行政不服審査法第81条第1項に規定する機関の事務の委託に関する協議についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第2号大河原町と宮城県との間の行政不服審査法第81条第1項に規定する機関の事務の委託に関する協議についての提案理由を申し上げます。
 平成28年4月1日に施行される改正行政不服審査法において、審査庁における第三者機関への諮問手続が新たに導入されます。本町におきましては、宮城県に第三者機関に関する事務を委託することから、地方自治法第252条の14第1項の規定により、宮城県との委託に関する規約を定める協議について、同条第3項において準用する同法第252条の2の2第3項本文の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 詳細につきましては総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第2号大河原町と宮城県との間の行政不服審査法第81条第1項に規定する機関の事務の委託に関する協議についての詳細説明を申し上げます。
 まず、行政不服審査法でありますけれども、この法律により、行政庁が行った処分や公権力の行使について著しく不適切である場合など、その処分等に対しまして不服申し立てができることは議員の皆さんもご存じのとおりと思います。そしてこの不服申し立ての種類は異議申し立てと審査請求がありました。しかしながら、平成26年、さらなる公正性の向上と手続等に関する利便性の向上を図るため、この法律が全面的に改正されたものでございます。
 その主な改正といたしまして、まず、不服申し立ての種類を審査請求に一元化、統一することになりました。それから2つ目は、行政庁内にも審査請求に基づく審理に関し審理員を置き、審理終結として審理委員意見書を審査庁──町長になりますけれども、審査庁に提出しなければならなくなりました。3番目は、その提出された意見書を、町長は──審査庁はさらに有識者で構成する第三者機関に採決の諮問手続を行うような改正がなされたところでございます。
 これらの改正を受けまして、本町としても同様な手続を踏まなければなりませんけれども、この有識者で構成する第三者機関の設置につきましては、まず、これまでも不服申し立て事例が非常に少なかったこと、それから今後も少ないというふうに思われること、さらには自治体での個別単独設置よりも一つの組織で行うことで審理事例の蓄積につながり、そのことが統一的な見解につながるというようなこともありましたので、第三者機関の単独設置につきましては、仙南・亘理総務課長会議の中でも県や広域で設置すべきであるというふうな形の中で要望してきたところでございます。
 これらのことを受けまして、宮城県としてこの行政不服審査法第81条第1項で定める第三者機関を設置し、その事務を受託することが可能となりました。本町としては、この第三者機関の事務の委託について今回審議をしていただくものでございます。
 議案内容につきましては、252条の14が事務の委託でございます。それから252条の2の2は協議会の設置でありますけれども、この規定を準用いたしまして、第3項では議決を得なければならないというような形になっているものでございます。
 それから、裏面の規約でございます。これも法律に基づきましてこういった形になってございます。第1条につきましては、第三者機関の事務の委託ということで、委託と受託の団体名を、第2条につきましては、事務委託の管理と執行方法を定めたものでございますけれども、具体的には宮城県が制定する条例によるものでございます。第3条につきましては、経費の負担等でございますけれども、基本的に宮城県の現在の案としては委員6名による機関としまして、審議案件について原則2回の審理を行う、さらに委員への報酬につきましては1万1,600円を想定しているというような状況であります。第4条につきましては、補足ということでございます。
 なお、宮城県におきまして、各自治体の委託、議決を得まして、2月の県議会で受託の議案を提出し審議をすることになっているところでございます。
 この規約につきましては、平成28年4月1日から施行するものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 今の説明で大体わかったんですけれども、仙南では亘理郡と7町というんですか、これ、県内全体で大体の市町村、皆委託をするのではないかと思うんですけれども、状況、わかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) そういった状況につきましては、県のほうでもちょっと数カ月前になりますけれども調査したデータがございまして、その際の結果としましては、県への委託を26市町村がしたいというような要望をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第2号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第3号 大河原町個人情報保護条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第3号大河原町個人情報保護条例の一部改正についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第3号大河原町個人情報保護条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 平成28年4月1日に施行される改正行政不服審査法において、行政庁等に対する不服申し立ての制度が、公正性の向上、使いやすさの向上、国民の救済手段の充実・拡充の観点から見直されました。本町におきましては、大河原町個人情報保護条例に基づく保有個人情報開示請求に対する開示請求決定等に対して、行政不服審査法による不服申し立てがあったときは、個人情報保護審査会において、その開示決定等の適法性、妥当性について調査審議しなければならないこととされております。今回の改正は、改正行政不服審査法施行に伴い、保有個人情報の開示の決定等に関する不服申し立て制度について、所要の規定の整備を行うため、現行条例の改正を行うものであります。
 詳細につきましては総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第3号大河原町個人情報保護条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 本議案につきましても、議案第2号で説明申し上げましたけれども、行政不服審査法の全部改正による不服申し立て制度を審査請求制度に統一されることから、条例規定の改正を行うものでございます。
 それでは、新旧対照表をごらんになっていただきたいと思いますけれども、1ページでございます。
 まず、目次の「不服申立て」の部分を「審査請求」というような形の中で改正をいたしております。それから、第25条につきましては、第3号で電磁的記録でございますけれども、これは内容を定義づけするものでございます。具体的には、紙ベースということではなくてフロッピーディスクであったりCDであったり、そういったものに記録されたデータということになるものでございます。
 次に、2ページ目になりますけれども、第39条から41条までの改正につきましては、不服申し立て制度から審査請求制度に変更になることで、所要の改正を行うものでございます。
 まず、第39条につきましては、議案第2号でも申し上げましたが、今回の全部改正により行政庁内に置かれる審理員制度に関し、開示決定等、それから訂正決定等、利用停止等を決定、またはこれらに関する請求に係るものでございまして、ここらにつきましては適用除外というような形にさせていただいております。中でも、「不作為」というような表現がございますけれども、これにつきましては、行政庁が法令等に基づく申請について、何らかの処分をしない行為、つまり怠慢というような形になるかもしれません。そういった場合にも適用するということでございます。
 なお、その39条の行政不服審査法第9条第1項の規定につきましては、審理員制度を設けなければならないというようなことになっております。
 それから、第40条につきましては、個人情報保護審査会の諮問によるものでございます。
 なお、この適用除外につきましては、行政不服審査法においても附属機関等については適用除外とするような規定も整備されているところでございます。
 なお、第40条第1項各号の部分につきましては、諮問しない場合の特例な規定を定めたものでございます。
 次に、ページ、3ページにまいります。
 中ほどの第40条第2項の規定につきましては、審査会の諮問について、弁明書の写しを添付する規定であります。それからその下の第3項につきましては、旧第40条を改正するものでありまして、諮問に関し関係者に通知する内容を第1号から第3号まで規定するものでございます。
 次に、4ページにまいりますけれども、第41条から、ページ、5ページ、6ページにつきましては、各条項等の改正についても「不服申立て」等の字句を「審査請求」等に改正するとともに、所要の改正を行うものでございます。
 6ページの附則につきましては、一部改正の施行を平成28年4月1日からするものでありまして、施行前の経過措置といたしまして、施行前の処分等に係る部分については従来どおりとするような形になっているものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第3号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第4号 大河原町情報公開条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第4号大河原町情報公開条例の一部改正についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第4号大河原町情報公開条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 平成28年4月1日に施行される改正行政不服審査法において、行政庁等に対する不服申し立ての制度が、公正性の向上、使いやすさの向上、国民の救済手段の充実・拡充の観点から見直されました。本町におきましては、大河原町情報公開条例に基づく公文書公開請求に対する公開決定等に対して、行政不服審査法による不服申し立てがあったときは、情報公開審査会において、その公開決定等の適法性、妥当性について調査審議しなければならないこととされております。今回の改正は、改正行政不服審査法の施行に伴い、公文書公開の決定等に関する不服申し立て制度についての所要の規定の整備を行うため、現行条例の改正を行うものであります。
 詳細につきましては総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第4号大河原町情報公開条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 本議案につきましても、議案第2号及び第3号でご説明申し上げましたけれども、行政不服審査法の全部改正による不服申し立て制度を審査請求制度に統一するものでございます。
 それでは、新旧対照表をごらんになっていただきたいと思います。
 1ページの、まず、第13条の改正についてでありますけれども、まずこの第7条第1項の規定内容につきましては、公文書の公開請求に関する公開決定の規定でございまして、受理した翌日から起算して14日以内に公開、非公開の決定をしなければなりません。そしてこの決定等に不服がある場合は審査請求することができるとするものであります。
 なお、行政庁の不作為についても同様とするものであります。
 また、第2項につきましては、議案第3号で申し上げましたけれども、審理員制度の適用除外と同様とするものでございまして、その理由につきましては、附則機関である情報公開審査会の諮問並びに公文書等の関係からその処分の適法性や妥当性を判断することが可能であるというような形になるものでございます。
 それから、下のほうの第13条の2を新規に追加することにつきましては、情報公開審査会へ諮問の規定を明確にするような形にしたものでございまして、内容につきましては、旧第13条第2項の規定を引用したものでございます。
 2ページ目にまいります。
 第13条の2の……、まず、第2項になります。済みません、2ページの第2項になりますけれども、これは審査会への弁明書の写しの添付を、それから第3項については議会との関係を規定するものでございます。
 それから、14条につきましては、審査請求等の文言の改正を行うものでございます。
 それから、附則につきましては、議案第3号と同様に平成28年4月1日から施行するものでございまして、施行前の実施期間に行った処分等に関してはなお従前のとおりということになっているものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第4号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第5号 大河原町固定資産評価審査委員会条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第5号大河原町固定資産評価審査委員会条例の一部改正についてを議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第5号大河原町固定資産評価審査委員会条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 平成28年4月1日に施行される改正行政不服審査法において、行政庁等に対する不服申し立ての制度が、公正性の向上、使いやすさの向上、国民の救済手段の充実・拡充の観点から見直されました。本町におきましては、地方税法に基づく固定資産課税台帳に登録された価格についての審査の申し出があったときは、固定資産評価審査委員会において調査を行い審査しなければならないこととされております。今回の改正は、改正行政不服審査法の施行に伴い、審査の手続について所要の規定の整備を行うため、現行条例の改正を行うものであります。
 詳細につきましては総務課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第5号大河原町固定資産評価審査委員会条例の一部改正について、詳細説明を申し上げます。
 本議案につきましても、行政不服審査法の改正により行うものでございますけれども、この法律の改正に伴いまして、行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律も改正されました。その中で、地方税法等の一部改正が行われ、固定資産の価格に係る不服審査に、異議申し立て及び不服申し立てが審査請求の文言に統一されたものでございます。その関係で、条例についても改正をするものでございます。
 それでは、新旧対照表をごらんになっていただきたいと思います。
 まず、第4条の改正につきましては、固定資産評価審査委員会の審査申し出に関して、記載事項といたしまして住所の関係並びに第2号といたしまして処分の内容を記載することとするものであります。
 なお、「居所」というような追加をしてございますけれども、住民票の登録以外で実際に住んでいる場所と言われております。例えば、長期入院中の病院であったり、あるいは仕事の関係で寮に入っていたり、そういった形になるかというふうに思っておりまして、本人の所在が確かであるというふうな形になるかというふうに考えているところでございます。
 それから、同条第3項の施行令第3条第1項につきましては、行政不服審査法の全部改正により、法律から施行例に移ったものでございまして、その内容につきましては、審査請求に係る代表者や代理人に関して、その資格を証明する書面の添付を求めるものであります。
 それから第5項、それから次のページの第6項の追加規定につきましては、審査申し出の書類提出に際し、紙ベースではなくて電気通信回線、いわゆるオンライン回線ですね、でのデータの提出並びに議案第3号で申し上げましたけれども、フロッピーディスクとかCD等での媒体へ記録されたデータについても提出書類とみなす規定でございます。
 なお、このオンライン回線利用でのデータ提出につきましては、平成22年に制定いたしました大河原町行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例により、町民の利便性の向上及び行政運営の効率化を図るものでございます。
 第6条の書面審理につきましては、委員会での審査手続として書面で審査をするものであり、第1項での町長への弁明書の提出の求めに始まり、その弁明書に対する審査申し出人からの反論書の提出等、これらのやりとりを行う規定であります。第2項の追加規定につきましては、第4条第5項と同様にオンライでの弁明書の提出を可能とするものでございます。
 3ページにまいります。
 第11条の決定書の作成でございますけれども、決定書の内容を明確にするものであり、裁判所での判決書に準じたような内容となっているものでございます。
 附則につきましては、これまで同様に28年4月1から施行するものでございます。経過措置につきましても、28年度の4月1日以降の分について適用するというような形になっているものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第5号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第6号 平成27年度大河原町一般会計補正予算(第7号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第6号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第7号)を議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第6号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第7号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳出について申し上げます。
 まず、総務費では、自動車メーカーより電気自動車の無償貸与を受けることとなり、これに伴うスタッドレスタイヤ等の装備品が必要となったこと等により40万5,000円増額しております。
 農林水産業費では、補助金制度の変更による名称変更及び補助金交付見込額の増により10万円増額しております。
 教育費では、金ヶ瀬中学校屋内運動場用の備品購入等により261万1,000円増額しております。
 次に、歳入につきましては、農林水産業費県補助金で補助金制度の変更による名称変更と交付見込額により10万円増額しております。
 繰越金では301万6,000円増額しております。
 これらの結果、本年度の予算総額に歳入歳出それぞれ311万6,000円を追加し82億1,402万3,000円とするものであります。
 詳細につきましては、企画財政課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第6号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第7号)の詳細説明をいたします。
 町長の提案理由にもありますように、今回、歳入歳出それぞれ311万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を82億1,402万3,000円といたすものでございます。
 事項別明細書によりご説明をいたしますので、6、7ページをお開き願いたいと思います。
 まず、歳入でございます。
 15款県支出金2項県補助金4目農林水産業費県補助金2節農業振興費補助金10万円の増額につきましてでございます。
 まず、説明の欄にありますように、担い手の農地集積事業補助金と機構集積協力金につきましては、補助金の名称が変わったことによる変更でございます。また、10万円の増額につきましては、当初0.5ヘクタールから1ヘクタール未満の機構への貸し出しが1件あるものとして計上してございましたが、今回0.5ヘクタール未満の貸し付けがあるものとして2人分、30万円×2人という形で60万円、10万円の増額とさせていただいたものでございます。
 19款繰越金につきましては、今回の補正財源といたしまして301万6,000円を増額させていただいております。
 8、9ページをお開き願いたいと思います。
 歳出のほうに移らさせていただきます。
 2款1項6目財産管理費の11節需用費11万円、18節備品購入費19万5,000円の増額につきましては、自動車メーカーから電気自動車を3年間無償貸与されることとなったことから、消耗品におきましてスタッドレスタイヤと、備品購入費ではキャリア・拡声器等をつける装備品という形で今回補正をさせていただいてございます。9目自治振興費の8節報償費10万円の増額につきましては、町政功労者弔慰金といたしまして、当初15件の計上をしてございましたが、現在13件支出しておることから、今後の分といたしまして10万円を増額させていただいてございます。
 6款農林水産業費の1項3目19節負担金補助及び交付金10万円につきましては、歳入のほうでご説明した関係のものでございます。
 10款教育費1項教育総務費2目事務局費14節使用料及び賃借料16万1,000円、著作権使用料といたしまして、これは、暗唱読本を作成するに当たりまして著作権が発生するという形での計上でございます。件数につきましては31件というふうな形でございます。同じく3項中学校費の3目金ヶ瀬中学校管理費18節備品購入費231万円。これにつきましては金ヶ瀬中学校屋内運動場用の備品といたしまして、折りたたみ椅子、テーブル、円台またはグランドピアノの運搬用台車などの購入というふうな形で今回補正をさせていただいてございます。
 続きまして、10、11ページをお開き願いたいと思います。
 4項社会教育費3目金ヶ瀬公民館費11節需用費14万円の増につきましては、修繕料といたしまして、雨どいの故障があったということから今回修繕するということで14万円を計上させていただいてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 確認かたがた伺います。
 7ページですけれども、2節の農業振興費補助金、課長の説明ですと、補助金の制度の変更されて名称が変わったということですけれども、この金額からするとなんかメリットというか、以前よりも補助金がなくなって協力金のほうが対象者にとってはメリットになったのかなとこう思うんですけれども、その認識でいいのかどうか。というのは、補助金というのは要綱に基づいて恐らくされていると思うんですけれども、補助金制度がこれ変更というのはなくなるんですか。なくなってこの協力金というふうになったのか、その点で、これからもこの協力金のほうが、先ほど申し上げましたように対象者にとってはよりいいものになったというふうに理解していいのかどうか確認です。
 それから、9ページの教育費の14節使用料及び賃借料、この著作権の使用料というのは初めて出てきましたけれども、31件ということですけれども、この教育費の中の著作権ということで、もう少し詳しくですね、ご説明をいただきたいというふうに思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 7ページの、担い手の農地集積事業補助金と、あと機構集積協力金の関係でございますが、対象者にとってのメリットということでありますが、そこはなんら内容的に変わるものではありません。制度に合わせた名称に直すということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それでは、著作権使用料の件について詳しくご説明をさせていただきます。
 今回、大河原暗唱読本、タイトルを「じゅげむ」という名称で現在各小中学校の先生方で編集作業を行い、12月議会で予算をお認めいただきましたので、年度内の完成を目指して現在作業中ですが、小学校低学年あるいは中学年、高学年と、それぞれ暗唱に適する詩あるいは文章等々を選びまして、それを暗唱するというような授業等に使っていくことになっていくわけなんですが、全部で100件、100の作品等々を選び出しております。そのうち、著作権がない、いわゆる本人承諾しているもの、あるいはまず教科書等に載っていることから著作権の発生しないもの、あるいは既に年数的に著作権がなくなっているもの等がかなりあるわけなんですけれども、それ以外に著作権の関係では日本文藝家協会のほうから18作品、これは1作品2,160円かかりますよという指摘のあったもの、例えば川端康成の「雪国」の冒頭の部分、あるいは魯迅の「故郷」よりというような部分、あるいは大河原町出身の佐藤佐太郎の短歌に至っても著作権がかかりますというようなご指摘があるものですから、その分について18作品、3万8,880円を支払う必要があります。また学校図書協会、これは1作品ですが、これにつきましては、新沢としひこさんという方の「空にぐーんと手をのばせ」という作品については1作品5,000円かかります。さらに日本ビジュアル著作権協会というところ、こちらは7作品ありますが、鶴見正夫さん作の「あめのうた」、神沢利子さん、「みみずのたいそう」、あるいは谷川俊太郎の「きりなしうた」あるいは「ないないづくし」といった詩の作品ですね、これが7作品、1作品1万800円、合計7万5,600円というような金額になります。あるいは相田みつをの作品に至りましては、1作品ですが5,000円、それから英語の歌、ジョン・レノンの作詞によります「イマジン」という曲については1万2,000円、そういった個々の作品に関して著作権がかかるというところ、これについてはやはり法律上どうしてもクリアしなければならないものだということで、著作権使用料を支払いまして、学校での授業等で使う暗唱読本を活用していくというようなことで進めているところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 著作権は、初めてですけど、なんとなくわかりました。
 それで、最初のこの農業振興費の補助金でありますが、そうしますと今回2名が対象ですけれども、これはこれからもこの協力金というのはそのままずっと対象者があれば継続して支給されるということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 今の農地中間管理事業というものでの制度で、そのある限りといいますか、ずっとこの制度対象となります。制度存続といいますか、交付されるようになります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 2つほどです。9ページの総務費の中の、先ほど3年間無償貸与のこう、車の備品購入とあったんですが、前に説明受けたかどうだか忘れちゃったんですけれども、どういった車でどういったことに使うのか、その辺教えていただきたいのと、あと6款の農林水産業費の、前者と一緒なんですが、機構集積協力金なんですが、今後大河原町でこういったことを見込まれる方って大体どれくらいいるのか、町のほうで人数というか、つかんでいるのか、つかんでいれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今回無償貸与を受けますのは、現在デマンドタクシーで使っておりますe-NV200のバンタイプというふうな形になります。これにつきましては公用車という形で使っていきたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 今後見込まれる方ということでありますけれども、大体兼業農家の方といいますか、そういった小規模農家の方がだんだん経営をやめていくといいますか、もうずっと貸しますというぐあいになる方が対象なものですから、ちょっと人数的にはまだ、昨年度1件、今年度、今2件ということの状況でありますので、なかなか見込みというのが難しいところであります。(「はい、いいです」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第6号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 議長より念のため申し述べます。あす1月26日から3月1日までの間は休会となっておりますので、ご承知願います。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     午前11時03分  散 会
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成28年1月25日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------