議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2015年12月17日(木):平成27年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席届が出ております。また、佐藤 巖君より遅参の報告をいただいておりますので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
 これから諸般の報告をします。
 休会中の委員会活動予定は配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。行政報告を行わせていただきます。
 平成27年12月9日に、大道災(単)27の1、小山田沼田線ほか道路災害復旧工事の入札を執行しましたので、その状況についてご報告申し上げます。
 この入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりであります。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 確認なんですが、この災害復旧工事は9月10日、11日の大雨豪雨による災害復旧なのか、あと大体その被害を受けた箇所については、地域整備課ばかりじゃなくてほかの課においても大体復旧が終わっているのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今回の災害復旧につきましては、枡議員質問のとおり、9月の豪雨によるものでございます。それで、地域整備課にしましては、道路等の復旧を発注したものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 農政課のほうは、小さい工事はもう施行をやっておりまして、大きい入札になるものは、今その準備等を進めているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 議案第56号 大河原町体育施設に係る指定管理者の指定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第56号大河原町体育施設に係る指定管理者の指定についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) それでは、議案第56号大河原町体育施設に係る指定管理者の指定についての詳細説明を申し上げます。
 本施設につきましては、平成20年4月より特定非営利活動法人大河原町スポーツ振興アカデミーを指定管理者としておりましたが、平成27年4月1日から1年間の指定期間が、平成28年3月31日で終了することから、指定管理者候補者選定委員会で選考した結果、引き続き特定非営利活動法人大河原町スポーツ振興アカデミーに2年間管理を行わせることが適当であると選定されたものでございます。
 よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 3点ほどお伺いをします。
 昨年の12月議会で、利用者の方への対応等についての改善が必要と判断し、本来は3年のところを1年契約としたということで、今回2年の契約になったわけですけれども、その2年というちょっと理由をお聞かせ願います。
 2点目、選定委員会、これいつ開催されたのかお伺いいたします。
 3点目、具体的に、そのどんな点が改善されて、また今後どんなことの改善が望まれると思われるのかお聞かせ願います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) まず、1点目の2年、昨年の12月議会で3年の期間を1年というふうな格好でございます。この理由でございますけれども、町側で提案申し上げている各種スポーツ大会、さらには各種教室、これらについては適切に運営をされているところでございますし、従前NPO法人の会計予算につきましては、ちょっと煩雑な部分ございましたけれども、これらを分離し、指定管理としての明確化の取り組みがなされた。さらには土日、さらには祝日の振りかえ、これらについて、従前年輩の方が対応しておられたところでございますけれども、これらを若手職員にこう切りかえて、利用者の改善を図った。さらには、指定管理については、議員ご指摘のとおり3年が周期でございますけれども、それを1年というふうな格好でございましたので、今回2年にしまして、他の指定期間のところと合わせる形でございます。
 開催日でございますけれども、11月11日にこの指定管理者候補者選定委員会を開催をしているところでございます。改善につきましては、先ほど申したような内容でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。昨年の12月議会では、処遇の改善の考え方が示されたということの説明があったと記憶しているんですけれども、話に聞くと、理事長の報酬が上がったというような話を聞きましたが、理事長だけの報酬が上がったのか、それとも他の職員の報酬も上がったのか、その辺わかればお聞かせください。また、どの程度金額が上がったのかも教えてください。
 あと、もう1点なんですけど、総合体育館総合体育館の館長がNPOの理事長だという話もちらっと私聞いたんですけれども、その辺どのようになっているのかお聞かせを願います。
 選定委員会でさまざまな意見が多分当然出たと思うんですけれども、どのような意見が出たのかもあわせてお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 理事長といいますか、体育館的には館長ということで、26年の6月から新たに館長ということで入っております。館長につきましては、非常勤から常勤ということで、月額で支払われることになったようでございます。職員につきましては、定期的なちょっとした昇級はございますが、職員の給与等は、一人一人の給与は特に変わっておりません。
 それから、理事長はNPOの理事長ということでございますので、その理事長の方が体育館の館長を兼ねるようになったということでございます。指定管理としては、理事長のほうはNPOの関連でございますので、館長として支払う分については、それについて問題という認識は特に持ってございません。理事長と館長の兼務につきましても、特にそれは業務が別ということで、特に問題という認識は持ってございません。以上です。
 館長として、26年度の6月から月額15万円ということで支払が行われておるようでございます。(「もともと幾らで、幾らになった」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ちょっと副町長、ちょっと待ってください。(「もともと幾らで、幾ら上がったのかという、15万円になったということですね」の声あり)生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 新しく館長となったことで、その館長に15万円ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 最後のどういう意見が委員会の中であったのかというふうな格好でございますけれども、先ほど申しました各種スポーツ大会、教室等のこの実績ですね、これらについての形、さらには今もございました館長の報酬についての考え方についてもありまして、来年からは指定管理者としての報酬、さらにはNPOとしての報酬、それを区分分けするというふうな格好で、指定管理者としては年間84万、NPOとしては96万、こういう格好での区分分けをするということの話をなされたものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちょっと私何かいまいちわからないんですけれども、これ館長というのは、これ町の建物ですよね、体育館というのは。それがNPOの理事長と館長を兼ねるということになるんですよね、今の説明だと。私は何かそれちょっと違うような気がするんですけれども、例えば教育長が館長になるとか、それだったらわかるんですけれども、生涯学習課長が館長になる、その辺がちょっと私不思議なんですが、あと月15万円の報酬、これは館長としての報酬なのか、理事長報酬とはまた別にな館長報酬があってということなのか、その辺ちょっとわからないのでお聞かせください。
 最後になるので、あともう1点なんですけど、若い職員の賃金が物すごく低くて長続きしないというような話も聞いてますけれども、理事長の報酬を上げるのも必要なことなんでしょうけれども、その辺の若手職員の処遇の改善も私は必要だと思うんですけど、その辺もちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 理事長はNPOの職務でございますので、理事長の仕事の報酬を指定管理料で払うということは考えられないというふうに思っております。なので、指定管理料に含まれるのは、あくまでも館長の職務というふうに考えます。
 それで、館長については、特に責任を持って職務をできる職員を置くようにということもうたっておりますので、その中でその名前が事務局長あるいは館長ということでも特に問題はないと考えるものでございます。なので館長、あくまでも指定管理ですので、その使用の決定の権利も指定管理者のほうにございますので、特に館長という名前でも問題ないものと思っております。それで、指定管理料に含まれるのはあくまで館長、その職務としてはNPOの仕事ではない部分、体育館の管理に係る部分についての報酬と考えております。
 それから、若い職員の収入が少ないという点につきましては、私のほう、さらにNPOさんのほうでも認識はしております。28年度に向けて、何らかの改善ができるように打ち合わせをしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) この指定管理、昨年の12月議会のほうでいろいろと町民からの問題があって、3年を1年にしたという経緯なんですけれども、それで今回2年ということで、結局その後は3年に戻すような考えなのかと、あと町民からのいろいろな問題点とかは、この1年間でなかったのかどうかをお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 今回の期間については、先ほど申しましたとおり、2年で他の指定管理者と同じようにするわけでございますけれども、それ以降については即3年なのかということについては、利用状況等々を勘案しながら判断したいと思います。
 利用者の方々の反応でございますけれども、先ほどもちょっと申しましたけれども、従前土日とかそういう部分について、甚だあれですけれども年輩の方々がやっておられて、応対が若干不評を買ったような部分もございましたので、今回若手に切りかえてやっておられるということで、利用者の方の不満についてはないように思われます。具体にいいますと、投書箱等々も設置しているわけですけれども、これらについてはそういう投函についてはないというふうな格好でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、今回2年ですけれども、2年後はまだわからないという形でよろしいですかね。
 あと、選定委員会ですけれども、前回もそうだったんですけれども、公募という考えは出なかったのかどうなのかと、あとは対応に対しては余り直っていないような気もするんですけれども、もう少し改善が必要な点は出なかったのかどうか、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 2年後については、ただいま申しましたとおり、その状況等を勘案して3年にするのか、その辺は見きわめてまいりたいと思います。
 公募でございますけれども、このアカデミーにつきましては、さまざまな町のイベント等々にもかかわっていただいている格好もございまして、町のその状況等については熟知されておられるということで、公募よりもこのアカデミーを選定したところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと須藤議員さんとの課長とのやりとりちょっと聞いていて、ちょっと確認したいことがあります。それはですね、理事長はかわりましたけれども、以前の理事長もこの館長という、館長ということだったんですか。ちょっとよくわからないんですけれども、例えば指定管理者は町も至るところにありますけれども、例えばこれは比較にならないと思うんですけれども、学校給食センターの所長というのは町の職員がなっていますよね。そうしますと、私は館長というか、幾らその指定管理者しても、公的な施設ですから館長は町の課長が、でないのかなと実は思ってたんですね。それで、そこが経過がどうなのかちょっと一つ確認をしたいです。
 3回しかできませんので、ちょっと続けます。それから、先ほどの話ですと、前の理事長さんは非常勤だったのが、今度常勤になるということで、常勤ですからこれ毎日職員と一緒にするということなんですか、よくわかりません。それで、あえてさらにお聞きしたいのは、そうしますと、今いる職員に常勤になるということは、人手不足だから常勤にということになったのか、ちょっとわからないので、まずその点をわかりやすくお答えしていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 1点目は、前の理事長につきましては、特に館長という名前は持っておりませんでした。
 それから、館長は課長でもいいのではないか、指定管理者であってもということなんですが、名前が館長、最初から課長が館長を兼ねるということではございませんでしたので、そのままきているわけですが、特に館長という名前は今まではなかったものでございます。それで、新たに館長ということなんですが、特にそれについては責任者の名前ということですので、特に問題はないのかと思います。
 それから、前非常勤だったということで理事長だったんですが、そのときは週1回の勤務だったと聞いております。現在は、週3日間常勤ということで来ておるところでございます。
 それから、非常勤から常勤という、人手不足ということも当然ありますが、管理を、いろいろ問題もあったので管理をきちんとして、問題がないようにするには日にちが長い方が、3日間ぐらい来たほうが、1日だけではなかなか難しいという判断で3日間ということでやっておるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 館長の話ということで、この指定管理者制度をですね、もう一度確認をしておきたいと思うんですけれども、以前は委託というようなことでございました。しかしながら、それがその管理運営という役場と変わらない事業をする際に、それは委託ではなくて指定管理制度というのを導入しなければならないということに平成18年度からなったはずでございます。つまり、今まで事業の委託ということでありましたけれども、その施設の管理運営まで行う、つまりその運営、管理については、例えばその許認可権であったり、そういった事業も出てまいります。そういった中で、その指定された業者がみずからその管理運営するために、責任者である館長という役職をつけて、役場と同じような形の中で管理運営するという状況であれば、これは何ら問題ないというふうに思います。そういった事業計画を町のほうに出していただいて、それを町が認めるような形の中で、選定委員会の中でいろいろな協議をされたというふうになっております。したがいまして、確かにその理事長と館長という、重ねたような形になりますけれども、町とすれば館長というその責任ある職を指定管理の中で、指定管理料という形の中で支払っていくということについては問題がないというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 改めて体育館の今指定管理者のことを、私なりにも今整理していたんですけれど、両課長から今説明受けて、いずれにせよ町民が利用するわけですよね、もちろん町外の方も利用する、大体施設の長というのは、体育館といえば館長というふうにこう、通常はなりますよね。それで、課長の、課長ってこっちの課長さん、生涯学習課の課長さんの答弁の中で、今まではなかったけれども今回なったと、今までにはなかったけどというのは、それは指定管理者はなってから随分しばらくたちますよね。その辺が非常に何かはっきりしていなかったんではないかなと今思ったんですね。それで、この指定、何だっけ、館長さんは指定管理料の中に今回常勤としていくので15万円ですか、なったというのも選定委員会をする中でその委託料というのも決まっていますので、そういうことも十分承知して、あのNPOとオッケイと、オッケイというか同意がなされたということでの今話になっているのかどうかですね、もう一度確認をさせていただきます。はい、まずお答えいただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 確かに、館長という職務は26年の6月まではなくてですね、理事長という名前で体育館の管理も一緒にやっているということでお一人いらっしゃったわけで、誰が、はっきりしていなかったといいますと、館長という職名はございませんでしたので、じゃあ理事長なのか、あるいは管理課長なのかという部分ではっきりしていなかったという部分もあったかと思います。実際、決定権はどこだったのかという部分があったのかと思います。今回館長ということで、はっきりしたものというふうに思っております。
 それで、委託料でございます、指定管理料でございますが、年間幾らというのは今後年度協定の中で結ばれることになります。それで、副町長の話もありましたが、15万が適正かどうかという話題につきましては、28年度の年度協定の中で、結ぶときにまた協議をさせていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにせよ、指定管理者をしててもですよ、公の施設には変わりないんですよね。ですから、そこは町長としてですね、町長の意見もちょっと聞きたいんですけれども、きちんとやっぱりしておかなきゃならないというふうに思います。今、官から民へということで、どんどん広がっている状況がありますので、今後のこともありますので、きちんとしていただきたいというふうに思います。後でご答弁いただきたいと思います。
 それから、ちょっともう一度確認ですけれども、非常勤からこの常勤になったということでの、だから館長という受けとめ方になるということでいいんですか。もし、非常勤でなかったら館長じゃなくて、館長はいないということですか。だからそこはですね、やっぱし町としてどうなのかということをきちんと、何というんでしょうか、その契約する上において、やっぱり持ってなきゃだめですよね。そういうものというのは、何を基準にこういうことになるんですか。体育館は一つしかありませんので、わかりませんけど、もう少しその辺はですね、精査してきちんとやっぱり私はしておくべきだなというふうに今改めて思いました。
 それで、最後です、NPOと町との今回また2年間ということで、私はぜひこのまま継続して指定管理をしていただきたいという立場からなんですけれども、協議、NPOと町とで十分なやっぱり協議をして、本当に何というんでしょうか、こうわだかまりがないというか、きちんとすっきりした形で委託できる、そういうやっぱり環境というのはとても大事だし、それがまた利用者にとってもいい体育館の環境づくりにつながっていきますので、ぜひその点で肝に銘じて、何というんでしょうかね、指定管理をしていただきたいなというふうに思います。町長、きちんとした答弁お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回いろいろな諸般の事情もございまして、2年間とさせていただいたということでありますけれども、ただいまの議論を聞いておりまして、館長の位置づけについて若干疑念がおありでありますので、これしっかりと疑念のないように、しっかり精査して取り組んでいきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 常勤から非常勤、これによってというのは、ああ、非常勤から常勤によっての形かってことでございますけれども、そうではございません。責任者ということで申請をいただいたので、そういうことで館長というふうな格好に認めたところでございます。さらには、十分な協議、NPOとの協議でございますけれども、従前もこれは協議をしているわけでございますけれども、今後とも一層これらの協議については気を配ってまいりたいと思うところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 選定委員の構成メンバーというのは、どちら様なのか教えてほしいのが1点とですね、議論の流れ聞いていると、今丸山議員からまだ町民に対しての接遇では改善が見られない点があるんじゃないかとかいろいろご指摘あったようなんですけれども、これ始まるときからですね、1回議会には否決されていると思います。再度上程されて可決に至って、その後私も一般質問においてですね、きちんとコンプライアンスを持ってやってほしいと、イニシアチブは委託側の町が握るということで、こちらはきちっと主導権を持って、利用者である方に気持ちよく使っていただけるように、そして委託期間がこれ2年間というのも、若い職員が働く中では非常にかわいそうなことなんです。昇給も見込めないし、委託が2年と決まれば2年先の自分の仕事しか見えない、3年になったら3年、こういうことは極めて働く方にも精神衛生上あんまりいいことではありませんし、本当にこのNPOがですね、成り立ちから見ますと、体育館を委託するために官製NPOという、官のほうから働きかけて、盛り上がってそういう体育の施設に対して健全な団体だとか、そういうことがあるというところでなったんではなくて、官製NPOなんですね。まさに私はあんまりいい形で委託するような団体ではないのじゃないかなということでやっています。もちろん、理事長、館長の方ですか、スペシャリストだと思いますよ、もともとの立場も立場の方ですから。ただ、課長の答弁聞いてても、やっぱり歯にはきぬはちょっと着せていたのかなというのは、そういうところの力関係もあるのじゃないかというふうに私も思います。教育長は、平成28年に総合型地域スポーツクラブを創設する、そういうこともおっしゃっていましたね。であれば、なぜ2年委託するのか、この総合型地域スポーツクラブの事業の一環でもそういうことはできるはずですし、こういうことで極めて不健全なものだという認識が一部町民の間にもあることは事実ですし、その辺をしっかり精査してですね、その議会にもNPOさんから直接説明があってしかりなのかなとも私は思うんですけれども、もしそういう場ができなければ、きちんと執行部側でイニシアチブを持ってですね、やるのかやらないのか、そこだけですから、きちっとそこはやってほしいというのが私ら議会としての意見でございます。答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) まず、選定委員の構成メンバーでございますけれども、委員長が私で、委員としては会計管理者、教育長、さらには総務課長、企画財政課長、教育総務課長、このメンバーで先ほどの選定をしたところでございます。
 改善が若干不足しているのではないかというふうなことでございますけれども、冒頭申しましたさまざまな各種スポーツ大会等々、各種教室等については改善が図られているものと理解をしてございます。
 あとは、その指定期間の問題にとりまして、職員のその安定的なといいますかですね、こういう形については、他の指定管理者の期間についても大体3年というふうな格好でのくくり方しているもんですから、若干その点については不安定なところもございますけれども、ご理解を賜りたいと思います。
 この成り立ちについては、ご指摘いただいたとおりですね、若干いろいろな問題もあったことについては否めないものと思っております。総合型スポーツクラブ等々については、今後検討いただく。直接あとNPOがこちらで議会で説明するということについては、若干なじまないものと理解しておるところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 総合型地域スポーツクラブにつきまして、議員ご心配いただいておるところでございますが、過去にはそのアカデミーの運営が好ましくない状況もありましたけれども、改善されてまいりましたので、28年度はアカデミーと協力しながら、何とかスタートにこぎつけたいと考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 選定委員は、全部庁舎内の方ですよね。館長の方も、もともとこの選定委員の委員会の委員長を務める役職にあった方だと思うんですけれども、外部からどうか監査委員でもいいですし、外部からの人間を入れてほしいということと、また総合型地域スポーツクラブの柱がこのアカデミーの方が柱となってやるということに関しても、また私はちょっと一抹の不安を感じるところでございます。そこについてもですね、新たなメンバー、相談があれば、多方面にいろいろな人材おるわけですから、ただ看板を変えるだけの話ではなくてですね、しっかり町民のために喜ばれる体育館ということでやっていただきたいと思うんですけれども、あくまでも総合型地域スポーツクラブの創設に当たっては、このアカデミーさんが主力で、また人材的には主力でいくという認識でいいのか、給与面でも3日働くと常勤になるんですかね、こういうところも非常に私おかしいと思います。そこを言えない人がやっているというのも非常におかしいですし、はっきり言うと、ここは執行部のほうがもうちょっとなめられないでやってほしいというのが私の、町民の思いだと思いますので、ちょっといいようにやられているんじゃないんですか。本当に、総務課長の答弁では館長を名乗ってもいい、本当に堀江さんのきのうの言葉をお借りすると、軒先貸して母屋とられているような形だと思いますので、しっかりその辺ですね、行政の仕事の一助をやっているということの深い認識に立って運営をいただくような指導というのが足りないから、こういう質疑をしているわけで、その辺を再度答弁よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) まず、選定委員の中に外部の参入というような格好でございますけれども、今後これらについては検討をしてまいりたいと思います。
 総合型スポーツクラブのかかわりについては、教育長のほうからまたあれですけれども、最後にいただきましたNPO等につきましては、十分な先ほど申しましたとおり協議をしているところでございますけれども、ただいまいただいたような視点に立ちまして、今後さらに協議を重ねてまいりたいと思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 総合型地域スポーツクラブにつきましては、アカデミーのほうに丸投げするつもりは全くございません。教育委員会のほうが主導権を握って推進していく考えでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 今までいろいろ4人の方の意見を聞いたんですけれども、まずですね、このアカデミーのほうに委託するのは委託するといたしても、この委託するときに、委託でないな、指定管理をするときに指定管理料で出しますよね。そのときに、多分手数料か何かあったんではなかったのかなという記憶あるんですけども、委託手数料みたいな形で。それもしあったとすれば、全体の金額の中の何%ぐらいになってるのか教えていただければと思います。
 それからですね、私もしょっちゅう体育館に行って、いろいろあるんですけれども、確かに職員の方につきましては、いろいろ待遇面での不満は結構あるようです。ですから、今回のこの館長それから理事長の月額についても、何といいますか、よしと思っていない職員もいるように感じました。
 それでですね、先ほどの中で常勤で週3回で3日で常勤だというんですけれども、週3回、1週間7日のうち週3回働いて常勤というんでしょうか。何時から何時まで働いているんでしょうか。その時間帯も教えていただきたいというふうに思います。
 それから、後の補正予算でも出てくるんですけれども、債務負担行為をしますよね、7,200万円。7,200万円というと、非常に大きな金額だと思うんです。その中身わかんなくて、ただ指定管理料ですからということでぽんと出されても、我々責任を持てないんじゃないかと思うんですよ。せめて、全員協議会なり何なりで、こういうふうな内容で委託をしますよというふうな説明があっても、私はしかりではないかと思うんです。例えば、金ケ瀬公民館くらいと同じくらいの、年間にするとですね、金ケ瀬公民館と同じくらいの管理委託料ですよね。金ケ瀬公民館の場合、ここでいちいち消耗品はどうなんだこうなんだといろいろ言われるわけですよ。ところが、我々すっと7,000万円も、3年間でですが、7,200万円もの金をただ単に議会で承認してくれと言われても、中身がわかんなくて、ただああそうですかという、漠然的に非常に私としては責任が持てないなというふうな気はするんですけれども、この辺の考え方をお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 1つ目の手数料ということなんですが、指定管理料につきましてはいろいろな予算を積算して出しておりますので、手数料というのはちょっと、特に町からこの分は手数料ということで支払っている部分はないのかなと思います。
 それから、待遇に関してですが、確かに若い職員の方の給与につきましては、確かに低いなという認識、こちらも持っておりますし、先ほども申しましたNPOさんのほうでもそのように考えているということで、何らかの改善という点で協議はしているところでございます。
 それから、館長ですが、勤務は8時30分から15時15分、役場と同じということでございます。17時15分です、済みません。3日で常勤、前の方が1日ということだったわけですが、3日ということで仕事をするということでございます。
 債務負担行為につきましては、今回補正のほうで7,200万円ということで出させていただいていますが、これは28年度と29年度に関しての限度額ということで今回出させていただいております。それぞれ28年度につきましては積算で3,550万円程度、それから29年度は3,650万円、消費税等が上がりますことからちょっと上げておりますが、それで合計で7,200万円ということで債務負担行為のほうをさせていただいております。また、28年度の実際の委託料につきましては、予算の中でお示しさせていただきますが、ほぼ3,550万円程度の予算をとりたい考えでございます。最終的にこの金額決定しますのは、今回基本協定ということで、基本的な協定を結びますが、金額につきましては毎年度、年度協定を結びますので、その際に年間の指定管理料の決定をさせていただく考えでございます。以上でございます。(「答えになってねえべ」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私言ってたのは、その年度協定じゃなくて、この内訳ですよ。委託する管理する委託の中身がどうなってるかというものを、全員協議会なりなんなりに提示すべきではないかと私は言っているんです。この3,500万円とか3,600万円とかというその中身を知りたいということなんです、議会として。ただ単に3,500万円です、これになりましたと、中身何ですかって言われたときに、我々答えようがないわけですよ。ですから、そういうふうなことが必要なんでないかということが、私は言っているんです。
 それから、8時30分から5時15分、これ誰確認してますか。タイムカードあるんだかどうだかわかりませんけれども。
 それから、今の若い職員いますよね、男の職員とか。さっき須藤議員も言われましたけども、金額は言いませんでしたよね。正職員といいますか正職員で若い職員の中の給料というのは、月幾らになっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 指定管理料の内訳ということでございますが、確かに説明、議員さんの皆さんに説明する機会、今までとってございませんでした。今後、全員協議会等の場をいただきまして、説明をする機会を今後つくっていきたいと思っております。
 それから、確かに勤務時間、確認しているのかということでございますが、こちらでNPOの職員一人一人の勤務時間、確かに働いているかというところまではこちらでは確認できないんですが、出勤簿等ありますので、そちらで確認できるものと思います。
 それから、若い職員ですが、若いと言われる職員、お二人男性の方おりますが、年収、月額で14万円ちょっとぐらいということで、年末の手当とこう含めまして、年収で210万円から220万円ぐらいということが現在の実態でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) あのね、体育館を運営するのに、快く気持ちよく働いてもらうというふうなことから考えると、若い人たち、いい人材をこう採用して、そして働いてもらうということであればですよ、週3日のね、その館長の月給よりも、若い人たちらが低いという、これ1週間に5日か6日働くわけでしょう。この辺のところをもう少しね、考えられないもんなのかどうなのかということだと思うんです、私は。確かに、NPOの財政について町では云々というふうなことはないとは思いますけども、NPOも随分金持っているんだかしゃあねけんども、年間96万円のこのものをNPOから理事長に出しているというふうな前のあれですけども、NPOってそんなに金があるんですかね、どっから金入ってくるんだかわかりませんけども、ある程度その何といいますか、NPOが適正なNPOであるかどうかというのをチェックするためにも、委託先ですからね、NPO自体のその経理内容というのも、やはり私はチェックすべきだと思うんですけれども、それチェックしてるんですか、その辺のところをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 週3日ということで、若手職員より高いという話がございました。それで、28年度以降の予算のほうもこちらに出していただいてるわけですが、その中で、その今議員さんおっしゃられたお話もこちらから申し上げておりまして、半分ぐらいに下げるということでご了解はいただいいて、そのような形で進めるというふうに今動いております。
 それから、予算、決算につきましては、町の監査委員のほうで、私のほうでもやっておりますが、資料を全部出していただいて、中身を監査、補助団体ということで監査は行っております。(「言っている内容違うべ」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 質問内容とちょっと違うんですけども、いいですか。(「これ何回目、4回目」の声あり)3回終わりましたけれども、私の質問の内容とは違う答弁なんです。(「ああ、そうですか」の声あり)私が聞いているのは、そうじゃないんです、別な、よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私が言っているのは、(「答弁、きちっと聞いて答弁するよう」の声あり)私が言っているのは、町で委託した分は監査委員が監査してるのはわかってます。そうでなくて、町で委託をするNPOなんだから、そのNPOがきちっとした、その何ていうのかな、その経営状態になっているのかどうなのかということをチェックすることが私は必要なんでないかと言っているんです。ですから、極端に言えば、NPOの監査まではいかないけれども、NPO会計のところまできちっとチェックしているんですかということを聞いているんです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) NPOにつきましては、ここのNPOはほとんど指定管理料で運営していますので、その他の事業がほかにないということではございますが、そういう現状ではございますが、特に提出書類の中にNPOの会計の決算も出ておりますので、チェックといえばそのNPOの会計の決算を見るぐらいのが現状ではございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。(「動議をちょっと提出したい」の声あり)動議。
  暫時休憩します。
     午前10時52分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 ほかに質疑はありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) このたびの選考委員会での2年間継続の決定を評価します。このことは、事業内容が改善されたという方向性での決定だと考えております。若い人の勤務に関してでありますが、確かに平日はほとんど仕事がない状況です。つまり、やりがいづくりが必要です。例えば、ジムの利用者がふえております。そういった平日の活用策を協議して、事業内容の充実を図る、その方向性で進めばいいと考えております。
 それと、数人の議員の方の議論でありますが、個人攻撃に終始しているように感じてしまうのは私だけでしょうか。指定管理の意を大局に、大局的に判断してはいかがでしょうか。お答えください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質問ですね、はい答弁、生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 今後とも、事業内容、平日の活用、さらに事業内容の充実については協議を進めてですね、今後ますます体育館の事業が活発になるよう、また町民の方に喜んで利用していただけるように、教育委員会としてもNPOとの協議を今後とも続けてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第56号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第56号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第57号 大河原町行政手続における特定の個人を識別するための番
                 号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定
                 個人情報の提供に関する条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案第57号大河原町行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第57号大河原町行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例について詳細説明を申し上げます。
 この今回の条例の制定につきましては、町長の提案理由でも申し上げておりますけれども、マイナンバー、いわゆる番号法で定められた本町独自の個人番号の利用について、条例で定めるものでございます。
 個人番号の利用につきましては、番号法で定める事務のほかに、町単独の条例を定めることで利用ができる規定となっております。今回、本町においてこの個人番号を利用することで、住民の利便性の向上と、それから行政処理能力の向上、こういったことが図られる事業を洗い出しまして、利用に関しても頻繁に利用される事業を選択し、それらに関する条例を制定するものでございます。
 なお、題名にありますとおり、個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する内容でございまして、利用とは、単に同一機関内での情報連携、利用ですね、それから提供とは、情報を同一機関内で、執行機関同士のやりとりをするというような定義をされている状況になっております。
 それでは、条文によって説明をさせていただきたいと思います。条文の内容をごらんになっていただきたいと思います。
 まず、第1条の趣旨でございます。これにつきましては、個人番号の利用及び特定個人情報の提供について、必要な事項を定めるとする規定でございます。ちなみに、ここにあります法第9条第2項の規定は、これは利用とするものでありまして、福祉あるいは保健、その他のものに関して条例で定めるものの処理に関して個人番号を利用できるというような法の規定によるものでございます。また、法第19条第9号の規定につきましては、これは提供とするものでございまして、例えば町長部局と教育委員会部局での特定個人情報の提供というふうな形でございます。なお、この法19条第9号の提供に関する規定でございますが、現在具体的な事業の選択は行っておりません。しかしながら、今後将来にわたってそういった事業があるという想定のもとで、今回提供の部分の規定を盛り込んだものでございます。
 第2条にまいります。これは定義でございまして、番号法で定義されている内容を準用したものでございます。
 第3条、町の責務。個人番号及び特定個人情報につきましては、これまでも申し上げましたとおり、従来の個人情報よりも厳格な保護措置が求められております。適正、厳正な管理等に努めるということで、番号法の第5条にも地方公共団体の責務というような規定がございまして、それらの内容を今回準用したものでございます。
 第4条の個人番号の利用範囲でございます。1項、2項をまとめてお話をさせていただきますと、先ほど申しました法第9条第2項に基づきまして、町の独自の個人番号の利用に関して決めたものでございまして、次のページをごらんになっていただきたいと思います。具体的には3つの事務というふうに選定をしたものでございます。
 1つは、別表第1ありますけれども、大河原町心身障害者医療費の助成に関する条例による心身障害者に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの。もう1つは、母子・父子家庭医療費の助成に関する条例による母子・父子家庭に対する医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの。3つ目は、大河原町子ども医療費の助成に関する条例による子供に対する医療費の助成に関する事務で規則で定めるものということで、この3つの事務について、町の独自条例で番号法を利用するものとしたものでございます。
 なお、規則で定めるものということにつきましては、新たに条例施行規則を制定するつもりでございます。今回の告示と同様な形の中で、今調整を図っているところでございます。
 前のページに戻りまして、第3項でございますけれども、第3項につきましては、番号法別表第2に掲げる事務で、町長または教育委員会がみずから保有する特定個人情報の取り扱いの利用について規定するものでございます。
 それから、第4項につきましては、第2項の事務処理において書面での個人情報の提供があったとしても、庁内連携より特定個人情報が利用できるときは、書面の提出を省くことができるというふうな規定を図ったものでございまして、住民の負担の軽減を図ったということになるかと思います。
 それから、別表第2でございますけれども、この別表第2につきましては、庁舎庁内間の連携という形になります。町長部局において、例えばその申請時に所得割等の確認をする際に、番号法を使って利用できるような内容になっております。
 第5条につきましては、委任でございます。
 今回の施行月日につきましては、附則にありますように平成28年1月1日から施行するものでございます。
 以上で、簡単でございますけれども詳細説明とさせていただきますけれども、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 国のほうから発表されてですね、物すごい駆け足で嵐のようにこの個人を識別するための番号の利用ということで進んできたんですが、余りにも工程が早いような気がするんで、行政側として、もし私たちも住民の皆様の説明しなくちゃいけないので、不安要素というか、ここまで余りにも急ぎ足で来ていますので、その点町民の皆様から不安の声とかなかったですか。それか、何か行政側としてもやっぱり体制を整えるのに大変苦慮はされていたと思うんで、その辺もしお答えできれば。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回のその番号法の施行に伴いまして、来年の1月1日からこの利用が始まるということで、町民生活課のほうにも町民のほうからいろいろな電話がかかっているようでございます。その内容につきましては、町民生活課長のほうからお話をさせていただきたいと思います。
 それから、庁舎内内部としましても、ハード面については企画財政課のほうで、いろいろこれまでも補正の中でもお話し申し上げているところではございます。それから、そのソフトといいますか、実はその取り扱い事業者、大河原町この役場になるわけでございますけれども、先ほど申しましたその厳格な取り扱いという形の中で、実はいろいろその会議を開いてですね、情報に町としても特定個人情報取扱規程、こういったものを策定しながらですね、安全管理に努めるような状況になってございまして、数多くの会議を持ちまして、職員にも徹底をしているところでございますけれども、確かに議員がおっしゃられますように、なかなか完璧なまでの周知には至っていないのかなと思っておりまして、ちょっと不安な部分はあるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 町民の方からの不安の声はなかったかということですけれども、それについてはやはり窓口等でですね、自分の情報が漏えいされるのではないかというような不安の声はございますけれども、その都度ですね、私のほうから丁寧な説明をさせていただいたり、広報等でですね、いろいろな周知させていただいていますので、その辺についてはご理解をいただいているものと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今担当課長から、担当している窓口としての状況を伺いましたけれども、今大河原だけじゃないんですね、どこの自治体でも、マスコミでもこの問題取り上げてますけど、いろいろとにかく不安はこう広がっているという現状があります。そうした中でですね、本当にご苦労だなというふうに職員の皆さん思っています。
 実は、きょうここで議案第57号ですが、12月の15日付でこの広報、お知らせ版でもね、もう既にきょうここで、まあこれはあくまでも関係、別表第1なんですけれども、ここでまだしないうちにもうこれが出ているということで、予定だからこれ問題ないんですか。普通議会でちゃんと可決してから、こういうのを皆さんにお知らせしなきゃいけないんですけれども、この辺ちょっといかがなもんなのかと思ってね、議会軽視になんかちょっと近い、私はそういう感じを受けたんですけども、それだけ国が、来年の1月からですからね、もう目の前なので、それだけ焦りというか、もう本当無理な中でのこの対応なんですね、町も。だけど、ちょっとこれはいかがなもんかと思ったので、ちょっとあえてお伺いします。
 それから、町長にですね、この担当課で今やってますけど、職員でこなせているんでしょうかね。分野がどんどん広がっているんですよね。もういろいろ出てくるでしょう、今度銀行から、まあいろいろなんですよ。だから、何か私見ていても、本当にご苦労だなという感じします。職員の体制というか、きちんとできているのか、その辺担当課長から伺うと同時に、町長にもですね、苦慮はされているとは思いますが現状を伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご指摘のとおり、確かに心配な面があるということで、万全を期すように指示をしておりますし、決裁するたびに心配ないのかということを確認しながらやっておりまして、まあ心配ないと、万全の体制でやれるということで聞いておりますので、大丈夫だというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ご指摘いただいた12月15日号のお知らせ版に、確かにそのマイナンバーの利用事務ということがありまして、そのほかにも今回条例で審議いただくほかにも、国の法律に基づく事務を掲載させていただきました。
 先ほど、1月1日の利用ということで、どうしてもやはりその12月の15日のお知らせ版に間に合うような形の中での対応をさせていただいたところでございます。一部その議会の審議のところの配慮が欠けたところがあるかもしれませんけれども、町民の皆さんの1月からの利便性の向上を考えて対応させていただきましたので、ご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) まあ町長は大丈夫だということですが、実は後で出てきます64号でしょうか、これには介護が出てくるんですよね、介護。これも既にもう介護、早く知らせることは、それはわかるんですけれども、やっぱし議会がありますので、やっぱりそこで審議してからやっぱり手順は、そして区長さんにももしかするとご迷惑かけるかもしれません、15日ですからね、1日と。もしかすると20日ごろに云々、あるいは20日過ぎてからになったかもしれませんけど、そこはやっぱし手順というか順番からいうと、私は今後こういうことはないようにしていただきたいということをあえて申し上げておきたいというふうに思います。
 それと、課長さんでですね、課長の今答弁の中で、担当課にいろいろ問い合わせたり、あるいは直接窓口に来ての対応もあったろうとは思うんですが、特に困った点というのはありますか。対応に非常に苦慮されたケースがあれば示していただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 対応に苦慮されたと、通知カードの件ということでよろしいでしょうか。通知カードですね、順次お手元に届きます。それで、必ず個人番号カードをつくらなければならないのかという問い合わせ等が結構ございます。それにつきましては、ご本人さんが必要であれば作成していただくというふうなことでご説明させていただいてます。その点が一番多かったお問い合わせだったと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっとわかんないんで私も、1点だけ。これ教育委員会部局のやつも入ってるんですけれども、これ選挙管理委員会というのは関係ないんですかね、この選挙の名簿をつくったりなんだりすっときのこの個人情報の関係のやつで、これは関係ないんでしょうか。これだけ1点、すいません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回の条例につきましては、あくまでも町独自の条例で定めたものに関して利用ができるということでございまして、先ほどその番号法9条2項のところでも申しましたけれども、福祉、保健もしくは医療、その他の社会保障、地方税または防災に関する事務、その他これらに類する事務であって条例で定めるものということで、基本的にその行政委員会といいますか、選挙管理委員会としての事務というのは、特に条例では定めるものはないというふうに思っております。ただし、法で別表第1の法の中で、いろいろ利用できるものがあると思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案第57号大河原町行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定について、反対の立場で討論を行います。
 反対の理由は言うまでもありません。大河原町の行政手続の際にもマイナンバーが利用される内容になっているからです。今マスコミなんかでも大分取り上げられておりますけれども、来年の1月利用開始を目指しておりますが、もう既に利用前からですね、いろいろなもう問題が起きており、今国民の中には混乱の連続と、それからもう悪用も既に起きております。そういう中で、マイナンバー差しとめの裁判も今提訴されるなど、実際に番号をもう手にしてからもです、今そういうことも起き、ますますこの国民の中には不安は広がるばかり。
 私も町の中歩きますと、もうこのことについては結構お話されます。私なりにいろいろお話ししていますけれども、先ほど役場の担当課にも、そういう問い合わせあるいは相談、また職員もですね、大変本当に大変なご苦労をされていることであります。実際、今全国、大河原町はどうだかわかりませんけど、このカードの郵送が大幅におくれたりしていますね。国民の不安はそういう中でも募っており、また何といっても情報漏えいや国による住民監視の強化など、制度の仕組み自体についての懸念も拭えません。
 そういう中で、実は来年の今度1月からは預貯金の口座番号、これはですね、たしか9月の3日に法ができたばかりでまたすぐ改正されて、預貯金口座にも今度マイナンバーが結びつけられることに、もう既になっております。そもそもマイナンバー制度というのは、国民の声とか、自治体からぜひつくってくださいと求めた制度でないことも明らかになっております。個人情報の国家管理がカード1枚に潜んでいるこのマイナンバーの制度というのは、もはや私は廃止しかないというふうにいつも考えております。こういう危険な、危険極まりないこのマイナンバーが、今提案されている条例に大きくかかわっている内容でありますので、そのことを申し上げて反対討論をさせていただきました。終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 この表決は起立によって行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第58号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する
                 条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第58号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてを議題にします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第58号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、詳細説明をさせていただきたいと思います。
 今回の条例の改正につきましては、平成24年8月に公布されました被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険等の一部を改正する法律、これが24年8月に公布されたわけでございますけれども、この改正された法律の主要部分が、平成27年10月1日から施行されております。その内容につきましては、厚生年金に公務員及び私学職員も加入することとなりまして、2階建ての部分、共済年金の部分ですけれども、この年金が厚生年金に統一される、そういった形になりました。さらには、3階建ての職域年金部分は廃止というふうな形になってございます。つまり、我々公務員も、民間サラリーマンと同様に厚生年金に変更されるということになりました。
 この被用者年金制度の一元化を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律は、実は159本の法律の改正をいたしておりまして、その中に厚生年金保険法、それから地方公務員等共済組合法、私立学校職員共済法、国民年金法、労働者災害補償保険法、国民健康保険等の一部を改正が行われております。この改正を受けまして、議会の議員その他の非常勤の公務災害補償等に関する条例において、先ほどの長い法律名ですけれども、一元化法と呼ばせていただきますけれども、これで改正された規定の内容を盛り込む改正を今回条例として審議していただくことになります。
 主な内容につきましては、公務災害の認定を受け、傷病補償年金、障害補償年金、遺族補償年金等の年金たる補償に関し、本則、附則の第5条に掲げております表の中の文言を修正するものでございます。
 それでは、改正内容をごらんになっていただきたいと思いますけれども、改正手法については新旧対照表の中で対応させていただきました。
 2ページ目をごらんになっていただきたいと思いますが、一番上のほうに、上から1行目ですかね、被用者年金制度の一元化を図るための厚生年金保険等の一部を改正する法律というような表現が新たに加わっております。実は、今申し上げた改正文の改正後の規定については、0.73という率でございますが、これと同様なのが右の方の4段目ですか、0.73という数字がございます。つまり、率は全然変わっていないということです。今回、法律の順番どおりにですね、並べかえをさせていただきました。したがいまして、率につきましては何ら変わってございません。この法律の改正に伴いまして、文言の改正をするというような形になってございます。そういったことで、2ページ、3ページ、4ページというような形になってございますので、ご理解願いたいと思います。
 最後のページに、最後のページといいますか、最後から2枚目ですね、経過措置という形の中で、非常にその2項、3項、4項というふうな形の中で、非常に長い経過措置を明記してございますけれども、これは具体的に申し上げますと、公務員に係る改正前の規定によります職域加算額の支給者であって、職域加算障害給付を受けている方については、一元化法に基づく給付となると、今回の条例改正の規定は適用しないというふうな内容になっておりますので、ご理解をしていただきたいと思います。
 以上、簡単でございますけれども、一元化法に改正に伴いまして、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正につきまして詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) なかなか難しくて、ちょっと理解ができないんですが、課長の説明ですと、率が変わってないというと、何ら問題はないのかなってこう思うんですけれども、国からこの法の改正に当たって、国から通達来ているこの文書というのは、もしあればちょっとどういう、なぜこういうのが出てきているのか、一元化、よく年金を一本化にしてしまうというのは、これは前から国のほうでは、違うな、一元化というその中身、違うんですか、よく年金をなんかそういう方向が打ち出されてましたけれども、それとは全く関係ないのか、それともその通達というのはどういう通達来ているのか、文書、はしりでもいいのでちょっと説明していただけるとありがたいんですが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この年金一元化ということにつきましては、冒頭申し上げましたけれども、24年8月に新たなその法律が、一部改正の法律が制定、公布されております。この中で、例えば今まで共済年金、組合法の中で年金の部分の規定があったんですけれども、そういったものを削除して、厚生年金のほうに新たに追加されているというような状況になっているかというふうに思っております。それが次の議案になるわけですけれども、そういったことがいっぱい出てきてるんですね、国民年金にしろ何にしろ。そういったことを受けて、今までその単なる何というんですかね、例えば改正法にあります厚生年金法というほかに、今回新たに一元化法で改正された部分の規定もつけ加えるような形の中で、今回は新旧対照表の中で改正をさせていただいたということで、新たなその通知ということでは、何も町のほうには来てはおりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、該当した場合、以前と全く変わらない中身だという認識でよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 率が変わらないので、基本的には同じだというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第58号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第59号 職員の再任用に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第59号職員の再任用に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第59号職員の再任用に関する条例の一部改正について詳細説明を申し上げますけれども、これは、この条例の改正につきましては、先ほど58号で一元化法のお話をさせていただきました。それによるものでございまして、例えば改正前のところ、改正内容を見ていただきたいと思いますけれども、改正前に、地方公務員等共済組合法附則18条の2第1項第1号という規定がありました。これがですね、その一元化法によって削除をされまして、新たに改正後の公正年金法附則第7条の3第1項第4号に同様な規定がされたということで、再任用に関する条例の一部を改正するものでございます。
 なお、施行日につきましては、法の施行と同じような形の中で10月1日から適用させていただきたいと思っているところでございます。
 以上、簡単でございますが、詳細説明とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第59号を採決します。
 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第60号 大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正につ
                 いて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第60号大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第60号大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 裏面のほうを開いていただければと思います。
 今回は、改め文方式でちょっと改正をさせていただいてございます。町長の提案理由にもありますとおり、現在西原集会所を整備しておりますが、来年の3月に完成いたしますことから、設置場所、構造、面積等の改正を行うものでございます。
 裏面の表の下の段になりますけれども、まず7番、西原集会所。設置場所といたしましては、大河原町大谷字西原前167番地15。構造といたしまして、木造彩色スレート板横ぶき平屋建て。面積186.73平方メートルといたすものでございます。
 なお、附則といたしまして、施行期日につきましては平成28年3月10日からといたしてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第60号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第61号 大河原町町税条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第61号大河原町町税条例の一部改正についてを議題にします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 議案第61号につきましては、本来ならば税務課長がですね、詳細説明をするところでございますが、ちょっと病気療養中のために私のほうから詳細説明をさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それでは、改めまして、議案第61号大河原町町税条例の一部を改正する条例についてご説明をさせていただきたいと思います。
 今回の改正につきましては、町長の提案理由にもありましたけれども、地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月に成立し、一部の改正が平成28年4月から施行となることから改正するものでございます。
 改正の主な概要につきましては、徴収猶予及び換価猶予の規定を新たに追加するものでございます。徴収猶予につきましては、これまでも地方税法に基づきまして、本町の条例施行規則により規定をしているところでございますが、実績はないというような状況になっております。この徴収の猶予につきましては、地方税法第15条第1項の規定によりまして、震災等による災害あるいは納税者等の病気、そして事業者等の廃止や休止によって納付、納入ができない、そういった場合に申請により猶予されるものでございます。したがいまして、現在滞納者による分納誓約とは性格が違うというふうに思っているところでございます。
 また、換価の猶予につきましては、滞納処分とする差し押さえの公売、換価ですね、この際の猶予でありまして、これにつきましても条例施行規則の中では規定をしているところでございますが、実情はないというような形になってございます。
 それでは、条例改正条項についてご説明をさせていただきたいと思います。
 1ページをごらんになっていただきたいと思います。
 今回の改正手法につきましては、新旧対照表によって改正をさせていただきました。改正前のところを見ていただくと、これまでは第8条から17条まで削除というような、一つの規定ということでございました。これを、もう8条、9条、10条というふうな形の中で、1条ずつ今回新たに制定といいますか、項目立てをするものでございます。
 第8条を申し上げます。第1項につきましては、徴収猶予に係る納付金額を、猶予期間内の各月において分割納付、分割納入できる規定でございまして、条例で定めなければならないことから、そんな形で規定をしたものでございます。ちなみに、納付とは本来の納付義務者が納める場合、そして納入は特別徴収義務者が納める場合というような形の中で、地方税法では定義されているようになっているようでございます。なお、この徴収猶予期間につきましては、最高で1年間というふうになっているものでございます。
 次の第2項につきましては、今申し上げました猶予の納付、納入に関しまして、納期限それから納付の金額等を定めるものでございます。
 次に、2ページにまいります。
 第3項になりますけれども、徴収猶予の期間の延長があった場合の納期限及び納付金額等の変更ができる、そういった規定でございます。
 4項及び5項につきましては、徴収猶予者それから期間延長猶予者への通知を行うような規定になってございます。
 下のほうの第9条になりますけれども、これは徴収猶予の申請に係る規定でございます。申請事項として、添付書類についても規定をしているところでございますけれども、まず第1項につきましては、申請要件であり申請書に記載すべき要件、事項についての規定でございます。例えば、1号につきましては、地方税法第15条第1項の各号ということでございますけれども、先ほど申しました災害であったり病気であったり事業の廃止で、そういった形の中で納入、納付ができないという状況でございます。
 3ページにまいります。第2号につきましては、納付、納入に際しての金額の年度、それから種類、納期限、それから金額を定めるものとするものでございます。3号につきましては猶予金額の額を、4号につきましては猶予期間を、5号につきましては納付手段の選択であり、分割ができるというような内容になっております。6号につきましては、猶予の額が100万円を超え、かつ猶予期間が3カ月以上となる場合は、地方税法第16条の担保の提供により定められている事項を定めなければならないということで、これについては国債であったり、地方債であったり、そういった担保物件が必要となるというふうに思っているところでございます。
 4ページにまいります。これは、第2項でございますけれども、第1項は事項ということでお話をさせていただきました。この第2項は、今度は添付の書類というような規定になっております。1号、2号、3号、4号も大体同じようなことになりますので、割愛をさせていただきたいと思います。
 次に、3項でございますけれども、これは地方税法第15条第2項で規定する法定納期限から1年を経過した後に、徴収金額が確定した場合の猶予の規定でございまして、各号ありますけれども、1項で定める申請事項の規定内容を準用するものでございます。
 第4項につきましては、法定納期限から1年を経過した後に、今3項で申し上げました場合の猶予と、それから猶予期間の延長した場合の申請添付書類でございまして、これも第2項の第2号から第4号までの内容を準用するものでございます。
 それから、第5項になりますけれども、4ページ、5ページになりますが、第5項につきましては、猶予期間の延長の場合の延長の場合の申請添付書類を定めるものでございまして、5ページの1号につきましては年度とか種類を、2号では延長の理由を、3号では期間を、4号では分割納付等の選択というふうな形の中になってございます。
 それから、第6項につきましては、添付書類を省くことができる規定でありまして、省くことができない書類を条例で定めるものでありまして、100万円を超え、かつ3カ月以上の場合の担保関係書類というものでございます。
 第7項につきましては、申請に係る訂正が申し渡された場合に、再度提出するまでの期間を条例で定める必要があり、その期間を20日間とするものでございます。
 第10条になりますけれども、これは職権による換価猶予等の規定でございまして、地方税法でもこれまでもありました。これが新たに条例で加わったことになります。
 11条につきましては、同じように換価の猶予なんですけれども、これは滞納者からの申請による猶予ということでございまして、これが新たに加わったような形になってございます。
 飛ばさせていただきます。8ページ、12条になりますけれども、これは担保を徴する必要がない場合ということで、先ほど100万円以上、それから3カ月以上という話しましたけれども、100万円以下で3カ月以内の場合では、担保は必要としないというふうな規定をしたところでございます。
 それから、13条から17条までの削除ということで、冒頭8条から17条までの削除を改正すると申し上げました。つまり、12条までは個々に改正をしましたけれども、残り13条から17条までは以前と同じような形の中で削除というふうな規定を残すということでございます。
 それから、9ページ、10ページの改正につきましては、法令の定義による改正を行ったものでございますので、後でごらんになっていただきたいと思います。
 なお、9ページの軽自動車税の減免につきまして、減免申請の申請の期間は改正をしているところでございます。
 11ページの附則になりますけれども、施行期日につきましては、地方税法の改正による附則であります平成28年の4月1日からとするものでございます。2項の経過措置については、この改正前に行われたものについては改正前の地方税法の規定によるものとするものでございます。
 以上、簡単でございますけれども、大河原町町税条例の一部改正について詳細説明をさせていただきました。よろしくご審議等お願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第61号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。
 昼食のため休憩します。午後1時より再開します。
     午後0時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第62号 大河原町町税条例の一部を改正する条例の一部改正につい
                 て

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第62号大河原町町税条例の一部を改正する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第61号に引き続きまして、総務課長のほうから詳細説明をさせていただきたいと思います。
 議案第62号大河原町町税条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。今回の条例改正につきましては、本年5月議会に専決処分報告いたしました町税条例の一部を改正する条例を再度改正をするものでございます。
 まず、その専決した一部改正条例でありますけれども、改正内容の一部に、いわゆる番号法の施行に伴い、総務省の事務連絡による納付書及び納入書に法人番号の記載を必要とする旨の連絡がありまして、専決処分での所要の改正を行ったところでございます。しかし、その後本年7月に再度連絡が入り、前回の連絡と相違する分がありました。再度条例改正とするものでございますけれども、その主な通知の内容につきましては、1つは納税通知書には個人番号、法人番号は当面記載しない。2つ目は、更正決定通知書には個人番号、法人番号は記載しない、限定です。3つ目は、納付書、納入書には個人番号、法人番号は原則記載しないというような内容が新たに入りました。このことを受けて、一部を改正した条例について再度改正をするものでございます。
 それで、改正内容の新旧対照をごらんになっていただきたいと思いますけれども、第2条の第3号は納付書、第4号は納入書ということになってございます。改正前のところを見ていただくと、行政手続等に係るような形の番号法の記載がございます。先ほど申しました法人番号の記載はしないということで、専決処分で改正いたしました改正前の内容を削除するような形の中で、改正後にもとに戻すような形になりますけれども、その部分を改めるものでございます。今申しましたのが、納付と納入書の関係でございます。
 それから、36条の2、63条の2以降につきましては、逆に法人番号の定義を、いわゆる番号法で定義する法人番号というような形で指定されたものとして改正を行うものでございます。
 この施行月日については、公布の日から施行するものとするものでございます。
 以上、簡単でございましたが詳細説明とさせていただきます。どうぞよろしくご審議のほどお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第62号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第63号 大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正につ
                 いて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第63号大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) それでは、議案第63号大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 子ども医療費助成につきましては、今まで年齢拡大を図ってきておりまして、平成27年10月診療分からは18歳まで拡大しておりますが、さらに子育て世帯における経済的負担の軽減、子供たちの健全育成を図るために、今回所得制限を撤廃するための条例の一部改正を行うものであります。
 今回の一部条例改正につきましては、新旧対照表により改正させていただいております。それでは、改正前、改正後によりご説明を申し上げます。
 1ページ、2ページをお開きください。
 第3条につきましては、助成対象者について規定をしておりまして、第2項で保護者の所得を確認し、規則で定める額以上である場合は子ども医療費の対象としないという内容でございますので、この項を削除し、所得制限を撤廃するものであります。これによりまして、出生より18歳に達する日の属する年度末までの間にある子供さんは、保護者の所得に関係なく医療費助成の該当になるということでございます。
 第4条につきましては、字句の追加を行いまして、規則の規定を明確にし、大河原町子ども医療費の助成に関する条例施行規則と明記したものでございます。
 次に、第5条第3項につきましては、受給資格の登録について規定しております。毎年10月1日の更新の際に、更新申請書等提出していただくように記載しておりましたが、今後につきましては、1回登録申請を提出いただければ18歳まで自動更新をするようになりますので、更新申請書の提出を省略することができるということにしたものでございます。
 第4項につきましては、登録申請書または更新申請書の審査の結果の規定でありまして、審査の結果について、今までは保護者の方に該当する受給資格決定通知書または却下通知書を送付しておりましたけれども、今後につきましては、受給者証の交付をもって決定通知書にかえるという規定に改正するものであります。
 3ページをお開きください。
 3ページの施行期日でございますが、この条例の一部改正につきましては、平成28年4月1日より施行し、4月1日からの診療に係る医療費から適用するといたすものでございます。
 附則の第3項につきましては、今回所得制限を撤廃することに伴いまして、元気な大河原っ子医療費助成に関する条例につきましては、平成28年3月31日をもって廃止するものであります。この元気な大河原っ子医療費助成につきましては、子ども医療費の助成制度は、所得制限により医療費助成を受けることができなかった児童等に、入院に係る医療費の一部負担金の助成を行う制度の条例でありましたので、今回子ども医療費の所得制限を撤廃いたしますことから、この条例を廃止するものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 我が町も18歳までこの前実施したと思ったら、今度は所得制限撤廃ということで、本当に町長の姿勢に対しては、この前も一般質問で言いましたけど評価すると同時にですね、実際我が町ではこれまで所得制限で対象外になった子供の数と世帯というのはどのぐらいあったんでしょうか。
 それから、これによるその医療費、来年の予算に出てくると思いますが、この前の町長のお話だと1億1,000万円とかというお話ありましたけれども、それでいいのかどうか。
 それから、もう1点は、この周知ですけれども、先ほど受給者、受給者って子供は全員なるわけですけど、どんな形でこれ周知されるんでしょうか。いいことは早目に周知したほうがいいので、どんな方法で周知されるのか、広報でぜひ私はしていただきたいんですけど、いかがでしょうか、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) まず、第1点目のですね、所得制限に該当している方の人数でございますけれども、11月30日現在で登録している児童生徒の数は3,959名の方がいらっしゃいます。そのうち762名の方は、この所得制限により対象外になっております。
 それから、第2点目でございますけれども、18歳まで対象にして全てを所得制限撤廃いたすようになりますと、町長のほうからもご回答させていただいておりますように、約1億1,000万円程度になるということに見込んでおります。
 それから、周知の方法につきましては、今回18歳に延長した際もですけれども、該当者の方にはおのおの通知を差し上げております。それから、あとお知らせ版についても掲載しておりますので、今後につきましても、現在ですね、登録されている方に尽きましては私のほうから、4月1日から所得撤廃になりますので、その方には受給者証送付させていただくようになりますし、未登録の方がおります、その方につきましても、ここに通知を差し上げる、あとお知らせ版とかで掲載して周知を図っていきたいと考えております。以上でございます。(「よろしくお願いします、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 無料化拡充によって、28年度の国保会計へのペナルティー額は幾らくらいになると試算しておりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 28年度につきましては、まだですね、その辺まで試算しておりませんけれども、26年度、以前にも貴久議員さんにお答えさせていただきましたけれども、26年度では約230万円ぐらいペナルティーになっております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 28年度は1億1,000万円という規模の予算ですから、全員が利用するわけではありませんが、大体この流れで推移すると400万円程度くらいと推測されます。それで、町長もやってますけど、この国への要望で、国保会計への減額措置が撤廃される見通しってあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 減額措置につきましては、11月30日に国に対して要望、県選出の国会議員等に要望してまいったところでありますけれども、その説明を聞いていますと、少し難しいということを聞いておりますので、引き続きこれについては努力をしてまいりたいというふうに思っておりまして、現時点では難しいものと判断しております。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) ペナルティーの件でございますけれども、医療費助成に関しては社会保険の方もいらっしゃいますので、あくまでも国民健康保険に加入している子供さんに対してのペナルティーでございますので、扶助費が1億1,000万円になりましても、若干は多くなるとは試算しておりますけれども、その金額全てが該当してくることではありませんので、その辺はご理解いただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これから議案第63号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第64号 大河原町介護保険条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第64号大河原町介護保険条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第64号大河原町介護保険条例の一部改正について詳細説明を申し上げます。
 今回の介護保険条例の一部改正につきましては、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第9条第1項の規定に基づき行うものでございます。
 次ページをお開きください。
 大河原町介護保険条例第9条第2項第1号及び条例第10条第2項第1号に新たに個人番号の字句を追加し、改正するものでございます。これは、保険料の執行猶予及び保険料の減免申請の際に、添付書類であります課税(非課税)証明書等を添付をしなくてもよくするための改正でございます。
 この条例の施行は、平成28年1月1日からでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議くださいますようよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほどの議案第57号と同じマイナンバーに関しての今内容になっておりますけれども、この介護については、マイナンバーは通知は、一般私たち町民はそれぞれ自宅に、ところが介護は介護施設にいらっしゃる方おりますよね、かなり、介護の場合。そういう方は施設に、特別養護老人ホームでしたらそこに住所がありますので、そちらに郵送されているんですよね。そうしますと、その管理というのはそこの事業所で、これするようになっているんですが、その辺は大河原町の場合は何というんでしょうか、現状何か事業所からの問い合わせとかないんでしょうか。その辺のちょっと状況をお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) その件につきましては、各施設でですね、個別対応しております。というのは、施設で管理しているところもあります。また、施設じゃなくてですね、その個人の宅というか、家族宅のほうにですね、保管、送付というか連絡してそちらで保管しているというふうなところもありますので、一律ですね、そういうふうな形でなっているというか、ばらばらというふうな形で聞いております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 介護だけに限らず、会社との関係も今度いろいろ出てくるんですけれどもね、大河原町の場合は、一応全員に国からの指導でもう既に終わっていると思うんですけれどもね、今戻してくる方とか、とりに来ないというか、一定の期間過ぎますと郵便局はたしか役場に戻すはずなんですが、その辺の状況というのは、介護に限らず全体のマイナンバーに関することになりますが、どういうふうな状況になっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 通知カードにつきましては、10月5日現在の住民登録なさっている方の世帯ですね、大河原町ですと9,384世帯の方に通知されております。そのうちで11月末には一通り通知カードの送付は終わっておりますので、その時点での合計で753世帯の方について返戻されております。宛てどころにいらっしゃらないとか、保管期間経過とかですね、7日間郵便局で保管しておりますけれども、その経過した人とかですけれども、そのうちですね、751世帯は返戻されておりますけれども、現在322世帯の方につきましては、役場の窓口のほうにとりに来ていただいております。さらに、今後未交付、まだされていない世帯につきましては、毎週水曜日夜間窓口、あと12月のですね、27日の日曜日について開庁を予定しておりますので、そのときにとりに来ていただきたいということで考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 万波孝子です。議案第64号大河原町介護保険条例の一部改正について、反対の立場で討論を行います。
 議案第57号でも申し上げましたように、危険極まりない、非常に問題が多いマイナンバーに関する内容になっているからであります。今後ですね、民間分野へのこの利用拡大も計画されているということで、どんどんこの枠が拡大していく、そういう点では非常にこのマイナンバーというのはどこから見ても本当に問題だらけで、非常に私も今後どうなっていくのか危惧をしております。そういう点で、内容、マイナンバーについては、全議員の、57号でも申し上げましたので省略します。
 以上で、このことを指摘して、私の反対討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 この表決については起立で行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第65号 大河原町デイサービスセンター条例の廃止について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第65号大河原町デイサービスセンター条例の廃止についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第65号大河原町デイサービスセンター条例の廃止について詳細説明を申し上げます。
 今回の大河原町デイサービスセンター条例の廃止につきましては、平成28年4月1日から、施設の無償譲渡及び使用許可によって同事業を民間の法人に移行いたすことから、条例の廃止を行うものでございます。
 この条例は、大河原町デイサービスセンターを平成5年4月から運営するために制定された条例であり、施設運営につきましては社会福祉法人常盤福祉会に委託をし、平成18年4月からは同事業者によって指定管理者として運営を行ってまいったものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議方よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) このデイサービスは、最初は直営、その後指定管理者になって、今度は廃止をするという、こういう流れになっておりますが、この廃止に当たってですね、相手方の常盤会とはどれぐらいの話し合い、これされたんですか。1回でこれ決まったんですか、それとも何回ぐらいされて、その中でスムーズにいったのか、それとも課題が多くて、その課題についてあればどんなことでその課題となって、それが解決してここに至ったのか、その辺の経過あればお示ししてください、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この話し合いにつきましては、これは昨年の12月の議会にですね、指定管理者の指定ということで1年間、本来であれば3年間の指定というふうな形で行うところを、この払い下げも含めた形でですね、1年というふうな形の指定管理者の期間を受けておりました。それで、それ以降ですね、常盤福祉会との話し合いですね、五、六回行ったわけなんですけれども、その中でですね、今までの経過、開設当時からですね、常盤福祉会のほうで行ってもらっております。ましてや、平成18年からは指定管理ということで、常盤福祉会のほうで責任を持って運営をしていただいております。ということで、別に大きなその問題というのはございませんでした。それで、今回すんなり、後でもですね、ちょっと出てまいりますけれども、これは補正のほうにもちょっと関係してくるんですけれども、補正のところにですね、ちょっと冷暖房機のほうの改修というふうな形で出てまいりますけれども、そのような形もありますので、そういうふうな形であればですね、いいというふうな形があったもんですので、こういうふうな同意を得たということになっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 公の施設がですね、民間委託になって、だんだんこう縮小されていくというか、この自治体の業務がですね、そういうことで、町長はですね、この今回廃止になるわけですけど、公の施設がこう廃止になるということについてはどんなふうにお考えなのか、ちょっと考え方を伺いたいというふうに思います。
 それから、ここに至るまでにこの廃止をして全て譲渡するというのは、これは一番最初の口火を切ったのはどっちなんですか、町なんですか、向こうからそういう話があったんですか。今後も、こういう形のことがなんか出てくることが私非常に危惧しているんです。正直言って全国的にいろいろ起きてますのでね、あえてここでお伺いしたいと思います。その2点についてお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回このデイサービスセンターを完全に民間に委託した形、委託というか民間にお任せするような形になったわけでありますけれども、今後とも民にできることは民にやっていただきたいというふうに思っておりますので、この方向のこの流れで進めていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) どっちからというふうな形の質問ですけれども、指定管理、今までずっと18年からしております。その流れからですね、お互いにそういうふうな話が出てですね、あちらのほうも、常盤福祉会のほうもそろそろ私のほうでもやってもいいというふうな考えもありましたし、町のほうでもですね、開設時から約22年ほどたっておりますので、ましてやあの一体として使えるものであれば、やっぱりやったほうがいいんでないかと。あと、町内でもですね、デイサービスという部分については11カ所ほど町内のほうに施設があります。ほかの町外から比べるとですね、町外ですと13カ所しかございません。ということで、町のこの果たす役割もですね、やっぱり果たしてきて、やっぱり民間でやってもらえるものについてはやっぱり民間でやってもらったほうがいいというふうな、先ほど町長も言いましたけれども、そのような考えであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) デイサービスは、確かに民間、かなり大河原の場合は集中していますので、利用者にとったら選べるとありますが、私がやっぱしこういう今回の議案についても思うのは、公の施設のものがそうだんだんなっていくというのは、町が正直言って口出しできなくなるんですよね、そうですよね。直営だったら、いろいろ意見があれば、んじゃ職員をふやしたり内容をもっとよくする、充実するということはできるんですが、民間に、デイサービスに限らずですよ、してしまうと、あと口出しができないんですよ。そういう点では、今後こういうふうに民間委託、指定管理者がまた次からつぎとこうなっていくのかどうかはわかりませんけれども、やっぱり慎重に慎重を重ねた上で、やはり検討した上で本当に、提出はされるとは思うんですけれどもね、その辺がやっぱりちょっと若干私は引っかかるところがありますので、口が出せなくなるだけにですね、慎重に対応していただきたいというふうに要望だけして終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第65号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第66号 財産の処分について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第66号財産の処分についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第66号財産の処分について詳細説明を申し上げます。
 今回の財産処分につきましては、大河原町デイサービスセンターの設置主体を民間に移行することに伴うものでございます。
 大河原町デイサービスセンターふれあいホームは、社会福祉法人常盤福祉会が経営する特別養護老人ホーム桜寿苑と一体に整備され、ふれあいホームでのデイサービス事業を常盤福祉会に委託して事業を開始した経緯もあり、これまでも一体的な経営がなされてきております。今回、施設の設置主体を民間に移行するに当たり、デイサービス事業の継続を条件に、国庫補助金の返還を生じさせないこと等を勘案いたしまして、当該施設を民間法人に無償で譲渡いたすものでございます。
 名称は、大河原町デイサービスセンターふれあいホーム。住所は、大河原町大谷字上谷前220番地3。区分は、老人デイサービスセンター。構造は、鉄筋コンクリート1階建て。延べ床面積475.75平方メートル。建築年につきましては、平成5年。付属物、車庫36.72平方メートルであります。無償譲渡の相手方につきましては、柴田郡柴田町船岡中央三丁目18番3号、社会福祉法人常盤福祉会、理事長黒田 清。無償譲渡の条件につきましては、引き続き老人デイサービス事業の用に供する。無償譲渡をする日につきましては、平成28年4月1日であります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしく審議方よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この無償譲渡する財産ですけれども、建物さらには付属物一切ということになるんですけれども、評価額としては幾らぐらいの評価額に大体なるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 評価といいますと、一応減価償却でもっていきますと、鉄筋コンクリートですので50年というふうな形になります。それで、残存価格といたしますと、約7,500万円程度となっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ちょっと確認なんですが、無償譲渡して、ちょっとあれなんですけれど、この無償譲渡した場合に、固定資産税今後どうなるのかということと、あともう一つが、今度この建物で増改築する場合には、後からの補正では出てくるんですけれども、相手、譲渡先の費用で今後直していくのかということの確認と、あともう一つは、この譲渡されることによって、譲渡先が得るメリットというのは何なんでしょうか。先ほど残存価格7,500万円とあったんですけれども、この譲渡を受けるメリット、考えられることがあれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まず、固定資産税につきましては、社会福祉法人については非課税になっております。
 あと、増改築の相手方、今後譲渡した場合については相手方が全部行うということで、譲渡先のメリットといたしましては、やっぱり今桜寿苑と一体として使っているわけなんですけれども、実際は一体としては使ってないんですね、やっぱりデイサービスというふうな形なので。その点、やっぱり同じところでやれば、やりくりとかそういう部分ではやっぱりメリットが大きいのではないかなというふうな考えでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やりくりというか、ちょっとその辺、この事業のこう、何というか、このサービスの中身のやりくりのことを言っているのか、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 済みません。やっぱり、今一番問題になっているのは人員のやりくりというふうな形がありますので、そういう面にしてもやっぱりメリットがあるのではないかなというふうに思っております。(「はい、ありがとうございます」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これから議案第66号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第67号 仙南地域広域行政事務組合の共同処理する事務の変更、
                  規約の変更及び財産処分について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第67号仙南地域広域行政事務組合の共同処理する事務の変更、規約の変更及び財産処分についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第67号仙南地域広域行政事務組合の共同処理する事務の変更、規約の変更及び財産処分についての詳細説明を申し上げます。
 今回の議案につきましては、まず仙南地域広域行政事務組合の共同処理する事務の変更では、白石斎苑の建設事業に七ヶ宿町が加入することの変更と、規約の変更につきましては、大きくは仙南地域広域行政事務組合のふるさと市町村圏基金の各市町出資額を減額することに伴う変更であります。また、財産処分につきましては、先ほど申し上げましたふるさと市町村圏基金の出資額の減額変更により、構成する市町への出資金の返還が生じますことから処分を行うものでございます。
 新旧対照表によりご説明をいたしますので、6ページをお開き願いたいと思います。
 まず、第3条の第3号、2行目になりますけれども、法第9条の3の前に「同法」というふうにつけ加えさせていただいてございます。これにつきましては、法律名を特定するというふうな形での改正でございます。
 次に、第13条の見出しに係る部分でございますが、改正後につきましては、教育委員会の教育長または委員というふうにさせてございます。これにつきましては、教育長が教育委員の中から選ばれるのではなく、町でいいますと町長から議会の同意を得て選出するというふうに変わったことから、ここの部分につきまして改正をさせていただいておるものでございます。
 続きまして、15条第3項の改正につきましては、仙南地域広域行政事務組合ふるさと市町村圏基金10億円が、となってございますが、このうち宮城県からの補助金が1億円、また2市7町からの出資として9億円で構成されているというふうな状況でございます。この9億円につきまして、1億円を残しまして、残りの8億円につきましては各市町のほうへ返還するというふうな話になってございます。そのための改正というふうな形で、各市町の出資金をここのほうにあらわさせていただいておるというふうなことでございます。
 続きまして、7ページになりますけれども、第4項の変更でございます。これにつきましては、財産処分についての規定でありますが、これまでは基本的に出資金の処分はできなく、例外として地方自治法第96条第1項第10号の規定、この第10号の規定につきましては、権利を放棄するということで、各市町の議会の議決を受けた場合は処分することができるというふうな規定でありますが、今回の処分についてできる場合の規定を2つ設けてございます。まず、第1号では、現行と同じ権利の放棄、第2号につきましては、議会の議決を受けた場合、財産を処分することができるというふうな規定に変更させていただいてございます。
 8ページをお開き願いたいと思います。
 次に、別表第14条関係の変更でございます。この別表は、仙南地域広域行政事務組合の事業の費用負担を定めたもので、規約第3条第3号及び第4号の事務に要する経費が1つの項でまとめられておりました。ただ、この中で1つの表というふうな形になりまして、若干見づらくなっておりますことから、今回この第3号と第4号を区分するという改正をまずしてございます。
 10ページ目のほうをお開き願いたいと思います。
 10ページにつきましては、一番上の(仮称)仙南クリーンセンターとあるところの仮称を今回削るというふうな形で、平成29年4月1日から仙南クリーンセンターが本格稼働いたしますことから、削除するものでございます。
 続きまして、11ページ目のほうに入りますけれども、11ページの一番上のところに動物焼却施設が入ってございます。ここにつきましては、先ほど申し上げましたように、第3号と第4号が一緒の項というふうな形でなっておったものがありますので、この部分分けたということで、ここに新たに入ったということで、内容的には変わってはございません。
 また、次に白石斎苑につきましては、先ほど申し上げましたように、七ヶ宿町が火葬場の建設に加わるということになったことから、新たに規定を設けさせていただいたものでございます。
 その他の改正につきましては、火葬場の建設につきましては、この中の規定で今まで入ってございませんでしたので、その部分がわかるようにということで、現行のほうでは白石斎苑のところを見ていただきますと、火葬場の管理運営に要する経費というふうな文言がございます。この部分を削除いたしまして、建設または運営に係る経費負担を算出するというふうな形にさせていただいてございます。なお、経費負担区分につきましては変わらないというふうな形になってございます。
 次に、13ページをお開き願いたいと思います。
 13ページの備考の欄に、住民基本台帳の定義をさせていただいてございます。前にあったところが削除というふうな形になってございますことから、今回のここで定義をさせていただいたというところでございます。
 5ページ目のほうに戻っていただければと思います。済みません、4ページですね、4ページ目のほうに戻っていただきたいと思います。
 4ページ目には、施行期日ということで、まずこの規約につきましては、知事の許可のあった日から施行するというふうな形になってございます。ただし、第14条の表関係中ですね、の(仮称)仙南クリーンセンター、これにつきましては29年4月1日から運用が開始されるということで、29年4月1日からの施行とするものでございます。
 また、負担金の区分につきましては、28年度から適用するというふうな形にさせていただいてございます。
 5ページ目のほうをお開き願いたいと思います。
 5ページにつきましては、仙南地域広域行政事務組合ふるさと市町村圏基金の財産処分書でございます。これにつきましては、先ほど申し上げましたように、返還する8億円分について、白石、角田、蔵王、七ヶ宿町、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、丸森町への継承というふうな形で、大河原町ですと8,512万円を継承するということでの財産処分書になってございます。
 以上、簡単でございますが詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これから議案第67号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第67号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議案第68号 平成27年度大河原町一般会計補正予算(第6号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議案第68号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第6号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第68号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第6号)の詳細説明をさせていただきます。
 まず、今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ5,687万3,000円を追加いたしまして、歳入歳出総額を82億1,090万7,000円といたすものでございます。
 まず、4ページ目をお開き願いたいと思います。
 4ページ目につきましては、債務負担行為の補正ということで、体育施設管理運営委託、指定管理ということで27年度から29年度までということで7,200万円の債務負担行為の追加をさせていただいてございます。
 事項別明細書によりご説明いたしますので、8、9ページをお開き願いたいと思います。
 まず、歳入についてでございます。12款1項2目1節の老人福祉費負担金、これにつきましては軽度生活援助事業利用者負担金ということで8万6,000円、利用者の増というふうな形でございます。
 その下、2節児童福祉負担金544万6,000円、保育所児童保護者負担金でございますが、年間で約360人ほどの保育児童数がふえているということの部分と、あとは保育料の階層の関係で増額になったものでございます。
 14款1項1目1節の障害者福祉費負担金100万円、これは障がい者の入所給付というふうな形でございますが、これも入所者の増というふうな形でございます。
 3節児童手当負担金213万7,000円、これにつきましては見込みより約130人ほど対象者がふえたということでございます。
 4節施設型給付費負担金406万8,000円、これにつきましても約360人、年間でですね、保育児童数の増、または保育士の処遇改善加算があるということでの増加というふうな形になります。
 2項1目5節の選挙人名簿システム改修補助金46万9,000円につきましては、公職選挙法の改正で選挙権が年齢18歳に引き下げられたことに伴うシステム改修への補助というふうな形になります。
 10、11ページをお開き願いたいと思います。
 15款1項1目1節の障害者福祉費負担金、これは国の負担金と同様に、障害児入所給付費等負担金、これは入所者の増ということで50万円。4節の児童手当負担金、これにつきましても国と同様でございまして、見込みにより130人ほど対象者が多くなるということで37万8,000円。5節の施設型給付費負担金203万4,000円につきましても、年間約360人の保育児童数の増と保育士の処遇改善の加算というふうな形になります。
 15款2項2目の2節障害者福祉費補助金90万円、これにつきましては心身障害者医療費助成補助金となりますが、助成件数の増と、1人当たりの支給額の増によるものでございます。
 その下の児童福祉費補助金、△の1,547万円につきましては、まず宮城県少子化対策支援市町村交付金ということで255万円を増額してございます。この内訳といたしまして、まず180万円分につきましては、第3子以降の出生者に対する補助ということで、5万円分の補助があるということで36人分計上させていただいてございます。残りの75万円につきましては、不妊治療に対する補助がつくということでの増額補正でございます。
 その下の小規模保育設置促進事業補助金、△の1,802万円につきましては、事業が終了してございます。その実績に基づきまして減額をさせていただいているところでございます。
 4目2節の農業振興費補助金91万5,000円の経営体育成支援事業補助金139万5,000円につきましては、中心経営体が融資を受けて設置するビニールハウスにつきまして、補助金が来るということで計上をさせていただいてございます。
 その下の豊かなふる里保全整備事業補助金、これにつきましては水路の改修等でございますけれども、県の補助の確定というふうな形になってございます。
 その下の多面的機能支払補助金、△21万9,000円につきましては、当初見込んでおりました面積、4.2ヘクタールほどを見込んでおりましたが、3.227ヘクタール、3.2ヘクタールほどに減ったことから減額をさせていただいておるものでございます。
 4節の林業費補助金、△27万2,000円につきましては、これは補助の確定というふうな形で減額をさせていただいてございます。
 15款3項7目1節の教育費委託金、△の13万9,000円、これにつきましては内訳がございます。まず、放課後子ども教室推進事業で10万3,000円の減額、次に協働教育プラットホーム事業で3万6,000円の減額をさせていただいてございます。これらにつきましては、県の委託金の確定に伴いまして減額をさせていただいておるところでございます。
 続きまして、12、13ページをお開き願いたいと思います。
 16款1項2目1節の利子及び配当金の6,000円につきましては、仙南中央森林組合からの出資配当がございましたことから計上をさせていただいてございます。
 17款の寄附金につきましては、まず大河原町広表土地区画整理組合から1,515万円の残余財産の寄附というふうな形、もう1点は、大河原町土地区画整理組合連合会の解散に伴う残余財産ということで1,372万8,000円でございます。あともう1件ございました、大河原町民ゴルフ大会から5万円の寄附を受けたものでございますことから、今回計上をさせていただいてございます。
 19款1項1目の繰越金につきましては、今回の補正財源ということで2,430万1,000円を計上してございます。
 20款の雑入につきましては、むつみ学園からの精算という形で26年からの精算になってございます。
 続きまして、歳出のほうをご説明いたしますので、14、15ページをお開き願いたいと思います。
 2款1項1目の3節職員手当等で、時間外勤務手当250万円を増額させていただいてございます。この時間外手当につきましては、この総務費のほか民生費、農林水産業費、教育費で、合計で690万円を補正増させていただいてございます。これにつきましては、事業量の増加に伴う時間外というふうな形になってございます。
 その下の9節旅費20万円、普通旅費、これにつきましては、東京を初め県外への会議出席が多くなったことに伴う増額でございます。
 6目15節工事請負費170万円の増額につきましては、当初車庫の屋根の塗装、庁舎のですね、車庫の屋根の塗装を行うことで200万円計上してございましたが、再度積算等をやり直したところ、不足するということがわかりましたことから、今回170万円を増額させていただいているところでございます。
 2項1目の19節負担金、補助及び交付金456万8,000円の増額につきましては、仙南地域広域行政事務組合滞納整理事務負担金ということで、徴収実績が大河原町多かったというふうな形で、今回その分の割合で大幅に増額になったものでございます。
 その下、13節委託料の10万円の減額につきましては、軽自動車県外転出車両リスト作成委託料で10万円まず増額させていただいてございます。これにつきましては、転出車両、県外のほうに転出車両のほうが多かったということ、またその下の軽自動車車検情報リスト作成委託料、△の20万円につきましては、全額を減額させていただいてございます。これにつきましては、費用発生が28年度からなるというふうになったことから、今回全額減額というふうな形になってございます。
 4項選挙費の1目13節委託料94万円につきましては、公職選挙法の改正に伴いまして、選挙権年齢が18歳に引き下げられたことに伴うシステムの改修委託でございます。
 16、17ページをお開き願いたいと思います。
 3款1項3目の20扶助費180万円の増額につきましては、歳入でも申し上げましたように、助成件数の増と、あと1人当たりの支給額の増によるものでございます。
 その下の23節償還金利子及び割引料の224万2,000円につきましては、国県負担金の精算返還金ということで、障害者医療費の負担金と障害者自立支援給付費の負担金の返還というふうになってございます。
 5目の13節委託料34万8,000円、軽度生活援助事業ということで、これは利用者の増によるものでございます。
 続きまして、19節負担金補助及び交付金で570万円を増額させていただいてございます。これは、デイサービスセンターふれあいホームの冷暖房設備の更新負担ということで、今回計上させていただいてございます。これにつきましては、特別養護老人ホーム桜寿苑と一体で整備されているということから、一体で改修するための負担というふうな形になってございます。
 2項1目12節役務費で11万6,000円、通信運搬費で増額となってございます。これにつきましては、子ども医療費の助成が今回所得制限撤廃を行うことに伴います対象者への通知等によるものでございます。
 その下、13節委託料83万2,000円、これにつきましては、先ほど申し上げましたように、所得制限をなくすための改修費用でございます。
 20節扶助費の360万円、これにつきましても歳入で申し上げましたように、第3子以降の出生者への祝い金として1人10万円を計上してございます。対象的には36人ということで、27年の4月にさかのぼって支給するというふうな形になってございます。
 次に、2目の20節扶助費315万円、児童手当ということで、これも歳入で申し上げましたように、見込みより約130人ほど多くなったということでの増額でございます。
 その下の23節の償還金利子及び割引料につきましては、26年度の精算というふうな形でございます。
 3目の20節扶助費の200万円、障害児施設給付費ということで、これにつきましても入所者の増というふうな形でございます。
 18、19ページをお開き願いたいと思います。
 4目の母子福祉費の賃金50万円につきましては、職員の育児休業の延長に伴う臨時職員の賃金として50万円を計上してございます。
 その下の保育所運営費で、19節負担金補助及び交付金で1,242万7,000円を増額してございます。この内訳といたしましては、施設型給付費ということで3,270万円、これも歳入のところで申し上げましたように、年間約360人ほどの保育児童数の増と、保育士の処遇改善の加算でございます。
 その下の小規模保育設置促進事業補助金、△の2,027万3,000円、これにつきましては事業の完了に伴う実績により、今回減額をさせていただいておるところでございます。
 その下の23節償還金利子及び割引料78万8,000円につきましては、26年度の精算でございます。
 6目の1節報酬で、△の132万9,000円をしてございます。嘱託職員ということで、今回この嘱託職員で採用しようといたしましたところ、本人のほうから臨時職員での採用を希望されたことから、今回減額をさせていただいてございます。
 7節賃金で126万7,000円を増額させていただいてございます。これにつきましては、先ほどのこと、または退職者が出るというふうな形での増額というふうな形でございます。
 14節使用料及び賃借料の1万2,000円につきましては、プリンターから電子複写機のほうへ印刷する方法を変えたことから、そちらのほうで増額になったというふうなことでございます。
 7目児童館費の、まず11節需用費で30万9,000円、14節使用料及び賃借料で20万円、18節備品購入費で6万5,000円を増額してございます。これにつきましては、今金ケ瀬小学校内で児童クラブを運営してございますが、来年度以降ですね、金ケ瀬小学校のほうでクラスがふえるというふうな形になるようでございます。そのために、民間の貸家を借りまして、そこで運営するというふうな形で、2月から運営を開始するということでの費用をここに計上をさせていただいてございます。
 12節の役務費1万1,000円通信運搬費、これにつきましては、保護者とあとは学校との連絡が結構ふえているということで増額をさせていただきました。
 9目の23節償還金利子及び割引料135万4,000円につきましては、子育て世代臨時特例給付金の精算ということで、事務費で105万4,000円、大きく返還というふうな形になりますが、これにつきましては口座振込の手数関係が見込みより少なかったことによるものでございます。
 20、21ページをお開き願いたいと思います。
 4款1項1目の部分につきましては、財源更正ということで、不妊治療に対する県の補助があったことから、今回財源更正をさせていただいてございます。
 2目の予防費の13節委託料で324万4,000円を計上してございます。これにつきましては、インフルエンザの予防ワクチンが3種類対応から4種類対応へ変わったことに伴う委託料の増というふうな形でございます。
 6目の放射能対策費の4節共済費と7節賃金の減額につきましては、緊急雇用の継続があったことから、今回この部分について減額をさせていただくというものでございます。
 6款1項3目の農業振興費の19節負担金、補助及び交付金139万5,000円につきましては、歳入のほうでも申し上げましたように、主たる経営体において融資を受けて設置するビニールハウスへの補助というふうな形で計上をさせていただいてございます。
 6目農地費の、まず4節共済費、7節賃金、11節需用費、14節使用料及び賃借料の減額につきましては、この緊急雇用関係での減額というふうな形です。
 8節報償費で35万6,000円増額してございます。これにつきましては、当初多面的機能支払事業のほうで考えておりましたが、その計画面積が4.2ヘクタールから3.2ヘクタールに減少したことに伴うものでございます。
 13節委託料の80万円の減額につきましては、水路内面の除草費用の費用が減額になったというふうなことでございます。
 16節原材料費の25万円、補修用原材料ということで、側溝の改良に対する支給材料というふうな形で今回計上をさせていただいてございます。
 22、23ページをお開き願いたいと思います。
 一番上の19節負担金、補助及び交付金の29万1,000円の減額につきましては、多面的機能支払事業補助金ということで、当初の計画面積4.2ヘクタールから3.2ヘクタールへ減ったことに伴う減額になってございます。
 2項1目24節投資及び出資金の6,000円につきましては、仙南中央森林組合からの配当を受けましたので、その配当分につきまして出資をするというふうな形をとらせていただいてございます。
 7款1項4目9節の旅費6,000円につきましては、新しく消費生活相談員になられた方がおりますので、その研修のためというふうな形でございます。
 8款1項1目の土木総務費の4節共済費と7節賃金につきましては、職員1名が今月末で退職いたしますことから、その代替という形で1名の分を計上させていただいてございます。
 24、25ページをお開き願いたいと思います。
 5目の公共下水道費の28繰出金で9万9,000円の減額を行ってございます。これにつきましては、下水道事業会計において事業の見直しに伴う減となってございます。
 10款1項2目の11節需用費で99万4,000円、印刷製本費で増額をしてございます。これにつきましては、暗唱読本を4,000冊印刷するということでございます。これにつきましては、前児童生徒への配布を行うとともに、平成29年度から新しく小学校1年生に入ってくる児童への配布する分も含まれているということでございます。
 2項1目の大河原小学校費の11節需用費、修繕料で26万2,000円計上してございます。これは暖房器具の修理というふうなことでございます。
 3項1目の14節の使用料及び賃借料100万円の減額につきましては、中体連等で使用するバスの利用見込みが余り多くなかったということでの減額でございます。
 3目金ケ瀬中学校管理費の14節使用料及び賃借料で19万4,000円増額させていただいてございます。これにつきましては、現在体育館をつくっておるところで、体育の授業を総合体育館で行うための送迎費用というふうな形で、今回増額をさせていただいてございます。
 その下の15節工事請負費850万円につきましては、金ケ瀬中学校の体育館の追加工事ということで、体育館の屋根等のメンテナンスを行うためのタラップの設置、または体育館西側のフェンスがかなり老朽化しておるということで、それの改修を行うための費用ということで、今回新たに追加をさせていただいてございます。
 続きまして、26、27ページをお開き願いたいと思います。
 4項1目11節需用費で13万9,000円を減額してございます。これにつきましては、歳入のほうでも申し上げましたように、放課後子ども教室推進事業または協働教育プラットホーム事業の県の委託金の確定に伴いまして、歳出のほうも減額をさせていただいているところでございます。
 4目の図書館費の8節報償費で14万4,000円の増、11節需用費で30万円の減額につきましては、当初3歳児へのセカンドブックとして絵本をプレゼントするということで、消耗品でちょっと計上をさせていただいておりました。本来であれば報償費に計上すべきところだったということで、今回組み替えをさせていただくというふうな形でございます。
 5項1目の保健体育総務費の7節賃金から13節委託料までの減額につきましては、おおがわら町民学園健康まつりの事業終了に伴う減額というふうな形になってございます。
 3目学校給食センター費の11節需用費30万円の修繕料の増につきましては、修繕する箇所がちょっと多くなったということで、今回増額をさせていただいてございます。
 12節役務費の5万円、公用車点検手数料につきましても、車両が大分古くなっておりまして、手数料が多くかかるというふうなことでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時10分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時22分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 先ほどの詳細説明について、企画財政課長から訂正の申し出がありましたので、これを許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 大変申しわけございませんでした。
 まず、11ページの中段にございます2節農業振興費補助金の一番下の多面的機能支払補助金の中で、4.2ヘクタール、3.2ヘクタールと申し上げましたが、42ヘクタール、32ヘクタールということで、ちょっと大変申しわけございませんでした。これに伴いまして、23ページの一番上になります、ここも4.2ヘクタール、3.2ヘクタールと申し上げましたが、42ヘクタール、32ヘクタールの誤りでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まず、第1点目ですけれども、16、17ページの老人福祉費のデイサービスの負担金関係ですけれども、これ新しく直してあっちさやるというふうな分だと思うんですけれども、この負担、冷暖房設備更新負担金の総額は幾らぐらいかかって、町でね、何ぼくらい、この570万円ということのようですけれども、何%ぐらい支払うのかというのがまず第1点。
 それから、次の18、19ページの児童館費の中の使用料及び賃借料、これなんですが、金ケ瀬放課後児童クラブ施設賃借料ということで、何か2月から小学校が使えなくなるということなんですが、いずれ何といいますか、金ケ瀬学区にもね、やはりきちんとした児童館は私つくるべきだと思うんです。前にもお話しましたけれども、金ケ瀬カトリック保育園の隣あたりの田んぼを買って、少しね、そしてあの辺あたりに建てたり、金ケ瀬カトリックも大分古くなってきてますし、そういった今のこの保育所に入れない子供たちの確保のためにも、少し金ケ瀬カトリックを新しくしてもらって、町でも少し協力して、そしてできればその金ケ瀬カトリックあたりにね、その児童館の運営を任せるような方向性みたいなものをね、やっぱり考えていくべきなんではないかなと思うんですけれども、この辺も含めて、これ2カ月分で20万円ということでよろしいんでしょうか。
 それから、3点目は20ページ、21ページの農業総務費の時間外手当なんですが、これですね、9月で50万円補正して、12月で150万円、当初が130万円ですから330万円になるんですね。26年度の決算では173万9,000円だったんですよ。それが何でこんなにね、時間外が多いのか、職員が2人か3人へっぺらさったのかどうなのかわかりませんけれども、何でこんなに多いんでしょうか。この3点お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、デイサービスセンターの負担金、これなんですけれども、まず総額につきましては3,585万6,000円になっております。それで、そのうちですね、デイサービスセンター分として570万円。今までこの冷暖房につきましては一括集中型といいますか、そういうふうな方式になっておりまして、1カ所壊れると全部に影響を及ぼすというふうな形で、今回、本来今までの同様の冷温水発生装置というんですか、そういうものをすると1億3,000万円ほどかかるようなんです。それを今度はガスヒートポンプ方式ということで、ブロックごとの方式に切りかえたということで、安価なもので、1カ所壊れてもほかのところは使えるというふうな形のものにかえたということであります。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 18ページ、19ページ、7目児童館費でございますが、議員から金ケ瀬小学校学区にもきちんとした児童館を設置すべきではというご質問につきましては、確かに金ケ瀬小学校学区のみ児童館、児童センターございません。それでですね、やはり安定的な金ケ瀬地区への子育て支援の施設というようなことで考えておりましたところ、平成29年度に金ケ瀬カトリック保育園の建てかえが計画されておるというようなことで、先日理事長と事務局長が参りまして、支援の要請に参ったところでございます。その中で、その金ケ瀬カトリック保育園の建てかえに際しですね、児童クラブその他の子育てサービスの支援ができるような施設計画を立ててくれないかという要請をいたしております。おおむね好意的には受け入れられていると考えております。
 もう1点、賃借料でございますが、2月、3月の2カ月分ということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 農政のほうの時間外でございますけれども、大分業務がふえてきてございます。一例を挙げますと、昨年の米価下落によりますそういった対策ということで、米価下落対策事業、例えば生産費を安くするとか、いろいろなそういったコスト削減、そういうところに取り組めば、じゃあ交付金あげますよとか、そういったのもまだ新たに今年度なりまして出てきましたし、あと転作なんかでも飼料用米というのもまだ追加、ふえまして、それの大分取りまとめといいますか、そういったところでも時間数かかってございます。あとは、直接支払交付金で1反歩7,500円の交付、あれについても3年間何も作付しなければ対象から外すよとか、そういったのがだんだん始まってからなってきました。そういったところも細かくチェックして1筆1筆しなければなりませんし、あと東北農政局のほうでも、その直接支払交付金で大分農家個人管理までやってございます。そういうところで、かなりそのいろいろな共済掛金なり、そういった減反、あととも補償、そういったところを抱き合わせてチェックというのが厳しくなってございまして、そういったところなんかでも照合作業なり、あとデータを送ってまた再度照合、そういったところの作業もございます。あと、多面的のほうでは、昨年は予算事業でしたが、今年度からは法律での事業ということで、若干制度は変わってございます。あと、農地バンク、そういったところでも拡大普及を図らねばならないということで、対象農地のいろいろな絞り込みなり、そういった農振との農用地、そういったところの条件突き合わせ、そういったところもありまして、あとこれからなんですけれども、農業委員会とかそういったところの条例改正なんかも今回の農協法改正に伴う農業委員会関連法なんかの改正もありまして、そういったところに対処するための業務とか、そういったのが大分ふえてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) デイサービスはわかりました。
 19ページの児童館ですけれども、29年度カトリック保育園が改修する予定だということで、非常にいいことだなと思いますけれども、金ケ瀬カトリック保育園もあそこの土地では少し土地が狭いので、あそこの脇のね、やっぱり田んぼ2段ぐらい町で買って、何とか広く、あとまた何かに使えるという部分もありますので、少しでも広く土地を購入してもらえないかというふうに思います。
 それから、この農業総務費ですけれども、時間外、いろいろなことをこう今話されましたけれども、どこの課でも結構仕事の量はふえていると思うんです。私が心配しているのは、こんなに時間外手当、時間外手当でやって、職員のほうの体が大丈夫なんですかということも私は心配しているんですよ。人員が足りないなら足りないということで確保するなり、大体去年の倍ですからね。ですから、その辺のところの職員の健康管理というものはどのようになっているのか、改めてお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 金ケ瀬カトリックの改修関係でございますが、金ケ瀬カトリックのカトリック児童福祉会のほうで、既に前の田んぼの所有者のほうと購入の交渉を行っておるというようなお話をいただいております。また、その辺につきましては、土地資産、不動産資産の増加については町のほうで支援するのはなかなか難しいものかというふうには考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 農業総務費の時間外での職員の健康管理ということでございますけれども、今回のその農業総務費に限らず、総務課でも250万円ほどの、総務費でも250万円ほどの増額をしてございまして、実は12月7日の庁議の中で、上半期の時間外等の執行状況を庁議の中でお示ししてございます。その中でもお話をさせていただきましたけれども、先ほど堀江議員がおっしゃったように、いろいろあるだろうけれども、一つは職員の健康管理も大事だという話をさせていただいたところでございます。さらには、ストレスチェックテスト、ことしの12月からですかね、始めなければなりませんけれども、もう既に大河原町とすれば1回目終わってございます。2回目が、そろそろ評価が出てくるような時期でございますけれども、そういった形の中で、一応職員の健康管理も目を配らせながらやっているということで、まずご理解をしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) わかりました。
 最後、金ケ瀬児童クラブの件だけ1点。町でなかなかあれだというふうな部分もわかります。ただ、いろいろな面で使えるのは、あそこの田んぼ、3段だか4段ありますよね、小学校につけての。したらね、金ケ瀬に公園がないんでね、町で公園でもつくって、金ケ瀬カトリックでも自由にこう使えるようなものにするというふうな考え方も考えられるんではないだろうかと思うんですよ。何かあった場合に、あそこ道路狭いですし、駐車場、ほんでなくても桜保育所でも皆同じですけれども、運動会とか何かがあるたんびに、あそこの周りに車がずっととまって、パトカーがその後ぐるぐる回ってとかというふうなね、ですからその駐車場も兼ねられるような、何かこう公園的なものをね、1つぐらいあの辺にあってもいいんではないかと思うんです。そうしますと、カトリック保育園でもいろんなのに使えるんではないだろうかというふうに思うんですけれども、そのような考え方を今後持っていただけるかどうかお願いをします。
 それから、時間外手当、まあ職員も減ってきておりますし、あれなんですけれども、やはり一番は健康管理だと思うんです。そういった中で、ストレスチェックというふうなこともやってるようでございますけれども、以外と大河原だけでなく柴田においても、結構このストレスで仕事を休んでる職員も結構いるようでございますので、そういった部分も踏まえて今後十分時間外も見合わせながら、時間外が人につくというのを私ら聞いたことあるんですけれども、その部分もありますけれども、全体的に見てね、職員の健康管理を十分留意していただきたいというふうに思います。あの、児童館の分だけ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 平成29年度改築ということで、多分28年度に施設の実施設計等がありまして、一定程度の金額が出てこようかと思います。その中で、どのような形で金ケ瀬カトリック保育園に対しての町の単費の補助を上乗せできるかということは検討させていただきます。確かに堀江議員おっしゃるように、第一、第二光のところは町の土地を利用して無償貸与しておるという状況の中で、やはり金ケ瀬カトリック保育園におきましても、自前の土地ということでございますので、その辺は何らかの考慮をさせていただきたいというふうに思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2点ほどお聞きしたいんですけれども、25ページです。10款1項2目11節需用費、印刷製本費、暗唱の読本と、新1年生も含むとあったんですけれども、これをどのようにこう授業で生かしているのか、教えていただければと思います。
 続きまして、27ページ、10款5項1目8節から13節、町民健康まつりの余ったお金というふうに聞いたんですけれども、とても盛大に開催されてよかったなと思いますけれども、トータルでどのぐらいかかったのかというのがわかれば教えていただきたいと。グラウンド整備とかは除いても構いませんので、大まかでいいですからわかればお願いします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 暗唱読本の生かし方でございます。現在も既に試行的に暗唱読本の試行が各学校で行われております。例えば、卒業式の中で町民憲章を暗記した南小学校、あるいは全校集会の中で各学年の暗唱大会といいますか、そういうものをやった大河原小学校ということで、さまざまな試行が行われておりまして、授業あるいは学校行事の中で何ができるのか、手探りの状態で今進めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 健康まつりでございますが、当日かかった経費、主なもの、一番大きいのは参加していただいた方への商品といいますか参加賞ですが、そちらが購入で123万円ほど購入しております。そのほかは、打ち上げ花火とかは多少でございますので、それから運営の協力いただいた方も、何ですかね、四、五万円だと思います。150万円ぐらいということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。準備から生涯学習課の職員、多分大変だったと思うんですけれども、この町民健康まつりを開催して、町に対してどのような声が入ってきているのか、継続してやったらいいんじゃないかとか、そういう声も多分入ってきているかと思うんですけど、いつやるかわからないそのイベントをですね、多分苦労するのは職員の方だと思うんですけれども、かえって定期的にやったほうが職員の負担は減るのかなという、私は個人的な思いもしているんですけれども、その辺どのように考えているのかお聞かせ願えればと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 参加された方、それから区長さん方からは、選手集めはいろいろ大変だったけれども、やって非常に楽しかった、反省会も盛り上がったという好意的なお言葉、たくさんいただいております。今後の定期的な開催ということですが、現時点では定期的な開催をするというお話には、今のところはまだ出ておりません。ただ、確かに定期的にやったほうがいいんじゃないかという声もいただいております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) その辺、町長の考え、最後お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) どのような声が寄せられているかということでありますけれども、参加した多くの方から、やってよかったと、大変いいということで、継続的に定期的にやってもらいたいという声がかなり多いというふうに思っておりますので、その辺庁内で十分検討してまいりたいと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はございませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私は、まず4ページです。先ほど議案の56号でも出ましたこの指定管理者に関してですけれども、先ほど若手の職員の給料、あるいはその館長、今度非常勤から常勤、これはですね、私は常勤じゃないと思うんですけれども、常勤というのは毎日来るのが常勤だと思うので、そういうことも含めて、今後債務負担行為として今回追加出ましたけれども、見直しというのは可能なのかどうか伺います。そこの確認だけです。
 それから、ページは9ページです。14款国庫支出金1目民生費国庫負担金の中の4節です。施設型給付費負担金でありますけれども、この中で職員の処遇改善というのも含まれているということでしたけれども、昨年もありましたけれども、この処遇の改善の中身というのは同じなんでしょうか。どの程度されているのか伺います。これによって、保育士というのは確保できているのかどうか伺います。それから、あわせて、もう28年度の入所状況、定数に対してどのぐらいの今申し込みになっているのか、あわせて伺います。
 それから、15ページです。19の負担金、補助及び交付金ですけれども、仙南広域に関して伺います。徴収実績が多かったということで、今回456万8,000円になっていますが、この徴収実績が多かったという点では、この中身ですね、例えば競売とか差し押さえによってその実績というのが多かったのか、その中身について伺います。
 それから、先ほど来も出ましたけれども、7の児童館費の使用料及び賃借料の金ケ瀬の児童クラブに関してです。児童クラブ、先ほど理由はわかりましたけれども、申し込みというのは、これも来年のもう既に募っていると思うんで、どういう状況になってますか。
 それと、今児童館は子ども・子育て新システムによって、たしか3年生だったのが6年生までになってますが、その状況がどうなっているのか。待機というのがあるのかどうか、あわせてここのところで伺います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 第1点、4ページの債務負担行為でございますが、期間が27から29で、限度額が7,200万円ということで、こちらの限度28年度と29年度2年間の分として合計で限度額が7,200万円の債務負担行為ということでございます。それで、28年度、29年度それぞれ実際の指定管理料につきましては、当初予算の中でお認めいただくことになりますし、またあと年度協定の中で決定していくことになりますので、この限度額の範囲で行うということでございます。
 給与等につきまして、前のご質疑でも館長が高いのではないかというお話もございましたが、今回の予算の見積もりの中では、28年度以降抑えていただくような約束はしております。それから、若い人の給与につきましても、何らかの方法で上げるような、そのような改正を行っていただくということもお話はしておりますので、ご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 8ページ、9ページ、国庫負担金の施設型給付費関係につきまして、その中の処遇改善加算費の内容でございますが、当初この処遇改善加算というものが、旧制度では民改費、民間保育所給与改善費というようなものが加算がございました。これが、今回新制度によりまして処遇改善加算ということになりました。これ歳出のほうでも影響が出てくるんですが、それが当初予算策定時には、この処遇改善加算が民改費と同率程度であるというようなことで予算を組んでおりましたが、そのほかに約4%賃金改善加算というのが加わってございます。その4%分がふえてございますので、保育児童数並びにその賃金改善加算分の積み残しがこれに、この補正に反映しておるということでございます。
 また、28年度の入所申し込み状況でございますが、現在556名の申し込みがございます。この中で、利用調整がうまくいけば、待機児童は28年度で解消するのでは、できるのではないのかなというふうに考えてございますが、ただ保護者の希望があそこの保育所に絶対入りたいとか、そういうふうになりますと、なかなか利用調整が難しくなってくるというようなことでございますので、一定程度の申し込みはしたけれども、入所待ちという方は出てこようかと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 15ページの2款総務費2項の徴税費の19節仙南地域広域滞納整理組合の負担金の456万8,000円でございます。これにつきましては、詳細説明でも申し上げておりますけれども、平成26年度の徴収実績が非常に大河原町の分が大きかったということでございまして、その額に応じた中での今回負担増ということになります。この要因につきましては、滞納者の部分を委託しているわけでございますけれども、その方がみずから納付に努めたというような状況になっているようでございまして、それは委託した関係上、滞納整理組合の徴収実績というふうになったものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 18ページ7目児童館費の中で、これ金ケ瀬児童クラブの申し込み状況でよろしいんでしょうか、はい。この金ケ瀬児童クラブの28年度の申し込み状況は、60名を超えている状況でございます。現在40名程度ということで、ことしの2月から民家を賃借いたしまして、その1カ所で運営ができるというふうには考えてございましたが、60名を受け入れるとなると、もう1カ所ということで、教育委員会のほうに、2教室じゃなく1教室の返還で賄えないかというようなお話を差し上げておるところでございます。で、2カ所で運営をさせて、60名を全て受け入れるのであれば2カ所で運営をさせていただきたいというふうに考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の4ページですけれども、今さらいろいろ私も申し上げるつもりはございませんけれども、やはり提案というかこういうふうに議案で出てくるまでにですね、十分な相手方と話をして、やっぱりこれなら大丈夫と自信を持ってですね、管理者としての提案ができるように、もっとやっぱり内部での協議というのは絶対これ不可欠ですので、やはり町はお願いするわけですから、そういう点ではスムーズに事が行くように十分お願いしたいということ、これは要望でいいです、お願いしたいというふうに思います。先ほどの答弁どおりですね。
 それから、この9ページの民間保育所に関してでありますけれども、全体でかなりの申し込みが出ていますが、この処遇改善によって、先ほど私言いましたように、保育士というのは大河原の場合は確保されているんですか。以前保育士が足りなくて、なかなかその枠があるんだけれども受けられないという状況ありましたけど、今そういう状況はないのかどうかですね、お願いいたします。
 それから、15ページの仙南広域の移管についてでありますけれども、今の時点では悪質ということで仙南広域のほうに移管されているわけですけれども、何ら今問題は起きていませんか。その状況をちょっと伺います。
 それから、以上ですね、はい、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 保育士の状況でございますが、施設的には認可保育所のみで定員の弾力運用を使えば600名を収容できる施設整備は整っておるということは何度も申し上げておるとおりでございまして、しかし600名を受け入れられないのは、保育士が保育所の最低基準に見合わないために600名は受け入れられないというようなご説明をしております。
 500名の定員ベースといたしますと、保育士につきましては、この最低基準は十分にクリアしているということでございます。その中で、現在現状では、約520名近いお子さんが認可保育所で、20数名のお子さんが小規模保育所というようなことで入ってございますので、合わせて約540数名ということでございますので、あと小規模保育事業所にもまだ定員枠がございますので、申し込みが556名ということでございますので、これは先ほど申し上げましたように、利用調整がうまくいけば全て受け入れられるのではないかというふうには考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 滞納整理組合の移管への件での問題といいますか、その件でございますけれども、町とすれば、ちゃんとした基準に基づいて移管をしている状況になっているかと思います。したがいまして、大きな問題はないものというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 25ページ、10款の3項3目の15節の金ケ瀬中学校体育館の屋内運動場を改築する、これは体育館のタラップ、手すり、外づけの、これって町側が要望して後づけでつけてもらうようにしたのか、これは業者さんがタラップをつけるのを忘れていて工期に影響したのかとか等々、工期がちょっとおくれたことに非常に危惧しておりますので、その点ご説明いただきたいのと、27ページの10款の5項1目の13節の委託料、グラウンド整備業務委託料とあったんですが、大中グラウンドの整備をされたかと思うんですけれども、この整備の内容についてですね、詳しく教えてください。
 あとですね、もう1点、各ページ各款にわたる時間外のことなんですけども、私の家から庁舎見えるんですね。去年とどのぐらい残業してるのかな、人残ってんのかなというのは大体見えます。で、気仙沼ですか、震災の後、きちんと残業代を払ってないということで訴訟が起きてですね、正当な対価を払うことになったことにおいて、その影響を受けて去年までサービス残業的なものが多かったのが、今度はきちんと残業をつけるようになったんだとか、そういうことではないと思うんですけれども、確認のため教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 25ページの金ケ瀬中学校の体育館の工事の関係ですが、メンテナンスタラップの設置という件につきましては、当初の計画では外部から屋根へ上り点検するなど、昇降施設は設置しない計画としておりましたが、太陽光発電施設、それから屋根、雨どいの将来のメンテナンスを考え、階段室外部壁面にステンレス製のメンテナンスタラップを追加して設置することを行うものでございます。(「工期には影響なかったのか」の声あり)工期には影響はございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 5項衛生費、27ページのグラウンド整備でございますが、健康まつりに際しまして、内容といいますかグレーダー、あれで表面を削って整地をしたものでございます。(「済みません、議長、答弁にはなってないんです。詳しく教えてくれって、土がどのぐらい入ったのかとか、これ3回しかできないので」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) はい、じゃあもう一度、生涯学習課課長、その辺。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 土の量とか、申しわけございません、資料手元にないので、後でお答えさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎議員、それでよろしいですか、はい。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 時間外全般にわたるようなお話をいただきました。私のほうでは、勤務時間に応じて、その時間でもって支給をしているところでございます。先ほど堀江議員のほうからもご質疑がございましたし、町とすれば火曜日と木曜日はノー残業というふうな形の中で設定はしているんですね。ただ、どうしてもやはり残業しなければならない状況があるかと思います。さらには、7月、8月をワークライフバランスの強化月間というふうな形の中で、その期間も極力残業しないで家族との触れ合いというふうな形の中で取り組みましょうということで、本年度から行っているところでございまして、庁議の中でもお話はしているところでございますけれども、きちんとして命令の中で行うことを徹底している状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 残業については、まあいろいろな個人差あるでしょうから、仕事を残すことによってストレスになる方も逆にいるかとも考えますし、その例えばワークライフバランスですか、家族を大切にというのもわかるんですけれども、例えばあんまり遅くまで長くやったから能率上がるかというのも、それもあれなので、やっぱり堀江さん言うように健康管理というのは、当人たちだけで残っているとあれなんで、上司の方がしっかり声がけして、何時までに仕事かというのは当然配慮はあるかと思うんで、なお一層その点でご留意いただきたいというのと、27ページのグラウンドの整備ですね、グレーダーかけたとは思うんですけど、初日はですね、グレーダーかけて午前中ぐらいでいなくなったんです、それでいいと思って。その時点で終わりだったと思うんです。請求は幾らきたかわかりませんよ。で、これで学校側はちょっとまずいということで再度電話をしたら、次の日朝から来てですね、さらに土を盛って入れたんですね。トラックで何台分、4台分、5台分ぐらい入れたと思うんです、私もちょっと見させていただいてたんですけれども。で、結局あのメンテナンスした後で、逆に水たまりが多くたまるようになったんです。真っ平らにしたんです。というのは、あらかじめグラウンドというものを整備する前にですね、役場のほうと若干真ん中が高いとか、片方高くして勾配をとるとかというのは非常に大事なことですし、余りにもちょっと今回ですね、グラウンドの整備についてはお粗末だったので、再度この辺をきちんとしていただけるのか、その点だけご答弁ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 議員ご指摘のとおり、今回すぐに水たまりができたというふうな状況もございましたので、今後グラウンド整備する際は、そのようなことがないように事前にきちっと打ち合わせてやりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君、失礼しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 課長ね、ちょっと重く受けとめてくださいね。1日目、帰っちゃったんですよ、さあっとやって。次の日、そのことによって土を入れに来たので、決してですね、町民の血税を使っているわけですから、そういうところのチェックが甘いと、しょせん人のお金なのかとか、そういうことにもつながって、町民の非常識が役場の常識とか言われないようにしっかり私らもやります、私も手入れしているんです、こういう金額からすると、もっともらってもいいぐらい、ただでボランティアでグラウンドの整備やってますので、ぜひ町のほうでやっていただく場合にはなお一層要望なので、丁寧にやってください。その辺目を光らせることも忘れないでください、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、議案第68号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第68号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午後3時05分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時15分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 議案第69号 平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算
                  (第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、議案第69号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) それでは、議案第69号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたが、医療費の増嵩によりまして増額補正をするものであります。
 それでは、事項別明細書に基づき説明いたします。6ページ、7ページをお開きください。
 初めに、歳入について申し上げます。
 第3款国庫支出金の国庫負担金の1目療養給付費等負担金でございます。この負担金のうち医療費についての負担金でございます療養給付費等負担分を増額するものでございます。歳出の一般被保険者療養給付費と高額療養費に充てる国からの負担金でございまして、医療費の約32%を見込んでおり、2,880万円を増額するものであります。
 次に、3款の国庫支出金の第1項財政調整交付金及び第6款県補助金の財政調整交付金につきましては、医療費に対する国、県からの補助金でありまして、医療費の約9%を見込んでおり、それぞれ810万円を増額するものであります。
 9款の繰入金でございますが、国民健康保険の財政調整基金を取り崩すものでございます。国庫支出金、県支出金で不足する分の4,500万円を繰り入れるものでございます。繰り入れ後の財政調整基金の残額は2億9,872万9,000円となります。
 次に、歳出について申し上げます。8、9ページをお開きください。
 第2款1項1目の一般被保険者療養給付費、2項1目の一般被保険者等高額療養費につきましては、医療費の実績及び今後の医療費の動向により増額するものであります。1件当たりの医療費が、当初予算作成時より伸びておりますことにより増額するものであります。
 これらの結果、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ9,000万円を追加し、補正後の予算総額を26億6,613万6,000円とするものでございます。
 以上で詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点だけ伺います。この第2号の今の時点で、介護の滞納されてる方というのはふえてるんですか、横ばいですか、そのことだけ伺います。(「介護、これは違うよ」にの声あり)済みません、国保でございました。お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 済みません、詳細につきましては税務課が担当しておりましてわからないんですけれども、滞納額につきましては、昨年度もより収納なさる方が多くなっておりますので、横ばいぐらいかとは思います。大変申しわけないです、その辺ちょっと調べてきませんでしたので。(「いいです、あと詳しくお伺いします、いいです」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第69号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第69号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第16 議案第70号 平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                  (第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第16、議案第70号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第70号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の詳細についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたが、歳入歳出それぞれ5億492万円を減額し、歳入歳出の予算総額を8億454万4,000円といたすものでございます。
 それでは、3ページをお開き願います。
 第2表地方債の補正につきましては、本年度の鷺沼排水区雨水整備事業への県からの補助交付金配分の確定により、財源と予定しておりました地方債2億8,790万円が不要となりますことから、その分起債の限度額を減額補正いたすものでございます。
 次に、補正内容を事項別明細書によりご説明申し上げますので、7ページ、8ページをお開き願います。
 まず、歳入の1款1項1目の下水道事業受益者負担金の現年度分につきましては、支払い猶予の解除、あるいは分割納入から一括納入へ納入方法の変更等により617万9,000円を追加補正いたすものでございます。
 次に、3款1項1目の公共下水道費補助金につきましては、鷺沼排水区の雨水事業で本年度の当事業に対しての県からの補助交付金配分の確定により2億9,140万円減額補正いたすものでございます。
 次に、4款1項1目一般会計繰入金につきましては、今回の歳入歳出補正に伴う繰入金の精算により9万9,000円減額補正いたすものでございます。
 7款1項1目公共下水道事業債につきましては、3款1項1目の公共下水道費補助金の減額補正理由と同じく、鷺沼排水区雨水整備事業への補助交付金の配分の確定により、公共下水道事業で2億9,390万円を減額し、また町内金融機関より借り入れしておりました資本費平準化債で、借り入れ条件であります借り入れ後10年経過後に利率の見直しをするという条項による借りかえ分6,830万円と、平成26年度での企業債借入額の確定に伴う資本費平準化債借入額の精査により600万円の7,430万円増額し、その結果2億1,960万円を減額補正いたすものでございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げますので、9ページ、10ページをごらん願います。
 1款1項12節役務費の通信運搬費及び13節委託料の下水道使用料徴収事務委託料におきまして、今後の支払見込みにより、通信運搬費で5万円、徴収事務委託料で60万円それぞれ追加補正いたすものでございます。同じく、15節工事請負費では、新古川汚水マンホールポンプのナンバー2号の汚水ポンプ口径50ミリの経年劣化により取りかえが必要になりましたことから、その費用として150万円増額補正するものでございます。同じく、27節公課費では、今回の補正に基づき、消費税納税額の精査により50万円増額するものでございます。
 次に、2款1項19節負担金補助及び交付金の鷺沼排水区雨水事業の柴田町への負担金につきましては、歳入の公共下水道補助金あるいは公共下水道事業債の減額補正でもご説明申し上げましたが、今年度の県からの補助交付金配分の確定により、今後の事業費調整分として250万円を除く5億7,587万円を減額補正いたすものでございます。
 最後に、27節償還利子及び割引料につきましては、先ほど歳入の公共下水道事業債での資本費平準化債でご説明申し上げましたとおり、借りかえに伴う繰り上げ償還分として6,830万円増額補正いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 10ページです。歳出の2款の下水道事業費19節の負担金及び交付金なんですけれども、鷺沼排水区の公共下水道水道事業の負担金で、これは私も一般質問したことあったんですけど、要は執行状況によって見送られたという受けとめ方でよろしいんでしょうかね。県からの補助の絡みとかもあるようなんですけれども、最下流部の工事が終わりまして、これ2期目の工事なのかな、これ3期目に入るのかわかんないんですけれども、その計画の中で私ご提案申し上げたんですけれども、昭和50年代の雨の降り方に対応した排水の計画ということで、随時もうゲリラ豪雨とか雨の降り方も変わってるので、その辺のところも65億円のうち36億円大河原負担するんですかね、大変大きなお金使われますので、無駄にならないようにその時々に合った工事の状況で、ずっとその当初のまんま何ら変わりなく今後もこの事業が進められるのか、それとも例えば民間の大きな敷地を持った事業者さんに遊水池をお願いしたりとか、今後工夫の余地がもうないのか、そのまま進んでいくのかもあわせてお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) 今回の減額補正につきましては、まずもって鷺沼の雨水事業として、平成26年度より事業費ベースで4億3,500万円ほど明許繰り越しいたしております。その関係でですね、雨水事業に対する国からの補助内示額というのが、平成27年度においてですね、仙台市を除く市町村の事業で補助金ベースで26億2,200万円ほど要望してたのが、国からの内示においては約それの43%ぐらいですね、11億3,300万円ほどの内示額というような低率の内示になったわけでございます。
 それで、実際27年度として要望はしていたものの、繰り越し事業分の中での事業を進めていただくというようなことからですね、できるだけ各要望している自治体も多いものですから、その辺の配分で何とか今回配分につきましては見送りというような格好で、26年度から7年度に繰り越しした事業で事業を進めてくださいというような格好で、そういう内容で今回の減額補正になったわけでございます。
 あと、今後の進め方といたしましては、今までどおりですね、予算を要望しながら、現計画の中で進め、あと時にですね、見直しを図りながら事業を進めていくというような格好で考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 柴田町のほうでも優先箇所があってですね、大分大河原が待ちに待たされて、この事業やっとこ始まったわけですけれども、本当に冠水による被害というのも出てますが、予算ですね、お金かけたからっていいっていうもんでもないんですけれども、知恵を絞ってですね、本当に一番被害の少ない方向で、今の気象条件に合った中で、昭和50年当時と大分家の建ち方も変わってございますので、その辺しっかり精査して進めていただくことを要望だけいたしますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第70号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第70号は原案のとおり可決されました。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。今定例会はあす12月18日から3月1日まで75日間休会としたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、今定例会はあす12月18日から3月1日まで75日間休会とします。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時30分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年12月17日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------