議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2015年12月16日(水):平成27年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けがありましたので、報告いたします。
 本日の日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き、一般質問を行います。
 岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい、ただいま議長の許可を得ましたので、通告順に従って大綱2点、質問いたします。
 1点目、さらなる財政健全化に向けて。
 9月議会で公共施設の適正な維持管理、更新とそれらにかかわる財政課題について一般質問をさせていただきましたが、この議会が招集される数日前に開催された全員協議会で説明された公共施設等総合管理計画の策定状況が報告される中で、さらに深い議論が必要であると考えますので、以下質問いたします。
 (1)県内でもう既に策定済みの自治体もある中で、我が町がまだできていない現状はなぜなのか。今回、国からの管理計画の策定の中で、ただ現状の把握だけでなく、どのようなことが求められているのか。
 (2)公共施設には、大きく3つに分けて箱物、インフラ系、プラント系とあるが、現在もこれからもどのような問題が起こると考えるか。また、少子高齢化の加速と生産年齢人口の減少、総人口の減少を鑑み、今後の公共施設のあり方についてどのような見解をお持ちなのか。
 (3)地方創生の最たるものが、この計画策定の中にある。社会情勢に合わせて、公共施設も縮小されていくことは明らかである。このことは、町民にとってどのように受けとめられると考えるか。
 (4)計画の策定年度は最低でも10年後であるが、どの自治体でも最低40年はこの問題に取り組まなければならない。全課を横断的に、どこに何があって幾らかかるのか責任を持って施策を進めるためのエキスパートが必要と考えるが、そのような職員を配置する考えはあるか。
 (5)最後に、公民連携、NPO法人の活用、新たなPPPへの挑戦は必要であるが、このようなアウトソーシングで我が町は好ましくない前例があるように考える。必ず必要なことなので、今後より慎重に取り組みを求めるがどうか。
 以上、答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、公共施設等総合管理計画の策定状況と計画策定に際して国から求められている内容についてのご質問にお答えいたします。
 平成26年4月22日付、総務大臣より通知のあった「公共施設等の総合的かつ計画的な管理の推進について」により、各都道府県、各市町村に対して公共施設等総合管理計画の策定要請がなされたことを根拠とし、本町では平成27年度に予算化し、現在策定を進めているところであります。
 総務省のホームページによりますと、平成27年4月1日現在での策定済みの市町村は、全国で3.3%、宮城県内の各市町村の状況としましては、仙台市以外は未作成の状況となっております。平成27年度策定予定が本町を含む6市町村、平成28年度策定予定が23市町村、平成29年度以降の策定予定が5市町村となっております。宮城県の策定完了予定時期につきましては、平成28年度となっている状況です。また、国から示された公共施設等総合管理計画策定指針による総合管理計画に記載すべき内容につきましては、1公共施設等の現況及び将来の見通し、2公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な方針を定めること、3施設累計ごとの管理に関する基本的な方針を定めることとなっております。
 次に、公共施設のこれからの問題点と公共施設のあり方について、どのような見解を持っているのかとのご質問にお答えいたします。
 大河原町の公共施設、いわゆる箱物施設は昭和60年以降に整備されたものが多く、整備後30年から40年が経過し老朽化が進んでおりますことや、今後道路や橋梁、上下水道などインフラ施設を含めた公共施設等の老朽化が進んでいきますことから、その維持、補修、改修等に係る費用が増大し、大きな財政負担となることが見込まれております。また、大河原町の総人口はこれまで増加傾向で推移してきましたが、今後減少することが予想され、人口構成も年少人口、生産年齢人口が減少し、老年人口が増加していく少子高齢化が進行することが予想されております。このような状況を踏まえ、公共施設等総合管理計画を策定し、本町の公共施設を取り巻く現状や課題を把握するとともに、今後の公共施設等の管理のあり方や取り組みの方向性について、現時点から将来を見据えて考えていくことが大切であると考えております。
 次に、公共施設が縮小されていくことが明らかな状況で、このことが町民にとってどのように受けとめられているかとのご質問にお答えいたします。
 今後、公共施設等総合管理計画を通して本町の将来人口の予想、財政状況、公共施設等の維持、補修、改修等に係る将来費用を含め、これから本町が直面する状況を公表することになります。町民にとっては大変厳しい状況になっていくものと受けとめられることと思われます。しかし、現時点で本町の将来的な見通しを町民の皆様に知っていただくことは、非常に重要なことだと考えております。本計画の後は、さらに具体的な計画を進める上で町民や議会のご意見をいただきながら、本町の施設の将来あるべき姿についてともに考えていきたいと思いますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
 次に、職員配置についてのご質問にお答えいたします。
 本町といたしましても、本計画の策定後、長い期間にわたって取り組んでいかなくてはならない重要な問題だと認識しております。今後、取り組みを行うに当たり、部署間にまたがる案件、予算等の財政的な連動など役割分担や調整が難航することも予想されますことから、組織横断的、全庁的な組織を立ち上げ、本計画を推進してまいりたいと考えております。このことから、専任の職員配置までは考えておりません。
 次に、公民連携についてのご質問についてお答えいたします。
 今後、公共施設等について将来の財政状況も踏まえ、どのように管理していくかを考える際にPPP、PFIなどの民間活力の導入も重要な要素でありますことから、これらの導入の有無につきましてもあわせて検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) きょう、傍聴に小学生が来てるのですが、なかなかかみ砕いてわかりやすくお話ししようかとも思うんですけど、こと財政のことなんでちょっとかた苦しい用語が出てきて退屈させてしまうか大変心配しておりますが、再質問いたしたいと思います。
 関連しますので、1から4にかけて一括して再質問させていただきますが、9月の定例会で一般質問は国から宿題とされたこのたびのあの全員協議会で説明された公共施設と総合管理計画、これ私の9月の一般質問は大きいアシストになったと考えるので質問させていただきました。また、まち・ひと・しごと創生総合戦略にも大きくかかわることだと思いますし、9月以降きょうまで、先ほどのお答えの中にもありましたが、現在町の公共施設全体をどのように捉えているのか。世界に類を見ないスピードで経済成長をなし遂げた国が、世界に例を見ないスピードで少子高齢化が加速していく。これは、本当に世界中例のない初めての経験なので、深刻な問題として捉えていると思います。
 この公共施設において、町長、いま一度確認のために聞きたいんですけども、公共施設においてはどのような問題が今後起きてくるということを認識しているのか、いま一度お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変重要なご指摘をいただいたと思っております。まず、今後の財政状況を考えますと、生産年齢人口が減るということはもう待ったなしの状況でありますので、相当税収も減っていくということから、公共施設のあり方もやはり重点的なところに財政を投入する、あるいは単独で施設をつくるのではなく、複合的な建物など工夫をしながら財政面を考えながら効率的に、そして町民にとって魅力のある公共施設をつくっていければなというふうに今現在考えておるところであります。そのような考え方に基づいて、この管理計画をしっかりとつくってまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 答弁の中にもですね、大変町民にとっては厳しい現実を突きつけることとなるという答弁もあったので認識はあるかと思うんですけども、この前もちょうどニュースでやっていたんですけども、3年前の12月、日本の高速道路で史上最多9名の死者を出した事故というのを覚えておりますでしょうか。また、事故の原因についてもおわかりでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 笹子でなかったっけ。笹子だね、笹子だね。笹子トンネルの、上から構造物が落下したということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい、そのとおりです。笹子トンネル天井板落下事故ということで、天井板が走行中の車に落下してですね、接着剤の劣化とか固定の仕方があれだとか、点検がいま一つできてなかったとかということなんですけども、我が町も他人事ではないと思うんですね。
 例えば、例えばですよ、中央公民館の大ホールの手前の階段に張りつけられた、2メートル四方の重さ30キロぐらいのアクリル板がですね、突然剥がれ落ちて、利用者を直撃して重傷事故となる。原因はアクリル板をとめている金具が経年劣化し、定期的な点検でも見つけることができずに落下したもので、町には大きな賠償責任が出た。これは、あしたにでも起こり得ることだったんですね。
 でも、このような縁起でもないことですけども、想定外というのをなくすために議論するのが、私は議会の場であると確信しておりますので、あえてこのような事故も想定させていただきましたが、ことしの流行語大賞にも選ばれた「安心してください」、その次は「はいてます」ではなくて「直ってます」。これは、町長、この前東北電力さんの研修、一緒に出ていただいた後ですね、私の同級生が、1人で建築屋頑張っている友達がですね、ちょうど中央公民館の階段の脇に張ってあるアクリル板を剥がしてですね、きれいな化粧板を張って、しっかりと直してありましたので、ご安心ください。
 ただ、笹子トンネルに関しては、ご遺族のこと、非常に私、今でも耳に残っててですね、結婚して2週間たったかたたないかうちに兄を亡くして、灼熱の炎で焼かれて、1,000度でも溶けないような歯まで溶けてしまって、灰になってしまって、本当に遺族としては悲痛な思いが残ったということもありますので、我が町にですね、これは酷な質問なんですけども、箱物における事故というのは絶対起きないというふうに断言できますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) しっかりと点検はやっておりますけども、断言するということはちょっと、人間の世界でございますんで、あり得ないというふうに思っておりますので、しっかりと点検をこれから強化してまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 大変意地悪な質問で恐縮ですが、今現在公共施設等管理計画の策定の進捗というのは、あの全協で説明されたままなのでしょうか。その後、何か進展があったんですか。あったとすれば、教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 全員協議会の中でご報告させていただきましたように、各施設の調査等は既に終わってございます。
 で、今後の方向性を今は検討している段階ということで、あの全員協議会の時点とまだ変わっていないということでご理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 後からも質問しますが、その方向性を決めることが非常に大切でありますから、しっかり取り組んでいただきたいと思います。
 そもそも今回ですね、この公共施設等総合管理計画というのは、もうこの3年のうちに自治体に答えを出して提出しなさいということなんですが、この出すことによってどのような意義があるんですか。何かお土産があるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まずこの計画策定につきましては、特別交付税のほうで2分の1を見ていただけるということがございます。それと、この計画に基づきまして新たな認識を持ってですね、今までもそうだったんですけども、公共施設の管理をですね、適正に行っていくというふうな形になるかと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 解体することに関するその措置は、何かなかったですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 申しわけございませんでした。
 起債につきましても、今まではですね、その解体する費用については起債はつかなかったわけでございますが、今回この計画を作成することによって起債がつくというふうな、特例というふうな形になりますが、そのような状況になるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私、個人的にですね、幾らお国がやっていることといっても、これは一自治体の議員としては非常におかしいと思ってですね、生産年齢人口が減り始めて15年、20年たって、今になって解体したものにかわるものを建設しなければ、町に対して起債、起債って借金。借金ができない、認めない、税収も人口も減ることがわかっていながら、せめてですよ、10年ぐらい前にですね、今回このようなお達しを出してしかるべきだと私は考えてます。少なくとも15年間、国は地方自治体にアクセルとブレーキ、両方踏ませったということなんですよね。思いませんか。私は、とても矛盾を感じます。
 地方が、国のあんまり言いなりにならずにちょっと強く発信することも大切だと思いますし、最近の県内の放射性廃棄物の問題で、首長さん、市長さん、大変強気なことを私、好印象は持ってるんですけども、今からもう減らさなくちゃいけないのわかっているのに、数年前までは建てることによってしか借金を認めてないということは、当然町民にとっては不利益なことですし、すばやく中央のほうに不快感を示す行動が足りないと、こういうことがどんどん続いていくと思いますので、伊勢町長、このような地方の現状と国との関係、どのように受けとめますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 国と地方の関係は、きのうの堀江議員との議論の中で感じたんですけども、国が赤字国債を減らすために地方に借金をしなさいと、こういったことでとんでもない状況であるってことを自覚しておりますし、またこの点につきましてはその計画をつくるといっても具体的にですね、どれどれの建物をつくるとかそういったことではなく、基本方針を決めるということと聞いておりますので、あくまでも、さっき冒頭に再質問でお答えしたとおりですね、事業の取捨選択をしっかりとやる中で経費を削減しながら、人口の減少ということも含めながらですね、規模、その他内容についても検討していきたいと。
 その具体的な建物の計画とかはですね、今後のことでございますんで、アクセルとブレーキというお話あったんですが、そうではないというふうにこの問題については考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 9月定例会で、私は町内の箱物の建設年度、面積、建設費用にかかわる更新時期や更新費用、統廃合の必要性について、財政の課題とあわせて質問させていただいたんですが、じゃあこの公共施設等総合管理計画とは別に、私はですよ、じっくり腰を据えてですね、まあスピード感も必要なんですが、この大河原版建物、箱物白書のようなものをつくってですね、きちっとこの計画を出したから終わりではなくて、今からしっかり進めていくという認識でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まずこの計画につきましては、総合的な計画、個別計画ではなくて、総合的にこのような方向性を出すというふうな計画になるかと思います。それで、次年度以降、今度個別的な計画を策定していくというふうな形で、その中でですね、実施をしていくというふうになると思われます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私たちも総務文教委員会で、秦野市というところで、資料課長さんにもおあげしましたけども、公共施設の更新問題というのは自治体の抱える時限爆弾ということで大変重く受けとめてですね、以前から取り組んでいる自治体は、痛みが将来的に市民に対する、町民に対する痛みが少ないから、早く始めたほうがより町民にとっては厳しさは減少するということなんですけども、リーマンショック以前ですね、一つの自治体の例をご紹介しますと、ある大手企業の城下町A県のB市というとこは、人口4万5,000人で一般会計が150億円。この市は、リーマンショックの後、法人税が落ち込んで、市民ホールの休止を発表したんですが、市民の反対で撤回をしました。市長さんや議員さんの報酬、職員の給与も削減し、設備の更新も先送りして存続としたんですが、次の選挙で市長さんは落選し、現在自主事業によるコンサートも行われていない。これは、その箱物がどのような頻度で使われて、何名の方が利用するかということをしっかり把握しないでですね、維持し続けたために起きた事例だと思いますけども、今その先進自治体はですね、夜には使われない、ここの集会所は夜使われないんだとなると、その集会所をですね、学習塾に貸してお金をとったりですとか、例えば市民センターの一角にですね、郵便局を誘致したりですとか、郵便局の職員さんは、じゃあ例えば住民票とかそういうものを取り扱える唯一の公務員として、職員以外にできるものですから、そういうことでいろんな統廃合を進めて知恵を絞っている自治体というのは、全国にももう今数多く出てきてます。
 先ほどの話ですが、転ばぬ先のつえに一日も早く取り組んだ自治体に住む住民ほど将来において痛みが少ないのであれば、我が町の行政として避けては通れないというのもご認識でしょうから、過去5年間平均で、全員協議会の資料によると年間の維持費、更新管理に係る費用は3億6,000万でした。今後、40年にわたってこの建物を同じレベルで維持管理、運営していくために、改修時期を25年、更新建てかえを50年周期とすると、毎年12億円が必要との試算を私たちに文書でお示しいただきました。これは大変大きな数字でありますから、この問題に最優先でもう取り組んでいかなくてはいけないと思いますので、その辺町長、いま一度どんなふうに捉えてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、大変重要なご指摘をいただいたと思っております。利用頻度が問題だということをご指摘もありました。利用頻度を考えた上で複合的な施設とかですね、なるべく箱物は、数は少なくする。しかし、利用頻度が高いようなことも踏まえながら複合的な施設という方向を今、町内でもそういう方向を確認しておるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ちょっと話それるんですけども、きょう小学生来ているので、平成25年度かな、決算において、大河原町、82億7,661万円の収入がありました。町民1人当たり35万1,000円の収入です。そこで、私ばっかり話してると私の時間だけなくなるので、企画財政課長にお願いがあります。経常収支比率という町の財政の物差しとなる数字があります。平成25年度決算では、大河原は93.6%でした。このことはどういうことでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 経常収支比率が93.6%、これにつきましてはまずその、何て言ったらいいんだべな、普段、必ず使わなければならない経費に係るお金の量というか、割合を示す数字になります。で、普段使うお金にその93.6%ですね、を使うというふうな形で、残りの6.4%分についてのみ自由に使えるような状況になっているということで、かなり財政的には厳しいものだと思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 財政の硬直化を示す数字だと思いますけども、1,000円のお金をもらったら936円はもう使い道が決まってますよ、残りの64円でガムを買うのか何を買うのか、6.4%の範囲でしかお金の自由度がないということですね。
 で、まち・ひと・しごと創生総合戦略の大河原版において、40年後はそれなりの施策はうまくいっても、3,000人程度の人口の減少と見込んで1万8,700と予想しますね、2055年。で、財政における大切な収入減となる生産年齢人口は、40年後5,000人減少するという試算を当町が行っております。今後でですね、交付税も一定の減額も間近に迫った現実であると考えますし、40年間今のレベルで箱物を維持し続けると、直前の質問の数字で12億円の40年ですから480億円の支出が予想されます。歳入の中から国庫支出金や地方債、財政調整基金を使い切って、最後の最後、企業会計の聖域に手をつけても、私はこのような施設を維持し続けることは20年ももたないと考えます。
 いかにこれを圧縮して、行政運営の今後大きな鍵となりますが、この問題を解決するためには、先ほども専門的な人員は配置しないという答弁ございましたけども、かなり精鋭で鋭意取り組む努力が必要であります。肩書きはもちろんなんですけども、このような部署を、兼務でもいいので、設置するような考えというのはいつごろあるか。すぐやるのか、もうちょっとしてからやるのか、お答えください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これにつきましては、先ほどご答弁申し上げたとおりの考えで進めたいと思っております。それはですね、その理由はですね、役場職員全体がですね、この財政削減についてのしっかりとした意識を持ってやるならば、エキスパートを採用してその人に任せるよりも、役場庁舎全体で一人一人がその財政が厳しいという状況を、その認識を共有する中で進めるということのほうが大きな価値があるんではないかということで、エキスパートは置かないというふうにお答え申し上げましたので、ご理解いただければ幸いです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ちょっと関係課に聞いたら、今もそういう委員会はあるということでした。きちんと全課横断的な組織にすべきであって、一例を挙げればですね、我が町の公共施設83施設、延べ床面積が8万7,176平米。で、うち38%を占める学校教育施設を管轄する教育総務課からは3名程度。で、社会施設、学校教育施設をですね、25%を占める社会施設を持つ生涯学習課からは2名ですか。で、19%を占める地域整備課からも2名、合わせて6%しかないんですが、子育て支援施策、社会教育福祉施設を管轄する子ども家庭課、健康福祉課からは各1名ぐらいで、あとは企画から若干名ということで、10名以上はこういう施策に携わって人員を配置して、若手の職員にも随時この進捗の度合いっていうのを周知し、町民とも共有するということが最低限は必要だと思うんですけども、おかしいですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まずですね、この公共施設等総合管理計画を策定するに当たりましては、まず委員会を設けております。で、この委員会の中に計画検討部会ということで下部組織を設けて、そこの中で検討をするというふうな形になってございます。これは、あくまでも総合管理計画の策定というふうな形になりますが、今後個別計画を策定する上でもですね、こういう組織をつくりまして、検討をしていかなければならないものと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 人口減少社会を迎える、本当に経済の右肩上がりの時代っていうのはとっくに終わってるんですけども、なかなか国の施策はこれに追いついてこなかったというのが私の感想で、だからこそ地方は、町は、総花的なことなんかはもう大々的に書いたり、もう言えない時代となってきたのは明確なんですが、施設を減らす一方で社会的な情勢を考えたときにですね、子供、子育てを取り巻く課題っていうのはふえる一方であり、これらの施設は減らすどころか逆に充実していかなければならない性質を抱えてたりするんですね。であって、今後統合、再配置、廃止等の施策を早い段階から広く住民を巻き込んで、周知と理解を賜る取り組みっていうのが必要なんですけども、先月私らも議会報告会やったんですけども、人集まらないんです。このご時世、お金集めるより人集めるほうが難しいって言われてるご時世なんですね。本当に、以前からの議会の図書室に行っていろんな本を探しても、やっぱり住民説明会なんかはやっぱり参加住民の少数化と固定化っていうのが大きな課題になって、もう久しい課題だと私も肌で感じております。
 町長肝いりの施策や住民とともにしっかり考えていかなきゃならない課題については、今後新たな周知の工夫っていうのを私やらないとだめだと思うんですけども、その点、ほかの議員さんも以前の議会で周知のことについては随分もんできたと思うんですけども、それについて今新たにどのようなご見解をお持ちかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民の理解を得るってことは極めて大事だと思っておりまして、例えば公民館が年間運営するのにどれぐらいかかっているかとか、そういったことをですね、分析しながら、それを町民にもしっかりと理解していただいて、行政の運営にはお金がかかるということを理解していただいた上で、できる限り、協働の社会ということで民間の活力をしっかりと活用できる、なるべく施設は少なくする、そういったこともですね、今後大きな課題かというふうに思っておりますので、行財政改革にしっかりと今後とも取り組んでまいりたいと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ちょっと動きが最近見えないんですが、地区担当職員制度というものがあるようですので、地区担当職員の個別による訪問で周知をするようなことも含めて、ほかの先進自治体ではPRキャラクターとかそういうものを用意してるんで、我が町にも「さくらっきー」いますけども、やっぱり仙台の100万人ごみの減量作戦キャラクター「ワケルくん」のような形で、うちにはもう「さくらっきー」っていうのあるんですから、例えば大河原町施設再配置計画推進キャラクター「さくらっきージュニア」とかですね、ちょっと長いかな。何でもいいんですけども、子供たちにも大人にもわかりやすいそういうキャラクターを設定してですね、周知するのもいいんじゃないのかな。地区担当職員についてもそのようなことで、どのように町長お考えるか、答弁いただけますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も地区の住民懇談会にまいりますけれども、テーマがあった場合ですね、担当課が出席するというパターンのほうが多くて、地区担当職員が出ない場合は多いというふうに感じておりますので、今後は、今ご指摘ありましたので、地区担当職員もしっかりと出席していただいて、また逆に区によってはですね、住民懇談会を開催しないところもありますんで、できる限り町の情報なども流せる場としてですね、多くの区でそういう説明会を開いていただけるようなことも工夫しながらですね、町民の理解を求めることをしっかりとやっていきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先月、秦野市で研修受けたときには、もう本当に、多分職員さんなんでしょうね、スーパー公務員の方がいて、志村高史さんっていう方いて、もう自分で箱物の面積から全部して、我が町の財政まで全部調べ上げてですね、あなたの町の公共施設の状態はこうでって診断受けたんですけども、全国の政令市、特別区を除いた1,699の自治体中ですね、真ん中よりは上でした。過去においては、財政の無駄もなく、特徴的なグラフの中でも「まめ型」と診断されたんですけども、借金の多いまめ型ではなくて、本当に過去において無理をしなかった健全性が見られる自治体だとも表されてきたんですけども、先ほどスペシャリストは置かず全課を挙げて職員全員で対応するということですが、これは待ったなしの問題が多いので、本当に例えばリーダーシップを持って誰かがですね、どの課のあなたの建物とこれはもう一緒にしなくちゃいけないので、ある意味、本人の話いわく、庁舎内でも嫌われ役を買って出るようなことが多々必要だということも伺ってまいりましたので、そういう意味でリーダー的な存在という方が責任を持って、1年2年でやめてしまうような方ではなくて、やっぱりしっかり施策進める人選というのを必要だと思うんですけども、町長のお考えをお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまスーパー公務員というご紹介がありましたけれども、今回地方創生総合戦略を策定する際に、若手職員を中心に策定いただいております。そんな中からもスーパー公務員を輩出する可能性があると私は感じておりますので、また最近で私が言っておりますのは、役場は町最大のシンクタンクであると。かつてはシンクタンクでありドゥタンクであると申し上げましたけども、今後はですね、シンクタンクに軸足を置きつつ、ドゥタンクのほうはなるべく民間に移管していくということが今後の重要な方向であると思いますので、シンクタンクにふさわしい人材育成をしっかりとこれからも取り組んでまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 東北の地方都市では、余りこの問題ですね、余りにも大きな問題なので、手をつけられないでいる自治体も多々あるようです。
 地方創生の今後40年の取り組みと時を同じくして、この施設についてしっかり考えて、相乗効果を生み出してですね、本当に世界で始めて日本の置かれる状況っていうのが、本当に特殊な、この発展の次に大きな人口減少という世界に類を見ない、前例のないことを経験するわけですから、まず東北では大河原町がお手本となることをなし遂げたと。40年後ですから、私も生きてるかどうかわかりません。間違いなくここにはいません。今の後ろの子供たちが将来担っていると思うんですけども、そういう先人の取り組みが後の新聞で活字となってお褒めいただくようなことも、今すぐ取り組むことによってかなうことですから、再度町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどは原則論に終始するなと答弁でありましたけれども、再度ご質問ありましたのでお答え申し上げますけれども、この問題、確かにおっしゃるとおり待ったなしでありますので、この点についてですね、どのような方策がとれるのか、組織横断的、全庁的な取り組みをするに当たってもですね、中心人物は決めていかなきゃいけないと思っておりますので、しっかりとですね、対応できるようにこの問題を即刻対応できるような組織をつくってまいりたいというふうに考えておりますんで、その中からスーパー公務員あるいはエキスパートが生まれるもんというふうに思っておりますので、そういった方向で検討さしていただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) わかりました。ちょっと質問も長くなって、ネガティブな内容なので、将来の我が町を悲観する小学生もいたら申しわけないんですけども、要はもったいないということをしっかり協働の取り組みとして共有することも大変大事ですし、ただ私は子供たちを窮屈にしたくはないと思います。
 この前、議会報告会で大変勇気づけられてきたんですね。少ない参加人数の中でも70代の方が、もう俺らはいいから、子供たちやそれ育ててる父ちゃん、母ちゃんのために一生懸命にやってくれって、俺らはいいんだ、本当にその世代を応援してやってくれっていう言葉もいただいてですね、私なりにあっちもこっちも全部を満足にさせるというのは、なかなか難しいと思います。もう大変勇気をいただく言葉をいただいて、町民の皆さんにいただいて、本当に勇気づけられたんですけども、そういった意味でも子供さん1人に高校を卒業するまでどのぐらい税金って使われてるかご存じでしょうか。(「わからないなあ」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) まず、保育所では1人に対して公立、民間ともに年間、お月謝を払っていただいても、税金は100万円、100万円投入されてます。幼稚園の場合は、公立で年間45万円、民間の場合は年間20万円、きょうおいでの小学生も幼稚園に何年いた、保育所に何年いた、計算すればわかるんです。小学校の1年間は税金が53万円投入されます。で、中学校の1年間は70万円投入されて、高校の3年間を超えると、1人の子供さんに最低で900万。で、マックスで1,500万円の税金というのがかけられて、皆さん、お父さん、お母さんが働いて取られる税金の中から教材費とか、ほかのお金はかかるかもしれないんですが、義務教育、授業取られてません。そういうところで、子供たちには本当に社会を支える大人から支援いただいているというのも、きょう小学生の皆さんにはおわかりになって帰っていただきたいと思います。
 町としてもその一度ですが、年間80億円相当の収入の中から10%以上、8億円が教育費として学校施設に支出、毎年されております。今後、少子化が進んでもですね、子供1人当たりの支援のレベル、教育費というのは、私は減らしてほしくはありません。ぜひ伊勢町長には米百俵の精神で、末長くまちづくりを進める大河原であってほしいと願うとともにですね、40年間人口も減る中でこの水準を維持していければ、私は大きな拡充をしたことと受けとめます。この公共施設の更新問題ということについてもご認識いただいたと思いますので、勇気を持って住民の皆様と足るを知るということの大切さを共有するために歩んでほしいと思います。
 最後に、(5)については再質問はしないで、答弁いただいただけで終わりますけども、この今までの中で町長のお覚悟、最後にお聞きいたして2項めの質問に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変重要なご指摘をたくさんいただいております。今後、申し上げたとおり、財政が大変厳しいという中でも子供は未来の宝でありますので、子育て支援をしっかりと、教育、子育て。今、教育費のことをおっしゃいましたけれども、町としては高校卒業まで医療費無料ってことで、これだけでも1億1,000万ぐらい年間、町単独で負担とこういったことでありますので、子育てにあるいは教育に関する予算はしっかりと確保しながら、公共施設については効率的な運用を図るという中で、厳しい財政状況を乗り越えていければというふうに考えておりますので、またいろいろご示唆を賜ればありがたいと思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) それでは、2点目の質問に入ります。
 教育環境の整備に工夫を。
 子供たちは、未来に向かって心豊かに勇気を持って挑戦する意欲と能力を備えるための教育が必要であり、学校、家庭、社会がそれぞれの責任ある役割を果たし、地域と学校が十分に連携し、社会全体が子供たちの教育に取り組む仕組みづくりが我が町にもさらに必要と考える。
 特に、いじめは身近な問題であり、児童生徒の健全な心身の発達に悪影響を及ぼし、不登校や自殺などを引き起こす背景となっております。最近は、パソコン、携帯の介在でいじめが表面化しないなど、誰もが加害者にも被害者にもなり得ることを認識する必要があります。少子化がどれほど加速しようとも、今後も子育ての悩みはふえていくと私は考えます。
 そこで、我が町でも子供を取り巻く問題が発生したとき、解決に導く制度の制定や教育委員会の今後のあり方についても工夫していただきたいので、以下質問いたします。
 (1)今、大河原の児童生徒が大きな困難に悩み苦しんでいたら、どのように解決するのか。また、過去の解決に至った事例等があればお示しいただきたい。
 (2)教育委員会の活動は、広く知られるべきである。定期的に議会との意見交換、情報交換の機会をつくるべき。あわせて、教育委員の人選についても選考基準等をお示ししていただきたい。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、今大河原の児童生徒がもし大きな困難に悩み苦しんでいたら、どのように解決するのか。過去の解決に至った事例も示してほしいとのご質問であります。
 児童生徒が悩み苦しむ状況を学校の担任等が把握した際に、担任1人の力では解決できないような事案に対しては、全校体制で問題解決に当たります。そのような事例が発生した場合、管理職の校長、教頭のほか関係職員で構成するケース会議を開き、解決策や支援策を講じております。また、家庭環境が起因となっているような問題に対しては、学校関係者のほかスクールソーシャルワーカーなどの専門職や宮城県中央児童相談所などの行政も加わり、組織的に問題解決に当たります。
 過去の事例があればとのことですが、学校と外部機関が連携し、家庭での虐待から児童生徒を保護した事例や家庭内暴力から生徒の救済を行ったという事例がございます。
 次に、教育委員会と議会の意見交換、情報交換の機会づくりと、教育委員の人選基準についてのご質問でございます。
 まず、意見交換、情報交換の機会をつくることにつきましては、意義のあることと思いますので、議会の皆様の同意があれば教育委員会の中で協議を行ってまいりたいと存じております。
 また、教育委員の選考基準につきましては、教育行政法第4条に規定されている首長の被選挙権、人格高潔、教育への高い識見を有するという要件を満たした上で、委員の年齢、性別、職業などに著しい偏りが生じないことを重要な要素としております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 時間も迫ってまいりましたので、この質問に関しては後ほど、丸山議員、山崎議員が質問をするので、両議員の深い議論に期待しまして、きのう私、教育長のほうから心のケアについて新たな取り組みがあるような答弁が、高橋芳男議員のときですか、ちょっと来たので、ちょっとその辺についてもしご答弁できるんであれば答弁いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 心のケアハウス事業につきましては、宮城県教育委員会が平成28年度から重点的に取り組む事業となっております。で、大河原町教育委員会では、その事業に対して希望したいということを申し出たところでございまして、最終決定が2月の県議会で行われるということでございます。
 しかし、それまで財政措置を講じなければいけないこともありますので、本町といたしましてはこの心のケアハウス事業は行えるものというふうに踏んでおりまして、今その計画を進めている段階にございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) その心のケアハウスというのは、どういう子供が対象で、どういった取り組みをしてくれるとこなんですか。どういったケアをしてくれるとこなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 子供たちも今来ておりますけれども、健康にあるいは楽しく学校生活ができる、このことが前提でございますが、なかなかさまざまな条件、家庭やあるいは社会環境の中でついていけない子供さん方、あるいは学校に来れないという子供たちも数の中にはおります。そういった子供たちに対して、手を差し伸べるという事業でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 対象は、生徒、児童全てでしょうか。中学生だけなんですか。小学生。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 対象は、小学生、そして中学生、あるいは保護者の方も含まれております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 2月に県議会が通れば正式に決まるということで、もう事前に、もうできるものだと思って準備に入らないと間に合わないのでと。今後どういう、もう本当に子供さんにとっては願ってもない教育委員会の先進的な取り組みだと思いますし、こういうものが我が町にできたら、子供たちにも本当に大きな力になると私は考えます。
 工程的には、具体的にもう差し迫っているので、多分今から全員協議会やそういう会議で説明、議会にもあると思うんですけども、今の時点でわかってるところで、どういうあれで進んでいくんですかね。もう、例えば場所ですとかいろんなとこもありますから、すぐ2月に通って、すぐ準備できないところでどのような動きがあるのかちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 場所の選定、そして人の選定、それぞれ今進めている段階でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この点で進捗が見られたときには、すぐに議会のほうに教えていただければと思います。大変子供たちにとってはいいことなので、本当に私もすごいびっくりして、急な話だったので今、大変驚いておりますが、この教育問題については大変奥が深いと思います。私もここ何回かの一般質問はですね、1項めで前回のことを深く突っ込んで、2項めは今からまたさらに研さんしてですね、次年、来月ですか、ちょっと視察のほう行ってまいりまして、この問題について、教育問題についてさらに研さんしてまいりたいと思います。
 次回予告も終わりましたので、この辺で、もう時間ですので、私も一般質問を終わりたいと思います。総括的に、町長、最後に何かあれば。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 最後のほうで心のケアハウスというのがございました。心に問題抱えた生徒のみならずですね、子供さん達がアットホームな感じでいつでも集えるようなということも可能だというふうに聞いておりますので、いろんな方が集えるような場所、中身についてですね、ぜひ議員の先生方ともご相談しながら、内容について、場所と人選については教育委員会のほうで進めておりますけれども、内容についてはまだ工夫の余地があるというふうに聞いておりますので、しっかりと対応していきたいと思っております。
 教育問題につきましては、先ほども申し上げましたとおり子供は将来の、未来の宝でありますので、しっかりと子育て、教育関係については努力をしてまいりたいと思っておりますので、今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ぜひとも、来年4月から子供たちにあったかいスペースがふえるということでご期待申し上げますので、一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘でございます。ただいま議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 今回、私は大綱2点、質問をさせていただきます。
 まず、最初の質問でございます。
 空き家、空き店舗等を活用したサテライト型の企業誘致、企業支援についてでございます。
 現在、当町では川根工業団地への企業誘致に努めております。自治体対象に行われましたアンケートのデータでは、企業誘致する目的、期待する効果の問いでは、多くの自治体が雇用機会及び税収の確保としているとの回答を示しているものがございます。当町でも企業立地促進条例を制定し、産業の振興と雇用の拡大を図り、町内経済の活性化を図るとしております。現在、数社からの問い合わせ等、契約成立に前向きな交渉が行われていると聞いているので、進展に期待をしているところでございます。
 しかしながら、工業団地としては総面積2.7ヘクタールであり、誘致可能な企業数、規模にも限りがあるものと考えられます。近年におきましては、通信環境の整備や機器の高度化に伴い、インターネットの発達等で就業のスタイルも様変わりしてきております。IT系が主としてではありますが、働く場所を選ばないテレワーク、リモートワークといった勤務形態をとり、ワーク・ライフ・バランスをとろうとする企業も増加しております。また、空き家となった民家や店舗を改装するなどして、企業の機能の一部や部署だけを移すサテライトオフィスとしての企業誘致や企業支援を積極的に行っている事例もふえてきております。工場、製造関連企業に限定されることなく、誘致企業の幅を大きく広げることにもなり、空き家の有効活用にもつながる可能性もふえます。
 若者が首都圏へ働き先を求めるのは、そこにしか働きたい企業がないからという側面もあります。地方創生では、首都圏への一極集中を解消し、地方へと人口の分散を図り、地方人口減少に歯どめをかけることが鍵であります。企業側にとりサテライトオフィスを設けることは、災害に備えた企業の分散化やバックアップ機能を持つことでのリスクマネジメントや、首都圏よりも賃料の安いオフィスを構えることでコスト削減の側面もあわせ持っております。
 企業間競争の優位性に立ち、優秀な社員の確保や社員の生産性を上げる経営戦略の一つとして確立しつつあります。このたびの地方創生総合戦略策定は、それぞれの自治体の本気度を問われるものであると認識いたします。若い世代の定住人口を増加させるため、また税収を上げるために、生活環境、勤労環境の整備策の一つとして魅力ある働く場所の確保、創造が必要であることから、以下お伺いをいたします。
 (1)川根工業団地の企業誘致について、進展は現在どういった状況か。
 (2)川根工業団地以外への製造業に限らない企業誘致の考えはあるのか。
 (3)雇用の場の確保、拡充に対してどういった対策を考えているのか。
 (4)空き家バンクはいつごろスタートする見込みか。
 (5)空き家、空き店舗の活用策は考えているか。
 (6)サテライト型の企業誘致の考えはあるのか。
 (7)町内で起業を志望する人への支援策を講じる考えはあるか。
 以上、答弁によりましては再質問をさせていただきます。
 本日は小学生も傍聴に来ておりますので、極力わかりやすい回答をいただければというふうに思うことを申し述べさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 大沼忠弘君の発言に対して、町長より答弁を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員のご質問にお答えいたします。
 初めに、川根工業団地の企業誘致の状況についてお答えいたします。
 現在、3社と交渉しておりますが、相手方の対外的な都合もあるかと思いますので、企業名は控えさしていただきます。その上で、3社の交渉状況を申し上げます。
 初めに、町有地金ケ瀬字川根105の10、0.8ヘクタールにつきましては、自動車部品製造工場の建設用地として買い取りの意向表明をいただいており、今年度中の契約締結を見込んでおります。次に、川根105の7など町有地3筆、1.2ヘクタールにつきましては、精密部品製造機械の製造工場として現在最終検討をいただいております。本社の決裁がおりれば、本年度中の契約締結も考えられます。最後に3社目の企業ですが、川根106の3など町有地2筆、0.7ヘクタールと周辺の私有地2.4ヘクタールも含めて取得し、工場用地の拡大を図ることを目的として、土地交渉等の事業着手の内諾、覚書の取り交わしをいただける見込みであります。
 以上の3社をもちまして、現在町で所有する町有地およそ2.7ヘクタールへの企業誘致は完了する見通しであります。
 続きまして、川根工業団地以外に製造業に限らない企業誘致をとのご質問にお答えいたします。
 川根工業団地以外には、すぐに企業立地が期待できる町有地や事業用地等はございませんので、今後川根工業団地内での土地取得の可能性を模索することを考えております。当面は、民間の空き工場や空き店舗の情報提供やあっせん等の支援によるものと考えております。業種につきましては、県及び町の支援制度等の関係上、現状では製造業が中心となっておりますが、幅広い業種の企業の立地促進に努めておるところでございます。
 次に、3番目の雇用の場の確保や拡大に対する対策と、7番目の町内で企業を志望する人への支援策についてのご質問については、一括で答えさしていただきます。雇用の場の確保や拡大に対する対策についての間口の広いご質問でございます。既にお答えいたしましたとおり、町独自の対策といたしましては、製造業を中心とした企業誘致と町民雇用に対する支援、雇用促進奨励金などとなります。今後、商業、サービス業や新規起業に対する支援等も検討するよう考えております。
 町内で起業を志望する人への支援策につきましては、現在町独自では新規起業、第二創業に対する支援制度等はございませんので、県や商工会の支援策をご利用していただくことになります。なお、本町のまち・ひと・しごと創生総合戦略におきまして、主な施策の取り組みの一つとして新たな起業、第二創業に対する支援策を掲げておりますので、ご理解願います。
 4と5番について一括でお答えさしていただきます。
 空き家バンクと空き家、空き店舗活用策でございます。
 まず、本町における空き家等の対策としては、空き家等対策の推進に関する特別措置法に準拠する空き家等の適正管理等に関する条例を制定し、本年10月1日から施行していることはご承知のことと思います。この条例の説明でも申し上げておりますが、今後空き家等対策協議会の設置及び空き家等対策計画の作成等の取り組みを行う予定であります。このような取り組みの中で空き家等の対策を検討してまいりますが、先進事例として例えば空き家バンク制度、空き家借り上げ制度、空き家跡地利用などがありますので、参考にしたいと考えております。
 なお、空き家バンク制度については、地方創生総合戦略とする本町のまち・ひと・しごと創生総合戦略の中で来年度に着手する方針であります。
 空き家店舗の活用策につきましては、現在大河原町の市街地商店街、国道4号のロードサイド及び周辺を除く駅前、駅南、栄町、中央商店街等の利用が可能と思われる空き家店舗はおよそ20件、空き店舗等が更地、駐車場や空き地になっているところはおよそ13件となっております。平成23年10月の調査と比べると、空き店舗で5件の増加、更地で10件の増加となっております。
 空き店舗はふえておりますが、古い建物が多く、すぐに利用できるような物件が少ないこと、また空き店舗を取り壊して更地化が進んでいることが本町の特徴的な点と言えるかと思います。また、これら賃貸や取り壊しの取り組みは、民間主導、不動産業者や建設業者等の介入で進みますことから、行政側からの関与は難しい面がございます。今後、町といたしましては所有者からの相談等があれば、前のご質問にあるような起業向けのチャレンジショップ等を商工会とともに検討することは可能であります。
 最後に、サテライト型の企業誘致につきましては、さきに答弁いたしましたとおり、町が主体となって企業誘致を図れる用地や空き店舗等がありませんので、サテライト型企業などその業種や形態にかかわらず、誘致というよりは情報提供やあっせんなどの側面的な支援になるものと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問をいたします。
 川根工業団地の企業誘致についての進展でございますが、ただいまの答弁を聞く限りでは良好な状況にあるのかなと思うんですけれども、これは実質、いい結果につながりそうだっていうふうな理解でよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) これにつきましては、土壌調査、そしてまたボーリング調査ですね、その結果を見ながらですね、今後判断するという部分がございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうしますと、その調査の結果いかんによっては、まだ今後どうなるかまだわからないというようなことでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 年度内中にはですね、この結果を見てですね、契約の方向に進むものと思われます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) いい結果につながることを期待しておるところであります。
 11月27日の全員協議会で、誘致がうまくいけば150人くらいの雇用が生まれることを想定しているというようなお話を聞いたところでありますけれども、実際誘致がうまくいって、これぐらいの150人の雇用が発生したとします。この雇用の数で、大河原町としては十分な数だというふうにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) この3社で150人ということで見込んでおりますけども、今後新たにですね、企業さんを誘致とかご相談があればですね、新たな場所を設定してですね、企業誘致を図っていきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうしますと、川根工業団地以外ということになると思うんですけれども、答弁によりますと川根工業団地以外ではなかなかちょっと期待ができないということであります。で、なおかつ製造業が中心ということでありますけれども、働き口を求めている方は必ずしも製造業にだけ求めているわけではないと思います。多様なニーズに応えられるような業種のやっぱり誘致が必要ではないのかなというふうに思うんですけれども、その辺の対応はいかがお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 確かに、製造業ですと雇用のニーズがふえるというメリットがございます。製造する、今後用地がないとなればですね、現在空き工場ですね、また空き店舗、これらをですね、有効利用してですね、今後新たな企業を進めていきたいと考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 11月27日のこちらの全協でも、今回示されました地方創生総合戦略の素案については、目玉の事業は何かとお聞きしたところ、やはりメーンは企業誘致というようなお答えをいただきました。と言うからにはですね、やはり企業誘致に対してもしっかりとした数値目標ですとかそういった設定が必要だとは思うんですけれども、そういった設定はもうされているんでしょうか。それとも、これからなされるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 現在、来年度からなんですが、まち・ひと・しごと創生総合戦略の中でですね、新たな企業誘致、第二創業ですね、これらの計画をですね、29年度から5年間ないし6年間でですね、計画をする予定でございます。商工会等もですね、連携しながら、計画を進めていきたいと考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ちょっと話がまた前後しちゃう部分でもあるんですけれども、やっぱり企業誘致メーンということであれば、さまざまな業種に、もう本当に門戸を広げて誘致していくべきだというふうに思うんですけれども、やはりどうしてもいろんな支援制度等の関係上、製造業ということがその中でも中心になってしまうんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 製造業であれば町の支援という補助関係がございますけども、それにこだわらないでですね、今後サービス業とかっていう感じで新規就業に対して支援をしていきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 答弁のほうでも3番と7番のほうが一緒になってますんで、ちょっと7番のほうに、今に関連して、今度は新たに事業を起こす起業家支援ということになるんですけれども、起業家支援はある意味、別な形で、ちょっと形を変えた企業誘致というふうにも言いかえられると思うんですけれども、そのように思いませんでしょうか。これ、町長にお伺いしてもよろしいでしょうか。新規起業を、会社を起こすほうですね。起こすほうは、起業誘致というふうにも言いかえられるんではないかと思うんですけれども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 新たな起業をするということは、企業がふえるわけでありますから、そういった観点からは企業誘致になろうかと思いますけども、企業誘致というのは既にある企業を大河原町につくってくださいというのが企業誘致でありまして、新たな企業を起こすということは、これも私も大変重要視してる課題でありまして、企業がふえるという意味では企業誘致だと考えても差し支えないと思いますけども、性質が違うもんであるってことをご理解賜りたいと思います

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今後なんですけども、大河原町はこれから新たに事業を起こそうというふうに考える人たちにとって、支援策が充実しているっていうことがまず知られれば、そういった起業を考えている人たちが寄り集まってくるというような状況にもなるかと思うんですけども、そういうような起業支援を拡充していこうというようなお考えはございませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 同じ答弁になるかと思いますが、この地方創生戦略の中でですね、創業支援事業計画というものをですね、今後商工会関係、金融機関関係とも一緒になって計画を作成して、企業誘致、新たな新規の起業というふうに進めていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 企業誘致が総合戦略のメーンと、これが大河原町の総合戦略の目玉というからには、やっぱりほかにはない我が町ならではの特徴っていうものを打ち出していかなくてはいけないというふうに思うんですけれども、これが我が町の特徴だというものは何か今、打ち出しできるものはあるんでしょうか。それとも、これからそれは検討なされるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) これから皆さんの意見を聞いてですね、検討していきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 次、じゃあ空き家バンクというふうにお話を、再質問していきますけれども、総合戦略の素案の中でですね、こちらのほう拝見したんですけれども、空き店舗の活用支援策の検討と。検討というふうに記載がございました。戦略ですから、もう検討した結果が具体的にもう策としてこちらのほうに示されるべきではないんでしょうか。もう既に、ここには載ってませんけど、そういった具体的なもう策はもう今出てるものはあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 先ほどの答弁でも空き店舗およそ20件ほどございまして、ほとんどが古い建物でございます。すぐにですね、利用できるような物件ではございませんので、またその空き店舗自体がですね、店舗と住宅ということで、併用の店舗が多いということで、その辺の今後の新たな起業者とですね、相談しながらこの計画を進めていきたいというふうに考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 例えば、工場誘致ということであれば、土地とか規模で相当な制約出ちゃうんですけれども、デスクワーク、デスクワークを主とする業種であれば、それこそ質問で申し上げましたテレワーク、リモートワーク、つまりはわかりやすく、子供たちにもわかりやすく申し上げると、例えば皆さん、会社に普段であればお仕事しにいかれると思うんですけども、パソコン一つあれば会社に行かなくてもご自宅で仕事ができたり、例えばどっか喫茶店みたいなところで、図書館みたいなところで、通常の会社に行かなくても同じ仕事ができる、そういったところがテレワーク、リモートワークといったところなんですけども、そういったところですね、空き店舗と言わず空き家、そういったところも有効的に活用してて提供できるんではないか。これが、まさにサテライトオフィスということなんですけども、そういった誘致を進めるお考えは、答弁見ますとなかなかちょっと厳しいようなところもあるんですけれども、やはり可能性としては低いんでしょうか。なかなかそういった、サテライトオフィスの誘致は厳しいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) テレワーク、リモートワークというふうなことでございますが、これらにかかわらず誘致というよりは、やはり情報提供、あっせんということで側面的なですね、支援をしていきたいと考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この情報提供、あっせんという回答をいただいたんですけども、側面的な支援、ちょっと私、ちょっとあんまりぴんと来なかったんすけれども、提供とかあっせんってちょっとどういうことをおっしゃってるんでしょうか。ちょっと具体的にお示しいただけますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 今後、その空き店舗の状況を把握してですね、これからも賃貸とか更地にするとかですね、そういった状況を把握して、新たな企業誘致、企業を起こす方にですね、その情報とか側面支援、支援ということで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 繰り返しになっちゃうんですけれども、総合戦略の目玉が企業誘致とするんであるならばですね、大河原町独自のやっぱり大河原モデルというような、そういったやっぱりモデルケースをどんどんやっぱりつくっていかなくては、総合戦略の目玉というふうにはなかなかならないと思うんですけれども、その目玉としての企業誘致、これからどのように取り組まれますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど来から、企業誘致が創生総合戦略の目玉というご表現をなさっておりますが、執行部からそのような表現はした覚えはございませんので、ご理解賜りたいと思います。幅広くこれからの人口減少社会に対応する子育てや教育、そういったものを重視しております。お持ちの資料の中にもですね、一番重視しているのが子育てあるいは結婚促進とかそういったことが一番住民の声としては多かったということで、それを浮き彫りをさせるような姿になった戦略になってると思います。
 そういったこと、ちょっとご認識を改めていただきたいと思いますけども、創生戦略の目玉は別にしてですね、企業誘致、大変大事でありまして、これまたいろんな今回の創生総合戦略を策定するに当たりまして、アンケートあるいは有識者会議、また住民懇談会などで幅広く私も読ましていただいたり、お聞きした中で、やっぱり企業誘致という声は大きいのは確かでありますので、しっかりと企業誘致とそれから子育て支援、その他にも取り組んでまいりたいというふうに思っておりますけども、その上で企業誘致の取り組みでありますけれども、やはり雇用の場をふやすということでございまして、先ほど来、サテライト企業の誘致ということでありますけれども、サテライト、要するに在宅勤務ですから、これはどこでもできるわけですから、大河原町ではなくてもいいわけです。そうしますと、このサテライト企業を誘致するっていうことは、大河原町が働くということでありますけれども、雇用がふえますけれども、人口減少対策としての企業誘致ということも大事でありますので、そういう観点からしますとサテライト企業の誘致、それほど雇用の、町民の雇用はふえますけども、生産年齢人口をふやすという観点からはですね、どちらかというと企業誘致のほうが効果があるんではないかというふうに思いますので、そういう立場から今後とも企業誘致、おっしゃるとおり製造業ばかりでなくて、今後ですね、サービス業、流通業、そういったものにも力を入れておるところでございまして、また皆さんにご報告できればいいというふうに思っておりまして、しっかりと今取り組んでいるところでありますので、ぜひご理解を賜りたいと思います。
 大河原モデルというお話ありましたけれども、そういったものを目指しながらですね、考えていきたいと思いますけども、その中の一つとしてどういう企業、業種を選ぶのか。これは、まちづくりとも関連いたしますけども、例えば環境先端産業の誘致とかですね、再生可能エネルギーの関連の企業の誘致とか、そういったことにもですね、今取り組んでおりますので、そういったことで大河原町をどのようなまちづくりするのか、福祉の町をつくっていくことを基本に据えながら、しっかりと企業誘致の側面においてもまちづくりの形が見えるような政策で進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 魅力ある働き場所というのは、やはり定住人口の増加にもつながりますので、企業誘致、これからしっかり、これから総合戦略の、メーンではないと今お話ありましたが、その中の一つの柱としてしっかりこれは取り組んでいただきたいということを申し上げて、次の質問に移りたいと思います。
 2農業振興策についてであります。
 農業従事者の高齢化、後継者のなり手がいないことで、農業の衰退が懸念されて久しい状況にございます。後継者不足の要因の一つとしては、農業収入が不安定で将来的不安が払拭できないこと等が挙げられております。当町においても、若者が展望を持って営農を継続することができる農業を目指すと施政方針でも述べられており、農業の振興は注力すべき課題と認識しているものであります。課題解決には、現状の把握と要因の掘り下げが不可欠でございます。その結果は、施策に転換されるべきであり、PDCAサイクルに即した運用が図られていなければなりません。
 農業のブランド化と言葉にするのは容易でありますが、真のブランド化はそうたやすいものではございません。付加価値を高め、競合による価格競争になることを回避することは、生産者にとり農業収益が確保され、不安要素の解消になり、後継者も安心して農業に従事することが見込まれることは、地方創生にも寄与することと考えられます。このことから、ブランド化は決して容易ではないが、腹を据えて取り組むことなくして施政方針に述べられているような6次産業化も特産化もなし得ません。
 隣県、山形県河北町では、かほくイタリア野菜研究会が平成25年4月に発足し、かほくイタリア野菜のブランド化と産業全体の活性化を目的として活動を行っております。そもそもイタリア野菜生産のきっかけは、国産のイタリア野菜を使いたいが品物がなくて買えない、そんなイタリアンシェフの一言からこの事業は始まったそうであります。需要があるのに供給ができない、それならばつくってしまおうということであります。また、イタリア野菜を介し、町全体の活性化を図るため生産者と飲食店側が連携を図り、研究会を立ち上げた経緯があります。余り知られていないようではありますが、宮城県においても歴史的に縁のあるイタリアローマ県との友好関係を生かし、県農業園芸総合研究所で試験栽培を行い、品目の普及活動、生産者への技術提案を行っており、品質のよいイタリア野菜を全国に発信する取り組みを続けております。
 先駆けて、近隣である丸森町では平成18年より生産者8名、栽培面積10アールからプンタレッタの生産が始まっております。農業の6次産業化、特産化を推進する上では、県で推進する取り組みに乗じて展開をしていくことは有効かつ効果が見込まれることから、以下お伺いをいたします。
 (1)若者が展望を持って営農を継続することができる農業を目指すために、どのような策を講じてきたか。また、成果はあらわれているか。
 (2)本町における梅は歴史的価値のある農産物として生産や拡大が重要とし、加工技術や品質等の向上に向け支援すると施政方針で述べられております。これまでどういった支援がなされ、どういった成果が生まれたか。
 (3)イタリア野菜生産は、現在のところ全国で生産が確立されておりません。市場でバッティングしない生産物は、ブランド化の観点からも取り組みとして展望が持てると考えますが、町として推進する考えはあるか。
 (4)町長が発行している町政レポートでも攻めの農業としてブランド政策の強化を掲げておりますが、具体的な内容を示していただきたい。
 以上、答弁によりましては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、農業振興策についてのご質問にお答えいたします。
 まず、若者が営農継続ができるためのこれまでの策と成果についてでありますが、これまで農業改良普及センターや関係機関で構成する大河原町農業振興会等で協議しながら進め、経営者からの相談時などにおいて経営継承や経営部門の検討への対応をしてきており、経営体における事業継承に結びついたところもあったところであります。
 次に、梅に対するこれまでの支援とその成果についてのご質問にお答えいたします。
 さきの9月会議での堀江一男議員の一般質問でもお答えしておりますが、昭和の時代には「花香美」よりも大粒品種の「白加賀」を普及させる目的で苗木の補助を行っております。平成に入ってからは、県の補助金を活用し梅の加工場を建設いたしました。また、カリカリ梅のラッピング用シールの作成、平成19年度からは梅組合、観光物産協会などとともに梅まつりを開催、ともに取り組んでまいりました。その成果につきましては、組合の存続や生産の継続等につながったものと考えているところであります。
 次に、市場でバッティングしない野菜の推進についてのご質問についてお答えいたします。
 質問にもありました丸森町のイタリア野菜については、農業改良普及センターの技術指導を受けながら行われており、事務所広報紙でも紹介されてきております。町内でもイタリア野菜に限らず、西洋野菜や中国野菜などを生活研究グループメンバー等、さまざまな方がつくっていることも聞いております。いろいろ試行錯誤しているところであります。私も昨日、大河原産の中国野菜をいただいたところであります。
 次に、ブランド政策の具体的な内容についてのご質問についてお答えいたします。
 先ほども述べたように、梅組合への支援、また農業再生化会議を設立し、本町にふさわしい農政の方向を模索し、その中でブランド政策を強化したいと考えております。なお、私が考えるブランド政策につきましては、広報おおがわら今月号にも掲載しておりますが、本町には幾つかの特産品があります。しかし、全品目を大量に産地形成できるほどの面積はないとも考えておりまして、今回の丸森町の例も一つの方法と考えますが、ただ地域ブランドの創造は一朝一夕に実現するものではなく、地道な努力が必要であると考えております。そこで、私は本町に対する良好なイメージの創造ということでの環境面での取り組みや、また仙南エリアでのブランド構築等を提唱してきているところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問いたします。
 (1)でございますけれども、答弁によりますとこれまで農業改良普及センターや関係機関でいろんな協議があったということでございますけれども、若者が展望を持って営農を継続するためには具体的に何をどうするのかと、そしてどうやってやっていくんだというものを具体的に提示して示せなければ、やはり展望というものは生まれてこないというふうに思うんですけれども、何かこう将来に営農、展望が持てるよう何か示せるもの、示されているんでしょうか。こういった会議の場において。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 町のこういった会議では、実はいろんな経営形態でのモデル地区、モデルケースといいますか、そういったものを水稲、その他の施設園芸とかそういったパターンではつくってございます。ただ、昨今、最近の国政っていうんですかね、農政の変化でそういった所得というような数値もなかなか難しいだろうとか、そういったあと流通形態、いろんなこともございまして、なかなか今、大河原町にマッチするような、これで進めるといいますか、そういうところはなかなか難しくなってきております。
 一つは、そういう所得面での今、所得補償、そういうところがやはりどうしても国政におんぶしないとだめなもんですから、それに付随するところを今こういった会議でいろいろ検討しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) やはり農業生産がいい、所得につながらないというような今回答だったと思うんですけれども、そのためにはやはり、ちょっと質問が前後しちゃうかもしれないんですけども、バッティングがない、他者と競合がないそれこそブランドと言われるようなそういったものの生産が必要かなというふうになってくると思うんですね。やる、やらないを決めるのは当然生産者だと思うんですけれども、やはり攻めの農業、ブランド化というふうなことを言っているので、やはりそういったところに積極的に取り組んでいくべきだと思うんですけれども、いかがでしょうか。こういったイタリア野菜とかそういった生産、ほかとバッティングしない今状況にあると思うんですけれども、積極的に町として進めていくお考えはございませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 町長答弁の中にもございましたが、町の生活研究グループとかそういったところではやっておりまして、そういうところでの作物の質とか、あとその調理方法、そういったところを今しっかり固めていくといいますか、そういうところをお願いしたりしていまして、あとは青果市場さん、流通関係のほうからこういう作物が売れる、そういったのも聞いたりして、そういった方向を認定作物といいますか、そういうふうにやって、それは一遍にではなくて、そういうところも今振興会などで相談しながら、そういったところもじゃあ広めていきましょうという具合にやっているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 申し上げたとおり、丸森での生産についてはですね、すぐすぐ目の前のあの合庁内にあります大河原農業改良普及センターの生産普及指導に支えられているそうであります。町内にある県の出先機関が、積極的にこうやって宮城県のイタリア野菜の定着を目指して取り組んでいるということでございますので、ご当地にある農業生産で取り組みが、ご当地のこの大河原町で農業生産がなかなか進んでいないというのは、ちょっともったいないような気がしますので、積極的にこちらからですね、手を上げてでもやっぱりこういったものに取り組んでいく姿勢も必要なのかなというふうに思うんですが、ちょっと繰り返しの質問になっちゃうかもしれないんですけれども、いかがでしょうか。積極的にこういったイタリア野菜に取り組むというようなことは、やはりなかなか難しいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) なかなか難しいところでありまして、つくったもの、それが安定して今度は買ってくれるところ、そういったところまでなかなかないと、うんととれた、じゃあ困った、あとはとれなかった、んでだめだわというわけにもいきませんから、そういったところ、技術面ですわね、やはり。そういうところをまず普及センターの指導を受けながら、そういったまず固めていきたいという具合に考えているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 難しいというふうな今言葉あったんですけども、難しい難しいと言ってると何も物事って前に進まないと思うんですね。実際、現に丸森町のほうでも生産進んでますし、県でこれ積極的に宮城県の生産物として取り組んでこうというような方向性示されてますので、これは余り難しいからと言うのはちょっと後ろ向きな考え方かなと思うんで、それもうちょっと積極的な考え方に転換していただきたいということを申し上げて、このイタリア野菜の分については、これは終わりにしますけど、あと梅ですね。今度は。
 梅、ひとえにブランドといってもなかなか、答弁にもありましたとおり、一朝一夕にはなかなかブランドというふうには認知されるのは難しいのかなと思います。ブランド、つまりは認知度だというふうにも言いかえできると思うんですけれども、今現在やはりこの大河原の梅というのはどれぐらい、客観的に認知されてるというふうに今お考えでしょうか。客観的に。この辺で梅というと、角田も梅というのがあるんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 新聞報道なんかでは、実は量的に角田とか柴田、大河原は量的にちょっと少ない、そういったところではありますが、梅まつりなんかをしてみますと仙台からも毎年来てくれると、しかも大河原のほうがいいということも認知されてるなということも感じております。(「生産高は」の声あり)
 生産高といいますか、生産高はですね、町の生産量あたりですと、大河原町ですと50トンぐらいの生産量はあるというふうにつかんでおります。そういった、量的には少ないかもしれませんが、歴史のあるとか、そういったマッチングとか、そういうところで大河原町を選んで来てくれる方がまだいらっしゃる、そういったところを、ちょっと回答はっきりなりませんけども、そんなふうに捉えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 生産量も今、具体的な数字50トンというのを挙げていただきました。けれども、多くとれるから、少なくとれるからということではなくて、やはり大河原の場合は歴史的価値もある農産物ということで、多いからいいっていうことではないと思うんです。そういった歴史的な背景とかに付加価値をつけていくというようなことが、やはりブランド化ということにもつながっていくんではないのかなと思います。なかなか具体的にやはり認知度とかというのはまだ、お答えがもらえなかったのかなというふうに思うんですけど、それは当然だと思うんですね。やはり認知度というのは、やっぱり調査してないからこそ、アンケートなりそういったもので調査してないからこそ、具体的なやっぱりお答えが出てこなかったんではないのかなというふうに思います。ということですので、やはり今後ですね、梅の認知度調査っていうものが必要ではないのかなというふうに私思うんですけれども、調査するお考えなんかっていうのはございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) そういった祭りあたりのそういったアンケートといいますか、そういったところから始めてみたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) やはり調査っていうのは、今現状どういうふうなものかっていうのをやっぱり認知する上でもやっぱり必要だと思います。そういったことをしっかり、今どういう状態にあるんだという背景をしっかり把握した上で、今後じゃあどういった展開、どういった施策が必要かということをやはり施策に転換していくことが、質問でも申し上げたとおり、それPDCAサイクルにのっとってやっていくことが必要だと思いますので、しっかりこういった、また今後梅に限らず、いろんな農産物の調査等もやっていただければというふうに申し上げます。
 あと、最後ですね。町長が町政レポートでも出しております攻めの農業とブランド政策というところでございますけれども、実は町長の言うとおり私、このブランド化とか6次産業化ということにはもう賛同の立場でありまして、こういった質問をさせていただいているとこであります。だからこそ、より具体的にですね、もう施策、こういうふうにするんだ、大河原町の農業はこうなんだ、こういうふうなことを目指してるんだとビジョンをしっかり示して、やはりそこに向かっていく必要があるというふうに思って、今回このような質問をさせていただいてわけなんですけれども、具体的な農業に関して、今答弁書を見ますと環境面の取り組みとか本町に対する良好なイメージの創造とあったんですけれども、農業に限定してどのようなビジョンを今お持ちか、ちょっと教えていただければと思います。農業に対して。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 攻めの農業を実現するために、私、今考えておりますのは、農業再生化会議を招集させていただいて、そこで衆知を集めながらどのようなビジョンができるのか、具体的なビジョンを示せとおっしゃいましたけれども、例えば梅でいきますと梅の品質の向上に対する取り組みに対する支援とかですね、あるいは加工場、県の補助でできましたけれども、なかなか使い勝手が悪いというようなことを聞いておりますので、そういった生産者の意欲あればですね、加工場もですね、また工夫をしたいと。
 品質がまず一番だと思いますので、まず品質の自信が、全国展開できるような自信があればですね、それも可能だし、また最近聞くところによりますと梅農家も大変高齢化して、なかなか畑が荒れていると。それを維持すんのが大変だということも聞いておりますので、その辺の対策もしっかりとやりながらやっていかないと、より具体的な政策についてはいろんな課題があろうかと思いますので、そういった課題を一つ一つクリアしながらやっていきたいと思いますし、また全体的なビジョンとしてはこれから食料自給率も高めなきゃいけないと。要するに、米以外の作物に転換しなきゃいけないということはわかっておりますので、そういったことでいろいろ大河原町で取り組みをしたいという方からの引き合いもありますけれども、なかなかこれもですね、お金がかかる、また補助金がもらえるにしても大変手続が煩雑だということでやめたという人もいますので、そういったことを、状況を踏まえながら町としてできること、そして県あるいは国に対していろんなことを要望していかなきゃいけないと思っておりますので、そういったことを踏まえながらですね、大河原町にふさわしい農政ビジョンを確立していきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、梅の品質向上というようなことをご答弁いただきました。本当にとれる数は少ないかもしれないですけれども、やっぱり品質、そういったものをやっぱりもう売りとしてどんどんどんどん大河原の梅ということで、全国展開も本当に夢じゃないと思います。しっかりそういったところで梅の生産に対しても将来に展望が持てる、しっかりとした町のサポートもあれば、後継者不足ということもありましたけれども、これからまた将来に展望を持ってその梅の生産に携わってもらえる方も出てくると思いますので、そういったところをしっかりとですね、形として、ビジョンとしてお示しをしていただくことをお願いを申し上げまして、私の今回の質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、丸山勝利君の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。通告に従い、一般質問いたします。
 私の質問は1つ、当町の教育環境についてです。
 次世代を担う子供たちの教育は、我が町においても最重要課題と思われます。前回の一般質問で同じようなことを質問しましたけども、小中学校の学習現場においては普段公開されておらず、どのような教育がなされているか一般住民にとってはわかりづらいのが実情です。保護者でも年に何度かの自由参観日があり、その中で一部の授業しか見ることができません。教育の公平・公正が保たれているとは思われますが、開かれた教育現場が望まれています。
 また、近年いじめの問題が新聞やニュース等で多く見られるようになりました。2014年度のいじめ認知件数が、全国で宮城県が京都府に続き2番目に多い件数で、いじめ問題の取り組みや解決が小中学校でも重要課題となっています。一概にいじめといっても事案、事件の大きさや当事者間、先生や保護者などの受けとめ方によってさまざまで、特に当事者間では被害者と加害者の受けとめ方では非常に大きな開きがあると思われます。
 今後、次世代を担う子供たち、未来の大河原町をつくる子供たちの教育について、以下お伺いいたします。
 (1)ゆとり教育の見直し後、教育環境はどのように変わったのか。よくなった点と改善が望まれる点は何か。
 (2)携帯電話やスマートフォンによるトラブルが多くなっているが、指導や対策はどのように行われているか。
 (3)現在、町内の小中学校でいじめはあるかではなくて、いじめはあると思われるが、どのようなものがあるか。また、宮城県でいじめの認知件数が全国で2番目に多い調査結果を受けとめて、当町の対応はどのようにしてるのか。
 (4)町内の小中学校で非行に関し、どの程度認識しているのか。
 (5)モンスターペアレントなど保護者からの無理難題や理不尽な要求に対しての対応は、誰がどのように行っているのか。
 (6)現在、精神的な病などで長期休暇をとっている教職員は何名いるのか。
 以下6点をお伺いして、答弁によっては再質問さしていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。どっち。どっちにする。教育長ですか。どっちですか。教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、ゆとり教育の見直し後、教育環境はどのように変わったのかとのご質問でございます。
 ゆとり教育とは、2000年代に実施されたゆとりある学校を目指した教育ですが、学力低下の指摘から見直しが行われ、現在に至っております。この経過の中で大きく変わったことは、授業時数がふえたことであります。現行の指導要領では、総授業数が小学校で年間278時間、中学校が105時間ふえております。よくなった点として、脱ゆとり教育により学力の向上につながったと文部科学省は見ております。その根拠として、国際学習到達度調査、いわゆるPISAの結果が挙げられております。一方、改善が望まれる点としては、授業数の増加に伴って教員の多忙化が広がっており、その解消が課題となっていると思われます。
 次に、携帯電話やスマートフォンによるトラブルについての指導や対応状況についてのご質問ですが、各小中学校において携帯電話などによるトラブルを未然に防ぐために、発達段階に応じて情報モラル教育を行っております。また、平成26、27年度、明日の青少年を育てる会において「ゲーム・携帯・スマホのよりよい使い方」をテーマに取り上げ、児童生徒の情報機器のよりよい使い方、特に夜の使用時間の制限などについて家庭、学校及び地域全体で考え、実践に向けた取り組みを行ってきております。
 なお、子供たちの間でトラブルが発生し、そのことを学校が認識した場合は、保護者とも連携してすばやく的確に事態を収拾するよう努めているところであります。
 次に、町内の小中学生のいじめはあるか。また、宮城県でいじめの認知件数が全国で2番目に多いという調査結果を受けての本町の対応についてのご質問です。
 まず、町内の小中学校でもいじめの事案が発生していることが教育委員会に報告されております。その件数は、今年度これまで6件、うち5件は解決し、1件が継続指導中となっております。
 次に、宮城県は文部科学省の児童生徒の問題行動等、生徒指導上の諸問題に関する調査におけるいじめの認知件数が全国で2番目に位置しておりますが、本町では昨年策定した大河原町いじめ防止基本方針において、いじめはどの子供にもどの学校でも起こり得るものであると捉え、各学校に対策委員会を設けていじめの未然防止と早期発見に努めております。この中で、本町のいじめ認知件数は25年度3件、26年度4件で、これらは既に問題は解消しております。
 次に、町内の小中学校で非行に関しどの程度確認しているのかとのご質問でございます。
 各小中学校では、児童生徒がいじめや問題行動などに遭わないように生活アンケート等を実施し、困難な状況に置かれていないかを把握するよう努めております。それでも問題行動や非行行為があった場合は、職員会議の中で問題行動についての情報を共有し、対応について検討しております。なお、教育委員会では生徒指導月例報告により問題行動やいじめ、不登校などの状況を把握しております。
 次に、学校に対する強い要求などに対するのは誰かとのご質問でございますが、窓口は主に教頭が担当し、最終的には校長が対応しております。
 最後に、現在精神的病などで長期休業をとっている教職員は何名いるのかとのご質問ですが、大河原町立学校には現時点で1名であります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、休憩します。午後1時より再会します。
     午後0時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 何点か再質問をさせていただきたいと思いますけども、ゆとり教育、こちらゆとり教育が実施されて、またその後見直しが行われ授業数がふえたっていうことですけども、授業数ふえたにもかかわらず、やっぱり土日は休みでその分、ある意味窮屈な教育環境の中に置かれているのかなとは思うところなんですけども、このゆとり教育、本来であればゆとりをそのゆとりの時間に本来子供たちが持っているその能力ですかね、それを発揮するという形だったと思うんですけれども、その形が何か学力低下につながり、その学力低下も結局、土日の休み方の使い方にもよると思うんですけども、どっちかというとこの2番目の携帯電話、スマートフォンのトラブルにもつながってくると思うんですけども、その土日が結局、本来であれば子供たちの個性を伸ばす時間に使われるべきが、どうしてもそこんとこの受け皿がないといいますか、本来延ばすところまで行かずに、結局子供たちがゲームに、朝から晩までゲームをやったり、結局スマートフォンなどに行ってしまって、本来有意義に使われる時間が使われなくなったっていうのも大きな原因だとは思うんですけども、その中で結局、土日の使い方ですね。それ、どのような使われ方が本来あるべきで、それにならなかった理由っていうのは何かあるのか、教育長、おわかりだったらよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ご承知のとおり、学校週5日制になってから土日がですね、子供たちの家庭で過ごす時間というふうになりました。で、本来土日のあり方につきましては、ゆとり教育ということでの一環ということで捉えられておりまして、地域のスポーツ少年団あるいは地域の中で子供たちが活躍する場が求められたわけでございますが、なかなかそういった面では社会教育といいますか、あるいはその地域全体の中での子供の受け入れということにつきましては、なかなか難しい状況にあったというのは否めない事実であったかというふうに思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱりこの環境づくりというのは非常に大事だったのかなと思うんですけども、それはやっぱり学校ではできなかった問題だったんですかね。それとも、それを社会的に求めるんであれば、やっぱり町当局のいろんな、今は町民学園とかやってますけども、今どっちかというと対象的には高齢者というか、高齢者向けのやつが多いんですけれども、それを小中学生の対象というのも幾つかやってますけども、その辺の考え方っていうのはこれから、その何だろう、土日の使い方っていうのは、まだ土曜日は学習の場になってない、これからも続くと思われるんですけれども、その辺、今後どうしていくのかっていうビジョンはあるんですかね。その辺お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) さまざまな議員さんから、地域総合型子供スポーツクラブについてご質問をいただいているところでございます。スポ少だけにおんぶするということなく、地域が総合的に力を合わせて子供たちを育ててくということで、本教育委員会におきましても大変おくれているところではございますが、28年度は何としてもやっていきたいと。地域全体として、地域総合型子供スポーツクラブというものをつくることによって、土日の子供たちの受け皿を広げていきたいというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その辺、町の受けとめ方として町長どうお考えか。ありますかね、その辺。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 子供の時間の使い方については、多々問題があるということで認識しておりまして、ぜひですね、有効に使ってもらいたいと思っております。その背景の一つに、体力が非常に低下してるんですね、子供たちの。東京都の小学生のデータを見ますと、30年ほど前には1日2万7,000歩、歩いておりました。今は1万1,000歩しか歩いてないということで、糖尿病が幼児でもあったりですね、そういった大きな問題があります。
 また、いわゆるデジタル文化が発達して、ディスプレイ機器に涌かされてるというのが私の印象ですですけども、外で遊ぶ機会が少なかったということで、スポーツがこれから大河原の町の健康づくりの一環として、子供たちの健康づくりもしっかりとやっていきたいというふうに思っておりまして、その一環として今教育長さんが答弁したとおりでございまして、そういったことも大切でありますけれども、ほかに地域の方々が子供たちと接触をしながら、いろいろそのスポーツクラブでなくてもしっかりとやっていけるような場面をつくったり、あるいはスポーツの専門の方をですね、学校に少し配置して、そういった指導をするとか、いろんな工夫をしながらやっていきたいということで、これは教育長さんとも今相談をしながら進めているところでございまして、ぜひ健全な青少年の育成に尽力してまいりたいと思ってますんで、またいろいろお知恵をいただければというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱりこの小中学生の休日の過ごし方っていうのが非常に問題でありまして、またやっぱり学力低下っていうのも本当に激しいのかなとは思いますし、やっぱり我々小さいころまでには結構外で遊ぶ機会が多かったんですけども、今はなかなか外で見かけることも少ないですし、まして外で遊ぶ機会もないですし、遊ぶ場所もないというのが実情なのかなと思いますし、またやっぱりゲーム機が主流を占めてからはやっぱり家庭内で、中で遊ぶのが非常に多くなったり、またこれ、ゲームやスマホが出てから非常に多く見かけるようになったのが、同じ家の中でも、同じ隣同士にいてもゲームに向かってるのが多くなったというので、結局我々は、室内で遊んでたころはよく、どうしても会話中心になって、会話をしてたわけなんですけども、今は会話自体もスマートフォンや、その何でしょう、隣同士にいてもスマホとかで会話をしてるっていうのがよく聞かれるんですけども、そうなるとやっぱり会話能力、そしてどうしても活字に頼る、何でしょう、会話っていうんですかね。そうなると、受けとめ方で全然違う受けとめ方をしてしまうことから、2番目のスマホのトラブルにも発展してくるわけなんですけども、同じ。
 この間、何かのテレビでやってたんですけども、例題として誰かから縫いぐるみか何かプレゼントにもらったっていう形で、それがある別な友達にその写真を送って、「この縫いぐるみかわいくない」って。(「ああ、そうそうそうそう」の声あり)本当は、クエスチョンマークでも入れればいいんでしょうけども、それを単文で入れたら、その別な人が「この縫いぐるみかわいくないんだ」っていうような形からトラブルが起こったっていう実例を聞いて、「ああ、なるほど」というような思いがあったんですけども、この今このトラブルという形ありましたけども、このスマートフォンのトラブルっていうのはかなり小中学生、主に中学生あたりでは多いんですけども、この実例としてどういったのが挙げられて、どういった解決されたのか、あればお願いしたいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 中学校でも小学校でもスマホによるトラブルは発生しております。で、問題の発見はいろんな形でありますけれども、やはり子供たち同士、スマホあるいは携帯によっていじめられているという訴えが担任のほうにあったり、あるいは友達同士で問題になったりということから発見されるわけですが、今議員ご指摘のとおり、かわいくないという、恐らくそういう部類の誤解によるトラブルだと、そういうことも含まれるということもあります。
 あるいは、先日、明日青の集いでも話を申し上げましたが、例えば10時以降メールを友達にやると。一方では勉強している、あるいは寝ている、それなのに対してその返事をくれないと。おかしいんじゃないかということで、なぜ返事をよこさないんだと。しかし、自分としてはもう勉強している、あるいは寝ている時間だということで返事は出さない、そういうことでトラブルになっているために、町としては携帯、スマホの使い方を統一しましょうということで、先日10日、この役場の大会議室において、夜9時以降は町としては使わないようにしようということで決めたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 9時以降使わないという形で決めたと思うんですけども、これ小中学生にどのような周知をして、今守られているのかどうか確認というのはどんなように行っておるのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 11月14日の明日青の集いのときに、守られているかどうか、それぞれの学校で発表していただきました。5つの小中学校並びに2つの高等学校から、このスマホについての実態等について発表してもらいましたが、ほぼそれぞれの学校で努力はしておりまして、特に小学校のほうでは9割方、使い方については守られている。中学校においては、やや守られてない。で、数字といたしましては、昨年の11月にゲーム、携帯、スマホの使い方について町で話し合って決めたときには、ほぼ小学校も中学校も守られておりました。
 ところが、4月になってから再調査したときに、特に中学生が決めた約束を守らないで、例えば3時間とか4時間とかする子供たちが激増している。このことについて、どうなんだということで中学生に問いかけました。ところが、中学生はですね、何とか大河原中学校の生徒会長も金ヶ瀬中学校の生徒会長も、自分たちに決めさしてくれというふうにお話をしたところでございました。しかし、その日の講師のお話で、いや各学校で決めるものいいけれども、町全体としてある程度の全体としての大まかな約束は決めるべきだという話がありまして、それを受けて12月10日に緊急に各学校の児童生徒代表、PTA代表、そして教育委員、そして民生委員さん方に集まっていただきまして、どうなんだと、本当に決めなくともいいのか、決めたほうがいいのかということでお話ししましたところ、先ほど申し上げましたとおり午後9時以降は使わないようにしようと町で決めてほしいということで、決まったという経緯でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 小学生あたりは、スマホの持ってる確率も少ないんで、やっぱり守ってるのが多いと思うんですけれども、中学生になると携帯の所持率も高くなりますし、結局、何だろう、会話もスマートフォン使った会話というのが多くなるんで、守られてない。
 先ほど、「やや守られていない」っていう回答だったんですかね。中学生は。「やや守られていない」、「やや守られている」、どっち。(「どちらか」の声あり)ええ。ちょっと聞き逃したっつうか聞き取れなかったんで、中学生。(「やや、です」の声あり)ああ、「やや守られている」。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 「やや守られていない」という現状でございます。(「やや守られていない」の声あり)はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり、これ非常にトラブルの原因になるのがスマホ、携帯であって、今後ますます、何でしょう、指導していかないと本当に今後それが3本目のいじめにもつながってるのかなという原因にもなりますんで、ちょっとやっぱりスマホ等の、携帯の使い方っていうのをますます授業なんかでも教える必要があるのかなと思うんですけども、今後また中学生あたりになると結構小学校と違って、何でしょう、恋愛感情も芽生えてきまして、恋愛する男女間もふえてくると思うんですけども、それに関して結局、今スマートフォンとかのトラブルでリベンジポルノ的なものがあるんですけども、そういったトラブルっていうのは大河原ではないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) よく意味、聞き取れませんでした。恋愛感情が中学生になると出てくるということで、そういったトラブルということで、ちょっと意味がわからなかったので、もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 結構ニュースとかで聞くのは、スマホによるリベンジポルノ的なもので。(「えっ」の声あり)リベンジポルノ。(「ああ」の声あり)結局、何でしょう、男女間で恋愛のときは本当に何でもいいような形でやってますけども、それが壊れて別れると相手に仕返しをしてやろうとして、リベンジポルノあたりですと裸の写真撮ってたのをばらまくぞっていうような形での、そういったトラブルっていうのは大河原ではないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そういう事例は聞いておりませんが、先日、議員も出席のPTAの講演会を開きましたところ、講師の方でそういったリベンジポルノなり、あるいは裸の写真を撮って、その携帯に、スマホの中に入れて、とんでもない事件が起きるようになるぞということで、講師の方から具体的な話をいただいて理解を深めたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり中学生あたりになるとそういった発達段階に来ますので、そういったのもやっぱり教育していかないと、今後トラブルの原因になりますし、一旦やっぱりこういったメディア、メディアっていいますか、そういうのに広がってしまうと、なかなかそれをもうゼロに戻せないっていうのが実情のようですんで、その辺の、何でしょう、教育、徹底されたほうがいいと思いますので、今後よろしくお願いしたいと思います。
 また、いじめに関してですけども、宮城県で認知件数が全国2番目だという調査結果が出まして、このいじめに関してですね、本当に、いじめの定義っていうのがなかなか難しいところがありまして、やっぱりいじめてる側っていいますか、片方側はふざけてるつもりでも、受け取った側に対しては本当に苦痛に思ったり、いじめられてるっていう思うところが非常に、何でしょう、感覚として大きな違いがあると思うんですけども、その辺の何だろう、いじめの定義っていいますか、教育っていいますか、その辺をどのように行っているのかお願いしたいと思うんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) いじめの定義とは何かということでございますが、一般的に当該児童生徒が一定の人間関係のある者から心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの、それをいじめというふうに捉えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) このいじめ問題というのが非常に、もともとあったことではありますけども、近年重大化しているといいますか、県内でも結局自殺者が出たりっていう形、最悪の結果が出てるわけなんですよね。これ、いじめ件数、全国で2番目に多い調査結果が出たっていうことで、こっちは、何でしょう、認知件数なんで、これがいいのか悪いのかっていうのは別として、やっぱり認知されてるっていうのが調査結果として、これは受けとめなきゃないですし、やっぱりそれだけ多い数があるんだなっていうのを受けとめて、一番大事なのはそれに対する対策だと思うんですけども、これがちょっと宮城県としては、それだけ認知件数があったにもかかわらず、自殺者が出たっていうのはもう最悪の事態で、何をやってたんだっちゅう話になってくると思うんですけれども、その辺の対策が今後本当に急務ですし、最悪の事態がこの大河原でも起きないっていうことはないと思うんですよね。どこでも起こり得ることですし、その対応っていうのが非常に今後求められておりますし、中学生あたり、どうしても中学生1年生あたりですと、どうしても小学校の延長線で考える子供と、また中学生になったっていうことで、少し小学生とは違うっていう認識で臨む生徒とのまたギャップもあるのが1年生であって、その中での結局トラブルっていうのも多いと思うんですけども、実例としてちょっと思いあたる節があるのも、やっぱり同じ小学校あたりで仲よくしてたのが、中学校に入った途端、部活も別々の部活をやったりするとやっぱりその辺の違いが出てくるわけなんですね。そうなってくると、何だ無視してとかっていうような形でいじめに発展したりっていう形の、1年生あたりだと余計多いと思うんですけども、その辺やっぱり当事者間の誤解っていうのが生まれてくると思うんですよね。それを今度そのままにしておくと、どんどん亀裂が深まってって、なかなか修復ができなくなる状態にもなりますし、その中でやっぱりそこに加わる第三者、やっぱりそれが友達であれば本当は一番いいんでしょうけども、それがなかなかかなわないとすると、やっぱり担任の助言っていうのが非常に大事な部分になってくるのかなと思うんですけども、やっぱり教師との、生徒の信頼関係っていうのが一番、中学生あたりでは大事になってくるのかなと思うんですけども、その辺でやっぱり、生徒と教師の信頼関係ってよく言われるんですけども、その中で信頼関係をつくるのは非常に難しいことでもあって、ある意味簡単な部分もあるんですね。
 私も小中学校のころ、よく思ったのが、やっぱり先生を信頼するっていうのは、いかに自分を先生が見てくれているのかなっていうのが重要になってくると思うんですよね。その中で、やっぱりちょっとした事柄でやっぱり先生を信頼するようになりますし、その先生に対しての好印象っていうのが生まれてくると思うんですけれども、それはやっぱり自分が何かしているところを認めてくれる、やっぱり認めてほしいっていうのが生徒にもあると思うんですけれども、そんな中でやっぱり生徒児童に対する、その何でしょう、認めてやれる、あとは意思疎通っていうの今どのような形で行っているっていうか、どのような形で信頼関係を築くようなものをやっているのか、あればお教え願いたいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 信頼関係をどのように醸成するのかということでございます。まず、教師と児童生徒間におきましては、毎日出席の確認をしております。その出席の確認のときに、返事の仕方あるいは態度、顔、服装あるいは顔色等々を見て、そのときの健康状態あるいは子供たちの心理状態を確かめます。
 また授業の中では、子供たちの意見をできるだけ吸い上げるようにしているわけですが、宮城県全体といたしまして今、5つの提言というものを提唱し、その中でより子供たちが授業に食いついてくるような提言をしておるわけですが、5つの提言の中でまず授業の目当てを確実につかませるということ、それから児童生徒のよさをしっかり認めるということ、これが2つ目にございまして、このよさをしっかり認めるということをどの学級でも意識して取り組むようにしておりまして、もっとはっきり言いますと、指導するときの指導案の中にその5つの提言が生かされてるかどうか、そして生かしたかどうか評価するという項目がございまして、しっかりとこの児童生徒の行動を認めるよう計画的に実施しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり認めてやるっていうことが非常に大きなことだと思いますので、先生との信頼関係、これが一番大事だと思いますんで、今後信頼関係を築くようなものをつくっていっていただきたいと思いますし、あと今、小中学校で不登校っていうのは何人ぐらいいまいるんですかね。わかればお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ちょっとお待ちください。正確な数字、今はちょっと申し上げられませんけれども、小学校が5名程度、五、六名程度だと思います。中学生が、10名から20名の間ですが、ちょっと今、正確な数字持っておりませんが、出現率というのを持っておりまして、出現率を申し上げます。つまり、全児童生徒数の不登校数で出現率を出すわけでございますが、平成26年度大河原町が0.52でございます。中学校が4.30という実態になっておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり中学生あたりになると、やっぱり不登校がふえてきているという形で、これは不登校、小学校で五、六名、中学校で10名から20名の間っていう形なんですけども、この不登校の生徒っちゅうのはずっと出てこないんですかね。それとも、たまたま出てきて、あとは出てこなかったりっていう、その何だろう、回復率なんかもその辺、ちょっと詳しくわかればお願いしたいんですけども。結局、何だろう、指導して、また不登校から登校するようになった児童数とかわかればお願いしたいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 不登校の回復数でございますね。不登校になる児童生徒といいますのは、さまざまな家庭環境の中で生まれるもんですから、一概にどういう子供が繰り返し不登校になるとか言えないところが実態でございますが、おかげざまで相談員、それからそれぞれの学校にスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、それから不登校支援員、そういった方々がそれぞれの学校におりますので、不登校になった子供たちに対する、あるいは家庭に対する支援を行っております。
 したがいまして、不登校から回復し保健室まで来れるようになった、あるいは職員室まで来れるようになった、そういう子供たちが、今は正確に申し上げられませんが、かなりの数おりまして、不登校に対する対策が功を奏しているんだというふうに捉えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、そうすればかなり結局不登校に対する、何でしょう、対策っていうのはもう万全にとられてるんで、おいおい不登校から立ち直って学校に来れるようになってる生徒は、大分多くなってるっていう形の捉え方でよろしいんですかね。また、今後この今現在不登校になってる生徒に対してもそういった、何でしょう、登校できるような形のフォローっていうのは最善されてるっていう感覚でよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 完璧にしているとは考えておりません。まだまだいろんな手を尽くして対策はとっておるものの、次から次と不登校が生まれてる現状にあります。したがいまして、何とかこのような不登校を未然に防ぐためには、何といっても、先ほど議員ご指摘のとおり、学校が楽しいという状況をつくり出さなければいけない。そして、先生と児童生徒が信頼関係の上に、日常的にその授業が展開されなければならないということは基本中の基本だというふうに考えておりますし、各学校でもそのようにやってるものと思っております。
 しかし、それでも不登校が生まれる現状にあります。したがいまして、午前中の答弁でも申し上げましたとおり、心のケアハウスというものの事業に今取りかかろうとしておりまして、そういった学校の中だけで対応できない子供たちに対して、学校の外でも対応できるような体制を現在整えつつあるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり不登校になるっていうのは、なかなか学校が楽しくなかったり、学校に行くのが嫌になったりっていう部分があるんですけども、その大きな原因、何点かあるとすれば、どういったものが考えられるかおわかりですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 先ほど申し上げましたように、千差万別でございます。10人いれば10通り違います。しかし、代表的なものといたしましては、授業についていけない、勉強がわからない、あるいは友達と些細なことでトラブルになってしまう、それから家庭的に食事をなかなか与えてもらえないとか睡眠時間が十分とれない環境にあるとか、そういった例が典型的な例でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり大きな問題として、授業についていけないっていうのが非常に大きな問題として捉えられるのかなと思いますし、あとは人間関係ですね。この2つが大きな要因じゃないかなと思うんですよね。その中で、やっぱり学校のほうの授業についていけない、これは学校として本当にどうなのかなっていう思いがありますので、やっぱりフォローできる部分ですよね、これは。授業についていけないっていうのは。補修なり何なりして、結局ついてけるような形にもってかなければ学校の意味がないのかなと思いますし、やっぱり学力をつけるためにも学校ですんで、わからないところまで差し戻って、そこからわかるように教えてかないと、なかなかついていけない子供はやっぱり不登校にならざるを得ないのかなと思いますし、やっぱり大変かとは思いますけども、やっぱりわからない部分まで、わからない部分もわからないという生徒も随分いると思うんですよね。
 ただ、そこまでやっていかないと根本的な解決にはならないのかなと思いますし、やっぱり先ほどの学力がよくなったっつっても、やっぱりいい生徒ばっかりよくなってもこれはどうしようもないですよね。やっぱりある程度、底辺が上がっていかないと学力向上にはならないと思いますんで、そのついてけない、わからない部分まで差し戻って、やっぱりみんながわかるような形で授業についてけるような形にもってくのがベストだと思いますんで、そのためにもやっぱり授業量がふえて先生方は本当に大変かもしれないですけども、その分のフォローもしていかなきゃならないのかなと思いますし、やっぱり教育委員会としてもその辺の部分、教師を少人数学級でふやしてもらった部分もありますけども、その中でもやっぱりまだついてけない子供がいるっていう現実があるわけですから、そうしたフォローっていうのが今後必要になってくると思いますし、また最後の教職員の精神的な病で今長期休暇してる、現時点で1名って言いますけども、これ結局担任を持ってる教師がなかなか長期休暇になってくると、学級崩壊にもつながりかねないんですね。学級崩壊。結局、その教える、何でしょう、その子供たちをわかってる教員っていうのがもう長期に休まれると、今度そのフォローに回るのが教頭先生であったり、あとはほかの先生が結局順繰りに回るしかないんですよね。そうなると、信頼関係もできないですし、結局その子供一人一人の部分も見切れないと思うんですね。そうなってくると学級崩壊にもつながりかねないですし、そういった子供たち、学級崩壊の子供たちが今度その授業についていけなくなって、結局そこから不登校であったり、いじめ問題だったりっていう根本的な部分が出てくると思うんですよね。
 やっぱりその環境づくりっていうのが非常に大事になってくると思いますので、子供たちが結局、授業は勉強で、そしてあとはスポーツなんかも取り組める環境づくりっていうのが非常に大事になってくると思いますので、今後一人でも不登校が出ないように、一人でもいじめで休むことのないように教育委員会としても教育長としてもその辺の指導力を発揮していただきたいと思うんですけれども、その辺どうお考えか聞いて終わりにしたいと思いますんで、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のとおり、さまざまな課題を持っておるところでございますが、町当局のご理解をいただきまして大河原中学校、本年度から、ああ、昨年度からでしたっけ。昨年度から35人学級に取り組みまして、大河原中学校だけでございますが、中学校1年生から3年生まで35人以下の学級で授業をすることができるようになりました。そのために、学校からは大変感謝の言葉といいますか、ありがたいと、落ち着いて授業ができるようになった、あるいは生徒指導ができるようになったというふうに言われております。しかし、それでも、議員ご指摘のとおり、それでも不登校はまだ生まれておるところでございます。
 したがいまして、学級崩壊というお話もございましたが、先ほどお話申し上げましたように、わかる授業をとにかくどのようにやっていくのかということで取り組んでおりますが、例えば大河原中学校におきましてはできるだけ子供たちが授業についてくるようなさまざまな取り組みをしておりますが、例えば数学オリンピックなどという、授業とスポーツは余り結びつかないのですが、しかし数学でオリンピック競技のように部活ごとに対抗をさせることによって、楽しく競わせるということをしております。当初は、ブラスバンドがずっと優勝しておりました。ところが、バレー部とか、意外なって言ったら大変失礼ですが、ところが非常に成績を向上してきまして、大変いい競争といいますか、いい結果を生むことになっております。
 それでも、しかしそれでも救えない子供がなかなかいるものですから、休む教員がいた場合につきましては、あいている教員といいますか、例えば現在休んでいる学校の教員につきましては、少人数学級を担当していた指導教員を全くその学級に張りつけて、学級担任として授業を展開しております。そのことによりまして、出たり入ったりするということではなく、しっかりと朝から晩までといいますか、その学級の子供たちを全て面倒を見るという体制をとっているために、その学級は今現在落ち着いて授業に取り組んでいるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり優秀な生徒を伸ばすのも大事ですけども、やっぱりみんなが、やっぱり底辺を底上げするのが非常に大事だと思いますので、これ教育委員会と町長も一緒に取り組んでいただきたい課題だと思いますので、大河原町の本当に未来を担う子供たちのためによりよい住環境づくりをお願いして、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、山崎 剛君の発言を許します。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 14番山崎 剛であります。議長の質問のお許しをいただきましたので、1項ではございますが、質問させていただきます。
 いじめ防止策を探るということで始めさせていただきたいと思います。
 いじめによる中学生の自殺関連記事が、連日掲載されております。文部科学省の調査によると、児童生徒の自殺は一年間で約230件にも上がっております。これは、平成26年度の児童生徒の問題行動生徒指導上の諸問題に関する調査についてで載っております。ただ、子供の自殺については原因が不明であることも少なくなく、報道では自殺した生徒を守れなかった学校の責任を大きく報じ、保護者の立場からすれば、我が子が自殺に至った原因を明らかにしたいと考え、調査報告を求めることは当然と言えます。校内でいじめられ苦しむ子供を守ってやれなかったのは、学校にも大きな責任があると思いますが、しかし世の中の価値観が多様化、複雑化し、多くの課題を抱えたまま学校に来ている子供たちもいると思います。児童生徒を預かる学校では、子供の安心・安全が最優先で、通常の教育活動の中で対応しているとは思うが、危機対応となるといじめは学校だけで解決できる問題ではないと思います。
 大津市におけるいじめ自殺事件は、全国に大きな衝撃を与えました。この事件をきっかけに教育委員会制度が見直され、いじめ対応への再検討が全国の学校で行われました。しかし、その後もいじめ事件が複数発生しております。痛ましいことでございます。各地でいじめに起因する不幸な事案が絶えない。保護者の立場でいじめ問題をどう察知し、いじめがあることを知ったときにどう対処しようとしているのか、見解をお伺いをいたします。
 1)本町での不登校児童生徒数を把握しておりますか。
 2)仙台市は、2020年度まで今後5年間の教育行政の指針となる大綱の最終案をまとめ、いじめ問題を最重要課題と位置づけ、いじめ不登校対策を筆頭に掲げ、いじめはどの学校、どの子にも起こり得ると認識に立つ必要を強調いたしました。本町の施策の策定の進め方等を示していただきます。
 3)スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーといった専門職の配置は十分なのか。学校設置者として、教育退職者の方をいじめ対策の専任教員として各校に常時配置する予算面や、事業面でどう支援できるか踏み込んだ考えはございませんでしょうか。お伺いをいたします。
 最後に、4)いじめ防止対策推進法のもと、いじめ問題対策連絡協議会を開催した事案はあったのか説明を求めます。
 答弁によっては再質問をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、山崎 剛議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町での不登校児童生徒数を把握しているのかとのご質問ですが、先ほど丸山議員にお答えしたとおり生徒指導月例報告により問題行動やいじめ、不登校などの状況を把握しております。現在、11月末現在で小学校6名、中学校13名となっております。
 次に、いじめ問題に対する施策策定の進め方についてのご質問です。いじめ問題の対策は、本町においても最重要課題であり、平成25年度に大河原町いじめ防止基本方針を策定し、その方針に基づき平成26年度に大河原町いじめ問題対策連絡協議会等条例を制定いたしました。また、不登校対策についても本町教育の喫緊の課題であると捉えております。
 次に、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーといった専門職の配置は十分なのかとのご質問ですが、現在県からの派遣として中学校は2校にそれぞれ1名のスクールカウンセラー、小学校は3校に1名のスクールカウンセラーを配置しております。また、スクールソーシャルワーカーは、県の委託事業として町内全校を対象に年間90日間活動しており、相談機能はそれなりに確立していると考えております。しかし、スクールカウンセラーの訪問日をふやしてほしいという現場からの声もあり、その旨を県に要請しているところであります。
 また、学校設置者として教員退職者の方をいじめ対策の専任教員として各校に常時配置する予算面や、事業面でどう支援できるか踏み込んだ考えはないのかとのご質問ですが、現在在学青少年教育相談員が各小中学校を訪問していじめ対策などに取り組んでおりますが、各校から常時配置の希望は出されていない現状にあるため、現在その必要はないと考えております。
 最後に、いじめ防止対策推進法のもと、いじめ問題対策連絡協議会を開催した事案はあったのかとのご質問ですが、大河原町いじめ問題対策連絡協議会等条例に基づき、ことし7月に第1回大河原町いじめ問題対策連絡協議会を開催いたしました。また、11月に第1回大河原町いじめ問題専門委員会を開催したところでございます。
 いじめ問題対策連絡協議会は、いじめ防止等に関する機関及び団体との連携を図るための組織であり、いじめ問題専門委員会は児童生徒が例えば自殺等を企てた場合などの重大事態に対処する組織であります。今回開催したのは、重大事態などの事案に対処するためのものではなく、組織の立ち上げを目的に開催したものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 答弁ありがとうございます。
 県教育委員会は、不登校対策推進協議会の会合を開きました。不登校児童生徒の追跡調査の結果などをもとにですね、対策の方向性を話し合ったようでございます。学校基本調査で県内の2014年度の不登校出現率が高かったため、県教育委員会ではことしも追跡調査を実施したようでございます。追跡調査は3年連続で、14年度に不登校だった児童生徒のうち、児童が287名、生徒1,239人から回答を得たようでございます。この中で、生徒の41.8%に当たる518人が中学校1年生で不登校になったと答えた。要するに、小学校から中学校に進学直後にですね、新生活に適応できない中学校1年生の不登校の傾向が顕著となったというデータでございます。東日本大震災の影響があると答えた児童は8.7%、生徒は5.7%だったようです。担任の積極的な働きかけや進路相談で目標を持たせるなどして、結果回答した児童の45%、生徒の約46%が改善したとなっております。県教育委員会は、魅力的な学校づくりの推進、市町村教育委員会への支援の充実、保護者向け資料の作成、先進事例の紹介といった施策展開の方向性を示したようでございます。
 ここでですね、魅力的な、県教育委員会からですね、市町村の教育委員会にも来てると思うんですけども、魅力的な学校づくりの推進、この「魅力的な」とはどのような施策と考えておりますか。教育長、お願いしたいと思います。
 またですね、支援の充実、保護者向けの資料の作成、先進地事例の紹介といった施策展開の方向性を今後どう捉えていくか、教育長のお考え、ご見解をお答えいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 魅力的な学校のあり方ということだと理解しました。これは、先ほど丸山議員の質問に対する答弁でも答えましたとおり、まず授業が魅力的でなければならない。授業が魅力的ということは、授業がわからなければならない。また、授業の中で子供たちが生かされていなければならない、そして認められなければならない、そのように思っておるところでございます。また、授業だけでなくて、学校行事あるいは部活動等において子供たち一人一人が生かされるような学校になっていることが必要だと思っております。
 また、支援の充実という、不登校等の児童生徒に対する支援の充実ということだというふうに理解しましたが、これにつきましては先ほども申し上げましたとおり、県からのさまざまな支援をいただいております。例えば、不登校支援員あるいは生徒指導支援員、あるいはスクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー等々ですね、さまざまな支援をいただいておりまして、それらの支援を駆使しているところでございます。
 3点目は、先進地の事例を視察する気持ちがあるかということでございますが、今のところその必要は感じていないところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 答弁をいただいたわけでございます。しかし、何せ宮城県は、前任者丸山議員の質問の中にもございましたが、全国で何せこの2番目というようなね、いい意味でだったらいいんですけど、悪い意味の2番目ではね、どうもどうも、この教育長のお考えは重々わかるんですが、全体として流れの中でですね、県の教育委員会からもお達しがあると思うんですけども、やっぱり市町村の教育関係になるとどうもね、このいじめ問題をどう捉えてる、実際きょうのね、1番の不登校児童生徒数を把握しているっていうことで、丸山議員も先ほど何名いるのかというところで、余り把握してないというような答えが先ほどあったようですけども、先ほどは小学生で6名、中学生で13名。(「そうです」の声あり)ね。これは、小学生の場合は3校で6名ですか。(「そうです」の声あり)はい。その辺と、中学校の場合は2校で13名なのか、ご答弁をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 11月現在で、小学校が3校で6名、中学校2校で13名ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 小学生が不登校になるという、幼稚園から入ってきてね、何年生が不登校になってっか、それはちょっと把握してないでしょうけども、我々もわかりません。中学生で、私の耳に入ってる中でもこの数字よりももっと多いんじゃないかと思うところでございます。実際、大河原中学校あるいは金ヶ瀬中学校、例えば金ヶ瀬中学校の場合はクラスも少のうございますから、誰々誰々っていうのは意外と把握できるんですけども、大河原中学校の場合は幅広く各行政区から大河原中学校にまとまるんですが、そのときにですね、各担任の先生から本当に校長あるいは教頭、校長を通してですね、来てないというふうなことがあるのか。実際、それは把握できていないということのさっきのお話ですけども、何か先生方で子供を守るというのか、学校教育を守るというのはちょっと強過ぎるんじゃないかというご指摘を受けてるんですが、その辺は教育長どう思いますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 学校教育を守る。ちょっと意味がよくわからなかったので、もう一度お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 私の、要するにこのクラスには、担任がですよ、不登校はいないというような報告ね、もう必ず来てるんだというような報告を、これは何て言ったらいいべっしゃね。報告を、うその報告を出してるんじゃないかというようなね、ことがあるんじゃないかというふうな声を聞くわけでございます。それは、そういう意味で学校のクラスを守る、要するに守秘ですね、守る。ね。守秘義務を守ってるんじゃないかと、黙ってるんじゃないかというようなことがあるんじゃないかと。
 ということは、なぜこれを質問するっていうことはね、実は仙台市の泉区の館中学校、担任がうそをつきましたですね。このことがやはり報道になって、我が大河原にもそういうことがあるんじゃないかということが耳に入ったところでございましたので、質問をしたわけでございます。その点はどうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) うその報告をされているのかどうかということでございますね。私は、うそだと思ったらばすぐに問い返しますので、今のところうその報告はないものと思っております。
 ただ、先ほどですね、不登校13人に対しましてもっといるのではないかということでございましたが、これは年間30日以上休んでいる生徒の数でございますので、7日とか10日とか休んでいる子供の数はもっと多くおります。はい。したがいまして、年間ですから、一年を通して30日以上休んでいる子供の数が13人。11月までということですね。そういうことでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 時間も大分経過してございますので、1)に関しましてはここでまとめますけども、児童生徒の不登校出現率が高い実態を受けましてですね、県教育委員会では来年度、小中学校のいじめ不登校対策担当者の位置づけを明確にしましてですね、連携や情報共有を強化する方針を固めたようでございますけども、本町への県教育委からの通達はどのように伝わってるかお答えいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 12月の校長会が先日あったところでございます。その中で、いじめ問題につきましては、いじめ担当の校務分掌を各学校、小学校、中学校とも校務分掌の中に明確に位置づける必要があるということで、県教委の指示を伝えたところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) とにかく不登校児童がですね、ふえればふえるほど、これは私の持論なんですけども、結局家庭にはいるっていうことが大体多いと思うんですけども、後ほどまた出しますけども、一番大事なのがやっぱり学校サイドばっかりじゃなくて、家庭のね、生活が一番重要なのかなと常々思ってるところでございます。
 まず、把握しているということの形の中で理解しましたので、2番目に移らせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 2)のほうに移らさせていただきます。
 仙台市泉区の館中学校1年生の男子生徒、当時12歳が、昨年9月、いじめを苦にして自殺した問題で、原因究明に向けた追加調査を第三者委員会のいじめ問題専門委員会に諮問をいたしました。当委員会は、精神科医や弁護士ら6人で構成をされており、館中の2年生と3年生、当時の3年生を対象にしたアンケートをし、必要に応じ聞き取りも年内に実施したようでございます。生徒らは、記名か無記名を選んで答えると。どこまで新しい事実が出るのかという意見もあったが、追加調査をしたほうがいいという意見が多かったため、アンケートをやったようでございます。
 諮問書で、市教育委員会では、1)自殺に至る事実関係の調査、2)自殺の原因やいじめとの関連性の分析、3)学校と教育委員会の対応の検証、4)再発防止の提言を求めました。諮問の理由は、校名を公表したことから全校アンケートが可能になったということで、第三者委員会は市教育委員会の諮問を受けて調査、いじめにかかわった生徒だけに聞き取り調査をいたしました。
 これでですね、このことなんですが、町では、このいじめはどこの学校あるいはどの子にも起こり得るということで2)に質問してるところでございますが、この本町の施策についてですね、例えば弁護士さん、精神科のお医者さん、あるいはもちろん学校の先生等々ですね、後で言おうかなと思ってたんですけども、教育長からも全協の中でいじめ問題対策連絡協議会のをお配りいただいて、ちょっと説明を受けたところだったんですけども、またあえてですね、ここでどういう施策をですね、本町でなった場合において、例えばいじめであってですね、あってはならないことなんですけども、想定した過程の中でお考えを教育長、あれば見解を示してほしいんですけども。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、お答えいたします。
 先ほどもお答えしたんですが、大河原町のいじめ問題対策連絡協議会等条例というものを作成したところでございますが、その中で段階的に対策を練っているところでございます。第1段階といたしましては、大河原町いじめ問題対策連絡協議会というものを開きます。これにつきましては、過日開催したところでございますが、各委員さん方から日常の児童生徒に対するいじめ防止の対策等について話し合っていただくというところでございます。
 で、次に重大事案、つまり自殺等の事案が出ないとも限りませんので、もしそういった事案が出た場合にどうするかということですが、それはいじめ問題専門委員会というものを開催いたします。それにつきましては、11月18日に開催したところでございますが、先ほどの答弁で申し上げましたとおり、これは立ち上げのための委員会でございましたので、皆さんと顔合わせをしたということでございます。で、顔合わせをしまして、重大事案が発生したときにはどうぞよろしくお願いしますということで、それぞれの大学教授あるいは精神科のお医者さん、あと弁護士、そして臨床心理士、そして犯罪被害者直接支援員、そのような方々からご意見を頂戴したところでございます。
 さらにですね、もう一段ございまして、該当者の方が納得をいかない場合、いじめ問題再調査委員会というものを考えております。それは、いじめ問題調査委員会で調べても該当者の方がどうしても納得いかない場合は、県のほうにお願いしまして再調査委員会を開くという段取りになっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 答弁ありがとうございます。
 いや、本当にこのいじめ問題はですね、私の手元にも、毎日、新聞は読んでるんですけども、拾っただけでもこんなにね、毎日あるんですよね。ましてや自殺問題にまで上がると、本当にご家庭のお父さん、お母さんはもちろんのこと、おじいちゃん、おばあちゃんもしかり、友人、知人ね、友達だってそうだし、何か子供たちのね、本当にさっき丸山議員も話ししてましたけども、質問してましたけども、ちょっとした弾みの中で今の子供たちはメンタルというのか、神経質になり過ぎてますわね。それで、ひょっこり自分で悩んで、そして引きこもりになって、自分で判断して、そしてみずから命を絶つというようなことがね、何かこの全体的を見るとそういう形が多いようでございますので、ひとつこのいじめ問題対策連絡協議会等々のですね、条例もつくってございますけども、なるだけこういうものにはね、携わらないように教育長ひとつ各小中学校にですね、再度通達するなり、積極的に取り組んでいただきたいと思います。
 3番に移らせていただきます。
 スクールカウンセラーについてでございますけども、これは先ほど丸山議員の答弁にもスクールカウンセラー、私の質問にも載ってございますけども、ただ私はですね、対応方針として相談窓口をですね、学校外ですね、にも設置することや、スクールカウンセラーやソーシャルワーカーといった専門知識の配置の充実が必要と思ってるところでございます。そこで、本町の体制はね、本当にこれで、先ほど2校に1人とかですね、中学校は2校にそれぞれ1名のスクールカウンセラー、小学校には3校に1名のスクールカウンセラーとなってございますけども、これで十分なのか。
 先ほどの答弁では、今のとこは大丈夫だというような答弁なんですけども、いつ何どきこのね、先ほども、くどいようですですけども、この事案が起こり得るというようなことはあり得ると思うんですよ。一番大事なことはですね、やはり各家庭で子供の悩みあるいは不安、見逃さないことが大切だと思うんですが、これは親もね、先ほども私述べましたけども、家庭教育のあり方あるいは学ぶ機会をですね、一番大事だと思うんですが、このスクールカウンセラーあるいはスクールソーシャルワーカーについて教育長、本当にこれで、今のところは何かないから、事案がないからいいかもしれませんけど、これから先のことを考えればですよ、あってもしかるべきだと思うんですけども、もう一度答弁をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まさに議員ご指摘のとおり、これは各学校に1名程度いれば大変ありがたいというふうに思っているところでございます。ただ、財政的にいろいろ課題もありますので、ある中ででは2校に1名、3校に1名のスクールカウンセラーの中で何とかやっていけないのかということでございますが、こちらのほうから県のほうには増員していただけるように依頼はしておるところでございます。
 さらに、それ以外に、先ほども申し上げましたように、学校の教員を退職した教員がむしろスクールカウンセラー以上の力を発揮する場合がございます。したがいまして、そういった方々を募集いたしまして、直接、スクールカウンセラーは家庭訪問はしません。どのスクールカウンセラーも、1つの部屋の中でカウンセリングを受けるのがスクールカウンセラーでございます。しかし、学校の教諭を退職した方は直接家庭訪問したり、直接そこの現場に行って話を聞くことができます。そういったメリットを生かしまして、そういった方々を今後活用してまいりたいと考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) いや、今すばらしい、教育長からですね、私も思ってるところでございますけれども、教育関係の退職者の先生方、たくさんおいでになります。十分にね、このことについては把握してると思うんです。ですから、ぜひともですね、ボランティアっていうと本当に大変失礼なんですけども、そういう言い方じゃなくて、前教育者としての立場の中でこのいじめ問題に積極的に取り組んでいただいて、そのことについて教育長からですね、再度お願いというような形でひとつ取り組んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 全体的なお話をさせていただきました。先ほど、いじめ防止対策推進法のことも後で聞こうかなと思ったんですけども、教育長からお話が出ましたので、ただここでですね、ちょっとした事案をご紹介したいと思うんですけども、これは保護者がですね、あった場合なんですけども、いじめがあった、亡くなった場合のことでお聞き取りをいただきたいと思うんですが、保護者が学校設置者の調査報告義務違反等を主張し、損害賠償を求めた事案が存在しております。これは、公立小学校自殺事件、前橋地方裁判所で判決が下ったようでございますけども、去年の平成26年3月14日でございます。自殺した児童は、級友から継続的かつ頻繁に悪口を言われ、給食時には仲間外れにされるなどいじめを受けていた。児童は、自殺の2日前、こんな学校もう行きたくないと教員らに大声で泣いて訴え、翌日は欠席をしているというような事案があったようでございます。保護者は、学校や学校設置者、自殺の経緯や原因について加害児童らに対する詳細な聞き取り実施、事実関係の確認等を行うべきであったと主張しております。これに対し、学校側は自殺を受け臨時職員会議等を連日開催し、アンケート調査や学年全員を対象とした個別面接などを行い、学校全体で原因究明と今後の対策に取り組んだと反論してございます。
 だが、判決は最終的に学校施設者の調査報告義務違反を肯定する判断を下しました。判決は、まず学校の作成した報告書は組織防衛を目的に作成されており、アンケート調査をもとにした聞き取りさえ実施していない点を問題視しております。そして、自殺の約1カ月前に実施したアンケート調査について集計結果のみを報告し、児童の回答書自体は提出していなかったことが批判されております。
 他方、学校設置者が設けた第三者調査委員会については、学校による聞き取り、調査等が不十分であったにもかかわらず、これを補充する対応を怠りました。なお、いじめに対する調査報告を行うに当たっては、2013年、平成25年ですが、制定されたいじめ防止対策推進法に留意する必要があり、自殺等の重大事件が発生した場合には質問票等により事実関係を明確にする調査を行い、被害を受けた児童生徒、保護者に対して情報を適切に提供することが義務づけられております。これは、第28条に載っているようでございます。
 また、この法律に基づき策定されたいじめの防止等のための基本的な方針では、重大事態に至る要因になったいじめ行為がいつ誰から行われどのような対応であったか、いじめを生んだ背景事情や児童生徒の人間関係にどのような問題があったか、学校教職員がどのように対応したかなど可能な限り網羅的に調査し、明らかにすることが求められております。
 事実関係を明らかにし、問題点を徹底的に分析することが新たな悲劇の芽を摘むことにつながり、その身において調査報告義務の誠実な履行は、学校設置者に求められる最低限の義務だと思いますが、町長の見解を求めます。設置者として。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この問題につきましては、教育委員会のほうでしっかり対応していただいておりまして、それを報告を受ける形をとりましてですね、チェックといいますか、しっかりと見守っていきたいというふうに考えておりますので、ぜひご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。簡潔に。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。この問題についてもですね、仙台市で市長さんが随分やり玉に上げられたんですよ。うん。学校設置者の立場の中で、市長みずから、何かの答弁がですね、あやふやな答弁をしたもんですから、随分報道機関から上げられたようでございますので、ひとつ設置者としてですね、教育委員会と連絡を密にして、このいじめ問題に対しては連絡を密にして対応していただきたいと思います。
 議長から簡潔ということで、最後にですね、子供たちの規範意識の低下による問題行動等の現状をぜひともですね、道徳の時間、やはり小中学校、道徳の時間をですね、有効にお使いをいただいてですね、命を大切にする心、それから他人を思いやる心、正義感あるいは倫理観、社会生活上のルールやモラル、豊かな心とみずから考える力、行動できる力の育成に教育長、鋭意努力を重ねていただきましてご指導をお願いしたいんですが、最後に答弁いただいて。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 今、道徳の時間ということがございましたが、道徳の時間の中ではもちろん、各教科の指導の中でそのいじめが起きないような指導をしておるところでございますが、これは13日日曜日の河北新報でございます。この中に、小学生の投書が出ております。ごらんになりましたでしょうか。この中に大河原小学校の児童、森そらさんという方がいじめをなくそうということで新聞に投稿しておることがわかりますが、どうぞ後で読んでいただければと思うんですが、これは国語の授業の中でいじめをなくそうということで自分の考えをまとめたものでございます。このように、道徳だけではなくて国語の授業の中でも、あるいはそのほかの授業の中でも、いじめは絶対にいけないんだということで指導しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐久間克明君の発言を許します。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 1番佐久間克明です。議長の許可を得ましたので、通告書に従い、一般質問させていただきます。
 1項、シティーセールスのような施策検討はあるのか。少子高齢化に歯どめがかからず、税収等、町行政においても少なからず影響が既に出てきていると考えております。職員数適正化推進など職員一人一人にかかる負担も大きく、日ごろの労務に感謝すると同時に、今後の展開について以下質問いたします。
 1)近隣町村と比較すると、当町の町民減少のスピードは5年程度遅いとの説明が夏の全員協議会におきましてありました。今現状も見込みに変わりないかどうか伺います。
 2)今月2日、12月2日で笹子トンネル崩壊事故から3年が経過し、全国各地で公共施設の点検等課題として取り上げられています。当町でも、前回の一般質問でもありましたが、公共施設更新時期に伴い今後順次対応されていくと思っております。今後、さらに少子化が進んでいきますが、今後公共施設含め町が運営していたり委託しているものに関して、さらに民間への委託や民設民営というものに早急に取り組む必要があると考えておりますが、現時点でどのようにお考えか伺います。
 3)まち・ひと・しごと創生総合戦略の素案も出てきております。より多くの町民に町の現状を知っていただき、理解そして参画してもらう必要があるのではないかと感じております。先日、総務文教常任委員会において相模原市へシティーセールスの先進地視察にお邪魔しました。居住意欲度を向上させることを優先に住んでみませんかというメッセージを全面に押し出しているような内容でした。その中でもポケットデータとして市の人口や面積のほか、医療、社会保障、観光事業、芸術や文化、歴史といったものが名刺サイズに折りたたまれていて、誰でも持ち出せるようになっていました。当町においてもホームページから町の観光データ等が印刷できるようになっていますが、作成して役場窓口で配付できるようにするなど、小さなことですが町民に関心を持っていただく意味で必要ではないかと考えるので伺います。
 答弁により再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、佐久間克明議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町の町民減少のスピードは、夏の議会全員協議会のときと現在とで状況が変わっていないかということについてのご質問にお答えいたします。
 9月4日に議会全員協議会を開催していただき、その際に大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略の中間報告の中で人口推計を説明さしていただきました。総人口の人口減少は始まっていますが、今後高齢人口だけが増加し続け、その高齢人口が2040年ごろにピークを迎えて、年少人口、生産年齢人口、高齢人口、全ての人口区分が人口減少となるというのが全国的な流れでございます。そのような中、本町の高齢人口は2050年ごろまでふえ続け、その後に減少となる推計でありますので、他の市町村よりは5年から10年ぐらいは人口減少が遅いという見込みであり、9月の議会全員協議会で説明した内容と現在も変わらないものであります。
 次に、公共施設の民間委託や民設民営への取り組みの今後の考え方についてのご質問についてお答えいたします。
 公共施設は、貴重な税金を投入して整備されるものであり、住民の福祉増進のために設置されるものでありますことから、その機能を最大限に活用していただくことはもちろん、施設の管理運営などのコスト削減は当然のことであります。本町においても住民ニーズに合ったサービス内容の充実、利用拡大また新たな雇用創出などに民間事業者のノウハウの活用が期待できることから、指定管理者制度の活用を積極的に進めているところであります。
 今後につきましても、公共施設等総合管理計画策定とともに町の財政状況や社会情勢の推移を十分見きわめながら、民間活力を取り入れるところは取り入れるために検討してまいりたいと考えているところであります。
 次に、町の各種データをコンパクトに記載したパンフレットを作成、配付することについてのご質問にお答えいたします。
 町民の皆さんに町の現状を知っていただくとともに町外の方を町に呼び込むという視点は、大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略でも重視していることであり、大変重要なことと認識しております。この目的を達成するため、本町におきましては各種パンフレットの作成及び窓口や公共施設等への配付、町広報紙やホームページのさらなる充実を図っているところであります。今後は、これらの配付物の県内外公共施設等への配置を推進するなどして、大河原町のPRに活用していきたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 1)から3)までの中で、進め方というか、民設民営の部分というんですかね、建物等々の運営にかかわらず、議題を検討する上で公民館の活力もということで考え方の投入もあってもいいんじゃないかなという部分があったので、この2)3)の質問になったんですけども、先ほど言った名刺サイズのというのが、これが相模原市でちょうどいただいたやつだったんですけど、大河原町のホームページだと、これですよね、これが、2015年のやつがあって、全部同じような感じなんですけど、これが例えばなんですけど、このほうが目につくんですけど、これをもっとこう名刺サイズに、もうちょっとちっちゃく折りたたんで、全体がこうきれいにもし見えれば、もちろん役場職員の皆様も、あと私ら議員もそうですけど、何かのデータのためにもちろん持ち運びできて、面積であったり人口だったりというのは説明しやすいんですけど、特に私の同世代ですかね。若い世代の方を例に挙げたらちょっと同年代に失礼かもしれないんですけど、話している中で以前堀江議員からの一般質問でもあったんですけど、「おおかわらまち」と言う方がいて、「おおがわらまち」と言う方がいないというのが以前話題にというか一般質問でもあったと思いますし、そういうもろもろのことですかね。例えば大河原町の人口何人ですかとか、あとはオータムフェスティバルって何なのとか、桜まつりの時期はいつだとか、例えばそういうもろもろを聞かれたときに町民で本当に小学校から同級生であったり生まれ育ってながらも、やっぱり人口わかんなかったりとかそういう本当の何気ないことっていうのがわかんなかったりとかっていうのもあるので、そういうところから、何気ないことかもしれないんですけど、こういうものを手にして何気なく見てもらって、愛着心というか、町にもうちょっと関心を持っていただくような取り組みを少しずつしていったほうがいいんではないかなと思ったので、あえてこの、今さらというか、あるものなんですけど、あえてちっちゃくして持ち運びできるようにしたほうがいいのかなと思って質問させていただきました。
 その上で民間というか、相模原市でこれもらったんですけど、よく漫画、何でしたっけ、宇宙何とかって漫画の画家の方とコラボをして、相模原の観光関係のデータとかを一冊の本にしてつくってもらって、お金をかけずつくってもらって、市は渡すだけというか、来ていただいた人に渡すだけっていうような状態をつくっていたんですけども、大河原町においても何かのこう、何ていうんでしょう、行政で何か取り組みをするときに、例えばどこかの大学とかどこかの企業に研究テーマを、その町での課題を研究テーマにしてもらって、ぽんとお金とかを出してもらいながら生徒とかに研究してもらって、そのデータを町でいただいて、それを3年ごとかの期間をかけて実際運営に生かすとか、そういうようなところっていうのはすぐできるんじゃないかなと思うんですけど、そういうことは大河原町においても可能でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) いいご提言をいただいたと私は思います。いろんな大学、研究機関と連携しながらPRの仕方もですね、工夫できるようなものができればいいと思っておりまして、検討はさしていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 大河原町っていうものを魅力発信していく中で、やっぱり町長も言ってます歩きたくなる町とか、あと一目千本桜というこういう環境があるので、例えば、何ていうんでしょう、もちろん大河原町っていうのは住みよい環境なので衣食住っていうのがそろうと思うんですね。で、いい場所なので、もちろん週末は仙台に行くっていうそのわくわく感っていうのは大河原ではもしかしたら代用はできないかと思うんですけど、ただ同等の品物は大河原町でもそろうと思うので、ぜひ大河原に来たくなって、で仕事であったりあとは食事であったり、そういう部分っていうのも今後ますます商店街の、地元の今まである商店街のこれからの活性化の部分と、あとは4号線にある商店街の企業、大きな業態の企業体である商店街の今後の活性の方向っていうのを分けてみたりして、民間の意見とかそういうのを取り入れて、全体的に大きくなっていけたらいいんじゃないかと思うんですけど、何と言えばいいでしょう、まち・ひと・しごと創生総合戦略も予算策定に当たって965万8,000円、予算どり、27年繰越事業でしてると思うんですけども、やはりこのくらいの金額を投入しているので、もっと民間の人、町民の人にももっと参加しながらでき上がっていったと思うんですけども、さらに素案からでき上がるまでの期間でもう一度というか、さらに中身を濃くしていただいて、再考するとかそういうんではなく、中身を濃くしていただいたりとか、そういう取り組みを検討というか、今後していっていただけたらいいなと思いますが、いかがでしょう。無理ですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大河原の魅力を発信しろということで、これは創生総合戦略策定のときに住民懇談会やらしていただいて、例えばですね、都会の人を呼ぶためには大河原町は仙台まで30分だと、ゴルフ場も近くに、目の前に見えていると、また海山も近いと、スキーも海水浴もできるんだとこういった魅力のある町だということ。仙台に行けばいろんなものもそろっていると、こういった大変住みやすい場所だということをPRしろということもありましたので、そういったことでこれからいろんなアイデアを、皆さんからいただいたアイデアを入れながら、一旦きょう、これから皆さんにご審議いただくことになっておりますけども、創生総合戦略がここで議決されたからといってそれで終わりではなくて、常にですね、見直しをする、ローリングをかけるということも考えておりますので、中身をよくする、充実をするというのは当然のことというふうに思っておりますので、いろんなアイデアを皆さんからいただければ大変ありがたいというふうに思っているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひ、何ていうんでしょう、策定して、実際事業を実行していく際にもう一工夫というか、また新たな声が、民間の声が入るようにしていっていただければと思います。
 2つ目の質問に移らせていただきます。
 2番、将来の少子化を見越した保育の広域的連携は。保護者から、なぜ小中学校は近隣町村児童を受け入れられるのに、保育所はできないかという質問をよくいただきます。私たちは、議会なり行政に従事している人間のため当然のこととは感じていますが、町民の方々においてはそう思うのが当然でもあると感じることから、以下質問させていただきます。
 1)特に、清住町周辺住民の方から相談をいただきます。直接町へ相談には来ていないか。また、実際に大河原町の保育所に通っている、例えば柴田町とか村田町の児童はいるのか。
 2)現在、問題として当町在住町民内においても待機児童がいるのに、住所が当町と隣接しているから受け入れるということになれば不都合が出ると思いますが、その対応策はどう考えていますか。
 3)今後、保育所の建てかえの際に受け入れるための増員予定はあるのか。その時点で、さらなる広域的連携は可能であるか。
 4)放課後児童クラブのような、町の職員の方の負担を減らしながら児童を受け入れ、ひとり暮らしの例えば高齢者の方と交流を持ちながら施設運営できるようなことを検討できないのか。
 答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、佐久間克明議員のご質問にお答えいたします。
 将来の少子化を見越した保育の広域連携についてのご質問にお答えいたします。
 1)2)については関連がございますので、一括でお答えいたします。
 まず、保育事業については、児童福祉法第24条により保育の実施について市町村は保育の必要な児童を保育しなければならないと規定されており、自治体における事業とされております。柴田町の児童の保育については柴田町が責任を持ってしなければならないということから、基本的には他市町村の児童の受け入れは行わないことになります。しかし、例外的な対応策として市町村間で協議の上、広域入所により入所を認める場合があり、現在小規模保育事業所において亘理町と柴田町の児童各1名を入所いたしております。以上のことから、他町の保護者より直接本町への相談はございません。
 次に、保育所の建てかえの際の定員についてのご質問についてお答えいたします。
 前段でお答えいたしましたように、広域入所を想定しての定員については考慮いたしません。しかし、将来の少子化社会における町内の民間保育施設の安定経営を考慮した施設計画については、十分考慮いたしたいと考えております。
 最後に、放課後児童クラブの運営についてのご質問についてお答えいたします。
 子ども・子育て支援新制度が本年度より施行され、受け入れ学年の拡大等により多くの課題が出ておりますことから、本事業の運営についてさまざまな検討が必要となっております。その検討の中で、議員ご提言のようなことも考慮さしていただきたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 当然のことながら、当町に待機児童がいるのにほかの町から受け入れるっていうのはないであろうとは思ってはいたんですが、済みません、あえてお聞きしました。
 で、児童クラブのほうもそうなんですけども、多くの課題が、受け入れ学年の拡大等により多くの課題が出ているということだったんですけども、課題の内容というのは例えばどういうものがあるか伺ってもよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 新制度におきまして従来、平成26年度まで小学3年生までという児童クラブの受け入れ枠でございましたが、新制度により小学生という、いわゆる6年生までの枠の拡大によりまして、現在、平成27年度入所の小学3年生のお子さんの保護者さんが4年生になるに当たっても申し込みをなされてきておるということと、あと広表地区の児童の増加に伴い、新入生ですね、これが増加いたしまして、今小学校の教室、2教室を借りて児童クラブを運営しておるわけでございますが、1教室を返さなければならなくなったということと、あと金ヶ瀬、特に現在、約児童クラブの児童40名おりますが、28年度の申し込みが60名と非常にふえておるということで、そのような中で今後もこの制度が定着してまいりますれば、やはり小学生4年生、5年生、6年生という申し込みが発生してくれば、現在の施設だけでは運営が可能ではなくなるというような、施設も設置が必要になってくるというようなことになろうかと思います。
 このために、今後ですね、佐久間議員ご質問の中でも町職員の負担を減らしながらというようなことで、民間活力の導入も視野にですね、運営を検討していかなければならないのかなとうことと、このことによりまして民間活力を導入することによりまして、町職員の職員の資源をその他の子育て支援の新たな事業に充てられるというようなことから、児童クラブの運営についてさまざまな検討をさせていただきたいということでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 今のお話伺うと、その期間が延びて、あとまたは、当然なんですけども人数もふえるということなので、先ほどの民間活力というか民営という部分もそうなんですが、大分季節柄、予算編成等の時期も大分大詰めの時期かと思うので、できるだけ4月に間に合うような、何ていうんでしょうね、宮城県でもそうですし、こちらの大河原町のまち・ひと・しごと創生の中でも、女性が生き生きと仕事をできて、で高齢者がある程度責任を持って生きている、生かされていることに喜びを感じるような、健康寿命の増進という部分でもうまくマッチングさせられる部分等々あるかと思うので、今の4月ってなると半年しかないので試験的な部分ももしかするとあるかもしれないんですけど、ぜひうまく新しいというか取り入れていただいて、検討していっていただけれたらと思うんですが、町長のお考えを伺ってもいいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、担当課長からお答えしたとおり、若干不足するようなこともありますので、それで難儀を来さないようにしっかりと対応していきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) ぜひ、何ていうんでしょう、私もまだ議員になってまだ1期目なので当然頑張るんですけども、本当に目先じゃなく、5年後とか10年後っていう、確かなっていうのを考えて皆さんもちろん運営されていると思うんですけども、ぜひ今後も目先の結果ではなく、本当に先に実のあるようなものになっていけるように、本気に検討して入っていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
 私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって一般質問を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 同意第2号 教育委員会委員の任命について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、同意第2号教育委員会委員の任命について同意を求める件を議題といたします。
 これから同意第2号教育委員会委員の任命についての同意を求める件を採決します。
 人事案件は、先例集120により投票により票決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
 ただいまの出席議員は13人であります。
 次に、立会人を指名します。会議規則第31号第2項の規定によって、立会人山崎 剛君及び佐久間克明君を指名します。
 投票用紙を配ります。
 念のため申し上げます。本件に賛成の方は賛成と、反対の方は反対と記載願いします。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票は、明らかでない投票は否とみなします。
 投票用紙の漏れはございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票箱を点検します。
 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。事務局長が氏名を読み上げますので、順番に投票願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議会事務局長(佐藤和弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議会事務局長(佐藤和弘君) 1番佐久間議員、2番須藤議員、3番大沼議員、4番高橋議員、5番岡崎議員、6番丸山議員、7番堀江議員、8番枡議員、9番佐藤貴久議員、10番庄司議員、11番万波議員、12番佐藤 巖議員、14番山崎議員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。山崎 剛君及び佐久間克明君、開票の立ち会いをお願いします。
 投票の結果を報告します。投票総数13票、有効投票13票。有効投票のうち賛成13票、反対ゼロ票。以上のとおり賛成多数です。よって、同意第2号教育委員会委員の任命について同意することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
 10分間休憩します。
     午後3時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 報告第14号 専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、報告第14号専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 専決処分で既に終わっているわけですけども、今交通事故はどこでも全国起きてるので、私もドライバーの一人として本当に注意しなきゃいけないと思っている一人ですが、町職員に対する安全指導というか、そういうのはどういうふうにされてるんですか。町長がされてるのか、それともあるいはその上に担当課ごとにされているのか、その辺どうなってるのか伺いたいと思います。これから冬期に入って、ますますそういう可能性っていうのはあると思ってますので、お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 交通安全対策につきましては、この大河原町が交通安全事業所というような形になってございまして、管理者として総務課長、それから副管理者として加藤照男さんと菊地仁美っていうような形の中で、とりあえずその事業所としての安全管理の体制をつくっております。職員の安全の教育につきましては、毎年、年1回ですけれども、交通安全教室ですか、警察署から交通安全係長等おいでいただきまして、講習をしていただいているような状況の中でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 講習は、それはいつもっていうわけにいきませんけども、年1回。しかしながら、恐らく公用車もかなり町もありますし、いわゆる外に出ての仕事ってのも結構、私はふえているんでないかと思うんですね。そういう点では、講習はこれからも継続してやると同時に、出かける先にやはりそれぞれの担当課でやっぱり課長を中心にですね、やはり交通安全については再度確認をしながら出向くとかですね、そういうことを私は必要だというふうに思います。事故を起こした一人一人の職員の問題ではないと思うんですね。やはり同僚の職員がこういう事故を起こすと、やはりそれなりに同じ同僚として職員もやっぱり心の傷っつうのはあると思うので、今後やっぱしこういうのをできるだけ最小限にするために、再度小まめな声がけとかそういう指導っていうのは大事かなというふうに改めて思ってますので、ぜひその点でよろしくお願いしたいというふうに思います。町長、よろしく。いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 安全対策につきましては、再度しっかりとですね、庁内で徹底するように、例えば毎朝やっております朝礼とか終礼がございますので、その場でやるようにお願いをしてるところでございますので、さらに強化してまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 専決処分で、これは済んでることですからね、けがも大したことないからですけれども、ただこのごろの、議会があると割合にこの職員の専決処分、交通事故、これが出てきてるんですね、このごろ。これね、けがも大したことないし、物損でしたからこの間の議運でちょっと総務課長の説明聞いたんですけども、何せ暗かったもんですからねと。暗くても明るくても車をね、ぶつかっていいとかそういうことないはずなんで、割合に簡単に考えて、ここに、この議案書には時間は書いてませんけども、何せ暗かったと。こういう気持ちで、職員みんなにね、あれじゃなくて、気をつけるようにして、こういうことがなるべく起きないように、これを総務課長として指導していただきたいですね。やっぱり一つの姿勢、口の立ち方も気をつけて、立つべきではないかと私は思うんですけども、その辺どうですか、総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この件につきましては、招集日の前日にお話をさせていただきましたけれども、一つ、暗いということにつきましては一つの要因だというふうに申し上げたところでございまして、簡単に考えたところではございません。
 それから、交通事故の事故防止につきましては、当然事故報告書なんかも提出していただいておりますし、当然担当課、それから総務課としてもですね、指導というような形の中で対応しております。そんな中で、事故が起きてることは事実でございますので、今後さらなる徹底をしたいというふうに思っておりますので、ご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 今、そういうふうに総務課長言いましたけれども、やっぱりね、毎月、月初めとかなんか、毎月各課でやはり課長がやっぱり声をかけてくということによって、言われてるんだと、やっぱり気をつけなきゃないと、そういうあれを、奮起させるようなあれをお願いしたいんで、そういうつもりで言ったんでないんで、この事故、了解してもらいたいなんてそんな感じでなくて、そういう姿勢をきりっとつないでほしいということを言ってるんで、ひとつその辺だけお願いしたいと思います。答弁は要りませんから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいんですか。ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) まず、事故が起きたときにどのような損失が起きるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 事故の起きた場合の損失といいますと、例えば町に瑕疵があるとかいうことになるんでしょうかね。ちょっと内容が、ちょっといまいち理解できない部分があるんですけど、済みませんがもう一度具体的にお話をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) あえてですね、私は運行管理者と指導主任者も兼ねておりましてですね、タクシー会社の。事故を起こすということは、町の車がぶつけるわけですから、大河原町が大きく信用を落とすわけですね。何より大事なものをなくしてしまうんです。で、そのことを職員に肝に銘じていただきたいのと、あと4年前に私は公用車にドライブレコーダーを導入したほうがいいということを提案さしていただいたと思います。ということは、今もう日進月歩で技術が進んでてですね、厳しい会社ですと制限速度よりある程度スピードを超えて自分とこの、自社の車を走らせると、もうメールが飛んですぐ上司に報告が行ったりですね、本当に毎日危険、ヒヤリハットっていうのを総務課長なり、手間はかかりますけども、本当にチェック。事故をする方っていうのは、恐らく決まってるかと思います。ぶつけない方はぶつけません。危なっかしい方はいつまでも危なっかしいっていうのは、これ世の常なんですね。ですから、特にそういう方が運転するような車両であるとか、抑止力にもなりますし、あともう1点お聞きしたかったのは、相手の車壊れてるのはいいんですけども、自分の車もこれ、バンパー交換するような車って壊れてっと思うんですね。こっちの車も。それはどうなってるのか。もし、軽微なぶつかり方であれば、保険入ってるからということで、これ全部をね、相手の保険の言いなりとかなって、全て交換してあげてるのかなって。本当にちょっとぶつかっただけでも。これ、修正きくものは、バンパーという樹脂は非常に公害なんですね。これは本当に廃棄するのが大変なものなので、できるだけ修正して使うっていうのが今エコの形になってますので、交渉次第では半額、それ以下で修正、塗装のみとかそういうふうなこともできますので、そういった交渉事をされてるのかちょっと不安になりましたので、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 損害ということで、確かに議員がおっしゃられた大河原町の名誉を傷つけたということにはつながるというふうに思っております。
 以前にもドライブレコーダー、それからヒヤリハットの話を聞かせていただきました。ドライブレコーダーにつきましては、現在2台、マイクロバスとそれから今回新たに入れましたPHVのアウトランダーですか、この車には装着してるところでございます。
 今年度からですかね、ETCカードなんかも使うような形で取り組んでおりまして、長距離等の距離を公用車で走るようなこともありますから、その際にも私のほうからも声かけをしてる状況にございます。したがいまして、担当課からもですね、そういった交通安全に対してお声かけしていただいてるふうには思っております。
 それから、バンパーっていいますかその示談交渉につきましては、町村会のほうの保険に入っておりまして、町が直接かかわるよりは第三者の立場の中で交渉としていただいてるような状況ございます。その修理の状況につきましてはですね、ちょっと詳しくはわかりませんけれども、町村会のほうの担当者が相手方と示談の交渉をしていただいて、まとめさせていただいて和解に至ったということになってございますので、ご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 自社の車の損傷については答弁なかったんですけども、あとマイクロバスとかプラグインハイブリッドは、買ったときに装備で選べるからついてきてるので、私が言ってんのは新たに求めて現在使ってる車に導入してくださいというお願いなので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 要望でよろしいんですか。(「いや、答弁お願いします」の声あり)答弁必要ですか。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、そのドライブレコーダーにつきましてはそのとおりでございまして、現在ある既存のリースの車には残念ながら設置はしていない状況でございます。公用車管理の担当とですね、よく検討させていただきたいと思います。
 それから、今回のその衝突に係る公用車の修理でございますが、これについては。(「いいです、あとは担当課で教えてください」の声あり)はい。済みませんが、ちょっと私のほうでも内容を詳しく把握してない状況がありました。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって質疑を終わります。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第55号 大河原町経営計画(第5次長期総合計画)の後期基本計画
                 の変更について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第55号大河原町経営計画(第5次長期総合計画)の後期基本計画の変更についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第55号大河原町経営計画(第5次長期総合計画)の後期基本計画の変更についての詳細説明を申し上げます。
 今回の議案につきましては、町長の提案理由にもありますとおり、人口減少と超高齢化という日本が抱える構造的な問題に対して国、地方が一体となって取り組み、地方の活性化を図り、ひいては将来にわたり日本全体が活力ある社会であることを維持していくことを目的に、国及び地方公共団体が創生総合戦略を策定することとなっております。
 本町におきましても45年後の総人口は現在の人口から6,000人減少すると推計されており、本町の活性化を図り維持するため、大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略を今般作成をいたしました。この総合戦略は、今後のまちづくりを行うものであることから、平成25年度に策定いたしました大河原町経営計画(第5次長期総合計画)の後期基本計画の一部に位置づけ、7番目の重点プロジェクトといたすことから、大河原町総合計画の策定等に関する条例第5条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 なお、この総合戦略を策定するに当たりましては、公募により選ばれた町民の方や産業界、教育界、金融界、労働界などの方から構成されます大河原町まち・ひと・しごと創生会議15名の皆様より、貴重なご意見をいただきながら策定いたしましたことをご報告いたします。
 それでは、大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略の内容につきまして、議案書によりご説明を申し上げます。
 まず初めに、大河原町経営計画の後期基本計画の変更として位置づけの説明を行いますので、議案書の次のページ、A3判になりますが、こちらをお開き願いたいと思います。
 大河原町経営計画につきましては、重点プロジェクトといたしまして1番の環境先進都市から6番のたゆまざる行財政改革の実行までが掲載されてございましたが、今回まちづくりを行うという意味合いから、追加といたしまして7番目にまち・ひと・しごと創生総合戦略の実行というふうな位置づけをさせていただいたところでございます。
 続きまして、1枚めくっていただきますと、表紙になります。この表紙の副題といたしまして、「活力ある健幸都市を目指して」を掲げさせていただきました。これは、次代の住民が仕事、人、町の循環によって生活の豊かさが感じられ、また子供たちが健やかに育つ幸せを感じられるよう、さらには長寿に向かって健康でいられ、幸せが感じられるように取り組むこととして掲げさせていただきました。「けんこう」の「こう」が「幸い」となっておりますのは、健康で生きがいを持ち、安全・安心で人とのふれあいを感じながら豊かに生活を送り、心身が健康であることが一番の幸せであることからの造語として充てさせていただいてございます。
 今回の総合戦略につきましては、かなりのボリュームがございます。また、全員協議会等で事前にご説明を差し上げておることから、54ページ目のほうに全体像というふうな形でA3判の大きな表がございます。これが全体をあらわす表というふうな形になりますので、この表に基づきましてご説明をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 まず、左端のほうに地方人口ビジョンというふうに掲げさせていただいてございます。まず、2060年を基本として人口ビジョンを掲げるということで、現在の人口分析を行ってございます。これは、先ほど申し上げましたように、2060年の人口を推計いたしますと6,000人減少ということで、1万7,768人になるというふうな予測がされてございます。また、その中でも年少人口は46%の減少、生産年齢人口につきましても38%減少するということで、このままいきますと大河原町の活力が失われるというふうな形になると思います。
 それに対応するために、2番目といたしまして、その人口の将来展望といたしまして2万人をまず目標に掲げさせていただき、それに向かった施策を今後展開をしていくというふうな形になってございます。で、その施策といたしましては、まず仕事があり働きやすい環境を実現していきましょう、移住・定住が進む環境の実現をいたしましょう、結婚・出産・子育ての希望がかなう環境の実現をしましょう、また全町民の健康寿命が延伸する環境の実現をいたしましょう、さらには高齢者を地域で支える仕組みの構築、または、ここにちょっと書いてございませんけれども、地域と地域が連携をしながらですね、よりよい生活圏をつくっていきましょうというふうな話になってございます。
 で、その次のところに、基本目標ということで5つほど掲げさせていただいてございます。まず1つ目といたしましては、「しごとをつくり、安心して働けるようにする」ということで、ここにつきましては雇用をふやす政策、または就業環境を改善する政策を行っていくというふうな形になってございます。
 その下の「新しいひとの流れをつくる」ということで、これにつきましては大河原町の来訪者、または定住者を呼び込むというふうな施策を今後行っていくというような形になります。
 その下の「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」ということで、現在合計特殊出生率が大河原町ですと1.54程度でございますが、これを1.8というふうな数字にまで引き上げながらですね、人口をふやそうというふうな形になってございます。
 また、下の「時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守る」という形につきましては、増加する高齢者の健康寿命が延伸する暮らしやすい環境と、持続可能な地域社会に向けた環境の整備を図ることといたしておりまして、現在ですね、国民健康保険の1人当たりの医療費が24万2,000円程度かかってございます。これをですね、減らしていきながら、社会保障等にかかる税金の部分をですね、また別なところで有効活用させていただければというふうに考えてございます。
 それと、「地域と地域を連携する」ということで、これは広域連携というふうな形でなかなか1町だけでは進まない問題もございますことから、それを広域で行うというふうな形にさせていただいてございます。で、その隣の中央になりますけども、主な重要業績評価指標KPIというのがございます。これにつきましては、これに近づけるというふうな、これを目標というふうな形で、ここに向かって今後、2060年度までですね、施策の展開を行っていくというふうな形になってございます。5カ年間でのKPIというふうな形にはなりますけれども、まず企業誘致に関しましては参入企業2社を目標といたしてございます。また、農産物産地化、加工の交付金活用団体を3団体にしていきましょう、またワーク・ライフ・バランスの啓発ということで、企業訪問を10社行っていきましょうというふうな形でここに掲げさせていただいてございます。
 で、これらの取り組みを行う内容といたしましては、一番右端になりますけれども、「しごとをつくり、安心して働けるようにする」という取り組み内容につきましては、まず1)といたしまして企業誘致活動の強化、2番目といたしましては町「企業立地促進制度」のPR強化、3)といたしましては商店街の空き店舗の活用支援施策の検討、4)といたしまして就農希望者を呼び込み、遊休農地とのマッチングの促進、5)といたしまして新たな特産物づくりと6次産業化の支援、6)といたしまして新たな起業、第二創業に対する支援制度の検討、また7番といたしましてワーク・ライフ・バランスやワークシェアリングなど、ライフスタイルに応じた働き方の推進を行うというふうな形にさせていただいてございます。
 次の「新しいひとの流れをつくる」につきましては、まず通年観光に向けた観光振興の研究の推進を行っていきます。また「まちの宝探し」による観光資源の発掘を行ってまいります。観光ボランティアガイドを養成し、来訪者へのおもてなしの強化を行ってまいります。4番目といたしまして、町民協働「情報発信し隊」の公的認定による情報発信の推進を行ってまいります。これにつきましては、大河原町がどういう町かという部分を住民の皆様と一緒にですね、発信をしていくというふうな形をとらせていただきたいと考えてございます。5番目といたしまして、空き家バンクの整備活用ということで、今回一般質問等にもございましたように空き家バンクを創設いたしまして、その中で紹介または仲介等をしながらですね、空き家対策または定住人口の増加を図っていきたいというふうに考えてございます。6番目の国の移住ナビとの連携ということで、これ大河原町だけで情報を発信してもなかなか難しいということもありまして、国の移住ナビとの連携をさせていただきたいということ。7番目といたしまして、移住者の空き家リフォームの支援というふうな形で、空き家バンクだけではなかなか移住していただけないというふうなこともあるかと思いますので、移住される方につきましては、その空き家に対するリフォームも考えていきましょうというふうな形でございます。
 次の「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」につきましては、1番といたしまして町全体での結婚プロジェクトの推進というふうにさせていただいてございます。これにつきましては、なかなか出会う機会がないというアンケート結果もございますことから、こういうプロジェクトを推進していくというふうな形でございます。2番目といたしまして、小中学校時に結婚、出産、子育てなど学習機会の提供ということで、これにつきましては小さいときからですね、将来像を描けるような形での学習教育を行っていくというふうな形でございます。3番目の子供医療費の18歳まで無料化拡大、所得制限の撤廃、4番目につきましては第3子以降の出生世帯への出生祝い金の贈呈、5番目の妊産婦及び乳幼児がいる家庭へのサポート体制の強化、6番目、産後の母子健康管理・育児ヘルプサービス事業の導入、7番目の公共施設の土日開放による親子の交流の場の整備ということで、7番目のこの土日開放につきましては委員さんのほうからいろいろな意見をいただきました。その中で、親子が集える場、雨の日でもそこで集えるというふうな場を提供していただきたいというふうな形でありましたので、ここを入れさせていただいてございます。8番目の三世代同居用住宅の新築・増築等の助成の制度の整備ということで、これにつきましては三世代で同居をしておればですね、子供さんを見ていただけるというふうな形もあるというふうな形で掲げさせていただいてございます。9番目の子育て施設への備品等の充実を促進、10番の民間活力による多様な保育サービスの提供、11番、ファミリーサポートセンターの設置の検討、12番、放課後子ども総合プランの推進というふうにこの部分ではさせていただいてございます。
 次の「時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守る」につきましては、まず「健幸」な暮らし方をまちづくり化し普及啓発をするということ、2番目といたしまして健康増進を図ることから「歩きたくなるまち」創造を推進するというふうにさせていただいております。3番目といたしまして年代に応じた切れ目のない健康施策の推進、4番目といたしまして中高年の健康分析の情報発信による健康増進啓発、5番目といたしまして地域包括ケアシステムの整備準備、6番目といたしましては介護予防サポーター・認知症サポーターの拡大及び介護予防・認知症理解を深めるための普及啓発、7番目といたしまして介護予防意識の啓発強化、8番目といたしまして地域見守りネットワークの拡大、9番目といたしまして介護家族慰労に対する表彰等の検討、10番目といたしましてショートステイ整備支援による在宅介護の強化、11番目、三世代同居用住宅の新築・増築等助成制度の整備ということがもう一度掲げさせていただいてございますが、これにつきましては今度は逆に高齢者を見守るというふうな形で、三世代同居をすることによってですね、高齢者を見守ることができるというふうな形から、このところにまた掲げさせていただいてございます。12番目につきましては、空き家実態調査による実態把握、特定空き家等対策の制度化を行っていきたい。13番目、(仮称)大河原大学開校準備研究というふうにさせていただいてございます。これにつきましては、次代を担う人材をですね、この大学を通しまして育てていき、大河原町の活性化につなげていきたいというふうな形でございます。14番目といたしましては、町内各所に防犯カメラの設置を検討していきたいというふうになってございます。
 次に、「地域と地域を連携する」につきましては、企業誘致活動の広域的な取り組みに向けた組織の検討ということで、なかなか1つの町だけでは難しい面があるということで、広域で連携をしていこうというふうな話でございます。2番目のワーク・ライフ・バランスの広域的な取り組みの検討、3番目の広域連携による移住・定住情報サイトの設置検討、4番目の広域的「婚活プロジェクト」の設置検討、5番目の広域ブランドによる観光物産の振興の検討、6番目の広域エリアのウォーキングコースの設定、7番目の環境政策を進める広域的組織の整備検討ということで、なかなか1町ではできない部分がございますので、この広域的な中でですね、このような施策を取り組んでいきたいというふうになってございます。
 それで、次のページを開いていただきますと、55ページになります。
 で、これまでの5カ年間やっていく施策を今述べさせていただきましたが、それらにつきまして今度推進を行っていかなければならないということで、その推進体制について掲げさせていただいてございます。
 まず、基本的にはPDCAサイクルを用いまして、PLAN、DO、CHECK、ACTIONというふうな形で行っていくというふうにさせていただきたいと思います。また、この進行管理につきましては、先ほど申し上げましたように、住民代表に加えまして産業界、大学、金融機関、労働団体などの産官学金労言が連携をして行っております大河原町まち・ひと・しごと創生会議を通しまして、検証を行っていくというふうにさせていただいております。
 また、この進行の点検時期につきましては、毎年ですね、3月末にですね、行っていき、それを次の年度のほうに反映をさせていければというふうに考えてございます。
 以上、簡単ではございますが詳細説明とさせていただきますけれども、人口減少という困難な課題に対しましてそれに応じた対応策を行うことにより、次代の住民の皆様が生活を豊かに感じ、子供たちが健やかに育ち、健康で幸せを感じられるよう総合戦略に取り組んでいくことといたしておりますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、ちょっと若干質疑させていただきます。
 今、課長から詳しくここに網羅されているのを一つ一つ説明をいただいたわけですけれども、この策定はですね、するに当たって恐らく国から手引きというが来てますよね。その手引きの中にですね、今回これを策定するに当たって、要するに新しい新規事業だけじゃなくて、今まで10カ年計画これやってて後期になるわけですが、ありますよね。そういう新規だけじゃなくて、今までの施策もここに、当然計画の中に入るわけですけども、その割合っていうのは、これどうなってるんですか。ちょっと何か皆新しいようには思うんですけれども、その辺ちょっともしわかればですね、どのくらいの新規に割合というのが占めてるのか、まずお聞きします。
 それから、これは国からの方針でまち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しているわけですけども、地方創生ってのはこれとても、言葉はですよ、非常にそれなりに受けとめ方いろいろあると思うんですけども、私は我が町はね、この地方創生の中でこれだというか、全部やにわかってるので全てがもう大事な施策だと思うんですけど、特に重要施策っつうことで赤い字でありましたね。重点課題ということでこの中にありましたけれども、そういう中でも我が町はこれだというのが町長っていうのは持ってるんですか。この中で。既にですね、地方創生で取り組んで、いろんな全国の自治体見ると、我が町はこれだっていうふうに、何かほかにはないようなその町のよさを生かした地方創生、政策っていうのを使われてるところがあるんですけども、我が町は特にそういう思いってのはこの中に特別ないのか。全てが大事な施策というふうに位置づけてるのか、ちょっとその辺町長に伺いたいと思います。
 それから、3点目はですね、アンケート調査、そして委員会でもいろいろ検討した結果がありましたけれども、要望っていうのは全てここに網羅されてるんですか。それとも、あったけれども、これは実際ここには、計画の中には入らなかったっていうものがあったのかどうか、教えていただきたいなっていうふうに思います。
 それから、基本目標の5に「地域と地域を連携する」というのがありますね。で、国のこの政策分野っていうのは正直言ってたしか5つになっているんですが、我が町はあえて、ほかの町わかりませんけれど、特に基本目標の4、これはこのページの後ろです。まち・ひと・しごと創生総合戦略の文字の後ろにある、そこを見て言っているんですが、あえてこの「地域と地域を連携する」というのを設けてるんですよね。基本目標の4に、ちょっと読みますと、「時代に合った(人口構成の変化等に合わせた)地域をつくり、安心な暮らしを守る」というふうに大河原町はしていますが、国のを見ますと「守る」、その後ろにですね、「とともに、地域と地域を連携する」というふうに、たしか政策分野として4つ掲げてるんですが、我が町はあえてこの「地域と地域を連携する」っていうのを新たな項として、基本目標5に設けているんですね。で、それは先ほどこの表でお示しになりましたけども、これは町だけでは進まないということで広域連携、これは必要なものは当然広域連携になりますけれども、こういうふうに設けたっていうのは何か特別な思いがあるのかどうかとあわせて、これから近隣市町にもこのことについては当然話し合いをしていかなくちゃいけないですよね。その辺がどういうふうに今後これが進んでいくのか、他町との連携ですね、お伺いしたいと思います。
 最後です。裏づけになる財源というのは、国からどういう方向が示されているのか伺います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 5点ほどご質問をいただいたような、4点かな。まず、町としての特色ある創生事業になったかどうかということでありますけれども、実はですね、これは国からやれと言われてやった事業では、私はないと思ってます。基本的には、もちろん国から法律でやれということでありましたのでそれに基づいてやっとりますけども、実は去年の8月か9月には既にこれから出産年齢あるいは生産年齢人口がふえるような、若い人に魅力のある政策パッケージを、特に若い職員を中心に策定をしていただきたいというようなことからスタートしておりまして、国がやれと言ったからやるんではなくて、当然やる必要があると思っておりました。
 これ、なぜかというと、去年の5月8日に元総務大臣の増田寛也さんが消滅可能性都市というショッキングな報告ありまして、大河原町はその対象にはなりませんでしたけども、いずれ人口は減ってくことになって財政的にも厳しくなるということで、何とか人口を維持できるような、若い人の魅力のあるような町にしていきたいということから、役場職員の若い人を中心に原案を策定さしていただきまして、その結果がこの形になっております。
 その議論の間で、地方創生会議あるいはアンケートなどのご意見を参考にしながらまとめさしていただいたところでありますけれども、これで多くの人のご意見をいただきまして、衆知を集めた政策ということでありますので、これぞということで打ち出すということではなくて、町民の声を生かしたような政策になっておりまして、でどっかのページにあったと思うんですけども、この4つ、5つの分け方ごとのアンケートの要望の数とかですね、ありましたけども、そういった数からいくと全てこれに網羅されてるわけではありません。例えば、既存のある商業施設をもっと有効に活用できないかとかそういったこと、具体的な商業施設の名前を挙げてですね、それをまだ今、半分休んでおりますので、それを復活させるとか、そういう具体的ないろんなご意見がありましたけども、そういったことは個別のことについてはですね、入っておりません。ただ、若い人の魅力のある施設を欲しいということから、今後ですね、そういった意見も参考にしながら若い人が集えるような、にぎわいのあるような魅力のある取り組みをこれからしていかなきゃいけないということで、ここに書いてないからといってやらないわけじゃなくて、ご意見をこれから形にしていくのは何年かかけてやっていきたいというふうに考えておりますので、これは基本でありまして、その他の意見も十分尊重しながらですね、行政に当たっていきたいというふうに考えておるところでございます。
 それから、広域連携ということを重視した理由でありますけども、これまた増田寛也さんの地方消滅という論文を読ましていただきましたけども、これはその本の肝といいますのは、広域連携をしなさいというのが私は一つの肝だと思っておりまして、なぜかというと人口の小さい都市で単独でですね、地方創生をするの大変困難だということで、例えば中核都市の30万とかですね、50万程度の規模で連携をしながら地方中核都市を、ああ、地方拠点都市という表現しておりましたけれども、拠点都市をつくりなさいということで、これは合併してつくれということではなくて……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間を改めて延長します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 地方が連携をしていかなければいけないということでございまして、で周辺の自治体と連携しながら、例えばワーク・ライフ・バランスもですね、これは単独でやるわけにいきません。やっぱりこの普及をするためには、普及啓発ということも大変大事であるということで、これは地域として取り組んでいきたいし、またこれは県としても取り組んでいきたいということでございます。
 それから、広域ブランドでありますけれども、これもブランド政策、9月議会も今議会もいろいろご議論いただきましたけれども、やはり基本的には町単独でやるのも大事であります。また、県でやる方法もあるでしょうし、ただ県全体となるとポイントがぼやけてきますので、この仙南エリアを中心としたようなブランド政策もあってもしかるべきだということで、これは県の主催でやっております政策調整会議というのが2市7町でやっておりますけども、その場で今回11月に提言さしていただいておりますし、また今回、国の補正予算でそろそろ決まると思っておりますけれども、1,000億円の予算でですね、広域連携をやるか、あるいは複合政策の政策について補助率100%の事業が出るということで近々発表されると思いますけども、そんな中で隣町からですね、一目千本桜ということで連携してやっていきたいという申し出がありましたので、これもしっかりと取り組んでいきたいというふうに思っておるところでございます。
 いろいろ、あと環境政策の広域連携でありますけども、これは既に皆さんご説明しておりますけれども、仙南地域の間伐材を生かした新しい社会、水素社会をつくるようなそういう連携をもう既に始めておるところでありまして、そういったことも大変重視していきたいというふうに考えておりまして、そんなことから広域連携を大変重視するような形のまとめ方にさしていただいたというそういう思いでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 初めに、この計画の中での新規の割合というふうなことでございます。新規の割合につきましては、37の事業の中で約19ほどございます。ただ、これにつきましては全てがお金のかかる部分ではなくて、ソフトというふうな形で町民の力を借りながら行える事業もあるというふうなことでございます。
 それと、計画をつくる際に要望等の中でこれに反映されなかったものはあるかというふうなことでございます。なかなか町で取り組む施策でない部分も若干ありました。そういう部分につきましては、ここにちょっと取り込めないというふうな形で、取り組んでないものもございます。
 あと、財源につきましては、今国のほうで1,080億円を地方創生ということで予算化するというふうな形になってございます。補助率につきましては2分の1というふうなことでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) わかりましたけれども、先ほど町長が国のあれでつくったんではないというようなちょっとお話ありましたけれども、これは各自治体が要するに法に基づいて、これ去年だったでしょうかね、11月にたしかまち・ひと・しごと創生法の法律に基づいて各自治体が、たしか25年度、2015年度ですね、の早い時期に地方版の総合戦略をつくりなさいということを要請してるんですよね。そして、先ほど私が言ったこの政策分野の4つというのは、これはどこの自治体でもこれを受けてなので、ともするとどの自治体も何か同じ、同じっちゅうか似たような政策になるっていうことは、私は当然だと思うんです。人口が減って、で超高齢化ですから、そういう中でどういうふうにしたらいいのかっていうのはおのずと大体似た、だからそういう中で大河原町はこの中でも特にこういうのにして、我が町をね、これから何ていうの、PRっていうか、先ほどシティーの問題もありましたけれども、そういうのも含めてあえてお伺いしたところです。
 それからですね、これは毎年見直しをしますので、当然その中で検証をしながら、またさらに中身を膨らましていくということで、十分それはできるということですよね。その辺、ちょっと確認させていただきます。
 それから、今、町長、広域連携のこととかいろいろ地方の拠点、中核拠点という、いろいろ読むとそういう言葉、よくこの政策の中では出てくるんですけれども、新たな自治体の再編の問題、だんだん自治体が人口減で小さくなっていきますので、そしてよく道州制の話なんかもありますけども、そういうことは町長の気持ちの、心の底にですね、どんな考えでそういう動きについてはあるのか参考までに伺わせていただいて、ご答弁いただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) また、何点かご質問ございました。ちょっと表現が不適切だったように、だったわけじゃないんですけども、ちょっと受けとめられ方が、誤解があったのではないかと思いますけども、国がやれと言ったからやったんではないということではなくてですね、国のやれということの中身で準拠してやっておりますので、国の指示でやったということは間違いありません。ただ、これを、さっき言いたかったのは、国がやれと言われるまでもなく、これはしっかりと人口減少対策をしていかなきゃいけないという思いから、国がたまたまタイミングよく予算もついてやれるということでありますので、最大限生かしていきたいと思っておりますけども、仮に国の、補正で今回1,000億、それから来年度1,080億でありますけども、その次なくなったとしてもやっていかなきゃいけないような大事な政策でありますので、そういった意味でしっかりと町として考えてつくった政策だというふうに思っていますので、ちょっとご理解をいただければというふうに思っております。
 それから、もう1点、道州制の話でありましたけども、これもですね、全国町村会議では道州制には反対しておりまして、私もその立場を今のところはとっておりますけれども、ただ必要、何ていいますかね、地方政策連携をしながら進めていく中でですね、いろいろ協力の仕方は、選択肢は出てこようかと思っておりますので、当面はですね、全く私の気持ちの中に合併とか道州制という気持ちはありませんけれども、今後時代が変わってですね、新たな状況が生まれてきた場合は、それはまた別だというふうに思っておりますけれども、今の時点で合併とか道州制ということは考えてないということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 1点だけなんですけども、今回これをつくるに当たって若手職員中心になって考えたということで、若手職員にとっては非常にいい経験になって、勉強にもなったのかなと思います。私も今後、若手職員と一緒によりよいまちづくりのために頑張らなければいけないと、これもって思いました。
 その上で、1点だけなんですけど、「活力ある健幸都市を目指して」という「健幸」の字なんですけど、これ宮城県にもこれを使ってる市があるんですが、その辺は認識されてたか、その辺確認をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 宮城県については後でちょっと答えていただきますけども、もう全国的にこれを使ってる町が多いんですね。特に、本町が会員となっておりますSmart Wellness City首長研究会というのが、全国で60ほどの都市が入ってるんですけども、宮城県では加美町と大河原町だけということでありますけども、そういった市町村では「健幸都市」ということを政策の中心に据えてやっているということであります。
 先ほど、万波議員の目玉は何かというようなご議論がありましたけども、スローガン見ていただければ「活力ある健幸都市」ということで、そっから大河原町の考えてる方向がわかっていただけると。「活力ある」っていうのがやっぱり職場、雇用をしっかり確保しながら、そして健康で幸せであるというようなことを中心に今後進めていきたいということで考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ちょっと宮城県内でどこ使ってるという話は、ちょっと私、まだそこまでは聞いてないんですけども、ただ全国的には、町長おっしゃるように、この「健幸」という、幸いですかね、これを使ってるところは結構あるというふうに認識はいたしてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 近隣ですと岩沼市でこの文字を使ってるんですけど、私も岩沼で働いたときがあったので。この文字を使ってさまざまな政策を展開して岩沼もやってますし、あと新潟とか伊達とかですか、もだと思うんですけども、ぜひですね、よりよい施策やってるところもあるので、参考にしながら、このほかの都市に負けないように、ぜひこの充実に向けて頑張っていただきたいというふうに思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、ご指摘のあった新潟とか伊達市、これもさっき言いましたSmart Wellness City首長研究会のメンバーでありまして、何を言うんでしたっけ、この若手職員がこれを策定するに当たりまして、三条市ですか。(「いや、見附」の声あり)見附。見附と、新潟も行ったんだっけ。(「新潟に行ったんだ」の声あり)新潟。新潟と見附ね。(「見附と長岡だ」の声あり)ああ、長岡。長岡市と見附市っていうの、あります。これは、さっき言ったSmart Wellness City首長研究会の構成員ということで、その先進的な事例を参考にしながらつくらしていただいたっていうことで、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 揚げ足取るわけじゃないんですけども、5ページ。5ページの、これ総合戦略の計画期間についてということで、この1行目読んでいくと、「カ」と「間」の間に「年」が入るんではないのかなというのが一つと、あと……。眠い目こすって見てたら、ちょっと気がついたもんですから。
 あと、52ページ。52ページの見守りネット登録者数ということで、現状値、基準値400人、目標値が600件となってるんですが、これは件なのか人なのかということと、一応議案書ですから確認の意味を込めて聞くのとですね、あと48ページの(3)重点となる取り組み及び重要業務評価指標ということで、重点となる取り組み、「子ども医療費の18歳まで無料化拡大、所得制限の撤廃」とあるんですけれども、ここで間もなくなんのに、目標っていうのもちょっと変なのかな。逆に、下の「公共施設の土日開放による親子の交流の場を整備」ということで、これについては予算の財源も絡んでくることだからこうやったのか、その辺のいきさつというか、間もなくなるのを目標に、どっちが先か、63号議案が先なのか、こっちが先なのかちょっとわかんないんですけども、その辺含めて、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、5ページの5カ「年」がちょっと抜けてございました。これにつきましては、申しわけございませんでした。挿入させていただければと思います。
 また、52ページの上から3つ目、見守りネット登録者600件、これも「人」というふうな形で、「ひと」ですね、という誤りですので、よろしくお願いをしたいと思います。
 また、48ページの3のほうの重要業績評価ということで、1番目に「子ども医療費の18歳までの無料化拡大、所得制限の撤廃」ということで、これにつきましては来年の4月から行うことといたしておりまして、これができ上がるころにその道筋もでき上がったというふうな形で、ちょっと重複してしまった部分もあるんですが、これをやっていくというふうな意思表示みたいな形にもなるかと思います。ということで、ここにちょっと掲げさせていただいておるということで、ご理解をいただければと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 重点となる取り組みはいいんですけども、その下のこの、例えば目標値ということで、やっぱりここに掲げるのはもうなるものでなくて、今回はね、まだ見直しすれば、見直しのあれも設けるということだからいいんだろうと思うんですが、今後やっぱりやるときに、だってもう目標としてるもの、到達しようとしてるのを目標にしても、何となくなのかなというものがあるので、その辺注意していただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今後、注意していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 1点だけなんですが、移住者の空き家リフォーム支援ってありますが、これ移住者に対してどの程度の支援金を想定してますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まだそこまでの内容まではちょっと詰めてはございませんけれども、その空き家のリフォームに対して何十万かの助成を行ってですね、そこに定住してもらうというふうな形のものをちょっと考えてございます。ちょっと金額までは、ちょっとまだ考えてございませんので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第55号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第55号は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時09分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年12月16日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------