議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2015年12月15日(火):平成27年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けがありましたので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、大沼忠弘君、高橋芳男君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は既に配付してあります通告の順序によって行います。
 万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。
 通告順に従って一般質問を行います。11番、万波孝子です。
 私は、今回3点について伺います。
 1点は、子供の医療費助成拡充を県に求めてについてであります。
 全国的に多くの自治体が子供の医療費助成の対象年齢を拡大し、子供のいる家庭の精神的・経済的負担を軽減し、子育て支援に精力的に取り組んでいます。当町では、ことしの10月から外来・入院とも18歳まで対象年齢を拡大しました。子育て家庭のみならず、町民の多くが高く評価しています。来年28年度からは、これまでの所得制限が撤廃されることになっています。今議会にそのための条例が提案されています。親の所得に関係なく、どの子も平等に医療費助成が受けられることは当然のことであり、要望していた一人として私も高く評価いたします。
 しかし、こうした自治体の努力に背を向け、村井知事のもとで県の子ども医療費助成は、外来は2歳まで、入院は就学前までで全国最下位であります。知事は、拡充の必要性は認めながらも、国がやるべきという姿勢でいるようであります。この現実を町長はどう受けとめていますか。県の医療費助成の拡充は急務であると考えますが、見解もあわせて伺います。
 国に対する各施策の要請行動、当町でも行っておりますけれども、県に対し、子供の医療費助成の対象年齢拡大の働きかけを強力に行っていくべきと考えます。町長の見解を伺います。
 答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、子ども医療費助成拡充を県に求めることについての質問であります。
 子ども医療費助成制度につきましては、子供の適切な医療機会の確保と子育て家庭における経済的負担の軽減を図るため、本町といたしましては、対象年齢の拡充を図ってきたところであります。
 私も県として子ども医療費助成の拡充は、急務であると考えております。それゆえ、毎年子ども医療費助成制度の拡充強化について、宮城県町村会で継続要望書として提出しております。また、国に対しては、子ども医療費助成に関し、国民健康保険の国庫負担金を削減する減額措置の撤廃と、国による全国一律の医療費助成制度の創設について、全国町村会として要望書を提出したところでございます。
 さらに、本町単独でも子ども医療費助成ほか、本町で抱える重要施策について県選出国会議員等への要望活動を去る11月30日に、さらに県に対する要望活動を1月5日に予定しているなど、今後とも県、国への積極的な働きかけを行い、子育て支援の充実を図ってまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今町長の答弁をいただきまして、再度ここで改めてわかったわけですけども、とにかく本気になってこの町村会でも本当働きかけているんですよね。しかしながら、現状では知事は一向に県独自で検討するという答弁は、今だかってないようであります。11月の3日付の新聞にですか、河北新聞に載りましたけれども、子供の医療費の補助ということで県の市長会と村井知事との行政懇談会が4日にですね、仙台でありました。子ども医療費助成をめぐり、仙台と石巻、登米の3市が県の補助が不十分として拡充を求めたということです。その中で、亀山市長は、町村は独自に対象年齢を引き上げ、上乗せ助成している。対象年齢が低すぎる県の補助を直してほしいというこの要望を突きつけております。
 さらに、仙台の奥山市長は秋田の例を挙げまして、小学生までとしている補助対象を中学校まで、外来・入院とも秋田県は引き上げたんですよね、そのことも出して、財政が厳しいのは秋田も宮城と同じでないかと、補助の拡充を心から訴えているという報道です。
 そして、それに対して村井知事は、厳しい財政で手が回らず、じくじたる思い、要するに自分の行いなどについて自分で恥ずかしいと思うという意味だそうですが、そういうことをわかってながら、また国の対応を見ながら考えると、こういう姿勢なんですね。
 それで、隣の岩手でもそうですし、山形でもそうですし、就学前あるいは小学校3年生ということで、例の東京、外来・入院も中学卒までです。なぜできないのか。これはもう知事のやる気以外しかないのかなと。その姿勢を変えるには、引き続きですね、強力に連携、スクラム組んで、やはり何度も行動するしか私はないというふうに思っています。あわせて、幸いなことに我が議長も県の議長会の会長ですので、そちらからもですね、ぜひ働きかけていただきたいということを先ほど議長にもお願いしたところであります。
 そういうことで、仙台で行われたこの県市長会と同じような行動を、1月の5日に要望活動ということですので、そういうことでいいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど答弁で申し上げましたとおり、1月5日に町として県に対して要望をするところでございます。これにつきましては県議会の皆さんのご協力も得ながら、私としては町長並びに議長で連名でですね、しっかりと要望をしてまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) なお、我が町でも24年の12月13日に県に対して助成制度の拡充の意見書、これここで採択されて県、恐らく県下全部の自治体35自治体、出しているというふうに私は聞いておりますけれども、そこまでいってもまだなんですよね。それで、とにかく大阪と宮城県だけです、この2歳児まで外来というのは。なぜなのか。やっぱしやる気しかないのかなと。財政はどこでも厳しいので、ぜひ町長が先陣を切ってですね、その先頭に立って働きかけていただけることを強く、強く要望して、きょう小学生の皆さんも傍聴に来てますので、よろしくお願いしたいというふうに思います。
 お答えあればいただいて、次の質問に移ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今お答えしたとおり一生懸命頑張ってまいりたいと思いますし、またこれまでも県幹部との懇談会、いろんな場面でですね、県に直訴をしてきておりますので、引き続き力強く要望していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 2点目の質問に入ります。
 障がい者(児)福祉の充実についてであります。
 去る11月18日、宮城県南社会保障推進協議会主催による自治体キャラバンが役場3階会議室で行われ、協議会から介護・国保・子どもの医療費、保育等に関する要望書が町に提出されました。担当課長らが出席し、懇談も行われました。私も途中まででしたけれども参加させていただきました。あわせて、障がい福祉に関する要望書が提出されました。要望事項の1つは、「重度障がい者(児)が利用できる短期入所施設(ショートステイ)を大河原につくってください」であります。
 その理由は、預けられる施設があるのは仙台市や山元町などで、障がい者家族の急な病気や冠婚葬祭などにすぐに預けられる施設がありません。特に、家族が高齢化しており、家族が急病になったときなどは、障がい者と病人の両方に対応することは困難です。すぐに対応して預けられる施設を大河原につくってほしいのですという、こういう切実な内容であります。
 1、この声を町長はどのように受けとめていますか。応えるための対策はどのように講じていくのでしょうか。
 2、当町だけの問題ではありませんけれども、広域で受け皿を整備していく課題であると私は考えます。近隣市町における短期入所施設の状況と、町内外における新たな整備計画の動きについて伺います。
 ご答弁をいただいた後、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。
 万波さん、違う違う、続けて。最後までやってない、まだ。町長、下がってください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ごめんなさい、失礼いたしました。
 2つ目の要望は、失礼しました。災害時に重度障がい者(児)専用の避難所を設置するようにしてくださいという内容です。その理由は、「3.11の避難所での光景は悪夢のようでした」これ、体育館でなくて、すいません、中央公民館の間違いでした。「中央公民館の片隅に避難はしたものの、必要な手当てや医療、酸素吸入なども受けられずパニックになりました。周囲の視線もあり、どうにか命は助かったものの、大変な苦痛でした。重度の障がい者(児)が安心して避難できる避難場所を確保してください」という、これまた切実な内容であります。こうした実態を町は把握していたのでしょうか。
 2、防災マップに福祉避難所として3カ所ありますが、障がい者家族の要望に応えられる状況になっているのか。あわせて介護を受けている家族にも福祉避難所のさらなる周知が必要であると考えますが、いかがでしょうか。
 以上です。答弁いただいてから、再質問させていただきます。失礼いたしました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、障がい者(児)福祉の充実についての質問にお答えいたします。
 初めに、重度障がい者が利用できる短期入所施設を本町にということですが、重度障がい者につきましては、特に十分な知識、医療とケアが必要とされるため、病院等で実施されることが望ましく、短期入所施設計画は本町単独ではなく、広域的な計画で行われなければならないと考えております。
 次に、近隣市町村における短期入所施設の状況と町内外における新たな施設整備計画についてでありますが、近隣市町に現在短期入所サービスを行っている施設は9カ所ございます。新たな整備計画につきましては、現在のところ情報は入っておりません。
 次に、2つ目の障がい者に係る避難対策についてのご質問であります。初めに3.11東日本大震災時における障がい者の避難状況については、十分把握しているものと考えております。そのようなことから、本年度に本町所在地の障がい者施設と災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定を締結したところであります。
 次に、福祉避難所の確保に関するご質問でありますが、議員ご指摘のとおり、本年度に福祉避難所として町内にある特別養護老人ホーム桜寿苑、老人保健施設さくらの杜、障害者生活介護施設さくらの風の3施設と災害時の避難所設置等についてご協力をいただき、災害時の避難所協定を4月16日に締結いたしております。
 この福祉避難所協定につきましては、本町において初めての設置となりますが、これで十分であるとは認識してはおりません。今後も本町に所在する有料老人ホーム並びに現在建設中の老人福祉施設にもご協力を賜りたいと考えており、また、福祉避難所設置の周知についても町ホームページ、広報紙等を活用して広めてまいります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初にですね、短期入所サービスする施設が9カ所あると言いますが、これはこれであるんですが、現状はですね、課長はご存じだと思うんですけども、ショートステイは長くて大体1週間。大体普通の方は1泊2日とか利用されるんですよね。しかしながら、今ロングステイというふうな方も多くなっているということです。というのは、ある方は、お父さんが今がんで子供さん、見れないんですね。それで、今長期で、長期というかそうですね、1カ月あるいは2カ月というふうに預かる方が今ふえていると。一方では、全国的にも問題になってますが、虐待というのもふえている傾向だそうです。
 それで、ショートが枠があってもいざというとき、あきがない。あるいは、あきがあっても家族のニーズというのがやっぱりあるんですよね。どこでもいいというんじゃないんですよね。そういう厳しい現状があるようであります。
 それで、実は今回ですね、仙南地域自立支援協議会というのを、あるんですね、これ2市7町で、そして担当課長、その中に福祉団体も加わって、これが今回り番で大河原町の課長が今会長になっているというふうに聞きました。こういうところでですね、今までショートについての検討というか、そういう協議というのがどれほどされたのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 今のご質問ですけれども、仙南地域自立協議会、これは持ち回りで各町が行っているわけでございます。先ほど言うように、町長の答弁にもありますように、短期入所ショートステイという部分につきましては、なかなか看護師さんとかの手当てということで、24時間体制というのはなかなか難しいということで、この協議会自体ではちょっとショートステイの部分についての協議は行っておりません。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実はですね、障がいといっても軽い、軽、中度ということで、かなり幅も広いですし、奥深いんですよね。重度といっても一人一人皆違うんですよね、家族構成も違いますし。それで、実は今私がかかわっている方、訪問してもう確認というかお話ししてきたんですが、とにかくね、特に重度の方というのは心身ともにもう疲れ切ってるんですね。それで、病院に行きたくても行けない。それでもう、両親ももう年老いて施設。それで家族は、今も自分もいろいろ病院に行きたいんだけど行けない。そういう方ですね。そして、胃瘻をやっているんですね胃瘻。生まれたときからとにかく動くこともできない。そして1日に4回胃瘻で食事をしているそうです。本当に目も離せない。デイで今支援受けてますけれども、そのときも必ずヘルパーさん来て車に乗せて、そして行ってからも自分一人ではできないんですよね。本当にね、お会いしてみてもう待ったなしのこのいざというとき、いわゆるショート、受け皿がいかに大事かということを私目の当たりにしましてね、心が本当に痛くて痛くて、言葉が出ませんでした。ぜひですね、そういう方が町内には3人いるというふうに今、現在いるそうです。担当課長はわかっていると思います。ぜひですね、町長は現場主義をうんと強調します。やはり、私がきょう代弁してやっても恐らくね、100%私は伝えられない。やはり町長、町内におりますので、ぜひ担当課長とですね、来ていただければいつでもというふうにおっしゃってましたので、一度お会いになってその状況をつかんでいただきたい。そうしますといかに喫緊の課題か、もう本当に今どれだけ今、緊急な課題になっているかということが本当にわかると思います。そのことをぜひお願いしたいんですが町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい、今万波議員からその重度障がいの大変さを切々と代弁して訴えられたわけでありまして、私もぜひお会いしたいというふうに思っておりまして、その上で今後の対応について考えてまいりたいと思います。
 また、私の耳には、ショートステイのみならず夜間もしっかりと対応できるような施設がほしいということもお伺いしておりますので、そういったことも考えながら、今後町として重度福祉施策を強化していきたいというふうに思っておりますので、検討させていただきたいと思っております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それで、私お願いがあるんですが、先ほど言いました2市7町でつくっているこの仙南地区の自立支援協議会、全てとにかく2市7町の方がかかわっているんですよね。で、首長はかかわっていないんですよ。ぜひ、先陣切って町長にですね、働きかけていただきたいですし、一緒になって協議会と行動して、ぜひこの仙南地区に入所施設、そしてショートも、もちろん医師が配置された施設です。これから構想を練ってですね、その方向でぜひ取り組んでいただきたいというふうに思います。
 実は私、先ほどある家族のことを申し上げましたけれども、仙台のエコー療育園というところに私随分前にご一緒してるんですが、ここのお医者さんが来て言いました。彼女は仙台までいっているんですね、彼女というかその先ほどの大河原の方は。お医者さんがいるから。それで、仙南にぜひつくってくださいと、心から私に訴えてくださいました。それでその思いは今も忘れておりませんので、すぐできるものではないですけれども、ぜひそういう方向で本当に協議会と、そして首長にもぜひお願いしたいというふうに思います。
 それとですね、ショート、だからといって、今仙台に彼女は行っているわけですけれども、できるならということで中核病院もですね、いざというときには利用できないかということもおっしゃってました。それから、あとのお二人の方というのは、お医者さんがいなくても看護師がいればいいんだそうです。それで、そこのさくらの杜さんとかですね、そういうところにも中核とあわせて交渉して、もしそのショート、いざというとき仙南9カ所あるけども、満杯のときは、そういうとこにも何というんでしょう、ショートをちょっと使えるようなことはできないかということも切実におっしゃってましたので、そのことについて町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) こういった施設は、必要性はあろうかと思っております。そこで今検討しております地方創成の事業につきましては、1つの柱として広域連携ということをしっかりとうたっております。その中の1つとして、こういったことに取り組めないものかどうか、仙南2市7町の首長たちの話し合う場を設けてみたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしくお願いします。
 この項のもう1点は、避難所ですけれども、町は防災マップ、そしてこの中にこの黄色い1枚の、これにも避難所、詳しく書いてあります。福祉避難所あるんですが、意外とですね、町は一生懸命インターネットでもいろいろやって、ホームページでもやってるようですけど、知られてないんですね。もっと工夫が私は必要だと思いますが、どうですか。先ほども答弁いただきましたけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町長の答弁にもありましたけれども、広く周知を図るということにしております。今後ですね、例えばホームページではもう既に掲載しておりますけれども大河原の広報紙、そういったとこにもですね、大きく紙面を割けるような形の中で対応したいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちなみに、協定書を結びましたけれども、協定書の中身について大ざっぱで結構ですので、お示しください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町長の答弁にありましたように、4月の16日に3者合同にですね、締結をしたところでございます。基本的には、災害時において福祉避難所の設置、そしてから運営ということで、そういった有事の際に障がい者であったり、高齢者であったり、ひとり暮らしの老人であったり、そういった方を優先的に避難というような形の中でご協力をいただくものでございます。
 なお、新聞にもありましたけれども、町の支援として例えば食料の部分であったり、そういったことも一応締結の中には含まれているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 障がいの場合は、障がい者の方がそのときは、さくらの風ですよね。あそこは、例えばいざ避難のとき夜間とか土・日、あそこいないんですよね、入所じゃないから。そういうときはどういうふうになっていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的には、夜間の部分については、通常ちょっと閉鎖になっている状況にあります。それにつきましては、事務長さんともいろいろお話をしておりますけれども、合鍵をつくってみたりですね、そんな形で対応したいというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、課長がおっしゃったことを、課長だけとか職員だけがわかるんじゃなくて、私はやっぱり町民に、そして障がい者の家族だけじゃないですよ、やっぱ知ってるっちゅうことはとても大事だというふうに思います。いざというとき、あ、あそこはこう行けばいいのよ、わかってれば速やかに避難できるんですよね。そういうことも含めて、もう少しきめ細かな周知をしていただきたい。それと、来年になりますとまた総会、各地区にも町長よく出かけますけれども、そのときもですね、ぜひ、こういうお話をですね、いろいろする中に入れていただいて、やっぱし言葉でわかりやすく常に周知をしていくというのは、町長のみならずほかの執行部の方にもぜひお願いしたいとそう思います。その辺での工夫を本当にお願いしたいというふうに思います。大丈夫でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 避難所のその開設といった場合にですね、やはりその何ていうんですかね、責任者というのはどうしてもやはり必要になるのかなというふうに思っております。したがいまして、そういった方がすぐにその場所に行ってですね、自分でその身を非難するということも必要でしょうけれども、やはり町として開設の準備をした中で、避難していただくということも1つは大切なことなのかなというふうに思っているところでございます。町としましても、避難所運営マニュアルを今素案として持ってますけれども、そこら辺をもう少し充実をさせていただいて、職員に広く周知するとともに、避難所の周知についても広く町民の皆さんにお知らせしたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 災害はいつやってくるか、またわかりませんので、特に私は今回ここは障がい者に関してのことの質問なので、さくらの風では、ちょっと話をちょっと聞きますと、やっぱり合い鍵を持っている方が近所にいらしてね、その方が夜間とか土・日閉鎖してますので、そのときに一旦あけて対応するというような、ちょっと全体の中の一部分だけ聞いておりましたので、そういうことも含めてわかっていると本当に速やかにそのときは避難できるなと思いましたので、再度とにかくきめ細かな周知徹底を最大限していただきたいということであります。
 最後の質問であります。デマンド型乗合タクシーの現状と改善策についてであります。
 高齢者など通院や買い物の手段に困っている状況に対応するため、交通弱者の足を確保するデマンド型乗合タクシーは、平成24年7月2日に運行開始してから3年4カ月が経過しました。利用者に便利で大変喜ばれている一方、改善すべき点や課題は今でもあると考えます。地域公共交通協議会では、利用者のニーズにさらに応えるためにどうしたらいいか。
 2、運行会社への委託料の見直しなどなど事業を検証し、その都度改善の努力はされているようでありますが、さらなる改善に向けて次の点について伺います。
 (1)運行開始から今日まで町民の声や運行面、委託料などで改善されてきた点は何でしょうか。また、当面する課題や今後の課題となっている点は何でしょうか。
 (2)町民から要望として出されている広域運行について、町としてどのように考えていますか。当町に村田町から中核病院までの広域運行についての要望があり、27年の6月11日の協議会で協議されていますが、結論はどうなったんでしょうか。
 (3)事業委託している商工会やタクシー会社から意見や要望が出されているのは何か。改善された点や課題となっている点は何でしょうか。
 (4)デマンドタクシーに電気自動車を導入しましたが、効率が余りよくないと聞いています。実際はどうなのか。これからもデマンドタクシーにこの電気自動車を導入していく、継続でいくのかどうか伺います。
 (5)予約センターは、駅ビルオーガの一角に開設され定着しています。が、利用者数から見て広すぎと思いますが、どう考えますか。以前の梅小町を充実させ、特産品の直売所を設けるなど町の情報発信の場としても、私は今の場所を検討していくことはできないかといつも思っています。
 以上伺います。答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、デマンド型乗合タクシーの現状と改善についてのご質問にお答えいたします。
 初めに、運行開始から町民の声や運行面、委託料などで改善した点は何か。また、当面する課題、今後の課題についてのご質問であります。
 運行などに対する改善といたしましては、始発の午前8時の便の利用者数が、1台当たり1人に満たなかった状況から、平成27年4月より始発を午前8時30分とし、また、利用の多い昼の便に1台分振りかえをすることで、利用者のサービス向上と運行効率の改善を行ってまいりました。
 当面の課題といたしましては、当日など直前のキャンセルが出ていることから、利用者数が減っておりますので、他の方が利用できるようにキャンセルの事前連絡をチラシにより呼びかけております。
 また、今後の課題としては、利用者の増加と経費の節減への対応を進めながら、事業を継続していくことと思っております。
 次に、デマンド型乗合タクシーの広域運行への町の考えと、村田町からの中核病院への乗り入れに対する大河原町公共交通協議会での協議内容と結論についてのご質問でございます。
 初めに、広域運行への町の考えでありますが、地域公共交通のあり方は、公共交通協議会で協議を行うとする位置づけとなっており、広域運行に関しましても公共交通協議会の合意をもって進めるものと考えております。
 また、村田町からの中核病院への乗り入れに関する公共交通協議会での協議内容、その結果についてであります。協議内容としては村田町からの乗り入れにとどまらず、周辺市町の有償運送にかかわる各公共交通協議会に影響するものと考えられ、特に中核病院は1市3町が運営費を負担していることから、デマンド型乗合タクシーの乗り入れは1市3町の調整を要するという内容でありました。結果といたしましては、村田町からの乗り入れについては協議が整いませんでした。
 次に、事業を委託している商工会やタクシー会社からの意見、要望があるのか、改善した点、課題があるのかとのご質問であります。
 商工会やタクシー会社からの意見や要望でありますが、定期的にデマンドタクシー運行委員会小委員会を開催しており、商工会、タクシー会社、町の3者で意見交換を行っております。その中で、利用者が高齢になり、一人で乗り降りができなくなった場合の対応、予約キャンセルの対応、悪天候時の判断、荷物持ち込みの乗車などが課題となっております。一人で乗り降りが困難になった方や、予約キャンセルの連絡に関しては、利用者にチラシを配付し周知を行うなど改善を進めております。
 次に、電気自動車の導入による現状とその継続に関してのご質問であります。
 平成27年2月から電気自動車を導入しております。春や秋は走行距離が確保できておりますが、夏の冷房、冬の暖房を活用しますと、電気の消費により走行距離が伸びない場合もございます。運行に関しましては、タクシー会社に配慮をいただきながら運行をしている状況であります。今後においてもクリーンエネルギーの啓発も兼ねて、電気自動車の運行を進めていきたいと考えております。
 次に、予約センターのスペースが広すぎるという点。そのあいたスペースを特産品の直売所など町の情報発信の場にできないか、とのご質問であります。
 万波議員のご質問のとおり、以前には直売所が併設されていた分があり、現状としては広すぎるものと認識しております。町が商工会に委託している中で、フロアの賃借は貸主と商工会が契約しておりますので、商工会とも協議を行い、活用について考えてまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 再質問の前に、ちょっと答弁がないのでお聞きします。(2)のですね、町民から要望として出されている広域運行について町としてどのように考えているかということです。この点について、答弁してください。答えがないので私聞いているので。お答えできないんでしょうか。わかりました。失礼しました。じゃ、いいです。では、続けます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) はい。これまで改善された点とかいろいろありますけれども、そういうことは町民にはお知らせはしたことあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、改善点、運行時間の変更等につきましては、ホームページまたはチラシ等でお知らせはしてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それではですね、小委員会があるんですけれども、その中でですね、例えば後で私言おうと思ったんですけど、デマンドの電気自動車については、非常に私は非効率的だというふうに思います。実際3人しか乗れないんですよね。環境には優しいですけど。後ろにはバッテリーを積んでますので、以前の大型から比べると乗れないんですよね。これ、こういうことは今始まったことではないんですけども、この間小委員会ではどういうふうに検討されたんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 以前はジャンボタクシーということで7人乗り、8人乗りですかね、それくらいの大きさだったかと思います。で、今回電気自動車を導入いたしまして3人というふうな形になるかと思います。ただ、今までの乗車関係も全て満員で乗るというふうな形ではなくて、3人ないし2人というふうな形での乗車が多かったということから、それでもいけるのではないかというふうな判断がございました。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いや、実はこのデマンドに電気自動車というのは、聞きはいいんですけども、非常に私は不向きだなというふうに思います。というのは、買ったときどういうふうにいろいろ研究されたかわかりませんけれども、とにかくお昼ごろまでぐらいしか、何か難しいらしいですね。充電しなきゃいけませんので。だから遠くまで行くと途中でストップすると困るので、その辺は加減しながら走っているという現状があるようですよ。そういうことに関してとか、その他電気自動車についてはどうなんですか。今後考えなくちゃならないという議題にはならないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 確かに町長答弁申し上げましたように夏の冷房、冬の暖房を使いますと、走行距離が伸びないというふうな状況になってはございます。ただ、環境に配慮するというふうな形もございますので、PRを兼ねまして電気自動車を現在運行させていただいてる状況です。また、その運行、お願いしているタクシー会社さんのほうのご協力もいただきながらですね、その運行時間が短い期間につきましては、代替の車を午後から使わせていただくというふうな形で対応させていただいているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 単純に考えてもね、ジャンボタクシーのときは借り上げしてましたよね。そして七、八人乗れるわけですよ。電気自動車になったら二、三人でしょう。そうしたら、環境には優しいかもしれないけども実用的じゃないんじゃないですか。私は、PRだったら公用車にですよ、公用車に電気自動車を活用していただいて、やはりジャンボ、それは相手のあるタクシー会社との相談になりますけど、ぜひそっちのほうがですよ、利用者にとったら、町民にとったら有効であるのは、誰が見ても明らかじゃないでしょうかね。その辺もう一度、ちょっとわかりやすくご説明いただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ジャンボタクシーよりも電気自動車のほうが乗車数は少ない。ただ、平均乗車人数が2人に満たないという実態がございますので、3人しか乗れないからといって大きな支障はないものと私は考えております。
 また、先ほど課長が答えたとおりですね、タクシー会社さんのご協力を得ながら走行距離が足りない場合は別の車で対応していただいているということで、電気自動車の場合は燃料費も無料になるということで、その点はプラスではなかろうかというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私も実際その運行しているわけでないので、恐らく伝わり方が私も不十分なんだというふうに思います。現に運転手の方、それからタクシー会社に携わっている方にもお話聞きましたけれども非常に非効率的、そのことは言ってるんですよ。だから、私が思うのは、この小委員会があるわけですからそこの中で十分ね、検討する課題だというふうに思うんです。それは誰のためかっつったら、利用者にとってでしょ。それと、提供して、まあ本当にボランティアも含めて旺盛に町のお願いに答えているタクシー会社にもやはりきちんと応えていくためにも、私は煮詰めた協議が絶対必要だというふうに思います。そういうふうには思いませんか。
 そして、小委員会の中で、やはりあるんですから、委員会は。ぜひね、今後検討していただきたい。やはりいつでも設けられるわけでしょう、小委員会というのは。どうなんでしょうか。
 それからあ、いいです、はい、まずお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 確かに不便な点があるというのは私も把握しておりますが、利用者にとってですね、その不便であるかどうかはまた別の問題でありまして、確かにタクシー会社さんが苦労されているということは理解しておりまして、それにつきましては環境啓発という意味からですね、公用車で使うよりもタクシーで使ったほうが、環境の啓発にも大きな効果があろうかというふうに思いますので、その辺ご理解を賜りながら今後とも進めてまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 利用している方も私一人だけだったのよとかね。それで小型のタクシーも今2台ありますよね。4人、運転手のほかに4人ですよね。そうでしょう。そうすると電気はなんてったって3人でしょう。まあそれで間に合うって言うかもしれないけれども、それは町民がどこまでっていう行先、それによっても違うわけですよ、1人しか乗らないときもあれば。だからそれはね、やっぱりもっともっと私は検証すべきだというふうに思います。そのことを強くお願いして、それはタクシー会社とよく相談してください。そして利用者にとって今でベストなのかどうかですよね。だからそこをもう少し研究していただきたいというふうにお願いしたいというふうに思います。
 それからですね、駅前の今の予約センターですが、情報発信の場というのは、私は駅前に絶対必要だというふうに思うんです。そういうことで、今後検討ということですが、今デマンドでは土曜日、時間は夕方5時ごろで終わっちゃいますよね。あとは土・日休みでしょう。そうすると本当に私は無駄だな、もう少し有効活用したらいいんではないかなと。これは私だけじゃないというふうに思います。そういうことで、今後検討するということですけれども、本当に検討は必要だと思いませんか。これは本気になって。
 それで、情報発信の場、どこの町でもあるんですよね、その情報発信の場というのは。我が町はどこですか、情報発信の場というと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 情報の発信の場といいますと、大河原駅前にはちょうど今のところないのかなと思ってございます。ただ、デマンドの予約センターにはチラシ等は置いてございますので、それで若干のPRはさせていただいているのかなとは思ってございます。あとは、役場のほうのロビーのほうで情報を発信しているというふうに考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) あそこはですね、やはり駅前ですよね。それで町の顔です。やはり大河原に大イベントの桜まつり、あるいは花火大会、その他もろもろありますけれども、そういうときだけに限らず、そういうことも含めてですけれどもね、やはり大河原にいらした方が、そこである程度大河原町がね、ああ、こういう町なのかと、特産もこういうのがあるのかというので、梅小町をどうしても私は頭に浮かぶんですよね。だから、あそこ、ああいう形のものを本当にね、ぜひしていただきたい。それが、町の駅前の活性化あるいは駅ビル、町も第三セクターではやってますけども、あそこの活性化にもつながりますし、ありとあらゆる角度から見ても、あそこが一番私は適しているんじゃないかというふうに思います。予約センターイコールそういうものをぜひ、本気になって検討していただいて、一日も早くあそこに活気をよみがえらせていただきたいなというふうに思います。町長、よろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) スペースが広いということは理解いたしておりますので、有効活用をすべきだとは当然考えております。商工会で借りていらっしゃいますので、商工会とも協議しながら先ほどお答えしたとおりですね、有効活用したいと。情報発信のみならずいろんな利用の仕方があろうかと思いますので、また議員の先生方からもお知恵をいただきながら進めてまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 事業には、100%というのは、私は近づくことはできても無理だと思うんですね。でも、事業というのは常にやっている中で検証して、よりいいものにしていくというのはこれは鉄則なので、そういう立場でこのデマンドもされているのは私も重々わかってての質問です。ぜひその立場でですね、再度検証して本当に住民にますます愛され、親しまれ、喜ばれ、そしてタクシー会社からも本当によかったと言えるような施策にさらにしていただきたいことを強くお願いいたしまして、私の一般質問終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2番、須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 私の質問は1項です。9月の宮城豪雨等についてであります。台風18号から変わった低気圧、さらに台風17号や前線の影響により宮城県では6日から雨が降り始め、10日から11日にかけては湿った空気が流入し大気の状態が不安定になったため、雨が継続的に強まりました。特に、10日夜遅くから11日の明け方にかけては、発達した積乱雲が停滞したために非常に激しい雨となり、記録的な大雨をもたらしました。
 県内でも大崎市で渋井川の堤防が決壊するなど、河川の破堤、破堤というのは堤防が決壊すること、越水、越水というのは川の水があふれることですけれども、これが相次ぎ、広い範囲で浸水する事態となり大きな災害となりました。改めてお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
 大河原町でも大雨特別警報や土砂災害警戒情報、「洪水警報」としましたけれども、これは「洪水注意報」に訂正をお願いいたします、洪水注意報等が発令され、白石川の推移も氾濫注意水位、15.2メートルを超え、避難判断水位17.1メートルに迫り、最高15.59メートルまで達しました。また、町内では至るところが冠水し、さらに床上浸水2棟、床下浸水22棟、農業施設などの被害が出ました。町長を初め役場職員、消防団、行政区長さん、そして関係者の皆様が夜を徹して対応していただいたことに感謝と御礼を申し上げますとともに、敬意を表するものであります。
 そこで、全員協議会でも説明はありましたが、今回の大雨等について以下、伺います。
 (1)今回の大雨での町の対応を改めて伺います。
 (2)前述のとおり、白石川の水位が上昇したことについて。
 1)11日午前1時の段階で水位が15.59メートルに達しましたが、このとき対策本部で避難情報を出さないとの結論に至った経緯を伺います。
 2)今後、今回のように白石川の水位が上昇した場合の避難となる基準は、避難判断水位17.1メートルという認識でよいのか。
 3)防災マップでは4段階、0.01メートルから0.5メートル、0.5メートルから1メートル、1メートルから2メートル、2メートルから5メートルの浸水深に分けられ、浸水域が示されていますが、どこまでが避難の対象になると想定しているのか。
 4)仮に避難が必要となった場合、何世帯、何名の避難者が出ると想定しているのか。
 5)このような場合、大河原町地域防災計画や防災マップ、洪水ハザードの中で、洪水情報の伝達ルートが示されていますが、町民へはこのようなルートで伝達されるということでよいのか。
 (3)エリアメールについて。
 1)今回他市町の多くのエリアメールが入ってきましたが、これではいざというときのメールが伝わりにくくなると感じました。町としてはどのように認識しているのか。また、これらの解決策について伺います。
 2)今回、土砂災害情報を防災メールで900名に配信したとの報告がありましたが、なぜ防災メールのみの発信となったのか、伺います。
 (4)今回、橋本地区でも小山田掘が越水し冠水、床下浸水に至りましたが、ここも大雨の際いつもこのような状況になっています。町として何らかの対応が必要であると考えますが、どうでしょうか。
 (5)現在、鷺沼雨水排水路の整備が進められていますが、その進捗状況を伺います。また、今後長期的に町全体の雨水対策の計画や見直しも必要な時期に来ていると考えますが、どうでしょうか。
 (6)現在、県内の河川施設を緊急点検し、問題箇所の早急な改善と河川管理の見直しを進めているところ、との報道がありましたが、大河原町の状況を伺います。
 (7)県災害義援金配分委員会が義援金配分を決め、大河原町も対象となるとの報道がありましたが、この詳細について伺います。
 (8)11月9日、地球温暖化に伴う豪雨災害に備えるというシンポジウムが開催されましたが、当町職員は出席したのか伺います。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩します。
     午前10時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。休憩前に引き続き、一般質問を行います。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本年9月の台風による大雨に対する町の対応についてのご質問でございます。この件につきましては、9月議会において行政報告を行っておりますが、再度対応並びに被害状況等について詳しくお答えいたします。
 まず、9月9日午前3時45分に大雨警報が発令されたことで、発令と同時に総務課防災担当職員が役場に待機しておりました。なお、この時点での雨は小康状態であったことから、あえて警戒配備体制までは行いませんでした。この体制の中で、9日の勤務時間になっても警報発令中であったことから地域整備課、農政課、上下水道課等による町内パトロールを午前8時30分に実施し、被害がないことを確認したところであります。9日は、雨が継続的に降り続く中でしたが、町内の被害も確認できないことで、午後4時30分に警戒配備関係課と協議を行い、この日は自宅での待機と判断いたしたものであります。
 翌10日になり、雨は断続的な小雨となりましたが、大雨警報は発令中であったことから、午前中に1回の町内パトロールを実施し、被害の確認を行ったところであります。
 しかしながら、午後になると雨も強くなり、高砂町、住吉町、西原地区などにおいて道路の冠水が確認できましたので、早急な対応を図ったものであります。なお、その後も継続的に雨は降り、橋本地区、福田地区でも道路の冠水を確認し、通行どめなどの措置を行いました。その後も夕方から夜間にかけ、大雨の予想もあることで、今後の災害対応として午後4時30分に警戒配備体制関係課と協議を行い、一旦自宅に戻り、午後7時30分に集合することを決断したところであります。
 職員の集合により午後7時30分に副町長を筆頭とする警戒配備体制を整え、緊急応急災害対応として体制整備を図ったところであります。また、私を初め消防署からの連絡員、消防団長を初め幹部団員も役場に集合していただきました。
 このような状況で、午後8時ごろの町内パトロールでは大きな被害状況はありませんでしたが、午後9時を過ぎると町内の各地域に冠水、越水等の被害が見られるようになり、消防団員による排水作業や町職員による町内パトロールを随時行ったところであります。
 午後11時には白石川の水位も14.75メートルと水防団待機水位を上回る状況となりました。なお、七ヶ宿ダムの放流も影響しているものと思われます。
 午前0時ごろになると、床下・床上浸水の被害も発生し、稗田地区では集会所への避難者も出る状況となったことから、11日午前1時に役場男性職員全員を招集し、特別警戒配備体制のもとで災害対応を図ったものであります。
 午前1時を過ぎたころには、白石川も15.59メートルと氾濫注意水位を上回る状況となり、午前2時40分には15.22メートルとなりましたが、この時点で避難準備情報及び避難勧告について協議を行いました。その基準は白石川水位が16.8メートル付近になったら避難情報をエリアメールで発信し、白石川左岸の地域を、例えば総合体育館、大河原小学校、中央公民館の2階部分等に避難させることを検討したところであります。なお、この時点で白石川の水位は徐々に低下していた状況にありました。
 このような状況の中で、午前3時20分に気象庁から大雨特別警報がエリアメールで発令され、住民の皆さんも心配していると思われることから、午前3時52分に町からエリアメールを発信しました。その内容は、県内全域に大雨特別警報が発令されたこと、及び白石川の水位は下がっていること、この2つの情報をあわせて発信いたしました。
 午前5時ごろになると、雨はおさまり初め、5時30分の町内パトロールの状況結果により午前6時30分に特別警戒配備体制を解除し、警戒配備体制に切りかえ、招集職員については通常勤務ができるよう解散したところであります。
 なお、大雨特別警報が解除されたのは午後1時30分であり、この時点で警戒配備体制も解除したものであります。
 この大雨により、町道等ののり面崩落8カ所、農道等への被害5カ所、床上浸水2棟、床下浸水22棟の被害が発生し、集会所へ避難した方も12名おりました。
 今回の大雨等による対応については、情報発信の難しさを感じたところでありますが、今後も的確な情報収集と迅速な災害対応、並びに適切な情報発信に努めてまいります。
 次に、白石川の水位上昇に係るご質問であります。
 初めに、避難情報発信に係る判断基準と白石川避難判断水位17.10メートルに係るご質問につきましては、一括でお答えいたします。
 今回の大雨による午前1時における避難情報を発信しなかった判断については、避難判断水位17.10メートルに達していなかったことによるものであり、また、職員による白石川水位の目視及び県防災気象データの監察結果によるものでもあります。今後においても、避難判断の基準は現行の17.10メートルと考えているところであります。
 次に、防災マップの浸水地域における避難想定と避難世帯数等のご質問でありますが、総括してお答えさせていただきます。
 本町の洪水ハザードマップは、白石川と荒川の氾濫を想定したものであると考えておりますが、今後の大雨による内水浸水や白石川及び荒川の上昇水位等の情報をしっかりと把握し、ハザードマップ浸水区分に限らず、町民の安全確保に努め、的確な避難情報等の発信に努めてまいります。
 なお、避難世帯、避難者の数については把握できない状況でございますので、ご理解願います。
 次に、洪水情報等の伝達ルートのご質問でありますが、基本的なフローとしてお示ししたものであり、町独自のエリアメールの情報発信を初め、気象庁からダイレクトに対策本部へ情報入手ができる状況も考えられます。
 次に、3のエリアメールについてのご質問についてお答えいたします。
 まず、エリアメール発信についてのご質問でありますが、エリアメール情報については、各携帯電話会社での設定であると考えており、町としてエリア調整ができるものではないと考えます。したがいまして、今後も他市町の情報を受信すると思いますが、それはそれで参考になる情報でもあると考えることもできると思います。
 次に、土砂災害情報に係る防災メールのご質問でございます。
 9月10日午後9時に土砂災害警戒情報のエリアメールが配信されました。この情報は、Jアラート(全国瞬時警報システム)から発信されたものであり、携帯等でエリアメールを受信できる方全員に発信しているものであります。ご指摘の防災メールでの配信につきましては、防災メール登録者に限って配信されたものとしてご質問されたものと思われますが、これは情報メールの内容に「大河原町防災メール」と表題があったことからと思います。情報発信については防災メール登録者に限らず、エリアメールを受信できる方全員に発信したものでありますので、ご理解願います。
 次に、橋本地区での冠水対策についてのご質問でありますが、2戸が床下浸水となったことで、翌日に消毒を実施したところでありました。また、冠水対策については、現在いろいろと検討しておりますが、排水路のコンクリート壁をかさ上げする方法を考えており、その効果等を検証しながら対応してまいりたいと考えております。
 次に、現在進められている鷺沼雨水排水路整備の進捗状況と町全体における長期的な雨水対策の計画や見直しが必要な時期に来ているのではとのご質問についてお答えいたします。
 まず、鷺沼雨水排水路整備の進捗状況につきましては、平成25年度より幹線排水路最下流部の舘山下JR付近から工事に着手し、140メートルほど整備済みとなっており、現在はその上流部、高砂公園付近まで延長200メートルほどの幹線排水路工事を発注しており、年明けの1月より工事着手の予定であります。
 また、柴田町の清住第2公園内に築造予定の第5号調整池につきましては、既存公園の移転代替箇所も決まりつつありますことから、年明けの1月に工事発注予定となっております。
 なお、町全体の長期的な雨水対策の計画や見直しにつきましては、多額の費用と期間を要する事業でありますことから、今後も効率的かつ効果的な整備区域の選定と財政状況等を勘案しながら定期的な見直しを図り、事業を進め、大雨による道路冠水、床下・床上浸水被害等の早期解消に努めてまいりたいと考えております。
 次に、県内の河川施設の緊急点検と問題箇所の早急な改善及び河川管理の見直し報道における本町の状況についてのご質問であります。
 まず、報道内容でありますが、先月、河北新報で報道された今回の豪雨による氾濫河川の追加と危険水位の見直し報道のことと思われますので、この報道内容についてお答えいたします。
 報道内容は、9月の豪雨による甚大な被害が生じたことを踏まえ、宮城県が県内の氾濫の危険性が高い河川の追加と避難情報の目安となる危険水位を見直すとするものであり、本年度は9月の豪雨で決壊した11河川について、緊急点検を実施するようであります。本町を流れる白石川及び荒川の調査につきましては、来年度に実施されることを確認いたしております。
 次に、義援金配分についてのご質問にお答えいたします。
 宮城県災害義援金配分委員会による義援金の配分につきましては、11月27日付の文書において宮城県保健福祉部の配分額を決定するための被害状況調査の依頼があったものであります。その調査結果に基づきましては、12月8日配分額が決定され、本町には床上浸水2件分として6万5,388円が配分される予定になっております。
 最後に、11月9日開催の「地球温暖化に伴う豪雨災害に備える」シンポジウムへの職員出席のご質問であります。
 このシンポジウムにつきましては、公益社団法人土木学会東北支部が主催したようでありますが、町職員の出席はありませんでした。
 なお、先月20日に開催された仙南広域行政事務組合主催の行財政研修会は「異常気象とその影響」とするテーマであり、私を初め多くの管理職等が出席し、地球温暖化による生活等への影響の話も聞くことができたものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 通告の中でも申しましたけども、改めて役場職員の方々、そして消防団の方々、区長さんを初め多くの皆様、夜を徹しての作業、本当にお疲れさまでしたというかありがとうございました。お陰様で被害が最小限で済んだと思います。
 それでですね、その時間をちょっと振り返りたいんですけれども、答弁でもありましたが、9月9日午前3時45分に大雨警報が発令と。その後、10日午後9時に土砂災害警戒情報を発表。同じく午後11時に白石川氾濫注意情報。これ、洪水注意報だと思うんですが、これが発表。そして11日午前3時20分に宮城県全域に大雨特別警報。同じく11日の午前3時52分に大雨特別警報発令のエリアメール。こういう流れだったと思うんですけども、総務課長、これでよろしいですかね。大まかな流れなんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今議員さんがおっしゃられたとおりでございます。一番初めに9月9日の午前3時に大雨警報が発令されたことに伴いまして、警戒配備体制を引き続きとってきたところでございますけれども、大雨によりまして特別警戒配備にかえて、そんな中で気象庁から大雨特別警報が発令されたというふうな状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) この流れでいくと午前3時20分の大雨特別警報発令、このタイミングもちょっと疑問があるんですけども、まあちょっとこれ遅いんじゃないかなという私個人の考えなんですけども、総務課長はどのように思いますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この午前3時20分の大雨特別警報につきましては、気象庁、仙台管区気象台だと思うんですけれども、そこから発信されたものでございます。したがいまして、白石川のみを基準にしたものではないというふうに思っております。町長の答弁にありましたけれども、白石川は職員による目視であったり、水位の測定であったりですね、比較的徐々に下がってたような状況がございまして、本町においては白石川の水位も下がっていることの情報もあわせて発信させていただきました。3時20分の大雨特別警報については白石川のみを対象にしたものでないというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) おっしゃるとおり3時20分は宮城県全域に対して発令されたと認識をしております、私も。それで、基本的に宮城県に大雨特別警報が発令されればエリアメール、これ町ごとに発信することになってるんですかね、その辺ちょっとお聞かせください。といいますのも、エリアメールが届いた時間、今回私の携帯には角田市3時24分、村田町3時46分、大河原町3時52分、蔵王町3時56分、柴田町4時6分、このエリアメールが入ってきたんですね、大雨特別警報の。それぞれの町で時間差が出ているということは、それぞれの市や町で送信しているという理解でよろしいですか。それ確認でお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) いろいろな災害情報の発信につきましては、先ほど町長が申しましたJアラート、全国瞬時、あれにつきましてはもうダイレクトに携帯等で受信できる方に発信されます。それからもう一つは、県のMIDORIというような情報装置がございまして、これは町が単独で入力して発信できるんですね。今回3時52分に町が発信したものにつきましては、このMIDORIを経由して、単独で、先ほど申しました水位が下がっている情報をあわせて発信したものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ですから、結局町ごとに入ってくるということになるんですよね。わかりました。
 後でこれは少し質問しますけども、そこで結局それらの市町のエリアメールが全部入ってきたんですけども、その内容、文書の内容なんですけれども、9月11日3時20分、宮城県に大雨特別警報が出されました。これはどこも市町も一緒で、この後の文章なんですけれども、角田市、この場合は命を守る行動を行ってください。村田町、町民の皆さんは直ちに命を守るため、最大級の警戒をし今後の情報に注意してください。「今後の情報に注意してください」は、どこの町も出していますけども。蔵王町、この情報は命を守る行動をとる情報ですと。柴田町、非常に危険な状態です。直ちに命を守る行動をとってください。避難所に避難するか、既に外出することが危険な状態のときには、家の中のより安全な場所にとどまってください。大河原町、この情報は命を守る行動をとる情報です。なお、白石川の水位は、これこれこれで避難水位に達していませんという内容のメールでした。それぞれ町で若干違いがあるんですけれども、総務課長、ここでいう、まあきょう小学生も来ていますけども、命を守る行動をとるというのがメールで入ってきた場合、どのような行動をとるべきだと思いますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的にはですね、避難となればやっぱりみずから避難するということにならざるを得ないと思います。我々もいろいろな本部対策はするもののですね、全てをカバーできるものではないというふうに思っておりますし、みずからの命はみずからが守るというようなことが必要なことになるかと思います。したがいまして、避難指示ということではなくても、こういった命を守るための情報を発することで、例えば浸水するだったら2階に上がるとかですね、そういったようをみずからとるようなことでの情報発信だというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。命を守る行動をとる、イコール避難ではないということでよろしいですよね。避難の場合は避難勧告とか、避難指示とか避難命令が出るという理解でよろしいですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 避難の情報発信については、まず避難準備情報、それから避難勧告、それから避難指示というふうな3段階で区分しておりまして、いま申し上げました命を守る情報につきましては、避難指示まではいってないというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 命を守る行動、それ人それぞれ受けとめ方が違うと思うんですが、今課長が言ったとおり最大限注意する必要があると。自主的にも準備しなきゃいけないというようなことで認識しなければいけないんだなと私もつくづく今回感じました。
 それでですね、(2)のちょっと質問に移りますけども、白石川の大河原観測所の件ですけども、尾形橋のところに黄色い線、両岸にですね、土手のところに。あと赤い線があるんですけれども、あすこにある黄色い線が氾濫注意水位、15.2メートル。で、赤い色の先が避難判断水位の17.1メートルということでよろしかったですかね、あそこにある印は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) そのとおりでございます。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今回、白石川の水位がだんだん下がっていくという情報を得たというのはこれは結果的に正しくてですね、正確な情報だったわけですけども、これ読み上げますと、10日の夜の11時で白石川の水位が14.75メートル、11日の0時で15.52メートル、11日の午前1時で15.59メートル、ここが最大の水位でした。11日の午前2時で15.29メートル、11日の3時で14.97メートル、11日の午前4時には14.7メートルまで下がったという、町長答弁にもありましたけども。
 これ、さっき答弁にもありましたけども、防災計画の中の119ページにもあるんですが、県と仙台管区気象台が共同で発表する洪水予報、指定河川洪水予報というんですかね、これをもとにこのような予想ができたということでよろしいですか。また別なシステムなのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 白石川の水位につきましては、先ほど職員の目視もあるというふうに申し上げました。それからもう一つはですね、宮城県の土木部の総合情報システムの中に水位経過表というのがありまして、ここに阿武隈水系の中で荒川、白石川というふうな形の中でですね、尾形橋の氾濫水位とかそのデータを含めた中で1時間ごとに水位をあらわしているデータがあるんですね。先ほど議員さんもお話ししたようなデータの中身だと思うんですけれども、これを当日ですね、ずっと観測していた状況にはあるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。逆に、その上がっていく可能性もあるっていうのもこのシステムでわかるわけですよね。確認です、すいません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) そのとおりでございます。1時間ごとの水位があらわれますので、上がる可能性があるということでございます。そういった中で、先ほど町長が避難の基準ということで、16.8メートル水位くらいになりましたら、情報の発信をするというような検討をしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それでですね、私の得ている情報なんですけれども、避難判断水位17.1メートルが今後も避難の基準になるという話ですけれども、県のほうでこれを見直しをかけると、そしてその上の危険水位レベル、氾濫危険水位、これが白石川の場合17.80メートルだと思うんですけれども、その辺を何か見直すような情報も私、入ってきたんですね。それは私の個人的なというか、あれなんですけども、その辺は何か入ってきてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ただいまの質問でございますけども、新聞報道でもですね、仙北におきまして危険河川に指定されてない河川の氾濫がございました。それに伴いまして、危険箇所の見直しと。当然それにはですね、今の避難判断水位のですね、見直し等も含まれるということで理解はしてございます。それで、今回につきましては、仙北のほうの11河川をですね、緊急点検を早急にしているようでございます。それらの判断を得ましてさまざまな基準の見直しが入るものと理解してございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ということは、その11の中には今のところ白石川、荒川は入っていないということだと思うんですけども、答弁にもありましがからね、はい。それで、仮にですよ、この避難基準が今の17.1メートルから17.80メートルに上がったと仮定すると、今回の対策本部の経験を通してですね、仮にですよ、仮に白石川がそうなった場合、町民の皆さんに避難してくださいという発令をするときにこの時間差、時間を考えたときに、これは厳しくなると思いませんか。今回の経験を踏まえてその辺どうなんでしょうか。多分16.80メートルになったら避難してくださいというのは出そうと思っていたと。そうなると、避難の基準の水位が上がるとなるとそこも上げざるを得ないと。その辺、仮の話なんですけども、その辺の今回の経験を踏まえてどのように感じられますか。副町長でも総務課長でもいいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まずは、そういった避難情報の準備の発信に際しましてもですね、まず避難所の確保がやはり一番大事ではないかと思います。今回この防災マップでもハザードにつきましては、ほとんどその白石川の西側なんですね。黄色あるいは水色の線がありまして、こういった地区のところでどういった避難場所を確保するかということがまず大切だというふうに思っております。したがいまして、今回の警戒配備の中でいろいろ対応はしましたけれども、町民の方からもですね、越水されて車が流されそうだというような情報もありました。そういったことも踏まえて、何かその例えば車を避難させる場所であったりですね、住民が早めに非難するような場所であったり、そういったものをまず先にですね、検討すべきだというふうに思っております。そういった中で、今回基準として、例えば氾濫危険水位が上がったとしてもですね、基本的に住民の皆さんの安心を確保するためには、そういった基準よりも雨の降る状況であったり、今後の予想であったり、そういった中で対応したほうがベターな対応ができるんではないかというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。今の課長の答弁を聞いて安心しました。ぜひですね、今後とも的確な情報だと思いますので、それは。町民の安心安全のためにお願いしたいなというふうに思います。
 それで、ちょうど今避難場所のお話が、各区に配られた防災マップの避難場所の話が出たんですけれども、あのですね、私見たんですけどもちょっとわからないんですが、12ページに水害の避難場所というのがあるんですけれども、これは黒丸がついているところが避難場所になるという理解ですけれど、この黄色い紙に配られた避難所該当行政区一覧。これも水害と関係しているのか、黄色いところに避難所になってて、なおかつこの防災マップのほうでは黒丸がついていないというふうになっているのは、これはどういうふうに理解をしたらよろしいですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 防災マップの避難場所における地震と水害の区分については、議員ご指摘のとおりでございます。それから、あわせて防災マップを全戸配布するときに蔵王山の火山活動もありましたものですから、そういった情報とあわせて避難所の行政区別一覧ということでお示しをさせていただきました。この防災マップには、基本的にその行政区の割り振りみたいなのはなかったんですね。実際に自分はどこの避難所かということをお知らせするためにですね、今回該当行政区というような形の中でお示しさせていただきました。
 したがいまして、水害であったり地震であったりというような形の中で、もう少し詳しく出せばよかったんですけれども、自分たちの避難場所のお示しというような形の中で、この緑のチラシをつけさせていただきましたので、ご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました、ありがとうございます。それで、例えばですよ、私住んでいるの上川原なんですけれども、上川原、丑越、上町1区、緑団地、黄色い紙では避難場所が柴田農林高等学校となっております。で、防災マップのほうでは柴田農林高校は水害には黒丸はついていないということで、この行政区の人たちが柴田農林高校に避難をするということになると、川から遠い人たちが川に向かって非難をするというような状況になると思うんです。これは、3.11の大地震でも沿岸部で津波があったときに、やはり普通は海から反対のほうに、高いところに逃げるというのが常識だと思うんですけど、これが川に近いほうに避難するというその矛盾をちょっと感じたんですけれども、その辺はちょっとどうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 防災マップ12ページの柴田農林高校につきましては、水害のところでは丸をついてないんですね。したがいまして、水害のときには別な避難場所ということにならざるを得ないというふうに思っております。そういった場所がどこかということにつきましてはですね、対策本部の中でそのときの判断によるかもしれませんけれども、より安全な場所というような形で考えざるを得ないというふうに思っていたところでございます。
 なお、柴田農林高校につきましては、ずっと指定避難所という位置づけもございましたので、変えることができなかったような状況もあることをご理解していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ここはですね、やっぱり行政区長さんを初め理解はしていないと思うんですよね。そのときにメールできて、上川原、丑越の人たちは例えば合同庁舎に避難してくださいってまあ来るのかもしれないですけども、でもこれを見ると上川原の人たちは柴田農林高校だという考えでいるので、その水害の場合のやっぱり避難所をもう一度見直しをして行政区、このとおりなのか、それともまた違う避難の仕方になるのか、そこをやっぱり、私もわかんないですし当然区民の皆さんも、町民もわかってないと思うので、その辺もう一度ちょっと精査をしていただきたいと思うんですけども、いかがでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回避難場所につきましては、ふやしたような状況でございます。上川原も結構な世帯数が多いことで、実は運転免許センターもですね、打診はしたんでございます。しかしながら、なかなかちょっと難しいという状況があってですね、今回の避難場所の指定にはならなかったんですけれども、いざとなればそういった高い施設といいますかね、そういった形の中でも連絡をして活用したいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、桜町とか新青川、小島、その辺の方もこちらでは大河原町総合体育館、桜町2区と桜町3区ですか、となってますけども、こっちでは水害では大河原総合体育館は丸がついていないというふうにもなっていますので、その辺ちょっと矛盾さまざまをちょっと感じたので、質問をさせていただきましたので、よろしくお願いしたいと思います。
 それでですね、次ですけれども、避難対象、何世帯何名かわからないということの前に、すいません、戻ります。12月13日、河北新報に柴田町の議会での豪雨についてのやりとりの記事が載ってましたけれども、滝口町長、国や県に水害対策の強化を求める一方、町単独でできる方策を盛り込んだ局地冠水対策マニュアルをつくる考えを表明。今回の対応を検証し、地区ごとに巡回体制や情報伝達の方法、応急対策を年度内にまとめる方針とのことでした。柴田町も被害が大変大きくて、避難者も多かったと思うんですけども、大河原町の場合は幸いにして避難された方が12名ですか、床上2棟、床下22名ということでしたけども、大河原町としてこの今回の大雨についての検証、そして今後の対策、答弁の中にもちょっとありましたけれども、その辺もう一度町長ですね、お考えをお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) やはり万全を備えるという観点からしっかりと検証しながらしかるべき対応をしていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 正確な情報収集等々の答弁がありましたけれども、ぜひですね、これは町民の命にかかわることですので、できること、そして長期的にやらなければいけないこと多々あると思いますので、その辺庁舎内でしっかりと議論をしていただきたいと思います。お願いいたします。
 それで、時間も残り少ないんですが、エリアメールについてです。先ほども若干触れましたが、これやっぱりどうしようもできないという現状なんですが、確かにほかの町村の参考にもなるんですけれども、受ける側にすると次々入ってきましたよね、今回のメールは。私の場合は白石市、角田市、蔵王町、柴田町、村田町、このメールが入ってきたんですけれども、この辺大雨特別警報に関しては、一括で送信できないものなんですかね。そのJアラートとその関係もあるんでしょうけど、大雨特別警報って宮城県全域に出されるわけですよね、それは。各市町、町ごとに出されるわけじゃないですよね。その辺ちょっとどんなもんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほどもちょっとお話ししましたけれども、気象庁が発するエリアメールについては、例えば宮城県全域にドンというふうになるかと思います。それから、大河原町も始め各市町でいろいろ避難情報等の情報を発信するについては多分独自でですね、先ほど申しましたMIDORIなんかを使って発信しているものというふうに思います。つまり、各市町村で川の状況であったり、内水の状況であったりいろいろ違うでしょうから、それはそれでその市長の判断でもって発信せざるを得ないのかなと。ただ、その受診する側とすればエリアメールという機能上ですね、ほかの町もどうしても入ってこざるを得ないのかなというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 確認ですけど、私の記憶だと宮城県からは大雨特別警報の一斉送信はされてないと記憶してるんですけど。それぞれの町村ごとにしか来てないと思うんですけど。(「3時20何分のはあるんじゃないですか」の声あり)一番最初の3時20分に宮城県全域に大雨特別警報が発令されたと。(「これは町、してませんよ」の声あり)町してないで、この3時20分の大雨特別警報は宮城県全域に一斉送信されてますか。ちょっと確認です、確認。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 午前3時20分の大雨特別警報につきましては、気象庁が発令したものでありますので、基本的には県内全域というふうになっているのかなというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。私の確認不足、携帯全部チェックしたんですけどその、この時間のメールが見当たらなかったんで、ちょっとすいません後でまた確認させて、私が間違いでしたら訂正したいと思います。まあ、どうしようもないということなので、致し方ないのかなと思うんですが、はい、わかりました。
 ではですね、次に行きたいと思います。
 ちょっと飛びまして、時間の関係上。(6)番に行きたいんですけれど、すいません、(5)にちょっと戻らせていただいて、鷺沼雨水排水路の件ですけれども、答弁ありましたけれども、実際的に以前全協等でも説明あったかと思うんですけども、稗田地区、ここの冠水はどの程度これによって解消されるのか、わかればちょっともう一度教えていただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) この鷺沼排水区の雨水整備事業での稗田地区の今までの浸水等の被害の解消ということでありますが、まず1点目につきましては、平成25年度からの雨水幹線の整備着手におきましてですね、一番ネックでございました最下流部の狭隘箇所の解消ということが図られまして、流れとしてはですね、かなり排水ができるような格好にはなってございますが、ただ最終的な事業の完成をもってですね、今現在大河原町内での大雨による被害を受けている箇所等の解消が図られるということで、本来であれば短期間にできればよろしいかとは思いますけれども、なにせ町長の答弁でもお話し申し上げたとおり、かなりの事業費と期間を要するというような格好でですね、できるだけ効率的、効果的な工法並びに場所等、あとは延長ですね、それを考えながら進めてまいりたいと思いますので、ちょっと時間かかりますけども、その辺ご了承いただければと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) この件に関しては、それぞれの議員さんが多分質問でされて、地元の稗田地区の方々も長年の願いなのかなというふうに思いますけれども、今回も区長さん寝ないで徹夜してたようですので、相当大変だなと見てて思いました。いずれにしましても少しでも早く完成することと、その浸水が少しでも少なくなることを願っていますが、今回稗田地区も集会所に何名か避難されたと思うんですけれども、これは通告してないんであれなんですけども、前回の一般質問でも言いましたが、集会所がやっぱり急傾斜地の土砂災害の危険区域になっているということですので、その辺もぜひ考慮していただきたいなというふうに集会所の建てかえも含めて、場所がありますので、ぜひお願いしたいなというふうに思います。
 それでですね、(6)番に行きたいと思います。あ、すいません、また戻りまして、行ったり来たりですいません。橋本地区の(4)番の件ですけども、二、三日前に橋本地区で総会があって、その中でこの話が出たというふうに聞いております。町長答弁ですと、排水路のコンクリート壁をかさ上げする方法を考えているということなんですけれども、なかなかこれといった多分対策が見つからないでここまで来ているんだろうと思うんです。ここ、最近始まった冠水じゃないですので、長年ずっとこのようになってきて今まで対応してこなかったということですけども、実際的にこのかさ上げなのか、ほかに対策はあるのか。ちょっと区長さんに聞いたら3つくらい対策があるんじゃないかという話をされたということなんですけども、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 実は先日、そういったお話を地元のほうにさせていただきましたが、なかなか今あるフェンスを利用して、そこに仕切るようなものを並べてみたりとか、あと、単に土手を高くとか、あと反対側の土手を低くとか、あとこういった水路の壁のかさ上げとか、そういったところでこれまでも土のうを積んで対応ということもさしていただきましたが、やはりそういった構造的なものということで、こういった今のところ水路のコンクリート壁を立ち上げるというところがいいんではないかということでお話をさせていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 町長も多分区長さんとお話しされているかと思うんですけども、答弁の中に、その効果等を検証しながら対応してまいりたいとなってるんですけれども、これ早急にという言葉が入ってないんですが、その辺も含めて橋本地区の切実なるあの辺に住んでる方の願い、長年の願いですので。私が冠水したときに行ったときには「前から言ってんだけど、さっぱし何もしてけねんだ」と町民の方は言ってます。「言ったんだけど金ねくて、何もできねんだって言われた」って。あきれてるような状況にも私は聞こえましたので、これは町長何としてもですね、早急にやるという私は話をいただきたいんですけれどもいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も一昨日ですかね、町民の皆さんの声を聞かしていただいて、切実な要求でもありますので、なるべく早めに検討したいとは思って帰ってきたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、どのような方法がいいのか区長さんとか地元の方ともしっかり相談していただいて、早急にやっていただきたいと思いますので、ぜひお願いしたいと思います。
 続きまして、前後しまして申しわけありません。(6)番に行きたいんですけれども、県では年度内を目途に河川維持管理計画等水防計画を抜本的に見直し、今後5年間で危険箇所の稼働拡幅や支障木伐採など、優先的に行うようであります。さらに、先日、ちょっと私もいつかはわからないんですけども、市町村と県との河川管理等の会議が行われたと聞きますが、その辺は大河原町は出席したのかどうかと、出席していればその会議の内容。
 あとですね、町が県に対して要望している内容、以前、枡 議員も多分質問されたと思うんですけれども、支障木の伐採とか堆積土砂の撤去、その辺について今後の見通しについてもあわせてお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) まず、5年間の間に支障木、堆積土砂の撤去ということでございますけども、これにつきましては9月豪雨の中でですね、先ほども答弁しました未指定の河川が決壊してございます。それで県の方針としましては、仙北地区ではございますけども、緊急に11のですね、河川を緊急点検したというようなお話を聞いてございます。それで、残る河川につきましては、来年度の緊急点検になるというようなことでございます。
 それで、緊急点検の詳細につきましてはですね、今マニュアル等の作成もしているようでございますので、ちょっと詳細については確認はしてございません。
 それともう一つ、市町村担当会議ということでございますけども、多分これにつきましては、仙北地方の中でですね、災害の設計、復旧の方法、あとは緊急連絡体制の中で仙北のほうでは直接市町村を交えた検討委員会というような形でのですね、開催はしているようでございますが、全市町村を交えての会議等はですね、うちのほうに案内文書等のほうの確認は来ておらないということでございました。
 あと、町のほうの要望でございます。これにつきましては、須藤議員ご指摘のとおりですね、枡 議員からもご指摘されてございました。支障木、堆積土砂の撤去ということで、それで県のほうといたしましては、基本的に白石川圏域の河川整備計画、これは平成21年度に作成してございます。その中で、白石川につきましては、大河原地区につきましては平成6年から平成16年度まで白石川の右岸の上大谷地区の築堤の工事をですね、していただきまして、戦後最大だということでございますけども、たしか2日間の雨量290ミリ、これ昭和61年の8月、8.5豪雨でございますけども、それの断面をですね、おおむね可能な断面を既にクリアしているというような形の考えではございます。そういう意味でうちのほうとしましても土木事務所のほうにですね、河川の整備というような要望をしてございますし、今月の1日にもですね、河川の土木のほうにですね、今年度支障木、堆積土砂、これにつきましては、20年近く施工がされていないというところを踏まえまして要望し、あわせてですね、来年度1月5日にですね、町長とですね、ともに県本課の河川課のほうに要望をですね、行きまして、早急なる景観という観点からですね、環境整備、前年度130本の桜の植栽もしてますので、そういう景観という観点からの整備のほうをお願いに参りたいということ考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。そろそろ最後にしたいと思いますけども、支障木、そして堆積土砂も白石川に限らず、越水の原因の一つにもなるんでしょうし、その辺早急に要望していただいて、対応していただければなというふうに思います。
 最後になりますが、義援金はいずれ振り込まれるという手続になるのかちょっとわかりませんけども、最後のシンポジウムの話です。私ですね、NHKのニュースで、私も行けなかったんです。あとから知りまして、土木学会だと。で、資料いただいていたんですけれども、ものすごくいい資料だったので、すごい参考になるなと。でも、いただくときにはくれぐれもコピーしないでくださいねと言われたんですけども、この中で、国交省の職員、東北整備局の方なんですけども、こんなこと言ってました。来年の梅雨時期をめどに家屋倒壊危険区域を設定し公表する。あとは市町村へリアルタイム情報の充実として、新たにライブ画像を提供し、河川水位、レーダー雨量等の情報とあわせて市町村ごとにリアルタイムに河川情報を把握できるようなシステムを改良する。次、ハザードマップポータルサイトの周知と活用の促進。次、地域住民がみずから判断し避難できるよう河川水位等の情報をスマートフォンからリアルタイムで入手できるようにシステムを改良する等の説明があったらしいんですけれども、これはいずれそのようになっていくのかなというような話でした。
 最後に、最後の最後ってばっかり言ってますけども、繰り返しになりますけども、今回は最低限の被害で済むことができました。また来年どんな大雨が降るかわかりません。いざというとき、町民へのいち早い情報提供と迅速な対応をお願いして、あと町長からその考えを伺い、私の一般質問を終わらせていただきます。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民の安全を確保するということは極めて大切な課題でございます。できる限りしっかりと対応していきたいと思っておりますし、また、今ご紹介ありました国の方針、また示されましたらそれに呼応する形で町として最大限やっていきたいと思っておりますし、また、先ほどの質問で支障木の撤去等すぐできるようなことについては、県にお願いしていきたいと。その際には県会議員さんのお力を借りてしっかりとやっていきますので、ご理解賜りたいと思います。
 以上でございます。(「終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩します。
 午後1時より再開いたします。
     午後0時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行いますが、その前に、午前中の須藤議員の一般質問の答弁に対し、訂正がありますので総務課長のほうから発言を許します。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど須藤議員の一般質問の答弁に対しまして一部訂正をさせていただきたいと思います。
 それにつきましては、まず午前3時20分の大雨特別警報でございます。これにつきましては、気象庁からダイレクトにエリアメールというようなお話をさせていただきましたけれども、実はですね、まだそういった状況にはなってございません。3時20分の大雨特別警報については、気象庁が情報を発令したものでございます。したがいまして、そういった報道を受けまして大河原町が3時52分にそういった情報の発令と、水位が下がっている状況をあわせてエリアメールでさせていただきました。なお、11月19日から気象庁も特別警報につきましては、エリアメールで発信するような状況になっているものでございます。大変失礼いたしました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番、枡 和也です。議長の発言のお許しが出たので、通告順に従い一般質問をさせていただきます。
 今回の一般質問は、大項2項であります。
 まず、初めに1項目め。金ケ瀬中学校防災教育の発表を受けて。去る10月31日に参観させていただいた金中祭の発表のメニューの中に「防災教育2015」がありました。金ケ瀬中学校では、平成22年の地域防災訓練から始まり、これまで6年間取り組んできている授業であります。今年度も6月を防災強化月間と位置づけ、自分の命を守ること、中学生にできることをテーマに学習に取り組んできたことを発表しておりました。1つは、地域防災訓練の一環で、各行政区ごとの防災マップの作成、危険箇所と防災に役立つ施設。2つ目は、被災地、名取市閖上見学についてでありました。防災マップの作成は、危険箇所、防災に役立つ施設を各行政区ごとに住宅地図を拡大し、現地を確認しながら写真を撮り、地図にプロットし、防災マップを作成し、みんなで情報を共有する取り組みをしていたようです。
 閖上見学については、閖上震災を伝える会の皆様の話を聞き、当時の大震災の被害状況について、また、それで得た教訓、何といっても命の大切さ、そして日常生活ができていることに対する感謝の心を学んできたようであり、こういった取り組みが生徒たちの防災、減災に対する意識の高揚につながることと思います。
 これまで私も土砂災害、ため池・用排水路などの安全対策、消防水利の改修、防災対策型自動販売機設置、白石川など防災対策について、るる質問して問題を提起してきましたが、生徒目線で作成した防災マップの中には、地震で新幹線の効果が老朽化で壊れることや、電柱の上のトランスが落下するなど、危険予知をしている箇所もあり、また、日常身近にある危険箇所として壊れかけているブロック塀、囲いが不十分な用排水路、土砂崩れが起こるかもしれないのり面、通学路で狭い道でブロック塀が並んでいる、壊れそうな家屋、見通しが悪い道、交通量の多い交差点、暗いところなど、我々が常に余り気にしてないところに目を向けていることに気づかされました。
 以下、伺います。
 (1)生徒たちそして指導している先生方の今後ますます防災・減災意識の高揚、今後の活動に意欲をもって取り組んでもらうように、町でできる生徒たちの考える危険箇所の改善、改修を図ることがよいと考えるが、どうか。
 (2)生徒たちの目線の危険箇所とも重なる部分がありますが、金ケ瀬小・金ケ瀬中PTA、校長先生初め教職員、金ケ瀬地区の関係団体の方々で構成されている金ケ瀬地区校外指導委員会から提起された通学路の問題点、改善点など通学路検討委員会でどのようにされたのか。以下具体的に5項目、質問します。
 1つ目。金ケ瀬小学校脇、広表1号公園脇水路で、水路が深い上、柵が低く、子供が簡単に入れてしまうので、柵を高くするか、ネットを設置してほしい。
 2)バイパスそばのセブンイレブン付近の交通量がふえ、近くの横断歩道を渡る児童生徒も多いので、注意喚起の看板の設置及び法定速度の見直しをしてほしい。
 3)今、工事中でもあるが、県道蔵王大河原線の速度標識の劣化で色あせてわかりづらい。自転車が走るスペースがないのに、朝・夕は車がスピードを出しているので危険である。それに対しての対策。
 4)番は、金ケ瀬字町裏の町道(コープ前)町なかに入るカーブで見通しが悪く危険である。
 5)新開・金ケ瀬中学校の東側の交差点、見通しが悪く、交通量も多い。2年前には生徒が事故に遭った。両方向にとまれの標識を設置などについての対応はどうなっているのか伺って、答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、防災教育活動の中で、その意識を高めるためにも生徒たちの考える危険箇所の改善、改修を行ってはどうかとのご質問でございます。
 金ケ瀬中学校の防災教育は、先駆的な取り組みとして注目されており、この6年間の取り組みは生徒たちの成長とともに、将来の防災活動に生かされるものと期待されております。その中で、生徒たちがみずから見つけ出した危険箇所が、管理責任が町にある場合、重要な情報となりますので、それを町の担当課または通学路検討委員会につなげていく流れを整備し、思いを実現させていくことができるよう努めていきたいと思います。
 次に、金ケ瀬地区校外指導委員会から提起された通学路の問題点、改善点等が通学路検討委員会でどのように協議されたのかとのご質問でございます。
 まず、金ケ瀬小学校脇・広表1号公園脇水路の柵が低く、子供が簡単に入れてしまうので柵を高くするか、ネットを設置してほしいという要望につきましては、水路管理者である黒沢尻土地改良区に要望することといたしました。
 次に、国道4号そばのセブンイレブン付近の交通量がふえ、近くの横断歩道を渡る児童生徒も多いので注意喚起の看板の設置及び法定速度の見直しをという要望につきましては、看板設置は総務課交通安全担当と協議すること、制限速度の見直しは大河原警察署に状況を説明をすることといたしました。
 次に、県道蔵王大河原線の速度標識の劣化で色あせてわかりづらい、自転車が走るスペースがないのに朝・夕は車がスピードを出して走るので危険という指摘についてでございます。
 まず、標識については、警察署に要望することとし、朝・夕スピードを出して走る車があることについては、注意喚起のための看板の設置を検討することといたしました。
 次に、金ケ瀬字町裏のコープ前町道で、町なかに入るカーブで見通しが悪く、危険という指摘については、ガードレールの設置やスクールゾーンの表示をする方策が示されました。
 最後に、新開・金ケ瀬中学校の東側の交差点で、見通しが悪く交通量も多いため、2年前に生徒が事故に遭ったところについては、両方向に止まれの標識を設置するという要望を大河原警察署にすることといたしました。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今教育長のほうから答弁いただいて、全て検討していただけるという答弁で、あれなんですけども。きょうも小学生が傍聴に来るということでこういった質問を選ばさせていただいたったんですけども、こうやってせっかくですからきょう、ほんとは小学生いっと思って中学校のほうから防災マップを借りてきたったんですけども、ギャラリーが誰もいないもんですから、参考までにですね、危険な箇所ですか、大河原町でつくった防災マップあるんですけども、金ケ瀬についてはこっちのほうが丁寧でわかりやすいのかなというふうに思ってるところでございます。こうやって子供たちがですね、危険箇所、こうやってみると、やはり用水路などにはもちろん先ほど前者の須藤議員のほうからも豪雨災害ということで、あふれるので注意しろということなんですが、やっぱり常日頃はどうしても深くて、金ケ瀬小学校の西側になるんですかね、黒沢用水路流れて、検討するという、黒沢用水に要望するという話しだったんですが、あそこもガードパイプでこう柵はされてるんですけれども、やはり小学校低学年が通るとですね、どうしても落ちるんではないかというような心配、保護者の方からも常日頃言われてるんですけども。そういったことにはもちろん要望も大切なんですけども、早急な対応をきちっといろいろ経費もかかると思うんですけれども、この間、黒沢用水の以前に危ない箇所は建設課にお話しして安全ネットみたいなのもやってもらったことがあるんですけども、やっぱり小学校周り、あの辺の直線道路についてはですね、ぜひとも早急にそういったネットとか、事故がないうちにですね、対応してほしいと思うんですけども、教育長の考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 黒沢尻用水の事務局のほうにもちろんお伝えしますが、それまでの間ですね、時間があると思いますので、その間につきましてはこちらのほうでできる限りの対策を検討してまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ありがとうございます。毎年こうやって継続してこういった事業をやっていく中で、毎年同じ危険箇所。これが、例えばここにAEDがありますとか、フリーベンドの災害対策型自動販売機がありますとか、そういった防災に本当に役立ついい情報がこのマップの中にふえていくということについては大変うれしいことなんですが、こういった危険箇所が毎年同じだったり、多くふえてったりするというのはね、どういったものかというふうな考えがあるんですが、やっぱりここからこういった危険箇所が少なくなればですね、先ほども言ったようにもちろんやってる子供たち、そしてあと教えてる先生、あと一緒になって地域のこういった防災活動に協力してくれている各諸団体の方々の励みにもなると思うんですが、その辺の認識は教育長もなんですが、町長も、教育委員会でできないことはもちろん町で対応しなくちゃいけないもんですから、その辺の認識についてお二人の見解をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 毎年同じ箇所が指摘されることについてはどうなんだということでございますが、通学路検討委員会の中でこれまたできる限り速やかにできることを対応しているところでございます。お金のかかることについては時間がかかる場合がございますが、事務局あるいは学校で標識あるいは表示、そういったところでできるものについては、即対応するように努めているところでございます。金ケ瀬小学校周辺につきましても即対応してまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 基本的には今教育長がおっしゃったとおりでありますけれども、毎年同じような箇所が指摘されているということでは、ちょっといかがなものかということもありますので、一歩でも進めていけるように教育委員会と連携しながら、また執行部と教育委員会で連携しながら進めてまいりたいと思っておりますんで、よろしくご理解ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今、金ケ瀬のことばかり言ったんですけども、やっぱり南小学校学区であったり、大中・大小学区においてもですね、いろんな問題があると思いますが、少しずつ改善していただければなというふうに思います。
 あと、またこの防災教育に関してなんですが、前、ちらっと新聞で見たことあったんですが、大中の仮設住宅に行って、腰かけをつくってプレゼントしたり掃除したりというようなのが前にも記事になったと思います。金ケ瀬はこうやって継続してるんですが、ほかの例えば大中なんかはこうやって継続的に防災教育なんかをしていってる事例というか、今後こういったことを多分していったほうが私はいいと思うんですが、そういった考え、あるのかないのか。もし、現在してるんであれば、こういった活動をしているというのがあるんであれば、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 先日南小学校で行われました町の防災訓練におきまして、大河原中学校の名称は正確には忘れましたが、防災担当の生徒が町の防災訓練に参加して実際に活動しております。男子十五、六名、二十名くらいだったでしょうか、女子も同じくらいの人数がおりました。さらに、今年度中に地区の行政区の皆様と連携して、中学生と行政区の皆さんとでその非常時にどのような避難ができるのか、具体的な通学路を使って避難訓練をしたいという校長の話を聞いておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、こうやって東日本大震災を機にそういった教育というのは大きくなってからも役立つと思いますので、継続的な取り組みをお願いしたいと思うんですが、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 状況は時々刻々変わっておりますので、去年と同じ訓練ということは考えたくないというふうに考えております。蔵王の噴火等ですね、環境の変化にあわせた訓練を日々継続してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、教育委員会、教育総務課のほうでもですね、そういった防災関係に取り組む事業、学校のほうからですね、予算とか要望等、後いろいろな事業に対しての支援など要望があればですね、積極的に取り組んで今後支援していただきたいと思うんですが、その辺……やっぱりどうしてもこう単発的じゃなく、何事も続けていく、継続は力なりではないですけれども、そういったことになると思いますので、そういった継続的なできることが要望があればですね、積極的に支援していく考えがあるのかないのか、その辺伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 学校からの要望というふうに理解しましたが、学校からの要望あれば当然支援してまいりますし、要望がある前に必要があれば教育委員会のほうで率先してリードして進めていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ありがとうございます。できるだけ、何回も言うようになりますけども、早く改善できることについてはですね、改善するよう要望いたしまして、1項目については終わります。
 続きまして、2項目の質問に移ります。
 第2項目は、公共施設のアスベスト使用の再確認であります。
 10年前の平成17年度の6月定例会、12月定例会で先輩議員がそれぞれ数名、アスベスト対策について質問をされております。当時の執行部の回答は、アスベストが使用されているのは昭和30年から55年ごろまでに建築された建物に多い、以前に調査を行い、該当する施設については除去及び封じ込めなどの対策をした。また、当時、今回再調査をしたところ、当時の話ですね、再調査をしたところ、金ケ瀬小学校校舎1階機械室の壁、天井、大河原小学校体育用器具庫の屋根裏にあることを確認した。さらに、大河原町地方卸売市場の屋根裏、町営住宅の壁、天井、大河原南小学校体育館天井、校舎階段裏及び大河原東駐輪場の屋根に飛散性の少ないひる石などが認められた。大河原、金ケ瀬小学校は、すぐ補正予算で除去工事を行い、市場、町営住宅、南小、駅東駐輪場については、調査の結果に基づき、対策を講じるということでございました。
 執行部は今年度もアスベスト飛散調査を予算計上している卸売市場だけで、ほかの公共施設については全て対策が終了していることだと思いますが、去る11月28日の河北新報の朝刊に、涌谷町の箟岳中学校校舎で国の基準値を超すアスベストが見つかったと。7月に改修工事を初め、記事の内容からそれまではアスベストを確認できず、予算上もアスベスト対策を想定していなかったという報道がありました。それを踏まえ、以下質問いたします。
 (1)番。今さらでありますが、上記のように10年前にもアスベストについて公共施設は全て確認済みという回答をしておりますが、本当に当町は大丈夫なのか。
 (2)番。当町も昭和55年ごろまでに建てられた建物も多く、今後公共用施設マネジメントを進めていくにしても、アスベストの存在を把握しているか否かで、新聞の記事のように思いがけない経費が発生し、マネジメント計画の変更を余儀なくされることも考えられると思うが、どうか。
 以下、答弁を伺い、再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本庁の公共施設のアスベストについて、確認済みかとのご質問でありますが、平成17年度に町所有の全ての建築物について、アスベストの使用実態調査を実施いたしており、議員ご発言のとおり除去または封じ込め作業を行っておりますことから、現状では問題がないものとなっております。
 次に、アスベストの存在を把握しているか否かで、公共施設マネジメント計画の変更を余儀なくされることも考えられるかどうかとのご質問でありますが、現在策定中の公共施設等総合管理計画では、総務省の試算ソフトを使用し、公共施設の将来的な更新費用、維持、補修、改修費用の算出を行っております。この費用の中には、さまざまは要素を想定した経費を一定数見込んだものとなっているようですので、仮に想定外のアスベストが見つかったような場合でも、数値に変更が出るものではないと考えております。
 ただし、今後さらに個別計画を進めていく際には、現にアスベストが存在する建物の更新時の解体費用は通常の建物よりも高額になりますことから、これらの費用も勘案しながら計上していきたいと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 大体答弁はないと、何ていうか、ちゃんと検査済みだというような答弁は何となくわかってるんですけども、結局はここでこういう引き合い出していいかどうかわからないですけども、結局税金の徴収と同じで、人間がやってることですから、やっぱりどうしても計画の中で見過ごしたとかそういったものがあって、後から出るんでは困る。結局そういっちゃあ徴収の問題だって大河原町で出たらほかの町でもぽつぽつと出たようにですね、今回もたまたま涌谷で出てるんでしょうけども、多分涌谷だって10年ぐらい前からアスベスト調査はしてるんではないのかなというふうに思います。それで、結局こうやって今の段階になってこう出てきているから、私も大河原当町では大丈夫なのかということで今回は質問をさせていただいたんですけども。結局、こないだの涌谷町の問題でもですね、結局なんでしょうかね、町長の答弁の中に想定外のアスベストが見つかったような場合でもということがあったんですけども、結局涌谷町の町の議会が監査請求したその監査委員の検討の中にですね、例えば町が施工業者に石綿使用の状況を通知しなかったことが問題だよというような言い方もされているもんですから、本当に大丈夫なのかということと、結局多分10年か11年くらい前に調査していることなので、もう一回といったらあいづなんでしょうけども、その辺再確認しておく必要があると思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 平成17年にですかね、アスベスト対策会議というのを催しまして、町所有の全ての施設について実態調査を行っておるという関係上から、多分今後新たなアスベストは出てこないものと考えてございますが、各施設の管理者におきましてですね、再度どのような状況になっているかを確認させていただきたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうですね、やっぱり確認しとく分についてはですね、後々問題にならないので、その辺確認しておいたほうがいいのかなというふうに思います。
 あと一つ確認なんですが、石綿に関する法規制というのはずっと変化してきてですね、例えば平成5年には非飛散性アスベスト廃棄物取り扱いに関する技術指針が公表されたことと、あと2008年には石綿含有率の高低分析法、JIS法が変更されたっていうのがあるんですけども、例えば平成17年、16年度、これでいうと多分2008年というと今から7年前ですから20年ごろの法改正だったと思うんで、その前の基準で分析やっておるのではないのかなというふうに思うんですが、その辺の対応というか、その分析の、ちょっと専門的なことになって申しわけないんですけども、そのときの分析に対応しても今回、事前に役場が調査している範囲で大丈夫なのか否かだけの確認をさせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 私のちょっと手元にありますのは、平成18年にアスベスト含有率が0.1%という数値がございます。これを超える場合は使用禁止とかという話になってございます。飛散性がなければ問題はないというふうな形になるかと思います。
 町のほうでも一部調査をさせていただいてございます。高いものですと37%くらいあるところもございます。そこは飛散性がないということで飛散しているかどうかは毎年環境測定をしているというふうな状況で、そこの中で対応していければというふうに今のところは考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今、2006年の平成18年で0.1%以上あれば規制対象とすべき石綿ということで改正がされているんですけども、その2年後に、2008年、平成20年ですね、先ほど言いましたけども、石綿含有率のアスベスト含有率測定方法、JIS法が変更されたということが本に書いてあったものですから、JIS法に照らし合わせても当時の検査結果には問題はなかったのかなというような質問をさせていただきました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 2008年2月にですね、石綿障害予防規則の一部改正ということで、アスベストの調査分析対象にですね、アクチノライト、アンソフィアライト及びトレモライトが明示されるということで追加されたというような形のようでございますので、0.1%というものはそのまま残っているものと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) わかりました。それで、先ほどもなんですが、10年以上たっていることなもんですから、やっぱりその辺、先ほどの答弁のようにしっかりもう一度確認していくことをお願いいたしまして、一般質問を終わらせていただきたいと思います。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、一般通告書に従いまして、一般質問させていただきます。
 初めの質問は、自治体における子育て応援アプリの推進の取り組みについてであります。
 平成27年度から、子ども・子育て支援新制度がスタートしたことに伴い、保育を初めとするさまざまな子育て支援に関する情報提供や相談、助言等を行う利用者支援事業の実施が自治体に求められたことがきっかけとなり、各自治体で独自の支援事業を検討、展開するようになりました。昨今、子育て家庭の家族形態や就労形態が多様化する中、保育だけでなくさまざまな形の子育て支援が求められており、自治体における支援事業も利用者ニーズに幅広く対応する必要性が増してきています。
 そのような中、東京都世田谷区では、子育て世代に広く普及しているスマートフォンを活用した支援事業を行っており、注目を集めています。多様化する子育て家庭のニーズに沿った情報を提供するため、ツールの1つとして、区では平成26年度10月からせたがや子育て応援アプリを公開しています。
 核家族化やひとり親世帯の増加、地域のつながりの希薄化するなどにより保護者が孤立しがちであることから、出産や子育てに対する不安や負担は決して軽くありません。そこで、子育て世代の多くが利用しているスマートフォンで、時間や場所にとらわれず気軽に子育て支援に関する情報を取得できるようにすることで、子育て世代の不安感や負担の軽減などを図ることができるアプリが有効であると考えて導入されました。
 アプリを通し提供されるサービスには、おむつがえ、授乳スペース、公園などの情報を閲覧できる施設マップ、子育て支援情報や申請手続などの情報を閲覧できる子育て支援ナビ、幼稚園、保育施設、条件にあわせて検索できる保育施設検索ナビ、登録した子供の生年月日や住所などに合わせた健康や予防接種のお知らせを通知するお知らせ配信機能などがあり、妊婦期から小学就学前の子育て家庭を対象に支援、情報を提供しています。利用者からは好評を得ており、アプリの公開から約1年が経過した平成27年9月時点では、ダウンロード数は8,974件となっています。今後、同様アプリの開発する自治体がふえると、近隣の自治体と連携したサービスの提供を検討することも可能になり、より多くの子育て支援、世帯のニーズにきめ細かく応えることができるようになることが期待されます。
 地域の特徴に合わせて柔軟な情報を提供できるツールの1つとして、自治体のアプリ開発を検討、推進し、子育て支援事業に生かすべきと考えますが、町長の見解を伺います。
 回答によりまして、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 利用者支援事業については、子ども・子育て支援の推進に当たって、子供及びその保護者または妊娠している方が教育、保育施設や子育て支援事業等を円滑に利用できるよう、本町では平成26年度から世代交流いきいきプラザ内で専門の相談員を常駐させ、双方向の子育てに関する情報提供を行い、必要に応じて相談や助言を行うとともに、関係機関との連絡調整をしながら、子育て中のご家庭を支援しているところでございます。
 高橋芳男議員からは、子育て支援の情報提供のツールの1つとしてスマートフォンを活用した子育て応援アプリについて検討、推進してはどうかとのご提案でございます。町の子育て情報発信の手段としてスマートフォン向けのアプリ開発も含め、さまざまな情報発信の手法がございますので、発信者、受信者の費用負担も考慮し、双方に利益のある手法を検討させていただきたいと考えております。それまでの間につきましては、利用者支援事業や町ホームページを活用し、子育て支援に関する情報提供を充実させていきたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 検討させていただくというふうなことでございますので、地域創生と含めて今町長が言われておりますように、我が大河原町を歩きたくなるというふうなことで前向きに検討させていただければというふうに思いますので、それについて一言ありましたらよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご指摘のとおり、これから町としても子育て支援をしっかりとやっていくということで、地方創生でも重要な政策の柱にしております。その中の一環としてこれも検討していきたいということで、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、2点目の質問に入ります。
 2番目の質問は、地域で取り組むひきこもりの社会復帰支援についてであります。
 現在世代の不就労者、ひきこもりの増加は、地域の活性化を妨げるだけでなく、高齢家庭の負担となっています。地域で就労できず、ひきこもりになっている実態を調査し、支援策の実施が求められています。厚労省では、ひきこもりを「さまざまな要因の結果として、社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職員を含む就労、家庭外での交遊)を回避し、原則的には6カ月以上にわたっておおむね過程にとどまり続ける状態(他者と交わらない形での外出をしてもよい)」と定義し、それが約26万世帯(平成27年8月 厚労省)に上がると推計しています。
 また、近年では、ひきこもりの高齢年齢化が進んでいます。全国ひきこもりKHJ親の会(家族会連合会)の調べによると、引きこもり始める年齢は横ばい傾向にあるものの、平均年齢は上昇傾向にあります。最近では、一旦社会に出てから挫折したことでひきこもり状態になる人がふえ、高年齢化に拍車をかけています。また、年齢が高くなるほど抱える家庭の負担は重くなり、支援が難しくなっています。
 問題は、ひきこもりを抱える親が既に高齢化しており、本来親の世代が年金を受給するなど社会保障の恩恵を受けているはずが、子供が社会復帰できない、また不就労者の現状が続き、果ては生活困窮に至る世帯となることが予想されています。
 そこで、厚労省では、各県の都市部にひきこもり地域支援センターを設置しています。ここでは、主にひきこもりを特化した第一次相談窓口を設け、支援コーディネーター(社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士)が、ひきこもりの状態にある本人、家族から電話、来所による相談や家庭訪問を中心とした訪問支援を行うことにより、早期に適切な機関につなぐ自立への支援のことを事業内容としています。
 また、この4月に施行した生活困窮者自立支援法では、その目的について生活保護に至る前の段階で自立支援策の強化を図るため、生活困窮者に対し、自立相談支援事業の実施、自立相談支援事業の実施、住居確保給付金の支給その他支援を行うための所要の措置を講ずるとしています。
 秋田県藤里町では、平成17年度「地域福祉トータルケア推進事業」を「福祉のまちづくり」として地域福祉の推進に取り組んできました。平成22年度には、住宅のひきこもり者、不就労者等を対象に支援する人もされる人もともに集いあえる場所として福祉の拠点、「こみっと」をオープン。毎年、こみっと感謝祭の開催をしており、障がいや年齢に関係なく地域交流の場として200人以上が参加しています。ひきこもり者・不就労者・障がい者等が提供する手打ちそば自慢のお食事処「こみっと」では、平成25年から香川県の讃岐うどんの技術研修を受けて開発した「こみっとうどん」を提供しています。
 また、社会福祉協議会で事務を務めるシルバーバンク事業は、既存の福祉制度では答えられない地域住民のニーズに対応しています。そこで、在宅のひきこもり者や精神障がい者等が登録するこみっとバンク事業が誕生。課題を抱えた若者がシルバーバンクに登録する高齢者と共同作業を行うことで、世代を超えて支え合う地域づくりにつながることを目的としております。高齢化の進む地元地域においてこみっとバンクの必要性は着実に増加していると評価されています。地域の作業依頼にこたえることでひきこもり者・不就労者・障がい者等の社会参加の機会として、地域住民とともに支え合う地域づくりへ貢献することができるように取り組んでいます。
 藤里町では、平成23年度にひきこもりの実態調査を独自に15歳から55歳の町民、1,293人のうち、113人の長期不就労者状態で引きこもっていることが判明。その割合は8.74%に上り、半数以上は40歳以上であることもわかり、ひきこもりの高齢化が明らかになりました。このような取り組みは、ひきこもり・不就労者が社会復帰する前段階で地域住民とともに地元に貢献できるような仕組みや施設をつくり、就労応援つながっているといえます。地域活性化の一助となる地元地域でのひきこもりの社会復帰支援を当町としても取り組みをすべきではないかと考えるが、町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりましては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、地域でとり組むひきこもりの社会復帰支援についてのご質問であります。
 高橋芳男議員ご指摘のように、ひきこもりは増加の傾向にあります。宮城県では、平成27年8月に宮城県ひきこもり地域支援センター南支所を新たに設置し、相談業務を行っております。また、生活困窮者の自立支援を目的に、本町のオーガの中に宮城県仙南自立相談支援センターを平成25年6月に設立し、相談業務を行っており、仙南保健福祉事務所においてはひきこもり相談、自立支援の相談、支援を行っております。本町での対応といたしましては、相談業務や広報を行い、宮城県ひきこもり地域支援センターや宮城県仙南自立相談支援センター、仙南保健福祉事務所と連携を図りながら支援を行っております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) この問題を取り上げたっていうのはですね、なかなか相談しづらいというふうな精神面的なことがありましてですね、なかなか相談しづらいというふうなことでありましたもんですから、特にこれを取り上げさせていただきまして、一般質問にさせていただきましたので、やっぱり地域創生のためにもですね、やはり我が大河原町、働いていただいて幾らでも税金を納めてもらうというふうなことでやっていただかないと、大変な事になりますので、あえてこの一般質問させていただきました。
 ここでありましたらご答弁、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 人間において働くことが誇りであり、人間としての尊厳を保つということで勤労というのは極めて大事であります。そんなことからこのひきこもりが一人でも少なくなるように、しっかりと取り組んでまいりたいということを決意を表明してご答弁にかえさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、3番目の質問に入ります。
 3番目の質問は、若年層の自殺対策強化についてであります。平成22年度以降、我が国の自殺者総数は減少傾向にあるものの、依然として年間2万5,000人以上の人がみずから命を絶っている現状にあります。その中でも、若年層の自殺者の減少幅は、他の年齢層に比べて小さく、若年層に対してはこれまで以上に自殺対策の強化を図っていくことが求められております。平成27年度版の自殺対策白書、若年層の自殺をめぐる状況では、20歳未満の自殺の原因が学校問題、20代、30代は健康問題、最も多く上げられています。そして20代は勤務問題、30代では経済・生活問題がそれに次ぐ多さとなっています。
 また、平成24年度1月に内閣府が実施した意識調査によると、自殺したいと思ったことがあると答えた人の割合は20代で最も高くなっています。自殺対策に関する意識調査でこうした状況を打開するため、平成24年度に自殺総合対策大綱の全体的な見直しが初めて行われ、同年8月に「自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~」が閣議決定されました。
 また、白書で「自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~」中で見直し後の大綱では、具体的な対策施策として、若年層向けの対策や、自殺未遂者向けの対策を充実すること、地域レベルでの実践的な取り組みを中心とする自殺対策への転換を図る必要性、国・地方公共団体・関係団体及び民間団体等の取り組み相互の連携・協力を推進することなどを強調し、平成28年までに自殺死亡率を17年と比べて20%以上減少させる目標を掲げています。取り組み事例として、「すぎなみネットでトラブル解決支援システム」無料アプリはインターネット上を含むいじめやトラブル被害などから児童・生徒を守るため、24時間365日、気軽に利用することができるネット上の相談窓口として機能を備えています。
 現在、我が国の自殺総数は減少傾向にあるものの、依然として年間2万5,000人以上の人がみずからの命を絶っている状況にあります。中でも、若年層の自殺者数の減少幅は他の年齢に比べて小さく、若年層に対してはこれまで以上の自殺対策の強化を図っていくことが求められています。国の支援策や自治体の取り組みを参考に若年層を初めとする自殺防止のため、対策強化を推進すべきではないかと考えますが、町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりましては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、若年層の自殺対策強化についてのご質問にお答えいたします。
 本町では、平成21年度から自殺対策緊急強化事業として、悩んでいる人に気づき、声をかけ、必要な支援につなげ見守るゲートキーパーの人材育成事業、一般町民向けの啓発事業、臨床心理士による相談事業を実施しております。
 若年層の対策といたしましては、中学生に対して相談先を記載した啓発用クリアファイルやうちわの配付、成人式での啓発用ティッシュやストレスに関するリーフレットの配付などを行っており、継続して実施しておりますので、今後も学校や地域での啓発活動を進めてまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 先ほど町長答弁から、一応中学生に対してもというふうなことでございましたので、教育長のほうとして中学生の自殺対策についてのお考えがあれば、お聞かせいただければと思いますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まず大河原町には、いじめ問題に対する対策の条例をつくっておりまして、1つは、いじめ問題の検討委員会、そしていじめ問題専門委員会、これを本年度初めて実施したところでございます。これによりまして、心の悩みを持つ児童生徒が重大事案、いわゆるその自殺などに追い込まれないように対策をとっているところでございます。また、仙台法務局を中心といたしまして、SOSミニレターというものがございます。このSOSミニレターは、児童生徒一人一人に配付されるものでございまして、この裏側にお手紙を各項目がございまして、これをポストに入れて悩みを相談するということになりまして、子供の秘密は完全に守られるという形で悩みを聞いているところでございます。さまざまな対策を練っているところでございますが、お陰様で重大事案は発生していないという状況にございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 私が議員になる前にですね、大河原中学校のほうで一応リストカットというふうなことがありましたのでね、今高学年になって今就学に努めておりますけれども、やっぱりそういうふうなことがあったからこそ今この一般質問に上げさせていただいたというのもそこでございます。先ほど出たように心のケアですから、うちの子供が悩んでいるというのはなかなか相談しづらいところがあるんです。早く言えば目安箱みだいなのがあって誰か相談所に行けばいいんだげっと、お話しするというとどっからか漏れてしまうというふうなことがあって、親のほうとしてもやっぱり秘密主義の部分がありますので、うちの子がというプライドがありますんで、十分とほこんとこ配慮していただければなと思いますので、これに対して教育長、何かあれば。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員おっしゃるとおり、秘密を守るということが非常に大事だと思います。学校の中で相談できないことについては、校外でその相談を受け付ける体制をこれから整えようとしているところでございます。まだ、正式な決定は見ませんが、平成28年度から子供の心のケアというものに対して県の支援を受けながら学校の外でも子供や親の悩みを受け付ける場所をつくりたいと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) そのようにやっていただければ、28年度からやっていただければ親のほうも安心できると思いますので。
 4点目のほうについてお話しさせていただきます。
 4点目の質問ですけれども、イノシシ被害の公園利用に対する安全対策でございます。
 イノシシが出没し、園内の被害が出ております。行政にも上谷公園の金網フェンスの根元が3カ所が腐食倒壊で新しいものに交換、または公園で親と子がブランコで遊んでいる場所はイノシシの出没の場所でもあり、裏手側には金網のフェンスもなく安心して遊びができないと、地域住民より金網フェンス設置の要望が出ていますが、子供たちが自然環境の中で自由に遊ぶという理念から、電気柵や防護柵が設置されていないのかもしれませんが、公園利用者に対する安全対策はどのように行っていますか。
 公園として利用されている区域に接する全ての周辺林地で出現しにくくなるように下草刈りや、出没痕跡地にはイノシシの嫌いになるようなにおい、嫌忌材を設置し、今後も利用者の安全を確保するため、要望を含めての対応をすべきではないかと考えますが、町長の見解をお伺いします。
 回答によりましては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、上谷公園に出没するイノシシに対する公園利用者の安全対策についてのご質問にお答えいたします。
 金網フェンスにつきましては、腐食により支柱が折れた部分の修理を早急に行ってまいります。裏手側への新たなフェンス設置につきましては、予算を伴うことから現在のところは難しいものと考えております。
 イノシシの出没につきましては、痕跡は確認しておりますが、夜行性であるためか日中の目撃報告は現在までに寄せられておりません。
 公園利用者の安全対策といたしましては、林地の下草刈りについて、地権者の方に適正な管理を行っていただくよう以前から連絡しております。
 また、嫌忌材につきましては、イノシシ避けのにおいをつけたロープの設置及び粒剤の散布を実施いたしました。なお、今後もイノシシの出没が続くようであれば、捕獲用わなの設置も含め計画し、安全性を高めてまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) いつも町長が言われておりますように、歩きたくなるような町、そしてそれプラスイコール行きたくなる公園というふうなことでプラスしていただければと思いますので、夜行性だから見えないというんですけれども、目と鼻の先の方が変則勤務やっておりますので、そこに出没すると「いちいち言わないけど、出没すんです」というふうなことでございますので、特に歩きたくなる町、行きたくなる公園というふうなことで言われるようにしていただければ、これに対してコメントあればコメントをいただいて、私の一般質問を終わりたいと思いますので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 考えていることは同じだというふうに思っております。歩きたくなる町、当然行きたくなる公園も含まれておりますので、そういったことを勘案しながらよりすばらしい町をつくってまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これで、一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間、休憩します。
     午後2時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時13分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番、堀江一男でございます。
 議長のお許しを得ましたので、一般質問をさせていただきます。
 私の一般質問は1項でございます。財政運営について。9月議会での26年度決算で、本町の財政が健全であることにより承認されました。12月に入ると新年度予算編成が大詰めを迎えるわけですが、毎年財源確保に担当課は苦慮されていることは承知をしておりますが、年々起債残高が増加傾向にある一方で、実施計画によると地方交付税の減額が見込まれており、減額相当額を臨時財政対策債、以下臨財債で賄おうとしており、今後の財政運営が心配されます。
 本来、国が交付税で配るべきお金を自治体が立てかえて使う、それが臨財債です。つまり、臨財債は町の借金であると私は思っております。
 臨財債は平成13年に3年間の時限特別措置が今でも続いており、28年度までとなっております。国は、現在発行されている臨財債のほぼ半分は先に借りた臨財債の返済のための借金で、借金の返済のために借金をするという自転車操業よりもひどい雪だるま式の状態で、臨財債の残高も50兆円に迫り、交付税の全体額の3年分にあたると言われております。100%交付税算入により、返済には交付税が責任を持ちますと言っても返すに返せない、責任を持てない額になっていると思いますので、以下伺います。
 (1)一般会計における平成26年度の公債費残高は、55億9,614万5,000円となっており、その中で臨財債は36億386万3,000円で、全体の64%を占めております。県内の自治体の公債費に占める臨財債の割合は、これ25年度なんですけども、平均すると31%になっております。
 1)なぜ、本町が他市町に比べ臨財債の占める割合がこんなに多いのか。倍以上でございます。
 2)臨財債は28年までと言われていますが、それ以降の対応はどのようになるのか把握しているのか。
 3)臨財債に頼る予算の編成に、町はどのように考えているのか。
 4)臨財債は、自分の借金という形で自治体が立てかえて使い、立てかえた分の返済は国によって行われる。国が配るべきお金なのだから、国もそのように約束をしていますが、現金を返すとは言っておりません。交付税に算入して戻すと言っております。交付税で計算上戻すのですから、単純に計算をすれば、財政力指数が0.59の大河原町なら、利息を含めた臨財債の0.41、つまり4割しか戻ってこない勘定になるのではないでしょうか。
 (2)宮城県市町村課の県内市町村の健全化判断比率、25年度、26年度ついさっき言っていましたけれども、によると、仙台市を除く34市町村の中で、大河原町の実質公債費比率は3.8で、富谷町に次いで2番目に低くなっており、財政の健全性が示されており、将来負担比率は28.7で県内16位となっております。両方とも健全性が見られますが、将来負担比率、これ26年度は19.6となって低くなっていますけども、実質公債費比率と比べると、この将来負担比率が高いのが非常に気になっております。
 1)将来負担比率が高いのは、仙南広域事務組合や県南中核病院等の負担金が影響しているのではないかと思われるがどうなのか。
 2)仙南2市7町では、白石市、七ヶ宿町、川崎町の3町が将来負担比率ゼロとなっていますが、この要因をどのように考えているのか。将来負担比率を低くするために町としてどのようにすべきと考えているのか、その考えをお聞かせ願いたいと思います。
 答弁によっては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町の公債費残高に占める臨財債の残高の比率や、県内平均よりも高いとのご指摘についてでありますが、近年本町では多額の記載を伴う建設事業を行っていないため、過去の建設事業に係る公債費の残高は、毎年減少しております。逆に、臨財債につきましては、平成13年度以降、毎年平均すると約3億3,000万円程度の借り入れを行ってまいりました。この結果、公債費残高に占める臨財債の残高の比率は高くなっていますが、その反面、元利償還金に対する交付税措置がある地方債の割合が多いことは、公債費の財源が一定程度確保されていると考えております。
 次に、平成28年度以降の臨財債は、どのようになっていくのかとのご質問でございますが、臨財債につきましては、国の地方交付税の財源不足を補うために平成13年度に平成15年度までの臨時の措置として導入された地方債で、その後繰り返し期間が延長され、平成28年度まで延長されていることは議員ご指摘のとおりであります。平成28年度以降、この臨財債での財政措置につきましては、今のところ国からの情報はありません。したがいまして、本町といたしましては、今後国から出されるであろう地方財政計画を注視しながら対応していきたいと考えております。
 次に、臨財債に頼る予算編成についてのご質問でありますが、前段でも申し上げましたとおり、臨財債は国が地方交付税の財源不足を補うために臨時に行っている措置であり、地方債の形をとっているものの、国の地方財政計画でも、地方自治体の財源に位置づけられており、地方交付税の一部と考えております。また、毎年の予算編成時に財源不足を生じている状況におきましては、地方交付税の代替措置である臨財債を活用することは、必要不可欠な状況でございます。また、臨財債は一般財源であるため、借り入れをしないと仮定した場合、財政の硬直化の指標である経常収支比率が悪化することとなります。
 しかしながら、議員ご指摘のとおり、地方債でもあることから、今後の財政運営においても臨財債の発行可能額の範囲内での適正な金額を見きわめながら臨財債の運用を行っていきたいと考えております。
 次に、臨財債の交付税算入についてのご質問でありますが、基本的には普通交付税の額の算定については、基準財政需要額から基準財政収入額を引いた金額が普通交付税の交付額となります。このことから臨財債の元利償還金につきましては、全額が後年の基準財政需要額に算入され補填されるものと認識しております。
 次に、実質公債費比率と比べると将来負担比率が高いとのご質問ですが、まず実質公債費比率と将来負担比率につきましては、地方自治体の財政の健全性をはかる指標であることは議員ご指摘のとおりでありますが、実質公債費比率につきましては、経常的一般財源の規模を示す標準財政規模に対して一般会計、特別会計、企業会計に加えて一部事務組合等の地方債の元利償還金に対して支出した一般財源が占めている割合を示すものであります。また、将来負担比率につきましては、標準財政規模に対して将来負担額、つまり一般会計の地方債残高と今後一般会計以外の会計の地方債の元利償還金に対する繰出見込み額、退職金の支給見込み額に加えて一部事務組合等の地方債の元利償還金や第三セクター等の負債で、今後負担が見込まれる金額の大きさを示す指標であります。実質公債比率と将来負担比率は示す指標の性格が異なるため、お互いの数値を比べることはできません。
 将来負担比率と仙南地域広域行政事務組合やみやぎ県南中核病院の負担金との関係についてでありますが、将来負担額に一部事務組合等の地方債の元利償還金に対する負担見込み額が含まれますことから、これらの金額が将来負担比率の数値に大きく関係していることは、議員お見込みのとおりであります。
 次に、仙南の3市町の将来負担比率がゼロとなっている要因についてのご質問であります。将来負担額に占める一部事務組合の地方債の元利償還金に対する負担見込額の割合が低いこと、将来負担額への充当可能税源が将来負担額を超えております。その要因といたしましては、充当可能財源である基金残高をふやしていること、また、地方債の元利償還金の財源が交付税の中で安定して見込まれていることにあると分析しております。
 次に、将来負担比率を低くするために、町としてどうすべきかとのご質問であります。町の将来負担額の内容を見ますと、一部事務組合の地方債の元利償還金の負担見込み額が、全体の4割弱となっております。しかし、この部分につきましては、過去の負担割合決定の経緯等があり、額を減らすことは困難であると考えております。
 このことを踏まえ、本町での取り組みといたしましては、今後行う建設事業の選択により交付税措置のない起債を抑制すること。現在抱えている地方債については、繰り上げ償還を行い、地方債残高を減らすことにより将来負担額を圧縮すること。そして、充当可能財源である財政調整基金の現在の水準を維持していくことが必要であると考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 答弁で大体わかったんですが、臨財債の割合が多いのは建設関係ですか、そういったものがなかったから、その建設債とかそういったものの分が少ないから臨財債が多いというふうなことなんですけども、それにつけましてもね、結局公債費、1番と2番、似たようなもんですから一緒で(1)と(2)、一緒にさせていただきますが、それにつきましてもね、結局地方債の臨時財政対策債、毎年やっぱり3億6,000万くらいずつこうやっているわけですけども、それを含めると36億というふうな金額になってきますとね、結構大きな金額になってくるんでないのかなというふうに思うんですよ。特に、これは補填されるというふうなことでほかのところから比べればそれはいいのかもしれませんが、私が心配しているのは、これが28年度、まだこの先わからないという答弁ですけども、国がもう大変な状態でこの臨財債を出しているんですよね。結局借金をして臨財債を出しているような感じ。それにつけて、また一方では大河原町の財政力指数が上がってくる、上がってくれば交付税が下がる、そうなってくっと余計今度一般財源ていいますか、この町での自分たちでつくる財源を確保していかなければやっていけなくなると、そういうふうな形になるかと思うんです。
 今後ですね、大河原町の税収が非常に厳しくなってくるんではないかというふうな状況を見た場合に、できるだけ私は借金をなくしていくほうがいいんじゃないかと。もちろん交付税で入ってくればそれはそれでいいんですけども、交付税そのものだって結局払えなくて臨財債っていうふうな形になってるので、今後のね、その見通しとしてやはり何て言いますか、ここでは回答では28年度以降については今後出されるであろう地方財政計画を見ながら対応していきたいということで、もう27年度も12月に入っているわけですから、この辺のところの把握っていうのは早くできないもんなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まだ国の方針が出ておりませんので、ちょっと把握というのは難しいのかなと思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何となくね、やはり心配なんですよ。国がいつこいな今度臨財債、出しませんよというようなことになってくるとね、町の財政が一体どうなってくるのかっていうふうなことが非常に心配になってくるもんですから、その辺のところにつきましては、できるだけ早く情報をキャッチするような努力をしていってほしいなというふうに思います。
 それからですね、将来負担比率の問題なんですが、これですね、仙南広域とか県南中核病院、この部分が私は結構あるというふうに思ってるわけですけども、この答弁によると4割弱になってるということなんですが、病院の決算それから仙南広域のいろんな資料等を見てみますと、病院も大分厳しい経営っていいますか、のようですけども、何か病院、まあここは病院議会でないんであれですけども、病院の運営の仕方、少し見てるとね、もうちょっと何かこう経営努力っていいますか、そういうふうなのがあってもいいのではないかなという点が多々見受けられるんですね。このそういった、足んないところはあと町で出しますよというふうな形では、やはり今後ますます町の負担というのが高くなってくるんでないかなと思うんです。軒先貸して母屋を取られるようなことのないようにね。やはり、その辺の部分の考え方をきちっと、まあ広域も同じなんですが、役場の場合ですと町民に直接っていいますか、議会の議員さんもいっぱいいてそこで直接っていうことで、いろんな声を聴きながら町のほうにも言えるし、町としてもいろんな情報公開をしながら住民の意見を聞くっていうことはあるんですけども、病院とか広域っていうのはほとんどないでしょ、それが。そうしますと、一部の町長と組長と各町からの議員の代表の議員さん方が行って、そこでばたばたばたばたって決まってしまう。そうしますと、実際に町民の目には見えてこない部分というのは結構あると思うんですよ。その分やっぱり担当と課なり、それから組長並びに議会選出の議員の人たちも含めてなんですけども、きちっとやっていかないとますます負担率がね、やりたい放題やれるというとちょっと語弊ありますけども、そういうふうな形になるんではないかなと思うんですけども、この辺今後注意して私行く必要があるんではないかなと思うんですけども、町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 病院の経営につきましては、いろいろ難しい問題があろうかと思っております。基本的にはですね、安全、安心のまちづくりの一環として病院が大変大事だということであります。反面、それに必要な財政が伴うということもあります。そこで、この判断につきましては、やはり町民に委ねたいと私は思っておりまして、福祉をとるのか、財政をとるのかという二者選択にこれから迫ってくる時代が来ようかと思います。そういったことで、幅広く病院の実態をお示しする中で、今後の病院に対する町の接触の仕方について、検討はさせていただきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 将来負担比率、仙南2市7町で白石、七ヶ宿、川崎3町ですね。これ仙台市を除く34市町村のうち25年度で将来負担比率がゼロなのが14市町村ですよね。26年度については16市町村にふえてるんですよ。2つふえてるんですね。だから、大河原は19.4というふうな形になってますけども、去年25年度は16位からすると19位に下がったんですが、まあ順番なんてどうでもいいんですけども、やはりこの将来負担比率っていうものを今後減らしていかないと、今後のね、いろいろな事業をやっていく上で、非常に財政が私は厳しくなると思うんですよ。さっきの高橋議員の質問の中でもイノシシの柵、予算がないからって。柵つくるだけの予算がないっていうふうなことをなんて言われるとほんとにね、情けなく思います。だからそれをね、大きなところに、何ていうのかなこう、目つぶっておいてちゃっこいとこさばり虫眼鏡でね、見るようなことをされてもね、財政というのはあんまりよくなんないと思うんですよ。だからもう少しね、おっきなところをね、びちっと見ていくっていうふうなことにしていかないとだめなんではないかなと思うんですけども、財政課長いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今後ですね、予算編成というふうな形の中でまたいろいろ詰めていかなければならないのかと思ってございます。その中で、やはりその必要な部分、または当面先送りしていいような部分等といろいろあるかと思います。そういうところを適宜判断させていただきながら、財政の健全性を保ちたいと考えてございます。また、地方債につきましてもですね、財源に余裕があれば繰り上げ償還等を行いながらですね、起債残高を減らしていくというふうな考えのもとで現在進めておるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 将来負担なんかでもね、組合負担見込み額ですか、これは54億ぐらいありますよね。それから退職手当負担の見込み額が10億6,000万ほどあります。それに対して地方債の残高が55億9,000万ほどあるわけですけども、そういった中でも充当可能財源については127億ぐらいですか、あるというふうな形になっておりますけども、いずれこう見ていますと、年々年々負債がふえていくということに対しては、あんまりよろしくないというふうに思いますので、その辺の改善をぜひお願いをいたしまして、私の一般質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 10番、庄司 充であります。議長のお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただきます。私の一般質問は1項でございまして、追跡課題、県道白石柴田線の改善でございます。
 前回の一般質問とほぼ同じような内容になりますけれども、これはあくまでも追跡でございますので、ご了承いただいて。私は平成21年第4回定例議会と平成25年第3回定例会において、「安心安全なまちづくりは道路から」という事項で前町長並びに現町長、2代にわたって一般質問をしました。今回はあれ以来、一向に進展を見ないこの問題について追跡訴えをいたしたいと思います。
 我が町は、上下水道完備とともに道路整備は、県内でもその完成度は上位クラスであります。町民も児童たちも安心して安全な道路を歩けるということは大変ありがたいことであります。しかし、通学路の安全対策はこれで満足というものではありません。歩行者や自動車の運転者も万全の注意を払ってはおりますが、現代の車社会では道路を考えずに問題解決にはなりません。これは、行政がやらなければならない永遠の課題であります。
 そこで、以下町長に質問をいたします。
 1、車両の交通量が年々増加している中で、県道白石柴田線、上大谷地区ですね、道路の幅員が非常に狭く、行き交う車や自動車は難儀をしております。この依然として改良されていない現状を町長はどのように見ておられますか。
 2、用水路はコンクリートでできており、歩行者が転落でもしたら大事に至ります。現在危険防止策はどのようになっておりますか。
 3、上大谷地区の通学路は、現在どこですか。特に、冬季の雪道はこの上ない危険箇所になりますが、上大谷地区の児童の通学対策と学校の通学指導はどうしておられますか。
 4、かつて、先輩議員が20年来2度にわたって一般質問で取り上げているこの問題、県道白石柴田線の拡幅は地元住民の長年の念願であります。3代にわたる町長へのこの課題に現町長は本気で取り組む考えはございませんか。
 質問いたしまして、場合によっては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 県道白石柴田線の改良への取り組みについてのご質問でありますが、議員もご存じのとおり県道白石柴田線は、宮城県が道路管理者でございます。この路線は道路幅員が狭く危険が多いことは十分認識しているところであります。それゆえ、今後も再度要望を継続してまいります。
 次に、用水路の危険防止策についてのご質問でありますが、現在転落防止等のガードレール及びネットフェンスが設置されているところであります。
 次に、上大谷地区の通学路と児童の通学対策と学校の通学指導はどのようにしているのかとのご質問にお答えいたします。
 まず、大河原南小学校学区上大谷地区の通学路ですが、県道白石柴田線の菅野工務店付近から宝泉寺まで、さらに町道上谷団地線27号などを指定しております。
 上大谷地区の通学路は、県道ではあるものの幅員が狭い箇所があり、その上、朝夕の通学時間帯の車両通行量が多いため、徒歩、自転車での通学は大変危険であると認識しております。
 そのため、南小学校開校以来、各家庭の判断により、現在でも全ての家庭が自家用車での通学となっております。
 なお、この路線の冬季間対応につきましては、県に融雪剤の散布を依頼し、散布していただいているところでございます。
 次に、道路改良の取り組みについてのご質問でありますが、現在、県は宮城の将来ビジョン・震災復興実施計画に基づき、東日本大震災の復興を最優先として事業を実施していると伺っております。
 今後も再度要望書を継続し、事業化に向けた取り組みをお願いしてまいります。
 この課題について町サイドの取り組みだけでは厳しいものと考えておりますので、地元住民、議会、さらには近隣市町村との広域連携を図りながらの要望も必要と考えているところでございます。
 今後さらに粘り強く、拡幅に向けた活動を実施してまいります。
 最後に、議員各位におかれましてもより一層この問題についての取り組みをお願いするものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 再質問をさせていただきます。
 前回の一般質問で、平成25年第3回定例会のときにですね、町長答弁の中に同地区の道路は、ただいま町長が言ったこととほぼ重複するんですが、狭くて危険が多いことは十分認識していると。このことから、道路管理者である県土木事務所に対し、早期の全線改良の要望をしていきたいと、一層県への働きかけを行いますと答弁していただきました。ということでありますが、以来、県との話し合いは何回行われ、県の感触はどうだったのか聞かしてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 平成25年度の一般質問を受けまして、町としましては10月に大河原土木事務所のほうに早速要望をいたしてございます。それで、そのとき土木事務所のほうの回答でございますけども、ただいま町長が答弁したとおりですね、震災復興と重なってる大変な時期であるということでございますので、今後も町としましては、やはりその要望を継続的に重ねていく必要性があると認識してございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) また、教育長はですね、前回の答弁で上大谷区の児童の通学路対策について、PTAの地区巡視や地区会長にお願いして通学路の危険箇所も点検して報告してもらうんだと言っておられました。報告の内容はどういうものだったのか、教えてください。
 また、関連機関合同で実際に現場を見て、通学路検討委員会で改善策を話し合い、対策を図ると約束をしていただいたのですが、その結果はどうだったのでしょう。お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、PTA並びに通学路検討委員会でどの部分が改善されたのか、危険箇所の改善がされたのかということでございますが、まず1点目は、上大谷の用水路が交差する非常に狭い場所がございます。その点につきましては、議員ご指摘がございましたのちに、柵を地域整備課の協力をいただきまして柵を設けまして、転落の防止を図っております。
 2点目は、上谷の熊野神社前の船岡用水路のところに通学路検討委員会から非常に危険だという、表示をしてほしいという要望がございました。直ちに、現在も危険、この地域に立ち入るべからずという表示を立てているところでございます。
 3点目は、最後の議員のご質問でございますが、このたび平成27年度から文科省国土交通省警察庁からの通知に基づきまして、新たに通学路検討委員会のほかにでございます、大河原町通学路等安全対策推進会議というものを立ち上げたのが10月20日でございます。そこには、通学路検討委員会のメンバーだけではなく、警察署の方、県の土木事務所の職員、町からは民生委員代表あるいは交通指導隊長、父母教師会代表等々ですね、それから町当局のほうからは地域整備課課長等々が出席いたしました。この会議をすることによりまして、現場の、何といいますか、検討会議が現場で行われました。その結果、上谷の宝泉寺前の交差点が非常に危険であるという通学路検討委員会等の要望を受けまして、早速センターラインそして道幅を示す白線、そして停止ライン、これを新たにラインを引くことができまして、現在もう既にその工事は完了しております。したがいまして、徐々にではありますが、改善されておるところをご理解いただきたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) いろんな策を講じていただいておりますけれども、結果的には道路が狭いと、それで危険であるというのが原因でございますから、この点をまず解決しないことには、問題が解決できないと思います。それで、教育長にもう一度お尋ねしますが、今から冬季の積雪時ですね、雪が降ってまいります。そんな時期を迎えるんですが、学校側は、通学児童に対する登校下校指導をどのように行っているんでしょうか。この南小学校の児童に対してですね、はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 月1度、PTAと学校の教員そして児童の代表とで交通指導の週間を設けまして、校門前に全員が立ちまして、安全に通学するよう呼びかけております。そのほかに自衛隊の退職者の方を中心とする隊友会の皆様方に巡視をしていただいております。また、そのほかに各地区における通学時間帯におきまして、地区の区長さん初め代表者の方々が通学路の角々に立ちまして、子供たちの安全につきまして声がけをしているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ちょっと観点を違わせて質問したいんですが、質問というよりも、町長にお尋ねしたいんですが、東北本線と白石川堤防の間を広い道路がありますね。上谷っていいますか、あの踏切から、あの道路をですね、町長の前の前町長が、あの道路を利用すれば安全に通れるんだと、この拡幅問題でこのように答えてるんです。非常に私はびっくりしたんですけれども、あの道路はいわゆる工事用の車とか、それから便宜上大谷から町のほうに行く車が通る道路だと私は認識しているんですね。で、あそこを通ると、例えばあそこを通学路にした場合、あそこを通ると2回の踏切を越さなければならない。そんなところから大変危険であると思うんですが、上大谷の人たちはですね、地元の人たちはあれは上大谷の人たちが通る、使う道路だとは思ってないと言ってるんですが、あの道路を町長はどのように考えますかね。前町長がおっしゃったようにあれを通れば安全だから、簡単に言うとあれを利用しなさいと、そのようなことを言ってるんですが、町長どのように捉えますか、あの道路を。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変そちらのほうも狭いところがあるということで使い勝手が私は悪いと思っておりまして、また、今議員指摘のとおり踏切をくぐらなきゃいけないと、こういったことで安全性を考えてもですね、やはり現道のほうを通学路としたほうがいいんではないかというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 金ケ瀬さくら大橋が開通以来、上大谷地区の交通量は以前の倍だと、地元の人たちから聞いております。私は今回の一般質問するに当たって、3週間前から同地区の最も道幅が狭い杉並がある線路伝いの、あそこを3回通ってみました。朝の8時ごろ、昼は1時ごろ、夕方の4時ごろですが、確かに以前より車の数が多くて、あそこがですね、車が交差できずに一度私がバックして、また次は対向車の方にバックしてもらいました。そんなような状態で、あそこの拡幅をせずにこの問題は解決しないなと思います。
 この問題はですね、今に始まったことではありません。古くは上大谷選出の議員でありました大先輩の庄子孝太郎さんが現役時代に何回も一般質問をしているそうです。さらに、私によく言っておりましたことは、庄子孝太郎さんは「今はこの狭い道路だけれども、今から何十年後には3倍もの幅の広い道路になるんだ」と、「私が必ずするんだ」と、「部落の人たちの約束なんだ」と、いわゆる地元の悲願40年の声なんでありますね。ですから、あそこをまず拡幅してもらう、さらに北白川のほうに通じる踏切まで、あの菅野工務店さんの、あそこの拡幅をですね、ぜひ取り組んでいただきたいと思うんですが、いかがでございましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、議員ご指摘のとおりさくら大橋ができて、通行量もふえているという実態もございますので、自体が少し変わっておりますので、一昨年県に対して要望しましたけれども、改めて要望したいと思っております。その際、先ほどの答弁でも申し上げましたとおり、広域連携をしながら隣町、隣の市と連携をしながらするということも視野に入れながら、力強く進めてまいりたいと思っておりますのでご理解賜りたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) たとえ、国や県の仕事であってもですね、町民の利便性が上がるならば、町がやろうという考えで当たるべきではないかと私は思っております。町長ももちろんそういう考えだと思います。やっぱりそういう観点からしっかりとこの問題を取り組んでいただきたいと思います。いかがでございましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 県道を町が工作するということはちょっとイレギュラーであり、なかなか難しい課題でもありますけれどもご要望として受けとめて、話だけはしてみたいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) これで、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問はこれをもって終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 以上で、本日日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時00分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年12月15日

         議長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------