議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第3回定例会(10月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2015年10月15日(木):平成27年第3回定例会(10月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前11時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。会議の始まる前に、過日行われました町民学園・健康まつりに対しまして、議員各位には大変お世話になりましたことを議長から厚く御礼申し上げますとともに、職員の皆様のお力をいただきまして、成功なうちに終了されましたことを改めて議長より厚く御礼を申し上げさせていただきます。
 直ちに開議を開きます。
 本日、10月15日は休会日ですが、議事の都合により、平成27年第3回大河原町議会定例会10月会議を再開いたします。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則117条の規定により、万波孝子さん、佐藤 巖君を指名します。
 これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた職・氏名は配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。行政報告を行います。
 平成27年9月24日に、平成27年度町営住宅給水設備改修工事外2件の入札を執行しましたので、その状況についてご報告申し上げます。
 この入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりです。
 以上ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 日程決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、日程決定の件を議題にします。
 お諮りします。10月の会議は本日1日にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、日程は本日1日と決定いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第52号 平成27年度大河原町一般会計補正予算(第4号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案第52号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第4号)を議題とします。
 本案件について提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第52号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第4号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算の主な内容につきましては、9月10日から11日にかけての台風18号の大雨により被害を受けた施設の災害復旧に係るものとなっております。
 まず、歳出につきましては、災害復旧費で大雨により被災した道路等の復旧費用で1,653万9,000円、農業用施設の復旧費用で700万円を計上しております。
 次に、歳入につきましては、繰越金で1,167万3,000円を増額し、町債では公共土木施設災害復旧事業債として1,200万円を計上しております。
 また、老人短期入所施設整備事業費補助に係る債務負担行為の補正及び災害に係る地方債の補正を行っております。
 これらの結果、本年度の予算総額を歳入歳出それぞれ2,367万3,000円増額し81億1,170万9,000円とするものであります。
 詳細につきましては、企画財政課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第52号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第4号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正は、提案理由にもありますとおり、歳入歳出予算総額に2,367万3,000円を追加し、予算総額を81億1,170万9,000円といたすものでございます。
 3ページ目をお開き願いたいと思います。
 第2表 債務負担行為補正につきましては、地域密着型特別養護老人ホームの募集に際し、経営的安定を図るため、老人短期入所施設の併設をすることとして募集をしたいと考えてございます。その際、老人短期入所施設についての国・県の補助金がないことから、募集促進を図るため補助金を交付することとして債務負担行為の追加を行うものでございます。
 第3表 地方債補正につきましては、9月10日から11日にかけての台風18号の大雨による町道の災害復旧を行いますことから、その費用の一部として地方債の追加を行うものでございます。
 なお、充当率につきましては100%となってございます。
 次に、事項別明細書によりご説明をいたしますので、7、8ページをお開き願いたいと思います。
 初めに、歳入でございますが、今回の補正の財源といたしまして、19款繰越金で1,167万3,000円を計上してございます。
 21款町債につきましては、先ほど申し上げましたように、町道の災害復旧事業の財源として1,200万円を計上してございます。
 次に、歳出をご説明いたしますので、9、10ページをお開き願いたいと思います。
 まず、3款民生費1項社会福祉費の1目社会福祉総務費20節扶助費の3万4,000円につきましては、身寄りのない方の死亡がございまして、その検視を行う必要がありましたことから支出を行ってございます。今後の分が不足するということで3万4,000円を追加計上させていただいてございます。
 7款1項2目19節負担金補助及び交付金の10万円、雇用促進奨励金につきましては、株式会社コイワイにおいて雇用促進奨励金の新たな対象が出てまいりましたことから計上をさせていただいてございます。
 11款1項1目農業施設災害復旧費の15節工事請負費700万円につきましては、台風18号による豪雨による堤地区、上大谷地区、上谷地区の農道や水路、ため池7カ所を復旧するための費用でございます。2項1目道路橋梁災害復旧費の13節委託料108万円につきましては、これも台風18号による豪雨による被害でございます。福田地区の町道のり面の崩落を復旧する設計費用として計上をいたしてございます。15節工事請負費1,545万9,000円につきましては、福田地区、小山田地区、新寺地区、新開地区、堤地区、上大谷地区の町道6カ所を復旧する工事費として計上をいたしてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 3ページの債務負担行為補正の追加について伺います。
 4,270万、2年度にまたがってですけれども、先ほどの説明で理解したわけですけど、このショートステイは、これはこの前9月の補正でこれに関するたしか歳出でありましたね、新しくこれは新田町にできるそれとの関係ですか。これ違うんですか。ちょっとその辺まず伺います。
 それと、これは国・県の補助がないので町で独自でという補助ですけれども、基準と、それからこれは要綱に基づいてのことだと思いますけれども、その辺の中身について伺います。あわせて何床なのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この債務負担行為につきましては、まず1番目の、この間の9月補正の部分については、あれはグループホームということで、今年度つくっておりますグループホームの件が9月でありまして、今回の債務負担行為につきましては、平成28年度、来年度の分の特養、地域密着型の特養29床に併設して行うショートステイということで、これについては20床限度として補助を考えております。
 それで、町独自のやつかというふうな形でご質問ありましたけれども、これにつきましては、同じく特養、地域密着型の特養29床の分の補助が1床当たり427万ほどつきます。通常ですと国の、町の補助、県の補助といいますと通常ですと国県については国の補助についての半分というのが補助基準になっておりますので、このあたりも勘案しまして、特養の部分と併設して行う施設ということで、それの、427万円の特養の半分ということで1床当たり213万5,000円というふうな形で今回提出しているものでございます。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 9月のときはグループホームでたしか9床、9床でたしか18床だったと思う。2つですよね。2つのグループが9人。それで、これはそこに特別養護老人ホーム29床。そうすると特養には、どこでもそうですけれどもショートステイは併設されるんですが、同じ9月の補正のグループホームに併設して特老とは違うんですか。これはどこの特老ですか。特老といいますと、大河原は桜寿苑しかないんですが、その辺、これは桜寿苑のことなんですか。ちょっともう一度お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この部分につきましては、新たに今年度に募集をかけるということで、27年度に新たに地域密着の特養29床を新たに募集して28年度に建設するというものと一緒に併設するということなので、今の、既存の特養というふうな形ではなく、新たにというふうな形ですので、これは応募によるということで、今回なぜ債務負担行為を出したかといいますと、来年建設なんですけれども、ことし応募なもんですから予算措置をしていないでこの部分を公募することはできないということなので、今回債務負担と出したということになっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) わかりました。ごめんなさい。じゃあ全く9月は関係ないということです。そうしますと、これは非常に今需要はかなり高いので、町にとってもこういう計画をしたということは非常に喜ばしいことだというふうに私思います。
 それで、これは大河原でこういう町独自の補助をするということは今まで規定があったんですか。ここはとにかく桜寿苑しかありませんので、その関係ではわかるんですけれども、桜寿苑の場合はショートステイ途中からふやしましたよね。増床しましたよね。そのときと同じこれ基準でするということですか。基準に変わりはないのかどうか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 桜寿苑とは全く違った形で今回する。というのは、この経過がございまして、地域密着型の特養については第1回目公募が6月から7月の間に第1回の公募をしております。あと、第2回目が7月27から9月11日までの公募をしたわけなんですけれども、先ほど企画財政課長のほうから説明がありましたけれども、どうしても特養29床だけではやっぱり財政的にもなかなか経営的にも難しいというふうなことなもんですので、じゃあどうしたらいいかというふうな形でちょっと内部的にも協議した結果、国の介護保険につきましては、今後施設入所から在宅というふうな形でシフトしております。ですから、在宅をした場合ですね、一番大変なのは何かというふうなことを考えたときにですね、やっぱりショートステイが一番なのではないかなというふうなことを考えまして、今回特養と一緒にショートステイも併設というふうな形で考えたわけで、以前の、桜寿苑に、こちらのほうに、大河原町のほうに持ってきたときの要件とはまた違うような形になっております。(「基準は」の声あり)
 当初、桜寿苑の場合については、大河原町には特養が全然ないというふうな形で持ってきた部分もあります。それのときに補助を出している経過が見られますけれども、今回については、先ほども私が言いましたように、なかなか応募しても集まらないと、それで、大河原町の今後の介護保険を考えた場合、在宅というふうな形になった場合はですね、やっぱりショートステイ、その場合ショートステイをつけても国県の補助がないということなので、なかなか事業者の方も建てるのは苦しいのではないかというふうな形でですね、通常の補助があった場合については、先ほども私が言いましたけれども、町の補助といいますと大体国の半分を補助しているというふうな形が見られます。ということで、そのような形で今回出したというふうな形になっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 9ページ、10ページの民生費の社会福祉総務費なんですが、行路病人の死亡の扶助ということで3万4,000円、身寄りのない方が死亡ということなんですけれども、具体的には、行路人が亡くなってなったのか、その辺のところ。それからその後の対応についてどのような対応をしたのかお聞かせ願いたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この説明書については行路病人死亡というふうな形で載っておりますけれども、実際は亡くなったとこも亡くなった人もわかるんですけれども、検視のときにですね、ちょっと時間がたっておりまして、ちょっと誰かわからないというふうな形で発見されたわけでございます。それで、警察の検視するまでちょっと時間があるもんですから、その間、検視の結果が出るまで時間がありますから、その間そのままにしておくというふうな形にできませんので、身元不明ということで火葬にかけております。その場合、死体の検案料とか検案書というものが必要になってきます。それで一応火葬しております。それで、警察の身元が判明した結果、実際はこの方の弟さんがおりまして、静岡県のほうから来てもらったんですけれども、それで身元が判明して死亡診断書を役場のほうに出していただいて、正式に誰というふうな形でわかったんですけれども、この場合、最初に身元不明ということで死体検案料とかを町のほうで出して火葬までかけるというふうな形がありましたので、この点このような形で出ております。それで、あとこの金額につきましては、あと雑入のほうで戻ってくるというふうな形になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうすると、ここでは行路病人死亡になっていますけれども、結局大河原町に住んでいる人が亡くなったということで、極端に言えばひとり暮らしというか、その辺、500円とか300円もらいに来る行路人ではなくて身元がわかっている、大河原在住の人が亡くなったということで、その後弟さんがいるということで、その費用等については弟さんが負担するからとりあえずこちらで出しておいて、この負担になった分については雑入で入れるという解釈でいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) はい、そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第52号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 議長より、念のため申し述べておきます。あす10月16日から12月8日までの間は休会となっておりますので、ご承知願います。
 本日はこれで散会します。
 ありがとうございました。
     午前10時23分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年10月15日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------