議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2015年9月14日(月):平成27年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元の配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前回に引き続き、一般質問を行います。
 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) おはようございます。8番枡 和也です。
 議長のお許しを得たので、質問をしたいと思います。
 まず、質問に入る前にですね、昨日の消防演習、豪雨災害の後のお疲れのところ、職員の方々、そして消防団の方々、大変ご苦労さまでございました。また、先週の10日から11日にかけての豪雨の際には、夜を徹しての警戒及び排水作業などの諸活動、大変ご苦労さまでございます。伊勢町長初め職員の方々、そして半沢団長を初め消防団員の方々には、心より敬意を表するところであります。また、今回の豪雨、東日本各地に爪跡を残し、お亡くなりになられた方々に衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、被害に遭われた多くの方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 それでは、通告順に従って、一般質問をさせていただきます。
 今回の私の一般質問は1項であります。川根工業団地の土地利用と企業誘致の現状についてであります。
 平成26年第1回定例会3月会議で質問をしてから1年半が経過し、質問に対する当時の町長答弁のとおり、平成26年度に宮城県などとの用地の交渉をまとめ上げ、川根工業団地線とこれに関連する上下水道の社会資本整備を完了し、町ホームページ「川根工業団地のご案内」の充実、または宮城県のホームページ上の工業団地ガイドでの川根工業団地紹介など、PRの向上にも取り組んできているところであります。そのような取り組みの結果、企業の誘致を含めた町有地の売買は現在どのような進展があるのか。また、その町有地に隣接している農地について、以下伺います。
 (1)平成26年3月会議当時、町有地取得について、町内企業との交渉を優先していたので、これまで問い合わせいただいたほかの企業とも交渉が続いているところはないとの答弁でありましたが、その後の経過と今現在の町有地の売買、分譲ですね、及び企業誘致の取り組みの状況を伺います。
 (2)町で制定した企業立地推進条例や復興特区法による企業立地や業務拡大の支援は、以前の答弁で3企業(うち2社が川根工業団地内)を指定しているということでありましたが、現在も指定企業数に変動はないのか。また、これまで指定企業に対する奨励制度の執行状況はどうか、区分ごとに伺います。
 (3)川根の分譲を計画している土地と2つの企業、日本梱包さんとアイリスさん、企業名を挙げても差し支えないと思いますので、その敷地、あと4号線の側道に囲まれていて中に途中まで幅員2メーターの町道(路線番号8-348、349)、昔の帳簿では多分こういった番号だったんですが、走っていますが、ほとんどが人の土地を通らないと行けないような農地になっております。地権者が何名で面積が幾らあるのか。また、地権者の考えもあると思いますが、この農地を含めた計画を町執行部では考えるべきと思うがどうか伺います。
 (4)その後、宮城県内の多くの市町村が参加している宮城県企業立地セミナーへの参加状況と、参加されたのであれば成果というか感想を伺います。
 (5)今分譲している土地がある程度売却され、土地開発基金に余裕が出れば、道の駅整備計画が持ち上がった地域、土地ですね、約1万9,000平米、実際に企業が土地買収に来ているという話も聞いております。前の答弁では、売買予約の手法でという答弁をもらいましたが、取得の方法で考えるべきと思うがどうか伺います。
 答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 川根工業団地の町有地を中心にした企業誘致などに関するご質問であります。
 初めに、昨年度整備しました町道川根工業団地線の完成以前は、ご質問にありますとおり、町内企業と優先的に交渉を続けておりましたが、震災等の影響により新規事業のめどが立たない等の理由により、平成26年秋に一旦交渉を打ち切らせていただき、町道の完成をもって広く町有地のPR等を始めたところであります。
 次に、企業からの問い合わせや協議の状況ですが、現在4社からお話をいただいております。今後現地の調査や詳細の調整が必要になりますが、町といたしましても丁寧に対応してまいります。
 次に、町の企業立地推進条例や国の復興特区に基づく企業支援につきましては、町条例に基づく指定企業が3社、復興特区に基づく指定企業が2社(町条例と重複指定)と変わりございませんが、うち2社につきましては、事業内容の拡大変更の申し出がありましたので、これを了承しております。
 平成26年度までの奨励金の交付実績につきましては、企業名とともに成果説明書に詳しく掲載しております。
 概要を申し上げますと、町内在住者の雇用や社員の町内転入に対して企業に交付する雇用促進奨励金につきましては、25年度に1社3名の方を対象として60万円、26年度中には3社6名の方を対象として105万円、今年度はまだ申請がございませんので、これまで計9名の町民雇用等を対象に165万円を交付しております。
 もう一つ、新設した工場や製造ライン等の償却資産に課税される固定資産税、都市計画税に対する企業立地促進奨励金(5年間交付)につきましては、平成27年度より3社が該当してまいりました。3社に対して1,090万8,000円を交付しております。
 次に、アイリスオーヤマ株式会社大河原工場様と日本梱包運輸倉庫大河原センター倉庫様の民有地、畑につきましては、地権者44名で60筆、約3万2,000平米と把握しております。この土地につきましては、内部の進入困難な農地等を含めて町で一旦取得し、工業用地として造成できないものか、所有者と協議中でございます。
 次に、県で主催する企業立地セミナーについてのご質問です。
 先月、8月4日に開催された東京セミナーに初めて参加してまいりましたが、その場で企業誘致の具体的な話まで持っていくのは難しいというのが実感でございます。全県を挙げた取り組みとして、またその後の企業訪問等の情報収集の場としての意義は認めますが、さきに申し上げました現在企業との協議状況も踏まえながら、今後の参加を考えてまいります。
 最後に、土地開発基金に余裕が出た場合の展開についてでございます。先ほど申し上げましたとおり、現在4社から話をいただいています。これは整地した土地を直ちに活用できるというメリットを企業が感じたからではないかと考えられます。
 このことから、今後はこれまで申し上げてまいりました売買予約の方法よりも、整備された土地のほうが効果的であるとも言えます。つきましては、ご指摘の土地につきましては、今後取得の可能性を模索することを考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今4社から話をいただいているということなんですが、このそこの町有地の中に、この4社が今のところ全ておさまるというような状況なのか、その辺お聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 今現在4社と交渉中ですが、面積で今調整をしてございます。最低でも3社と考えてございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) その3社ですか、うまく誘致ができるとすればどの程度の、多分、例えば雇用が生まれると町は踏んでるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 4社の中で、1社は県の紹介で蔵王町と大河原、丸森、白石と案内されたわけですけども、ここの企業とですね、あと雇用ですけども、80人から100人ということで、全体では150人ぐらいになると思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何かすごい雇用が生まれるようなんで、ぜひ丁寧に進めていただいて、実りあるものにしていただければというふうに思います。
 それで次、確認なんですが、大河原町の企業立地条例によるこの指定企業、このパンフレット見ますと、(1)指定業種、(2)事業開始時の投下固定資産額が3,000万円以上とあるんですが、これ両方満たさないと指定にはならないということなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい、そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 指定業種はこのままでよろしい、いいんでしょうけども、例えばこの投下固定資産額3,000万以上じゃなくて、例えばここをもう少し引き下げて2,000万とかすれば、もう少し企業誘致が進むんではないのかなというふうに思うんですが、その辺のお考えはどうなのかお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) これにつきましては、町の固定資産税評価額、あと機械等の償却の評価額ということでございまして、おおむね3,000万以上というふうにしてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) その3,000万を下げるともう少し、若干下げれば、もう少し指定業者が多くなって、企業も進出してくるんではないのかなというふうに思うんですが、あと町内にある既存企業の方も、少し対象が広がればもう少しよくなるんではないのかなと思うんですが、その辺お考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 県の基準と合わせて、このような3,000万ということにしてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 県の基準というか、これは町独自で、この辺の金額は町独自での上限、何ていうか、上にしたり下にしたりすんのは可能なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) この基準どおりに進めていきたいということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 様子を見て、余りにも少なければその辺ご検討いただければと思いますのでよろしく、せっかくの制度ですから、使い勝手のいいような制度にしていけばいいのかなというふうに思いますので、その辺ご検討お願いしたいなというふうに思います。
 続きまして、それと、今のこの制度なんですけども、もちろん周知方法はホームページとか、あと広報はもちろんしてるんでしょうけども、町でわかって、ここもしかしたら該当する企業でないのかなといった企業に町が行ってですね、こういった制度あるんですよというような案内をしたりするような活動はしてるのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 案内までの活動はしてございませんけども、工業団地に来たいという方の相談、説明はしてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えばさっきの特区法じゃないですけども、そっちのほうが後から2社指定ということで、結局こういう制度もありますから申請してくださいというようなことを町のほうから教えてやったほうが親切ではないのかなというふうに思うんですが、そういった今までやってきた経緯というのはないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) この復興につきましては、相談あった業者の企業の方にこれを優先的に進めて説明をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ありがとうございます。
 続きまして、(3)なんですけども、ここで町で一旦取得しというようなことでありますが、これ取得するときも土地開発基金を使っての取得になるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) はい、そのようになると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) いろいろ地権者の意見もあるんでしょうけども、できればあの辺袋になっててもう使い勝手のない土地ですから、例えばアイリスさんとか日本梱包さんが使いたいというんであればですね、ぜひ丁寧にこれも進めていただいて、以前にアイリスさんでは多分苦い経験してると思うので、その辺踏まえてしっかりと交渉していただきたいと思うんですが、町長いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご指摘どおり、現在担当課でも進めておるところでございまして、ぜひそれが実現するように私も期待しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、企業もよくなって地権者もよくなるような方向で取り組んでいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
 続きまして、企業立地セミナーの件なんですけども、今4社ぐらい来ているということで、何ていうか、余り効果がないって言ったらあいつなんでしょうけども、セールスにも行けないような状態ではないのかなというふうに思うんですけども、やはりいろんな方々とパイプをつないで、まだ土地がなくなったわけじゃなくて、最後に出てくる土地もそういったことで取得してそういったところにも、ということが考えられますので、積極的に参加していろんなパイプをつくっておくべきではないのかなと。今検討中ということですが、いろんなパイプをつくっておくという、またあと県のほうでも一生懸命通えば情が移るっていうか、人間なもんですから、やっぱりいろんな話が出てくるんではないのかなというふうに思います。ぜひともその辺、今検討している最中ですけども、参加していってやっていければと、やっていただければと思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 積極的に参加していく方向で進めたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひその方向で、いろんなパイプつくっておくのが、企業の誘致ばっかりでもなく、いろんな情報も入ってくるんで大切だと思いますので、よろしくお願いしたいなというふうに思います。では町長からも何か。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまの議論を聞いておりまして、ちょっと企業誘致に関する町の取り組みについての全容といいますか、少し変わってきておりますので、その辺をご理解いただきたいと思って少しご説明したいと思いますけども、かつて私の答弁で、企業誘致をする場合はオーダーメード、いわゆる売買方式といいますか、予約方式ですか、予約あってから土地を整備しようということでお答えしたんですけども、今回町有地がきれいに整備されて、町としてもちゃんとした航空写真つきの企業誘致のパンフレットもできたということで、急遽4社が目をつけてもらったということもありますので、やはりオーダーメードは改めるべきだということで最後のほうに答弁答えております。そんな感じで、これからもできれば今回、今のところ4社のうち3社に絞って誘致できればと考えておるんですけども、それが売れれば、土地基金を活用してその他の土地も町が取得して整備するということであれば、つながっていくと思います。その際に、やはり今課長も申し上げましたとおり、企業立地セミナーも活用したいと思いますけれども、企業立地セミナーの活用の仕方も、そのセミナー行くのはもうほんのセレモニー的なものでございますので、それまでにいろいろ情報を集めて、県からもいろんな、県に対して企業用地取得を考えている企業のリストもありますので、そういったものを参考にしながら、個別に目星をつけて交渉するなり積極的な活動につなげていきたいと思っておりまして、ただ11月も名古屋でセミナーあるんですけども、それについてはさっき積極的にやると申し上げましたけども、今3社とのお話がありますので、これをやるのちょっといかがなものかと思いますので、今後の3つの企業のやつが売れた後のこととして、積極的に取り組む方法としてしっかりとやっていきたいと思っております。
 そのときに、先ほど3,000万から2,000万に投下資本の金額を下げてはどうかということで、町内企業のいわゆる第二創業といいますか、新たな企業を興すような積極的な企業も育てていきたいというふうには思ってますので、それを下げることによって町内の企業も新たな業種に手を伸ばせるように、そういった環境も必要かと思っておりますので、その辺も皆さんとご相談の上、今後そういう条件についても検討していきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、本当に条件、交通アクセスでも、あと関係官公庁がぎゅっと集まっている場所なので、そういったこともぜひいっぱい宣伝していただいて、優秀な企業を誘致していただければというふうに思います。
 今の話の中で(5)についてはそういった方向で考えているということなんで、こういった土地取得についても、塩漬けになんないためにも、先ほど言った企業立地セミナー、これも大切なことだと思いますので、ぜひそういうなことも考えながら今後進めていっていただきたいなというふうに思います。何か、あれば。ないですね、いいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それでは、うまく企業誘致が進んでいきますことをご祈念申し上げまして、一般質問を終わらせていただきたいと思います。
 ご清聴ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、丸山勝利君の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。通告に従い、一般質問をいたします。
 私の質問は1つ、当町のごみ処理行政についてです。
 大量生産・大量消費の時代が終わり、限りある資源を大切に使う時代になり、まぜればごみ、分ければ資源と言われるように分別が求められています。ふえ続けるごみの対策として、さらなる分別の推進や家庭ごみの有料化などの対策がとられてきました。また、ごみ処理においても自然環境への配慮や人体に多大な影響を及ぼすダイオキシン対策など、処理方法が求められています。
 当町においても、平成24年7月より家庭ごみの有料化や町内に4カ所のリサイクルステーションの設置など、ごみの減量化、リサイクル推進対策がとられてきました。しかし、今後さらなる分別、減量化が求められることから、以下伺います。
 (1)家庭ごみの有料化から3年が過ぎ、町民にも周知が徹底されたと思うが、有料化に伴い町民より苦情や要望、意見など寄せられたと思うが、どのようなものがあったのか。また、どのような解決をしたのか。解決できなかったものはあるか。
 (2)4カ所のリサイクルステーションの回収量の推移はどうか。また、今後のリサイクルステーションの設置予定はどうか。
 (3)ごみ集積所は、臭い・汚いと敬遠されがちだが、適正に運営管理や清掃が行われているか。また指導しているか。
 (4)ごみの分別は徹底されているか。また対策、対応は。
 (5)家庭ごみの収集運搬を業者に委託しているが、入札業者の選定に対して、業者の入札資格の基準はあるのか。
 (6)資源ごみ等の持ち去りなどの被害状況はどうか。また、対策などをとっているのか。
 (7)不法投棄に対しての対策と対応はどのように行っているか。
 (8)生ごみ処理機のあっせんや電気式生ごみ処理機の補助の推進は。
 (9)(仮称)仙南クリーンセンターの進捗状況と地域への説明状況はどうか。
 以上9点お伺いして、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、家庭ごみの有料化に関する質問であります。
 ご質問にございますように、平成24年7月からごみの有料化が開始されましたが、ごみ処理に莫大なコストがかかることから、ご理解をいただいていると認識しております。
 また、多く寄せられました要望・ご意見としましては、従前のごみ袋を大量に購入してしまったので今後使用できないのか、というようなものが多く、その要望につきましては、当初猶予期間が平成24年10月までとなっておりましたが、本町といたしましては、翌年の3月まで使用を認めていたところであります。なお、残った従前の資源ごみの袋につきましては、現在も紙資源の日に使用できることとしております。
 次に、リサイクルステーションについてのご質問であります。
 リサイクルステーションは、平成25年度に3カ所、平成26年度に1カ所設置しております。当初より利用者は多く、排出量は年々伸びており、町民の認知度が上がっているものと認識しております。搬入されるものは、ペットボトル、缶、瓶と、ご家庭で指定のごみ収集日まで保管が難しいものが多く、利用者からはいつでも出せて便利で助かりますという声をいただいております。
 また、今後の設置予定でございますが、町民からのご要望や維持管理方法等を十分考慮しながら検討したいと考えております。
 次に、ごみ集積所についてのご質問であります。
 ごみ集積所につきましては、本町の場合、各行政区へ管理をお願いしており、環境美化推進員や町環境衛生組合により、おおむね適正に管理されていると認識しております。しかし、アパート専用など一部の集積所で、分別が不適正で回収されず残っている箇所も見受けられます。このような集積所につきましては、町で状況を確認後、設置者または管理者に対し適切に排出するよう指導を行っている状況でございます。
 次に、ごみの分別についてのご質問であります。
 ごみの分別につきましては、仙南地域広域行政事務組合管内で、現在乾電池を含めますと11分類と、比較的多い区分となっておりますが、町民の理解が深まったこともあり、現在はおおむね適正に分別されていると認識しております。間違えやすい種別としましては、多いものは、容器包装プラスチックやその他のプラスチックでございます。汚れていてリサイクルできないものや、その他のプラに容器が混入しているというような状況がいまだに見られますので、今後とも広報紙などを通じて、周知してまいりたいと考えております。
 なお、未分別のごみにつきましては、各行政区の環境美化推進員や集積所の管理者、場合によっては町職員が分別し、適正に排出している状況でございます。
 次に、収集運搬業者の入札資格基準についてのご質問であります。
 現在、平成27年度から29年度まで3カ年の契約で、家庭ごみの収集運搬業務を業者に委託しておりますが、その入札に係る指名業者につきましては、町内に事業所がある一般廃棄物の収集運搬許可業者を指名しているところでございます。
 次に、資源ごみの持ち去りについてのご質問でございます。
 資源ごみ、特にアルミ缶の持ち去りにつきましては過去に事例がございましたが、パトロールなどを実施しまして、現在は町に対し持ち去りがあったという報告はございません。
 次に、不法投棄についてのご質問であります。
 不法投棄につきましては、タイヤなどはかなり前からございましたが、特に家電やPCリサイクル法が施行されてからは、有料となるごみにつきまして山手の目立たないところに投棄されており、町で回収し処理をしていたところであります。町としましては、再発防止のため、その都度看板を設置したり、ミニ鳥居を設置したりと対応をしてまいりました。ミニ鳥居につきましては、一部寄附をいただいております。その効果があったのか、以前に比べますと、最近では不法投棄の連絡は少なくなっている状況にございます。
 次に、生ごみ処理機のあっせんや補助についてのご質問であります。
 生ごみ処理機につきましては、町環境衛生組合におきまして、コンポスターのあっせん、町で電気式生ごみ処理機の購入補助を行っております。補助率につきましては、コンポスターは対象品目の2分の1での購入あっせん、電気式につきましては購入金額の2分の1以内、または上限2万円の購入補助を行っております。
 最後に、(仮称)仙南クリーンセンターに関するご質問であります。
 平成27年8月現在の進捗状況につきましては約20%で、現在、土地の造成工事が終わり、建物の地下部分の工事が行われている状況であります。平成29年4月の供用開始を予定しておりますが、工事の状況などは、仙南広域のホームページにて写真で確認することができます。
 また、地域への説明状況についてでありますが、事業主体である仙南地域広域行政事務組合が、平成24年4月に上大谷上谷4区の住民対象に、平成25年2月に生活環境影響調査の結果説明をオーガにて開催しております。町としましては、昨年10月に上谷地区の要望により、上谷集会所において懇談会を実施し、クリーンセンター稼働前と稼働後のそれぞれで、大気環境調査を実施するということでご理解をいただき、本年8月19日から25日までの7日間で調査を実施したところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 家庭ごみ有料化になってもう3年過ぎて、ほとんどの人が理解して出していると思うんですけども、その中で町で地域にボランティアの袋ですかね、そういったのを区長さんあたりが持ってるんですかね、それの利用状況と利用、どのような利用、あれってあるんですかね、その利用基準っていうか、どういうごみだったらそのボランティア袋に出せるとか。で、どのぐらいの量出てるもんなんですかね。それわかればお願いしたいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) ボランティア袋につきましては、年2回の一斉清掃の際に区長さんのほうにお配りして、皆さんから出ていただいたごみをそれに収集していただいてます。また、あと分別ができなかったごみにつきましては、そのボランティア袋等を利用していただいてます。今、一斉清掃のとき幾らこの袋を利用したかちょっと資料がございませんけれども、そのように利用しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、一斉清掃のときと分別されないで出したときの利用のみっていうことで、一般的にその辺の、何でしょう、公共の掃除とかでは使われないということでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) ボランティアの方たちで清掃していただくという場合は、私のほうに申し出していただいた場合は、そのボランティア袋を提供いたしまして清掃していただいている状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、区長さんがその都度出すんではなくて、町に要望してそれを使用するということですね。(「はい」の声あり)
 あと、この一斉清掃ですけども、前質問したときにも言ったんですけども、学生なんかの参加も促してはどうかっていうような質問をしたんですけども、今どうなんでしょう。学生なんか学校なんかでは、そういった積極的に参加するとかっていう形でやってるもんなんですかね。その辺どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) その地区の状況によりますけれども、子供会等で積極的に参加なさっている地区もございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、学校からそのような活動に参加してはっていうことは、まだやってないということなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 全体的に、ごみの収集に個人的にあるいは家庭の中において頑張るようにという声がけはしております。また、地区においても収集活動に参加するようにはお話ししているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 多分、前回も言ったと思うんですけども、学校側からこういうのがあるんで積極的に参加してみてはっていうような働きかけをお願いしたと思うんですけども、そういうことはやってないんですね。また、やるつもりも今後ないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 声がけしたつもりではおりますが、さらに声がけをしてまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱりああいう一斉清掃も、子供たちが加わることによって結構その意識も高まりますし、地域のコミュニケーションもとれると思いますんで、積極的にその辺お願いしたいと思います。
 また、分別ですね。なかなか分別がされてない袋も多いような形なんですけども、今後やっぱり、何でしょう、分別するにも台所が広いといいんでしょうけども、なかなか分別が多くなるとその袋が多くなって置き場所がないというような形で、なかなか分別されないことも多いんですけれども、このリサイクルステーションだといつでも出せるんですよね、あれだと。だと、結局ちょっとたまれば出しに行けるっていう、非常に便利なんで、これもう少し積極的にふやしていけばいいのかなと思うんですけど、その辺のお考えどうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 現在、リサイクルステーションにつきましては4カ所設置しております。全部それ、3カ所につきましては町のほうの職員が鍵の施錠をしておりまして、上谷におきましては、鍵はさくら作業所のほうに鍵の設置をお願いしております。ですから、今後広めていくためには、そういった管理状況とかを考えて、どういった場所に設置していったらいいかということを考えていく必要があると思います。ただ、現在につきましては、増設というような要望は出ておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) このリサイクルステーション、本当にいい施設なんで、本来であれば集会所や生活センターに併用してやれば一番集めやすいし、集まると思うんですけども、そういった考えはないですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 管理状況をですね、先ほどもお話ししましたけども、今現在町職員が主にしておりますので、将来的にその地区とかにお願いできれば、そのような方向にしていくことも考えられると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと積極的にふやしていただきたいと思いますので、その辺お願いしたいと思います。
 また、ごみの集積所ですけども、これごみ当番っていう各地区で回り順番でやってると思うんですけども、なかなかごみの分別がされてないと、結局その人たちがやっぱり袋を開けて、いろいろ分けたりしなきゃないんですよね。そうすると、何かあの人ごみをあさってるというような勘違いをされる場合もあるんで、結局もう少し、何でしょうね、その地区って大体あるんですかね。分別されてない地区、分別されてる地区っていうのは。そういったのは、結局収集運搬業者からそういったあれは出てんですかね。この地区ではこのくらい分別がされてなかったという報告等々されてると思うんですけれども、やっぱその地区がわかればその地区を重点的に、こういった分別をしてくださいというような広報ができると思うんですけども、そういったことはやってないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 毎月、委託業者のほうから、全部で423カ所の集積所がございます。その集積所ごとに分別されてなかった件数が何カ所とかでてきますので、その都度町のほうでご連絡しております。
 それから、地区のほうに環境美化推進員さんがいろいろご協力していただいてますけども、その方につきましては腕章とベスト、帽子とか名札っていうことで、環境美化委員ということでわかるように町のほうではお配りして、それを設置してごみ分別をしていただいている状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱりアパートとかのほうの分別しないのが多いと思うんですけども、このごみ収集の入札業者の選定ですけども、これは指名でやってるわけなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 先ほど町長のほうからも答弁いたしましたけれども、町内に登録している業者のほうでの指名競争入札で4名の業者を指名いたしまして、入札を行っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると何でしょう、この契約業者選定委員会とかっていうのは開かれないで指名っていうことなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) その際は必ず指名業者選定委員会を開催しており、それで決定しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) この指名業者選定委員会っていうのは、その入札ごとに開かれるんですか、それとも入札業者を一番最初に選定するときに、指名業者を選定するときに選ばれるんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) ただいまの業者の選定につきましては、ほとんどがこのごみに限らず、選定委員会に諮って、それで決定する内容でございます。(「入札ごとなの」の声あり)発注の事案ごとにですね、それはその担当のほうから内申を受けまして、それで委員会の中で決定をして執行する、このような格好でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 済みません、この選考委員会っちゅうのは、町長初め何名で選定してるわけなんですか。町長じゃない、副町長ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 私が委員長で、その委員は5人でございます。主に建設工事等々にかかわる、さらには総務、企画とか、財政にあずかる者、そういうな者で構成しています。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、副町長初め5人で委員でその業者を選定する、(「トータル6」の声あり)トータル6、委員5人に委員長のあれですね。そういうことで選定するわけですけども、この選定内容っちゅうか、結局はそのごみ収集運搬であればその町内のごみを集められるだけの能力ある業者っていう形で選定してるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 先ほど町長が申し上げました、まず一般廃棄物の許可業者でございませんとこれはできませんので、その中から実績、そういう等を勘案しまして、担当のほうで内申をしまして、それを委員会の中で審議をするという格好でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) この入札ですけども、実際入札会場では職員何名で入札してるような形になるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 執行するには、事案2,000万以上ですと私がしまして、以下ですと担当課長が執行するという格好で、執行するに当たっては立ち会い者、さらには受け付け業務でございますので、四、五名がその入札に当たるというような格好でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 四、五名の職員がその入札会場で入札を執行するということなんですけども、その職員っちゅうのは、入札会場で何をしてるっていうか、どういう状況を見てるわけなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 執行するに当たりましては、企画財政課のほうでするわけですけれども、受け付けをしたり、その積算内容等々を審査したり、あとは応札いただく部分についての開札で落札者の決定をするっていうような格好でございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、その会場に入札業者が何人いるかとか、誰が入ったかというような形のものも、その職員で見るわけですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) ご指摘のとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) すると、その入札には入札業者以外も立ち入りは可能だっていうことなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 当然その該当する方以外はおいでになる場合はほとんどがないと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、中に部外者が入ればおのずとわかるっていうことなんですよね。結局、誰が入ってたかっていうのはもう確認してるわけですよね、その職員で。結局は部外者立ち入れば、その4人で見てるわけなんで、誰が入ったかっていうのはわかることですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 執行時にどなたかが入ればわかりますけれども、当然時間も大体10時とかって指定時間ありますけれども、業者さんが前もって集まれば早目に執行する場合もあります。ただ、執行する前に私どもで大体時間10分くらい前に行くわけですけども、その前にいろいろな他の要件なんかで話する場合は、それはあずかり知らないところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 当然ご承知のとおりだと思いますけども、仲間の議員が疑義をかけられて、それを晴らせずに非常に残念な結果になったんで、私もその疑義を晴らしていただきたいなと思ってその辺を確認したんですけども、ちょっとわからない状況だったっていうことだったんで、じゃあそれ職務怠慢じゃないのって、結局入ってないっていうあれがあれば。(「ずれてるんじゃない、質問」の声あり)いや、だって入札の件でしょう。(「いやいや」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山議員、質問ちょっと変えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 変える。そういった、結局疑義をかけられて、仲間の議員も大変迷惑をしているわけですよね。それをはっきりしてれば別にその疑義もかけられなかったわけなんで、ちょっと入札もきっちりその辺していただきたいなっていうのがありましたんでしたわけですけども、だめだということであれば、また。
 資源ごみの持ち去りですけども、そうすると、今現在持ち去り状況というか、持ち去られてるっていう形はないっていうことでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 現在のところ、そういったような報告は聞かれておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) さっきのあれにもかかわるんですけども、そうするとリサイクルステーション的には、その時間以外は鍵をかけて施錠してるという形なんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 時間以外につきましては施錠を行っておりますので、そこから持ち去るということは考えられないと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 不法投棄ですけども、結構山手のほう一斉清掃なんかすると、かなり大きいもの出たり、結局前清掃してもらったときなんかはもう、4トン車で二、三台出たようなことも記憶してるんですけども、それに絡んで、結局今防犯カメラ等設置してるところあると思うんですけども、今後山手のほうにそういった防犯カメラ等の設置とかの予定っていうのはないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 今後、そういったことで費用対効果等を考えて検討していきたいとは思いますけども、現在のところ、町長のほうでも答弁いたしましたけども、いろんな看板とか、あとミニ鳥居とか設置いたしまして、年々不法投棄は減少している状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) あと、不法投棄なのかどうか、動物の死骸とかそっちの処理状況ですけども、今ペット死んだりしたら、角田のほうに処理をするようにっていうのが広報されてるんですけども、ペット死んでその辺にぶん投げてあるなんていうことはないんですかね。そういった事例はないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 道路とか、車にはねられたとかっていうのにつきましては、町の委託業者の方にお願いして回収しておりますけれども、そのほかご自分でということは、やっぱり敷地内で亡くなった分はご自分で処理していただくようにしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) あと前回も聞いたんですけども、適正処理困難物の処理ですね。結局回収できない消火器であったり、そういった町で回収できないやつの処理方法ですね。これもう少し周知しないと、なかなかそれが不法投棄になる原因とも思えるんですけども、そっちのほうの周知方法っていうのは書いてあるだけで、あと業者ですね、業者ももう少し詳しく書いたほうがいいと思うんですけど、その辺どうですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 今後につきましては、そういったことを詳しく広報等、あと業者等にもつきまして、購入なさる方にその辺もお話しするように周知していきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり消火器なんかは、やっぱ前回も言ったとおり、期限が切られてるんで、それ過ぎるとやっぱり使えないことはないんでしょうけども、やっぱり適正に使用ができないという形になってますんで、その辺の周知徹底されたほうがいいと思いますので、今後よろしくお願いしたいと思います。
 このクリーンセンターの調査ですけども、8月19から25、7日間調査行われたということなんですけども、この結果はどうだったんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) その結果につきましては、いろんな分析とかを行う必要がありますので、10月ごろということで業者のほうから連絡いただいております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、その結果っちゅうのは公表されるっていうことでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 上谷地区の方からご要望がありましたので、その結果は地区の皆様には公表いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) すると、全体的でなくてその上谷地区だけに公表っていうことなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 現在のところは一応そのように考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) できればホームページなどで公表していただければと思うんですけども、そういった考えはないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) では、前向きに公表することで検討いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ぜひともそういったのは積極的に公表して、いらぬ心配事とかなされないようにお願いしたいと思います。
 以上で私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時08分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問をいたします。
 須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2番須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして、一般質問いたします。
 まずその前に、今回の大雨によりまして、全国各地で大きな被害が出ました。改めてお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災した皆様にお見舞い申し上げます。また、大河原町内でも大変な雨が降りました。町長初め職員の方々、そして消防団員の方々、そして区長さん、関係者の方々、夜を徹しての作業、大変ご苦労さまでございました。おかげさまで最小限の被害に食いとどめることができたのかと思います。改めて敬意を表し、感謝と御礼を申し上げます。ご苦労さまでした。
 それでは、私は大綱2点について一般質問いたします。
 1.大河原クロスカントリー大会開催断念について。
 ことしで第43回を迎える歴史ある大河原クロスカントリー大会を開催しないことが、正式に決定されたようであります。町内の小中学生や一般の方々を中心に、町外や県外からも参加していただき、毎年1,000名程度の参加者がありました。体力の維持増進はもとより、ローカル大会特有のアットホームな雰囲気で、皆が生き生きと走り、そして歩き、また観客の大きな声援があり、非常によい大会でありました。大会開催のための関係者の負担や苦労は理解しますが、このような大会を突如開催しないことを決めたことは非常に不可解であり、極めて残念であることから、以下伺います。
 (1)大会を開催することが難しいと考え始めた時期はいつか。
 (2)大会開催断念が最終的に決定されたのは何月何日なのか。
 (3)大会開催が難しいと考え始めたときから開催断念に至るまでの経緯と開催断念の理由を伺います。
 以上、答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、大河原クロスカントリー大会についてのご質問であります。(1)から(3)まで関連がございますので、一括して回答させていただきます。
 まず、ことしの大会につきまして、教育委員会としましては、開催しないという考えは持っていなかったところでございます。また、開催しないことが決定されましたのは、8月19日に開催されました大河原クロスカントリー大会第1回実行委員会においてでございます。それより以前に、事務局である大河原町スポーツ振興アカデミー及び町体育協会から、開催が困難であるとの考えは聞いておりましたが、開催の判断は実行委員会でなされるものと考えておったところでございます。
 実行委員会の会議の中では、ことしはこの時期は大会に関係する皆さんの業務が多忙となること、また昨年の大会においては当初の予算から不足が生じることとなり、開催方法の見直しが必要になっているなどの意見が出され、実行委員の皆さんの協議により、ことしの開催は見送りが決定されたものでございます。
 なお、実行委員会の構成は町体育協会、町陸上競技会、NPO法人大河原町スポーツ振興アカデミー、町立小中学校長、町スポーツ少年団、町教育委員会、町役場関係課職員となっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 突如この話を聞きまして、町民の方からもたくさん「何でやらなくなったの」という声を聞きましたので、この件についてあえて一般質問をさせていただきました。
 今回答にもありましたけれども、教育委員会としては、確認ですけれども、町としてですかね、教育委員会としては開催してほしかったという考えでまずよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 教育委員会としましては、43回の歴史がある大会でございますので、ぜひ開催したいと願っていたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) では、町としてはそういう考えであったと。クロスカントリーの実行委員の名簿をちょっといただいたんですけども、実行委員会のことについてお伺いします。
 役場の課長さん、教育長初め生涯学習課長、総務課長、商工観光課長、農政課長、地域整備課長、生涯学習課長課長補佐、学習主査等々が入ってますので、ちょっと実行委員会のことをお聞きしたいと思うんですが、これ第1回の実行委員会で、もうこの8月の19日に実行委員会を開いて、もうこの場でもう結論が出たということでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 第1回の8月19日の第1回の実行委員会でお話が出て、その日に決定されたものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私は非常に不思議なんですけど、これこういう歴史ある大会を1回の実行委員会の開催で決められるものなのか。ちなみに、実行委員会の中で大会を開催すべきだ、出席者、欠席されている方も何名か、3名ですか、このときいましたけども、その中で開催すべきだっていう意見は出なかったんでしょうか。お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 確かに実行委員会の中では、歴史ある大会なので何とか開催することはできないものか、時期をずらしてできないものかというようなご意見は出ております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 意見は出たと。それについての回答というか、その中での実行委員会での話は教育長の答弁にあったような、業務が多忙で、何でしたっけ、多忙となると。大会に開催する皆さんの業務が多忙となること、これ多忙となるのは毎年同じことじゃなかったんですか。何でことしだけが多忙になるっていう意見だったのか、課長に聞いてもあれなんですけども、わかればお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) ことしにつきましては、毎年開催はしておらないものでございますが、結果的に4年ぶりになりますが、健康まつりというものを開催するということで多忙になるというお話でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これは、健康まつりがあるからクロスカントリーをやらないって言ったら本末転倒だと思うんです。健康まつりは健康まつり、クロスカントリーはクロスカントリーで毎年やってきた。これはやっぱり続けるべきだと思うんですけども、ちょっと質問の視点を変えます。
 答弁の中で、予算の不足が生じたというふうな答弁がありましたけども、これ大体去年の、26年度の開催の赤字はどれぐらいだったんでしょうかね。ざっとでいいです。わかればお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 昨年の大会後の決算によりますと、結局不足となってる額は78万4,000円程度でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私も決算書いただいてるんですが、あえて聞いたんですけれども、78万4,596円、これ確認ですけど、この赤字分はNPOから支出されたということでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) はい、NPO法人のほうで持ち出しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) では、ちょっと決算書のことで何点かちょっとお聞きしたい。余り細いことは聞きませんが、ちょっとわからないことがあるので教えてほしいんですけれども、1つ目です。
 収入の部、参加料ですけれども、これ予算が88万3,500円、予算で881名分の予算をとってて、決算も同じく88万3,500円、881名分。これ予算立てるときにもう881名予想して、これぴったりなんですか。その辺ちょっとわかればお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 予算と決算が同じということですので、この予算がつくられた時期、ある程度参加者数が固まった時点でこの細かいものをつくったものでないかと思われます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 普通、予算っていうのはある程度、去年が、25年度が決算額が70万9,000円、昨年その1年前のをもとに普通予算っていうのは立てるんじゃないでしょうかね。企画財政課長、どうですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 一般的に予算といいますと、役場の場合ですと年度初めに1年間の見積もりを立ててというふうな形になろうかとは思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) では、多分人数が確定してから予算を立てたっていうことになるんですよね、これ多分。わかりました。
 次ですけど、収入の部のトイレ設置料。これ収入の部にトイレ設置料19万円ってあるんですけど、そしてトイレ借料19万円、支出の部で。トイレを貸してお金を払って、借りてお金をもらってなんですけど、これは結局はこのトイレ設置料はただだったっていう認識でよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 決算のほうに数字もございまして、さらに収入のほうにもございます。これは、結果的にご協賛いただいたものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) トイレはただで貸していただいたということで、余り聞いたことない話なんですけども、では、3つ目です。
 収入の部の協賛金。8つの会社と団体から合計11万5,000円とあります。これ話に聞くと、赤字になってから協賛金を集めたっていう話を聞くんですけども、その辺わかればちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 大変申しわけないんですが、そのいつの時点でかという詳細については、申しわけございませんが私はわからないでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。私はそういうふうに聞いたので、事実かどうかをちょっと、後ほど自分で確認させていただきます。ということは、これ赤字の額は実際70万約5,000円、そしてトイレも本来であれば赤字の中に入れなければならない19万円、そして協賛金はここでは除きます、確実ではないので。合わせて97万円。約100万円が赤字だったという認識でよろしいですよね、課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 確かに協賛金が後で、後でかどうか、とにかくこの額になった。それから、トイレの設置の協賛を受けたということで、本来支出の中に入るべきものだったという判断になりますと、100万程度不足だったということも言えると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 決算額248万円のうち100万円の赤字と。これ普通の大会を開く、もしくはイベントを開く、こういう際にこういう赤字は普通は出ないと思うんです。決算額に対して40%の赤字、これは私はあり得ないと思ってるんですけれど、確かに初めてチップを導入したと。チップ、計測業務委託料、予算が84万2,400円、決算額が79万7,040円。結局この分が丸々赤字だったということになるのではないかと思うんですけど、でも予算ではちゃんと立てているのに100万の赤字が出たということですけども、総務課長にちょっと聞きますけども、実行委員会の中に一番上に名簿載っているんで、総務課長伺いますけども、こういうのは実行委員会とか、大会が終わった後の決算報告とかで話は出ないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回8月の19ですか、この第1回目の実行委員会のほうには私も出席をさせていただきました。内容につきましては、先ほど生涯学習課長が申したとおり、今回の開催についての協議でございました。直接こういった決算書、予算書については出なかったということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 確認ですけど、実行委員会で大会を終わった後実行委員会を開いて、決算の報告はしてない、でよろしいですか。町から50万、後から話しますけども、補助金出てますよね。それに対して報告はしないんですか、実行委員会で。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 例年、大会が終わった後の実行委員会で決算の報告、実行委員会の中ではされております。(「おります」の声あり)はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) そのときに、されてるときに当然実行委員のメンバーがみんないるところで報告されてるということでいいですよね。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) そうでございます。されております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) その中でこの実行委員会のメンバーを見ると、課長さんたちが入ってて、数字に強い数字の方たちがいて、この決算書を見て何か質問したりはしないんですか。総務課長、何か感じませんでしたか、この決算書見て。何も感じませんでしたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 昨年、このカントリーが終了後に、多分実行委員会は開催されたというふうに思っております。そのときに、確かにこういった数字を提出されたような、記憶はちょっとあやふやなんですけども、あります。その中で、初めてチップを導入したというようなお話があった記憶がございます。たしかにちょっと、本日ちょっと資料を見させていただきましたけれども、予算の範囲内でやるということも大変必要なことなのかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちょっと話こればっかりしててもあれなんで変えますけれども、ちなみにさっきちょっと触れましたけども、町からクロスカントリーに対して支払われているお金っていうのは50万円と聞いているんですけども、それでいいかどうかちょっと確認お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 年間の指定管理料の中に積算してということで、50万ということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 年間の契約のNPOの3,500万の中に50万円が、そのクロスカントリーの予算として入ってるということなんですけれども、ということは、ことしクロスカントリーが開かれなかったということは、その50万円は当然返還されると私は思うんですけど、その辺どうなるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 基本的には、事業を実施しなかったということですので、時期とかは検討しますが、返還していただく方向で協議したいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) いろいろちょっと話してきましたけども、これ毎年各小中学校にお願いをして、多くの生徒さんたち、児童さんたちに出場していただいて、まして、今子供の体力低下が懸念されてる中で何でこういう結果になるのか、こういう決断になるのか、私は非常に不思議なんですけど、この辺教育長、町長の考えちょっとお聞かせください。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 断腸の思いという言葉であらわせられるわけでございますが、子供たちはこの日のために練習を積み重ねております。ことしは雨のために練習日は非常に少ないわけでございますが、しかし4月当初からこの日を目標に校庭を走っております。そういった意味で、非常に残念でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も、議員がご指摘なさるように、子供たちの体力が極めて低下している中で、このクロスカントリーが持つ意義というのは極めて大きいと思っておりまして、今後拡大すれこそ中止するのは本当に残念で仕方ないというふうに思っております。事前には予算の関係で少し課題があるということを聞いておりましたけども、まさか中止するということを決定という形で聞くとは、私はとんでもないことだというふうに思っておりまして、もう少し、議員も指摘のとおり、1回目の委員会で結論を出していいのかというような思いもありましたので、率直な気持ちとしては本当にそういうなことで考えております。
 また、今決算書初めて見て申しわけないんですけども、収入の分で予算額、需用費73万4,000円がこれゼロになっておりますよね。これが一体どういうところから目当てにしての金額なのか、ここはちょっと全く不明で、最初からNPOの持ち出しになるということが想像できないことはないんですけども、もしそうであれば、今度からやる場合に、できる方向でやるにはどうしたらいいかということを、町に対しての協議があって私はしかるべきだったというふうに思っておりまして、財政上の理由よりも、私の聞いたところでは、報告によりますと財政上ではなくてほかの行事と重複するのでできないということでありますけれども、これも4年前に実際にやってるわけです。しかも、今回町民まつり、健康まつりというふうに改めましたのは、スポーツ中心でなくてレクリエーションも加味しながらいろんな方々の、町民のいろんな方、分野で活動、活躍してる人なども紹介するとかそういったコーナーを設けて、町民まつりと、健康まつりというふうに改めておりますので、スポーツの占める割合っていうのは4年前よりも下がってるはずですでの、その忙しいということで理由というのは、議員のご指摘のとおり、私もちょっとけげんに思ったところでございますので、率直な感想を申し上げさせていただきました。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 多分皆さんが同じ思いだと私は思ってるんですけども、ことし柴田町でさくらマラソン大会を開催しました。ハーフマラソンを設定して、参加者約3,000人と。私も審判で携わらせていただいて、実行委員会にも何回か呼ばれて出席をしました。実行委員会のメンバーではないですけれども、やっぱりその実行委員会の方々、柴田町の場合は、もうけんけんがくがく議論して、予算も何回も立て直して計算して、現場に足を運んで歩いて、多分1年がかりでやったと思うんです。初めての大会なんで当然ですけども、やっぱりそういう実行委員会の中でも議論が必要ですし、確かに役場の課長さんたち入っていただくのはいいと思うんですけども、やっぱりそういうふうに議論できる人たちで構成しないと、そして汗を流す人がいないと、結局汗を流すのは生涯学習課の職員と、あとNPOの職員と、あとスポーツ推進委員と、全部そうで、陸協の人と、もう少し実行委員会のあり方を今後見直して開催をしないと、同じことの繰り返しが起こるような気がしてなりません。
 話を変えますけども、25年度の赤字も20万近くなんですね、このクロスカントリー大会。25年度が22万7,000円、約23万円の赤字と。26年度もチップを導入してるのもありまして約80万円の赤字、約100万ですか。これ町もやっぱり50万で大会を開催してくださいっていうのは、ちょっと厳しくなってきてると思うんです。だからもう少しここの予算枠をやっぱり広げることも今後検討すべきだと思うんですけども、その辺はいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 確かに昨年は80万程度、また例年幾らかかの持ち出しというのがあったようでございます。歳入歳出含めまして、事業費につきましても町からの金額の検討も必要かとは思いますが、支出についてもある程度抑えることができる部分はないかとか、あと収入も、参加料についてこのままでいいのかというようなところを、基本的な大会運営の予算のつくり方というのをいま一度、今回中止ということにはなりましたが、それも来年度に向けて協議をして、来年度の大会の成功というものに向けていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今課長から話ありましたけども、やっぱり大河原のクロスカントリー、比較的参加料が安い大会だと思うんです。他のマラソン大会に比べて。チップも導入、次やるときには導入するかどうかはわかりませんけども、もう少しやっぱり参加料を上げても、100円や200円上げても私は差し支えないと思うんです。これだけの赤字を皆さんにわかってもらえれば。なので、その辺もやっぱりやっていただいて、そして支出も抑えて、そして町からももう少し、10万か20万なのかわかりませんけれども、やっぱりそれぐらいのスポーツに力を入れる、子供たちの体力に力を入れるんであれば、そこも拡大する必要があると思うんですけど、町長、その辺考えだけお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変重要なご指摘をいただいたと思います。クロスカントリー本当に伝統あるものですから、1回中止となりましたけども、来年は引き続きできるようにするためには、町も幾ばくかの財政負担の検討はやぶさかではないというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私は今からでも、規模を縮小してでも、子供たちだけでも走らせるべきだなという思いは持ってるんですけど、期間が限られてますので非常に難しいのはわかりますけども、ぜひこれ来年は、また来年も開催しないということにならないように、教育長を初め皆さんで取り組んでいただきたいと思います。お願いいたします。
 それでは、2点目の質問に移らさせていただきます。
 非常勤特別職の研修旅費について。
 大河原町には50を超える役職の非常勤特別職の方がいらっしゃいます。職務に当たられてる皆様方は、それぞれの分野で、立場で地域の進行や発展のために鋭意ご尽力されております。そのご苦労に対し改めて感謝を申し上げますとともに、敬意を表する次第であります。これらの非常勤特別職の方々のための極めて大事な研修会に積極的に参加できない状況にあることから、以下伺います。
 (1)特別職の方が研修会へ参加できる条件と参加できない条件は何か。
 (2)このような制限を設けたのはいつからなのか。また、その理由は何か。
 (3)全ての特別職にこのような制限を設けているのか。
 (4)各課が予算要求する場合、特別職研修旅費についての基準は何か。
 (5)残念ながら我が町は他市町村と比べて非常勤特別職の方々が積極的に研修会へ参加できる体制ではないという状況にあるが、このような状況を町としてどのように認識しているのか伺います。
 以上、答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、非常勤特別職の研修旅費についてのご質問であります。
 ご質問の内容が研修に係る条件や制限、さらには旅費基準についてでありますが、一括でお答えさせていただきます。
 まず、本町の非常勤特別職につきましては、地方自治法や地方公務員法の規定により任命や委嘱をしているところであり、重要な職務を担っていただいているものと考えております。
 ご質問の非常勤特別職の研修等への参加に係る旅費については、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例により規定されており、研修等参加への条件、制限、さらには予算関係の基準等について特に定めたものはございません。
 本町における非常勤特別職の研修等参加状況については、須藤 慎議員ご指摘のとおり非常に少ない状況ではありますが、今後事業執行に係る必要な公務研修の確認を行うとともに、研修参加に係る旅費等の予算計上を考えてまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。
 予算計上を考えていただくということですけれども、ちょっと話をさせていただきます。再質問させていただきますけども、例え話というか、実際にあった話なんですけども、ことし7月10日、11日と秋田県で東北地区スポーツ推進委員研修会、これが開催されました。このときに、町のある方が22年もの活動を評価され功労賞の表彰を受けました。教育長、これご存じですよね。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい、理解しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) この方が表彰されるというときに、生涯学習課長、これは町から旅費、公用車、これは出ましたか。確認ですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 今回は町から支出ございません。公用車の使用もございませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちなみに、職員も同行しなかった、でよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) はい、同行しておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これちょっと課長に聞きたいんですけど、この旅費が出ない、公用車が出ない、あと職員が同行できないっていうのは、結果的にこの方は自腹、自分のお金で行ったんです。表彰されるのに。自分のお金で。日当は出たと思うんですけども、こういう遠くで表彰されるときに旅費が出ない、公用車が出ない。これは現状として、どういう現状だから出せないんですか。ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) まず、旅費を予算の中で今年度としてとっていなかったということでございます。それから、公用車につきましては、職員が運転して送迎というのは可能だったんですが、今回遠隔地ということで、職員も宿泊を伴わないと日帰りできないという状況がございました。職員が日帰りですと予算的なものがかかりませんので可能だったと思うんですが、今回は遠隔地ということで出せなかったという、予算がないので出せなかったということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これは予算計上されていないから旅費が出せなかったと。ということは、予算要求すれば旅費は出すことは、今後考えるとは言いましたけども、予算要求すれば、それは生涯学習課だけじゃなくて、多分ほかの課でもあると思うんです。農業委員会とか非常勤特別職50種類くらいあるんですかね、それぞれで多分そういう研修会があったり、泊まりじゃなくても東京へ新幹線で行って日帰りでの研修だったり。私聞くと、東京の日帰りの新幹線での研修も行こうと思ったら行けなかったと。断られたと、町から。後からほかの人に、「何で大河原町だけ来てなかったの」っていうふうに言われたりもしてるようで、これ確認ですけど、東京の日帰りの例えば研修会も行けないんですか。予算計上してないから行けないという認識でいいのか、それとも行ける状況にないのか。もう各課が予算要求ができないって私は聞いてるんですけども。泊まりのは完全にだめだから。そういうわけではないんですか。企画財政課長、ちょっとその辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) これまで基本的に職員の研修等々も財政部分で縮小するという部分がございました。特別職につきましても同じような傾向で縮小というふうな形で、遠隔地の場合は参加見送りという部分もあったかと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 全てだめでいいですよね、全て。その遠隔地は全てだめ。場合によりけりじゃなくて。その辺確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 基本的にはだめだったと記憶してございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これ一律にだめにするのはいかがなものですか。と私は思うんですけど、役場の中ではそれが当たり前になってて、予算要求もしないで、予算計上してないから行けないと。結局泊まりで行ったり日帰りで行ったりすると、職員も同行しなきゃいけないですよね、これね。同行しないといけないというか、同行すると。そうすると、職員のこの旅費も出せないっていうふうに聞いてるんですけど、それもお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ただいま申し上げましたように、そのものがまず旅費という形で認められないという形になれば、当然職員に対しても同じような形になるのかと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これ例を挙げますけれども、今回の東北地区スポーツ推進委員研修会、宮城県からは7市3、済みません、表彰された方が7市3町で16名です。出席したのが10市、宮城県内10市17町214名が宮城県から参加、東北全体で1,090名が参加している研修会です。
 全部の、宮城県全部の市町村確認しようと思ったんですけども、ちょっと時間がなくてそこまではできませんでした。お隣の川崎町、委員旅費出ます。職員旅費出ます。公用車出ます。柴田町、委員旅費出ます。職員旅費出ます。公用車出ます。蔵王町、委員旅費は日当、ただ蔵王町の場合は2年に分けて隔年である非常勤特別職を一くくりにまとめて、もう一くくりにまとめて、2年に1回両方ともに予算計上しているという話でした。蔵王町、職員旅費出ます。公用車出ます。亘理町、委員旅費日当です。出ません、旅費は。職員旅費は出ます。公用車も町のバスで来ました。村田町、今回出席参加してないんですけれども、村田町の場合は大河原町と同様な対応です。委員の旅費は日当、職員旅費は出せないと。公用車も出せない。ただし、村田町の担当者は、表彰者がいた場合は別途考えますと、検討に値しますという回答でした。
 これ大河原町が全てだめ。ほかにも多分だめなとこあると思うんです、村田以外にも。でもここまでだめにすると、完全にだめというのは私はこれは改めるべきで、やっぱケースバイケースで予算要求できるような状況はつくれないものか、それとも毎年隔年で非常勤特別職の方に旅費を計上するっていうことはできないですか。もう一度お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) その研修等の内容もちょっと把握させていただきながら予算計上、各課と調整をさせていただければと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 多分それぞれの特別職の中で研修会があると思うんです。全ての研修会に泊まりで毎年行かせてくれっていうんではないんですけど、せめて表彰者の方とか、あとは年に何回かある大きな東京での研修会とか、そこにはやっぱり出席していただいて、そして職員も一緒に同行して、首かしげてますけども、職員も同行することでそういう研修会に出て、一緒に技能が身についたり能力がアップしたり、そういう機会でもあると思うんですけど、その首をかしげた理由は何ですか、企画財政課長、今のは。お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 特別議員の発言に対して首をかしげたわけではございません。ちょっと中身的に私の中でちょっとどういう状況だったのかちょっと今確認していたということで、ちょっとまだその答えがまだ出てないという状況でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひ今話したように、この辺どうでしょうか、町長、ちょっと考えお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私、研修は大変大事だという観点を持ってこれまでやってきたつもりであります。就任直後、何事も視察はできないということを聞いたもんですから、それではいけないということで、ある程度まとまった予算をつけまして、実際2年前にはある研修会、職員10名視察しております。今話題になってる研修っていうのはちょっと念頭になかったんですけども、そういったものを含めまして今後研修についての、視察研修につきまして改めて再度もう一回検討をしてまいりたいというふうに思っております。極めて先進の町を目指すと言っておきながら、職員が余り外のことをわからなくても困るもんですから、ぜひしっかりと世界を見てもらうような、そういう役場風土にしていきたいと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私もその役場の予算の計上の仕方とか予算のとり方っていう、そこまでは余り詳しくはないので、間違った言い方とかしたかもしれませんけども、その辺はお許し願いたいんですが、やはり先ほども言ったように、毎年、毎回泊まりで行かせてくれっていう要求はしません。限られた財政ですので。ですので最低限、やっぱり各特別職でどういう研修会があって、年に何回あって、どういう内容のものがあるのか、あとはそういう表彰者の研修会等がないのか、やっぱりそれは各課から出していただいて、自費でやっぱり行ってきなさい、表彰されてきなさいなんていうような状況だけは、私は改善してほしいということを申し上げさせていただいて、一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって一般質問を終わります。
 昼食のため、休憩いたします。午後1時から再開します。
     午前11時53分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 報告第9号 平成26年度決算に基づく大河原町健全化判断比率について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、報告第9号平成26年度決算に基づく大河原町健全化判断比率についてを議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 報告第10号 平成26年度決算に基づく大河原町地方卸売市場事業資金
                 不足比率について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、報告第10号平成26年度決算に基づく大河原町地方卸売市場事業資金不足比率についてを議題とします。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 報告第11号 平成26年度決算に基づく大河原町公共下水道事業資金不
                 足比率について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、報告第11号平成26年度決算に基づく大河原町公共下水道事業資金不足比率についてを議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 報告第12号 平成26年度決算に基づく大河原町水道事業資金不足比率
                 について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、報告第12号平成26年度決算に基づく大河原町水道事業資金不足比率についてを議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 報告第13号 専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、報告第13号専決処分の報告について(損害賠償の額及び和解)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第41号 大河原町個人情報保護条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第41号大河原町個人情報保護条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第41号大河原町個人情報保護条例の一部を改正する条例について、ご説明をさせていただきたいと思います。
 今回の条例改正につきましては、町長の提案理由でも述べているところでございますけれども、いわゆる番号法の施行に伴いまして、一般法を受けて、一般法である個人情報の保護に関する法律、これを受けて制定いたしました本町の個人情報保護条例の一部を改正するものでございます。
 なお、いわゆる番号法につきましては、国を対象とする行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律及び個人情報の保護に関する法律の特例を定めたものということでございまして、いわゆる特別法というふうに言われているようでございます。
 今回の改正概要につきましては、番号法の施行により住民に付番される個人番号についても個人情報に該当することから改正するものでありまして、また、個人番号を含む特定個人情報については、従来の個人情報よりもさらに厳格な保護措置をとるための改正を行うものでございます。
 今回の改正手法でございますけれども、番号法制度の施行につきまして、利用、提供等により施行期日が異なってございます。そんなことから、一の条例の一部改正を再度改正する手法といたしまして、3条に分けて改正をさせていただいているものでございます。
 それでは、まず第1条についてご説明をさせていただきます。
 1ページをごらんいただきたいと思います。
 第1条大河原町個人情報保護条例の一部を改正する条例ということでございまして、第2条に第6号を追加することにしております。個人番号も個人情報とすることで新たな保護措置として特定個人情報とする定義を追加するものでありまして、その内容につきましては、個人番号をその内容に含む個人情報とするものでございます。具体的には、これまでの個人の氏名、住所、電話番号などの個人情報とこれから付番される個人の番号ですね、これらをあわせて管理する情報ということになるかと思います。10月から11月ごろに、私どもですと扶養申告書というような形の中で提出書類を提出しますけれども、これまでの氏名、住所のほかに今度はマイナンバーをつけて提出するような形になるのかなというふうに思っているところでございます。
 さらに、第7号の追加につきましては、通常の保有個人情報と区別し、町長等の自治機関における開示請求、訂正請求等について特定個人情報の取り扱いの範囲を定めた保有特定個人情報を新たに定義として追加するものでございます。
 第11条の改正につきましては、従来の個人情報と特定個人情報を区別するものとして、従来分の個人情報に限定とした内容として、見出し及び条文の一部を「以外の」というような形の中で改正をするものでございます。
 次に、2ページをお開き願いたいと思います。
 第11条の2とする特定個人情報の提供の制限の追加につきましては、番号法において19号各号のいずれかに該当する場合を除き、特定個人情報の提供を禁止している状況がございます。この法律の規定を受けて同様な措置をとるものでございまして、ちなみに具体的な例を申し上げますと、例えば町から給与支払者に対する特別徴収の額の通知に際しまして、個人番号が付番された内容で通知されるということが考えられるものでございます。
 第34条の改正につきましては、個人情報の利用に関し、開示を受けた本人の権利として、適正でない場合の利用停止等について、番号法での規定内容を盛り込むものでございます。
 以上が、第1条といたしまして改正するものでありまして、施行月日は個人番号通知カードが送付されることに合わせ政令で定められた平成27年10月5日とするものでございます。
 第2条、同じような条例になりますけれども、この改正につきましては、今申し上げました第1条をさらに改正するものでございまして、特定個人情報の利用等に関して所要の改正を行うものでございます。
 まず、第11条の2でございますけれども、先ほど第1条の一部改正で追加した11条の2を、今後は1条繰り下げまして11条の3として行っておりまして、新たに今回第2条として11条の2を追加するものでございます。内容につきましては、行政機関や地方公共団体が利用する際の規定を定めたものでありまして、利用目的以外の目的はできないというような原則を定めたものでございます。なお、この内容は直接番号法で規定しているものではなくて、番号法で読みかえております行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律、いわゆる国の行政機関が対象となっておりますけども、そういった行政機関が保有する手続等を定めた法律でございまして、この8条の個人情報の利用及び提供の制限の内容というふうになっております。
 3ページの第2項につきましては、特例扱いといたしまして、人の生命、身体または財産等の保護のために必要な場合は、利用目的以外にも利用することができるということでございます。または、本人の同意を得ることが困難である、こういった理解、解釈につきましては、事故等で意識がなかなか意識不明の状態であり、緊急を要する場合に、この個人情報を活用してその方の特定を図るというようなことになっているようでございます。
 16条第2項につきましても、番号法で読みかえられた行政機関の保有に関する個人情報の保護に関する法律の内容を引用するものでございまして、開示請求に関し、未成年者または成年後見人の法定代理人からの請求内容を改正するものでございます。
 4ページをちょっと見ていただきたいと思いますけれども、第1号につきましてはこれまでの規定でございます。第2号に新たに番号法を受けての特定個人情報に関して、未成年者等の法定代理人に加え、または本人の任による代理人の内容を追加するものでございます。
 以下26条、それから5ページの28条、34条の改正につきましては、これまでの改正を受けて所要の改正を行うものでございます。
 6ページになりますけれども、以上が第2条として一部改正を要するものでございまして、この第2条の改正規定につきましては、個人番号が行政機関や地方公共団体で利用される日となる政令で定められた日、平成28年1月1日とするものでございます。
 次に、第3条について申し上げます。
 第3条の一部改正についても、第2条等の改正を受けて行うものでございますけれども、概要につきましては、特定個人情報の情報提供ネットワークシステムの構築に伴い改正を行うものでございます。今回新たに第2条に第8号として情報提供等記録簿を追加するものでございます。これは番号法23号で規定する情報照会者及び情報提供者等に関して、その情報提供の求め及び情報提供の記録を記録してかつ保存しなければならない規定を引用するものでございます。
 7ページをお開き願いたいと思います。
 第11条の3でございますけれども、これにつきましても新たに追加するものでございます。第2条の一部改正で追加した第11条の2特定個人情報の利用の制限ということでございますけども、この規定と同様に情報提供等記録の利用制限として行政機関や地方公共団体の利用目的以外の利用を禁止することを定めたものでございます。
 なお、第2条の一部改正で繰り下げた第11条の3は、第11条の4としてさらに次条繰り下げているような状況になります。
 それから、その下の第33条の改正につきましては、保有個人情報に係る訂正関係の改正でございます。訂正の実施に際しまして、通知する相手を定めたものであります。
 第1号につきましては、従来の規定内容を定めました。今回、第2号につきましては、番号法での規定内容を引用したものでございまして、なおその提出先が総務大臣ということになってございます。これは情報提供ネットワークシステムの管理者が総務大臣となっていることによるものでございます。また、第2号の第19条7号については、番号法別表第2で規定している情報照会者処理事務、情報提供者特定個人情報に関して情報提供ネットワークシステムを利用して特定個人情報の提供を行う場合の規定でありまして、例えば医療費事業助成に関しまして、助成を受けるための所得額の把握といたしまして転出前の所得が必要な場合は、市町村間で所得等の照会あるいは提供ができるというような形で、本人の手を煩わせることがなくなるということになるかというふうに思っておるところでございます。
 それから、第34号の改正につきましては、保有特定個人情報に係る利用停止関係の改正でございます。この改正についても、番号法で読みかえられた国の行政機関を対象とする行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律第36条の内容を引用するものでございます。
 ページ8ページをごらんになっていただきたいと思いますけども、具体的には第1号といたしまして、全部お読みしませんけれども、不適合な取得、それから目的の範囲を超えた利用、それから不適切な情報収集などの場合については、実施期間に対して利用停止または消去ができることを定めたものでございます。
 第2号につきましては、特定個人情報の提供制限に違反した場合は、停止措置を請求することができることを定めたものでございます。
 また、同条各号の改正につきましては、これまでの改正を受けて所要の改正を行うものでございます。
 35条の改正についても、第3条の改正を受けて適用される項を改正するものでございます。
 9ページ、最後のページになりますけれども、施行月日ということで、第1条につきましては27年10月5日から施行するものでございます。第2条については28年1月1日。第3条につきましては、これは番号法の附則のほうで規定されておりますけれども、番号法公布の日から起算して4年を超えない範囲内において政令で定める日ということで規定されております。今後、スケジュール案とすれば、このネットワークシステムにつきましては、国が29年の4月1日あるいは市町村は29年の7月というような情報があるところでございます。
 以上、簡単でございましたけれども、詳細説明とかえさせていただきます。よろしくご審議お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回のこの改正というのが、マイナンバー制度の法に基づいてこれが今回出てきたわけですけども、やはり町民のいわゆる個人保護をいかに守るかっていうことは、町長を初め行政側としては、年金問題があっただけに、一度、一たび個人情報が流出しますと、これもとに戻らないんですよね。そういう点では、今回のこの改正について、その中身について課長が随分詳しく説明していただきましたけれども、このことを住民に不安を抱かないためにどういうふうに説明というかしていくんですか。それとも、説明というか広報ももちろん使えるわけですけども、どういうふうに周知をしていくんでしょうかね。議会ではこれ可決しますと、議会はわかるわけですね。こういうのがもう可決したと。ところが住民にはこれは知らされなければわからないことで、やはりきちんともう目前に迫っているだけに、来年の1月からもう具体的になるわけで、マイナンバーのほうですけど、どんなふうにその辺は考えているんですか。非常に大事なことだと私は思っております。その辺で課長の考えあるいは並びに町長の考えを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 本町の個人情報保護条例につきましては、当然町長部局であるとか教育委員会部局、実施機関というような形で定義されておりまして、さらにはその本人といいますか、「何人も」というような定義も、表現もございまして、基本的にはその行政上の手続上の規定、それから例えば情報公開に、情報の開示に関する本人からの請求であるとか、そういった部分が当然この条例の中に規定されてございます。そういったものは、基本的には変わりません。プラス今回の番号法をあわせて管理するような情報についても同様な規定をするということになってございます。
 マイナンバー法の周知については、広報紙とかにてお知らせをしてるとこですけれども、基本的には個人の情報については行政側としてもしっかり守るということと、それから町民の方についても、何ていうんですかね、自分の個人情報をみずから管理するようなことをまずできればお願いしたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の課長の答弁が町長の答弁というふうにもなるんでしょうか。それで、課長はもちろん大事なことをおっしゃっています。今までどおり、それに加えてしっかり守る、これは行政はそういう立場に、さらにそういう立場になるんでしょうけども、みずからを管理するという、今さっきそういう言葉を使いましたけども、住民がみずから管理するために、やはりどういうことを心がけてしていただきたいというのも、一つはあると思うんですね。行政側がやることと、あるいは住民にもきちんと徹底することと、私はそのことが特に大事かなというふうに思っています。
 しかしながら、このマイナンバーというのは、非常に何か大変な法だなというふうには今でも思っています。本当にこういうのがほんとなくなれば一番いいんですけれども、いまだにこれに対する私は疑問が消えない一人でありますけれども、いずれにしても、仮にこれ可決すればですね、やっぱり先ほど言った保護、住民へのきちっとした、ここで答弁したようなことを何らかの形でやっぱし住民にも可決したらやっぱりすべきでないかなと実は思いましたので、質疑させていただきました。
 ご答弁、今度町長にお伺いしましょう。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 一般質問でもお答えしておりますし、また今課長答弁でもお答えしたとおりでありまして、個人情報をしっかり守っていくっていうことは大原則であります。ただ、これがなくなればいいというご発言でありましたけども、私はこれはやはり今後行政を行っていく上で、方向性としては極めて大事だと思っておりますので、この番号法を運用に当たりまして、しっかりと注意しながら進めていきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
 まず、原案に反対者の発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案第41号大河原町個人情報保護条例の一部改正について、次の理由から反対の立場で討論を行います。
 町長は先ほど、今後行政を行っていく上で必要だというお答えがありましたけれども、行政としては国からの方針なのでやっぱりやらざるを得ないという立場を私はわからないわけでもありません。しかしながら、幾らいろいろ考えてみますと、今回のその改正というのがどこから来たのかというのは言うまでもありません。明らかなように、マイナンバー法の施行に伴って今回出てきているということです。マイナンバー制度がもう既に明らかになってますように、国民一人一人に生涯不変の番号をつけ生涯にわたる分野を超えたデータが集積されることによって、一たび流出したり悪用されたりすれば、甚大なプライバシー侵害やなりすましなどの犯罪の危険を飛躍的に高めるものになるからです。マイナンバー制度に係るこの初期の投資というのが、これ3,000億円とも言われる巨大プロジェクトにもかかわるその具体的なメリットも費用対効果も、私たちには私は示されてないというふうに思っています。2002年から稼働しております住基ネットと共通の問題点を持っていると私は思っているんですが、マイナンバーは源泉徴収票への記載など、民間でもこれ広く番号が使用され、番号の広がりという点では量的にも質的にも住基ネット、住基ネットは4つですよね、4つ。名前と住所と男女であることと年齢、たしかそれだったと思うんですが、この4つが住民基本台帳、いわゆる住基ネットなんですが、これとは比べものにならないくらい、その量的にも質的にも今回のマイナンバーというのは危険性が飛躍的に高まると私は思っております。既に皆さんもご承知のように、あの日本年金の機構の職員のパソコンが外部から送られたメールを介してウイルスに感染し、約125万件にものぼる個人情報流出問題が、一たび漏えいすれば大きな被害をもたらすことを示しました。年金にとどまらず、さまざまな個人情報を連結するマイナンバーの危険性は一層明らかであると言えます。
 以上のことから、私はこの議案は認めることができません。何よりもこのマイナンバーの私は実施というのは本当にいかがなもんかと。今、草の根でこの中止、撤回する動きもかなり活発化今しているようであります。何よりも町民のこの情報保護の観点から、この議案は認めることができません。以上を述べさせていただきました。
 以上で、討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第41号を採決します。
 この表決は、起立によって行います。
 この際申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第41号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第42号 大河原町手数料徴収条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第42号大河原町手数料徴収条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) それでは、議案第42号の大河原町手数料徴収条例の一部を改正する条例についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由でも申し上げましたが、平成27年10月5日から行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法が施行されます。平成27年10月5日以降に全国民に通知カードが通知されます。また、平成28年1月からは、本人からの申請により、顔写真つきの個人番号カードを交付するものです。
 いずれのカードも初回の交付手数料及び経費につきましては国庫補助の対象となりますので、町民の皆さんの初回の費用負担はございません。しかし、紛失等により再交付となる場合の交付手数料につきましては、国庫補助の対象になりません。このため、紛失等により再交付する際の手数料につきましては、受益者負担の考え方から手数料を負担していただくものと判断いたしました。このことから、再交付の手数料を規定するため、今回条例の一部改正を行うものであります。
 なお、通知カード及び個人番号カードの再交付手数料相当経費につきましては、それぞれの原資、ICカードの購入原価等を考慮して国から参考に示された再交付手数料相当経費でございまして、通知カードが500円、個人番号カードが800円となっておりますことから、同額を再交付の手数料額とするものでございます。
 条例文をお開きください。
 今回の条例につきましては、一つの条例の第1条について施行期日が異なっておりますので、このような改正方式をとっております。
 まず、第1条につきましては、平成27年10月5日以降に通知されます通知カードの再交付手数料を500円とするものです。表中の第2条第28号を追加するものです。
 次に、改正の第2条でございますが、表中の第28号につきましては、現在交付しております住民基本台帳カードは平成28年1月1日以降での申請はできなくなり全て個人番号カードになりますことから、字句の改正を行い、個人番号カードの再交付手数料を800円とするものです。同条28号につきましては、字句の改正を行うものであります。
 施行期日につきましては、第1条につきましては、通知カードの再交付手数料でございまして平成27年10月5日から、第2条につきましては、個人番号カードの再交付手数料となりますので平成28年1月1日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ICカード、写真入りのということでの今回の中身が含まれているわけですけれども、先ほどの課長の説明の中で、我が町は受益者負担の観点から個人負担、紛失した場合ですね。これは隣町でも皆、受益者負担というふうになっているんですか。これは自治体の判断で我が町がこうなんですか。ほかにはそうじゃなくて、受益者負担じゃなくて、例えば自治体がと、あるいは自治体の裁量でこれは決められるということなんですか。隣町が皆足並みそろえてこうなのかどうか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) この再交付手数料につきましては、条例で制定すれば交付手数料は徴収できるということになっておりまして、既に仙台市はもう条例で決定をしておりまして、ここ2市7町近隣につきましては、大体9月の今回の議会で上程されるというようなことの情報は得ております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案第42号大河原町手数料徴収条例の一部改正ついて、反対の立場で討論を行います。
 前議案第41号でも指摘したとおり、この議案の改正の理由もマイナンバー法施行に伴うことから、今回の改正が出ているということであります。先ほども申し上げました、この一たびこの個人情報が流出したり悪用されたりすれば、プライバシー侵害やなりすましなどの犯罪を常態化するおそれがあるということです。ちなみに今アメリカでは、既にこれ数年前からやっていますが、最近の情報です。3年間で1,170万件のなりすましが発生し、大問題になっているということです。こんなことが本当に日本でもなってからでは本当に遅いので、私は非常にこの根っこにあるマイナンバー制度の導入というのが非常に、何ていうんでしょうか、非常に危惧している一人です。
 以上の理由から、この議案についても私は認めることができません。終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第42号を採決します。
 この表決は、起立によって行います。
 この際申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第43号 大河原町空き家等の適正管理に関する条例の制定につい
                  て

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第43号大河原町空き家等の適正管理に関する条例の制定についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第43号大河原町空き家等の適正管理に関する条例につきまして、説明をさせていただきたいと思います。
 まず、今回の制定でございますけれども、空き家等対策の推進に関する特別措置法、これにつきましては議員の皆さんもご存じのとおりでございまして、この法律に基づいていろいろ町がアクションすることができるわけでございますけれども、本町におきましては、行政それから町民ぐるみで取り組む必要があるということで、今回条例の制定と考えたところでございます。
 なお、規定の内容につきましては、基本的には特措法に準じた内容とするものでございます。また、条文の構成についてでございますけれども、協議会の位置づけ、適正管理する施策等の関係からわかりやすいというようなことで、章立てとするような形で考えさせていただきました。
 それで、今回の説明についてですけれども、条文の条例はありますけれども、6ページ以下の次のページをお開き願いたいと思います。
 参考資料ということで、今回の条例案と特措法の内容を比較できるような資料をつけさせていただいております。非常に小さくて申しわけないんですけれども、こういった形で準拠しているということでご理解をしていただきたいということでございます。この資料に基づいて本日説明をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 まず、第1条でございます。目的のところでございます。特措法については1行目に「防災、衛生、景観等」というような観点がございます。大河原町の条例につきましては、条例のところの下から2行目、「防災、防犯、衛生」というような形の中で、防犯の観点も大河原町の場合は入れました。これにつきましては、空き家等に侵入して犯罪等を犯すおそれがあるというような形の中で、防犯上の観点も取り入れたということでございます。
 それから、定義でございます。第2条につきましては、基本的には特措法に準じたものでございます。条例のところを見ていただきますと、まず「空き家等」、これにつきましては、建物またはこれに附属する工作物であって、住居その他の使用がなされていないことが常態であるということで、一つのこの常態ということにつきましては、長期間にわたって使用されていない状態、例えばおおむね年間を通して使用実績がないということが基準の一つということになるかと思います。
 それから、2号目の「特定空き家等」でございますけれども、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態ということで、一つの基準といえば、建物の著しい傾斜、それから建物の耐震構造部分の損傷、屋根や外壁等の脱落等の基準というような形の中が考えられておりまして、これらのものについては国が既にガイドラインを示しているところでございます。なお、この特定空き家につきましては、改善等に介し指導、勧告、命令等ができるような形になってございまして、それらのものについては18条から21条の中で規定をしているものでございます。
 それから、3号につきましては「所有者」、4号につきましては「町民等」ということでの定義も新たに盛り込みました。これにつきましては、冒頭に申し上げましたように、まずは所有者が第一義的な責任は負うところでございますけれども、町民ぐるみでの対応ということで、町民等というような定義もしたところでございます。
 それから、第3条ですけれども、当事者間における解決の原則ということで、これも独自というふうに理解していただきたいと思います。意図するものは空き家対策については結果的に行政が介入したとしても、原則は空き家等の所有者と、係争といいますか第三者との解決をするのが原則であるということをうたったものでございます。
 また、第4条につきましても、所有者の責務として適切な管理を努めるということの定義もしたところでございます。
 第5条の町民等の役割につきましては、先ほど来申し上げてます空き家等の対策を町ぐるみで行うために、町民の役割として町が実施する施策への協力と、空き家等の提供情報の役割を定めさせていただきました。
 第6条につきましては、特措法の第4条と同等でございまして、町の責務というようなことでございます。空き家等の適正な管理に関し、必要な施策を実施するものとするということでございます。
 次のページ、2ページ目ですけれども、実際に必要な施策という一つの中に、第7条空き家等対策計画、これを策定するということにしてございます。これも特措法の第6条の中では定めることができるというような規定になってございますけれども、条例については定めなければならないというような義務規定にしたものでございます。
 内容についてはごらんのとおりでございますので、省略させていただきたいと思います。
 第2章でございます。これにつきましては、空き家等対策協議会、これは協議会を設置するというような形づけで形を位置づけしたものでございます。
 第8条については設置ということでございます。実はこの対策協議会、位置づけにつきましては地方自治法第138条の4第3項に定める附属機関というような位置づけを考えております。いわゆる諮問機関と同様というふうに考えておりまして、非常に重要な機関であるというふうに思っているところでございます。
 その協議会が行う所掌事務でございますけれども、第9条といたしまして、1号には空き家等対策計画、第7条で定める計画でございますけれども、これらの計画に対して意見を述べること、それから17条第2項につきましては、空き家等を判定する際に基準を設けなければならないというふうに思っておりまして、そういった基準の審議に参加していただくということでございます。それから3号につきましては、21条第1項第2号の規定による代執行の施行ということで、最終的には行政代執行もできるわけですけれども、こういった協議会の意見を聞きながら行っていくということでございます。
 次に、10条組織でございます。協議会は10人以内の委員をもって組織すると、委員は町長のほか法務、不動産、建築等に関する有識者、その他町長が必要と思える者をもって構成するということで、現在、案的には弁護士であったり、司法書士であったり、建築士、不動産鑑定士、それから区長さんの代表者というような形の中で8名ほどを考えているところでございます。
 以下、15条までにつきましては、その協議会の関係でございます。
 次に、第3章空き家等の適正管理に関する施策等でございまして、この章は空き家等の具体的な行動対策として調査、そして特定空き家等に対する行政指導から、不利益処分となりますけども命令、最終手段としての行政代執行の規定を定めたものでございます。
 まず、第16条につきましては、実態調査及び立ち入り調査でございまして、空き家等の調査の規定を盛り込んだところでございます。第2項以降は特定空き家、先ほど定義の中で申しましたけれども、危険な空き家という形になります。この特定空き家に対する調査、その手続を定めたものでございます。その内容につきましては、基本的には特措法の規定を準用したものでございます。
 では、4ページをごらんになっていただきたいと思います。
 第18条助言または指導でございまして、特定空き家の所有者に対して適正な自己管理を促す規定でございます。除去、修繕等の助言や指導を行うことができるというような内容になっております。
 19条勧告、これにつきましては18条での助言等が改善されない場合に、その助言者に対し勧告することができる規定でございまして、内容は指導等と同様となるというふうに考えてございます。しかしながら、この勧告となりますと、固定資産税の住宅用地特例が適用されなくなります。
 第20条の命令でございますけども、その勧告にも応じなかった場合の規定でございます。この命令は行政手続における不利益処分とするものでございまして、処分庁としてもその手続に関し適正に対処しなければなりません。そういったことで第2項、その内容を定めているところでございます。なお、第1項の勧告を受けた者が正当な理由がなくてその勧告に係る措置をとらなかったとするその正当な理由っていうことにつきましては、単に金銭がないということは正当な理由には当たらないとするような国の指針も出ているところでございます。
 第21条代執行でございます。前条第20条の命令にも応じなかった、つまり命令にも応じなかった場合は、町長の権限として行政代執行法の規定に基づいて除去等の代執行ができる規定でございます。まず、なお第2項の規定につきましては、所有者等が確認できない場合の対応として町長が代執行できる規定でございまして、この過失がなくてと、その措置を命ぜられるべき者を確知することができないときというようなことになってございますけれども、この過失がなくてにつきましては、町として所有者を確認するための市町村が行うべき通常の業務遂行や注意義務とすることでございまして、いろいろな調査をするのが当然だというようなことになるかというふうに思っているところでございます。
 次に、5ページにまいります。
 5ページの上のほう、第3項でございますけれども、町長の代執行に際し、先ほど協議会の中でもお話ししましたけれども、空き家等対策協議会の意見を聞かなければならないということで、なかなか町が単独で行政代執行あるいは特定空き家ということの判断は難しいということで、こんな形で考えさせていただいたものでございます。
 それから、24条緊急安全措置でございますが、これにつきましては空き家等の状態が非常に危険で、生命や身体に大きく及ぼすような場合については、さらにその場合でさらにその所有者に指導等を行う時間的余裕がない場合は、所有者の同意がなくても必要最小限の措置を町ができるというような規定にしたものでございまして、具体的なことに関して言えば、除去ということではなくてロープを張ったり、注意看板を立てたり、そういうふうな形になるものというふうに考えております。
 それから、第27条空き家等及び空き家等の跡地の活用利用ということで、これにつきましては再利用に関した町の施策に通じるものであるというふうに思っております。ひと・まち・しごとの中でも今いろいろな形で考えてございますけれども、例えば空き家を利用した憩いの場であったり、空き家バンクであったり、そういったことが今後考えられると思っておりまして、そういったものは第7条で規定する空き家等対策計画の中で示されるものであるというふうに考えているところでございます。
 次に、第28条税制上の措置等ということでございまして、これにつきましては先ほど勧告のお話をしましたけれども、19条で勧告された所有者に対して、固定資産税及び都市計画税の住宅用地の特例の廃止を行うものでございます。なお、国のほうでは、15条地方交付税制度の拡充その他の必要な財政上の措置を講ずるものとするというような形になってございまして、国の一つの指針とすれば、市町村が取り組む空き家等に関するデータベースの整備であるとか、空き家等相談の窓口、こういった方に対して財政的な支援をするというような形になっているようでございます。
 第4章雑則でございまして、第30条空き家等の所有者等に関する情報の利用等ということで、これにつきましては、通常行政内部といえども利用できない固定資産税台帳の情報を、空き家等の所有者を特定する手段に限って内部で利用ができるというような形にするものでございます。
 それから、最後になりますけれども、特措法では16条過料、過り料というような形で設定してございますが、本町の条例では適用しておりませんでした。しかしながら、当然にこの特措法の規定が運用されるということになるものでございます。
 それから、附則になりますけれども、この条例につきましては、お認めいただければ10月1日から施行していろいろな形で前に進んでいきたいというふうに思っております。
 それから、第2項では先ほど協議会のお話をさせていただきました。協議会の委員の報酬等をこの条例の中で規定をしたいということで、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するということで、今回空き家等対策協議会委員ということで、弁護士、有識者、その他の委員ということで、1万5,000円から5,600円というような形の中で考えたものでございます。
 なお、今回こういった報酬と、さらには新たに町内の空き家を調査するような調査費を今回補正予算に計上をしているところでございまして、そういった情報を集めて第1回目の協議会を開催したいというふうに思っていたところでございます。
 なお、参考資料の一番下のほうにつきましては、先ほど来申しました立ち入り調査から行政代執行というような形の中の簡単なフローでございますけれども、簡単にお示しさせていただいたところでございます。
 以上、簡単でございますけれども、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤 巖議員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 今この空き家問題、全国的に非常に問題になっており、各市町村でこの空き家対策、しおりをつくっているようですけれども、一つお聞きしたいんですけども、非常にいい条例だなと思って聞いてたんですけども、大河原町の場合は、上谷住宅なんかは、ああいうのは全く対象外だと、ここにちゃんと防災だのなんだので、大河原特に防災を入れさせていただきましたと、防災、防犯とこうみんな入ってっけども、危ない問題もありますし、しばらくはですけども、このくらい騒いでる中で、政策空き家と大河原では言っているようですけども、あれは何としてもなのかその辺は、あれは別なんだと、あれは空き家と言わないんだと。そういうのか何か、ちゃんとはっきりした答弁をひとつお願いしたいなと。かなりありますから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 第2条の第1号の空き家等の定義のところで、このただし書きのところに、「ただし、国又は地方公共団体が所有し、又は管理するものを除く」というような規定をしてございまして、基本的には町とかが管理する住宅については対象外ということでございますので、ご理解のほどよろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖議員。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) それはただし書きで書いてあったけども、余りにも虫のいい話であって、少し私はおかしいような気がするんですけども。その辺はここで、ただし書きで書いてっから、国とか町があれすんのは別なんだと。空き家は空き家でも別なんだと。こういうことになってるんだと、こういうことなんですか。
 それとあともう一つは、このくらい騒がれている時代ですから、町もあれはおっきな財産になるんですから、早く解体なりなんなりをされるあいつができないのか何か、やっぱり再度改めてやっぱり行動を起こすときではないかと思うんですけども、それはそれで別なんだと、こういうふうにのんびりした気持ちでいいのか何かということを、もう一回総務課長、これはちゃんとただし書きで書かれてっからと、これだけでのっぱんのかと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に今回の条例につきましては、特措法に準じてるということで何回も申し上げさせていただきました。この特措法そのものがあくまでも個人の所有というような定義でございまして、先ほども申しましたけれども、空き家等の所有、管理に関してはまず第一義的に所有者の責任だという捉え方でございます。そういったことで確かに町とすれば町営住宅の政策等の空き家にあるかもしれませんけれども、こういったことにつきましては、今進めております公共施設等総合管理計画あるいは長寿命化計画という形の中で対応されていくものというふうに理解をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 上谷の住宅でございますけれども、耐用年数があと2年ぐらいでやっと到達する格好でございますので、その時限以降については解体というような格好にも計画してまいる所存でございます。(「まあいいか」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 社会的な問題になっているだけに、この条例を必要だというふうに私も思っております。そこでお伺いしたいのが、前一般質問でもこの問題について議員から出されたときのメモでは、メモもちょっと拝借しながらですけれども、今町が把握している空き家というのはたしか200軒ぐらいですけども、今回条例を提案するに当たり、200軒なんですか。その辺の確認。それから、この200軒というのは、数ありますね。全部がこの所有者ってのわかっている空き家なんですか。それと、その中でこの特定空き家等とありますけども、この特定になるのが仮に200軒だとすると、どのぐらい今町の場合はあるんでしょうか。恐らくこれ協議会の中で、今度第1回目がもう開かれるというこの予算措置もあるようですけども、そういうことから含めて全部調査していくんだと思うんですが、今の時点でわかる範囲内で結構です。教えていただきたいっちゅうふうに思います。
 それから、これだけ問題になっている中で、町のほうに空き家と称する所有者からの相談というか何かこう問い合わせというのは、現にもうあるんでしょうか。そのことをお伺いしたいです。
 それから次のページに、この空き家等対策協議会のことですけども、先ほど課長のお話ですと8名というお話ありました。それと、このその他町長が必要と認める者とありますけれども、今回はこの8名の中にこの認める者という人が入っているんですか。入ってない8名ですか。それと、仮に今後町長が必要と認める者となったときは、どういう方を想定しているのか伺います。
 それから、この3ページの第16条、これよくわからないから聞くんですけど3段目です。実態調査及び立ち入り調査という中に、この条例の施行に必要な限度において調査をという、この限度というのは、この前段にあります町長は云々ってありますけれども、これが限度なんですか、これ。どういうふうに、この限度っていうのはちょっと意味あるのかなと思ったので、ちょっと少し詳しくご説明いただきたいちゅうふうに思います。
 それから、ページは最後の6ページです。この28条の税制上の措置等ってありますね。これは税制に伴うものですけれども、現に解体、例えばですよ、解体したいんだけれども解体すればお金がかかりますよね。しかしながら、そのお金がなければこれ解体できないんですけれども、現に空き家であろうとそこに住んでいるとその税、固定資産税とか都市計画税かかりますけれども、これは現に空き家である課税額と、仮にこれ解体しますと課税が変わりますよね。更地ですから。そういうことで何か解体もできない、要するにお金の問題から、そういう人もいるやにちょっといろいろ、社会的な問題になってるだけに、本読みますとそういうの出てきているんですけども、そういうことがネックになってるっていう点では、町も税務課の課長も、あら、きょうは税務課の課長はいらっしゃいませんけども、そういうことも現に大河原町の場合は問題になっているんでしょうか。
 以上、伺います。
 それから、一番最初に質疑したときに、このアパートの借家、アパート、いわゆる借家のお持ちの方で既にもう老朽化して借家にも使えないっていうのも何軒かあるように、私の頭の中であるんですが、そういうのっていうのもこれに含まれているんですよね、空き家ですから。アパートもこれ入るんですか、当然。その辺ちょっと説明の中に何かそういうのが書いてないので、確認方々伺います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まずは、空き家等の205軒なんですけれども、この件についてお話を申し上げたいと思います。
 さきの一般質問の中でも答弁をしてるところでございますが、これにつきましては、行政区長さんに目視で昨年調査をしていただきました。背景的に、大河原町高齢者のひとり世帯、ふたり世帯が非常に増加しているような傾向がございまして、今後のことも心配されることにありますことで、町内の状況ということで、つまりあくまでも区長さんの目視での調査ということで、ここの中に、その中に特定空き家等という定義、さらには空き家等という定義までがしっかりとしているものではないというふうに思っております。したがいまして、今回新たにちょっと専門的な業者にお願いをして、本町における空き家等の実態を調査したいということでございます。
 それから、アパートの件につきましては、全部が空き家であれば対象になるかと思います。しかしながら、1世帯でも入っていれば、それは空き家等にはならないというふうな国のことがあるようでございます。
 それから、空き家等の所有者からの相談でございますけれども、これは今のところございません。反対に隣の所有者であるとか、そういった方からの相談が最近では非常に多くなっているような状況でございます。
 それから、協議会の委員のその他町長が必要と認める者ということでございますけれども、先ほど8名というような話をさせていただきました。その他町長が必要と認める者の中には、先ほども申しましたけれども、区長さんを考えてるところでございまして、このその他町長が必要と認める者合わせて8名ぐらいでどうなのかなということで、現在あくまでも案でございまして、ピンポイントの人物等の指定はないところでございます。
 それから、16条の必要な限度においてということでございますけれども、この必要な限度において立ち入って調査をさせることができるというこのつながりになるかというふうに思っております。今回特定空き家、非常に危ないというような状況の中で、実態調査というか立ち入り調査をするんですね。その際に、例えば門扉を破ってまで入るということではなくて、それなりの手続を踏んでということでの必要な限度というふうになるかというふうに思っております。
 それから、28条の財政的な件でございますけれども、6分の1が住宅用地特例がなくなるわけでございますけれども、今回その勧告でそういったことの措置が命ぜられますけれども、一つは拘束力を強めるということになるかというふうに思っておりまして、その6分の1が必ずしも6倍になるということではないというふうに思っておりまして、特に今のところ問題はないのではないかというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 3ページのさっきの組織について、もう一回お伺いします。
 さっき8名ということで、その他町長が認める者も含めてと、ここの認める者というのは区長さんっていうことですね。そうすると、8名といいますと法務、弁護士、司法書士、不動産、建築、そうするとその区長さん3名がここ入るということですか。8名というふうになりますけど、そういうふうな考え方でいいのかどうかということです。
 それからもう一点は、先ほどここに関連してですが、区長さんの、例えば桜町3区であればその桜町の3区の区長さん、これは私も必要だというふうに思いますが、それとあわせて、例えばその協議会の中で区長さんも含めて協議しますね。そのときに、場合によっては、さっき問い合わせどういう方問い合わせあるんですかって聞いたら、いわゆる隣人、隣の方からのいわゆるいろんな問い合わせのほうが多いというお話ありましたね。それに関連してですけども、この地域住民の方のご近所の方の意見を聞くという場っていうのはないんですかどこかに。近隣の方がどういうふうに見ているかっていうのは、いろいろあると思うんですよね。住んでる人が一番わかることだと思うんです。外から見ただけじゃなくて。そういう点では、そういう客観的な意見を聞く場っていうのは、この中には全く含まれていないように思うんですけど、その辺は必要、私も場合によっては必要なときも出てくるんではないかと思うんですけど、いかがにその辺考えてますか。
 それから最後です。これは国の法律に基づいて各自治体がこういう計画を策定するってことになってますが、県の役割ってのこれはどういうふうになってるんですか。県。この各市町村が一番大変だと思うんですけども、県っていうのは何も、国から直接これ市町村だけなんですか。そのクッションとして県があって、県の役割っていうのも何かあるのかどうか。よくわからないのでそこだけ伺います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、協議会8名の件でございますけれども、あくまでもこれは案でございます。それで、委員とすれば町長は必ず入らなければなりません。町長、弁護士、司法書士、建築士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、そして区長さん2名ぐらいということで、8名ということで考えているところでございます。
 それから、意見を聞く場ということで、協議会の位置づけでございますけれども、この協議会は先ほど申しました第7条で規定する策定計画ですね、さらには特定空き家等の認定基準、つまり、特定空き家等に関して、非常に専門的な知識を発揮していただきたいというふうに思っているところでございます。住民の意見ということにつきましては、第5条で町民等の責務というような形の中で特定空き家等の情報について町に報告というような規定をしているところでございまして、そういったさまざまな情報といいますか、空き家あるいは特定空き家等の情報が町のほうに寄せられ、それらを協議会等で審議して、これは特定空き家だから指導からの手続ということにつながっていくのかなというふうに思っているところでございます。
 あと、県の取り組みでございますけれども、参考資料の特措法の15条、財政上の措置及び税制上の措置の中で、国とすれば国及び都道府県はということで、県の支援ということも国とすれば方針として規定しております。ちょっと具体的には確認はしてございませんけれども、例えば相談窓口を市町村が設けたときにいろいろな支援をしていただくとか、あるいは修繕に対する補助の部分を県が補助するとか、そういったことはちょっとわかりませんけれども、そういったものについても法律の中で国、県は支援しなさいよということになっているところでございまして、宮城県がどういうふうに対応するのか、ちょっと今のところわからない状況でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほどの第5条に、私が先ほどちょっと心配しました周辺住民の客観的な意見を聞く場ということで、この第5条がそうだというふうに課長おっしゃいましたけれども、私実はここ読んだときに、町民等は特定空き家等であると疑われる空き家等を発見したときって書いてあったので、発見っていうのはちょっと遠くっちゅうか、その目の前にいる人が発見とは普通余り言わないので、ちょっと離れた人がしたときには発見っていうのかなと思ったんですね。あくまでも私は、いわゆる全くの隣人ですよ、そういうことでちょっと質問、質疑させていただいたんですけど、そのことについてはこの第5条が該当するということで、今の説明ですとそういうことなんで、そういうふうに認識していいんですね。確認だけさせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町としてもさまざまな情報を入手したいということで、町民の皆様にもこういった役割を担っていただきたいということでございます。
 それから、先ほどちょっと申しましたけれども、今回住宅を専門的に見回って歩くような業者さんに、空き家等の状況を確認していただくような形になってございます。つまり、区長さんからも情報はいただきましたけれども、そういった情報と今回委託する業者の情報をうまく合わせながら、本町における空き家等の実態をつかみたいというふうに思っておりますし、今後の空き家等の状況につきましては、どんどんふえるような状況であれば、そういった専門の業者を再度お願いするということも考えられるのかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 1点だけ確認です。この空き家対策の窓口っていうのは総務課でよろしいんですか。それとあと、この10月1日、通れば10月1日から施行ということなんですが、今例えばいろいろまた今度空き家対策もしなくてないとかっていうんで、人員というか、今の人員のままでこういった空き家対策にも取り組んでいくのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 空き家対策につきましては、実は内部にも勉強会を設置しておりまして、総務課であったり、町民生活課であったり、企画財政課であったり、地域整備課であったりいろいろな課があるんですけども、今後もその協議会の下部組織というような形の中で、そういった組織は継続していかなければならないというふうに思っておりました。その中でも、実は窓口をっていう話は実際はあるところなんですけども、とりあえずトータル的な部分については今回総務課のほうでこういった条例も提出しておることから、総括的な部分はあるかと思います。しかしながら、今後は対策計画の中で、例えば空き家バンク、いろいろな計画が出てくるかと思います。そういった部分については担当課がその計画の窓口といいますか、そういった形の中で進んでいくものかなというふうに思っておりまして、いろいろな相談については総務課にならざるを得ないのかなというふうには思っておりますが、この勉強会の中で、今後また新しいような形になれば、その際はまたお知らせさせていただきたいと思います。(「人員体制」の声あり)
 それから、人員体制につきましては、特に増員っていうのはなかなか難しいのかなと思ってまして、まずはその協議会の委員を選任させていただきまして、その協議会の中でいろいろなことを決めていくことを考えたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 確認です。それでは、当面の窓口は総務課ということでよろしいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい、総務課で結構でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質問ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第43号を採決します。
 お諮りします。本案は原案どおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第44号 平成27年度大河原町一般会計補正予算(第3号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第44号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第44号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第3号)の詳細説明をさせていただきます。
 町長の提案理由にもありますとおり、歳入歳出それぞれ3,606万6,000円を追加いたしまして、予算総額を80億8,803万6,000円といたすものでございます。あわせまして、債務負担行為の補正並びに地方債の補正を行ってございます。
 ページ4ページをお開き願いたいと思います。
 まず、第2表の債務負担行為の補正といたしまして、コンビニエンスストア収納代行業務委託につきまして、導入費用に係る分につきましても債務負担行為とさせていただきたく、今回補正をいたすものでございます。
 第3表地方債の補正につきましては、大河原南小学校、金ケ瀬小学校、大河原中学校の屋内運動場照明改修工事に伴うものであり、積算を行ったところ金額に変動がございますことから、金額の変更を行っているものでございます。
 続きまして、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、8・9ページをお開き願いたいと思います。
 まず、歳入でございますが、14款2項1目の総務費国庫補助金の1節社会保障税番号制度システム整備費補助金870万円につきましては、追加交付というふうな形になってございます。住民基本台帳システムの部分につきましては240万円、地方税システムにつきましては80万円の増、統合宛名システムにつきましては550万円の増というふうな形になってございます。
 その下の4節個人番号カード交付事務費補助金につきましては、個人番号カードの通知、交付が始まりますことから、それに伴います補助という形でございます。
 2目民生費国庫補助金の1節障害者福祉費補助金3万円につきましては、自動車の改造費の助成というふうな形でございます。これにつきましては件数がふえたということです。
 5目教育費国庫補助金の4節防災機能強化補助金、南小学校、金ケ瀬小学校、大河原中学校の屋内運動場の防災機能ということで、これにつきましては地方債の補正でも申し上げましたように、工事の積算の中で金額が変更があるということで増減を行わさせていただいているものでございます。
 5節学校施設環境改善交付金1,679万5,000円、これにつきましては、金ケ瀬中学校の武道場について新たに補助金がつきました。そのことから今回計上をさせていただいたものでございます。
 15款2項1目総務費県補助金の3節統計調査費補助金で、統計調査員確保対策事業費補助金につきましては、委託金という形で交付されることから今回減額をさせていただいてございます。
 2目の民生費県補助金の2節障害者福祉費補助金の在宅福祉費補助金につきましては、難聴児の補聴器の助成ということで、これも件数の増というふうな形でございます。
 その下、地域生活支援事業費等補助金、これは自動車改造に対する助成ということでございます。
 その下、3節の老人福祉費補助金につきましては4,317万8,000円、地域医療介護総合確保事業補助金ということで、認知症グループホームの整備に伴う補助が来ておりますことから計上をさせていただいてございます。
 その下、4目の農林水産業費県補助金の3節転作推進対策費補助金につきましては、名称が変わっておりますことから組み替えを行っておりますことと、5万8,000円ほど多く来ますことから増額をさせていただいたということでございます。
 10・11ページをお開き願いたいと思います。
 3項委託金の1目総務費委託金3節統計調査委託金、統計調査員確保対策事業費委託金ということで、これは先ほど申し上げました補助金のほうではなくて、委託金という形で交付されることから計上させていただいてございます。
 17款寄附金につきましては、ふるさと寄附金ということで3名の方から合計130万円を寄附いただいてございます。1,000円につきましては既予算で計上しておりますことから、129万9,000円の計上ということでございます。
 18款の繰入金につきましては、26年の精算ということで、後期高齢者医療、国民健康保険、介護保険特別会計からの繰り入れとなってございます。
 18款繰入金の財政調整基金繰入金につきましては、今回歳入歳出の関係上、5,079万7,000円を減額いたすものでございます。28年3月末の財政調整基金の残高につきましては、現在のところ18億13万829円となるものでございます。
 12・13ページをお開き願いたいと思います。
 21款の町債につきましては、歳入歳出のところでも申し上げましたように、工事費の積算に伴う変更というふうな形で変更いたしてございます。
 続きまして、14・15ページをお開き願いたいと思います。
 3の歳出のほうに移らせていただきたいと思います。
 今回の補正につきましては、人事異動または退職等々がございまして、職員の人件費につきまして増減を行ってございます。それにつきましては今後割愛をさせて説明をさせていただきますのでよろしくお願いをいたしたいと思います。
 2款総務費の1項総務管理費1目一般管理費の1節報酬につきましては、先ほどお認めをいただきました大河原町空き家等の適正管理に関する条例で、空き家等対策協議会委員という形で9万円の報酬をとってございます。
 8節の報償費5万円、ふるさと寄附金ということで当初3万円とっておりましたが、3人の方から寄附をいただいたということで不足するということで、今回5万円を計上してございます。
 13節委託料につきましては、空き家の実態調査を行うということで、委託料ということで36万8,000円。
 6目の財産管理費の11節需用費、修繕料で100万円を計上させていただいてございます。これにつきましては、庁舎の冷房設備が壊れたということで、当初で計上していた部分が全て使ったということで、今回100万円を計上させていただいてございます。
 7目企画費の13節委託料874万8,000円につきましては、社会保障税番号制度の自治体中間サーバー利用環境整備委託料ということで、中間サーバーを使ってマイナンバーでの情報のやりとりを行うわけでございますが、この中間サーバーまでの連絡をする通信部分についての整備を行うというふうな形になってございます。
 16・17ページをお開き願いたいと思います。
 14節使用料及び賃借料でパソコン賃借料11万1,000円とございます。これにつきましては、先ほど申し上げました中間サーバーとの通信をするために独立したパソコンという形で整備するというふうな費用でございます。
 15節工事請負費の地域イントラネット移設等工事ということで50万6,000円、これにつきましては各施設と光回線で結んでおりますイントラネットの線が、電力柱等々が移設になった場合、そのイントラネットの線も移設しなければならないということで、その費用負担というふうな形になってございます。
 18節備品購入費の7万1,000円につきましては、ホームページを管理している無停電装置のバッテリーが劣化しておりますことから交換する費用でございます。
 10目の交通安全対策費11節需用費で光熱水費で32万9,000円の増になってございます。これにつきましては、毛萱トンネルの照明灯について電気代の増というふうな形になってございます。
 13節委託料につきましては、毛萱トンネルの照明設備の点検業務を委託したいということで、17万円を計上させていただいてございます。
 18・19ページをお開き願いたいと思います。
 3項の戸籍住民基本台帳費の3節職員手当等の、まず時間外勤務手当で10万7,000円、共済費の社会保険料で8万2,000円、賃金の47万8,000円、11節需用費の3万円、12節の役務費4万6,000円につきましては、補助金のほうで70万ほど上がっておりますが、住基カード発行等に伴う事務費という形で来る部分についての歳出という形になってございます。
 13節委託料の9万1,000円と18節の備品購入費97万4,000円につきましては、マイナンバーに伴いましてカード等に異動の履歴を記入するような形になります。その記入するための装置等を購入するというふうなものでございます。
 2款5項の統計調査費の1目統計調査総務費の需用費につきましては、歳入のほうで統計調査員確保委託金のほうが増額になっておりますことから、4,000円を増額させていただいてございます。
 その下の統計調査費につきましては、組み替えを行わせていただきたいということで、燃料費と光熱水費を組み替えさせていただいてございます。
 20・21ページをお開き願いたいと思います。
 3款の民生費の1項社会福祉費の2目国民年金事務費の13節委託料50万円につきましては、国民年金システム改修委託ということで、申請書等の様式が変更になったことから、今回改修をいたすものでございます。
 3目の障がい福祉費の19節負担金補助及び交付金の10万円につきましては、自動車改造助成という形で申請が多くなったという形での増額でございます。
 5目老人福祉費の、まず負担金補助及び交付金の一番上につきまして、後期高齢者医療一部負担金免除延長負担金につきましては、東日本大震災に伴う低所得者に対する負担金の免除を行ってございます。これの26年度分の負担額が確定したことによるものでございます。その下2つの地域密着型サービス等整備助成事業補助金3,200万円、介護保険施設等の施設開所準備経費等支援事業補助金1,117万8,000円につきましては、認知症グループホームの整備に伴う補助というふうになってございます。
 22・23ページをお開き願いたいと思います。
 一番上の28節繰出金106万6,000円の減額につきましては、介護保険会計におきまして介護保険システムに補助金がつくというふうな形になりましたことから、一般会計からの繰り出しを減額させていただくものでございます。
 6目の世代交流振興費の11節需用費、燃料費で7万5,000円。備品購入費で暖房器ということで15万2,000円。これにつきましては、世代交流いきいきプラザの多目的ホールに暖房器を設置する費用でございます。
 24・25ページをお開き願いたいと思います。
 4款衛生費1項保健衛生費の1目保健衛生総務費の15節工事請負費54万6,000円ということで、保健センターの非常灯の改修ということで、経年劣化によりまして脱落等がございますことから全て改修するというふうな形になってございます。
 その下、28節繰出金の仙南夜間初期急患センター事業特別会計繰出金1,462万9,000円につきましては、当初見込みより診療収入の減があることから、今回繰り出しを行うものでございます。
 3目の環境衛生費の19節負担金補助及び交付金につきましては、仙南地域広域行政事務組合柴田斎苑負担金ということで、事業の開始に向けまして測量、地質調査等々を行う費用というふうな形でございます。631万円を計上させていただきました。
 26・27ページをお開き願いたいと思います。
 6款の農林水産業費1項農業費2目の農業総務費の4節共済費の社会保険料7万1,000円、7節賃金47万8,000円の臨時職員につきましては、11月で緊急雇用事業による臨時職員がいなくなりますことから、その代替という形で1名の分を措置するものでございます。
 3目農業振興費の8節報償費5,000円視察先謝礼、11節需用費の消耗品費で1万円、印刷製本費で9万円、また14節使用料でバス賃借料ということで10万円を計上してございます。これにつきましては、梅の特産化を図るため視察等に要する経費になってございます。
 続きまして、4目の転作推進対策費につきましては、歳入のほうでもご説明申し上げましたように、補助金の名称が変わったことにより組み替えを行うものでございます。
 28・29ページをお開き願いたいと思います。
 7款商工費1項商工費1目商工総務費の1節報酬の嘱託職員84万8,000円と、4節共済費の社会保険料12万5,000円につきましては、観光物産関係で新たに嘱託職員を採用することといたしましたことから今回計上をさせていただいてございます。
 3目の観光費で、負担金補助及び交付金で212万7,000円の減額を行ってございますが、当初緊急雇用事業がなくなるのではないかということで一般財源での手当を行っておりましたが、緊急雇用事業が継続になりましたことから減額を行うものでございます。
 30・31ページをお開き願いたいと思います。
 8款土木費の4項都市計画費5目の公共下水道費28節繰出金につきましては、人事異動に伴う人件費が下水道会計のほうで減になるということから、一般会計の繰出金を減額するものでございます。
 32・33ページをお開き願いたいと思います。
 9款消防費1項消防費5目の災害対策費の13節委託料で55万1,000円の増、18節備品購入費で55万1,000円の減額を行ってございます。これにつきましては、当初指定避難所の看板を既製品で賄おうというふうに思っておりましたが、なかなか既製品での対応が難しいということで、作成を委託するというふうな形になったものでございます。
 10款教育費1項教育総務費の1目教育委員会費で9節旅費で52万3,000円を計上させていただいてございます。これにつきましては、大河原南小学校が交流事業としてイギリスのエスコム小学校を訪問することになりました。この際随行する職員2名分を計上させていただいたものでございます。
 2目の事務局費の13節委託料、教職員健康診断委託料ということで19万8,000円を計上してございます。これにつきましては、受診者が多かったということでございます。
 2項小学校費の1目大河原小学校管理費11節需用費で54万2,000円の修繕料を計上してございます。これにつきましては、パソコン等の修理があったという形でございます。
 その下の3目大河原南小学校管理費の11節需用費44万1,000円の修繕料につきましては、水道管の漏水、あとは消防設備の修理等によるものでございます。
 15節工事請負費につきましては、屋内運動場の照明改修工事ということで、工事の積算により減額というふうな形でございます。
 34・35ページをお開き願いたいと思います。
 5目金ケ瀬小学校管理費の11節需用費52万円、これ修繕料につきましては屋上防水と消防設備の修理等になってございます。
 15節工事請負費の80万7,000円の増額につきましては、工事の積算に伴いまして増額といたすものでございます。
 3項中学校費の1目大河原中学校管理費の11節需用費の57万1,000円、修繕料で増額につきましては、体育館の雨どいの修理またはベランダの雨漏れの修理を行うものでございます。
 15節工事請負費につきましては、工事費の積算に伴う増額でございます。
 3目金ケ瀬中学校管理費の15節工事請負費5,038万7,000円につきましては、歳入でも申し上げましたように武道場の建設部分について新たに補助金が交付されることから、今年度でその武道場分について工事費を計上いたしたものでございます。
 36・37ページをお開き願いたいと思います。
 5項の保健体育費の3目学校給食センター費の13節委託料、送風機点検委託料ということで7万円を計上してございます。これにつきましては、経年による劣化がちょっと見られますことから、今回点検したいということで7万円を計上させていただきました。
 38・39ページをお開き願いたいと思います。
 12款の公債費1項1目の元金におきましては、1,516万5,000円の減額をしてございます。これにつきましては、26年度に繰り上げ償還を一部行ってございます。その繰り上げ償還に伴う減額または借りかえに伴う利率の変更に伴う増というふうな形になってございます。
 2目の利子につきましては、先ほど申し上げました26年度の繰り上げ償還と借り入れ利率の低下がありましたことから、当初見込んだより低かったということからの減額になるものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 9ページです。国庫支出金1目の総務費国庫補助金のこの1節、それから4節ありますけれども、これはマイナンバーとの関係もありますけど、国の補助というのはこれ全て来るんじゃないんですか。どういうところにこの国庫補助があって、あるいはその一部が地方交付税に算入されるというふうなものなのかどうなのか。町負担というのはこれどういうふうになっているんですか。その財源の内訳について一つはお伺いしておきます。
 それから、ページ21ページです。3款民生費5目19節負担金補助及び交付金の中の地域密着型サービス等整備助成事業補助金、それからその下の介護保険施設等の施設開所準備経費等支援事業補助金、これはあくまでもいわゆる事業する方に行くので、あくまでこれは町を通すただトンネルというか、ただ通していくだけなんですよねこれ。歳出で具体的に出てきますが、どのぐらいの規模で、現時点でもう確定しているんでしょうから、どのぐらいの規模でもっと事業をする中身ですね、この2つについて詳しく教えていただきたいっちゅうふうに思います。
 それから、この割合というのは従来と変わらないんでしょうか。国の財源の割合ですね。お願いします。
 それから、ページは23ページですか、違うごめんなさい、23ページですね。民生費です。3款民生費の6目世代交流振興費の中の11節と18節、これは世代交流いきいきプラザの多目的ホールに今回いろいろ設置をするということですが、開設して大分皆さん多く利用しているようですけども、今後公民館とかと同じように、これに関連してです、DVDが見られるような備品の設置というのは考えていないんでしょうか。ここないんですよね。それで、今後出てくるのか、それともわかっているんだけどもそれはしないということでの今回も計上になってないのかどうか。ちょっと考え方もあわせてお伺いします。私は必要だと思ってますので。
 それから、25ページですね。4款衛生費です。1目保健衛生総務費の18節繰出金、仙南夜間に関しての繰出金1,462万9,000円、これは診療収入の増がなかなか大変だということですが、これに対する考えですけども、私はこれ繰出金必要だと思うんですが、これは大河原町だけ、ちょっと確認です、だけだったでしょうかこれは。それで、これにはもちろん繰出金には限度ってはありませんけれども、皆さんに非常に、このセンターに対しては非常に期待というか喜ばれてるので何ら異論はないんですけれども、今後もこういう形で今のままですとかなり推移するのかなと。その辺のちょっと見通しも今の時点でどういうふうに見てるのか伺います。
 それから、その下です。19の負担金補助及び交付金、この仙南広域の柴田斎苑に関するためのこの調査を行うということですけども、これは我が町の負担金がこの631万ですけど、これ全体で柴田、村田も入れますとどれぐらいの調査費になるのかと。それと進捗状況ですけども、これは全て土地、地権者との話は全てこれ解決してるんですか。一部なかなか理解が得られない、理解というか協力得るにはちょっと時間がかかるやにちょっと耳にしたことあるんですけども、全く今その心配はなくスムーズに進んでるのか伺います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 9ページの1節社会保障税番号制度システム整備費補助金につきましては、基本的に住民基本台帳システムについては10分の10、100%の補助金。地方税システムについては3分の2の補助金。統合宛名システムについても100%、10分の10の補助金というふうになってございますが、国のほうである程度の上限を設けてございます。その上限を超した部分につきましては、一般財源で手当をせざるを得ないというふうになってございます。ということで全額が、実質的に全額が来るかというとなかなかそうでない部分もあるということでご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 9ページの14款2項1目4節の個人番号カード交付事務費補助金につきましては、全国で国のほうで事業費40億ほどを見込んでおります。それを全体の人口で案分しまして、今回74万1,000円ということで計上させていただいておりますけれども、最終的には個人番号カードの交付枚数等により国のほうで歳出基準により精算するようになります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 3款民生費5目の老人福祉費の負担金補助及び交付金の中の地域密着型サービス等整備助成事業補助金3,200万なんですけども、これにつきましてはグループホーム1施設に対して、今回18人なんですけれども3,200万ということで来ております。あと、その下の介護保険施設等の施設開所準備経費等支援事業補助金につきましては、これは上のグループホーム開設に伴う1名当たり62万1,000円掛ける18名、上が18名の施設でありますのでそのような形で1,117万8,000円というふうな形で来ております。これについては、この補助については従来からこのような形、若干金額の上限はあると思いますけれども、このような方針だと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 23ページ、世代交流プラザの備品関係についてでございますが、今回、冬期間多目的ホール非常に寒いということで、暖房器の備品を整備したいということで予算要求をさせていただいております。また、これにつきましては利用者の皆様からの大変要望が高いということで今回補正を組ませて対応したいということでございまして、DVD関係につきましては、施設のほうからそのような要望等が上がってきてございませんので現在は考えておらないところでございますが、施設内に子育て支援センターのほうにはパソコン、プロジェクター、あと映写幕がございますので、お使いになる場合はそちらのほうにお話ししていただければDVDの鑑賞は十分できる体制は整っておるということでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 第4款衛生費、環境衛生費の中の、済みません、保健衛生総務費の中の28節繰出金ということで、仙南夜間初期急患センター事業特別会計繰出金ということで1,462万9,000円、これにつきましては仙南夜間のほうの特別会計でも申し上げますけれども、今回診療報酬につきましては当初11名で見込んでたところが、ちょっと実績を見ますと少ないということで、その分を減らしまして一般会計の繰入金というふうな形で今回上げたものでございます。これにつきましては、大河原町というふうな形じゃなくて、2市6町の中の患者割ということで、それ案分して来年度徴収というふうな形になっております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 25ページの4款1項3目の環境衛生費の19節負担金補助及び交付金の仙南地域広域行政事務組合柴田斎苑負担金でございますけれども、本町の負担金が631万となっております。全体といたしましては1,942万3,000円になっております。これにつきましては、均等割25%、人口割75%で計算になっております。村田町が391万4,000円、柴田町は919万9,000円ということの負担割合になっております。3町とも今回の議会に計上しておりますので、その後に地権者の方3名おりますので、この議案が通り次第用地交渉に当たることになっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の9ページの社会保障税番号制度システムに関することですけど、先ほどの課長の説明ですと、上限があるので超えた分は町それぞれの自治体がその負担をするっちゅうことですけど、この超えるというのは、現にどういうことが超えるんですかこれ。上限があるっていうことは、システム上で超えるというのはどういうところが超えるのか、この上限があるのがちょっとよくわからないので、もう一度お伺いします。
 それから、21ページに関する民生費の老人福祉費の19の負担金ですけれども、これはここに補助金出てきてるっていうのはもう開設はこれ、これから工事始まるんですけど、来年の4月これオープンということですか。それと同時にこの地域密着型という名称わかるんですけども、この下の介護保険施設等の施設開所準備経費等っていうことで、18名というのは何、有料、俗にいう有料老人ホームっていうことなんですか。認知症の。施設のこの通常使われている施設名でちょっとお願いしたいんですけども、これはNPO社会福祉法人あるいはそのNPOでの団体がするということなんでしょうか。そしてよく今、新田町にも何か区長さん通じて一部の区民に知らせてあります、新田町の件ですか。新田町地内にできる施設ということでいいんでしょうか。確認させてください。
 それから、23ページのこの世代交流いきいきプラザですけども、課長の話ですと利用者からの声が多くて今回暖房器云々、これはこれで非常に要望があって計上することはそれなりにいいことですけども、実はDVDも対応ないのでできないということ、職員からちょっと言われたんですね。それで、私だからあえて今回関連でこれお伺いしてるんですけど、できるということでこれは職員にはちゃんと周知されているんでしょうか。ちょっともう一度、公民館にあるのは、何ていうんでしょうか、写すそのものの機械があるんですよね。DVDだけ持っていけばいいんですけども、そういうものとは違うんですか、ここは。最新型の何か、DVDも対応できるっていうお話でしたけれども、公民館なんかとどういうふうに違うのか、ちょっと機種が違うものがいいものがあるのかどうか、確認方々お伺いします。
 それから、4款の衛生費のこの繰出金ですね、夜間に関すること、後で特別会計も出てくるのでそこでもよかったんですけど、あえてもう一回ですけど、2市6町ですけどこれ全体でこれどのくらいになるんですか、この繰出金っていうのは。我が町がこのくらいですけど、よその町も今回繰出金として出ているんでしょうけど、全体でどのぐらいになっているのか伺います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時06分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時15分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) それでは、9ページの1節社会保障税番号制度システム整備費補助金で一般財源の持ち出しがなぜあるかというふうなことでございますが、基本的に住民基本台帳システムは、標準的なものであれば大体国の試算した補助内で多分おさまるんだと思いますが、それに町独自でいろいろな部分で手を加えている部分がございます。そういう部分につきましても改修しなければならなくなることから、一般財源の持ち出しが当然出てくるというふうな形になってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 21ページの地域密着型サービス等整備助成事業補助金なんですけども、これにつきましては来年の4月オープンを目指しております。それで、名称につきましてはこれは補助名称なので、グループホーム1施設であります。18人対応であります。その下が同じグループホームの中にその準備資金としての金額1,117万8,000円ということで、補助対象になっております。
 次に、25ページの仙南夜間初期急患センター事業特別会計繰出金1,462万9,000円につきましては、これは先ほど2市6町で案分すると、これを案分するということですので、これについては診療人数で割るようになっております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 23ページ、世代交流振興費の備品購入でございますが、DVDにつきましては公民館とどのように違うのかということでございますが、公民館の機材、どのような機材が入っているか承知しておりませんので、後ほど公民館のほうに確認にまいりたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質問ございませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ページ32・33ページの10款1項教育総務費ですけども、その旅費なんですが、普通旅費52万3,000円ということで、先ほどの説明では南小のイギリス小学校とのあれで随行2名職員分ということなんですが、何か前にも誰かこれって聞いたと思うんですがちょっと忘れたんで、子供は何人行って1人当たり何ぼぐらいかかるのかということと、それから旅費、これ普通旅費でとってるんですけども研修旅費にはならないのかどうなのか。この辺ちょっとお聞きしたいと思います。
 それから、その次の事務局費の給料ですけども、529万7,000円減ということで、少人数対応講師ということだったんですけども、当初予算のどこにこいつあるのか。一般職員等の4,359万7,000円の中にあったのか、そしてなぜこんなに減になったのか。せっかく少人数対応の講師のお金とれたんで、減になった理由ですね。
 それから、13節の委託料、これ教職員健康診断委託料がふえたっていうのは、受診者が多かったっていうことは非常にいいことだと思うんですけども、去年の決算では78万8,000円なんですね。だから随分ふえたんだなと思って。去年何人受けて、ことし何人ぐらいの予定なのか。
 それから、その下の教育費の2項の小学校費、中学校費にも係ってくるんですが、学校の修繕料なんですが、大小の場合は54万2,000円の増で154万2,000円になりますね。それから南小は44万増で194万1,000円。金小は52万増で102万円。それから大中は57万1,000円増で187万1,000円。去年の決算から見ても、当初予算のとり方がちょっと弱いんじゃなかったのかなというふうな気するんですね。余り予算とってもらってそれを消耗品に、需用費に流用してもらうっていうのは困りますけども、何かこうもうちょっと余裕の持った予算のとり方ができなかったのかということ。
 それから、最後の40ページです。40ページの給与費明細書の中の一般職の分なんですけども、26年度から見ますと職員数は2名増になっているんですけども、昨年の決算に比べると約5,000万円の減になってるんですね。それで一方、時間外がふえてるんですよ。職員適正化っていうのもいろいろあるかと思いますけども、いろいろ次々次々といろんな事業が舞い込んできたり、ほんでなくても職員がアップアップしているような状態で、さらにいろんなプロジェクトチームとか何とかだっていう形の中で出てきてる、そういうことで職員を、この管理職のほうも随分今度若返ってくると思いますし、もう少し職員の増っていうことは考えられないのかどうなのか。その辺お聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それではページ32・33ページ、旅費の関係でございますが、南小学校の児童5年生12名を今回イギリスへ訪問するという予定でございます。1人当たりの経費につきましては、約10万円くらいにはなるかと思います。
 次に、委託料の関係ですが、その前に事務局費の給料、それから職員手当の関係で減額になっておりますのは、少人数対応の講師の分の給料、それから扶養手当などの手当類なんですけども、これは当初予算で一般職の給与の中に含まれていたわけなんですが、予算編成のプロセスの中で総務課のほうで本来これはとるということで話があったのですが、教育費のほうの予算計上をおろすことをしないでしまったために残ってしまいました。それで、今回その部分を減額するものであります。
 次に、13の委託料ですが、教職員の健康診断の委託料、今回増額したのは受診者数が増加したためということではありますが、昨年の平成25年度は額的には予算それから支出のほうも少なかったわけですけども、これは検査項目が少なかったといいますか、平成26年度は少なかったんですけども、27年度見直しをいたしまして、いわゆる役場職員等とも同じくらいの検査項目にふやしたものですから、予算は当初104万3,000円で、今回実際に受診者を募集、集計してみたところ増加していたということから、19万8,000円を増額いたしまして124万1,000円にしたものであります。
 次に、修繕料の関係、各小学校及び中学校のほうの修繕料の増額が今回もそれぞれ計上されておりますが、当初予算におきましては、学校側からの要望それから必要なものというものをまずは当初予算で計上させていただいております。当然、その中には不測の事態といいますか、随時修繕が必要になる部分の予算も含めて計上しておりますが、それでも予想しなかったような修繕すべき事案が発生してきているために、今回も修繕料を計上させていただいているということでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 給与費明細書での職員の確保といいますか増というようなご質疑でございまして、これにつきましては、前回の一般質問の中でも町長答弁しておりますけれども、いろいろな有能な職員を確保したいということで一次合格者を、何ていいますか、従来よりも多くっていう言葉はおかしいんですけれども、非常に面接で優秀な職員を見きわめたいというような形の中で、実は今回も十何名を超えるような形で面接をさせていただきました。そういった中で全ての方が受かるということではないんですけれども、町としてもこれからの退職者それからこれまでの退職者等を踏まえながら、人口ピラミッドのよいバランスを考えながら今後も対応していく所存でございますし、民間の活力の導入もしながら、行政サービスに努めたいというふうに努めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 答弁漏れがありました。南小学校の旅費の件で、普通旅費ではなくて研修旅費ではというお話をいただきましたが、随行という職務の性格上、普通旅費と判断いたしまして計上しているところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大体わかったんですけども、1点だけ。この南小学校の旅費の部分なんですけども、12名、約10万っていうのは随分安いんじゃないですかね。あと、先生方の分が2名分で52万3,000円ということなんですけども、行くに当たって何か、これに対して町なりなんなりでのプラスっていうのはあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 南小学校の英国への訪問に関する旅費の関係ですが、申しわけございません、先ほど10万円と申し上げましたのは航空運賃の関係でございました。そのほか現地での滞在費用等々を含めますと20万円を超える金額になることのようでございます。
 それから、町のほうから何らかの補助的なものが出るのかというご質問ですが、特に今回はイギリスの今回訪問するダラム州にお住まいのキングスレイ・スミスさんという方が、現地のほうから復興も含めて支援という形の、そうですね、支援金を今回の訪問に際していただいております。そういったところで5,000ポンドぐらいの金額になるもんですから、そういったものを資金にいたしまして、子供たちの負担は10万円程度、そしてかかる費用については当然20万ぐらいを超えるわけですけれども、それらについてはそのダラム州のキングスレイ・スミス様からの寄附金と、そういったものを基金にいたしまして、そこで賄っていくというのが基本的なものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっと教育長にお聞きしますけども、こういうふうなことになると、あと来年か再来年あたりには大河原へどうぞっていうことも必要な形になってくるんでないかと思うんですけども、そうなった場合に、何ていいますか、イギリスの人が5,000ポンドもあるっていうんですけども、大河原で5,000ポンド出してくれる人いるかいないかわかりませんけども、やはり交流ですから行ったり来たりっていうのが私は基本だと思うんですけども、こちらに呼ぶというふうな考え方はあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そもそも今課長が申し上げましたように、復興を支援ということで始まったのがこの英国訪問でございますので、あくまでも支援をいただくということで考えておりまして、その後のことについては今のところ想定には入っておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 1点だけ。38・39ページの公債費の元金、利子について、もうちょっと詳しくご説明いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、元金で財政融資資金29万4,000円、旧郵政公社で7万3,000円の増額につきましては、10年目で借りかえをいたしてございます。その際に利率が低くなってございます。元利均等で支払っておるものですから、利率が低くなった分、元金のほうが多くなったという形での増でございます。市中銀行の減につきましては、26年度の繰り上げ償還に伴う減額というふうな形になってございます。
 その下の利子につきましては、先ほど申し上げましたように、その繰り上げ償還での減額と、あとは当初1.2%ほどの利率で借り入れができるのではないかと見込んでおったところ、0.8%から0.5%程度ですかね、くらいの利率で借り入れができたということで、その分の減額をさせていただいたということでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) なぜそうなったのか理由づけも、今度こういうことあったときにはつけ加えてもらうと非常に説明助かりますし、どの部分をやったんですか。これ26年の成果のあれ見ても、どの部分のあれを、どこをやったのか。項目100ぐらいあるんですけど、どの部分のあれを繰り上げしたのか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 成果説明のほうに公債費償還の状況というのがちょっと載っておるんですけども、そこの16年度の臨時財政対策債で仙台銀行から1億8,270万借り入れている分と、あとは同じく臨時財政対策債で相双五城信用組合から1億円を借りている分、これについて繰り上げ償還をしたということでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 2つまとめてということなんですね。わかりました。これ26年の成果に載ってるやつでよろしいんですね。はい、わかりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 1点だけ確認をさせてください。33ページです。先ほど堀江議員からもお話ありましたけども9番の旅費、随行の方2名分ということなんですけれども、この2名はどなたが行かれるのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 随行の2名ですが、1名は齋教育長、それからもう1名は通訳の役目を担っていただくためにALTのモリソン・ジャックを派遣する予定でございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) あれ、当初の話だと校長先生も行かれるとかっていう話をしてたかと記憶するんですけども、その辺はどうなっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 南小学校の磯部校長、それから5年生担任の菅野教諭は基金という形をつくったほうからその旅費等については支出するという予定でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 教育長、公費で行けることになってよかったと思いますけども、あとその基金というのは……、じゃあその前に。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) じゃあ再度、教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 済みません、南小学校の校長は県の費用、いわゆる県の費用で出張という形になっております。(「担任の先生」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 最後に、担任の先生も同じでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 済みません、担任の先生は、先ほど申し上げたとおり基金の中でその旅費を支出する予定であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第44号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第45号 平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算
                  (第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第45号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 議案第45号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、平成26年度の精算に係る補正を行うものであります。
 歳入歳出予算総額に376万8,000円を追加し、2億5,571万9,000円とするものでございます。
 それでは、事項別明細書により歳入歳出補正予算のご説明を申し上げます。
 6ページ、7ページをお開きください。
 初めに、歳入でございますが、4款1項1目の繰越金376万8,000円の増額につきましては、前年度の決算に伴う繰越金でございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げます。
 8ページ、9ページをお開きください。
 3款2項1目の一般会計繰出金につきましては、平成26年度繰越金を一般会計へ繰り出すものでございます。
 以上詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第45号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第46号 平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算
                  (第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第46号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 議案第46号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 歳入歳出予算総額に2億5,256万8,000円を追加し、予算総額を25億7,613万6,000円とするものでございます。
 それでは、事項別明細書によりご説明いたします。
 6ページ、7ページをお開きください。
 初めに、歳入の主なものについて申し上げます。
 5款1項1目の前期高齢者交付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金から額の確定により増額するものであります。この交付金は、65歳から74歳までのそれぞれの健康保険の加入率により交付金が交付されるものであり、平成25年度の確定額及び平成27年度の概算額により決定されます。
 続きまして、7款1項2目の保険財政共同安定化事業交付金につきましては、歳出の7款1項2目の保険財政共同安定化事業拠出金の概算額を参考に、交付実績と今後の見込みにより増額するものでございます。この交付金につきましては、昨年度までは医療費の30万以上80万未満が対象でございましたが、本年度より80万未満の全ての医療費に拡大されたために、2億6,166万8,000円と大幅な補正額になりました。
 9款2項1目の財政調整基金繰入金につきましては、減額補正をいたしまして600万円を繰り入れるものでございます。
 10款1項1目の繰越金につきましては、平成26年度の決算に伴い繰り越しを行うものでございます。
 次に、歳出についてご説明いたします。
 8ページ、9ページをお開きください。
 2款1項1目一般被保険者療養給付費、3目一般被保険者療養費及び2款2項1目一般被保険者高額療養費につきましては、それぞれ財源の更正を行ったものです。
 2款2項2目退職被保険者等高額療養費でございますが、これまでの医療費の実績と今後の医療費の動向により増額するものであります。
 続きまして、10ページ、11ページをお開きください。
 3款の後期高齢者支援金、4款前期高齢者納付金、6款介護納付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金からの確定通知によりそれぞれ減額するものであります。
 7款1項1目の高額医療費共同事業拠出金につきましては、財源の更正を行ったものでございます。
 続きまして、12・13ページをお開きください。
 7款1項2目の保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、宮城県国保連合会からの概算通知によりまして増額するものであります。
 歳入の7款共同事業交付金の保険財政共同安定化事業交付金でもご説明させていただきましたが、保険財政共同安定化事業の対象医療費が30万以上80万未満から、80万未満の全ての医療費に拡大したことにより、拠出金がふえたものであります。
 3目その他の共同事業費拠出金につきましては、退職者医療共同事業に係る事務手数料でございます。
 8款1項2目13節委託料でございますが、医療費削減等対策の一環として、国民健康保険被保険者等を対象者に生活習慣病予防のための運動教室を実施するための委託料を計上したものでございます。
 最後に、11款2項1目の一般会計繰出金でございますが、平成26年度の精算に伴い一般会計に繰り出すものでございます。
 以上で詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第46号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議案第47号 平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第3
                  号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議案第47号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第47号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第3号)について、詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、主に26年度の精算に係る補正と介護保険システム改修補助金該当による財源組み替え及び高額医療合算介護サービス等費と、地域支援総合事業費の補正予算を計上いたすものであります。
 それでは、事項別明細書によりご説明をいたしますので、6ページ、7ページをお開きください。
 歳入、第1款保険料第1項第1目第1節現年度分特別徴収保険料40万6,000円につきましては、高額医療合算サービス費50万円の事業費と、地域支援総合事業133万8,000円に対する負担割合であります。
 次に、第3款第1項第1目介護給付費負担金10万円につきましては、これも同じく高額医療合算サービス費の50万円に対しての金額であります。
 次に、第3款第2項第1目調整交付金2万5,000円につきましては、高額医療合算介護サービス費50万円に対しての負担割合であります。
 2目地域支援事業交付金33万4,000円につきましては、住所地特例該当者分133万8,000円分の金額であります。一応この住所地特例については、先ほど言った地域支援総合事業という形になっております。
 3目介護保険事業費補助金134万4,000円につきましては、介護保険システム改修費補助金でございます。
 次に、第4款第1項第1目介護給付費交付金14万円につきましては、これも高額医療合算サービス費50万円に対しての負担割合であります。
 次に、2目地域支援事業支援交付金37万4,000円につきましては、これ先ほど言った住所地特例の該当分の金額であります。
 次に、8ページ、9ページをお開き願いたいと思います。
 第5款県支出金第1項第1目介護給付費負担金6万2,000円は、これも同じく高額医療合算介護サービス費の分であります。
 次の第2目地域支援事業交付金については16万7,000円は、住所地特例分の負担金であります。
 次に、第7款1項第1目介護給付費繰入金6万3,000円につきましては高額医療合算サービスと、あと第2目地域支援事業繰入金16万7,000円は住所地特例分の一般会計繰入金であります。
 3目その他一般会計繰入金、マイナス129万6,000円につきましては、国庫補助金のシステム改修事業費補助金から地域包括支援システム4万8,000円分を引いた金額になっております。
 次に、第8款第1項第1目繰越金でありますが、平成26年度の介護保険決算による繰り越しであります。
 次に、10ページ、11ページをお開きください。
 歳出になります。
 第1款第1項第1目一般管理費につきましては、介護保険システム改修補助金該当による財源内訳を一般財源から国庫支出金に変更するものでございます。
 次に、第2款第5項第1目高額医療合算サービス費につきましては、当初200万円を予算化しておりましたが、約21件の申請増が予想されましたので、50万円を追加するものでございます。
 次に、第3款1項1目基金積立金につきましては、繰越金から国・県への償還金と一般会計の繰出金を引いた残り3,372万4,000円を行うものであります。
 次に、第4款第1項第1目第14節使用料及び賃借料4万8,000円につきましては、地域包括支援システム賃借料、パソコン1台の賃借料であります。
 次に、第19節負担金補助及び交付金につきましては総合事業でありますが、白石市、川崎町の施設に入っておる方が住所地特例でのデイサービスや通所介護がかかっておりますので、それの経費であります。
 次に、12・13ページをお開き願います。
 第6款第1項第2目償還金1,062万6,000円でありますが、これは国・県支出金の過年度精算による、過年度ちゅうか26年度精算による返還金であります。
 次に、第6款第2項第1目一般会計繰出金でありますが、これも平成26年度の決算によるものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議方よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっとわからないので教えていただきたいと思うんですが、1点だけ。
 10ページ、11ページの地域支援事業費の中の負担金補助及び交付金、総合事業費精算金133万8,000円、これ住所地とかというふうなことなんですが、中身的にはこれ通所型介護予防、通所型って、何かこっちのほうの予算書とか決算書のどこ見ればいいんだかちょっとわかんなくて、何を精算したんだか、事業の中身ですね。それから、この精算金っていうのは返還金みたいなんじゃないかなと思うんですけども、むしろ23節の償還金あたりで出さなくてねえんじゃないのかなと思うんですけども、何で負担金補助及び交付金で出すのかなっていうのがちょっとわからないんで、そこ教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
473:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 11ページの総合事業費精算金というふうな形で載せてありますけれども、これにつきましては、川崎町にある蔵王グリーンホームというところと白石のケアハウスやまぶきというところに入ってる方でして、今年度から地域支援事業の総合事業というふうのが、今年度から白石と川崎町で行っております。それで、これは今回初めて出てきたやつであります。当初でも載っておりません。これについては初めて地域支援事業が総合事業として認めてやってるところが川崎と白石なもんですから、出てきたものでありまして、私らのほうも総合事業費精算金というふうな名称で、ほんと本来であれば総合事業費負担金というふうな形が本来であればよかったのかなと今ちょっと、精算っていうとまだこれ精算の部分のやつで出てきておりませんので、そういうふうな形で一応金額的にはこのような金額なんですけども、負担金というような名称でちょっと今回直していただければ。済いませんけども、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
474:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
475:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
476:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第47号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
477:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第47号は原案のとおり可決されました。
 本日の会議時間は、あらかじめ延長いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 議案第48号 平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特
                  別会計補正予算(第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
478:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、議案第48号平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
479:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、議案第48号平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計補正予算(第1号)について、詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、介護の実績による診療収入に係る見込みを減額し、これに伴い一般会計からの繰入金を増額いたし、急患センター運営費での振りかえや科目内の変更を補正予算として計上いたすものであります。
 それでは、事項別明細書によりご説明いたしますので、6ページ、7ページをお開きください。
 まず、歳入、第1款使用料及び手数料第1項第1目診療所使用料、これについてはマイナス1,462万9,000円につきましては、当初予算で患者数を1日当たり11人で見ておりましたが、これまでの実績、今後の患者数を考慮し、今回1日当たり6人として計算したものでございます。
 次に、第3款繰入金第1項1目一般会計繰入金1,462万9,000円につきましては、第1目診療所使用料の金額を一般会計で繰り出すものでございます。
 次に、8ページ、9ページをお開きください。
 これは次に、歳出に入ります。
 第1款夜間初期急患センター費第1項第1目夜間初期急患センター運営費第1節報酬、これ134万4,000円につきましては、大学病院の派遣医師を報酬で予算化しておりましたが、他の開業医と同じく診療業務を委託するということで、第13節委託料に節の組み替えをいたすものでございます。
 次に、第3節職員手当ですが、職員の通勤手当でございます。
 次に、第12節役務費につきましては、医師傷害保険ですが、薬剤師分及び看護師分であります。あと、電子証明手数料ですけども、これにつきましてはレセプトのオンライン請求を行うための証明書の手数料であります。次の保険料、これ火災保険なんですけども、これにつきましては前年度分に本年度分まで掛けてありますので、全額を減額するものでございます。
 次に、13節委託料、診療所診療業務委託料につきましては、先ほど説明いたしました報酬からの組み替えでございます。次に、レセプトシステム保守委託料につきましては、インターネットサービスプロバイダーの遠隔操作の委託料であります。
 次に、第14節使用料及び賃借料、薬剤在庫管理システム使用料につきましては、薬剤の在庫管理に必要なシステムの賃借であります。次に、テレビの聴視料につきましては、テレビの設置をしないため全額減額するものでございます。
 次に、18備品購入ですが、これにつきましてはパルスオキシメーターということで、血中の酸素濃度計、あともう一つがネブライザーということで吸入器、これの購入であります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、ご審議方よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
480:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
481:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 7ページの1節の診療所使用料。いいですか。利用者1日当たり11人というのは、当時は2市7町で協議して試算したんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
482:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
483:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 2市6町の分のほうの協議によって、そういうふうな形で行ったと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
484:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
485:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それで、各自治体ごとの月別の負担、利用者割合を示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
486:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
487:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それでは、各月ごとなんですけれども、基本的には大河原、あと柴田が約3割ずつになっております。あとほかの村田、川崎については5%とかっていうことで月ごとに変動しております。一番なのが大河原と柴田が約30%ずつぐらい、あと村田が約10%行くか行かないくらいですね。あと残りがあと川崎、白石、蔵王とあと角田、結構角田については15%ぐらい来ております。あと残りはちょっと丸森とかというような形で来ております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
488:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
489:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ということは、1年間の当町の負担は350万ということで大体いいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
490:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
491:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 基本的にこの補正後の額を見ていただくとわかると思うんですけれども、大体そうですね、1,200万の3割程度と、このまま順調に行けばそのような形だと思われます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
492:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
493:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
494:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第48号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
495:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第16 議案第49号 平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                  (第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
496:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第16、議案第49号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
497:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第49号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の詳細についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ31万円を減額し、歳入歳出の予算総額を13億946万4,000円といたすものでございます。
 事項別明細書によりご説明申し上げますので、6ページ、7ページをお開き願います。
 歳入の4款1項1目の一般会計繰入金につきましては、後ほどご説明申し上げますが、歳出1款総務費及び2款下水道事業費の人件費関係の補正に伴い31万円の減額補正をいたすものでございます。
 歳出についてご説明申し上げますので、8ページ、9ページをお開き願います。
 まず、1款総務費及び2款下水道事業費の人件費関係につきましては、人事異動に伴う補正でございまして、1款では2節の給料から19節負担金補助及び交付金までの合わせて110万円を減額補正し、2款では2節の給料から20節扶助費まで合わせて79万円の増額補正をいたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
498:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
499:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
500:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第49号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
501:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第17 議案第50号 平成27年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
502:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第17、議案第50号平成27年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
503:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第50号平成27年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)の詳細についてご説明申し上げます。
 1ページをお開き願います。
 まず、第1表債務負担行為の補正につきましては、コンビニ収納代行業務の初期導入時に費用が必要となりましたことから、限度額欄の文言の末尾に「及び導入に要する費用」という字句を追加するものでございます。
 なお、今年度内に当該費用に関する覚書を締結し、その費用につきましては28年度の最初の請求月に含まれるようになります。
 次に、補正予算説明書によりご説明申し上げますので、9ページをお開き願います。
 今回の補正につきましては、収益的収支及び資本的収支両方とも支出のみの補正となっております。
 まず、収益的支出の1款1項4目総係費、及び資本的支出1款1項2目配水施設拡張費の人件費関係につきましては、職員の人事異動等に伴う補正でございまして、それぞれ収益的支出の総係費で263万1,000円の減額、資本的支出の配水施設拡張費で44万円の減額補正をいたすものでございます。
 最後に、収益的支出1款2項2目消費税及び地方消費税につきましては、4目の総係費における人件費等の減額補正により、仮払消費税額が4,000円ほど減額となりますことから、その分消費税の予定納税額を増額補正いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
504:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
505:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
506:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第50号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
507:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって議案第50号は原案のとおり可決されました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
508:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩いたします。
     午後4時07分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後4時17分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
509:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第18 認定第1号から日程第25 認定第8号まで

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
510:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第18、認定第1号から日程第25、認定第8号までの8件を一括議題とします。
 これより決算認定について執行機関に対し、総括質疑を行います。総括質疑は、認定案件が一括議題でありますので、一括して行います。
 質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
511:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。26年度決算について総括質疑を行います。
 1点、生活困窮者に対する救済策についてであります。
 (1)一般会計と特別会計の収入未済額は、前年度比で7,082万2,000円減の3億8,736万2,000円となっています。これに水道会計の6,061万1,000円を加えますと、収入未済額の総額は4億4,797万3,000円となっています。
 この主なる要因は、非正規職員の増加、それから雇用の不安定、消費税増税、物価の値上げ、年金の削減、それから経営不振等々により依然として生活困窮者が多くいることを示していると思いますが、この認識は十分持って行政執行に携わっていたのでしょうか。
 (2)窓口対応などで真に生活に困窮している町民に対して、福祉の面(就学援助、それから各種減免制度の活用、生活保護の申請等)で手を差し伸べて救済できた町民は何名いたのでしょうか。面談等を通じて見えてくる生活困窮者の実態を26年度はどのように把握していますか。次年度に生かすべき救済・対応策を示していただきたいと思います。
 2点は、臨時・非常勤の職員の労働条件改善についてであります。
 正規職員と同じように仕事をしている臨時職員、非常勤職員、嘱託職員は平成26年度では何名配置されていたのでしょうか。増加の傾向にあるのでしょうか。こうした職員は低賃金で雇用も不安定と言えないでしょうか。平成26年7月に総務省から改善に向けた各種手当の支給の通知が出されているようですが、当町ではどのように改善されたのでしょうか。
 臨時・非常勤職員、嘱託職員が担当している部署で、今後、正職員に切りかえていくべき部署はないのかどうか伺います。
 3点目は、各種基金の活用についてです。
 平成26年度末の各種基金の合計残高は、前年度比3億2,513万1,000円増の29億1,837万5,000円となっております。
 一つ、各種基金の活用は目的に沿って十分行われたのかどうか。次年度以降への課題はあるのか伺います。
 (2)国保財政基金残高は2億7,972万9,000円となっていますが、今後一部を取り崩し高くて払えないという町民の切なる願いに応え、国保税を引き下げて負担軽減を図ることは可能と私は考えますが、見解を伺います。
 (3)介護給付費準備基金残高は2億23万1,000円となっております。このうち1,000万円は次年度の会計に繰り入れておりますが、もっと増額して介護保険料の引き下げをしていくべきではないかと思います。見解を伺います。
 4.債権放棄条例の制定についてであります。
 監査委員から債権放棄条例の制定を速やかにされるよう要請が出されました。町長は、監査委員からの指摘については、改善を図りながら執行していくというふうに述べておりますが、制定の方向で行くと理解していいのかどうか。あわせて、各自治体におけるこの条例制定の状況はどうなっているのか。わからないのでお伺いしたいと思います。そして、この債権放棄条例の大まかな内容について示していただきたいと思います。
 5点目は、税の滞納整理についてであります。
 (1)町税の収納実績についての中で、催告無反応者や分納誓約不履行者とありますが、何名いたんでしょうか。この傾向は増加しているんでしょうか。さらに、実態調査、給与調査及び預貯金調査に基づく差し押さえ型による滞納整理の執行件数を増加させているとありますが、差し押さえた物件と件数について。加えて、差し押さえ型を進めることで生活権を脅かす状況をつくり出すことはなかったのかどうか。むしろ、滞納から解放されたと当事者が思えるような解決の対応になっていたのかどうか伺います。
 (2)仙南広域事務組合に移管した中で、差し押さえ21件とありますが、物件の中身と当事者とのトラブルは起きなかったのかどうか、心配なので伺います。
 最後、6点目です。駅前図書館についてであります。
 駅前図書館の利用状況を見ますと、貸し出し資料数は7万5,010点で、前年度比で1万2,362点減になっております。
 一つ、「絵本のへや」廃止の影響によるものと思いますが、この点はどうなんでしょうか。また、絵本のへやと関係ないとするならば、その原因は何なのか。
 (2)絵本のへやを存続することを求めた請願書が議会で採択されたにもかかわらず、これに背を向けて町長が廃止した結果、10年間図書館の読書活動の推進を住民の手で育て守り抜いてきた宝であるボランティア「レール」はやむを得ず解散をしました。町長の責任は重いと私は考えますが、いかにその点総括したのか伺います。
 以上6点でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
512:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
513:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の総括質疑にお答えいたします。
 初めに、生活困窮者が多くいることを十分認識して行政運営を行っているかとのご質疑でございます。
 収入未済額が減ったということは、納税等の環境等が改善されたことを意味し、困窮者が減ったと解釈されるところであり、年度間の収入未済額の比較分析の方法において、万波議員とは全く異なった見解であります。
 収入の確保については、関係職員が全力を挙げて取り組んでいるところであり、その取り組みの中でも期限内納付ができない方などへの納付相談、分納契約等を行っており、これまでも納税者のさまざまなケースに対応しているところでありますのでご理解願います。
 次に、福祉面における救済についてのご質疑であります。
 減免制度を利用された方は、一般会計のうち税関係では個人住民税ゼロ人、軽自動車税1人、保育料についてはゼロ人、町営住宅使用料については2人となっております。
 教育委員会での就学援助状況につきましては、学用品、通学用品などの援助は小学校95名、中学校79名、ほとんどが重複しますが学校給食費については小学校96名、中学校83名でありました。
 特別会計では、国民健康保険税の災害特例補助金が27人、国民健康保険税の一部負担金免除者が33人、介護保険料の東日本大震災による利用料減免が12人、後期高齢医療保険料では東日本大震災による利用料一部負担免除が18人となっており、合計で446人の方が減免を受けられております。
 また、生活保護申請件数は25件37人となっております。
 次に、臨時・非常勤職員の労働条件改善についての質疑であります。
 初めに、1点目の平成26年度の臨時・非常勤職員及び嘱託職員の配置人数でありますが、教育委員会部局の配置職員も含め、臨時職員等で21名、嘱託職員で30名となっております。
 次に、2点目の臨時職員の任用は増加傾向にあるのかとのご質疑であります。
 最近3年間の比較でお答えいたします。臨時職員についてはほぼ横ばいでありますが、嘱託職員については増加の傾向にあります。これは、老人福祉等事業において介護支援専門員や社会福祉士等の資格を要する職員の任用によるものであります。
 3点目の低賃金からの雇用不安についてのご指摘でありますが、雇用については勤務内容、勤務条件及び賃金等を事前に説明しており、本人了解のもとで雇用しているものであり、雇用不安はないものと考えております。また、賃金についても宮城県の最低賃金を上回る額としているところであります。
 次に、総務省通知のご質疑でありますが、この件に関しましては、平成26年7月に総務省自治行政局公務員部が通知した各都道府県知事等への「臨時・非常勤職員及び任期付職員の任用等について」としてお答えいたします。
 まず、今回の通知は近年の臨時職員等の増加に伴い、平成21年度に通知した内容が徹底されていないことで再度通知されたものであります。徹底されてない一例としては、臨時職員の任期が1年度を超えて行われている場合などであり、このような状況の改善を目的に、任用、勤務条件等について通知が行われたものであります。なお、本町においては法の規定にのっとった対応を行っており、改善を要する必要はないものと考えております。
 最後に、現在臨時・非常勤職員、嘱託職員が担っている業務に関し、今後は正職員に切りかえていくべきではないかとのご質疑であります。
 まず、臨時職員については、あくまでも職務の補助とするものであり、それらの業務を正職員にかえていく考えはありませんが、嘱託職員については、現在専門職としての任用もあることから、何らかの対応を考えてまいりたいと思っております。
 次に、各種基金の活用についてのご質疑であります。
 初めに、各種基金の活用状況と次年度以降の課題につきましては、財政調整基金は財源不足を補う目的で、平成26年度については4,314万7,000円を取り崩し歳入に充てております。
 震災復興基金につきましては、円滑な震災からの復興等を行うために設置されたものであり、平成26年度につきましては地域防災計画策定、防災マップ作成や、自主防災組織育成の補助金の財源として311万6,000円の取り崩しを行っています。
 スポーツ振興基金につきましては、全国大会出場者の援助金として15万5,000円を取り崩して活用しております。
 田園文化創造基金につきましては、果実運用型基金となっておりますことから、積立金利子を緑化活動の財源の一部として活用しております。
 また、土地開発基金につきましては、公共事業用地の先行取得の財源として活用しております。
 平成26年度に活用実績がなかった基金につきましても、高齢社会対応等、今後本町が直面する課題を解決するための基金でありますことから、今後も基金の趣旨にのっとった適正な管理と運用に努めていきたいと考えております。
 次に、国保財政基金の一部を取り崩して国保税を引き下げて負担軽減を図ることは可能と考えるが、というご質疑であります。
 国民健康保険財政調整基金につきましては、大河原町国民健康保険財政調整基金条例に基づき、療養給付費及び療養費等の支払い、その他の財源に不足を生じたときの財源に充てるために積み立てを行っております。
 現在、国保財政は比較的安定はしている状況にありますが、これは国の社会保障と税の一体改革によりまして、国・県の補助金、交付金の増額によるものと考えます。今後も安定的に措置されることを期待するものでありますが、保障されているものではありません。また、国民健康保険は他の医療保険より高齢者や低所得者を多く抱えているため、医療費の変動、保険税の減少等が考えられ、財政基盤の安定確保は非常に難しい状況にあると思います。
 こうしたことからも、基金に積み立てができる間は積み立てを行い、国保税の増額につながらないように考えておりますので、基金を取り崩し国保税を引き下げることは考えていないところでございます。さらに、余裕が生じた場合は、疾病予防を初め健康増進や健康保持を促進できる有効な施策を強化するための財源として国民健康保険の運営に当たってまいります。
 次に、介護給付費準備基金についてのご質疑であります。
 平成27年度から29年度までを計画期間とする介護保険事業計画では、なるべく介護保険料の負担増とならないよう、計画期間の3年間で7,000万円を取り崩す予定でおります。今後、団塊の世代の方が2025年までに後期高齢者となられ介護に係る歳出増が見込まれることで、急激な保険料増とならないよう、次期介護保険事業計画以降も適切な基金取り崩し額を設定したいと考えております。
 次に、債権放棄条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。
 本町における債権回収につきましては、万波議員もご承知のとおり、税務課を初め使用料等を徴収する担当課が業務を遂行しております。また、税滞納に関し悪質と判断した滞納者については、仙南地域広域事務組合の滞納整理に収納事務を移管しているところであり、税の公正・公平性に努めております。
 ご指摘いただいた債権放棄条例の制定については、税を初め使用料等全ての債権について、まず関係法律のもとで公正・公平な対応をすべきであると理解するものであり、債権の放棄は最終手段であると判断するものであります。
 また、町税等の回収不能分については十分な調査を実施し、不能欠損処分を行っているところであります。
 なお、債権に関する条例につきましては、収納対策本部の専門部会において、使用料等の私債権に関する私債権管理条例を研究しているところであり、現在、最終調整に向けた検討を行っております。この条例の中には、債権放棄についても盛り込むことを考えていきたいと思います。
 また、県内の私債権管理条例の制定につきましては、仙台市、多賀城市、大崎市、東松島市、利府町、川崎町の4市2町となっております。
 次に、税の滞納整理についてのご質疑であります。
 催告無反応者や分納誓約不履行者及び差し押さえのご質疑にお答えいたします。
 催告無反応者や分納誓約不履行者の人数につきましては、平成25年度68人、26年度78人となり、10人増加しております。
 次に、差し押さえの件数についてのご質疑であります。
 預金差し押さえが22件、給与差し押さえが4件、県税差し押さえが12件、国税差し押さえが10件で計48件の、前年比で14件の増となっております。
 差し押さえをする場合には、所得税、世帯員数等から差し押さえ限度額を割り出して差し押さえを執行しておりますので、生活権を脅かす状況は発生しておりません。また、差し押さえ後の滞納者の反応については把握しかねますのでご了承願います。
 次に、仙南広域事務組合に移管した差し押さえについてのご質疑であります。
 差し押さえの中身といたしましては、預金が9件で166万1,981円、給与が1件で14万3,953円、年金が1件で38万3,400円、不動産が10筆となっており、計21件となっております。不動産につきましては、滞納金の納付により抵当権の解除を行うようにしております。また、トラブルについては特にございません。
 次に、駅前図書館についてのご質疑であります。
 駅前図書館につきましては、総貸し出し資料数のうち、絵本の貸し出し状況につきましては平成24年度が1万8,879点、平成25年度が1万8,435点、平成26年度が1万4,199点と、前年比マイナス4,236点となっており、絵本のへやの影響はあると思っております。
 しかしながら、世代交流いきいきプラザや公民館に絵本コーナーを設置し、幅広く貸し出し利用を図っているところであります。
 なお、今年度の絵本貸し出し数は4月が1,031点、5月が1,239点、6月は1,371点と少しずつですが増加の傾向にありますので、今後ともいきいきプラザ等も含め、利用者の増加について努力を続けてまいりたいと考えております。
 しかしながら、ボランティア「レール」につきましては、長年自主的な活動を通して図書館の事業にご協力をいただき深く感謝いたしているところであり、解散されましたことは非常に残念に思うところでございます。
 ただ、ボランティア「レール」の中で、現在も講師として引き続き駅前図書館の読み聞かせ活動をご支援いただいている方がおり、おかげさまで絵本の読み聞かせボランティアも増加しているところでございます。今後は、さらに駅前図書館の利用者数を増加するために、利用者の皆様のご意見を伺いながら努力してまいる覚悟でございますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
514:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
515:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘です。
 私は、平成26年度審査意見書の結果並びに施政方針総括について質疑をいたします。
 (1)財政の健全化判断比率は、財政健全化審査意見書のとおり健全性は確保されていると思料される一方、財政力の弾力性を判断する指標とされる経常収支比率は92.6%と前年度より1.0ポイント小さくなっているものの、依然として弾力性に乏しく、一般会計の単年度収支、実質単年度収支とともに赤字であります。財政運営に当たっては、これらのことに十分配慮するよう指摘がなされているところであります。この指摘については厳粛に受けとめ財政運営を図っていくべきであります。26年度の決算結果をどう検証したのか、結果を踏まえ今後の財政運営で経常収支比率の改善をどのように図っていくのか、考えを伺います。
 (2)回収される見込みのない債権については、これを整理する観点からも債権放棄条例の速やかな制定の要請が示されたところであります。指摘に従い条例制定の考えはあるかを伺います。
 (3)税の滞納、未納については、町税等収納対策本部において検討がなされておりますが、検討会議を開催するだけなく、各課の当該事務を横断的に所掌する部署の設置等について意見書で検討を示されたところであります。意見書のとおり一括的に事務を行う必要性を感じるところでありますので、執行部の考えをお伺いいたします。
 (4)施政方針では、「攻めの農林水産業」の一つとして、生産現場の強化とあわせ、輸出促進等による需要の拡大、6次産業化による農業の成長産業化、さらには総合的な産業の底上げとして農商工連携、地域新商品の開発や販路拡大などを推進し地域ブランドの創出に努めることが述べられておりましたが、具体的にどのようなことに取り組んだのか、またその成果はどうだったのか伺います。
 (5)施政方針において、みやぎ県南中核病院への西側からのアクセス道路改良工事について、平成27年度の完成を目指すと示されておりましたが進捗はどうか。地権者全員から土地取得のめどは立ったのか伺います。
 (6)給食費実費負担金の収納については、申し出により児童手当からこれに充てることができることとされております。保育料の徴収については、申し出による成果が出ておりますが、これによる給食費徴収実績はわずか1件にとどまっているようであります。給食費徴収については、26年度はどういった方策で手を尽くしたのか。また、町税等の滞納収納は2名体制で行っておりますが、給食費の徴収は1名で行っているのも徴収に苦労している一因ではないのか、お伺いをいたします。
 (7)水道料金の徴収については、毎年指摘されているが26年度も改善されておりません。高額滞納者は前年より2件減ったとはいえ、依然として多いと言わざるを得ない状況にあります。意見書の指摘のとおり、要綱に基づき確実にかつ厳しく対処するべきであります。
 毎年同じ指摘を繰り返されることは、施政方針で述べられている政策イノベーションが発動しないからではないか。同じ指摘が何度も繰り返されるようなことはもう終わらせなくてはなりません。審査の結果をどう検証したのか、27年度にどう反省を引き継ぐのか伺います。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
516:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
517:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員の総括質疑にお答えいたします。
 初めに、財政運営についてのご質疑であります。
 まず、財政運営の判断指標として最も重要だと言われておりますプライマリーバランスがございます。基礎的財政収支でありますけども、平成26年度も約5億5,000万円のプラスになっておりまして、3年連続プラスを確保いたしております。このことは、本町の財政健全化が着実に進んでいるということを物語っております。また、平成26年度決算の歳入総額から歳出総額を差し引き、さらに平成27年度に繰り越した財源を差し引いた実質収支は2億4,115万3,000円の黒字となっております。この実質収支の額で、地方公共団体が黒字なのか赤字なのかを判断する指標となっており、平成26年度も本町は黒字団体となっており、健全化判断比率の数値も適正な範囲でありますことから、本町の財政状況につきましては、おおむね良好な状況を維持しているものと考えております。
 議員ご指摘の単年度収支、実質単年度収支についてでありますが、単年度収支につきましては、平成26年度の実質収支から平成25年度の実質収支4億4,148万8,000円を差し引いた額となるため、2億32万8,000円の赤字となりました。この単年度収支は、過去の余剰金の増減の指標となるもので、一定期間をおいて赤字になることが健全であり、黒字が長期間続くことは、歳入が住民サービスに還元されていない状況であり、逆に赤字が続く場合は財政運営上、何らかの問題がある状況になります。
 次に、実質単年度収支についてでありますが、単年度収支の額に本来黒字要素である財政調整基金への積立金と地方債の繰り上げ償還額を加え、赤字要素である財政調整基金の取り崩し額を引いた額が実質単年度収支となっており、単年度収支が大きく赤字となったことから、平成26年度が赤字になったものであります。
 経常収支比率につきましては、地方公共団体の財政構造の弾力化を示す指標であり、平成26年度では92.6%、対前年度比で1.0ポイント改善されたものの、依然高い比率であることについては議員ご指摘のとおりであります。経常収支比率は、歳出の中で人件費、扶助費、補助費、公債費等の縮減が難しい義務的な経常経費に、町税や地方交付税などの経常的な一般財源の歳入がどの程度の割合で充当されているかを示す指標で、比率が低いほど建設事業などの臨時的な財政需要に対応できる余裕があるということになります。
 この経常収支比率の改善をどのように図っていくのかとのご質疑でありますが、先ほども申し上げましたとおり、削減が難しい経費に対する指標でありますことから、即効性のある対策は難しいものと認識しております。人件費につきましては、しばらくの間、定年退職者が多い期間が続くため減少すると思われますが、みやぎ県南中核病院や仙南地域広域行政事務組合の負担金の増加、高齢社会に対応するための社会保障関係経費の増加が見込まれることから、比率の改善についてはさらに厳しい状況になるものと推測されます。
 これらの将来予測を踏まえて、本町といたしましては、適正な人員配置による人件費の抑制や今後予定されている建設事業の費用の精査や計画的な実施を行うことにより、将来にわたる経常経費の抑制に努めるとともに、町税を中心とした経常的な一般財源を確保してまいります。
 次に、債権放棄条例制定についてのご質疑でありますが、さきに万波議員にお答えしているとおり、債権放棄条例の制定については、税を初め使用料全ての債権について、まず各関係法律のもとで公正・公平な対応をすべきであると理解するものであり、債権の放棄は最終手段であると判断するものであります。
 また、町税等の回収不能分については、十分な調査を実施し、不納欠損処分を行っているところであります。
 なお、債権に関する条例につきましては、収納対策本部の専門部会において、使用料等の私債権に関する私債権管理条例を研究しているところであります。
 次に、滞納・収納事務等の横断的部署の設置についてのご質疑ですが、横断的に所掌する部署の設置については、現在考えておりません。
 本町における滞納処理、収納事務等については、税務課を初めそれぞれの担当課がさまざまなケースの中で業務を遂行しており、公正・公平性に努めているところであります。ご指摘いただいた横断的部署については、本町における全ての債権に関し対応処理、収納業務等を統括するような部署と考えますが、人的な問題として職員の確保、住宅使用料等の私債権の問題などがあり、まずは現在研究しております私債権管理条例をつくり上げ、公正・公平な対応と処理を行いたいと考えております。
 次に、生産現場の強化、農業の成長産業化、農商工連携及び地域ブランドの取り組みとその成果についてのご質疑でありますが、これまでも国の政策・制度に合わせ、担い手となる認定農業者の新規認定や、担い手への農地集積、集約化を推進してまいりました。一方、圃場においても、用排水路の改良等により生産基盤の強化が図られているところであり、今後も生産者の声を聞きながら政策を進めてまいりたいと考えております。
 また、6次産業化に向けた取り組みについては、梅においては、これまでカリカリ梅や梅干し等に加工し販売もされてきました。さらに、地域新商品の開発については、目下取り組み方を検討しているところであります。
 農産加工品を含めた販路拡大、地域ブランド化の推進につきましては、仙南の市町とともに連携し、先日、仙南うまいもの祭りに参加いたしました。また、あす9月15日、16日には、東京・秋葉原で、みやぎ県南・秋の観光キャンペーンを開催してまいります。
 今後の予定としては、10月と来年2月ごろの2回、東京・池袋の県のアンテナショップで地域特産品のPRと販売を計画しているところであります。また、海外で和食店を経営する本町の企業は、本町の商品の活用に意欲があり、関係者に引き続きつなげてまいります。
 なお、成果については今後に期待をしているところであります。
 次に、みやぎ県南中核病院へのアクセス道路改良工事についてのご質疑でありますが、町道中核病院西線は平成24年度に事業を着手し、完成を平成27年度としておりました。
 しかしながら、県の事業パッケージの中での配分が平成26・27年度と2年連続で要望額の約4割程度の配分となっていることから、完成年度は平成29年度を目標としておりますが、事業費の配分次第では、さらにおくれる見込みであります。
 進捗率は、事業費割で見た場合、平成27年度末見込みでは約56.2%となります。土地取得につきましては、残り1名の地権者と交渉中で、承諾を得ておりませんが、早期に取得できるよう粘り強く丁寧に説明してまいります。
 なお、震災復興のための沿岸部における事業費が優先的に確保されている現状から、今後も予算配分は厳しくなるものと予想されます。
 次に、給食費についてのご質疑でありますが、平成26年度における給食費の徴収について新たな未納対策として、年度当初に全ての保護者に給食費を含む学校徴収金納入同意書を提出していただき、納入の意識を高めてもらうとともに、学校と給食センターが連携して年度末の未納対策を強力に実施しました。その結果、現年度分の未納額は前年度を大きく下回ることができました。
 しかし、現年度分で未納となった分は過年度分として引き続き徴収対象として残っていきますので、給食センター職員により、未納者に対して督促、催告を行い、納入誓約の確実な履行を促しながら、未納金の解消を目指して努力してまいります。
 最後に、決算審査意見書における水道料金の滞納に関する指摘事項について、どのように検証し、平成27年度にはどう反省を引き継ぐのかとのご質疑でありますが、たび重なる審査意見書での指摘につきましては厳粛に受けとめ、従来以上に厳しく対処してまいりました。
 今後とも、滞納者の生活状況等を詳細に調査し、場合によっては福祉的手段のアドバイス等、さらなる役場関係各課との連携を密にし、水道料金等滞納整理事務取扱要綱に基づき厳正に対処し、滞納額の収納に努めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
518:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
519:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで執行機関に対しての総括質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第1号から認定第8号までについては、議会先例集106の2及び109の規定により、議員選出監査委員及び議長を除く全員の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託し会期中の審査とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
520:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号から認定第8号までについては、議員選出監査委員及び議長を除く全員の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して会期中の審査とすることに決定しました。
 本会議は本日から9月17日、決算審査特別委員会終了時まで休会とし、決算審査特別委員会終了後、会議を再開します。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
521:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、本会議はただいまから決算審査特別委員会のため休会することに決定いたしました。
 本日はこれをもって散会します。
 ご苦労さんでございました。
     午後4時50分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年9月14日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------