議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2015年9月10日(木):平成27年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は、既に配付してあります通告順序によって行います。
 万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。11番万波孝子です。3点について一般質問を行います。
 1点は、安心して介護サービスが受けられることを願って、伺います。
 これまでにも何回か取り上げてきましたけれども、来年いよいよ大河原町も新総合事業に移りますので、あえて今回も質問させていただきます。
 昨年6月に医療総合法が可決され、新しい総合事業が創設されました。これにより、ことしの4月から予防給付の見直しが行われ、要支援者の訪問介護・通所介護は保険給付から外し、市町村が実施している地域支援事業に移行されることになりました。継続して本来のサービスが受けられるのかどうか、まさに「保険あって介護なし」の事態が進まないか懸念しております。
 当町では、平成28年4月からの実施に向けて現在その作業が進められておりますが、何よりも要支援者のサービス低下や切り捨てにならないことを願っております。加えて、ことしの4月からは、介護報酬2.27%削減により特養ホーム等事業所への影響や一定所得のある人は利用料が2割に引き上げられるなど、厳しい現実が既に起きていることを踏まえ、介護の充実を願って次の点について伺います。
 (1)ことし3月議会の一般質問での答弁では、地域支援事業の受け皿として、生活支援サービスについては関係事業所等による会議を開催し、地域資源の活用を協議しているということでしたが、協議はどこまで進んでいるのか。受け皿は十分確保される見込みなのでしょうか。
 2)多様なサービスについては、町内外の事業所を対象にアンケートをとり、どのようなサービスを提供できるか参入の意向についてヒアリングを行っているということでしたけれども、結果はどうだったんでしょうか。
 (2)8月15日付おしらせばんで、介護予防サポーター養成講座の参加者を30人程度募集しておりますが、申し込み状況はどうだったのか。
 (3)要支援者が利用している訪問・通所介護は地域支援事業に移行されますが、1)この事業に係る事業費はどのくらいと見込んでいるのか。上限はあるのか。今までどおりのサービスが受けられる事業費になる見込みなのか伺います。
 2)移行後も引き続き、同等のサービスを受けることができると言っておりますが、利用料や介護事業所の事業単価への影響はどうなるのか。
 (4)4月から介護報酬が2.27%削減されました。各事業所から事業の縮小や経営上の悩み等は町に届いていますか。現状把握についてです。
 (5)8月からは低所得者を対象に実施していた食費・居住費を軽減する補足給付の縮小打ち切りが実施されました。該当者はいるんでしょうか。そして、預金通帳の写しの提出が必要となり、行政による金融機関等への調査も可能となりました。果たしてこれでプライバシーは守れるのでしょうか。
 以上、伺います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、地域支援事業についてのご質問でありますが、1)点目と2)点目について一括でお答えいたします。
 地域支援事業の受け皿としての生活支援サービスにつきましては、引き続き、関係事業所等との会議を継続的に開催し、地域資源の発掘等に努めているところであります。
 また、多様なサービスにつきましては、希望する町内外の介護保険事業所を中心に、事業所の状況、参入意向等についてお聞きいたしたところでありますけれども、事業への協力については、現在行っている事業との関係等も考慮に入れ検討中であり、今後も随時事業所と情報を交換しながら進めてまいりたいと考えております。
 次に、介護予防サポーター養成講座の参加申し込み状況についてのご質問でありますが、申し込み者は24名でありました。
 次に、要支援者が利用している訪問・通所介護の地域支援事業への移行についてのご質問であります。
 事業費についてのご質問でありますが、地域支援事業への移行により、訪問型サービス・通所型サービス合わせた事業費として、平成28年度は約4,000万円を想定しております。事業費につきましては、地域支援事業に移行しても今までどおりのサービスを受けた場合を想定して算出いたしております。
 なお、サービス利用者の上限額につきましては、基本、予防給付の要支援1と同額とされていることから、1カ月当たり5万30円となるものであります。
 次に、移行後も引き続き同等のサービスを受ける場合の利用料等に関してのご質問でありますが、国で示している介護予防訪問サービス及び介護予防通所介護サービスの介護報酬と同額を利用料として設定いたす予定で、サービス利用の自己負担については1割負担または2割負担であり、事業所には残りの9割または8割が事業費として支払われるもので、移行後も同程度となると思われますので、影響はないと考えております。
 次に、介護報酬引き下げによる事業所の経営に関してのご質問であります。
 現時点で、各事業者から介護報酬引き下げに伴う事業内容の変更や規模の縮小等の具体的な経営上の問題については、お聞きしておりません。
 次に、8月から実施の低所得者を対象とする補足給付についてのご質問であります。
 補足給付に関しての負担限度額の認定状況でありますが、8月末現在の認定者は申請者中118人で、町民税課税世帯または預貯金が基準額を上回っていることにより認定要件を満たさず却下となった方は11人であります。
 なお、預金通帳の写しについて提出していただき、随時金融機関等への調査も実施しておりますが、国で示している内容に沿って事務処理をいたしており、預金通帳の写しについては申請書添付の審査書類でありますので、プライバシーに関係するということはないと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、再質問させていただきます。
 実は、ことしの1月に厚労省が調査を行ったようです。それは、ことしからもう既に新事業に移行している自治体もありますけれども、我が町は来年なんですよね。それで、2015年からこの実施予定の自治体は、全自治体のうちわずか7%の114自治体だそうです。約7割の自治体がやっと2017年度実施予定としており、実施の未定の自治体も今の時点でも119あるそうです。それぐらいこの新事業に移行するっていう点で各自治体では非常に苦慮しているということがこの調査で私も改めて思ったんですが、そこでです。
 先ほどの答弁の中で、1)と2)あわせてご回答いただきましたけれども、これは3月の時点の私の質問に対する回答なんですね。そのときとほぼ同じような回答なんですが、現にこの会議が行われておりますけれども、その会議の内容、現時点での到達点、果たして本当に受け皿というのが十分担保できる見通しなのかどうか。その辺をもう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まず、今この事業の担保は大丈夫かというようなご質問ですけれども、まず一つは事業所がやるということなので、今町長答弁にも回答しましたけれども、やっぱり事業所の内情等も考慮しましてやっているわけでございます。それで、今までの現在までの流れといたしましては、各事業所の今後移行した場合について、今までの事業と内容でやれるかどうか、今後新しくこれを参入した場合、また従業員とかふやしたりとかっていう部分も中には出てくるところもございますので、そういう部分も含めながら各事業所に検討していただいているということで、あと、この事業移行につきましては平成30年度まで、今やっているところについてはみなしというふうな形で継続できるということでありますので、今後とも今までのような形で進めていけるものと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、来年の実施に向けて、今のところスムーズにこの協議が行われているということで、そういうふうに認識していいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 私どもは来年に向けてそういうような形で全力で取り組んでまいりたいと、こう思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 改めて課題というか、難題になっているという点はありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) やっぱり課題といいますのは、やっぱり各事業所の取り組みが今までの体制でスムーズに移行できるかという部分だと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回、その移行イコール今までボランティアがサービスを提供するというか、そういうことはなかったんですけど、今回の法改正で訪問介護や通所介護はボランティアでもよいというふうになりました。これまでは専門職によるサービスだったわけですよね。各事業所には。専門職です。ちゃんと資格を持った方だったんですが、今度利用できなくなれば、利用者の精神とか健康状態は悪化していくということも、実はいろいろな老人団体やらいろんな福祉団体が調査する中で、非常にそういう懸念が利用者の家族からも出ているというふうに言われております。ですから、その現在今受けてた要支援のサービスの維持というのは、利用者のこの今までの生活を支えるためにも最低限本当に必要であると私も考えておりますが、その点では、今回8月15日のおしらせばんにもこのサポーター養成っていうことで、このボランティアイコールこの養成講座をしてボランティアを募るということですか。その認識でいいですか。そして、現在24名の申し込みありましたけども、町としてはこの受け皿としてボランティアは最低何名が必要、30人程度と言いましたけれども、最低でも何名が必要なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まず、先ほど万波議員さんが言われましたボランティアの方がやれるという部分については、この生活支援総合事業につきましては介護予防事業と包括的支援事業というふうな形で分かれるわけでありまして、まず介護予防については、今私のほうで考えておりますのは介護予防・生活支援サービス事業ということで、訪問型サービス、あと通所型サービスをまず主に考えております。これについては、今既存の事業所がやっている部分をそのまま移行するというふうな考えでおります。
 あともう一つは、地域支援事業の中でも包括的支援事業といいまして、生活支援サービスということで、これの部分については先ほど言われましたボランティアの方とかそういう方々を含めた形で生活の支援をしていくと。家事援助とか、そういう部分も含めながらやっていくというふうな形で考えております。
 それで、ボランティアを何人ぐらい必要かというふうな形で言われましたけれども、多いことにはこしたことはございませんけれども、そういうのもある程度は講習なりでいろんな知識を身につけていただいて行えるような方ということで、ちょっと人数についてはちょっとそこまでは考えておりませんけれども、多ければ多いほうがいいと、将来のこういう普及に向けては数が多いほうがいいと思いますので、そのボランティアの講習会等については随時行っていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 要するに、要支援1・2をですよ、介護の保険給付から外して、そこの部分、その通所と介護だけね。あとは日常生活のとかいろんな福祉用具はそれはそのまま介護保険の中なんですが、それだけ重要な部分が保険から今度外されるわけでしょう。そうすると、それを今度は町でやるわけですけれども、今まではそうじゃないときは専門職だったのが、それが今度ボランティアもいいというふうにもう既になっているわけですよね。だから私お伺いしているんです。だから、サービス低下にならないか。そうすると、ボランティアの人っていうのはあくまでもボランティアで、きちんとした資格をとっているわけではないんですよね。そこを私は心配しているわけです。だからその辺、これは国の方針ですからそうなって、町も恐らく苦慮していると思うんですが、そこをどう町として予算を多くとって補っていくかと。今までどおりサービスが低下しないように、継続して受けられるということが非常に私は大事だと思ってるんです。そういうことで、今こうして質問に立っているわけです。だからその点では、町は心配ないんですか。
 もう一度、課長にお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まず、ボランティアの方については、身体介助とかっていう部分についてはそういうのはできませんので、そういうふうな形じゃなくて、先ほど言った家事援助とかそういう部分、ある程度は身体介助とかっていう部分については専門職である事業者さんに行っていただくというふうな考えでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この点で、1点だけもう一度伺います。
 今まで要支援でいた方は、そのまま今受けてるわけですけども、仮に今度は新しく申請に来られる方、そういう方も今までどおりに窓口で相談に来られて申請に来て、今までと同じような対応で認定が受けられるということですか。例えば、新しく今度申請をして受けられた方については、変わるということはないですか。その辺のちょっと状況、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 今までどおりの対応でいくということであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では町長にお伺いします。
 いずれにせよ、ボランティアも今度はできるというふうになったんです。ですから、専門職からボランティアに移るということは、全国の調査、私も何人か家族の方とも聞きましたけど、よくまだまだわかってないんですよね。そういう点では、やっぱし町は継続して受けられるための受け皿づくりに必要な、担当課とも相談しながら予算の措置をぜひしていただきたい。そのことをお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議論を聞いておりまして感じたことを申し上げますと、万波議員の心配とか懸念は私なりに理解するところでありますけれども、制度が変わることによっていろんな課題が出てこようかと思います。それに対応するために、担当課としても一生懸命頑張っているところでありますし、またボランティアのことに言及されましたけども、私やっぱりこの介護にしても福祉の分野において、できる限り民間活力といいますか、ボランティアを活用できるということで、ボランティアの部分はプラスアルファというふうに私は認識しておりまして、これまでの事業が滞りなくできるように、町としてもしっかりと対応していきたいと思いますけれども、予算措置が必要であればそれも検討してまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしくお願いいたします。
 それから、この上限なんですけれども、先ほどの答弁で今度の新総合事業で4,000万円、これは限度額が4,000万円ということですか。それを上回るとかなった場合はどうなるんですか。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この4,000万につきましては、介護の第6期の介護保険事業の中で、一応地域支援事業ということで見込んでいる金額であります。それで、あくまでも見込みなのでオーバーすればそれなりの金額、仮にこれ今4,000万見込んでいるんですけれども、4,500万とかっていう部分については問題なくそういうような形で支出できると思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私の調べたところによりますと、この上限があるんですよね。そして、その4,000万円はこの第6期の中でということだから、これで十分なことできるのかなと実は思うんですが、実は国が示している限度額を超えますと、国とのいわゆる財政措置、超えた分はしないということのようです。ですから、あくまでも今までどおり継続してできるためには、もしかするとですよ、上限超えるかもしれない。そのときは国からの財政措置がなくとも、これまた町の持ち出しになると思いますが、そういうことも町長の中に十分検討を今後して心に置いていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど答弁申し上げましたとおり、万波議員の心配が杞憂に終わるように頑張っていきたいと思っておりますし、また先ほど申し上げましたとおり、必要があれば予算措置も検討したいというふうに申し上げておりますので、その辺についても検討をしてまいるということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それから、サービス利用者の立場に立ってのことですけれども、これ1カ月当たり予防給付の要支援1で1カ月5万30円ということは、1割負担の方ですと5,000円、こういう判断でいいんですよね。これはこの認識でいいんですか。お願いします。そうですね、わかりました。
 それから、この介護事業所に、要するに2.27%、9年ぶりですけども大幅な改定があって事業所に入るお金がそれだけ減るようになりましたね。そうしますと、同じ1割負担、それから2割負担であろうとも、事業所に入るその9割8割というのは金額が変わるんだと思うんですね。この辺はどのように課長なっていますか。もしわかれば教えていただきたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 事業所に入るお金といいますのは、基本的には介護保険につきましては1割、個人負担が1割、もしくは8月から2割の方もいるということなので、残りの9割ないし8割が事業所に入るということなので、若干介護の報酬について下がっている部分が中にはあるところもありますので、少なくなっている部分はありますけれども、それは今のところ私らのほうにはそういうふうな相談とかは来ておりませんので、それなりにやっぱり事業者の方の努力によってやっておられるのではないかと、こう思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実は、この介護報酬の2.27というのは、これは大変運営している事業所にとっては大きな痛手なんですよね。それで、前にも取り上げたときに、特老では年間1,500万円の減収になると。これは当町の町内でもそういう事態が起きているということ、私も聞いております。それで要するに、そういうことは経営だけじゃなくて、そこに働いている労働者の人たちの条件もさらに悪化するんじゃないかということですね。それで特老、ここの桜寿苑では30床ふやしましたけれども、今現在まだ10あいてるんですか、ちょっとそのこともわかればお示ししていただきたいのと、あわせてとにかく人手不足なんですよね。だからここを、これは町だけではなかなか、これは国の大きな課題あるいは県の課題にもなると思うんですが、この辺で大事な町民もかなり多く利用している、町営でないからそれは民間だから知らないというわけにもいかないと思うんですよね。その辺では町長はこういうほんとに国の方針、国策というのは非常に私は許せないんですが、ここまでやっぱひどく追い詰めるっていう点では、何かこう町として介護職員をふやしたりするっていう点では、何か町長の頭の中にありますか、描いているもの。
 それから、課長に先ほどの件を伺いたいというふうに思います。30床のところ、今どのぐらいまだ余っているのか、あいているのか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町単独でマンパワーを確保するということについては、大変厳しいものがあると思われます。それゆえに、国に対していろいろ要望を出しておるところでありまして、例えば県の町村会を通じて政府に対して要望を出しております。そういったことがかなうように、これからも引き続き宮城県内町村頑張って取り組んでまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 桜寿苑の30床につきましては、今全部入ってるそうです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よかったでしたね。随分、10床あきがあったということで、職員も確保できたということなんでしょうけども、いずれにしてもこの状態がずっと続いて、また大河原にも新たにいろんな施設ができるようなので、私も意見書として上げたことありますけれども、いずれにせよ町長にもぜひ関係機会があるごとに、国なりにご要望をお願いしたいというふうに思います。
 この項の最後ですけども、所得のある人は1割から2割、そして補足給付がなくなるという事態になりましたけれども、この預貯金どのぐらいあるかっていうこと、これは自主申請ですよね。申請が必ずするようにこれ促しているんですか。これは全員に対象になっているんでしょうか。その辺ちょっとお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) この部分につきましては、一応申請なさる方について、全員そのような形で行っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 福祉の面で、この給与、貯金通帳とかそういうものまでするっていうのは異例なことだというふうに言われています。既に税とか滞納するとありますよね、今まで。しかしながら、この福祉のこの介護にまで持ち込んできたっていうのは異例だというふうに、私も異例だというふうに思っています。しかし、これも国の方策なので本当に困ったなと思ってますが、この預金云々でトラブルというのは町内で今起きていますか。そこだけお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 一応、トラブルというのはないんですけれども、持ってきた方が何でそこまで見るんですかというふうなことで聞かれるのはあります。ただし、国の方針なもんですので、私らもそういうふうな形でお答えして、介護保険で低所得者という部分についての免除・減免というふうな話なもんですので、そういうふうな形で行っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この項の最後ですけども、いずれにせよ法が変わると、なかなかそれを理解するまでかなり時間がかかります。それで、ぜひ利用者の家族とか、今のこういうわけで預金通帳も今度こういうふうになったと、もっと説明する機会を設けて、広報等でもよろしいですし、やはり全力を尽くしてその辺の周知徹底をしていただきたい。そのことをご答弁いただいて、2項目に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) やっぱりそういうふうな広報等、皆さんに知らせるというのは大事なことですのでこれからもやっていきたいと、こう思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、2点目に入ります。
 マイナンバー制度導入に関してです。
 マイナンバー(社会保障・税番号)は、赤ちゃんからお年寄りまで住民登録をしている人全員に生涯変えられない原則の番号をつけ、その人の納税や社会保障給付などの情報を国が管理し、行政手続などで活用する仕組みであります。
 当町では、広報おおがわら7月号で「平成27年10月から全国一斉にマイナンバー制度が始まります」という見出しで、1つは「マイナンバーとは?」、2)「マイナンバーで、もっと便利に暮らしやすく」、そして制度導入の柱は「行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です」などと周知しております。これを踏まえて、次の点について伺います。
 (1)10月から住民一人一人に付された個人番号を通知する通知カードの発送が開始されます。10月の5日からとなっていますね。住民票を持つ全ての国民に強制的に付番される制度なので、受け取りを拒否することはできません。来年1月から個人番号の利用が始まります。ただし、ICチップが内蔵された写真つきの個人番号カード、ICカードについては、所有は強制でないと聞いておりますが、この辺確かめたいと思います。
 さらに、通知カードに運転免許証や健康保険証などを組み合わせれば従来どおり身分証明はできるので、プライバシー保護のためにICカードの申請はしなくともいいと私は考えますが、町長の見解を伺います。
 このことを、私は広報で周知しプライバシー保護について努力していくべきではないかと考えます。いかがでしょうか。
 (2)マイナンバー制度は、100%情報漏えいを防ぐ完全なシステムの構築は不可能、2)意図的に情報を盗み得る人間がいる、それから3)として一度漏れた情報は流通、売買され取り返しがつかない、4)情報は集積されるほど利用価値が高まり攻撃されやすくなるというリスクが指摘されております。
 町民にも広報でこうしたリスクをお知らせして、注意を促していくべきではないかと考えます。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、ICチップが内蔵された写真つきの個人番号カードの所有についてでございますが、本人の申請に基づいて交付されるもので、強制するものではございません。
 次に、プライバシー保護のために個人番号カードの申請はしなくてもいいと考える、についてでございますが、個人番号カード(ICチップ)にはプライバシー性の高い個人情報、例えば地方税関係情報や年金関係情報等の特定個人情報は記録されません。万一、紛失・盗難に遭った場合には、24時間365日コールセンターで対応することとなっておりますので、安心・安全な仕組みになっております。
 なお、官公庁発行の顔写真つきの身分証明書をお持ちでない方につきましては、個人番号カードを申請していただくことにより1枚で本人確認になりますので、利便性につながるものと考えております。
 次に、このことを広報で周知しプライバシー保護に努力していくべきではないか、についてでございますが、これまでも広報やホームページ等でマイナンバー(社会保障・税番号制度)について周知しておりますが、今後もプライバシー保護や制度について、随時広報等で周知してまいります。
 次に、マイナンバー情報の管理徹底を町民に促していくべきではないかとのご質問に回答いたします。
 現在、国及び地方公共団体において、マイナンバーの情報連携のネットワーク構築を進めているところでありますが、やはり重要視しているのはセキュリティー対策となっております。私もマイナンバーに関する個人の情報漏えいの対策が重要と受けとめておりますので、保険証や運転免許証、クレジットカードなどと同じように個人の情報が悪用されないよう、情報漏えいを防止する内容を広報により注意喚起していきたいと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) マイナンバー制度の導入に関しての今の町長のご回答、聞かせていただきました。非常に私が心配しているリスクについて、町長自身も十分受けとめていらっしゃって、今後そういう点で広報でしていくということなので、ぜひプライバシー保護、行政としてしっかりやっぱし守れるように、何でもやっぱり知らせていくと。それで、インターネットっていいますけど、そういうのをもちろん今の若い人はかなり普及率は高まっているんでしょうけども、まだまだ、私も初めそういうのは非常に苦手で、やはり広報が一番いいのかなと。それと字ももっと大きく、活字を大きくしていただいて。よその町はどうかわかんないですけど、かなりこれ小さいんですよね。それでもう少し、どこの町だったかな、比べたときそこの町はもうちょっと大きかったんですね。ですから、そういう点でもう少しその辺も研究していただいて、わかりやすくしていただきたいなというふうに思います。
 そこで、あえてこのマイナンバーですが、今弁護士だけではありません。市民団体も今これの中止の、やはりこういうのは何の、国民、国民というか私たち一人一人の国民に付されるわけですけども、何のメリットもないということで、今そういう反対・中止の運動も今何か広がってきているようであります。町長は聞いているかどうかわかりませんけど、私にはそういう情報が入っております。
 それと、確かにこのマイナンバーというもの、これ突然というか国会で全て多数決で決まってるので、それが自治体におりてくるから、自治体としては非常に苦しいんだろうと思います。その方針どおりやっぱりやらなきゃならないという一面ありますし、やらなくたっていいものもあるんですけどもね、恐らくこれは全国、一生ですよね、この番号というのは。途中で変えるわけいかないんですよね。本当にこういうものが、本当に日本で必要なのかなと私も疑問を持っている1人ですが、特に広報では2回ほどこれお知らせしていますよね。それで、なかなかこの内容を知らない人が、これ内閣府の最近の世論調査ですが、半数以上になっているそうです。「わからない」という。それと同時に、非常に年金の情報漏れありましたね。流出ありましたね。あの問題から事を発して、かなり不安というのが広がっているようであります。そういう点で、この利便性というのがよく強調されているんですが、これは活用する行政側にとってはある面で便利かもしれないんですが、一人一人の個人の情報が安易に名寄せとか集積されるということであって、ひとたび流出したら、悪用されたりすればこれは甚大なプライバシー侵害に、それからなりすましってよく言われていますが、このなりすましなどの犯罪等の危険性っていうのが飛躍的に高まるっていうことも明白になっております。
 それで、日本の年金の125万件だけじゃなくて、その後東京、この間ですよ、同じ月に東京商工会議所でも事務職員のパソコンがメールを介してウイルスに感染して1万2,000件を超える情報が漏れたとか、それから通信教育大学のベネッセコーポレーションでも顧客の情報が1,000万件以上も不正に持ち出されたという、こういうのがやっぱし国内でも起きているんですね。そういうのが情報としてマスコミから流れてきたり、あるいはいろんな本に載ってたりしますと、やはりますますこの危険っていうのは増大するとか心配がふえるわけです。そういう点では、適切な、このリスクですね、住民に最大限の情報を提供してしっかりと個人情報保護、漏れないようにしていただくことを強くお願いして、町長の再度のさらなるお答えもいただいて、3点目に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご質問でありますけども、まず、このマイナンバー制度でありますけども、私は理解が難しいということを多くの町民が言っているということも存じ上げておりますし、また、役場のほうでも対応が本当に大変だということを存じ上げております。また、最初にご指摘ありましたいろんな団体でこれを中止するように求めているということも存じ上げております。
 ただ、私やっぱりこれから情報社会、情報化時代でありますので、そういったことを考えますと、若干最初混乱があるかもしれませんけども、やはりいろんな課題を解決しながら5年、10年後、この制度でもっともっと利便性がふえればいいかなというふうに思っておりますので、そのような理解のもとでこれを町としても進めていきたいというふうに考えております。
 先ほども申し上げましたとおり、情報の保護とか個人情報の保護、これについては徹底していくように、さらに広報でも通知をしていきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと1つ忘れてました。この職員っていうのは、これは例えば特別に新しい職員をそこに配置してするということですか。それとも、今いるこの職員がそれぞれの部署でやりとりするんですか。ちょっとその辺、非常に職員の中でも懸念の声、他町でも出てますのでお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) マイナンバー関係の事務につきましては、現状の職員が取り扱うというふうな形になります。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 現状の職員ということは、何、全員。1人、2人じゃなくて全員が。ちょっとその辺、もう少しお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) マイナンバーを取り扱う職員は限定されます。その中で、パスワード等々を使いまして情報漏えい等々がないような形で進めるということで、全員が使えるというわけではございません。
 以上です。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 限定といいますと、当町の2万3,000余の人口の中で何人が、正直言って担当ですか。(「職員ですよね」の声あり)それといわゆる縦線、県からのほうから例えばそういう職員の研修会とかっていうのはないんですか。やっぱりやる職員も私は大変だというふうに思います。なぜかというと、非常に責任がありますよね。わかるわけです。わかるというか、そういう点では、非常に職員の立場に立つと容易ではないというふうに思うんですが、その点は研修とかそういうのはどうなっているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) この点につきましては、例えば私のほうの町民生活課のほうでそのマイナンバーにかかわる基礎データの抽出等がございますので、それは担当ごとに研修会が行われており、それに参加している状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、スムーズに滞りなくその作業が進んでるということで、何も心配する必要ないですか。そこだけ確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 現在のところ、職員が対応しておりますけれども、実際今後マイナンバーカードの送付とかになってきますと、その分につきましては今回補正予算を計上させていただいておりますけれども、臨時職員を採用してその分は対応させていただきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、最後の質問に入ります。
 公共施設にクーラー設置、エアコン設置の促進についてです。
 ことしの夏は、全国的に梅雨明けが相次いで酷暑が加速し、熱中症にかかる人が急増しました。消防庁の報告では、7月26日時点で熱中症で救急搬送された人が2万人を突破し、そのうち死者は28人に上りました。救急搬送以外を含めますと、患者はひと夏に数十万人に達するとの推計も出ているということです。熱中症の発生場所の4割は住宅内で、犠牲者の3割以上は夜間に亡くなっているというデータもあります。
 自分の身は自分で守る自助の努力が第一ではありますが、独居老人や高齢世帯等に対しては、自助以上の町としての取り組みが重要であると考えます。そこで伺います。
 全国的には、公共施設を暑さを避ける場所として提供する動きもあると聞いています。当町でも、公共施設、集会所なども含めて、避難の観点も取り入れ、猛暑から高齢者を守り犠牲を防ぐ公助の取り組みを強化することを、今後検討できないでしょうか。
 (2)地区住民のコミュニティーの拠点の場としていつも利用されている集会所、生活センター等のエアコンの設置状況は現在どうなっていますか。快適な生活に欠かせないエアコンを、全施設に設置していくべきではないでしょうか。27年の当初予算では180万円計上されていますが、その結果についてもあわせて伺います。
 (3)各学校のエアコンの設置状況はどうなっていますか。今後も現状維持で行くんでしょうか。教育環境整備の一環としてさらなる整備に取り組む考えはないか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、暑さを避ける場所の提供はできないかとのご質問でありますが、近年の暑さ対策やエネルギー対策としてクールシェアを行っている団体が多くなってきております。基本的には、公共施設をクールシェアスポットに指定し、猛暑等が予想される場合に、早目にクールシェアスポットに来ていただき、暑さをしのぎ、省エネを図るものであります。本町といたしましても、ことしの猛暑のような場合に対応すべきものと考えますことから、利用可能な公共施設からクールシェアスポットを指定し、利用をしていただくよう考えてまいります。
 次に、集会所や生活センターへのクーラーの設置状況や設置についてのご質問であります。
 集会所への設置状況は、28集会所中10集会所に設置されております。また、生活センターでは、6施設中3施設に設置されております。残る集会所につきましては、本年度からエアコンの設置について補助を行う制度の運用を開始しており、年間3施設まで1施設最高60万円までの補助を行うことといたしております。
 生活センターにおきましては、宝くじの助成を受けて設置する方法もございますことから、それぞれの地区と相談しながら進めてまいりたいと考えております。
 最後に、各学校のクーラーの設置状況と今後の整備方針についてのご質問であります。
 町立の各小中学校では、これまでコンピューター教室、校長室、職員室、事務室にエアコン設備を設置してきておりました。しかし近年、真夏日・猛暑日が初夏から夏休みの期間と夏休み後も続く年も珍しくないことから、保健室と一部図書室へのエアコン設置が必要となってきております。平成27年度夏休み中も、部活動などで生徒が登校する中学校の保健室から設置を始め、来年は各小学校の保健室に設置していくことを計画しております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 未設置の集会所18、それからセンターが3。これの今後の計画どうなっていますか。年次計画示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、集会所の未設置分につきましては、今要綱でエアコン設置を年3施設ずつ行うということで、それを活用しながら進めてまいりたいと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 生活センターにつきましては、こういった助成制度、そういったのを活用している事例もありますので、年次計画ではありませんけども、そういった最初備品類というのがございますので、そういうものもございますよということで話を持ちかけていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほど集会所年3基、そうすると6年かかるということですか。近年非常に猛暑、酷暑ですよね。そういう点では、6年かけるんですか。やっぱ温度差があっては私はいかがなもんかと思うんですが、もっと早めるわけいかないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) そのことにつきましては、今後検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 検討ですので、ぜひ6年と言わずにもっと短期間でできるようによろしくお願いします。
 それから、学校ですけれども、実は私ちょっと足をけがしたのでお電話で確認をさせていただきました。大河原小学校、大変うれしいと喜んでくれました。それで、今回何かお話を、ここでも答弁ありましたけれども、保健室と一部図書室へのエアコンとありますが、保健室はわかる、私も保健室はぜひと思います。体の不調を訴えたりする子供も来ますのでぜひ。それから一部図書室というのは、学校が5つありますけれどもそういうことですか。ちょっともう少し詳しくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 図書室に関しましては、一部と申しましたのは、平成27年度南小学校の図書室を対象にエアコンの設置を行ったため、一部という表現をいたしました。学校においては、金ケ瀬小学校の図書室に平成8年でしたけれどもエアコンを設置しておりますが、そのほかの小中学校につきましては、まだ未設置でございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私はぜひ、これも一斉に学校にできないでしょうか。例えば太陽光パネル一斉にしたと同じように、子供たち聞きました。「義務教育なのにどうして太陽光パネルと一緒にしなかったの」って、子供って素直ですね。そういう声も書いていて暑いと。今は157センチまで上がる、一般家庭よかもちょっと若干おっきいので1台だそうです。1台が前に置くと後ろの人が暑い、後ろに持っていくと前が暑いということで、非常に暑いと。例年にないような、これからも続くのでぜひその辺は、クーラーはこれ全く考えてないんですか。ちょっと待ってください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) いわゆるエアコンの設置ということにつきましては、ことし保健室について中学校をまず優先させていただきまして、来年度小学校の保健室に設置するというふうに考えているところであります。それ以外の各部屋への設置についてはまだ計画にはございません。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひ、あっちの学校こっちの学校じゃなくて5つ、ここは5校ありますので、やるんならその辺は子供の教育環境整備という観点でぜひ検討していただいて、一斉にやっていただきたいと思います。保健室と図書室、特に学校によっては図書館、ぜひしてほしいという声もかなり根強くありますし、とにかく保健室と図書館一斉にということは、町長、検討できないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その万波孝子議員の要望について、私も十分理解しておるところでありますので、今後教育長と相談しながら検討をしてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 教育長のお答えもいただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 万波議員と同じように心を痛めているところでございます。町長と相談しながら進めてまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひ前向きに検討していただくことを心からお願いして終わります。ちょっと移動しますので、ちょっと手をいいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ゆっくりでいいですから。
 10分間休憩します。
     午前10時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 一般質問通告書に従いまして、質問させていただきます。
 初めは、質問は、子育て援助活動支援事業でございます。ファミリー・サポート・センター事業についてであります。
 ファミリー・サポート・センター事業は、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と、当該援助を行うことを希望する者との相互活動に関する連絡・調整を行うもので、本事業は平成17年度から次世代育成支援対策交付金(ソフト交付金)、平成23年からは子育て支援交付金、平成24年度補正予算により安心こども基金へ移行し、平成26年度は保育緊急確保事業として実施されてきたところでございます。子ども・子育て支援新制度の開始に伴い、平成27年度からは地域子ども・子育て支援事業として実施します。
 母親の相談相手や育児不安の声として、仕事が遅くなるとき保育所・幼稚園に迎えはどうしよう、病院に行きたいけれど子供を連れていくのは大変など、また、核家族化の晩産化に、さまざまな要因の影響で、出産後間もない最も助けが必要な時期にも実家を頼れない母親がふえていると言われております。
 また、全国の児童虐待死の約6割が生後1年未満、その半数が生後1カ月以内の乳児であり、また虐待者で一番多いのが育児にふなれな10代、20代の若い実母であるという状況からして、社会の地域から孤立し、一人でなれない子育てを強いられる母親の相談相手や育児不安の解消をするためにも、家事や育児の手伝いをする、安心して子育てができる環境づくりと児童福祉の向上を図っていただくためにも、ファミリー・サポート・センター事業について、町長の見解をお伺いいたします。
 回答によりまして、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業)についてであります。
 ファミリー・サポート・センター事業は、育児の援助を受けたい依頼会員と、育児の援助を行う提供会員の会員募集や登録、会員同士の相互援助活動の調整、会員に対する活動に必要な知識を習得する講習会の開催、会員同士の情報交換の場である交流会の開催等、業務が多岐にわたるものであります。
 平成27年度から平成31年度までの5カ年を1期とする大河原町子ども・子育て支援事業計画の策定に当たりまして、平成25年12月に子育て中の保護者を対象にした子育てに関するニーズ調査を実施いたしましたが、その結果、平成27年度以降のファミリー・サポート・センターの利用を希望する人は1人と推計されております。子ども・子育て支援事業計画では、需要量が少ないため、当面は一時預かり事業や放課後児童クラブ等といった既存の保育サービスの充実を図る中で、このニーズを吸収したいと考えております。
 一方、少子化対策を柱とした地方創生の戦略として、今年度計画策定に向けて検討を進めています大河原町まち・ひと・しごと創生会議では、子育て中の保護者が安心して利用できる預かりサービスとして、平成31年度までにファミリー・サポート・センターの設置も検討されているところであります。
 今後、保護者の就労状況の多様化が進む中、ニーズ量の推移を見きわめニーズ量に応じた供給体制を確保するため、会員の組織化及びセンターの設置について、大河原町子ども・子育て会議に諮りながら検討してまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 今回の質問につきまして、全協の中でも地方創生というの、人口密度がございましたんですけれども、今後10年後は、子育てもありますけれども介護というふうなダブルケアというふうなものが今度目前に迫ってきているというふうなことでございますし、全国的には738の市区町村、ファミリー・サポートがございますけれども、宮城県内では一応名取、あと柴田というふうなことで実施されております。この利用者の使用料は、通常1時間くらいは600円、土日祭日の場合は700円というふうなことで今実施されておりますけれども、やはりこれをやるならば、県のほうでも、国が3分の1、県が3分の1という補助を出してくれると。やればこれを出すというふうなことでございますので、ぜひ地域に根差したファミリー・サポートの事業を効果的に推進していただきたいと思いますので、これに対して回答をいただきたいと思いますので、回答をいただいて次の質問に移りたいと思いますのでお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、高橋議員のほうから、子育てのみならず介護についてもそういったサポートが必要だろうというご指摘がありました。まさにそのとおりであります。子ども・子育て会議の検討の中でアンケートをとりまして、要望が1人しかなかったということでありますけれども、これはやはり町全体で介護とか子育てを支えるという大変大事な役割を担うものでありますので、まち・ひと・しごと創生会議のほうで検討するというふうにお答えしておりますので、期間中にとありますけど、私としてはできるだけ早くこういったものを設置できるように今後十分に検討してまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 次には、第2点目の質問に入ります。
 地域活性化における地域おこし協力隊という人材募集についてであります。
 総務省が進める地域おこし協力隊支援事業は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致しその定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取り組みでございます。具体的には、各自治体に隊員を募集し、都市住民を受け入れ委託します。隊員が行う地域協力活動は多岐にわたり、地域ブランドや地場産品の開発、販売、農林水産業の従事者、住民見守りサービスなどの生活支援、道路等の清掃など環境保全活動があります。地域の実情に応じ、地方自治体が自主的な判断で協力活動を決定するとなっています。
 また、委託された隊員はその地域に住民票を移すため、定住・定着につながっていきます。地方自治体は隊員1人につき1年間で報酬などとして上限200万円、また活動費として上限が200万円までで、合計上限400万円を国から特別交付税として財政支援を受けます。期間は1年以上、最長3年となっております。
 2009年度の開始以来、2014年度には全国の隊員が1,511人、自治体が444の自治体が受け入れを行っています。
 都市部から定住・定着の手段として有効であり、かつ地域活性化につながる地域おこし協力隊を本町でも研究し積極的に実施すべきと考えますが、町長の見解を伺います。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 地域活性化に向けた地域おこし協力隊の活用についてであります。
 地域おこし協力隊は、高橋議員のご質問内容のとおり、また地域おこし協力隊推進要綱で示されているように、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致しその定住・定着を図ることは、地域力の維持・強化に資する取り組みであり有効な方策と考えております。
 本町においては、全国的に示す人口減少、高齢化の進行とまでは行かないまでも、地域の課題や改善を要する案件、地方創生に向かうべき案件がございますので、これまでの行政だけの視点でなく、本町の課題について新しい視点を持った人材を活用していくことは必要なものと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) では、再質問させていただきます。
 もう財源が、財政措置があるわけですから、いつも悩むのは我々はこうやって質問するときに財源措置はどうなのかというふうなこともございますけれども、こう逼迫した財政の中で言うことを言われますが、ここで財源措置は国としてやってくれるわけですし、あとはこちらと思いますがニーズに対してしっかりと調査すれば、必ず大河原町がとってもプラスになる制度であると思います。さきに言いましたように、地域おこし協力隊を1年以上3年という期間が決まっておりますので、そこで定住していただくのは大変ご苦労が多いとは思いますが、3年間で定住していただくには、だからといってこの支援策を制度導入するのを諦めるのではなく、この制度を使って定住につなげるために、いかにニーズは考えれば私はあると思いますが、そういったニーズをつかんでいただけるかどうか、やはり地方創生につなげていただきたいというふうに思いますので、これにコメントあれば次の質問に行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 地方創生、今まさに大事な課題であります。その地方創生を考えるに当たりまして、町内のいろんな有識者等にもご意見を賜っておりますけれども、今後は幅広くいろんな各界各層のご意見を聞きたいと思っております。その中で有能な、全国から人を募集して来ていただければ大変ありがたいと思っておりますので、この制度については活用をできればいいなというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) では、3点目のほうの質問に移ります。
 3点目の質問は、聴覚障がい児の支援についてであります。
 親が子供の名前を呼んでいても返事をしない。子供が遊びに夢中になっているときなど見かける光景で一見ほほ笑ましくありますが、しかし時折、音を聞き取りにくい子供なのかなと思えるようなこともあります。軽度・中度の難聴は、周りから聞こえるように見えますが気づかれにくいため、音として聞こえていても言葉として明瞭に聞こえてない場合が多いようです。
 軽度とは、普通の声でやっと聞き取れる程度で30デシベルから50デシベル未満を指しますが、また中度とは、大声で話せば何とか聞き取れる程度で、50デシベルから70デシベル未満となっています。70デシベル以上が聞き取れないという場合は、身体障害者手帳の交付の対象となります。
 大阪保健医療大学大学院教授の田中美郷先生の発表によると、難聴の発見がおくれた臨床例を見ると、その多くに言語発達のおくれがあります。コミュニケーションが円滑にできないことから、いろんな誤解を招き、これによって情緒障がいを引き起こす者が少なくなかった。また、就学してからも学業不振を招いていた。このような子供の難聴は多くは中程度であった、とされています。聞き取りにくい状態のままにしておくと、子供たちの将来に問題が生ずることも出てくると思います。
 厚生労働省の身体障害児・者実態調査では平成18年度によると、全国の聴覚障がい者は1万5,800人とされています。乳幼児の健康診断においても、聴力検査で軽度難聴や片耳難聴などの発見が早い段階で発見できるようになりましたが、その後の進学についてなどの聴力を補うための支援は十分とは言えません。補聴器の値段は数万円程度で、高額なものになると数十万円にも及びます。また、居住地域の学校に難聴児を受け入れの学級がない場合は、受け入れが可能な地域に転居する判断を迫られることもあります。
 このような難聴児を抱える家庭にとっては、経済的に大きな負担となっております。他の家庭より家計を圧迫している実態があります。
 こうした中、近年地方自治体では障害者手帳の有無にかかわらず、必要な聴覚障がい児には補聴器を購入の補助を受けることができるようになっています。軽度・中程度の難聴は、周りから聞こえるように見えますが気づかれにくいため、音として聞こえていても言葉として明瞭に聞こえていないため、そのままにしておくと言葉のおくれや発達の誤りなど、言語発達に支障を来すと言われています。
 したがって、早期に補聴器を装用することで、言語発達やコミュニケーションの能力を高めることができます。難聴児の聴力向上による言語の習得は、平等に学び生活する権利を手に入れることにつながります。そのためにも、補聴器の助成金制度は重要な支援策と言えます。
 また、字幕タブレット端末などの授業の理解力やサポートする教材、あわせて導入を図り、一人でも多くの子供たちに能力を十分に伸ばせる環境をつくるために、難聴児の助成金制度や授業の支援策を積極的に実施していくべきと考えますが、町長の見解を伺います。
 回答によりまして、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 難聴児の助成金制度についてですが、身体障害者手帳の交付とならない、聴力レベルが軽度・中程度の児童に対し、補聴器購入費用の一部を助成する事業を平成25年4月から実施しており、1名の方が助成制度を利用しております。
 なお、障がいのある学齢児童の就学につきましては、障害児就学指導審議会において慎重に審議を行い、児童と保護者にとってよりよい教育環境を整えるよう努めているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 今答弁が町長からありましたけれども、補聴器っていうのは安いもので片方で約7万くらいでありますし、両方で約10万からなる部分もありますし、今はおおむね大体30万から40万くらいの負担がかかるというふうなことでございます。こうした中においても、やはり我が町といたしましても、障害児一律支援法に基づく1割負担というふうな支援策などを前向きに考えていただけないかどうか、ちょっといかがなものか、回答をいただきたいなと思うんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 先ほど町長の答弁にもありましたように、補聴器購入につきましては一部助成ということで3分の2を助成しております。現在、該当者については1名おるそうです。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 今やっている最中でございますので、これから地方創生で人口密度がどんどん減っていきますので、やっぱり我々議員一同といたしましても、やっぱりこういうのを補填していただかないと、大河原町に住んでてよかったな、こういう補償ができたなというふうな、前向きにおいて地方創生計画を推進して、確実に町民のためになるようにつくっていただければと思いますので、それを念頭に置きまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 先ほどの答弁で3分の2と申しましたけれども、済みません、3分の1ですので。済みませんでした。(「終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい、いいです」の声あり)
 次に、堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 議長のお許しを得ましたので、通告順に沿って一般質問をさせていただきます。
 質問につきましては1項で、6次産業化についてでございます。
 去る7月の22日、産業建設常任委員会で「堤地区梅団地の現状について」の視察研修を行い、担当課から、1)大河原町の梅について、梅の歴史等、それから2)大河原町の梅と梅団地の状況、3)梅団地の現状と梅団地の里山環境、4)梅をめぐる今後の取り組みについての4点にわたり説明を受けた後、梅団地の現地視察を行いました。この視察研修を通じて感じたことは、残念ながら明るい未来が見えてこないということでございました。
 また、8月9日に予定されていた枝豆販売会が天候により早まったことで、1週間早めて3日間時間限定で「酒の友」が販売されました。2日目の朝に買いに行きましたところ、客は私1人でした。果たしてどれだけ売れるのか、心配しながら帰ってきたところでございます。
 町長は、ことしの施政方針で、本町における梅は歴史的価値のある農産物でもあることから、その生産や拡大が大変重要であり、あわせて加工技術や品質等の向上に向け支援してまいりますと述べておりまして、Next大河原ゆめプラン(後期基本計画)の実施計画書でも、梅の品質向上や梅の付加価値を高めるとともに、6次産業化に向けた取り組みを行います。また、堤地区の梅団地を中心に美しい里山環境を進め、梅のもぎ取り体験や梅まつりなどのイベントを行いますとあり、さらに、常に新たな技術的・経済的な情報や支援制度などを把握し、各施策に反映させ、効率的で安定した農業経営を推進しますとあります。
 大河原町の特産品は梅だけでなく、枝豆、ユズ、ブルーベリー、ラベンダー等々があり、一部大企業や地元企業により商品化されて販売されているものもあり、中には大河原商業高校生のプロデュースによる商品も販売されておりますが、今の状況では6次産業にはまだまだほど遠いものと思います。
 そこで、町長の6次産業化への取り組み姿勢について伺います。
 (1)産業建設常任委員会における担当課の説明によりますと、梅畑は最盛期の半分程度に減っていることや、金ケ瀬梅組合の組合員数も減少している。里山の環境は組合員の高齢化とイノシシなどの被害で厳しさを増している。組合員の減少と後継者不足で、現状を維持することも極めて困難な状況にある。梅の振興に起爆剤は少ない。地道にこつこつ対策を進めていかなければならない。そのためには、梅団地を中心とする梅林の維持管理の徹底、栽培管理の徹底による品質向上による生産物の取引価格の維持向上、過去に取り組んだ梅加工による生産者の所得向上に結びつかない原因の調査、後継者不足の原因調査を進めたいと説明されました。
 1)この説明に町長はどのように感じるか。
 2点目、町としてこれまでにどのように、どのような形で梅生産者に対して支援してきたのか。
 3)Nextゆめプラン(後期基本計画)の実施計画書には、6次産業化に向けた取り組みを行いますとありますが、具体的にどのように取り組んでいくのか。
 4)TPP問題で農家が大きな不安を抱いている中、今のままの町の対応でよいのか。
 5点目、後継者問題は農家だけの問題ではありませんが、所得補償がしっかりしていればある程度防げるものと考えられます。そのためにも、6次産業化が必要と思われますが、その具体的対策はどのように考えているのか。
 (2)大河原町には梅のほか多くの特産物があります。
 例えば、1)枝豆、ユズ、ブルーベリー、ラベンダーなどの6次産業化はどのように考えているのか。
 2)6次産業化といっても、どこにでもあるような商品を出して売れるものではないと思われます。大河原町独自の商品開発が必要と思いますが、どうでしょうか。
 3点目、地元大河原商業高校のプロデュースによる商品が販売されておりますが、町として新たな商品開発のため、大学や多くの町民参加によるプロジェクトチームをつくる考えはないでしょうか。
 以上、質問を終わりますが、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、農政課の説明に対する私の考え方のご質問であります。
 梅は大河原町の伝統的な特産品と位置づけ、さまざまな対策を実施してまいりました。しかし、後継者不足の解消、梅栽培面積の確保に関しましては、思うような成果を残してきたとは言えない状況でございます。これらのことから、後継者の育成や生産者の所得向上に結びつかない原因の調査と研究を進めるとともに、金ケ瀬梅組合との話し合いを通じ、問題解決に向け対策を講じてまいりたいと考えております。
 特に品質向上の観点から、先進地の技術習得、また新技術による試作品について大消費地の消費者の反応を踏まえ、品質を極限まで向上させ、さらに新技術並びに生産量にふさわしい加工場等の整備について支援してまいりたいと考えております。
 次に、これまでの梅生産者に対する支援策についてであります。
 昭和の時代には、花香味よりも大粒品種の白加賀を普及させる目的で、苗木の助成を行っております。平成に入ってからは、県の補助金を活用した梅の加工場の建設や、カリカリ梅のラッピング用シールの作成、また平成19年度からは梅組合・観光物産協会等とともに梅まつりを開催し、生産振興に取り組んできたところであります。
 次に、6次産業化に向けた取り組みについてのご質問であります。
 これまで、生産者が個人でカリカリ梅や梅干し等に加工し販売されておりました。6次産業化に向けた取り組み方としましては、事業の継続性の観点から、個人ではなく生産者団体等組織的な体制での形が重要と考えております。そのためには、さまざまな研修会や講習会を重ね、全体的なレベルアップを図ることから進めてまいりたいと考えております。
 次に、TPP問題で不安がある中での町の対応についてであります。
 梅生産者に限らず、本町の農家の多くは米を中心とする経営形態です。TPP問題は梅組合員にとっても所得に大きな打撃を与えると危惧しております。これまでベースとなるところの施策に対応した対策や指導を行ってまいりました。これら施策に加え、新たな施策を各関係機関と協議しながら取り組んでいきたいと考えているところであります。
 次に、後継者問題と6次産業化についてであります。
 後継者対策ということでは、農産物生産での所得がしっかりしていれば経営継承もできると考えます。今の国の農業政策は、稲作では担い手への農地集積、その他の品目では低コストで高付加価値の農産物づくりを推進しております。6次産業化は、農産物を加工販売することにより付加価値を高めるものであることから、有効な手だてになると考えております。そのためには、しっかりした生産基盤と先を見据えた経営計画が必要であり、集荷団体でありますJA等とともに引き続き支援してまいりたいと考えております。
 さらに、生産者による品質向上への努力、その上で本町にふさわしいブランド政策の構築に向けた検討をしてまいります。検討の過程では、JAや仙南各自治体等とも連携するよう努めてまいります。
 次に、枝豆、ユズ等の特産品の6次産業化についてであります。
 それぞれの生産者の方々には、梅同様、これまでも作付土壌の改良や各種作業での労力確保など、さまざまなご苦労をされながら特産物を生産されてきております。それら生産者ともさまざまな場面で町もかかわってきました。
 6次産業化に限ってのお話ということではございませんでしたが、今後は町内外の食品加工業者、流通業者、消費者などのアドバイスを求めること等を含め、6次産業化に向けた協議を行ってまいりたいと考えております。
 次に、大河原町独自の商品開発についてであります。
 これまで、町内特産品を原料にしたものでは、梅エキス、うめ果りり、ポテトチップス大河原の梅味等がございました。商品開発という点では、各企業での取り組みに負うところが大きく、町内外を問わず企業等の協力を得ながら諦めずに取り組んでいきたいと考えているところであります。
 次に、各方面の人材で構成するプロジェクトチームについてであります。
 宮城県内でも、大学等との連携をしている市町村もございます。また、さまざまなジャンルの方々でのプロジェクトチームというのも考えておりますが、当面は商品開発に関係する人材派遣事業がございますので、そういった取り組みに加え、先ほど申し上げました6次産業化に向けたブランド政策の構築、さまざまな分野の方々や町民を巻き込んでの協議などに早急に取り組んでまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 全体的に前向きな答弁をいただいたんですが、私の質問、(1)、(2)似たような質問ですので、一括して再質問させていただきます。
 今の答弁によりますと、いろいろ加工場の整備などについて支援をしていくというふうに述べられておりました。実施計画の第4章第4項の農商工連携事業では、「地元特産品を利用し、食品等の加工・販売の促進を図ります」というふうにこの実施計画には載ってるんですが、27年度からの3カ年、これの予算を見ますとゼロなんですね。ゼロでどういうふうな形で支援をしていくのかというふうなことなんですが、先ほど町長の答弁によりますと、「新技術並びに生産量にふさわしい加工場などの整備について支援します」というふうな内容等が含まれているわけですけども、これは今後計画的なものとして今のこの実施計画書にはないんですけども、新たに検討するというふうな考え方でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) これまでは金額では計上というのはございませんでしたけども、これからそういった方向に向けて進めていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それから、この実施計画の4章第1項2)の効率的かつ安定的な農業経営の推進では、常に技術的、経営的な情報や支援制度などを把握し、各施策に反映させ、効率的で安定した農業経営を推進しますということで、この予算見てわかんなかったんですけどもね、平成27年度1万8,000円、28年度も1万8,000円、29年度も1万8,000円。1万8,000円でどういうふうな施策をやるのか、ちょっとこれ予算書見たんですけども、予算書のどこにこれが反映されているのかわかんなかったんですね。そしてどういうふうな、具体的にどういうふうなものでこれ考えたんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 今ちょっと実施計画1万8,000円、それが今の予算書のちょっとどの部分というのは、ちょっと手持ち資料を準備してませんでしたけれども、そういったまずは視察研修、ともに私どもも行きまして、そういった技術もある程度私らも農業に関する技術もつかまなくてはないし、そういったものも新たな法人、担い手の方とともにそういう技術を広めていく、そういったところでの予算措置だったかと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 視察研修も確かにプラスになるかとは思うんですけども、これは最後の部分にかかわってくるかと思うんですけども、私は宮城大学の食産業学部フードビジネス学科、それからファームビジネス学科というのがあるわけですけども、これ美里町のやつなんですけども、いろいろこれからの農業のあり方、農村のあり方、特産物のつくり方、それについてのいろいろな検討を重ねてるんですね。そこには宮城大学が入ってるんですよ。例えば、農業改良普及所とかいろいろなところ、行政機関のほうありますけども、そういうなところに行っても通り一遍のものしか私は出てこないと思うんです。やはり大河原町は大河原町独自のもの、そしてほかでは買えないもの、そういったものを開発していかないとおっきいところには負けると思うんですよ。ですからそういうふうな考え方を、例えば、ですから町の栄養士とか、それから母親クラブだとか、それから中学生、高校生、老人クラブ、そういったメンバー、食改のメンバーも含めて、農業の農家のご婦人方も含めた形で、型にはまったものでなく大河原町独自のものが考えられないか。例えば、梅を使った、枝豆を使ったもの、それからユズを使ったもの、ブルーベリー、そういったものを使ったもの、そういったものでの食品コンテストっていうか、何かそういうふうなものをやって、それに何かみんなで話し合いをして、大河原町独自の物産というものをやれないもんなんだろうかと思うんですけども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 商品開発のほうにも来ましたけども、まずは今現在、梅、そういっった枝豆等々の現物というんですか、それらがどうしてもその時期にしかないもんですから、例えばそのものを冷凍保存してある程度の期間原材料として使えるようだとか、あとそういった材料をパウダー状にして通年何かのそういった原料に利用できるとか、そういった加工面というのを、今生産組合などとも話しているところでありまして、さらに町独自の商品開発、これまでもマッチングとして幾つか例を挙げましたけども、そういったところはやはりほかにも負けないものといいますか、まずは一定規模でずっとコンスタントに生産できている、そういった体制も必要でないかなというふうに思っております。何かその辺は、流通関係、多方面そういった方との、やはり今のところは品質が安定したものを求められている、そういうところをまず重点的に固めていきたいなと思っているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 例えば村田、近くだと村田なんですけども、村田でも例えばソラマメをやってますよね。ソラマメ、時期限られてますでしょ。だけどもきちっとソラマメを入ったうどんだとか、それからあとソフトクリームですか、そういったものを販売してるんですよね。ですから大河原町は、この加工の仕方、いろいろ冷凍とか何とかっていうことがあるかと思うんですよ。限られた、例えば枝豆だとかユズだとか、そういったものっていうのはどうしても、限られたものはある程度の季節しかできない。これはわかります。それをどうやって伸ばすかっていうことをやはり研究していかないと、それも並行して研究していかないと新しい特産物っていうの生まれないと思うんですけども、その辺今後もう少し協力的に研究していくっていうか調査していく考えはあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 6次産業化ということでご質問をいただいております。加工するということは、味が当然変わってくるわけです。嗜好品の分野にも入ってきます。そうした場合、つくったはいいけどもやみくもにつくっては売れるもんではないということで、いろんな手法があると思うんですけども、例えば大都会の人たちの嗜好に合うような味になるまでしっかり研究するとか、また梅であればいろんな梅の加工品の先進地、そういったところでどのような加工をしているのか、どういう味が好まれているのか、そういった出口の問題があります。また、入り口の問題としては、梅の面積が半分になっているということで入り口も少ないという状況でありますので、そういったことを総合的に入り口も出口もしっかり考えたようなブランド政策をしっかりとつくっていくことが大事でありますので、そういった意味で一朝一夕にこの6次産業化ができるものではないと私は思っておりますけども、もちろん急いでやりたいと思ってますけれども、今後ともいろんな研究を重ねたいと。その研究を重ねる中で、さっき答弁の中にもありましたとおり、町民を巻き込んでいろんな方々のご意見を聞きながらブランド化を進めてまいりたいと思っておりますし、またJA等あるいは他の自治体と連携するということも答えましたけども、やはり大河原町、町独自のものももちろんつくりますけども、町単独で販路を拡大するということは大変厳しいわけでありますので、できる限り広域でブランドを統一したような形で物語性を含めたようなブランドをつくって、全国展開できるようなそういった6次産業を今後とも考えてまいりたいというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 町長の言うのはそのとおりだと思います。ただ、今インターネットっていう方法もございます。出口の方法といたしましてね。通信販売っていうのがあるわけでございます。それで、6次産業化に取り組む際に必要なノウハウっていうものをやはり身につけるための研修会っていうの、これは非常に私は必要だと思います。それと同時に農産物の加工・販売を行う者にとって必要な市場動向や消費者ニーズの把握といったマーケティングに関する支援、これも私は重要だと思います。さらには、生産物それから加工品の販売における商談会などによる販路開拓の支援、これは町としてやはり必要ではないかというふうに思います。さらには、新規農産物の生産において、生産者が安心して取り組めるような生産初期段階におけるセーフティーネットの構築を図って経営の安定化を図っていくということも必要なんではないだろうか。それから、やはり消費者ニーズに応え、化学肥料を低減した農作物の生産を行うために耕畜連携による良好な土づくり、さらには安全・安心な生産物・加工品の提供を基本に食品品質表示及び栽培生産履歴の徹底を図るという、こういうふうなことがこれからの6次産業化にとっては私は必要だと思うんですね。
 それで、町長の答弁にもありましたけども、梅干しの例で出されましたけども、個人的なものでなくというふうなことで、組織的なものとしてやはり、私は小グループでもいいと思うんですよ。何も大々的にやらなくても私はいいかと思うんですけども、成功すれば大々的にやるにしても、今大河原町、特産物っていうのはいろんな受け取り方がありますけども、何とかちゃん漬け、カリカリの何とかちゃん漬け、名前言うとあれですから。この方が亡くなって、あの人のつくり方がもう伝承されていないというようなことを聞いております。独特だったんですよね、あのカリカリ漬けは。しわがなくて。ああいうふうなせっかく、あの人が考えたと思うんですけども、そういったものをやはりきちっと町としてもある程度把握しといたほうがよかったかなと思うんですけども、いかがなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 今幾つか、今から必要となるような施策といいますか、そういったところをお話しいただきました。私どももそのようなところがやはり必要だと考えております。
 また、今せっかくこれまで何年間にわたってそういった商品がございました。そういったところ、やはり伝承するといいますか、そういったのはやはり息の長いPRというんですかね、そういった商品っていうのもまだ必要なことですし、そういったものはこれからもみんなで共有してっていうんですかね、そういったことでなかなかお一人の方が頑張ってらっしゃった。その方がぐあい悪くなればもう途絶える。そういうんではなくやっていきたいなと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっとテレビ局の名前と日にち忘れたんですけども、テレビでの番組でちょこっとやってたんですが、岡山県と宮城県の大崎市だったかと思いますけども、女の人だけでやってるんですね。法人みたいなのをつくって。そして女の人っていうのは意外と、女の人やると成功するらしいです。男がトップになるとだめだそうです、そういうな商品開発っていうのは。それで、そこに勤めてるのが地元の高齢者ですね。高齢者、さらには産後、お産をしてある程度子育てが終わって勤めたいなと思う若いお母さん方なんですよ。農業経験がないそうです、まるっきり。その人たちがパートで勤めて、そういった6次産業化の品物をつくる職場で働いていると。今、後継者不足が騒がれているんですけども、おっきな機械を動かす、でもあんときはトラクター動かしてたからね、その若いお母ちゃんね。力仕事はまずあれとしても、力仕事にならないような小さなあれでも若い人たちとか年寄りの方の力っていうの、まだまだ私はあると思うんです。まして今団塊の世代の人たちらが職が終わってきてるわけですから、そうしますとそういった年配の人たちらも結構いるわけです。農家で少ない場合は、町の中にも結構いると思うんですよ。家庭菜園やっている人結構いると思うんです。ある程度の年齢になった人たちがね。そういう人たちの手もかりるという形をすれば、この荒れた梅畑っていいますかそういったものを整備するとか、梅でせっかく、先ほど町長が申しましたけども白加賀ですか、梅の白加賀。原木で野生種に近いというふうな、こういうなのはほかの町にあるんだかどうか、多分ないと思うんですよね。こういったものを使って何か商品加工するなりなんなりするようなやり方を、やはり今後考えていかなければならないんではないかなというふうな気がするんです。
 町長がいろいろこれから手だてをしていくということなので、私も見守っていきたいと思います。どうか6次産業化に向けた取り組み、それから農業の振興というふうな意味も含めて、農政課のほうで頑張っていただきたい。農政課だけじゃないんですけども、町としてもいろいろな、農家にだけ任せるんじゃなくて、町としてもぜひご協力をお願いしたいということをお願いして、終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまの堀江議員のご指摘、まさにそのとおりだと思っておりまして、今地方創生を考えるに当たりまして、町としては健康づくりを大変大事にしております。そんな一環として、健康農園という発想で、今おっしゃったとおり高齢者もいますし、いろんな仕事できる方いっぱいいらっしゃいますので、また農家のほうでは遊休農地もこれありということで、そういったことでできる限り、これから米の消費量減っておりますので、いわゆる加工品をつくるようないろんな栽培作物をですね、こういったことを視野に入れながら人材を確保して地方創生に結びつくような、特に地方創生っていうのは地方の雇用をふやすという意味でもありますので、そういったことを考えると、農林水産業の就労者をふやすということ、極めて私大事だと思っておりますので、真剣に取り組んでまいりたいということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩します。午後1時より再開します。
     午後0時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時02分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘でございます。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 今回、私の質問は3項でございます。
 まず1つ目でございます。1.マイナンバー制度運用におけるセキュリティー並びに公文書等の取り扱い及び表記のガイドラインについてであります。
 来年1月からのマイナンバー制度開始に先立ち、10月からマイナンバーの通知が開始されます。日本年金機構がサイバー攻撃を受け、約125万件にも及ぶ個人情報が流出したことも記憶に新しいところであります。この事件を機に総務省が調査をしたところ、住民情報や自治体事務を扱うネットワークをインターネットから完全に分離している自治体は1割弱に過ぎないことがわかりました。分離すれば情報流出のリスクは減らせる一方、コスト増等の課題も予想されております。同制度を運用していく上で、情報管理のセキュリティー対策とバックアップの対策は不可欠であります。
 また、ネットワーク上のみならず、書面での情報についても適正な管理が求められます。行政区長や町より委嘱を受けた特別職についても、公文書の保管や管理についても正しい取り扱いガイドラインがなくてはなりません。
 また、当町においては「子ども家庭課」のように、いわゆるまぜ書きと表記される名称も役場内に存在してございます。まぜ書きを問題視してきた文科省でも2013年6月下旬より表記を「子供」と統一するようになっております。こうした表記についても、基本的には国の省庁の見解に即した対応をすべきと思われることから、以下お伺いをいたします。
 (1)マイナンバー制度にかかわるセキュリティー体制はどのようになっているか。また、マイナンバーにかかわらずネットワーク上のセキュリティー対策、バックアップ対策はどのようになっているか。
 (2)国は特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドラインを示しているが、より厳格な運用を図るため、当町独自に定めるガイドラインはあるか。
 (3)現在、当町における公文書の管理取り扱いについてのガイドラインはどのようになっているのか。
 (4)「子ども」「障がい」等のまぜ書きについての当町の見解についてはどう考えているのか伺います。
 以上、答弁によりましては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、マイナンバーに係るセキュリティー体制、通常業務を含めたネットワーク上でのセキュリティー対策、バックアップ対策に関するご質問であります。
 まず、マイナンバー制度にかかわるセキュリティー体制でありますが、自治体間の情報連携に使用する中間サーバーとの通信は、地方公共団体行政専用のネットワーク回線を利用いたします。ネットワーク上には、国から提供される不正アクセスを遮断する装置を設置いたします。
 加えて、マイナンバーにかかわる業務を行う職員の取り扱い者の明確化、IDとパスワードの厳重管理により、人的・物理的安全管理体制をとることといたしております。
 次に、マイナンバー以外のネットワーク上のセキュリティー対策でありますが、不正アクセス対策の装置を設置し、ウイルス対策ソフトによりウイルスの排除を行うなど、保護に努めております。
 バックアップ対策につきましては、外部委託のデータセンターや役場内で管理するサーバーにバックアップを行う方法で対応しております。
 なお、セキュリティー対策につきましては、総務省におきまして自治体情報セキュリティー対策検討チームが設置されておりますことから、今後国からの情報収集に努め対応してまいります。
 次に、特定個人情報の厳正な取り扱いに関するガイドラインを町独自で定めたものがあるのかとのご質問でありますが、国のガイドラインには、行政機関等・地方公共団体編とされた詳細なガイドラインが示されておりますので、そのガイドラインを使用することとしておりますことから、町独自のガイドラインは作成しておりません。
 次に、本町における公文書の管理・取り扱いに係るガイドラインについてのご質問であります。
 現在、公文書の管理等に関しては、文書管理規定により文書の収受、処理、決裁、保管及び保存等の処置を行っているところであり、この規定そのものがガイドラインであると考えられます。また、実際の収受、起案等については、コンピューターを活用した文書管理システムにより運用している状況であります。
 次に、「子ども」「障がい」等のまぜ書きについての質問についてでありますが、子供の漢字表示については小学生高学年から使用しており、読む人が読みやすいように平仮名表記を行っており、障がいにつきましては、「障害」の害の漢字の否定的なイメージで差別感や不快感を多くの障がい者が感じていることに配慮しまして、平仮名表記を使用しております。また、法令等においては、漢字の表記を使用しております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、再質問いたします。
 まず、セキュリティーについての部分でございますが、答弁によりますとネットワークに常につながっているような答弁でありましたけれども、このマイナンバー管理するPCですね、これをネットワークから完全に切り離すっていうようなことはないんですか。常にオンラインされているというような状況なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) マイナンバーがかかわるパソコンにつきましては、完全に分離されているというふうに思っていただければと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この制度そのものは、私自身も普及活用されるべきだと思っていますので、その上であくまでも管理が非常に大切だというふうに考えますので、以下また質問していくんですけれども、そのマイナンバー専用のパソコンですか、それは切り離し、何だ、すぐに必要があるときだけオンラインにつなぐというような、では考え方でよろしいんですか。常につながってはいないですよね。切り離していくと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) オンラインではつながってございます、基本的には。専用の回線、詳しく言うとあれなんですけども、専用の回線でつながっているということで、オンラインでいつでもつながっている。ただ、分離はされているというふうに思っていただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、パソコンはほぼやっぱりつながっていないと使い勝手も悪いので、そういった意味では了解しました。
 また、バックアップ体制なんですけれども、時としてパソコンが壊れちゃってハードディスクがクラッシュするということもあるんですけども、これまでに庁舎内にあるパソコンでデータ、パソコンの損傷によりハードディスクがやっぱり壊れてしまうというような事例はありましたか、これまで。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 職員に貸与しているパソコンの中でハードディスクが壊れたという点はあったかと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) その際はどのような対応で復旧されたんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 基本的に復元ソフトというのがありまして、それを使って復元できる場合もございますが、なかなか難しいという場合もあるようでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それで復旧できなかった、失われてしまったそのデータはどうなってしまうんでしょうか。やっぱもうそれっきりなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 職員が使っているパソコンにつきましては、もしデータが復元できなければそのままとなりますが、住民情報系とかああいうところのデータにつきましては、データセンター等々で完全バックアップをとっておりますので、そちらのほうについては問題がないというふうな形で考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ということは、その管理するデータの質によって、サーバーにバックアップするものとそうでないものとランク分けというか、そういう違いがあるということですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) あくまでも職員用のパソコンにつきましては、その事務系で使っている部分のみですので、その文章なり、あとはまたエクセルファイルで資料等々のつくっている部分ですので、それ以外につきましては、そのような重要なデータにつきましてはバックアップをとっているということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) バックアップのそのサーバーですか、サーバーも別にデータ管理用の役場内に管理するサーバーがあるということなんですけども、これ例えば停電なんかがあったとき、そういうのもきちんと対応できるようなサーバーになってるんですか。もし仮に一斉に急な停電でシャットダウンしてしまった場合にデータが飛んじゃったりとか、別の場所に、庁舎外のほかのところに、どっかレンタルサーバーみたいなどっかそういうところに管理をお願いするような考えはないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、外部データセンターに委託しておりますのが、住民情報関係は外部データセンターのほうに委託をしてございます。そこではセキュリティー、またはそのバックアップ、あとは無停電関係で対処しているものと思います。
 あと、役場庁舎内にありますサーバーにつきましては、無停電装置をつくっておりまして、瞬時の停電等々についてはバックアップできるような体制をとってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これまで、ネットワーク上でメール等々を介してセキュリティーになんか不正なアクセスとか、そういったトラブルが発生したような事例はございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 現在のところ、不正アクセス等はございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 大分セキュリティーのほうもかなり意識が高い状況で管理されているのかなというふうに思いましたので、これからもこれ以上に、またこのセキュリティーに対しては万全の態勢をとっていただければというふうに思います。
 次の質問に移ります。
 2番です。個人情報なんですけれども、国に即したものを使用しているということで、町独自のガイドラインは作成していないということでしたけれども、これよりもさらにガードを固めるという意味で町独自のガイドラインを策定するような考えはございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 町長答弁でも申し上げていますように、国のほうのガイドラインがありますので、まずこれを準拠したいというふうに思ってございます。そのほかに町といたしましては、大河原町情報セキュリティポリシーという指針みたいなものをつくっておりますので、これに基づいてやっていきたいというふうには考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、個人情報といってもいろいろ定義が必要だと思うんですけれども、どこまでが個人情報なのか、ケースパターンでいいますと、例えば大河原町によそから転入者がいらっしゃいました。その際、転入するその行政区にはこういう方が越してこられましたよと当然区長さんなりにはお知らせが行かないと、おしらせばん等々が配付されないと思うんですけれども、そういった方のお名前だとかご住所、家族構成、そういったものはやはり個人情報というふうに考えるべきなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 個人情報の定義ということになるかと思います。ご存じのとおり、大河原町にも個人情報保護に関する条例がございまして、この中で個人情報の定義をしております。ちょっと忘れましたけれども、氏名、生年月日、こういったものは個人情報に値するというふうな定義づけになっているかと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) だとしますと、新しい転入者がいらっしゃいました。大河原もう町民ですので、おしらせばん等お配りしなくてはいけません。どういったやり方で対応しているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的には住民登録をしていただくというような形になるかと思います。当然、そうしますと区長さんのほうに、区長さんのほうじゃないですね、区長さんのほうに住居を移したというような本人からの連絡が行くものというふうに理解しておりまして、そこで部数の変更等があるというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) だとすると、具体的な何ですか、住所とか個人名は言えないけれども、新たにこういう方がこの行政区の中の大体どの辺とかに来たので、あとまた部数ふえますんでよろしくお願いしますねっていうようなやり方なんですかね。そういうような対応をしてるんですかね、役場さんのほうでは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的にはその行政区の活動にもいろいろ支障があるということで、新しく転入した方につきましては、自分のお住まいのある区長さんの連絡先とかそういったもののみお知らせをしているような状況でございます。(災害警戒情報メール音)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 警戒情報出たの。(「多分みんなのメールに入っただけですね、配信になっただけですね」の声あり)大丈夫ね。(「大丈夫です」の声あり)補足しますか。総務課長、補足。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ただいまエリアメールかと思います。土砂災害警戒情報だというふうに思っておりました。
 実は、昨日の午前3時45分に大雨警報、さらに土砂災害警報が出ておりました。ところが、ちょっとエリアメールの調子が悪くて、発信することが実はできなかったんですね。で、即日業者を呼んでいろいろ調査をしましたが、ちょっとまだ原因がわからないというところでございました。もしかすると、きょう今復旧したことでそういった発信がなされたのかというふうに思っております。
 なお、きのうから警戒配備の中で町内のパトロールをしております。確かに白石川の水位は上がってございますが、けさのパトロールを見ても冠水しているところはございませんので、今のところは大河原町は安心していただけるというふうには思っているところでございます。
 以上、災害についてお話をさせていただきました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ご苦労さまでした。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 安心したところで、続けたいと思います。
 個人情報っていうの本当に解釈というか、本当に取り扱い難しいところだと思うんですけれども、何でもかんでも個人情報だっていうことを盾にもう拒否される方って非常に多いと思うんですよ。でも、個人情報っていうのは本来その目的以外に使わないですよっていうことで、目的のためにはしっかりとやはりその情報は共有されないとだめだと思うんですね。
 例えば、災害時等に支援を必要とする方々、去年の12月にこの庁舎の大会議室を会場に宮城県防災指導員養成講習というのがありまして、私も参加して認定をいただいたんですけども、講義の中で避難行動要支援者の避難行動支援に関する取り組み指針という部分がありまして、東日本大震災の教訓を踏まえて、平成25年の災害対策基本法の改正で、避難行動支援者名簿を活用した実効性のある避難支援がなされるよう4つの規定が設けられているんですけれども、それを時間ないんで端的に申し上げますと、避難行動要支援者の名簿を市町村が作成することが義務づけられております。義務づけられています。本人の同意は当然必要なんですけれども、平時から消防機関や民生委員等、避難支援関係者、防災指導員等も含むんですけども、情報を共有することになっているものであります。そういったことはご承知でしょうか。情報が共有されてなくてはならないということは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 避難行動要支援者、これにつきましては昨年度地域防災計画を策定した中で、防災会議の中でもお話をしておりますけれども、確かに災害対策基本法の改正によりまして、市町村の義務というような形になっているというふうに思っております。
 それで、現在も災害要支援者制度ですかね、これにつきましては民生委員さんのお力をかりてある程度の把握はしていることになっております。今回、この行動要支援者につきましては、この支援制度をさらに充実するような形の中で対応したいというふうに思っておりまして、近いうちに民生委員さんにそういったお話をするというようなスケジュールを組んでいるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ということは、この制度を実用に向けて名簿作成の準備をしているというような理解でよろしいでしょうか。まだ名簿はできてないんですよね、現段階では。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まずは、制度を民生委員さんに説明してご理解をしていただきながら、その後にアクションをしていただいて名簿の作成になるのかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これはいつ本当に、災害はいつやってくるか、きょうの雨じゃないですけども本当に必要なときに活用されなくては意味がありませんので、これは至急、やはりこういうのは義務づけられていることですから、手だてを打っていただきたいというふうに申し上げておきます。
 本当に個人情報というのは、ある意味ちょっと厄介かなという部分もあるんですけれども、あくまでもコンプラが非常に管理守られた上で、今申し上げたような避難行動要支援者の理解をいただいた上で、正しく管理そしてまた活用されなければ必要な行動につながりませんので、地域コミュニティーが大事だと言いながら、なかなかそういうことで個人情報、個人情報と言ってそういうものがなかなか進んでいないのかな、逆行しているんじゃないのかなっていうふうな感じる部分があるんですけれども、そういう個人情報が余りにも保護され過ぎて、地域コミュニティーがなかなか構築できないというような心配事はございませんでしょうか。これ、町長お答えいただいてもよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 個人情報、大変大事であります。また、プライバシーも大事でありますけれども、やはり行政を執行する上で、必要なことはやっぱりちゃんと情報を把握するということでこれからもまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) こうした悩みは大河原町だけではないと思います。そうした上で近隣の自治体等々、そういったところで連携しながら、お互いにどういったことをやってるんだ、個人情報を守りながら情報を共有していくためにはどういうふうにやってったらいいんだっていう行政同士の意見交換というのも必要だと思うんですけども、そういうことは何か取り組んでいらっしゃることはありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に大河原町には43の行政区がありまして、それぞれにその行政区でいろいろな活動をされているかと思います。当然、そこには区民がいるわけでございまして、ほかの町との情報の交換というような形のも、区長会を一つの勉強のような形の中で考えることはできるのかなというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、町内の行政区のお話、課長にはしていただいたと思うんですけども、町内にとどまらずですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質問者に申し上げます。ただいまの質疑は議題外にわたってますので、その辺注意してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 議題外。じゃあ質問変えます。
 個人情報ということで、マイナンバー制度ということでじゃあ関連してなんですけども、マイナンバー制度の前に一時期、住民基本台帳カードというものもこれ個人情報という観点で大分騒がれたんですけども、実際のところふたをあけて見れば、そんな個人情報漏れるというようなことは余りないから、このマイナンバーについても同じく大丈夫なんじゃないのかなというふうに思うんですけども、ただ住基台帳カード、カードの発行は人口の5%ぐらいしか普及していないそうです。それで、今現在町のほうではマイナンバーカード、先ほど万波議員のほうでも質疑ありましたけれども、これどれぐらいの普及を考えているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) このマイナンバーカードの普及については、人数については見込んでおりませんけれども、今までの住基カードですね、現在までの住基カードにつきましては8月末現在で539枚というふうに少ない数になっておりますけれども、このマイナンバーカードにつきましては身分証明書とかでも使用できますので、プライバシー保護とか制度に関して周知していきながら、普及に向けて広報とかしていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次の3番のほうに、公文書の管理・取り扱いのほうに移りますけれども、これまで何か特段そういった公文書に関することで問題とかそういうな発生した事例とかはないでしょうか。公文書の取り扱いについて。外に出てはいけないものが出ちゃったとか、そういうのは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 公文書の管理・取り扱いについては町長が答弁したとおりでございますけれども、今までそういった町が落ち度になるようなことはなかったというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 公文書について、前これちょっと……、(災害警戒情報メール音)ちょっととめてもらっていいですか。大丈夫ですか、課長これ。実際の本当のエリアメール何か。(「地域が別じゃないですか」の声あり)大丈夫ですね。(「大丈夫です」の声あり)じゃあ済みません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 続けます。各行政区の区長さんとかにいろいろ町から文書って渡されると思うんですけども、その中でやっぱり区長さんのそれぞれの個人の見解によって、やっぱり同じく公文書っていうのは保管期限だとか管理だとか、ひとしく扱われなくちゃいけないと思うんですけども、ある行政区長さんが前任の区長さんから区長職を引き継ぐときに、一切そういった資料がなかったと。前任の区長さんの采配で全てそういうなものが処分されてたというような事例が、過去です過去、今じゃないです、過去にあったそうなんです。
 ですから、そういったことをガイドライン上でしっかり、例えばこの資料は何年間保管ですよとか、これはもう余りただの回覧資料なので、あと読み終わったらメモにしてもらってもいいですよとか、そういうのをしっかりと、ルールあるんでしょうけども、実際のところなかなかそれがまだ皆さんに理解されてなかったんじゃないのかなというふうに思うんですけども、その辺はどのように捉えてますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町から区長さんにいろいろな文書があるかと思います。しかしながら、それが公的なものということではなくて、どちらかというと案内であったりお願いであったり、そういったものの分類だというふうに思っております。したがいまして、そういった文書につきましては保管といいますか保存ということではなくて、適宜の判断でもって処分してもらって構わないのかなというふうに思っているところでございます。
 なお、重要な書類につきましては、区長さんにも多分配付はしてないというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうしますと、区長さんとかに配付される資料は、その区長さんの判断にその処分の仕方とかも委ねられるということなんでしょうか。もう統一のルールはないっていうことなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的には町からの分については、先ほど申しました案内等の文書だというふうに思っております。ただ、区の中でいろいろな取り決めがあるかと思います。それは例えば区長さんが変わるときに引き継ぎというような形の中で、適宜対応していただければというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次の質問に移ります。
 まぜ書きの部分であります。
 これ、答弁で読む人が読みやすいようにってなってましたけど、子供の「供」って読めない人いるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 答弁でもございましたように、小学校高学年、小学校6年生で供という漢字を習うことになっておりますので、皆さん読めると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうなんですね。小学校6年生の常用漢字で子供の「供」は習うようになってるんです。ですから、去年も12月に子供たち傍聴来ましたよね。そのときに「おんちゃん、何で子供の供って漢字で書かないの。僕たちもう習ったよ」って言わったときに、何て答弁したらいいんですかね、これ。子供たちに対して。きょう子供いないですけども、6年生でも理解できるような答弁をお願いしてるんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そもそも子供という表記は、昭和48年の内閣訓令によりまして漢字とするというふうになっておりましたが、しかし以下の2つの理由によりまして、まぜ書きとなっておりました。1つは、やわらかい印象があるので平仮名の「ども」を使ったと。2つは、子供の「供」は供える、要するに仏様に供えるというイメージがありまして、何となくそういうイメージは嫌だという理由によりまして、まぜ書きを使っておったと言われております。
 しかし、文部科学省におきましては、議員ご指摘のように、このたび子供を供えるという意味とは全く関係ないという表明をしましたので、漢字で「子供」という表記をしたところでございます。よろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今の教育長に答弁いただいた流れもちゃんと調べているのでわかっているんですけども、だからこそ大河原町も子供は「供」としっかり漢字で表記すべきではないのかなと私は思って今回質問したわけなんですけども、それでも子供の「供」は今までどおり平仮名のままの表記なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 宮城県教育委員会におきましても、わかっていながら、子ども教育総合センターを平仮名で使っております。つまり、文科省でそのように漢字で使っていると言いながら、どうしてもその感情的に「供」は漢字は使えないというのが残っているようなんでございます。しかし、議員ご指摘のように、6年生で「供」という漢字は使うという矛盾がございまして、今後、県教育委員会等々このことにつきましては協議し、漢字表記するのが望ましいと文科省が言っておりますので、その方向で考えたいとは思いますが、しかし社会的な皆さんの印象ということでなかなかそうもいかないということもありますので、難しいなというふうに感じておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 「供」、これは文科省でもそのように「子供」と漢字で書くようにもう今統一していますので、その方向でぜひ今後も強く協議を重ねていただきたいというふうに思います。障がいの「害」もそうなんです。これは本当にまさにそれこそイメージっていうところもあるんですけども、大河原町は福祉の町というのも目指しているのもあります。ただ、こうした言葉狩り的な表記をどうかというよりも、町の中でいかに障がい者への理解を深めていくかと、そっちのほうが大事だと思います。まぜ書きすることで本質的な障がい者への理解の配慮ではないと思います。国語教育の破壊にもつながりかねないというふうに私は思います。障がい者って言われる方々は障がいをお持ちになっているんではなくて、社会生活をする上でハードル、つまり障がいがこうむっているから障がい者なんであって、そういったことをどんどんやはり町の中でそういった障がいを取っ払っていくような施策を進めていかなくちゃいけないと思うんですけども、大河原町は独自にそういった障がいを取り払う取り組み、何かしてるんでしょうか。このことだけ1つお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) まぜ書きについては、やっぱり一つは障がいをお持ちの方と、我々持ってない方とのやっぱりイメージが全然違うと思います。やっぱり持っている方については、やっぱり「害」というふうな部分については、先ほど町長が答弁したような形で思われるものと思われますので、これについてはやっぱり皆さんが共通に不快感を持たないような感じのもので持っていきたいと、こう思っております。
 あと、町独自の障がい者への対応という部分については、基本的にほかの町から比べてこうだというものはないと思いますけれども、通常の障がい者の方の身になった対策というふうな形では、いろんな形でやっておると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今回僕がしているのは障がいについての質問ではありませんので、このことについてはまた別の機会に掘り下げて質問したいということで、次の質問へ移ります。
 2項目でございます。
 町所有の備品等の取り扱いのガイドラインについてであります。
 町が所有する備品の使用は、基本的には町民あるいは当町が主催や後援する行事等、町内で使用されるといった限定があると考えるものでありますが、施設については条例による使用料などの規定があるも、備品等についての使用に関するガイドラインは設定されているんでしょうか。一例を挙げますれば、昨年総合体育館で管理している空手用マットが町外の大会使用に際し貸し出しがなされました。しかしながら、マットの貸し出しについては、過去にさかのぼりますと有償で許可がされたり貸し出しそのものが認められなかったりと、その都度判断や見解が異なり、一貫した規則の中で管理が行われているとは考えがたい実情にあると思われることから、以下伺います。
 (1)昨年、空手マットが貸し出しを認められた理由はなぜか。
 (2)現在、有償にて貸し出しを行っている備品はあるのか。
 (3)備品の使用及び管理におけるガイドラインは設けているのか。
 以上、お伺いをいたします。答弁によりましては、再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、町が所有する備品についてのご質問であります。
 昨年、総合体育館において空手マットを貸し出した理由についてでございますが、申請された方が町内の方であり、大会で使用する空手マットが足りずその手配に苦慮されていたことと、特に破損や紛失のおそれがないものと判断し、確実に返却されることを約束し貸し出ししたものでございます。
 次に、有償で貸し出しを行っている備品についてでございます。
 条例の中の設備使用料の項目として、放送設備、舞台照明設備、得点表示装置、仮設ステージ、フロアシート、長机、折り畳み椅子などがあり、これらの利用は有償となっております。
 次に、備品の使用及び管理におけるガイドラインについてでございますが、現在特にガイドラインは設けておりませんでした。そこで、今後貸し出し等が適切に行われるよう、ガイドラインなどを作成してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まず空手マットなんですけれども、去年は貸し出しされたそうなんですね。私も空手の団体に所属しておりまして、マットを借りたいなと、町外で大会をする際に借りたいなということが過去ございまして、その際は残念ながら町のほうでは、これあくまでも町のものなので、このはねっこアリーナ以外の、はねっこアリーナあるいは町内での使用以外に関してはちょっと貸し出しができないというようなことで、それを諦めて別なところからお金を払って借りて使ってたというような経緯があるんですけれども、今回なぜこういった判断がなされたかっていうのは、もう一度改めて、もう一回ちょっとお聞きさせてもらいたいんですが、いかがでしょうかこれ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 町内の方ということと、回答と同じになりますが手配に大変苦慮されているということで、今回はということで判断したものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) であれば、私も過去にさかのぼる話になりますけど、お借りしたかったなというふうに当然なるんですけれども、今回これは最終的にどなたの責任の上でというか、貸し出しが認められたんでしょうか。町長なのか、それとも担当課なのか。その辺ちょっとはっきりご答弁お願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯生涯学習課長(鈴木邦弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(鈴木邦弘君) 今回は相談のほうが教育委員会の事務局のほうにございまして、教育委員会の事務局として判断して貸し出ししたものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ちょっとうがった言い方になっちゃうんですけども、どこかから、例えばどこかの議員さんからいろんな要求があって貸すようになったとか、そういうことはありませんか。本当に苦慮しているということで貸し出しされたんでしょうか。私どもも昔苦慮してたんですけども、身銭を切ってよそからレンタルしてきて借りてきたという経緯があるんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 大変議員には不快な思いをされたことだとは思いますが、私ども、ガイドラインについて大変申しわけございませんでしたが認識不足でございまして、今後そういった不快な思いをさせることのないよう、ガイドラインを明確につくってまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ということは、今後はガイドラインに沿った上で貸し出しが認められるというようなことでよろしいですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それも含めて、今後協議して決めてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 実際貸し出しが認められましたので、これでまた貸し出しがだめとなると、むむっということになりますけれども、ガイドライン、先ほどの答弁にガイドラインを作成してまいりますということありましたんで、その中で例えば有償であるならば有償で、しっかりルールさえつくっていただければそれに即した形でやっていくほうが私はいいと思います。今回破損や紛失のおそれがないものと判断してってあったんですけども、実際わからないですよね。空手の試合なんで、出血して汚れることもありますし、会場設営とか設置・撤去の際に破れたり、そういった場合もあります。会場たくさんのマットを同じく並べますんで、紛失とかそういうのも十分あり得ますので、そういったものへ対しての保険という意味も含めまして、有償でっていうのは今後やっぱり十分検討すべきではないのかなと思うんですがいかがでしょうか、有償化については。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 十分参考にさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) マットも2001年の国体で使ったものだと思います。当然経年劣化もありますし、これまでいろんなところで使われて、破損はないまでにしても、やっぱり汚れですとかそういうものがどんどん進んできますので、ある程度やはり使いたいって需要あるんですね、空手マットって結構。ですので、ルール決めしていただいて有料化にしていただいて、買いかえするのも今後出てくると思います。そのときに全額は賄えないでしょうけれども、それにやっぱりある程度補填できるような形で、今後の対応として有料化というのはぜひとも検討していただきたいというふうに、念を押して申し上げます。
 備品について、体育館のものに関してはこういったものが有償で貸し出しされているということなんですけれども、例えばこういった体育関係以外のもので有償で貸し出しとかされてるものっていうのはあるんでしょうか。例えば、行政区で草刈りしたいんで草刈り機みたいの貸してもらいたいとか、そういう申し出とかっては今までなかったですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 公共施設、特に公園でございますけども、公園の草刈り等にかかわるものにつきましては、町のほうで用意して無償で貸し出ししている場合がございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) その際の燃料費なんかは実費でということでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 燃料費につきましても、公園のその維持管理のために使っていただけるということで、無償で支給をしている場合もございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 例えば、今は公園だったんですけども、公園ではない私有地に関してそういったもので使いたいのでっていう申し出の場合は、お断りされるということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 私有地につきましては、あくまでも今のケースですと公園ということで、あくまでも町が管理する公共施設という判断のもとで貸し出しなり無償で燃料等の支給をしているという判断でございますので、私有地になりますとなかなか難しいものがあるものと理解してございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今後貸し出しが適正に行われるようガイドラインなどを作成してまいりたいと考えておりますというご答弁いただきましたので、有償化等々も含めてしっかりこれからこれのほうは議論をしていっていただきたいということを申し上げまして、この質問を終わります。
 それでは最後、3項目の質問に移ります。
 3.議会、議員への報告事項についてであります。
 7月14日、大河原町駅前広場にて寄贈されました一目千本桜観光案内板の除幕式が行われたそうでありますが、議会や地元行政区長にも連絡や報告はありませんでした。また、7月に入り、いつの間にか当町の公式フェイスブックページが運用を始めました。公式ページについては、かねてより一般質問でも取り上げており、この質問に限らず、検討と回答の事項については後に質問者に経過、結果を知らせるものということでありますが、本件についても報告はもらっておりません。議会軽視とも受けとめられることから、以下伺います。
 (1)なぜ除幕式の案内はなかったのでしょうか。また、大河原町さくらの会さんや桜の維持保全に大きくかかわり多大なる貢献をいただいている団体への声がけはあったのか。
 (2)公式ページの運用はいつ決まったのか。どうして運用開始報告がされなかったのか。
 (3)一般質問の検討事項の経過、結果の報告はきちんと対象議員へ行われているのか。これまでどの検討事項に対してどういった報告が行われたのか。
 以上であります。答弁によりましては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 続きまして、議会、議員への報告事項についてのご質問にお答えいたします。
 初めに、一目千本桜観光案内板除幕式のご案内についてであります。
 このたびの観光案内板設置につきましては、前回の6月議会におきまして、大沼議員の一般質問で回答しておりましたとおり、UAゼンセン様よりご寄贈いただくことと、設置場所と期日につきましてはご紹介させていただいたところであります。
 本町にご寄贈いただくものは、一目千本桜観光案内板1基、石標2基となっております。
 UAゼンセン様では毎年同様の寄贈を各地で行っており、ご寄贈の際にはUAゼンセン様の主催で簡単な贈呈式を行っているということでしたので、今回は協議の上、除幕式という形で行った次第でございます。
 したがいまして、式の期日や内容等の決定はもとより、当日の進行もUAゼンセン様でご担当いただいたものでございます。今回は、UAゼンセン様の都合により、秋に予定していた式の予定が大幅に早まったことや、主催者側のご意向も踏まえ、式典を広くお知らせすることは見送らせていただきました。
 なお、式当日は、一目千本桜の生みの親である高山開治郎氏の孫、高山信行氏がちょうどふるさと納税のため来庁されることになっておりましたので、お時間を調整願いまして、除幕式にご臨席いただいたところです。
 次に、フェイスブックの公式ページの運用についてのご質問であります。
 運用については、本年4月より運用のガイドラインの作成作業を行い内部調整を行った上、6月に運用のガイドラインを決定し、7月1日から公式ページを開設することといたしたものであります。
 また、議会に対する運用開始の報告についてでありますが、3月の一般質問の答弁でもありますように、すぐに実施というわけではありませんが、実施するということでご理解いただきたいと回答いたしておりますことから、報告を行わなかったものであります。
 次に、一般質問で検討すると回答した事項についての検討結果や報告についてのご質問でありますが、基本的には検討を行い、その結果を質問議員へ回答するとしており、例えば10年間の財政シミュレーションにつきましては、議員へも作成すると回答し、本年5月の議会全員協議会でご報告いたしております。また、空き家対策条例の制定等、検討することといたしました事項については、それぞれ反映しております。
 議員までの報告とはいかないものもありましたが、今後とも連携ができるよう心がけてまいります。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、この看板についてなんですけども、これは6月の議会において私の一般質問で寄贈いただくということが説明あったということなんですけども、この回答が全ての議会に対する答弁にかえられたというような解釈でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) それにつきましては、一般質問の中でご紹介をしたということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 紹介ということで、案内ではないですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 案内も含めて紹介したという格好でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これ地元の区長さんとかにはやっぱり一言あってもよかったかなと思うんですね。私もやっぱり、「きょうあそこで何やってたの」ってやっぱり言われてから、うっとすぐ返答できなかったっていうのもあるんで、これは今答弁にもあったんですけれども、これを本当に寄贈いただいた方のやっぱり意向っていうことになっちゃうんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 町といたしましても、駅前広場に設置されることもありますので、多くの方々にご出席を願うところでございました。しかしながら、先ほども申し上げましたとおり、常に簡単な贈呈式を行っているとそういう格好でしたけども、とりあえず除幕式ということで、UAゼンセン様の都合によりまして、今回簡単な式典を行ったところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この看板っていうのは、誰でもどんな企業でも協賛すれば看板設置っていうのは可能なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) 今回の看板につきましては、UAゼンセンさんの社会貢献活動の一環として寄贈願ったところでございます。町にとってもこの観光PRに最適ということで、今回受けたわけでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今の質問のちょっと、的を得ていないような回答だったので、もう一回改めて聞きますけども、これ誰でもどんな企業でもいいんですかこれは、協賛すれば。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) その協賛の状況とかによりますけども、その辺は町として検討、考えながら決定していきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 答弁見ますと、当日は高山開治郎さんのお孫さんが同席されたということなんですけども、これについてちょっと、たまたまふるさと納税で来てたからご臨席いただいたってこれ、たまたま来てたから臨席いただくっていうのも、ちょっとこれ、逆にちょっと失礼なのかなって思うんですけども、そこまでのご配慮はなかったんですか。事前にこういったことがわかってるんであれば、正式にご案内というか、たまたまきょうやるからちょっと行ってみませんかっていうような感じだったんですか、当日。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯商工観光課長(遠藤和彦君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(遠藤和彦君) この日程につきましては、UAゼンセンさんのほうから二、三日の日程を示されておりましたので、ちょうど高山さんがこの日に来るというふうな話もありましたので、この日程にしたということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次の公式ページの質問に移ります。
 この運用に関しては、どういうような取り決め、決め事をしてるんでしょうか。ちょっと簡単でいいので教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、ページの運用方針というのを設けてございます。目的的には大河原町ではお知らせやイベント情報との提携を目的として大河原町公式フェイスブックを開設しますよというふうな話をさせていただいています。また、投稿を行う時間は原則として開庁時間にやりますよとか、あとは投稿の際の対応ということで、利用者からのコメントに対しては返信はいたしませんよというふうな話等々を記載させていただいてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今も説明いただいたんですけども、コメントに対する返信はしないというようなことあるんですけども、わからないでもないんですけど、やっぱりこのSNSの利点っていうのは、やっぱりホームページと違ってこの双方向で事を発せられるというのが、一つ持ち味だと思うんですけども、やっぱり返信しないっていうとこの理由をもうちょっと詳しく教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 基本的にはその感想等をそこに書いていただくというPRを主にしております。で、そこの中で質問等々というのはこの場ではなくて、フェイスブックではなくてですね、町長の意見箱等々がありますのでそちらのほうで対応したいということで、返信はしないというふうな形にさせていただいてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 先ほど私もお昼休み中にこのページちょっと見てみたんですけども、きのうの夜の段階でついていた「いいね!」の数が149でした。で、先ほど見たら150で1つふえていました。同じく観光物産協会、こちらのほうで開設している公式ページが、昨夜の段階で639で、先ほど見たら642と、少しずつカウントふえているんですね。最終的にはどれぐらいの数を目指してるのかっていうか、今のところ、これからどんどん続いていくもんですけれども、現段階でまず差し当たってどれぐらいをちょっと目標にしてるのかっていう設定値をお知らせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 残念ながら、設定値まではちょっと考えてございません。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これっていうのは、どんどんやっぱりある程度大河原町に関心を持ってもらってるっていうバロメーターになると思うんで、この辺もどんどんある程度やっぱり数ここまで持ってくにはどういったやっぱり手だてが必要かとか、そういったものをやっぱり打っていく上でも、ある程度の設定、それをやっぱり考えて、それをクリアしたら次にはさらにその上の設定に持っていくにはどうしたらいいかという手だてをやっぱりとっていただきたいと思うんで、その辺もあわせてちょっと進めてくださいということを申し上げて、次の質問に移ります。
 最後ですね、今回答弁もらった中でそうなんですけども、今回のフェイスブックもそうなんですけれども、実施するということは聞いてたんですけども、一言、何月からやっと運用開始されることできましたんで、あとすぐ開設されたら「いいね!」お願いしますとか、そういうのもやっぱ一言コミュニケーションとして欲しかったんですけれども、今後やっぱりどうなんでしょうか。同じようなこういった事後報告みたいな形になっちゃうんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 町長の答弁の中でもありますように、今後とも連携を行いながら進めていきたいと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 一般質問で言ったことがこうやって形になってくるっていうのは、大変ありがたいなというふうに受けとめるんですけれども、今回の議案のほうでも空き家条例、こちらのほうが議案として上がってまいりました。私以外のほかの議員さんもこちらのほうは一般質問で取り上げていた事項でしたので、そういったことはやっぱり議案書上がる前に、できれば一言いただければありがたいなということで、こちらももっとさらに掘り下げてちょっとその辺調べ方進むと思うのですけれども、どうでしょうか、これからまた、連携ができるようって答弁いただいたんですけども、連携するためにもうちょっと我々もコミュニケーション必要だと思うんですけども、課長どうですか。コミュニケーション必要ですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 基本的に条例等々で制定する際には、事前に議案等々をお出ししておりますので、その中で閉会中、議案の内容をちょっと見ていただいて本議会の中でしていただくというのはこれまでのスタイルでしたので、議案について、何でしょう、事前にこういうことというふうなものはなかなかできないのかなってちょっと思っておりますが、できる部分につきましては連携してまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 我々も本当に執行部の皆さんとは連携しながらいいものをつくっていきたいというふうに願っておりますので、その辺は今後とも連携をこれ以上に深く、密にできるよう努めてまいりましょうということを申し上げまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時05分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時15分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 佐藤貴久君の発言を許します。佐藤貴久君

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 佐藤貴久です。議長のお許しを得ましたので、一般質問させていただきます。
 1.親が子供の介護をする時代がやってくる。
 (1)26年度、小学校内で転倒によるけがは減少傾向にあるのか。その中でも顔面、頭部のけがの実態を示してほしい。
 (2)小学校における鉛筆の使用状況に関して。
 1)使用鉛筆濃度の低学年と高学年のデータを示してほしい。
 2)現状の濃度鉛筆はいつごろから使用しているのか。また、理由は何か。
 (3)運動器の発達調査に関して。
 1)体育座りから手を使わずに立ち上がる立ち上がり動作としゃがみ込み動作の調査を実施しているのか。
 2)関節や筋肉の運動器機能に支障を来している小学生はいるのか。
 (4)チャレンジ徒歩通学、せめて小学校の6年間は歩きませんか。25年度12月定例会において提言しました。実施状況はどうか。
 以上でありますが、答弁によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、26年度、小学校内で転倒によるけがの状況と、顔面、頭部のけがの実態についてのご質問であります。
 まず、転倒によるけがの発生傾向につきましては、各学校保健室での統計で前年度と比較すると、大河原小学校は減少、大河原南小学校はやや増加、金ケ瀬小学校は横ばいという傾向にあるようでございます。
 次に、転倒に伴い頭部、顔面を負傷する実態については、これも各学校保健室の統計から、町内3校の総数では、転倒による負傷1,339件中、頭部31件、2.3%、顔面55件、4.1%となっております。
 次に、小学校における鉛筆の使用状況についてのご質問であります。
 まず、児童が使用する鉛筆の濃度につきましては、2校で全学年がBまたは2B、1校が低学年はBもしくは2B、高学年はHBから2Bを使用するように指導しております。
 実際の使用状況は、7月に大河原小学校が調査したところによりますと、低学年ではBの使用割合が15%、2Bが83%、高学年ではBが34%、2Bが57%となっております。学年が上がるに従って、やわらかい2Bを使用する比率が下がるようでございます。
 現在の使用鉛筆の指導は、「学習のやくそく」として、大河原小学校は平成24年度から、大河原南小学校は10年ほど前から、金ケ瀬小学校も7年以上前から行っております。その理由は、特に低学年の児童は筆圧が弱く、濃い線を書こうとして持ち方が乱れないようにするため、また、2BやBの鉛筆の場合、文字のはねやはらいをきれいに書くことができ、教師が指導するときもその様子がよくわかり、適切な指導をすることができるためです。
 次に、運動器の発達調査に関して「体育ずわり」、私どもは「体育すわり」と言っておりますので以後「体育すわり」と申し上げます。体育座りから手を使わずに立ち上がる立ち上がり動作としゃがみ込み動作の調査を実施しているのかとのご質問であります。
 この調査は、新体力・運動能力テストの項目にございませんので、3校とも実施はしておりません。
 次に、関節や筋肉の運動機能に支障を来している小学生はいるのか、とのご質問であります。3校で4名の児童を把握しているところでございます。
 最後に、せめて小学校の6年間は歩きませんか、「チャレンジ徒歩通学」の実施状況はどうかとのご質問であります。
 25年12月議会において議員からご提言いただいた際にも、歩くことは大事で、非常に貴重なご提言と考えたところでございます。各小学校では、基本的に児童の登下校は徒歩通学であり、2キロメートル以上の通学距離に自転車通学と、家庭の事情や安全に対する心配から自家用車による送迎が行われておりますが、歩くことで体を鍛えることができること、また、自然や地域の方に触れることができることを、学校だより、PTA総会、学年懇談会等で、徒歩による登下校の働きかけを行っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは再質問します。
 子供の体力低下が指摘されて久しい。背景には、生活スタイル、住環境、習慣の変化などさまざまな要因が絡み合っていると考えています。体力運動能力調査には、8項目の動作の調査があります。当町において、動作の成熟のおくれが指摘されている事例はありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 小学校の体力でございますが、およそ全国あるいは宮城県平均並みと考えておりますが、特に劣っているところにつきましては、握力がどの学年も落ちております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 低学年・高学年、また男子・女子で調査平均値にばらつきがあるのは当然ですが、握力調査に関しましては、ほぼ全学年で県平均以下です。
 また、俊敏性に関してはどう評価しておりますか。身長の伸びに見合った握力、腕力が備わっていない原因は何かお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まず、俊敏性につきましてでございますが、特に俊敏性だけを高める運動というのはしてございません。子供の体力につきましては、休み時間及び週3回の体育の授業の中で行っておりますが、強いて申し上げますと、体育の時間の中で瞬発力を養うような運動、これを指導計画に従ってやっているというところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 動作の成熟のおくれに関してであります。
 調査結果が低下しているのは、子供のころにいろいろな動作をする経験が減っている、要因の一つに、子供のころから1つの特定のスポーツをさせる競技志向が背景にあると指摘されております。大人が子供の発達の可能性を奪っている弊害があるということです。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 大人が子供の発達を奪っているといいますかそういうことだと思いますが、学校教育におきましては、そういうことのないように指導計画に体の部位の満遍なく筋力あるいは走力、瞬発力等がつきますように指導計画を組み、計画的に指導しておるところでございますが、一方で社会的に、議員ご指摘の、昔に比べると歩いて徒歩の通学ということにつきましては、あるいは歩いて物事を、用事をこなすということにつきましてはこの社会的な変化から少なくなっている、そういったことも加味しまして、子供の体力に向上に努めてまいらなければならないと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 転んだときにうまく手をつけずに、顔や頭にけがをする。それも手のけがはなく、顔だけけがをする。子供が転んだとき、自分の身を守れなくなっています。本来持っている運動能力を発揮させることができません。
 25年度12月定例会で指摘をしておきましたが、大河原小学校におきまして、24年度は顔のけが30人、25年度は49人、26年度は27人。決して減少傾向とは言えません。この現状をどう受けとめますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のとおり、25年度49件、26年度27件、25と26を比較しますと顔面の件数は減っております。しかし、24年度と比べると増加してると。そのように年によって増えたり減ったりとしている状況にございます。極端に顔面のけがが増加しているというふうには捉えておりませんけれども、しかし、繰り返しますけれども、生活様式の変化に伴いまして、総合的な運動能力は落ちているということは否めない事実でございますので、自分の体は自分で守るよう、しっかりと指導する必要があると考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) おっしゃるとおりだと思います。
 それでは、次の質問をします。
 今回の4項目の質問は、全て関連性があります。低学年のほぼ全員がBか2Bを使用しております。さらに、90%以上の子供たちが2Bを使用している現状です。高学年におきましても、HBを使用している子供は12%に過ぎません。一日入学のしおりにBか2Bを使用するように明記し、保護者に説明しております。これって学校側の都合を逆に子供たちに押しつけていることになりませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) その学校側の都合という意味が、私にはまだ理解できませんけれども、先ほど答弁で申し上げましたように、文字を書く基本は、とめ・はね・はらいでございます。これは毛筆にも通用することでございますが、そのとめ・はね・はらいを確実に指導するためには、ある程度の筆圧が必要でございます。したがいまして、低学年は筆圧がどうしても弱くなっておりますのでやわらかい鉛筆を使い、学年が進むにつれまして徐々に固い鉛筆を使わせまして、文字を正しく丁寧に書けるように指導しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 学校側の都合っていうのは、決して学校を批判してるんじゃなくて、先生がアとウの見分けがつきづらいとか、テストを採点するときとか自勉をチェックするときに字が薄くて読みづらい、そういう理由でBとか2Bを使わせてるんじゃないでしょうかと言っただけです。
 確かに、子供の筆圧は弱くなっております。子供たちはゲーム機とかスマホで指先だけの単調な動作を繰り返す、そのことが筆圧が弱くなっている一因です。2Bで文字を書く動作も同様です。4万6,000人の小学生を対象に、手の骨や筋肉が正常に機能しているか調査結果によりますと、手がうまく使えない、年齢に応じた力が備わってない子供がふえているそうです。文字を書く動作は親指、人さし指、中指、手首、前腕の力、これらをバランスよく使うことが大切なことです。2Bの場合、指先だけの動作で済んでしまうということです。いかがお考えになりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 指先だけで文字は書けるとは思いませんけれども、しかし、鉛筆並びに箸も共通性がございまして、当初の指導としては人さし指と親指で鉛筆を持たせます。そして中指を添えるという形で、子供たちに初期の指導をいたします。そのことを教室の前面に絵を掲示して子供たちにのみ込ませます。そのことによって筆圧が弱い子供でもぶれないように正しく書けるように、視覚に訴えながら説明しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 30歳以上の方は90%以上がHBを使用していました。HBの学童用鉛筆の需要は平成14年には20%に減少、そして現在に至っております。重大な問題が発生しております。手首を使う簡単な動作が苦手な小学生がふえております。瓶のふたをあけられない小学生がふえております。また、マークシートを強く塗り潰せないので採点の対象外になってしまいます。いかがお考えになりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のように、確かにマークシートに正確に鉛筆で塗れない子供も出てくることも考えられますが、しかし、子供の発達段階に応じた運動能力あるいは体力をつける指導をすることによって、そういった子供たちを少しでも少なくすることができるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) さらに、脳科学の観点から、手が力を出す機能は前頭葉から指令が出ます。思考力と自分の感情をコントロールする能力と連動しております。つまり、手の力が出ないと思考力の発達にも影響が生じるということです。どうお考えになりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 思考力とは、さまざまな運動的な機能、そして頭の中での考え、そういったものが総合されてつくものと考えておりまして、手先はもちろんでございますが、足もあるいは腕も、ももも、そういったものを総合して思考力、あるいは食物、そういったものが総合して思考力がつくものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) この思考力の低下にもつながる、これは宮崎大学の整形運動科学の教授の調査の結果なんです。ですから私が言いたいのは、せめて大河原の子供たちは、小学生はHBで強く書こうよって、強く指導してはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 子供の実態を毎日見ているのは各学校の教員でございます。各学校の教員に私は教育の方法について任せているところがございまして、そこのところにつきましては、こういった考えもあるということを紹介いたしまして、みんなで考えながら子供の筆圧あるいは思考力等について検討してまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 質問を続けます。
 先ほどの調査報告によりますと、立ち上がりという動作、かかとをつけながら座るしゃがみ込みという動作ができない小学生、4年生と6年生を対象に調査しましたが、半数以上にのぼるとのことです。その中で10人に1人の割合で関節や筋肉の働きに問題がある、手がうまく使えない、足腰の運動器機能が弱くなっている子供たちがふえております。当町ではいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 体育座りから立ち上がれない子供ということでご指摘がございましたが、先ほど答弁で申し上げましたとおり、町内には4名の子供がおります。その子供たちを調べてみますと、一人は支援学校から転入してきた5年生の男子、もう一人は病名はついてないものの内股のために支障があるという2年生の女子、もう一人は5年生の男子で肥満のために股関節に負担があるということで、そういった子供たちにつきましては、何といいますか、生まれながらにして障がいといいますか、体に不自由なものを抱えている子供に見られるようでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 自分もちょっと子供たちと接する機会が多くて、11人の子供に体育座りから立ち上がる動作やってもらったけど、2人しかできませんでした。ですから、身体能力がもともとハンデがあるとか、そういうのとは全く別次元の話です。
 教育長、ロコモティブシンドロームっていう言葉ご存じですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 聞いたことはありますが、詳しくはわかりません。ただ、先ほどの体育座りからの立ち上がりでございますが、運動能力テストにもそういった項目はございません。つまり、私も体育座りからの立ち上がりやれるかって言われたら甚だ難しい状況でございまして、できません。つまり、それは立ち上がりにふさわしくない座り方ということになりますので、立ち上がるときはしっかりとそのような動作をして立ち上がるということが基本だというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 僕は子供の体力低下を心配していて、僕ら60代、できっこないですよ。小学生も筋肉老化が早まっているという説があるんですよ。元来、ロコモティブシンドロームは、高齢者を中心に拡大し、予備軍を含め4,700万人が移動機能に支障を来す状態です。問題の子供たちを放置しておきますと、40歳でロコモに陥る危険性があります。それほど、体力基盤の運動器の衰えが加速しているということだそうです。文科省にももう動きがあります。当町でも早速筆圧と運動器のチェック、今までやってませんので、ぜひ行うべきだと考えますが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そういった必然性は今のところ感じてないところでございますが、検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 来年度から健康診断で運動器の調査をするっていう情報、文科省から入っておりませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まだそういった文書は来ておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私の情報に間違いなければ来るはずですので、当町でも早速取り組んでください。
 今回の質問の共通テーマは、子供たちの体力低下防止です。それでは、4項目を質問します。
 宮城の子供500人を富士山登山に引率した整形外科の専門医によりますと、登山ルートで一番フラットな5合目から6合目まで登り切れない子供が20%に及ぶとのことです。この事態は憂慮すべきことでは片づけられない事実です。当町では歩行に関して、先ほど説明ありましたがもっと詳しく、どのような取り組みを行うべきかとお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) どの学校でも蔵王合宿ないし野外活動をやっております。その中で登山をしておりまして、これまで登れないという児童は、極端に肥満な子供を除いて、ほとんどの児童は蔵王登山を全員なし遂げておるところでございます。子供たちの歩く走力を、何ていいますか、歩く力をどのようにつけるかということでございますが、近ごろは毎日雨が降っておりますけれども、どうぞ雨がやみましたらば、各学校の校庭をごらんいただきたいと思います。早朝8時ぐらいになりますと、今はそれぞれの学校の持久走大会に向けて、子供たちが毎日走っているところでございます。それぞれの発達段階に応じて、特に南小学校は、走れ、富士山を目指してということで取り組んでおりますし、金ケ瀬小学校も一生懸命頑張っておりますし、大河原小学校の子供たちも朝早くから校庭で走っております。そういったことで走力あるいは歩く力を高めるために頑張っておりますので、どうかそういったところもごらんいただければありがたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 存じ上げております。動植物の生態の変化とか季節の移り変わりを、歩くことによって直接体感する機会を子供のときから日常的に習慣づけることが必要ではないか。冬の季節、車で送迎されることが多く、当然薄着で登校することになり、学校内が寒いと感じる。風邪をひいて帰宅する子供がふえております。当町の現状はいかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 風邪をひいて帰宅する子供について答えることではないですよね。(「一つの原因なんです、そういう人がふえている」の声あり)
 自転車通学につきまして、大河原小学校の通学状況調べますと、小山田地区が9名、橋本地区が4名、福田地区が3名、それ以外は全員徒歩で通学しております。自然の様子を見ながら登校するということにつきましては、徒歩の子供たちについては、当然毎日登下校の中で自然に触れ合い登校しているものと思っておりますし、自転車通学の子供たちにおきましても、2キロ以上の子供たちですので、秋になれば稲穂を見ながら、また春になれば若葉を見ながら登下校しているものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 自転車通学してる人は当然そういう方が多い、自転車通学してる方で自転車通学してない方もかなりいらっしゃいますが、私が言っているのはむしろ、自転車通学以外の方にそういう方が多いということを言っているんです。だから歩きましょうということを言っているんであって、例えば、登校時間はもう遅刻しそうになったなんていうと、僕の知ってる限りの方で、かなり自転車通学でない方、送迎してる方がかなりいらっしゃいます。そういう登校時間で、だから学校近隣に逆に車が集中し過ぎて、逆に交通事故の危険性が高まるなんてことがないんですか。
 それと不審者対策にしても、当町の住宅状況やスクールサポーターの協力で安心・安全が保たれております。だから、せめて登校だけでも、自転車通学以外の方が徒歩通学するよう、そういう徒歩通学ができる当町は環境が整っております。そこをお尋ねしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のとおり、自転車通学以外の子供たち、特にこのように雨が降りますと送迎が非常に多くなっております。心配しておりますのは、議員ご指摘のとおり、交通事故が発生するのではないかと思われるほど、多くの保護者が車で子供を送ってきます。したがいまして、各学校にお願いしておることは、学校のそばまで送るのではなく、少し離れたところでおろしていただいて、子供たちに徒歩で学校へ来るようにしてほしいということで今お願いしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 重ねて質問します。おっしゃるとおりです。小山田地区なんかの方はそれを守ってますね。でもほかの地区の方は一切守ってないっていう話が入っております。
 ですから、重ねて質問しますけど、運動活動不足の一つが歩数です、おっしゃるとおり。地方は車依存社会です。都会の子供より地方の子供のほうが歩く機会が減り続けております。先ほど教育長がおっしゃったように、業間に走ること、これはとっても大変大切なことです。ただ同時に、日常的に歩く習慣を身につける、つまりプラス1,000歩チャレンジ、チャレンジ徒歩通学、だから前にも言いましたように、せめて6年間は歩きませんかってさらに呼びかけていただきたい。その保護者の理解を求めるっていうのはそんなに難しい実情なんでしょうか。今度こそ、実現しましょうよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 子供たちが元気で歩いて登校できるように、前からもそしてこれからも働きかけるつもりでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、次の質問に入ります。
 町政レポートの内容を問う。
 (1)水道料金引き下げが、公約の町民税5%減の代替措置と明記してある。根拠を簡潔に示してほしい。
 (2)10月から実施予定の18歳まで医療費無料化を拡大する理由を示してほしい。
 (3)水素エネルギープロジェクトは当町にふさわしい事業なのか。エネルギー庁への職員派遣、陳情行動など関連事業での26年度から28年度までの歳出合計はどの程度に及ぶのか。
 (4)歩きたくなる町構想とは何か。ジョギングやウオーキングをする人たちを見かけることが多くなった。どのような施策がこの潮流に合致すると考えているのか。
 以上でありますが、答弁によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、水道料金引き下げが公約の町民税5%減の代替措置としての根拠についてであります。
 仙南仙塩広域水道水の供給価格が引き下げられたことに伴い、年間約1,200万円を町民に還元し、一般世帯の基本料金月額を86.4円引き下げたものであります。この方法は、広く町民が恩恵を受けることができ、また水道料金を元に戻す計画はなく、公約の減税よりも大きな効果があると考えたからであります。
 次に、18歳まで医療費無料化を拡大する理由についてのご質問であります。
 さきの平成27年第1回議会定例会3月会議において、大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正について原案のとおり可決をいただきました。医療費助成の対象年齢を引き上げることにより、次代を担う子育て世代の確保と育成、また適正な医療を受ける機会の保障、さらには子育て世代の経済的負担の軽減を図るために、18歳まで拡大いたしました。
 次に、水素エネルギープロジェクトは当町にふさわしい事業なのかとのご質問であります。
 新聞報道などでご存じのとおり、2015年は水素元年と言われております。今、日本を初め世界が注目しているエネルギーである水素は、燃焼しても水しか出ない究極のクリーンエネルギーと言われており、自動車メーカーを初めさまざまな業界で水素を燃料とする燃料電池の開発に取り組んでいることはご存じかと思います。しかしながら、現在、日本で生産されている水素は、天然ガス等を改質して得られる水素や、工場などで算出される副生水素、すなわち化石燃料由来の水素で賄われているのが現状であります。
 このような中で、再生可能エネルギーである木質バイオマス由来の水素は、製造の過程におきまして二酸化炭素をほとんど排出しない、真にクリーンなエネルギーであると認識しております。
 なお、宮城県におきましても本年4月に官民協働によるみやぎFCV普及促進協議会が設置されるなど、水素エネルギーに注目している状況でございます。FCVというのはfuel cell vehicle、燃料電池自動車であります。
 本町におきましても、Next大河原ゆめプランの重点プロジェクトの第1番目に、環境先進都市の実現を掲げております。この水素エネルギープロジェクトを推進し県南地区をリードしていくことが、環境先進都市の実現につながるものであると考えているところであります。
 さらに、本プロジェクトを推進することは、県南全域における林業の6次産業化にもつながり、この地域における広域連携を促進するとともに、雇用の創出など地方創生の趣旨に合致するなど多面的な分野において貢献できるものであると考えております。
 次に、平成26年度から平成28年度までの関連事業の歳出見込みでありますが、ことしの7月末時点で経済産業省資源エネルギー庁への職員派遣に要しております費用は、手当等を含めますと約1,140万円となっております。陳情行動等関連事業の旅費といたしましては、約124万円の支出となっております。なお、資源エネルギー庁への職員派遣につきましては、今年度いっぱいでございます。
 次に、「歩きたくなるまち」とはどのような構想なのかとのご質問であります。
 本構想は、高齢化が進む中で生活習慣病や寝たきりを予防する健康寿命の延伸の手だてとして、若いときから歩くことを推奨し、健康な暮らしとともに医療・介護の社会保障の抑制も同時に図ることを目的としています。健康であることが幸せにつながる「健幸」の意識を高めている、現在ジョギングやウオーキングをされている方々は、その構想を既に実践され、一歩先を歩いていただいております。しかし、健康のために歩く人の割合を引き上げることは工夫を要するところであります。
 そこで、歩くことへの動機づけといたしまして、歩いた歩数によりポイントを差し上げる等の手法の活用、また歩きやすい環境や四季折々の風景、町内のさまざまな場所における多彩な風景を楽しめる景観づくりにより、健康に暮らせる社会の実現を進めてまいります。
 町民が「健幸」を実感する町の創造を通じて、定住並びに交流人口増大の促進にもつながります。
 今後は、まち・ひと・しごと創生総合戦略の施策として歩きたくなるまちの事業展開ができるよう、準備を進めたいと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは再質問します。
 公約どおりならば、年間5,000万円の町民税減税、すなわち4年で2億円の減税を公約に掲げ、投票を促したのではなかったのではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は1年間に限り実施しようということでありましたので、5,000万円の財源を必要としたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それは私の認識不足でした。そもそも水道料金の値下げは受水料金の改正によるもので、棚ぼたラッキーであり、自助努力の成果ではありません。さらに、税金滞納3億円余りを削減したことを強調しておりますが、このことは当然行わなければいけないことを、職員の皆さんのふだんからのたゆまざる尽力の成果であります。水道料金を値下げすることとは別次元の話ではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の町政レポートをお読みの上ご質問されておりますが、その町政レポートにも明記させていただいております。財源につきましては、公約文書の中で滞納額を削減する、そういったことで収納率を上げることによって財源を生みたいということでございました。就任前は5億5,000万円ぐらいの滞納と聞いておりましたけども、実際には7億数千万円滞納額がありました。それをことしの3月末時点で4億3,000万円までに減っております。3億円余りの財源を生んだわけでありますので、4年間で4,800万になりますけども、十分財源を措置したということで、棚ぼたと言われる筋合いは私はないと認識しておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 先ほども申し上げましたが、3億円余りは職員の方々のたゆまざる尽力の成果であります。ですから、その削減と水道料金引き下げを同じ次元で議論するのはおかしいんじゃないかと僕は申し上げております。それに、今回当町と同様の措置は一つもありませんが、今回の水道料金値下げが今後の健全な水道事業に影響が及ばないのか、確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) ただいまのご質問でございますが、今後の10年間の収支計画ということで計画を立てながら事業を、当然更新事業も含まれますけども、その辺も含めての収支計画の中で、今回の措置につきましては収支計画上問題はないというような格好で対応させていただいたところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、今回の料金引き下げが将来、10年後、町民の負担増としてはね返ることはない、町長断言できますね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 仙塩広水の水道料金がよほど上がらない限り、この本町で実施しました水道料金の値下げは引き続きやってまいりたいと思っておりますので、心配なさることはないと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 断言していただいて安心しております。
 それでは2項ですね。18歳までの医療費無料化は公約だから実施するのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 医療費無料化18歳まで、これは公約でございます。公約である以上、誠心誠意それを実現するのが立場上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 仙南夜間初期急患センターは16歳以上が対象です。中核病院に対するコンビニ受診は、無料化拡大によって歯どめがかかりません。以前、一般質問におきましてコンビニ受診防止対策に手を尽くしているかと質問したところ、町長答弁はノーでした。その後、手を尽くしましたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) コンビニ受診が広まっているという認識は、そもそも持っておりません。初年度において小学生まで無料、2年目に中学生まで無料にしましたけれども、その経過を見る限り、コンビニ受診はないものと私は思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
473:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 18歳までの医療費無料化によって、国からの補助金が減額されることになります。27年度は15歳まで、28年度は18歳まで、国保への国庫負担金減額、つまりペナルティー試算額はどの程度に及ぶのか。町長、年度ごとに示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
474:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
475:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 国民健康保険についてのご質問でございます。
 療養給付費負担金といいまして、国よりこれに対して国庫負担金をいただいております。それに伴いまして、26年度ですけども、これにつきまして230万円程度減額措置されております。済みません、あとそのほか25年度につきましては資料を持ち合わせておりませんので、26年度分につきましては約230万円ほど減額されております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
476:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
477:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) といいますことは、18歳まで無料化が拡大すれば、このペナルティー試算額はもっと当然増額すると考えてよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
478:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
479:◯町民生活課長(佐藤信子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(佐藤信子君) 増額すると見込んでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
480:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時13分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
481:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
482:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、18歳まで医療費無料化拡大に関して再質問を続けます。
 この制度は、15歳までは子供たち全員扶養家族です。しかし、16歳以上になると社会保険に加入する可能性が生じます。つまり、公平性が担保されません。公約を掲げるときに、公平性の議論はなされなかったのか。それとも、議論はあったが町長が主張を押し通したということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
483:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
484:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 公平性ということについては念頭になく、議論もしておりませんでした。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
485:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
486:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それじゃあ現時点で、公平性に関してどうお考えになりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
487:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
488:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 公平性を欠くということの認識は、今も持っておりませんので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
489:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
490:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 中学卒業したら就業できます。高校中退しても就業できます。そうしましたら、社会保険に加入する可能性が生じるということです。わかんない、国保じゃない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
491:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
492:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ちょっと今ぴんとこないので、ご勘弁願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
493:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
494:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) わかりました。じゃあこの件に関してはじっくりとお考えください。蔵王町なんかが18歳までなぜしないか、この問題がネックで15歳でとめてるんですよ。
 それでは、3項を質問します。
 エネルギー庁への職員派遣が約1,140万、陳情行動など関連事業が124万、この関連事業に関して、これ以外の関連事業の支出ってないんでしょうか。例えば、担当職員たちが水素エネルギーの視察調査とか行ってると思うんですが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
495:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
496:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それらを含めての金額でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
497:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
498:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 了解しました。それでは質問を続けます。
 町長が以前立ち上げましたNPO法人がBDFを積極的に推進し、その結果、安定供給が可能となり、公用車に供給する契約寸前まで行った経緯があります。BDFがだめなら水素エネルギーということなのか、ただ単に先物買いに過ぎない構想ではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
499:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
500:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) BDFと水素の関連性は全くありませんので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
501:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
502:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、構想中のバイオマスに関して、宮城仙南における間伐材の供給量は何年ほどもつと試算しておられますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
503:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
504:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 未来永劫もつようになっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
505:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
506:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 未来永劫、じゃあ当然持続的に原料を調達する環境は整備できるということですね。まだまだこれから聞きますけど、まずそれ。当該地域において、もしも今町長がおっしゃった未来永劫の原料が確保できなければ、循環型エネルギーの活用とは言えません。加えて、水素エネルギープロジェクトに否定的見解を発言した担当者を次回の会議から外すという事例はありませんでしたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
507:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
508:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 否定的な職員もいらっしゃらないし、外すということはもちろんあり得ませんので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
509:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
510:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 失礼しました。県南エリア全体の間伐材を使うということになります。そうしますと、年間に生産される木質バイオマスの量というのは決まっております。それを計算にやっておりますので、心配ないというふうに申し上げております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
511:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
512:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私は逆なんで、質問を続けます。
 木質バイオマス発電に私は将来性はないと思っております。2011年の総務省のバイオマス政策評価で、8割の事業で効果がなかったと酷評されております。バイオマス産業社会ネットワークによりますと、未利用木質バイオマス発電の議論はもう終わっている。自治体がかかわる木質バイオマス発電計画は、数年後にはばたばた潰れているだろうと予測しております。地域林業の生産力水準、林業路網などの道路、つまり間伐材を運び出すには大変コストがかかります。さらに、専用の重機を扱う人材の育成や林道の整備など、木材を供給する体制づくりが追いつかないということです。
 町長が、先ほども町長がおっしゃってましたが、当該地域でなぜ成功すると確信しているのか。ぜひ、引き返す勇気も必要ではないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
513:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
514:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この事業につきましては、大変幅広い価値を持っているものと考えておりまして、引き返すということは全く念頭に置いておりません。また、今指摘された道路の問題とか、労働者、技術者の問題、そういったのも十分把握しております。その上で来年度あたりに特定目的会社をつくり、そういった対策を講じるということも今話をしているところでございますので、そういうご懸念のないように取り組んでまいりたいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
515:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
516:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 木質バイオマスは魔法のつえではありません。
 それでは、歩きたくなるまちを質問します。
 尾形橋たもとから柴田町船岡駅裏の歩道橋のたもとまで、500メートルごとに県のサイン計画での道しるべがあり、このコースを歩く人々がふえております。道路のでこぼこをフラットにするそれ以前に、道しるべとなるポイント、起点からの距離、時間の表示を整備してはいかがでしょうか。27年度は休止となりますが、クロスカントリー大会のコースポイントの再利用、通年利用、例えばこのことは利用者の励みになるばかりでなく、非利用者が利用したくなるきっかけにもなり得ます。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
517:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
518:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの大沼議員の質問の中にもありましたけども、駅前に一目千本桜の案内看板をつくりましたけども、その中に1つのウオーキングコースを設置しております。ちょうど駅をおりて絶景ポイントを新たに1つつくりまして、2つのポイントをめぐって帰ってくると4キロというようなことで書いてございます。そのような指標については、ほかにもたくさんあったように記憶しておりますけれども、今後ともそういう整備をやってまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
519:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
520:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 当町は、近隣自治体に比較しまして標高の高い土地は少ない。ただ、それなりに景色の臨める場所や気持ちのよい自然に触れることができる場所は少なからずあるはずです。例えば、毛萱トンネルの上や浄水場周囲、金ケ瀬さくら大橋の南側たもと、お不動さん周囲、友遊小みちなどです。せっかく昆虫公園を整備したのに、今ではマムシの散歩道になっています。これらを整備し、同時にわずかの駐車場と案内看板、最寄りの公共施設からの距離などの表示があれば、歩ってみたいと思う人も少なからずいると思います。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
521:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
522:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 地方創生の検討の過程で「歩きたくなるまち」ということを一つの重要な指針にしておりますけども、その中で歩きたくなるまちの何カ所かを選びまして、そこを整備をしていくという考えを持っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
523:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
524:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 町内各地の児童公園と役場関連施設の場所を示す地図、それらの相互の距離、また薬師堂や各地の神社など、地元の人しか知らないような場所の情報を提示するのも有効だと考えます。さらに、児童公園は散歩する人によってオアシスになります。トイレ、ベンチ、木陰がとても助かります。新たにトイレ等を設置するのではなく、児童公園の整備を有効活用すべきです。先ほど町長がおっしゃった設置済みのウオーキングマップのほかに、らんらんらいふのらんらんマップを1枚ものにして、駅とか町の公共施設に常備してはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
525:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
526:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのような方向で検討したいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
527:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
528:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 距離ポスト、案内表示、歩行者の安全確保、自然との触れ合い、町内展望地、文化施設探勝、目に見える行政サービス、観光地としての魅力、地域住民の生きがい、狭小な町ならではの利点を最大限に引き出すまちづくりを推進することです。医療費・介護費削減は、第2次産物と位置づけることが必要だと思います。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
529:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
530:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 第2次とか第1次とかではなくて、これはやっぱり総合的な政策でありますので、相互に関連するということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
531:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
532:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 医療費削減等はぜひ前面には押し出さないでいただきたいと思います。
 以上で、一般質問を終了します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
533:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
534:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 議長のお許しが出ましたので、1項について質問させていただきます。
 今後の公共施設の維持管理・運営・更新を最適のものにすべき。
 大河原町の公共施設、学校・庁舎・公民館・体育館・公園・道路・上下水道・集会所・ごみ処理は、人口減少に転じた現在と時期を同じくして昭和時代に建設された箱物と言われている施設が大規模改修、または耐用年数を待たずに建てかえを検討しなければならない状況にあります。
 昭和の時代、昭和50年ごろから平成の初めにかけて、我が町は約70億円弱をかけて30以上の公共施設を整備しました。鉄筋コンクリートは約60年の耐用年数と言われるものが折り返しを過ぎても手つかずの状況にある施設も少なくありません。この傾向は全国的に見られるもので、昨年1月からことしの6月にわたって、総務省から公共施設等総合管理計画の策定が自治体に課せられ、我が町の策定のさなかであると考えます。
 昨今の厳しい経済情勢の中で、さらに進む少子高齢化により利用需要が変化していくことが予想される中で、早急に町全体の施設の状態を把握し、長期的な視点をもって施設の更新、統廃合、長寿命化、運営方法また所有する全ての公共施設もあわせて計画的に検討し、財政負担の軽減、平準化することが、今の大河原町の施策の中で優先順位がかなり高いと強く考えますので、以下質問いたします。
 (1)まち・ひと・しごと地方創生事業でも検討されていますが、大河原町の将来人口の推計をどの程度予測しているのか。年少人口、生産年齢人口、高齢人口についてもあわせて伺います。
 (2)過去10年間の歳入・歳出の状況はどうか。地方税、地方交付税、国庫支出金、公債費の増減を伺う。あわせて歳出についても公共施設、各学校施設、生涯学習施設、公園、庁舎、福祉施設、上下水道の維持管理、補修にどの程度の経費がかかっているのか伺う。
 (3)築35年を過ぎても大規模改修もされずに使用されている箱物が幾つもあるが、今すぐに更新、建てかえが検討されている施設はあるのか。
 (4)施設整備の上で建設費ばかりにとらわれがちであるが、運用費用も重要である。この2つのコストを合わせたライフサイクルコストで考えた場合、PPP、公民連携、PFI、民設民営等の手法が多く自治体でコスト削減のために活用されていますが、良質な民間活力の導入は不可欠と考えるがどうでしょうか。
 (5)(4)と同時に人口は減少していきます。同じ面積の公共施設を維持するにはもはや不可能ですが、少子高齢化が進みニーズは変化すると考えます。横断的な姿勢で、説明責任と町民への配慮を尽くした施設の統廃合も進めるべきであると考えるがどうか。
 以下、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
535:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
536:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、大河原町の将来の人口推計に関するご質問であります。
 現在、まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定の基礎として人口推計を立てております。45年後、2060年にどのような人口構成になるかを、国立社会保障・人口問題研究所の推計を基に総合戦略策定の中で独自推計で算出しております。人口としましては、2015年1月1日が2万3,768人、2060年には1万7,768人となり6,000人の減少。年少人口は、2015年が3,329人、2060年には1,802人となり1,527人の減少。生産年齢人口は、2015年が1万4,575人、2060年には9,098人となり5,477人の減少。高齢人口は、2015年が5,864人、2060年には6,868人となり1,004人の増加となります。このような人口減少・少子高齢化の進行に歯どめをかけるべく、現在、まち・ひと・しごと創生総合戦略をまとめている最中であり、総合戦略の施策を講じた場合の人口推計に関して、現在詰めている段階であります。
 次に、過去10年間の財政状況についてのご質問ですが、一般会計の歳入・歳出については、平成17年度の歳入合計額が72億3,000万円、歳出合計が70億7,000万円であったものが、平成26年度では歳入合計額で81億円、歳出合計額で78億6,000万円となっており、歳入・歳出ともに年々増加傾向にあります。平成23年度では、歳入合計額で86億5,000万円、歳出合計で81億9,000万円となり、過去10年間で最高額となっておりますが、これは東日本大震災の復旧・復興のために予算額が膨らんだためで、現在では震災前の水準にほぼ戻っていると考えております。
 町税につきましては、平成17年度の収入済額が24億6,000万円でありましたが、平成26年度の収入済額で28億6,000万円となっています。途中、リーマンショックに端を発した国内経済の低迷等により対前年度収入額でマイナスとなった時期もありましたが、収納対策の強化や広表地区の区画整理事業の完了、震災復興需要等による景気回復等により町税収入は年々増加する傾向にあります。
 地方交付税につきましては、震災の影響が大きかった平成23年度と平成24年度を除いて、おおむね17億円台から18億円台で推移しております。これは、国の三位一体改革による地方交付税の見直しや、町税収入の増加により基準財政収入額が増加したことによるものと考えております。
 国庫支出金につきましては、国の経済対策や福祉施策や本町での建設事業等との関係で、毎年交付額にばらつきがありますが、多い年で10億5,000万円、少ない年で3億4,000万円となっております。
 公債費につきましては、平成21年度の11億1,000万円を最高に年々減少する傾向にあり、平成26年度は7億6,000万円となっております。平成21年度の11億1,000万円の償還は、国の施策による公的資金補償金免除繰上償還として7,300万円と、中心市街地活性化特別対策事業債の借り換えによる償還4億4,600万円を含んでいることによるものです。
 公共施設の維持管理、補修の経費につきましては、庁舎、学校、生涯学習施設、町営住宅等の各施設と、公園、上下水道などの主な施設も含めまして、年間2億9,800万円程度の経費がかかっております。
 次に、現在更新または建てかえが検討されている施設についてのご質問でありますが、築37年を経過しました学校給食センターにつきましては建てかえを検討中であり、老朽化が進む桜保育所や中央公民館も検討を始める段階になっております。
 次に、公共施設の整備を行う上での民間活力の導入についてのご質問であります。
 言うまでもなく、最少の経費で最大の効果を発揮できるよう事務事業に取り組むことは当然のことであり、公共施設を整備するに当たりましては、PFIやPPP等の導入が可能かどうかを検討しながら事業を進めてまいる所存であります。
 次に、大河原町では、公共施設が抱える諸問題への対応と今後の総合的な管理に資することを目的に、現在、大河原町総合管理計画の策定を行っているところであります。これは、公共施設の現況を調査・把握するとともに、人口動態や今後の財政状況を踏まえ、総合的かつ長期的な視点から、有効活用や適正配置、適切な維持管理等、公共施設のあり方及びマネジメントに関する基本方針・基本計画の作成等を行うもので、今年度中の策定を目指しております。
 現時点では、この策定に向け4月に委託業務の発注及び大河原町総合管理計画策定委員会の立ち上げを行い、5月、6月に検討部会を開催し、各施設の情報収集を行いデータをまとめている作業の最中であります。今年度につきましては、この基本方針・基本計画の策定を行い、次年度以降に施設の統廃合等も視野に入れた、さらに踏み込んだ検討をしてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
537:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
538:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 総人口は、ことしあたりを境に日本は緩やかに減少ということなんですけども、生産年齢人口というのも20年前からもう70%弱に達したとこを頂点にまた下がってきてるので、我が国は長期にわたる出生率の低下っていうのを、急激な長寿化っていうことで形だけの人口維持が続いたことで、ちょっと大きなそこに国策の瑕疵があって、少子化に真剣に取り組まなかったんだなっていうツケが回ってきて、増田レポートが出る以前に予見できたと私や多くの方が思っているんですけども、地方創生で考えてみれば、本当に小さな自治体の職員さんやっている方とお話しして、地方創生、国から与えられた宿題を真剣に考えれば考えるほど、自分の自治体は残ることが難しいんじゃないかと思っているような自治体の職員の方もおったんですね。町長、真剣にこの地方創生って考えたときに、大河原が生き残っていくために、生き残れる、そのようなことは確信を持っておりますでしょうか。ポテンシャルの高い町だと思いますけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
539:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
540:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 地方創生、大変難しい課題であります。真剣に取り組んでまいりたいと思っておるところでありますけれども、やはり人口減少の急激な減少、これが一番大きな問題であります。特に生産人口、出産人口、これが減るっていうことは大変な問題であります。そういったことで、できる限り生産人口、それから出産可能年齢の女性の数を減らさないような施策ということで、これは一町が取り組んでできる課題では私はないというふうに思っておりまして、それゆえ国に対して積極的に意見を述べていきたいというふうに思っております。
 特にこれから大事なのは、国も合計特殊出生率1.8を目指しておりますけれども、これ実は結婚してる夫婦からは1.96人、ほぼ2人生まれております。なぜこれだけ減ってくるかというと、結婚しない人の率が極めて毎年、1970年以降、少子化が進むと同時に並行して進んできております。そんな観点から、若い人たちが結婚をできるような環境づくり、これは特に非正規労働とか、それから長時間労働とか、働き方に私は問題があるというふうに思っておりまして、この辺をやっぱり国に対してもっともっとメスを入れてもらいたいということで、もうこの地方創生法ができる前から、私はいろんなところで発言をしてきたところでございます。
 それとあわせて、増田レポート読んでみますと、一番大事なのはダムをつくれということだと私は思っております。これは水の流れをとめるダムではなくて、人口の流れをとめるダム、例えば東京へ行きますと、合計特殊出生率1.1であります。そういったことで、地方の若い女性が今どんどんどんどん東京に行って、東京に行っては結婚しない、出産しない、こういったことでありますので、その流れをとめていることによって、少し出生率を元に戻すことできると思います。そのためには、町単独でやっている施策も大事でありますけれども、やはり増田レポート読んでみますと、そのダムをつくるには地方拠点都市が必要であるということでありますので、これはきょうのいろんな方々への答弁でありましたとおり、この辺の周辺の自治体と連携しながら、いろんな政策を進めていきたいというふうなことを、考えを持っておりまして、これについても庁内で今検討を始めて、どのような提言ができるのかいろいろ検討してまいりたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
541:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
542:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) なかなか単独ではもう再生の道を選べない自治体というのもあると思うんですけども、ちょっといろいろな文献見たら、余りいい言葉ではないのかもしれないんですけども、町長、「ゆでガエル」って言葉聞いたことありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
543:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
544:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 例えば、経済用語でよくコンサルタントとかが使うんですけども、科学的な裏づけとかは別にして、虐待を連想させるのでそういうことではなくて、経済用語とかそういうビジネス用語と捉えてもらったほうが議会においてはいいかもしれないんですけども、リーマンショックのように急激なこういう経済的な打撃が来たりしたときに、やっぱり急激なことなので、急に対策をとってもがいて助かる。長年ぬるま湯にいてこう来ると、全然どこをよくやっていいかわからなくて、そのまま埋没してしまって、座して死を待つような形になる形で、この少子化に向き合わなかった国の施策によって、町長言ったとおりに、やっぱりみずからだんだん温度が上がってくることに熱いと感じたときには、もうもがく力もなくなっているような自治体も周辺にあるかとは思うんですけども、勝ち組負け組とかって形ではなくて、さっき町長言われたとおり、地域の連携っていうのが非常に必要になってくるかと思いますし、公園の維持管理にも約3億円ですか、インフラの維持もかかってるところですから、今後、この(2)のほうの再質問に入れば、その維持管理費って3億円なんですよ。これ年々どうなっていくと考えてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
545:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
546:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 施設が老朽化してまいります。そのために費用等はかかってくるのかなとは思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
547:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
548:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 大変費用はかさんでいくと私も考えます。こっから減ってくと予想するのはちょっとナンセンスなんで、公共施設の今の現在の維持するということは、人口減るのにこのままこのインフラの状態で続けていけるということはないと思いますので、そこは今後人口が減ることによって、そういうものも少なくなっていくというふうに考えてよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
549:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
550:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 人口が減ると先ほど予測をお示ししたところでありますけれども、実は去年本町の人口ピークだと思っておりますけども、ただ最近また少し盛り返しているようであります。努力をすれば盛り返す可能性もあると思っておりますので、人口が減るからといって公共施設の管理とか、それから施設の整備とか、これを減らすということはもちろん念頭に置かなければいけない問題でありますけれども、逆に本町で立派な施設を建設したり、しっかりと維持管理に努めれば、魅力のある町になると。さっき余りよくない表現で勝ち組負け組とありましたけれども、勝ち組を目指すということも大事だというふうには思っておりますので、両方両にらみで、今後町政運営に携わっていければというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
551:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
552:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 施政方針には、公共施設の負担の軽減と平準化を目指していく云々とありましたが、これは平成26年の4月に国とか県を通して我が町にも策定期限の回答とかってあったと思うんですけど、そういうことでこんな感じで公共施設の回答まで全部、市町村別、県別で回答来てるんですが、これは回答は大河原町はされてるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
553:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
554:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 回答期限というか作成期限というか、いつ作成しますかというたしか問い合わせだったと思います。大河原町としては27年度中に策定をするというふうな回答を差し上げた記憶がございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
555:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
556:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) (3)のほうの再質問に入りますけども、策定する中で、この前総務文教常任委員会で中央公民館の調査をさせていただいたんですけども、7月28日に伺いました。決算等で修繕費が結構かかっててですね、年度途中でももう修繕費は、年度中の修繕費はもう使い切ってるということで、至急に必要な箇所は29カ所で1億3,000万、5年以内に改修が必要なのは4カ所で1,300万、10年以内に改修が必要なのは4カ所で5,900万となり合計2億円で、20年は延命するということだったんですけども、この急激な傷み、老朽化に対して、実際もうこういう状況が出てきているんですよ。これ企画財政課としてどのように捉えてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
557:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
558:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) なかなか財政的に今後2億円、またその維持をどのようにしていくかという問題はちょっと頭が痛いところだとは思ってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
559:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
560:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) また予想より遥かに耐用年数が短いものも出てくるということで、今すぐ中央公民館をこの場でどうしろって議論はするつもりはないんですけども、町税が10年平均で20億円、地方交付税が約18億円、国庫支出金6億円、この収入の3本柱が人口減少に伴って比率的に低くなっていくと考えるんですけども、この策定計画を策定するに当たって、何ていうんですかね、こういう中央公民館のようなものも耐用年数を待たずにそういう突発的ではないにしろ、急激にものも出てくるということも、策定計画の中ではある程度予想したものをつくっていただきたいと思うんですけど、予想できないってことはないと思うんですね。そういうことも視野に入れた計画づくりというのが必要かと思うんですけども、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
561:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
562:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 公共施設総合管理計画につきましては、施設の現状も把握させていただく、または今後の施設の維持管理にどのぐらいの費用がかかる、また歳入がどのぐらいになるというところまでちょっと考えさせていただきながら策定するというふうになってございますので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
563:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
564:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 大変お金のかかる話ばっかりなんですけども、大河原町は昭和、今更新されてないものから言うと、昭和39年大中体育館から始まって、大小のプールが41年、金中体育館、47年には上谷町1期、2期、48年には上谷A1、49年大河原小学校1から3期、上谷町営3期、50年桜保育所、上谷町営、見城前1号棟、51年大小体育館、金ケ瀬小学校、栄町住宅、52年給食センター、見城前B1、53年福祉センター、54年上谷児童館、見城前B2、55年金小プール、中央公民館、稗田前A1、B1、56年南小プール、稗田前A2、B2、57年大河原中、南小体育館、58年大中、59年役場庁舎、保健センター、60年金小体育館、61年金ケ瀬公民館、63年金中と、箱物が昭和の時代だけで、私が建設費用だけを計算しても約65億円かかっている。これの大規模な改修だったり更新だったりっていうのが迫ってくる中で、最低でも集中的にこのインフラがつくられた中で、今後20年にこれをまともに更新していくとかなりのお金がかかると思うんですけど、財政のほうではこれを更新するのにどのぐらいお金かかるかとか、積算はしてるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
565:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
566:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 積算まではなかなかできないところでございます。ただ、修繕なりなんなりで長く使っていければいいのかなというふうには思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
567:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
568:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 到底今のまんまそのまま新しくしていくというのは、私は無理なのはわかっていますけども、その公共施設の計画の以降に、国のほうから国と地方公共団体が連携した地域の公有財産の最適利用ということで、国のそういうものも地方自治体と上手に使っていきましょうねみたいな形の通知っていうのは来てますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
569:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
570:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) たしか、来てたかとは思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
571:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
572:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 間違いなく来てると思うんですけども、そういうことも含めて、大河原には出先機関結構あると思いますので、例えばもう西原の集会所はできますけど、当時職業安定所が云々のときに、あれも財務省か何かの絡みでいろいろあったので、農政局なりなんなり、大河原には国の出先機関ありますから、そういうことでアプローチして、この策定計画の中にもこのようなことを国の施設とも共有できるものがあれば、可能性を探して、策定計画の中でどういうものがあるかっていうのも盛り込んでいただきたいんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
573:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
574:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 利用できるものにつきましては、旧法務局を現在福祉センターということで利用はさせていただいておる状況があります。ただ、施設的にかなり古いものもございますことから、耐震関係もあります。その部分全体を考えますと、そのものをそのまま扱っていいのかという部分、または買ってしまって大規模改修しなければならないという部分もありますので、その辺は十分考えさせていただきながら、検討をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
575:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
576:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) さっき昭和の建物言ったんですけど、その後平成3年に上谷のB1、上谷のB2、平成6年に総合体育館、ここ最近になって22年に東部屋内、26年度ですか世代交流と、これしか平成の建物はないんですけども、平成17年大小、平成25年町営住宅、平成26年も町営住宅、大河原小学校体育館ということで、平成に入って大規模改修だけで5億5,000万弱の費用がもう出てるんですね。ということは、今後は大規模改修の費用と更新の費用っていうことが出てくると思うんですけども、この大規模改修についてもこの策定計画の中ではかなりウエートが高くなってくると思うんです。その辺についてどのような認識。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
577:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
578:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、大河原小学校の大規模改修につきましては、耐震性に問題がある四十七、八、九年で建てたかと思いますけれども、耐震性に問題があるということで、宮城県沖地震に備えるために行った事業でございます。その他の学校につきましては、耐震性等々にそんなに問題はないということで、一部補強等々を行っております。今後につきましても、老朽化等々がありますことから、修繕または維持管理を行っていかなければならないと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
579:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
580:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) それではわかりました。そのようなことでかなりウエートを占めてきますので、その策定計画についても進捗状況の中で議会のほうにも説明願えればと思います。
 (4)の再質問、ちょっといろいろとお金かかる中でも、(4)についての回答は、町長あっさりした回答だったんですけども、この点についてやっぱり町長、もうちょっと民間活力の導入、例えば多賀城さん、多賀城市なんかツタヤとかもう導入して図書館とかやってるんですけども、ちょっと町長のほうでこの点についてお考えがあれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
581:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
582:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 県内の公立高校でもPFIやっているところもございます。PFIを導入したいという考えは持っておりまして、聖域ない分野でPFIを可能な限り導入することによって、町の財政を少しでも軽減に努めてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
583:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
584:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 物によって、やっぱりリスクの高いものとかいろいろありますので、何でもすればいいってものでもありませんので、(5)の再質問に入りますけども、ちょうど質問するときに、つくってるさなかに、ちょっと我々の所管の文教常任委員会のほうで、神奈川の秦野っていうところの、公共施設の再配置の先進として全国に知られる自治体に視察が決まったんですけれども、やっぱ各施設の面積とか調べてデータをとって、当然策定中である当町ですから、学校施設とか生涯学習施設、庁舎、保健福祉施設、上下水道、これらのちなみに面積みたいなのもし出してれば、教えてほしいんですけど。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
585:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
586:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 策定計画の中ではそのような面積等も当然加味されるものと思ってございます。ただ、若干今資料を、手持ち資料がございませんので、ご容赦願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
587:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
588:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ざっと私も町の37ですか、あと集会所、生活センターの総面積足しただけでも、ざっと6万1,000を超えてたんですね。これに公園とかの、大河原公園単体で5万4,000、5.4ヘクタールありますから、かなりの面積になると思うんですね。その意味でも、人口の減少に伴って、その人口の比率と同じぐらいに、やっぱそういう面積も集約しなくてはいけないんだっていう部分もあるんですけど、その点についてはどうでしょうか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
589:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
590:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご指摘の施設の統合についても、十分検討していかなきゃいけないというふうに考えているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
591:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
592:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) それは本当に、私も極端な例で申しわけないんですけども、例えば、こんなことないと思うんですけど、近い将来大河原小学校さん生徒が減ってしまって、2号校舎が例えば丸々あいたと仮定する場合、保健センターがそこに入ったりですとか、2階以上がエレベーターなんか設置して外づけの、例えば中央公民館の機能を入れるとか、思い切った形でいろいろな施策を打っていかなければならないと思うんですよ。今のは極論ですよ。ただそういうことも視野に入れて、聖域なく進めていっていただきたいんですけど、町長はどのようなお考え。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
593:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
594:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 同一機能を果たす施設の統合もさることながら、いろんな種類の施設があります。そういったことを総合的にやったほうが効率的になる場合もありますので、それも今庁内で検討を始めようとしておるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
595:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間はあらかじめ延長いたします。
 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
596:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 質問でしたが、町長と私のお互いの説明というかそういうものだったと思うんですけど、公共施設等総合管理計画に策定する、参考になっていただければと思ってここまでは質問という形で、災害が起きてますので、かなり足早に進めてまいりましたけども、唐突ですが、まず大河原町の借金って今幾らあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
597:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
598:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 26年度末で、元金の残高で申し上げますが、55億9,600万円ほどとなってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
599:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
600:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これずっと、ここずっと変わってない金額ですね、ほとんど。上限40億円台になったこともありますけども、ここ十数年そんなに変わってはない金額です。この数字、企画財政課長、職員何%知ってると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
601:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
602:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 予算書等、あとは成果説明または、そうですね、予算書等で示しておりますので、かなりの人数が知っているものと理解をしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
603:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
604:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私も結構聞いたんですけど、知らない職員さんが多かったです。これはちょっと驚きました。ちょっと残念だったんですけど、これからそういうことをちゃんと気にかけていただいて、定年まで勤める終身の職場だって思う中で、役場の中で町長が経営感覚って言ってますけど、根っこは私こういうところにあると考えます。ちなみに、平成17年から19年まで行われた大河原小学校の改修、義務教育施設整備事業に対する公債費、26年度で償還の状況ってお幾らになっていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
605:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
606:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 平成17年から19年、3カ年かけて大規模改造を行ったわけでございますが、26年度で見ますと、元利金合わせまして3,970万ほどとなってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
607:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
608:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 元金が3,353万円で利息が618万円あると。ここちょっと利率も高いんで私も気になっては見てたんですけども、担当課、企画財政課の職員じゃなくても、やっぱりそういうことっていうのを知ってたほうが私いいと思うんです。知らない職員が多いより、知ってた職員が多いにこしたことはないんです。
 なぜこのようなことを言うかというと、いっそ今後人口減少社会でそういうインフラも少なくなる中で、なぜそうなのかっていうことで、職務に当たる職員に対するいろんな風当たりも強くなってくる中で、ことし入った職員さんなんかは40年近くいるわけですから、地方創生の26年まで立てた計画っていうの見届ける職員も、場合によってはいると思うんですね。そういうインフラやさまざな町民サービスが集約される中で、一人一人の職員に対しても私は町長同様の説明責任を果たすような、そういうことがもうできるような職員さんが育ってもらわないと非常に困ります。やっぱ仕事、知識って、そういう知識持つことによって、その職員さんが仕事に生活に生かされていくと私は考えているんです。仕事は本当にそつなく要領よく無駄のなく節約に努めて、生活面でも健康増進につなげて、地域でもしっかりとそのような説明を果たす中で取り組むような職員さんが数多く育ったらどうですか。職員の一人一人がこういうことで1日50円でも役場に貢献できるようなこと、アイドリングストップをしたり、健康増進に努めたり、そういうことを1日50円でもやってくれて、200人の職員さんがやってくれれば、これ30年で1億円になるんです。そういうこともきちっと新しい職員さんには町の財政のこともきちっと教えていただきたいなと思うんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
609:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
610:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今後そのようにさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
611:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
612:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ちょっと軽い答弁なので。担当課の仕事しか知らないとか、役場に入れば人生バラ色とか、あとは定年まで無事に過ごそうなんていうことは好ましくない職員という認識でいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
613:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
614:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今回まち・ひと・しごと創生総合戦略の中で、若手職員8名、全部で24名ですか、でプロジェクトチームを組んで、今後の町の方向性をどのようにしようかということで検討会議を開催してございます。その若手職員の中では、やはり今までこれしかやってこなかった、これだけしか見てこなかったという面が、今いろんな面を見られる、いろんな話を聞ける、確かに今まで町の役場の中も余りわからなかったという部分が、随分目が開けてきたのかなというふうに思ってございます。今後このような形で、もうちょっとプロジェクトチームみたいなものをつくりながら、若手職員の研修の場兼その策定というふうな形で進んでいければとは思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
615:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
616:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私も、家庭の中でも会社でも、お父さんとしてやっぱお財布このぐらいだっていうのは、お前らの数はこれしかないっていうのはきちっと教えないと、むやみやたらな無駄な行動をしたり勘違いしてしまうので、そういうことをきちっと教える。それも役場の中でも、やっぱり若手の職員にもそういうことをきちっとわかってもらうことがふだんからの行動に出ますので、そういうことはきちっとやっていただきたいと思います。
 重ねて、私たち議員もそうだと思いますよ。むやみに財政も裏づけもなくて執行部にああしろこうしろとか、むやみなお願いというのは控えるべきであって、この質問する中でそういうことも強く私は感じました。町長もそうだと思います。町長に限っても、町民の要望が強かったとしても、公約は公約でやっていただいて、それ以外のことで、やっぱり全て町民からこれから要望が出てきたところに全部応えていくっていうのは難しいと思うんですけど、町長どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
617:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
618:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) いろいろな要望が届くところでありますけども、やはり町政全般を考えながら、費用対効果の観点からも、また経営的な感覚を持ちながら、限られた財源を有効に使ってまいりたいと思いますし、また町の財政状況についてもっと職員が知るようなことも考えてまいりたいと思いますし、基本的には入庁してからいろんな部署を担当しますので、それが基本でありまして、いろんなことに目が行くことは必要でありますけども、今後いわゆる縦割り行政ではなく複合的な政策に、政策が複合するような政策がたくさん出てくると思いますので、そういったことを通じながらよりよい行政に努めてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
619:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
620:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ちょっと余談というか、財政ちょっとやる中で、企画財政課長、1点だけ聞きたいんですけども、平成13年からの臨財債、これについて55億円の借金の中の36億円はこの臨財債で占められている。この点についてちょっとご説明ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
621:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
622:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 臨時財政対策債につきましては、地方交付税の一部振りかえというふうな形になってございます。本来であれば地方交付税として交付されるべきものを、国のほうの財源的な問題もございまして、町のほうでその分を一旦借り入れするというふうな形で地方債を起こし、その分につきまして国のほうで地方交付税で措置するというふうな形になってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
623:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
624:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 調べてわかったんですけども、極めて会社とかに置きかえたときにはわかりにくい制度なので、あともう一点だけ、今現在の財調の残高というのを教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
625:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
626:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今年度末で一応18億というふうな数字になるかと思います。ちょっと細かい数字は今持ち合わせておりませんので、申しわけございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
627:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
628:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 結構、平成何年かな、ちょっと私もメモってなかったんですけども、平成18年か、18年ごろで5億7,000万ぐらいだったんですかね。で、ちょっとふえてきて、ここ数年積み増しがぐんとふえて、飛躍的に19億円になりました。臨財債とかのことを考えると、この19億円っていうのは、18億円ですか、今の当町にとっては身の丈に合ったもんだとお考えですか。どんな感じですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
629:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
630:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 基本的に財政調整基金の残高の標準というのが、標準財政規模の10%だったと思います。ということは、50億にして5億円程度が標準というふうな形になってございますが、当町の場合におきますと、毎年若干赤字が多いというか、赤字というか歳入歳出のバランスが悪いことがございまして、若干財政調整基金のほうで調整をさせていただく部分でちょっと多めにとっている部分、または今後、施設の老朽化の部分、または建てかえ等の押し迫った部分もございますことから、若干多めに財政調整基金は保有させていただいているという状況でございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
631:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
632:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 昭和につくったインフラが、爆発的なインフラの更新等々で大変お金かかるので、さっき言った物差しではかれば、このぐらい財調多いんじゃないかっていう考えではなくて、国の財政が逼迫しますよね。この臨財債見てもわかりますよね。日本に対する信用っていうのが根底からゆらぎかねないような財政状況っていうのは、誰もが見てもわかると思うんです。だからこそ、くどいようですけども、自治体の職員は特に若い人から身を引き締めて職務に当たっていただきたいし、町長もまた18億円お金あるんだったら、安易に公約全部実現したところにさらにまたできますよって形ではなくて、先々のことを考えたらやっぱりある程度もったいないの精神で、最低限度でやっていただくということが肝要だと思います。
 とりあえず今いい格好して、何か建つとかあっても、それは将来にツケを回すだけのことで、リスクが先延ばしに、先に大きなリスクが行くだけですから、例えばそういう形でインフラが人口に伴って少なくなるということは、住民にとって説得と納得のプロセスを対審するだけで、町長だけが説明するのではなく、職員がそういうことの意識を持って進めていただいたほうがいい町になっていくと考えますので、その点をよろしくお願いしまして、町長から総括的に何かあれば、答弁があれば、私はこれで終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
633:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
634:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町の職員のみならず、私は全町民に財政状況を知っていただいた上で職に当たっていきたいと思っておりますけれども、基本的には財政規律を優先しながら、できる限り町民の希望に応えられるような政策を展開していきたいというふうに考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
635:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 ただいま副町長のほうから、何かあるんですね。じゃあ総務課長。(「議会一回閉めて」の声あり)
 では、本日の日程は全部終了しました。
 これをもって、これで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時09分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年9月10日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------