議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2015年9月4日(金):平成27年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 ただいまから平成27年第3回大河原町議会定例会9月会議を開きます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、大沼忠弘君、高橋芳男君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職・氏名は、配付したとおりであります。
 「議会及び議長の動向について」及び「一部事務組合議会及び企業団議会について」、配付のとおり報告します。
 議員の派遣をしております。派遣議員から「議員派遣結果報告書」が提出されておりますので配付します。
 総務文教常任委員会及び産業建設常任委員会より「所管事務調査報告書」が、議会運営委員会より「所管事務の視察研修報告書」が提出されておりますので配付します。
 「監査・検査結果報告書」が提出されておりますので配付します。
 陳情書1件、及び要望書1件が提出されております。配付により、報告にかえます。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     行政報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、行政報告をいたします。
 4件の火災が発生しておりますので、ご報告申し上げます。
 まず、1件目につきましては、6月27日午後3時40分ごろ、大河原町字新東27番地15、宮城県中南部下水道事務所大河原ポンプ場において、鉄筋コンクリート造1棟を部分焼する火災が発生しております。
 同日午後5時13分に鎮火いたしました。
 出火原因につきましては、脱臭ファンの破損によるものでありました。
 この火災に際して、消防署よりポンプ車7台、指揮車1台、署員23名、消防団からポンプ車1台、小型ポンプ積載車8台、団員40名が出動しております。
 次に、2件目の火災につきましては、町民レクリエーションの日でありましたが、7月5日午前7時20分ごろ、大河原町金ケ瀬字台部3番地5において、軽量鉄骨造物置1棟の全焼と、隣接する木造住宅1棟を部分焼する火災が発生しております。
 同日午前8時9分に鎮火いたしました。
 出火原因につきましては、現在、警察と消防にて調査中であります。
 この火災に際して、消防署よりポンプ車8台、水槽車1台、指揮車1台、署員14名、消防団から小型ポンプ積載車8台、団員43名が出動しております。
 次に、3件目につきましては、7月12日午前9時10分ごろ、大河原町字橋本41番地1において、軽自動車1台を焼損する火災が発生しております。
 同日午前9時20分に鎮火いたしました。
 出火原因につきましては、調査の結果、不明との報告を受けているところであります。
 この火災に際して、消防署よりポンプ車1台、指揮車1台、署員5名、消防団から団員3名が出動しております。
 最後に、4件目につきましては、8月14日、大河原町字上川原7番地2、宮城県柴田農林高等学校において、部室棟通路の柱1本を焼損する火災が発生しております。
 なお、出火及び鎮火時刻につきましては、現在、警察と消防にて調査中であります。
 出火原因につきましては、放火として報告を受けているところであります。
 この火災に際して、消防署より指揮車1台、署員2名が出動しております。
 以上、ご報告申し上げます。
 失礼しました。続きまして、平成27年6月10日から平成27年8月24日までの発注工事執行状況をご報告申し上げます。
 平成27年6月10日から入札を執行した工事は、大水工27-1金ケ瀬揚配水場外構工事外8件となっております。
 入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりです。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 会期決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、会期決定の件を議題にします。
 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付している日程により、本日から12月8日までの96日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月8日までの96日間に決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 提案理由の説明

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、報告第9号から認定第8号までの提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 平成26年度決算に基づく大河原町健全化判断比率について報告いたします。
 本町の健全化判断比率の4指標の状況でありますが、実質赤字比率及び連結実質赤字比率は赤字がないので、比率はありませんでした。
 また、実質公債費比率は1.8%、将来負担比率19.4%で、政令で定める基準の健全な範囲内の比率となっております。
 なお、報告に当たりましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 報告第10号平成26年度決算に基づく大河原町地方卸売市場事業資金不足比率について報告いたします。
 大河原町地方卸売市場事業資金不足比率につきましては、資金不足は生じておりませんでしたので、比率はありませんでした。
 なお、報告に当たりましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 報告第11号平成26年度決算に基づく大河原町公共下水道事業資金不足比率について報告いたします。
 大河原町公共下水道事業資金不足比率につきましても、資金不足は生じておりませんので、比率はありませんでした。
 なお、報告に当たりましては、報告第10号と同様に算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 報告第12号平成26年度決算に基づく大河原町水道事業資金不足比率について報告いたします。
 大河原町水道事業資金不足比率につきましても、資金不足は生じておりませんので、比率はありませんでした。
 なお、報告に当たりましては、報告第10号及び第11号と同様に算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 報告第13号専決処分の報告について、提案理由を申し上げます。
 本件は、平成27年7月7日、大河原町字小島1番地7、大河原町総合体育館職員駐車場において、公用車を駐車しようとした際、後方の確認が不十分だったため、駐車中の相手方の自動車の側面に損傷を与えたものであります。
 被害者と協議を重ねた結果、被害額13万4,172円について、損害額の過失割合を町10割とし、町が13万4,172円を支払うことで和解し、平成27年8月14日に専決処分いたしましたので、地方自治法第180条第2項の規定によりご報告申し上げます。
 続きまして、議案第41号大河原町個人情報保護条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 今回の改正につきましては、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法が平成25年5月に公布され、本年4月に法規定の施行期日を平成27年10月5日及び平成28年1月1日とする施行期日を定める政令第171号が公布されたことに伴い、これを受けて、本年10月5日から全国民に対して個人番号が付番及び通知されることになっております。番号法においては、個人番号の内容を含む特定個人情報及び情報提供等記録について、より厳格な保護措置を講ずることとしており、番号法の趣旨を踏まえた必要な措置を講ずるため、所要の改正を行うものであります。
 なお、改正手法につきましては、施行期日の関係から3条に分けて改正するものであり、第1条につきましては、個人番号の通知開始に係る番号法施行期日との整合性を図るため平成27年10月5日とし、第2条の個人番号の利用に関する規定につきましては、利用が開始される平成28年1月1日とするものであります。また、第3条につきましては、国や自治体間での情報連携の開始日に向けた改正を意図したものであり、今後公布される施行期日の政令による日とするものであります。
 議案第42号大河原町手数料徴収条例の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。
 平成27年10月5日から、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法が施行されることに伴い、通知カードと本人の申し出に基づき個人番号カードが交付されます。各カードは、初回交付手数料は国が費用を負担するため無料となりますが、再交付する際の手数料については国の負担はないため、受益者負担の考え方により有料とするものであります。この通知カード及び個人番号カードの再交付手数料について定めるため、大河原町手数料徴収条例の一部を改正するものであります。
 議案第43号大河原町空き家等の適正管理に関する条例の制定についての提案の理由を申し上げます。
 本条例につきましては、本町での空き家対策に関し、行政を含め全町的に取り組む必要があることから、町、所有者及び町民等の責務を明らかにするとともに、空き家等に関する総合的かつ計画的な対策を実施する空き家等対策計画を作成し、町民生活環境の保全と安全で安心なまちづくりを推進するものであります。
 なお、条例規定の内容につきましては、本年5月に全面施行されております空家等対策の推進に関する特別措置法に準拠しているものであります。
 施行期日につきましては、平成27年10月1日から施行するものとしております。
 議案第44号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第3号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳出につきまして主なものを申し上げます。
 今回、各款にわたる職員人件費の補正につきましては、新規採用職員、退職職員による給与費の増減及び異動等に伴うものであります。
 次に、総務費においては、空き家対策のための協議会委員報酬及び実態調査の委託費用として45万8,000円、番号制度の自治体中間サーバー利用環境整備委託料として874万8,000円を計上しております。
 民生費では、グループホームを開設する事業者のために、地域密着型サービス等整備助成事業補助金及び介護保険施設等の施設開所準備経費等支援事業補助金として4,317万8,000円を計上し、介護保険特別会計においてシステム改修費用に対して国の補助金が交付されることになったことにより、介護保険特別会計への繰出金106万6,000円を減額しております。
 衛生費では、仙南夜間初期急患センターの診療報酬が減収になると見込まれることから、特別会計への繰出金として1,462万9,000円、老朽化している柴田斎苑整備事業の今年度分に係る本町負担金として631万円を計上しています。
 商工費では、観光物産担当の嘱託職員を新たに雇用することとしたことにより、報酬等で97万3,000円を計上、大河原町観光物産協会で当初臨時職員を雇用する予定でしたが、緊急雇用が継続されたことにより協会への補助金を212万7,000円減額しております。
 教育費では、前年度から繰り越しとなっております金ケ瀬中学校屋内運動場整備事業のうち武道場について国の補助金が交付されることとなったことにより、武道場に係る整備費用として5,038万7,000円、各小中学校の修繕費用として207万4,000円を計上しております。
 公債費では、繰り上げ償還や当初見込んでいた利率より低利で借り入れできたこと等により、2,530万2,000円を減額したところであります。
 次に、歳入の主なものでありますが、番号制度に関連し、国庫支出金の総務費国庫補助金では944万1,000円を増額し、金ケ瀬中学校屋内運動場整備事業の武道場に対して教育費国庫補助金1,679万5,000円を計上し、県支出金ではグループホームを開設する事業者への補助金として民生費県補助金4,317万8,000円を計上し、寄附金ではふるさと寄附金129万9,000円を増額、繰入金では平成26年度の精算分として後期高齢者医療特別会計、国民健康保険特別会計及び介護保険特別会計からの繰入金1,542万6,000円を増額、財政調整基金からの繰入金を5,079万7,000円減額しております。
 これらの結果、本年度の予算総額を歳入歳出それぞれ3,606万6,000円増額し、80億8,803万6,000円とするものであります。
 次に、議案第45号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、主に平成26年度の精算に係る補正を行うものであります。
 初めに、歳入について申し上げますと、繰越金では平成26年度分の後期高齢者医療特別会計予算の繰越金として376万8,000円を増額いたすものです。
 次に、歳出について申し上げます。諸支出金につきましては、一般会計への繰出金として376万8,000円を増額いたすものであります。
 これらの結果、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ376万8,000円を追加し、2億5,571万9,000円とするものであります。
 議案第46号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、平成26年度の精算及び金額の確定等に伴い補正を行うものであります。
 初めに、歳入の主なものについて申し上げます。
 前期高齢者交付金、共同事業交付金につきましては、それぞれ額の確定及び概算通知により増額するものであります。財政調整基金繰入金につきましては、減額補正を行い600万円を繰り入れるものです。繰越金につきましては、平成26年度の精算に伴い増額し6,833万2,000円とするものです。
 次に、歳出の主なものについて申し上げます。
 保険給付費では、退職被保険者等高額療養費の医療費の動向により増額するものであります。後期高齢者支援金、前期高齢者納付金及び介護納付金につきましては、額の確定により減額するものです。
 保健事業費では、医療費削減対策の一環として、国民健康保険被保険者対象者に生活習慣病予防運動教室の委託料を増額するものであります。
 これらの結果、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ2億5,256万8,000円を追加し、25億7,613万6,000円とするものであります。
 議案第47号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第3号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、主に平成26年度の精算に係る補正を行うものであります。
 歳入につきましては、一般会計繰入金として106万6,000円を減額し、また、平成26年度精算分として4,686万4,000円を前年度繰越金として追加いたすものであります。
 歳出につきましては、保険給付費として50万円、地域支援事業費として138万6,000円を追加し、精算に伴う基金積立金として3,372万4,000円などを増額するものであります。
 これらの結果、本年度の予算総額は、歳入歳出それぞれ4,875万円を増額し、14億5,170万9,000円とするものであります。
 議案第48号平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入においては大河原町仙南夜間初期急患センターの開院後の実績による診療収入に係る見込額を減額し、これに伴い一般会計からの繰入金を増額いたすものでございます。
 次に、歳出につきましては、急患センター運営費で大学病院派遣医師報酬の委託料への振りかえや科目内の更正等であります。
 議案第49号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ31万円減額し、予算総額を歳入歳出それぞれ13億946万4,000円とするものであります。
 その内容といたしまして、まず歳入につきましては、一般会計繰入金を31万円減額するものであります。
 次に、歳出につきましては、人事異動に伴い職員の人件費等で31万円を減額するものであります。
 議案第50号平成27年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算は、収益的支出の水道事業費用を262万7,000円減額し、5億8,481万7,000円とするものであります。
 補正の内容としましては、営業費用において人事異動により総係費の人件費等263万1,000円の減、営業外費用において3条予算計上の消費税及び地方消費税で4,000円の増を行うものであります。
 次に、資本的収支については、収益的支出と同様人事異動による人件費等で44万円の減とし、水道事業資本的支出を3億7,399万6,000円とするものであります。
 なお、補正による資本的収支不足額2億6,399万6,000円は、当年度分損益勘定留保資金、建設改良積立金等で補填することとしております。
 次に、認定第1号平成26年度大河原町一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、地方自治法第233条第2項及び第3項の規定により監査委員の審査を受けましたので、監査委員の意見書と主要な施策の成果を説明する書類を付して提出するものであります。
 まず、歳入でありますが、歳入総額は81億393万6,000円となり、最終予算額と比較しますと5億3,670万7,000円、6.2%の減、前年度決算額との比較では1億7,266万9,000円、2.1%の減となっております。
 その主な増減内訳といたしましては、町税で5,617万5,000円、2.0%の増、地方消費税交付金で4,866万9,000円、20.6%の増、自動車取得税交付金では1,634万4,000円、54.2%の減、国庫支出金で7,094万4,000円の減、県支出金で1億6,517万7,000円、27.4%増、諸収入で1,361万4,000円、6.3%の増、町債で2億4,790万円、29.2%の減などであります。
 次に、歳出でありますが、歳出総額は78億6,016万5,000円となり、最終予算と比較しますと7億8,047万8,000円、9.0%の減、前年度決算額との比較では6,141万3,000円、0.8%の増となっております。
 その主な増減内訳といたしましては、総務費で4,499万3,000円、4.2%の増、民生費で2億4,969万5,000円、9.6%の減、衛生費で3億9,971万2,000円、39.8%の増、労働費で5,447万9,000円、38.2%の減、商工費で4,787万7,000円、31.2%の増、教育費で4,947万3,000円、5.6%の減、災害復旧費で1億1,958万8,000円、96.5%の減、公債費で1億2万8,000円、18.1%の増などであります。
 決算の状況を性質別内訳の構成比で見ますと、義務的経費は43.8%で前年度比2.4ポイントの増、物件費等その他の経費では44.4%で前年度比0.8ポイントの増、投資的経費では11.8%で前年度比3.2ポイントの減となっています。
 実質収支につきましては、歳入歳出差引額から翌年度への繰り越すべき財源を差し引いた額は2億4,115万3,000円となり、このうち1億3,000万円を地方自治法第233条の2の規定により財政調整基金に繰り入れました結果、平成26年度に繰り越しすべき純繰越金の額は1億1,115万3,000円となりました。
 なお、経常収支比率は、前年度比で1.0ポイント改善し92.6%となりました。これは、経常的支出一般財源で物件費、維持補修費、扶助費、補助費等において減額となり、経常的収入一般財源の配当割交付金及び地方消費税交付金などが増額になったことで改善したものであります。
 厳しい財政状況が続く中で、議会を初め関係機関並びに町民の深いご理解とご協力により、所期の目的を達成することができましたことをご報告申し上げますとともに、今後なお一層のご指導とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 なお、監査意見書の中でご指摘のありました種々の事項につきましては、改善を図りながら今後の行政執行の中で生かしてまいりたいと考えております。
 認定第2号平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の提案理由を申し上げます。
 平成26年度の後期高齢者医療業務につきましては、制度理解を深めるとともに、適切な資格の確認や保険証の発行、各種申請の受付事務、未納付者対策を中心とする保険料徴収事務などを行い、制度の円滑な運営に努めてまいりました。
 その結果、決算額については、歳入総額が2億4,348万3,000円、歳出総額が2億3,971万4,000円となり、376万9,000円を平成27年度へ繰り越すものであります。
 歳入の主なものは、保険料収入が1億8,768万円、一般会計繰入金5,205万円となっております。
 歳出の主なものは、広域連合納付金が2億2,939万円などであります。
 認定第3号平成26年度大河原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の提案理由を申し上げます。
 本会計の決算につきましては、歳入総額23億8,272万2,000円、歳出総額22億4,439万1,000円となり、歳入歳出の差引額は1億3,833万1,000円となりました。このうち7,000万円を財政調整基金に繰り入れし、残りの6,833万1,000円を平成27年度に繰り越すものであります。
 まず、歳入の主なものについて申し上げます。
 国民健康保険税は歳入総額の約21.84%で5億2,048万9,000円となり、前年度比で2,317万8,000円の減となりました。
 国庫支出金につきましては、歳入総額の22.51%の5億3,626万8,000円となりました。
 続いて歳出でございますが、保険給付費は前年度に比べ2.35%減の15億1,862万8,000円となりました。
 今後とも被保険者が安心して医療を受けることができる制度として普及・周知を図るとともに、特定健康診査や特定保健指導はもとより、町が行う各種健康診査などにより疾病の予防に向け引き続き努力してまいりたいと考えているところでございます。
 認定第4号平成26年度大河原町介護保険特別会計歳入歳出決算認定の提案理由を申し上げます。
 平成26年度の介護保険事業につきましては、第5期介護保険事業計画の最終年度として事業計画の執行と保険給付の円滑な運営に努め、資格管理や介護認定などの各業務について適正に行われるように努めてまいりました。
 平成26年度の決算につきましては、歳入総額が12億8,754万8,000円、歳出総額が12億4,068万2,000円となり、実質収支では4,686万5,000円となったものであります。
 それではまず、歳入の主なものについて申し上げます。
 保険料としての1号被保険者からの介護保険料につきましては2億7,491万5,000円、2号被保険者からの保険料としての支払基金交付金が3億3,251万9,000円、合計6億743万4,000円となり、歳入総額に占める割合は47.2%となったものでございます。
 次に、歳出につきましては、介護サービスとして保険給付費が11億3,192万8,000円となり、前年度と比較して3,093万3,000円、2.3%の増、歳出総額の占める割合は91.2%となったものでございます。
 次に、認定第5号平成26年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計歳入歳出決算認定について提案理由を申し上げます。
 本会計の決算につきましては、歳入総額393万5,000円、歳出総額392万8,000円となり、歳入歳出の差引額は7,000円となるものであります。
 まず、歳入につきましては、診療収入23万1,000円、県補助金326万1,000円、一般会計繰入金44万3,000円であります。
 次に、歳出の主なものは、診療を行うための医薬材料費や消耗品等の需用費で106万8,000円、医師・薬剤師・医療事務等委託料で195万2,000円などであります。
 平成27年3月9日より診療を開始し、17日間で40名の受診者がありました。
 認定第6号平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について提案理由を申し上げます。
 平成26年度の歳入総額は463万3,000円、歳出総額は349万4,000円となり、歳入歳出差引額は113万9,000円であります。
 歳入については、市場使用料の370万円と繰越金の93万3,000円であります。
 歳出については、施設管理に伴う修繕料などの需用費等77万1,000円、委託料19万円、一般会計への繰出金253万3,000円が主なものであります。
 認定第7号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について提案理由を申し上げます。
 本会計の決算につきましては、歳入総額10億9,293万5,000円、歳出総額10億2,340万9,000円となり、歳入歳出の差引額は翌年度へ繰り越す財源383万7,000円を含めて6,952万6,000円となるものであります。
 東日本大震災の災害復旧事業の減により、前年度と比較しますと歳入で8億759万3,000円、歳出で7億8,133万6,000円の減となりました。
 事業の内容といたしましては、通常分の補助事業として汚水管渠築造工事を金ケ瀬川根地区外で2件、雨水事業として鷺沼1号雨水幹線築造工事及び鷺沼排水区雨水整備の実施設計業務等を実施いたしました。
 また、単独事業として汚水枝線管渠築造工事を南海道下地区外2件実施いたしました。
 災害復旧補助事業といたしましては、高砂町地内での災害復旧工事の外3件、総額2億1,114万3,000円の工事を実施いたしました。
 災害復旧単独事業といたしましては、新南地区外で舗装復旧、マンホールの蓋高調整等、合わせて10件、総額3,047万2,000円の災害復旧工事を実施いたしました。
 続きまして、認定第8号平成26年度大河原町水道事業剰余金の処分及び決算認定について提案理由を申し上げます。
 本決算の業務の概要でありますが、給水戸数は1万195戸で対前年度比82戸の増、給水人口は2万3,764人で対前年度比54人の減、普及率は前年同様の99.8%となりました。
 総配水量は269万9,902立方メートルで対前年度比0.8%減、1日平均給水量は7,397立方メートル、1日最大給水量は8,615立方メートルとなりました。なお、総有収水量は、対前年度比0.7%減の239万9,724立方メートルとなりました。
 建設改良事業につきましては、配水管布設工事で新寺山鳥地区外配水管布設工事が1件、配水管布設がえ工事では高砂町地区配水管布設がえ工事1件、舗装復旧工事では上谷団地8号線外舗装復旧工事外4件、下水道災害復旧事業に伴う配水管移設工事の2件の配水管整備等を行い、また、金ケ瀬揚配水場改修工事に伴う造成工事及び建物解体工事を実施しました。
 次に、収益的収支につきましては、税抜きでの収入の決算額は7億6,030万2,000円で、前年度と比較して1億3,449万2,000円の増となりました。その要因といたしましては、地方公営企業会計制度の改正により、資本剰余金として整理されてきた国庫補助金等が長期前受金として整理されることになり、なおかつ経過した年数に応じ減価償却と同じ見合いで収益化していくこととなったため、長期前受金として今年度1億4,903万円を計上したことによるものであります。なお、この収益は現金の収入を伴わない収益であるものであります。
 また、支出の決算額は5億4,847万2,000円で、前年度と比較して3,065万8,000円の増となりました。増の要因としては、金ケ瀬揚配水場改修工事に伴う物件移転補償、電柱移設負担金で1,174万6,000円、減価償却費で1,161万7,000円、資産減耗費の固定資産除却費で1,043万1,000円の増となったことによるものであります。
 その収支は純利益で2億1,183万円となり、前年度と比較し1億383万4,000円の増となりました。
 資本的収支につきましては、税込みでの収入の決算額は9,155万5,000円で、支出の決算額は2億6,390万6,000円となり、収支の不足額1億7,235万1,000円については、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,156万円、当年度分損益勘定留保資金1億4,300万4,000円、建設改良積立金1,778万7,000円で補填したところであります。
 以上の結果、前年度繰越利益剰余金と当年度純利益を合わせた当年度未処分利益剰余金は3億414万1,000円となり、その処分内容は積立金として減債積立金に1,000万円、建設改良積立金に9,000万円を積み立てし、残りの2億414万1,000円は翌年度に繰り越したいと考えております。
 以上、報告5件、議案10件、認定8件の提案理由を申し上げましたが、詳細につきましては担当課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって提案理由の説明は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 決算審査意見の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、決算審査意見の報告を求めます。代表監査委員永井昌利君。
     〔代表監査委員 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯代表監査委員(永井昌利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯代表監査委員(永井昌利君) それでは、ご説明申し上げたいと思います。
 お配りしております決算審査意見書をごらん願います。
 多少ほかの書類と比べて印刷が薄くて読みづらいかと思いますが、ご容赦願いたいと思います。
 これからご説明するに当たり、まずもって本年度もまた、決算審査の結果につきまして本席から直接議員の皆様に対しましてご説明申し上げる機会をいただきましたことに対しまして、御礼申し上げます。このように決算審査の報告をできますのも、町長を初めとする町ご当局のご努力を初め、議員の皆様方の1年間の活動のたまものでありますことを御礼申し上げたいと思います。
 去る8月11日に、町長、副町長並びに関係課長等に対しまして審査の内容について説明し、同日付で本書のとおり報告したものであります。
 この意見書に基づきまして説明させていただきたいと思います。
 平成27年8月11日。
 大河原町長 伊勢 敏殿。
 大河原町監査委員 永井昌利。
 同 安藤征夫。
 平成26年度大河原町各種会計決算及び基金運用状況審査報告について。
 地方自治法第233条第2項及び第241条第5項並びに地方公営企業法第30条第2項の規定により、町長から審査に付された平成26年度大河原町各種会計決算及び基金運用状況について審査を終了したので、次のとおり結果について意見を提出する。
 めくっていただきたいと思いますが、目次は省略させていただきます。
 1ページをごらん願います。
 一.審査の概要について申し上げます。
 1.審査の対象、平成26年度一般会計歳入歳出決算並びに平成26年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算から平成26年度公共下水道事業特別会計歳入歳出決算までの6特会の決算、並びに平成26年度町有財産に関する調、平成26年度基金の運用に関する調、平成26年度水道事業決算であります。
 審査した書類は、平成26年度各種会計歳入歳出決算書及び事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書、企業会計決算報告書、損益計算書、剰余金計算書、剰余金処分計算書、貸借対照表、事業報告書、収益費用明細書、固定資産明細書、企業債明細書、土地開発基金、高額療養費貸付基金及び出産資金貸付基金運用状況報告書、関係諸帳簿、証拠書類などであります。
 審査の期間は、平成27年7月10日から8月11日までの実質16日間であります。
 4の手続については、省略させていただきたいと思います。ごらん願いたいと思います。
 次に、3ページをお開き願いたいと思います。
 審査の結果について申し上げます。
 平成26年度の一般会計、特別会計並びに企業会計の決算の計数は、関係諸帳簿、証拠書類及び町の指定金融機関の日報等と符合しており、正確であることを確認した。
 また、予算の執行及び関連する事務処理については、一部改善を要すると思われる点が見られたが、そのほかは適正に行われているものと認められた。
 なお、今後の財務に関する事務の執行並びに経営に係る事業の管理については、既に実施した定期監査、例月現金出納検査等において指摘し、あるいは意見を提出し、または口頭で指導した事項に留意されるとともに、下記の事項について留意されたい。
 1.財政構造の健全化について。
 財政の健全化判断比率は、平成27年8月11日付大監第23号「財政健全化審査意見書」のとおりであり、財政の健全性は確保されていると思料される。
 一方、財政力の弾力性を判断する指標とされている経常収支比率は92.6%で、前年度より1.0ポイント小さくなっているが、依然として弾力性に乏しい財政状況に変わりはない。また、一般会計の単年度収支は2億33万5,000円の赤字となり、実質単年度収支も7,626万3,000円の赤字となっている。
 財政運営に当たっては、これらのことに十分配慮されて政策を推進されるよう配慮されたい。
 2.債権放棄条例の制定について。
 町政の公正、公平性を期するためには、悪質な債務者に対しては厳しく当たる一方、真に困窮している債務者はこれを救済する必要があると思料される。また、回収される見込みのない債権については、これを整理する観点からも当該条例の制定が必要と思料される。
 速やかに当該条例を制定されるよう要請する。
 3.町税等収納対策本部について。
 町税等滞納、未収については、町税等収納対策本部において種々検討されているところですが、単に検討会議を開催されるだけではなく、各課担当の当該事務を横断的に所掌する部署を設置する等についても検討されたい。
 4.給食実費負担金の収入対策について。
 学校給食費の徴収については、児童手当法第21条において、申し出により児童手当の支払いの際に徴収できることとされているが、これによる徴収実績はわずか1件にとどまっている。
 組織の問題も含めて検討されるよう配意願いたい。
 ちょっとつけ加えさせていただきますと、保育所関係のほうが同じ法令を適用することによって成果がかなり上がっており、これと比較すると学校給食費のほうに少し差があるのではないかということでご意見を申し上げております。
 進みます。
 5.下水道使用料の滞納について。
 当該使用料の収納事務は、現在水道事業者に委託されている。
 しかしながら、当該使用料については滞納処分が可能であるのだから、今後は独自に取り組むことも検討されたい。
 これにつきましても、水道と下水道、同時に収納事務をされることはそのとおりだと、合理的だと思うわけでありますが、滞納された分についての対応について意見を申し上げているものであります。
 6.水道料金等の徴収について。
 上水道及び下水道の料金並びに使用料の高額滞納者(水道料金、下水道使用料合計で10万円以上)は前年より2件少ない76件となっている。うち前年度より増額になった滞納者は9件増の48件となる一方、前年度より減額となった滞納者は5件減の15件にとどまっている。また、100万円以上の滞納者は9件で、このうち200万円以上の滞納者は2件となっている。
 料金等の徴収に関しては、「大河原町水道料金滞納整理事務取扱要綱」に基づき確実に事務処理を行うべきであり、特に営業での水使用は厳しく対処するよう、昨年度に引き続き要請するものであります。
 決算の概要について申し上げたいと思います。5ページをお開き願いたいと思います。
 意見書の性質上、先ほど説明されました町長等の説明と重複する部分が多かろうと思いますが、ご容赦願いたいと思います。
 一般会計及び特別会計を合わせた歳入決算額は131億1,919万2,000円で、前年度より10億2,907万7,000円、7.2%減少した。これは、一般会計と下水道会計での国庫支出金5億8,154万2,000円、繰入金2億8,694万6,000円、町債4億5,180万円等の減少によるところが大きい。
 不納欠損額は、2,339万9,000円減の3,129万2,000円となった。また、収入未済額については、前年度より7,082万1,000円減の3億8,736万1,000円となっている。
 歳出決算額は、予算額に対してその執行率は89.6%で126億1,578万3,000円となって、前年度より3.0ポイント下回った。
 なお、不用額は3億8,575万6,000円で前年度より1億268万6,000円減少している。
 次に、各種会計の実質収支額は、一般会計で2億4,115万3,000円、特別会計で2億5,580万1,000円の合わせて4億9,695万4,000円となり、前年度より1億9,477万5,000円の減となっている。
 また、財政力指数は0.59で、県内町村平均(平成25年度)を上回っている。経常収支比率は92.6%と前年度より1.0ポイント減少したものの、病院事業への補助費や障害福祉費の扶助費等が大きな要素になっていることに変わりはなく、財政構造が硬直化している状態といえる。
 一般会計については、歳入は前年度に比べ2.1%、1億7,266万9,000円減の81億393万6,000円となり、歳出は前年度に比べ0.7%、6億1,141万2,000円増の78億6,016万5,000円となった。その結果、形式収支で2億4,377万1,000円、実質収支では2億4,115万3,000円の黒字となったが、基金の取り崩し4,314万7,000円があったことにもより、実質単年度収支は7,626万3,000円の赤字となっている。
 歳入減の主な要因は、災害復旧事業・防災整備関連の補助事業費の減少及び特別会計からの清算繰入金の減少、それらに伴う国庫支出金や県支出金、町債等が減少したことによるものであります。
 町税は前年度に比べ2.0%、5,617万4,000円増の28億5,743万6,000円となっている。
 不納欠損額は前年度に比べ51.3%、1,161万4,000円減の1,225万5,000円となっており、全体の99.5%、1,220万2,000円を町税が占めている。
 収入未済額は前年度比22.8%、5,330万6,000円減の1億7,961万9,000円となっており、前年度に引き続き減少傾向にある。そのうち、町税の収入未済額は全体の74.3%を占めている。また、収納率は前年度より0.6ポイント上がって97.6%となっている。
 歳出については、前年度比0.7%、6,141万2,000円増の78億6,016万5,000円となっている。
 総務費は、人事異動に伴う人件費等で前年度比4.1%、4,499万3,000円増の11億2,034万5,000円となった。民生費は、世代交流いきいきプラザ建設事業の終了等により9.6%、2億4,969万5,000円の減となった。衛生費は、仙南地域広域事務組合の(仮称)仙南クリーンセンター負担金等の増により39.7%、3億9,971万1,000円増の14億469万5,000円となった。労働費は、緊急雇用対策事業等の減により38.2%、5,447万8,000円減の8,801万円。土木費は、公共下水道事業特別会計への資金繰り出しが1億3,843万6,000円減となったことにより5.6%、4,060万4,000円減の6億7,729万1,000円。教育費は、金ケ瀬中学校体育館改築工事費を翌年度に繰り越したことにより5.5%、4,747万3,000円減の8億9,311万6,000円となった。
 特別会計については、大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計を新たに設けたことにより6つの特別会計となった。
 後期高齢者医療特別会計については、歳入決算額が2億4,348万3,000円に対し、歳出が2億3,971万4,000円となり、差引収支額は376万9,000円の黒字となっている。
 国民健康保険特別会計については、歳入決算額が23億8,242万3,000円に対し、歳出が22億4,439万円となり、差引収支額は1億3,833万1,000円の黒字となっている。また、収入未済額は前年度より10.8%、2,078万7,000円減の1億720万7,000円、不納欠損額は1,737万8,000円で前年度より38.9%、1,107万5,000円減となっている。国保税の収納率は73.5%となり、前年度より2.3ポイント増加している。
 介護保険特別会計については、歳入決算額が12億8,754万8,000円に対し、歳出が12億4,068万2,000円となり、差引収支額が4,686万5,000円の黒字となっている。
 仙南夜間初期急患センター事業特別会計については、歳入決算額が393万5,000円に対し、歳出が392万8,000円となり、差引収支額は7,000円の黒字となっている。
 地方卸売市場事業特別会計については、歳入決算額が463万3,000円に対し、歳出が349万4,000円となり、差引収支額は113万9,000円の黒字となっている。
 公共下水道事業特別会計については、歳入決算額が10億9,293万5,000円に対し、歳出が10億2,340万9,000円となり、差引収支額は6,952万5,000円の黒字となっている。
 下水道使用料及び手数料については、前年比1.8%、670万3,000円増の3億7,294万6,000円となった。また、不納欠損額は17万3,000円で前年度より31万4,000円減、収入未済額は2,636万1,000円で224万7,000円増となっている。
 企業会計については、水道事業の1会計であるが、地方公営企業会計制度の改正が行われ、企業会計基準との整合性を図るという点から、借入資本金の負債計上、補助事業により取得した固定資産の償却制度等、各種引当金の計上、繰延資産の計上、減損会計の導入等の導入が図られた。新基準適用の結果は、以下のとおりである。
 収益的収支では純利益額が前年度比1億383万4,000円増の2億1,183万円となっている。
 なお、水道使用料については、前年度比821万5,000円増の5億9,923万円となっており、未納額は前年度比332万5,000円増の6,060万1,000円となった。不納欠損処分については、前年度比75万4,000円減の18万4,000円となっている。
 以上が決算の概要でございますが、途中、文中読みにくいところ、文章のつながりの余りよくないところもありました。おわび申し上げます。
 なお、7ページから以降につきましては、ただいま申し上げましたご報告のためにまとめました各種の表あるいは資料が掲載してございます。ごらん願いたいと思います。
 以上でご説明にかえさせていただきたいと思います。終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって決算審査意見の報告は終わりました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでございます。
     午前11時07分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年9月4日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------