議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2015年6月16日(火):平成27年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、安藤征夫君、山崎 剛君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は、既に配付してあります通告の順序によって行います。
 万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。通告順に従いまして、私は今回、高齢者福祉の2点について一般質問をさせていただきます。
 初めに、要介護認定者への障害者控除認定書の発行の促進についてであります。
 所得税法の障害者控除では、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳の発行を受けている方などが該当し、重度の障がいがある特別障がい者の方は40万円、ほかの障がい者の方は27万円の控除が受けられることになっております。
 障害者手帳を持っていなくとも、要介護認定を受けている方も市町村の認定を受ければ障害者控除の対象となります。
 当町では、申請が必要な方は申請の手続をして障害者控除対象者の該当・非該当の判定がされることになっております。しかし、この制度が要介護者や扶養家族などに意外と知られていないことに気づきました。障害者控除を受けられる資格があるのに税の申告時に手続をしていない人がいることです。そこで、今回この質問をすることにいたしました。
 一つ、この制度の活用と周知は十分になっていないと私思っておりますが、この点どう考えておりますか。
 2、ここ数年間において、障害者控除認定の申請をした方は何名いらっしゃったんでしょうか。そのうち認定書が発行された方は何名おられたんでしょうか。障害者控除対象者の該当・非該当の判定基準を改めてここで示していただきたいと思います。
 3は、要介護者への障害者控除対象者認定についての制度の通知は、当町では、伺いましたところ新規で介護保険の要介護認定を受けた方を対象にしておりますが、この際申請書も同封してはいかがでしょうか。そして、所得税や住民税など町民の負担軽減につなげていくべきと私は考えております。
 以上の点について伺います。答弁をお伺いした後にですね、必要に応じて再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、要介護認定者への障害者控除認定書発行推進についてのご質問であります。
 1から3までは関連いたしますので、一括でお答えいたします。
 制度の活用と周知につきましては、要介護認定結果通知の際に本人及び家族にお知らせしておりますが、そのほか広報や介護保険事業所連絡会等の場においても周知を図っているところであります。
 また、ここ数年間における障害者控除認定の申請及び認定書を発行した方の人数でありますが、平成24年度から平成26年度までの3年間で42名、そのうち認定書発行人数は40名でありました。
 なお、判定基準につきましては、高齢者に関する障害者控除対象者認定等事務取扱要領に基づき、要介護認定調査の結果をもとに判定を行っているところであります。
 次に、要介護認定者への申請書の同封につきましては、要介護認定結果送付の際に障害者控除認定に関してのわかりやすい説明書を同封して対応しているところでありますので、考えていないところであります。また、要介護者の所得税や住民税等の負担軽減につなげていくために、制度の周知等につきまして、さらに努めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) まず、最初の1点でありますけれども、確かに広報や介護保険事業所等連絡会の場においても周知をされているということですけれども、私も今回ケアマネージャーさんがかかわっておりますし、もちろん事業所全体としてもかかわっているんですけれども、何人かずっと聞いて歩きました。意外とですね、知られていないなということがわかりました。全部歩いたわけでないですけれども。それで、非常に不十分さを感じております。
 それから、現に私の周りにもですよ、要介護3でずうっと在宅にいた方にもお話とかいろいろ聞きましたけれども、結構知られてないんですよね。ですから、町は最後のところで、「今後周知にもさらに努めていく」というふうにありましたけれども、具体的にどんなふうに今後周知していくという考えなんでしょうか。私はですね、一つは大河原町で要介護1から5までの方とか結構いるんですよね。調べてみましたら。それで、そういう方にもう一度改めてその申請書とそれからこういう制度があるということをもっと周知をしていくという考えってのはないんでしょうか。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 今の質問なんですけれども、まず周知の点につきましては、万波議員さんの言われたとおりケアマネージャーもわからない方があるというふうな話なんですけれども、基本的にケアマネージャーさんにつきましては資格を取って一般の方じゃない方なんです。それで患者さんのケアプランを作成しているという方なので、本来であればその町であるそういうふうなものを把握してなきゃならないという立場にあると思われます。ただし、そんなことを言ってもあれなんですけれども、町でもそういうことのないように事業所の管理とかではやっぱり周知徹底を図るというふうな考えでおります。
 あと、住民へのやっぱり広報というのは大切なものでありますので、それも今後ともやっていきたいと、こう思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私、なぜこの問題をしたかと言いますと、ご存じのように控除をするものが多ければ多いほど、所得額というのは、税が課税される所得金額というのは減るわけですよね。減ることによって所得税も安くなりますし、先ほど言いましたように所得税は普通控除が27万ですよね、普通障がい者の方は。特別の方は40万なんです。それで住民税もそれよりも安くなりますけれども、住民税を課税するときもそのもとになるといいますか、これにも障害者控除があるんです。そうしますと、住民税も安くなるんですよ。そうすると、例えば介護保険も住民税とかあるいは所得とか住民税がかかわって算定されるものというのは結構あると思うんですよね。ありますよね。介護保険料だけではありません。それから、その他もしかすると保育料あるいは住宅使用料にもかかわってきます。ですから、何でもそうですけど、申請主義なので、知らないと損をするというふうに私は思います。
 せっかくある制度で、実は私、この制度をぜひということで取り上げたのが、平成14年の6月議会でした。今回もう一回確認しましたらね。そうしたら、その年の11月からこの制度がスタートしているんですね。そういう点では、その当時、直ちに実施していただいて、本当に町の姿勢を評価するものでありますけれども、あれから、今27年ですから13年たちました。しかしながら今、介護の認定を受けている方も年々ふえています。高齢化率も高くなってて、本当にそれは数字で私も見ましたけれどもどんどんふえているんですね。ですから、やはり周知というのは1回、2回じゃなくて、機会あることにきちっと周知をしていく。そういう住民の立場に立ったサービス。きめ細かなそういうことがこの今回取り上げた障害者控除認定書の発行だけに限らず、全てがやっぱし住民の立場に立ったきめ細かな住民サービスが私は求められているなというふうに思います。そういう観点から、再度ですね、今質問をさせていただいているわけです。
 ですから、先ほど課長もいろいろしているとはいうお話でしたけれども、もっときめ細かなという点では、今後いろいろ内部で検討して努力していただきたいということです。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 今後、やっぱり周知の仕方等もありますので、きめ細かな周知の方法できるような形で考えていきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それで、今後検討する上でちょっともう少し具体的に私のほうからもちょっと提案したいというふうに思います。
 先ほどの町長の答弁の中で、24年度から26年度までの3年間で42名の方が障害者控除認定の申請及び発行を申請されて、認定書を発行された方なんですね。この数というのは、私から言わせますと、もちろん非課税世帯の人は、税は安くはなりませんよね。しかしながら、ただ年間の所得金額が減るわけですよね。税は課税されなくとも。だから、納税者というのは所得があるなしにかかわらず、きちんと毎年申告をするというのが私は基本だというふうに考えているんですね。ともすると所得がないからしないという方もいますけれども、そうではないふうに私は考えているんです。その認識がどうなのかちょっと税務課長もしわかればお答えしていただきたいんですけれども、いずれにしても42名というのは、私は少ないと思いますので、そういう点で先ほども申しましたけれども、要介護1から5ですね。この認定書の対象者は。かなりの数がおりますので、ぜひ一度、周知ということで1から5の介護を受けている方、もちろん在宅ですよ。入所している方でも特別養護老人ホームは違いますけども、老健施設なんかは該当になるんですよね。そういうふうに私は思っているんですけど、そういう点で一度周知をまずしていただくということはそんなにお金のかかることでもありませんし、人数もそんなにいるわけでありませんので、ぜひ今後そのことも含めて検討していただけないかという考えです。課長並びに町長にもお伺いしたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど課長が答弁いたしましたように、きめ細かく周知を図っていきたいというふうに思っております。この介護認定者の所得控除ということは大変大事だというふうに受けとめておりますので、これまで以上にきめの細かい対応を考えていきたいと思っておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) その措置といたまして、議員にもいろいろとお聞きしておりますけれども、介護認定者に係る障害者控除対象者認定についてというふうなわかりやすいチラシを認定者について、認定になった時点で配付しております。これを見て、申請に該当する方はしてもらっているというふうな形でありますので、今後きめ細かな対応というふうな考えておりますことにつきましては、今後要介護が重くなった方ですね、については、再度このような通知を差し上げたいと、こう思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この項の最後にしますけれども、町もとにかく新しく介護保険の要介護認定を受ける方については、この要介護認定者に係る障害者控除対象者認定についてというこういうチラシを、判定が出て要支援1・2から、要介護1から5までなったその結果の通知とともに、これを配付しているんですね。新しくですよ。新規の方のみ。しかしながら、こういう初めてした方にもちょっと随分お会いしてお話ししたんですけれども、これを見ただけではよくわかってないんですよね。認定についてって、私もこういう仕事をしてますので意外と細かく見るようにしているんですけど、意外と。ですから、ここに申請書を入れますと、「あら、申請書があると書くのかな」と人間は思うわけですよ。そのときに、わからないときは町のほうにお問い合わせくださいとか、お問い合わせ先は書いてありますけれども、やはり私が実際歩いて非常にそれを感じたので、しているけれども意外とわからない。そういう点では、申請書を一回そろえて、もう一度再度徹底をするというふうにしていただけると、本当に皆さん該当する方にとっては朗報じゃないかということで、再々度のお願いですけれどもぜひそういう観点からお願いしたいっちゅうふうに思います。町長に最後お伺いして、担当課長ですか。じゃ、担当課長という町長からのご指名ですのでお伺いしてこの項は終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 今のことにつきましては、認定者についてはいろんな資料が差し上げております。その中で、わかりやすいようにその事柄については太字のゴシック体でわかるような形で書いております。ということなので、今後ですね、先ほど私も言いましたとおり、重度っちゅうか介護度が上がった方について、再度ですね、こういうような通知なりをですね、お渡しするということでよろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 周知のさらなる徹底したことを強く要望しまして、2点目の質問に入ります。
 2点目は、紙おむつ支給事業の活用と拡充についてであります。
 当町で実施している家族介護用品支給事業、紙おむつ支給は、おおむね65歳以上の常時失禁状態にある在宅高齢者を介護している町内に住所を有する家族に対して紙おむつ券を支給しております。
 対象者には、町内の薬剤師会の協力を得て、家族介護用品券1カ月5,000円を支給しております。平成25年度の利用実績は延べ95人で、事業費は47万3,000円であります。平成24年度までは支給対象者の要件に所得制限がありましたけれども、撤廃しているにもかかわらず、対象者が少ないと思われます。
 高齢化率は年々高くなり、介護を必要とする町民がふえ、あわせて紙おむつを必要とする町民も当然ふえている現在、この事業の活用と拡充について、以下伺いたいと思います。
 1、25年度の紙おむつ支給実績は、登録者は延べ110人で利用者延べ数は95人となっておりますが、実質は何人だったのでしょうか。
 2、26年度末時点での要介護認定者は785人となっております。
 1)このうち、在宅で紙おむつを利用している実態は把握しているんでしょうか。
 2、申請者は何人いたんでしょうか。
 3、申請したけれども、訪問して調査した結果、該当しなかった人数は何人いたんでしょうか。その主なる理由は何でしょうか。
 3、角田市でも、これはどこでもです。どこの自治体でも高齢者の紙おむつ等支給事業を実施しております。角田市では、人口や高齢化率には当然違いはありますけれども、25年度の実績は支給人員376人で事業費は約920万円です。介護している世帯の経済的な負担軽減が図られております。当町でもやっておりますけれども、世帯の経済的負担軽減が図られるという点では、これは同じであります。当町でも、私は今回角田市を見習うべきではないか、ここにやっぱり近づくべきではないかということを強く感じております。
 さらに角田市では、紙おむつの処分のためのごみ袋購入券の支給もごみの有料化に伴い実施していると聞いております。これもあわせて今後検討できないでしょうか。
 さらに、今回の紙おむつ支給事業に関して、角田市では紙おむつを使用しておりますゼロ歳の乳児を養育する保護者にも紙おむつ用のごみ袋を支給しておりました。子育て支援の家庭の支援、我が町でも町長重点課題としてやっておりますけれども、さらに今回この支援ができないのか提案させていただきたいということで取り上げました。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、紙おむつ支給事業の活用と拡充についてのご質問でございます。
 1と2は関連いたしますので、一括でお答えいたします。
 25年度の紙おむつ登録者実人数につきましては、14人であります。
 26年度末時点の要介護認定者785人のうち、在宅で紙おむつを利用している方の実態につきましては、個別に把握することが難しいところであります。
 26年度の新規申請者につきましては8人であり、登録者実人数は16人であります。また、紙おむつ等の家族介護用品支給の該当・非該当判定に関しましては、訪問調査が必ず伴うことから、申請書を提出していただく前に訪問調査を行い、その結果該当する場合において申請書を提出していただいているところであります。
 次に、高齢者紙おむつ等支給事業につきましては、本町におきましても、角田市同様実施しているところであります。実施内容につきましては、各自治体で相違があります。引き続き広報等に努めながら事業を実施してまいりたいと考えております。
 最後に、高齢者の紙おむつ処分のためのごみ袋購入券の支給及びゼロ歳児の乳児を養育する保護者への紙おむつ用ごみ袋の支給についてであります。これにつきましては、平成24年度のごみ有料化の際に検討いたしましたが、おむつ用に限定いたしますと家庭の費用負担が少ないことから、支給について事業化に至らなかったという経緯がございますので、ご理解をお願いいたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、町長から答弁を、回答いただきましたけれども、この大河原町はですね、先ほど冒頭にも申し上げましたけれども、24年までは所得税額がですね、7万円以下ということで限定していたんですね。それを25年度からはなくしたんです。そのなくした理由というのは、担当課にも確認してありますけれども、よりいいものに、対象者をもっと広げるという観点からだと私も思っていたんですけど、まさにそのとおりでした。しかしながら、25年度で14人実質ですけれども、25年度ですね。じゃあ24年度はどれぐらいの方が利用していたのかということですけれども、これ成果説明でもう一回確認しました。24年度はですよ、実質人数は、登録は5人から9人てなっているんですね。登録。そして、実際は決算で見ますと5人から7人の間です。それが25年度は、今先ほどの答弁で14人っていうふうになってますね。それで、実際は25年度は登録が、1年間ですよ。毎月これ出しているようですが、8人から9人、11人ですね、登録。実際は7人から10人だったんですが、今のお答えでは7人から10人の間だと私は思ったんですけど、途中出たり入ったりもあるでしょうから14人ですよね。これの数字、所得税額の制限はなくしたけれども、しかしながらほんのわずかですよね、人数。
 でも、大河原町でも介護の認定受けている方、どんどんふえております。しかも、1から5の方もふえているんですね。全部私調べましたけれども。それからすると、非常にまだまだよりいいものにしたとは言えないんじゃないかと私は思っています。
 そういう点で、数字だけではちょっとあれなので、今回改めて、町がなぜこういうふうに少ないのかなと実は私なりに考えてみました。そうしましたらですね、大河原町家庭介護用品支給事業実施要綱というのがありますね。この中に、支給対象者としてこういうふうに書いてあります。「要介護認定において、要介護3、要介護4又は要介護5」、要するに介護3から5の方と認定された方を対象にしているということです。その次です。「在宅で常時介護用品を必要とし」、ここは大体どこでも「常時」と、これはどこの自治体でもここは一緒なんです。その次ですね、「ポータブルトイレへの移動が困難なことにより」と、ここがあるんですよね。この「ポータブルトイレへの移動が困難なことにより」というのは、実際町内でポータブルを利用している方の家族とも会いました。そうしますとね、こういうことなんですね。常時寝ているんですよ。ベッドの生活なんだけれども、家族はできるだけ寝たきりにさせないために起こして、そしてポータブルにようやく起こして座らせるんですね。そして用を足す。でも、しかしながら用が足せないときもあるそうです。しかし、常時おむつしてるんですよね。そしてまた起こして、そしてもうベッドに寝かせる。こういう人も実はポータブルを利用しているということで、これは本人から聞いたことですけれど、該当にならないということなんですよ。それで、やっぱし介護してる人でないと本当にこれはわからないんですけども、私は、角田はですよ、そういう難しいことしてないんですよね。常時、とにかく紙おむつとかパットなんかも利用している方全てを対象にしてるんです、全て。だから、920万ていうのは376人なんですよ。我が町は、25年で14人でしょう。それは自治体にいろいろ考えがあるにせよ、余りにも大きな開きがある。もしかすっと我が町よりももっとひどい自治体があるかもしれません。しかしながら、今回たまたま角田の方たちとお話をして聞いたら、物すごく私ね、見間違ったのかと思いました。目をこうちょっとこすった。えっ、眼鏡がちょっと壊れてるのかなと思うくらいこの920万には驚きました。
 それで、そこまで全部というふうに、財政上もいろいろあるでしょうけども、しかしながら近づく努力を本当にしていただきたい。そして、ポータブルを利用してる方も、そういう意味でしているんだと思うの。自分でとっとっとっと行ってポータブル利用するんではないと思います。実は私の母も在宅で兄弟みんなで交互でやりましたけど、本当に起こしてさせていく、あるいはポータブルでなくてもトイレに連れていくっていうことは大変な動力なんですよね。本当にそうです。本人も、認定を受けている私の母も大変でしたけれども、しかし介護してる人も本当に力がかなり要るんですよね。ですから、ポータブルという点では、私はここが非常にネックになってるのかなと実は思いました。
 それで、ぜひそういう点ではこの支給対象者の今申し上げました要綱の中身をもう少し見直して、できるだけおむつを利用している方が、一日中おむつを放せない方は対象にしていくということができないものかというふうに思います。まさに今は高齢化社会で高齢化福祉の充実が叫ばれておりますけれども、ぜひこの点は担当課もあわせてですけども、町長にその点いかが私の話を聞いて感じたのか、その感想と前向きなご答弁を期待したいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、角田市との比較でいろいろ話を聞かしていただきました。ポータブルトイレという条項が入ってるか入ってないかでどのくらい違うのかわかりませんが、いずれにしても余りにも大きな差があるというふうに思いましたので、これにつきましては今後対象者をふやす方向で検討したいと思っております。また、財政との兼ね合いもありますので、どの程度のことができるかこれから検討させていただきたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと課長に確認をさせていただきます。平成25年度のまだ成果しかありませんので25年度を言いますと、215人が3から5ですね。介護3から5の方が215人。そのうち在宅では何人いらっしゃるんですかということをお聞きしたら、先ほど165人が施設というたしかお話、ちょっともう一度確認させてください。何人が在宅なのか、それで施設は何人なのか。この215人の内訳をもう一度確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) 25年度末なんですけれども、要介護3から5が215名です。それで、施設入所者につきましては151名ということで、その差が64名になります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、25年度で3から5の方が215名。それで、施設入所の方は151名。このおむつ支給券は在宅です。64名の方です。全員が毎日、日中放せずおむつをしているかというと、これは全員ではないんではないかと思うんですけれども、しかしながらほとんどの方は、多くの方は恐らくおむつをかなり利用してるんでないかと私は思います。64人です。64人に1カ月5,000円ですから年間6万。6万に仮に60人にしても、六六、360万。金額からすると、町長は、仮にこの方みんなを対象にするとしたらですよ、高いですか。財政を圧迫します金額でしょうか。率直に伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今ちょっと判断しかねるところでありますけれども、金額につきましてはいろいろ考えながら進めてまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 突然ですけれども、やはり見直しの時期に来ているという点では、町長一致できますか。よりいいものにしていくと。1回、25年度からしていますよね。その所得税額の制限を撤廃してるわけです。しかしながら、わずかですよ。これでいいものにしたとは私は言えないと思います、この数字から。だから、今64人なので、もう少し内部で検討していただいて、やっぱり近づく、できるだけ日中している人にはしていくっていう点では、できないことはないと思うんです。そういうふうに考えていくことが改善、拡充につながると思うんですけども、その点では一致できますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、360万ということでありましたので、突然の話でその判断はしかねると申し上げましたけれども、改善する方向ということにつきましては認識を共通させていただいて進めてまいりたいというように思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、参考までに、角田市の376人です。それで、ごみ袋も376人全員に配っております。年間50枚だそうです。30枚かな、30枚ですね。子供さんは年間で。
 角田市の場合は、とにかく常時おむつ及び尿とりパットを必要とする方を全員対象にしてて、要介護3から5、ここは我が町と同じですが、非課税世帯で月4,500円にしているんですね。それ以外の方は月2,000円。ですから、とにかくおむつと尿とりパットを必要とする方は全員対象にしてるっちゅうことです。七百何十人がいる中の約半分の方でした、この376人ていう方は。それで、2段階に分けてんですね、角田の場合は。ですから、先ほど私が360万ていうのは、それは5,000円で全員ということでざっと今計算して言っただけなんですけれども、こういうことも参考にしながら、ぜひ内部でして、本当によかったと。紙おむつというのは1カ月5,000円では間に合わないんですよね。だから、先ほどの方が起こして、本人のために、体のためにもいいけど、財政的にも大変だということも内々にはあるそうです。だから、そういう点では、私はやはり今回この問題を取り上げて、本当に痛切に何とかしてほしいというこの願いです。
 最後になりますけど、我が町の場合は同一世帯、同一敷地内にいないとだめなんですか。だめだっていう方も実はいたんですけど、私が読むところによると全然そんなこと書いてないんです。電話で1時間その方とお話ししました。もう、既に100歳になっている方です。その家族の方です。1時間お話ししましたけれども、そういうことでだめだってどこに書いてあるのかちょっとわかんないんですけども、課長わかればちょっと教えていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯健康福祉課長(小形 治君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(小形 治君) それにつきましては、町内にいる方であれば結構でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ではぜひ、そうでないということを伝えたいと思います。そうすっと、そうでないと恐らくポータブルを利用してるからだというふに思います。今もう100歳にその方なりました。それで、そういう方も今該当していない。その彼女は東京の友達から送ってもらってるんだそうです。その紙おむつをいろいろ集めてもらって。そういう方もいますので、もう少しですね、紙おむつを利用されている方の実態調査、これをぜひしていただいて、その現状に見合った紙おむつの支給にしていただきたい。そのことの答弁を町長からいただいて、私の一般質問終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまの議論を通じまして、まだまだ不十分なところがあるというふうに思いました。つきましては、実態調査をする中で、角田市の例も参考にしながら、もちろん大河原、本町の財政状況も勘案しながら総合的に、ただ前進をするということで検討をさしていただきたいというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 5番岡崎 隆です。通告に従って私の3項の一般質問をいたします。
 まず1項目、消防設備の前倒し整備による充実を急げ。
 火消は江戸の時代から活躍し、現在住民の生命と財産を守る町の消防団は未来においてもなくすわけにはいきません。
 大河原町消防団は、昭和31年9月30日をもって金ケ瀬消防団と合併し現在に至っております。
 年々設備の充実を図られているものの、以前ほどではないが各班における小型動力ポンプつき積載車設備には格差が見られるようになってまいりました。小型動力ポンプつき積載車というくくりで見れば、同一の車種ではありますが、ここ数年導入された車両と平成16年以前に導入された車両では形状も大きく異なり、団員の安全で迅速な出動の妨げになっていることも課題として浮き彫りになっております。
 車両が、町内に5つの分団にわたって8台の車両が存在します。第3分団4班本町1・2区、中町の車両は平成4年、第4分団第11班では平成6年、第6分団第14班では平成7年の車両が20年以上使われている現状であります。このようなことを町としてどう捉えているのか、以下質問いたします。
 (1)20年以上使われている車両3台は直ちに新規の車両に更新すべきと考えるがどうか。
 (2)平成16年以前の車両、第2分団第2班小山田、平成11年第6分団第22班堤1・2区は平成12年、第5分団第7班上大谷は平成13年、第4分団第9班西原・第2分団第3班福田ともに平成16年と、10年以上使用されている車両について形状の関係もあり運転者、助手席以外の団員はむき出しの状態で車両に身を委ねて移動を強いられているのが現状であります。危険でありますので、早急な更新が必要と考えるがどうか。
 (3)更新となった際の廃車車両の有効利用もあわせて考えるべきであるがどのように捉えているか。
 以下、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、1と2の消防車両の更新に関するご質問に一括でお答えいたします。
 本町の消防車両は全部で22台ございます。その中でも20年以上経過している車両は議員ご指摘のとおり3台であり、また平成16年以前に配備した車両は20年以上経過の3台を含め10台となっております。
 本町における防災等の対応につきましては、Next大河原ゆめプラン重点プロジェクトにもあります「災害に強いまち」の一環として取り組むものであり、中でも予防消防及び消防車両、消防ポンプ配備など機動消防力充実を図ることは大切なことであると考えております。
 今後、消防車両、小型動力ポンプ等の更新計画を作成し、適宜に更新してまいりたいと考えております。本年度につきましては、予算も未計上でありますことから、消防車両等の更新は難しい状況であると考えております。
 次に、更新車両に伴う廃車車両の有効利用についてのご質問であります。
 廃車車両の有効利用につきましては、更新計画にあわせて十分に検討する考えでありますが、これまで適切な整備を行ってきた実績もありますことから公募による車両の公売なども有効活用の一つと思われます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) (1)(2)については関連しますので、一括で再質問しますが、根本的にこの質問、私が提出した後で、車両や搭載する消防設備の更新が適切な時期に行われてこなかったという点での反省というか、そういうことでのお話し合いというのはされましたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 消防団の消防車両等の配備につきましては、当初予算の中でもお話があった記憶がございます。それを受けまして、本年度消防担当者の目標の中で更新計画を作成して適宜に更新をしていこうというような形で取り組む方針にしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 防災について、消防団員にとっては私らの命綱がこの車両ですから、実際に買うときにですね、耐用年数とかそういうことについての担当課の認識は、特にポンプ車両についてどのような耐用年数という認識でおられるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今からですね、更新計画ということを作成したいと思いますけれども、一つその更新の基準ということになるかと思います。それにつきましては、例えばその耐用年数と今議員のほうでおっしゃられましたけれども、国税庁が示す耐用年数、ちょっと調べますと、自動車ですとやはり五、六年というような形になるかと思います。可搬動力ポンプですと15年というような形になりますけれども、実際、走行距離が非常に少ない状況でございます。10年間たっても2,000キロとかそういった状況もありますので、耐用年数の基準をもとにということもありますけれども、少し年数を加えた中で、あるいはその走行距離を加味した中でですね、ある程度の基準を持って更新計画を作成したいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 何年か前にも更新が行われたと思うんですね。私、10年の表彰を受け、10年以上ちょっと消防団は入っているんですけれども、当時は本当にリヤカー式の台車のポンプだったのが、ここ四、五年ですか、動力、車に積載したポンプ車両っちゅうことになったんですけども、今大河原消防団では消防団規則というものがあると思うんですけれども、これは機械の更新には何も触れられてないんですね。昭和32年の7月1日につくられた消防団規則というものがあるんですけれども、やっぱ機械の更新、機械器具点検といって消防団の演習に参加されるとわかると思うんですけども、小型ポンプ操法が終わった後で各班の機械器具点検ですね、終わった後に、「第何班、機械器具点検異常なし」と言っていますけど、あれ各班言ってるんですけれども、前の日に総練習しても、課長、年数長いから走行キロ少ないから傷まないんじゃなくて、使わない車ほど傷みって早いと思うんです。それは、認識が私とちょっと違うなと思ってたんですけども、中身が外から見て新しい形で走行距離が少なくても、使用頻度が少ないと物は傷みますので、その点は「機械器具点検異常なし」と言っている中でも、前の日に予行演習やった中でも機械にふぐあいが出てることが実際にあります。このことはしっかり受けとめていただいて、先進的な島根県の安来市なんかでは、その規則のほかに安来市消防団機械器具管理規程という器具の管理規程までしっかりつくって器具を管理してるところもあるので、ゆめプランでの更新計画等々わかるんですけれども、このような規程をつくってみてはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 機動消防のための配備規程というんですかね。私もですね、ホームページ等で自治体の状況を見ましたら、やはりそういった取り組みをしている自治体はあるようでございます。特に市レベルで、特に市そのものが消防というような形の中で捉えている部分が多いのかなというふうには判断したところでございます。うちは仙南広域というような組織もあるわけでございますけれども、基本的には先ほど申しましたきちんとした更新ができるような計画をまずは考えさせていただきたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 市の消防ということで、こちら広域行政のくくり等もあるんですけれども、消防団に関してもこのようにばらつきが、これも本当に後で言う役場の年齢構成もそうですけどゆがみがひどいと思いますよ。更新時期に更新してない。前町長時代ですかね、五、六年前に一応形上は全部小型動力ポンプつき積載車両には更新されたんですけれども、そのときにもう既に20年使われた車っていうのは存在していたわけなんですね。適宜、このようなことがないように、予防消防の観点でもパトロールも最近は以前よりもふえてますし、なるべく消防団も予防消防のパトロール等々して機器が長もちするように心がけている部分もありますので、できるだけ町長、体がむき出しの状態で、大河原も面積変わって24.99に変わったんですか。狭い町とはいっても、山火事等々のときは移動距離長いんです。その中でポンプを操法する人間最低4人という中で2人はむき出しの状態で火事場に向かうということは大変危険ですから、その点の更新をしっかりやるということ、きょう団長も傍聴にお見えですから、しっかり答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまの議論を拝聴しておりまして、いろいろ感ずるところがございました。ふぐあいの点検、前日に発見しているということを今初めてお聞きしまして、大変な大きな問題、課題かと思ますので、そういったことをしっかりと、点検についてしっかりと考えてまいりたいと思っておりますし、また配備車両の更新時期につきましては、今の議論の中では耐用年数という話ありましたけれども、それ以前に一番大事なのは隊員がむき出しになっている、そういう状況の大変危険な状況で消防団が活動していることは、これにつきましては私は十分理解しておりますので、なるべく早急に更新をしていきたいというふうに思っております。先ほどの答弁の中では、今年度は予算も未計上ということありましたので、今後しっかりとなるべく早く整備するように、更新するように検討してまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 9月、12月、いつでもいいので、臨時会でも、補正のほうも期待しますので、しっかり更新についてはお役人さんに負けないで町長頑張って、この点は早目の更新をよろしくお願いしまして、(3)の更新となった際の車両の廃棄、これ公募による売るということのご提案もあったようなんですけれども、これ一つ提案なんですけど、以前リヤカー式のポンプの台車の部分では消防団協力事業所で払い下げをいただいて有効活用していたとこもありますので、維持管理について細部にわたっていろんなお話し合いとかあると思うんですけれども、そのようなこともまず、消防団協力事業所の中でそういうものを維持管理してくれるところがあって、社内消防団なりそういうものの結成の促進につながるのであれば、そのようなところをまず第一に検討してみるということは、課長いかがですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 公募による車両の公売という話も町長のほうでお話をさせていただいたところでございますけれども、今ご指摘いただきました消防団協力事業所、町内には12事業所ですかね、あるようでございまして、中でも自衛の消防組織というようなこともあるかと思います。ご指摘いただいた件につきましては、公売等もあわせまして事業所等にもお声をかけてみたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この点については、ゆっくり時間かけてですね、担当課でお話しさせていただきたいと思いますので、2項目の質問に入ります。
 職員採用のあり方を見直せ。
 少子高齢化が進み、これまでにないさまざまな困難を乗り越えていかなければならないドゥタンクである役場の果たす役割は重く、この課題の解決は地方創生を進めるための一丁目一番地の取り組みである。過去に経験のない厳しい今後の現場を乗り切っていかなきゃならない職員個人の負担も増大していくことは明白であり、やる気と創造力、何よりも強いハートが職員には不可欠である。
 これまでの職員採用の方法は点数至上主義と言っても過言ではない方法で行われてきたが、今年度、保育士の採用に工夫は見られたもののほかは前年度と変わっておりません。職員採用の先進自治体では、40歳程度まで年齢枠を広げるなど社会経験の豊かな人材の積極的な採用と、試験の内容も行政に特化しないもので実施している自治体もふえております。
 今年度の採用は6月19日、あと二、三日で締め切りとなりますが、今年度からは裾野を広げた柔軟な選考方法が豊かな人材を発掘するには欠かせないと考えるので、以下質問いたします。
 (1)採用予定者の最低五、六倍の1次試験合格者による面接の数が選考上望ましいのではないか。あわせて大河原独自の1次試験の問題作成を今後検討すべきと考えるがどうか。
 (2)余りにも職員の年齢構成がいびつなので、幅広い年代を採用できるよう受験資格の要件をもう少し緩和してはどうか。AO入試のように、その分野のプロフェッショナルを積極的に採用できる条項の改正を図ってはどうか。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、職員採用試験に係る1次試験合格者の人数及び1次試験の町独自の問題作成の検討についてのご質問であります。
 職員採用に係る1次合格者につきましては、特に採用予定者の何倍を合格者とするような基準はありません。公務員としての多様で質の高い人材の確保を図るための教養試験、専門試験、性格判断検査などを実施しているところであり、ある程度の合格ラインを基準とすることはやむを得ないことと考えているところであります。
 しかしながら、選考に当たり少人数での選考では幅広い人材なども期待できないことも考えられますので、1次合格者の人数を決める際につきましては、副町長初め関係者と相談の上慎重に判断してまいりたいと思います。
 また、独自の問題集の作成につきましては、採用職種により対応可能と考えているところであり、そのような時期がまいりましたら対応したいと考えております。
 次に、採用試験に係る受験資格の緩和及び試験のあり方などに関するご質問であります。
 まず、本年度の採用試験において、受験資格の年齢制限を35歳までといたしました。昨年度に比べ5歳引き上げ、応募者の確保を図る考えでおります。また、専門職である保育士につきましては、現場での即戦力を図る必要があることから、採用試験の項目を専門試験及び性格判断検査とし、教養試験は実施しない方針としたものであります。
 本町としても優秀な人材を確保する意味から学力も大切でありますが、学力でははかれない個性豊かな人材、目的意識や熱意、意欲を持った志の高い人材を確保したいと考えております。このようなことから、これまで実施している統一試験を初め、いわゆる社会人枠を設けることを検討してまいりたいと考えております。ただし、職員をスペシャリストに養成することを基本とし、社会人枠はどうしても不足が予測される場合を中心に設定してまいりたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 目安として採用予定者の五、六倍ぐらいの人数はいたほうが面接の張り合いがあるのかなと思ってここに数字を書いたまでで、そういうふうにしろって言っているんじゃないんですね。
 じゃあ、あえて聞きます。昨年度、何名合格者が出るのに何名の面接をしてどのような感じだったのか。担当した面接官の方、全ての方お答えください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、昨年の試験状況のお話をさせていただきますけれども、昨年は上級で33名の応募者がありました。で、1次合格者につきましては7名。それから、中級については保育士ですけども10名の応募があって3名の一時合格。それから、初級につきましては7名の応募があって1次合格が1名ということで、応募者50人に対しまして1次合格者は11にというような形になったところでございました。
 これまでも1次試験、それから2次試験は面接というような形で取り組んだところでございましたけれども、実は昨年は面接試験を2回ほどさせていただきました。これにつきましては、従来、1回の面接だけではなかなか何というんですかね、個人の性格判断といいますか、そこまでは難しいのかなと思っておりまして、昨年は上級と中級につきましては課長職による面接も行わせていただいたところでございます。直接の判定ということにはならなかったような気もしますけれども、個別に評価をしていただいた状況でございまして、課長の評価と、それから最終的に町長等の面接の評価が一致したということで、今回の今年度の4月1日の採用になったところでございます。
 個別の面接官の言葉はですね、いろいろありますのでご勘弁していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) じゃあ、あえて聞きます。2回したのは大変結構なんですけども、課長、張り合いのある面接だったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に私は最終面接官というような形で対応していただきましたけれども、1回目につきましては課長さんということで、直接やはり現場的な見方もできたのかなというふうに思っております。受験者にとっては2日間続けての面接というような形になったかもしれませんけれども、我々も町長が申しましたように個性豊かな人材であるとか、目標意識を持った人材の確保に努めてるということでは、一つの成果は得たのかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 町民目線で見れば、そういう少人数で1人、2人しか落ちないような面接っていうのは怠慢だと思いますよ。それは間違いなくそういうふうに映っても致し方ないのかなということで私このような質問してるので、1次の合格者がそれだけ少ないということは町独自の合格基準判定ってのがあるんですか。それともどっかからこのようにしなさいとかっていう指導や手引きがあってのこの1次の合格の人数なのか、その点お答えを。町独自で決められるんだと思うんですけれども、確認のため教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町の職員採用試験につきましては、宮城県町村会が主催でもって統一試験というような形の中で一斉に行われるわけでございます。当然にして町村会から受けた試験業者が採点をするような形でございまして、一般教養試験ですと40問で1時間でしたかね。100点満点だとは思いますけれども、一応合格ラインは町村会の一報でありますと何十点以上が何名いますよというよなことにはなるようでございます。今までですと40点というのが一つの基準になっているような状況があるようでございます。
 やはりそれも、面接の人数的なことではなくて、やはりもう少し絞り込む必要があるような場合にとってはもう少し点数を上げたり、あるいは今度は募集っつうか1次合格者が非常に少ない状況であれば下げたりというようなことの調整はこれまでもしてきたかというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 1次合格者をふやして幅広い人材から面接をして採用っていうことには、メリットがあるということでは、町長、この点では一致しているんでしょうか。あくまでもこの点数でなければだめだということにこだわるということなんですか。その辺だけちょっと町長教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご質問につきましては、今課長が申し上げたとおり、点数については随時その判断をしているところであります。特にことしは何点というようなことはまだ決めておりませんので、臨機応変に対応したいということで、先ほどの答弁内容にありますとおり、副町長などと相談しながら慎重にいわゆる1次合格者を判定していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私も1次の選考基準をやみくもに下げろとは絶対に言いません。受験者が今後職員となることを前提に人物試験は行われるんでしょうけども、どんなようなことが兼ね備わっているかを見抜くための面接。我が町の受験者に一番求められるもの、町長が求めるやっぱりその受験者に対する今現在の職員像というのはどのようなものか、町長教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの答弁でもお答えいたしましたけれども、町のことを思う志の高い職員を採用したいというように考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 少ない人数で面接になって、そこから2次で落ちる方が少ないとなると、選択肢が狭まるわけですよね。安定してですね、試験の点数とって面接で猫かぶるっつう言い方はおかしいんですけども、理論武装して、一生食いっぱぐれないからそつなく仕事をして老後を迎えるような形でっていう受験者も必ずいると思うんです。私、悪いことだと言いませんが、町長、傍聴者もいるんでこんな聞き方いいのかどうかわかんないんですけども、採用した後でこっちのほうにしとけばよかったなとか、この方採用してへぐったなとかっていう経験、町長ありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私が面接したのは3回でありますけれども、その中で採用した方は全てふさわしい職員だというふうに感じてるとこであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 研修生でもしっかりしてますし、そこからまた変わって、自己研さんを重ねてしっかり学んで職員として立派にやることを私も期待しておりますけども、答えにくい質問ばかりで町長申しわけない。言ってる私も言いにくいんですよ。全館に聞こえてるわけですから。これも議員の務めだと思って腹くくって私も質問しているんですけれども、どの役所とかどの職場にも共通するんですが、仕事がよくできて部下をしっかり育て責任感にあふれたAタイプの職員と、あと自分の仕事はそつなくこなすんですが部下にもその他のことにもいまいち責任感が薄いBタイプの職員と、仕事はいま一つなんですけれども部下にもそのほかのことにも大変責任感が強いCタイプの職員、仕事もできないし責任感も極めて薄いDタイプの職員というのはどこの職場にもいるというふうに言われてるんですけども、Aタイプの職員の方、私も見てて大変この役場にも多いですし、その職員の方たちといろいろお話しさせていただくと、役場以外の場所でも地域や学校関係、本当に尽力されており、大変家族を大事にされている、ここの答弁席におられる皆さんのような方たちばっかりなんですけども、このような職員が、この4つのタイプの職員が、当然この庁舎の中でも4つのタイプ存在するということはご認識されてますか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の知る限りでは、ほとんどがAかBだというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい、わかりました。確かに町長ですからね、町長と会う場面ではしっかり振る舞っていると思うんですけれども、町民の声聞くとご挨拶もできないような職員さんもいるのも事実なので、私はその点についてはしっかりここはただしていきたいというふうに考えております。
 ということで、まず私は受験者に対して特に問題も含めてこのような質問をしているというのは、他町村の方でもこの町の役所に志望する方もいるんですけれども、育まれる郷土愛も、ここで育った郷土愛も、どちらも私は郷土愛ということで認めるんですけども、その郷土愛がかなうからこそ町民の幸せにかなう仕事の底力っていうのが湧いてくるように私は考えております。面接ではその辺に重点を置いて人物評価をしていただきたいですし、その郷土愛の大きい小さいが仕事の責任感にも比例してあらわれることは、私は当然だなと思います。例えばですよ、町長。この前、明日の青少年を育てる会の総会にご出席されてましたね。涙ながらに篤行青少年の表彰を行ってましたでしょ。例えば、あのとき表彰して涙ながらに本当に人命救助した子が、町長面接の場面でお顔を覚えていていたなと思ったら、採用したいと思いませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのような志の高い青少年を採用できれば大変うれしいなというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) なかなか面接とか自分では書いてこない、そういう隠れた背景も受験者からはしっかり酌み取っていただきたいというのが私の希望で、そのような受験者に必ずげたを履かせろということは言いません。受験に及ぶまでの背景は賞罰にかからないかもしれないこともしっかり、繰り返しになりますが、把握するということをゆめゆめ忘れないように、町長が目指す職員像にかなう人材を採用するため、郷土愛を培うためにも、独自の試験問題っていうのは私は必要だなと、もっと検討していただきたいと強く考えてます。
 これまでの面接の人数とどんな定規にはかった試験がこれまで行われてきたのか、私も受けたことはないのでわからないんですが、執行部は地方創生等々忙しい中で、この問題に関してしっかり、答弁では「来るべき時期が来たら」というんですけども、なかなか来るべき時期というのがこの文の中から酌み取れないので、後でこれは再質問しますけれども。
 話はちょっと変わって1次試験の問題ですが、広報等では会場が役場ではなくことしも仙台大学で統一的に行われるということですが、その自治体を希望する方みんなが同じ問題を受けるという認識で、課長いいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど申しましたけれども、統一試験ということで問題は全て同じになります。したがいまして、会場も1つというような形の中で取り組まれるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先ほども聞いたんですけれども、試験の選考基準である中身についてですが、教養試験ですが、社会、人文、自然に関する一般知識及び文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈に関する一般知能についての画一式の筆記試験とあります。多くの自治体で採用してて、現在では役場等は変わってないんですが、私はこれは進化していく方向で考えていただきたいと思うんですね。このような例えば学校で専門的に勉強をしてる方もいるので、公の場で言っていいかどうかわからないですけど、こんな数学の勉強で果たして社会に出て何の役に立つんだろうと思った勉強も、私確かに私自身はあったんですね。余りにも専門的なことで役所に入ってから関係あるのかないのかわかんないんですけれども、見るとそのような出題も今の試験の中では見られましたので、郷土愛についても人物試験、作文で推しはかる前に1次試験にもですね、大阪の箕面市というところでは「公務員試験対策は不要です」ということで募集要項にもう一番上のところにうたってるんですね。「ことしもSPI3、総合能力試験を実施します。やる気と豊かな想像力のある優秀な人材を幅広く求め、いわゆる公務員試験ではなく企業での実績の多いSPI3による職員採用試験を実施しております。公務員対策は必要ないため、公務員志望の方だけでなく民間企業志望の方にも広くチャレンジしていただける採用試験です」とホームページではうたっております。最近の1次試験の教養試験の中身にもSPI3のような要素が若干盛り込まれてはいるんですけども、例えば我が町の受験者に大河原の歴史、大河原の町の重点的な取り組み、このようなことを独自の問題として出題することも私も郷土愛にもつながってくるのかなと私なりに考えてるんです。執行部の負担が重くなることも十分承知してるんですけれども、来るべき時っていうのが私ちょっと理解できないので、そのような形で、いつそのようなことに変わるのか。また、こういうことを検討した場合に何年かかるのか、課長教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的に町長が申しました社会人枠というようなことになるかというふうに思います。基本的に通常の試験ですと学歴というような形が伴うわけでございますけれども、社会人枠ですとそういったものは特に問わないというふうに思っております。つまり、いろいろなこれまで経験したノウハウであるとか資格であるとか、そういったものを行政のサービスの中にも利用するというか活用することができると思います。
 例えば、そうしますと技士系の職員になるのかなというふうに思いますし、例えば保健師さんであったり、保健婦であったり、そんな形の職種は即戦力の意味で、年齢といいますか学歴も問わないような形の中で採用をしたほうがマンパワーの確保にはなるんではないかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 例えば我が町の試験受ける間にこのような大河原町史年表を受験者が熟読してたり、ここ数年来の町長さんの施政方針をしっかり把握してたりする職員がもし職員試験に受験してたとしたら、私すばらしいことだと思うんですね。町長も民間企業にお勤めの経験もあるでしょうから、まず民間企業に就職と思った場合にですね、まずどのようなことを優先して選びましたか。企業を選んだ理由というのはどのようなものでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 民間企業にいたのはわずか1年でございまして、余り細かいことは避けたいと思いますので失礼します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) いろんな調査で出てくるのは、就職先を選ぶ基準は将来性、給与待遇、社会貢献度の高さ、職場の雰囲気、勤務地の順に就職先は選ばれておるという結果がちょっと私見つけたんですけれども、人口減少社会に転じて今後ますます行政職、役場等を受験する比率って私高くなっていくように思います。特に役場を志す受験生には町等の歴史等学んでいただく上で、独自の試験問題に反映させていただいたり、いろいろとこういうこと、町の取り組みを事前にわかっておくということも私は大切なのかなと考えますので、町長はその辺はもう一度繰り返しになりますけども、その問題というのにそのようなものを反映させるということについては、町長は前向きですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、岡崎委員が見せましたその資料のほかに、ことし4月に発行いたしました大河原の先人集などがございます。そういったものも事前に読んでもらった上で試験に臨んでいただきたいと思ってます。
 ただ、先ほど来繰り返しになりますけども、志の高いってことはもちろん郷土愛も含まれるというので、町のことを思うということで志が高いということで申し上げましたので、当然郷土愛が高い人も対象にしておりますので、そういった意味で郷土愛があるかないかということをしっかりと把握する上でそういった資料は参考になります。ただ、3回面接試験やったんですけども、ほとんどの受験生がしっかりと町のことを事前に勉強してきてるってことは確認しておりますし、それぞれ高い志と広い視野を持って受験されておりますので、先ほど来議論なっておりますけれども、1次採用の枠をもっとふやして選択の幅を広くしろということでありますけれども、これまで必ずしも議員のおっしゃるような人数ではなかったと思いますけども、ただその少ない中でもどの方を採用したらいいか、本当に最後の最後までみんなで悩むぐらい横一線なんですね。だからそういったこともありますので、これまでのことを基本に踏襲しながら、議員ご指摘の新しい要素を加味したような試験にしていくということを検討はさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) とっても採用というのはやっぱり地方創生の第一歩で、マンパワーの中でも現在の職員を育てるよりも採用にも大事な部分があるということで、かなり各自治体力を入れて採用のほう工夫されているようですので、最初のほうの質問でもお聞きしましたが、課長、職員さん1人の生涯賃金というのはお幾らですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今ですね、町としても行政組織の見直しを行いたいというような形で取り組んでございます。そういった中で、人件費の当然試算というような形もあるかと思いまして、実は総務課の大ざっぱな資料ですけれども、例えば採用の主事クラスですと給料、手当、それから共済の掛け金というか町の負担金ですね。それから、退職手当に対する負担金、こいったものを合わせますと450万ぐらいやっぱ年間で、課長クラスになりますと今申し上げた区分の合計ですと1,000万ぐらいにはなるかなというふうには思ってるところでございます。(「生涯」の声あり)生涯。生涯は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 続けて。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今申し上げたのは年間でございまして、生涯になりますと、当然ベースアップとかもありますのでちょっと難しい状況でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私も計算したんですけど2億円は軽く超えると思います。物に例えるのは大変失礼なのですが、面接というのは2億円の買い物をするということなんですね。2億円の買い物をするのに多くの物件を物色するのは極めて当たり前のことで、職員採用にも同じことが言えるんです。そのことだけは、2億円の買い物をする、そういうことなんです。しっかり人物評価にも、その方の郷土愛についてもしっかり慎重に受験者の意図を酌み取っていただきたいというところで、町長、根性論という言葉はご存じでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 根性論ということは、言葉は聞いたことはありますが、十分に勉強したことはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 語源は仏教用語にあったようなんですが、造語ですかね。1964年の東京オリンピックで東洋の魔女と呼ばれた女子バレーボールチームの指導者の大松博文氏、鬼の大松の発言がきっかけとなって、今の根性があればどんな問題でも解決できるといった、ちょっと間違った意味合いになっているそうなんですけども、私は軍国主義でもないですが、この根性論というのは否定はしません。自分がいろんな意味で多くの活動に、個々の議員さんたちも皆さん頑張っておられるのは、やっぱりそれだけ郷土愛が豊かで、私なんかは根っこは青春時代に部活動で培った精神が今の自分を支えてくれてる大きな柱だと思ってます。また、指導してくれた学校の先生や家族のきずなも大切ですし、スポーツを通して心身を鍛え上げた方もやっぱり私は必要だなと強く考えてます。社会の中で。当然役場でも必要だと思いますし、ここ一番にやっぱりしっかり底力を見せてくれる職員、ハートがあるガッツのある職員を私は求めたいと思いますので、町長もそのような点で、特に本当にスポーツマンはガッツがありますので、げたを履かせることありません。もし遜色ない点数であれば、やっぱりスポーツで培った精神というのもしっかり見抜いて選考に当たっていただきたいと思うんですけれども、町長いかがでしょうか。教育長にもお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も若いころはスポーツ大好きで、根性ということをしょっちゅう耳にして一生懸命取り組んだ経験もございます。という意味で、根性というのは本当に私は大事だと思っております。そういった根性を持っているかどうかは、スポーツに限らずいろんな面で根性というのがあると思いますので、そういう根性を持っている人物を見抜くことも大変大事だというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) スポーツの中で鍛えられる心、それは非常に大事なものでございます。また、町長言われるようにスポーツ以外で鍛えた心、これもまた大事でございます。そういったものは一生の人間を支えるために必要なものと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) それでは、(2)の再質問に入ります。
 今、役場の中には保育士さん以外に専門職という方は大体比率的に何%ぐらい、課長、おられるんでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 比率ということでございますけれども、人数でちょっとお答えさせていただきたいと思います。本年4月1日の全職員が185名となっておりまして、男性がそのうち105名、女性が80名でございます。男性がやっぱり56.8%ぐらいになってございます。これにつきましては、185の内訳でございますけれども、学校の条件つきのお二人の先生とかは除かせていただいていておるところでございます。その中で、一般行政職が123名おります。技士系につきましては、建築土木が18名、それから保育士、保健師、栄養士が23名ということで、この保育士、保健師、栄養士につきましては全て女性というような形になっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 余りにも専門性の高い資格のある専門的な仕事はいいんですけども、今後生産年齢人口も減り、やっぱり地方経済もそんなに豊かにはなっていかない中で、やっぱり少ない人数の中でも多くのプロフェッショナルを、町長先ほど答弁で育てていくとおっしゃいましたけれども、必ずしも全てこれは育てる方向で考えて、余り、ヘッドハンティングと言ったらおかしいんですけれども、そういうことはしたくないというふうな受けとめ方でよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) さっき表現しましたけども、基本的には職員をスペシャリストに養成するという方向で、何年も先を予測して、どうしてもその不足するというようなことあれば、役場職員以外からも、いわゆる社会人枠として採用するということを考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 大変優秀な若手職員も育っておると思いますので、危機的な状況には陥らないように先手先手で人材育成というものに取り組んでいただきたいと思います。
 社会人枠ということであったんですけども、この社会人枠というのは以前からあったんですか。ことし初めてやったということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この制度につきましては、県町村会の統一試験の中でもそういった枠組みがございまして、先ほど申しましたように学歴等を問わないような中で試験が行われる枠組みはもう既に制度でできているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 35歳まで広げたということなんですけども、お隣の柴田町なんか見ますと、2次募集かな、追加募集の案件では40歳程度までの募集ということも募集枠の中で広げておられたんですけども、やっぱり社会経験豊かで30代とか女性とかになると35はまだ子育て中で、子育て一段落したぐらいの方でもやっぱり優秀な方っておられると思うんです。例えば看護婦さんとかだと復職率非常に低いんです。夜勤とかあるんで。ここの役所見ますとそんなに過酷な時間帯に仕事するとかっていうのはないと思いますので、もうちょっと採用の年齢枠っていうのは広げたほうが優秀な人材を選べるんじゃないのかなと思うんですけど、その点35歳ではなくもうちょっと上げる方向は検討できないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回、保育士の募集に限って昨年より5歳引き上げを図ったところでございますけれども、ご案内のとおり保育士につきましては嘱託職員等とかそんな形で対応している現状もございまして、責任等の度合いも考えますと、やはり正職というようなことも必要だというふうに思います。そういった形で資格を有する方を多く募集していただきたく35歳に引き上げたところでございます。40歳までのお話があったところでございますけれども、今回5歳もアップしたということで、ちょっと状況を見たいなというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 保育士だけじゃなくてですね、上級についても初級についてももうちょっと柔軟にしてほしいと思うんですけどいかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今、保育士の話をさせていただきましたけども、本年度につきましては全て35に5歳を引き上げてるところでございます。昨年は30歳でありましたけども、本年度は5歳全部、いずれの試験においても引き上げを図っているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) わかりました。ただ、やっぱりその自治体によってばらつきはあるんですけど、しっかりその辺はやっていただきたい。職員に関しても先ほど私、4つのタイプの職員言いましたけども、住民自治基本条例とかの制定も見据えた中で今しっかり動いていると思いますが、やっぱり豊かな創造力と町民目線をしっかり大事にした職員の、町長、職員憲章なんかをつくってみて、住民自治基本条例の前の呼び水というか気概という形で今後やることも検討していただきたいんですけども、住民基本条例についてはどのような今進捗なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 住民基本条例につきましては、現在まだ検討中というところで、その点ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) しっかり若手の職員も巻き込んでですね、大変厳しい言葉で私もちょっと言いにくい部分はあったんですけども、やっぱり全ての職員がAタイプ、Bタイプではなくて、私はCタイプ、Dタイプの職員もしっかり向上できるように頑張っていただくための研修なり、やっぱり言いにくいこともやっぱりこういう役所ですから、お互いミスを指摘、厳しく指摘し合うという雰囲気にはないと思うんですけれども、しっかりその辺はやっていただきたいと思います。特に若手の職員では、本当に私もご挨拶できないような方がおりますので、その点だけはしっかりご指導いただくように申し上げまして、3項目の質問に入ります。
 大中グラウンドのさらなる整備を急げ。
 生徒数、今年度651名の大河原中学校グラウンドは、これまでさまざまな改修を経てきょうまで至っているが、根本的な問題点もあり解決されてはいないが、部活動はもとより体育の授業で使用するに当たっても水はけの問題には大きな課題を残しております。また、乾燥時、風じん、砂じん、砂ぼこりは近隣住民の洗濯物を汚し、学校への苦情はふえております。ことしの10月には町民健康まつりが開催され、広く町民が集うところとなります。
 町長公約の芝生のグラウンドは地方創生中であらゆる検討を重ね、来年度から本格的に進めるとして、今グラウンドを大きな予算をかけなくてもよいので、できる部分は急いで整備することを検討していただきたいので、以下質問いたします。
 1、近隣住民の風じんによる苦情を町は把握していたのか。把握していたとすればどのような対応が協議されたのか。
 2、3月の予算委員会で質疑したが、グラウンドの土の入れかえについてその後検討されたのか。
 (3)グラウンド脇の側溝が機能しておらず、排水が非常に悪い。直ちに側溝の改修を急ぐべきである。
 以上3点、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 大河原中学校グラウンドから発生する風じんについて、近隣住民からの苦情を町は把握していたのかとのご質問にお答えします。
 現大河原中学校校長が一昨年春に着任したころには、野球グラウンドからの砂ぼこりについて、近所の方からの苦情が数件あったことを確認しました。しかし、このことについて町教育委員会への報告はありませんでした。ただ、大風により周辺住民へご迷惑をかける砂じんが発生することは確認しておりますので、その対策として有効な方法を探ってみる必要があると考えております。
 グラウンドの土の入れかえについて検討したのかとのご質問ですが、3月の予算委員会での質疑の中で、議員から体育施設用の土を寄附したい方がおられるという話を受けておりましたが、まだ具体的な検討はできないでおるところであります。
 次に、グラウンド脇の側溝についてのご質問でございます。
 大中グラウンドの雨水排水は、校舎とグラウンドの間のアスファルト舗装路に接して設置したL型側溝に流れ、排水路に流下する構造となっております。集水ますは、等間隔に7カ所設置し、舗装路の下を横断して校舎側の排水溝に流す仕組みになっております。この集水ますの状態を確認したところ、土砂などが入って流れを阻害しているところもありましたので、今後ますの点検と清掃を行いたいと考えております。また、グラウンドの形状や中央から側溝のほうに雨水が流れやすい状態になっているのかどうか、また表層から下層の土質はどのようになっているのか、総合的に状況を見きわめて改修の必要性について調査したいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 防砂ネットっていうか草よけですね。いろんな軽いタイプ、今の柱に取りつけても強度が大丈夫かどうか、重いものと軽いものとあるようですので、もし近隣住民の方、お聞き取りいただいて諦めてたりしたりするのであれば、対応するような形でですね、言ってもしようがないのかなと思って諦めてる方もいると思いますので、実際声は出てますので、その辺の対応をお願いしたいんですけれども、防砂についてはその点、検討されたんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 防砂ネットの件につきましては、お話は伺ってはおりますが、まだこちらのほうで具体的な検討に至ってはおりません。ただ、設置するに当たってのネットフェンス等の強度等については十分考慮しなければいけないのではないかというふうには考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 蔵王おろしとは逆の方向の風なので、そんなに頻度は高くないと思うんですけれど、もしご迷惑をかけているとすれば申しわけないので、対応をよろしくお願いしたいのと、(2)については担当課のほうと話したいというか、ゆっくりお話ししたいと思うんですけれども、(3)について、学校は昭和50年当時と違って、向かい側に流れ込んでいる側溝は、今農業用水に使っていないと思うんですね。だから今、気を使って当時の工事したとき、6年前に私、議員になったとき初めて質問してグラウンド改修していただいたんですけれども、あの対応ではなくて、一定に流して、今側溝のふたもとれない状態なので、その辺直すような検討を、しっかり健康まつりまでやっていただけるということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。(「町長からも」の声あり)総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 町民健康まつりまでの間には、今できることがどれだけあるかについてをちゃんと見きわめて対処したいというふうには考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ちゃんとしっかり進めてもらいたいと思います。
 これで質問終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 10番庄司 充であります。議長の許可をいただきましたので、一般質問をいたします。
 私の一般質問は2項でございますが、まず1項目。蔵王山噴火に備える我が町の力と題しまして一般質問いたします。
 一般質問する前に、きょうこの一般質問を行うとき、河北新報の朝刊で、ここにございますが、蔵王山警報きょうにも解除という明るいニュースが入ってきました。このときこそ大事なことだと緊張感を持って一般質問に臨みたいと思います。
 平成23年3月11日午後2時46分、三陸沖北緯38.1度、東経142.9度、震源の深さ24キロ、マグニチュード9、最大震度7という巨大地震は最高36メートルの大津波を伴い、宮城県、福島県、岩手県に甚大な被害をもたらしました。あれから4年が過ぎ、全国からの復興・復旧の支援のもとに東北は懸命によみがえろうとしております。
 しかし、この巨大な揺れが原因で、地底では思いも寄らぬ次なる異変を起こそうとしております。巨大地震の数年後に、震源地から遠くまで及ぶ活火山が噴火をしていたという記録が多く残されております。
 2014年、昨年9月27日、長野県から岐阜県にまたがる御嶽山が突如噴火をしました。同年10月8日、蔵王山の山頂付近の火口湖、お釜でございますね。水面に白濁を確認しました。ことしに入って福島県吾妻山、そして神奈川県箱根山に噴火の危機が迫っておりました。その中でも我々に最も身近な問題は、すぐ目の前にある蔵王山の噴火であります。蔵王山小規模噴火の恐れありとして、仙台管区気象台が警戒レベルを引き上げ、宮城県、山形県に水蒸気噴火想定を呼びかけたのは4月14日であります。以後、蔵王は噴火活動が活発になったり静かになったりを繰り返しながら現在に至っております。
 これらを踏まえ、次のことを一括して質問いたします。
 蔵王町ではいち早く身の危機を察知し、あらゆる防災対策に努め、山形県との情報連携をとりながら県や国に対する協力要請を行っていたが、我が町では我が町なりの対策を講じているものと思います。現在までの対策予防一切を詳しく教えていただきたいのであります。
 また、3月発行の大河原町防災マップの別紙、この紙ですね。蔵王山噴火活動情報についてと題し、予防対策を全戸に配布したことは見事な処置だと評価いたしますが、あれをもとに現実に人を動かし、完全実施するためには、町民にどのような指導周知をするのか。そして、現実に蔵王山噴火に直面したとき、対策本部である町ではどのような動きをするのか。
 以上、お伺いいたしまして、場合によっては再質問させていただきます。よろしくお願いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 その前に、本日午前9時に仙台管区気象台が警報を解除いたしましたことをご報告申し上げたいと思います。
 それでは、回答を申し上げます。
 初めに、蔵王山火山噴火警報、火口周辺危険警報に伴う本町における対策についてのご質問であります。
 4月13日午後1時30分に仙台管区気象台からの火口周辺警報、火口周辺危険発令を受けて、臨時に防災計画に基づく警戒配備体制関係各課等を招集し、警報内容等の情報共有と今後の対応等について協議を行ったところであります。
 警報内容については、水蒸気噴火が想定される火口域、いわゆるお釜からおおむね1.2キロメートル以内の地域に噴石等の落下の危険性があると警戒を呼びかけたものであります。
 本町はお釜から約20キロメートル以上も離れておりますことから、この時点での警報情報では噴石等の落下よりも火山灰被害の想定を中心に意見を出し合ったところであります。また、火山の噴火という初めての警報発令でありますことから、警戒地域とするエリアメールの対象外ではありますが、本町の防災メール及び防犯メール登録者に警戒情報を発信いたしました。そのほか、議員からよい評価をいただきました防災マップに折り込んだ蔵王山火山情報チラシを初め、町ホームページでの県及び周辺市町の火山対策情報等を公表しているところであります。さらに、火山警報警戒情報が継続する中で、町内各学校による児童・生徒へのマスクの準備、携帯の連絡、災害対策費でのマスクの購入などに努めているところであり、今後も新たな情報による対応を考えてまいります。
 また、避難等の具体的な町民の対応につきましては、総合防災訓練での火山被害対応を初め、災害対策本部の強化充実を図り、適格な情報発信に努めるとともに、避難所及び避難道路等の確保、農作物の被害対応、飲料水の確保など住民の安全安心につながるさまざまな視点から検討してまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時から再開いたします。
     午前11時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 以前から、今回の噴火に対して町が万全の対策をしていたと聞いておりましたが、先ほどの町長答弁で明らかになり安心をしておりますが、改めて今回の噴火について、発生警報からの順を追って検証してみたいと思います。
 2015年4月14日火曜日、蔵王山小規模噴火の恐れありと仙台管区気象台が警戒レベルを引き上げました。4月14日同日ですね、「蔵王山噴火警戒周辺市町村安全対策急ぐ。立ち入り規制や注意を呼びかけている」という河北新報の記事が掲載されました。蔵王町では副町長が中心になって蔵王山火山警戒本部を設置いたしました。県では村井知事が、「登山者は火口周辺から1.2キロの範囲に立ち入らないようにしてください」と。「さらに今後の情報に注意してください」と呼びかけました。蔵王町も県もこの時点では安全対策が早かったように私は思いました。
 4月15日になりまして、宮城県・山形県にまたがる蔵王山噴火警報が自治体から住民へ、自治体同士の情報伝達が遅い、また町民に緊急速報メールが届かなかったとか、県との連絡におくれが生じたとか、蔵王町・川崎町両町ではNTTドコモの携帯にメールが届かなかったとか、こんな声がどんどんと殺到してきました。地元の人たちがこの時点で知らなかったという声も聞かれました。我が町ではこのころあたり、情報連絡はスムーズにいっておりましたか。当時この時点で大河原町はどの程度のことをしていたかお聞きいたします。副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 蔵王山の噴火警報に伴いますことにつきましては、町長の答弁でお答えしてるところでございますけれども、まずエリアメールということで気象庁等の関係で一報が入ったというふうに思っています。このエリアメールといいますのは、基本的にエリアを区切るということで、蔵王、川崎、白石、七ヶ宿、この地区につきましては限定された中でエリアメールが発信されたということでございます。それ以外の町、2市7町もありますけれども、エリア外ということで入らないような状況になっておりまして、当然大河原町にはそいった情報は入らなかったんですけれども、町長会なんかでも話題になりまして、先ほど申しましたように警戒配備の関係課を集めまして情報の共有と、やはり住民のほうにもお知らせしたほうがいいんではないかということで、エリアメールの地域外でございましたけれども、先ほど申しました防災メール、それから防犯メール、この登録者に関しまして独自に町が気象情報の発信内容を配信させていただいた次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) わかりました。
 さて、4月16日木曜日になりますと蔵王山噴火の兆しがますます活発になってきたという報道がありました。遠刈田・青根・峩々温泉に宿泊キャンセルが相次いで起きました。当初、359件のキャンセルでありました。蔵王町では遠刈田温泉に防災用野外スピーカーを設置する方向で検討に入りました。
 翌4月17日金曜日になりますと、これでも蔵王町の対策準備が遅いなどの声が聞かれました。私は非常に早い対応だなと思っていたんですけれども、蔵王山の火口周辺警報をめぐり、蔵王町は遠刈田温泉の観光関係者約80人を公民館に集めて説明会を行ったそうでございます。そこでもやっぱり地元の人はそれでも安心できないんでしょうね。いつ爆破するかわからないものを抱えておりますので、これでも観光の町なのに対応が遅いんじゃないかといった批判の声、さらに大型連休を前に影響を懸念する声がいっぱいあったそうでございます。
 このころ、4月14日から17日あたり、蔵王町を中心に山形蔵王、川崎、七ヶ宿が風評被害と迫りくる現実災害のはざまにあって、必死で防災対策をしていたのですが、今課長の説明にあるとおり、大河原はこのエリア外だということでそんなに大きな心配はなかったんだろうと思いますけれども、大河原町は桜まつりの真っただ中、恐怖感とか不安とかどのように感じ、いざというときの心構えはどのように持っていたのかお聞きいたします。副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 本町におきましては、先ほど町長申し上げましたとおり、噴石等のエリアの外でございます。考えられるのが灰が飛んでくるっていうようなことも危惧されるところでございますけれども、そのようなことに関しましては、先ほど町長申し上げましたとおり、子供さん等へのマスク等々の対応等もやっておったところでございます。
 そのようなところからしまして、蔵王当事者であります蔵王、川崎あたりとは、若干本町には異にしている状況にあったと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 5月に入りまして、5月8日から入りまして箱根山が噴火警戒レベル2、3に上がりました。このころになりますと、日本列島各地で大小さまざまな地震が起こった。さらに口永良部島というんですかね、が噴火をして、三宅島、桜島、霧島山、御嶽山、阿蘇山、箱根山、白根山、吾妻山など、何か相次いで噴火の兆し、噴火をしてるところもありました。そして、蔵王山は活発な中に小休止をしていたように思われます。特に口永良部島の噴火活動により次のことがわかりました。レベル3から5の噴火活動の火口から6,000メートル以上の噴煙が上がった場合、火山灰は100キロメートル離れた地域に火山灰が飛んでくると、こんな現実に驚いたものでございます。
 蔵王山が大きな噴火をした場合、お釜火口から、先ほど町長がおっしゃいました大河原町にも多くの火山灰が降ってきます。白石では火山灰対策計画を立ち上げまして、道路の白線、それからオレンジ色の線、緑の安全マークなどが火山灰に埋もれて見えなくなり交通事故のもとになる、また人体にも農作物にも被害が及ぶということで、市は火山灰の収集袋3万枚を用意し、作業用ゴーグル、子供用マスクなども用意をいたしました。我が町ではこれに対応するような対策を当時考えておりましたか。家屋、作物または人的被害などでございますけれども、この辺を教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今、議員のご指摘の白石の対応でございますけれども、5月の18日に河北新報に掲載されました。市の場合につきましては、火口区域から5.5キロということで、やはりちょっと大河原町とは地域的な部分があって違うのかなというふうに思ってたところでございますけれども、今回の地域防災計画の見直しの中でも火山灰対策ということで一応小さな行ですけれども掲載してるような状況でございます。そういった状況がなれば、当然対策本部等々設置いたしまして関係各課、それからあと委託業者というような形の中で対応するような形になるというふうに思っておりました。当面、そこまでの計画性を立てたものではございませんけれども、町長が申し上げましたけれども、マスクなんかは一応購入した経緯がございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それでは、そのころなんですが、小中学校ではその噴火の危機が及んでいるというそのころ、今回の蔵王山、もし噴火したならばの想定のもとに生徒たちに防災の実地訓練とかあるいはそういう認識をさせるとか、そんな対応のお話などを児童にしていたのでしょうか。その点、教育長お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 4月の校長会におきまして、蔵王の噴火、特に火山灰対策について可能な限り対策をとるよう通知したところでございます。それを受けまして、5月の8日金曜日に大河原小学校で蔵王山噴火避難訓練を実施したところでございますが、6月1日号の大河原小学校学校便りにその様子が掲載されておりますので、後ほどごらんいただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) そして、5月の15日ですか、大河原小学校で。それは、どんな内容で、さらにことし入学したばかりの1年生などはどんなふうに受けとめていたかお聞きしたいんですが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 訓練の時間帯は3校時目、大体10時半過ぎに行いました。校庭で活動している子供たちを校舎内に避難させるという訓練でございました。マスクを持っている児童についてはマスクをかけるように、持ってない児童についてはハンカチ等で口を押さえるように、そして速やかに教室の中に移動するという訓練を行ったところでございます。
 小学1年生については、特に1年生だけの訓練ということではなくて、全校一斉に同じような訓練をしたところでございますが、なお担任には1年生の先生なりに対応したというふうに理解しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 5月に入りまして、各地で活発な火山活動がずうっとあったんですけれども、そのころに蔵王山の警報が解除の可能性を検討していると気象庁が発表しました。それでも山頂レストハウスにサイレンとか放送設備とか防災倉庫を設置して、さらにまた再燃するかもしれないそういう災害に対して準備をしていたそうでございます。
 そんな中、6月9日に結果的には大型連休前後、蔵王宿泊施設のキャンセルが4,500人分発生したという報道がありました。それで、仙台管区気象台は6月9日になりまして蔵王山に出された火口周辺の警報について解除の検討を本格的に始めたと。このままおさまるのではないかという見通しを立てました。地元ではエコーラインの全面開通を要望したところでございます。
 そんな折、明るいニュースが我が町にありました。大河原町は町内にあるグリーンホテル、大河原の運営会社若木氏と災害時の帰宅困難者の受け入れに関する協定を結んだと11日付の河北新報に協力者である若木社長と我が町の伊勢町長がですね、大きな新聞の紙面のカラー写真にですね、これ見よがしにどや顔で写っている。大変結構なことだと思います。あれが目に見えない防災対策の姿なのではないかと私は喜んでおりました。
 そこで、あの協定の発端と目的を改めて詳しく教えていただきたい。さらに、一番大切なのは、なぜ今なのかいうことを町長にお聞きいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 帰宅困難者の協定の発端と目的ということでございますけれども、何回も申し上げてございます。今年度、昨年度ですか、地域防災計画の見直しということで2カ年をかけて検討してまいりました。大きな内容の変更もあったわけでございますけれども、あわせて避難所、これにつきましても大幅に見直しをさせていただいたところでございます。これまでの指定避難所を増加、それから新たに指定緊急避難場所、公園とかになりますけれども、こういった場所を50カ所確保したところでございます。
 それで、いろいろ避難に当たってはやはり交通弱者とか、あるいは電車等がとまってしまって帰れないと、こういったことも多々あったようでございます。そういったことも踏まえて地域防災計画の見直しを行ったところでございまして、今回は新たに民間の施設を指定避難所にしていただいたり、さらには福祉避難所、老健施設等を3カ所ですね、協力をいただきました。そしてまた、今回帰宅困難者ということで、実は大河原駅、1日にやはり2,000人から3,000人の乗降客がいるようでございまして、そういった方のためにもですね、せっかく町内にホテルがあることですので、若木さんを通じてお話をしたところご協力いただけるってことになりましたので協定をさせていただいたというところでございます。災害時の何ていうんですかね、対応をするというような形の中で協定をさせていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それで今、民間とのこういったものの連携ということですけれども、ついでにお聞きしますが、町内にあるコンビニエンスストアとの防災対策の協力体制などは以前に多分していたと聞いておったんですが、今回の噴火に対してのコンビニとの協力体制の懇談とか、そんなことをしていたのか。既にしていたならば、どの業者とどのような点を重点的に話し合われたか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 蔵王の噴火っていうことに限るわけではございませんけれども、コンビニにつきましては、セブンイレブンとは災害時の物資の応援協定というような形で協定をしているかと思います。そのほかにもちょっと地域防災計画書の中には協定の内容を全て盛り込んでおりますけれども、ちょっと今確認できない状況でございますので、後ほど協定の内容についてお知らせさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 宮城県沖地震から37年たちました。今、鎮静したとはいえいつまた再燃するかわからない蔵王山の噴火を目の前にして、宮城県民防災の日、6月12日でしょうか、県内各地で防災訓練が行われましたけれども、我が町では何か秋口にやっているようでございますが、今回この蔵王の噴火と関連して、大河原町では町ぐるみの防災訓練を行わなかったようなんですが、これはなぜなのか。何か理由があったのか。副町長、お願いします。何で課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 総合防災訓練、大河原町は秋口にずうっとやってきてございます。でも、6.12ということで県内の取り組みがあるわけでございますけれども、大河原町は秋ということで、ことしはですね、11月の22日に南小グラウンドを予定したいというふうに思っております。担当係長を通じていろんな形で今検討してございまして、例えばあそこはヘリポートの発着地になってございますので自衛隊にちょっとお願いしてみたり、そういったことも今やっております。今回は、町長の答弁にもありましたけれども、大規模地震及び蔵王山の火山というような想定も踏まえて訓練をしてみたいというふうなことも検討しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それから、この防災マップのとじ込みの蔵王山火山活動情報についての印刷物なんですが、これはこの防災マップと一緒に配布したようですけれども、これの具体的な説明とか実質的な実際的なこの動きなどは、町民には説明会とかなんとかしたのすかっていうのもあれだが、したのすか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回、防災マップに蔵王山の火山噴火時の降灰エリアというような形で折り込みさせていただきました。実は防災マップはもう既に、3月の時点ではでき上がっておりまして、その時点ではもう蔵王山の情報を入れるってことはまず不可能でありました。で、でき上がったんですけれどもなかなか区長さん、地域の住民の方に配布するような状況でなかったんですけれども、その間にその蔵王の情報が入りまして、急遽ではございますけれども、一応住民の方に広く周知をさせるためにも1枚1枚折り込みさせていただいて情報の提供をさせていただいたということでございます。特にその部分に関しての説明会はいたしておりませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それはあえて説明会をするまでもなく、これを見て理解してくださいということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) とりあえず新たな情報の発信ということで考えさせていただきました。で、どんどんそういった情報が何かの対策を講じなければならない状況になりましたら、当然災害対策本部の設置をするわけでございますけれども、それとあわせて地域住民の方にお話をするつもりでございまして、その時点ではまだ情報の提供ということで考えさせていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 私は、このマップと一緒にこの印刷物ですね、これが出たころによくいろんな人とお話、雑談ですけれどもありまして、多くの人がですね、「普通はこのマップが配布されても見出しとか重要なところ見るだけで余り見てないんだけんども、今回この蔵王山の噴火で、こいつ入ってきてうんとよかった」と。普通は余り見ないんですね、細かいとこまで。でも、たまたまその蔵王山噴火なんていう危機のときでしたんで、みんながちゃんと見てくれたそうです。でもやっぱりね、6.12の防災祭りなんか各町でやっていたようですけれども、そういうときこそですね、町民にじかに課長の声で知らせて、そしてちゃんと理解してもらうと。いろんな疑問点もあるでしょうから、そんなようなことをしてもらえばよかったなと思っていたところでございます。
 さて、大体お話を聞きますと、噴火の恐れありというところから今回のきょうの警報を解除するという一応安全の時期に、この間2カ月ぐらいですかね、町が目に見えないところで万全の対策をしていたということを確認いたしましたので、非常に安心をいたしました。蔵王山噴火の恐れも警報解除になって一安心でございましたが、これで終わりではありません。もう行政の皆様方はご存じのように、活火山である限りいつまた再燃するかもしれない大きな災害に対しての備えは大切だと思います。このまま後何年も何も起こらないかもしれない。しかし、あしたあさってにまた再燃して起こるかもしれない。今回の防災対策は決して無駄ではなかったと思います。いつまた襲ってくるかもしれない自然の猛威に対して、いつでも対処できるように万全の備えと心だけはしっかりと持ち続けたいと思います。今回の行政の対応にはただただ感心をいたしまして、この項の質問を終わります。
 続きましての質問なんですが、空き家特別措置法と我が町の方策と題しまして質問いたします。
 全国市町村の空き家の所有権を確かめ調査し、迅速に特定する目的で、政府はことし2月に空き家対策の特別措置法を一部施行し、自治体に固定資産税の納税記録を照合することを認めました。
 さらに、5月26日、この特別措置法が全面施行され、全国82万戸の空き家対策に本格的に乗り出しました。市区町村は、治安や防災上の観点から空き家の所有者に撤去や修繕を勧告、命令ができると定めました。
 我が大河原町を見て回りますと、廃墟と化した建物からまだ新しい建物、または住居続きの店舗までさまざまな空き家が見られます。特別措置法が全面施行されるに当たり、我が町の空き家現状と今後の対策について町の方針を伺います。
 1、都道府県別の空き家率を見ると、宮城県は9.4%と少ない位置にあるそうですが、大河原町内の完全空き家はどれぐらいありますか。
 2、この空き家のうち税の対象になるもの、倒壊がひどく危険なものなどなど、どれぐらいありますか。
 3、町内の空き家の弊害による近隣の住宅住民から苦情など聞かれたことがありますか。それにより、以前にこのような空き家の所有者と話し合ったり、相談したり、勧告したりしたことはありますか。あればその結果はどうでしたか。
 4、空き家対策特別措置法に該当する物件は町内にどれほどありますか。
 5、この措置法を町ではどれほど重要と考え、今後どのように生かしていくつもりですか。また、空き家に対する活用など町の取り組みはどのようになっておりますか、伺います。
 以上でございますが、場合によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町における空き家状況についてのご質問であります。
 昨年、本町における空き家情報を行政区長の目視により調査いたしました。その調査結果によりますと、件数は205件であります。
 なお、空き家の定義につきましては、今回の空き家等対策の推進に関する特別措置法、いわゆる空き家対策特別措置法により、居住その他の使用がなされていないことが常態であると定義されたところであります。
 次に、税の対象となる空き家及び危険な空き家の状況についてのご質問であります。
 現在のところ区長の目視調査集計から進んでない状況であり、今後この調査結果をベースに再度確認を行い、危険な空き家等の判断を行うことを考えております。
 次に、空き家等に対する苦情についてのご質問であります。
 建物の敷地内の樹木や雑草の生活環境を初め、屋根や外壁の倒壊などの危険回避等の問い合わせがあった経過がございます。本町の対応としましては、所有者の方に適正な管理をお願いしているところであり、勧告までの行政権の行使には至っておりません。
 次に、いわゆる空き家対策特別措置法の該当する空き家物件の件数についてのご質問であります。
 現在、本町のデータは、先ほどお答えいたしましたとおり区長による調査データのみであります。今後、この調査データをベースに全町にわたり再調査を行う方針でありますのでご理解願います。
 最後に、本町の空き家対策の取り組み方針等のご質問であります。
 この取り組みにつきましては、本町においても重要な政策の一つであると考えております。まずは、空き家対策特別措置法の十分な理解と再度の調査を行い、「住んでよかった、住みたくなる、歩きたくなるまち」、そして「開かれた先進のまちおおがわら」を目指し、生活環境の充実、空き家の利活用等、さまざまな視点で取り組みたいと考えているところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 再質問をさせていただきます。
 町内空き家のうち、全く人が住んでいない住宅で所有者が町外に移転している方は何人おりますか。その際、所有者不在の空き家の税金っていうのはどうなっているんでしょうか。その辺を教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯税務課長(井上泰伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(井上泰伸君) 空き家で所有者が町外に移転している件数でございますけれども、ただいま手元に資料がございませんので後ほど調べてご報告いたします。
 また、所有者がわからない場合の固定資産税の課税でございますけども、基本的に所有者はおおむね把握してございまして、その所有者がわからないというのは、その場合は公示送達によりまして一応手続をとっております。ただ、所有者がわからないので直接は届かないと。税は賦課できないということになりますが、公示送達でそういう場合の手続が定まっております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 先ほど町長が答弁の中でありましたけれども、空き家で隣への弊害っていいますかね、ひさしが隣まで出ておりまして、大雨のときなどが隣の敷地にはみ出した屋根から大量の雨が流れ込んだり、それから隣接する庭の木から大量の落ち葉が隣の庭に落ちてくると、屋敷内に落ちてくる。そういう苦情を私は結構聞いたことがありますが、そういうのは注意をしてる段階なんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町にですね、そういった連絡といいますか問い合わせがあった場合には、町としても町が単独でいろいろ行動を起こすことはまずできないというふうに考えております。したがいまして、町長の答弁にもありましたけれども、まずは所有者さんに適正な管理をお願いするというような形の中で修繕、改善まで依頼している経緯はございます。
 今回の特措法も、基本的には、第一義的には所有者の適正な管理ということの中で法律が制定されているようにございますので、やはり所有者の責任ということでは非常に重いのかなというふうには思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この空き家ですね、この措置法ができる以前の話なんですが、前町長時代に町内の空き家及び空き店舗の再利用などを徹底検証し、商工会と連携を持ちながら若い人たちの活動の場、町外からの人たちを勧誘する手だてにしたいという計画がありましたが、現町長はどのような構想をお持ちでしょうか。この空き家対策の中で。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの答弁の中にもありましたとおり、「歩きたくなるまち」の一環として活用できないかということで検討はしたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) これで私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、一般質問通告書に従いまして質問させていただきます。
 まず初めに、効率的な保健事業の医療費適正化に効果を上げる観点から、レセプト健康情報等を活用したデータヘルスの推進について質問いたします。
 厚生労働省は2012年度に全国の医療機関に支払われた医療費が過去最高の38.4兆円になったと発表いたしました。そして、団塊の世代が75歳を迎える2025年度には約54兆円にも達する見込みで、医療水準を維持するとともに財政の改善が課題となっております。
 平成25年6月に閣議決定された日本再興戦略において、国民の健康寿命の延伸というテーマの中で、予防、健康管理の維持、健康管理の推進に関する新たな仕組みづくりとしてデータヘルス計画策定が盛り込まれております。
 まず、全ての健康保険組合がデータヘルス計画を策定し、平成27年度に実施することを目標に平成26年度中に健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針を改正する。それとともに、市町村の国保が同様の取り組みを行うことは推進するとしております。
 データヘルスとは、医療保険者によるデータ分析に基づく保健事業のことです。レセプト医療報酬明細、健康診断情報等を活用し、意識づけ、受診勧奨などの保健事業を効果的に実施していくため作成するのがデータヘルス計画であります。
 厚生労働省は、平成26年度に予算概算要求において健保組合等におけるデータヘルス計画の作成や事業の立ち上げを支援し、また市町村国保等が同様の取り組みを行うことを推進するため、平成26年度予算概算要求において97億円を計上しております。平成25年度当初予算は2億9,000万なので、力の入れぐあいがわかるというものです。データヘルスとは、今後重点分野の一つであると言えます。自治体においても積極的にデータヘルスを導入することによって医療費の適正化に効果を発揮すれば、国保財政にとってメリットとなると思われます。
 厚生労働省の各種調査、ジェネリック医薬品使用促進の先進事例に関する調査報告(平成22年度)実施に至るまでの経緯などを呉市の取り組みが詳細に公表されていますが、呉市は65歳以上の人口比が約31%に上り、同規模の人口の都市では高齢化率が全国第1位、当然医療費が膨れ上がり、2008年には1人当たりの年間医療費が約60万という全国よりも4割高いという状況でありました。危機感を募らせた同市は、医療費適正化へ本格的に乗り出し、着手したのが国保加入者のレセプトのデータベース化であります。レセプトの電子化はスキャナーで画像を読み取るだけではレセプトの中にある多くの情報を利用できませんが、文字を読み取りデータベース化することによってさまざまな分析や取り組みが可能となります。
 現在呉市で実施しているジェネリック医薬品促進通知サービスも、レセプトデータをデータベース化することでジェネリック医薬品との照合が可能となっています。その上で、医療費削減に効果があるとされている患者を対象に継続服用している先発医薬品を安価な後発医薬品、ジェネリック医薬品に切りかえた場合、負担軽減を通知いたしました。その結果、対象者の約7割がジェネリック医薬品の利用促進を図り、削減額が累計で5億円にもなりました。同市によるレセプト活用はジェネリック医薬品の利用促進だけでなく、保健師や看護師による訪問指導などを行い、医療機関での過度の受診を抑制することにも効果を発揮しています。
 本町においても、今後の保健事業の課題を対象とし、レセプト健康情報等を活用したデータヘルスを積極的に推進してはと考えますが、また町独自の対策を考えるのであれば、あわせて町長の見解をお伺いします。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、データヘルスの推進についてのご質問であります。
 本町におきましては、現在このデータヘルス計画を策定中でございまして、レセプト等のデータ分析に基づき町民の健康保持増進のため事業計画を作成し、計画に基づき事業実施と評価をするものでございます。
 この計画の策定に活用できるように、医療、健診等の情報を連携した国保データベースシステムを宮城県国民健康保険連合会及び国民健康保険中央会で本稼働に向け調整をしているところでございます。
 このシステムにより、従来困難でありました多くのデータに基づく医療費の内容分析等が可能になりますので、健康づくりや疾病予防等の保健事業に活用してまいりたいと考えております。
 レセプトデータベース化でございますが、宮城県国民健康保険連合会におきましてレセプトが電子化されておりますので、このデータベースを活用し、ジェネリック後発医薬品に関するお知らせを昨年の10月から実施しております。通知発送後、ジェネリック医薬品の利用率がわずかに上がっており、医療費の削減につながると思っております。今後も動向に注目しながら、ジェネリック医薬品利用の啓発に努めてまいります。
 なお、本町の国保加入者の平成25年度中の1人当たりの医療費は高いほうから16番目でございます。金額は33万円でございます。
 また、各種健診、健康教室等をおおがわら町民学園の対象事業としておりますので、町民の方に参加を呼びかけ、健康長寿を目指すとともに医療費の抑制に努めてまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これをなぜ申し上げましたと言いますと、費用対効果っていいますか、日本全国47自治体がこれを取り組めば、今後の財政関係と思いますけれども、地方創生にかかわるというふうなことで精力的に取り組んでいただきたいというふうなことで一般質問させていただきましたので、それに対して感想をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご質問の趣旨を理解しながらご答弁をさせていただきまして、そのような方向で現在いろいろ準備を進めているところでございますので、なおさらに費用対効果を考えてしっかりと取り組んでまいりたいと、決意を新たにしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、2番目についてでございますけれども、災害時避難所に段ボール簡易ベッドの活用です。
 避難所での環境改善のうち、睡眠の改善は特に重要です。震災における精神的ストレスは心血管事故を引き起こすこととともに、阪神・淡路大震災の震災時疾病調査から既に報告されております。また、精神的ストレスを左右する重要な要素は、十分な睡眠がとれるかどうかである。
 避難所における就寝形態は、日本文化を反映して敷布団に当然のことと認識されてしまっております。しかし、一般家庭での中ならいざ知らず、不衛生かつ冷たい床の上で雑魚寝では快適な睡眠が得られるはずがない。やはり快適な温度と適当な高さを有した寝床が必要である。
 今後、地震大国日本においては、避難所設備を改善することは最重要課題である。国レベルでの避難所における睡眠環境の整備は真っ先に取り組まなければならない。この活用については、有効性の認知度が広がっている。また、医師の強い推進の声もある。国の災害対策の指針などに盛り込まれて、柴田町、川崎町、蔵王町が導入し、平成27年3月には仙台市も導入しました。名取市においては同様の施策を着手し、災害時に速やかに搬入する旨を契約段ボール会社と締結しました。当町においても、ぜひ当ベッドの活用を行うべきと考えるが、町長の見解を伺います。
 答弁によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 災害時の段ボール会社との協力締結についてのご質問であります。
 本町におきましては、平成25年3月25日付で山形県山形市の段ボール会社東北カートン株式会社と災害時の物資調達協定を締結済みであり、ご指摘の段ボール製品も救助物資の供給対象となっております。
 なお、使用については段ボールでのベッド、間仕切り、シートなど避難所で使用することができるものとなっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) なぜこの質問をしたかといいますと、締結というのは、倉庫は要らない。そしてお金もかからないと。でも、段ボール会社と締結すれば、必要な分だけ条件の中で呼び寄せれば3日間のうちに届くというふうなことで、あえて取り上げさせていただきましたし、費用面についても費用対効果は生まれるんじゃないかなと。ましてや高齢者における寒い床の中であの3.11のときの南小学校でのボイラーの中で大変寒かったおじいちゃん、おばあちゃんたちおりますし、ああいうとこの床に敷いたのはちょうど運動マットのマットレスなんですよね。大体1枚に対してこんなやつ。体操選手が座るような。本当にその中においても、やっぱり寒いと。やはりある程度の高さと、ある程度の断熱と、快適なとこで安眠させると。ああいうところにいるとね、大変体に不健康を起こしますので、そういうふうなほうの締結されておいて、より緊急の場合はそういうふうなことに取り組んでいただければと思いまして。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答え申し上げました。平成25年3月25日で協定を締結いたしております。私もそのベッドで横たわった経験ございまして、大変避難所で力を発揮するもんではないかというふうに自信を持ったところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) そのように、町民の方に震災が起きたら早急にやっていただきたいというふうなことをお願いいたしまして、3番目のほうの空き家対策について質問させていただきます。
 3番目は、空き家対策条例の制定であります。
 総務省の統計によると、全国空き家では2013年度に820万戸、上がります。総住宅数に占める割合は13.5%と過去最高の更新をしております。今後も高齢化の人口減少を背景に増加が見込まれます。30年後には空き家率が4割を超えるという推計もあります。
 また、空き家を放棄されると老朽化により倒壊などの危険があります。災害時には避難や消防の妨げになりかねません。衛生面や景観にも深刻な影響を及ぼします。
 こうした中、各自治体は物件情報を公開し、利活用を促す空き家バンク制度を導入するなど独自の対策を進めてきました。
 国土交通省によると平成26年度10月に全国で401自治体が問題のある空き家持ち主へ指導勧告を行うための条例を施行していますが、しかし現場の担当者からは、「個別の対応にも限界がある」との切実な声が上がっていました。
 こうした実情を踏まえ、自治体の取り組みを詳細に調査する中で取りまとめた法律が2014年の11月19日に成立した空き家対策推進特別措置法です。また、空き家の処分や利活用に悩む消費者の相談や周辺住民の苦情に応じる体制の整備もあるため、また平成25年12月に一般質問で空き家等の適正管理について質問の回答で、「国の動向、他の自治体の事例、本町としての対応、空き家等対策条例の制定も含めて今後検討してまいりたい」と考えるとありました。回答から1年6カ月がたち、平成27年5月26日からは空き家等対策の推進に関する特別措置法が全面施行されました。
 当町も空き家対策の条例制定の取り組みについて、町長の見解を伺います。
 答弁によりまして、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 本町の空き家対策につきましては、これまで国の取り組みや先進自治体等の対策を参考にしながら条例化も検討したいとお答えしております。
 今般、ご指摘のとおり空き家等対策の推進に関する特別措置法が5月26日に全面施行され、法律の権限に基づき自治体での空き家対策が行われることになりました。
 本町の取り組みにつきましては、庄司 充議員にもお答えしておりますとおり、本町の重要政策の一つであると考えており、さまざまな面から協議や検討を行いたいと考えておりますが、法の権限に基づき実施することから、いわゆる空き家対策特別措置法の規定内容及び実施に関するガイドライン等の十分な理解を深め、本町にとって最適な取り組みを考えてまいりたいと存じております。
 なお、条例化につきましては、空き家対策特別措置法が制定されたことで、法律の権限のもとで対策が講じられることになり、条例化の必要はなくなりましたが、条例制定も踏まえて検討したいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これをあえて取り上げた条例というのは、いろんな税金関係もあるし、中にはもう少し深く言いますとお金を払いたいんですけれどももう認知症になっているとか、入院なされているとかいうふうなことがありますので、そういう今度はアフターケアもできますので、やはり早く条例をつくりまして、その隙間のないところを手を差し伸べられるようにするのが我々の務めでありますので、せめて早く早急にこの条例等を制定していただきまして、あとはこれができますと行政代執行というふうなことがありますけれども、もし潰すならば、それを潰すこったら町の持ち物で壊していくもんですから借金になりますけれども、これ請求できればいいんですけれども、これを回収できなと部分も行政にはあるというふうなことですけれども、まず最初にはこの条例をつくってあげて、そういう方々も払えるように、もし払えないこったらそれ10年間町で借りるとかいうふうな条件とかそうふうなありますので、十分そういうようなところの今参考にしていただいて今後進めていただきたいなというふうに思いますけど、これについて町長、ありましたら。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えしたとおり、条例制定を検討するということでございました。また、今高橋議員がいろいろ参考になるようなこともおっしゃられましたので、それらを踏まえてよりよい条例制定に向けて検討してまいりたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これで私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番堀江一男でございます。議長のお許しを得ましたので、通告に従って一般質問をさせていただきます。
 私の一般質問は2項にわたります。
 1項、荒川と巻橋等について。
 荒川と新堀川の合流地点からすぐ下の下流の荒川右岸が大きくえぐられていることは、地域整備課のほうにも何度かお話ししたのでご承知のことと思われます。荒川の管理は県なので大河原土木事務所に聞いてもらったところ、「大丈夫だ」というふうな答えがありました。間もなく梅雨入りを迎え、大水が出た場合、さらに大きくなり土手が崩壊するのではないか。さらに、巻橋は大丈夫なのかと危惧を抱いているので、町としての対応策について質問いたします。
 なお、昨日から荒川のこのところに重機2機が入って何か工事がきのうからやっと始まったようでございますのであれですが、一応質問を通告してございますので、通告書に従って質問させていただきます。
 荒川の現状について、町としてどのように、町としての考えと対応についてでございます。
 荒川があのように大きくえぐられた時期はいつなのか把握しているのでしょうか。
 2)今の状況を町としてどのように考えているのか。
 3)えぐられた場所の上に人が入らないようロープを張ってあるが、あれで安全と考えているのか。
 4)間もなく梅雨に入るが、大雨で川が増水した場合、町はどのようなことを予測しているのか。
 5)県に対してどのような働きかけを行っているのか。また、県の対応はどのようになっているのか。私自身も県の議会の議員さんにもお願いして一応お話はさせていただいたところです。
 (2)巻橋の改修の考え方について。
 巻橋の利用者は結構ございます。幅が狭く、車1台がやっと通れる程度で、対向車はもちろんのこと自転車や人が通っているときは橋の手前で待機しなければならない状況にあります。橋の老朽化も進んでおりますけれども、点検は行っているのか。昨年の予算書の橋梁維持費の中に橋梁点検委託料として310万円を計上して、巻橋分90万、これ村田も同じというふうなことで説明がありましたが、その結果はどのようになったのか。巻橋は村田町が管理と聞いているが、村田町ではどのように考えているのか。
 2)村田町と協議をして、巻橋の建てかえの考えはないのか。
 (3)巻橋手前の町道について。
 巻橋手前の町道の両側が崩れ、ガードレールも外側に大きく傾いております。町としてカラーコーンを置いて注意を促しておりますが、歩行者などにとっては危険きわまりないと思われます。事故が起きる前に早急に改修する考えはないのか。
 2)巻橋の村田町側には橋の上で交差ができないために車両等の待機場所がつくられておりますが、大河原町側にはないため、橋の拡幅が困難なら村田町側同様に車両等の待機場所が必要と思われるが、その考えはないのか。
 答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、荒川が現状のように大きくえぐられた時期について把握しているかとの質問でございます。
 正確な時期については把握しておりませんでした。住民の通報により確認したものであり、直ちに宮城県大河原土木事務所に通報し対処をお願いしたところでございます。
 なお、現地は村田町分になることから、村田町においても現地を確認し、同じく土木事務所に通報しているものであります。また、大雨時には巡回し、状態を確認しているものであります。
 次に、今の状況を町としてどのように考えているのかについてのご質問であります。今の状況については、大雨により大きくえぐられる危険があると考えていることから、村田町と一緒に巡回を行っているものであります。
 次に、ロープによる安全性についてのご質問であります。平成26年9月に再度土木事務所に安全対策を要望して、ロープを張っていただいたところであります。堤防の内側にあることから人が入ることが少ない場所で、安全は確保されていると考えているようであります。
 次に、増水した場合にどのような予測をしているか、県に対してどのような働きかけを行っているのか、県の対応についてのご質問につきまして、一括で回答させていただきます。
 大雨でえぐられる危険があるため、引き続き巡回重点箇所として監視してまいります。土木事務所では、増水によりすぐに堤防が決壊する恐れは低いと考えておりますが、現在業者と協議しており早期の復旧を行うとの回答をいただいております。
 次に、巻橋の点検と村田町の管理についてのご質問であります。
 巻橋については、大河原町と村田町にまたがる橋であり、平成24年1月11日の閣議決定、社会インフラ総点検を受けて、管理区分を明確にするため、平成25年4月1日に両町で管理協定を結び、韮神橋を大河原町で、巻橋を村田町で管理することといたしました。
 巻橋の橋梁点検については、村田町で平成25年度に実施しておりますが、その点検結果は橋梁に問題はないが軽微な補修あるいは継続的な詳細点検を実施することが望ましいことになっております。
 点検費用につきましては、巻橋は村田町で、韮神橋は大河原町でそれぞれ委託し橋梁点検を実施しております。また、村田町では橋梁点検の結果及び橋梁長寿命化計画に基づき維持管理を考えております。
 次に、巻橋の建てかえについてのご質問であります。
 巻橋の建てかえについては、費用対効果と河川協議等の問題があることから、非常に難しいものと考えております。今後も村田町と協議を行いながら、橋梁長寿命化計画に基づき橋の維持管理に努めてまいります。
 次に、巻橋手前の町道についてのご質問であります。
 ガードレールが外側に傾いていることは確認しておりますので、今後はのり面が脆弱なことからガードレールの根入れを確保し、再設置等を検討し、安全確保を図ってまいります。
 最後に、町道の退避場所設置についてのご質問であります。
 車の退避場所については、巻橋から約15メートル手前で道路幅員が5メートルとなっており、車両の相互交通が可能な場所であることから、道路を通行する皆様もこの区間を車の退避場所として利用している状況にあることから、新たな退避場所については考えていないものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでは、まとめて一括といいますかで質問させていただきたいと思います。
 この荒川なんですけども、随分前からあそこ、えぐられておりまして、ちょうど新堀川のすぐ手前という形であそこが大っきくえぐられてるんですね。それで非常に梅雨の時期に入るとこれまたえぐられていくんではないかっていうふうな形で、特に青川の人たちも心配をしているというふうなことで、私もしょっちゅう行って見てるんですけども、きのうから急に工事が始まったと。工事始まったのは非常にうれしいんですけども、工事が始まったということなんですが、先ほどの回答によりますと、現在業者と協議しており早期の回復を願うと回答いただいたということなんですけども、これいつの話ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今回のご質問をいただきまして、改めて土木事務所のほうに詳細な説明を求めてまいりました。それで、その梅雨が入るということでより大きく高水敷がえぐられる心配があるということで要望しまして、その結果土木事務所のほうでは早期の対応をしていただくという回答をいただいたものでございます。
 あわせて町長答弁にもございましたように、村田町もですね、あそこの場所につきましては確認をしておったようでございます。大巻ということでございまして、それで村田町もですね、あわせて並行するような形で要望を続けておったものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) あそこは村田分に入るんですか、あの場所は。新堀川と国道4号線側ですか。新堀と国道4号線側は、あれは大河原分ですよね。そうすると、荒川の土手からあののり面といいますかの部分が村田というふうに考えてよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ここにつきましては、町村間行政界ということでございまして、巻橋がかかっている町道から畑1枚分、これが大河原分というような形になっておるようでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうすると、あの美しくいろんな花いっぱい植わっているとこ、植えてとてもきれいに整備さってるんですけども、あそこが大河原分で、あの削られた部分のところは村田分というふうな考えでいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 花がたくさん、景観上好ましいということで確認してきましたが、花が植えられてる部分もですね、一部村田町部分に入っているものと理解してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私が通告出したのが6月2日ですから、6月2日に通告をして、その通告を受けて土木事務所に行ってやって、きょうになったというふうなことは、随分早いあれだなと思ってびっくりしてるんですけども、あそこはうちの行政区でも桜町3区としても非常に危惧してたとこでございました。できるんであるならば、何か土木事務所の職員も区長のところには来たというんですけども、今後ダンプなどが入るというふうなこともあるのでというふうな形で注意していただきたいということなんですが、改まって例えば回覧板等で今度こういうようなとこを直しますのでダンプの出入りがありますから注意してくださいというふうな文書というのは県では流さないんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今回の工事につきましては、さきほども答弁、回答申し上げましたように村田と継続的に要望しとって、土木事務所のほうにおきましてもその現場に入る仮設道路等々の関係があってですね、現在まで至ったということで、場所の確認は当然しておったということでございます。
 それで、工事に先立ちまして、初めて私も聞いたものでございますけども、区長さんのほうには挨拶に行ったというお話でございますんで、今後土木事務所のほうにその該当するエリアの回覧等々が可能なのかどうか、町として要望はさせていただきたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) あそこにユンボみたいなのが2台入ってるんですけども、あのえぐられたところはどういうふうに直すのかっていうのは町として聞いてるのかどうなのか。ただ単に埋めるっていうのか、それともきちっとした護岸をつくるっていうかそういうよなことなのか。重機入っているだけで、けさもちょっと確認してきたんですけども、その工法がどういうふうになるのかちょっとわからないんですけども、どういうふうに改修していくのかっていうのは、町として把握してるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 改修方法につきましては、正確なその情報は得ておりませんが、前段の打ち合わせの中では、一番そのえぐられた河川側、河床側にですね、1トン詰めのトンパックといいますけども、大きい土のうをですね、並べて河床のまず安全をクリアすると。それでトンパックを並べた上に土を盛りまして、盛り土をして改修をするというようなお話は聞いております。以上でございます

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうすっと1トンぐらい入る黒いバック、10個だか20個ぐらいもう積んでありますけども、結局それをあそこに埋めて一応土どめみたいな形にして、その上から土をかぶせるといふうな簡易的な一応修理というふうなことで考えてよろしいわけですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうすると、改まって今回は仮工事みたいな感じになるんですけども、本工事的にきちっと直すという考えは今のところないというふうな回答なのか、その辺の感触はどうだったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 堤体の改修につきましては、荒川につきましてはその堤防の内側、堤外地でございますけども、全てその改修済みというような形の考え方を土木事務所では考えてるようでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) でも早く対応してもらったんでよかったなというふうに思っておりますが、なお今後も監視が必要かというふうに思いますので、地域整備課のほうも、一応村田分であっても、直接あともしあそこ切れたりすると被害来るのは青川のほうでございますので、桜町のほうに来ますので、その辺の点検をよろしくお願いをしたいと思います。
 続いて、巻橋の件なんですけども、点検管理について巻橋は村田、そして韮神橋が大河原ということで管理するということなんですけども、村田町で25年度に橋梁点検を行ったということですが、橋梁には問題ないけども軽微な補修あるいは継続的な詳細点検が実施することが望ましいというふうになっておりますけども、あそこは大河原の町民も結構利用をします。私もあそこをしょっちゅう利用するんですけども、町としてあそこを実際的に点検というか、村田が管理するんだから大河原関係ねえって言われればそれまでなんですけども、大河原と村田とでは考え方がちょっと違う部分もあるんではないかと思うんですが、巻橋も結構古いですよね、建ってからね。ですから、その外部、橋の下に行って見てみるとコンクリートなどのあれで劣化しておりますし、橋の上の道路においても隙間っていうんですか、あそこが随分あいてきてるしぼろぼろになってきてる部分もあるんですけども、町として独自に点検っていうか見にいくというふうな考え方はないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 冒頭で町長が申し上げましたように、巻橋につきましては道路の管理そのものとしては村田町という協定は結んでおりますが、当然今議員さんおっしゃるとおりですね、橋の下なんかも相当のクラック等が入っているのも確認はしてございます。それで、3.11大震災を経まして、村田町も大河原町も、巻橋に関しましては地震があった場合につきましては確認等はさせていただいているものでございます。
 今後につきましても、協定はあくまでも管理協定でございますんで、点検等につきましては随時確認はしていきたいと考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 巻橋ができたのが昭和37年11月1日ですからことしで53年になるわけです。その巻橋の500メーター、600メーター上流に小谷地橋ってご存じだと思いますけども、その小谷地橋が38年の3月、大体同じ時期、3カ月か4カ月おくれてあっちできたんですけども、小谷地橋のほうはもっとひどいんですね。そして、あの建て方が巻橋と小谷地橋の建てがまるっきり同じなんですよね。だから大分古くなってきておりますし、その巻橋の管理が村田だというふうなことであっても、点検じゃなくて修理修繕ですか、修繕等、私は必要なんじゃないかなっていうふうに思うんです。だからこれ、村田と合同で点検してもらって、少し補修修繕するっていうふうな考え方はないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 先ほどですね、橋梁の点検と長寿命化。橋梁の点検につきましては交通に支障がないということで、健全度2というような状況ではございました。それで、村田町におきましてもですね、ストックの点検の結果並びに長寿命化計画もあわせて立ててございます。それで、長寿命化計画にのっとりまして、今後その整備を進めていくものと話を聞いてございますので、今後は村田町と協議をさせていただきながら、長寿命化計画でどのようなその改修方法が一番妥当なのか、その辺は打ち合わせをさせていただきたいと考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ぜひ、よく見ていただいて、修繕するところを早目に修繕していただきたいなっていうふうに思いますので、ご努力をお願いしたいと思います。
 それから、そのガードレールの関係なんですけども、あそこにカラーコーンを置いてあれしてるようなんですけども、まるっきりもう道路がのり面があって、このガードレールがまるっきりこういうふうな状態なんですね。そしてコーンあるんですけども、あそこを子供たちも通りますし、歩行者も自転車の人たちも結構いるんで、あそこちょっとすっぱ違うと落っこちてしまう危険性があるので、今度直すっていうふな再検討するっていうふなことなんですけども、できるだけ早くね、あそこを直して、事故が起きてからほれみろって言わんないように、できるだけ早目に直すというふうな考え方はないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今ののり面が脆弱といいますか、のりの勾配もきつくて大変厳しい状況でございます。それで、現況によりましても今議員さんおっしゃられたとおりガードレールが斜めに傾いている状況につきましても確認はしてございますので、町長答弁のようにですね、ガードレールの再設置は検討して安全性の確保をですね、図ってまいりたいということで考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 金のかかることなので、その辺のところよろしくお願いをしたいというふうに思います。
 次の2点目の空き家対策に入ります。
 前者、前2人の議員さんがもう既に質問してるので、余り回答も似たり寄ったりなのかなというふうに思うんですけども、空き家対策についてでございます。
 空き家対策については、昨年6月の議会におきまして一般質問しておりますが、空き家対策の推進に関する特別措置法がことしの5月26日より施行されたわけでございます。毎日のようにこの空き家対策については新聞、それからテレビなどでいろいろ報道がされておりまして、非常に大きな問題になっているところでございます。そんな観点で、前回質問した回答からどのように進展したのかお伺いをしたいと思います。
 特別措置法第4条には、市町村の責務というのがございまして、市町村は第6条第1項に規定する空き家等対策計画の作成及びこれに基づく空き家等に関する対策の実施、その他の空き家等に関する必要な措置を適切に講ずるよう努めるものとするというふうにあるわけでございます。
 これに沿って、1)国の基本指針に即した空き家対策計画の策定、これ第6条にこの空き家対策計画の策定がございます。さらには、第7条には協議会の設置、これはどのようになっているのか。
 それから、2)法律で規定する限度において空き家等への調査、これ第9条になります。これはどうなっているのか。
 第10条は空き家等の所有者を把握するための固定資産情報の内部利用、これは可能になっているのか。
 4)空き家等に関するデータベースの整備などを行う努力、第11条。これはもう、されているのかどうか。
 5)空き家等及びその跡地の活用のための対策の実施、第13条ですね。
 それから、6)特定空き家等に対する措置、第14条の分です。
 それから、税制上の措置、第15条の2項、これについてはどのように考えているのか。何か前の議員さん方の答弁を聞くとまだのような感じもするんですけども。
 それから、(2)町として空き家対策条例的なものをつくる考えはないかと。これにつきましては、前回の質問したときに、美里町などの空き家対策条例等も紹介したと思うんですけども、これに対して空き家対策条例についての取り組み事例を参考にベストな対策を検討するということでございます。私の場合は1年前、高橋議員のときは1年半前。だからとっくにもう検討したっていうことで、もうでき上がるのかなと思ってたんですけども、なんかさっきの答弁聞くとまだできてないっていうことなんですけども、この辺の考え方。
 それから、前回の質問後、町内の空き家の状況を区長さんに依頼して調査したようでありますが、その結果はどのようになっており、またどのように分析しているか。205件というふうに先ほどの答弁にはあったようでございますけども、これについて再度調査を行うっていうことなんですけども、一応通告した順に質問させていただきます。
 答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 空き家対策のご質問につきましては、庄司 充議員、高橋芳男議員にもお答えしておりますが、本町での具体的な取り組みにつきましては、今後空き家等対策の推進に関する特別措置法、いわゆる空き家対策特別措置法、以下特措法と呼びます、の権限に基づき実施することが基本になることと考えております。
 そこで、特措法に規定されている内容についてのご質問でありますが、初めに第4条の市町村の責務とする特措法第6条の空き家等対策計画及び第7条の協議会の設置についてであります。いずれの規定も努力義務規定となっておりますが、本町の方針としましては、協議会を設置し空き家等対策計画の作成を行いたいと考えております。
 次に、特措法第9条の立入調査等の規定でありますが、現段階では区長による目視調査データのみであります。今後、区長調査のデータをベースに再確認を行う必要があるものと考えており、調査方法については委託の手法も考えられるものであります。
 次に、空き家所有者情報について、固定資産課税状況からの内部利用のご質問でありますが、特措法第10条の規定により市町村長の権限として可能となりました。今後、再確認の調査にあわせ情報の活用をしてまいりたいと考えております。
 次に、調査結果のデータベース化につきましては、当然に所有者、所有地、現況などについて管理すべきであると理解するものであり、電子媒体の管理にあわせ地図に落とし込むような管理も有効な管理と考えているところであります。
 次に、空き家及び跡地の利活用のご質問につきましては、今後空き家等対策計画を作成する中で検討してまいりたいと考えております。
 次に、特定空き家等に対する措置についてでありますが、この措置内容は特定空き家等として判断された相当に危険な建物等に関して、除去、修繕などの行政指導とする助言または指導、勧告、そしてその後の不利益処分とする命令といった措置であります。今後、そのような措置を講じる可能性は十分にあり得るものと考えますが、特定空き家の判断基準を初め適切な対応に努める所存であります。
 最後に、税制上の措置でありますが、規定の概要は市町村が行う空き家等対策に関し必要な税制上の措置を講ずるとする内容であります。具体的には、相当危険であると判断された特定空き家等の所有者に対し、市町村長が改善措置等の勧告を行った場合には、当該特定空き家等に係る敷地が住宅用地特例制度の対象外となるもので、固定資産税及び都市計画税の課税の特例対象から除外されるものであります。
 なお、この措置の取り扱いにつきましては、地方税法の一部改正により行うものであります。
 次に、条例制定に関するご質問であります。
 空き家対策につきましては、これまでも申し上げておりますとおり、特措法の権限に基づき実施することになりますが、空き家等対策計画の作成に係る協議会の性格や位置づけを考えると、協議会の設置規定も含めた条例制定も検討してみたいと考えているところであります。
 最後に、区長による目視での空き家調査の結果でありますが、全件で205件を集計いたしました。その後の対応については、特に具体的な作業は行っておりませんでした。
 しかしながら、調査結果の再確認の必要性や条例制定に向けた検討を考えていたところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大体わかったんですけども、空き家対策のこの第4条市町村の責務というふうな形の中で、確かに努力義務規定にはなってございます。必要な措置を適切に講ずるよう努めるものとすると。しかし今、全国でこの空き家問題が大きく捉えられているわけでございます。そういった中で、努力義務だからっていうことで逃れるっていうふうなことでなくて、やはりこんなにも大きな問題になってるということをやはり認識していただいて、積極的な対策をやはり早目、早目にやってく必要があるんではないかと思うんですけども、その点いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 空き家対策につきましては、先ほど来、その一般質問での経過があったところでございまして、町としましても早急な対応ということで、昨年度9月でしたかね、区長さんに目視で何とか行政区の状況を把握していただきたいということで、12月ごろまでに何とか提出していただきたいってことでお願いしたところでございました。
 この空き家対策につきましては、国も、全国的なことなので国会審議も随分取り上げてはいたんですね。ところがやっぱり解散であったりですね、そんな形の中で途切れ途切れになってった状況がございました。そういったこともありまして、法律の制定なんかもあるのかなというふうには正直思ってたところでございます。
 しかしながら、町としても、町長が申し上げましたけれども、重要施策の一つであるというふうに考えておりまして、当然に法律ができなければ条例を制定するっていうことを前向きに考えてたところでございます。
 今回、特措法の全面施行になりますけれども、先ほど町長が申しましたその協議会の性格、これはちょっと附属機関というような捉え方をせざるを得ないのかなというふうに思っております。そうしますと、条例での設置ということを考えなければならないというふうに思っておりまして、全体的な条例を制定したほうが大河原町としてはベターなことになるのかなってふうには思っているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大河原町には優秀な職員がいっぱいいると私は信じてるわけでございます。そういった意味でね、美里町なんかも早々とつくってるんですよね。そして、施行規則までつくり、さらにはいろいろな様式まで全部つくってもう既にやってると。ですから、これ見ると、変な話ですが、そんなに何ていいますか、特にすぐれたような内容にはないとは思いますけども、ただ先駆けてこういうことをやるんだというふうなことが私は大切なんではないかなっていうふうな気がするんです。最初つくる組はどうしても粗くなります。それをまねて多くの自治体今度つくって、さらにいいものになっていくんで、最初につくった自治体ってのはどうしてもここが悪い、あそこが悪いっていうふうな部分は出てくると思うんですけども、私は先につくることが一番肝心なんではないかと。それで不都合ができれば2年後、3年後にもう一度見直すということも私は必要なんでないかと思うんですけども、そういうふうな姿勢っていうのはなかったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 条例の制定につきましては、前向きに考えていったところでございます。仙台市、東松島でしたかね、あと加美町、美里というような形の中で4町が制定してる状況も十分に把握してございましたし、条例制定に向けてトライしてきたところでございますけれども、まずはですね、調査が第一段階で必要だろうっていうことで区長さんのほうには目視でお願いしたところでございます。条例制定については、前向きに考えていたってことでご理解していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) インターネットから引き出してきたりしてあれなんですけども、空き家が一番多いのが賃貸用または売却用の住宅、新築、まあ賃貸ですね。賃貸または売却のために空き家になっている住宅っていうのが一番多いんですね、全国的に見ますと。大河原も私がずっと町ん中歩いてる限り見るんですけども、結構借家が、それも一戸建ての借家が結構荒れております。それで、昨年の9月に区長さんにお願いをして、12月までに出してほしいということで調査した結果、205件の空き家があったというふうな先ほどの報告さらには答弁にあるわけでございますけども、今月6月ですが、ことしの1月から6カ月間何をしてきたのかちょっとわかりませんけども、この205件ていう空き家については、例えばどういうふうな持ち家、それから借家なのか持ち家なのか。さらにはどこにあるのかってのを地図に落としたりなんだりはしてるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 一応、調査票をつくりまして、区長さんにお願いはしました。つまり調査票には所在があったり、所有者があったりですね、1枚1枚あるわけでございます。で、それを集計したものが205っていうことでお答えさせていただきましたし、それを地図にはまだ落としていない状況でございます。で、基本的には目視なので、もしかすると今回の定義ではアパートでも1戸でも入ってれば空き家という扱いにはならないんですね。全部空き家でないと空き家等っていう定義にはならないということもございますので、先ほど来町長が申し上げてますように、区長さんの調査データをベースに再度全町的な定義に基づいた調査をしなければならないのかなというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) せっかく集めたデータですので、どの地区のどの辺にどのくらいあんのか。その辺を地図に落とすなり、この中で特に俗に言う特定空き家っていいますか、ひどいやつですね。これらの該当者が、該当建物が何ぼあるのか、その辺を早く割り出して、その特定空き家がここだとすればやっぱり役場の職員が行ってちゃんと確認してくる、写真撮ってくるなりなんなりして確認してくるっていうことが、私は必要なんではないかと思うんですけども、その必要は感じてないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 特定空き家につきましては、今回の定義で相当に危険だというような定義づけになってございますので、環境面、それから生活面についてもやっぱり改善命令っていいますか、最後は行政代執行までってような形になるかもしれません。町としても、当然に特定空き家の適正な判断と訂正な処理ということで考えているところでございます。まずはその区長さんのデータをベースに再度確認をさせていただいて、本当に危険なことであれば協議会の判断というよりは市町村長の判断というような形になってるようでございますので、そういった対応もする可能性は十分に出てくるというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ですから、そういった意味からして、早く大河原町に合ったような条例をつくって対応したほうがいいんじゃないかなっていうふうに私は思うわけです。それによって迅速な手だてができるんではないかっていうふに思います。
 空き家だけではありません。空き地もあります。去年もあれしましたけども、本当に新田町の地名言うとあれですけども、大河原小学校の体育館の裏側、あそこの空き地なんて大変で、虫が出てきてね、その虫が全部うちのほうに来るんですよ。だからそういうふうな、去年も言いましたけどね。だからまたことしもぼうぼうですよ、あそこは。また多分虫が湧くんではないかと思うんです。ですから、その空き地、空き家なども含めてね、やっぱりきちっとした対応をとってもらえるように、やっぱり町としてもそれなりの努力は私はすべきではないかと思うんですけどもいかがでしょうか。町長の答弁を聞いて終わりにしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの答弁の中でもお答えいたしましたとおり、空き家対策については本当に緊急を要する重要な課題だというふうに捉えております。で、先ほど来答弁申し上げましたとおり、しっかりとした実態を把握する中で、よりよい条例制定を同時並行的にですね、進めてまいりたいと思っておりますし、またその時期についてもなるべく早目に実現できるように努力してまいりたいと思います。以上でございます。(「終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時56分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時06分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 安藤征夫君より早退の届け出がありましたので報告いたします。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番枡 和也です。議長のお許しを得たので、通告書に従い一般質問をさせていただきます。
 私の今回の一般質問は1項です。
 白石川の維持管理についてであります。
 ことしも雨の心配をする季節になりました。町の真ん中を流れる白石川を見てみますと、今改修中の大河原橋から下流については、皆さんが見てのとおり護岸工事などが施され、また町民農園(ふれあい農園)などの農地があり樹林化は進んでいませんが、上流は新北白川橋から大河原橋までの区間においては、高水敷はもちろんのこと、河道に高木が生い茂り、樹林域の繁茂と拡大が進んでいる現状は見てのとおりだと思います。
 河道内の樹木群は洪水時に河道の流下能力の低下に伴う水位の上昇、堤防と樹木群との間の高速流の発生による護岸及び堤防の損傷を生じさせる恐れがあるなど治水上の支障を引き起こす要因になっており、先ほども述べましたが、以前よりまして樹林化が進んでいる新北白川橋から金ケ瀬さくら大橋にかけての両岸、その下流の大河原橋までの右岸は、このままにしておけばゲリラ的豪雨など大雨に遭った場合、流域の人々の生命と財産を守る根幹的施設の堤防が損傷し決壊する恐れがあると思われます。
 そういったリスクを少しでも回避するため、防災・減災の観点から以下伺います。
 (1)もちろん、言われるまでもなく白石川の維持管理は宮城県でありますが、今すぐにでも防災・減災の観点から樹木群の伐採が必要だと考えるが、今の状況を見て町はどう思っているのか。
 これまで過去に、河川管理者の県のほうに、このような樹木群の伐採について町としてどのような要望、お願いをしてきたのか。
 (3)これまで町民から河川地内の現状について意見・要望などがなかったのか。
 (4)大河原公園のそばの親水護岸が整備されているところ(消防演習を行う場所)や、町民農園、ふれあい農園などがあるところなどはきれいに管理されております。河川の生態系も考慮しながら、こういった区域をもっと拡大していけばと思うがどうか。
 以上であります。答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えします。
 初めに、白石川の今の状況についてどう思っているのかとのご質問であります。
 平成21年に宮城県で策定した白石川圏域河川整備計画では、洪水時の河積断面、流下能力は確保しており、堤体の安全性についても問題ないとの調査結果が出ております。しかしながら、大河原大橋上流の現状を見ると、樹木群、支障木により流下能力が阻害され、河積断面を縮めているのではないかと思われます。また、景観は損なわれており、良好な河川環境ではないものと考えております。
 次に、県への要望についてのご質問であります。
 平成25年に河川環境の整備について宮城県大河原土木事務所に要望いたしまして、平成26年度は白石川韮神堰の下流から整備を行っていただきました。平成27年度は改めて河川調査を行い、支障木・堆積土の現況把握を行うとともに、河川環境の保全等を考慮した整備を行うものと聞いております。町といたしましても、良好な河川環境の整備を継続して要望してまいります。
 次に、これまで町民から意見要望はなかったのかについてのご質問であります。
 大河原大橋上流伐採整備についての要望は年に数件ありましたが、その都度土木事務所に報告し、要望を行ってまいりました。
 最後に、河川の生態系を考慮した区域の拡大についてのご質問であります。
 大河原河川公園及び河川ふれあい農園は土木事務所で整備していただいた施設ですが、大河原河川公園は公園管理として町が、河川ふれあい農園は農園を利用する河川愛護団体が、それぞれ管理しているものであります。
 このような区域の拡大につきましては、今年度の河川調査の調査結果を踏まえて、引き続き河川環境の良好な整備について土木事務所に要望してまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まず、(1)でありますが、平成21年度にということで、あれから今平成27年ですから6年が経過しております。そのころのデータとですね、その後に、結局その後あたりからゲリラ豪雨的なそういったのが各地で降って被害をもたらしているというような記憶がございますが、今現状、例えば21年ごろの数字ってのはどの、例えば50年周期なのか100年周期で1回の雨でやるのか、どういったやつでこれを積算というか計算してるのか、わかればお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 雨量の質問でございますけども、昭和の61年8月、通常8.5豪雨ということでございますけども、これにつきまして最大2日間の雨量292ミリ、これが戦後最大の雨量というような形で河川計画の中では用いられているようでございます。
 それとあわせまして、平成3年度に七ヶ宿ダム完成によりまして、今の河道の流下断面はおおむね確保されているというような判断をしているようでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 憶測なんですが、例えばゲリラ豪雨的な今までなかったようなのがですね、来ないとは限らないんですが、早くですね、この伐採をしたほうがいいと思うんですけども、その辺は課長の意見お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 町長答弁の中でも申し上げましたけども、当然町としましても流下断面も一つはありますが、まずは住宅街の真ん中を流れる河川ということで、環境面、景観面という観点から見ますと、相当著しくですね、損なわれているという状況で認識はしているものでございます。それで、先ほども言いましたように、前年度、26年度につきましては、韮神堰の下流両側の河道の修正、環境整備、上流側につきましても中州の堆積土の修正等々をしていただいてございます。
 あわせて27年度につきましても、土木事務所としましては降水断面が確保されているかどうか、現況の堆積土がどのぐらいあるか、改めて河川のですね、調査をするものと聞いてございます。そういう結果を踏まえまして、継続的なですね、支障木等の伐採、環境整備につきましては要望を続けてまいりたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほどの庄司議員もこの小冊子、誰も見ないと言ってたけど私見てますから庄司さん含めて2人ということで。この例えば洪水時における浸水の流域を見ても、今の指摘した樹木が生い茂ってる地域に限って水深が深くなったりというようなことが多分見てもうすぐわかると思うんですけれども、やはり多分今後、今あの辺に住宅ないっていったら金ケ瀬のとこには幾らかあるんですけれども、住宅の多い少ないではなくて、やっぱりそういった人たちの不安を解消するためにも、幾らでもリスクを軽減させるためにも、本当に急いで樹木伐採をしなくちゃいけないんではないのかなというふうに思うんですが、県に要望するにしてもお願いの仕方で全然違うんではないのかなと思うんですが、その辺町長いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この問題につきましては、今地球温暖化ということで、大変雨の降り方が従来とさま変わりであります。そんな観点から、従来のデータにとらわれることなくですね、しっかりと対応していくことを基本に考えております。
 そこで、町といたしましても県に日常的とまではいきませんけども、たびたびお願いをしているところでありますけれども、なお一層そのことについて力を強めて要望していきたいというふうに思っております。県のほうもかなり認識はしていただくことになってまいりましたけれども、なお一層町民の不安等の解消のためにですね、しっかりとやってもらいたいということを強く、強く要望してまいりたいというふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やはり昔は工業地域ということで、そんなに工場も建ってなかったんですけども、今度工業団地も整備されてですね、新たな企業誘致も考えてることでしょうから、やっぱりそういったことについてでも、ここ安全なんだよというようなのをわかってもらうためにも、そういったとこをきちっとやっとく必要があると思うんですが、その辺いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 工業用地の整備につきましても、しっかりと今取り組んでおるとこでありますけれども、企業誘致するに当たりましても、企業の安心のためにもしっかりとやっていかなきゃいけないと思っておりますし、またご質問にありませんけれども、これから「歩きたくなるまち」をつくるという意味で景観を改善するということも大変私、大事だというふうに思っておりますので、また親水公園的なものをたくさんつくることによって健康増進、これにも力を入れていきたいということで、総合的にですね、河川のあり方についてしっかりと検討してまいりたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今の町長のほうから「歩きたくなるまち」というのが出たったんですが、今言った桜堤に大河原公園からですね、植わっている桜も、多分植えてから20年が経過しようとしておりますので、結構育ってて、私も犬のお散歩なんかさせながら歩くんですけども、結構桜が見ごろのときには本当にきれいな場所でございます。ただ、河川の中、川面を見ますと全然、多分今度町長も一回歩いてみるといいと思うんですけども、とんでもない樹木がいっぱい生い茂ってですね、誰もそこを歩きたいというように思わないんではないのかなというふうに思います。県の例えば大河原町のこのエリアってコンパクトでですね、管理しやすいエリアでございますので、ただ県の力ばっかりに頼るんではなくてですね、例えば大河原町でもできることをやっていくというか、例えば全部樹木を伐採するわけでなくてですね、歩けるような感じの例えば遊歩道をつくるとかそういったものを整備して、あとその管理については、例えば親水護岸なんかはサッカースポーツ少年団の人たちが常に利用してて、そういったサークルの人たちが管理するような、そういった仕組みづくりをしていってですね、河川を整備していってはどうなのかなというふうに思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 河川の有効利用については、いろんな方からご意見を拝聴しているところでございます。それらを総合的に判断しながら、地方創生につながるような政策を立案してまいりたいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) もちろん県のほうでも樹木を伐採するのは大した費用じゃないんですけども、その運搬と処理費にお金がかかるというようなんだと思うんです。で、例えば地域住民の方々と、何つうか連携を密にして、そういった伐採した樹木使うとか、今、先の話になるんですけれどもブルータワーとか、そういうなのを実現すればそういったとこでそういった木なんかをやることもいいんではないのかなというふうに思うんですけども、やはり「歩きたくなるまち」を考えれば、もちろん整備するのは県なんですけども、町の単独の予算でもね、やっぱり少し組んで、思い切ったことをしてがないと全然前に進まないんではないのかなと思うんですけども、町長いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民の皆さんのいろんな要望の中にも河川敷を利用したスポーツ公園的なものもつくってくれとか、たくさん要望聞いております。その中でですね、町でできることがあればというふうに考えておりますし、また費用対効果を考えた場合、そういったいろんな団体の皆様にもご協力をいただく中で、協働のまちづくりの一つのシンボルにもなればというふうに考えておりまして、総合的にいろいろ考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やはり高水敷の幅が狭いとこ広いとこさまざまでありますけども、やっぱりそういった地形に応じた整備の仕方っていうのか、そういうのもやっぱり県にただ来てくればっかりじゃなくて、そういったことも要望しながら進めていけばいいのかなというふうに思うんですけども、あとどうしても費用がかかることですから、先ほど言ったんですけども町単独でも、斜め後ろの企画財政課長の顔がお金の話しするとびくびくってなるんですけども、やっぱり思い切ったことを町単独でしていかないと、進むものも進まなくなると思うんですけども、その辺町長のご意見を聞かせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど来お答えしておりますとおり、町民の声をですね、体現するような方向で考えてまいりたいと思っておりますので、必要に応じてですね、財政の出動もあり得るのかなと思っておりますけれども、できる限り費用対効果を考えて、協働のまちづくりということで管理なども任せられるような方式を考えてまいりたいと思っておりますし、県が伐採するだけではなく、その後の有効利用については町民といろいろご相談しながら、また財政と相談しながらよりよき方向を探ってまいりたいと、このように考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほど、平成27年度1年間で調査関係、土木事務所のほうでは終わって、その後の計画ってのにどのぐらいかかるんですか。大体。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 平成27年度につきましては、直営で確認をするようでございます。それで、白石川に限らずほかの河川につきましても調査を職員がやるというお話だけを聞いてございました。それで、それらをもとに今後のですね、河川断面の確保ができるかどうか、その辺を判断をするということでお話は聞いておるとこでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何か聞いてるとうんと時間かかりそうな、そういうふうに聞こえるんですけども、そんな悠長なこと言ってていいのかなと思うんですけども、やっぱりもう少し積極的に、広いエリアじゃないじゃないですか、大河原は。そして、ほかのまちと違って町の真ん中を流れてて、やっぱりどうしても氾濫するといろんな被害が考えられるわけですから、その辺、何回も言うようですけども、ぜひとも町単独の事業、そして地域住民、町民学園でもいいじゃないですか。何かやってくれたら河川の維持管理に、公園サポーターじゃないですけども、そういった仕組みづくりも今後考えていけばいいんではないのかなと思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 公園サポーターに準じですね、河川サポーターのようなものをつくればいいということで、大変魅力的な提案として受けとめておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 結局、グラウンドゴルフ、今盛んになってますけども、そういったグラウンドゴルフする人たちに河川を開放して、そういった人たちから管理してもらうっていうのも一つの手、方法ではないのかなというふうに思います。
 ぜひとも、たまたま金ケ瀬とかが浸水域が多い面積ですから、幾らでも早く河川地内の樹木伐採、そして伐採ばっかりだとすぐまた再生してくるんで、除根関係も含めてですね、県に要望していただきたいと思うんですが、その辺いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) グラウンドゴルフのみならず、その他のスポーツ団体からも要望を受けてるところでございます。それらを総合しながら、県に要望していきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 県もあれです、やめますけども、ぜひとも積極的に前、前と県のほうに提案していってもらってですね、早く河川敷内をきれいに。そうすると多分大河原、桜、見に来る人ももっともっといい思いをするんでないのかなと思いますので、その辺を切にお願いしまして、一般質問を終わらせていただきたいと思います。
 ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時29分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年6月16日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------