議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文




大河原町議会会議録
2015年3月18日(水):平成27年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午後2時03分  開 議
◯議長(秋山 昇君) これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けがありますので、報告します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
 これから諸般の報告をします。
 休会中の委員会活動予定は、配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 議案第25号 平成27年度大河原町一般会計予算
     日程第3 議案第26号 平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
     日程第4 議案第27号 平成27年度大河原町国民健康保険特別会計予算
     日程第5 議案第28号 平成27年度大河原町介護保険特別会計予算
     日程第6 議案第29号 平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別
                 会計予算
     日程第7 議案第30号 平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
     日程第8 議案第31号 平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
     日程第9 議案第32号 平成27年度大河原町水道事業会計予算

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第25号から日程第9、議案第32号までの8件を一括議題とします。
 日程第2、議案第25号から日程第9、議案第32号までは、予算審査特別委員会に審査を付託しておりましたので、本案について委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長高橋芳男君、登壇願います。
     〔予算審査特別委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯予算審査特別委員長(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯予算審査特別委員長(高橋芳男君) 予算審査特別委員会委員長の報告をいたします。
 去る3月12日の本会議において、予算審査特別委員会に審査を付託されました
 議案第25号平成27年度大河原町一般会計予算
 議案第26号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
 議案第27号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計予算
 議案第28号平成27年度大河原町介護保険特別会計予算
 議案第29号平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計予算
 議案第30号平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
 議案第31号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
 議案第32号平成27年度大河原町水道事業会計予算
 以上8件について、3月12日、予算審査特別委員会を開催し、18日まで5日間にわたり、関係課長等説明を聴取して、細部にわたり慎重に審査を行いました。
 審査の結果、議案第25号から議案第32号までの平成27年度大河原町各種会計予算8件は、いずれもこれを原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 少数意見の留保はございませんでした。
 なお、詳細について配付したとおりでございますのでごらん願います。
 以上、報告いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいま議案第25号から議案第32号までの審査結果について、委員長より報告がありました。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも可決です。
 委員長報告に対する質疑は、議会先例集88の規定により省略します。
 これから討論を行います。討論は一括で行います。
 討論はありませんか。
 まず、報告に反対者の発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。
 議案第25号平成27年度大河原町一般会計予算に反対の立場で討論を行います。
 初めに、安倍内閣の経済政策いわゆるアベノミクスは、大企業や一部の富裕層には大きな恩恵をもたらしたものの、庶民には恩恵どころかますます格差を拡大し、暮らしを一層苦しくしています。昨年4月の消費税率引き上げによって、政府の想定を超える深刻な景気の悪化が生じているとも言われております。総括質疑の中で町長は、「暮らしの悪化を国策のみに求めるのはいかがなものかと思います」と私の質疑に答えておりますけれども、町民の暮らしの影響は政治経済と深くかかわっており、相次ぐ物価の値上げや年金の削減、非正規労働者の増加、消費税の値上げなどはまさに国策であり、直接日々の町民の生活に直結しているものと見るべきであります。自助努力だけでは限界に来ている町民が多くいる現実に直視して、福祉の増進のために引き続き全力で町政運営に当たっていただくことを、改めてまず最初に強調しておきたいと思います。
 次に、反対の理由を述べさせていただきます。
 1点は、当初予算の中で社会保障・税番号制度いわゆるマイナンバー制度がことし10月から本格実施するための準備として、総務費や民生費、それから衛生費、これに加えて国庫会計や介護会計の中にも具体的に予算化されていることであります。
 マイナンバー制度は、赤ちゃんからお年寄りまで住民登録をしている全員に生涯変わらない番号を割り振り、社会保障や税の情報を国が一括管理するものです。政府は、行政手続が便利になるなどと言っておりますけれども、これまでは年金や医療、介護、納税などはそれぞれの制度ごとに管理されていましたけれども、今度はマイナンバーで一つに結ばれ、マイナンバーが大量の個人情報の塊になるのは明白であります。多くの人が今現在制度を知らない上、膨大な個人情報を国が一手に握ることへの懸念、情報漏れの不安も広がっております。総務費の文書広報費の個人情報保護審査会の委員の報酬が、前年度4万5,000円から9万円に増になった理由について、マイナンバー法の施行に伴い不服申し立てが出た場合に備えるという、こういう説明があったことからも、マイナンバー制度は問題のある制度であり、町民の個人情報を守るためにもマイナンバー制度に関する予算は、私は認めることができません。ご承知のように、既にこの制度を導入しているアメリカでは、個人情報の大量流出、不正使用が大問題になっていることが報じられていることをつけ加えておきたいと思います。
 2点は、絵本のへやを閉鎖する予算内容になっているからであります。
 これまでも再三指摘してまいりましたけれども、絵本のへやの存続を求める請願採択を尊重せず強引に閉鎖する方針を認めることができません。町長は、「請願の結果は重く受けとめている」と言っておりますけれども、それは私からいうと口先だけではないでしょうか。本当に請願の結果を重く受けとめているのであれば、閉鎖でなく存続するべきです。その上で、世代交流いきいきプラザや公民館などに絵本のコーナーを設けるべきです。27年度では3歳児への絵本の提供や各公民館での蔵書拡大も計画しているのであれば、拠点となる駅前図書館の機能を弱めるのではなく、むしろ充実させていくべきです。プラザや公民館の絵本コーナーのみならず、ブックスタート事業を実施している社協や学校、それから児童センター、児童館、児童クラブなど、駅前図書館との連携はますます必要になっていきます。11年前に町主導で駅前図書館の拡充で誕生させた絵本のへやの閉鎖の要因に、経費削減があることは残念でなりません。いずれにせよ、絵本のへやの閉鎖は駅前図書館の歴史に禍根を残すことになるものです。
 3点目は、敬老金の削減が盛り込まれているからであります。
 27年度から敬老金の支給額が、支給年齢90歳になった方は2万円が1万円に、99歳になった方は3万円が2万円に、100歳になった方は30万円が20万円にそれぞれ修正によってこのように引き下げられる結果になりました。引き下げの理由として、高齢化社会で支給対象者の増や財政改革を挙げておりますけれども、長きにわたり社会的貢献への感謝と敬老の意をあらわすことを目的に始まった事業であり、弱い立場にある高齢者やその家族を励ますこうした福祉事業にメスを入れるのは納得できません。
 以上3点を指摘して、討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、報告に賛成者の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番枡 和也です。
 議案第25号平成27年度一般会計予算案に賛成の立場から討論いたします。
 今年度の一般会計予算総額は、前年度比3億3,024万6,000円4.3%増の79億6,750万2,000円の編成となっている。主な増額要因は、3款民生費での子ども・子育て支援制度の保育環境の拡充、各款での社会保障・税番号制度のシステム整備、4款衛生費での仮称仙南クリーンセンター整備事業の一部事業組合への負担金、10款教育費での金ケ瀬中学校屋内運動場整備関連及び各学校の屋内運動場照明灯改修工事などの教育施設の改修によるものでありました。
 歳入では、町税で前年当初比4,900万円増の27億9,390万円、地方交付税については前年当初比2億4,900万円増の18億3,900万円、財源不足のための調整資金である財調からの繰入金は前年当初比5,345万4,000円増の3億8,295万4,000円となりましたが、平成26年度の決算での余剰積立金を考慮しないでも16億3,100万円程度の残高となる見込みであること。また、町歳では前年当初比1億170万円減の6,431万8,000円の計上となっており、済みませんでした、6億4,318万円の計上となっております。
 歳出予算の主なものは、地域コミュニティーの充実を図るための新規事業で、西原集会所整備事業7,992万9,000円、環境衛生政策については、前年度に引き続き再生可能エネルギーなど導入事業として太陽光発電設置で1億3,665万4,000円、また衣類回収や小型家電の回収の実施、健康づくり関係では新規で、議員からも提案がありました中学3年生インフルエンザワクチン接種事業90万円、子育ての支援事業として引き続き子ども医療費助成制度7,762万7,000円、待機児童の解消を図るためなどの子ども・子育て支援施設型給付、新規といたしまして子ども・子育て支援地域型保育給付、また小規模保育施設促進事業など合わせて4億2,058万6,000円の計上、企業誘致政策といたしまして、企業立地促進奨励事業の拡充、新規として企業誘致活動事業64万7,000円、教育政策として効果があらわれきつつある学級編制弾力化事業の継続、生涯学習健康増進策としてのおおがわら町民学園事業の拡充、大河原健康まつりの開催、また職員同士が切磋琢磨する環境づくりの試みとしての職員提案制度の導入など、ただ、放射能対策費の予算については少し不満もありますが、今回の内容を見ますと新しい取り組みも積極的に取り入れ、削減すべきところは削減し、また効果が上がってきていると見る事業は継続または拡充といっためり張りのきいた予算編成となっております。
 一般会計は、予算特別委員会で3日間細部にわたり審査をした結果、予算の計上には無理はなくこれといった異常がないと判断されますことから、議案第25号平成27年度一般会計予算案にご賛同いただきますよう議員各位にお願い申し上げて、賛成の討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘です。
 議案第25号平成27年度大河原町一般会計予算について反対の立場で討論いたします。
 厳しい財政状況を踏まえた行財政改革大綱にのっとり、予算編成に反映されるべきであります。がしかし、一例を挙げれば、職員提案制度に記念品を計上する等、制度自体は好ましいものでありますが、本来通常業務の一部に含まれて当然の政策提案に新規で記念品代として予算をつける考え方は合理性があるものとは言えず、敬老金の減額等高齢者への恩恵が削られる中で、このような予算措置は町民の感覚から乖離しており、理解を得られるものではありません。職員の研修に十分な予算を計上しているので、こうした場で意識改革を促すのが当然であり、別途に記念品で提言を求めることは適正な考え方とは言えません。
 また、昨年9対4で採択された絵本のへやの存続の請願も「重く受けとめる」という言葉とは裏腹に、残念ながら予算計上されてはおりません。教育と文化は効果が目に見えにくいものであるのと同時に、費用対効果で論ずるものではございません。営利企業とは違い行政だからこそ、費用対効果の概念を外して努めるべき性質のものと考えます。
 以上、しっかりと見直しを図るべきと強く指摘いたします。
 最後に、施政方針は当初予算の根拠が示されていると認識しております。仙南・仙塩広域水道水の供給価格が引き下げられたことにより本町の水道基本料金が引き下げられますが、あくまでも外的要因で下がった水道料金を町民税減税の代替とするのではなく、独自の施策により成果を生んだものを代替というべきであります。巨額の町税滞納額の縮減になったことは担当課の努力と認識しております。しかし、政策イノベーションの成果とは考えられません。3年前当時15億円程度だった財政調整基金は現在20億円になっていることを引き下げの背景として、独自の施策として位置づけている一方、補助費等の増加に加え、本町所有の公共施設等の老朽化対策を今後継続して行うことでの大きな財源が割かれ、平成27年度末の財政調整基金が約16億円あるといっても予断を許さない状況と認識しているとも言っております。そもそも、入るべき税金を回収するのは当然のことであり、そうした背景を独自の施策と考えることにも、町民の理解は得がたいものと考えます。
 水道事業そのものも、将来的財政予測上での判断で値下げとはいいますが、布設がえ等今後ますます財政的需要が高まることも考慮すれば、水道事業の財政圧迫を招くものであります。月額一般家庭で100円にも満たない、公共料金の値下げの恩恵が余り感じられない引き下げは、多くの町民が期待していた減税の代替にはなり得ません。徴収した滞納税は絵本のへや存続等に充てるべきであります。
 以上のことから、私の反対討論といたします。議員各位のご理解をいただきまして、ご賛同願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 議案第25号平成27年度大河原町一般会計予算に賛成の立場で討論いたします。
 今年度予算には絵本のへやの計上がなかったということですが、絵本のへやに税金を投入させようということは、その議員自身の持論である経営感覚そのものが疑われると私は考えております。機能移転し、今後も当分野の事業を少ない経費で充実していくということが肝要であると、誰もが認めるところであります。絵本のへやの予算がないから反対するということは、費用対効果を考えた判断とは到底思えず、860万円という大切な税金を将来の備えにとっておくのが本筋ではないかと私は強く考えております。今後老朽化施設、もちろん読書の推進施策とも相まった老朽化施設への対応と、莫大な財政需要というところが見込まれる中で、このようなことを議員として認識すべきではないかと考えております。
 また、今年度予算には橋本交流センターの総仕上げ、西原集会所の建設、また細部におきましては中学校3年生のインフルエンザワクチンの接種事業、手話奉仕員等を要請する研修事業の委託料などが盛り込まれ、町民にとって優しい思いやりの予算と私は受けとめております。
 また、収納対策も大きな成果が見られ、継続事業ではありますが金ケ瀬の中学校の体育館は数億円をかけて今年度来年3月に完成予定ではありますが、金ケ瀬の防災の機能の備蓄倉庫等の配備も地域にとっては大変ありがたいものと考えております。
 ただ2点、残念なことがございました。
 1点は、議論の中で「森林伐採による環境破壊」との的を射ていない議員の発言もありました。間伐材による水素製造は、林業の6次産業化を図り、間伐材による再生可能なクリーンエネルギーの水素を製造、販売する。このことは日本の病んでいる森を再生・復活させることにつながることを理解していただきたいと強く考えております。林業の衰退は後継者不足、高齢化、機械設備の不足であります。先日、河北新報にこのような記事が載っておりました。イヌワシが4分の1生態の数を減らしているということであります。それは里山が荒らされて視界が悪く、イヌワシが見つけようとしても小動物も探せずに餌を捕食できないことによる個体数の減ということで、日本の森は荒れているということが如実にあらわれている結果だと私は読みとりました。
 このようなことから、林業の6次産業化は大河原版の地域創生総合戦略の目玉となる得る事業で、4月以降大変重要な段階を迎えることも、当然議員であるならご認識のことと思います。この事業を推し進めるに当たり、当然事務局となる大河原町の今年度予算が成立しないということは、近隣市町村からの信用を失墜することとなることは当然理解できると考えております。また、あわせて林業者の期待にも大きく背く結果となることも認識していただきたいと考えております。成長戦略に関連する水素燃料電池が日本の新たな一大産業となる再生可能エネルギーを普及すると、石破当時自民党幹事長が昨年仙台のセミナーで発言されておられました。続けて、宮城には林業の強みがあることにも言及し、県南の林業者の水素プロジェクトを後押しするご発言があったこともご指摘しておきます。環境破壊との発言、指弾は見当違いも甚だしいと多くの町民も理解することでしょう。
 もう一点は、衛生費の中で大気汚染調査委託料135万円の支出についてであります。前町政との引き継ぎの中で、説明責任が上谷の住民の方々におろそかになり多大なご迷惑をおかけしたことは、今となっては24年10月に就任した町長ではなく、当時議員として2期目私も議会に身を置いておきましたので、私にも大きな瑕疵があったのではなかったのかと、前町政とあわせて深く反省しなければならないと強く考えております。
 また、今年度今予算は第6期介護保険事業計画が本格的にスタートするに当たり、健康寿命の延伸に本気で取り組む姿勢が本予算からは読みとれられると考えております。間もなく高齢化率を大河原町は25%を超えようとすることが、もう差し迫った事実であります。健康寿命の現状は残念であり、介護予防、活動人口増、生きがいづくりの観点から、11歳短くなっている現状を変えるために、町民学園の本格始動元年の今年度予算は、林業の6次産業化による病んでいる森の治療とあわせて、先日お亡くなりになりました私が中学校のころ政治家としてよくテレビに出ていた土井たか子さんの衆議院議員議長の言葉をおかりすれば、「山は動いた」と実感できる予算であることは明々白々であります。
 幾つか反対討論が出ましたが、本日の新聞報道にもあるとおり、県北では暫定予算やむなし、予算不成立の自治体が発生しております。町民、村民にはどれだけの迷惑がかかるかは、議員であれば容易に想像がつくでしょう。
 最後になりますが、反対する方の全ての議員は討論をすべきであると私は考えております。討論もなく、審査の過程では反対の旨の質疑もせずに、単に理由なき、もし町民にはための反対と映るような行動をすることは、2万3,000人を代表する議員としての資質を町民の方々は疑うのではないでしょうか。
 以上のことから、平成27年度歳入歳出79億6,750万2,000円の一般会計予算は認めるべきであります。
 議員各位の賛同をよろしくお願い申し上げまして、討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。万波さんは一括討論してます、反対討論やってますからいいんです。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。
 議案第25号平成27年度一般会計予算反対の立場で討論いたします。
 一般会計予算の内容についてはおおむね妥当と考えますが、平成26年度予算に計上されていた絵本のへや関連予算が、27年度には計上されていません。絵本のへやは、未就学児や児童たちの本に対するなれ親しむ情操教育には絶好の場所で、今後さらなる子育て支援が望まれる昨今において、ますます重要かつ中心的な役割を果たしていく施設です。また絵本のへやに関しては、26年度予算成立後すぐ閉鎖の告知をするなど町政の運営方法に問題があり、移転計画のなかった世代交流いきいきプラザへの移転やほかの施設への分散など場当たり的な施策で混迷し、町民より6月4日に議会に対し絵本のへや存続に関する請願が提出され、平成26年度第2回定例会6月会議において、存続に対する請願が賛成多数で可決されました。議会の意思として存続を議決したのに対し、議会を無視し、また町民より2,357名分の署名を添えた陳情に対しても黙殺するなど町民無視の町政で町政であり、議会制民主主義の否定です。
 町民、議会を無視したこのような予算に議員として賛成することはできません。またこのような予算を可決したのでは、議会の存続意義が問われます。
 以上のことから、第10款教育費4項社会教育費4目図書館費に絵本のへやの関連予算の計上を求め、議案第25号平成27年度一般会計予算に反対します。
 議員各位のご賛同をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論はありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 賛成討論がないようなんで。
 議案第25号平成27年度大河原町一般会計予算に対し反対の立場で討論します。
 まず、予算を組む根拠となり得る施政方針についてであります。選挙公約の目玉であった町立介護特別養護老人ホーム100床規模の設置については、地域密着型特別養護老人ホーム20床規模やグループホーム等の誘致、すなわち町立から誘致へとすりかわられていることを指摘します。
 さらに、公約5%個人住民税減税は、「減税を上回る効果のある代替方法を検討してきましたが、水道料金の値下げをもって町民税減税の代替とさせていただきます」とのことです。これには、本当に驚きました。町長の言う水道料の値下げは、自助努力の政策的な効果として生まれたものではなく、仙南・仙塩広域水道事業の債務の借りかえによる金利負担の軽減等によるものであります。当町における今後の設備の老朽化対策や強靱化対策に備える視点が重要であり、当然の対応です。町長は、消費税8%化で町民の暮らしを助けるため値下げを決断したと発言しております。しかし、値下げの額は1世帯当たり平均で年間1,036円とされており、5%個人住民税減税額に比べ、5分の1にも満たない金額です。残念ながら、公約にかかわるうそ隠しとして強く糾弾せざるを得ません。
 また、文化と教育は成果が目に見えません。費用対効果を求めるべきではないはずです。絵本のへやを守る会の請願に対する9対4の圧倒的多数が賛同する議決を無視し、二元代表制の名目のもとで予算化せず閉鎖の既成事実化を図ってきた暴挙や、全く申し込みのなかった家族に優しい働き方支援事業をあたかも目玉支援策のように誇張して取り上げ続ける姿勢は、誠実さを欠く言動であり許せるものではありません。町長がよく口にする「町民の声が届く町政運営」に相反するのは明らかです。
 さらに、おおがわら町民学園にかかわる事業への予算化であります。26年度は執行率10%に過ぎません。同時に、10月に見切り発車して以来、現場では今後一層の混乱を危惧する状況が高まっております。この事業は、町民の自主性ばかりでなく、ボランティアの意識や優しい思いやりと助け合いの意識を減ずる施策と断じざるを得ません。
 最後に、今後町長のいち推し施策となるであろう環境先進都市を目指す中での水素エネルギー関連のプロジェクト事業があります。環境問題が大きな課題ではないと申し上げるつもりはありません。しかし、当町の取り組みとする必然性が全く感じられません。事あるたびに環境とエネルギー、町長個人のエゴによる暴走と映ってなりません。政策・施策は仙南の中心地としての当町の果たすべき役割に立脚すべきであり、人口減少社会が求める広域的な視点を大切にした本来の姿に戻るべきです。
 以上、反対討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。万波さん、一番最初に一括で討論したと思っておりますので、許可は出せません。(「一般会計はもう終わったでしょう、一般会計以外」「討論一括だからだめでしょう、賛成ならいいんですよ」の声あり)討論一括、反対でしょう。(「反対です」の声あり)反対なら、最初一括で、討論一括で行ってくださいっていうことでトップバッター切ったんでしょう。できないんです。(「今まで」の声あり)今までとかでなくて、(「進めてください」の声あり)はい。
 これで討論を終わります。
 これから採決を行います。
 議案第25号平成27年度大河原町一般会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第25号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第26号平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第26号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第27号平成27年度大河原町国民健康保険特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第27号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第28号平成27年度大河原町介護保険特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第28号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第29号平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、第29号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第30号平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第30号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第31号平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、議案第31号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第32号平成27年度大河原町水道事業会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立総員です。よって、第32号は委員長の報告のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第33号 大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正に
                  ついて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第33号大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 本案件に提案の理由を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第33号大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 大河原町子ども医療費の助成につきましては、子供の適正な医療の確保と子育て世帯の経済的負担を軽減する目的で、対象年齢を拡大しながら制度の充実を図ってきたところでございます。近年の少子化の進行は、本町におきましても例外ではなく、15歳までの子供人口は減少傾向に転じてきております。次代を担う子供世代の確保と育成、適正な医療を受ける機会の保障、子育て世帯の経済的な負担の軽減が求められております。
 このようなことから、本町における子ども医療費の助成対象年齢を、これまでの15歳到達年の年度末から18歳の到達年の年度末まで引き上げ、制度の充実を図るものでございます。
 詳細につきましては、町民生活課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第33号大河原町子ども医療費の助成に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、町長の提案理由にもありますように、医療費助成の対象年齢を引き上げることにより次代を担う子育て世代の確保と育成、また適正な医療を受ける機会の保障、さらには子育て世帯の経済的負担の軽減を図るものでございます。
 それでは、改正前、改正後によりご説明申し上げます。
 第2条で規定をしております対象年齢の15歳を18歳に引き上げる改正をいたすものでございます。
 なお、この条例につきましては平成27年10月1日から施行し、同日以後の診療に係る医療費から適用いたすこととしております。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 1点ちょっとお伺いしたいんですけれども、これ町長の選挙公約にもあった18歳までということで、町民にとってはかなり助かるのかなと思いますけれども、これ10月1日になってますけども、これ4月1日からできなかった理由、お教え願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) この制度は、基本的には施行するということで県のほうにまず報告をして、県のほうからの許可という形もありますが、実施する前に3カ月前に県のほうに報告ということがありまして、最低でも7月にはなります。さらに、国保連合会のほうでそのシステムに対して対応しかねるという状況がありまして、安全に実施できるのは10月1日からという理解で、10月1日ということにいたしました。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、システムの関係上10月1日からじゃないとできないということなんですか。それとも予算措置の部分で10月1日なんですかね。選挙公約で18歳までっつうんで、予算措置が町の予算でも4月1日からやってその分でも負担しても、選挙公約で掲げたぐらいなんでいいのかなと思ったんですけれども、やっぱシステム上無理だということなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) システム上もありますが、県のほうに報告がありまして、県のほうからのそういう許可もありまして、最低3カ月前に県に報告しろというのがありますので、4月1日からやるということは結果的には無理です。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回の18歳まで、これは子育て世帯にとっては本当に朗報でありますけれども、このここに提案するまでに所得制限については何ら検討しなかったんですか。したけどだめだったのか、その経緯をお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 15歳までの無料化の延長という考え、そういう捉え方をしておりますので、所得制限に関しては検討はいたしませんでした。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今課長からそういうお話もありましたけれども、もちろん町長も加わってのご検討だったと思うんですけれども、今後も所得制限というのは考えないっちゅうことですか。長い先、財政状況を見たらそういうことも今後検討の視野に入るのかどうか、見通しを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 万波議員の質問の前に、私からも丸山議員の質問にお答えしたいと思います。
 この事業は、地方創生関連の予算を活用するということもありますので、急遽検討したということで10月しか間に合わないということでございますので、その点をご理解賜りたいと思います。
 それから、所得制限のお話でありますけれども、これも何度かお答えしていますとおり、まずは18歳まで延長しようということを基本にこれまで据えてやってきました。その後、18歳を実現した後、いろんな状況を勘案しながら検討することにしたいというふうに思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) そうしますと、所得制限のある方の入院に関しましては、現在中学生が元気な大河原っ子でちゃんと保障していますけど、ということは元気な大河原っ子も高校生まで18歳まで3年間延ばすということでよろしいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 元気な大河原っ子は子ども医療費で所得制限で助成できなかった方を対象としておりますので、自動的に18歳までということになります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第33号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第34号 平成26年度大河原町一般会計補正予算(第9号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第34号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第9号)を議題とします。
 本案件に、提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第34号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第9号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算につきましては、主に平成26年12月27日に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に伴うものとなっております。
 初めに、歳出について申し上げます。
 まず総務費で、まち・ひと・しごとの創生に向けた総合戦略を策定するための「大河原町まち・ひと・しごと創生会議」に係る経費や策定等委託料として965万8,000円、民生費では、地方創生先行型の事業として町立及び私立の子育て施設の備品購入等の経費として950万円、商工費では、地域消費喚起・生活支援型の事業として割り増し商品券の発行をすることといたしましたので、これに係る経費として3,728万5,000円を計上しております。
 次に、歳入でありますが、地方消費税交付金につきましては、交付額の決定により1,239万1,000円の減、国庫支出金では、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金5,644万3,000円、繰入金では、地方消費税交付金での減額を補うため財政調整基金から1,239万1,000円を繰り入れるものであります。
 これらの結果、本年度の予算総額に歳入歳出それぞれ5,644万3,000円を追加し、84億1,102万8,000円とするものであります。
 詳細につきましては、企画財政課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第34号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第9号)の詳細説明をさせていただきます。
 町長の提案理由にもありましたように、「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」として国の補正予算に伴う補正となってございます。
 まず、3ページをお開き願いたいと思います。
 繰越明許の設定をさせていただいてございます。この3つとも年度内に事業の終了が見込めないということで、繰越明許を設定させていただいてございます。
 7、8ページをお開き願いたいと思います。
 事項別明細書により歳入からご説明をさせていただきたいと思います。
 まず、6款の地方消費税交付金につきましては、収入額の確定という形で1,239万1,000円減額というふうな形でございます。
 続きまして、14款国庫支出金につきましては、地方消費喚起・生活支援型ということで3,728万5,000円、これにつきましては割り増し商品券発行というふうな形でございます。地方創生先行型といたしまして1,915万8,000円、これにつきましては子育て関係または地域創生総合戦略策定経費ということでの補助というふうな形になってございます。
 18款繰入金につきましては、地方消費税交付金が減額になりましたことから、基金のほうから1,239万1,000円を取り崩し宛てがうというふうな形になってございます。
 それで、27年3月末の財政調整基金の残高につきましては、19億9,614万9,000円となるものでございます。
 続きまして、9、10ページをお開き願いたいと思います。
 歳出のほうになります。
 まず、2款総務費1項総務管理費の7目企画費におきましては、大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定する経費ということで、まず報酬といたしまして69万8,000円、これにつきましては創生会議の委員報酬というような形でございます。8節報償費につきましては、視察というふうな形で9節旅費のほうで45万円とってございます。これにつきましては、プロジェクトチームが先進地を視察した際の謝礼または研修費というふうな形でございます。11節需用費、会議費の食糧費につきましては創生会議の関係のお茶代というふうな形になってございます。13節委託料総合戦略策定等委託料ということで847万3,000円でございます。
 3款民生費の2項児童福祉費1目児童福祉総務費につきましては、まず13節委託料で50万円ということで、子ども・子育て支援充実委託料ということで、幼児と親同士の触れ合いを図る事業を行う団体に事業を委託したいというふうに考えてございます。18節備品購入費と19節の負担金補助及び交付金につきましては、子育てをする施設、公立または私立になりますが、そのところに遊具または絵本、あとは楽器等の補助または購入というふうな形での計上でございます。
 7款商工費の7節賃金、あと11節需用費、12節役務費につきましては、18歳以下の子育て世帯に対しまして5割増しの商品券を発行するということで、その通知を行う費用という形でとらせていただいておるものでございます。
 11、12ページをお開き願いたいと思います。
 19節の負担金補助及び交付金の3,668万5,000円、これにつきましては割り増し商品券3割、5割の商品券を発行する補助といたしまして計上させていただいておるものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 10ページですけれども、最初の7目の11需用費、先ほどお茶代というお話ありましたけど、今あんまり食糧費っていうこういう、何つうんでしょうか、項目っていうのはあんまりないように思うんですけど、ここにあえて食糧費じゃなくて、どこかにこれ組み込むことはできなかったのかどうか。ちょっとあんまり今食糧費ってないですよね。それなのでちょっと感じたので、私が間違ってんのかどうか、ちょっとご説明いただきたいと思います。
 それから、3款民生費の2項1目13の委託料ですけれども、先ほどこれ委託という、どういうところにこれ委託するんですか。それからあと、それに関連して備品ですよね。これだけのものも公立、私立ということなので、もう少し相手先を教えていただきたいというふうに思います。
 それから12ページです。11、12です。
 地域消費喚起商品券発行事業補助金でありますけれども、これはもう既にご案内のとおり、これはこれでいいんですが、町がこの中身の中で、中にはもちろん経済的理由で購入したいけど購入できないという方も当然出てくるとは思うんですが、その点でそういうことはどういうふうに考えたんでしょうか。3割、5割だけですけども。それからこれを提案するに当たって、ほかの事業というのは考えなかったんですか。これ1本で来たんでしょうか。自治体によっては全国で意外と似たような事業ですけれども、例えばもうあったかくなりましたけども、福祉灯油なんかもこれは町の裁量でできることですけど、そういうのでするところもありますし、仮にそういう場合は2本ということはできないですか。これは事業は1本というふうに決まっているんでしょうか。その辺も伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 需用費の食糧費につきましてですが、一部とって新年度予算でもとらせていただいてるところはございます。今回につきましては、会議の際のペットボトルというふうな形に考えてございますので、よろしくお願いをしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) まず、13節委託料でございますが、どこに委託するのかというようなことでございますが、現在町のほうで子育てサークルがございますので、その子育てサークルを対象に事業の内容等打ち合わせして委託をいたしたいと考えてございます。
 あと、18節備品購入費でございますが、負担金補助、これは私立ということですが、これにつきましては各施設の保育定員を考慮いたしまして、その保育定員に応じた備品の購入等を促し、子供たちの情操教育を図るというようなものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君)町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご質問の中で、検討はこれしかしなかったのかということでありますけども、実はメニューは国からたくさん示されておりまして、その中でまず消費喚起型の商品券の発行については、県の指導もありましてこれはまずやらなければいけないということでありまして、そのほか子育て支援になるような政策を考えなさいということでありました。それをあわせて子育て支援になるような商品券の発行という形で、結果として1種類に限定させていただきましたけども、趣旨としては子育て支援を含めているということをご理解賜ればと思います。
 あと、買えない人ということでありますけども、2つ意味があると思うんですね。お金がなくて買えないのか、それとも並んでも買えないのか。でありますけども、過去に実施したときに並んで買えなかったという人いらっしゃるというふうに聞いておりますけれども、今回、過去にやった事業費の3倍でありますので、まず買えないという、そういった意味で回ってこないということで買えないということはないと思いますし、また購入の限度額が1万円でございますので、1万円という金額からしますと、生活費の中の1万円でありますから、それをどのような形にも使えますからかなり有利なものでありますので、皆さんお買いになるんではないかというふうに考えておるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに。佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) この9ページの商工振興費の中の商品券なんですけども、これ販売はこれ何かいちいち商工会に委託してという話も聞くんですけども、販売方法なり、あるいはもう一つは大河原町の住民といいますか人に限ると、こういうふうな限定はあるんでしょうね、当然。何かといいますと、今まで販売した商品券の例で、消費の喚起ですからそれでもいいのかもわかりませんけれども、大河原町には大型店の買い物のあれが非常に多いということで、蔵王町なり村田町なりの人がどんと来て、大河原の人たちが、町長がさっき答弁したけど買えなかったという人もいたように聞いてると、今まではですよ。今度は余るんではないかなという話もしているようですけれども、その辺なんですね。ほかから来ると。それと販売の方法が商工会に委託するっつうんであれば商工会で検討するんでしょうけれども、何か町で、こないだ町のホールで売るような話もちょっと聞いたんで、余り何カ所でも売りますと、ことし確かに1万円だと思いますけれども、そっちに行って買ったら今度はあっちに走ってってあっちに行って買ってと、こういうふうなものが今まで何カ所もあってあったんですね。その辺もあれなんで、販売先が決まればそれはそれで、商工会に委託するなら商工会で検討しますけれども、町で売るんだと、それと大河原町民に限ると、せっかくの恩典ですから各市町村でもやるはずですから、その辺の考え方、それをちょっと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) ただいまの2点の件について、第1点目の販売方法でございますが、これにつきましては商工会補助金ということで、商工会で一切行うというふうなことでございます。
 それから第2点目の町民だけにしか、町民限定というふうなことですが、今までの実績からしますとほとんど町民の方でもう完売してしまうのかなというふうに感じております。要するに、一昨年ですかね、25年度にやった際は2割増し商品券で件数も少なかったんですけども、日曜日の朝10時から販売しましたら、もう3時ごろにはもうほとんどなくなってございましたので、今回も土曜日曜が初日でございますので、ほとんど土日でなくなるのかなというふうに考えております。
 販売箇所につきましては、土日は大河原町役場の玄関ですね、町民ホールで販売というふうに考えてございます。その後はあとどうするかは、今後検討していきたいなというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時06分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時15分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 10ページなんですけども、10ページの3款2項1目です。先ほど企画財政課の課長の説明だと、18節の備品購入費及び19負担金補助及び交付金の確認なんですけども、公立、私立って聞いて、あと担当課長の話だと私立保育園が対象だということだったんですが、その辺もう一度どちらなのか聞かせてほしいのと、先ほどの18の備品購入費の子育て施設保育用備品であれば、保育定員の頭割りということで全部配分になるのか、19節の負担金補助及び交付金の施設整備充実事業補助金も、事業の大小に関係なくこれも施設の子供の保育定員の頭割りでそれぞれ配分になるのか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 18節備品購入費につきましては、これは公立の施設ということで備品直接購入するということでございまして、私立の保育所、保育園等に関しましては補助という形で支援するということで、公立、私立ともその基準額については同額を予定してございます。以上でございます。(「違うんだね、聞いてることと」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁漏れでねか、いいのか。(「もう一回」の声あり)答弁漏れでね。じゃあはい、枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすると、もう一回ね。18の備品購入費は公立だけということと、あと今先ほど保育定員割りで割り振ると言いましたよね。それで19負担金補助及び交付金は、私立保育園に対してこの金額を頭割りで配分するのか、お尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 18節、19節ともなんですが、公立には直接購入ということで備品購入費、私立には補助という形で負担金補助という形でございまして、この定員割りにつきましては、公立、私立とも定員一人当たり7,000円程度をというふうに考えてございます。そのほかに、基本割ということで1施設10万円程度ということで考えてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ページ10ページの3款2項1目13節委託料の子ども・子育て支援充実委託料、具体的な事業なんですけども、笑さんなんですかね、どういう事業なのかちょっとお聞かせください、詳しく。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 13節委託料につきましては先ほども、委託する団体につきましては、町のほうに子育て支援をお手伝いいただいております子育て支援のサークルのほうに業務をお願いいたしまして、特に昨年実施していただいたこどもアートフェスティバル、これが好評でしたので、このような事業を実施したいということで考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 大変このようなボランティアさんのお手伝いというのは大変重要かと思うんですけども、きょう話題に出てるからではないんですが、このような予算のほかに町長、絵本のへや以降、読み聞かせ大切だということで、丸森町で取り組んでるような取り組みで、そういう読み聞かせの方を育てたいというような形で、今後まち・ひと・しごとの中でも出てくるかと思うんですけども、その点発言の中でこういうボランティアさんの応援も今後ふえていく中で、読み聞かせも非常に大事だと思いますので、町長のほうから意見があればお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君)町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これはことしのいろんな議論を通じて申し上げているとおりでありまして、読み聞かせを大変重視していこうということで、そのための読み聞かせのボランティアさんを養成する講座をつくりたいということで考えておりますので、昨年度はできなかったんですけども、一昨年度はやっておったようであります。それを復活させる形でさらに充実をするということで、今後取り組んでまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 10ページの児童福祉総務費の負担金補助及び交付金のこの子育て施設整備関係の補助金なんですが、これ補助の内容からいって、保育所っていうふうな形に限定されてるのかどうなのかわかりませんが、子育てというと私立の幼稚園もあるわけなんですが、この幼稚園とかというのは該当に今回はならないっていう考え方なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 子育て支援ということで、これにつきましては私立の幼稚園、さらには認可外の託児施設、さらには小規模保育事業所等も想定してございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 想定はしてるけども、今回は結局私立の保育所というふうなことに限定したということなんですか。それとも今から何かこの、先ほどのずっと説明だと、保育園のことだけしか出てこなかったもんですから、その幼稚園とかそういった小規模保育所ですか、そういった部分も差し上げる考え方があるっていうことなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 前段の答弁で誤解を招きましたことをおわび申し上げます。
 堀江議員おっしゃるように、この19節の中には私立の幼稚園、先ほど申し上げました認可外の託児施設、小規模保育施設等にこの予算の中で配分を計画してございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 12ページの地域消費喚起商品券なんですけども、実は私新聞でちょっと読んだんだけど、18歳以下の子供がいる世帯限定ということなんですけども、この辺ちょっと詳しく18歳以下の限定を、世帯限定で5割増し券も用意すると、この18歳以下ということをどういうふうに理解していいのか、ご説明願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君)町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもご説明したと思いますが、子育て世帯ということで18歳以下のお子様がいらっしゃる世帯約2,200世帯につきましては5割増しというのを、郵送費をかけて戸別に各世帯に引きかえ券をお送りすると。そのほかにつきましては、購入制限額1万円でありますけども、一般世帯の方については6,500世帯分の3割増しのを6,500世帯分ということで考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) 先ほど前議員ですか、万波議員が大分、全部が来れるのかなというような質問をしたようなもんですから、私も質疑をしたわけでございますけれども、どうも把握をして、今町長答弁の中で2,200世帯ですか、もう把握してるということでよろしいですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君)町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのとおりでございます。(「はいわかりました、ありがとうございます」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第34号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第35号 平成27年度大河原町一般会計補正予算(第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第35号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第1号)を議題とします。
 本案件について、提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、平成27年度大河原町一般会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳出について申し上げます。
 まず、総務費と労働費で合わせて3,276万円を計上しておりますが、これは緊急雇用対策事業が平成27年度も一部延長されることによるものであります。民生費で、地方創生先行型事業として子ども医療費及び元気な大河原っ子医療費助成に関し適用年齢を18歳に引き上げを行うため、これに係る経費として750万円、介護保険特別会計への繰出金として69万7,000円を計上しております。
 次に、歳入についてでありますが、国庫支出金で、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金750万円、県支出金で、緊急雇用創出事業臨時交付金3,267万8,000円等となっております。
 これらの結果、平成27年度の予算総額に歳入歳出それぞれ4,095万7,000円を追加し、80億845万9,000円とするものであります。
 詳細につきましては、企画財政課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第35号平成27年度大河原町一般会計補正予算(第1号)の詳細説明をさせていただきます。
 今回の補正につきましては、町長の提案理由にもありますとおり、緊急雇用対策事業及び地方創生先行型の事業の補正というふうな形になってございます。
 事項別明細書によりご説明をいたしますので、6、7ページをお開き願いたいと思います。
 まず、歳入についてであります。
 14款国庫支出金につきましては、地方創生先行型といたしまして750万円、子ども医療費の18歳までの引き上げについての予算となってございます。
 15款県支出金につきましては、緊急雇用創出事業特例交付金ということで3,267万8,000円。
 19款繰越金につきましては、介護保険特別会計への繰り出しがありますことから、繰越金69万7,000円を増額させていただいてございます。
 20款雑入につきましては、労働保険料被保険者負担金ということで、緊急雇用の採用されている方からの負担というふうな形になってございます。
 8、9ページをお開き願いたいと思います。
 歳出のほうでございます。
 まず、2款総務費の1目一般管理費4節共済費につきましては、労働保険料ということで23万3,000円、これは緊急雇用関係でございます。
 3款民生費の老人福祉費につきましては、介護保険特別会計繰出ということで、これは介護保険のシステムまたは住民情報システムとの連携を行う必要があるということで69万7,000円を繰り出すものでございます。
 3款民生費の1目児童福祉総務費につきましては、まず4節の共済費、7節賃金、11節需用費、12節役務費につきましては、18歳まで年齢を引き上げることに対する受給資格の登録等の事務に要する経費ということで計上させていただいてございます。13節委託料につきましては、支払い審査の業務またはシステム改修ということで、89万4,000円を計上してございます。20節扶助費につきましては、まず10月から行うということで子ども医療費助成金として400万円、元気な大河原っ子医療費助成として50万円、これは18歳まで引き上げられるということに伴うものでございます。
 10、11ページをお開き願いたいと思います。
 5款の労働費につきましては、緊急雇用関係の費用という形で、共済費で241万4,000円、賃金で1,714万円、あと委託料といたしまして1,050万円、これは震災等緊急雇用対応事業ということで計上させていただいてございます。そのほか、自動車賃借料90万7,000円を計上させていただいてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ページですけども、7ページです。先ほども前議案の中にもありましたけれども、一番上、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金、この地方創生、先ほどもありましたけどこの先行型というのは、これは今回限りなんですか。そしてこれが次ページの8ページに国庫支出金としてこの児童福祉にありますけども、これは確認ですけど、我が町はメニューの中からこれを選んだので、児童福祉費の中になっているのか。ほかにいろいろメニューがあれば児童じゃなくて別な款にも出てくるっていうことはあったんですか。ちょっとよくわからないので。それで今後もこの先行型というのが続いていくのかどうか、伺います。
 それから、11ページのこの緊急雇用ですけれども、賃金1,700それから13の委託、もう少し詳しく内容をお示しいただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 7ページの国庫支出金、地方創生先行型、これにつきましては27年度で総合戦略を立てるというふうな形になってございます。その前段といたしまして、先行して実施していただきたいというものがありました。それが補助金という形で来ております。それにのっとりまして、今回子ども医療費を18歳まで拡充というふうな形にさせていただいているところでございます。
 今後につきましては、この総合戦略を立てまして、それに対する交付金というふうな形で国のほうで予算措置をされるものと考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。失礼しました、商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 11ページの緊急雇用の件ですけども、7の賃金につきましては、今のところ臨時緊急雇用職員ということで20名分でございます。ただこれにつきましては、27年度1年間ということではなくて、年度の途中で切れてしまいます。5月とか6月とか8月、10月。11月と12月につきましては、大部分の方が雇用がなくなってくるというふうな状況でございますので、それ以上補充が国からの交付金がないということで、これで賃金が1,700万ほどというふうになってございます。
 それから、13の委託料につきましては、これは観光物産協会の委託事業ということで、昨年同様の金額というふうになってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11ページですけれども、この緊急雇用に関しては、これまでにも随分この事業を取り入れて町はやってきたわけですけども、この事業を通じて本来やはり職員をきちんと配置をしてやはり継続してしなきゃならないというような、この事業っていうか職員の配置した分野、そういうのはないんですか。あくまでも臨時緊急雇用が終わればそこはもうなくなるわけですけども、その分の今後の職員の補充っていうのは出てこないんですか、これは。必要だからこれ緊急雇用で町は助かるわけですけども、その辺はどんなふうに考えてるんでしょうか。これまでにも、ずっと継続でやっているので、今まではなかったと思うんですけれども、今後はそういうことも当然検討して適正な職員の配置が必要ではないかと思いますので、今伺っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁させます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回のこのたびの緊急雇用につきましては、町としてもですね、新たに雇用を図るという趣旨になっているかというふうに思っております。ただし、例えば保育所等におきましては、従来ですと嘱託員というような形の中で町が単独というような形になってきたところでございますけれども、今回こういった制度を利用した実情もあります。したがいまして、本来ならば職員ということもあるかもしれませんけれども、そういった制度を利用させていただいたということもございます。
 それからご案内のとおり、放射能の関係につきましては測定業務を緊急雇用の職員にやっていただいてるような形にもなってございまして、なくなれば職員でカバーしなければない部分もあると思いますけれども、そういったものについては今後各課の中でいろいろ検討していただきたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今後、各課の中で検討していくということですけれども、要するに定員適正化という計画に基づいて町はやって、要するにどんどん減っていくということですよね、極端なこと言いますと、正社員が。そういう中でやはり必要な、正社員でない、正職員。そういう点では必要なところにはやはりきちんと職員は配置しなきゃいけませんので、その辺は町長中心に、ぜひこの緊急雇用対策の事業をしながらその辺は十分検討していただいて、適正な職員の配置、今後ですね、これがなくなった後もしていただきたいということを、強く町長にお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) この11ページの緊急雇用対策事業費のあれで今、商工観光課長のほうから説明あったんですけども、臨時職員賃金1,714万円とかね、それから1,050万は観光物産協会のあれだということで説明ありましたけども、ただ緊急雇用の賃金、これは1年間でなくて途中で切れたりそういう賃金なんだと、それで今後はこの緊急雇用がなくなるんでという話、その後はなくなりますと、こういう話の説明を受けたんですけども、何か考えてみますと、観光物産協会なんかにいわゆる職員は、この緊急雇用の職員、要するに職員2人いるんですね。それも何かこれとは違うのか何かわかりませんけれども、11月か1月ごろ、あの人たちは来年のあれまであるということなんですか。
 それと、この緊急雇用の使い方の基本をちょっと確認して聞きたいんですけども、私はこう思ってるんですけど、緊急雇用というのは就職難で非常に困っていたときにハローワークを通してその人たちを各課で使って、そしてその間業者にも使っていただいて、その間職業を見つけて就職する、それが基本だったようですけども、この緊急雇用のあれの中でこれ1回就職しますと、官公庁に勤める人は楽なもんですから、ほかに就職探したくても、私1回役場に聞いたことあるんですけども、たった一人だけ緊急雇用で、ある日途中にタカヤ企画さんとこに行った人が一人いると、あとは誰もいないと。本当は正式な職業を求めるためにその間ここで働いてと、ハローワークも失業保険くれればそのほうがいいかと思ってやったのか、国もですね、わかりませんけども、そういうことが主眼ではなかったのか何か、その辺の確認もあわせて教えてください。いつも緊急雇用、緊急雇用って使うんだと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁させます。商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 7の賃金とそれから13節の委託料の関係ですが、賃金につきましては昨年26年度の途中で採用された方が1年間雇用できるまでということで、そこで事業は終わります。委託につきましては、1年間雇用できるということですから、4月1日から来年の3月31日まで、委託につきましては雇用が可能というふうになってございます。
 それから、雇用の関係なんですけども、確かに緊急雇用につきましては、緊急雇用で仕事をしてる方はほかの仕事を見つかればそちらに移行してもらうというふうなことで、これまでも結構途中で職が決まりましたので緊急雇用をやめますのでっていうことは何回もございます。その都度、ハローワークにうちの職員が行って、新しく雇用しますよということで申し込んでいる状況でありますので、またハローワークを全て通さないとこの緊急雇用には該当しないというふうなことですので、全てハローワークを通してからというふうになってございますので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 緊急雇用のあれはわかりましたけども、ただそういう中で何人もいると、緊急雇用使って、今課長がその職員を見つけたからかわりますっていってハローワークに行って何回もまた頼んで入れてるのが何人もいるんだと。こういうのは、今聞いて私のはわかっているのは違うかなと思ったんですが、私タカヤ企画なんて余計なことまで言いましたけども、だけどもそれではそういう人たちのあいつだけでは不安で、そこに観光物産協会の場合なんかですよ、そういう職員だけで来年3月には決まるんだと。この人たちはそこまでいるんだと。あとはいなくなるんだと。これでは不安でね。観光物産協会せっかく拡大すると、独立も目指すんだと言ってやってきてせっかく観光物産室までつくったんですね。それではちょっと基本姿勢がおかしくなってくるんではないかなと思うんですけども、そういうことは余りにも軽率でおかしいんではないでしょうか。
 もう一つはね、例えばこれ例を言って申し上げると、議会事務局も緊急雇用で使っている方いますね。あの方も去年で決まりなんでしょうけども、また募集来たと。誰も来ないと。その人だけだと。探しても探しても来ないんだと。そういうふうに1回あれすると、ただ今度はなくなるっていうんでその人も大変だと思いますけれども、そういう中でやっぱり要所要所にきちっとした少し、来年なくなるとか途中でなくなるとか、そういう職員の配置だけでなくて、きちっとした職員を、ちゃんとした職員を一人くらいは置くべきではないかと思うんですよね。町長も観光事業を大切にすると、桜まつりは32万を超すんだって。歩ってきて。実行委員長と大会会長として、挨拶なんかばかりしてそっちのほうをおろそかにしてんではおかしいと思うんで、その辺も町長からもよろしく答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 観光物産協会のあり方というふうなご質問でありましたが、先般堀江議員の一般質問にもお答えしましておりますように、今まで確かに緊急雇用ということで事業拡大をしてきたところでございます。そしてまた今後、28年度につきましては多分なくなるというふうなことで、今年度といいますか27年度ある程度精査しながら規模縮小といいますか、ある程度その見合った事業にしていくというふうなことで考えておりますが、ただ観光物産協会の仕事についてはその規模は、ある程度の事業量は少なくなりますが、事業その継続はしていくというふうなことで、要するにさくらっき~ですかね、その出番が結構多くなってきておりますので、そういうなものもありますからいろいろと精査していくというふうなことでありますので、よろしくご理解のほどお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤 巖君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) 非常に苦しいようだけど、ただその中で言ってることは、事業は縮小するんだと。今までは緊急雇用だのあったんで拡大してきたと。今度は縮小していくんだと。それではこの答弁の、町長そうなんですか。そういう中で、

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁させます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯12番(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(佐藤 巖君) だんだん絵本のへやみたいになんないようにですね、いつの間にかなくなってたなんて、おかしな姿勢では困りますよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁させますので。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、緊急雇用の基本的な考え方でありますけども、言ってみれば書いてあるとおりで、緊急的に雇用しましょうということで、基本的には時期が来たらおやめいただくか、それまでにほかの仕事をお探しいただくというのが基本でありまして、今回その期間が終わるということで、それは緊急雇用の方々に皆さんご理解された上で仕事していただいておるんですけども、今佐藤議員のおっしゃるのは、具体的に観光物産協会のあり方だと思いますけれども、今課長答弁で縮小するということを申し上げたんですけども、ちょっと私は少し違ってるように思いますので、私の考えを述べさせていただきたいと思っておりまして、大河原町の観光物産を振興するということは、本当にこれから大事な課題だと思っておりますので、この緊急雇用が終わるに当たりまして、やはりあるところで答弁を申し上げたと思うんですけども、ソフトランディングをできるように事業を精査するということで、その精査の過程で個々の事業をどうするかということを考えますけども、緊急雇用を使わなくても役場職員でできる場合もありましょうし、そういったいろんな方策を考えてできる限り仕事の量は減らさないように、あと逆に緊急雇用でやった仕事は大変価値のあるようなものがあると思いますので、そういったものについては今まで緊急雇用以外でやっていたような事業との比較で、取捨選択といいますか集中と選択という考えも取り入れながら、職員の配置あるいは事業の見直し、そういったことをやっていきたいと思っておりますので、その作業の一環の中で商工観光あるいは観光物産については充実の方向ということで考えておりますので、その辺は基本的な姿勢はそういうふうに考えているということをご理解いただければありがたいと思います。以上でございます。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第35号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第35号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第36号 平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第1
                  号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第36号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、議案第36号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、本年8月から実施されます介護保険サービス利用者2割負担の該当者の判定等の対応と、所得段階が第2段階と第3段階の方の施設入所者等の負担限度額で、多床室の限度額が320円から370円へ改定されること等へ対応するものであります。
 歳出といたしましては、システム改修委託料等として85万2,000円、歳入につきましては、システム改修に伴う国庫補助金として15万5,000円の計上と一般会計からの繰入金として69万7,000円を計上しております。
 この結果、予算総額につきましては歳入歳出それぞれ14億295万9,000円とするものであります。
 詳細につきましては、健康福祉課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第36号平成27年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、本年1月下旬に介護保険利用者負担の2割の判定に必要な税情報の項目が示され、また2月に介護報酬の改正についての具体的な国の基準が示されたことにより、それを受けまして、今回介護保険システムの改修に必要な費用を計上いたしたものでございます。
 それでは、事項別明細書によりご説明を申し上げます。6ページ、7ページをお開きください。
 まず、歳入につきましては、3款2項3目介護保険事業費補助金のシステム改修事業補助金15万5,000円につきましては、後ほど申し上げます歳出の2分の1の補助ということでございます。
 7款繰入金1項3目その他一般会計繰入金1節事務費等繰入金69万7,000円につきましては、システム改修委託料の補助対象外の分となりますものについて、一般会計から繰り入れるものでございます。
 続いて、歳出に移ります。8ページ、9ページをお開きください。
 1款1項1目一般管理費の13節委託料につきまして、住民情報システム連携業務委託料につきましては、8月から新たに介護サービスの利用者の2割負担の該当者の判定を行うために必要な税情報について介護保険システムとの連携を図るための委託料でございます。それから、介護保険システム改修委託料31万2,000円につきましては、施設入所の方の場合の食費、居住費についての負担限度額について、多床室の基準額が光熱水費相当分の額の見直しが行われまして、320円から370円に改定されることを受けまして、負担限度額についても320円から370円と改定するためのシステムの改修に必要な費用でございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議は、時間はあらかじめ延長します。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第36号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議発第1号 後期高齢者の保険料軽減特例措置に関する意見書案

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議発第1号後期高齢者の保険料軽減特例措置に関する意見書案を議題とします。
 朗読及び趣旨説明は、議会先例集69の2の規定により省略します。
 提出者、万波孝子さんは提案席へ着席願います。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議発第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議発第1号は原案のとおり可決されました。お待ちください。提出者は議席にお戻りください。失礼しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 請願第2号 通学路、新東橋本1号線の時間帯規制に関する請願審査報
                 告書

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、請願第2号通学路、新東橋本1号線の時間帯規制に関する請願審査報告書を議題とします。
 本請願は総務文教常任委員会に審査を付託してありますので、審査の結果を総務文教常任委員会委員長より報告願います。報告者は登壇願います。
     〔総務文教常任委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯総務文教常任委員長(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務文教常任委員長(丸山勝利君) 平成26年第5回定例会12月会議において、総務文教常任委員会へ付託された請願第2号通学路、新東橋本1号線の時間帯規制に関する請願書に対する審査の結果を報告いたします。
 第1回目は平成27年2月9日に児童・生徒の朝の通学時間帯に現地調査を行い、その後委員会室において、通学路検討委員会等の資料を参考に委員間の協議を行いました。
 第2回目は平成27年3月5日に農政課長、教育総務課長らから意見聴取を行い、その後委員間で協議、審議を行い、採決、まとめを行いました。
 各委員から出された主な意見は、報告書の記載のとおりであり、慎重に審議を重ねた結果、通学路の安全確保には全員が論を俟たないものではありますが、一方では、地域との協働による安全確保の重要な視点であり、町、住民、PTA等が一体となって通学路の安全確保に取り組んでいくことが重要であることから、総務文教常任委員会としては、別紙のとおり附帯意見をつけ採択するべきものと決定したものであります。
 以上申し上げ、審査結果を報告といたします。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 報告者は質問席にお着きください。
 これから会議規則第42条の規定により、委員長報告に対する質疑を行います。
 なお、質疑ができるのは、議会先例集88の規定により総務文教委員以外の議員のみとなっています。
 質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 時間帯で入れない取り締まりの対象ということなんですけども、公安委員会等との折衝というのは、これ必要ないんでしょうかね。その辺もうちょっと詳しく教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯総務文教常任委員長(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務文教常任委員長(丸山勝利君) もちろん進入禁止等は公安委員会が行うもので、我々としてはその時間帯規制を行うように各関係機関に、各担当課から要請するようなものであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかにございませんか。なし。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 報告者は議席にお戻りください。
 次に、議会先例集89の1の規定により、委員会の報告に関連して執行機関に対する質疑を許します。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから請願第2号を採決します。
 本請願に対する委員長の報告は採択です。委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、請願第2号は委員長報告のとおり採択することに決定しました。
 本請願は、関係執行機関(町長)に送付することにします。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。今定例会は、あす3月19日から6月9日までの83日間を休会としたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、今定例会はあす3月19日から6月9日まで83日間休会といたします。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時02分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年3月18日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------