議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2015年3月12日(木):平成27年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けがありましたので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 議案第14号 大河原町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに
                 指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援
                 の方法に関する基準等を定める条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第14号大河原町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第14号大河原町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 今回の改正は、国の省令改正に伴うもので、地域包括ケアシステムの構築に向けた基盤整備を推進する趣旨によるものでございます。
 改正の主なものといたしましては、まず、失礼しました、2ページの第34条指定介護予防支援の具体的取扱方針の第12号の追加についてでございますが、これは介護予防支援事業者である職員とサービス提供事業者の職員の意識の共有を図り、介護予防支援事業者職員がつくる介護予防サービス計画とサービス提供事業者職員がつくる個別サービス計画の連動性や整合性を確認するため、事業者に計画書の提出を求めることとした規定でございます。
 さらに、3ページの同条第28号につきましては、介護保険法改正に伴う会議についての規定を追加したもので、サービス提供事業者は介護予防事業の効果的な支援実施のため、ケアマネジャー、保健医療及び福祉に関する専門的知識を有する者などで構成される会議を置くように努め、またそのために関係者等に資料の提供をするなど、協力することについて努めるものとした規定でございます。
 施行期日については、平成27年4月1日からでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第14号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第15号 大河原町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び
                 運営に関する基準を定める条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案第15号大河原町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第15号大河原町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、要介護者が在宅生活を継続できるよう、24時間365日の支援を行うため、通い、泊まり、訪問など組み合わせて、切れ目のないサービス提供をするため、施設人員などの基準を緩和すると同時に、適正なサービスが行われているかのチェック体制を強化、充実するための改正となっております。これにより、地域包括ケアシステムの充実を図るものでございます。
 まず初めに、新旧対照表の目次の第9章につきましては、複合型サービスから介護小規模多機能型居宅介護というふうに名称を変更するもので、先ほど申し上げました通い、訪問、泊まりといった一体的なサービスを組み合わせて提供するものとしてわかりやすい名称としたものでございます。
 なお、本文につきましては22ページから最終ページまでが該当しておりますので、これをもってこれについては説明にかえさせていただきます。
 2ページでございます。
 第7条第5項につきましては、指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所におけるオペレーターの設置基準についての緩和についてでございまして、夜間から早朝の間にオペレーターとして充てることができる施設・事業所の範囲について、併設する施設・事業所に加え、同一敷地内または隣接する施設・事業所を追加したものでございます。オペレーター等は原則として利用者からの通報を受ける業務に専従する者というふうに規定されております。
 次、4ページでございます。
 第64条の第4項でございます。認知症対応型通所介護事業所で、夜間・深夜に事業所の食堂や機能訓練室を利用して認知症対応型通所介護事業以外のサービスの提供を行う場合に、指定を行った市町村にサービス提供開始前に届け出るものとされた規定でございます。
 続いて、5ページの66条第1項につきましては、共用型指定認知症対応型通所介護事業所において、利用の定員について指定認知症対応型共同生活介護事業所または指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所の場合、これまでは施設ごとということになっておりましたが、共同生活、住居ごとに1日当たり3名以下としたものでございます。ユニットごとに3名以下と緩和したものでございます。
 次、6ページの第79条の2、事故発生時の対応についてでございますが、これにつきましては指定認知症対応型通所介護施設における事故発生時の対応について新たに規定されたものでございまして、事故が発生した場合には、市町村と当該利用者の家族、当該利用者に係る居宅介護支援事業者等に対して連絡を行うなどの必要な措置を講じるべきこととするとともに、当該事故の状況及び事故に関してとった措置について記録しなければならないとしたもので、これがチェック機能の強化・充実というものに当たると考えます。
 それから、7ページから8ページにかけて、第83条第6項につきましては、指定小規模多機能型居宅介護における看護職員配置の緩和で、小規模多機能事業所の看護職員が兼務可能な施設、事業所について、その範囲に現行の併設する施設・事業所に加え、同一敷地内施設・事業所を追加するとともに、兼務可能な施設・事業所について介護老人福祉施設や介護老人保健施設が加えられたものでございます。
 続きまして11ページでございますが、第86条第1項の登録定員及び利用定員のところでございますが、指定小規模多機能型居宅介護事業所の利用者の登録定員が、これまでの25人以下から29人以下に緩和されるものでございます。
 12ページの同じく第86条第2項の第1号でございますが、同じく指定小規模多機能型居宅介護事業所において、登録定員が25人以下から29人に緩和され、あわせて登録定員が26人以上29人以下の場合には、当該事業所の居間あるいは食堂を合計した面積が機能を十分に発揮し得る適当な広さが確保されている場合には、通いのサービスの利用定員を18人以下とすることを可能といたしたものでございます。
 続きまして、ページ14ページでございます。
 第114条第1項指定認知症対応型共同生活介護グループホームの事業者は、事業者が効果的にサービスを提供することができるよう、現行ですと1または2というユニット数が標準でございますが、新たな用地確保が困難であるなどの事情による場合には、3ユニットまで設置することが可能になったという規定でございます。
 続きまして、16ページでございますけれども136条、これ削除になりましたが、これは指定地域密着型特定施設入居者生活介護の県指定を受けている有料老人ホームの事業者が介護保険の報酬を代理受領する要件として、有料老人ホームだけについて入居者の同意書を国保連合会に提出することが義務づけられておりましたが、老人福祉法の改正によりこの要件が撤廃されたもので、条を削除するものでございます。
 次に、17ページでございます。
 第152条第4項でございます。指定地域密着型介護老人福祉施設に置くべき従業員の員数を規定しておりまして、サテライト型地域密着型介護老人福祉施設の本体施設として認められる対象について、現行の指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設、または病院もしくは診療所に加え、指定地域密着型介護老人福祉施設が追加されたものでございます。
 次、飛びますけども20ページでございます。
 同152条第17項でございますが、これにつきましては本体施設が指定地域密着型介護老人福祉施設の場合に、サテライト型の居住施設には医師または介護支援専門員を置かないことができる場合、その場合には本体の施設の入所者とサテライト型居住施設の入所者の合計数を基礎として本体施設に置くべき医師等の人員を算出するということになったものでございます。
 それから、22ページ以降につきましては、最初に申し上げましたとおり、第9章ということで、名称がわかりやすい名称になったということで、以降のページについてはそれの改正となっているものでございます。
 なお、本改正条例の施行期日については、平成27年4月1日とするものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点だけ、ちょっと課長にお伺いします。
 6ページですけれども、第79条の2事故発生時の対応ということで、ここに明記されている中身ですけれども、1、2、3、4段目に事故が要するに発生した場合は、市町村それから当該利用者の家族、それから開設しているこの事業者等が連絡を行って必要な措置を講じなければならないということですけれども、これは今まで、新たにこれ設けられたようですが、今までは例えば大河原町では私は聞いたことはないんですが、こういう方針が出てきたということは、要するに全国的にこういう問題が起きたときにいろいろあったために、今回市町村も入るということになったんですか。例えば事故が起きた場合は、当然家族には連絡は行ってそれなりの対応をされてきたと思うんですけど、あえてここに市町村が入ったということが、どういうふうに理解したらいいのかというふうに思います。町がお願いをしているというか、そうですよね、指定している事業所ですからそうなるんだと思うんですけども、その辺もう少し詳しくお知らせいただきたいというふうに思います。
 また、これに関して国からの通達というのは特別なかったんでしょうか。ここに文言に書かれてあるだけでの理解ということなんでしょうか。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) この79条の2に関しましては、指定認知症対応型通所介護事業者に関しての事故発生時の対応ということになっております。本町では、認知症対応型通所介護事業者というか、そのサービスはやっておりませんが、老健施設等において事故が発生した場合には、居住地である市町村にその事故の報告といいますかそのてんまつについて記載したものが来ておりますが、今回の改正はこの認知症対応型通所介護事業者について、新たにこの対応が加わったということでございます。
 それから、国からの通達が来ていないかということでございますが、去る3月3日に全国の介護保険担当課長会議が開かれ、3月9日に市町村の担当職員の会議が開催されておりまして、その通達等といいますかそこでの説明はあったと思いますが、その内容については詳しくは把握しておりません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 該当する事業所というのはどこでもそうですけれども、万全を期して介護者に従事しているんだと思うんですが、しかしながら事故というのは本当に予期もしないで起きるんですよね。それで、こういう連絡はいいんですけども、こういう特別に会議という、何ていうんでしょうか連絡、そのための受け皿になる会議というものではないんですね。単なる連絡があって三者が集まってその必要な措置を講じるという、そういうことなんですね。要するに、組織というものはここに文言も出てこないので、そうでないんだなというふうに思うんですけれども、もう一度その辺確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) これは、事業者に課せられた義務ということでございます。必要な、講じなければならないという義務規定でございまして、このような事故発生時に対応しなければならないという規定で、要するにこういうことを追加することによってサービス、最初に申し上げましたが、人員なり施設のサービスの緩和することに伴ってこういうようなチェック体制を強化していくという、そういう考えのもとにこの条項が新たに加わったものであるというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっと一つ確認なんですけども、この例えば1ページの第9章、看護小規模多機能型居宅介護というふうになってるんですが、課長の説明だと、看護じゃなくて介護っていう説明ちょっと受けたんで、その介護じゃなくて何で看護、看護が正しいんですか。このなぜこういうふうな看護っていうふうになったか、もしわかれば教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) これは、24年4月の改正でこの複合型サービスというのは小規模多機能型居宅介護と訪問看護あるいは介護などの複数のサービスを組み合わせて実施する場合に複合型サービスといっていたものでございますが、今回その切れ目のないサービスを行うというようなことで、通所ですとかあとは泊まり、訪問看護とか介護、そういうものの組み合わせをすることによって、利用者あるいは家族の支援をするサービスをするという具体的なイメージができる名称に変更したということで、これは一応看護というふうになっておりますけども、多様なサービスを組み合わせるものということで、介護サービスについてもその中に入ってくるものというふうに考えます。今回の改正は、介護と医療の連携というのが一つの大きな柱になっておりまして、そのような意味から看護というふうに名称がついたというふうに推測されます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今いろいろ説明受けたんですけども、この条例を改正されることによって、人員的に緩和される部分と縛りが強くなる部分があるんですけれども、事業者にとって改正される以前よりも運営がしやすくなるような条例なのかどうなのか、その辺お聞かせ願いたいのと、またサービスを受ける側は内容が向上されるような条例改正になっているのかだけ、簡単でいいのでお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 事業者にとりましては、今介護職員の確保が非常に難しい状況において、人員等の緩和措置もされておりますし、また施設についての利用とかそういうものについても緩和されている部分が大きいものですから、そういう意味では利点があるのではないかというふうに考えます。あと、利用者にとりましては、一概には言えませんが、緩和することによってサービスの低下を招かないような、これは事業者になりますけど、工夫が必要であり、そういう意味での事故報告とかなんですけれども、利用者にとってはどちらとも、なかなか難しいところではありますが、済みません、ちょっとそれ以上は。(「いいです」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第15号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第16号 大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、
                 設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係
                 る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定
                 める条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第16号大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第16号大河原町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 本改正条例は、要支援1・2の方を対象とするもので、その基準と支援について規定しており、今回の改正の趣旨につきましては、前議案第15号とおおむね重複するものでございますが、切れ目のないサービスを提供するための施設人員等の基準を緩和すると同時に、適正なサービスが行われるためのチェック体制というものを強化、充実するという改正でございます。
 1ページの第8条第4項につきましては、単独型・併設型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所が、夜間や深夜にサービスを提供する場合には、サービス開始前に町に届けるものとする規定が追加になったものでございまして、先ほど申し上げたものと同じでございます。
 それから3ページの第10条、共用型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所の利用定員については、事業所ごとから事業所内の共同生活住居ユニットごとに1日3名以下となり、緩和されたものでございます。
 5ページの第38条第4項の共用型指定介護予防認知症対応型通所介護事業所が通所介護以外のサービスを提供し事故が発生した場合は、町、利用者の家族などへの連絡をするなど必要な措置を講じなければならないとの規定でございます。
 同じページの第45条第6項では、介護予防小規模多機能型居宅介護従業員のほか、施設等の人員の基準を満たす場合には介護予防小規模多機能型居宅介護従業員は施設の職務に従事することができるとされた規定でございます。
 6ページ、第45条第7項、指定複合型サービス事業所が地域看護小規模多機能型居宅介護事業所と名称を変更になったものでございます。
 8ページでございます。
 第46条第1項で、看護小規模多機能型居宅介護事業者の管理者は、事業者が訪問介護事業者または訪問看護事業者の指定をあわせて受けている場合は、さらに一体的な運営を行っている場合に、介護予防日常生活支援総合事業に従事することができるとした規定でございます。
 10ページでございますが、第48条第1項において、指定介護予防小規模多機能型居宅介護支援事業所は登録定員を25人から29人へ、また第2項において、利用定員を18人までとすることができることになった規定でございます。
 13ページでございます。
 第75条指定介護予防認知症対応型共同生活介護事業所に係る用地の確保が困難であることその他地域の実情により共同生活居宅を3とすることができる規定でございます。
 施行期日につきましては、平成27年4月1日とするものでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第16号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第17号 大河原町給水条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第17号大河原町給水条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第17号大河原町給水条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 議案書1ページ、2ページをお開き願います。
 今回の給水条例の一部改正につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたが、平成27年4月1日より宮城県仙南・仙塩広域水道の用水供給料金が減額改定されますことから、本町における仙南・仙塩広域水道受水費の軽減額と今後の本町水道施設の中長期整備計画と維持管理費用等を勘案した事業経営の収支計画に基づき現行の水道料金単価について精査検討した結果、家庭用、営業用、団体用の3つの用途における基本料金を改定するものでございます。
 2ページの参考資料をごらん願います。
 その改定内容につきましては、家庭用の基本料金を月額税込みで1,706円40銭から86円40銭5.1%減額し1,620円に、営業用、団体用の基本料金を月額税込みで4,190円40銭から216円5.2%減額し3,974円40銭に減額改定するものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成27年4月1日から施行し、平成27年5月分として徴収する分から適応するものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私の手元に、9月10日の企業局の資料があります。主な改正要因は、水道施設の強靱化のため、設備投資等を増額、基幹土木施設や管路の耐震化、高区・低区送水管連絡管の整備など、高利率企業債の繰り上げ償還及び借りかえによる支払い利息が軽減、企業債、償還額の低減とあります。
 現状、17自治体で当町のみが水道料金の値下げを予定しております。当町の企業局からのアンケート調査の中では、機器の更新や整備に充当が必要とあり、値下げに関して将来的に大丈夫ですかね、県の担当課は驚いているそうです。この企業局に問い合わせ等なんかは行ったんですか。担当課長にお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) 当然、企業局のほうには、事前にこの内容ということで課長会議でございまして、そのお話の中では、最初にお示しいただいた中では多賀城さんが1自治体値下げというような格好でお話を聞いてございまして、その当時につきましては、詳細については本町は、大河原としては収支計画等々まだ行ってございませんでした。ただ、先ほどのご質問に対しては、お伺いはしてございません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 水の仕入れが安くなったので、その一部を消費者である町民に還元する、これだけならば大変スマートな発想でした。しかし、自助努力で確保した財源でないにもかかわらず、公約の代替措置とする、町長が胸を張って公言する根拠が私には理解できません。否、私だけでしょうか。町長、易しく教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この件につきましては、議員それぞれのお考えがあろうかと思いますが、個々についてはよくわかりません。理解できないというお考えもあるんでしょうけれども、現在、消費税が上がるとかいろいろ景気も後退しております。生活が大変苦しいというような状況を考えまして、今回仙広水の給水料が値下げになるということでありましたので、確かにこれから施設の増強とか修繕とかいろいろお金がかかることはわかっておりますけれども、この機会に町民に還元するのは適切な判断であると私は思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の条例に関する質疑ですが、私実は今回後で出てきます総括でこの件について実は質疑することになっているんです。それで、引き下げがされますと、当然私たちは毎日水を使用しているわけですから、ここに示されているだけ減額されるということですよね。それで私がここで、総括でちょっと触れているのでここで言うのちょっとあれなんですが、ただ議長からそれはもしかすると総括質疑に当たらないなんていう注意もされると困るので、私なりに判断して実は総括したんですが、今回町長の施政方針では、きちんと住民税減税の代替としてやるんだというふうに言っていますよね。そうしましたら、この今回の条例の中の提案理由の中で、私は仙南広水の供給単価が引き下げられたと、だから我が町はするんだとあわせて町長の施政方針にあるその考えも、私は提案理由の中で示すべきではないのかと実は思っているんですね。今の課長の詳細説明の中では、当然課長ですからそうじゃないんですが、町長は提案理由の中ではそのことを一切触れていないという、ここが私はどうしてなのかなと。それは町長の考えですから、きちんとこの提案理由の中でも、課長は述べないにしても、町長は本来すべきでなかったかと思うんですね。それを、議会があるいは議員がどう判断するかは別としても、やっぱりそこは誠意をもって本当にそう思っているんだったらすべきじゃなかったかというふうに思います。議長から私の質疑に対して今問題だということもないので、今あえてここで質疑させていただいています。その辺はどうなんですか。
 それと、今回確認ですけども、この供給単価の全額をですよね、これ。全額を減額に充てるということですよね。確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 総括質疑でも取り上げられておりますけれども、議案第17号の提案理由でも、その減税の公約の代替であると示すべきではなかったかというご指摘を受けましたけれども、この提案理由は、施政方針に基づいてつくっているわけですね。施政方針の中にはきちんとご指摘のあったところの上の段に、町民に還元するということを明記しておりますので、施政方針に書いてありますので、あえてここで重複してやる必要はなかったというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) 今回の料金の減額改定におきましては、仙広水の減額改定によりまして、約税込みで2,500万円ほど減額、25年度実績で算出した場合ですけども、2,500万円ほど減額になります。ただし、このごろの節水のさらなる住民の水の使用の仕方ということで、今年度におきましても対前年度より約0.4%ぐらいですか、減収になっているというのが事実でございまして、その分として約300万ちょっとですね。さらには、29年度から大口使用者が移転、場所が変わるということで、約1,000万ほどの減収が見込まれるということで、今お話しいたしました約1,400万ほどを除いた減額額ですね。受水費下がった分のですね。それを本町の給水条例の減額改定に充てたというような格好でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 質疑をしてよかったです。というのは、総括は再質問できませんので、あえて今させていただいております。
 企業会計ですので、先ほど前議員から指摘というか、前議員の立場での質疑もあったようですけれども、上げる下げるは、それは私は各自治体の判断でする、できるものなのでね、私はそのように思っています。
 町長の先ほどの答弁の中で、総括質疑にも言っているからあえてここで言わなくたっていいというふうに、そういうお話でしたね。(「施政方針」の声あり)施政方針の中で言っているので、あえてここで、

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波議員さん、質疑のやり方ちょっと変えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) もうやめますけれども、簡潔にしますけれども、あえてこの議案第17号の中であえてだから触れないんだっちゅうお話でしたけど、私はそうでないと。やっぱり施政方針はわかっている方とわからない方、町民の立場ですよ。議員だけがわかるんじゃなくて、ここにいる人だけがわかるんじゃなくて、これは町長がここで提案理由とか言うっていうのは、町民に向けてやってるわけですから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再度申し上げます。一般質問になっておりますので、中止してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) あえてここでも私は、町長はそういうふうにきちんと町長の提案理由の中で言うべきだったというふうに今でも思っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁は必要ありません。ほかに質問ありますか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。丸山勝利君。
 まず、原案に反対者の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 議案第17号大河原町給水条例の一部改正について、反対の立場で討論いたします。
 水道は毎日使うもので、水道の普及率が99.8%の大河原町にとっては、ほとんどの家庭が恩恵を受ける水道料金が下がることは町民にとってうれしいことで、家計にとっても大変助かることと思われますが、今回の水道使用料の改正は、水道水の供給源である仙南・仙塩広域水道水の供給価格の料金改定によって下がったもので、町長が掲げた選挙公約の「町の事業の総点検を行い、税金の無駄のカット及び納税率の向上によって必要な財源を捻出する」とした個人町民税一律5%削減にかわり得るものではありません。歳出削減などの自助努力もなしに、単なる棚ぼた的な料金値下げが町長の施政方針にうたう町民の町民税減税の代替になるものではありません。また、今回の改定については、企業局の改定の基本的な考え方として、東日本大震災への教訓を踏まえた水道施設の強靱化(耐震化)等を推進するとあり、今後見込まれる水道施設の老朽化、耐震化に対する計画が示されないで、単に仙南・仙塩広域水道の供給価格が下がったことで料金を下げることは計画性がなく、選挙公約をごまかすためのものとしか思えません。
 以上のことから、施政方針の文言の撤回、削除を求め、議案第17号大河原町給水条例の一部改正について反対します。
 議員各位のご賛同をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私の12月の一般質問で代替策的なものとして考えてはどうかというふうなことが受けたのかどうなのかはわかりませんけども、いずれにしてもこの水道料の料金につきましては、町長が公約で言っている減税よりは多くの町民の方が恩恵を受けるというふうな形になるわけでございます。それについては、私はこの水道料金を、今非常に厳しい世の中でございますので、少しでも多くの町民の方々が恩恵を受けるような水道料金の値下げのこの条例につきましては、私は大変いいものだというふうに思っております。
 上下水道課長も申しましたように、いろいろ計画を練って大丈夫だというふうな形でこの金額になったということでございますし、大河原町はほかの町とも違いまして自己水もあるというふうなこともございます。そういうことから鑑みても、このような値下げの条例については、私は大変好ましいものと思っております。
 ただ、公約等につきましては、私がとやかくあんまり言うべきものではないとは思いますけれども、基本的に町長が言った公約等については、コンピューターの組みかえ等に対して非常にお金もかかると。そして恩恵的には結局税金を納めている人しか恩恵が受けられないと、そういうふうなことからすれば、代替策としてこのような形でいいんじゃないかということで、私は一般質問をしたわけでございます。議員とすれば、町民の生活をいかによくしていくかということが基本であると私は考えております。町長に反対とか賛成とかそういうふうな問題ではなくて、あくまでもその町民に対してどのように議会として対応していくのか、その辺、町長が間違っていれば間違っているって方向で正すべきだし、正しければ正しいという、その手法が変わったとしても、その変わり方が正しいか正しくないかということで我々は論議すべきだというふうに感じております。
 よって、この給水条例は町民にとって大変私は恩恵のあるものだというふうに思いますので、賛成としますので、どうか議員各位のご協力をよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第17号を採決します。
 この表決は起立によって行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第18号 平成26年度大河原町一般会計補正予算(第8号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第18号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第8号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第18号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第8号)の詳細説明をいたします。
 町長の提案理由にもありますように、歳入歳出それぞれ4億5,014万7,000円を追加いたしまして、総額を83億5,458万5,000円といたすものでございます。
 初めに、繰越明許費につきましてご説明をいたしますので、5、6ページをお開き願いたいと思います。
 第2表繰越明許につきましては、まず10款教育費の中で、小学校の大河原小学校太陽光発電設備設置事業、また中学校の金ケ瀬中学校屋内運動場整備事業につきましては、今年度で事業が終了しないということで、繰越明許費の設定をさせていただきました。
 13款諸支出金の災害援護資金貸付金償還金につきましては、今年度で入ってくる、歳入として入ってきます償還金を27年度で償還するというふうな形になりますことから、財源をつけて来年度償還という形での繰り越しというふうな形になってございます。
 次に、第3表債務負担行為の補正につきましては、まず追加といたしまして緊急雇用創出事業ということで、来年度も引き続きあるということから、今から準備をしなければならないということでの設定でございます。また、2の変更の体育施設管理運営委託につきましては、委託期間が1年間というふうな形になりましたことから、期間を27年度まで、また限度額を3,500万円というふうにさせていただいたものでございます。
 第4表の地方債の補正につきまして、まず追加といたしまして金ケ瀬中学校屋内運動場整備事業、これにつきましては国の補正がありまして、それに伴い前倒しをして行うというふうな形での補正でございます。2の変更につきましては、事業の実績等によりまして増額または減額をさせていただいてございます。
 続きまして、事項別明細書によりご説明をいたしますので、10、11ページをお開き願いたいと思います。
 まず初めに、今回の補正につきましては、3月補正ということもあり、歳入歳出とも各款にわたりまして事業の終了または見込み等によりまして増額または減額をさせていただいておりますことを申し添えさせていただきます。
 まず、1款の町税につきまして、1個人町民税の滞納繰越分、または固定資産税の滞納繰越分、都市計画税の滞納繰越分につきましては、大きく収納がありましたことから、合わせまして3,456万9,000円を増額補正させていただいてございます。そのほかといたしまして、固定資産税におきまして現年度分について、土地と償却資産のほうが伸びておりますことから4,643万7,000円の増額、また都市計画税につきましても土地の伸びがありますことから912万7,000円を増額させていただいてございます。
 12、13ページをお開き願いたいと思います。
 9款の地方特例交付金につきましては、額の確定により220万8,000円を増額させていただいてございます。
 10款地方交付税の普通交付税につきましても、額の確定ということで950万4,000円、特別交付税につきましては、仮称仙南クリーンセンター建設に伴います震災復興特別交付税が1億4,923万1,000円交付されることから、今回増額をさせていただいてございます。
 12款の分担金・負担金、13款の使用料・手数料につきましては、見込みにより増額または減額をさせていただいてございます。
 次のページ、14、15ページに移らせていただきます。
 こちらの部分につきましても、事業費の確定等や見込みにより減額、増額というふうな形にさせていただいてございます。
 16、17ページをお開き願いたいと思います。
 14款国庫支出金2項国庫補助金の一番上になりますが、3節低公害車普及促進対策費補助金につきましては、デマンドタクシーへの電気自動車導入に対する国の補助がありますことから142万7,000円を増額させていただいてございます。
 3目の土木費国庫補助金の2節道路整備事業費補助金で、1,732万5,000円を減額してございます。これにつきましては、中核病院西線の交付金が減額されたことによる減というふうな形になってございます。
 4目の教育費国庫補助金の4節学校施設環境改善交付金1億1,192万1,000円につきましては、金ケ瀬中学校屋内運動場整備に伴う補助というふうな形でございます。
 その下、5目総務費国庫補助金のがんばる地域交付金146万6,000円につきましては、橋本1号線、橋本交流センター前の道路になりますが、これに交付があるということで補正をさせていただいてございます。
 続きまして、18、19ページのほうをお開き願いたいと思います。
 15款の県支出金の県負担金またはその下の県補助金につきましても、事業の確定または見込みにより増額または減額をさせていただいてございます。
 20、21ページをお開き願いたいと思います。
 15款県支出金の2項県補助金の3目衛生費県補助金の5節再生可能エネルギー導入補助金2,363万5,000円につきましては、事業の実績ということで減額でございます。
 4目の労働費県補助金の緊急雇用創出事業臨時交付金につきましては、配分金がもともと減額になっている部分と事業費の確定というふうな形でございます。
 5目農林水産業費県補助金の2節農業振興費補助金150万円減額してございますが、新規に就農者がいなかったという形での減という形でございます。
 4節林業費補助金、森林整備加速化・林業再生事業費補助金につきましては、橋本交流センターの基礎部分について補助対象となるということから、600万円を増額させていただいてございます。
 22、23ページをお開き願いたいと思います。
 上の県支出金の3項委託金または16款財産収入1項財産運用収入につきましては、見込みまたは実績によりというふうな形でございます。
 16款の2項財産売払収入につきましては、土地売り払い収入ということで3件ほどございました。合わせまして1,059万8,000円を計上させていただいてございます。
 17款の寄附金の中の一番下、ふるさと寄附金につきましては2件ということで45万円を計上させていただいてございます。
 次ページの24、25ページ。
 一般寄附金ということで、これにつきましては町民ゴルフ大会のほうから5万円をいただいておりますことから、計上させていただいてございます。
 18款の2項基金繰入金の1目財政調整基金繰入金につきましては、今回歳入または歳出のほうで減額、または歳入のほうで増額という形になっておりますことから、財政調整基金の取り崩しを2億9,331万9,000円減額するというふうな形でございます。実質的な繰入額につきましては3,075万6,000円というふうな形です。財調の3月末予想残高につきましては約20億854万円というふうになります。
 3節のスポーツ振興基金繰入金15万5,000円につきましては、全国大会出場者がおりましたことから取り崩しをいたすというふうな形でございます。
 19節の繰越金につきましては、1億4,365万8,000円を全額、25年度からの繰越金を宛てがっております。
 次ページ、26、27ページをお開き願いたいと思います。
 20款の諸収入の1目延滞金で1,000万円を計上してございます。これにつきましては、町税のほうでもご説明いたしましたように、大きく滞納繰り越し分が収納されたことに伴う延滞金というふうな形になってございます。
 20款の5項雑入5目雑入の3節雑入のところでございますが、まず中段のところにございます宮城県後期高齢者医療広域連合返還金、これは25年度の精算ということで764万5,000円。その下の次世代自動車充電インフラ整備促進事業補助金、これは充電設備の補助ということで380万円。その下のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金ということで29万円、これにつきましては、プラグインハイブリットを公用車として導入したことに対する補助というふうな形になってございます。
 21款町債の商工費の川根工業団地線整備事業、または次ページになりますが、28、29ページ、土木債につきましては、事業の実績に基づく増額または減額というふうな形になってございます。
 4目の臨時財政対策債で1億6,628万円を減額させていただいてございます。当初予算でもこの金額を計上させていただいておりますが、臨時財政対策債の借りかえを行うということだったんですが、財源的に余裕があるということから、今回借りかえをせずに全て償還するというふうな形での減額でございます。
 5目の教育債につきましては、金ケ瀬中学校屋内運動場整備事業に係る起債というふうな形になってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩いたします。
     午前11時06分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時17分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 続きまして、歳出のご説明を申し上げます。
 初めに、各款にわたりまして職員人件費の増額または減額を行ってございます。これにつきましては、精査を行った結果ということでございます。
 30、31ページの議会費または総務管理費の4目財政調整基金費、次ページになりますが、32、33ページの6目財産管理費につきましては、実績又は見込みにより増額または減額をさせていただいてございます。
 7目の企画費の13節委託料で65万円増額をいたしてございます。これにつきましては、デマンド型乗り合いタクシー管理運営委託というふうな形で、キャンセル等が多くなり乗り合い乗車人数が減少しておりますことから増額をさせていただいているところでございます。
 10目の交通安全対策費につきましても、実績によりというふうな形でございます。
 34、35ページをお開き願いたいと思います。
 ここの町税費または3項の戸籍住民基本台帳費、4項の選挙費、36、37ページにもわたりますが、ここにつきましても実績により減額というふうな形にさせていただいてございます。
 5項の統計調査費、38ページのほうまでまいりますが、統計調査費または6項の監査委員費、これにつきましても実績により減額というふうな形でございます。
 3款民生費の1目社会福祉総務費の28節繰出金、国民健康保険特別会計繰り出しということで、保険基盤安定負担金のほうの額が確定いたしましたことから、1,342万4,000円を増額させていただいてございます。
 また、3目の障がい福祉費の13節委託料30万3,000円の増につきましては、総合支援給付管理システムの改修ということで、平成27年4月から給付関係の報酬が改定されることに伴うシステムの改修を行うものでございます。
 40、41ページをお開き願いたいと思います。
 ここの中の、5目老人福祉費の28節繰出金で4,541万円減額させていただいてございます。これにつきましては、介護保険特別会計繰出金で4,354万9,000円というふうな形で、介護給付費が予定より少なかったということでの減額というふうな形でございます。
 42、43ページをお開き願いたいと思います。
 6目の世代交流振興費の11節事業費で20万円、光熱水費ということで増額をしてございます。12月にも水道料の増ということで増額いたしておりますが、今回は電気料の増というふうな形でございます。
 7目の臨時福祉給付費事業につきましては、実績によりまして減額をさせていただいているというところでございます。
 44、45ページをお開き願いたいと思います。
 このページにつきましても、実績により減額というふうな形にさせていただいてございます。
 46、47ページにつきましても、同じく実績により減額というふうな形でございます。
 48、49ページのほうお開き願いたいと思います。
 2目の予防費の13節委託料の予防接種委託料で1,236万8,000円を減額してございます。これにつきましては、子宮頸がんワクチンの接種について副作用があるということで中止をいたしてございます。この関係からの減、または接種者の見込み減により減額というふうな形でございます。
 続きまして、50、51ページをお開き願いたいと思います。
 5目の病院運営費で、みやぎ県南中核病院企業団負担金ということで、救急医療負担金1,333万8,000円ということで、26年の7月から診療が開始されたということでの負担というふうな形になってございます。
 4款の衛生費2項清掃費の1目塵芥処理費につきましては、一番下のところに仮称仙南クリーンセンター負担金ということで、1億3,583万7,000円を計上してございます。これは歳入のほうでも申し上げましたように、震災復興特別交付税分1億4,923万1,000円があります。通常の負担金の分で1,339万4,000円が減額になりますことから、補正額といたしましては1億3,583万7,000円となるものでございます。
 続きまして、52、53ページをお開き願いたいと思います。
 6款の農林水産業費の3目農業振興費の19節負担金補助及び交付金のところ150万円減額、これも歳入のほうで申し上げましたが、新規就農者がいなかったことによる減額というふうな形にさせていただいてございます。
 54、55ページをお開き願いたいと思います。
 土木費の2項道路橋梁費の3目道路新設改良費の15節工事請負費につきましては、まず農林学校線道路改良工事につきましては設計変更等による増額、あと中核病院西線道路改良工事につきましては交付金の減に伴う減額というふうな形になってございます。そのほかにつきましては、実績によるものというふうなことでございます。
 56、57ページをお開き願いたいと思います。
 1目の都市計画総務費の14節使用料及び賃借料で159万9,000円を減額しております。これにつきましては、全額減額というふうな形になってございますが、GIS地図情報システムを使ったシステムというふうな形になってございますが、全庁的な取り組みをしたほうが効率がよいのではないかということで、今回全額落とさせていただきまして、今後庁舎全体として検討しながら導入に向けて検討するというふうな形になってございます。
 5目の公共下水道費28節繰出金で1,070万4,000円を減額してございます。これにつきましては、鷺沼雨水排水工事等の減によるものというふうな形になってございます。
 続きまして、58、59ページにつきましても、実績に基づく減額というふうな形になってございます。
 60、61ページをお開き願いたいと思います。
 10款教育費の2項小学校費の3目大河原南小学校学校管理費の15節工事請負費でございます。まず、電話設備費更新工事につきましては、12年ほど経過をいたしており途中で通話が途切れるというふうな形がありますことから更新工事を行うという費用、また歩行補助手すり等設置工事につきましては、来年度から足に不自由な児童が入ってまいりますことからバリアフリー化というふうな形での工事を行うということでございます。
 5目の金ケ瀬小学校管理費につきましては、修繕料につきましては暖房機等の修繕を行うというふうな形で15万円でございます。
 3項の中学校費の大河原中学校管理費の11節需用費につきましても、修繕料といたしまして暖房機等の修理というふうな形で40万円を計上させていただいてございます。
 62、63ページをお開き願いたいと思います。
 3目の金ケ瀬中学校管理費につきましては、12節役務費で53万9,000円、委託料で1,200万円、工事請負費で5億5,073万5,000円を計上してございます。これにつきましては、金ケ瀬中学校屋内運動場の整備に係る費用、または工事請負費の中に電話設備更新工事ということで、こちらのほうも不具合が発生しておるということで、工事を行う費用ということで73万5,000円を計上いたしてございます。
 続きまして64、65ページ。
 こちらのほうにつきましても、実績による減額というふうな形になってございます。
 66、67ページにつきましても、同じような形で減額というふうな形にさせていただいてございます。
 68、69ページにつきましても、実績による減額というふうな形にさせていただいてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは49ページの部分でございます。
 衛生費3目環境衛生費の中の19節負担金補助及び交付金の中のスマートハウス補助金というところでございます。当初の予算に対しましてこれぐらいの補正減ということでありますけれども、恐らくこれはスマートハウスなのでエネファーム等々のものに対する補助というふうに思われるんですが、実際のエネファームの導入件数はいかほどだったのか、執行率はどのくらいだったのかということをお伺いしたいのがまず一点と、65ページですね、一番上の部分になります。町民学園の商品券代ということで、こちらのほうは10月の補正で100万計上されてるわけですけれども、実際これぐらいまた減額になっていることで、執行率でいくと1割ですか。実際これに関しては増額するときの根拠が不十分だったんではないのかなというふうに思いますけど、これはどのような判断をされているかということをちょっとお伺いします。
 以上2点でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、スマートハウスの補助金であります。
 太陽光発電、ソーラーの発電に関しては現在34件ありまして、執行率としては62.4%になります。エネファームについては2件の補助がありましてこれは20万、執行率は20%、LED照明機器に関しては8件の補助がありまして、これは執行率80%となっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 65ページの町民学園商品券関係ですけども、商品券代として載せたものですが、実際今978名、大体延べ人数で2,000人ぐらいおりますけども、10個に達しない方が大勢いるというか、まだ10個に達しないという方がいっぱいいるということだったんで、このような数字になったと思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 町民学園の部分についてちょっと再度お伺いしますけれども、やはり当初わざわざ10月に補正組んで100万まで増額してて、実際のところがその執行率でいうと10%ということは、大分見込みと実際のところにかなりの開きがあるということだったんですけども、これどうでしょうか、ちょっと大分見込みが甘かったのかそれともやっぱりまだ告知が足りなかったのか、どのように、あとこれからどのように対策とられていくのかちょっとお伺いさせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 10月からということで、ちょっと初めてということでなかなか数がつかめなかったっていうこともありますが、今後いろいろ健康診断とかいろいろ入ってくる形なんで、多分ふえるという、今年度の積み重ねもありますんでふえると思いますが、こちらで検討してやっていきたいと思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 29ページの21款町債なんですけども、5目に教育債あって、金ケ瀬中学校屋内運動場整備事業というのがあるんですけども、4億ちょっと起債するようになってますけども、前年比でどれだけふえているのかと、あと運動場の整備事業なんですけども、国庫補助金と教育債だけで一般財源使わないで建てるのかを教えていただきたいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 29ページの町債教育債の義務教育施設整備事業債として金ケ瀬中学校屋内運動場の整備事業に係る起債を今回行わせていただくわけですけれども、これは前年ありませんので、今回初めての起債ということになります。それからこの事業、いわゆる金ケ瀬中学校屋内運動場の整備事業に関しましては、この起債も当然ありますけれども、国の補助金ということで財源を確保しながら、それに足りない分についての町の持ち出し、いわゆる一般財源を充てる形で事業は実施していくということになると思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 国庫補助金使うときの補助率は5分の1で大丈夫ですか。間違いないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 国庫補助金の補助率につきましては、2分の1あるいは3分の1というようなメニューを使って実施していく予定でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) まず、13ページの13款1項4目土木使用料の道路使用料なんですけども、これ予算487万4,000円ぐらいだったと思うんですけども92万7,000円減額で、NTTの電気使用料とかいろいろだったと思うんですけど、大きく変わったところがあったのかどうかと、その下の都市計画使用料の駐輪場使用料、

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山議員、もうちょっと高く。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 高く、はい済みません。駐輪場使用料予算855万円に対して80万円、これ大きく減ったのかどうかその点1点と、あと23ページ、財産収入の不動産売り払い収入の3件ですけれども、金ケ瀬2件と上谷、これどういう土地でどのぐらいの面積でどのぐらいの単価だったのかお願いします。
 あと31ページ、文書広報費の役務費の100万円ですね、予算270万円に対して、結構大きな金額ですけれども何か大きく減ったのかどうか、お願いします。
 あと33ページはいいか、デマンドはいいですね。
 次43ページ、世代交流活動事業謝礼、予算26万円に対して20万円の減、こいつ52回の事業予定っていうことだったんですけれども、事業大分行われなかったのかどうか、お願いします。
 あと49ページ、下の環境衛生費ですね。合併浄化槽の設置整備補助金のほう、予算192万円に対して108万円ですか、これ何件あったのか、大分減ったようなんですけれども、何件あったのかお願いします。
 あと51ページ、ホールボディカウンター受診助成金ですけども、予算20万円に対して16万円、こいつ大分減って、受診者がいなかったようなんですけども、来年度予算からなくなるみたいなんですけども、これ広報ちゃんと行われたかどうか、お願いします。
 あと53ページの、農地費、黒沢尻地区水利施設整備事業負担金、これ予算が251万1,000円ですかね、それで全体の事業費が6,800万円だったのかな。大河原町で251万だったんですかね。4年間ってことだったんですけど、115万8,000円ぐらい減っているんですけども、これどういった形で減ったのか、お願いします。
 あと59ページ、自主防災組織育成事業補助金ですけども、こちらも予算100万円に対して80万円の減、地区が出なかったのかなんつっても1地区なんですかね出て、残りどのぐらいになったのか、お願いします。
 あと65ページ、ジュニアリーダー中級・上級研修受講者負担金なんですけども、これ予算1万7,000円で1万7,000円ゼロだったんですけれども、これ27年度の予算にもないんですけども、どういう事業で、もうこれはいらない事業なのかどうか、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) それでは、ページ13ページ、13款道路使用料及び手数料4目土木使用料の1節道路使用料でございます。
 これにつきましては、平成26年度道路法改正に伴いまして、道路の占用料の改正がございました。それに伴いまして、NTTの電話柱、東北電力の電柱ということで、電柱につきましては530円が430円に改定になってございます。NTTにつきましては480円が370円ということで、占用料の改定に伴いまして減額したものでございます。
 続きまして、3節都市計画使用料、駐輪場使用料でございます。これにつきましても平成26年度の消費税5%から8%という改定がございまして、3月に駆け込みの定期の需要があったということで、結果26年度分の駐車料が減額というような形になっております。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 23ページの土地売り払い収入についてでございます。
 まず、一番上の上谷前300の88、これにつきましては宅地というふうな形になってございまして328.15平方メートル、単価につきましては1万6,000円。金ケ瀬字町154の2につきましては中東線、道路の残地になるんですが、そこの部分について売り払いを行ってございます。面積的には271.17平方メートル、単価につきましては平方メートル当たり1万4,224円というふうな形です。金ケ瀬字川根106の13、これにつきましては工業団地ということで整備した部分の一角について、そのあそこにある事業者のほうから通用口として使用したいということでのものでございます。面積的には138.01平方メートル、単価につきましては1万800円、平方メートル単価ですね。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ページ31ページ、2款総務費の2目の文書交付費12節役務費100万円の減額でございます。これにつきましては郵便料でございまして、当初270万円の計上をいたしました。実際これまでの執行額は120万ということで執行しておりますけれども、実はここの予算計上につきましては、各款でちょっとした不足した部分も調整するような形で計上しておりまして、今回そういった必要もないというような判断のもとで100万円を減額させていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 43ページ、世代交流費の報償費でございますが、当初52回の講師をお呼びしてやるというような計画でございましたが、実態的には報酬の必要な講師を呼んだ事業については12回程度ということでございまして、あと講師謝礼のかからない職員で対応した親子料理教室等もございました。ですが、やはり自主事業の展開が少なかったということは否めないと思います。来年度検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 49ページ、合併浄化槽の補助でありますが、現在件数としては2基、5人槽2基の補助ということで執行しております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ページ51ページ、4款衛生費6目の放射能対策費19節のホールボディカウンター助成金でございますけれども、12月に実施いたしました。10人の方が受診されたというふうに思っております。広報につきましてはおしらせばん等で周知を図ったところでございます。10人の受診者の結果を見て、今回16万円の減額をしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 53ページの真ん中ほどの、黒沢尻関係の負担金減115万8,000円でございますが、土地改良区実施の4年間の6,800万というその計画は変わりないんですけれども、26年実施の事業費が当初1,300万円で予定しておりました。それが実施協議の中で震災地のほうにそういった工事優先ということになりまして、700万での実施というぐあいになりましたので、それに合う町の負担金が減というぐあいになったことから、このような減というぐあいになりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ページ59ページ9款消防費の5目災害対策費19節の自主防災組織育成事業補助金80万円減でございますけれども、現在自主防災組織は43行政区の中で38設立をしていただいております。5地区がまだ未設置でございまして、当初3地区ぐらいは設立したいというふうな形の中で計上いたしました。1地区30万円ということで計上したところでございますけれども、今回そういった状況にもならなかったということで、いろいろな執行を考えまして今回80万円を減額させていただいたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 65ページ、負担金補助及び交付金ジュニアリーダー中級・上級研修受講者負担金ですけども、これは県の事業で蔵王自然の家で行っているものです。今回、県からの指示で負担金じゃなくて旅費で対応しなさいということで、負担金を削ったものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと確認なんですけども、そうすると43ページの世代交流活動事業謝礼、事業の数的には何事業になったのか、全部でですね、それお願いします。
 あと、51ページのホールボディカウンターの受診助成金ですけれども、12月10人ということで、来年度予算入ってない、これ予算で聞いたっけ、これ受診したい人がいればどうするのかなっていうのと、あとは、59ページの自主防災組織ですね。結局1団体もなかったのかどうかですね、その確認と、あと65ページのジュニアリーダーの確認ですけども、これ旅費で対応するという形でよろしいんですかね、それお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 世代交流事業につきましては、全体的には20回程度事業を展開しております。そのうち、講師謝礼が発生したのが気功教室とコンニャクづくり教室でございまして、あと職員でやりました親子料理教室が4回程度ということで、全体で20回程度の自主事業の展開という形でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ページ51ページの4款衛生費のホールボディカウンターでございますけれども、新年度につきましてはご指摘のとおり予算化はしてございません。これにつきましてはこれまでの受診の状況の結果、さらには受診者数が減少していることもございまして、新年度には対応しないということにしたものでございます。
 それから、59ページの自主防災組織関係でございますけれども、26年度においては設置する1団体もなかったということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 65ページ負担金補助及び交付金のジュニアリーダーですけれども、旅費で対応ということです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑ございませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まず、31ページですが、共済費の中の旧恩給組合追加費用負担金、これなんですが、当初4,500万から1,600万ほど減になったわけですが、この大幅な減になった理由は何なのかということと、あと皆実績によるというふうなことなんですけども、実績でもちょっと余りにもちょっと問題もあるんで聞きたいと思いますが、それから33ページの企画費の報償費でございます。研修会講師謝礼ということで、予算のときの説明では行政評価等、自治基本条例等説明ということで、これ半分しか使わなかったんですけれども、2つともやったのかどうなのか。
 それから、旅費でございます。その下の旅費ですが研修旅費、去年より14万9,000円増の15万2,000円の予算だったんですけど、使用したのがたった3,000円ということになったんですけれども、何のためにこんな大幅とったのか。この辺についてお聞かせ願いたいと思います。
 次は、41ページですね。障がい福祉費の中の上から4番目の育成医療給付費、これ160万円随分おっきく減になったんですけども、この減の理由とそれから先ほども説明あったんですけども、老人福祉費の中の繰出金、介護保険はわかりましたが、この保険基盤安定制度繰出金、これは予算書では後期高齢者医療特別会計繰出金とあったんですけども、これ名称が変わったのかどうなのか、別にいつ予算とったのかちょっとわからないんで、この辺のところをお聞かせ願いたいと思います。
 それから、43ページの臨時福祉給付金事業、これ結果なんであれなんですけども、通信運搬費が随分、役務費の通信運搬費が123万円2,000円という減額ということで、使ったのが49万1,000円ということで、ちょっと予算のとり方これどうだったのかなというふうに思います。
 それから、45ページ児童福祉総務費の中の13節委託料、子ども・子育て支援事業システムソフト保守点検委託料ということで、12月の補正で83万9,000円補正して、3月で41万9,000円減。どのようにこの算出、12月の補正でとったときには83万9,000円っていう数字が出てきたのか。この辺についてお聞かせ願いたいと思います。
 それから、55ページ土木費の道路新設改良費ですが、これの中の委託料、土地評価の業務委託料と登記業務、さらには農林学校のやつ委託料がゼロというふうな形になってますが、ゼロの理由をお聞かせ願いたいと思います。
 あとついでに、17節の公有財産費ですが、中核病院の用地取得、これ細かく当初予算では4名2,700平米掛ける2,600円、3,600平米掛ける3,200円と説明されたんですけども、875万1,000円も減になったその理由と、それから農林学校線用地取得、これについては140平米掛ける2万2,000円と説明されたわけですけども、93万増になっていますが、この辺の理由をお聞かせ願いたいと思います。
 それから、57ページの土木費の中の住宅管理費、この中で避難弱者木造の関係と一番下の特定地域木造耐震、これが60万とってたのが全部おろされてるんですけども、利用者が少ないのはなぜなのかということと、この補助率の見直しが必要なんではないかと思うんですけども、その辺の考え方をお聞かせ願いたいと思います。
 さらには、59ページ消防費です。消防施設費の中の地域衛星通信ネットワーク市町村管理負担金、これ当初40万に対して33万1,000円の減、6万9,000円。随分大幅に下がったんですけども、この減の理由ですね。
 それから、一番下の教育総務費の中の学校支援事業費の中の報償費です。学び相談員謝礼、これ当初96万、9月で7万減、そしてさらに今度45万減、使ったのが44万ということで、9月補正で大学生の減によると説明されて7万減額されたんですけども、そのほかさらにまた45万も減ということで、そこのこの9月の説明後どのような対応をとったのか、お聞かせ願いたいと思います。
 それから、全般的になんですけど、次の61ページの大河原小学校教育振興費、この修学援助費随分減額になっているようです。ほかの学校の分についても。大河原小学校の場合、70人と見込んで462万2,000円で予算をとって100万の減ということで、362万2,000円となったわけですが、何人くらいになったのかですね。
 それから、63ページ社会教育費の中の社会教育総務費の中の報償費です。この中で教育活動サポーター謝金というふうな形で10万減になってるんです。これいつ予算とったんだか。当初予算でこの項目がなくて、学習アドバイザーというふうな当時載っているんですけども、この辺が名前変わったのかどうなのか、お聞かせ願いたいと思います。
 それから、次のページの65ページの一番上でございます。講師謝金、これ3万円とってたんですけど使わなかったんですが、どのような講習を予定していたのか、この辺お聞かせ願いたいと思います。
 それから、中央公民館費です。14節使用料及び賃借料の中のバス賃借料、これも6万とっててたんですけどもゼロ。これ多分必要だからとったと思うんですけども、なぜゼロになったのか、この辺をお聞かせ願いたいと思います。
 それから、67ページですが、学校給食センター費需用費この燃料費がうんと、普通みんな上がってるんですけども、ここだけ大幅減になった理由は何なのか。それからその下の委託料、これも80万8,000円とってたのが44万ということで随分少なくなったんですけども、委託料なんで委託契約をするときに見積もりやなんかとるかと思うんですけども、なぜこんなに減になったのかお聞かせ願いたいと思います。
 以上、少し長くなりましたけども、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、午後1時から開催いたします。
     午前11時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ページ31ページ、2款総務費の一般管理費4節の旧恩給組合追加費用負担金1,600万円の減額についてでございます。
 この減につきましては、恩給の原資ということで旧恩給組合、今現在共済組合ですけども、この組合のほうに負担をするものでございます。当初計上の際に、これまで物価スライド等の関係で遡及をして負担が求められるようなことがあったようでございます。そういったことを考慮いたしまして、平成26年度に4,500万円を計上いたしました。本年度分につきましては既に確定しておりまして、約2,880万円ということになってございます。残額の1,600万円を減額いたしたところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ページ33ページになります。企画費の8節報償費15万円の減額につきましては、行政評価研修は行ってございますが自治基本条例の研修まではいかなかったということでの減額です。
 また、9節の旅費の研修旅費につきましては、行政評価研修等で県外の自治体を訪問したいというふうに考えておりましたが、これも実施できなかったということで減額をさせていただいたところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 41ページの育成医療給付費につきましては、申請件数が昨年度実績11件でございましたが、本年度今現在で3名の申請ということで減額させていただきました。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 41ページの繰出金であります。
 大変申しわけありません。この繰出金の当初予算の名称で後期高齢者医療特別会計繰出金という名称になっております。これは2つありまして、保険基盤安定制度繰出金と広域連合事務費負担金ということで2つの繰出金があって、それをまとめて後期高齢者医療特別会計繰出金ということにしておりました。今回、そのうちの一つの後期高齢者医療保険基盤安定制度負担金のほうが額の確定により減額になったということで、それのみの名称をここに記載してしまったということで、大変失礼しました。以後このようなことがないように注意しますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 43ページ、臨時福祉給付金の中の通信運搬費につきましては、申請時点がまだ所得の確定する前でございまして見込みの人数で申請したために、実際にはそれを下回ったために減額したものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 1目児童福祉総務費13節委託料、子ども・子育て支援事業のシステム保守委託料でございますが、子ども・子育てシステムの構築の関係で、当初12月の補正で12月から契約というような形でおりましたが、システム構築の関係上、2月からの契約となったものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ページ55ページ、土木費3目道路新設改良13節委託料でございます。
 まず初めに土地評価鑑定業務委託料、これにつきましては用地買収の単価、土地の下落に伴いまして時点修正の検討をしたものでございますが、3年間につきまして時点修正は必要ないという判断をしてまして、全額落とさせていただいております。
 続きまして、登記業務委託料、これにつきましては職員が直接登記業務をしたということで、全額落とさせていただいてます。
 続きまして、農林学校線道路設計委託業務でございます。これにつきましては、同じく用地測量業務ということで科目2つに分けて当初予算をとらせていただいております。それで委託の発注に際しましては、道路設計と用地業務につきましては関連性が強いということで、道路設計の分を1回落とさせていただきまして、用地測量業務、これの名称をあわせて変更させていただいてそれに伴う増額ということで、名称的には農林学校線道路設計用地測量業務委託というような形で片方を落とさせていただいてございます。
 続きまして、17節公有財産購入費でございます。中核病院用地買収取得でございます。これにつきましては、本年度3名の方の用地の買収の協力をいただいてございました。それで、金額につきましては264万8,000円ということでございますが、1名の方、大きく土地を持っていらっしゃる1名の方の用地の同意が得られなかったということで減額させていただいてございます。
 続きまして、農林学校線用地取得でございます。これにつきましても、当初につきましては146平米ということで予算を計上してございましたが、農林学校との打ち合わせの中で、農林学校のマイクロバス等々が入るということでございます、実習田に向かうため。それで道路幅員を4.5メーターから5メーターに拡幅して、最終的にそれに伴います用地の面積の増というような形になってございます。
 続きまして、次ページ57ページでございます。19節負担金補助及び交付金避難弱者木造住宅耐震化工事及び特定地域木造耐震改修工事でございます。これにつきましては、当初2件を予定してございました。結果、実績ゼロということでございます。それでその補助率の利用でございますけれども、これにつきましては一番大前提としまして、木造の耐震住宅診断事業を受ける必要がございます。昭和56年度以前の建物についてまず適用になります。それでこれを受けまして改修を伴う場合につきましては、90万を限度としまして3分の1の30万を補助するというような事業でございますが、やっぱり昭和56年の木造住宅といいますと、築35年以上を超えてるというところがございます。そういう事情から、耐震なり避難弱者の部分改修よりも、建てかえ等々を考えてる場合が多くあるということでございます。あともう一つにつきましては、当然その耐震化工事するという場合につきましては、やっぱり100万円を超える改修事業になるということでございます。そういう意味から、改修工事そのものが見積もりをとると本人が当初考えたよりも高いというような形で断念をされているのかなという形でございます。
 ちなみに、耐震と避難弱者等特定木造につきましては、今までの実績としまして11件ほど実績としてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 次のページ、59ページ9款消防費3目の消防施設費19節の負担金のネットワークの減額でございますけれども、これにつきましては県へ負担するものでございます。通信衛星ということで、地上系、衛星系の設備に対する保守点検の分として負担するものでございますけれども、骨組みにつきましては、衛星系の更新の関係で地上系のみの保守となったというような連絡が入りまして、その額が6万9,000円となったことですから33万1,000円を減額したところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 59ページの学校教育支援事業の報償費、学び支援コーディネーター謝金及び学び相談員の謝礼の減額についてなんですが、9月議会で学び支援相談員謝礼について、それから旅費、普通旅費ということで7万円の補正をさせていただきました。これにつきましては、支援員である大学生の居住地を町内及び近隣在住者を予定しておりましたがなかなか集まらなかったため、仙台市在住の方が多くなったために旅費を必要としたための補正をさせていただいたところでした。こういったところでの組みかえで7万円の補正を行いましたが、今回の補正減につきましては、やはり支援していただく大学生がいろいろと手を尽くして当たったりもしたんですが集まらなかったために、実績としてこれだけの金額を補正減するというような状況になったものであります。
 次に、各学校ごとの扶助費、修学援助費の減額につきましては、当初見込んでいたより準要保護申請者及び認定者の数が少なかったために補正減を行うものです。この関係につきましては、準要保護児童の年度当初の見込みといたしまして、小学校3校合わせて109名に対して、現在準要保護の方で申し込みといいますか認定を受けてる方が92名ということになります。それから、準要保護の中学生の場合は85名の当初見込んでおりましたが、実際には81名というふうな人数で現在扶助費を交付しているということになっておるため、精算の関係でこのような額の減額を行ったところであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 63ページ、教育費の社会教育費報償費ですけれども、教育活動サポーター謝金、これは予算査定のときは安全指導員という形でした。その後、県の委託要綱で名前が変わったものです。議員さんがおっしゃった学習アドバイザー謝金も変わっておりまして、教育活動指導員という形になっております。
 それから65ページの一番上、講師謝金ですけども、例えば中学生に進路学習として将来なりたい職業ということでいろいろいろんな方に講師をしていただくんですけども、実は新聞記者とか当たったんですがだめで、役場とか公証人役場とか学校の先生関係で、今回は講師謝金は全然発生しませんでした。
 それから中央公民館、使用料及び賃借料のバス賃借料ですけども、一応野鳥観察ということで、当初にはマイクロバス押さえておりますが、講師の先生の都合でどうしても変わる可能性があるということでバス賃借料をとっておる関係ですが、今回は使用しなかったということです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 97ページの学校給食センター費の需用費の燃料費単価下落……

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 67。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 失礼しました、67ページの学校給食センター費でありますが、燃料費の減額につきましては、単価が下落してということになりますが、当初ボイラー用の灯油を92円ということで見積もっておりましたが、実際支出段階では88円、4円の減ということで支払いをしております。そういった関係で、あと使用する数量の関係等もありまして、大きな額ですけども今回減額をするということになったものであります。
 次に、委託料の除害施設清掃委託料のことにつきましては、これは油分離槽の清掃を行うということで年2回予算をとっておりますが、今年度1回実施ということにしたために1回分の減額を行うものであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大体わかったんですけども、減額は減額でいいんですけども、せっかく予算とって、予算とるとき全部算定してるかと思うんですよ。それで33ページの企画費の研修旅費なんですけども、行政評価のほうは講師謝礼として使ったと。自治基本条例についてはなかったということで、その研修費として行政評価の分というふうな形でとってたんだけども行わなかったと。予算とってて何で行わなかったのかという部分を聞きたいわけですよ。せっかくこういうことをやりたいからっていうことで予算をとってるわけなんで、その研修が10万とってたけども実際には9万で終わりましたっていって1万残しますっていうんなら話はわかるんですけども、できなかったっていうような、そのできなかった理由は何なんですかっていうことをまず一つお聞きしたいなというふうに思います。
 それから、59ページの学校支援のほうの学校教育支援事業のほうの学び相談員なんですけども、大学生が集まらなかったということで最終的には44万の予算になったわけですけども、私危惧してんのは、来年度予算でもとってるんですよね。96万、同じ金額かな。とってるはずだと思います。そういった中で、大丈夫なんですかって本当に。予算はとったけど人は集まんねかった、来年も予算とったけど人集まんねかったではやはり話にならないので、その辺の見通しについてちょっとお聞かせ願いたいと思います。
 それから、社会教育総務費のこの63ページですが、さっぱり意味ちょっとわかんなかったんですけども、安全指導員がどうのこうのとかっていうふうな形で、ここに出てんのは教育活動サポーター謝金として減額になった、当初予算では学習アドバイザーの件なのかどうなのかと聞いて、これが安全指導員がどうのこうのとかってなってるんですけども、この教育サポーター謝金というのはどこに載ってるんですか、当初予算の。そこを私は知りたいんです。
 それから最後、67ページの学校給食センターの委託料ですけども、油分離、年2回を予定していた、それが年1回だ。これ年2回予算とるってことは年2回必要だからとったんではないかと思うんですよ。それを年1回にやったっていうことはどういうことなのかなと。2回すべきところを1回にやった、それでいいのかどうなのかっていうことをちょっと確認させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 33ページの企画費の報償費または旅費の関係でございます。実施できなかった理由につきましては、今回行財政改革大綱等を策定するという形で、時間的な余裕がなかった部分があります。ただ、当初予算で両方とも考えてあったということで、計画性が若干甘かったのかなという反省点はございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 59ページの学び支援の関係、相談員の謝礼に係る分なんですが、平成27年度の見込みとして26年度と同じ予算を計上しております。事業自体は各学校のほうで放課後の学習を支援していただけるということを非常に期待されておりますし、その成果についても上がっているものと考えております。それで事業自体は26年度と同じような実施を予定しておるわけで、それに係る支援していただく方々については、まず当初としてはやはり26年度と同じような体制をとれるように、人的な確保をまず目指すということで臨みたいと考えています。その確保できるかどうかということについては、まずは努力ということなんですけども、正直近隣市町においてこの事業を次から次と実施するところが出てきているために、ただでさえ忙しい大学生の結局取り合いになっているというのも実際ですので、そういったところも考えますと、大学生以外の方々へのアプローチということもあわせて考えていく必要があると思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 大変失礼いたしました。
 63ページ、報償費の教育活動サポーター謝金ですけども、予算書には安全指導員謝金という形で載っておりますが、県の委託要綱におきまして教育活動サポーターに変わったもので、減については実際のかかった費用ということになっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 67ページの学校給食センターの委託料、除害施設清掃委託料につきましては、先ほど1回実施したために1回分を減額するとご説明させていただきました。当然、当初2回実施ということで予算をとっておりまして1回実施をしてしまったということについては、申しわけなく思っております。次年度はこのようなことがないようにしたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。ほかに質疑。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11ページです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 11ページですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) はい。最初に、町税の個人に関してですけれども、先ほど課長から説明の中で大きく収納があったと、収納率向上につなげたということは大変いいことでありますが、これに関連して、27ページでも延滞金がそのために、ちょっと間違いました、違う、11ページにそういう説明がありましたけれども、この大きな収納があったというのは、なんか特別な収納対策で力を入れたからなのかどうか、その辺伺います。それが一点です。
 それから、13ページです。2款の2目2節、この児童福祉費負担金の小規模保育事業、これの4万4,000円ふえた中身について教えていただきたいのが二点です。
 それから15ページ、14款1目の2節、社会福祉費補助金の中の臨時福祉給付金事務費補助金に関してですけれども、これだけの減額になりました。当町ではこれ対象者何人というのあったと思うんですけれども、これだけ減ったというのは、実際問題として対象者という方は全員漏れなく給付になったのかどうかですね。余りにもちょっと金額が多いので、なぜこんなに多かったのか、あとは今言った件についてもう一度伺いたいというふうに思います。
 それから、21ページです。15款の5目の2節農業振興費補助金でありますが、新規がいなかったということで、これ当初150万、そして当然いなかったわけですから150万でゼロになったわけですけども、これは当初したときには出るだろうと、新規者が出てくるだろうということでこれ当初とったんではなかったんでしょうか。出なかったという点では何も町はこの事業をするために動かなかったということなんですか。そうではないと思うので、その辺がどうだったのか伺います。
 それから、33ページです。企画費の13節委託料、デマンド型の乗り合いタクシー管理運営委託料ですけれども、キャンセルが多くなりというお話がありましたけれども、どういうふうに、どんな理由でキャンセルなんですか。そのことをお伺いしたいというふうに思います。
 それから35ページ、2款の1目の13節委託料、社会保障・税番号制度に関する委託料がそれぞれここに記載されているように減っておりますが、26年度でこの社会保障・税番号制度のこの委託っていうのはどこまでこれが委託することによってでき上がったんですか。27年度もかなりこの制度に関する予算がかなり出てきてますので、どこまで進んで27年度は、まあ予算でこれ聞きますけども、進むのかですね。26年度の到達点について伺います。
 それから、49ページです。4款衛生費の2目予防費の中の13節委託料、1、2、3、4番目の予防接種委託料、これは中止になったという先ほどお話ありましたけれども、これは各自治体も同じなんですか。これ当初予定してて、いつの時点でこういう副作用で中止というのが出てきたのか伺います。もちろん副作用が出るんではこれはできないわけですけれども、ただ当初にそのぐらいこれだけの金額したので、その辺のいつの時点でこういう方向が定まったのかお伺いします。
 それから53ページ、53ページはないです。
 以上です。前にちょっと聞いたのでね。お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) ページ11ページの個人住民税の分だけでよろしいんですね。全般的になんですけれども、滞納繰り越し分全体的に増収になりました。特別な対策をしたのかということですけれども、これまでの職員の徴収努力によるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 13ページ、小規模保育児童保護者負担金現年分ですが、これが1名1月末対象予定の方が2月に退所となったための1カ月分でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 15ページの臨時福祉給付金につきましては、対象者につきましては4,113名でございました。で、実際に申請をし支給された方については3,557名ということで、86.45%の申請率ということでございました。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) ページ数21ページの青年就農給付金事業補助金150万でありますけども、年度当初は親の後を継いで就農するという方がおりました。ただ、この給付金対象といいますのは、例えば親の経営を全部継承するとか引き継ぐ、そういった形にはなっていまして、いろんな米出荷名義をその後継者の方にとかそういった条件に、今その家庭の場合、どうもそういった形はとれないというぐあいになったものですから、いろいろそのほかにも新たな部門を開始するとかそういったこともあったんですが、お話しした結果、給付金該当にはならないとなったものですから減額としたものです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 33ページの13節委託料65万円、デマンド型タクシー乗り合いタクシー管理運営委託料につきましては、1週間前から予約ができるというふうな状況になってございます。で、予約を行っておるんですけれども1週間前ということで、その当日になりますとさまざまな理由がございまして急にキャンセルというふうな形になるというのが多いというふうに聞いております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 社会保障・税番号制度に関する件なんですが、27年度に本格的にそのシステムの改修とか設置に入りますので、それをやるための準備ということで、その準備のような形で事前に機械のシステムを改修するという内容になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) ページ49ページ、保健衛生費予防費の予防接種委託料に関してでございますが、子宮頸がん予防ワクチンにつきまして、他の自治体においても国の指導といいますかそういう指針に基づいているので同じというふうに考えております。また、通知があったのかということでございますが、この子宮頸がん予防ワクチンにつきましては、前年度から接種に関しての個人差があるということで控えるようにというような通知がありまして、それに基づいて予算は計上したものの控えておりましたが、再開の見込みといいますかそれがないために今回3月で補正減をさせていただいたものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の11ページですけれども、特別なことをやったわけでないということで、ただ説明の中で大きく収納があったという説明があったので、そうしますと例えば当初の段階では見込んでたよりもここの時点に来て大きく自然になったと、自然にふえたということなんですか。もう一度伺います。
 それから15ページですけれども、15ページの臨時福祉給付金についてですけども、申請率が86.45ということは、13.55%の方が申請しなかったということですけど、これはこのままに、これは期間も終わってますよね。結果的にこうなったんですけど、恐らく期間までにどのぐらいの申請者が出てるかっていうのは町はつかんでたと思うんですけども、最後までそういう該当するにもかかわらずできなかったというのは、これはどうなんですか。これは当然国にこれ返すんですよね。ですからその点で、個人が申請しなければこれはできないんですけど、わからなくてしなかったという方もあったのかどうか、その辺はどんなふうに今思っているんですか。これから云々では全くこれ無理なんでしょうかもう。これからしたいって人がいた場合はどうなんですか。もう一度お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) 大きく収入が上がりましたということで、1件1件申し述べるわけにはいかないんですけれども、実際徴収努力によるものかと思います。中でも、ことし突然当たってもらったというふうに捉えられるようなんですけれども、数年来交渉した結果、大口滞納者について数件入ったものもございます。ただそれだけではございませんで、これまでの徴収努力がほとんど実を結んでいると考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 臨時福祉給付金の関係でございますが、まず一番最初に該当者の世帯には申請書並びにその通知、チラシ等をお送りいたしまして、申請をしていただくようにというようなことで通知を差し上げました。それで、さらには広報おしらせばんに5回ほど載せました。また、ホームページにも掲載し、あと最後のほうには電話による申請を促すようなことも実施いたしました。ところが、実際結果としてこのような件数になったものでございます。最終的に国のほうの締め切りといいますか申請の受け付けの終了は1月の20、ちょっと忘れましたけれども、二十何日だったかと思います。で、それ以後は受け付けられないということで、今からの申請はできないものと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の臨時福祉給付金ですけれども、もう終わってしまったことですけど、これは該当者にお一人お一人、今広報、ホームページ等で十分な周知はされたようでありますけども、該当者にこれお一人お一人封筒で各自に発送をたしかしたんだったでしょうか。した上でのこういうことなんですよね。今後、こういうのが今後出てくるのかどうかわかりませんけれども、まあ町としては最大努力した結果こうだというふうにわかりました。
 それからもう一つちょっと抜けてたんですけど、先ほどのデマンドですけれども、先ほどの話でキャンセル等が多いという理由が1週間前からというのは、これはデマンドが始まってからここの、これ3月の補正で最後になるんじゃないかと思うんですけどもデマンドについては、1年間を振りかえると、やはりキャンセル等が1週間前から多いっていうのは、去年もそうだったんでしょうか。ことし特になのか、その辺お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) キャンセルにつきましては、徐々に大きくなっているというような状況でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第18号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第19号 平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算
                 (第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第19号平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第19号平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の詳細説明を申し上げます。
 事項別明細書により歳入歳出補正の説明をいたしますので、6、7ページをお開き願います。
 初めに、歳入でございます。
 1款後期高齢者医療保険料につきましては、賦課額の実績に基づき1目特別徴収保険料で300万円減額して1億2,266万9,000円、2目の普通徴収保険料で300万円増額して6,418万1,000円としております。
 3款繰入金1項1目の一般会計繰入金の1節です。保険基盤安定繰入金につきましては、これは低所得者等の保険料軽減分を公費で負担することにより市町村における後期高齢者医療財政の基盤安定に資するものとなるものでありますが、事業の確定に伴い、基盤安定負担金、軽減分になります、こちらのほうでは157万7,000円の減額、特別軽減分被扶養者分になります、こちらのほうでは28万4,000円を減額いたしております。
 次に、歳出についてご説明いたしますので、8ページ、9ページをお開き願います。
 2款後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、186万1,000円を減額しております。これは、保険基盤安定制度負担金の額の確定に伴い減額するものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第19号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第20号 平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第
                 2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第20号平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第20号平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の詳細説明を申し上げます。
 事項別明細書により歳入歳出補正予算のご説明をいたしますので、8ページ、9ページをお開き願います。
 初めに、歳入でありますが、1款国民健康保険税1項2目の退職被保険者等国民健康保険税につきましては被保険者数の減少により、1節医療給付費分現年課税分で350万円、2節後期高齢者支援分現年課税分で100万円、3節介護納付金分現年課税分で90万円をそれぞれ減額いたしております。
 4款療養給付費等交付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金からの交付額の変更通知によりまして4,440万8,000円を減額いたしております。
 10ページ、11ページをお開き願います。
 5款前期高齢者交付金につきましては、これも社会保険診療報酬支払基金からの交付額の変更通知によりまして1,117万円を増額いたしております。
 6款県支出金1項県補助金の1目乳幼児医療助成事業強化補助金につきましては36万7,000円を減額し、3目特定健康診査補助金を100万6,000円増額するものであります。
 2項県負担金2目特定健康診査等負担金につきましては、本年度の人間ドック及び特定健康診査に対するもので、19万8,000円の減額をいたしております。
 7款共同事業交付金1項1目の高額医療費共同事業交付金につきましては、国保連合会から交付額の決定通知により970万8,000円を減額し、2目保険財政共同安定化事業交付金につきましては、170万4,000円の増額をいたしております。
 12、13ページ、お開き願います。
 9款繰入金1項1目の一般会計繰入金につきましては、保険基盤安定繰入金及び国保財政安定化支援事業繰入金などの額の確定により1,342万4,000円を増額するものであります。
 2項1目財政調整基金繰入金につきましては、当初7,800万円の繰り入れを予定しておりましたが、各種補助金の確定や医療費の今後の見込み等により、繰り入れは行わないことといたしました。
 10款繰越金につきましては、12月の補正で計上いたしました前年度繰越金の残額を計上いたしております。
 14、15ページをお開き願います。
 11款の諸収入の4項5目雑入につきましては、旧仙台血液センター、現在は仙台の富田病院という名称になっておりますが、そこからの診療報酬の返還金であります。
 次に、歳出について説明いたします。16、17ページお願いいたします。
 2款の保険給付費1項療養諸費の1目一般被保険者療養給付費につきましては、これは見込み以上の伸びがあったということから、3,625万3,000円を増額しております。2目退職被保険者等療養給付費では、被保険者数が減少していることから2,500万円の減額を行うものであります。
 2項高額療養費1目一般被保険者高額療養費、2目退職被保険者高額療養費につきましては、これまでの実績から今後の支出を推計しそれぞれ減額いたしております。
 18、19ページ、お開きください。
 3款後期高齢者拠出金1項1目の後期高齢者支援金につきましては、社会保険診療報酬支払基金からの通知により3,146万円を減額いたしております。
 7款共同事業拠出金1項1目の高額療養費共同事業拠出金、2目の保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、宮城県国保連合会からの額の確定通知により、それぞれ減額いたしております。
 20、21ページ、お開き願います。
 8款保険事業費1項1目の特定健康診査等事業費につきましては、13節の委託料の説明に記載してありますが、これまでの実績によりそれぞれ減額するものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 一つだけ、21ページの8款保険事業費の中の1項保険事業費の中の2目疾病予防費委託料ですけども、ジェネリック差額通知業務委託料、これが49万3000円減額というふうな形になっているわけですけども、減額となったっていうことは予定よりジェネリックを利用した人が少ないというふうな意味なのか、これに対して非常に大きな医療費の減になると思いますので、この辺今後の対応策というふうなことがあれば、教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君)町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 議員おっしゃるとおり、対象者の人数の減というか見込みよりも少なかった、対象、ある程度の減額効果が期待される対象者の人数が少なかったということであります。これも新年度もジェネリックのほうの宣伝といいますか、各先生方、あと調剤薬局のほうにも協力をお願いして、27年度も医療費の抑制に向けてジェネリックを推進していきたいと思ってますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第20号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第21号 平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第5
                 号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第21号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第5号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第21号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第5号)について詳細説明を申し上げます。
 今回の補正は、3億372万5,000円を減額するものでございますが、これは施設入所者が計画を大きく下回ったこと、在宅介護サービスが計画を下回ったことが大きな要因となっているものでございます。
 事項別明細書によりご説明いたしますので、6ページ、7ページをお開きください。
 歳入1款介護保険料における第1号被保険者保険料につきましては、歳出に当たります介護給付費等に対する法定割合21%を確保するもので、保険料を1,491万8,000円減額いたすものでございます。
 3款国庫支出金につきましても、本年度の施設及び居宅における介護給付費等の見込み額が減少する見込みから、1項国庫負担金について国の変更、交付決定に伴い4,698万9,000円を減額するものでございます。
 3款の2項1目国庫補助金の普通調整交付金といたしまして交付決定により普通調整交付金1,484万4,000円を減額するものでございます。
 4款の支払基金交付金につきましても、国と同様に交付決定により9,256万5,000円を減額するものでございます。
 5款県支出金につきましても、国庫支出金と同様に、交付変更により5,090万9,000円を減額いたすものでございます。
 8ページ、9ページをお開き願います。
 6款1項1目利子及び配当金につきましては、介護給付費準備基金利子として4万9,000円を計上いたすものでございます。
 7款1項一般会計繰入金につきましては、4,354万9,000円を減額するものでございます。同じく2項1節の介護給付費準備繰入金につきましては、介護保険料のところで申し上げましたように、保険料の法定割合21%を確保できたことにより、介護保険給付費準備繰入金を4,000万円減額するものでございます。
 10ページ、11ページをお開き願います。歳出です。
 1款1項1目一般管理費につきましては、通信運搬費を20万円減額いたすものでございます。
 続きまして、1款3項1目介護認定費につきまして、昨年6月から要介護認定調査を一部委託いたしましたことから、7節賃金の臨時職員賃金を110万円減額し、また13節の委託料の要介護認定訪問調査委託料について、これは実績により60万円減額するものでございます。
 続きまして、2款1項1目介護サービス等給付費につきましては、最初に申し上げましたように給付実績に基づき、施設サービス費におきまして2億1,000万円、居宅サービス費につきましては7,000万円を減額いたすものでございます。介護職員の確保ができないことが主な理由により施設が満床にならず、サービスの提供が計画どおり進まなかったことによるものと考えております。
 12、13ページをお開きください。
 2款2項1目介護予防サービス等給付費につきましては、要支援1・2の方を対象のサービス給付でございまして、これにつきましては2,600万円を増額いたすものでございます。
 2款3項1目高額介護予防サービス等費につきましては、実績により300万円を減額するものでございます。
 2款4項1目特定入所者介護サービス等費につきましては、介護利用者の食費、居住費の給付でございますが、実績により1,700万円を減額いたすものでございます。
 14、15ページをお開きください。
 3款1項1目基金積立金につきましては、利子積立金といたしまして4万9,000円を増額し、合計9万2,000円となるものでございます。
 4款の地域支援事業費につきまして、1節報酬につきましては、脳卒中講演会を行いましたが、医師の派遣について協会側の負担となったためなどにより4万8,000円を減額いたすものでございます。8節報償費の謝礼につきましては、70歳を対象にいたしました保健指導の謝礼などでございますが、27万1,000円を減額するものでございます。任意事業関係謝礼につきましては、成年後見人をお二人お願いいたしておりますが、増加がなかったというようなこともありまして6万円の減額をいたすものでございます。13節委託料の通所型介護予防教室委託料につきましては、参加者が計画した人数よりも少なかったために267万6,000円を減額いたすものでございます。20節扶助費につきましては、介護用品支給につきまして、実績により27万円を減額いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初に6、7ページですけれども、1目あるいは3款、それから4款と5款と全てに関してですけれども、課長の説明の冒頭に施設入所者とそれから在宅の利用者が減っていると、その要因はスタッフが集まらないということがこういうふうになっているというお話あったんですけれども、確かに施設はわかりますけれども、在宅もこれはかなりいないということなんですか。その影響がこういうふうな形に、結果としてこういう数字にあらわれているのか。施設だけじゃなくて在宅もというふうに理解していいのか伺います。
 それから11ページの、今の最初の質問の中で、11ページの2款保険給付費の中に施設と居宅サービスもこれも大幅な減です。去年よりも大分減っているというのは、これもあわせて伺いたいというか、あわせて質疑をさせていただいております。
 それから2点目は、11ページの1款総務費の中の共済費に関して、9月から要介護で一部委託をしたから減ったんだというふうにありましたけれど、恐らくこれ去年の9月の時点でも説明あったと思うんですが、もう一度その委託先とか委託した理由ももう一度お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、在宅サービスについての減の理由につきましては、サービスの種類で申し上げますと訪問介護が1,400万ほど減っております。計画よりも、第5期介護保険事業計画の最終年度というようなことで、計画値と比べてこのぐらい減っております。それから通所介護につきましても、計画値と比較いたしまして約2,000万円ほど減っております。一番大きいのはこの2つでございますが、実績が減ったと申し上げましたが、計画値が過大に見込んだということも言えると考えております。
 それから、11ページの共済費の関係で、要介護認定訪問調査員に関しましてのことでございますが、当初臨時職員2名を計上いたしましたがなかなか引き受けてくれる方が見つからないために、6月の補正において2名のうち1名分を賃金のほうを減額させていただき、13節の委託料について委託先が見つかりましたので、委託をするために増額補正、150万程度ですけども増額補正をさせていただいたものです。委託先につきましては、介護サービスを行っていない事業所というようなことで、町外の事業所でございます。それで最終的に今現在、臨時職員賃金につきましては、委託により委託と現在の職員体制で対応できたというようなことで、賃金1名分を今回さらに減額させていただくということでございます。さらに、13節委託料につきましては、実績によりまして60万円を減額させていただくというような内容でございます。
 よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、最初の質疑ですけれども、中身がわかりました。当初に対してこうなったというのわかったんですけども、そうしますとその在宅に関しては、私が心配しているスタッフの確保が云々だからというのは全くこれは関係なくて施設だけが、特養なんか見るとそうですけども、10床今あいてますよね、スタッフがいないために。施設だけの認識でいいですね。
 それから介護認定に関することですけども、以前にもこの介護訪問の職員がなかなか見つからないあるいは見つかっても途中でやめてしまう。それは処遇がなかなかそういう点ではいい処遇になってないだけに、他の議員からも出ましたけれども、この改善をしていくという点では、27年度まだこれからですけれども、そういう方向になっているんですか。今の課長の説明聞いても、やっぱりほかのところに委託しなきゃならないような状況だということは、自前で確保できないわけですから、それは処遇改善をしながらきちんと確保しておくということで、次年度というのはそういう方向になっているのかどうなのか。あるいは今課長が説明したような状況で今後も、ほかの町外のですか、ここに委託という方向になっているのか。そこだけもう一度確認方々伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 要介護認定訪問調査の関係の職員の確保につきましては、新年度予算におきましては、これまで臨時職員ということで時給ということで対応いたしておりましたが、収入のそれ相応の確保というような、お支払いというようなことで、嘱託員というふうな身分を取得していただくというようなことで、嘱託員2名を募集をするものでございます。新年度につきましては、新たなといいますか1年の移行期間がありさらに総合事業を移行するという、そういうこともありますので2名を当初予算に計上させていただいております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。(「はい」の声あり)これで質疑、(「町長」の声あり)町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 介護サービス等給付費が補正前が12億5,900万、補正額が2億8,000万ですね。これ減収率22%なんですね。先ほど来のいろんな説明がありますけれども、マンパワーの不足ということもありますけれども、ただ桜寿苑もふえてるわけですよね。10床あいてますけども前年度に比べてふえてます。そういったこともありますし、また当初予算で見込みが多過ぎたとか、そういったこともあることは考えられますし、また町民の方々が何人入っているかもわかりません。そういったことで、またあるいはよく解釈すれば予防介護の効果が出てきたとかいろいろあるかと思います。こんだけ大幅に減りましたので、ちょっとこれからの問題もありますので、一度この原因をしっかりと究明してまいりたいと思いますので、ちょっとお時間をかしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから議案第21号を採決します。
 お諮りします。本案は原案どおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午後2時12分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時24分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第22号 平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予
                  算(第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第22号平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) それでは、議案第22号平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第2号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、大河原町地方卸売市場歳入歳出の補正でございます。
 それでは、事項別明細書でご説明いたしますので、6ページ、7ページをお開き願います。
 初めに、歳入でございます。
 2款1項1目、これにつきましては、前年度25年度繰越金を23万3,000円に増額するものでございます。
 続きまして、8ページ、9ページをお開き願います。
 歳出でございますが、1款1項1目28節繰出金を23万3,000円増額するものでございます。
 そして、歳入歳出予算をそれぞれ23万3,000円増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ438万9,000円とするものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第22号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第23号 平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                  (第5号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第23号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第23号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)の詳細についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由でも申し上げましたが、歳入歳出それぞれから1億5,604万3,000円を減額し、歳入歳出予算総額を12億4,046万5,000円といたすものでございます。
 それでは、3ページをお開き願います。
 第2表繰越明許費の設定につきまして、昨年度より柴田町と共同で工事に着手いたしました鷺沼排水区の公共下水道雨水整備事業におきまして、柴田町の清住2号公園内に設置予定の第5調整池の工事におきまして、近接する地下埋設物などと事業費の軽減化等の関係から、その構造と施工方法等について再検討が必要となりましたことと、館山下の雨水幹線工事施工に伴いまして電力の架空線の移設工事等に期間を要しましたことから、年度内竣工が難しくなりましたことから、既に発注済みの雨水幹線工事等の支払い済みの前払金における本町負担分を除いた4億3,500万円の繰り越し手続を行うものでございます。
 次に、事項別明細書によりご説明いたしますので、7ページ、8ページをごらん願います。
 まず、歳入の2款2項1目の総務手数料につきましては、排水設備指定店の更新手数料12件分と、責任技術者の新規更新手数料48件分の手数料で、合わせて22万1,000円を追加補正いたすものでございます。
 次に、3款1項1目の公共下水道補助金につきましては、平成26年度で要望しておりました補助事業費6億8,100万円に対し、国からの補助金交付決定額が約25%減額の5億1,256万円となりまして、その減額分1億6,844万円の補助率2分の1ということで、8,422万円を減額補正するものでございます。
 次に、4款繰入金の一般会計繰入金につきましては、後ほどご説明申し上げますが、歳出1款総務費並びに一般管理費における人件費あるいは負担金補助金等の減額補正と繰出金の増額補正などの関係から、1,070万4,000円を減額補正するものでございます。
 次に、5款繰越金につきましては、平成25年度の決算による繰越金でございまして、2,536万円を追加補正するものでございます。
 続いて、7款町債の公共下水道事業債につきましては、3款国庫支出金でご説明申し上げたとおり、補助事業費の確定と阿武隈川下流流域下水道の受益負担金の確定により合わせて8,670万円を減額補正するものでございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げますので、9ページ、10ページをごらん願います。
 1款総務費の3節職員手当等から27節の公課費につきましては、支給額の確定あるいは見込み等によりそれぞれ減額補正するものでございます。28節繰出金の一般会計への繰出金につきましては、先ほど申し上げましたとおり、平成25年度の決算による繰越金2,536万円を増額補正するものでございます。
 次に、2款3節職員手当等につきまして、1款の職員手当と同様、見込みにより減額するものでございます。続いて、15節工事請負費につきましては、補助事業費における補助金交付額の確定により1,700万円を減額するものでございます。続いて、19節負担金補助及び交付金につきまして、阿武隈川下流流域受益負担金は負担額の確定により192万円を減額し、鷺沼排水区雨水事業の柴田町への負担金は、15節工事請負費同様、補助事業における補助金交付額の確定によりまして1億5,300万円の減額、合わせて1億5,492万円を減額補正するものでございます。
 最後に、3款23節償還金利子及び割引料につきまして、今年度分の償還利子の支払い額の確定により200万円を減額補正するものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第23号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第24号 平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第3号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第24号平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第3号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第24号平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第3号)の詳細についてご説明申し上げます。
 補正予算説明書によりご説明申し上げますので、7ページをごらん願います。
 それでは、収益的収入についてご説明申し上げます。
 まず、1款1項3目の加入金につきましては、これまでの住宅建築に伴う加入金の納入実績と今後の住宅建築見込みにより900万円を増額し、次に、2項2目引当金戻入益の貸倒引当金戻入益につきましては、引当金として前年度で設定しておらなかったことから100万円減額し、さらに2項4目長期前受金戻入益につきましては、地方公営企業会計制度の改正に伴いまして、これまで資本剰余金として計上され減価償却を行っていなかった国庫補助金等についても、その該当事業における固定資産の取得時から前年度までの間の減価償却相当額を計算し収益化を図るようになりましたことから、その算出額4,903万円を追加補正するものでございます。なお、この長期前受金戻入益につきましては、既にその該当事業の経費として補助金を使用しておりますことから、現金の収入を伴わないものであるということを申し添えさせていただきます。
 次に、収益的支出についてご説明申し上げます。
 初めに、1款1項の1目原水及び浄水費と2目配水及び給水費並びに4目総係費における修繕引当金繰入額につきましては、次年度以降における水道施設等の大規模な修繕計画に対応すべく、各年度におきましてその費用を引当金として設定、確保する目的で予算計上するものでございまして、現段階ではその計画はございませんので、当初予算計上時の錯誤ということにより、それぞれ1,000円の名目計上ということで249万9,000円、さらに1,999万9,000円、31万4,000円を減額補正するものでございます。次に、5目の減価償却費につきましても、今回の会計制度改正に伴いまして、減価償却を行っていなかった国庫補助金等においても経過年数に応じた残存額から減価償却額を再計算し償却するようになりましたことから、その算出額842万4,000円を追加補正するものでございます。
 2項2目消費税及び地方消費税につきましては、収入のほうの加入金の増額補正に伴いまして、仮受消費税額が66万6,000円ほど増額しますことから、その分を増額補正するものでございます。
 次に、資本的収入についてご説明申し上げますので、8ページをごらん願います。
 2項工事負担金につきましては、下水道災害復旧工事に伴う水道管移設工事の移設補償金額の確定により、190万8,000円を減額補正するものでございます。
 次に、3項国庫補助金につきましては、補助金の確定により172万8,000円を減額するものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第24号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第25号 平成27年度大河原町一般会計予算
     日程第14 議案第26号 平成27年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
     日程第15 議案第27号 平成27年度大河原町国民健康保険特別会計予算
     日程第16 議案第28号 平成27年度大河原町介護保険特別会計予算
     日程第17 議案第29号 平成27年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特
                  別会計予算
     日程第18 議案第30号 平成27年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
     日程第19 議案第31号 平成27年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
     日程第20 議案第32号 平成27年度大河原町水道事業会計予算

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第25号から日程第20、議案第32号までの8件を一括議題とします。
 本案について、提案理由については3月4日に説明を受けておりますので、これより直ちに総括質疑を行います。
 質疑は、施政方針及び各予算の施策面を中心に行います。
 質疑ありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘です。
 施政方針につきまして、総括質疑をいたします。
 1.環境政策について。
 (1)環境先進都市を目指し、水素関連企業を町内に誘致とあります。事前の調査が26年度に行われており、その結果に基づき今後の方針を決めると伺っております。
 1)調査過程、進捗状況はどうなっているのか。
 2)当町に誘致する場合、建設予定地はどこを計画しているのか。
 3)一般家庭の太陽光発電・蓄電池及びエネファームの設置導入実績はどうなっているのか、執行率はどうか。
 2.環境衛生について。
 (1)美しいまちの創造とありますが、木質チップを元とする水素の精製には大量のチップを必要とします。森林伐採による環境破壊、精製後の廃棄物の処理等環境政策との矛盾が生じるのではないか。
 (2)衣類回収、小型家電の回収をおおがわら町民学園の対象とするとあります。健康増進事業のみを対象とすべきではないか。町民学園の定義の明確化あるいは呼称の変更をすべきではないか。
 3.地震対策について。
 特定地域耐震改修事業を行うとあります。財源を示してほしい。
 4.情報共有について。
 (1)ICTの活用について町ホームページのさらなる充実に努めるとあります。どのように充実を図るのか。
 (2)ICTと並行して紙媒体も重要であります。広報おおがわらは広報紙のコンクール等にエントリーするなどしてブラッシュアップに努めているか。
 5.世代交流いきいきプラザについて。
 世代間の交流を図り、健康促進機能を追加した5億円を超える施設だが、お年寄りの方の利用が少ないと実感しております。費用対効果はどうか。西原集会所が整備されたら利用者は減少するのではないか。利用促進につなげる具体的事業の予定、計画を示してほしい。
 6.障がい者福祉について。
 関係機関との連携、調整を図ると具体性に欠ける方針にとどまっております。障がい者にとって期待が持てるより具体的な取り組みを示してほしい。
 7.公共交通対策について。
 これまでの課題への対応策をしっかり検討とあります。課題は何か。対応策は検討ではなく迅速な対応がなされるべきではないか。
 8.農林業について。
 梅の生産や拡大が大変重要と位置づけられております。加工技術や品質等の向上に支援とあります。重要ならば具体的支援策を示してほしい。
 9.森林環境の保全について。
 大高山・天狗森山遊歩道を町民憩いの場として整備してきており、引き続き整備していくとあります。町民の認知度、実際に訪れる人の数はどれぐらいあるのか示してほしい。
 10.商業の活性化について。
 (1)割り増し商品券の発行を準備しているようだが、販売方法等購入を希望する町民全てに公平性が担保されているのか。
 (2)商店街の活性化について、具体的方針を示してほしい。
 11.観光物産の振興について。
 (1)一目千本桜を中心として、地域の皆様と連携し楽しみながら事業を企画し展開できるように考えるとあります。間もなく桜まつりが始まりますが、どのような企画になっているのか。
 (2)総合的な産業の底上げを図るため、農商工連携、新商品の開発や販路拡大などを推進とあります。産業の底上げこそより具体的方針とスキームを組んで取り組まなければなし得ない事項であることから、具体的な考えを伺います。
 12.行財政改革について。
 民間活力の導入についての検討を本格化するとありますが、どのような導入を考えているのか示してほしい。
 13.水道会計について。
 仙南・仙塩広域水道水の供給価格が引き下げられたことにより本町の水道基本料金が引き下げられる。あくまでも外的要因で下がった水道料金を町民税減税の代替とするのではなく、独自の施策により成果を生んだものを代替というべきではないか。
 以上を、総括質疑といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員の総括質疑にお答えいたします。
 まず、環境政策についてのご質疑であります。
 昨年10月に、県南の森林組合5組合と町、その他関連団体、企業等により「みやぎ県南水素エネルギープロジェクト協議会」を設立し、木質バイオマスを原料とした発電及び水素製造プラントの設置事業の可能性について調査しているところであります。当初の予定では、3月末までにある程度の方向性をお示ししたいとご説明しておりましたが、現在木材の組成分析調査や賦存料調査、各森林組合のヒアリング調査等が終わった段階で、今後とも継続して検討を要する状況でございます。
 次に、建設予定地についてでありますが、具体的にはまだ決定しておりません。
 次に、一般家庭の太陽光発電・蓄電池及びエネファーム等の導入補助実績、予算執行率についてでありますが、現在住宅用太陽光発電が34件で312万円執行、執行率62.4%、エネファームについては2件で20万円、執行率20.0%、LED照明機器は8件で16万円、執行率80.0%となっており、蓄電池及び自立型高効率給湯器、さらにホームエネルギー管理システムにつきましては、実績はゼロとなっております。
 次に、木質チップを元とする水素の製造は、森林伐採や廃棄物の処理など環境政策との矛盾が生じるのではないかとのご質疑についてであります。
 かつて日本の森林は、戦後の復興や木造住宅の普及を目的に大規模な植林事業が進められました。しかしながら、外国産木材の輸入自由化や、日本のエネルギー事情が薪炭から化石エネルギーへとシフトしたことにより、日本の林業は衰退化してきました。森林を健全に保全するためには、間伐、主伐、そしてまた植林といった一連の流れが必要となります。木を切っても売れない、作業コストや手間もかかることから、現在は手入れがされていない森林が少なくありません。また、間伐や主伐を実施しましても、作業コストや利用先がないこともあり、木の売れる部分以外は、やむを得ず山に捨てている状況であります。
 最近、林業関係者から、日本の山は病んでいると指摘されております。最近のカブトムシが小さくなったのご存じでしょうか。その影響だそうであります。山が病んでいるために、森の土の養分が少なくなっているということであります。
 現在、国におきましても、この未利用木材の利用促進を勧めている状況であり、木質バイオマス発電は安定電源で政策上重要であり、林業再生など地域活性化にもつながることから、さらなる普及推進が図られている状況となっております。なお、出力が2メガワット未満の木質バイオマス発電による電力の固定価格買い取り制度、いわゆるFITでありますけども、現在1キロワット当たり32円ですが次年度は40円になるなど、一方では太陽光発電などが軒並み価格が引き下げられる中で、高く設定されている状況であります。現在、可能性調査を実施しております本町の事業につきましても、森林環境の保全はもとより、発電や水素製造事業で必要となるコストが、石油などの燃料代として海外に行くのではなく、林業や木材関連事業者など地域で循環することになるなどで、地域の経済の活性化につながるものと考えております。つまり、本町が事務局を務める「みやぎ県南水素エネルギープロジェクト協議会」の目指す方向は、環境破壊に該当するものではなく、逆に林業の活性化と再生可能エネルギーの促進、これは森林の保全と土砂災害抑止の効果もあります。また、電力や水素の製造販売という、いわば林業の6次産業化を県南広域で行おうとするものであり、本町版地方創生総合戦略の中に掲げる予定の「時代にあったプロジェクト」に合致するものと考えております。
 次に、衣類回収、小型家電の町民学園の対象とする質疑であります。
 平成26年10月から開校しましたおおがわら町民学園は、「長寿健康」を目指して町内全域を学びの場とし、町民の皆様が学園の一員として学園対象事業や町の諸行事等に参加することにより「健康づくりのみならず、生きがいづくり」の一助となることで、事業を行っているものでございます。その学びの場は、町が催す行事のほかに、この町民学園にふさわしいものであると認めた健康増進やスポーツ、文化、教養、地域ボランティア活動、環境改善などの活動が対象となり、参加いただければポイントを交付し貯まると商品券に交換ができ、目標達成のため「町民の町民による町民のための学園」となることを確信しておるところであります。今申し上げましたことは、このパンフレットにも記載しているとおりであります。衣類回収等もその趣旨に沿った事業として参加しているところであります。
 次に、特定地域耐震改修事業の財源につきましては、県が2分の1、町単独費が2分の1となっておりまして、補助金額は耐震改修工事に対する工事費用の3分の1以内で補助限度額は30万円となっております。
 次に、町ホームページのさらなる充実についての質疑であります。
 町のホームページは、行政と町民の情報を共有する大事な役割を担っていますことから、利用者により便利で見やすいものにするため、職員への操作研修会を継続して行ってまいります。また、町のホームページの閲覧をスマートフォンからの閲覧にも見やすく利用しやすいものに検討してまいります。さらに今後、町が所有する多様なデータを町民や企業がいつでも取り出して利活用できるようオープンデータ化を推進していく中で、町ホームページを利用し情報を発信することで、さらなる町ホームページの充実に努めてまいります。
 次に、ICTと並行した紙媒体に関する質疑についてであります。
 インターネットが普及した現代におきましても、紙媒体による情報発信は変わらず重要であると認識しております。町で発行している広報おおがわらについては、有益な情報を掲載しても手にとって読んでいただけないのでは意味をなさないことから、町民の興味を少しでも引くよう、これまで2色印刷や表紙のカラー化などの紙面の刷新を行ってきているところであります。
 現在は広報コンクール等への参加は行っておりませんが、自治体の広報づくりを支援する公益社団法人日本広報協会に参加し、各種研修会への参加などによる担当者の資質の向上を図るとともに、全国の優秀広報紙などの情報も参考にしながらよりよい紙面づくりに努めてまいります。
 次に、世代交流いきいきプラザについての質疑であります。
 本施設は、子育て支援、児童福祉の中核施設として、また地域の皆様と子供たちが触れ合い世代間の交流も図れる施設として設置したものであります。高齢者の利用が少ないとのご指摘でありますが、現在ミニデイサービスや高齢者を中心としたダンス愛好会が定期的に利用しているほか、オカリナや英会話といった趣味のサークルや健康体操等の利用もあり、各層の皆様に利用していただいているところであります。
 また、今後におきましても、子育てや食育を中心とした自主事業、またボランティア講師による各種教室や通年講座の設置などの町民学園の対象事業を、世代交流いきいきプラザにおいて展開を図りながら、さらなる利用促進、世代間の交流促進につなげてまいりたいと考えております。
 次に、障がい者福祉についてのご質疑であります。
 施政方針でも述べておりますが、作業所さくらにつきましては、社会福祉協議会に指定管理を指定しており、物品調達方針による物品調達の実施や、障がい者の理解を深めるための講演会の開催、虐待防止については虐待防止ネットワーク運営委員会において、障がい者を初め障がいサービス事業所や相談支援事業所などの障がい関連施設、団体や学校、警察、民生委員等と連携、協力し取り組んでおります。
 次に、公共交通対策についてのご質疑は、デマンドタクシーについての質疑と捉えお答えいたします。
 まず、幾つかある課題の中で対応策に時間がかかるものといたしましては、遠距離の利用がふえてきているため、30分間隔での運行では複数人数による乗り合いでの利用が難しくなってきているということが挙げられます。また、もともと利用者が70歳代から90歳代が中心であるところですが、年々高齢化しているため乗りおりに時間がかかっていることもあります。さらに、予約のキャンセルが多くなってきてることが挙げられますが、これらは予約のとりにくさや利用者の減少の要因ともなっていると考えております。
 これらの課題は、すぐには改善が難しいものでありますので、デマンドタクシーの運行が本年7月に満3年を迎えることを機に、今後のあり方について総括的に検討していくことといたしております。なお、そのほか早期に解決が可能な課題につきましては、これまでと同様できるだけ迅速な対応をしてまいりたいと考えております。
 次に、梅についての質疑であります。
 本町の梅は、ホームページでもご紹介しておりますとおり、梅の里として多くの方に知られ親しまれております。本町の梅を生産し続けている農家が中心となり梅まつりを開催しており、どのように本町の梅をPRするか、町も加わり毎回相談を重ね、昨年で8回を迎えるまでになりました。他の町の祭りでは見られない梅のもぎ取りを第1回目から実施し、知名度の向上に大いに貢献していただいております。
 町としてもこのようなイベント等を通じて、生産者の方々とは話し合いを重ねるとともに、梅にかかわる商品開発等、企業への働きかけなど、その都度できる支援を最大限行ってまいりました。これまでの成果が「大河原町の梅」として、食品関連業者の方々にも広まったのではないかと思っております。
 次に、大高山・天狗森山遊歩道についての質疑であります。
 町民の認知度につきましては、町ホームページにウォーキングマップとして友遊小みちコース(大高山遊歩道)を掲載するとともに、これまでも宮城県百万本植樹事業を活用しながら、アジサイ、ツツジ、ツバキ等の花木等を、みどりの少年団や地域の方々等を交え植樹祭などを開催しております。このようなことから、町民の皆様には認知されているものと考えております。
 さらに、訪れる人の数については把握はいたしておりませんが、ウォーキングや自然観察などに最適な環境で4月中旬ごろにはカタクリの花が咲きますので、訪れる方も多いものと考えております。
 次に、割り増し商品券についての質疑であります。
 地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金による消費喚起プレミアム商品券につきましては、5,000円で6,500円分の3割増し商品券を13,000セット、また子育て家庭を対象として、5,000円で7,500円分の5割増し商品券を4,400セット販売する計画です。どちらも2セットまでの販売と計画しておりますので、最低でも8,700人(世帯)の方に対応できます。これは、現在の大河原町の世帯数からすると93%強の販売数となりますが、これまでの割り増し商品券の発売実績から考えると、ちょうどよい程度の発売量と考えております。
 商品券の発売は7月を予定しております。これまでどおり購入は先着順となりますが、今回は発行数が多く、また一人当たりの販売も2セットまでと低く抑えること、さらには購入者の利便等を考え休日に役場ロビーで販売するなど、公平性を担保できるように計画してまいります。
 次に、商店街の活性化についての質疑であります。
 現在の既存商店街の衰退は、消費者ニーズの多様化や商店経営者の高齢化など、さまざまな要素が影響しているものと考えております。
 これまでも、商店街の魅力づくりを目指し、空き店舗活用事業や夜市、年末のイルミネーション事業など工夫を凝らしながら実施してきたところではありますが、経営者の高齢化や後継者不足、経済基盤などの問題を抱える中で、効果的な対応が見出せないのが現状であります。
 一方で、少子高齢化や消費生活等の変化により新たなニーズも生まれてきていることから、町といたしましては、例えば「環境先進都市づくり」や「歩きたくなるまちづくり」と商店街の活性化事業を連携させることが求められており、今般の本町版地方創生総合戦略における検討の対象になるものと思料いたしております。
 また以上のことを踏まえながら、商工会や各商店会などと連携しながら活性化策を考えてまいりたいと思います。
 続きまして、イベント等を企画、開催する場合の姿勢についての質疑でございます。
 これは桜まつりに限らず、ほかのイベント等においても、地域住民の参加やその人たちが楽しむことを優先させながら、出店者や地元商店街等の積極性やアイデアを重視して、いわばイベントにも官製から民活へ等のイノベーションを起こすべく、そのきっかけづくりをしたいと考えております。
 なお、桜まつりにつきましては、ライトアップや屋形船の運行、駐車場の運営等、まつりの基本となる事業やイベントは従来どおり内容を改善しながら実施する計画ですが、ほかに商店街の皆様による駐車場の設置・運営とおもてなし商品等の販売、また商店街で「おやすみ処」を開設したいといった計画や意見があるように伺っております。
 これらには、場所などの諸条件もあることから、実現に至らないものもあるかと思いますが、町といたしましては、桜まつり実行委員会と連携しながら、できる限りこのような民活事業を応援していきたいと考えております。
 続きまして、町として総合的な産業の底上げを図るための具体的な考えについてのご質問です。
 さきの高橋議員の一般質問でもお答えいたしましたが、農業も含め地域産業の底上げにつきましては、何よりも経営者の姿勢によるものが大きいと考えております。また、これらの経済活動は町の境をはるかに超え、グローバルな展開までも考えなければならないと思います。
 今後の町の取り組みについて、具体的な事業の一例を申し上げますと、販路拡大に関しましては、これまでも海外展開のきっかけづくりや県の東京アンテナショップへの企業出展を推進してまいりました。一方、大河原町企業立地促進条例により、企業進出や新分野進出、業務拡大等への支援を行っております。これらの施策については、今後とも力を入れてまいります。
 さらには、花見弁当の企画・販売や、大河原商業高等学校の新商品開発などの地域ならではの地道な取り組みを支援しながら、地元有力企業との産官学連携や地場産品の広域的な販売支援などに結びつけてまいりたいと考えております。
 次に、民間活力導入についてのご質疑であります。
 本町の行政運営に関しましては、これまでも申し上げますとおり、住民との協働のまちづくりを掲げてまいりました。そして、その手段の一つに民間活力の導入と活用があると考えているところであります。民間が持つ行政の視点とは違ったサービスのノウハウを生かすことで、さらなる住民サービスの効率化、きめ細かな対応ができるものと考えております。行政の担う役割と民間の担う役割を融合することで、真の自治の実現を図ることとなると考えているところであります。
 方法としては、指定管理制度や業務委託などを考えるもの、協働の相手としてNPO、ボランティア団体、民間企業などを考えるものであります。
 最後に、水道料金の引き下げを町民税減税の代替と施政方針で述べたことに対する質疑であります。
 この件につきましては、公約でありました町民税5%減税効果を上回る代替事業としての施策等を検討してきたところであります。
 このたびの水道料金の引き下げについては、今後の本町の水道事業における施設更新事業費等の財源を新たに確保しなければならない状況の中で、つまり水道料を下げないという選択肢もあるという状況の中であえて引き下げを決断したものであり、その対象者は全世帯にわたることなどから発言させていただいたものであります。
 また、代替については独自策による成果を充当すべきとの指摘に対しては、そもそも減税の財源を何ら限定したわけでもなく、減税効果が全町民に恩恵として受けられることを目的に公約を掲げたものであります。
 減税の財源は限定いたしておりませんでしたが、公約を検討していた段階で、多くの方々から町税の滞納が巨額である、ここにしっかりとメスを入れれば、減税相当額の約5,000万円の財源は捻出できるのではないかとの指摘を受けておりました。
 そして、ことしの新春賀詞交歓会でも触れましたが、昨年末までに滞納額は億単位の縮減が行えたところであります。今議会の一般質問でも述べましたが、これは税務課による努力と工夫、すなわち政策イノベーションの大きな成果であります。
 なお、3年前当時15億円程度だった財政調整基金は、現在約20億円になっております。
 以上のようなことも背景にあることから、今回の水道料金の引き下げもこれまで申し上げましたとおり、引き下げないとする選択肢もある中で決断したものであり、このことは独自の施策と考えているところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時10分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時20分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。27年度の施政方針をもとに総括質疑をいたします。
 一つ、財政状況についてであります。
 平成27年度当初予算時点での財政状況について伺います。当町の財政状況をどのように分析していますか。健全な財政運営化に向けての当面の課題は何なのか、伺います。
 2.減免制度の周知徹底と積極的活用についてであります。
 安倍内閣の経済政策は、「大企業が潤えばいずれ国民も潤う」というのがアベノミクスで、私たちの暮らしは本当によくなったでしょうか。むしろ現実はますます格差が拡大し、暮らしは一層苦しくなるばかりであります。
 相次ぐ物価の値上げ、年金の連続削減、働いても賃金は低く上がらず、雇用が決まっても非正規で身分が不安定で生活が成り立たない世帯が急増しています。経営悪化で廃業者もふえております。これに拍車をかけたのが消費税8%で、消費を一層冷え込ませております。
 こうした町民の生活を苦しめる国の政治から町民の暮らしを守り、福祉の増進を図る自治体の役割は、一層27年度も求められていると考えますが、町長の見解を伺います。
 国策が町民の暮らしを苦しめております。よって、27年度も税や公共料金を滞納せざるを得ない町民や、窓口に相談に来る町民もふえることが予想されます。そこで、積極的に各種の減免制度や就学援助制度などの活用を進めていく姿勢が町当局に強く求められていると考えますが、いかがでしょうか。
 そのためには、機会あるたびに町民への周知徹底を図ること、窓口担当職員の心構えが大事だと考えますがいかがでしょうか。27年度は徹底して取り組む姿勢でいるのか伺います。
 3点目は、絵本のへやの閉鎖についてであります。
 駅前図書館の存在価値を高めてきた駅前図書館の一部であります絵本のへやは、絵本に出会い親しむ子供たちの発達段階に欠かせない情操教育の場として、これまで大きな役割を担ってきました。
 ところが町当局は、絵本のへやの存続を求める請願書が議会で採択されたにもかかわらず、これに背を向けて、4月から閉鎖することにしました。閉鎖により、駅前図書館本館には手狭の中、絵本のコーナーを設けるための作業が今行われております。
 絵本のへやの閉鎖は、駅前図書館の機能の縮小であり、魅力を弱め施設の充実ではなく後退したと言えないでしょうか。
 4月からの駅前図書館は、読み聞かせや紙芝居などは、これまでの説明では研修室だったと思うんですけど、会議室、どちらだったでしょうか、それから催事場でという説明がありましたけれども、どのように確保されることになったのか伺います。
 4.小・中一貫教育校についてであります。
 施政方針では、学業と部活動をともに向上させることを目的に、引き続き調査研究を行い、住民の意向を伺いながら、設置について検討していくとしています。
 (1)小規模校である金小・金中を対象にしているようでありますが、国の方針を受けて具体化するということなんでしょうか。
 (2)小・中一貫教育校を検討していく目的として、学業と部活動をともに向上させることを掲げておりますが、この2点だけが理由なんでしょうか。
 (3)小・中一貫教育校で学業と部活動をともに向上させることができることを立証していただきたいと思います。
 (4)小規模校が抱える課題解決策の一つとして、学区制の見直しを今後検討して改善していくという考えはないでしょうか。強いては当町の、そうすることが当町の教育環境全体の整備につながっていくものと考えますが、いかがでしょうか。
 5.町民税減税の代替策についてであります。
 施政方針の中で町長は、選挙で公約した町民税減税について、「減税を上回る効果のある代替方法を検討してきたけれども、水道料金の値下げをもって町民税減税の代替とさせていただく」と述べております。しかし、今回提案されている給水条例の一部を改正する条例に対する町長の提案理由は、仙広水の供給単価の引き下げにより水道料金の値下げをするものであると述べております。整合性がなくこれで町民が納得するのか、私自身も正直いって理解に苦しみました。公約した町長にとっても、住民にとっても、この件については重要なので真意を伺います。
 町民税減税の代替策とするのであれば、「仙広水の供給単価の引き下げが行われたことを受けて検討した結果、町民税減税の代替として、今回水道料金の値下げをすることになった」などと、私はすべきではなかったかというふうに思います。そして、町民に説明責任を果たし町民の理解を求めていくべきではないかというふうに思います。いかがでしょうか。
 6.公共施設等総合管理計画についてであります。
 施政方針では、財政負担を軽減、平準化していく公共施設等総合管理計画を策定するとしております。国は昨年4月にこの計画を早急に策定することを地方自治体に求めているようでありますが、この計画の目的をもっと詳しく説明していただきたいと思います。また、この結果は国や県に報告が義務づけられているんでしょうか。27年度当初予算で500万円計上されておりますが、委託しなければ策定できないものなのかどうか、500万円の積算根拠もあわせて示していただきたいというふうに思います。
 7.窓口業務等の民間委託についてであります。
 庁舎1階北側の一角に、平日の毎日納税者の利便性を考慮してなどとして、町税等収納窓口業務と集金業務を民間に委託することになりました。今考えている委託先というのはどういう団体なのか。それから職員体制、勤務時間、利用者見込み数はどのようになっているのか。公の業務を委託する上での守秘義務については、委託契約の中ではどのような今後文書が交わされていくようになるんでしょうか。また、民間委託で住民サービス低下の心配はないのか。委託によってどのくらいの経費削減になると予定しているのか、以上伺います。
 よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の総括質疑にお答えします。
 初めに、平成27年度当初予算時点で財政状況をどのように分析しているかとの質疑にお答えいたします。
 まず、自治体財政の重要指標であるプライマリーバランスについて、私が町長に就任してからの年度別に申し上げます。平成25年度当初予算では3億5,045万円のマイナス、決算では1億8,237万円のプラスに転じ、平成26年度当初予算では7,894万円のマイナスでありましたが、平成25年度同様、入りをはかりて出るを制すに専念し、決算ではプラスに転ずることが期待されております。平成27年度当初予算では1,049万円のマイナスであり、決算においてプラスに転ずるよう努力いたします。いずれにせよ、当初予算でのマイナス幅は年を経るごとに縮小してきており、財政健全化は着実に進んでいるものと思われます。
 次に、予算書の附属資料として添付いたしました予算分析表について申し上げます。歳出の性質別経費の表を見ますと、補助費等が昨年度より31.2%増となっている部分が目立っております。仮称仙南クリーンセンター建設負担が額として大きいのですが、建設負担を除いても、仙南地域広域行政事務組合への負担が実質1,800万円ほど増加し、またみやぎ県南中核病院への負担金も2,300万円ほどふえております。仙南芸術文化センターについてもですが、広域的施設が本町に配置していることで負担が多額となっていることは本年度予算においても顕著であり、補助費等が大きなウエートを占めていることで他の経費を圧迫していることは間違いありません。今後、広域的施設の老朽化対策の経費も増加することから、補助費等の増加は避けられないものと考えております。
 次に、健全な財政運営に向けた課題は何かとの質疑であります。
 補助費等の増加に加え、本町所有の公共施設等の老朽化対策を今後継続して行うことでの大きな財源が割かれることにあります。平成27年度末の財政調整基金が約16億円あるといっても、予断を許さない状況と認識しております。ゆえに、新行財政改革大綱の趣旨に基づき、民間活力の導入、行政組織の改革、選択と集中、事務事業の見直し、町有財産の活用などにより、一般財源の抑制に専心してまいる所存であります。
 次に、減免制度の周知徹底と積極的活用についてお答えいたします。
 質疑の前段で、消費税引き上げという国策から町民を守ることについて、求められております私の見解を申し上げます。
 成長戦略がいまだ定まらないなど、安倍経済対策には多くの課題があることは理解しておりますが、福祉の向上に必要な財源を確保する手段として、消費税の引き上げは重要な側面もあると認識しております。
 暮らしの悪化を国策のみに求めるのはいかがなものかと思います。世界に類を見ない急激な少子化による生産力の低下が最大の原因であり、従来どおり正しく納税していただくよう努めてまいります。一方、本町版地方創生戦略に関連し、生産年齢層や出産年齢層にとって魅力のある政策を確立し、高齢社会を支えるための税源確保に努めてまいります。
 町民の皆様が町税等を真面目にきちんと納付されることにより、よりよい福祉の向上に向け自治体の責任を果たしていけるものでございます。しかしながら、一時的に納税等が難しくなるなどの事情を考慮する必要がある方につきましては、その立場に立っての相談、対応に努めるとともに、窓口を含め機会があるたびに制度の周知、説明を行いたいと考えております。
 なお、就学援助の対象となっている各種校納金と給食費については、各学校において制度の内容と手続の周知をするとともに、教育委員会事務局においても保護者の相談に応じながら、援助の必要な方々への適用を進めてまいります。
 次に3点目の、絵本のへやの閉鎖についての質疑であります。
 請願の結果につきましては、重く受けとめております。ただし、これまで申し上げてまいりましたとおり、より身近に利用できるよう世代交流いきいきプラザ、公民館等に機能を分散したものであり、新年度では3歳児への絵本の提供や各公民館での蔵書拡大など、絵本を通した子育て環境の整備に努めていく考えでありますので、ご理解いただきたいと存じます。
 なお、お話会ですが、当初催事場やイベントホールで開催するよう進めておりましたが、2月に行った読み聞かせボランティアとの意見交換の中で、手狭でも本館内の児童コーナー付近で月に1回から2回程度開催したらどうかとの意見も出たことから、今後協議しながら進めてまいりたいと思います。
 次に、小中一貫校制度の検討につきましては、平成26年度に視察などを通して情報収集を行い、一貫校の形態によるメリットやデメリットについて整理してまいりました。昨年7月に国の教育再生実行会議の第5次提言が出され、平成27年通常国会に必要な法改正が行われるという動きがあることから、その内容も見きわめながら、本町の現状に最適な制度導入を考えていくものであります。
 次に、小中一貫教育校を検討する目的につきましては、広く知られている中1ギャップが緩和されるという効果を期待することがあるほか、10歳を境に体力、知能とも急速に上昇することから、発達段階にふさわしいカリキュラムの編成が小中一貫校では可能になり、文武両道を効果的に促進できるものであります。また、小学生のうちから中学生の運動部の活動を身近で見ることができることは、憧れや目標として中学生の部活動を意識し、その後の継続した体育活動による体力、技術力、精神力の成長が運動部活動によい効果を生むと考えております。
 次に、学区の見直しについては、それを必要とする時期、また十分な条件などを見きわめて取り組むべき課題であると考えております。
 続きまして、5項目の町民税減税の代替策についてお答えいたします。
 この件につきましては、議員ご指摘のとおり、施政方針の中で「水道料金の値下げをもって町民税減税の代替とさせていただく」と申し上げました。
 私の掲げた町民税5%減税につきましては、これまでもお答えしておりますとおり、徴収システム改修費や減税に係る逆進性を考慮し公約を見直した経緯がございますが、並行して5%減税効果を上回る施策等を検討してきたところであります。
 なお、質疑の前提として、私の施政方針の中で整合性がなく説明責任を果たせないかとのご指摘がありました。しかし、施政方針については既に町のホームページで公表しております。その中で、議員ご指摘の箇所の前段において、仙南・仙塩広域水道水の供給価格の引き下げ分の一部を町民に還元すると明言しており、還元分を町民税減税の代替としたものであり整合性はあると考えております。また、広報おおがわらに掲載することとしております施政方針の中でわかりやすくご説明するなど、今後さまざまな機会を通じて説明も果たしてまいります。
 また、給水条例改正の提案理由につきましては、現実として受水費が減額となることでの料金改正とする説明をさせていただきましたが、本町における今後の水道事業につきましては、揚配水施設や配水管の布設がえなど多くの工事が予定されているところであり、その財源確保についても容易に確保できるような状況ではないものと考えております。
 しかしながら、消費税率が増率され、さらには日常生活に欠かせない必要品までも値上げとなり、町民の生活に大きな負担が生じている現状を鑑み、このたびの水道料金の減額と決断させていただきました。つまり、水道料金を下げない選択肢が大いにあるという状況の中で、あえて引き下げを決断したものであります。
 そして、この水道料金の減額対象者が町民全世帯にわたること、また今後も減額料金を継続していくことなどから、以前に申し上げましたが、公約の形を変えた形での施策と考えたものでありますので、ご理解願います。
 次に、公共施設等管理計画についての質疑にお答えいたします。
 本計画は、議員が言われるとおり、昨年4月に総務大臣から策定要請を受けているものであります。
 まず、この計画の目的でありますが、高度経済成長期に整備された公共施設等が老朽化問題を抱えており、今後の人口動態を踏まえ施設等の配置や数、複合化、さらには更新・長寿命化、維持管理の手法など、将来に向けた公共施設等のあり方を総合的かつ長期的な視点から考えるべく、基本方針・基本計画を策定するものであります。多額の更新・維持補修などの費用が予測されることから、計画的な公共施設等の管理を行うことで財政負担の軽減及び平準化を目指すものであります。
 また、本計画策定の結果を国や県に報告が義務づけられているかとのご質疑でありますが、本計画策定経費の2分の1を特別交付税で措置されること、本計画に基づき施設の除却を行うときに地方債を活用できることから、報告は義務と捉えております。
 次に、策定経費500万円について委託しなければできないかとの質疑でありますが、本計画は建築物だけではなく道路や橋梁、水道管、下水道管などインフラを含め本町が所有する公共施設等全ての今後の方針を立てること、またその施設点検・診断など現状把握が必要なことから外部に委託することとしております。
 最後に、500万円の積算根拠になりますが、本町の今後30年間の人口見通し、公共施設等の実態把握及び分析、維持管理等のコスト見通し、公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本方針・計画本文の作成、庁舎内検討の支援など、コンサル人件費等により積算いたしました。
 次に、町税等収納窓口業務についてお答えいたします。
 町税等収納窓口業務の委託先は、アール・オー・エス東北株式会社に決定しております。職員体制につきましては常時1名から2名配置され、午前8時45分から午後4時30分までの営業の業務となります。利用者数は、1日平均で約50名の利用を想定しております。また、守秘義務につきましては、契約内容の中に大河原町個人情報保護条例第15条の遵守と個人情報保護研修の実施を盛り込んでおります。
 当然ながら、住民サービス向上が見込めることから導入に至ったものであり、経費削減目的からの実施ではございませんので、ご理解願います。
 集金業務につきましては、指定金融機関である七十七銀行大河原支店から銀行員1名が来て業務に当たっている現状ですが、この集金業務はこれまでは七十七銀行のサービス、つまり無料にて行っていただいたところであります。しかしながら、銀行側での経費も考えますと、有料での業務もやむを得ないものと判断するところであり、改めて4月からの業務委託契約を締結するものであります。
 なお、集金業務の内容につきましては、これまでと変わるものではありません。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで総括質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております議案第25号から議案第32号までについては、議会先例集109の規定により、議長を除く全員の委員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託し会期中の審査とすることにしたいと思います。異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号から議案第32号までについては、議長を除く全員の委員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託し会期中の審査とすることに決定いたしました。
 本会議は、本日から3月18日まで、特別委員会終了時まで休会とし、予算特別委員会終了後、3月18日会議を再開します。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、本会議は、ただいまから予算特別委員会のため休会することに決定いたしました。
 本日はこれをもって散会します。
     午後3時44分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年3月12日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------